スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(続)コメント欄から知ったこと 中西準子氏が山下俊一氏のインタビューに感動 竹山氏の男前 (追記)やはり郡山に来ない早川師

(前エントリーの続きです)

「中西準子氏」 2/14あたり

bloomさんのブログ「リスクコミュニケーションの難しさ」
http://blogs.yahoo.co.jp/bloom_komichi/65455768.html
2009年の新型(豚)インフルエンザ騒動の時にも難しいと思ったリスクコミュニケーションですが、今回の放射能騒動で「やっぱり自分には適性が無い」と感じた話です。・・・が「発端」にゃ。

ここには、「通販生活 2012年春号」の山下俊一氏インタビューに「感動」した、「リスク学」の専門家、中西準子氏の話が出ていた。ちなみに中西氏は自分のブログで次のように書いている。

(山下氏インタビュー)の中で、注目したことが三つあった。一つ目は、それほど不思議でもないことだが、原発再開を促進させることに賛成しているわけではないこと。二つ目は、「100ミリシーベルト以下の被ばく防護原則である「しきい値なし直線モデル」という考え方を支持して」いるということ。

三つ目は、「被ばくしたばかりの人たちに話をするのは初体験だったので」、「言葉が過ぎてしまったケースにてついては率直に反省しています」と言っている。

そして、つぎのように続けていることである。あのとき、「低線量被ばくの影響がどう出るかについては医学の世界では証明されていないので、分からない影響については大いに心配しましょうと言ったらどうなりましたか」。「私は医療の現場で福島のいのちを守っていこうという当事者意識を持って、一部批判がある中で福島に留まっています」と。

山下さんが言った、第三のポイントを読んだ時、少し泣きたいようなこみ上げるものがあった。つまり、ああいう言い方をしたのは、お母さん達の不安を少しでも軽くしてあげたいと思ったという、そのことである。

だから、山下さんの話がいいとか悪いとかではなく、あの事故が起きた直後から現場で、不安を抱く住民を前に、この人は説明しているのだというそのことに、圧倒されたのである。私は、そういう現場に行っていない。そういう現場で説明していない。自分は家でTVを見ていたのである。

この中西さんの「感情入り」については、「驚いた」という反応も結構あり、このブログのコメント欄でも話題になった。それから「一つ目」「二つ目」については、山下氏については相当な人まで、まだまだ「しきい値あり」[原発推進派」とか誤解している、という感じかにゃ。以下詳しくはbloomさんの前掲したブログをお読みください。

そうそう、来る3月9日の「bloomさん&宇野先生来福 勉強会@福島」に出られる方、ここ必読です。宇野賀津子先生についても書かれています。

実は信夫山ネコは薄学なため、中西氏のことは今回初めて知った(最初どういう話だかさっぱりわからなかった そこでもう一度読んだにゃ)。

中西 準子(なかにし じゅんこ、1938年 - )は(独)産業技術総合研究所・安全科学研究部門長、専門は環境工学(環境リスク学)。工学博士。元東京大学、横浜国立大学教授・・・

知らないと恥ずかしい感じにゃ。ま、文科系ノラネコだからね~、許しておくれにゃ。

omizoさんからは、中西さんについて、

公害問題の時に一人、物理学者相手に、発言してしてきた時代の人ですから。 エ て思います。 中西さんの原発論は燃えカスの処分場が無いことでの問題としていたので。 原発には興味がなかったようですが。

事故当時は、産総研のNEDOプロジェクト「ナノ粒子の特性評価手法の研究開発」を率いていましたので。事故の情報も限られていたのでしょう、

(中西さんのブログ)最新は、福島のコメについてです。
http://homepage3.nifty.com/junko-nakanishi/zak576_580.html#zakkan577
(「ほどほどにしませんか、福島米のセシウム分析」)

といただきました。ブログの中身はタイトルの如し。数字をあげて、福島米の「全数検査」の「割りに合わなさ加減」等を、実証しながら進む中西さんって「理詰めの人」イメージ。「うるうる」したらスゴクびっくりにゃ~。

ちなみに中西さんはブログで、その後更に「福島の米問題」を書いている。
http://homepage3.nifty.com/junko-nakanishi/zak576_580.html#zakkan579

「(福島の)コメを消費者が買うことによって、何が期待できるのか?先に比較したけれども、そのリスクはさほど大きくはない。それほど大きくないが、誰でもできるだけ減らしたい。それを我慢してほしいと私は言う。それは、何故か?(1) 福島農業への壊滅的な影響を回避したい・・・・」

てな感じ。やっぱり理詰めの人は福島の味方だにゃ。中西さんにも注目します。

そしてもう一つomizoさんからいただいたのは
http://www.xn--f9j6c1a.jp/column_housyasei_adviser.html 「福島県放射線健康リスク管理アドバイザーの山下俊一先生へ(AFTC=たむらと子どもたちの未来を考える会)」
(山下氏の)「いったいどこへ避難しろと言うのですか」が、言葉の言い回しで、医者からもさすがに、きつすぎないか?。との言葉もあったのですが。上記を読むと、切羽詰った山下先生の危機感からでたのでしょう。中西さんの雑感は、当時、中西さんは仕事が大詰めで、ほとんど情報を手にできなかった状況で、報道、周りの言葉からの感覚であったのでしょう。

ということですにゃ。

「カンニング竹山さんって 男前だ!(山田さんのフレーズ借りました)」

「福島の友」となってくれた竹山さん。皆さんもうご存知にゃ。福島に日帰り旅行で、鯖湖湯や高湯温泉やら、いろんなところを回って野菜も買ってくれましたにゃ。嬉しいね~、ありがとうにゃ~。ところがそれだけで、ツイッターが「炎上」。
「カンニング竹山氏の福島旅行と炎上」
http://togetter.com/li/262811

さらに、たむらけんじ=「たむけん」さんも、「震災瓦礫受け入れ支持」を表明したら、ツイッター「炎上」。たむらさんの経営する焼肉屋が営業妨害された。
「たむらけんじ氏vs反原発派&反瓦礫受け入れ派、焼肉屋の営業妨害へ」
http://togetter.com/li/265213(これ間違ってました 仁さんありがとうございます)

お二人は今後決して「反原発」にシンパシーを感じないだろう。また「自殺点」だにゃ。

「ひっくり返し」て考えるのが好きな信夫山ネコとしては、「おしどりマコ」とやらのツイッターが炎上したら・・・なんて考えるが、実際にはそれは起こらない。「反原発」が多数派で、反「反原発」は少数派だからだって?違うよ。

シンプルにどっちの集団が人としてまともか、ってことを表しているだけにゃ。

沖縄県知事が「被災地瓦礫受け入れ表明」?「瓦礫受け入れ問題」は「ノルマンジー上陸作戦」か?このデマ戦争の大きな「転換点」となるか?また「ドンパチ」あるだろうにゃ。

そうそう、いよいよです。bloomさん、みなさん、信夫山ネコは残念ながら出席できませんが、3月9日の「勉強会@福島」よろしくお願いいたします。

(3/04 追記)
郡山の順一さんも、ツイッターで「ひどいの」に犯罪者呼ばわりされた。(kakkouさんから)
http://togetter.com/li/259766
これも竹山さんたちと同じようなケースだけど、一人の「ひどいの」が絡んでいるところが特徴。こういう「ひどいの」って、なぜか「反原発」側にしかいないにゃ~。

順一さんと言えば、3/11の早川師との「対決」は、結局早川師が「中止」を持ち出し、そうなってしまった。

kさんのブログ 「追記 早川氏郡山講演中止」
http://leika7kgb.blog114.fc2.com/blog-entry-645.html#more

中止の経緯はこちら「郡山3月11日企画の条件」(早川師の「まとめ」)
http://togetter.com/li/260769

4つの重要要素がまとめられたもの「早川先生 契約不履行な4ツイート」
http://togetter.com/li/261610

早川師が3/11に郡山に来て使う予定だった「資料」
http://gunma.zamurai.jp/pub/2012/fukushima120311koriyama.pdf#search='早川由紀夫 郡山 3月11日'

この「資料」の最初にある、「明るく楽しい学習会」は下記にある、
http://kipuka.blog70.fc2.com/blog-entry-448.html
早川師があちこちでやっているらしい。早川師って、もしかして「明るく楽しい~」を郡山でもやりたかったのか?そうだとしたらつまり、「福島の農家はオウム」とか、「毒米作る殺人者」とか言うのが、よっぽど「明るく楽しい」のだろう。

中止の経緯とか、いろいろ細かいことはこれから出るのかもしれないので、注目したいと思う。細かいところはよく知らないが、大きな流れは、

1:早川師の「福島差別暴言」が復活、これに対し順一さんが群馬に行って、早川師と話したいともちかけた。
2:早川師は自分が郡山に行くと言った。
3:日程は当初3/10でだったが、早川師はIWJを連れていくのが条件と言い出し、IWJに合わせて3/11に変更。
4:時間割で合わず、早川師が自分の条件を呑めなければ「中止」という選択肢を含む、「最後通牒」を出す。
5:早川師が順一さんの応答がないことから、「時間切れ」で「中止」を決定。

と見える。「日程・場所」という開催に当たっての最大の問題で一致、決定していて、なぜ最後に中止になったのか?しかもそこまで全て、早川師の「条件」を順一さんが呑んでいるのである。この段階になって、早川師が更に自分の「条件」を呑めなければ「中止」という選択肢を含む、「最後通牒」を出すというのは全く不可解。人としていかがなものか?(つまりそういう人であることがわかった)

早川師の態度は、少なくとも「積極的に話したい」という人間の態度ではない(逆にすると、「できれば話したくない」人の態度だにゃ)。順一さんはそもそも発案者で、もちろん「早川師と積極的に話ししたい」人である。と考えると、早川師が原因で「中止」になったことは、細かいこと言わずとも、明らかである。

要するに福島県民の前で話できないんでしょ、早川師って。ま、「資料」には「福島に残った人を援助してはならない」とか、すごいこと書いてあるよ。郡山に来てたら、さらに「自殺点」出たのは確実。IWJも少しはいい仕事が出来たかもにゃ。

順一さんは本当におつかれさまでした。中止は残念だけど、大丈夫です。予想通り、あちこちで「反原発」に「自殺点」続出しています。早川暴言復活時より、スコアはいい感じです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カンニング竹山さんの

福島旅行のツイッター・・・赤い字の部分を読んですっごく納得した。

子ども達がすごい量のマスクを、学校で頂いて来るんです。
支援だそうです。
もう日用品の予備を入れる、我が家の棚に入りきらないくらい・・・。

50枚入りの箱がもう10箱以上・・・。
風邪対策としてももう、マスクは必要ないんです。
うちは早い時期から、マスクはつけさせていませんでした。

持ち帰るのが大変なの。
さらに大人用だから、子どもにさせてもがっぱがぱ。
がっぱがぱですよ。役に立たないの。

なんでこんなのくれるんだろうと、でも善意であれば感謝しなきゃと思っていましたが・・・。


そっか~。こういう人たちが呼びかけて送ってくれるんだ。
こういう人たちの呼びかけでなされてるものなら、もういりません。
やめてほしい。

中学生達は学校から持ち帰るのが嫌で、譲りあっているそうです。


こういう的外れな支援は、もうやめてほしいです。

同じツイッターの

福島から避難した母親さんから、今福島に残っている人たちは

>普通に振る舞っていたい、そうでもないと狂ってしまいそうになるから。

というお言葉がありましたが・・・

福島に残っている人たちはつらくてつらくて、自主避難した人たちに辛く当たるしかないのだ

という言い回しが、最近の流行みたいです。
台本があるのかな。
その時期その時期の・・・よく聞く同じ言い回しがあるのが不思議。


春休み避難を勧めて!とか、マスクを寄付するように言って!とか・・・竹山さんに。
そっか・・・やっぱりこういう人たちだったんだと思いました。


私の周りでは雪の為か?週末避難も冬休み避難も・・・殆んど聞かなくなりました。夏休みに遊びすぎたかな。気が済んだのかな。
落ち着いてきた。


これはあくまで私の実感です。私が見ている世界・現実。

たむけんさん

遅ればせながら 20万アクセスおめでとうございました。たむらけんじさんの瓦礫受け入れ支持表明ツイッター炎上のまとめはこちらですね:
http://togetter.com/li/265213

既に出ていたら申し訳ありませんが (皆さんのペースになかなか追いつけなくてすみません) こちらにも記事がありました:
http://rocketnews24.com/2012/03/01/188132/

僕の故郷の中学校には中体連選手激励会で歌われる応援歌というのがあったのですが、その中に「田村三春の健男児 (または拳男児?)」という下りがあり、「たむらけんじ」と「田村健男児」がだぶってしまいました。

すぐのご指摘

仁さん:
ありがとうございます。コメント欄が鋭すぎて・・・と言い訳するネコです。確かに「たむらけんじ」さんって、何か縁ありそうですね。

なおみさん:
確かに「台本」つーか「指令」つーか、あるように見えます。「除せんはムダ」「福島の本当の敵は国・東電」「本当は内部被ばくがひどい」「福島県では情報が統制されて自由に発言できない」「福島残留者が自主避難者をいじめる」等々、「反原発正義軍」のスローガンはパターン化したいくつかに集約され、時期によって集中的に出てくるキャンペーンのように見えます(これは「陰謀論」ですガー)。この「残酷な反原発のテーゼ」に、また一つ新しいのが加わったのですね。

マジな話、「自主避難者」は行った先で組織(自治会的なものも)作って、会合などもよくやって「濃く固まって」いるでしょうから、(結果的に?)同じようなことを同じような時期に「叫び」始めるのでしょうかね~。その会合の場で「機関紙」みたいなものも配られているのでしょうし~。そういう組織作る人が「民族の偉大な指導者」だったりすると・・・。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

前項の医者の言葉を解りやすく。説明が無理そうなので。私のコミュニケーション不足力から。 良いのか?。 医者と学者とは違うという事が言いたいのですが。 医者も学者ではありますが、学者のコミュニケーションとは少し違うことを要求されるので。 

中西さんの

http://homepage3.nifty.com/junko-nakanishi/zak286_290.html

が、予防原則について自己見解を述べられています。

文中の中澤港さんは生態学者になり。マラリヤの研究者であります。

No title

信夫山ネコさん、遅くなってしまいましたが20万アクセス突破おめでとうございます。

カンニング竹山さんの件は知っていましたが、たむらけんじさんまで放射脳な人達に絡まれていたのですか。まったくこいつらは・・・。

放射脳の相手をすると疲れますよね・・・。

実はダニエル・カールさんのバズビー氏を批判するYouTubeの動画でもバズビー氏や木下黄太氏の信者と思われる放射脳な人達がダニエルさんに絡んでいるんですよね・・・。ダニエルさん、あまり気にしてなければいいけど。まぁ、しっかり反論してるし大丈夫かな?

ちなみに、その動画でバズビー氏を擁護している人のコメントによると、私は「陰険で不快な存在」らしいです(苦笑)。

・・・もし、私のこのコメントで不快に思う方がいたらすみません。ちょっと誰かに愚痴を聞いてほしかったもので。

No title

あ、名前書くの忘れてました。すみません。

user6878 さんが???

>「陰険で不快な存在」
なのですか???なんで???

「あなたに・・・あなたに私の何がわかるって言うのよ!!!」
ってゆーたり(あ、ついタメ口で・・・すみません)。

「福島の人は私達がねたましくて責めるしかないのです!」

とか言われると
「・・・あんた誰?私の何?」
と言ってやりたくなるものでつい・・・。


相手の本当の気持ちなんか、どれほど仲良くったってわからないのが当たり前なのに・・・。


>「たむらけんじ」と「田村健男児」がだぶってしまいました

仁さん!これ面白かったです。
あの・・・あの前髪がくるっとなっている半裸の人ですよね?


ネコさん

私はあんまりにも同じ時期に同じせりふを聞くので(この一年間ずっとそうでした)
活動している人って実は日本に10人くらいしかいなくって
その人たちが寝る間も惜しんで働いているのかな~って思っていました。

そういや

私、おめでとう言っていませんでしたね。
信夫山ネコ様、20万超アクセス、おめでとうございます。

>omizoさん
>前項の医者の言葉を解りやすく。説明が無理そうなので。私のコ ミュニケーション不足力から。 良いのか?。 医者と学者とは違 うという事が言いたいのですが。 医者も学者ではありますが、学 者のコミュニケーションとは少し違うことを要求されるので。

ひょっとしたらインフォームドコンセントの件でしょうか。だとしたら申し訳ありませんです。コミュニケーションは受け取り手の理解力も当然関わりますから、私の問題なのかも。
確かに学者の場合、相手が同じ研究者であれば、コミュニケーションのプロトコルが決まっているのでしょうから、お医者さんと患者さんのコミュニケーションとは違いますね。正直、私は早野先生や野尻先生のお話は難しかったです。
そこで私が思ったのは、素人が理解を越えた決断を求められた場合、専門家に判断を委託をせざるを得ない、ってことです。インフォームドコンセントの場合はセカンドオピニオンを求めるなどがありますが、説明をするお医者さんと話を聞く患者さんの信頼関係も、決断の委託をする場合に重要な判断材料だと思います。
そこで「人間性で判断」する、となるわけです。

実は、今回の原発事故の際にもこの「判断の委託」をせざるを得なかった人は多かったんじゃないでしょうか。
その相手が武田であったり、早川であったり、その他多くのデマゴーグたちであったりしたため、混乱に拍車がかかったように思えます。

って事は、人間性で判断するのは危険、って事になっちゃうのかな?武田なんか「やさしいお父さん」キャラで売り出していたしなぁ。
いいえ、以前「糸井メソッド」をご紹介しましたが、人間性もきちんと検証すれば、立派な判断材料だと思います。

妄想その1

流れが速すぎて、コメント出来ずごめんなさい、長縄跳びに入れない、小学生状態のあーちゃれんでしたが、カンニング竹山さんのまとめを見て、こんな妄想をしてしまいました。

教室にて・・・

先生:半径10cmの円の面積は、何cm2でしょうか?

私:10×10×3.14=314cm2です。

放射脳:先生、間違っています!
    π = 3.14159 26535 89793 23846 26433 83279 50288 …だから面積は、314.159 26535 89793 23846 26433 83279 50288 …先生、書ききれません!

私:0.159 26535 89793 23846 26433 83279 50288 …cm2なんてほとんど影響ないんでねぇ?

放射脳:0.159 26535 89793 23846 26433 83279 50288 …無限に続く数字なんですよ!314よりも、桁はもんのすごく多いんですよ!

私:アキレスと亀みたいな、話すんなよ!

放射脳:だったら、影響が無いって証明しなさいよ!

私:・・・・

放射脳:そら、見なさいよ!私達が正しいのよ!謝りなさいよ!

私:・・・・・・・・

先生:まあ、まあ、落ち着いて放射脳さん、314cm2でかまいませんよ。

放射脳:先生も御用学者だったんですね!許せない!

先生と私:・・・・・・・・・・・

放射脳は勝間さんにやってもらうと、ガク・ブル感が倍増です。


PS.それから私の妻の名前も、「な・お・み」 なのは秘密だ。

円周率

爆笑です。本当にぴったり。

妄想、ではなくて

本当のはなし

近所のイオンで「放射性物質ゼロを目指します」の大きなポスターがはってあった。でもバナナは売っている。


「放射能は危ない、病気になるかもしれない。できるだけ浴びない方がいいんだ!」と言いつつ、玉川温泉や田村市のラジウム温泉に湯治に行く私の知人。

>あーちゃれんさん
おもしろく、かつ分かりやすいお話ですね。
ものすごーく納得しちゃいました。
確かゆとり教育では、円周率は3でもOKだったはず。
だとしたら、ここに登場する放射◎君はもっとぶち切れてしまいそう…。

>山田さん
はやっ、反応はやっ。
大喜利は得意なんですねぇ、尊敬します。マジで。

お二人には座蒲団をお持ちしなくては。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

気がつけば・・・

あなたの隣にな・お・み・・・
皆さん注意してくださいね。奥様やお嬢さんがもしかしたら・・・。
でたらめな歌をつぶやいてたらビンゴです。


あーちゃれんさん
ここの私のコメントを読んだ後に、実物の私を知った人から
「勝間さんみたいな人かと思っていたら違った」
という、ホメ言葉なのかなんなのかわからない感想を頂いたことがありました(笑)。←怒ってませんよ。
でもこのキャラもできるかも!


郡山の順一さん、どうなさったかなあ・・・あれからどうなったかなあと思っていました。今日はコタツでみかんでも食べながら話しましょうかね。

よかったじゃないですか。誰が見てもわかりますよ。
小学生の頃
「帰ったら児童公園に来いよ!決闘だ!!」
「んだと!?逃げんなよ、このやろう」
って来なかった男子・・・いたなあ。

よかったよかった。安心しました。お帰りなさい。コタツにあたってね。

それにしても・・・なんでいつも
>早川師はIWJを連れていくのが条件
とかってIWJが関わってるの???御用何とかって言うの???

私は最近、こことキーワード「こども・守る・ネットワーク」が出てくると、それだけで「あ・違う」って判断できるから楽なんだけど
内容まできちんと読まないから、似たようなキーワードを使っている、誠実な団体さんのこともはじいてしまわないか・・・自分が心配なのよ~。


IKAさん
>武田なんか「やさしいお父さん」キャラ

私も写真はそう思った。
でもテレビで話してるのを観たら・・・わきの下から「胡散臭いフェロモン」がわきわき出てる感じ・・・。
ノンバーバルで醸し出すもの。
あの人にはフギャー!って威嚇したくなりました。


支援のマスク、文句言っちゃったね。
呼びかけに応えて、善意で「お金を出してくださった方」がいたら・・・
ごめんなさい・・・ですね。
「呼びかけてる人たち」は・・・お金出していない気がしたから。

つい私も主語を「福島の人たちは」って言って、代表者みたく演説したくなる。

でも、隣の人はマスク、嬉しいのかもしれない。
だからいいたいことを言う時は「私は」って言おうと思ってるんだけど。
その時って一呼吸おくと言うか・・・ちょっと覚悟がいるの。
こわいんだよね。自分ひとりだけかもって思って。


嬉しかった支援も書きます。
福島市の清・・・なんだっけかな、そんな字の入ってる和菓子屋さんだっけかな(プリント捨てちゃった)、そのお菓子やさんが、全国菓子協会(こんなのあるのかな?名前もうろ覚えです)に呼びかけてくださって、
全国のお菓子やさんが子ども達にお菓子を贈ってくださいました。

例えて言うと一人当たり、ゆべしとままどおると薄皮饅頭を1つずつみたいな。

うちの子は九州のお菓子を何種類か頂いてきました。
食べたことがないお菓子で、どれも美味しかったです。
ずいぶん前にもらったのだけど、まだ大事にとってあるみたいです。
少しずつ食べてるのかな。

これは他のお子さん方もとても喜んでいたようです。
九州の、全国のお菓子屋さん、ありがとうございました。


相手が何を嬉しく思ってくれるか。
支援って言うなら、一生懸命考えてほしい。
自分の好きな人に喜んでもらいたい時に、考えるように。

ほっといてくれることが、その時の支援になることもある。

自分の思いをむりむり押し付けてきて
押し付けられたほうが申し訳なくなりつつも「それは欲しいものではないのです」と
勇気を出して言えば恩知らずといわれ、我がままだといわれ・・・。

被災者ってそんなにへりくだって生きなきゃいけないのかな。

マスクをもらうと「あなたたちはこれを毎日つけなきゃいけない場所に暮らしているのだ」と
言われている気がして(サブリミナル効果?)

お菓子をもらうと頑張るぞ~と思う。
もらったのは(莫大な量のマスクに比べて)ちょっとでも、お気持ちがすっごく嬉しかった。
元気になりました。

出来たど~♪

♪犬のおまりさん♪のメロディーで

一番
しのぶ山の子猫ちゃん
不正義軍のノロシあげた
印税稼ぐエセ学者 寄付金稼ぐプロ市民
ニャンニャンニャニャーン
ニャンニャンニャニャーン
ガセネタの真相暴いてく
ベレーのバズビーさん
毒売ってしまって
総スカン総スカン 総スカン総スカン

二番
子猫に集った仲間達
20万超アクセスおめでとう
化学の知識をありがとう
愚痴も聞いてくれてありがとう
ニャンニャンニャニャーン
ニャンニャンニャニャーン
後ろに隠れて応援だ
放射脳は自殺点
稼いでしまっても
ワンパターンワンパターン
ワンパターンワンパターン

遅ればせながら 出来たど~♪(^^)

猪飼先生と早野先生にお会いして来ました。

週末東京出張だったので、これ幸いとアポを取って猪飼先生と早野先生にお会いして来ました。

猪飼先生は今、本来の専門のNPO関係を中心に動いておいでです。
これまで市民団体とかNPOってほとんどが「福島危ない、逃げろ」派だったわけですが、それを「福島に残っている人を認め、そこに対する支援」に変えるべく、一つ一つ説得して回られています。
いくつかの有力な団体が理解を示し、方針転換を図ってくれそうです。
1年近く経って、ようやく県内でも「現状との共生を図る」動きが出始めています。
いわき・郡山のエートスもそうですし、田村の「未来」団体も「ステイクホルダー」という面からアプローチしようとしています。
これらの県内の団体と「目覚めた」県外の団体をうまくつなぐことができれば、大きな動きになるかも知れません。

早野先生と会って驚いたこと。
開口一番「ラッキーでしたよね」とおっしゃった。
余程私が「鳩に豆鉄砲」の顔してたのか、「ああ、福島でこんなに被ばくが少なくてラッキーだ、て意味ですよ」て補足された。
私が豆鉄砲顔したのは、違うんです。
去年の秋口以来、私がずっと使っていた言葉なんです、「ラッキー」って。
初めて他の方の口からこの言葉を聞いて、なんか一気にココロが解放されちゃって、それであの顔になった。
嬉しかった、至福の時間でした。
早野先生は、「理解を得るには地道に『正しい数字』を示して、その意味を訴えて行くしかない」と話されました。
だからこそ、あんな(!)「福島市民放射能測定所」のホールボディーカウンターも面倒見ておいでなんです。

猪飼先生の「ターゲットを絞って覆して行く」、早野先生の「正しい数字を示してベースを構築して行く」、これが両輪だと思いました。
なんの得にもならないのにこうして福島のために動いてくれる人がいる。
涙止まりませんよ。
この思いを受け止めて、自分ができることを精一杯やらなければ。
そうじゃなきゃ恥ずかしいよ。

こぼれ話。

「子ども福島」およびその関連団体。
猪飼先生は「あの人たちはもうだめですね」と。
そこを説得することは無駄なので、その分他に傾注した方がいい、と。

福島市民放射能測定所、早野先生は「危ないから逃げろ」団体だって知ってました。
それでもそこを「正しく」して行かないと、と。
去年暮れ、あそこは「福島で平均20Bq/kgの内部被ばく」て発表する寸前だったそうです。
記者発表資料まで作ってたらしい。
その直前に早野先生があそこのWBCを診て、「その発表はやめなさい」と説得したのです。
…あの時それが記者発表されてたらどんな事態に陥ったか、想像するだに恐ろしい。

こうした人たちがいるんです。
僕らが負けちゃいられないよ!

オフ会では、お二人と話した内容をもっとお伝えしたいと思っています。
あと、伊達のICRPセミナーのこともお話しします。
ちょっとねえ、某新聞社の報道部長にアタマ来てて、ここでは書けないのよねえ。。。

こすもす さん!

まだ・・・考えていてくださったのね(涙)。
なんか・・・ありがとう(うはははは)。

やぁどさん
お疲れ様でした!

思いついた!

妄想、私の場合

「放射能の拡散はんたーい!故郷の自然を守れ!瓦礫は被災地で処理しろ!」
シュプレヒコールの音頭をとって叫ぶ男。彼は緑の多い地区に住み、そこが気に入っている。ところが彼の住む市が被災地の瓦礫受け入れを表明したため、環境と健康にこだわる彼は「こどもを守る反放射能の会」のデモに参加した。
対応に当たった市役所職員が「被災地の復興には協力が必要です。瓦礫はちゃんと検査して、危険がないものだけを搬入します」と説明するが、「信用できない!」「話なんか聞きたくありません!」「なんかあったら、あんたら保証できんのか!」といった罵声にかき消されて、他の市民の耳には届かなかった。

デモの後は、皆が集まって勉強会だ。
「あの市長は廃棄物処理業者と結託して金儲けをたくらんでいるらしいね」
「それは許せない!リコールだ、瓦礫受け入れ反対の人を市長にすればいいんだ!」
多くの市民を巻き込んだリコール運動は利権問題などもあって成立し、選挙後、瓦礫受け入れ反対の市長が誕生、こうして市民の健康は守られた…はずだった。

数ヵ月後

彼のもとに市役所職員が訪れ、彼の住む地区に廃棄物処分場をつくりたい、とやって来た。
「そんな馬鹿な話があるか!せっかく瓦礫受け入れをしなくて済んだのに」

「そんなこと言われましても、今まで最終処分をお願いしていた自治体も、他自治体からの廃棄物受け入れを拒否しましたから。我が市に残されたのはこの地区しかありません。」
「それにしたって…」
「住民投票しても、この地区は緑が多いぶん、人口が少ないですからね。多数決では負けますよ。あ、それから汚水処理場の汚泥、これ放射能入っていますけどそれもここで処理されます。大丈夫、法律は守っていますから。あなたが選んだ市長ですからね、今度は信用できるでしょう」



私からも

やぁどさん、お疲れ様でした。
お話、楽しくなるでしょうね。

やぁどさん

早野先生のツィートで「○○ビューの方に会いに行くのに遅刻する」っていうのがあって、
あ、これはもしかして、やぁどさんかな?、、なんて思っていました。
「○○ビュー」は間違いで「○○ビユー」ですよ!なんてどなたかに言われていましたが、、
早野先生は「○○ビユーの方とは長い付き合いになりそうだ」とも。
○○ビユーの方が、やぁどさんのような人でよかった、、

またこんな時間になってしまって、9日は酷い顔かも、、
(睡眠時間が足りないよ、、この1年、ずっとこんな感じ、、)
夜の部に出られないのが残念ですが。

妄想~マスク編

 
 モンスターオバQ

 「そろそろ強風の季節だし、セシウムの内部被ばくが怖いから子どもにマスクさせないとね♪。ルイージもマスクさせなよ!」

 ルイージ
 
 「インフルエンザに罹ったし、もう元気だけど誰かに移したら悪いから電車や教室ではマスクさせるよ・・・」

 モンスターオバQ

 「何言ってんの!、外でさせなきゃ意味無いって!。」「セシウム吸い込んでいいの?」「甲状腺がんにさせても平気なの?」「そうそう、エコー検査、させるよね?」

 ルイージ

 「春休みは放射能が怖くて2週間引きこもってたからほとんど外にでてないんだ・・・放射性ヨウ素は吸ってないと思うし、まだ子どもは小さいから検査は後で良いよ」

 モンスターオバQ

 「何いってんのよ!!東葛の子どもからも末梢血リンパ球異常が見つかってんのよ!。あんた子どもをネグレストすんじゃないわよ!」

 ルイージ

 「ごっごめんなさい・・・(早く終わらないかなこの話)。」

 モンスターオバQ

 「ったくこれだから情弱女は困るわ・・・。そうそう、校庭の表土除去の話だけど、あんたの学校では話でた?」

 ルイージ

 「えっ?夏休み先生達が頑張って溝掃除してくれて、もう線量も下がったし大丈夫だよ」

 モンスターオバQ

 「あんた・・・それだけで良いと思ってんの!」「もうやだあんたと話してるとイライラする」

 ルイージ

 「ごめんなさい・・・(ひーっ早く帰ってくれ~)」

(ここで「ピンポーン♪」インターホンが鳴る)

 ルイージ

 「はい。どちらさまでしょう?」

 訪問者

 「共産党の者です。脱原発の署名をお願いしに来ました」

 ルイージ

 「今来客中で取り込んでいますので・・・でられません。ごめんなさい」

 モンスターオバQ

 「誰だったの?」

 ルイージ

 「新聞の勧誘・・・」「あっそろそろ子どもが帰ってくる時間だ」

 モンスターオバQ

 「あっ帰らないと・・・、ちゃんとマスクさせなよ!」

 ルイージ

 「うん。(教室でな)」

 実話とフィクションが混ざっています・・・トホホ。

たのもしいですね。

>やぁどさん
メールの返信できなくてすいません。
なんかよくわからないのですが、直接返信できなくて…ここでお礼を言わせていただきます。ありがとうございます。

猪飼先生の取り組み、とても期待できますね。どうも市民団体とかNPOとかって妙に警戒してしまいますが、ちゃんとしたところもあるんですね。少しづつでも本当に必要な支援が広がってくれれば、福島以外の被災地も含めて、復興への足掛かりになると思います。私自身もあんまり被害妄想にとらわれないようにしないと、ですが。

>なおみさん
武田のオッサン、瓦礫問題でまたアホなこと言い出していますね。素人の私が見ても指摘できる間違いだらけで(もっともこいつは確信犯でしょうが)。
確か、瓦礫問題で最初に「受け入れるな」と言ったのはこのオッサンだったはず。5ミリシーベルト発言で減らした信者をまた増やそう、って魂胆ですかね。
しかし、前ほど話題にならないのは、世の中健全化しているからかもしれませんが。

九州のお菓子、いいなぁ。うらやましいです。
私は鹿児島のかるかん饅頭と、熊本のいきなり団子が好きなんですけど、いいなぁ。
(いきなり団子はケロロ軍曹によく出てきたんで、中合の物産展で買いました。おっ、また香ばしいにおいが…笑)

皆々様 やぁどさん 

ありがとうございます。笑い続けています。

やぁどさんの「自陣からのビルドアップ」見事です、素晴らしい中央突破です。やぁどさんやひまわりさんは「きれいな得点力」ありますね~。

「ファウルすれすれ」の得点、偶然当たっただけで入ったようなセコイ得点、相手の自殺点狙いは信夫山ネコにお任せください。初めは幽霊の援軍でもいいという、「指輪物語」の人(名前忘れた)みたいな心境でしたが、実体のある援軍が見えて来た今日この頃です。

IKA さん

星新一さんかと思いました。
あながち・・・。


ルイージさん・・・ああルイージさんルイージさん(心の俳句)。

こないだの文春読んで、私がいちばん腹立ったのは
先に自主避難していた「親友」が、今回記事を持ちかけたお母さん(子どもの甲状腺にしこりが見つかって不安な親)に「だから早く避難しろって言ったのに。自業自得だよ」 って・・・。
福島の「友達」に話したら「そうならないために避難したのに、ばかみたいだね」と言われたそうですが。

友達とか親友の使い方がまちがっとる。ワンピースを読め!!

ホントにこういう言い方をしたのかは・・・わかりません。話を盛るってことあるから。それと相手にそんなことを言わせてしまう、それまでの自分の行いとかも・・・差し引いて。

でも、この人にとっては「このように言われた悲しみ」が事実であるなら、気の毒だなあと思ったの。なのでこの記事は「福島の現実」ではなくて「ある母親の悲嘆物語」だなと。

誰も聞いてくれないから、ますます全国に知らしめたくなったのでしょう。自分がどんなひどい目にあっているかという、個人的な話を。


ルイージさんの「妄想~マスク編」を拝読して

オバQのあの押しの強い・・・こちらはそれほど親しいつもりはないの
に、自分の子どもか下僕にでも話すような境界線のない話し方・・・。家族にだってこんな話し方失礼だと思うのですが。でもそのリアリティに・・・笑えませんでした。


ああいった話し方からして・・・きちんとした大人ではないと感じてしまうのです。どっち側であろうとも。それ以前の問題です。



IKAさん
>前ほど話題にならないのは、世の中健全化しているからかもしれませんが

うはは。はい。そうだと思います。ええ?まだいたんだ~と思った(笑)。
何か言ってるの、全然知りませんでした。

いきなり団子、美味しいですよね。私も大好きです。
今冷凍庫にあります。
今日のおやつにしよっかな~♪

雪が・・・すごかったですね。こんなの初めてでびっくりしました。
みなさ~んお気をつけてお過ごしくださいね。

山田さん

すれ違っちゃった!
こちらは今日はすごい雪です。はやくお花見したいです。
福島の春は天国みたいに素敵なのです。
いつか来てね。


ネコさん
ネコさんが地道に歩き回って調べて
訴えていたことがここにきて
あちこちの人とつながって
実を結びつつあるようで・・・



ひょうたん島の歌、もう一回歌おっか???

No title

 なおみさん

>妄想~マスク編

 オバQのモデルはいません(笑)。強いて言えば青森の雪を拒否した沖縄の避難者や竹山さん達を叩いていた脳な人ですかね。いかにもこんな感じで言いそうでしょう?。でも文春の記事にそれと似たような事が書いてあるとは・・・本当に笑えませんね。

 共産党員が突撃ピンポン署名訪問してきたのは実話です(笑)。末梢血リンパ球異常が見つかったという話も。

  >http://akiba1.blogspot.com/2012/03/8.html

滅茶苦茶だ~。風邪でも白血球は増えるっちゅ~の。もう最近こんなのばっかりです。避難しろ避難しろって、大きなお世話です。署名だって必要なら自分で運動するわっ。

No title

信夫山ネコ様、連続妄想劇を続けていただいた皆様ありがとうございます。

なおみ様、勝間さん似ですか!、今度電信柱の影から見てみたいです。
今夜、妻のなおみにイタズラしてみます。もしマブタに目が書かれていたら、あーちゃれんは隣にいるのかも??

カンニング竹山さんのまとめを読む限り、放◎脳の方とは、翻訳コンニャクを使っても会話は無理なのかなあと思ってしまいます。

少し前のコメントにもあった、子ども◎◎と別れた方の、福島の子どもたちからの手紙という本、実物は見ていませんが、山下氏やここにコメントされる方のような現実を客観的に見ている方からの返事を各ページにトレース紙(半透明紙)に印刷して出版していたら、子どもたちのストレスも軽減出来たかもしれないのに残念だなあ。朝日新聞社発行だから無理かなあ。妄想かなあ、Nさん見てくれないかな。

なんだか湿気っぽくなったので、お立ち台でパンツァーリートの替え歌イキマス。

1.雪が吹きつけ凍る日も
  灼熱焦がす暑き日も
  埃にまみれた顔に微笑み浮かべ
  ネコ隊は嵐を突き進む。

2.エンジンの音高まりて
  轟音とともに驀進す
  鋼鉄を纏い友軍に先駆けて
  デマ戦線を貫かん

3.間近に敵が迫ろうと
  怯むことなく立ち向かう
  我らが命はネコ隊とともにあり
  真理が誉と胸をはる

4.騙しや嘘が阻もうと
  我らは笑いて迂回せん
  メディアに潜みし大嘘も怖れずに
  敵なき道を進み行く

5.戦いの果て、勝利を掴み
  故郷の家族と コタツでまどろむ
  定めによりて 召される時は
  信夫山を誉の墓とせん

5番は誰か、違う歌詞をおねがいします。

妄想シリーズ

というより、オチはいしいひさいちからのパクリですが

「チミィ、なんかいい商売のアイデアないのかね?」
「社長、そんなこと言われても、アイデア何てそう簡単に出ませんよ。」
「そうは言ってもね、今はチャンスなんだよ、みんな放射能に怯えちょる。煽ってもうけちょる奴はゴマンとおるのだ。わが社が波に乗らんことはない。」
「でもねぇ、EM菌は◎けはしがやっていますし、波動の検査はネタバレしてますし、儲かりそうなことはみんなやっちゃってますよ。」
「あの、すいません。」
「なんだね、新入社員君。」
「放射能汚染が問題なんですよね。それならキャラメルが売れるんじゃないですか?」
「なんで?」
「よく言うじゃないですか、おせんにキャラメルって…」

京都の出張はないか。

あ、sakunary氏に逢いたいんじゃないよ。
生卵くらいぶつけて来てもいいけど。

ああ、今早急にお逢いしたいのが安斎先生。
それから、京都行けるなら今中さんにもお逢いしたい。
お二人ともずっとブレずに反原発。
それこそ今ワーワー言ってる連中がなーんも考えてない頃からの筋金入り。
でもとてもちゃんと見ていると思う、この事故の全容を。
あ、前から反原発で今もちゃんとしてる、てのは野口邦和さんもそうだな。

春から考えていることがあって。
ウチの報道のテーマを「福島で日常を送って行くこと」に置いて、とことんこだわろうと。
その中で、早野先生にも猪飼先生にも安斎先生にも今中先生にもお力を借りたいと思っているのです。
宇野先生とか木村先生とか、他にもお願いをしたい人がたくさんいる。

それにしても京都の出張はないか。
さすがに自腹で行くのはちょっと厳しいぞ。。。

みなさん・・・大丈夫?

妄想はほどほどにね!
・・・といいつつ楽しんでます。


あーちゃれん さん
なんだかぐんと格調高くなってきましたね。


IKAさん
うはははは。おせんに・・・だって!


やぁどさん
その時は生八つをお願いします。

「福島で日常を送って行くこと」
これ素敵ですね。
実現させてくださいね。

私はね、この騒動が始まってからずっと言葉にしていた夢が叶います。
ここで出会った人たちと、ほんとにお茶が飲めるのです。
私、それまでパソコンやネットは恐ろしいものだ、近寄っちゃなんねえと思っていたので・・・不思議。


ルイージさん
>必要なら自分で運動するわっ。

そうよそうよ!ほっといてちょうだい!



妄想シリーズ楽しかったなぁ^^

ネコさん、他所様のブログでお邪魔してます。

ところで、妄想シリーズ、良かったですねぇ~^^
思想や政治情勢を正面切って正論で言葉を戦わせることは、恐ろしい泥仕合になりますが、風刺画や風刺話は、そのユーモアの中にチクリと厳しい意見を入れる事が出来るので、ユーモアの足りない日本人には、是非必要だと思いました^^

なおみさん、いつか、桜の下で、桜酒を飲みましょうね^^
毎日、豪華メニューでよだれジュルジュルです。食費って、月にいくらくらいかかるんだろう・・・羨ましい限りのメニューです!!マイ茶碗とマイ箸を持って、玄関前に立ってたら、私です。

FCブログは、コメントを読みながらコメントを書くことが出来ないので、
まとめて皆様でごめんなさい。
いつも、お声をかけて戴いたり、面白い話題に混ぜて戴きまして有難うございます。楽しく拝読させて戴いております^^

今週ですね、現実に皆様がお会いして、リアル友達になることで、大きな原動力につながることを願っております。
山田ババ、微力ながら、コソッと応援させて戴きます。
もしかして、皆様の斜め後ろ方向に、怪しげな神沼恵美子氏似のオバはんが一人で飲んでたら、それは私です~~ケケケ^^


イメージとしては、なおみさんは川嶋なおみ氏(毎晩高級ワインと豪華おつまみ食べてるイメージ)、bloomさんは科捜研の女の沢口靖子ちゃん(真面目に科学してるイメージ、でも時々人情派なんだよね)、IKAさんは林家一平氏(いつも周りに気を使ってお茶出してるけど、実は芯が強くて育ちも良さそうで、すごい美人の奥さんをゲットする敏腕^^)、やぁどさんは沈まぬ太陽の渡辺謙氏^^、ひまわり先生はのび太君のお母さん(イメージです、イメージ^^)、かっこうさんは杏里さん(時々登場して何か爽やかなイメージ)、義阿南高地さんは勝新太郎氏^^、番外編として、omizoさんは森重久弥氏(一般人とは一線を画するイメージ)、ルイージさんはミッツマングローブ氏(中性的イメージだけど、本音で思いやりもあるから^^)、福島の医師@お元気ですか、寂しいですわ~さんはドラマ相棒に出て来るミッチー(あのボソッと言う突っ込みが好き♥)
、あとネコさんは萩本欣一氏(名司会者のイメージ)^^

山田さま。

うー、そこまで硬派じゃないですね>渡辺謙@沈まぬ太陽。
何といっても学生時代は「オ○マのアイドル」でしたので。。。

あ、そう言えば最近「ひょうたん島」の話題が出ておりますが、あの「ドンガバチョ」の声やってた藤村有弘さんは有名なそのスジの方で(もう故人だし、知ってる人はみんな知ってるからいいでしょう)。
西荻のシャンソン酒場で(シャンソン関係者がこれまた多いのです。男性の8割はオ○マで女性の5割はオナベ、でした)皿洗い兼前座歌手のバイトやってた時に藤村さんに見染められて(?)おいでになるといつも隣に座らされてました。
うーん、これは渡辺謙じゃないだろ。

あ、ひまわりさんがのび太母、てのは凄く同意いたします、40年以上付き合ってる者として。
はい。

やぁどさん

では、是非これをマスターしてください(懇願)↓
http://www.youtube.com/watch?v=ls82TcEoS2I&feature=related


もぅ、動画に貼り付け状態です(爆笑)^^



うん、

できるかも知れない(独り言)

togetterの書き込み方が判らない!

http://togetter.com/li/260842

↑これって福島高校のことでしょうかね?
私、ここの文化部の外部顧問で指導してるんですが。
生徒に確認したら、去年二人の生徒が「交通事故」と「長年の病気」で亡くなっています。
心臓麻痺で亡くなった生徒はいません。

そのことをtogetterにコメントしたいんだけど、書いて「コメントする」てのをクリックするとなんかヘンなのが出て書き込めない。
くっそー、悔しい。

どなたか「福島高校の文化部の外部顧問から」とソース明示して、書き込んでいただけないでしょうか。
「アチラ」側にも伝えたいのだが。。。

やぁどさん

コメント出来ました。 これでよかったのかな?
問題があったらお知らせ下さい。11時頃には出かけてしまいますが。

山田さん

私はともかく(もったいない妄想です)、他の方はいい感じに納得いたしました。いよいよ実写化か!?

そうですね。いつか必ずごはん食べましょう。
こうやってしゃべっていたら実現しそうな気がします。
読んでる方も全部ってなると(いつか集まりましょうよ)
・・・武道館かなあ?


やぁどさん
これまた酷いデマですね。
本当のことをつぶやいても、あの方達には届かないだろうし
実際に(他の理由で)お子さんを亡くされている方が
お気の毒なようにも思います。

もし私が実際にこんな話に出会ったら
否定しておきますね。


あーちゃれん さん

朝起きたら私に、宝塚風フルメイクが施されていました・・・。
なので、お隣にいらっしゃる方は私ではなかったようです。
よかった~やだもう~ドキドキしちゃったあ♪

最新の調査で日本の7人に1人は「なおみ」という結果が出ています(2012年3月・我が家調べ)。
罹患した場合の症状としては・・・あ・わかる?そう?調べてきた?
じゃあいいね。

ご本人が・・・っていうよりも
ご家族や身近な方が困って相談にお見えになることが多いですね。

でも、安心しましたね。
お大事になさってくださいね・・・・奥様を!(あ!またいいこと言った!自分!!!)

kakkouさん、

おっけーっす。
ありがとうございました!

まったく情弱だな、オレ。。。

それにしても酷いデマですね。
最初は「子ども福島」のMLで回ってきて、福島から山形に避難している女性が拡散元のようです。
この女性のツィート見てみたら、完全に病んでます。
絶対病院に行った方がいいレベル、でした。。。

世界のなおみ♪

>やぁどさん

 またしてもデマですか・・・。もう何回目だって感じで「へェへェ、デマデマ」と流す自分もいますが、子どもの事に関してはまだまだ腹が立ちます。子どもを守れとか言いやがる(まっ、お下品・・・オホホ)クセに子どもを一番泣かせてんのは貴様達だぁ~っ。

>Kakkouさん

・・・・と思われる方のコメントを読みました。アイコンはKakkouさんのお写真ですか?(返事しなくて良いです^^)。素敵・・・♡。

>なおみさん

 なぁんだ~。あーちゃれんさんがご主人だったら素敵だと思っていたのですが・・・残念。「なおみ」は旧約聖書、ルツ記にも出てくる女性の名前なので、世界中にナオミさんがいますね。世界中のなおみさんを合わせたらいったい何人いるんだろう・・・これまた素敵だ(注・・・気持ち悪い想像はしてません)。

>山田さん

 ミッツマングローブさんですか。わたしも実際にあんな男前だったら良いなぁ。歳とかガタイの良い所は近いかな(笑)。

IKAさんの妄想

 朝からのデマ発生事件の為、コメントし忘れてしまいました。IKAさんの「おせんキャラメル」商品化したらどうなるんだろう(笑)。またまたそこから妄想が・・・

 (とあるスーパーで)

 こども:「ママ、おせんキャラメルだって!地底人フィギュア付きだって、ほしいよ~」

 ママ:「ダメよ!ひと箱10ベクレルって表示されてるでしょう!ゼロじゃなきゃダメなの!ゼロでなきゃ・・・」

 こども:「ちぇ~(あとでタケシくんとこっそり買いにくるもんね」

 (ここでママ、特売バナナ98円を発見)
 
 ママ:「あっ残りあと3つ!全て頂くわ!」

いつの間に

こんな事件が起こっていたんですね。

>やぁどさん
すいません、実は…この話、結構前から知っていました。
なんかデマに鈍感になってきたのかな。
福島ではまったく話題にならなかったので、ついスルーしてしまいました。今度はちゃんとお知らせします。
たぶん、トゥギャッターはツイッターのアカウントがないとコメントできなかったはずです(だから私も見てるだけ)。
話題のツイート主はアメブロもやっていますが、まあ久しぶりにこの手のカウンターもらいました。ぬまゆのブログ以来かな。
それにしても我が女性陣はたよりになりますな。
なんかちょっと肩身が狭い。

>山田さん
やっぱり私はうっかり八兵衛ですね。
育ちがいいかどうかは、ちとわかりませんが。
あ、kakkouさんの「杏里」は以外といい線いっているかも、ツイッターのアイコンは「6月の爽やかな風」のような方でした。

>なおみさん
ルイージさんの言う通り、ナオミ・ワッツやナオミ・キャンベル、植村直己など、世界に通じるお名前ですよね。
そういや昔、「ナオミよ~」ってコマーシャルがありましたっけ。

>ルイージさん
続編の製作ありがとうございます。「おせんキャラメル」が商品化されたとしても、絶対イオンは扱わないでしょう。なんかベニマル応援したくなってきました。
でもウチの近所はコープなんですけどね。
バナナの特売、たまにやっていますし。
地底人のフィギュア、こんな感じで
http://www.exblog.jp/blog_logo.asp?slt=1&imgsrc=200507/22/58/b0063958_2162958.gif

地底人のフィギュア

①かっわいい!!これいいな♪IKAさんの。

②ずるいずるい~みんなでアイコン見せっこしちゃって~。

③>togetterの書き込み方が判らない!
って!←までつけてるやぁどさんが可愛かったです。
私も全く判らない!!!


デマ飛ばす人って、リアルに会ってる人にも話すのかな。
さぞかし恐ろしい表情で話すのでしょうね。
なんだかコワイ。近寄れない雰囲気ですね。
・・・でもその中に「誰かのお母さん」や「誰かの奥さん」がいるんですよね(しょんぼり)。


あ~はははは!あ~はははは!って明るく笑いながら
こんな下衆な話はできないでしょうから・・・。
近くにいる人が笑わせたげればいいのにな。わき腹でもくすぐって。


私達、デマに鈍感になったんじゃなくて・・・ひよこ鑑定士みたくなったんじゃないかしら!!瞬時に判別!

すごいっ!うまいです!

 IKAさん、絵上手いですね~。カワイイ(笑)。その、「地底人民共和国最高幹部会議」の部屋のドアを開けると・・・。お馴染みの面々がいそうですよね。(イエローさんとかEM菌売ってる人とかベレー帽さんとか、そのペットの犬とか、尊師とか、バカボンのパパとかカビたプリンとか・・いっぱいいて打ちきれないぞ。)仲良く暮らしてね♡

えっ?い、いや

あれは私が描いた訳では…私、絵の才能はからっきしダメで。ゲージツ的センスはすべて兄に持っていかれて、残りカスの遺伝子で構成されています。これは、いしいひさいちのマンガで「地底人」シリーズってのがあって、そのキャラです。
実は地底人は、常に地上を狙う侵略者なんです、が、地上への出口がわからず、侵略できずにいる、それはそれはオトロシイ存在なのです。

朝日新聞で連載されている「ののちゃん」のなかで、時折ののちゃんが持っているぬいぐるみ等として登場しているので、見覚えあるかたはいらっしゃるでしょう。

とんだ誤解を・・失礼しました。

IKAさん、焦らせてしまって申し訳ありません。そうなんですか、いしいひさいちのマンガのキャラなんですね。朝日新聞読まないもので・・・(ずっと読売^^;)。

>実は地底人は、常に地上を狙う侵略者なんです、が、地上への出口がわからず、侵略できずにいる、それはそれはオトロシイ存在なのです。

 へぇ~なるほど。それじゃあ、やっぱりイエローさん達にピッタリかも・・・(笑)。

ルイージさん

こちらこそ、分かりにくかったですね。
いや、私の絵の実力は「絵が下手芸人」クラスですから、ちょっとコンプレックスがあって…過敏に反応しちゃいました。

ところで、今朝の「高校生2人が心臓麻痺」デマ、トゥギャッターでやぁどさんの訂正も入ったようです。
なおみさんの言う通り、デマの見分けは早くなりました。というより、流すのが「地底人民共和国最高幹部会議」の扉の向こうの方々(←ルイージさん、このマンガのイメージにピッタリです。出口の場所も知らないのに「突撃ぃ~!」かますところなんか特に。笑わせてもらいました)ばっかりなんで、もう検証がめんどくさくなってしまって(笑)。

ルィージさん、やぁどさん

あの写真は2009年。 3年前っか、、 笑)
早野先生の写真も3年前位らしいから、、(比べたら失礼かな)
そろそろワンコの写真にでも替えようかな。

やぁどさんのコメも入ったようなので、私の消しましょうか?
一度入れて消すっていうのもおかしいかな。
ここ覘くの、9時過ぎになっちゃうけど。

kakkouさん、

私のが拾われたのも、kakkouさんがコメントしてくれたからです、ありがとうございます。
まあ、このままでもよろしいのではと思いますが。。。

信夫山の麓、祓川の畔

信夫山の麓、祓川の畔にある。山猫軒のウェイティング・バー NYAVANTI(にゃばんてぃ)
抹茶と和菓子セットから、マタタビをオリーブのかわりに使った特製マティーニまで取り揃えてお待ちしております。

営業時間は、信夫山ネコさまの気分次第。

今日も、常連のお客様がいらっしゃるようです。

カラン・から~ん

いらっしゃいませ! なおみ様、ルイージ様。

IKAさまもおいでになっていますよ。

kakkouさま、やぁど様、山田様、お疲れ様です。

さて、今夜は、どなたがいらっしゃいますか?

いつも、こんな雰囲気のコメント欄、最高です。

福島県にかけられた放射脳の呪いが、早く解けますように!

PS.道の駅安達で売っていた「いちじくのお菓子」、売っているお店、誰か知りませんか?
コメントを書いているうちに食べたくなっちゃいました。

No title

山田さん

私は、森繁さんというような大御所でなく。 大月ウルフさん演じる、ファンキーな異国の人が良いかと。 私は、北方モンゴロイドで日本人系列ですが。雰囲気がです。

 福島が過去のメチル水銀、カドミウムなどのモノと違い、その地を離れざをえないくなった方が、ひっそり暮らしていたとの大きな違いがでてきました。 

3/06の17:31の方

どうぞいらしてくださいな。
遠慮なさらずご一緒に!
にこにこしてるだけでも、すごいことを言わなくても
きっと皆さんを大事にしてくれる人ばかりだと思います。

私もいちじく大好きです。生でも煮てもジャムでもドライでも・・・♪
ああ・・・私まで食べたくなってきました。
美味しいの見つかったら教えてください!


omizoさん
>大月ウルフさん
調べちゃいましたよ。omizo塾みたいですね。
幅広く・・・ずいぶん鍛えられました(笑)。
フジ子・へミングさんはお姉さんなんですね。

>福島が過去のメチル水銀、カドミウムなどのモノと違い、その地を離れざをえないくなった方が、ひっそり暮らしていたとの大きな違いがでてきました。

そうでしょうか(にっこり)。
こちらに声を寄せてくださっている方は、県外の方も多いようで
とてもとても励まされています。

2012-03-06(17:31) はあーちゃれんです。

なおみ様、ごめんなさい!
投稿時に、名前が消えてしまったようです。

NYAVANTIは、某FM番組AVANTIのパロディです。(ジェークと取手さんが出てきます。)

いちじくのお菓子は、甘露煮をハーフドライフルーツにしたような感じです。

メイクした顔を見たかった!あーちゃれんです。

No title

>福島が過去のメチル水銀、カドミウムなどのモノと違い、その地を離れざをえないくなった方が、ひっそり暮らしていたとの大きな違いがでてきました。

これの意味は、いろいろな意味で、その地を離れて都市部で生活をしなければ、成らなくなった方々をです。 その方々は、新手な地でひっそり暮らしていました。 そこの出身であることを隠してです。 

今回福島を離れた方の少数?かもしれない。大きな声での意見とは事を異しているという意味です。  いろいろな意味で声を出せなかった人たちとは異なります。 今回の福島から避難した一部の方の声の大きき意見は。

 

甘露煮をハーフドライフルーツ

・・ああ!わかるわかる!
美味しいですよね!大好き!

今回はおいでになれないのですね。
いつかお会いしましょう!

No title

>いろいろな意味で声を出せなかった人たちとは異なります。 今回の福島から避難した一部の方の声の大きき意見は。

はい。本当に声を出せない人・・・には敏感でありたいと思っています。

大きな声を出せる人って・・・少なくともこの一年間、大きな声を出していた人達からは・・・好ましくない同じにおいがします。私の感覚なのでうまく説明ができませんが。

私達も声を出していかなければいけないのでしょうが
特定の人の大きながなり声ではなくて
普通に話している人たちの声が増えて・重なっていけばいいと思います。

同じせりふを強いられるのではなく、普通に思っていることを一人一人が好きなように。

これはまた

マニアックなノリですね。
>omizoさん

大月ウルフはレインボーマンのエレバンダでしたでしょうか。どちらかと言えばメジャーではない特撮物に出演していたように覚えています。エキセントリックな演技が印象に残っているなぁ。
ちなみに私にとっての森繁さんは、「社長シリーズ」の喜劇俳優のイメージが大きいです。それはそれでとっても素敵なのですが。
前エントリの白黒時代の009といい、大月ウルフといい、こういうネタ、大好きです。
えと、真面目な方の話。今回の放射線の影響を、過去の公害病にダブらせる人は多いですね。ですが、omizoさんのおっしゃる側面からも単純な比較はしないほうがいいと思います。
全く知見がなく、その積み上げから始まった公害病と、すでに研究もデータも揃っている放射線の影響は比較できない、とも聞いています。

>あーちゃれんさん
いちじく甘露煮のハーフドライフルーツ美味しそうですね。道の駅安達はよく行くけど、トイレかソバ食べるくらいでして。
今度買ってみます。

>なおみさん
普通の人が、それぞれ思っていることを好きなように話す、本当に当たり前のことが当たり前にできるようになりたいですね。
強く同感。
声がでかい方が勝ちだったら、カラオケで鍛えている方が強いのでは?とも思いますが。

はあ、、、

本日はツイッターの方が忙しいです。

て、まだ全然わかってないんですが、使い方。
例の福高の心臓まひ(最初は心筋梗塞、だったようだけど、まあ麻痺は麻痺だからいいや)でつぶやいたらフォローやらリツイートやら増えて。

それもだいぶ前につぶやいてた「飯館の奇形児を吹聴するK町議」とかのリツイートも多くて、その後の顛末説明するのに追われてました。

うーん、未だに謎ですよ、あのシステム。
そいでもkakkouさんのご尽力のおかげで、福高問題はだいぶ消火できたようです。

…まったく手間掛けさせやがって。

ある日の野比家

のびちゃ~ん!?

のびちゃん、いる?

 (と、玉子、のび太の部屋のふすまを開ける)

あ、ママ・・・。

 (あわてて漫画本を隠すのび太)

のびちゃん、ドラちゃん知らない?
やぁどさんがね、ツイッターの書き込みで困ってるのよ。
それとね、どこでもドア、出してあげて、って伝えてね。
京都に行きたいんですって。

ちょっと、のびちゃん、聞いてるの!?

宿題、ちゃんとやるんですよ!




Twitter

アカウントはとったもののずっとほっておいて、、(訳わからなかったから、、)
御山の柚子さんから「コープ福島のHPの件を早野先生に知らせて!」
その声に応えたのが初めてのツィート。
そして今回も「誰か、、」 やぁどさんの声で、togetterに初めてコメント。
自主性ゼロだな、、私、、 笑)
そして、ここに帰って来てブツブツ呟いて、、
1年前まで福島といえば「温泉にでも行くっか、、」だけの町だったのに、、
明後日はみんなでお茶して勉強会。 何だか不思議な気持ち、、

コープ福島のHPの件って

なあに?よかったら教えてください。

のびたクンのお母さんまで出てきてびっくり!
やぁどさん、よかったですね♪

なおみさん

コープ福島は食品中のセシウム量を毎日計っていて(今はどうなっているか確認していませんが)、それをHPに載せていたんです。 ただ更新した数値を見るには、あるところを「ポチッ」しなくてはいけなくて、、
お忙しい早野先生は、それをご覧になって「消えている」とツィート。 そのツィートを発見した御山の柚子さんが「どなたか早野先生と黒猫先生に<ポチッ>を知らせて!」とKさんのブログ(Maybe Blue)を通して発信。
その後の先生方の活動を考えると、けっこう重要なことだった、、と思います。

コープ福島の食卓調査

kakkouさん、
その節はありがとうございました。
お知らせする術がない私は気をもむばかりだったので
本当にありがたかったです。

私は相変わらずツイートの海に漕ぎ出す勇気もなく
毎日あちこち眺めては感謝したり怒ったり共感したり涙したりしています。


なおみさん、コープふくしま・陰膳方式食卓調査の
最新情報はこちらです。
http://www.fukushima.coop/kagezen_news/kagezen/index.html


トップページからスイッとたどり着けないのがちょっと・・・で
しかも更新されるたびにページが変わるので
ブックマークしてくださっていた先生がたがアクセスできなくなり
削除されたと思っておられていたのを、
kakkouさんが道案内してくださったのです。

長いので、急ぎの方は読み飛ばしを

という訳で、妄想シリーズ~法律ですから!編

「T先生!お帰りは私がお送りします!どうせなら新幹線の駅までお送りしますよ」
地方の講演会が終わり、主催者の一人P君が声をかけてきた。
「ああ、それならお願いします」
到着以来、P君のおしゃべりに辟易していたが、この際、車内で次の講演の約束を取り付けてもいい。この間の「5ミリシーベルトで大丈夫」発言が拡散して以来、さっぱりになった仕事を、これ以上これ以上減らすわけにはいかない。じゃなければこんな田舎まで講演になんか来るものか。
「いやぁ、ありがたいですね」
私は内心を見せずに「やさしいお父さん」の笑顔で答えた。この一年で 磨きがかかったテクニックだ。

P君は私のブログの信奉者。いや、もはや信者といってもいいかもしれない。先が見え始めた今、利用できるものは利用して、稼いでおかなくては。次の「噛みつく」ネタが見つかるとは限らないのだから。
「T先生、顔色が悪いですね。疲れがたまっているんじゃないですか」
「ああ、まだまだ多くの人に放射能の恐ろしさを知って欲しいからね」
以前ほど忙しくはない、単なる見栄だ。でも確かに体調は良くはない。次の講演のことなど心配せずに、休むべきなのだろうか。
「じゃ、よろしく」
私が彼の車に乗り込むと、彼は周囲の確認を始めた。乗り込んだら乗り込んだで、安全点検、指差し確認。免許とりたてか?少し不安を覚える。
「キミ、車の運転は…」
「ああ、みんなに不気味がられ増すけど、慎重なだけです。ルールを守らないと気がすまない性分でして。だから先生の『何がなんでも法律を守って1ミリシーベルト』に賛成なんです。大丈夫、安全運転には定評がありますから」

確かに事故など起こしようがない運転だった。なにせ見通しのいい田んぼ道でも一時停止する律儀さなのだ。
「キミ、もう少し…」
「先生はあそこまでおっしゃるんですから、さぞ私生活でも法律を守るんでしょうね」
なるほど、彼は自分が話すことに夢中で人の話は聞かないタイプか。この車に乗った事を後悔し始めた。

その時、私の胸を経験したことがない痛みが走った。まずい、何かの発作か?
「P君、すまないが駅ではなく病院へ向かってくれないか」
絞り出すような声で頼むと、さすがに彼も私の様子が尋常ではない事に気付いたようだった。
「大丈夫ですか?わかりました、すぐにむかいます」

病院への道のりを、激しい痛みに耐えながらたどる。まずい、本当にまずい。早く、早く病院へと思いスピードメーターを見ると彼はしっかり制限速度で走っているではないか!
「キミ、もっとスピードを…」
「例え緊急時でも法律は法律ですから。先生ならわかっていただけますよね。あ、歩行者が道を渡るみたいだ。」

私は、怒鳴りつけたかったがもう声も出せなかった。
唯一助かったのは、おしゃべりな彼がなにも話さなくなったことだけだった。

「それでですね、先生。やっぱり法律を守ってこそ…あ、下校時間だから子供達がいっぱい歩いてますから、ちょっと徐行します。それでね、先生…」


すいません、長くなりました。

山田さん

>コメント欄に書いてある、コープのホームページのある場所を
 ポチッの部分の「ある場所」とは何ですか?

http://www.fukushima.coop/info/important/detail.php?d=75d9f8903bfdd803a3bb8512703a99e9e7804188

↑の画面は、更新されると消えてしまいます。
左側の「重要なお知らせ」部分を「ポチッ」すると更新画面が現れる、、ということ。

「ある場所」とは「重要なお知らせ」です。 国語のテストみたい、、 笑)

IKAさん

この後、T先生はどうされたのでしょうね~、、 
ご自分の間違いに気付いた、、 訳ないかな、、

No title

大月ウルフさんはレインボーマンのエレバンダでしたね。  ぶったまゲタです。牧師さんを演じるときと、ギャップが。

やぁどさん。京大にはいろいろな人がいますから、面白いですよ。 今中さんは、大阪府熊取町ですよ。 京大の原子炉があるところ。 関西で京都府以外に原子炉があるところです。 実験用炉ですから、燃料棒のU235比率は90%でした、現在は20%のものを使用です。使用後の燃料棒は米国が引きと取る。 これも2025年までの契約ですから、それ以後は・・・

No title

南方モンゴロイドは日本の先住民ですからね。 3万年前に千島から北海道対馬から本州、九州から屋久島まで、朝鮮半島、サハリンから陸づたいに歩いて来た人たちにです、1万年前までは、氷河期の終わりごろまで、海水面は低く陸づたいで来れたわけです。 北方モンゴロイドがわたってくるのは、もっとあとですから。 


大声で、避難という方に、下記の歌詞を捧げます。

「しね しね団のうた」
作詞:川内康範  作曲:北原じゅん 

唄:キャッツアイズ、ヤング・フレッシュ 

歌詞の掲載は、大月ウルフさんを敬愛する私でも、さすがに自主規制です。 

早川さんは、平田昭彦氏のマッドサイエンティストの足元にも及びませんが。MrKにも及ばず。

T先生のその後は?

>山田さん
>kakkouさん
つまんない話に喜んでいただいて嬉しいです。
K先生のその後は?
おしゃべりのP君の声は先生に聞こえていない。
でも本当はおしゃべりを続けている。
と言うことは…
後はご想像にお任せします。

>omizoさん
ぎゃははは!そうそう、しねしね団ですよね。
彼らの目的はとにかく日本人全滅。理由はボスの個人的怨みでしたか、確か。
「くーろいくろい…」ってつい歌いそうになってしまった!(おっとっと、自主規制)
なんたって作詞は月光仮面、いや、世間一般には「おふくろさん」で森進一にダメ出した耳毛のおじさん、ですから(いや、本当はすごい人だと聞いています)。

>早川さんは、平田昭彦氏のマッドサイエンティストの足元にも及び ませんが。MrKにも及ばず。

いや、まったくその通りですね。
早川はサイエンティストを取ったただの「マッド」ですかねぇ(少なくとも放射能に関しては)。
今度はH先生が登場するネタでも考えようかな…。

kakkouさん・ 御山の柚子さん

お手数おかけしました。ありがとうございました。
わかりりました。

山田さん
>ネコさん、「あの人は今・・・」シリーズも如何でしょう~^^
なんか私達・・・昭和くさいかも!!

>ネコさん、妄想シリーズを製本して売り出したら、やぁどさんの京都までの運賃代金稼げるかも・・・^^。

ホントにねえ(IKAさんの作品に心底感心)。
そうだわ!いいこと考えた!
私達に寄付金集めは無理だからIKAさんに稼いでもらおう♪
ありがとうIKAさん!!!

そういえば・・・T氏がまた何かを言ってるって、私知らなかったでしょう。
知人に聞いてみたら、全国に瓦礫を分散させたらこんなに危険って言ってとか。
でも、その元になる計算が「もしも瓦礫を食べたらそうだろうよ・・・」みたいな風になってるってほんと?
ドクタースランプのがっちゃんを思い出しました。

omizoさん
>しね しね団のうた

きゃあ!これうっすら覚えています。怖かったから。
あらためて調べてみると・・・これまた子ども向けと侮れませんねえ。
そして予言のような。

ガレキって、美味しいのかな・・。

私、歯が悪いからガレキは無理かな・・。

今、ひまわり先生の所からKさん?のブログに飛んで読んでいたんだけど・・・。まだまだ、あんなふうに絡んで来る人が後を絶たない状況は疲れるだろうな・・と思いました。Kさんの前にブログ友達の所にも行ってましたが、そこにも「放射脳」の長ったらしい持論がダラダラと書かれていて、ブログ主が同調意見を書くまでシツコク書き込んでいたのを見て、ゲーーーっと思いました。
そういえば、いつだったか、まだ、ぬま○全盛期の頃、ぬま○のコメント欄に、何故かIKAさんのミュンヒハウゼン症候群のコメントの件が書き込まれていて、気持ち悪ーーと思ったものでした。あぁいう書き込みをする人が大発生して、変なブログを拡散するので、余計に、ドン引きしたものでした(←既に過去形)。
私は、初期の頃にメジャーになっていた人々の経歴や主張することの根拠などを検索するだけでくたびれ果てたので、こちらでネコさんがなさっているような、地道な検証作業はギブアップです(汗)。
ネコさんやひまわり先生などブログに集う方のコメントを信用して読んでいますので、それだけで十分ですけどね^^


そういう訳で、そうかーー武田のおっさんねぇ・・もぅ最近は
「ネタですか?」と思うようになって、本気で検証・検索する気は、はなから無くなり、少々の新ネタを聞いても素通りできるようになりました!!ガッツ^^



No title

福高の心筋梗塞の件、ここの方がデマ消火に関わっていたんですね。お疲れ様でした。
初めにあのツイートを読んだ時、伝聞の伝聞で「またか」と思いました。その時はまだふたりで、ある方が「有意水準5%の検定力は0.78なのでふたりだと間違う可能性がある?(通常は0.8で、これを超えると偶然とは考えにくい、となるようなのですが、ググっても学がないせいか全く理解できませんでしたorz どなたかわかりやすく教えていただけると助かります)」とツイートされてました。その時「もしかすると、ひとり増えるかもしれないな」と思っていたのですが、まとめを読んだらホントに増えてて笑いました(笑い事じゃないんですけど)
残りのひとりは東稜高校の生徒との事ですが、これも否定するツイートが流れてきました。もしかして、これもここの常連さんなのかな?→http://goo.gl/q1tSg
今回の件に限らず、誰かが病気になれば放射能、亡くなれば放射能というモラルの低さ、そして自分に置き換えて考えられないところが本当に残念です。そういう方々がなぜ放射“脳”となぜ呼ばれるのか?こういう流れ、騒ぎを見る限り、呼ばれても仕方がないだけの理由は十分あると思います。

omozoさん、なおみさん

今中先生は今月末に福島に来るので、お逢いできそうです。
なのでとりあえず今のところ、私への募金は不要のようです。

「反原発の旗手」の一人として知られる今中助教ですが、僕はかなりフラットな人ではないかと感じています、反原発の中では。
去年福島に来た時の「夏にプールに入っても良かったのに」発言は、ジェネラルネコ様も触れてましたよね。
1月にトンデル氏と来た時も「福島で暮らすには」と言うことを何度も言ってました。

安斎育郎先生だって、日本の反原発学者の草分けのお一人です。
こうした人たちのコメントって、今悩んでいる人たちも受け入れやすいのではないか、と思うんですよね。

ひみちゅの勉強会、いよいよ明後日(日付的にはあした)ですね。
「リスクコミュニケーション」を中心テーマにした勉強会って、これまでなかったと思うんですよ。
ここで私たちが得ることで、一人でも多くの福島県民(現在避難中の人も含め)の悩みを取り除いて、健康被害を防ぐことができればいいなあと切望しています。
参加者の皆さん、よろしくお願いします!

追記

まとめの説明によると、三人目は南会津の生徒、という話もあるんですね。そうなると、もう信夫山は関係ないし、それでなくても会津は線量低いのに。もしかして転校生って事?とてもブログまでは読む気がしないので、なぜ南会津の生徒が出てくるのかわかりませんけど。

>ガレキって、美味しいのかな・・。
 私、歯が悪いからガレキは無理かな・・。

山田さんのフレーズ、笑ってしまいましたよ。 
で、思い出したんだけど、昨日、もう読まないので武田師の本、amazonで売るか、、
と思ったら、100円だって~ (原発事故残留汚染の危険性)
拡散するのも、ちょっと罪だし、今後のこともあるので売らないことに、、

ゆ さん、ありがとうございました。

・・って、私はただ頼まれただけなのでしたが、当事者気分で、、
プー太郎さんのツィート、とっさにリツィートしてしまいました。
やぁどさん、すみませんでした。 では。

ゆさん。

南会津って何ヶ月も前にどっかで見た話(イエローんトコかな)のような気がします。
もうデマだらけでこっちも整理しきれないけど。
確か避難した生徒と言う書き方じゃなかったんじゃないかな。
目にした瞬間に「ケッ」と思ってそのまま無視してたような記憶がある、遠くに。

今回の「福島市の高校生~」デマにくっつけるには無理な話では、と思います。

デマ+デマはくっつけやすいのかな。。。

ブログ記事の紹介有り難うございました

2009年のインフルエンザ騒動で「こんなにリスクコミュニケーションで疲れるのは人生一度きりだろう」と思っていたのですが、甘かったので、この先のことも含めて、きちんと考えようと思っています。

勉強オフ会はやぁどさんとなおみさんが色々と手配して下さって、昼10人、夜20人くらいの勢いになりそうです。

IKA さん、前の記事で戴いたコメントですが

>私は事故後数ヵ月、kikulogにずいぶんお世話になっていたんですが、その時盛んにご質問をされていた女性生物学者がいらっしゃった事を覚えています。たぶんbloomさんですよね。

ホルミンシスの記事の件ですよね。確かに何度も質問させて戴きました。
個人的にはホルミンシスも否定出来ないと考えていますが、生物学はブラックボックスの部分を意識しなくてはいけないので、なるべく多様な情報を集めて(ただし科学的に信頼性のある手法で得られた情報に限定)、様々な仮説を立てて考える必要があると思います。

信頼出来る科学者の上位に野尻先生・早野先生など物理系の人や、菊池先生など統計分析系の人が入り、生物学や医学の人が下になるのは、線量は絶対的な数値であり、その線量による健康被害は幅を持った数値だからでしょうね。

私がブログ記事を書く上で、リスクの幅を考えるために kikulog 他で情報収拾をした訳ですが、現時点ではチェルノブイリ膀胱炎はその振れ幅の中には入れられない異論です。
心臓マヒは放射能では起こせないし、福島から関東まで拡がる鼻血騒動も「この地点で鼻血が出るくらいなら、あの地点では死者が出るはず」といった理論で否定されます。

そこら辺の思考の過程も記事にしてみたいとは思っているのですが、まずは9日のオフ会で皆さんにお会い出来るのを楽しみにしています。

「ケッ」・・・(笑)

 やぁどさんの
>目にした瞬間に「ケッ」と思ってそのまま無視してたような記憶がある

 が何故かツボに入りまくって笑いました。そうそう、なおみさんが言うようにひよこの選別並みにデマを見分ける眼力が養われましたよね。

 IKAさん

>なんたって作詞は月光仮面、いや、世間一般には「おふくろさん」で森進一にダメ出した耳毛のおじさん、ですから(いや、本当はすごい人だと聞いています)。

・・・これにも腹筋が崩壊しました。いや、私もあんなにカッコいい耳毛のおじさまを見たのは初めてで、衝撃でした。意図的に伸ばしていらっしゃったとか・・・絶句。

 で、今日こんな記事を見つけました。

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120308/dst12030800150000-n1.htm

 レーザーで除染かぁ~。商品化できると良いですね。頑張れ。
 

きょうは

妄想なしで(もうヤメロ!と言われないよう)。

>なおみさん
武田のオッサンは私が言い出しっぺなのでついでに。
内容はこのトゥギャッターを見ればいいかと。
(ブログのリンクなんかしてやるもんか)

akiratvさんまとめ
武田邦彦氏のブログの瓦礫問題に対する個人的反論
http://togetter.com/li/265954

なおみさんが言ったように廃棄物と食品の基準をごっちゃにしていたり、焼却灰の基準である8000ベクレルを瓦礫の総量に掛けていたり、相変わらずのいい加減っぷりですね。
この人は例の「5ミリシーベルトで大丈夫」発言の通り、「わかっていてやっている」人です。環境問題も(たぶん)生物多様性問題もその他すべて、「少数派(特にエキセントリックな感じ)の意見」を肯定して「その筋の権威」を気どります。だって、まともな専門家は絶対そんなこと言いませんから、「大学教授」のお墨付きが貰えるなら、もうチヤホヤでしょう。
市民運動業界(←あえて言います)の隙間産業ですね。

あ、私のネタ、お褒め頂きありがとうございます。でもカネにはならないでしょう。パクり多いし。

>山田さん
他のブログには時折まだ反論?が来るみたいですね。
でもここにはほとんど来ない。なんで?コメントの多さに恐れをなしているのかな。よく読めば私のバカコメントなんかツッコミ所満載なんですが。

>ゆ さん
福島県民の知らない福島のうわさ、結構あるみたいですね。
「阿武隈川に汚染土が不法投棄されている」とか「火葬場が足りなくなるくらい人が死んでいる」とか。

このあいだ聞いたのは「警察が着ている防護服は、階級によってグレードの差がつけられている」(プッ…)と「異常を持って産まれた子供のための施設がつくられた」(これは笑えない)です。
この話をしていたのが警戒区域から県内で避難されている方。
県内の人は「んなことあるわきゃねーよ」で済むんですが、現地の状況わかんない人が聞くと、ちょっと怖いですね。
おそらく、地域コミュニケーションを失った人は、顔馴染みの人がいないことで「安心の共有」ができないのかな?なんて思いますが。
だから不安感が日々蓄積して、圧力あがりきってからベントしてしまうのかも、なんて考えちゃいました。

>やぁどさん
ECRRが思ったより浸透しなかった理由は今中先生の「クソミソ」発言が大きかったように思います。
わからないことはちゃんと「わからない」って言いますし。
あえて言うなら、週刊誌辺りに(しばしば恣意的に)引用されるレポートや発言には、慎重に対処して欲しかったですが。

安斎先生はもうちょっと情報発信して欲しいですね。福島には縁のあるかたですし。

>bloomさん
Kikulogでの印象は「熱心な学生さん」でした(笑)。
内容が、ではなく(内容はほとんど理解できませんでしたし)その「学ぶ」姿勢が、です。
ちなみに今でもbloomさんのイメージは(かなり)若いです。

>ルイージさん
レーザーの記事、本当に実現したらいいですね。
でも、記事読んだんですが原理がわかりませんでした。
ウーン、誰か詳しい人いないかな…。

ひみちゅって・・・

なんか可愛い♪

>akiratvさんまとめ
をちらっと拝見したのですが、ツイッターの後のコメント欄ですか?あそこの量がぐっと少ないですね。世間の反応のボリュームがなくなってきた。おばちゃんは、量・かさで世の中を瞬時に判別するのです。

それと、ネコちゃんのアイコンを使っている方は
好ましい方が多い気がします。偶然でしょうか?不正義軍???


>隙間産業
にっちにっちにっち♪って繰り返し唱えると
うきうきしませんか?


>他のブログには時折まだ反論?が来るみたいですね。
でもここにはほとんど来ない。なんで?

私もこれ不思議に思ってました。ネコさんが結界を張ってる?
誰か黒幕がいる?
でも幸せなのでいいです。


>不安感が日々蓄積して、圧力あがりきってからベント

これは・・・よくないでしょうね。
我慢って、自分で決めてしちゃうこともあるので・・・。

「心のケア」と称して処方される、睡眠薬・抗うつ薬に注意してください

中川先生の言うとおり、福島では放射能起因の発がん、健康被害は出ないでしょう。

一方、避難に伴うストレスや、一部の学者やジャーナリストにより捏造、扇動された放射能恐怖からくる健康被害は激増することが予想されます。

しかし、皆さんがほとんど気づいていない予想されうる健康被害が存在します。

それは、精神科処方薬(睡眠薬、抗うつ薬などの向精神薬)による健康被害や自殺です。

おそらく福島では、「心のケア」と称して、精神的に参ってしまった人への精神科受診が促進されているはずです。避難所などは特にそういった活動が盛んだと思います。

そして精神科に行けば、放射能恐怖で眠れない人には睡眠薬、大切な人を亡くして気分がふさぎ込んでいる人には抗うつ薬が処方されます。これらの薬は常用すると大変な健康被害を被ることに繋がります。中枢神経に作用する向精神薬の常用は、低線量被曝による健康被害リスクを遥かに凌ぐリスクを背負うことになります。私は向精神薬被害者の一人として、この事実を断言します。

例えば、不眠や不安で精神科を受診した場合に処方される薬は主にベンゾジアゼピン系睡眠薬/抗不安薬です(マイスリー、デパスなど、ベンゾジアゼピン系でないものもありますがどれも類似の作用をします)。そして、ほとんどの精神科医はこれらの薬を「長期服用して安全な薬」と言って処方しますが、実はこれらは依存性薬物で、数か月の常用で簡単に薬物依存になります。これまたほとんどの精神科医は「処方量では依存は起こらない」と言いますが、これも大ウソです。今、日本中に常用量依存(薬物依存)で苦しんでいる人たちは山ほどいます。断薬した時の苦しみは、違法ドラッグや麻薬の禁断症状(離脱症状)と何ら変わりはありません。

また、睡眠薬で得られる睡眠は自然な睡眠とは全く異なり、ノックアウト型と呼ばれ、謂わば気絶です。睡眠薬を常用している人は毎晩軽い気絶をしていることと同じです。

当然、そのような気絶型睡眠では免疫力を損ないます。“発がんリスク”も増大します。
http://www.healthdayjapan.com/index.php?option=com_content&view=article&id=3617:201235&catid=49&Itemid=98

発がんリスクだけでなく、寿命も縮めます。万病の元です。
http://www.xinhua.jp/socioeconomy/politics_economics_society/291508/

考えてみたら当然ですね。薬物依存やアルコール依存患者が慢性疾患を発症しやすいのと同じですから。神経系統の難病を発症する人には向精神薬の副作用が関与しているケースがよくあります。

向精神薬の副作用に詳しい浜六郎医師も今回の被災者、避難者への安易な薬物投与に警鐘を鳴らしています。
http://medical-confidential.com/confidential/2011/04/post-226.html

(引用開始)
一方、被災者の中には、不安や寒さで不眠となる人がいる。そのため睡眠剤が処方されているが、安易な睡眠剤や抗不安剤、抗うつ剤の開始で、依存症になる危険性を考える必要がある。被災による不安があっても、安易な使用は極力避けるべきである。
 大切な人を失った悲嘆に抗うつ剤や抗不安剤を使ってはならない。抗不安剤・睡眠剤は、免疫を抑制し、感染症も起こしやすくする。また、睡眠剤の使用でうつ病罹患が2倍になる
(引用終了)

あと、向精神薬の副作用で最も危険なものが“自殺”です。日本では10年以上、自殺者3万人越えですが、多くのケースに精神科処方薬が絡んでいます。自殺した有名人などほとんどもれなく精神薬を常用しています。タレントの上原美優さんや元プロ野球選手の伊良部秀樹さんなどです。

例えば、うつ状態によく処方される抗うつ薬パキシルの添付文書を見てください。
http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/1179041F1025_2_25/

使用上の注意には「自殺念慮又は自殺企図の既往のある患者、自殺念慮のある患者[自殺念慮、自殺企図があらわれることがある。]」と明記されています。

私は兵庫県在住ですが、 二本松市から避難されてきた方が、精神科医の薬物治療を受けた後、自ら命を絶っています。
http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/0004865188.shtml#main

阪神大震災での「心のケア」でも同様の現象が起きたと言われています。

マスコミは向精神薬の自殺リスクにはほとんど触れません。製薬会社のスポンサーを受けているからです。

福島で放射能関連で健康被害が出るとしたら、それは、避難ストレスやデマによる放射能ストレスからくる健康被害だけじゃなく、「心のケア」と称する向精神薬薬物療法による、発がん、慢性疾患、自殺の増大です。

このリスクは侮れません。

中川先生によると、福島では子供も含めて精神科受診が増えているとのことです。ここに集う皆さんも、周りに精神科受診を考える人がいたら、向精神薬のリスクを伝えていただければと願っています。

長々と失礼しました。

No title

http://blogs.yahoo.co.jp/taddy442000/33157235.html
うろうろ先生のところで、抗うつ薬の売り上げ増加と自殺者『激増』は一致してないと思われますが?
のコメント欄参照ください。

No title

今中さんのは

まとめ
􀂄􀂄 ECRRのリスク評価は、「ミソもクソも一緒」になっていて付き合いきれない.
􀂄􀂄 ECRRに安易に乗っかると、なんでもかんでも「よく分からない内部被曝が原因」となってしまう.
􀂄􀂄 湾岸戦争でのDU弾使用とその後のバスラ住民の「健康悪化との相関関係」に関するデータはたくさんあるが、「放射線被
爆との因果関係」を示唆するデータはほとんどない.

http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/seminar/No99/imanaka041215m.pdf

今中先生は小出先生を止めないの?

小出先生は頭の中がECRRに汚染されてますけど・・
一緒に「熊取六人衆」などと持ち上げられていますけど・・
以前からずっと気になっています。

抗うつ薬の副作用の議論に関して私はそれほど知識はありませんが、心療内科に時々通院している身としては、30秒診療で薬を大量に出すような医者が結構いるな・・という実感はあります。

そしてニューズウィークの「抗うつ薬は偽薬でも結構効く」「カウンセリングの方が効果的な症例も多い」「医療機関に通っていることで自分を労ったり、周囲に配慮してもらえることが回復の主要因かも知れない」という分析記事には結構納得しています。

放射脳にやられ、薬を盛られ、無駄なサプリメントや医療費を絞られている人がいるとしたら、カウンセリングの方が良いと思います。

家族を亡くしたり避難生活に苦しんでいる人にも、薬ではない援助が必要でしょうね。

それが何なのかハッキリしませんが、そういう人の声は聞いていきたいと考えています。

追記:明日は妄想話でも盛り上がりそうですね。

No title

>山田さん
>omizoさん

22:23でコメントした者(モー)です。

まず私は以前からこのブログを応援している者です。匿名で何度か投稿したことがあります。決してあらしではありません。福島の人を思っての投稿であることをご理解ください。

抗うつ薬と自殺の相関については諸説ありますが、この方のブログを読んで考察いただければと思います↓。

「日本の自殺者が多い本当の理由」
http://ameblo.jp/sting-n/entry-11040613133.html

「死者から学ぶべきもの」
http://ameblo.jp/sting-n/entry-11186938660.html

このブログ主は奥様を精神薬の多剤処方による中毒死で亡くされ、現在裁判係争中です。マスコミからも非常に注目されています。「精神医療被害連絡会」という組織も立ち上げ、精神科処方薬による自殺、中毒死、処方薬依存問題にも取り組まれています。
http://seishiniryohigai.web.fc2.com/seishiniryo/index.htm

身内の悲劇をきっかけに、医師顔負けの勉強をしており、事実、精神科医、薬理学者からの学問的アドバイスも受けています。

ブログにも書かれていますが、元々、自殺傾向のなかった人たちも、精神薬の服薬により、「死にたくなった」というのはよく聞く話です。上述の「精神医療被害連絡会」に多数寄せられる生の声です。

パキシルの添付文書には以下のような記述もあります。

「不安、焦燥、興奮、パニック発作、不眠、易刺激性、敵意、攻撃性、衝動性、アカシジア/精神運動不穏、軽躁、躁病等があらわれることが報告されている。また、因果関係は明らかではないが、これらの症状・行動を来した症例において、基礎疾患の悪化又は自殺念慮、自殺企図、他害行為が報告されている。患者の状態及び病態の変化を注意深く観察するとともに、これらの症状の増悪が観察された場合には、服薬量を増量せず、徐々に減量し、中止するなど適切な処置を行うこと。」

前半部分は明らかに副作用です。因果関係は明らかでないとされながらも、それら副作用を呈した患者に自殺念慮、自殺企図、他害行為が出現したことが報告されています。

被害者から特によく聞くのは、アカシジアを起こした時に死にたくなるということです。アカシジアは重大な副作用です。そこから自殺念慮、自殺企図が出てくるということは、これも立派な副作用ではないでしょうか?

人智の及ばない中枢神経に作用する薬剤の副作用は単純あるいは単一のメカニズムでは説明できません。そもそもSSRIが仮説通りに正確に脳内で作用しているかどうかさえ怪しいのですから。

あと現代精神医療で深刻な問題は多剤処方です。↑のブログでもよく言及されていますが、併用による相互作用で、自殺リスク、中毒死リスクは相加的に増加している可能性がるようです。

また、精神薬は止めるに止められなくなってしまうことを、医師は軽視しすぎです。この心身の苦しさはハンパではないです。断薬時にも自殺念慮は出てきます。

ベンゾジアゼピン(睡眠薬・抗不安薬)依存問題にしても、その有害作用に詳しいのは被害を体感した患者です。福島の健康被害リスクには、間違いなく精神薬リスクが隠れて存在することを、被害者として知って欲しいのです。

おばんです。

久しぶりに来てみたら、
なんか香ばしい感じのかたがいますね。

不幸な目にあわれたのかもしれませんが、
それを拡大して一般化するのは、
いかがなものかと思います。

薬がすべて悪いと言うなら、
不眠やうつは気合いと根性で
治すしかないですかね。

冗談はさておき、
抗うつ薬の問題はなかなか難しいものがあります。

そもそも今の操作的診断基準が、
薬物治療が主体となる内因性うつと
精神療法を主体とするべき
抑うつ神経症などの心因性のものを
ちゃんと区別してませんしね。

確立した客観的な検査法があるわけでないので、難しいところなんですが。

また、安易な薬物療法を助長する要因として、人手の足りなさとか、数こなさないとペイしない診療報酬の問題とかありますからね・・・

浜さんに関しては、
論文を書いて主張するぶんましではありますが、
本質的には肥田氏と同類だと思います。

No title

>福島の医師さん

例えば、福島でも多数処方されているであろう、ベンゾジアゼピン系抗不安薬・睡眠薬の断薬後の離脱症状(禁断症状)はどれくらいの期間で消失すると考えていますか?

おばんです。

ネコさんをさしおいて
僭越ではございますが、
ここは放射能デマをテーマにしている
ブログですから、
向精神薬の問題に関しては、
他所でやられた方がよいのではないでしょうか?

何やら、
放射能問題にかこつけて、

自分達の『運動』に一般人を
取り込もうとする『活動家』と
同じような感じに
見えなくもないんですが?

No title

福島ではしきりに「心のケア」が叫ばれているはずです。
その心のケアとは、精神医療とイコールに近いはずです。

精神薬の健康被害リスクから目を逸らすことは、福島の方の健康被害リスクからも目を逸らすことにもなります。

精神薬リスクを訴えているのは浜先生だけではありません。

これまでレスして頂いた医師の方は、もしかして、ベンゾジアゼピン系抗不安薬・睡眠薬を処方するときに、患者に依存性薬物であることを説明しないのでしょうか?離脱症状(禁断症状)の持続期間についての質問にも答えてくれないのは残念です。

この問題で多少の議論があってもいいはずです。発がんリスクが上がる可能性もあるのですから。

浜さんは論外ですが

タミフル騒動でもトンデモぶりを発揮していましたね。

でも抗鬱剤を含めて薬の副作用は考慮すべきなのでモーさんの心配も分かりますが、このブログは薬効そのものの議論をする場ではないという点で、この辺にしておきましょう。

ちなみに私は心療内科の医師は3~4人お会いしていますが、納得してお付き合い出来るのは1人だけですね。
某医師は「私は仕事上のトラブルで悩んでいる。不眠に関しては入眠剤が欲しいが、トラブルを根本的に解決するか自分の考え方を改善するなどして乗り越えたいのでカウンセラーを紹介してくれ」とお願いしたのに、「この薬を飲んだら面倒なことを考えなくて済むようになるから」と抗鬱剤を大量に処方され、「悲しい時に悲しいと感じるのは当たり前だ、それを悲しいと感じないようにする薬が欲しい訳じゃない」と反論したら「攻撃的なアナタは鬱ではなく躁鬱だ」と診断を急に変えたのでもう大ゲンカですよ。

福島でもそういう処方をされている人はいるのかな。
放射能騒動で悩んでいるのに「これを飲んだら放射能なんて平気になりますから」とか言われたりして・・

思い詰めた人を笑うのは簡単だけど、気持ちを楽にしてもらう方法はあるのでしょうかね?

カルトの脱洗脳のプロセスはある程度確立されていますが、放射能騒動ではあまり聞かないです。

さて今日です。

いよいよ勉強オフ会。
楽しみにしております。
参加の皆様よろしくお願いします。

>bloomさん。

> カルトの脱洗脳のプロセスはある程度確立されていますが、放射能騒動ではあまり聞かないです。

そうなんですよねー、カルトなら「まず引き離す」なんですが。
さしずめ「まずパソコンを取り上げる」かな。
今日の会がヒントになってくれると思います。

やぁどさん

やぁどさん

7日朝にメールを送信したつもりなのですが、確認していただけないでしょうか。
9日の会合、先約があったのであきらめていたところ、何とか都合がついたので参加させていただけないか、との趣旨です。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

>モーさん

 忙しい朝にちょっと話しただけですし、私は薬に関しても全くの素人なので、そんな者が意見を言ってもどれだけの意味があるのか・・・と思いますが言わせて下さいね。

 夫は製薬関係の仕事をしているので、精神薬の副作用について質問してみました。確かに副作用として自殺のリスクはあって、それはちゃんと明記されているという事でした。でも、福島の医師さんが仰っていましたね。

 >薬がすべて悪いと言うなら、
不眠やうつは気合いと根性で
治すしかないですかね。

 という事だと思いますよ。例えが悪いかもしれませんが、予防接種の副作用リスクと同じだと思います。鬱の症状がある人に対し、病気そのものから自殺の心配があるとして、それを抑える為に薬を使うメリットと、全ての人に決まってでるものではない副作用としての自殺のリスクをどう受け取るかですよね・・・。

 私は以前、流産した経験があって、それがきっかけで鬱症状がでた事があります。その時初めて睡眠薬を処方されました。自分でも意味が分からない事をペラペラ喋っているかと思ったら、突然涙が出てきて長い間泣いたりしました。人がいる前で。それを気合いで治せたかと言うと・・・そんな自信は無いな。治ったのは時間と、周りの人の理解と見守り、そして薬のおかげもあると思います。あの時期、夜ぐっすり眠れたということは非常にありがたかった。

 今朝もニュースで仮設住宅の孤独死が取り上げられていました。私もモーさんと同じ兵庫県民でしたので孤独死の問題はことさら心配しています。不眠や孤独死を心配するあまり、薬が乱用されるというのはあってはならないとも思います。だけど、薬で助かる命があるのも事実です。

 このブログは信夫山ネコさんや、それに共感したたくさんのネコさん達によって支えられています。それはデマによって心を傷つけられないように、必要なかった心配や不安の為に命を落とすような事があってはならないと、それが大前提であって、モーさんもそれは十分にお分かりの事だと思います。

 遠くに住む者として、温かく見守る。これが一番私達にできる事です。
(ひまわり先生のところで紹介されていた大越キャスターの言葉です)

 

 

予定通り福島に向かっています

鈴木小太郎さん、夜の部は余裕があるそうなので、当日参加OKだと思います。

皆さんやぁどさんに実名を連絡した上での参加なので、そこだけ守って戴ければ大丈夫です。

新幹線の中でやっと福島のガイドを見る時間が出来たのですが、信夫山って意外とかわいいんですね。
福島に一泊するので明日、天気が良くなったら行ってみようかな。

絶対に行くつもりなのが、飯坂温泉のホテル聚楽です。
子供時代から「聚楽よ~ん♪」が気になってしょうがなかったので、この機会は有り難いですね。
あとは酒造見学でも行きたいのですが、そこら辺の情報は今晩のオフ会で仕入れようかと思っています。

bloomさん

先ほど、やぁどさんからご連絡をいただきました。
夜の部に参加させていただきます。

No title

>「悲しい時に悲しいと感じるのは当たり前だ、それを悲しいと感じないようにする薬が欲しい訳じゃない」


うんうん。


>それを気合いで治せたかと言うと・・・そんな自信は無いな。治ったのは時間と、周りの人の理解と見守り、そして薬のおかげもあると思います。あの時期、夜ぐっすり眠れたということは非常にありがたかった。


うんうんうん。


きのうばたばたしていたら、何か大切なお話をされていたようですね。
昼の部、無事終了しました。
来てくださった皆さん、ありがとうございました。
後ほどメールでご挨拶いたします。

時間が足りませんでした。
都合がつかなかったみなさんにも会いたかったな~。

No title

なおみさん

お疲れさまでした。夜の部にも参加されているのかな?。私もなおみさんやKakouさんや、コメント欄でお会いする方々にお会いしたかったです。いつかきっと福島へ旅行に行きます。

No title

勉強会参加の皆様、お疲れ様です。
夜の部は今頃盛り上がっているのかなー。

もうちょっと若い頃なら(笑)しのごの言わずバイクで何処へでもかけつけたもんなんだけどなあ、と自分のデブ症もとい出不精を恨めしく思いつつ、年度末の忙しさに追いかけられております。

そういや去年の今頃もすごく忙しかったんだよなあ・・・・。
震災の時も、二月からほとんど休み無し、3月いっぱいは休めないかもって状況だったんだよなあ、なんて思い出してました。

自分にとっては、とても長い一年でした。
辛い時期を支えてくれたこのブログに集う皆さんに、お会いしたかったです。

No title

コメント欄を読んでください。

http://blogs.yahoo.co.jp/taddy442000/archive/2011/11/11

抜粋

依存するほどの期間と量のときは、その説明をします。極力避けますが。

不安神経症にもタイプがあります。
大別して、本人の認識によって治癒してしまうタイプと
不治の病といえるほど、永続するタイプです。
最初はどちらかわかりませんから、少量を短期間処方します。
カウンセリングで原因を探ったりも同時に行います。
依存のことを黙っているのは、このときだけです。

このとき、だいたい0.5mg錠、一日2錠です。
ここで依存してしまう可能性は、まずありません。

治療成果に関わらず、2ヶ月ほどで、これをいったん打ち切ります。
治っている場合は、ここで終了です。もう病院にも来る必要はありません。

この先も処方の必要がある場合には、依存の説明をします。
長期的に使う場合は、断薬をはさみながら、依存を警戒して処方しなければならないからです。
不安神経症のまま生きるのも人生です。薬を使って生きるのも人生です。
どちらが、本人にとって「質の良い人生」かは、患者本人が決めます。
2011/11/18(金) 午後 9:01[ miy*93 ]

イマイチ意図の伝わらない文章になったかも
と思うので補足します。
僕は、最後は患者判断なのだから、医師に責任は無い、と。
そういうレベルのことを言っているのではありません。

現実に、薬を有効に利用して、持続可能な快適な生活をしている患者がいらっしゃるということです。
依存薬物だからといって、麻薬のような短期的な解決とは限らないということです。
すべては「さじ加減」なのです。
さじ加減の狂った精神科が少なくない、ということには私は何の弁明もしませんし、する立場にもありません。

ただ、Aという薬をつかった悪い事象があるから、Aという薬は悪いものだ、とはならないということです。
Aによって救われる人は大勢います。
それだけの話なのです。
2011/11/19(土) 午前 0:29[ miy*93 ]

、反論しない代わりにひとつ聴きたいことがあります
この手の話でいつも思うことです。

不安神経症の患者がいます。
これは、僕がどうあろうと、精神科がどうあろうと、存在します。

そして、適応の薬は、あなたが否定されました。

不安神経症患者は、どうすればよいのですか?

代替治療案を聞かせていただきたく思います。

それがより多くの患者を、薬によらず救えるのだとしたら、
私は、なんのためらいものなく薬を捨てるでしょう。
2011/11/19(土) 午前 2:42[ miy*93 ]

>代替治療案はたくさんあるのではないでしょうか。優れたカウンセリングや対人関係療法に学ぶところはあるはずです。

投薬とカウンセリングを中心にしています。投薬のみで治ることは期待しにくいのではないかと思います。
カウンセリング以外の代替治療法も沢山あり試行錯誤しますが、文字制限もあり方法論は置きます。

ただ、不安神経症に対して抗不安剤は劇的に利きます。
薬の効果が出ているうちに行動療法を試すなど、大きな相乗効果が期待できます。
ちなみに、行動療法のみでは効果はあまり期待できません。
「代替」療法でなく、投薬との「同時」療法が、最も効果が高いし、治癒率も高いです。

薬は対処療法に過ぎないからと外してしまうと
治癒率まで減少してしまいます。
2011/11/19(土) 午後 7:27[ miy*93 ]

また、長期投与について
長期投与の問題は、当たり前ですが依存です。
逆説的に、依存を避ければ、長期も医療的選択肢だということになります。

そんなことが可能なのか? 可能です。条件つきで。

簡単に言ってしまえば、投薬コントロールです。

薬は勝手に増えるものではないです。
医師が増やさない限り増えないのです。

依存形成のメカニズムとして、血中濃度が常に高い状態にあるというのが条件です。
ならば、逆説的に、血中濃度の低い時期を作っておけば、依存しにくくなります。

サラリーマンの大酒のみが毎日晩酌をするだけでは、アル中には、なかなかなりません。
なぜかというと、サラリーマンであれば、朝昼は飲まないため、日中にはアルコール血中濃度がほとんど無いからです。

アルコールは、BZと同じく、中枢神経抑制剤であり、ほぼ同じことが、BZでも言えます。

つまり「常に飲んでいる」から依存が形成されるのであって
たまに飲む、という頓服に抑えたり、定期的な断薬を行ったりしていれば。
依存は回避可能ということです。

具体的な方法論も書いたのですが。
さす
2011/11/19(土) 午後 8:42[ miy*93 ]

切れた
さすがに長文となったのでここまでにしておきます。

あと長期投与は、あくまで最後の手段です。
難治例で、他に手が無いときの手段としています。
2011/11/19(土) 午後 10:50[ miy*93 ]

>じっとたんねんにお話を伺うことのほうがどれだけ有効なのでしょうか。短い診察時間でそれができるのでしょうか

医師の濃厚なカウンセリングは、2つの意味で不可能です。

まず、ウチの一日の平均来院患者を残業含みの診察時間で割ると、一人当たり、約20分しかありません。(これでも基本予約制なので長いほうです)
しかし、後ろには待っている患者がいるため、一人に時間を割きすぎると、診察できない患者が生まれます。

第二の理由は、医師のがそのまま話を聞くと、問診扱いになり
保険点数はありません。ゼロ報酬です。1時間とかは無理です。
(20分でも、もっと短くしろと上から言われます。)

そこで臨床心理士と契約して、カウンセリングを代行してもらいます。こちらは自費負担であり。1時間5000円なり。

僕は、カウンセラーがまとめた資料ができあがったら、
それを手にして問診します。
事務的ではありますが、これが日本で可能なカウンセリングの限界です。

それでも、臨床心理士が優秀なのか、うちのカウンセリングは好評のようです。
2011/11/19(土) 午後 11:04[ miy*93 ]

僕はしがないバイト医ですがね、勤務時間というものはあります。
ちと書き込みが滞れっただけで、そのように言われるのですか・・・。

大体、質問されたことの答えは、既に書いてあります。
ちゃんと読まれていないだけです。

>それならば、半減期の短いハルシオンを毎晩、長年ご自身がお飲みになってみていただけませんか。血中濃度はすぐに下がると思います。

僕は

>たまに飲む、という頓服に抑えたり、定期的な断薬を行ったりしていれば。

と条件をつけています。
長期投与において、「毎日飲む」はルールアウトしているのです。
2011/11/22(火) 午前 0:35[ miy*93 ]

いつもの、蛇足。
「ハルシオンは、血中濃度半減期が短い」ということで

俺「アルコールと同じく、夜だけなら依存しない」
あなた「そんなわけけ無いだろ!」

と思いましたか。
半分、正解です。

他のBZならともかく、ハルシオンというところが妙です。
ハルシオンは「強力」な薬です。
血中濃度半減期4時間からすれば、依存形成を避けされそうですが。
効果の強さは別の指標に引っかかります。

毎日晩酌をするサラリーマンの酒飲みに例えましたが、
ハルシオンを毎日飲むというのは、毎日ウオッカをボトルで飲むようなものです。
アル中にはならなくとも、相当な耐性がつきます。
効かなくなるということです。

酒に強くなるぐらいならいいですが、
睡眠薬が効かないのは不眠症の悪化そのものですから、かなり危険だということになります。
2011/11/22(火) 午前 0:57[ miy*93 ]

なぜハルシオンを書いたのか。ご指摘のとおり、血中濃度の問題だけではないからです。もしもそれだけならば、ハルシオンを毎日飲んでも依存にはならないはずです。ところがこれもご指摘のとおり、ハルシオンの依存性はとても問題があるからです。強い薬と書かれていますが、量を考慮すれば、フルニトラゼパム2mgのほうが、ハルシオン0.25mgよりも強いはずです。耐性は脳の問題です。覚せい剤のように、書かれている断薬は至難のわざです。依存性があるのでコントロールが本当に難しい。アルコールの例えはよくありません。間を開ければいいという問題ではないし、ウオッカをボトルで飲むのもお酒を一升瓶で飲むのも、ベンゾジアゼピンに比べれば、まだ安全だからです。普通の人はお酒に強くなく、そんなに飲めません。ところが患者は医師の言葉を信じて、処方されたとおりに服薬していて依存症になるのです。廃人のようになる例がごろごろです。離脱症状は拷問そのものです。コントロールできていないからこそ問題になっている問題認識に著しく欠けていらっしゃいませんか。このやりとりは是非患者さんに見ていただきたいです。
2011/11/22(火) 午前 9:56[ fum*ki*aito ]

蛇足ですが、

>依存形成のメカニズムとして、血中濃度が常に高い状態にあるというのが条件です。
ならば、逆説的に、血中濃度の低い時期を作っておけば、依存しにくくなります。

これがどうしても誤解を招くと思ったので、ハルシオンの例を書きました。ハルシオンは血中濃度がすぐに下がる薬です。だから上の言葉にはとても問題があると私は思いました。言葉じりをとらえたつもりではありません。血中濃度が常に高くなくても、脳がベンゾジアゼピンに適応してしまい、耐性がついてしまい、効かなくなることがどんなに怖ろしいのか、社会の人々が知らないことがとても危険だと私は思います。そして実際にうつ病治療、不眠治療、不安治療において、ベンゾジアゼピンの毎日の何年もの長期投与はごく普通にあまりにも広く行われているからです。こんなの日本だけなんですよ。本当に注意喚起されて欲しいです。注意喚起しない診察はもはや私は医療行為ではないと思うのですが。
2011/11/22(火) 午前 10:12[ fum*ki*aito ]

fum*ki*aito さま

僕が伝えるべきと思うことは、既にすべて伝えてあります。
後は、僕が書いたことを読み取ってください。

>薬は勝手に増えるものではないです。
>医師が増やさない限り増えないのです。

この言葉に、二つの意図があると、気づかれましたか?

ひとつは、医師が管理すれば問題ないのだ、という自負と。

医師が管理できなければ、他のどんな努力も無に帰する、それだけでおしまいなのだ。という危機意識です。

僕は上記の長期処方の説明において、
「こんな手法があるから長期処方も大丈夫だよ」
というメッセージを発したのではありません。

「これほどまでに多数の条件をつけて管理しなければ長期処方は危険なのだ」
という意図で書いています。
それが伝わらないのだとしたら、僕の文章が悪いのでしょう。

なんにせよ、僕とあなたで深刻な意見の相違があるとは感じません。
議論する必要は無いと存じます。
2011/11/23(水) 午前 2:55[ miy*93 ]



  アセトアミノフェンは、重篤な中毒症状をだす。量は成人 7.5g、小児 140mg/kg   96時間で 肝障害が最も顕著に、急性尿細管壊死、急性膵炎、心筋壊死の可能性も。

この世に、安全なモノなど存在しない。 

No title

武田薬品工業資料
http://juku.netj.or.jp/summer2009/pdf/report_090806_10_pdf.pdf

P6、自然な睡眠のダイアグラム。
P12、被災地の心(放射能恐怖)のケアで処方されているであろう睡眠薬(入眠剤)で得られる睡眠のダイアグラム(ノックアウト型睡眠)。

両者の睡眠は本質的に異なり、長期連用により、健康被害のリスク大。薬物依存だけが問題ではない。

急性期での精神薬投与は否定しません。
福島の人たちの漫然長期服用による健康被害を危惧しています。
薬剤の恩恵を受けている人たちが一定数存在することを十分認識しながら危惧しています。

“気合と根性だけ”で克服せよと言ってるつもりでも全くない。

思いやり、助け合い、知恵でカバーできる症状までも、精神薬薬物療法に取り込まれていく現状に、人間性の喪失・弱体化、コミュニティーの崩壊があることに気付く人は少ない。

被災地の「心(放射能恐怖)のケア」の裏側には製薬企業の拝金主義が存在することに気付く人もほとんどいない。

うろうろドクターさんの自殺解析は、抗うつ薬と抗精神病薬の併用処方の増加などが考慮されていない。

精神薬服用で、それまで自殺念慮がなかった人までルンルン気分で自殺未遂を起こしている人がいる。コメント欄参照。医師は無視し続けるのか?
http://ameblo.jp/sting-n/entry-11186938660.html

香ばしくて失礼いたしました。



ルイージさん・こうたさん

そしてみなさまへ

無事にオフ会が終了しました!
あのね・・・すごくもったいなかったです。

あの時間であの人数で。話しきれない聞ききれない・・・。
おひとりおひとりがすごいものを「もってる」んです。
ご自身の現実とそれを語る言葉を。
どこかでコピーされたものではないオリジナリティあふれるリアルを。

私は自分の都合で、これからという時に失礼しなければならなかった。
後ろ髪ひかれるって初めて実感しました。

急にいらした方や、もしかしてアドレス間違えたかも?ってかたは
やぁどさんにぜひご連絡をお願いします。
後日私からお礼状(メール)をお送りいたします。

全然話せなかった人もいたんです・・・。ホントにもったいないお化けが出そうでした。でも楽しかったですよ。
長生きはするもんだ。自分の人生にこんな楽しいことがあったなんて。


ネコさんはじめ読んでいる皆さんに。
次回は絶対会いましょうね。
規模を小さくして何回もやっていいと思います。
そのほうがじっくり会話ができる。

今日は特上の寿司をくい散らかして(まだ食べられるのに)帰った気分です・・・。
みなさんお疲れ様でした。そしてありがとうございました。
つながりの場を作ってくださったネコさんに感謝です。

勉強オフ会は盛会でした

会場の確保、仕出し、参加者への連絡など、細かい手配をお引き受け戴いたやぁどさん、なおみさん本当に有り難うございました。

また、勉強オフ会のお知らせをして戴いた、信夫山ネコさんも有り難うございました。

どなたがいらしたか書いて良いのか分からないので、公開して良い方は以下の記事の公開コメントでハンドルを教えて下さい。内緒コメントもOKです。
http://blogs.yahoo.co.jp/bloom_komichi/65502727.html

bloomさん、やぁどさん、なおみさん、皆さま

今日は本当にありがとうございました。 皆様、素敵な方ばかりでした。 心の中に「共通の想い」があるから、分かり合える、真剣になれる。 リアルにお目にかかって、今までのブログの世界から、一歩踏み出せたような気もします。 夜の部に参加できなかったのは残念でしたが、、

「差別は無知から始まる」という、いいなさんのツィート。 正しい科学的な知識を日本全国の方にわかって頂くように、外に向けて発信することが出来たら、、と何となく思っています。マスコミや著名な方々の活動に期待ですが、私達も出来ることを、、と思いました。 

ネコさん、このブログを立ち上げて下さって、ありがとうございました。

なんかちょっと燃え尽きた?

感があるかな、とりあえず今日のところは。
昨日の勉強会、文字通り勉強になること山盛りで、いまだに消化しきれません。
当然、私は建設的な質問などできなくて、ネタ、バカ話に終始していました。ううーん…チョットジコケンオ
率直な感想。思ったより女性が多かったんですね。もっと「漢の世界」かと思っていました(それはそれでちょっと嬉しいかも)。
で、(昼の部があったせいかもしれませんが)女性陣が旧知の間柄のようにお話していた事、ちょっと驚きました。なんか自分はATフィールド全開だったかな。個人的資質?男の悲しさ?いろんな人ともっと話をしたかったです。とにかくあっという間の…何時間だったろう、よく覚えていないや。

>山田さん
山田さんはお優しいですね。T先生をハッピーエンドに導いて下さった。私なんかダークサイドに投げっぱなしジャーマンでしたから。
昨日の夜の部は残念ながらネット中継はなかった様ですね。
私、岩◎の回し者がいないか、確かめちゃったからなぁ。


なんか、薬の話で盛り上がっていますね。個人的には、人生の半分の病気と怪我は、ヨーチンとオロナインとセーロガンがあれば治るのでは?と感じています(←無理矢理参戦?)。

あれ、私まだ書いてなかったっけ?

…と言うことで真っ白な灰になっているやぁどでございます(キロ当たり8,000ベクレル以下の灰でございますので、どこに埋めていただいても構いません)。
そいでも本日、特番の立会いはしたのでございます。
OA中2時間ずっとサブ(副調整室)にいたので、野口邦和先生にご挨拶できなかったのが心残りでございます。


ふぅ。

昨日の勉強オフ会参加の皆様、お疲れさまでした&ありがとうございました。
拙い進行のため、消化不良を起こされた方もおいでかと存じます。
申し訳ございません。
その消化不良は放射線の影響によるものではないと言うことは、責任もって断言させていただきます。

もっと「ご歓談ください」を増やしても良かったかなあ(あれだけ喋ってた進行者が良く言うよ)。
交流、と言う意味では改善点あり、でしたね。

改善点を生かして、また絶対やりましょう!
その際はジェネラルネコ殿も参加必須、と言うことでよろしくです。

うんうん、、

山田さんの「T先生の結末」はよかった!! (パチパチ・・・・)
願望ではありますが、、

次は、、やぁどさんのサックスも是非、、(色々大変かな、、)
人の集まる所に音楽があると、ちょっとホッとする気がします。
いつか、ひまわり先生のブログで話題になった「じゅらく」でも、、(もっと非現実的っか、、)

暫く仕事でコメントしませんが、放射能にやられた為ではありませんから、、
(昨日おわかりと思いますが私は詳しくも何でもなくて、ただコメント好きなだけ)

感謝です

オフ会にご参加下さったみなさま。
お会いできて嬉しかったです。
やぁどさん、お疲れさまでした。
このような場を提供して下さったネコさんにも感謝! です。

参加なさった方々の、それぞれの言葉が、あらためて深く心に沁みます。
この1年、みんな、がんばって来たねぇ!!

そして、遠方からはるばるおいでいただいた方々も、ありがとうございました。
bloomさんの記録&処理能力には脱帽です。
お疲れでしょうに、ありがとうございます。
宇野先生の御講演は、やっぱり素晴らしかったです。
ホントにそのとうりと実感できることばかりで。
勇気が出ました。

わたしも、4月からまためげずに頑張ります。(またいろいろ頼まれてるので)

個人的には、もっとお話したいな~、という方々がたくさんいらしたのですが、
それはまたの機会ということで・・・。

また皆さまにお目にかかれる日を楽しみに、活性酸素、減らすぞ~!!

ありがとうございました

やぁど様、なおみ様、その他参加された皆様。3/9はオフ(勉強)会にお招きいただきましてありがとうございました。宇野先生の御講演が勉強になったのは勿論の事、この日はいろんな方々のお話をうかがう事ができ、この一年間みんな様々な思いを持って過ごしてきたんだな、という事が改めてわかりました。
宇野先生の御講演は、bloomさんのブログにもあるように非常に中身の濃いもので、改めて放射線被曝は多面的に見ないといけない、と感じたのと同時に、やはりその道(物理なら物理、生物なら生物等)の専門の方に伺わないといけないな、と強く思いました。そして、これがキチンとされてない現状が、今の混乱の原因を作った一部ではないか?とも感じました。
それ以外では、なおみさんがリアルでも癒し系という事(すいません、しばらくなおみさんだとわかりませんでした…)と、科学者の方々はMacを使っている!という自説の裏づけなど収穫が多い一日でした(笑)

私の自説はともかく、このような場に参加させていただいた事をとてもありがたく思っております。みなさん、そして告知の場を提供してくださったネコさん、本当にありがとうございました。またみなさんと、そしてまだお会いしていない方々とお会いできる日を楽しみにしております。
(今度はお招きいただけなかったりして…)

薬品の話そのものには

入りませんが、確かに自殺が福島県で増えたらしいのです。原因は(いつも使われている分類によれば)「健康問題」が多いとか。ただしまだ詳しく見ていません。もし「反原発」のデマに追い詰められての結果ならば・・・、しかしいろいろ書かなくてはならんことが多くて・・・。何しろここの大きな目的は「デマ記録」なもので。

ともあれ勉強会、オフ会お疲れさまでした。まもなく震災から一年。

なんだか忙しい・・・

限られた財源の遣い方について
先日の勉強会で思いを強くしたことがあります。

私はそんなにしゃかりきになって、除染しなくてもよいとずっと考えています。ずいぶん前にも「効率よく」とか「アララ」とかを絡めて、コメントさせていただきました。

除染は無駄!と言ってる方たちとは
一緒にされたくないのです。
無駄ではありません。それとは違って。

危険だ危険だと騒ぐ人たちの声を聞いて
不安になっている方がたくさんいるから
できるだけ掃除をしましょうか?
という話だと思うのです。

自分ちにごみをまかれて黙ってろって言うのか
とも違って。

「除染に対しての過剰な期待」というお話も伺いました。
完璧にゼロにしなきゃいけないって・・・。

顕微鏡で埃を探して部屋掃除をするように求めるような、違和感を感じるのです。

我が家は線量が高いと報道された地域です。
小さな子どももいます。
それでも・・・後回しでいいです。
大丈夫だから。

水田や畑をもっている農家の方
とても苦しんでいらっしゃると思います。
農地等を除染することによって農作物の数値が下がり
多くの方に安心して買っていただけるのなら

それは一刻の猶予もなく
除染して差し上げてほしい。
限られた財源の優先順位。


私は泥団子食べないし
もし家に「除染いかがですか」とどなたかが尋ねていらしても
そんなにやってくれるって言うなら止めないよ
と思います。


仮置き場が見つからないという話。

しゃかりきに地面を削れば削るほど
拾い仮置き場が必要になるのでしょう。

行政の方が苦心して、頭を下げて仮置き場設置をお願いする・・・。
除染を求めているのは誰?


個人的な思いです。
優先順位を考えたら
私は一番最後でいいよということです。

立ち入れない区域の話とも違います。
事故後も多くの人が住み続けていて
線量が高くとも強制避難がなかった(自主避難者がいた)地域の話です。


次行きます

忘れちゃうからね!

子ども福島とふくろうの会と・・・あともう1つ。
市民団体三つ巴の話。
(複数の方のお話を混ぜます)


自主避難の相談を受けなきゃいけないお仕事で
でもご自身は必要と思ってなくて
信夫山ネコさんのブログを覗くのが生きがい(ここまで言ってなかったか?)という方とおしゃべりしました。

長期休みの間の子ども向けのプログラムがたくさんありましたよね。

私はなんだか怖くって(無料にはすごく惹かれたし、周りでも多くの方が利用したから、これでいいのかという迷いもありました)

怖いというのは子どもだけ何日も行かせて
そこに怖いことを言う大人しかいなかったら
子どもを守れないと思ったから。


ビンゴ!自分偉かったと思った。
(全ての呼びかけがそうだとは言っていません。私が今回聞いた1つの事例です)


子ども福島の名前がないから参加したのに
現地でお話のときにあらわれたのは、代表者・幹部で

引率のお母さんに名刺・チラシのようなものを渡し

帰ったらPTA・学校を通じて皆さんに配ってほしい
避難を呼びかけてほしいとのこと

ずるい・・・。

もちろんその方はご主人に相談し握りつぶしたそうです。


他の支援団体・関係者は、あそことあそことあそこはやばいかも
とわかっている

でもうまく付き合っていかなきゃいけない・関係を切ることは難しいのだというお話でした。

私は組織の人間じゃないから
こういう理屈は理解したくないのですが
仕事って・・・そういうことあるから。


だって正義とヒューマニズムを振りかざしてやってこられたら
「うるせえ!」と言うのは難しいから・・・。


不正義軍がんばっていきましょう。

少しだけオフ会の

ご挨拶をこの場でさせてください。
この場で呼びかけてくださった方にだけ。

Bloomさん!お疲れ様でした!記録のお仕事を一手に引きうけてくださって・・・お疲れになったのではないでしょうか?
福島、素敵だったでしょう(えへん)。

kakkouさん!ありがとう!
>皆様、素敵な方ばかりでした。 心の中に「共通の想い」があるから、分かり合える、真剣になれる。 リアルにお目にかかって、今までのブログの世界から、一歩踏み出せたような気もします

私もそう思いました。またいつか必ず!福島にきたら連絡ください。
ごはん食べましょう。じゅらくいこうじゅらく!


IKAさん
>(昼の部があったせいかもしれませんが)女性陣が旧知の間柄のようにお話していた事、ちょっと驚きました。なんか自分はATフィールド全開だったかな。個人的資質?男の悲しさ?いろんな人ともっと話をしたかったです。

もっとお話したかったです。でも会えてよかった!!
そっか~ATフィールドだったのね~。

あのね山田さん、IKAさんは素敵でしたよ。
思ったより・・・海兵隊っぽかった(?)。


やぁどさん
本当にお疲れ様でした。早くに帰ってしまい申し訳ありませんでした。

>改善点を生かして、また絶対やりましょう!
その際はジェネラルネコ殿も参加必須、と言うことでよろしくです

そうですね!必ずまた企画・・・お願いします。


ひまわりさん
福島の姐さんの風格でした。素晴らしい!ありがとうございました。


ゆさん
>それ以外では、なおみさんがリアルでも癒し系という事(すいません、しばらくなおみさんだとわかりませんでした…)

あらまあ。ご挨拶ねえ(笑)。
どんな風にイメージされていたんだか・・・。
でも、ゆさんもどんな人なのか全くイメージできていなかったので
「えええ!ゆさんだ!ゆさんなの?ゆさんだああ!」としつこく確認してしまい申し訳ありませんでした。
また必ずお会いしましょうね!


今回お目にかかった方には
私からラブレターをお送りします。
いらないと言われても送ります。
時間かかりますから待っててください。


「まだ」会えていない方!「まだ」会えていないだけです。
次回は必ず必ずいらしてくださいね。

みなさんありがとうございました!
愛してまあす♪



次行きます・2

補足です。

①参加した団体が、初めから正体を隠していた。
②うまく付き合わないといけないから(断る理由がないから)、他の団体であったけれども、他団体のCMの時間を提供した。
③その他

どれがほんとのことかはわかりません。

思いは一緒でも・・・大切な部分が違うなら
無理にお付き合いしなくてもいいんじゃないかな。
組織になると(公であれ民間?であれ)・・・難しいのかな。

私は耐性がないので、嫌なことはできません。
てきめん具合悪くなります。



No title

先日の宇野先生とbloomさんの勉強会大変お世話になりました。
やぁどさん、なおみさん他にもたくさんの準備をしてくださったみなさんお疲れ様でした。
ありがとうございました。
わたしは全く気が利かなくて役にたてなかったのですが、
すごく勉強になりました。
次の日、母と妹に知ったかぶって講義してみましたところ、
「わかったぁ」という顔をしていたのが印象的でした。
自分も納得して説明できたからだと思います。
私みたいなど素人を参加させていただいて大変恐縮ですが、
またぜひお誘いください。
ネコさんとomizoさんにお会いしたいです(にっこり)。
宇野先生へ質問することができずに(何が分からないのかも分からないです)
先生とbloomさんへお礼の言葉も言わずに、頭が真っ白になってしまった私は
自分の震災後をただ発表しただけになってしまい、お恥ずかしい限りです。
なんだか酔っ払っていました・・・。
次回は発言しなくていいので、ただ参加させてください。
よろしくお願いいたします。
とにかく吸収できました。
あと、いつものみなさんにお会いすることができて、とっても舞い上がってました(笑)。
本当にありがとうございました!

なおみさんのカキコ

興味深しです。やはり行きたかった。
映画館「福島フォーラム」は「子ども福島」の印刷物だらけで、「チェルノブイリ・ハート」まで上映する、トンデモ映画館と化して、「やっぱり文化を担うつもりって、あの方向になるのか・・・」とがっかりしていました。
ところが最近、「子ども~」関係が無くなってきたとか(未確認情報)。ヘッドの札幌移住と関係あるのか、NPO青い空とやらに移行するのか、はたまた偶然か。

しおんかのんさん

ご挨拶しかできずに失礼しました。もっとお話したかったです。

>自分の震災後をただ発表しただけになってしまい

私はお先に失礼したのですが
このお話が胸を打ったとの声が聞こえてきました。
私もライブで伺いたかったです。


ネコさん
「福島フォーラム」のチラシ、少なくなってきた印象を受けています。
少なくとも隅に追いやられていました(2月末調べ)。

次回は必ずですよ!
ただの飲み会やりましょう。

ネコさん

議題に関係なく、オフ会に出て思ったことを書きます。お許しください。気が済んだらやめます。


そして私の書くことは、マイクで語られていないことが多いです。
本当に真面目な勉強会だったのです。
きちんと座ってお話を聞く。


私はちょこちょこ立ち歩き
お酒を作ってもらいに行ってた人と立ち話。
トイレで会った人と立ち話。
・・・だから深められなくて消化不良のものばかりです。


今回の地震で、ご家族を亡くされた方のお話を伺いました。
理由は停電だそうです。
エネルギーをどうするか、電気をどうするかってとこまで
私は考えられなくて。身近なことばかりでいっぱいいっぱいで。
だからこそその方のお話が心に残っています。


科学の話をしようとすると
その前に「反原発かどうか」とイデオロギーを確認されるという話。
科学と思想はごっちゃにしたらまずいでしょう。

人は自分の物差しで他人のことも測るから
そういう確認をなさる方は
「私は自分の思想が全ての基準で、それに沿うように科学を歪めます」
と宣言しているようなものだと思うのですが・・・。


これは私が話したこと。
先週、グリーンピースのスタッフジャンパーを来た3人組(子どもみたいな若い男の子・目の据わった熟年女性・外国の方)が、地面ぎりぎりに機械をぶら下げて、線量を測っていました。

オフ会の参加者には地質学・測定の専門家もいて
正しい測定って難しいというお話を伺ったのです。

数値は嘘をつかない、だから測ることが大切と
頭では理解していますが

こういったでたらめな測り方をして
福島は危険だと宣伝されるのは本当に嫌で
「測るな~!」と飛びつきたくなります。
測ってるのを見るのも嫌なの。アレルギー反応かも。

福島県の自殺について

3/10の朝日では
「被害の大きかった宮城・岩手・福島の各県の自殺者数は、通年では前年より少なかった」とありました。

期間の区切り方で違うのかな。

ATフィールド

というより、最前列に座ってしまった緊張感だったかもしれません。
>なおみさん
勉強会、「ぶっちゃけ本音トーク」までは行けませんでしたからね。そこは次回の課題かな。
私の場合、会場に入った瞬間眼鏡曇ってワケわかんないし、遅刻ギリギリだったからお誕生席状態でしたし、一番見られたくない後ろあたま大公開でしたし、話に付いていくの大変でしたし、内心パニパニでしたよ。
申し訳ないけど、後ろの方に座っていた方(特に女性)はHNとお顔がまだよく分からなかったりして…。
んで、少し落ち着いて来たのは最後の名刺交換の頃だったりして(笑)。

それでも時間がたつのは早かったです。なおみさんなんかあっという間に帰っちゃった感じ(笑)。
今度は、ゆっくりお話がしたいですね。

夜の部参加の皆々様そして…

県外在住の余所者を何の躊躇もなく温かく迎え入れて戴き、

素敵な宇野先生、bloom先生による勉強会&オフ会を有意義に過ごせました。
本当に有難うございます。
いつもの亀レスで大変恐縮ながら、お邪魔でなければ、次回の折も宜しければお誘い下さいませ。

)IKA様、
真後二番目ながら殆どご挨拶もセズニ御無礼を…
ところで営業実りましたょ(笑)
凄いの投げるからついつい(秘密)

大七生酒を買い、
焼きホッキを買い、
川俣シャモを喰らい、
ママドウルを戴き、
紅葉漬けなら活性酸素を…
ご多忙の中、仕切り役のやぁど様、なおみ様、
本当にお疲れ様でした。
色々お世話になりました。これに懲りずに又、お招き戴ければ幸いです。

>山田様
大変亀レスの義阿南デシテ…

カツシンの肩書きは…
バッサバッサと「ならぬモノ」斬りの"なおみICHI"殿にお譲り致します…また次回(失礼)

>ルイージ様

コレから福島は春
開花予報は少々遅れ気味なれど、

三春の滝桜は
1000年以上
福島を見続けてきました

福島の花見山には
桃源郷が降りてきます

そして
大好きな小沢の桜との
再会までもう少し…

オニンギョウサマが例えこの阿呆な余所者めと睨んでも…


神戸に縁ある者として
当事者にしかわからぬ事は
踏み込まず、(引かずに)温かく見守る…術を知り得たルイージ様ならば…
情深き福島の方々は
来福をとても歓んでくれると思います。

コノ若輩モンがエラソウニ~ユウテ、
ゴメンナサイm(__)m

でも春の福島は百花繚乱!
余所者から見ても
春夏秋冬、四季のの彩りの始まりを見逃すにゃ、ちょっと勿体無い!と…

Hasta man~ana,
si dios quiere

"神が許したもうならば、
(神の思し召しで明日も私と貴方が生きていたら)

また明日逢いましょう。"
(異訳?)
その日の運の賽子を
いい加減に、真剣に
想うがまま、考えるまま
転がし…、転がされ…

何度の夜明けと
何度の夕焼けを
愛でるだろう…

>omizo様
素敵な挨拶言葉ですね
宜しくお願い致します。
兎も角も亀レスにて
ゴメンナサイ

なおみさん

>我が家は線量が高いと報道された地域です。
 小さな子どももいます。
 それでも・・・後回しでいいです。
 大丈夫だから。


なおみさんの心の広さに感激しています。私はこうは思えなかった、、
「福島市、川内村より線量高いじゃないの、、早く除染して!」ってね。
0.5μ以下の地域の人が今でも騒いでいる。福島市役所、まだ1μだよ!って。
(ネコさんブログを知る前だったけど)

お目にかかったせいか、なおみさんのコメント読むと、あなたの声が聞こえるような気がして。
なおみさんと同じような雰囲気のお母さんと今日お会いしました。
子供達、伸び伸び素直に育っているの、、お母さんの心が広いせいかな。
なおみさんのお子様方も、きっと良い子なんだろうな。
それにひきかえ、放射脳のお母さんに育てられた子供達は・・・

(全然関係ないけど)今、息子はアトピーが酷くなって大変なようです。ストレスかな。
放射能のせいかな、、なんて、やっぱり昨年の夏には思っていた。
免疫の大家がいらしたのに、昼間お聞きするの忘れてしまった。お茶のみ行けばよかったな。
質疑応答形式もよかったね。特にお昼は人数少なかったから、、
何でも初めから100点満点とはいかないでしょう。でもお会いできてよかったよ。

kakkou さん

いえいえ。とんでもないことでございます。

確かに事故以前よりは高いし(何倍って言うと迫力あるのかな)
ドロ遊び・草つみを楽しみたい年頃のお子さんをもつ、お母さん方は
もっと切実に悩んでいらっしゃるでしょう。
本当にお気の毒に思います。

だから「安心のために」除染することはいいと思うのです。
でも・・・どれだけほじくったら「安心」?


私はもう大丈夫と思ってるから(これからの地震や事故は心配ですよ)
うちはやらなくていいよ・後回しでいいよって・・・ただそれだけです。
自分で庭掃除してるし。


私が必要ないから、福島市はやらなくていいなんて
1つも言ってませんからね(他の人に向かって言ってます)。


今、せっかく作った農産物が売れなくて
苦しんでいる方がたくさんいて
今測れるベクレルさんだって、問題ないと私は思っても
ゼロにしろ!何がなんでもゼロだ!!って言われて・・・

ここ、誰か偉い人がきちんと説明してくれないのかなあ・・・。

空間線量だってゼロ?
できるの?
そこは地球?


私も子どもがアレルギーで
ある時から食生活を変えました。
体にいいものなんて、事故前からこだわってる。
そのアタシがよ?食べてるんだけどな~。
アタシが食べてるくらいじゃ説得力ゼロ!!


息子さん、心配ですね。
お疲れなのかな。
ごはん食べに来るように言ってくださいね。




kakkou様

部外者ながらお子様のアトピーご苦労されてるとの事、

ストレスはアトピー性皮膚炎その他皮膚疾患に充分影響するものかと…
宇野先生の論文にも
関係論文ありましたし、
日本アレルギー学会専門医検索で福島県、皮膚科だと数件出て来ました。
お医者様は相性もありますが、専門医をお尋ねするのも一つの手かと


http://jig113.mobile.ogk.yahoo.co.jp/fweb/0312ZjJz1uTOIkCd/n?_jig_=http%3A%2F%2Fwww.jsaweb.jp%2Fmodules%2Fninteilist_general%2F&_enctype_=UTF8&guid=on&ao%5B0%5D=0&sf%5B0%5D=9&ao%5B1%5D=0&sf%5B1%5D=6&ao%5B2%5D=0&sf%5B2%5D=4&ao%5B3%5D=0&sf%5B3%5D=8&sq%5B0%5D=%95%9F%93%87%8C%A7&sq%5B1%5D=%94%E7%95%86%89%C8&sq%5B2%5D=&sq%5B3%5D=


本当に出過ぎた余計なお節介にてすみません。

kakkou様、なおみ様

HC相談例で
住居環境改善して
例え潔癖症であっても
治らないケースあり、

複合的要因ある為
アレルゲン検索と共に
対処療法も一つ

なおみ様のように
アレルゲンが食因性が強ければ、食材選択も一つ

心因性ストレスが強ければ対処療法と共に
難しい話やもしれませんが、
本人も家族も
気にしたってしゃあない
あっけらかんと構える事も解きほぐす鍵やも

蛇に睨まれても
毒蛇でなければ
大した事なしのように

昔円形脱毛症の際にも
対処療法と共に
本人も家族も
気にせずを心掛け
自己治癒能(ストレス解除)を高めるのも有効かと
気分が変わると
結構ひょいと治る事も(笑)
難しい事百も承知で
考えるだけ心配するだけでは勿体無い

専門医様があちこちで観てるなか、部外漢にて

掛かり付け医様がいらしたら申し訳ありません。
大変失礼ながら
余計な事ながらも
下記検索データをお出ししました。

余りお節介は嫌われる故(笑)

kakkou様、なおみ様
礼儀知らずにて勘弁!
横出し失礼しました

福島の放射能を考える会

義阿南高地さん  まぁ、ご親切に、、ありがとうございます。
なおみさんも、、  ごはん、喜びます。 ^^

昨日(正確には一昨日)の「福島の放射能を考える会」(順一さん)
エントリー、まだですよね?(コメント斜め読みなので、、すみません)
順一さんの講義、半分くらい見ていました。分かりやすかった。
どうせなら、あの早川師との論争、聞きたかったな。

http://www.ustream.tv/recorded/21026474

オフ会参加による心理的変化

>遅刻ギリギリだったからお誕生席状態でしたし

ちょこんと座ってらしたIKAさん。可愛かったです。


義阿南高地さん

心配してくださってありがとうございます。
お気持ちが嬉しかったです。


以前は「どうせ会えないでしょ」とたかをくくって
自分は女優でいえば誰それだとか
むちゃくちゃ言えましたが

なんだかお会いした方の顔が浮かんでしまい・・・
恥ずかしくってもうふざけたことが言えません・・・。

なんだか今まで申し訳ありませんでした・・・。

No title

>なんだか今まで申し訳ありませんでした・・・。


ふふっ・・なんだか口元がほころんでしまいました。
可愛いなぁって思うのは、こういうところです。

なによりも

今回参加された方々が、「なおみさんがリアル癒し姫だ」ということを確認されたことが重要ではないでしょうか。

いちおう・・・

スレ違いではございますが・・・・
一応わたくしメも、
日本アレルギー学会認定によるアレルギー専門医でございます・・・。
アトピー性皮膚炎のお話などが出ましたので・・・。
ご心配なことがありましたら、どうぞご相談下さいませ。

すみません、余計な書き込みでした・・・。

頼まれてる仕事があるのに、んで、まだ終わらないのに、
自分のブログのコメントの返事もまだなのに、
(皆さま、ごめんなさい)
よそさまのブログ覗いてる暇、ホントはないんだけど・・・。

宿題たまってると、ほかのことやりたくなるんだよね・・・。


ひまわり先生

コメント、ありがとうございます。 
そのうちお世話になるかもしれません。宜しくお願い致します。

>宿題たまってると、ほかのことやりたくなるんだよね・・・。

よ~くわかります。
山積みになっているやらなくてはいけないことを横目にブログ、twitter、、
そして覘いたら最後、気になってコメントしてしまう、、

これだけで止めます。 ネコさん皆さん申し訳ありませんでした。

なんだかますます恥ずかしい・・・

ダチョウさんって、追い詰められてもうだめだって思うと
頭を地面に突っ込んで現実逃避するって・・・ほんとですか?

今なおみだちょうとひまわりだちょうが
地面に頭を突っ込んでる絵が浮かんでしまいました。

うが(無かったこと無かったこと)!

今更ながら駝鳥(ダチョウ)の名誉の為に…

日頃の不養生の為、犬吠沖で"鯰"が踊ろうが、ここ1w程度"鼻水"タラリでバタバタ、悪化後やっと処方を受け落ち着いた処にて…(苦笑)

NATIONAL GEOGRAPHICによるダチョウのプロフィール

http://jig134.mobile.ogk.yahoo.co.jp/fweb/0315Z7ql4EtfcNzL/V?_jig_=http%3A%2F%2Fwww.nationalgeographic.co.jp%2Fanimals%2Fbirds%2Fostrich.html%3FPRINTABLE%26VignVCMId%3D33f1220789022110VgnVCM100000f102a8c0RCRD&_jig_source_=srch&_jig_ysid_=Zd9hTyx9SnFRUZnbIbo6&_jig_xargs_=R&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fonesearch%3Fp%3D%2583_%2583%2560%2583%2587%2583E%2B%2583i%2583V%2583%2587%2583i%2583%258B%2583W%2583I%26fr%3Dm_top_i%26guid%3DON&guid=on

動物行動学的には砂に頭を突っ込まぬようです。
アフリカのサバンナ、低草木地帯では、いつでもダッシュ可能で適正であろう、
"頭隠して尻隠さず"的な
長い首を下げるスタイルで防衛姿勢を取る為、

ただ"見た目"だけで
follow an ostrich policy(現実逃避する)
のような慣用句が作られ、

米国の心理学者E.Weinerに至っては慣用句イメージだけで、
オーストリッチ・コンプレックスのような造語まで提唱されてしまった。

何事も早め早めが肝要かと…(笑)

>なおみ様はじめ皆様、
此方の方が
"うがぁ"と恥ずかしい事しきりです。

義阿南高地 さん

ご無沙汰しています(にっこり)。
お元気でしたか?鼻水たれてるの?お大事にね。

ダチョウのこと、教えてくださってありがとうございました。
私も、地面ってそんなにやわらかいかな?ダチョウの頭って硬くて刺さりやすいのかな~???って思ってました(笑)。

ダチョウのばっさばさつけまつげみたいな目と
素晴らしいおみあしの、アンバランスさが好きです。
目が離せない(笑)。

海のほう、ダチョウを捕まえるのが大変と聞きました。
これは間違いないと思うんだけど
ほっかむりさせて、夜と間違えさせるとおとなしくなるんですって。

やっぱり可愛いです。

ではまた~♪

No title

http://www.youtube.com/watch?v=9FiwgKYdwrg
もっと知った方がいいですよ

No title

小出さん。 笑い。 ただ、オタクすぎて、一般にはうけないかも。

もう少し、早ければ、TOKONとかDAICONにかければうけたのに。Varicon2012(夕張は遠いよ) でかけるとか。

ガイガーカウンターズも

仲間に入れてやってください。・・・・前は画像もあったんだけどなぁ。さすがにマズかったのかな?。歌詞だけでも面白いですよ「バズビーサプリも新発売~♪」

http://www.youtube.com/watch?v=e_bynEhUlmE

べんきょうしなさい さん

なにこれ(笑)。おもしろいですね~。
自分でもなんでかわからないのですが
小出さんって全く!!興味がなくて
今まできちんとみたことがありませんでした。
匂いだけ嗅いで、ねこまたぎしていました。

賛成です。みんな刑務所に入れろってところ。死刑でもいいと思う人が、過去にさかのぼってたくさんいます。あの、ナントカレンジャーの関係者に。

この人、いいこと言いますね(笑)!


ルイージさんのも笑った~!
バスの時間が迫っているのに、二つとも見入ってしまいました。
ありがとう!

小出先生は壮年中2病

MacBook Pro がピンチのためネット落ち気味です。
ブログ放置ですいません。

べんきょうしなさいさん、面白動画ありがとうございます。
その他の出演者って誰なんでしょうか?

ガイガーカウンターズを含め、ネタに出来るような状況まで来たみたいですね。
昨年の3月ころは情報が錯綜していて、私も「原子炉の構造なんて分からないけど爆発するのかな・・」なんて物理系の知人に質問していましたから。

「正義の科学者という幻想」という記事で小出先生は参考に出来ない・・と書いた以上の展開に、自分の予測の当たり率に安心するとともにこの方は永遠の中2病なのね〜と思いました。
http://blogs.yahoo.co.jp/bloom_komichi/65012715.html
あの時はまさか・・と思いましたが、やはり論文は書いていないようです。

今中さんと小出さんは仲が悪いと思うのだけど、本当はどうなのかな・・・

すいしんじゃー

見事な藁人形ですなあ。
でもまあ面白かったです。

こんなにも手の内曝け出して大丈夫なのかと心配してしまいますよー、例のマニュアルと一緒ですが。

「敵を知り己を知れば百戦危うからず」
逆に言えば、「敵」を見誤れば勝てる戦も勝てない訳で。
「すいしんじゃー」程度の弱っちい仮想敵をやっつけてご満悦な様子では、今後も原発廃止の野望はかなわないかもしれませんなあ>怪人小出男


自分はと言えば、原発は全人類統合政府と軌道エレベーターが実現しない限りお勧めできないなあと思ってますんで・・・・・

ちなみに軌道エレベーター実現したとしたら、宇宙太陽光発電が先に実現するだろうから、どっちにしろ原子力に未来は無いと思ってますけどね。

「福島の被害を過大に評価しない」=東電の賠償責任を削ぐ行為=原発推進

と言う考え方はあまりに一元的かつ短絡的で、色々な判断を狂わせる元凶です。

べんきょうしなさい さん

スルーしようと思ったんだけど、一言。

ここに集まった人達のほとんどは脱原発ですよ。(段階的脱原発の方もいるかな)
色々な意見があったとしても、きちんとした議論をしたい方々です。
何か、勘違いされていませんか?
このブログの、端から端まで(含コメント)読んで、「べんきょうしてください」

kakkouさん

>色々な意見があったとしても、きちんとした議論をしたい方々です。

いいこと言うなあ(しみじみ)。
どっちの意見の人も、真剣に考えて出した結論の「今」を
茶化すようなのはね(にっこり)。
ネタとしては面白いけどさ。

ネタとして笑ってよかったんだ・・・よね?

なおみさん

私は、、なおみさんのユーモアに感心したよ。
自分で言うのもおかしいけど、私は元々クソ真面目で、、 笑)
なおみさんのようなセンスがあったら子育てもっとうまくいったな、、ってね。

こんなこと言い合っていると「馴れ合い」なんて言われそうだけど、、 笑)

映像のコメント欄で、山下先生の「笑っていれば助かる」を痛烈批判する人がいた。
わかってないな~、、ね♪  もっとも私は人生経験長いからね、、 笑)

なおみさん、

ナイス、いや「ベスト」リアクションですよ!

さすが不正義軍の癒し姫。
ちと疲労で3割程度しか動かないアタマが一気に癒されました。

それにしても、安斎先生まで「御用」とか言われるってなんなんでしょう。
私がこの商売入った30年前頃、安斎先生は既に反原発の象徴的存在でした。
主張はその後も一貫していますし、ずっと反原発運動の支柱であり続けて来た。
小出さんも当時からいたけど、横綱と序二段くらい格が違ってました。
私が反原発になったのは、当時安斎先生の著作とか読み漁った影響が圧倒的に大きい。

その人が今や「御用」扱いですからね。
そう言ってるニワカ反原発の人たちの何十倍も長い期間、反原発の立場から放射性核種・放射線の人体への影響を研究し続けた第一人者が、学者の良心を賭けて「心配し過ぎる必要はない」と言っているのに対し。
「御用」とは何事か。
顔洗っておととい出直して来ていただきたい。
おととい、じゃ不足だな、せめて30年前に出直して来てくれ。
そうすりゃ少なくとも私とは対等だ。

安斎先生と並び反原発運動の精神的支柱だった高木仁三郎さんが今生きていたら、間違いなく悲嘆に暮れていると思います。

多分高木さんすら「御用」て言われてるだろうな、今の状況では。

高木学校はもうダメ

高木先生がどのような人物だったか分かりませんが、今の高木学校は崎山比早子さんを始めとする放射脳の聖地となっています。
http://takasas.main.jp/index.html

安斎先生は科学者の正義としては非常に支持出来ます。

「べんきょうしなさい」さんは本気で面白動画を教えてくれたのかも知れないし、こんな変な人がいることを勉強しておく方がいいよ・・という意味で教えてくれたのかも知れませんよ。

小出先生が科学コントという新領域を開拓したことは個人的に面白かったです。

それから、私は脱原発でも推進派でもないです。
エネルギー問題について判断出来るほど知識が無いので。
ただ、現在の放射性物質の量から考えられるリスクに関してはかなり情報を集めて考察しているので責任を持って「健康被害が出るとは考えにくい」と発言しています。
プロフィール

shinobuyamaneko

Author:shinobuyamaneko
 福島県福島市の信夫山に住むネコです。
 原発事故以後ネット上には「もう福島市は放射能高くてダメ!逃げてください!」「福島はチェルノブイリ以上!」「子供を見殺しにしないで!」等の「反原発の叫び」が溢れてます。ネコはどこにも逃げられないから、もうノイローゼ気味。こういう「叫び」「脅し」の効果もあって福島に来る人は激減。街は沈み、市民は「すぐに逃げてください!」に怯えながら、静かに暮らしています。(←最近は嘘・デマがバレてきて、みんな元気になってきた感じだにゃ。)
 しかしね~、この種の「叫び」の根底に、「反原発」の「福島壊滅ならば原発全廃にできる!大大大チャンスだ!」っていう心理はないですか?原発全廃の為にはまず「福島壊滅」が必要とばかりに、科学的、医学的、論理的に怪しい説、大げさな数字等が「連呼」「拡散」されていないですか?それが「正義」になっていませんか?
 信夫山ネコは「故郷福島壊滅」を「原発全廃」の手段にされてはたまらんです。もし根拠がない数字や説の拡散によって、旅館の経営者が自殺するとかの悲惨な「風評被害」が出たら、大人しい福島人も終には訴えたりするのかにゃ~?!今はとにかくデマ、風評、誇張、脅し等を除染しながら記録するにゃ。(「リンクフリー」です 対「反原発」、対「放射脳」等での引用ご自由に)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。