「自主避難者いじめ」についての朝日社説に呆れ  国連科学委員会が津田論文否定

いやいや、短期間にいろいろありましたにゃ。

「自主避難者いじめ」についての呆れた朝日「社説」
今話題の横浜での「自主避難者いじめ」問題だが、このいじめの根底には、「反原発」の福島いじめ、福島忌避がある。
このいじめと全く同じ2011年秋に、大阪で「葬列予報」という名の「葬式デモ」が行われていた。「福島の子どもたちは、もうすぐ被ばくで死ぬから、早めに葬式やっておく」という、本物の子ども用棺桶と坊主まで動員して大阪キタの繁華街を練り歩いた、「反原発」の狂気をさらけ出した愚行だった。これは前回エントリーに書いた。

「多発」誤用の元凶「県民健康検査」部会長辞任 「女性自身」は「除染地震」と改名したら? あの反原発による「葬式デモ」と根が同じ「自主避難者いじめ」
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-218.html

「反原発」の「大人」が、放射線被ばくによる、あり得ない危険を煽り、「福島は汚染している」と散々叫び、それが福島忌避、「えんがちょ」を招いているのだから(今も続く「福島忌避」例は、今年6月の「グリーンコープ事件」だ)、子どもだって「放射能で汚染した福島の子どもをいじめておく」になるのは当然だ。そして今も続く「反原発無罪」、すなわち原発反対ならば何をしてもよい、という「空気」が、福島いじめを容認している。以下のサイトには、いかに福島が「放射能で汚れている」として、いじめられたかについて、ほんの少しだけだが出ていた。

福島県に注がれる差別や偏見
https://matome.naver.jp/odai/2134226973726608101

今、マスゴミが横浜の「自主避難者いじめ」を取り上げて騒いでいるが、マスゴミも「ジャーナリズムの本分=反権力=反原発」の図式で、「福島いじめ」に加担してきた。先週木曜日17日の朝日新聞「社説」は、こんなことをのたまわっていた。

(社説)いじめの手記 きみは独りじゃない 2016年11月17日05時00分
http://www.asahi.com/articles/DA3S12661583.html
事故を起こした原発のある福島県双葉町の伊沢史朗(いざわしろう)町長が先週、こんな話をしていました。避難先で町の人がパートなどにつくと「賠償金をもらっているのに」とかげ口をいわれるというのです。かといって働かずにいると、今度は「賠償金があるからだ」といわれる。同じ学年の子たちが、きみに「ばいしょう金あるだろ」と言い、大金をはらわせたことなどは許せません。しかし彼らも、そんなまわりの話を耳にしていたのかもしれない。これは大人の社会の問題です。

まったくその通り、大人の言うことを子どもはマネする。では、その大人である朝日新聞が、この横浜での「自主避難者いじめ」と同じ時に、何をやっていたのかというとコレだ。

朝日新聞「プロメテウスの罠 第9回 我が子の鼻血 なぜ」の「主婦 有馬理恵」は「俳優座の社会派女優&市民活動家」だ 証拠はここにある 「従軍慰安婦」「吉田調書」と同じく検証が必要だ(リンク先読んでください)

2011年12月2日、朝日新聞の連載記事「プロメテウスの罠」は、東京町田で子どもに被ばくによる鼻血があるという、インチキな話をデッチアゲて、「不安煽り」をしていた。子どもに「被ばく鼻血」が出たという「主婦 有馬理恵」は、主婦ではない。俳優座の女優で、「従軍慰安婦ミュージカル」の主役、共産党系活動家でもあり、夫は「イラク人質事件」の3人のうちの一人だ。記事にはその事実が一切書かれておらず、「東京都町田市の主婦、有馬理恵(39)」となっている。「第四の権力」による、完全な「隠蔽」だ。この「東京まで福島の原発事故の放射能で汚染していて、子どもが鼻血を出した」という話は、何から何まで、根底からまるごとウソなのである。

「彼らも、そんなまわりの話を耳にしていたのかもしれない。これは大人の社会の問題です。」 

このウソ記事が、「東京まで福島の放射能で汚染、鼻血」→「福島は酷い汚染」→「福島から避難した子どもは汚い」→「菌がうつる」となっていくことは、容易に想像できる・・・地元新聞の社説は、朝日のこんな「ポエム」とは全く違っていた。

【11月11日付社説】震災避難いじめ/根底にあるゆがみの解消を 福島民友新聞 
http://www.minyu-net.com/shasetsu/shasetsu/FM20161111-126287.php
 今回の事案は、風評など本県に対する意識の問題が根底にあることを認識する必要がある。原発事故以降の放射線に対する漠然とした不安が、本県に対する不安として残り解消されないままになっているということだ。
 消費者庁が8月に行った消費者意識調査では、食品の放射性物質検査が行われていることを「知らない」と答えた人が3割強あり、食品の放射線によるリスクの受け止めに関して「十分な情報がなくリスクの判断ができない」とした人も3割いた。
 本県の農林水産物の安全確保に向けた取り組みや、空間放射線量がほとんどの地域で他県と大差ないことなど、本県に関する正しい情報が隅々まで伝わっていないことの表れだろう。
 その結果、本県の農林水産物の市場価格は全国平均の価格に比べて落ち込み、震災前の水準に戻っていない。首都圏などから県内への教育旅行も震災前のまだ半分という状況だ。
 震災と原発事故の発生から5年8カ月。改めて確認しておきたいのは原子力政策は国策で進められてきたということだ。震災と原発事故に対する関心が薄れる一方で、ゆがんだ風評だけが定着していくような事態の解消に、国は責任を持ち早急に取り組むべきだ。


朝日新聞は「福島いじめ」の加害者の自覚がまったく無い無責任ぶりだが、最近この新聞の「無責任病」は原発事故の当初から「社説」に出ていたことに気づいた。それもこの際ココに挙げておこう。震災翌日の2011年3月12日、朝日新聞が「いわき支局」を閉鎖して、住民を見捨てて早々と「自主避難」したことは、報道機関にあるまじきことだが意外と知られていない。ココを参照してください。

朝日新聞「プロメテウスの罠」のウソまたまたバレる 「謎の防護服の男」は「謎」ではなかった & 朝日新聞は自主避難していた
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-210.html

この「住民を見捨てて自主避難」した時期の「社説」を見たら、仰天することが書いてあった。

[朝日新聞] 放射性降下物―長い闘いを覚悟しつつ (2011年3月23日)
http://shasetsu.seesaa.net/article/192086900.html
しかも、人々が放射線に長い間少しずつさらされる場合、健康被害は時間がたって表れることが多い。
たとえば、人体のDNAを傷め、がんを起こす可能性は数年から10年以上の時間尺度で考えなくてはならないといわれている。微少とはいえない放射性の降下物が広い範囲に散ると、長い年月を経て、人々の発がんの確率がほんのちょっと高まる。その幅はきわめて小さいので、一人ひとりはあまり神経質になることはない。
だが、社会全体をみると、何人かが本来ならかからなくてもよいがんを発病する計算になる。だから、この「ちょっと」の上げ幅はできる限り小さくしなくてはならない。降下物が検出された地方の住民が受ける心理的な負担にも気を配る必要がある。


何とまあ、自分らは住民を見捨てて「自主避難」しておいて、住民には「人々の発がんの確率がほんのちょっと高まる。その幅はきわめて小さいので、一人ひとりはあまり神経質になることはない」とはね・・・報道機関の職務を放棄しただけではなく、どう考えてもマトモな人間の言葉ではない。開いた口が塞がらない。「何人かが本来ならかからなくてもよいがんを発病する計算になる」って、一体どのくらい被ばくしたと思っているのかよ、と突っ込みたくなるが、これが自分勝手な朝日の「自主避難」の理由だったのだろう。そしてそれは自分らだけの「自主避難」によって、「人々の」「何人かが」という表現に出た、全くの他人事になったのである。

呆れたことに、朝日には原発廃炉、賠償費用を負担したくないとのたまわる記者までいる。福島の原発は国策の東京用であり、震災以前には朝日も「原発容認」だったのですがね。

https://twitter.com/ando_ryoko/status/799570216883625984
小森敦司 認証済みアカウント ‏@komoriku_n
なぜ、我が家も払わないといけないのか。紙面で紹介した試算では、月々180円。すでに払っている負担金も100円ちょっとになるはず(東電管内)。計300円超。 経産省はそれぐらいなら、文句を言わないと。私たちも、なめられたもんだ。

安東量子@ando_ryoko
安東量子さんが小森敦司をリツイートしました
正義ごっこするために、捏造混じりの記事を連発して、除染から風評から、被災地へ甚大な心痛と被害を上乗せしておいて、被害者面はないでしょう。自社の震災以降の記事を読み返してみたらいかがか。2016年11月18日


ま、「福島いじめ」は朝日だけが加害者ではないことは、このブログで散々書いてきたことですが・・・。

https://twitter.com/MasashiKikuchi/status/799234601029804032
菊池雅志‏@MasashiKikuchi
菊池雅志さんが林 智裕をリツイートしました
公然と被災地や被災者を差別しイジメるメディアや政治家、自称有識者、著名人がいた。反原発を掲げる連中は、電力会社や原子力技術の関係者、それを擁護する人まで○○派、○○村、御用○○などと口汚く攻撃した。それが子供に影響しなかったとは言わせない。学校だけに責任を押し付けるな。2016年11月17日

林 智裕 ‏@NonbeeKumasan · 11月17日
避難者イジメの件。朝日や東京新聞に反省はないのかな。
風評加害行為を繰り返し「てめえら豚はうすぎたねえプルトニウム米でも喰ってな」と発言した人物を公認し擁護を続ける社民党、その増山氏を無批判のまま本人ともガッチリ握手で野党共闘!の自由党と共産党。
みんな福島イジメの加害者一味。


https://twitter.com/TatsutaKazuto/status/798763212606816256
竜田一人‏@TatsutaKazuto
いじめ:福島から避難生徒、手記を公表 横浜の中1 - 毎日新聞 http://mainichi.jp/articles/20161116/k00/00m/040/063000c …
誤報の始末もつけない毎日新聞さんにも、こういった問題の当事者であるとの自覚はおありでしょうか。2016年11月15日


https://twitter.com/sasakitoshinao/status/799029533500383232
佐々木俊尚‏@sasakitoshinao
横浜市に自主避難の中学生がいじめを受けていた件。メディアも含めた構造的な福島差別の問題。「大人だって福島県産の食品を差別しているのだから、子どものイジメを根絶できるわけない」/原発避難でいじめ ネットで反響相次ぐ | NHKニュース http://bit.ly/2f1B5HO 2016年11月16日


NHKもこの横浜の「自主避難者いじめ」の時期に、「福島いじめ」番組を放送している。11年12月28日の、「追跡 真相スクープ 低線量被ばく 揺らぐ国際基準」で、チェルノブイリ事故による放射性物質の降下により、スウェーデン北部の遊牧民サーミ人にがんが増えている、よって福島でも・・・という、「危険煽り」「脅し」を行っていたのだ。あちこちにインチキ映像が含まれ、米国イリノイ州の原発近くで、小児白血病死が増えているという話に、関係ない公園の少女像を慰霊碑に見せかけて使う等という、トンデモ番組だったが、前半の中心となった、マーティン・トンデル博士の「サーミ人がん増加説」は、当時の最新版論文では「がん増加かもしれない?」となっているのに、番組ではそれより古い「がんが増加した」と結論した論文を使っていた(しかも番組の翌年の論文では、トンデル博士は「がん増加は見られない」という結論に至った。これについてのNHKのフォローは、もちろん無い)。また後半では、ICRPが原子力産業に配慮して被ばく限度を上げたという話をでっち上げるために、ICRP委員のインタビューは切り貼りした上、インチキな翻訳が付けられていた。

NHKのデマ番組を「追跡!」していたら、「自主避難者」出演の番組まで見てしまった。危険なNHKの「没論理」路線。(1)
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-56.html

NHKのデマ番組「低線量被曝 揺らぐ国際基準」のネタ元は、「市民科学研究室 低線量被曝研究会」?と思ったが、両者に「共謀」はなかった。
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-59.html

NHK「低線量被曝 揺らぐ国際基準」について 「あいんしゅたいん」坂東昌子理事長の疑問点
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-60.html

繰り返すが、横浜の「自主避難者いじめ」と同じ時期に、

1:大阪で「反原発」による「福島の子どもの葬式デモ」という、最悪の「福島いじめ」が行われた。
2:朝日新聞「プロメテウスの罠」が、「福島の放射能のせいで東京の子どもにまで鼻血」というデマ記事を、「俳優座の女優・活動家有馬理恵」について「主婦である」という完全なウソをついてでっち上げた。
3:NHK「追跡!真相スクープ」が、「海外で低線量被ばくによるがん、白血病死が起こっていて、これは福島でも十分ある」という根拠のないインチキな脅し番組を、恣意的な映像とインタビューの切り貼り、ウソ翻訳等を使ってまで作って放送した。

こういった行為が、「自主避難者いじめ」を招いた。
あのころ、福島は「反原発」とマスゴミによって、よってたかってイジメられていた。それが「正義」だった。

https://twitter.com/parasite2006/status/798894897788960769
nao@parasite2006
今NHK総合テレビの11時のニュースの音声を流しているが、全国ニュースで横浜の自主避難のこどものいじめの話はしても甲状腺がん発生率に「原発事故の影響なし」のUNSCEAR報告書の話http://www.minyu-net.com/news/news/FM20161116-127485.php … は一言も言わないとはどういうことだ。2016年11月16日


そうそう、朗報もありました。福島いじめの全国マスゴミは、報道するのに躊躇していたようですがね。


国連科学委員会が「津田論文」否定
https://twitter.com/don_jardine/status/799626987996221440
the_spoiler‏@don_jardine
今回、国連委の「原発事故の影響なし」を全国紙等マスコミが伝えないという相変わらずの体質。これが差別いじめの温床になっているのは間違いない。どう考えても「良かったね」と笑える朗報ではないか。地元紙が大きく扱っているニュースを全国紙が互い目配せしたかのように無視する。陰湿だよ本当に。2016年11月18日


まったくです。どうしてこれが全国ニュースじゃないのか?ま、要するに全国マスゴミは福島以外では「福島が汚染されている、危険」と叫び続けたい、それが「反原発」「反権力」「正義」であり、それで喰っていこうという魂胆なのだ。

がん発生率「原発事故の影響なし」 国連委、従来の見解を維持 福島民友 11/16
http://www.minyu-net.com/news/news/FM20161116-127485.php
 国連放射線影響科学委員会(UNSCEAR)のマルコム・クリック事務局長は15日、外務省を訪れ、東京電力福島第1原発事故の被ばく影響に関連する論文の調査結果をまとめた2016年白書を武井俊輔政務官に提出した。15年末までに公表された文献を精査し「がんの発生率に影響はない」とする委員会の従来見解に変更はないと結論付けた。
 白書によると、福島原発事故による大気や海洋、河川への放射性物質の放出量や食品への影響のほか、住民の被ばく線量の評価に関する学術論文などの内容を点検。委員会が13年に発表した「福島事故による被ばくを原因とするがん患者の増加は考えられない」とする報告書の主要な知見に影響を及ぼすものはなかったとした。
 また、事故当時18歳以下の全県民を対象にした甲状腺検査について13年報告書は、チェルノブイリ原発事故と比べ、被ばく線量が大幅に低いことや環境省が実施した他県との比較調査などを踏まえ、「(甲状腺がんなどの相当量の発生は)網羅的な検診の結果で事故による影響ではないだろう」と指摘。今回の報告書では、「13年報告書の知見は、新規情報の影響をほとんど受けていない」と結論付けた。
 委員会は13年に報告書を発表した後、内容に影響を与えるような新たな知見がないか継続調査している。昨年10月にも同様の白書を公表しており、今回が2回目となる。


【11月17日付社説】国連委16年白書/知見積み重ね不安を安心に 福島民友
http://www.minyu-net.com/shasetsu/shasetsu/FM20161117-127779.php
今回の白書では「原発事故後、本県で見つかっている子どもの甲状腺がんの多くは、被ばくで発症したものだ」とする岡山大教授らの論文に触れている。この論文について委員会は、がんが見つかりやすい超音波検診の影響を「十分に考慮していない」として、重大な異議とは見なさなかった。

17日には、UNSCEAR事務局長が会津に来て説明した。
.
「がん増加考えられない」 第一原発事故、国連委改めて示す 福島民報 11/18
http://www.minpo.jp/pub/topics/jishin2011/2016/11/post_14441.html
 国連放射線影響科学委員会(UNSCEAR)のマルコム・クリック事務局長は17日、会津若松市の會津稽古堂で東京電力福島第一原発事故の被ばく影響に関する追跡調査の結果を学校、医療、行政の関係者に説明した。クリック氏は「原発事故による被ばくを原因とするがんの発生率の明らかな増加は考えられない」との見解を改めて示した。
 追跡調査は平成27年までに各種機関などが公表した原発事故による大気や海洋、河川への放射性物質の放出量や食品への影響、被ばく線量についての論文などを検証。福島第一原発事故は予防的措置を講じたため、チェルノブイリ原発事故と比べて被ばく量は極めて低いとみている。
 子どもの甲状腺がんの発生状況については、チェルノブイリ原発事故に見られた傾向と大きく異なると指摘。「網羅的で高精度の検査により、通常は発見できない小さながんが見つかり、有病率が上昇する傾向を示している」とした。
 低線量の放射線を受け続けた場合の影響を問う声には委員会専門家グループのロイ・ショア氏が「福島の場合、健康被害が出るほどの状況ではないと考えている」と述べた。
(2016/11/18 12:22カテゴリー:福島第一原発事故)


18日読売新聞の福島版記事

https://twitter.com/pinwheel007/status/799473562960568325
あふらん@pinwheel007
「(津田敏秀・岡山大教授らの論文は)甲状腺の高感度超音波検診の影響を十分に考慮に入れておらず、調査に重大な欠陥がみられた」などと指摘し、「放射線の影響ではなく、集団検診の感度による可能性が高い」と結論づけた。2016年11月17日


読売新聞は16日の全国版夕刊にも載せていた。
https://twitter.com/xsorgex/status/799975875538206720

流石に朝日も18日にデジタル有料記事には載せて(元は福島版)、津田論文についても伝えたようだ。
https://twitter.com/kanna07409/status/800317832009433088
kanna07409
白書は、論文調査の中で「県内の甲状腺がんは事故の影響」とする津田敏秀・岡山大教授らの研究に触れ「1編の論文が事故による甲状腺がん増を実証したとしているが弱点がある」とした。同委の専門家は「高感度な検査の影響を考慮していない」とした。2016年11月20日


これまで岩波書店と共に散々津田氏を持ち上げて、何とか「福島では被ばくで甲状腺がん多発」の「理論的支柱」に仕立て上げてきた朝日が、やっと津田論文のウソを報じた。これは大きいにゃ。津田論文のインチキはこちら。

山下先生を弾圧したピロセが弾圧に反対 6国清掃が殺人 偉大な札学大生 「子ども福島」の歴史は回る ツダマンダー焼死等
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-201.html

今回の「まとめ」はコチラ。
UNSCEARの2016年白書(東電福島原発事故後の放射線被曝影響): 津田敏秀氏らの論文には「重大な欠陥」
http://togetter.com/li/1049396

白書はコレ。25ページの111が津田論文への批判。112は津田論文を反証した研究。
東日本大震災後の原子力事故による放射線被ばくのレベルと影響に関するUNSCEAR 2013年報告書刊行後の進展
http://www.unscear.org/docs/publications/2016/UNSCEAR_WP_2016_JAPANESE.pdf
p.25
111. 1 編の論文[T17](およびその後に発表された、批判への回答 [T16])は、甲状腺がんの発生率が放射線によって上昇したことを証明できると主張している。著者らは福島県で50 倍(95%信頼区間:25 倍~90 倍)の過剰を報告している。しかし、調査の計画と方法は、この解釈を正当化するにはあまりにも偏りが生じやすいもの [J2]であった。Tsuda et al. [T17]は、観察された甲状腺がん発見率に対する、甲状腺の高感度超音波検診の影響を十分には考慮に入れていない。彼らの結論は、FHMS の集団検診を受けた人の甲状腺がん発見率と、小児の甲状腺検診結果がほとんど含まれていない日本の他の地域での発見率との比較に基づいていた。

112(津田論文の言う)線量反応関係の傾向は何ら認められなかった。実際、被ばくが最も高い地域と最も低い地域における甲状腺がん有病率の比はわずか1.08(95%信頼区間:0.60~1.96)であった[W2]。このほかにも、Tsuda et al.と小児の放射線誘発甲状腺がんに関するデータの本質的な部分には、以下のような不一致が見られる。(a) Tsuda et al. の論文は、放射線被ばく後、1 年~2 年以内に過剰発生があったと報告しているが、チェルノブイリ原発事故後の調査および甲状腺への線量がより高かった他の調査において、3 年~4 年以内での過剰発生は見られていない。(b) FHMS における甲状腺がんはすべて、放射線被ばく時に6 歳~18 歳の年齢層で発生しているが、他の調査では甲状腺がんの誘発は小児早期(5 歳未満)に被ばくした年齢層で最も多く発生している。(c) 測定された甲状腺の線量は、報告された高有病率と整合するには低すぎる[T6, W2]。このような弱点と不一致があるため、本委員会は、Tsuda et al. による調査が2013 年報告書の知見に対する重大な異議であるとはみなしていない。

p.27
119. 本委員会は、2013 年報告書の当該分野における知見は引き続き有効であり、それ以降に発表された新規情報の影響をほとんど受けていないとの結論に達した。放射能を原因とする甲状腺がんのリスクに関する本委員会の知見に異議を唱えたように見える1編の調査には、重大な欠陥がみられた。


朝日と並んで「福島いじめ」を続けてきた毎日新聞は、この間に前々回の「ダム底セシウム」デマ記事を、委員会とやらで密かにゴニョゴニョやったらしい。17日「24面」に言い訳が小さく出ていた、とか。これも大きな(何しろ一面トップに危険デマだ)「福島いじめ」だがね・・・。

http://mainichi.jp/articles/20161117/ddm/012/070/134000c
開かれた新聞 委員会から 「ダム底にセシウム」の訂正 専門記事、チェック徹底を

https://twitter.com/DanielKahl/status/799209421406515200
ダニエル・カール‏@DanielKahl
こういう誤報が風評被害を悪化させるから、辞めて欲しいだけではなく、もっとデッカい声で謝ってけろ〜〜〜2016年11月17日


荻上チキさんは委員だったが、「記事上には、各委員のコメントが一部だけ紹介されていますが、具体的にどのようなコメントだったのかの全文は紹介されていません(編集権は毎日新聞にあるので、それは構いません)。そこで、私個人が毎日新聞社に寄せたコメントの全体を以下に掲載します。」ということだった。
http://d.hatena.ne.jp/seijotcp/20161117/p1
記事上では私の「意見」が引用・紹介されていはいますが、いくつかの具体的提案に対しては応えられてはいません。委員には、これらの提案を強制する権限は与えられていませんが、今後も議論を通じて、より「開かれた」対応を行うよう求めていきたいと思います。

どこが「開かれた新聞」なのか?「西山事件」で、「枯れた新聞」になったことは知っているけどね。

(11/23 追記)
東京の「地方紙」で福島じゃ売っていないから、これまでもあまり突っ込んでいませんが、最凶の「福島いじめ」新聞である「頭狂新聞」も、当然「おまいう」。
https://twitter.com/amneris84/status/800865119542472705
Shoko Egawa 認証済みアカウント ‏@amneris84
自分たちの新聞が、そういう偏見を助長する役割を果たさなかったか……という自省はあるのだろうか…… →東京新聞:原発避難いじめ「氷山の一角」 大人の偏見、子に影響:社会(TOKYO Web)


(11/25追記)
頭狂新聞の記事
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201611/CK2016112202000127.html
「○○ちゃんって、中学生になれば死ぬんじゃない」「放射能を浴びたから長くは生きられない」などの陰口を言われていたという。

これってあの「葬式デモ」、「反原発」が散々福島に向かって放った(今もやっているよな、そして頭狂新聞が後押ししている)デマと、全く同じじゃないか。

(11/25追記)
江川紹子さんが「葬列予報」について、書いてくれました!
これは「ニュースメディア」が「葬列予報」を取り上げた、初めての記事です。ありがとう!

2016.11.25 江川紹子の「事件ウオッチ」第67回.
【原発避難でいじめ】はなぜ起きたのか…蔓延した福島差別と問われる大人の責任

http://biz-journal.jp/2016/11/post_17245.html
 東京電力福島第一原発の事故で、福島県から横浜市に自主避難した家族の子どもが、小学生時代にいじめを受け、放置されていた。いじめが始まった時期と、それが多額の金銭をせびられる重大事態に至った時期。
 この2つの時期に注目しながら、問題を考えてみたい。

・・・事故後に広がった反原発の動きの中にも、差別を生む過激な言動が少なくなかった。その最たるものが、この年の9月と10月に大阪で行われた、葬式デモである。反原発の市民と宗教者が主催し、福島の子どもの葬式を模して、小さな棺桶を掲げ、僧侶が経を読みながら練り歩くというパフォーマンスを繰り広げた。
 主催者のブログには、「見たくない現実を 『葬列予報』という形で表すことによりこの厳しい現実と向き合い 子ども達が被曝の危険性にさらされていることにみなさんの関心が集まり 一人でも多くの子どもの命を守れたらと願います」とある。
「子どもの命を守る」という大義名分や反原発の正義のためには、現に生きている子どもたちの死を演出するパフォーマンスさえ正当化する主張に、私は唖然とした。福島にいること、あるいは事故時に福島にいたことは、すなわち死を意味するという恐ろしいメッセージは、福島に対するネガティブな印象づけとしては決定的だろう。

 そのような時期だからこそ、福島から転向してきた子どもに差別や偏見が向けられないよう、横浜市の学校にも、通常の転校生以上に十分な配慮が求められていたのではないか。


(11/27追記)
「原発避難者いじめ、氷山の一角、大人の偏見、子に影響」の記事に違和感を示す人々 #Fukushima
http://togetter.com/li/1052949#c3262604

https://twitter.com/kikumaco/status/802486647191277571
菊池誠(12/20ベアーズ25BA)@kikumaco
菊池誠(12/20ベアーズ25BA)さんがShoko Egawaをリツイートしました
あの愚劣な葬式デモを忘れないようにしましょう。あれこそ福島差別そのものでした。正義も善意もいつでも差別に繋がりうるのだという実例として、忘れないように。誰があれをやって、誰があれを肯定したのか、忘れないように

これも「反原発」のいじめ、差別ツイートだらけですごい。
原発避難いじめの背景にあると考えられる、「大人の偏見や差別意識」を身近に感じるために。
http://togetter.com/li/1052588#c3262637
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

https://twitter.com/higakubo/status/800871714531864576

地震で民進党議員が原発デマ。

No title

福島の皆さん、大丈夫でしたか?

阿部知子センセのデマツィートは、さっそくまとめられていますね。

http://togetter.com/li/1051383

一応、「訂正」ツィートしてるけど、これが訂正ですかあ? 「原因究明が進めばいい」って、これ正常動作でしょう。原因もへったくれもないのでは。
災害の際に確認も取らずデマを流すことは、関東大震災の際「朝鮮人が井戸に毒を入れた」とデマを流したことと完全に同質の行為なんですが。

元首相もな~

No title

コイツもだ。

https://twitter.com/ozawa_jimusho/status/800876372281303040

Q:どうして野盗ってこんなに放射脳デマ屋だらけなのか?

A:今や「反原発票」しか盗れるモノがない。

あるいは本当にバカなのだ(両方兼ねている可能性が高い)。
福島での地震、津波は、強力なバカ発見器だ。

No title

 「余震」と言うモノが数年から10年のスパンで見なければならない事を改めて感じました。地震に遭われた地域の皆様にはお見舞い申し上げると共に、一刻も早い日常を取り戻す事を祈らせていただきます。
 さて、既出ですがまた悪質なデマを飛ばした不届き者(しかも国会議員)が出たのには辟易しますね。しかも「訂正」の意味を勘違いしているとしか思えない「訂正」でお茶を濁して開き直る始末。本当に放射脳と呼ばれる連中は日本語が解らないのでしょうか?
 日本語が解らないと言えば、今度の地震を人工地震と決めつけるアブナイ輩が誤字まくりのツイートをして笑いを誘っています。

 https://twitter.com/ToreP_owari/status/800821420099977221
 
 放射脳と呼ばれる連中は「お笑い要員」の素質があるのかも。

これもすごいっす

東京新聞の11月22日付朝刊の記事。社会面かな。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201611/CK2016112202000127.html

「正しい認識持って」とはまさに天に唾する言葉でしょう。マッチポンプは新聞の体質ですから仕方がないとはいえ、やはりため息が出ます。朝日あたりが先の戦争をさんざん煽ったのに、戦後になってちゃっかり「国民とともに立たん」なんて囲み記事を出すのと全く同じ。新聞はこれからも同じことを繰り返すでしょうね。もっとも読者の方のリテラシーが上がってきてるから、そう簡単にはいかないでしょうが。

「問題提起」

東京新聞ね~。

鴨下氏って確か元福島高専准教授
http://torakagenotes.blog91.fc2.com/blog-entry-3084.htm
http://blogs.yahoo.co.jp/mizuguchiaiko/11697690.html

ま、新聞はウソ、デタラメ書いても「問題提起になった」というジョーカーがありますからね。新聞社がつぶれたら、「最大の問題提起になった」ですな~。

あの「鼻血美味しんぼ」だって、朝日が民報部長の発言を、「問題提起になった」にすり替えていたのです。(思い出した)
http://togetter.com/li/726934

No title

思うに新聞はそろそろ撤退戦(要するに「ごまかし期」)に入ってるんじゃないですかね。毎日みたいにまだ頑張ってるところもあるみたいですけど。国連科学委員会あたりでもダメ押しの結論が出たし。新聞って基本的に持ち場が3~4年ほどで変わるんですよ。新任者がそれまでと正反対の記事を書くことはよくあることですが、読者は朝日なら朝日、読売なら読売で、ブランドとして共通のものとして見ているんですから、「担当が変わりました」と言われても納得できないし、無責任と言われても仕方がないですね。

何卒ご了承を

ネコさん

寒くなりましね。余震、お見舞い申し上げます。
この記事の後半部分を完全剽窃したブログ記事を書いてしまいました。
事後ですが、何卒ご了承を。(ペコリ)
http://icchou20.blog94.fc2.com/blog-entry-731.html

No title

>撤退戦
確かに。トランプだって現実的になってますからね。その「ごまかし」が、ネット、PC時代になってやりにくくなっていると思います。決してPC得意でないワタシでさえ、「主婦 有馬理恵」なんてただ貼るだけでずっと繰り返していますからね。

>icchouさん
ありがとうございます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>2016-11-23(17:36) :さん

情報ありがとうございます。

『タウンニュース』藤沢版平成28年11月18日号 「小児科の窓から」
【子供たちに甲状腺癌多発】
16年度末までみればおそらく200人近い子供が癌と診断される事態となり、明らかに異常です。
実は福島県に隣接する茨城県北茨城市や宮城県丸森町でも甲状腺癌の子どもが発見されて、原発事故の初期に放出された放射性ヨウ素との関係が指摘されています。

って阿部知子議員が書いているのですか・・・いやはや。

阿部知子議員については、こんなのもありました。

県に丸投げで済まない 子らの甲状腺がん 2013年08月22日
http://economic.jp/?p=26300
小児科医で衆議院議員の阿部知子氏は22日、福島県が東京電力福島第一原発事故当時に18歳以下だった子らを対象に実施した甲状腺検査で18人が『がん』と確定し、疑いのある子が25人いるとされたことについて「これからも増え続けるし、おそらく白血病もでる」と危惧した。そして「いつまでも国が県に丸投げでは済まないはずだ」と早期に国が対応していく必要を提起した。

 福島県による事故当時18歳以下の子らを対象とした甲状腺検査の対象人数は36万人あまりで、これまでに調査できたのは21万7000人。福島県は第3者機関をつくり、この結果を検証するとしている。

 阿部議員は「こども達の甲状腺癌の多発も、汚染水の拡大も、事態を過小評価したい東電や県の体質が一番の問題」と指摘。「事実にきちんと向き合わなければ、根本の対策も出来ず、結局、被害を拡大させる。生命への罪」と事実に逃げない、迅速な対応を求めた。(編集担当:森高龍二)

神奈川に避難したら大変そうだな、「お前はもう死んでいる」とか言われそうだ・・・とにかく民震盪政権じゃなくてよかった。(震災前は民主党支持者だったのですがね、その昔は社会党に投票・・・げげ、全て真っ黒歴史となってしまった。)

この人、北茨城がダメなら、イオン小名浜店計画には反対しないんですかね?

皆様被害は出なかったでしょうか

昨日は飛び起きました、結構長かったので又大きくなるのかと怖かったです。

地震、津波でTVの前で海岸沿いの人達は早く避難してと思っているときに阿部知子氏のような人が氏一人ではない事が嫌になってきます。

「冷却ポンプが1時間半程止まって0.2度水温が上昇した事」
実はあまり心配していませんでした。安全装置が作動したのだろうと思いそうでなくても全電源が喪失したわけではないので手立てはあると思っていました。

津波警報が出ている中安全点検に行かれている方、冷却停止の対応をしている方に対してご安全にと思っていました。

これもニュースをきちんと理解できない人が全電源喪失したかのような騒ぎをしていましたね。

ネコさんが福島県にあちこちにある空間線量系が馬鹿発見機になっていると言われてましたが、5年前の原発事故がその人間の醜い部分、馬鹿な部分をあぶりだしましたね。
怖いですね。

ちょっと気になるニュース
白血病で労災認定の福島原発元作業員が提訴「東電は何ひとつ謝ってくれていない」

弁護士ドットコム 11/22(火)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161122-00005384-bengocom-soci

>東京電力福島第1原発の作業などで被ばくして白血病になったと労災認定された北九州市在住の元作業員の男性(42)が11月22日、十分な被ばく対策を怠ったとして、東京電力と九州電力に対し、原子力損害賠償法にもとづき約5900万円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こした。

なんて言うか因果関係を考慮することなく早く救済されるように労災認定が出たと記憶しているのですが気持ちの問題なのでしょうか。

>代理人をつとめる海渡雄一弁護士

海渡雄一弁護士を検索

>脱原発法制定全国ネットワーク事務局長。『グリーンピース・ジャパン』元理事長。

>弁護士で参議院議員の福島瑞穂(元社会民主党党首)とは、夫婦別姓を実行するため婚姻届を提出しない事実婚関係にある

もやもやします。


これは朗報  かな?

「フルタチさん」の視聴率が惨敗 フジテレビはお通夜状態か
http://news.livedoor.com/article/detail/12320631/

>『フルタチさん』(フジテレビ系)。初回視聴率が8.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)、第2回の放送が8.2%と2ケタを割り、第3回に至っては全局最低の5.8%だった。

この先を見ないとじわじわ人気が出てくる事もあるので分からないですが残りス来ないとはいえ「真田丸」があるし何といっても「鉄腕ダッシュ」があるもんね。





>さんご@さばとら さん

>結構長かったので
でしたね~、そこがちょっと、あの時に似ていたような気がしました。

>全電源喪失したかのような騒ぎ
全電源喪失して欲しいんですよ、この方々は。アベ(トモコ)政治を許さないっ!

http://news.livedoor.com/article/detail/12322704/
バカーン、バカーン、っと。

No title

皆さん、寒くなりましたね。

NHKでこんなのが、放送されていたみたいです。
http://twitter.com/Fuhsen_Kazuko/status/801565657150013440
この子やこの子の周囲に居る子は、みんな頭が良くて、いわゆる弁証法が成立する環境にあったと思います。
しかし、この手の頭のご不自由なことを、恥と思わないオジサン・オバサンには、相手以下のゲスにならないと、勝てないからねえ。

それから、この記事にも注目。
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFK23H0Q_T21C16A1000000/
どうしたら、いいのかな。

何やってんだ

千貫森の宇宙人さん

この放送について
私はすごく怒っているんです。

実際に観てはいないので
トゥゲッターで読んだ範囲なのですが。


でもみんなに「聞いて・聞いて」って
広めちゃったら

女の子たちがもっとさらされちゃうかなと思って
黙っていたんです。


市内の保育園の母親と聞きましたが

この人の表情を見た時に
「内面」が見事に表されていると思いました。

久しぶりに人を憎みました。
探し出して・直接やり合いたいくらいです。


福島の高校生たちが
「科学的な」いろんな活動を通して
現状を学び続け

原発を観に行きたいと言うのなら
それもいいと私は思っていました。

案の定・頭の悪い人たちの
使い古された(それしか言うことないのか・あんたら的な)
誹謗中傷は流れていましたが

この賢い子どもたちは
覚悟の上でやっているだろうから

屁のつっぱりにもならないだろうと。


でも「市内の保育園」の「保護者会」で
高校生たちが「園の行事の復活」について
説得させられることは

科学でもSSHの活動でもないと思います。


顧問や保育園の責任者は
何をやってるんだ。

高校生にこんな役割を任せるなんて
あまりにも無責任だ。

それは大人たちの仕事でしょう。


子どもがいる場所に
ああいう性根の輩が潜んでいる可能性は高く

(学会や研究会に比べて
 ずっとむき出しで品の無い
 何でもありのゲリラ戦ですよ・日常は)

(ああいう人には・・・皆さんにもあの「顔」を見てほしいけど
 海千山千のおばさんを対戦相手に組みなさい)

高校生たちに
あの「役割」をさせるべきではない。

保護者会で説明し
行事の復活を説得するのは
大人の仕事だ。


私が今願うのは

あの高校生たちが
この出来事さえも乗り越えて
立派な大人になりますように。


きっとなれると信じているけど

それでも今回のことは
受けなくてよかった傷だったと思います。

福島の大人たちは
子どもたちに頼りすぎです。


あのやりとりを放送しやがったNHKも
相変わらず馬鹿の極みだな!!!!!

さっきのタイトルは

千貫森の宇宙人 さんを
怒ったわけではないですからね。

ごめんね。

つながっちゃった。

違うのよ。

No title

>なおみさん

だいじょぶ、だいじょぶ。
なおみさんの文意は、正確に理解してますよ。

この番組を、私も直接見た訳ではないのに「ムキー」となってしまいました。
おそらく、私以上に、なおみさんの怒りが大きかった、ということですね。

私がその場にいたら、「あんたの放射脳を子供に感染させて、子供の人生ぶち壊すなよ」とでも吐き捨ててやりたいですね。
放射脳の末路は、テロリストかカルト狂信者か路上生活者のどれかでしょうからね。

No title

>なおみさん
件の番組、文字おこしがこちら

http://www.nhk.or.jp/ohayou/digest/2016/11/1124.html

(ナイショで動画も)
https://twitter.com/higuma_saikyou/status/801761487454777344

>スーパーサイエンス部 福島第1原発 廃炉作業見学 https://t.co/V93sJSFiKy @youtubeより

一応私の感想
問題の部分に関しては、編集がかなりしてあるので評価出来ません。
何かの話の流れかもしれませんし。
リスク判断が出来ない時に「あなたならどうする」ってのは結構やりますし。
まあ、いまだにリスク判断が出来ないってのも問題ですし、高校生に丸投げすんじゃねーよ、っては思います。

で、この高校生、ただ泣きじゃくった訳じゃなくて、きちんと思いを述べてるんですよね。本当にすごい。
世の中、合理性だけじゃなくて「感情優先」で考える人が多いのは私たちも経験してきましたが、それに負けず、諦めず、自分の思いをきちんと伝えていました。
理屈の上でも、感情の上でも、この高校生はアレな人たちよりもずっと立派ですね。

(それを受け入れられない人たちは「言わされている」とか言ってますが…ほんっとゲス)


No title

>なおみさん IKAさん

福島・宮城・岩手の三県からは将来、傑物が続出することは間違いないでしょう。
http://twitter.com/drsteppenwolf/status/801750137961754626

随分前に書き込んだと思うのですが、奥さんが放射脳になってしまったお父さんの苦悩です。
http://twitter.com/yktosan/status/799604513371918336
ほんに、子供の人生を破壊する気かよ。

業務連絡

です。

すみません、ワタシは明日東京都内某所に行かなくてはならず、例の件に対応できない状況です。まことに申し訳ありません。ご親切に感謝しております。

いつか必ず、です。

みなさん・ありがとう

そして・ごめんなさい。

最初に流れてきたのが
ツイッターで(その人の主観や編集が入ってると思われ)

自分では元ネタを探せず
(このあたり・5年前から進歩せず)

でも怒りにまかせて
とりあえず書いてしまい

善意の第三者からの提供で
ようやくニュース全体を観ることができ


>編集がかなりしてあるので評価出来ません。

ここはそうかもしれないな・・・と思う程度には
血圧も下がりました。

怒りのあまり
久しぶりに鼻血を出すところでした。


みなさんのコメントを拝見し
いろいろ了解いたしました(ぺこり)。


泣いちゃだめだ・女の子よ。

理屈で闘いに行ったなら
最後まで自分の感情は・思いは出さずに
同じ武器で闘うのだ。


まだ若い人たちに「泣くな」だなんて

どんなにひどく厳しい注文を
(こんな場所でおばちゃんが)
勝手にほざいているかもよくわかっているけど

(あの子どもたちだって
 好き好んで福島で
 震災にあったわけじゃない)

(よその高校生が
 こんな目にあうことがあるだろうか)


これから私ぐらいに
面の皮をむっちり厚くして

強く・賢く・優しい人になってほしい。


※「私ぐらいになってほしい」は「面の皮」にかかります。


それからね
ついでだから言っておくけど

同意とか
事務手続きがあったにせよ

なぜ女子を選ぶ?


妊娠・出産・将来の母親ならばって

馬鹿が絡みやすいのは
若い女の子でしょう?

は?
なんで女子だったわけ?

こういうところにも
大人の「意図」が感じられて
ものすっごくいやなんだよ。



いいか?
子どもを安く使うな!

本人たちがやりたいといった活動であっても
それを言い訳に大人が仕事をしないのは

無能だからな。

No title

>高校生
「親と一緒に信夫山に登れるのは今しかない。」
いい事言ってくれますね~。心が伝わります。

風船カズ子@C91 1日目東ノ03a ‏@Fuhsen_Kazuko · 11月24日
@Tomiepon 自分にとってこの遠足行事はとても大事なものだった。これは幼稚園のときしか体験できない・・・「行かせたい」と切り返すよりずっと誠実だと思いました。

ですね、自分の言葉で語っていた。「反原発」の「スローガン」とは正反対。

https://twitter.com/BBFukushima21/status/801791175485059072
はははは、地獄へ堕ちろ。そう言えば「中地区」って言った○カもいました。どうして「反原発」ってこうも「知ったか、上から目線」なのかね~。田舎をバカにしているつーか(関係ないけど、野盗は「田舎のプロレス」って、田舎をバカにしすぎ、プロレスも)、・・・ココのことを「池田信夫」さんが書いているとか言っていたのもいたな・・・オレは折口信夫だ、地獄へ堕ちろ。

あの事態は、「反原発」がやった「いじめ」にソックリ。「何かあったら責任とれるのか」、ワタシラも散々言われました。11年中は「決まり文句」でしたね~。今の状態は、被ばくでは何も無かったが、「いじめ」はあるし、勿論避難による「関連死」等も多数ある。アンタラ責任とれよ、なのですがね。

>随分前に書き込んだと思うのですが、奥さんが放射脳になってしまったお父さんの苦悩

確かに、覚えています。岡山だか姫路だか、でした。お気の毒です。こういう人たちの事は、マスゴミは誰も報じない(buzzfeedが確か一回書いていますが)けど、近い将来必ず表面化すると思います。

江川紹子さんが!

「葬列予報」について書いてくれましたよ!ありがとう!
http://biz-journal.jp/2016/11/post_17245.html

抗議文

みなさま

お寒うございます。

私の地元の大手新聞社である北海道新聞に抗議文を送りました。

地元の新聞社はローカルニュースをきめ細かく伝えてくれる

大事なマスコミ・・・でなくては困るので。

メールではなく、封書でもなく

誰でも社内の人がひょいと手に取りやすい形にしました。

書いては直し書いては直し

怒りをぶつけるのではなく

何が問題なのかを書きながらも、しっかり怒りを塗り込めました。

長年の読者ですし、この新聞でずいぶん勉強もできたので。

しょうのない子にちゃんとしなさいと言ってるような気がしました。

マスコミ

震災から5年たって、国連やらいろんな医学関連の調査結果が出ているわけですから、ここで撤退できないようなマスコミは大バカです。

朝日や毎日には依然としてバカはいるわけですが、毎日のバカ記事は訂正の上お詫びに追い込まれました。

この事態を踏まえれば朝日、毎日などはこれまでの偏向報道の姿勢を組織的に修正するのが経営者としてのリスク管理でありましょう。

東京新聞あたりは既に発行部数減で事業継続の危機にあるでしょうから、そこまでの判断はできないかもしれません。

テレビも電波芸者として危険煽り発言をした武田邦彦をバラエティ番組で使い続けているわけで、武田邦彦を「情熱大陸」に取り上げたTBSや原発の専門家と持ち上げたテレビ朝日などは批判されべきでしょう。

No title

>>北の国からさん

北海道も道新と同じくらいの規模の新聞がもう1紙あったらいいんですけどね。北海タイムスはとっくの昔につぶれっちゃったし。でも沖縄みたいなら、2紙あっても意味がないんですが。

ところで地元の寿郎社という出版社が、泊原発のせいで癌が増えた、みたいなブックレットを出したようですが、著者を見るともう読む気がしません。反原発運動をやっている塾の先生で、医学的(または理系的)な訓練を受けた形跡がないのです。統計だけを恣意的にいじくっているのかな。まあ読まないと何とも言えないわけでして、図書館に入ったら読もうかなあ。

元首相はバ菅どころか・・・

http://ameblo.jp/n-kan-blog/entry-12223330182.html
「河合さんは甲状腺がんにかかった被爆者の子供の支援に力を入れている。現在の政府は甲状腺がんは福島原発事故が原因とはいえないとして抑え込もうとしているという。」

あのな~「被爆者」って・・・もうこの世から消えてくれ。
(もう魚拓とった人がいた http://archive.is/8W1Gd

いやはやなんとも

ネコさんの ↑ にピッタリの、西村博之氏の良記事。

「いいことをしてると思っているバカが社会を悪くする」
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161125-01243036-sspa-soci

正義などという存在しないものを振りかざす馬鹿共・・・胡散臭過ぎ。
ホント、「この世から消えてくれ」ですね。

横浜のいじめ

数日前の朝日は
三面を大きく割いて「ニュース」にしていました。

しかし・中身をよく読めば
「いじめにあった他の子の体験談」だったのです。

これはニュースでしょうか。
それとも週刊誌の記事でしょうか。


うっかり読めば(私もそうなりそうでした)
「個人」が消えるんです。


どういうことかというと

いじめの問題はひとつひとつが
違うケースなのに

似たような人の話を
新聞やニュースでつなげて報道されてしまうと

問題点がまぜこぜになってしまって
「雰囲気」が出来上がってしまうのです。


なんだかうまく書けませんが
あの記事はニュースではなく

朝日お得意の「読み物」

それに三面を割いていた印象を受けました。


どんなに正義を振りかざしても

いろんな立場の人が
ある出来事を・どう判断(解釈)しているかまでは
動かせないんじゃないですかね。


マスゴミが定義したい・シンプルに決めつけたい

県内の人(差別される側?)も
県外の人(差別をする側?)も

実は同じような「思い」で
このニュースを観ている気がします。


いじめはいけません。
シンプルに・ただそれだけです。

スベトラーナ・アレクシエービッチ氏

ベラルーシのノーベル文学賞作家、スベトラーナ・アレクシエービッチ氏(68)が来日されてたんですって、知らなかった、こちらでニュースになりました?

「チェルノブイリと同じ」=福島の印象、ノーベル賞作家語る-東京外大
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016112800747&g=eqa

>訪問した福島県の印象について「複数の都市と村を訪れ、遠くから原発も見た。チェルノブイリで見聞きしたのと全く同じ」と語った。

この記事だけではこういう判断に至った過程が分からず何とも言えませんが、こういう事を言わせたい人が招待したいんでしょうね。

>日本の社会には“抵抗”がない

これ又これだけでは判断できないですが、日本にもねノーベル文学賞の作家様はいらしてね、被災者は余震の多さに何時家がつぶれるか心配しながら懸命に生きているときに「官邸前デモ」されてましたよ

福島県の住民に支持されなかっただけで

ネコさん
菅元総理はこれからの残りの人生「自分は悪くないもん」に費やされるのでしょうね。
だから考えの中に生身の人間が入っていないですね


気分を変えて
いつもありがとう、西原理恵子さん

福島県川俣のリンゴ
http://ameblo.jp/saibararieko/entry-12223740771.html
>中はもう蜜だらけ。

シャクシャクのあまあま。

そして

ついに川俣全避難命令解除されました。

いろいろご苦労あり、
こちらから何と言ってよいか、、、

とにかく美味しいものをありがとうございます❗


声高ではなくさりげない息の長い応援が嬉しいです。
(腹立つコメントがくっついてます、注意してね)

No title

>北の国から さん
すっかり亀的反応になってしまいましたが、

>怒りをぶつけるのではなく
何が問題なのかを書きながらも、しっかり怒りを塗り込めました。
長年の読者ですし、この新聞でずいぶん勉強もできたので。

これは偉いです、本当に。なかなか出来ないことです。

>メールではなく、封書でもなく
誰でも社内の人がひょいと手に取りやすい形にしました。

何だろうと考え中。

No title

>訪問した福島県の印象について「複数の都市と村を訪れ、遠くから原発も見た。チェルノブイリで見聞きしたのと全く同じ」と語った。

「ドキュメンタリーで初めてノーベル文学賞を受賞」って、ウソじゃないかと思いました。あまりにも軽い発言。・・・そうそう「日本には抵抗の文化がない」ってのもあった。ドキュメンタリー作家が、たった3日で「福島」だの「日本」だのをわかったツモリで、こんなことを言うのだろうか?普通の旅行者だって、こんなことは言わないよ。これではネット上の「お呪いBBA」と全く同じ、おしどりデマコ並みの低レベル放射脳廃棄物じゃないか。くだらなすぎ。ボブ・ディランよ、いまからでも遅くないっ!結局文学賞は政治ショーなのデス。

マリバロン先生

お久しぶりです。

東北の敵、マリバロン先生復活なさっています。
来年の北九州市議会選挙に立候補するみたいです。
八幡西区からです。
自由党ですが、社会党のミズホ先生が応援していらっしゃいます。

https://twitter.com/murakamisatoko

しかし、この方、住居がころころ変わりますよね~。
門司区→小倉北区→八幡西区。
本当に住んでいるのでしょうか。

No title

>マリバロン先生復活
お久しぶりです、お元気ですか(この間トンデモ犯罪者の母が本当のマリバロンと知って、ふと北九州のことを思い出していました)。とにかく風評加害者は復活しないでほしいです。

最近では、「みずほ銀行福島支店」って文字見ると、どうも身構えてしまうのですね~。

ホンマかいな

ネコさんありがとうございます。
みずほ銀行福島支店で身構える心情理解します。
http://mrkmstk.hatenablog.jp/entry/2016/11/15/080903 
今回のマリバロン先生のプロフィルです。

「再婚」とあります。前回ありませんでした。
どう解釈すればいいのでしょうか。
前回は、主婦とだけありました。ダンナさんは大手マスコミの転勤族。
大手マスコミのダンナさんと再婚したのでしょうか。
それとも、大手マスコミのダンナさんと
離婚してその後、再婚したのでしょうか。

 前回は、小学生の子供(今、中学生)がいて
それから選挙にのめり込んでいますから
仮にマスコミのダンナさんだったら、アイソつかしますよネ。
それをDVって言っているのでしょうか。
怪魔界の妖術のような。やはり、マリバロン先生です。

No title

>>さんご@さばとらさん

東京外大でこんな講演会をやってたんですね。
私はここの大学の出身ですけど、先生に放射脳なんかいたかなあ、と不思議に思いました。もっとも私がいたのははるか昔なので、教授陣もかなり入れ替わってます。自分がいた学科の先生たちとは今もつきあいがあるので、よく知ってますが、他学科のことは知らないから、放射脳系もいるんですかね。

「日本の社会には"抵抗"がない」なんてのは、中学生レベルの歴史の知識があれば、すぐ間違いだと分かりますよね。江戸時代には百姓一揆なんか腐るほどありましたし、明治には自由民権運動などがあったでしょう。作家なら少しは調べてからものを言え、てな感じですね。

No title

原発事故に重大な責任を負うバ菅内閣は事故後数か月で倒れ、その数か月後民主党自体が政権の座から堕ちて改名するも、人気は回復せず長期低落のトンネルに突入、今や解党を待つだけ・・・

チェルノBBAさん、これで「ソ連と同じ」?これを「抵抗の文化」が無いでスカ?まさか「野盗」政権に戻ることが「抵抗」だとでも?

No title

>さや猫さん
もしかしたら、「ロシア語」系は、どこの大学でも「放射脳」と言うよりも、「あの手の人々」の巣窟なのかもしれないと思いました、伝統的に。

No title

>>ネコ様

そうですね。外語大は言葉を学んでから、専攻の国を調べるので、リアリスティックな研究者が多く、跳ね上がり系(懐かしい言葉w)はほとんどいないのですが、「ロシア・旧ソ連」業界自体が跳ね上がり系方向に大きくずれ込んでいるので、外語のロシア語科も相対的にそうかもしれません。

学生サークルなんかは左がかった研究サークル(島田雅彦氏がいた「ソ連・東欧研」など)が私がいたころはそれなりに存在したのですが、今はどうなのか。せっかく再建した学生自治会(民青がやってた)も今はないみたいですし、研究サークルも壊滅状態でしょうね。喜ぶべきか悲しむべきか。

No title

>学生自治会(民青がやってた)

お~、これも懐かしです。そう言えば「民○ロ」という差別語があった。あれは多分反代々木系の用語だったか・・・

「ひなん生活を守る会」の鴨下祐也代表

11月27日の朝日新聞「原発避難 私もいじめ被害」は、横浜市のいじめ不登校事件以外にも原発避難者へのいじめ被害があるとして、小4で東京へ自主避難した子が「菌がうつる」などと言われたことが書かれています。
 
 このいじめ情報を朝日新聞に提供したのが、元福島高専教諭で現「ひなん生活を守る会」代表の鴨下祐也氏です。氏のもとへは記事の少年を含め、いじめを受けた情報が6件寄せられているとのことでした。
 いじめはどんな場合でもいけないことですが、なぜ、自主避難者の記事ばかり? という疑問が自然に湧きます。そういうネットワークがあるのということですね。

11月23日のコメントでネコさんが、氏について「小金井の資産家で、住む家が無い訳がない」旨の文春の記事を挙げられましたが、他にも芳しいものがありました。

 まずは、2012年2月6日福島民報です。
 http://www.minpo.jp/pub/topics/jishin2011/2012/02/post_3176.html

「水耕栽培は土壌汚染の心配をする必要はなく、栽培した野菜から放射性物質はほとんど検出されなかったという。(中略)
 野菜の甘さに顔をほころばせる学生を見て、鴨下助教授は「あの時、続けると言ってくれたことに感謝したい」と話している。」(引用終わり)

 ここでは、生徒とともに復興に取り組む志の高い人として描かれています。
 しかし、高専を辞め、いわき市から、先に東京へ自主避難していた妻子の元へ転居してからは、すっかり反原発活動家に鞍替えしたようです。

 鴨下氏は今年3月に、玄海原発差し止め訴訟で意見陳述しています。
 http://no-genpatsu.main.jp/download.html
 (資料の第16回意見陳述書筆頭)
① 水耕栽培について
  2011年、生徒の意向を確認したうえで研究継続した。しかし、同年12月、放射
線数値が上がり、「基準値内なら食べる」と言っていた生徒も含め、その野菜を食べなくなった。水耕栽培でも汚染は防げない。
② 2011年5月、寮に住む女子学生が心不全で死亡した。同年12月、「ホットスポッ
トである郡山に実家がある」別の女子生徒も亡くなった。被曝の影響を疑う。

 というデマ臭が立ち込める内容です。

 2012年2月の民報記事では、水耕栽培に成功した取り組みのことを語っているのに、裁判の陳述では、2011年12月には水耕栽培が失敗に終わったかのように述べています。
 鴨下氏が妻子を追って東京へ避難したのは、原発事故の1年半後だそうです。民報記事の半年後です。
 https://motion-gallery.net/projects/fghtokyososhou
 
 ②の2人の女子生徒死亡についても、12月の生徒については死因が書かれていません。まったくのでっち上げではないまでも、かなり脚色があると思われます。自主避難を正当化し、住宅支援継続を得るのが目的(玄海原発訴訟と無関係なのに)というか、もうそれが生業になってしまっているのでしょう。

 参考情報ですが、完全に一致。デマ屋に認定かな。
 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1477990634

 この裁判におけるデマ陳述は、原告弁護団も承知のうえだと思います。裁判の素人に自由に陳述書を書かせないでしょうから。できるだけ「盛る」ように指示をしたのだと推測します。

 鴨下氏は、自分の得になるように行動しているだけでなく、そのときどきの環境で、周囲から持て囃されたいタイプの人のようにも思います。復興の旗手から自主避難者による反原発運動の旗手へ、という見事な変わり身ですから。 

No title

マスゴミは「自主避難」をばかりを持ち上げたり、同情を誘うってなことを続け、福島に残った人のことは無視、ってのがこの6年間です。まったく腹立ちますね~。

自分らが「反原発」のデマによる自主避難煽り、騙しの片棒担いでいるし、朝日みたいに自らが自主避難しているので、簡単には変われませんな、これは。でも今は、「3月」に向けて燃料投下しているだけで、新年度になったら結局Fade outでしょう。

こっちもしぶとく、「抵抗の文化」とやらを続けますからね、何とかビッチさん。

抵抗の文化

東京新聞が省いた部分を読めば印象は多少良くはなるけれど感想は変わらない
https://www.buzzfeed.com/satoruishido/svetlana-alexievich?utm_term=.ilKQpOKmB#.crDmEe0l8

福島県民が抵抗するとこの言われよう、どうしろと言うのでしょうね、こんな事の繰り返し
氏にこう言う事を言わせたくて招聘しているわけで、氏が興味を持つものを用意してご接待しているのだもの、招聘した側に腹立つ

No title

>「ノーベル文学賞という肩書きも持ち込まず、あくまで人が人と話をするのです」

「抵抗という文化のない社会」だからね、こんな偽善は成り立たないのです。よく言うよ。

「何をいまさら」

最近話題のWELQのはなし。
筆者によると、もともと“健康医療情報は、全体的に質が低い”のだそうです。
http://blogos.com/article/200582/

“福島第一原子力発電所事故における「放射性物質」の話にも言えることだが、実際にそれらの物質が人間にとって危険であるか否かは、その量が多いか少ないかによる。健康情報を考えるときに量の概念を省いて「この物質は危険だから危険なのだ」という主張をしている記事は一切、信用するに値しない。
しかし残念ながら、そうした量の概念を踏まえた記事には、なかなかお目にかかれない。”

“文章の上手なライターは、見出しに鮮烈な言葉を出しつつ、内容は見出しで感じるほど苛烈な内容ではないという記事を書いて、批判を避けるのだけれど、記事単価の高くない、下手なウェブライターの記事の場合、そのバランスが取れずに、見出しの印象そのままの一方的な記事を書いてしまうことがある。そうした記事を頻繁に目にするようになると、知識のある人は「このメディアは質が低い」という評価し、そのメディアを無視するようになるが、量の概念を考慮しない記事に慣れ親しんでいる人々の多くは、質の低い記事であるという事にすら気づけないのである。”

筆者の論法を放射線健康影響の報道に適用すれば、「全国紙や一部の地方紙の健康医療情報は質の低いものばかり」、という帰結が(笑)。

福島の常識は、福島以外の非常識。

何をいまさら・・・

周回遅れで失礼します。

阿部知子議員は9年前に阪神淡路大震災での自衛隊の活動について的外れな批判をして炎上しています。
http://poo-mono.jugem.jp/?eid=294

菅元総理と同じ(所属団体は違うかもしれませんが)元全共闘のようです。
http://banmakoto.air-nifty.com/blues/2007/01/post_d45b.html

こういう人たちってイデオロギー優先だから自然災害で被災した人たちの感情を逆なでする政治的に便乗すること言うようですね。

菅元総理の言い訳の動画です。
https://www.youtube.com/watch?v=Pe4RmyRX1YI
北朝鮮の工作員・シンガンスを含む韓国政治犯とされる在日韓国人釈放の要望書に署名した言い訳。
他にカイワレ生産者の言い訳
などなど言い訳まみれの人生ですね。

村上さと子先生、また公式をリニューアルしましたね。
北九州市の災害廃棄物広域処理反対していたことは影も形もありませんね。

ベラルーシの作家先生ですが、Wikipedeiaによるとルカシェンコ政権から逃れるために10年くらい
ベラルーシから離れたそうです。地元では抵抗しないんですかね?

原発と放射線

しばらくです。

来年3月末で帰還困難区域を除いたほとんどの避難区域が解除されます。
普通に考えれば、ようやく故郷に帰れる、と言う意味では良いニュースのはずなのに、なぜか悪いニュースのようなニュアンスで報じられますし、実際に避難解除される地域の住民の多くが歓迎していないのが実情。

また、福島産の食材に対する忌避意識は事故当初よりはかなり下がったものの、一定の割合のところで下げ止まっているようです。

それらに共通するのは「放射線は少しでも危険」を未だに信じている人が少なからずいるという事に他ならないと思います。

自主避難者が戻らないのも結局はそこに行きつくと思いますし。

私は「原発の是非問題と放射線の健康影響問題は別問題」としてここにも投稿してきましたし、それを基本にして日常生活の中でも職場や近所の人との会話に織り交ぜてきました。

だから原発が良いのか悪いのかはもっと時間をかけてすべき問題だと思っているし、今やらなければいけないことは「放射線、特に低放射線の健康影響問題」とするのが基本スタンス。

国も県もそこを抜きにしている(やってはいるとは思いますが)から、風評被害がなかなかなくならない。

低放射線を長期間受けた時の健康影響に関するデータ(疫学的データ)はない、だから今後福島県民がどうなるかはわからないとする専門家(と言われる人を含む)の意見もありますが、果たしてそうなのだろうか?

私が何度も紹介してきた「世界の高自然放射線地域」のデータは意味がないのだろうか?

福島原発事故以降の福島の風評はデマ発信者が一番の原因なのはその通りでしょう。

しかし、それまで「放射線は少しでも危険」と言う科学的根拠のない主張を放置してきた側にも責任があると私は思っています。

結果的に避難基準や食品の放射性物質の数値が非現実的なラインに引き下げられたと言っても過言じゃないと思います。

「反原発」側はデマを言っている、だから反原発と言う運動は間違っている=原発は正しいし安全、と持って行こうとするなら、それもまた間違っていると私は思います。

なぜなら原発の過酷事故が起きれば、人的被害がなくても収束作業には莫大な費用と時間がかかることがスリーマイルやチェルノブイリとそして今回の福島原発事故で現実化されたわけですから。

しかし、だからと言って現実問題として世界には数多くの原発が稼働しているわけであり、それは今すぐ停止や廃炉とはならない。

地球温暖化問題も絡んでいるし。
(まあ、CO2などの増加が温暖化の原因という論理は本当なのか、と言う疑問は私にはありますが)

いずれにしろ、福島にとって原発の是非問題よりも、先ずは復興(私にとってはふるさとの存続)だし、それには低放射線問題をクリアする事こそ重要だと思うのです。

それを抜きにしたら、ついに先月だったか県人口が190万人を切りましたがその人口減少に歯止めがかからないどころか、加速するでしょうね。

グレッグ・レイク死去

http://news.yahoo.co.jp/pickup/6223521

ご冥福お祈りいたします。ELPの二人が今年亡くなるとは・・・本当にエピタフだ。

No title

>信夫山ネコさま

グレッグ・レイクが亡くなりましたか。
ご冥福をおいのりいたします。
しかし、本当にconfusion will beです。

http://www.youtube.com/watch?v=47S-lRwoK7c



横浜でいじめがあっても

 狂信者は全く良心の呵責を感じてないようですね。

http://pfx225.blog46.fc2.com/blog-entry-1590.html

No title

新潮に「五重の花丸」を差し上げたい。

http://www.dailyshincho.jp/article/2016/12120558/?all=1

No title

「自主避難者いじめ」騒ぎは、反原発連中とマスゴミが、「自主避難者家賃補助切れ」の来年3月にバカ騒ぎするための、「前哨戦」です。

お隣の某国の「日本叩き」と同じで、「運動」の火が消えかかると「福島叩き」が始まるっていう、お決まりのヤツ。

新潮いいですね。

なんで

自主避難者の子どもの
いじめニュースばかりが流れているの?

急にまとまって出てきたのは
マスゴミがこぞって探し出しているから?


数年前のケースもあり
「両者の言い分が食い違っている」とも聞きました。


嘘は良くないですよね。

学校の先生だけに
聞き取り調査を任せるのは
荷が重いんじゃないでしょうか。

取り調べのプロにも入ってもらった方が
すっきりすると思います。

嘘やいじめは良くないですからね。
事実関係をきちんと調べた方がいい。



「福島とは関わりたくない」
「めんどくさいよね」

そんなふうに思われていくんだろうな。


誰が加害者で
誰が被害者なんだか。

放医研プレスリリース

同じ被ばく量なら時間当たりの被ばく量が少ないほど発がんリスクは低下。
ある程度以下の時間当たりの被ばく量なら、被ばくしていない場合と同等。
http://www.qst.go.jp/information/itemid034-001353.html

閾値有り。ということですね。

No title

>急にまとまって出てきたのは
マスゴミがこぞって探し出しているから?

「市民」がマスゴミにタレ込んでいるのだと思われます。マスゴミにとっては渡りに船です。これでしばらく(来年3月まで)メシが喰えるってことで。

>tate さん
お久しぶりです。放医研のリリース、興味深いっす。

新聞の凋落

ここ最近の自主避難者の子供へのいじめ報道、きちんと取材していればもっと前からある事が分かっていたのに、福島県いじめに忙しくて報道する順位が低かったんですね、各メディア。

ネコさんの
>「自主避難者いじめ」騒ぎは、反原発連中とマスゴミが、「自主避難者家賃補助切れ」の来年3月にバカ騒ぎするための、「前哨戦」です。

ですよね、安全を求めて親に連れられて自主避難したのに避難した先で心休まる日を送れてないなんて子供が可哀そうで、そのつらい思いまでマスコミや運動する人達に利用されてしまう

子供の為に避難したのに子供につらい思いさせてなんの為の避難なのか、言葉もないです。

「福島さん」といじめられ… 原発避難生徒におごり要求

青木美希

(URLは貼りません)
手抜き除染でどや顔をしていた朝日新聞の青木美希さんではないですか、今頃何をしれっと後追いの記事を書いているんでしょう。

新聞が部数を減らすのもむべなるかな
朝日と読売の差が273万部に、朝日は41万部減、11月のABC部数
http://www.kokusyo.jp/shinbun04/

tate さん
>閾値有り

放医研の皆様、崎山のおばちゃんでもって胡散臭く思い始めてごめんなさい。





No title

>さんご@さばとらさん
>新聞が部数を減らすのもむべなるかな

こんなサイトがあるのですね、知らなかった、おもしろいです。
最新情報は、

1年間の減部数、朝日は35万部、読売は16万部、毎日は19万部、ネットメディアとの世代交代が顕著に 2016年11月23日 (水曜日)
http://www.kokusyo.jp/oshigami/10597/

福島イジメっ子の2紙が、大きく部数減で痛快。2年後には毎日が4位転落か。

tateさん

ちょっと遅くなりました。
tateさん、お久しぶりです。
ご紹介ありがとうございます。
もとの論文を読みました。
http://www.bioone.org/doi/10.1667/RR14499.1?url_ver=Z39.88-2003&rfr_id=ori%3Arid%3Acrossref.org&rfr_dat=cr_pub%3Dpubmed&
この研究グループのひとつ前の
http://carcin.oxfordjournals.org/content/31/9/1694.abstract
も一緒に読むべきかと思いました。

私の感想は、プレスリリースは大風呂敷を広げ過ぎではないか、また実験の特殊性や問題点について触れないのはアンフェアである、ということ。

この実験では、ネズミの二つあるPTCH1遺伝子の片方を予め壊しておき、がん組織に生じたもう片方の遺伝子の「がん化の過程で生じた変異」を観察するという工夫をしています。
また髄芽腫のみを観察するために、異なった系統のネズミ、黒い毛色の父(PTCH1の片方が壊れている)と白い毛色の母(PTCH1両方正常)を交配させたF1雑種を使用する、という特殊な実験系になっています(ネズミは系統によりリンパ腫など特定のがんが多発するので、髄芽腫が発症する前に死ぬから)。

最初に変だなと思ったのはプレスリリースの図3の棒グラフ、もともと自然発生の突然変異をもつがんが5割超あるのですが、この5割は放射線照射によって減少し、放射線由来の変異をもつがんが増加しています。
本来なら、自然発生がんに放射線発がんの数が上乗せされ、全体として増加するはずです。
たとえば500mGy急照射だと8割のネズミにがんが起こるはず。
この結果から明確なのは、本来自然発生するがんの代わりに放射線発がんが線量依存的に生じている、ということです。

論文を読んでみますと、どうやら自然発生の突然変異としているものは、例えばヒトの甲状腺がんで観察されるような塩基置換による変異ではなく、組換えによる変異(この場合、人工的に壊してある遺伝子が、正常な遺伝子に上書きされる)のようです。
組換えによる変異はネズミではよく見られるようですが、この点は様々な変異のパターンが観察されるヒトの発がん過程とは違います。
著者らもこの意味をdiscussionで触れてはいますが、あまり納得できる説明にはなっていませんでした。

もちろん低線量率の場合に発がんが少ないという結果は従来から知られていることですのが、分子レベルでも確認されたことの意味はあります。

以上のような理由で、この特殊な遺伝的背景をもつネズミの実験系ではこういう結果だったというのは事実ですが、たちまちヒトも含めた放射線発がん全体に適用可能であると一般化するのは無理があると思います。
従って、閾値がある、とか、LNTは否定された、などという議論も見ますが、この結果のみで言えることではありません。
そのような議論をするためには、これからも様々な実験事実を積み重ねコンセンサスをつくる必要があろうかと思います。

こんな系統的で大規模な実験は放医研のあのチームならでは、でしょう。
彼らの地道な努力には頭が下がります。
さんご@さばとらさん、ありがとうござます(関係者ではありませんが)。

3号機から核燃料取り出し

核燃料取り出し装置を搬入=福島第1原発
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161220-00000057-jij-soci

> 東京電力は20日、福島第1原発3号機の使用済み燃料プールから核燃料を取り出すのに使う装置の搬入を始めた。

 2018年1月の燃料取り出し開始を目指す。

時は流れている。事態も進んでいる。

デマのリサイクルや2011年から学ばないまま誤った情報で福島県いじめをしている人達には現実を見ろと言いたい。

ひょっとしてこういった人達は4号機から核燃料が取り出されたことを知らないのではないかしら。
プロフィール

shinobuyamaneko

Author:shinobuyamaneko
 福島県福島市の信夫山に住むネコです。
 原発事故以後ネット上には「もう福島市は放射能高くてダメ!逃げてください!」「福島はチェルノブイリ以上!」「子供を見殺しにしないで!」等の「反原発の叫び」が溢れてます。ネコはどこにも逃げられないから、もうノイローゼ気味。こういう「叫び」「脅し」の効果もあって福島に来る人は激減。街は沈み、市民は「すぐに逃げてください!」に怯えながら、静かに暮らしています。(←最近は嘘・デマがバレてきて、みんな元気になってきた感じだにゃ。)
 しかしね~、この種の「叫び」の根底に、「反原発」の「福島壊滅ならば原発全廃にできる!大大大チャンスだ!」っていう心理はないですか?原発全廃の為にはまず「福島壊滅」が必要とばかりに、科学的、医学的、論理的に怪しい説、大げさな数字等が「連呼」「拡散」されていないですか?それが「正義」になっていませんか?
 信夫山ネコは「故郷福島壊滅」を「原発全廃」の手段にされてはたまらんです。もし根拠がない数字や説の拡散によって、旅館の経営者が自殺するとかの悲惨な「風評被害」が出たら、大人しい福島人も終には訴えたりするのかにゃ~?!今はとにかくデマ、風評、誇張、脅し等を除染しながら記録するにゃ。(「リンクフリー」です 対「反原発」、対「放射脳」等での引用ご自由に)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR