尿から微量の放射性物質 福島市の子供10人から 仏研究所「これで小出氏の嘘がバレた」  あれっ?(2) 

続きにゃ。
このニュースにはもっと面白い(邪悪な)話が隠れている。
どうして「5月下旬に採取した尿」の検査結果が今ごろ「発表」されたのか。


フランスの悪路じゃなかったACROは公的機関ではない。民間機関で、どうせ「みどりの何とか」臭いから「いや~な」感じだけど、とりあえずそれは置いておくにゃ。

5月20~22日に採取した尿は、すぐフランスのACROに送られた。送ったのは「フクロウの会」か?
http://fukurou.txt-nifty.com/fukurou/files/press_conference2011_0630.pdf
とにかく「フクロウの会」は「ACRO係」らしい。
http://fukurou.txt-nifty.com/fukurou/2011/06/acro-e257.html
ACROはサンプル悪化を避けるために直ぐに検査したはず。と言うことは、かなり前に調査結果は出ていただろう。
http://fukurou.txt-nifty.com/fukurou/files/rap110617ocj01v1.pdf

それなのにどうして、『「子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク」など』は6月30日に発表したのか?

ネコQ:「内部被曝」が判ったんですよ、大変なことですよ、「すぐに福島市から逃げてくださいっ!」って叫ばなかったら、「子供たちを殺す気ですかっ!」になりますよ。発表は一刻を争う重大問題じゃないですかっ!

理由1=本当はこの「内部被曝」は心配しなくていい。だからすぐには発表しなかった。

ネコA:いつも「すぐに福島市から避難してくださいっ!」と叫んでいる、「子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク」自身が、調査結果をすぐは発表しなかった。これは、この「内部被曝」は大したことがないこと、を証明している。
因みに http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110630/t10013893131000.html では今回の「調査結果」について、

放射線影響研究所の長瀧重信元理事長は「この量で健康被害があったという報告は、これまでにない。過度に心配せず、ふだんどおりの生活をしてほしい」と話しています。財団法人高度情報科学技術研究機構によりますと、大気中の核実験の影響を調べるために昭和30年代後半に行われた、日本人の中学生の尿の分析で、セシウム137は、昭和39年におよそ4.5ベクレルと、今回の3倍以上の濃度だったということです。

と書いている。

ネコQ:でも何で「6月30日」なんですか?「内部被曝」は大したことないから、いつでもいいわけでしょ?

理由2=6月30日は、「福島県放射線アドバイザー山下俊一氏(長崎大学教授)の解任署名」の締め切り日だ。

ネコQ:えっ?

ネコA:「子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク」やグリーン・ピースや、「みどりの何とか」総出の「解任署名」にゃ。今日子供の「内部被曝」が判明しました!やっぱり山下は嘘つきだっ!という印象を与えて、福島県民に解任署名させたいのにゃ。選挙で言うと「最後のお願い」。だから今日、一ヶ月以上遅れた最早ニュース性がない「調査結果」を、わざわざフランス人まで連れてきて、東京で大げさな「記者会見」やったってわけにゃ。

ネコQ:やっぱり「科学」じゃなくて「政治」ですね。それに「グリーンピース」だの「悪路」だの、「反原発」は外国人好きですね~。

ネコA:日本人は「黒船」「鹿鳴館時代」以来、外国人に弱いから効果的かもにゃ。特に田舎では通用するとか思っていそうにゃ。だいたい本当に「内部被曝」測るには、「ホール・ボディ・カウンター」。最新式なら検査は1分だそうだ。わざわざフランスにオシッコ送っても、「放射性物質はオシッコで排出される」しかわからん。だからACROも会見で、「内部被曝の疑い」としか言えないにゃ。

ネコQ:すでに福島市、飯館、浪江等で「ホール・ボディ・カウンター」での検査始まってますよね。検査結果もオシッコの放射能じゃなく、実際「内部被曝」が見つかっている。そもそもこんなのどこに「ニュース価値」があったのか。フランス人がオシッコ検査するとすごいのか?痰、ウンチ、ゲロなんかも送ってみたら?

ネコA:。署名の「第二次締切日」=7月15日、「第三次締め切り日」=7月31日にも何か「陰謀」があるだろね~。福島市は今や、「反原発」の「正義の戦争」の戦場と化したにゃ。でもネコは元々どろぼうネコ、「不正義」にゃ。「正義」って怖いからにゃ。



「正義の戦争」は「原発全廃」という崇高な目的を持つ。

「正義の戦争」だから、どのような嘘も、誇張も、犠牲も許される。

「正義の戦争」の目下のターゲットは「山下俊一氏解任」。 

もし山下氏が解任されれば、その後は福島には「アドバイザー」はいなくなる。

「すぐ逃げてください!」と叫ばなければ、また集団リンチにあうのだから、怯えて誰も来やしない。

そして署名した者が期待する、責任ある立場で「逃げてください!」と叫ぶことができる者などいないのだ。

(実際この「解任署名」には、後任アドバイザーを誰にするか?という話は皆無だ。
「内部被曝10倍、北朝鮮好き」の小出裕章氏か?「内部被曝4倍、言うことがコロコロ変わる」武田邦彦氏か?
彼らが来て「すぐ逃げてください!」を連呼したら、福島市民は救われるのか?しかし彼らも、福島市民を目の前にして責任ある立場で「逃げてください!」とは絶対に言わない。実際小出氏の福島大学の質問への回答、また武田氏の二本松市での講演内容を見れば判る。「逃げてください!」とは言ってない。彼らとて、本当ははっきりわからないから責任は取りたくないのだ。)

「正義の戦争」の次のターゲットは、アドバイザーがいなくなって孤立無援となった「福島市のゴーストタウン化」。

なぜなら、福島市が無くなれば、「原発全廃」は目と鼻の先だから。

信夫山ネコはもちろん「山下俊一氏解任署名」しません。これまでこのブログで証明してきたように、「反原発」は「デマ」、「誇張」、「脅し」、「政治的数字」、「嘘」、「やらせ記事」、「陰謀」だらけですから信用しないのです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

初めまして

「飯坂生まれ」さんのブログから来ました。私も、小出教授や武田教授の主張に、ずっと違和感を感じてきました。こちらのブログを拝見して、とてもすっきりしました。悲観的な情報ばかりがあふれている中で、とても心強いです。私のブログでも時々紹介させてください。

ありがとうございます

瀑さん、ありがとうございます。今の季節に滝の写真いいですね。これからもよろしくお願いいたします。
プロフィール

shinobuyamaneko

Author:shinobuyamaneko
 福島県福島市の信夫山に住むネコです。
 原発事故以後ネット上には「もう福島市は放射能高くてダメ!逃げてください!」「福島はチェルノブイリ以上!」「子供を見殺しにしないで!」等の「反原発の叫び」が溢れてます。ネコはどこにも逃げられないから、もうノイローゼ気味。こういう「叫び」「脅し」の効果もあって福島に来る人は激減。街は沈み、市民は「すぐに逃げてください!」に怯えながら、静かに暮らしています。(←最近は嘘・デマがバレてきて、みんな元気になってきた感じだにゃ。)
 しかしね~、この種の「叫び」の根底に、「反原発」の「福島壊滅ならば原発全廃にできる!大大大チャンスだ!」っていう心理はないですか?原発全廃の為にはまず「福島壊滅」が必要とばかりに、科学的、医学的、論理的に怪しい説、大げさな数字等が「連呼」「拡散」されていないですか?それが「正義」になっていませんか?
 信夫山ネコは「故郷福島壊滅」を「原発全廃」の手段にされてはたまらんです。もし根拠がない数字や説の拡散によって、旅館の経営者が自殺するとかの悲惨な「風評被害」が出たら、大人しい福島人も終には訴えたりするのかにゃ~?!今はとにかくデマ、風評、誇張、脅し等を除染しながら記録するにゃ。(「リンクフリー」です 対「反原発」、対「放射脳」等での引用ご自由に)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR