年度末 デマいろいろ

みなさんからコメント欄にいただいたこと等を含め、年度末デマを整理しておきます。

「上杉隆、夕刊フジで捏造記事か?!」(3/13)
http://togetter.com/li/276770
「“放射能汚染”の真実…福島、郡山市に人は住めない」と題する「元ジャーナリスト」「自称報道教会」上杉隆氏の記事。また例によって無料ジャーナリストの仕業。上杉氏は、自分で(測定器を地面に置いて?)放射能を測ったら、市役所測定の数値より高かったので、「市役所は地面を水洗いしてから測定」とデマを流した。これに対し、郡山の順一さんが反撃。順一さんの妻は何と、郡山市の放射能測定を実際にやっておられたのです。大体「地面を水洗いし、大きく数値が下がる」なら、「反原発」の福島向けテポドン=「除せんはムダ」は成り立たない。自己矛盾つーか、無用ジャーナリストだにゃ(あ、元か)。


「山形から通勤、はウソ」福島市長、教授に謝罪要求(3/26 朝日新聞)
http://www.asahi.com/national/update/0326/TKY201203260439.html
原発事故に絡んで事実と異なる発言をされ、市長への信頼が損なわれたとして、福島市の瀬戸孝則市長は26日、神戸大大学院の山内知也教授(放射線計測学)に謝罪を求める通知書を出したと発表した。
通知書によると、山内教授は2月18日、大阪市での講演会で「福島市長は山形市に住んでいる。公用車で毎日福島市に通ってきます」と発言した。
市長は同月下旬、ツイッターで教授発言が話題になっていることを知ったという。市長は、発言内容は事実ではないとした上で、(1)発言の根拠を明らかにする(2)謝罪する――ことを求めた。誠意ある対応がない場合は名誉毀損(きそん)罪での刑事告訴も視野に入れる。
同大大学院海事科学研究科によると、山内教授は「文書が届いてから対応したい」としている

(以上)

福島市の瀬戸市長は、確かに「米沢に逃げて、娘の家から通勤している」とか、市内では根強く言われていた。しかし論拠はなく、「噂」の域を出ていなかった。ここまで噂が広まった原因の一つは、瀬戸氏自身の発言の無さすぎること(伊達市、郡山市、南相馬市、飯館村、二本松市等々の首長と比べるとわかる)、また「子ども福島」の中手聖一氏、宍戸隆子氏と、参議院の委員会に出て、「自主避難者にも補償を」などとやってしまったからではないか、と思う。それにしても「噂」をストレートに「講演」でしゃべる、神戸大の「反原発」=山内教授って?またしても「大学の痴性」が露呈。謝罪要求がこれからどうなっていくのかにゃ~?


ウォールストリートジャーナル日本版「福島原発事故、被ばく量はチェルノブイリに比べ少ないが・・・」
(3/12)
福島第1原子力発電所の事故から1年、科学者は人体や環境への影響がこれまでのところ極めて小さいとの見解で一致しつつある。事故による放射線関連の死亡や疾患は、被ばく線量が非常に高い作業員についてさえ、報告されていない。これに対し、1986年に起きたチェルノブイリ事故では、1年以内に作業員28人が急性放射線障害で亡くなっている。

オレゴン州立大学のキャスリン・ヒグリー原子力工学教授は「放射性物質の面からみて、影響は極めて小さい」と述べた。

ただ、福島の事故を調べている向きは、早い時期の安心感を与えるような結論で、被ばくの影響を過小評価される人が出かねないと警告。低レベルの放射線の長期被ばくが人体に及ぼす影響について、科学者たちはまだほとんど知らないと指摘する。また、同原発近くでは鳥が減少したり魚で高い放射線量が測定されたりといった気がかりな現象もあり、生物学者らは観察を続けるとしている。

福島県立医科大学の山下俊一副学長は、皆の健康状態を長期的に注意深く見守っていくことが重要だと述べた。

東京大学の小佐古敏荘教授は、福島第1原発事故では長期的に、がんを含む甲状腺疾患が300~500人増えるとの見方を示した。チェルノブイリでは、子どもを中心に5000~6000人に甲状腺疾患があったという。チェルノブイリ事故による健康被害を研究するために創設された国際団体は、被ばくが高かった4000人が致死性のがんにかかったと推計している。

小佐古氏は昨年4月、政府の原発事故対応に涙ながらに抗議して菅直人首相(当時)の内閣官房参与の職を辞したことで、国内外で注目を浴びた。今も不満はあるが、政府がメルトダウン後に比較的迅速に食品や水をコントロールしたことが、影響の小ささにつながったとみている。チェルノブイリでは、汚染した牛乳が子どもの疾患の大きな原因になった。

浪江町、飯舘村、川俣町の1万0468人を対象とした政府の調査の結果が2月下旬に公表された。推定被ばく線量1ミリシーベルト未満が58%、5ミリシーベルト未満が95%だった。15ミリシーベルトを超えたとみられるのは原発作業員13人など23人にとどまった。

これに対し平均的な米国民の年間被ばく線量は、環境保護局(EPA)によると自然放射線と人工放射線合わせて推定3ミリシーベルト。日本の安全基準では、原発作業員の年間被ばく線量上限は100ミリシーベルトだが、一時的に250ミリシーベルトに引き上げられた。

浪江町などの住民の被ばく線量は、ある時期に住民がいた場所と、その場所の放射線量の調査に基づいている。福島県はこれとは別に、ホールボディカウンターによる内部被ばく線量の計測を希望者に行っている。1月末時点で1万5408人が計測を受けているが、同県によると健康に影響が及ぶような数値は出ていない。1ミリシーベルト以上は25人のみで、2人で3ミリシーベルトが計測されたのが最大だったという。

同県は、子どもの甲状腺も検査した(10、11月で3765人)。医療アドバイザーは、被ばくに関連した問題はなかったとしている。

ただ、住民の被ばくに関する報告は、科学であるのと同時に推量でもある。弘前大学の専門家らが避難住民に対して独自に行った甲状腺の検査では、被ばく線量は政府の数値よりも高かった。検査に参加した床次眞司(とこなみしんじ)教授は、事故直後に高い被ばくがあったかどうかなどについて、政府とは異なる仮定を用いたとしている。

実際の被ばく線量を知るのは難しい。諏訪中央病院の鎌田實名誉院長は、避難住民が住むアパートの土台に汚染した石でできたコンクリートが使われたことが発覚した問題について、住んでいた中学生がたまたま線量計を持っていたために偶然判明したと指摘した。

東京電力のデータによると、福島第1原発の作業員の被ばく線量はかなり高い。昨年3月以来そこで作業してきた2万0115人のうち、100ミリシーベルト以上を被ばくした人は167人に上り、そのうち6人は少なくとも250ミリシーベルトを浴びていた。最大は、圧力が高まり爆発の恐れが出てきたときにベントの準備をした作業員の679ミリシーベルト。東電の広報担当者は、こうした作業員で健康上問題が出ている者はこれまでないとした上で、健康状態を注意深く見守っているとした。

福島県立医科大学の山下副学長は、一般市民の被ばく線量は低いようだと述べ、避難生活や放射線への恐れがアルコール摂取の増加やストレス関連の疾患につながる恐れがあると指摘した。地元に帰れない住民はなお数万人いる。

昨年3月11日から数日の間に数万トンの汚染水が太平洋に排出された。しかし、ウッズ・ホール海洋生物学研究所(マサチューセッツ)の海洋科学者ケン・ビュスラー氏によると、海流によってかなり放射性物質は拡散した。6月までには、沖合18~300マイル(約29~480キロ)のセシウム137は人間が浴びても安全な水準になっていたという。

放射線医学総合研究所の青野辰雄氏によれば、セシウムは海底の沈殿物に付着するため海底生物への影響が最も大きいとみられるが、その影響はまだ不明だ。科学者らは、そうした深海魚のセシウムはそれまでの標準の最大1000倍にも上るとしている。

今年福島県を視察した生態学者や生物学者は、放射性物質の放出が一帯の鳥の生息に大きな影響を及ぼした可能性があると指摘した。サウスカロライナ大学のティモシー・ムソー教授率いる生物学者らは、昨年7月に福島周辺300カ所を調査し、鳥の生息数が約3分の2に減っていることを突き止めた。ムソー氏は「反応はチェルノブイリ後の2倍だ」と指摘したが、「まだ原因はわからない」という。

(以上)

なんつーかね、いろいろあるけどね~。小佐古氏は例の「涙の辞任」以後、記者会見をスッポカシ(?)、国会参考人招致は断ったらしいが、7月以降ウォールストリートジャーナル日本版には、活発に発言している。「話好き」とか書かれていた。せめて「がんを含む甲状腺疾患が300~500人増える」の計算根拠ぐらい、示すべきではないかにゃ?

「鳥」も含めて、なんともな~、ま、「福島から避難しろ!」よりはマシか、という記事だが、前掲の上杉隆氏の「郡山には人は住めない」のもう一つの根拠は、、「信じられない。とてもではないが、人が生活できるような数値ではない」と米ウォールストリート・ジャーナルの記者2人がつぶやいたこと、だったようだにゃ。

もうマスゴミって、増す塵にゃ。


「みえないばくだん」という絵本
「原発事故で被曝した少女が20年経って子を生む。しかしその子は病気を抱えて苦しむ。」という、まったくの非科学的、差別偏見的内容。放射能被害は遺伝しない。コメント欄でもみなさん怒ってました。

今回の原発事故の後、6月頃に「動画」になっていたのが、12月に小学館が出版。それを週刊新潮3月15日号(8日発売)が「福島差別を醸し出す絵本『みえないばくだん』作者の人類愛」で批判、皮肉ったのが発端。その後ネット上で話題になったようだ。

偏見と差別の絵本「みえないばくだん」
http://pub.ne.jp/admisaki/?daily_id=20120312
「みえないばくだん」批判その後
http://pub.ne.jp/admisaki/?entry_id=4236102
に尽きるにゃ。

作者たかはしよしこ(高橋美子)氏
http://ameblo.jp/yoshikorela/
https://twitter.com/#!/yoshikorela

ネット上には、「海外で日本人がよく見ているのだという。」「このビデオには日本語版だけでなく、英語、ドイツ語、フランス語、スペイン語、中国語版まであるのだそうだ。ツィッターを通じて協力が得られたのだという。」という記述があった。あ~、あの「反原発」得意のやつか。

こんな絵本を出す小学館はとんでもない出版社だが、同社の「週刊ポスト」は「反原発」に批判的だ。3月9日号の記事はよかった(これについてはまた続きを書きたい)。
http://www.news-postseven.com/archives/20120229_91144.html

結局個々の編集者の問題なのかにゃ~?
戦争で戦う両側に武器を売って儲けるということなのかにゃ~?どっちが勝っても生き残れるしにゃ。増す塵なんとかならんか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

矛盾(むじゅん)  

【韓非子・難一篇】
楚人有鬻楯與矛者。譽之曰、吾楯之堅、莫能陷也。又譽其矛曰、吾矛之利、於物無不陷也。或曰、以子之矛、陷子之楯何如。其人弗能應也。夫不可陷之楯、與無不陷之矛、不可同世而立。今堯舜之不可両譽、矛楯之説也。

楚人(そひと)に楯(たて)と矛(ほこ)とを鬻(ひさ)ぐ者有り。之(これ)を譽(ほ)めて曰く、吾が楯(たて)の堅きこと、能(よ)く陷(とほ)すもの莫(な)きなり、と。又(また)其の矛(ほこ)を譽(ほ)めて曰く、吾が矛の利(と)きこと、物に於(おい)て陷(とほ)さざる無きなり、と。或(ある)ひと曰く、子の矛を以て、子の楯を陷(とほ)さば何如(いかん)、と。其の人、應(こた)ふること能(あた)はざるなり。夫れ陷(とほ)すべからざるの楯は、陷(とほ)らざる無きの矛とは、世を同じくして立つ可からず。


(訳)
楚の人に、楯(たて)と矛(ほこ)とを売る者がいた。その売り物の楯をほめて言うには、「私のこの楯は堅いので、これをつらぬくことができるものなどございません」。そしてまた、同じく売り物の矛をほめて言うには、「私のこの矛は切れ味鋭く、どんなものでも突き通すことができるのです」と。それを聞いていたある人が、「では、あなたの矛で、あなたの楯をつらぬいたらどうなるのかね?」とたずねたところ、その人は何とも応えることができなかった。そもそもつらぬくことのできない楯と、何でもつらぬける矛とは、同時に存在することなどできないものだ。

いいですね

盛り上がってますね。
何年か後に健康被害があったらうらみますよと言ったのにネコさんブログシンパになった一般主婦の方を持ち上げる、のほほんとしたコメ欄だったのに最近俄然面白くなってきました。

もっと討論して勉強させて下さい。


不安になります

http://blog.livedoor.jp/bug_and_flowers/lite/archives/2119989.html

やはりフクイチの事故で発病する人がいるのですかね。
大人の発ガンは心配していませんが、赤ちゃんや胎児(当時)の今後を心配してしまいます。

No title

「郡山に住めない」うっかり読んでカッとなり、歩き回って調べてしまいました。

結果は下URLです。
http://sakuraweb.homeip.net/uploader/src/up179266.zip
圧縮し、中のPDFを暗号化。PWは krym となっています(半角)。
興味を持たれた方は、どうぞ。

あの記事、予想を上回るひどさでした。

笑い話で済まそう 戻ろう

みえないばくだん あれは、ちょっとひどいね。

今、ごく普通に東北・福島・関東に住んでいる人たち
彼ら彼女らには
放射性物質由来の健康被害は、兆候すらみえていないのに
どうしてそこまで不安を煽る?
本当に幸いなことに、福島の原子力発電所からの放射性物質が
微量でよかったじゃない?そのことを認めずに一体何脅してる?

単に楽観的すぎるのではなく、放射線のプロが問題は
ほぼありえないと断言しているのやけどね。

避難せずに普通に生活している福島、東北、関東の人達をじっくり見てみなよ。木下黄太氏が言うように洗脳されてる?思考停止してるかい?。健康問題も起こっていない。いまならまだ間に合う。素直に戻ってまた普通に生活しようや。
みんな暖かく迎えてくれるさ。少なくともイデオロギーに凝り固まり喚くことしかできない人達よりは暖かいさ。

No title

ブログ更新、ご苦労さまです。
上杉隆、一応本人が言い訳しているみたいですね。

『表層的なあまりに表層的な 捏造批判に応える 』
http://uesugitakashi.com/?p=1231

まあ言い訳以下の物言いなんで、皆さん各自ツッコミいれて楽しんでください(笑)。
私もひとつ。

>「福島に人が住めないと大げさに煽っている」
NO。県内の一部地域についての発言。高線量地域に関して、除染不可能な場所もあると言い続けている。チェルノブイリの結果からも事実。福島全域と発言した事実は一切ない。

訂正前は「郡山市」って言い切っていたよね?
http://www.webpagescreenshot.info/img/355896-322201235934AM
それとも早川と同じく「会津は除く」って意味なのかな?
(上記記事は現在はタイトルが訂正されています)

>tateさん
うわー、ご苦労さまでした。
少なくとも「ちい散歩」よりは歩き回りましたね(笑)。
このデータ、結構貴重かも。
喜ぶ人は多いと思いますよ。

>竹本さん
応援、いつもありがとうございます。
ツイッター界隈でも積極的に発言されていますね。
これからもよろしくお願いします。(←ずうずうしいですね。すいません)

>omizoさん
最初漢字一杯で読む気無くしかけました。
でも、ちゃんと読みました。訳文の方だけは(笑)。

またひどいデマ

あったようで。
@s__51 さんの「福島県民が被曝死しないと困る人たち(有害情報につき閲覧注意)」
togetter.com/li/279863
このままでは、本当に私達は殺されるかも。私達の死が奴らの望みですからね。皆さん気を付けて。

どうでもいいことですが

勝手ながら、本日よりこのHNに変更しますので、
これからもよろしくお願いいたします。

エイプリルフールとはいえ

友人からネタ提供。
いくらなんでもこれはシャレにならんでしょう。↓
http://japan.cnet.com/blog/it_bigbang/2012/04/01/entry_30022236/
まあ、いずれ削除かな?

笑い話で済まそう 戻ろう♪

竹本淳一 さん
この呼びかけ、好きです。

震災後初めて、相馬の海に行って来ました。
海水浴したところのシャワーやトイレのあった施設、根こそぎ倒れたまま。魚市場は無くなって、松川浦の橋は通行止めでした。
ガードレールがところどころ抜けていたから、きっと波はあそこまで来たんだ。

いろんなことに翻弄された一年間だったけど
区切りをつけようと思いました。
飯舘と富岡と・・・他にも気になってる場所がある。
いつか行きます。

ちなみに・・・松川浦にはゴジラはいなかったです。

前の記事ですけど
福島と名前がつく場所で働いてる人は
誰よりも賢くて優しくて強くて・・・であって欲しいです。

福島大学の先生が・・・そんなんでどうするの。
みっともない。


生物音痴の医師&バカ発見機

プライムさん、あまり心配しなくて大丈夫ですよ。

ご紹介の小児科医の方のブログですが、

>このブログのポリシーは「こどもの食卓でゼロベクレルを目指そう!」です。

・・の部分で吹き出してしまいました。

組合長さんもWBC検査の後で医師に以下のように言われたそうです。

>「特に注意が必要なのは食べ物! とにかく0Bqの物、0Bqが目標!!」と力説・・・おっしゃる事はもっともだが・・・0Bqの食い物があるなら是非教えてくれよ・・・マジ。

http://blogs.yahoo.co.jp/boss_bunta0255/28368616.html

たぶん全ての医学部は二次試験に生物があると思うのですが(センターは物理・化学でも受験出来る場合があります)、昔の勉強を忘れちゃったのかな・・と思う時があります。
まぁ、お医者さんは他に勉強しなきゃいけないことがたくさんあるので、そこら辺は私達のような基礎科学の人がフォローする必要がありますね。

そう思ってリスクの見積もりに関する記事を書き始めたら大作になってしまい、ただいま編集中です。
http://blogs.yahoo.co.jp/bloom_komichi/65541542.html

twitter のデマ記事で「まだデマですか?」と驚くと共に、娘1号が「バカ発見機」と言っている意味が良く分かりました。

ところでしおんかのんさん→汐香さんは海辺の出身なのでしょうか?
私は居住地を転々としているので(大阪→京都→仙台→関東某所)郷土愛に乏しいのですが、汐香さんのお話で「これが郷土愛か!」と少しだけ理解することが出来ました。
汐の香りとか、その土地の匂いも大切なのかな?

自分自身にまだそれが湧く兆しは無いのですが、さっきの地震では福島の皆さんは大丈夫かな?と思いました。
自分の居住地でも他の土地でも思い入れのある人が増えていけば、私にも郷土愛が分かる日が来るかも知れません。

それと、小出さんの記事の方ですが、本当にスルーが良いと思います。
不安をしつこく書き込む人って、最近は甘えなのかな・・と思っています。「俺が不安なんだから、安心するまで説明しろ」みたいで、いくら説明しても駄々をこね続け、相手の説明が悪い、考え方が悪いと罵る訳です。
デマも「とりあえず言ってみただけ、誰かが訂正してくれるだろう」と無責任な感覚で流しているんじゃないかな。

アメリカなどは予防接種などの科学リスクに関して「分からない人は結構」「でも接種をしないと学校に入れないからね」と突き放す制度なので、駄々っ子ではいられないんと思うんですよ。

私が変な親切心を出してコメントを入れたのが仇となり、申し訳なく思っています。

No title

bloomさん
ごめんなさい。
せっかく美しいご想像をしていただいたのですが、
前のHNを並べ替えて、いいように言葉にしてみました(汗)
すみません<(--)>
生粋の伊達市出身ですので、海辺ではないのです。
でも、主人の親戚は浪江や相馬にいました。
飯舘村にも。
震災のあと、津波の映像を見て心が痛くなりました。
知らない場所ではないからです。
早くきれいな浜通りに戻りますように、という願いは込めました(^^)

No title

bloomさんのご忠告を聞かず、小出さんの記事にコメントしてしまいました~。しかも、名指しで質問してしまいました~。

私も、いまだに不確かな危険情報ばかり流して不安がっている某MLの人たちって不安でいることが快感なのか、「不幸な私」に酔っているだけなのではないかという気がしてきました。

不安を解消するには、状況を正確に知って、それに向けてどうするか、ということを考えるしかないと思うのですが、「減思力」にやられてしまっているのはあちら側の方々ではないかと感じます。

生物は受験科目としては

Bloom さん、こんにちは。

>>たぶん全ての医学部は二次試験に生物があると思うのですが(センターは物理・化学でも受験出来る場合があります)、昔の勉強を忘れちゃったのかな・・と思う時があります。

残念ながら、生物必修はほとんど無いと思います。
昔は高校で生物Iは学んでいても、受験科目としては物理化学がほとんどでした。 生物で受験するのは実質的にほとんど無理、という時代も長かったです。
共通一次・センター試験に変わって、受験対策のためか高校生物をほとんど理解しないで医学部に入る学生が増え、これはまずいと少し前から選択科目の中に生物が入るようになりました。今でも、選択科目に生物はあっても必修でないところの方が多いと思います。理科3科目の大学も少し増えているようですが。

もちろん入学後に生物の講義もありますけどね・・・。

私は共通一次世代ですが、生物が好きだったのに受験できる大学がほとんど無く、物理化学を選択しました。生物化学で受験したかった無念が残っているもので、つい反応してしまいました (^^;)



なおみ さん

以前のコメントにレスを有難うございました。
流れを切ってしまいそうで、さらにお返事できませんでした。
嬉しかったです。
4月末に東京で、順一さんと安東さんのお話を聞く会、が開かれるそうで、
できたら出席したいと思っているのですが、
もしいっぱいだったら関東の方が優先と思いますので、かわりに
空いた時間に福島まで行ってお買い物でもしたいな、と思っています。
その場合は数時間しかいられませんけれど。
いずれにしても6月には福島での学会に出席する予定です。

現役医師は生物未履修?

>昔は高校で生物Iは学んでいても、受験科目としては物理化学がほとんどでした。 生物で受験するのは実質的にほとんど無理、という時代も長かったです。

YTTさん、そうでした・・私が知っているのはここ10年間くらいの医学部の入試で、現在の医師のことは分かっていませんでしたね。

でも医学部入学後は生理学とか細胞生物学・組織学も学んでいるとは思うのですが・・

でも、分子生物学はやっていないかも・・DNA の授業は分子生物学教室や生化学教室だけの話で、一般に扱われるのは1990年代くらいからですね。
私も大学時代は一切学んでいないので、博士課程くらいから独学で勉強してきました。

・・となると、40代以上の医師も評論家も DNA を損傷させるのは放射線だけではないとか、DNA は日々修復されているといった基礎知識が抜けているかも。

この世代間格差を意識して議論や情報提供をすべきかも知れません。

>4月末に東京で、順一さんと安東さんのお話を聞く会、が開かれるそうで、

詳細が分かったら教えて下さい。

汐香さん、私は今回のオフ会で福島の地図をきちんと見るようになったので、伊達市そのものを知りませんでした。だからオフ会で戴いたバッチのマークを見て「モロ、正宗じゃん!」と驚きましたよ。

にゃにゃ丸さん

>「不幸な私」に酔っている

私も被害者でいたいのだろうと思っています。
「かわいそうな私」でいれば、デマを流しても誰かを罵っても、「私はかわいそうなんだからしょうがない」と自分を納得させられますから。

私はブログで「何か健康被害が出たら責任取れるんですか?!」と批判されることも多いですが、ずっと無責任でいたい人が良く言うよ・・と呆れています。

皆さん

>山田さん
お久しぶりあんどおかえりなさい。
充実した日々を送られたようですね。ちょっと羨ましいです。
福島もだいぶ暖かくなりましたよ。
お茶、いれてあげます。やっぱここは日本のお茶でしょう。
お煎茶、どうぞ。お茶うけは太郎庵、会津の天神さまです。
あ、信夫山ネコ様のリンク、コピペして、あたまにえっちてぃーてぃぴーころんすらっしゅすらっしゅを付けてエンターすれば見られますよ。

>汐の香さん
ロマンチックですね。今度のお名前。私、DNAは浜通りなんでちょこっと郷愁。名前変え記念にお茶とお菓子です。どうぞ。

>OSATOさん
不謹慎な!とも思いますが、海外での認識がこの程度、というのはそれはそれで悪くないのかもしれませんね。お茶とお菓子どうぞ。

>なおみさん
おいしいもの、一杯食べてきました?(すいません、なおみさん=おいしい食べ物、の認識が…あ、おこらないで。はい、お茶とお菓子あげますから、許してください)

>bloomさん
私も賢者の教えに背いた一人であります。
ごめんなさい。お詫びにお茶とお菓子、どうぞ。

>にゃにゃ丸さん
とにかくごめんなさい。
お茶とお菓子です。どうぞ。

>YTTさん
6月の福島って何かあったかなぁ。花見山は今年入場禁止だし。
温泉はいつでもOKですけどね。
おみやげはbloomさんが詳しいですよ(笑)。
はい、お茶とお菓子です。

なんか今日は謝りっぱなしだな(笑)。

申し込みがもういっぱいかもしれませんが

Bloom さん、こんにちは。

お医者さんも色々なので、研究をしているとたいていどの分野でも分子生物学や免疫学が絡んで来るのである程度勉強することになるとは思うのですが・・・。生粋の臨床家だと、基礎的な部分には興味が無くて不十分な知識に留まる場合もあるかもしれません。
習っていても、普段使わないことだから忘れているかも知れませんし・・・

今回、通説やいままでの理解とは異なる突飛な話がちょくちょく出るもので、自分が不勉強なのかもと調べてみると、突飛な説はやはり根拠不十分、っていうことがかなりありました。あるいは考えすぎ、極端な話を重視しすぎとか。
何事もバランスが大切だとつくづく感じています。


福島の話を聞こう、のイベントですが

http://kokucheese.com/event/index/31681/

こちらに詳細と申し込みがあります。(たぶん昨日から申し込み受付)

mixi でも twitter でも経過を見ていたのですが、またたくまに定員になりそうです。(もうなっているかも)
mixi では会場に余裕がありそうなので立ち見も、という話も出てはいましたが、どう対応されるかはまだのようです。

いっぱいだったら少し応援して、その後福島にお買い物に行こうと思っています。何がいいかなあ。ラヂウム卵は駅でも買えるのかな・・・?

座席増を検討中だそうです

上記イベント、満員御礼だそうです。

エートスに関わっておられる方々や、報道関係の方々も申し込んでおられます。
座席増を検討中との tweet がありましたので、興味のある方は、注意して見ていてくださいね。

これもデマでしょうか

http://blog.goo.ne.jp/tomorrow_2011/e/f3e09848460cb9edc359c3ac0b0896e6

このフリーライター氏
データ的裏付けはないとしながらも、すごいこと言ってます↑。

そっかぁ、私がこの記事にイライラしたのも、ひょっとして・・・
(苦笑)

No title

にゃにゃ丸さんの
>「不幸な私」に酔っている

twitterで私をフォローした埼玉県の高校生。「放射能が不安なので教えて欲しい」とのことで、「埼玉では全然問題ないこと」、bloomさんやKさんのブログを紹介したのだけれど、その子のtweetを見てびっくり。同じ高校生仲間と「逃げよう」の相談。こりゃダメだわ、、酔ってる。

実は私、2ヶ月位前から声が出なくて、原因として甲状腺腫瘍のこともあるということ。あらら、、放射能のせいかしら?(これは冗談ですよ、色々なこと理解していますから)。この話をしたら放射脳が飛びつくかも、、なんて。 今日、内視鏡、レントゲン、甲状腺検査、、特に異常は見つからずホッ。しかし、どこも悪くなくても心配すると、お腹は痛くなる、首、胸までピリピリ痛い。ストレスって怖いな~と。高齢者には命取りにもなりますね。3月の勉強会(昼の部)を思い出して、野菜を食べて笑って過ごそう。なおみさんを見習いたい。

「福島の話を聞こう」

re-tsu さん、そういうデマ記事を書く方はフリーライターではなくフリーターです。

デマ記者の社会的ニーズはそれほど高くないので、上杉隆くらいしか生活出来ていないと思います。
彼も含め、生活のためには内容がどぎつくならないと採用されないので、もう必死ですね。


YTT さん、情報有り難うございます。
3/9のオフ会で「福島の話を聞く」の大切さを知りました。
それまでも私はブログで「福島は危険とは思えない」という記事を書いていたのですが、福島に住んでいない人に「みんな不安なのに失礼じゃないか」と批判され、自説を書くことを躊躇していた時期があります。児玉先生も福島の多くの方に支持されている可能性を考え、彼の仮説の怪しさについて触れてはいけないかも・・とかなり真剣に悩んでいました。

もちろん今でも不安な方はいるでしょうが、それに同調することが「失礼ではない」に相当するとも思えず、安全側の情報も欲しい方もいらっしゃるようなので、自説を書いています。

ただ、安全だと考える人が多くても少なくても、私の判断は変わりません。それが科学の客観性ですから。

今のところ、授業で説明するのと同じように私の思考の過程を話す感じで記事を書いていますが、ひたすら研究者の目線で書いているので、誰かを傷つけることは有り得ると思います。


kakkou さん、その子はたぶん現状から逃げたいのでしょうね。
私のブログを見てもそう思うのでは、こちらの表現力にも改善すべき点はあるのかも。

山田さん

これです
http://togetter.com/li/279863
どうも携帯からは苦手で、すみません。

No title

bloomさん
>自分自身にまだそれが湧く兆しは無いのですが、さっきの地震では福島の皆さんは大丈夫かな?と思いました。

こういうの、嬉しいです。
私も関東圏・静岡とかもっと西の方とか・・・何かニュースがあるたびに
「あ!あの人はこのあたりじゃなかったっけ?大丈夫かな」と思うことが増えました。
親戚が増えたみたいです。

YTT さん
ありがとうございました。何にも気にしなくていいですよ。
そっか~6月ですか~。
それ以上詳しく、この場所でで予定をお尋ねするわけにはいきませんが・・・なんとかならないですかね~。お会いしたいですよね。

IKAさん
お茶ありがとう!なんかね~長崎ちゃんぽんがどうしても食べたくってさ~。何故かちゃんぽんを食べてきました。イオンで。

kakkouさん
>3月の勉強会(昼の部)を思い出して、野菜を食べて笑って過ごそう。なおみさんを見習いたい。

うははは。私は皆さんのイメージの中で、どんだけ物を食べているのでしょう(笑)。
春先は私も毎年、ちょこっと体調を崩します。
お互い大事にしましょう。

bloomさん

>それと、小出さんの記事の方ですが、本当にスルーが良いと思います。
> 私が変な親切心を出してコメントを入れたのが仇となり、申し訳なく思っています。

これがわかりませんでした。小出さんの記事???
もしよかったら教えてください。
もう蒸し返しても・・・と思ったら捨て置いてください。

デマは、国会から流された

はじめましてkoyanと申します。
福島県の方々の状況を思うと心が痛くなり、遠隔地にいることさえ申し訳ない程です。

叩いても叩いても出てくるデマにウンザリされていることと思います。

全国に広まった風評を一掃する方法が何かないか考えていて思い付いたのですが、こちらで実現可能か検討して頂けないでしょうか?

風評一掃計画(完全では無いと思いますが効果はあると思います。)

事故後著名な専門家が参考人として国会で発言されました。しかし、その場で明らかに虚偽の発言をされた方々がいます。本来ならば同席した国会議員の方々が真偽を確かめる責任が有ったはずですが、結果は何の追求も疑問も持たず「虚偽の発言をされた方々を国会が承認してしまった」形になり風評が全国に広まったのではないかと私は思います。

もし、風評を広げた責任が国会にあるとすれば、風評被害で損害を受けた福島県人には国会に対して責任を追及する権利が有ると思います。
具体的には、明らかに虚偽の発言をしたと思われる専門家をもう一度国会に呼びだし証人として発言を求める権利が福島県人には有ると思います。(証人喚問)


参考までに私が証人喚問したい専門家を二人紹介します。
1.今中哲二
この方は、2011年4月13日衆議院第二会館「原発震災から子どもたちを守れ!院内セミナー」で「チェルノブイリ後のキエフやミンスクと同等の線量が飯舘村で出ている。(2mR/H)」と発言されています。チェルノブイリから100㎞離れたキエフと300㎞離れたミンスクをなぜ比較されたか、明らかな意図があって発言されたと私は思います。なぜなら、彼は事故直後のチェルノブイリ周辺の放射線率を誰よりもよく知っていたからです。(資料1.)
ここで使用された講演会資料(資料2.)の中で、飯舘村の土壌中のセシウム濃度の比較として、事故から5年後1991年のチェルノブイリ汚染地帯の強制移住基準1平方m当り1480kBqを使用しています。(資料3.)

2011年7月27日衆議院厚生労働委員会では、「チェルノブイリになっちゃった」と発言

彼は、チェルノブイリ原発事故に関しては特に詳しい方の様で、多くの論文を残されています。彼の論文から事故当時の状況も詳しく知ることが出来ます。(資料4.)(資料5.)

(資料4.)から一部紹介すると、
チェルノブイリ原発事故に関する1986年~1989年ソ連政府のチェルノブイリ関連法令
・1986年5月12日:住民の被曝限度を年間500ミリシーベルトに決定した。
・1986年5月22日:被曝量限度は全住民に対し年間100ミリシーベルトに決定。
・1987年:被曝量限度は30ミリシーベルト
・1988年:被曝量限度は25ミリシーベルト
・1989年:被曝量限度は25ミリシーベルト 

2.児玉龍彦
2011年7月27日衆議院厚生労働委員会で「広島原爆20個分以上の放射性物質がまき散らされた」、内部被爆に関しては「線量について議論しても意味が無い」と発言され日本中に「内部被爆の恐怖」を植え付けた方だと思います。彼は内部被爆について三つの症例を用いて自説を検証しました。彼の迫力に一瞬にして取り込まれた方も多かったと思います。しかし、冷静に判断すると彼の三つの症例は反証出来ます。

①トロトラスト肝障害:日本では広島、長崎の原爆に次ぐ大規模な放射線による健康障害です。トロトラスト肝障害は日本では広島、長崎の原爆に次ぐ大規模な放射線による健康障害で1966年までに124例のトロトラストに起因すると考えられた発ガンが報告されており、血管内注入による悪性腫瘍は72例、そのうち59例が肝腫瘍で占められています。
確かに、原因は先生が仰ってるようにがん抑制遺伝子P53に突然変異を起こしてがんを発生するといわれている様です。(資料7.)しかし、低線量で発症した症例ではありません。また、トロトラスト注入から死亡までの期間は肝線量率が増大すると死亡までの期間は短縮します。(資料8.)
「線量について議論する意味があります」

②甲状腺ガン:先に示したソ連政府のチェルノブイリ関連法令と(資料5.)の項目「周辺30㎞から12万人が避難した」を読めば、この人達が高いレベルの甲状腺被爆を受けていたことは容易に察しが付くと思います。(参考:「福島 嘘と真実」高田純 平均甲状腺線量は推定で早期避難したプリピアッチの子供0.44グレイ、ホイニキ村の子供3.2グレイ、ブラーキン村の子供2.2グレイ) 
 甲状腺ガンについては(資料5.)の項目「子どもたちの甲状腺ガンが増加した」に詳しく書かれています。図8.甲状腺被曝量と発生率は参考になる資料だと思います。
「線量について議論する意味があります」

③チェルノブイリ膀胱炎:これは1991年からの避難地域で分類している時点でアウトです。1996年から2004年まで研究されたようですが、1986年から1991年までの累積被曝線量が考慮されていないと思います。また、事故後12年経って1度行われた尿中セシウム濃度と事故直後の福島のデータを比較することに何か意味があるのでしょうか。(資料9.)

私の人物評価
今中哲二:この方は、長年のチェルノブイリ原発事故に関する知識を生かして福島復興に尽力されていたら、今までの研究成果も高く評価され時代のヒーローになれたと思いますが、「反原発」のチャンスとばかりに大胆な嘘をつきました。この人の真っ赤な嘘のせいで勘違いして、チェルノブイリと同じようなことが日本で起こると本気で信じている人が沢山いると思います。反原発らしくない理性的でソフトなイメージですが、中身は真っ黒です。

児玉龍彦:正に日本でチェルノブイリが再現されると信じきっての行動だったと思います。しかし、勘違いでは済まされない罪を犯したと思います。


資料
1.チェルノブイリ原発事故     今中哲二
   http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/Chernobyl/Henc.html
2.福島県飯館村の放射能汚染サーベイ報告     今中哲二  
  http://www.foejapan.org/infomation/news/110413_Imanaka.pdf
3.ベラルーシにおける法的取り組みと影響研究の概要     今中哲二
  http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/Chernobyl/saigai/Mtk95-J.html
4.ロシアにおける法的取り組みと影響研究の概要     今中哲二
  http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/Chernobyl/saigai/Ryb95-J.html
5.チェルノブイリ20 年:事故の経過、汚染、被曝、影響     今中哲二
  http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/seminar/No102/imanaka060414.pdf

No title

一度に送れなかったので資料の続きです。

6. チェルノブイリ原発事故の調査を通じて学んだこと     今中哲二
  http://home.hiroshima-u.ac.jp/heiwa/Pub/41/41-imanaka.pdf
7.トロトラストによる放射線の晩発障害
  http://www.rist.or.jp/atomica/data/dat_detail.php?Title_Key=09-03-01-11
8.トロトラスト注入から死亡までの期間
  http://www.rist.or.jp/atomica/data/pict/09/09030111/03.gif
9.チェルノブイリ膀胱炎物語     福島昭治
  http://www.cbims.net/doc/pdf/%20filename=7_56.pdf     

なるほど

「議院証言法」みたいなもんですね。

しかし誰が「誰を呼ぶ」と決めるんですかね~?そこからもう「プロパガンダ」が始まっているような。そして「福島に残る人」は、端から無視されまくっているような。

宗教との対話は不可能

なおみさん、小出先生の記事というのは、これです。

小出裕章氏の「外部被爆の10倍内部被爆します!」はホントか?(2)

「安全デマをまき散らすネコめ!」みたいな書き込みだったので、簡単に説明しようと思ったら収集がつかなくなってしまいました。
書き込みの前提が「放射能で癌と奇形が増えるはず」という宗教レベルの非科学なので放っておけば良かったと反省しています。

ちなみに神のお言葉のような罵りも戴きました。


>bloom なる者へ
>俺はそのような人間ではないが、お前は嘘をついてまで他人を貶めたいのかな?実に低劣だ。個人攻撃を始めるとは、論争からの敗北を宣言したと受け取ってよいのかな?
>いずれにせよ恥を知ったらいい。

もしこちらの記事までいらっしゃるようなら、皆さん今度こそスルーでお願いします。


koyan さん、私も児玉先生には激しく悩まされたので、その分怒りも感じています。しかし政治力はあるし、世論を味方につけたし、除染ビジネスには都合の良い方なので、業界内では「アイツ、怪しいよね」と噂しつつ放置という感じです。

2週間くらい前に、異なる複数の人脈から「危険派の人々から blog が攻撃対象になる可能性があるので気を付けて」というメッセージをもらい(報道はされていないものの、そういう事件が起きている模様)、実生活での攻撃も覚悟して家族や知人との話し合いなどしています。
実際、危険派に訴訟されていたり、訴訟予告をされている研究者は多数いますからね。

ネコの首に鈴を付けるのはかなり大変かも知れません。

No title

いろいろデマがありました。ぶらぶら病に始まり、鼻血、白血病、喉の痛み、脱毛、心臓の痛みect・・・。期間もまちまちで、最初は三ヶ月だったかな。それが半年、一年、三年、五年・・・五世代後、十世代後など。それ以外にも、ネット(ツイッター?)発のデマもたくさんありました。ワタラー(渡利人)の私は、最初は気が気でありませんでしたが、いちいち気にしてもしかたがないな、という結論に達しました。だって、調べればわかる事が大半ですし、福島市内でも高線量に住んでいたのにも関わらず、(私ではありませんが)預託実効線量は1mSv以下でしたから。
福島の人は強くなれます。デマに慣れて、それを見破る力をつけてますから。福島の人は贅沢なものを食べてます。いろんな方に泣いてもらい、とても厳しい検査を潜り抜けているものを食べてますから。福島の人は長寿になれます。これから検査体制が整いますから。確かに行政は頼りがないところもありますが、お先真っ暗状態ではないと私は思っています。

re-tsu様
斜め読みしただけですが、気にする必要はないかと思います。例えばブログ内に
山下俊一氏などが、「放射能を怖がりすぎるからよくないのだ」と、何かあたかも自己責任であるかのような言辞を繰り返しているのですが、これは被害者を加害者にしたてあげる悪質な論理です。
という記述がありますが、私からすればこの一年、この程度の事しか言えないジャーナリストによる理解力のなさが状況を悪化させたと考えています。ジャーナリストが科学者等の言葉を使うとき、その真意はどこにあるのか?というところに重きを置くべきです。先程取り上げた言葉の場合ですと、「なぜ怖がりすぎがよくないのか?」と考えないといけない。なのに、それを怠って自分の考えを前に出すからおかしくなる。これは岩上氏や上杉氏にもいえる事です。情報を扱う以上、常に真意を意識しないといけない。でも、ジャーナリストは科学者ではない。なので、関係者や状況が分かる人に裏をとり、真意に近づいていく。そして、それを発信する・・・これがジャーナリズムじゃないのかな?と(個人的には)思います。
これは、ある人のツイート(放射能関連ではありませんが)→https://twitter.com/#!/kamiura_jp/status/185339465580027905
マスコミやジャーナリストの意識や体質が変わらない限り風評は生み出され続け、決してなくならない。

bloom先生(生意気な事を書きますが、ご容赦を)
ブログに書いたものに対して批判がきて悩まれたとの事。心中お察しします。批判は受けられましたが
>ただ、安全だと考える人が多くても少なくても、私の判断は変わりません。それが科学の客観性ですから。
このように言っていただけて、とても嬉しく思います。私は科学どころか理科すらも怪しいド素人ですが、科学やそこから導き出されるデータはとても現実的で、場合によっては冷たい事実を突きつけるものだと思っています。ですが、冷たく厳しい現実から逃げてしまったら、対策のたてようがない。希望的観測や必要以上の危険が多くなればなるほど、道を誤ってしまう・・・。科学者はそれをさせないストッパーでもあると私は思います。
これからも、(無理のない範囲で)情報を発信していただければ幸いです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

タイトルなし

>bloomさん
>「危険派の人々からblog が攻撃対象になる可能性があるので気を付けて」というメッセージ をもらい(報道はされていないものの、そういう事件が起きている 模様)

少し前に、ツイッター上で「もぐ」さんという方が実名を晒され、いろんな方から攻撃(そして支援も)受けた、という事件がありました。
経緯はYouTubeで実名と仕事先がアップされる→それを東工大の牧野氏がツイート→早川が拡散→熊本の医師が職場へ電話→何だかんだで大炎上→もぐさん、ツイッターアカウントを停止

といったところでしょうか。細かいところはこのブログが詳しいです。

logのブログ
mogmemoさんをめぐる騒動についての考察
http://s.ameblo.jp/loglogos/entry-11207970947.html

もぐさんはツイッターで瓦礫の広域処理に賛成していた方でしたが、本職が廃棄物処理に関する公的機関の研究員で(リスコミが専門だったようです)、そこで原子力関係の仕事も受けていたのが問題視されたようです。

他にもトゥギャッターなどのまとめが参考になるかと思います。

>re-tsuさん
このフリーライターの言うとおりだったら、歯医者でレントゲンなんか撮ったら一発でダメになりそうですね。私特に上の歯弱くて、結構な頻度でレントゲン撮るんですけど。海馬ってどこにあるか調べないんでしょうか。

>kakkouさん
そうそう、楽しくやるのが一番です。おいしいもん食べて、ケラケラ笑っていればこのくらいの放射能は怖くない。
もっとも、私は生活習慣病に気を付けなくちゃいけないんですけどね(そーゆー歳なんです)。
お大事にしてください。

>koyanさん
はじめまして。
なるほど、確かに言いっぱなしは許したくないですね。
公的な立場の人の公的な場での発言ですから。
今中さんは、小出氏と近く、対比しやすいからマトモに見えてしまう可能性もあるのかな(笑)、なんてちょっと思いました。

>ゆ さん
情報で一番真実に近いのが生データだと思いますが、普通の人は理解出来ませんから、まとめて噛み砕いて提供するのがメディアのお仕事だと思います(文字通りの「媒体」ですね)。
今回はフリーも大手もその本質を忘れている、って事に気付かされました。反省しなくてはいけませんね。

>なおみさん
なぜ突然チャンポン?と思いましたが、考えてみれば福島ってチャンポン文化不毛の地なんですね。福島のスーパーでは家庭用のチャンポンなんてほとんど見かけませんが、旅行先のスーパーで見ると以外と当たり前に売っているんで、ちょっとびっくししました。
(私、旅先では必ずスーパーに寄って、勝手にケンミンショーやってきます…笑)

>山田さん
福島も桜の名所、いっぱいあります。
有名どころでは三春滝桜とか花見山とか。
あ、信夫山も桜の名所のひとつですよ。私は毎年信夫山です。
福島は広いので、うまくいけば一ヶ月は県内のどこかで桜を見ることが出来ます。

今日の金言
映画「ウォーリー」の宇宙船の艦長さんのお言葉
「僕たちは生き残りたいんじゃない、生きたいんだ!」

悪質な嫌がらせも

IKA さん、私ももぐさんの件は私の身の上を心配する知人からの情報で知りました。

でも別人脈からの情報では、安全側に立った発言をしたために身体的な危機につながる事件に遭った研究者がいるとのことです。
嫌がらせを警戒して発言を止めたり、大学に発言を止めるよう頼まれた(本部などへの嫌がらせで業務に支障をきたすため)という情報も入っています。

上記の話は自分の安全をまもるために、詳細をいくつかのルートから確認中なので確定情報とは考えずに読んで下さい・・ただ、ここ1年の騒動や、私が知っている嫌がらせの例を考えるとデマとは考えにくい部分もあります。

私も2週間ほど放射線に関する記事を書いておらず、それは単純に忙しかったのが主要な理由なのですが、3月下旬の大学は人が少なくて不審者対応が難しいとか、子供が春休みで自宅で過ごすことが多いといった事情もあります。

ブログに罵倒コメントが入るくらいは気にしていませんが、リアルな世界に被害が及ぶのは心配ですね。

みなさん・・・

大変だったんですね・・・。ずいぶん前の記事でしたのに。
bloomさん、教えてくださってありがとうございました。

IKAさん
そうなのです。福島にリンガーハットって・・・どっかにあるのかな?
あまり見ないですよね。
それとインド料理屋さんはあるけど、タイ・ベトナム料理がが食べられない。

すみません。こんなコメントで。

いろいろ思うところはありましたが・・・。
不正義軍オールスターで「おもてなし」しなくとも・・・と。
実際のお顔が浮かぶ方もいて、胸が痛みました。

bloomさんより少し前に(私がぼんやりしていたので)、あの方を教えてくださった人がいて
「ネコさんの所に集まる皆さんを傷つけながら、わざと自分を攻撃させて、自傷しているように感じる」とおっしゃっていました。


もぐさんの件

こんばんは、
mogmemoさんのツイートは以前から参考にさせていただいていたので
あのときもリアルタイムで見ていましたが、
時系列がちょっと違っていて

3/12 熊本の医者(を名乗る者)からもぐさんに電話
3/18 もぐさんがその件を公表

同日、何者かがyoutubeにもぐさんの個人情報を含む動画をup、2ちゃんにURLが貼られる
東工大牧野教授がそれを拾ってきてご丁寧に2ちゃんとyoutube、両方のURLをツイート

その後いろいろあって・・・もぐさんがアカウントを削除

今も個人情報さらしや中傷を続けている人がいる

という展開です。

誤解を招いたようで申し訳ないです

国会の話はちょっと先走りだったと思います。反省しています。

私の地元でも町長が震災ガレキの受け入れを検討すると表明しただけで抗議のメールが多数寄せられたそうです。都知事のような政治力があれば実行出来ますが、地方の首長では気持ちが有っても出来ないのが悔しいけど現状です。
デマから始まった風評で日本中が汚染されている状況です。
「このまま放置ではまずい」と思いながらも一般人の自分に出来る事は限られています。情報を集めているときこちらのブログを知り、訪問させていただきました。
突然「変なおじさん」が入ってきて、さぞ驚かれたことと思います。
警戒されて当然のことと思います。

私の地元は三重県の小さな町です。去年の今頃は、ニュースで連日報道されていたのでよく見ていたのですが、地元に暮らす方々には申し訳ないですが、進まないガレキの広域処理が報道されるまでは、気にはなっていましたが関心が薄れていたのも事実です。町長の表明後、議員さんに話を聞くと、こんな小さな町でも風評の影響を痛感しました。

自分に何か出来ないかなと思い、こちらを訪問して今まで考えていたことを整理して書き込みをさせていただきました。本来、筆無精で今までブログ等に参加したことも有りませんでしたが、自分の考えを評価してもらうためにも必要と思いました。

ネコさん、bloomさんIKAさん
教えていただきたいのですが、二人の専門家に対する私の評価はどの様に思われましたか? 特に児玉龍彦氏の症例の反証はどうでしょうか?

これも誤解を招くと困りますので、先に申しますが私は普通の一般人です。専門的知識があるわけでは有りません。ただ、少し斜め横から物事を見ているだけだと思います。
ですから、自分が書いたことに自信が有るわけでも確証があるわけでも有りません。
しかし、少し目線を換えると今まで見えなかった事が見えるように成る気がします。
特に、チェルノブイリ原発の事故当時の状況を自分で資料を見て知ることは大切だと思います。多くの方がチェルノブイリの真実を知れば自ずと答えが見えてくると思います。

今中哲二氏の論文にはソ連が1986年にIAEAに提出した報告書も含まれています。とても貴重な資料だと思います。ただ彼は「反原発」ですから、全てが真実とは違うかもしれませんがECRRのような極端な見方はしていないと思います。それと今中哲二氏の論文を「反原発」の方々は否定できないと思います。
安全で最強の武器になると思います。

bloomさん、確かに業界から反論が出てないように見えますが、実は反論は出ています。機会があれば紹介したいと思いますが、今は「御用学者」の一言で終わりです。それより
、今中哲二氏の論文を多くの方に読んでいただき、チェルノブイリの真実を広めた方が児玉対策には有効だと思います。

IKAさん、マトモに見えるから俗に言う「知識人」が抵抗なく受け入れたのでは無いでしょうか。

なおみが青字になっている・・・

でも、メールは送れません。アドレスめちゃくちゃ。ここのコメント欄の名前のところ。なんの間違いでしょう?

今日あったこと
ママ友とお茶

①こむこむに広島か長崎の大学の先生が来た(大学名はうろ覚え)。
その人の友達が講演会に行ってみた。そこで言われたのは・・・

「あなたたちは福島に残って被曝して死ぬか、自主避難・2重生活をして家庭崩壊か、どちらかです」

「ええ~!?やだ~ナニそれ~(爆笑)!私達救われない~!」
と大笑いになりました。うはははは。もうちょっと気を遣いなよ~。
わかりやすすぎる。

ネコさん所で茶飲み話にしようと思って
「どこのナニ先生か、正確にわかる?」と聞いたらわからないとのこと。
残念・・・。でも会場は間違いないそうです。

質疑の時間に一生懸命挙手をしたけど
指名されたのは子どもばかり・・・。大人は指名されない。

「ああ~それは仕込だね~意図を感じるね~」
と言いながらお茶を飲んできました。

「これからどうしたらいいかを教えてくれるかと思って行ったのに・・・何の役にも立たなかった!」
と怒って帰っていらしたそうです。


②「別の友達のご主人がTUF勤めなの~」
おお!と思ったら「山本太郎にこんなことされたんですって・・・」とか
懐かしい話が。


③野呂さんの動画に知ってる子が出てた。それを観た共通の友人(海外在住)が福島を心配して、メールをよこした。
「でも福島は大丈夫なのよ~(おっとり)」と説明したら安心してくれたとのこと。

今日会った人はやんわりソフトで可愛らしくて・・・
闘士タイプではないんだけど
芯がしっかりしてて・・・話すたびに安心できる人なのです。

海外広報はこの人に任せようと思いました。

誰がどんな風に話すか
そして信用してもらえるか

やっぱり人だなあ・・・と思いました。
層が厚いぞ。

御山の柚子さん

訂正ありがとうございます。
自分は熊本の医師がそんなに情報収集能力が高いと思っていなかったので、拡散してから(功名心で)電話したと思い込んでいました。
ただ、最初に電話があったとなると、組織的に情報提供した人たちがいる可能性が高いと思えるので、ある意味深刻かもしれません。bloomさんの懸念も決して大げさではありませんね。

>なおみさん
リンガーハットは福島にはないんですよ。
私は宇都宮まで食いにいきました。
あ、高速ただのうちに山田うどんも食いにいけばよかったかな。
ベトナム料理のお店は、以前会津若松にありましたが、今はどうだろう…。

No title

国会証人招致は、国会議員でもない限り、諸刃の剣ですから。慎重にです。 国会参考人招致は、某異型(医系技官ではない)技官が、自己主張の場にしたことで、もあるように。 ですから。 政府を悪者にするは、受けがよいですからね。

個人情報を公開し、言論を封じる。

 富田八郎著「水俣病」のペンネームを使はざをえなかった、時代と、別の時代に逆行するいうな。 行為ですね。

  当時「富田八郎」(とんだやろう、というひねり)のペンネームを使っていたのは、本名で書くことが怖かったからと宇井さん自身が言っている。それほど当時、公害問題を扱うことは覚悟のいる大変なことだった。

早野さんも、やはり今回表に出るのを躊躇していましたし。

当時の公害問題と逆の行為が。

 なおみ さん

私は、氏をもてなした覚えはないのですが、 あのコメントを読んだ不特定の方にですし。
 不安感を増すようなことがあってもいけませんし。

少し不安感を増すような、コメントもしてしまいました。
 

No title

「あなたたちは福島に残って被曝して死ぬか、自主避難・2重生活をして家庭崩壊か、どちらかです」

 訳しすぎでは、

福島で、10万人に1人に出る可能性があるかもしれない、被曝して死ぬか。自主避難・2重生活をして家庭崩壊か、どちらかです

ぐらいの意味合いとも。

これでも、かなりキツイ言い方ですが。

No title

IKA さん
グルメ情報、ありがとうございました。山田うどん懐かしい~!

ネコさん(みなさんも)
お疲れ様です。
旅人が羽を休めに来ると、影のようなものも付いてくるのかもしれないですね。でも、「こんなひどいブログがある」と紹介されたのに、自分の口には合ったということはよく聞きます。

こんな安い慰めや労わりは無用だと、わかっているけど
ちょっと言いたくなりました。

こう来たらこう返す。
定石がある。
忘れていたことを思い出しました。
それだけ最近は平和ということですね。
誰かを楽しませるために議論してるわけじゃないし。

それにしても本当にぼんやりしてました・・・。



omizoさん

お疲れ様でした。

おもてなしという表現は、皆さんに対しても失礼な言い方でしたね。
本当に申し訳ありませんでした。ちゃかすつもりは全く無いです。
なんだか・・・あんなに一生懸命に皆さんが、たくさん語っていらして・・・
もったいないような気がしたのです。

どのように言ってもどちらに対しても意地悪な表現に受け止められるかもしれませんが。・・・いろんなことがもったいなく思えました。

>「あなたたちは福島に残って被曝して死ぬか、自主避難・2重生活をして家庭崩壊か、どちらかです」
訳しすぎでは

確かに・・・。けれど聞き取った側がこのように「聞こえた」ということは
その方にとっての真実なのでしょうと、私は受け止めました。

IKAさんへ 時系列 ちょっと訂正

IKAさん、こんばんは
私が見たことの時系列はさきほど書いた通りだったのですが
もう一度確認しましたら
2ちゃんに動画のURLが貼られたのは17日の23時すぎ、
牧野さんがそのことについてツイートしたのが18日昼、つまり書きこみの半日後。
その夕方、もぐさんが「電話があった」というまとめを作っていたことをツイート。

なので、もぐさんが電話の件を明らかにする前に
見えないところでいろんなことがあったのかもしれません。
群馬大のハヤカワセンセも
「動画upより前に、ブログのコメントで彼女の個人情報についてのタレコミがあった
(けど削除した)」という意味のツイートをしています。

このテの話、「原発事故にまつわる安全・危険」から
「被災がれきの広域処理の安全・危険」にシフトしてきているような
気がしますが・・・
とにかくほんっとにイヤな感じです。

No title

 いやーすごい風でしたね。みなさんの所は大丈夫でしたか?。今日は庭掃除に精を出さなければならない、どーもルイージです。

 少しこちらのコメント欄から離れていると、本当に流れが速く追いつくのが大変ですね。それだけデマが凄まじいスピードで発生するという事なのかなぁ・・・。本当に、もう1年以上経つというのに、デマの内容は変わらなくて、相変わらず「どこそこで誰々が亡くなった~」だの言ってますね。でももう1年経つので、デマを飛ばす人も、デマを受けて拡散する人も「いつもの面々」になってますよね。もう、名前見ただけで「ああ」って。

http://togetter.com/li/283025

どなたかがコメントで「いつものこのメンバーにとっては1年365日がエイプリルフールみたいなもんだよね」と書かれていましたが、まったくその通り(笑)。これからもデマをとばす人々は毎日がエイプリルフールなのね♪・・・と生温かくスルーしましょう。

 私も、竹本さんが「笑い話で済まそう 戻ろう」って、コメントを書かれているのを読んで、とても嬉しくなりました。そうだよ~。みんな大変だったんだもの、心配してたのは同じ。その気持ちを責めたりしないよ・・・。それよりももう、福島で生活する人にあれこれ煩く言うのやめようよ。みんな元気に生活できれば、それで良いじゃない。

 あと、mogmemoさんのお話、これは生温かくスルーという話ではないですよね。熊本の医師は何か別の目的をもって恐怖を拡散しているように思えます。お金かな・・・なんて思ったりもするんですが、まったくキショクワルイ禿げストーカーですね。これこそ「トンダヤロウ」です。こんなのに目をつけられたら最悪です。気をつけましょう。

 

ルイージさん、皆様

はい、この記事
「千葉でヨウ素10兆ベクレル/h」という話。
え?そんなことあったの? とびっくりしましたが
毎時10兆ベクレルっていうのも変だし
だいたい千葉市には放医研もあって、当時は数値を発表していた。
おかしいな~
こういう記事に飛びついて拡散しようとするなんて、馬鹿丸出し。
(あら~、汚い言葉を使ってしまいました~、オホホ、、)
この件に関して千葉市長はいち早く時事通信社に訂正を求めました。
千葉市長、好きになりました。

デマサポーターとしての児玉先生

koyan さん、私は昨年8月に「私は児玉先生の主張が理解出来ません」というブログ記事を書いています。
http://blogs.yahoo.co.jp/bloom_komichi/65012715.html

その時から胡散臭いとは思っていましたが、除染のために頑張る研究者というマスコミ像に惑わされ、批判してはいけないのでは・・とかなり悩んでいました。

>確かに業界から反論が出てないように見えますが、実は反論は出ています。機会があれば紹介したいと思いますが、今は「御用学者」の一言で終わりです。

私は放医研の否定見解以外だと、畝山さんと宇野先生くらいしか実名で児玉先生を批判している人は見たことが無いです。
buvery さんなど twitter で「児玉先生は放射線生物学の専門家ではない」などと発言されていますけどね。

児玉先生がさかんに引用するフクシマ論文の問題は以下で解説しています。
http://blogs.yahoo.co.jp/bloom_komichi/65541542.html

私が持っている情報以外で何かご存知のことがあれば、教えて戴けると助かります。

タイトルなし

>koyanさん
こだまっち(←たまごっちじゃないですよ)については、そもそも著書も論文も読んだことがありません。ですので評価のしようがないんです、すいません。私の認識は「早川、武田よりはずっとまし、小出氏よりはちょっとまし」程度で、どうせトンデモ信じるならこだまっちの方がいいかな?位でした。
除染に膨大なお金がかかる、なんて言い出して「やっぱ除染はムダ」論のアシストするなどメーワクなところは気になりますが。

今中さんは論文(というよりレポートですかね)を少しと、週刊誌あたりのコメントを見ただけですが、私の感覚ではまあマトモにやっているな、です。小出氏と違って、注目度がイマイチなのはその為かも。ただ、自分の言葉の拡大解釈や恣意的な解釈に対して何のフォローもしないのはちょっと問題、と見ています。おっしゃる通り長年反原発やっていますから、そうなるのも仕方ないのかもしれませんが。

ところで、今中さんは論文出して研究費も獲得している、って話なんですが、なんで未だに助教なんだろう?素朴な疑問です…。

>御山の柚子さん
当初の私の解釈は、散発的な個人の行動が大きな流れに拡大した、でしたが甘かったようですね。
意図的な動きが根底にあると思えますが、そんなことを認めてしまったら、例え原発が無くなっても明るい未来とはとても思えないんですけどね。
平気でそういうことができる人間がいるなんて、あまり信じたくはないんですけれども。
でも、こういう↓人間は既にいるからなー。
http://togetter.com/li/282476

>なおみさん
わざわざチェーンの食べ物屋を県外に食べに行くって、都会の人間には信じられないかも、ですね(いや、私だけか?でも餃子の王将もないし、テレビで盛んに誉められると行きたくなります)。
ちなみに天下一品も宇都宮まで食べにいきました(笑)。

IKAさんに賛成

以前、こちらのコメントのどこかに書きましたが

武田・早川が
「消防署のほうから来ました」と言って、消火器を売りつける詐欺師なら

児玉さんはダスキンの人
詐欺でもないし必要な人はいる
「お掃除(除染)いかがですか~?」って。

ちやほやされるのが好きな俗っぽい人。
山下先生には及ばない・・・。

と私は思います。


餃子の王将はお店ごとの自由度が高かったんです。
大好きでしたが、こちらにはないですね。ちゃんぽんも。

ああ。私はすっかり福島の人になったんだなあ(にっこり)。


怖いもの見たさで、過去の記事を繰り返し読んでいます。
同じ方の投稿時刻が、たびたび深夜だったりすると
「眠れないのかな?心は健康かな?」と心配になりますし
(私も最近家人に、夜更かしをいさめられています)

うちの親は◎◎(職業)で、こう言ってたぞ(自分の親を全面的に肯定)!

なんて書いてあると・・・なんて言ったらいいのか。
痛ましい気持ちになります。

ネコさんは記録のためにこのブログを続けてらっしゃる。
記録って怖いものだなあと思います。


怖いものと言えば、強風で隣の瓦が飛んできました。
うちの車直撃!あららららら~!フロントガラス粉々~!

生きてるといろんなリスクがあるな~。
自分や家族にに当たらなくて運がよかった♪













管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

> IKA さん
>ちなみに天下一品も宇都宮まで食べにいきました(笑)。

天一好きがいた(喜)
自分は仙台に食べに行ったり、
学会で西日本に行ったときに京都本店に行ったりしてました。


>なおみさん

>怖いものと言えば、強風で隣の瓦が飛んできました。
>うちの車直撃!あららららら~!フロントガラス粉々~!

>生きてるといろんなリスクがあるな~。
>自分や家族にに当たらなくて運がよかった♪

大変でしたね、
けが人がいなくて何よりです。

以前どこかの記事に書き込みましたが、
「運があれば毒を盛られても生き延びる、
 見放されれば瓦が落ちてきても人は死ぬ」 ~ 花の慶次より

ということですかね。

福島の医師@ぼちぼち帰宅 さん

お疲れ様です。お気遣いありがとうございました。

>「運があれば毒を盛られても生き延びる、
 見放されれば瓦が落ちてきても人は死ぬ」 ~ 花の慶次より

全くそのとおりだと思います。
突然の事故で、相手の方もお気の毒でした。
地震で瓦がゆるんでたのね・・・。

医師さんも気をつけてお帰りくださいね。

昨日の茶飲み話

ママ友の友人が自主避難している。
その方の山形のアパートは、そういう人で部屋が埋まっている。
近所づきあいは、それほどない。

ある日、突然話しかけられた。
その内容は
「大熊や浪江の人たちはずるいと思わないか?」

友人はぎょっとして何も言えなかったと。
「ああ・・・そうです・・・かね~?」くらい。

何でずるいかって言うと、自分達には支援が少ないから。
幼稚園も保育園も見つからない。いろんな支援は切られちゃう。
あの人たちは、ずっと支援してもらえるのに。

だって・・・強制的に避難させられてる人は何もなくなって、帰りたくても帰れなくて(ここは心情的にではなく物理的になのに)・・・。

自主避難してる自分たちのことを
「あの人たちはずるい」って思う人がいたら?
って想像力は大事。

同じアパートで、同じように住んでいても
ひとりずつの思いは違うんだねって話してきました。
当たり前だけど。ぎょっとしたかたに、ほっとしました。


No title

どうやら、山内先生は瀬戸市長に詫びをいれるらしいです。

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120404-OYT1T00566.htm

No title

時事通信訂正記事出ました。

結局こんなオチ


【訂正とおわび】「ヨウ素10兆ベクレル」未公表の記事について

http://www.jiji.com/jc/zc?k=201204/2012040499999

No title

ある意味、あの時代の人は、助手でいる事が、一種のステイタス見たいなものかも。 ヒエラルキーに属さないなんてね、これだけ冷や飯を食わされているみたいな。 だから、信用できるみたいな。 宇井さんみたいな境遇を楽しんでいる。 あほらしい。 

 中西さんは、ちゃんと教授になり、国家プロジェクトに関与していますし。 当時、宇井さん、中西さんを支えてたのは、院生、学生でした。その院生、学生も企業、公務員になり、規制側、排出側から支えているのですがね。 

 

赤宇木集会所の件。

発端の人間が訂正したにもかかわらず拡散中のようですね。

ETV特集の時にいた12人(デマでは10人となってますが)のうち、6人の方を、今日ウチの杉浦が取材しました。
皆さんお元気です。
そのうちのお一人・岩倉さんは、このデマのことをご存知で、怒りを通り越して呆れていました。
「なんのためにこんなバカなこと言うんですかねえ」と。

今日この人たちが事故後初めてWBCを受ける、と言うので取材させていただいたのです。
木村真三さんが「測るよ」と教えてくれまして、当然ウチの独自ネタです。
細かい数値は明日のニュースまでご勘弁ですが、とりあえず今日出た数値は思っていた以上に低いものでした。
去年3/15から2週間、80μSv/hのところにずっといた人たちですが。

最終的には預託実効線量まで計算しないと確定的なことは言えませんが、今のところの数値は木村さんが「良かったね、このくらいで」と評価するものです。

No title

地球上すべての物が毒ちゃいますか?。 安全なモノなど無い。

水、塩、酸素、二酸化炭素。
全て人体に含まれていますが、
過剰になれぱ、害になります。

トリカブトは猛毒ですが、
量を加減すれば、
体を温め、痛みを抑える薬になります。

量の問題ですね。

川口浩探検隊

>ルイージさん

>「いつものこのメンバーにとっては1年365日がエイプリル
>フールみたいなもんだよね」
池田信夫氏の「「毎日がエイプリルフール」の自由報道協会」ではないでしょうか?
座布団ものですね。(笑)

上杉氏の記事はウォール・ストリート・ジャーナル日本版の編集長の小野由美子さんから抗議があったのでしょうか?訂正されているしもうこうなると「川口浩探検隊」の世界のような気がします。(真実は置いといて「追及してます!」という姿勢を見せる)

また、災害廃棄物の話ですが、SPA!が宮城県女川町の件を記事にしました。
http://nikkan-spa.jp/177582

これについて女川の蒲鉾本舗高政が「事実と違う」と抗議。
女川のラジオ局・女川さいがいFM(高政の取締役もスタッフのボランティアで運営している局)から記者にtwitter経由で問い合わせるもブロックされました。
http://togetter.com/li/280529

その後、SPA!側から女川さいがいFMに「ご意見、ご批判を頂いております女川の記事ですが、現地に赴き、記事への反論をお伺いし、当該記事の検証記事を近日中に掲載する予定です。」と回答が結局宣伝。(笑)
http://togetter.com/li/281093

田原総一郎など記者には相手をわざと挑発してネタにする人がいますが、SPA!もわざと取材対象を挑発して注目を浴びて部数を伸ばす「炎上マーケティング」なるものを展開しているという疑惑が指摘されています。

話は変わりますが、最近は災害廃棄物のデマを流す側が追及を避けるために「我々は非国民呼ばわれされている」と被害者ヅラするので追及は程ほどにしたほうがよろしいようです。(私が追及したわけではありません。もっともこちらの賢明な皆さんは大丈夫でしょうが)

No title

福島の医師様
量の問題…。同感です。その観点が抜けているから低ければ低いほど、できればゼロベクレル…なんてなるのかな、と思います。
そう思う反面、「これくらいは直ちに影響はない。でも、できるだけ少ない方が云々」という説明があり、「結局どれくらいの量ならいいのか?」という疑問に繋がってしまうのかな、とも。
99.9%大丈夫と思っても、0.1%でも可能性があれば断言できないもどかしさを感じるとともに、どこに線を引くのかは自分なんだなと改めて思う次第です。
時事通信関連ではこんなまとめも→http://togetter.com/li/282901
報道姿勢に問題があるのは明らかですが、どうやらそれだけではないようです。

なおみ様
もし底意地が悪い私がそんな事を聞かれたら、「なにもかもなくなるのと今の生活どっちがいい?」とか言いそう(笑)
同じ避難中とはいえ、不幸な事に津波と原発のダブル災害にあわれた方と、その他の方々を同列にするのは無理があります。最後には自分の認識の問題になると思うのですが、「自分は被害者(確かにそうなのですが)だ」という意識がある限り、他人の指摘で気がつくのは難しいかもしれませんね。

やぁど様
放送を楽しみに(というと語弊がありますが)しております。もし可能なら放送される時間帯だけでも教えていただけると幸いです。(夕方のニュースかな?と勝手に想像しています)

ゆ さん。

もしかすると昼ニュース(ウチは11:49~)からやるかも知れません。
18:15~の「スイッチ!」では必ずやりますが。

エピソード。
凄く和気あいあいとした雰囲気で受けてたんですって>WBC。
杉浦が「深刻な話なのにあんな感じでいいんですかねー」って言うので、
「そのくらいホッとする数値だからいいのだ」と言っておきました。

No title

 笹団子さん

>池田信夫氏の「「毎日がエイプリルフール」の自由報道協会」ではないでしょうか?
座布団ものですね。(笑)

 元ネタがあったんですね(笑)。池田信夫さんは「燃やしてしまうのだからセシウムも分解する」「携帯電話は原発より危険だ」などのツイッターやブログでの発言で、どうも誤解が多いというか・・・反原発の数少ない格好の言い訳に利用されている側面がありますよね。私はこのおじさま好きですけどね(笑)。

>SPA!もわざと取材対象を挑発して注目を浴びて部数を伸ばす「炎上マーケティング」なるものを展開しているという疑惑が指摘されています。

 炎上マーケティングですか・・・。池田信夫氏にもそう指摘していた個人のブログを読んだ事があります。今回のネコさんのエントリーでも

>戦争で戦う両側に武器を売って儲けるということなのかにゃ~?どっちが勝っても生き残れるしにゃ。増す塵なんとかならんか。

とありますが・・・・所詮「もうかりまっせ」なんですかねぇ。なんとかなりませんかね(溜息)。

No title

やぁどさん

杉浦さんとは、あの杉浦さんですよね?
グーテン見てました!やっぱり、やぁどさんはえらい方なんですね!!
視聴者側からすると、画面に映ることしか分からないので、
勝手に杉浦さんはかなりえらい人なんだと思ってました(恥)。
もちろん、杉浦さんもえらい人なんでしょうけど(笑)。
何も分かっていないのに、テレビの情報は鵜呑みにしてしまうんですから、
主婦は無知だと言われても仕方ないですねぇ・・・(苦笑)。
でも、鵜呑みにしてもいい正しい情報をお願いします!
一度植えつけられた間違った知識を訂正するのは時間がかかりますから!
今日の「スイッチ!」拝見します。


 
ゆさん

よく渡利中学校付近を車で通るのですが、
だいぶマスクをしているお子さん減りましたね。
9割くらいしてなかったかな?
なんとなくホッとしました(^^)
こうでなくちゃね!と思いました。
渡利小学校の辺りはいつも通らないのですが、
通学路になっているところを歩いているお子さんはあまりしてなかったかな?
母校の南高校があるので、渡利地区には思い入れがあります。

先行解禁。

赤宇木の方たちの内部被ばく値、本日の昼前のニュースで報道しますが、ジェネラル・ネコ殿に敬意を表して先行公開。

5人(すいません、6人のはずだったんですがお一人仕事で欠席してました。お詫びして訂正)の放射能値は最低2Bq/kg~最大14Bq/kgでした。

まずはホッとする数値かと思います。


こんな状況で3人亡くなってるわけなかろうが!!!

No title

こんなん見つけました。
ああやっぱりという感じ。

<過激派 福島大で暗躍、「反原発」で活動家養成 NPOで資金集め>


http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120405/dst12040501090000-n1.htm

No title

この件に関して、
放射脳の方々が騒がないのはなんででしょうね。

黄砂に乗って微量セシウム 
石川県保健環境センター調査「人体に影響なし」

http://www.hokkoku.co.jp/subpage/HT20110706401.htm

>東日本大震災による福島第一原発事故に伴い、
>県内で3月21日~4月4日に確認され たセシウムと比較すると、
>1日当たりでは約71倍に当たるが、
>同センターは人体に影響 がある値ではないとしている。

No title

>>福島の医師@昼休みさん

黄砂の放射性物質は以前から話題になっていましたね。
放射脳の方がたは、西日本に避難しろということができなくなるので、
このことについては無視するでしょう。

正直なところ、黄砂については放射性物質以外に含まれている有害物質のほうが問題ですけどね。

ひさしぶりにのんびり

omizoさん・福島の医師@ほろ酔い(もうお昼ですからお仕事でしょう)さん

そうですよね。そうなるとホメオパシーの考え方って・・・(笑っていいのか困っていいのか)。「代替医療のトリック」という本を以前読みました。

それ以来、気持ちで乗り切ってきた不調がイマイチ・・・。なんかこう・・・おまじないが利かなくなってしまって・・・。ハーブとかアロマとかリフレクソロジーとかスピリチュアルとか・・・嫌いじゃないんですよ。エステとか・・・好き(ここでこんなこと白状したら、どん引きされそうで今まで言えませんでした!)
だから今回、私が福島に残ってるの・・・自分でも不思議。

あ・でもね、先日の風邪で、生まれて初めてドリンク剤を飲まされました。恐る恐る飲んだらすっごく効いた~(笑)。苦くなかったし!


笹団子さん

川口浩探検隊、懐かしいですね~!歌がありましたよね。
かっわぐち~ひろしが~カメラマンの後から洞窟に入る~♪
みたいな。ワクワクして観てました。


やぁどさん
お忙しそうですね!

>凄く和気あいあいとした雰囲気で受けてたんですって>WBC。

先日、福島生まれの人と福島人についてお話をしました。
その方はご自身の謙遜も含めて「福島人はボーっとしてる、鈍いのかも。だから県外のデモする人とか活動的な人・攻撃的な人には理解できないのかも」とおっしゃっていました。

私はそれこそが、強みだと思いました。
まったり強いんです。動じない。
「なあに言ってんだべか」

数値低くて、本当によかったです。


ふふふ・ゆさんてばあ~(ぺちん)

>もし底意地が悪い私がそんな事を聞かれたら、「なにもかもなくなるのと今の生活どっちがいい?」とか言いそう(笑)

そうですよね。いろんな人にその問いかけをして
ちょっとはキツイこと、言われたほうがいいかも(笑)。多分言われないから、自分で気づくしかないのだけど。

>「自分は被害者(確かにそうなのですが)だ」

被害者から抜け出すのも自分だ。誰かが自分を被害者じゃなくしてくれるわけでなし。自分の看板は自分でつけたいです。

福島大学の過激派

やはり。まさか准教授では・・・(黄砂によるセシウム藁)。

すれちがい!

福島の医師さん・マサさん

過激派と黄砂と・・・。
どちらも興味深いです。

>放射脳の方がたは、西日本に避難しろということができなくなるので、このことについては無視するでしょう。

こちらを読んでいる多くの方が、このことに気づく(多くの方はすでに合点承知のはずですが)。で、よそでおしゃべりする。そのやり方でずいぶんデマの除染が進んだように思います。

ネコさんがひとりで始めたことが、大きな力を持ちましたね。
大手マスコミよりも、こちらで書いてほしいと頼る方が現れるほどですから。


過激派・・・カルト、その他の団体のやり方について
こちらのコメント欄で、ずいぶん前からご心配・忠告してくださった方もいて(お名前は出しませんが)、感謝しています。先見の明。

福島の医師さんがおっしゃるように
>ああやっぱりという感じ。

学生さん方、お母さん方

いろんな形で、善きもののような姿で、ボランティアや慈善事業のような形で、優しさや良心に訴えて、罪悪感を刺激して
いろいろなお誘いがあると思います。

何を口説かれても
時には「そんなこと知ったこっちゃない」という
人でなしのような対応が
自分や家族を守ることもあると。

春ですから新しいスタートを、自分のために。

皆さん

>千貫森の宇宙人さん
>福島の医師さん
の謝罪2連発、流れが変わってきたのかな~、なんて感じました。
時事通信、なんともはやですね。高齢化が激しい会社だからしょうがないのかな。ジジィ通信、なんちて。

>omizoさん
なるほど、助教って「体制に呑み込まれない」ブランドとしてのイメージはありますね。なんかメジャーデビューを拒否するパンクバンドみたいです。
でも結局食えなくてバイト人生(この場合は反原発団体の御用達化ですかね)、って感じですか。

>やぁどさん
お久しぶり?です。古いエントリの方では、あんま絡まない方がいいかと思って挨拶しませんでした、すいません。
早速の活動、ご苦労様です。なんかコメント読むだけでイキイキしているのがわかりますよ。

>笹団子さん
SPA!って飯舘のプルトニウムがいっぱい、って記事(おしどりマコの最初に大きく出たデマでした)やったとこだし、フジサンケイグループでしたかね。そういえば上杉隆の郡山には人が住めない、ってやったのも同じグループのオレンジ色の憎いやつだったような。
うーん、ここって新聞やテレビは反原発運動には厳しいイメージあったんですが。小学館現象ってとこですかね。

>ルイージさん
お久しぶり、でもないかな。
お忙しいの、一段落しましたか?
朝、いち早くのコメント、楽しみにしております。

>汐の香さん
春休みももう終わりですし、暖かくなって子供たちが外に出てくる季節ですね。子供たちの声が聞こえてくると安心します。
でも、通勤の時の運転には気を付けないとな~。

ふたたび>福島の医師さん
過激派の記事(こっちの方がフジサンケイグループらしい)見て、オルグも気になりますが、NPOの寄付も気になります。確かNPOって納税の義務があるはず。確定申告終わっちゃいましたがどうなってんでしょうね。
彼らに限らず、寄付集めた団体はちゃんと申告したのかな?
テキトーやっている団体はこの際あぶり出して欲しいです。頑張れ!税務署(人生で初めて税務署を応援したかもしんない)。

>なおみさん
私もスピリチュアルとか何だかんだで好きです。まったく信じていなかったりしますが(って単なるヲチャーか?笑)
そういうのって、人生のスパイスとか、色づけとして楽しむ分にはいいと思いますよ。
ただ、それが全てになってしまうと困り者ですが。
スパイスだけの料理なんて旨いはずがありませんし、絵の具は全部混ぜると灰色になっちゃいますからね。

児玉先生の勘違い

bloomさん、私が見つけたのはICRP国内メンバーの方達の論文「 放射性物質による内部被ばくについて. ICRP」です。
www.jrias.or.jp/index.cfm/1,14676,c,html/.../20110909-103902.pdf

他に、お医者さんですがブログで「チェルノブイリ膀胱炎」を検証されています。
 http://rokushin.blog.so-net.ne.jp/archive/c2300175881-2

ちょっと失礼な言い方になりますが、チェルノブイリの症例から低線量被爆の可能性を考えられた方達は残念ながら全てアウトだと思います。

なぜなら、チェルノブイリ事故では1986年に避難した人11.6万人を含め、約35万人の方達が避難しています。この方達の累積被曝線量は相当高かったはずです。年率100㎜シーベルトを超えている人も沢山いたはずです。その中から確実に低線量による被爆と思われるデーターを抜き出すのは不可能だと思います。1991年以降に生まれた人達の調査をすれば信頼できる低線量被爆のデーターになると思いますが、それ以外は「チェルノブイリ膀胱炎」を含めて、わざわざ検証する必要はないとおもいます。

児玉先生も、お医者さんもチェルノブイリの事を正しく理解していない、勘違いしていると思います。
たとえば、そのお医者さんも甲状腺ガンの事を検証していますが、なぜチェルノブイリで放射性ヨードが原因と特定されたか正しく理解されていないし、児玉先生を信じて「甲状腺ガンの低線量被爆は証明されている」みたいな記述があります。

少しだけツッコミを入れときましたが、日本中勘違いが多すぎます。

勘違いと言えば、前に紹介した今中さんの「チェルノブイリ20 年:事故の経過、汚染、被曝、影響.」の中で「子供たちの甲状腺ガンが増加した」と言う項目がありますが、その中で、年度別のガン発生数の減少を、今中さんは誤解しています。「なぜ放射性ヨードが原因と特定されたか」を知っていれば誤解しなかったはずです。それとも「反原発」らしくリスクの誇張かな?

bloomさん、ネコさん、日本中でチェルノブイリの誤解、勘違いが多すぎるのでブログで「チェルノブイリ特集」みたいなのをやってもらえませんかね?
今中さんの論文を攻撃する人はいないと思うのですがorいますかね、「今中さんの論文を広めるな」みたいな人。

チェルノブイリ原発周辺30km 圏避難住民の被曝量の再検討
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/Chernobyl/kek07-2.pdf

を解りやすく解説していただいて多くの人に是非読んで頂きたいと思います。

今中さん、児玉さんに対するみなさんの印象を拝見すると、やはり、このお二人の影響力の大きさを感じます。反射的に反論する方もなく、生理的に拒否するタイプでもないお二人の「デマ」が全国に広まったのが解ります。

No title

ほっていても、日薬で治る物も結構ある、もちろん少数の人は重篤化でもあります。 昔は食物タンパク質でのアナフイラキシーで、お亡くなりなっていたでしょうし。 食あたりで、とか言われてで終わり。

 医者と宗教者が兼ねていた時は、ある意味、うまく行っていたのかも。
前回あったビタミンK2の未投与をで、 乳児ビタミンK欠乏性出血症で亡くなった乳児はですし。 確かに、乳児ビタミンK欠乏性出血症とまでは、稀ですが。 何もしなくても、問題なくも多くあることは確かですが、それにより少数でありますが、それにより出てくる事もです。

 そこまで、心の決意があるなら。自然が一番もでしょうね。
医者はそんな尻拭いはまっぴらですが。

No title

やぁど様
ありがとうございます。速攻で帰ってきてスイッチ!を見ました。赤宇木地区は最大で170μSv/hあったと言われ、住民の方がいらした時は80μSv/hだった(と思われる)との事。その数字には驚かされますが、測定の結果2Bq/kg~14Bq/kgで、(先行公開していただいたとはいえ)いい意味で驚く数字でした。その後ひらた中央病院の事も放送していました。こちらも軒並み低いようで、早野先生のツイートによると、検査結果は明日の朝刊に出るだろうとの事です→http://twitter.com/#!/hayano/status/187890250071293954
これは県民にとっても喜ばしい話だと思います。

汐の香様
渡利小・中は結構除染に力を入れてました。TVでも何回か放送されたと思います。学校があるせいか、気にされてる方が多いのかもしれませんね。
マスクは寒さが緩む&インフルエンザの流行が終わればほとんどの人がやらなくなる…と思います。(そうであって欲しい) 今思うと、去年の夏はあの暑さなのに長袖の子が多く、見ていて辛いものがありました。「被曝の心配より熱中症が云々」と何回ツイートした事か。今年はそういう事がない事を祈りたいです。

(全くエントリーに関係ないお話)
杉浦さんといえばグーテン!仕事があるのであまり見られませんでしたが、好きな番組でした。山田さんがいなくなった時はさびしかったなぁ。何回か天気予報を見に行こうと思いましたが、なんだかんだで断念。今でもちょっと後悔しています。

情報有り難うございました

koyan さん、情報有り難うございました。
でも6号通りのお医者さんは「何となくそういう症例もあるのかな」という程度の感想なので(好意的だし)、考察とは言えないと思います。

それと、チェルノブイリで何が起きたのかは私も十分に知りません。
koyan さんの言う「勘違い」とは、チェルノブイリの住民の被爆は通説より多いという今中先生の主張もあるので、チェルノブイリで健康被害が出たからといって、それを福島に当てはめるのは無理があるのでは?という意見ですよね。
今中先生の資料は十分に分かりやすいと思いますが、疫学調査という手法自体がデータが歪めやすい手法なので安全側でも危険側でも他人の調査結果をそのまま受け入れられないんです。
私が物理学者なら、今中先生の測定方法や推測の論理性についてもう少し議論出来るのですけど。

私は生物学者なので、疫学調査から出た仮説が動物実験のデータなどと合致するか?という点をしつこく見ています。

私は以下の記事でチェルノブイリ膀胱炎の怪しさについても考察しています。
現在3部作の最後の記事をまとめていますが、公開したらどうせ叩かれるんだろうな・・と今から憂鬱です。
引用をしっかりして、論理立てて、数値の間違いなど変なところで足下をすくわれないように知人に確認してもらったり、リスクを真面目に論じる記事を書くのは大変です。

http://blogs.yahoo.co.jp/bloom_komichi/65541542.html
http://blogs.yahoo.co.jp/bloom_komichi/65541955.html
上記記事に関して koyan さんが気付いた間違いなどあればメールにてお知らせ戴けると助かります(他の方も宜しくお願いします。叩かれることは覚悟していますが、つまらないところをつつかれたくないので)。

ゆさんから「リスク評価は客観的にやってもらう方が良い」というお言葉を戴き、色々な説を示した上で「私は家族で福島に住める」という話を書いているのですが、自分が判断した論拠を他人にも誤解なく伝えるのは結構大変です。
中川先生も山下先生も、自分だったら、自分の家族だったらどうするのか・・ということを真剣に考えているのに、御用と呼ばれて本当に災難です。
ひまわり先生も含め、責任を持って頑張っている先生方のために基礎的な部分を解説しようと推敲を重ねていますが、新年度が始まったため歩みが遅くてすいません。

「良く分からない、だから危険」みたいに言える人は気楽でいいな・・と呆れています。

ちょと隔靴掻痒かな。。。

と言うことで、「赤宇木集会所の避難者のうち5人をWBCで調べたところ、最大で14Bq/kgでした」と言うニュースを流したわけですが。
木村先生多謝(彼は例のデマに対し、色黒の顔を真っ赤に紅潮させて?怒ってました)。

杉浦始めデスク連中が「14Bq/kgってどう評価(ニュースで表現)すればいいんですか」と喧しく。
うーん、日本どころか世界中探しても「基準」はないんだよ。
これを預託実効線量に換算すれば、人体への影響の度合いとして表現できるのですが。
それには複雑な係数を掛けなければいけない。

一番重要なのは「いつどういう形でどれだけの放射性物質を取り入れた結果、今14Bqになっているのか」と言うことです。
例えば去年3/15だけで被ばくしてあとは全くゼロの場合と、最初しばらく多めに被ばくしてその後もだらだらと食物や呼吸から放射性物質取り入れた場合では、同じ14Bqでも人体への影響度合いは全然違うのです。
(だからね、県民健康調査で行動パターンを調べるのって重要なのですよ。提出していない人は頑張ってご提出あれ)

だから部員には「これを我々が評価することはできない」と言って、木村さんの「ホッとする数字でした」と言うインタビューを使わせたのです。
そいで、ベルラド研究所の「70Bq/kgが注意レベル、200が危険レベル」と言うのをあくまで「参考値」として示させた。

まあ私個人としては「バンダジェフスキー、ここに来てみやがれ!」て言えるくらい安全値だとは思っているのですが。
この数値をわかってもらえる人から、みんなに広まってくれることに期待しています。
こういうやり方しばらくやってみてあまりうまくいかないようなら、少しずつ泥のかぶり具合を増やしてみようと思っています。
まあ試行錯誤、と言うことで長い目で見てくださいませ。

そっか、杉浦と言えばグーテン、ですか>汐の香さん、ゆ さん。
いやー、いい奴ですよ、アナウンサーには向かないくらい。

奴は私の4つ下、なんですがね。
もう20数年前に、今は春と秋にやってる「オールスター感謝祭」が1時間のレギュラー番組だった時代がありましてね。
「地方局アナウンサー大会」て回があったのですよ。
当時も今や芸能界から姿を消した島田某がMCでして。
「いやー、老けてるなー」と突っ込まれてて、部員大受けしました。

当時20代だったのですが、杉浦君。。。

皆様

>ルイージさん、IKAさん
SPA!の件ですが、女川さいがいFMに今日、編集者が訪れるそうです。
件の記事ですが、東京都の処理でも間違っています。
宮城県女川町の災害廃棄物は都内自治体の清掃工場で処理されます。
http://www.kankyo.metro.tokyo.jp/resource/disaster-waste/docs/onagawa-QA.pdf

SPA!の記事で問題にしている東京電力系のリサイクル会社・「東京臨界リサイクルパワー」が関与するのは岩手県宮古市からの災害廃棄物です。
http://nikkan-spa.jp/184105
http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2012/03/DATA/20m3c100.pdf

この件、SPA!のtwitterのアカウントに訂正を、猪瀬東京都副知事のアカウントに「SPA!が事実と異なる報道をしている」と連絡しました。

ちなみに取材をしたのは福島大学行政社会学部卒の人です。
http://profile.ameba.jp/kikikanri-h-arai/
中核派と関係があるのか?知りませんが。

>なおみさん
私は川口浩探検隊については冷めた見方をしていて、「驚異!幻の魔獣"バラナーゴ"をスリランカ奥地密林に追え!!」とか「密林の王者ターザンは実在した!!」など刺激的で現実的でないタイトルで放送し、どのように落とし前をつけるのか?楽しみで見ていました。(笑)
自由報道協会やSPA!も同じ見方で遠くから観察すればイライラすることは無いと思います。
放射脳の皆様には自説が正しいと安心させるよりどころになるのではないでしょうか?
もちろん、現実とかけ離れていれば抗議すべきですが。


熊谷千葉市長が放射脳の皆様とやりあった件がtogetterでまとめられています。
http://togetter.com/li/283702
こういうはっきりものを言う人でないと災害廃棄物の受け入れができないでしょうね。

No title


ギャー、寝ぼけてひとつ前のエントリーにコメントしてしまった…。お暇のある方、読んでくださると嬉しいです(涙)。

特にタイトルなし

>福島の医師さん
あー、昨日コメントするの忘れていました。
実は私、天一好きを自称するほど食べたことがなくて…。
仕事で出歩くのも県内ですし。
京都の本店行くなんて羨ましいです。

>ルイージさん
ぺろーん、ぺろーん。どうも、髪の毛が大変なことになっているものです(笑)。
って、どっちにコメントしたらいいのかわかんなかったのですがとりあえずこっちに。
爺ィ通信の誤報でひとつだけよかったのは、千葉市の取り組みが広く知られたことでしょうか。
島田市もそうでしたが、こういった自治体が注目されると他の様子見していた自治体が動きやすくなるんですよね。
千葉市民に感謝!

>やぁどさん
私も昨日の夕方、見ました。ニュースをただ伝えるだけではなく、どう伝えるのか、スタッフで侃々諤々と話し合って決めるところなど、多くのジャーナリストに見倣って欲しいとこですね。
福島県内はもとより、もっと多くの地域の方にこういう情報は知って欲しいのですが…。

>ゆ さん
今日は入学式だったのか、ビシッとキメた親子連れをなん組も見かけました。見た限りではマスクした子はいなかったですね。
去年よりは認識も進みましたし、今年はマスク長袖の子は減るんじゃないかな、なんて私も期待しています。
去年は「マスクはムダ」とわかっていても、「マスクぐらいしないと、ご近所や他のママ友になんか言われるかも」なんて思っていた親御さんもいらっしゃったでしょうし。
それにしても、おめかしして楽しそうに学校に向かう親子見ていたら、なんか涙出そうなくらい嬉しいというか、安心するというか、なごませてもらいました。他の県では当たり前の姿なんですけどね。
風は強いけど、とりあえず天気がよくて良かったです。

>bloomさん
私もルイージさん同様
>「良く分からない、だから危険」みたいに言える人は気楽でいい な・・と呆れています。
に同感です。
特にこういう心理状態に陥ると自分の心配だけしてりゃいい、ってなって、社会的な責任とか二の次三の次に出来ますからね。

>笹団子さん
SPA!の動きは気になりますが、やすやすと炎上マーケッティングに乗らないように気を付けなくては、と自分に言い聞かせています。
ところで笹団子さんって新潟でしたっけ?
新潟にはイタリアンとタレカツ丼食べにいきました。うまかったです。

>なおみさん
>時には「そんなこと知ったこっちゃな い」
むかーし、アンケート装った宗教の勧誘に、そう言って小一時間口喧嘩したのを思い出しました。
誰でも持っている罪悪感につけこむのが許せなかったから。
むー、若かったなぁ、オレ。

SPA!がらみで

こんなまとめとブログがあったので貼っときます。

女川の女子高生のブログ『本当に受け入れて欲しかったモノは』 にこめた思い。その後の本人のツイートまとめ。
http://togetter.com/li/281697

その女子高生のブログ
http://s.ameblo.jp/aho-77/entry-11207799848.html

瓦礫問題、基本福島は関係ないんだけど、こんな思いをする人が少しでも減ればいいな、と思います。


あと、神戸大にはこんな人もいる、ということで

地質学者・早川由紀夫氏と医師・岩田健太郎氏を中心 とした「安心」と「安全」についてのやりとり
http://togetter.com/li/280967

めちゃくちゃ長いんですけど、岩田先生のやり取りには感心させられます。

No title

IKAさん

 静電気のため激しく髪が逆立ち、すごいことになっている。どうもぼくです。ビチビチいっている・・・この電力、何かに使えまいか・・・。

 >http://togetter.com/li/280967

 これ、すごいですね。放射脳の言い掛かりにキレずに論破しまくっている岩田先生。無双ですね(笑)。何度言っても耳を塞いで逆ギレする脳たち・・・。チバレイがあんなに小学生みたいに見える(小学生でももっと冷静かも)日が来るなんて、「南くんの恋人」(高橋由美子さん主演の)を観ていた頃には想像もしませんでした。時間って残酷。

確認させてください

放射脳と正常脳の狭間で漂っている者です。

チェルノブイリハートという映画はフィクションなんですよね!?
放射脳たちは、ノンフィクション映画だ!日本も同じになる!とお祭り騒ぎです。
調べてみたのですがこれといった情報が掴めず苦しんでいます。
ねこさま、ここに集う皆様、お知恵を拝借させてください。

No title

まるこむさん

 チェルノブイリ・ハートはドキュメンタリー映画です。フィクションかそうでないか・・・というのは、受け取り方によるのかも。

http://d.hatena.ne.jp/lovelovedog/20110823/cherno

http://togetter.com/li/219151

わたしはこのあたりを参考にしてこの映画の評価をしていますが。既にご覧になっていたら申し訳ありません。詳しい方のコメントがつくと良いですね。取り急ぎ参考までに。

No title

またこんなの見つけちゃいました。

太郎さんも結局こういうことですかw


http://mayuge2000.tumblr.com/post/20502819011/2

新聞溜めてました・・・

で、今更なんですが・・・

千貫森の宇宙人さん
読売新聞に、けっこう大き目のスペースで、謝罪の記事載ってました。
私は古い人間なので、新聞の記事の大きさが気になったりして・・・。
パソコンのニュースだと、みんな同じ大きさだから・・・。
9日に来て謝るんだって。観に行きたいけどその日は忙しいのです。
残念。

IKAさん
スパイス説、すごくいいです。私は薄味派。
焼きそば3玉入りを買うと、ソースがふた袋余る。
でも捨てられない・・・。どうしたらいいでしょう。

omizoさん
>前回あったビタミンK2の未投与をで、 乳児ビタミンK欠乏性出血症で亡くなった乳児はですし。

これは痛ましいことでしたね。この時に私、輸血拒否の宗教を連想してしまって。その後のこと(関係者のお気持ち等)は全くわかりませんが・・・。

笹団子さん・IKAさん
なぜか新潟には洋食が古くから広まっている(もっといい言い方ないかな)ようですね。

IKAさん・・・三つ子の魂100までも。きっとお若い頃も今も変わらぬ心意気、素敵ですよ。きっと。

> IKAさん

>天一の件

私、天一を知って17年になります。
福島支店ができることを切に願っているのですが、
いまだ思いはかなわずです。
それにしても、
何故、京都からあんな濃い食品が生まれたのかが謎であります。


>岩田健太郎氏

感染症が御専門で、
彼の著書は日々の診療に大変参考になるものが多いです。

直接お会いしたことはないですが、
彼の語り口は時に精神科医のようでもあり、
放射能の連中とのやり取りを見ると
さすがだなと思います。

まるこむさんへ

チェルノブイリハートについて
反原発写真家の広河隆一さんのことばです。

【編集後記(2011年12月号)】
http://daysjapanblog.seesaa.net/article/235557323.html

だが、放射能の恐ろしさを訴えるためにこのような強調をしていいのだろうか。
人は皆、健康でありたいと願う。親は子どもの健康を望む。
けれども「身体異常の子どもができるから原発に反対だ」という言葉は、
障害者に「自分のような人間が生まれないために原発に反対するのか。
自分は生まれてはいけなかったのか」と考えさせるだろう。

原発は、あらゆる形の差別を引き起こす要因にもなる。
それに取り込まれてはならない。

No title

岩田健太郎先生を知らないとは。驚いた。 今まで、よほど感染症に無関心でいられたのでしょうね。 健康オタクか?。

 例の新型インフル騒ぎも、関心がなかったのかね。 爆笑。

臨床医学なんて、グレーゾンの中にあり、QOLをどうとるか、かの連続。

 健康なんて、QOLをどうとるかでしかない。 この世に絶対安全を信じる事は、なんだろうね。 一生健康で天寿をまっとう出来るとでも。 ころこそ矛盾。

 コゲの発ガンが怖くて、サンマの塩焼きも食さないのか。 煮ても発ガン物質は産生されるし、ナマで食っても、食中毒の可能性は残る. 光合成でもしてろ。 ホモサピエンスは体毛を持たないので、日光浴は、皮膚がんの可能性をもつ。 

岩田先生の
http://georgebest1969.typepad.jp/
福島の食品と内部被曝について再考する

No title

チェルノブイリ・ハートはダーウィンの悪夢と同じ匂いがする。胡散臭い匂いが。

まるこむ(えっくす?)様へ

①ドキュメンタリーとは…wikipediaより

http://jig136.mobile.ogk.yahoo.co.jp/fweb/0406uplCXyAURw75/0?_jig_=http%3A%2F%2Fja.wikipedia.org%2Fwiki%2F%25E3%2583%2589%25E3%2582%25AD%25E3%2583%25A5%25E3%2583%25A1%25E3%2583%25B3%25E3%2582%25BF%25E3%2583%25AA%25E3%2583%25BC&_jig_keyword_=%83h%83L%83%85%83%81%83%93%83%5E%83%8A%81%5B&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fonesearch%3Fp%3D%2583h%2583L%2583%2585%2583%2581%2583%2593%2583%255E%2583%258A%2581%255B%26fr%3Dm_top_i%26guid%3DON&_jig_source_=srch&_jig_ysid_=JdZ.T2Ea6vob.BPggEm9&guid=on

ここの例示のうちプロパガンダでないものは何本観ましたか?

>omizo様提示の通り
ダーウィンの悪夢の欺瞞性は定評

②森達也著「ドキュメンタリーは嘘をつく」を読みましたか?

いい悪いではなく、主観第一でないと…ドキュメンタリー製作なんぞ、先ずは無理!(笑)


〉御山の柚子さまの御提示の通り

反原発写真家広河隆一氏のDAYS JAPAN(2011年12月号)編集後記より

非専門家の彼が見た映画"チェルノブイリ・ハート"とチェルノブイリ周囲で見た違和感も一つの側面…

一応理系にて、広河氏の言葉の端々に朱書き訂正入れたい衝動は別として…(笑)


③長崎大調査団(チェルノブイリ原発事故医療協力プロジェクト)にいらした高村昇氏

福島民報2011年8月11日記事引用ブログより
http://blog.m.livedoor.jp/dannapapa/article/2977780?guid=ON
※このブログ主様(内科医)と私は大分見解違うが、この件は一致?

福島民報2012年3月25日記事より
http://jig133.mobile.ogk.yahoo.co.jp/fweb/0406hESCYGWEZ0ub/b?guid=on&_jig_=http%3A%2F%2Fminpomedical.jp%2Ffukushima%2Fdisp.html%3Fid%3D848

私にとっては一番合理的に判断出来る見方ですが…

どんなドキュメンタリー作品でも、ノンフィクションとフィクションの両面性と大小問わず意図的なプロパガンダ性持つ。

○自分の興味がなくば映像に残さない。
○映像は事実でもカメラの裏は映らない。
○絵やインタビューは尺に併せて、自分好みでカットと繋ぎ…

煽りたい!アピールネタに、意図!があるスポンサーと、感情的!なシンパシィーさえ集まれば…アカデミー受賞なんぞ簡単(笑)
例えば"ザ・コーヴ"のように価値観の違う者への悪意のラブレターだったりして…
映画は信じるもんではなく、愉しむもん(苦笑)

No title

IKAさん
スパイスはご当地では、調味料ですが、これがシルクロードから、玄奘三蔵などに持ち込まれ、これが漢方薬となり薬膳となるわけですから。 場所によって意味が異なりますので。 スパイスはマサラの料理と薬膳、漢方薬という事になりますか。 食品は満遍なく摂取するほうがよろしいかと。 塩分を加減するために、使うのも一興ですしね。 単品のしょくざいを、体に良いとかの評価はいかがなものかと。 スパイスも食材の一つでもありです。 

タイトルなし

チェルノブイリハート雑感

当該映画を見たわけではないので、批評はできませんが、ジャンル的にはドキュメンタリーでいいかと思います。トゥギャッター等によると、チェルノブイリハートで取り上げられた心疾患は一定の割合で生ずるものだそうです。
そういえば小、中学校それぞれのクラスメイトに一人ずつ心臓に障がいを持つ子がいましたっけ。

そういえばヤコペッティもドキュメンタリーにジャンルされていましたね。その手の学校ではドキュメンタリーの演出法を教えてくれます。
>義阿南高地さん
>映画は信じるもんではなく、愉しむもん
まったくおっしゃる通り。
ただチェルノブイリハートを愉しむ人もいるんだろうなー、と思うとちょっと気が重くなりますね。

>omizoさん
>単品のしょくざいを、体に良いとかの評価はいか がなものかと。
古くはチョコにココア、バナナや最近ではトマトなど、枚挙にいとまがない程ですが、日本人はこういうの好きですね。フードファディズムってやつですか。
そういえば、赤ワインのブームの時に、「健康にいいから毎日赤ワインを一本は飲むんだ」って人がいたのを思い出しました。ポリフェノールの効果よりアルコールの害を心配した方がいいよ、って言ってあげましたが。
もっとパラケルススの言葉を広く知って貰わないといけませんね。

チェルノブイリ・ハート

 義阿南高地さん

 うわー、私が漠然と感じていたこの映画への感想(って観ちゃいないんですが・・・汗)をすごく的確に説明していらっしゃる。そうです!その通りです(他人任せですね・・・反省。でもありがとうございます)。作り手の意図があっての映画なんですよね。フィクションであってもノンフィクションであっても。

 御山の柚子さん

 チェルノブイリ・ハートも、『みえないばくだん』のように、障害を持って生まれてくる事を脅しに使っているのですよね・・・。どうしてこう、反原発はやり方が似通っているのでしょう。「自分は綺麗」という傲慢さが滲み出ていて胡散臭いです。本当に。

「フクシマ・ハート」に(別の意味)で仰天する人たち

>ルイージ様

まとめが下記にありました。

http://m.togetter.com/li/224531

IKAさまの言うとおり

ドキュメンタリーは指向性の強いものにて映画であって映画でない!

食べてはいけない…もとい、見てはいけない××みたいに、某煽動家みたいな言葉は発しませんが(笑)
例え綻びだらけのプロパガンダだろうと…
余計に見たくなっちゃうから…(苦笑)



甘いモノには毒?がアル(笑)

http://jig116.mobile.ogk.yahoo.co.jp/fweb/0405qx9EdC5YlAfU/0?_jig_=http%3A%2F%2Fja.uncyclopedia.info%2Fwiki%2F%25E7%25A0%2582%25E7%25B3%2596&_jig_keyword_=%8D%BB%93%9C%20%93%C5%90%AB&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fonesearch%3Fp%3D%258D%25BB%2593%259C%2B%2593%25C5%2590%25AB%26fr%3Dm_top_i%26guid%3DON&_jig_source_=srch&_jig_ysid_=Tq59T0eRmFEzmYazuXTu&guid=on
拝火教(喫煙)の項も楽しみたいが…横に置いて(笑)


フード・ファディズムを紹介された
高橋久仁子先生(群大教)

http://jig101.mobile.ogk.yahoo.co.jp/fweb/0405PrOUHKgMB8l3/N?_jig_=http%3A%2F%2Fsugar.alic.go.jp%2Fjapan%2Fview%2Fjv_9906a.htm&_jig_keyword_=%8D%82%8B%B4%8Bv%90m%8Eq%20%8D%BB%93%9C&guid=on&_jig_xargs_=R

砂糖の替わりに×××(笑)

私を信じるな!(信仰禁止)、
自らが先ずは考えよ的な
御姿勢は当たり前だけど尊敬に値し、常に自戒したく思います。

其れにしても
宇井さんも田尻さんも官が民の足を引っ張るなとは言ってたけど、
民が民の足を引っ張るとはねぇ(苦笑)

P.S.遅くなりましたが、
>なおみ様
懐は痛いが替えが効くもんだけで何より!

タイトルなし

ドキュメンタリー映画に関連して

昨日ヤコペッティを例にあげましたけど、彼の映画ってドキュメンタリーのなかでも「モンド(映画)」とジャンルされることがあります。
恣意的な演出や、もっと言っちゃえば「やらせ」まで駆使してセンセーショナルな映画に仕立てて売り出す、安っぽい「ドキュメンタリー映画」を指すようです。あえて言うならエクスプロイテーションフィルムの1ジャンルでもありますね。

詳しくは
http://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%83%89%E6%98%A0%E7%94%BB

チェルノブイリハートは見ていないので評価はできませんが、いわゆる「ドキュメンタリー映画」って、こーゆーのもあります、みたいなとこで。

本日の金言
「カモは毎分生まれてくる」
フィニアス・テイラー・バーナム
アメリカの興行師。

No title

http://plaza.rakuten.co.jp/izumatsu/4006

期待権 

例としては極端なものをあげたが、これはニュースであれ、ドキュメンタリーであれ、情報番組であれ、取材という取材すべてに関して言えることだ。
先に述べたように、取材は多方面にわたり、多角的に行われる。それは、制作意図をよりよいと制作者側が考える形にするため。たとえドキュメンタリーであっても、ただ漫然と起こったことをそのまま番組としているわけではない。「こんな風な番組にしたい」というディレクターを中心としたスタッフの意志が最初から存在し、その意志と狙いを具現化することを目指して取材は進められる。

だから、ドキュメンタリーは“ありのまま”を伝えるものではない。制作者側が伝えたいこと、表現したいことを、取材対象者の力を借りて番組という形に作りあげたもの。制作者側の意図によって作りあげられた、いわば“作品”なのだ。

koyanさん

忙殺されていて、なかなか反応できず、すみません。

信夫山ネコは、児玉氏については、チェルノブイリの膀胱ガンとか、母乳とかいう話で、即アウトにしました。東大の先生でも、「チェルノブイリの5年タイムラグ」無視~、え~、バカか~、脅しか~、文系ノラネコでも気がつくぞ~。でしたね。でもこの「タイムラグ無視」、新聞とかみんなやってました。今でもやってるかも。これは「ネコリトマス試験紙」なのです。「理系・文系」とかじゃなく、あまりにも単純すぎて。これを言う人は全く信用できない。

今中氏は、「反原発」なのに「ECRRは味噌もくそも・・・」ということなので、シメタ「使える」という感じでした。よって「使える」ところだけ詳しく読み、あとは実はあんまり読んでいません。このあたりが「文系ノラネコ」のイイカゲンさであります。

以上は6月ころに「福島でサバイバル」するためにあがいて、「傾向と対策」なんて書いていた時の態度(のまま)であります。今中氏なんてもっと読まなくては、と思っています。

No title

http://www.fujitv.co.jp/b_hp/fnsaward/16th/07-317.html

やぁど さんには悪いが。なんて作ってくださるなら。

小松秀樹著「医療崩壊」
「同じ議論の土俵に載らないことしか対処法はない。相手の言うことを聞く必要はないし、まともに反論しても仕方がない。反論しても議論がかみ合わないし、向こうは自分の言いたいことしか言ってこないのだから。こちらも自分が言いたいことだけを主張し続けるしかない」

私は、いまだに怒っている。 

まぁ。福島は危険だから、逃げてください。にもいえるかも。

おっしゃるとおりです!

義阿南高地さん
>懐は痛いが替えが効くもんだけで何より!

きっとこの文の前に「お隣の方の・・・」が入るでしょう。
おかげさまで元気にしております。

>例えば"ザ・コーヴ"のように価値観の違う者への悪意のラブレターだったりして…映画は信じるもんではなく、愉しむもん(苦笑)

もういっちょ。この部分に反応して。
週末、テレビで「紅の豚」を観ました。
「かっこいいってこういうことさ」
こちらにいらっしゃる方々に、イメージを重ね合わせて観てました。

今日は「アポロ13」
「ペイ・フォワード」と同じくらい好き。
絶対絶対あきらめない。最後までできることをする。
頭のいい人・科学の人の集まりなんだけど、最後はそれだけじゃなくて、負けん気っていうか・・・。
「34丁目の奇跡」も好きです。

ドキュメンタリーは、あんまり観ないです。

すれちがっちゃった

>同じ議論の土俵に載らないことしか対処法はない。

omizoさん
何に「まだ・怒って」いらっしゃるのですか?
あの、産婦人科の事故・裁判のことですか?

No title

第16回FNSドキュメンタリー大賞ノミネート作品
『天国にいる娘への手紙』
(制作:福島テレビ)
も、含む、当時の報道へ。 当時の報道に反論をだしたのが、当時キャスターだった現黒岩知事とういうのも、皮肉ですが。 

コーヴは、良く出来ている。 喉元に剣を突きつけられている状況にまでなっている事への成功している。 これに反論する映像を作るのは至難の技でしょう。 

omizoさん

そうでしたか。ありがとうございました。
ドキュメンタリーは観ないといいつつ・・・コーヴは観ました。

ドキュメンタリーにも、ニュースにでさえも
作り手側の意図がある。
そのことはこの一年痛感いたしました。
初めは憤りましたが、最近は「深刻ぶって、またやってらあ」と鼻で笑って生活しています。

そして本文と関係ありませんが
「紅の豚」の主人公の、声とサングラスはomizoさんのイメージです。

おやすみなさい。

No title

IKAさま、なおみさま。

スピリチアルとはあまり関係ないかもしれないけど、私も一時期ユングに凝ったりして、あれも一線こえてしまうと向こう側のセカイになってしまいますから。

さて瀬戸市長から山内先生に宛てた抗議書です。

http://www.city.fukushima.fukushima.jp/soshiki/6/pre-hisyo12032601.html

注目すべき事は、山内先生はデマ情報をもたらした市民の名を明かすかどうかという点です。あまり期待しないで待ちましょう。

No title

>omizoさん
報道やメディアといったものが、決して事実を伝えるものでもないことを、福島の人たちは知りました。
そして私は「人に伝える」ことの難しさ、誤った情報・報道がもたらす影響の大きさも身を持って知ることができました。
私自身は、この経験を生かしていきたいと思っています。
今更遅いかもしれませんが…。

>なおみさん
「おいしいものと映画の日々」いいですね。
私はレコーダーに録りためた番組を見るので精一杯。
BSで時たまやっているちょっと古い映画なんか結構好きで録ったりしますが、溜まる一方で…。
溜まるいっぽうと言えば、溜まった焼きそばソースの使い道、考えてみました。
チャーハンに使う(そば飯風か?)
野菜いために使う(麺なし焼きそばか?)
うーん、なんか一人暮らし男子のメニューみたいになってきたな。
いっそのこと、焼きそばに使うのはどうでしょう?
あ、ずっこけないで。ボケではありません。
業務スーパーあたりでは、ソース抜きの蒸し麺だけで売っていますから。じゃなければ玉うどん買ってきて、焼きうどんにしてしまうとか。

シンプルな回答で、スイマセン。

お休みって言ったのに(照)

千貫森の宇宙人さん

起きてきちゃった。ありがとう。誰かは言わないかもね。でもいいんだ。
市長がちゃんと怒って「みせた」から。福島は怒って、悲しんでるんだぞってアピールしたから。

小さな子とか、わからんちんには
わかりやすく怒ってみせることが大事。

自分がしてることの意味が、本当にわかってないことがあるから。

お休みって言ったのに(恥)

IKAさん!

また起きてきちゃった・・・。

やっぱりそうですね。シンプルに玉を買えばいいんだ・・・。
でも3玉入りのほうが安かったりして・・・(涙)。
でも、ありがとう!
やってみます。

家族は受難の日々。毎日ソース味。


パスポート・ブルーや宇宙兄弟・プラネテス(いずれも漫画)などを読んでから久しぶりに観たアポロ13でしたので
より理解が深まりました。

ユングも嫌いではない。私は悪食。何でも食べてみる。

おや、すれ違い

>千貫森の宇宙人さん
ユングは凝ろうと思ったんですが、難しそうだったので素直にUFOとかUMAとかオカルトとかを楽しむことにしました。
それはともかく、瀬戸市長の件は、私もなおみさん同様個人名は必要ないかな、と思います。
市長自身もそこまでは求めないんじゃないかな。

>なおみさん
お互いなんか忙しいようで、なかなか眠れない(笑)。
私もomizoさんは森山周一郎っぽい声のイメージ、ありました。

なんかキリがないので、もう寝ましょう(キッパリ)。
おやすみなさい。

デマ否定記事の原稿チェックお願いします

科学デマを否定する論理について3部作の記事をやっと完成させました。

児玉先生の膀胱炎仮説が雑すぎる点について突っ込んだ内容で書いているので、叩かれるのは必至だと思います。
しかしインフルエンザ騒動の時も色々と傷つけられる人々を見てきて、ここ1年のデマを科学的に検証するような記事をやはり書かなければいけないな・・と思いました。

生物学的な内容に関しては、同業者にもチェックをお願いしている最中ですが、数値の間違いや分かりにくい点などありましたらメールにてご指摘下さい。

http://blogs.yahoo.co.jp/bloom_komichi/65546071.html

「チェルノブイリ膀胱炎など取り上げるから低線量被爆がかえっって騒がれる」というご批判もメールで戴いたのですが、記事の方針に対する意見はブログのコメント欄の方でお願いします。
記事の修正が入る可能性があるので、コメントは10日以降に書き込めるようにします。

デマを流す側は気分で色々書けますが、それを否定するためにはきちんとした引用と論理が必要なので、かかる時間が半端無いです。

おかげで今年の授業では放射線生物学の質問にはきっちり答えられると思いますけどね・・

ドキュメンタリー映画再び

 まだやんのかよ~っという声が・・・(聞こえない?ヤッター、この朝早い時間ならば言えるぞ~)。

 ザ・コーブ・・・これぞドキュメンタリー映画なんでしょうね。少なくとも私は捕鯨があのような形で行われる事を日本人でありながら知りませんでした(太地町の博物館には行ったことあります。単純に面白いと思いました)。騙し撮りや隠し撮りであっても、事実を突きつけている。偽善であっても、強いプロパガンダがあるとしても・・・・。omizoさんが

 >喉元に剣を突きつけられている状況にまでなっている事への成功している

 と言われていますが、その通りですね。この映画の反論映像を作るとしても・・・牛の屠殺シーンを見せて「みんなやってるだろう」的なものですかねぇ・・。「バカっていう奴がバカなんだ」というセリフを今思い出してしまいました。反論映像は単純思考の私が考えて・・・無理だと思います(笑)。


千貫森の宇宙人さん

 ユングで思いだしたんですが、夏目漱石の『夢十夜』という作品を読んだ時、ユングやらフロイトに少し興味を持ちましたが・・・難しくて断念。『夢十夜』は黒澤明さんでしたか、「夢」という作品を作っていらっしゃいましたね。原発事故で逃げ惑う人々・・・というシーンがありました。あの映画の中では放射能に色がついていましたが・・・。今回の原発事故後、よくYOUTUBEで見かけました。
 

ドキュメンタリー映画みたび!

ルイージさん(私たちって・・・)

アポロ13も言えばドキュメンタリーです。
でも・・・事実にできるだけ忠実に作ったということが、今回借りた新しいDVDのおまけによってわかりました(昔のビデオやDVDにはついてなかった)。

指輪を流してしまったり(こんなエピソード、作ったでしょ?と思われそうだけど)も事実。


>『夢十夜』は黒澤明さんでしたか、「夢」という作品を作っていらっしゃいましたね

これは知りませんでした。今探したけど観られなかった(著作権)。
事故後はきっと、ずいぶん多くの方に観られたのでしょうね。

『夢十夜』・・・こちらは昔、漫画にしたものを読んだことがありました。
なんでも漫画で恥ずかしい・・・。
もやもやと怖かったです。

みなもとたろうさんの「風雲児たち」
こちらは歴史漫画ですが、高校のころからずっと読んでいます。

史実ってなんだろう。今私たちが暮らしている現実は
歴史になった時にどんな風に語られるんだろう・・・。

な~んちゃって!時折真面目に考えたりします。

いろいろ

IKAさま
>昨日ヤコペッティを例にあげましたけど、彼の映画ってドキュメンタリーのなかでも「モンド(映画)」とジャンルされることがあります。
恣意的な演出や、もっと言っちゃえば「やらせ」まで駆使してセンセーショナルな映画に仕立てて売り出す、

ヤコペッティの「世界残酷物語」。
テーマ音楽がカッコ良かった記憶があります。


ルイージ様
>夢十夜』は黒澤明さんでしたか、「夢」という作品を作っていらっしゃいましたね。

マーティン・スコセッシがゴッホを演じていましたね。
全編に置いてなんか緊張感のある映画だったですね、さすが黒沢組。


>義阿南高地さま
森達也つながりですが、
『僕のお父さんは東電の社員です』
という、森さん編集の本が出ていますね。

私は地下鉄サリン事件を、通勤客として体験した人間として、
彼の「A」や「A2」を評価することはないだろうと思っています。
いまだに観ていません。

しかし、森達也のような存在はなくてはならないものだとも思っています。
『僕のお父さん・・・』、は彼が編集に携わったからこそ、読もうと思った本でした。

森さんは、大人として、子どもたちに率直に謝っています。
私もそういう態度でいたいと思いました。


No title

なおみさま

>『夢十夜』・・・こちらは昔、漫画にしたものを読んだことがありました。
>なんでも漫画で恥ずかしい・・・。

私は先日、『嵐が丘』をマンガで読みましたよ。
東海テレビ制作の昼ドラを観ている気持ちになりました。
・・マンガの質って大事ですね・・。

(※鴻巣友季子の新訳『嵐が丘』はいいらしいっス)

re-tsu さんも・・・

お詳しいですね~。水野 晴郎さんか淀川 長治さんかってとこですね。

>私は地下鉄サリン事件を、通勤客として体験した人間として

そうでしたか。あの日私は職場のテレビで事件を知りました。朝早い職場だったのですが、いつもの時刻に来ない職員がいっぱいいて・・・。
長官狙撃事件も、当時の住まいの近くで・・・とにかくどこに危険が潜んでいるのかわからない、とても不安な気持ちで毎日を過ごしていました。

>東海テレビ制作の昼ドラを観ている気持ちになりました。
・・マンガの質って大事ですね・・。

ちょっと笑いました。

No title

なおみさま

>>私は地下鉄サリン事件を、通勤客として体験した人間として

(エラそうに書きましたが、害は被っていません)
当時、千代田線で赤坂まで通勤していました。
あの日、私の乗った電車は、霞が関駅に停車しませんでした。
猛スピード(それは私の体感)で通過しました。
”何かが”、霞が関駅ですでに起きていたんですよね。


>>・・マンガの質って大事ですね・・。
>ちょっと笑いました。

『徒然草』もマンガで失敗しましたよ。

No title

ルイージさま

黒沢明の「夢」は未見なので、今度視たいと思います。「夢十夜」は筑摩学芸文庫の「筑摩書房 なつかしの高校国語」に攻略法が書いてありますよ。

それから、筒井康隆さんはユングに造詣が深くて、「パプリカ」はその知識を元に書いたのですが、その時に凄く恐ろしい目にあったそうです。筒井さんは素人がむやみに潜在意識をいじるもんじゃないと、どこかに書いていました。

続・ドキュメンタリーうんぬん…引っ張りごめんなさい〆

>omizoさま
ある勤務医の方のブログから

http://med2008.blog40.fc2.com/?mode=m&no=1508
でしたね…というより、今も…ですね。

>IKAさま
>ルイージさま
>なおみさま
ザ・コーヴは資金力があり、スプラッター、スパイアクション擬き満載のモンド映画としては良い(苦笑)
但し、最大の欠点は"入江の出来事"にとらわれ過ぎ、漁業としてのイルカの追い込み漁と太地の人々を描けなかった事。
イルカ追い込み漁wiki
http://jig141.mobile.ogk.yahoo.co.jp/fweb/0409RkLZeFxIkCHF/0?_jig_=http%3A%2F%2Fja.wikipedia.org%2Fwiki%2F%25E3%2582%25A4%25E3%2583%25AB%25E3%2582%25AB%25E8%25BF%25BD%25E3%2581%2584%25E8%25BE%25BC%25E3%2581%25BF%25E6%25BC%2581&_jig_keyword_=%83C%83%8B%83J%92%C7%82%A2%8D%9E%82%DD%8B%99&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fonesearch%3Fp%3D%2583C%2583%258B%2583J%2592%25C7%2582%25A2%258D%259E%2582%25DD%258B%2599%26fr%3Dm_top_i%26guid%3DON&_jig_source_=srch&_jig_ysid_=dKiBTxi0YXut7mu42_bM&guid=on

かって捕鯨技術を持つ地域では普通の海の幸の一つだったが、東北でも唐桑や山田では明治以降イルカ沿岸回遊がなくなり廃れたが、太地町だけでなく、静岡県(川奈)でも普通にイルカは喰ってきた。又、害獣駆除の一環で壱岐では技術伝授を受け、彼等エコグループとトラブったのが始まり。

「イルカを食べちゃダメですか?」(光文社新書)の著者関口雄祐氏インタビュー[紀伊民報]
http://jig126.mobile.ogk.yahoo.co.jp/fweb/04086RlJKV70hnyA/y?guid=on&_jig_=http%3A%2F%2Fwww.agara.co.jp%2Fmodules%2Fdailynews%2Farticle.php%3Fstoryid%3D221311

捕鯨は日本の文化ではなく、日本には捕鯨の文化があったと思う。高年齢化と故なきバッシングで潰れかけてるが…

又屠殺だけでは何も語れない。肉は肉として生まれたのではなく、鳥獣や魚を狩り又は家畜を育て殺し、屠殺技術を持って肉にする。ヒトによって動物を愛玩すべきかどうかは違い…会話が出来ていない。

世界屠場紀行(内澤旬子著/解放出版社)…私は著者の視点が好きです。
http://www.cinematoday.jp/m/page/N0025904

>re-tsuさま

その点、AやA2は曲がりなりにも、広報以外はマスコミすらも宇宙人だと思ってた、普通にカルトに洗脳された一般の人達と会話を試みている所で、良し悪しでなく狭義のドキュメンタリーとして観ています。大学時代、別カルトですが嵌りそうな子と一緒にセンターに行き論破し、又知り合いをカルトに取られた意味でも貴重でした。地下鉄サリン当日は直接事件に巻き込まれた仲間もおり、ホスゲンや有機リンやらの想定はあったが、平時の化学テロとは流石判らなかった…
なんて偉そうにね(苦笑)

ネコ様皆様
直接は関係ない話題で長々ごめんなさい。

ただ、エコカルト・宗教カルト・政治セクトまで含めて、オルグのやり方は皆同じって感じです。面子も…?
>千貫森の宇宙人さま

同じマルクスでもマルクス兄弟が筒井康隆に近くて好き(笑)

再び皆様

>IKAさん

>女川の女子高生のブログ『本当に受け入れて欲しかっ
>たモノは』 にこめた思い。その後の本人のツイートまとめ。
彼女、女川さいがいFMのスタッフですね。

>瓦礫問題、基本福島は関係ないんだけど、こんな思いを
>する人が少しでも減ればいいな、と思います。
私もそう思います。

>地質学者・早川由紀夫氏と医師・岩田健太郎氏を中心
>とした「安心」と「安全」についてのやりとり
これすごいですね。
岩田先生の切りかえしはこれぞ「学者」ですね。

>再びIKAさん

>ところで笹団子さんって新潟でしたっけ?
>新潟にはイタリアンとタレカツ丼食べにいきました。うまかったです。

>なおみさん

>なぜか新潟には洋食が古くから広まっている(もっといい
>言い方ないかな)ようですね。

私は都民です。 ルーツが新潟県なので親戚がいます。
イタリアンはあちらのファストフードの走りのようです。
タレカツ丼は実はお店は知っているのですが食べたことがありません。 卵でとじたカツ丼だけならあちらで食べたことがありますが。

新潟の洋食なんですが、新潟は幕末にペリーによる1858年の日米修好通商条約締結で開港五港の1つになり神戸・横浜ほどではないですが、西洋人が訪れていたようです。
その中のイタリア人が開いた西洋料理店が「ホテルイタリア軒」となって、新潟ではオークラと並ぶトップクラスのホテルになっています。
http://www.italiaken.com/company/story.html

私は新潟がよその土地より特別洋食が普及しているとは思いませんが、そうした背景があるのかもしれないですね。

再び皆様・続き

>福島の医師@医局でまたーり中さん

>太郎さんも結局こういうことですかw

山本太郎は昨年4月に東京・高円寺で素人の乱・松本哉主催のデモに参加したのが最初みたいです。
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=0411&f=entertainment_0411_002.shtml

そのつながりで知り合うことになったかと思います。
http://hoseibunkarenmei.xxxxxxxx.jp/sandounin.html

職場片付け終わらず…

>笹団子さま

私も埼玉都民?にて(笑)

宮古支援に入った者として女川の広域処理の応援、感謝致します。

IKAさまご紹介の地元の声の通り、三陸地方は自治体基盤が元から小さく、ダメージも大きく、地理的に仮設炉設置やら焼却灰処理すら不利な場所が多いのが、阪神と全く違う所なのに、それを半ば知りながら目的アリで書ける人達に…絶句。

札幌市、福岡市さんも
他人事だしね

福島にも目的アリで余所から混乱だけ撒く人いるし…

>なおみさま
前の話しで
茶飲み会に出た
お友達の講演会参加話

てっきり
広島の市中被爆者訴訟の
澤田名大名誉教授グループかと思いましたが、
(岩波ブックレット著者等も含まれる)
http://jig141.mobile.ogk.yahoo.co.jp/fweb/0405mi2rGs1ouyZi/O?_jig_=http%3A%2F%2Fwww.acsir.org%2Flecture%2Findex.php&_jig_source_=srch&_jig_ysid_=CG98Ty96YXM0GlydT2K6&guid=on

でも話中身や予定から想像すると、2012年1月21日にこむこむ・わいわいホールで行われた、小出裕章氏講演会では?

http://www.npo-branch.com/

P.S.一言追加で
ソース粉体の使い方に
母方の故郷
神戸の長田自慢…(笑)

そばめしレシピ
http://jig136.mobile.ogk.yahoo.co.jp/fweb/04097yDyIxPf4KYV/o?_jig_=http%3A%2F%2Fwww.oliversauce.com%2Fatsauce06.html&_jig_source_=srch&_jig_ysid_=ddmBT1D9oKR7JqLQBrA0&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fonesearch%3Fp%3D%2582%25BB%2582%25CE%2582%25DF%2582%25B5%2B%2583I%2583%258A%2583o%2581%255B%2583%255C%2581%255B%2583X%26fr%3Dm_top_i%26guid%3DON&guid=on

いっぱい本を読まなきゃね

 なおみさん、千貫森の宇宙人さん、re-tsu さん

 >アポロ13も言えばドキュメンタリーです。

 あんなに科学知識を集結させた集団でも、ミスを犯したりするものだ
というところと、でもやっぱりその知恵をフルに使って難局を乗り切る・・・まるで今の日本の状況に必要な事を言われているような気がします。改めて観直したくなりました。

 >史実ってなんだろう。今私たちが暮らしている現実は
歴史になった時にどんな風に語られるんだろう・・・。

 私は大河ドラマとか、歴史小説が好きで観たり読んだりするんですが、そんな時なおみさんのように、史実ってなんだろう・・・と思うんです。もちろん、ドラマや小説が史実とは異なると理解しているつもりなんですが、大河ドラマを観ているとどうしても、史実と異なる演出が気になって、はるか昔の日本史の教科書をひっぱってきたり、今ならネットで調べたりするんですが、それが楽しかったりするんですよね。ドラマや小説をきっかけに興味の対象が広がるような気がして。

 『夢十夜』が漫画で読めるなんて知りませんでした。楽しそう、探して読んでみます。そうそう、『夢十夜』は高校の教科書に載っていました。遠い昔の記憶を遡ると、「夢」を創作に使うって、自由で良いなぁと今よりもさらに未熟な思考回路ながら感心したのでした。攻略法ですか・・・私は攻略する気はないけど、色んな解釈のヒントとして、筑摩の学芸文庫も読みたいと思います。潜在意識をいじるのは怖い・・・というのは、私も同意です。でもやっぱり「夢」って小説家や映画監督にとっては創作意欲を強く刺激するものなのでしょうね。

 漫画で歴史文学・・・というパターンでしたら、やはり『あさきゆめみし』が私にとってのベスト(いや、数少ない読んだ漫画のひとつに過ぎないので、ベストと言えるかどうか・・・)です。科学は進歩するけど、今も昔も人の感情って進化しないんだなぁと思います。平安時代の作品が現代人の感情に訴えかけきて楽しませてくれるなんて、やっぱりそれが文学の一番の魅力なんだと思います。

 義阿南高地さん

 色々な視点を紹介して下さってありがとうございます。砂糖のお話も、楽しく(ほんのちょっと怖く)読みました。甘い誘惑・・・現代では簡単に手に入る故に、麻薬くらいに思っといてちょうど良いのかな(笑)。砂糖以外の甘味料の説明も面白かったです。夏場はよくオリゴ糖を使ってレモンスカッシュを作って飲んだりするのですが、これを読むところではひと安心しました(笑)。

 捕鯨についても・・・日本人としては捕鯨に反対する人って、そうはいないと思うんですが、どうでしょうか?。ザ・コーブはそのセンセーショナルな捕鯨シーンばかりが目立ちますが、日本人ならばそこから展開させて捕鯨問題をさらに考えるきっかけになり得ると、この映画を観て思いました。個人的に、ウィキを読んでいて、「害獣駆除としての実施」という項目が興味深かったです。色々なご指摘ありがとうございました。

 焼きそばについている粉末ソースって、やっぱり野菜の水分を吸収させる為に粉っぽいんですよね・・・。私も余りは捨てていたのですがソバメシかぁ・・・これならうまく作れそうですね(週末、ベッタリしたキムチチャーハンを作ってしまい不評でした)。それにしてもご紹介のページの下の方に「ソバメシソース」ってあったので良く見ると・・・やっぱりオリバーソースだ(笑)。関西ではおなじみですね。「イエイッ♪」(関西のCMです)。

 ここにくると、知らない事や読んでない本、観てない映画、食べてないお菓子やお料理がいーっぱい登場し、世界が広がります。ゆっくりでも自分のものとして吸収できたらな・・・と思います。 

No title

コーヴは、イルカ漁側でない、側からですから、イルカ漁は悪だの視点で作られているわけです。から、イルカ漁への説明など一切無い事はでしょ。 クジラは、IWCに図られますが、イルカは枠外で、そこを突いてきた。
 イルカ漁師(通常の漁業者も兼ねている)が、防衛策をなんて、クジラと違ってなんにも考えてなかった所を突かれたわけですし、 簡単に誘導出来るわけです。

 イルカ漁を叩くことで、沿岸捕鯨にもさせない様に、意図でしょうかね。

食材の一つとしか認識してない側と、特別な不可侵と認識?する側では、接点はないですから。

トリビアみたい

千貫森の宇宙人さん
>筒井康隆さんはユングに造詣が深くて、「パプリカ」はその知識を元に書いたのですが、その時に凄く恐ろしい目にあったそうです。

へええええ~!


笹団子さん
>新潟の洋食なんですが、新潟は幕末にペリーによる1858年の日米修好通商条約締結で開港五港の1つになり神戸・横浜ほどではないですが、西洋人が訪れていたようです。


へええええ~!


>義阿南高地 さん
いつもありがとう。本当にわからないのです。友達も「いろんな人が来るから、すぐに忘れちゃうのよ~」って言ってました。

そば飯。試してみますね。


ルイージさん
>漫画で歴史文学・・・というパターンでしたら、やはり『あさきゆめみし』が私にとってのベスト

きゃあきゃあ!今日、それを書こうと思っていました。
高校では源氏物語でしか古文を教えない先生だったので、ずいぶん得をしました(笑)。

)omizoさま

"価値観の違う者への悪意のラブレター"とは、よく知らない相手から一方的に「貴方は間違ってる、"改宗"すべき」という恋文と称する手紙を貰ったら…と言う事かしらん。

喉元に剣…とは、この映画は「貴方のしている事(イルカのみならず海産哺乳類を食べる事)が嫌いだから…止めて!」だけの目的で仕上げたので、隠し撮りだろうが、でっち上げだろうが関係なし、手段選ばず、"可哀想という情"だけを煽る為に"局所のみ"を絞り込み、善悪二元論で上手くアピールしたプロパガンダにて、海外で成功した事でしょう…
其れに対して
「イルカ漁等に対する和歌山県の見解」は至極真当!な理でしか応えられませぬ。
http://jig148.mobile.ogk.yahoo.co.jp/fweb/0409dtvLHCMLToud/0?_jig_=http%3A%2F%2Fwww.pref.wakayama.lg.jp%2Fprefg%2F071500%2Firuka.html&_jig_keyword_=%83C%83%8B%83J%8B%99%93%99%82%C9%8A%D6%82%B7%82%E9&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fonesearch%3Fp%3D%2583C%2583%258B%2583J%258B%2599%2593%2599%2582%25C9%258A%25D6%2582%25B7%2582%25E9%26fr%3Dm_top_i%26guid%3DON&_jig_source_=srch&_jig_ysid_=_eeCT6OZ_YyOzGySTV1Y&guid=on

でもイルカは殺されちゃうんでしょ、何て可哀想なの…だけを突き詰めれば…
イルカの為なら死んでも、
"正義"のエコテロ戦士に…
http://jig130.mobile.ogk.yahoo.co.jp/fweb/0409lSTQHubHfjT4/4O?_jig_=tp%3A%2F%2Fwedge.ismedia.jp%2Farticles%2F-%2F1769%3Fpage%3D1&guid=on&_jig_xargs_=R

国内でも地域文化の本質なんぞ観ず、"グローバルスタンダード"派と"やだぁ~可哀想"派が直に多数派となり…捕鯨もジ・エンド
そして"(海産)哺乳類喰うな教"への強制改宗任務は終了!

上手く操作された情の煽りだけに理が負け続け…

でも
私は"ポコノン教"から宗旨替えだけは嫌だなと
ポツリ
最後は情にて…(笑)

こんな馴れ馴れしい阿呆ですが、今後も宜しければよろしく御願い致します。

引用記事リンク切れにて(追加)下も不安ですが…

No title

シーシェパードをあそこまで大きな資金力をあたえてしまったのは、水産庁の対策の不味さですが。 日本が南氷洋から、撤退しても、沿岸捕鯨にシフトしても、沿岸捕鯨での活動の場を彼に与えてしまったことでしょう。 沿岸捕鯨でも、商業取引をしていると、主張するでしょうし。

沿岸捕鯨は、現状は絶滅寸前で、時間が長引けば沿岸捕鯨存続が可能かですし。 彼らは、クジラ捕鯨が行き詰って来た事で、イルカ漁のような極小ノモにシフトし、資金活動に移ったのでしょう。 

 知床のトドに関し、イルカ、クジラ保護団体は、沈黙かな。 トドは、金にならないという事かも。 

義阿南高地 さん

ボコノン教、調べちゃった~(笑)。

どなたもどなたも・・・すごいなあ。皆さん一体何者???

環境テロリスト・・・続々上陸

義阿南高地さん

 ウェッジ・インフィニティーは私もよく読みます。上の記事はタイムリーだなと思った次第です。この記事、2chでも取り上げられていたんですよね(こっちは大衆の意見とは言い難いけど)。テロリストというのはどこの世界でもやり方が似ているものですね。日本が標的にされるのはやっぱり、叩きやすいからでしょう(omizoさんの言われる通り法の穴がありすぎるし、外交下手ですし、スパイ入り放大だし)。

 しかしこういう人達はいったい何を食べて生きているんだろう・・・霞?まさかね(笑)。ちょっと面白くて調べてみたらこんなブログが・・・

 http://10e.org/mt/archives/200501/150258.php

 本当に、光合成でもしてて下さい。

放大→放題(恥)

 なおみさん

 すれちがっちゃいました。ちなみに「釣り」というのはなおみさんのご想像の通りですよ。

 http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C4%E0%A4%EA

またまた義阿南高地さん

あのコメントは何処だっけ?と探しているうちに・・・。何度もすみません。きのうはそっけなくお返事してしまった。

そうそう、あのお茶飲み話。確認したいです。
そんなことを言ったのは、誰だったのか。omizoさんがおっしゃるように、省略しすぎだと思いますが・・・どんなお話だったのでしょうね。
救いがないですよね。どっちにしても私たちはもうダメだなんて・・・(ひどいわ!くすん・・・と泣いて見せればいいのかしら)。

そば飯はむかあしむかし・・・名前を聞きかじってトライしたことがあるんです。でも私は説明書を読まない女。
なんかね・・・残飯みたいになっちゃって・・・。食べにくいし(麺が切れてないから)その後冷凍物が出ましたね。チンでリベンジ?して気が済みました。
おかげさまで今度は上手に作れそうです。


笹団子さん
>私は都民です。 ルーツが新潟県なので親戚がいます。

以前そうおっしゃっていましたよね。
私は前の姑が新潟出身だったので、何度か遊びに行ったのです。
とてもいいところでした。いい思い出です。
洋食屋さんの話はその時、親戚の方から教わったのです(私の実家は浅草の洋食屋でした)。


omizoさん
>トドは、金にならないという事かも。

金にならないことは沈黙。常套手段ですね。
トドだって生き物なのに。


千貫森の宇宙人さん
謝ってる写真、みました。いい謝りっぷりでした。

ルイージさん

>本当に、光合成でもしてて下さい。

うはははは!これ我が家でも話しています。
「もう国を分けたいよね。ゼロベクレルのものしか食べない人たちの国と、私たちと・・・」
そっか~。光合成かあ(笑)。

釣りのこと、教えてくださってありがとう。

タイトルなし

まだこちらのエントリで盛り上がっていましたね~。
いっちょ乗らせていただきます。

>義阿南高地さん
私はマーサー教にしようかな?と思いましたが怪しいことこの上ないので、空飛ぶスパゲッティモンスター教にしておきます(笑)。

>笹団子さん
すいません、前のコメント見ていたら「新潟にルーツを持つ都民」っておっしゃっていましたね。失礼しました。
新潟は私もほんのちょっとだけですが所縁があるので、好きなところです。

>omizoさん
以前北海道に行ったとき、トドの缶詰をお土産に買ってきたことがあります。確かにトドの保護運動って聞いたことがありませんね。それを言ってしまうと、アラスカ先住民のアザラシ猟なんかも問題にしなくてはいけなくなるから、やりにくいのもあるような気がします。


歴史って実は苦手分野(私に得意な分野なんてあるのかな?アニメ?ヲタネタ?)なんで、マンガでもあまり読んでいないんで、ついていけない(悲)。
山岸涼子の「日出処の天子」ぐらいかなぁ(←いや、歴史マンガじゃないし…)。

>ルイージさん
チャーハンのコツは油と火力です!(←と言いつつ私もべちゃっとしたチャーハンをよく作る)
日本人は暴力的な対応はまずしませんからね。
不法乗船してもちゃんとおもてなししてあげますし。
(ロシアや中国なら銃撃されるかも)

>なおみさん
光合成がダメなら霞を食う、って手もあります(なんとなくオッサンくさい発想だな、霞って)。

霞だとさ

お腹減っちゃうんだよ~。私には無理!
なんか神秘的で、はかなげで・・・素敵なんだけどね。
廃棄物も出なさそうだしさ。

信夫山の屋台、閉じてますね(さっき登ってきた)。
来週は桜もお店も開くかな?

IKAさんも・・・

ナントカ教にお詳しいですね・・・。
どこまで行くのか、見守りたい気持ちです。

イカを山ほど(30杯くらい?)頂きました。配ったけどまだある。
今やけくそで焼き始めました。

No title

「日本人は、もともと農耕民族で草食動物なのだ。ジャングルの中で草を食えば、補給などいらぬのだ!」

 と、インパールで多くの餓死者をだした、中将閣下殿のお言葉。

タイトルなし

>omizoさん
輜重輸卒が兵隊ならば、蜻蛉蝶々も鳥のうち。と言ってた軍ですからねぇ。
兵站って実は戦闘を行う際の最重要項目だったりするのですが。
まさに牟田口の無駄口。

「みなさん、知らない野草、見たことのない野草は決して口にしないでください」(by岡本信人)。
トリカブト中毒で亡くなった方もいらっしゃいましたから…。

またまた皆様1

>義阿南高地さん

>宮古支援に入った者として女川の広域処理の応援、感謝致します。
いえいえ。 高政の取締役の怒りを見ただけですから。

>IKAさまご紹介の地元の声の通り、三陸地方は自治体
>基盤が元から小さく、ダメージも大きく、地理的に仮設炉
>設置やら焼却灰処理すら不利な場所が多いのが、阪神
>と全く違う所なのに、それを半ば知りながら目的アリで書ける人達に…絶句。
東京都は宮古市からは建設混合廃棄物と廃機械・機器類を引き受けています。 
http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2011/11/DATA/20lb1600.pdf

破砕、選別の後、可燃性廃棄物については東京臨海リサイクルパワー㈱が焼却処理するのですが、東京電力が出資した企業でその部分に条件反射する人が一斉に吠え出しています。(苦笑)
東京臨海リサイクルパワー㈱は昭和40年代に食用油に誤って混入されて問題になったものの、分解処理できずに未だに貯蔵されているPCBの処理ができたり、焼却の熱を回収して発電したりと環境派にとっては日本で有数の環境に負担をかけない願ったりかなったりの環境省と経済産業省が共同承認・東京都環境局で行っているスーパーエコタウン事業による先端的な廃棄物処理企業なのです。(ご存知でしたら失礼します)
http://www.kankyo.metro.tokyo.jp/resource/attachement/leaflet.pdf
http://www.tgn.or.jp/tokyorp/index.html
企業が少数なのはそれだけ専門的だからかと思います。


被災三県にはそういうプラントが無く、スーパーエコタウン立ち上げに5年くらいかかっています。

またまた皆様2

>義阿南高地さん

>札幌市、福岡市さんも他人事だしね
札幌市長
「私たちの住む北海道は日本有数の食糧庫であり、これから先も日本中に安全でおいしい食糧を供給し続けていかなくてはなりません。そしてそれが私たち道民にできる最大の貢献であり支援でもあると考えます。」
http://www.city.sapporo.jp/kinkyu/20120323mayor.html
傲慢な言いぐさですね。 東北も重要な食糧生産基地なのですが。

福岡市長
「福岡市の埋め立てが焼
却灰を雨水と空気に接触させて分解・安定化を促進させる「福岡方式」という他
の自治体とは異なる埋立方法で行っていることや,埋立場から出る浸出水中の放
射性セシウムは現在の技術では汚水処理場で除去できないこと,その処理水は閉
鎖性の強い博多湾に放流されることなど,福岡市の埋め立てにはこうした物理的
な特性があるため,技術的な面での安全性の確証が得られておらず,困難と判断
しています。」
ご自慢の「福岡方式」で分解できない廃棄物は北九州市に押し付けですか?
http://www.city.fukuoka.lg.jp/data/open/cnt/3/32532/1/youseinitaisurukaitounituite.pdf
https://www.youtube.com/watch?v=3IshN4B7TjY&list=PL3DDA8A8F51D4591F

宮崎県のように設備の問題があり、受入れが難しいというところもあるようです。 そういうところには無理強いできませんね。
http://www.pref.miyazaki.lg.jp/parts/000177261.pdf

No title

義阿南高地さま

マルクス兄弟、いいですねひさしぶりに見たくなりました。しかし、同名のAVメーカーがあるのには苦笑しました。


なおみさま

筒井康隆さんがどんな目にあったかは、ここのQ19に書いてあります。
http://www.bunshun.co.jp/pickup/allabouttsutsui/tsutsui02.htm

山内先生は、これで当分大人しくしてるでしょう。

シーチキン1

シーシェパードの手下のコーヴ・ガーディアンの「イルカを守る」決意表明
http://www.youtube.com/watch?v=x_E15HMi7Ew
「ボクたちはイルカを守る正義の味方だ!イルカのために悪い日本人と戦うぞ!」

その正義の味方がやっていること。
http://www.youtube.com/watch?v=QUcfAyTTFd0&feature=related
「正義のためなら何をやってもいい」という傲慢で感情的な態度は放射脳そのもの。
環境至上主義者は人種を問わず同じなんですね。

http://www.youtube.com/watch?v=NH62Tq51OPs
http://www.youtube.com/watch?v=8wuNiS08rEM
「戦う」ことを誓いながらこわい日本人のお兄さんにからまれると敵のはずの日本の警察に保護されて逃げ回ります。(笑)
「あいつら銃を持っている!」と怖がって赤信号を無視して逃げ回る程度です。(笑)
日本のことを知っているなら日本で警察がいる前で民間人が銃を持っていると逮捕されるのを知っているはずなのに。 いかに彼らが日本を理解していないかわかりますね。 その気もないのでしょうね。

以後、私は彼らを「シーチキン」と呼ぶことにしました。

そのシーチキンの代表が先の震災を「天罰」と言っているそうですね。
http://news.livedoor.com/article/detail/5428437/

シーチキン2

マグロも標的にしようとしていますが、地中海の島国・マルタの政府が英国で裁判を起こしてシーチキンが敗訴して約70万ポンドの賠償を言い渡されたとか。
http://matometanews.com/archives/1529347.html

太地町の人は日本政府から「穏便に」とでも言われているのでしょうか?
マルタ政府のように毅然とした態度で、場合によってはエコテロ規制法を制定して入国できないようにするなど法的に対処できないのでしょうか?

千葉県・和田浦でも捕鯨をやっていて、解体は公開されています。(鯨の解体画像があるので要注意です)
http://blog.livedoor.jp/gogodango/archives/50557750.html

車を使えば成田空港から太地町へ行くよりはるかに近いのに彼らが標的にしないのは関東各地から抗議に来る人が多いからでしょう。 そこがまた「シーチキン」ですね。

No title

・鯨類の古名は勇魚(イサナ)。
・イルカは古事記では入鹿魚と表記されているが、勇魚に含まれる事もある。
・万葉集に「いさなとり」という枕詞がある。
・日本には、鯨やイルカの墓や慰霊碑が数多く存在する。(鯨塚、鯨墓)
・とった鯨に胎児がいた場合には、これを弔った地域もある。

長い間続いた鯨供養。これをマヤカシととるか古くさいシキタリととるか、
あるいは感謝と悼みの表れととるか、それは人それぞれ。

でも、その心の深い場所に仏教の影響なんかがあった結果の行為だったとしても、
鯨漁がほんとに残忍性の発露だったら、墓なんて作らないでしょ。ふつう。
http://member.hot-cha.tv/~htc09819/kako.html
ここまでくるとほとんど人間扱い。ほんとに野蛮なの?

これが時代の流れなんでしょうか、知らない人の方が圧倒的多数。
かくいう自分もちょっと前までは知らなかった。(その割にはエラソーな物言いだ)

一方保護団体、仕事してるんかいな。
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-26907-storytopic-11.html
http://www.public.navy.mil/spawar/Pacific/71500/Pages/default.aspx
結局、彼らに出来るのは金になる弱い者いじめだけ?
と、小市民らしく邪推してみる。

そもそも生き物を食材にする行為は血なまぐさいに決まっている。
動物だけでなく、野菜にだってちゃんと命があるし。
血なまぐささにショックを期待する者もそれにまんまと釣られる者も、
自分は命を喰らい合う連鎖の中で勝ち残り続けた結果、今ここに在るという
ただそれだけの事を忘れているだけなんじゃない?

なんて事をぼんやり考えてたら突然思い出した。
昔読んだ本に「情緒過多は論理思考のジャマ」なんて意味の文があった事を。
そうすると「プロパガンダは感情に訴えるのが正解だよね」と思いつつ、
だから手法としてはアンフェアなんだよなぁ。と、控えめな反論。

鯨に限らず、上っ面だけを見てレッテル貼るのって、どうなんでしょうね。
小学校の通信簿なら「もっと広い視野を持ちましょう」とか書かれるのがオチ。

正義は我にありオーラ全開の人って、ウサンクサイ。

はごろもさんに何が??(笑)

いやー、携帯から見ると新着コメントのほうから表示されるんで「シーチキン2」の方を先に読んじゃったんで・・・・・。

てっきり、はごろもフーズさんが原材料の件とかで訴えられたって話なのかと勘違いしてしまいました(笑)

「海のチキン野郎」って意味なんですね~。


そういや「サウスパーク」で殺される可哀相な子牛を救え!
みたいな話があったような・・・・・。
最後はステーキ食べちゃうんですけどね・・・・・・。

って思って調べてみたら、まんま捕鯨ネタのがありましたね(笑)

シーチキン2訂正他

シーチキンの活動なのですが、入管法に抵触しているのではないでしょうか?

出入国管理及び難民認定法
(昭和二十六年十月四日政令第三百十九号)
第二節 外国人の上陸
第五条  次の各号のいずれかに該当する外国人は、本邦に上陸することができない。
十二  次に掲げる政党その他の団体を結成し、若しくはこれに加入し、又はこれと密接な関係を有する者
ハ 工場事業場における安全保持の施設の正常な維持又は運行を停廃し、又は妨げるような争議行為を勧奨する政党その他の団体

(退去強制)
第二十四条  次の各号のいずれかに該当する外国人については、次章に規定する手続により、本邦からの退去を強制することができる。
四  本邦に在留する外国人(仮上陸の許可、寄港地上陸の許可、通過上陸の許可、乗員上陸の許可又は遭難による上陸の許可を受けた者を除く。)で次のイからヨまでに掲げる者のいずれかに該当するもの
ワ 次に掲げる政党その他の団体を結成し、若しくはこれに加入し、又はこれと密接な関係を有する者
(3) 工場事業場における安全保持の施設の正常な維持又は運行を停廃し、又は妨げるような争議行為を勧奨する政党その他の団体
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S26/S26SE319.html

要は入管次第で彼らを日本で活動できなくすることは可能なのです。

>tateさん

>正義は我にありオーラ全開の人って、ウサンクサイ。
我が身を振りかえなければならないこともありますが、本当にそうですね。


>こうたさん

>「海のチキン野郎」って意味なんですね~。
そういうことです。

千貫森の宇宙人 さま

ありがとうございました。へええ!っと思いました。
夢日記をつけていた人を知っています。怖いことだったのね。

>はごろもさんに何が??(笑)
うはははは!このタイトルだけで、ごはん3杯いけました。

笹団子さん

札幌市長さんは
「自分が不安なものを市民に押し付けられない」
という意味のことをおっしゃってますね。

だから頼られるのかな。そういった人たちに。
利用されるとかではなくて、納得ずく?

No title

入管法を盾に、入国拒否ですが。

入国ビザの種類でしょう。 入国管理官の審査で不適合と、他国で日本大使館でのビザ取得の場合にでしょう。個人に対して入国拒否できる場合、過去に日本で犯罪歴がある。入国者が本国での重犯罪歴があるとか、 個人の無犯罪証明書を、二国間協議で査証免除国に要求はむつかしいです。 

環境テロリストなんて、裕福な国の人間で、金の流入先も裕福な国の人間ですから。 

日本の国内法に違反すれば、国内法で対応するという事になります。
 日本での犯罪歴が付けば、入国拒否できます。 

公海上で、グリンピース、シーシェパドは、必ず右側にいるのはそのたも自衛策ではあります。 最近、破壊行為もでしていますから、海洋法違反ですが。

皆様

>なおみさん

>札幌市長さんは
>「自分が不安なものを市民に押し付けられない」
>という意味のことをおっしゃってますね。

>だから頼られるのかな。そういった人たちに。
>利用されるとかではなくて、納得ずく?

札幌市民の中にも賛成の人はいるかと思います。
ただ、この市長は人権派弁護士出身なので反対派に考えが近いのかもしれません。

廃棄物については自治体によってはギリギリで、しかも他の自治体と組合を組んで処理しています。(ご存知でしょうが)
その微妙な関係を崩れるのを恐れて放射能のせいにしている自治体も中にはあるかもしれません。

災害廃棄物広域処理についてはOPK調査を始めた小野寺道議は「放射能の規定が曖昧」ということで反対のようです。 twitterで炎上状態だったのですが、押し付けはできないし、納得させる資料が無いのでROMしていましたが・・・。
とにかく、「廃棄物」は昔から色々あって難しいですね。

>omizoさん

>入国ビザの種類でしょう。 入国管理官の審査で不適合と、
>他国で日本大使館でのビザ取得の場合にでしょう。個人に
>対して入国拒否できる場合、過去に日本で犯罪歴がある。
>入国者が本国での重犯罪歴があるとか、 個人の無犯罪
>証明書を、二国間協議で査証免除国に要求はむつかしいです。 
承知かもしれませんが、一応説明させていただきます。
今はICパスポートの時代なのでどうか知りませんが、英国は日本と二国間協議で査証免除国なのですが入管で・・・

「名前は?」
「何しに来た?」
「いつまでいる?」


と質問され、ブラックリストらしきものを見て役人が気に入らなければ別室行き(ブラックリストに載るようなことをしなくても)、場合によってはそのまま帰国という処置をしていました。

入管がパスポートの不正を見つけても金正男君をそのまま帰してしまうだけの日本政府ではダメかもしれませんね。

No title

査証免除国からの事前ビザ取得してない場合は、入管局員の判断で、入国拒否は可能ですが。 破壊行為が予測される人物であると特定できなるならですが。  入管も、麻薬取り締まりに忙しいし。 環境テロリストを嗅ぎ分ける犬でもいたらべてですが。

某北のご子息は政治的判断ですから。 入管法違反で身柄拘束しても、後が厄介ですからね。 

笹団子さん

>その微妙な関係を崩れるのを恐れて

こういうのって大人っぽい。うまく言えないけど。
関係かあ・・・。
しがらみと絆と。

廃棄物と関係があるかどうかはわかりませんが
東京も、ちょっと掘り返して測れば
ナニが出てきた・カニ(蟹?)が出てきたと・・・。

でもそこに住んじゃってる人は、今更そう言われても・・・ってこと
私が住んでいた区内でもありましたね。ニュースにさえならない。
築地移転も豊洲がどうとか・・・?あ・でも移転するのでしたっけ?
記憶が曖昧ですが。

話題がそれました。失礼。


それと・・・むかあし(当時ですね)「ようこそジャパン!」というタイトルで
帰される彼の後ろに
ぼんやり男女のねずみがはしゃいでる
合成写真をパソコンで見ました。
パソコンがまだそんなに(私にとって)身近じゃなかった時に。

衛星・・・騒がしいですね。
「もとから」沖縄に住んでいる人たちには、本当にお気の毒に思います(どこに飛んでくるかなんてわからないと思っていますが。何も信用していないので)。

未だバタバタ中にて(苦笑)ついていけない…お赦しを…

>omizoさま
>ルイージさま
>なおみさま

トド(アシカ科)については、海のライオンからせめてアシカ"擬き"位にでも美容整形し、一夫多妻制の"悪習"を悔い改めない限り、害獣駆除対象で且つ絶滅危惧種という綱渡りにも関わらず、エコテロ派遣元の「純粋」なスポンサーの興味を釣る事はないかな(笑)
http://mwkp.fresheye.com/mb/m.php/%e3%83%88%e3%83%89?from=ymb_ser
因みに「純粋」という言葉、私は嫌いです。

>笹団子さま
>tateさま
>こうたさまはじめ皆様
鯨は鯨、されど漁師たちは昔から"戸板一枚下は地獄の底"商売だったからこそ想いやれたのかも…
外房捕鯨(千葉/和田浦)の鮎川事業所(宮城)は津波で流され…未だ仕切り直し中…私はただ静かに長く応援したい。
http://jig125.mobile.ogk.yahoo.co.jp/fweb/0413QL0k4oIDbhUI/i?_jig_=http%3A%2F%2Fgaibouhogei.blog107.fc2.com%2Fblog-entry-285.html&_jig_source_=srch&_jig_ysid_=mlWHTyYAoBF4KtC8tkUu&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fonesearch%3Fp%3D%258AO%2596%255B%2595%25DF%258C%257E%26fr%3Dm_top_i%26guid%3DON&_jig_ad_=1&guid=on
外房ボスのザ・コーヴ評
http://gaibouhogei.blog107.fc2.com/?mode=m&no=189&cr=ecdd1d13c9583bbb526500c5f4f20499

最後に金子みすず「鯨法会」を取り上げたブログを
http://jig128.mobile.ogk.yahoo.co.jp/fweb/0413dp8tXE0pEPA1/8j?guid=on&_jig_=http%3A%2F%2Fblog.goo.ne.jp%2Fsinanodaimon%2Fe%2Fd4f85aa89af4ac8e0e33c75cb9ec4bc9

流浪せし母方先祖のルーツ元にてm(__)m

>千貫森の宇宙人さま
「我輩はカモである」(Duck Soup/1933)にて皮肉りながら笑ってNK細胞活性upかしらん(笑)

>IKAさま皆様
各種情報の入手力は当然ながら、IKAさま皆様の足下にも及びますまいが、春先早々から諸事情により髪型だけIKAさま2号にて…(IKAさま失礼…笑)

P.S.イモ(芋)タコナンキンもといイカ・タコ・ネコは…
http://jig102.mobile.ogk.yahoo.co.jp/fweb/04111DvpdE1czSA4/27?_jig_=http%3A%2F%2Fameblo.jp%2Fvet%2Fentry-10002523156.html&_jig_keyword_=%B2%B6%20%C8%BA&guid=on&_jig_xargs_=R
個体差あれど"大量"の"生"イカタコ等は×…焼くなり煮るなり熱加えれば○にて適量が可(笑)

例の件、関西人には関西風お仕置きを…
花月の舞台にて観客衆視の中、キクマコ先生のツッコミ居残り授業を受けなはれ!受けねば…バチバチパンチの島本ジョージを呼ぶぞ!つう事で…最後はアホな話で失礼(笑)

義阿南高地さん

>春先早々から諸事情により髪型だけIKAさま2号にて…(IKAさま失礼…笑)

えええ!?そうなの!?(こんなところにだけ反応してスミマセン)
福島もようやく春が来ました。
髪型見せに来てくださいね。

捕鯨について、私は詳しくわからないのですが
家畜の屠殺が卑しい仕事だと差別されていた歴史とか
もやもやと浮かんできて・・・

何かに反対するために
何かを維持するために
誰かを貶めるような、そういったことはまとめて嫌だなと思います。
ちょっと詳しくは、ここでは話しにくいですけど。

その国の・土地の文化とか歴史とか
尊重しないようなやり方はきらい。

最近は人類の進化が進んで、光合成もできるのか?って方がいらっしゃるようですが(そういう方は・・・まあいいや)
私はいきもののいのちを頂かなければ生きていけません。

いのちを育ててくださって、食べられるようにしてくださった全てに
感謝していただきます。

No title

 
 IKAさん

 こっちにコメントしてしまってごめんなさい。でも他愛ない事だから(笑)。
 わたし、いかぽっぽが分からなくて調べてしまいました。「イカ焼き」のことだったとは!。関西とか九州ではイカ焼きって言うんですよたぶん。お祭りの屋台とかでよく見かけます。でも大阪に行くと「イカ焼き」といえばまた別の食べ物(お好み焼きみたいな)を指すようで・・・。

 でも私も大好きです。今晩作って食べちゃった(笑)。

 なおみさん

>何かに反対するために
何かを維持するために
誰かを貶めるような、そういったことはまとめて嫌だなと思います。

 私が育った場所は近くに牛の屠殺を生業とする地域があって(神戸牛の本場ですからね)、その他にも集落とは違う意味の「部落」が存在しています。差別とか、逆差別とか、関西地方は大きな問題を抱えている・・・と感じます。差別を嫌いながらも差別を利用する。そんな社会構造もいつまで続くのか・・・。

 でも、私もなおみさんのように「嫌だ」という気持ちを大切にしたいと思います。

 福島の桜もすぐそこですね。本当に、皆でのんびりお茶が飲みたいですね^^。なおみさんのお宅の愛らしい梅を眺めながら。

ルイージさん

>大阪に行くと「イカ焼き」といえばまた別の食べ物(お好み焼きみたいな)を指すようで・・・。

そうそう!でらばんとか・・・。スナックコーナーみたいなところが(デパートの地下だったかなあ)にあって、昔食べに行きましたよ♪ガイドブックに載ってたの。

私が住んでいた浅草も、江戸の昔から「歴史」があります。
いつかお茶飲みながら、そういったこともお話しましょう。


イカ焼き!

阪神百貨店地下のスナックコーナーに
有名な「イカ焼き」と「ネギ焼き」がありますよね。
そう、粉ものでした。美味しいですよね。


>なおみさま

浅草に住んでらしたとな!
私は毎日寄席に通いたいです。
大黒屋の天丼も久々に食べたい。
アサヒビールの○○○ビルも眺めたいです。
(大好きです。ほのぼのします。巨匠スタルク作なのにね 笑)

re-tsu さん

>阪神百貨店地下のスナックコーナー

そうそうそうそう!そうでした!大阪の友人を訪ねていった時に食べました。

>私は毎日寄席に通いたいです。
大黒屋の天丼も久々に食べたい。
アサヒビールの○○○ビルも眺めたいです。

ああ(にこにこ)。ローカルな(笑)。
アサヒビールのあれと、スカイツリーと一緒に見ると
なんだか盛り過ぎな感じがします。

福島は空が広くていいです。

No title

イカ焼きと言えば、イカの姿焼きセンベイと言うのが、旨い。 静岡の沼津の一色屋さんとか。 明石にはタコセンベイが有ります。

 関西のイカ焼きは、なぜか現在高いモノに。

 深川メシが大好きです。 ヌメリゴチの天ぷらも好きですよ。

義阿南高地さん

いつも貴重な情報ありがとうございます。

紹介していただいたのは外房捕鯨の社長のブログでしょうか?
「食」について真摯に向きあっている立派な方のようですね。

金子みすずの詩は「日本人の宗教観」がベースになっているんでしょうね。
生き物だけでなく、お世話になった包丁や針も供養の対象にする・・・難しいので言葉が思い浮かばないのですが。

外房捕鯨の方のブログを見て思いついたのはSea Chickenも日本人を挑発する「炎上マネージメント」を実践したということみたいですね。

「アカデミー賞」は将来、このことをどう総括するのでしょうか?
東京裁判みたいにうやむやにしそうですけど。

omizoさん

>関西のイカ焼きは、なぜか現在高いモノに。

ええ!?高いんですか?もんじゃみたいになっちゃったのかなあ。

No title

なおみさま
>アサヒビールのあれと、スカイツリーと一緒に見ると
>なんだか盛り過ぎな感じがします。

わはは!確かに通天閣なんかよりコテコテ感が・・。
絵面だけで、おなかいっぱいになりますね。


omizoさま
>深川メシが大好きです。

いいですね~
ガサーッと、かっ食らって仕事に戻りたいものです。
(↑仕事してないくせに)

上杉隆「福島、郡山市にひとは住めない」

>tateさんへ
はじめまして。上杉隆氏の嘘と捏造に危機感を持ってまとめなどをつくっているジョンレモン( @montagekijyo )です。
tateさんの検証pdf、大変興味深かったです。
これをツイートやトゥギャッターに利用してもよろしいでしょうか?
また画像つきの連続ツイートなどされるおつもりがあれば、まとめさせて頂きます。
プロフィール

shinobuyamaneko

Author:shinobuyamaneko
 福島県福島市の信夫山に住むネコです。
 原発事故以後ネット上には「もう福島市は放射能高くてダメ!逃げてください!」「福島はチェルノブイリ以上!」「子供を見殺しにしないで!」等の「反原発の叫び」が溢れてます。ネコはどこにも逃げられないから、もうノイローゼ気味。こういう「叫び」「脅し」の効果もあって福島に来る人は激減。街は沈み、市民は「すぐに逃げてください!」に怯えながら、静かに暮らしています。(←最近は嘘・デマがバレてきて、みんな元気になってきた感じだにゃ。)
 しかしね~、この種の「叫び」の根底に、「反原発」の「福島壊滅ならば原発全廃にできる!大大大チャンスだ!」っていう心理はないですか?原発全廃の為にはまず「福島壊滅」が必要とばかりに、科学的、医学的、論理的に怪しい説、大げさな数字等が「連呼」「拡散」されていないですか?それが「正義」になっていませんか?
 信夫山ネコは「故郷福島壊滅」を「原発全廃」の手段にされてはたまらんです。もし根拠がない数字や説の拡散によって、旅館の経営者が自殺するとかの悲惨な「風評被害」が出たら、大人しい福島人も終には訴えたりするのかにゃ~?!今はとにかくデマ、風評、誇張、脅し等を除染しながら記録するにゃ。(「リンクフリー」です 対「反原発」、対「放射脳」等での引用ご自由に)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR