「世界大炎上」のデマ写真屋の ポドニエシンスキー氏に対する「回答」 追記:現地写真家たちの批判

今日も「世界大炎上」は続いている(前回エントリーが長くなったので、こちらに続きました)。ポドニエンスキーさんの問いかけに、短パンガスマスクも答えざるを得なくなった。昨19日夜に登場した「回答」は以下の如し。

https://www.facebook.com/uglykiwi/posts/1114625998617013

The overall map location by Arkadiusz Podniesinski , huffington.jp(front page today), my gps mark and info provided by greenpeace.
(アルカディウス・ポドニエシンスキーの地図、今日のハフ・ポストの一面、私のGPSマーク、グリーンピースにもらった地図)
i still remember it was 4am here in asia and i received message from arkadiusz asking me on the location as he cant identify all of them so i exchange info with him, well i saw some of his work before from fukushima and i like it alot to be honest, but i really didnt expect that a fellow photographer will write such a thing to another fellow photographer and only highlight the town of namie but not others town that i've been...huffington.jp have a overall location but not all , but it show a bigger image. is nice that arkadiusz map turn the red zone into a blank white spot....you are talking about me seeking publicity by posting what CNN,TIMES and etc publish, but you yourself is doing the same thing on your page......you said i am making money from doing my job as a photographer, may i ask how much money you gain from documenting fukushima ?? , i dont blame you for that, as a fulltime photographer thats how we survive by our photo.
(私はまだ、ここアジアで午前4時に、アルカディウスからのメッセージを受け取ったことを思い出す。それは彼が同定できなかった私の撮影地点について尋ね、そこで私が彼と情報交換し、私は彼の作品を福島に行く前に見て、正直に言うが、気に入った。しかし私は本当に、写真家仲間が他の写真家にあんなことを書いてくるとは思わなかった。浪江町の一部にだけスポットをあて、私が行った他の町は無視している・・・ハフィントンポスト日本は全てではないが、地域全般を把握していて、より大きな図を出しているのは良い。アルカディウスの地図はRed Zoneを空けて白にしている。君は私について、CNNやTIMES(ママ)やその他のメディア公開を欲しがっている、と言っている。しかし君自身君のページで同じことをやっている。君は、私が写真家としての仕事から金儲けをしていると言うが、では、君は福島を記録することで、いくら金を得たのか?と尋ねさせてくれ。私はそのことで君を責めない。プロの写真家として、どうやって自分の写真で生き延びるかが、目的なのだから。)
i'm here to highlight some of the important question
1)did you steal anything?

(盗みをしたか?)
-i did not loot or steal anything from this town, the only thing i stole is images
(私はこの町からいかなる略奪、盗みをしてはいない。イメージを盗んだだけだ。)
2)did you enter the exclusion without permit?
(許可なしで立ち入り禁止区域に入ったか?)
-YES
(はい)
3)did you walk into abandon houses/shop?
(人が住んでいない家、商店に入ったか?)
-Yes i did, even the great arkadiusz and other photojournalist does the same, having a permit into the exclusion zone does not mean one have the permission entering houses and shop without the owner consent : https://www.facebook.com/photo.php?fbid=10201621053206037&set=pcb.10201621059006182&type=3&theater
(はい。偉大なアルカディウスや他のフォトジャーナリストも同じことをしている。立ち入り禁止区域への許可は、持ち主が認めていない家や店への立ち入り許可ではない。)
4)Did i mess up my house to fake exclusion zone photo?
(立ち入り禁止区域の写真をでっち上げるために、自分の家をとっ散らかしたか?)
-this is funny, but no
(変な質問ですが、いいえ。)
5)why did you enter without a safety suit?
(なぜ防護服を着なかったのか?)
-when i arrived in tokyo, i lost my cash and my card 300,000yen, i was planing to get one suit here but i cant now, so i did went to greenpeace office in tokyo to seek information regarding permit and the exclusion zone, but they only give me a internet link which lead to this map on the photo... i did ask them for help on the protection suit, but of course i didnt received any help or info by them. without money , i do not have the time to get a valid permit which like arkadiusz said take a week..accommodation is money and time is money......and i dont have that with me at that moment.https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1079444645468482&set=a.208101212602834.53672.100002088711813&type=3&theater
(東京に着いた時、現金とカード300000円を無くした。私は防護服を一着買う予定だったが、できなくなった。そこでグリーンピースの事務所に行き、許可関係と立ち入り禁止区域の情報を求めた。しかし彼らはここにあげた地図に至るインターネットのリンクを教えてくれただけだった。私は彼らに防護服を援助してくれよう頼んだが、もちろんタダでは援助も情報もくれなかった。私はアルカディウスが言うように一週間かかる有効な許可を得る時間がなく、一週間生活する金もなかった。時間は金であり、この時私には無かった。)
6)how do i get in there and how many hours i spend there total
(そこにトータル何時間いたのか。)
-13 hours, as the walking consume 3 and half hours plus to get to point A(tamioka) to point B(namie) .across 4 town , i was walking off road in the wood next to the main road around 3-5am in the morning to avoid getting detected, the grass around is thick and as high as me.....yes there is police petrol on the road , i went there during the weekend as there is less tepco employee around. I dont see any local resident and cars everywhere as mention wnen i arrived in the morning, the only car i see is police patrol
(13時間。この内歩行は3時間半、それに加えA点富岡からB点浪江に行くのに4時間。道ではなく、幹線道路に隣接した森の中を歩いていた。午前3時~5時頃で、警察に見つからないようにした。周りの雑草は生い茂り、私の背丈ほどあった。そう、道路では、警官の巡回があった。私はそこに週末に行ったので、そのあたりの東電の職員は少なかった。私はそこに早朝到着したので、地域の住民も自動車も、全く目にしなかった。私が目にしたのはパトカーだけだった。)
7)Am i sick now?
(病気ですか)
-no I'm very healthy .
(いいえ、私はとても健康です)
8)Do you know your photo hurt people feeling?
(写真は人々を傷つけたと思うか?)
-i didnt know that my photo does that, this photo is capture in the exclusion zone itself and i did not photoshop or alter it in anyway.... how can my photo not hurt people if what i capture is true ?? , or maybe i should not take photo of abandon places but flower and people cleaning radioactive waste.
(私の写真が傷つけたかどうかはわからなかった。この写真はまさに立ち入り禁止区域で撮ったものそのままで、フォトショップなどの加工はしていない。もし私が撮ったものが本物ならば、どうやって人を傷つけないことができるのか?そうではなく、私は花や除染している人々を撮影するべきだと言うのか?)
9)why do you wanted to document the exclusion zone
(どうして立ち入り禁止地域を記録したいのか?)
-my photo might seem stupid to you now, but is still part of history i'm creating here, 10 years from now people will know what happen in fukushima and what it feels like to be in the exclusion zone.....what every photographer do here in the exclusion zone is important as we are the one documenting the history.
(今、私の写真は馬鹿げたものに見えるかもしれない。しかしこれは私が創造している歴史の一部であり、今から10年後には人々は福島で何が起こったか、立ち入り禁止区域に居てどう感じるかをを知るだろう。立ち入り禁止区域ですべての写真家がやっている事は、歴史の記録の一つとして重要なことだ。)
10)is publicity important for you ?
(メディアでの公表は重要か?)
-as a phographer it is, without publicity on our photo, we will not survive, and there will be no photo on the news paper or online portal you are reading now , without people publishing our photo, we will never survive as a photographer.......thats the harsh reality of being a photographer when everyone want free photo in exchange with publicity . Ask any photographer if they feel proud of their photo being publish... if you are a photographer working fulltime, you ask yourself this question.
(写真家として、メディアでの公表が無ければ、生き残れない。また新聞やオンラインポータルサイトは、写真が無ければ生き残れない。人々が写真をメディアで公表しなければ、私たちは写真家として生き残れない。みんなが公表された無料の写真を交換したがっている、というのが写真家の厳しい現実である。メディアで公表された写真に誇りを感じるか、と、誰でもいいから写真家に尋ねてみれば・・・もしあなたがフルタイムの写真家ならば、自分自身に尋ねてほしい。)
11)do you do your research before you went in?
(行く前にリサーチしたか?)
-yes i read all english article there is about fukushima, but most info is not as up to date , so i was going in blind without the luxury of a tour guide and car taking me from one town to another to visit all the landmark, my plan was not as smooth as it is and i didnt not manage to go to all the location i wanted due to time constraint .not to say being worried of getting caught by cops if they find me lurking around capturing photo.....this was my first time going in blind into the exclusion zone and i capture as much footage as i could.
(はい、私は手に入るすべての福島についての英語記事を読みました。しかし多くの情報はアップデイトされていません。そこで私は盲目状態のまま、ツアーガイドを付けるという贅沢なしに、また町から町へ移動して、全目標地点を訪れるクルマもない状態で行きました。私の計画は予定通りにはいかず、時間節約のため、行きたかった全地点には行けなかった。もしそこらに潜んで写真を撮っていて、警官に捕まったら、という危険は言うまでもありません。盲目状態で立ち入り禁止区域に入り、写真をできるだけ多く撮ったというのは、私には初めてのやり方でした。)
12)why am i wearing a gas mask?
(なぜガスマスクを付けたか?)
-as i said my eyes irritate when i'm there and i do not want to direct inhale the air into my lung.
(前にも言った通り、あそこに行った時に目に刺激があり、また肺に直接空気を入れたくなかった。)
13)do i see any commoner walking around the town
(町を歩いていて、住民を全く目にしなかったのか?)
the answer is no , there is non ,the only people i see is police and people guarding the exclusion zone and maybe worker in a white helmet.......the town is basically empty when i arrived in the morning during the weekend.
(答えは「そうです」。全く見ていない。)
14)who capture my photo
(誰が撮ったのか?)
-i am a photographer, i capture my own image, with a tripod and self timer on my camera...saw a few of you is asking. Is the same as my building photo as well... I produce my own photo.
(私は写真家で、自分の写真は三脚とセルフタイマーで「自撮り」した。これを尋ねる人は少ない。ビルで撮った写真と同じだ。私は自分の写真を自分でプロデュースしている。)
15)did i break property to enter shop and houses
(店や家に入って設備を壊したか?)
-No i didnt break any property as thats a criminal offence, if is lock i walk away and find another spot.
(犯罪で訴えられるような、如何なる破壊行為もやっていない。もし鍵がかかっていれば、そこはやめて他のところを探した。)
16)why is the traffic light still working?
(なぜ信号が動作しているのか?)
-i dont know it just turn green,red,green,red without any car around, is creepy thats all i could say.
(わからない。緑と赤に交互に変わっていた。クルマはまったく無かった。気味が悪かった。私が言えるのはそれだけです。)
All i wanted to say is i have a limited amount of time in all 4 of this town, will my photo be any different if i have a permit, i will say not much will change, i will still produced the same photo but if i have more time, i would cover the town one at a time to give it a better view of what is like in the exclusion zone.
(言いたいことは、私は4つの町でそれぞれ時間に限りがあった。もし許可があれば私の写真は違ったものになっただろうし、しかし違いはそれほど大きくは無かっただろう。同じ写真を狙ったが、もし、もっと時間があったなら、もう一度町で、立ち入り禁止区域でも、マシに見えるところを撮っただろう。)
For people that i block, you need to understand that this is my personal page, my page is not for you to spam and insult me without hearing my part of the story.... if you wanna spam......do spam here in this post and not all over my page. i guess if i do that ...you would have do the same as well,so do respect.
(ブロックした人々には、これは私の個人的なページだいう事をわかってほしい。私のページは、あなた方が私の話の一部も聞かずspam(迷惑メール)や侮辱を送るためにあるのではない。もしspamしたければ、ここにやってください、私のページではなく。私がもしそうすると想像するなら、・・・あなたがそうすることは、尊敬していることと同じですよ。)
They are many allegation calling me a thief,claiming i was not even there and break private property....... i cant respond to all question like this every sec, as i have things to do in my life as well, so i have explain everything here and i wont repeat myself again.
(多くの人が私を、あの地区に行ってないとか、盗みを働いたかを疑って、ズル呼ばわりしています。私は全ての疑問に、このように毎秒を使っては答えられない。生活に必要なことをやらなくてはならないですから。私はここで全てを説明しました。繰り返しはありません。)
I do only apologize to the shop owner and actual resident of fukushima, i'm really sorry if you are offened by my photo and to Arkadiusz Podniesinski i do understand why you are doing this and i wanna say i dont hate you for it.
(私は商店の持ち主と、福島の本当の住民だけに謝罪します。もし私の写真であなた方が傷つけられたなら、本当にごめんなさい。そしてアルカディウス・ポドニエシンスキーには、私はなぜあなたがこうしたか理解するし、私がそのためにあなたを嫌っていることはないと言いたい。)
13775926_1114604071952539_1666000701728776896_n.jpg
(アルカディウス・ポドニエシンスキーの地図、今日のハフ・ポストの一面、私のGPSマーク、グリーンピースにもらった地図)

さてと、その後の「世界大炎上」だが、この回答が燃料投下となって、ますます盛り上がってきた。

①アジア全域をカバーし、AP通信とも連携しているAsis Coresspodent がトップニュースにした。
Malaysian photographer lied about Fukushima aftermath shots, say critics 7/20
(マレーシア人の写真家が、福島の災害後の写真についてウソをついている、と批評家たちが発言。)
https://asiancorrespondent.com/2016/07/malaysian-photographer-fukushima-aftermath/
ポドニエシンスキー氏の指摘と、短パンガスマスクの「回答」にも触れている。

②コチラは写真系のサイト「PetaPixel」。短パンガスマスクの短いインタビューあり。
Fukushima Photographer Defends Photos After Accusations of Fakery  Jul 19, 2016  DL Cade
(福島の写真家、捏造との批判に反論)
http://petapixel.com/2016/07/19/fukushima-photographer-defends-photos-accusations-fakery/
“Podniesiński colour[d] the red zone into white [on his map], and has been spreading it ever since,” Loong told us. “It is not white as I told countless press, I walked from Tamioka to Namie across 4 towns.”
(「ポドニエシンスキーは赤の区域を白にしていて、それを拡大している。」とロンは言い、「ここは白ではないと、数えきれないほどの新聞社に伝えた」。私は富岡から浪江まで、4町を縦断して歩いた。」
“He said that he was uncertain where all photos were taken, and I told him,” Loong explained to us. “The next day he came out with this article.”
(彼は全部の撮影地が確定できないと言ってきたので、私は彼に伝えた。すると次の日には、彼はこの「反論」を発表した。)

短パンガスマスクは、ポドニエシンスキー地図は浪江の拡大版であり、「凡例」を入れるために白くしたということがわからない(ふりをしている)?また、撮影地はポドニエシンスキー地図が正しいということになる。この記事は現在4位の注目度で、コメ欄ではgoogle ストリート・ビューの写真が貼られての議論がなされている。

しかしね~、この「回答」で「フルタイムの写真家=プロ写真家」というコトバが沢山使わてるけど、「奇妙なコスプレのselfy=自撮り」多数って、プロとしてどうよ?ってレベルでは。またいずれの写真も、どこのゴミ屋敷探して撮ったって同じようなもので、特に「原子力災害の危険性に対する認識を喚起」なんてされない。むしろ「短パンでOKだ」が広まるだろう。「もしspamしたければ~」のくだりは、spamでもrespectと見なす「炎上商法」「かまってちゃん」でしかない。やはり、TIMEやCNN,TheGuardienなんかが、こんな「ガキ写真」、「カメラ小僧(古いか)」を取り上げたことが、問題だろう。

そうそう、timeの記事に so he drove four hours north with his assistant Sherena Ng. Dailymailでは in June this year with friends Sherena Ng and Koji Hori.とあるが、この二人の同行者はどう行動したのか?Horiらしき野球帽+マスクは、2カット映っているようだが(https://www.facebook.com/media/set/?set=a.1108392955906984.1073741934.100002088711813&type=3 の左の列、上から4番目と6番目)
→コメ欄に、Hori氏は https://m.facebook.com/koji.hori#!/koji.hori ではないかとの情報をいただきました。

(以下追記 7/21)
③ポーランドの写真誌
Relacja fotograficzna Keow Wee Loonga z Fukishimy udramatyzowana?
http://www.swiatobrazu.pl/relacja-fotograficzna-keow-wee-loonga-z-fukishimy-udramatyzowana-33998.html
Tymczasem Arkadiusz Podniesiński, fotograf i podróżnik, specjalizujący się w reportażach z miejsc katastrof (odwiedzał zarówno Fukishimę jak i Czarnobyl) analizując fotografie stwierdził, iż wykonane zostały w obszarach stref zielonych i czerwonych, nie wymagających specjalnych zezwoleń na wejście.
(わからんです)→コメ欄でnaoさんが訳してくれました。

④イタリアの写真誌
Fukushima oggi, le foto nella zona rossa. O no? 20/07/2016 Di Giulio Mandara
http://www.fotozona.it/magazine/fukushima-foto-zona-rossa-keow-wee-loong-51286
POSIZIONE CONTESTATA – Il fatto è che secondo un altro fotografo, il polacco Arkadiusz Podniesiński, le foto in questione non sarebbero state scattate nella zona rossa, ma nella zona verde, non vietata, e sulla strada nazionale 6, già riaperte al pubblico dopo l'incidente.
E Podniesiński afferma anche che Loong avrebbe scritto un resoconto disonesto, e si sarebbe ritratto con una maschera antigas e la borsa della spesa, come se si trovasse nella zona proibita, ancora contaminata, mentre invece si sarebbe trovato in zone accessibili a tutti, nella zona verde, al limite qualche volta in quella arancione. E fa notare alcune immagini dello stesso Keow (le riportiamo qui sotto) che ritraggono edifici situati in punti accessibili, come un negozio di video sulla Route 6, o la stazione di Namie, aperta di giorno.

(もちろんわからんです)→コメ欄でnaoさんが訳してくれました。

この「回答」は、GPS画像公開が「弱点」か、日本ではゴーフレンさんたちの検証も続いています。
https://twitter.com/GOFLNN/status/755980304448225280
ゴーフレン@あかつき桃 ‏@GOFLNN
@parasite2006
ロン氏「ポド氏の色地図は赤エリアを白く表示してる!」
双葉・大熊・富岡の写真9枚中7枚が車中から撮れる写真なんだよね
降りて撮ったのは中古車店敷地内と鞄屋内だけ
検証結果がこんな有様では単に省略しただけってわかること


もちろん、
福島民友新聞の記事「外国人、避難区域で「無断撮影」世界に風評拡散の懸念」を巡って:写真ソースを探して撮影場所を確認
http://togetter.com/li/1000519
更新が続いている。

⑤Free Malaysiaの「回答」を受けての記事
M’sian photog denies fabricating ‘Fukushima’ series
マレーシア人写真家、福島デッチアゲを否定
http://www.freemalaysiatoday.com/category/nation/2016/07/20/msian-photog-denies-fabricating-fukushima-series/
Nevertheless, Keow apologised to residents of Fukushima and owners of shops there, in case he had offended them in any way with his photo series.
とにかく、Keowは彼の一連の写真が福島の住民を傷つけたとしたら謝罪する、としている。

⑦シンガポールの新聞Todayの今日の記事
Malaysian photographer denies faking Fukushima photos
マレーシア人写真家は福島の写真捏造を否定
http://www.todayonline.com/world/asia/malaysian-photographer-denies-faking-fukushima-photos
He said that he had limited time in all four towns and that he would have given a “better view” of exclusion zones if he was able to enter with a permit.
Mr Keow was also the subject of a scathing open letter by a blogger named only as Pierce, who had criticised Mr Keow’s photos as a “publicity stunt”.
彼は限られた時間で4町を回ったが、もし許可を得て入れば、「もっと良い光景」を撮影できただろうと言っている。
Keow氏はまた、ピアースとだけ名乗っているブロガーの公開書簡で、写真は「自己宣伝」だと酷評されている。

⑧香港の立場新聞StandNews7/22
被質疑福島相片非無人區內攝 馬來西亞攝影師被批譁眾取寵 2016/7/22 — 15:00
https://www.thestandnews.com/art/%E8%A2%AB%E8%B3%AA%E7%96%91%E7%A6%8F%E5%B3%B6%E7%9B%B8%E7%89%87%E9%9D%9E%E7%84%A1%E4%BA%BA%E5%8D%80%E5%85%A7%E6%94%9D-%E9%A6%AC%E4%BE%86%E8%A5%BF%E4%BA%9E%E6%94%9D%E5%BD%B1%E5%B8%AB%E8%A2%AB%E6%89%B9%E8%AD%81%E7%9C%BE%E5%8F%96%E5%AF%B5/
(7/29 コメ欄に、さや猫さんが翻訳してくれました。)

(7/26 追記)
短パンガスマスクを母国の写真家たちが批判
⑨シンガポールのニュースサイトThemiddle Ground 7/19
7/26になって見つけたが、Middle-class, middle-age, mid-life, middle-income, mid-career, moderate, everyman, average.を標ぼうするニュースサイト。「公開書簡」を取り上げ、Keowのインタビューもある。さらに、シンガポール、マレーシアをベースにするの二人の写真家が、Keowを批判している。このあたりが、プロの写真家たちのKeowに関する、「倫理的結論」だろう。
なお、この記事はポドニエシンスキー氏の批判が出る前に書かれていて、Keowが撮影地をデッチアゲたことは、まだわかっていない。それでもこれだけの批判が、Keowの地元であったことが興味深い。
The grey area in your viewfinder Jul 18, 2016 02.00PM | Yusof Najeer
(君のファインダーの中の灰色のところ)
http://themiddleground.sg/2016/07/18/grey-area-view-finder/
STUNNING or stunting?
(刺激的か、受け狙いか?)
Recent pictures of the Fukushima exclusion zone by freelance photographer Keow Wee Loong, which have gone viral on social media and published by media organisations like TIME and CNN, are just the latest to stoke the fires in the raging debate about the ethics of photography. Mr Keow, a 27-year-old Malaysian photographer based in Thailand, went into the “red zone” without a permit from the relevant authorities. He was clad in just a hoodie, shorts, sandals and what looks like a gas mask.
(フリーランス写真家のKeow Wee Loong が最近撮った、福島の立ち入り禁止区域の写真は、ソーシャル・メディアで話題になり、TIMEやCNNといった報道機関が掲載したが、最も最近の、写真と倫理についての激しい論争の火に燃料投下した。Keow氏はタイに住む27歳のマレーシア人写真家だが、関係省庁の許可を得ずに「立ち入り禁止区域」に入った。彼はフードと、短パンと、シャツと、ガスマスクのようなものを、身に着けただけだった。)
The exclusion zone was set up following the Tohoku earthquake and tsunami in 2011, which led to the release of radioactive materials from the Fukushima Daiichi nuclear plant. As a result, the Japanese government declared a nuclear emergency and evacuated people within a 20 km radius around the plant. The radiation levels at the core of this zone, which is where Mr Keow spent 13 hours, have reached up to 9.4 sieverts – this could kill a person in an hour.
(「立ち入り禁止区域」は2011年の東北地震・津波の後に設定された。この災害は福島第一原発からの放射能漏れを起こした。その結果、日本政府は原子力緊急事態を宣言し、原発周囲20Km圏内の人々を避難させた。Keow氏が13時間を過ごしたこの地域の中心での放射線レベルは、当時は9.4SVに到達していたが、これは一時間で人間が死ぬ可能性があった。)
Mr Keow’s foray into the exclusion zone in Japan has drawn criticism by readers and professional photographers alike, with one open letter, which has been shared over 5,000 times, calling it a “a cheap, disrespectful publicity stunt that oozes desperation in both its vision and execution”.
(Keow氏の日本における立入り禁止地区への侵入は、読者とプロの写真家の両方からの批判を引き起こした。ある「公開書簡」は5000回シェアされたが、写真を「その計画と実行の両方からにじみ出ている、安っぽい、軽蔑すべき受け狙い」と呼んでいる。)
The letter writer also pointed out that the stunt was disrespectful to those who were forced to leave their homes due to the disaster.
(この書簡の著者は、この受け狙いは、災害によって家を離れなければならなかった人々に対する、侮辱であるとも指摘している。)
TMG spoke to two professional freelance photographers, who called Mr Keow “irresponsible”.
(本誌は、Keow氏を「無責任」と呼んでいる二人の写真家に、話を聞いた。)
When TMG contacted Mr Keow, he said: “Initially, I approached the media agencies to sell my work but nowadays, I don’t. My photos go viral and they come to me to pick up my story. Most foreign press pay me and it usually is sufficient to refund the amount I spend for each project.” His earnings from this Fukushima project was sufficient to cover his travel fare and the cost of a month’s stay in Japan, he added, but refused to disclose the amount he spent.
(本誌がKeow氏に接触した時、彼は「初期には、私はメディアに私の作品を売るために接触したが、最近ではこれはやらない。私の写真は話題になり、彼らは私の話を取材しようとして来た。多くの外国の報道機関が私に金を払ったが、これはこの企画に使った費用を賄うのに十分な額だった」。この福島の企画から彼が得た金は、旅行費用と一か月の日本滞在費用を補うにも十分だった、と彼は付け加えたが、かかった費用を公開することは拒んだ。)
“Before I went there, the authority told me that I needed a special permit to visit this town and it takes three to four weeks to get the approval from the local council. Well, too much bureaucracy bull**** for me. So, I just sneaked into the forest to avoid cops on the road,” Mr Keow wrote in his Facebook post, on July 10, recounting his venture. To date, his post has received about 45,000 likes and 70,000 shares.
(「そこに行く前、当局はそこの町へ行くには許可が必要で、役場がそれを認めるまでに3,4週間かかると、私に伝えてきた。まったく官僚制度のブルシットだ。そこで私は警官を避けるために、森の中に忍び入った。」とKeow氏は7月10日のフェイスブックに、彼の冒険を思い出して書いている。この日、彼の投稿は約45000の「いいね」を得て、70000シェアされている。)
It is this devil-may-care attitude that has riled others, including fellow photographers in the industry.
(この「神のみぞ知る」という態度は、人々を怒らせている。その中にはこの業界の写真家仲間が含まれている。)
The photographer disregarded governmental rules and trespassed into a restricted and dangerous zone, said Mr Stefen Chow, a 36 year-old professional photographer and film maker. “Rather than saying he is plain wrong, I would question his motives. Is it to uncover a truth that people need to see? Is there education to this, and people can benefit from the knowledge?” He added that the pictures were not “aesthetically professional” and were nothing short of attention-seeking.
(この写真家は行政の決まりを無視し、禁止された、危険な区域に侵入した、とStefen Chow氏は言う。36歳のプロの写真家、映像作家である。「彼の計画が間違っていると言うより、彼の動機について尋ねたい。人々が見たい真実を暴くためか?教育的意図があり、人々がこれを知ることから、何か利益を得るのか?」。」彼はこの写真は「プロとしての美学」に欠け、人目を引くためのもの以外にはほとんど何もない。)
“This was plain reckless, offensive and irresponsible,” said Mr Chow.
(「これはただの思慮の欠如、攻撃的で、無責任でしかない。」とChow氏は言った)
Besides the ethical issues pertaining to trespassing, Mr Keow also crossed moral boundaries to place himself, and potentially others around him in danger. This is rather unusual for freelance photographers as they “usually go to a location only after being assigned or having successfully pitched it to an editor or client.”
(侵入に関係する倫理的問題は別にしても、Keow氏また、モラルの境界を越えてしまい、自分自身と、潜在的には、彼の周りの人を危険に晒している。これはフリーランスの写真家としては、どちらかと言えば珍しい。彼らは普通は、任務を割り当てられてとか、編集者やクライアントに企画を投げて成功してから、撮影に行くのである。)
“The stories assigned or approved would be after careful consideration of the risks and the news value of the story,” said Mr Joseph Nair, a 30 year-old professional photojournalist who freelances for news organisations and wire agencies such as the Associated Press.
(「任務が割り当てられたり、認可された話というのは、普通はリスクとニュースの価値を勘案してからの事だ」とJoseph Nair氏は言う。彼は30歳のプロの写真家で、報道機関、AP通信のような通信社でフリーランスで働く。
No big deal?
(大した話ではない?)
Mr Keow worked with a Singaporean friend to plan the shoot but ventured into the area alone, he said. He feels that he posed no danger to anyone around him. “When I exited the red zone, I proceeded to a booth within the green zone, to check the radiation count in my body. The radiation level was equivalent to a cancer patient who goes through radiotherapy,” said Mr Keow. As such, he said, he would not cause harm to people around him.
(Keow氏は撮影計画をシンガポール人の友人とたてたが、あの地域には一人で進入した、と言うった。彼は周囲の人を誰も危険にしたくなかったと思った。「レッド・ゾーンを出て、グリーン・ゾーンの中のブースに進み、私の身体の被ばくを測った。被ばくレベルは放射線治療を受けたがん患者と同じだった。」とKeow氏は言った。彼が言うには、だから、彼は周囲の人を傷つけてないだろう、ということだった。)
When asked why he decided to proceed without appropriate protective equipment, the self-funded freelancer said: “I do not wish to expose myself to the radiation. I accidentally left behind the envelope containing about 300,000 Yen, at Shinjuku train station. Since I lost my money, I could not get a protection suit. As a photographer, I only have the option to do it or waste an opportunity.” According to him, visitors can enter the red zone for five hours, without getting any serious health effects – he was there for 13 hours.
(いつ彼は適当な保護装備なしに侵入することを決めたのか、と尋ねると、この自己資金のフリーランサーは、「被ばくしたくはなかった。私はたまたま30万円入った封筒を新宿駅に忘れてしまった。金を失ったので、防護服は買えなくなった。写真家として、遂行するか、この機会をあきらめるか、という状態だった」。彼によれば、訪問者はレッド・ゾーンに5時間いられる。それならば深刻な
健康影響はない。ところが彼は13時間いたのだ。)
But he wasn’t completely immune though. In his Facebook post, Mr Keow described the effects he felt upon entering the red zone: “I could feel a burning sensation in my eyes and a thick chemical smell in the air.”
(しかし彼の免疫は完全ではなかった。フェイスブックの投稿によれば、Keow氏はレッド・ゾーンに入ると、「目に焼けるような刺激を感じた。空気は科学物質のような強い匂いがした」。)
Mr Keow had been fined previously for illegally scaling the Sentrum Tower at Kuala Lumpur Sentral by climbing the facade of the building without any safety lines.
(Keow氏は以前に、クアラルンプール中心部のセントラム・タワーに、安全装備なしに登ったことで、違法行為として罰金を取られている。)
Mr Nair feels that what Mr Keow did in Fukushima might encourage young photographers to join the “urban explorers” club – those who photograph themselves doing dangerous stunts.
(Nair氏は、Keow氏が福島でやったことは、若い写真家が、危険な受け狙いの自撮り「都会探検」クラブに加わることを促すかもしれないと、感じている。)
“It’s about being there and nothing else. They don’t have the same ethical codes as photojournalists,” said Mr Nair. This trend is picking up among Singaporean youngsters too, as they bypass security to climb tall buildings and photograph themselves standing or hanging off the edge of these buildings.
(こういう写真は、そこにいた、という事の他には何もないのです。彼らは、報道写真家と同じ倫理規定を持っていません、とNair氏は言う。この傾向は、シンガポールの若者にもあります。彼らは高層ビルに警備をかいくぐって登り、ビルの端に立ったり、ぶら下がったりして自撮りします。)
Besides risking their own lives, some photographers can endanger the environment too. In an attempt to capture dramatic shots of wildlife in action, some Singaporean wildlife photographers have resorted to baiting. They create photo opportunities by stuffing fishes with styrofoam, causing them to float, so as to bait birds who swoop down for an easy meal. The ingested styrofoam particles can be toxic to the birds and they can remain within the animals for years.
(自分らの命を危険にさらすことの他に、環境を危険にする写真家もいます。自然が成すドラマティックな瞬間を捉えるために、シンガポールの自然写真家で、餌による罠を仕掛ける人がいます。彼らは魚に発砲スチロールを詰めて、浮かぶようにして、シャッターチャンスを作ります。こうすると、鳥が引っかかって、羽ばたいて降りてくるってわけです。食べられた発砲スチロールは鳥には毒ですし、生物の体内に何年も残るのです。)
Such trends in modern day photography seem to be based solely on gaining fame and fail to provide the public with valuable insights. Yet, due to the visual appeal of stunting, boosted heavily by social media, many are starting to latch onto this trend.
(近年のこうした傾向は、名声を得たいという社会に根ざしており、人々に価値ある光景を見せることには失敗している。しかし、刺激の視覚的なアピールによって、また、SNSの強い後押しによって、多くの人はこの傾向を掴んで離さなくなるのです。)
Is photography still being used as a tool to provoke further inquiry? Or is it just for the mere purpose of gaining attention?
(写真は今でも、更なる問いを挑発する道具として使われるのか?あるいは、単なる注目を集める目的なのか?)
“I personally think it’s exploitation,” Mr Nair said.
(「私は個人的には、売り込みなのだと思います、とNair氏は言った。)

(7/29 追記)
前々回コメ欄に、naoさんが書いています。
ポドニエシンスキー氏の検証記事
http://www.podniesinski.pl/portal/attention-seeking-kid-keow-wee-loong/
が2016年7月22日付で更新され、ハフィントンポストの記事
http://www.huffingtonpost.jp/2016/07/18/malaysia-photo-fukushima_n_11049638.html
の英訳が追加されていました。完璧!

このハフポストの英訳は、日本におけるKeowの写真の報道を、世界に(今のところ)唯一伝えるものとして、大変貴重です。

こうして世界での報道を眺めていると、「当事国」である日本での報道が、極めて少ない(福島民友、ハフポストのみ?)のに対し、マレーシア、シンガポール(東南アジア全域対象)、中国(香港 Keowは中国系)という、もう一方の「当事国」系の発信が多数あり、しかもこれらは国際的に読まれる言語(英語 中国語)で書いてあります。日本からの発信がいかに少ないか。また日本の報道が、日本でしか通じない日本語であったことは、福島にとって全く不利な状況でした。こうした点で、福島、あるいは日本在住の外国人の方々の発信に、大変感謝いたします。特にピアースさんの「公開書簡」の力は大きかったです。この書簡が、実質唯一の「日本からの英語発信」、「本来あるべき当事国からの報道」だったのです。彼らがいなかったら、最悪の福島のイメージが発信されたままになっていたでしょう。この「公開書簡」が世界の人の心に響いたことは、keowのfacebookへの批判殺到やGuardianのコメ欄等でうかがえます。上にあげたシンガポールのMiddleGroundは、この「公開書簡」から、プロ写真家のモラルを問題にしています。

また、ポドニエシンスキー氏については、彼も被災地の「負のイメージ」を発信した人ではあり、「Days Japan」事件では、彼の不正確な「想像」が利用されていました。彼は過去何年もかけて双葉郡を撮影してきた自分を差し置いて、Keowが「一発」で有名になったことに対する、個人的な怒りもあったのかもしれません(これは想像です)。しかし彼の撮影地についての事実検証をふまえた「批判」があって初めて、世界の報道が取り上げ、「世界大炎上」になりました。大変感謝いたします。日本では、特に福島について、「センセーショナルな物語」を喧伝するのが「ジャーナリズム」になっていましたが(まるで安っぽい小説家ですにゃ。文学としてみればゴミクズにもならないのに、報道と名乗ると「意識高い系」が評価するって一体・・・)、本来このような「事実」を伝えるのが、「ジャーナリスト」ではないでしょうか。「撮影地に関するウソ」という「一点突破」、「事実についての証明」が、世界の報道に対して効果的だったこと、また英語発信が必須、というのは、教訓でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

訳してみました。

Google翻訳で英訳させてから読み取ってみました。(Google翻訳でヨーロッパ系の言語で書かれた文章を訳したい時は、いきなり和訳させるのではなく一旦英訳させてから英訳文をさらに和訳したほうがうまくいく場合が多いです)

<ポーランド写真誌の記事>
キーウィー・ロンによる福島の写真は脚色されているか?
写真家で旅行家のアルカディウス・ポドニエシンスキーは災害を受けた場所のルポルタージュ(福島とチェルノブイリの両方を訪問)を専門としているが、写真の分析を行った結果、この写真は立ち入りに特別許可がいらないグリーンゾーンとレッドゾーン(注:記者がオレンジゾーンと勘違い?)で撮られたものだと述べた。

<イタリア写真誌の記事>
福島の現在、写真はレッドゾーン(立ち入り禁止区域)内か?
ただいま検証中 - もう一人の写真家、ポーランド人のアルカディウス・ポドニエシンスキーによると、問題の写真はレッドゾーン(立ち入り禁止区域)で撮られたものではなく、立ち入りが禁止されていないグリーンゾーン、あるいはすでに一般開放されている国道6号線上で撮られたものだろうという。
ポドニエシンスキーによれば、ロンは不正直な説明を書いており、ガスマスクをつけて自分の写真を撮りまだ汚染された立ち入り禁止区域にいるかのように装っているが、誰でも入れるグリーンゾーンや時に立ち入り制限がかかるオレンジゾーンにいたのである。
ポドニエシンスキーは、ロンの写真の一部は、国道6号線上のビデオ店や浪江駅のような誰でも入れる場所にある建物を写したものだと指摘している。


No title

>naoさん

その手がありましたか!ありがとうございます。

ありがとうございます

同行したKoji Hori氏のfacebookページです

https://m.facebook.com/koji.hori#!/koji.hori

過去の写真にロン氏からのコメントがあるので間違いないかと。

>Hori氏

おおっ、貴重な情報ありがとうございます。

GPS記録への疑問

ロン氏が反論記事中で公表したGPS記録https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1114604071952539&set=a.177766252302997.47285.100002088711813&type=3&theater
(4枚セットの地図画像のうち左下)
への疑問を拙作まとめ
http://togetter.com/li/1000519
の最後に追加しましたのでご覧いただければ幸いです。

たとえば撮影当日に国道6号線を大きくはずれた大熊町の常磐線大野駅周辺にいたことを示すマークがついていますが(この場所で撮った写真は1枚も公表されていない)、もし本当に無許可でこの場所にいたとすれば不法侵入で警察に通報できるレベルでしょうし、逆にGPSマークを操作して行ってもいない場所にいたように見せかけている(もしそういうことができるとすれば)なら、写真の来歴に関する彼の説明は嘘だらけということになります。彼が弁解の材料を出せば出すほどかえって逆効果という感じですね。

避難指示区域の写真を撮る2人の外国人写真家

今回の件を調べているうちにたまたま知ったことですが
福島の避難指示区域で5年間写真を撮り続けたベネズエラ人とフランス人の写真家が、写真集をドイツの出版社から出すためにクラウドファンディングで資金を集めています。
https://www.kickstarter.com/projects/1801335519/book-retracing-our-steps-fukushima-exclusion-zone
昨日まで写真展が銀座で開かれていましたが
http://www.fashionsnap.com/news/2016-04-19/retrace-our-steps/
この人達の撮る写真は「ドキュメンタリーとアートの手法を交え」たもので、その中には避難指示区域から避難してきた人達にかつての生活の場で震災前の日常生活を再現してもらって撮っているものもあります。たとえばこのスーパーマーケットの中でショッピングカートを押す人の写真
http://www.yomiuri.co.jp/komachi/photonews/article.html?id=20160715-OYT8I50015
(生鮮食料品売り場の売り物がまだ片付けられずに残っっているので、撮影時期は比較的早いのではないかと思われます)
などは、短パンガスマスク氏が買い物かごを持ってスーパーマーケットの通路に立っている自撮り写真を撮るときに頭の隅になかったとは言わせません。

お手軽写真

短パンガスマスクの写真って、ホントに伝わるモノが無いです。コスプレ男が「お手軽」に、自撮りスナップしたことしか伝わらない。別に写真が判るなんて事は無いですがね。

ここまで伝わるモノが無いというのは、安直な「アイデア盗み」が原因ってことも十分考えられますね。

No title

あんまり大した内容じゃないけど、⑧も訳しておきます。

(見出し)福島の写真は無人区域で撮ったものではないと疑われる マレーシア人写真家は派手に立ち回って人気を取ったと批判される

福島の「無人の街」で撮ったとされる写真群が先週、ネットで流され、国内外(さや猫註:中国と外国のこと)のメディアで広く報道された。あるチェルノブイリ核災害の生存者は、これらの写真は無人地帯で撮ったものではなく、この写真家は大衆から人気を博するために、核災害に対する大衆の憐憫の情を使っただけだと批判した。これに対し、批判された写真家は反撃し、自分は間違いなく無人地帯で撮影したと力説した。

マレーシア人写真家のケオ・ウィー・ロン氏は先週、フェイスブックで「福島隔離区(無人地帯)」と称する写真をアップして、万にも上る転載がなされて、タイム、CNNなど多くのメディアで報道された。写真家は、最高記録として1日に35人の訪問を受けた、と明かした。

写真がアップされてから、核災害のため破壊された生活に対し、多くの人々が感嘆した。だがケオ・ウィー・ロン氏の行為を、大衆の憐憫の情をいたずらに使い捨てただけと批判する人もいた。チェルノブイリ核災害を経験し、毒素吸入を防ぐために液体ヨードを飲まねばならなかったと公言するポーランド人写真家アルカディウス・ポドニエシンスキー氏は、後者に属する(さや猫註:大衆の憐憫の情を使い捨てたと批判する側の人、ということ)。2008年以来、ポド氏は核災害に関連する仕事に携わっており、かつて何度も福島に来て撮影した。彼は個人ウェブサイトに文章を書いて、ロン氏の撮影地点はすべて浪江町に集中しており、「隔離区」の外に位置していると推定した。ロン氏の陳述は事実と違うと問うており、ただの人気取りの行為であると批判した。

作品が批判されてから、ケオ・ウィー・ロン氏はただちにフェイスブックで回答し、ポド氏の文章は一部の撮影地点を列挙しているだけで、当日自分は双葉町にも大熊町にも行っている、とした。ロン氏は撮影当日のGPSの記録でもって、核汚染区の地図のグリーンゾーンと対比させ、自分の通ったところは赤色の「隔離区」の内側だと明示した。彼はスレッドで、連日訪れる人の疑問に一つ一つ答えるとし、自分は××(さや猫註:土へんに歩。広東語だから分からないっす)に入ってすぐ金や物資をなくしたので、装備を買って補うことができず、「隔離区」に入る許可も申請できなかった、とした。

2011年、日本の東北大地震は福島に核漏洩の危機を引き起こした。政府は、原発の半径20キロ以内の住民に疎開する(即ち、これが「隔離区」)よう要求し、半径20-30キロ間の地区住民に「立ち退きをすすめ」た。当局は2013年から、「隔離区」の封鎖を次第に解いた。福島県庁のウェブサイトによると、現在、双葉町、大熊町、浪江町の大部分の地区が依然として隔離状態に置かれている。

ロン氏もポド氏もそれぞれが自分の言い分を主張している。ネット民のコメントには、事実がどうあれ、二人は等しく知名度を上げた、とある。

No title

>さや猫さん

中国語翻訳、ありがとうございます。

「立場新聞」って、「立ち売り」みたいなことですかね?
あるいは、日本の駅の売店売りみたいなものかな。

No title

>>ネコ様

中国語の「立場」は日本語と全く同じで「立場」の意味しかありません。だから直訳すれば「立場ニュース」になってしまいます。自分たちの立場や視点をしっかりと固めたニュースを送る、くらいのネーミングですかね。私もこのネット新聞は初めて知ったので調べてみると、2014年に香港で創刊されたネットメディアみたいです。創刊の辞に、

「立場」を以って名目とし、勇敢に立場を公示し、粉飾せず、回避せず、断固として真相を報道して、立場によって事実を歪曲しない。香港は、香港人の本拠地である。これが我々の絶対に譲れない立場である。

とありました。中共に対して言論の自由は譲らない、とする本土派(香港第一)の立場に立ったメディアと思われます。

No title

>さや猫さん

土+歩 ってこれでしょうか?
http://www.weblio.jp/content/%E5%9F%97

直訳すると桟橋とか埠頭とかなので東京で外国人が行きそうなところでは浅草の水上バス乗り場とかお台場ですかね?

自称写真家の行動にはあまり影響しない話ですが。

No title

>>笹団子さん

その字です。私は広東語の辞書を持っていないので、調べようがありませんでした。香港(九龍サイド)に「深水×」という場所があって、そこは秋葉原のような電脳街なんです。だから繁華街かなんかの意味かなと思っていました。しかしweblioを見ると、「桟橋」の意味もあるみたいですね。ロン氏は浅草で財布を無くしたと言ってるようなんで、そのことを言っているのかもしれませんね。

財布紛失

>ロン氏は浅草で財布を無くしたと言ってるようなんで

本文に揚げたMiddle Groundでは・・・
I accidentally left behind the envelope containing about 300,000 Yen, at Shinjuku train station.

CNNでは・・・
but he accidentally left the funds for it -- about 300,000 Japanese yen (U.S. $2,880) -- in a restaurant in Tokyo, where it disappeared.

言っていることがメチャクチャ、これはデタラメですよ。

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1079444645468482&set=a.208101212602834.53672.100002088711813&type=3&theater
が被害届ですが、こんなのはただ交番に行けばいいだけです。ヤツは「物語」を語っているだけですよ。

No title

ああ、本当ですね。
しかも被害届は神田署に出しているし。口からでまかせか。

No title

そういえば「立場新聞」の訳が「STANDNEWS」ってのはまずいですね。駅売りの新聞かなにかと誤解されますよ。「News From Our Viewpoint」くらいにすればいいのにね。

No title

>STANDNEWS

たしかにa newspaper stand=売店っていうのは、辞書に出ていました。もしかしたらこのstandには、(中国共産党に対する)「抵抗」みたいな意味が込められているのかも。

No title

なるほど。
土+歩 の件は自称写真家の行動に影響しませんが、オオカミ少年ぶりについては影響がありますね。
だからはっきりしたこと言わなかったんですね。
プロフィール

shinobuyamaneko

Author:shinobuyamaneko
 福島県福島市の信夫山に住むネコです。
 原発事故以後ネット上には「もう福島市は放射能高くてダメ!逃げてください!」「福島はチェルノブイリ以上!」「子供を見殺しにしないで!」等の「反原発の叫び」が溢れてます。ネコはどこにも逃げられないから、もうノイローゼ気味。こういう「叫び」「脅し」の効果もあって福島に来る人は激減。街は沈み、市民は「すぐに逃げてください!」に怯えながら、静かに暮らしています。(←最近は嘘・デマがバレてきて、みんな元気になってきた感じだにゃ。)
 しかしね~、この種の「叫び」の根底に、「反原発」の「福島壊滅ならば原発全廃にできる!大大大チャンスだ!」っていう心理はないですか?原発全廃の為にはまず「福島壊滅」が必要とばかりに、科学的、医学的、論理的に怪しい説、大げさな数字等が「連呼」「拡散」されていないですか?それが「正義」になっていませんか?
 信夫山ネコは「故郷福島壊滅」を「原発全廃」の手段にされてはたまらんです。もし根拠がない数字や説の拡散によって、旅館の経営者が自殺するとかの悲惨な「風評被害」が出たら、大人しい福島人も終には訴えたりするのかにゃ~?!今はとにかくデマ、風評、誇張、脅し等を除染しながら記録するにゃ。(「リンクフリー」です 対「反原発」、対「放射脳」等での引用ご自由に)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR