これが「子ども福島」が自主避難を煽った証拠だ 県税による「自主避難者」援助は公平性を欠く また朝日が捏造?他

1月もいろいろあったにゃ。まずは、お年玉みたいな特大朗報から。

被ばく推計は「4倍過大」
外部被ばく線量...政府推計は「4倍過大」 避難・除染の根拠  2017年01月09日 08時41分 福島民友ニュース
http://www.minyu-net.com/news/news/FM20170109-140079.php
(魚拓:https://megalodon.jp/2017-0109-1109-02/www.minyu-net.com/news/news/FM20170109-140079.php
 福島医大放射線健康管理学講座の宮崎真助手(47)らの研究グループは、伊達市の実施したガラスバッジ(個人線量計)による外部被ばく線量測定の実測値と、市民が住む場所の空間線量との関係を調べた結果、外部被ばく線量は空間線量の約0.15倍だったとする論文をまとめた。8日までに、英国の放射線防護の専門誌に発表した。
 政府は遮蔽(しゃへい)などの被ばく低減効果を考慮して、「外部被ばく線量は空間線量の0.6倍」との仮定を用いて空間線量から個人の外部被ばく線量を推計。この仮定に基づく空間線量の値を、避難の区分や除染を行う場所を決める根拠としてきた。政府の推計は、実測よりも過大と指摘する研究は既にあったが、論文は大規模な実測結果の解析を基に4倍程度過大であることを具体的に示した形だ。
 分析したのは、伊達市が市民を対象に行った個人線量測定の結果と、市民が住む場所に対応した航空機測定による空間線量の値。2011(平成23)年夏から15年6月を対象とした。対象者は測定時期により異なり、最多は12~13年で約5万9000人。比較した結果、個人の外部被ばく線量のデータを並べた際、真ん中にくる「中央値」は空間線量の0.15倍だった。
 政府は「1日のうち屋外に8時間、屋内に16時間滞在」と仮定し、家屋の遮蔽による被ばく低減効果を考慮して「0.6倍」を設定。これは、年間1ミリシーベルトに相当するとして除染を行う際の基準となった空間線量「毎時0.23マイクロシーベルト」や、避難指示の根拠となった年間20ミリシーベルトが空間線量「毎時3.8マイクロシーベルト」に相当するとの推計の前提になっている。しかし、これまでの調査で、毎時0.23マイクロシーベルトよりも空間線量が高い場所に住んでいても、実測値が年間1ミリシーベルト程度にとどまったケースなどが報告されていた。
 宮崎氏は「建物による遮蔽の想定が合っていないなど、生活様式や実際の人の動きと合わない部分が(政府設定に)ある」と指摘。その上で「実態と合わない推計は除染や避難といった大規模な方針を誤らせたり、人々の生活を損なう恐れがある。将来、大規模な放射線事故が起きた際には、福島の経験を踏まえた精度のよい推計が行われることを期待したい」と話した。


というわけで、オレラの被ばく量は全く少ないことが判明した。こういう朗報は例によって全国新聞、全国テレビは取り上げないという、酷い「福島いじめ」が続いているので、ネットで「拡散」だにゃ。反原発、マスゴミ、無料ジャーナリスト、ガク者、「市民」、反体制ブンカジン、パヨク、過激派、フクシマみずぽ等の連中が「放射能で福島には人間が住めない、避難しろ、子どもを殺す気ですか」等と散々煽ったのは、やっぱりデマ、インチキだったことが、数字からもハッキリ裏付けられた。


「自主避難」を煽った証拠
こうなると気になるのが(大してならないか、県民の95%以上が残っているのだから)、こういったウソツキ共に煽られて「自主避難」した人のことだが、ここにきて3月福島県の「自主避難者住宅無償提供廃止」をにらんで、マスゴミ共の「自主避難者いじめ」大騒ぎが始まったのは、既報の通り。そもそも福島全体が「産品忌避」をはじめとしたいじめにあっており、我々福島に残った者は「毒米を作るオウムと同じ殺人者」「子どもを殺す気か」「国、東電の手先」「ヒバクシャ」「奇形が多数生まれる」「子どもが多数死んでいる」「東北5県」等と散々いじめられているが、マスゴミはそのことは全く報じず、「強制避難者」のことも報じず、人数5%以下の「自主避難者」に対するいじめばかりをとりあげるという、異常事態が進行している。

先週、吉田千亜というママレボ(和田秀子編集長=国道6号清掃いじめ)なる反原発に属する岩波系ライターが、「『私、煽られて避難しました!』って方を、現実では1人も知らないんだよな」とツイートして、ちょっとした騒ぎになった。ま、煽ったヤツの周りには洗脳された者だけが集っているという、典型的なカルト状態を表しているだけだが、「まとめ」も出来た。

煽られて自主避難したという方をみたことがないと仰るママレボの人とその発言を受けた方々のリアクション
https://togetter.com/li/1074581

sexxor assetさんのナイス「まとめ」だが、信夫山武装集会所からは、自ら「煽った」と告白した「子ども福島(子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク)」世話人「被曝なう」こと阿部宣幸氏のブログ「ただいま被曝中」を再録しておく。(「子ども福島」が自ら「闇」を解明 「集まった募金は全て中核派診療所に使われた」http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-date-201408.html の ③元「子ども福島」阿部宣幸氏のブログ「ただいま被曝中」参照 なお、「子ども福島」とは、過激派との関係も疑われる中手聖一氏が、11年5月に福島市に設立した「市民団体」で、「自主避難相談会」を度々開催し、県北地区から他県への自主避難のあっせんを盛んに行っていた。14年には、資金をめぐる中核派との関係が表面化、内紛、機能不全となって雲散霧消した。)

http://atom.fk-m.com/?eid=227(記事削除)
魚拓 http://megalodon.jp/2014-0901-1139-01/atom.fk-m.com/?eid=227
極端な思想 2014.05.23 
市民団体は極度に危険を呼び掛けて、放射能の危険を煽りました。
私も例外なく煽りまくりました。

『大丈夫だ』という言葉にとても無責任な怒りを感じていたからです。
自分たちの主張を通すために、大げさに騒いだものでした。
どちらも真実とは異なったことを言っていました。
(中略)
安心安全を偽られた根拠をもとに広められることに対し我々は活動してきたのだと思います。
そして自分たちの主張を人々に理解させるため放射能による人体への影響を、かなり大げさに伝えていたのではないかとも思えます。
低線量被曝による健康への影響は解明されていないから大事を取りましょうと言うのが、現在自分としての落ち着いている見解です。
これならどの専門家の方でも同意いただけるでしょう。


http://atom.fk-m.com/?eid=191(記事削除)
魚拓 http://megalodon.jp/2014-0901-1136-43/atom.fk-m.com/?eid=191
3年を前に 2014.02.17 
2011年の夏休みまでは、とにかく避難一色であった。
人々が避難できない理由は解っていた。
金と仕事。
中にはコミュニティーや介護、パーソナルな問題もあったと思うが、大きくみて『生活』が理由であった。
当時は原発事故を煽りまくった。
そして、子供の健康よりも金、仕事を優先させるのかと、たくさんの人々を罵って福島から県外へ追い出した。
多くの人を泣かせた。
泣きながら出て行った。
避難後はみな感謝のメールをくれたが、自分の気が晴れることはなかった。
何故なら、放射能による人体への影響は確率的なものであり、それは本来自分で判断するものだからである。
自分にその資格があるとは思えないし、自信も無かった。


http://atom.fk-m.com/?eid=38(記事削除 現在画像捜索中)
避難の難しさ 2011.06.21  
先日も避難を考えていらっしゃる方、お二人の背中を推させていただきました。
本当に皆さん苦渋の選択をされていて、私もとても苦しくなります。


「子ども福島」が「自主避難者」を煽った。ガチガチの動かぬ証拠がここにある。
これはいくら何でも酷過ぎる。煽った者は「死後さばきにあう」(もちろん、「子ども福島」を福島県民代表として散々取り上げ、もてはやしたマスゴミ関係者、無料ジャーナリストなんかもだ)。
(この他「子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク騒動」等の魚拓 http://megalodon.jp/2014-0908-2243-42/atom.fk-m.com/?eid%3D38%E3%80%80

殆どの県民はこの「煽り」にひっかからず、故郷に残って復興に尽力しているが、一円の援助もしてもらえない。逆に「反原発」には散々ののしられ、我々の子どもは、「これから被ばくで死ぬから」という理由で、反原発や自主避難者に「葬式デモ」までやられたのである。

「多発」誤用の元凶「県民健康検査」部会長辞任 「女性自身」は「除染地震」と改名したら? あの反原発による「葬式デモ」と根が同じ「自主避難者いじめ」
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-218.html 参照

「子ども福島」代表だった中手聖一氏や、ガンダムで知られる某幹部はこの「葬式デモ」に賛同していたし、中手氏は「福島の子どもの死亡率が高い」という、インチキな数字を使ったデマも流していた。正に「間違った知識を子どもに植え付けている」福島いじめの元凶だ。

「信夫山ネコの憂うつ」 カテゴリー「中手聖一氏」
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-category-10.html 参照

中手氏は今では札幌で「うつくしま」という会社を経営しているが、自主避難者の組織「『避難の権利』を求める全国避難者の会」共同代表となっている。氏は「『国は汚染した土地に戻って被ばくをするか、自主避難で貧困かの選択を避難者に押しつけている』と批判。避難者への住宅支援の継続や強化を求めた」(頭狂新聞16年9/23)ということだが、そもそも自分たち「子ども福島」が、自主避難を「煽った」のである。

こんなインチキがあったにもかかわらず、県は「自主避難者」の援助を6年間も続けてきた。繰り返すが、福島に残った大多数が、何の援助も無く、反原発、マスゴミ等にいじめられながら、一円の援助もなく黙々と復興に尽くしてきた。これは行政の公平性が保たれていない。

これ以上我々の税金から「自主避難者」を援助することは、公平性の観点から不可能、絶対にあり得ない。「葬式デモ」を忘れない。

自主避難者が援助が必要ならば、「放射能で福島には人間が住めない、避難しろ、子どもを殺す気ですか」と自主避難を煽った、反原発、マスゴミ、無料ジャーナリスト、ガク者、「市民」、反体制ブンカジン、パヨク、過激派、フクシマみずぽ等の連中に請求するのがスジである。また、自主避難について「避難の権利を認めろ」という主張があるが、それならば我々は「自主残留者であり、福島に残る権利を認めろ」ということになる。内堀知事は3月事案を冷静に進めてほしい。アイアン・メイデンが後ろについている。なお、お決まりの「福島県民の分断化だ」という、県外からのシッタカ発言が出るだろうが、95以上対5以下を分断とは言わない。何の責任もない被災者たる我々が、いじめ(この中には「葬式デモ」や「福島産品忌避」等、「自主避難者」が賛同、参加したものが少なからずある。「葬式デモ」の発案者は神奈川からの「自主避難者」だった)にあいながら、もう6年間も税金から出し続けたのである。

(1/31追記)
11年秋に中手氏から原陪審に提出された「子ども福島」のアンケート資料を見つけた。
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/kaihatu/016/shiryo/__icsFiles/afieldfile/2011/11/02/1312358_7_1.pdf
これによれば、自主避難者の「避難にあたり参考にした情報」で、名前が明記されているケースでは武田邦彦氏が7つあり、「専門家」ではダントツの最多だ。また「子ども福島」は16ケースで一番多い。武田氏や「子ども福島」関係者には、当然援助を要求するべきだ、我々「自主残留者」の税金ではなく。

(2/4追記)
武田邦彦尊師についてはこんな「まとめ」も出来た。
【訂正します】日本に住めなくなる発言の真意 #武田邦彦 に対するご意見など
https://togetter.com/li/1077551
じゃりねこ @jyaricat 34分前
あの時。とても理性的なツイートが魅力だったフォロワーさんたちが、この人の無責任かつ軽率に放射「能」の恐怖と「子供の健康を守るために」日本からの自主避難を煽る発言でどんどん壊れていった。とめようとしたけど、一介のフォロワーの私では、テレビ出演もいっぱいして本もいっぱい出してる大学教授の肩書には勝てなかった。離婚した人が二人。東京から海外に移住したひとが一人。沖縄にいっちゃったひとが一人。この人のせいだけにはできないけれど、今更…… ほんっっとにいまさら!!


https://twitter.com/fakebossa/status/827626367177023488
ひでき@fakebossa
私の知っている人は命をおとしている。

ひできさんが林 智裕をリツイートしました
林 智裕 @NonbeeKumasan
一応言っておくと、私の友人は武田邦彦氏のせいで震災離婚しています。「【訂正します】日本に住めなくなる発言の真意 #武田邦彦 に対するご意見など」https://togetter.com/li/1077551#c3445429 …


我々は「オウムと同じ人殺し」と言われたが、それを言うなら武田邦彦にこそ、あてはまる。自主避難者は我々の税金から援助を搾り取るより、武田を訴えるべきだ。ウソだったのだから。


またまた朝日が福島いじめの原因 その上でっちあげ
朝日新聞が「避難者いじめ」の原因であることは、既報のとおり。
「自主避難者いじめ」についての朝日社説に呆れ  国連科学委員会が津田論文否定
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-219.html 参照

そしてもう一つ、朝日が元凶の福島いじめが判明した。
原発避難の子に「放射能来た」 千葉でもいじめか 時事通信
https://this.kiji.is/197655412141441026
東京電力福島第1原発事故で福島県から千葉県に自主避難した3世帯の子どもたちが、小中学校で「放射能が来た」と言われるなど、いじめ被害に遭ったとみられることが27日、分かった。3世帯は避難者が国と東電に損害賠償を求めている千葉地裁での集団訴訟の原告で、弁護団が明らかにした。
 弁護団によると、ある原告は約5年前に千葉県内の小学校に転校した際、子どもが同級生から「放射能が来た」と言われたとしている。
 別の原告は子どもが同級生から「福島のやつの話は聞かない」などと言われ、他の県内の学校に転校せざるを得なくなった。


「放射能来た」いじめられ、でも「やめて」と伝えたら…滝口信之 朝日新聞2017年1月30日23時22分
http://www.asahi.com/articles/ASK1Z6DNZK1ZUDCB01C.html
 東京電力福島第一原発事故で、福島県から千葉県内に避難した3世帯の子どもが学校でいじめを受けたと訴えている問題で、このうち1世帯の高校1年の女子生徒(16)が30日、朝日新聞などの取材に応じた。転校先の小学校で「放射能が来た」などと言われたが、「やめて」と伝えた結果、言われなくなったという。

「放射能が来た」のオリジナルは、朝日新聞社の週刊「AERA」11年3月28日号表紙の「放射能が来る」である。
AERA 「放射能が来る」を踏んだ人々
https://togetter.com/li/284257
これがこのいじめを招いたのである。

更に朝日新聞が、「避難者いじめ」記事をでっち上げていたらしいことが判明した。ウソの記事まで作って、自主避難援助打ち切りを妨害したいのだろうか?
朝日女性記者がスクープした「原発いじめ」記事の悪評 デイリー新潮 1/30(月) 5:58配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170130-00517089-shincho-soci
学校や千代田区教育委員会は、この記事に困惑するばかりだ。被害者とされる生徒を仮にAさんとする。同区教委の担当者が言う。 「Aさんの保護者から学校に相談があったのは11月21日。そこで、Aさん及び関係しているとされる15人の生徒に聞き取りを行った。結果、Aさんが約1万円をおごったのは事実でした。ただ、Aさんと他の生徒の間で証言には大きな食い違いがあって、一方的にAさんがおごったというより、“おごりおごられの関係”だったと判断されました」
 原発避難者であることを理由に誹謗中傷されたとの点も、15人全員が否定。

女性記者は、筋金入りの反原発記者として知られる。彼女は12月に学校と区教委を取材したが、学校関係者は、
「学校側は、おごりおごられという関係の中で、Aさんが1万円おごったこと、あとは調査中と答えたそうです。すると彼女は強い口調で“これは文科省の定義ではいじめですよね”と高圧的な態度で何度も迫った。朝日の記事には、保護者が子どもの鞄にごみを発見しいじめに気付いた、とある。ですが、保護者はこちらの聞き取りに、自分の財布からお金が抜き取られていることに気付き、子どもを問いつめ、いじめられていることが分かったと説明しています。この点の確認取材も一切、ありません」
12月16日、母親の代理人が区教委を訪れた際も、
「記事を書いた記者が同行。許可もなく庁舎内で動画を撮影していた。取材手法に問題ありです」(同)
これでは、反原発の朝日の記者が、充分な裏付けを取らず、強引に記事を書いたと言われても仕方あるまい。


問題の記事はコレだ
「福島さん」といじめられ… 原発避難生徒におごり要求 青木美希 2016年12月13日13時34分
http://www.asahi.com/articles/ASJDD7DQ2JDDUTIL059.html
生徒が朝日新聞の取材に語った内容によると、昨年夏ごろから一部の生徒に「避難者」と呼ばれるようになり、「福島から来たからお金ないんだろ」「貧乏だからおごれないの?」「避難者とばらすよ」などと言われ、今年になってコンビニでドーナツやジュースなどをおごらされるようになったという。出たごみは「あげるよ」などとかばんに詰め込まれた。

千代田区の原発避難いじめは「重大事態」 区教委が判断 青木美希 2016年12月16日18時15分
http://www.asahi.com/articles/ASJDJ5GDQJDJUTIL03T.html
生徒は朝日新聞の取材に、小学校のころから「放射能菌」などといじめを受け、昨夏ごろから一部の生徒に「避難者だとばらすよ」などと言われて「お金で済むのなら」とおごらされてきたと話した。教科書とノート計14冊がなくなる被害もあったと訴えている。

この記者はこういうヒトらしい
朝日新聞エース記者 青木 美希
http://ameblo.jp/tuka4646/entry-12148692097.html

https://twitter.com/buvery/status/826290327157772288
buvery‏@buvery 20:45 - 2017年1月30日
『放射能がくる』と煽って、煽られたバカな人が『放射能がきた!』といじめたら、最初の時も正義の味方、次の時も正義の味方、新聞は売れる、朝日新聞にとっては、良いことだらけではないですか。


ま、朝日新聞のデッチアゲはチートモ珍しくないということで、まいど~
朝日新聞「プロメテウスの罠 第9回 我が子の鼻血 なぜ」の「主婦 有馬理恵」は「俳優座の社会派女優&市民活動家」だ 証拠はここにある 「従軍慰安婦」「吉田調書」と同じく検証が必要だ(リンク先読んでください)


大学でフクシマ・デマ教育?
1月16日、毎日新聞編集委員の斗ケ沢秀俊さんが、こんなツイートをしていた。

https://twitter.com/hidetoga/status/821199887526043648
大学生に講義する機会がたまにありますが、その際、①福島県では放射線被ばくによる健康被害がすでに発生している②放射線被ばくによる健康被害は発生していないが、将来は起こるだろう③放射線被ばくによる健康被害は発生していないし、将来も起こらないと推定されるーーの3択で答えてもらいます。
https://twitter.com/hidetoga/status/821199981126135808
その時々で多少の違いはありますが、大学生の回答は①発生している=2~3割、②発生していないが、将来は起こる=6割、③発生していないし、将来も起こらない1~2割--という比率になることが多い。私の見解はもちろん、「被ばくによる健康被害は発生していないし、将来も起こらない」。
https://twitter.com/hidetoga/status/821200089922170880
いったいどうして、こんな結果になるのか。原因として考えられるのは、放射線被ばくについて勉強する機会がなかった▼情報を求めてネットを検索すると、「危ない」情報があふれている▼新聞やテレビでも、データに基づく根拠のある情報が十分報じられていない――などでしょうか。
https://twitter.com/hidetoga/status/821200197808050177
事故から6年近く経過したのに、放射線被ばくによる健康影響への理解は、福島県民を除けば、あまり広がっていないように感じられます。新聞はその責任の一端を負っているので、自身を含めた新聞の力不足を認識せざるをえません。

そもそも大学人が社会的な事柄について、バイアスかかりまくりというのは普通にある。その結果社会的な事柄ばかりか、科学的結果まで捻じ曲げる。要するに、大学=大学に残る以外に就職の選択肢がない「パヨク」の牙城=反体制=反原発=福島が被ばくで絶滅してほしい=福島disり、という「公式」だ。これで思い出したのは、前回エントリーで「2011年前期に放射線を理由に講義を拒否した」証拠をあげた、中里見博元福島大学准教授のことだ。中里見氏は「演習」は少なくとも一回はやったらしいのだが、その中身が仰天モノだった。

311・≧19 若者の健康被害について考える会(元福島大学安全安心な教育環境をめざす保護者の会)
http://fukushimunivps.seesaa.net/article/414695070.html
2012年07月06日
鎌仲監督vs福島大学1年生 3.11を学ぶ若者たちへ 鎌仲ひとみ・中里見博編著(子どもの未来社 ブックレット 2012.6.20)
皆さん、もう読まれましたか?まだ、という方はぜひお読みください。学生の皆さんは特に、保護者の皆さんも。
この本は福島大学行政政策学類の中里見博先生が中里見教養演習として2012年、2月20日、長野県で行ったゼミの記録です。
勇気ある15名の新一年生が、鎌仲ひとみ監督とまっすぐなやりとりをしている80ページ。


というわけで、大学では反原発カルトによる洗脳が当然行われている。「演習(ゼミ)」なんて、教師が好き勝手に何をやってもOKなのだ。そして再三書いてきたように、中里見氏の妻=宇野朗子(さえこ)氏は、そもそも反原発の活動家で、11年3月には早々と子連れで福島市から自主避難した。今は先に書いた「『避難の権利』を求める全国避難者の会」で、中手氏と共に共同代表なのである。

仙台からの自主避難者が選ぶ「流行語大賞」 柳美里さんの快挙 ノーベル賞の「呪い」 菅直人「被爆者が甲状腺がん」
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-220.html  参照


毎日新聞の「責任」は記者個人にある?いや、どこにもない。
斗ケ沢さんのもう一点、「新聞はその責任の一端を負っている」について。思い出すのこの記事だにゃ。

毎日新聞の「底に溜まった」無知と悪意のデマ記事 バレた上に「表層水」的訂正で「決壊」 10/9追記:ついに「謝罪」
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-217.html

この時も思ったのだけど、斗ケ沢さんはマスゴミの良心だ。斗ケ沢さんのおかげで福島は助かっている。しかし、斗ケ沢さんの孤軍奮闘が毎日新聞を救ってもいる。

そもそも毎日には日野行介記者という「反原発=正義・無罪ありき」がいて、記事にウソを入れて盛んに「福島いじめ」をやっていた。

出た!毎日新聞日野記者のデマ記事に 早野龍五先生もプンプン丸だにゃ
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-152.html
日野記者は個人線量計を「陰謀論」で否定していたが、冒頭に書いたように、今や空間線量は「4倍過大」が証明された。無責任な「危険煽り」の書きっぱなしである。

「秘密会」は言語道断 しかし「子ども福島」で県民を代表する毎日新聞はフシギちゃん
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-112.html
また出た、「子ども福島」。自主避難を煽り、過激派に利用され資金問題で消えた組織を福島県民の代表扱いとは、冗談にもならない。そして日野記者は、12年10/3の記事「健康調査「秘密会」で見解すり合わせ」では、「福島県の県民健康管理調査は全県民を対象に原発事故後の健康状態を調べる。30年にわたり継続する方針で、費用は国と東電が出資した基金で賄う。」という、明白なウソを書いた。東電の福島県への賠償金が基金にあてられたのであり、「出資」はしていない。これを出資と書くならば、日野記者は「NPOの出資で記事を書いた」と書けるだろう。

ついに福島県立医大が毎日新聞(日野行介記者)に抗議!!!注目にゃ  (4/28重要追記あり)
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-138.html
「4月22日付毎日新聞報道において、県と県民健康管理センターの実施する甲状腺検査について、スピードアップのために本来必要な検査項目を故意に外しているかのような報道がなされました。これは事実に反しております。
このような報道は、県民健康管理調査事業における甲状腺検査の精度管理について県民の皆様の信頼を不当に損なうものであり、毎日新聞には強く抗議するとともに、訂正を求めております。」

毎日新聞という会社は何も答えなかった。
(この他このエントリーには、日野記者について、いろいろまとめてあります。)

この状態で毎日新聞に斗ケ沢さんがいることが、奇跡のようだが、毎日新聞は朝日新聞が「プロメテウスの罠」や、「人類と核」といったチームを組んで悪さをするのと違って、バラバラな個人の集まりなのか?つまり日野記者という個人が狂っているか、そうでないかで大違いとなるのか?しかし大新聞のカンバンの、社会への影響力の大きさを考えた時に、「毎日新聞は多様な価値観を持った記者個人の集まり」というのは、責任逃れの「言い訳」ではないのか?多様な価値観と言ったって、「アベ政治に賛成」とか、「トランプ万歳」とか、「進化論反対」という記者はいないではないか。(2/3追記)日本新聞協会綱領「報道は正確かつ公正でなければならず、記者個人の立場や信条に左右されてはならない。」を見て吹いた。

今回の最後に、福島のフリーランス・ライター林智裕さんが、毎日新聞取締役の小川一氏に迫った記録をリンクしておきます。

毎日新聞社幹部の方へ、福島への風評払拭にご協力をお願いした記録
震災報道に対するマスメディアの対応の、記録の一つとして。
https://togetter.com/li/1074671

福島の復興を憎み、相変わらずデマをまき散らし続け、林さんを脅した白石臭氏(一橋大学の講師もやっているそうで、やはり大ガクである。なお、白石氏の両親については、「『娘は立派な仕事をしていて岡山のバカな人間たちとは違うんだから、バカな岡山の人間こそ娘のアワプラネットTVにカンパぐらい出せばいいんだ』と白石孝子さんのご主人から言われました」と書いてあるブログがある。)を持ち上げるとは酷過ぎるが、小川氏は全く答えなかった。福島医大に対し毎日新聞は会社として答えなかったが、林さんに対し小川氏個人も答えなかった。

毎日新聞の現行のスローガンは「論争がある 本当が見える」だが、「論争がない 本当が見えない」の間違いだろう。

(1/31追記)
そしてまた、日野行介記者が一面トップで放射脳デマ記事を書き、昨日訂正するハメになっていた。
https://twitter.com/robo7c7c/status/826047093844291584
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

この青木美希という記者は、道新にいて、道警の裏金批判報道を手掛けた取材班にいた人です。

この取材班が出した、泳がせ捜査失敗の記事を捏造だと道警に批判され、道新は謝罪の社告を出しています。

あと取材班デスクの高田昌幸氏は道警の元総務部長から名誉棄損で訴えられて、最高裁で敗訴の判決が確定しています。

高田氏の書いた『真実―新聞が警察に跪いた日』を読むと、元総務部長氏の提訴は、意趣返しの嫌がらせ提訴だと思うのですが、『真実』自体が高田氏の言い分に沿って書かれたものですからねえ……。判断に悩むところです。

取材班は解体された後、左遷とは言わないまでも、新聞協会賞を受賞した割にはパッとしない部署に回され、青木美希はこの時退社したと思われます。(高田氏は退社してフリーになった後、高知新聞に拾われた。)

道新の道警裏金批判報道そのものは評価されてしかるべきだと思うのですが、青木美希のような人が取材班にいたとなると、朝日の手抜き除染やいじめ記事に見られるような取材方法でもって、でっち上げに近いいい加減な記事もあったんだろうと思いますね。そのあたり高田氏の見解が聞きたいものです(ま、何にも言わないでしょうけど)。

No title

>新聞協会賞
って、「正義物語賞」ですね。正義の記者の過去と言えば、最近名前が出ない朝日新聞福島支局の「大岩ゆり」記者の過去

http://www.asahi.com/special/playback/TKY201108310688.html
こんな正義の被ばく糾弾記事を出したら、

http://blogs.yahoo.co.jp/taddy442000/33550579.html
自殺が起こりました。全新聞が叩いたのだとは思いますが。

(これ前にどこかで書きましたね)

No title

>信夫山ネコさま

新エントリー、おつかれさまです。

ところで、ジョン・ウェトンが亡くなったそうです。
http://news.goo.ne.jp/article/hochi/entertainment/20170131-134-OHT1T50238.html
ご冥福をお祈りします。
htts://www.youtube.com/watch?v=DD4TNUBndXw

No title

すみません、貼りなおします。

http://www.youtube.com/watch?v=DD4TNUBndXw

John Wetton+追伸

>千貫森の宇宙人さん

またしてもプログレのベーシストが67歳で。残念です。

そうそう、何と二人(Greg Lakeとね)ともKing Crimsonのヴォーカリスト&ベーシストだ(忘れてた)。Rest and peace
John Wettonは、Book of Saturday がよかったな。Youtubeにオリジナル(太陽と戦慄のやつ)はないのかな。あと Exiles(あのエグザイルじゃありません)。

何かキクマコ先生のツイートみたいになってしまった。

自主避難者とは関係の無い話

タイトルをしっかり
頭に入れて読んでね。



学校や塾など
子どもの集団ができる場所で

「おごった・おごられた」に端を発する
金銭トラブルは

明治開闢以来
めずらしくなくあります。


脅かされたかどうかを

その場にいなかった大人が
後から判断するのは
とても難しいと思います。


もう少し大人をイメージしてください。

他人に物をあげすぎる人
何かというとおごりたがる人

飲み会で・特に偉くも無いのに
たくさん払いたがる人っていませんか。


え?
そんな善い人いない?

いたらぜひ
ごちそうになってみたい?

う~ん・・・確かに
日本の景気が悪くなってから
長いですからね。


じゃあ
大人にはいないということで。

そう・・・・「大人」にはいないかもしれませんね。


お友達の気をひくために

お友達と仲良くしたいけど
どうやったらいいかわからなくて

親の財布からお金を盗ってまで
友達におごってしまうお子さんって
めずらしくないです。


だんなさんにおごり癖がある場合

奥さんは
「会社の人たちも厚かましいんじゃない?」
「おごられるにも限度がある」
「みなさん非常識だわ」
って怒るでしょうけど

ごちそうになった側からしたら

「別に頼んでないですし・・・」
「脅したわけでもないし」
「どっちかっていうと・遠慮したんだけど」

ってなりませんか。


「いじめはよくない」
ただそれだけですよね。

自主残留した私たちは
何の生活費の補助も無い上に

各方面から
ずいぶんいじめられましたよねえ・・・。


はい!

ここで中島みゆきの

「うらみ・ます」

自主残留

福島県民95%を占めるワシラ「自主残留者の残留の権利を認め、住宅援助せよ」。

連中のロンリを使っただけですがね。

福島県産モモ、輸出量『全国一』

ネコさん新エントリーお疲れ様です。
継続は力ですね、資料がどんどん積みあがってますね。逆に言えば6年になろうかというのにまだ福島いじめが続いているということですが。


福島県産モモ、輸出量『全国一』 東南アジア販路開拓で震災前超
http://www.minyu-net.com/news/news/FM20170201-145708.php

>県は31日、2016(平成28)年県産モモのタイ、マレーシア、インドネシア3カ国に対する輸出量が都道府県別で全国一となったと発表した。全体の輸出量は30.6トンとなり、東日本大震災前の10年の23.9トンを超えた。県は東南アジアの市場への販路開拓やトップセールスによる働き掛け強化が要因とみている。

県の努力もありますが福島県を応援してやろうとSNSで取り上げて美味しいと言って下さった大勢の方達の力ですよね。
酪王カフェオレもSNSで火がついて首都圏でも知られてきましたものね。


なおみさん
いじめは絶対に止めないといけない事ですが、表に出てきた時はいじめられた方の話しが多く出るので軽々しく言えない部分もあります、私が思ったのは小学生が万円単位のお金を持って使っていることに(調べでも確認されているのに)不思議に思わない世界がある事に驚きました。

以前も書きましたが子供の為に自主避難しているのに自殺まで思いつめさすってあまりにも可哀想すぎます。

ネコさん
>「自主残留者の残留の権利を認め、住宅援助せよ」

今こそ大きな声で言いましょう。

原発避難訴訟、9月に判決…千葉地裁
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170131-OYT1T50077.html?from=tw

>安全対策を怠ったために事故が起きたと主張。避難に伴う精神的苦痛への慰謝料として1人当たり一律月額50万円、ふるさとを失ったことへの慰謝料として一律2000万円などの支払いを求めている。原告45人には、避難指示区域外からの自主避難者も含まれている。

弁護士様の口車に載せられてないか?



>さんご@さばとら

そうですね。

持ちだされた方の親も
気付かないんですかね。

松永 和紀さんの記事です

放射性物質検査、「安心」から効率化を考えるステージへ
http://www.foocom.net/column/editor/15556/
松永 和紀

>1月30日、福島県郡山市で開かれ、来年度の国の検査の方向性が明らかとなった

>農水省の担当者は「これまで、検査をしているから安心という考え方のステージだった。しかし、この5年あまりの検査の結果、放射性セシウム濃度は非常に低くリスクが低いことがわかってきた。検査の効率化を考えるステージに移行する時期ではないか」と聴衆に語りかけた。

お米の全袋検査は縮小の方向へ行くべきだなと思っています。これ以上続けても知らない人知ろうとしない人には届かないのですもの、、アトランダムの抜き出し検査でいいと思うんだけど


>これに対して、会場の消費者からは「今までどおり、検査を続けて欲しい」という意見が複数出た。「ひと一人の命は地球よりも重い。一人の命を救えるのだったら、40億円は全然多くない」と言った消費者もいた。

こんな事をいう人はプロの市民の方だよね。

> 2日に東京会場であったリスクコミュニケーションでも、検査縮小に反対意見が多く出たことが、毎日新聞で報じられている。
 一方で、これまでの個人的な取材経験等も踏まえれば、それが消費者を代表する意見ではない、とも私は考える。

松永さんも分かっていらっしゃる。

美味しい記事

資生堂パーラー“こだわりの苺フェア”第2弾がスタート!濃厚な甘い苺を使ったパフェを堪能
http://www.fashion-headline.com/article/2017/02/03/16702.html

>1月から3月まで開催される「こだわりの苺フェア」の第2弾では、ほんのりとした酸味で甘さが際立つ「福島県 鏡石農遊園産 ふくはる香のスペシャルストロベリーパフェ」(税込2,180円)が登場する。

その鏡石のいちご農園教えてもらったんですよ、高いよと、買いに行ったことはないですが場所は分かってます、鏡石はいちごが美味しい生産地なんですよ、4号線沿いの石井農園の直売所には行ったことがあります。美味しいですよ。

なおみ さん
この件はわけのわからない事が多いですね


No title

>松永 和紀さん
正しいですね。
この先全袋検査したって、これ以上安心する人なんて増えません。これから「不安に寄り添う」なんていうポエム目的の検査になるなら、サッサとやめて、反原発、マスゴミ、プロ市民等に煽られて「福島忌避」するオ○カ者が、全員この世を去るのを待てばいいだけです。はるかに簡単で安上がり。どうせ全員がこの世を去る前に、BSEみたいに忘れます。つーか、検査縮小・廃止に反対しているのは、例によってあのポリティクスを持った党派で、周りのカルト信者みたいなのの不安を煽って、「市民の意見」として利用しているだけでしょう。検査したってポリティクスは変えられません。
民主主義は、少数意見の尊重と言いますが、モンスターの言いなりになることではないです。議論・妥協ができない者は切り捨てないと、最大多数が最大不幸になるだけ。「自主避難者援助」と同じです。
(実際「自主避難者援助」は、「一年経ったら自立しますから、あと一年は」みたいな条件闘争が出て来ませんね。マスゴミは他人の不幸+大騒ぎで喰っていますから、喰える今の内だけ騒いでいますが、4月になれば終わりです。)

>ひと一人の命は地球よりも重い。一人の命を救えるのだったら、40億円は全然多くない
これがモンスターのポエム。全くイミフ。普通一人の命より、地球は大切ですがね。へ、40億円で放射脳一人しか救えないって?じゃあ、その40億円を今飢餓で苦しむソマリアとかに送ったら?そもそも、たかが100ベクレルの話で「一人の命を救える」?「地球」?福島のコメはモンスターの飼料ではなく、にんげん用ですから、こんなの相手にしなくてヨシ。そうそう、昔々「たかが電気、命の方が大事」とホザいたくせに、ガンになったら世界最大の原発国アメリカで、電気を使って治療したデマ撒きミュージシャンがいました。
比喩だらけのポエティック・スローガンはアブナイ。この手のスローガンは、「命が大切」「子どもを守る」「戦争反対」みたいな、実は誰でもそう思っている、誰も反対していない当たり前のことを、自分らだけの主張のように大袈裟に、声高に叫んで、自分のコトバに酔い、自分のポリティクスに使うことが目的です。

>資生堂パーラー“こだわりの苺フェア”第2弾
銀座資生堂パーラー、華やかな昭和の雰囲気がしていいですね。行ってみたい(福島市のどこかに「パーラー」って言うパチンコ屋あったな。)

No title

>内堀知事は3月事案を冷静に進めてほしい。アイアン・メイデンが後ろについている。

自分では、アイアン・メイデンのアルバムの中では、これが好きです。
http://www.youtube.com/watch?v=5gTbHXO2upQ
この、サイボーグとなったエディが、デマ発信者を処理しているジャケット(ウソです、デマです)のsomewere in timeです。

このアルバムは発表された頃は、サイバー・パンクが流行っていて、このジャケットはその影響をもろに受けています。

サイバーパンクと言えば、ウィリアム・ギブソンのニューロマンサー。
http://1000ya.isis.ne.jp/0062.html

その当時、ウィリアム・ギブソンのニューロマンサーを読んでみたのですが、全く分かりませんでした。
で、最近、ニューロマンサーを再読してみたのですが、これが、スラスラ読めて、しっかり腑に落ちました。
これは、長い年月で、サイバー系の知識が自分に蓄積された成果と思われます。


事故から6年も経ているのだから、自主避難者や彼らを囲い込んでいる連中には、自分たちの不安を超克するには充分な時間だと思うけどね。





放射脳

https://twitter.com/kikumaco/status/828235669109510144
キク☆マコ☆(3/2ベアーズ)
‏@kikumaco
じゃあ誰が放射能デマと戦ってくれたのか、だよ

まったくです。これは福島という「世界」の存亡を賭けた「戦争」です。「フェアプレイ賞」を取ったけど、試合に負けた、ではダメ。福島は滅亡します。

「オウムと同じひとごろし」「お待たせしました奇形誕生」・・・等と言われ、「子どもの葬式」までやられて、「紳士淑女」でいなさいってのはね、無理じゃないですか、誰でも。しかも、これらの酷いことやった連中は、今まで一人も「謝罪・訂正」をしていません。とっても単純な話です。ま、ワタシのような「当事者」が激怒りでも、もっと引いた立場の人は、冷静に、科学的、論理的になって事実を検証すればいいわけです。戦場にはそれぞれ「役割」がある。

どうしてワタシラが怒りの感情を出すと、批判する者が出るのか?そこにはポリティクス=「世界観」が関係しているのだと思います。人間は「世界観」を同じくする人の感情は、よく理解できて「寄り添う」のでしょう。ネコもです。ワタシラは原発災害にあっても、あの人がたの気にいるような「世界観」を持つに至らなかったから、こんなことを言われるのだろうと思います。たったそれだけです。つまらない話です。

No title

http://twitter.com/drsteppenwolf/status/828165730759630848
@drsteppenwolf
デマ潰しで活躍している失礼なオレ様達が信頼関係を崩してしまったのは事実ですが、いわゆる『放射脳』が一生懸命な専門家の口を封じたのも事実です。

しかし、こんな状態になっては、信頼関係の構築自体が無理。
http://togetter.com/li/1078310

彼等の「世界感」、あるいは彼等の「大きな物語」は、日本国政府・米国政府および世界資本=絶対悪、「市民」=絶対正義、こんなところでしょうか。

無知と不安につけこむデマは、許せんのですよ、失礼なオレ様は。



No title

>「大きな物語」
これいいですね。何かこんな感じしました。陰謀論みたいなやつ。ロマンだな~(アホらし)。こんなの「反原発運動ファースト」の、「ポスト・トゥルース」「フェイク・ニュース」「オルタナ・ファクト」の先駆けですよ。遂に米国を6年も追い越してしまった。

>信頼関係
なぜか、常に「こっちが向こうに歩み寄るべき」になっていますがね、もうウンザリ。「分断」もこの類で、コレを乗り越えて「統合」するためには、こっちが向こうに従って「避難するべき」になる。それで「福島の人はもっと怒るべきだ」なんて○カがいて、実際怒ると「ヘイト」だのにされる。結局あの「大きな物語」に乗っからないと、気に入らないってわけです。

「プリズナーNo.6」じゃないんだよっ!(これ何年か前に書いてた)

NNNドキュメンタリー

前スレで書きましたがおしどりマコの2000日が放送されました、見る前から想像できましたよね

NNNドキュメント「お笑い芸人VS.原発事故 マコ&ケンの原発取材2000日」を支持できない理由
http://togetter.com/li/1078539

見る前にご意見するか見てからご意見するか考えたけれど見るのは体に悪いし絶対嫌だったので見る前にご意見しました。
資料集だすといっぱいで書ききれなったのが無念です。

二度とこんな番組が放送されないように、お時間のある方は(無い方も)ご意見してほしいと思います。
よろしくお願いします。



NNN=何も中身が無い

「加藤ディレクターちゃんは、デマ発信を続けているワタシにとって、ムスコも同然なんです。」

と、おしどりデマコが発言したらしい。これは「オルタナ・ファクト」ですよ、もちろん。
ドキュメンタリーってのは、ドキュン・メンタリティーってことぢゃないかな。

No title

>信夫山ネコ さま

「大きな物語」に関する参考文献を、「物語消費論改」アスキー新書。
物語消費論改で検索していただくと、多くの方のこの本に対する感想が興味深いです。
著者の大塚英志さんは、3.11以前から反原発運動には、批判的なスタンスの人物です。


それに、「ラスボスは日米政府と世界資本」についはこれ。

「反戦・脱原発リベラル」はなぜ敗北するのか、著)浅羽道明、ちくま新書。
http://www.sankei.com/life/news/160731/lif1607310020-n1.html

この2冊を読んでおけば連中の行動原理を、押さえらるかと思います。


>さんご@さばとら さん

あの番組、こんなことだろうと見ませんでしたが、予想以上に、酷い内容のようです。
こんな物を喜んでいる奴らが、一定数いること自体に暗澹たる気分です。


資生堂パーラー

この前の土曜日に東京銀座の資生堂パーラーまで行ってきました。
40分待って着席する混雑でした。
週末の銀座ですからこれが普通でしょうね。

福島県 鏡石農遊園産 ふくはる香のスペシャルストロベリーパフェを賞味。おいしく贅沢なひと時でした。
ふくはる香は日本橋にある福島県のアンテナショップでも売ってあることがあります。

資生堂パーラーは今年で創業115周年を迎えます。
記念に販売されている銀座本店ショップ限定こだわりの苺ケーキ『ココットドゥフレーズ』は月替わりで苺の品種を替えているようです。来月はふくはる香です。
http://image.parlour.shiseido.co.jp/wpss/wp-content/uploads/2017/01/15175935_9878854.pdf
ホールで11,500円というお値段のケーキに福島県産のいちごが乗るようになりました。

そういえば、近頃高く売れない福島県産農産物を産地偽装してさばくというデマを聞かなくなりましたね。

No title

>笹団子さん
>福島県 鏡石農遊園産 ふくはる香のスペシャルストロベリーパフェ
おいしそうですね~。お腹すいてきました。とりあえず酪王カフェオレを買いに行くか。

>資生堂パーラーは今年で創業115周年を迎えます。
すごいですね、昭和どころか・・・そう言えばいち早く「福島の味方」をしてくれた、洋菓子の「ウエスト」も銀座でした。何となくホッとします。

>近頃高く売れない福島県産農産物を産地偽装してさばくというデマを聞かなくなりましたね
「風化」したんですかね、そう言えば「風化させてはいけないっ!」(ワタシャこれ大嫌い)も聞かなくなりました。

声欄100年の記事

また寒気が来てますね。
 
5日の朝日新聞に「声」欄100年の特集「届け 響け この思い」という記事がありました。
 以前に同欄に一般人として応募・掲載された知識人3人が寄稿し、過去投稿要旨とセットで掲載されています。香山リカ氏、ドリアン助川氏、早乙女勝元氏という、いかにもな顔ぶれです。

 主な寄稿内容は、香山氏がヘイトスピーチ問題、助川氏と早乙女氏が戦争・安保問題なのですが、早乙女氏の2016年3月の過去投稿(要旨)には次の文が・・。
「故郷と日常を失った人たち、胸がふさがる思いだ。放射能の拡散で原発事故はなお進行中。命を第一義とするならば、戦争も原発も次世代にあってはならない。」

 何がいつ拡散し、どう進行中なのか分かりません。鎮火していない火事のように、まだまだ被害は広がるという印象を与えたいのでしょうか。
 1年前の段階でこの認識なのです。

 そして、香山氏は今回、声欄について、「意見のバランスにとらわれすぎないでほしい。沖縄の基地問題では政府と住民が対立している時、両論を公平に載せたら、結局は権力と発信力を持つ政府に有利です。偏っていると批判されても、新聞は権力を持たない市民の声に重きをおいていただきたい。」
 と書いています。

 基地問題の例を挙げていますが、「公平より反権力」という理論は、「反原発の声を多く載せろ」ということにも通じます。
現時点ですでに偏ってますけどね。
「反原発団体が福島差別を助長している」という意見を声欄で見たことはありません。
 
 朝日新聞の声欄へのスタンスがよく分かる記事だと思いました。

No title

>「大きな物語」に関する参考文献を、「物語消費論改」
これは面白そうです。「大きな物語フクシマ」に大いに関係ありそうです。「社会的な私」≒「反原発正義で陰謀と戦う」・・・何かソレこそ某カルトに似ているような気が・・・「葬式デモ」の賛同者が当時、「大阪に必死で避難してきたママたちが、寒空の下で瓦礫反対の署名をしている・・・」と、「感動的」にツイートしていたのですが、ソコに何か恐ろしいモノを感じたのでした。

>「声」欄100年
「読者欄」って、「やらせ」みたいなモンじゃないですかね~、新聞が自分らを擁護、弁護するような意見を、いかにも「世の中の意見」のように見せかけて載せているだけ。「読者欄」に載っている投稿者名をググると、結構興味深いです。「常連」も多いし。

>公平より反権力
ははは、そもそも新聞やTVが強大な権力で、ゲンロンの自由で最強です。今後はツイッター、フェイスブック独裁者が出てくるような気はしますが。

>戦争も原発も
でたでた「大きな物語」。

No title

小波秀雄さん、怒りのツイート。

「放射線に関してベクレルという一番簡単な単位すら理解出来ていないバカがマスコミにまだいることはまったく許しがたいこと。おしどりマコにしてもそれで稼いでいるプロで、何もわかっていないくせにデマを吹き、メディアが持ち上げるなどとんでもない話。」

小波さんはどちらかというと左翼的な人なんですが、彼にここまで言わせるとは……。もっとも昔、週刊金正日が出した『買ってはいけない』をぼろくそに叩いたのも小波さんですが。

放射脳=Radiation brain

「放射脳」はもう英語になっていますよ。
http://www.japantimes.co.jp/culture/2017/02/04/books/book-reviews/radiation-brain-moms-citizen-scientists-aya-hirata-kimura-224-pages/#.WKKRl01PrIU

“Radiation brain” was a pun that made the social media circuit after March 11, 2011, deriding people whose brains (nō) had become unduly contaminated with fears about radiation after the disaster at Tokyo Electric Power Company Holdings Inc.’s Fukushima No. 1 nuclear power plant. They had, people claimed, “radiation brains” (hoshanō), a kind of soft-minded hysteria that made them figures of fun but also figures of potential danger to society and the economy.

“Radiation Brain Moms and Citizen Scientists: The Gender Politics of Food Contamination After Fukushima.”
ハワイ大学の教授が書いた、学術書のタイトルになっています。

築地仲卸の福島いじめ

前スレで
>専門家会議の質疑で、築地の仲卸のおばちゃん方が「福島の魚なんか食えるかー」とシュプレヒコールを上げていた(;´Д`)

を上げました、専門家会議 の会 議 録 に載ったので証明されましたね。

第4回豊洲市場における土壌汚染対策等に関する専門家会議
会 議 録
日時 平成29年1月14日(土)12:33~17:05
会場 築地市場 講 堂

P65(URLが上手く貼れませんでした)ここに
○質問者 ありがとうございます。消費者といいますか、魚とか肉とか野菜とか、そういうものを
買ってきて、洗って、切って、焼いたり煮たりして、そういうものを、私、共働きで料理すること
もありますから、そういう人間として(「福島のものは買えませんよ、まだ」の声あり)率直な感
想としては、ニュースでよく……

iIWJがここに

移転不可能はもはや自明! 6000億円をドブに捨てた石原氏と猪瀬氏の責任を問え! 築地市場移転ストップの立役者・宇都宮健児弁護士×水谷和子氏×中澤誠氏に岩上安身がインタビュー! 2017.2.10
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/tag/%E7%AF%89%E5%9C%B0%E5%B8%82%E5%A0%B4%E7%A7%BB%E8%BB%A2%E5%95%8F%E9%A1%8C

会員登録しないと読めないのでここまで。

宇都宮先生は随分熱心ですね、興味は築地なんですね。

県はもう直接販売のネットに力を入れて個人で発信していけるようバックアップするとか、まさか県が個人のサイトを取り上げるわけにはいかないのでJAとか漁協のサイトに力を入れる。

ここでしか味わえないという目玉(いわきだったらめひかり、ウニの貝焼き、ひらめ)観光とコラボしてお客さんを呼び込む努力をしてほしいな。

確定申告が近いので力が入りました。

納税拒否したろかしらん、と思う事のないお金の使い方をしてほしいものです。





>さんご@さばとらさん

第4回豊洲市場における土壌汚染対策等に関する専門家会議
会 議 録

http://www.shijou.metro.tokyo.jp/toyosu/pdf/expert/04/giziroku.pdf

ですね。ここの65ページ。

ひどいもんですね。それでなくったて、311は反原発とマスゴミ(とラジブレ=Radiation brain)によって呪いの日にされていますからね~。

No title

リクシル社長「放射能で体大きくなった」 環境相に発言
2017年2月15日11時38分 朝日
http://www.asahi.com/articles/ASK2H3JZRK2HUBQU00Q.html
「・・・専門機関の報告書などによれば、被曝(ひばく)による人の体格への影響は確認されていない。」

「・・・確認されていないが、否定されてはいない。」と読めた。

Radiation Brain Moms ??

ネコさん

この本
“Radiation Brain Moms and Citizen Scientists”
「放射脳な母親と市民科学者」
これは酷いですね・・・週刊誌の中吊りみたいなタイトル。

著者はこの方、ハワイ大学の木村あや氏。
http://www.socialsciences.hawaii.edu/profile/index.cfm?email=kimuraa@hawaii.edu
出身は上智大。
修士・博士は米国で取得。

著者は「放射脳」を誤解釈しているのでは?

JapanTimesの記事の最初のパラグラフには
“Such citizens, usually mothers in charge of providing meals for their children, were reckless in their caution.”
「そのような(放射脳な)市民は、子供のための食事をつくる母親が多く、(食品の放射能について)無謀なほどに用心した。」
とありますが、放射能に恐怖を感じるお母さん方、ましてや福島に住んで食品を自ら計測するような方々には使いたくない言葉ですね。
我が子の健康について神経質になることは異常なことではありませんし、震災後の右も左も分からない状況では尚更、切り替えに時間がかかるのも仕方のないことです。

意図的に使う場合は、悪意のあるデマ屋に対して。
放射脳≠放射線恐怖症です。

このタイトルは、表紙の母子の写真とも相まって非常に扇情的に響きます。
中身はジェンダー論など社会学のようですから、読まずに無暗に批判をするのは間違っているのかもしれませんが。

ちなみに日本語の各種ウェブ辞書での「放射脳」は・・・

ピクシブ
http://dic.pixiv.net/a/%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%84%B3
ニコニコ大百科
http://dic.nicovideo.jp/a/%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%84%B3
アンサイクロペディア
http://ja.uncyclopedia.info/wiki/%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%84%B3
通信用語の基礎知識
http://www.wdic.org/w/WDIC/%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%84%B3

(舟を編む、のように格調高くないです、笑)

No title

Weblio英和辞典に「radiation brain」と入れると、一応行きますね。
http://ejje.weblio.jp/content/radiation+brain

No title

あ、ホントだ。

でも捻りがないので、つまらないですね。

Radioactive brainのほうがおもしろいのに。


アンサイクロペディアの記述、大作ですョ。
「プロメテウスの罠」もあります。

No title

>アンサイクロペディア

こりゃすごい。プロメ~も。

Radioactive brain の方が、アブナイ感じでいいですね。近づきたくないと言うか。

共産党系仲卸

宇都宮先生配下の築地の仲卸・中澤氏はこの程度ですよ。

中澤誠 STOP築地移転
いや、築地市場は卸も仲卸も福島産の販売努力をしています。福島の漁業関係者が大変な努力をなさっているのは知っていますから。ただ、消費者に抵抗感があり、買ってもらえてない訳です。で、私は消費者が間違っているとも思っていません。政府の基準・調査に対して不信感があるからです。
7:33 - 2017年2月12日
https://twitter.com/nakazawa_mama2/status/830545311676313600

中澤誠 STOP築地移転
だから、私は原発政策から撤退するべきだと言っています。沢山の被害者を放置したまま原発政策を続けながら「安全」と言われても信用ができないからです。福島の漁業関係者が一生懸命調査をしても、信頼がなければ議論の土台すらないということになるからです。原発を止めなければ、何もはじまらない。
7:37 - 2017年2月12日
https://twitter.com/nakazawa_mama2/status/830546432377499648

この人、単なる活動家ですね。

【飯舘村の子どもたちへ】読んで涙が止まらない

ネコさん全文を貼り付けて付加掛けるけれどごめんね。

【飯舘村の子どもたちへ】
https://www.kyobun.co.jp/news/20170215_03/

【飯舘村の子どもたちへ】

村内、村外の学校へ通っている飯舘村の子どもたちの皆さん、毎日元気に過ごしていますか。

みなさんも知っていると思いますが、今年に入り、福島県内で中学生が自死するという悲しい出来事が連続して起こってしまいました。みなさんは悩みを抱えていませんか。もし、悩んでいることがあったならば、すぐに家族や学校の先生、友達などに相談してください。遠慮したり、「無駄だ」などと思わずに、すぐに相談してください。

必ず味方になってくれる人がいます。必ずです。

もし、どうしても見つからなかったら、飯舘村教育委員会に連絡してください。みなさんを全力でサポートします。みなさんを全力で守ります。

ですから、絶対に自ら命を絶ったりしないでください! 絶対にです!

【保護者のみなさまへ】

県内での中学生の自死の報道を受けて、保護者のみなさまもさぞかし胸を痛めたことでしょう。そして、不安になったことでしょう。このようなことは、絶対になくさなければなりません。

そのためには、日頃からお子さんとコミュニケーションを密にし、何か変化や違和感を感じたときには、すぐに行動に起こすことが大切です。学校や同学年の保護者の方などに相談をしてみてください。

もし、避難先等で誰にも相談できなかったり、誰も手を差し伸べてくれなかったりした時には、遠慮なく飯舘村教育委員会にご連絡ください。お子さんのために、全力で取り組んで参ります。

みんなで力を合わせ、このような悲しい出来事をなくしましょう。


纏めもありました

被災者イジメでこんな文章を出さざるを得なかった飯館村と、彼らに向けられた日本中の共感と声援
https://togetter.com/li/1081707

飯舘村から出た事の重みを受け止めなくてはいけない。

No title

ワタシのイチオシはコレです。

秋桜の日記~福島県民200万分の1の声~
自主避難者を煽ったのは 誰なのか?
http://ameblo.jp/kosumosu-rinrin/entry-12245285500.html
『「あの時は大げさだったない。何にもなくて良かったね」と笑えばいい。』と言っていた 当の本人たちが 一番笑えていないのは
何とも 皮肉な話ですよねw

まったく。「子どもを見殺しにする気ですかっ!」等と散々怒鳴られたワタシラではなく、煽った連中に援助を要求するべきです。

No title

>築地の仲卸・中澤氏
>だから、私は原発政策から撤退するべきだと言っています

ここにもあの「ポリティクス」がコンニチハです。連中が何にでも結びつけるヤツ。巨大原発事故の後、最大の被災・被害者たる福島人がこぞって「反原発」という「ポリティクス」を共有し、反原発運動に参加、それは津波をしのぐ巨大な波となって、日本だけでなく、やがて世界の原発を廃止に追い込んでいく・・・という美しい「大きな物語」が、連中の脳内お花畑にわいたのです。これこそまさに、「反原発帝国フクシマ」。しかし現実には、福島からそんな動きは生まれず、せいぜい金曜日夕方60年アンポの残存者が数人、駅前で全く無視されながらワメいているだけ・・・というわけで、ワタシラは憎まれ、疎まれ、イジメられるハメになっているのです。理由はあの「反原発というポリティクス、あるいはイデオロギー、もしくは神」を一番持つべきなのに、持たないから、たったのそれだけ。科学も医学も、測定値も不安も、関係無し。「原発に反対しないなんて、人間じゃない」・・・残念ながら信仰が違ったのです。

初めて投稿させて頂きます。

何時頃か解りませんが、偶然にネコ様のブログに出会いました。それ以来、ネコ様の朗報と訪れる方々のコメントを楽しみに拝見しています。

先日、「原発事故と左翼」(瀬戸弘幸:著)と言う本を読んでいたら、参考になるサイトとして、ネコ様のブログが紹介されており、地道な活動の成果ではと思いました。

これからも、お体に気を付けて、反原発・放射脳の壊滅を目指して頑張ってください。

No title

人和氏(字が違うか)も、あの「反原発というポリティクス、あるいはイデオロギー、もしくは神」に憑りつかれていて、あれでまだ党勢を拡大できると思っているんですね。どんどん衰退しますよ、これは実は妖怪ですから、哀れなイケニエになるだけ。血を吸われちゃいます。この妖怪は「インテリ」や「進歩的」、「文化人」、「上から目線」なんかには、もし逆らったら、世の中から「○カ」呼ばわりされるんじゃないか、っていう強迫的催眠術をかけてきますからね~、やっかいです。

一つの妖怪が日本にあらわれている、――反原発の妖怪が。

この311以後に日本に現れた「反原発というポリティクス、あるいはイデオロギー、もしくは神」(=妖怪)、何か「放射脳」みたいなステキな名前ないかな。「反原発ファースト」「ハゲパ」「HGP」とか。

No title

>へら吉さん
ありがとうございます。今しばらくは、福島をイジメるマスゴミ+「市民」等の、「地震・津波を無かったものにしよう」という、恒例「311反原発祭」となりますが、力強く乗り越えます。

No title

>一つの妖怪が日本にあらわれている、――反原発の妖怪が。

で、本日いつも利用している書店の棚を覗いてみると、こんなのがありました。
http://i-shinsho.shueisha-int.co.jp/kikan/007/
こんなもの、身銭を切る価値はありません、立ち読みで充分(本屋さんごめんなさい、他の本買うから)。
それで、ピロセの結論は「ロシア革命は、ユダヤ系世界資本のせいでダメになったんだーい」です、ピロセの「大きな物語・ユダヤ陰謀論」ですね、嗚呼、バカらし。

それで、「ラスボスは日米政府と世界資本」の連中に、念願を果たしたあとの展開はあるのでしょうか。
せいぜい、世界を1970年代のカンボジアにするのが関の山では。
それとも、「北斗の拳」の世界でしょうか、放射能ならぬ放射脳が全ての社会システムを破壊した世界か、考えたくもないや。

No title

元東京大学史料編纂所教授 酒井信彦氏の「(自主)避難いじめ」についてのコラム

“最大の責任があるのは、新聞、テレビ、出版社などのマスコミではないのか。マスコミはこの問題で、教育行政の側の対応をしきりに批判しているが、そもそも原発事故の被害を過度に危険視する報道が、避難いじめの根本にあるからである。
  ・・・
風評は自然現象ではない。それを作り出すことができるのは、国家権力でも、ネットでもなく、マスコミ権力以外にはない。
・・・
除染が必要なのは土壌だけではない。原発事故をめぐる情報の汚染も除去しなければならないのである。”

http://www.sankei.com/column/news/170219/clm1702190007-n1.html

ネコさんと同じ意見。

とはいえ完璧に汚染除去は無理なのだから、
金やイデオロギーの為ならデマも厭わない連中が記事を書いているっていう視点、
読者(消費者)のリテラシーも大事です。

証拠固めと周知が重要ですね。

ネコさんのご努力には頭が下がります。

ハゲパ!

ネコさん、
反原発の妖怪・・・ハゲパ
いいですねえ。
とても気に入りました。
彼ら、精神的に禿げてるんですよ。だから、常に言動が不毛。
ぴったりだと思います。

思想や団体を「ハゲパ」、
構成分子、特に個人活動家を「ハゲパー」と使い分けるのはいかがでしょう?
チームとチーマーみたいに。もちろん、アクセントは「チーマー」風で。

No title

> F1ABSさん
>証拠固めと周知が重要

ありがとうございます、元気づけられます。わかっている方はわかっているのだと思います。せっかく一つずつ積み上げていっても、先日のデマコの番組のような暴挙があると、あ~あ、と思うのですが、冷静に考えると、あんな深夜番組の視聴率なんてメチャ低いし、そもそも「何たらドキュンメント」を見る人なんて、「意識高い系」が多く、ということは「反体制」で「反原発」で「フクシマ信奉者」ってな可能性が高く、結局既成の信者を固める「大本営発表」以上の効果は無いでしょう。今や「311反原発祭」に、何かを変える力はありません。こっちは継続ですよ、とにかく。

やはりハゲパ

ですか、「妖怪」は。

ゲパ棒を持って暴れてたりして。「ハゲパー」もいい感じですね。

妖怪「ハゲパ」の中身は、「反原発ファースト」で、原発反対を何よりも最優先事項にしていて、その為には手段を択ばない、事実も科学も捻じ曲げることを厭わない、ということ。この妖怪「ハゲパ」の信奉者(あるいは憑りつかれてしまった者)を、「ハゲパー」という。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

>2017-02-21(15:14) : さん

あれは多分「保養」とは違うのではないか、と思っています。

南相馬のあの人、元々事故前から九条なんちゃらの人みたいですね、結局ああなっちゃうのでしょうね。

復興のためには・・・

お久しぶりです、福太郎です。異端児の福太郎です(笑)。

さて、過日、私は幼なじみの人と飲みましたが、おもしろいことを発見しました。

その幼なじみとは一人は同郷ながらも原発避難者じゃない人(出身は飯舘だが、就職等で原発事故時点では飯舘村には籍はない)と、もう一人は同郷で原発避難者だった、という状況。

状況が分からない人のために説明しておきますが、私は原発避難区域の飯舘村出身です。

つまり、私は厳密には原発避難者じゃないけれど、ふるさとの今後が非常に気になっている人間です。

何度かこのネコさんブログでも書いてきてますが、私の最大の懸念はふるさと・飯舘村が今後どうなってしまのか、に尽きます。

だからこそ、原発自体の是非問題より、ふるさとが今後どうなってしまうのかこそが最大の懸念でした。

そんな中で状況の似通った一人と原発避難者と言う間柄での飲み会だったのですが、とても参考になる話が持てました。

原発避難者であるA氏はふるさとを如何にするかよりも、賠償をいかに貰うか、原発事故の責任を如何に問うかに重きを置いたスタンスだったのに対して、私やもう一人のB氏はふるさとを如何にしたら復興できるのかとか、とか、結局はおカネの絡みが戻らない・戻りたくない原因のひとつとなってしまっている、というスタンスを採っていたのです。

最近、このブログでの話題の中心は「反原発たたき」になっているようですが、それをすれば福島の復興は進むのでしょうか?

私も当初から言ってきましたが、原発の是非問題と放射線の健康被害問題は別問題として見るべき、と。

しかし、何か最近は放射線の健康被害問題はそっちのけで原発に賛成か反対かに話題が変わってしまっている気がしてなりません。

つまり、原発に反対している人・組織はすべて「悪」と決めつけての主張が大半のようです。

私は現時点で原発が良いのか悪いのかは判断できません。
なぜなら、現に起きた原発事故の廃炉作業には膨大な予算と期間がかかるのは衆目の事実になっているからです。

そういう事実の中で、反原発は間違っているかのような論調は拙速すぎると思います。

避難区域の現実を見て下さい。
避難解除になっても、あるいはもうすぐ避難解除になろうとしても戻る住民はほんのわずか(1割程度)です。

それはなぜなんでしょうか?
原発に反対とか賛成とかじゃないんです。

低放射線の健康影響問題が曖昧にされている事が最大の原因です。

だから避難区域じゃない区域からの自主避難者がたくさん存在しているのです。

風評被害をなくすには自主避難者の存在を如何に減らすのかにかかっていると言っても過言じゃないでしょう。

そこに手を付けないで、原発の是非問題に話題を集中しているのは論点がずれているように見えます。

ここのブログは反原発勢力をつぶすのが目的だったのか、それともふるさとを守るのが目的だったのか?

このまま行けば反原発勢力は風前のともしびになるでしょう。
しかし、そうなったとしても、じゃ、ふるさとは元に戻るのかと言ったらそんな期待は全く持てないのが現実です。

避難区域が避難解除になった場合、戻ろうと言う意思を示しているのが1割程度と言う体たらく。

それは原発の是非問題とは全く別次元となっているのです。

ふるさとの復興より反原発をつぶすのが目的だったとしたら、私は反旗を翻すことになるだろう。

No title

浪江町からの避難者です。
このブログは、一種の心の支えになってました。
これまで、閲覧だけしてましたが、今後は意見を書き込んでみようと思います。
そこでまず、「ハゲパ」はちょうど良い表現ですね。「反・原発・パーティ」の略称、とか、「反・原発活動家の内・パーソナリティ障害みたいな言動をする人」の略称とか、ネタとしての意味は使い勝手が良いと思います。
しかし、揶揄していること、バカにしていることが、あからさまですから、「公的にも使用できる語句」には、ならないでしょう。
それらしい表現を、何か工夫したいですね。

>異端児の福太郎です(笑)。

自分を客観視できているかの定義は
難しいけれど

ユーモアをもって
自分をいじれるって

気持ちに余裕がないと
できないことだよなあと思い

ふふふ・・・福太郎さんてば

と思って
ちょっと笑いました。


>ここのブログは反原発勢力をつぶすのが目的だったのか
>それともふるさとを守るのが目的だったのか?

何だったんでしょうね。

あの時の熱気は。
いろんな人たちの思いは。


いろんなものが
時間と共に変わっていきますね。


私は

災害ユートピア上等じゃねえか

おだちだいで・踊る阿呆だった私も
あの時の自分の気持ちに誠実でしたから
黒くない歴史です。


人は同じままではいられない。

あの時出逢った人たちは
みんな恩人で・ずっと大切で好きですよ。

今の立ち位置が違っちゃってもね。


夜空の星みたいに

近づいたり
離れたりするのだと思います。


またいつか
楽しく会えたらいいですね。

反原発というだけではなく

私はここを

きちんと知ろうとも・勉強しようともしないで、失礼なことを言うな

という人が集まる場所だと思っています。

(個人の考えですけど)

No title

ネコさんのブログの居心地の良さって、変なこだわりが無いとこだと思うんですよね~。なんと言うか皆でタッパーに入れた料理持ち寄ってホームパーティ開いてるような感じ。
和食もあり、中華あり、本格派もお手軽派も皆で「これ旨くね?」って好きなもん持ち寄ってワイワイ騒ぐの。
ネコさんは黙々と、バーベキューグリルで焼いてる感じ。
どんな材料でも「うまそう」なもん持ち込まれたら、丁寧に焼いてくれてるんだと思いますよ。
ただ、不味いもんとか賞味期限切れたもんとか持ち込まれたら「こりゃ食えないよ」って言うだけじゃないかな。

「最近和食系を持ち込む人が多いよね」って思ったら、「私は中華好きだからギョウザ持ってきたよ~」とか「洋食もいいと思うからエビフライ持ってきたよ~」ってやれば、皆喜んで食べてくれますよ。美味しければ。

自分で料理できないよ~、って人は材料(海鮮とかお肉とか好きなもの)持ち込めば、ネコさんや他の人が美味しく調理してくれますよ。

そうそう・そうでした

何だか懐かしい(笑)

>自分で料理できないよ~、って人は材料(海鮮とかお肉とか好きなもの)持ち込めば、ネコさんや他の人が美味しく調理してくれますよ。


私はもっぱらこれでした。

変な人が来る
→すごくむっとする「何だこの野郎は?」
→「では○○さんにおつなぎします」(交換手のふりをする)
→みなさんに手際よく調理してもらえる
→すっきりして「ば~か・ば~か・おととい来やがれ」とみなさんの背後から吠える
→「はい・次の方?」


北の国からさんの「お気持ち」に
まったく同感です。

ただシンプルに
その一点が私も大事だったんです。

みんな違っていい

何故今頃出てきたのだろう?3月が近づいたから?

「放射能で光ると思った」外国人講師が差別発言
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170221-00050024-yom-soci

>関西学院大(兵庫県西宮市)の外国人講師が、福島県出身の女子学生に対し、「放射能を浴びているから電気を消すと光ると思った」と発言していたことがわかった。

>女子学生は精神的ショックで体調を崩しており、休学も検討しているという。

こんなデマの為に体調を崩し学ぶ意欲まで奪われてしまうなんて酷い話です。
馬鹿な大人から子供を守っていくにはやはりデマを除染しなくてはいけないなと改めて思いました。

またまたひどい記事が出ました。

震災避難者の日常生活から問題点あぶり出す MBS
http://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/1783444-2.html

>福島県いわき市、男性が自宅の庭の土を掘り起こす。測定器の土の数値は1平方メートルあたりに換算すると、13万ベクレル。放射性物質から1秒間に放射線が何回出るかを表す単位がベクレルだ。

何時の話か時期を書いてないですね、Bqで書くと大きい数字になるからこんな事を。

>男性はいわき市から東京に自主避難している鴨下祐也さん(48)。いわき市内の高等工業専門学校で物質工学を教えていた。原発事故の直後、詳細が明らかになる前に妻と息子2人を東京に避難させた。自らも1年後に仕事を辞めて避難した。いまは都内の築40年を過ぎた国家公務員宿舎を無償提供され、家族と暮らしている。

鴨下氏なんてお金持ちじゃないの?
嫌らしいよね、この行動、40年を過ぎた国家公務員宿舎を無償提供され、家族と暮らしている。

週刊文春: 震災避難民を装う鴨下という男(45)
朝日とNHKが報道 悲劇の原発避難民は東京の資産家だった
http://blogs.yahoo.co.jp/mizuguchiaiko/11697690.html

(元記事が消えているので個人のブログですが。)

>復興政策を加速させようとする国、戻らない人の声を打ち消そうとする福島県…。津村健夫ディレクター(53)は「エックス線を撮影する部屋で子育てしなさい。そういう状況を強制できるのでしょうか」。

ほほう、私達福島県の住民190万人はエックス線撮影する部屋に住んでいるんだ、知らなかったな。
このディレクターは無知なのか確信犯なのか。

なおみさん
>変な人が来る
→すごくむっとする「何だこの野郎は?」
→「では○○さんにおつなぎします」(交換手のふりをする)
→みなさんに手際よく調理してもらえる
→すっきりして「ば~か・ば~か・おととい来やがれ」とみなさんの背後から吠える
→「はい・次の方?」

私はそのなおみさんの後ろから「ばーか、ばーか」と言ってます(なおみさんの背中頼りがいがあるんだものwww)

子供や孫やその次の世代に血が逆流するような思いはさせたくないしなるべく減らしていきたいと思い、思うだけでなくご意見出来るようになったのが大きな進歩です(誰か褒めて!)

二者択一?

皆さんがやさしい言葉で書かれているので、記事の引用だけ。

南相馬 堀有伸先生のコラム
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/51030

“「全て良い。問題ない」という感覚を「全て悪い。問題ばかり」という反対の感覚に転換させても、
現実から遊離した想像にとらわれていることに違いはないのだ。
・・・・・
現実を踏まえた上で、
一つひとつの課題について「是々非々」の判断を行っていくことが必要である。
・・・・・
震災と原発事故について、具体的な課題についてしっかりと考えてその解決を目指すことが、
この精神的課題を乗り越えることにつながっている。”


辻田真佐憲氏のコラム
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/50470

“従来の単純な「マスゴミ批判」は、「ポスト真実」社会の下支えになってしまう。
百害あって一利なしだ。
・・・・・
いま必要なのは、「素人談義」の全否定ではなく、
専門家の知見を参考にしながら、「素人談義」のレベルを徐々に底上げし、
よりまともな「物語」を紡いでいくことであろう。”
(マスゴミを反原発におきかえてもよいかな)


私は、“まともな「物語」”の中身は、ひとそれぞれではないかと思います。

No title

福太郎さん。
故郷の復興が進まないことへのいら立ちについては「分かります」と言えるほどの当事者性がないので、お察しすることしかできません。

しかし、このブログの目的自体が、デマの除染と記録によって風評被害や差別を根絶する、ことですから、コメント欄を含めて概ねそれに沿った内容になっていると思います。メディアを含め、デマが即時に検証され、記録されていることには、プレッシャーを感じると思います。これは復興に資するものです。

ひどいデマを撒くデマ屋に対しては、揶揄もしますし、それによって留飲を下げることが目的のように見えてしまうこともあるでしょうが、それらは「反撃」の範疇だと思います。
ここの皆さんは、反原発勢力を潰すことではなく、彼らによるデマを潰すことに注力されていると思います。

原発について、私は擁護派ではなく、「反・原発反対派」です。もちろん、事実に基づいて脱原発を訴える意見なら尊重しますが、デマをばらまいて目的を達成しようとすることには、嫌悪感を覚えます。

反原発派のそのような行為が影響力を持ち続ける限り、復興は進みませんから、やはり、復興のためにはデマ除染が不可欠です。
自主避難者がいる限り風評被害は続く、というのは私もまったく同じ考えです。このブログが、「放射脳」状態になった人の脱脳にも役立っていると思います。

「このままいけば反原発勢力は風前のともしび」にも同意します。そうなってほしいものです。近頃、「過剰なデマ叩き」が批判されたりもしていますが、これは日本人に特有の「判官びいき」が頭を擡げているからではないかと思っています。「風前のともしび」の兆候です。
 
デマは放火のようなものです。それを消すのは消防署の役目ですが、まあここでは「消防団」あたりにしておきます。しかし、焼け跡から生活を立て直すことが復興で、それは消防団ではできません。
このブログは消防団のようなものではないでしょうか。

風評が無くなったとしても、プラマイゼロに過ぎません。
住民に直接帰還を働きかけ、復興を進める作業は、当該自治体の行政と住民とで進めていくしかないと思います。

福太郎さんの想いが早く叶えられることを願いながら、いろいろ書きました。 

みんな

苦しい時は
私の背中を観て。

最近かゆいのよ(加齢と乾燥のためと思われ)。


冗談はさておき


>思うだけでなくご意見出来るようになったのが大きな進歩です
>私は、“まともな「物語」”の中身は、ひとそれぞれではないかと思います。


おかしなことを言われたら
東北特有の苦笑いだけで流さずに

みなさん各自のやり方で
処しているんだと思います。


福太郎さんの懸念は
デマだけが100%純粋な原因であるわけでもなく

失礼ながら
ネコさんのブログをもってしても

福太郎さんの期待に応えることは
できないと思います。


「飯館」が世界の全てですか。

世界の中の「飯館」だと思うのですが。


「  」の中には
日本を入れても・福島を入れても
他の地名を入れても・ブログの名前を入れても

きっと当てはまります。

綺麗事じゃなくて本音わを。

皆さん、綺麗事じゃなくて本心を聞かせて欲しい。
未だに『自主』避難者に対してはっきりとした意見を聞いた事がありません。
なんでなんしょうか?
福島の風評被害の最大の原因は『自主』避難者の存在にあると思っています。
そこにメスを入れない限り根本的な解決なんかないです。
何を恐れているんでしょうか?
人に悪く思われたくないから?
それとネコさんに問いたい。
『反原発』の人達の『デマの証拠集め』をして、次にどうしたいのですか?
『証拠集め』が趣味じゃないですよね。
次にやるべきことは、その『証拠』をもとに反撃の『行動』を起こすことじゃないですか?
その『行動』をせずに『証拠集め』だけをしているのだったら、あなたは単なるマニアックな『証拠集め収集家』でしかありません。
本当に福島の復興を願うなら、その『証拠』を基に『反撃の行動』を起こすべきです。
あなたの考えを聞きたい。

『反撃の行動』?

福太郎さん、具体的には何ができるのでしょう?

まずは、叩き台になるような、ご提案をされては如何ですか?

お気遣いありがとう

私に対して優しいお気遣いのコメントありがとうございます。
でも、そういうことを求めているんじゃないんですよね。
気遣いされたって低放射線の健康影響の問題は解決しないんです。
ここに参加の人の中には放射線に詳しい人もいるようですし、そういう人も含め、放射線専門家は自信を持って自分の、いや専門家としての科学の常識を世間に発信すべきなんです。
それをして来なかったことが今の風評被害の原因になってしまったと言わざるを得ません。

No title

>『証拠集め』が趣味じゃないですよね。

「ライフワーク」ですよ。

6年

6年、ですよ。

放射線科学についての情報はすでに十分にありますね。

それに「安心」を得るためには、トップダウンではダメ。

飯館には震災当初から多くの専門家が関わっておりますよ。
彼らの力不足ではないのです。

ひとりひとりが自ら学んで理解しないと、納得にはつながりませんね。

低線量放射線被ばくが帰還の一番大きな壁、と思われるならば、まずはご自分たちで勉強会をされるのが近道。
互いに話し合って、その上で疑問点を専門家にぶつければ良いのです。
具体的には、やぁどさんに相談をなさってください。

No title

>福太郎さん、具体的には何ができるのでしょう?

>まずは、叩き台になるような、ご提案をされては如何ですか?

そんな質問をされるとは驚きです。
証拠集めをしたなら次にすることはハッキリしています。
裁判ですよ。
それをしないで証拠集めだけで終わったのなら単なるマニアでしかない。

No title

私は最近Twitterが主戦場なんだけど、Twitterって性質上「記録」の意味が薄くて、なんと言うか「刹那的」なところがあるんですよね。で、Twitterでやり取りする時に「ソース」が必要になるとその都度検索したりするんだけど、その時に「ネコさんのトコで前にあったな~」って事がよくあるんですよ。まあアレな界隈も「同じネタのリサイクル」が多い事もあって、ネコさんのブログはよく利用してます。そういう使い方してる人は多いと思いますよ。
いわば「反撃の為の弾薬庫」ですかね。



という事で
>福太郎さん
いろいろと思いがあって、苛立ちもあるでしょうね。全然違う状況ながら、私も日常での苛立ちはあります。
ちっとも理解しようとしない人は、私の身近にも居ますから。
当事者たる人でも、理解する…あるいは正しい知識で判断する…事が出来ないんですもん、実生活に関係無い多くの人が正しい知識を持つのが如何に難しいか。

実はこれ、福島とか放射能だけじゃなくて、もっと普遍的な問題なんですよね。いわゆるニセ科学だの詐欺だのから、党派性とか利害とか…人間「自分の都合のいいように世の中変えよう」とするものですが、そのマイナス面みたいなもんで。

根本的なところは哲学とか宗教の領域にまで至る問題だと思います。その意味で問題解決は人類の永遠のテーマでしょうね。



前も書いたかな。
私は故郷…帰るところ…を持たない人間です。(だから故郷を失うかもしれない人の気持ちに「わかる」とは言えないと思う)
両親は亡くなってますし、生まれ育ったところは単なる「父の勤務地」でしたから、戻るどころか訪ねるいわれもほとんどありません。
だから、何を言っても「おためごかし」なのかもしれないけど。



飯舘、帰還が始まってもどの程度戻るのかって問題ありますよね。帰らない人も少なからず出るだろうな、っては思います。前と同じ人たちで、同じような生活をするのは難しいでしょう。
でも、だからといって衰退するのを座して見ている訳にはいかないなら、新しい住民を迎えるとか考えればいいかな、って思います。
もちろん、そんな簡単な事じゃないのはよくわかりますが。

そういう意味では、縁も所縁も無い人たちが「新しい住民」になる前段階として、縁も所縁もある人たち…そこで生まれ育ち、今はそこに住まない人…が住む、ってのもいいかもしれませんね。
それが福太郎さんの望む故郷の姿かどうかわかりませんけど。

故郷を持たない私が言うのもなんだけど、自分の持つ「故郷の姿」って「その故郷に住み続ける人」にとっては苦痛だったりするんじゃないかな、なんてちょっと思います。
「思い出」を維持するエネルギーがあれば、そのエネルギーを生活の改善に使いたいんじゃないかな、って。

ネコさん

>>『証拠集め』が趣味じゃないですよね。

>「ライフワーク」ですよ。

やっぱりね。
福島の復興やふるさとを守るよりも「反原発」をたたく(または自民党を批判する輩をたたく)のがライフワークだったという事がハッキリしました。

ここ2~3年前からそんな感じはしてました。

別に私は、だからと言って共産党を支援もしてません。
しかし、自民党のここ最近の「好戦的」な主張にはかなり違和感を持ってました。

憲法9条改正にしても、何が問題なのかがよく分かりません。

憲法9条は理想主義であり非現実的だというのが改正を目指す人たちの論調のようですが、であるならば学校や家庭での「言っても聞かない子供」には体罰=暴力で教え込む事は当然になりますね。

どうなの?

IKAさん

「自分はふるさとが無くなってしまったひとだから、ふるさとを何とかしたいという気持ちが弱いかも」という事を素直に書いてくださってありがとうございます。

IKAさんのような気持ちを持っている人がここに参加の人に少しでも分かって頂ければ私の言いたいことが何なのかは理解できるのかなとは思います。

原発事故以降1~2年のいわゆる「反原発」たちからのいわれなき「デマ」に対して言い返したいという思いは私も分かります。

実際にあの当時の「反原発」の言い分はほとんど非科学的な事だったことはもはや否定出来ない事実です。

しかし、それをこちらの立場の状況が好転したからって同じような論調で言い返すだけでは子供の喧嘩でしかない。

具体的な行動こそが求められるのです。

もしかして、ここで集めた「証拠」を利用して「誰かが」裁判を起こすことを期待しているのでしょうか?

それはそれで悪いことではないかも知れませんが、本来ならば証拠集めした当人が行動を起こすべきが筋だと私は思いますね。

大事なのは

自己決定権を遂行できる環境を取り戻すということではないでしょうか。
それを妨げている誤った情報と思考は、正確に上書きせねば元の環境にはなりません。

諸々の出来事を誰かのせいにして責任をとらせるのが最終目標ということではないのでは?

だから、「裁判」という言葉に大きな違和感を感じました。


私がネコさんのご努力を心から尊敬している理由は、

震災当初から続く、活動家やマスコミによる誤った情報を丁寧に指摘し、さらに精確な情報を提供し続けている

からです。

この行為はネコさんにとって何の利益にもならないこと。
(他方で膨大な時間もお金もかかります)

裁判ということになると、対価はお金だったり知名度だったり、ほかにも付随していろいろな利益が生じますね。

身元を隠して情報を提供するのみでは、そのような利益を得られません。
だからネコさんの行いは尊いのですよ。

福太郎さんがその点を勘案せずに意見をされている、とても不思議なことです。

F1ABSさん

>それを妨げている誤った情報と思考は、正確に上書きせねば元の環境にはなりません。

それをするためにあなたは現実の世界で何か行動をとっていますか?
匿名のネットの世界で持論を展開しても現実の世界(会社や地域の人)で「いい人ぶって」いるとしたら、その効果は少ないでしょう。

裁判は一つの手段として書いたまでです。
少なくとも現実の世界で「行動」を起こすべきでは、という事を言いたいのですよ。

先日の私の同郷の人との飲み会でも、「避難者」は低放射線の影響を口実にしてさらなる賠償を求めようとしているし、もはや、風評被害の事などどうでもよく、如何に自分の補償・賠償をもらうかに考えが及んでしまっているような気がしました。

それを変えるには、低放射線の影響の科学的根拠・事実をしっかりと訴えるしかないと思うのです。

それはF1ABSさんのような「専門家」の実行力も問われてます。

福太郎さん

上 2017-02-25(00:11) に書いた通りです。

いくら専門性の高い人間が叫んでも、
最後は自ら理解して納得するしかありません。
そのためのリソースとして、ネコさんのこのサイトは貴重です。

福太郎さんが言われているのは「欠如モデル」型の対応。

それでは必ずしも機能しないことは、飯舘の状況が示しています。

その理由は皆さんが上に書かれていますね。

避難されている方々の個人的な事情は、それぞれ異なります。
これから(あるいは既に)いろいろな決定をされると思いますが、放射線影響のみがその決定の理由にはならないでしょう。

「専門家」が対応できるのは、放射線影響についての情報をお伝えし決定をサポートすることです。
自治体を通じて、あるいは個人的なつながりで問い合わせをされれば、皆さん真摯に対応されると思います。

No title

ちょっと思ったことだけど
デマ屋が不利になってるのはネット上だけで、圧倒的な力を持ってる従来マスコミは相変わらずです。3月11日が近付くとますます酷くなると思います。
そして「デマ屋が不利になってる」のは「単に世間の関心が無くなってきたから」であって、多くの人たちは「きちんとした知識と情報で判断した訳ではない」。いつでも「何かあったらまたデマに踊らされる」人たちでもあります。
私はその程度には人間不信です。
だから、情報をまとめて公開する「だけ」の事でも意義は非常にあると思いますよ。
具体的な行動について
私は現実生活では、自分の生活を守るためにデマ拡散行為を見逃しています。それをなんとかしようとしてましたが、限界を超えてまで出来ませんでした。それは自分と家族を守るため…とはいえ赦される事なのか。
とりあえず地獄に墜ちる覚悟だけはしています。

別に誰かが裁判をおこすのを期待している訳じゃないです。仕事失いたくなくて、目の前のデマをスルーしている身ですからね。どっかの誰かにそんな事期待できる身分じゃないですよ。

放射線の知識、情報なんて事故前から揃っていて、福島のデータが揃った時点で本来の専門家のお仕事は終わり。それを「世間に伝える」のは放射線の専門家のお仕事ではありません。
学問的にも別の分野ですし、現実的にはメディアの役割ですが十分に機能していませんね。

まだまだ、情報発信「だけ」でも必要なことだと思いますよ。
(もちろん裁判など具体的な行動を否定しません。裁判をおこす権利は、何処でも、誰でも、何時でもあるんですし)

おはようございます!

朝起きてから・また書こうっと

・・・と思って今来たら


>福太郎さん、具体的には何ができるのでしょう?

>まずは、叩き台になるような、ご提案をされては如何ですか?


私が考えていたことと
一字一句同じ意見が書かれていて
ちょっとびっくりしました。

その続きはまだ読んでいなのですが
(その方がいいかなと思って)勢いで書きますね。


福太郎さん

具体的に何を行動したら
福太郎さんの願いどおりの世界が実現しますか。


自分以外の人に

「具体的なことを何もやってないじゃないか」
「みんな・ちゃんと行動しろよ」

と文句を言ってばかりのように
私には感じられます。


ここを読んでいる・読んでいた
いろんな人たちは

(過去に関わりのあった人)
(立場上・黙読専念の人)

福太郎さんはじめ
いろんな方のコメントを読んで

何かを感じて・自分の生活の中で
(福島県以外の人もたくさんいらっしゃるでしょう)

世界にできるだけよい作用を及ぼすものを
還元なさっているはず

人は

自分も何かをしなきゃ
少しでも役に立ちたいと思ったら

そうせざるを得ないと思います。


福太郎さんは
具体的に何をしてきたの?

どうしてネコさんにやらせようとするの?


ネコさんのブログは旗印というか
あの時にものすごい大きな役目を果たしたと思います。

今は・・・ちょっとわからないです。
イメージとしては「老舗」になったのかな。


あの時に
あの状況の中で
他に誰もやらなかったことを
最初にやって

続けているのがネコさんでしょう。


「御神輿を担ぐ」というイメージも湧いたのですが
これってあまりよくない例えなのかな。

でもね

担ぐ御神輿を
あの時欲していた私たちが
担がせてもらった。

ものすごい効果があったと思いますよ。


その効果が
福太郎さんのお望みに100%応えていなくても

私の願いに100%応えていなくても

ネコさんはネコさんのやろうと思ったことをやって
結果を出してきた。


福太郎さんは具体的に
何をしたらいいと思うのですか。

それは
福太郎さんが命令して
他の人にさせることではなくて

福太郎さんがやることですよ。



私は綺麗事を言うのが大嫌いです。

そうお感じになるとしたら

私は(他の方も)
本当~に心も(外見も?)純粋で綺麗なんです。


今さら建前で話す人なんか
ここにいませんよ。

F1ABSさんだったか~

先を読み進めていったら

「お?いいねえ」
と思う意見があったので

HNを確認したら
先ほどと同じ方でした。


福太郎さんがやりたいことは
「裁判」だと理解できました。

さて具体的に弁護士さんに相談するかな~と思った時に

福太郎さんは
どういう立場で・誰を訴えるの???


自主避難者のことについては
このブログではずいぶんと

私自身の言動を棚に上げ
何もそこまで・・・と思うくらい

はっきり断罪していると思います。


福太郎さんの中に
もやもやと大きなイメージがあっても

裁判ってもっと具体的な立場や事実を要求されるし


福太郎さんが繰り返される

飯館をなんとかしたいことと(合ってますか?)
ネコさんが裁判を起こすことと
自主避難者と???

どう理屈を組み立てて行ったら
具体的な裁判を起こせるんですか?


それはネコさんの仕事なのかなあ・・・。

裁判って
やらざるを得ない人
火の粉が降りかかった人が

仕方なく取りかかるものだと思いますけど。


福太郎さんはどんな立場で
原告になれるの???

それに自分のお金を出せる?

仲間を集められる?

やろうと思っていたのに
6年経っても
仲間を集められなかったということ?

だからネコさんに
噛みついてるの???

ごはんを作って・食べてきました

>私は現実生活では

IKAさんはずっと
ご自分のことを不甲斐無いかのように
責めて・自嘲なさっているように感じていますが

綺麗事じゃ済まないから
そんなの当然ですよ。

生活のために
立派にやってるじゃないですか。

IKAさんが地獄に落ちるなら
私も一緒に落ちて(何人か道連れにして)
宴会を開いてあげます。



綺麗事で済ませたくない福太郎さん。

裁判をしたいなら
具体的な費用(金の話)になりますよ。

それが綺麗事じゃないってことです。


自分なりの立論というか
弁護士に通じる話を

こんな場所じゃなくて(ネコさん・毎度のことながらごめん)
法律事務所でお話ししたらいかがですか。

訴える場所が・相手が
そもそも間違っているから
何も変わらないんですよ。


気持ちを聞いてほしいだけなら
傾聴とかが売りの
カウンセリングがお勧めです。

皆違って当たり前

ネコさんのここが居心地がいいのはネコさんがガードしてくださっているからなんですよ、それに慣れてしまって当たり前のように思ってはいけないと思っています。

以前にありましたが福島県応援していますと言いながらこの書き込みが気に入らないから削除しろと絡んで訴えるをほのめかす人がありました、そんなのはその人一人であるはずがないじゃないですか、
だから、ネコさんに迷惑が掛からないようにするのは当然だと思っています、遠慮ではありません。

自主避難者と言ってももう移住した地で生活をはじめている方もいればまだ迷っている方もおられるだろうし一括りで批判はしていません、もっぱらマスコミや支援者に利用されて「危険だから帰還できない」と言っている居住可能な地からの自主避難者を批判しています。

厳しく批判しているんだけど。

ここに集う人は専門家の書き込みで学ぼうと思う人、デマだと思うけれど如何なんだろうと思ってここにたどり着いて納得する人、それぞれだと思うのです、なごみネタが邪魔だと思う人がいると思いますが私は大事だと思っています。

福島県で普通に暮らしています、の情報発信になっていてデマ批判に劣らず大きな力があると思います。


>反原発』の人達の『デマの証拠集め』をして、次にどうしたいのですか?


私は一貫しています。子供や孫や次の世代に血が逆流するような思いをさせない為です。

つい最近に表に出た
「放射能で光ると思った」外国人講師が差別発言
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170221-00050024-yom-soci
こんな思いをする子供たちが一人でも少なくなるようにしたいです。

その為に影響力の大きいマスコミにご意見出来るようになりました。

こちらでみなさーん聞いてーと聞いてもらって斜め上の八つ当たりをしてもこれはこういう事なんですよと優しく言ってもらってよーしやるぞ!とやる気をだしています。

皆さん自分の守るべき生活があるのだから出来る人が出来る時にできる事をと思っています。



横レス失礼します

 >憲法9条は理想主義であり非現実的だというのが改正を目指す人たちの論調のようですが、であるならば学校や家庭での「言っても聞かない子供」には体罰=暴力で教え込む事は当然になりますね

 何処をどう取れば「九条改定が体罰=暴力で教え込む事」と同じになるのでしょう?余りの飛躍しすぎに爆笑してしまいました。
 自民党の主張が好戦的、という下りもコーヒーを噴きそうになりました。

 脱線はこれまでにしておきます。

No title

信夫山ネコさんは、信夫山アーカイブの設立とその管理・維持こそが福島への最大の貢献だと思います。


最近の自身の出来事なのですが、職場で上長から、私の能力を超えるような案件を提示されたのですが、私の能力では無理なことなので断りました。
私の能力を見込んでの提案だったので、罪悪感でいっぱいなのですよ。
人の期待されるのも、なにかと。


それにしても、IKAさんの実直さと、なおみさんの行動力はうらやましいな。



No title

ネコさんや他の人に『文句』ばかり言ってるあなた(福太郎)は、具体的に何をしているの?と言う疑問に対して。
6年前の原発事故当初から『反原発』側やマスコミの多くが常識のように言っていた『放射線は少しでも危険』を反証すべく、趣味のバイクや山登りはやめませんでした。
当時はまだ自由に入ることが出来てた浪江町津島や飯舘村長泥にもバイクで何度か通ったし、花塚山、霊山など、『放射線は少しでも危険』を信じている人からしたら卒倒する『高放射線』の山に登ったし、それを職場や近所の人に、もちろんここのネコさんブログにもこの件は言って来ました。
何の根拠もなくそんな場所に行ったわけじゃなく、100ミリシーベルト以下なら心配ないと言うことをネットで調べて知ったからです。
それ以外にも新聞の投書欄に投稿したり。
つまり、現実の社会で『自分が出来ること』は何でもやろうと思ってました。
全ては『デマへの反証』をしたかった。
『放射線は少しでも危険』を反証したかった。
危険だと思われている事を実行による反証の方が説得力があるからと思ったから。

No title

憲法9条についても。

戦争は究極の暴力だと思ってます。
言っても聞かない組織・国に対して最終的に国家による実力行使をして相手を黙らせる。
しかもその実力行使は相当数の人命を奪う事になるのは自明の理。

通常時に個人が殺人を起こせば犯罪になるが、戦時はより多数の敵の人命を奪うと英雄となる。

それが戦争。

一方、教育現場や会社などで言うことを聞かない生徒や社員に暴力(体罰)をして言い聞かせようと言う行為はゆるされてない。

その矛盾を言ったまでです。

No title

私は札幌に住んでいるので、福太郎さんが、そういうことをやっているのを、この場で初めて知りました。あなたを直接知っている人以外は、みんなそうだと思います。そして「この場」はそういうものとして機能すればいいのではないですか。
「現実の社会で『自分ができること』」というのは、ネコさんにとってはこのブログだと思いますよ。

>福太郎さんが、そういうことをやっている

私は何回か
お目にかかったことがありますので
存じていました。


福太郎さんが個人の意思でなさっていたことが

福太郎さんの想い描くような
「飯舘再建」にはつながらなかった

という「現状」「現実」に憤りを感じて


ネコさんに
裁判を起こせ
記録しかできないのかと迫るのは

やっぱり何だかちょっと違います。


人に自分がやりたいことを
やらせようとするのは
おかしいです。

日野記者の新著

毎日新聞の日野行介記者が、ロシア研究者の尾松亮氏との共著で「フクシマ6年後 消されゆく被害」という本を出しました。
https://www.amazon.co.jp/%E3%83%95%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%9E6%E5%B9%B4%E5%BE%8C-%E6%B6%88%E3%81%95%E3%82%8C%E3%82%86%E3%81%8F%E8%A2%AB%E5%AE%B3-%E6%97%A5%E9%87%8E%E8%A1%8C%E4%BB%8B/dp/440924115X/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1488081948&sr=1-1


(Amazonの内容紹介文です)
この国がひた隠す「チェルノブイリの真実」とは?
福島原発事故後、多発が露見している甲状腺がん。だがこの国の為政者たちは、唯一の参照先である「チェルノブイリ・データ」を都合よく歪め、原発事故と健康被害の因果関係を否定する根拠として用いることで、強引に幕引きを図ろうとしている。気鋭のジャーナリストとロシア研究者が暴くこの国の暗部。
(ここまで)

 この国の暗部は、エブリデーとサンライズの両新聞だと思うのですが・・。

 発売翌日の21日に、早くも支持するレビューが2つ入っていますが、「未読レビュー」としか思えない内容です。
 「役に立ちましたか?」に「いいえ」を秒で押しときました。

アホな子の神奈川新聞

先日のMBSと言い福島県から遠い所でこういう事をやるのって卑怯だわ、SNSが発達した今ではこうやってバレるのにね。

3月11日特集で福島県の事を取り上げるのなら福島県に足を運んで取材しやがれですわよ。


福島の医師、窮状訴え 学校再開に警鐘

カナロコ by 神奈川新聞 2/26(日) 7:07配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170226-00015990-kana-l14

>福島市のふくしま共同診療所院長で医師の布施幸彦さん(62)が医療現場からみた終息をみない放射性物質による被害や、地元住民が迫られている窮状などを訴える講演会が25日、神奈川県平塚市内で開催され、約80人が熱心に耳を傾けた。

>特に女性患者に白血球減少などの症状が見られることが多く、「免疫力低下に伴うがんや白血病の今後の増加を危惧している」と話した。

>「まだ第1原発の廃炉作業も終わっていない。再臨界を起こす可能性もある中で、その近くに住民を帰そうとしている」と警鐘を鳴らした。

本当に医師なんだろうかデーターも出さず印象操作ばかり、そりゃ福島県でこんな話出来ないよね。

神奈川新聞は情弱か?「ふくしま共同診療所」「布施幸彦医師」ググれば1秒で分かるものを

ネコさんのここをじっくり読めばいい

「子ども福島」の闇?「おかあさん」たちが中核派に利用された?~マスゴミのヨイショが効いたからだにゃ 責任とってね
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-154.html






管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

>明烏さん

日野レンジャーはともかく、その「尾そ松」くんってロシア「語圏政策」研究者って肩書きですね~。
https://www.cataloghouse.co.jp/yomimono/160809/

チェルノブイリ法の紹介者だそうで。
岩波の「世界」に岡山大学津田と並んでレポート(?)出してます。
なんでも日本では「ロシア政府報告書」の内容を隠蔽しているらしいですね。
その報告書によると「チェルノブイリ事故の2年後にはロシアでも甲状腺がんの増加が認められている」んだそうで、その内容が無視されているらしいです。
でも、この人自然科学も医学も素養なさげですし、データ読めんのかいな、って気がします。

ちなみに「ロシア政府報告書」って正確には『チェルノブイリ事故25年 ロシアにおけるその影響と後遺症の克服についての総括および展望1986~2011』及びその2016年版ですね。
2011年版の結論は訳出されてて、こちらで読めるんですけど
http://agora-web.jp/archives/1425710.html

この人の主張と思いっきり矛盾してますね。
まったく「おそまつ」くんです。

No title

ええと「尾そ松くん」の話、簡単にツイートしてみました。
こちらからツリーで表示されると思います。

https://twitter.com/ika_river_c/status/836101195991150593

No title

>2017-02-27(11:46) :さん
大丈夫です、どんなものでも情報は貴重です。こうしている間にも、過激派をヨイショするデマ新聞記事が発信されています。原点を忘れず、命ある限り「ライフワーク」をテキトーに続けなくては。ありがとうございます。

皆さんも、ありがとうございます。久々の活況です。

>再臨界を起こす可能性もある
過激派が「数分で死ぬ線量」のところに入って、チマチマと燃料棒を正三角形に並べ直す等の「可能性が否定できない」ですね~、ホント。

いよいよ本日23時 そして

http://www4.nhk.or.jp/fukushimazutto/x/2017-02-27/31/21899/1685047/
NHK教育「福島をずっと見ているTV 66「あれから6年、今の福島を知っていますか?」 
震災から6年になろうとしている今も、福島に対する誤解や、悪質なデマ、ひぼう中傷が後を絶たない。なぜなのか…?今回は、震災後の福島の課題を研究し続けている福島県いわき市出身の社会学者・開沼博さんと、絵本作家・松本春野さんともに、福島に対する負のイメージをどうしたらなくしていけるのか考えていく。

そして
https://twitter.com/yard_1957/status/834703932286922752
やぁどさんの
朝日新聞社の「月刊Journalism」3月号に「福島県民として中央の報道に思うこと」というタイトルで寄稿致しました.3/10発売とのこと.皆様にご一読いただければ幸いです。

ひな祭りに上杉隆がやって来るよ

誰が呼ぶのかと思ったら須賀川の銀河のほとりさんでした。

http://www.voice-of-fukushima.com/phone/movie2017.html

「福島を語ろう2017〜3・11を忘れない〜」

2017年3月3日 トークセッション

「2011年以降の福島、そしてマスメディア」

 メディアアナリスト 上杉隆

ここに詳しく出ている

行健除染ネット
http://blogs.yahoo.co.jp/koken_s_ray/folder/562559.html?m=lc

銀河のほとりさんはいろいろ繋がっているからなぁ

快医学ネットワーク
http://kainet.fem.jp/wkn2/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=572

快医学もいかにもでいかにもだし

申し込まなきゃいけないからなあ、まあ触らないでいつも通り周囲に注意しておこうっと。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

>デマ杉
恒例の「311反原発祭」の一環ですね。しかしデマ杉って、ボチボチ寝返る頃ジャマイカ?

>2017-02-27(22:21) :さん
ありがとうございます。いくつか思い当たることがありますが、その一つは「罪」についてで、極めて文科系的、根拠はありません。しかしある種の神の「信者」は、「不安」を持つことが「正しい人生」なのでは?よくわかりませんし、これは科学ではありません。
プロフィール

shinobuyamaneko

Author:shinobuyamaneko
 福島県福島市の信夫山に住むネコです。
 原発事故以後ネット上には「もう福島市は放射能高くてダメ!逃げてください!」「福島はチェルノブイリ以上!」「子供を見殺しにしないで!」等の「反原発の叫び」が溢れてます。ネコはどこにも逃げられないから、もうノイローゼ気味。こういう「叫び」「脅し」の効果もあって福島に来る人は激減。街は沈み、市民は「すぐに逃げてください!」に怯えながら、静かに暮らしています。(←最近は嘘・デマがバレてきて、みんな元気になってきた感じだにゃ。)
 しかしね~、この種の「叫び」の根底に、「反原発」の「福島壊滅ならば原発全廃にできる!大大大チャンスだ!」っていう心理はないですか?原発全廃の為にはまず「福島壊滅」が必要とばかりに、科学的、医学的、論理的に怪しい説、大げさな数字等が「連呼」「拡散」されていないですか?それが「正義」になっていませんか?
 信夫山ネコは「故郷福島壊滅」を「原発全廃」の手段にされてはたまらんです。もし根拠がない数字や説の拡散によって、旅館の経営者が自殺するとかの悲惨な「風評被害」が出たら、大人しい福島人も終には訴えたりするのかにゃ~?!今はとにかくデマ、風評、誇張、脅し等を除染しながら記録するにゃ。(「リンクフリー」です 対「反原発」、対「放射脳」等での引用ご自由に)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR