小出裕章氏の「外部被曝の10倍内部被曝します!」はホントか?(2)

「反原発派」のエース(カリスマ?)小出氏についての続きにゃ。

札幌の一色靖氏のHPの「3/15大量内部被ばく説について」
http://www.yasushi-studio.com/tweet/2011/05/315-c437.html
には小出氏の4月29日講演「終焉に向かう原子力」について詳しく書いてある。

科学の話でなかなか難しいが、ここによれば小出氏の「内部被ばく量」(例の一時間17.1マイクロ・シーベルト)の計算がとても「荒い」。早い話が「大げさ」。小出氏は「ろ紙」か何かを使って、空間に漂っていた放射性物質=粒子を検出。この合計量及び「ろ紙」を通過してしまう細かい粒子の合計量を、そのまま吸い込んで「空間放射線量の10倍内部被ばくしました」と言っている。これに対して一色氏は「吸った粒子はほとんどが、吐き出すか、または何らかの経路で、また体外に出ます」と書いている。空中にある放射性物質を全部体内に取り込むわけはない。息を吐かず、ウンチもオシッコもしないやつは別だけどね。「内部被ばく」を怖がる福島市民は必読にゃ。

なお一色氏のスタンスは、
「脱原発はなにも人々を恐れさせなくてもできると思うのですが、どうも工学の人として甚だ疑問な点が、次々と出てくるので、いくつかチェックしていこうと思います。」

「小出氏は3/15に東京の人は大量被ばくをしたと述べています。原発の是非は、お好きにやっていただいて構わないのですが、人々の健康に関しては、妥当性を考える必要があると思いました。なぜ、そんなに脅かすのでしょうね……。」

というわけでネコは一色氏に全く同意にゃ。
「反(脱)原発派」のやりかたは、「福島はもう放射能汚染で人間は住めません!早く逃げてください!」と叫び(脅かし)、「だから原発は全廃にしなきゃ!」(原発は非)なんだよね~。これって「原発全廃」のためには「福島絶滅させなきゃ」なんだよ~。もうたくさんだにゃ。

一色氏は自身のツイッター
http://twitter.com/#!/yasushi64 ではこんな発言もしている(6月17日午前)。
「小出氏が原発停めるために何言うにせよ、そのために福島は人が住めないのに何も知らずに暮らしてるとか(福島の人、むしろ錯綜する情報の中で知ってる方だと思う。それに逃げて例え失業生活に入っても避けるべき確実ながん?)、土壌回復に100年かかるとか、福島を何だと思ってるんでしょうね」

小出氏講演では、「年20ミリ・シーベルトの被ばく量では、福島の子供の25人に一人ががんで死にます!」と断言していたが、日本人の3人に一人ががんで死ぬのが現実だし、小出氏の北朝鮮びいきや、「内部被ばく」計算の「大げさ」からすると、結局こんな「脅し」に怯えて家も職も失って避難する方が、「がん死」する危険性が高いかもにゃ。

今や福島は「反原発」の決戦場と化した感があるが、
福島市に住む者には政治的数字ではなく、科学的(医学的、疫学的)数字が必要にゃ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

貴方が何を信じようと勝手だが、ブログに書いて他人に勧奨するな。吸った微粒子の全てが排出されると思うか?日本人の3人に一人が癌で死ぬのは50代以降の話であって子供が癌で死ぬのは稀。それでで「放射性物質は安全だ!」と信じ込むのは勝手だが、バカな大人が信じ込んで子供を延々被曝させた結果子供が若くして死んでしまったら君はどう責任を取るんだい?少しは先々のことを考えて物を言いなさい。

リスクの予測は正しい知識があってこそ

小出さんは生物学の知識が無いので、生物学的なリスクについて論じるのは無理があります。
原子力の専門家なので、原発事故がどういう経緯で収束するのかを予測している部分に関してはもう少し話を聞く価値があるかも知れません。
ただ、彼の場合は活動家的な思想に振り回されてそちらも外れ気味ですね。

http://blogs.yahoo.co.jp/bloom_komichi/65012715.html

もちろん分野外の研究者でもきちんと勉強すればある程度のことは論じられるのですが、彼は論文も書いていないので研究者としての勘も鈍っていると思います。

ですから、小出さんの言説を信じるのは、占い師の話を信じるのと同じレベルだと私は考えています。

多くの生物学・医学系の研究者が内部被曝は小さいだろうと予測した通り、ホールボディーカウンターによる測定も内部被曝に否定的するデータが多いようです。

http://blogs.yahoo.co.jp/boss_bunta0255/28368616.html

海外からお邪魔

子供がガンで死ぬのは稀なんですか、知りませんでした。


小児がん
http://www.ccaj-found.or.jp/jspo/member/ketsueki.pdf
http://www.ccaj-found.or.jp/jspo/member/kokei.pdf

2008~年のデータですけれども、この人数を子供の総数で割り算すれば、癌の割合が出ると思いますよ。
予後については、2008~2010年のデータですので未ですけれどもね。

No title

>2008~年のデータですけれども、この人数を子供の総数で割り算すれば、癌の割合が出ると思いますよ。
なるほど子供の総数で割ればブログ主の言う「3人に一人」に近い数が出るんですか。それは怖い怖い。

No title

ネコさんや山田さんは「子供の3人に1人が癌で亡くなる」なんて言ってないと思うけど。

名無しさんは福島の人ではありませんね。
「貴方が何を信じようと勝手だが、根拠の無いコメントで福島をいじめないで下さい!
バカな大人が危険と煽って、結果ストレスで身体を壊したら君はどう責任を取るんだい?」

No title

2012-03-27(01:29)にコメント書き込んだ人、いまだにホットパーティクル説とか信じてそうな感じだね。

>「放射性物質が安全だ!」と信じ込むのは勝手だが
信夫山ネコさんは「放射性物質が安全だ!」なんて主張してないと思うんだけどな・・・。福島や東北を反原発運動に利用してる人達や人々の不安を過剰に煽ってる反原発派の人達に反論してるだけだと思う。

>君はどう責任を取るんだい?
貴方は過度に不安を煽ることで精神的に追い詰められる人がいることを知らないのかな?福島県立医大の患者調査によると事故後に精神科に入院した人の24。4%が被ばく恐怖による影響なんだけど。
不安を煽っていた反原発派の人達は「今現在」この入院している人達に対してどう責任を取るんだい?少しは福島や東北に住んでいる人達のことを考えて物を言いなさい。

どうも反原発派の人達は「被ばくリスク」は考えても「不安を煽って人を精神的に追い詰めるリスク」は考えないんだよなぁ。いや、、被ばくリスクを考えること自体は悪いことではないと思うけどね。もう少し他のリスクも考えてよ。

どうもストレスの影響を過小評価してる気がする。
きっと過去にストレスで頭が痛くなったり胃が痛くなったり横っ腹あたりが痛くなったりしたことが無いんだろうなぁ。ちょっと羨ましいな。

No title

吸入による、肺胞から血中移行にかんして。 4月以降は土壌吸着になっているので、セシウム単体ではない。 3月の時点なら吸入での血中移行も出ているがそれ以降はない。肺にまで到達するのは2.2μm未満である、これも、すべてが肺胞に吸着するわけでない。 喚起時に肺からは排泄される。 

同じ京大からの報告もある。

 http://icchou20.blog94.fc2.com/blog-entry-195.html#comment_list

めんどくさい。

 インフルエンザウイルスが、咽頭粘膜でなく、肺までほとんどが届けば、殆どの症状がウイルス肺炎になる。 とんでもなく恐ろしいことである。
 
 小児がん発生率は10万人中13人、 小児白血病は10万人中4人 多い小児がん種はなにか?。

多くの発症は0歳が多く認められる。年齢が上がるほど減る。骨肉腫は、0歳と5歳にピークがある。 なぜ0歳の時点で、発症例が多いか、わかりますか?。 胎児への放射線しきい値は100msvであるのに。 


この小出説

=「野外にいるだけで、空間線量の10倍内部被曝」した人(食物からの摂取でなく、空間に浮遊した放射性物質の吸い込みだけで10倍です)、そのためにガン死した人、が全く出なかったとします。

しかしこの説を信じて悩み、精神科に通う、免疫力低下で病気になり、悪化して病死したり、或いは自殺。また「自主避難」して離婚、貧困化して子どもの養育環境が悪化、それで健康が損なわれた。またせっかく妊娠していたのに中絶・・・等しても、小出師は(またこの説を拡散した「反原発」も)「責任取らない」でしょう。せいぜい 「おあいこ」なのです。

加えてここには、「反原発」の「避難しないで子どもを見殺しにするのですか!」のような声高な「脅し」はありません。バズビー・サプリのような高価な薬の販売もなし。週刊誌記事を書かせたこともありません。

福島で、何が科学的、論理的に確からしいか(+α)、を考えているだけです。何度も書いているように、自分が福島にいることを、納得する為のブログですから。正に何を信じようと勝手。私だけでなく「貴方」も。 もしも万一「貴方」が関東でなく福島の人だとして、「自主避難」するなら止めません。自由です。私は福島の他人に対して「福島居残り」の「勧奨」はしておりませんが、もし「貴方」が自主避難の「勧奨」をしたいのなら、(ここではなく)ご自分のブログなりツイッターなりでどうぞ。私はもちろん「するな」なんて書き方はしませんよ。「自由」です。

(山田さ~ん、bloomさ~ん=昼ごろ書こうとしたのだけど、PC不調で・・・、そしてみなさ~ん。)

No title

>ネコさんや山田さんは「子供の3人に1人が癌で亡くなる」なんて言ってないと思うけど。

いいえ、したから3行目以下を読んでください。ネコさんは明確に子供のガンリスクを日本人の死因の3分の1のガンと比較している。君の主張は言い掛かりだ。

>名無しさんは福島の人ではありませんね。

ここは福島県民専用なのかい?そんな断り書き、あるんだったらURLと該当箇所を明記してくれないかな?

>結果ストレスで身体を壊したら君はどう責任を取るんだい?

君は津波ハザードマップを公表した自治体にも「ハザードマップを見るたびに胃痛がする。責任を取れ」とかクレームを出しているのかな?

>いまだにホットパーティクル説とか信じてそうな感じだね。

信じていませんが何か?「どうして放射性微粒子は危険だ」がホットパーティクル説になるんだい?微粒子が危険でなければ、なぜ除染作業をやった自衛官は防塵マスクを使用していたんだ?彼らがバカだからか?君らの主張は言い掛かりばかりだ。君はハザードマップや緊急地震速報の公表には反対なのかな?

>肺にまで到達するのは2.2μm未満である、これも、すべてが肺胞に吸着するわけでない。 喚起時に肺からは排泄される。 

だから吸引時の預託線量は、それも加味して決めてあるだろ。

「めんどうくさい」だと?面倒くさいのは君のほうだよ。

No title

>またせっかく妊娠していたのに中絶・・・等しても、小出師は(またこの説を拡散した「反原発」も)「責任取らない」でしょう。せいぜい 「おあいこ」なのです。

小出氏は中絶せよといっているのですか?聞いたことがない。嘘でないならソースを提示してください。

>自分が福島にいることを、納得する為のブログですから。

納得するだけなら貴方の自由です。それを発表するのも貴方の自由。だれでも言論の自由がありますからね。けどね、自由には責任がある。ウソや間違いを発表してはいけないんです。ウソは言わない、間違いは速やかに訂正する。それが自由と表裏一体の、責任というものなんです。自由を謳歌するのは責任を自覚してからにしなさい。

責任という事で一つ。貴方は住居を選ぶ自由があります。しかし選んだことに対する責任も、あります。すなわち、放射性物質が原因で病気になっても人に迷惑を掛けない。健保で他人払った保険料の世話になるのではなく、自力で東電から治療費等々を勝ち取らねばならない。それから、自分の子供を福島に押しとどめる権利は無いです。子供が移住を希望すれば、移住すべきです。それが親というものの責任です。

貴方は、もし放射性物質が大変有害で人々がバタバタ斃れたら責任を取ることができますか?

No title

預託実効線量だろ。 勝手に預託線量とだけいうなよ。

ほんとに、めんどくさい無知。 

自衛官が防護マスクの着用は、マニュアルの決まり。 身体の付着線量を、白衣着た放射線技師がマスクもせずに測定している横で、自衛官がフル装着でたっているのをよく見たはずだ、 自衛官の緊急時マニュアルに従っているだけ。 

提示した、URL先の意味も理解できないだろう。

好きなところへ行くのを止める権利は、誰にもないので、好きなところ行けばいい。 原発のない国など山ほどあるし。 

コテハンの付けない、卑怯者に、優しく説明など無用。

No title

福島に残ったなら、皆健康保険制度の適用外。 こいつは良いや。なら、自己で調理しての家族での食中毒。我が子への誤飲させた。 自己で捕った動植物での中毒、急性肝炎、まんなみんな適用外だ。 飲酒、喫煙も適用外だ。ワクチンがあるのに(破傷風ワクチンを5年毎定期にしているのか)、接種しなくての発病も適用外だ。 厚生省保険局が喜ぶ。

No title

>>ネコさんや山田さんは「子供の3人に1人が癌で亡くなる」なんて言ってないと思うけど。

>いいえ、したから3行目以下を読んでください。ネコさんは明確に子供のガンリスクを日本人の死因の3分の1のガンと比較している。君の主張は言い掛かりだ。

横レスですがね。

名無し氏は先のレスでこう言ってますね。

>>2008~年のデータですけれども、この人数を子供の総数で割り算すれば、癌の割合が出ると思いますよ。
>なるほど子供の総数で割ればブログ主の言う「3人に一人」に近い数が出るんですか。それは怖い怖い。


山田さんが示したのは「小児ガン」の統計であって、これを子供の総数で割って「大人のガン」の死亡率が出ない事は明らかですね。
このレスの時点では名無し氏は「子供のガンリスクを日本人の死因の3分の1のガンと比較している。」事を問題視していないし言及もしていない。

明らかな言い逃れで誤魔化しですね。
後だしジャンケンで他人に「いいがかり」等と非難するのは不当ですね。
謝罪してください。

バタバタ?

>ウソは言わない、間違いは速やかに訂正する。それが自由と表裏一体の、責任というものなんです。

自分の妄想に責任は感じていないようなので矛盾していますね。

omizo さん、皆さん、スルーで良いんじゃないでしょうか。

>omizoさん

名無し氏はこう言ってますね。

>放射性物質が原因で病気になっても人に迷惑を掛けない。健保で他人払った保険料の世話になるのではなく、自力で東電から治療費等々を勝ち取らねばならない。

こっち側の人は、福島で病気になったとしても、それが放射性物質のせいだとは考えないから、普通に健保で治療します。

ですが、彼らにとっては「我々の払った健保を勝手に使うのはけしからん」というj理屈になる訳です。

実際、病気になったからと言って、それが放射能のせいかどうか特定する事は難しい、と言うか無理でしょう。

「福島に残るのは個人の自由」と言いつつ、「福島に残るなら、保険で治療を受ける権利すら無い」と主張するのは生存権の否定になるんじゃないですかね?

言いがかりとかそんなレベルじゃなく、非人道的な主張だと思いますよ。

03-28(20:45)様

03-27(01:29)様と同じ方ですか?

であれば、「バカな大人」とはもしかして私のこと?
福島市で暮らす見ず知らずの私の2人の子どものために・・・
そうですか・・・いやいや、なんと言って良いか・・・

もし良かったら2点ほど教えてください。

まず「子どもが移住を希望すれば(移住を希望する子どもって、何歳なんですかね?)、移住すべきです。それが親というものの責任」って書かれてますが、

「親というものの責任」ってなんですか?

正直なところ、当時、水素爆発の映像見て、「あ、終わった」と思ってから
そっちにいったり、こっちにきたりしています。(あくまで、キモチがですよ。)
で、ずぅーっと『』が頭の端っこから剥がれないんです。
『万が一(0.01%ってこと?)、福島第一原発事故由来の放射性物質で子どもたちに何かあったらどうしよう』
(これも裁判しなきゃだめなんでしょうね。あ、子どももガン保険入りました。)

津波・・・
交通事故にあう・・・
足場が強風で倒れてくる・・・
虐待・・・
イジメられる・・・
病・・・
友達にケガさせる・・・
イジメる・・・

「親というものの責任」って、
40過ぎの夫婦が70過ぎの私と嫁の両親と小中2人の子どもをつれて、
今まで構築した人間関係を全て捨てて、新たな人間関係を一から作り、
今と同一水準の生活(私と嫁の両親も含む)ができる仕事を、
どこぞで探すということですか?
(自慢になっちゃいますが、私の父は認知症です。福島を離れない理由の一つではありますが、全てではありません。)
ここで暮らすという心持ちとは違うものなんでしょうね。

「親というものの責任」ってなんですか?

それと、やっぱりどうしても教えて欲しいのは、
「放射性物質は安全だ!」とこのブログ主が「信じ込んでる」記事なりコメントです。
どこ?どこ?どこ?どこにあります?

当初からかなぁ・・・ほぼ読み専門だったのですが、
「放射性物質は安全だ!」なんてあれば、そっちにいって、帰ってきません・・・
あぁ、でも最近、私、記憶が怪しいので、書いてある場所を是非、教えてください。
もう一度読んで、納得できれば、いつでもまた、そっちにいける!!


・・・書き込んでしまいました。

すいません。名乗りなきにて(××の方で失礼)

曰く、

"福島県民専用"だそうで

被災前も被災後も
福島はじめ東北各地に
よくお邪魔してる
県外在住者です(笑)と
最初から
書き込み、申立てて
信夫山ネコ様の庭先の扉を叩いた慌てモンですが…

貴方もきっと、
「フクシマ」に思いのある
方なのでしょう。

ただ端々に見える
命令口調は
少々感情だけが先走って
いるように感じられ、

きっと
詳しくご存知なのだろう
御反訴の根拠となるべき
放射線物理学なり
放射線化学なり
放射線生物学なり
の科学的知見に
加えて、
人体影響を説明する
医学的知見とする
引用根拠忘れは
少々戴けないかな(笑)


きっと
福島に限らず
岩手、宮城の
東日本大震災での被災地
各地の状況を
あるいて、観て感じて、
住んでいる人たちに
訊いて、

御自身の専門分野で
考えて
専門分野外の事も
両面の知見を熟考され
出された
結論ナノかも知れませぬが…

理系・医系・文系
専門内外も関係なく
老若男女も関係なく

故郷だろうが
移住だろうが
通りすがりだろうが
寄り集まって

何か縁あって
福島への想いが
福島に住む人々への
想いが強いブログにて…

相手への想いやりのなき表現は、貴方がたとえもし正しい部分が少しでもあったとしても…
貴方の一言たりとも、このブログに係わる誰にも通じません。

東日本大震災から一年過ぎ
まだこの被災地復興の体たらく…

何を思うのも勝手だが、本質的な科学的知見の根拠なき批判なんぞ意味なき事…
ぼちぼち足引っ張るのは辞めたら如何でしょう。

県外在住の非当事者が長々と…
こりゃうっかり八兵衛だ(笑)

福島に在住される
フラッグレッド様の
"静かなる怒り"が
判らなければ…
最早口さえ開く資格すらない。

最後一文は
些か感情的にて
失礼致しました。

P.S.
福島のみなさまへ
岩手のみなさまへ
宮城のみなさまへ
青森・秋田・山形
各県の皆様へ

遅き春が春らしく
迎えられん事を…

またお邪魔します

すいません

スルー推奨なのはわかるんですが、気になりますんで。

>お名前ない方 さん
>ここは福島県民専用なのかい?そんな断り書き、あるんだったらURL と該当箇所を明記してくれないかな?

県民専用なんてことはありませんよ。実際いろんな地域の方がコメントを寄せています。そもそもkakkouさんご自身福島県民ではなかったと思いますが…(深ーいご縁はありますけどね、っていうかもうコメ友だと思っています)。
少なくとも、名前のない方さんの解釈されたような意図でおっしゃった訳ではないと思います。
申し訳ありませんが、的確なツッコミではありませんね。

>なぜ除 染作業をやった自衛官は防塵マスクを使用していたんだ?

omizoさんがお答えになっていますが、私からも少し。
自衛官は本人の意志とは関係なく任務として被災地に入ります。基本拒否はありません(戦前なら重営倉、戦時下なら銃殺ものです)。従って最大限の予防措置をとることで、隊員の心理的な負担を減らしていると考えられます。よく聞く話で、「戦車の底面に脱出口を作っても本当に被弾したらほとんど役に立たない。それでも兵の安心のために脱出口は必要だ」というのと同じかと思います。

>小出氏は中絶せよといっているのですか?
ここで「小出氏は中絶せよといっている」なんて主張した人、見たことがありません。信夫山ネコ様が言っていたのはデマ(あるいは過大な危険見積)によって被害が出ても、デマを流した人は責任をとりませんよね、ということだけです。例えそれが考えられうる放射線の被害より大きいものであっても。
読解力不足か、意図的な誘導かわかりませんが、これもツッコミどころが違いますよ。

>自由には責任 がある。ウソや間違いを発表してはいけないんです。ウソは言わな い、間違いは速やかに訂正する。それが自由と表裏一体の、責任と いうものなんです。

いいこと言いますね。私もそうありたいと思っています。
惜しいのは、ウソとか間違いとか、結論だすのが早すぎることでしょうか。今の状態ではただの決めつけと言われても仕方がないのでは?
ついでに、まず人を疑う前に自分を疑ってかかってみるのも悪くないと思いますよ。まあ、自戒を込めた言葉ですが。

>健保で他人払った保険料の 世話になるのではなく、自力で東電から治療費等々を勝ち取らねば ならない。

皆さんからもご意見が出ていますが、うーん、意味がよくわかりません。低線量での影響はガンの発生率が上がるだけだと思いますが、他の病気は健保使ってもいいんですよね。
ガンに絞るんなら、東電が福島県民のガン保険加入に補助をするとか(そのぶん健保負担を減らすとか)、面白い方法があるかもしれませんね。何かいいアイデアを出すのって、建設的ですよ。

>子供が移住を希望すれば、移住すべきです。それが親という ものの責任です。

これも意見が出ていましたが、個々の事情や考えがありますからね。ちょっと乱暴な言い方だと思います。
個人的には、親の責任ってそんな簡単なものじゃないと思いますが…。

>貴方は、もし放射性物質が大変有害で人々がバタバタ斃れたら責任 を取ることができますか?

無益な問いかけはやめた方がいいです。


名前のない方がお一人なのか、複数なのかわかりませんが、ちょっと気になることだけ(ズルいですね)触れてみました。

コミュニケーション

昨日の昼頃のTV番組で、建築家の安藤忠雄さんが
建築家と技術者、作品を仕上げるのに良いコミュニケーションが必須で
「良いコミュニケーションをする為には相手に愛を持つこと」と言われた。

ここのブログでホッとするのは、少々の意見や見方の違いがあっても
言葉の中に、福島や福島人、東北人、日本人、そして自分に対する愛があるから。
間違いに気付いたら、みんなで勉強すればいいさ。新しい情報は共有したいし、、
私なんて物理ド素人だから、理論的なことは何も言えないけれど
どうもストレスで病気になっちゃった、、ぽい。

こんな書き方すると「感傷だ」「摩り替えてる」って、名無しさんに言われそうだけど、、
ともすれば書き逃げすることも出来るコメント欄やtwitter。
でも、ここは、ちょっと違うんだよな~ 
IKAさんの「コメ友」発言、嬉しかったな。皆さんもね♪

追伸

義阿南高地さん 他の皆様もですけれど、、

  故郷だろうが
  移住だろうが
  通りすがりだろうが
  寄り集まって

  何か縁あって
  福島への想いが
  福島に住む人々への
  想いが強いブログにて…


同感です。

No title

なんというか、ため息が出ます。

>「福島に残るのは個人の自由」と言いつつ、「福島に残るなら、保険で治療を受ける権利すら無い」と主張するのは生存権の否定になるんじゃないですかね?

あのね、私は全ての傷病を自己負担せよと入っていないの。東電にヤられた病気なら健保を使わず東電に出させろ、といっただけ。どうして非人道的とうことに?犯罪被害は健保の対象外で加害者が支払うのと同じですよ。

反論は結構ですが、人の主張は正しく理解してください。私に対する反論は、こんな調子のものが多い。本来なら逐一反論しなければならないところかもしれないが、ちょっと量的に背負いきれません。

HN付けてくれたので

>birdmann さん
人が言ったことを正しく引用しなかったり、歪めた内容に基づいて反論することは「straw man(藁人形論法)」と言って詭弁のひとつとされていますね。

http://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%B3

他人に反論する際には気を付けたいと思います。(自戒を込めて)

ただ、議論に慣れていない人と論争した場合等に、定義の曖昧な言葉を用いたり、誤解を招く表現をしておきながら「私はそんなこと言っていない」と再批判したりする事がよくありますね。
私も議論に慣れていない人間なんで、誤解をされたような場合はより厳密に定義された用語を用いたり、別の表現で的を絞るように心がけています。
そうしてお互いの意見の違いをハッキリさせないと議論が始まりませんし、そういった努力無しに相手を批判すると、ただの誹謗中傷と感じられてしまう可能性が高いですから。

コメントを読む限りでは、ここ以外でも充分な意思の疎通が出来なかった事があったようですね。僭越で申し訳ないのですが、ため息をつく前にもう一度丁寧にお考えを説明をされるように心がけたらいかがでしょう?
面倒臭いかもしれませんが、ストレス溜めるより体にいいと思いますよ。

No title

>名無し 改め birdmannさん

いや、自分も全傷病のつもりで書いたつもりはないんですけど?
話の流れとして、「原発由来の可能性がある病気」に健康保険使うのがどうなんだって話でしたよね。

何なら、「病気」を「ガン」なり「白血病」なりの、放射線のせいで増えると言われてる病気に置き換えて読み直して貰えば、それでも意味は通じる筈です。
自分はそう想定して書いてますから。
それでも、充分「生存権の侵害」ですよ。
前に書いた通り、ガンなり白血病なりでも、それが放射能のせいか、そうでないかを判別する事は出来ませんから。

制度的に、一定量を東電に負担させるべきだ、と言う主張なら解りますが、「健康保険を使わない事」を一県民に要求するのは筋違いですね。
ましてや「福島に住み続ける」事と天秤にかけさせるような要求をする権利が、同じく保険料を払っているとしても貴方にあるとは思えませんが?


それと、
「犯罪被害は健保の対象外で加害者が支払うのと同じですよ。」
との事ですが。

犯罪被害による傷病でも、健保が使えないわけではありません。
相手が「責任能力無しで無罪」になった場合や、「支払い能力無し」な場合は全額自腹で泣き寝入り・・・・・にはなりません。
裁判になってしまった場合、結審するまで被害者の立て替えになるとお考えすか?

最終的には加害者が払うべき、とする物だとしても、被保険者に負担を強要するような仕組みにはなっていないですよ。


No title

IKAさん ネコさん
小出氏の中絶については、ご指摘のとおり私の誤解でした。申し訳ありません。
私は以下のとおり述べるべきであったので、下記の通り訂正して申し上げます。

中絶被害の責任は被曝胎児の中絶を主張した人間が負うべきで、小出氏が負う筋合いは無い。
だが、子供に放射性物質による健康被害が発生した場合、県外退避無用論者はどのように責任を負うのだろうか。

No title

フラッグレッドさん

>「親というものの責任」ってなんですか?

そんなこと聞かないで下さい。あなたは子供に年間1mSv未満を保障するのが親の責任だと思わないのですか?子供に労基法電離則の規定を越えるような被曝を強いてまで、なぜ福島に住み続けたいのですか?(間違っても「労基法は児童に適用される法令ではない」とか言わないでくださいね。)今まで構築した人間関係とか認知症のお父様とかは、貴方にとっては大切であっても子供にとっては一切関係ないんですよ。子供の人生は子供の人生なのです。

>『万が一(0.01%ってこと?)、福島第一原発事故由来の放射性物質で子どもたちに何かあったらどうしよう』

核汚染の危険度が0.01%だと思っていたんですか?それは違いますよ。放射性セシウムに関するデータでは下記のようなものが発表されています。
・ゴメリでは医大生の心電図異常が48.7%、そのときのセシウム137の堆積量は僅か26 Bq/kg。
・555k Bq/m2の地域では子供の41.6%に高血圧
・尚、福島市は300k~600k Bq/m2
出典;バンダジェフスキー氏の論文、文科省航空機モニタリング

放射性物質の危険性については諸説ありますが、こういう厳しい現実を突きつけるようなデータに目を瞑るべきではありません(ただし、お子さんお孫さんが居ない身であれば、目を瞑ろうが無視しようが自由だと思います。)。

No title

こうた さん

>相手が「責任能力無しで無罪」になった場合(以下略

一部の例外を持ち出して私の主張の全部を批判するのはやめてください。

>実際、病気になったからと言って、それが放射能のせいかどうか特定する事は難しい、と言うか無理でしょう。

不完全ながら腫瘍マーカー法があるでしょう。もしそれが無かったとしても、証拠が上がらないことを利用しないで下さい。そういうやり方は卑怯です。


もっと正々堂々たる態度で論戦に臨んでください(それがために口調がきつくなるのは構いません)。あなたは口調は丁寧だが慇懃無礼です。

No title

健康保険法

損害賠償請求権

第57条 保険者は、給付事由が第三者の行為によって生じた場合において、保険給付を行ったときは、その給付の価額(当該保険給付が療養の給付であるときは、当該療養の給付に要する費用の額から当該療養の給付に関し被保険者が負担しなければならない一部負担金に相当する額を控除した額。次条第1項において同じ。)の限度において、保険給付を受ける権利を有する者(当該給付事由が被保険者の被扶養者について生じた場合には、当該被扶養者を含む。次項において同じ。)が第三者に対して有する損害賠償の請求権を取得する。
2 前項の場合において、保険給付を受ける権利を有する者が第三者から同一の事由について損害賠償を受けたときは、保険者は、その価額の限度において、保険給付を行う責めを免れる。

保険者への第三者行為の届けが必要ですが。
第三者行為 による傷病届
第三者行為等の行為による傷病届申請書
負傷原因報告書 申請書
以下は、加害者が特定できる場合。
念書 申請書
損害賠償金納付確約書 申請書
示談書の写し(示談が成立しているとき)

明らかに、加害者特定できない事故、事件性があるとの場合は、警察も事故証明などは出すでしょうが。

これ、取れますか。

 過去の2回の原発就業者の労災認定裁判で、最高裁小法廷はどう判断してます。 100mSv以下での因果関係は認められないと、しています。  東電を裁判に持ち込んでも勝てるか?。

 仮に、東電が無過失補償として補償するとしても、因果関係が不明であるので、ほとんどの疾病を補償しなければならなくなる事も。 現実的ですか?。

 健保使わずに、補償が出るまで、自己負担など不可能という事です。

福島に住むいじょうは、健保など使わずに、東電に補償を求めよとも、足られる、言い回しは避けたほうが無難。


バンダジェフスキー氏の論文

放射線医学からは、否定的です。

セシウム133は、3から6mgは人の体内に存在しますし、137の微量放射線(セシウムの化学毒性は無関係)で、それほどでるなら、高カリウム症でも、出てくる可能性があります。 

カリウムポンプ阻害に、137程度の微量が影響するとも思えませんが。

No title

心筋の収縮異状も、心臓疾患のない人へ24時間モニター記録していれば、単発的に収縮異状は出てきます。 ペースメーカー(機械じゃない、洞結節)も含めて、電流誤差は起こっているという事です。それが、慢性的とか、心筋痙攣にまでなるかとい言う事です。

タイトルなし

以下は私個人の見解です。

>birdmannさん
丁寧な謝罪と訂正、ありがとうございます。
私は(特にリアルでは)言い訳が多い人間なので、率直な態度には感じ入ります。
さて、
>中絶被害の責任は被曝胎児の中絶を主張した人間が負うべきで、小 出氏が負う筋合いは無い。 だが、子供に放射性物質による健康被害が発生した場合、県外退避 無用論者はどのように責任を負うのだろうか。

というご意見についてですが、前段
>中絶被害の責任は被曝胎児の中絶を主張した人間が負うべき

という点にたいして、私は基本的に(どのような方法で主張したかによりますが)責任を負う必要はないと考えています。
そして、もし中絶という決断をされた方がいらっしゃったとしても、その人が自分で諸事が判断できる人(社会的に大人と言われる人)であれば、その方の判断を尊重できるようにしたいな、と考えています。(ただ正直に言うと、残念だな、という感情は出てくるとは思いますが)

そうすれば当然、後段についても「責任をとる必要はない」ということになりますね。
前提が一般的なものとして考えてみました。例えば極端な情報管理や心理的な圧力があった場合、話はまた別です。

No title

omizo さん

東電を裁判に持ち込んでも勝てるか?因果関係が不明?そんなの知りませんよ。それは貴方がやってください。国庫負担で助けてもらって当然だと思っているのですか?そういう根本的なところが、omizo さんも他の方も、ズレています。

>それほどでるなら、高カリウム症でも、出てくる可能性があります。 

そうですね、そうなりそうなものです。ですが、それは理論的で説得力があっても、あくまで推測でしかなく、それを証明するためには実測が必要なのです。で、実測してみたら大違いだった、となると、たとえ原因が不明であっても、カリウムポンプ阻害に、Cs-137程度の微量が影響するとも思えないという考えは間違いだったという事になるのです。

>単発的に収縮異状は出てきます。

氏の論文にはホルター心電図とは書いていない。それにコストのかかる24時間モニター記録が、経済力の無いベラルーシで行われたとは考えにくい。


IKA さん

なるほど。それなら私も同感です。科学者に逐一責任を求めていたら学問の自由も言論の自由もなくなってしまいますからね。ただ、意図的にウソを広めていたとかになっちゃうと話は別ですね。その点も同感です。


フラッグレッドさん

私は孫を被曝させても良いという貴方の考え方が分からない!
よかったら、お返事を下さい。

No title

フラッグレッドさん

肝心なご質問を見落としておりました。

>移住を希望する子どもって、何歳なんですかね?

全年齢です。住居を選ぶ権利があっても、子供を福島に住まわせる権利は無いですからね。移住が無理なら子供だけ安全圏まで移住するのに下宿でも何でも方法はあると思います。

Dear.バンダジェフスキーさま批判例

ただ投げ込みにて失礼

http://m.togetter.com/li/273559

ひとの人生
愚かだろうが
賢かろうが

命令口調なのが
一番嫌い

たとえ
ベラルーシのルシ公
大嫌いだとしても…

バンダジェフスキー批判例2

No title

>中絶被害の責任は被曝胎児の中絶を主張した人間

この中絶を主張した人間の言葉、表現方法がでしょう。

直接的に、堕胎は必要だと、主張しなくても。

http://www.tamagomama.net/contents/x-rey.html



妊娠初期のX線撮影は胎児にかなり影響があると聞き不安です。
最終生理日H16.7.2 X線撮影日H16.8.16
現在妊娠5週です。妊娠が分かる前日に骨粗鬆症検査でX線撮影をしました。両手の甲、計1枚です。妊娠初期のX線撮影は胎児にかなり影響があると聞き不安です。
主治医の先生からは、「自分ひとりの問題ではないから、虎ノ門病院(東京)の遺伝相談科で判断を仰ぎ、その結果どうするか決めてほしい」と言われています。結果がどうあれ産みたい気持ちに変わりありませんが、やはり不安でそのことばかり考えてしまいます。よろしくお願いします。
今回で妊娠出産は二回目です。ひとりめは逆子のため帝王切開でした。ふたりめは何事もなければ普通分娩を考えています。私の場合普通分娩は総合病院等の大きな病院でないと無理なのでしょうか。ひとりめは個人医院のせいか選択の余地なく帝王切開でした。良い産院でしたがそのことを考えると違う病院を探したほうがいいかと考えてしまいます。現在29歳出産30歳予定です。(前回出産28才)

************

回答  たまごママネット医師団
妊娠と放射線被爆はいつも問題になりますね。さらに問題なのは、医者に知識が欠けていることですね。ここにインターネットから転用させていただいたデータを記載いたします。
「放射線を多量に浴びると危険な時期は?
動物実験の結果からは妊娠4~7週に放射線を浴びると胎児に奇形が生じる可能性があるのですが、実際には妊娠8~15週が最も危険です。妊娠8~15週の間に多量の放射線を浴びると小頭症や精神発達遅延を起こす危険があります。ただし、妊娠8週前や25週以降であれば、放射線をかなり浴びても精神発達遅延などは起こらないとされています。
どの程度の放射線を浴びると危険なのか?
被曝線量を表す単位をradといいます。おそらく胎児の被曝量が10radを越えると胎児に障害が生じるだろうと考えられています。文献的には10radの被曝で4%の胎児に精神発達遅延が起こるとされています。しかし、一般の放射線診断で胎児被曝が5radを越えることはまずありません。おなかのレントゲン写真1枚での胎児の被曝線量は0.1rad、大腸や小腸の造影検査で2~4rad、腹部のCT検査でも3.5radです。CT検査でも頭部や胸部なら胎児の被曝は1rad未満です。胸部のレントゲン写真で心配される方がいますが、写真1枚につき0.05mradつまり0.00005 radにしかなりません。」
 要するに、ガンの放射線治療を受けるなどの場合を除き、診断のために行った放射線検査によって胎児に障害が起こることはまずありません。
さらに胎児がX線ビーム内に入らない低線量の検査(妊娠中の母親の胸部、頭頚部、四肢のX検査)では、個々に胎児線量の推定を行い必要は無い(胎児は殆ど被爆しない)となっています。
従ってあなたの場合、心配は要らないと思います。わざわざ虎ノ門まで相談に行く必要も無いと思います。
こうした知識に欠けた産科医が時に不必要な中絶手術や不安を妊婦さんに与えることが問題ですね。一人の生命がかかっているのに・・・・・ 04.8.19

主治医の先生からは、「自分ひとりの問題ではないから、虎ノ門病院(東京)の遺伝相談科で判断を仰ぎ、その結果どうするか決めてほしい」と言われています。

このよな間接的な言葉でも、妊婦は不安感になる。

同業者からも、
こうした知識に欠けた産科医が時に不必要な中絶手術や不安を妊婦さんに与えることが問題ですね。一人の生命がかかっているのに・・・・・ 

の言葉が出るほどの問題です。

胎児への放射線の影響が心配です。
不整脈があります。8月24日にカテーテルアブレーションを行いました。通常より不整脈の数も多く、時間も4時間半かかりました。そしてその後妊娠し、明日で4ヶ月目に入ります。
現在も不整脈は残っているようですが、そのこと自体はどのお医者様も問題はないとおっしゃいます。ただアブレーションをして約1ヶ月での妊娠です。放射線を大量に浴びていることが不安です。大丈夫と言って下さるお医者様もいらっしゃいますが、今日行った循環器のお医者様が、無事に生まれたらいいですね・・・と呟くように言われたので不安で仕方ありません。

『無事に生まれたらいいですね』・・・と呟くように言われたので不安で仕方ありません。

『無事に生まれたらいいですね』と、言う言葉も、ごく一般的に、とれば、そうですね。と、なんの問題なく受け取るのですが、

不安感でいっぱいの人に、別の意味合いで、言ったとして。も、言い逃れは出来ます。 

 それと、避難しろという言葉にで、避難しても、それを勧めた人が、生活とかの面倒を見てくれるわけでなし。 それで、不眠症になって、アルコール依存になってもですし。子供が転校生としてイジメにあっても。 リスクなんて、そこらかしこにあるのさ。

それに、セシウムは胎盤を通過しない。胎盤に移行されても臍帯には行かないのです。 胎児へのセシウム移行は無い。胎盤はフイルターの役目があるのです。 

> 東電を裁判に持ち込んでも勝てるか?因果関係が不明?そんなの知りませんよ。それは貴方がやってください。

の言葉のとおりに、無責任に避難を勧めているわけです。

私は、無責任に言うけど、避難をするべきだ、でもどうなろうと知ったことじゃない。とう言うことです。ね。

 バンダジェフスキー氏の論文はこんなん出ました、でも因果関係も検証もしていませんが、なにか?。

と、言っているのです。 

 甲状腺を全摘された、子供の中には、経過観測で済んだ者もいる可能性があり、無駄に全適されたこどものがどのくらいいるか?。 も、私は、問題意識を持っていますが。 官谷先生の感想では、ベラルーシは医学それも臨床レベルもあまりにも低すぎる。 死因不明が3位ですからね、死因究明レベルも低すぎる。


 放射線を、子供に被曝させても平気か?。 それが、10万人に1人の増加の可能性であるなら、 それより、経済的に追い詰められる。精神的に追い詰められるなどのリスクの方が高いと判断できるから。

名無し 改め birdmann 様

返答ありがとうございます。
また、返信が遅くなり申し訳ありません。


>なぜ福島に住み続けたいのですか?

これは難しいですね。
愛着とか誇りとか・・・いやいやいやいや・・・
私は、激変を望まないってとこですか。
で、なんで子どもと一緒に住み続けているかです。
あちこち、ウロウロしてますが、
低線量被曝の話で「これだ!」というのが見つかりません。
福島第一原発事故前と同じように福島で一緒に暮らす
から
子どもは福島から離して生活させよう
に変更するのに足りない。
ということで、
『福島第一原発事故由来の放射性物質で子どもたちに何かあったらどうしよう』と思いつつ、
大きい余震が来るたび、福島原発は?と思いつつ、
我が子は交通事故に遭わない。
我が子は他人にケガさせない。
などと同列に
我が子は放射線の影響を受けにくい。
を並べました。


せっかく出典いただいたデータですが、

>厳しい現実を突きつけるような

が読み取れませんでした。
何年か後の福島市はこうなるということ?それとも、かもしれない?
555k Bq/m2の地域はもともとどのくらいで、何年でこの数字になったの?
調査した子どもは、ずっとそこにいたの?だとしたら、水とか食べ物はどうしてたの?
う~ん、足りない。


>子供の人生は子供の人生なのです。

そうですね。その直前の文は全く共感できませんでしたが、この一文はおっしゃる通りです。
なので、色んな事を引き受ける覚悟も親というものの責任のひとつだなと考えながら、ウロウロしながら、暮らしています。


それから、福島に住み続けていることと
「子どもを被曝させても良いと考えてる」をイコールで結びつけるお気持ちはわかりますが、それは無理でしょう。
一筋縄でないので、ウロウロしています。


子どもが自分の親に対し、福島を離れたいと主張するなんて
すごいな、一体いくつの子どもだろうと疑問に思ったのですが、
私の文章が悪かったのでしょうね。

>子供を福島に住まわせる権利は無いですからね。

こうなっちゃうと、これは、困りましたね。
名無し 改め birdmann 様はそう考えられるのですねとしか・・・
なにせ、私たちは既に1年暮らしていますから・・・


肝心な質問は以下なんですよ。

「放射性物質は安全だ!」とこのブログ主が「信じ込んでる」記事なりコメントの
記載場所を是非、教えていただけますか?

お久しです。

アナログ終了と急遽決まった特番の収録が重なって、ここしばらく息つく暇なく(あ、例えですよ。呼吸してます)忙しくて。。。

昨日今日と木村真三さんと一緒してました。
拙宅に泊っていただいたので、24時間くらい連続一緒だったかな。
木村さんはバンダジェフスキー論文について極めて否定的でした。
様々な原因で亡くなった人を解剖して心臓にセシウムが溜まっていたことが事実として分かったとしても、それが死をもたらした原因とは言えないだろうと。
生きてる人は解剖できないけど、その人たちも当然セシウムは溜まっていて、それでも健康には影響していない。
木村さんはチェルノブイリで豚を検体としてセシウムの挙動を調べています。
もちろん心臓にも溜まりますが、あらゆる臓器に溜まるし、血液にも溜まるそうです。
でも、それが「化学毒性」として生物に致死的影響を与えることは考えづらいと。
今月中にバンダジェフスキーさん本人と会う予定だそうで、いろいろ確認したい、と言っていました。

また、今週初めに今中哲二さんとご一緒していましたが、今中さんも内部被ばくの評価についてはICRPの換算係数を否定していません。
「Svに換算した場合、外部被ばくと内部被ばくの影響は同じ土俵で考えていいと思う」とのことでした。
あの口調からは、バンダ氏の言う「セシウムの化学毒性」については重視していないと受けとりました。
あくまで「私がそう感じた」と言うことではありますが。

そしてお二人の「反原発学者」が一致して言っていたことが、「現在の被ばく線量は当初心配したよりもはるかに小さい」と言うことでした。
さらにお二人とも心配していたのが、「福島の危険を過大に言う論調が福島県民のストレスを増大させ、健康被害につながるのでは」と言うことでした。

確かに大熊や双葉、浪江や飯舘などの一部は当面住めないでしょう。
しかし、福島や郡山など中通りの地域では、避難することによる精神的なストレスで起きる健康被害のリスクと放射線によるリスクを比較すると、ほとんどの場合前者の方が大きいだろう、と木村さんは言っていました。

私も含めてこのブログに集う人たちは、「福島の人の生命や健康を一人でも多く守りたい」と思って発言していると思っています。

邪教と科学の区別

スルーじゃ済まなかったみたいですね・・

私のブログにもバンダジェフスキー信者&ECRR信者は時々来ますね。

あれは科学ではなく宗教、それも「福島では癌や奇形が増えて欲しい」という邪教ですが、カルト宗教に入った人を抜けさせるのは難しいので、皆さんやっぱりスルーがお勧めです。

邪教の教祖と科学者の区別が付くような記事を書きたいな・・と思い始めて、生物学者がどうやってリスクを評価しているのかという記事を書き始めました。

http://blogs.yahoo.co.jp/bloom_komichi/65541542.html

ところで今中さんは小出さんに喝を入れるつもりは無いんでしょうか・・
小出さんは正義の科学者だから研究費をもらえないなどと主張しているそうですが、今中さんはしっかり獲得していますよ。彼は論文を書いていますから。

birdmann さん

>一部の例外を持ち出して私の主張の全部を批判するのはやめてください。

一部の例外とは思いませんけどねえ。

まあそれは置いといて、自分が示したのは「一部の例外」であったとしても、それをもって貴方の主張の全部を否定したわけじゃありませんよ。
健康j保険の趣旨から考えて、「使わせない」事で被害者に負担を強いるひ貴方の主張が間違っている、と指摘したつもりです。
ついでに言えば「支払い能力無し」についても、貴方が要求するような保証をする能力が東電には無い事も判ってきていますね。
自分の示した例はまったく的外れ、とは言えないんじゃないですか?

東電に保障を求めるのは正しいでしょうが、それを被保険者の責任で要求しなければならない、とは思いませんし、そう要求するのも筋違いです。
福島で生活している人に、「避難しない事」に対する交換条件として強要する正当性はありませんよ。

>不完全ながら腫瘍マーカー法があるでしょう。もしそれが無かったとしても、証拠が上がらないことを利用しないで下さい。そういうやり方は卑怯です。

どうも徹底的に自分の話を理解されていない様で。
「ガンの増加があるかどうか判らない」という話をしている訳ではありません。
被曝によるガンの増加があったとして、では同じような被曝レベルの誰が「自然なガン」で、誰が「放射能ガン」なのか、区別する事は無理ですよって話です。
「証拠が上がらない事を利用」についても意味不明ですね。
自分は賠償を負う責任者ではありませんし。

それに「証拠が上がらないから賠償しなくて良い」とは言ってませんよね?
>制度的に、一定量を東電に負担させるべきだ、と言う主張なら解りますが、

とも既に書いてますし。

考え方が全く違うのでしょうが、自分は万一にも福島で健康被害が増えてしまった場合、その疾病が被曝による可能性を否定出来ないなら東電は賠償の責任を逃れられないだろうと考えています。

何度も書きますが
「ガンなり白血病なりでも、それが放射能のせいか、そうでないかを判別する事は出来ませんから。 」

「卑怯」とか「慇懃無礼」とか言われるほど自分の投稿に問題があるとは思えないですし、「正々堂々と論戦に挑む結果」に「口調がきつくなった」と言えるほど、貴方との間で言葉を交わした覚えもありませんけどね?

議論が進む以前から、と言うか最初から相手に対して批判的だし、非難口調が強いと貴方のコメントからは感じられますよ。


貴方は論戦以前に、冷静に相手の意見をきちんと理解する努力が必要なんじゃないですかね?

birdmannさん

>子供が移住を希望すれば、移住すべきです。それが親という ものの責任です。

子供が移住を希望しない場合は移住しなくていいんですね?
うちの子供は「避難するかい?」と聞いたら「嫌だ」と言いました。
避難されたお子さんも自分の意思ではなく、
親御さんが避難すると言うからというのがだいたいじゃないですか?
「戻りたい」って言っているお子さんが多いですよね。
子供には判断する能力がないとか言わないでくださいね。
いずれ子供ではなくなりますから。
一人の人間としてきちんと判断していますよ。
大人が正しいデータを集めて判断材料を提供すれば判断できます。
偏った情報ではなく、危険という情報も大丈夫という情報も。

>今まで構築した人間関係とか認知症のお父様とかは、貴方にとっては大切であっても子供にとっては一切関係ないんですよ。子供の人生は子供の人生なのです。

これには納得いかないです。
関係ないとは・・・。
田舎なので、人間関係は希薄ではないんですよね。
お隣のお兄ちゃんも自分の家族のように感じている子供たちですから。
自分だけとかいうのは嫌なんです。
強制的に全市民避難とでもなれば渋々避難するかもしれませんが・・・。
じいじ、ばあばがいなければ私たちがいないわけで、関係ないとはいえません。
そんな風に育てていませんから、じいじとばあばも連れて行くといいますね。
今の医療は進歩していますから、ちょっとやそっとのガンなら治りますよね?
一度壊れた人間関係ほど修復できないんじゃないでしょうか?
birdmannさんはそんなこと関係ないとおっしゃるでしょうから、論外ですかね?
子供は環境にとても敏感です。
避難したり移住したりしたことで、環境の変化に対応しきれなくて、
健康に被害がなくても、犯罪など犯すようなことになったら、
誰が責任をとってくれるのでしょう?
「親が悪い」ですか?
今までの少年犯罪などの背景には、成績優秀、ご両親が揃っていて、
一見なにも問題がないような家族ということが多かったように思います。
親だけが悪いとは言い切れない。
なんの理由もなく・・・というのも、そんなはずないと思います。
とにかく、何においても責任、責任というのはどうかと。
100%正しい人間なんていませんから。
100%安全な物、場所、食べ物なんてないんじゃないですか?
福島に住んでいる私たちが、避難しようと、残ろうと、選択は自由ですよね。
選択した私たちが責任を持てばいいんですよね。

No title

フラッグレッド さん

>子どもが自分の親に対し、福島を離れたいと主張するなんて
すごいな、一体いくつの子どもだろうと疑問に思ったのですが、
私の文章が悪かったのでしょうね。

ほう。これだけ汚染されていても福島に執着する子供なんて、すごいですね。きっと本当のことを知らされていないか、親に逆らえないで居るのでしょう。私の地元ではね、校庭は線量が10倍以上上がったのに、安全だと先生が児童に教え込んでいるんです。そういうのが私は許せない。

>なにせ、私たちは既に1年暮らしていますから・・・

死神は、そういう言い訳は一切聞いてくれません。聞いてくれるのは、このブログに来てる人くらいのもの。このまま住み続けると時間に比例してリスクが増えますよ。なぜ損切りしないのですか?

>555k Bq/m2の地域はもともとどのくらいで、何年でこの数字になったの?

ゼロに決まっているでしょう!どうして自然界に放射性セシウムがあると思うの?都合が良いときだけ科学的に考えるのですか?

>調査した子どもは、ずっとそこにいたの?だとしたら、水とか食べ物はどうしてたの?
う~ん、足りない。

自分で調べようとはしないのですか?
調べても、なかなか十分なデータというのは集まらないものですよね。けど、あなたは結婚相手を決めるときに相手の全てを知った上で結婚しましたか?
調べ終わった頃には取り返しが付かないくらい被曝していた、なんてことになるとは考えませんか?

>一筋縄でないので、ウロウロしています。

要するに「決断力が無いから動いてません」ですか。そうですか。だったら、せいぜいN95マスクをするとかガイガーカウンターで危険箇所を探して避けるとか、食材と水を遠くから取り寄せるとかしてください。

>「放射性物質は安全だ!」とこのブログ主が「信じ込んでる」記事なりコメントの
記載場所を是非、教えていただけますか?

・「家も職も失って避難する方が、「がん死」する危険性が高いかもにゃ。」
   福島で暮らすリスクは避難するリスクより小さいと言っている。
・「福島市に住む者には政治的数字ではなく、科学的(医学的、疫学的)数字が必要にゃ。」
   危険を主張するデータを政治的数字だと言っている。

挙げればキリがありません。

No title

汐の香 さん

>子供が移住を希望しない場合は移住しなくていいんですね?

ええ、もちろん。ただ、それは本当のことを知った上でですか?ただ単にニュースを見せた後に「避難する?」「ううん、しない」で決めていたら、それは単なる誘導尋問でしょう。

>子供には判断する能力がないとか言わないでくださいね。

そんなこと思ってません。子供は大人より判断能力があると思います。ただ、大人のウソを見破る力は無いですね。

>じいじ、ばあばがいなければ私たちがいないわけで、関係ないとはいえません。
そんな風に育てていませんから、じいじとばあばも連れて行くといいますね。

そのじいじばあばは、孫が被曝しながら福島に留まってくれるのが嬉しいわけ?嬉しいだろうね。そういう年寄りに子供を任せちゃダメ。私の祖母は「老人は考え方が甘いから、アテにしてはいけない」と私に話していたものですよ。

>今の医療は進歩していますから、ちょっとやそっとのガンなら治りますよね?

人の命を何だと思っているんだ?バカも休み休み言いなさい!私は咽頭ガンで声を失った人を知っている。それにガンだけではない。心臓、腎臓、脳神経、免疫、あらゆる病気のモトだ。

>一度壊れた人間関係ほど修復できないんじゃないでしょうか?

人間関係って避難したら壊れてしまうものなのですか?私は人間関係の希薄な都会人ですが、10年前の友人は今でも友人ですよ。

>環境の変化に対応しきれなくて、
健康に被害がなくても、犯罪など犯すようなことになったら、
誰が責任をとってくれるのでしょう?

・福島県の人って引っ越したら犯罪を犯しちゃうんですか?んな筈無いと思うけど。
・ブラブラ病で将来を悲観して犯罪に走ったりとか自殺したりとかは心配しないのですか?(誤解を恐れずに言うけど、福島って就職大丈夫ですか?これから企業が逃げて相当悪くなると思う。)

>今までの少年犯罪などの背景には、成績優秀、ご両親が揃っていて、
一見なにも問題がないような家族ということが多かったように思います。
親だけが悪いとは言い切れない。

私は中学教師の母から「3度の食事を欠かさないまともな家庭に犯罪少年は居ない、不良は親の養育不良が原因である場合が多い」と聞きましたがね。報道を真に受けるなんて恥ずかしくないですか?

>100%安全な物、場所、食べ物なんてないんじゃないですか?

そういう考え方はね、ふつう大人はしないものです。あなたは10%の人が死ぬ土地と0.1%の人しか死なない土地があったら、どちらに住みますか?

>とにかく、何においても責任、責任というのはどうかと。

せめて子供の命は守りましょうよ。子供が死んでもいいなんて思っていないでしょう。

No title

こうた さん

>ついでに言えば「支払い能力無し」についても、貴方が要求するような保証をする能力が東電には無い事も判ってきていますね。

「医者代は東電に支払わせれば良いと思っていたが、東電がアテにならぬとなるとまずい。お国に迷惑を掛けるわけにも行かぬしな」とは考えませんか?私の考え方は、むかし麻生さんが言っていた「好きなように飲んで食ってる奴の医療費まで負担しなきゃならないのは嫌だ」と同じです。今の福島の人は、お気の毒なのですが、好きなように飲んで食ってる人と同じだと思う、というのが私の考えです。「病気になっても社会保障があるからいいや」はモラルハザードだと思う、ということです。

>「卑怯」とか「慇懃無礼」とか言われるほど自分の投稿に問題があるとは思えないですし、

たしかに言いすぎでした。

>貴方は論戦以前に、冷静に相手の意見をきちんと理解する努力が必要なんじゃないですかね?

う~ん、そういわれても仕方がない部分は、たしかに有りました。
ただ、こうたさんも私の主張の骨子を見て批判してください。

青山田

癌と言う言葉がブームのようですが、癌=肺がん、胃がんといった単純なものだけではないのですよ。
小児がんの資料の添付は、癌と言っても、こんなに多くの種類があるのですよ、と皮肉を込めて添付したんですけれどね。理解出来なかったようですね。

まぁ、残念ながら、1%の危険性でも許せない人にとっては命がけの主張ですから、どうぞそんな危険な日本で皆の事を心配してネットの中で頑張ってくれなくても、自分だけでも日本から脱出して海外に移住なさってくださいませ。
そして、海外で語り部となってくださいませ。

あ、海外ではね、日本の原発のこと、否、福島という名前すら誰も話題にしてませんけどね。そんなことより、今日明日の生きる事で皆さん一生懸命ですから。


ところで、福島医大での学会が北海道のどこかに変更になった話、その後どうなったのですか?←完全に出遅れている(汗)

No title

omizo さん

>私は、無責任に言うけど、避難をするべきだ、でもどうなろうと知ったことじゃない。とう言うことです。ね。

避難無用論者も「もし10年後の沢山の人が死んでも、それは知ったことじゃない」というスタンスでしょう?

>バンダジェフスキー氏の論文はこんなん出ました、でも因果関係も検証もしていませんが、なにか?。と、言っているのです。 

え?氏はセシウムが多いほど疾患率が高いと言っていますが?


bloom なる者へ

>あれは科学ではなく宗教、それも「福島では癌や奇形が増えて欲しい」という邪教です

なるほど考え方が違う人間は邪教か。。

>それも「福島では癌や奇形が増えて欲しい」という邪教です

俺はそのような人間ではないが、お前は嘘をついてまで他人を貶めたいのかな?実に低劣だ。個人攻撃を始めるとは、論争からの敗北を宣言したと受け取ってよいのかな?
いずれにせよ恥を知ったらいい。


やぁど さん

>様々な原因で亡くなった人を解剖して心臓にセシウムが溜まっていたことが事実として分かったとしても、それが死をもたらした

原因とは言えないだろうと。
生きてる人は解剖できないけど、その人たちも当然セシウムは溜まっていて、それでも健康には影響していない。

それは同感です。氏の論文には健常者をWBCで測ったとか、そういうデータは無い(見落としてるだけだったらすみません)。

ただね、その他の貴方の話は信用できない。あなたは木村真三の縁者だというけど、そういうのは詐欺師の常套手段だから。こういう匿名でやりとりする世界では、どうしてもそれを疑わざるを得ない。ストレスがどうのとかは特に。それが実感です。ごめんなさい。

>私も含めてこのブログに集う人たちは、「福島の人の生命や健康を一人でも多く守りたい」と思って発言していると思っています。

まったくです。

No title

山田 へ

おまえ人を怒らせる才能だけは豊かだなぁ。

No title

久しぶりにコメントさせていただきます。
だいぶ前の記事ですが、このコメント欄ですごく勉強させてもらいました! ありがとうございます!

今日、飯坂で開催された木村真三先生の講演会、聞いてきました。
木村先生は、

 「リスクのバランスを考えることが大事」
 「子どもは遊ぶのが仕事だから、今の福島の線量であれば、1時間ぐらいの外遊びはさせてください」
 「今、空気中に放射性物質はほとんどありません」
 「私がガマンレベルと考えているのは年間5ミリシーベルト」
 「じっちやばっぱは100ミリシーベルト/年でも身体的には大丈夫だけど、それと不安を感じてしまうのは別。不安というストレスで病気になることもあるから避難したいならしたほうがいい」

とおっしゃっていました。

そして、やぁどさん(私はリアルやぁどさんを存じ上げています)のことをちゃんと「大親友」とおっしゃっていましたよ! 

birdmannさんに質問ですが、インターネット上には丹念に探せば、バンダジェフスキー氏の説(やその他、危険派が根拠にしている諸々の学説)に対する疑問・批判はすぐに見つかります。私はそれらを読んで、科学的には信頼できる説ではないんだなと納得できたのですが、birdmannさんがバンダジェフスキー氏の説をそこまで信頼する理由は何ですか?

このブログに集まっている福島人たちは、福島で生きていくからこそ、感情やイデオロギーを抜きにして科学的に正確な情報を学ぼうと努力しています。学んだ結果が、今の線量であれば、まったく知らない土地でゼロから生活を始めるリスクを負ってまで避難するほどではない、ということなのです。

birdmannさんは単に、ご自分の考える「正しい生き方」をしていない人間が病気になったときに自分の払った保険料で医療を受けるのが許せないということなんですよね? 福島の人たちの健康を心配してくださっているわけでもなく、避難のための支援をしてくださっているわけでもないんですよね? 

保険料の使われ方については、残念ながら政府あるいは世論に訴えて制度を変えていっていただくしかないですねぇ。

すみませんでした

birdmannさん

>ただ単にニュースを見せた後に「避難する?」「ううん、しない」で決めていたら、それは単なる誘導尋問でしょう。

誘導尋問だったかもしれませんね。

>大人のウソを見破る力は無いですね。

私が信じていることは嘘なんでしょうかね?

>そのじいじばあばは、孫が被曝しながら福島に留まってくれるのが嬉しいわけ?嬉しいだろうね。

私たちが勝手に残っているだけなので、複雑でしょうね。

>人の命を何だと思っているんだ?バカも休み休み言いなさい!私は咽頭ガンで声を失った人を知っている。それにガンだけではない。心臓、腎臓、脳神経、免疫、あらゆる病気のモトだ。

命を軽く見ていたわけではないのですが、バカでしたか?
ガンは治らないんですね。
ガンだけでなく他の病気も治らないんですね。
一度なってしまったら死ぬしかないんですよね。

>人間関係って避難したら壊れてしまうものなのですか?私は人間関係の希薄な都会人ですが、10年前の友人は今でも友人ですよ。

birdmannさんは良い人間関係を築いていらっしゃるんですね。
見習わないと。

>・福島県の人って引っ越したら犯罪を犯しちゃうんですか?んな筈無いと思うけど。
・ブラブラ病で将来を悲観して犯罪に走ったりとか自殺したりとかは心配しないのですか?(誤解を恐れずに言うけど、福島って就職大丈夫ですか?これから企業が逃げて相当悪くなると思う。)

そうですね。福島県の人たちはいい人たちばかりだということご存知なんですね。ありがとうございます。
もうすでに風評を気にして自殺してしまった方がいらっしゃいます。
悲しいです。
就職のことまで心配いただきありがとうございます。

>私は中学教師の母から「3度の食事を欠かさないまともな家庭に犯罪少年は居ない、不良は親の養育不良が原因である場合が多い」と聞きましたがね。報道を真に受けるなんて恥ずかしくないですか?

あー、恥ずかしいです。
犯罪者は3度の食事をかかさないまともな家庭にはいないんでした。
そうですよね。
不良は親の養育不良が原因だと、私もそう思います。

>そういう考え方はね、ふつう大人はしないものです。あなたは10%の人が死ぬ土地と0.1%の人しか死なない土地があったら、どちらに住みますか?

福島10%の人が死んじゃうんですか?
チェルノブイリの事故でも10%の人も亡くなってませんよね?
ああ、そんなに福島は汚染されてしまったんですか・・・。
じゃあ避難しなくちゃいけませんね。

とならないのが不思議なんでしょう?
福島に住んでいない人には理解できないことです。
でも、これをご覧になっている日本全国のみなさんでも、
中には理解してくれる人もいるんじゃないかな?
もちろん理解してもらえない人も多いんでしょうけど。
福島に住んでいる人の中にもbirdmannさんと同じ考えの方もいます。
やっぱり、これは個人の判断に任せてください。
今まで、birdmannさんのように言ってきた人はたくさんいます。
それでもここへ残ると決断したのですから。
まだ不安を抱えている人もたくさんいます。
そういう人はこれからも避難するでしょうし、
それを止めている人は、いないんです。
個人の判断に任されているんです。
避難した人を悪く言ったりもしていません。
悪く言っているように聞こえるのは後ろめたい気持ちがあるから。
福島の人はいい人ばかりなので、
避難したことを申し訳ないとどこかで思っているんです。
大丈夫。
責めたりしませんよ。
だから残っている人のことも理解して欲しいです。
私たちが責められるのもおかしな話ですから。
一生懸命福島の復興のために汗水流し、
除染をして待っているんです。
戻って来たい人や、住みやすい福島になることを。
ボランティアの方たちにも心から感謝いたします。
子供たちのことまで心配してくださって本当にありがとうございます。
なんとか、病気にならないように気をつけていますので、
見守ってください。

birdmannさん、失礼なことをたくさんコメントしました。
申し訳ございませんでした。
でも、子供たちの命がどうなってもいいと思っている人は、
福島にはいません。
birdmannさんとは違う考えを持っているだけのことです。
ですから、バカだなあと思いながら、見守ってください。
心配していただいたこと、心からありがとうございます。








タイトルなし

最初に言っておきます。以下は私個人の見解、または感想にすぎません。
ですからご返事等は特に求めていません。
ただ、間違いや誤解があった場合はご指摘いただければ幸いです。

まず、「中絶を主張した人」の責任について(補足も含めて)。
私が全コメントで責任はない、としたのはネットなどで不特定多数に対して主張した場合を想定していました。この場合は単なる「個人的意見を述べたにすぎない」ので、受けとる側の責任が大きいと考えました。
ただ、主治医などが自分の患者にした場合はまた別だと思っています(omizoさんのお話はちょっとショックでした)。
また、科学者に関しては想定外でしたが、学問、言論の自由を尊重についても概ね同意です。
が、学者の世界(特に自然科学)で自由が認められるのは、それなりのプロセスを経ている(例えば、研究→発表…論文の投稿や学会発表→他の研究者による追試、検証)からで、それがない話は私のような素人の床屋談義と五十歩百歩だと思います(ましてや専門外の場合はなおさらです)。
そのような状況で、学者の肩書きをフル活用している人には特に忸怩たる思いがあります。
さらに補足すると、私が想定した責任は法律上のもので、社会的なものは含んでいません。

ここからは横レスかもしれませんが、他の方とbirdmannさんのやり取りを見て感じたことです。

フラッグレッドさんとbirdmannさんとのお話で
>>555k Bq/m2の地域はもともとどのくらいで、何年でこの数字に なったの?

>ゼロに決まっているでしょう!どうして自然界に放射性セシウムが あると思うの?

とありましたが、フラッグレッドさんは「チェルノブイリ事故後何年後に555kbq/㎡になったか?」を聞いてるんであって事故前の状況を聞いているんではない、と理解できます。さらに言えば、事故前であったとしても大気中核実験のフォールアウトの影響で0bqってことはないのでは?と思いますが。
お答えとしてはあまり適切ではないと感じます。

また、こうたさんに
>私は全ての傷病を自己負担せよと入っていないの。

と言っていますが、汐の香さんに
>心臓、腎臓、脳神経、免疫、あらゆる病気のモトだ。

と言っています。この場合、「傷」を除いた全ての「病」が対象となるように読めてしまいます。だとすると、全ての傷病に保険適用を認めていない、と誤解した(こうたさんご本人がそうでなくても問題、と言っていますが)としてもある程度しょうがないかと思います。

そしてomizoさんに
>>バンダジェフスキー氏の論文はこんなん出ました、でも因果関係も 検証もしていませんが、なにか?。と、言っているのです。

>え?氏はセシウムが多いほど疾患率が高いと言っていますが?

と言っていますが、バンダジェフスキー氏の話は、どんなに好意的に見ても相関関係が見られるだけで、因果関係の証明はされていない、と言えるのではないでしょうか。
これも残念ながらお答えになっていません。

そして信夫山ネコ様が「放射能は安全だ」と主張をされているとのご指摘についてです。
この場合、「安全」に対する定義をきちんとしないと議論が成り立ちません。水掛け論になります。
私は信夫山ネコ様の主張は「放射線のリスクは、他の生活上のリスクと比較しても高くはない」だと解釈しています。

ん~、それからにゃにゃ丸さん
>birdmannさんは単に、ご自分の考える「正しい生き方」をしていな い人間が病気になったときに自分の払った保険料で医療を受けるの が許せないということなんですよね?

birdmannさんはそれ以外のこともいっていると思います。というか、健保の話はひとつのケースで、ご主張されたいところはそこではないと思うのですが…(ごめんなさい、気を悪くしないでくださいね)。

名無し 改め birdmann 様

返信ありがとうございます。
肝心な質問にも回答いただきまして、ありがとうございます。
ですが、残念ながら、これではそっちにいけません。

>校庭は線量が10倍以上上がったのに、安全だと先生が児童に教え込んでいるんです。

こういうことが許せないんですね。
でも、これも「安全だ」と「教え込んでいる」のですか?


>自分で調べようとはしないのですか?

いつもウロウロしています、
モタモタしています。
のらりくらりとはっきりもしないので、
名無し 改め birdmann 様にも
申し訳ないと思います。

(他の皆様には、私の言葉足らずを補足頂きありがとうございます。)

>せいぜいN95マスクをするとかガイガーカウンターで危険箇所を探して避けるとか、食材と水を遠くから取り寄せるとかしてください。

ありがとうございます。

>birdmann さん

自分はブログや掲示板を見るのが好きですし、書き込みもします。

割と高い頻度で2ちゃんねる等の匿名掲示板等も見ます。
自分の興味のある対象に関して、ですが。
他の人がどんな風に考えているのか知りたいと思うし、参考にもなると思っています。


残念に思うのは、時としてとても些細なきっかけで罵りあいになってしまっている事です。

多くの原因が、このエントリーに投稿されたIKAさんが紹介されていた「藁人形論法」にあるように思います。

自分の考えと違う意見の相手に対しては特に、「厨房」「ゆとり」「情弱」等と格下と決め付けて罵倒する傾向が強いですね。
相手の素性が知れない匿名掲示板では特に、そうした態度が対立を硬直化させ易いと感じます。

「藁人形論法」に陥って無駄な挙手空拳の格闘をしないよう、顔の見えない文字だけでのやりとりでは相手への最低限の敬意は必要であり有効でもあろうと思いますし、良い意味での想像力を働かせる必要があるのかなあとも思いますね。


birdmann さんの観点から言えば、数多の危険情報があるにも関わらず危険性を軽視するかの様な態度は全く信じられないのだろうと思います。
そういう視点から見れば、このブログやここに集う人たちは「安全デマを撒き散らす」人と映るのかもしれませんし、あるいは何かしらのバイアスのかかった集団、あるいはそれを妄信して乗せられてる情報弱者、と考えておられるのかもしれませんね。

「放射性物質が大変有害で人々がバタバタ斃れたら」
そういう世界観を持たれている立場からすれば、健康保険を使うな、と言う意見も判ります、破綻しかねませんからね。
ただ、自分やこのブログの人たちは、そんな事態にはならないだろうと考えていますよ。


>放射性物質の危険性については諸説ありますが、こういう厳しい現実を突きつけるようなデータに目を瞑るべきではありません

パンダジェフスキー氏や肥田氏の主張は当然目を通してます。
ですが自分達にとっては信憑性が薄い、と既に判断されてるんですよね。

目を瞑っているわけではないんです。
知らない訳でもない・・・・既に考慮の外に追いやってるんです。

考えてみてください。
福島で生活してるだけで、危険情報や差別的な意見に常に晒されてるんですよ。
知らずに居られるわけがないんです。

危険だと言う情報があるのに、安全側に偏るのは一種の正常化バイアスなのかもしれない、と言われるかもしれませんが・・・・・

貴方にしても、極端なデマと確定したような危険情報は切り捨ててるでしょ?
事故直後に子供に鼻血とか、春(秋?)までに明らかな病例がでるとか。
本当だったとしたら、とっくに死人が出てるレベルですよね。

その切り捨てる「閾値」が違うだけなんですよ。

最大限に危険性を考慮すべきだ、って考え方では正しくないと合意できると思うのですけどね。

フォローさんきゅです>にゃにゃ丸さん。

木村さんと私の対談が4/22(日)25:20~25:50で放送されます。
「勝手な都合で編集している」と言われたくないので、30分ノーカットで録りました。
本音としてはもうちょっと深めたいところもあったんだけど。

ぜひご覧ください>皆さん。
できればその後You Tubeの「TUFチャンネル」にも上げようと思っています。

…良く見ると二人とも二日酔い顔です。
前の晩3時くらいまで飲み続けだったので。。。

木村さんから私への今回のチェルノ土産は(3/21帰国)、「具合が悪いんじゃないよ、二日酔いなだけなんだよ」とウクライナ語(て言うのか?)で書いてあるステッカーでした。。。

汐の香 さん

汐の香 さん

失礼な言葉が多々あったにも拘らず丁寧なお返事をいただき、ありがとうございます。いろいろなお気持ちがあるとはお察しします。しかし、肝心な点にお答えが無かったのが残念です。

>「福島に住んでいない人には理解できないことです。」 「それでもここへ残ると決断したのですから。」 「 個人の判断に任されているんです。 」

これでは理由が全然見えません。「birdmannさんとは違う考えを持っているだけのことです。」と言うからには、その違う考えこそが肝心なのに。

>私たちが責められるのもおかしな話ですから。
一生懸命福島の復興のために汗水流し、
除染をして待っているんです。

だから、なぜそれに避難を望む子供を付き合わせても良いと考えているのかが疑問なのです。こんなところでも私の主張が論破されたり無知だった部分が埋まったりで相互理解が少しは出来ると思っていましたが、これでは残念です。

birdmannさん

birdmannさんへのコメントはこれで失礼します。

これはいくら説明してもご理解いただけないと思うので説明しないということと、
口では説明できないということです。
もちろんただの主婦ですので、学歴も低いですし、
科学的な根拠も何もありませんから、ちゃんと説明はできません。
申し訳ございません。
福島で30年以上も生活していただければ肌身で感じていただけると思うのですが、
中学生や高校生も福島へ残って福島のために働きたいという子達も
たくさんいるので10数年でも理解していただけるかもしれません。
でも、福島に住んでいる人たちは土地が汚染されてしまったということはちゃんと理解していますので、
放射性物質について怖いと思っていらっしゃる方々に、
福島へどうしても来てくれとか、住んでくれとかいいません。
気にしないという人にはぜひ遊びに来て欲しいし、
住みたいという方は大歓迎なのですが。
だから10年以上住んで福島の人の気持ちを分かってくれなんて言わないのです。
きっと私のほうがbirdmannさんよりもずっと無知ですので、
相互理解できるほど知識を埋めてさしあげることはできないでしょう。
ただ、ご理解いただきたいのは、
避難を望むお子さんはだいたい避難できていると思います。
これからも避難される方々はいると思いますからご心配なく。
今残っている方々は、家族でちゃんと覚悟の上です。
お子さんが避難したいと言っているのに残っているのではないと思います。
少なくても私や近所の人にそういう家族はいません。
家族揃っていることが一番と思って生活しています。
これからも正しい情報をもとに判断して生活します。
その正しい情報の中に、このまま福島にいると直ちに死にますとか、
生まれてくる子供が全てに放射線による重い障害が出るとか、
確実な情報としてきちんとした情報機関からの発信があり、
福島から離れるようにとの命令があれば、それは仕方がありませんけど。

都会の人と田舎の人というところで分かり合えないということもありますよね。
だから都会の人は福島に原発を作ったのでしょうから。
福島へ住むということは考えられないでしょうから、
汚染されていない西の方の田舎に10年ほど住んで生活をしていただければ、
この気持ちが分かっていただけるかもしれません(^^)。
ただ寝泊りではなく、土を触り、空気を吸って。
隣近所の方々と、密接な人間関係を構築するという条件は付きますが。
そうしないと分かってもらえませんね。
私たちの気持ちをお知りになりたいなら、そこまでしていただくしかありません。

そのころにはこの事故によって健康被害が出るか出ないか少しずつ分かるようになっているかもしれませんし。

もう、全く科学的に説明とかではなく、感覚的なことしかコメントできなくて大変申し訳ございません。
お恥ずかしい限りで、バカにされても仕方がないのですが、
それでも私は福島を捨てる気になれないのです。
ごめんなさい。それでは失礼します。






所感

わたしは避難地域にいる訳でもないし、直接的な被害にあった者ではありません。
今どこにいて生活しているのか、という立ち位置によってもいろんな考え方があると思います。
確かに、震災による原発事故の情報伝達の対応では不手際が山ほどありました。情報も不足していました。最悪の事を考えたら(当初は現状を確かめるだけでいっぱいで、どう推移していくのかも不透明だった)、自主的に少しでも遠くに避難するのが最善の策だったかも知れません。
どの情報を選び取り行動していくかは、家庭の事情もありますしそれぞれの判断かと思います。が、科学的な情報は出揃っています。それでも危険を感じるなら、地域のコミニュティから離れるデメリットはありますが遠方に転居すればいい話。

http://monodialogos.fuji-teivo.com/archives/4713 
http://monodialogos.fuji-teivo.com/archives/4493 
この方は渦中にいらっしゃるわけですが、冷静な視線を見習いたいです。
が、声を上げないだけで、風評に困りつつ悩みつつ普通に暮らしている方が今現在も大勢いらっしゃるのです。

お返事は不要です。

汐の香 さん 

お返事ありがとうございました。お陰さまで概ねですが汐の香さんのお考えが理解できました。「いくら説明してもご理解いただけない」とのことでしたが、そういうことはありませんでした。なぜなら、私は

・田舎で7年間暮らしていました。週末はタケノコ取りに行ってましたよ。
・今だって自治会活動を通じて地域とのつながりのある生活をしています。

私は貴方の考えているような都会人じゃないし、私以外の都会人も貴方が考えているような人間ではない。

>だから都会の人は福島に原発を作ったのでしょうから。

あなた方だって福島よりもっと弱い女川や東通の電気を使っていたでしょう。これでは都会人と五十歩百歩ではありませんか。それに原発を建てたのは東電であって都会人ではありませんし、都会人を恨まないでください。東電を恨んでけじめを付けさせましょう。ただ、今までの無関心は罪でした。
それから、誤解無いよう申し上げますが、都市住民の暮らし向きは決してよいものではありません。アスベストむき出しの地下鉄にモミクチャになりながら通勤して排出ガス臭い空気に耐えて暮らしています。

>気にしないという人にはぜひ遊びに来て欲しいし、
住みたいという方は大歓迎なのですが。

>生まれてくる子供が全てに放射線による重い障害が出るとか、
確実な情報としてきちんとした情報機関からの発信があり、
福島から離れるようにとの命令があれば、それは仕方がありませんけど。

私は居住地が汚染を受けたことから、友人には「俺のとこには来るなよ」と言っていますし、正しい情報?きちんとした情報機関?ハァですね。メルトダウンはしていない、生物濃縮は無い、ストロンチウムは首都圏に飛んできていない、などと言い続けてきたウソツキを信じるほうがどうかしています。それに、あなたは子供が少々の病気にかかるくらいなら福島に居続けるわけですか?確率的なリスクは無視するのですか?ひょっとして1回だけなら飲酒運転するクチですか?そういうところが、私と貴方の違いなのでしょうか。

私はいま引っ越し先を物色中です。自分のためでもあるし、消費者が移動すれば、生産者も西へ動きやすくなるからです。

No title

タイトルも文章も被爆となっていますが、
被“爆”じゃなくて、正しくは被“曝”ですよ。
誤変換には気をつけてくださいませ。

No title

うひゃー、よくぞ気が付いてくれました。ありがとうございますです。
(他にもありそうです)
プロフィール

shinobuyamaneko

Author:shinobuyamaneko
 福島県福島市の信夫山に住むネコです。
 原発事故以後ネット上には「もう福島市は放射能高くてダメ!逃げてください!」「福島はチェルノブイリ以上!」「子供を見殺しにしないで!」等の「反原発の叫び」が溢れてます。ネコはどこにも逃げられないから、もうノイローゼ気味。こういう「叫び」「脅し」の効果もあって福島に来る人は激減。街は沈み、市民は「すぐに逃げてください!」に怯えながら、静かに暮らしています。(←最近は嘘・デマがバレてきて、みんな元気になってきた感じだにゃ。)
 しかしね~、この種の「叫び」の根底に、「反原発」の「福島壊滅ならば原発全廃にできる!大大大チャンスだ!」っていう心理はないですか?原発全廃の為にはまず「福島壊滅」が必要とばかりに、科学的、医学的、論理的に怪しい説、大げさな数字等が「連呼」「拡散」されていないですか?それが「正義」になっていませんか?
 信夫山ネコは「故郷福島壊滅」を「原発全廃」の手段にされてはたまらんです。もし根拠がない数字や説の拡散によって、旅館の経営者が自殺するとかの悲惨な「風評被害」が出たら、大人しい福島人も終には訴えたりするのかにゃ~?!今はとにかくデマ、風評、誇張、脅し等を除染しながら記録するにゃ。(「リンクフリー」です 対「反原発」、対「放射脳」等での引用ご自由に)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR