NHKのデマ番組を「追跡!」していたら、「自主避難者」出演の番組まで見てしまった。危険なNHKの「没論理」路線。(1)

デマ攻撃は前回いくつか書いた12月14日以後にも、いろいろあったにゃ。

12月17日にはこんなのがあった。「【これは広めてほしい】20キロ圏外ギリギリの農家さんの牛が目や穴と言う穴から出血しているのに政府は出荷停止命令を出さずに、食肉として出回ってしまったそうです。」
例によって http://togetter.com/li/228995 ではボコられているが、出所はYUKARINNG1222。どうも聞いた事があるにゃと思ったら、http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-date-201108.html のデマの出所と同じだった。もうバカバカしいが、「反原発」デマ流しは反省せず、次々流し続ける。病気みたいなものだにゃ。なおこの人物は「除霊」なんぞで喰っているらしいので、「不安を煽る」と儲けにつながるのかも。しかしこんな人は、最早何の影響力もない。やはり困るのは大手「マスゴミ」のデマだにゃ。

テレビでは「ガチバトル」とか「朝まで~」とか山本太郎祭りだったが、かえって無知が暴露されたようだ。しかし最大の悪影響デマ番組は、NHKの「低線量被ばく 揺らぐ国際基準」(追跡!真相ファイル 12月28日放送)だったにゃ。録画は http://www.dailymotion.com/video/xnb9h8_yyyyyy-yyyyyyy-yy-yyyyyy_news にある。
番組HP=http://www.nhk.or.jp/tsuiseki/shinsou_top/20111228.htmlには、「1980年代後半、ICRPが「政治的な判断」で、被ばくでガンになるリスクを実際の半分に減らしていた事実が浮かびあがってきた。当時ICRPには、原子力産業やそれを監督する各国の政府機関から、強い反発が寄せられていたのだ。そしていま、世界各地で低線量被ばくの脅威を物語る、新たな報告や研究が相次いでいる。」と書いてあるから、「ねらい」はICRP批判だろう。しかし「穴」が多い番組だ。

(第一章の概要)スウェーデン北部に住むサーメ人(トナカイの遊牧をしている)は、チェルノブイリ事故後の年間被ばく量は0.2ミリだった。しかしいま、年間のガン発症が34%増加している。食品の基準はキロ当たり300ベクレルで、日本よりきびしい。また事故後10年間の積算被ばく量は10ミリ以下だった。コメント=「ICRPがほとんど影響ない、と言っている低線量でも、ガンになる人が増えていたのです」。トンデル博士「被ばく積算量は外部被ばくだけでなく、体内に取り込んだ食品によっても影響されるのです。」(字幕=「リスクは外からの被ばくだけでなく、内部被ばくに左右されるのです」)

最初のサーメ人のチャプターではこんな話だが、「事故後の年間被ばく量は0.2ミリ」なのに、「事故後10年間の積算被ばく量は10ミリ以下」と言うからには、後者にだけ(数ミリの)「内部被曝」が含まれるのだろうか?トンデル氏の言葉で結ぶならば、使われているデータは「内部被曝」と「外部被曝」をキチンと表さなくてはならない。また「ICRPがほとんど影響ない、と言っている低線量でも、ガンになる人が増えていたのです。」というコメントは、ガンと放射能の因果関係の「裏が取れていない」のだから危険な表現だ。即「低線量被曝でも、それが原因でガンが増えている」と解釈されるだろう。最初からとにかくICRPは怪しい、と言いたいネライは見えるが。

番組がここで言いたいことは、
①ICRPは「外部被曝」しか問題にしていなくて、「内部被曝」は無視している、なのか?
②「内部被曝」による被曝について、ICRPのガン死率数値は正しいが、測っていなかった、なのか?
③「内部」も「外部」も関係なく、ICRPのガン死率数値そのものが間違っている(低い)、なのか?
④「内部被曝」と「外部被曝」の影響は質的に異なり、後者の危険度は前者をはるかに上回る、なのか?(これはかなり?だから、更なる裏付けが必要)

このあたりはゴチャゴチャだ。信夫山ネコには、このままでは、サーメ人のガン増加(この34%が正しいとして)は放射能以外の要因を疑ったほうが合理的に見えるが、制作者は本当は③&④で、さすがにこれだけのデータでは、こうストレートには言えなかった?いや、全部か(しかしICRPの数字はガン発症でなく、ガン死だったのでは?まあ、ガンにかかっても死ぬのは50%とか考えればいいが、これもゴチャゴチャか)?

ちなみにスウェーデン在住の方のブログ、http://blog.goo.ne.jp/yoshi_swe/e/40ff41f6ef9ce6da50cffd378d430701を見ると、当地の行政・公的機関によればサーメ人の最も高く被曝したグループでは、セシウム137について、内部被曝は初年度は2.2ミリだった。また50年間では13.5ミリ程度と予想されているいうことが判る。また食品の基準は事故一か月後、300ベクレルと定めたが、一年後にはトナカイの肉、きのこなどは1500ベクレルになったそうだ・・・、
いやいや、さらに新しいページに詳しくありましたにゃ。
http://blog.goo.ne.jp/yoshi_swe/e/6c768f8d028351291a58069838c7d812

この「信夫山ネコ~」でも、過去に「ECRRなんか怖くない」でトンデル氏の説に触れている。素晴らしいbuvery氏のブログと、大変お世話になり、今はもう消えてしまった福島の科学者Ketupa blakistoni氏のブログから学んだことだった。トンデル氏のガン死増加説は、補正に次ぐ補正で、突っ込みどころ満載だったにゃ。なお年末のある日、信夫山ネコがツイッターで結構取り上げられていたが、この関連だったようだ。ketupa氏のブログで「トンデル氏自身が今年1月に書いた論文で、自分の2004,2006年の説を否定した(=線量とガンの発生率に相関はない)という「衝撃の事実」が明らかにされている」と書いたわけだが、この部分はhttp://d.hatena.ne.jp/kanjinai/20110921/1316573069 には原文も出ていて、「明白な、そして期待されたような、直線的な被曝との相関関係は見いだされなかった」と訳されている。もっともトンデル氏の過去の論文のタイトルには「?」がついているので、「自説を否定した」というよりは、「未だ自説に結論を見いだせていない」なのだろう。

第二章は米国イリノイ州の、原発近郊で脳腫瘍になった、気の毒なセーラさんのVTRリポート。セーラさんの親(小児科医)は原発周辺の地域で、過去20年間で脳腫瘍や白血病が30%増えているとか、小児ガンが2倍とか言っているが、そもそも原発からの距離、「犯人」と疑われる水の放射線量、被曝量とかガン発症率とかが出てこない(原発の名前や、セーラさんの住んでいる地域の名称すら出ていないと思う。ズサンだ)。スタジオに戻って女性リポーター(追記:室井佑月っていう作家だって、シラナカッタ。あんまりアレだからマジでただのリポーターだと思った)が、「(低線量被曝でも)セーラさんみたいにかかってしまう人もいるわけで。だから「リスクは少ない」という言い方は、逆にして言うと「リスクを背負い込む人もいる」ということですね。確実に被害者は出るわけですね、」とか言っていたけど、この脳腫瘍と放射能の因果関係は裏付けされていないので、セーラさんが「確実な被害者」とは言えない。このまとめ方には大いに疑問がある。(追記:大体これじゃ「飛行機に乗ると、確実に犠牲者が出るわけですね(マジ顔)」と言うより、低次元ではないか。何を伝えたいのか?ど~でもい~けど)

14分あたりから、ディレクターがグラフを指さして「ICRP基準では100ミリでガン死増加=0.5%なので、1万人で50人、100万人で5000人が余計にガン死リスクを負う」等と言っているが、コメント欄にもあったが、これはこの一万人とか100万人の「母集団」の規定やガン死率が仮定されていないから誤解しやすい。
http://www.gakushuin.ac.jp/~881791/housha/damage.html#2ICRP によると、

放射線をじわじわと被ばくした場合、 生涯のあいだにガンで死亡する確率が、1 シーベルト(1 Sv)あたり 5 パーセント上乗せ(うわのせ)される 。「ガンで死亡する確率の上乗せ」は被ばく量におおよそ比例する。

・・・とかいろいろ書きかけたが、要するにここはbuvery氏の「NHK追跡!真相ファイルについて」に尽きるにゃ。

NHKは集団実効線量で癌死を勝手に計算している。

NHKの『100mSv、100万人で5000人死亡』という計算は、そもそも、100mSvを被曝する人は作業員以外には一人もいない現実とかけ離れた仮定であるという問題がありますが、それに加えて、ICRP 103でまさしく『集団実効線量を疫学の推計に使ってはならない』と警告していることをそのまましています。こういうことをしている人はこのディレクターの方だけということではなく、たくさんいます。

 私に言わせると、『集団実効線量』はLNTの論理的な帰結なので、最初から『低線量低強度被曝でLNTが成り立つ』という主張自体が間違っていると認めた方が良いのだと思います。そもそも、インドのケララ州や、中国の広東地方の高線量地帯で癌の発生率が上昇していないことを考えると、地球上にある『天然での高線量以下』(だいたい≦10mSv/年)で、ゆっくりと被曝する場合にはLNTは成り立っていません。(以上太字=引用)


番組ではさらに被曝が100ミリより低い場合について、「少しずつ浴びていく場合は、細胞が放射線に対して抵抗力を持つとか、そういうような理由で (ICRP説よりも)もっと低いのではないかという説もある~」等と言っているが、そもそもICRPは100ミリ被曝で0.5%上昇というのは、「緩慢な被曝」の場合と言っている。この時点で、ディレクター氏はこれは見落としているらしいことが判るが、これは重大問題だ。

この番組については、もう既に様々な方々の突っ込みがある。後半は英語インタビューの訳の問題も大きい。先のbuvery氏や、学習院大教授の田崎晴明氏、togetterなどの問題点指摘などをごらんください。
http://d.hatena.ne.jp/buvery/20120105
http://www.gakushuin.ac.jp/~881791/d/1112.html#29
http://togetter.com/li/234209

池田信夫氏は「捏造」と言っているにゃ。
http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51765226.html

最もわかりやすく、大きな疑問は、この番組が後半で、ICRPが低線量被曝の影響を半分に「値引き」している、と「スクープ」したつもりになっていることだにゃ。これは先に書いたように、そもそもICRPは200ミリ以下でのガン死増加を「緩慢な被曝で~」と言っていて、原爆みたいに「一気に浴びる」場合と区別している。そのために半分に見積もっている(その係数がDDREF)わけで、隠ぺいでもねつ造でもない。(先に書いたように)単に番組制作者が知らなかっただけだろう。アホな話だ。

最後近くではこの番組は科学から離れて、「ICRPは各国の原子力産業推進側から資金をもらっているから、偏っている、政治だ」てなことを言っているが、それは「NHKは国会で予算承認されなくては、事業運営はできないので、常に政府与党側に偏っている」と言うのと同じだにゃ。これはあまりにも大ざっぱな「反原発カルト的」見方ではないか?NHKにだって「郡山の朝ごはんから、セシウムは出なかった」と言った、「あさイチ」があれば(それなのになぜ山本太郎が出るか~?)、この番組のような「危険説寄り」もある。そう簡単じゃないにゃ。(朝日新聞も危険煽りの「プロメテウスの罠」を続けているけど、12月26日朝刊には東大の中川恵一准教授の、「福島でがんが増えることはあまり考えられないと思っています。それよりも野菜不足が危ない」という記事を載せてたにゃ。中学生、高校生向けの「ドクタービジット」にゃ。)

例えばトンデル氏の説やイリノイ州の話を、もっと徹底的に「科学と論理」で検証することはできないのだろうかね~?「疑われる」で煽って、最後は論理を捨てて「涙ながらに訴える」で終わるのは、古くさい日本の「社会派ドキュメンタリー」とやらで見飽きたにゃ。

1/10追記:全く違ったネタで、bloomさんから教わった http://www.louis-pasteur.or.jp/Ptsuushin2012.pdf は必読です。分子免疫研究所の藤田哲也氏の見解だが、トンデル氏の研究と、その悪用のされ方について、非常によく書かれている(肥田舜太郎氏の「チェルノブイリ事故で、東北地方に乳がん増加」の怪しさについても)。トンデル氏の説は「チェルノブイリ事故2年から4年間は、癌と診断された人の数は平時に比べて有意に増加した。ただし、この間にも甲状腺癌や白血病が増えたという証拠はない。しかしこれに続く8年間には、どのタイプの癌症例にも有意の増加はなかった」だそうだ。おいおい、NHKも「悪用」じゃないのか?

もちろん信夫山ネコは、NHKだって迂闊で間違えることがあるのはよく承知している。「福島県議選候補者を応援した山本太郎の、選挙期間中出演」を見ればよくわかる。「追跡!~」のプロデューサーはNHKの春原氏という「エース級」らしいが、ホントかね~、このズサンな内容で。

(あまりに長くなったので、続きは次エントリーに移しました)
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

NHK「低線量被ばく 揺らぐ国際基準 追跡!真相ファイル」への反論まとめ

 適宜、追記しています。  表記の番組(12月28日 22:55~23:23)を見て、NHKがこんな“煽り系”,“脅かし系”の情報を流すのかと、少々、驚きました。  内容についての的確な反論・疑問をアーカイブさせていただきました。

コメントの投稿

非公開コメント

サーメ人はラップと言われていた人でしたね,

 渾身のレポート、ご苦労様です。NHKはどうするんでしょうかね。いわゆる北欧の少数民族がチェルノブイリ事故が原因でガンが増えてはいない、という事はどこかで見た記憶があるんですが、今のところわからないですね。結構以前にどこかで読んだかも
 これではなかったと思うんですが、サーメ人に言及しています

 低線量被ばくに対するワーキンググーループの報告

http://www.cas.go.jp/jp/genpatsujiko/info/twg/111222a.pdf

 これが公表されたのが昨年12月22日だったんですね。僕も読めばよかったけど

 NHKの無様な報道はは12月28日ですよね。

 ワーキンググループの報告に対して、低線量被ばくを過小評価だとするブログもよく見かけますが、感情的なだけで、証拠を出せないんですよね。まあ、レポートの内容の多くは、チェルノブイリ原発でガンが増えたという事実はなかった、というように、もしもガンが増えたというなら証拠をあげて述べなければならないけれど、それは調べても出てこなかった。という論調で、反原発派の期待を裏切るから、反発ブログが出るんでしょう。

 そもそも、このレポートのどの部分が納得できないのか、それを言ってくれないと、と思うけど、こういう場合納得をある程度した人なんか特に意見表明なんかしないでしょうね。それよりも今後も放射能に対する知識を深めようとするんじゃないでしょうか。この部分が納得できないから、なんか対立するデータがあるのかと思っても見たことはないですよ。

 報告書の中には北欧のサーメ人はガンが増えていない、とわざわざ書いてあるんですからNHKはそれを否定するならば、引用を明らかにした反論を用意するべきです。画面を見ても一人の老人の感想だけで終わっていたと思いました。

 恐らくこのワーキンググループの報告書を見てはいないんじゃないでしょうか。ついさっきまでの僕みたいに。

 ご紹介のツイッターでもサーメ人のガン死亡率が増えている事はないと書いてある人がいましたけど、僕は極北に生きる民の生活習慣の改善によってガン死亡率が高まった事は十分考えられると思います。ポリネシア人イヌイットの人達の肥満など生活が変わっていく中で今までに見られなかった疾患が少数民族の人に起きる事はよくありますよ。

 北欧でトナカイの牧畜で生きる人々は過酷な冬を何十年も過ごすんでしょう。いわゆる温度差ストレスから心疾患などで短い寿命でガンになる前に死ぬ人が多かったと推測されます。あくまで推測ですけど根拠はあります。沖縄の方が北海道や秋田県などより長寿で日本一を争っているじゃないですか。

 これは日本でも全体がそう言えますよ。脳内出血、心臓疾患などで死ぬ人が暖房設備が整ったり医療の全体的な進歩で少なくなったらガンで死ぬ人が増えた。それと似た構造じゃないでしょうか。
 
 サーメ人の老人たちにまで、北欧各国の手厚い福祉政策が実行されて、ガンになる人が増えてきたんでは?と考えなかったんでしょうか。僕ならそういうところに目をつけますけどね。

 ワーキンググループの公表された文書では日本人のガン致死率は30%と記載されて、ガン致死率の上昇は1万人当たりでは15人くらい増えるかも知れないということになりますが。、

 一度に100ミリシーベルトの被ばくでは1万人当たり50人が確実に死ぬという言い方は二重の意味以上に間違っていますよね。

 ガン死亡率は30%、ガンになる人が50%という日本人の統計についても知らないと0.5%ということイコール1000人が5人増えるんだと短絡する危険は大きいでしょう。実際は3人くらいで997人は100ミリシーベルトの被ばくを一度に受けても生涯にわたってガンにもならず。またガンになった人のうち400人の人がガンでは死なない。

 つまり、2千人の人が一度に100ミリシーベルトを被ばくしてもガンで死ぬ人が600人から602人程度になる机上の理屈だが、ガンになる割合などは、都道府県でも10%程度の差があるとも報告されています。
 でも2000人が一度に100ミリシーベルの被爆なんてあり得ないと思うけどなあ。

研究者が動く方が良いかも

ご紹介戴いたルィ・パストゥール研の宇野先生も今回のNHKのトンデモぶりには激怒されています。

他にも異議を唱える研究者が多いので、集団署名などで抗議すべきか思案中です。

現地の方にとってはどのような形が良いですか?

宇野先生は若手の放射線生物学者の育成も必要ではないかとおっしゃっていました。

私は授業などを通して正しい知識の普及につとめようとしているし、同じように頑張っている人も多いのに、小出先生、崎山さん、肥田医師、(個人的には東大の児玉先生も同類だと思えてきた)など次々にデマ情報を流す人がいて皆さん参っています。

bloomさんへ

この番組、「エース級」プロデューサーにしては不出来です。作ってみたものの、何一つ確たることが言えず、無理にまとめて、年末のドサクサ紛れに放送して、「おわり」にしたかったのかも。しかし放送は終わってますが、この番組の問題は終わってないです。

NHKは体質が古そうですから、ネット上の録画で見られるなんて考えてなかったでしょうし(NHKがこれを消させたりしたら、また面白い展開ですが)。

この番組はあちこちに疑問がありますが、疑問点を明示した科学者の「署名」が起こったら、素晴らしいですね。よろしくお願いいたします。

あいんしゅたいんの批判記事

研究者集団の「あいんしゅたいん」からも批判記事が出ました。
http://jein.jp/blog-masako/897-blog-78.html

番組内容の文字まとめも紹介されていて、ツッコミどころが分かりやすくなっています。
http://togetter.com/li/234049

この番組では最後に脳腫瘍の女の子が「空気をきれいにして欲しい」と訴えていますが、変な団体に取り込まれて自分の病気や障害を「放射能のせい」と思い込まされ、広告塔に使われる人々を見るのは辛いです。

じわじわきたので

>現地の方にとってはどのような形が良いですか?

ずっとこの言葉を胸の中で転がしていて、やっぱりいいなあ・・・と思ったので、感謝を伝えたいと思います。ありがとう。

こういう聞き方をされると、返事をするほうの自由度が上がる。
「大丈夫?」って聞かれると「大丈夫」って答えるしか選択肢がなくて。
こだまでしょうか?みたいですが。

ネコさんの最新の記事(12日付)も読みました。
すっごく嬉しかった。

いろんな人にありがとうと言いたいです。

No title

初めまして。
放射線を勉強していてここに辿りつきました。
いろいろ勉強になります。
あの捏造番組に関しては

http://icrp-tsushin.jp/files/20120614.pdf

この提訴状によると音声の改竄までしていると。
さすがに誤訳ならかわいげありますが
音声の改竄までしてるとなるとかなり悪質ですね。
かなり日が経っていて、いまさらのコメントですみません。

はじめまして、ゆゆさま

広義編集権の是非も含めて、日々多く流されるマスメディアの情報には、
速報性や強調性を重視するあまり、言い回しの枝葉から情報の幹まで…

又情報切取による編集(尺合わせ)や改変(分かり易く)による強調情報の印象付け効果も…普通にある風景かもしれぬが…

自分の専門分野ならこのニアンス違う…だったり、専門外周辺部でもうーん、そうだっけ?…が受け手として前よりよく感じてたが、最近は意図的すら…感じる事も多々。

論評ならどんな方向性でもありだろうが、ソースの基礎に瑕疵あらば成り立つの?とも(苦笑)

ただマスメディア情報を全て疑えば情報過疎となり、ネット情報を直ぐ信じれば流言のRTやガセネタが余りにも蔓延し…

是々非々で情報入手の契機となし、自分自身で裏取し各種専門の知見の引き出しを見つけ、鵜呑みにせず自分なりに考えれば、比較的正統な知識が引っ張れるのかな(笑)

私自身その中身から口火流れや表現まで、正誤率6割を目指したいが、5割切ったらアキマヘン…たまにするけどね(苦笑)

デマゴーグを信じて最後まで得するヒト何ぞは何処にもいないから…ね

ではでは(笑)
プロフィール

shinobuyamaneko

Author:shinobuyamaneko
 福島県福島市の信夫山に住むネコです。
 原発事故以後ネット上には「もう福島市は放射能高くてダメ!逃げてください!」「福島はチェルノブイリ以上!」「子供を見殺しにしないで!」等の「反原発の叫び」が溢れてます。ネコはどこにも逃げられないから、もうノイローゼ気味。こういう「叫び」「脅し」の効果もあって福島に来る人は激減。街は沈み、市民は「すぐに逃げてください!」に怯えながら、静かに暮らしています。(←最近は嘘・デマがバレてきて、みんな元気になってきた感じだにゃ。)
 しかしね~、この種の「叫び」の根底に、「反原発」の「福島壊滅ならば原発全廃にできる!大大大チャンスだ!」っていう心理はないですか?原発全廃の為にはまず「福島壊滅」が必要とばかりに、科学的、医学的、論理的に怪しい説、大げさな数字等が「連呼」「拡散」されていないですか?それが「正義」になっていませんか?
 信夫山ネコは「故郷福島壊滅」を「原発全廃」の手段にされてはたまらんです。もし根拠がない数字や説の拡散によって、旅館の経営者が自殺するとかの悲惨な「風評被害」が出たら、大人しい福島人も終には訴えたりするのかにゃ~?!今はとにかくデマ、風評、誇張、脅し等を除染しながら記録するにゃ。(「リンクフリー」です 対「反原発」、対「放射脳」等での引用ご自由に)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR