呆れた「葬列予報」の首謀者はpeacemakerhana アカイハナという人物

あの福島人を苦しめる、人倫にはずれた「葬列予報」は、誰が考えだしたのか。つまり「首謀者」は誰なのか?これについて「反・反原発ネコ不正義軍」諜報部が集めたの資料の一部を公開するにゃ。今回も「反原発」の思考回路(「福島で10万人が放射能によってガン死する!」とか「山下=殺人者だ」みたいなやつにゃ。)を借りて、可能性最大で推測するが、連中の推測よりは確度は高いかもしれないにゃ。

「葬列予報」をブログに載せた「FATE_SOUSEI fusae」氏は中心の一人ではあるが、首謀者(発案者)ではない。

「葬列予報」の首謀者はtwitter HN=「peacemakerhana 山下恵=アカイハナ」という人物である。
mofu.jpg01b
http://ja.favstar.fm/users/peacemakerhana
http://twitter.com/#!/peacemakerhana

アカイハナ氏は茅ヶ崎に住んでいた。花屋をやっていたが、沖縄辺野古基地反対運動(?)にも参加していたようだ。震災後、3月15日に京都、その後大阪へ避難した。
避難hana15.jpg

fusae氏とは5月21日の「関西電力の原発を止めよう! 5・21学習&討論会」で会ったようだ。
http://news.fatalbackground.org/?eid=1252160

「葬列予報」はアカイハナ氏がやりたがり、周りは最初反対したようだが・・・。
11159.jpg11157.jpgキャプチャ24hana20.jpg

hana19.jpg11155.jpghana36.jpgキャプチャ132

2回目
akai5.jpg

おいおい3回目だって。
akai4.jpgakai3.jpg

「葬列予報」実行に当たり、fusae氏もお寺をまわった。
fat.jpg

アカイハナ氏は、9月末には橋本知事に嫌気がさしてか、高松に避難した。現在もそこにいる。
akai6.jpg

なお今日(11月17日)は、アカイハナ氏を新聞記者が取材するそうだ。恐らく週末にある「反原発イベント」についてだろう(追記 週末じゃなくてこれか?:http://twitter.com/?photo_id=1#!/fuuasumma/status/135955836282470401/photo/1)。あの北海道に逃げた元福島西高校教諭と同じく、また福島の人に向かって「お前はもう死んでいる」と叫ぶ者が、「反原発」の英雄になるのだろう。(よく見ると「福島駅伝をメチャクチャにしたい」とかあるにゃ)
hana42.jpg

また以下のyさん=「山下恵」=アカイハナ氏と思われる。
http://nonuke-savelife.tumblr.com/post/11392466606/y
(追記)
上記「いのちを守るデモ実行委員会」のHPは卑怯にも消去逃亡がはかられた。スクショと魚拓にゃ。
s1_20161126115419a89.jpgs2.jpg
n感想
f感想
y感想
(以上のスクショは「第二回」の前のモノ。以下の魚拓は第二回後のもの。「言い訳」等が少し増えている)
http://archive.is/dnBOf

ただしこれら(N、F、Y)は、fusae氏が10月13日に「ゴーストライティング」したものらしい。
FATE49.jpg

「ゴーストライティング」は捏造ではないので、ある程度は実際の人物を想定したものだろう。これによると一見アカイハナ氏は親・家族が「福島の人」にも見えるが、実はその可能性は極めて低い(証拠はあるが、長くなるので省略)。またfusae氏の親はいわき市にセカンドハウスを持っていて、時々滞在しているが、もちろん「福島の人」ではない。

またこのデモの中心に「福島の人」がいるというツイートがあり、11月16日に、「実行委員会ホームページ」にも「福島に家族がいる人」で「参加した人」のコメントが書き込まれた。

何しろ「ゴーストライティング」する連中だから、これらの真偽は不明だが、「中心に福島の人がいる」を「葬列予報」の「免罪符」にしようとするとは悪質だ。どこまで福島を利用すれば気が済むのか。仮に本当に「福島の人」がいたとしても、「言い訳」「言い逃れ」の類でしかないが、もしこれが「捏造」だとしたら言語道断の悪事である。なおこのご立派な長文の主旨は、これまでのツイートに見られた「言い訳」=「福島の人が参加している」と「これは福島の人に向けたのではなく、大阪の人に向けたものだ」と変わらない。スンゴイ「屁理屈」が並んでいる。

なお「子ども福島」の中手聖一氏は「葬列予報」に賛成している。
FATE21.jpgFATE19.jpg

そもそも「葬列予報」報告ブログには、「子ども福島」の寄付金口座が出ていた。
子どもたち

これについては「葬列予報」をやる前に、「子ども福島」の許可を得ていたそうだ。
FATE17.jpg

同組織のメンバーで、あの元福島西高校教員氏も「葬列予報」賛成だ。
s1.jpgtopsy1107.jpg
(元のプロパティによれば、左は11年11月5日 右は7日作成となっている)

ということは、もし「福島の人」が中心、あるいは参加していたとすれば、「子ども福島」関係の可能性が高いのである。

結局「葬列予報」の首謀者は「自主避難者」だったわけだが、参加者にも(賛成者にも)「自主避難者」が多い(もちろんこれも証拠は多々あります)。

そして近頃話題の「瓦礫持込反対」の中心も、実はこの「自主避難者」らしい。fusae氏のブログに書いてある(上記「子ども福島」の寄付金口座の下)が、担当窓口に何度も電話するなんて、「威力妨害」、まるで「破壊活動」だにゃ(何度も繰り返すと「騒音おばさん」みたいに逮捕されるのでは?)。これも証拠は多数あるが、とりあえず一つだけ挙げておく。
2011y11m04d_193607375避難ママ反対署名

「自主避難者に補償を!」などという動きがあるが、こんな「威力妨害」「破壊活動」をする連中(自主避難者全員とは言いませんが)に、税金から補償するなどということがあっていいのだろうか?


P.S.今週末は福島県議会選挙だが、「福島から避難すべき!」「東日本女子駅伝中止!」を叫んだ山本太郎氏らが応援する「反原発」候補がいる。この候補は「子ども福島」の佐藤幸子氏と行動を共にし、「国の責任で子どもたちの避難・疎開を」と主張している。また福島について、「自分の家に住めないんですよ。家族と一緒に住めないんですよ。採れたものが食べられないんですよ。家畜見殺しですよ。窓も開けられない。布団も干せない。洗濯物も干せない。何よりも、子どもが表で遊べないんですよ。」と言っている。また京都で、「福島の子どもたちを避難させて危険な放射能から守ろう」という講演も予定している。
http://www.mdsweb.jp/doc/1206/1206_45f.html
http://www.labornetjp.org/news/2011/1103text
http://d.hatena.ne.jp/byebyegenpatsukyoto/20111109/1320841026
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ネコしろし

なるほど!
こいつが先導者の一人ですか。
さすが!ネコさん!よく調べましたね。

では、今度はみんなで、この先導者達のブログに攻め込み盛り上がりますか!みなさんよろしく!

この人、狂ってますよ。よく見つけましたね、すごい。

はじめまして。

いつもROM専でしたが、どうしても言いたいことが…
えっと、茅ヶ崎から避難って…

がってん!

よし!

さっそく、ガンガン!!叩いて炎上させて、マスコミに取り上げさせるか!

このブログに時々、コメントするマスコミの端くれさん、活躍する時が来ましたよ!頼みますよ。でないとあなたもマスコミ語りになりますからネ!

追い詰めない方が良いと思います

問題人物のブログなどを直接攻撃するのは反対です。
ネットは匿名の世界ですから、自分が身元を晒していない分、遠慮は必要だと考えています。

また、ネットで叩かれて精神的に病んで(既に精神的に病んでいるとは言えるのですが)心療内科に・・などという流れになったら「原発事故の被害者」と主張されるかも知れません。

自分のブログなどで「こんなバカがいる」と笑うのはOKだと思います。

新聞社などに冷静に取材してもらうのは良いかも知れませんね。

おっととさん。

私は編成部ですので。
せいぜい大阪の系列局の作った「チェルノブイリとフクシマの今」と言ういかにも興味本位に「福島はチェルノと同じになった」とする内容の番組を県内で放送せよ、との要請を拒否したり、「川俣から四国に避難した家族を取り上げた番組が、今福島にいる人の心情をいたく傷つけた」としてキー局に正式な抗議文書を送りつけたり(こんなこと開局以来初めてで、系列内ではちょっと話題でした)、そんなことあたりが精一杯なのですよ。

大阪の系列局の報道に話し通すことは可能ですが、彼ら自身かなり「他人事(悪い意味で)」ですからね、前述のチェルノの番組見ても。

…その番組最初にネットで見たときに、「このディレクター、会う機会があったら絶対ぶっ飛ばしてやる」と思ったくらいなので。。。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

なんと…

bloomさんの様に泣き寝入りして来た市民がいかに多いことか…
言論の自由を良いことに福島叩きをやっている人間達に正しい言論で正義
を伝えずしてどうするんですか?

私は風評に踊らされて福島を去った人間も去らずに声を上げないで泣き寝入りしいる人間も同罪だと思います。

黙っていて、時が経てば解決するとでも思ってるんでしょうか?

あなたは、この信夫山ネコさんがひとり立ち上がって闘っているブログに参加する資格ないですね。
ただ、不安だからとこのブログ覗いてる傍観者です。

それに比べて、マスコミ編成部の方は正直で立派です。あなたこそ、真のジャーナリストですよ。

困ったなぁ・・

>bloomさんの様に泣き寝入りして来た市民
>あなたは、この信夫山ネコさんがひとり立ち上がって闘っているブログに参加する資格ないですね

なぜここでケンカを売られるのかは謎です。

感情的に泣きわめく相手に感情的に殴りかかったところで、他人からはバカ者のもめ事に見えてしまうのではないでしょうか。

また、人を「味方」と「敵」に二分したり、他人を攻撃することに妙にウキウキした気分を出すことも、私個人としてはあまり良い印象を受けません。

世の中を動かすためには、もう少し違う動き方があると考えています。

No title

自分も、直接抗議とかは慎重になるべきだと考えます。
逆効果であろうし、何より「彼ら」がやってきた事と同じになってしまうと思うので。

最近彼らは「自主避難した人」と「それを咎める地元の人」という対立軸を構築して、「本当は避難したくても周囲への体裁もあってできない」のが真実であり、地元愛も踏み絵にして避難希望者を貶める悪役をでっち上げる作戦に出ているようです。
福島を捨てる人たちが思うように増えないのに業を煮やしたのでしょう。

こっちサイドが彼らの土俵に乗る事は、彼らの「思う壺」ですよ。
「工作員に工作された~」と騒いで態度を硬直化させるだけです。

ほっといても、彼らは四面楚歌、賛同をえられずに孤立していくだけですから。

はい、深呼吸 ~

アホな相手と同じ土俵にのったらイカンと思うよ。

「どっちもどっち」にならないよう、みんな、頼むにゃ

最大限に好意的に見て

む~ん…。とても潔癖症な方なのですかねえ。ある意味正直で。
「ワタクシの体には一片たりとも放射能はつけないワ」
「なんでみんな分かってくれないのよ!」「そこもあそこも危険なのよ!」
ご家族は?仕事は?友だちは?といろいろ疑問はありますが、身近な人でさえ彼女を説得できなかったのでしょう。
は、いいとして、彼女に同調(便乗?)するヒト達って…。単に目立ちたいだけ?「ゴーストライディング中」って悪気が全くないのでしょうねえ。
脱原発も反原発も、いくらでも他に方法があると思うのですが。

http://blog.canpan.info/torinohiroba/archive/1499
いわゆる活動家という人達は、周りが目に入らないのでしょうか。
ひとりが全てではないのでしょうけれど。

No title

私もSNSの日記に対して直メッセでメチャクチャ言われて(「人殺し」とか「責任とれるのか」とか)、そのやりとりで疲れ切ってしばらく会社に行けなかった時期があるんですよね。。。

その時はホント「お前らこそ加害者だ、傷害罪で訴えてやる!」て思いました。

今思うことは、だんだん彼らも追い詰められて来て、早晩自滅するだろうなあ、と言うことです。
そのためには、直にケンカ売らなくとも、迷っているような人たちに地道に訴えかけて連中を孤立させていくことが、結局は「完全勝利」につながるのではないかなあ、と思っています。

bloomさんは生物学者さんですよね。
私の娘も生物学科で学んでいます。
ちょうど昨夜、「こういう学者さんを目標にせよ」とブログのリンク教えてやったところでした。
今頃一生懸命見ているかもしれません。

よろしくです。

落ち着きましょう

とりあえず、ここでけんかをおっぱじめるのはやめましょう。
福島の現状を憂う気持ちは同じはずです。

自分も直接抗議はしないほうがいいと思いますね。
カルトの洗脳を受けた人に不用意に脱会を迫るようなもので、
十分な「脱洗脳」の準備をしたうえでないと逆効果だと思います。

ただ、「危険だ、避難しろ」という言説を
このまま放置しておくのもいかがなものかという気もします。
「嘘も百回言えば真実となる」なんて言葉もありますしね。

ただどうせやるなら、スマートかつユーモアを交えてのほうが
効果的かと思います。

----------------------------


ただ、それにしてもなんというか、

とりあえず「痛い」人ですね。

「自己満足じゃなく結果」とか書いてますが、
どう見ても自己満足です。本当にあ(ry


>原発が象徴するあれこれな差別や搾取を、辞めさせられるきっかけにしたくないから。
>原発を動かしたいという輩がいるんじゃないかな。

>格好悪くても、みっともなくても、放射能以外のものからは、逃げない、と決めた。
>それでどんなに、傷つくのだとしても。

なんか句読点の使い方がおかしいと思うのは私だけ?
それはさておき、辺野古に絡んでいるあたり
いわゆる「活動家」なんですね。
なんでも差別や搾取に見えてしまうんでしょう。
それが単なる「区別」や「世の習い」であっても。

自己不全感を正しいことをしているという、
「正義感」で埋め合わせている虚ろな人間に見えます。
やはり沖縄の基地問題同様、
「本来の地元民でない者が勝手に騒いで話を大きくする構図」が出てきているようですな。


ほかにも痛いツイートが散見されますね

光合成細菌が放射性物質を食べるとかw

s_koji1さんのコメントを見ても
「せっかく放射能のない大阪まで逃げてきたのに」とか、
ここ笑うとこですね。基本的な知識がないようですw

みなさんありがとうございます

おっととさんの敢闘精神、そしてbloomさんの冷静さにも感謝いたします。勿論他のみなさんにも。
これだけ多様な意見を持てるようになった、それは私たちが元気になってきた証拠です。
あの3月以後、福島は「反原発」のデマが支配的で、まるで死んだみたいでした。このままでは福島は滅ぼされる、たとえネコ一匹でも最後まで闘う、という気分で起こしたのがこのブログだったのです。
しかし今や、「風」を感じるようになりました。この活気に力を得ています。感謝・多謝です。

No title

昔あった、石鹸運動とかににているです。 これは、合成洗剤での琵琶湖の富栄養化ですが。洗剤工業会が大キャンペーンを行ったが、どうにも出来ず。無リン化洗剤ということで、多くの人が使う事で妥協したわけですが。ここから、洗剤は危険である、低年齢者に、など言われるようになったわけですが。 なぜか、石油から作られた石鹸は無害で、パーム椰子から作られた洗剤は危険との意見まで出てきたわけで。   もう何がんだか。

 と言うわけで、何を言っても無駄かもの人には、かかわらないことでしょう。 要するに、同情を引ける事なら賛同者もですが、尾のような過激な事を行えば、繭を潜めるです。 係わり合いになりたがらない人が増えることに。 彼らは、ない部内で亀裂が生じてきているかと。 学生運動からカクマル派、赤軍派、などが生まれていったように、自滅の道をです。 BLOOMさんの危惧する、科学を信じるが、自己正義のために、多少の犠牲はやむなしと思う人が、テロをですが。 ここは、難しい問題ですが。 

原発に反対しながら、大阪で福井の原発電力使って生活している事は、矛盾です。  世界には原発の無い国は多くあるのにね。  無視するのが現状取りうる事かともいます。  
  

自制しましょう

こんばんわ。
ネコさん、スパイの素質ありますね!

皆様。
多くの方が言っておられるように、首謀者と目される方は放っておいたほうがよいと思います。
しかし昨日といい、今日といい、盛り上がってますね~。反福島に負けずに頑張りましょう!

相手の土俵に上がる事はない、というのは同感。この頃はネタがなくなってきたのか、ただひたすら過激な行動をとってるだけにも見える相手に付き合うと、こちらまで色眼鏡で見られる可能性がある。とはいえ、ただ傍観していると目立つ方だけが取り上げれるので、何らかの動きは欲しいと感じる。実際は、マスコミにこういう考えや動きもあると取り上げてもらいたいのだが、マスコミ自体が“あの手のネタや人達”を欲してるからなぁ。
自主避難の人達が騒ぐ(あえてこう言う)というのは今の始まった事じゃなく、以前からその気配はあった。実際に福島県産のフェアを企画すると決まって反対する人がいるが、その中には自主避難の人がいて、「放射能に追い掛けられてる気がする」みたいな事を言って記事になっていた事もあった。どこから避難してきたのかわからないが、物事を少し冷静にとらえればそんな事は思いつかないと思うので、そういう人は精神的に疲れていると思うのだが、その手の人にただダメ出ししても通じない。そういうところを考えてみても、相手の土俵に上がったり過激な手法をとるのは良くないと思う。
今の世の中、都合が悪い事を言った方が勝ち(広まりやすい)。そして、自分に都合の悪い情報ほど受け入れやすい。この現状は教育にも責任の一端はあるが、マスコミの責任も大きいと思う。

各自が現実世界で出来ることを

私は仙台育ちなので東北には愛着があります。
でも人の気持ちに鈍感な人なので信夫山ネコさん他の方の怒りやご苦労に関しては良く分かっていないと思います。

私は科学者なので「科学的に間違ったことが流布され、その噂で傷つく人がいる」「科学者が保身や歪んだ正義感で発言する」といったことが職業柄、無視出来ません。
だから今回のようなことが東北以外で起こっても、同じように行動するつもりです。

とりあえず、ブログでは葬式デモを批判する記事を書きました。
同業者も多く見ているので、彼らも変な動きを警戒してくれると思います。
http://blogs.yahoo.co.jp/bloom_komichi/65253068.html

大学の授業では放射線が生物に及ぼす影響について、非理系の学生向けの解説をしました。
http://blogs.yahoo.co.jp/bloom_komichi/65214721.html

大学の組合から「学内の放射性物質の量を測定するよう本部に依頼したのに”住民の不安を煽る”と断られた、ひどいと思わないか」みたいな機関誌が回ってきたので、「関東のセシウム量など、生物学者としては気にならないので本部に賛成です。まずは学内の専門家などに声をかけて勉強会など開きましょう。」と意見を送りました。

良く「マスゴミが・・」という論調が出ますが、興味本位の記事が売れるから品の無い記者が幅をきかせるのであって、マスコミ業界の中にも良識のある人はたくさんいます。
ただ、その人達も自分達の良識に甘んじて「興味本位の記事の上を行く真実を照らす記事」が書けないから負けるのだと思います。
また、私達が何気なく読んでいる記事の中にも、事実を曲げたものや、他人を不必要に傷つけるものがあり、私達にそれを見抜く力が無いから記事のレベルが上がらないのだと考えています。

私も新型(豚)インフルエンザでは科学的な解説記事をたくさん書き、省庁に実名で要望を出し、新聞社に学校現場で傷ついた子供達を取り上げる特集を組んで欲しいと働きかけましたが、騒動は長く続いたので力不足ということです。

他人の批判をするのは楽ですが、自らの行動やその結果が伴ってこそ、言葉に重みが出ると考えています。

話は戻って、葬式デモのようなエキセントリックな動きへの対応は理系科学者より社会科学者や教育学者の方が良い案をお持ちかも知れません。

マスコミの問題点。

一応その世界の片隅のそのまた端っこに生息している者ですが。

震災、特に原発事故以降いちばん感じることは、県外、特に中央や関西圏等のマスコミにとっては「他人事(悪い意味で)」なんだろうと言うことです。放送の世界でいえばキー局や準キー局。新聞でいえば全国紙。大手の週刊誌などもこれにあたります。
彼らにとっては、「興味本位」の一事象に過ぎないのでは、と感じることがしばしばです。

この基本姿勢から発生する問題は大きく二つです。

一つは編集(放送なら編成)のスタンスの問題です。
発行部数や視聴率を伸ばすために、とにかくセンセーショナルであることを重視します。人の心に波を立たせるような記事を求めがちになります(週刊誌の見出しなんか凄まじいものがありましたね。その割に記事はなんてことない、てのも多かったですが)。

もう一つは、オイシイ話を見つけるには人海戦術だとばかりに、原発についての知識が全くない記者を世に氾濫させてしまったことです(まあこれはウチも言えない話じゃないのですが)。そして、ロクに勉強もしないまま取材にあたる記者も多い。
ネコさんのブログにもある「長野で検査した福島の子どもの甲状腺に変化」て記事にしても、会見にいた記者は「どのくらい基準値から外れたのか」を誰も質問しなかったそうです。民友新聞の対応は私に言わせれば「当たり前のこと」であって、他のマスコミが失格なだけです(ちなみに私も会見の翌日NPOに電話して、民友と同じ内容は聞いていました)。

じゃあお前は何してるんだ、と言われると耳が痛いのですが。。。
テレビ局では「報道部」と言うのはかなり「アンタッチャブル」な存在なのです(これはウチだけでないと思います)。他のセクションの人間が指揮命令を出すわけにはなかなかいきません(私の場合特に、報道から飛ばされた頃のイメージを引きずっている人間も多いようで、いまだに「さわらぬ神に祟りなし」的に見られているところもありますので、余計そうです)。私を信頼してくれる記者連中には個人的にアドバイスしたり情報与えたりはしていますが、それ以上関わることは難しいのが実情です。

前に書いたように、せいぜい「チェルノブイリと福島を同一視したような番組」の放送を拒絶したり、全国ネット番組での福島の扱いに正式な抗議文出したり、と言うあたりが関の山なのです。

この抗議文の件では、キー局の取締役編成局長まで話を上げて「今後の制作では、福島県民の感情に一層配慮させる」との言質は取りましたが、すぐは変わらないだろうなあ、あの連中。。。

福島テレビの原田幸子(元)アナウンサーが、金沢?に避難して、あちらで福島の現状を語って反原発の人たちに喜ばれてるようです。調べてみると、確かに、見たことあります。
避難した人って、なぜに 避難先で黙って暮らせないんでしょうかね?

「ひとくくり」にするのはやめようよ

避難先でお世話になっている人たちの前で話すとなると
つい「相手が期待している話」をするってことはあるかも。

もともと急進的反原発だった人、取り込まれた人、利用されている?人が
福島のことを悪しざまに言ったり不正確な情報を広げたりしているのを聞くのは
確かに愉快じゃないです。てか腹立たしい。

でも、すべての避難した人や自主避難者がそうではないし
彼らの感じた不安は、今も福島にいる私たちも一度は感じたもの。
避難したこと、それ自体を責める人はいないと思うよ。少なくとも私の周りにはいない。

自主避難した人をひとくくりにして対立ってのは悲しすぎる。
彼らには、やさしい気持ちで福島のことを思いだし、子供たちに福島を語ってもらいたい・・・
今、心からそう思う。

避難するのは大いに結構だし、その方だけを非難するつもりはないです。
実家が金沢みたいだし。
けど、福島の人は大丈夫と思い込もうとしているだの、テレビの報道を見て安心しているだの言ってて、腹立たしかったんです。
確かに、そうかもしれないですが、避難したから言える台詞でしょ?
私だって、丸ごと補償されるなら避難したい。
心配して言った台詞も、ひねくれ福島人(自分)にとっては上から目線にしか思えないんです。
自分が自主避難したら、福島を思いつつ、残ってる人のことを考えたら多くは語れません。
視野が狭くなってるんでしょうね。ひとくくりにして、スミマセン。

ヤメピさんへ

あ、すみません。特にヤメピさん宛てにではないです。

私だって以下の通りに思っています。

「もともと急進的反原発だった人、取り込まれた人、利用されている?人が
福島のことを悪しざまに言ったり不正確な情報を広げたりしているのを聞くのは
確かに愉快じゃないです。てか腹立たしい。 」

個別にはその都度腹立ててます。 あんまり見ないようにしてるけど。

そういう人を自主避難者代表として見てるように思われるといやだなー
と思って・・・
うーん、難しい。ごめんなさい。

No title

私の認識では、自主避難したり、逃げろと書き込んでいるのは
東京や、柏の人じゃないかと。
もう東京は住む所じゃないとか、書いてますよ。
そういう人が福島はさぞ酷いんだろう、ということでそういう情報だけを
取り上げています。
この葬式ゴッコはひろめたくない情報のようです。
中手氏の素性も触れたくない話題のようです。

それでも現実世界で頑張る

>オイシイ話を見つけるには人海戦術だとばかりに、原発についての知識が全くない記者を世に氾濫させてしまった
>ロクに勉強もしないまま取材にあたる記者も多い

新型(豚)インフルエンザ騒動の時にも、売名&研究費欲しさに致死率を大きく言う研究者の主張をそのまま書き写す記者達に同じようなことを感じました。

しかし、最近は記者は政治のことなら十分に勉強していて、科学系の記事だけ弱い・・という訳でもないように思えてきました。
全体に勉強不足で、どの分野においてもセンセーショナルな記事が受け入れられやすいので、勉強不足のまま・・という可能性は無いですか?

>せいぜい「チェルノブイリと福島を同一視したような番組」の放送を拒絶したり、全国ネット番組での福島の扱いに正式な抗議文出したり、と言うあたりが関の山

十分行動されていると思いますが、お互いまだやれることがあるとも思います。

私は非理系の授業の中で、現在の避難区域以外では放射性物質の量が健康被害を起こす可能性がきわめて低い理屈について解説しました。これまでの研究から子孫に障害が起きる可能性はゼロであると推定される理屈も解説しました。
150人の大学生が正しい知識を持ってくれれば、世の中は変わると信じているからです。

この150人の中から葬式デモに参列するような人が出たら、私の負けなのでしょうね・・

私は不遇な時代を「科学は客観と信念の学問である」と言い聞かせて乗り切ってきました。
お嬢さんが社会に出る頃には、女性研究者は私の頃よりずっと生きやすくなっていると思いますが、「客観」を追求する「信念」を大切にして下さい、とお伝え下さい。

bloomさま

 いつもありがとうございます。どんな時でも冷静な bloomさまの文書に、毎回感じ入っております。
今回は横から口出ししてごめんなさい。

>十分行動されていると思いますが、お互いまだやれることがあるとも思います。

 福島頑張れ!と応援してくださっている皆さんが、他人事なのにこんなにも真剣に、一生懸命思ってくださっていること、本当に感謝しています。

 それぞれの持ち場・・・お仕事であったり、得意分野であったり、そういった場所で逆転ホームランではなくとも、機嫌よく生活しながら、毎回80点くらいの結果を出していけたらいいのかな~と思うのです。文章がうまくなくて、上からの物言いに聞こえたらごめんなさいね。

 それは、福島に直接関係のないことでもよくて。なぜなら多分多くの方は、それぞれの本来のやらねばならぬことがあるはずで・・・でも時折仕事上福島に関わることに携わった時に、10円内緒でおまけしといたよ!みたいなのが、これから先「ずううっと」続いたらほんとに嬉しいなと思うからです。

 ボランティアに来てくださる方や、何か福島産のものを買おうっと思ってくださる方も、常に全力で結果を出さねばと思ってしまったり、求められたりすると、つらいし厳しいものがあるかな・・・と思うのです。

 回りまわって「こんなに福島のことを考えてあげているのに、住んでるやつはお汁粉食べてカラオケかい!」とか・・・福島県民よ聖人君子たれ、冗談も慎め・・・みたいになったら困るなあ・・・なんて、私は思うのです。

 お気持ちをないがしろにするものでは、決してありません。お二人の職業人としてのエールの交換と理解したうえで、申し上げました。失礼いたしました。

>bloomさん。

娘は、ネットで福島を貶めるような書き込みを見るたびにグズグズ泣いているそうです。

…まだまだだな。
誰に似たのだか。


……私か。。。

その思いを行動に変えられるような人間になって欲しいと思います。

bloomさんのブログ、真剣に読んでいるようですよ!
ありがとうございます!!

bloomさん

はじめまして、IKAと申します。
こちらへのコメント欄では新参者ですが、ROM歴は長いほうかと思います。

bloomさんのブログも時々ROMっております。
かなり勉強になりました。すべてではありませんが、bloomさんが福島県民が集うブログ(ここ以外です)で情報を発信しているのを見ています。本当に、お礼を申し上げます。

bloomさんに限りませんが、研究の業績にならず、教育者としての評価にもつながらない「誤った情報の訂正」に努める科学者および研究者の皆さんには本当に敬服しています。
御用学者(あるいはエア御用)などどいわれのない非難を浴び、訴訟までちらつかされながらも情報を出し続けるのは、並みの責任感じゃなありません。
少なくとも、知らぬ顔の半兵衛決め込んでる「その道の権威」よりは、ずうっと立派なことをやっていらっしゃると思いますよ。

ただ、そういった科学クラスタの方でも、情報を出し続ける、あるいは訂正し続けることにお疲れになって、「しばらくお休み」されている方が増えているように感じます。

bloomさんも無理しないでください。「しばらくお休み」されてしまうと、寂しく感じるひとがいっぱいいますから。

お汁粉食べて怒ってOK

なおみさん

>福島県民よ聖人君子たれ、冗談も慎め・・・みたいになったら困るなあ・・・

確かに震災からしばらくは支援を受けている人々は感謝しなければならない・・みたいな風潮がありましたね。
でも汁粉もカラオケもOK、ネコさんのように怒るのもOKです。
だって「日常の暮らしを取り戻す」ってそういう事ですから。

私ややぁどさんが行動しているのは「科学は(報道は)こんな風に使われるべきではない」という職業意識からなんです。
(そうですよね?やぁどさん)

「科学者の矜持」という記事に書いたことがあるのですが、私は科学は人類の幸せに貢献すべきもの、そして貢献するには客観的であるべきだと考えています。
つまり、人々の恐怖を煽ったり、下らない正義の理由付けに使われるものではないということです。
http://blogs.yahoo.co.jp/bloom_komichi/65076555.html

だから武田邦彦にも腹が立つし、正直、東大の児玉先生にも「あれで放射脳が勢いづいたのでは?」と思う気持ちもあります(本や論文も読みましたが、彼の仮説は国会で涙を流して主張するほど科学的には成熟していません)。

授業では学生達に「感情論に流されず、科学的に、自分で考えて欲しい」というメッセージを送ることが、私の職務だと考えています。

娘1号はマスコミ関係の就職も考えていますが、それはインフルエンザ騒動での「マスコミは立場の異なる人々が理解し合うための方法のはずなのに」という憤りが発端になっています。

さっき娘(国際教養大学)と電話で話したのですが、週末は福島出身の先輩に誘われてボランティアに行ってきたそうです。
陸前高田や大船渡で片付けをして、南相馬に宿泊してきたと言っていました。
秋田から来るなら宮城県内に泊まる方が便利だと思いますが、復興支援なのかも知れません。

話は戻って、根拠無く葬式を出されて怒るのは当然です。
ただ、こういうバカを抑止するには、現実世界でも出来ることがあると思ったので意見させて戴きました。

IKAさん

ご指摘の通り、科学者の良心に従って発言をした同業者の多くが、ネットでも現実世界でも攻撃を受けて疲れています。
実名で動いている人は研究室に抗議が来て仕事にならない・・という話も聞きました。
私も同業者に「安全デマブログ」とコメントを入れられたのは凹みましたね。
でも生物系でもみんながセシウムや Sv の意味が分かっている訳じゃないんです。
「放射線による DNA 損傷の修復」(コメントした時は「放射線による DNA の修復」になっていたので恥ずかしい)も日常的であることは実験生物学者はほぼ全員が知っていますが、どの程度の放射線量でどの程度の損傷が起きるのかは、私を含めほとんどの人が知らなかったと思います(普段使わない知識なので、具体的な頻度を考えたことが無い)。
私も3月はみんなが危ないと繰り返すため「自分の知識が間違っている?」と不安になったので、皆さんも不安でしたよね。

山下先生やチーム中川など、現場で頑張って下さる先生には感謝しているし、彼らの科学的な主張を支持することも支援になると考えています。

長くなってすいません。

福島県議選:反原発候補落選

本日開票の福島県議会選挙の結果
山本太郎氏応援の「反原発」候補は11人中最下位で落選

佐々木慶子 69 無新
2,846票  

これは前回選挙時の得票を下回っている。全国の皆様、「真の福島人」の意志は伝わったかにゃ?

これを惜敗などと言うなかれ

ちなみに今回の当選ラインは7,118票。「反原発」候補のすぐ上の候補の得票は6,331票だからね。しかもこの「反原発」候補は前回県議会選挙では3308得票だった。よってどこから見ても、完全な「惨敗」にゃ。山本効果か?
「反原発」の皆様はくれぐれも「惜敗」などとウソ、デマを流さないように。マスゴミさんよ、これは大ニュースじゃないのかにゃ?

私の娘が

生物学者志望で(最近「医学部行き直すかなあ」とか言っていますが)、bloomさんの娘さんがマスコミ志望、と言うのもちょっと面白い話ですね>bloomさん。

最近ちょっと思うことが「『中立』とはなにか」、みたいなことですね。
例えばICRP基準とECRRの極論を「両論併記」すればそれが「中立」と言えるのか。
私はそれは違うと思うのですね。

報道記者始めた頃、上司に「少々左寄りくらいがマスコミの立つべき『中立』だ」と教えられました。
その頃でもとっくにイデオロギーの対立なんて終わった時代なので、自分なりには「権力に対する批判精神を持て」くらいの意味に解釈して、それはそれで納得する部分もありました。

でも、今回のような「人の生命にかかわって来るような、本当に大事なこと」については、批判精神よりも真実のほうがはるかに重いはずだと思います。
それなのに、「やっぱりECRRも併記しないと」と考えるマスコミ人は多いです。
これでさえマシな方で、前に書いたように「売らんかな」の記事こそ優先される、と思っている奴はゴロゴロいます。

自分の立ち位置をしっかり持っていないとこうした問題の記事は書けないと思いますし、そのためには常に勉強を欠かさないことが必要なんだなあ、と言う当たり前のことを再確認する毎日です。

ありがとう!

 bloom さん!やぁどさんも、ネコさんも・・・いいぞ!と思って読んでいる方も。
 
 お言葉に甘えて、安心して普通の生活をエンジョイさせていただきます。っていうか、それが私の仕事だと思って、楽しみたいです。

 ネコさんとこのテーマ曲は・・・湘南乃風「黄金魂」です。ひまわりの種さんのとこのBGMは 川嶋あいさんの 「compass」でしょうか。勝手に私の中で決めました。
 

わたしのテーマ曲>なおみさん。

勝手に自分で決めさせて下さいな。

私一応「ず~じゃ屋」なので。
この曲に決めたいと。
http://www.youtube.com/watch?v=lqu0RN2pY5g

このサックスは、私にそっくりなのです。



…あ…逆か。。。

ああ、少しほっこりしたかも。自分的に。

おはようございます

やぁど さん

 拝聴いたしました。素敵ですね。

 むかあし友人にジャズ好きがいて、たくさんカセットテープ(お若い方、わかる?)もらったっけ。ビルエヴァンス・チックコリア・ナベサダ・・・。当時は背伸びしてコーヒーを飲んでいるような気持ちで聞いていました。
 今は・・・美味しいお酒飲みたいな・・・って感じですかね。
よし!今夜はみなさんジャズバーに集合。おしゃれして来てね。ドレスコードも決めましょう。ジャージ以外ならいいです。やぁどさん、ゴチになりま~す!

 一日いちほっこり。いいですよね。私最近、道ですれ違うだけの人にも優しい気持ちになります。ここでエールの交換しているからかな。

では今夜は

ジャズバー「やぁど」でお待ちしております、みなさま。
おいしいお酒と生演奏でリラックスなさってください。

http://www.youtube.com/watch?v=n9sQEc8HUIk&feature=related

えー、ドレスコードは、とりあえずバンダナ禁止、というあたりで。。。

No title

他には、これが「NHKの番組基準」です。

http://www.nhk.or.jp/pr/keiei/kijun/index.htm


その他、こんな記事もありますね。

「風評被害の最たるもの」静岡知事がNHK批判

製茶から国の暫定規制値を超える放射性セシウムが検出された問題で、静岡県の川勝知事は14日の記者会見で、 「報道が風評被害をあおっている」とNHKを名指しで厳しく批判した。
川勝知事は「風評被害の最たるものは、一部のここにいる人たちです。9日の9時台の全国ニュースは、『静岡県で暫定規制値を 上回るものが出た』。なんというふらちなことだ。一局所を全体であるかのごとく報道する、本当に道義的に問われるべきだ」と激しい
口調で批判した。
さらに、「公器であることをわきまえなさい。1面トップや、NHKを見た人が、見出しと報道で、静岡茶は全部やられたと思っています。
一部をもって、全体にした反省をしていただきたい。責任重大ですよ、君たち」と批判を続けた。
NHK名古屋放送局広報部は、取材に対し、「報道した内容は事実です。知事の発言についてコメントすることはありません」と話した。

(2011年6月15日08時58分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110615-OYT1T00011.htm
http://www.yomiuri.co.jp/photo/20110615-507808-1-L.jpg

こっそり・・・

ネコさん
 ガス抜きさせてください。

 最近もやもやとしていることがあります。
民間借り上げ制度の「新規」受け入れが継続になったこと。先週、打ち切りを各都道府県に伝えたのに、「被災者」からの苦情で覆ったこと。
 
 私はこれまでと同じように、皆さん好きなようにしたらいいと考えています。事故直後からこれまで、放射線の不安から「自主避難」された方はいらっしゃるでしょう。理解できます。でもこれから避難する人って?公営住宅へのあっせんは残るのですから、民間借り上げの打ち切りは期間を区切って当然と思うのです。

 週末だけ別荘のように使うためだけに、住まいを借りている方もいると聞いたことがあります。それでも家賃一ヶ月の補助が、福島から支払われます。
 
 「強制避難させられている方」「除染の必要な地域での活動」等に、私の払った税金は優先的につかって欲しい。ほんとうに必要なことにつかって欲しい。今もこれからも、福島県も各自治体もお金はないでしょう。

 私もお金はいくらでも欲しい、でも、今いくらもらったって嬉しくない。

 もらえるものはいくらでも、欲張ってもらえるものは全部。自分のお金ではないからこそ、そういうことはしたくないです。

 自主避難の人を福島県はいつまで支えないといけないんだろう。福島に住んでいる私たちの福祉はすっからかんになってしまわない?「ここに住めますよ」という親(お上全般ですかね)の言うことを聞かないで飛び出ていって、でも「お小遣いはよこせよ!」と要求する反抗期の子どものような振る舞いにみえます。

 私は自分のやりたいようにする時は、自腹が当然と思っています。引っ越してくださいとお願いされるなら、お金をもらうのが当然と思っています。

 こんなことを考える私は御用庶民でしょうか。


 

No title

>なおみさん
ネコさんの返信をいただきたかったのかもしれませんが・・・
最初が私で、ごめんなさい・・・。

この件に関しては、私も以前から悶々としていました。
自主避難する事に関して、とやかく言うつもりはありません。
しかし、自主避難者全てがそうだとは言いませんが・・・
ちと甘えてるというか、はぁ?(怒)という方もいますよね?

感情的に叫んで(猿芝居ですか?)みたり・・・
反政府、反原発、散々文句いう割に、金だけは欲しがる・・・
金もらえば黙るの?プライドはないんですか?と問いたい。

↓以前、夜中の番組で出演してたママさんのブログです。
http://mikttymama.exblog.jp/16530103/

数ヶ月前、つい カチンときて書き込んだ私のコメも(恥)
こうふんして、ハンドルネームが平仮名になってるし・・・。

まぁ、書き込んだ時はカッカときてましたが(汗)
この方は福島が好きで、福島に戻りたいみたいですけどね。
私も短気なもんで(苦笑)でも、やはり 厳しいコメントもありますよ。

レモン さん

ひとりごとに付き合ってくださってありがとう。
言っても詮無いことをぼやきたくなりました。

あのコメントは自主避難した方に言いたかった訳ではないのです。
それはそれで大変なのでしょうから、私も避難したいとかねたましいとか、そういうわけでもないのです。当事者に先のようなことを言えば「避難したことを責められた」と感じるでしょうから。

同じ言葉でも、投げかける相手によって意味が変わってきます。
誰か冷静な第三者に判断をゆだねたかったのです。調停して欲しい。当事者が言い合うのは冷静になれない。
関西のタクシードラーバーさんでもいい。どちらかといえば「他人事」の人に、ジャッジして欲しい。

県や市に訴えても、そこで働いている人たちは当事者だし。主婦の間では「公務員の家族は情報を何でも早くに知っていて、オイシイ目にあっていてずるい」などと言う人もいます。そのように思われてしまう言動を慎まないご家族もいらっしゃるのでしょう。
同様に、お示しくださったブログの方も、屈託のない良いかたのようですね。その暮らしぶりをいろんな思いで読まれる方がいることを想定できれば、「福島が分断」されることもないのではと思いますが。

1st Priorityっていうのですか、限られた予算の中で最優先事項はなんだ?と考えると、私などは「ここは充分住めるのに・・・」と判断しているから(←スタートから違うので、言っても仕方ないってわかっていますとも!)自主避難の方の家賃をいつまでもというのは・・・と思ってしまうのです。

公営住宅のあっせんは残るのに、それでは駄目な理由ってなんなんでしょう?避難を邪魔するものではありません。何でかなあ・・・ってそれだけです。

強制避難の方、必要な除染、後は・・・なんだろう?喫緊の課題に予算を使って欲しいです。

ありがとうね。ぼやきを拾ってくれて。おやすみなさい。

なおみさんへ

 こちらのブログはいつも読ませていただいているのですが、福島県人ではないので、ネコさんの記事や皆様のコメントを読ませていただくだけでした。専門家でもないし、当事者でもないので、誰かのためになるようなコメントはできないし・・・。でも、なおみさんのコメントを読ませていただいて、「部外者」のコメントでもお役に立てるかな?。と、とりあえず思うところをコメントできたら・・・と思います。
 なおみさんのモヤモヤ感はなんとなくわかります。例えば私は関東に住んでいますが、もし家賃を補助するので避難しても良いですよ、なんて事になっても避難はしません(一応、自主避難者がチラホラいるようなホットスポットなる場所に在住です)。だからそんな補助金は税金の無駄遣いだと感じるでしょう。もっと、公共施設の耐震強化とかにお金使ってよって思うかもしれません。実際、こちらも除染だったり、給食の放射線量調査だったり、そんな事に税金使わないでくれという意見も耳にします。その気持ちも分かりますが(本来そんな必要は無いと思われる地域なので)・・・。
 でも、当事者ではない私が被災された方々を思う気持ちとしては、「そんなに(民間住宅借り上げ制度を)早く打ち切りにしなくても良いんじゃないか」とも思います。 震災以来、どんな人も今日まで必死だったのではないかと思います。色々考えて、やっぱり避難したいと思う人もいらっしゃるかもしれないので(年末とか、年度末とか、多いかもしれません)、もう少し待ってみてもと思うのです。おかしな団体の口車に乗った挙句、持家を安く買い叩かれて、避難した先でも思うような生活ができずに戻りたいと思った時には帰る場所が無かった・・・なんていう事も出てきそうだし(妄想激しいですか?)。
 そう思う理由のひとつに、阪神淡路の震災の体験があるんです。あの地震は、ピンポイントの災害で、あの時私は同じ県内、沿線上に住んでいましたが、何の被害も無かったんです。一時的な物資の混乱を除いては電気もガスも水道も通っていました。でも神戸に住む同級生や先生は全く違った生活をしていました。本当に身近にいたのに、私にとっては他人事でした。こんな事やあんな事に困っている・・・と色々話は聞きましたが、当事者に聞かないと理解できない話が多かったです。また、困った話を聞いても、個人ではどうにもできなかったり・・・。そんな体験から、今回の震災で被災された方にはできるだけ沢山の選択肢と、選択できる為の補助をと考えます。勿論それらを悪事に利用するワル~イ団体(ネコさんが暴いてくれてますね)には目を光らせるとして。
 甘い考えでしょうか?。でも部外者なので、正直複雑な事情や感情は理解できません。望む事は、皆が見捨てられる事無く、どんな選択をした人にも穏やかな日常を送ってもらいたいという事です。
 
 
 
 

横から失礼します。
ぶっちゃけ、福島県はお金がないんですよね。
人口流出を防ぐ為、避難させない…と、佐藤知事ばかりが責められますが、あの方は原発推進派だったので、仕方ないのかもしれません。

夏休みのみ短期疎開をと、県外へ出た方にまで電話して疎開を辞めるよう説得したり、他県へ受け入れを辞めるよう要請したのも、佐藤知事です。
実際、決まっていた疎開先から、いきなり断られた方もいます。
夏、福島市の学校はエアコンが入らなかったのも、予算不足という話です。

それに加え、避難する人も増え…で、悪循環の繰り返しみたいです。
難しい問題ですね。
逃げたもん勝ちなのでしょうか?
残った人ばかりがバカを見るような気がして…。

追記です

全ての人ではないにしろ、評判の悪い避難民もいるんです。

会津方面に強制避難の方は、こんなの食えるか!と、おにぎりを投げたり、夜は飲み歩いてるとか。
ある程度、恩恵を受けている地域の男性です。
奥会津S村の方から聞いた実話です。

避難所をあちこち変え、働きもせず、ここの食事は美味しいだの不味いだの、ただ飯食べては、ブログで評価してるようなニートも。
なおみさんが仰ったように、週末のみ避難の為に、借りてる方も知り合いにいます。

打ちきりは、そこら辺の事情もあると思いますよ。

本音を暴露

私も 横から失礼します。

なおみさんの意見に同感です。
でも、ルイージさんのお話を聞いて ちょっと心は落ち着きました。

なんて言うか・・・
何が気に入らないのかと言えば「被害者面」ですかね。

放射能が怖くて避難するのも
家の中の細菌が怖くて ファブリーズ撒きまくるのも
狂牛病が怖いから 国産牛食べるのも
皆 自由ですけど、
いかにも
自分だけが子供の事を思って行動している。。みたいな態度が気に入らないんですよね。
そして それが 少なからずとも 福島の復興の妨げになっているような気がして。

声をあげている人が大事なのは 子供ではなくて 子供を想っている心優しい自分なのではないでしょうか。
悲劇のヒロイン・・みたいな。

そして 同情するなら金をくれ! ですね。


佐藤知事は 私の記憶では
プルサーマル・原発再起動にも 最後まで慎重だった様な・・気がします。
当時の新聞によると
地元の首長さんたちと 自民党県連の つよーーーい訴えで
しぶしぶ GOサインを出した。。と記憶しています。
(それがパフォーマンスだったかどうかは 分かりません)

他県に出た方へ 電話で説得したのは 佐藤知事本人でしょうか?
(文面からは そう取れますが)
知事さんて 暇なのね。

学校のエアコンは、窓を開ければ済むのですから、つけなくて良かったと私は思っています。

今回、地域は限定されましたが
補償金が 避難したしないにかかわらず 出る事になった事には
皆さん あまり触れないけれど
避難した方は それでは満足しないのだろうなぁ~。
自分たちは「特別」なんだろうね。
うちの子は成人しているので。。。(T_T)なんて言っちゃ罰あたるか。

他に自主避難の方には ナントカって基金に申し込むと 20万円の補助が出るそうです。
もう 十分でしょう。

ちょっと  書き過ぎて恥ずかしいけれど
なおみさんの素直な書き込みに 癒されています。

お目汚し 失礼しました。

たびたび、すみません。

はい、電話をかけたのは、佐藤雄平知事本人です。
因みに、お茶と鰻で有名な県です。

窓を開ければ良い…との意見ですが、福島市は保護者の方が慎重で、真夏でも締め切り扇風機のとこも多かったとか。
校庭の土除去に関しても、保護者の意見が割れて遅れ、そこら辺の事情から夏休みも延びたらしいです。

理解や安心て何だろう?

>ルナさん

早速のお返事ありがとうございます。

そうですね。
こちら郡山市でも エアコンは付かず、扇風機とヨシズがつきました。
それでも やり過ぎだと思った。

(窓を開ければ済むのに)理解が得られないおかげで余計な予算を使う。。というのが
まさに モヤモヤの原因であります。

だから、
「はいはい。わかりました。放射能が怖いですよね~。窓を開けられないとお子様方が暑いですよね~。エアコンお付けいたします。」てな事にならなくて、
良かった。。と 思っていました。

そもそも、今となっては
あの小佐古参与が泣きながら訴えた 5ミリシーベルト/年になっていると思うのに、
なんで いつの間にか 1ミリでなくちゃ心配になってしまったんだろう?

わたしも・・・

>1st Priorityっていうのですか、限られた予算の中で最優先事項はなんだ?と考えると、私などは「ここは充分住めるのに…」と判断しているから(← スタートから違うので、言っても仕方ないってわかっていますとも!)自主避難の方の家賃をいつまでもというのは…と思ってしまうのです。

ここのとこ、とってもよく分かります。
わたしも関東在住なので、ホントのホントの実情というものは分かりません。
ただ、行政の支援だ・補助だと要求するのは勝手ですが、資源(財源)が有限なのは自明で、そちらに配分すればどこかが削られているんですよね。この自覚があるのかな?と思うのです。
(例えば自主避難先で「保育所に入れたい、協力して」と要求すれば、元々待っていた地元の母親が更に待たされる事になったりするわけで)
全ての人が平等に幸せになれるはずはなく、その配分をだれが決めるか、といえば民主主義というルールで選んだ行政であるわけで、そのためにはそこに住んで生活しないと。
本当の避難区域の方には、取り返しがつくものではないけれど出来うる限りの支援を望みます。震災に遭われて物理的被害を受けた方・家族を亡くされた方々にも、と考えていくと、いくらあっても足りないように思います。

ブラックな本音は、覚悟しての自主避難と言うのなら、覚悟の中には「貧乏になるかも・非難されるかも・孤立するかも」すべてを賭けても健康が安心で本望だね!そろそろ戻ってもいいんじゃない?…(以下自主規制)

No title

「国が、東電が責任取るのが当然」と、彼らに責任を取らせる事が目的になってて、そこから逸れる論調には「擁護」だの「工作員」だのって避難されるのが当たり前みたいな論調はありましたねー。

「東電に保障させずに農作物作る福島の農家は思考停止か人殺しか」みたいな?
被害に対する保障はされるべきだとは思うけど、必要以上に被害を拡大して「東電に、これでもかと重々に思い知らせる」ような必要はないし、実際そんな場合じゃないのではないかと。

結局東電が賠償しきれない部分は国の負担=国民の負担になるわけです。


原発事故は確かに大事件だけど、東日本を襲った地震と津波の被害の甚大さと比べるならば、本来枝葉といってもいい事象にすぎない「災害のほんの一部」です。
そこに特定の思惑から特殊な意味付けをして、結果不必要な労力を割かざるを得ない状況を作ってしまう事は、結局みんなの不利益になると思いますよ・・・。

日々のニュースの取り扱いでも「フクシマダイイチ」と言う言葉を聞かない日はないけど、それに比べて震災や津波の被災者の様子は伝わり難く、過去の事にされつつあるように感じますね。


放射能でガンが微増するにしても、検診の細密化で早期発見早期治療されれば治癒率上がるはずだし、万一白血病の増加が心配されるなら、骨髄ドナー登録を増やすとか、そういう方向に労力使うほうがいいんじゃないかと素人なりに考えるのですが。

ルイージさん

ありがとうございます。

私ね、多分自分には見えていない部分がたくさんあるんだろうな・・・と迷いながら、だからこっそりあのように書いたのです。

ルイージさんのおっしゃることも、すごく共感できました。
県外から見てもそのように思えるのなら、そしてルイージさんはフラットな方とお見受けしましたので、そういう方がおっしゃるなら・・・そっか、そういう選択肢も有りか・・・と素直に思えました。

先のことは良くも悪くもわからない。どう進んでも苦しいかもしれない。ならば、見えていることに予算を使っちゃうのもありかもしれませんね。

たまに、外から見てどうなのか、教えてください。そして叱ってください。
ありがとうございました。

ありがとうございました

いろいろな方の率直なお話が伺えて、感激しています。

ルナさん・・・なるほど~。 

こすもすさん・・・ありがとう。

よしさん・・・>全ての人が平等に幸せになれるはずはなく、その配分をだれが決めるか、といえば民主主義というルールで選んだ行政であるわけで、そのためにはそこに住んで生活しないと。

そうなんですよ~。さらに

>覚悟しての自主避難と言うのなら、覚悟の中には「貧乏になるかも・非難されるかも・孤立するかも」

決して意地悪ではなくて、静かにそう思うのです。震災に関係なく、生きるってそういうことではないかと・・・。自分が人生を自由に選ぶ権利がある。それに伴う結果は良くも悪くも引き受ける。

いいことだけ選り好みするって・・・私はしたくないのです。生き方の好みの問題かもしれませんが。さらにやせ我慢かもしれませんがね。

こうたさん・・・>結局東電が賠償しきれない部分は国の負担=国民の負担になるわけです

そうなのです。そして県外からどう見られているか(よく思われたい、嫌われたくないからって自分の気持ちを押さえつける意味ではなくて)も、
ちょっと考えてほしいなあ・・・と。ちょっと・・・思っちゃったのです。

ルナさんはじめ、どの方のコメントにも共感しました。

福島の人が意地汚いとか、卑しいとか、思われたくないじゃん。
そんなことないのにな。そういったことも悔しいです。

40万もらおうがもらうまいが、お金じゃないんだよ。いくらもらったって誰も納得しないし、喜ばない。
これから福島の人はお金もらったんでしょってなるのがいや。
だったら住んでみ、と思う。

私はここが好きだから涼しい顔で住み続けますが、腹の中で怒っていないか、というのとは別なんだ。

ありがとう。
おやすみなさい。

黙っている人の意見こそ聞いてみたい

  なおみさん、ルナさん、こすもすさん。率直なご意見をありがとうございました。よしさんやこうたさんの言われる事も納得です。支援するにも優先順位がありますよね。それに限りある税金だし、無駄と思われるものに使われるのは避けたいし。
 外から見ている私の、たった一人の考えに過ぎませんが、声の大きな人の意見ばかりが目立つので、正直それらは放っておいても大丈夫だろうと・・・。おかしな意見や行き過ぎた要望は叩かれるだろうし、私もスルーしてます。それよりも、色々考えているけど声が小さい人の意見こそ聞いてみたいと思うし、困ってるけどみんなも頑張っているから私の要望は後まわしでも構わない・・・なんて思っている人の「困った」を聞いてみたいし、できる事なら力になりたいです。そういうのって口で言うのは簡単だけど、複雑な事情があったりして難しいというのは分かります。だけどやっぱり、声を出せない大勢の人の声を聞きたいです。そんな理由で信夫山ネコさんのブログを拝読しています。
 それともうひとつ、ひとりの人の意見を聞く時、なるべく「あの人は反原発」とか、「あの人は御用学者だから」とか、そんな先入観を持たずに聞いてみたいです。人として、共感できるかどうか・・・私にはそれが大事なように思います。
 叱るなんてとんでもない・・・こちらにコメントされている方々は、自分を誤魔化さず、誠実であるよう努めていらっしゃるので、私の方こそ励まされたりなんかして(笑)。
 でも我慢のしすぎはいけません。なんかおかしいぞ!とか、間違ってる!とか、悲しいよ~とか、言える範囲で聞かせてほしいです。逆に、こんなに楽しい事があった。嬉しい事があるよ。とかも聞かせてもらえたら・・・って、もう皆さんこちらのブログでは仰ってますね。
 またもし何か言いたくなったら出てくるかもしれませんが、基本このブログを「読む事」が私にできる支援のように思いますので、応援しつつ、これからもロムさせて下さい。
 
 
 

ルイージさん  ありがとう

 温かい一生懸命な呼びかけに、じわじわきました。意地悪されてもぶたれても決して泣かない私ですが、優しくされると泣いちゃうのよね。

 昨日は時間なかったんだけど、ルナさんの教えてくださった

>会津方面に強制避難の方は、こんなの食えるか!と、おにぎりを投げたり、夜は飲み歩いてるとか

 この部分。そっかあ、そうだろうなと思いました。
この方の「行動」は決して肯定しませんが、底にある絶望感とか悲しさや怒りを否定したくない。私におにぎりを投げつけられても、冷静にそう言い続けられるかわからないのですが。

 「強制避難」の方であれば、地震や津波だけの被害なら・・・もう今頃には漁に出られていたかもしれない。自分の家に住んでいられたかもしれない。自分の食べるものくらい、自分でどうにかできていたのに・・・尊厳に関わる大切なものをなくしたら、どんなに良くしてもらっても荒んで当たり前と思うのです。
 お酒の量が増える方もいるでしょう。避難が長引いた時に出てくる課題は想定されていて、だから「孤独にさせちゃいけない」と行政はじめ、努力されている方がいるのでしょう(ここに宗教とカルトがつけ込みそうなので嫌)。


 繰り返しますが「行動」を認めてはいませんよ。さらに自主避難の方がそんなことをしていたら、ほうきでぶってやりたい。


 私は絶望して自暴自棄になって、みんなどうだっていい、全部めちゃくちゃになっちゃえばいいのにと思ったこと、これまでにありますよ。だから今、その方と同じ思いを味わったら、良くしてくれる人にさえ、おにぎりを投げつけてひどいことも言うだろうと、自分の弱さには自信があります。

>なおみさん
なるほど、そういう考えもありですね…。
私は会津で暮らされてた強制避難の方々は、贅沢な暮らしをしていて、それが一転したので、そんな態度なのかと思いました。
そこだけで切ってしまうと、感謝はないのか?とか、お金だけはあるんだろうななどと思ってましが…

元々どんな暮らしをしてたかなんて、解らないですもんね。
家族や仕事も失い、やけになっての行動かもしれないのに。
漁師の方々のようですし…う~ん、皆 それぞれ大変なんだなぁ。反省。。。

ルナさん

 反省だなんて・・・いいのよいいのよ。他人のことなんかわからなくて当たり前ですものね。やっぱり漁師の方なんだ。私のプロファイル(そんな大したものではないか)やばくね?

 私の妄想ではなくて、ルナさんの感じたことが真実かもしれないし。ルナさんとお話できて良かったです(にっこり)。

 さて、もともとの私のぼやきに訂正があります。
借り上げ費用は福島県が支払うのではなく、各自治体が福島県を通して国に請求・・・だそうです。初め携帯ニュースの短い文面を見て憂鬱になり、ぱっとここに書いてしまいました。さっき古新聞を読み直したらそう書いてありました。失礼しました。

 だったらなおさら、県外の人にも判定して欲しいと思った。

 瓦礫は受け入れたくないんでしょう?自分の税金をこういう遣われ方するのは?どちらも遠くから「がんばれ!」って言えばいいことではなくて、自分に関わることですよ。署名してでもやめろ!受け入れるなって言う人がいてもおかしくない気がするのですが・・・。

 東京の特別区(中央の一等地)に引っ越され方がいます(ご主人の転勤に伴う普通の引越しと聞きましたが、福島からの転入者は避難と思われるのか、ご自身が自主避難と説明されたのかわかりません)。その地域の方がずっと積み立てしていたお金を(最終的には5万円くらいかな)、新しくいらした方には免除してあげましょうという話が、ある優しい幹部役員から出ました。

 単身家庭からも、どんな経済的な事情があっても一律に集められているお金を免除。全員の同意があれば問題はないでしょう。

 自分をいい人だと思い、これこそ被災者?支援だと酔っている役員は、集めた会費の中から、会員に無断で自主避難者?の分をやりくりしようとしました。会計報告なんか、誰も読まないよと。
 
 それは違うんじゃないかなという方が、止めようとしましたが難しかった。なら、気持ちのある役員が頭割りをして数千円ずつカンパしようよ、と提案するとその方「自分のお金を出すのは嫌」だそうで。

 いいことを考えた!その人のためにバザーをしてあげましょう!いいわね!素敵だわ!

・・・私だったらいやだなあ・・・。5万円払うよ。頼んでないし。ただの引越しかもしれないし(当事者不在の話です。引っ越された方の思いはわかりませんが、多分頼んでいないと思う)。 
 
 結局行政から厳しい指導が入り(意見させていただきました)、自主避難?の方はきちんと払うことになった・・・はずです。

 全員の同意があればいいのです。でも、善意であれ役員のしようとしたことは一種の横領であり、全体の福祉を考えると善行とは思えません。

 日本中の皆さんが自腹を切ってでも、自主避難者を受け入れて下さるのなら、本当に感謝いたします。よろしくお願いします。
 
 税金とか国に請求とかでいろんなことが曖昧なまま、お金の遣い道が決まるのがいやなんだようううう!

夕方のニュースでは

国と福島県が負担、って言ってた。

「新規受け入れ」についてと聞いたのだけど、さっきのは「継続を延長」って・・・何の継続?家賃補助?新規受け入れ?

私の聞き取りが悪いのかしら。携帯ニュースと新聞とテレビとで、ちょっとずつ違うように聞こえる。正確に知りたいです。

要求をあげる人や決定する人も「当事者」だから、その人たちや近しい人が福島の現状をどうとらえているかで、自主避難も必要か否かの判断が分かれる。

自主避難もどこかで区切らなければ、移住・転居と同じではないのでしょうか。これから先何年、私たちは「自主」避難者を支えなきゃいけないの?

握り飯事件

おじゃまいたします。  

月刊誌“新潮45”9月号に、松本彩子さんというライターがご自分の
震災ボランティア体験について書いた記事が掲載されています。

その記事の中には、彼女が行った先の山形の人たちの中には避難者
を良く思わない人がいて、現地で次の話を聞いた、と書かれてます。

「福島からの避難者たちは、高級車乗って、避難所から出された
握り飯が不味いと、投げ捨てたらしいな。  原発で焼け太りだべ。
昼は子供をボランティアに任せ、パチンコして、夜は廻る鮨屋に
行ってるんだ。」 

これは南相馬でも聞かれる噂となっているとの事です。


名指しをして誠に失礼ではありますが、ルナさんが聞かれた話は、それ
とおなじような話ではないかと思いました。

ここで皆さんがやり取りされているコメントの主旨からは外れており
ますものの、被災された方に関する噂の存在について書かせて
いただきました。 
  

No title

>ソラールさん
まさか、名指しでくるとは・・・(苦笑)
私も伝聞でコメントしてしまったのですが、
この話は、同僚のご兄弟(昭和村在住)の話でして、
『怒ってたよ!』というので、まんざらではないのかと。。。
この件に関しては、私が実際見た事でも聞いた事でもないので、
噂話と言われてしまえば、それまでなのですが・・・ね。
この手の話はチラホラ聞きます・・・
子供の学校でも、この例をあげ議論したとか。

また、地域によっても違うと思います。
これは噂ではなく、実際 川内村から避難した男性に聞いた話。
この方は東電の下請け社員、事故により仕事は休まざるを得なくなり、
県外の促進住宅で暮らしてます。
休暇手当てというんですか?十分暮らせる額をいただいていて、
昼間は好きなことをし温泉三昧、夜はゆったり酒のむんだぁ!
と、嬉しそうに言ってました。この方は謙虚な方でしたがね・・・。
中にはそうでない方がいたとしたら、その一人のせいでも
『皆、飲みあるってんだべぇ!』みたいになってしまうのも事実かと。。


そのボランティアの方を否定する訳ではないすが、
私は週刊誌等の話は信用しません。
『放射能がくる』でしたっけ?
こんな間違いの見出しを平気でつけてるくらいですから。





  

 「福島からの避難者たちは、高級車乗って、避難所から出された
握り飯が不味いと、投げ捨てたらしいな。  原発で焼け太りだべ。
昼は子供をボランティアに任せ、パチンコして、夜は廻る鮨屋に
行ってるんだ。」 

これは南相馬でも聞かれる噂となっているとの事です。


名指しをして誠に失礼ではありますが、ルナさんが聞かれた話は、それ
とおなじような話ではないかと思いました。

ここで皆さんがやり取りされているコメントの主旨からは外れており
ますものの、被災された方に関する噂の存在について書かせて
いただきました。 
  

予算の使い方

これは家に来ていた業者の方からの話です。

 仮設住宅をお盆までに作らなくてはいけなくて、職人さんの確保が難しかった。
 行政は例えば1週間の工期を示して、職人さんを確保してくれと頼んでくる。業者が人を集めて待機していると、急に何らかの理由でその期間の工事が取りやめになる。職人さんはその間他の仕事を断っているわけだから怒って、もう引き受けないと申し入れる。

 すると、押さえた期間の給料は、工事があってもなくても(!)払うから頼むと・・・。

 震災バブルとかで、景気の良くなった業者さんがつい吹いただけかもしれませんが、福島県しっかりしてくれ~。ホールボディカウンターも椅子じゃないの頼む~。よーく考えよーお金は大事だよー♪

No title

>なおみさん

えーっと、現場系の仕事としては元請側都合で工事が中止になったなら、予定入れて待機してた下請けにお金が払われるのは普通です。
逆に支払いがされないなら、下請けに対する不当な扱いで違法という事になると思いますよ。

で、誰がお金を支払うのか・・・・・
発注元の都合での中止であれば元請業者も請求できるでしょうが、元請の都合での中止であればその元請業者が「泣く」事になるのではないかと。
請け負った業者は、総額で幾らという契約で受注しているでしょうから。

どういうい状況での話なのか詳しくは判らないので明言はできないですけど、かならずしもそれが「予算の無駄遣い」と言える状況ではないと思います。

不当な請求や火事場泥棒的な災害バブルはあってほしくはないと思うけど、現場で頑張ってる末端の職人たちにしわ寄せが来るような事はあってほしくはないなあ、と泡沫労働者の一人として思ってます・・・。

こうたさん

ごめんなさい。少しの間、こちらを見ていませんでした。

>現場系の仕事としては元請側都合で工事が中止になったなら、予定入れて待機してた下請けにお金が払われるのは普通です。

そうでしょうね。正してくださってありがとうございました。大変失礼しました。

これを書いた時、役人でもないのに予算の使い方でいらいらしていて、自分の知っていることをよく吟味もしないでぶちまけたい自分がいました。

なのでこれはいかんと思い、数日パソコンから離れてクールダウンしていました。

文の内容も不十分でした。正確に、自分の気持ち込みで整理して書き足します。

私の聞き間違いかもしれませんが、「工事の急な中止がこれからもあると思うので、その場合には、他の仕事を重ねて入れていても構わない。それでも契約分は払う」と言われたと聞いたのです。

私が前回書かなかった理由は、このように打とうとして「?これは盛った話かな?だって、計画通りに工事があったら、職人さんはどっちの仕事を優先するの?」と思ったからです。

それと、人を確保しておいて、なぜたびたび急に(ここも本当かどうかはわからないのですが)工事が中止になるのか?資材が入らないのか、会議がもめているのか、明確な理由をその方は私にはおっしゃいませんでしたが、ニュアンスとして「仕事をしなくても、今オイシイ思いをしている」と伝わってきました。

なので、私としては、役所の会議・事務内容に不備があり、滞り(もっといえば国が迷走して、現場にしわ寄せが来て)、このようなばらまきをしているのであれば

許せん!!!

と感じていたのでした。

文章が雑になっていたため、不快な思いをさせてしまいました。ごめんなさい。

それはこういうことじゃないかな?と思われることがあれば、重ねて教えてください。ありがとうございました。






なおみさん

ああ、ここに書いていたんですね。私はスマホがメインなんで気付きませんでした。(パソコンと違って表示がかなり限定されます)
いまこちらの新しいコメント読ませていただきました。こちらの話題につながるので、こっちにコメントします。

なるほど、そういうことだったんですね。

おにぎりのなぞは解けましたが、どうも私のコメントはかなり見当はずれだったようです。

自主避難を含む避難者の問題は難しいですね。
まぜっかえすのもなんなのでとやかく言いませんが、なおみさんのおにぎりのオジサンに対するお優しい解釈は称賛に値しますよ。

私もそう考えるようにしたいですね。

ところで、私が最近聞いた建設業の話ですが、災害復旧の仕事は山ほど出ていても、地元業者の能力を越えているため(現場管理者の数など)、入札が不調になる工事が続出しているそうです。
なおみさんの聞いたお話と関連があるのかはわかりませんが、主体工事が入札不調だった場合、付帯工事が遅れることはあるかな、と思います。

ちなみに、県外の業者に発注しようとしたら「福島の仕事は、安いからやらない」と断られたとか。
建設業の味方をするわけではありませんが、復興バブルというほど未だ潤ってはいないのでは?と感じます。
もちろん、今後も仕事は出てくるでしょうから、今までに比べたらずうっとマシなんですけどね。

(以下は太郎のエントリに対するコメ)ここのところコメ欄でお見かけしなかったので、どうしたのかな?と思っていたんですが、そうですか。
人間、憂さ晴らしも必要ですよね。
でも、風邪も流行ってますから、ノドは大切に!
(勝手にカラオケ行ったことにしてしまった)

あ、私、厳密には福島の生まれではありません。
都合30年は住んでいますし、DNAは間違いなく「チャキチャキ」の福島県民なんですが。
ですから、福島弁はテキトーです。会津弁と浜通り弁と福島(市)弁がごっちゃになっています(笑)。
ナイショですが、私も福島弁に憧れているんですよ。

IKAさん

わざわざ探してくださって、ありがとうございました。

それとIKAさんが
>最近聞いた建設業の話
を教えてくださって、ありがとうございました。

私にお話された方は、何も知らないおばちゃん相手に、ちょっと大きく面白おかしく話をされただけかもしれませんね。つましく生活しているのがあほらしくなるような・・・そんなに景気のいい話はないですよね。

皆さんに教えていただけなかったら、あやうく「ミイラ取りがミイラに」なるところ?でした。じゃーん!児玉2号!(同じミイラでもちょっと系統が違うかな)気をつけます。

そうそうカラオケ!!・・・ではありません!ふふふ・・・オンナにはいろんな憂さ晴らしがあるのさ。

福島弁は「リビング福島」という、たまにポストに入っている地域情報誌?で学んでいます。例文が面白くって、たびたび「嫁に対する姑の辛らつなひとこと」が出てくるので、大変勉強になります。文末につける「だべした」は覚えました。



IKA さん・2

たびたびすみません。

>まぜっかえすのもなんなのでとやかく言いませんが、なおみさんのおにぎりのオジサンに対するお優しい解釈は称賛に値しますよ。私もそう考えるようにしたいですね。

のお言葉が、気になって・・・。ごはんを食べ終わっても気になっているので、お尋ねします。IKAさんがこういった書き方をされるのがめずらしく感じたので。

IKAさんは「おにぎりを投げるような人」に関わる(過去に関わった)立場の方でしょうか(正体を明かすようなお答えは、もちろん頂かなくて結構です)?お詳しい方なのでは?と感じました。
だとしたら「なあに甘いこと言ってんだ」と思われたことでしょう。

あのやりとり・文脈の中の比喩として使わせていただいた表現と、ご理解いただけたら恐縮です。

PTSDや依存症等を考えるには戦略が必要で 、決して「優しさと思いやり(バファリンではない)」や「甘っちょろい人類愛」は必要ない。かえってヤラレル、ことは素人ながら聞いたことがあります。

いつかサシでお話を伺いたいです。
ホントに、気持ちがうわついている時は、冗長度の高い文章を書いてしまって・・・反省しきりです。私に無駄はいつも多いんですが・・・。

以上、全て私の妄想でしたらすみません。
重ねてネコさんの本文と関係のないことを書いてしまってごめんなさい。

なおみさん

なんか分かりにくいこと言って申し訳ありません。
推敲が足りず、ちょっと書き飛ばし気味の文章でした。

あの部分に深い意味はありません。
今読み直すと、確かに意味深な感じがしますね。
本当にごめんなさい。

解説をしますと、私自身いろんな所で避難者の悪い評判を聞いていまして、自分のなかで消化しきれずにモヤモヤしていたんです。
で、私なりに「そういった方も色々な思いのなかで、心ならずもひどいことをしちゃったんだろうな」と思っていたんですよ。

そこに一連のコメントを見て「ああ、自分と同じモヤモヤをみんな持っていたんだ」とわかり、最後になおみさんの見事な結論がありました。
まさに我が意を得たり。今更自分の聞いた話や考えを言っても、しょうがない。これ以上のことは言えないよね、という思いだったんですよ。
もしかしたら、自分も気になっていた話題に乗れなかった残念さもあったかもしれませんが。あと、ちょっと言葉遣いがべらんめえ調でよくなかったかも、です。

そういった意味ですので、避難者に対するなおみさんの思いには全面的に賛成です。

もしかしたら、おにぎり投げた人にびしゃくれるってとこも引っ掛かったかもしれませんが、あそこは完全に避難者に投げつける、と勘違いしたためです。まさか避難者自身が投げるとは思ってもいませんでした。
だから私のコメントはかなり見当はずれだった、んですね。

なおみさんが甘い考えとは思っていませんよ。
私の書き方が悪かっただけです。
もう少し文章力つけなくては、ですね。

IKA さん

ありがとう。

文章書くのって、感情的な私には難しいです。楽しくなったり、むっとしたり心が浮ついていると、てきめんくだらない文章になってしまう。思いがいたらなかったりして。

私が現実世界でできることは、ほんの少し。
それを忘れないようにします。

お騒がせしました。ありがとうございました。ほんとうに。

こちらこそ

私の変な書き方のせいで、なおみさんに余計な心の負担をかけたようで、申し訳ありませんでした。

ひまわり先生のブログの方も見ました。なんというか、ここのところ色々大変だったみたいですね。
気づかずにいて申し訳ありません。

今回は私の思いのいたらなさが原因ですから、謝るのはこっちです。

文章って本当に難しい。表情やボディランゲージを伴うコミュニケーションと違って、なかなか本心を読み取ることができませんから。だからメールでは絵文字や顔文字を使うんですよね。
でも私みたいな中年男子は、公開の場ではちょっと抵抗が…。

ひとさまのブログ使って言う事ではありませんが、たまには感情的でもいいじゃないですか。特になおみさんはいつもとても気を使われているのがわかります。

私だって有益な情報提供をしているわけではありませんし、遊ばせてもらっている身ですし、リアルでは大したことはできませんし。

私のいたらなさも、今回は「てへペロ」って事で。
(絵文字以上に恥ずかしいぞ、これは)

なおみさん、よく帰って来てくれました。
今度はもっと長い旅に出るのでは、と少し心配しちゃいましたよ。

そうですよね

山田さん
そうなんですよね。
地震と津波で多くの方が犠牲になられました。
何よりも大切な命をなくされた人たちを忘れてはいけませんね。

そして、肉親や友達を亡くされた人、自宅や故郷をなくされた人、こういった方々も、まだ癒されるほど時が流れたとは言えないでしょう。

放射能や原発事故で故郷に戻ることが難しい人たちもいます。

程度の差はありますが、多くの方が傷つきました。
体だけではなく心のなかも。

でも、前に歩み続けなくては行けません。

全員が、じゃないですよ。できる人から、自分のペースで歩み始めればいいんです。

何も特別なことをする必要だって無い。
自分の生活を守って、家族を守って、その事を第一に考えればいい。

変に人を助けようなんて意気込んだあげく、助けようとした人が思ていたのと違うとか、思い通りにいかないとかで、助けようと思った相手を非難し誹謗する、そんな人たちをいっぱい見てきましたから。

助けが必要な人はまだいっぱいいますが、その人たちにしてほしいのは力ずくで引きずり回すことじゃなく、それぞれの状態に合わせた適切なサポート。

起き上がれない人には、柔らかい布団を。起き上がりたい人には手を差しのべること。歩きたい人には倒れないように手を取って支えること。そんな感じでいいんじゃないかな。

福島市に住む私に出来ること。
自分の、家族の生活を安定させて、少しでも先の未来が見通せるようにすること。
そうする事は、私の後から立ち上がり、歩き始める人たちの道をつくることにつながると信じています。
そしてちょっとした余裕があれば、その余裕にみあった手助けをしてあげればいい。

そんなふうに感じています。

ただのわがままなのかもしれませんが。

そうだった

IKA さん

 >人を助けようなんて意気込んだあげく、助けようとした人が思ていたのと違うとか、思い通りにいかないとかで、助けようと思った相手を非難し誹謗する

そうなんです。善意で迫ってこられるので・・・違うんですよと言うのが申し訳ないような。自分が望んでいないことであっても、感謝しなければいけないような。

てへぺろも調べました。お若い方かしら・・・と思っていたらナイスミドルだったことを知り、そんな方にてへぺろを言わせてしまった・・・。

次に生まれたらみどりふぐになりたい。今、私はネガティブホロウにやられているのかも知れません。

そんなこんなで

クリスマスイブになりましたね。
今日の福島市は冷え込みながらも晴れ。

なおみさん
私もネットで調べているうちに、いろんな言葉を知りました。
いわく「地獄への道は善意で敷き詰められている」
とか、
「人は自分が見たいものしか見ようとしない」
とか、
「てへぺロ」
とか(あ、最後のは流行語大賞のニュースで知りました。キモい、って言わないでくださいな。だって使ってみたかったんだもん。)

ナイスではありませんが、うぶな中年としては、生まれ変わったらやはり風呂屋の番台…い、いやそうじゃなくて、そう、憧れの奥様が座られる西洋風の大きな椅子(江戸川乱歩か?)…でもなくて、
ええと、ネガティブホロウにやられたら、ですよね。
私はきっと、食パンの袋をとめる四角くて、穴があいてて、切れ目が入っているあれ(名前がわからない)になりたいかな。

冷え込みが続いています。雪も降るのかな。
私は、クリスマスに雪が降ると、ほんの少しだけ奇跡を信じたくなります。
みなさんに、ささやかでも、何かいいことがありますように。

メリー・クリスマス

―やっぱ、キモいかな?

ガン患者は増えるのか?

 反原発派の言うことの大きな矛盾はここにあるんですよね。
 国際放射能防護委員会が、100ミリの年被ばくで0.5%の生涯にわたるガンリスクの増大を言っていますが。

 これだって、統計学から見たら、完全に誤差の範囲。もっと確からしいのが200ミリシーベルトあたりからガンになる人が増えるようだ。ということで、いわゆるLNТ仮説で「しきい値なし」を放射線防護の指針として勧告したわけですが、人工放射線に対しては一人年に1ミリという基準を日本も法律で定めた、らしいです。

 らしいというのは、いくら調べても、見たことがなかったからです。
 ある事はあるけど、放射線を出す業者向けで、一般国民に対して1ミリ以下なら被曝させても良い。せいぜい注意してやってください、罰則はなし という情報で直接探すのはあほらしくなってやめました。

 だから警視庁も東電に対して何にも動かなかったんですよ。今問題になっているのは民事に関することで、東電は払うことをけちって裁判に持ち込めば、恐らくは、賠償の多くは自治体か国が払うことになり、それでは東電は社会責任を全うできないではないかという事で法的解釈については国と東電はそれぞれの立場からより多くの国民や住民に対する賠償をどうするのか考えたわけでしょう。

 こういう論議になると、忘れられてしまいそうなのが、東電は安全配慮義務を怠って、労働災害から住民の避難などで直接の被害者を出したのか?ということを考えるべきだと僕は思います。

 原発で働く労働者だって、事故が起きようが起きまいがいずれ半分はガンになるんですよ。そしてガンになった労働者がいたとします。労働災害として認定して補償をするのは誰にするべきか、つまり上から被ばく量に応じて補償するんだ、などというのはナンセンスの極みもいいところですよね。事故が起きて、それもあるでしょう。

 ガンになろうがなるまいが、リスクに応じた対応はあらかじめしておくべきですよね、労働契約できちんと決めておいて最大被ばく量以下の労働の管理をするべきだと思っています。
 それが全く守られていない事でもないらしくて、東電自ら新聞発表ををするではありませんか。
 そして原発で働く労働者は年に10ミリあるいは20ミリ以下の基準の被爆でも働き続けていますし、結婚もしてお子さんも当然ながらいるでしょう。

 そこで問題になるのが現実にどのくらいの量の被ばくでガンになるのか、

 これを全く言わないのが反原発派の主張なんですよ。いまだにクリス・バズビーのホラー落語を乗り越えてはいない。あと10年もしたら10万人ががんで死ぬ。などと福島県民を脅したことの罪に気づくどころか、あんなところで毒物を生産して他県の人に提供するとは何事だ。
 とカビの生えたプリンよりも基準値以下の生産物の方が腹を壊す可能性が強いと漠然と思っているんでしょう。

 bloomさんのブログには放射線を受けたDNAの修復能力について、動物実験の結果や論文などについて良く紹介されていますが、傷ついたDNAは修復するんだという事がまず1点。修復が追いつかなければガンになる。放射線の量がどのくらいなら修復が追いついて復元するかについて世界中で研究中。のようですが、

 僕は修復能力があるなら、LNТ仮説は成立しえないと直接的にすぐに思えます。
 統計学的にはリスクが0.5%だと言っておきながらLNТ仮説を勧告する国際放射線防護委員会の態度はダブルスタンダードとしか思えません。しきい値は100ミリシーベルトだと素直に言えばよいのに、あるいは安全に配慮して50ミリにしましょう。ということなら余裕を持って避難もできて、30キロ圏では数多くの避難をしなくて済む人が多かっただろう。そして、原発北西側の人たち、細長い斜めの区域の人たちは強制ではなくて、勧告によって非難を決め、十分に援助をするという国の態度を示したらよかっただろうな。と思うんですよ。

 ところがもう2カ月以上前に朝日新聞では、「低線量でも被ばくリスク」という見出しで記事を出して今回の被ばくで増えるガン患者の一覧を出しましたが、それはチェルノブイリモデルを採用した結果で、世界的に合意がまだできていない段階の仮設なんでしょう。

 LNТ仮説とチェルノブイリモデルは統計結果がまだ精密に発表できない段階で地域によっては、例えばガン患者が増えたのは検診によってわかったことが増加の原因、ということもあってさらに避難者の把握が不完全。ヨーロッパに行ってしまった人もいるそうで、これからも調査をしないと良くわからないと言う事だそうです。

 新聞の見出しには低線量で上がる被爆リスクと出ていましたけど、僕は対象人口で平均を出したら、0.8%と異常な高率でした。対象人口は30万人以上で、100ミリ以上の被ばくを受けた人が2200人、200人以上がガンになる、というロシアの放射線医学研究所の所長は計算をだしたんですね。

 そしてこの所長自身が、福島はまだはっきりしない、このぐらいのリスクでも喫煙よりリスクはずっと少ない、あんまり心配しないで欲しい、と言っています。その後の様子ではチェルノブイリでの多めのリスクをモデルにしたとしても、対象人口も年換算推定被ばく量も随分と減っています。
 今のところは将来ガンになる人が増えるかどうかなど放射線の影響によるものかどうか全くわからないと思います。

 朝日新聞は放射能恐怖症新聞、そして福島県はガン患者もガンによって亡くなる人も確実にへるでしょうね。少しでも健康に気を配って、福島産の野菜をたくさん食べたら、必ずそうなりますよ。

IKAさん

別のところに、皆さんにあてて書いたけど、気づかないと残念なのでもう一度。

メリークリスマス!

今年はお世話になりました。年末の挨拶はまた改めていたしますが。
クリスマスもまた、お世話になったいろんな人を思い出します。

パンの・・・あれ、一生懸命イメージしてたら、余計なことは忘れました。
なによりのプレゼントでした。ありがとうございました。

福島の隣在住人さん
>福島県はガン患者もガンによって亡くなる人も確実にへるでしょうね。少しでも健康に気を配って、福島産の野菜をたくさん食べたら、必ずそうなりますよ。

なんだかすでに、健康診断の値がみょ~にいいなんて話を、よそのブログで拝見しました。髪の毛まで増えたとか・・・!?とにかく福島の皆さん、笑い飛ばして勢いがあって・・・いい感じです。「事実に目をつむって」ではなくて「きちんと事実を把握した上で」ですから。おじさんもおばさんも子どもも・・・みんな素敵です。

No title

なんか、ブログというよりこのエントリの住人になっていますね。
信夫山ネコ様、すいません。

>なおみさん
ちゃんと見ていましたよ。二度もメリクリ、ご苦労さまです。
ほんと、なおみさんはくだらないことにちゃんと反応してくれるからありがたいです。

>福島の隣在住人さん
ICRPのLNT仮説って、本当に「仮説」にすぎないんですけれども、ECRRだのバズビーだのと対抗しているうちに、こっちまで金科玉条になっている感じはありますね。
確か、御用学者糾弾が始まったころ、LNT仮説の導入にはかなり議論があって、いわゆる閾値派の方もかなりの数いたようです。
ただ、予防原則に則って、安全マージンをより多くとるためにLNT仮説を導入した、みたいな話がありました(すいません、ソースがないので記憶での話になります)。

それがいつの間にか、安全を軽く見る方の学説、と捉えられてしまったように思います。
その意味では、こっちも落ち着いて見直す必要はあるかもしれませんね。

うーん、ちょっとは新しいエントリにも参加しなくては。
プロフィール

shinobuyamaneko

Author:shinobuyamaneko
 福島県福島市の信夫山に住むネコです。
 原発事故以後ネット上には「もう福島市は放射能高くてダメ!逃げてください!」「福島はチェルノブイリ以上!」「子供を見殺しにしないで!」等の「反原発の叫び」が溢れてます。ネコはどこにも逃げられないから、もうノイローゼ気味。こういう「叫び」「脅し」の効果もあって福島に来る人は激減。街は沈み、市民は「すぐに逃げてください!」に怯えながら、静かに暮らしています。(←最近は嘘・デマがバレてきて、みんな元気になってきた感じだにゃ。)
 しかしね~、この種の「叫び」の根底に、「反原発」の「福島壊滅ならば原発全廃にできる!大大大チャンスだ!」っていう心理はないですか?原発全廃の為にはまず「福島壊滅」が必要とばかりに、科学的、医学的、論理的に怪しい説、大げさな数字等が「連呼」「拡散」されていないですか?それが「正義」になっていませんか?
 信夫山ネコは「故郷福島壊滅」を「原発全廃」の手段にされてはたまらんです。もし根拠がない数字や説の拡散によって、旅館の経営者が自殺するとかの悲惨な「風評被害」が出たら、大人しい福島人も終には訴えたりするのかにゃ~?!今はとにかくデマ、風評、誇張、脅し等を除染しながら記録するにゃ。(「リンクフリー」です 対「反原発」、対「放射脳」等での引用ご自由に)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR