最近あった「良いこと」いろいろ 追記:ダニエル・カールさん、柳美里さんありがとう

先月、朗報はコレだった。

昨年の本県出生率1.58全国9位 東日本では最高 福島民報
http://www.minpo.jp/news/detail/2015060623280
 厚生労働省は5日、平成26年の人口動態統計を発表した。女性一人が生涯に産む子どもの数の推計値を表す本県の合計特殊出生率は1.58で、前年より0.05ポイント上昇した。全国平均を0.16ポイント上回り、全国順位は前年の15位から9位に上がった。東日本では最も高い。
 本県と全国の合計特殊出生率の推移は【グラフ】の通り。東日本大震災と東京電力福島第一原発事故などの影響で、平成24年は1.41まで下がったが、25年から2年連続で増加している。
 本県の人口動態は【表】の通り。26年の県内の出生数は1万4517人で、前年より29人減少した。人口千人当たりの出生率は7.5と前年と同じだった。昨年1年間の出生数から死亡数を引いた自然増加数はマイナス8979人で12年連続の減少となった。
 県は震災と原発事故以降、子育てや出産の支援に重点的に取り組んでいる。18歳以下を対象にした医療費無料化や、子育てや出産に関する電話相談、屋内遊び場の整備など環境の改善に努めてきた。
 県こども・青少年政策課は「引き続き、安心して子どもを産み育てられる環境づくりに力を入れる」としている。
2015/06/06 09:22

福島、出生率の伸び全国最大 14年  2015/6/6 10:48 日本経済新聞
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO87758140V00C15A6L01000/
 厚生労働省が5日発表した2014年の合計特殊出生率(女性1人が生涯に産む子供の推定人数)は、福島県が前年より0.05ポイント高い1.58で、全国で最も伸び率が大きかった。青森県も0.02ポイント上昇した。宮城、岩手、秋田の3県は低下し、特に宮城は全国で5番目に低かった。山形県は横ばい。人口減が進む東北では、子どもを産み育てる環境改善が急務だ。

 福島県の出生率は1.58で1.6を記録した01年以来、13年ぶりの高さとなった。前の年と比べた伸び率も0.05ポイントと、全都道府県で最も高い伸びとなった。

 福島県は11年の東日本大震災に伴う原発事故の影響で県外への避難住民が増えた。ただ同県は震災後に18歳以下の子供の医療費を無料にするなど、子育て支援策を重点的に打ち出している。県の担当者は「母親が電話で育児相談できる窓口も12年から設けており、そうした支援策が結実した」と話している。
(以下略)

福島の出生率、震災前水準に回復 河北新報 
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201506/20150606_63008.html
 厚生労働省が5日に発表した2014年の人口動態統計(概数)によると、福島県の合計特殊出生率は前年比0.05ポイント増の1.58で全国9位となった。県は、東京電力福島第1原発事故前の水準に回復したとみている。
 10年に1.52(全国17位)だった同県の合計特殊出生率は、原発事故の影響で12年は1.41(33位)に急落。13年は1.53(15位)まで改善し、回復傾向をみせていた。県こども・青少年政策課は「医療費無料化など子育て支援策もあり、安心して子どもを産める環境であることが理解されるようになったのではないか」とみている。14年の同県の出生数は1万4517人で前年より29人減ったが、1000人当たりの出生率は7.5で前年からの増減はなかった。
関連ページ:福島社会  2015年06月06日土曜日

そして、飯島明子さん(神田外語大学の生物学の先生)の、「天栄村ブリティッシュヒルズから発信開始」も朗報でした。
ブリティッシュヒルズの森より
http://mitchellaundulata.blog.fc2.com/
こっちは飯島さんのツイッター。
http://twitter.com/a_iijimaa1
飯島さんは夏までここに滞在して、福島の美しい自然を発信してくれるのです。写真が上手だにゃ。

まさに「ふくしまDCキャンペーン」のココロそのままだけど、そのキャンペーンの終わりを飾ったのは、D51だった。

DC最終盤 デゴイチ快走 福島民報 2015 6/28
http://www.minpo.jp/news/detail/2015062823712

鉄道って言えば、コレもすごかった。
電車で“サンバ!” 福島交通飯坂線車内を熱気で包む
http://www.minyu-net.com/news/news/0627/news15.html

美味しそうな「走るカフェ フルーティアふくしま」号は、DC後のこれからも走るね~。
http://www.jr-sendai.com/fruitea

何だか震災後の方が、「果物王国福島」のイメージが強くなったような。

結局福島にたくさんの人が来てくれるってのが、「本当の福島」を知ってもらう上で、一番効果があると思うのだにゃ。「フクシマ」じゃなくて。し、しかしコレは・・・?

サンショウウオ味のアイス=福島県檜枝岐村 時事通信7/7
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2015070700231

やっぱ、こっちかね~、ちょっと前のニュースだけど。
福島県民のソウルドリンク「酪王カフェオレ」が都内でも人気に!
http://www.excite.co.jp/News/bit/E1425024936788.html

「冷やしパン(いちごオレ味)」を発売 酪王乳業お菓子のさかい
http://www.minpo.jp/news/detail/2015042322343

ま、とにかく福島は自然が豊か、食べ物がおいしいのです。

(7/10追記)
カリフォルニア生まれの東北人、ダニエル・カールさんの最近の「奮闘」に注目!any_kさんの「まとめ」


東北の正しい情報を伝えようとするダニエルカールさんを誹謗中傷する【脱被曝】系反原発の人達の記録。
~反原発内でカルト化した脱被曝の人達の様子。~

http://togetter.com/li/844376

ダニエル・カール@DanielKahl2015-07-05 00:41:19
@interstellar___ 放射線のせいで亡くなった方はいないが、焦り過ぎの避難で寝たきりのお年寄りや、避難した後、順応出来なかった方の中に、亡くなった方は勿論数人います。それ以外の避難者は未来に向かって、頑張ってます。軽視する人もいるが、私は尊敬してます。

ダニエル・カール@DanielKahl2015-07-05 23:50:55
未だにも、古〜い 福デマ が、昨日のように 世界中 回ってるな。どうしたらいいか。やっぱ、津波後の復興の進み具合や、福島県民/東北の皆さんが、ここまで頑張って来た という 報道を増やすしかないかも。おい マスコミ。頼むよ。ブログという狭い視野の世界に負けるなよ。


本当にありがとうございます。「福デマ」って言い方、便利かも。

taka.iwata@taka_x_taka2015-07-06 20:31:55
ダニエル・カールさんに絡んでいる面々は

①脱被曝系のデマ屋
②福島県への差別・誹謗中傷を繰り返す集団
③福島県に行くと被曝する、福島県産は汚染されているにしないと都合が悪いので、必死でデマを垂れ流す
④人として終わっている


これに加えて、⑤東京、関東、北海道、九州、河内・・・とか書いてあるけど、つまり福島県外の人々。東北も無い。

buvery@buvery2015-07-08 18:47:31
@DanielKahl カールさんは立派だと思います。この人たち、大部分に見覚えがありますが、結構煮詰まっているのだと思います。事故の直後はみんな不安でしたが、4年たって『事故がなくても不安だったひと』がずっと不安なのだと思います。淡々と事実に即していけば良いだけだと思いますよ。

林 智裕 @福島御用住民@NonbeeKumasan2015-07-08 18:33:58
@DanielKahl @hayano いつもありがとうございます。福島に暮らしているだけで他人から死や病を望まれ、反論すると人殺しだとか工作員だと罵られるのは完全に二次災害の人権侵害ですが、知識人やマスコミの多くはこの問題を無視、あるいは加害側に加担し続けていて困っています。


まったく同感。柳美里さんも絡まれているね~。

柳美里@yu_miri_06222015-07-07 01:05:09
私の目(老眼)や歯(虫歯)や、具合が悪くなったこと(鬱)を、放射能と結びつけているツイートを散見する。南相馬に通い、南相馬に移住したせいだと決め付けて、拡散している。いったい、何を、期待してるんですか? 癌や白血病で倒れたら、お祭り騒ぎになりそうだから、健康には留意します。

柳美里@yu_miri_06222015-07-07 18:10:12
福島県民、南相馬市民に対して、偏見と差別に満ちた失礼なツイートではないでしょうか。 RT @kurieight 柳美里、いきてたのか? 南相馬に住んで、「山田鮮魚店」のお刺身を食べている。 ひどい体調不良に悩んでいる。 愛猫も体調不良。 福島の桃を毎年食べている。 さようなら


ひで~な~。とにかく
ダニエルさん、柳さん、ありがとうございます。
ダニエルさんや柳さんがいること自体が、福島にとって朗報です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

フルーティアふくしまに

乗せてあげるよ・・・って誘われたら

怪しい人たちにも
ついて行っちゃうかもしれません(プチ鉄&食いしん坊)。


郡山から会津若松まででしたか?

行ってすぐ帰ってくるのは嫌だな~とか考えているから
なかなか踏ん切りがつかないの。


先日テレビで「サマーウォーズ」が流れていました。
あれも災害ユートピアなんだろうか・・・。

なんだっていいや(笑)!
ユートピアは見るものじゃない・感じるんだ!

あのおばあちゃん素敵ですよね~。


相変わらず
好き勝手しゃべって帰りますよ~。

いいこと続きでよかったですよね!

No title

>なおみさん
>ユートピアは見るものじゃない・感じるんだ!

同感。そして、災害ユートピアの反対の「フクシマ」という「災害ディストピア」があって、これを何とか維持しようとする、「極少勢力」が、バーチャル世界で多数派に見せかけていて・・・ど~でもイイすねっ!現実は、作られた情報なんぞより前にいるっ!

相変わらず酷い「フクシマ情報」が流れているとは思うのですが、もう今では、それを上回るおいしい話、美しい写真等を拡散すれば、イインジャネ、とか思ってきました。えっ?「フルーティアふくしま」に乗ったら、ハナヂが出た?サンショウウオアイス(まるごとトッピングバージョン)が出たんですか、山岡さん?

どうも最近調子が悪い

ユートピアが感じられないんだ
・・・という方は・ご相談ください。


>サンショウウオアイス

あれはちょっと・・・(苦笑)。


「サマーウォーズ」でも
愛ゆえの鼻血がどばどば出ていましたよ。

あのまま
日本が暗い情報(デマ)に覆われてしまっていたら

この名作もきっと「不謹慎だ」ってことになって
お蔵入りだったのかも・・・なんて思いながら観ていました。


>現実は、作られた情報なんぞより前にいるっ!

そうだそうだ!!!

No title

>信夫山ネコ様

災害ユートピア…ネットでもメディアでもリアルでも「危険論」が横行していた頃は、バカ言えて勉強もできるこのブログは心の拠り所でした。
たぶん皆さん「現実」に追われる毎日に戻れたのかな。それはそれで嬉しい事です。

ただねぇ、ごく一部とは言え「デマ屋」は絶えませんし、福島以外の地域では「まだまだ現実の福島」を知らない人がいっぱいいますし。
(今日も「郡山で22万Bq、大熊では白血病が頻発」なんて動画が出回りました)

やんなきゃいけない事はいっぱいあるかな、って思います。

>なおみさん

よろしくお願いしまあぁぁぁぁす!

No title

>IKAさん
>やんなきゃいけない事はいっぱいあるかな、って思います。

確かに。しかしチンタラ行くことにしました。何というか、世の中の風も使って。

あなたをじっと見つめる

今のIKAさんに足りないものは・・・
コンビニスィーツじゃないかしら。

よし!買ったげます。
ついてらっしゃ~い!

・・・一個だけね。


会いたくなったらたまに会って
のんびりごはんを食べながら
やっていきましょうよ。

忘れてる訳じゃないですよ。

いろんな人がいるから
その人のやりたいやり方で
やって行けばいい。

変わらずずっと・そう思っています。

ぼちぼちいこか

>信夫山ネコ様

そうですねぇ。
デマもリサイクルになって、新たな検証もほとんど必要なくなりましたし、今までのアーカイブでもほとんど対応出来ますし。

世間の風も大分変わって来ましたし。

その意味では危機的状況からは脱していますから「ぼちぼちいこか」でいいと思います。

>なおみさん

うはは。コンビニスイーツ、何がいいかな。
あ、まだセブンイレブンのドーナツ食べてないや。
チョコオールドファッション辺りがいいかな~。

それは食べるべきです!

ドーナッツ買ってあげます。
とても美味しかったですよ♪

近くに来たら電話ください。

・・・きっと忙しいんだよね。
お仕事がんばってね。

おかしい朝日新聞がまともな事を書いている

ネコさん新エントリーお疲れ様です

デマもリサイクルが続けば信者さんも気付くし、マルチでもブイブイ言わせてた人だってね下から組織が崩壊していくのですよ、そのフェーズに入ってきましたね


どうしたんでしょうね、朝日新聞がまともな事を書いている

福島の避難解除―生活再建に息長い支援を
http://www.asahi.com/paper/editorial.html


見出しは何とかならないものか

自家用米から放射性物質=対策せず基準上回る―福島
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150709-00000134-jij-bus_all

    ☆引用☆

福島県は9日、福島市の兼業農家が2014年に生産したコメから国の基準値を超える放射性物質が検出されたと発表した。自家用で市場には流通していない。14年産米での基準値超えは初めて。同農家では、東京電力福島第1原発事故後、最初の作付けだったが、放射性物質の吸収抑制などの対策を講じていなかった。
 県によると、収穫された45キロから国の食品基準の1キロ当たり100ベクレルを超える170~220ベクレルの放射性セシウムが検出された。原発事故後、全ての福島県産米を検査しているが、同農家は作付けしない意向

    ☆引用終わり☆

何もしなくとも220Bq/kgって震災後の暫定基準値の370Bq/kgだったら余裕でクリアじゃないですか、それも欧米からしたら厳しめの基準値なのに。
100Bq/㎏って目茶目茶福島県の農家に労力を強いましたね、決めたのが民主党政権下の厚生大臣の小宮山のおばちゃんだったんですよ、どこまで分かって決めたのか、厳しければ良いと思ったとしか思えない。
いかんいかん思い出し怒りになってきた、兎に角福島県の農家の人達は世界一の努力家で優秀な人達です。






No title

>さんご@さばとらさん
>どうしたんでしょうね、朝日新聞がまともな事を書いている

リンク先読みました。やはり予想通り「おまゆう」が始まったか?でも「行ったり来たり」するでしょうね。(アレはヤマトシジミだそうで)

春野さん、開沼さんを大きく取り上げながら、「U田」の書評や「共同発白血病論文」記事を載せる毎日と、似たような程度になったのかな?

>見出しは何とかならないものか
ホントに。
これってとにかく「印象」「イメージ」の問題で、これが風評加害の原因の一つですね。

しかしこれって、11年11月の「大波のコメ事件」と似たようなもんですね(この時、実は自家用のコメだったってウワサがありました。真偽のほどは不明)。
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-48.html
に、この時のダニエル・カールさんが英紙「ガーディアン」に抗議してくれたことを書いていましたが、ダニエルさん、今もがんばってくれてますね。頭が下がります。

No title

なにはともあれ、ダニエル・カールさん、ありがとう!柳美里さん、大変でございます。
松本春野さんも粘着されているみたいですし、ご苦労様
です。

ええと、細かい話ですけど

>さんご@さばとらさん
>震災後の暫定基準値の370Bq/kg

ええと、それは震災前の輸入規制値じゃなかったかな~、と。
暫定規制値は500Bq/kgだったかと。

この農家さん、ちょっと厳しい意見もあるようですけど、私はあまり責めたくないです。そりゃ軽率でイメージダウンですけど、自家消費用ですし、さんご@さばとらさんが言うように「世界基準で見れば充分低い」訳ですし。
はからずも「セシウム対策が有効で、農家の努力が証明された」訳ですし。



あ、今日の報ステ竜田さん出てましたね~。
フルイタチのゲス質問に淡々と答えておられました。
さりげなくキクマコ先生の本やはじまりの春、ラブキュリなんか写っててワロタです。ってか、ディレクターわかってやったのかな。
だとすると、報ステのスタッフのなかにも「アチラ」じゃない人がいるのかな~。
竜田さんもご苦労様でした。

それから、工藤先生も学校に電話が来て大変だったみたい(毎度の事かもしれませんけど)。
そのほか応援してくれる人もいっぱいいますね。
本当に皆さん、ありがとうございます。

No title

「良いこと」じゃないんで恐縮ですが、

おなじ朝日ながら、こちらは相変わらずのAERAダメ記事
http://toyokeizai.net/articles/-/75115

4年たって線量がどうなったか?は、「自主避難の今後」を考えるうえで記載するべき最低限の内容だが、まったく記述がない。
おそらく「自主避難者が帰還するべき」と言われる根拠になることを避けるために敢えて載せていないのでしょう。
彼らが今後の判断をする上で大事な情報のひとつになるはず。
現状すら伝えない、いつまでたっても未来志向ではないのですね。

行政や政治非難が目的の記事でしょうが、福島に住んでいる人間と「自主避難者」との乖離を助長している内容にしか思えない。

記事の中にも、あからさまに“避難先では「勝手に避難してお金をもらっている人たち」という視線”という記述。

おいおい、わざわざ自主避難者の問題点を明らかにしてどうする・・・

最後のサブタイトル「いま必要なのは社会全体の共感」をみて失笑。

誰が共感できないような状況をつくったんだっけ???

と、休日の朝らしからぬ内容で失礼しました。

「いま必要なのは社会全体の共感」

私は人間ができていないので
この件に関しては共感できません。


全体のことではないので
書くのを迷ったのですが

福島県内に「親戚」がいる人がいたとします。

子ども世帯は街の方に出てきていても
年老いた親世代は「避難しなければならない場所」住んでいらした。

自主避難を選択した方々の中には
その親世代に支払われるお金をあてにしていて

だから職探しをはじめ
これからの生活に必死になれないし
住まないお家のローンだって・どうにかなっちゃってる
(なんだかんだと言い訳めいたことを言っていますが)。

そういう人たちもゼロではないです。


アエラにも書いてありましたが
支払われている額がとても大きいので

普通の人が一生働いても建てられないような豪邸を
キャッシュで買っている人たちの話を聞くと

この人たちは辛い目にあったんだと
頭ではわかっていても

いいな

と思ってしまう自分もいます。


自主避難者に共感できない自分は
人間として下等なんだろうなと思いつつ

自主避難者たちと同じように
日々こつこつと節約して生きています。

No title

a_nightbreedさんがすごい。もう「まとめ」ていました。

竜田一人さんの #報道ステーション 出演と、その反響 #tvasahi (20150710)
http://togetter.com/li/845525

竜田さんの机の上の「本」に、メッセージがこめられていたのですね~。
流石はヴィジュアルのプロ、というか、竜田さんとにかくすごいです。

本当にありがとうございます。

工藤先生も絡まれているようですが、本当にいつもありがとうございます。

次の焦点は竜田さんも触れていますが、アレの「ヤマトシジミ」ですか。記者の取材を受けたけれど、コメント使用を拒否した、キクマコさんのツイッターに詳しいですね。
http://mobile.twitter.com/kikumaco

http://twilog.org/kikumaco/date-150605
6月5日
菊池誠@kikumaco
来られた記者のかたにいろいろ質問して、「危険を煽ることによって生じるリスク」と「放射線による健康リスク」なら後者を重視したい、という基本姿勢を伺えたのはよかった

ってことだから、結論は見えてますね~、記者がこの「基本姿勢」じゃねえ。

>いま必要なのは社会全体の共感
「社会全体」に「逃げ込んで」いるのかな、「わからない」に落とし込むのと同じく。「社会全体の共感と理解」なんて、そんなのリアルにあるわけないですから。

どうやら福島県庁前で「ハンスト」した人がいるらしいですけど、どこでも全く取り上げられていない・・・

AERAの記事は、結局「義理」みたいなものかも、と。「放射能が来る」とかやっちゃってますから。

>おいおい、わざわざ自主避難者の問題点を明らかにしてどうする
これまでとは、視点が変わってきた感じもうかがえます。

記事中に「地元に住み続ける人がいる中、自分たちだけ支援してほしいなんて思っていないんです。」とありました。ここにも視点の変化が・・・要するに、今やリアル社会の多数の視線の変化があり、記事もそれを流石に感じ取っているのでは。

続いて「でも、『自己責任』と言われるたびに、『私のせいじゃなかったはず』と思ってしまう」・・・煽った誰かさんたちも悪いと思います。そこに行き当たってほしいです。

あと、「いいね」が多くても、コメント欄がキビシクなっていますね。そして市民団体的「テンプレ」で書くのが激減つーか、皆無。ハフポストに出た、「津久井弁護士」の似たような記事に対してのコメントも同傾向です。世の中変わってきたのでは。「社会全体の共感」とは程遠い状態に見えます。

テレビ東京 NEWSアンサー

ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、テレビ東京で夕方放送されているNEWSアンサー http://www.tv-tokyo.co.jp/newsanswer/ という番組で中核派の本拠地・前進社の取材をしました。
http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/newsanswer/life/post_93378/

なんというかオウムのサティアンみたいですね。
福島第一原発事故をきっかけに構成員を増やしたようです。

その中で中核派の女性(26)という人物のインタビューがヤクザの世界か?内ゲバ当時の世界か?という暴力性をのこしていると思わせるものでした。

ttps://twitter.com/matrix____/status/619475553515536384
ttps://twitter.com/neon_shuffle/status/619478730063228928

彼女はアチラでは有名らしく、何度かマスコミの取材を受けていたようです。
その中で両親も中核派の活動家だったと話したらしいです。
ttp://oudon.at.webry.info/200908/article_5.html

そんな彼女ですが、毎日の記事にはただ「江戸川区の大学生、洞○朋子さん(25)」と紹介されていたようです。
ttp://blog.livedoor.jp/nihonkokukenpou/archives/51777248.html

マスコミはこういうすぐバレることは卒業したほうがいいのでは?と思います。

No title

いわゆる過激派はまだ1万人もいるんですね。

マスコミ側がニュースを構成する上で必要な仕込み要員を、過激派もデモなどの行動をマスコミで取り上げてもらうために、「江戸川区の大学生、洞○朋子さん(25)」に取材させているのでしょうね。

過激派とマスコミのなれあい感が漂っています。

竜田一人さんの 報道ステーション 出演見ました

私は竜田さんだからと印象操作には易々と乗らないだろうと割と安心して見ていました、素直に良かったと思いました

◎行くたびに作業が進んでいる喜びがある
◎将来的には無くしていく作業ではあるけれどそれに向かって新たな  創造がありそれも嬉しい事
◎危険な場所だけれどしっかり管理されて将来にも何も影響が出な  い

これを竜田さんご本人が語られた事に意義があると思います


IKA さん
>ええと、それは震災前の輸入規制値じゃなかったかな~、と。
暫定規制値は500Bq/kgだったかと。

はい、500Bq/Kgでしたね、何故か頭に370がこびり付いていましたW


Jヴィレッジ本格除染始まる
http://www3.nhk.or.jp/lnews/fukushima/6055847341.html

>国内初のサッカーのナショナルトレーニングセンターで、原発事故後は、廃炉に向けた作業の拠点として使われている福島県の「Jヴィレッジ」で、13日、営業の再開に向けた本格的な除染作業が始まりました。

こうやって以前の日常が戻ってくる事がとても嬉しい。


4号線の電光掲示板に「16日に大掛かりな規制があります ご協力をお願いします」と出ていました

両陛下が又来福して下さるのですね、嬉しいけれどご高齢の両陛下にはこの暑い夏に来て頂くのは申し訳ないような思いです。




No title

私、朝日新聞をとってるんですが、社説とか天声人語はばかばかしいので読んでいないんです。ところがツイッターで7月12日の天声人語が話題になっているんで、見直してみると驚きました! 柄谷行人の「人々が主権者である社会は、選挙によってではなく、デモによってもたらされる」を肯定的に引用しているんです。これ、議会制民主主義の否定ですよね。
私、朝日新聞は、戦争中は右翼軍国主義に加担し、戦後は左翼全体主義を礼賛した、一貫して全体主義を支持する新聞と思っているんですが、やはりとの思いを強くしました。実家にいるので私の金でとってるわけじゃありませんが、そろそろ止め時かな。

togetterの「反原発内でカルト化した脱被曝の人たちの様子」を見ましたが、いまでも岩波が出せば正しいと思い込んでいる人がいるんですねえ……。

No title

「Jヴィレッジ」が本来のトレーニングセンターとしての役割を取り戻すことができれば、復興を象徴する存在の一つになると思います。
着実に進めてもらいたいと思います。

No title

>こうやって以前の日常が戻ってくる事がとても嬉しい。

ですよね~。Jヴィレッジ復活してほしいです。

暑いと桃がオイシクなります(とりあえず棒)。

暑い暑い・・・朝日等は「半減連20万人デモ」とか、「秘密保護法案」と同じ、「熱病」「祭り」の類でそ。「祭り」繰り返せば少しは売れるし。過ぎたら忘れて、次の「祭り」を探します。「フクシマ祭り」も早く冷めろよな~。でもこれ、他の「祭り」のネタが無くなると、繰り返すみたいですね。

で、この手の「祭り」が無くなると、連中は食えなくなるから、「建設的な代案」「妥協案」なんてもってのほか。政権、議会は保守に任せて、自分らは無責任に街頭で騒ぎまくる、でも本質は何も変わず、常に火種を残すってのが、一番楽。儲かるし満足感も得られる。これがミンシュトウセイケンで学んだことでは?

こんなバカな「政治」に、福島が巻き込まれたことが不幸、災害だと思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015-07-14(14:37) : さん

わ~、お久しぶりです。県内各地での活動、ありがとうございます。

>近ツリ、JTB・・・

やっぱり流れが変わってきましたね。

暑いですね

信夫山ネコさん、こんにちは。

ブログを紹介していただきありがとうございます。
「良いこと」の中に入れていただけて、光栄です。
みなさん、まだまだ腹の立つこと・悔しいこと、色々多いと思います。
「気分転換に花や昆虫の話でも見てみるか」という感じで見に来ていただけたら嬉しいです。

しばらく更新していませんでしたが、先ほど更新しました。
今月中にもう一度、今度は昆虫の話などを書く予定です。

>飯島さん

こんにちは~、いつも写真楽しみにしています。ありがとうございます。

福島に来てくださって、福島を知ってもらう、味わってもらう、楽しんでもらうのが、一番良いことじゃないか、って思っています。例の人々の「保養」の逆みたいですが。

そうそう、先日ツイッターに「ハツタケ」みたいなキノコの写真が出ていましたね~、あれで思い出したのですが、一時(ど素人の)キノコ狩りをやっていた時(結構怖いですね)、「図鑑」をよく見ていました。この図鑑のキノコの写真が、かなり福島県で撮影されていました。確か今関六也さんという方の著書でした。

それから当時、Be Palという雑誌で、「日本で初めてトリュフ発見か?」なんて記事があって、これも「阿武隈山地の秘密の場所」ってなっていました。

そこで福島って、もしかしたらキノコ王国なのか?なんて思っていました。あの「ハツタケ」似のキノコも、新種発見かも。

No title

やはり、朝日新聞は行ったり来たりです。
プロメテウスの罠はまた問題起こしそうな気配ですね。

https://twitter.com/TatsutaKazuto/status/619069555713794048

調査報道班を無駄に使わず、新国立競技場のスクープ記事でも書ければ間違いなく新聞協会賞とれるのに。

日本のトリュフ

日本でもすでにあちこちでトリュフは発見されています。
けっこうどこにでもあるものらしい。
http://spotlight-media.jp/article/151613481669474393

トリュフ

>Isshockingさん

びっくりしました。もう「ど素人キノコ狩り」やめてから、随分経ってしまい、全く知らなかったです。意外とどこにでもあって、でも癖ありなので、誰も探さないのかもしれませんね。

貴重な情報ありがとうございます。

No title

あさイチ、今週は福島からの中継みたいですけど、「それアカンヤツや~」な方からのメールご紹介しちゃったみたいで…。

晒し?それとも両論併記?
まあ、画期的な気はしますけど、

帰れますって言うけれど

みたいなテーマだったでしょ?
あさいち。

3日連続福島から。

おお~うまいもの&観光だけじゃないんだ!と
ちょっとびっくりしました。

でもね
なんか難しいなと思って
いつ裏切られるかと思って
ドキドキそわそわして

最後まで観なかったの。

そうだったの。
両論併記(?)だったのね。


今日も暑いですね。

みなさん・頭からお水をかけてあげますよ~。
じょうろでじょぼじょぼ~♪

あ!外水道が熱湯に!!!

No title

>あさいち
中身概略は http://tvtopic.goo.ne.jp/program/nhk/22702/874242/

そのFAXは、福島の「シゲヤスさん」にtweetされてました。
http://twitter.com/am_bad_ass
「誰もが気になり、違和感を感じていると思います。まだ住んではいけ無い場所でなぜ平気な顔して生中継してるの?当然中継にはぶっちゃけどれくらいの危険性があるかのお話あっての出演だと思いますが、どんな予備知識の上で出演されているのか?簡単にでいいから知りたいです。」

コダかあさん@御用住民 ‏@koduck_psyduck · 3時間前
@tukinowakoguma まぁ、ああいうバカがネットの中からヒョコヒョコ出てきたというのは、逆に異常性を晒すことになったし、福島県側もバカども退治に心置きなく乗り出せるというものですよw

ってことですかね。官邸ドローン程ではないですが、生放送自爆テロっぽかったです。あれをわざわざ晒したのは、何か意図があったのでしょうかね~?

生放送自爆テロ

それを読まされた有働さん(だったのかな?)の
表情を観てみたかったですね。

中立公平無表情かな。


感じ方は人それぞれでいいんですよね。

そういう「ご意見」が
こういう場所以外で読みあげられたというのは
画期的ですね。

もっと読みあげられればいい(笑)。
その後に続く・沈黙と共に。

No title

>信夫山ネコ様

今まで「有識者(っぽい人)」とか「文化人(らしきもの)」たちの「(オレサマ的)正義」とか「(安っぽい)ヒューマニズム」なんかじゃない、「ナマのアレな言葉」が白日のもとに晒されましたからね~。
普通の人にはショッキングだったと思います。
(悲しいかな、我々は見慣れておりますが)

まあ、あんなファクス送るほどの「アレ」ですから、送った本人(と同じ程度のアレな人)はNHKに取り上げられて喜んでいるんじゃないですかね。
私から見れば「自爆」ですけど。

(ある意味、双方から評価される訳で、取り上げたディレクターはなかなかの知能犯かな…笑)

>なおみさん

有働さん、読みづらかったみたいです。
怒ってる人もいますけど、こういう「福島の人がさらされている現実」を知って貰うのは、悪い事じゃないんだろうと思います。

IKAさん

>有働さん、読みづらかったみたいです。

そうだったんだ。
それは可哀想でしたね。

>「福島の人がさらされている現実」を知って貰うのは、悪い事じゃないんだろうと思います。

私も同感です。

それを知った
多くの人たちの判断を信じていますから。

私ね
どんなこともあけっぴろげにしちゃうのが
一番だと思うんです。

深刻に抱え込まずにね。

なんじゃそりゃって
逆に笑ってもらえるかもしれないし。

No title

>なおみさん

>それを知った
多くの人たちの判断を信じていますから

激しく同意です。
たぶん、多くの人(福島県内在住であっても)は「(一部の人とはいえ)福島がどう思われ、どう言われてるか」を知らない人が多いのかなぁ、って思うんですよ。

今、某掲示板でお話している人に「デマなんて気にしなきゃいいじゃん」みたいなこと言われてます。
確かにね~、「そりゃデマだ~」なんて言うと「かえってデマが広がる」って事もあり得ますし、充分情報を持っていない人には「どっちもどっち」って見られる可能性もあるんですけどね。

でも、デマで怖いのは「まるっと信じてしまう」事ばかりじゃなくて「なんかそんな話があった」って薄い印象でも充分被害を出しちゃう事もあると思うんですよ。

デマが「差別」とか「偏見」に繋がるって事もなかなか理解されませんし…(これは複数の人であった事です。「子どもの事を心配してるだけ」とか「デマであったら後で笑えばいい」とか…)。

差別とか偏見って「差別主義者のすること」って思う人が多いのかな。(自分は差別主義者じゃないから差別じゃない、みたいな)

難しい問題ですけど、差別って「そんな事を考えもしない人」がしていると思うんですよね。それも「なんとなく」程度の認識で。(その事をこのブログのコメント欄で学びました…もちろん私も含みます)

ドラゴンボールの元気玉みたいに「多くの人がなんとなく持っている差別の意識」を集めて、ぶつけてくるのが「アレな人たち」なのかな、って最近思います。(元気玉ならぬ「病気玉」ですかね)

IKAさんの書かれたこと

おっしゃる通りだと思います。

今期
リスクの神様ってドラマを見始めたんですけど
「なるほど・・・」と思ったのは

それが事実であるかどうかは関係ない

世間に「怪しい」と印象付けるだけで
大会社だって潰せるし
個人に社会的ダメージを与えることができる


やられましたよね・散々。


同じように言い返すことも
余韻の沈黙も

使えるものは全部使って・逆らってきましたが


ここにきて
相手の化けの皮は・かなり剥がれてきて

見るからに言動が怪しい・おかしな人たちの言うことを
あなたはどう判断しますか?

そんなふうに各自に任せて
ほっとく時期が来たのかなと思っています。


私たちもまた

>「そんな事を考えもしない人」

の人格や知性を厳密に
100パーセント洗うことはできないのだと思ってます。


震災前と同じ程度に
差別はいろいろな形で残るのでしょう。

こと福島に関してだけ
すべての人類が・きっちり正しく判断できるわけがない。

それが普通に戻ったってことだと思うんです。


福島の人たちは震災前
障害のある方や社会的弱者に
とっても思慮深く関わっていたか

差別をする人が一人もいなかったか
と考えると

私はそうは感じていなかったんですよ。


都会風に表に出さないのが「上品で正解」とも
思ってはいませんが

震災事故とデマだけにこだわり過ぎて

「俺たちを・福島を
 100パーセント正しく理解しろ」

と言い「過ぎる」のは危ういなと思っています。


ちょっとやり取りが難しい(微妙な)内容になっちゃった。
ここで正確に伝える自信がありません。

またいつか・お会いできた時に
深められたらと思います。

No title

ryugo hayano ‏@hayano · 3時間前
(一読の価値あり)同じ東大文学部でも 放射線問題について 哲学と宗教学はこれほど違うと認識させられた,一ノ瀬先生の論考 47ページの力作:http://bit.ly/1RDfOWK

ノラネコのクセに、柄にも無く、一気に読みました。決して難しくなく、ヒラバでめちゃ納得しました。一ノ瀬先生ありがとうございます。
(早野先生のおっしゃる「宗教学」ってアレか、ははは)

「犬の生き方のように、シンプルに、その真理を受け止め暮らし直すときではないか。」

犬ではなかったのですが、なぜネコになってしまったのか、わかったような気がします。全く我田引水ですが。

ネコさん

すごく雑にですが
読みました。

よかったです。

実践あるのみです。

No title

たしか、安藤量子さんが、最近の朝日新聞の原発関連の記事は、その質が、良質なものと相変わらずのクズ記事が混在していると指摘していたと思います。

クズ記事を書いている記者の内在論理と作業仮説は、「しかし低線量被曝による健康被害の可能性は否定できない」だと思われます。

ならば、その可能性とやらを、彼らは客観的かつ具体的に説明してみるべきなのですが、出来ないでしょうね、無理だとおもいます。我々はなぜそれが無理かは、いくらでも説明できますが。

おそらく、あさイチのディレクター氏も以上のような内在論理と作業仮説をもっていたのではないでしょうか、室井佑月をいつまでも切らないところをみると、あやしいな。


ネコさま紹介の一ノ瀬先生の論文は、プリントアウトして、熟読したいです、これは我々の武器となるでしょう。

あ、そうだ少し前に話題になった、ユートピアの話で、これは聞くユートピア。
http://www.youtube.com/watch?v=QUQY1TiB6ME

No title

一ノ瀬さんのように、福島問題を「政治」「イデオロギー」等と結びつけない人の存在は朗報と思いました。ここには福島問題の要点が、ほとんど含まれているような気がしました。

>しかし低線量被曝による健康被害の可能性は否定できない
こういうのは、結局このブログの原点に戻りますが、「願望」。その裏にあるのは「反原発正義思想」と「面白がり」でしょうか、あるいはせいぜい万一用「アリバイ作り」か。本気で「量の観念の欠如」でそう思うなら、連中自身がもう東京から自主避難しているはずです。増して「福島支局」なんてあり得ない。ところがそうならないってことは、連中にも「量の意識」がある。しかしそれは報道では明かさず、煽るだけ。「当事者意識の欠如」。

>ユートピア
お~、懐かしいです。やはりこの整然とした演奏力は、只者ではないです。

あさイチのFAXの件

あさイチの帰還問題の回ですが、じっくり見ようと録画しました。
例のFAXについてのやり取りなどまとめていましたが、長くなったので自ブログにアップしました。↓
http://blog.goo.ne.jp/osato512/e/699f27e23396f088d2dddcd805a6ff07
番組内容は避難者帰還問題に対する問題提起という所までで、深い議論は別途改めてという感じでした。
風化が叫ばれている昨今、福島の「今」をありのままに見ようという姿勢は個人的には評価しています。

No title

>OSATOさん

いい「まとめ」ですね。番組内容がよくわかりました。

例のFAXも、ハプニングの類でなく、計算して扱ったことがわかりました。今や晒しても、数年前のような連中による「炎上」もない、という「世の中の変化」に対する計算もされていると思います。柳澤さんはキチンと答えていますね。

改めて見ると、「誰もが~」という所が連中の思考を表していること(本当は少数派なんじゃないの?)とか、結局今では、「福島に行く」とか、「福島に住む」という行為を放送する事そのものが、連中には悲鳴をあげたくなるプレッシャーになっているのだな、なんて思いました。それだけ、DCキャンペーンみたいなのも利いているのかも。

なんとなくみなさんへ

>ネコさま紹介の一ノ瀬先生の論文は、プリントアウトして、熟読したいです

私もそう思ったんだけど
うちのプリンターではきれいに出ないなと思って

よく寝て・ごはん食べて
頭がクリアな状態で・今朝もう一度読みました。


今の私には
危険だと騒ぐ人たちを憎いとか
あちら側(敵対する側)とか思うよりも

気の毒な・痛ましい・哀れな人たちという
認識があります。


武田なんかは別格で「憎い」カテゴリーのままです。
許せません。


一ノ瀬先生のおっしゃっていることは
「私たちの武器」として使うのではなく

苦いけれどよく効くお薬のように

必要な人にただ
読んでもらえたらいいのではないかと思いました。


自分が怖がっているものから目をそむけず
(ダメだった・間違っていた自分の姿が一番怖かったりしますが)
ありのままの姿をみること。

理屈なんかどうでもよくて
ただ自分が怖がっているものを知ること。

それが一番のお薬になるのかなと思いました。


自分が何に苦しんでいるのか
それがわかったら

黙るしかない時期が
考えが否応なく深まっていく時期が(それも苦しいとは思いますが)

あさいちのファックスを
突発的に・かっとなって
送らざるを得なかったような人にも来ると思います。


騒いだり・暴れたり・攻撃的だったり
そういう状態の人はパニックを起こしていて
ほんとうにお気の毒だけれど

自分の姿を・弱さを知る覚悟を決めないと
いつまでもそのままです。

どちらの苦しさを好むか。

強さ・弱さって言ったら
私の嫌いな評価になってしまうけれども
その違いだと思います。


>これは聞くユートピア

千貫森の宇宙人さんらしい(笑)。


>例のFAXも、ハプニングの類でなく、計算して扱ったことがわかりました

そうだったんですね。

相手に何かを言わせることで
こちらが伝えたいことの糸口がつかめる

そういうことだったんですね。


あさいち録画・・・してあったかも知れないと
後から気付きました。

気が向いたら見てみます。
見ないで消してしまうかもしれません。



一之瀬先生は
私がそうありたいと望んで
試みている生き方に
言葉を与えてくださった気がしました。

難しいことはわからないけどさ派の一員として
これからも実践あるのみです。


今日もいい日でありますように♪

No title

朝日新聞に油断はなりません。
18日付け夕刊では、社会面で、
「宗教学の重鎮 つぶやき人気」という記事で、
島薗進氏を持ち上げています。
ツイッターのフォロワーが、一万二千人と。
安保法案反対者とオーバーラップしていて、よくわかりませんが、
逆に言うと、カルト的な福島貶め人々はそれぐらいということかも
しれません。
https://twitter.com/shimazono

また、毎日日野記者も活動を続けています。
○復興庁説明会:支援縮小に怒号 自主避難者「切り捨てだ」
http://mainichi.jp/select/news/20150719k0000m040047000c.html

読んでいて、事故当時、もう少しなんとかならなかったかと残念でなりません。しかし、反省もせず、あおり記事を掲載し続ける毎日新聞にも困ったものです。

No title

新聞社には権力とは逆張りすることこそがマスコミの正義だと思っている記者たちがいますからね。
一面正しいのですが、民意が間違うこともあるし、マスメディアも往々にして間違います。
この検証をしないから、どんどん新聞の信頼性が低下しています。

太平洋戦争に至った経緯は政府の国策の誤りですが、大新聞はもちろん民意も誤っていました。民意は国連脱退支持、開戦支持だったのを忘れてはいけないと思います。

今の安保法案を民意に反して強硬採決なんて論調はチャンチャラおかしいです。

No title

新聞記者の仕事って、前の日に日本や世界で何が起こったかを大まかに伝えること、なんですよね。
これを「権力を監視すること」と勘違いしている記者がものすごく多いです。
新聞記者は、いち私企業の社員であって、選挙で選ばれたわけじゃないので、そんな人が権力の監視をしたら、その会社に都合がいいような監視しかしないに決まってるじゃありませんか。
記者はいろんな場所に張り付いて日々の動きをフォローしているので、結果として権力の監視をすることもたまにはある、くらいですかね。もちろんそれが目的ではないです。
あと新聞記者って、自分の仕事のことをすぐ「使命」って言うんですよね。「記者の使命」とかね。別に「記者の仕事」と言えばいいのにね。
すぐ「シメェ、シメェ」とわめく記者は、ヒツジ並みの頭の程度と思った方がいいです。

NHK「被災地からの声」・・・

今日は休みでしたが、天気も悪く出かける雰囲気でもないので(私の足は基本バイクなので・・・(笑))おとなしく家にいるのですが、お昼のNHKテレビで毎週木曜日にやっている「被災地からの声」を見て、ああ、ようやくマスコミも一部原発避難者の「福島は危険だ、住めない、補償の増額を!・・・」と言った後ろ向きな声だけじゃなくて、「自分たちの掛け替えのないふるさとを如何に守るか、如何に復興させるか」に頑張っている人の声を放送内容の大部分に占めるようになってきたんだなあ、と感慨深く見てました。

特に今日の場合は、10代20代の若者たちが自分たちのふるさと・地域を復興・活気づけるために奮闘している様子がメインだったので、なぜか自然と目頭が熱くなりました。

この番組の中で特にインパクトがあったのを2点挙げたいと思います。

一つは浪江町から相馬市に避難している高校生が放送部(報道部?)に所属しているのですが、そこを利用して浪江の現状を「県外の人」に発信していきたい、と言う他の部員の思いとは違って、「私は逆に県内の人にこそ見てもらいたい」と言った事でした。

彼は自分のふるさとである浪江町が、人が住まない(住めない)ことで4年以上経過した今、荒れたままになっている状況を複雑な思いで見ているのですね。

私が見た限りでは、彼のその複雑な思いとは「原発さえなければ・・・」だけではなかったように見えたし、おそらく「本当に住めないのか?」と言った思いもあるように感じました。
それは10数年間暮らしてきたふるさとへの熱い思いなのかも知れません。

もう一点は、南相馬から仙台に避難して去年戻った30代の若いお母さんの意見。

彼女が仙台にいたころは南相馬の知人から「こっちでは普通に暮らしているんだよ」と言われても、どうにも信じられなかった(信じようとしなかった)けれど、戻ってみたら知人の言っている事は本当だったと初めて知った、と言う。
(「案ずるより産むが易し」、という事でしょうか)

避難者には避難している根拠があるわけで、その避難が正しいと思うためには「元の場所は危険なんだ」と言う意識を持たざるを得ない現実を暗に証言したようにも私には見えました。

こういう「避難しなかった人、避難後に戻ってきた人の声」が徐々にではあるが報道されるようになったのはうれしいことですね。

No title

【速報】
信夫山ネコ様、東海アマに公式認定される(笑)

http://twitter.com/tokaiamada/status/624005593368408064

>「放射能は影響がない」って言ってる超オバカな人
安倍晋三大センセイ
幸福の科学
副島隆彦大先生様
伴信彦大センセイ
大橋弘忠大センセイ
ホリエモン
信夫山ネコ
中川恵一大センセイ(自分たちだけはヨウ素剤を飲み家族を外国に逃がした)
福島県立医大の大センセイ様
星北斗センセイ

中川先生、星先生よりも上(笑)。

No title

>被災地からの声
>こういう「避難しなかった人、避難後に戻ってきた人の声」が徐々にではあるが報道されるようになったのはうれしいことですね。

ですね。何とかこの方向になってほしいです。

>(認定)
(デマリン以来か。かの方も忘れられた感じ)

No title

>なおみさん

返事遅れました。
言ってること、わかります(たぶん、かもしれないけど)。
私も「各自に判断を任せる」事には賛成です。
判断材料の提供はしていたいですけど。
(その意味で「言い過ぎる」事には気を付けないといけませんね。自戒します)

「差別、偏見」って人間の業(ごう)なんでしょうね。私も「無くなる」事はないだろうな~、って思います。自分の、今までの事も含めて考えて。
だからと言って「しょうがない、免責だろ」とは言いません。その業も背負って生きていくんだと思います。

今は情勢も落ち着き(福島に関しては、ですけど)、多くの人は冷静な判断ができると思います。
私はその意味で「人を信じて」います。

一方、多くはないとしても「バイアスにまみれた、独善的な判断をする(続ける)」人もまたいるでしょうね。
その意味では「人を信じていない」。

矛盾しているようですけど、そもそも人間って矛盾 しているものだということで…。

>福太郎さん

今まで無視されてきた「避難しなかった人、避難から戻った人」の声が取り上げられるようになって嬉しいです。

昨日、こんなニュースが話題になりました。
http://togetter.com/li/851436


読売の勇み足はあったようですけど、「福島に住む人の気持ち」をよく表してくれていると思います。

>信夫山ネコ様

ケケ 里予 内真 王里 もすっかり過去の人ですね~。
ヲチャも居なくなっちゃいました。
東海アマは、元のネット珍獣扱いですね~。

IKAさん・暑いですね

私にも・両方ありますよ。

人を心から信じている気持ちと
人を全然信じていない気持ちと。

毎日生活しながら・瞬時に判断し続けています。
反射神経が鍛えられるぅ(笑)。


だから「○○について・私はこう思います」って
ますます言えなくなりました。

対象が何か・誰かにもよるし
そのことを話す相手にもよるし

なおみって裏表があるとか言われそう。
勝手に言っとけ。


いろいろなものが
見え難くなってきました。


>読売の勇み足はあったようですけど、「福島に住む人の気持ち」をよく表してくれていると思います。

私も同感です。

あの黒板にも
いろいろなものが混ざって書かれていたのでしょう。


いろんなものを孕んだまま
地球は回るのです。


4年前の私たちに
今の状況を伝えたら・どんな風に思うかな?

「やっぱり!」「よかった!」って喜ぶはず。

あの頃心配していた未来が
今でしょう?

人によって違っているでしょうね。

思ってたよりも
もっと悪い未来を選んだ・・・

自分で作っちゃった人もいるでしょうね。

No title

>IKAさん

この「まとめ」、渡部真さんがすごいですね。「某政党」もいずれバレるんだろうな。とにかく「運動」はもうウンザリ。

請戸って、小さな漁港でいい感じでしたね、あそこの旅館に泊まった夏の日が、懐かしいです。

No title

>信夫山ネコさま なおみさん

この前の、なおみさんのコメントに蒙を啓かれる思いがありました。
確かに、むこうの人たちは理屈で負けると、こちらを恨むだけですからね。
朝日や毎日新聞でも、自社内の脳記者に疑問をもつ記者さんも出てきているようですし、長期戦は覚悟していたことですし。
で、一ノ瀬先生の論文についてまとめが出来ていました。
http://togetter.com/li/850259?page=6
かなり読み応えあります。
しかし、「いのち」「こども」「こころ」「自然」これらの言葉は、ある条件においては、言った側も言われた側も呪縛する、呪いの言葉としての機能があると思います。


>IKAさん

キ○○イ医者とデマパン屋、夢のコラボ。
http://twitter.com/touyoui/status/623638601180516352
やはり、クズにゴミは親和性が高いなあ。
これに、東海デマが絡んでいます、凄惨な内ゲバだあ。

千貫森の宇宙人さん

お暑うございます。

ご提示いただいたまとめ

根が続かなくって
最初の部分しか読まなかったのですが
(最近はこんな読み方ばかりです)

>4年もかかったら我々庶民もかいてあるようなことは全部考え尽くしましたよ。だから細かいあらが目に付く。

こうおっしゃっている方が
いらっしゃいましたね。

私は一ノ瀬論考を初めて読んだ時に
ただ「いいことを書いてくださったな」と
素直に感激したのですが

他の方にも紹介したら
先に挙げたのと同じような感想が返ってきたので

ああ・そうか
言われてみたらそうだなと

相変わらず流されやすい私のまま
たゆたっています。


>「いのち」「こども」「こころ」「自然」

おっしゃる通りですね。

その言葉を遣う人が
その人の人生をかけて
どこまで考えを深めたことがあるのか

呪いの言葉になるのか・命を寿ぐ効果があるのかは
受け止める側の深さも影響するでしょうし

なんだか小難しい公式が作れそうですね(笑)。
また心理学とか社会学とかの学者さんが出てくるのかな。

理屈は実体験に・当事者に
どうしたって追いつけないと思います。

外からは内面の化学変化は見えない
言葉を交わし合っている当事者でも・発酵の具合が違う

星の王子様が出てきそう。
大事なことは見えないんだよ。


う~ん・・・
みんなで縁側に並んで
冷たいお茶でも飲みますか?

言葉は虚しいです。

補足

そのお茶飲みは沈黙の行。

黙ってセミの音を聞きながら
空をみながら飲むんです。

気ままに並んで座って
気が済んだら自分の場所に帰るの。

何か難しいことや・自分の言い分をしゃべりだす人がいたら
なおみに警策で打たれます。

・・・ハリセンの方がいいですか?

え?鞭ですか?
それはちょっと・・・いたしかねますが。


みんな来たらいいですよ。
仲間はずれはしません。


でもな~。
各種四天王はな~。
撃ってもいいんじゃないかな~。

プロメテウスのワナワナ

最近は「ヒロメテウソの罠」とまで言われる、あのシリーズ。「福島から逃げてください」が目的のチョウの研究編、本日ミットモナイ終わり方したらしいです。(本来の)「やおいなし」ですかね。

ツイッターでは連日批判に次ぐ批判で、今日も暑い中、炎上ですね~。

http://twitter.com/parasite2006
http://www.jgnn.net/ls/2015/07/post-11600.html

これも便利
http://whotalking.com/%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%A1%E3%83%86%E3%82%A6%E3%82%B9%E3%81%AE%E7%BD%A0

http://twitter.com/kikumaco/status/625131624313700352
まさしく。

No title

>なおみさん

うんうん、誠実であろうとすると「何にも言えない」って普通はなります。
私が「人を信じている」のもそこ。
きっと「福島の事、放射能の事をよく知らないから、何にも言わない」人がいっぱいいるんだろうな~、って。
他人様に「ああせえ、こうせえ」言える人は「物凄い誠実さ(たぶん浅いけど)」の持ち主なのかなぁ、なんて。

こんな事言ってる私も「知ってる」訳じゃないんですけどね(笑)。
まあ、人間もこの世界も結構いい加減に出来ていると思ってるんで、言えちゃうわけで。
加えて「材料の提供はしても、判断はおまかせ」だとも思ってます。
他人様の生活に口出しするほど誠実でも人が善くもありません。

>千貫森の宇宙人さん

久々にゲスパン屋の名前見たと思ったらこれですもんね~。
まず自分のパン屋を成功させてみぃや。
(このコラボ以外にも類友案件多数あるみたいです)

>信夫山ネコ様

請戸漁港、私は「鮭」なんで秋のイメージかな。
支援もボランティアも悪い事じゃないけど、「他人様の家に土足で上がる」ような事にならないように気を付けて欲しい(私も気を付けないといけませんけどね)と思います。

プロメテウスの罠、まさに「ヤマ無し、オチ無し、イミも無し」だったみたいですね~。(とさりげなく「やおい」の解説…笑)

嘘は広めちゃダメ!

>「ヒロメテウソの罠」

うははっはは。

こんなの真面目に読んでる人って
悪食だなあと思いながら・ネコマタギです。

面白いんですかね。
読んでて。古いし。

こういうの読んでる自分が
物憂げなインテリっぽくて好きなんすかね。

そんなのモテないのに・・・。


>請戸漁港

震災のずっと前に・遊びに行きましたよ。
サケ漁を見たくって。

そうしたらすごくワイルドで
鮭の鼻面をぼこぼこに殴ってた気がするんですけど・・・
(気絶させるために?)。

記憶違いかなあ???
そんなことしてなかった???

そのあと鮭尽くしの定食みたいなの
(ドンブリだったかな)食べました。

意外と脂が抜けてたの。疲れ果てた鮭みたいな。


やおい(笑)!
私にもわかるわかる~!

そういうのは新聞に求めてないですよ。

No title

>請戸

確かに秋は泉田川のサケですね。ここも多分行ったことあります、大昔です。

請戸漁港は夏の昼間の、適度なのんびり感がよかったです。港も船も小さくて親近感がわいたです。(大きい船は怖いのです)

泊まったのは砂浜に近い民宿でした。夜中の波の音を聞いているうちに、よく寝たです。本当にいい場所でした。犠牲になった方のご冥福をお祈りいたします。

「ヒロメテウソの罠」

ネコさん、爆笑、面白すぎ・・・

この研究の評価は定着していない、というか誰も追試をしていないので、真偽を含めて何か言えるというレベルにはありません。
プロメテウスは、そのようなレベルの仕事をさも確定した科学的事実であるかのように、批判に立ち向かう科学者群像のようにドラマを作っている、相変わらず“アサヒ”ですね。

ポピュリズムを煽って日本を戦争へと駆り立てた戦前の姿勢と何ら変わらない(社旗はどうみても旭日旗のオマージュだし、笑)。
昨秋のアレはやっぱり茶番劇でしたね。
やはり批判の手綱を緩めてはいけない、ということです。

さて、大瀧氏の琉球大学ウェブサイトをみると
http://w3.u-ryukyu.ac.jp/bcphunit/index.html
自然科学の研究室として、あるいは国民の税金で運用されている研究室として、あまりにも不適切な政治臭・環境活動家としての色が明確で、ホメオパシー信者であることも考えるとキクマコ先生や斗ヶ沢さんも書かれているように研究結果の信頼性も含めて首を傾げざると得ないでしょう。
この大学だから許されるとは思いたくありませんが、大学当局や文科省はチェックをしてないのでしょうかね。

連載の最後にあったように、放射線が本業の人たちが追試に加わるようですから、肝心なところを琉球チーム任せにせずに、専門家自らの手で検証してもらいたいものです。

また記事にもありましたが、東北大の福本先生を中心に昨年から研究会が開かれており、琉球の連中も参加します。
https://www.jrrs.org/informpage/detail/56
福本先生は汚染地域の家畜などの解析を続けておられ、信頼できる研究者です。
色々な方、なるべく無色な方々がこのような研究に参加して、真偽を明確にしていただきたいと思っています。

私個人的には、これは放射線による直接・間接のDNA障害で誘発されるようなDNA突然変異(塩基の置換や欠損・増幅)ではないだろうと思っています(観察結果が事実であったとして)。
だって、放射線による物理・化学的な初期過程は種を超えて変わらないので、通常のプロセスでは異常に高い変異頻度は説明できないからです(捏造でもしなきゃ、笑)。

生物のゲノムDNAには動く遺伝子である、(レトロウイルス由来の)レトロトランスポゾンが沢山組み込まれています。
ヒトゲノムの場合では全長の約2割がレトロトランスポゾンです。
放射線がレトロトランスポゾンの活性化を誘発することは以前から知られています(ただし哺乳類では高線量でないと動かない)。
また昆虫ではレトロトランスポゾンが動くことによる挿入変異が起きることが、以前より調べられています。
考え合わせると、おそらくチョウのゲノム中に組み込まれたレトロトランスポゾンがストレスによって動き別な遺伝子に挿入される、たとえば模様などの発現を調節する遺伝子に出入りして影響を与えている、とするのが一番もっともらしい仮説と考えられます(観察結果が事実であったとして)。

シジミチョウは生息の北限が伸びつつあり、模様の変異は多いことがわかっています。
つまり私の仮説が正しいのなら、“もともとレトロトランスポゾンが動きやすい生物を指標として実験をしている”さらに“密閉飼育などのストレスも与える”ことで、相加・相乗的に変異が起こりやすい状況を作りだしている可能性が高いのです。
実験科学では感度の高い検出系を使用することが一般的ですので、この手法が問題とは思いませんが、この結果を「生物への低線量放射線の影響は高い」と帰納したり、それを元に「低線量放射線の人間への疾病影響に演繹する」するのは、進化系統樹の全く異なる、生物種の違いを無視した馬鹿げた考え方です。
マウスの放射線影響の実験結果ですら、場合によってはヒトに外挿できないのに、変異の種類やその調節の全く異なる現象では、同列に扱うことはできません。

って、そろそろbloomさん、復活しませんかね?
意見が聞きたい。

ヒロメテウソの罠

「ヒロメテウソの罠」は、どうやら「あけがらすさん」のオリジナルのようです。

http://twitter.com/akegarasu11/status/620183895368019970
広めたいです。

確かに今更やる事ではないんですが

 「東京五輪の選手村の食事に福島産の食材を使う」と下村文科相がぶち上げてますが、もう福島産、というか被災地産の食材の安全性は充分すぎるほど証明されてるので、原発事故に対する風評被害をゼロに近いレベルにまで払拭するための情報発信の方が重要だと思うのですが。
 とは言え、この件で政府や東電を批判する資格の無い「放射脳茶々松君」が懲りずに「未だに被災地の食材は汚染されている」と言うデマを平気で撒き散らしています。こういう連中の戯言に耳を貸さないように世論に訴え続けるのは当然ですが、対外的な風評被害の払拭に本来全力を投じなければならないのに、後ろから味方を撃つ不届き者の対策にも力を分散させざるを得ない現状が未だ続くことに歯がゆさを覚えます。

 http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1848083.html

ナショナル・モス・ウィーク

信夫山ネコさん、皆さん、こんにちは。

毎日暑いですね!
7月18日から26日まで、ナショナル・モス・ウィークという蛾愛好家の集い(リアルでもネット上でも)がありました。
http://www.nationalmothweek-jp.net
「ええ〜、蛾?」とお思いの方は多いかもしれませんが、
チョウ目(鱗翅目)の中のいくつかの科を蝶と呼び、ほかのものを蛾と呼んでいるだけで、
言語によっては両者を区別しないこともあるそうです。

私自身はもともと磯や干潟のベントス(砂に潜っていたり岩にくっついていたり、海底に棲む生き物の総称)が専門で、
昆虫は本当に初心者なのですが、せっかくの機会ですのでナショナル・モス・ウィークに参加し、
福島県岩瀬郡天栄村・唐沢山の蛾の写真を投稿しました。
こちらの蛾写真(蛾像!)をクリックすると、種名・撮影日・撮影場所・撮影者の情報も出てきます。
https://www.flickr.com/photos/nationalmothweek-jp/
張り切って何枚も載せました(^ ^)
これを見た国内外の蛾愛好家や生き物好きの人々が「福島って素敵な所だな〜」と思ってくれたら嬉しいです。

ナショナル・モス・ウィークは毎年開催されるようですので、
関心のある方は是非どうぞ。

ヒロメテウソの罠

信夫山ネコさん、皆さん、こんばんは。

あけがらすと申します。
「ヒロメテウソの罠」をご紹介くださり、感激中です。ありがとうございます。

以前に、ときどき別の名前でコメントを投稿させていただいたことのある者ですが、twitter の暁烏として初コメントいたします。

記事とコメント欄を毎日のように拝見しております。
このところ、朗報が増えて、ネコさんはじめ、皆さんのたゆまない努力の賜物と思っています。

「プロ罠」のヤマトシジミのひとつ前の連載、「希望の牧場」で、「望郷の牛」を「革命の血の色に染めた」という記事を見て、会津の赤べこが足蹴にされたように感じました。

そこから生まれた「ヒロメテウソの罠」です。ぜひ、使い倒し、ヒロメテくださると嬉しいです。
私の恥ずかしい新作です。

ヒロメテウソの罠 第800話
「調査チーム チョウ深追いし、新潟県へ越境 ネズミ田知事 『殺人予備罪にあたる』と退去命令」

失礼しました。

訂正です。

暁烏 → 明烏 でした。
すみません。

No title

>飯島さん
蛾とチョウって、本当は同じなのですね~。どっちかと言えば蛾は夜、チョウは昼、蛾は胴体が太い、チョウは細い、って感じがしますが。政治的なヤマトシジミの「研究」なんぞより、楽しそうです。

>明烏さん
ありがとうございます。ヒロメテウソの罠は傑作ですね~。

なんとなくみなさんに

「モス」って・苔とハンバーガーショップと・・・
それしか知りませんでした。

蛾も「モス」なんですね。

さらにですよ?
ということはですよ?

「モスラ」って「蛾等」ってことだったんですか?

え?みなさんご存じだったんですか?
知らなかったの・私だけ?

恥ずかしい~。

いやあ~いくつになっても
新しい発見ってあるんですね。


>ヒロメテウソの罠

とてもいいですね♪

嫌いなものって
自然と体が避けてしまって

固有名詞を口にするのも
おぞましいではないですか。

私はこれを使い倒しますね(にこ)。


今日は若干風があります(福島市内)。
みなさん・お元気でお過ごしくださいね。

明烏さん

>「望郷の牛」を「革命の血の色に染めた」

なあに言ってんだか!って感じですよね。
ハリセン組ですね。

>会津の赤べこが足蹴にされたように感じました。

ゆらゆら動く頭で
ふっとばし返してやるがいいですよ。


そう言えば・会津駅前の赤べこちゃん
首がもげちゃったんですよね。
もう直ったかな。

若者と書いてバカ者と読む子どもたちが
乗っかったら取れたとか言ってたでしょう。

まったくもう~。
なんで何にでも・またがるかな~。


時にですね
うちの庭には苔が多いんです。
さらに蚊も多い。

モス等・・・(くくくくく)。


もう行きますね。

No title

いつもありがとうございます。
http://twitter.com/mollichane
応援します、祈ります。

モス等

なおみさん

ありがとうございます。
モスラは大好きでして、あの諦めずに戦う姿は、まぶたに焼き付いているので、いつでも思い出して泣くことができます。

赤べこちゃんの首ももどったように聞いていますので、ゆらゆら頭突きで逆襲していきましょう。

いぇい♪

>ゆらゆら頭突きで逆襲していきましょう。

そうですとも!

たくさんの人たちが
正統派のやり方で・各自の持ち場で
う~んと頑張ってきたでしょう。

リアルな私たちの姿がまぶしすぎて
何も言えなくなっちゃうような

ネガティブなことしか言えない自分を
恥じざるをえないような

そんなやりかたを
続けて行けばいいのだと思います。


明烏さん・艶っぽいHNですね♪
うっふん♪


ネコさん

私も祈りましょう。

保養という名の差別

招待して下さる方は善意が差別になる事を理解して今の福島県を眼を見開いてしっかりと見ていただきたい。

福島の子どもら海水浴満喫 京都・京丹後でキャンプ
http://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20150726000071

>放射線の影響を危ぶみ、屋外で遊べない子どもたちが京都府京丹後市で海水浴を満喫した。


東日本大震災:ボランティアが保養プロジェクト、被災地から13家族 津山で、のびのび遊んで /岡山
http://mainichi.jp/area/okayama/news/20150731ddlk33040548000c.html

>「放射能の心配をせず、自然の中で遊んでほしい」と切実な思いを吐露していた。


福島の子どもら海水浴満喫 京都・京丹後でキャンプ
http://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20150726000071

放射線の影響を危ぶみ、屋外で遊べない子どもたちが京都府京丹後市で海水浴を満喫した。

行く方がこういう事を仰っているんだと思うんですよ、それでは何時までも福島県への差別は無くならない、そのことも頭に置いて欲しいと思います


TOKIOの思いは嬉しいな

TOKIO、福島アピールCM出演料は「0円」 城島「生産者の愛を伝えたい」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150730-00000310-oric-ent

>城島は「福島の生産者のみなさんが一生懸命育てた農産物を、その愛情を、僕らが全国のみなさんに伝えなきゃという想いでいっぱい」と責任感に燃え、松岡は「生産者のみなさんも、風評被害しかり表には出さないがつらいことはたくさんあると思う。だけど一つ一つ進まないことには始まらない。僕らもどこかで村をなんとかしたいという気持ちがあるので、これからも共に頑張って行きたい」と背筋を正していた。




No title

>放射線のせいで外で遊べない、海に入れない福島

本当にいつまでも、いちいち・・・今ではそういう人は福島人の少数に見えるが(海は海水浴場が津波でやられたから、ともかくとして)、そういうアンケートみたいなのはないものでしょうかね。

No title

この「福島の子どもを守ろうプログラム実行委員会」ってのも、放射脳系統なんですか?

http://fukushima-kids.org/

昨日、北海道のFMを聴いていて、この団体の活動が紹介されていました。よく北海道に来ているみたいですね。

No title

IKA ‏@ika_river_c · 7時間7時間前
今日の民報2面で郡山での原子力学会シンポの記事が出ていた。
見出しが「恐怖あおる研究者無責任」。
http://twitter.com/ika_river_c

画像
http://twitter.com/kosumosu1228

民友
http://www.minyu-net.com/news/news/0802/news7.html

No title

免疫力を高めるには、生きがいを持つことが重要というのが興味深いです。

免疫力ってメンタル重要なんですね。

No title

>免疫力
重要なのは、気持ちみたいですよ。宇野さんの本には、苦手なヘビを見た後調べたら、本当に免疫力が下がっていたって書いてありました。

ところで、先ほど例の新聞の人が、何かやっちゃったみたいです。ま、福島には関係ありませんが、捏造~煽りの構造は同じ。
http://togetter.com/li/855689

最近「法案」とやらで、都はキナ臭いようです。アタマに血がのぼっちゃった人が多いのかな、夏祭り?危険水域ですよ・・・福島は巻き込まれませんように。「政治」「運動」はもうウンザリ。これが煽りでエスカレートして、飛んでもない惨事が起きませんように。離れて桃食ってよっと。

No title

あれ、IKAさんtwitterはじめたんだ。

セルジオメンデスというと、これですな。
http://www.youtube.com/watch?v=BrZBiqK0p9E
たしか、かなり昔rfcの番組のテーマソングだったと思いますが。

あと、なんだお前らまだ居たの、て感じなんですがね。
http://togetter.com/li/855038

No title

>さや猫さん
この手の団体の素性を見るのに一番いいのは
「賛同人」の名前を見ることだと思います。
http://fukushima-kids.org/%e5%8d%94%e5%8a%9b%e8%80%85%e4%b8%80%e8%a6%a7/
はい、おなじみのメンバーが並んでますね____

No title

>家鴨さん

ありがとうございます。
あー、やっぱそうかあ。
玄侑宗久氏が混じっているので、おや、と思ったのですが、
この団体ができたころは、まだ玄侑氏も放射脳でしたっけ。
ほかのメンツが凄すぎますものね。

No title

>信夫山ネコ様
ツイート紹介いただきありがとうございます。
同じ話なのに民報と民友の取り上げかたの違い、両紙のスタンスの違いなのかな。
私は民報読んでたので民友は気付かなかったんですけど。

民友の「免疫力」についてはアレな人たちに利用される恐れもありますけど、宇野先生の本では標準医療を否定していませんし、生きがい療法や山下先生の「笑えばいい」とか、いろんな指摘もあるんですよね(第4章、第5章)。(一部追記しました)
おそらく講演でもそんなお話はされていたと思いますけど、新聞では紙面の都合上割愛されたんだと思います。

>千貫森の宇宙人さん

はい~。なんとなくツイッター始めました。
たぶん暑さのせいです。
マシュケナダって、最近またCMで使われてますね~。(嘆きのボインはなかなか…って無理か)

アレな界隈も多くは安保法案に流れていきましたが、まだやってる人たちいるんですよね~。
その分濃ゆいメンツになっているみたいですけど(笑)。


広島の犬アイコンの方

http://twitter.com/mollichane
よかったです。

No title

>信夫山ネコ様

よかったです。



ん~と、宇野先生の本、ちょっと読み直して見ました。
免疫療法っていっても先進医療(ワクチン療法など)
http://ganjoho.jp/public/dia_tre/treatment/immunotherapy.html

とかと違って「生きがい療法」「済陽療法(ゲルソン療法に近い食事療法)」みたいな補完代替療法
http://www.shikoku-cc.go.jp/hospital/guide/useful/newest/cam/camwhat/index.html

の紹介してますね。確かにこれはちょっと引っかかるかも。
(ただし、標準医療を否定はしてません)

No title

朝日編集委員、首相にレッテル「ナチ支援者は安倍支持者」 ツイート削除し謝罪
http://www.sankei.com/politics/news/150803/plt1508030050-n1.html

出ました。

ご安全に

昨日の事ですが
<福島原発3号機>プール内の巨大がれきを撤去
http://news.yahoo.co.jp/pickup/6169246

この暑さの中防護服を着ての緊張する作業、お疲れ様でした。

東京電力への怒りは当然ありますが、廃炉作業をするのも東京電力で現場で作業される方にはご安全にと思うし応援もする
それはそれ、これはこれという単純な話です。


先日紹介した保養の話ですが、これちょっと引っかかる

東日本大震災:ボランティアが保養プロジェクト、被災地から13家族 津山で、のびのび遊んで /岡山
http://mainichi.jp/area/okayama/news/20150731ddlk33040548000c.html


>就学前の3人の子どもを連れた福島市の女性(28)は、各地の同様の催しに参加してきたが、津山市は初めてという。地元では、除染作業が終わった自宅の庭や公園で子どもを遊ばせているが、除染されていない茂みなどには怖くて近付けない。「山の中なので虫取りをしたい。子どもは水遊びも喜んでいる」と笑顔を浮かべた。

 義理の娘と孫と一緒に参加した同市の安斎よしいさん(65)は「(岡山に来て)ほっとした」。除染作業の廃棄物を詰めた黒いビニール袋が山積みにされた光景を見るたび、「孫が大きくなった頃、どうなっているのだろう」と気持ちがふさぐという。「ここ(津山)では皆さんが支えてくれて、感動した。被災地のことをずっと忘れないでもらいたい」と話した。

招待され慣れした人におばあさんまで一緒?

相手に合わせて求められる「不安だ、怖い」というコメントをするのだもの相手の認識が4年前からアップデートしないわけで自主避難者となんら変わりはないと思う。
招待する方はいい事をしているという満足感があり、される方は費用の一部負担か無料で旅行に行けて大事にされて、双方の満足感がガッチリ組み合っている
招待する方の資金切れを待つしかないのかな

ネコさん
広島の犬アイコンの方、良かったです、情報有難うございました










No title

あ、前のコメント、コメントするエントリー間違えてしまいました、失礼しました。


>さんご@さばとら さん

確かに、あの保養に関する人たちの言動には、なにか引っかかります。
以前によく見かけた、レストランや食堂で割り箸の使用を断って、持参した塗り箸使って悦に入っている人とかに私が感じた苛立ちに、やや似た感じがするかなあ。
結構深いなにかがあると、思いますのでこの苛立ちをうまく言語化できるまで、宿題にしたいと思います。


ネコさん

>広島の犬アイコンの方

よかったですね。

おしりのかぶれは
イタガユイものですよね。

きっと少しずつ・全部よくなりますよ。


お互いの利害ががっちり一致してる人たちに
何を言っても

「野暮が・ヤキモチ焼いてやがらあ」
と思われてしまって

あらやだ・心外だわなんて
面白くも無い気持ちを味わうので

私はここで桃喰ってます。


よかったですね
おしあわせですね

なんて。

No title

>セルジオ・メンデス

これ聴きながら、桃食べるですね~。暑いので。

No title

IKAさん

>確かにこれはちょっと引っかかるかも

心が体を制御する、って古くて新しい問題だと思いますよ。
鍼灸も含めた代替療法って、ポイントはそこ。
お薬だとプラセボ効果ですよね、これは馬鹿にならない。

先日もNスペで、腰痛の多くは脳の応答の問題ってやっていました(医大の理事長が出てた)。
これは心の及ぼすネガティブな作用。
ラジオフォビアはまさにコレです。
腰痛同様、認知行動療法の出番かもしれません。
http://www.ncnp.go.jp/cbt/about.html

放射脳の認知行動療法
・・・まずは桃でもほおばって・・・え、内部被ばくガー ???

往復書簡『脱「福島論」

東浩紀さん×開沼博さんの往復書簡『脱「福島論」』毎日新聞

県外の関心「ありがた迷惑」?
http://mainichi.jp/auth/guide.php?url=http%3A%2F%2Fmainichi.jp%2Ffeature%2Fnews%2F20150804mog00m040011000c.html

直ぐ会員しか読めなくなりますが東氏があたかも「県民以外は事故について語ってほしくない」と言わんばかりです。」とぼやいてます
そりゃ原発事故麻雀なんて言われて喜ぶ馬鹿がどこにいると思っているのでしょうね?

今日の記事では開沼先生から持ち掛けた企画とありました
これから注目ですね


福島第一、高濃度汚染水除去作業が「一区切り」電気新聞
http://www.shimbun.denki.or.jp/news/main/20150804_02.html

>東京電力は、福島第一原子力発電所3号機タービン建屋につながる海水配管トレンチにたまっていた高濃度汚染水、約5500トンの移送を7月30日に完了した。これにより、2~4号機のトレンチにたまっていた高濃度汚染水の除去作業は一区切りを迎えた。福島第一では5月にも構内のタンクにためられていた高濃度汚染水の処理が完了しており、高濃度汚染水の流出リスクは大幅に低下している。今後は建屋への地下水流入量を減らし、汚染水の発生を抑制する対策に一層の力が注がれることになる。

県内のマスコミには溜まった雨水が汚染されたのを汚染水と報道するのなら、こういった事を報道しなければだめでしょうにと言いたい。

千貫森の宇宙人さん
資金問題はどうなっているのでしょうね?寄付を募るにしても福島からの招待者はいい金のなる木?


脱「福島論」往復書簡

>さんご@さばとらさん

開沼さんと東さんの往復書簡はこちらで読めますよ。↓
http://mainichi.jp/feature/correspondence/
今後こちらに並んで入れられると思いますので、このページはちょくちょく覗こうと思います。

セルジオ・メンデス

を聴きながら
昨日のパソコンを閉じました。

いいですね~(ずんちゃかずんちゃ♪)


>認知行動療法

難しく考えないで

朝起きて夜は寝る。

食べることや清潔を保つこと。
自分の生活に必要なことを・体を動かして整えること。

多分ここに
「ネットの怪しげな記事を熟読したり・議論まがいのことに参加する」は
含まれていません。


てか

普段の暮らしに真面目に取り組んだら
目の前の人(小さなお子さん含む)と丁寧に関わろうと思ったら
そんな時間はないのでは?


やることやった上で生じた宝物みたいな
自分の好きなことをしていい時間には

好きな人と美味しいものを食べたり
楽しいおしゃべりをしたり

そうやって暮らしていれば
「なんとか療法」なんて難しいことも
意識しなくていいのだと思います。


「あなたにはこの療法が必要です」なんて
タイトルをつけられちゃうとますます
「私たちはマトモだー!」って拒否されちゃいそう。


ここを読んでるみんな!
涼しくなったら・福島に遊びに来てね。

一緒に免疫力をあげましょう!!!
(なぜこういうことを書くと・一気に胡散臭くなるのか???)


今は誘わないわ・・・。
すげー暑いんだもの(桃はあります)。

No title

>F1ABSさん

解説ありがとうございます。
私としても代替医療は全面的に否定ではなく、上手に使えばそれでいいかな、って思ってます。
宇野先生も言ってますが、病と対峙する手段って事でしょうね。

ただ、標準医療ではないがゆえに規制がなかなか出来ないですし、それを悪用する輩が多いこともまた事実ですし。(鍼灸やマッサージなんかは資格があったと思います)
また、食事療法などは厳格に守ろうとすると結構難しくて、それがかえってストレスになる人もいるかな、って思いました。「副作用は無い」って言われてる療法は多いけど、挫折することで免疫下がる副作用はありそうです。
(標準医療を否定するのは論外なので触れません)

結局お薬同様、使い勝手は難しそう。

なおみさんが言うように「この際だから食いもんや生活習慣見直して、ちょっとは気をつけます」程度でもいいかな~、って思いました。(なおみさん、ありがとう)

IKAさん・頑張ってますね!

こっそり応援してますよ。

>(なおみさん、ありがとう)

いいのよ・いいのよ~なんだって~。
だって暑いんだから~。


代替医療とか食事療法とかおまじないとか
私・好きなのよ。

ひととおり味をみたというか。

だからちょっと
ふっと笑っちゃうんですよね。

あんまり真剣過ぎる人をみると。
過去の自分に重なる部分もあるから。

笑っちゃったら失礼だから
神妙な顔して黙ってるんですけどね。


戒律のように気をつけても
ほどほど・テケトーでも
自堕落に生きても

最期はみんな同じなのよ~。


ひとの生き方は趣味なのよ。

No title

なおみさん,
IKAさん

>タイトルをつけられちゃうとますます
>「この際だから食いもんや生活習慣見直して、ちょっとは気をつけます」程度でもいいかな~

おっしゃる通りですね。
暴走してしまいました、反省。

>ひとの生き方は趣味なのよ。

御意。
メーワクな趣味のひともいますけどね(笑)

No title

>信夫山ネコさま なおみさん

セルジオ・メンデスを聞きながら食べる「あかつき」最高です。
最近はこちらでも、福島の桃は「あかつき」が広く認識されているようです。



>さんご@さばとら さん

あくまでも私が知る限りでは、保養団体は資金難であるとか、希望者を集めるのに苦労している、と言った話が多いのですね。

保養 福島 資金難、これでggてみると、彼らの窮状が分かると思います。 

子供の性格によりますが、もし私が子供だったら、せっかくの夏休みに知らない子と長期間生活を共にするのは苦痛だから、断固拒否ですね。

この市場は今後、縮小していくと思われるので、保養団体間で希望者の奪い合いになるのではないでしょうか。それに、何か問題をおこしそうな団体もありますしね。




蛇足ですが、桃をいただくときのBGMにこれもどうでしょうか。
先日、亡くなったイエスのベーシスト、クリス・スクワイヤさんのソロアルバム、fish out of waterです。
地味な印象の人だったけど、イエスを支えていたのは、この人だったんですね。
http://www.youtube.com/watch?v=-mc0sX3cPfg&list=RDEMAXlodny1guwB9p3BwQIhYg

No title

>F1ABSさん

いえいえ、宇野先生も「向かい合う気持ちが大切」って言いたいんだと思いますし、言ってることは間違いじゃないと思います。
マクロビだって体にはいいんですし「健康に気を使う」事は必要です。(特に私はもっと、ね)

ただ、万能ではないってこと(いみじくも坂本龍一がガンになって標準医療で治療したのがいい例かな)は理解した方が、まあいいんでしょうね。

(それに治療する側から見ると「○○療法をやってます!」なんて言われると拒否反応示すお医者さんも居そうだし、拒否しないまでも療法の勉強もしなきゃいけない手間もありそうなんで「食事と運動に気を使ってます」って言っておけばいい、って意味もあります)

まあ、私は珈琲カンチョ(笑)なんて無理ですから~。

祈りの日

F1ABSさん

>メーワクな趣味のひともいますけどね(笑)

そうなんですよ。

メーワクな趣味であっても・個人で楽しむことは
「まあ・・・あなたの好きになさい」と思うんですけど

ありがちなのは
「それをひとさまにも勧める・熱心に布教する」
それもセットになってる人ですね。

それが一番困るんです。


「コッチがおとなしくしてりゃあ・つけあがりやがって」

いくら温厚ななおみでも
(今笑った人は・あとで来なさい)

懐からドス出しそうになることって
・・・ありますよ(てへ)♪


千貫森の宇宙人さん

>セルジオ・メンデスを聞きながら食べる「あかつき」最高です。

私もびっくりしました。
両手に持ってシャクシャクいく感じです。
合いますね♪

>もし私が子供だったら

私もせっかくだから
タダ乗りしたい・得したいと思ったことがあって
(だってブームだったんだもん)

うちの子に聞いたんですよ。

「みんな行くみたいだけど・行きたい?」って。

そうしたら絶対やだって。

まあ・・・私の子だからな。団体行動は苦痛なんだろう。

それでも私の付き合いで
一回だけ参加させようとしたら
出発の朝・まさかの発熱!

・・・昼には下がりました。

熱なんか出したことないんですよ・うちの子たち。
よっぽど嫌だったんだなあと思って(笑)。


親である私が
行かせなかったわけではないんですよ。

でも本音を言えば
ちょっとは得したかったなあ(笑)。


>地味な印象の人だったけど、イエスを支えていたのは、この人だったんですね。

今・聴いてます♪
パソコン叩いてるから桃は食べてないけど(笑)。

いいですね。
ベースは大事です。


IKAさん

>珈琲カンチョ

実は私・・・興味があります。
実行する勇気はありません(笑)。


ある人の暮らし方の「普通」が
「不健全」な要素で安定してしまっていたら

健康な人の「普通」とは
ずいぶん違っちゃってるでしょう。

だから自分のこと
ちょっと客観的にお空から眺められたらいいのにね。


あ・・・でも
「自分は特別にいいことをしている」から
「普通じゃないんだ」っていうプライドがあったら・・・?


もうお手上げですね。

個人で楽しんでねって。
あたたかく見守るしかないですね。


今日も暑いよ!
みんながんばろう!


決してマネしないでください

講談社から出ている漫画なんですが

こちらのブログをご覧になっている
曖昧さを決して許さない
いろいろな意味で理系を愛している方の
つぼにはまるんじゃないかと思って・・・。

午後いっぱい・これ読んでました。
面白かったです。

もうご存知でしたら・ごめんなさいね。


私は難しいことはわからないんだけど
(登場する女性や・そのめいっこさんみたいな感じ)

科学を守る人たちを
その不器用な厳密さを愛しています。
プロフィール

shinobuyamaneko

Author:shinobuyamaneko
 福島県福島市の信夫山に住むネコです。
 原発事故以後ネット上には「もう福島市は放射能高くてダメ!逃げてください!」「福島はチェルノブイリ以上!」「子供を見殺しにしないで!」等の「反原発の叫び」が溢れてます。ネコはどこにも逃げられないから、もうノイローゼ気味。こういう「叫び」「脅し」の効果もあって福島に来る人は激減。街は沈み、市民は「すぐに逃げてください!」に怯えながら、静かに暮らしています。(←最近は嘘・デマがバレてきて、みんな元気になってきた感じだにゃ。)
 しかしね~、この種の「叫び」の根底に、「反原発」の「福島壊滅ならば原発全廃にできる!大大大チャンスだ!」っていう心理はないですか?原発全廃の為にはまず「福島壊滅」が必要とばかりに、科学的、医学的、論理的に怪しい説、大げさな数字等が「連呼」「拡散」されていないですか?それが「正義」になっていませんか?
 信夫山ネコは「故郷福島壊滅」を「原発全廃」の手段にされてはたまらんです。もし根拠がない数字や説の拡散によって、旅館の経営者が自殺するとかの悲惨な「風評被害」が出たら、大人しい福島人も終には訴えたりするのかにゃ~?!今はとにかくデマ、風評、誇張、脅し等を除染しながら記録するにゃ。(「リンクフリー」です 対「反原発」、対「放射脳」等での引用ご自由に)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR