福島大学では「中核派」が「反原発」で暗躍

これはもう前々回エントリーに書いておいたが、興味深いので改めてもう一度揚げておくにゃ。
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120405/dst12040501090000-n2.htm

過激派 福島大で暗躍、「反原発」で活動家養成 NPOで資金集め
2012.4.5 01:07 (産経新聞)

東日本大震災の被災地で、過激派「革命的共産主義者同盟全国委員会(中核派)」が、勢力拡大に躍起になっている。公安当局は「震災で吸引力を増した反原発やボランティアを隠れみのに勢力を拡大しようとしている」とみて警戒を強めている。

4日、入学式が行われた福島大近くで、男が新入生に反原発集会への参加を呼びかけるビラをまいていた。

この男は2月中旬、福島大の学生食堂で行われた学生有志による原発に関する勉強会で、「原発をなくすには行き過ぎた資本主義を改善しないと」と力説していた人物だ。机上のテキストは「共産党宣言」。プリントには「マルクス主義学生同盟中核派」と記載されていた。男は東北大の学生で、福島大の質問に「自分は中核派だ」と答えたという。

公安関係者によると、勉強会の主催者はデモでの逮捕歴のある中核派全学連幹部で上智大の活動家だった。参加した学生は「原発事故で興味を持っていったが、団体名は伏せられていた」と話す。

勉強会の開始当初、テキストは「全原発を廃炉に」だったが、出版元は中核派の拠点とされる前進社。公安関係者は「いわゆる『オルグ』。受け入れやすいテーマから徐々に引き込む典型的な手口」と指摘。「反原発機運を盛り上げる段階から活動家養成段階に入ったといえる」と分析する。福島大関係者によると、昨年末には別の福島大生が「中核派に入った」と周辺に漏らしている。

過激派が福島大で活動を始めたのは震災後で、福島大では約20年ぶり。学生も大学側も蓄積が少なく、立ち入り禁止などの強硬手段に踏み込めずにいるという。

「オルグ」だけではない。前進社はホームページで子供用診療所の福島県内での建設を主張。別の公安関係者によると、NPO関係者が呼びかけ人の建設推進団体の事務局には中核派活動家が入った。公安関係者は「すでに自治体が診療しているのに不自然だ」として、NPOを巻き込んだ資金集めとの見方を強めている。

(以上)

この記事の「子供用診療所建設」を主張するNPO=NAZEN(すべての原発いますぐなくそう!全国会議 略称=な全)という団体らしい(4/15リンク追加)。

http://www.zenshin.org/f_zenshin/f_back_no12/f2518.htm
中核派機関紙「前進」2518号第5面の「福島と連帯し全国で行動を  NAZEN織田陽介事務局長の訴え」参照

4/15追記 なおNAZENは認証NPOではなく、任意団体のようです。コメント欄にFEDisさんからいただきました。認証NPO法人とは、NPO法に基づき、都道府県または指定都市に認証を受けたものです。社会的信用度が高いとでも言うべきか。義務は、事業年度終了後に事業報告書や収支計算書などの書類を出さねばならないことです。一方任意団体に事業報告書や収支計算書などの書類はいらない。http://blog.canpan.info/waki/archive/100 によれば、「任意団体だと税務署に把握がされにくい」。記事のNPO=NAZENだとしたら、新聞もNPOではなく、しっかり「任意団体」とか書いてほしいものだ。)

NAZENの織田陽介事務局長=中核派の学生組織のトップ(前全学連委員長 東北大学)ということだが、ここには山本太郎氏との2ショットがある。
http://twinleaves.tumblr.com/post/20521176717/2

NAZENの「設立呼びかけ人」には、「子ども福島」の中手聖一氏や、佐藤幸子氏がいる(太郎氏もいる)。
http://nazen.info/index.php?d=yobikake

(4/15追記)NAZENによる「福島診療所建設基金の呼びかけ文」
http://blog.nazen.info/?eid=221

このブログでは、既に去年の7月から「反原発」の「福島から避難しなければいけない!」「子どもを見殺しにする気ですか!」等の「叫び」の裏には、「過激派」がいるようだと指摘してきた。従って特に目新しい話ではないが、やっぱりね~感はあるにゃ。

http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-20.html
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-35.html
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-63.html
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-66.html
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-68.html

ちなみに中核派=革命的共産主義者同盟全国委員会だが、上記エントリーによく出てくるのは、革命的共産主義者同盟再建協議会だ。いろいろあるのにゃ。

また既に12月には、公安調査庁が2012年版「内外情勢の回顧と展望」で、「反原発を訴えながら勢力拡大を図った過激派があった。動向には注意を要する」と書いていた。
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201112/2011121600716

元気なのにゃ。「反原発」に燃えていたら、過激派を資金援助していたり、いつの間にか過激派になっていた、なんてこともありそうに見える。そう言えば「反原発」って最近、「過激」な物言い、行動が増えてるにゃ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんわ。
いつも僕のブログ記事をご紹介頂き、ありがとうございます。

この『NAZEN』とは以下の団体でしょうか?

 『すべての原発いますぐなくそう!全国会議』
 http://nazen.info/index.php

あぁ、ご紹介のあった記事にある「NAZEN織田陽介事務局長」が上記NAZENの呼びかけ人の中にいますね。

この団体を軽く調べてみたのですが、認証NPO法人ではないようです。
OPKと同じ、任意団体の扱いになると思います。

イデオロギーはこの際横に置いておくとしても、募金や賛同金を集めるなら、せめてNPO申請はするのが礼儀だとおもうんですけどねぇ・・・
すべて中核派の活動資金になっちゃうんでしょうかねぇ・・・(´・ω・`)

FEDisさん

こちらこそありがとうございます。FEDisさんの「ニコニコ日記」http://ameblo.jp/fedis/ いつも参考にさせていただいてます。

そうです、NAZENはその団体です。あわててリンク付け忘れていました。

バズビー・サプリ訴訟の顛末、FEDisさんのブログで見ていましたが、ライアン関係団体も、「金の流れ」の怪しさを指摘されていましたね。そして今「殺人予告」で話題の「オペレーション コドモタチ」も、やはり金の問題(避難者の旅費二重取りとか?)を指摘されていますね。

「金の流れ」は、実に興味深いポイントです。ここに来て「正義の反原発」が実は「炎上マーケティング」による「金目当て」だったり、過激派に資金が流れていたり・・・。あと、Save Childのサギを疑われる事件もありました。

福島を脅し、いじめることで、金を儲けるやつ、また反社会的な活動資金を得るやつがいると思うと、本当に腹が立ちます。そしてそれに手を貸しているのが、マスゴミ、それ以下の「無料ジャーナリスト」、文科系学者、一部の理科系だが専門ではない学者、また思想的に偏っていて、「目的のために手段を選ばない反原発」学者、その他いろいろ。

この現象を、とにかく記録していかなくては。これからもよろしくお願いいたします。

この人と住所が一緒

NAZENの住所を検索したら「設立呼びかけ人」でもある中核派の前杉並区議員の事務所と同じですね。

http://blog.goo.ne.jp/kjmirai2009/e/2c7494ca200083392df9a26031ce0ff5

「(★同ビル2Fに引っ越しました★)」なんて書いてありますが、その前は3Fじゃないですかね?

「設立呼びかけ人」というより「師匠と弟子」の関係でしょうかね?

No title

>「反原発」に燃えていたら、過激派を資金援助していたり、いつの間にか過激派になっていた、なんてこともありそうに見える。

そうですよね。

>そう言えば「反原発」って最近、「過激」な物言い、行動が増えてるにゃ。

ああ・・・。今手元に新聞がありませんが
原発再稼動に反対する団体が、建物に入ることを警察に止められて
「私たちは暴力を振るう気はない。なぜ止めるのだ」
こう言ったのは主婦(と名乗ってるだけかなあ)が名前出して。
「なんとかの女性の会」とか「ほにゃららを守る会」とか・・・。

あのね、なんで警察に止められるか、よおおおく考えてご覧なさい。
おまわりさんは今の日本で、意味もなく「主婦」の行動を止めたりしません。自分がどう見られているのか・・・「主婦・お母さん」の皆さん、お茶でも飲んで冷静になりましょう。

素人の女・子どもは使い勝手がいいと思っていたでしょうけど
>そう言えば「反原発」って最近、「過激」な物言い、行動が増えてるにゃ。
いつまでも一般人とはみてもらえないと思います。



カタログハウスが!!!

今、私に郵便よこしたんだけど

「読者カンパで購入した8台の食品放射線測定器をぜひご利用ください!」ってチラシなの。パセナカミッセも入ってる。

私の名前に怪しげな番号打ちやがって。
カタログハウスで買い物してたから、ここまでは仕方ないけど
変な市民団体に個人情報流したら許さないからね。

カタログハウスの山本太郎

なおみさんへ

このところカタログハウスの山本太郎が話題になってますね。
http://togetter.com/li/287930

僕自身はこれがまとめられるより前にポスターの画像は見ていてびっくりしたんですけど、山本太郎がこれをきっかけにまともになってくれることを祈ります。

早川師のtogetter

http://togetter.com/li/288469

↑早川師「津波瓦礫を拒絶するな」と言っています。
え? この人、こういう人だったっけ?
私が知らないだけだった? 何かおかしくありません?
あ、いえ、本心なら、それで良いのですが、、

最近忙しいので部分読みばかりで、、
場違いなコメントだったら、すみません。

どうしよう・・・

仁さん・kakkouさん

びっくりしすぎてどきどきがおさまりません。
早川さんは相変わらず、福島のことは愛してくれないようですが・・・
それにしても・・・。

山本さんはほんもの?中に誰かはいってるの?
きれいなやまもとさん?

ほんものです

なおみさんへ

まとめの中にも登場してますが山本太郎本人が認めるツイートをしているので間違いないと思います。
https://twitter.com/#!/yamamototaro0/status/191000118034579456

今日は久しぶりに彼のツイッターを見てみたら次の記事をリツイートしてました。
http://www.rollingstonejapan.com/politics/taro-yamamoto/

記事の中の、雇用とお金が保証される、原発に代わる「次の産業」というのが簡単に見つかるなら確かにそれは歓迎すべきことだと思うんですが、その「次の産業」とは何なのか、「『専門家に考えてもらおう』だけじゃ、問題意識が広がりにくいと思うんです。全員参加型で(笑)」と言うからには何か斬新なアイデアでも持ってるのかと思ったら「自然エネルギー」だそうです。原発からの依存度を将来はゼロにし、自然エネルギーに替えて行くというのは政府だって言ってることですから、これって政府の方針に同意してるだけのことだと思うのですが・・・。

彼は 1ページ目で「残念ながら国は、『段階的停止』という嘘を使って原発を続けるつもりです。」と言ってますが、別に日本だけなのではなく脱原発を決めたドイツもやっていることは「段階的停止」以外の何でもありません。ちなみに Wikipedia の「ドイツの原子力発電所」の記事を見ると、現在 9基の原発が稼働中であることがわかります。
http://goo.gl/7NxNK

でも別に山本太郎の主張するような「嘘」を言って国民を騙し、原発を続けようとしているのではなく、代わりのエネルギーが開発されるまでの間、電力が不足したら困るので動かしているわけです。

今ドイツが急ピッチで自然エネルギーの開発を進めているのは確かですが、ドイツと日本では地形に大きな差があり、場所があまりなさそうな日本でも同じように太陽光パネルや風車を矢継ぎ早に建設出来るとは限らないと思われます。そこは彼自身「地形とか、場所によって合うものはわからないですが」と言ってますが、まさにそのとおりなわけで、わからないのにわけ知り顔でよく言うもんだなぁと思います。しかも真新しいことでも何でもないことを・・・。

何か前回ドイツでグリーンピースの抗議活動に参加したところドイツでは自然エネルギーを推進してたからという単純なノリでもって、変な意味でドイツかぶれになっているとしか思えなかったりします。

ところで皆さんは今やほぼ全ての原発が停止している日本で 、1基の原発の再稼働を容認しようとする日本政府と、9基の原発の稼働継続を容認し、かつ近隣諸国から原発による電力を購入しているドイツ政府とではどちらが悪でしょうかと聞かれたら何と答えますか。僕なら「どちらも何も悪いことはしていない」と答えますが、それっておかしいでしょうか。

記事でちょっと気になったのは

「自分は無力ですが、メディアに出る仕事をしていたわけだから、僕が動けば取材してもらったり、スルーされるような事柄にも光を当てたりできる可能性がある。ならば動かないわけにいきません。でも自分のなかで、活動の線引きを決めてはいるのですが」

――これ以上やらない、という線?

「はい。無関心な人々に巻き込まれて無理心中する気はありません。備えがデタラメな原発が山ほどある、地震活動期のこの国。次の選挙で希望の見える顔ぶれが国会に揃わねば、若い人たちに『諦めてこの国から出ろ』と言う運動に切り替えます。先人から受け継いだ、日本人という『種』『アイデンティティ』を未来につなげるために」

の部分ですが、彼は今の活動をやめることを考えているんですかね。何にしても僕の頭が悪いせいか何を言ってるのか意味が不明なんですが、どちらかと言うと散々福島の危険を並べたあげく「僕も疎開しますから」と言ったあの時と同じように、ごちゃごちゃ理由を付けて今度は海外に逃げ出すつもりでいるんじゃないかと思ってしまいます。

ドイツには来ないで欲しいんですが、上杉隆が何だかドイツで講演なんかやってるらしい
http://s130636984.online.de/2012/04/14/
http://tkajimura.blogspot.de/2012/04/iaeawho.html

ので、彼も案外また来るかも知れないですね。前回のグリーンピースでは随分御機嫌な気分を味わったようですので・・・。

以上、長くなってすみませんでした。

太郎も早川も

「梯子外し」始めただけじゃないですか?武田師はかなり前から離脱図ってたようですが。
「被災地瓦礫持ち込み反対」に、国や行政が組んで動いたのは、結構効いた感じがします。またさっぱり「健康被害」が出なくて、「焦り」「息切れ」もあるか。今ならまだ、「自分たちが大げさに騒いだからこそ、関心が高まったんだ、功績だ」なんて言えると思っているのか。
やつらの「最後の戦い」は、次回総選挙になるんですかね~。いくら「署名」とか騒いでも、結局は現行の政治システムの中でしか、何もできないのだと思います。「ドイツ赤軍」が「緑の党」を乗っ取ったような道を模索するのか。
結局やつら(とマスゴミ、無料ジャーナリスト等)の「煽り」に乗せられて、避難、別居、失業、離婚、中絶、自殺なんてなる人たちが、この事故の一番の被害者なのかもしれません。必ずそういう声が上がってきます。
やつらの言ったことを、忘れてはいけないと思います。長い戦いです。

タイトルはありません

タローも早川も、結構前から言っていたみたいですね。

早川の場合、(相当意地悪な解釈をすると)「岩手県、宮城県を味方につけて福島県を囲いこんだれ」ともとれますが(笑)。
あるいは「マトモなこと言って多くの人の共感を得ながら、その実さりげなく福島県囲い込みを誘導する(県境を封鎖、とか人の居住するところとは認めない、とかを刷り込む)」高等戦術かと思いました。
ソートー性格悪くなってるな、オレ。

タローの方は、「ウクライナ基準」という数値持ち出すだけ進歩したのかなぁ。でもその数値を勉強した様子は無いし、いままで言っていた様には見えなかったし。
信夫山ネコ様の言う通り、「自分だけ逃亡」の梯子外しかもしれませんね。

追記

と言うより、ついで。

お花見で1.65μSv/h は危険か否か。そしてメリット・ デメリットとは。
http://togetter.com/li/288871

楽しい花見の邪魔をするなぁぁぁー!

ついでのついで
福島の花見 #被曝花見 なるタグで工作する記者
http://togetter.com/li/285030

楽しい競馬の邪魔をするなぁぁぁー!
(すいまへん、私福島の男子なれど競馬はやらないへたれなんですが)

ほんと、フリーの記者って(以下略)。

今度花見でこいつに会ったら、文句言ってやる!
(って顔も知りませんが)

それはさておき、喜多方の道の駅につばめが来ています。
春なんですねぇ。

タローが就職?

 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120417-00000061-spnannex-ent

 太陽光発電の会社に就職するみたいですね。芸能活動は継続するとか。いや、別にどこに就職しようが良いんですけどね、最近太陽光発電のセールスが頻繁にきて困ってるんですよねぇ。毎回インターホン越しのトークが巧妙になって、すぐに「太陽光発電のセールス」って言わないんですよ。先日なんて「電気料金についてのご説明」とか言うんですよ。もう必死(笑)。でも胡散臭いからすぐにバレる・・・。こんな事までしなければ契約を取れない太陽光発電なら、その内容を見直した方が良いと思うのですが・・・。さてさて、タローさんは法人でも個人でも、太陽光発電の素晴らしさをアピールできるかな?。お手並み拝見します(棒)。

No title

仁さん
こんにちは。さきほど見たニュースでは、山本太郎さん就職なさるそうです。太陽光パネルの会社に・・・。

>ところで皆さんは今やほぼ全ての原発が停止している日本で 、1基の原発の再稼働を容認しようとする日本政府と、9基の原発の稼働継続を容認し、かつ近隣諸国から原発による電力を購入しているドイツ政府とではどちらが悪でしょうかと聞かれたら何と答えますか。僕なら「どちらも何も悪いことはしていない」と答えますが、それっておかしいでしょうか。

私はおかしくないと思います。
ずっとずっと私は反原発(っていうか、別のものないの?と言いながらだらだら電気を使っていた程度の人間)ですが

今全部止めろ!何が何でも止めろ!と騒ぐだけ騒いでいる人たちは
多くのものをあきらめる覚悟ができてるんだなあと、感心しています。
集団自殺ってどなたかがおっしゃったけど、それに近い覚悟と言うか。

けれど、そうなった時に真っ先に命に影響のある人たちは、その人たちではないだろうと思うと・・・すっごく煮え切らない自分になります。

ネコさん

>やつらの言ったことを、忘れてはいけないと思います。長い戦いです。

私、執念深いんです。
臥薪嘗胆・・・。

♪そ~だったらいいのにな!そ~だったらいいのにな♪(おかあさんといっしょ)
妄想新聞のテーマ


IKAさん!
>今度花見でこいつに会ったら、文句言ってやる!
(って顔も知りませんが)

私も助太刀いたします。からんでやる~!ねちねちと!
(顔も知らないけど)


あ!「きょうのたろう情報」ルイージさんに先を越されてた(笑)!
家の近所にそんな感じの会社できたよ~。

ちょっとおかしかった

>ドイツには来ないで欲しいんですが

仁さんが冷静に、しかし、ホントに迷惑そうに嫌がってるので
笑いました。

デマ除染と関係なくてお詫び。

私も、、出来たら脱原発できればいいな~と思っています。
でも、ウオッシュレットは使いたいし、PCが不調だとイライラして「早く動け~!」って。
だから、自分の思っていることと、電気が少なくなる実際の生活にギャップがあるんです。
本当のところ、原発なかったらどうなんだろう、、 太陽光って、それで賄えるの?
今までのように掃いて捨てるように使っていた電力、、には反省しないと、、てすが
どれ程、経済成長にダメージなのか、許容範囲なのか、、よくわからない。
福島、特に非難区域の方が「絶対反原発!」仰っているのは頷けます。
問題は、あのデモに参加している人達。経産省とか福井県庁の前で騒いでいる人ね、
ああいう人って(一部しっかりした方もいると思うけど)、停電や経済が悪くなったら
真っ先に、また「どうしてくれる!」とか言いそうで、、

仁さん
ドイツって脱原発決めても10年計画ですよね。それに対してデモなどあるのですか?
何だか落ち着いて見える。私が知らないだけなのかな~?
日本人て、カッカとし過ぎのような気がするね。短気は損気だよ。
落ち着いて、お互いの主張を聞いて、デメリットも理解した上で自分の考えを持たないと。

IKAさんの「楽しい花見の邪魔をするなぁぁぁー! 」
ネコさんの「やつらの言ったことを、忘れてはいけないと思います。長い戦いです。 」
なおみさん、ルイージさん、皆様にも

お茶、、というより、ブランデー入りの紅茶を、、千葉産落花生と一緒に、、どうぞ~♪
あはは、、花見酒の方が、、って言っている人、だぁれ?

追伸 ネコさん、話題が本題と反れちゃったね。すまんです。

タローが

「営業」で就職ってことは、最後の頼みのNHK「あさいち」レギュラー、てのも無くなったのでしょう。

はじめまして

初めてコメントさせていただきます。私は以前ねこさんのブログで「みえないばくだん」批判を紹介していただいた「うるしねまき」と申します。お陰様でその後自分のブログにアクセスが急増しました。遅ればせながらお礼申し上げます。
自分のブログは、1日の閲覧が100ちょっとの「ショボイ」もので、それをいいことに好き勝手に「反原発オピニオン」を特に皮肉りながら批評してきました。
コメントで山本太郎君のことが話題になっているようですが、彼の言動を見ていると、滑稽というか漫画的というか思わず吹き出してします。駄々っ子の戯言にしかみえないです。
また、前回で菅谷松本市長のことを取り上げておられましたが、彼は原発事故当時はむしろ良識的であったのに、だんだん過激な反原発派になってしまった感じですね。医者で市長という立ち位置の人だけに、こういう人の煽りは武田教授や広瀬隆氏よりも恐い気がします。
「みえないばくだん」はネット上では相変わらず賛同の反響が多いですね。外国語にも次々と翻訳されているのにはうんざりしてしまいます。もっと批判的に見る論調が欲しいですね。なお自分のブログに週刊新潮の記事を添付しておきましたのでご参考にしてください。
http://pub.ne.jp/admisaki/?entry_id=4208619
今後もお邪魔しますのでよろしくお願いします。

こんばんわ

あいかわらずのコメント伸び、ついていくのが少し大変です。

山本太郎の「福島さん野菜」の「ウクライナ基準」はちょっと調べただけで、何の根拠もなく賛同していること、ウクライナ基準の内容を太郎が知らないことが推察され、苦笑してしまいました。なんせ、正月の朝まで生テレビでた何Bqまでなら福島産食べられるか答えられなかった太郎が理解しているわけないですわ。
太郎君は就職して関東に居続けるんですかね。そうだとしたらほんとに、自分の言ったことに責任持たない人だな。どうせ、自分達の言ったことも忘れてケーズデンキの特売に行ってますよ。(不買運動は千葉霊だったかな?)

ネコさんのおっしゃるとおり、「やつらの言ったことを、忘れてはいけない」
福島の人って、執念深いんですよね。

No title

津波がれきの受け入れを拒絶する唯一の合理的方法はこれだ。拒絶する地域から住民の即時退去を求める。1年前に私が福島について「嫁発言」を使って述べたことと同じだ。..
HayakawaYukio 2012/04/15 06:07:24 ....

.その後わたしは、予告どおりに福島を拒絶している(会津は除く)。福島市に、郡山市に調査に行ったが、そこでの経済活動に一切関与しなかった。お金を一銭も使わなかった。私は自分の心持の中で(人間居住地としての)福島の存在を否定している。そして実行している。.
HayakawaYukio 2012/04/15 06:09:21

..... ..いっぽう、宮城・岩手などのその他の東北は受け入れている。東葛を受け入れているのと同じだ。その地のレストランに入る。ホテルにも泊まる。その目安は毎時0.5マイクロシーベルトだ。.
HayakawaYukio 2012/04/15 06:10:48

津波がれきの広域処理そのものの是非判断は保留だ。放射能汚染を理由にするなと私は書いた。だからといって広域処理する必要性が認められるわけではない。納得できる十分な理由はまだ呈示されていない。不満だ。だから私は、現時点では、がれき広域処理反対に分類されよう。.

.HayakawaYukio 2012/04/15 06:15:45

  氏の論理では、放射能を理由になら全て拒否しうる場合に。となるようです。

論理性を理解できた、この部分には理解できる。 福島に人は住むな。には、ですが。

IKAさん
氏は、自己の論理性を主張しているだけです。 他者の同意、賛同をではないのです。

福島を居住地として否定する正当性をの論理性ですが(在住者を拒否する論理)。 0.5uSv/h以下なら会津以外にもあるのですが。

すっごくうれしい

>お茶、、というより、ブランデー入りの紅茶を、、千葉産落花生と一緒に、、どうぞ~♪

kakkouさん、ありがとう。

>福島の人って、執念深いんですよね。

jun9satoさん、そうなんだ~。幕末のこととかかな。
きっとそういう人たちは、受けた恩も忘れないはず。

タイトルはありません

>omizoさん
成る程。早川は「福島は人が住む所として認めない」、としているため「福島以外は認めざるを得ない」。
瓦礫処理に福島は含まれていないので、「とりあえず」受け入れを認める、といった感じ…でいいのかな。
ちなみに私の家からの最寄りのモニタリングポストは0.4マイクロなんで、早川基準ではオケなんですが…だからどうした。

>うるしねまきさん
はじめまして。
みえないばくだんの件で、ブログ見て参考にさせてもらっていました。菅谷市長については、同感です。公職にあり、それなりの権限を持っているだけに罪深いですね。
今後ともよろしくお願いいたします。

>kakkouさん
んー、いい香り。紅茶ありがとうございます。
千葉産ピーナツって、丸々太っていて、ほんのり甘くて大好きです。でも食べ過ぎると吹き出物が…。

話題のタローちんが就職すると言う会社についてまとめがありました。

http://togetter.com/li/289341
正直調査はまだまだこれからだと思いますが、第一報として(自分で調べるわけでは無いくせに、ね)。

No title

早川氏の論理は、人が住む場所でない。=全てを拒否する場所。
それ以外は、拒否する論理にならない。 氏的に人が住める場所としている所はすべて拒否しない。

全てを拒否する場所か、全く拒否しない場所か。の二元です。 その基準が毎時0.5マイクロ。 

子々孫々まで

>やつらの言ったことを、忘れてはいけないと思います。長い戦いです。
そのとおりです。
第一次大戦後のトルコにおけるアルメニア人虐殺や日中戦争時の南京攻略の件といい、声の大きい少数の人の主張が通ってしまうのはよくあることです。
中核派など極左は形を変えて存在し続けて福島原発事故を誇張して50年後、100年後の人たちにデマを流すと思います。 会津の人ではないですが、子々孫々まで事実を伝える必要があると思います。

話は変わりますが、上杉氏の記事でドイツに避難している人たちがいることが記述されていましたがもしかして「難民」扱いなのでしょうか?

山本太郎氏のこれから

山本太郎が「ソーラー」会社員に転身? 「広告塔では」の声も
http://news.livedoor.com/article/detail/6477570/
J-CASTニュースより

-引用これから-
スポーツ紙などによると、太郎さんは、知人の紹介で面接試験を受けて採用された。配属先は、法人営業だといい、平日は働き、土日などを使って、デモなどの活動を続ける。会社には、ほかに新入社員が4人いるそうだ。俳優業については、続行することで会社の承諾を得ているとも報じられた。

中略

太郎さんを採用したのは、社長が太郎さんの活動に共感し、応援する代わりに働いてもらおうと考えたからだとした。名ばかりの社員になることについては否定し、「実際に社員として働く形になります」と説明している。

-引用以上-

山本太郎は胡散臭い連中と縁を切ってかたぎになればと思っていた私が甘かったでした。
社長は山本太郎の活動を認め、共感しているとのこと。
うさんくささ全開。

コメントに竹本さんが!

いらっしゃいましたね。IKAさん。

家は日中、お隣の陰が射す時間帯があって、建てる時に
太陽光発電は見送ってしまったのです。
ちょっとでも陰が射すと、とたんに発電量が下がるとかテレビで観て。

でも、やっぱりいつかつけようか・・・なんて相談していたところですが。

こういうみかたはいけないんだけど。
山本太郎さんが関わるものは、みんないや・・・。
信用できないです。

それにしてもネコさん
大盛況なのかな?
夜になかなかつなげなくって(光なのに)、大変です。
お体大切に。

タイトルはありません

>なおみさん
竹本さん、コメント入れていましたね。
実際、家庭用ソーラーって新しい業種ですし、紹介したまとめも充分に調べている、ってほどでもない(←自分がやっていないくせによく言うね。すいません。)ので、この会社の評価は「グレー」です。
ただ、タローちん(←ウクライナ基準を導入したことにより評価を0.5上げました)を使うってのは、どう見ても話題性、広告効果目当て(本人が直接営業活動しても意味は変わらないと思います)ですから、なかなかしたたかな会社ではあります。

私もソーラーあげるか悩んでるんですけどね。普及が進むことで導入単価が下がるのでは?と思い様子見しています。あまり広く普及すると、電気の買い取り単価が下がっちゃいますけど。

>omizoさん
はい!よくわかりました。
論理としては終始一貫している、ってところが早川自身の矜持になっているわけですね。
科学的にはまったく正しくないんですがねぇ。

No title

はじめまして。昨年のZDFの報道でこちらのサイトを知って以来、いつも記事を読ませていただいています。

中核派ではないのですが、同じく過激派だった
「戦旗・共産主義者同盟、(日向派/別名・荒派)は→ブント→
共産主義を放棄してエコに転向し「アクティオ・ネットワーク」となっています。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%88%A6%E6%97%97%E3%83%BB%E5%85%B1%E7%94%A3%E4%B8%BB%E7%BE%A9%E8%80%85%E5%90%8C%E7%9B%9F

今回この記事を読んでアクティオのサイトを見てみたのですが
キッズウィークエンド~福島こども保養ツアー~ なるものがあり、
申込先が「子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク」 になっています。
http://actio.gr.jp/2012/03/19142631.html

アースデイ東京のホームページ
http://www.earthday-tokyo.org/2012/news/2012/02/post-72.html

アースデイ自体は政治その他を超えた行動なので、(元?)過激派が参加していても文句は言いませんが、活動をなさる団体は一般の人にもわかりやすいように政治信条を明記してもらいたいものです。

というわけで中核派だけではなくお気を付けください。

うるしねまきさん

ありがとうございます。こちらこそお世話になりましたです。かえってご迷惑かけちゃったかもしれません。

「みえないばくだん」の各国語翻訳ですが、連中はかなり「ドイツ軍」に影響されているような気がします。最近知ったのですが、チェルノブイリ事故の後、(西)ドイツで今の日本のような「放射脳」現象が、「母親」中心に巻き起こったとか。「子どもを守る母親の~」みたいな集団がたくさん出来たらしいですね。そのあたりと繋がって、欧州諸語への翻訳活動を繰り広げているのでは。

今後もよろしくお願いいたします。

山本太郎その他

すみません、書いた文に「本分に含まれる URL の数が超過しています」というエラーが出て投稿出来ないので複数に分けて投稿させていただきます。よろしくお願いします。

ではどうぞ:

--------------------------------

皆さん、山本太郎に関するコメントや情報をありがとうございます。彼の就職のことは知らなかったので大変驚きました。

ちなみに今ドイツでは太陽光発電事業は決して見通しが明るいとは言えません。
http://www.sankeibiz.jp/macro/news/120405/mcb1204050115001-n1.htm

この記事では「Qセルズ」という会社が倒産したことが書かれていますが、僕自身は去年ここではない別の大手メーカーが倒産した記事をドイツのサイトで見ています。それじゃ日本ではどうなのか、もちろん断定的なことは言えませんが、恐らくそう簡単なことではないのではと思っています。

何はともあれこの就職によって彼は将来原発依存をゼロにし、自然エネルギーでカバーするという政府の方針に正式に協力することになったわけですね。ただし平日は働きながら土日にデモ活動などは続けるとのことですが、そのデモでこれからも政府を凶弾していくつもりなのかわかりませんが、自然エネルギーの推進というのは政府の協力なしでは難しいのではないかと僕は勝手に思っているのですが、間違ってたらすみません。

それと太陽光発電の開発製造販売にだって電力は欠かせないはずだと思うのですが、それはどうやって調達するのかなど、いろいろ疑問は尽きませんが、何はともあれ海外への脱出を企んでいるのではないかという僕の推測はハズレてしまいました。もっとも今度の就職先で資金が稼げればまだ可能性はあるのかも知れません。これまで彼を全面的に崇拝している人達が彼の会社の製品を買ってくれるでしょうから、取り敢えずかなりの収益にはなるのではないでしょうか。

(続く)

山本太郎その他2

話題を変えて、信夫山ネコさんのおっしゃる「チェルノブイリ事故の後、(西)ドイツで今の日本のような「放射脳」現象が、「母親」中心に巻き起こったとか。「子どもを守る母親の~」みたいな集団がたくさん出来たらしいですね。」についてですが、その話が本当かどうかは僕にはわかりませんが、少なくとも今僕が住んでいるところで言えば、例えば食事会などで集まった時に、僕に今の福島の状況をいろいろ聞いて来ては悲観的なことを言ったり危険を主張したりするのはそのほとんどが女性なのは確かです。

これがなかなか困ったもので、向こうが聞いて来るので昨年福島の実家に帰って何の問題もなかったことや、福島の事故はチェルノブイリほどではなくドイツで騒がれているような危険はないと説明しても、一応僕に気を使って聞いているようでも実は本当だとは思っていないんですね。それなら聞くなよと言いたくなるわけで、実のところ最近では食事会に呼ばれると気が重くなったりします。まあ、何とかうまくはやっていますが・・・。

でも最近「シュピーゲル (Der Spiegel)」というドイツの有力紙のサイトで田村市の「たむらと子どもたちの未来を考える会」の半谷輝己さんという方が紹介され、その中に「今の田村市の放射線量はドイツのバイエルン州の多くの場所と同じぐらい」という部分があって、僕が住んでいるのがまさにバイエルン州なので、これはなかなか助かります。少なくともチェルノブイリ事故当時のバイエルン州の汚染が今の田村市より大きかった可能性が高いことなどを説明出来ます。

ちなみに「たむらと子どもたちの未来を考える会」のサイトはこちら:
http://xn--f9j6c1a.jp/tamuramirai.html

Der Spiegel のサイト記事と日本語訳の見れるサイトはそれぞれこちらです:
http://www.spiegel.de/panorama/gesellschaft/0,1518,815549,00.html
http://krmtokyo.jugem.jp/?eid=20

記事をお読みになればわかるようにこの半谷さんは放射脳の部類ではなく全くその逆です。実際にお会いしたことがないので僕自身は安易な判断は出来ないかも知れませんが、こういう記事もドイツで報道されるのは良いことです。

(続く)

山本太郎その他3

テレビの方では最近またまた例の ZDF が作った「フクシマのウソ」というドキュメンタリーが日本でも話題になっていたのですが、今日シネマトゥデイのサイトで紹介されました。これで一気に広がりそうです。
http://www.cinematoday.jp/page/N0041304

ビデオはこちらです:
http://youtu.be/4Z38NR0mn_M

Facebook でも僕の友人達からもさかんにシェアされていたのですが、僕自身は以前の「フロンタール 21」のことがあるので眉唾でしか見れずにいます。

あ、もう大分遅いです。これから寝ます。唐突ですみませんがおやすみなさい。

ドイツから

ありがとうございます。

最近チェルノブイリ後のドイツとか、スリーマイル後の米国の状況に、非常に興味があるんですよ。あの時ドイツではマスゴミが煽りに煽って、パニクり、その後マスゴミが引いてしまうと沈静化した、てな話も読みました。また米国の場合、ロッキー山脈あたりの高海抜地域=高放射線地域でのガン発生率が、むしろ低いことが盛んに言われたとか。いずれにせよ「インターネット」がない時代の事件なので、今回の日本とは違うのですが。

田村の人たち、きちんと地に足つけてますね。

原子力ムラ

>ビデオはこちらです:
 http://youtu.be/4Z38NR0mn_M

仁さん、ありがとうございます。
原子力ムラって、こんなに酷かったんだ。
一部分だけクローズアップされているような気もするけど。
「原発は安全」て、みんなが騙されていたのかな~
知り合いがいるから、、現場は一生懸命やってるよ。
住民の方も、それに携わる働き手も、日本全体を騙して。(独り言)

だけど、この件とエネルギー政策とは別のことと思うし
ましてや今回の事故とそれにまつわるデマは全く別物。
全部ごちゃ混ぜにするからおかしくなっちゃうんだよね。(と思う)

仁さん!飲もう!

ビールとキャベツの酢漬けでもいいし
ザッハトルテとコーヒーでもいいです!

ここ、すっごく共感しました。

>悲観的なことを言ったり危険を主張したりするのはそのほとんどが女性なのは確かです。
>危険はないと説明しても、一応僕に気を使って聞いているようでも実は本当だとは思っていないんですね。それなら聞くなよと言いたくなるわけで

そうだそうだ~!

以下はIKAさんからの(ぷぷっ。しゃれじゃないですよ)引用ですが

>普及が進むことで導入単価が下がるのでは?と思い様子見しています。あまり広く普及すると、電気の買い取り単価が下がっちゃいますけど。

難しいですよね。私は大変俗物なので、今後の日本で(震災以前の自家発電は今とちょっと意味が違うかなと思うので)得をしようとは思いませんが、あまり損もしたくないと思ってしまうのです。

太陽光パネルのお店が、ぽつぽつとできてきました。
パネルのお店かなと思ってたひとつは「福島のガイガーやさん」でした。必要と思う人はいくつももってるし、買わない人は買わないし。
専門店・・・?商売になるのかな???

ずっと東京に住んでいて
上下水道完備・都市ガス・電気使い放題
が当たり前だと思っていたんです。
でも、こちらに来てそれは普通のことではないと知りました。

オール電化住宅は夜も電気を作り続ける
原発のはけ口かとずっと思っていましたが
ガスを引けない・プロパンしか遣えない地域の人にとっては
便利な暮らしをするために必要だったんだなと知ったのです。

都会の人だけが便利な(豊かとはちょっと違いますよ)暮らしを享受しているのって、おかしいなと思うようになりました。

最近は素敵な東京の夜景をドラマなんかで観ると
「無駄な電気を消せ!」と思います。

でね。どうしたらいいのかなって結論はでなくて
まだ考え中です。

仁さん、

半谷さんはお会いしたことがあります、ICRPのダイアローグセミナーで。
頑張ってますよ、「意欲的」のカタマリ、て感じの方です(元気分けて欲しい)。
以前NHKに密着取材されたそうですが、本人いわく「安全側寄り過ぎってことでボツにされた」とのことです。

安斎先生と対談したくて、でもスケジュールが合わなくて難航してたのですが、本日急転直下解決。
週末の木村真三さんから始める対談番組、来月は早野先生、再来月は安斎先生です。
かなりのラインナップでしょ?

まだまだ続くよぉ~!

No title

やぁどさん

その対談番組って、関東では見られないのですね?
もったいないですね!


なおみさん 

 >危険はないと説明しても、一応僕に気を使って聞いているようでも   
  実は本当だとは思っていないんですね。それなら聞くなよと言いたく  
  なるわけで
  
  そうだそうだ~!

そういう方、多いですね、上辺だけの対話。 後味悪いね、損した気分。

デモをする方達ね、そんなことより「自販機廃止」の声を上げればいいのにと思う。
少しは不便になるけど、コンビニもあるんだし、みんなで出来る少しづつの反対運動。

kakkouさん、

番組は、ゲストの了解がいただければYou Tubeに上げます。
まず木村さんはOKもらったので、来週早々には上げるつもりです。

私が髪掻き上げる手が屡々画面を横切って(縦切って)おります。
試写の反省に立ち、床屋に行ってまいりました。

リクエスト?

>やぁどさん
安斎先生がご登場の折りは、是非お得意の手品をご披露願いたいのですが(笑)。

やぁど さん

できるだけ、やぁどさんの局を観るようにしています。
がんばれ~!

やぁど様
YouTube!難しい面もあるかと思いますが、期待しております!DASH村同様、これからのTUFには注目だ!

正しい数字を理解すること。

昨日、早野先生が福島で講演してました(野尻先生と一緒と言う豪華ラインナップ)。
仕事を抜け出せず行けなかったんですが、有難くもUSTが残っています↓

http://www.ustream.tv/recorded/22004196

この36分過ぎのところで「いきなりテスト」をやってます(早野先生、最近これがお気に入り)。
20問各5点で100点満点。
私は95点でした。
どこ間違えたかはナイショですが、言い訳すれば「積算線量計24時間持ってるせい」も一因です。

さて、この講演会、主催は「あの」福島市民放射能測定所です。
LB200しかない去年秋ごろに「キャベツからヨウ素が出てる」とか判定してお笑い、でしたし。
去年暮れには「これまで測った福島県民平均で20Bq/kgの内部被ばく」と記者会見する寸前で資料まで整えてたとか。

ちょうどこの頃に早野先生がフラっと現れて、「このデータはおかしいから発表しない方がいい」と止めてくれたそうです。
その後ベラルーシからファントム(校正用の人形、当然汚染されてない)取り寄せて測ったら「20Bq」て出て「このファントム、内部被ばくしてるよ」て新たな小咄も生まれたのですが。
それにしても会見されてたらまたパニックになってたでしょうね。。。

早野先生はこの測定所がどういうスタンスかと言うことも知っていて、それでもいろいろ協力している。
それは決してアチラ側の主張に味方するためではないと思う。

初めてお会いしたときに「今のストレス被害を打破するにはどうすればいいんですかね」と聞いたら、「正しい数字を示し続けて、それを理解してもらうことしかない」とおっしゃった。

「子ども福島」なんかから派生したあの測定所、当初は「こんなに危険なんだから逃げろ」と主張するためのものでした。
でも今は、もしかするとあそこのスタッフはかなり目覚めて来てるんじゃないかな?

そうじゃなきゃ「早野&野尻コンビ」で講演会やらないと思うんだけど。。

やぁどさん

>「子ども福島」なんかから派生したあの測定所、当初は「こんなに危険なんだから逃げろ」と主張するためのものでした。
でも今は、もしかするとあそこのスタッフはかなり目覚めて来てるんじゃないかな?

もしも!もしもそうであれば・・・すっごくいいなと思います。
過去は問いません。


>そうじゃなきゃ「早野&野尻コンビ」で講演会やらないと思うんだけど。。

でも、これだけの理由では私は気持ちを許せないの・・・。

あのね、私がいいなと思って尊敬してる人が、私が死ぬほど軽蔑してる人とある団体でつながってますよって、最近教えてくれた人がいて。
ショックだったの。
思想信条は問わない、目的(だいたい広くゆるい)に賛同すれば一緒に活動ってことだから・・・。

あの人と同じ団体ですよって、あの人も賛同してるんですよって
宣伝や自分を信用させるために使うこともできるから・・・。

根性悪くてごめんね。

もう少し観察します。

ZDF その他

反応が遅くてすみません。

半谷さんは一応 Twitter で相互フォロー関係にありますが、基本的に彼の信条には共感を抱いています。何にしてもよく田村市の人が Der Spiegel に載ったものだなと思います。

ZDF のビデオ http://youtu.be/4Z38NR0mn_M に関しては、ナカ・テルユキという人がどんな人なのか興味がありますね。チェックポイントを西洋人だと悟られないようにするために防護服に身を包んで通過してますが、ということはこれはやっちゃいけないことなんですよね。このナカさんという人はその片棒を担いだことになるわけだと思うのですが、何となく不思議で仕方がないです。しかもチェックポイントで堂々とカメラマンが撮影してますし・・・。

それから管首相は脱原発路線を表明したことで降ろされたみたいな印象を受けますが、脱原発を表明したのは確かだと思いますが、退任はもっと他のことが原因だったような気がするのですがどうなんでしょう。

最後の「原発を日本で稼働させるだけの心構えが東電に出来ているとお考えですか?」の質問に、インタビューに応じた東電のお二人が沈黙してしまったのは僕にはちょっと気の毒に思えました。要するに今後絶対事故を起こさないと補償出来るかという意味だと思うんですが、今飛行機が落ちて何百人もの死者が出たとして、飛行機という乗り物自体の存在が問われ、「反飛行機」なる運動まで起きて大騒ぎになったとして、今まさにその渦中にある航空会社に同じような質問をしたとしても、やはり答えられないんじゃないかと思うんです。迂闊に大丈夫だと思うと言ってもどうせ叩かれるわけですし、そもそも回答には慎重にならざるを得ない立場だろうとも思います。

どういう風にこの質問に持って行ったかなどもわからないし、日本語で話されている部分はドイツ語の音声が被さって日本語自体が全く聞き取れないしで、見ていて歯がゆくなって来ます。でも前回の「フロンタール 21」がデタラメだったので、このビデオも僕にはどうしても手放しで信用する気にはなれないですし、ましてやほら見たことかと言わんばかりの拡散をする気にもなれません。

ドイツの脱原発に関しては次のような記事を見つけました。かなり興味深い内容だと思います。

「脱原発に愛想を尽かすドイツ人たち」
http://meinesache.seesaa.net/article/254001878.html

僕自身もちろん脱原発派です。ただ今のドイツがまだそれを達成したわけでもなくまた達成出来るかどうかもまだまだ予断を許さない中、偉そうに福島原発をネタにドラマチックなレポート番組を作るところに少なからず嫌悪感を感じます。

それに元々ドイツはチェルノブイリを経験していることもあって、そこのところをドイツ人 (前にコメントしたように大抵女性なのですが) が「私達はチェルノブイリを知っている」とまるで自分達が先輩みたいに言うところもカチンと来るんですよね。そんなら日本みたいに今すぐ全部の原発を止めてみろと言いたくなったりするわけです。「ドイツ政府は脱原発を決めた」と言うのかも知れませんが、それは結局は今の日本政府も同じですしね。

ちなみに日本は原発再稼働に住民の理解が必要なようですが、ドイツは有無を言わさず政治判断で決まるそうです。と言ってもどうやら結局は日本も政治判断なようですが、それでもまだ住民に配慮しているだけマシなのではと思います。

ただドイツが今自然エネルギーを一生懸命進めていることは確かです。例えば僕の家の前の道を上に上がって行って振り返ると下の写真のように風力発電の風車が何基も建っているのがわかります。
http://farm8.staticflickr.com/7059/7016839603_2c2172d2c2_b.jpg

元々何基かはあったのですが、昨年秋頃からどんどん追加建設しています。僕自身はこのような開発は進めつつ、一方で脱原発は誰をも路頭に迷わせず、かつ被災地の復興を妨げるものであってはならないとも思うんですよね。その意味では東電の社員も人間なのであって、それぞれ生活も家族もあり、そこには「子供」も含まれるはずだと思っています。

何が言いたいのかわからなくなってしまいましたが、お酒は大好きなので飲むのは大いに賛成です。ただ飲酒が年間 100mSv 被曝の何倍も発ガンリスクが高いと知ってからは控えめになりましたが (笑)。

仁さん

仁さんがお住まいの場所を拝見することができて、ドイツがぐっと身近になりました。ありがとうございました。

先日教えてくださった、ドイツの太陽光発電会社がワヤになった記事、週刊誌にも載ってました。風力発電も近隣の方の健康被害が・・・などと聞くと、人間が快適に生きたいと思い、その手立てを考えることはとても難しいことだと思います。人間の業ゆえにというか。

>最後の「原発を日本で稼働させるだけの心構えが東電に出来ているとお考えですか?」の質問に、インタビューに応じた東電のお二人が沈黙してしまったのは僕にはちょっと気の毒に思えました。

相手が答えられない質問をすること、答えが限定されてしまう質問をすることは、質問する側の意図がみえていやですね。技として使うことはありますが、やっぱりこう誘導してやろうとの考えがある時に使いますから。

>その意味では東電の社員も人間なのであって、それぞれ生活も家族もあり、そこには「子供」も含まれるはずだと思っています。

私もそう思います。

お互いに死ぬまでは生きねばなりませんから
ほどほどの美味しい毒をたしなみつつ
同じ時代を進んでいきましょう。

No title

富江 敏尚 さんの2012年03月14日08:00 反原発の社会党を消し共産党を長期低落させた国民こそ、原発推進の張本人。電力会社は政府(国民)の要請に従っただけ

の末尾に書かれた

マスコミも、転向知識人も、転向国会議員も、にわか反原発派一般人も、先ず、厳しい自己批判を行ってからにして下さい。

3/11以前に反原発だった私も強く反省します。原発が、これほど安全とは知りませんでした。勉強不足で感情だけで反対していたことを、科学者として恥じます。


  Station Black Outで、直流電源まで消失して、海水取り入れの2次冷却装置も破損。 ですから。 安全なのかもしれませんね。 


No title

やぁど様
早野先生が福島市民放射能測定所のスタンスを知りながらも協力する理由、それはまさに先生がおっしゃっている「正しい数字を示し続けて、それを理解してもらうことしかない」を実際にされているという事。測定所側も、正しい数値を示してもらうよう調整してもらう事に対して、異議はない(本当は感謝すべきところだと思いますが、そこをどのように考えているのかはわかりません)と考えていると思います。
ただここで気になるのが、早野先生の後半の言葉「理解してもらう」です。ネコさんのブログで取り上げられ、測定所のやっている事に関して首をかしげるようなツイートを何度か見た自分としては…という思いは拭えません。実際に、市民放射能測定所のHPを覗いて見ますと、このようなページがあります。http://www.crms-jpn.com/art/191.html ここにある「こどもたちを放射能から守る全国小児科医ネットワーク」(代表・山田真先生)という一文、これは第一回目が福島市で行われた時のと全く同じです。その時の事はネコさんのブログでも触れているので、もしかしたらご存知かもしれません。http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-35.html
今回の相談会は第八回。それまでの間、この相談会がどのように変わってきているのか?という事まで私はわかりませんが、もし第一回目でやったような診断を繰り返しているとしたら、かなり信用性が低いと判断せざるを得ません。
測定所のスタッフは、かなり目覚めてきているのかもしれない、という言葉は、早野・野尻両先生の講習会を開く、という点から私も同感です。ですが、そのデータを生かしきれない人達と動いている(と考えられる)以上、これからも一歩引いて見る必要はあるかと思います。
とはいえ、データは正しいのだから検査後自己判断できる、といえばそれまでなのですが。

No title

放射脳の方々は、聞く耳を持たない方が多いです。 
不安に思うお母さん達は、ある程度仕方ないとしても、その方達が、
少しでもこちら側に歩み寄れるなら、そのような活動は必要かと。

論文の少ない早川師。本当は目立ちたがりなのかも。論文出せないから
放射能のことでワーワー言い始めた気がします。 それって何年か前、
土器の出土を捏造した、どこかの考古学教授に似ている。

仁さん! 管前首相は首相としての器でないと思う。何でも
自分で手を下さないと気がすまない。事故後の対応は酷いものだったと
思います。後になれば何とでも言える。私は菅さん嫌いです。

kakkou さん & 笹団子さん

亀レスですが、kakkou さんの

> ドイツって脱原発決めても10年計画ですよね。それに対してデモなどあるのですか?

ですが、既にドイツは政府が正式に脱原発を決定していますから、脱原発デモは今はないんじゃないでしょうか。山本太郎が参加したグリーンピースの活動はゴアレーベンの高レベル放射性廃棄物処分に反対し、その輸送を阻止する意図だったと理解しています。

ちなみにゴアレーベンで検索してみたら次の記事が見つかりました。と言いつつ僕は今はちゃんと読む気がしないので気が向いたら後で読むことにします (^_^;)。
http://www2.rwmc.or.jp/overseas/briefing/deu/DEU-1.php

笹団子さんの

> 上杉氏の記事でドイツに避難している人たちがいることが記述されていましたがもしかして「難民」扱いなのでしょうか?

については、これはどうなのか僕は知りません。ただ NPO 団体などがそうした避難して来た人達を支援することはあっても、ドイツ政府が難民として扱っている可能性は低いように思います。一応日本に安全なところは沢山あるわけですし、内戦などで国に住めなくなったり、政治的迫害で国を追われたりと言ったのとは事情が違い、原発事故に関しては一応国が危険だと思われる区域は避難命令を出していますし、避難民には仮設住宅なども建設してあるわけですから、それをあえて日本全体が危険と考えて脱出する場合、その危険の基準はあくまで個人的な感覚によるものだと思うので、それをドイツが国として難民と扱うことは出来ないのではないかと思います。

なお次のようなファイルも見つかりましたので興味があればお読み下さい。
http://www.ndl.go.jp/jp/data/publication/legis/216/21602.pdf

これもまたもや僕は今はちゃんとは読みませんが、難民の適用に関して次の記述があります。

第1条 適用範囲
(注i)
(1) この法律は、基本法第16a 条第1項に基
づいて「政治的に迫害される者としての保
護」を求める外国人又は外国人法第51条第 (注ii)
1項に掲げる「危険のおそれ」のある国へ
の強制退去若しくはその他の送還からの保
護を求める外国人に適用される。

原発事故による避難民というのはやはりこれには該当しないのではないでしょうか。少なくとも今の日本を上記の意味での「危険のおそれのある国」とはドイツは認定しないのではと思います。

やはり山本太郎は

海外脱出を企んでいるようですね。
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2012/04/18/kiji/K20120418003071520.html

何を考えてるのか理解出来ないです。好きとか嫌いよりも気味が悪いというのが僕の彼に対する感覚です。

ドイツの放射線量

何度もすみません。ドイツ各地の現在の放射線量が見れる地図があります。
http://odlinfo.bfs.de/

ポイントをクリックするとそれぞれの町のグラフが出ます。左上に町の名前がありますが、その前の 5桁の数字は「郵便番号」です。

チェルノブイリ事故で南ドイツがホットスポットになったと言われていますが、この地図でもそれがわかります。26年前はもっと線量が高かったんでしょうね。

ちなみに僕は 1984年の夏から 1991年の 2月までフライブルク
http://goo.gl/6ifXG

という町に住んでいましたが、それ以降、つまり 1991年 3月からは今のホーフ
http://goo.gl/rBNrf

というところにいます。つまりチェルノブイリ事故の時からずっとホットスポット地域で生活し続けているわけですね。

その当時僕は事故のことを全く知らなくて、日頃多少の雨では傘をささないドイツ人が皆使っていたのでどうしたんだろうと思ったのですが、後で事故のことを知りました。でもその時の僕は傘を持っていなかったので雨にあたってしまいました。

あれから 26年、未だピンピンしていて、これから癌で死ぬのかどうかなども全く興味なしです。

kakkou さん

>私は菅さん嫌いです。

少女のように潔癖で、きっぱりしたkakkouさんが大好きです。
ここ、笑っちゃいました!


ちょい悪劇場(多分部屋付きのお母さん方には軽蔑されると思います)

「ぐへへへへ。俺が全てを忘れさせてやるぜ(いろいろな不安など)。」
それを聞いて
文字通り、死ぬの生きるのと大騒ぎ(こういうことは若いうちに済ませましょう)していたお母さん方が
「例えこの人を信じて何かあっても・・・私!後悔なんかしない!!」

くらいの色男がいたらよかったんだよね~。
男に限りませんが。

あの時、誰に判断してほしかったか、指示を出してほしかったかを今考えても・・・誰も思い浮かばないの。
ずっと感謝してるのは吉田所長さん(当時)、警察、消防、自衛隊、そしてそのご家族・・・その他あの時に最善を尽くして、できることをしてくださった、名前を存じ上げない方々なのです。思い出すとまだありがたくて、涙が出ますもの。

ちょい悪劇場、もっと書きたかったけど
品位を下げるので自粛。

上杉隆がドイツで

>仁さん
ドイツに行ってバカやるのは、タロちんの専売特許ではないようです。

上杉隆@ドイツ発言に町山智浩呆然、江川紹子が叱 責!! @uesugitakashi
http://togetter.com/li/292444

仁さんのお話を聞くと、上杉隆が受け入れられる素地がありそうでちょっと怖いんですが。

それにしても、海外に行って講演やって帰ってくるって、核燃料サイクルの再処理みたいなんですけど。

上杉隆vs東スポ

上杉隆に関して、ちょっとおもしろいまとめがあったのでご紹介。

上杉隆vs東スポ
http://togetter.com/li/292497

上杉隆と東スポを比べるのは、東スポに失礼!という意見に一票。

>なおみさん
「部屋付きのお母さん」って、なんか「部屋付きの親方」みたいでちょっとツボでした。
ぐへへへへぇ、と死亡フラグ立ちまくりの「北斗の拳」雑魚キャラ的入り口から突如昼メロ展開?
ちょい悪劇場、先が読めません。

きっと、「福島は危ない」派の方々から見ると、居残っている人たちってホラー映画の優等生キャラ(「そんなことあるはずが…グハァ」となるタイプ)的な死亡フラグが見えるんでしょうね。

No title

菅総理への許せない事は、一民間企業の東電、関連企業への玉砕、特攻を示唆する発言でしょう。 特攻を生んだ精神構造と類似していることです。 そんなこと、自衛官、消防に対しても要求できる事は誰にも出来ないのです。国家権力の最高意思決定者が要求するという事の意味合いを理解しているか?。 それを自慢げに語る氏は、どう言う精神構造しているのか?。 

ZDF の新しい煽り番組

IKA さん

> 仁さんのお話を聞くと、上杉隆が受け入れられる素地がありそうでちょっと怖いんですが。

そうですね、確かにその素地がある感じがしています。実は数日前に同じ楽器のウクライナ人の同僚から前日の昼間の ZDF の番組を観たかと聞かれましてね、我が家は 12年ばかり前からテレビを解約していて事実上テレビなしの生活なのでもちろん見ていなかったんですが、彼が言うにはウクライナ人が福島に行ったりしたレポートだとのことで、すごく興味深い内容で ZDF のサイトで見れるから見てみろとのことでした。

で、すぐに見つかったのですが、これです:
http://www.zdf.de/ZDFmediathek/hauptnavigation/startseite/#/beitrag/video/1616266/Die-Strahlenjäger

一昨日の 22日にアップされたものですね。内容はチェルノブイリの事故は当時のソ連政府だけでなくドイツもフランスもその汚染を小さく見せかけようとした、それを一人のウクライナ人ジャーナリストが真実を確かめるため危険を犯し、汚染地帯に入り込んで独自に線量を量り続けているというもので、そのジャーナリストというのは冒頭に出て来るスキンヘッドのお兄さんなんですが、この人が福島に行って線量を量ってます。それにふさわしく、このビデオのタイトルも「放射線ハンター達 Die Strahlenjäger」となっています。

で、見ているととにかく汚染が酷いのオンパレードです。それに立ち入り禁止区域へのバリケードに監視員がおらず無人であったり、いてもそこから出て来る車の線量を測らないことが信じられない、チェルノブイリの時はこんなじゃなかったと言ったりなど、とにかく物静かな雰囲気ながらも散々批判しています。

途中 12分目に「環境活動家」の「Kenzo Hashimoto」という人が出て来ますが、何者なのか僕にはわかりません。あっと驚いたのが 18分ちょうどのところに僕の実家の三春町が出て来たことです。しかも 6年間通った思い出の三春小学校が登場しますが、ここは除染がきちんとしてあって初動の処置が良かったと評価しつつ、それでも校舎を離れて近くの薮に入ると線量が高いと言っています。ところが高いと言うだけでその数値は全く示していません。

僕が見るにこの人は要するに科学者でも何でもないただの素人です。日本でも勝手にわざわざ福島まで出向いて行って線量を測り、実際は政府の発表より高いなどとブログなどで公開している奴らがいましたよね。それと何ら変わらないように思えます。

日本はちゃんと国や自治体がモニタリングポストなどを設けて測定しているし、食品も測っているし、それらは公開しているし、わざわざこいつが行かなくても福島県の人達は誰でも自分で測ってるぐらいの状況だと思います。それを日本で言うところの NHK に相当するドイツの国営テレビがこんな人間を引っ張り出してわざわざ福島に行かせ、こういう番組を作るのは頭に来るのを通り越して呆れてしまいます。

このような状況ですから山本太郎や上杉隆のような人間がドイツに行って日本の政府や東電は嘘をついてるとか言えば喜ばれる可能性もありますし、その意味でも彼らにとっては今のドイツの環境は居心地良くて仕方がないかも知れませんね。逆に言えば日本では信頼されてないってことですからお気の毒としか言いようがないですが・・・。

ウクライナのみならず、チェコ、ポーランド、ブルガリア、ルーマニア、ハンガリーなど、旧社会主義、共産主義の国の連中というのがまたいろいろありましてね、僕の職場にも沢山いるんですが、あまり深いお友達になりたいとは思えないところがあります。この番組のウクライナ人ジャーナリストなるお兄さんもどの程度の人か知りませんが眉唾で見るぐらいでちょうどいいのではと思われます。

それにしてもこの放送にも出て来るのですが、「真実 (Wahrheit ヴァーハイトと発音) を求めて」っていう言葉は今の僕にはうさん臭さしか感じさせず、いい加減にしてくれと言いたくなります。恐らくこのビデオも日本語字幕付きで YouTube などで出回るでしょうね。ZDF もこれが恥だということに気が付いて欲しいものです。




仁さんへ

全然関係ないけど、、Freiburgへは4~5回行きました。
ドナウ川の源流とか、黒い森の小さな町。
トリベルクのカッコウ時計のお店が素敵で可愛くて、、
それで「kakkou」なんですよ。
本物のカッコウは他の鳥に托卵したり、ちょっと嫌な鳥、、(笑)

No title

IKA様
上杉隆氏に関しては、もうどうにもならないレベルに達しているのでは?という思いです。比較対照の東スポですら(まとめにあるように)日付はあってますが、上杉氏の場合あってるところを探さないといけないというレベル。まさに東スポに失礼といえます。
この上杉問題、こう立て続けに事が起こり呆れたのか、江川詔子氏が上杉氏に苦言を呈したようですが、今のところ効果はない様子→https://twitter.com/#!/amneris84/status/194789547320684544 実際簡単に謝罪するような人物なら、ここまでにはならなかったでしょうし、町山氏との対談で認めた嘘をまた引っ張り出すような事はしないでしょう→https://twitter.com/#!/TomoMachi/status/194041545056460801
発言内容に疑問符がつきまくる人物である上杉隆氏。なぜこのような輩が海外で発言できるのでしょうか?内容は、ちょっと考えればおかしなものばかり。それが日本のジャーナリストが発した言葉として世界に認知されてします。だが、このような失態を演じても、海外での発言は事前に決まっていた事だから仕方がないといえるかもしれない。それなら、これからでも自浄作用を働かせなくてはいけないと思います。それができないのなら、業界全体でやるしかないでしょう。かなり余計な作業になりますが。
FPAJという団体の代表である上杉氏のトンデモ発言と、OPK横川氏殺人発言。内容は全く違うが、団体がどのように対処するのか?という点から見れば大差はない。FPAJによって、日本のジャーナリズムは落ちるところまで落ちて破壊されるのか?私はそんな危惧すら感じています。

仁様
ドイツのお話、いつも興味深く読ませていただいています。三春の方だったんですね。今年の滝桜、26~29日あたりに満開だろうとの事です。地元にこのように誇れるものがあるのは素晴らしいですね。 http://www.town.miharu.fukushima.jp/soshiki/7/webcamera.html

ZDF 番組の補足説明

前のコメントで紹介した ZDF のビデオですが、三春町の部分の補足説明をさせていただきます。前のコメントでは「校舎を離れて近くの薮に入ると線量が高いと言っています」と書きましたが、もう一度動画を良く見直してみましたが、どうも三春小学校は校庭の表面を剥ぎ取った土をそこに集めて仮置きしているということのようです。

解説によると鈴木町長は事故発生後官僚的な道 (国や県の手続きによってという意味だと思うのですが) は時間がかかることがわかり、三春町にはそんな時間はなかったのでまず町で最も重要な場所である学校の除染を自分達で行なった、その後国がモニタリングポストを設置したが、当然 (除染後なので) 既に線量は通常になっている、と言った風に話が進んだ後でこの放射線ハンターのウクライナ人がここでは事故後第一日目 (真っ先に、の意味だと思うのですが) にやるべきことをちゃんとやった、これは重要なことであり、放射性物質は子供達が遊ぶと舞い上がるから、などのコメントの後除染後の土を集めた場所は線量がまだ高いとしています。

そして町長の話はいずれ県内に除染で出た放射性物質を含む土などを集める中間貯蔵施設が作られるので、それまでの間この校舎脇に置いておくのであり、ここに置くことは町民も同意していると言っています。

なので僕の前コメントは説明が不足でした。お詫びします。

でも自分の母校の映像を見せられながら「この学校も汚染された」と言われるのは何とも辛い気分ですね。「汚染する」は kontaminieren という動詞を使っているのですが、やはりコンタミという言葉は気分が悪いです。

それに震災と原発事故直後は三春は被害がほとんどなかったということで津波や原発の避難者を受け入れたんですよね。もう除染なんてやってる暇などなく、ガソリンも物資もない中その方々をお世話するだけでも大変な状況だったらしいです。今は 10箇所ぐらいの場所に仮設住宅が建っていますが、ZDF もどうせ三春まで行ったんだったらむしろそういうことをレポートして欲しいと思いますね。

> kakkou さん

お名前は黒い森のカッコウの意味でしたか。フライブルクやその近辺はドイツで最も天気も良く、美しいところとされていますね。僕もその当時はよく車で黒い森に出かけました。スイスやフランスにも近く、便利なところだったと思います。ただそこの音大を卒業した後就職浪人が 3年ほど続き、早く違う町に行きたくて仕方がありませんでした。でも離れてみるとやはりいいところだったなと思います。まあ僕の今住んでるところもそれなりにいいところですけどね (笑)。

> ゆさん

滝桜、僕が参加している SNS や Twitter でも今開花状況や写真が盛んに出回ってます。滝桜だけでなく三春は本当に桜の見所が多いです。御存じかも知れませんが三春町は春になると梅、桃、桜の花が咲き競う、つまり三つの春が一度に来るというので三春という名前になったというのですが、僕自身は音楽高校に進んだので三春町の桜は中学三年の時を最後に今まで一度も見ていないんです。ドイツに就職したのでますますチャンスがなくなってしまいましたが、もう 40年ぐらい御無沙汰してることになりますね。毎年この時期が来ると両親に連れられて花見に行ったことが思い出されて懐かしくなります。ちなみに去年は YouTube の次のビデオを何度も観ては涙を流していました。
http://youtu.be/vthsY9txwlw

今の仕事は夏にしか日本に帰るチャンスがないので、定年まで滝桜も実際に見ることはありません。まあ、夏に帰省した時にせいぜい葉桜を拝むことにします。

仁さん

素敵な映像でした・・・(うっとり)。

>自分の母校の映像を見せられながら「この学校も汚染された」と言われるのは何とも辛い気分ですね。「汚染する」は kontaminieren という動詞を使っているのですが、やはりコンタミという言葉は気分が悪いです。

はい。私もそう思います。
子どもが「汚染」という言葉を覚えてきて使った時に
すごく違和感があって。

すっごくきれいなままではないけどさ
「汚染」って言葉とは違う気がするんだけど・・・と。

ちょいわる劇場

ふく子は考えていた。「私、このままでいいの?」
その心の隙間に入ってきたのが邦彦だった。

邦彦は「あなたとお子さんを守りたいんだ」と言ってくれる。
いつだって、何を聞いたって、はっきり答えてくれる。
学生時代に大好きだった田原俊彦と名前も何となく似てる・・・。

夫は毎日疲れて帰ってきて、私の話を聞いてもくれない。
話せば最後はけんかになる・・・。私たちのことなんか、どうだっていいんだわ(涙がにじむ)。

ふく子からそう打ち明けられたもも子は心配した。
「これまでに邦彦さんの仕事で、いい噂を聞いたことがないよ?」
「ふく子の家庭や人生を、邦彦さんの言葉だけで変えていいの?邦彦さんは本当に責任とってくれるの?」

もも子の心配をよそに、ふく子はどんどん邦彦にのめりこんでいった。
夫は諦めにも似た気持ちで、妻の変化を見ているしかできなかった。

けれど1年経たないうちにふく子は、邦彦の心変わりを知るのであった。


・・・・IKAさんにささげようと思ってここまで書いたけど
私が求めている「ちょいわる」はレッド・バトラーのような感じなの!
全然違っちゃったじゃないの~!!!

夫の立場で書くとまた、イイタイコトがいっぱいあるんだろうな・・・。


ネコさんのところでは科学的根拠をもとにやりとりできなければ(わたしゃできません)全く相手にされないから、そういう人は来ないけど。

ひまわり先生がたまに絡まれて嫌な思いをする人は
「理屈じゃねえ」って感じで、感情的に手負いの熊みたいになってるから・・・。自分より他人が不幸そうにしてないのが腹立つというか、ねたましいというか・・・。福島に住んでいるくせに(すげ~差別的)心配してない(ように見える)人に嫉妬してるのかな???

自分がこんなに我慢してるのに!って他人に絡みたい時は
自分がやりたいことをすきなだけ楽しめばいいのに。
私たちの世話など焼かずに。

まさか世界征服したいと思ってる人はいないだろうから
「いつも我慢してるコンビニアイス、今日は誰にも一口あげないでひとりで食べる」とか・・・その程度のことじゃないのかなあ。やってみたらいいのに。満足して機嫌よくなるかもしれないし。周りの人にも優しくできるかもしれないし。

なんでその程度の幸せで楽しんでいる私たちに
きりきりした感じで嫌なこというのかなあ・・・。
仲良くしたいなら、やきもち焼かないでそう言えばいいのに。

三春の滝桜

三春は数年前、桜を見に行った事があります。
桜はもちろん見事でしたが、印象的だったのは、訪ねた民芸品など作ってる古い農家のお宅が開放的で、玄関の土間あたりをツバメに貸すのはままありますが、お座敷の畳の部屋にツバメが巣作りしていた事。忙しく餌を運んで出入りしていました。いいですねえ。

>IKAさん
きっと、「福島は危ない」派の方々から見ると、居残っている人たちってホラー映画の優等生キャラ(「そんなことあるはずが…グハァ」となるタイプ)的な死亡フラグが見えるんでしょうね。

ウケました。いや“そんなことはないですが”
『トンデモ非常時デマ情報レスキュー』唐沢俊一(著)を、ご紹介します。
現地から離れた所での視点ですが、常識派というか良識派の方だと思います。
当地に住んでいらっしゃる方の、「今この時点でどうするか」というご苦労からすればヌルイかもしれませんが。

なおみさん

あっぱれ~♪
お母さん達の心をよく掴んでる。(誰もわかってくれない、、)そう思うんだよね。悲劇のヒロインみたいに。

仁さん 三春の桜の映像、色々あるけど、やっぱり音楽家の選択した動画だな~と思った。 音楽は心に響くね!

No title

>なおみさん
私の中で、ふく子はふくたん、もも子はももりんになっていて、
不思議な妄想でおかしかったです(^^;)
「ふくたん目を覚まして!!」
「ももりん、もっとふくたんを説得して!!」と。
すみません。つまらないコメントしてしまいました。

あっというまに桜も終わりに近づいていますね。
昨年の今頃は外出するときはマスクにナイロン系のカッパのようなものを着て、
家にいても窓など開けずに、
震災半年前に新築した家には24時間換気システムなるものが付いているのに、
換気してはいけないと思ってずっとスイッチをOFFにして、
エアコンも使わないようにと言われて、暑いのでカーテンを閉めて暗くして、
初夏のような季節になってきたのに、蒸し風呂のような状態で・・・
そんなときにこのネコさんのブログに出会いました。
徐々に換気システムのスイッチをONにして、
窓を開けたり、暑いときはエアコンを使い、
マスクやナイロン系の服は使わなくなりました(^^)
今日は、桜が散ってしまう前に、娘と花見をしてきました。
近くのお寺にたくさんの幼稚園児が来て普通に遊んでいました。
普通の光景にこれほど心が穏やかになるなんて。
昨年の今頃は、普通の暮らしなんかできるのかなって思ってました。
「もう福島はダメなのかな?」って検索してネコさんのブログがヒットしました(苦笑)

また記事と関係ないコメントをしてしまいました。すみませんでした。


タイトルは特にありません

>ゆ さん
上杉隆は日本では「もうダメダメ」という認識が拡がりつつあるので、「出てきたら検証する」というスタンスで臨めばいいと思うのですが、海外でどんな受け取りかたをされるのかが気になるところですね。
曲がりなりにも「記者会見を主催できる団体の代表」という肩書きがありますし、その極端な見解を受け入れたがる人は、海外にも一定数いますし。そもそも海外で日本の現状がどう認識されているのかがよくわかりません。
何しろ日本でも「ECRR」やら「バズビー」やらが席巻しましたからね。
ゆ さんのおっしゃる通り、ジャーナリスト業界で自浄するのがいいんでしょうけど、ほんと、期待できないし。江川さんや町山さんのような方がもっと出てこないと難しいですね。

>なおみさん
おお、まるで「花○愛の劇場」のような展開が待っているとは!
でも不安を感じていたお母さんの気持ち、よく出ていますね。
男としては女性のココロの動きを知るのに参考になりますです、はい。
>「理屈じゃねえ」って感じで、感情的に手負いの熊みたいになって るから・・・。
これもよくわかりますねぇ。とにかく近付くヤツは皆傷つける→誰も近付かない→ますます孤独になる、みたいなスパイラルを感じちゃいますね。
こういった人達のケアは、今後の課題かなぁ。

>よし さん
唐沢さんは好きなライターさんのひとりなんですよ。
もっともご紹介いただいた本は知りませんでしたが。
今度本屋さんで探してみます。

死亡フラグで言ったら、パニックおこすのもフラグではあるんですけどね。(大体中盤くらいに殺されるパターンかな)

野望的贅沢。

ハー○ン○ッツの700ml入りを、寝る前に一人で貪り食うこと。
東京単身赴任時代は時々やりました〉なおみさん。

No title

IKAさま

その「部屋」、春場所も相変わらずですから。
ごせやげますから。
転載厳禁なんでコピベできないのが残念です。

なんというか、
リアルライフではだれにも相談出来ずに、もんもんとしている人の
書き込みが多いんですよね。
私はこのネコさんの部屋(部屋っていうな!)で得た情報など
を少しご紹介したりしていますが、果たして彼女たちに届いているのか。

(いつやめようかと、常に考えている私ですが)

No title

>やぁどさん
すいません、遅ればせながら「福島で日常を暮らすために」録画しておいたの、見させてもらいました。
あらためて勉強になりました。知らないこともいっぱいあったし。
「1mSv」基準ってそういう理由で決められていたんだ~、ふーん。(見ていない人、見られない人にちょっと意地悪で内容には触れず。ユーチューブで見てね!)
やぁどさん、かっこよかったす。

それにしても、やぁどさん甘いものもイケるクチとは、ちょっと意外でした。
私は最近「パルム」を一通り制覇しましたよ。


>re-tsuさん
「ネコさんの部屋」ってなんか猫カフェみたいですね(笑)。
リアルライフで相談できない…だから優しげに近づく邦彦によろめいて(って、俺も古いね)しまうふく子…ってまんまなおみさんのちょい悪劇場じゃないですか。
何となく雰囲気が分かってきました。やっぱ近づけないかな…。
真面目な話、そういったお母さん方の不安もわかるんですよ。去年の今頃なんてみんなそんな状態でしたし。私も例外ではありませんでしたしね。
ほかのブログにでも出向いて、いろんな情報とかコミュニケーションをとって、気持ちを落ち着かせてほしいと思います。

>汐の香さん
さっき書いた通り、あのころはみんなそんなもんです。
私もどうしていいかわからず、いろんなサイトやブログ見まくっていました。去年の今頃は、何を信じていいかまだわからなかったころかなぁ。
内緒ですけど、実は私三月中旬の数日間、若松に避難していまして…。仕事が休みになったせいもあるんですけど。
それでも家を出るときは結構悲壮な決意をしていたんですよ。今は「俺のあの時の気持ち、返せ!」って言いたいです(笑)。

またまた勝手なことをすみません。

IKAさんも、汐の香さんも、re-tsuさんも、みんな初めから落ち着いていた訳ではないんですね。
汐の香さんの「もう福島はダメなのかな?」って検索してネコさんのブログがヒットしました(苦笑)
同じようなものだわ、、 私もね、息子に「会社止めて帰って来なさい!」って言ってたの。
「手を洗って!」「うがいして!」「マスクして!」って、、当時の話。
「それは福島の人に対して失礼だよ!」と言ったのは息子。
「心配してくれるのは嬉しいけど、お母さんの心配がストレスになる。」と言われた。
あれから一年。一年前のことをこんな風に話せるようになって、よかった。
ネットはストレスと視力低下の元だけど、ここの皆さんと話せて、ホント、よかった。

今も心配で悩んでいるお母さん方、不安を煽る人から早く脱却してほしいです。

No title

よしさん
>お座敷の畳の部屋にツバメが巣作りしていた事。

これは・・・もう悟りの境地ですね。すごいなあ。

>『トンデモ非常時デマ情報レスキュー』唐沢俊一(著)

私もこの人好きです。探してみます。あまりみかけないですよね。


汐の香さん
>「もう福島はダメなのかな?」って検索してネコさんのブログがヒットしました(苦笑)

そういうのって私、運命の出会いだと思うのです。真面目に。


やぁどさん
>野望的贅沢。

う~む。よし。


re-tsuさん
>リアルライフではだれにも相談出来ずに、もんもんとしている人の
書き込みが多いんですよね。

そっか~。そうなんでしょうね。悩みが違うだけで、そういうのって、これまでと変わらないのでしょうね。私も誰にも相談できないクチですから。

>私はこのネコさんの部屋(部屋っていうな!)

わはははは!

>で得た情報など
を少しご紹介したりしていますが、果たして彼女たちに届いているのか。

うん。きっと読んでくださっているでしょう。
熟成?するまでに時間薬が必要。


IKAさん
>「パルム」を一通り
何ですって?←負けず嫌い
明日からちょっとコンビニで必ずチェックしますからね!
・・・そんなにいろいろあるの?

>真面目な話、そういったお母さん方の不安もわかるんですよ。
>それでも家を出るときは結構悲壮な決意をしていたんですよ。今は「俺のあの時の気持ち、返せ!」って言いたいです(笑)。

うんうんうんうん。
だからさ、「私の理想のちょいわる」じゃない人たちが、嫌なんだよ。
みんなの必死な気持ち、真心を返せよ!って。

タイトルは特にありません

>なおみさん
パルムはコンビニの一本売りより、スーパーなどにある箱入り6本入りの方がバリエーションが豊富です。

http://parm-ice.jp/lineup/

この他にも、カフェモカとかあったような気がします。(期間限定とかかな?)
でも、一番好きなのはスタンダードなバニラだったりするんですけどね。

私の「あの時の気持ち、返せ!」は誰に責任があるでもなく、単なる笑い話になりましたが、いまだに不安に苛まれている方はそうはいきませんからね。
「ちょい悪」ぶって寄り添う事は必要かと思いますが、いつまでも引きずり回すような煽りは許せませんよね、本当に。
「ちょい悪」と言うより、「全悪(ぜんわる…語呂が悪いな)」ですかね、この場合。
ところでなおみさんのレッド・バトラーって、イメージはクラーク・ゲーブルですか?それともオリジナル?
まあ、どっちでも私とは月とちくわの穴程の差がありますがね。

>re-tsuさん
なおみさんが言うように、きっと読んでくれる方はいらっしゃいますよ。重症の人はともかく、不安と安心をいったり来たりの人には大切かもしれませんね。
もっともご自分を犠牲にしてまでやることでもありませんので、多少の「ごせいやげる」事が平気なときだけにした方がいいですけどね。

>kakkouさん
実に立派な息子さんです!
親が子供を心配するのは当たり前。あの頃は皆不安でしたからなおさらです。
私だっていつでも避難できるように荷造りしていましたし(ややしばらくバッグをタンスのかわりに使っていました)、「ガソリンあったら逃げていた」と言ってる人もまわりには結構いますから。


不安と安心をいったり来たりしている人は、信夫山ネコ様のブログ本文やコメント欄見てくんないかな。皆さんのコメント見るとますますそう思えてなりません。

デコ屋敷?

よしさん

民芸品などを作っている古い農家というのは「高柴デコ屋敷」でしょうか。
http://maps.google.com/maps/place?client=safari&rls=en&oe=UTF-8&um=1&ie=UTF-8&q=%E9%AB%98%E6%9F%B4%E3%83%87%E3%82%B3%E5%B1%8B%E6%95%B7&fb=1&hq=%E9%AB%98%E6%9F%B4%E3%83%87%E3%82%B3%E5%B1%8B%E6%95%B7&hnear=%E9%AB%98%E6%9F%B4%E3%83%87%E3%82%B3%E5%B1%8B%E6%95%B7&cid=4830173782861629289&ei=g-eYT7zLAY_Wsgb85uz5AQ&sa=X&oi=local_result&ct=photo-link&cd=1&resnum=2&ved=0CAkQnwIoADAB

ここで三春駒や三春張子人形などが古くから伝統的に作られていますが、大分前に区画整理で郡山市になってしまったのが残念です。

-----

kakkou さん

> 三春の桜の映像、色々あるけど、やっぱり音楽家の選択した動画だな~と思った。

あの震災後の滝桜の動画としては傑作だと思いました。実際に見ていて今でも感動してしまいます。Facebook などではこちらの西洋人達との交流もあるので、この英語版はその人達に見てもらうのにも良かったと思います。

ショックを受けています・・・

パルムに・・・あんなに種類があったなんて。
パルムに過去ですって(クリック)?もうこれは食べられないのね・・・(涙)。いっそ知らなければよかった(嘘嘘!情報ありがとうございま~す)。

>「ちょい悪」と言うより、「全悪(ぜんわる…語呂が悪いな)」ですかね、この場合。

そうなのです。極悪でいいかも。

>ところでなおみさんのレッド・バトラーって、イメージはクラーク・ゲーブルですか?それともオリジナル?

えっとね~昔の映画のだからクラーク・ゲーブルかな(詳しくない)?

>まあ、どっちでも私とは月とちくわの穴程の差がありますがね。

そんなことないですよ!IKAさんだってああしてこうしてああして(中略)こうしたら同じですよ!


kakkouさんにIKAさんが言ってたことに賛成!
素敵な息子さんですね。

>不安と安心をいったり来たりしている人は、信夫山ネコ様のブログ本文やコメント欄見てくんないかな。

んだんだ!絶対説得なんてしないから安心して!
私から「安心」なんて話はしない。

「あの人たち、どんな話をしてるのかしら?」と興味本位で構わないから覗いてほしいな(嫌味をわざわざ言いには来ないでほしいけど・・・)。

仁さんへ

わぁ、懐かしいなあ。何軒かまわって、ここも行ったかな。
この季節にだけ、桜を見てもらうのにお宅+庭を開放している農家もありました(ツバメはそこだったかな)。縁側で素朴なお土産やお餅など売ったりしてました。

某ツアーで行ったのですが、郡山駅まで新幹線、そこで地元の観光バスがお出迎え。
滝桜がメインでしたが、何ヶ所か桜巡り。地元の強みで互いに連絡を取り合いながら、道路の込み具合を見極めつつ(こんな農道を通るの!?)とか、ノリも良くてなかなか楽しかったです。バスガイドさんも地元の方で「桜のシーズンは全国から大型バスが来るけど、ウチは小ぶりのバスで裏道情報もばっちり」とか。庭に植えるなら枝垂桜!と心に誓いましたです。(まだ家ないケド)

桜は見に行く時期が難しいんですよねえ。年によって開花ずれるし。
仁さんは、ふるさとであっても見れないんですね。原風景って誰もが持ってると思いますが、桜きれいです。きっと仁さんのなかにくっきりと。
ナショナリズムに走りすぎるのはイヤですが、郷土への思いはなくしたくないですね。そこに生まれた・住んでいるアイデンテティとか。うまくまとまりませんが。
(なんか私信になってしまった)

No title

IKAさま

>なおみさんが言うように、きっと読んでくれる方はいらっしゃいますよ。重症の人はともかく、不安と安心をいったり来たりの人には大切かもしれませんね。

そうそう、そうですよね。
って、言ってるそばからですが、
あっちに行きっぱなしの人に遭遇してしまいました。

瓦礫の広域処理には断固反対、
何故なら「集団疎開訴訟」関係の福島のお母さんに
きれいな空気を守って!と頼まれたからだそうです。
福島の子どもの為、日本中の子どもの為、戦う、と
決意表明も高らかな書き込みでした。

方言で一言よろしいかしら。
「うっつぁし!」(「うるさい」の意)

よしさん

>仁さんは、ふるさとであっても見れないんですね。原風景って誰もが持ってると思いますが、桜きれいです。きっと仁さんのなかにくっきりと。

じわっときました(割って入ってごめんね)。
いろんな気持ちがこみあげてきて。


>方言で一言よろしいかしら。

このエクスキューズにre-tsuさんの「隠し切れない品のよさ」が
にじみ出てますね(笑)。

いつも勉強させてもらってます

こんにちは。
初めて書き込みいたします。
私は福島の隣の県在住の3人子のオカンです。

去年の夏の終わりにひまわり先生とねこさんのブログに出会い、ツキモノが落ちたように精神的に落ち着くことができました。
・・・というのはこのブログを紹介していたのがここで今話題になっている例の「部屋」でして・・・・。

そのブログ紹介の書き込みを見るまでは、悩みましたよねえ。
体重2キロやせましたもの。
あの「部屋」ホント疲れます。

安心ですよと発信されている方のブログを読むと、文系の私でもわかるようにきちんと計算もされていて説明もちゃんと納得できますよね。

今まで読んでばかりでしたが、あの「部屋」からこちらに飛んできたのもいるということを知ってほしくて、書き込みました。

これからも勉強させてくださいませ。
よろしくお願いします。

PS   減った体重は元に戻り、ただいまプラス○キロ増量中。
     

No title

綺麗な空気ね。

光化学オキシダント注意報ていうのを知らんらしい。

http://www.nies.go.jp/pmdep/ctype/result/ox200705/press.pdf

http://www.gov-online.go.jp/useful/article/200807/5.html

ぐれぞーさん

お帰りなさいませ。

>減った体重は元に戻り、ただいまプラス○キロ増量中。
同じです、私も。 あはは、、4キロ減ったのに、、

こういう方が増えるといいですね、皆さん!

タイトルは特にありません

>ぐれぞーさん
ようこそ!信夫山ネコ様のブログへいらっしゃってくださってありがとうございます。
私はお勉強担当ではなく、バカ話担当(と言うかそれしかできない)なんでお役にたったとは思いませんが、そう言っていただくと嬉しいです。
ブログ主でもない私が言うのもなんですが、いつでもまたコメントしてください。わからないこと、不安なこと、ご質問などはお勉強担当がお答えしてくれます(たぶん)。
私は…うーん、いつもここで何してんだろ?そうだなー、皆さんが来やすいように敷居を下げておきます(決して知性を下げているわけではない…と信じたい)。

>re-tsuさん
>「集団疎開訴訟」関係の福島のお母さんに きれいな空気を守って!と頼まれたから

ああー、あっちにいったきりの「放射能No!」なかたってめんどくさいですよね。もっとも、自分の感情を普遍化する人って、結局何がネタであっても面倒なんでしょうが。
それにしても福島のお母さんってこんな人ばっかりなんだ、って全国の人が思いませんように。


それにしてもデマがあとをたちませんねぇ。最近リンクするのもめんどくさいんで、あまり紹介しません。
もっとも質がかなり落ちた感がありますが。
いわく「東北大学医学部で700人が亡くなった」とか、「ヤクルト不買運動」とか。
あまりにバカバカしいので紹介する気にもなりません。

でも今日見たこれはちょっと悪質なのでペタリ。

「園児が感謝のポスト清掃で活動」→「福島県で幼 稚園児たちが除染活動」に勝手に変えて騒いでいる 人たち
http://togetter.com/li/293917

幼稚園児に除染させるなんて、福島の大人ってすごい極悪人に見えますね。そう言えば妊婦にも強制的に除染に参加させている、って話もありました(確認していないんで、デマとは言い切れないんですが…この間BSフジの番組でどっかのおばさ…いえ、お嬢さんがまことしやかに言っていましたね。信じている人は多いようですが…ほんとなのか?「村八分」の件で出てきたきり、見たことも聞いたこともないんですが)

>omizoさん
私が子供の頃は、毎日のように光化学スモッグ警報が出ていましたね。中国の核実験のフォールアウトもあったし、食品の添加物も今とは比べ物にならないくらいいろいろ入っていました。チクロ…はちょっと上の世代かな。それ以外でも6価クロムとかPCBとか毎日ニュースでやっていたのを覚えています。

「放射能No!」の方から見れば、なんか今こうして生きているのが不思議なくらいにいろいろあったんですけどね。

滝桜は

今日満開のようですね。

> 仁さんは、ふるさとであっても見れないんですね。原風景って誰もが持ってると思いますが、桜きれいです。きっと仁さんのなかにくっきりと。

三春を離れるまで住んでいた家は目の前にお城山という、城跡のある小高い山があって、ここがまた桜の名所なので毎年道沿いに雪洞が灯され、それが家の窓から見ると山肌に点々と明かりが連なってとても綺麗な春の風物詩でした。花見もいつもここに行っていましたので、実のところ滝桜の記憶はほとんどと言っていいぐらいないんです。

滝桜も当時は地元の人だけでごく普通にゴザを敷いて当たり前の花見が行なわれていたように思うのですが、今は全国的に有名になって全く様相が変わったようです。以前はいいのか悪いのか複雑な気持ちでいましたが、今年は賑わいを取り戻しているというニュースを見るとやはり嬉しくなります。

「ポスト清掃 → 除染」のデマ、これまでいろんなデマを見てきましたが不謹慎かも知れませんが初めて爆笑しました。 読みながら時々無邪気な子供達の写真が出て来るからでしょうね。騒いでいる連中が子供にも劣るノータリンに見えて可笑しいです。

No title

>仁さま
>騒いでいる連中が子供にも劣るノータリンに見えて可笑しいです。

ああ、一語一句同意します。

ところで「お城山」、
私の故郷の白河にもお城山があり、花見の名所として知られています
(松平定信の造った「南湖公園」はもっと有名ですが)。
白河のお城山は、311で石垣が崩れ、いま補修中です。
でもそんな人間の営みをよそに、桜は今年も普通に咲き、美しいです。

>ぐれぞーさま
わーい、お仲間だぁ~
”増量中”とか、いろんな面でね!

>omizoさま
「きれいな空気」、その語感の浅薄さについてしみじみと・・。

向かいの桜

我が家のお向かいさんの家の前に小さな桜の木があるんですが、一週間ほど前に写真に撮ってみたので御覧下さい。
http://farm6.staticflickr.com/5316/7094340913_6ac62130ec_b.jpg
http://farm6.staticflickr.com/5117/6948271066_76a60e0fa2_b.jpg
http://farm8.staticflickr.com/7097/6948270506_5ae49092f7_b.jpg
http://farm6.staticflickr.com/5040/6948270178_f66a91b694_b.jpg

何かどんどん本題から離れて行きますね。どうもすみません。

No title

>仁さま

ああ、すごくいいですね・・・
こっちもきれいだぞい~

東北大で

700人死んだってデマは、デマ元がバレていて逃げたとか。

「幼稚園児の除せん」は、吹きますね~。

秋田のヒグマ、それから相次ぐ歩行者に特攻っこむクルマ、突然トキにヒナが生まれたのも異常です。すべて放射能の影響が・・・な~んて、あ~あ。

No title

>仁さま

画像拝見。
全く自然って奴は・・。

白河にはそんな思い出があったのですね。
人々のそんな営為をよそに、花(桜)はあくまでもきれいですよね。
「願わくば 花の下にて春死なん その如月の 望月のころ」

西行法師の気持ちが理解できる気がします(若い時に比べて)。
桜、しみじみ美しいもの。


※ところで、いま白河は新撰組の沖田総司で町興ししています
(遅いような気がする)。






追加です

先程リンクした幼稚園児の除染デマですが、拡散元を指摘するコメントが別まとめでありましたね。

http://togetter.com/li/293804

拡散元
yuima21c

mitsukireiさんのコメント
http://www.blogger.com/profile/02087634136315082033
https://twitter.c om/#!/yuima21c
こいつが記事を偽造して広めたわけやね。反原発にはあほし かおらんのかwww

yametter21さんのコメント
>この人、「ふくしま集団疎開裁判 支援する会」の代表ですね。http://besobernow-yuima.blogspot.jp/2011_07_01_archive.html

このデマ元、意外と身近にいました。
なおかつre-tsuさんが見かけた「放射能No!」なかたと同じ集団疎開を支援する会代表だとか。
単なる偶然?それとも活発化している団体?
民友にチクっちゃおうかな、「お宅の記事、改変されて伝えられてますよ」って。

>なおみさん
>IKAさんだってああしてこうしてああして (中略)こうしたら同じですよ!
私をクラーク・ゲーブルにするには「ショッカー」か「黒い幽霊」並の改造技術が必要です(笑)。
それにちくわの穴って、物理的には何にもないけど、ちくわにとってのアイデンティティですから、とても重要。無いとキュウリとチーズが困りますし。

>re-tsuさん
私も仕事で白河はしょっちゅう行っています。
かなり詳しいつもりです。
南湖公園の桜は今が丁度見頃だそうですよ。
お城は石垣が崩れてしまいましたが、三重櫓の公開はまだやっているみたいで、公園自体も一部を除いて楽しめるようです。

白河は葉の木平地区での大規模土砂崩れで多くの方が亡くなってしまいましたね。津波を除けば最大の被災地かもしれません。

>仁さん
お隣の桜は、八重桜ですかね。ソメイヨシノに比べると色が濃いみたいで、とても綺麗です。
滝桜が全国区になったのはここ20年位ですかね。
確かに子供の頃は、地元の人と、県内の人しか訪れていなかったように記憶しています。
それから高柴デコ屋敷って、昔は三春デコ屋敷って呼んでいた気がします。湖南町とデコ屋敷は「え~、ここも郡山なの?」と誰でも疑問を持つ2大地域ですね。

re-tsu さん

すみません、あんまり個人的なことをさらし過ぎかなと思って投稿後間もなく削除してしまいました。後ほどまた画像のリンクも入れて書き直します。ごめんなさい (_ _)。

>仁さま

了解ですっ!。
(パスワード設定間違えて、編集等出来なかったの、ごめんち~)

ぐれぞーさん、仁さん、みなさん

ありがとうございます。このブログは何度も書いているように、自分が納得するために書いているのですが、皆さんに少しでも役立つことがあったとしたら、とても嬉しいです。

あの「爆発」直後、もちろんオタオタしていました。大体放射能って原発から直接「ビーム」みたいに来るものと思っていましたし。本当に「自分・家族・知人etc.は放射能で死ぬのか」「福島は壊滅するのか」と思っていた日がありました。しかし「急性」と「晩発性」の区別がつき、とりあえず(原爆的な)「急性」ではなかったとして、次にどのくらい被爆したら「ガン死」するのか・・・と関心が移っていき、実は「何とかサバイバルできるぞ」と思ったのは、慶応大学の八代嘉美さんが書いた次の「シノドス」の記事を読んだ時でした。これまでにこのことは全く書いていないのですが、本当です(このブログはデマを除せん、で始めたので、八代さんのこの記事は取り上げていませんが、リンクぐらい貼らなくては。お世話になりました、ありがとうございます。)。

http://webronza.asahi.com/synodos/2011031800001.html

これが出たのが何と3月18日でしたが、ここには既にDNA損傷修復、アポトーシス等、メカニズム的な解説、裏づけがあり、また「短時間」と「長時間」の被爆についても区別されています。非常に信憑性がありました。

一方知人からは小出裕章師の講演URLが送られてきて、「この人は最初に今回の事故について、謝っているから信用できる」などと書いてありました。でも私はこういう感情的な判断はしないのです。その講演を見ると、「自分たちに反対する人=原発推進派」などと決め付けるあたりは「科学」より「政治」だったし、「15日東京での内部被爆」という話は、「科学」としては非常に「荒い」話でした。そして後で見た札幌の一色靖さんのブログは、大いに参考になりました。ネットってすごい、と思い始めました。

「危険説」には八代さん程の「裏づけ」がなく、「穴」が多いと気づきました。最後は「危険説」は「可能性は否定できない」となりますが、「福島で生きる」という現場では、それはあまりにもリアリティ欠如に思えました、当時の自分には。何しろ事故後水なし、食料も尽きかけ、連絡もままならず、交通は遮断という事態でしたから、そんな微々たる「可能性」を重大に受け止める「余裕(変な書き方ですが)」はありませんでした。

そこで自分は八代さんの方を「福音書」にしたのです。「一気に200ミリ(まあ余裕見て100ミリか)浴びなきゃ平気だっ」と。(シノドスって朝日新聞なんですよね~!)

「福音書」の教えから見ると、だんだん世界は「デマ」だらけになっていくように見えました。周りでは武田師のブログに影響される人が増えていきましたが、自分にはインチキに見えました。そもそも「核爆発」なんてしていませんからね~。こういうところを間違う(わざと書く)人は、全体を疑います。また原子炉についてはわからないながらも、「失敗学会」の「吉岡メモ」をよく読んでいました。「裁きの日」が来なくて本当によかった。

5月6月と、「反原発正義軍」の「危険説」は勢いを増していきましたが、その裏には、「福島壊滅」によって「原発全廃」に持っていきたい、というドス黒い願望が見えました。「外人部隊」が多いのも、信用しないんですよね~、自分は。「英語で書けば偉い」みたいな、「田舎だまし」にしか見えないんですよ~。「大七」の外国人を起用したCM、「彼らは日本人以上に日本を知っている」じゃあるまいし。多分4月だったのですが、ドイツの「緑の党」の女性国会議員が相馬に来て、「このチャンスを逃すと、日本は永久に原発を廃止できません」みたいなこと言っているのを見て、こいつらには「原発廃止のチャンスなんだ~、だから危険を煽るんだな~」と即時理解しました。

あとはここに書いてきた通りです。

No title

>IKAさま
>南湖公園の桜は今が丁度見頃だそうですよ。

おお、ありがとうございます。明日行ってみます!
南湖の近くに、JR東日本の研修所があるのですが、そこの桜は
実に見事なのです(穴場)。


>白河は葉の木平地区での大規模土砂崩れで多くの方が亡くなってしまいましたね。

そうですね。
「みんな、いねぐなっちった・・」
家族のすべてが土砂崩れで行方不明になってしまった女性が、テレビでそう言っていました・・
忘れられません。

No title

チクロか。 うちの親なんぞは、コロモジラミ(発疹チフス、塹壕熱)、アタマシラミのために、GHQからDDTを頭から衣類の中までかけられたクチですが。未だ元気に生きてます。 空気は結核菌がうようよ。 その後、公害の大気汚染が。 どう考えても、今の方が綺麗な空気なのですが。 中国の核実験でのホールアウトでの影響は、Cs134など半減期の短い核種がふり注いだ可能性が。 電気冷蔵庫の普及で、サルモネラ菌、腸炎ビブリオ菌などの食中毒が減ったのですが、 A型肝炎も結構に出ていましたし。1961年のポリオ大発生も。
 どう考えても、今の方がいいです。

福島の放射線の問題より過去の食中毒感染症や、大気汚染、他の感染症の方が、ヤバかったと思いますね。

ああ・・・

なんだかみんながいい感じ♪元気で楽しそうで。
ついていけてなくって悔しいけど、読んでるだけで楽しい。

ぐれぞーさんようこそ♪

仁さん、そういう風に思い込んで見るからでしょうが(私はとても単純なの)、花の色が外国っぽくポップに見えます♪きれいですね~。

光化学スモッグ警報は、夏の東京で毎日のように午後に出てますってば(すくなくとも3年前までは)。慣れっこになっちゃったけどね。
でも気持ちのいいものではなかったです。

ネコさんはじめ多くの方が、あの時同じ気持ちでいて、だんだん落ち着いて知って考え始めて・・・って道筋で今日まで進んできたかと思うと
やっぱり「同志」と心強く思います。

No title

ネコさん

八代先生1976年生まれ。3月18日に出したコメント。凄いですね!
放射脳がガーガー言うから、こういう先生方、出てこられないわねぇ、、

ところで武田師が「あと3年で三重県も住めなくなる」と仰っています。
http://takedanet.com/2012/04/32015331_272e.html
いいかげん引かれた方がいいのに、、いつまでも続けているからネタ切れ?

滝桜

私も見に行こうかな~  いえ、花は散っていてもいいんです。
人がいっぱいの所には行きたくないな。
一人で桜の木と話してみたい。何か聞こえるかも、、なんて。

仁さん

ドイツの空は青いね! 空気が澄んでいるのかな、湿気が少ないせいかな。

再コメント

削除した re-tsu さんへコメントの復元です。

---------------------

白河と言うと、音楽高校から音大まで一緒だったクラリネット専攻の女子同級生 (恋愛関係ではありませんでした) が白河出身で、その当時「特急」で一緒に帰省したこともあったのですが、彼女は何年か前に亡くなってしまい、もう会うことが出来なくなってしまいました。何かいろいろなことがあったらしいのですが亡くなった経緯など、東京の友人達は知っているようなのですが教えてはくれませんでした。

白河も石垣が崩れるほどの揺れだったのですね。三春も地割れや墓石が倒れるなどあったようですが死者や大きな怪我人はなく、被害は比較的軽く済んだようです。両親の家では前の道に亀裂が入り、これは去年の夏に帰省した時には塞がれていましたが、その後水道管が水漏れを起こしていたか何かで陥没したらしく、穴が開いていました。
http://farm7.staticflickr.com/6198/6054873683_e7ed968df0_b.jpg
http://farm7.staticflickr.com/6204/6055422762_67dfa5a620_b.jpg

この道路から石段を下りると両親の家の玄関になるのですが
http://farm7.staticflickr.com/6074/6054874447_396aeba03e_b.jpg

一番下の部分を見てみると石段が地中にめり込み、その先に敷いてある石が本来は皆同じ平面上に平らに並んでいたのが大きく歪んでしまいました。
http://farm7.staticflickr.com/6085/6054874859_646f55f52b_b.jpg

僕にはまるで想像がつきませんが、恐らく白河もそうだったんでしょうけどよほど大きな揺れだったのでしょうね。両親も今まであんなのは一度も経験したことがなかったと言っていました。

3月11日は震災のニュースを見た後実家に何度も電話しましたが全く繋がりませんでした。でも日本時間の一夜開けた早朝に奇跡的に母と繋がり、30分ほど話すことが出来ましたが、その後はまた全く繋がらない日が何日も続きました。幸いインターネットが無事だったのでメールや Skype などで連絡を取り合うことが出来ましたが、連日報道される津波の映像や原発事故のニュースを見て心を痛めていました。

その当時は日本人の冷静さをドイツ人も絶賛し、僕も誇りに思っていましたが、今では放射能デマのせいでその気持ちもすっかり影を潜めてしまったように思います。もちろん復興に向けて努力しておられる方々は別ですが・・・。

このブログを知ることが出来て本当に良かったと思います。これからも応援しています。

---------------------

と思い出しながら書きましたが、若干違ってるかも知れませんがお許し下さい。

新撰組の沖田総司は今調べてみましたが白河の人だったんですね、全然知りませんでした。何かこうして話を伺っていると白河にも一度行ってみたくなりますね。ちなみに僕はかつて両親が教師で、うち父が僕が小学一年になった時から 3年間会津若松の城西小学校というところに単身赴任していたので、会津若松には何度か連れて行ってもらったことがあるのですが、白河は東京の行き帰りに必ず通るのに行ったことがないんですよね。そんなものなのかも知れませんがちょっと不思議です。

◎ IKA さん
> お隣の桜は、八重桜ですかね。

恥ずかしながら僕は植物に疎くて桜の種類のことはよくわからないんです。サクランボの木なら一本うちの庭に生えてるんですが・・・。

デコ屋敷が郡山というのはどうしてもピンと来ない、と言うより間違っていると思うのですが仕方ないです。湖南町は知らなかったので Google Maps で検索してみたら猪苗代湖の南のようですが、これも郡山というのもなんかピンと来ませんね。

◎なおみさん
> 仁さん、そういう風に思い込んで見るからでしょうが(私はとても単純なの)、花の色が外国っぽくポップに見えます♪きれいですね~。

小さな木ですし、ポップに見えるのはやはりドイツの風景の中にあるからでしょうね。実のところ僕もあまり「桜」というイメージがしないので、やはり日本に似合う花なんだと思います。

◎ kakkou さん
> ドイツの空は青いね! 空気が澄んでいるのかな、湿気が少ないせいかな。

日本も多分青いです。例えばこの人の写真など:
http://farm5.staticflickr.com/4013/4557427654_5fc551552d_b.jpg

ソフトウェアで彩度を上げやったりすれば完璧ですね、というのはさておいて、ドイツはやはり湿気は少なくて助かります。特に夏は日本を脱出して黒い森などで過ごすのがいいと思います。逆にわざわざ夏の暑い時にしか日本に行けない自分が悲しいです。

信夫山ネコさん

「シノドス」のサイト、ドイツに関する記事もありますね。後ほど読ませていただきます。

これからも頼りにしてます。どうぞよろしくお願いします。

No title

さくら の第一研究者では、勝木俊雄さんでしょうしょうか。

新宿御苑には、多くの品種がありますからね。

http://homepage3.nifty.com/baramomi/cherry/gyoen/gyoen_0.html

桜の拡散と武家文化との関わりでしょうか。桜は三浦半島の一部に生息する限られたものだったのですが。

桜が好きだあああああ!

「何故?」

「理屈じゃねえ!」

と答えるくらい。
春生まれだからかな♪

お誕生日には桜が咲いて、日本中の人が私を寿いでくださっているように感じます(妄想デタ!!)。
生まれた時も、生きていてよかったのだろうかと迷った時も
桜は変わらず咲いてくれたから。

>一人で桜の木と話してみたい。何か聞こえるかも、、なんて。

kakkouさんも詩人ですな。うふふ。


閑話休題

神奈川の町議さんでしたか?ツイッターで西日本にまで瓦礫汚染を拡大するな!みたいなことつぶやいて、辞職勧告だったかな。
書き込みがあってから、ホントに奈良で受け入れ中止になっちゃったのね。まあ・・・もともと迷っていた関係者に、いい言い訳・きっかけを与えちゃっただけだけど・・・。

よく考えたら辞職勧告は当たり前でしょうに。
ご自身の立場や肩書きを考えて、つぶやきやがれってんだ!
こんちくしょうめ!!!


最近
あの時私はこうだったんだって話が(私もしちゃってます)出てきて
時間が経ったんだなと思います。話せるようになってきた。
「部屋」ご利用の方、ここでもそういうお話できますよ・・・って囁きたい。

これまで名乗らずに(特にひまわりに)毒を吐いていった人たちって
そこで中てられた人たちのような気がして(黒妄想デタ!)。
ひまわりさんととネコさんと、そこで紹介されていましたか・・・。
なるほど。

本当は優しいお母さん方が
人が変わったような言動をするようになるのは
理由があると思うのです。

その人が変わってしまったわけでも、悪いわけでもなく。

twitterより

福島県沖の魚のサンプル検査を、漁協と東電がやっているのだそうです。
「検査の表を厚生省が作ればいいのに、ブツブツ」と呟かれた早野先生に、↓の返信をした人がいて、
早野先生のご尽力には感謝する人がたくさんいるのに、何と腹立たしい、、と思ったんだけど、
先生が気づかれないことを願って、ほっておいた方がいいのだろうと無視しています。
名前の知れた先生方が呟くのって、反撃されたりして大変なんですね。

カズちゃん‏@kazuchan2010
@hayano 文句いう前に、本来の職務に戻っては如何かな…コロコロ変わってメリーゴーランドって噂でっせ…

でも名前が私と似ているし、やっぱり誰かに言いたいな、、と、ここに。
それに先生が仰るように、これはやはり厚生省のおしごとなのでは、、と。

ご紹介(既にご存知?)

http://blogs.yahoo.co.jp/fukushimaaqua/8241707.html
いわき市でこんな調査をやっている所もあるようです。
県内でもつながってないのかな?大学としての研究か?
一般向けのサイエンスカフェもやっているようです。
このブログ、たまたま見かけたのですが、すっかりファンになってしまいました。
(関東から日帰りでアザラシ見に行っちゃった)子供並みに動くものが大好きなので。

No title

>(14:18)さま、

アクアマリンふくしまは、震災時の対応も素晴らしかったそうで、
たしか津波の犠牲になった方は一人もいなかったのですよね。
避難誘導はかくあるべき、という見本のような対応だったそうです。
そういったしっかりした態勢の施設は安心ですよね。
ブログを見て、メヒカリのから揚げを食べたくなりました。
(熱々をビールで流し込みたいです)


>なおみさま
>あの時私はこうだったんだって話が(私もしちゃってます)出てきて
時間が経ったんだなと思います。話せるようになってきた。

私も「ああ、終わったな」と思った人間です。
何故か大島弓子の、核戦争をモチーフにしたマンガが頭に浮かんできました、当時。
チキンハートなので、体の震えが止まらなくなったり・・。
正しい情報に飢えてもいましたよね。

その後、
「福島の原発事故は大変な事故である。
だがもっとひどい状況になることもありありえたのだ。
我々はまた不思議に運に恵まれたともいえる」

みたいな政府関係者誰か?の発言を知り
(朝日新聞「プロメテウスの罠」より)、
確かにそうかもしれないと思いました。
(避難区域の皆さまには申し上げる言葉もないのですが・・・)


そう、
桜にはうつつを抜かしたいですよね。
今日は老親と子どもたちを連れ、白河の各所に桜見物に行きました。
(IKAさん、ありがとう)
なんか白河の空気そのものが浮かれている感じでした(笑)。
レジャーシート敷いてごろごろしてる家族がいっぱい・・



No title

漁業停止地域の調査値の公表が、水産庁か厚生省かですが。 食品衛生法第七章 検査を読むと。厚生労働大臣の権限とも言い切れないような。 知事権の方が。  早野さん少し、勇み足かも。

 連休になると、救急は忙しいくなる。食中毒が・・・・。 野外飲食は、中まで火を通してたべましょうね。 それと、緊急ピルの問い合わせが増える。 コン○ームぐらい使いましょう、慌てずに72時間内に服用すれば間に合うので 多くの産科は休みよ。 

 さくらで思い起こすのは、源氏物語に出てくる桜の直衣の桜:桜襲色ですかね、桜襲色の術着とか着ていたら患者、家族から・・・

幼稚園児除せん

郡山の「集団疎開~」ですが、確かこれの「弁護団」が「バズビー来日」に関係あったような。そしてバズビー師は「瓦礫持込反対訴訟」だかの原告に加わったものの、サプリであえなく脱落。

また郡山と言えば、立命館の桜井准教授がらみの、「郡山で除せんに不参加=村八分~」がありました。連中は郡山では、「法廷闘争」&「除せん=強制 危険 ムダ」作戦を展開している感じがしますね。バカバカしいですね~。

アクアマリンふくしまも好きだ!

水族館はみんな好き♪

re-tsuさん
私も震えていました。「あれ?止まらない・・・?私怖いんだ・・・」
余震も怖くてねえ。自分の精神状態がまともじゃないなと思って。
だからすぐには重大な判断をしない、反射的に動かないと決めました。

>なんか白河の空気そのものが浮かれている感じでした(笑)。
レジャーシート敷いてごろごろしてる家族がいっぱい・・

あああ~・・・。いいですねえ。これ。
空気が浮かれてる。


omizoさん
連休中もお医者様は忙しいんですね・・・。

>桜襲色の術着とか着ていたら患者、家族から・・・

このくらいは雅ということで・・・お許しいただけるのでは(笑)。
というか、お医者様が真面目な顔でお召しになっていたら、
そういうものなんだと私は思ってしまいます。

そして産科の先生は、なんだか真面目にピンク色のイメージがあります。

この次の記事のコメント
福島の医師さんからの「放射能が怖い人は・・・」っての、面白かったです。

同じ「お母さん」なのに何が違うのかも、調査してほしいです。

船引町の下里工芸

昨日、田村市・葛尾村・飯舘村などの様子を見てきました。
常磐道は三春付近で2キロ渋滞だと表示が出ていたので東北道の本宮インターで降り、三春町まで細い道を適当に走ってみましたが、至るところ桜尽くしで、三春町に着いたときには、もう満腹、という感じでした。
滝桜は去年初めて行ってみたのですが、新聞では閑散としていると書かれていたものの、駐車場の7割くらいは埋まっていて、それなりの人出のように感じました。
もちろん地元の人だけだったのでしょうが、今年は他県からの観光客も大勢来ているようですね。
ところで、船曳町で下里工芸という店を見かけたのですが、ここもすごいですね。

http://6925.teacup.com/kabura/bbs/6373

桜襲

 最近忙しくてすっかりROM専門になっていますが、みなさんの故郷や桜に寄せる思いは温かいですね。放射能を怖がってばかりだと、本当に大切な心を見失うように思います。怖がるのがダメだと言うのではなく・・・他の感情も大事にしていかないとなと思います。

 >さくらで思い起こすのは、源氏物語に出てくる桜の直衣の桜:桜襲色ですかね、桜襲色の術着とか着ていたら患者、家族から・・・

 自称「平安ヲタ」(いつから?)の私が通りますよ~。桜襲色は若き日の光源氏が好んで選んだ重ね色目だったようですね。朧月夜に出会った日にも着ていたような(あさきゆめみし参)。重ねのパターンはこちらのページが詳しくて、イメージしやすかったです。

http://www.kariginu.jp/kikata/5-1.htm

http://www.kariginu.jp/kikata/kasane-irome.htm

  脱線失礼しました。赤か紫のシャツに白衣とか・・・桜襲色ですね(笑)。

タイトルは特にありません

>re-tsuさん
ご返事遅れました。私も少しはお役立ち出来てよかったです。
JR研修所の方でしたか。そこは確かに穴場ですね、知りませんでした。そこって、ちょっと行くとまほろんがありますね。遺跡等に関心がある方はお薦めしておきます。
何よりも、平和でのんびりした雰囲気が伝わってきます。よかった。

>鈴木小太郎さん
下里工芸、一部では非常に有名なところです。
かつて「パラダイス」としてナイトスクープで桂小枝が取材にきた事があります。
確か元々はセメント屋さんで、趣味でやっていたセメント工芸がつもりつもってあんなになっちゃった、って感じですかね。ナイトスクープ以外でもテレビに多く取り上げられて、悪乗りしたのかもしれませんが。
確か近くの空き地に「カッパの里(だったかな?)」という手づくりテーマパークを作る計画もあったようですが、まだ途中みたいで…。あそこのおじさん、元気なのかなぁ。

No title

IKAさま、
そうです、「まほろん」近辺。今年もきれいでした。

ところで、白河には何故か「アウシュビッツ平和博物館」があるのです。
進学を機に白河を離れたのが長いのと、
それより何より、
「なんでアウシュビッツ?なんで白河?なんで日本?」という
違和感があり、実家の近所ながら、行ったことはありませんでした。
(ちなみに、フランクルの著作は私の人生の大事な一冊です)

ここは昨年、
「水俣、白河展」なる企画展をやっていたのですね。
http://www.am-j.or.jp/schedule/111214.htm

この企画を見て、
アイリーン・美穂子・スミス(写真家ユージン・スミスの元妻です)による
「水俣と福島に共通する10の手口」↓を思い出しました。

 1、誰も責任を取らない/縦割り組織を利用する
 2、被害者や世論を混乱させ、「賛否両論」に持ち込む
 3、被害者同士を対立させる
 4、データを取らない/証拠を残さない
 5、ひたすら時間稼ぎをする
 6、被害を過小評価するような調査をする
 7、被害者を疲弊させ、あきらめさせる
 8、認定制度を作り、被害者数を絞り込む
 9、海外に情報を発信しない
10、御用学者を呼び、国際会議を開く


いつ見てもすごいな、この言いっぷり。


なおみさま、

>本当は優しいお母さん方が
人が変わったような言動をするようになるのは
理由があると思うのです。
>同じ「お母さん」なのに何が違うのかも、調査してほしいです。

同意します。
何かが過剰?もしくは何かが不足?うーん・・。
この「10の手口」、私は例の部屋で知りました。
「皆さん、よく覚えておきましょうね」的な語りでした。









No title

koumeさんが面白いモノをつくてますね。

http://www.geocities.jp/vin_suzu/nouyaku.htm

規制側が、自己に批判がこないようにするには、基準を厳しくすればよいわけです。基準が守れないのは、規制側の責任でないですから。 生産者、加工業者ですので。 農水は、生産者がわ、厚生省は消費者がわ。
 
消費者側の意見を尊重していたら、生産者、加工業者つぶれって。そのがわにも、消費者もいるのですがね。 生産者、加工者に全く関与しないという人は別でしうょうが。

農薬残留基準の焼き回しみたいな。 疲れるね。

いろいろ

シノドスのドイツ関連記事、有料コンテンツですね。残念です、ってお金払えばいいことなんですけどそこまではちょっと・・・。

「放射線は「甘く見過ぎず」「怖がりすぎず」」の記事は拝見しました。信夫山ネコさんは早くからこういう正しい記事を読んでいらしたのですね。

僕の方は事故当時日本人の若い某管楽器奏者の研修生が先シーズンだけの契約で僕のオケで働いていたんですが、偶然と言うか何と言うか、彼のお父様は某大手メーカーの某原発関連事業の責任者でいらして、事故発生後しばらくの間福島第一原発に詰めておられました (「某」ばかりですみませんがデリケートな問題なのでこの人の名前などの情報は伏せさせていただきます)。

この研修生の人がこんなブログがありますよと教えてくれたのが池田信夫さんので、事故の恐怖を煽る情報が飛び交う中、気持ちの上で救いだったように思っていました。ツィッターもフォローしたのですが、その後情報が交錯して池田さんも信頼出来るのかどうかわからなくなり、と言うか何を信じていいのかわからなくなり、フォローは解除して今もそのままになっていますが、批判もいろいろあるものの結局のところほぼ彼が今まで主張して来られているとおりの状況のような気がします。

シノドスの八代嘉美さんの記事は多分僕は目にしたことがなかったんじゃないかと思うのですが、いずれにせよ今見ても説得力がありますね。

話は変わりますがアクアマリンふくしまは 2008年に娘を連れて行きました。実家の父がどうしても連れて行きたいと言って計画したんですが、とても良かったです。写真も馬鹿みたいに沢山摂りました。
http://www.flickr.com/photos/hitsoshi_hof/sets/72157607483310841/

この水族館のこともずっと気にかかっていましたが、無事再オープンしたと聞いた時には嬉しかったですね。でも魚の多くが死んでしまって種類は少ないと聞いているので上の写真は僕にとっては貴重です。いつかまた行きたいです。

ちなみに Canon PowerShot 80 というコンパクトデジカメで撮っていますが、この後家内の実家に行ってから同じ Canon の EOS Kiss F という一眼レフデジタルを買って帰り、以来ほとんどこの一眼で撮っている上に、常に RAW フォーマットで撮影し、ソフトウェアで現像作業を行って自分の好みにカラーや明るさに調整して写真を作っていて、僕は全体に派手な色合いに仕上げる傾向があります。ただそうでなくても一眼レフはカラー階調がコンパクトデジカメより深く、空の青さなどもかなり強調されるように思います。

下里工芸が紹介されたテレビ番組、一時例の某動画サイトに出ていた時に観ました。とにかくコンクリートでありとあらゆるものを作ってますね。三春の実家に行った時に母とわざわざ船引のスーパーまで行くことがあるのですが、その際この下里工芸を通ります。そこのところだけ何とも言えない雰囲気で、独特のオーラを発しているような気がします。

アイリーン・美穂子・スミスという名前は AVAAZ の署名運動に登場していたのを思い出すのですが、
http://www.avaaz.org/jp/save_the_fukushima_children_1/?vc

上のリンク先の左上の二枚目の写真の人ですよね。この運動もネットで爆発的に広がって数日でものすごい数の署名が集まりましたが、僕はしませんでした。結局どうなったんでしょう。

アイリーン

美緒子・スミス氏は、「グリーン・ピース・ジャパン」と「グリーン・アクション」の理事長です。そして「水俣」で有名な写真家、ユージン・スミス氏の妻だったらしいです。

あの「avaaz署名」はまだダラダラやっているのか。しかし本来は11月の、「経産省前福島の女たち座り込み」だかに合わせた「祭り」だったようですね。奴らの「署名」で何かが変わったことを探す方が難しく(多分「20mSv撤回」だけ?これで「味しめた」んですかね~、でもその後の戦略を見誤ったような)、結局「始めました!」とか言って、マスゴミが取り上げれば大成功の、単なるプロパガンダです。

そんなに国際人ぶって「世界から」やりたいんだったら、こんな「福島の子どもを避難させる署名」なんかやめて、パレスチナやアフガン、シリアとかの「子どもを避難させる署名」やるべきでしょう。そっちの方が先ですよ。でもそれやったら、「じゃ子どもは責任持って、お前が引き受けるのね」となります。「フクシマ」も同じなはずなんですがね~。せめて米国の金持ち、セレブとやらに、「フクシマの子どもの里親になってくれ」署名でもやれば、福島でも受ける可能性あり。

ユージン氏は確か第二次大戦中には、既に(従軍?)カメラマンだったと思います。そしてドラッグとか、いろいろ個人的な問題を抱えていた人だったと思います。日本に来るずっと前のことです。だからどうというものでもありませんが、第二次大戦後に米国軍人と結婚した私の叔母はもう他界しているので、この「妻」が出て来たとき、何かタイムマシーンにでも乗って現れたのか、と思いました。要するに年齢が大きく離れているのでしょうか。

ま、信夫山ネコにとっては「反原発正義軍」の「(半)外人部隊」ですね~、「ガイコクニクラベテ、日本ワ遅レテイマス」みたいな「高め目線」の。「フクシマはヒロシマトオナヂデ~ス」とか「フクシマはミナマタトオナヂデ~ス」、とか言うと、外国でわかりやすいんでしょうか。でもどうせ外国の人なんて、日本の地名なんか区別つかないから、日本全体が放射能汚染で人が住めない~、とかなっていくだけでしょう(爆)。

そう言えば最近「4号機が爆発する~、アメリカに何とかしてもらおう」みたいな「署名」、ベネッセ主催の「女性の部屋?」の話題でありましたが、この「4号機危機」、そもそもは「海外メディア」が言い出したらしいですね。知り合いの豪州人が怯えてました。

ユージン・スミス

ネコさま、
>ユージン氏は確か第二次大戦中には、既に(従軍?)カメラマンだったと思います。そしてドラッグとか、いろいろ個人的な問題を抱えていた人だったと思います。

マグナムのメンバーでしたかね。
また、水俣では心身共に傷ついた人でもありますね。
「楽園への歩み」
「シュバイツァー博士の肖像」、
こんな写真が撮れるスミスはやはりすごいと思いますが、
アイリーンさんはどうかと思います。
京都で恐喝事件起こしたことあるみたいですよ、背景はよくわかりませんが。

No title

re-tsuさま、仁さま、ルイージさま

たしか道成寺、安珍・清姫の安珍が白河出身という設定でした。中世ついでに、山椒太夫の安寿と厨子王の住んでいたのが福島市の椿館(弁天山)だそうです。確か、安寿と厨子王の話は西沢書店発行の「ふくしま散歩」に書いてあったと思います。

ネコさま

水俣病を強引に福島に結びつけようとしている連中がいるので、チーム中川が先制して釘をさしていたのですが、連中そのことにブチブチもんくをつけているようです。

http://togetter.com/li/254468

みなさまへ

>東北道の本宮インターで降り、三春町まで細い道を適当に走ってみましたが、至るところ桜尽くしで、三春町に着いたときには、もう満腹、という感じでした。

あああ。やっぱり裏道というか渋滞で埋め尽くされてる以外の道があるのかな~。週末滝桜に行ってきた方から、目の前なのにたどり着くまで2時間!と聞いてあきらめようと思いました(人も車も混んでるのが苦手・・・)。


色見本ありがとう~。きれい~。
着物の写真とかピンクハウスとか(古い)、布がたっぷりあって色あわせが美しいものを見るのが好きです。


> フランクルの著作は私の人生の大事な一冊です

そうでしたか。私もです。ドキドキしました。

>この「10の手口」、私は例の部屋で知りました。
「皆さん、よく覚えておきましょうね」的な語りでした。

きゃあ!

それにしても皆さん博識・・・。
感心しきりです。

omizoさん

>koumeさんが面白いモノを

面白くてわかりやすかったです。

>規制側が、自己に批判がこないようにするには、基準を厳しくすればよいわけです。基準が守れないのは、規制側の責任でないですから。

こういう考え方はひどいです。
目的が「自分に厄介事がこない。批判されない。文句を言われない」になってる。そのことが何より大切なことになっているわけですから。

御身大切。

嫌な言葉です。

千貫森の宇宙人さん

安珍・清姫と聞いてもわからないので検索して Wikipedia の記事を読んでみたところ、2年ぐらい前に某有名動画サイトの「まんが日本昔ばなし」で見た話だったことがわかりました。動画は今は削除されてしまっているようです。

女の一途さと怖さを思い知らされる凄い話だったなと思ったんですが、安珍は白河出身だったんですね。まんが日本昔ばなしでは訛ってなかったように思いますが・・・。

一応基本的に男も女も性質は大昔から変わらないようで、しかも世界共通、のような気がします。

日本人の女性は奥ゆかしいと思われる傾向がこちらにはあるように思うのですが、必ずしもそうでない、と言うか、それだけに実はものすごく強いこともなでしこジャパンが証明しましたね。

安珍

ウィキペディアの記事を読んでみましたが、道成寺伝説の一番古い段階(『大日本国法華経験記』「第百廿九 紀伊國牟婁郡悪女」)では、まだ安珍の名前自体が出てこないそうですね。
安珍の初出は14世紀前半の『元亨釈書』とのことですが、白河との関係がどこまで遡れるのか、ちょっと知りたくなりました。

>IKAさん
カッパ村では二日に一体の驚異的なペースで製作されているそうです。
残りの人生、もはや怖いものなし、やりたい放題やったるぞ、という感じですね。

タイトルは特にありません

>re-tsuさん
白坂にあるアウシュビッツ博物館、確か10年以上前に栃木県から移転してきましたね。
移転の話が出てきた当初、re-tsuさん同様「なんで白河に?」と思った人が多かったようです(反対運動とまではいかなかったようですが)。記憶のみの話なんで、かなり曖昧なんですが、当時は「単に白河が適地だったから(たぶんお値段とか、利便性とか、ある程度の入客見込みとか)」が理由で、特に思想的な背景があったとは記憶していません。
ただ、原発事故以降の活動内容はちょっと「あっち側」ですけど。
思想的にも施設的にも「革新系」とのお付き合いはあったんでしょうね。
ご紹介いただいた「10の手口」って、ほとんどがまんま「ブーメラン」ですね。
自分を客観視出来ないのは、こういった方々の特徴のひとつでしょう。

>鈴木小太郎さん
おお、おじさん元気でしたか。
私は「怪しいもの」は大好きなんですが、ヘタレなもんで遠くから眺めるので精一杯なんです。
うーん、でも行ってみたいな、カッパの村。

>信夫山ネコ様
私も八代さんの記事にはだいぶん助けられましたね。
Kikulogで紹介されたのを見ていたのかな。

アイリーン・美緒子・スミス氏

信夫山ネコさん
re-tsu さん

アイリーン・美緒子・スミス氏の情報ありがとうございました。ユージン・スミス氏のことは僕は知りませんでしたが、夫婦揃って熱心な活動家なんですね。恐喝事件については検索してみましたが不起訴だったとありました。真偽のほどはわかりませんが・・・。

アイリーン・美緒子氏もグリーンピースだったんですね。グリーンピースは以前はどちらかというと特に気にも留めていませんでしたが、山本太郎のお陰で嫌いになりました。彼に感謝です。でも山本太郎にしても美緒子氏にしても、僕が見ている限りではちょっと調べただけではグリーンピースと関わっているということは出て来なくて、意識してよくよく調べると発覚するところがあるように思うのですがそんなことないでしょうか。ちょっと気味が悪いです。

AVAAZ に限らずあの手のオンライン署名運動は僕はパスです。一度に何万人もの個人情報を集めているわけですしね。

マグナムというのも知らなかったので検索してみました。取り敢えず東京支社のサイトをブックマークしました。
http://www.magnumphotos.co.jp/index.html

またいろいろ教えて下さい。どうぞよろしくお願いします。

No title

千貫森の宇宙人さま
鈴木小太郎さま

仁さま
>安珍は白河出身だったんですね。まんが日本昔ばなしでは訛ってなかったように思いますが・・・。

そうそう、尻あがりのイントネーションとかな、ってコラ。
安珍はすごい美丈夫だったのでしょうね。
(ちなみに沖田総司は美丈夫ではなかったそうです)

福島ゆかりの古の有名人は「安達が原の鬼婆」がいますね。
最凶かも!哀しいお婆さんの話ではありますが。


IKAさま
何年か前、アウシュビッツ強制収容所の遺品の貸与トラブルがあったのを
思い出しました(週刊誌で読みました)。
それがこの博物館開設の流れになったようでもあります。
http://www.e.okayama-u.ac.jp/~taguchi/wadai/aumsm01.htm
一度行ってみよう・・。

4号機は、

4/13夜の東電の定例会見で「傾いておらず、水平」と発表されてます。
問題がないのでニュースにもならないのですが。

コメ伸び過ぎてどこ書いていいかわかりませんが、木村さんとの対談番組、You Tubeに載せました。
ご覧いただければ幸いです。

http://www.youtube.com/watch?v=o_EbpCtX2BQ&feature=plcp

あすは早野先生と、この番組第2回の収録です。
アタマ動かすために早寝しよっと。

No title

今回は勝川さんも、パニクったのですが。 最近落ち着きを取り戻したようですが。 

 メチル水銀なんて、海の海産物食っている限りされるのですよ。チッソのは触媒からのメチル水銀量が莫大で、魚に莫大な生物濃縮をもたらしたうえに、それを食していたのが、貧しい人たちだったと多くの例にあるように貧困者が最大の暴露したわけです。 

ユウジンスミスなんて、上辺だけを、自己顕示から、報道しただけです。なんの役にも立っていない。売名。

トンダヤロウの方が遥かに、命をかけてますし。

街には、報道関係者があふれ、人権蹂躙までやらかし、にわかメチル水銀症を診れると言う記者まで出現。

 知事権で、水俣湾の漁業停止すればよかったのですが。

水俣病と騒ぐ環境団体なんて、人由来のメチル水銀でないと、なんの関心も無い。 アマゾン流域のメチル水銀騒動がそれを表してます。 人の不幸でメシ食っている者の最低でしょう。 奴らにとって人の不幸はメシのたね。それが大きければ大きほど飯の種は大きき。

戦争、紛争を報道している者が、国境なき師団に協力なんて、無比ですしね。 戦争、紛争の報道は、無関係の人には、これほど興味引く物はないですしね。 今日を生きることが精一杯の人に見せても、あっそうで終るから。

グリンピースは、元は原発反対の為に作った団体ですから、クジラ、イルカ保護なんて無かったのですが。 人が死んでいるなら、感染症の方が遥かに多いです。 そちらやれば。 

やぁどさんの下で悪いんだけど。

http://teccmc.blogspot.jp/2012/04/423.html

こいつらを、掃除してくれ。

やぁどさんありがとう

時間をつくって、じっくり拝見します。
なんだか2割り増し(笑)?
かっこよく映ってますね♪


omizoさんの
>こいつらを、掃除してくれ。
に頷きました。

事故があった時に必ず、被害にあわれた方の関係者のコメントやら映像やら流れますが。私はみたくないですよ。聞きたくもないし知りたくもない。そのためにチャンネルを合わそうなんて思わないです。

いらないものが多すぎる。

No title

仁さま、鈴木小太郎さま、re-tsuさま

白河市の安珍堂は震災で被害をうけたのですが、再建工事が始まるそうです。

http://www.minpo.jp/pub/topics/jishin2011/2012/03/post_3502.html

道成寺、安珍・清姫の物語はこれでお楽しみください。

http://www.7kamado.net/antin-kiyohime.html

ついでに、清姫のイメージです。

http://digi-akira.net/art/2009/03/post_85.php

安珍も、かなりの美僧だったそうです。

清姫、強制収容所その他

清姫の漫画のイメージ、凄いですね。僕が 30年ぐらい若かったらお坊さんをやめて手を出してるかも知れませんが、清姫は 13歳だったんですよね。僕のところは娘が今年 13歳になりますから今は全然ピンと来ません (笑)。

憎しみ余って大蛇に変身というのはある意味羨ましいと言うか、僕も震災発生後故郷を思う一心でウルトラマンになったとかだったら良かったのにと思ったりします。

この物語の悲劇の主な原因は顔で相手を決めたことにあるのではないかと勝手に思っているのですが、間違ってたらすみません。

話は変わってアウシュヴィッツ収容所の博物館が白河にあるというのは僕も何となく不思議な気がします。ただもし自分の町にそのような施設があれば多分訪れると思いますし、その価値はあるのではと思います。

ちなみに僕が今住んでいる町から 100km ほど離れたところにフロッセンビュルク強制収容所というのがあります。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%83%93%E3%83%A5%E3%83%AB%E3%82%AF%E5%BC%B7%E5%88%B6%E5%8F%8E%E5%AE%B9%E6%89%80

と言っても僕は見に行ったことがないのですが、家内はちょっと北海道立命館高校という高校の生徒さん達を案内する機会が今まで数回ありました。

僕の町は旧東ドイツとの国境に近くて、郊外の方にメドラロイトという小さな村があるのですが、ここはひとつの村だったのに、村を流れる川を境界線として東西に分割されてしまい、当時の米軍兵士達から「リトル・ベルリン」と呼ばれました。統一後もその監視施設や東西を分断していた壁の一部が残されていて見学することが出来、上の立命館高校の子達も行ったのですが、この村については大分前にブログで書いたことがあるのでよろしければ御覧下さい。
http://hitoshisblog.blogspot.de/2009/11/littleberlin.html

関係ない話ばかりですみません。ネコさん、もし問題があれば遠慮なくおっしゃって下さい。

仁さんの導入部分

三段落まで
とてもおかしくて笑いました。
いろいろツボでした。

道成寺説話~それは執心かしらん

〉仁さま初めまして
三段目まで、未だ歩く煩悩にて(笑)ひどく同意!
一般的には良い意味でも悪い意味でも誰もが持つ執心の業を説くものとされているようで…
造作のみの美醜にこだわるのもひとつの執心にて

コメント欄の独逸事情も愉しく読ませて頂いております。
東西ドイツ統合もドイツの人々にとっては大きな意味での執心の結実だったのかもしれませんね。

ところで紀州道成寺縁起の中の(仏教)法話から様々なバージョンの道成寺伝説が作り上げられたようで…

〉千貫森の宇宙人さま
やはり道成寺と言えば、文楽「日高川入相桜王」のガブカシラかしらん。
http://jig217.mobile.ogk.yahoo-net.jp/fweb/0503uKOsMzn0lrFG/1H?_jig_=http%3A%2F%2Fyumin2.jp%2Ftalk%2Fbunraku%2F&_jig_keyword_=%B6%DE%CC%DE%20%93%FA%8D%82%90%EC&guid=on&_jig_xargs_=R
いつも女性の地雷を踏む事多く…(笑)

それと
川本喜八郎の「道成寺」

http://jig112.mobile.ogk.yahoo.co.jp/fweb/05026E9xYaVjmR5m/1j?_jig_=http%3A%2F%2Fwww.showanavi.jp%2Fcolumn%2Flaputa-asagaya%2F07%2F&_jig_keyword_=%93%B9%90%AC%8E%9B%20%90%EC%96%7B%8A%EC%94%AA%98Y&guid=on&_jig_xargs_=R

"執心と悟り"

昨年開催された、
川本喜八郎の追悼上映特集での表題にて

http://d.hatena.ne.jp/akk/mobile?guid=on&date=20101114
もはや執心が情念の炎にまで昇華された魅惑の新作を観る事は出来ない。

〉鈴木小太郎さま
道成寺説話の流布仮説(考)として
琉球王国期に伝播した執心鐘入まで含め、下記のようなブログあり。
http://jig117.mobile.ogk.yahoo.co.jp/fweb/0503O86DP5YOoDBn/0?_jig_=http%3A%2F%2Fwww.asahi-net.or.jp%2F%7Eue1k-ootn%2F041dozyok8.html&_jig_keyword_=%8E%B7%90S%20%93%B9%90%AC%8E%9B&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fpcsite%2Flist%3Fsbox%3DSBB%26squery%3D%25E5%259F%25B7%25E5%25BF%2583%2B%25E9%2581%2593%25E6%2588%2590%25E5%25AF%25BA%26p%3D%258E%25B7%2590S%2B%2593%25B9%2590%25AC%258E%259B%26trans%3D0%26guid%3DON&_jig_source_=srch&_jig_ysid_=ngGiTxW0kkn_OmpzUC3i&guid=on

〉やぁどさん
遅ればせながら
第一回福島人の、福島人による、福島人の為のテレビ講座!成功おめでとうございます。
そして"福島人"以外の者が福島の今を識る方法でもある、Youtube化に本当に感謝致します。

諸事情により昨日やっと観られました。

住所不定有職の"福島人"となった木村真三氏の見識と実力は流石!
今の福島にしたい事をするという熱が、聞き手の"やぁど様"と共にハモってたように感じられました(笑)
テレビユー福島にあって、NHKその他在京マスコミ支局に欠落したもん。
それは地元の為に真摯に生きるという事ナノかも…
第二回早野龍伍さんの分も是非県外もんにも勉強させて下さいませ。

信夫山ネコさま始め福島人の憂鬱が晴れる日まで…
〉なおみさま、ルイージさま
4月中旬より諸事情により暫くバタバタ?していたもので失礼致しました…
ところで鯨は古来より魚へんですょ。獣を喰らうも魚を喰らうも同じ事なれど(笑)

そして昨年5月中旬にはもう静かだった滝桜…

三春の滝桜、小沢の桜から信夫山・花見山まで今は桜雨かしらん

今晩夜半より髪だけIKAさま2号にて、春を迎えた福島浜通りから中通り界隈へぶらぶら潜伏決行…是も執心なり(笑)

仁さん

ドイツに避難されている方々の件、わざわざ調べていただいたのにお礼が遅くなって申し訳ありませんでした。

感想としては「やっぱり」ですね。
大体無理なんですよね。 「亡命」申請したりとか。
実は私は彼らのことを楽な生活ができるから難民申請したのでは?と思っていたのですがこれは誤解していたようです。

避難された方は言葉も通じなく、リンクを拝見したところかなり精神的に参っていてヒステリックになっているようなので大きなお世話でしょうが、帰国して東京、そこが嫌なら名古屋とか人との接触が少なくて済む都市でカウンセリングを受けたほうがいいのでは?と思います。
どんなに支援団体が援助してもその土地の役に立たなければ「お荷物」になってしまうのがオチかと思います。

太陽光発電については個人的にまとめました。
http://blog.livedoor.jp/gogodango/archives/52008378.html

申し訳ありませんが、文字が小さくて見づらいので適当な大きさに拡大してご覧になって下さい。

結論を申し上げると補助があったとしても自動車1台分の価格のものを買える人は限られるし、売電については電気事業法の絡みで発電したものを全て売ることができるとは限らないということ、様々な余計な発電コストが生じ、全て消費者の負担になるということです。
雇用については安価な中国製に市場を席巻されて言い値ほどではないでしょう。
長所は化石燃料の消費を抑えることができるということでしょうか?


実は4月の連休にいわきまで行ってきました。

東京からだと上野から2時間ちょっとで行けて、新幹線ではないので比較的安いので手軽ですね。
気象庁の統計から夏は東京より気温が低く、冬はほとんど雪が降らないそうなので(沿岸部でしょうが)気候が穏やかで快適なところではと感じました。
町が分散されているのが難点ですが、道路が東京の感覚では信じられないくらい整備されているので車の運転ができれば問題無いでしょうね。

もちろん、アクアマリンふくしまも行ってきました。
震災による被害で魚がほぼ全滅したとは信じられないくらい多く展示されていました。
生き残った魚や動物などは各地の水族館に協力して避難したと苦労されたようです。

なかなか書けずすいません

>omizoさん。
亀岡の件は何社からか言い訳コメントが出ていたようですね。
でも火のないところに煙は立たないので、ブログのような状況はあったと思います。
タメイキ出てしまいます。。。
集団的過熱取材(メディアスクラム)の問題が起きた場合は、しばしば記者クラブが(上杉隆曰くの「悪の根源」)乗り出して、取材を規制します。
しかし初動の際はまだ何の取り決めもされていないので、突撃状態になりがちです。
現場は「なんでウチだけこの絵がないんだ!」とデスクに言われることを恐れるので、とにかく撮っちまえと言うことになります。
それを防ぐには報道現場の意識改革、特に「デスク」始め責任者の意識改革が必要です。
自分の社だけ霊安室の絵がなかった時に「良く思いとどまった、ウチだけ正しかったな」と評価するようなこと。
綺麗事に聞こえるかもしれませんが、僕は不可能ではないと思います。

>なおみさん。
2割増しのご評価、ありがとうございます。
私を映すカメラだけ高性能にしておきました(嘘
ただ二人の顔の色が全く対照的で。
あれではロゼッタ洗顔パスタの「黒子さん白子さん」ではないでしょうか。
あ、「ホクロさんシラコさん」と読まないでね、みなさん。

>義阿南高地さん。
ご視聴ありがとうございます。
もちろん早野先生のもネットに上げるつもりです。
対談部分収録の後が早野先生止まらなくなって、面白かったんですが。
40分くらい一人舞台でしゃべってました。。。

No title

http://d.hatena.ne.jp/gatonews/20120502/1335893577

福知山の件では、医療機関に大挙して押しかけて、搬送者の住所、氏名を教えろと詰め寄ってますから。 電車のような、搭乗記録が無いものは、誰が被害にあったか不明であり、その家族は知る権利、どこに搬送されたか知る必要がある。との論であるようですが。

 犯罪被害者等基本計画案(骨子)に対する意見書
事件・事故の報道は、広く社会全体でその悲しみや怒りを共有し、社会が一体となって背景にある原因を考え、再発防止、根絶に向け取り組むために必要なものだと信じる。その使命を果たすために、報道に起因する諸問題については、報道機関が自主的、自律的に判断し、結果の責任もまた正面から引き受ける。われわれは、これまでもそうあろうと努めてきたし、今後もさらに努力を重ねたいと考えている。

『「誰かに何かが起きたというニュースを伝える時、読者はその『誰か』がどんな人物であるのかを知りたがるものだからということになるでしょうか。そういう詳細な情報が伝えられることによって、その人が遭遇した事件や事故に対して、より深い関心を抱くことになるのだと思います。仮にこれが、被災者の名前のみ、または名前が仮名(Aさんなど)であったら、地震にここまで深い関心をみんなが寄せることは難しいでしょう。』


事件・事故の報道は、広く社会全体でその悲しみや怒りを共有し、社会が一体となって背景にある原因を考え、再発防止、根絶に向け取り組むために必要なものだと信じる。

こう考えているのなら。 綺麗事を押し通す、やせ我慢はどうでしょうね。

記者クラブで、規制しても、フリーは出来ないし、フリーを使ってならできるし、 戦争地域、紛争地域の取材は、フリーなどと契約が多いし。


新型インフルエンザ騒動の時に、某高校を取り囲みのメディアスクラムは、その後なんの反証もないようですし。 相手は高校生ですぜ。 国立感染症研究所感染症情報センターの主任研究官安井良則さんは、再度出向き、お礼と高校生の心のケアーをしています。

http://www.cabrain.net/news/article/newsId/22533.html

試しのコメント

ちょっと長めの文を作って投稿しようとしたのですが不正な投稿と見なされアップ出来ません。なので分けてみましたがそれでもだめです。試しにこの短いのをアップしてみます。ゴミですみません。

不思議ですが

今やってみた試験投稿はうまく行きましたが本来投稿したかった別のやつはどうやってもうまく行きません。ワープロソフトで文を作ってコピペという形ですが、今まで同じようにやって問題なく投稿出来ているので原因がわかりません。リンクも消してやってみましたが駄目です。取り敢えず今は諦めます。

No title

義阿南高地 さん
4月はお忙しかったのでしょう。お疲れ様でした。
むむむ?今福島にいらっしゃる?どこかですれちがってたりして(笑)。
雨がひどいでしょう。道中お気をつけて!


やぁどさん
>私を映すカメラだけ高性能にしておきました
あははははは!あまりの男前っぷりに、うっとり(?)眺めていました。


omizoさん
>新型インフルエンザ騒動の時
拝見しましたが、今の福島と同じことなんですね。
「正しく怖がる」という言葉が出てきて、はっとしました。


仁さん
もうお気づきかもしれませんが「NGワード」が入っているのかも?
こんな言葉まで?と思うような言葉がつかえて、送れない時があります。

No title

新型インフルのときに、南相馬市役所もひどいこと言われてましたね。

http://d.hatena.ne.jp/Yosyan/20090630

 あんな目に合わされるなら、そら言わんよね。 

追記

http://megalodon.jp/2009-0628-1229-46/mainichi.jp/area/fukushima/news/20090628ddlk07040100000c.html

No title

やぁどさん

今更ですが、お蔭様で番組を見ることができました。
福島在住じゃない自分にとって、地元放送局製作の番組は普通に見られる物ではなく・・・・・感謝です。

個人的感想ですが、原発事故後の報道の中では最先端最前線、まさに地元ならではの内容であったと思います。
シリーズ期待して待ちます。

「報道現場の意識改革」

漫画の話ですが・・・・「マスターキートン」のエピソードに、そんな話がありました。
もちろん、あちらはフィクションですから・・・・節度を持って報道した担当者が最後には評価されて終わります。

でも、綺麗ごと、理想主義ではあるかもしれないけど、フィクションでそういう話が成り立つって事は、そういう思いを持ってる人も居る、って事ですよね。

現状では衝撃的、扇情的であるほど注目を集めやすいってのは否定できないかもしれませんが、反動と反省もまたあります。
ネット普及以降の大事件という意味では今回の震災、原発事故以降良く言われる事であったし、その速報性と伝播力の強さは散々指摘されてきた事でもありますが・・・・
「証人が多すぎて、証拠も消すに消せない」「誰もが自由に情報発信できるけど、誰もが監視されてもいる」という特徴もある訳です。

反証と反省のネタは嫌というほどに溢れてる。

報道のありかたとか、その受け取り方とか・・・・・・・・・・・・
進歩の途上なんでしょうね、今は。

NG ワードの実験

口裂け女
我こそは玉梓が怨霊

う〜ん

アップ出来なかったコメントで思い当たるのは上の二つぐらいなんですが・・・。

アップ出来なかったコメント

今朝アップしたかったコメントがどうしても不正投稿扱いになってアップ出来ないので原稿を JPEG 画像に書き出しました。2ページに分割しましたのでよろしくお願いします。

1 ページ目 : http://farm8.staticflickr.com/7212/6996020034_22253a3309_b.jpg
2 ページ目 : http://farm8.staticflickr.com/7081/7142106465_7d380c5542_b.jpg

なぜこの文で不正投稿扱いになってしまうのかわかりません。なお1ページに出て来るドイツ各地の放射線量がわかる地図のリンクはこれ:
http://odlinfo.bfs.de/

僕の住んでいる町の放射線量はこれ:
http://odlinfo.bfs.de/cvdata/094640002.php

東京の放射線量はここです:
http://monitoring.tokyo-eiken.go.jp/

投稿出来ないコメントのスクリーンショット

もう一度1ページ目だけのテキストを試しに投稿してみようと思いましたが、認証用キーワードを入れて「送信」をクリックするとどうしても下の画像のようになってしまって投稿出来ません。
http://farm9.staticflickr.com/8150/6996474818_664fb483b1_o.jpg

文字数を更に半分ぐらい減らしても同じです。なので怨霊とか口裂け女という言葉が NG なのかと思ったのですがそうでもないようですし、不思議です。

未だ中通り~潜伏期間中(笑)

〉仁さま
「三段落」~以降、携帯ネットでは表示されず、モバイルPCにて確認(汗)

ブログホストのFC2サポート最新障害情報は4/26各種メンテナンスあった位で推奨使用環境の大幅な変更もなさそうだし…
リンク張付容量overにてup出来ずがありましたが、兎も角、テレビでも何でも機械が言う事を効かないとすぐ叩く世代にて…(笑)
結構○齢化?社会みたいですよ。シーと(笑)

NHK「新八犬伝」
"我こそは玉梓が怨霊~"
クワァ~でトラウマの方多いかも…
http://jig124.mobile.ogk.yahoo.co.jp/fweb/05054fDkHB7sJCN7/4B?_jig_=http%3A%2F%2Fameblo.jp%2Fjusaburo%2Fentry-11001092179.html&guid=on&_jig_xargs_=R
仁義礼智忠信孝悌
http://jig147.mobile.ogk.yahoo.co.jp/fweb/0505XyBXqd8LjTUK/0?_jig_=http%3A%2F%2Fja.wikipedia.org%2Fwiki%2F%25E6%2596%25B0%25E5%2585%25AB%25E7%258A%25AC%25E4%25BC%259D&_jig_keyword_=%90V%94%AA%8C%A2%93%60&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fonesearch%3Fp%3D%2590V%2594%25AA%258C%25A2%2593%2560%26fr%3Dm_top_i%26guid%3DON&_jig_source_=srch&_jig_ysid_=wW2kTxyaRXuFPZ9dJ_0o&guid=on

今年は急に暖かくなったようで、三春~田村でも一気に咲き誇り…落花著しくの意味判りました…(笑)

今も見守り桜として
http://jig147.mobile.ogk.yahoo.co.jp/fweb/0505XyBXqd8LjTUK/0?_jig_=http%3A%2F%2Fja.wikipedia.org%2Fwiki%2F%25E6%2596%25B0%25E5%2585%25AB%25E7%258A%25AC%25E4%25BC%259D&_jig_keyword_=%90V%94%AA%8C%A2%93%60&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fonesearch%3Fp%3D%2590V%2594%25AA%258C%25A2%2593%2560%26fr%3Dm_top_i%26guid%3DON&_jig_source_=srch&_jig_ysid_=wW2kTxyaRXuFPZ9dJ_0o&guid=on

昭和初期の三春滝桜
http://jig147.mobile.ogk.yahoo.co.jp/fweb/0505XyBXqd8LjTUK/0?_jig_=http%3A%2F%2Fja.wikipedia.org%2Fwiki%2F%25E6%2596%25B0%25E5%2585%25AB%25E7%258A%25AC%25E4%25BC%259D&_jig_keyword_=%90V%94%AA%8C%A2%93%60&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fonesearch%3Fp%3D%2590V%2594%25AA%258C%25A2%2593%2560%26fr%3Dm_top_i%26guid%3DON&_jig_source_=srch&_jig_ysid_=wW2kTxyaRXuFPZ9dJ_0o&guid=on

昨年5月5日の小沢の桜
http://jig147.mobile.ogk.yahoo.co.jp/fweb/0505XyBXqd8LjTUK/0?_jig_=http%3A%2F%2Fja.wikipedia.org%2Fwiki%2F%25E6%2596%25B0%25E5%2585%25AB%25E7%258A%25AC%25E4%25BC%259D&_jig_keyword_=%90V%94%AA%8C%A2%93%60&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fonesearch%3Fp%3D%2590V%2594%25AA%258C%25A2%2593%2560%26fr%3Dm_top_i%26guid%3DON&_jig_source_=srch&_jig_ysid_=wW2kTxyaRXuFPZ9dJ_0o&guid=on

願いの桜なり

〉なおみさま
今度は優しげだった旦那様にハイピーク時の抜け道聞いておかねば(笑)

〉信夫山ネコさま
相も変わらず本題ズレでスミマセン

下記投稿画像upせず!八犬伝続きで失礼しました

○○○の祟りじゃ~
(古い)

三春滝桜や小沢の桜の画像up出来ず(汗)

しばし別段取り考えますが、失礼しました。
取り急ぎ連投ごめんなさい。

仁義礼智忠信孝悌

義阿南高地さん、いろいろありがとうございます。

新八犬伝、坂本九さんが進行役をやってましたね。懐かしいです。主題歌の中の「いざとなったら玉を出せ」っていう部分が、僕の町のガキ共の間では「たま」は「キ◎タマ」の「タマ」の意味なので友達とそこんとこだけ取り出して歌ってはげらげら笑ってました。

僕には兄が一人いるんですが、彼は名前が「智」なんです。父がその昔南総里見八犬伝を愛読したらしくて、8つの文字を自分の子供で揃えたかったんだそうです。でもどうやら二人でめげたようです。

三春の方の桜の写真は小澤の桜も含めありとあらゆるのを参加中の SNS で拝見してますので大丈夫です。どうもありがとうございました。

"信"

>仁さまはじめ皆様
本当に下手な投稿大変申し訳なく思います。

恥の上塗りなれど、まだふらふらと出先にて取り急ぎ下記にリベンジしました。
三春滝桜&小沢の桜
http://k2.fc2.com/cgi-bin/hp.cgi/madfall/?guid=ON&ssid=1b1c6ad21002c280
因みに私めも
"信用のない"信
又は
"吾しか信じぬ"信
の一字を
貰っていますので(笑)

不義理一杯の義阿南高地だし(苦笑)

No title

仁さま

あの清姫なら、私が安珍なら迷わず還俗します。

義阿南高地さま

八犬伝や西遊記には劣るものの、安珍と清姫は創作者の意欲を掻き立てる物らしいですね。

>皆様

安珍・清姫の追加情報、ありがとうございます。

下里工芸に武田邦彦像を発注したらどんなのが出来るのだろうと妄想する連休最終日でした。

小沢の桜その他

小沢の桜の写真、ありがとうございました。この桜は何年か前からお付き合いいただいている友人が過去に下のような映像を作っておられます。とてもいいビデオです。
http://www.youtube.com/watch?v=gx1KN4LSHUQ
http://www.youtube.com/watch?v=epGYJxJiRzw

この方の HP がありますのでそちらもぜひ御覧下さい。
http://alltamura.tv/

> あの清姫なら、私が安珍なら迷わず還俗します。

やっぱりそうですよね。ただ今の僕はもう年なので還俗して年増を探すしか・・・。

> 下里工芸に武田邦彦像を発注したらどんなのが出来るのだろうと妄想する連休最終日でした。

想像しただけで爆笑です。

というところで、アップ出来なかった JPEG 画像のコメントに書いた、歯医者さんのお嬢さんの永久歯が生まれつき一本足りない件ですが、検索してみたら特に珍しいことではないことがわかりました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AC%A0%E6%90%8D%E6%AD%AF

他にも、10人に一人ぐらいの割合でいるという記事も見つけましたが、いずれにしてもチェルノブイリ原発の影響とはやはり断言出来ないようですね。

僕の母は煙草も酒もやらないのに癌になったんですけど、若い頃から肥満気味だったのでその影響だったのかも知れません。また同い年の従兄弟が 20年ばかり前に白血病になってます。ちなみに母も従兄弟も治療がうまく行き、生存中です。

子どもの時三春町で僕にヴァイオリンを教えてくれていた先生というのがかつて長崎で原爆に遭っていまして、その後三人のお子さんをもうけられたのですが、うち一人が男の子で二人は女の子だったのですが、男の子がピアノでなかなか才能があり、優秀な音大に進んだのですが、その在学中に白血病にかかり、半年ほどで亡くなっています。まだ 20代の若さでした。

一方の他の二人の女の子は何事もなく大人になって子供も生んでいて、その子達ももういい年をした大人のはずですが、異常が出ているという話は聞いていません。その息子さんが亡くなったのが長崎原発の影響なのかどうかわかりません。一方で従兄弟が白血病になったのがなぜなのかもわかりません。先生は胃癌で亡くなりましたが、年齢的には既に 70歳を超えていました。

僕は少年時代は食べ物の好き嫌いが多かった上にあまり食べない子だったせいか栄養失調気味で、しょっちゅう貧血を起こしていました。医学的には赤血球の数が減少するというやつですが、減る度に注射と錠剤による鉄剤投与を受けて復旧してました。中学から大学に上がる前ぐらいまでずっとそれが続いてたんですが、今だったら多分格好のネタにされてましたね (笑)。

そんなわけで今日は歯医者に治療の続きに行くので上の Wikipedia の話をしてみようと思います。

わからない人のために

>鈴木小太郎さん
>仁さん
そして私が触れた「下里工芸」って何?
という人のため、リンク張っておきます。

http://www.arakawas.sakura.ne.jp/backn017/simosato/simosat1.html

ついでにカッパ村も

http://www.arakawas.sakura.ne.jp/backn017/kappamur/kappamu1.html

まあ、こんな感じで武田の像を作ってもらったらどうなるのか?
想像して見てくださいな。

(今回リンクした荒川さんのサイト、B級スポット紹介ではなかなかのボリュームで、皆さんのご自宅近くの物件も紹介されているかも?私は旅行に行くとき参考にさせてもらっています…笑。そうか、気付かなかったけど、カッパ村って花の湯の中にあったんだ。)

ハナミズキがもっさもさですね

義阿南高地 さん
今回はお目にかかれず残念でした。
お天気は大丈夫でしたか?
連休明け、お仕事お疲れ様です。

>今度は優しげだった旦那様にハイピーク時の抜け道聞いておかねば(笑)

う~んとね。渋滞中に閃いて、無謀な勝負をかけるタイプなので、やめたほうがいいです(笑)。


みなさん・・・
> あの清姫なら、私が安珍なら迷わず還俗します。

なんの話で盛り上がってるんだか(笑)。


IKAさん
>下里工芸
>カッパ村

夜にひとりで行けと言われたら・・・ちょっと怖いかも。
武田さんのお人形はお土産サイズのがあれば買って・・・。
うふふ?

No title

>仁さま

遅ればせながら、「放射能ハンター」
これ、すごいですね。
http://kingo999.blog.fc2.com/blog-entry-621.html

>で、見ているととにかく汚染が酷いのオンパレードです。それに立ち入り禁止区域へのバリケードに監視員がおらず無人であったり、いてもそこから出て来る車の線量を測らないことが信じられない、チェルノブイリの時はこんなじゃなかったと言ったりなど、とにかく物静かな雰囲気ながらも散々批判しています。

そうですよね~!


このテレビ番組、とあるサイトで、
「福島の現状を知っていただきたくて」と、紹介されていました。
ちなみにこの紹介者は現在海外在住で、当分日本には帰らないそうです。
ホワイトハウスへの「4号機問題の要望」も教えてくださった方です。

福島浜通り・中通り潜伏終了(笑)

>仁さま、なおみさま、千貫森の宇宙人さま皆様
ふらふら昨日朝帰宅即出社ってな具合で…遅筆にて失礼しました。

〉仁さま
小澤の桜だけでなく、三春・田村の様々な魅力満載のalltamuraさまのyoutube、ブログのご紹介有難うございます。
次回の旅路には是非とも参考にさせて戴きます。

流れモンの私としては振り返る事の出来る故郷があるっていいなの一言。
まあ、俗気以外非ずのもんが、もはや水屋だけの安珍堂(根田)なんぞお参りしたもんだから…途端に雷バリバリ(笑)

花水木もっさもさの中で満開中の越代桜(古殿町)を愛でて今季福島の桜の締め…
http://m.youtube.com/view_comment?guid=ON&gl=JP&hl=ja&client=mv-google&v=AV1KjHYNEuU

そして津波に流された五浦六角堂(北茨城)の再建見届けて旅の締め…と。
ライトアッブ写真(読売記事)
http://jig111.mobile.ogk.yahoo.co.jp/fweb/0509Ci4kHgLNC0AK/0?_jig_=http%3A%2F%2Fwww.yomiuri.co.jp%2Fhomeguide%2Fnews%2F20120430-OYT8T00308.htm&_jig_keyword_=%98Z%8Ap%93%B0%20%8D%C4%8C%9A&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fpcsite%2Flist%3Fp%3D%2598Z%258Ap%2593%25B0%2B%258D%25C4%258C%259A%26b%3D3%26trans%3D1%26guid%3DON&_jig_source_=srch&_jig_ysid_=3WyqTwLGe.3sxbKX4WUG&guid=on
五浦六角堂wiki
http://jig119.mobile.ogk.yahoo.co.jp/fweb/05098L1ktn5vmNlh/0?_jig_=http%3A%2F%2Fja.wikipedia.org%2Fwiki%2F%25E5%2585%25AD%25E8%25A7%2592%25E5%25A0%2582_%28%25E5%258C%2597%25E8%258C%25A8%25E5%259F%258E%25E5%25B8%2582%29&_jig_keyword_=%98Z%8Ap%93%B0%20%8D%C4%8C%9A&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fpcsite%2Flist%3Fp%3D%2598Z%258Ap%2593%25B0%2B%258D%25C4%258C%259A%26b%3D13%26trans%3D1%26guid%3DON&_jig_source_=srch&_jig_ysid_=XmqqT3sP5jWT0ZLaVj07&guid=on

白河蕎麦・白河ラーメンetc、目も腹も堪能させて頂きました。
http://jig213.mobile.ogk.yahoo-net.jp/fweb/0509QE3ngmj689tN/0?_jig_=http%3A%2F%2Fshirakawa315.com%2Ffood%2Findex.html&_jig_keyword_=%94%92%89%CD%82%F0%90H%82%B7&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fonesearch%3Fp%3D%2594%2592%2589%25CD%2582%25F0%2590H%2582%25B7%26fr%3Dm_top_i%26guid%3DON&_jig_source_=srch&_jig_ysid_=pHaqTxTIRhiQCXnWK3Er&guid=on美味くて安いもんは喰わな損(笑)

〉なおみさま
やはり渋滞時には嗅覚!でとっさに判断ですよ。
6:4位で成功しますから…"いらち"なので(笑)

助手席同乗の際には4:6でいつも怒られますが(苦笑)

放射能ハンター

やっぱり出ましたね〜。

三春小学校のところでは「しかし除去された土は学校の横の穴に土を掛けて一時保管されている。ここの線量は今でも高い。」と言ってるだけで具体的に数値を示さず、明らかに高めの時は「ビニールシートの上は毎時25マイクロシーベルトだ」なんて言ってますね。どの場合でも何シーベルトだったか、単に高い低いじゃなくて正確な数値を言うべきだし、25マイクロが高いにせよこのビニールシートの上でずっと暮らすわけでもないと思うのですが・・・。

具体的に数値を言わないってことは、高いと言っても命に別状があるようなものでも何でもなく、番組をドラマチックに進行させている関係上言ったら専門家から笑われる程度とか・・・。

原発作業員が今でも放射性物質が大量に飛んでいると言ってるように書いてありますが、これは僕も興味があります。Twitter で僕がフォローしている福島第一原発作業員の「ハッピー」さん
https://twitter.com/#!/Happy11311

ともう一人「TS さん」さん
https://twitter.com/#!/sunnysunnynismo

のどちらもが、これまでに「今も原発からは放射性物質が出ている」とツイートしておられるからです。ちなみにこのお二人が本当に福島第一原発の作業員なのかどうかはもちろん僕にはわからないのですが、ツイートの内容からはかなり信憑性は高いように見受けられます。

もし本当の作業員でおられるとして、その今も出ているという放射性物質がどのぐらいの規模で他の地域にどの程度の影響があるのかがわかりません。直接返信して聞いてみればいいのかも知れませんが何となくしづらいんですよね。でもこのお二人も本物の作業員としてツイートしているならもう少し丁寧な説明が必要だと個人的には思っています。

数日前に人様の Togetter のまとめにコメントしたら随分反響が多くて驚いてしまったのですが、そこまで関心を持たれたのだったらと思い、僕自身の情報を全部さらけ出して来ました。ちょっといろいろ書き過ぎだったかなとも思いましたが、まあいいことにしました。そのまとめはこちらです。
http://togetter.com/li/298962

あと来週歯医者に行ったらその報告だけ短くしてこのまとめでのコメントはやめるつもりです。

仁さんへ

FC2ブログでの「不正投稿」は、どうやら倫理的な「不正」とか、禁止ワードの類ではなく、何かコンピュター言語的(?)に「正しくない」のようです。URLに関係あることも?http://blog.fc2.com/forum_community/topic/12604/66064/
またクッキー、ブラウザ、経過時間?
http://bablogs.blog49.fc2.com/blog-entry-201.html

ところで仁さんはとても貴重な方だと思っています。というのは「ドイツ在住日本人」で、「反原発の言動に懐疑的」なのは、仁さんが「唯一」に近いと思うからです。

極論すれば、「在独、仏、米」あるいはそれらの「外国とつながりがある(と称する?)」の日本人で、福島について(ネットで)発言する人は、ほとんど「反原発=反福島」でしょう。このブログでも取り上げましたが、例えば在ミュンヘンの(okuyama)manishaという人は、中手聖一氏のドイツでのインタビューを、原文と全く違った訳で、プロパガンダしていました(しかもそのおかしな点を突いたら、そのエントリーはいつのまにか消しています)。また「フランスねこ」という人も(この人は在日本?)、ひたすら仏語のニュースを紹介して、「フランスでは福島・日本のこんな嘘があばかれている」ばかりです。そして「子ども福島」がZDFのヤラセ(?)に協力したり、「みえないばくだん」が翻訳されて「拡散」されたり・・・。あの人たちに共通しているのは、「欧州ワ日本ヨリ優レテイマス。ダカラ欧州ノヒトタチノイウコト、ミナタダシイ」でしょう。自分らも「外人」になったつもりなのでしょうか。日本人が日本人を拒否したら、最後は自分が無くなるだけではないでしょうか。

そんな中で仁さんは、現地でしっかりやっているだけあり、リアルです。実際に欧州社会で地に足をつけて、欧州文化の極致とも言うべき「クラシック音楽」で生きているなんて、スゴイです。ただ「欧米ステキ~」な輩とは次元が違う(当たり前すぎて失礼ですね)。だから福島について、真実が見えるのだと思います。もちろん仁さんは「福島出身」ですから、確固たる原点がありますし。

太郎や嘘杉らに代表される「反原発」「反福島」が、まるでドイツを「聖地化」していくかのようですが、その中で「福島出身 在独」の仁さんはますます注目されていくと思います(逆に例えば、もし仁さんが「福島は汚染されてしまい、もう帰れない」と書いたらどうなるか?マスゴミが「大歓迎」とばかり殺到して、「在独・福島出身の日本人音楽家、反原発を決意」なんて書くのではないでしょうか)。

注目されても、自分のリズムで、息長くやってください。クラシック音楽ってマーラーやワグナーみたいに、めちゃ長いの多いから、大丈夫ですよね、長期戦、ゆったりで。

仁さん

トゥギャッター読ませてもらいました。
チェルノブイリ以降のドイツの方々がどう生活してきたか、リアルに伝わります。コメント欄が盛り上がるのもさもありなん、ですね(それにしても「コメント欄がドイツ」タグには笑いましたが)。
信夫山ネコ様のおっしゃる通り、これだけ国際化、情報化した世の中でも海外からの生の声が広がらないのは不思議なとこではあります。(だからといって陰謀論にハマるつもりはありませんが)
仁さんのお話は「エートス」のような活動にもきっと役立つと思いますよ。

>信夫山ネコ様
舶来至上主義って日本人の業なんですかね。
他にも順一さんに告発された自称パリのアイドルとか、iyaoさんの宿敵零戦の人とか(先のトゥギャッターにもコメントしてましたが)。
当初「ドイツからの放射性物質拡散シミュレーション」とか、ありましたから、その名残もちょっとあるかも。

>注目されても、自分のリズムで、息長くやってください。クラシッ ク音楽ってマーラーやワグナーみたいに、めちゃ長いの多いから、 大丈夫ですよね、長期戦、ゆったりで。

激しく同意!

No title

>注目されても、自分のリズムで、息長くやってください。クラシック音楽ってマーラーやワグナーみたいに、めちゃ長いの多いから、大丈夫ですよね、長期戦、ゆったりで。

さすがネコさん♪いいこと言う!
私も同意です。


義阿南高地さん

朝帰りでしたか。ご無事で何よりでした。

>流れモンの私としては振り返る事の出来る故郷があるっていいなの一言。

私もエレーン(中島みゆき)のように、ふるさとがなかったので
勝手に福島をふるさとと決めたのです。
そうしちゃいなよ(笑)。ばれないばれない。

信夫山ネコさん
IKAさん
なおみさん

暖かいコメントをありがとうございました。皆さんにそう言っていただいて大変心強く感じます。勇気づけられたのでまた気が付いたことをあのコメント欄で書いてみたいと思います。

最後のところで僕の家族や親戚のことを書きましたが、多分ここでもお話したと思いますが、僕自身中学から高校までしょっちゅう貧血を起こして悩んでいたことも書いておけば良かったと思っていたので、今度はそのことをコメントしてみますね。

何か反撃や攻撃などが来るかと思ってましたが気味が悪いぐらい全くありませんね。あの零戦の人も何を意図していたかがどことなく見え見えでしたが結局それっきりですし。

>注目されても、自分のリズムで、息長くやってください。クラシック音楽ってマーラーやワグナーみたいに、めちゃ長いの多いから、大丈夫ですよね、長期戦、ゆったりで。

こういう場面でマーラーやワーグナーが出るとは思いませんでした (笑)。
プロフィール

shinobuyamaneko

Author:shinobuyamaneko
 福島県福島市の信夫山に住むネコです。
 原発事故以後ネット上には「もう福島市は放射能高くてダメ!逃げてください!」「福島はチェルノブイリ以上!」「子供を見殺しにしないで!」等の「反原発の叫び」が溢れてます。ネコはどこにも逃げられないから、もうノイローゼ気味。こういう「叫び」「脅し」の効果もあって福島に来る人は激減。街は沈み、市民は「すぐに逃げてください!」に怯えながら、静かに暮らしています。(←最近は嘘・デマがバレてきて、みんな元気になってきた感じだにゃ。)
 しかしね~、この種の「叫び」の根底に、「反原発」の「福島壊滅ならば原発全廃にできる!大大大チャンスだ!」っていう心理はないですか?原発全廃の為にはまず「福島壊滅」が必要とばかりに、科学的、医学的、論理的に怪しい説、大げさな数字等が「連呼」「拡散」されていないですか?それが「正義」になっていませんか?
 信夫山ネコは「故郷福島壊滅」を「原発全廃」の手段にされてはたまらんです。もし根拠がない数字や説の拡散によって、旅館の経営者が自殺するとかの悲惨な「風評被害」が出たら、大人しい福島人も終には訴えたりするのかにゃ~?!今はとにかくデマ、風評、誇張、脅し等を除染しながら記録するにゃ。(「リンクフリー」です 対「反原発」、対「放射脳」等での引用ご自由に)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR