終焉に向かう「反原発」(1) 大阪で「反原発」が「福島の子ども」の「エア葬式」を開催

今ツイッターを騒がせている「事件」にゃ。遂に末期症状を呈してきた「反原発」について「速報」にゃ。

大阪で「反原発カルト」が、子ども用の棺おけを持ち出して「葬列デモ」を行っている。
「福島の子ども」の葬儀を模した「葬列予報」と称する反原発デモである。
もちろんこの「福島の子ども」は、近い将来放射能に起因する「ガン」で死ぬ想定なのである。
まさに「お前はもう死んでいる!」だにゃ。

第一回(9月1日)
http://news.fatalbackground.org/?eid=1252199
http://archive.is/ZSyTF
第二回(10月18日)
http://news.fatalbackground.org/?eid=1252218
http://archive.is/http://news.fatalbackground.org/?eid=1252218
(追記:以上は「FATE」という主催者の一人らしき人物のブログ。別に主催団体=「いのちを守るデモ実行委員会」のHPもある)
(更なる追記)
「いのちを守るデモ実行委員会」のHPは卑怯にも消去逃亡がはかられた。スクショと魚拓にゃ。
s1_20161126115419a89.jpgs2.jpg
n感想
f感想
y感想
(以上のスクショは「第二回」の前のモノ。以下の魚拓は第二回後のもの。「感想=いいわけ」等が少し増えている)
http://archive.is/dnBOf
エラそうに「葬送デモの批判に対する応答」だと、逃げるな!

いや~まさに「カルト」そのもの、気持悪いにゃ~。これまで何度か書いてきたように、こういう行為は「反原発」の「福島の子どもは放射能で死んで欲しいな~、そうなれば原発全廃できるからな~」という「願望」、「潜在意識」を表現しているものに他ならない。確か学校の「いじめによる自殺」でよく「葬式ごっこ」があったにゃ。福島県民はこんな下らない「いじめ」で、あわてて自殺しないように(あまりにバカバカしくてそんなのないか)しよう。また「憤死」にも気をつけよう。サバイバル、サバイバル。今やちゃんと味方はいるにゃ。

例によってtogetterでは、良識ある人々による「まとめ」が行われた。

http://togetter.com/li/205615

追記:「まとめのまとめ」もあった。http://togetter.com/li/205993 キチガイ=キチガイという真理は変わらず。

この「反原発」=「福島いじめのキチガイ」を露呈した「エア葬式」は、実は「反原発」そのものの「葬送」の始まりではないだろうか?

苦しんでいる人に向かって「大丈夫ですよ」と言った山下俊一氏と、「先に葬式やっておきます」という「反原発」、どちらが人間として「まとも」か。ちなみに「葬式ごっこ」で有名な、1986年の「中野富士見中学いじめ自殺事件」の裁判では、最終的に「葬式ごっこ」は「被害者に苦痛を与えた行為」と認められ、多額の損害賠償が命じられたはずである。これが人間世界の判断だ。「反原発キチガイ世界」ではどうだか知らんが。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

反「反原発」主義者の誕生

ネコさん、こんばんわ。
久々の更新ですね。
「エア葬式」とは悪趣味の極みです。

実施報告によると、

「こうした表現については、福島の方を傷つけることになるのではないか?
 このような厳しい表現は残酷すぎるのではないか?
 様々な議論がありました。しかし、現実に進行してしまっている汚染の実態を放置すれば、
 近い将来にこのような悲劇が起こることは残念ながら避けられないでしょう。

 見たくない現実を 『葬列予報』という形で表すことにより
 この厳しい現実と向き合い 子ども達が被曝の危険性にさらされていることに
 みなさんの関心が集まり 一人でも多くの子どもの命を守れたらと願います。
 しかし、現実に進行してしまっている汚染の実態を放置すれば、
 近い将来にこのような悲劇が起こることは残念ながら避けられないでしょう。」

もっともらしい理屈はつけていますが、福島の子供たちから死者が出ることを望んでいるとしか思えません。
いったい彼らは何がやりたいんでしょうか?
本当に原発を廃止したいんでしょうか?私には福島を馬鹿にし、福島に住んでいる人を愚弄するのが目的としか思えません。
目立つやり方で注目をあび、自分たちの主張に誘導しようとしているのは、武田邦彦と一緒ですね。唾棄すべきやり方です。
私もネコさん同様、反「反原発」になりました。

追伸
初見してから、全エントリー拝見しました。
もっと早くこのページを知っていればよかったと感じました。
これからも福島を応援していきます。よろしくお願いいたします。

気味悪すぎ!!

これは、強烈ですね・・絶句(特に10月18日の分)。

原発を弔うなら分かりますけど、なぜ生身の人間を、いま生きている子供たちを弔うのでしょう?

福島の地で、希望を持って生きていこうと頑張っている人が大勢いるのに、皆、放射能で死んで欲しいと彼らは願っているのでしょうか?

自分の身勝手な目的のためなら、他所の地の子供たちを脳内で「殺して」も構わないと考えているのでしょうか?

それが正義だと思うのなら、同じデモを、福島や郡山でやれますか?福島人の前で、面と向かって「お前はすでに死んでいる」って言えますか?

こんなデモをやる精神構造が、私には全く理解不能・・・


ネコさんのおっしゃるように、反原発カルトも末期症状なんでしょうね。

「旬」の時期はすでに過ぎ、そのいかがわしさに、世の中がすでに気づいています。

自分の身勝手な主張を通すために、福島を、それも子供たちを利用しているだけなのです。

子供たちが、福島で安心して「生きて」いけるような手助けを、彼らは何一つ、しようとしない。

外野から、論拠の怪しい言説で恐怖を煽ったり、元気に生きている人間を勝手に病気にしたり、殺したり、それを外国に言いふらしたりしてるだけ・・・。

原発は、正直、なくなった方が安心ですけど、反原発カルトは、もっと先に消滅して欲しい。はっきり言って、日本に要らない。

No title

何というか、上手く言葉にすることが出来ませんが・・・・・。

ちょっと関係無いかもだけど思い出した話。
ベトナム戦争当時、反戦活動が活発だった時、帰還兵たちに酷い言葉を浴びせた人々がいました。

「子供殺し!」「息子を返せ!!」
望みもしない戦場へ送り込まれ、「国のため」「自由を守るため」とのお題目で戦わされ、死ぬ思いをしてやっと帰ってきた祖国で、迎えてくれるはずの同胞から非難を浴びせられ、心を病んでしまう若者が多かったそうです。

平和を望む事は間違いではありませんし、当時のアメリカのベトナム派兵が正しかったとは思いません。
ですが、死地から生還した一兵士を非難するのは筋違いでしょう。

今回の「葬式デモ」に、それと似たネジれというか、歪みを感じます。
彼らは、誰に、何を訴えたかったのか?

原発の最も被害が大きい地域は、津波でも多くの犠牲者を出しています。
「目に見えない放射能の恐怖」ではなく、実生活で現実に影響を受けてもいます。

「見たくない現実を 『葬列予報』という形で表すことにより
この厳しい現実と向き合い 子ども達が被曝の危険性にさらされていることに
みなさんの関心が集まり 一人でも多くの子どもの命を守れたらと願います。」

被害の最前線にいる人たちにとって、福島で暮らす人にとって「見たくない現実」などではなく、目をそらせない現実です。
目をそらしているのではなく、冷静に対処しているだけなのです。
彼らの「葬式ごっこ」は、戦場の兵士に作家が「戦争の悲惨さ」を説き聞かせるような馬鹿げた行為です。
受け入れられるはずもありません。

彼らが最も「救うべき」はずの現地の人たちを敵に回してまで「感心を集める」事で何を得られると思っているのでしょうか?


トゥゲッターや「まとめ」を見ると、確かに一定の支持を得てはいるようですが、支持してるのは同種のカルト志向な人が多いように見えます。
お互いに認め合う少数意見同士が先鋭化して極端な行動に走る、というのはカルトの末期的症状の典型です。
(もし彼らがカルトでなければ、「福島の人を傷つけるかもしれない」と思った時点で、止めていたでしょう)

ネコさん

 こんばんは。先日は私の疑問に答えてくださって、ありがとうございました。
 
 今日はリアル知人(って変ですかね。ネットじゃない知り合い)が偶然、ネコさんのブログとこの記事を話題にして怒っていらしたことを聞き、あわてて今読みました。・・・結構みんなここを読んでるんだなあ、と嬉しく思いました。みんなシャイなので、なかなか表立ってつながれないけれど。

 まとめというのだけ読みました。実際のはちょっと観たくなくて。
不快感を示して下さっている方が多くて、安心しました。

 福島からの避難を呼びかけている方や団体の名前が、その(このデモに関わった)中にちらほら出ていましたが、避難したお母さん方、ご存知なのかしら。知った上で、このくらいの活動や呼びかけが必要、福島や自分たちのためを思ってしてくれているんだわって、感謝できるのでしょうか。感謝まで行かなくても、仕方ないと思うのでしょうか。それとも避難した人たちも、参加したりしているのでしょうか。

 ネコさん。このようなばかげた騒ぎが、終焉に向かっていると思いたいです。最後の悪あがき。断末魔。そうだとしても許しがたい行為です。宗教家って、何のためにいるのですか。

 

No title

更新、ご苦労様です!

どなたかのツイッターで話題になってましたが・・・
ここまでいくとなんだか・・・ あっぱぐちがふさがらない(失笑)
実にくだらないですねぇ。 福島の浜通りでやってみろっての。
むかつくから、よく見てないですが・・・
くそ坊主を筆頭に、どいつも馬鹿面ですね~
こいつらの列に暴走車が突っ込めば良かったのに・・・と思います。

自分の友人も、あるグループから似たような仕打ちをうけた事があり、
「いつかバチがあたるといいのに・・・」なんて思ってたことがありました。
数年後、そんなことも忘れてましたが、そのグループの
先頭きってた奴が、大型トラックだか、ダンプの後輪に巻き込まれ
即死するという事故がおきたんですよ。

この葬式ごっこ?をやった奴らには、怒り、悔しさ・・・
さまざまなエネルギーが向けられるとおもいます。
それが、どういった形で表れるかはわかりませんが、
なにかはあるんではないんでしょうかね?
こんなことをして、ただではすまないでしょう。馬鹿どもが!




12月24日阻止を

こんにちは。12月24日に予定、というのをどうやったら阻止できるでしょうね?やはり宗教家は宗教家を持って制す・・かなと思っておりまして、ちょっと知り合いの伊達市のお寺関係の方に言ってみましたが、「抗議します」とは言ってもらえませんでした。やはり宗教とはすべて受け入れるものですので、抗議というのは世俗的すぎるのかと・・。
次に思いついたのが、発信力の大きい玄侑さん。ただ、彼も大きな意味での脱原発派という点が気になっておりますが。

再コメント失礼します

好意的に解釈すれば、このまま避難しなければ低線量被曝により、癌、白血病により死に至る人が出てしまう。それを防ぐため「予報」している、ともとれます。
しかし、自分たちの正しい意見を広めるためにはどんなことをしても問題ない、と考えている思い上がった人たちを、私は支持することはできません。

ネコさん、赤字部分追加しましたね^^;
私も、いくら見当外れの非難を受けても自分の信念を貫き通す山下俊一先生を尊敬しています。

No title

おはようございます。武田邦彦の思考回路を借りれば、東京都世田谷区はもはや1mSV/年を超える「放射線管理区域」で、人間が住むべきところではなくなりました。あの「バカ発見器」は「おかあさんたち、逃げてください!子どもを見殺しにする気ですか!」と連呼しなくてはなりません。

本題のエア葬式ですが、「表現の自由を侵害され、やむなく中止しました」みたいな、「被害者づら」されないように阻止できるのがベストでは。正面からいくと、必ずこういうこと言い出しますよ。あるいはやらせておいて、さらに反原発カルトの「狂気」を世の中にさらす手もあるかと思います。右翼メディアの「チャンネル桜」は、福島の米を売っていたりして、福島に好意的なので、この「クリスマスイブ・エア葬式」をぜひ取材してもらいたいです。

No title

やれやれですね。

主義主張のためには手段を選ばずですか。


「反原発」は
もはや極左活動家の利権構造と
国家衰退のための闘争手段でしかないんでしょう。


こいつら二言目には「子供がー」といいますが、
自分らの自己愛を満たすことしか考えてないんでしょうね。


まあ人を呪わば穴二つ、いずれブーメランがかえるでしょう。


それにしてもよくまあ飽きもせず燃料投下がありますね。
 ↓
http://enzai.9-11.jp/?p=8396

とりあえず東北ではうっかり人が死ぬと
なんでも放射能のせいにされそうですw。

これで子供の甲状腺疾患が見つかった日には・・・
放射線がなくたって病気になる方はごまんといるんですが・・


ここ連日、「ホットスポット」のニュースがありますが、
どうも胡散臭さがぬぐえません。

とくに韓国への通貨スワップの話が出た直後に
ホットスポットの話が出たりするのをみていると・・・

少々陰謀脳になってしまっておるようですw

はじめまして。

以前より、心から共感しながら拝見しています。
私は福島市在住で、某報道機関に勤めています。
もう報道現場を離れて20年になりますが、それ以前には原発担当を10年近くやっていました。

そのころも今も、「人間が制御できない技術を手にするべきではない」と言う見解は同じで、原発は将来的に全廃するべき、と思っています。

が。
あの「反原発カルト」の連中の言うことには全く共感できません。
ネコさんおっしゃるように、「ストレスによる殺人罪」で告発したい気分です。
(実際私も、SNSの日記に対して集中砲火を浴びてノイローゼ気味になり、数日会社休みました)

話を変えますが。
私の友人に、どちらかと言えば反原発より(どちらかと言うとでもないかな)と評されている学者がいます。
テレビや新聞等でもかなり出てくる学者です。

彼が先日ウクライナに行った時、「立入禁止区域管理担当長官」にこう言われたそうです。
「チェルノブイリの時、土壌の汚染度合で避難の区分を決めたのは間違いだった。そのせいで避難の必要のない人々を大量に避難させてしまい、ストレスによる甚大な健康被害を生む結果となった。日本には、これを教訓にして欲しい」と。

カルトの連中及び「反原発御用学者(最近そう呼んでいます)」はこの土壌汚染を論拠に「福島はチェルノブイリ同等かそれ以上に汚染されている!チェルノブイリならとっくに避難させている!今すぐ逃げろ!」と叫んでいますが。

当のチェルノブイリの責任者の反省の弁をどう聞くのでしょうかねえ。。。

ネコさんも四方八方から矢やら弾丸やら爆弾やらカミソリやら飛んで来ているのではないかと思いますが。
気にしないで気楽に正しいことを言って行きましょうね。

自分への言葉でもあるんですが。

「子どもたちを放射能~」のブログ閉鎖

「子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク」のブログが、明日いっぱいで閉鎖。http://kofdomofukushima.at.webry.info/
「子ども福島」に移転したようですが、移転先のブログには外人モドキの名前の女性(アイリーン美保子とか、ミキ・ライアンとか、何故か反原発世界にはこの手が多いですな)が書いていたり、妙な雰囲気です。中手聖一さんはどこに?
これも「終焉に向かう反原発」か?
とにかく閉鎖前に、必要部分の「魚拓」は取りましょう。「寄付金」合計含めて。なお日本では欧米と違って、通常寄付金にも所得税はまともにかかります。NGOであっても変わらないはず。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

嬉しいニュースも・・・

こんばんは!

避難してから除染すべき!と言っていた反原発のやろめら。。。
結局、避難する人がいないからか?
今度は、除染は無理、不可能・・・などと言い出した。

しかし、悪いニュースばかりではない。

たぶん、一昨日、昨日の地元新聞の記事ですが・・・
伊達市や福島市の除染プロジェクトに、
北海道や千葉の方々が、ボランティアで
たくさん、参加されたとか・・・

有り難いです(涙)

No title

 やぁど さんの教えてくださったこと、びっくりしました。そうなんだ~。もっと広まるといいな。

 さとちゃん、ボランティアの方に私も感謝です。よそから福島に来るって、ましてや除染にって、正直抵抗があるのでは・・・と思います。

 ついつい「県外の人に私たちの気持ちなんかわからない」って、私なんか僻みっぽくなりがちですが、ひとまとめに、雑に考えたり話したりしないようにしようと反省しました。

 ボランティアに来てくださった方、ほんとうにありがとうございました。・・・観光だけ来てくれても嬉しい。福島は元気かなって、思い続けてくれるだけでも嬉しいです。

No title

>なおみさん。

はい、私もこれ聞いてびっくりしました。
その場には文部科学副大臣(あ、日本のです)も同席していたようですし、広まって行くといいなと思っています。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

葬列予報やめてください

ネコさんはじめまして。福島に住む二児の母です。いつも読んでいます。いつも心強い情報をありがとうございます。「葬列予報」のことを知り、あまりのことにショックを受けました。怒りと悲しみをどこにぶつけたらいいのかわからないので、ご迷惑かと思いますが、ここに書いてみました。

「葬列予報」の主催者及び参加者の皆さん、私は福島県在住の、小学生の子を二人持つ母親です。皆さんにお葬式をしていただいた「福島の子ども」の母親ですから、「喪主」ということにもなります。県外への「避難」はしていません。避難後に予想される、皆さんと皆さんの仲間からの福島差別を考えると、できるわけありません。

このようなお葬式が行われたことを知り、大変ショックでした。悲しさと怒りがこみあげてきました。私たちは放射能の中で、毎日不安な中で生きています。子どもたちの未来が不透明でも、何とか光を見つけたい、子どもたちには元気で生き続けてほしい、そんな気持ちです。それなのに我が子の葬式までされて、この重苦しさは福島に住む人以外にはわからないでしょう。このショックと悲しさは、皆さんには想像できないでしょう。あなたたちが声をそろえて、もう私たちに未来はないと言っている。そう思っただけで体から力が抜けて、涙が止まらなくなり、生きる希望が消えていくのです。

理由が何であれ、もう「葬列予報」はやめてください。確かにわが子はいつか死にます。でも私も皆さんも、人間誰でも死にます。わが子は何も特別ではありません。 せめて皆さんが生きているうちに、こんな「葬列予報」やられたら、皆さんのおかあさんはどう思うか、皆さんの乏しい想像力で想像してください。 その上でお葬式をどうしてもやりたいのなら、私「福島の子どもの母親」の葬式をしてください。子に先立たれる親より、自分が先に死んだほうがよっぽどましです。

主催のお坊さんたちには改めて「喪主」としてもお願いいたします。「喪主」の同意なく、こんなわが子をさらし者にするようなお葬式はできないはずです。もうこれ以上福島の母親を苦しめないでください

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

an さんこんにちは!

 an さんに同感 です。頭と背中をなでてあげます。

 くだらない行動に、傷つくのはやめましょう。こういう人たちはいなくならないかもしれませんが、どれだけの「まっとうな」人たちに受け入れられるかを考えたら・・・。この人たちに「正しいこと」をわからせなくても構わないじゃないですか。多分・・・わかろうとしないだろうし。

 今の福島には(もちろん他の場所にだって)、賢くて静かに強い人がたくさんいると思います。このブログに関わっている人たちもそうだし、 an さんもその一人です。ね、ネコさん!

 

「徐染」=無理説

「さとちゃん」さんが書いていたように、福島大学の荒木田准教授が「徐染すればする程、住めない」とか書いてました。週刊朝日だったか。
奴らはどうにも戦局が思わしくないので、新作戦を出してきましたね。
荒木田氏の妻子もどこかに「避難」だそうで。もう自分たちが金かけた分、何が何でも県民全員にもその辛苦を舐めさせたいのか・・・哀れな人です。
でもこんなに「脅し」だの「やる気消失」だのばかり仕掛けて、国民を分断した罪はどう償うのか。奴らはもはやテロリストですよ。

No title

 「阿修羅」掲示板にて、反原発過激派と戦っている「山下派」です。

 私と科学的なお方だけで、コワイコワイ派を追い詰めております。

 今度は、下記の記事で戦います。

 まさに皆様自身の問題ですので、それぞれ意見を表明されてはいかがですか?

 反原発過激派の人間性の欠如を、衆目の下に晒しましょう。

 なお、私は口が達者すぎるので、管理人にマークされ、投稿拒否されたり、投稿を削除されるなどの妨害を受けています。そのような姑息な手ができないように、監視をしていただけるとありがたいです。

 福島では、「市民戦争」が始まっている!
http://www.asyura2.com/11/genpatu18/msg/362.html
投稿者 ジャック・どんどん 日時 2011 年 11 月 11 日 20:51:05: V/iHBd5bUIubc

 の、「14」「36」が我が意見です。
プロフィール

shinobuyamaneko

Author:shinobuyamaneko
 福島県福島市の信夫山に住むネコです。
 原発事故以後ネット上には「もう福島市は放射能高くてダメ!逃げてください!」「福島はチェルノブイリ以上!」「子供を見殺しにしないで!」等の「反原発の叫び」が溢れてます。ネコはどこにも逃げられないから、もうノイローゼ気味。こういう「叫び」「脅し」の効果もあって福島に来る人は激減。街は沈み、市民は「すぐに逃げてください!」に怯えながら、静かに暮らしています。(←最近は嘘・デマがバレてきて、みんな元気になってきた感じだにゃ。)
 しかしね~、この種の「叫び」の根底に、「反原発」の「福島壊滅ならば原発全廃にできる!大大大チャンスだ!」っていう心理はないですか?原発全廃の為にはまず「福島壊滅」が必要とばかりに、科学的、医学的、論理的に怪しい説、大げさな数字等が「連呼」「拡散」されていないですか?それが「正義」になっていませんか?
 信夫山ネコは「故郷福島壊滅」を「原発全廃」の手段にされてはたまらんです。もし根拠がない数字や説の拡散によって、旅館の経営者が自殺するとかの悲惨な「風評被害」が出たら、大人しい福島人も終には訴えたりするのかにゃ~?!今はとにかくデマ、風評、誇張、脅し等を除染しながら記録するにゃ。(「リンクフリー」です 対「反原発」、対「放射脳」等での引用ご自由に)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR