お盆中「原発20km圏内で動物保護をしていた女性が白血病で死亡」という「反原発」からのデマ もうやめてくなんしょ

お盆休みの最中の8月14日、「(原発)20キロ圏内に入って(猫の)保護活動をされてた知り合いの方が急性白血病で亡くなられてしまいました。本当に悲しいです。突然すぎて…。ご冥福をお祈りいたします。」という悪質なデマがネット上に流れた。事実は「その人は確かに急性白血病で亡くなったが、原発の近くには全く行ってない。放射能は無関係」だった。

デマを作ったのはYUKARING1222氏で、ツイッタ−で流した。故人の友人、aquarius0708氏が必死に削除依頼してようやく沈静化。なおYUKARING1222氏は故人が「福島原発被災地で捨てられた猫も助けたい」等とブログに書いていたことから、勝手に死因を「原発」にしたらしい。経緯は全てここにある。
「Togetter-20Km圏内で保護活動されていた方が急性白血病で亡くなったというデマ」

YUKARING1222氏のツイッターを見ると、この人は「反原発」のデマ流しで有名な「東海アマ管理人」の「来月になれば悪性リンパ腫が激増するはず。今はたぶん、どこの病院に行っても糖尿病患者で溢れてるはず。そろそろ福島では原爆ブラブラ病が蔓延、来月には続々と死に始める。死産激増、そして早期奇形出産が激増、もう口に戸は立てられず全国拡散、大パニックが起きる」や例のクリス・バズビー氏の説、その他「埼玉で心筋梗塞が多く、セシウムは心臓にたまると聞くので心配」とか、怪しい「反原発」の脅し説を散々「拡散」しまくっている。典型的「反原発カルト信者」にゃ。 この人のHP見ると「超能力者」でもあるらしい。またまた「反原発」の「疑似科学」にゃ。

大方の人はこのデマを単なる「不注意」「早とちり」で、削除すれば終わりとみるだろうにゃ。しかしネコ流の見方では、要するにこのデマも5月連休中のデマと同じく、「反原発」の「願望」が形に表れたものだ(しかも今回は加藤登紀子氏、湯川れい子氏がこのデマを拡散していたそうだ。5月の坂本龍一氏とソックリではないかにゃ)。「誰か福島原発の放射能が原因で死なないかな。そうなれば自分たちの言っていること、信じていることが正しいと証明されるっ!」というドス黒い「願望」が奥底にある。「故意ではない」のかもしれないが、そうだったらますます恐ろしい。無意識に願望が出てしまう状態だ。このデマを拡散した人たちも、実は半分は「やった~、ついに出た!」と(無意識に)喜んだのではないか?デマが回るうちに、いつの間にか故人は「福島野菜の即売会など」をしていたことが付け加わった(ブログにあったらしい)。このデマを「拡散」した誰かが付け加えたわけだが、要するに「福島の野菜からも被曝した」と言いたいわけだろう。故人の善意まで踏みにじる。「反原発カルト」の心根は本当に悪魔のようだ。このまま行くと、いつか本当に「反原発」による殺人が起こり、その死因が「急性白血病」にでっちあげられることがあっても不思議ではないだろう。「反原発」は今や正気の沙汰ではない。彼らはなぜこんなに多くの「ウソ」を流すのか?少なくとも真実を伝える者の態度ではないことは確かだ。

故人は捨て猫の保護に熱心に取り組んでいた。こんな馬鹿げたデマのネタになってしまい、本当に気の毒だにゃ。今ごろ天国で大好きな猫たちに囲まれて、狂った下界を静かに見ていることだろう。

子ネコの保護と福島産野菜の即売ありがとう。なぜ「善人は若死にする」のか。心からご冥福をお祈りします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ホントに腹が立ちます!

ほんとにほんとに、やめてほしいですね!デマ拡散・・・。
だいたい、「拡散希望」って、書いてる時点で「デマくさい」と思わないんですかね?
放射線について正しい知識が広まりつつあるのに、いまだにこんなデマを本気で言ったり拡散したり信じてる人もいるなんて。
そんなに日本人はバカばっかりだったの?それとも、心がどうにかなっちゃった?と悲しく思います。
先日の「子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク」の原子力保安委員への質問の映像、ご覧になりましたか?
あんなこと子どもたちに言わせるとは。子どもたちも、洗脳されちゃってるのかなぁ~・・・。かわいそうに。
騒ぐのは勝手だけど、自分だけにしてと言いたいです。
それと、真実をもとに騒ぐなら仕方ないけど、デマを元に騒ぐ(デマとわかっていないんでしょうが)、拡散させようとするのは、本当に福島県人にとって迷惑だからやめてくださいっ!と強く思います。

そう望んでるんでしょうね

あー、ツイッター、見ましたよ。
野菜の即売会…のも。

こうなったら、管理人さんの言うとおり「そうなったらいいな」願望があるんでしょうね。
ここまで来たら、無意識ではないでしょ。

郡山市内の小中学校の表土除去に従事していた男性が、急性白血病で死亡したって噂が、まことしやかに流れてましたよ。
(先月末かな、ママたちの間で)

はぁ~、現地の人もこうなんだもん。
私も現地人だけど。
某巨大女性専用掲示板の福島県の部屋でも、「早く自主避難したい」派がいまだ多数のよう。
あ、でも最近「自主避難しない」派も少数ながら声を上げ始めたかな。
(カンケーないけど↑の女性専用板でかのTKD教授を批判したら半殺しの目にあいましたさw)

みなさんありがとうございます

みけさん:本当に「心がどうにかなった」のだと思います。そして時々これがもしかしたら「ネットの中の嵐」に過ぎないのか、と思わされ唖然とします。しかしネットによってチュニジアの「オリーブ革命」が起こったそうですから、過小評価はできないですね。デマ除染はチマチマと続けていきます。本当の除染のように。

ワンさん:実は映像ではなく、レポートを見たのですが、革命的な諸国によくある、英雄的少年少女の造反有理的美談に見えました。「除染作業の人が死ぬ」ってデマもひどいですね。かなり初期から、福島や郡山から逃げろと言うのは、原発で必死に働いている人たちへの「死刑宣告」だと思っていました。TKD氏は今やメッキが剥がれてきたと思いますが、油断ならないですね。そう言えばYOUTUBEに毎日TKD氏のブログを音読している女性の映像が上がってました。一見熱心な信者ですが、もしかしたらTKD氏がブログをいつの間にか「書き換え」するのを防いでいるのかも!?

No title

http://d.hatena.ne.jp/NATROM/20110830

http://d.hatena.ne.jp/NATROM/00110830

で、NATROM先生のご意見。

私的には、
http://seer.cancer.gov/csr/1975_2005/results_single/sect_28_table.03.pdf

を見ると、14歳までの小児での白血病 の人口10万あたりの死亡率は0.7 になります。

骨髄に10mSv暴露した時の白血病発生率

(37.7 X 10 ^-4 )Sv X (10 x 10 -3) Sv = 3.77 X 10 ^-5
0.00377%発生率 0.5msvでは、直線値率で見たとして、3.77 X 10 ^-5/20

0.0001885%発生率

自然発生白血病の生涯発生率は0.7%として。
0.5msvでの発生率 0.0001885%

No title

自然発生白血病の生涯発生率は0.7%
訂正

自然発生白血病の40歳までの発生率は0.007%

勉強します

omizo様:ネコなもので数字にはいま一つ弱く、こういった分野や食品の問題等はまだまだ手をつけてないのですが、NATROMさんのサイトもよく読んでみます。

医師の資格

もし福島県の人が疾患を訴えれば、医者は放射線障害を疑い、皮膚がん、甲状腺がん、白血病、骨がんなどを調べるかもしれない。
しかし、診療しても「対症療法」で、それ以上、原因を追究するには医療とは別次元の検査が必要になる。
仮に検査をしても、因果関係を証明したことにはならなくて、「関係が疑われる」だけだ。
一人一人が放射線パッチを身に付けて、相当の反応があってもやはり同じ。
 内部被爆や外部被爆の量が明らかで、それが原因であるとされる疾患が、それ以前は健康だった人に現れたときに、はじめて「被爆が原因である可能性が??%ある」といった“つつましい結果”になるだろう。

No title

本当に安全だとお考えですか?不思議です。
私は福島牛を食べた次の日に膀胱炎になりましたよ。今までなったことなかったのに。
私も信夫山付近に住んでいる者です。
あなたのような人が福島市にいるなんて驚きました。
まぁ、5年後10年後にどうなっているかが楽しみですね。
でも、あなたのような人がいることによって、福島の農産物も少しは救われると思います。どんどん食べて頑張ってくださいね。

No title

福島県の人が疾患を訴えれば、医者は問診して、どうしましたか?どこが痛いですか?。 と聞くことになりますが。 その症例から推定される病状の検査をするだけですし。それで可能性をひとつひとつ検証してですね。 

放射線障害を疑い、皮膚がん、甲状腺がん、白血病、骨がんなどを調べるかもしれない。

逆ですね。 病名が特定できなければ、放射線がも疑う余地もありません。 

QOLの改善ということなら、対症療法とはなりますが。 病が特定できるなら、治療とはなります。 積極的治療か消極的治療になるかは、その条件によりますが。

 がんにはウイルス性のモノもありますから、これは原因が特定できます。 皮膚がん、甲状腺がん、骨がんは難しいでしょうが。 甲状腺がんは131Iからなら、その癒着率などから、判別できる可能性はあります。Sr90は生体からの測定は難しいですので、なんともですが。

一人一人が放射線パッチを身に付けて、X線被爆をしている、放射線技師、看護師、医師、特にカテーテルを行う医療者は真っ先に危険と言うことですね。 ぜひ、健康に問題があるから、禁止する医療行為ということで、禁止しましょう。 医療者を守るために。 まさか、医療者は、人でないので関係ないとは言われない事を望みますが。 

 膀胱炎は急性と間質性がありますが。どちらでした。 クラビット、タリビットが処方されませんでしたか?。 それで治りましたでしょうか。

治らないでしたら、 間質性でしょう。  もし、自己判断で膀胱炎と判断して市販薬で治ったといわれるなら、間質性ということになるです。

モコさんへ

>本当に安全だとお考えですか?不思議です。
>私は福島牛を食べた次の日に膀胱炎になりましたよ。今までなったことなかったのに。
安全だとは言ってないと思いますよ。
たまたま、はじめて、膀胱炎になっただけなのでは?
それが、セシウムのせいだと仰りたいのでしょうか?
だとしても、膀胱に炎症をおこすほどのセシウムが
すぐに尿に排出されるとは考えられないのですが・・・。
ここに訴える前に病院へ、そして東電へ文句を言ったらどうでしょう?


>私も信夫山付近に住んでいる者です。
>あなたのような人が福島市にいるなんて驚きました。
福島県は広いですから、いろんな方がいますよ。

>まぁ、5年後10年後にどうなっているかが楽しみですね。
>でも、あなたのような人がいることによって、福島の農産物も少しは救われると思います。どんどん食べて頑張ってくださいね。
県外産の農産物も安心とは言えないですよ。
福島の農産物の方がきめ細かく検査をやってるのは事実です。
食べたくなければ食べなければ良いだけですしね。
10年後のことなど、専門家だってわからないでしょう。

No title

「福島の農産物の方がきめ細かく検査をやってるのは事実です。」
これは嘘ですよ。JA関係者から聞きました。

膀胱炎は、薬(病院から処方された物)を飲んでもしばらくは続きましたが、10日後くらいには治りました。
牛肉問題が起きる数カ月前の出来事でしたので、少しは関係あると思います。

私もJA関係者、そして福島市の議員の方から聞きました。
膀胱炎のことは、わかりませんが、このような事は木下黄太さんがのところで話された方が良いと思いますよ。
親身になって相談にのってくださると思います。

モコさまへ

あなたは福島県が嫌いなのですか?
福島の農家の方が嫌いなのですか?
何が言いたくて何がしたいんですか?

福島は生まれ育った所なので好きですよ。
ただ、何もかも「デマ」として片付けるのはどうなのかと思います。

膀胱に関しては、児玉教授が国会等で発言されたとおり、影響があるとされています。
その発言も、ここではデマということで片付けられてしまうと思いますが、何もかも「デマ」と片付けてしまうと、本当の意味で、福島県民を危険に曝されてしまい、しまいには復興どころではなくなるのかなと思います。

もうこちらのブログには来ませんので、ご安心ください。

No title

こちらの管理人さん何もかもデマで片付けてる
わけではないと思いますけど。

膀胱炎なんて別段珍しくもない病気ですし
何もかも放射線のせいにして不安を煽るのは
問題ないとお考えなんですかね?

No title

もう来ないと宣言されてるので安心して書きますけどね。
例え異なる意見を発信する相手とはいえ、ネット上で見かけただけの見ず知らずの相手とはいえ、同じ福島に住む人に対して「5年後10年後にどうなっているかが楽しみですね。 」等と揶揄する書き込みにはドン引きです。
他所では何故か多いんですね、そういう書き込み。

何が「楽しみ」なんですかね?
ご自分のご意見が正しい意事が証明されて、ネット上での議論に「勝利」した事が証明される事ですか?

そういう方は、何のために、危険を吹聴する書き込みをしてるんですかね?
同胞に対する心配や、危機意識からの発言とはとても思えないんですよね。

ネコさんがこのブログを立ち上げたのも、好意的なコメントが多く寄せられるのも、そういった不安を煽るネット上の投稿に対しての不信感が強まっているからなのだと思います。

No title

膀胱炎ですが、医師が処方した薬剤が不明ですので、細菌性かが不明ですが、薬剤の名称を言われないので、関係もなにも言いようがないです。 薬剤で治ったのなら、Csは関係ないでしょうね。 医学的検証もできません。

児玉さんの例の論文は
http://carcin.oxfordjournals.org/content/30/11/1821.full.pdf

石原さんの指摘もあるように、
http://rokushin.blog.so-net.ne.jp/2011-08-08

母数と前立腺肥大での全嫡での病理検証であるので、年齢が高齢にですし、女性の数がはるかに少ない。

 今後の検証を期待する。と謙虚に締めくくられています。

http://www.nirs.go.jp/data/pdf/i5_4.pdf
にもあるように、Cs137が6bq・lで起こり得るかです、K40のγ、β線量より少ない事で。

仮に福島先生の病理でのP53遺伝子変異での前がんで発見できれば、治療も可能ともなります。 この論文では、検証多少が前立腺肥大を起こす年齢であることです。 10代20代で増大しているのでは、ないことです。

No title

チェルノブイリ膀胱炎の件ですが、

「六号通り診療所所長のブログ」
8月8日の記事

放射線医学研究所の見解
http://www.nirs.go.jp/information/info.php?i5

以上を見ると、未だ福島先生の主張は仮説の段階であると考えられますが。

No title

omizo様失礼しました。

石原先生のブログと放射線医学総合研究所の見解についてはすでに、omizo様がすでに指摘されていました。  

omizo様の知的で冷静なコメントは、本当に参考になります、今後も期待しております。
プロフィール

shinobuyamaneko

Author:shinobuyamaneko
 福島県福島市の信夫山に住むネコです。
 原発事故以後ネット上には「もう福島市は放射能高くてダメ!逃げてください!」「福島はチェルノブイリ以上!」「子供を見殺しにしないで!」等の「反原発の叫び」が溢れてます。ネコはどこにも逃げられないから、もうノイローゼ気味。こういう「叫び」「脅し」の効果もあって福島に来る人は激減。街は沈み、市民は「すぐに逃げてください!」に怯えながら、静かに暮らしています。(←最近は嘘・デマがバレてきて、みんな元気になってきた感じだにゃ。)
 しかしね~、この種の「叫び」の根底に、「反原発」の「福島壊滅ならば原発全廃にできる!大大大チャンスだ!」っていう心理はないですか?原発全廃の為にはまず「福島壊滅」が必要とばかりに、科学的、医学的、論理的に怪しい説、大げさな数字等が「連呼」「拡散」されていないですか?それが「正義」になっていませんか?
 信夫山ネコは「故郷福島壊滅」を「原発全廃」の手段にされてはたまらんです。もし根拠がない数字や説の拡散によって、旅館の経営者が自殺するとかの悲惨な「風評被害」が出たら、大人しい福島人も終には訴えたりするのかにゃ~?!今はとにかくデマ、風評、誇張、脅し等を除染しながら記録するにゃ。(「リンクフリー」です 対「反原発」、対「放射脳」等での引用ご自由に)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR