「福島が好き」という「怪文書」は やっぱり「子ども福島」発だった

これももうネットではあっと言う間に有名になったが、昨日(6月24日)福島の家庭に情報誌「福島が好き」という「怪文書」が配られた。福島民報、福島民友という地元紙の「折込チラシ」だったが、県内かなりの範囲に出回ったらしいにゃ。(実は新聞とってません。近くの食堂等で見ているのにゃ。昨日は猪苗代の「プロ市民科学者国際会議」に気とられてたし)

中身はこちら。
http://web2.nazca.co.jp/hukusima1/hukusima3.pdf
発行元HPはこちら
http://blog.goo.ne.jp/fukushimagasuki

例によって発行人(編集人)は「名乗らず」、寄付金口座あり。「内部被ばく」「福島はチェルノブイリ以上」とウソ八百で脅し、「福島の人間はモルモットです」と神経逆撫で。フクシマ大学の「服毒本」だの、荒木田准教授「除染すればするほど住めない」だの、「子ども福島」経営の八百屋「はもる」だの・・・。もう散々見飽きた典型的「反原発紙爆弾」だにゃ。

しかし印象としては情報が非常に「古臭い」。何か既視感たっぷり。春先の「週刊文春の甲状腺癌インチキ記事」や5月の「中手氏の子どもの死亡数インチキ統計」なんか入れないと、インパクトないぞ~(オレに言わせんなよ)。いつまでも「バカの一つ覚え」って言われるぞ~。掲載してある「パセオ通り」の写真には雪が積もっているし、「秋に福島に行った」とか、今頃何言ってんだ?荒木田氏の記事も去年の秋だったにゃ。

全般に時期はずれの、出遅れ感が強い、不思議な「紙爆弾」だ。ま、とにかくそういう意味でも「怪文書」だにゃ。

これ見た福島人はみんな不愉快、「暗い日曜日」になったが、上記発行元HPのコメント欄、さらにはツイッターではもう「怒りの乱暴」状態で炎上中だにゃ。「チラシテロ」「福島が嫌い、に改名しろ!」とかもう爆笑。福島人はこんな怪文書にだまされないし、福島の味方はますます増加中だ。こんな火に油を注ぐ「自爆テロ」は大歓迎にゃ。

情報誌『福島が好き』への福島県民他の反応 any_kさんの「まとめ」
http://togetter.com/li/326217

皆さんの貴重な情報から判ることをまとめておきます。

「脱原発の日」のサイト
http://ameblo.jp/datsugenpatsu1208/entry-11285055531.html 
によると、「福島が好き」の編集人=「(脱原発の日)準会員の立川(京都)・飯沼(兵庫)です。」ということになる。(訂正は以下参照)

(6/29追記)
「編集人ということになる」と書いたのは、上記ブログには、「立川(京都)・飯沼(兵庫)」が「30万部発行を決めました。」と書いているので、二人が発行決定権を持つ編集人かと思ったのである。しかし確かにコメント欄でのIKAさんの指摘もあったように、「脱原発の日」には「編集人」だとは書いていない。また、

「編集人」=http://m.kotobank.jp/word/%e7%b7%a8%e9%9b%86%e4%ba%ba  編集人とは「編集に法的責任を負うもの」という意味もあります。

ともいただいた。昨日はコメント欄に編集部の飯沼(「飯沼です」)さんから、「私は執筆者でもなく、編集責任者でもありません。」ともいただいた。確かに事実と異なることで、この文書の責任が、責任者でない人に行ってはたまらない。このことで不快な思いをさせてしまい、申し訳なかった。  (←7/1訂正 その後「飯沼です」さんからの不快なコメントが続いたので、「不快」に対する謝罪は撤回しました。お互い様ですな。つまらんこと書いているヒマがあったら、さっさと「訴訟」手続きとやらをを進めなさい。おだづなよ。) 

訂正、さらに明記いたします。
「編集部の飯沼氏は執筆者ではなく、編集責任者でもありません。」

信夫山ネコの興味は、多くの福島県民に不安、不快感を呼び起こし、募金まで求める「福島が好き」の責任者は誰なのか、それを知りたい、ということだ。その謎が解けることにより、県民の不安、不快感は少しは払拭されるかもしれないからだ。その意味では、「編集部の飯沼氏」は「代表者の名前を書いていないことが問題であるのなら、次回からは掲載することを検討します。 」と書いておられたが、最早それよりも、多くの県民が不快感を表明した「福島が好き」の、第二号の発行をやめて欲しい、というのが今の心境だ。
(また「編集部の飯沼氏」が、100%飯沼正晴氏である確証はない、これは下記で「らしく」と明記している通りである。)
(以上)

この二人は、飯沼正晴・立川さき の両氏らしく(注:下記「7/6追記」参照)前には「ベーシック・インカム(最低所得)」という思想(?)を推進していたようだ。サイトはこちら
http://bieejyanaika.web.fc2.com/index.html

なお飯沼氏は、「霊界」に関係あるらしい。
http://www.d5.dion.ne.jp/~susa/publish/publish.html

(7/6 追記)
コメント欄にomizoさんから、「飯沼です。と言うハンドルネームの方が、脱原発の日の準会員の飯沼(兵庫)氏もしくは、ベーシック・インカムの飯沼正晴氏であるかは、未確認である以上、飯沼です。と言うハンドルネームの方として、対応される事であるかと。」といただきました。まさにこの通りです。

「福島が好き」に資金を提供した「ドネーション・シップわかちあい」の役員には、かつては二人の「飯沼氏」がいました。正晴氏でないほうの飯沼氏は、現在は役員ではないようですが、http://www.donationship.org/dsbbs/dsbbs.cgi?mode=one&namber=97&type=96&space=15&no=0&P=R 「飯沼です」氏が、この「正晴氏でない方の」飯沼氏である可能性も否定できません。また「わかちあい」と繋がりがあると思しき人の中に、さらにもう二人「飯沼」氏がいます。「わかちあい」のイベントに出演している音楽家で、この内の一人は「わかちあい」のスタッフかもしれません。少なくとも4人「飯沼」姓がいるのです。
(以上)


「福島が好き」に書いてある連絡先 
◆「福島が好き」編集部 ◆ TEL 080‐6178‐6155
〒600‐8127 京都市下京区 梅湊町 83-1 京都市市民活動総合センター メールボックスNo.54

だが、これは「メールボックス」を借りているだけのようだ。実際に何らかの活動をしているとは思えない。この「センター」のHPはこちら。
http://shimin.hitomachi-kyoto.jp/index.html

なお「福島が好き」は30万部発行と称しているが、福島民報の発行部数=24.7万、福島民友の発行部数=17.9万である。両方合わせても、チラシが30万発行ってことはすんごい数になるが・・・。

なお今日(6/25)、この「怪文書」について、前回コメント欄に「にゃん」さんから貴重な情報がよせられたので、改めてここに転載しておきます。ありがとうございます。

子ども福島関係者から聞いた話です。
例のチラシ、あれは子ども福島の準会員が作ったものだそうです。
(準会員とは県外の会員らしい)
チラシを作って新聞折込にするという案が出て、
たたき台を作って子ども福島の役員(?)に確認取ったけど、
OKが出なくて、他県の団体として発行することになったらしいです。

子ども福島のMLでは「ネットでは批判もあるようだけど、
それはやらせも含まれているはず。感謝や激励の電話をたくさん
もらっている」と報告しているそうです。
どこまでおめでたいんだか。


というわけで、この「怪文書」の謎について、ある程度解けたようだにゃ。いつもの通り、「子ども福島」(「子どもに放射能で死んで欲しい福島ネットワーク」=その訳はこちら)が暗躍。あ~呆れた。本当に「自爆テロ」だにゃ~。どこからこんな「広告代」が出るのか?と思ったけど、もし「子ども福島」が昨年集めた寄付金から出たとすると、そんなに不思議ではない。
子どもたちを~スクリーンショット

(6/27追記)
「資金源」について、コメント欄に「飢え過ぎ」さんから情報いただきました。ありがとうございます。以下に転載しておきます。

ドネーション・シップ「わかちあい」
というのも、「怪文書」の「資金源」ですね。ツイッターの「まとめ」から検索したら出てきました。

http://blog.goo.ne.jp/donationship/e/24dbf11b7aa2c8af9eb18bcdb1971866

◆情報紙「福島が好き」の発行と配布を支援するために、
「福島が好き」編集部にドネ・プロジェクトとして
110万円の「わかちあい」寄付を実施しました。

この情報紙発行の活動は3・11以降、未曾有の原発事故の被害を受けた福島に心を寄せ、福島と関わり、
福島とつながりながら活動してきたドネ有志によってスタートしました。
ドネとは別の団体、別の活動ですが、ドネ有志発の活動です。
寄付先候補としての提案を受けて役員運営メンバーで検討し、会員の皆さんにもご意見を聞きました。
その後、6月9日正式に理事会・寄付先検討委員会を開催し、全会一致で寄付を決定しました。
検討にあたっては、純粋にその活動内容によって寄付先の決定をおこないました。
理事の立川・飯沼は「福島が好き」編集部の当事者でもあるため理事会の採決には参加しませんでした。
寄付実施の手続きはドネを代表して理事の片山が6月13日に行いました。

って書いてありました。
(以上)

「怪文書」印刷・発行にいくらかかったのかは不明だけど、大半はこれじゃないだろうか。30万で割ると、一枚3円強だ(こんなものですか?広告費って)。「子ども福島」の集めた寄付金からではなさそうだ。


(それにしても「福島が好き」HPは批判カキコでボコボコだが、電話では激励殺到なの?そんなわけないでしょう。それなら普通は「反原発正義軍」の援護・賞賛カキコも殺到じゃないだろうか?「怪文書」=福島県内のみ、ということから考えると、①「福島が好き」HPへのカキコはほとんどが福島県民である。②「反原発正義軍」の主力は当然福島県外で、福島県内のことについては情報欠如だし、へたすると興味がない。という当たり前のことが確認できた。)

(もう一つ今気がついたけど、この「怪文書」=福島県内のみ、ってことは「寄付金」って福島県民の懐を当てにしている?おいおい・・・)

皆さん、とにかく今度のことで万が一にも「京都差別」なんてしないようにしましょう。福島の味方の人、各地にたくさんいるって知っています。ありがとうございます。

前エントリーも、まだまだよろしくです。)


(6/26追記)
エントリー欄に「ネコ科です」さんから、新たな情報が寄せられました。以下に転載しておきます。ありがとうございます。

「怪文書」作成の経緯が判明
なみへいさんの情報から辿ってみました。

http://www2.rocketbbs.com/622/yuyub.html
(悠々塾掲示板)のNO.9566(3/30)を見ると、よくわかる。

飯沼:「私が参加している福島のグループのメーリングリストでも、「福島に留まっているほとんどの人たちは、もう放射能のことなど気にしていない」という認識があると感じます。
そのメーリングリストの参加者(500人以上)のほとんどは、すでに避難している人か放射能についての意識を持っている人たちです。
そのグループの依頼でさきさんが作った、「福島が好き」というチラシは、内部被曝の危険性や保障付きの避難の権利なども盛り込んでいましたが、「聞く耳を持たない人たちに伝えることはできない」という理由で不採用になりました。」

とあります。
(以上)

「福島が好き」は3月に作成されていた、ということでしょうか。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「福島が好き」と言うなら

6月24日(日)、この日福島県のローカル新聞「福島民友」・「福島民報」で『福島が好き』という折込チラシが配られ、多くの福島県民が心穏やかではいられなくなるという騒動が起こり...

コメントの投稿

非公開コメント

怪文書つながりで

この怪文書ですが、毎日新聞(三宅新聞店)の我が家にも入ってきました。
感想は…特にないです。言いたいことはツイッターまとめの皆さんが全て代弁して
下さってますから。
ある方のツイートによると第二弾の発行も考えているらしいのですが
こんな振り込み詐欺まがいのチラシ、民友民報両社、今度はきっちり拒否の姿勢を取ってほしいです。

そして今日、ツイートで流れてきた怪文書があったのでご報告します。
岡山博 仙台赤十字病院呼吸器科医師、東北大学臨床教授
http://hirookay.blog.fc2.com/blog-entry-31.html

情報元は@Micheletto_Dさんという生物学者さんなのですが
「福島の人が読むには酷過ぎるのでお薦めはしません。お読みになるならばこころして読んで下さい、どうか気分を悪くされませんように」
そんな内容です。以下、一部抜粋です。

・ 福島医大では、放射線被曝を避けるために、医師の1割が退職し、今、医大で仕事をしている多くの医師は家族を福島以外に住まわせています。

・ 福島医大の医師がこのように、福島の放射能汚染を深刻に考えていても、医大の中では、放射能を話題にすることは禁句で、放射能汚染や被曝に関連にした調査・研究は実質的に禁止されています。

・ 大学の研究内容が禁止されるということは恐らく戦後なかったことで、大学のあり方としても歴史的な大事件がおきています。

・ 放射線について医学的な議論やおしゃべりさえ自由にできない福島医大が、被曝医療の中心になっています。

この教授、頭がどうかしている人なんでしょうか?
一応魚拓も取っておきました。
http://megalodon.jp/2012-0625-1949-32/hirookay.blog.fc2.com/blog-entry-31.html

No title

「福島が好き」編集部の飯沼と申します。

貴ブログで、「福島が好き」のことをさっそく取り上げていただいたことを知りました。
しかしながら、あなたの記述には事実でないことや無責任な伝聞・推測がいくつも書かれており、残念に思います。

あいにく今は時間がとれず、明日・明後日も所用があるので、詳しいコメントは後日になりますが、その前にあなたの方で自主的に修正なりをしていただければ、手間が省けます。
修正されたものに基づいて、後日コメントさせていただきます。

こちらといたしましても、名指しでの「事実誤認、あるいは中傷」に関しては看過するわけにはいきませんので、どうぞよろしくお願いいたします。

なお、「福島が好き」の内容(情報)に関しては、すでにご存じの方々も多いということは承知していますが、ご存じでない方々も多いという状況を踏まえてのものです。

No title

一応つっこんでおきますが、

>・ 福島医大では、放射線被曝を避けるために、医師の1割が退職し、
>今、医大で仕事をしている多くの医師は家族を福島以外に
>住まわせています。

総数は把握してませんが、退職する方もいれば
新しく大学に戻ってこられる方もいます。

年度が替わるときには普通にみられる光景ですが、
それがなんなんでしょうかw

ただ、看護師が流出して人手が足りなくなってきているという
話は聞いたことがあります。

また医師の家族とはいえ、放射脳化してしまうひとはいるので
そりゃあいまだに家族だけ避難しているなんて人はいますよ。

知人はすっかり悟ってしまって、
これ幸いにと夜の街に繰り出すことが多くなってますが。

まあ医者って言っても肥田舜太郎みたいなのもいますから。
自分が放射脳化して退職した人もいないこともないですよ。
そんな人1割もいなかったと思いますが。


>・ 福島医大の医師がこのように、福島の放射能汚染を深刻に
>考えていても、医大の中では、放射能を話題にすることは禁句で、
>放射能汚染や被曝に関連にした調査・研究は実質的に
>禁止されています。

えーと、じゃあ放射線科は何したらいいんですか?w

普通に「武田とか小出はアホだけど、信じてる人はめんどくさいよね」
とか、医局で愚痴ってますけど。


>・ 大学の研究内容が禁止されるということは恐らく戦後なかった
>ことで、大学のあり方としても歴史的な大事件がおきています。

一応核医学がらみの研究してますけど、
禁止なんて通達は来てませんよw


>・ 放射線について医学的な議論やおしゃべりさえ自由にできない
>福島医大が、被曝医療の中心になっています。

放射線の被害はともかく、精神的な影響をどうするかを考えてます。


>飯沼さん

本人かどうかはわかりませんが、

「事実誤認、あるいは中傷」というなら、
具体的にどこがそうなのか指摘されるべきでしょう。

それがなければ、
たぶんネコさんは修正なんかしませんよ。

No title

>福島の医師さん

私はたまたま第三者から知らせを受けてこのブログ記事を読みました。
普段は読んでいません。

私がこのブログを読まなければ、このブログ主さんは事実でない情報を書いて、そのままにしておくのでしょうか?
まさかとは思いますが、他の人に対しての記事もそういうことなのですか?

それではあまりにも無責任です。
このブログ主さんはそこまで無責任な人物なのでしょうか?

書いた者の責任として、まずは自主的な修正を求めているのです。
話はそこからです。

先ほども書いたように時間がとれませんので、今はここまでにします。

飯沼です さん

やはり編集人=責任者は飯沼さんなのですか?「ベーシック・インカム」の飯沼正晴さんで間違いないですか?

どうしてHP(ブログ)や「福島が好き」チラシにはお名前が出ていないのでしょうか?これで寄付しろって言われたって、疑われ、嫌われるだけですよ。

ブログのコメント欄、あるいはTogetter http://togetter.com/li/326217
ごらんになりましたか?もう嫌悪されまくっていますよ。これまでで最高クラスです。福島人から忌み嫌われていますよ。

幸いここを見てくださっているようですから、書いておきます(あなたが編集人だとして)。

「第二号」の発行はやめてください。

No title

知り合いの弁護士に相談するために、あなたの記事をコピーしにきました。
こちらは法的手段も選択肢に入れています。
そのおつもりで真摯に対応なさることをお勧めいたします。

No title

時間が取れないといっている割には
すぐに湧いて出ましたね。

何度でも言いますが、
どこが事実でないのかちゃんと指摘すべきじゃないでしょうか?

話はそこからです。

福島県民としてはっきり言っておきますが、
あなた方のような福島を食い物にする活動家には
非常に迷惑しています。

No title

煽るつもりはありませんが

「法的手段をとる」「弁護士に相談する」などと言って、
その後何もしないのは脅迫罪に問われる可能性がありますので
ご注意ください。

まさかの

本人降臨ですか?

こりゃちょっと驚きました。

にしても…

飯沼さん、まずは訂正を求めるなら違うとおっしゃるところを指定していただかないと。
それともこのエントリ全て削除しろとおっしゃるのでしょうか?
だとしたら、ちょっと横暴かと思います。

ましてや暫くコメント出来ないと言いながら、法的措置をちらつかせるなぞ、あまり上品な行為とは思えませんが。
私は明確な間違いは訂正されてしかるべきだと思いますが、その議論も無しに弁護士を持ち出すなんて…。

もう少し落ち着きましょう。

飯沼です さん

質問を繰り返しますが、

あなたは「福島が好き」の編集人=責任者の飯沼さんなのですか?そして「ベーシック・インカム」の飯沼正晴さんで間違いないのですか?

どうしてHP(ブログ)や「福島が好き」チラシにはお名前が出ていないのでしょうか?

No title

本文で紹介されている「脱原発の日」のサイト、
ちょっと覗いてみたら、更新数がすごいですね。
考えを同じくする複数人が手分けして…?(ひとりでやってるなら超人的です)
どういうシステムか分かりませんが。
想像すると心がぞわぞわします。

No title

相談された弁護士は、この案件を裁判官がどう判断するか?。を先に考えるものです。 名誉毀損に当たるかどうかを。 ようするに事実と反する事が存在するか?。 

偽物じゃないですかね~

ご本人なら、どんなに忙しかろうが、明確な間違いとやらを指摘するのに時間かからないでしょ。
人様のブログを非難したり、弁護士に相談しましたとか言う暇あるなら尚更です。

悪質な成りすましですよ。
余りにもお粗末過ぎで恥ずかしいレベルですけどね。

コメント欄が

本当に飯沼さんなら発行側のブログでも証明の発言が欲しいですね。
なりすましならなりすましで、脅迫するならその人アウトですかね。

これは

なりすましですかね~。
う~ん、だとしたら相当悪質。
これ以上コメントが来なかったら、なりすましでしょうね。
一応あっちのブログにチクっておこうかな…と思ったら
jun9satoさんがコメントしてくれていました。

飯沼さん

ネコさん、皆様お久しぶりです。

飯沼さん、本人なんですかね?
IKAさんのおっしゃるとおり、違う点を明示してもらわないと…
やっぱり、釣りですかね?
あちらのブログには投書しておきましたが。

No title

要求はするが質問には答えず。その一方で、要求に従わなければ法的処置をチラつかせる。この手法はツイッター上でもたまに見かけますね。
この段階では飯沼様ご本人かはまだわかりませんが、もしご本人ならtogetterやHPのコメントに対してどう思っているのか知りたいところです。

飯沼様の肩を持つわけではありませんが、もしこの記事に事実と異なる記述があるのなら、それは残念な事でしょう。記事の間違いを明確にする為に、そして論点を整理する為にも、飯沼様から間違いを指摘された方が、話がスムーズに進むと思います。

No title

コメントが流れるのが早い(汗)
しかもまとめ主の兄ぃさんまでいらしてたとは。

兄ぃさん

http://togetter.com/li/326217 の「まとめへのご意見とか」に出てくる、@karitoshi2011氏って、かつてはこんな人だったようです。もうご存知かもしれませんが。

http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-55.html

(ちょっと話ズレますが)

伊達の通りすがりさん

あぁ、即ブロックされたのはこの記事があったからですかね。
ご本人さっき

「福島は相互監視社会ですからね。塾の講師も見張ってるし、山の上からネコが見張ってたりします。大阪からゴジラも見張ってます。ネット上でも肉声でも、「放射能が不安だ」などと、なかなか言えませんよ。大声で言えるのは、「放っておいてくれ」がギリギリかな。 」
「ああ、またネコに見張られるんだろうなあ。そういうことが続く限り、私は定職に就けない。」
と呟かれていたのでだいぶトラウマのようですね。

今もまとめに入れようと必死で「福島が好き」への好意的意見を探しているのですが見つかりません…ね…

兄ぃさん

見張ってる塾の講師って僕ですかね(笑)
今になってもごちゃごちゃ言ってる人の事見張ってるほど僕はマメじゃないですけどね。暇な時間あればドラゴンズドグマやってますし。

「福島が好き」のチラシは精神的苦痛

飯沼です さん
 ネコさんの告訴も辞さない? とのコメントですが、
 多くの福島県民のほうが、「福島は好き」のチラシから、精神的苦痛を受けてますよ。
 こっちこそ、この発刊元の方々を訴えたいぐらいですよ・・・。

 まぁ、時間の無駄ですので、スルーしますけどね。

 はっきり申し上げて、不愉快きまわりない記事内容です。

 医学的記載も、かなり間違っていますから。

 

兄ぃさま、「福島が好き」で未だ検索掛けてますが…

"福島が好きだ"と最早怒り倍増にて…(笑)

釣りか本人か知らんけど、何か阿呆な事すれば今度こそ福島内外の脱原発派も反原発派も含め、
福島全体が貴方達をホンマに敵視する羽目となるわな(笑)
完璧にオルグ失敗やな!

そんな事よりも
一度撒かれてしまった紙が奇特にもビリビリに破かれてなかったら…
ゴミ減量の為に再利用を…(笑)

印刷模様は兎も角、紙自体は貴重な再生資源!にて第二の人生を(笑)

折り畳んで
"ゴミはゴミ箱へ"
やら

「そんな事より酪王が好き!」等
上書きの文字を巡って
いやはや
各論勃発デス(笑)

IkA師匠、レバニラ食って爪楊枝探してる場合やないですよ(笑)

ひまわり先生、
お久しぶりです。

皆様が今までやってこられた事が本当に県内で実を結ばれている事を検索により目で実感しました。
笑い吹き飛ばしましょ!
冗談もたいがいにせいと!
御自愛下さいませ

失礼しました

No title

ネコさん、皆さんお久しぶりです!
このチラシ、日曜日はツイッターで炎上してましたが、
私も含め、怒ってた人たちは捨てたと思います。
中には、野良犬の糞の処理に使ったという方も・・・
その程度の中身でした( ´∀`)

一言言わせてください
>日曜の朝から不愉快にさせんなよ (´・д・`)バーカ

(大半の)反原発派の本音?

嫌いだって…
嫌いはどうしようもないけど…(笑)

脱原発派も全体の風潮かどうか?逆に訊きたい位
http://twtr.jp/user/Kirokuro/status/217024621604646913?guid=ON

目に毒なり注意

連投失礼しました

No title

自分の名前も名乗らない人に、私が本人かどうかなど証明するつもりはありません。
もしも本当に確認したいのであれば、今日の午後5時半~6時の間に、「福島が好き」に明記されている番号に電話すれば分るようにしましょう。
もちろん非通知設定にせずに掛けてくるように。

法的手段に関しては脅しなどではなく、当然のことだと考えています。
なぜこんなことに本気になるかと言えば、「福島が好き」はたくさんの方々の共感と支援によって発行・配布されたからです。
反感を持つ人たちがかなりいるであろうことは分っていたので、内容に関する批判や非難であれば、受け止めていくつもりです。
しかし事実に反する誹謗中傷はもちろん、思わせぶりな誘導については、断固たる対応をしていきます。

法的手段に訴えてどういう結果になるかはどうでもよいのです。
しかし、虚偽による誹謗中傷を受けているのは紛れもない事実です。
十分に告訴できます。
「勝訴して、お金を得よう」などとは思いません。
たとえ勝訴しなくても、途中で訴えを取り下げても、ブログ主さんの実名や住所や職業などは明らかになるでしょう。
ブログ主さんは他人の名前や思想信条などをネットで流すことに問題性を感じていないようですから、自分が同じようにされたとしてもよもや異議は唱えないはずですね?

ブログ主さんがどのような素性の人間かは今はまだ分りませんが、あなたがブログ上で貶めてきた人たちは皆さん、現実世界で人生を懸けて放射能から生命を守ろうとしてきた人たちなのです。
意見の相違があるとしても、あなただけがバーチャルな世界に身を隠していることが許されるはずがないのです。
それは当たり前のことでしょう?

こちらから事実に反することを指摘する前に、ブログ主さん自身による修正をお勧めしているのは、事実に対するその人の姿勢と検証能力を問うためです。
繰り返しますが、私が知らせを受けてこのブログを読まなければ、私がコメントしていなければ、この記事が事実であるかのように流布されていくのです。
「事実に反している」と指摘されているにも拘らず、自ら事実の検証をしないのであれば、「デマの除染」などと標榜する資格はありません。
他の人たちのこともこんな出鱈目な捉え方で非難しているのであれば、これは大問題です。


もしも自分が書いた記事が全て事実であると考えているのであれば、そう言えばよいのです。
事実について自信がないのであれば、記事のどこの部分が事実確認をせずに推測やいい加減な伝聞を元に書いたものであるのか、説明責任があると思います。
明らかに事実に反したことを書き、「福島が好き」の発行・配布に関わった多くの人たちをを貶めているのですから、それぐらいのことをするのは当然のことです。

「名乗っていない」という件については、ブログ主さんが考えても分らないと思うのでお伝えしておきます。
「福島が好き」編集部は任意団体ではありますが、決して飯沼と立川が個人で運営しているのではありません。
規約もあり、役員もいます。
だから「福島が好き」編集部の名称で発行・配布したのです。
本拠地は京都ですが専用の事務所はありません。
京都在住の役員・スタッフが全て賃貸住宅に居住しているので、連絡先を別に設けたのです。
嫌がらせなどの被害防止の意味もあります。
電話番号などは明記しており、それで折り込み広告社の規定に適合しているからこそ配布できたのです。
しかし代表者の名前を書いていないことが問題であるのなら、次回からは掲載することを検討します。

もうすぐ出かけるので、明日の深夜か明後日までコメントはできません。
以上、取り急ぎお伝えしておきます。

悠々塾と子ども福島

ひと括りにすれば、子ども福島もフクロウの会も、はてはグリーンピースも同じグルワかなと思いがちですが、飯沼氏率いる悠々塾は少し異質です。
既にご存知かも知れませんが、悠々塾は元々はスピチュアル江原啓之氏とも関係があり、その後江原氏との喧嘩別れや、飯沼氏のパートナーであった堀江克子氏(福大出身)の乳癌死など中々興味をそそる団体です。
以前、子ども福島の京都避難組のお母さんたちを勧誘していると聞いたことがあります。

放射能から生命を守ろうとしてきた人たち?

>あなたがブログ上で貶めてきた人たちは皆さん、現実世界で人生を懸けて放射能から生命を守ろうとしてきた人たちなのです。

それはあり得ないよ・・と国立大学で生物を教えている生物系研究者として主張します。
その理由は以下の通りです。
http://blogs.yahoo.co.jp/bloom_komichi/65636343.html

彼らが賭けてきたのは、印税や自分探しや英雄願望・被害者願望でしょうね。
底の浅い人間が、自分を特別だと考えたい時に、良く見られる行動の一種だと私は考えています。

昨日も生物系の研究者の知人が「児玉先生の涙には一瞬騙されたわ・・」「息子の twitter 見て感動しちゃったし」「でも夫(こちらも生物系の研究者)に”冷静に考えたらおかしいだろ?”って言われて、bloom さんのブログを読んで納得したよ」と言ってくれました。

話変わって福島県立医大を巡るデマは、以下のブログ主さんがそちらにお勤めのようなので、情報が戴けるかも知れませんよ。
私のブログにも時々いらして下さいます。
http://blogs.yahoo.co.jp/ckrst580/35586804.html

私も匿名なので卑怯者呼ばわりされていますが、授業では「福島で健康被害が出るとは考えにくい」とその背景も示して実名で発言し、学会でも「中途半端な正義で科学を語ってはいけない」と実名で発言し、松本市長に「福島の子供達は将来結婚に困る」という発言の科学的根拠についても実名で質問しています。

でもインフルエンザ騒動の頃から、実名のクズ野郎が大量にいることは実感しているので、実名だから信用出来るとは全く思っていません。

No title

飯沼様は、長いレスをされてる割には結局どこに問題があるのかご指摘されず仕舞い。これでは話が進みません。しかも、昨日と同じく要求はするが質問に答えず、その一方で法的処置の検討をチラつかせる。
これでは、「よほど都合の悪い事を書かれたのか?」「単なる釣りか?」などと思わざるを得ません。福島が好きで県民を心配してくださるなら、訴訟をチラつかせる前にお互いが出来る事があるのでは?と思います。

飯沼です さん

「今日の午後5時半~6時の間に、「福島が好き」に明記されている番号に電話すれば分るようにしましょう。 」でもって、「明日の深夜か明後日までコメントはできません。」ってことは、電話には「飯沼です」さんとは別な人が出て何か説明してくれるってことですよね、

質問を繰り返します。

あなたは「福島が好き」の編集人=責任者の飯沼さんなのですか?そして「ベーシック・インカム」の飯沼正晴さんで間違いないのですか?

どうしてHP(ブログ)や「福島が好き」チラシにはお名前が出ていないのでしょうか?

「注文」も繰り返します。貴方が「発行人」だとしてですが、くれぐれも、「第二号」の発行はやめてください。代表者の名前を「次回から掲載することを検討」するではなくて。

飯沼氏の脅しがひどいね

 阿修羅掲示板で闘っている私も匿名だ。逆に言えば、あんな無知蒙昧な者達のいるボットン便所のボットンに、実名で参戦することなど、なかなかできることではない。

 阿修羅掲示板なら、読みにいかなければよいだけという逃げ口上も通用するかもしれん。しかし、今回は、デマの文書を30万部も無関係の家庭に配布した。風説の流布の可能性が極めて高く、犯罪行為である。当然、厳しい批判にさらされるべきところ、なんとネコさんを脅迫しているではないか?

 盗人猛々しいとは、まさにこのことである。福島県民を敵に回した脱原発運動など、成り立つはずがない。馬鹿な奴らだ。

No title

>反感を持つ人たちがかなりいるであろうことは分っていたので、
>内容に関する批判や非難であれば、受け止めていくつもりです。
>しかし事実に反する誹謗中傷はもちろん、
>思わせぶりな誘導については、断固たる対応をしていきます。

内容が科学的に間違いだらけなので、
批判の対象になるんですけど?

やはり具体的な指摘はありませんね。
チラシの中にもずいぶん思わせぶりな誘導があるようですが。


それにしても、時間がないといいつつも変な時間に書き込んでますね。


>法的手段に訴えてどういう結果になるかはどうでもよいのです。
>しかし、虚偽による誹謗中傷を受けているのは紛れもない
>事実です。 十分に告訴できます。
>「勝訴して、お金を得よう」などとは思いません。
>たとえ勝訴しなくても、途中で訴えを取り下げても、
>ブログ主さんの実名や住所や職業などは明らかになるでしょう。

「語るに落ちる」ですな。
やはり最初からテロ目的、言論封殺が目的でしたか。
お里が知れますよ。


>あなたがブログ上で貶めてきた人たちは皆さん、
>現実世界で人生を懸けて放射能から生命を守ろうとしてきた
>人たちなのです。

人生をかけて自分の著書や怪しいサプリや測定器を売ろうとしたり、
自分の講演会の客を増やそうとしたり
あるいは自分の政治活動に取り込もうとする人なら
いっぱいお見かけしますがね。


>もうすぐ出かけるので、明日の深夜か明後日までコメントは
>できません。
>以上、取り急ぎお伝えしておきます。

我慢できずに今日中にコメントするに10ドラクマ。

「怪文書」作成の経緯が判明

なみへいさんの情報から辿ってみました。

http://www2.rocketbbs.com/622/yuyub.html
(悠々塾掲示板)のNO.9566(3/30)を見ると、よくわかる。

飯沼:「私が参加している福島のグループのメーリングリストでも、「福島に留まっているほとんどの人たちは、もう放射能のことなど気にしていない」という認識があると感じます。
そのメーリングリストの参加者(500人以上)のほとんどは、すでに避難している人か放射能についての意識を持っている人たちです。
そのグループの依頼でさきさんが作った、「福島が好き」というチラシは、内部被曝の危険性や保障付きの避難の権利なども盛り込んでいましたが、「聞く耳を持たない人たちに伝えることはできない」という理由で不採用になりました。」

とあります。

やはりネコさんに知らされた情報は正しく、「動物的カン」も正しい。この「怪文書」は3月中に作られたものです。写真に雪が写っている謎も解ける。「こども福島」の依頼で、「さきさん」が作ったということになる。「不採用」ですから、まあ今回「子ども福島」には責任は無さそうです。(「子ども福島」発、は正しいですね。)

3月に作られたチラシを今頃配って「総スカン」を喰らいましたが、「総スカン」は発行責任者の明らかな「戦略的失敗」ですよ。それを誤魔化そうとして「法的手段をとる」と叫ぶという、内部向けパフォーマンスではないでしょうか?

皆さん、もう「ガン無視」でいいのでは。

飯沼さん

最初に言っておきます。
前にもコメントしたように「勘違い」や「誤解」は訂正をするべきだと私は思います。信夫山ネコ様も同じだと思いますよ。
あなたがご本人であるかを証明していただければ、「当事者」として、お話の信憑性が上がりますし、不利になることはないと思うんですが。

そもそも、今朝のコメントで
>法的手段に訴えてどういう結果になるかはどうでもよいのです。 しかし、虚偽による誹謗中傷を受けているのは紛れもない事実で す。

結果がどうでもよい、ということは「訴訟のための訴訟」という意味にとれます。
ましてや

>たとえ勝訴しなくても、途中で訴えを取り下げても、ブログ主さん の実名や住所や職業などは明らかになるでしょう。

これ下手すりゃ「相手の身元を晒す為に司法を利用する」って意味にもとれちゃいますよ。
こんな気持ちで裁判持ち出すのはやめた方がいいです。
私は法律に詳しくないですが、一歩間違えば飯沼さん自身が裁かれる身になりかねません。

私個人の考えですが、飯沼さんが「的確」に、「合理的な」反論ができるなら、是非そうしてください。
きっと信夫山ネコ様も答えてくれると思いますよ。

もしそうじゃないとしても、このコメント欄使ってきちんとした反論をされれば、読む人は読んでくれます。
ここのコメントが削除されたこと(コメ主本人によるもの以外ですが)見たことがありませんから。

お里が知れる

内容について議論せず、質問にも答えず、いきなり『弁護士』だの、『法的措置』だの言いつのる。
いや、もう、お里が知れます。
せめて、去年の今頃配っていれば、だまされた福島県民もいたでしょうけど、1年の間に、ほとんどの人がちゃんとした知識を身につけています。

とにかく、これだけは言っておきます。
私の仕事は高校の教員ですが、職場の同僚も生徒も、だあれもあんなチラシのことを話題にしていません。
効果はまったくのゼロです。つまり、資源とお金のムダ。

だけど、まあ、不快なことは事実なので、もうやめてください。>飯沼です、さん

今後も続くようだと、新聞店の方に、あんなものをうちに配布するなと電話しなくてはいけませんから。

『脱原発の日』について

あそこは本当にどうしようもないですね。以前、「福島の小学生が急性放射線障害で死亡した」っていう悪質極まりないデマを拡散したことがあって、そのことについてネット上で鬼蜘蛛おばさんという方(北海道で盛んに危険情報を発信している人。ぬまゆの語るフクシマが現実だと思っている)とやりあったことがあります。よろしければ以下ご参照下さい。

http://onigumo.cocolog-nifty.com/blog/2011/09/post-2aa0.html
(HNオレンジが私です。その時たまたまオレンジのギターアンプが目に入ったもので)

あんなデマを流しておきながら一切の謝罪もなく、今に至るまで相も変わらずのうのうと危険情報ばかり発信し続けられる神経が知れません。しかし、所在地福島市なんだよなあ(呆)。ご近所なので一度覗いてみましょかね?

あと、話は変わりますが

飯沼さん、あなたいい加減質問にちゃんと答えなさいよ!あなた方ときたらいつもこうだから!(主張だけして都合の悪いことはスルー)

初めまして

初めまして、郡山市在住のおよねこと申します。 昨年の今頃はまだまだデマが真に受けられる時分に私ももやもやした気持ちの中、信夫山ネコさんのブログを見つけて心が晴れる思いでした。 ツイッターで『福島が好き』のことを知り、今更の内部被爆過剰に盛って煽り立てる内容で呆れるばかり。 残念ながら福島県民は放射線に関しては相当勉強しております、郡山駅東口のモニタリングポストは0.95μsv/h前後。 これを見たばーちゃん3人組が『ここは周りに遮蔽するものが無いからγ線が飛んでくるんだー』、って話しているのはぶったまげました。 おいおい、γ線に遮蔽も知ってる。。。 うちの両親も還暦過ぎですが本を買って勉強してますした、誰の本?と見たら東大の中川先生でした。 発行元さん残念ながら印刷代、折込費用もったいないですよ、他の事に使いましょう。 そして紙使うんですからそれももったいないですよ。

昨日は眠かったから

珍しくパソコン触らずに早く寝ました。
ただそれだけなのに・・・。なんてこった。

ネコさんありがとう!
うちにはチラシが入ってなかったので、読んでみたかったのです。
とても「わかりやすい」チラシでした。
わかりやすいのでもう今更、誰もだまされないと思います。

「あの八百屋さんの名前・・・あれでいいのかな?まずくないかな?」
ともじもじして聞かれたことがあります。

「???なんで???」と聞いたら
その人は「かもる」と読み違えていました。
「あまりにも、本心あらわ過ぎない?」って心配したそうな。

あのチラシは不愉快だったな。とっても。
私の現実世界であんなこと言ってる人いませんもの。
感想は自由に言っていいんでしょ?

2号なんか出さないで欲しいです。

振り込み詐欺まがいのチラシとありましたが
こういうのも・・・新聞屋さんは断れないのかなあ。

東北大学臨床教授・・・もホントにいる人なのでしょうか?
正義軍の方々・・・追い詰められてきてますね。


迷ってるお母さん方がいたら
帰って来て欲しい。

まだ1年しか経ってないもの。
今なら知らん顔して帰ってこられるよ。

お姑さんにいじめられるとか
旦那さんに今更なんて言ったらいいかとか

自分は違ってなかった!
謝りたくもないし責められたくもない

そんなこと笑ってごまかせばいいよ。

戻ってきたあとにひとりぼっちで寂しいというひとは
私が一緒にごはん食べてあげます。
大丈夫よ。

No title

ネコ科です様
残念ながら、ガン無視はダメだと思います。なぜなら、もうすでに(この数値が本当なら)30万部も配られてますから。
togetter等や私の周りの反応をみるとほとんどの人達は歯牙にもかけなかったと思いますが、なかには信じた人もいるかもしれない。なので、そういう人達を救う為に、これ以上怪情報を伝播させない為に、相手せざるを得ないと私は思います。
幸い責任者と思われる方が登場(まだなんとも言えない人ですが)しましたし、指摘と訂正を繰り返しよりよいものができれば、それに越した事はありません。その段階で、内容もより一層精査される事でしょう。


ひとりごと
(デマは最初に撒いた者が主導権を握る。内容はなんでもいい。無差別・無作為な人達にばら撒き、そのうちの何人かにちょっとした疑問を感じてもらう。そうすればあとは勝手に広がっていく。デマが広がれば広がるほど消火に時間がかかり、説明する側はどんどん疲弊していく。心に不安を持った人達を説得(納得してもらう)するのは大変な作業だ。それは、この一年で痛感している。そういう点を考えていくと、デマを発信し広げる行為はまさにテロともいえるだろう。)
(× 法的処置 ○ 法的措置 でした…。これは我ながら恥ずかしい。)

「掲示板」見てたんですが

「霊界」と関わりある人と、「事実誤認」「科学」といったネタでやりあうのは、行く末が見えています。

繰り返しますが、皆さんもう、少なくとも「事実」に関わる細かいところ等は、ガン無視した方がいいですよ。今のままでは、何が「事実と異なるか」の指摘もないし。あ、つまり、これやりだすと・・・・・ではないかなあ?こっちは「福島が好き」第二号を出すな!くらいは言いますが、何しろ世界が完全に違う。向こうは「霊界」まで含まれます。まあ、ずっと「訴える、本気だ」とか言い続けるのでしょうが。

「飯沼です」さんが「悠々塾掲示板」の「飯沼」さんだとして、ですが。

あ、これは

厳密に言うと、「ガン無視」ではないのかも。嫌悪感は伝えます。でも相手の土俵に乗らない、と言うか。

何か「掲示板」見てたら、気持ち悪くなっちゃって。「霊界」の「克さん」と、「飯沼さん」がやり取りしてたりして、こりゃオカルトですよ。 

発行者が、例えば「スピリチュアル集団 悠々塾」とかしっかり名乗れば、また別なんでしょうがね。

私もHNにネコつければよかった

ネコ科です さんに、ちょっと賛成・・・。

>厳密に言うと、「ガン無視」ではないのかも。嫌悪感は伝えます。でも相手の土俵に乗らない、と言うか。

私も気持ちはこう(にっこり)。

けれどもこちらに集う皆さんのお取り計らいに
間違いはないでしょうとも思うので。
大船に乗ったつもりでいるのです。

訴えるとか訴えないとか
すぐにちらつかせる人がどこの世界(職場)にもいるけど

私が傷ついた分は
どなたが裁いてくれるのか。

・・・必殺仕事人好きだったなあ。
三田村さんが好きでした(阿波踊りを見てからちょっと・・・)。

No title

飯沼さんと名乗る方が飯沼氏ご本人なら、どのように主張されても、良いのですが、もし、他者であるなら、飯沼氏への名誉が傷つけれる事になります。 悪意があって故意に飯沼氏の名誉を汚しているとも。 ましくは、飯沼氏を思わせる、飯沼氏を騙って、原発推進者もしくは反飯沼氏者が自作自演で、飯沼氏の名誉を傷つけている、反原発者を貶めていると。主張する材料にすために使っている可能性も排除できませんし。

 民事損害賠償訴訟は、金銭に換算してその損失に変える(謝罪は含まない)。ですから。 金銭目的であっても、訴訟行為は問題がないです。本来そういうものですし。 

 こちらの管理人氏が、故意に事実と違う事を書いているとしても、当事者が事実と主張すれば、それまでです。 飯沼さんと名乗るHNの方の主張と相違があると主張なさるのであるので、その判断を国家権力である司法判判断に委ねるということでありましょう。 それを止める権利は、原告人以外にありませんので。

 ただ、訂正を求めるなら、事実と反する、相違がる部分の主張は、していただかないと、自己の主張が正当であるという以上は、相違点見出されませんし。 いきなり訴状という事も別に問題はないですが。

 司法の判断を求められているか、どの様な方法で修正を求められているのか、相違点が当時者間で見出されない限り両者の主張は平行線であるとことです。  立証義務は、原告にあります。
 

飯沼氏への反論はこちらへ

 このコメント欄には、「福島が好き」(嘘こけ!)へのリンクがないので、改めて貼ります。

http://blog.goo.ne.jp/fukushimagasuki/e/d42a04b06ead9903f17ea3d001b993e8

 飯沼氏の宣戦布告(訴えてやる!)に対して、福島県民200万人と県外者の福島サポーターの抗議の声を載せましょう!

 ひょっとすると、ネコさんのブログへのリンクをあっちに貼った私が、この騒動の首謀者かもしれません。

 ネコさんに迷惑がかからないように、飯沼氏の理不尽な攻撃を阻止しましょう!

No title

ありがとうございます。
あまりインターネットしないのでネットのデマに惑わされずにすんでましたが、折込チラシまできたとは・・・
ネコさんのブログで救われました。
きめ細かいフォローありがとうございます!

メーリングリストの人数

知人が以前、子ども福島の関係者からきいた時は、メーリングリストの人数は約300人ということでした。
(あれはいつだったかしらん。)
3月、飯沼さんが言ってる時から200名近く減ったんですね。・・・たぶん。
(ああ。ひょっとしたら別のメーリングリストかな。)

No title

販売店に聞いたら、チラシの苦情は
折込み広告社(024-944-8400)へ、ということで、TELしました。
購読者の一意見、ということでクレーム受け付けてもらえました。
こんなチラシもう見たくないんで、同じ気持ちの方は上記にTELお願いします。

No title

被告人の認定が必要ですが、このような匿名のWEBでは、その情報は管理側が持ってはいますが。その情報を裁判所の命令書なしに、だすともおもえませ。 民事ではかなり敷居が高いかと。刑事での名誉毀損罪として刑事告訴という事ですが、この場合は、原告は検察となりますので、検察の判断が出てきます。事件性が有るかの判断が 匿名のWEBでの個人情報を入手するのは、かなりこんなことであるかと。 警察もしくは検察、民事なら裁判所を説得する必要があるかと。 

No title

実は、民友など配布した新聞社へのいやhがらせを行なったのかも。読者からクレームが集配所へ行き、お前所の新聞はもう取らないとなる事を狙っているとも。  読みすぎかな。 地元新聞社倒産させても、利益なさそうですが。

七さんの

情報(最初の書き込み)も驚きです。ありがとうございます。

いったい「岡山博 仙台赤十字病院呼吸器科医師、東北大学臨床教授」って?

「大学の研究内容が禁止されるということは恐らく戦後なかったことで、大学のあり方としても歴史的な大事件がおきています。」・・・え~?こんなこと書くのか~。

そろそろ県や医大が公式に反論してもいい時期じゃないか、っても思うのです。対「菅谷市長発言」なんかも。

まあ、福島の「公」は今めちゃ忙しいです、被災地なのです。そんなリソース無いですよ。それ思うと、ますます怒りが・・・やはりアマチュア・ノラネコの仕事だ!

はじめまして

まだ若かったころいわき市に住んでいたいたことがあり、原発事故後の福島について心ない放射能デマに福島生まれの女房と二人で憤慨しておりました。
最近このブログを知り福島の人たちは変なデマに惑わされることはないようだと話しておりました。
今日もいろいろな方のコメントを読んでいるうち西白井の駅前で餃子を食べた話が出ており、私も西白井に住んでいたことがあるので、なんとなく懐かしく、ほとんどブログへのコメントなどしたことはなかったのですがお便りさせていただきました。
今後も放射能デマに対する正確な反論をお願いいたします。期待しております。

No title

全国TVで取り上げるべきと思います。
被災地にまかれた、被災者の気持ちを逆なでする、風評汚染をかねた怪文書。

県外にいる子供たちがこういう情報で洗脳教育さると思うと。
子供たちの代の風評被害を考えると、背筋が凍る思いです。
 
福島が好きのチラシのおかげで、ネコさんのブログを知ることができたのは収穫でした♪

No title

折込み広告社では、チラシ依頼時に内容はチェックするそうです。
選挙のチラシなんかは特に。

チェックする人には、福島が好きは「福島に好意的な、福島を応援する意味合いのチラシ」と見えてしまったようです。

パッと見そうかもしんないが・・・今度はもっとよく見てくれ~!

第2号の依頼があっても、やはりチェックがとおれば配布されるそうです・・・
「人によって感じ方が違うんで」と言われました。
広告社としてはそう言うしかないのかもしれませんが、イヤなものはイヤなんだ~!

この地で生きる一人から

さすがに今回は書き込みをさせていただきます。

>「福島に留まっているほとんどの人たちは、もう放射能のことなど気にしていない」

違います。
程度の差はあれど、学び、注意を払い、無駄な不安を取り除いて、この土地で暮らしているのです。
少なくとも、私と私の家族はそうしてこの地で生きています。

勿論、福島県内にはシビアな状況にある土地もあります。
しかし、そうではない場所も間違いなくあるのです。

それを踏まえた上で、それぞれがそれぞれの頭で考え、判断したことならば、県外に避難をしようが、この地で生活を続けていようが、その方にとってベストもしくはベターとする「生き方」をしているだけにすぎませんので、個々の方々がどのような選択をされようが構いません。
そして各自がどのような主張をされても良いですが、事実と異なることを無分別に言いふらすことだけは、ぜひともお止めいただきたいと思います。

主張は主張で結構です。
(自分に必要ないものならば、捨て置くだけのことですから)
その根拠となる部分は、客観視できるものを挙げていただきたいのです。

ただそれだけなのです。



ドネーション・シップ「わかちあい」

というのも、「怪文書」の「資金源」ですね。ツイッターの「まとめ」から検索したら出てきました。

http://blog.goo.ne.jp/donationship/e/24dbf11b7aa2c8af9eb18bcdb1971866

◆情報紙「福島が好き」の発行と配布を支援するために、
「福島が好き」編集部にドネ・プロジェクトとして
110万円の「わかちあい」寄付を実施しました。

この情報紙発行の活動は3・11以降、未曾有の原発事故の被害を受けた福島に心を寄せ、福島と関わり、
福島とつながりながら活動してきたドネ有志によってスタートしました。
ドネとは別の団体、別の活動ですが、ドネ有志発の活動です。
寄付先候補としての提案を受けて役員運営メンバーで検討し、会員の皆さんにもご意見を聞きました。
その後、6月9日正式に理事会・寄付先検討委員会を開催し、全会一致で寄付を決定しました。
検討にあたっては、純粋にその活動内容によって寄付先の決定をおこないました。
理事の立川・飯沼は「福島が好き」編集部の当事者でもあるため理事会の採決には参加しませんでした。
寄付実施の手続きはドネを代表して理事の片山が6月13日に行いました。


って書いてありました。自分らの組織同士で寄付ってのも?ですが。

訂正:ドネーション・ショップじゃなくてシップでした。

No title

飯沼さん、この件で集まった寄付金の収支を詳細に公開されてはいかがでしょうか?チラシの作成費も含めて全て。

世の中、病人や障害者をだしに寄付金を募って、ピンハネして生きながらえようとする変な組織や人もいるでしょうから。

飯沼さんの所属する団体が、そういうやましいことをやっていないことを証明するためにも。

気持ちのいい天気だ

佐々木(以下秘密) さん
私もメーリングリストの人数については「あれ?」と思いました。
当初勢いで入った方、さらに抜けるきっかけをなくしている方
なので現在続けてはいても、内容についてはかなり懐疑的で
ネタとして消化している方がそこそこいらっしゃると思います。
大本営発表かと。

だとすると・・・「本当に迷っています・悩んでいます」という自主避難の方はもうそんなにいないのかな?
そういう人がいるんなら「戻ってきても大丈夫ですよ」って
言ってあげたいと思っているのですが・・・。
どうもコメント欄に来る人はけんか腰の人ばっかりで(困惑)。
私の善意?は???(笑われてもいいです)
何処へもっていけばいいの???

みんな黙って読んでるの?それならそれでもいいや!!


信夫山西側在住さん
お久しぶりです!(人違いでしたらごめんなさい)
信夫山の緑がもっさもさで美しいですね。

>>「福島に留まっているほとんどの人たちは、もう放射能のことなど気にしていない」
>違います。
>程度の差はあれど、学び、注意を払い、無駄な不安を取り除いて、この土地で暮らしているのです。
>少なくとも、私と私の家族はそうしてこの地で生きています。
>勿論、福島県内にはシビアな状況にある土地もあります。
>しかし、そうではない場所も間違いなくあるのです。


全く同感です。
簡単に私達をまとめて語るな!!


ネコさん
いろんなはじめましての方がいらしてよかったですね。
新しい風ですね。

>そろそろ県や医大が公式に反論してもいい時期じゃないか、っても思うのです。対「菅谷市長発言」なんかも。

反論・・・してもいいですよね。
反論だもの。
言われっぱなしで「悔しい」とか「それは違います」ということさえも
言っちゃいけないの?
どうして普通のことが圧力とか陰謀になっちゃうの?

そんな脅かし方をしても
ここを読む人は増えこそすれ、減りませんよ。

>まあ、福島の「公」は今めちゃ忙しいです、被災地なのです。そんなリソース無いですよ。それ思うと、ますます怒りが・・・やはりアマチュア・ノラネコの仕事だ!

「公」の方々の労力を考えると
「ほっとけ・それどころじゃない」ですよね。
ホントに毎日お疲れ様です。
私も頑張りますね(何を?)!

改訂版

福大の副読本、改訂版が出たようです。

https://www.ad.ipc.fukushima-u.ac.jp/~a067/SRR/FukushimaUniv_RadiationText_2nd_version.pdf

まだざっと見ですけど、少しはましになったか。
悪意は健在のようですけどね。

私も同感!

信夫山西側住人さん、なおみさん、他にも、、

>「福島に留まっているほとんどの人たちは、もう放射能のことなど気にしていない」

違います。
程度の差はあれど、学び、注意を払い、無駄な不安を取り除いて、この土地で暮らしているのです。


勉強不足でなかなかコメント出来なかったけど、やっぱりどうしても言いたい、飯沼さんに。 

最近の餃子とコンサート談義で、何だか気持ちがホッとしていました。 IKAさんの「タイトル」も、いつもなかなか面白い。 

こうして楽しそうに話していても、放射能や原発のことを気にしていないとか忘れたとか、、そんなこと絶対ないです。 1年間の、ここでの知識のある方々からの助言やおしゃべりで、ちょっとホッとしているところ。ストレスなくして生きようと思っているのに、住人でもない人がああだのこうだのって、、(実は私も住人ではないですが、、) 何か、ちょっと違っていると思うな。

折り込み料金について

>信夫山ネコ様
折り込み料金について、こんな感じだと思います。

http://www.geneva-japan2.com/orikomi/price_list_tohoku.html

一部あたり3,4円ですか。

30万部で100万円ちょい。印刷費は全く読めませんが、印刷屋さんに外注して数十万円かな?
でもこの程度の印刷であれば、簡易印刷機を持っている知り合い(いそうな気がします)がいれば、ずっと安上がりで出来そうな気がします。

ま、下衆の勘ぐりですけどね。

No title

もしも自分が書いた記事が全て事実であると考えているのであれば、そう言えばよいのです。

と、言われていますが。 自主的削除が修正をなされないなら。名誉毀損罪で刑事告訴をと、いう事なのでしょう。 
この投稿者が飯沼氏ご本人かどうかは、未だ不明ですが。

 民事損害賠償のような、原告人にはなりたくないか、なるつもりはないようです。 原告人立証責務は放棄ともとれます。 警察、検察に丸投げで、あとは野となれ山となれ。でしょうか。 

No title

福島が好きですが、ネット上ではなく実際にばら撒かれたという点が気になります。このチラシを信じさせる事によって、一体どんなメリットがあるのだろうか?下手な鉄砲数撃ちあたるじゃありませんが、わずかなカンパを当てにしているのか?これじゃ振込み詐欺みたいなものですが、かなり効率が悪そう。となると、本気で言ってるのか?
ご本人が現れない(今夜~明日に登場か?)+訂正箇所の指摘もない以上なんともいえませんが、本気にしろデマ拡散にしろ、いよいよこういうリアルな方法でくるようになったか、という思いです。
とりあえず、各々がチラシにどう対処するのか。あのチラシが一種の試金石になれば、数少ない貢献と言えるかもしれませんね。
(小学校高学年以上には、これに反論する事によって教材としても使えるかも)

No title

名誉棄損、信用浮棄損など、訴えたかったら裁判所に少なくとも自分の名前住所を言わなけりゃ不可だから、飯沼氏は法的処置など取れっこないのに、具体的明示もせずに、ブログの自主的修正を求めるとは、

 脅し以前に、嫌がらせなんでしょう。

 脅しにならなくても、嫌がらせ程度なら実行は出来ますよ。そしてその程度では損害賠償を要求するのも徒労だし、あほらしい。間違いないのは飯沼氏というのはその辺あたりを心得て嫌がらせをする。そのくらい、卑劣だという事だと、僕は思います。

 本物の飯沼氏であるのは極めて可能性が高い。本物の飯沼氏でなくても、この欄に投稿した飯沼氏は本物に劣らぬ卑劣漢(もっと穏やかな表現はないかと思ったけど、どうしても思い浮かびませんでした)。

 願わくば、私が本物の飯沼であります。前にこのブログに投稿したのは、私になりすました人物です。私はこのブログに書いてある事については真摯な批判として受け止め、修正、削除など一切要求いたしません、と一筆添えて、ネコさんの質問にも答える投稿が見られる事を祈ります、が無理でしょうね。

>なおみ様
(こちらこそお久しぶりです。信夫山、いい緑です)
>kakkou様

同意をありがとうございます。

いつも記事とコメントをチェックするだけで精一杯なのですが、
今回はさすがに福島県人の一人として、一言言っておきたいと思ったのです。

コメントの文中で「客観視できるもの」と書きましたが、正確には「客観的な分析に耐えうるもの」です。
(時間がないときにさっと書いたものを投稿してはいけませんね。反省)

思う壺

ゆさん
>各々がチラシにどう対処するのか。あのチラシが一種の試金石になれば、数少ない貢献と言えるかもしれませんね。

私もそう思います。

ヒトゴトだと思って不謹慎な!とお叱りを受けること承知で書きますが
ネコさんは「飯沼です」さんみたいなアクション
「しめた!」と思っているのかも・・・と思いました。
なので全く心配はしていません。

福島の隣在住人さんのおっしゃるように
偽者が勝手にしたことであれば
>私が本物の飯沼であります。
とおっしゃればいいのに。

もしご本人なら
いろいろな質問にお答えくださればいいのにな。
ネコさんの記事、どこが間違っているのか知りたいです。

岡山博 仙台赤十字病院呼吸器科医師について

こんにちは。「福島が好き」の内容、本当にひどすぎますね。私もブチ切れまくっています。

タイトルの岡山医師についてですが、宮城県内で放射線に関する講演をボランティアで行なっています。宮城県南部に住む私の両親が、地元で開催された放射線の勉強会に参加した際に、招かれていたのがこの医師でした。

岡山医師のブログ(http://hirookay.blog.fc2.com/)から分かる通り、この人物は放射能危険論者のようで、この医師の講演を聞いたうちの両親もすっかり真に受けてしまい、本当に困っています。講演では「国や行政は正しい線量を公表しないで隠している」「自分にも圧力がかかりなかなか本当のことが言えない」などと発言していたようです。

この医師がかかわる団体として「子どもたちを放射能から守るみやぎネットワーク」http://kodomomiyagi.blog.fc2.com/ があり、宮城県内では大きな影響力を持っているようです。

私の感覚だと、福島に比べて宮城では未だ放射線に関する適切な情報が浸透せず、危険論に踊らされてパニックになっているような気がします。県南地区は特にそうです。

取り急ぎ、以上お知らせ致しました。これからも信夫山ネコさんの活動を応援しています。

今度は岡山医師のブログを除染します

 「福島が好き」のブログを論破しときました。
毒舌過ぎて困るというご意見もあったので、一端手を引くことにしました。
第二号が発行されたら、再び攻撃をします。
(その頃には、投稿できないようにされている気がしますが・・・。)
とりあえず、反論の投稿が消されないように、監視しておきましょう。

 次は、岡山医師の除染を開始します。
放射脳叩きが趣味の私です。
http://hirookay.blog.fc2.com/blog-entry-32.html#comment

No title

コメントされているのが飯沼氏と仮定して、国が東電が、国家権力が、隠蔽、虚偽を強行している。との論をとるのに、国家権力の警察組織、検察組織、司法権力に、判断を持ち込む、相談を持ち込むのは、矛盾しているような。 それなら、その権力が出す結論は明らかなような。  その権力の手続きは、正当におこなわれるとの確信があるからなのでしょうね。
手続きが正当におこなわれていいのに、なにが隠蔽、虚偽なのでしょうか。 理屈がわからん?。 
 

読まれた方もいると思いますが、福島が好きのブログ更新されました。
ブログ内では実名は名乗らず大江山の黒ネコと言ってます。
長い記事なので内容は書きませんが、大体想像通りという感じです。

(あちらのブログでのIKA様のコメントが落ち着いていて感服です)

反阿修羅の@iyao1 さん

いつまでたっても待ちぼうけなので
もしかしたら別の場所で議論がなされているのかしら?
と思ってよそへ行ってきました。

そうしたらお兄さん方がいらしてて
あらー!という感じ(にっこり)。
お疲れ様でした。

omizoさんにも同感です。
>理屈がわからん?

ゆ さん
教えてくださってありがとう。

>大体想像通り

うんうん。そうだった。
チラシ出すなって言ったのに・・・ってところは仲間割れ?
ホントによくわかんないな~。
名乗らないし・・・。 

ブログ主さんへ

元記事がいつの間にか改変(書き加え)されているのですね?
全部を読み直してはいないのですが、他にも改変した部分があるのでしょうか?
あれば、お知らせください。

放射能の危険に対しては注意を喚起するのが当然であるにもかかわらず、注意を喚起する者たちを攻撃する行為は重大な責任を伴います。
もしも将来健康被害が発生した時に、あなたはどのような責任をとるのでしょうか?

実名を明らかにしたうえで、どういう責任の取り方をするのかを明言していただきたいと思います。

その時のためにも、ブログ主さんの実名や素性を明らかにしておきたいと思っています。
万が一にでも東電などとのつながりが浮き上がれば、これは大問題になるでしょう。

訴訟に関しては弁護士の意見を聞いてから決めますが、上記の目的を果たせるのであれば、何段階かの手続きを踏んででも必ず訴訟を起こします。

あなたからの私へのコメントは以下のものが最後でしょうか?
そういうこととして一応返信しておきます。
コメントの発信人をざっと見るのが精一杯なので、見落としていたらすみません。
。。。。。。。。

>「今日の午後5時半~6時の間に、「福島が好き」に明記されている番号に電話すれば分るようにしましょう。 」でもって、「明日の深夜か明後日までコメントはできません。」ってことは、電話には「飯沼です」さんとは別な人が出て何か説明してくれるってことですよね、

・私が書いたことを普通に読めば、明日の深夜か明後日までは時間が取れないのだが、私が電話に出ることのできる時間帯を作って指定した」ということぐらいは分かると思うのですが、ずいぶんとネジクレた読み方をするものです
普通の話が通じないことがよく分かりました。

>質問を繰り返します。

>あなたは「福島が好き」の編集人=責任者の飯沼さんなのですか?そして「ベーシック・インカム」の飯沼正晴さんで間違いないのですか?

・この質問への回答はすでにしています。
・それでも納得できない人のために、電話に出られる時間帯を指定したのです。

>どうしてHP(ブログ)や「福島が好き」チラシにはお名前が出ていないのでしょうか?

・これもすでに説明しました。
・付け加えれば私は執筆者でもなく、編集責任者でもありません。
・ブログの管理者でもありません。(時には投稿はしますが)
・あなたの方こそどうしてブログに名前が出ていないのでしょうか?

>「注文」も繰り返します。貴方が「発行人」だとしてですが、くれぐれも、「第二号」の発行はやめてください。代表者の名前を「次回から掲載することを検討」するではなくて。

・自分の名前も明らかにしていないブロガーの要望としてお聞きしておきます。

以上です。

責任?

>もしも将来健康被害が発生した時に、あなたはどのような責任をとるのでしょうか?

そんなことを言うのなら、あのチラシを見てストレスで病気になったら飯沼さんは責任取ってくれるんですか?

飯沼ですさん

あー、本当にいらっしゃったんだ、律儀な方ですね。

おっしゃる通り、新しい情報をもとに信夫山ネコ様はエントリの記事を追記されています。

私も信夫山ネコ様のブログずいぶん見ていますが、きちんとした情報提供や指摘があった場合は、(こっそりとではなくきちんと明記したうえで)訂正等をされています。
最初に飯沼さんがきちんと理由をあげた上で訂正を求めていたら、ちゃんと対応されていたと思いますよ。
…ん~、細かい話ですが、「改変」ってなんか「こっそり」ってイメージがある言葉に感じます(私だけかな?)。ちょっと印象操作を感じました。

(以下は独り言です)それにしてもどうして信夫山ネコ様の実名にこだわるんだろう?
いろいろ引っ掛かる所はあるけど、また今度にしておこう…かな。

なおみさんへ 毒舌ご無礼

 構っていただきありがとうございます。

 福島県民のためによかれと思って、放射脳を叩いているのですが、我ツイートだけを読むと、毒舌過ぎて、不快に思う同士の方も多いようです(笑)

 マイルドバージョンで投稿すれば、もう少し支持していただけるのかもしれませんが、そんな論客はいくらでもいるので、私はあくまで毒舌です。それしか、売りがありませんもの。

 まあ、我ツイートだけを読んでいる人には、私を理解することは不可能でしょうね。(兄さんは討論相手のツイートも読んだのかな?またまた、飯沼氏が脅してるし・・・。)

 戦っている相手の卑怯さ、姑息さ、ヘイトスピーチにつていも、勘案していただかねばなりませんが、それを第三者に求めるのも無理があります。

 放射脳のモグラ叩きを趣味にしているのも、事実なので仕方ないですね。

 でも、当事者って、なかなか反論しにくいものなのですよ。

 食品による放射能の害はないとわかっている厚生労働省の関係者が、

 「セシウムなんて、何の害もない。ちゃんと適切な基準を設けて、消費者の口に届かんように努力しておる!放射脳はいい加減気づけ!馬鹿!」とかつぶやけませんもんね。

 それを、反放射脳の一般市民が代弁しているだけなのです。

 私は別に嫌われてもいいです。一人でも理解してもらえれば、十分です。
 我が怒りは、原発離婚をしたり、勝手に家を飛び出して、夫に一人暮らしを強いている放射脳ママに対してです。
 私がそんな理不尽な仕打ちを受けたら、寿命が20年は縮まります。

 家族がわきあいあいと一緒に暮らせさえすれば幸せなのです。
 なぜ、放射脳ママは気づいてくれないのでしょうか?

 我毒舌はいやなら、脱脳した白井由佳さんの記事を読んで欲しいです。

 放射能パニックからの生還=ある主婦の体験から — 自らの差別意識に気づいたことが覚醒の契機に
 http://www.gepr.org/ja/contents/20120507-03/

 放射脳ママも、彼女をフォローしさえすれば脱脳できますよ。実際に、脱脳したけど、元の仲間の抜け忍狩りに怯えて、twitterをやめた人も多いようです。

 いいじゃありませんか。家族と一緒に過ごせる時間が増えるのですから。

 ぜひ、白井由佳さんをフォローしましょう!

 @siraiyuka

責任はとってもらいましょ

あなた方放射脳がね。

すでに放射能に対する不必要な不安で
健康を害されている方は大勢います。

家庭が崩壊したところも少なくありません。

経済的な損害も甚大です。

これらは将来ではなくすでにでています。

ぜひこれらの責任をとってください。

元々福島の医療は人手が足りないのに
負荷をかけないでください。
いい迷惑です。

毒舌過ぎて誤解されるけど、私が反放射脳な理由

<追伸>

 私がなぜ、放射脳を叩くようになったのかのまとめです。

 私、実は @iyao1 が放射脳を叩く理由
 http://togetter.com/li/320732

Hirokoさん

>Hirokoさん

先日はtwitterで質問に答えていただき、誠にありがとうございました。@sasadango_tyoです。

昨日・6月27日(水)にNHKで宮城県内では6月2日に放送された「ふるさと宮城の復興は「放射線にどう向き合うか」」が東京でも(全国でも)見ることができました。
https://pid.nhk.or.jp/pid04/ProgramIntro/Show.do?pkey=001-20120627-21-14898&pf=p

その際に仙台市内では東京の一部の消費者のように「不安だから」と九州産の食品を求める消費者の映像が流されました。
東京よりも生産者の距離が近い仙台でこのような動きがあって、放送中に送られた消費者と生産者のメッセージが対立するような形で流されて東京より深刻な印象を感じました。

>私の感覚だと、福島に比べて宮城では未だ放射線に
>関する適切な情報が浸透せず、危険論に踊らされて
>パニックになっているような気がします。
>県南地区は特にそうです。
出演が村井宮城県知事始めJA、漁協の関係者と比較的穏やかなこの番組を見て私もそのように感じました。
いずれ(すでに?)、福島県民から見向きもされなくなった活動家が浸透するのでは?と感じました。
特に宮城県内で線量が高い丸森町は震災以前から県外などからの移住者がいるようで、その中には左翼思想の人物がいることが考えられ活動家がより浸透しやすいと思います。

あと、飯沼氏の掲示板で「宮城県も避難した方がいい」というコメントがあり、それを示唆しているようです。
http://www2.rocketbbs.com/622/bbs.cgi?id=yuyub&page=3

No title

一傍観者の疑問点等
相変わらず要領が得ないような感じです。
>元記事がいつの間にか改変(書き加え)されているのですね?
全部を読み直してはいないのですが、他にも改変した部分があるのでしょうか?
とありますが、「知り合いの弁護士に相談するために、あなたの記事をコピーしにきました」んですよね。それを見比べてから問題点を述べれば良いと思いますが、なぜそうされないのでしょう。
ここのコメントにもありますが、「医学的記載も、かなり間違っていますから 」と指摘をされている方がいらっしゃいます。今回はそれに対する反論な訳ですから、なぜそういう風に考えるのかという根拠を述べるべきではないでしょうか。
そして、この手の方々は「もしなにかあったら責任がとれるのか?」という論調に持っていきがちですが、それは「もしなにもなかったら責任をとれるのか?」という言葉の裏返しです。その場合、無駄な心配をたくさんの人達にかけ、無駄なお金を使わせ、風評被害を呼びかねない発言をした事に対し、責任をとれるのか?という意味と同義です。もしそう言われたら、どうお答えになるのでしょうか。
「なにもなければそれに越した事はない」「将来、こんな事もあったな、と笑えればいい」というのは通りません。
なぜかというと、心配や被害等実際に影響がでているからです。それともし被害が出た場合、それらをどうやって低線量放射線被曝の影響と判定するのでしょうか。例えば、ガンひとつとっても発生条件は放射線とは限りません。明確に区別がつけられる方法があるのならそれを提示し、ブログ内の記事の間違いを指摘すべきと思います。

飯沼様(大江山の黒ネコ様ではないとの事ですが)は、やたらと実名にこだわりますが、なぜでしょう?匿名でも議論は出来るはずです。もし仮にブログ主様が実名を明かし、その結果東電と繋がっていたとして、一体なにが問題なのでしょう?論点はブログ主様が東電と関係あるかないかではなく、記事の信憑性のはずです。東電がらみだから嘘を書く、問題だ、というのは間違った先入観で議論の方向を狂わせます。そういうものをもった状態で正しい議論を行うのは困難だと考えます。

ブログ主様の質問に対し
「私が書いたことを普通に読めば、明日の深夜か明後日までは時間が取れないのだが、私が電話に出ることのできる時間帯を作って指定した」ということぐらいは分かると思うのですが、ずいぶんとネジクレた読み方をするものです 。普通の話が通じないことがよく分かりました」
とあります。飯沼様は、「もうすぐ出かけるので、明日の深夜か明後日までコメントはできません」とレスしています。普通に考えれば、外出していて携帯電話に出られない、と受け取るのではないでしょうか。実際、私はそう思いました。その理由として、飯沼様は「もしも本当に確認したいのであれば、今日の午後5時半~6時の間に、「福島が好き」に明記されている番号に電話すれば分るようにしましょう」とレスされてます。分かるようにしましょう、という言葉から、第三者が電話にでるのでは?という風にも取れますがどうでしょうか。
もしこの携帯がご自分の物なら「今日の午後5時半~6時の間に連絡をいただければ説明します」とかの方が真意が伝わりやすいと思います。この点からしても、二重の意味にとれるようにレスされてる以上、ネジクレたという表現に値しないと思います。

>あなたは「福島が好き」の編集人=責任者の飯沼さんなのですか?そして「ベーシック・インカム」の飯沼正晴さんで間違いないのですか?
・この質問への回答はすでにしています。
とされていますが、これも未回答だと思います。ブログ主様は「ベーシック・インカムの飯沼正晴さんなのですか?」と尋ねています。それに対し、飯沼様は「福島が好き編集部の飯沼と申します」としか仰っていません。これで答えたというのならば、せめてフルネームでお答えになるのが筋でないでしょうか。失礼ながら、飯沼という苗字は取り立てて珍しいものでもありませんから。

ブログやチラシにお名前がない件についてお答えになっているとの事ですが
>「福島が好き」編集部は任意団体ではありますが、決して飯沼と立川が個人で運営しているのではありません。 規約もあり、役員もいます。 だから「福島が好き」編集部の名称で発行・配布したのです。
こちらでしょうか。もしそうだとすると、ちょっと理解に苦しみます。例えば「個人情報なので載せなかった」とかならまだわかりますが、役員がいて規約があるからなんなんでしょう?規約に「名前を載せるな」とあるのでしょうか。仮に規約にそうあったとしてもそれはあくまでも福島が好き編集部内の話なので、外に持ち出して適用させるのは無理があると思います。
それと「あなたの方こそどうしてブログに名前が出ていないのでしょうか? 」とありますが、ふたつのブログは簡単に比較出来ません。なぜなら、このブログではカンパを募集していないからです。人からお金を集めるのなら、責任者のお名前くらいは明記されるべきではないでしょうか。実際、そちらのブログのコメント欄にもそのような指摘があるようですので、よく読まれた方がいいかと思います。チラシを読んだ方からの貴重な意見ですから。


(それで、あの記事のどこに問題があるのか?結局今回も指摘がなく、「訴訟に関しては弁護士の意見を聞いてから決めますが、上記の目的を果たせるのであれば、何段階かの手続きを踏んででも必ず訴訟を起こします」という脅し文句という流れはすでに三回目。とことん質問に答えるつもりはないようで、上記の点からも記事の内容ではなく訴訟に重きを置いているようだ。訴訟といえば、山下先生達を訴えた広瀬隆氏の件はどうなったんだろう?)

ウチも

ウチも「福島が好き」ブログについて名指しでの「事実誤認、あるいは中傷」の類いをやっておりますが問題ないですか?なんら連絡ありませんけど。
反響ある所にだけ絡んでるようですね。こんなことじゃ活動の質が知れますよ

何もなかったときの責任について、副島隆彦氏の言葉

 以下の苦言に賛同します。

>「もしなにかあったら責任がとれるのか?」という論調に持っていきがちですが、それは「もしなにもなかったら責任をとれるのか?」という言葉の裏返しです。

 これを、副島隆彦氏は、次のように表現しています。

『放射能のタブー』P66より

(引用開始)
 今なら誰でも知っているとおり、原発作業員たちは、厳密な積算量で250ミリシーベルトだ。これを「/イヤー」と言っても同じことだ。数年かかって250ミリシーベルトを越したら作業が中止になる。労災保険のお金が出て、一生働かなくてもよい生活に入るようになっている。積算で250ミリシーベルトを越した作業員が福島第一原発で10人ぐらい出ているようである。しかし、これは原発事故後だけでなく、以前からの作業分の積算値も入っている。これらの作業員被曝は、公式の発表がないのでよくわからない。だから、積算で100ミリシーベルトの被曝量がある住民(一般市民)は、福島県内にも存在しないだろう。この本のはじめでアルチュニアン氏が語っているとおりである。だから、現地の人たちで最大値でも5ミリシーベルトなのである。そうすると、これを恐怖する必要などまったくない。赤ちゃんや妊婦であっても、5ミリシーベルト浴びたからといって、5年後、10年後に甲状腺がんが発症するということはない。牛乳に関しては福島でもただちにすべて処分して捨てた。屋内退避の人々は家の中にいたのだから、被曝量でも1ミリシーベルトぐらいのものだ。
 だから、福島で放射能が原因で死ぬ人は誰もいないと私は再度断言しておく。危険派(コワイコワイ派)は5年後、10年後に病人が出たら、「副島隆彦は責任を取れ」と言った。

 それなら逆に、発病しなかったときには、この者たちが発狂状態で騒ぎまくった扇動言論に対する責任を、おまえたちこそ取れと、いまのうちから言っておく。私の怒りは大きい。
(引用終了)

 副島隆彦氏の予言は、ほぼ正しいです。ただ、福島県民の最高被曝量は、たった一人に25ミリシーベルトでした。計画的準備区域に一ヶ月以上とどまった特殊なケースです。
「飯舘村など比較的線量の高い地区以外の住民で、その中の最高は相双地区の住民の3.9ミリシーベルト。」ということからも、副島隆彦氏の予言は100%正しかったと判断できます。

 外部被曝、最高25ミリSv 福島県推計
 http://www.asahi.com/special/10005/TKY201206120722.html
(引用開始)
 福島県は12日、東京電力福島第一原発事故後4カ月間の県民の外部被曝(ひばく)線量について、新たに約1万5200人分の推計値を発表した。原発作業員らを除く一般住民の最高は25.1ミリシーベルトだった。避難住民を対象にした心の健康度調査では、2割の人が支援が必要になる可能性が高いと評価された。

 これまでの線量推計の最高は23ミリシーベルトだった。今回25ミリシーベルトと推計された人は、計画的避難区域の住民で、同区域に1カ月以上滞在していた。

 今回公表された推計のうち約1万人は、飯舘村など比較的線量の高い地区以外の住民で、その中の最高は相双地区の住民の3.9ミリシーベルト。
(引用終了)

連投失礼します

なおみ様
>私が本物の飯沼であります。
とおっしゃればいいのに。
ネット上では身分の確認は困難だと思います。もし私がaveだとして、それをどうやってネット上で証明すればいいのか?逆にそれをどうやって否定するのか?ネットではそれすらもできない。一応Skypeみたいなものを使えば顔くらいはわかりますが、もし顔も知らない人だったら?
これだけを考えても、いかにネット上の実名に対して意味がないのかがわかるかと思います。意味を持つのは、それなりに知名度が高い方だけで、一般レベルでは意味のない事かな、と私は思っています。

(もし大勢でここのコメント欄に「私が信夫山ネコです」といって画像や名前を出したら、飯沼さんは誰を信じるのか?もし大勢で「私がブログ主です」とチラシにあった番号に電話をした場合、一体誰を信じるのか?それはそれで面白そうだが)


Hiroko様
はじめまして。ブログを読ませていただいています。
福島県は自治体によって色々対応が違ったりゴタゴタしたりしていますが、なんとかやっています。来月は福島と郡山でGCMがあります。それ以外にもエートスや順一さんのような方が行う講演会等もあり、徐々にですが対策と知識が広がっているように感じています。
宮城県でもこのような動きがあればいいのですが…。市民レベルから、というのが少しハードルが高いかもしれません。ですが、出来る事なら福島のような(というとおこがましいですが)動きが欲しいと感じます。
(何もわからない時に)放射線の恐怖を跳ね除ける事は思いのほか大変ですから。

(しかし「子どもたちを放射能から守るみやぎネットワーク」という団体名には驚いた。やっぱり子ども福島と繋がってるのかな?)

No title

ずっと前からこちらを心のよりどころにしてまいりまして、私も書き込ませていただこうかなと思いましたら、ちょっとタイミングが悪かったですかね。それでもせっかくですので、記念にちょいと書かせていただきますね。


健康被害、健康被害、健康被害って、なんとかの一つ覚えみたいにそれを言えば正義の味方みたいに履き違えていらっしゃるのかもしれませんが、それってとても狭い概念ですよね。健康というのはもっと複雑で、いろいろなこととつながっているのだと思います。あるいは、間違いとわかっていてわざとごり押しされているんでしょうかね。


自分への賛同者が思ったほどいないばかりか、ブーイングばかりで、しかも間違いを指摘されたとなったら、確かに内心穏やかではないのだと思いますが(お察しいたします)、残念ながら福島市民はちゃんと勉強しているんです。私たちだって、どの情報が正しいかを自分で判断することぐらいできますからね。


福島で生きていく私たちにまっとうな情報を提供してくださる方を困らせようとする方がどういう方なのか知りませんが、他人の家にずかずか上がり込んできて、「なんでこんな家に住んでいるんだ! なんでおじちゃんを好きにならないんだ!」と絡まれているようで、とても憂鬱な気分になりました。てか、ちょっと笑っちゃいました。早く自分ちに帰ってくれたらいいのにな。それとも、お友達いないからさみしいのかな?


ここに集うみなさんはじめ、私のように信夫山を心のよりどこをにしているたくさんの人たちが、そこに住むネコを心からかわいがっているんです。ナントカ江山のネコさんだったかしら? そちらのネコさんも、もう少しきちんとした教養やら柔軟な考え方を身につけられたら、みんなに愛されるようになると思いますよ。頑張ってくださいね。

No title

>>たとえ勝訴しなくても、途中で訴えを取り下げても、ブログ主さんの実名や住所や職業などは明らかになるでしょう。

これは明らかに問題ですよね。しかもご丁寧にコメント欄にまで現れて法的措置を取ると言っている割には、文章中のどこが問題なのかを指摘しない。問題解決を図る意思がなく、「訴えることで相手の住所を明らかにするのが目的」と額面通りにしか受け取れないんですが・・・。仮に電話でしか話せないことであれば、その旨を伝えるべき。そもそも本人なのかも分からないのに、「ここに電話かけろ」なんて非常識。悪戯の可能性を考慮して誰も電話しませんね。仮に本人だとしても、直接話す必要性を語っていないので電話する必要もないと思いますけど。だってコメント欄で長文書く程の時間的余裕があるにも関わらず「電話に出ることのできる時間帯を作って指定した」とか言われてもねぇ・・・。

蛇足ですがこれが某サイトだったら、「私が飯沼だ」「いや、私が真の飯沼だ」「奇遇だな、お前も飯沼か」なんて流れになったんでしょうか。まあどうでもいい話ですが。

No title

>>私が書いたことを普通に読めば、明日の深夜か明後日までは時間が取れないのだが、私が電話に出ることのできる時間帯を作って指定した」ということぐらいは分かると思うのですが、ずいぶんとネジクレた読み方をするものです 普通の話が通じないことがよく分かりました。

見直して追記。この人、一方的に時間指定して電話かけろと言うだけで、相手の時間的都合なんて一切考えないんでしょうか?嗚呼非常識極まりない。

信夫山ネコ様

本文中の

>「福島が好き」の編集人=「(脱原発の日)準会員の立 川(京都)・飯沼(兵庫)です。」ということになる。

とありますが、元の「脱原発の日」の記事を見ても飯沼さん、立川さんが「編集人」を名乗っているところが見つかりませんでした。

「編集人」
http://m.kotobank.jp/word/%e7%b7%a8%e9%9b%86%e4%ba%ba

編集人とは「編集に法的責任を負うもの」という意味もあります。
他のソースあればいいのですが、おいでになっている「飯沼です」さんのお話もあるので、対応された方がいいのでは?と思います。

みなさん

ありがとうございます。感謝感謝です。(間違って別のエントリーに書いていました 移動です)

アクセスめちゃ上がってます。火曜日の5709は新記録でした。

「反原発」は去年のループに陥ってる感じですが、こっちはどんどん元気になってきましたね~。油断はしませんが。

IKAさん、なるほどです。そうなんです。今回ようやく「・付け加えれば私は執筆者でもなく、編集責任者でもありません。」という具体的指摘らしきものがあったんです。「飯沼です」さんが編集部の人で、「(脱原発の日)準会員の立川(京都)・飯沼(兵庫)です。」だとしたら、ですが。

で、結局この「怪文書」の「責任者」って誰なのか。福島県民から寄付を募り、第二号を出そうというからには、これは県民としてはぜひ知っておかないと。

Hirokoさん、何と宮城まで・・・。

「東北大学 離床教授」って「教授」と全く違いますね。これが「東北大学の教授が言ってます!」となって、「拡散」するんですかね~。あ~あ。

宮城県南、丸森あたりはずいぶん前から、何か「自然に還る」的な人が「移住(?)」した所だと聞いたことがあります。それが「危険煽り」と関係あるとは思いませんが、例えば福島市の「市民放射線測定所」の所長の苗字は、ここのことですね。ペンネームですが。実はここは福島県だと思っていたらしいですが。

いつも参考にさせていただいています

いつも参考にさせていただいています。飯沼某とのこと
私の職業は記者で、言いがかり訴訟も受けましたが、
相談は30分安くて数千円、
内容証明郵便で8万円、簡易訴訟で40万ぐらい弁護士に取られますんで、相談というのは常識でありえないでしょう。
いつも拝見させていただいているお礼で、おそらく必要ないでしょうが、何か有りましたら、ご一報ください。
福島にも何度かいっていますので、情報交換もさせてください。

石井さん!

いつもお世話になっています。ありがとうございます!

No title

弁護士への相談なら1時間3万円から 5万て人もいますが。顧問契約していて、顧問料はらっているなら、相談程度なら、無料ともですが。相談はあくまで相談の範囲ですから。 

 立証義務は原告人にあるの原則ふっとばしているようですね。 いたぬおせっかいですが、司法制度を利用するは、国家権力からのしっぺ返しも覚悟してです。

No title

山本太郎さん姉、大麻所持容疑で逮捕 「脱原発で疲れ」(朝日新聞)

だそうです。まあだからどうだって話ではありますが。

夏らしい天気でした

反阿修羅の@iyao1 さん
>マイルドバージョンで投稿すれば、もう少し支持していただけるのかもしれませんが、そんな論客はいくらでもいるので、私はあくまで毒舌です。それしか、売りがありませんもの。

いいと思います(にっこり)。
いろいろな「言い方の違い」があるだけで
お気持ちは伝わってきましたから。
私は反阿修羅の@iyao1 さんの心意気、好きですよ。
シャツ入れてるあたりも(たまに心配になりますが)。

> 私がなぜ、放射脳を叩くようになったのかのまとめです。

こちらも拝見しました。
うんうんとうなずきながら読みました。


ゆ さん
>ネット上では身分の確認は困難だと思います。

全くもってそのとおりです・・・
(精一杯イヤミを書いたつもりでしたが(照)
もう少し文章力をつけたいです)。
それとは別に、絶好調ですね(他の皆さんも)。

そうこう私がのんびりしてるうちに
ご本人から?お返事・・・らしきものが来たのかな?

私、「飯沼です」さんのおっしゃっていることも
「大江山の黒猫とでも名乗っておきましょうか(笑)」とか言って
えへんぷいとお得意になっている人のことも理解不能なのです。
(ネコさんにあやかろうとしてるの?おこがましいです)

折込チラシも印刷も(福島の会社に頼んだとか言って威張っていますが)それがお仕事であれば、請け負うことは当たり前だと(仕方ない)思います。その人たちを責めたらいけないかも・・・。

いろいろな言葉のマジックにごまかされないようにしようと
強く思いました。

巧言令色鮮なし仁。
本丸は・・・?


玉羊羹さん
>他人の家にずかずか上がり込んできて、「なんでこんな家に住んでいるんだ! なんでおじちゃんを好きにならないんだ!」と絡まれているようで、とても憂鬱な気分になりました。てか、ちょっと笑っちゃいました。早く自分ちに帰ってくれたらいいのにな。それとも、お友達いないからさみしいのかな?

これお腹を抱えて笑いました。
そんなこと言われても・・・困っちゃいますよね。

ネコさんの記事以前に(ネコさんがなんと言おうとも)
あのチラシを読んで
私はあなたたちのことは嫌いだって言ってるんだから。
(ネコさんのことは大好き・ここの人たちのことも)

嫌われるのは関わり方が間違っているからですよ。
もちろん言っていることがでたらめだと信用なくすし。
抗議の電話の数も嘘つくし・・・。


Hirokoさん 笹団子さん
知人で宮城に「お勤めの方」のおびえ方がひどいです。
何故そこまで?と理解できませんでした。
(ご家庭や健康に問題が起きてしまっているので)
勤め先の方々(お母さん方)から入る怪情報がハンパないようです。


窮ジェリー、トムを殴る。さん
>蛇足ですがこれが某サイトだったら、「私が飯沼だ」「いや、私が真の飯沼だ」「奇遇だな、お前も飯沼か」なんて流れになったんでしょうか。まあどうでもいい話ですが。

あはははは。やっぱりそういうことあるんですね。
わざと(わかりやすくイヤミとして)こちらで
やってみせようかと思いましたが

自分でわけがわからなくなると思い
かろうじて自己同一性を保ちました。


玉羊羹さんのコメント
とっても好きです。

山本太郎の姉を逮捕

大麻所持の疑い

「吸うために持っていた。脱原発運動で、気分を和らげるために使った」などと容疑を認めている。

http://www.sanspo.com/geino/news/20120629/tro12062917190005-n1.html

No title

福島の人から「放射能のことをなかなか口に出しにくい空気がある」と言う話を聞きました。
このブログの烈火のような沢山のコメントを見て、「なるほど、こう言うことなのかな」と納得しました。(勿論、”口にできない”様々な理由や形がある中の1つでしょうけど。)

こんな風に集中攻撃されたら、大人しくて声が小さい人たちほど、不安を抱えながらも力ずくで身も心も押し込められて、じっとただ耐えるしかないんでしょうね。
攻撃する側にはそういう自覚はないんでしょうけど。

放射能が、今どの程度安心できるのか、どのくらい危ないのかは、知識の乏しいわたしには解りません。
巷の報道などしか見ていませんが、放射能に関しては、いろいろな見解があると聞いています。
ですが、ここでは”論破すれば真実としての力を持つ”という雰囲気を感じます。
これは、わたしの単なる印象に過ぎませんが。(皆さんは違うと仰るでしょうが、わたしはそう感じたというだけの話です)

わたしのコメントもボコボコに攻撃されるのでしょうか。
恐いので、このあたりで退散します。

タロちんの姉さん

大麻は活性酸素を中和するから、放射能に効くとかいうやつかな。やつら芋づる式だったりして。
末期症状だ。

No title

18:18さん、私も同じように感じていました。

閉鎖的な感じが大きくなっていくようで、自主避難している人が戻りたくても戻れない怖さがわかるような気がします。

福島在住じゃないけど

放射能の話なんて実家の親兄弟と普通に日常的にしてますよ?

テレビでも連日、ニュースでやってるでしょ。


「汚染されてるのに作物作るなんて許せないよね」とか、「もう汚染された福島には住めないよね」なんて話したら確かに「はぁ?何を今更??」って反応されるでしょうけど~。
そう言う意味で、「放射能の恐怖」を語り合いたいと思う人にとっては、確かに「話し難い」と感じるかもしれませんね。

じゃあ福島の人は、もう放射能に飽きちゃったのか、あるいは政府や東電の安全デマに丸めこまれちゃったのか?

これは違うと思うのですよ。


事故以来、沢山の情報を仕入れ、勉強しましたから、現状で知られている状況ではさほど心配する程ではない、と多くの人が理解している訳です。

が、あくまでも「現状」の話です。

不安が無いわけじゃないし、放射能が安全だなんて思ってもいない。

原発の状況に変化は無いのか、知られていない新しい危険な情報は無いのか、常にアンテナを張ってるんですよ。

事故後、そういうアンテナに引っかかってくる「新しい危険情報」の多くに裏切られ続けた結果が、「反原発団体発の情報」に対して懐疑的にならざるを得ない、不信感を育ててしまったんです。


福島は情報統制されてて本当の事が知らされていないとか、原子力ムラの安全デマに騙されてるとか、放射能が安全と思うなら除染するなとか、補助金貰うなとか防護服無しで原発で作業してこいとか、そう言う妄想じみた色眼鏡で「福島」を見てる限り、そういう発想からの「支援」に賛同したいと思う人は殆ど現れないだろうし、場合によっては激しい反発もされるでしょう。

叩いていたのは愛知県民の私ですよ

 バッシングされているようで怖いと投稿された方へ

 あんなチラシを配られたら、福島県民が怒るのも無理はありません。

 信夫山ネコさんのタイトルにある、「福島壊滅!逃げてくださいデマ」そのまんまですよ。

 だから反放射脳・反阿修羅の私が叩きにいったのです。
 特に、飯沼氏の脅しが許せなかったからでもあります。

 毒舌は私一人が吐いていただけで、福島県民は、放射能に怯えている一般市民の気持ちも十分理解していますよ。「質問者」も私です。「iyao1」だとはじかれているように感じたので、変えただけです。

 ということで、バッシングのかなりの部分は私個人の毒舌ときつい性格によるものですので、その点誤解されないように。同士の方も、毒舌が過ぎるので、ほどほどにしてくださいと忠告してくれたので、それに従い、例のブログへのバッシングを控えることにしました。冷静な人は、双方の陣営にいますので、相手の意見も聞いて話し合いをしてみてください。君達放射脳の中だけで閉じこもっていても、馬鹿になっていくばかりです。

 ここにおられる方も、避難した方々に戻っておいでとやさしい言葉をかけているんですが、そういうのは無視ですか?なおみさんは、いつもそうよびかけていますよ。

 君達は、騙されてきたのです。それをまず認めましょう。認知的不協和はほどほどに。その方が幸せになれますよ。
 まずは、落ち着いてネコさんのブログを読みましょう。

 君達には、まずこれが最適かな?
 
 どっちが攻撃していたのか、よくわかりますよ。

 「葬列予報」と「子ども福島」 そして「自主避難者」への「補償」について
 http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-55.html

こちらも読んで

「郡山で除染に参加しないと村八分」という「お話」の起源と伝播
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-49.html

 関係者だったりして?

 違うなら、ただ騙されて怯えている方ですね。いくらでも安心できる科学的なデータを提供しますよ。

No title

名無しのお二方様
お二方がどこに住んでらっしゃるのかは存じませんが、少なくても自分の周りでは放射能の話ができないなんて事はありません。なぜなら、散々報道され、関連記事が新聞に載り、やれ何ベクレルでた、やれ内部被曝だという環境の中で私が生活しているからです。この環境下で放射能の話題を避けて通るのはかなりの困難です。

私はみなさんのように優しくないのではっきり言いますが、わからないならなぜ知ろうとしないのでしょうか?もう事故から一年以上が経ちます。事故前の私はベクレルもシーベルトも知らない人間だったので、まずはそこから始めました。講演会にも行きました。自分ができる範囲でネットを使って調べました。対立している話は自分なりに比較してみました。そして、自分なりの答えと、放射能の恐怖と闘う武器(心の支え)を見つけました。

福島が閉鎖的になってるんじゃないんです。知る努力をしないあなた方が殻に閉じこもっているんです。そこから(それも自分の意思で)出ない限り、閉塞感は増していく事でしょう。
本来、こんな努力や勉強は必要がないものですが、現実に必要になった以上、自力で心の武器(心の支え)を構築して下さい。福島が好きのブログを見ると、同士はたくさんいそうです。もしかすると、お友達やご近所にも一緒に放射能の恐怖と闘ってくれる方がいらっしゃるかもしれません。
放射能の恐怖と向き合っている人は、あなた方だけではありませんから。

18:18さん、18:51さん はじめまして

この一年余福島各地でお知り合いになった多くの人々との出逢いで想った事

最早東北各地と云うべきかしらん(笑)

ただ目的の為に謂われなき差別で苦しめられた人達は、ただ手段を選ばずボコボコにしたら跳ね返りがある事を識っている…

自主避難時に唾競り合いや啖呵切って縁を切った間柄の親友や親子兄弟だとしても
慣れぬ地でどうしてるかなとまで想える位まで、
憎しみや恐怖からは何も進まぬし、生まれぬ事を悟られた人達が大半だろうから…

されど一歩引けば判るような阿呆な言地なら辛辣に笑い飛ばされるだろうし、
同じ事を何度も繰り返し言えば、何処の誰でも消えや!となる(苦笑)

言い古されし駄目出しでも初回ならばポコポコ程度だろうが…(笑)

サイレント読者も含めて
お茶目なれど(笑…失礼)真摯に誇りを持つ方ばかりですから…ね

せっかく
勇気出されて書かれたのだから
いらっしゃーい
(三枝風)

少しずつ少しずつでも
移りつつあり
刻々と変わっていく今を学ばねば、
それこそ出口なしのメビウスの輪の如く、悪循環の自己完結なままですよ~
偉そうにゴメンナサイね

No title

あちらのブログにコメント書くのは、不毛のような、上記の
、「聞く耳を持たない人たちに伝えることはできない」の鏡と言うべきでしょう。 とういことを百も承知の上でですから。 IKAさんが言われる様に、それ以外の人へが目的で、「聞く耳を持たない人たちに伝えることはできない」は入っていない。

大江山の「酒呑童子」と名乗ってもらったほうが、「酒呑童子」にも正義はあるので、 


酒呑童子 :情けなしとよ客僧達。偽り非じと言ひつるに。鬼神に横道。なき物を
 頼光   :何鬼神に横道なしとや
 酒呑童子 :中々の事
 頼光   :荒空言やなどさらば。王地に住んで人を取り。世の妨げとは        成りむらん。我をば音にも聞きつらん。保昌の内の独武者。        鬼神なりと遁すまじ。況てや是は勅命なれば土も木も。我が        大君の国ならば。何国かの鬼の宿りなるらん 

 地 :    あますな洩らすな責めよやせめよ人々と。切先を揃えて。切         つてかかる。山河臥草木震動して。山河草木震動して。光        り満ちくる鬼の眼。唯日月の天つ星照りかかやあきてさなが        らに。面を向くべき様ぞなき


 ただね、避難したがっている人を、他他府県に移住させる事を目的とす。 と書いてくれれば、それも正義とも言えますが。 科学的論争はしないと言いながら、書いていますし。 こじつけ多いような感を持ちます。


反論のコメントを寄せる人からすれば、酒呑童子側でなく。頼光側の自己正義において、酒呑童子側を撲滅しべし。に取られしまうことです。

 酒呑童子の正義を語りながら。 チラシを受け取って、違和感をもたれた側からは、頼光側の自己正義においてとなる事です。

「酒呑童子」伝説は柏原弥三郎にまつわる、伝説に関係しているらしい。
当時、震災などすべての穢れ事は、柏原弥三郎の仕業とされたようですし。

優しい人がたくさん

当事者はいいにくいでしょって(いやあ・・・それほどでも~(恥))
青鬼役を買って出てくれる人。

自分の今もっている力で
(お仕事であったり、研究であったり、ブログであったり)
出来ることをやってくださっている人。

オフ会で言っても詮無きボヤキを聞いてくれた人。

べたべたした付き合い方はしていませんし
団体も何も形にはなっていませんが
(そういうのは仲間って言わないのかな)

ネコさんのこれまでの発信にデマがなかったからこそ
そういう人たちが集まったのだと思います。

私も記事を読んであれ?と思った時は
「私はこういう風に聞いたけど?」と
ネコさんに(みなさんに)問いかけるし
けれどそのことで排除されたことはありません。

追記は改変ではないです。
そんな卑怯なことはしません。


18:18さん 18:51さん
私も普通に放射線の話しますよ。
心底心配って言ってる人には、かわいそうだなと思って
お菓子あげちゃいます。私がお宅の草むしってあげるよって思う。

思惑があってその話題を出す人にだけ
半眼を披露する・・・というか出ちゃうだけです。
でも・・・そういう人はあんまりいなくなってきました。

私がお付き合いしてる方たちと
重ならないのかもしれませんね。


つうこうにんさん他の方からの
太郎さん情報。
私が読んだ記事では
「反原発と更年期障害で疲れた」とありました。
私も疲れたよ~(泣)!

マタタビ酒でもきめるかあ!

あ。私のお友達情報では
養命酒がいいとかやっぱり命の母よとか・・・
そんな感じです。

みんなで更年期の話をしていたのに
違う理由(放射線の影響とか)で不調をかこっているのかと
勘違いした人は
「私はちっとも具合なんか悪くない!
(みんな!いきなりどうしちゃったの?)」ってあせってました。
すぐに笑い話になったけど。


義阿南高地さん
今回のコメント特にぐっときました。
どんなにいじめられても泣かないけど
優しくされると弱いのよね~。

反阿修羅の@iyao1さんもこうたさんもゆさんも・・・ありがとう。

NHK番組「追跡!真相ファイル 低線量被ばく・揺らぐ国際基準」がBPOに提訴されました

http://icrp-tsushin.jp/nhkbpo.html

飯沼さんも一緒に提訴状を読みましょう。

ネコさんやここに集う人たちの訴えは「デマ、捏造、ウソはいけない」っていうとてもシンプルなこと。

子どもたちを放射能から守るみやぎネットワーク

子どもたちを放射能から守るみやぎネットワークの代表は太田茂樹という方が勤めています。
http://kodomomiyagi.blog.fc2.com/blog-entry-7.html

大田氏は東京出身の環境社会学を大学院で学ばれた丸森町の移住者です。
http://www.kahoku.co.jp/spe/spe_sys1090/20120105_01.htm

除染して適切に生活しようと一見、こちらの方々と同意権なのですが脱原発団体とリンクしたり今年の3月に東京の明治学院大学で中手聖一・子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク理事と一緒に環境社会学会研究例会で報告をしたりとどういう方かは想像がつくかと思います。
http://kodomomiyagi.blog.fc2.com/blog-entry-95.html

お仲間の「放射能から命を守る宮城県南部の会 」
http://tamaky.com/kibou/

ですが、今年の3月にバンダジェフスキー博士と木下黄太氏を呼んで仙台で講演会を開いています。
http://tamaky.com/kibou/2012/03/21/%E3%83%90%E3%83%B3%E3%83%80%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%95%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%BC%E8%AC%9B%E6%BC%94%E4%BC%9A%E3%83%AC%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%88/

やっぱり宮城県南部にも活動家が浸透していて深刻ですね。

BPO 宮城 「二人の発言」の違和感

情報ありがとうございます。しぶとく続けて、ついにBPO提訴ですか。ぜひあの放送局の、全国と福島「二枚舌」状態も、参考にしていただきたいです。
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-80.html

やはり丸森。宮城県、他人事じゃないです。

(今日は・・昨日になってしまった、いろいろあるな~)
ところで話題の名無しさん「二人の発言」をよく読むと、

「福島の人から「放射能のことをなかなか口に出しにくい空気がある」と言う話を聞きました。」

「自主避難している人が戻りたくても戻れない怖さがわかるような気がします。」

これらはそれぞれ、自分自身のことではなく、他人のことを書いていると思います。最初の人は「聞きました」で、ご自身は「口に出しにくい空気~」と言った福島の人じゃないし、二番目の人は「怖さがわかるような気がします」で、ご自身は自主避難している人ではないのでしょう。

結局ここからは、「私は放射能のことをなかなか口に出しにくい」とか、「私は自主避難しているけれど、戻りたくても戻れない」という人に、ダイレクトに何か言葉をかけることは不可能。

これまで何十年間、福島の人の代弁者などほとんど知らなかったが、原発事故以後は「反原発」の中にあふれているような気がします。

代弁そのものが「悪い」とは思わない。しかしこの場合、例えボコボコになったとしても、本人ではなく代弁者です。

なお、代弁者ではなく、「脱脳」した白井由佳さん本人が、「反原発」からボコボコにされたのは見たことがあります。他にも、「直子(最近カモ子)」さんとか、「minako genki」さんもか。

しかし何はともあれ、「戻りたくても戻れない」人がいる、と書いたのは、一つの進歩(向こうから見ると退歩?)かも。以前の「全員避難しなければならない!」に比べたら、「戻りたい人」の存在を認めています。

そういう意味ではあの団体の、「聞く耳を持たない人には通じないから却下」も理由はともあれ、進歩かもしれないです。これまでは「全員避難しなければならない!」でした。

信夫山ネコは、以前に「避難するも留まるも自由、放っといてくれ」と書きましたので。

名無しさんへ

>「福島の人から「放射能のことをなかなか口に出しにくい空気がある」
>と言う話を聞きました。」

それってどこの福島の人ですか?
大阪にある福島のことでしたとかいうオチですか?

毎日、天気予報とセットで環境放射能をテレビなどで
発表されてるんですから、普通に話題にしてますが何か。

「最近庭のつつじが妙にきれいに咲いてるのは
ホルミシス効果なのかねぇ」
なんてことをその辺にいるばあちゃんが言ってたりしますし。


>「自主避難している人が戻りたくても戻れない怖さがわかるような
>気がします。」

じゃあ戻れない原因は放射線以外の要素なんですね。

それともいまだに、
「福島に残っている人間は安全情報を信じないといけないほど
精神的に追い詰められている」とか考えてます?

No title

ここにいる誰もが低線量被曝でのリスクを否定していないと思うので、別にそれ自体を話題に出すことは問題がなくて、例えば帰宅したら手洗いをするなどの基本的な放射線防護の必要性を説いたりする事は、LNT仮説を基本指針としているICPRはじめ日本を含めた世界各国のやり方と相違ないのでいいのですが、口にしづらいというのは“1mSvでも被曝を許容しない”“福島は農産物の生産をやめ、一刻も早く全県民を避難させなくてはいけない”などの非常にアレな言動をする人は周りから「そりゃ違うでしょ」と変な目で見られるからです。バズビー博士の言説に注目するのも良いですが、少しALARAの原則を理解しましょうと言うのが一番のクスリですね。

No title

なおみさん

玉羊羹です。コメントありがとうございました。おかげで信夫山の住民になれたみたいでうれしいです。私は、福島市内でも線量が高いとされている某地区に住んでいます。ネコさんのサイトとの出会いは昨年秋です。それからずっと頻繁に訪問しておりまして、なおみさんはじめ常連さんのお名前はぱっと見すぐわかるほどです。

昨年、私の住む地域で住民説明会なるものがあったとき、一部の声の大きな人の意見がまるで住民の総意のように大々的に報道されたことがあったのですが、そのときに、大いなる違和感といいますか、本当のこととは違う何か仕組まれたようなものを感じてしっくりこなかったんですね。そんなときこちらのサイトにめぐり会って、何が起こっているのか納得できたんです。だから、とても感謝しています。



ななしさん

「放射能のことをなかなか口に出しにくい空気がある」というのは実際のこととは全然違いますよ。みなさん書いておられるように、むしろ放射能のことを話さずに過ごすことができないほど、地元では話題にあふれているというのが正解なんですけれどもね。県外にお住まいだと想像するしかないので誤解もあるのでしょうね。

それと、あなた方の周りの自主避難者で「戻りたくても戻れない怖さ」を感じている人がいらしたら、そう思うことでご自分の心のバランスをとっていることを理解してあげてください。そしてやさしく、それは思い過ごしだよって教えてあげてくださいね。あの状況では避難もやむなかったということはみんな理解しています。うしろめたさなんて感じないでこちらに戻ってこられるといいですよね。私の親戚とか友人は、「雪が降る前にはそっちに帰るね~」とか言ってます。だから、心配ないですよ。

遅ばせながら1周年おめでとうございます

ネコさん、皆様

おくばせながらブログ開設1周年、おめでとうございます。
私がこの、たのもしいサイトに「正しい放射能情報を【見つけるため】のサイト」からたどり着いたのは、昨年の10月でした。
その日のうちに全エントリ読んだと思います。

今まで記事として蓄積された「デマ」の除染の即席と、あのころと比べて充実したリンク。
今回の怪文書に対する皆さんの反応を見ても、除染の効果を実感しております。

これからもよろしくお願いいたします。

> 窮ジェリー、トムを殴る。さん

>少しALARAの原則を理解しましょうと言うのが一番のクスリですね。


『合理的に達成可能な限り』のとらえ方次第ですね。

だいたいの方は
「経済的要素、精神的な健康などすべての要素を考慮し、
 被曝を避けようとする行動で
 かえって害になることのないような範囲で」

くらいに考えてると思いますが、


放射線を過剰に怖がる人々は、

「予算が許す限り全力で」とか、
「被曝を避けるために可能なあらゆる行動を(採算度外視で)とる」
くらいに考えてますよ、きっと。

この辺の認知の歪みを修正しないと話は平行線ですね。
もっともあちらさんからすれば、

私のほうが認知が歪んでいるとか言われそうですが。

最近

アッチコッチ顔を出しているんで、じっくりとコメントできないのが残念なんですよね。

信夫山ネコ様、追記&訂正ご苦労様でした。

名前のない方、お二人も来ていたんですね。「放射能のこと、気軽に話せない町、福島」は新しい攻撃材料なんですかね。アッチでも見ます。
当然、今の福島は天気の話題のように放射能の話は出ます。もう生活の一部かもしれない。他の地域の人が見たら異常なことなんでしょうが。
「放射能のことがとても不安、いてもたってもいられないほど」って人は、とっくに避難しているでしょ、って考えている人も多いかな。

でもですね、私としては「とにかく放射能は怖いけど、まわりのひとを脅かせないし、家族にも相談できない、ひたすら我慢する」って人がいるかも、なんてつい考えちゃうんですよね。
私の「放射能はこのレベルなら、気にする方が体にわるいっしょ」なんて言葉につい「(自分はもっと放射線のリスクは高く見積もってんだけどなー、と思いつつ、傷つけても悪いから)うん、そうだね」と答えてしまう気の好い人がいないとも限らない。
そういう人がいる可能性は排除したくないんですよね。

要は、「福島の人はみんな安全論に騙されている」って話も、「福島の人はもう自分で判断している」って話も、十把一絡げはあまりよろしくないのではないかと思います。
周りに気を使う人だったり、気が弱い人ほど独りで苦しんでいるかもしれませんからね。

あくまでも個人的意見にすぎませんけども。


宮城県南部にお住まいの方、大変だと思います。福島では地元マスコミ等のおかげで多くの人が学び、行政もデータ発信に力を入れていますから。
宮城県が、福島県内のように対応していないんだとすれば、ある意味「見棄てられた」感を強く持っているかもしれませんね。
そういうところの方が「カルト」っぽい人達が付け入る隙が大きいかもしれません。

長くなって、申し訳ありません

皆さんのお話を伺っているだけで充分と思っていたのですが、つい怒りに任せて、コメントをつけてしまいました。
落ち着いたところで、もう一度、おじゃまします。

私は福島市在住ですが、振り返ってみると、避難された人たちの気持ちは痛いほどよくわかります。
原発事故の一番ひどい時には、もちろん考えました。
もしもあの時、ガソリンがふんだんに手に入ったとしたら……逃げたかもしれません。それくらい、誰もが未経験のひどい状態でした。

ただ、私も家内も娘も仕事をしていますから、それを全部捨てて逃げるというのは、そう簡単なことではありません。
事故が少し落ち着いてから、逃げなかったことは本当に正しかったのかどうか、ずっと不安な日々が続いていました。

放射脳たちの扇動のダメージは、本当にひどかった。損害賠償を請求したいくらいです。

そして、自分でも本を買ったり、ネットで調べたりして、少しずつ知識がついてきて……ネコさんのサイトと、MIXIのベレッタさんのページに出会えたのが幸せでしたが、そして、本当に心の安心を得られるようになったのは、わりと最近の話です。

そして、それを裏付けるニュースも増えてきましたしね。
福島市に関しては、少し古い記事ですけど
http://www.minpo.jp/pub/topics/jishin2011/2012/04/post_3772.html

だから、もしあの時、それまでの人生のすべてを放り出して避難していたら……そう考えると、怖くなります。
一歩進めると、そういう選択をされた方たちは、今、どんな心境なのかなあと……。

私が言いたいのは、最初に戻りますが、自分たちだって真剣に避難を考えてくらいなのですから、福島市民のほとんどは自主避難された方たちに悪い感情なんか持っていないということです。
実際、周囲を見ても、そういう人たちのことを悪く言う人間に会ったことがありません。みんな、本当に優しいなと思います。

避難先で楽しく暮らせるのなら、それも大いに結構だし、戻ってきたいとお考えなら、どうぞ帰ってきてください。福島もすっかり落ち着きましたよ。私も、そう声をかけたいです。

それにしても、例のチラシ、私の周囲では完璧に無視されています。
前にカミングアウトした通り、メチャクチャに人が集まる場所で働いているんですがねえ。
内容も結構強烈だし、多少は動揺する人間も……と思うと、これが皆無なんです。去年の今頃、週刊現代の記事をコピーして廻し読みしていた危険厨(本人が聞いたら、怒るでしょうが)の同僚もまったく話題にもしません。

福島市民も強くなりました。
そして、とても冷静になりました。

自称飯沼さん、もう来てないだろうけど……あなたねえ、あれ、絶対金と資源の無駄だよ。とにかく、内容のレベルが低すぎ。
せめて、嘘でも、『新事実発見』とか書かないと、ここまで冷静になった福島県民がだまされるわけないじゃない。
そんなことも、わからなかったんですか?


長々と失礼いたしましたm(_ _)m

ご意見、お聞かせください

訴訟のことで費用のことなどいろいろと心配してくださっているようですが、相談するのは知り合いの弁護士ですから大丈夫です。
お互い忙しいので、まだ会ってもいませんが。

このブログへのアクセスが最高を記録したとかで、おめでとうございます。
その割には拍手が最高に至らないのは、読者の気持ちを反映しているのでしょうか?

それはそうと、昨日の大飯原発再稼働への抗議行動、大勢の市民が集まっていましたね。

原発の安全性・危険性も、放射能の安全性・危険性も、「結局は原発利権集団に都合のいいように誘導されているのではないか」ということです。
多くの人々が原発のことで騙されてきたのは事実です。
「日本の原発は安全で、大事故はあり得ない。もしも事故が起きても日本の原発は何重にも防護されているから、大量の放射能が環境中に放出されることはない」と、政府も電力会社も「科学者や専門家」も言い続けてきたのですから。

そして多くの人たちはそれを信じ込まされてきたのです。
だから、放射能のことではもう騙されてほしくないのです。

福島県のかなりの地域が放射線管理区域以上かそれに近い汚染にさらされ、そこで多くの人々が生活を余儀なくされているのも事実です。
健康被害のリスクがあると考えるのが当たり前でしょう。

だから、「移住・避難を希望する人たちには、仕事や生活保障付きの移住・避難の権利を。移住を希望しない人たちには、健康被害を最小限に抑えるための十分な手立てと補償をするべきだ」と言っているのです。

これは福島の多くの皆さんの希望でもあると思います。

そういう声の高まりを防ぐために、安全キャンペーンが張られ、さまざまな情報操作が巧妙に行われているる可能性は十分にあると思います。

猫の着ぐるみで姿を変えた東電関係者か、東電の飼い猫なども出没するのかもしれませんね。

ここの皆さんに一つお聞きしたいことがあるのですが、よろしいですか?
もしも、万一、ここののブログ主さんが東電か行政の関係者さんだったとしても、全く問題はないとお考えですか?

私は大問題だと思うのですが、以前に「何の問題もない」という人がおられたので、他の皆さんも「何の問題もない」と考えておられるのか、お聞きしたいのです。

No title

偶然、見ちゃったけど、常連さんをさしおいて、私なんかがコメントしていいのかなあ?

>飯沼です、さん

>ここの皆さんに一つお聞きしたいことがあるのですが、よろしいですか?
>もしも、万一、ここののブログ主さんが東電か行政の関係者さんだったとしても、全く問題はないとお考えですか?

あの、本気でコーヒーをふいてしまいました(^_^;)
キーボードが濡れちまったじゃないか。責任取ってください!!

あなた、真剣にそんなことをきいてるんですか?
ネタじゃないんですね。

訴訟は困るので、できるだけ丁寧に申し上げます。

貴方、チラシがあまりにも不評なせいでしょうが、かなり精神に変調を来していらっしゃるように拝察申し上げます。
弁護士さんに相談されるより、医師の知り合いがいらっしゃれば、ぜひそちらにご相談されることをお薦めいたしますm(_ _)m

とても正気のお問い合わせとは考えられません。

それとも、わざと笑いものになりたいんですか?

No title

>それはそうと、昨日の大飯原発再稼働への抗議行動、
>大勢の市民が集まっていましたね。
参加人数が警察発表とだいぶ食い違っているみたいですけどね。

>原発の安全性・危険性も、放射能の安全性・危険性も、
>「結局は原発利権集団に都合のいいように誘導されているのでは
>ないか」ということです。

あなたや、武田邦彦や野呂美加もずいぶん都合のいいように利用しているように見えます。

>健康被害のリスクがあると考えるのが当たり前でしょう。

データをきちんと評価してください。
「専門家じゃないから」というなら訳も分からず、
不安をあおるようなことはやめてください。

>これは福島の多くの皆さんの希望でもあると思います。

勝手に決めつけないでください。



>もしも、万一、ここのブログ主さんが東電か行政の関係者さん
>だったとしても、全く問題はないとお考えですか?

科学的に問題なければ、いいんじゃないですか。


東電の関係者だからダメとか言い出すなら、
胡散臭い市民団体の関係者で周回遅れの内容を書きなぐったような
ごみを福島にまき散らすようなことをしている人のほうが
よほど信用できません。

あなたからはストーカーに通じるような
視野狭窄的な一方的思い込みや被害念慮が感じられますね。

あるいは世の中に対する「基本的信頼感」が育っていないというか・・

いずれにせよ、科学的な話からは逃げまくり、
法的手段をちらつかせながら脅しをかけるような人の
主張は信用できません。

だから?

>飯沼さん
弁護士さんには悪いけど、弁護士ってあんま信用しない方がいいですよ(実感として…笑)。
私はスマホ使っているんで、拍手、って項目出てこないんですよ。だから普段忘れちゃいます。でもいいご指摘ありがとうございました。そこにこだわるならやっておきます。

今から拍手どんだけ増えるかな~。

先ず言いたいのは、「ね、ねこさんってきちんと根拠示せば訂正も追記もちゃんと対応してくれる」ってことがわかったでしょ、ってこと。私が言おうが飯沼さんが言おうがかわりないんですよ。
そこできる人(あ、猫か…笑)ってエライですよね。詭弁を弄して言い訳する人が如何に多いことか。
飯沼さんはそうじゃないですよね。

あと、「日本人の多くは安全神話に騙されてた」論ですが、原発立地自治体は電力会社の「トラブル隠し」には常に悩まされてきましたから、脳天気に「騙されてた」とかあまり言わない方いいですよ。「自分は騙されていた、だから皆も騙されていたんだろう」って「俺はバカだから、皆もバカなんだろう」っていっているようなもんですから(←悪意ある読み替えですね。へへ)。

>もしも、万一、ここののブログ主さんが東電か行政の関係者さん だったとしても、全く問題はないとお考えですか?

はい、全く問題はないです。
東電関係者だろうが反原発だろうが、いっていることが論理的整合性があって、科学的で、合理的で、ちゃんと人の意見が聞ける方に「立場」や「肩書き」は関係ありません。
ついでに言うなら「匿名」も「実名」も関係ありません。

そもそも「東電関係者」ってどのレベルを指しているのか、よくわからないんですが。社員?幹部?子会社?出入り業者含む?
私はむかーし関東にすんでたことありますから、一消費者としてかつての「東電関係者」でもありますし、今は東(北)電(力)の消費者として関係者でもありますが。

それってマズイんですかね?

ケイタイからです。

>>飯沼ですさんへ

反原発、脱原発の活動団体さんなのなら、率直にそう書けば良いのです。「福島県の皆さん脱原発にご協力を!」と。
その方がわかりやすいです。
「福島が好き」は何が言いたいのか、サッパリわかりませんでした。

>IKA蔵さん

>弁護士ってあんま信用しない方がいいですよ(実感として…笑)。

医者も弁護士もピンきりですからね・・・(ちょっと遠い目)

個人的に納得がいかないのは
弁護士が何かちょっとした書類作ったりすると
10~20万くらい簡単とられるのに、

精神鑑定書になると
最近下手をすると5万くらいに値切られることでしょうか。

(全然関係ない話で失礼)

No title

飯沼様
私の書いたとても長いレスを読んでいただきありがとうございます。自分で書いておいてこういうのもなんですが、もう少し簡潔に書けば良かったと反省しております。

ご質問の件ですが、私は書いた張本人なのでその辺りは問題ないと考えています。繰り返しになりますが、今回の発端は記事の内容についてです。誰が書いたのか?は、まさに二の次。なのでブログ主様が東電関係者であろうと政府の人間であろうとあまり関係はありませんし、変な先入観は邪魔になります。それに、この事は検証中にわかるかもしれませんし、検証後に調べる事もできます。

ところで、今回の飯沼様のレスは福島が好きにある大江山の黒ネコ様のコメントにだいぶ似ていますね→http://blog.goo.ne.jp/fukushimagasuki/e/5d61506bfc31309af642719d981f13f9
大江山の黒ネコ様が飯沼様なら特に問題はありませんが、もし引用されてるなら、一言そのように書いた方が良いと思います。それと、これはツイッター上でも見かけるのですが、自分で質問はするが問いには答えないという姿勢はあまり良くないと思います。
どちらもネチケットの範疇に入ると思いますので、気を付けた方がよろしいかと。私も気を付けようと思います。

福島の医師さん

ああ、すいません。なんか弁護士とか一括りで「信用しない方がいい」なんて言い方、よくありませんでしたね。

言い直します。
「信用できるまともな弁護士なら、実名さらしのための訴訟、なんて取り合わないだろうし、それをまともに受けちゃう弁護士は信用できない」ってことで。

お医者さんの場合は…基本的に信用していますよ。
熊本やポンチは稀な例外じゃないですかね。
お医者さんに比べると、弁護士ってどうなんですかね?
(なんかアレな人が多い気がする…あ、またdisっちゃった)

神奈川県民より

>飯沼さん

>それはそうと、昨日の大飯原発再稼働への抗議行動、大勢の市民が集まっていましたね。
このブログに集まる人に、原発推進、反原発の話は関係ないと思いますよ。あなた、よっぽど反原発運動したいんですね。

>もしも、万一、ここののブログ主さんが東電か行政の関係者さんだったとしても、全く問題はないとお考えですか?

全く問題ないです。

武田邦彦や野呂美加や、外野でワーワー騒ぐあなた方の方が問題と私は思っています。

>健康被害のリスクがあると考えるのが当たり前でしょう。
あなたと私が認識しているリスクの桁が10桁ほど違うんでしょうね。
「福島が好き」ブログコメントには、
>私たちは、放射能についての専門的な議論をするつもりはありません。(中略)専門家でもない素人が 聞きかじりや受け売りの知識で議論しても何の意味もないと思うからです。

と書いてあったんですが、飯沼さんと別の方の意見ですかね。「私たち」と言っているんで意思統一できてると思うのですが。
みなさん、放射能、放射性物質、放射線防護に関してはかなり勉強されているんで、「専門家でもない素人」のあなた方よりは知識があると思いますよ。
あと、もうひとつ
「何も意味もない」なら、黙ってたほうがよいんじゃないですかね。

まだそんなこと・・・?

ネコさんが東電関係者であろうがなかろうが
別に困りません。全然ですが・・・。

なんで(きょとん)?

この一年、相手の肩書きとか立場とがぶん投げて
「この人の言ってる内容はどういうこと?」
と耳から湯気が出そうなほど考え続けた私達です。


玉羊羹さん
こんにちは♪
>おかげで信夫山の住民になれたみたいでうれしいです
私もうれしいです。


jun9satoさんもおひさしぶりです~。


福島の医師@当直明けさん、お疲れ様です。
>ALARAの原則

健康のためなら命はいらぬ!
ってなっちゃうと困りますよね。
貯金箱マニアが貯金箱買い過ぎて中身がなくなっちゃうとか。

>信夫山ネコは、以前に「避難するも留まるも自由、放っといてくれ」と書きましたので。

ひとは自分のシアワセだけを第一に考えたらいいでしょう。

福島のようなことを繰り返してはならないと
言ってくださっているいろいろな団体が
寄付を一切求めずに活動していたら
ちょっと考えるかな~?でもほんのちょっとです。

お金の流れって言い訳きかないです。

>このブログへのアクセスが最高を記録したとかで、おめでとうございます。その割には拍手が最高に至らないのは、読者の気持ちを反映しているのでしょうか?

このような意地が悪いだけで、あんまり意味のないことを言ってないで。
ネットの中の拍手とか、アンケート結果って現実社会のそれからは
何割かずれるようですし。

>健康被害のリスクがあると考えるのが当たり前でしょう。

ここについてもう少し詳しく教えてください。
私は行政関係者でも東電関係者でもない
福島が好きなフツーのおばちゃんです。

原発反対だしマクロビやヨガやホメオパシーも嫌いじゃない。
幽霊もいるかもしれないと思っています。
行政や組織のずるさについても、少しだけ知っています。

どっちかというと「福島が好き」とか「ネットワーク」側の
立ち位置かもしれません。

飯沼さんとやら?
拍手のがのびないとか、ちっちぇ~(笑)
あなたがたは、数集めてなんぼですからね。著名とかさ。アホらし。

ネコさんが東電関係者だろうが関係ないんだけど。
わけわかんね。

ごめん・我慢できない!

世間話もさせてください。

シュロー男さんのキーボードが心配です。
私もオレンジジュース持ってきました。

窮ジェリー、トムを殴る。さん
劇画タッチのトムとジェリーが浮かんできました。
北斗の拳みたいな。
お前の血は何色だ!

安積の白猫@今日は千葉さん
こんにちは~!暑いですね~!お出かけですか~?いいですね~!

IKAさん
コメントの内容でIKAさんとIKA蔵さんと使い分けしてる!
確かにエビゾウに似てますからね(ぱっと見)。
私は真木よう子と仲間由紀恵を足して2で割って
成分が検出できないほど希釈した感じです。そうですよね?

福島の医師@ネタにマジレスカコワルイ?さん
カコワルクナイナイ。

反阿修羅の@iyao1さん
最初はびっくりしたの。こちらにおみえになった時に。
うわ~どうしよう・・・と。
お話ししてみてよかったです。
家庭を大事にする人は素敵です。

飯沼です さん

あやや~、また盛り上がっちゃった。

まあ、疑問点(憶測、仮定かな)には「一応答え」ておきますが、残念ながら東電との関係は、料金支払い者経験だけですね~。あ、別に「確証がない!」なんてことで、信じなくてもいいですよ。ただ東電は、いま「ネコの手が欲しい」ほど忙しいでしょうから、これから雇ってくれるんなら、考えないでもないです。炉心での作業とかは、ちょっと考えちゃいますが(作業現場でがんばっている方々、本当に申し訳ないです。この場ですみませんが、いつもありがとうございます。)。

あと弁護士に相談とか法的手段とかの類、いちいちここで断らなくてもいいですよ。そちらの都合で進める話ですから。

「一応答えた」ので、最後に「一応質問」しておきますね。結局ここで書いている「飯沼です」さんって、あの著名な霊能者の飯沼正晴さんだったのですか?話のスケールからすると、違うような気もしますがね。

答えはないでしょうね。まあ、もう忙しいので、私は先に進みます。

やれやれですなあ

自分が最初の書き込みで「飯沼です」さんが成りすましであろうと断定的に書いたのは、あまりに稚拙な恫喝まがいの書き込みが、ご本人による物であったら「反原発団体」にとって残念であろう、と言う配慮もあったのですが、汲み取って頂けなかったようで。
まあいいですけど。

質問に答えましょうか。
ネコさんが東電関係者だったら?
そりゃ少しは残念な気持ちはありますかね。
善意のボランティアでされてると思った事が、お給料貰ってのお仕事であったのだとしたら。

ただ、内容については、自分で信じられると判断した事ですし、感情的にも納得できる物なので「騙された!」と価値観が反転する事はありえませんね。
逆に、飯沼さんの書き込みには全く共感出来ないんですよ。
「もう騙されてほしくない」とか、安全デマに騙されてるって決めつけとか、福島在住の人間の判断力を見下した上から目線とか。
反対意見を「特定の」と断定して、何かの動員でもかかっているかと印象付けるような書き込みとか。
憶測での「東電関係者」呼ばわりを他人に評価を強要したりも、思い込みの激しい人なんだろう、とも思いますが計算の上で印象操作のためにやってる様に見えますね。

皆さんに拍手!

「飯沼です」さんの挑発に対する、皆さんのお答えの明快さに、拍手!!

>「飯沼です」さん

福島在住の方にも、当然嫌なことを嫌、不快なことを不快だという権利はあるわけですよ。いろんな考え方の人がいたっていいと思いますが、「他人」の人生に口を出して、拒絶されたら逆ギレっていうのは、少し大人気ないのでは?

福島の方々だけが情報統制下におかれて、何も知らされずにいたなんてことは、このご時世、普通に考えてありえませんよね。私は南関東在住の「非当事者」ですが、それでも去年の今頃は不安がありました。福島の皆さんがどれだけ不安だったか、ちょっと想像すればわかると思うんです。私が入手できる情報(ついでに、東京目線の「煽動記事」も)は、当然ながら福島の方々にも入手可能でした。

自分自身や、子供や親類の命にかかわるかもしれなかったわけで、それこそ必死で、命がけで勉強された人がたくさんおられるんですよ。政府が信用できないからといって、反政府の人が信用できると考えるのは短絡では? 本当に生きるか死ぬかの状況に置かれたら、単純に誰か一人を信じ切って、その人の言いなりになることも簡単じゃありませんよね。自分の頭で考えてからでないと、自信を持って判断を下せないという方も多いと思います。

自主避難に踏み切った人の中には、家も仕事も何もかも捨てて逃げた方もいらっしゃるでしょうが、全員にそれを強要することがどういうことか、おわかりになってらっしゃいますか? 私たちは、たとえば職場の人事異動とか、長期出張とか、そんなことでも一喜一憂して生きていますよね。「大丈夫かもしれない」可能性に賭けた人たちが大勢いるのは当然でしょう。

命がけで勉強して、専門的な文章を含むいろいろな情報を精査して、ほんの小さな情報に一喜一憂して、最近になってWBCによる内部被曝状況の推移など、「安全情報」の類が出てきました。まだ不安が一掃されたわけではないにせよ、きちんと気をつけてさえいれば、このまま住んでいてもよさそうだということもわかってきました。

もちろん、東大の偉い先生が言っているから「安心」とかいうことではなくて、皆さんそれぞれが最低限データを参照しながら、ご自分の頭をフル稼働させて「これは信用できる」と判断した結果、「住める」という結論に達しつつあるんです。

そのことを、素直に喜んじゃいけないんでしょうか?

原発のことをおっしゃっていましたが、福島に住み続ける方々を「邪魔」扱いするような「反原発」なら、私は「やめてしまえ!」と思います。また、「安全情報」が国や東電に有利な、事故の影響を小さく見せたい人たちの追い風として作用する可能性は確かにあるでしょうよ。でも、連中に有利かどうかと、情報が確かかどうかは別問題のはずでしょう。「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」っていうのは、心情としてわからんではないですが、それで突っ走るのはいかがなもんでしょうね。

逆にいうと、私は今の福島の状況は、かなり軌跡に近いことだったと、一歩間違えば本当に危なかったかもしれないと考えています。だから、「福島は住める」ことと「脱原発」は矛盾しないと思うんですが、いかがですか?

信夫山ネコさんは、「信じたいことだけを信じる」っていう楽な道をとらず、危険寄りの、暴言に近いような情報まで相手にして、それを他の情報と見比べて、精査して、背後関係までご自分なりに分析した上で、粘り強く「いまのところこうではないか」という暫定的な考えを提示されてきました。もしかしたら小さな誤りはあるかもしれませんが、誰でも見られる情報から考えた結論としては、相応の説得力があります。

かなりの覚悟があってやられていることですし、ご自分たちの「生きる権利」を求めるっていう意識に駆られてらっしゃると思います。ですから、それこそ「専門家」でもない限り、生半可な情報で論破できるなどと思わない方がよろしいと思います。そしてこれはネコさんだけが例外でなく、少なくない福島県民が、この1年で状況に迫られて身に着けた態度ではないかと考えています。

私のような「非当事者」でも、ずっと拝見している読者には、ネコさんの熱意と危機感(「危機」をもたらす因子は放射能だけではありません)がよくわかります。仮にネコさんが東電関係者であろうと、国から金をもらったことがあろうと、そんなことは些末すぎる問題に感じてしまいます。少なくとも、強い問題意識がなければできない作業を続けてらっしゃいますから。

「飯沼です」さんも熱意をお持ちだとは思いますが、判断を誤ればもしかしたら大変なことになったかも知れない状況下で、情報を精査しながら暮らし、ようやく心の安寧が得られるかもという時に心ない言葉をあびせられる方々、ささやかな幸せを取り戻したいという方々の切実さを、どうかお考えいただきたいと思います。

繰り返しになりますが、福島在住の方々を応援することと、脱原発は矛盾しません。福島在住の方々は、今は目の前にある問題に取り組む必要があり、運動に加わることは多くないかもしれませんが、それを責めるのは筋違いもいいところでしょう。



……すみません、思わず勝手に「代弁」してしまいました。私も本当のところ、福島の皆さんの気持ちが分かっているなどとは口が裂けても言えません。単に外野の人間が、脳内に福島県民を想定しつつ、常々思っていた違和感を述べたまでです。失礼しました。

つち音絶やさずに

皆さんはじめまして。首都圏在住の福島県出身者です。
今までずっとROM専でしたが飯沼氏の発言に見過ごせない点があるので書き込みします。蒸し返しのようで申し訳ありません。

>万が一にでも東電などとのつながりが浮き上がれば、これは大問題になるでしょう。
>猫の着ぐるみで姿を変えた東電関係者か、東電の飼い猫なども出没するのかもしれませんね。
>ここのブログ主さんが東電か行政の関係者さんだったとしても、全く問題はないとお考えですか?

まず前提として「東電社員」ではなく「東電関係者」としているので東電に接点がある人、具体的には東電から経済的利益を少しでも受けている人全てを「東電関係者」とします。「行政関係者」も同様です。

東電関係者といっても役員から電力検針員のパートのおぱちゃん、さらには福島第一原発の事故収束作業に当たっている下請け、日雇い労働者の人までいます。さらに広げれば原発作業者向け宿泊所、浜通りのお店、スーパー、仕出しの弁当屋さん、飲み屋さんに至るまで東電からの恩恵にあずかっていた事実があります。(ここで言いたいのは東電の是非ではなく、あくまでもその事実の指摘です。「お前は東電を擁護しているのか」という言いがかりは意図的なものとして受けません。)

特に原発の事故収束作業に当たっている作業員の多くは地元浜通りの人たちです。つまり「放射能の被害者である東電関係者が多数存在する」という事実があります。どのような立場にあっても、まずこの事実を受け入れないと議論が正しい方向、つまり福島県民、特に「被災者の立場に立つ」ことなど絶対にできません。この事情を理解せず「東電関係者」などと十把一絡げにする発言は怒りを過ぎて呆れます。しかしこれは重要な点です。ここに彼らの本心が出てしまいました。(自分らの目的が達成できれば福島県民などどうでもいい。反原発のために放射能の危険を煽りまくる。避難を騒ぎ立てる。そのために福島県はいいネタだ)

「東電関係者である放射能の被害者」と書きましたが、どんな人にもこの多面性が必ずあります。職業上はこの組織に属している。普段は一般市民である。休日は趣味のサークルに属しているという様な。
レッテル貼りを日常としていると、この視点に気づくことはまずないのでしょう。それが、「独善的」「独りよがり」→「自分らの目的が達成できれば福島県民などどうでもいい。」となるのでしょう。

行政関係者についても同様です。南相馬市の桜井市長などがよい例です。震災で被害を受け、さらに原発事故でご自宅が避難区域内になっている。「震災の被害者であり放射能の被害者である行政関係者」です。また南相馬市立総合病院なども行政関係者ではないですか。住民の命を守るためにこの厳しい状況で必死にがんばっていらっしゃる先生方や看護師の方、それを支える病院スタッフの方々も全て行政関係者ではないですか。全村避難となった飯舘村など大変なご苦労をしておられる行政のスタッフもおられるのです。

そして忘れてならないのは山下俊一先生の存在です。医大の先生なので山下先生も行政関係者です。原発事故の先が見えない中いち早く自らの意志で福島県におこしになり、その後も言われなき誹謗、中傷の嵐の中にあって尚福島県に身をささげてくださる山下先生の姿には「サムライ」の気概が感じられ、感服、感動します。

飯沼さんたちが福島県の現状を理解していないことが明白になりました。何より「十把一絡げ」がお得意のようですから。福島県内の現状を把握していない以上その呼びかけが県民の視点に立てるはずがなく、今後その呼びかが福島県民に受け入れられる余地はないでしょう。

いろいろな情報の中から最後に判断するのは県民の皆さん一人ひとりなのです。その意思は最大限に尊重しなければならない。しかし、そのための情報が少ない。あっても一方的な立場に偏り過ぎている。だから、このネコさんブログは、県民の皆さん一人ひとりの判断のために情報を精査しているのです。コメント欄でみんなで情報を持ち寄り知恵を出し合っているのです。以上が理解できない福島が好き編集部は今後二度と福島県にかかわるな。

飯沼さんには今後東電、行政関係者にはいかなる理由があろうとも「あんたらは東電関係者だから」「あんたらは行政関係者だから」との態度を貫いていただきましょう。一度発言したことをごまかさないようにみんなで監視しましょう。後から「東電関係者とは社員のみで、下請けやパートは含まない」「地元の被害者は関係者ではない」「行政関係者とは国と県だけだ」「東電関係者、行政関係者とはここのブログ主についてのみをいっているのだ」「お前こそ自分の意見を曲解している」等のごまかしは許さない。東電や行政関係者が避難したいといってもその態度を貫いてください。

私が言いたいのは「福島県内の現状を把握していない以上その呼びかけが県民の視点に立てるはずがなく、今後その呼びかけが福島県民に受け入れられる余地はない。今後二度と福島県とかかわるな。」「反原発のダシに福島県を使うな」。

この投稿を書いていて思わず信夫山が目に浮かびました。福島は本当に素晴らしいところです。
「あしたの夢が はてなく伸びる 明るいふるさと 福島をつくろう~♪」
「嵐をこえて 雪崩に耐えて 豊かなふるさと 福島をつくろう~♪」
「こころあわせ つち音絶やさずに ああ 福島県~♪」
長文失礼いたしました。

No title

この飯沼とかいうおばちゃん、せっかく考え付いた金儲けの手段を失いたくないから、随分必死だね。

No title

IKAさん

弁護士も専門性があります。 刑事、民事。民事でも範囲は広いです。医療ともなれば、少数ですし。 弁護士は、依頼者の為のみに働くです。医者と一緒で依頼者との信頼関係で成り立つ事も。 民事なら、原告人の弁護人になったり、被告人の弁護人になったりしますから。 雇われガーディアンというところでしょう。 弁護人の目指すのは、依頼者のために、裁判官を説得できるかです。 橋下弁護士の様な、刑事司法手続きに対して、弁護士の本分をデタラメな事を、公言するは論外ですが。 弁護士の本分は刑事弁護にあると言ってもいいでしょうが。

腕の立つ弁護士は、訴訟自体が成り立つかどうか、裁判官の考えれ思考し、相談者に、説明するでしょう。これでやっても、無理よとか。 可能性はないとは言えないが・・・それでもヤル?。とか。 相手側と示談の相談して、だめなら、諦めるように。とか。 着手金だけぶんどられる、まぁ。 自業自得かな。

 寺島先生の医療過誤訴訟が参考になるでしょう。

http://www.ne.jp/asahi/sawasawa/hakunamatata/

ここの そして全国の皆さん

「あの」中には「飯沼」氏が二人います。恐らくここのコメント欄に現れる「飯沼です」氏は「飯沼正晴」氏ではないでしょう。

くれぐれも「飯沼です」氏を「飯沼正晴」氏と決めつけて罵倒し、名誉棄損等で絡まれないように。

あ~らら、また戻っちゃたにゃ。臨時臨時。

No title

福島1の1から3号機の事故処理を東電、国、原発に関わる研究者、工学者、技師、熟練技術者以外に、なんとかできるのですか?。 この状態を捨て置いて、みんなで、逃げろとういうのですか。 彼なり成り代わり、収束させられるのですか?。 それができるなら、ご意見も有意義ですが。

 まさか、東電社員、国、研究者等は、事故を起こした主犯だから、命にかえても、収束せよですか。 それって、特攻を生んだ思想そのもののような。 彼らにしねと、命令できる権利は誰にもないです。 特攻を強制し美談にする、危険な考えだとおもいますが。

 国家、行政が信用できないと言われるわりに、司法、捜査機関は信用なさるのでしょうか。

法テラスも国から助成金でていますし、国選弁護人も国からお金もらっていますし。 困った困った、これらのお金廃止ですから。  刑事被疑者、被告人は、金がないと、ダメなのか。 奇特な弁護士が、手弁当で当たるしかないのか。困った困った。

飯沼氏のくだらん質問に、コピペで回答

 ネコさんが東電関係者だという証拠があるの?

 全然違うみたいだけど?例えば、私が中電関係者ではないみたいに。

 下らん質問なので、前に打った投稿で回答します。

(引用開始)

当事者って、なかなか反論しにくいものなのですよ。

 食品による放射能の害はないとわかっている厚生労働省の関係者が、

 「セシウムなんて、何の害もない。ちゃんと適切な基準を設けて、消費者の口に届かんように努力しておる!放射脳はいい加減気づけ!馬鹿!」とかつぶやけませんもんね。

 それを、反放射脳の一般市民が代弁しているだけなのです。

(引用終了)

 代弁している反放射脳の私としては、専門家の方にも、ぜひネットに降臨していただいて、放射脳叩きをしていただいてもよいかなと思います。でも、関係者だとばれたら、放射脳どもは鬼の首をとったように大騒ぎしますけどね。

 twitter では「もぐさん事件」がありましたが、彼女は最初からそういう関係の仕事をしていることをつぶやいていたのに、勝手に放射脳が隠していたといちゃもんをつけただけでしたね。あのときには、牧野教授とかいう放射脳にも絡みましたが、相手にとって不足でした。

 飯沼君なんて、全然相手にとって不足なのですが、またまたお相手して差し上げましょうか?君も暇みたいだから。

>飯沼さん

>ここの皆さんに一つお聞きしたいことがあるのですが、よろしいですか?
>もしも、万一、ここののブログ主さんが東電か行政の関係者さんだったとしても、全く問題はないとお考えですか?

宮城県民の私が思っている事ですが
「ブログ主さんが東電・行政の関係者か」 →全く問題にしておりません。
逆に「行政の関係者」であって欲しい位です。ここの情報を行政の方に読んで頂きたい位ですよ。

飯沼さん(?)は 福島・宮城・岩手 東北での実態をその目でご覧になられていますか?
こちらにおいでになった事はありますか?
去年は様々な危険説に怯えた私ですが
木下黄太さん 野呂美加さんの説明会をきっかけに疑問点を調べていくうち
どのような人達がどんな目的で情報発信をしているのか 見分けられる知識を持ちました。

東電の上層部は問題外ですけど 東電の中で働いている人でも もしかしたら
まだ飯沼さんレベルの人もおられるかも知れないし 「東電関係者か」とか
その質問が出てくる事が 「あらら」とがっかりしましたよ…。



憶測なので 誠に失礼な質問になりますが

「兵庫県で開催の共産党の会(先週あたりあったようですが)にて こちらのサイトを紹介し
なぜ人は痛みをかばい合い喜びを分かち合えないのか訴えようと思う」 と
私のネット上の知人が話していましたが まさかそれをきっかけに こちらのサイトを
ご覧になられた訳では無いですよね?
飯沼さんと名乗っておられますが 実際 私のネット上の知人のなりすましさん
では無いですよね?
違っていると思いますが 弁護士がどうのと話を持って行く様子がその方と似ており
疑ってしまいました。申し訳ございません。 

@iyao1さん

多分、飯沼「君」じゃなく、「主婦」的な。

No title

パソコンは大丈夫でした。ご心配いただき、ありがとうございます>なおみさま


皆さん、本当に真摯に対応なさるんですねえ。
感服しました。
飯沼です、さんの質問に、最初にあんなレスをつけてしまって、反省しています。

ただ、コーヒーふいたのは本当なんですよ。

ツイッターなんかで、『はい、工作員認定』なんてのはよく読んでましたけど、あれは全部、相手の主張をブロックする手段だろうと思っていましたから、いきなり本気で質問され、驚いてしまいました。

確かに、ネコさんが東電社員でも、ブログの内容がちゃんとしていれば一向にかまわないですけど……そんな妄想するんだなあ。というより、そんな見方、考え方しかできないんでしょうね。

放射脳というのは、ホント、立派な病気ですね。

No title

東電関係者かどうかって……

福島にとっての原発は、実は雇用問題なんです。ですから、東電関係者をつるし上げたらお向かいの息子さんがさんが肩身の狭い思いをするかもしれない、あなた方が胸ぐらつかんで言い寄る行政の方はお隣のご主人かもしれない、ここで暮らすということはそういうことです。何の特徴もない地味な県かもしれませんが、みんなまじめに生きてきました。だからこそ苦しんでいるんです。あなた方は簡単に「敵」に仕立てていますけれども、目くらましの術か何かでしょうか。「対立」だとか「分断」だとか、無用な演出はご遠慮くださいませね。(また出てきちゃってごめんなさい。終わります。)

拍手率とブログ主さんへの疑問的印象

まず、「アクセス数が過去最高だったのに、拍手数は過去最高にはなりませんね」などと、挑発的なコメントをしたことをお詫びいたします。

実はこれは意図的な「挑発」でした。
もちろん理由があってのことです。
あのように挑発すれば、「福島が好き」や私への反感が強い人のほとんどは、その時点で拍手していない方々もこぞって拍手クリックするだろうと考えました。

言ってみれば、ある種のアンケートのようなものです。
今回の記事の、ブログ主さんに対するはっきりとした支持の割合、「福島が好き」や私に対するはっきりとした不支持の割合を大雑把に把握してみようと思いました。
事前にネタバラシすれば、票集めをされてしまう可能性もあったので、あのような形で拍手を促しました。
今日になって拍手数がいくらか増えていますから、挑発の効果はあったと思います。

ブログ主さんによれば、26日は一日だけで5707件のアクセスがあったそうです。
アクセス者数は分りませんが、平均一人5回アクセスしたとして、1140人になります。
一人平均3回のアクセスで1900人です。
(ちなみに「福島が好き」編集部のブログはアクセス数の半分ぐらいがアクセス者数ですから、一人平均一日2回のアクセスです。)

あるいはこのブログは一人あたりのアクセス回数がもっと多いのかもしれませんが、そうであれば平日に一人平均5回以上もアクセスする環境にある人たちは、一般的な市民とは少し生活スタイルが違っているように思います。
勤めていたり、子育てをしていると、平均してそんな回数はなかなかアクセスできないのじゃないかと思います。

全員が毎日アクセスしているわけではないでしょうから、26日以外の5日間のアクセス者数を500と見積もります。(もちろん重複分を差し引いて、です)

26日は、一人平均5回アクセスしたとして、この記事がアップされてからのアクセス者の実数は約1600人となります。
26日は、一人平均3回のアクセスだとすれば、その他の日の500人を足して2400人となります。
推測ですから幅をみて、1500人~2500人というところでしょうか?

今現在の拍手数が167です。
200ぐらいには増える可能性はありますが、ネタバラシの後の拍手は計算には入れられません。
200に増えたとして、25日以降のアクセス者数が1500人であれば拍手率は15%程度、2500人で8%の拍手率になります。

今回の件に関しての、このブログの読者の拍手率がせいぜい8%~15%というのは、非常に低いと言えます。
何と言っても、信夫山のネコさんのホームグラウンドですからね。

「福島が好き」編集部に届けられる電話・メール・手紙などにおける、非難・抗議の比率も10%以下ですから、拍手率と符合しているように思います。

そこが知りたかったのです。
ありがとうございました。

話は変わりますが、ブログ主さんが、「もしも万一、東電関係者だったとしても問題はないと思いますか?」という質問への回答は非常に少なくて、残念でした。
「東電関係者」に限定ではなく、「原子力産業(推進派の雑誌なども含む)や行政の関係者」も含んだ方がよいでしょう。

私はつい最近になってこのブログをごく少し読ませていただいたのですが、ブログ主さんの年齢はおそらく40歳代以上のように感じます。
男性の文章だと思うのですが、平日の昼間や深夜にもアップしておられます。
素人のブログにすれば、生活感やプライベート感が感じられず、まるで仕事としてブログを書いておられるように感じました。
ブログに添えるための情報収集だけでも、半端じゃない時間と労力を要するでしょう。

昨年6月6日から始まったブログですが、最初からブログの目的意識が鮮明で、反「反・脱原発集団」のラインで一貫しています。
3・11以前からそういう信念を持ち、かなり勉強してこられた人なのでしょうか?

昨年6月初旬の時点で、「安全派」としての立場での膨大な情報や知識が非常をお持ちのようです。
3・11以降に知識を得たというのではなく、「それ以前から知っていた」としか思えない記述や雰囲気があります。
とてもじゃないがアマチュアのネコさんだとは思えません。
プロかセミプロのライターのような、手慣れた文章です。

しかも、ブログ主さんは非常に批判精神旺盛な人であるのに、東電や行政や政府に対してはほとんど全く批判の目を向けていないのです。
原発の爆発から3ヵ月足らずしか経っていない昨年6月の時点でも、初めからそうなのです。
そこも決定的に不思議です。
ブログ主さんは、一般の福島市民なのでしょうか?

他にも不自然なところは多々あるのですが、まだほんの少しを読ませていただいただけなので、これ以上は控えます。
思い違いもあるかもしれませんが、今の時点での私の印象です。
今はここまでにします。


拍手がそんなに大事?

俺はよくここに来るけど拍手は押さないよ。
今回、飯沼ですさんの挑発に乗せられて初めて押した。
ネコさんの支持者で拍手押さない人なんかたくさんいると思うよ。

No title

ちょっと待って欲しい。この自称飯沼氏、実は反原発派のイメージを瓦解させるために東電関係者がネット上で工作している可能性はないだろうか?いや、ネット上の膨大な情報量が生み出した未知なる擬似人格である可能性は?

あらら、何の話だっけ?

第1回 06-25(20:37)
①具体的な指摘なしの訂正要求。(→最初から論理的に破綻
所用があるので、詳しいコメントは後日になります。(→???)

第2回 06-25(21:29)
①についての言い訳。(→皆さんから指摘されお終い)
時間がとれないと言う自己弁護。(→だから?)

第3回 06-25(22:16)
知り合いの弁護士に相談、法的手段もという脅し。(→だから?→さらに、皆さんから否定されお終い)

第4回 06-26(08:29)
本人確認をしたいなら指定時間に電話しろ、と要請。(→ネコさん、皆さんから否定されお終い)
チラシの説明。(→皆さんから否定されお終い)
告訴でブログ主さん(ネコさん)の実名や住所や職業などは明らかになるでしょうと匿名への異常な拘り。(→皆さんから否定されお終い)
①についての言い訳。(→皆さんから否定されお終い)
パンフの発行人(編集人)が「名乗っていない」という件についての説明。(→だから?)

第5回 06-28(22:51)
記事が改変(書き加え)されていると指摘。(→皆さんから否定されお終い)
もしも将来健康被害が発生した時に、どのような責任をとるのでしょうか?と結果責任論を持ち出す。(→皆さんから否定されお終い)
実名を明らかにしろ、と拘る。(→皆さんから否定されお終い)
訴訟に関しては弁護士の意見を聞いてから決めます。(→どうでも良いです)
ネコさんの質問や電話の件でのコメントに噛みつく。(→やれやれ疲れます)

第6回 06-30(11:36)
忙しいので弁護士にはまだ会っていない。(→どうでも良いです)
以下、逸らし、すり替えが始まりました
ブログへのアクセスが最高を記録したのに拍手が最高に至らない、と指摘。(→だから?→さらに、皆さんから指摘されお終い)
大飯原発再稼働への抗議デモ、その背景説明。(→何の関係が?→さらに、皆さんから指摘されお終い)
『ここの皆さんに一つお聞きしたい。もしも、ブログ主さんが東電か行政の関係者さんだったとしても、全く問題はないとお考えですか?』と陰謀論に誘導?。(→何の関係が?→さらに、皆さんから相手にされずお終い)

第7回 07-01(00:28)
突然、ブログ分析のご高説が始まる。
今はここまでにします。(→????)

以上、野暮ですが、自称“飯沼です”さんに関連する不毛のタイムラインメモでした。
そろそろ、スルーが適切かも。

No title

で、まあマジレスしますと、この飯沼さんなる人物の文章を読んで私が受けた印象は「思い込みが激しい」。
1日5回のアクセスとか、全て仮定の数値で計算した結果を“拍手が少ないから~”と恥ずかしげもなく語っちゃうあたりもうね。00年代以前の、PCの台数が限られていたナローバンド時代じゃないんだから、24時間いつでもアクセスして文章を投稿できる環境は珍しくないでしょうよ。スマートフォンの3G回線でも簡単にアクセスできる世の中なわけで。

だいたいブログを見て拍手なんて、この人の習慣からしたら当たり前なんだろうけど、それを他人も当たり前に行なっているだろう的な発想がおしつけがましいというかなんというか。
そもそも論この人がこのブログに降臨されたのは、管理人さんが「なんらかの損害を与えた」事を報告するためでしょうに。
結局それらの内容には一切答えず、ブログ主に対する拍手がどうの東電関係者かもしれないっていったい何がしたいんだ?

変な最後っ屁でしたね

長い最後っ屁でしたが、結局、「飯沼です」さんの名字の下はどんな名前なのか県外の私は分かりませんでした。

拍手の数とかアクセス数などを批判されていますが、基準値が無いので、科学者としては評価が出来ません。
「私達への批判が10%以下」は自己申告の数値なので評価対象外です。

更新時間やアクセス頻度は各自の職場の服務規程に抵触しなければ良いのではないでしょうか。
大学教員の私の場合は勤務時間内には記事は更新しませんが、このサイトは授業の参考にすることもあるので一日5回見る日もあります。

私も政府批判や東電批判が弱いという理由で御用扱いされることがありますが、十分な情報が無いうちに安易に他人を悪者にして問題解決をした気分になっていては、自分の日々の仕事の質も世の中も良くならないと考えているからです。

私個人は原発事故はエネルギー政策を真面目に考えてこなかった自分にも責任があると思っているし、だからと言って脱原発が最良の選択であるとも思っていません。
自然エネルギーを主張する科学者の多くに、私が出会ってきたエセ科学者の匂いがするからです。

政府や東電関係者の主張にもある程度の嘘は入っているかも知れないし、それが生物学の領域であった場合は科学者としてすぐに訂正を要求すべきですが、私が今まで見てきた政府情報は科学的に大きな矛盾が無いのです(表現が気になる点はありますが)。

逆に反原発団体の流す情報は「福島が好き」も含めてほとんどがデマなので、反原発団体は頭の悪い人々や根性の悪い人々で構成されているのではないか?と疑う気持ちが強くなってきました。

安斎先生など気骨のある反原発の方もいらっしゃるので、反原発が悪いことのように捉えられることは、まっとうな議論を妨げるのではないかと心配です。

私も信夫山ネコさんが東電関係者でも原発関係者でも行政関係者でも構わないし、当初からその可能性は考えてお付き合いしています。何かしら責任のある立場の方、あるいはそのような立場にあった方の雰囲気を感じるからです。
自分が研究室の中で起きる全てのこと(実験の成果も実験の事故も)に対して責任を負い、大学教員の肩書きを背負って授業で「健康被害は考えにくい」と教え、学会で「科学者は中途半端な正義感で行動すべきではない」と発言しているので、責任を背負っている人に親しみを感じるのでしょうね。

逆に「福島が好き」みたいなチラシを出す人々に共通するのは、自分の人生にさえ責任が取れず、何でも「偉い誰かのために自分達は被害を受けている」みたいな陰謀説に走る人々の匂いです。

未だに騙されているB層のあなたに

未だに騙されているB層の放射脳諸君にも、わかりやすい資料発見

やる夫で学ぶ放射線の人体に対する影響:ハムスター速報 http://hamusoku.com/archives/6936663.html @hamusokuさんから

阿修羅原子スレにて、暗黒面に落ちた自主避難者へ訴えました

 管理人のバージが下火になり、最近は阿修羅への投稿が順調です。
投稿削除に異論を唱えていただいた方のおかげかと思います。
こちらに集うどなたかでしょうか?
ありがたいことです。

 放射脳が、「福島の復興なんてどうでもいい」と本性を現していますので、叩いておきました。

 ‪#阿修羅原子スレを撃つべし‬ 「456」
「はぁ??
福島が復興すりゃ日本がどうなっても良いんですか?
福島の復興より日本の原発を全部止める事の方が先でしょ!」
と妄言する馬鹿を撃つ 自主避難者よ暗黒面から抜け出すのだ! http://twiffo.com/17Qr

「悠々塾」の飯沼正晴氏

「飯沼さん」が「悠々塾」を主宰し、堀江克子氏との共著『癒しと愛は時空を超えて』を持つ飯沼正晴氏だと仮定すると、アマゾンの「商品の説明」によれば、

------------
内容(「MARC」データベースより)
「克」は云っていた。むこうに還っても私に連絡すると。7月の蒼い空の朝、末期の癌を患っていた「克」は逝った。そして「克」は約束を果たしたのだ…。『悠々塾』HP掲載の文章ほかを収録。付属のCDは初版配本限定。
著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
堀江/克子
1962年生まれ。福島県出身。福島大学卒業後、小学校教諭を経て、1994年4月飯沼と出会う。同年夏から共に活動し始めてから、秀でた霊能者であることがわかる。『地上人類の歩み』『来たるべき地上界のために』等、多岐膨大な霊界通信を受信した。2005年7月27日、43歳で他界。他界直前まで霊能者、ヒーラーとして自分を役立て続けた
飯沼/正晴
1952年生まれ。神戸市出身。早稲田大学中退後、福祉施設職員を経て有機農業を始める。92年ごろよりヒーリング能力が出始め、出雲、須佐神社に惹かれヒーラーとしての活動を始める。その頃「シルバーバーチの霊訓」を読み、霊的世界の実在を受け入れる。94年6月、「心と体、魂の癒しの場・悠々塾」を開き、堀江と共に活動。堀江他界後は霊界の彼女からのメッセージを受けながら悠々塾の主宰者としてヒーリングの活動を続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
------------

ということなので、既に2005年に亡くなった人から連絡を受けて、一緒に本を書くことのできる特殊な能力を持った人物ですね。
また、「心と身体・魂の癒しの場、学びの場、交流の場、悠々塾」サイトを見ると、「心と身体・魂の健やかさの回復のために」「遠隔ヒーリング・カウンセリング」をされているそうです。
http://www.d5.dion.ne.jp/~susa/index.html

「直接ヒーリング・カウンセリング」は1万5千円、「遠隔ヒーリング・カウンセリング (二週間)」は「初めての方には、霊界の堀江克子からのメッセージをお伝えいたします」というもので、1万円。
「出張ヒーリング (重症の方のみ)」は3万円+諸経費(交通費等)だそうです。
http://www.d5.dion.ne.jp/~susa/reserve/reserve.html

「悩み・トラブルを抱えている人たちに」を見ると、「1.悩み・虎部rの意味(概論)」の冒頭には、

-----------
あなた方が地上に生まれるにあたっては、必ず何らかの目的をもって地上へ赴きます。それは大きくふたつのこと、つまり、ひとつは自分の課題の解消(それ以前の人生で作ってしまったかげりの心や犯した過ち、至らなさに向き合い、それを乗り越えていくこと)であり、もうひとつは人々全体に対する貢献ということです。
かつての人生で作ってしまった心のかげりや犯した過ち、至らなさをカルマと言います。カルマの解消が生きる目的のひとつにあげられるということは、それが容易にはできないことだからです。しかも“カルマ”はたったひとつではありません。人と人との間にも作られています。つまりあなた方の人生には、さまざまな宿題が散りばめられていて、ひとつずつそれらを解いていかねばならないということなのです。
もちろんもうひとつの生きる目的である「人々への貢献」も忘れてはならず、それは与えられている能力、備わった力を発揮して“自分のため”でなく、人に喜びをもたらすため、人の役に立つために“働く”ということなのです。
http://www.d5.dion.ne.jp/~susa/7_nayami/1.html

とあり、「カルマ」が悩みの原因と考えておられる方ですね。
以下、悩みを30種に分けて詳細に分析していますが、「22.容姿に対する劣等感―肥満・禿(はげ)」 は特に充実した内容ですね。
http://www.d5.dion.ne.jp/~susa/7_nayami/22.html

御本人のお写真を見ると、かつては深くお悩みになったのだろうなと想像されます。
なかなか興味深い人物ですね。

飯沼さんです さんへ

飯沼さんですさん、

早く寄付金の収支を詳しく教えてくださいよ。
すぐに分かることでしょう。どんぶり勘定はいけませんからね。

ピンハネしてないことを証明してください。

他人からお金を頂く以上、飯沼さんですさんの方こそ、素性を含めて詳しい情報公開が必要ですよ。

さっきの投稿は、やっぱり消されました(笑)

 やっぱり消されました。

 阿修羅掲示板では、
「buvery」と
我ブログのアドレス
「ttp://sirarezaru.seesaa.net/」 「h」を省略
などは、「投稿拒否ワード」に指定されています。

 その内
「信夫山ネコ」とか、ここのアドレスとかが「投稿拒否ワード」に指定されるような気がします。

 消されたので、すいませんが、ここに復元させていただきます。
 これが放射脳の砦・阿修羅原子スレのやり方です。

(引用開始)
http://www.asyura2.com/12/genpatu25/msg/149.html#c456

456. 2012年7月01日 05:14:48 : xELlxigDt
>>441 様 つくづくカルトなスレですね。
 >>446 のような脱原発過激派が本性を現してきました。
(これが脱原発派の本音です。本音を書いてくれてありがとう。
 「福島が好き」とかいいながら、デマ情報を流した奴らよりは、よっぽど正直だ。
 でも、自分勝手で人でなしの考えだ。
 原発さえ止めれば、日本は救われると単純に考えているカルト教徒だ。)

 「福島を犠牲にしてでも、原発を止めたい!」

 ↑これこそが、彼らの本音です。

 「福島 信夫山ネコの憂うつ」では、この動きを、
   ttp://p.tl/VqWB

 「福島壊滅!逃げてくださいデマ」だとして厳しく糾弾しています。

 このブログでは、「国内外の反原発組織のネットワーク」について、詳しく解明しています。そして、このデモの主催者達もどうせ同類です。

 だから、 >>450 のように、我々の投稿を「工作員」に認定して、スルーするように呼びかけているのです。

 せっかくこれほど「仲間」を増やせたのだから、その動きを邪魔されたくないだけです。

 彼らが流したデマを一つ一つ叩き潰していきましょう。

>>446 のような生来の脱原発過激派を説得することなど不可能である。

 彼らに洗脳されてしまった「普通の人」の目を覚まさせることが大事である。

 例えば、今ここに、福島のことなどどうでもよいと言い放った放射脳が現れたが

 それが君達の「総意」なのか?

 特に、脱原発運動にまい進している自主避難者よ!

 君達も同じ意見なのか?

 さすがにそれほどの馬鹿はおるまい。郷土を愛する心が少しは残っているはずだ。


 君達は、スターウォーズでいうところの「暗黒面」に落ちたのだ。

 バスビー他が流した40万人ががんで死ぬというような馬鹿げた脅しを鵜呑みにして、自分の子供が死ぬと思い込んだのだ。
 愛する妻と子供を守りたい一心でシスの手下になったアナキン→ダースベーダーと全く一緒だ。

 誰も頼る者のない異郷の地で、君達を反原発団体(左翼プロ市民主催が多い。福島からの自主避難を扇動したのは、まさに左翼プロ市民の団体)が暖かく迎えたことは知っている。
 放射能への恐怖という共通の教義を語り合い、「仲間」が増えたと互いに喜びあっていたことだろう。

 ところが、その「仲間」は今、福島を生贄にして、脱原発を成功させようとしている。

 「福島の子供たちが、ばたばた死んでいく」と放射脳ママを脅し、実際に福島の子供達の葬列デモ!まで行った。
  ttp://p.tl/19q6

 それは、彼らの「願望」だったのだ。福島で子供達がバタバタ死んでいけば、脱原発が達成できる。そう願っているだけなのだ。

 そのためには、統計を操作して、被害が起きているなどと装うことさえしている。
  ttp://p.tl/eoRI

 農作物がNDばかりでは困るのだ。福島のコメは毒米ということにしなければ、脱原発には不利なのだ。

 数々のデータが、福島は救われたことを示しているのに、彼らにとって不都合な安全データは一切シャットダウンをしている。そして、未だにチェルノブイリ並みだとか放射能管理区域並みだとか、下らんデマ情報をメビウスループで叫び続けている。その元凶が、この阿修羅原子スレだ。
  (コメント欄にご注目→http://blog.goo.ne.jp/fukushimagasuki/e/d42a04b06ead9903f17ea3d001b993e8#comment-list )

 何という恐ろしい思想であろう。生贄がなければ達成できないものなど何の価値も無い。
 お前達はインカ帝国か?
 大義名分にもならない、恥ずべき行為である。
  「放射脳」を撃つべし と改めて思った。

 私は、この者達の自分勝手で下種(ゲス)な扇動活動を、激しく嫌悪する。

 福島が本当に好きな自主避難者よ、まずは君達が目を覚ませ。正しい心を取り戻し、暗黒面から逃れるべきだ。
 
 「本当の仲間達」は、続々と脱脳して「普通の人」に戻っているぞ。(抜け忍狩りにはあっているみたいだけど・・・)
  ttp://p.tl/5Wt0


[削除理由]:アラシかも

(引用終了)

で?

飯沼ですさんは、結局何が言いたいんでしょうかね・・・。
「間違ってる部分がある」というのであれば、それを具体的に指摘したら良いだけなのに、煽りとか挑発とか意味が分からないんですが・・・。

一体何がしたいのやら、さっぱり分からないですね。

霊界通信

「飯沼です」さんが霊界から投稿していたら、ちょっとイヤ。

初めまして飯沼様

飯沼正晴氏の 「わかちあい」 「悠々塾」 どちらも拝見させて頂きました。
あちらを拝見する限り基本的には弱者の立場に寄り添い助ける人間でありたいという願望をお持ちの方のように見受けられますね。お優しい。
あちらのサイトに集うメンバーさんの投稿を拝見しても皆さん心優しいコメントが寄せられているようです。
しかしながら飯沼正晴氏の元に集まる「優しく純粋な人々」は福島原発事故以来発せられた数々のデマまでも素直に信じてしまうという欠点にそれぞれ皆さん気がついておられない感じがします。ご自分で精査なさるという経過を何故取られないのか…精神世界も大事ですが精神世界から一歩出てご自分で様々な情報から正しい物を選び取るという作業まで進めない。先頭に立つ飯沼正晴氏はそれをご承知のようにも見受けられますが如何でしょうか?
弱者の立場に寄り添い助ける人間でありたいと本当にお思いでしたら
こちらのサイトへ投稿されたお話の内容とは少し印象が違いますのでこの方の本来の思想はどんな物なのかあれこれ想像してしまいますね。
そして世の中の弱者(福島で暮らす人々)は飯沼正晴氏以上の知識をお持ちでは無い事を前提に考えておられるのではないでしょうか?そして詳しく知っている人を「専門家」と見るものの反政府・反東電なら受け入れそれ以外は全て何かの陰謀による仕業のように錯覚されていますね。視野を広げて頂けるとまた一層弱者に寄り添えるのではないかと考えますが如何でしょうか?

No title

はじめまして。いつもこちらで勉強させていただいてます。

ごめんなさい、普段はROM専なんですが、「飯沼です」さんの、

>話は変わりますが、ブログ主さんが、「もしも万一、東電関係者だったとしても問題はないと思いますか?」という質問への回答は非常に少なくて、残念でした。

…自分は、この方へ常連の方から名前の表示ない方までかなりの方がちゃんと「飯沼です」さんへ返事を書かれてるように読みました。
が、それが「非常に少ない」とされてることに、とてもびっくりして思わず書き込んでしまいました。
このブログの拍手がどうこうでなんたらより、これだけ返答レス書かれることってそうないと思うんですが、その評価が全然されないなんて。

分かり合えない、って、そもそもの物差しが全然違うんですね。

話題にした以上、失礼ながら自分も質問の答えを書きます。
自分も、もしそうでも問題ないと思ってます。
大事なのは誰が言ったかでなくて、何を言ったかだと思ってます。

失礼いたしました。

みなさんかっこいい・・・(うっとり)

素敵なみなさん
いい週末をお過ごしでしたか?

飯沼さんって「主婦」の方なのですか?
私と同じB層?代替医療については興味ありますか?

もうネコさんは先に進んでいるし
いいのかな。

寄付のことと健康被害のことについて
お考えを伺いたかったのですが・・・。

小太郎さん
「なやみ」について、いろんなアプローチの仕方があるのですね。
勉強になりました。

昨日行った大人の居酒屋さん
同じテーブルの人も後ろの人も
みんなそれぞれの悩み事を話してて・・・つい
「まあまあまあまあ!飲みましょうよ~!」と声をかけそうになりました。
(我慢しました)

No title

飯沼です、さんへ

管理人さんが取り上げておられるテーマはその殆どが「デマ」への言及であって、東電擁護も東電批判も主テーマでないことは明かです。
デマを正すこと、それが福島で今暮らす人たちにとって一番必要なことであるとのお考えからでしょう。
それを東電批判がないのがおかしいなど、ゲスの勘ぐりというヤツです。

しかしそれとはべつに、仮にここの管理人さんが東電関係者だとして、むしろその活動に拍手を送りたいくらいです。
ご自分の会社が関係していることを正面からとらえ、自社擁護に走ることなく、あくまでも情報の正確さのみを追究されている。
もしそうではなく、東電に都合良く事実がねじ曲げられていると思うのであれば、まずその箇所を指摘することから始めるべきです。

東電の関係者が自社に都合よくデマをばらまいているのなら大いに問題ですが、そうではなく東電の関係者が真摯に福島と放射線の問題に取り込んでおられるなら、私の電力のプロへの尊敬度はさらに増すばかりです。

おーい!おサヘホ

タイトル、縦に書き直して読んでみましょう!

>飯沼さん
(信夫山ネコ様、せっかく新エントリ立ち上げたのにここにばっかり…すいません)
イヤー、全力で釣られてしまいました。参った参った。
で、いろいろ計算してくれましたケド、ご免なさい、めんどくさくて読んでません。そんなの意味あんの?が率直な感想です。
知りたいことが解ってよかったすね。その計算能力、情報紙の方で生かして欲しかったですよ。

で、次がネコさんの分析ですか。
なんやらとにかく「東電関係者」「原発推進派」にしたいみたいに見えます。
言っときますけど、このブログで「原発の是非」はテーマになったことはありません。コメント者のなかには「推進」「反対」を表明した人はいますが、ネコさんは表明していません。ついでに私もしていません。

まあ、私の場合は「原発事故」と「原発の是非」は分けて考えるべきだ、と思っています。ざっくばらんに言えば「勝手にやっててくれ」と思っています。
例えば、「福島は人の住む所じゃない」なんて人達に「福島の人を見ろ」だとか「福島の人達と一緒に立ち上がりましょう」なんて言われると腹が立ちます。
私にだって「東電や国が何をして、何をしなかったか」は知りたい、彼らの責任を問いたいとは思っています。
でも、あなた方がいるおかげで、「客観的に彼らの責任を問う」ことがしにくくなっているんです。

それが今回の情報紙が怒りをかう原因(のひとつ)なんじゃないですかね。よーく考えてくださいよ。


>なおみさん
「ぱっと見」は危険です。
「ぱっと見た目、コーラ」は実は醤油かもしれない。
「ぱっと見た目、ブラックコーヒー」は実は醤油かもしれない。

醤油の一気飲みは命を落とす危険があります。
お気を付けて。

(以下はIKA…お、洒落た…の言葉)
私ねー、飲み屋でいきなりなおみさんに「そうですよねー、飲もう!」声かけられたら嬉しいです。
だっていろんな女優のレメディみたいなんでしょ?

で、飲み屋で一番嫌いなタイプは精神分析や人の心読もうとするタイプのやつ。「あんたはこういう人でしょ」とか「いくつくらいで、こんな仕事やっていて、きっとこんな考えなんだ」って決めつけている人はもうダメです。

ん?最近こんな人、見たような気が…。

(やっぱ最後までIKA蔵じゃねーか)

霊界からは

来てませんよ。この人は「霊能者」の飯沼さんではないでしょう。

う~む、盛り上がりすぎ。また書いてしまった。

No title

論点整理

「福島が好き」編集部の飯沼と申します。

貴ブログで、「福島が好き」のことをさっそく取り上げていただいたことを知りました。
しかしながら、あなたの記述には事実でないことや無責任な伝聞・推測がいくつも書かれており、残念に思います。

あいにく今は時間がとれず、明日・明後日も所用があるので、詳しいコメントは後日になりますが、その前にあなたの方で自主的に修正なりをしていただければ、手間が省けます。
修正されたものに基づいて、後日コメントさせていただきます。

こちらといたしましても、名指しでの「事実誤認、あるいは中傷」に関しては看過するわけにはいきませんので、どうぞよろしくお願いいたします。

なお、「福島が好き」の内容(情報)に関しては、すでにご存じの方々も多いということは承知していますが、ご存じでない方々も多いという状況を踏まえてのものです。
• 2012-06-25(20:37) :
• 飯沼です
>福島の医師さん

私はたまたま第三者から知らせを受けてこのブログ記事を読みました。
普段は読んでいません。

私がこのブログを読まなければ、このブログ主さんは事実でない情報を書いて、そのままにしておくのでしょうか?
まさかとは思いますが、他の人に対しての記事もそういうことなのですか?

それではあまりにも無責任です。
このブログ主さんはそこまで無責任な人物なのでしょうか?

書いた者の責任として、まずは自主的な修正を求めているのです。
話はそこからです。

先ほども書いたように時間がとれませんので、今はここまでにします。
• 2012-06-25(21:29) :
• 飯沼です
知り合いの弁護士に相談するために、あなたの記事をコピーしにきました。
こちらは法的手段も選択肢に入れています。
そのおつもりで真摯に対応なさることをお勧めいたします。
• 2012-06-25(22:16) :
• 飯沼です
自分の名前も名乗らない人に、私が本人かどうかなど証明するつもりはありません。
もしも本当に確認したいのであれば、今日の午後5時半~6時の間に、「福島が好き」に明記されている番号に電話すれば分るようにしましょう。
もちろん非通知設定にせずに掛けてくるように。

法的手段に関しては脅しなどではなく、当然のことだと考えています。
なぜこんなことに本気になるかと言えば、「福島が好き」はたくさんの方々の共感と支援によって発行・配布されたからです。
反感を持つ人たちがかなりいるであろうことは分っていたので、内容に関する批判や非難であれば、受け止めていくつもりです。
しかし事実に反する誹謗中傷はもちろん、思わせぶりな誘導については、断固たる対応をしていきます。

法的手段に訴えてどういう結果になるかはどうでもよいのです。
しかし、虚偽による誹謗中傷を受けているのは紛れもない事実です。
十分に告訴できます。
「勝訴して、お金を得よう」などとは思いません。
たとえ勝訴しなくても、途中で訴えを取り下げても、ブログ主さんの実名や住所や職業などは明らかになるでしょう。
ブログ主さんは他人の名前や思想信条などをネットで流すことに問題性を感じていないようですから、自分が同じようにされたとしてもよもや異議は唱えないはずですね?

ブログ主さんがどのような素性の人間かは今はまだ分りませんが、あなたがブログ上で貶めてきた人たちは皆さん、現実世界で人生を懸けて放射能から生命を守ろうとしてきた人たちなのです。
意見の相違があるとしても、あなただけがバーチャルな世界に身を隠していることが許されるはずがないのです。
それは当たり前のことでしょう?

こちらから事実に反することを指摘する前に、ブログ主さん自身による修正をお勧めしているのは、事実に対するその人の姿勢と検証能力を問うためです。
繰り返しますが、私が知らせを受けてこのブログを読まなければ、私がコメントしていなければ、この記事が事実であるかのように流布されていくのです。
「事実に反している」と指摘されているにも拘らず、自ら事実の検証をしないのであれば、「デマの除染」などと標榜する資格はありません。
他の人たちのこともこんな出鱈目な捉え方で非難しているのであれば、これは大問題です。


もしも自分が書いた記事が全て事実であると考えているのであれば、そう言えばよいのです。
事実について自信がないのであれば、記事のどこの部分が事実確認をせずに推測やいい加減な伝聞を元に書いたものであるのか、説明責任があると思います。
明らかに事実に反したことを書き、「福島が好き」の発行・配布に関わった多くの人たちをを貶めているのですから、それぐらいのことをするのは当然のことです。

「名乗っていない」という件については、ブログ主さんが考えても分らないと思うのでお伝えしておきます。
「福島が好き」編集部は任意団体ではありますが、決して飯沼と立川が個人で運営しているのではありません。
規約もあり、役員もいます。
だから「福島が好き」編集部の名称で発行・配布したのです。
本拠地は京都ですが専用の事務所はありません。
京都在住の役員・スタッフが全て賃貸住宅に居住しているので、連絡先を別に設けたのです。
嫌がらせなどの被害防止の意味もあります。
電話番号などは明記しており、それで折り込み広告社の規定に適合しているからこそ配布できたのです。
しかし代表者の名前を書いていないことが問題であるのなら、次回からは掲載することを検討します。

もうすぐ出かけるので、明日の深夜か明後日までコメントはできません。
以上、取り急ぎお伝えしておきます。
• 2012-06-26(08:29) :
• 飯沼です

以上が、飯沼です氏の主張と、認定してよいでしょうか。?

論点整理

主張
貴ブログで、「福島が好き」のことをさっそく取り上げていただいたことを知りました。
しかしながら、あなたの記述には事実でないことや無責任な伝聞・推測がいくつも書かれており、残念に思います。

あなたの方で自主的に修正なりをしていただければ、手間が省けます。
修正されたものに基づいて、後日コメントさせていただきます。

こちらといたしましても、名指しでの「事実誤認、あるいは中傷」に関しては看過するわけにはいきませんので、どうぞよろしくお願いいたします。

私がこのブログを読まなければ、このブログ主さんは事実でない情報を書いて、そのままにしておくのでしょうか?
まさかとは思いますが、他の人に対しての記事もそういうことなのですか?

それではあまりにも無責任です。
このブログ主さんはそこまで無責任な人物なのでしょうか?

書いた者の責任として、まずは自主的な修正を求めているのです。
話はそこからです。

知り合いの弁護士に相談するために、あなたの記事をコピーしにきました。
こちらは法的手段も選択肢に入れています。
そのおつもりで真摯に対応なさることをお勧めいたします。

自分の名前も名乗らない人に、私が本人かどうかなど証明するつもりはありません。
もしも本当に確認したいのであれば、今日の午後5時半~6時の間に、「福島が好き」に明記されている番号に電話すれば分るようにしましょう。
もちろん非通知設定にせずに掛けてくるように。

法的手段に関しては脅しなどではなく、当然のことだと考えています。
なぜこんなことに本気になるかと言えば、「福島が好き」はたくさんの方々の共感と支援によって発行・配布されたからです。
反感を持つ人たちがかなりいるであろうことは分っていたので、内容に関する批判や非難であれば、受け止めていくつもりです。
しかし事実に反する誹謗中傷はもちろん、思わせぶりな誘導については、断固たる対応をしていきます。

法的手段に訴えてどういう結果になるかはどうでもよいのです。
しかし、虚偽による誹謗中傷を受けているのは紛れもない事実です。
十分に告訴できます。
「勝訴して、お金を得よう」などとは思いません。
たとえ勝訴しなくても、途中で訴えを取り下げても、ブログ主さんの実名や住所や職業などは明らかになるでしょう。
ブログ主さんは他人の名前や思想信条などをネットで流すことに問題性を感じていないようですから、自分が同じようにされたとしてもよもや異議は唱えないはずですね?

こちらから事実に反することを指摘する前に、ブログ主さん自身による修正をお勧めしているのは、事実に対するその人の姿勢と検証能力を問うためです。
繰り返しますが、私が知らせを受けてこのブログを読まなければ、私がコメントしていなければ、この記事が事実であるかのように流布されていくのです。
「事実に反している」と指摘されているにも拘らず、自ら事実の検証をしないのであれば、「デマの除染」などと標榜する資格はありません。
他の人たちのこともこんな出鱈目な捉え方で非難しているのであれば、これは大問題です。


もしも自分が書いた記事が全て事実であると考えているのであれば、そう言えばよいのです。
事実について自信がないのであれば、記事のどこの部分が事実確認をせずに推測やいい加減な伝聞を元に書いたものであるのか、説明責任があると思います。

要約
主張

○事実に反する誹謗中傷はもちろん、思わせぶりな誘導については、断固たる対応をしていきます。

○あなたの記述には事実でないことや無責任な伝聞・推測がいくつも書かれており、残念に思います。
あなたの方で自主的に修正なりをしていただければ、手間が省けます。
修正されたものに基づいて、後日コメントさせていただきます。
こちらといたしましても、名指しでの「事実誤認、あるいは中傷」に関しては看過するわけにはいきませんので、どうぞよろしくお願いいたします。

○「事実に反している」と指摘されているにも拘らず、自ら事実の検証をしないのであれば、「デマの除染」などと標榜する資格はありません。
他の人たちのこともこんな出鱈目な捉え方で非難しているのであれば、これは大問題です。


○法的手段に訴えてどういう結果になるかはどうでもよいのです。
しかし、虚偽による誹謗中傷を受けているのは紛れもない事実です。
十分に告訴できます。
「勝訴して、お金を得よう」などとは思いません。
たとえ勝訴しなくても、途中で訴えを取り下げても、ブログ主さんの実名や住所や職業などは明らかになるでしょう。
ブログ主さんは他人の名前や思想信条などをネットで流すことに問題性を感じていないようですから、自分が同じようにされたとしてもよもや異議は唱えないはずですね?

※告訴とは、刑事告訴を意味します。刑事訴訟法。 損害賠償は、民事訴訟法となり、提訴と呼びます。

※告訴もしくは提訴の目的は、被告人の実名や住所や職業などは明らかにするため。との事。 裁判の意味が違うような。刑事は、個人の刑法での責任を明らかにするためのもの。 民事は、基本的に金銭での賠償。 

○法的手段に関しては脅しなどではなく、当然のことだと考えています。

○もしも自分が書いた記事が全て事実であると考えているのであれば、そう言えばよいのです。

○事実について自信がないのであれば、記事のどこの部分が事実確認をせずに推測やいい加減な伝聞を元に書いたものであるのか、説明責任があると思います。

 ※立証義務は、原告にあるのですが。
 ※事実誤認の論点が、示されていません。

○こちらから事実に反することを指摘する前に、ブログ主さん自身による修正をお勧めしているのは、事実に対するその人の姿勢と検証能力を問うためです。

以上

よろしいでしょうか。

○もしも自分が書いた記事が全て事実であると考えているのであれば、そう言えばよいのです。

この場合は、提訴もしくは、告訴という事でしょうか。

その前に、匿名のWEBでの、個人情報の取得権限にかんして、どのように法的手段を、取られるのでしょうか。 WEB管理者への強制公開権限を。

御者等が再発行配布される、チラシ配布の差し止め訴訟は、むつかしいとは思っていましが。

No title

http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/chikujyokaisetu.pdf

特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限
及び発信者情報の開示に関する法律

本件で、裁判所の発信者情報の開示請求権が認められるか、興味がある。

あっちは削除されるかな?

2012-07-01 22:17:07
昨日勝手に削除されたんだよねぇ。。。
きょうはこちらにも同文


あのね。

ここに幾つかのリンゴと幾つかのミカンがあるとします。
低線量・内部被曝を「安全」と主張する専門家をリンゴ、「危険がある」と主張する専門家をミカンとして考えていきましょう。

実際にはリンゴとミカンの両方あるのに、まるでミカンだけしかないかのように言いふらされているから、「リンゴもありますよ」と伝えようとする時、
幾つものリンゴがどんなリンゴなのか説明しなくても、リンゴがあるという事実で十分ですね。

「リンゴの中身を説明しなければならない」のならば、当然、ミカンの中身も説明しなければならないのです。

確かに、ある程度の説明は必要です。
しかし、その説明方法は一つのラインからでしかできないものではありません。
ミカンとリンゴの違いを説明・議論するにしても、非常に専門的な知識を要する説明を、素人が聞きかじりや受け売りの知識でやっても、さほど意味はないと言っているのです。

もちろん、素人なりに専門的な議論をしたい人はすればいいのですが、私はそういう方法はとらないと言っているのです。
あなたがどうしても「専門的な議論」をしたいのであれば、そういう相手を見つけるか、あるいは専門家本人に「議論」を挑めばよいと思います。

なので私は、実測された数値を訴えている専門家が少なからず存在しているという事実と、
その人たちの多くは福島の安全をを主張してきた人たちであり、原発はその人たちが危惧していたよりは大事故を起こしていなかったのだから、
その人たちの意見もしっかりと聞き入れていくべきではないか、と言っているのです。

「福島が好き」には、専門家の間でも様々な見解があることを申し訳程度に明記しています。
その上で、内部被曝のことに触れて、危険をを喚起しているのです。
。。。

>放射線を発見して以来、人類が長年かけて蓄えてきたたくさんの知識だ。
長年かけて培われた知識。それを言い換えるなら、叩き叩かれしぶとく生き残ってきたものだ。
世の中に絶対はないが、現在まで耐え抜いたものは、かなりの高確率で真実に近いものだろう。

科学は、というか、人間は、将来のことを間違いなく予見することはできません。
それを謙虚に認めることが科学的思考の第一歩だと思います。

将来のことについては、「これがビジネスチャンスだ」としか言えないのです。

反原発を騙る風評被害はは、数十年間以上にも及んで存在するのです。

「健康被害は少ない(ない)可能性が高いと自分は思う)が、実際には分からない」か、
「健康被害が発生する可能性がある(高い)と自分は思うが実際には分からない」のどちらかです。

それが科学的な考え方だと思っています。

白い猫も黒い猫もネズミをとるネコはよいネコ

「健康被害は少ない(ない)可能性が高いと自分は思う)が、実際には分からない」か、
「健康被害が発生する可能性がある(高い)と自分は思うが実際には分からない」のどちらかです。

を予防原則(0リスクを基準にしている事ではない)に基づいて、どうすつか?。でしょう。 個人単位では。ある程度は容認する。少しでも容認は出来ない。とはなるでしょうが。しかし、行政機関として、一律にサービスを行うとはなるでしょう。

リンゴとみかんの個数も出てきますが。どちらかの個数が多いから、それが正解とはいえませんが、それが、同意されている見解とは、言えることでしょう。 個々での健康損失は、感受性の違いもありますから、どの辺を容認範囲とするか、で、同意の範囲も変わりますが。

白い猫も黒い猫もネズミをとるネコはよいネコ。とのたとえ話がありましたね。 その方は、更迭されましたが。 復帰するのに、長い時間を要した事も。

 

 

No title

六甲の黒ネコさん=「福島が好き」の大江山の黒ネコさんですか?

「福島がすき」で内部被曝危険説の専門家は誰か?と問うた者の一人です。
六甲の黒ネコさん=「福島が好き」の大江山の黒ネコさんと仮定しますが、このブログで全く同じ投稿をする理由が理解できません。ご自分のブログで対応されるべきです。

さらに、六甲の黒ネコさん=いままでこのブログに投稿した飯沼さんと仮定しますが、その場合「実名を出せ」と言ってた人がハンドルネームを変えて投稿するとは論理が破綻してませんか?

いずれにせよ、論理的な対話ができない方とお見受けしました。

内部被曝について

最近、環境学の安井至教授が内部被曝について精力的に記事を書かれてます。

市民のための環境学ガイド
http://www.yasuienv.net/

これを見ると、放射脳の主張がいかにいい加減かよく分かります。
記事の中で気に入った文章があったので紹介しておきます。

ここから~

低線量被曝のリスクを正しく理解して貰うことによって、福島の人々が不幸にならないようにすること。これが現時点の日本にとって最大の課題である。それを実現するため、放射線のリスクを伝達しようとするときには、反原発派とか原発推進派とかいう政治的立場を超越して、放射線のリスクだけを科学的に、かつ中立にしっかり見つめることが重要である。

 反原発か、原発推進か、という議論は、不幸にしてばら撒かれてしまった現存する放射線のリスクを正しく理解した上で、別の観点から行うべきである。そのような方法論を採用したとしても、減原発を選択する市民が多いだろうと思われる。

 「リスクを正しく理解し、福島の子どもに健康と未来を」。

~ここまで

俺は福島の子どもの健康と未来のために信夫山ネコさんとこのサイトを応援していきます!

IKA蔵さん

首をかしげてしばし考えました・・・。
ああ!はい!ここに置いときますね。

ぱっと見には気をつける。
醤油の一気飲みはしない・・・と。

「あなたは○○だ!」と指差されて
「はい。そのとおりです」と人の心は動きません。

支点・力点・作用点みたいに(ちょっと違うか)
こうでたらこう反発が返ってくる・・・みたいなの
わかってくれるといいのですけれど・・・。


たくやさん
>俺は福島の子どもの健康と未来のために信夫山ネコさんとこのサイトを応援していきます!

すきっと爽やかコカ○ーラ!みたい!
きっとそうだわ!ゴクゴクゴクッと!!

>たくやさん
をまねて、私も安斎育郎先生の「家族で語る 食卓の放射能汚染」での「おわりに」から文を引用します

私が専門とする放射線防護学は、一つの科学分野です。いやしくも『科学』である以上、原発に賛成だろうが反対だろうが、1リットルあたり500ベクレルのセシウム137で汚染された牛乳を150ミリリットル飲んだときの甲状腺の被曝線量は?』と問われれば、だいたい似たりよったりの結論を導くでしょう。
 それは、『2+3=5』が宗教的新年や政治的立場によって変わらないのと同質の問題です。だから、本来は誰が言っても変わらないものであり、それこそが科学というものの特長でもあるはずです。

 しかし、人々は、たとえ同じことを言っても、それを事故当事者が言うのか、原子力安全・保安員が言うのか、政府が言うのか、安斎育郎が言うのか、その情報の発信者によって「疑わしい」と感じたり、「隠しているに違いない」と反発したり、いろいろな反応を示します。同じ意味内容のことを発信しても、情報発信者の信頼性によって説得力には天と地ほどの差が出るのですね。
 本書は、ある信念をもって生きてきた私・安斎育郎という人物が、それなりに科学の名において解説しているものではありますが、本書の内容を信じてもらえるかどうかは、もちろん読者の皆さんに委ねられています。だから、私としては、この本は単なる科学解説書としての出来・不出来ではなく、安斎育郎の生きざまが問われているに相違ないと、内心ドキドキしているのです。この問題にたいする皆さんの見方・考え方にとって役立つことを期待するばかりです。

(引用終わり。一部改行、字下げをして見やすくしました)
私が感銘を受けたのは前半部分ですが、糸井重里さんは後半部分が良いと思ったようです。

私も県外から福島のみなさんを応援し続けます。

No title

こちらのブログに集うみなさん超賢くて感動してしまいます。それに、紳士淑女といった雰囲気で居心地よいですし、何よりものすごく勉強になります。


たくやさんやjun9satoさんがおっしゃるのはよくわかります。私も最初、何でも疑ってかかるみたいなところありました。まだ何か隠しているに違いないとか、もう猜疑心の塊でしたよ(笑)。むしろ今は、大丈夫というところにだけ腰を下ろしてしまわないことと、「反」といった特定の言葉に反応しないようにしようと思っています。中身を知れば共感できるものも多いです。その意味では、自分の中の確証バイアスみたいなのが一番厄介なのかもしれません。

それを解決するのがやっぱり科学的な根拠で、「ええと、セシウムは表面の土とものすっごく強固にくっつくから空間線量はもう気にしなくていいけど、でも、泥水はやっぱり……」とか、「農家の人がカリウムをまいているのはなるほどこういうわけで……」とか、笑われるかもしれませんが、昨年からそんなことから一つひとつ勉強して今日に至るわけです。理解できると猜疑心が消えていくんですね。これからも、必死に食らいついていこうと思います。


では、そろそろ次にいったほうがよさそうですね。蛇足ですが、私はりんごもみかんも好きですが、やっぱり福島のりんごは日本一おいしいです。

もう…涙は流させない!

No title

飯沼様
レスを重ねれば重ねるほど論点から離れていく様を見るのは、某巨大掲示板のようで楽しいです。見ていてある種の微笑ましささえ感じますが、残念ながらここの住民はその程度ではごまかされません。(私には通じるかもしれませんが) レスを読んでいただければわかる通り、挑発も通じません。なので、もうそろそろ話を進めてみてはいかがでしょうか?話の発端は
この記事が正しいのかどうか。
そちらから指摘をしておきながら全く進める気がない(その一方で脅迫とも取られかねないレス複数あり)となると、普通の人は言いがかり(かっこよくいうと言論弾圧)だったのでは?と判断すると思いますが、いかがでしょうか?

六甲の黒ネコ様
すでに他の方が指摘済みですが、福島が好きのブログコメントに似てますね。あちらのブログ主はコピペで返答される時もあるようですが、同じ方ですか?といいつつ、正直その辺りはあまり気にしてないのですが、その内容はあちらの流れで出てきたもので、こちらにそのまま持ってくるというのは無理があります。感じからすると便乗のような気もしますが、もしあちらの関係者の方なら、話を進めるように進言お願いします。すさまじいループになってますよ。それが狙いなのかもしれませんけど。
でも、あえて一言いえば、福島はフルーツ王国だからグルメなんですよ。得体の知れないものや、マズいとわかってるものは食べませんし、選びません。それは放射線に関しても同じ事。県民は、この一年ですっかりグルメになりました。だから確認するんです。話の出どころを。


こんな事をいうとなんですが、私はこの記事に関するコメントを読むのが楽しみなんです。というのも、普段ROM専の方とかもいらっしゃるから。(私もそれに近いですけど) ここはデマの除染という、ある意味マスコミ等が扱わないマイナーなネタ?(ネコさんすいません)を扱っています。内容は、自分にとっては身近な事や知っている場所、団体名が対象ですが、一体どれくらいの人が読んでいるんだろう?と常々思ってました。本当にローカル(福島)だけで終われば、情報格差は広がり続ける一方。しかも理解されない。そんな危惧もありました。でも、実際は県外の方も読んでらっしゃる。viewも増えている。広がってるんだなーと感じました。
江川紹子氏も仰ってましたが、デマはひとつひとつ潰していかないといけない。これはとてつもない作業で、終わりもなかなか見えません。でも、ブログ主様やiyao様のようにデマと戦ってる人達は多数実在して、それを見守ってる人や応援してくれる人達もたくさんいる、という事が、今回の騒動であらためてわかりました。それがあのチラシで確認できたのは皮肉ともいえますが、数少ない貢献だったのかもしれません。

No title

みかんとりんご

モトケン ‏@motoken_tw
違うから懲戒請求された。RT @plutodarkness: @motoken_tw 橋下徹さんって方が安田弁護士をテレビで猛烈に批判してた記憶があるんですが、あの方はど素人でしたっけ?

りんご が1人をのぞいて、弁護士資格をもつ者の見解。みかん は橋下弁護士1人。 という場合もありますし。

お詫びと解説

色々ご意見を頂きあちらを読み返してみたすんごいミスがあったので、お詫びかたがた解説です。
あちらの初投稿の下にある2012-07-01 22:17:07
は私の投稿です。
名前とタイトルを未入力のまま投稿してしまいました。
ここから本題
参照元の2012-7-01 11:38:58の文章をちょっといじると、大江山さんとは正反対の、ほぼ私の言いたい事が未熟ながらできあがります。
書き手がちゃんと考えた文章なら、こんなに簡単に改変はできません。意図や志はどうあれ自分の頭で考えないとこんな駄文ができる、というお手本です。
2012-06-30 15:48:44 の大江山さんの投稿に対して同様の試みをしましたが、やっぱり削除されましたねぇ。自分の文章が跳ね返ってくるんだからそりゃ嫌でしょうね。次回作はぜひ削除されないように、こちらを保険に使わせていただきました。すみません。
ギャーコラ文句は言わないそうですが、六甲(私)も大江山も何と大人げない。

以上が六甲の意図するところですが、基本的なミスや舌足らずでご迷惑をかけたこと、皆様にお詫びします。

No title

六甲の黒ネコ さん 

私の方こそ、誤解があったようです。

ブーメラン効果を、検証でしたか。  ブーメラン効果の検証と、ことわっていただけましたら。 

飯沼さん

私の認識違い、申し訳ありません。お詫びいたします。
とりいそぎ投稿させていただきました。

失礼しました

六甲の黒ネコ様
そういう事でしたか。失礼しました。
しかし、削除はいただけませんよねぇ。
あちら側は一体何がしたいのやら。

少しの検証

低線量被曝・内部被曝の危険性を訴える専門家の存在について (大江山の黒ネコ)
2012-07-01 11:38:58
あのね。

ここに幾つかのリンゴと幾つかのミカンがあるとします。
低線量・内部被曝を「安全」と主張する専門家をリンゴ、「危険がある」と主張する専門家をミカンとして考えていきましょう。

実際にはリンゴとミカンの両方あるのに、まるでリンゴだけしかないかのように言いふらされているから、「ミカンもありますよ」と伝えようとする時、
幾つものミカンがどんなミカンなのか説明しなくても、ミカンがあるという事実で十分ですね。

「ミカンの中身を説明しなければならない」のならば、当然、リンゴの中身も説明しなければならないのです。

確かに、ある程度の説明は必要です。
しかし、その説明方法は一つのラインからでしかできないものではありません。
リンゴとミカンの違いを説明・議論するにしても、非常に専門的な知識を要する説明を、素人が聞きかじりや受け売りの知識でやっても、さほど意味はないと言っているのです。

もちろん、素人なりに専門的な議論をしたい人はすればいいのですが、私はそういう方法はとらないと言っているのです。
あなたがどうしても「専門的な議論」をしたいのであれば、そういう相手を見つけるか、あるいは専門家本人に「議論」を挑めばよいと思います。

なので私は、低線量被曝・内部被曝の危険性を訴えている専門家が少なからず存在しているという事実と、
その人たちの多くは原発の危険性を主張してきた人たちであり、原発はその人たちが危惧していたように大事故を起こしてしまったのだから、
その人たちの意見もしっかりと聞き入れていくべきではないか、と言っているのです。

「福島が好き」には、専門家の間でも様々な見解があることを明記しています。
その上で、内部被曝のことに触れて、注意を喚起しているのです。
。。。

>放射線を発見して以来、人類が長年かけて蓄えてきたたくさんの知識だ。
長年かけて培われた知識。それを言い換えるなら、叩き叩かれしぶとく生き残ってきたものだ。
世の中に絶対はないが、現在まで耐え抜いたものは、かなりの高確率で真実に近いものだろう。

・低線量被曝や内部被曝に関しての研究が始まったのはいつですか?
そんなに長い年月をかけて研究されてきたのでしょうか?

科学は、というか、人間は、将来のことを間違いなく予見することはできません。
それを謙虚に認めることが科学的思考の第一歩だと思います。

将来のことについては、「自分は~~になる可能性が高いと考えている」としか言えないのです。

低線量被曝・内部被曝による健康被害のリスクは、数十年間以上にも及んで存在するのです。

「健康被害は少ない(ない)可能性が高いと自分は思う)が、実際には分からない」か、
「健康被害が発生する可能性がある(高い)と自分は思うが実際には分からない」のどちらかです。

それが科学的な考え方だと思っています。
―――――――――――――――――――――――――――――――――
以上
この文章にたいして。

Unknown (Unknown) → 六甲の黒ネコ 氏
2012-07-01 22:17:07
あのね。

ここに幾つかのリンゴと幾つかのミカンがあるとします。
低線量・内部被曝を「安全」と主張する専門家をリンゴ、「危険がある」と主張する専門家をミカンとして考えていきましょう。

実際にはリンゴとミカンの両方あるのに、まるでミカンだけしかないかのように言いふらされているから、「リンゴもありますよ」と伝えようとする時、
幾つものリンゴがどんなリンゴなのか説明しなくても、リンゴがあるという事実で十分ですね。

「リンゴの中身を説明しなければならない」のならば、当然、ミカンの中身も説明しなければならないのです。

確かに、ある程度の説明は必要です。
しかし、その説明方法は一つのラインからでしかできないものではありません。
ミカンとリンゴの違いを説明・議論するにしても、非常に専門的な知識を要する説明を、素人が聞きかじりや受け売りの知識でやっても、さほど意味はないと言っているのです。

もちろん、素人なりに専門的な議論をしたい人はすればいいのですが、私はそういう方法はとらないと言っているのです。
あなたがどうしても「専門的な議論」をしたいのであれば、そういう相手を見つけるか、あるいは専門家本人に「議論」を挑めばよいと思います。

なので私は、実測された数値を訴えている専門家が少なからず存在しているという事実と、
その人たちの多くは福島の安全をを主張してきた人たちであり、原発はその人たちが危惧していたよりは大事故を起こしていなかったのだから、
その人たちの意見もしっかりと聞き入れていくべきではないか、と言っているのです。

「福島が好き」には、専門家の間でも様々な見解があることを申し訳程度に明記しています。
その上で、内部被曝のことに触れて、危険をを喚起しているのです。
。。。

>放射線を発見して以来、人類が長年かけて蓄えてきたたくさんの知識だ。
長年かけて培われた知識。それを言い換えるなら、叩き叩かれしぶとく生き残ってきたものだ。
世の中に絶対はないが、現在まで耐え抜いたものは、かなりの高確率で真実に近いものだろう。

科学は、というか、人間は、将来のことを間違いなく予見することはできません。
それを謙虚に認めることが科学的思考の第一歩だと思います。

将来のことについては、「これがビジネスチャンスだ」としか言えないのです。

反原発を騙る風評被害はは、数十年間以上にも及んで存在するのです。

「健康被害は少ない(ない)可能性が高いと自分は思う)が、実際には分からない」か、
「健康被害が発生する可能性がある(高い)と自分は思うが実際には分からない」のどちらかです。

それが科学的な考え方だと思っています。

―――――――――――――――――――――――――――――――
と言う、ブーメランも成り立つのでは、の検証。六甲の黒ネコ氏

と言う意味に捉えて、よろしいでしょうか。

ブーメラン

(福島の未来?)

返信など要りませんからよく読んでくださいよ。

放射能も長い間、小出裕章や武田邦彦や野呂美加や
その他のマスゴミ専門家たちによる危険神話が流布されてきました。
反社会的左翼活動につながらない大多数の専門家や
多くの福島県民たちが、デマの危険性とモラルハザードを
訴えてきたのです。
それでも、放射能デマは具体的な健康被害を起こさなくても、
風評被害の処理の方法も対抗手段もない状態のまま流布され
続けてきました。

そして福島で大規模な精神的健康被害や経済的損失を
起こしましたが、今まで危険神話を吹聴してきた者たちの
誰一人として責任をとっていないのです。

福島や日本の多くの方々は毎年数兆円規模の余分な燃料費の増加や
避難に伴う精神的身体的健康の悪化とそれに伴う平均寿命の短縮が
起きるまでは
「福島の放射線は危険だ。ただちに避難しなければならない」
と思い込まされてきたのです。

そして自主避難者の自殺率の増加が起こり、
健康被害が露呈するまでは、「福島の放射能被ばくは危険だ」
と思わされているのではないですか?

健康被害が発生してくれば、今まで危険キャンペーンを張り、
科学的に正確な情報を伝えようとした者たちをバッシングしてきた
人間はいつの間にかどこかに消えて、誰も責任をとらないままで、
デマを信じ込まされてきた自主避難者だけがひどい目に
合うということになりはしませんか?

だから私は、「健康被害が起きる、危険だ」といっている人たちに、
責任の所在を明らかにして(要するに実名や連絡先です)、
もしもデマによる自殺が増えたり精神的な健康を害するようなことが
起きた時にはどのような責任をとるのかを明確にするように
求めているのです。

「健康被害が起きる」と確信しているのであれば、
どんな責任でもとることができるはずです。

中核派や革マル派とつながっているのかも分からない人間が、
匿名で好き勝手なことを書いて住民をたぶらかし、
都合が悪くなればブログを閉鎖して雲隠れするようなことが
あってはなりません。

普段放射線治療が専門でない医師や、
放射線の専門家でなくても
「大学の教授」なんて肩書きがついている先生であっても、

「危険だ」と言うのであれば、その影響力は大きいのです。

その責任も大きいことは当然です。

このことはこれからも問題にしていきます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

天気予報が当たりましたね

jun9sato さん
>私が感銘を受けたのは前半部分ですが、糸井重里さんは後半部分が良いと思ったようです。

そのとおりですよね!おこがましいですが私も事故以降ずっと・・・
先生と同じことを思っていました。
本当のことは誰が言っても同じはず。


義阿南高地さん
こんなに可愛らしいお酒があるんですね!
私は甘いジュースみたいなのしか飲めないので
とっても嬉しいです。・・・あれ?送ってくれるんじゃなくて?


玉羊羹 さん
>笑われるかもしれませんが、昨年からそんなことから一つひとつ勉強して今日に至るわけです。

私もおんなじおんなじ!

>やっぱり福島のりんごは日本一おいしいです。

お菓子教室の先生も、そうおっしゃっていましたよ。
あちこちのりんごを試したけれど
どうも福島のでないと美味しく出来ないんですよね・・・って。


ゆ さん
別の記事でしたが「通りますよ~」ってのが気に入りました。
いつか使いたいです。


六甲の黒ネコさん
そうでしたか~。すっごく難しかったです。
じ~・・・・っと考え込んでしまった(笑)。
もう元のところは見ていないので。

語れば語るほど巻き込まれて
疲れた隙をつかれるかも(しゃれじゃなくて)。
どなたかもおっしゃっていましたが
繰り返し同じことを言わされるのは危険です。

ネコさん・みなさん教えて?

私は算数が苦手です。
少し前に拍手の計算をした人の言ってることが
きっと理解できていないと思います(しょぼん)。

それでもあのような計算(思考)の仕方は
学部卒論のデザイン検討会程度でも
教授にすっごく怒られそうな気がしました。
(怒ってくれるならまだいいけど・・・)

で私がなんにも理解できていないことを踏まえて
教えて欲しいのですが。
拍手って同じ人が何回もできるの?
私の機械(パソコン)ではできません。

あまりにもこの世界のことについて無知でお恥ずかしいです。
けれど無知の知というではないですか!?
(スルーでいいです)

不正義軍は数に頼まず
署名もデモも苦手なのって
ずっと前に私、歌ったんだけどな。

私は数はどうでもいいの。
小島よしおさんに懐かしのあのフレーズを言ってもらいたい・・・。
それから最近好きなのはサンドイッチマンさん
「ちょっと何言ってるかわからない」

タイトルが怪しくなってきました

めんつゆと間違ってソースでザル蕎麦食った私が通りますよー(うはは、とりあえず言ってみました。あれほどパッと見は危険だと…)

>なおみさん
私も計算は苦手だけど、あんな計算は意味があるとは思えないんで、スルーでいいと思いますよ。
「ウチらはネットだけじゃなくて、電話も手紙もあんだかんね(キリッ)」ってことだと思いますんで。
ついでに「何言っているか分からない」のも、天然なのかワザとなのか、私も彼らの言いたいことを把握するのに時間がかかります(私がバカだからかもしれませんが)。

>六甲の黒ネコさん
誰のコメだか忘れましたが、文章の「安全派」を「放射○」って書き換えたブーメランを削除されたのは見ていました。
だから私、その後のコメで「ブーメランは削除ですか?」って入れておいたんですよね。

そろそろ祭も終わらないと、次のエントリが伸びないみたいで…。
(私もこの前のエントリで報告が延び延びになっているしな~。でもむこうのブログに書きたいこともいっぱいあるんで、アッチではしばらくコメ続けようかと…)

阿修羅原子スレで、下記のアドレスが投稿NGワードになりました

B層放射脳向けの2ちゃんの記事が、放射脳にとっては禁断の書のようです(笑)

何と、阿修羅原子スレで、次の資料を紹介しようとすると投稿できないのです。アドレスが「投稿NGワード」に設定されたみたい。

 まったく、阿修羅の管理人は笑える馬鹿です。



やる夫で学ぶ放射線の人体に対する影響:ハムスター速報 http://hamusoku.com/archives/6936663.html @hamusokuさんから

さくらんぼ

>やっぱり福島のりんごは日本一おいしいです。

福島は、さくらんぼも美味しいね~
昨日、土湯温泉で頂いたもの、昨年は飯坂温泉で、、
慌てていて、農産物直売所を通り越してしまったので阿武隈SAで買おうと思ったら「山形産」 
その上、売っていたおばちゃんが「検査してあるからね」って、、 何も聞いてないのに、、 
そろそろ桃のシーズンですね!

人目を気にしすぎると・・・

飯沼正晴さんによると、「人目を気にしすぎると甲状腺が大きくなる」らしいです。
http://www2.rocketbbs.com/622/bbs.cgi?id=yuyub&page=2

------------

No.9774 

何年か前に、カウンセリングを受けた時、私の甲状腺が少し大きい事で飯沼さんに質問をしました。(病院の検査の結果、全くは問題はないとの事です。普通の人よりも少し大きいだけでした。)
その時に、私の場合、人目を気にしすぎると甲状腺が大きくなるとのことでした。確かに、人目を気にしすぎて、一歩が踏み出せなかったり、声が出せなかったりしています。

05/06/2012(火) 22:26:41

-------------

飯沼正晴さんにはこの医学的知見をこれからも貫いて欲しいです。

飯沼正晴(まーたん)さんは他の投稿で、「福島の子供の3割に甲状腺異常が発生している」とか「首都圏の子供たちにも甲状腺異常が多発している」などと発言していますが、人目を気にしすぎが原因の子供たちはどれくらいいるのか聞いてみたいです。

No title

IKAさま

ハイデガーの名言に「言葉は存在の住処である」というのがあます。「内部被曝・低線量被曝の専門家」という言葉には魑魅魍魎が押しかけて住み着いてしまったようです、オッカムの剃刀ですっきりさせましょう。

「内部被曝・低線量被曝の専門家」を三つに分類しましょう。

第一に「内部被曝・低線量被曝」の「真専門家」です、これは放射線医学の専門医や放射線防護学者にあたります。中川先生や安斉先生のことです。

第二に「内部被曝・低線量被曝」の「支援系専門家」です、これは「真専門家」を支援する学者さんです。早野先生や野尻先生のことです。

第三に「内部被曝・低線量被曝」の「がっかり専門家」です、これはあえて例をあげません。これは「残念な専門家」でも「ダメダメ専門家」でもいいです。

これで、少しはすっきりしたでしょうか。

予想通り

ネコさん、皆さん、こんばんは。
昨日は六甲の黒ネコさんと大江山の黒ネコさんを不注意から混同してしまい失礼しました。

「福島が好き」編集部が内部被曝を強調した理由が分かりました。
「福島が好き」の大江山の黒ネコ氏のコメントから「避難の権利の確立のために」という冊子をググッて見てみました。
FOE JAPANのHPにそれはありました。
http://www.foejapan.org/climate/library/book_hinankenri.html
FOE JAPANは、福島ぽかぽかプロジェクトを開催したりしている支援団体です。ただし収支報告がなく私は胡散臭い団体との印象を持ちました。

さて、本題に入ります。
FOE JAPANでは避難の権利アンケートを福島市民、郡山市民、県外移住者から取っているのですが「福島が好き」編集部はそのアンケート結果を利用していたと思われます。公開された公知の情報なので、そのこと自体が問題ではありません。

アンケートは数回にわたって、2011年の9月から11月まで行っています。アンケート結果が整理された形で公表されているのですが、県外避難者が避難を決意した理由、県外避難を決意した方たちの理由の第一位が「内部被曝が心配だから」でした。
昨年の秋までは、WBCは校正されず(早野先生、ありがとうございます!)ようやく、あさイチの食卓丸ごと調査が行われた頃。内部被曝の実態が分からなかった時期ですので、心配された方が多いのは当然です。
ここから、県民の最大の不安点をつくという、「福島が好き」編集部の戦略が見て取れます。

「福島が好き」に関するネタがお祭り状態になってしまったので、この件はもう少し沈静化してから書き込むつもりだったのですが、今回投稿するのは、不安点というと次のネタは甲状腺被曝か?と思っていたら、案の定「福島が好き」の新エントリ「福島県民さんからの手紙」で取り上げているという、想像通りの動きが見られたからです。

変な計算

>なおみさん

拍手は一人で何回もすることは出来ます。
一応、重複して押せないようにチェックはしてますが、アクセスポイントのIPアドレス(インターネットの経由地の住所みたいなもんです)でチェックしてるだけだと思われますので。

IPアドレスは一度電源を切ってアクセスしなおせば変わります。


ちなみにアクセスカウンターも同様なので、常時接続のPCで何回もアクセスした場合、カウントは1日で一回になります。
それで、あの変な計算の意味ですが・・・・。


アクセス数を一人1日5回以上、と推測して割ってますけど、その5回は「一般的な市民の生活とは違う」数である、ともしてます。
一般的でない数字を持ってくる根拠は示してません(笑)


ちなみに「アクセス数の割に拍手が少ない」と批判したいなら分母を過小評価するのは逆効果なんですね。

アクセス数が多い事を認めたく無いので、「特定の意見の人」が組織的にアクセスしている、と解釈してみせたのでしょうが、論理的思考が出来ない人の様です。

特定の人とか数とか

あの人たちは「組織動員」っての好きそうですからね~。あと今や「数」ぐらいしか、「成果があった」っていえる要素が無くなっているんですかね~。だから「数」って文字見ると、ピピッと反応しちゃうのか。

ryoko174さんの、「メガ盛り反原発デモ」
http://d.hatena.ne.jp/ryoko174/20120630/1341035867

面白かったです。

この「市民」はなかなかですね。「数」よりインパクトあるか。
「どうしてこうなった・・・@大飯原発前」
http://twitpic.com/a2ljg9

「数」も効かなくなったら、「反原発」の末路は、ヌーディスト・デモかね~。

このブログでは、「数」は「多数決用」ではなく(重複は当然ですからね)、発信力とか、拡散力に繋がる、と見ています。これはいくつかのツイッターのサイトを見るとわかりますね。

開設からこれまで、なるべく「オリジナル・コンテンツ」、少なくとも「オリジナルな見方」で行きたいと思っていましたが、こうして得た「力」を使って、オリジナルでなくても発信、拡散することも意義ある、なんて思えてきました(安易なエントリーが増えたりして)。

人数

これもなかなかの比較です。
http://twitpic.com/a22z4r

千貫森の宇宙人さん

専門家の分類、分かりやすいですね。
ありがとうございます。すっきりしました。
なんかアッチではのらりくらりと印象操作に一所懸命のようですが。アッチではキャラ忘れて、ここんところちょっとアツくなってたかもしれませんね。もう少し落ち着きます。

目指せアオレンジャー!(キャラはキレンジャーですが…)。

>こうたさん
あー、そうなんですか~。私真面目に一回しかポチせんかったです。もっとも信夫山ネコ様はそんな事こだわっていないみたいなんでいいですけどね。
そうか~、結局彼らはここが○○○の巣窟、って言いたいだけなんですね。「組織的に~」ってのはその為の印象操作ってことなんでしょうね。私もあちらで工作員認定がもらえるかも。

千貫森の宇宙人さんみたいに分かりやすくまとめているのって、これからこの問題に対峙する人のためには、とってもいいですね。
これから原発の再稼働があるたびに改めて「ああいった方々」に悩まされる人が増えそうですから。
このブログで対処法を学ばれるといいかも。

信夫山ネコ様は後世の為にブログを興されましたが、早くも役立つ時が来た?

暑くなってきましたね

kakkou さん
桃、今から楽しみです。

>売っていたおばちゃんが「検査してあるからね」って、、 何も聞いてないのに、、 

これを聞くといつも切なくなります。
うんうんってにっこり頷くだけ。

jun9satoさん
>不安点というと次のネタは甲状腺被曝か?と思っていたら、案の定「福島が好き」の新エントリ「福島県民さんからの手紙」で取り上げているという、想像通りの動きが見られたからです。

今回「も」(何回も繰り返しだから)よくわかったのは
代弁者の話は聞かなくていいかな~ってことでした。

「福島県民さんからの手紙」
こういう人がいたとしても別になんとも思いません。
考え方はいろいろですから。

それを勝手に
「こう言ってる人がいましたよ」って使って
自分を主語にして話さないのは嫌い。
それで?って思います。

このお手紙の主に(ホントにいたとして)
呼びかけたいことは何もありません。

コメント欄を読むのが好きだとゆ さんがおっしゃっていましたが
私もそうだから住みついています。
HNなんか書き忘れてても
「あ!この文章は○○さんだ」と姿が立ち上がっていくような
そんな人が多いからです。

カオナシみたいな人の文章はつまらないです。


こうたさんはじめみなさま
ありがとうございました。
皆さんのやりとりを拝見していて
私のパソコンは拍手も一回しか押せないし
自分の駄文を削除も修正もできないし・・・。

なんでかな~と思ってたのですが・・・まあいいや!
書き直しなし!一筆入魂でコメント書きます!


ネコさん
>「メガ盛り反原発デモ」

あはははは~!
私だって最近は「ごはん少なめでお願いします」なのに~!

2012-07-03(11:15)さん

あはははは~!

視覚に訴える・・・と(心のメモ帳)。

IKAさん

>目指せアオレンジャー!(キャラはキレンジャーですが…)。

いいね!(心のポチ)
IKA蔵さんがあまりお出ましにならないような
そんなのがいいと思います。
私もじぶんのたたりがみを鎮めるような生活を心がけます。

お仕事で関わらなきゃいけない方々は
ほんとうにお気の毒だと思います。

相手に断りもなく自分のいいたいことを話して聞かせるのは
暴力だと思います。時間泥棒も。
見たくないものをむりやり見せるのもabuse。

こういう場所なら自分の意思で読むことを決められるけど
チラシは・・・。

誰と仲良くするかは自分で決める。
私と仲良くしたいのにしてくれないって泣かれても
私に責任はないもの。
相手の考え方も認めるというか・・・好きにさせるし。
それでも

暴力はなぐる蹴るだけじゃないんだよ。
あのチラシや葬列デモは私にとって暴力でした。
それをやめて欲しい。

ただそれだけ。

No title

何か変えたければ、違法を合法にすれば良いだけです。 立法すればすむのですが。 法律主義であるのですから。 それをやらずに、大声で叫んでも、邪魔しても、周りから迷惑と取られるだけ。 自己陶酔現象で終わり。  黒い猫も白い猫もネズミを捕るネコは良い猫。の意味でしたね。

No title

原発の再稼働を止めたい、簡単です、他県の方が、住民票を移して、現知事のリコールかけて、再稼働を認めない知事を選出すればよいだけです。 知事の承認がいる。ですから。 住民票を移しても有権者登録までの3ヶ月期間がありますから、そこから逆算しての事にはなりますが。 

本気度を測るものさしかな。 

「福島が好き」を、やっぱり叩きました

 あなたは毒舌過ぎるから投稿を控えて欲しいという反放射脳の同士の助言に従い、かのブログ叩きを自粛しておりました。

 しかし、全く反省をしていない放射脳の愚かさが許せなくなり、叩いておきました。

 丁寧語で嫌味満載の我投稿。毒舌なら自信があります(笑)

(引用開始)
怪文書「福島が好き」編集部の往生際の悪さに怒り心頭。自粛を解き、反論の投稿をしました。早く、我反論に回答しろよ。
http://blog.goo.ne.jp/fukushimagasuki/e/5d61506bfc31309af642719d981f13f9?st=0#comment-form

早く我質問にご回答ください。 (編集部の言い逃れに対し、自粛から復活)
2012-07-04 23:42:08
 微量の放射能では誰も死なないし、実際に死んでいないし、これからも死なない。

 しかし、デマが津波と原発事故の二重の被災者である福島県民を傷つけ、多くの人々を殺している。

 この事実に対して、今更くだらないECRRのデマ情報満載のチラシを配らないでいただきたいという福島県民の切実な願いに対する回答が、この「ああいえば上祐」のくだらない反論なのですか?

 「私達が間違っていました。福島県民の気持ちを思いやることができずに申し訳ありませんでした。」
と、健常者としての当然の対応ができないのですか?

 私はあなたに先の記事で、数々の疑問を呈しましたが、未だに一問も明確な回答をいただいておりません。早く貴殿の回答をいただき、添削して差し上げたいです。

 http://blog.goo.ne.jp/fukushimagasuki/e/d42a04b06ead9903f17ea3d001b993e8#comment-list

 これほどまでに危険情報満載のチラシを配ったのですから、その資料に絶大な自信があるはずだ。だったら、即座に回答できるのでは?

 やっぱり、私の反論にぐうの音も出ないのですか?

 先の記事への私の投稿は、全て科学的な反論です。明確な回答を求めます。

 どんな疑問を呈したのか、ここで逐一述べることはいたしませんが、反論として十分な意見及びソースを提示していただくようお願いいたします。
 
 我投稿は二・三日の内に、おもいつくままに反論したものです。

 回答期限としては、二・三日中を希望します。早ければ早い程良い。貴殿のどうせ愚論に、即刻反論してみせましょう。

 ICRPを信じる者を、あまり甘く見ない方がよい。私は一文系市民ですが、ECRR派の愚者には負けません。日本語で討論できるなら、バスビーやヤブロコフでも論破して差し上げます。

 貴殿がどれほどの科学的な反論ができるのか、楽しみにしております。

 とりあえず、絶対答えて欲しいのは、
チェルノブイリの移住の基準は、
 5年後にセシウム137だけの空間線量が13.3mSvの地区です。そんな地区は警戒区域内にしかありません。チェルノブイリと福島を比較すること自体が、愚かなのです。
 愚論はいい加減になされよ。

 貴殿の苦しい反論には失笑を禁じえませんでした。

 「腐ったみかん」(ECRR)の味見はご遠慮させていただきます。
 「福島産のおいしいりんご」(ICRP)があれば十分です。

(引用終了)

No title

>iyao1さん

あそこのコメント欄には書き込みしないほうが宜しいかと。
自分の投稿も削除されました。

ちなみに、削除されていた投稿は自分の物だけではなく、黒ネコ氏のICRPデータの誤引用に対するomizoさんのコメント、それに対する自分のコメントと、他にもう一件、名無しの方の、批判される事を受け付けない黒ネコ氏に対する批判のコメントの計3件でした。
割と朝早くの事だったので、殆どの方は目にしていないでしょうが・・・・・・
名無しの方の投稿はともかく、omizoさんの投稿は誠意を尽くした丁寧な文章で、とても判り易く書かれていました。
自分の投稿は、omizoさんの投稿が一方的に持論を展開しているという訳ではない、という補足と援護のつもりでしたが、ばっさり削除されました。

その後、削除された事に気づいて「アンフェアである」と抗議した文章は残っていて、それに対する黒ネコ氏の反論。
更に、その後の自分の「あとは見る人の判断に任す」という文章もやはり削除されています。

omizoさんの投稿が削除された事については、黒ネコ氏の言う「素人議論はブログの趣旨ではない」が理由であったとしても、その後の自分の投稿を削除したのは同理由に該当しません。

ま、何が理由で削除しようとあちらの勝手ではありますから知った事ではないのですが(と削除された投稿でも同趣旨の事を書きました)


あちらのブログは、黒ネコ氏の判断で削除をするし、削除した事を告知もしない。
黒ネコ氏本人がそれを認めて明言したと言う事ですよ。

長くなりましたが・・・・その上で、何故今現在あれだけの批判・非難の投稿は残されているのかとお考え下さい。

非難の声が多いほど、彼は「やはり福島は自由に発言出きる場所ではないんだ」と、ブログのコメント欄をその証拠だと言い張るでしょう。
そして、「やはり声無き声のため、萎縮して発言できない人たちのために第二段が必要なんだ」とでも言うのでしょう。

あれだけ頑なな態度で対応されれば、残念ながら批判する側にも「馬鹿・氏ね・アホ」等の文字通りの罵詈雑言・あるいは誹謗中傷をする人も出てくるでしょう。

恐らくそれが「思う壺」なのだと思うのですね。

黒ネコ氏の発言は、そのまんま以前紹介された「対工作員マニュアル」そのものと言ってもいいです。
「罵詈雑言は工作員の特徴で、彼らにとっては挨拶のようなもの」であると言っていましたね~。
(自分の感想では、口が悪いのはどっち側にも居て、特徴とは言えない、ですが)
彼は、コメント欄がそういう書き込みで溢れ返る事を最初から期待してたんですよ。

(IKAさんの投稿が削除されないのは、別に思い当たる理由がありますがそれはいずれ時間があれば~♪)



書き忘れ

人というのは、どうしても自分の物差しで計ってしまう傾向があります。
悲しいかな、時として発言内容から物差しの程度が知れてしまう事もあります。

「工作員」とか「動員」とかを疑ってしまうのは、自分がそういう行為に割と慣れ親しんでいるからなのでは、と思いますね。
恐らくこちらのコメント欄も、彼がしているような削除が行われていると考えているのでしょう。
(実際に削除が行われているかどうかは判りませんが、案外マメにチェックし続けてる自分の推測では「無いだろうな」と推定してます)
「批判的な投稿のほうが動機として強いので出やすい」と言う彼の主張と、こちらのコメント欄は矛盾する現状ですから(笑)

自分はもう、あっちは書き込みする価値は全く無いと判断してますし見る事もないです。

No title

本当に書かれたくないことが、書かれたということでしょうが。 だから、自己のコメントも、削除する要因がでてきた事。 安全か危険かの2者選択に、ではない。自己で検証できるように、資料を提示したまでなのですが。 感情論を感情論で返せば、利するのは、明白ですから。

 聞く耳を持たないものにはとどかない。 相手にしない。とわかっていることですから。 相手のルールに乗る必要はないですし。

 馬脚を現した。のかも。


ど素人談義はしない。と明言していますが。あいてが、専門職ならどう対応するかと、自己検証を要求された場合は、印象操作な不利な検証、発言は避ける。 すべて、ど素人として扱う、でないと素人談義はやらないの前提が崩れる。 自己で、相手と異なる意見の整合性を証明しなければならない状況は、避ける。 印象操作に不利。 こんなんじゃ、民事法廷といえ、強力な反対尋問に耐えられないな。 

ものさしの話

こうたさん
>あれだけ頑なな態度で対応されれば、残念ながら批判する側にも「馬鹿・氏ね・アホ」等の文字通りの罵詈雑言・あるいは誹謗中傷をする人も出てくるでしょう。
>恐らくそれが「思う壺」なのだと思うのですね。

そうですね。どちらにも・・・「馬鹿・氏ね・アホ」などの言葉しか
遣えない方がいるようですね。
それは応援の気持ちがあっても
「あとは見る人の判断に任す」場合に残念なことになるでしょう。


omizoさん
>本気度を測るものさしかな。

言葉ではなく行動や具体的な結果で
相手を理解・判断するように心がけています。

>馬脚を現した。のかも。

そうかもしれませんね。

> 「あとは見る人の判断に任す」

おっしゃるとおり・・・なのに。削除されちゃったの?

タイトル考えつきません

>iyao1さん
私の「リンゴとミカン」の比喩を採用してくださってありがとうございます。
かのブログでは私もイエローカードもらいましたんで、阿修羅でのiyao1さんのお気持ち、ちょっとだけわかりました。

>omizoさん
omizoさんはいきなりレッドカードでしたね。相当核心突いたんでしょう。
たぶんあそこの人達は詳しい人は煙たいんでしょうね。反論が出来なくなるのを恐れているのかな。ここのコメ欄もよく見ているようですし、前から目ェつけられていたのかもしれませんね。

>こうたさん
たぶん私は「こいつは頭悪そうだからダイジョブ」と思われてんじゃないでしょうか(笑)。
実際そうだし。
それとも、皆さんに迷惑になってるんですかね。
だとしたら考えなくちゃいけないな…。

>なおみさん
なんかちょっとご無沙汰感が…。
(私がアッチに引っ掛かっているせいですけどね)
一昨日のコメント、ありがとうございました。
お陰様でココロのカウンターが上がりました。
よりクールなオジサン目指して頑張ります(笑)。

…ま、私のクールさなんて、せいぜい浅田飴程度なんですけどね。

>omizoさん
本当に書かれたく無かった事なんでしょうねえ。
明確な根拠と、素人にも解りやすい的確な例を示されるのは都合が悪かったのでしょう。

>IKAさん
IKAさんの投稿は、あちらの立場に立って疑問を投げかける、と言うスタイルだったために、あちら側から見ると「疑問を持っている、本当は迷っている」と言う様に見えたんでしょう。
転向させられるかも、と考えたんじゃないですかねぇ。

ちなみにあの人はかなり確信犯的で、「反論出来なくなるかも」ではなく、誇大表現がバレるのを恐れたのでしょう。

>なおみさん
削除されちゃいましたね。
かなり衝動的かつ感情的な対応だったと思いますよー。
前にも書いたけど、論理的思考が出来ない人の様です。
思惑はあるけど明確な方針はある訳じゃない様だ、とも考えられますねー。

自分だったら、「アンフェア」との非難も削除して、あんなレスは残しません。

こうたさん

一連の考察、ありがとうございます。
大変参考になりました。

私が礼を言っても洒落にもなりませんが。。

上野の(大)熊猫はめでたいんですがねぇ。

No title

>六甲の黒猫さん

おお!!ほんとだ上野の大熊猫出産!!
おめでとうですね~♪

上野は、かつては東北の玄関口として一定以上の年齢の東北人にとっては愛着のある土地だと思うのですよー。
自分の記憶の中の上野駅は「三丁目の夕日」で再現された映像の頃の面影がありました・・・・・・・。

念のために言っておきますが、もうちょっと後の時代の生まれですけどね!

連投すんませんです

話は脈絡もなく変わりますが・・・・先週末、会津の実家に季節はずれの里帰りをしてました~。

割とのんびり出来たので、ゆっくり近所の人や親戚んとこで酒飲んだりとか、有意義に過ごしてきましたよ。

酒の席で、ご近所の農家のじさまの話。

「東京に住んでる娘がよ、『父ちゃん、もう家の米食えねぇ』言うのよ。放射能で遺伝子がーとか。馬鹿言ってんでね、40過ぎて結婚もしねでフラフラして、何が遺伝子かって(笑)したっけ『父ちゃん、万が一って事もあっぺ!』って。んなもん、無ぇ、って(笑)」

一同、大爆笑でした。
放射能もじさまの酒の席の持ちネタになってましたね。

一方で、土産に米を持たせてくれたのですが、「これ検査してNDだったけど、気にすんなら(持ってかなくて)いいいぞー」、って。

勿論頂いてきましたけどね。

酒の席で、普段の会話で・・・・・放射能の話だけじゃなくて、原発再稼動とか震災瓦礫受け入れとか。
大熊の避難されてる方々に対する噂の真偽とか。
色んな話が普通にされてましたよ。
官邸前のデモの話まで。

対して東京で普通に生活してて、原発関連の話題なんて殆どありませんね。
デモの話なんて殆ど無関心ですよ。

間違いなく、福島は最前線で最先端なんだって思いましたねー。

リアル福島は、遥かに先を進んでますよ。
妄想フクシマの「本当の事が知らされていないカワイソウな人たち」なんて妄想で、一部の情報弱者(この言葉はあまり好きではないですが)吊り上げる事に血道を上げてると、置いてけ堀になりますよ。

自分も、不愉快なチラシにかまけて足踏みしちゃいましたが・・・・・・
そろそろ先に進みますよ♪




No title

私のコメントが削除されたのは、メデタイ。 誰かさんにとって、不都合な真実。が、ある。と、自己で認めたような感を、与えたからです。 

他からの何が書かれていたのか、と、憶測が憶測を呼ぶ事になるからです。 墓穴を掘った可能性がです。 あんなものそのままにしておいて、無視もしくは、私には検証する能力がない。というかすれば、そのまま流れたのにです。 こだわった事で、余計に憶測が憶測を呼ぶ事に。

やっぱり投稿拒否宣告されました(笑)

 以前紹介した投稿の後、チェルノブイリ並みはデマであるという反論を改めて投稿しました。

 その後の回答が、全く何も反映されていないバカ丸出しのもので、唖然を通り越して、呆然としてしまいました。ネットで出会った馬鹿達の中でも、オリンピックの金メダル級のバカでした。

 そのやりとりについて、我ブログにも転載しておきました。

 残念ながら、もう「福島が好き」のブログには投稿できませんでした。IPではじいているのか、NGワードを設定したのか?
 
 投稿しようとした文です。

(引用開始)


 約束していた通りに、反論と貴殿の回答の添削をしますね。
 全文はこちらです。
  
怪文書「福島が好き」の「チェルノブイリ並みはデマです」という我反論に対する、放射脳丸出しの回答!
約束通り、反論をし添削します。
ブログ http://p.tl/SO7o

 http://p.tl/EFCO

添削文


<放射脳の回答>


質問への回答(これが最後です) (大江山の黒ネコ)
2012-07-05 10:48:18
あなたがどのような説を信じようがあなたの自由ですが、一般的には以下の資料にあるような認識がなされています。


第1ステージ(強制・義務的移住の実施):セシウム137の土壌汚染レベルが555kBq/m2以上,ストロンチウム90が111kBq/m2以上,またはプルトニウムが3.7kBq/m2以上の地域.住民の被曝量は年間5ミリシーベルトを越えると想定され,健康にとって危険である.

第2ステージ(希望移住の実施):セシウム137の汚染レベルが185~555kBq/m2,ストロンチウム90が5.55~111kBq/m2,またはプルトニウムが0.37~3.7kBq/m2の地域.年間被曝量は1ミリシーベルトを越えると想定され,健康にとって危険である.
。。。。。。。。。。。

あなたのコメントには第三者への中傷が含まれています。
よって、投稿禁止として、以後のコメントは削除します。
同じような言葉遣いのコメントも削除しますので、ご了承を。


<添削後>

質問への言い逃れ(あなたには太刀打ちできませんのでこれが最後です)
(大江山の黒ネコ)2012-07-05 10:48:18

 あなたがどのような説を信じようがあなたの自由ですが、ECRRを妄信する愚かな放射脳の間では以下の資料にあるような妄言が語り継がれています。(その部分も添削してしまいますね。)

第1ステージ(強制・義務的移住の実施):セシウム137の土壌汚染レベルが555kBq/m2以上,ストロンチウム90が111kBq/m2以上,またはプルトニウムが3.7kBq/m2以上の地域.住民の被曝量は年間で初年度は100ミリシーベルトを越え、5年後ではセシウム137分だけで遮蔽係数を含めて13.3ミリシーベルトを超えると想定され,健康にとって危険である.

第2ステージ(希望移住の実施):セシウム137の汚染レベルが185~555kBq/m2,ストロンチウム90が5.55~111kBq/m2,またはプルトニウムが0.37~3.7kBq/m2の地域.年間被曝量は5年後にセシウム137分だけで遮蔽係数を含めて2.66ミリシーベルトを越えると想定され,健康にとってやや危険かもしれない.
。。。。。。。。。。。
あなたのコメントにはデマ首謀者の愚かな放射脳への苦言が含まれています。
よって、卑怯で姑息でチキンではありますが、このまま投稿を許すと反論が不可能ですので投稿禁止として、以後のコメントは削除します。
同じような言葉遣いのコメントも削除しますので、ご了承を。
  ↑できるか!この卑怯者!
。。。。。。。。。。。。

(引用終了)

 だめが、こりゃ(笑)

こうたさん

>一方で、土産に米を持たせてくれたのですが、「これ検査してNDだったけど、気にすんなら(持ってかなくて)いいいぞー」、って。

>勿論頂いてきましたけどね。

>酒の席で、普段の会話で・・・・・放射能の話だけじゃなくて、原発再稼動とか震災瓦礫受け入れとか。
大熊の避難されてる方々に対する噂の真偽とか。
色んな話が普通にされてましたよ。
官邸前のデモの話まで。

んだっぺ?
一連のやりとり、すごい既視感です。

私は昨日、白河のディーラーに車のメンテしに行ったんですが、
隣ブースの方の会話、
(たぶん車検、そして漏れ聞いた感じでは沿岸部からの避難者です)、
「あ、いちおう車内部の放射線量みてください」
「はい、了解しました」

それは実にスムーズな会話でしたよ(まあ、幸か不幸か、ではありますが)。
福島県で放射能の話がタブー?よく分からないですね。

宮城県南の状況について

信夫山ネコさん、皆さん、こんばんは。
こちらで頂いた情報を元に、宮城県南の現状を調べてみました。(一人ひとりにお返事できなくてすみません。)

私の実家は大河原町で、丸森町から車で15分くらいのところにあります。宮城県南の中では線量が比較的高い方なので、町でもパニックになっている人が多いそうです。

私の両親は「大河原町放射能問題連絡協議会」という団体で活動をしています。まだ立ち上がったばかりですが…。

母に聞いてみたところ、丸森町の太田茂樹さん(「子どもたちを放射能から守るみやぎネットワーク」代表)のことは知らないとのことでしたが、代わりに村田町で三田農園を営む三田常義さんの話をしていました。村田は大河原の隣町です。

昨年秋、大河原町に「みんなの放射線測定室 てとてと」http://sokuteimiyagi.blog.fc2.com/ が開設されました。その「てとてと」の代表が三田さんです。東京から村田町に移住し、有機農法をやっているそうです。なんだか太田さんとパターンが似ていますね…。

「てとてと」では1検体の測定料が1000円で、うちの両親も庭の畑の野菜を持っていって調べてもらったそうです。(結果は10ベクレルでした。)これはオープン記念価格だそうで、いずれ値上がりするかもしれないとか。この価格が高いのか安いのかは私には分かりません。また、かなりの寄付金が集まっているそうです。200万円くらいって言ってました。

その三田さんの奥様が「放射能には麹が効く」などと言い、積極的に講演を行なっているそうです。うちの両親はそれを聞いて怪しいと思い、「てとてと」メンバーとは距離を置くことにしたそうです。「放射能問題連絡協議会」にも「てとてと」のメンバーがいたそうなのですが、なんだかすごく過激な方で、やがて協議会の方はやめていったそうです。

宮城県南には他にも「放射能から命を守る宮城県南部の会 きんじょすくいの会」http://tamaky.com/kibou/ という怪しげな団体もあります。

母には丸森町の太田さんのことを話し、なにか情報をつかんだら教えてもらうことにしました。両親は「味噌や麹が放射能に効く」という話はまったく信じていないようなので安心しました。

あと、7月15日に福島市で開催される「ガイガーカウンターミーティングふくしま」に、母と一緒に行くことにしました。私自身が参加したかったのはもちろん、宮城県南に住む母に、東大・早野教授のお話を聞いてもらえるのは大きな一歩だと思っています。今までは例の赤十字病院・岡山医師の話しか聞いたことがなかったので…。

また、「大河原町放射能問題連絡協議会」のホームページ制作を私が担当することになりました。少しでも宮城県南の状況が好転するように頑張りたいと思います。


話は変わって、私のブログで現在ご意見を募集中です。( iyao1さんにはすでに書き込んで頂きました。)
「再稼働反対デモをきっかけに、原発の是非を考える」
http://hhvstudio.seesaa.net/article/278697228.html
よろしければ、皆さんもぜひご意見をお寄せください。お待ちしています。

追いつけない・・・^^;

みなさん、こんばんは。
“保養”(?)してきました。千葉ですけど。(笑)
携帯からだとコメント追うのが大変でした。

いつの間にか黒ネコさんやら灰ネコさんやらネコさんがいっぱい・・・^^; 理論派でない白猫は目を白黒させております。


>>>baijingさん


本当に福島の事を考えてくれているのかと真面目に読んでみたのですが、何が言いたいのかわからないんだよな~と思っているところにあの書き込みがあったので、つい、感情的になって要点だけ書き込みしてしまいましたが、私の言いたいことはおおよそそのようなことでした。代弁ありがとうございました。

>>>なおみさん

世間話、いいですね~。ほっとします。
関東も暑かったですが、福島も暑かったばい?

>>>「あ!この文章は○○さんだ」と姿が立ち上がっていくような
そんな人が多いからです。

実は千葉で有川浩の本を読んでいて、ふとなおみさんの文章を思い出していたんですよ。不思議だなぁ。

「福島が好き」の方も読んできました。今度は「民友」に記事が載る?????
いやだ・・・・・



No title

IKA さん
>お陰様でココロのカウンターが上がりました。
よりクールなオジサン目指して頑張ります(笑)。

いいえ~(笑)。応援しています。
この場限り・文章のみのお付き合いであっても
なんて言うかさ・・・・大事にしたいんですよ。
関わった人のことは。


こうたさん
>転向させられるかも、と考えたんじゃないですかねぇ。

するどいかも。IKAさんは紳士的なだけであって生半可ではないのに。
ダメだとわかった時の豹変ぶりは・・・
そこまで詰めてはいなかったのかな。

>かなり衝動的かつ感情的な対応
ふ~ん・・・。
もやもやと直感的にイヤだなと思うものをこうたさんが
言葉にしてくださって、なんだかとってもありがたいです(笑)。

>『父ちゃん、万が一って事もあっぺ!』
あ~はっはっはっはははははっは~!
素敵な父娘さんですね。

>リアル福島は、遥かに先を進んでますよ。
>そろそろ先に進みますよ♪

は~い!了解です!ラジャ!
次行きましょう!次!
ホルモン焼きがいいな~!

みんなとすれ違っちゃう

Hiroko さん
ありがとうございます。
いいぞいいぞと心強くなるお話ばかりでした。
Hirokoさんのブログ・ホームページが多くの方の力になりますように。

ものの見え方が変化すると
これまでの人間関係にも厳しい変化が訪れるかもしれませんが
それでも・・・ありもしない不安や恐怖でつながる関係よりは。
私はそう思います。
ま・ひとそれぞれで。


安積の白猫さん
おかえりなさい!こちらも暑かったですよ~。
できるだけ冷たい床の上で動かなくなってました。

No title

omizoさま、IKAさま、@iyao1さま、おつかれさまでした。

ある意味、タフな人物でしたね、と言うよりは違う宇宙の住人としか思えないです。

私もどこかで、こんなの投下してみようかと思っていたのですが。

①ECRRにいるのは、「がっかり博士」と「残念な博士」しかいないから、彼等の名前を出してきても片っ端から論破されるだけである。

②肥田舜太郎と矢ケ崎克馬は、「内部被曝・低線量被曝」の専門家と言うよりは、、「がっかり博士」と「残念な博士」の唱える「内部被曝・低線量被曝説」の研究家である。元がダメだから肥田舜太郎と矢ケ崎克馬唱える説は「ダメダメ∞」である。

こんなこと言っても彼には分からないかな。

No title

Hiroko様
現状がわかればわかるほど他人事ではないような気がします。見えないこと事態が恐怖に繋がりかねない中、不安や危険ばかりが先行する状態は決していい状態ではない思います。まず問題を共有する。その次に、それに対してどう取り組むのか?というのが大事だと思うのですが、なぜかそれが違う方向に。その理由は、教えていただいたサイトを見ればなんとなくわかるような気がします。

不安や安心は感情の問題で、理屈だけで解決するのは難しいかもしれません。ですが、正しい理解が必要なのも道理だと思います。
今回、大河原町放射能問題連絡協議会のホームページ制作を担当されるとの事。ご活躍を期待すると共に、一日でも早くみなさんの不安が取り除かれる事を願わずにはいられません。

今回のGCMふくしまに参加されるとの事。遠いところよりお疲れ様です。長い道中、気をつけてお越し下さいませ。


千貫森の宇宙人様
iyao様への返答を見ると、当然理解はできない(というかする気がない)んじゃないかなぁと思います。でも、是非それを書き込んでもらいたいですね。おそらく速攻で削除されそうですが…。

>安積の白猫さん

えぇ~!民友に記事?
と驚いて確認しに行っちゃいましたよ(笑)

そしたら違いました。

以前のエントリーで民友の記事を無断引用してた物に、使用許可を正式に貰いましたと言うだけの話です。

記事の内容は彼らの主張とは関係ないですし、掲載許可も彼らの活動を民友が認めた、あるいは支持している証拠にはなりませんね。
ましてやそれをもって、福島県民からの支持を得ているって・・・・随分と手前味噌な解釈ですなぁ~。



と言う訳で、地元新聞にトンデモ記事が載る、と言う訳では無さそうなのでご安心を~♪

矢け崎克馬・肥田舜太郎

 正直に言ってこの二人の言う事は、良くわかりませんね。

 矢け崎克馬は

 内部被ばくは危険だが、外部被ばくは極めて安全。

 肥田舜太郎は

 低線量になればなるほど、危険である。高線量は大したことはない。

 と言っているんじゃないんでしょうか。肺に溜まったプルトニウムは、半減期が2万4千年と極めて短いから、ウラン、プルトニウムの数億年の半減期より非常に危険。という小出氏の意見も取り入れて、危険性を煽っているけど、自分たちはどのくらい生きるつもりなんでしょうか。1万年以上は生きるつもりだったりしちゃって。

 飯沼氏は訴訟手続きをする前に、訴因について明らかにするべきです。どこが自分にとって不利益なのか、今まで言った事もないのに訴訟をちらつかせるなんて下の下ですよ。

こうたさん

あ、間違いでしたか。

しかし、新聞記事の方は「民報」の記事で、「民報」から掲載の許諾を得たのですよね。
でも、大江山の黒ネコ様のレスにはしっかり「民友」とかいてありますね。

それで私は誤解したんだと思います。

フッ(~ー~)フッ(~ー~)フッ(~ー~)笑い飛ばしていいでしょうか。(^▽^ケケケ

No title

福島の隣在住人 さん

飯沼です。と言うハンドルネームの方が、脱原発の日の準会員の飯沼(兵庫)氏もしくは、ベーシック・インカムの飯沼正晴氏であるかは、未確認である以上、飯沼です。と言うハンドルネームの方として、対応される事であるかと。

No title

>安積の白猫さん

確認してみたら、訂正のコメント入ってました。
書き間違いだったみたいですね~。

No title

Hirokoさんのブログに書き込みしてみましたよー。

「原発政策レーダー」
自分評価でやってみたら、B2と意外と反原発??

いやまあ、自覚はしてましたけどねー。
他所では工作員呼ばわりされた事もあったんだけど(笑)

omizoさん 重要なご指摘

でした。大変重要です。この点について、本日みなさん用に「追記」しています。

No title

ゆさま 福島の隣在住人さま

かのブログを見ると、コメント欄は荒れて、オーナー氏もかなりダメージを受けている様子、しばらくはそっとしておいた方がいいと思います。

ここで肥田舜太郎医師の主張について復習したいと思います。

肥田医師の主張「ぶらぶら病」は
①原因
原爆投下後の広島市に滞在することにより、体内被曝し低線量被曝によって。
②経過
ホットパーティクル説、ぺトカウ効果で説明できる現象により。
③結果
ぶらぶら病等を発症する。

しかし、ホットパーティクル説、ぺトカウ効果はかなり怪しい説として有名です。
http://togetter.com/li/261741
http://d.hatena.ne.jp/lovelovedog/20110813/petkau

肥田医師の主張する「ぶらぶら病」は、恐らくその多くが「原爆PTSD」だと考えられます。
肥田医師は自分が「ぶらぶら病」と診断した患者の症状が「シェル・ショック」と類似しているとは考えなかったでしょうか、元軍医なのに。
原爆投下直後に広島市内に入った人は、「はだしのゲン」に表現されたような光景を目にしたと思われます。それがメンタル面にかなりのダメージになったとは思わなかったのでしょうか。

全部とは言わないが、そのような過酷な体験によって受けたトラウマが、健康面に影響した患者もいると主張すれば救われた人もいると思われます。

感想なぞ

福島が好き、ブログコメントから「もう帰れ」と言われたんで帰ってきました。
こうたさんやomizoさんがコメ削除され、「こりゃタイマンか?」と思ったんですが以後「慇懃無礼勝負」となりまして…営業マンの得意分野ですからね。

最後ははんなりとローマ字の京都弁で「はよかえり」と言われまたこともありますし、コメントのなかの人は京都の人かなぁと思います、何となくですが。
それに「結果は疫学調査で2~3年後」と言っているそばから「鼻血が~」とか「甲状腺が~」とか平気で矛盾すること言っちゃうのは複数の人間が同じHNで返信しているかもしれませんね。

何より不勉強が目立ちました。もとになった情報紙同様、ブログコメントもソース示さないのは、拡散しきった情報を拾ってきて載っけているだけに感じましたね。甲状腺についての私のコメなんぞ穴だらけでツッコミ処満載なんですけど、何も言いませんでしたから。(それともはやく帰ってほしかったからかなぁ)

今回の収穫は「科学に対する不信」は、単なる知識不足だけではなく、「科学理論や定説がどのようにして成立するか」あるいは「科学者や研究者がどのような仕事をしているのか」がわかっていないからじゃないか、ということが見えてきた事ですね。
「リンゴとミカン」の件でつくづくそう思いました。
ついでに「どう責任とるんだ」論に一定の答えを出せたことは自分でも思わずスッキリしちゃいました。

>千貫森の宇宙人さん
>オーナー氏もかなりダ メージを受けている様子、しばらくはそっとしておいた方がいいと 思います。

私のせいですかねぇ。悪いことしたかな。(実はそんなに反省していなかったりして)

もうだめだあ!

>「慇懃無礼勝負」となりまして…営業マンの得意分野ですからね。
>「どう責任とるんだ」論に一定の答えを出せたことは自分でも思わずスッキリしちゃいました。

ちょっと見に行きたいかも・・・。

もう笑うのを我慢できない〜っ

IKAさん

「福島が好き」ブログ、ROMしていました。砂を噛むような相手の数々のコメントに「??」「…」などの消化不良を起こしていましたが、ローマ字表記のぶぶ漬けコメントにはもう、違うところで笑いのツボを押されてしまい大変でした。
なんだか人間臭い下世話さ(良い意味で)を見た気がして、これはIKAさんの粘り勝ちだと思いました。
勝負ありましたね。お疲れさまでした。

わたしもひとこと

リンゴとミカンあたりから、これギャグ?ギャクだよね?
しろいねこくろいねこはいいろのねこ…ねこがいっぱい。
丁寧なコトバで下手に出ると相手も油断して、引かかった瞬間にぐいっと釣り上げる。
お見事です。キツイ言葉で話すより効果があるかも。
ぶぶづけは…。向うにもユーモアを解するヒトがいたのかな?

こういったチラシを作る目的って、なんでしょううね。
こんな活動をやったんだぜ、と実績をつくるため(だけ)かなと思ったり。

No title

死刑存置論のうちに、理念的には死刑廃止、あるいは将来的な死刑廃止を支持するが、現在の社会状況に照らして、即時の死刑廃止に反対する「時期尚早論」が存在する。

言い換えれば、今は何も考えていない、死刑が存続されても、自己の生活環境が変わらないなら関係ない。 自己の関係ないところで、どこの誰が死刑になろうが、関係しない。 将来というのはただの方便。

廃止論者でも、自己の関係者が被害になれば、推進者に変わる可能性は、大いにありますが。 私も可能性高いです。 存続論者が自己の関係者が被害にあって、廃止論者になったという話は聞きません。

立法手続きを行わない、即時廃止論者。将来廃止論者、は、虚偽ですな。 

「チラシ」の仕組みは

よく判りませんが、儲ける(食っていく?)手段の一つなのかも。つまり元が全て(か大半)「寄付金」だとしたら。

話は「チラシ」そのものとはちと異なりますが、A団体が複数「篤志家」から寄付を集めて、そこから「必要経費」を差っぴいて、B団体(か、個人でもいいですが、とにかく他者)に寄付してしまうのって、一種の「中間マージン」取っているようなもの。ユニセフ日本支部でさえ、それで食っているという批判があります。黒柳徹子さんは、独自路線を採っていたと思います。

そもそも複数「篤志家」は、最初からB団体に寄付すればいいだけの話です。しかもB団体がありがたがるのは、寄付した個々の「篤志家」に対してでなく、A団体に対してになります。

よくコンビニに、細かいつり銭を寄付させようとする箱、ありますね。あれ絶対やりませんよ。ありがたがられるのはコンビニだし、もしかして「必要経費」抜いているかもしれないし。

「チラシ」の仕組みは さん?

なあるほど~!

あ!チラシのことはこっちで書けばよかったのか!

No title

死刑廃止論として、免罪があった場合に、どう責任とるんだ。 という意見もありますが。 無罪になった場合に、また殺人を犯した時は、どう責任を取るんだ。 というおなじことですから。 意味のない議論になります。 懲役20年以上なら。 なんとも言えませんが。警察庁指定115号の例があるのですが。出所の5日後に犯罪起こしてます。 郵便局強盗犯が、理由はを入れても、懲役20年以上にはできませんし。出所後に近々に殺人強盗まで起こすとは、予想不可能でしょうし。 

みかんとりんごの例でのみかんは。
刑事訴訟言うところの合理的疑いを超える証明 という事になります。

http://www.kensatsu.go.jp/kakuchou/naha/chief_faq2.html#faq2_no5

「刑事裁判における有罪の認定に当たっては,合理的な疑いを差し挟む余地のない程度の立証が必要である。ここに合理的な疑いを差し挟む余地がないというのは,反対事実が存在する疑いを全く残さない場合をいうものではなく,抽象的な可能性としては反対事実が存在するとの疑いをいれる余地があっても,健全な社会常識に照らして,その疑いに合理性がないと一般的に判断される場合には,有罪認定を可能とする趣旨である。」
とされています。

平成19年10月16日最高裁決定:裁判所HP
http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?action_id=dspDetail&hanreiSrchKbn=02&hanreiNo=35273&hanreiKbn

 ◇したがって,検察官の主張に反する事実が存在するという疑いに合理性がある場合(これを「合理的な疑い」と言います。)には,「無罪」ですが,「検察官の主張に反する事実が存在する可能性は完全にゼロだとはいえない」という理由では,「灰色無罪」となるわけではなく,そのような疑いが合理的なものとまでは言えない場合には「有罪」となるわけです。最高裁が指摘しているとおり,刑事裁判における証明については,自然科学の世界における論理的証明とは異なり,抽象的な疑いすら絶対に残さないまでに立証するということは不可能でもあります。有罪認定をすることに対する疑いに合理性がないと一般的に判断されるか否かの判断基準は「健全な社会常識」であり,これを超えて,反対事実が存在する抽象的な可能性をも否定することが求められると考えるのは誤りだということになるのです

異なる意見が存在しても、合理的疑いを超える証明をなされない事にはです。合理的疑いを超える証明が必要。

「健全な社会常識」 抽象的な言い方ですが。 死刑制度廃止も脱原発、原発廃止も。 無理だと思います。 死刑廃止論が合理的疑いを超える証明が、ですから。 

こうたさん からの質問

冷温停止状態でのブラックアウトでのリスクですが。
発電状態での圧力容器は


沸騰水型。水温度270~280℃ 圧力7MPa (70気圧) 
加圧水型。水温度340~360℃ 圧力14MPa (140気圧)

で運転されています。


定期検査するためには、容器の蓋を開けるために(燃料の一部交換、配置の転換など)、水温50℃ 圧力0.1MPa (1気圧)にまでおとして、からとなります。 燃料の運転時間により異なりますが、そこまで落とす期間は、数日程度でしょうか。

圧力容器の蓋を開けれる状況の1気圧 水温100℃以下 であるなら、福島1の4号機(プールに移されている状況)と同じ状況と言うことですね。

 運転中にと、冷温停止(蓋が開けれる)のリスクは、4号機と2から3号機のリスクとはなりますが。 今の低温停止中の原発は、4号機(臨界停止から3ヶ月)のリスクとはなりますが。 燃料の臨界期間(13ヶ月から3年)により、破壊熱の発熱はかわってくるので、炉内の燃料には、臨界期間が異なる燃料が入っています。 U235が減り、他の核物質に最大3分の2変わり、U238が最大1%Puに。この量で破壊熱の期間がかわります。
 





 

omizoさん

お返事遅くなりまして・・・・。

今回事故を起こした福島第一原発ですが、地震や津波に耐えた原発もありました。
第一でも5、6号機、第二原発や女川原発。

では第一だけが特に問題があったのか?
現在まで判っている範囲内ではありますが、事故に至った経緯を見て見る限りでも設計上、運営上での問題が数々有った事が明らかです。

他の原発はどうなのか・・・・?
より多くの原発が事故を起こさなかったのだから、第一だけがたまたま問題があったんだ、と言う考え方は出来ませんね。
設計、運営共に第一と同程度の問題を抱えていると想定して再検証しないといけません。

津波や地震の想定が甘いのではないか、とは良く言われる事ですが、自分は今後は「ブラックアウトは起こり得る」「電源喪失状態がより長時間に及ぶ事がある」等は織り込んだ上での対策が必要だろうと思うのですよ。

外部からの電源が破壊されて復旧がままならない場合の為の緊急用自家発電だけでは普通の対応ですね。
その発電機も使えない場合、緊急の電源をどう確保するか?
他所から持ってきて使えるようにする為の手筈、訓練が全くされていなかった為に今回の事故は被害を拡大させました。

全電源喪失後もある程度の時間持ちこたえる、その間に電源復旧して炉心損傷に至らずに済むぐらいの対策をすべきじゃないかと考えてるんですが、その為には現状では停止状態を維持するしか方法が無いと思うのですよ。

omizoさんの示された圧力や温度、冷温停止になるまで数日かかるというご意見からも、自分はその数日の時間は有事の際には大きな差につながると思います。

とまあ、そんな考えで「冷温停止でも再稼動でも危険性は変わらない」とは言えないのじゃないかと自分の意見を言って見たのでした。

傍観していましたが、

「向こう」のブログの管理人(?違うと書いていたかもしれませんが、便宜上)は、「○○山の猫」になってみたり、方言使ったり(ローマ字でしたが)、結局全部こちらの管理人さんの後追い、真似している。「まねっこ」。

こういうのも一種の「病気」なのかもしれませんね。このオリジナリティ、独自性のなさが、「チラシ」にも見えていると思いました。

傍観者さん

御意です!(これもまねっこです)
なんだって楽しくがいいですよね。

>オリジナリティ、独自性のなさ

昨年からずっと傍観者さんと同様に感じています。
ひとことだけ言ってく人も長文の人も
どんな意見でもいいんだけど多くはデジャヴ・・・。

「この人ともっとお話ししたいな」ってそそられる魅力が・・・。

タイトルなしも限界か?

>よしさん
もう最後は敵味方入り乱れてネコ同士がくんずほぐれつ…ってな感じでしたかね。
ネコ好きにはたまらん光景だったかも(笑)。
それにしてもコメントに返信する度に穴が広がっていくなんて…あそこまで乗っかってくるとは思わなかったですよ。
ソートー底の浅い方々であったのは間違いないです。
最初の「善人キャラ」もボロ出まくりでしたし。
反発は予想してました、っていってましたけど、それもどうかな~?って感じました。もっと賛同者が出ると思っていた感じがありますね。

>傍観者さん
私の解釈では「勝手にライバル宣言」だと思っています(笑)。
おっしゃる通りキャラ設定も「まねっこ」ですし。
もっとも結果をみると、セルフイメージでかすぎたか、福島の事不勉強過ぎたんでしょうね。

>なおみさん
おっしゃる通り、デジャブ大杉です。
去年から進歩していないんですよね。
まあ、他地域に比べても福島が進みすぎ、ってところもありますが。

IKAさん

>他地域に比べても福島が進みすぎ

ホントにそうかも!
遠くにパスを出し過ぎて、追いつけない仲間に苛立つ
かつての中田のように・・・?福島が?

時代は今!福島!!!

No title

IKA様
遅くなりましたがお帰りなさいませ。あちらでの奮闘、拝見しておりました。
長々とお疲れ様でした。
IKAさんがここのコメント欄に帰ってくると、少し雰囲気が変わりますね。やはり私の「IKAさんは、コメント欄になくてはならぬ方」という仮説は正しかったようです。
あちらのブログで出てきたスターングラス博士。こんな珍説があるようです→http://togetter.com/li/337086
もうあちらの方とやりとりする事もないかと思いますが、なにかの時にはこのまとめ(私が作成したわけじゃありませんが)を使ってやって下さいませ(笑)

No title

>ゆ さん
いやー、照れるな~。
そんなにおだてたってわたしゃ二酸化炭素位しか出せませんよ(あと加齢臭もだせる…かな?)。

スターングラス氏は、肥田氏を調べているときに知ったんで、結構前に(名前は)知っていました。
ややマイナー系の人ですから、知っていたとしても使いみちはあまりないかな、と思ってたんですが。

「福島が好き」ブログはまだヲチを続けています。
まあ、私よりもよっぽどしっかりした人達がお相手していますんで、出番はないと思いますが。
でも、なにか言いたいことができたらまた書き込むかもしれませんね。
その時はリンクしていただいたトゥギャッター、参考にさせてもらいます。



肥田氏で思い出しましたが、前に千貫森の宇宙人さんが解説してくれましたね。私も興味があったんでとても参考になりました。
あの人は「うつ病」ですとか「PTSD」といった概念が知られていない頃に「ただの怠け病」と言われていた方々に「あんたは病気なんだから、養生しなさい」っていった人なんで、そこだけは認めてあげてもいいかな~、なんて思っています(ちょっと甘いかな?)。
もっともその後はまったくのアレですが。

前も言いましたが、何よりも不思議なのは「ぶらぶら病」って健康保険きくんですかね?肥田氏の患者たちは自由診療で全負担していた?
まさか健康保険のために「うつ病って診断で保険請求してました」とか…。

さっきからIKAさんにばっかり絡んでる・・・

すみません。アタシ暇なのかも。

>そんなにおだてたってわたしゃ二酸化炭素位しか出せませんよ(あと加齢臭もだせる…かな?)。

そんなもの、あっち(ってどっちだ?)で出してきてくださいね!

>「ただの怠け病」と言われていた方々に「あんたは病気なんだから、養生しなさい」っていった人なんで、そこだけは認めてあげてもいいかな~

そう言われるとそんな気もします。

>まさか健康保険のために「うつ病って診断で保険請求してました」とか…。

こうなると「医学って何かね?」とまた菅原文太さんが
脳内にお出ましに・・・。

その気持ち(優しさとか善意とか世界平和とか)は同意できても
そのための行動(・・・いろいろあります)は認められないってこと。

蒸し暑いですね。

それは許してもらわないと…

加齢臭は気を付けますぅ。
でも、二酸化炭素は許してください。
息ができまっしぇん!

IKA さん

アタシ・・・そこまで鬼じゃありません(笑)。

No title

保険診療のためには、厚生省が定めた、病名が必要です。

 ブラブラ病なんて、保険診療の病名にない。 厚生省に認めさせられなかった。貴方の負け。 これほどの時間を掛けて、認めさせられ無いのは、他の医学者、医師が検証できないから。 広島、長崎大でも検証出来ないのに。 患者のためなら、レセプト病名ででしょう。 どう考えても、自己の主張のために、患者から金とっているとしか。

No title

………ぶはあっ、ぜー、ぜー。
なおみさん、よかったぁ。息止めてましたよ。

>omizoさん
ですよねー、だーれも触れないんだけど、ずえったい変ですよ。
実際数年前まで現役の医師だったんですから、肥田氏は。

No title

>自己の主張のために、患者から金とっているとしか

保険診療の病名にない病気を
お医者様がいいはったらどうなるのですか?

自由診療っていうのですか?保険が利かないってこと?それだけ?

美容整形のドラマで
そういうことには保険が利かないんだってのはわかりましたが

かかっている患者さんがそれでよしとしているなら
それで済んじゃうのですか?

なんか・・・もっとピントの合ったことを言いたいのですが
???ばっかりです。

徐々に戻りつつあります

今晩は。
本当はひまわりさんの所へ投下すべきだったのかもしれませんが、他県にいる自分としては気の効いたコメントも思いつかず、よって取り合えず(失礼!)こちらへコメントを入れる事としました。

福島民報ネットでこんな記事を見つけ、嬉しくなったので紹介させてもらいます。すでに県内の方はご存知かと思いますが。

【転出の小中学生185人戻る 郡山、1月より82人増】
 東日本大震災で郡山市から市外に転出後に再び戻ってきた小中学生は5月末現在、185人で、1月の調査の103人から82人増えた。12日に開かれた市災害対策本部会議で市教委が示した。昨年9月に60人が戻ってきてから徐々に回復傾向が続いている。
 市教委によると、5月末の調査で小学生136人、中学生49人が戻った。1月の調査の小学生80人、中学生23人から大幅に増えた。
 戻ってきた小中学生を含めた総転入者も876人となり、1月の699人から177人増えた。転出者数は小中学生合わせて1050人で、1月の1123人を73人下回った。
 学校の聞き取り調査では、年度が替わり戻ってきたケースが多いという。「実家に近い場所で暮らしたい」「親の仕事の都合」などが理由という。
 斎藤義益学校教育部長は「依然、転出している子どもが多いので単純に比較できないが、戻る傾向が続いていることはうれしい。多くの子どもが戻れるよう安心できる教育環境整備に努める」と話した。

(2012/07/13 14:57)
http://www.minpo.jp/pub/topics/jishin2011/2012/07/post_4479.html

これを裏付ける様に、福島県からの流出人口がこのところ減っており、徐々に戻ってくる人が増えてきているのがデータとしても現れています。↓
http://hinansyameibo.seesaa.net/article/280733879.html

こちら宮城県でも福島県の人口流出は地元新聞で大きく取り上げられ、個人的にもかなりのショックを受けていました。↓
http://www.kahoku.co.jp/spe/spe_sys1098/img/T0313_02.pdf

勿論、政府による立ち入り解除の影響もあるかと思われますが、何より現地の情報が徐々に知れ渡ってきた事にもよるのではと勝手に想像しています。
そして何よりも、子供達が戻ってくるというのは本当に嬉しい事だと思います。
出来ればこういう情報も、ローカルばかりではなく全国的に広く発表してもらいたいと望むものです。

No title

IKAさま

前言撤回、彼(大江山の黒猫)はまだまだ叩かれるべきです。

また変な記事をエントリーしたと思ったら、コメント欄閉鎖しやがりました。いろいろと突っ込みどころいっぱいなエントリーだったのですが、とりあえずこれ。彼が強制避難の根拠としたプリピャチがどこか調べたらここでした。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%AA%E3%83%94%E3%83%A3%E3%83%81
http://maps.google.co.jp/maps?ie=UTF8&ll=51.397439,30.078936&spn=0.026936,0.081282&t=h&z=14/
チェルノブイル原発に一番近い町やんけ、いいかげんにしろ・・・・ですよ。

osatoさん

いい情報、ありがとうございます。

No title

保険診療の病名にない病気を
お医者様がいいはったらどうなるのですか?

自由診療っていうのですか?保険が利かないってこと?それだけ?


保険診療の病名にない病名を、医者が作れば、保険審査は通りませんから、自由診療で、全て自腹です。当然に、厚生省の認可術技能ではないことになりますから、医者が全責任を負うことにですし、承諾した感じ側もその責務を負う。実験的医療行為分野。 帝王切開等に関する術式は、保険適用です。その状況が健康、身体への侵略が有るのですから、ほっておけば、生命等の危険がある。

美容外科は、その状況が健康、身体への侵略が有るのか。ですから。 保険適用なら形成外科の領域です。 

銀座眼科の例をだせば、レーシックの術式を行える技能が有るか、です。自由診療には、それなりの患者側の知識も必要と言うことです。

 Y産科医院のような、妊婦が全て受け入れると言うなら、問題はないですが。 レセプト病名とは、保険診療病名と同じ治療を、おこなっても治療できるが、違う病名なら保険は通らない場合に、患者の負担を減らすため、同じ術で治療が行える病名にして、治療と保険を通す事です。  ぶらぶら病の治療がどの様なものか知りませんが、精神疾患であるなら、保険診療で可能な事もでしょう。

 何のために、自由診療で行なっているの?。です。

患者と医者で、ぶらぶら病は、ぶらぶら病なんだよ。と、言うことで、保険は使わない、と言うなら何にもいいません。それで、補償せよと言うならべつです。 厚生省に、ぶらびら病と言うのを認めさせる事です。 


彼のブログがコメント欄閉鎖しても、それはブログ管理者の勝手ですから。好きにすればです。 今までのコメントも全て消せばよいのに、自称被害者をでしょうから。 都合の良い物は残すのでしょうね。

私のコメントを一発削除した時点で、展開が困難になったのいでしょうね。 ほっておくしか。 

それより、ここの名誉毀損訴訟は、どうなったのでしょうね、
飯沼です。と言うハンドルネームの方は、福島が好き。の人たちの名誉を毀損しているのかも。 福島が好き。の関係者を装って、信用を失墜させている可能性もですから。福島が好き。からの回答がない以上、関係者と、思われてもですね。 関係ないと、言ったほうが良いような気もしますが。

omizoさん

ありがとうございました。

>回答がない以上、関係者と、思われてもですね。 関係ないと、言ったほうが良いような気もしますが。

いろんなこと、ほんとに・・・そうですよね。

OSATO さん

先日、証明書を取るために役所に行ったら
ももりんの表紙の、ちいさな(手のひらサイズ・手作り)
コピーの冊子がありました。
もらってきた。

人口の増減とか・・・いろんな福島市の数字・統計を載せてある
それを見ると・・・そんなに子どもも減ってない。

ニュースで感じるあの「印象」はナンなんだろうと思いました。

No title

>OSATOさん
ほんと、うれしいニュースですよね。
(確かにひまわり先生のところではそのニュース、微妙かもしれませんね。今は)
なおみさんも感じる通り、極端に子供が減った感じはしなかったけど、実際数字出ると心強いです。
おっしゃる通り、福島以外の人から見ると自主避難した人なんかが「福島県民代表」になっちゃうんだろうから、こういったニュースをもっと大きく取り上げて欲しいです。

みんな、おかえり!

>千貫森の宇宙人さん
「福島が好き」ブログ、コメント承認制をとるみたいです。
まさか私が「また書き込むかもしれませんね」なんて言ったから?(自意識過剰コメント)
相変わらずのダメダメ記事ばかりの上、説明も証明もなしですからね。わざとなのか、本当にアレなのかはわかりませんが。

ところで、新しいエントリでウクライナの専門家?の方のインタビューで「健康な子供は27%しか生まれない。70%は何らかの病気を抱えている」ってインタビュー紹介していますね。
前から出所がわからなかった話だったんですが(チェルノブイリ・ハートにもそんな話があったような?)もしかしたらこの辺がソース?。
初めてあそこが役立ったのかも(笑)。

>omizoさん
医者が健康な人に適当な病名(レセプト外のもの)つけて、自由診療でお金をとった場合、詐欺罪には当たらないんですね。

う~ん、患者本人が「自分は病気」って思っていたら訴える人はいないと思いますし、ちゃんとした医療機関に行かないのは自分の責任だし、代替医療でも同じような問題がありますけど、刑事事件になった例はあまりないしな~。(医師法違反、薬事法違反はたまーにあるみたいですが)

No title

医者が健康な人に適当な病名(レセプト外のもの)つけて、自由診療でお金をとった場合、詐欺罪には当たらないんですね。

傷害罪ですね。 医療行為が正当かですから。 医師法は、身体に侵略的行為を正当化するために、現状が健康、身体に侵略的危機が起こっているが、前提ですから(美容外科は、微妙ですが、精神への侵略的)。 山本医師、溝口医師へは、同業者から、業務上過失では、ありえないと、言われるところです。

 まぁ、医者が健康ですよと、言っても、聞き入れない人もいますからね。
自己は、健康を害していると、言い続ける人もです。 逆の人もいますがね。 撃たれたく、刺されたくないので、お引き取り願いますが。 カルテに、シール貼ってね。 シールは秘密です。ヒント、帰る、帰ると言う人。
カエル。カエル。 紙の時代ですが。今は電カルですから。できませんがね。
 

お詫びと訂正

子どもたちを放射能から守るみやぎネットワーク代表の太田茂樹氏について左翼活動家と思わせるコメントがありましたが、そのような事実はありませんので訂正します。

子どもたちを放射能から守るみやぎネットワークの皆様、代表の太田茂樹様、信夫山ネコ様およびご覧になっている皆様にご迷惑をかけまして誠に申し訳ありませんでした。

ここでいいのかしら・・・

オフ会でのお話。いろいろありましたけど。

純粋にボランティアで関わっていたことが
いつの間にかお金を集める「きまり」が作られていて
そんなつもりはなかったのに
自分もそのことに関わってしまったようで
(賛同していないし、聞かれてもいなかった)
煩悶する・・・ということがあるようです。

ますます複雑になる福島。
友達の友達は友達か?

だから見極めは難しいし、私も間違えます。
っていうか、よくわかんない~って煩悶する毎日です。

取り急ぎ御礼申し上げ…

今回オフも幹事様、参加者様の皆様より愉しきお時間と川俣軍鶏の美味を戴き、本当に有難うございました。

ひまわり先生も寄られ、色々と…恐縮なり。
頑張らないよう頑張れです、先生!(失礼ながら)

そしてフラフラ未だ帰宅途中にて…いつもやん(笑)

タイミングよく
お盆と言えばいわきのじゃんがら念仏踊り!

津波で大破した道の駅よつくら港も仮テント店舗からやっと8月リニューアルオープン。
海側の傷痕未だ残しながらも…

慶長年間辺りから続く鉦と太鼓の音が飛び跳ねる激しいじゃんがらは弔いと癒やし。

そして川内村も復興祭契機に…カエルも少し長き冬眠から目を覚まし…。

そういや昨年春はフォーレのレクイエムをよく聴いてたっけ。

でも笑う門には福来る、おもろな損損。

仁さまから席上教わった
"ラフマニノフの手"コント動画をお口直しに(笑)
http://m.ameba.jp/m/blogArticle.do?unm=tokospiano&articleId=10114333822&guid=ON

(ピアノ版)

仁さまネタをぱくってすみません。
でもミニピアノはないけど、マルクスブラザーズっぽい、こんなん結構大好きにて御紹介有難うございました。

取り急ぎ御礼兼ねてご報告(笑)

幹事さまご苦労様です。

わざわざありがとうございました

お盆も終わり、遠くからのお客様も茄子の牛に乗り
たくさんのお土産を持ってのんびり帰られることでしょう。

まだまだ暑さは続きますが
みなさまお元気でお過ごしください。

オフの御礼

なおみさん
義阿南高地さん

この度はどうもありがとうございました。このブログの皆さんのオフは初参加でしたが楽しい時間を過ごさせていただきました。

ラフマニノフの手の件、ラフマニノフは自身がピアニストで、手が異常に大きかったとお話ししましたが、コントはそれをネタにしたものですが、義阿南高地さんの貼られたリンクがどうも違うようです。僕が見た動画はこちらになります。:
http://youtu.be/ifKKlhYF53w

なおこの二人の他のビデオがこちらにあります。
http://www.igudesmanandjoo.com/video/

ちなみに翌日行った福島県立美術館のルーブル美術館所蔵の作品を集めた美術展はなかなか良かったです。

機会があればまたお目にかかります。本当にありがとうございました。

ありがとうございました。

オフ会に参加させていただきました。
皆様、書き込みの印象と同じでなんだか安心してしまいました。
日頃は一人で考えていますから、実際口に出して思いを共有できて嬉しかったです。
その思いを支えに自分の場所でがんばるニャン。

「ラフマニノフの手」動画再掲お手間とらせ申し訳ありません

携帯から見るとブログ記事下段にリンク張ってあったのですが、PCから見るとアメーバブログトップのみ表示にて毎度ながら失礼しました。

re-tsuさま、安積の白猫さま
くぅ(笑)、三春でも聴きたかったです!


三春町コンサートや東日本大震災チャリティーみんなのコンサートで取り上げられたパウル・ヒンデミット

ヒンデミット事件を迂闊にも詳しく知りませんでした。

ナチスドイツ台頭時はフリッツ・ラングなどの映画人以外にも音楽家、画家等、ナチスに反抗した芸術家の方々も退廃芸術レッテルと共に迫害され米に亡命されていたのですね。
http://jig200.mobile.ogk.yahoo-net.jp/fweb/0826FZP0A3PyCQ3d/0?_jig_=http%3A%2F%2Fja.wikipedia.org%2Fwiki%2F%25E3%2583%2591%25E3%2582%25A6%25E3%2583%25AB%25E3%2583%25BB%25E3%2583%2592%25E3%2583%25B3%25E3%2583%2587%25E3%2583%259F%25E3%2583%2583%25E3%2583%2588&_jig_keyword_=%83q%83%93%83f%83%7E%83b%83g&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fonesearch%3Fp%3D%2583q%2583%2593%2583f%2583%257E%2583b%2583g%26fr%3Dm_top_i%26guid%3DON&_jig_source_=srch&_jig_ysid_=k985UN5tNHZkoq6z.TLb&guid=on

米時代の弟子にスティングやスローターハウス5、ガープの世界等撮った映画監督ウォルターヒル等にはびっくり(笑)

レッテル張りは
排除の常套手段

ポピュリズムとは
判らない=反抗せし者は煽り冷遇or排除なのかも
文楽しかり(苦笑)

コメント欄飛び連チャンか?
信夫山ネコさま
いつもながら失礼しました。

研究

I came to your blog because I'm currently doing some research on writing in Japanese and English. If you have time, I was wondering if you could take my survey? It's in Japanese and you don't need to have knowledge of writing.

This is the link:

https://docs.google.com/spreadsheet/viewform?formkey=dHJ1eDNnMnB5ZlFBT2RKcEFjNlVYLWc6MA#gid=0


This is the Japanese explanation:

みなさんが高校や大学などで、日本語で小論文、エッセイ、手紙などを書くことについてどのようなことを教わったのか研究しています。そして、母国語(日本語)で文章を書くことを教わった経験について知りたいと思っています。これを知ることによって、みなさんが英語で文章を書くこととどう関わっているか比較することができるからです。

このアンケートでは、日本語で小論文、エッセイ、手紙などを書くことに焦点をおいています。
アンケートは英語版と日本語版がありますが、どちらを選んでいただいても結構です。
アンケートは4つに分かれており、およそ20分程です。

アンケートにご協力頂き、また私の研究のためにお時間を頂き誠にありがとうございます。

No title

飯沼氏は、若いころに、反原発の運動に関わっていたそうです。
悪い人じゃないんですが、思い込みが激しいところがあって、
周りの人を不快にさせてしまうところも、あるみたいです。
「福島が好き」も彼なりの使命感の発露なんですよね。。。

だからといって、福島の人々を不快にさせていいって
わけじゃないですが。

あと、性格的に、自分の弱みに突っ込まれたときは
華麗にスルーするという傾向があるのも、事実。

あまり暴力的な手段に訴えかける人物では
ありませんので、不快なようでしたら、
無視されるのが一番かと思います。

No title

>グリゼルダさん

ありがとうございます。ここに書いてきた「飯沼です」さんは、高名な霊能者の飯沼氏本人ではないな、という感触を得ていました。もう「当時」という感じですが。

グリゼルダ さん

理解者がいるって
とてもありがたいことなんだなあと思いました。

こんな風に教えていただけると
そっか・・・そうなんだ・・・と
少し気持ちが和らぎます。

No title

>グリゼルダさん
懐かしいエントリ、久しぶりに眺めてしまいました。
あの時の私は若かった…。

今回のデマ騒動、ごく一部を除いて皆さん「普通の人」であったり、「善意の人」だったりするんですよね。
それぞれに何が正しいか、悩んだりしたと思うんですよ。

最近、分断とか断絶とか…そういった言葉が頭をよぎります。
目的のために人は何を出来て、何をしてはいけないのか…。
本当に難しい。
思い込みが人を惑わすのか、思い込むことが必要だからそうするのか…。
わからないことだらけですね。

私みたいな俗物は、迷いながら、進んで行くしかないな…
教えてもらったり、自分で考えたりしながら。
そう思っています。

お話してくださってありがとうございます。
わからないことが少しだけ減ったような気がしました。

矢島祥子医師不審死事件

大阪市西成区で起こった矢島祥子医師不審死事件のことを調べていたらこのページにたどり着きました。この事件を調べると怪しい人が多いです。

福島が好きを見たのですが。  

福島でもう子どもたちが甲状腺がんに犯されている
と、いう話を聞きます。
それでも福島第一原発の事故とは関係がない、関連性は低い
と、言えるのかな。  

これ見たんですけど
生きてるうちに帰れるのかと、いう浪江町から
二本松市に避難している男性 
福島県の県民健康調査で7歳のお子さんが
車の中でお母さんにどうせ病気になるんでしょうよ 
と、言ったのがありましたよ。
それだけ事態は深刻になっているんじゃないですか。
ウソっぽくは感じないと、思いますが。
福島も復興したいのはわかるけど
放射能のおそろしさが深刻化してるわけだから。 
管理人さん、ここに書き込みしてる一部の人たちは
放射能たくさん浴びて平気だと思うのかな。

No title

>ブルースカイさん
はじめまして。

>福島でもう子どもたちが甲状腺がんに犯されている と、いう話を聞きます。 それでも福島第一原発の事故とは関係がない、関連性は低い と、言えるのかな。

このblogのエントリ
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-131.html

でも説明がありますし、他のエントリやコメントにおいても皆さんでお話している通り、「福島の子どもたちの甲状腺に特別な変化は見られていません」。
甲状腺ガンが発見された経緯については、「甲状腺検査を受けた子どもが多かったから」です。
「福島第一原発の事故とは関係がない、関連性は低い と、言えるのかな。」という質問については、「関連性が低いことは間違いない」と言わせてもらいます。

福島で発見された甲状腺ガンの解釈についてはこちらのまとめ

http://togetter.com/li/478347

の「甲状腺超音波検査」の項目がまとまっていて、お勧めですね。大変かもしれませんが、是非お読みください。
(それにしてもこのまとめ、こういった紹介には非常に便利ですね。kazooooyaさん、ありがとうございます)

>生きてるうちに帰れるのかと、いう浪江町から 二本松市に避難している男性

この男性の年齢がわかりませんので、何とも言えないのですが、浪江町も場所によっては自由に入れるようになりましたし、一時帰宅のみの頃に比べれば状況は僅かながら改善していると思います。でも、「生活」という意味では放射能以外の問題…生活インフラの整備等…もあり、簡単ではないと思われます。

>福島県の県民健康調査で7歳のお子さんが 車の中でお母さんにどうせ病気になるんでしょうよ と、言ったのがありましたよ。 それだけ事態は深刻になっているんじゃないですか。 ウソっぽくは感じないと、思いますが。

私も必ずしもウソだとは思いません。しかし、僅か7歳の子どもが「どうせ病気になる」なんて言い出すのは「放射能の被害が深刻」「子どもたちに甲状腺ガンがー」なんて不安を撒き散らしている人たちによる影響の方がよほど大きいのではありませんかね?
いくら子どもでも「世間の風評」は耳に入りますし、本来心配してもしょうがない事を「心配しろ」と言う方がよほど罪深い行為だと思います。

と言いますか、検査結果を知る前から、子どもが「どうせ病気になる」なんて言い出すからといって、本当に病気が増えていることにはならないと思うのですが。
まあ、子どもが「不安煽り」によって将来を悲観してしまうなんてストレスフルな状況は、おっしゃるように「深刻な事態」だと言えるかもしれませんけれど。

だからこそ「不安煽り」はやめていただいて、しっかりとした「調査、分析、科学的判断」をもって対処していきたいですし、多くに人にもそうして欲しいと思っています。

>放射能のおそろしさが深刻化してるわけだから。

放射能による影響は多くの科学的データが蓄積されていますから、福島第一原発の事故後急に深刻化したわけではありませんね。

>管理人さん、ここに書き込みしてる一部の人たちは 放射能たくさん浴びて平気だと思うのかな。

「たくさん」というのがどの程度の量を指しているのかわかりませんが、ここに書き込む人たちが「放射能は安全」と思っている人はいないと思いますよ。
私も「確定的影響」が出るような線量を浴びたいとは思いませんし。
要は、現在福島の多くの地域で計測されている放射線量を「たくさん」とは思っていませんし、心配するだけ損だ、と思っているだけだと思います。

懐かしいエントリーが・・・

「福島が好き」って、どうしようもない煽りサイトですよ。
チラシ1号出した当時でさえ古すぎ、いい加減な記事で批判殺到して、コメント削除しまくってますし。

「フクシマの事故はチェルノブイリ以上、情報は隠蔽されている、日本政府はソ連より酷い」なんて話をされてもねぇ。
冷戦時代のソ連がどんな国だったのか、ご存知無いのかなぁと・・・・。
そんな話が本当なら、「放射脳」と呼ばれる人たちなんか纏めてシベリア送り後に行方不明にされてますって(笑)

現在では実測によって不確定な要素はかなり減って来ていて、健康被害は殆ど心配無い、とされているのに、それでも不安を煽る為には現実の方を都合良くねじ曲げる人は相変わらず居るのですよねえ。
何が目的かは知りませんが(笑)
騙されない様に注意が必要ですなぁ。

ブルースカイさん

ブルースカイさん  初めまして。

>福島も復興したいのはわかるけど
放射能のおそろしさが深刻化してるわけだから。

私、以前から疑問に思うのだけれど、福島原発事故で放出された放射能って本当に「恐ろしい」ことだったのだろうか、ってことです。

一般常識として放射能は「大量」に浴びれば恐ろしいのは分かりますが、今回の原発事故によっての「避難区域」等に指定された場所が「恐ろしい」結果を招くような「線量」だったのだろうかとさえ思います。

私の生まれ故郷・飯舘村は、最も線量が高かった時期(原発事故直後は平均30~50μ㏜/h以上あった)に、ほとんどの住民が「普通に暮らして」いました(一時的に短期間避難した人もいましたが)。

もちろん、私の両親(ともに80歳越えと高齢なので参考にならない、のかな)や兄弟、親せき・知人などがたくさん住んでました。

あれから2年以上経ち、その間に住まいが自宅でなく仮設や借り上げ住宅に変わってしまいましたが、特に体調が急変したりしたという事はないんですよね。

いや、大きく変わった点がありました。
長年住み慣れた「ふるさと」を追われたことによる「喪失感(生きる目的・張り合い=生きがいなど)」の大きさです。

今でこそ「仮住まい」の環境に慣れたために、避難当初のような喪失感は無くなっているようですが、これが逆に復興の妨げ=「ふるさと」の荒廃につながっているのが大きな問題になっていますね。
 
それと、よく放射線の影響は2年や3年で出なくても20年30年、いや何世代先に出るんだ、と言われますが、それってしっかりとした科学的・医学的根拠から言っているのでしょうか?

そもそも私たちが、常日ごろ、体に害があると言われるモノ(今回は放射能、放射線)を体内に取り込んだり浴びてから2年以上も健康的に何もないのに、まだまだ「あきらめずに」(笑)先のこと心配すべきだ、で心配し続けていたらいったい何のために生きているのか?そんな人生って楽しの?って思いますね。

例えれば、車に乗るといつ事故を起こすか心配だからと乗らない、とか列車も飛行機も絶対事故を起こさないとは限らないから利用しないとか、子供の登下校時いつ無謀なドライバーが突っ込んでこないかと心配だからと車で送り迎えしている(車は危険だから乗らないと矛盾してしまうね)とか・・・・。

そんな心配ばかりしていたらかえってストレスから体を壊さないか心配してしまうな。

>放射能たくさん浴びて平気だと思うのかな。

私の事かな?
原発事故後も変わらず放射線量が高いと敬遠されている山に登ったり、頻繁に実家の飯舘村に行ったり、今は自由に通行できなくなりましたが去年の7月までは浪江町津島地区(マスコミで時々報道されましたから分かりますよね)にも何度か行きました、しかもバイクで。

もしかして、そんなバカなことをしている私が、早く健康を害さないかと「期待」してる、なんてことはないですよね?

ブルースカイ さん

>放射能のおそろしさが深刻化してる

???どんなふうに???
とても抽象的な表現ですね。

いろんな検査結果が出揃って
あの状況下で「幸運なことに」
大丈夫だったよっていう
科学的なニュースしか私は存じませんが。

収束作業等・課題は山積していますが
この結果を無駄にしてはいけないし
今がんばってる人たちの心をくじいてはならないと思います。

>放射能たくさん浴びて平気だと思うのかな。

あのね。
いっぺんにたくさん浴びちゃダメですよ。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

「ミュージシャン」?

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

ありがとうございます。

プロフィール

shinobuyamaneko

Author:shinobuyamaneko
 福島県福島市の信夫山に住むネコです。
 原発事故以後ネット上には「もう福島市は放射能高くてダメ!逃げてください!」「福島はチェルノブイリ以上!」「子供を見殺しにしないで!」等の「反原発の叫び」が溢れてます。ネコはどこにも逃げられないから、もうノイローゼ気味。こういう「叫び」「脅し」の効果もあって福島に来る人は激減。街は沈み、市民は「すぐに逃げてください!」に怯えながら、静かに暮らしています。(←最近は嘘・デマがバレてきて、みんな元気になってきた感じだにゃ。)
 しかしね~、この種の「叫び」の根底に、「反原発」の「福島壊滅ならば原発全廃にできる!大大大チャンスだ!」っていう心理はないですか?原発全廃の為にはまず「福島壊滅」が必要とばかりに、科学的、医学的、論理的に怪しい説、大げさな数字等が「連呼」「拡散」されていないですか?それが「正義」になっていませんか?
 信夫山ネコは「故郷福島壊滅」を「原発全廃」の手段にされてはたまらんです。もし根拠がない数字や説の拡散によって、旅館の経営者が自殺するとかの悲惨な「風評被害」が出たら、大人しい福島人も終には訴えたりするのかにゃ~?!今はとにかくデマ、風評、誇張、脅し等を除染しながら記録するにゃ。(「リンクフリー」です 対「反原発」、対「放射脳」等での引用ご自由に)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR