毎日新聞の「底に溜まった」無知と悪意のデマ記事 バレた上に「表層水」的訂正で「決壊」 10/9追記:ついに「謝罪」

秋深し、マスゴミの罪深し、だにゃ。記録しなくちゃね。先月に続き、毎日デマ新聞登場。

「決壊」中のデマ記事は9/25の「ダム底 高濃度セシウム」だ。まずは「紙面」を保存したのでコレで。
「紙面」で見ると、この「デマ記事」の巨大さ=罪の「底なし」ぶりがよくわかります。
mainichi09251.jpg(一面)
このデマ記事は何と一面トップ、しかも、三面に巨大な「解説」の記事まで載っている。完全に「大スクープ」(のつもり)なのだ。
mainichi1609250031.jpg(三面)     mainichi16092503bq.jpg(三面 ベクレルって何)
mainich1men3.jpg(←ノーベル賞のiPS細胞と同格の記事なのですが・・・)

なお、ネット版記事は現在二度の「訂正」をしたのに、「有料化」というヒキョーな手に出て「逃亡中」だ。消す日も近いのだろう。
福島第1原発事故 ダム底、高濃度セシウム 原発周辺、10カ所8000ベクレル超
http://mainichi.jp/articles/20160925/ddm/001/040/178000c
ダム底 高濃度セシウム たまる汚染、募る不安
http://mainichi.jp/articles/20160925/ddm/003/040/048000c
ベクレルって何?=回答・栗田慎一
http://mainichi.jp/articles/20160925/ddm/003/070/050000c
(コレは10/8現在訂正ナシ→10/9「謝罪」)

naoさん、kazooooyaさん、森口祐一さんらが記事のインチキな数字に気づき・・・naoさんの大作「まとめ」

毎日新聞が検出限界値の不等号の意味を理解せず、福島県浪江町の大柿ダムの表層水からセシウム検出と報じた件
http://togetter.com/li/1029155

これを読めば、この事件の詳細まで完全に理解できるし、naoさんたちがツイートで検討しなかったら、デマ記事は野放しになって風評加害しまくっていたに違いない。本当にありがとうございます。

「まとめ」はここまでで、巨大ダムのようになったので(毎日新聞がずるずる時間を引き伸ばし、セコい訂正で迷走したことが、大いに影響しています)、便乗で申し訳ないのですが、以下はこの「まとめ」を読むための、ポイント「まとめ」、言わば「表層水」デス。

まず第一に、9/25記事の一面「表層水の濃度を「1リットル当たり1~2ベクレル」、三面の図に、「表層水 1.63ベクレル/1リットル」」とあるが(この二つの文は同じ意味内容)、これが明らかな「捏造」で、記事は「決壊」した。(「まとめ」の1ページ
酋長仮免厨 @kazooooya 2016-09-25 14:19:36
@parasite2006 毎日新聞記事の元データは新たに公開されたデータではなく、記者発表があった訳でもないですよね。
記事にある「各ダムとも1リットル当たり1~2ベクレル」ってのは、福島県調査結果(j.mp/2cS6Pkz)の空間線量率のことですかね?
nao @parasite2006 2016-09-25 14:34:36
@kazooooya これソース明示しないってほんとけしからん記事ですねえ。このページの中身env.go.jp/jishin/monitor… と森口先生の教えてくださったまとめスライドfukushima.jaea.go.jp/QA/ftrace/pdf/… をひっくり返して探せと言わせてもすぐは無理です

森口祐一 @y_morigucci 2016-09-25 14:39:06
推察の域を出ませんが、おそらくソースは環境省の下記サイトのまとめ5年分で、これを記者がこつこつと自分で集計されたのではないかと思います。それで「はじめてわかった」という論調かと。
env.go.jp/jishin/monitor…
@parasite2006 @kazooooya

森口祐一 @y_morigucci 2016-09-25 14:50:53
記事の検証は大切ですね。図中に示された2015年11月16日の測定値1.63Bq/Lは明らかに記者による集計表の誤読です。
env.go.jp/jishin/monitor…のp30にある、検出下限を足し合わせた、古典的なミス。
@kazooooya @parasite2006

すなわち、11月16日のデータは、セシウム134は「<0.75(測定限界値)」、セシウム137は「<0.88(測定限界値)」という意味なのに、オロカな記者はそれぞれ「0.75測定された」、「0.88測定された」として、足し算していたのだ。というわけで「不等号の意味を知らない」記者→炎上。これでは福島に限らず、世界中の全てのダムの水で、機器の検出限界値の合計のセシウムがあることになる。オロカが「底なし」。なお、記事署名は「田原翔一、栗田慎一、久野華代、岡田英」。

一面記事と三面記事の最後の部分、つまり記事の「底」の「専門家のコメント」に、毎日の「こじつけ」、「悪意(記者はこれを「正義」と呼ぶ)」が「溜まっている」。(2ページ
安東量子 @ando_ryoko 2016-09-26 10:16:01
山田国広・京都精華大名誉教授(環境学)の話「ダムは中間貯蔵施設のように放射性物質を厳重に保管する構造物ではない。干上がってセシウムが飛散したり、大地震によって決壊したりする恐れがある。国はたまったセシウムの全体像を把握し、住民に示すべきだ。」

安東量子 @ando_ryoko 2016-09-26 10:16:57
最後の結論以外は、頷ける部分がどこにもない。すごいコメントだ。こういう無理矢理の屁理屈しか出せない、ということなんだろうけれど。

酋長仮免厨 @kazooooya 2016-09-25 20:32:34
@kanna07409
今中さんのコメントなんて酷いよ→「打つ手がないのであれば、移住か帰還かを判断する材料となるデータを住民にきちんと示すべきだ」
ところで、記事はダムの表層水濃度と「飲料水基準」を比較してたけど、直接飲んでる県民っている?雑草喰ってたことにされたり大変だね

一面記事には「貯水線量 飲料基準下回る」という見出しがあるが、そもそも大柿ダムの水は、飲用水ではない。ダムの底にセシウムが溜まっていることは、以前から知られていた。それがなぜ今「大スクープ(=一面トップ)」記事になったのか?=もちろん、福島は危険だと煽るための「悪意(記者によれば「正義」)」が「毎日新聞の底」に溜まっているからだろう。(2ページ~)
mizuki_kanna07409 @kanna07409 2016-09-25 21:01:03
ダムの底にセシウムがたくさんあるなんて分かってることで、私だって1年前にはシンポジウムで聞いた内容ですよ。何で今頃、こんな記事を載せて、避難指示解除と結びつけるの?これって新聞社が情報をすぐに出さず、タイミングを見計らって出してるって事じゃないのか?

泉㌠智紀 @jsdfq43wtr 2016-09-26 01:10:52
はい. 大柿タムは灌漑用です.

泉㌠智紀 @jsdfq43wtr 2016-09-26 22:04:11
これを濃縮と呼ぶかどうかは再考の必要がありますな. 「森林から川を伝って流入した放射性セシウムが濃縮され」 mainichi.jp/articles/20160…

酋長仮免厨 @kazooooya 2016-09-26 22:35:19
@jsdfq43wtr 毎日さんは問題提起したつもりだろうけど、その問題の事実を正確に伝えないと意味が議論のしようがない…意図的かな?
ダム水質検査でセシウムが検出されていれば「放置するつもりかムキー!」の連中が釣れるけど、不検出なら「何が問題なの?」との意見が多くなるはずw

ここまでが9/25と9/26の状況。だが、記事の問題点はまだ「底」に到達していなかった。

9/30~元毎日新聞福島支局長、現編集委員の斗ヶ沢秀俊さんが、訂正記事に尽力した。(5ページ
斗ヶ沢秀俊 @hidetoga 2016-09-30 18:08:53
この<は検出限界を示すものであり、測定値ではありません。ですから、0・75と0・88を足して、表層水1リットルあたり1・63ベクレルが検出されたとするのは、森口祐一さん他の方々が指摘されるように、資料の誤読です。

斗ヶ沢秀俊 @hidetoga 2016-09-30 18:09:14
私は編集編成局にこの旨を伝え、訂正すべきであるとの意見を述べました。今週中には訂正が掲載されるかと思っていましたが、編集編成局内での協議がまだ続いています。訂正文案の作成中であると理解しています。来週初めまでには、訂正されると思います。

なぜ11月16日のデータなのか?=この日は突出して高い値だった~②と同じ「底」意地の悪さ(記者によれば「正義」)の現れだ。 (6ページ
nao @parasite2006 2016-09-30 18:44:02
@hidetoga ただ、あの記事の問題点は単に検出限界値を実測結果と誤認しただけではありません。図入りで伝えられた2015年11月16日の大柿ダムの底土の測定値は、福島県の測定結果ファイルenv.go.jp/jishin/monitor… を見ると1つだけ飛び抜けて大きな値で(続く

nao @parasite2006 2016-09-30 18:51:46
@hidetoga (続き)2015年11月の浪江町の気象データdata.jma.go.jp/obd/stats/etrn… と照合すると、試料採取日の前々日に雨が降っていたことが確認できます。2015年5月-2016年2月の試料採取日のうち直前に雨が降ったのはこの日だけです。(続く)

nao @parasite2006 2016-09-30 19:14:15
@hidetoga (続き)ダムの表層水も底土も、雨が降ると放射性セシウムの測定値が上がり、時間が経つと下がることが知られていますが、2015年5月-2016年2月の底土の測定値の中から雨が降った後の一番大きい値だけを選んで記事に載せ、しかも特殊な条件の測定値である旨の説明はなし

三面の「ベクレルって何」の「また、年間摂取量の基準値は、全年齢で100ベクレルと定められています。それを越えた場合の限度値は、体格や代謝を考え、13~18歳男子が最も厳しい120ベクレル、妊婦は160ベクレルです。」がメチャクチャ。この数字は本来/kgが付く(割合だにゃ)、年間の限度(合計だにゃ)ではない。年間限度がたったの100ベクレルって?人類みんなアウトだろ~、オロカが「底をつかない」。この記者の脳をオロカ、じゃなかったアロカのサーベイメータで測りたい。(6ページ)
nao@parasite2006 2016-10-01 11:15:52
@kazooooya なんですかこれ、「年間摂取量の限度値が○◯ベクレル」(それもたかだか3桁の値)って?ああわかった、この食品新基準値の解説スライドmhlw.go.jp/topics/bukyoku… の6ページ目に出てる表の「限度値(Bq/kg)」の誤読ですね。(続く)

nao @parasite2006 2016-10-01 11:28:00
@kazooooya (続き)年齢別の線量変換係数と食品摂取量を使って、年間上積み被曝線量の許容限度1mSvの達成には食品の放射性物質の測定値はこれ以下でという値を試算したのが年齢別限度値。最小だった13-18歳男性の値を100 Bq/kgに切り下げて全年齢共通の基準値として採用

一面記事の図中の「福島県の大規模ダム」の定義が不明。結局行政のデータがあった所をそう命名しただけ。「表層水」的取材。(7ページ
泉㌠智紀 @jsdfq43wtr 2016-10-03 19:29:22
ところで荻ダムを忘れてないですかね. 風兼ダムより貯水容量多いのだが. ほんとなにもかもいいかげんすぎる.

酋長仮免厨 @kazooooya 2016-10-03 19:37:21
@jsdfq43wtr あら、ホントだ。近くの滝川ダムはあるのにね。
てか、環境省の測定結果に入ってないからですかね?よう分からん
→j.mp/2cS6Pkz

泉㌠智紀 @jsdfq43wtr 2016-10-03 19:39:34
@kazooooya 結局役所の発表だけに依存するならば, 彼らが自称する「監視機能」を捨てているわけですよね.

10/4になり、ようやく「訂正」が出たが、しかし「捏造」が堂々の一面トップだったことに比べ、あまりにも小さな「表層水的」訂正だった。説明もほとんど無い。皆さんの失望と激怒で更に決壊。(7ページから)

「訂正します」
9月25日朝刊1面「ダム底 高濃度セシウム」と同3面の記事で、表層の水が「1リットル当たり1~2ベクレル」、3面の図で「1.63ベクレル/リットル(表層水)」とあるのは、いずれも「検出下限値未満」の誤りでした。

mainichiteisei.jpg
(たったのコレだけ)

Shoko Egawa @amneris84 2016-10-04 10:14:52
毎日新聞の訂正は、遅い、小さい、分かりにくいの3点セット。ノーベル賞の華々しい記事の陰に隠れるように、こんな分かりにくく短い訂正で済ませるとは、なんたる姑息。同紙への信頼が著しく損なわれ、愛読者として、ものすごく落胆している。

菊池誠(10/10神戸ビッグアップル) @kikumaco 2016-10-04 10:10:13
毎日新聞の超小さい訂正記事。しかも、この訂正によって記事の論旨がどう変わるかについての説明は一切なし。せめて、論旨への影響は書いてもらわないと、訂正の意味がない pic.twitter.com/q3v6IZbYjk

nao @parasite2006 2016-10-04 10:49:47
毎日新聞の訂正って語句修正だけですか。「検出」から「検出下限値未満」に論旨が180度ひっくり返っているのにその説明もなし。真面目に訂正する気があるのかと言いたくなる。pic.twitter.com/ScvfCeBpcb 要は書いた記者にこのテーマを扱う能力がないことを露呈しただけ

WEB版、「小学生新聞」等の「訂正」がされていなかった。毎日はこの捏造記事を「スクープ」のつもりで様々な媒体に広げ、その結果「底なし」決壊となった。(8ページ
さとしん @satoshin_23 2016-10-04 11:16:50
有料会員なのでネットで過去記事が見られるのですが、紙面では訂正記事があっても、ネット版の過去記事のイメージ図はそのまま。また、「訂正」で検索をかけても今回の訂正記事はありません。
毎日新聞さん、ネット版でもしっかりと訂正して下さい。 pic.twitter.com/waQ9ZDzGbH

安東量子 @ando_ryoko 2016-10-04 12:55:51
毎日も、朝日新聞核と人類捏造センターと同類判定でよろしいですかぬ。

斗ヶ沢秀俊さんが「孤軍奮闘」。斗ヶ沢さんは、数少ない「マスコミの良心」だにゃ(9ページ
斗ヶ沢秀俊 @hidetoga 2016-10-04 16:57:53
「表層水1リットルから1・63ベクレルが検出されたのではなく、表層水からは検出されませんでした」といった訂正の意味が分かる表現が必要だと考えます。また、なぜこうした間違いが発生したかの理由(記者が検出限界の「<」について理解していなかった等)の明記も求められます。

斗ヶ沢秀俊 @hidetoga 2016-10-04 17:30:50
毎日新聞の訂正記事に対する皆さまからのご批判、ご意見(代表的なものをいくつか)を、編集編成局に伝えました。メディア面で検証記事を掲載する、あるいは毎日新聞の第三者機関である「開かれた新聞」委員会で論議してもらうことを提案しました。

報道検証機構GoHooが、kazooyaさんらの9/25の訴えを受け、記事を公表。これはまとまっていて良いです。(9ページ)
ダム表層水のセシウム「1.63Bq/L」→「検出下限値未満」に訂正 毎日新聞
http://bylines.news.yahoo.co.jp/yanaihitofumi/20161004-00062885/
森口教授は、日本報道検証機構の取材に対し「担当記者は検出下限値の意味を知らなかったわけではないようです。ではなぜこのような記事になってしまったのか。きちんと経緯を検証して読者に説明した方がいいと伝えたのですが、今日の訂正記事は必要最小限のことしか書かれていませんでした。これが新聞社の限界なのでしょう」と話している。

森口さんのこれは、重要な証言だ。「担当記者は検出下限値の意味を知らなかったわけではない」のに、「このような記事」になったというのは、「底に悪意(記者によれば「正義」)が溜まっている」からか?

反響(9ページ~)
乙ありぃ @deep_wreck 2016-10-04 23:12:51
一面トップで嘘をついたのだから、訂正も一面トップに載せるべき。しかも小学生新聞でって子供に嘘教えて。

菊池誠(10/10神戸ビッグアップル) @kikumaco 2016-10-04 22:49:22
毎日新聞の誤報とその後の拙い訂正記事の問題では「危険を煽り立てたかっただけなのか」が問われているんだよね。毎日新聞はそこんとこ、よーく考えたほうがいいよ。風評被害を撒いてそれっきりですかっていう話ですよ

安東量子 @ando_ryoko 2016-10-04 21:12:57
え?じゃ、ほんとに朝日新聞の捏造記者田井中氏と同じということ?→「担当記者は検出下限値の意味を知らなかったわけではないようです」ダム表層水のセシウム「1.63bq/L」→「検出下限値未満」に訂正 毎日新聞(楊井人文) - bylines.news.yahoo.co.jp/yanaihitofumi/…

disneyworld @disneycruise200 2016-10-05 07:35:18
「記者は検出下限の意味を知らなかった訳ではない」ってことは、毎日新聞の記者は確信的にデマを記事にしたことになる。犯罪では?

斗ヶ沢さん再び「孤軍奮闘」。矢面にまで・・・斗ヶ沢さんがいなかったら、毎日の「訂正」は無かったに違いない。本当にありがとう。(11ページ
斗ヶ沢秀俊 @hidetoga 2016-10-05 12:44:21
⑥紹介した批判、意見はいずれも的を射ていると考えます。間違った記事を掲載したうえ、お粗末な訂正をしてさらに信頼を落としたことは、毎日新聞社の一員として、情けない、恥ずかしい気持ちです。

斗ヶ沢秀俊 @hidetoga 2016-10-05 12:45:39
⑦私は編集編成局に対して、メディア面での検証記事、あるいは毎日新聞の第三者機関「開かれた新聞委員会」での論議を要望しました。編集編成局は「紙面で説明する方向で調整している」とのことです。先に紹介した皆さまの批判、意見に応えられる内容の記事が掲載されることを願っています。

コスモポリタン やわ桃派deステ奥 @cosumo_pori_tan 2016-10-05 15:14:08
斗ケ沢さんお一人が矢面に立ってお詫びされているけれど記者本人、アレをスクープ扱いにした編集長の声が「調整している」としか聞こえてこないのよね
調整した結果があの「遅い、短い、分かりにくい」の文だものどう「調整中」を信用しろと

GoHooの楊井人文さんのFBには、重要なコメントがあった。(11ページ)
酋長仮免厨 @kazooooya 2016-10-05 17:48:59
う~む、困ったね
斗ケ沢さんへの批判が散見されるけど、これ以上コメントする義務がある?
楊井人文さんのFB:facebook.com/permalink.php?…
「記事の最後に引用した毎日新聞広報担当者は、当初「改めて紙面上の対応を検討しております」というコメントを出す気が無かった」 pic.twitter.com/zU64OCKP0I

10/5夜 毎日サイトに「再訂正」(11ページ)
http://mainichi.jp/articles/20160925/k00/00m/040/101000c
<訂正しました>この記事では当初、表層水の濃度を「1リットル当たり1~2ベクレル」、図で2015年11月16日採取の大柿ダムの表層水を「1リットル当たり1.63ベクレル」としていましたが、誤りだったため訂正し、図は削除しました。これらの数値は、環境省の調査の放射性セシウム134と137の濃度の検出下限値(測定器で検出できる下限の値)を誤って足したものでした。実際の調査結果は不検出(検出下限値未満)でした。
この記事は同省の調査をもとに、東京電力福島第1原発の周辺にある10のダムの底に、放射性セシウム濃度が1キロ当たり8000ベクレルを超える土がたまり続けている問題点を指摘しました。その上で、表層の水の濃度は国の飲用水基準(1リットル当たり10ベクレル)を大きく下回る現状を伝えています。
検出下限値の意味を十分に理解しないまま同省のデータを引用し、社内のチェックも不十分でした。今後は事実関係の確認を徹底します。


しかし・・・・「訂正」が「有料化」(12ページ
酋長仮免厨 @kazooooya 2016-10-05 23:21:26
あらら、今回のダム記事(togetter.com/li/1029155)に関する記事のほとんどが「有料記事」に移行した模様!
そんなことをしたら、「隠ぺい」と思われるよ!
「セシウム 福島 ダム」の検索結果 - 毎日新聞 : j.mp/2dN1kX1

酋長仮免厨 @kazooooya 2016-10-05 23:29:57
@parasite2006 今回の関連記事の多くが有料会員向けに移行したのは、どう解釈したらいいのでしょうかね? 毎日さんの今回の対応方針がよく分からなくなってきた…(>_<)

nao @parasite2006 2016-10-05 23:36:25
@kazooooya まさか臭いものに蓋ですか?有料に移したらわざわざ読もうとする人はぐっと減ってしまいます。「消した」に限りなく近づく。こんな対応誰が考えたと言いたくなります。

「再訂正」にも、おかしな点が・・・事実は「表層水からはセシウムは検出されていない」なのに、「飲用水基準(1リットル当たり10ベクレル)を大きく下回る」とされている・・・(12ページ~)
HANGUI Shin-ichi @hangui_ 2016-10-05 22:36:55
「ダムの底に、放射性セシウム濃度が1キロ当たり8000ベクレルを超える土がたまり続けている問題点」を指摘したということですが、環境省のいう現時点の最善策じゃ不満なんでしょうね。ダムの底には入らないでね、ということが言いたいことなのか。ダムが壊れたら大変ですよ、は一般論だし。

HANGUI Shin-ichi @hangui_ 2016-10-05 22:40:54
そりゃ私もダムの底にそういうのが溜まってるなんて面白くないですよ。だけど、被災地の生活が脅かされたりするのか、っていうとそうじゃないんじゃないですかね。「高濃度セシウム」なんて見出しつけられたことで嫌な思いをする方がよほど影響が大きいんじゃないですか。問題点を指摘ですか、ふーん。

takataka @_takataka 2016-10-05 22:28:54
これじゃあダメだ。「より詳細」って言っても単に字数上の話 twitter.com/GoHoo_WANJ/sta…

takataka @_takataka 2016-10-05 22:54:51
この点には依然言及なし「記事は、ダムの底だけでなく表層水からも微量ながらセシウムが検出されていたとの誤解を与えるものだった」

takataka @_takataka 2016-10-05 23:23:54
訂正後記事。未検出が「下回る」って表現も変「ただ、表層の水は各ダムとも検出下限値未満で、飲料水基準の同10ベクレルを下回る」

PseuDoctor @_pseudoctor 2016-10-05 22:55:07
続き)「伝えたい主張」が先にあって、それに合わせて事実を捻じ曲げるのであれば、それは報道ではなくプロパガンダ。もしもそういう事をやりたいのなら、それは個人がTwitterするのと大同小異って事だから、もぅ報道機関のふりをするのは止めてもらいたい。

津田和俊@てっぽう撃ちたい @kaztsuda 2016-10-06 00:42:20
伝えたいテーマが最初にまずあり、それに則った材料を揃えストーリーを決めたつもりが、その材料は実は最初のテーマを否定するものだった。結果がこれ

津田和俊@てっぽう撃ちたい @kaztsuda 2016-10-06 00:53:01
おそらく記者さんは、「高濃度」のセシウムがダムの底に溜まっているのでそれに触れた水は僅かにセシウムが溶け出してくる、と思い込んでいるのだろうけど、事実は全く逆で、沢水に含まれる放射性セシウムは土の粒子径の小さい粘土質の粒子で極めて水に溶けにくい状態で、ダムで底に沈殿する。

糸井 重里 @itoi_shigesato 2016-10-06 01:22:26
とりあえず、毎日新聞をやめよう。しかし、朝日新聞も、読売新聞も、むろん東京新聞も‥‥とりたくないから、報知新聞だけ宅配ということになってしまうなぁ。それでもいいか‥‥。

糸井 重里 @itoi_shigesato 2016-10-06 01:25:58
(斗ヶ沢秀俊さん、ごめんなさいね。あと、BuzzFeed Japanに転職した石戸諭さんにも、ごめんね)

10/6新聞紙にも「再訂正」が出た。何と「24面」。(14ページ
菊池誠(10/10神戸ビッグアップル) @kikumaco 2016-10-06 08:40:35
この訂正は、風評被害を防いで「水は安全である」という事実がちゃんと伝わるものになっているか、そこが問われていますね

江戸西 @edonowest 2016-10-06 09:55:35
毎日新聞のあれ、記事の前提になるデータの取り方が間違っていたならば、記事そのものを取り消す話にならないの

フリーフリッカー @Fleaflicker80 2016-10-06 10:01:02
@edonowest ネットではずっと指摘されていて、斗ケ沢氏の尽力もあってやっと訂正したと思ったら1面に8行だけ。「そうじゃない!」という声が高まり、再び訂正の記事を載せたけど「まだ分かっていない」状態。

フリーフリッカー @Fleaflicker80 2016-10-06 10:02:49
@edonowest 「ダム底の土からセシウム検出」は事実という点をもって、記事を取り消さないんだと思われます。でも、それが理解を得られるかどうか、に思いが至っていないと。

森口さんの「担当記者は検出下限値の意味を知らなかったわけではない」の顛末(14ページ)
森口祐一 @y_morigucci 2016-10-06 08:43:36
最低限の解説を加えますと、この説明記事では「検出下限値の意味を十分に理解しないまま」とあり、「検出下限値であることを理解しないまま」とはなっていません。何を「十分に理解しな」かったのかの説明がない点が不十分ですが、私が担当記者本人から受けた説明と齟齬はありません。

一番問われることは・・・(15ページ~)
井上リサ☆只見川紀行・秋 @JPN_LISA 2016-10-06 12:57:17
毎日新聞の「ダム底セシウム」誤報の件で私が知りたいのは、誤った記事を書いた「犯人」ではなく、何故あの様な記事を書いたのかという理由と、それが表に出てしまった経緯である。つまり、医療事故や航空機事故が起きた時になされる事故分析を新聞社も真摯な態度でやれ、という事である。

井上リサ☆只見川紀行・秋 @JPN_LISA 2016-10-06 13:34:20
@cosumo_pori_tan 鉄道事故、医療事故、食品衛生管理に関わる事故は、直ちに命に関わる事なので厳しいコンプライアンスが求められるのは当然ですが、「社会の公器」を自負する新聞の誤報やデマでも命を落とす人だっているでしょう。まずは、この認識を改めて欲しいですね。

Ako @heart8255 2016-10-06 23:38:39
「たまる汚染 募る不安」
この結論にもっていきたかった記事だから。数字をきちんと見ればそうはなりませんよ、と
間違いを指摘されたんじゃないの

Ako @heart8255 2016-10-06 23:46:20
普通の会社の感覚なら
「要らぬ不安を抱かせてしまい申し訳なかった」
が、訂正とお詫びに、なると思うんだけどな。

IKA @ika_river_c 2016-10-06 12:51:22
だから、今更ああいう記事を1面で取り上げる意味がよくわかんないんだよね。
地元では周知されていて、それなりに対処している事なんだよ。誰に問題提起しているの?

IKA @ika_river_c 2016-10-06 12:53:24
ましてや、ごく基本的なところもよく分かっていないまま記事書くってさ、救いようがないでしょ。

あふらん @pinwheel007 2016-10-06 15:28:24
@ika_river_c そうなんです。検出限界値の意味を充分に理解していたらOKなのかということなんですよね。そもそもあの記事で何をしようとしたかなんです。問題のある記事の中にさらに問題になる事実誤認があったということなんだと私は思っています。

21「ベクレルって何?」には訂正が無いまま・・・再炎上(16ページ~)
nao @parasite2006 2016-10-05 23:00:59
小学生新聞の記事mainichi.jp/articles/20160… にも訂正が入った。でも解説記事「質問なるほドリ」mainichi.jp/articles/20160… は未訂正。「年間摂取量の基準値がは全年齢で100ベクレル」は誤解。正しくは一般食品の出荷制限基準値が100 Bq/kg

安東量子 @ando_ryoko 2016-10-06 18:39:32
はい。でも、栗田さんは、事故の後、ほとんどずっと福島の関係追って記事書いてるはずなんですよ。基準値がなにかも理解しないで記事を書いていたというのは、ちょっと言葉がないです。 twitter.com/parasite2006/s…

安東量子 @ando_ryoko 2016-10-06 19:18:41
5年半、5年半だよ。その間、勉強する機会がなかったのか。勉強するつもりもなかったのか。何本、福島案件の記事を書いてきたんですか、栗田記者。いやはや。

安東量子 @ando_ryoko 2016-10-06 19:19:33
検出下限値の意味を知らなかった、もひどいけれど、食品出荷規制基準値100Bq/kg の意味を理解していなかった、というのも、もっとひどい。

nao @parasite2006 2016-10-06 19:20:52
twitter.com/ando_ryoko/sta… なるほど、日野行介氏のお仲間でしたか。そういうことなら数字の意味を読めず、土壌中の粘土鉱物に結合する放射性セシウムの性質に目をつぶった記事を書いたのも道理ですね。


(まとめのまとめのまとめ)
 というわけで、これでも大分長くなってしまい、naoさんの「まとめ」は本当にご苦労様です。この「まとめ」が無ければ、毎日は「シカト」だったに違いないです。「まとめ」には福島人の多数の「憤怒」と「失望」が載っており、それらは割愛せざるを得ませんでしたが、ぜひ読んでください。ワタシラの気持ちです。捏造記事への批判はまだまだ続いています。

そもそもこの記事は、なぜ(iPS細胞並みの)「一面トップ」だったのか?これは常に戻るべき「原点」だにゃ。
 一面記事の冒頭の「要旨」では、「ダムの水の放射線量は人の健康に影響を与えるレベルではないとして、同省は除染せずに監視を続ける方針だが、専門家は『将来のリスクに備えて対策を検討すべきだ』と指摘する」となっている。つまり「国vs.専門家、この対立にある問題を浮かび上がらせる」が、記事の主旨だ。

 専門家の言う「将来のリスク」は三面の最後に出ているが、「将来、上流域に住民が戻った時、生活排水などでセシウムが溶けやすい環境に~」、「ダムが決壊した場合~」、「打つ手がないならば、移住か帰還かを判断~」等とある。

 三面の前半の見出しは「国vs.地元」で、「ダムが壊れたらどうするのかと聞いても~政府が来年春に避難指示区域の一部を解除する浪江町の~」、「ダム底にセシウムがたまったままで、消費者が浪江産の農産物を~」、「これでは安心して帰還できないし~」といったことが書かれている。ここで使われている「専門家」や「住民」は記者の意図の「代弁者」で、「アリバイ」として、そうでない専門家一人が含まれていると読める。

 また、そもそも一面記事の見出しは、「10カ所8000ベクレル超」なのに、具体的な地元取材は浪江町だけであり、これが三面の全てを占めている。実は、浪江町(大柿ダムを含む)についての記事なのである。

 つまり、この記事の「将来」とは、来春の浪江町の一部避難解除の事だ。毎日新聞は「権力の監視役」として、「今、将来のダム決壊によるセシウム拡散に対する不安(決壊すればセシウムが溜まっていないダムだって十分危ないが)と、表層水に由来する農産物(印象としては飲料水も)に対する不安の強調によって、避難解除に対して異議申し立てをする」、というのが、なぜ今(報道のタイミングは重要)この記事が書かれたかの理由、記事の意図だ。ここに、「記者独自の計算で、他社が指摘していないことに目を付けた(スクープ!)」が加わって、「合わせ技」で「一面トップ」が生まれたと見える。他には「一面トップ」になるような、強力な理由は見当たらない。

 ところが、「独自の計算」が底なしオロカだった。記者が自分の意図を込めたストーリーを書くために、材料をかき集めたが、オロカなためにダムより先に「決壊」した。しかし、まさか「底に溜まった本当の意図」の事を書くわけにもいかず、やけに時間がかかった「訂正」が伝えた「記事の主旨」は、

「この記事は同省の調査をもとに、東京電力福島第1原発の周辺にある10のダムの底に、放射性セシウム濃度が1キロ当たり8000ベクレルを超える土がたまり続けている問題点を指摘しました。その上で、表層の水の濃度は国の飲用水基準(1リットル当たり10ベクレル)を大きく下回る現状を伝えています。」となった。

 これは一面記事の「見出し」を書き出しているだけで、冒頭の「要旨」にある主旨ではない(ちなみに新聞では「見出し」は記事を書いた記者がつけるのではなく、「整理部」という別なセクションがつけるそうです)。これが主旨では「一面トップ」になるわけはない(繰り返すが、この記事の「主役」は浪江町と大柿ダムで、残り9のダムの取材はしていない)。また、「表層の水の濃度は国の飲用水基準(1リットル当たり10ベクレル)を大きく下回る」は相変わらずの誤報で、事実は「表層水からセシウムは検出されていない」だ。しかも、見出しには「貯水線量 飲料基準下回る」と書いてあるが、記事中には「そもそも表層水は人間の飲用ではない」ことが、書かれていない。普通の人間はこれを読んだら、「表層水を人間が飲んでいる」と思う。そして「将来」は危険かもしれない、「不安」だと思う。これは「底」意地の悪い「悪巧み」なのだ。

 この「一面トップ」のせいで、「福島の水は危ない」だけが伝わり、残ることは想像に難くない。毎日新聞は「風評加害」で福島を滅ぼしたいのだろう。それが彼らの「正義」だ。

オマケ 
毎日新聞取締役が「素人の実感の方が正しい方こともある」で炎上、ツイ消し逃亡。
https://twitter.com/ishida5235/status/784547632203067392
https://twitter.com/cosumo_pori_tan/status/784537306980028416
毎日新聞は「素人の実感」で書かれている。不等号が理解できないのは当然。将来のダム決壊でセシウムを不安がるのも当然。「専門家」も科学も、地元の声も、全て記者という「素人の実感」の正しさを補強するためにある。新聞記者は素人?

竜田一人 ‏@TatsutaKazuto · 13時間13時間前
「素人の実感」を利用したデマに、どれだけ苦労させられて来たと思ってんだよ

(10/9 追記)
本日「ベクレルって何」やっと「訂正・謝罪」
「まとめ」の19ページ

3度目の訂正が2016年10月9日付朝刊に掲載されました

GoHoo/日本報道検証機構 @GoHoo_WANJ 2016-10-09 11:24:45
【続報2回目追記あり】毎日新聞が10月9日付朝刊に「おわび」を掲載。9月25日付朝刊1面の「ダム底 高濃度セシウム」のリードの表現の誤りが訂正されたほか、3面の「質問なるほドリ ベクレルって何?」の解説文・図も複数箇所、訂正された。
bylines.news.yahoo.co.jp/yanaihitofumi/…

GoHoo/日本報道検証機構 @GoHoo_WANJ 2016-10-09 12:00:14
【調査中】毎日新聞が10月9日付朝刊「おわび」で「ダム底 セシウム」報道の3箇所の誤りを追加訂正し「放射線に関する理解不足」に言及。まだ疑義の残る箇所もあり、詳細は追ってレポートします。
bylines.news.yahoo.co.jp/yanaihitofumi/… pic.twitter.com/UnAZIOKIc7
mainichiowabi.jpg

Shoko Egawa @amneris84 2016-10-09 11:27:58
毎日新聞、9月25日付記事で3度目の訂正でやっと出た「お詫びします」「放射線に関する理解が不足」との言葉。この日の記事は、取り消し、掲載意図も含めて、徹底的な検証が必要ではないか。 pic.twitter.com/updehf4E3P

Shoko Egawa @amneris84 2016-10-09 11:34:03
毎日新聞、「放射線に関する知識が不足し、社内チェックも不十分」な状態で、書かれたのは、果たしてこの日の記事だけなのか。1面トップにする記事すら、この体たらく。とすると……。記者への徹底した研修と万全のチェック態勢を確立するまで、同紙は放射線関連の記事は書くな、とすら思う。

kaiedak㌠ @kaiedak 2016-10-09 14:59:41
この記事、訂正するなら見出しも「ひとまず安全、されど募る不安」みたいに「現状はとりあえず安全」と書かないところがみっともない。 > ダム底 高濃度セシウム たまる汚染、募る不安 - 毎日新聞・田原翔一、岡田英、栗田慎一、久野華代 mainichi.jp/articles/20160…
  

 「一面トップ記事」の3回の訂正は、前代未聞。しかし、まだ問題がある。再三指摘されている、事実は「表層水からはセシウムは検出されていない」なのに、二回 目の訂正で「飲用水基準(1リットル当たり10ベクレル)を大きく下回る」とされている点についての「訂正」は、いまだに無い。この記事で間違っていなかった「数字」は、「ダム底の泥が8000ベクレル/1kg超」だけだ。

 それから「まとめ」18ページ~では、「2016年10月8日夜の議論:浪江町の避難解除と有識者検証委員会とダムの水質ー誤読はここで生じた模様」が行われており、「報告書」や「委員」にも問題がある可能性が出てきた。それでも記者が普通に調べていれば、これほどのマチガイは起こらないし、「ベクレルって何」の驚異的なオロカさは、これとは関係ない。

 この機会に、これまで散々やられて、まだ続く「風評加害」によって、傷ついている福島人の気持ちを、少しでもわかってくれる人が増えることを・・・(「豊洲市場」は、少し正しい方向が見えてきたようで・・・東京ってうらやましいにゃ・・・「豊洲市場」のマスゴミの扇動から、福島のことも類推していただけたら、ありがたいです。)

(「散々やられた風評加害」は、ここを見てください。まとまっていて良いですよ。)
2016.09.16 Fri
あなたの思う福島はどんな福島ですか?――ニセ科学とデマの検証に向けて
林智裕 / フリーランスライター

http://synodos.jp/fukkou/17814

(10/11 追記)
 本日17時からのネット・ニュース「オプエド」で、GoHooの楊井さんが話していたが、何と一面記事の「国立環境研究所(茨城県つくば市)は近く、複数のダムで本格調査に乗り出す」と、三面の「ダムのセシウム総量調査に着手する」もウソッパチ、そんな事実は無いそうです。  

(10/13追記 追記が底なし)
https://twitter.com/y_morigucci/status/786495174943748096
森口祐一@y_morigucci
森口祐一さんがGoHoo/日本報道検証機構をリツイートしました
国環研の林さんとは私も今朝電話で話しました。科研費がとれたことを記者に話したのが、新たに本格調査をはじめる、に化けたようです。研究予算欲しさに記事を書いてもらったんじゃないかと疑われてますよ、と伝えたら大笑いしていました。

「ダム底セシウム」報道に複数の誤り 毎日新聞、3度目の訂正は見送りへ
http://bylines.news.yahoo.co.jp/yanaihitofumi/20161013-00063204/

また以下はコメ欄にF1ABS さんが書いてくれた情報です。

国立環境研究所・林先生の科研費、これです。
https://kaken.nii.ac.jp/grant/KAKENHI-PROJECT-16H01791/
初年度1250万円。
審査は3月までに終了するので、このインチキ記事なんて関係ないし邪魔にしかならないですね。
タイトルを見る限り環境調査ではなさそうですし、人件費なども考えると金額的にとても無理。

(10/15追記)
naoさんの「まとめ」続編が出ました。その後の動きも入っていて、必見です。
続・毎日新聞が検出限界値の不等号の意味を理解せず、福島県浪江町の大柿ダムの表層水からセシウム検出と報じた件
http://togetter.com/li/1036734
実はデマ記事の翌日、
平成28年9月26日(月)午後 | 官房長官記者会見 「水質について全てのダムで検出されていないキリッ!」
というのがあったそうです。ところがどこも報じていない。また、GoHoo(日本報道検証機構)のHPにも出ました。

毎日新聞「ダム底 高濃度セシウム」報道に誤り多数
http://gohoo.org/16101401/ 誤報レベル=最大の「レベル7」(チェルノブイリ並みだにゃ)     
三面下から二行目、環境研の林さんの談話とされた、アンモニアの件もウソ。

(10/17追記)
https://mobile.twitter.com/mitsuya_niwa/status/785766030333186048
みつや @mitsuya_niwa
ダム湖にセシウムが蓄積されていくのを問題提起した毎日新聞の役割は評価したい、と森口祐一先生。 #オプエド pic.twitter.com/ZTH9jJd78I


 確かに「オプエド」の」最後の方で、森口さんはこんなことを言っていた。「問題提起」=「本当は中身が無い」(それ以下か、何しろあの「鼻血美味しんぼ」が「問題提起になった」ですぞ)だが、なぜこんなコジツケまでして、毎日新聞に逃げ道を作るのか?

 これこそ正に、マスゴミが「権力」である証拠だ。東大教授ともあろう人が、科学的、どころか全く稚拙としか言いようが無い誤りを、多数発見したにもかかわらず、逃げ道を作ってやらなければならない・・・マスゴミとここで関係を悪化させたら、この先何をされるかわからない・・・小保方事件で某ノーベル賞候補は、自殺にまで追い込まれたではないか・・・。これはマスゴミが「権力」以外の何物でもないことを証明している。この権力は、誰が監視するのか?野放しではないかにゃ?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

まとめのご紹介と解説ありがとうございました

ネコさん
あの膨大なまとめをコンパクトに解説していただいてありがとうございました(Togetterのまとめはスマホだとパソコン版の倍以上のページ数になるらしいので、あまり分量を増やしたくなかったのですが、今回は記録を優先したためスマホや携帯の方にはとても読めないものになってしまって申し訳ないです)

次回更新は食品基準値の仰天解説の訂正が出た時を予定しています。

良くまとまっていて助かりました。

ここ数日、断片的にツイッターで見かけていた問題でした。
経緯と問題点が明確に理解でき、大変参考になりました。
ありがとうございます。

No title

>naoさん
大変な大記録、大労作、本当にありがとうございました。naoさんの「まとめ」が無かったら、毎日は訂正しなかったと思います。
「ベクレルって何」もヒドイ中身ですね。でもこれを読んで、この記者は「知っていてワザとやった」ではなく、「ホントに無知なのだ」という気がしました。もちろん動機は、「正義と言う名の悪意」で。

>ceoさん
>経緯と問題点が明確に理解でき、大変参考になりました
ありがとうございます。私も忙しくて、断片的でした。naoさんの「まとめ」を読んで、せっかく全体像をつかめたのだから、忘れないうちにIndexみたいなものを作ると、貢献できるかなと思いました。

毎日新聞は5年以上かけてもろくに学習もできない無能が作っている新聞だということが、これではっきりしましたな(知ってたけどw)。連中にとっては学習する事それ自体が、権力に屈服する事だとでも思ってるから一生お馬鹿のまんまなんでしょうけどw

No title

>学習する事それ自体が、権力に屈服する事

まったく、小学生の「勉強する子は先生のお気に入り」ですね。

これが「反権力=弱者の味方」には勉強は不必要、平場に降りるためには、むしろ勉強してはならない、となって、益々楽チンな暗愚への道を突き進む?

しかし実態は、新聞社入試突破には勉強が必要で、高給取りのエリートで、第四の権力なのですが・・・入社したら学習ヤメ、あとは「素人の実感」ですかね~

No title

なんか、急に寒くなってきましたね。

ところで、この毎日新聞の取締役は以前にもこんなこと呟いて、炎上しています。
http://togetter.com/li/443234
この人物は、うっかりマスコミの通奏低音と思われる本音を、チョロと漏らす癖があるようです。
しかし、これらに共通するのは、論拠もデーターもない、「自分はこう思う」「自分はこう信じる」という独断論でしかないということです。


で、毎日新聞の一連のデマ記事は、邪推でしかないのですが、10月7日から10月10日まで、二本松で開催された市民科学者なんたらのイベントを盛り上げるために、はでに打ち上げたのでは?、あくまでも邪推ですがね。
でも、このイベント、ガン無視されていますね。

No title

>10月7日から10月10日まで、二本松で開催された市民科学者なんたらのイベントを盛り上げるために、はでに打ち上げたのでは?

オロカ記者は日野の仲間らしいですからね。10月6日夕方の、TEAM二本松幹部の暴行容疑タイホは、人民馬鹿学祭の内ゲバかも。

https://twitter.com/yuiyuiyui11/status/785402411472986113
最近はこういうデマ屋も、援護射撃が減ってますね。テロ朝にまで裏切られて、いい気味です。

No title

暴行事件があったのが、二本松市郭内。

市民科学者なんたら会議の行われた、男女共生センターも二本松市郭内???。

いかん、いかん、想像力が暴走してる。

No title

前夜祭、ですかね。

さらに深化した解説ありがとうございます

ネコさん
3度目の訂正後の追加分についての補足解説ありがとうございました。
あの記事が浪江町の大柿ダムを取り上げたのは、底土の測定値が県内最高値まで跳ね上がった時があったのをチェリーピッキングしただけだと単純に考えていたのですが、実は大柿ダムでなければならない理由があったのですね。

でもそうだとすると、もし福島県の月1回の定期測定日のうち2015年11月16日の2日前に雨が降っていなければいったいどうしたのだろうと考えてしまいます。その場合は他の機関が測定した大柿ダムの水と底土の測定値をひっくり返して、できるだけ新しく、かつ大きい値を探し出して(それもソースをあげずに)掲載したのでしょうか。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

>naoさん

何と言ってもnaoさんの大きな「まとめ」のおかげです。ありがとうございます。

>その場合は他の機関が測定した大柿ダムの水と底土の測定値をひっくり返して、できるだけ新しく、かつ大きい値を探し出して(それもソースをあげずに)掲載したのでしょうか。

多分そんなところでしょうね。あくまで想像ですが、「①浪江の帰還に水を差すネタ何か無いか?→②ダムにセシウムが流入、蓄積し続けてもう5年半→③表層水の値も上昇しているはずだ」ってな発想があったのでは。

>2016-10-11(09:25) : さん

身に余るお話、ありがとうございます。しかしながら現在現実で超忙殺されており、全うできない状況です。このエントリーを使っていただいて全く構いませんので、どなたかにお任せするのがベストかと思います。すみませんが、よろしくお願いいたします。

No title

>前夜祭、ですかね。

災難だったのは、ラガーマンに突進された被害者のおじさんかな。


皆さん、仕事が速い。
http://togetter.com/li/1035343
テロ朝で、この放射脳おばさんの電話対応した方は災難でしたね。

No title

新潟県知事選挙が、例によって「反原発・医者=福島disり」ですな~。これも仕事が速い。

http://togetter.com/li/1035421

こちらのオバハンに比べて、斗ケ沢さんは本当に偉いし、ありがたいと思います(比べちゃ失礼)。斗ケ沢さんは、サラリーマン人生賭けていますよ。

有権者でもないのに、支持なんて言ってデマ容認する人は何も賭けていないし、何も失わない。そもそも有権者じゃない人が、選挙後に何を「詰める」のか?もうたくさんですよ。

森口さんが

本日17時から、ネットニュース「オプエド」に出演。
https://twitter.com/GoHoo_WANJ/status/785685503060291584

GoHoo/日本報道検証機構
‏@GoHoo_WANJ
【本日17時放送】毎日新聞「ダム底セシウム」報道について、今日のニューズ・ #オプエド で徹底検証。当初から問題を指摘していた森口祐一東大教授 @y_morigucc が緊急出演し、問題の背景を解説していただきます!http://op-ed.jp

デマ杉のメディアだけど、GoHooの楊井さんがゲストで、さらに森口さん解説のもよう。

散々「フクシマデマ」をやったデマ杉も、今やなりふり構わず、になったね。もう「放射脳」は受けないって証拠だ(テロ朝と同じ)。

更なる大ウソ

「オプエド」見ましたが、何と一面記事の「国立環境研究所(茨城県つくば市)は近く、複数のダムで本格調査に乗り出す」と、三面の「ダムのセシウム総量調査に着手する」もウソだそうです。

(言葉が出ない)

No title

>信夫山ネコ様
>何と一面記事の「国立環境研究所(茨城県つくば市)は近く、複数のダムで本格調査に乗り出す」と、三面の「ダムのセシウム総量調査に着手する」もウソッパチ、そんな事実は無いそうです。

えええ~、これって「誤報」どころか「捏造」じゃないですか!
中日新聞が話題になってますが、それ以上の問題では?

【付記】
kazooooyaさんよりご指摘がありました。
https://twitter.com/kazooooya/status/786196477483692032
>@ika_river_c @cosumo_pori_tan

これって番組を観てないからよく分からないけど、

「国立環境研究所の調査に協力している日本原子力研究開発機構(JAEA)は、ダム底でセシウム濃度を測定する新型ロボットを開発中だ」とあるから、調査はするんじゃないのかな

https://twitter.com/kazooooya/status/786198660874776576
>@ika_river_c @cosumo_pori_tan

ただ、どこの組織が主導して調査するのかよく分からんね。
https://t.co/W2kMmL14Gc

JAEAはこれまでも調査をやってる→https://t.co/2eCbtT5Hth

https://twitter.com/kazooooya/status/786199742602579968
>@ika_river_c @cosumo_pori_tan

ダム湖における蓄積実態はやってるよ。
(当然、今後はやめるとは思えんけどね)

・ダム湖における放射性セシウムの挙動|国環研ニュース 34巻|国立環境研究所 : https://t.co/nufdcoIjPb

No title

連投失礼します。
「調査は今までも行われ、今後も続けられるだろう」という事なら「捏造」とまでは言えないかもしれませんが、記事で言ってるような「今後本格的な調査が~」という書き方は「より危険性を煽る」事に違いはないと思います。

No title

国立環境研究所のホーム・ページを見てみたのですが、地道な研究は続行中のようです。
あの記事から判断すると、大規模調査を思わせのですが、印象操作だろうね。

あと、国立環境研究所は三春に福島支部があるのだが、毎日新聞は取材に行ったのかな。
https://www.nies.go.jp/shinsai/nies_letter_fukushima.html
ま、本格調査の件もふくめて、しぶしぶ君に聞いてみようか。
(この「NIESレターふくしま」のキャラらしい)

>IKAさん

>何と一面記事の「国立環境研究所(茨城県つくば市)は近く、複数のダムで本格調査に乗り出す」と、三面の「ダムのセシウム総量調査に着手する」もウソッパチ、そんな事実は無いそうです。

番組の最後近くで、楊井さんがハッキリそう言ってました。「総量調査」は強く否定していました。楊井さんは記事に載っている、国立環境研究所の林さんに取材していました。

問題は「乗り出す」、「着手する」では。いかにも新たに、本格的に始めるという言い方ですが、これが?前から少しずつ続けてます、ってだけのことで・・・

No title

>信夫山ネコ様

そうですね。要は「本格的」っていうのがどの程度なのか…規模的な問題だと普通は解釈しますが、「人間が数名増える」とか「調査地点が数ヶ所増える」とかの規模かもしれませんし、「今までとは違う手法も用いる」とかかもしれませんね。
(林さんが毎日に言った意図と違う解釈で記事書いた、って感じですかね)

「総量調査」ってのもなんか大規模な印象持ちますけど、ダメダメな勘違いかもですね。(例えば「ダム内のセシウム総量が、より正確に推量できるように調査を進めます」とか言われたのを「総量調査に着手」って言っちゃったとか)

まあ、悪けりゃ捏造、よくても最悪の勘違い…って感じですか。

(本来なら私自身も動画確認すべきでしょうけど、どうしても上杉のところに登録したくなくて…ネコさん、本当にご苦労様です)

No title

国立環境研究所の研究員で、林さんは3人いるようです。
多分、このかただと思います。
http://www.nies.go.jp/researchers/100130.html

毎日新聞の望むような大規模の調査だったら、予算も人員も大変なことになりそうだし。それから集めたデーターを元に、論文を書くのはさらに大仕事になりそうです。
今の規模のまま、地道に続けるのがいいと思いますがね。

No title

連投失礼します。

森口さんと国立環境研究所・林さんの会話。
http://twitter.com/y_morigucci/status/786495174943748096
つまり、毎日新聞は盛った、ということかな。

No title

>千貫森の宇宙人さん

その林さんで間違い無いようで。
森口先生とのやり取り
>国環研の林さんとは私も今朝電話で話しました。科研費がとれたことを記者に話したのが、新たに本格調査をはじめる、に化けたようです。研究予算欲しさに記事を書いてもらったんじゃないかと疑われてますよ、と伝えたら大笑いしていました。 https://t.co/p3entM2tSH

を見ると「本格調査に着手」は科研費獲得→莫大な予算がついた!→きっと大規模な調査に違いない
みたいな思考回路が働いたのかなぁ、等と勝手に想像します。(実際の科研費はどの程度なのか…)
まあ、自分が書いた記事が「スクープであって欲しい」という願望はあるでしょうから、そのバイアスが出ちゃったのかもですね。



それ以外の部分も続報出ました。
http://bylines.news.yahoo.co.jp/yanaihitofumi/20161013-00063204/

ネコさん視聴された部分も書かれてます。(一部抜粋)
>しかし、林誠二さんによると、複数のダムの調査は5年前から続けていることで、これから調査を始めるものではないという。また、林さんらは、今年度から科学研究費助成を得て、ダム底のセシウムが溶け出す可能性を調べるための実験などに取り組むものの、「ダムのセシウム総量調査」を行う計画はないという。林さんは「(そのような調査は)予算的に不可能で、予定していないことを実施すると申し上げるわけがない」と困惑している。

やはり総量調査については否定してますね。
毎日新聞はこれ以上の訂正はしないようですけど、総量調査がどこから出てきたか謎です。

週刊アサヒ などなど

いや、相変わらずの面々ですなぁ、週刊朝日の専門家会議の記事。
書いたのは桐島瞬・・・・反原発「御用」か。
https://dot.asahi.com/wa/2016101200264.html

初めに結論ありき、ですね、放射線影響ありを繰り返し印象付け。
第一、医大が「甲状腺検査対象者の縮小」なんて公式に言ってたっけ?

この記事の第5回放射線と健康についての福島国際専門家会議って、活動家がたくさん参加し活発に質問していたみたいです。
(津田の長い長い演説に、「(ホントに)質問か?」と座長が突っ込んだのにはワロタ)
質問者の発言に拍手をする連中がいたり、とてもとても「専門家」の会議とは思えない様相だったとか。

いつまで馬鹿騒ぎを繰り返すのですかねえ、そっと見守るべきことなのに。


さて、野生キノコの記事ですが、2つをくらべてみました。
民友
http://www.minyu-net.com/news/news/FM20161013-118891.php
東京新聞
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2016101201001606.html

飲食店で客に出すことの是非はさておき、大事な情報は、東京新聞の「基準値超えの野生キノコ提供 福島・田村の飲食店」ってことでは必ずしもないんですよね。
自分で評価できるための情報、「乾燥保存されていたコウタケ、570ベクレルの放射性セシウム」が重要でしょう(民友エライ)。
知識のある人なら、乾燥シイタケのK40の含量と大きく変わらないなってことがわかります。
ずいぶん低いのね、と思うか、基準値超えのみを問題にするのかは、その方の相場観でしょ。
私ならこの程度は全然OK、香茸なら松茸以上にウェルカムですわ。
天麩羅も炊き込みごはんも、とてもとても美味。

東京新聞は興味本位で取り上げただけで、まさか「福島の食品は未だに危ない、信用できない」という印象付けを狙ったわけではないでしょうが・・・


関係ないけど、民友の最近の記事のタイトルにはちょっと引っかかりました。
http://www.minyu-net.com/news/news/FM20161011-118326.php
「ヒロシマ」って片仮名で書く必要があったのかな?
福島の方達は大多数が「フクシマ」と書かれるとカチンときますよね。
同じように広島人だって、皆さんがカタカナ表記がwelcomeではないでしょう。
ちょっと表現が安易すぎないか?



国立環境研究所・林先生の科研費、これです。
https://kaken.nii.ac.jp/grant/KAKENHI-PROJECT-16H01791/
初年度1250万円。
審査は3月までに終了するので、このインチキ記事なんて関係ないし邪魔にしかならないですね。
タイトルを見る限り環境調査ではなさそうですし、人件費なども考えると金額的にとても無理。

毎日の廃墟記事

結局「ダムの底にセシウムがー」しか残っていない、いわば廃墟記事です。何も伝えていない。一面トップが廃墟と化したわけですが、どうして取り消しにならないのか?

廃墟新聞社が廃墟記事残してどうするのか。

貧困高校生 ネットメディア誤報 「影響力」自覚を
http://mainichi.jp/articles/20160919/k00/00e/040/154000c

こんなこと書いている場合じゃないのです。オワってます。

No title

>信夫山ネコさま IKAさん F1ABS さん

なんか、コメント欄が2012年頃みたいな顔ぶれになってきましたね。

とりあえず、決して充分とはいえない予算で研究を続ける、林誠二先生には感謝です。

同じ林氏でもねえ、あの「科学革命隊 ルサンチマン」はなんとかならないかな。
最近のあの界隈からは、彼らのイデオロギーを受け容れない一般人に対する、怨嗟の声しか聞こえてこないもの。 


あと、きのこの件なんですが。
http://togetter.com/li/401568
1990年前後ぐらいには、Cs137が500Bq/Kgぐらいの天然キノコ
を平気で食べていた、という可能性はかなり高いということです。
570Bqぐらいなら、他人にはおすすめしないけど、自分ならホイル焼きにして、かるく塩をふって、いただくかな。


それから、ボブ・ディランがノーベル賞は少し驚き。
http://www.youtube.com/watch?v=2vF0f8eehuI

F1ABS さん情報ありがとうございます

環境研 林先生の科研費、基盤Aという割に大口のが2016年4月から向こう3年間ついているのですね。所属が国立環境研ということで、これまで研究費はおもに環境省の資金で賄って来られたのだろうと思います。科研費(昔文科省、今学振=日本学術振興会)の交付実績が今回を含めてまだ2件しかないのはそのせいでしょうね。

No title

みなさん、情報ありがとうございます。本文にも追記させていただきました。

>乾燥シイタケのK40の含量と大きく変わらない

コウタケ(シシタケ)は炊き込みご飯ですね~。昔キノコ狩りやっていたことがあって、ある秘密の場所にコウタケが3年ばかり、毎年生えたのです。また行こうかな。

フクシマの呪い

朝日新聞「社外秘」資料入手 「3年で500億円減収」の衝撃
2016年10月14日 16時0分 NEWSポストセブン
http://news.livedoor.com/article/detail/12146077/

(参考)
遂に朝日が福島で部数大幅減 読売に抜かれて4位転落
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-200.html

No title

もう毎日新聞は訂正レベルじゃおっつかないんで、記事撤回すりゃいいんじゃないかと思うんですけどね~。

ええと、コウタケってこの辺じゃ「いのはな」って言います。ってかコウタケって言い方知ったのは結構最近(笑)。
かの食堂も「コウタケはダメだけど、これはいのはなだからOK」とか思ってたのかも(もちろんただの憶測です)。

いのはなって、乾燥させた方が香りが強くなるんですよね~。
戻し汁も一緒に炊き込んじゃうと最高ですぅ。
ちょっと色がえげつなくなるけどね(笑)。
(子どもの頃はその色がちょっと苦手ですた)

NoTitle

>「コウタケはダメだけど、これはいのはなだからOK」
あるかも。

今関さんという人の、キノコ図鑑をよく見ていました。郡山あたりで撮った写真が多かったです。でも写真で見ても、よくわからなかったです、似たようなキノコがいっぱいあって。それから逆にあまり似ていない色の個体があったりして。

そう言えば昔、みずほ銀行の前でおばちゃんたちがキノコ売ってました。ムラサキシメジとか。あれが復活すれば、復興って感じですがね~。

No title

なかなか鎮火しないですね。
このままだと、毎日新聞は他の件でも、なにかやらかしているのではないかの、疑いは残ると思います。
四大出身の学生が、新聞社に就職して社会部記者になったとしても、このような高度な専門知識を必要とされる件を、彼らだけで扱うのは、今後は無理だと思います。

現代人が一日に受ける情報量は、江戸時代に生きた人の一生分と、よく言われているようです。
http://allabout.co.jp/newsdig/w/28680
http://viibar.com/doken/basis/jouhou-ryutu
いままでと、同じ方法で膨大な情報量を処理するのは、無理でしょう。



キノコの図鑑は観てると、なんか楽しいですよね。
おじさんが、キノコ取りの名人なのでよく家まで、おすそ分けがまわってきたのですが。
子供のころはキノコが嫌いで、シシダケもムラサキシメジも見たことはあるけど、食べたこと無かったなあ、いま思えば残念。

そうなんですか!?

>みずほ銀行の前でおばちゃんたちがキノコ売ってました。

復活するといいなあ(笑)。

きのこ採りって
人に教えない秘密の場所があるんですよね。

根こそぎは取らないで
少し残しておくんだって。

秋が深まってきましたね。

ししたけご飯は美味しい

「炊き上がりはびっくりするよ」と頂いてびっくりしたけれど、ししたけご飯は美味しい、中通りでは出ないので猪苗代湖から箕輪に行く途中の直売所にはあるので、以前買ってきました。高原大根と共に。

アホな子の毎日新聞はちょっと置いておいて、明日の新潟知事選に注目しています。

もう選挙の度にデマを言われるのはうんざり。
http://togetter.com/li/1035421

他所の選挙で決めるのはその地の県民の皆様だから、すごく慎重にデマはやめてと言っているのに、デマ飛ばす方はお気楽に言ってくれちゃうんですよね。
菅元首相の応援演説もあったし、新潟県の方は菅さんに対して何ともないのだろうか?反原発の孤高の闘志とでも思われているのか(まさかね)

No title

>おじさんが、キノコ取りの名人
これはうらやましいです。あの分野は名人がいないと難しいです。

>キノコ売り
http://kazenoshin.exblog.jp/10688184/
これはあまりにも昔の「勧銀前」ですが。あのおばちゃんたちは茂庭から来ていたのかも。宝くじ売り場の横あたりに、シート広げて売っていました。

>猪苗代湖から箕輪に行く途中の直売所
あそこは良いですね~、あゆの塩焼きなんかもあって。紅葉の季節にはサイコー。

>新潟
もうウンザリですよね。票が欲しいからってデマ流すのはやめてほしい。身内から異論、批判が出ないで、ポリシーの為にウソに目をつぶるっていう「運動」が、裏情報まで手に入るネット時代には、通用しなくなっていると思うのですが。

No title

新潟県知事選挙の結果を見て、読売新聞10月16日朝刊1・2面に掲載されていた、細谷雄一さんの記事を連想しました。
http://premium.yomiuri.co.jp/pc/#!/list_CHIKYUOYOMU
http://blog.livedoor.jp/hosoyayuichi/archives/1937424.html
ここで、出てくるのが「真実後(ポスト・トルース)」というキーワードです。
細谷さんの記事とブログ記事を読んでみれば、我々ならいくらでも実例を思い浮かべられますよね。

「真実後(ポスト・トルース)」を多用した、米国共和党や英国のEU離脱派は、今では自分等が苦境に陥ってますね。
たしかに、こちらでも、某とか某は、「真実後(ポスト・トルース)」の多用で現在、苦境に陥ってますね。

No title

>「真実後(ポスト・トルース)」というキーワード

興味深いです。ウソ、デマは絶対よくないのに、勝つためには何でも利用・・・これは選挙、あるいはマスゴミの注目度、視聴率のような短い時間で結果が出るものに、よくあることですね。

しかし福島で生活するということは、短い時間じゃないですから。こっちはとにかく長く言い続ける、サバイバルゲームを続ける、というのが唯一の方法ですね。

芋煮の季節と思っていたのですが、今年は寒くなるのが結構早いような気が。

No title

米山は当選したいだけの政治屋ですよ。
もう「オール新潟」と沖縄県のカツラ知事みたいなウソついていますね。

地元メディアの新潟県の自治体別の推計得票数を見ると出身地の魚沼市で森候補と接戦です。泉田の地元加茂市では多く得票しています。
森候補が市長を務めた長岡市、原発立地の柏崎市、水力発電がある阿賀町や津南町などでは森候補が多く得票しています。
米山の地元では節操の無さから呆れられているかもしれないですね。
http://www.teny.co.jp/election2016niigata/

新潟市自体昔から赤みがかったところです。
新潟市付近では森候補が長岡市に利益誘導するのでは?という話を聞いたので妬みがあるのかもしれないですね。森候補は震災の災害廃棄物広域処理に泉田の横槍を無視して協力した人なんですが、選挙対応で後手後手でそれも落選した要因かもしれないですね。

No title

>笹団子さん
う~ん、私は「政治屋」でも無いんじゃないかと…。
自民党、維新を渡り歩いて…政治屋としても信条が無さすぎ。
Twitterでは言わなかったけど、あの人「医者」「弁護士」…それから「知事」ですよね。
なんと言うか、資格コレクターと言うか、肩書マニアと言うか、そんな気がします。

No title

2016.10.16 SUN 22:30
なぜネット上にはデマや陰謀論がはびこり、科学の知見は消えていくのか:研究結果
http://wired.jp/2016/10/16/conspiracy-theory/

残念なことに、デマや陰謀論を信じる人々に、ただ“正しい情報”を提示するだけでは、彼らの信念を変えることは難しいという。それはなぜか? 情報の妥当性の判断には、個人の内面的な部分、つまり育った環境や経験が大きくかかわってくる。陰謀論者が信じる情報が内包する社会的価値観とは、個人のアイデンティティというコアな部分に触れるものであり、自分が生きるための指標としてきた「世界観」を揺るがす“事実”を、人は簡単には受け入れることができないからだ。

先週木曜の夜に風邪ひいたので、昨日は「寒い」と書きましたが、案外温かい感じもありますね。結局「落差」についていけない。

ニュース・オプエド

あっという間に旧聞になってしまいましたが、
ニュース・オプエドの森口先生出演の放送分がyoutubeに上がっていました。
https://youtu.be/MOhQg6MjE4g

>デマや陰謀論がはびこり、科学の知見は消えていくのか

論理的な思考や議論ってトレーニングが必要だと思います。
じゃないと、自分の「世界観」や経験に依存しがち。
欠如モデルが必ずしも上手くいかないのはそういうことかな、と。

放医研?

福島県を踏みつけにするような事やデマを仰らなければ何も口出しをする事はないです

千貫森の宇宙人さん
>ポスト・トルース
膝ポンしすぎて膝真っ赤w

笹団子さん、 IKA さん
華麗な経歴を検索してみました
米山隆一
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B1%B3%E5%B1%B1%E9%9A%86%E4%B8%80_(%E6%94%BF%E6%B2%BB%E5%AE%B6)
が、医師としての経験が短いのですよね、放医研にどの期間務めておられたのか、長く続いているのが知事候補者なんですね。
なってしまったからすぐ飽きて次に行かれるのではと思ってしまいます。

放医研と言えば崎山のおばちゃんがいて高木学校出身という肩書とともに胡散臭い組織ではと疑問に思い始めました。

放医研

>胡散臭い組織ではと疑問

とんでもない!
どんな組織にでも例外的な人間はいますよ。

放射線医学総合研究所(量子科学技術研究開発機構)は、日本の放射線医学研究で中心的な役割を果たしてきた機関です。

大学ではできないような地味で系統的な、基礎から応用に至る研究を積み上げてきた研究所です。
放医研なくして日本の放射線医学研究の基盤はなかったでしょう。


No title

>信夫山ネコさま  さんご@さばとら さん

たとえば、「パワハラ」「ブラック企業」のように、その言葉が普及することで、件の問題について多くの人が認識すようになります。
「真実後」「真実後の政治」「ポスト・トルース」が広く普及して、この件について考えてくれる人が増えことを、望みます。


 

No title

「放医研」がしっかりした組織だからこそ、「放医研出身」を権威付けに使って、トンデモをまき散らす者絶えないのでしょうね~。

それにしてもあの時、崎山某を国会に呼んだのは誰なのか?(武田某も、小出某も)

No title

>信夫山ネコさん
>「放医研」がしっかりした組織だからこそ、「放医研出身」を権威付けに使って、トンデモをまき散らす者絶えないのでしょうね~。

政界進出までの経歴はまさに「権威付け」が目的のようですね。
今は医療問題の弁護士を主に
http://www.otaka-law.com/lawyers/

小さな高齢者向け医療施設の経営をしつつネタ集めをして政治屋になるつもりなんでしょうね。
http://opendata-japan.com/mc-p1366-4380-99/
http://www.election.ne.jp/40/89699.html

選挙はもちもとの地盤の新潟5区での得票数が大したことないし経営している医療施設がある長岡市では対抗候補の方が得票しているから新潟県全体、特に新潟市に原発の恐怖心を煽って票を集めたのでは?と思います。

宇都宮弁護士と松本市長が合体したトンデモになるかもしれないですが、今のところは長野県知事時代の田中康夫がせいぜいかと。

ネコさん・大丈夫?

>先週木曜の夜に風邪ひいた

首の後ろをあっためて
蒸しタオルで鼻と口を湿らせて

マヌカハニーが
喉にいいって聞いたから
買ってきましたよ。

ひと匙おなめなさい。

はい・あ~んして!!!



すみません。

私のコメントだけ
科学の治外法権扱いでお願いします。



お大事にね!!!

No title

>なおみさん

ありがとうございます。元気になってきました。



No title

>「放医研」がしっかりした組織だからこそ

その通りですね。
崎山氏については「放医研にいるときはあんなこと言ってなかった」という話をよく聞きます。
ので、ちょっと調べてみました。

崎山氏
PubMedで放医研からの論文業績をみると、
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/?term=(Sakiyama+H%5BAuthor%5D)+ National+Institute+of+Radiological+Sciences
主に細胞生物学、培養皿の中の細胞や実験動物が相手の基礎科学ですね。
放射線を扱っているものは殆どない。
もちろん放医研の研究者だから研究内容が放射線に限定という必要はないし、また当時は制約が厳しくなかったこともあるのでしょう。
ただ、放射線科学の王道を歩んできた方ではないということは明確にわかります。

退官後に高木学校でしたね。
放射線影響はそこで勉強したのか~ イデオロギーと一緒に。
それはサイエンスじゃないので放射線科学の専門家と言えるのかと(笑)。
細胞生物学メインの人だと、放射線防護のALARAなんて言われてもピンと来ないでしょうね。
制御科学を踏まえた現実的な社会問題への対応なんて、とてもとても。
だからリスクを叫ぶだけなのでしょうか、お気楽なことです。

米山氏
放医研での業績
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/?term=Yoneyama+R%2C+National+Institute+of+Radiological+Sciences
2報ありますが筆頭著者ではないので、放医研在職中に論文にまとめられるような研究はできていないということです。

学位は2003年に東京大学から、博士 (医学)。
「甲」なので、課程に在籍して取得した博士ですね(社会人枠かも)。
博士論文はこちら。
http://ci.nii.ac.jp/naid/500000290222
MRI(核磁気共鳴イメージング)画像取得法の改良。

この方の全論文検索をかけてみると、
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/?term=Yoneyama%20R%5BAuthor%5D&cauthor=true&cauthor_uid=18768283
筆頭著者の論文が博士号取得前にはありませんから、おそらく見込みで医学博士をもらっていますね。
ただし医学系ではままあることなので、特に問題にはならないと思います。
もっとも、学位の申請要件が“インパクトファクター2以上の論文誌に受理されていること”といった規定をもつ大学が当時でも大部分(大学院重点化・部局化の流れで厳しくなった、東大は最初に制度化したはず)だったので、甘いですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

蛇足になりますが、放射線影響で問題になる、「癌」にしても「遺伝」にしても、現在劇的に進歩している研究領域なので数年で教科書が書き換わることもあります。
放射線影響って、通常認められる疾病頻度の上乗せという形で検出されるのですから、癌や遺伝についての今日の理解を知らずに昔の知識で放射線影響を議論するのは愚かな行為です。
アップデートなしで「専門家」として語ることは、見当違いの情報を伝えることになりかねないので極めて危険なこと。
ましてやイデオロギーが先、結論が先にあるわけですから、彼ら“自称”専門家の意見に一般の方が耳を傾けることは自殺行為ですね(震災当初の混乱の原因のひとつだった)。
崎山氏の場合はこのケース。

米山氏のケースは、経歴を見ると福島の現状を理解できないとは到底思えないので、
分かった上でシングルイシューでの支持を得るためにポジショントークを行っているのでしょう。
まさに「政治屋」ですが、福島を山車に使うのは迷惑千万。

>崎山某を国会に呼んだのは誰なのか?(武田某も、小出某も)
結局、専門家のサイエンスは必要なかった、反原発活動の知り合いが都合のよい情報を出すので呼んだ、ということですよね。
とすれば、凡その見当はつきますね。
たとえば本県と同じ名字の方とか・・・

No title

IKAさんが憤慨したこの記事。
http://twitter.com/ika_river_c/status/788745901221158912
http://www.labornetjp.org/news/2016/1016fukusima
深呼吸して、明鏡止水の心で・・・無理だな。
しかし、われわれなら、元ネタの分かるデマを随分盛り込んでいる。

で、この駄文を書いた「堀切さとみ」なる人物を調べてみました。
どうやら、この人物らしい。
http://twitter.com/pecohorisato
鼻血ィの取り巻きの、鎌仲ひとみの亜流らしい。

>県外に住む私たちに出来ることは何だろう。
オバチャン、義務教育からやり直せ。

NHKは福島県に呪いをかけているよね

原発事故後の福島描いた絵画の展示会 埼玉
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161019/k10010734821000.html

どんな作品かと記事を読めば
>来月12日まで埼玉県東松山市の「原爆の図 丸木美術館」で開かれています。

埼玉でと言わずに丸木美術館と最初から書いてくれればお察しなのに。

丸木美術館って?

原爆の図丸木美術館は、画家の丸木位里・丸木俊夫妻が、共同制作《原爆の図》を、 誰でもいつでもここにさえ来れば見ることができるようにという思いを込めて建てた美術館です。
http://www.aya.or.jp/~marukimsn/top/history.html

画家の坪井明氏って?

壷井 明
テトラ
http://www.as-tetra.info/archives/2015/150308095153.html

で今回初めての展覧会ではなくて

>2013年2月1日から4月14日丸木美術館にて「無主物」招待展示

美術館「御用」の画家さんなんだ

何故今頃ニュースにしたのだろう?

(作品自体は嫌いです)




海外のデマ記事

先日、海外記事を紹介するブログで、震災当時の津波強度を可視化した図を改変したデマにより、誤った認識で書かれた記事が紹介され、ブログ内では小波さんの指摘により本文は削除されました。↓
http://mahinche.com/archives/703
国内でのこんな記事の状況を見、いわんや海外をやという感じです。
開沼博さんのクラウドファンディングが終了し、自分が理想とする以上の金額が集まりました。
自ブログ挙げましたのでご参照いただければと思います(このプロジェクトで私自身は別のHNで支援させてもらってます)。↓
http://blog.goo.ne.jp/osato512/e/e4e7c9706fd447a27659f806c981b0f8

No title

>さんご@さばとらさん

壷井明は、たしか中核診療所の関係者だったと思います。
http://togetter.com/li/495362


No title

>丸木美術館
https://twitter.com/1876to1945/status/788939061830389760?lang=ja
によると、作者はインタビューでデマを喋り捲っていたようで。それが全く放送されなかったと憤っている。
https://twitter.com/1876to1945/status/788942099093688321?lang=ja
過疎地には、過疎地で産まれ、育ち、ほとんど外界へ出た事がない人間が現在においても多くいる。・・・おいおい、今時そんな所・・・フクシマのことか?アホかいな。
https://twitter.com/1876to1945/status/788947424383414272?lang=ja
記者は丸木美術館の「御用」

NHKはインタビューをカットしたことで、中立を保ったつもりかもしれないが、デマ屋について放送したこと自体が話にならない。デマこいていると十分わかったわけですから。いつまで風評加害するつもりなのか?

別件:藍原ピロ子も何かやらかしたとか?ネタが尽きませんね~。

人的な本丸たたきだけでいいのか・・・

半年ぶり?のご無沙汰です。
安心してください、見てましたから。
(半年?前と同じ事を書いている・・・・)

さて、以前も書いたと思うのですが私がここ1~2年ほど前からすっかり投稿が減ってしまったのは、今回の原発事故における健康被害は「ほとんどない」(正確には関連性を証明できるデータはない、かな)という科学的医学的事実(データ)がほとんどでありながら、多くの国民には未だに「放射線は少しでも危険」と言う意識は根強く残っているのは否定できないし、それが福島への風評が劇的に改善しない原因だと思っているのですが、しかし、当ブログではそこへの言及がほとんどないことに不満と苛立ちを覚えてしまったからです。
(だったら見るなよ、と言われそうですが)

私は職場の人や地元の人が未だに「避難区域にはもう住めないよね」とか「これからが子供たちの健康被害(甲状腺がん)がバタバタ出てくるんだろうな」とか聞くことがあり、それに対して「いやいや、世界には避難区域以上に放射線(自然放射線)が高い地域あるけれど誰も問題にしてないんだから大丈夫だよ」とか、「子供の甲状腺がんが増えているかどうかは他県も同じ検査をしてみないと比較しようがない」とやんわり言ったりしてますが、こういう底辺の意識を変えることをしない限りダメなんだと思う。

確かに「人的な本丸」をつぶすことが手っ取り早いのかも知れませんが、その「本丸」がなぜデマを繰り返しているのかと言えば、それは「放射線は少しでも危険」という「間違った知識・意識」がもはや常識化してしまっているために、自主避難者を筆頭に避難の継続や「福島産は危険」に正当性を求める「需要」があるからに他ならないと思っています。

勝手な想像ですが、「本丸」たちもこの5年半の間に出てきた様々なデータから本当は「放射線は少しでも危険」から撤退したいのかも知れません。

しかし、今なおそれを求める根強い「需要」があるから「止めるにやめられない」のかも・・・・。

先日わが故郷の飯舘村長選がありました。
私はもしかしたら現村長が敗れるんじゃないかと言う危機感を持っていましたが、辛うじて勝利してホッとしました。

対立候補が来年3月末の避難解除は間違っている、と現村長の村政に反対する姿勢を取ったからであり、そういう思いが強い若い人を中心に大きく票を伸ばすのではないかと感じていたからでした。

結果は現村長の来年3月末の避難解除が支持されたわけですが、避難の延長を求めた有権者が4割強いたことは「放射線は少しでも危険」と考えている人がまだまだ多いんだと思っています。

もちろん、それだけじゃなくて避難を継続した方が有益といった「さまざまな思惑」もあるとは思うが・・・。

そういった意味で、人的「本丸」たたきだけで本当にいいのか、本当の本丸は「放射線は少しでも危険」なんじゃないかと私は強く感じています。

長文失礼しました。

阪神百貨店にGOですよ~(大阪だけど)

鳥取県で震度6弱の地震
大きな被害になりませんように、余震が続いて不安な夜になりますが
落ち着いて、少しでも体を横にして休めてください。
電機が復旧したというので少しほっとしています。


あの画家さん出てくる出てくる、何だか芸術から離れたところから物を言われても、の気分
(プロレタリアートというものですか?)


阪神の東北6県物産展
https://www.hanshin-dept.jp/hshonten/special/tohoku/index.html/?from=6
2016年10月19日(水)→25日(火) <最終日は午後5時まで>
◎8階催場

ちゃんと6県になっているし6が強調されてますよね(穿ちすぎ?)

「特選漁師のうに飯」が食べたい。「仙台牛大関弁当」も「あわびまるごと海鮮丼」も食べたい、近くなら3つ買うのに(5000円超えてしまう)
https://www.hanshin-dept.jp/hshonten/special/tohoku/bento.html/

日本酒の利き酒セットも気になる

No title

あの壷井明は、自分の作り出した妄想に憑依されてる感じがする。

彼の文章や絵を見た感想は、夢野久作の「ドグラ・マグラ」読後感に似ているかな。
http://www.aozora.gr.jp/cards/000096/files/2093_28841.html
あるいは、アウトサイダーアートの第一人者、ヘンリー・ダーガの画集を観た時の感じに似ていると思う。
http://matome.naver.jp/odai/2135541319874219101
http://matome.naver.jp/odai/2138478036235276001

あくまでも、私の壷井明に対する評価です。
どのように、感じ、どのように評価するかは、各人の自由だと思います、私と同じ様な評価した人はいるかな。

No title

>福太郎さん
お元気そうで、何よりです。2011年6月某日、週刊現代の悪質なデマ記事が世の中を席巻していた時、「今こそデマ除染とその記録をお前がやれ」という啓示がありました。以来それに全力で取り組んでいます。それだけなのです。

>さんご@さばとらさん
>ちゃんと6県になっているし6が強調されてますよね
何故かまったく同感です。6が目立つような気が・・・

鳥取のみなさん、余震に気を付けて。夜の寒さにも。

No title

一夜明け鳥取、島根の地震報道もまとまった形で見ましたが、とりあえず人的被害は限定的だったようですね。
とはいえ、建物等の被害も多いようで、まだ大きな地震もあり得るのでお気をつけ下さい。
お見舞い申し上げます。

どうでもいいけど、今回の地震で原発ガーって人やっぱり出ましたね。鳥取に原発あったっけ?島根と間違えてるひと、居ないよね~。

>千貫森の宇宙人さん

いや~、あの記事見たときは腹が立って腹が立って…藍原ピロ子がテキトーなのは前からですけど、外で言ってんじゃないよ、と。



ツボイ氏については、まあアートって懐広いですからねぇ。作品の評価は避けますが、まあ個人的にはステレオタイプな感性とイメージだなぁ、と。
浅い知識と薄い感性で、表現も陳腐かなぁ。風船とか空を翔ぶとか、今時漫画でも使わない比喩じゃあ無いですかねぇ。
>福太郎さん

うんうん、知識の啓蒙って本丸と言うか基礎中の基礎ですよね。いわゆる欠如モデルというやつかな。
私個人は、知識もさることながら「センス」「感性」みたいなところをもっと重視してもいいかなぁ、と。
科学ってのがダーウィンもビックリの淘汰を経て、数百年に渡って練り上げられている、って知ってるだけで薄っぺらいトンデモとは一線を画せると思うんですよね。
あるいは論理性とか。
理系だけじゃなく、文系だって論理なんですよね。そもそも言語も論理ですから。文系だって理解できるはず。
いろいろアプローチできるところはあると思いますよ。

「除染」は必要ですね。ただ・・。

ふるさと福島の名誉を守る為には、デマの根元を断つのは絶対条件ですね。
そう言う点ではこのブログは大きな意味を持ってきた事に何ら異論は無いどころか、敬意を持っています。
ただ、これだけ状況が良くなってきたにも関わらず、福島県産に対する忌避意識を持っている割合が下げ止まっている事実や、そして私の最大の懸念である避難区域の住民が戻ろうとしない人が大多数と言う事実は、やはり違うところに原因があるとしか思えません。

ここに参加の皆さんは福島県産を忌避したり避難区域はもう住めないとか思っている人はいないと思いますが、残念ながら福島県民でありながらもまだまだいるんです。

そんな状況で「福島県産は安全です」「観光にも来て下さい」って・・・。

全ては「放射線は少しでも危険」にメスを入れてないからじゃないでしょうか?

ここに参加の皆さんは、ネット上では勇ましい発言をしていますが、日常会話でもそれが言えてますか?

友人知人や近所の人、職場の人が「飯舘初め避難区域にはもう住めないよね」「福島県産はちょっと遠慮するよね」とか話された時、うん、そうかもね、なんて話を合わせたりしてませんか?

またまた長文失礼しました。

No title

>OSATOさん
亀レスになっちゃいましたが、クラウドファンディングよかったです。改めて、スゴイ金額にやや驚き、です。世の中捨てたもんじゃない。小波さんもずっと続けてくれていて、ありがたいです。


No title

福太郎さん

お久しぶりです。
福太郎さんの故郷では、やぁどさんが頑張っておられますね。
菅野村長も再選されましたから、福太郎さんと同じ志をもつ方々も多くおられるということでしょう。

IKAさんが書かれているように、欠如モデルの限界がひとつの原因ですよね。
放射線科学というか制御科学の考え方がわかりにくいことに震災当初の避難問題などが重なって、「本当に大丈夫か?」と不信・不安が消えない。
飯館には多くの(本当の)専門家が関わってきたはずですが、(特に子供を持つ家庭では)なかなか諸手を挙げて帰還に賛成ということは難しい。
トラウマの深さを感じます。

おそらく個人個人で状況や問題点も異なるでしょうから、絶対値としての解決策はないのでしょうね。


>ツボイ

これは丸木夫妻の二番煎じ。
丸木夫妻の「原爆の図」についても、「見たくない・思い出したくない」などという反応もあったとか。
福島でも当然同じ感情をもつひとは多いでしょうし、デフォルメされ誇張されていれば尚更。

人の不幸で飯を食ってる、ヒロセとか先日のマレーシア人なんかと同類。
写真と違って、デマを証明する具体的な視点を指摘するのが難しい、という絵画の特徴を利用しているだけです。

それにしてもNHKは無防備ですね。
中核はもちろん診療所関係の情報を調べれば一発でわかるのだけれど、ね。
絶対に関わるべきではない連中なのに、宣伝してどうする。
思想の部分をカットすればよいと思っているのでしょうが、連中の思う壺。
彼らにとっては医療もアートもプロパガンダの手段に過ぎない。
シンパや工作員が潜り込んでいるのかもしれませんね、NHKにも。

安全安心・・・

最近良く聞かれる事なんですが、「安全・安心」と言うフレーズ。
この両者をセットにするのがハヤリみたいですが、今回の原発事故のような災害時・緊急時にこれを原則にして対処すると社会が混乱してしまうと言う事を強く感じます。

本来ならば「安全」だけでいいはずなのに、「安心」まで求めた為に、科学的・医学的には問題ない事が問題あるようにされてしまったのだから。

「安心」とは「安全」ではあるけれど、どうもそれだけじゃ「物足りない」から、何か「付加価値」を付ければ宣伝力と言うか、商品価値が上がると言う事で「安心」を加えたのでしょうね。

しかし、それが結果的に福島の風評を作り、そして避難解除が先延ばしされる原因に成ってしまったのは余りにも皮肉です。

No title

https://twitter.com/NonbeeKumasan/status/789971788704784384

実はソ連崩壊後は、「ニセ科学的社会主義」が主流です。これが最強、つーか最凶。
(「科学的社会主義」って死語ですな~)

No title

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

底なしの

ツイッターで流れてきたのが

「文科省委託の放射線出前授業中止」の記事。

こんなレベルの「講師」と、この人を派遣した文科省と

こともあろうに

コメントを「原発出前授業の川原教授」に取りに行った朝日新聞社と

全部まとめて落第です。

(見学した保護者に知識が足りなかったのは仕様がないとして)

川原教授は原発出前授業は続けてはいるものの

最近は憲法関係の活動にシフトしているようで、本も出しています。


新聞社にこんな記事を出されては

一市民の抵抗なんて吹き消されてしまいます。

確かに

放射線授業、やり直しへ 堺市教委「非科学的で不適切」
http://www.asahi.com/articles/ASJBV3DFGJBVPPTB004.html
放射線と原発についての市民向け講座を開いている札幌学院大の川原茂雄教授は「出前授業は客観的事実と科学的真実が担保されないとプロパガンダ(政治宣伝)になってしまう・・・

吹いた。自分の事言っている。

川原茂雄氏の風評

「加害授業」の記録は、

遂に朝日が福島で部数大幅減 読売に抜かれて4位転落
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-200.html

のコメ欄に「北の国から」さんが書いてくれていますよ~

「2015年10月18日札幌チカホでの原発出前授業」です。

和田酷子またはピデ子

ってのが話題になっていますね~

女性自身【公式】 福島での国道6号清掃活動のツイートに無関係な #原爆 タグをつけてしまい炎上する #女性自身
http://togetter.com/li/1042881

酷子(ツイッター名は酷犬)のデマ活動のはじまりは、12年のこれです。同じパターン。

「郡山で除染に参加しないと村八分」という「お話」の起源と伝播
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-49.html

No title

上杉隆氏、TBS「クイズ番組」に大抗議 「うそつき」「炎上」で連想する人物として「中傷」
http://www.j-cast.com/2016/10/31282261.html
「検索ワード連想クイズ」は、検索サイトに名前を入力した際に表示される関連ワードから、その芸能人が誰なのかを当てる内容の企画。その中で上杉氏の名前が出たのは、『うそつき』『炎上』『ロンブー淳』という3つの関連ワードが紹介された場面だった。

ははは。

No title

>信夫山ネコさま

さすが有吉弘行、ロンブー淳に対しての最高の嫌がらせですね。


さて、「女性自身」の炎上事件と、最近起きた二つの事件。
石巻の大川小裁判の件。
http://twitter.com/YES777777777/status/792740632427008000
それから、沖縄・高江の件。
http://togetter.com/li/1041286

石巻の件は、「断罪」なんてのやたら振り回さなければ、石巻市も上告はしなかったかもしれませんね。
沖縄の件で、安富歩は内面も、その内面を反映した外見も、本当に醜い奴だよ思う。

この三つの件は、なにか共通する部分があるよね。




女性自身とママレボの所業が白日の元に

ネコさんが早速コメントされてますが、女性誌登らせる中で何が起きているのかがよう世間様に知られる事となりそれは良かったと思います。
そもそも芸能ゴシップ誌という認識で誰も正確性を求めてないから無視すれば良いという意見もありますが、読むおばちゃん達の頭の中に難しい事は分からないけれど今も福島県は安全ではなく大変な場所であると・何となく残ってしまうのが始末に負えないし、無視して良いものではないですものね

そしてこんな情報が
https://twitter.com/fukusima840/status/793293672544481280

連投ごめんなさい

先程のコメントは私ですさんご@さばとらです

No title

>>千貫森の宇宙人さん

東京という安全地帯で煽ってるだけですから、本当に卑しい奴ですよね。高江にいる活動家よりはるかにお下劣。これぞまさに安富話法。

>>さんご@さばとらさん

58歳で教務職員ってことは、きちんとした学術論文を全然書いていないんでしょうね。小出センセのエピゴーネンじゃないかな。

No title

安富何とかって、チョーくっだらないデマ屋ですよ。あまりにもくだらない。ピロキにさえ及ばない。

大飯のJKが無双!(→ DKでした)
http://togetter.com/li/330621

ローマ字の読めない東京大学教授とは?
http://togetter.com/li/700765

No title

>信夫山ネコさま さや猫さん

結局は、安富先生、東京から遠距離支援射撃したつもりが、自陣内で誤爆・炎上という結果になったようです。
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-386177.html

>さんご@さばとら さん

和田酷子の件は、さらに深みに嵌っていろようで。
http://togetter.com/li/1043809
相変わらず、皆さん仕事が速い。


それから、奴等がいまだに拘る、管理区域云々についてですが。
http://www.makisima.jp/engineering-lab/wiki.cgi?RadiationSource
「やさしお」や「減塩習慣」ね、K40が約8500Bq/Kg、ということは、1gあたり、8.5Bq/gということか。
たしか、一円玉ひとつが一グラムでしたね。
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S47/S47F04101000041.html
ということは、スーパーの食塩売り場は、管理区域かな?。
小出尊師はどう答えるかな。

来年の6国清掃は、「やさしお」をまいて奴等を撃退しようか。

No title

>>千貫森の宇宙人さん

和田酷子も、会ってお話しませんか、なんて言ってますね。
白石臭もそうでしたが、会ってどうしようというのでしょうか。
ただただ気持ち悪いとしか思えないんですけど。

No title

直接交渉を持ち掛けてくるということは、相手にはもう手持ちのカードなしということです。
相手方の負けです、勝敗は決しています。

沖縄の件は、あまり深入りしたくないけど、さんざん奴らから迷惑を掛けられてきた立場からは、「奴らには注意してください」と沖縄のみなさんに言いたいのですよね。
http://togetter.com/li/1044333
あと沖縄で問題なのは、県民紙が極端な思想の集団と癒着していることだろうと思います。


別件ですが、せっかくの休日に京都の放射脳に絡まれて、IKAさん、たいへんですね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

shinobuyamaneko

Author:shinobuyamaneko
 福島県福島市の信夫山に住むネコです。
 原発事故以後ネット上には「もう福島市は放射能高くてダメ!逃げてください!」「福島はチェルノブイリ以上!」「子供を見殺しにしないで!」等の「反原発の叫び」が溢れてます。ネコはどこにも逃げられないから、もうノイローゼ気味。こういう「叫び」「脅し」の効果もあって福島に来る人は激減。街は沈み、市民は「すぐに逃げてください!」に怯えながら、静かに暮らしています。(←最近は嘘・デマがバレてきて、みんな元気になってきた感じだにゃ。)
 しかしね~、この種の「叫び」の根底に、「反原発」の「福島壊滅ならば原発全廃にできる!大大大チャンスだ!」っていう心理はないですか?原発全廃の為にはまず「福島壊滅」が必要とばかりに、科学的、医学的、論理的に怪しい説、大げさな数字等が「連呼」「拡散」されていないですか?それが「正義」になっていませんか?
 信夫山ネコは「故郷福島壊滅」を「原発全廃」の手段にされてはたまらんです。もし根拠がない数字や説の拡散によって、旅館の経営者が自殺するとかの悲惨な「風評被害」が出たら、大人しい福島人も終には訴えたりするのかにゃ~?!今はとにかくデマ、風評、誇張、脅し等を除染しながら記録するにゃ。(「リンクフリー」です 対「反原発」、対「放射脳」等での引用ご自由に)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR