武田邦彦師の爆笑「政府転覆計画」 「福島民友」の「甲状腺異常なし」万歳!そして「本当は福島から全員避難しなくてはならないんだ!」は「免罪符」か?

いやいや、ちょっとサボっていた間にもいろいろあったにゃ。世田谷のラジウムとか。あのラジウムは半減期1600年だそうで、例の世田谷の家(と周辺)は、昭和28年から空間線量=30mSV/年が続いたことになるようだが、住んでいた人は長生きしていてよかった。サンプル数が少ないことを無視する「反原発」の思考回路を借りれば、「長期低線量被曝は健康被害はなく、むしろ長生きします」になるにゃ(http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-40.htmlに書いたけど、9月7日に「子どもを放射能から守る~」だの「ドロボウ緑豆」だのが鬼の首取ったように大騒ぎした、「10人の子どもの内、福島から避難しなかった子ども1人だけが、尿からのセシウムが0.78bq/kgが0.87に増えた!」というの覚えていますか?同じ一人の例ですが、0.09bq増えたなんていう誤差範囲内の数字より、こっちの「50年以上30mSV被曝で、90代まで長生き」の方がよっぽどはっきりした数字ですよ)。でも「反原発」によれば、あのラジウムは福島からの放射能で出来た「ホットスポット」をゴマカスために東電社員が置いたもの、だそうだ。「反原発にはバカが多い」って誰か書いてたね。ま、確かに「東電社員が置いてない」という証拠はないね~(セシウム藁)。

長野県松本市の「チェルノブイリ連帯基金」が、信州大学に福島から避難した(10/20追記:信濃毎日新聞は「原発事故から逃れて茅野市に短期滞在していた子ども」と、いかにも避難めかして書いていますが、避難ではなく、サマー・キャンプだったそうです。これはほとんど「誤報招き」にゃ。)子ども130人の甲状腺を検査させ、10人がどうのこうのという件は、「またかよ~」という感じだった。(この件については、実はあんまりバカバカしくて、仔細に読んでなかったので、「追記」が増えました)

これらの「事件」に関連して、☢武田師にはワロた。「発言記録を残そう」だってさ。大丈夫、師の発言記録はあちこちに残っている。自分では一生懸命変更したり、消したようだが、師を将来訴えることは十分可能だろう。

師のブログ http://takedanet.com/2011/10/post_76b1.html は面白かったにゃ。(以下太字=引用)

【福島、東北の方へはじめて呼びかけます】
福島の人も辛いでしょうけれど、自分たちが被害者であることに気がつき、他の日本人を傷つけるのではなく、ともに力を合わせて政府と東電に3月10日以前の生活を取り戻すように言動を統一することを希望します。


だとさ。おいおい、
①「はじめて呼びかけます」って、今まで散々師に呼びかけられて避難した「おかあさんたち」はどうする?
②福島の人って被害者(で武田師が加害者)であることに気が付いてないのか?
③福島の人って他の日本人を傷つけているの?福島の人は傷ついているけど。
④師と「ともに力を合わせて」「言動を統一する」?福島の人に「一関攻撃」させようってのかい?バカ言えにゃ。
⑤「希望します」なんて、下賤の「放射能お笑い」が天皇陛下のマネを軽々しくするでない。不敬である。

私たちが被害者どうして非難し合ったり、除染しないで安全な生活を送ろうとしたり、時には挫折したくなる気のゆるみに対する警告と受け取った方が良いと私は思います。

だってさ。「私たちが被害者どうし(ここ直したよ)で」って、師は「加害者」だよ。デタラメで福島や東北を脅して印税3000万円儲けた人が、どうして被害者なのか?それにこの文章、大学教授が書いたものとは思えないグチャグチャぶりだ。こんな日本語書く教授がいる「中部大学」は大丈夫か?それとも師の放射脳が半減期を迎えたのか。

そして一つ前の http://takedanet.com/2011/10/10_c462.html を見ると

私は「科学者」として、この時点であえて「子供の甲状腺異常は被曝が原因だ」として行動をおこすべきと判断したのです。それは「科学技術がもつ社会への責任」からです。

って言ってる。何行動するのかにゃ~、このページのタイトル=「大きな展開をするべき時」だし、デカイこと考えているな、と思って再び http://takedanet.com/2011/10/post_76b1.html を見たら、

政府は転覆しなければならないでしょうだとさ。

わはは、おっさん、ついにテロリスト(アナキスト?)になっちまった。外山恒一氏か~、クーデターか~。確かに「反原発にはバカが多い」は当たってるにゃ。

この「甲状腺調査事件」は、ここを見ている人は、もう全てわかっている「古いネタ」だと思うけど、あくまで記録しておくにゃ。

相変わらずマスゴミ、共同通信(10/20追記:先にも書いた信濃毎日新聞も同じ)の記事はひどかったにゃ。「甲状腺に変化」と書いてあったが、原発事故の前のデータが無いのに、なぜ「変化」なのか?完全な「誤報」だ。そして「訂正記事」はなし。しかし例によってtogetterでは冷静な「まとめ」が行われていた。最近は「反原発」の「福島脅し」に慣れてきた人が増えて嬉しいにゃ。

http://togetter.com/li/196659

またこれについて書いた10月6日の「福島民友」の記事は、「甲状腺異常なし」という思い切ったものだった。にゃははは、痛快痛快。この記事は共同通信の配信をただ買って載せるのではなく、独自取材だったので、本当に「やるじゃん」という感じがしたにゃ。
「福島民友」万歳!

(10/20追記 ラジオ福島も頑張った! 
http://blog.livedoor.jp/aryu1225/archives/51969918.html) 

ご参考の一部はこちら。最新の動向まであって、ていねいです。

http://d.hatena.ne.jp/hyakubann/20111006
http://icchou20.blog94.fc2.com/?mode=m&no=148
http://ruca-wanko.blogspot.com/2011/10/blog-post_15.html
http://blogs.yahoo.co.jp/kyazmr2exantia/36091636.html

他にもたくさんあるにゃ。6月頃の「四面楚歌」に比べて、最近は福島の味方の人が増えていて嬉しい。みなさん本当に感謝感謝・・・うううっ(嬉し涙)。しびらっこくがんばるべした~。(しかし何で6月だかの調査結果が今頃?いよいよ「反原発」がネタ不足になってきて、今頃出してきた? ←10/20追記:7~8月だったそうで。)

この「福島民友」記事に対しては、もちろん「反原発」の一斉攻撃もあった。単純に「トンデモ記事だ!」とか、「子どもを放射能から守る福島ネットワーク」中手聖一氏の「福島県では医者も報道も教育も、山下氏と福島医大に支配されて、自由にものが言えない」説を受けてかどうか知らんが、「福島県内では、事実と全く反対の情報が流されていてけしからん」とか。「報道機関ならば、危険説も公平に併記するべきだ!」とか言っている輩もいた。共同通信は「危険説」に偏っていたのににゃ~。でももうこの手の「叫び」もマンネリだにゃ。一番笑えたのは「福島民友の不買運動をやろう」と言っていた輩がいて、これが何と他県民。民友って福島県でしか売ってなかったのでは(仙台駅の売店にはある?・・・いや、無かった)。まあ、他県で福島民友の不買運動やってくれにゃ~。

ここには「日本小児内分泌学会」の見解が出ている。これでも「反原発」は「うそだ」「原発からの放射能が原因ではない証拠はない」などと言い張るだろうにゃ。しかしもはや「個人が何を信じるか」という問題なのだから、他人に向かってヒステリックに騒いでも、ほとんど効き目は期待できないよ。他人が「安全説」を信じて、「反原発」から見て近い将来ガンで死ぬ危険性があっても、ほうっておけばいいのではないかにゃ?何も「反原発」に迷惑かけないわけだし。避難して抱きついたりした方が迷惑でしょ。ご親切な「叫び」だけど。

ちなみにこのブログは何度も書いているように、「信夫山ネコ」が福島市に住むことを自分で納得するために書いているだけにゃ。他人に対して「福島から全員逃げないでくださいっ!」と呼びかけた覚えはない。「嘘、デマだらけの反原発に脅されて自殺したら大損、こんなウソツキどもが言う『ガン死率』が正しいわけないよ、サバイバルしましょう」とは呼びかけたけどね。

えっ?最大の原発被害者であるはずの福島県民が、どうして「反原発」に同調しないのか疑問?それはね、福島県民の喫緊の課題は、日本や世界の原発がどうなるかではなく、目の前の住んでいるところの放射能がどうなのか、だからにゃ。県民でも避難した人は別で、いろんな意味で「反原発」に乗ったり乗せられたりしているだろうがにゃ(下記参照)。大体もう福島県では、「原発全廃」は終わっている。非常に危険で問題のあるやり方だったが、第一原発はおシャカ、廃炉以外の何物でもない。第二原発は日本で最も「再稼働」が困難な原発だ。だから福島県では「原発全廃」はもう済んでいる。「原発全廃」なんて、今や「福島県以外の日本と世界」の課題にゃ。東京に6万人でも1000万人でも集めて騒いでにゃ。ちなみに信夫山ネコは嘘、デマで散々福島を脅した「反原発」どもには、絶対に同調しません。昔はそうじゃなかったのににゃ~。残念でした~。
(参照はこのあたり:http://leika7kgb.blog114.fc2.com/blog-entry-350.html#more http://2011yomemucyu.blog.so-net.ne.jp/2011-10-04 京大助教今中哲二氏の発言はうれしいにゃ)

そう、本当に不思議にゃ。なぜ「反原発」は(福島の)他人に向かって「福島から全員逃げなくてはいけない!」と叫ぶのか?よっぽど他人を思いやっているのか、親切なのか?その割には「自分の家に来なさい、食べ物もあげるし、仕事も見つけてあげますよ」なんて人いないにゃ。ま、恐らくもしバズビー師あたりが福島県の「放射線アドバイザー」になり、「福島県民は全員避難します。これは国家的災害ですし、県の財政ではとうてい足りませんから、国費で実行します」と宣言したとたん、あちこちの「他県」から、「我々が払っている国税を使って避難するのはやめてもらおう」とか、「もし避難して、将来避難する必要がなかったことが判ったら、かかった費用は全額返済しろ」、「うちには来ないでほしい、放射性物質が荷物や体についたまま、持ち込まれる危険性がある」などと言われ始め、突然「日本国の世論」は「福島県民の避難に断固反対」となるだろう。自分らの払った税金が使われるとなったら、バズビー師の「根拠が怪しい説」なんかボコボコにゃ。何しろ「牛肉」「米」「野菜」どころか、「花火」や「橋げた」まで嫌われるわけですから(しかしこれってよく考えると、①「反原発」が脅しまくった結果、花火、橋げたまで嫌われて福島県民の避難は困難になる。②しかし「反原発」は福島県民に「全員避難しろ!」と言う。結局福島県民を崖っぷちに追い込んでいるのだな、奴らは)。そして「福島差別」は潜在化、逆にますます深刻になっていくだろう。「見えない差別」にゃ。でもこれって、もし福島県以外で原発事故が起こっても「反原発」の脅し、煽りがある限りは同じだから、よく理解できますよ、「他県」の人の心理。仕方がないにゃ。

このブログではこれまで、「反原発」の「福島から全員逃げなきゃいけない!」という叫びは、「反原発カルト」の崇高な目的=「原発全廃」へ近づくための「福島市ゴーストタウン化作戦」である、と書いてきた。つまり「反原発」には、人口およそ30万の福島市、郡山市に人がいなくなれば、いくら何でも日本政府も「原発全廃」するだろう、という期待があり、それで彼らは福島潰しの「正義の戦い」を進めている、と解釈してきた。確かにこれまでずっと日本で「反原発運動」を続けてきた「プロ市民」たち、新左翼、さらに今回ヨーロッパから押し寄せたグリーンピース、クリラッド、アクロ、ECRR=バズビー師のような「反原発外人部隊」にとっては、これは「大チャンス」だ。「反原発外人部隊」は、より現実的とも言えるドイツ「緑の党」のような(母国での)政治権力掌握、強化も、視野に入れているのかもしれない。日本の過激派はどうだか知らんが。

しかし現在ネットに溢れる「福島から全員避難しなければいけないんだ!」には、それだけとも思えない広がりがある。もちろん中には全く福島に関係ない、「ただのおもしろがり」「いじめ好き」も多いだろうし、武田師のような「脅して金儲け」もあるだろう
(そうそう、バズビー・サプリって結局何だったのだろうか?イタズラ?師本人は否定してないから、やはり金儲けか。
10/26追記:バズビー・サプリを売っている「福島の子どものためのクリス・バズビー基金」の設立と、プルトニウムだかに効くサプリの話は、バズビー師自身がしているので、関係大アリ。
http://matome.naver.jp/odai/2131715965328992001
現在この「基金」が野尻美保子氏、中川恵一氏ら「反原発」じゃない冷静な学者たちと所属大学を訴訟すると息巻いている。
裁判・御用学者発言撤回訴訟
こんな訴訟が成り立つなら、☢武田師は残りの人生のほとんどが、裁判所通いになるだろう。いよいよ末期症状かと思うが、ネコとしてはこの「どこかで見た」日本人的発想にご注意にゃ(この件について気が付いたこと、そのうち書きます)。

それから広瀬師は妹が経営する味噌屋の味噌が、放射能に効くと言っていると聞いた
10/26追記:http://takehana.cocolog-nifty.com/blog/2011/06/post-704d.html 動画の1時間45分あたり。「妹が荻窪で店を経営。生味噌と酵素飲料が効くと言っている。スライドで電話番号を出すという厚顔無恥ぶり」)。
「政府・行政の言うことは信じない、何でも反対」、「反体制」の英雄が格好いいから、「反原発」に乗るという輩もいるし、単純な「放射能怖い怖い病」が乗せられている場合もあるだろう。またこれらを複数兼ねているのもいる。しかしその他にもありそうだ。そこで今回も「反原発」のやり方を借りて、危険の可能性を最大に見積もって、推測してみた。

もう数ヶ月前になるが、ある興味深いウワサを聞いた。福島大学の「行政政策学類」の准教授が、4月末に福島から放射能が怖くて「逃げた」そうだ。突然断りなく大学に来なくなったという。仕方ないので授業は同僚の先生でカバーした。とても大変だったそうだ。しかもその消えた先生というのが、あの「山下氏解任!」を歯切れ悪く叫んだ団体の中心の一人で、「反原発」のカリスマ小出師に質問し、アドバイスをもらったりして、積極的に動いていた人だという(福島大学の前期「シラバス」を丹念に見ると、ある先生の講義で、確かに4月末のガイダンス以外、全て他の先生が代行した記録がある)。

突然職場放棄すると、迷惑するのは学生と後に残された同僚の先生たちで、この場合も先生たちは「激怒り」だったそうだ。普通なら「職場や学生に大変迷惑かけてしまった・・・」と思うもので、実際そんなことを予想するから、まともな社会人は簡単には「避難してくださいっ!」に応じるわけにはいかないしかしこの罪悪感を「帳消し」にする「免罪符」がある。

それは、「本当は福島は放射能が高くて人が住むところではない。福島から(自分だけでなく)全員が避難しなければならないんだっ!」と叫ぶ(またはつぶやく?)ことである。

この先生がその後福島大学に戻ってきたのかどうかは知らないが、周囲に対して「自己正当化」し、罪悪感を消すためには、一生この「魔法のことば(ポポポポーンじゃないよ)」を叫び続けるしかないと思われる。

他にも似たようなケースがあった。7月に福島西高校の国語の教諭が、授業中に「放射能危険説」を生徒にさんざん説き、結局教頭先生に注意されて自ら辞めた。残された福島西高校の先生たちは、突然1学期で辞めて北海道に行ったこの教諭のカバーをしなければならなくなり、大迷惑の激怒りだそうだ。しかし「東京新聞」(まただよ、このクズ新聞)、ブルームバーグ、FRIDAY(あの講談社です)などによると、この教諭は放射能についての「真実」を語ったのに、教頭や校長、教育委員会が言論の封殺をしたという「反原発の英雄」扱いだ。この教諭の話、先に書いた中手氏の「山下氏、福島医大が言論統制」説にも出ていたにゃ。

福島のある先生から聞いた話では、そもそもこの教諭、昔から「いろいろ」有名だったそうです。前任の伊達市の高校時代には、結構休みが多かったらしい(不良生徒にビビッて学校に来れなくなったとか、このブログに「コメント」ありました)。また辞める少し前の「国語科研究会」だかの会議では、この教諭が突然数十分間も「反原発」だか「放射能危険説」だかの大演説を始め、まわりは「目が点」、大迷惑だったそうだ。それを聞いた人は、「大方授業でも国語はやらないで、こんな調子だったのだろう」と思ったそうです。学校の授業では「学習指導要領」にないことやって、それが度がはずれていたらルール違反、生徒も迷惑する。教頭、校長らが注意するのは当たり前で、それを「言論の封殺」とはね・・・さすがクズ新聞、マスゴミだにゃ。一方的に悪者にされた教頭、校長、教育委員会もかわいそうだ。そしてこの教諭が辞めた後、残された同僚の先生や生徒が大変迷惑したわけだが、この場合も便利な「免罪符」が使える。

それは、「本当は福島は放射能が高くて人が住むところではない。福島から(自分だけでなく)全員が避難しなければならないんだっ!」と叫ぶことであり、この場合マスゴミがこの教諭は「反原発」「正義」の英雄で、福島県教育委員会、校長、教頭は悪者として報じてくれたから「おつり」までついた。めでたしめでたし。

この教諭は相変わらずツイッターで「福島はもう汚染されて人が住めない!」を繰り返しているようだけど、望み通り(元教え子?とも言われる若い奥方と←いやいや、TVに出ていたが、ちーとも若くなかったのでコレはガセネタだろう)放射能のない新天地に行けたのだから、そこで幸せに暮らせばいいはず。何も今さら福島に残った人や元同僚、生徒にまで、「お前はもう死んでいる!」と繰り返し叫ぶ必要はないのでは・・・?やはり「免罪符」にゃ?

福島の人間ではないが、木下黄太という「反原発ジャーナリスト」も同じ経緯を辿っている。彼はそもそも民放テレビの報道番組デスクだったのが、事故の後、原発周辺の取材を命じられたのに、突然職場放棄して四国だかに逃げたそうだ。そしてその後はご存知の通り。「免罪符」=「福島どころか関東も危険だ!放射能で鼻血だ~」と叫んで、「反原発ジャーナリスト」の英雄になりましたとさ。これもおめでたし。

震災後早々と家族と岡山に逃げた「子どもを放射能から守る福島ネットワーク」の中手氏もそうだけど、結局「反原発」で「本当は福島はもう人が住むところじゃない!全員逃げなきゃならないんだ!」って「叫ぶ」人って、福島から逃げた人、逃げるところのある人が多い・・・?福島に残された人たちに対する罪悪感を打ち消す「免罪符」、「魔法のことば」?

こっちはそういう恵まれた立場の方の「免罪」のために、繰り返し脅されている身だ。いや、これでも福島市民、郡山市民等はまだましかもしれない。連中は第一原発で毎日闘っている人たちにまで、「お前はもう死んでいる!」と言っていることになる。(ハッピーさんのツイッター見てます。ありがとうございます。)

今回もあくまで「山下=殺人者だ!」みたいな「反原発」の思考回路で、「危険度を最大に見積もって」推測してみました。あくまで推測ですが、上記が「事実ではないという証拠」はありません。笑って健康にゃ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

お二人様、御意です。ありがとうございます。

No title

更新、ご苦労様です。

世田谷の高放射線騒動・・・
青太さんは、喜んで飛びついてましたよ(爆)
それがラジウムで、さぞ がっかりしたんでしょうね。
彼は、最近 追い詰められてるのか、やや病んでる感じです。
誰にむけてるのか?ポエムなんて書いちゃってます。

武田氏は失礼な発言してますね・・・
この人は、その発言をしたこそさえ忘れるんだろうけど、
こちらとしては、忘れることできませんね。

ちょっと前に早川氏についてコメントされてる方がいましたが、
↓のような発言をしてるんですよ。
「福島のコメ農家はサリン作ったオウム信者と同じだ」
「福島の農家は補償金目当てでコメを作っている」
「福島の人は子どもよりも土地を大事にしている」
ま、武田氏と ほぼ同レベルですかね?

しかし、福島民友やりますね!
うちは民報びいきなんですが、変えようかな?
最近?長野の菅谷市長の講演会の動画を見ましたが、
どうも、歯切れが悪いと言うか・・・
私的には、高田純教授の方が好きですね。

 

今回のエントリー雑感

久々の更新ですね。
お疲れ様です。


>あのラジウムは福島からの放射能で出来た「ホットスポット」を
>ゴマカスために東電社員が置いたもの、

陰謀論ですかw

でも、陰謀論を唱えるなら左巻きの赤い方々のほうにだって
動機がありますよね。

反原発運動をやるのに都合がよく、不安をあおれるわけだし。

ただこれが、
仮に誰かが仕組んだこととして、

ばれた時のダメージまで考えれば、
反原発プロ市民がやるのと東電社員がやるのでは全く違ってきます。

反原発プロ市民がやった場合はローリスクハイリターン
(実行犯つかまえたところで「知りませんでした」でおしまいになる
 可能性が高い。明らかに放射能値が高く健康に害があるかも
 しれないのを認識しながら撒いたとか、自供しなきゃそれで終了。)

東電社員がやった場合はハイリスクローリターン
(それこそマスコミが狂ったように騒ぎ立て、自殺者が出るまで袋叩きでしょうね)


むしろマスゴミや民主党なんかがやりそうにおもえますね。

 今だったらちょっと放射能が出ただけでその日のニュースが
それ一色になってしまいます。

 外国人参政権とか、人権擁護法案とか
まっとうな国民に知られるとまずい話がある時は
その辺にヨウ素131でもまいておけばニュースになっちゃうんだから。

マスコミだって自分に都合の悪いニュースを隠すのに便利ですしね。
(フジテレビデモ、花王デモは一切報道されてませんし)

と、このように陰謀論はどこまで行ってもばかばかしい限りです。


>「私たちが被害者どうして」

パソコンでうってるならありえないミスタイプですね。
携帯でうってるんでしょうか?
老眼で濁点が確認できなかったとか。

>昔から「いろいろ」有名だったそうです。
>前任の伊達市の高校時代には、結構休みが多かったらしい。

 おおかた日○組の活動にどっぷりはまっていて、
何かデモとか集会とかある度に休んでたんじゃないですかね?
たまにお見かけしますよ、そういう先生。

>「福島県では医者も報道も教育も、山下氏と福島医大に支配されて、>自由にものが言えない」

そんなことはありませんよ。w
一般人は医学部なんて言うと
いまだに白い巨塔のイメージでしょうかw

そりゃあ医師の中にも危険だ危険だいう人はいますけど、
正直なところ、そういう方は「危うい」方が多いように見受けられます。


また、福島県の医師が○○人離職なんて報道もありましたけど
多くは浜通りの病院から医大や中通りや会津への転勤だと思います。

県外に行かれた医師も確かにいますが、
私の知ってる範囲では
「もともと職場と折り合いが悪く、放射線を口実に新天地へ」
「自分は残りたいと思っても嫁さんが放射能ヒステリーでやむなく」

という感じが多いように思われます。


それはさておき、武田先生w
とりあえずご自身の言動を統一されることから始めたほうが
いいと思いますけどね。

数年前には放射線はちょっと浴びたほうが健康にいいと言っていたし、

1mSvを超える放射線は危険と騒ぎ立てるけど
2000mSvと同等の発がんリスクのあるタバコは肯定してるし。

No title

更新お疲れ様です!

自分が良く見てる掲示板でも、「一人でも多く避難させるために危険情報を発信していく!」と並々ならぬ決意で投稿していた人は、九月いっぱいで関西へ避難する事を決めていた人でした。
地元旧家の方らしく、さぞかし周囲やご親戚からの非難もあったんだろうと察する部分も無いではないですが。
やはり「後ろめたさ」に対する自己弁護のため、という側面はありそうですね。

ましてや、事故直後にとるものもとりあえず、というか周囲の迷惑とか社会的責任とかも投げ捨ててなりふり構わず避難した方であれば、そういった動機はより強いだろうなと思います。

やみくもに避難を強要する人にはそれ以外に、「未成年」が案外多く含まれてるんじゃないかと個人的には思ってます。
主義主張が動機にしてはあまりにも必死すぎ、既に避難してるにしては切迫してる・・・・・
そんな意見は、「怖くて避難したくて仕方がないんだけど、自分の意思ではどうにもならない・・・・いっそ福島が全員退去になってくれさえすれば」というように見えるんですよね。

某准教授の話

本文中に登場した福島大学某准教授のご夫人は、「ハイロアクション福島原発40年」の委員長をされているようですね。現在福岡県に避難中とか。
ひょっとしたら山口県のご出身という准教授ご本人も現在そちら方面にいらっしゃるのかもしれませんが、ひとつ気になることがあります。
それは、福島大学の教官って確か45歳前後になると准教授から教授へと自動的に昇任するんじゃなかったっけ? ということ。准教授氏はそろそろこの年代に差し掛かっていたはずです。
講義をほったらかしにして逃げたとの噂が立ってしまった人物がスンナリ教授へと昇任できるのかどうか? 福島大学の今後の対応に要注目です。

No title

福島の医師さんへ

>昔から「いろいろ」有名だったそうです。
>前任の伊達市の高校時代には、結構休みが多かったらしい。

今や「反原発」の「英雄」になって、ツイッターでもガンダム(?)だから、組合の「闘士」にも見えるけど、全然違ったです。「有名」はもっと個人的なことが原因ですね、多分。

伊達市の高校では、不良生徒にビビって学校に来なくなった、って話聞きました。

この、西高にいたという先生を、Twitterで木下黄色太がフォローしてました(笑)
変わり者だし、同じ匂いを感じたんだろう。

No title

@福島の医師さま
いつも楽しいコメント拝見しております。この間twitterで頓珍漢な医者と会話したのですが、東京の医者の中にも、何人か被曝症状をみとめる人たちがいるようですね。。。その人は鼻血や咳を被曝症状と見て、疎開を進めていました。。。。あわわという感じです。そんな簡単に判断したら、重病の場合のサインも見逃すんじゃないかと。私も身内が医者ですが、そういう医者はバカにしておりますねえ。。。。そういう医者が少ないことを願うのですが、どうなんでしょうか?何かしらのイデオロギーを持った人たちに思いますけど。

No title

>くみあい飼料さん

そうなんですか。休んで活動にいそしまれてるのかと思いましたが
それ以外でよく休むというと、
ややメンタルに不調があるのかもしれませんね。
いろんな意味でほっといたほうがよさそうです。

>Yさん

医者といってもピンキリですからね。
ツイッター上だとほんとに医者かどうかも分かんないですし。

常識的に考えれば、
くそ暑い中に空調もつけずに長袖着て閉じこもってりゃ、
のぼせて鼻血もでるわいと思いますし、
放射線を気にして野菜不足になれば、
ビタミンC欠乏症になる可能性があります。

(以下、ビタミンC欠乏症の症状)
・壊血病(血管の結合が緩み出血しやすくなる)
・歯茎からの出血
・切り傷の治りが悪くなる
・骨がもろくなる
・免疫力の低下
・肌のはりが失われる

 この辺をよく検討していただいたほうがいいんじゃないかと思います。
 放射線のせいにする前に。

ただ、「放射線の影響だ」といった医師が
どのような状況で言ったのかということもちょっと気になります。

世の中にはいくら「病気ではない」と説明しても
「自分は病気かもしれない、病気に違いない」と訴える、
心気症とか心気妄想といった症状をお持ちの方がおられますしね。
最近の「放射脳」の方々はそれと似たものを感じます。

 診療の中で気休めに「関係あるかも」といったのならまだしも、
自分の意見として鼻血や咳が低線量放射線の影響と考えているなら、
その医師は相当「危うい」ですね。

>何かしらのイデオロギーを持った人たちに思いますけど。

まあ、医師に限らず「放射脳」の方々は
9割方左に傾いてる気がしますけど。(個人的見解ですが)

あと病院自体がっていうのもあったりしますね。
わ○り地区の某病院は共○党系だったと思います。
(なんか伏字の意味ない気がするけどいいやw)

〈閑話休題〉

少なくとも自分の知る範囲において、
「放射脳」的な思考をしている医師はごく少数だと思います。

上の記事で
>「福島県では医者も報道も教育も、山下氏と福島医大に支配されて、
>自由にものが言えない」

というのがありますが、
実態は「放射脳」に食って掛かられると非常にうざいし、
時間の無駄なので黙っているというのが
正解に近いんじゃないですかね。

今日も今日とてマスコミは放射線の話題が絶えませんが、
核実験をバンバンやっていた1960年代のデータで
セシウム137の体内量が500ベクレル超えてた時期が
あったりするのを見ていると何をいまさらという気がしますね。

(ソースは内山正史:「ホールボディカウンティングと
 日本人の放射性セシウムによる内部被曝線量」 
 放射線科学Vol34.No6.P169-P170,1991)

以下、既出かもしれませんが資料

http://www.jgnn.net/ls/2011/04/90137.html
http://bit.ly/lNxndF
http://j.mp/mxAZJh

連投失礼します。

武田先生ってば
文章に今日は何やら焦りみたいなのがにじんでますね。
そろそろ自分のいかがわしさが世間に広まりつつあるせいでしょうか?

論理といいつつ、相変わらず論理破綻しておるようで。


>日本だけが1年1ミリ以上にしても国際的な合意を得られないので、
ICRPの基準は国際的合意だと思いますけど

>なぜ意見を変えたかを述べるべきである。
オマエモナー

>公務員は正直で誠実であって欲しい。
こっそり訂正したりするのは誰だったかな。

>NHKは絶対に番組内容を保存し、
>常に視聴者が見ることができるようにすること。
自分のブログも訂正前のを保存すべきですね。
たぶん武田先生は魚拓なんてご存じないんでしょうけど。

>10年後、20年後まで自分の発言を保存し、
>病気がでたら自ら申し出て、
>その子供の生涯を償わなければならない。
>人の人生を人が取り返すことはできない。
先生が煽るせいで離婚してる夫婦が結構いる模様ですが、
その責任は当然とられるおつもりのようですね。

そして極めつけはこれ

>信頼できる政府、信用できる人というのは
>「何か不都合なことが起こっても言うことは変わらない」
>ということでしょう。
>そして人間は相手を信用できなければ安心できません。

何か狙ってやってるとしか思えませんw

もしこれが本気でそう思っているなら
投影同一視という精神病理があるとしか思えませんね。

以前認知症ではといいましたが撤回します。
精神病質の類です。

共産党嫌いの中手氏は過激派

中手聖一氏は、「福島県では医者も報道も教育も、山下氏と福島医大に支配されて、自由にものが言えない」 説http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/archives/65760845.html
の後半で、「福島県内で広島の被ばく者の支援をやっていた1番頼りにしていた先生。実は私の主治医でもあったんですが。1番最初に寝返ってしまいました。えー、彼は医療生協という、言ってみれば、共産党系の病院で働いていて」なんて、わざわざ共産党を名指しで批判してますが(これ、「わたり病院」ですね)、これなんてまさに、「反代々木=新左翼=過激派」の典型的なパターンなわけで・・・(詳しくはhttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E5%B7%A6%E7%BF%BC_(%E6%97%A5%E6%9C%AC)。
要するに中手氏は、自ら過激派と名乗っているようなものです。ネコさんのhttp://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-35.html
に保存された
http://blog-imgs-46.fc2.com/s/h/i/shinobuyamaneko/kakumeiteki.jpg
の「革命的共産主義者同盟」なんて、50年代に共産党から分かれた過激派の元祖らしいし。

武田みたいな「バカ発見器」と、中手氏の「極左暴力集団」に脅されて避難した「おかあさん」たち、何だかな~。

前のやつリンク訂正

ウィキの新左翼(日本)=
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E5%B7%A6%E7%BF%BC_(%E6%97%A5%E6%9C%AC)
です。過激派は共産党嫌いの「反代々木」だったり、革命的共産主義者同盟が過激派の老舗なこと、よくわかります。
としたのですが、何かうまくいきませんね。
興味ある人はここ(各国の新左翼)から「新左翼(日本)」に行ってみてください。

こんばんわ

福島市を離れて四半世紀の福島市出身者です。

武田邦彦師が10/17のNHKあさイチの放送内容(郡山の一家の1週間の食事からセシウムが検出されなかった)に噛み付いています。
今までさんざん「福島産は避けろ」といってたから、この結果に狼狽しているのでは?
というか、まったく論理的な文章になっていません^^
さすがにご自身がお得意の「捏造」とは書いておらず「意図的」といっていますが、どの口がいっているんだか。

別件ですが「世田谷の高線量率と福島の新米(緊急)」も、福島米の「安全宣言」の日にわざわざブログを出す陰湿さ。
もっともバカだから2つのテーマをひとつの文章にして、世田谷の件を憶測で書いていたもんだから、書いた内容がウソ→こっそり訂正で効果半減。さぞかしくやしかったでしょう。

想像力の欠如

はじめまして
東京都内に住む一般人です。
近所のスーパーに「福島産ナシ」が出回り、おいしくいただいています。
ただ、今が旬なので安いのか、買い叩かれて安いのか(これだったらとても悲しい)。きっと前者ですよね!

最近思うに、個人のブログなど見ていると、遠隔地に住む人ほどおびえ方が観念的になってるように思います。
自分を含め、たいていの人は自分の住む地域外の事は、驚くほど無知です。子供の頃は関西に住んでいましたが、あちらでは修学旅行などで広島か長崎をコースに入れるのが定番でした。学校教育の一環として極めてまっとうだった、と思います。
その土地の空気を肌で感じると親近感も湧くし、(面と向かうととても言えないような)失礼な事は言えないんじゃないかと思います。想像力の欠如?

よしさん

梨、召し上がってくださってありがとう。

値段のことはわからないのですが、知りあいと「今年の果物はどれも甘すぎてやばい」みたいな話をしています。

美味しいと言ってくれて、嬉しいです。

No title

@福島の医師さま
皆さま方

ためになるコメントありがとうございます。
なんか煽りの方武田君たち大変ですね。
私の尊敬する高田先生がビデオを作って100万回再生目指していますので、よろしくお願いいたします。
http://www.youtube.com/watch?v=0t8f4_exRtw&feature=youtube_gdata

応援します

ネットは特定のページしか見ていないので、このページを知ることが遅れました。
同じ意見の人がいて素直に嬉しいです。

僕は、仕事上、放射線の対応をしている者です。
(東電や政府の人間ではありません)
住んでいる場所は、福島県に隣接する栃木県の街に住んでいます。
毎日、とんでもないデマをまるで宗教のように信じきっている人たちの対応をしています。
この現象を作ったマスコミと評論家にまず損害賠償したいくらいです。

そして、間もなく閣議決定されるであろう何の根拠もない年間1ミリシーベルト(毎時0.23マイクロシーベルト)以上の地域を除染対象区域として、国が費用を負担するというとんでもない税金の無駄遣いをなんとか止められないものかと考えています。
この数字だと東日本のかなりの面積で対策をとる必要があります。
1兆円の融資を国に求めている東電にこれを請求するというのも無理な話。
結局は私たちが負担することになります。
こんなことより、早く、しっかりと国に安全宣言をしてもらいたい。
以前よりもっと素敵な「福島」になって欲しい。
微力ですが、応援させてください。
また、後日お邪魔させていただきます。

No title

パニック公害の実例↓です。

http://togetter.com/li/204080

困ったもんです・・・。

No title

上のリンク先を覗いてみれば青プリンの大噴火だったとは。。。

No title

更新お疲れ様です。
先日郡山市で行われた山本太郎氏のデモ。私の予想より人が集まりませんでした。この点を見るだけでも、反原発の人達は私利私欲というか自分たちの都合で活動しているんだな、と感じました。
ツイッター上では、反原発で有名(というよりデマ野郎で有名)な人物の正体が、測定機器の販売業者&講習会講師(http://togetter.com/li/203344)なのではないか?
という話が出てきました。もしこれが本当なら、意図的に不安を煽った中で講習会を開き、機器を売りつけていたのでは?という疑いが出てきます。
このように、エセ反原発(真面目な反原発を除く)は徐々にメッキが剥がれてきていて、武田氏等の矛盾に気がつく人も増えてきているように感じます。
とはいえ、まだまだメディアは危険側に傾いていて、武田氏のような人にコメントをもらいにいったりしています。ですが、RFCや福島民友のような立派なメディアもあります。
もう原発事故から七ヶ月以上経ちました。いつまでも危険記事で人々の関心を集めるような事はしないで、メディアの職責を真っ当してもらいたいと思います。
そんなトバし記事にいつまでも引っかかるほど、福島の人は愚かじゃないぞ!
と声を大にしていいたい気分です。

連投スイマセン

×真っ当
○全う
でした…。失礼しました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ありがとうございます

福島市の方が高いです。だからもっと別の、個別の生活上の事情なんかがあるのだと思います。仕事、学校とか。確かに引越しも大変ですね。また避難区域になったのは、最初は単純に「距離」に基づいたからです。具体的な放射線量ではなく。まさにおっしゃるとおりです。今でははっきり、「距離」より個別地区の「高い・低い」で対処するべきに見えます。福島市内の除染も進めて欲しいですね。「ネコの手も借りたい」状態になったら、やらなくては。またニュースが「除染が進まないと戻れない」と伝えているのは、本当かどうかわからないです。報道は鵜呑みにしないことにしました。彼らはあらかじめ自分らで作り上げたストーリーに入らない個別の事情は、切り捨てるようです。

「個別個別」と書いてしまいましたが、この放射能災害は、「個別」でいろいろ違うなあ、という感じがしています。個別集落単位とか、隣同士でも違うかも。もちろん個人でも。それを漠然と「福島」と言ってしまうのは、大雑把すぎますね。このブログでは「福島」と書いた場合は、「福島市」を指すことが多いのですが、時には福島市~郡山市程度の範囲だったりしますし、福島県全体だったりもします。そして福島市内でも、地区でいろいろ異なりますし。何しろ「福島第一原発」なんて、他県であれば「大熊双葉原発」になっていたかもしれませんから、「福島」という名前は宿命的ですね。

「賠償」はどうなるのか、今はさっぱり見当つきませんね。そもそも「自主避難」の定義もよくわからないし。下手すると東京から外国に逃げた人まで、「自主避難」だから賠償しろ、なんて言い出してもめたりして。

何かお答えできたのかどうか?ですが、「一般に猫の行動範囲は半径数100メートル程度」と聞いたことがあるので、なるべく自分の「なわばり」から発想したいと思っています。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ありがとうございます

御意です。ありがとうございます。そしてフランスの現状、「なるほど」です。確かに彼らにとっては、「福島=日本全体」で必要十分ですね。かの国の体制側にとっても、ライバル蹴落としの「チャンス」なわけです。

信夫山ネコはこれまでキチンと区別して書いてはいないのですが、「カルト」こそが良くないのだ、と思っています。もちろん原発は「ある」より「無い」方が安心です。しかしそれと「脅し」「煽り」は全く別です。「カルト」の「白黒二律背反的世界観」では、彼らに同調しない者は全て、「原発推進派」「御用」です。このカルト的単純思考が知性をマヒさせ、かつてあちこちでファシズムを招いた原動力になったと思っています。そして最後は、「連合赤軍」のような自滅では(ドイツ緑の党は、「ドイツ赤軍」の流れを汲むようですね)。本当は「反原発もいろいろ」で、「グレー」な人こそが多数、主流でしょう。しかしこのブログは、本来発信が苦手な福島人(ネコ)が「デマ攻撃」に対する防御を固め、コンパクトな「カウンター攻撃」をするために、ターゲットを区別せずに「反原発」と呼んでいます。この名称、必ずしも正しいとは思っていません。

日本の「カルト」は欧州「カルト」と組んで、国際人になったつもりでしょうね。そしてこれまた「チャンス」だと思って、田舎の福島だけの「壊滅」イメージを海外で広げているつもり。しかし「試合巧者」の欧州「カルト」から見たら、自分たちの母国での基盤強化をする「チャンス」なだけですから、「福島も東京も、日本全体も同じく汚染されている!」で何も問題ない。むしろ地理なんか知らない庶民に対しては、その方が「拡散」しやすいし、インパクトもあるので効果的ですね。

その内に国内で「福島差別」なんて細かいことやっている連中が、フランスへ行くと「日本人全員差別」にあって、「放射能がうつるから帰れ!」なんて言われて呆然・・・「俺は福島じゃなく東京だ!」なんて言っても通用しない・・・これは福島人としては笑っていいのか?う~む。

本当に日本人が一致してこの災害に当たらないとマズイですが、政府も「イメージ戦略」とか「発信」は一番ダメそうだし、常に「足引っ張り」はいるし、そんな日は来るのでしょうか。

ネット・ジャンキー賛江

「ハイロアクション福島原発40年」委員長の「宇野朗子(さえこ)」さん(39)、福島医大看護学部卒。去年11月に同団体を設立。しかし元々他にもいろんな団体に所属している、バリバリの「活動家」ですね。確かに事故後すぐに避難して、今は福岡に「移住」と言っています。

広島、山口、福岡、あるいは韓国、台湾でまで「福島は汚れてます」を広めていますね~。「子どもを連れて避難した福島のおかあさん」として、向こうの地方紙等は英雄扱いです。

http://nanashiotoko.blog75.fc2.com/?mode=m&no=729 (広島)
ここではいろんな団体に属しているのに、「昨年まで運動と無縁」がつっこまれていて面白い。あの人たちって、やはり自分が「プロ市民」、「活動家」であることに後ろめたさを感じているのでしょうか。

http://d.hatena.ne.jp/aresan/20110419/1303227231 (山口)
http://d.hatena.ne.jp/aresan/20110804/1312449748 (福岡)
http://blog.livedoor.jp/headline2ch/archives/52202259.html (韓国)
http://2011shinsai.info/node/161 (台湾)

これじゃ福岡で「福島産品ショップ」が開店できるわけありませんな。この人の場合は「免罪符」というより、「水を得た魚」ってところかも。元々福島の人じゃなくて向こうの人、もはや避難でなく「移住」にもなったわけだから、後ろめたさなんて微塵もなさそうですね。

続き

あと「シラバス」氏が正しいとして、
http://techpr.cocolog-nifty.com/nakamura/2011/05/japanvtr2011052.html
http://itacim.blogspot.com/2011/07/nukepressrels.html
を見ると某准教授は5月18日(取材日)、もしかすると7月19日にも福島市内にいたようですが、授業はしていなかったことになりますね(7月19日は授業の日です)。これじゃみんな「激怒り」でしょう。

みなさんへ

みなさん、貴重な情報、応援本当にありがとうございます。
あわてずあせらず、ゆっくりと長~く続けていきます。

No title

まーたドイツの番組が紹介されて一部で盛り上がってるみたいですねえ。

昔はVWに乗ってたし、緻密なドイツの工業製品て好きだし、生真面目だけどビール飲むと壊れる国民性(?)とか好感持ってたんだけど・・・・。
ドイツメディアに対しては思いっきり不信感です・・・・。

No title

>こうたさん

ドイツは昔の戦友ですから
ヨーロッパの国の中では比較的日本に好意的ですが、

「ドイツの工業製品は世界一いぃぃぃ」のはずなのに、
日本製品にシェア食われてると思っているらしく、
今回の放射能の件で
ここぞとばかりに日本製品の危険性を吹聴したとかしないとか、
という与太話がありますw


またマスコミがマス『ゴミ』なのは
世界共通だとか。

No title

>福島の医師さん

生真面目故に、やみくもに白黒はっきりつけさせたがる気性とか、案外付和雷同だったり(日本は世間の目、ドイツは規則や書類)と、気質的に共通項が多い上に地理的に離れてて利害関係が少ないのが案外相思相愛というか、相互に憧れに近い淡い親近感を持ちえる関係なのかもなぁ、とか思ってます。
市場の競争について、相手を「こきおろす」という必要性も必然性もお互い無い、と思いたい、ですね(笑)

>またマスコミがマス『ゴミ』なのは
世界共通だとか。

確かに、そういう意見もありつつ、そう言う人たちが「マス『ゴミ』批判」には無批判に尻尾ふっちゃう日本のネット上の意見に違和感感じてしまったりしてます。
ドイツの事情は知る由もなしですが。


真剣に対象を追っかけてる人にとっては、偏ってるにしろ信じる情報、信じない情報というのは明確ですけど、世間的には「マスゴミ」の流す情報や、ネットで流された情報のイメージってのが、「定説」になってしまう様です。
未だに「放射能で鼻血」「カリフォルニアやハワイでもウラン」はイメージとして定着してしまっています・・・・。


地理的に遠いだけに、日本の現状を知るのが難しいドイツで、あの手の番組の内容が日本の現状を印象付けてしまうような事が無いように、と真剣に思います・・・・。

プロフィール

shinobuyamaneko

Author:shinobuyamaneko
 福島県福島市の信夫山に住むネコです。
 原発事故以後ネット上には「もう福島市は放射能高くてダメ!逃げてください!」「福島はチェルノブイリ以上!」「子供を見殺しにしないで!」等の「反原発の叫び」が溢れてます。ネコはどこにも逃げられないから、もうノイローゼ気味。こういう「叫び」「脅し」の効果もあって福島に来る人は激減。街は沈み、市民は「すぐに逃げてください!」に怯えながら、静かに暮らしています。(←最近は嘘・デマがバレてきて、みんな元気になってきた感じだにゃ。)
 しかしね~、この種の「叫び」の根底に、「反原発」の「福島壊滅ならば原発全廃にできる!大大大チャンスだ!」っていう心理はないですか?原発全廃の為にはまず「福島壊滅」が必要とばかりに、科学的、医学的、論理的に怪しい説、大げさな数字等が「連呼」「拡散」されていないですか?それが「正義」になっていませんか?
 信夫山ネコは「故郷福島壊滅」を「原発全廃」の手段にされてはたまらんです。もし根拠がない数字や説の拡散によって、旅館の経営者が自殺するとかの悲惨な「風評被害」が出たら、大人しい福島人も終には訴えたりするのかにゃ~?!今はとにかくデマ、風評、誇張、脅し等を除染しながら記録するにゃ。(「リンクフリー」です 対「反原発」、対「放射脳」等での引用ご自由に)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR