7月15日広瀬隆氏らの「山下俊一氏(ずさんな)刑事告発」記者会見は、当日発売の自著の宣伝。「重大な人道的犯罪」は、「反原発」にこそ当てはまるにゃ。

結局7月15日、「自由報道協会」での広瀬隆氏&明石昇二郎氏の「山下俊一氏刑事告発」記者会見の狙いは、この日発売の集英社新書「原発の闇を暴く」(広瀬隆、明石昇二郎共著)の「宣伝」でしかない。
http://www.youtube.com/watch?v=lE_zLyBayjY
「陰謀」以下の単なる「金儲け」狙い。「記者会見」を装った「全面広告」だったにゃ。これがジャーナリズムかい?新聞によくある、化粧品会社の社長が美人女優と「対談」していて、記事かと思ったら、右上には「全面広告」と書いてあるやつか。そういえばよく電力会社が「原発はクリーン・エネルギー」てなことをテーマに「対談」仕組んで、「全面広告」やってたにゃ。

実際の会見のもよう
http://d.hatena.ne.jp/wakita-A/20110715/1310752828 など。

冒頭からよくある「反原発」の「実は今、福島は大変危険」説が展開されていて、何だか聞き飽きた話だったが、会見の最後では広瀬氏は例によって「原子力村、いや原子力シンジケートがあって、この中には核兵器開発から単なる金儲け狙いまで、いろんな奴がいて・・・・」てな御高説を展開していた。

しかし明らかに「原子力村」とそっくりな「反原発村」もあって、広瀬氏のような「デマ」「誇張」「政治的数字」「逃げてください!連呼」等で福島県民を脅し、著書、週刊誌等を売りまくったり、あるいは講演会(広瀬氏は7月4日に福島大学に来て講演した)、テレビに出まくって「金儲け」している輩がいる。皮肉なことにこの(中身のない)「刑事告発」会見こそがその証拠にゃ。

今回のこの二人の他、「週刊現代」が「福島をデマで脅して金儲け」の代表例だし、先日仙台の書店に言ったら広瀬氏と並んで小出裕章氏、武田邦彦氏の本が山積みになっていた。彼らは「反原発村」の村長&三役か、「反原発カルト教団」の「尊師」「正大師」「正悟師」にゃ。「山本何がし」のような「反原発村」に入ってから有名になった、「福島から逃げてくださいっ!」連呼のタレント広告塔までいる。結局「反原発村」は「原子力村」と同じ「儲かる仕組み」にゃ。ずっと貧乏くさいけど。

そうそう肝心なことですが、広瀬氏は山下俊一氏を、「福島県内児童の被爆安全説を触れ回ってきたことに対して、それを重大な人道的犯罪と断定」、東京地検に対し「業務上過失致傷罪」に当たるとして刑事告発したそうだ。

広瀬氏は会見冒頭で山下氏らを非難した後は、「今回発売の自分の著書も証拠として提出した」などと言っている(いったい何の証拠になるのか?)。また欧州放射線リスク委員会(ECRR)を「欧州議会内の信頼できる組織」などと紹介し、ECRRの「原発100キロ圏内で今後10年間で10万人がガン発症」説を延々展開。「ECRRの報告書を読んでないのは日本国民だけだ、」などとのたまう。しかしECRRは欧州議会メンバーなんかじゃない。「反原発」の政治的組織にゃ。これについては別途書くとするが、どうも広瀬氏はECRRのこの試算値や、その後に触れている「土壌のチェルノブイリ以上の汚染」推定値をもって、山下氏の犯罪の証拠と言いたいらしい(それにこれらが「著書」の中身なのか?)。しかし「試算値」「推定値」は証拠にはならない。それに、

「致傷」って言うが、山下氏が誰かに怪我させたのかにゃ(まさかDNA損傷かい)?自分の本を売るために根も葉もない事で他人を「刑事告発」するなんて、自分らが犯罪者じゃないか?それともまた「週刊現代」みたいな「放射能お笑い」か?今や福島の事態は東京でふざけている場合じゃないぞ。

ならば書くが、以下「震災後、自殺者が急増 因果関係は不明 政府が情報収集に乗り出す」から引用(太字)。
http://sankei.jp.msn.com/life/news/110716/trd11071600220000-n1.htm

 震災から3カ月の6月11日、福島県相馬市の酪農家の男性(55)が自殺しているのが見つかった。フィリピン人の妻と息子2人は福島第1原発事故の影響でフィリピンに帰っていた。「原発さえなければ…」。男性は堆肥小屋の壁にこう書き残していた。

 計画的避難区域に指定された同県飯舘村では4月中旬、102歳の男性が死亡しているのが見つかった。家族が村外に避難し、離れ離れで暮らしていたことを苦にした自殺とみられている。6月下旬には「老人はあしでまといになる。お墓にひなんします」と遺書に記し、自殺した南相馬市の93歳の女性もいた。

(自殺者数について)ただ、同様に震災の被害が大きかった岩手、宮城両県は1~6月のすべての月で前年比減少か、横ばいになっており、福島県の状況とは異なる。


みんなあまりにもかわいそうだ。被災3県で、福島だけがこうなのだ。彼らは「反原発村」からの「福島はもうだめです、すぐに逃げてください!」等の連呼によって殺されたも同然だ。広瀬氏によると山下氏が「重大な人道的犯罪」者だが、それに従えばこれこそ「より重大な人道的犯罪」だ。実際に死人が出ている。ネコがこのブログで最初に書いたように、無責任な「福島はもうだめです、すぐに逃げてください!」等を連呼する人は全員、福島人を自殺に追い込む可能性がある。広瀬氏に従えば「業務上過失致傷」どころではない。「業務上過失致死」にゃ。このことをよく踏まえてから、腹くくって「連呼」しろにゃ。くれぐれも「刑事告発」に気をつけてにゃ。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

はじめまして。
ブログの内容、大同感です。同じ考えの方がいらっしゃって嬉しく思います。
危険厨の考えは福島県民を救うことには繋がっていませんよね。
今後とも、鋭いご指摘を、期待しております。

No title

ありがとうございます。元々は「原発やだな~」と思っていたのに、今回の「反原発」のデマ、嘘による「福島潰し」で、すっかり反「反原発」になっちゃいました。

No title

はじめまして。福島に住んでいらっしゃいながらこの冷静さ、頭が下がります。
本文中の「尊師」「正大師」「正悟師」という懐かしい言葉に思わず腹を抱えて笑ってしまいましたので思わずコメントさせていただきました。

…と、それだけでコメントを終えるのもなんなので。
今度の地震で福島市の建造物にどの程度被害があったかわかりませんが、1995年の地震の直後は神戸の空気は文字通り目に見えてよどんでいました。有害な粉塵が大量に飛んでいたことと思います。そのなかにはアスベストなども含まれていたかと思います。私もたぶんかなりの量を吸い込んでいるでしょう。
別にそのことを今更どうこう言うつもりはありません。当時から子供ながら「粉塵」「アスベスト」という言葉は知っていましたが、そもそも地震本体に比べればその程度のリスクなど微々たるものでしかなかったですし、現在に至っても「人の至らなさも含めて天災だ、もし病気になったならそれが天命」と思っているからです(実際にかかったらまた考えは変わるかも知れませんが)。
気になるのは、前回のみならず今回の地震でもこのことが全く取り沙汰されないことです。まともにリスク計算したわけではありませんが、アスベストの方が放射線被曝よりもはるかに懸念すべきことという結果になっても決しておかしくはありません。にもかかわらず、世の中が放射線だけに関心を向けている現状、なんだか非常に歪なものを感じてしまいます。

…だから何だと言われればそれまでですが、色々複雑な気分であるということをもしかしたら共有できるのではないかと思い、ご度量に甘えさせて頂きました。

それでは、また今後もときどき拝見して勉強させていただきます。

No title

元神戸人様
ありがとうございます。「尊氏」云々はもうよく覚えていない世代も多いかもしれませんね。今回の地震は福島市では、震度の割りに、建物はそんなに壊れなかったという気がします。でも海岸沿いは津波でやられましたから、崩壊した集落が乾いた後の「粉塵」はひどいようです。場所によっては結局粉塵の方が「放射能」より危なかった、なんてこともあるかもしれません。目下の「放射能」の怖さは後になってからの「発ガン」ですが、確かに考えてみれば「粉塵」「アスベスト」も同じですね。

これで山下俊一先生が負けたら、日本の司法を疑わねばなりませんね。

広瀬等による刑事告発はそれくらい恥ずかしい。広瀬は告発を撤回して、引退すべきです。
プロフィール

shinobuyamaneko

Author:shinobuyamaneko
 福島県福島市の信夫山に住むネコです。
 原発事故以後ネット上には「もう福島市は放射能高くてダメ!逃げてください!」「福島はチェルノブイリ以上!」「子供を見殺しにしないで!」等の「反原発の叫び」が溢れてます。ネコはどこにも逃げられないから、もうノイローゼ気味。こういう「叫び」「脅し」の効果もあって福島に来る人は激減。街は沈み、市民は「すぐに逃げてください!」に怯えながら、静かに暮らしています。(←最近は嘘・デマがバレてきて、みんな元気になってきた感じだにゃ。)
 しかしね~、この種の「叫び」の根底に、「反原発」の「福島壊滅ならば原発全廃にできる!大大大チャンスだ!」っていう心理はないですか?原発全廃の為にはまず「福島壊滅」が必要とばかりに、科学的、医学的、論理的に怪しい説、大げさな数字等が「連呼」「拡散」されていないですか?それが「正義」になっていませんか?
 信夫山ネコは「故郷福島壊滅」を「原発全廃」の手段にされてはたまらんです。もし根拠がない数字や説の拡散によって、旅館の経営者が自殺するとかの悲惨な「風評被害」が出たら、大人しい福島人も終には訴えたりするのかにゃ~?!今はとにかくデマ、風評、誇張、脅し等を除染しながら記録するにゃ。(「リンクフリー」です 対「反原発」、対「放射脳」等での引用ご自由に)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR