NHK「低線量被曝 揺れる国際基準」 6/28「エネルギー問題に発言する会」がBPOに新たな「審議要求」

(前エントリーの続きです)
前項ICRPの「提訴」の続きだが、以下はbuveryさんのツイッターから。
buvery‏@buvery
上杉隆はない所から作るが、NHKは音声をつぎはぎして捏造する。だから、私はNHKは捏造することを前提に対応します。RT @J_Tphoto: @leaf_parsley @yoshisatose @nhk_kabun 信念によって事実を歪曲する記者を許容するのは良くない。

6月30日 buvery‏@buvery
BPOは門前払いしました。しょうがないですね。RT @J_Tphoto: .@leaf_parsley @yoshisatose 昨年丹羽先生は講演で、放送倫理検証委員会に訴える旨お話しされていたと思います。その後どうなったのか、@nhk_kabun さん!

6月30日 ナカイサヤカ‏@sayakatake
!! QT @buvery: 門前払いしました。しょうがないですね。RT @J_Tphoto: .@leaf_parsley @yoshisatose 昨年丹羽先生は講演で、放送倫理検証委員会に訴える旨お話しされていたと思います。その後どうなったのか@nhk_kabun さん

6月30日 buvery‏@buvery
これ、ブログを書こうかと思っているうちに、赤井さんに先を越されたので、ま、いいかと思ってたのですが。BPOは却下の理由を文書で出すのも拒否しています。@sayakatake @J_Tphoto

6月30日 ナカイサヤカ‏@sayakatake
@buvery @J_Tphoto 火中の栗は拾わず日、元々、TVは嘘が許されるのか。

(以上)

というわけで何と、BPOはICRPの訴えを「門前払い」したらしい!これでは「結論が出る」どころではない。しかも「却下の理由を文書で出すのも拒否」って・・・。

改めて日本のマスゴミに危機感と失望を抱くしかないが、これはこれで(面白いと言ってはまずいが)丸ごと「歴史の一コマ」として記録する価値のある話だ。後世の裁きを待つが、これではまさしく、「TVは嘘が許され」、「NHKは捏造することを前提に対応」しなければならないにゃ。BPOの目的は「放送倫理」向上で、「倫理」ではない。「放送倫理」は「倫理」とは大違いで、「嘘」「捏造」は「放送倫理的にはOK」なのだろう。あ、いや、これが本当なら、審議はしていない、これは最低「審議拒否」の理由を明示しなくてはならない。しかし・・・

注目!6/28新たなBPOへの審議要求が出された

引き続き6月28日、「エネルギー問題に発言する会」が、ICRPとは別にBPOに対し「審議要求」を出した。「日本原子力学界シニアネットワーク連絡会」との共同提案だ。

「この番組を放送倫理・番組検証機構(BPO)の放送倫理検証委員会にて審議して頂くべく、この番組の間違いを具体的に指摘した文書を、新たに137名の会員のご賛同を得て、BPOへ審議要求を6月28日にしました。BPOに提出した資料を「公開発言」欄に掲載しました。」ということだ。

http://www.engy-sqr.com/media_open/ には、この「審議要求」と資料等が公開された。

NHK低放射線線量被ばく問題番組のBPOの審議要求
NHK低線量被ばく問題番組BPO審議要求詳細
NHK低線量被ばく番組文字おこし
NHK/BPO参考資料ー2
瓦礫受入れ拒否運動チラシ@富山

さらにここには、放送直後12月29日からの、番組への疑問点、NHK会長への抗議、要望等も公開されていて、読み応えがある。

サーメ人のガン問題や、室井さんの発言にうなずく番組デスクのこと等、こちらはICRP問題に限っていない。上記「チラシ@富山」はこの番組を根拠にして、山本太郎が「瓦礫受け入れ拒否」を主張した、ということの資料で、こういった「社会影響」にまで言及していて、興味深い。

この成り行きに注目にゃ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

社会影響

>「チラシ@富山」はこの番組を根拠にして、山本太郎が「瓦礫受け入れ拒否」を主張した、ということの資料で、こういった「社会影響」にまで言及していて、興味深い。

ううむ。
門前払いって・・・なんのための
放送倫理・番組検証機構(BPO)なの?

まったくの

第三者(野次馬)的見方なのですが、ICRPは「提訴」するときに、マスゴミ集めて「記者会見」やったり、何か「反原発」がよくやる「プロパガンダ」やって、注目させるべきだと思うのですよ。結果なんかどうでもいいから、「提訴」だけでニュースにしてしまう。なんだか広瀬の「山下氏刑事告訴」と似ていますが。今やこっち側のジャーナリストだっているし、マスゴミにはNHK嫌いも多い。そうすると、BPOだって「門前払いで理由の明示なし」はやりにくくなる。

どうもそういう「作戦」が欠けているかな~?それだけ誠実、ということですが、頑張ってほしいです。最低門前払いの理由を明示させて、そこの矛盾点に喰らい付くとか、粘ってほしい(やってるのかもしれません)。

今回の「審議要求」も、BPOは同じ手で来るでしょうから、その前にボランティアで「拡散」したいです。BPOの倫理検証委員会は、毎月第一か第二金曜日開催のようですし。

目的をかなえるために

誠実であることと、最大限の利益・効果的な作戦を考えることは
矛盾しないと思います。

知らないと思っているかもしれないけど
みんなで観ているんだよってのは
とっても効果がある、大切なことだと思います。

No title

バラエティ番組なら、無知の恥を全開してくれる室井佑月は便利な
存在なのでしょうが、こういう科学的な番組でサイエンスリテラシー
の欠落している彼女を起用することに恣意的なものを感じます。

さて、池田信夫氏ならこの件はBPOに提訴すべきだと以前から
コメントしていました。氏はNHKの勤務経験もありますから、NHK
の内部事情にも詳しいでしょう。
同氏に取り上げてもらえば相当情報拡散すると思います。

No title

消えたと思ってたらまだやってたのか。
もう十分稼いだだろうからブログたたんで糞でもしてろ。

No title

BPOは、人権侵害ですから。この件はやりたくないでしょうね。 かりにBPOが認定したとして、○舘、み○氏両名を抱える某放送でも、なんのことはないですから。 期待権を盾に、民事でやるか?。

No title

室井佑月氏からは、素人のコメンテーターほど害悪なものはない、というのを教えていただきました。勿論、その素人目線を正しもしない共演者からも、ですが。
基本的に、この人らは言いっぱです。訂正なんかしやしない。それなら、周りが説明なり訂正なりすればいいのですが、当然そんな事やりゃしません。
素人の疑問をそのまま垂れ流すとはどんだけ手抜きよ?しかも、そうだ!そうだ!みたいな感じで周りも同調しやがって!という思いは、いまも消えません。
風評の一端は、確実にこの人たちのせいです。公共の電波で発言するという意味をわかっていない。
この人がモニタリングポスト(MP)の事で騒いだ件はいまだに忘れられない。18mの子どもなんかいない?だったら18mの高さにMPが浮いてんのか?
TVでこんな事を言い放ってよくで責任がどうとか言えるもんだ。

(buvery氏が言っている赤井さんって誰なんだろう?いまだに見つからない。気になるなぁ)

ゆ さん

室井佑月氏
人気ありますよね。代弁して欲しい人がたくさんいるということかしら。

自分が言ったらばかにされるかもしれないと思うこと
(ということは自分でも自覚あるというか・・・不確かな思い)を
あの口調で言ってくれるのは嬉しいのかも。

私はあんまり嫌いじゃないのです。
へえ~と笑いながらみています。
軽い感じでこちらの意見も言えそうな雰囲気
(マジメそうな固い方には言いにくい)。

・・・ということはテレビで使い易いキャラなのかも。
作戦?

やはり

「赤井さん」気になります。

よく分かりませんが

以前『#ICRP111 から 考えたこと──福島で「現存被曝状況」を生きる』
で出てきた朝日出版社第二編集部の編集部長は赤井さんだったような…。

赤井さん

buveryさんにお聞きしたところ、IKAさんご指摘の通りです。
「却下」の経緯については、後でbuveryさんがブログの方で書かれる予定とのこと。
https://twitter.com/asahipress_2hen/status/218495372681674753

がっかりですねえ

テレビにしろネットにしろ、情報発信する側のモラルがあてにならない上に監視する機関も頼りにならない、とは。
(逆に監視が頼もし過ぎるのも困りますけど)

結局受け手側が賢くなるしか無いと言う事ですかねぇ。


それにしても、原発事故後、メディアに対する両陣営からの不信感って不思議だなあと。
どっちからも「本当の事を伝えて無い!」って非難の声が上がるのは、案外なんだかんだで中立に近い所に落ち着いてしまうと言う事なのか、それとも大手メディアの限界なのか・・・。


案外、視聴者側が「嫌な部分だけがやたらと目に付く」心理状態になってるせいもあるのかも、とも思うけど。

またまた阿修羅ネタで恐縮ですが、副島隆彦氏のファンはおられませんか?

 記事の内容とは全く関係のない話題なのですが、ただいま、放射脳の砦・阿修羅原子スレで暴れまくっております。

 皆様の中で、「放射能のタブー」をお読みになった方はいませんか?副島隆彦氏著で、ICRPに準拠し、山下俊一氏を擁護するすばらしい本です。ぜひお読みください。

 なお、阿修羅掲示板では、ICRP派の副島隆彦氏が投稿拒否されているのです。一方で、小沢一郎氏の熱烈なサポーターであり、「属国日本論」を書いた副島隆彦氏の人気は高く、管理人の投稿拒否に異論をとなえる阿修羅読者も多いのです。

 その投稿拒否が、反原発過激派である管理人の独断専行と、反副島隆彦の首謀者「kanegon」(=私を執拗にマークして、管理人に密告している者)である事実を、どんどん投稿しています。

 もし、副島隆彦氏のファンの方がおられましたら、一緒に参戦するなり、管理人や「kanegon」の卑怯な投稿削除に抗議をしてください。

 阿修羅原子スレこそ、本当に放射脳の砦であり、ここを攻略すれば、放射脳の壁は崩壊するのです。

 よろしくお願いします。拡散大歓迎です。

 ただ今の主戦場

副島隆彦さん関連のすべての投稿・コメントはカルト板か昼休み板限定で投稿可能です。
http://www.asyura2.com/10/kanri19/msg/695.html#c92

小沢一郎に最強の味方が現れた!  天木直人http://www.asyura2.com/12/senkyo132/msg/387.html#c134

福島原発の作業員800人死去の情報を東北大学医学部附属病院が緘口令を敷いて、外部に洩れなく(板垣英憲)
http://www.asyura2.com/12/genpatu23/msg/427.html#c404

追伸 阿修羅原子スレでは「buvery」がNGワードです

 既に投稿しましたが、

 阿修羅原子スレでは「buvery」がNGワードです(笑)

 この文字が投稿文の中にあると、はじかれます。

 なんという姑息な掲示板でしょう?

 2ちゃんねる以下です。

 他に、我ブログのアドレス
 http://sirarezaru.seesaa.net/

 副島隆彦の学問道場のアドレス
 http://www.snsi.jp/

 「やる夫と学ぶ放射線の人体への影響」のアドレス(笑)
 http://hamusoku.com/archives/6936663.html

 などが、投稿NGワードです。

 なお、以前「buvery」が阿修羅掲示板のNGワードであることを発見した喜びで、さかんにつぶやいていたら、ご本人に何度もメンションを飛ばさないでと叱られました。

 @maprin7 @kangaeru110 の両方でツイートしていました。

 ご本人様にお会いになる予定の方がおられましたら、私が放射脳の風評拡散を阻止するために、阿修羅掲示板で戦っていることをお伝えくださると幸せです。

No title

なおみ様
基本的に素人のコメンテーターなので、それはそれで、とも思っている私もいます。
ですが、問題なのは、その発言が公共の電波にのっている事。間違いや思い込みを周りが訂正しない事。
そして、本人にそういうある種の加護があるという自覚がない事。
ハッキリいうので、使う方は使いやすいと思いますが、それにおんぶにだっこではダメだと思います。
つい先日も、ハッキリ言うその文言に周りも乗せられ、本人もその気になったのはいいが、よくよく考えてみると
とんでもない事実に気がついた、という市長がいました→http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20120608-OYT1T01134.htm
市長と、いちコメンテーターという違いはありますが、電波にのせるというのはどういう事なのか?という意味を
その手の方々にはよく考えてもらいたいなと思います。
放送や記事にする側も、その目線や疑問に対して、どうすればいいのか?どういう意味なのか?というのを
忘れないようにして欲しい。もしそれが出来ないのなら、その種の人達の存在価値はゼロに近いかもしれません。
思った事をいうだけなら、誰でもできますから。

IKA様・鈴木小太郎様
赤井氏は、朝日出版社第二編集部の編集部長でしたか。
buvery氏がブログに書くという事は、それなりに状況を知っているんだろうなぁ、と勝手に推測。
一体なぜ却下されたんだ?と言っても、BPO自体が説明しないからわからないんですが…。

ゆ さん

>電波にのせるというのはどういう事なのか?

確かにそこはとても大事ですよね。肝。
お母さん仲間が好き勝手しゃべくるのとは
影響が違いますからね。

専門家でないなら黙ってろという言葉に
私はよくドキドキするのですが
電波にのる発言であれば、そこは譲れないのかも。
本も雑誌も新聞も・・・と思うんだけど。

日本の自由と教育は死んだのかな(遠い目)・・・と
思ったりもします。

うわさの社会学的考察

ゆ さま  なおみさま

昨日、NHKのあさいちで
「うわさ」の広がり方について
特集でやっていて、
震災直後の千葉のコンビナート火災時の
デマの検証など取り上げていました。

その特集を見ながら
他のテーマ・・・震災とデマとか、
自社の放送含めて検証とか、すればよいのに。。。などと
ふっと思いながら、アイスコーヒーを一口、、、二口、、、。

>室井さんのこと
 ゆ さん。 激しく同意です。

 この間、彼女が、
 「千葉の放射能の問題も、私たちが立ち上がらなかったら
  気づいてもらえなかった!」という趣旨の発言をしていたのを
 聞いて、

 本当に、お隣の市のご近所での取材で
 線量が高めのところを測って、
 放射能に対する知識もないのに、
 「ここは、線量が高い!」という発言をしてくれたおかげで

 不安だ!大変だ!
 ここは、福島と同じ状況だ! ばかりが先行しちゃいました。

 普通のお母さんたちの声を代弁した。。。とのことですが
 結果として、不安にしちゃった面もあったと思います。

No title

なおみ様・まなお様
>お母さん仲間が好き勝手しゃべくるのとは影響が違いますからね。
仰るとおりだと思います。電波にのせる=不特定多数の人達に伝える、という事ですから。

普通ならあまりにもバカバカしいものは、受け手側に却下されます。ところが、放射性物質に関してはそうはいかなかった。なんせ、ベクレルとかシーベルトという言葉もわからないのにどんどんそれで押され、その間に原発がメルトダウンし、水素爆発。そして放射性物質の拡散…と、いろいろありすぎました。そういう状況だから、素人の疑問や意見を放送で流したり記事に載せる事自体は意味がありました。
ですから
>専門家でないのなら黙ってろという言葉に私はよくドキドキするのですが
ドキドキする必要はないと思います。だってわからない事だらけですから。問題はその先。繰り返しになっちゃうんですけど、その疑問に答える人や司会があまりにもお粗末でした。でも、それが拡散してしまう。そして、それは今も続いています。
とはいえ、菊池先生のような記事も出てきたので、世の中も多少は落ち着きが出てきたのかもしれません。でも、中にはその流れに逆行する形の笑い話を、無理やり押し付けてきた怪文書配布団体もあったりしますがw

>この間、彼女が、 「千葉の放射能の問題も、私たちが立ち上がらなかったら気づいてもらえなかった!」という趣旨の発言をしていたのを聞いて
これなんか典型的な勘違い人間の発言かなと思います。この問題、福島の人ならおそらく「ほだがな取っちまえばいいべな」とか「近づかなきゃいいべした」みたいな感じでFAです。生活に密着した場所じゃなければ尚更ですしね。
不安だ!大変だ!だけじゃダメなんです。それならどうするか?どうしたらいいか?ここまで考えて初めて意味がある。代弁して騒ぎを大きくしたいだけなら、拡声器ひとつで十分できる仕事だと思います。

疑問に答えてもらえなかったり訂正や指摘がなかった事が、こういう人達を生み出しています。だから、私は安易なワイドショーライクな番組やくだらない雑誌を許す事ができません。そういう意味では、この人達も被害者と言えるでしょう。でも、許す気は全くありません。TV等で発言する意味を考えれば、自ずと自分はどうすればいいのか?がわかるはずだからです。
できる事なら、こういう人達が寝てる時に激辛ペヤングを一気に全部口に入れてやりたい。もしくはTUFを見習え!と言ってあげたい気分です。

IKA様
某ブログ内での対応、素晴らしいです。自分にはとても無理。しかし、あの上から目線はなんなんでしょう?後ろからミドリのスリッパで引っ叩きたい気持ちです。

No title

●『ママレボ一号』発刊

・Interview after 3.11 首都圏在住の田村綾子さん。
・特集1 食の安全と放射能 /給食と測定
・特集2 ガレキ広域処理を考える
/専門家に聞く・被災地の声を聞く・輪王寺住職に聞く
・郡山レポート/子ども健康&保養相談会でみえてきた郡山の今
・特集3 「いのちの主人公は自分!」肥田舜太郎先生の講話まとめ
・みんなのとりくみ  いのちをつなく、いのち全国サミット
・今、わたしたちにできること/「お願いアクション編」
・放射能に負けないレシピ/玄米カップ寿司
・イベントカレンダー
・ネットワーク団体一覧
・ちょっとほっこり

だそうです。
私もまだ読んでおりませんが、「ちょっとほっこり」なんていうコンテンツ、たぶんほっこりできないと思うので、皆さま余裕のあるときにどうぞ。

●「チラシ@富山」
ふーん、『みえないばくだん』みたいですね、この表紙の女の子。
富山では立山町で、瓦礫の受け入れを表明していますが、
ここでも、山本節子というプロ市民(調査情報ジャーナリスト)が、関与していて、住民説明会の模様なんてガクブルですよ。
(ブログ:wonderful world)

>昨日、南相馬から避難してきた人の話を聞きました。
 南相馬市は、庭木や雑草などのごみを、何の測定もせず、ガンガン燃やし続けているそうです。
そして、すでに胎児の異常事例も出ていて、医師が堕胎を薦めているのだとか・・・裏づけはとれないけれど、事故から16ヶ月、可能性は高いと思います。放射性廃棄物を無神経に燃やし続けているとしたら、そちらの方の影響が大きいのかもしれないと思いました。

こんなことをブログで述べる自称ジャーナリスト氏を、アドバイザーとして招き入れる「瓦礫受け入れ反対運動」って・・・何かね。

No title

まなお さん
あらまあ。そんなことが・・・。
それはとても迷惑なことでしたね。

>自社の放送含めて検証とか、すればよいのに。。。などと
ふっと思いながら、アイスコーヒーを一口、、、二口、、、。

全くですね。ずずずっと。

>「千葉の放射能の問題も、私たちが立ち上がらなかったら
  気づいてもらえなかった!」

えええ?たちあがったんですか?座ってていいのに~。

私は・・・そうですねきっと、彼女のすっごく初めの頃の発言しか
聞いたことがないので
発言内容がエスカレートしているのかもしれませんね。
応援の声が上がれば、気も強くなるでしょうし。


ゆ さん
私は笑って観てるなんてのんきなこと言っててごめんね。
ぺヤングとスリッパ・・・ここに置いときますね。
(IKAさんのご雄姿、拝見していないのですが・・・お体大切に)


re-tsuさん
まあた美味しいオカズ持ってくるし~(笑)。

>>昨日、南相馬から避難してきた人の話を聞きました。

うんうん。
私の目を見て話してごらん?
何でも黙って聞くさ。
かつてのご近所さんとか、福島の人の目を観て
話してごらんなさいな。

No title

 あのディレクターは、10万人だったら5百人、とか100万人だったら5千人が、100ミリシーベルトを被ばくしたら、死ななくても良いガンになって死ななければならない、のが許せない。

 とか言っていませんでしたかね。

 そういう仮定は、単回性の核爆発や原子力発電事故で多くの火傷者や急性被ばくによって、より多くの人たちが短時間で死んでいるはずですよ。100万人が単回で100ミリを被ばくしたら、数100万人はもっと強い放射能被ばくのリスクにさらされ、1シーベルト以上の急性被ばくなら数千万人。

 日本は国全体が消滅しちゃうほどの核攻撃を受ける事態になる、と思うんだけど、僕が間違っているのかしら?

 慢性被ばくによるデータって、チェルノブイリと福島だけで、チェルノブイリでは今のところそういう例は観察されていない、と言う事も知らずにサーミ人に癌が増えている、という現地老人の言う事を検証もせずに報道する神経も腹がたちますね。

 NHKのこの手の報道なんですけど、他の報道では放射能による避難者の苦難をお涙頂戴という感じでやるけど、僕は放射能による健康不安自体を正しい知識で乗り越えさせるべきだとおもうんですがねえ。このブログでは現地に残っている福島の人はすでにそうなっている。様に僕は思えますが、なんでNHKはそういう人達を無視しちゃうんでしょう。

ほんとにねえ・・・

福島の隣在住人さん
>僕は放射能による健康不安自体を正しい知識で乗り越えさせるべきだとおもうんですがねえ。
>このブログでは現地に残っている福島の人はすでにそうなっている。>様に僕は思えますが、なんでNHKはそういう人達を無視しちゃうんでしょう。

残った私たちも、みんな頑張ったんですよ。
それを認めてもらえないのは悲しいです。

ここしばらくの間思ったこと
(でも手元に何の資料もなくてうろ覚えです。もしくは新聞や局によって内容が違うので不確実です。間違ってたら教えてください)

①田村市のモニタリングポスト故障
ネットで騒ぎになり、県外の方の通報で故障が発見されたとか。
ずいぶん高い数値が表示されていたそうですね。

線量の「急激な変化」は私も心配なので
県外の方にも常に福島を見守って頂けて安心です。


②福大のストレス調査(乳幼児の保護者調査)
線量が高い地域はそれに比例してストレスが高い・・・。
この調査にオリジナリティや新しい発見はあるのでしょうか。
研究じゃなくて調査だから別に必要じゃないの?
みんながそうじゃないかな~と思ってることの確認?

さらに、ストレスの高かった地域が県中・いわき・・・となっているのですが、福島市って県北ではないの(ここ自信ないです)?
福島市高くないの?何故ベスト3にも入ってないの?
それなのに比例してって言い切っていいの?
私が見た記事ではそうなっていたのです。

それこそ思い込みで調査は出来ないでしょうが
怪しい団体が若いお母さん方に食い込んでる地域のお子さん方の
ストレスこそ高いのでは?というのが私の仮説です。

なんで県北が入ってないのか・・・どなたか教えてください。
(それともニュースが間違ってる?こういうこと今までもありました)


③避難してきた人の話を聞きました。
よくこういうの聞きますが・・・。

もし、そういう人の話を聞いたなら
内容については全部肯定した上で

「それはとてもシリアスなこと。
こんなところで話していないで
是非現地に戻って、あなたの知り合いに直接避難を奨めてあげて」

と言ってあげてください。

遠く福島から避難して
避難した先でどんどん話が盛られていくようで

自分が現実に付き合っていた人たちを大事に思うなら
講演会やネット、その他相手の顔が見えない手段ではなくて

避難先や日本を離れてまで
福島のデマを流す人が
私には一度も何も・・・直接言ってはくれません。

何で人を選んで話すんだろう。
同じことを私にも言って欲しい。

「福島に残っている私が見えていますか」

RFCもやっちまったなー

平日夕方(5時15分ごろ)にラジオ福島で「復興情報ファイル」という番組がある。
今日は「りょうぜん里山がっこう」の「七夕歌声コンサート」を紹介。
「事務局長の関久雄氏」が目的について
「チャリティーで子供を放射能の低いところで保養させるための運営費を集めるため」と言ったので「むむむ」と思った。
同「がっこう」HPを見たら「佐渡島でキャンプ」「市民放射能測定所準備」と。
関氏の名前でググったらこんなのが。
(プロフィール)
http://champoolcan.seesaa.net/article/247592923.html
(新聞記事)
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2012070390135528.html

ちなみに上のコンサートは「7月7日」と紹介も、これとは別に、
http://www.date-shi.jp/cat35/post-393.html

うーん巧妙。この番組は過去にも中手一派の「はっぴーあいらんどネットワーク」の
イベント紹介も。要注意かと。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

訂正+補足

http://www.date-shi.jp/cat35/post-393.html
は2010年の同イベントでした。
とはいえ、震災後にこれだけ変容するイベントも珍しい。

補足ですが、
http://sadosadosokai.jugem.jp/?eid=18
http://www.date-satoyama.com/tuushin/111205.pdf
代表の菅野偉男氏はこういう人。
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2012-01-29/2012012914_01_1.html

No title

仕事で移動中の車の中では、FMラジオ放送を良く聞いてるんだけど・・・・・
局によって、けっこう色がありますよー。

首都圏FM局では、NACK5が割と危険寄りといいますか・・・・・。
今日も「官邸前デモが報道されない件」について視聴者から意見つのってたり。
山本太郎の番組があったり(今もあるのかは知りませんが)

局としての方針なのか、ディレクターの趣味なのかは不明です。

2012-07-06(19:02) : さん ありがとうございます。

ILセンター、そして福島も、やや大げさかもしれませんが「新時代」でしょうね。「彼」の存在はやはり大きかったです。

改めて明記しておきますが、「子ども福島」とILセンターは全く別です。皆さん、誤解無きようにお願いいたします。

No title

なにかと最近、鬱陶しい宗教学者の島薗先生、早野先生に怒鳴られたとか。

http://togetter.com/li/332928

早野先生を怒らすなんて、よっぽど・・・・。

No title

福島の隣在住人様
ICRP自体が、低線量での被曝をそのまま掛け算で当てはめるな、と言っているので、NHKは前提から話がずっこけています→http://www.nsc.go.jp/info/bassi_0908.pdf
とはいえ、この辺りは正直わかりにくい、と自分でも感じています。確率が何%と言われれば、普通このように考えると思いますし。NHK(製作担当者)がどれくらいの知見を持っていたのかは定かじゃありませんが、低線量被曝を取り扱うのなら、この辺りから始めて欲しかったと思うと同時に、翻訳の捏造(とも取れる編集)や、その他のデータの扱い方等から考えて、ただ単にICRPを批判したかったのかな、とも思います。
これは民放の報道にも言えるのですが、ただ叩けばいいってもんじゃないと思うんですけどねぇ。

観潮楼様
RFCは通勤途中やうちのチビと散歩している時に聞きますが、その辺りの取捨選択は結構いい加減かなーと感じていました。先日(といっても結構前ですが)は、GCM福島・郡山の紹介(八谷和彦氏電話インタビュー)がありましたし、3/11のちょっと前は例の開成山での集会のCMを流していました。
この辺りは、それぞれの担当者の認識の違いなのかも。個人的には、もう少し意思の統一があってもいいかな、と思います。

ICRP伊達市ダイアローグセミナー

一日目。birdtakaさんの「まとめ」です。おつかれさまです。

http://togetter.com/li/333768

(トナカイを飼っている人の方が低い).
fukuwhitecat2012/07/07 10:51:54.

サーミの人たちに、被曝の影響で、癌や白血病の増加は見られていない。
ando_ryoko2012/07/07 10:51:49

等々、興味深し。

No title

 ゆ 様
ICRPの103号勧告、示して頂き、どうも有難うございます。僕も、原発事故以来何回も言われた、100ミリシーベルトの被ばくで0.5%の晩発性致死的がんの発症リスクが増加すると言う事について、整理した理解を得るまでは結構時間がかかりました。

NHK(製作担当者)がどれくらいの知見、こんなのゼロですよ。
 ICRPを批判したかった?こんなの放射脳だからだと思います。てめえが言っている事は捏造だ!と池田信夫氏に何回も指摘されてもわかっていないんじゃないでしょうか?

(つい最近NHKの太陽光発電についての解説の番組がありましたが、ハッキリ言って解説者は算数ができないと思うしかないですよ。太陽光発電をまともに勧めようとしたら使いもしない原子力火力発電を低稼働率で使用し続け、太陽光発電の過剰電力発生時に供給を断ってバックアップ用に建設しておかなければならないですよね。天気が悪ければ今度は不足分を補わなければならない。この建設費、運営費は国自治体電力会社の補助で太陽光発電設置者の負担を少なくするとか言っていますが、そんな金どこにあるんですかね。補助金貰っても設置できない貧乏人は益々電気代で苦しむ事になると言う事をはっきり言って欲しいですよ。)

 0.5%のガン死のリスク増というのは広島長崎の生存している被爆者の疫学的データから導き出された、一瞬のうちに被爆した人達の例のみの事をいっているのであり、チェルノブイリでの被爆者達数百万人の数年間から20年近くの長期低線量慢性被ばくについてLNТ仮説によって0.5%の晩発性の致死的ガンの発症の推計に使う事などもっての外。

というわかりやすい説明(良く読めばです)はウェード・アリソン氏の「放射能と理性」の138ページあたりから述べてあります。
IAEA(国際原子力機関)は、 ゆ さんが示したICRPの103号勧告があるにもかかわらず、チェルノブイリでは十万人に対して四千人がチェルノブイリ事故の放射能によるガン死の恐れがあると、予測しちゃったんだと、述べています。そして2011年6月現在では、ウェード・アリソン氏によれば、その様な観察例はないんだそうです。

 10万人というのは、ガンで死ぬ人です。全体で3分の1の人がガンで死ぬとしたら?
その他の死因と合わせて30万人になりますよね。30万人のうちチェルノブイリ事故で増加したガン死の人は4千人程度増えると言う事になるんですが、なんか数字が多い気がします。80万人が対象かな。これは最終的に最大にみたらと言う事で、最終的になるまで時間は結構ありますから、その他のガンの発症要因を抑えて、ガンで死ぬ人を1万人減らしても、9万人のうち最終的に最大4千人ガンで死んでいるはずだ、と無意味な言いがかりだって付けられますよ。なにしろ、証明は出来ないわけですから。
NHKディレクターはそれを許せないと言っているんでしょう。

 「放射能と理性」のこの辺あたりを良く読むと、いかに現在の放射能に対する恐れが不毛なのかと良くわかると思いますが、わからない奴はいつまでもわかりませんよ。

ICRPの103号勧告、これは2007年ですよね
IAEA予測は2006年ですからアリソン氏の著作の「IAEAはICPRの勧告に従わず、」というのは細かくいえば違うかもしれません。しかしこの辺あたりを読むとまさに今日の日本の状態を予言しているかの様に問題提起と解決のための理解の方法を示していると思います。不思議な気がしますよ。

No title

なおみ様

>残った私たちも、みんな頑張ったんですよ。
それを認めてもらえないのは悲しいです。<

おっしゃる通りだと思います。今の報道は、放射能のリスクについて良く学び、そしてデマによる風評被害を受けて苦しんでしまう、そういう不合理を乗り越えるまでの非常に多くの苦難について、全く関心が無い、その片手落ちは僕にとっても非常に悲しいですよ。

対立する状況についても両方を報道するべき、それをしないのがマスゴミだけど、その体質はあんまり変わらないと思います。中東アルジャジーラを全面支持するつもりはないけど、圧倒的多数の、残っている人達が、どうして「放射脳」じゃなくなったか、報道しないのはおかしい。と思うんだけど。



ところで、みなさん

山本太郎の姉、は大麻経験者だったんですか。

大麻解放運動(と言うものがあるんです)と反原発は福島原発以降、極めて親和性が高くなって、運動のリーダーが武田邦彦の強烈な支持者ですから大麻解放と反原発の二つのスローガンを並べちゃって居ます。

もともと大麻を解放せよ、と言う一部の人は経験をしたら霊的な解放感が心地よかったんでしょう。スピリチュアルな物に傾倒していく傾向があって、自然回帰に向かって原発もなんとなく反対から、絶対反対へと行ったんでしょうかね。

しかし、運動には合理的な根拠がなければ、進めて行くとカルト集団になってしまいますよ。

①大麻は言われているほど、危険ではなく酒煙草よりもずっと安全である。

僕が調べた限りでは上記の事は真実だと思います。
それなら放射能に対しても良く調べて、放射脳的思考は排除すべきです。今、騒がれているほど放射能は危険なのかどうかを根拠を示すべきなのに、タマネギジャーナルの記事ばっかり載せて大麻愛好家たちを煽って怖がらせちゃうんですから、行き詰りは目に見えています。

 大麻に限りませんが、日本は薬物不法所持者に対しては罰を与えたらそれで終わり。大麻について日本では精神病患者の調査から、その原因となる事も、依存性についても覚せい剤はもとより、酒、タバコ、睡眠薬、風邪薬以上に害は少ないんですよ。

 山本太郎についてはその放射脳ぶりは批判しても、恐らく不法所持で捕まった姉については、同情の余地がひょっとしたら、あったりして。

ラジオ

>こうたさん
ラジオはユルユルなところが長所にも短所にもなっていると思います。
日曜夜にRFCでやっている松山千春の番組はNACK5で同時刻にやっているものを一週遅れでやっているのですが、
氏も似たようなことを言っていたと記憶しています。
氏はガレキ受け入れ拒否に苦言を呈していたなあ。

>ゆさん
上で言ったことに共通しますが、
RFCは「情報に貴賤なし」のスタンスだと思います。
とはいえ、注目が集まっている現状では注意をもっと払って欲しいと思います。


さっきFTV『スーパーニュース』を見ていたら、
野田首相の県庁来訪にあわせて反原発グループが県庁前でサウンドデモの図が。
つくづくKYな連中だ。

HN「安積咲」さん

No title

仕事がやたらと多忙でして、ここは携帯電話で覗いてはいるものの、まさか『福島が好き』の記事のコメント欄が200を超えているとは思いませんでした。すっかり取り残された感じです。

直接は関係ない話なのですが……

福島駅東口の食品店街『エスパル』が新装オープンして、知り合いが全国有名チェーンのコロッケ屋さんで働き始めたと聞いて、昨日、行ってみました。
いやあ、びっくりです。
すごい品揃え、そして、大変なお客さんの数です。

首都圏の店も多数出店していて、まあ、美味しそうなものがずらりと並んでいます。
コロッケとサラダを主に売る店なのですが、きいてみたら、初日は90万円売り上げたそうです!! 単価の安い商品ですからねえ、どれくらいの活気だったかがわかります。

私も何だかうれしくなって、いろいろと買い込んできました(^_^;)

福島市近辺は特に製造業が元気で、今年、高校生の地元求人は去年の3倍近い件数です。震災前の水準を軽く超えています。まあ、出足がいいから、ずっといいとは限りませんけれど。

もしも福島がどんどん衰退していくのだとしたら、首都圏の企業も出店を控えるでしょうし、企業も正社員の求人など出さないでしょう。
そのあたりの予測や見極めは、放射脳の人たちよりも、ずっと確かだと思います。

もちろん、農業や企業の打撃はそう簡単には払拭できないでしょうし、問題はまだまだ山積みですけれど……

福島を犠牲にして、反原発を推し進めようという人たちに、あのエスパルの賑わいを見せてやりたいと思いました。
連中がどう煽ろうが、フクシマではない福島県は前へ進んでいると確信を深めました。

シュロー男さん

そう言えば去年7月末だったかに、スタバがエスパル内に出来たとき、嬉しかったです。あの企業が「死の町」に店出すわけない、福島大丈夫だよな~って。

ブログにアップしようかと思って、開店予告看板の写真まで撮ってました。結局「デマ除染」に専念しようってことで、やめましたが。

No title

>信夫山ネコさん
レス、ありがとうございます。
そうですよね。これは、素直に喜んでいいことだと思います。
人がだあれもいない町に、スタバや神戸コロッケがあったら、漫画ですもの。
こんは話題も、時にはいいと思いました。

ちなみに、私のコメントの下から5行目は『農業や企業』ではなく、『農業や漁業』です。訂正させてくださいm(_ _)m

ICRP伊達市ダイアログ・セミナー

終わりました。ツイッター実況してくださった、ふくちゃんさんに感謝いたします。他にも何人かの方々に。もちろん参加した方々にも。

エスパル大好き

ネコさん・ シュロー男さん

街が賑わうこと、私はとっても嬉しいです。
スタバの求人が震災直前にあり
「やった!スタバできるんだ!」と小躍りしたのもつかの間
大地震とあの騒ぎ・・・。

撤退した全国チェーンの居酒屋などがある中
(今考えれば、美味しいお店がたくさんある福島で結果が出せず、潮時だったのかもしれませんが)
スタバの求人広告もみなくなり、しょんぼりしていたのです。

だからスタバができた時は本当に嬉しかった!
コロッケとサラダもたくさん買いますよ~!

togetterに復活しました

togetterに復活しました。

アカウントは、「考える人」です。

@kangaeru110

久々にまとめを作っています。

http://togetter.com/id/kangaeru110

 敵が多いので、またスパム扇動をされてしまいそうですが、やれることをやるのみです。

 フォローしていただく方が増えるほど、凍結を避けることができると思うので、応援していただけるとありがたいです。

No title

スタバもいいですけど福島駅近く、珈琲専門の喫茶店ありません?
コーヒーゼリーとか美味しい・・。
昔よく福島の友人とそこで待ち合わせしました。

あとよくよく考えたら、うちの兄家族は今福島市在住でした、いっけね忘れてたよ(笑)。
(昨年4月に異動で福島へ)
どうりで時々、ラジウム卵とか麦せんべいををお土産にくれるんだぁ♡

ただいま帰って参りました

ってのは大袈裟ですか。

なんか久々感のあるIKAです。

ああ~、なんとも安心できますね~、ここは。
コロッケの話、コーヒーの話、平常運転ですね。うん、ここが私がいるべき所だ!と妙に確信。

あっちでは、はんなり京都弁で「はよおかえり」などと(なぜかローマ字で)言われ、京都と私は相当相性悪いんでは?なんて思っちゃいましたよ。(前も京都出張でしたしね)
ま、あそこでのやり取りで学んだ事も多かったです。

ところで
>re-tsuさん
駅前の以前からあるコーヒー店…ですか。
もしかしたら「珈琲グルメ」ですかね?

No title

>IKAさん
>もしかしたら「珈琲グルメ」ですかね?

それです~っ!

わたくし今は無き「東京福島県県人寮」なるところで過ごしたことがあり、県内各地に知己がいます。
このつながり、今となってはとても有りがたい。

平常運転かあ・・・

re-tsu さん
それは・・・珈琲グルメさんですか?
西洋骨董洋菓子店みたいに
イケメンぞろいというかメガネ男子がお給仕をしてくださる(ぐへへ)。
(最近は素敵なお嬢さんも・・・)

喫茶店なのに食べ物が充実していて
あのお店も大好きです。

あ!IKAさんだ!
・・・と思ったら珈琲グルメ・さき越された(笑)!!

あちらは最初しか覗いていないのですが・・・
ぶぶ漬け出されましたの(笑)?
お疲れ様でした。

おかえりなさい(にっこり)。

これも朗報では?

 ときどき、アゴラを覗くんですが、こんなものがありました。


http://www.gepr.org/ja/contents/20120625-02/


 長期間低線量の被ばくではDNA損傷のリスクはほとんど無いというマサチューセッツ工科大の研究結果だそうです。

 僕は、原発事故後に起きたパニックに驚き、あきれ果てたんですが、一番最初は福島県に援助物質を運び込む事を、拒否したという運転手の話。
 そして、避難できずに取り残された施設の老人たちの話などを聞くと虚しさを感じましたよ。

 割と最近では、放射能汚染で、震災被害にあった、本来ならば助けられた人を救助できなかったとか言う話も聞いたけど、あるブログのコメント欄で、上記の人は原発事故の犠牲者である。というコメントが載っていました。
 それについては原発事故の放射能漏れの犠牲者としてカウントはしません、とだけ言っておきました。
 放射能の害に対する無知とさらに偏見が起こす、原発事故の二次被害の方がずっと大きかったというのはチェルノブイリ事故にたいするIAEAが報告しています。
 日本の福島ではチェルノブイリに学んだ事を少なからず実践もされて、放射能に対する過剰な恐れが引き起こす大規模な混乱や無秩序などは起こらなかった、ともうすぐ言われる日が来る事を切に希望します。

No title

おかしな人のブログにはおかしな人たちが集まる
類ともですな

おかしいのは君だよ

「おかしい」のは、君の脳です。
「放射脳」だからですよ。
違うと言うのなら、勉強させていただきますので、データでご指摘ください。

 君のプロファイリングをしますね。
・ショートコメ→賢くない
・相手が間違っていると思いこむ→自己中
・相手の資料を読まない→独善的
・自分の方が賢いと思っている→客観的な判断ができない
・大日本→小日本に反発=反中国のネトウヨ
・叩かれるのがわかっていても投稿→反論しないと気が済まないおこちゃま。

 放射脳のスタンダードなタイプですね。

 以上は毒舌な一人の単なる私見ですので、何でもかんでもみんなを束ねないでくださいね。このブログに集う人々は多様です。放射脳で単細胞な君たちとは違って。

いやそれが

>なおみさん
ほんとに「もうぶぶづけもたんとやべたことやしいえにかえりはったらどうどすか」(IKAによる翻訳?本文はローマ字表記)って言われました(笑)。
私に絡まれるの、相当イヤだったんですかね~。
まあ、私自身も学んだ事がありましたし、関連エントリの方に感想をコメントしておきます。
え~と、あと「早いもん勝ち」ってことでご勘弁を(笑)。

>re-tsuさん
「東京福島県県人寮」何年か前に売却になった所でしたっけ?
今までの福島県人って浜、中、会津でボーダーレスの交流ってあんまりなかったですからね。どちらかと言えば「県外在住の福島県人」の方が「福島県人」の意識は強いかもしれませんね~。

>大日本さん
「おかしい」って概念は定量化された基準がありませんからねぇ。別の基準を持っている人からみると「おかしい」って思われてもしょうがないかな~、とは思います。

ん?それとも「おかしい」って「可笑しい」って事かなぁ。
だとすれば、(ブログ主の信夫山ネコ様は違いますが)「わらかそう」としている私なんぞには誉め言葉ですねぇ。
うん、ありがとう!

No title

ぶぶづけの意味は、なんの用意もしていませんので、お茶請け程度しか、接待できませんが。の意味からですが。

 本来の意味は、用意できるように、前もって連絡ください、ご用意しておもてなしをさせていただきます。 用意してのおもてなしが、本来のご接待と、理解しています。 ですので、こちら側の本意図として、用意申し上げてのご接待が本来ある事であるとと、しています。

ことらの意に反しての即席接待は本位でないので、今日のところは。

これが、はよおかえり。と言われるようになった、意味です。

それと、いちげんさん、お断りは。お客様の情報が無いにで、ご紹介により、一緒においで頂いた時に、お客様の情報を得て、次からお越しの時は、お客様のためにご接待させていただけます。また、お客様も、こちらの環境を理解していただける時間もできます。

※ 紹介なら、紹介者の信用を失墜されるような、行動、発言はないでしょう。という意味でもあります。 他のお客さんへの迷惑がかからないように。 

という意味でもあります。


お茶屋さんは、場所の提供が本来の業務で、料理、相手をする人などは、皆専門の職業です。 お茶屋さんへ料理を提供していたところ(仕出し屋さん)が、一般もあいてに料理の提供と場所の提供を始めたのが、会席,懐石料理屋さんのはじまりです。  その料理人を雇って始めたのが、料理旅館とかお茶屋さん風の場所で、料理をいただく、懐石料理屋。

 割烹は、明治になってから、新政府での政策で失業した、板前さんが、個人で始めたのが、板前割烹のはじまり、 即席料理を料理人の前の大きな、まな板向の客に料理を提供する。 大阪で始まり、京都へもです。
大坂は、京都と違い乾物が主ではなく、鮮度のある食材を調理は主だったので、即席料理は作りやすかったにですが。 


それと、敬意を払っている、ドクヘリパイロットさんも、武田氏にですから。結構に困っています。

武田氏今だ健在という事です。あっ。毒殺、暗殺など考えない様に、氏を死なない英雄にしてしまいますから。 

http://blogs.yahoo.co.jp/bell214b1989/66719080.html#66722518

原発騒動は、人を狂わす。 平素の不満を、原発にであるとのですが。
 
原発を廃止なら、法を変えるしかない。 死刑廃止論者(私含む)が死刑存続論者に、勝てない理由でも。
私は論で、モトケン先生を論破出来ないでいますし。モトケン先生に論で挑むのも、蟷螂の斧ですが。

原発存続論者で、死刑廃止論者は矛盾するかな。

暑い

IKA さん
>「もうぶぶづけもたんとやべたことやしいえにかえりはったらどうどすか」(IKAによる翻訳?本文はローマ字表記)って言われました(笑)。

ええ(驚愕)!?ホントに(私はあっち、マジ見てないです)!?
ぶぶづけ出されるって都市伝説はマジだったんだ~。
・・・ずいぶん粘ったんだねえ(大笑)!


omizoさん
やっぱり京の都はキチンとしてるんですね!
私はまどろっこしいや~!となりそうなので
やっぱりあずまえびすのようです(女でもえびすでいいの?)

>毒殺、暗殺など考えない様
直接関係ないですが先日
アラファト議長暗殺?というニュースで
「放射性物質で毒殺」となっていたのですが
よくわかりませんでした。・・・毒?

どうにかして!

>武田氏今だ健在という事です。

いやあああん!

7/7 ICRP

「ノルウェーにおける人々のセシウム汚染」  ハーバート・ソーリング

発表のスライド、まとめ部分に、はっきりと

No enhanced risk were observed for radiation rerated cancer

No negative health effects


ってありました!

No title

nanbomajimedemositukoitohitosannikirawaremasue.
moububudukemotantotabetakotoyasiienikaerihattaradoudosuka.


なんぼ まじめ でも しつこい と ひとさん に きらわれ ますえ

もうぶぶづけも たんと やべたことやし いえにかえり はったらどうどすか

もう ぶぶづけも、たんと おあがりはった ことやし そろそろ おうちに もどりはったら どうどすか。

年齢40歳以内かな。 庶民ことばで、標準語がまじる。

No title

>IKAさん
>「東京福島県県人寮」何年か前に売却になった所でしたっけ?

そうそう、正式には「東京福島県学生寮」です。渋谷区幡ヶ谷にありました。
あの寮で過ごした日々、友人は私の財産です。

時々、寮にアルバイトの募集がありました、都道府県物産展の売り子です。
代々木公園での物産展のアルバイトに入ったことがあります。
いまでも忘れられないのは、相馬焼の窯元さん(名前失念)。
「これ持っていきな」、と相馬焼の水差しを下さいました。
野馬追いの馬が描かれていました。

震災後も、ずっと考えています、あの優しい穏やかな方々のことを。

IKAさん

おお!omizoさんのプロファイリングが!


好奇心に負けて、あちら見てきました。
・・・本当にお疲れ様でした。

もうこの話題は終わりと思ってたのですが
今日知人と話したことなのでお許しください。

あのチラシを見た人が
「福島大学の准教授がコメントしてるけど、専門はなんだ?」

「大学教授って名乗ってあんなこと言って
専門を明かさないのは詐欺だ。あんなのただの感想だ」

「はもるは広告載ってたけど、仲間なの?」


それとは別に、あちらを見てきた私の感想。
民のつく新聞から、どっかの男の子の作文借りてきてたでしょう。
あれはきっと、記事になった時点で
作文の権利は新聞社なんですよね。そうなんですよね?

でも、あんなふうに顔や名前が載ってる記事を
内容を曲解されて変な場所で使われて・・・

私が親や本人ならかなわないなあ・・・
と言ったら

「あんなチラシを黙ってはさむ新聞は、そういった意識も低いのでしょう。だから許可したのでしょう」と言われました。

なんか・・・いろいろ残念。

福島県学生寮

うわあ! 私もそこで4年間、暮らしました!
物産展のアルバイトは、かならず来ましたね。(私はデパ地下で山菜売りました。)
叔父はあそこが男子寮だったころにおりまして、その情報から「ベッドがある」と思ってたら、女子寮になってから畳の部屋になってて、焦った記憶があります。

No title

IKAさま

あのローマ字コメントを見たとき、脊髄から脳天へなにか冷たいモノが走りぬけていきました。

これで、彼もいい加減な情報では叩かれると学習したと思いますよ。

「居残り左平次」ぶり

>IKA師匠、
おひさでございます。
アウェイで堂に入った「居残り左平次」ぶり、流石見事!
ホンに敬服致します。


こちとら
"いとおかし"を"いとお菓子"と脳内変換する、なんちゃって理系風情にて…(笑)

>みなさま
笑いに福あり!
福島に幸あれ!

皆さんありがとうございます!

>omizoさん
なるほどですね。京都の文化は東北人には分かりにくい事この上ないです。
正直言えば、半分自覚なしで嫌がらせしていたようなもんでしたね。だからと言って、良心が痛むことは無いんですけど。
それにしても武田のオッサンはほんとに困ったもんだ。
あんな奴信じるのは科学リテラシー以前の問題だと思いますが。

>re-tsuさん
大堀相馬焼の窯元さん、何件かは避難先で窯を開いたみたいです。会津本郷焼の窯元さんの所にお世話になっている方もいたはずですね。
家にも相馬焼のぐい飲みや急須がありました。

>なおみさん
新聞社がどんな規定を設けているかわかりませんが、改竄があったり営利目的でない限り、掲載は許可すると思います。
推測にすぎませんが、思想、信条をもって区別するのは新聞社がもっとも嫌うことじゃないかなぁ。自分の身に返って来かねない事でもありますし。
また、これも詳しくないですが、折り込みをする、しないは販売店側の判断が大きいように思います。
以前、折り込みを拒否した販売店が裁判に訴えられた事を覚えています。ただ、結果は覚えていませんが(民事だったのでたぶん和解したのでは?)。
偏屈相手にするのは本当にめんどくさいですねぇ。

>千貫森の宇宙人さん
彼らのブログ、更新もコメント返信も止まってますね。
本当になにか学んでくれればいいんですが…(期待はしていませんけど)。

>義阿南高地さん
そうですね~、あのまま居残っていたらお客さばき始めたかもしれません(笑)。
それってほとんどコメ欄乗っ取り(笑)。
まあ、屁理屈こねてコメントコントロール始めたりしていましたから、コメ欄オープンは単なる「私たちフェアに活動してます」アピールだったとは思いますが。

それにしても前の京都の准教授といい、今回といい、わたしゃ京都の天敵かい!
京都の皆さん嫌わないでね。

みなさま

福島県学生寮ってとても素敵な卒業生達がわんさか・・・?
なくなっちゃったのですか?
まだあるなら子どもをそこに入れたいです・・・。

「居残り左平次」
この言葉が思い出せなくて
「居座り?居直り?なんだっけ?」と迷っておりました。
すっきりしました。

IKAさん
>思想、信条をもって区別するのは新聞社がもっとも嫌うこと
>折り込みをする、しないは販売店側の判断

そうなのかあ・・・。
やっぱり私自身がしっかりしなくちゃね。

以前は流し読めていた新聞が
(つまり新聞だから「事実関係」は間違ってないでしょうと盲信していた)
すっかり読みつかえるようになってしまいました。
いちいち「あれ?ほんと?なんで?」って。
ほんとに今更なんですけどね(恥)。

あちらは「関係ない」って言ってた八百屋さん
お店の人が知らないうちに
勝手に広告打たれてたら大変!

知らないのかなあ・・・。
ホントに関係ないなら
本人(八百屋さん)が「違います。関係ありません」って言わないと。


カタログハウスにはもう
カタログ送らないでくださいと連絡しました。
そうしたら最後に理由を聞かれました。

健康診断についてのアンケートを送られたことと
最近の記事について
福島県民として思うところがあるので

と言うと
「不愉快な思いをさせて申し訳ありませんでした」
と謝られました。

「思うところがある」だけで
私のホントのホントの気持ちは伝わったんでしょうか?

電話口の人は「誠実」に対応してくださったのでしょう。

なおみさんへ

「カタログハウス」のアンケート、びっしり言いたいことを書いて出しました。
「インタビューに応じます」の電話番号も書いて。
(電話くるかな~。楽しみだわぁ。)

おつかれさまでしたー!

IKAさん、お疲れ様でした!
自分は淡白なもんで、自分が満足したら、プィって感じでしたよ(笑)

向こうのブログ、コメント伸びてないんですか~

でも、アレっすよ。
もしかしたら、都合悪いコメント削除しまくってるだけなのかも、ですよ~♪



黙ってコメント削除する、つーのはつまり、そう言う事。
言った、やった事だけじゃなく、やってない事まで疑われても否定できなくなるって事なのですよ。

No title

IKAさん

あんな奴信じるのは科学リテラシー以前の問題だと思いますが。

ヘリパイロット(F転です)と言う、論理的、科学の基礎も有る人でもですから。医者と接する機会も多くあり。

 だから、困っているのです。 

No title

>佐々木(以下秘密)さん
(そしてなおみさん)

やだ~、知ってる人だったらどうしよう(それもまたよし)。
前に郵政宿舎がありましたよね。時々その踊り場に変態さんが出現。なにせ福島県の可愛いおぼこ娘が沢山いましたからね(笑)。
部屋は六畳に二人。そして安かった!

なおみさん、残念ながら「福島県学生寮女子寮」無くなっちゃったんですよ。
私の姪っ子は仕方なく、民間の学生会館に入りました。

RFCだけじゃなかった

ふくしまFMでこんなのやっているそうです。

http://www.fmf.jp/em/

やっちまったな~、ふくしまFM。
スポンサー探し大変なのはわかるけど…。
ラジオ福島もそうだけど、地方のラジオ局って報道部まともなの持ってませんからねぇ。
情報発信の意識はあっても、検証とかは苦手そう。
あんまり人の事は言えませんが…。

取り急ぎご報告まで。

中手聖一君をまとめていきます

 流れとは関係ありませんが、ご報告。

 中手聖一氏の情報工作を、これからtogetterにて順次暴いていこうと思います。

 ネコさんの記事も使わせてくださいね。

 とりあえず、私が匿名状態だった中手聖一氏と討論して、中手氏自身だとつきとめた場面をまとめました。

 反原発過激派中手聖一君と阿修羅で討論して、正体をつきとめた私
 http://togetter.com/li/336079

佐々木(以下秘密)さん

・・・そっか。そっかそっかあ~(うるうる)。
インタビュー来たら、みんなの分までよろしくお願いしますね。

私はカタログハウスに怒っていたのです。悲しかったですし。
でも「みんなで抗議しようよ!」とは言えないの。

煽るのが嫌い・・・と言えばかっこいいですが
「ばっかみたい。何熱くなってんの?一人でやれば?」
と言われたらどうしよう。

こんなことでくよくよしてるのが
自分だけだったらどうしよう。

それならひとりでいい・・・という思考回路なので。

ですから反阿修羅の@iyao1 さんのがむしゃらさは
何て言うんだろ・・・言葉にならない思いでいます
(否定とか、馬鹿にしてるのではありませんよ)。
ホントに「ひとりでもいい」という覚悟があるのは
そういう人かもしれませんね・・・。

な・の・で・佐々木(以下秘密)さんの声、嬉しかったな~。
えへへ。


re-tsuさん
>時々その踊り場に変態さんが出現。
>なにせ福島県の可愛いおぼこ娘が沢山いましたからね(笑)。

あらま~!福島の宝に何をする~!ですね。
それが皆さん・・・今ではこんなに立派になって(会ったことないけど)。

武田・・・・

 武田カルト教祖に心酔しているドクターヘリさんのブログを読みました。

 アナザーワールドですね(笑)

「今日のお話はいろいろとありましたが、一番印象深いのは、広島に落とされた原爆のもたらした放射性物質の量は今回の福島原発の事故の量とは桁違いに違っていて、広島は数年で人が住める状態となったが、厳密に言えば、福島県のほぼ全域は100年程度は人が住めないほどの放射性物質があるそうです。」

 武田カルト教祖は、こんなトンデモないことを講演しているのですね。
 福島の方が、暗殺したくなる気持ちはわかります。
 出典を示して欲しいですが、どうせ、武田君の枕元で啓示が会ったあったのでしょうね。

 宗教ですから。

 「放射脳で儲けるぞ教」という。



 

EM菌・・・・

今を去ること10年前・・・水質浄化に効くと言われて米のとぎ汁持って学校に行きましたよ・・・次男。
一所懸命活動していたのに、EM菌、効果無しの記事が新聞で報道されましたよね。
もう忘れちゃったんですかね、そのこと。
EM菌、復活ですか?
それとも、なにかしないではいられないのかしら・・・?

弱り目に疑似科学(苦笑)~EM菌やら放射能デマやら

>IKAさま、安積の白猫さま、各毛並みのねこ・ぬこ様へ(笑)

善意の××やら
環境・健康としての××カルト信仰としての××

放射能デマが未だにこれだけ蔓延るのも…

結局の処、病根の根は理性欠如、科学的リテラシー欠如にて構成員メンバーも似たり寄ったり親和性あり、ホントに京に出没する鵺!ですわ。

EM菌騒動~最新状況編(記事例)
http://www.google.co.jp/gwt/x?hl=ja&client=twitter&u=http%3A%2F%2Ft.co%2FMDGn5Oqz&guid=on

http://www.google.co.jp/gwt/x?hl=ja&client=twitter&u=http%3A%2F%2Ft.co%2FkuQK2Mnb&guid=on


おさらい編~EM菌wiki
http://jig143.mobile.ogk.yahoo.co.jp/fweb/0711ZPzMXNSAcuLM/0?_jig_=http%3A%2F%2Fja.wikipedia.org%2Fwiki%2F%25E6%259C%2589%25E7%2594%25A8%25E5%25BE%25AE%25E7%2594%259F%25E7%2589%25A9%25E7%25BE%25A4&_jig_keyword_=EM%8B%DB%20wiki&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fonesearch%3Fp%3DEM%258B%25DB%2Bwiki%26fr%3Dm_top_i%26guid%3DON&_jig_source_=srch&_jig_ysid_=3PT8T5haFoAc6xy_KPBX&guid=on

トゥギャザーで
菊池&小波先生でまとめてたかしらん

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

>omizoさん
検証する能力も知識もある人が武田のオッサンにハマる。
この現象は大きな問題提起だと思います。

よく「欠如モデル」の限界が言われますが、個人的には別の問題だと思っていました。一言でいえば「科学(者)への不信」が大きいのではないかと。だから「科学リテラシー以前の問題」だと考えました。
一般の人はもとより、学者にとっても「専門外」の分野はブラックボックスだと思います。
今までは「ブランド」として信用していたものが、信用できなくなってしまう、その為に関連するものがすべての怪しく見えて、出来るだけそこから遠い所にあるものを、手にとってしまうのではないかな、と想像します。

信用を取り戻すのは容易じゃないかもしれませんが、食品等にみられるように、プロセスの可視化は有効な手段だと思います。
「科学には猛烈な淘汰と生存競争があって、その結果生き残ったものが主流の科学である」
これだけでも理解できたら、査読も経ていない論文を有り難がるような事はなくなるんじゃないかなぁ。

ガチガチに人には無理でも、そんなに深くはまってない人には有効かな、と思います。

>安積の白猫さん
EM菌は、どうも行政や教育関係に広く根を張りつつあるようです。
もしかしたら今後大問題になるかも、と危惧しています。

IKAさん 義阿南高地さん

放射能除去装置が欲しいのはわかりますが、EM菌はどうよ・・・・--;
と、素人のかあちゃんでも思います。
教育機関・・・なんか理科の先生が一所懸命だったような気が。(悪寒)

No title

記事と違うネタで申し訳ございません。 反阿修羅の@iyao1さんの中手氏・・・・・を拝見しました。 中手氏ですが最近はこんなのにも顔を出してるようです。 参議院内で院内集会、参加者の中に中手氏の名前発見。 子ども・被災者支援法がらみでこんな院内集会が行われていたようです。http://togetter.com/li/335942

グリーンピースでも取り上げられており
http://www.greenpeace.org/japan/ja/news/blog/staff/blog/41325/

福島県内から北海道に避難して扇動活動を続ける人、お馴染み福島瑞穂氏等、参加者からどうも違う意味の法案に持っていかれそうな予感です。 流れ断ち切りで申訳ございませんでした。

EM菌未検証授業報道前の流れ(まとめ)から…放射能コワいと同じじゃん!

http://m.togetter.com/li/331475

#1自治体での拡散系は…
NPO市民団体・町内会信奉者→議員からの環境活動要請→市区町村環境担当部課へ批判的でも拒めず又は無批判で受け入れ
◎町内会・議員との不要な軋轢回避
◎環境教育(生態学)のプロ不在
◎自治体首長又は幹部が信者又は無批判政局利用
◎他自治体成果による横並び受け入れ
○環境省・県環境担当部からの当該自治体批判なし(環境活動で団体表彰すらあり…実害小なら無関心)

#2公教育での拡散系は…
理科教師(非生物系多い)による環境教育授業ネタ多い
※水伝は人文系道徳教育と対象的

◎授業内容の聖域化で誰も知らない
○化学専攻で理科(物理・生物)指導可、逆も可
◎大学教職過程での正統な科学リテラシー教育の欠如(群大教では早川御大も担当)
◎教師の無自覚的利用又は自ら信者のケースすらあり
○文科省・県教委からの当該自治体教委批判なし(実害小なら無関心)

#3教育現場や実社会でのリテラシー重視思考への社会的無関心も根底に

キーワードを変えれば
被災材受入拒否の自治体やら
放射能デマ拡散の教師
やら…の裏に
マスコミ本社の意見バラつき~地方デスクの垂れ流し報道も加味し…

超科学の非専門学識者の持説に関わり、勢力拡大のみの環境団体の経済活動やら、政局利用のみの政治家票田の道具として蠢き拡散…

※大半は漠然と無関心と違和感を示している内に、一部コア層で熱烈拡散する放射能コワい教により最早国全体がじわじわダメージ受けるの構図とも同じかも…(苦笑)

緑豆××党やらカルトやらが表裏で煽りてね…

>安積の白猫さま
団体構成員は宗教的正義の為に熱心~悪寒は正しい感覚ですよ(苦笑)

IkA師匠みたいに切れよく纏まらず…感情的な長文にて失礼m(__)m
(なんちゃって理科教育免状持ち)

No title

 IKAさん

今回の場合は、国、東電、それに関係する組織。 巨大組織に対する、不信感と言うか、反発にたしての、武田氏との位置づけでしょうか。 組織が信用できないなら、なぜ一個人を信用できるのか?。 たしかに、痛い病は、一個人の開業医がですが、 それは、0からの検証ですから。 多くを診察した一個人がの場合もあります。 が、その検証を多くの医学者、医師、研究者が、検証をしています。 一部の医学者がちがうと主張をしましたが、国際学会では、否定され、その医学者も受け入れざをえない事になったのですが。 

  自己の思いを、代弁するもしくは、反感をもつモノへの反感主張をする者へ、共鳴反応でしょう。 

移植医療で、提供医療機関側での脳死判定を行う側の脳外科医を知っていますが、彼は、移植法改正を憎んでいますし、それを可決した議員をも憎んでいます。 臓器が提供されるまでのもろもろの医師側のプロセスは、何しもで、摘出医、移植医はねちょねにょぐちょぐちょのプロセスに、関与せず、移植医療を語ると。 彼は、移植医療を否定しているのではなく、移植医療に一番深く関与する医師のグレーゾンが、まったく明確化されいなとの思いです。 現状は、提供側医師に全てまるなげされている。
提供病院側にる判定等に関わる医師の懸念です。 

原発の電力提供に関わる人たちの思い、懸念を誰かが代弁しないといけないのですが。 困っているから提供せよとか、いらなくなったら速止めろとか、将来は廃止するとか、言われて、いい気がすかです。 ねちょねにょぐちょぐちょのプロセスを歯を食いしばり、やっているかもしれないですし。 そういう所に思いをはせてみれば、武田氏の意見が、いかに鎮撫であるか、とも思えるのですが。 まぁ、こん事を言うのは俺だけかもですが。

No title

>omizoさん
そうですよね。今回は科学(者)に限らず、マスコミ、政治などへの不信が複雑に絡み合う、言わば「複合不信」ですから、科学のみで語ることは出来ませんね。

それ以上に「まともな」科学者、専門家にとっては市民運動家やそれに乗っかってしまったマスコミ、説明と責任を回避し続けている政治に振り回されている、と言っていいかもしれません。

人は、自分が信じたいものを信じる動物ですから、知識も能力もある人がその罠に陥るのもある程度はしょうがないかな、とも思いますが…。
でも、私が「科学(者)」に期待してしまうのは、その合理性や論理性だけではなく、「国際性」にあります。
「国は嘘をつく」「マスコミは嘘をつく」事を否定するのは容易ではありません。(私自身、「嘘」と言わないまでも表現の取り替えや思想性優先は感じますから。特に政治への不信は今に始まった事ではありませんし、根深いものがあります)
その意味では、国もマスコミも基本は「国内問題」なので、不信感が高まりやすいのではないでしょうか。(別の言い方をすると陰謀論を展開しやすい)
一方、科学は国際的に検証されますし、日本の都合だけで主流となっている科学理論をひっくり返す事はほぼ不可能だと思います(それをやったら最早科学でもなんでもない)。
「国際原子力マフィア(by岩上安身)」なんて話もありますが、陰謀論はスケールがでかくなればなるほど綻びも大きくなりますので、信用する人も減ってくるのでは?と感じます。

その意味で「科学(者)」への信頼は一番取り戻しやすい分野なのかなぁ、と思うんですよね。

「世界が認めたICRP。ICRPは世界中すべての国が採用する国際基準です!」みたいなキャッチコピー付けて売り出す、とか(笑)。(三流広告代理店のキャンペーンみたい…)

>およねこさん
げげ~。そんな動きがあるんですか。
なんか「福島が好き」の方々とも動きがリンクしているようで、ちょっと不気味ですね。

EMといい、なんかただ騒いでいるだけではなくなってきているみたいで…やだなぁ。

EM菌に関して

>義阿南高知さん
長野剛記者って、確かホメオパシー問題が浮上した時も書かれてましたよね。
その時も「ちゃんと検証しましょう」という、至極まっとうで穏やかな書き方だったと記憶しています(利益を得ている販売元からの反発は必至でしたが)。

新聞社内にもいろいろな人がいるわけで。願わくば、こんなところでやってられっか、と飛び出される事なく、社内のリテラシーを高めていただければ(上から目線ですけど)。
でも新聞って、たいていの家庭では一紙しかとってないし、熱心に読むのはいいんだけど、それが全てと思ってしまうんですよね。と野球ファンゆえ朝日を取ってるウチの実家では。
マスコミとして発信する重みを、よくよく考えて欲しいんですね。
あと最低限のモラルと、社内の意見統一とか、いろいろ。

ちなみに私は、引越しした時の新規勧誘が〈とても!!〉酷かったので、もうとりません。

よしさん

>願わくば、こんなところでやってられっか、と飛び出される事なく

ああ・・・。そうですよね。
そういうお気持ちの方、あちこちにいっぱいいらっしゃるような気がして。

>あと最低限のモラルと、社内の意見統一とか、いろいろ。

ああ。ほんとに。
義阿南高地さんが別のコメントで
カタログハウスについてのツイッターをご紹介くださいましたが
意見統一かあ・・・。

思想信条の統一なんかではなくて
科学的にどうか
そのことだけなんですけどね。
望んでいるのは。

No title

 慢性被ばくによるデータって、チェルノブイリと福島だけで、

 って、誰がいっているのかと思ったら、僕でした。

 これ、取り消します。チェルノブイリはチェルノブイリ、

 福島は福島だけど慢性被ばくによるデータなんてまだ全然なし、これからも有意の数字は出てこない。

 なんかそんな気がします。失礼しました。

 

>よし様、なおみ様

科学部時代ホメオパシーを問題視した長野剛記者が青森支局でEM菌問題を軌道に乗せた途端、古巣が…この一面ですから

デマ杉からも今更と馬鹿にされ、きっこからはRTされ、いいネタ書いてる記者達から観れば、一面Topからの友軍爆撃じゃあ、ヘタすりゃみんな黙るか逃げるか(笑)

昔からの読者としては、何とか我慢してたけど、
政局絡みあろうが無かろうが、一面Topの顔を編集する側には素人からリテラシー以前に意味不明とすら言われプロ意識すら感じられないのがもう痛すぎ

庵主さまからは昔からじゃないと言われそうですが(笑)

義阿南高地 さん

朝日はね、読み終わったのを頂いてるの。

私はずっと読んだことなくて
でも私から見て頭よさそうで裕福で立派な人が
「読むなら・・・」って言ってたから
そっか~と思って。
こちらに来てからのビギナーですが。

どんなことも自分で確かめてみてよかった。
私には合わないということがわかったから。

相性つながりで「IKAさんと京都」を思ってしまった(笑)。
美味しいもの・素敵なものいっぱいあるのにね。

よこみち失礼します

初めまして。すみませんNHKの件では無い内容の投稿です。どこにコメントを入れたら良いのかわからず こちらで失礼します。

http://www.youtube.com/watch?v=alb0k5NWeLE
今年2月の上田昌文氏の勉強会の様子ですが
この方は現在も同じような考えで講演されているのでしょうか。
どなたかご存じの方はいらっしゃいませんか?

反原発運動で事務所おわれた太郎に…

反原発運動で時間所属事務所追われた山本太郎に俳優の津川雅彦は…『自業自得だね』

津川雅彦コメントのURL漏れ

山本花子さん

見まちた・・・。
こんな風に言ってくれる人がいて、よかったですね。
太郎さんは聞いてるかしら・・・。

浅ましい人々

おひさしぶりです。

上田さんには学会のシンポジウムで協力して戴いたことがあるので放射能騒動でも探りを入れる形で抑制してきたつもりだったのですが(ネコさんに記事の修正をしてもらったこともありますが、あの件も少しは関与しているのではないかと疑っています)、今も「福島には住めない」などの講演をしている模様ですね。
市民科学研究室はもうダメだなぁ・・・上田さんの生物学専攻って何を勉強してきたんだろう?

勤務先の大学のセミナーに招いたこともある林衛さんも福島大の怪しい副読本にカブれたみたいで、困っています。
http://www.chunichi.co.jp/hokuriku/article/bunka/list/201205/CK2012051102000255.html

二人ともお会いする機会があったらとりあえず意見はしますが(わざわざメールする気力が湧かない)、もう仕事関係で声をかけることはないし、知人が呼ぼうとしたら止めますね。
ここ1年、「市民」がダメ人間の代名詞みたいになっているのが残念です。

今回の騒動で人間関係が悪くなった複数人がいるんですが、宇野先生のように志を同じくする人が見つかったりもしたので、もう諦めようかな・・と思い始めています。

当初は知人の一部に御用とか無責任に安全を煽っているとか言われても「今まで色々とお世話になったし」「元は善意だし」「そのうち仲直り出来るかも知れないし」と我慢していました。
でも相手を「浅ましい」と思う気持ちが止められず、「科学はルサンチマンを許さない、再び」という記事を書き、NHKや朝日新聞や菅谷市長の件も取り上げました。
http://blogs.yahoo.co.jp/bloom_komichi/65721792.html

6月末に覚悟を決めてこの記事を書いたけど、誰もケンカを売ってこないな・・と不思議に思っていたらコメント欄を開けていないことに今日になって気付きましたよ。
でもここ1ヶ月はキャリア教育で忙しかったのでちょうど良かったかも・・

でも「続・生物学者のリスクの見積もり方:冷徹な科学こそが優しい」は5月からコメント欄を開けていますが、こちらも科学的な議論を吹っかけられることはありませんでした。
http://blogs.yahoo.co.jp/bloom_komichi/65636343.html

とりあえず、ブログで自分の考えをはっきりさせることで長期的な責任を引き受け(自分が危険だとは思えないと書いた範囲の放射線で「何かあったら」土下座をする覚悟)、私のブログを読んでいる知人達に「私はこの騒動に怒っている」と表明することで浅ましい人が増えませんように・・と願っています。

最近は「馬鹿も安身安身言え」の方をフェイスブックで引用している知人に「デマ源だよ」と教えたらすんなり理解してもらえたので、こまめに意見を出すように心がけるつもりです(逆ギレされることも多いですけどね)。

上田昌文氏

>bloomさん
ありがとうございました。
生物学専攻で「市民科学研究室」代表という事で期待を持って講演内容を聞いたのですが、今後福島で健康被害が多量に出るはず論を展開している点が引っかかりました。
私が何の予備知識も無い状態で彼の講演を聞いたなら モロ信者になっていたかも知れない…。

ブログでも言及しました

茨城っ子さん、私はこれまでよほどの根拠が無い場合は個人や団体を名指しで批判することは避けていたのですが、市民科学研の活動はかなり偏ってきているので自分のブログでも言及しました。

児玉先生に対する批判も、彼の真意がしばらく分からず、昨夏はただ「わからない」と書きましたが、今は真意はどうであれ科学的に客観性の欠ける発言は批判されてもしょうがないだろう・・と考えるようになってきました。

また、インフルエンザ騒動と放射能騒動を見てきて、「善意」で危険性を煽る人のほとんどが、実のところ何も考えていないし善意にも乏しい・・という実感も持つようになったので、おかしいと思ったら遠慮せずに言うようにします。

本当に放射線生物学に詳しい人は国のために一生懸命働いているので忙しいし、私達のように大学で授業が出来るレベルの知識のある人は学生に正しい知識を持たせるためにやはり忙しいです。

だから怪しいNPOの怪しい勉強会がはびこるのですが、私の場合はブログ記事を通してうちの大学の学生達に伝えている内容を情報発信することで何とかデマを食い止めようとしています。

ちなみに全国で頻繁に講演をする暇がある大学教員は、小出先生のように論文を書いていない(書く力の無い)自称専門家、大学の仕事をきちんとしているとも思えないし理系の勉強をしているとも思えない福島大学の副読本の関係者くらいですね。

宇野先生など真面目に取り組んでいる方ももちろんいらっしゃいますが、そういう方の発言は「科学的に考えればリスクは想定しづらい・・それでも心配は尽きないだろうから・・」と遠慮がちで、浅ましい人々の心は鼓舞されないみたいです。

「政府は嘘をついている!」「福島の人々はモルモットにされている!!」みたいなセンセーショナルな言葉を待っている一般人も、そう口にして酔う自称専門家も、直接は手の施しようがないので、変に拡がらないようにするのが精一杯です。

茨城っこさん、bloomさん

上田さんのこと、すっかり忘れていました。
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-59.html
でしたね~。

とにかくNHKのプロデューサーに入れ知恵した者、というかネタ元がいますね。あんなのマスゴミ連中のオリジナルなわけはない。サーメ人はネタ元の筋書きのままか。ICRPや「慰霊碑」のズサンさ、デッチアゲは、理解を超越しています。あの辺がオリジナルかな~。

でもあの番組が放送された頃より、「反原発正義軍」は明らかに後退している感じがします。もう「相手にされない」現象があります。みなさんのおかげですね。

煽った連中も、そろそろ「転向」、いや、「敵前逃亡」「フェイドアウト」が増えるのでは。最後までジャングルに残った、横井さんや小野田さんみたいになるのが、「自主避難」のママだったりすると、悲劇です。

そうそう、「市民」ってコトバ、もうダメですね~。

富山県の状況

黒四の現場によそから来た男とその男がナンパした田舎娘との間に生まれた私がやってきました。

「チラシ@富山」には中核派の下部組織・NAZEN北陸が関与していますね。

とはいっても結成集会に集まったのは主催者発表で20人ですけど・・・。
http://www.zenshin-s.org/zenshin-s/f-kiji/2011/11/251451.html

中核派が富山に北陸の拠点を作ったのは原発立地県の石川・福井では地元住民の反発があるからでしょうね。

あと、「環日本海構想」という北朝鮮や中国、ロシアと仲良くしようという怪しい思想があり、富山大学あたりが拠点になっていると思います。
http://www.pref.toyama.jp/branches/1133/derukui/vol0/28.html


富山県では岩手県と協定を結び、山田町の可燃物の処理の強力をするそうです。
今は立山町にて検討されているようです。 立山町、富山市、滑川市、上市町及び舟橋村で構成する富山地区広域圏事務組合の焼却施設「富山地区広域圏クリーンセンター」が立地しています。
他、高岡市も検討しているようです。

ただ、小さな県なので廃棄物処理のキャパが小さく、受け入れを断っている組合もあるようです。


そんな状況ですが、受け入れに積極的な県民もいます。
http://blog.livedoor.jp/jive301-toyama/tag/%E7%81%BD%E5%AE%B3%E5%BB%83%E6%A3%84%E7%89%A9#

例のre-tsuさんご指摘のプロ市民ですが、ブログでシリア情勢について「アメリカの陰謀説」を開陳しています。
で、不透明な中国の宇宙開発を正当化している人物なので正直???な人と思います。

訂正

富山県では岩手県と協定を結び、山田町の可燃物の処理の強力をするそうです。 →×

富山県では岩手県と協定を結び、山田町の可燃物の処理の協力をするそうです。 →○

No title

 NHKのニュースでは大飯原発再稼働反対のデモについて、参加者が増えていると言っていましたが、その一人の若い主婦は、今まで福島県から首都圏に電気が来ていると知らなかった。申し訳ないと言う様な発言をしていましたけど、

 そこで、どうして原発反対になるの?今までの無知もそれで良いとは言いませんが、それだけを知ってなんでリスクの程度がどんなものか知ろうとしないんでしょうかね。と思いますよ。

 大飯原発3号機4号機とも稼働することで、今夏の電気供給は関西電力じゃ少しは見通しがついたんでしょう。稼働停止前は42%の電力を賄っていたはずですよ。

 西日本の大気、汚れてきていないんでしょうか?火力発電ん稼働率もあがったでしょうから。
プロフィール

shinobuyamaneko

Author:shinobuyamaneko
 福島県福島市の信夫山に住むネコです。
 原発事故以後ネット上には「もう福島市は放射能高くてダメ!逃げてください!」「福島はチェルノブイリ以上!」「子供を見殺しにしないで!」等の「反原発の叫び」が溢れてます。ネコはどこにも逃げられないから、もうノイローゼ気味。こういう「叫び」「脅し」の効果もあって福島に来る人は激減。街は沈み、市民は「すぐに逃げてください!」に怯えながら、静かに暮らしています。(←最近は嘘・デマがバレてきて、みんな元気になってきた感じだにゃ。)
 しかしね~、この種の「叫び」の根底に、「反原発」の「福島壊滅ならば原発全廃にできる!大大大チャンスだ!」っていう心理はないですか?原発全廃の為にはまず「福島壊滅」が必要とばかりに、科学的、医学的、論理的に怪しい説、大げさな数字等が「連呼」「拡散」されていないですか?それが「正義」になっていませんか?
 信夫山ネコは「故郷福島壊滅」を「原発全廃」の手段にされてはたまらんです。もし根拠がない数字や説の拡散によって、旅館の経営者が自殺するとかの悲惨な「風評被害」が出たら、大人しい福島人も終には訴えたりするのかにゃ~?!今はとにかくデマ、風評、誇張、脅し等を除染しながら記録するにゃ。(「リンクフリー」です 対「反原発」、対「放射脳」等での引用ご自由に)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR