終焉に向かう「反原発」(7) 「反原発」団体「オペレーション・コドモタチ」の「殺人予告」

もう既に有名になった事件だが、「子どもたち」を「自主避難」させるのが目的らしい(ハーメルンの笛吹きだにゃ)、「反原発」団体「オペレーション・コドモタチ」が、意見が合わない反「反原発」の人々に対し、「殺人予告」した。

石井孝明氏の記事が、リンクも含めてとてもまとまっているので、以下に引用するにゃ。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20120412-00000309-agora-bus_all

(元はこちら)http://agora-web.jp/archives/1447468.html

オペレーションコドモタチが石井孝明を脅迫?=反原発運動・放射能パニックの過激化への懸念 - 石井 孝明

アゴラ 4月12日(木)16時44分配信

市民団体による殺害予告

私は脅迫されたそうだ。

オペレーションコドモタチという団体がユーストリームの映像を流している。石井孝明というジャーナリスト(私だ)を「まあ、あいつは絶対どこかでぶんなぐるから。ふざけんなよ。」と、横川という人物が名指したそうだ。多忙で、腹を立てるのも面倒なので、私は映像を見ていない。こんな団体は知らなかった。

私には「殴る」だが、大阪大学の菊池誠教授とツイッターハンドルネーム「いいな」さんを、「殺すぞ」と言っていたそうだ。これは犯罪だ。(トゲッターのまとめ「OPK(オペレーションコドモタチ)の横川氏(keiki22)による、いいなさん(iina_kobe)とキクマコ先生(kikumaco)への殺害予告」)この団体のサイトを見ると気味が悪い。住所、代表者は明確でははない。子供たちを救うといいながら、活動実績の詳細と収支を公開していない。それなのに派手なサイトで、寄付だけを社会に求めている。反社会性を持つ集団が「コドモ」を語る。この姿は不気味だ。

北海道庁がこの団体に公金を投入したという指摘をしている人がいる。(トゲッターのまとめ「OPKオペレーションコドモタチの実態調査」)福島の農家を「人殺し」呼ばわりし、学長に戒告処分を受けた早川由起夫という問題を起こし続ける群馬大学教育学部の教授がいる。この人物が科研費という公金を使って、この団体とイベントをしたそうだ。(サイト「きのうのOPKひなまつり企画は、私の科研費『インターネットを活用した情報共有による新しい地学教育』の重要な成果だったと思う。」)これらはいずれ追及しよう。

私などを脅迫した中継は、吉本興業所属のタレントの「おしどり」という人物が映っていたそうだ。この人は自由報道協会の関係者で、妻のおしどりマコは週刊文春で「福島で甲状腺がん」という大誤報をやらかした人物だ。また山本太郎氏、千葉麗子氏といった、反原発運動で問題のある過激な言説、活動をしている人がこの団体を支援している。周辺も問題がありそうだ。

私は関係者を割り出し、内容証明郵便を送付し、謝罪がなければ、刑事告発、さらには公金の支出者への通報をするかもしれない。そもそも殺害予告時点で、犯罪を構成している。

コドモタチのために悪い大人を懲らしめるため「オペレーション「オペレーションコドモタチ」ツブシ」に、私は立ち上がるかもしれない。愚かな人々に付き合う時間は私には少ないのだが。

「放射能をめぐるばかさわぎを止め、社会を平常に戻そう」

ちなみに、私はなぜ嫌われたのか。私はたいして影響力はないが「放射能をめぐるばかさわぎを止め、社会を平常に戻そう」と主張してきた。

繰り返すが、福島原発事故によって起こった放射性物質の拡散によって、健康被害はこれまでも起こっていないし、普通の生活を送る限りにおいてこれからも起こらない。

ちなみに放射能を避けるために福島、東日本から別地域に移住するのは、大半の人にとって、金と時間の無駄と考えている。住み慣れた生活を壊し、金銭的な出費をする必要があるとは思えない。特に、子供には、移住で心と体に負担をかけたり、放射能の恐怖を語り精神不安をかきたてるより、科学的事実を説明して「健康被害はない」と安心させることが周囲の大人の責務であると考えている。もちろん自己責任で移住してもかまわないし、移住した方が心の健康にいいならそうするべきである。

また「原発」の問題としてあらゆる問題をひとまとめに扱う雑な議論をするのではなく、論点ごとに問題に向き合わなければならないと思う。放射能対策と、原発の是非は、特に分けなければならない問題だ。「権力=安全強調=原発推進=悪」「反権力=危険強調=原発反対=自然エネルギー=善」という雑な議論では何も解決しない。

オペレーションコドモタチという反社会団体の人々は、こうした当たり前の考えを理解できないようだ。

普遍的な現象「行き詰まった運動の過激化と自滅」

読者の皆様におかれては、公的な場のコラムで私事を語り、ご不快の念を抱かれたなら謝罪したい。ただし現在の反原発運動の問題の一端を考える例にはなると思い紹介した。

今、社会では好ましい動きがある。放射能問題では社会が落ち着きを取り戻しつつあるのだ。冷静に放射能問題、エネルギー問題に向き合う空気が出ている。

一方で問題もある。社会規範に鈍感な風潮や心性が、「3月11日」後の日本社会で強まった印象が私にはある。「乱暴な言葉で相手をののしっていい」とか、「正義の実現のために危ないことをしてもいい」などの態度が垣間見える。

公権力の言っていることが間違っていたときに、遵法意識などの社会規範が崩壊することは、歴史上よくあることだ。「原発問題で、政府が間違っていたから、俺たちは政府に何をしてもいい」という感情が、倫理規範の弱い一部の反原発派の中に出ているように思う。非常に残念な動きだ。

確かに「原発は安全」という政府と電力会社の言葉は間違っていた。怒りは私も共有する。だからと言って、社会規範を逸脱する動きを私は個人ではしないし、他者の逸脱も批判する。

また行き詰まった社会運動が、一部の特異な人によって、変な方向に動き始め、自滅することはよくある。フランス革命、ロシア革命から日本の連合赤軍、アルカイダまで。歴史を見ればよい。社会が落ち着くなかで、取り残された愚かな人々がいろいろな思惑を持ち、過激化する。

こうした動きが社会規範のゆるみと同時に起こることには、注意をする必要があるだろう。いらだちが、社会に悪影響を広げないように、監視、対応をしなければならない。上記の私への脅迫という事件は警鐘の一つと思う。

石井孝明 経済・環境ジャーナリスト ishii.takaaki1@gmail.com

(石井 孝明)


というわけで、「オペレーション・コドモタチ」の代表(?)横川圭希氏によって、これまで再三福島を応援してくれていた石井氏は「殴る」、大阪大学の菊池誠教授と、ツイッターHN「いいな(iina_kobe)」さんは「殺す」と脅された。この人たちは「反原発」から見たら、よほど目障りだったのだろう。こっちからみたら、心強い味方だったのににゃ(それにしてもチバレイって福島南高の卒業生なのににゃ~。福島銀行のポスターに出ていたころはマトモだったか?)。

この「殺人予告」は元々は、USTREAMの二時間の生放送だったらしい。しかしこちらに13分のダイジェストがある。
http://www.youtube.com/watch?feature=youtu.be&v=8AoP6Txzswc&gl=JP
画面左のほとんどはみ出て映らないのが横川氏。映りっぱなしの男女は「おしどり」か(お笑いなんて興味ないから知らない)。本物の「おしどり」とは逆に、♀の方がケバいにゃ。

(内容要約)

いきなり「安全厨て何で除せんするのか、安全ならそのまま住め」てな話から始まるが、すぐに「いいな神戸は殴る、キチガイ」てな話になる。そして
1'50"には早野さん、野尻さん、菊池誠さんがDISられる。その後石井孝明氏の話になり、
2'44"で「絶対殴る」。
3'16"で岩田健太郎氏(注:神戸大学教授)を「(医者なのに)いきなり安全と言うから、アホ」と言ったとか。その後早川師のサイトにあったか何かの、東京の花見の話になり、「東京で0.2、千葉で3、福島で300ミリでも、リスクは同じ。東京は危ない」云々。
6'あたりでは「フクシマ50」が実は死んだ、という話になる。

あちこちでいいなさんの話しになるのは、いいなさんがこの放送を聞きつけ、ツイッターでリアルタイムに反応しているから。また横川氏が「絡まれていないけど~ブロック」云々とかいうのは、やりとりしていないのに嫌っていて、最初からツイッターで受けつけていないことのようだ。

8'39"で竹内容堂さん(ホワイトレイヴン)を「安全と言いながら除せんしている」と詰り、「安全側が除せんはおかしい」が続く。
9'20"では「二人かな、いいな神戸と菊池誠、この二人だけは、本当殺っちゃいそうでコワイ」
12'05”「リアルで殺す」
12'25" 「本当に殺るぞ」
12'40" 「竹内君だって殺る」
13'19' 「全部一人一人、暇になったら殺るから」

(以上 オーディオ環境悪いので聞き違いあったら許してにゃ)
横川氏のタバコにはワロタ。

こちらは「メモ:オペレーションコドモタチ殺人予告 関係者ツイート」
http://togetter.com/li/285734

いいなさんがこの「放送」に気づいて、菊池さんらに伝え、警察沙汰になっていく様子がわかる。なおダイジェストには入ってないが、いいなさんの二人の子供まで、殺すと言われた疑いもある。

こんな人たちが「子どもを救う」ね~。この人たちに子供を任せる人なんて、いるのだろうか?ま、中世ドイツの「ハーメルンの笛吹き」は、「大量殺人」「性犯罪」「人身売買」説があるからね。

それにしても「反原発」って、その主義主張云々以前に、あまりにも人格に問題がありそうに見える。「ECRRは欧州議会の機関」とウソついて、あげくに「自分の妹の売る味噌が放射能にいい」とのたまう広瀬師が、山下氏を「殺人者」などとして「刑事告発」した。「福島で今後10年間に40万人ガン死(だったか?)」と言って、インチキなサプリを売りつけたバズビー師、「核爆発した」とウソで煽って「お母さん」を避難させ、印税3000万円(週刊新潮推定による)得たと言われる武田師、「福島の農家はオウム信者、福島の娘は結婚できない」と福島県民を罵りまくる早川師、某大学の准教授は、街中で福島の子どもの葬式デモをやる「葬列予報」の実行委員らしい・・・。311に「郡山にバスツアー」と言ってはしゃぐフクシマ瑞穂氏、浜通りで「奇形児が生まれた」と言って喜び、平気で「盗撮」する岩上氏、また身近なところでは、郡山の順一さんをめちゃくちゃに罵る「リコ」氏・・・。福島から見ていると、「問題」が無い人を見つけるのが困難だ。「反原発」にはこんなに「ウソ」「犯罪まがい」が多い・・・これは何を物語るのか。信夫山の石碑には、いにしえの賢人の言葉、「ウソ、犯罪まがいだらけの反原発の言うことで、ガン死率だけが正しいわけがない」が彫られているにゃ。

さすがは「正義軍」だと言うしかない。人間の集団って「正義の御旗」があると、大量虐殺でも何でも平気でやってしまうことは、歴史が語っている。「もぐさん」事件もそうだし、bloomさんがコメント欄で心配していたように、最近の「反原発」は過激化には目に余るものがある(そう言えばこのブログにもいきなり「ブログを書くな!」と書いてきた御仁がいた)。このブログでは「反原発」は実は声の大きな「過激派」が先導していて、いずれ「オウム」事件や「連合赤軍」事件のようになるのではないか、と書いてきたが、それが実現しつつあるのではないだろうか。そして「反原発」の中のマトモな人が気がついて、「反福島」をやめて「過激派」と袂を分かてばな~、などと思っていたが、もう手遅れかもしれない。

「殺人予告」は成り行き注目だが、もうひとつの「金の流れ」の問題も興味深い。上記石井さんの記事にもあるが、バズビーサプリ、「基金」を追求していたFEDisさんの「ニコニコ日記」http://ameblo.jp/fedis/entry-11220549579.htmlでは、バズビーサプリを売っていたライアン氏の組織と同じ問題が指摘されている。

(なおバズビーサプリ~訴訟問題は、やはり連中の得意な「脅し」「プロパガンダ」に過ぎなかったようです。結局何も起こってはいないけれど、ここに至るまでに山形大学の天羽氏のところに、在外と思われる「J・ライアンの妻」と名乗る女性から電話がかかってきたり・・・。この人物がライアン系カンパニーの登記等に時々見え隠れする、「ミキ・ライアン」では?そして「子ども福島」の掲示板、「渡利の子どもたちを守る会」のブログ等に時々現れる、在外と思しき女性「ミナ・ワイクマン」と何となく似てるにゃ~?と何の根拠もなく、「邪推」する信夫山ネコです。いやいや、多分関係ないでしょう、失礼しました。FEDisさんの
http://ameblo.jp/fedis/theme2-10044453763.html 
http://ameblo.jp/fedis/theme-10044453763.html は必見です)

(以下 FEDisさんの「ニコニコ日記」から引用)
この団体は、オペレーションコドモタチと言うらしく、現状ではNPO法人でもない、単なる任意団体です。NPO法人ではないことから寄付金などの収支報告の開示義務はなく、またどこからも監査されることもありません。税法上、興行収入などは代表者などの個人所得扱いになるはずです。(CBFCFのRYANと同じ状況ですね。)

構成員の1人が脅迫行為を口にし、他の構成員も笑って止めようともしないような団体で、しかも収支報告もなされていないし監査も入らない・・・このような任意団体に対して、北海道庁が支援する形で『道外被災者を道内に移転させるプロジェクト』に関わっているらしいのです。

詳しくはこちらにまとめられています。
OPKオペレーションコドモタチの実態調査 ( http://togetter.com/li/285853 )
(これは上記石井さんの記事中にあり)

OPKは「自主避難者」の避難旅費の「二重取り」等の疑いがあるようだ。

「任意団体の収入」、「北海道」、「子どもたち」で思い出したのが、「子ども福島」=「子供たちを放射能から守る福島ネットワーク」のことだ。何でもこの団体の代表、中手聖一氏は6月に北海道へ移住すると聞いたが、手元にこんな画像があった。
子どもたちを~スクリーンショット
この画像は去年の10月4日に撮ったものだが、この時点で「子ども福島 代表中手聖一」口座には、\14.446.486入っていたことになる。その後このサイトはリニューアルして消えたが、自分で書いていたのだから、本当だろう。「こども福島」は「任意団体」だろうか。ま、いくら「福島県は山下氏、福島医大に支配・統制されていて、医者もメディアも何も言えない」と荒唐無稽な妄想を叫ぶ氏でも、ちゃんと申告したことだろう。

なお中手氏の勤務先「福島ILセンター」は、「子ども福島」には関係ない。これも「個人と組織」の問題だが、「福島ILセンター」はもちろんこの「寄付金」にも関係ない。地域の福祉のためにまじめに頑張っているし、困難な状況の中で、心を痛めている人もいる。もし「福島ILセンター」に対してまで悪いイメージを抱いたとすれば、それは「誤解」なので、ぜひ解いてください。

早川師が公からの研究費を使って、OPKのイベントをやっていたのも興味深い。今後の展開から目が話せないにゃ。

「反原発」の代表格=広瀬隆師が山下俊一氏を「殺人者」等と罵り、誰も死んでいないのに「業務上過失致死」で「刑事告発」したことは、記憶に新しい。この事を思えば、それより遥かに具体的な今回の「殺人予告」が、「冗談」「言葉のあや」等で済まされるわけはなく、警察沙汰になるのは至極当然だ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ひょっとして、一番ゲト?

私もバズビー華やかなりしころ、FEDisさんのブログは参考にしていました。
それにしてもNPOや寄付を募る団体を「経理面」で斬り込む、って発想は凄いですね。眼からウロコでした。
そう言えば、エリオット・ネスvsアル・カポネ(アンタッチャブル!)もそうでしたっけ。
以外と有効な手段ではないかな、と思います。

確かに

アンタッチャブルはそうでしたね~。そして「汚職」と言われるロッキード事件は、外為法違反でしたか?

守銭奴みたいですが

お金って、その流れって絶対だと思います。
どんな言い訳したって・・・。

>「経理面」で斬り込む
有効だと思います。

人の気持ちを変えるなんて難しくてできない。
行動を変えたほうが早い。
行動を変えるには、経済封鎖。

家庭円満?の鉄則です。

ずっと思ってたんだけど
もしこだまっちが私のだんなさまだったら・・・。
恥ずかしくて人にも話せないような、生まれてきたことを後悔するようなそんな目に。ああ・・・そこまでしなくてもいいかな。でも、ちくちく言っちゃうな~。妄想ですケド。

コメントが多くて見落としがきっとたくさん。
たまあにさかのぼってみると、ぽつんとあったりして。

警戒中

>bloomさんがコメント欄で心配していたように、最近の「反原発」の過激化には目に余るものがある

3月の勉強オフ会の件で複数人脈から気を付ける方がいいよ・・と言われたので、情報収集中です。

現段階での印象は実名で発言していて、職位が高く、知名度の高い人から狙われるようなので、私は大丈夫だと思います。

しかし研究室まで押しかけられた事例を聞き、研究室には高額機器や危険試薬もあるので、やっぱり警戒しています。
揉めたらこちらが怒られそうだし・・

こだまっちを持ちあげていた研究業界の知人が複数いますが、彼の主張を科学的に理解していなかったり(非生物系に多い)、リスクを煽りすぎたけどマジじゃないよね?除染を進めるためだよね?と思っていたり(生物系に多い、私もそう思っていた頃がありました)で、「科学的に理解出来ないものを正義だと思う」のは無責任だと思います。

あの当時心配したように、国会半泣き演説は、殺人予告をするような人達を勢いづけたんじゃないかな。

なおみさんがどんなお仕置きをするのか見てみたい・・タイムボカンみたいなの?

何しろ

安斎育郎先生が、「御用学者」にされているそうですから。http://togetter.com/li/286583

放射能=0でなければ「御用」のレッテル貼りという、「放射脳原理主義」の台頭ですね。次は「内ゲバ」「粛清」ですよ。

いよいよ危ない。

No title

国会半泣き演説で、荒唐無稽な健康損失主張に、えらく苦労させられた身としては。 殺意がもですが。 あれはあれで、区切ってのその後の行動であるなら。 国会向けので、終わったのですが。
 持論を主張するために、出版、投稿までですと。 です。

 まぁ。現在、南相馬の役にありますから、現実と対峙してです。 その部分には批判はしません。 アイソトープセンター長としての力量を期待します。 これは現実対応ですので。、是々非々でです。


センター長挨拶

3つの新しい課題
 東京大学アイソトープ総合センターは、放射性同位元素にかかわる東京大学の教員・職員・学生の教育と先端的研究を行っている。例えば、肺がんの治療抗体に放射性物質を結合させ、動物実験で治療効果を大幅に改善しつつ、副作用を抑えるなどの成果に貢献している。
 だが、今回の福島原発の未曾有の事故でこれまでとは全く異なる大きな責任を果たすことが国民から求められている。
 それは放射性物質について、(1)測る(2)質問に答える(3)放射線の影響について研究を進めるという3つの仕事である。
 原発事故発生以来の緊急対応では、本郷キャンパスでの放射線量を24時間体制で、1時間おきに速報するなどの貢献をした。夜通し貢献された教職員に深謝する。ようやく文部科学省のホームページでの公開など政府の測定体制も整備されて新しい段階になりつつある(原稿執筆3月30日段階)。
 第二、第三の課題は、これから重要性が増す一方である。福島原発から放出されたヨード、セシウムなどの健康被害への質問が急増している。
 特に食品にまで検出された放射性物質について、何が危険で、どこからは安全かという厳密な議論がないと「健康に影響ない」といくら政府が発表しても説得力はない。
 それにとどまらず、これからの健康被害の防護法、土壌、海洋の汚染の除染についての正しい教育や研究の推進の責務は、長期的な大きな課題となる。
 アイソトープ総合センターは、こうした国民の期待に答える東大の中心的な拠点として大きな責務を負った。
 その一端でも課題を果たせるように、センター構成員一同、鋭意、努力を重ねていきたい。

東京大学アイソトープ総合センター長 


 

 

No title

山本太郎。太郎と言われると。

長崎大学熱帯医学研究所教授。国際保健学、熱帯感染症学の山本太郎先生が、ダブつて聞こえるので、複雑な・・・。

 変なやつの為に、先生の名が連呼されるのは・・・

 中澤さんの書評は面白い

http://minato.sip21c.org/bookreview/infectious-disease-and-civilization.html

いつまでやるんだか

FCTよ、いい加減に線量計を地面に直に置くのはやめなさい。
高線量なのを伝えたいのだろうが、あっちの陣営に燃料投下したも同然だ。
いくら第一原発の水蒸気爆発を撮影したにしても、
「子ども福島」の無料健康相談会に反応の前科があるなど、
地上戦をおろそかにしている。

bloomさん

>なおみさんがどんなお仕置きをするのか見てみたい・・タイムボカンみたいなの?

それ、可愛くていいかも(笑)。

No title

信夫山ネコ 様
 ブログ更新ご苦労様です。

 すばらしいサイトで、感心するしかありません。

 放射脳に、このサイトを百回読ませたいです。


「終焉に向かう「反原発」」というタイトルが秀逸ですね(笑)

 我まとめのタイトルは、これでした。アカウントが凍結され、togetterでバージされたので、更新できないのが残念ですが・・・。

「ネット上における放射脳と反放射脳の戦いの流れを整理しました。「放射脳の壁崩壊」のXデーが近づいていますね」
http://togetter.com/li/248906

まさに

FCTの放送こそ、「子ども福島」中手聖一氏の「福島県は山下俊一氏と福島医大に支配されていて、医者もメディアも自由にものが言えない」という「妄想」の反証ですね。このまま頑張ってつぶれてください。

iyao1さんの「まとめ」、こういう「年代記」的なもの参考になっていいですね。戦艦バズビーが大破で東洋戦線離脱、本国艦隊も見放し、トンデル襲来も戦果なし(これはNHKのクズ番組との連動がコケたからだと思います)、「最後の砦」は311のバンダジェフスキー師来日だったでしょうか。来日していない「最後の大物」っていないですかね~。

それで気がついたのですが、どこかで「セシウム解剖医」バンダジェフスキーとガンダーゼンを混同していました。ガンダーゼンって夫婦のやつでしたか。「おしどり」っぽいから、夫婦で来日して「おしどり」と「放射脳夫婦漫才祭り」するっての、どうですかね~。最近は小出師も「放射能お笑い」になったらしいし。

もちろん来日費用は、「金の流れ」がデタラメな「任意団体」の「寄付金」持ちです。

タイトルなし

>信夫山ネコ様
ロッキード事件、確かに外為法違反は問われていますね。
詳細は解りませんが。

>安斎育郎先生が、「御用学者」にされているそうですから。

私はこの議論のもとになった「クローズアップ現代」を見なかったのですが、まとめを見ると「安斎先生が6bq/kgのハンバーグを否定しなかった」事を問題視している人がいますね。
ウクライナ基準を認めたタロちんも同様(と言うかそれ以上)の裏切り者ですね。なんせウクライナ基準では肉類の基準値は200bq/kgですから。
それにしてもこのハンバーグの6bq/kgって数値、どうやって検出したのか気になります。簡易測定器では難しいですよ…ねぇ。
岩手県の検査体制はよくわかりませんし、どこかの大学の研究室?公的機関?まさか下限値(いや、限界値の方か?)をそのまま「検出」なんて言っちゃうどこかの市民測定所じゃないよね…。

>bloomさん
お話を聞きますと、いいなさんやキクマコ先生は決して過剰反応しているわけではない、とますます思えます。
>しかし研究室まで押しかけられた事例を聞き、研究室には高額機器 や危険試薬もあるので、やっぱり警戒しています。 揉めたらこちらが怒られそうだし・・

うーん、テロとまでは言いませんが、実力行使の端緒みたいでちょっとヤですね。
それにしても学校の事なかれ主義って、民間企業より酷いかも。

>なおみさん
>行動を変えるには、経済封鎖。
家庭円満?の鉄則です。

うーん、なんか身につまされる様でつらいなぁ。
そんな私は今日も弁当&水筒男子です。

こだまっちへのおしおきは、
「パンいちで校庭十周」
…位では許せそうにないか。

責任逃れ

IKA さんてば!いやだなあ(にっこり)。

>行動を変えるには、経済封鎖。
>家庭円満?の鉄則です。

って言ってる人がいましたよう!
知り合いの知り合いから聞いた話ですよう!

>こだまっちへのおしおき

私が得意なのはね、いつもと変わらず親切にしてあげるけど
ノンバーバルを駆使して、真綿で首を絞めるようなやり方です♪

>弁当&水筒男子
時代は今、IKAさんについていってるからオッケーです。


元 @iyao1さん
> すばらしいサイトで、感心するしかありません。

でしょう?でしょう!ありがとう!
ネコさんの業績で、私がおだち台。
どや顔(えへんぷい)。


外国人(西洋人)というだけで、ありがたがる様子ってどうなのかしら。
職場に西洋人の方がいらした時に(1年契約で、毎年人は変わります)、西洋人であるというだけでみんなが恐れ入ってるような対応をしていたことがあって

「英語がしゃべれるけど、本国に帰ったら普通のあんちゃんじゃない?私たちが外国に行って、日本語がしゃべれるのと同じで」と同僚に言ったら、ビミョーな顔をされたことがあります。

パンダとかバズビー(鼻をかむ音?)とかトンデルとか
私には覚えやすいおもしろいお名前でしたので
ずっとみなさんがつけたあだ名だと思っていました・・・。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

安斎氏「ゼロではないと受け取った消費者が多かったからか、そういう結果になった。正直に表示すると生産者に不利になるのは、社会的な混乱のひとつ。公開されたデータをどう読みとくか。それがどういうリスクと結びつくのか認識する力を身につけることが必要」


原子力ムラが、隠蔽していたとの記載もでてますが。 情報を開示しては、袋叩きに合えば、隠蔽環境も生まれるのです。 特に、報道が正義ヅラしてね。 医者は対抗して、立ち去りサポタージ。

前福島県佐藤知事は、全国の産科医療を壊滅的にした、例の県調査報告書を作った行政の最高責任者ですから、重犯罪人と思っていますし。 反原発者などとどの面下げて言っているのか。と、思っています。 

インフォームドコンセントが行われた以上は、それを行うは、受けての義務と責務です。 それがどのような結果を招くとしても、です。 今回の事で1次、2次産業が衰退したとしてもです。 

 ハンバーグの5.8bq・kgは検査機関へだしたのでしょう。GEでの監査でしょう。 

 安斎さんも、反原発側の御用学者でもあったのですし。 御用学者という言葉があるになら、推進にも脱、反にも存在する。

 原発がどうこう言うなら、4次中東戦争での石油輸入危機時に、原発以外の代替え案もしくは、当時の電源量で生活をで。当時の反原発学者も国民を納得させられていないので。 未だに反原発を言うモノ(学者含む)に胡散臭さを持ってます。  今回頻度に登場する、放射線リスクに対して軽微と言う経済学者にもですが。

日に500bqの放射性セシウムと30gの食塩の摂取とどちらが、健康に影響がでるか。 食塩を半分に減らせが、高血圧へのリスクは軽減されるし、高血圧症の人は血圧降圧薬の量も半分に減らすこともできる。


 リスクが怖ければ、飛行機に乗るな、車にも乗るな、表を彷徨くな。何も食うな。医者にも来るな。

これが、俺の本音

No title

Youtube.で、流された、傷害をほのめかす発言。 殺人をほのめかす発言。に対して。 刑事法的にどの様な事になりうるか。

以前にあった、2hへの小学校の少女への殺人予告の書き込みに対して。威力業務妨害罪に問われ、認定されたわけですが。

 小学校の児童約490人に、5日間にわたり集団下校という事態が生じたわけですから。

http://www.yabelab.net/blog/2008/09/28-135429.php

で、故ハスカップ氏が

No.39 ハスカップ さん から はてブユーザ さん への返信 | 2008年9月29日 00:49
>「意図的に相手に恐れを感じさせて恐怖を煽って自分に従うようにメッセージ出している」者を処罰するのが犯罪であり、コオナゴの彼はそれに当たらないので今回の件が不当だというのが私の見解ですから。

 あなたの見解は分かりましたが、業務妨害罪や脅迫罪の犯罪成立には、現実に相手が畏怖したことも、具体的な危険が発生したことも、それらを被疑者が確実に認識したことも、判例では要求されていません。相手が「畏怖するに足りる」表現行為で犯罪は成立します。
 また、刑法犯の故意とは、意図や意欲まで要求されるものではなく、認識認容すれば足りるだけです。要するに、「これを書けば騒ぎが起きるだろうな」という意識程度で犯罪が成立します。
 それに、2ちゃねらーならばこそ、逆に、本件のような「100%ネタのカキコ」が、
(1) 関係組織の活動を中止させたり(講演会中止)、防衛策を講じさせて(関係建物内の不審人物や爆発物捜索)、その平常業務を現実に妨害する実害が発生して
(2) そんなカキコした被疑者はたいてい逮捕されている

以下略

さて、警察は、どうしますかね。 仮に、刑事告訴。 保護願いが出されたら。 

わはは

情報ありがとうございます。ウィメンズパーク「震災の部屋」ね~。本当に外国好きで日本嫌いな人々。

隆のそれから

>omizoさん
>ハンバーグの5.8bq・kgは検査機関へだしたのでしょう。GEで の監査でしょう。

そうですね。よく考えてみれば、NHKと安斎先生がいるんですから、そんなにいい加減な検査結果をもって番組作りやコメントをすることは考えにくいですから。
お手数かけました。

omizoさんは佐藤栄佐久前福島県知事にも憤っていらっしゃったんですね。福島県民としてお詫び申し上げます。
栄佐久前福島県知事に関して、omizoさんご指摘の通り「反原発知事」として評価される方が多いようですが、個人的にはどうなのかな?と思います。
木村、松平、佐藤、佐藤と続く原発操業以来の歴代知事で、最も長く勤めたのが栄佐久前福島県知事です。私の知る限りでは彼がその長い任期中に「反原発」を標榜したことは記憶にありません。
また、Jヴィレッジの建設(これ、確かプルサーマル受け入れの見返りだった記憶があります)や、郡山市のふれあい科学館など東京電力から多くの「見返り」を貰った知事であったんですが。
まあ、本人としては地に墜ちた名誉を、思わず回復することができたので浮かれてしまったのかもしれませんけど。

>なおみさん
>ノンバーバルを駆使して、真綿で首を絞めるようなやり方です♪

うう、こわいよう(ガクブル)。
なんか家に帰るたび、神経が張りつめちゃいそうです。(身に覚えがあるのか?)

上杉隆に少し進展があったようです。

【上杉隆Part1】上杉隆と茂木健一郎に朝日新聞記者が訂 正求める
http://togetter.com/li/290458

【上杉隆Part2】デュブレイユ氏発言は存在せず。ドブレ イユ本人に確認
http://togetter.com/li/290567

特にpart2は以前の捏造問題と同じか、それ以上のスキャンダルになるかも、です。

part2のキモになるbuveryさんのブログ
http://d.hatena.ne.jp/buvery/touch/20120418

おもしろかったです。

ウィメンズパーク「震災の部屋」

ネコさん

私、ここに入れるんですけど、怖くて入ったことありません・・・。
その昔から「母乳VSミルク」とか「幼稚園VS保育園」とか
今の放射能騒ぎではないくらい、仁義なき戦いが繰り広げられていると聞き・・・。

ほんとはどうなのかな。

IKAさん
ガクブルとかぬるいこと言ってないで
ちょっと見てきてくださいな。

でも無理強いはしません。
生きて帰ってこなかったら困るから・・・。

omizoさん

小出さんが出演していらした、あの映像を見てわかったことがあります。以前omizoさんが「助教でいることの価値」(その時の言葉は忘れてしまいましたが)プライドというか・・・そういったことを教えてくださって。

そんなもんなのかな~?と今ひとつ実感がわかなかったのですが
あの映像のおかげで、何かつかめました。

清貧の思想・・・うまく言えないけど
組合の専従として、いそうなタイプという感じがしました。

私はそういう人が嫌いではないです。
お金では動かないぞとか、間違いを正すぞとか・・・。
いつまでも若々しい、青年ぽさの残る感じ。
いちご白書をもう一度。

でも実際に仕事上つきあうとしたら、どうしたらいいかわからないです。

外国人 (西洋人) とは

> 「英語がしゃべれるけど、本国に帰ったら普通のあんちゃんじゃない?私たちが外国に行って、日本語がしゃべれるのと同じで (なおみさん談)」

そのとおりです。

「部屋」ってのが

コワイ。ベネッセ主催ですか。

その「部屋」で見つけたのが、http://sekaitabi.com/spentfuel.html だそうです。情報いただきました。

いよいよ主権の放棄ですかね。ま、外国は日本より優れているんです、あの連中にとっては。すばらしき鹿鳴館時代です。

ホワイトハウスはもちろん「無視」でしょうが、こういう発想って、中東やアフリカ、イスラム圏等での「民主化運動」と同レベルの「反政府運動」のつもり、ってのも見えるような。

こうなると、どんなに間違っても日本のマスゴミ(特に「頭狂新聞」~あれっ漢字忘れっちまった~)が取り上げないでほしい。「部屋」にどんな風に出ていたのか知らないけど、ベネッセね~。

そのお部屋は

昨年の震災時は、本当にその名の通り、特設震災の部屋でした。
被災地に何かを!という雰囲気でその手の書き込みが多かったのですが、今は違います。

でもいざというときは、良識的な意見がわんさと出るので、
放射性物質の問題についてはサイレントマジョリティが多いという印象を
受けます。

しかし
ホワイトハウスに陳情って、
広島長崎のこと忘れたか!

・・ですよね。

む・むじゅかちい・・・

ネコさん・re-tsuさん
ちらっと見たのですが、私の脳みそがすぐさまフリーズしたので
またぐことにしました・・・。

よいしょっと・・・。


仁さん
ありがと。そういってくださって。
私、思ったことを(現実社会でも)つい言ってしまうので
寡黙に過ごすように気をつけています。
「王様、裸じゃん!」って言った後、口をふさいでも・・・ダメよね。

にっこり笑って黙ってれば、だいたい大丈夫みたい。
学習しました。

本音はここで話すから。

No title

なおみ さん

 助手(助教)で万年でいる。プライドではなく、ブランドイメージです。 宇井さん、中西さんが万年助手と言われていた時代のであれば、助手からのヒエラルギーに対抗出来ないというのも有ったでしょうが。 今の時代で、万年助教で、能力が無い。 京大でなくても、他へ移れるわけですし。 原子炉を持つ施設にしがみついているのはなぜ?。 研究者が研究と論文をやるのは当たり前です。 そのために金を引っ張ってくるのも、当たり前です。 今時、万年助手ていうのもです。 通常論文を書かないなら、クビですから.。 

冷や飯を食わされているから、清く貧しく美しくというのもです。 相対的に研究者で、ウハウハという人いませんし、メディアに出ずっぱりで、副収入でウハウハという人はいますが。 自己の研究室の足しにと言うなら分からんでもないですが。 医者に、官僚に、清く貧しく美しくというモノを押し付ける、言動の方が胡散臭いですし。  

白い巨塔の大河内先生のイメージ。 でも大河内先生は、病理学科教授ですが。 山崎豊子さんの本は嫌いです。勧善懲悪が根底にあるようで。
 
 国大の法医学講座の法医学医師の教授などほとんど引き受けて手などいませんし。 、

小松秀樹先生の『医療の限界』を薦めます。


IKAさん

福島の県民の方に謝罪していただくてもよいのですが(私はですが)。 しかし、この件がもたらした事は、県民に膨大な危機をもたしらし、全国の妊婦、これから出産をとの方に、危機をもたらしたのですから。

今回の放射線の影響より、大野の件がもたらした影響の方がどれほど深刻か、です。 

No title

阪大菊池誠教授、いいな氏と共に名前があがったジャーナリスト石井孝明氏。アゴラにこのような記事を書かれています。http://agora-web.jp/archives/1449416.html
注目すべき点は最後の追記。このような言動(http://goo.gl/ppO2W http://goo.gl/CZvlk)が、OPKに対する目をさらに厳しくするという事がわからないとみえます。この残念なヒトは朝生で底が知れ、知恵袋にこんな事をかかれています。http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1182194236
これだけでも関わる団体にとってかなりマイナスイメージだと思うのですが、実像はそれ以下という事が今回の騒動でわかりました。結局、このヒトも山本氏のウクライナ規準と同じでなにもわかってないのでしょう。
一体この一年もの間、何を考え、行動し、発言してきたのか?美辞麗句をならべ理想を語っても、そこには現実に即したものはなにもない。まさに“害悪”という表現が相応しい人物であると思います。
このようなヒトが賛同している団体自身で発生した問題を解決できない場合、どうすればいいのか?一番は“関わらない、相手にしない事”だと思います。それには、その団体を世間に認知させる必要がある。どうも、まだ報道ではあまりこういう話は聞かないような気がします。こういう面からみた震災後発生した問題を取り上げてもいいのではないか?と私は思います。

論客ぞろいでおもしろいブログですね

 高度な議論がなされていて、すばらしい。
 皆様理論派&放射脳叩きに長けておられる方ばかりで、感心しきりです。

 ネコさんのブログだけで、阿修羅掲示板なんて完全に駆逐する情報量ですね。放射脳は、所詮情報リテラシーのない愚かな集団ですから、烏合の衆です。

 ここにいる皆さんで、阿修羅掲示板を攻撃したら、とてもおもしろそうです(笑)一日で放射脳の砦を占領できるでしょう。

 でも、間違いなく全員IPからはじかれ、投稿禁止されるでしょう。
                       経験者談

 本当に次から次へと、つっこみを入れるネコさんの情報力はすごいです。

 中手聖一の潤沢な資金の流用先が気になります。

 我が愛知県三河地方に本拠地を設けるときいたことがあり、先住民としてはお断りです。きっと、その使途不明金を流用したのでしょうね。

 山下俊一氏を罠にはめて集めた資金で、個人的な生活基盤を築いたのなら許せません。

 しかし、「天網恢恢疎にして漏らさず」ですから、いずれ悪事は露呈するでしょう。楽しみに待ちます。

PS 脱脳者の白井さんと、いいな氏、順一氏らを結びつける働きを、我が競馬友達の @wanpa911 氏がやってくれました。
 そのかわり、さっそく @fukucyoh 主導のスパム扇動で凍結されてます。放射脳はカルト一直線です(笑)

http://togetter.com/li/290138

http://togetter.com/li/289995 

@wanapa911 も私です。関わった白井さんのまとめを紹介

さっきの @wanpa911 氏は実は私のサブアカです(笑)

@iyao1 本人だと明かせば、五分以内にスパム扇動を受けて凍結されるので、しらばっくれていましたが、我ながらバレバレですよね。もう凍結されたので、カミングアウトしました。

http://sirarezaru.seesaa.net/article/264053681.html#comment

 短い時間ですが、いい仕事をしたサブアカです。

 @wannpa911 として関わった脱脳者 白井さんに関するまとめができていますので、紹介させていただきます。

白井由佳さん(siraiyuka)が『放射脳』から脱却した経緯
http://togetter.com/li/291243

タイトルは特にありません

>なおみさん
「部屋」…それだけは勘弁してください。校庭十周走りますから。
って、ここは会員制だから入れないんですよね。正直ちょっと興味深いんですけど…。サンプルページ見た限りでは、知恵袋みたいな感じかな?あそこは以前よく覗いていたおかげで免疫力付きました。
それにしても「部屋」って鬼門ですね。「おしおき部屋」とか「タコ部屋」とか「徹子の部屋」とか…。

>re-tsuさん
「ごせやける」って家のじいちゃんもよく言っていたような…私は浜通りの方言かと思っていました。

>omizoさん
あの謝罪は、今まで無関心に近い認識しか持っていなかったこと、何よりも当時マスコミ同様かのお医者さんに批判的な印象を持っていたためです。
自分達がこんな立場になって、初めて気付いたなんて、ちょっと恥ずかしい思いもありました。まあ、自分に対するけじめの意味もありますから気にしないでくださいな。

>ゆ さん
いいなさんとOPKの件、水面下にはいってしまったのでなかなか情報が出てきませんが、石井さんの記事で進行状況が少しはわかりました。石井さんを巻き込んだのは彼らにとって大きな失敗かもしれませんね。

いいなさんvsOPK番外編でいいなさんvs早川が見られるまとめ

私の科研費実施状況2011年度報告書への批判
http://togetter.com/li/290770

ここのコメ欄でやりとりが少しありました。
それにしても早川のツイッターって研究費貰った「お仕事」だったんですね(知ってたけど)。
公費使ってあれができるなんて、ほんとに日本はいい国です(嫌み半分、文字通りの意味半分で)。ただ、いち納税者としてはもっとまともな研究者に配分して欲しいものですがね(ねぇ、bloomさん)。

元@iyao1さん

wanpa911さんのまとめ、見ていました。
失礼ですけど「やっぱりそうだったんだ」(笑)。
白井さんのような方の情報発信力があれば、あまり肩に力を入れず、淡々と自分の経験を語るだけで、落ち着けるかたは多いと思います。
wanpa911さんの何となく飄々としたキャラ、とてもよかったですよ。

No title

研究費は、流行りの出来事によく付きます。そこで、今まで関連が無かったような研究者が申請、助成によりで、クソ論文なんか出てきます。

 稀に、分野が違う事から得られる論文も有りますが。 稀です。

 流行りの研究費助成は、色々な分野の研究者が取ろうとしますからね。 詐欺みたいな論文が乱発される事に。

 その分野の研究者は、ムカつく事に。

放射脳の壁崩壊の立役者 早川由紀夫

私の科研費実施状況2011年度報告書への批判
http://togetter.com/li/290770

はおもしろいですね。

 いいなさんと討論すると、青プリンの馬鹿さ加減があきらかになっておもしろい。青プリンは結局、放射脳の足を引っ張るきっかけを作り続けてくれたように思います。

 専門外ですが、バレーボールの試合で、あいつを徹底的に攻めろとターゲットにされたのが青プリン。
 彼はまともに返球できたことがなく、いつもとんでもない方向へボールをはたくので、お仲間がパスをつなごうとあたふた四方八方にダイビングレシーブや回転レシーブをしている状況です。
 放射脳のコートからひょろひょろと返球されてくるボールを、反放射脳の論客が新しいネタでスパイクし続けている一方的なゲーム展開ですね。

 青プリン=放射脳の自動自爆装置 だと思います。

 togetterの下のコメント欄にいいなさんが参戦するようになれば、青プリンなんていちころです。(何で今まで遠慮していただろう?)

 私も現役で参戦したいところですが、wanpa911も凍結されたので、ロム専で楽しみます。

PS
 私を攻撃している奴が、阿修羅掲示板の管理人自身である疑惑についてブログに書きました。放射脳は狭い世界ですから、十分ありえます。

おい粘着!お前は阿修羅掲示板の管理人だろ!
http://sirarezaru.seesaa.net/article/265984220.html

拡散希望 親小沢一郎派の分断を招いた阿修羅掲示板の管理人の罪 原子スレの敗北宣言をし、大同団結を呼びかけよ!
http://sirarezaru.seesaa.net/article/266039682.html

No title

IKAさん
>それにしても「部屋」って鬼門ですね。「おしおき部屋」とか「タコ部屋」とか「徹子の部屋」とか…。

うははははは!うっかり入ったらオシマイって感じですね。
私はどんなに餌付けされても、なかなか部屋には入りませんから!


re-tsuさん
>「ごせやける」
調べました。胸焼けの親戚みたいなイメージですね!

No title

 少しだけお久しぶりです。ベネッセウィメンズパークが話題に出ていましたが、私も昔は会員でした。なおみさんやre-tsuさんが言われているとおり「仁義なき戦い」が繰り広げられているのですが、何よりシスオペによるコメント削除基準に納得がいかず、公平な議論がなされているとは思えなかったので退会しました。もう5年くらいになるけど・・・今はどうなっているんだろう・・・カオスな世界になってそうだなぁ。

 最近少し気になる事があって・・・。以前『みえないばくだん』が話題になりましたよね。(ネコさんが紹介されていたブログも見に行きました。ブログ主さんありがとうございました)絵本って、子どもがターゲットですが、何より母親の窓口になっている部分が大きいんだと思うんです。kakkouさんもひとつ前のエントリーでコメントされていましたが、「不安に思う母親」と不安を意図的に煽る「放射脳」への対応の違いというか・・・母親を脱脳させるのって難しいですよね。

 最近私が気になる団体として「クレヨンハウス」があります。絵本などを取り扱う会社ですが、主宰が落合恵子さんです。(大江さんとの脱原発集会が記憶に新しいです)脱原発の勉強会などもやっているようですが・・・。

 脱原発や反原発は私もそうなれば良いと思うので、学べることがあればどんどん学ぶべきだと思います。だけど反原発という目的が同じでも、そのやり方が正しくなく、共感できないものでは嫌なんです。

 難しい・・・クレヨンハウスだって、良い絵本いっぱいあるんです。クーヨンなんかも読んでると楽しいし。でも、小出さんや肥田さんを呼んで勉強会なんて受け容れられない。クレヨンハウスが好きな母親の一人として、どうすれば良いんでしょうね。

No title

ベネッセウィメンズパーク
での去年11月ごろの統計では、1位が原発 3位に不活性ポリオワクチンとなっていたようです。そこで、不活性ポリオワクチンが定期化さてるまで、現行の生ポリオワクチンを見合わせるの意見が3割ほどとか。

反原発、脱原発なんかより、不活性ポリオワクチンの定期化の方が遥かに重大であったはずです。

生ポリオワクチンで発症、生ポリオワクチンからの2次感染で発症。

 http://blog.goo.ne.jp/idconsult/e/03f48b6e1e962366aa759f28a6fe1511

青木先生の

この春、集団のポリオ生ワクチンの案内が来ていたお子さんの保護者
1回目の生ポリオワクチンがおわったお子さんの保護者
いずれにしても秋までに接種するかも、、、だったお子さんの保護者

が、どうしたものかとお悩み中です。

これに四種混合(不活化ポリオ+これまでのDTP)が加わるとまた混乱しそうですが、、、

「秋に無料ならそれまで待とう!という」リスクを残す選択肢が一番問題で、
ならば集団接種も中止して、経口ポリオを飲んだため一定期間、お尻からウイルスが出続けるような子どもも減らさないと、免疫のある子とない子が混在することを避けるのが今できることではないかと思うのですが。

自費でも、最初の1回は不活化ポリオを選択しておくことが安全&確実を考える上で一番の選択です。

9月から接種可能と厚生省はですが。

それまで待つのは・・・

自費でも、最初の1回は不活化ポリオを選択しておく。ですが、上手く不活化ポリオを接種できる小児科医をできれば良いのですが。

 
接種を延期したり、ワクチンなんてしなくても
「先進国だから、まあ、待っててもだいじょうぶだよ(たぶんきっと)」と思う人もいるみたいですが。


はたしてそうでしょうか。
自己責任での決意はさておき、他人にまで言える根拠はあるでしょうか。


これまで不活化ポリオワクチン導入のために働きかけてきた関係者は

「不活化導入まで、もう1人もワクチンで発症する子どもや2次感染がおきませんように!」
と祈っています。


と、願わずずにいられません。

No title

ルイージさま

クーヨン、私も以前読んでいました。

根本きこさんの連載は続いているのかな・・。
有名人なのではっきりいいますが、根本さんは311後に湘南から
沖縄に転居、相変わらず、ロハスでナチュラルな生活を実践。
昨年はAERA「現代の肖像」?でヨイショされていました。
UAや、田辺あゆみ&藤代冥砂夫婦などの沖縄移住有名人と
様々なイベントを開催し、被災地支援を表明しています。
まあ、被災地の子どもを沖縄に!という活動です。

ブログを読むと、沖縄で田植えなども実践し、あくまでナチュラル日々。
ネット環境があるのさえ、不思議なくらいです。
しかしながら、こと放射能に関しては、”情報選民”的な印象を受けるのはなぜかしら?
「何にも知らないんだな(呆)」的なものを感じるんですよね。
それは他の自主避難の皆さまのご発言からもからも時折受ける印象でもあるのですが・・・。

然るに、
クーヨンもわりと罪な雑誌ですよね。
誰だって我が子の健康は一大事ですけど、育児雑誌で知らず知らずのうちに”誘導”されているって
こともあるのだな、と思いました。

『みえないばくだん』・・南青山のクレヨンハウスで、どんな取扱をされて
いるのか、興味ありますよね。


「震災の部屋」
いまや被災三県の関係者は見ないほうがいい情報が散見しています。
瓦礫スレなんて目の毒ですから。

しかしながら、たとえば、
「出産した病院で、食事に○○県産のヨーグルトが出た。
どうしたらいいの?」的な質問があるんですよね。
正直な話、「・・・・・・・」なのですが。

「実生活では”神経質すぎる”などと言われたことがあるので、
今日初めて相談してみた」、・・・みたいな人も多い。
こういう不安を抱える人の受け皿になっているようです、この部屋は。
そういう場所も必要なのでしょうかね。

@maprin7 で復活し、反撃中

 放射脳の卑怯なスパム扇動で、アカウントの凍結を8回受けています。

 本日 @maprin7 で復活できたので、反放射脳で戦っています。

 でも、すでにスパム扇動が発動されて、風前の灯火です。

 今の内に、我がまとめを読んでやってもらえるとありがたいです。

 http://togetter.com/li/292091

 青プリン叩きは特におもしろいです^^

せっかく凍結解除されたのに、すでに凍結された @maprin7

ただいまです。

もう @maprin7 は凍結されました。

放射脳によるスパム扇動です。

私 @iyao1 のアカウントを凍結するために卑怯なスパム扇動を繰り返し、成功するたびに我々放射脳の勝利ですと勝ち誇っている @fukucyoh を斬る!
http://sirarezaru.seesaa.net/article/266085152.html

これが放射脳のやり方=カルトです。

re-tsuさん

お母さん方が・・・。ねえ。
それも冗談を考えたりもしないような、真面目な方が多いだろうから。
ねえ・・・。

地獄への道は善意で敷き詰められている。
と思ったり思わなかったり。

いつか飽きてくれたり、疲れてくれたりするといいんだろうけど。
うっかりライフワークに?

自己実現とかって、もっと楽しいことでやればいいのにとか。
ちょい悪な人は近くにいないのかとか。

すぐに正しいとか間違ってるとか不道徳だとか
裁くのが好きな人が多そうで・・・。

私にとっての一番のお仕置きは
そういった純粋な人ばっかりの「部屋」に入れられることだなあ・・・

と今晩うなされそうです。





良い子は、このような投稿をしてはいけませんの例。眠れなくしてごめんね

放射脳に憎まれ、スパム扇動を受ける主張の一例

(引用開始)

放射脳の風評拡散で売れ残っている福島米の最善の活用法

1 今年、2万人が餓死したとされる北朝鮮への人道支援に流用する。餓死の発生を防ぐために設けられるのが「暫定基準値」。基準値以下の米は、堂々と救援物資に加えられる。

 北朝鮮の暴発を阻止する、一石二鳥の名案。

2 全国の地方公共団体の備蓄米に活用する。
いざとなったら、超微量のセシウムなんて全く問題ない。
俺は食う。喜んで、涙を流して農家に感謝しながら食う。

 放射脳どもは、食う資格なし。その非常事態でこそ、ハンガーストライキを実践せよ。
 そして、己の愚かさを悟りながらミイラになれ。

 その前に改心できた奴のみ、「福島の農家の皆様へごめんなさい」と百回唱えてから、食べろ。
(引用終了)

 ↑中身は正論。でも表現が過激。確信犯な私。

放射性物質:高線量域20年後も 政府、初の予測地図公表

「大熊町と双葉町の境界付近では20年後でも居住が原則制限される帰還困難区域(年間被ばく線量50ミリシーベルト超)が、両町に加えて浪江町、葛尾村では居住制限区域(同50ミリシーベルト以下20ミリシーベルト超)が残る。」

まるで、武田さんや小出さんの話を聞いているようで、本当に驚きました。

政府だけでなく、国会議員の方々、大阪維新の会などはわざわざ出向いてまで、小出裕章さんのお話を熱心にお聞きになっているようなので、この様な「とんでもない話」が出てきても不思議ではないですが、まさか、ここまでとは思いませんでした。

先ず、「チェルノブイリの遺産」を紹介します。(Second revised version)Second revised versionhttp://www.iaea.org/Publications/Booklets/Chernobyl/chernobyl.pdf

この報告書は、事故を過小評価しているとクレームがきて改訂された経緯があります。
この中の一節を紹介します。
Since 1986, radiation levels in the affected environments have declined several hundred
fold because of natural processes and countermeasures.
「1986年以来、事故の影響を受けた環境における放射線レベルは、自然のプロセスやさまざまな対策によって数百分の一まで減少した。」

チェルノブイリ事故を過小評価していると言われた報告書でさえ、「数百分の一まで減少した。」(20年前の事故の規模は数百倍の放射線レベル)と言っているのに、日本政府は
「20年後でも、年間被爆線量50ミリシーベルト超の地域が残る。」とは、本当に驚くと言うよりあきれてしまいます。

普通、多くの方は、「終焉に向かう」とお考えだったと思いますが、私はこの様な可能性を感じていました。

広域のガレキ処理や原発再稼働に反対されている政治家の皆さんは、小出裕章先生のような方々の話ばかり聞かれています。当然、政府もそのような方々の言いなりだと思います。

ちょっと大げさですが、「日本は、反原発のテロリストに乗っ取られた。」状態だと思います。

「まともな発言をされている専門家の方々もいる。」と反論される方が、みえると思います。しかし、残念なことにそのような方々の発言には説得力が足りない様に思います。

なぜなら、明らかに事実を隠している(伏せているorごまかしている?)からです。

ご存じの方も見えると思いますが、「チェルノブイリの避難基準5mSV/年」は日本政府の公式見解です。
首相官邸ホームページ「チェルノブイリ事故との比較」
http://www.kantei.go.jp/saigai/senmonka_g3.html

この見解の原典としてWHO概況報告書
Health effect of the Chernobyl accident : an overview Fact sheet303 April 2006
http://www.who.int/mediacentre/factsheets/fs303/en/index.html

Currently about five million people live in areas of Belarus, the Russian Federation and Ukraine with levels of radioactive caesium deposition more than 37 kBq/m2 1 . Among them, about 270 000 people continue to live in areas classified by Soviet authorities as strictly controlled zones (SCZs), where radioactive caesium contamination exceeds 555 kBq/m2.

WHOの報告書に出てくる高汚染地(SCZ)はセシウム汚染555 kBq/m2を超える地域です。甲状腺ガンについては個人の被爆線量の範囲は数10mGyから数10Gyと記載されていますが、実効線量は20年の累積平均実効線量という何とも比較しにくい単位で記載されています。また、1986年~1991年を完全にスルーしながら、低線量被爆の可能性を強調しています。この報告書で、唯一興味深いと思ったのは疫学的検証が不十分としながらも
甲状腺ガン以外のリスクを認めています。(首相官邸ホームページでは「甲状腺ガン以外は無かった」になっています。)

児玉さんのように純情な方なら何の疑いもなくWHOの報告書を信じたと思います。日本政府の御墨付ですから尚更です。政治家も含め学識経験者と言われる方々の中にも信じている方々は多いと思います。

このチェルノブイリのWHO報告書に深く関わったのが、長瀧重信さんや山下俊一さん達日本の放射線学会の方達です。(笹川プロジェクト関連)

前に、今中さんが事故から5年後のチェルノブイリと福島を比較して「チェルノブイリになちゃった」と言ったと紹介しましたが、実は、それ以前から日本の放射線学会の方達が同じようなことを仰っていました。チェルノブイリの1986年~1991年もスルーしていました。しきりに「甲状腺ガン以外は無かった。」と言われる方達はチェルノブイリの事故を小さく見せるために辻褄の合わない事を仰っていたわけです。

今中さんが事故から5年後のチェルノブイリと福島を比較していると知りながら全く反論できなかったわけです。反対に、そこにつけ込んで上手く立ち回ったのが今中さん、小出さん達だと思います。政治家の方達は、より慎重な意見に耳を傾けたとも言えますが、完全に「反原発論者」の術中にはまっていると見た方が良いと思います。

なぜ、WHOがこの様な報告書を書いたのか、私の推測ですが、笹川プロジェクトを通してチェルノブイリと深く関わりがある長瀧重信さん達日本の放射線学会が、被爆国としての経験からWHOに対して、チェルノブイリ事故を過小評価するよう要請されたと思っています。

児玉龍彦さんの「逆システム学の窓」から長瀧重信さんの言葉を紹介します。
http://plusi.info/wp-content/uploads/2011/08/Vol.41.pdf

原爆症の認定においても、「司法、行政、政治、科学、報道がそれぞれの範疇の論理にとどまらず、唯一の被爆国としての日本国としての立場を念頭に置くことを希望する」

「原爆症の認定においても」と書かれていますが、チェルノブイリの事を仰っていると思います。チェルノブイリの1986年~1991年の状況も当然ご存じのはずです。とても当時の状況では、真実を住民に伝えられなかった。伝えるべきでないと判断されたと思います。

私は、当時人道的見地から真実を伝えなかったことは理解出来ますが、福島の事故後も同じスタンスでは良くないと思います。福島では被爆による実害はないとのお考えからだと思いますが、中央だけでなく地方の行政までもが「反原発」に乗っ取られた状態の日本の状況は深刻だと思います。


笹川チェルノブイリ医療協力事業を振り返って
http://www.smhf.or.jp/outline/pdf/chernobyl.pdf

No title

 omizoさん

 ポリオワクチン、赤ちゃんをもつお母さんの重大な関心事ですよね・・・。私の子どもはもう小学生なので、当然生ポリオワクチンだったんですが、私も同時期に接種したんですよ。なんでも私が赤ちゃんだったころの数年間(1,2年?)だけポリオの接種が行われなかった(もしかしたら任意だったかも?)そうで、行政から通知があったんです。子どもの接種通知が来た時、「私は受けなくてもいいや♪」なんて微塵も思わなかったけどな・・・。放射能の心配も良いけど、子どもを思うなら目の前にある直ちに影響がありそうなリスクを真剣に考えた方が良いですよね・・・。

 re-tsu さん

 >クーヨンもわりと罪な雑誌ですよね。
誰だって我が子の健康は一大事ですけど、育児雑誌で知らず知らずのうちに”誘導”されているって
こともあるのだな、と思いました。

 はい(大きく頷く)。ここでも話題になりますが、文化人の発言や育児雑誌の影響って大きいですよね。あの方達にほんの少しだけ、周りの様々な意見を聞く姿勢があったなら、母親の態度も違っただろうに。

 昨日、子どもが学校から「小学生のための放射線副読本」という冊子をもらってきました。要点が簡潔にまとめられていて大人でも読むとためになると思いました。でも、この副読本を「不安に思うお母さん」達はどう読むのでしょうか?。「文科省の陰謀」とか言うのかな。ちゃんちゃら可笑しいですが、改めてそんな思考回路に母親を育て上げた「文化人」と「マスコミ」には腹が立ってしようがありません。

 なおみさん

 >いつか飽きてくれたり、疲れてくれたりするといいんだろうけど。
うっかりライフワークに?

 ははは・・・笑いそうになったけど、よ~く考えたら怖いな(笑)。本当にね、勤勉で真面目な方が多いですよね。それだけに厄介です。

 >私にとっての一番のお仕置きは
そういった純粋な人ばっかりの「部屋」に入れられることだなあ・・・

 私だったらダメダメな食生活をおもいっきし批判されそうです。ジャンクフードなし、お酒なし、白糖を使用した食べ物不可!、マヨネーズ禁止!・・・・ストレスで死んじゃうよ(涙)。ちょっとだけにするから許してください~。ああ、今晩うなされそう。

ルイージさん!大当たり~!

>子どもが学校から「小学生のための放射線副読本」という冊子をもらってきました。
>でも、この副読本を「不安に思うお母さん」達はどう読むのでしょうか?。「文科省の陰謀」とか言うのかな。

さっそくそのような憤りを、朝日新聞の投書欄にぶつけ、採用されていたお母様がいらっしゃいました。ナイス予想!


朝日新聞といえば4/23福島版「障害者の介助者不足 深刻」の記事で、中手さんがにっこりカラーで写ってました。ILセンター福島の「スタッフ」として。「ボランティア以外に有給で働くスタッフも募集」

ううむ。
以前ネコさんのところのコメント欄で、私がボランティアをしないと決めた理由を書きました。
区の社協経由の依頼でしたが、その方たちの介助を理由に(一緒に行動しないとお世話できないから)気がつけば危うく◎◎に毎回参加・・・?という私の過去。

この記事について、とやかくいうつもりはないです。
人手が足りなくて、困っている方がいるのでしょう。
お手伝いする人は自分が提供できる、しようと決めた部分の境界線をしっかり守ればいいのですから。

でも、この人が関わってるのは嫌だな。
葬列デモのこと、忘れていませんよ。
お金の流れも。


こちらは読売新聞4/24
千葉から福島に移住して農家をなさってる人。
お子さんまだ1歳。当初はあの3月に来る予定だったとか。

>原発事故が起き「原発のある福島に小さな子を連れて行くなんて」と周囲から猛反対されました。しかし、村の放射線濃度は首都圏と同程度。(首都圏では)ミルクを作る水を買うのにスーパーで奪い合いになることもあり、田舎暮らしを決めました。

遠くから来てくれてありがとう。
周囲から猛反対って・・・大変でしたね。想像するだに恐ろしい気がします。でも、おっしゃるとおり首都圏と変わらないのよ。
場所によるの。福島全部が住めない場所ではないの。

水の奪い合いは、この春東京から転勤でいらした奥様からも聞きました。首都圏全部が、そんな人ばっかりとは思わないけど。福島でもそういうこと、あったのかも知れないけど。
私は近所の方にずいぶん助けられました。

なれないお仕事、大変でしょうが応援しています。
会津出身の夫さん!よくやった!

koyan さんへ

「「チェルノブイリの避難基準5mSV/年」は日本政府の公式見解」
についてですが、異論があります。

「公式見解」は20ミリ以下は移住の必要はないですよね?

 チェルノブイリの年間5ミリを福島にそのまま摘要するのは誤りだという点を強調しておかないと、情報リテラシー皆無の放射脳の誤解を解くことができませんので、補足させていただきます。

 チェルノブイリと福島の本当の比較
http://sirarezaru.seesaa.net/article/262286463.html

(内容はほぼ下記のパクリです。
http://genpatsu.sblo.jp/article/47289931.html

 要点
1 避難地区になったのは5年後であり、その間放置されていた。5年後時点の基準を5ミリ(遮蔽係数を加味して、実は11ミリ相当)とした。

2 避難による弊害があまりに大きかったため、その後安易な避難勧告をすべきではないということがICRPのコンセンサスになった。

3 そんなことなどつゆ知らずのど素人の早川由起夫が、セシウム137は半減期30年間だかそのまま比べればよいという愚かな発想で、福島の汚染を過大にみつもったトンデモな地図を拡散した。

タイトルは特にありません

>ルイージさん
>なおみさん
文科省の副読本は批判的に考えている人は前からいましたね。福大製の副読本を作ったのも、文科省のものに対抗(?)する目的がありました。

>なおみさん
福島って、震災以前は「Iターン希望者」が選ぶ田舎のなかでは結構上位にいました。
理由は「適度に首都圏に近い」、「地価が安い」、「環境がいい」などの理由によるものです。
震災以降に脱出したかたもいましたが、そのまま福島に留まった方もそれなりにいらっしゃったようですね。
あと、私の記憶する限りでは、震災当初、水は給水車か近所の井戸から分けてもらうもので「買うもの」という認識は無かったように思います。
パニックおこそうにも、水に限らず、当時のスーパーにはほとんど商品が無かったような気がするんですが。

No title

ルイージさん

子供と親の同時投与は。

http://idsc.nih.go.jp/vaccine/cQA009.html

親子のポリオワクチン接種について

  ポリオの件ですが、感染症情報センターのHP によりますと、昭和50年から52年生まれの人の抗体価が低いとありますが、その元データである図を見ますと、たしかに1 型はそれでいいようですが、3型の場合は1970年(昭和45年)から77年(52年)にわたって抗体価が低いように思われます。現在その年代の母親が多いと思われるのですが、親にも子供と一緒にワクチンを勧めたほうがよいでしょうか。またその場合は、対象は昭和50~52年生まれなのか、昭和45~52年生まれなのか、また、子供にポリオワクチンを接種している保健所で対応可能なのでしょうか?

(東京都小児科医 U. T.)

A: 昭和50~52 年生まれの方にはポリオワクチンの接種をすすめています。それは、まさしく先生ご指摘の1 型の抗体保有率がこの年代で低いという結果からです。(3型は比較的問題が少ない)
1型と2 型は、2回接種をしていればほぼ100%に近い人が抗体を獲得しますが、3型については先生のおっしゃるとおりで2 回接種をすませていても、抗体を獲得していない人もあり、この3 年間に生まれた人に限ったことではありません。
 少し前になりますが、平成9年度伝染病流行予測調査によると、「0~5歳における抗体獲得率は、1型では1 回投与ですでに92.3%、2回投与では99.4%が抗体陽性となった。2型ではそれぞれ89.7%、100%である。これに対して3型は、1回投与ではわずかに15.4%であり、2回投与でも85.8%(前回は92%)であった。また、2回投与後64 倍以上の高い抗体保有者が1、2型は90%以上であったのに対し、3型では46.9%にすぎなかった。」とあります。さらに詳しい情報は、国立感染症研究所感染症情報センターのホームページ(http://idsc.nih.go.jp/index-j.html)の[免疫状況]をご参照下さい。  生ポリオワクチンの優れた効果により、日本を含めた西太平洋地域では根絶宣言がなされています。日本のような地域では、生ポリオワクチンをのんだ子供からその親にワクチンウイルスが感染し、麻痺を生じた例が極めて少ないながらも報告され、問題になっています。ただし、ポリオはまだ世界レベルでは 根絶されてないため、野生株ポリオの発生を根絶状態で維持するためには、ワクチン接種率を現状通り高く保っておくことが重要と考えます。
 現在、昭和50 年~52 年生まれの人に接種を勧奨していますが、接種は任意接種となります。子供と同様に保健所で対応可能かどうかはそれぞれの市区町村によって対応が異なるため、お住まいの市区町村に問い合わせてみることをお勧めしています。定期接種対象年齢以外の者については、予防接種センターのようなところで接種をしている地域が多いように思います。
 親にも子供と一緒にワクチンをのんでもらうというのは、子供がのんだワクチン株が便中に排泄され、それが親に感染し稀に麻痺をおこすという状況を減らすと考えられます。それ以外にも、便の取り扱いをきちんとしてもらう、おむつを替えた後の手洗いをしっかりするよう指導することが重要と考えます。特にポリオ抗体価が全く陰性の人では、子供が生ポリオワクチンをのむことになった場合、ポリオが流行している地域に渡航する場合などに、接種することが強く勧められます。

(感染症発生動向調査週報 IDWR 2002年第16週)

ポリオワクチンは

1960年  ポリオ不活化ワクチン勧奨接種
1961年  3月にポリオ不活化ワクチン定期接種化しかし、発症は制御できても感染予防に効力低く。 ポリオ大流行に対しソビエトより生ワクチン緊急輸入にて緊急投与:全国一斉集団接種を決定
1964年  ポリオ生ワクチン定期接種化

 ポリオワクチンでも、γプロプリンの抗体上昇が得にくい人もいる。また、生ポリオワクチンによる、ポリオ発症が報告されててくる。 国内産のポリオ不活化ワクチンの開発に、東村山のポリオ研が開発を続けるが、弱小すぎて、開発がおお幅に遅れ。認可できずに現状にいたる。 
結局、EUのポリオ不活化ワクチン株と特許料支払う買うことで、国内生産にめどが立つ。 今回の定期接種単独ポリオ不活化ワクチンは、以前から個人輸入されて接種されている、サノフィ・パスツール社製イモバックス・ポリオワクチンとなります。 

感染症には、ただちに影響が有る。モノも多くあります。予防接種は、自己も守り、他者も守るです。

 

No title

IKA さん
>福島って、震災以前は「Iターン希望者」が選ぶ田舎のなかでは結構上位にいました。

そうでしたね~。

>パニックおこそうにも、水に限らず、当時のスーパーにはほとんど商品が無かったような気がするんですが

そうでしたそうでした・・・。
パニックになる程度には、他所にはあったんですね・・・。
携帯で知人と「あそこで食べ物売ってたよ!」なんて、情報交換したっけな。

No title

今回の地震で、流通が止まり燃料も無く、公共インフラも停止して、物が手に入らない状況では、食品からの内部被爆へったくれもあるものか。 救援物資は、ほとんどが西、北陸のものですし。 

首都圏のミネラルウォーター騒ぎは、代替えが有るへの騒ぎです。ミネラルウォーターが、日本の世界ー高品質の水道水より安全か?。  輸入ミネラルウォーターも他国の資源略奪であるのですがね。 

No title

首都圏在住として、震災直後の物資不足パニックには言いたいこと山盛りです。

震災翌日には確かにあらゆる物が無くなったように見えますが、あの時真っ先に無くなったのはパン、惣菜、カップ麺、ミネラルウォーター等など。

反面、乾麺や冷凍食品、缶詰等はまだまだ普通に買えました。

思うに、首都圏の帰宅困難者の映像が流れた事で、彼らが買いあさって無くなった物に需要が集中しただけ、です。

ミネラルウォーターにしたって、原発事故、首都圏の水道から放射性物質が・・・・なんて報道の度にペットボトル買い漁る人たちが居ましたが、実際水道の汚染は問題無いレベルだったし、水道が被害を受けた訳でもなければ断水したわけでも無し。

ガソリン不足も、何ヶ月も動かしてない車にまで「いざと言う時のためにとりあえず満タン」にしなきゃみたいな強迫観念でスタンドに並んだ挙句、本当に必要な所に行き渡らなかった事は大いに反省すべき所だったと思います。

あの震災で、我々日本人は世界を驚かせる数々の奇跡的な美点を発揮しましたが、反面反省すべき醜聞も少なからずありました。
反省すべき点は素直に反省しなきゃです。


No title

元@iyao1さん、申し訳ないです。ご指摘の通りです。

事故から、5年後の基準を、さも事故当時からの基準の様に書かれているWHOの報告書を元に政府は「チェルノブイリ事故との比較」を公式のHP上に掲載していることを強調しようと思い、以前、「チェルノブイリの避難基準5mSV/年」と騒がれていた事をもじって書いた次第です。

誤解を招く表現でした。
「チェルノブイリの高汚染地(SCZ)は年5mSVを超える地域」
で宜しいでしょうか?

ポリオのこと

ここのところ、話題に出てるなと思っていましたら
昨夜寝る前に読んだ「もやしもん」という漫画の番外編に書かれていて、「おお!シンクロニシティ!」と思いました。

最近、ひまわりの種で毒を吐いていった方がいて。
もしかしてウィメンズパークの人かしら?と我ながらすごい偏見(笑)。
だって、嫌味の言い方がおんなおんなしてるんだもん。

あ、なんでそんなことを言うかというと
その人の言葉で、原発がもう一度爆発したら旅に出るか・・・と思っていた時のことを思い出したからです。

家から子ども達は出られなくて(私は食べ物や飲み物を求めて出歩いていましたが)、煮詰まってたのね。
で、もやしもんに子ども達がその頃はまっていたので
菌のマスコットをえんえん作ってあげていたのです。
漫画を見ながら「どれ作ってほしい?」とかいって。

セレビシエとかオリゼーとか、0-157とか侍みたいな菌が人気でした。
空き箱で菌のお家とか作って・・・。

あれは私の現実逃避でもあったのでしょうね(しみじみ)。

こうたさん
>首都圏在住として、震災直後の物資不足パニックには言いたいこと山盛りです。

・・・いいひとだ。お茶飲みましょう。今、こうたさんとお茶飲めてよかったよ。

もうカタログはいらない

通販生活おなじみの識者100人に聞きました
3.11囲碁の「原発報道」で、あなたが一番頼りにしている新聞を一紙だけあげてください。

封筒の裏に印刷されている記事なのですが、圧倒的に東京新聞。
東京新聞ってそんなにいいの???

ドコデモ♪

riuBY48Y
ド、ド、ドコデモイッショ♪
アソビマショ♪
http://376L4115.m.docodemo.mobi/376L4115/

No title

なおみさん

>以前ネコさんのところのコメント欄で、私がボランティアをしないと決めた理由を書きました。
区の社協経由の依頼でしたが、その方たちの介助を理由に(一緒に行動しないとお世話できないから)
気がつけば危うく◎◎に毎回参加・・・?という私の過去。

これ、なんとなくわかります。
油断してると、宗教と政治からは勧誘がすごいですよ~、
ハンディキャップドの家族は。
某新興宗教主催の「親子のつどい」に間違って参加してしまった友人の
話では、
「」家庭の不調・不幸は夫婦関係のまずさが原因です。
旦那さまが帰宅したら三つ指ついてお迎えしましょう」
と説教されたそうです。・・爆笑しました。


No title

ポリオがここのところ話題になるに成るのが、????ですが。
頭痛がする。 もやしもんの3。様子を見る。は、いただけませんね。

 生ワクチン接種者からの2次感染の問題がでてきますからね。 

ワクチン政策に関して、厚生省中の人に同情しきりです。

 国境なき医師団、新CMキャンペーンのCMは、電気ですからね。

 http://www.msf.or.jp/maintenance/index_03.html


金の切れ目が命の切れ目ですからね。

ワクチンも保冷が必要で、保管、運搬にも保冷がひつようです。電気なくしてワクチンも成り立たない。

omizoさんなら

>もやしもんの3。様子を見る。は、いただけませんね。

そうおっしゃるだろうな~と思いました。

飯館村のモニタリングポストに関する疑惑デマ

最近 Facebook で小澤祥司という人の次の書き込みを見つけました。
http://www.facebook.com/photo.php?fbid=307427609325344&set=p.307427609325344&type=1&theater

しかもこの人は次のようにも書いています。
http://www.facebook.com/photo.php?fbid=307472589320846&set=p.307472589320846&type=1&theater

これが非常に胡散臭く思ったので検索したら Togetter に次のまとめがありました。

「飯舘村では、モニタリングポストの周りだけ除染して、強制的に低い数値を表示させて、「飯舘村の線量は下がった」と見せかけている」のか?
http://togetter.com/li/285265

このまとめは小澤祥司氏についてのものではありませんが、まとめの後のコメント欄では上の小澤氏の東京新聞の記事のことが出て来ます。このコメント欄に小澤氏のことを連続コメントで説明してみました。最後の方に hitoshi_hof というユーザー名で 15個のコメントを連発していますが、それが僕です。

御覧になればおわかりかと思いますが、僕はこの小澤氏のみならず今中哲二という京都大学原子炉実験所の助教もちょっと疑わしいなと思ってます。

放影研の報告書

武田氏ブログ「被曝と健康に関する最新論文がでました」で、
http://takedanet.com/2012/04/post_26aa.html

紹介されている放影研による論文はこれですが、信憑性はどうなのでしょうか?
http://www.rerf.or.jp/news/pdf/lss14.pdf
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22171960

「総固形がん死亡の過剰相対リスクは被曝放射線量に対して全線量域で直線の線量反応関係を示し、閾値は認められず、リスクが有意となる最低線量域は0-0.20 Gy であった。」とあります。

エビデンスに乏しい報告書のような気がしますが。



No title

こんにちは

最近業務が忙しくてこれませんでしたが、
相変わらずコメント欄は盛況のようですね。

>リスクが有意となる最低線量域は0-0.20 Gy であった。」

何やら武田尊師が自爆しているだけに見えるのは、
私の気のせいですかね。

師のブログでは
>1)広島長崎の被曝でガンがかなり多いこと、
>2)低い線量の被曝でも発がんが見られること
>   (低線量被曝は危険)、

なんて書いてますケド、
数字の程度を無視した勝手な解釈になってませんか?

相変わらず今日も師は正常運転のようです。

----------------------

話変わってこんなの見つけました。
既出だったらすいません。

http://careerconnection.jp/biz/economics/content_254.html

「放射能が怖いのは文系、低所得、非正規、無職」
――慶応大の調査結果に、反響さまざま






No title

日本語要約
http://www.rerf.or.jp/library/rr/rr1104.pdf
英文
http://www.rerf.or.jp/library/rr_e/rr1104.pdf
~引用開始~
全固形がんについて過剰相対危険度が有意となる最小推定線量範囲は0–0.2 Gy であり、定型的な線量閾値解析では閾値は認められなかった。
すなわち、ゼロ線量が最良の閾値推定値であった。
~引用終わり~

http://www.rea.or.jp/oia/wp-content/text/02/H21radiation-effect-review.pdf
ここの「6.原爆被爆者(がん)」(111ページ)にも以下の記述があります。
固形がんでは線量・反応関係が直線的であることを否定する明確な結果は得られていない。

私は以下のように理解しました。
調べた結果、広島長崎の被爆者については閾値有り説は否定された。
ようするに、放射線防護については閾値無しで考えましょう。という事の追認。

年間5ミリまではオッケー。
と言ってたのは、武田センセーだったような。。。

No title

>年間5ミリまではオッケー。
>と言ってたのは、武田センセーだったような。。。

それどころか、
ホルミシス効果は仮説ではなく「定説です」とまで言ってましたね。

タケダタケダタケダ~

ってだけで、「こいつの言うことの反対が正しい、という便利なヤツ」と思ってしまうのですが・・・。

確か1Gy=1Sv=1000mSvだったですよね~、1mSv とかじゃなくて・・・。どうせこのオッサンは1Gy=1mSvだと思っているだけでしょう。

No title

定説と言われてますと、法医学の見解を逸脱した死後の死体変異の青鬼→赤鬼、現象を、死後からの転生と、法廷などで主張した人を思い出す。

このオッサンが

1Gy=1mSvと思っているのではないか、と思った原因は、オッサンのブログに、「被曝量は高い線量から1ミリシーベルト以下の微量な被曝をした人も対象になっています。」って書いてありますが、その「1ミリシーベルト以下」のデータが、原文には見つからないからです。

大体「原爆による被曝が1ミリシーベルト以下」って、おかしくないですか?自然放射線量より少ない「原爆による被曝」を、どうやって測るのか?神業ですかね~。

オッサンが1Gy=1mSvと思っちゃったとすると、全ての話が合う。まあこんなもんじゃないでしょうか。信じるのは「文系・・・あ、いやいや。

No title

http://www.spgf.org/

の領域に入ってきているのかな。

 すべて、国家権力の陰謀とかにされそう。

一方、小出師

今朝の朝日の朝刊二面に、
小出師の本の広告がでてますね。

相変わらずの煽りですw

>汚染がれきの再利用、
>100ベクレル以下で本当に大丈夫?

ガッちゃんじゃないから大丈夫だし、
ガッちゃんでも大丈夫。

>ストロンチウムが海を汚染している。

同じことを是非、中国、ロシア、北朝鮮にも
言ってくださいよ。

>体内に取り込んだセシウム、
>そのエネルギーは全て体内に?

生物学的半減期って知ってるのかな。


等々、突っ込みどころが色々のようですが、
秀逸なのはタイトルですね。

『騙されたあなたにも責任がある脱原発の真実』

俺の言う事信じるのも自己責任って事ですか?

「5ミリで移住はデマ」に統一すべき

 「年間5ミリで移住」は放射脳によるデマなので、完全否定すべきというのが私の意見です。

 紹介していただいた資料
(引用開始)
WHO概況報告書
Health effect of the Chernobyl accident : an overview Fact sheet303 April 2006
http://www.who.int/mediacentre/factsheets/fs303/en/index.html

Currently about five million people live in areas of Belarus, the Russian Federation and Ukraine with levels of radioactive caesium deposition more than 37 kBq/m2 1 . Among them, about 270 000 people continue to live in areas classified by Soviet authorities as strictly controlled zones (SCZs), where radioactive caesium contamination exceeds 555 kBq/m2.

WHOの報告書に出てくる高汚染地(SCZ)はセシウム汚染555 kBq/m2を超える地域です。
(引用終了)

 にも、セシウム汚染が5年後に555 kBq/m2以上あった地域が、移住勧奨?と書いているだけで、5ミリというのは勝手な解釈です。以前紹介した資料で、遮蔽係数を加味すれば約11ミリですし、遮蔽係数が50%程度というのは警戒しすぎだと思います。

 5年後には、セシウム134は激減していますし、半減期30年間のセシウム137もウェザリング効果で、今の半分以下になっているのではないでしょうか?確かに警戒区域内では、紹介していただいたような高汚染地区が残る可能性はあるのかもしれませんが、それ以外の地域で、555k=55万5千Bq/m2 の地区があるとは思えません。

 放射脳は常にホットスポットである溝の中などを測っています。普通に人が住んでいる場所で測らないと意味がないです。

 ということで、「チェルノブイリでは年間5ミリで移住した」というのは、完全なデマですので、全否定すべきです。理解力の乏しい放射脳にいくら説明しても無駄です。

 模範解答としては、
「それはデマなんだけど?放射脳って、まだそんなデマを信じているの?ここを読んでみて。読んでもわからないような人はつぶやかないでくれる?
http://genpatsu.sblo.jp/article/47289931.html 」

 で十分だと思います。

 なお、警戒区域内で高線量をアピールするのは、核廃棄物処分場を設置する目的があるのではと勘ぐっています。
プロフィール

shinobuyamaneko

Author:shinobuyamaneko
 福島県福島市の信夫山に住むネコです。
 原発事故以後ネット上には「もう福島市は放射能高くてダメ!逃げてください!」「福島はチェルノブイリ以上!」「子供を見殺しにしないで!」等の「反原発の叫び」が溢れてます。ネコはどこにも逃げられないから、もうノイローゼ気味。こういう「叫び」「脅し」の効果もあって福島に来る人は激減。街は沈み、市民は「すぐに逃げてください!」に怯えながら、静かに暮らしています。(←最近は嘘・デマがバレてきて、みんな元気になってきた感じだにゃ。)
 しかしね~、この種の「叫び」の根底に、「反原発」の「福島壊滅ならば原発全廃にできる!大大大チャンスだ!」っていう心理はないですか?原発全廃の為にはまず「福島壊滅」が必要とばかりに、科学的、医学的、論理的に怪しい説、大げさな数字等が「連呼」「拡散」されていないですか?それが「正義」になっていませんか?
 信夫山ネコは「故郷福島壊滅」を「原発全廃」の手段にされてはたまらんです。もし根拠がない数字や説の拡散によって、旅館の経営者が自殺するとかの悲惨な「風評被害」が出たら、大人しい福島人も終には訴えたりするのかにゃ~?!今はとにかくデマ、風評、誇張、脅し等を除染しながら記録するにゃ。(「リンクフリー」です 対「反原発」、対「放射脳」等での引用ご自由に)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR