福島の外部被ばくは国推計の1/3だ! & 「朝日」がデマで抗議されたにゃ 「数値が低く出る個人線量計」報道の闇

まずお決まりのヤツだにゃ

朝日新聞「プロメテウスの罠 第9回 我が子の鼻血 なぜ」の「主婦 有馬理恵」は「俳優座の社会派女優&市民活動家」だ 証拠はここにある 「従軍慰安婦」「吉田調書」と同じく検証が必要だ(リンク先読んでください)

さてと、1月28日の福島民友新聞一面に、朗報が出ていた。
minpo151.jpg
国推計値の1/3 南相馬・子どもの外部被ばく
http://www.minyu-net.com/news/news/0128/news1.html
 東大医科学研究所に所属し、南相馬市立総合病院に勤務する坪倉正治医師らは27日、同病院で記者会見し、個人線量計(ガラスバッジ)で調べた同市の子どもの年間の外部被ばく線量が平均0.8ミリシーベルトで、空間線量を政府の計算式に当てはめた推計値(同2.4ミリシーベルト)の約3分の1になったと発表した。政府計算式による推計は実態に合わないという結果が示された。
 市が個人線量計で行う2012(平成24)年9~11月の外部被ばく検査結果のうち、適切に個人線量計を使っていた小学1年~高校3年520人のデータを抽出。3カ月の結果を1年に換算した数値と、520人の自宅前の線量から算出した推計値を比較した。
 政府の計算式は1日のうち8時間を屋外、16時間を屋内にいる想定で被ばく量を推計するが、520人が屋外で過ごす時間は「4時間以内」が平日で97%、休日でも85%を占めた。計算式は建物などが放射線を遮る効果について一律4割削減されるとしているが、実測値では約7割削減された。
 坪倉医師らはこれらの結果から、原発事故による健康リスクや除染作業の評価、避難区域を設置する時の指針になるとしている。
(2015年1月28日 福島民友ニュース)


これはいいニュースだにゃ。この「政府の計算式に当てはめた推計値(同2.4ミリシーベルト)の約3分の1になったと発表した。政府計算式による推計は実態に合わない」ってのは、中西準子さんも「原発事故と放射線のリスク学」の第1章「放射線のリスク」(p18~20)で書いておられた。

周辺線量等量(いわゆる「空間線量」とされている数値の一つ)について
日本の「周辺線量等量を実効線量に換算するための補正係数」α=1 「遮蔽に関する係数」β=0.6 
α×β=0.6
IAEA、ICRPの「周辺線量等量を実効線量に換算するための補正係数」α=0.7 「遮蔽に関する係数」β=0.36
α×β=0.22
「従ってわが国では、外部被ばく線量が2倍から3倍高い値で報告されていることがわかる。」
「国が指示している計算式がこれだけ違って、外部被ばく量を二から三倍高く伝えていることが明らかになっているにもかかわらず、国はいまだこの計算式を訂正していない。これを見直すだけで、外部被ばく量は三分の一くらいになるという、不思議な状況が作られている。」


中西先生はすごいにゃ。政権党も代わったんだから、事故の時のメチャクチャを続けるのはもうやめてくれ。

さて、こんな朗報の一方、お決まりの悪党、「ロケット団」(ポケモン見てますか?)みたいなヤツが現れた。もちろん「朝日」だ。週刊朝日という「子分」だけどにゃ。

スクープ「個人線量計が最大4割低く表示」福島県内の子供が危ない!
by ジャーナリスト・桐島 瞬 (更新 2015/1/28 07:00)
http://dot.asahi.com/wa/2015012700082.html
どの程度被曝したかを知るために福島の住民が首からぶら下げているガラスバッジ。
(中略)
その表示が空間線量率(周辺線量当量)に対し、最大4割も低く示されることがわかった。
(中略)
ガラスバッジ製造の最大手メーカー「千代田テクノル」が測定値のズレを認めたのは、1月15日。
伊達市で開かれた市議会議員政策討論会の席だ。参加者の一人が説明する。
「プレゼンテーションをした執行役員がデータを示しながらこう言ったのです。『ガラスバッジを前面装着した状態で正面から放射線を浴びれば空間線量率とほぼ同じ数字を表示する。だが、前後左右からくまなく浴びる状態では0.6~0.7倍にしかならない。福島のような全方向から放射線が押し寄せる状況をきちんと考えずに住民にガラスバッジを配ってしまって申し訳ない』と。数値の違いを認め、謝罪までしたことには正直、驚きました」
(中略)
福島で子供の甲状腺検診を行っている北海道がんセンター名誉院長の西尾正道氏が言う。
「いまの低線量の福島ではガラスバッジの数字は当てになりません。実効線量だって正しく検証されていないのです。放射線を扱う仕事をしている人たちでも年1ミリシーベルト以上の被曝をするのは全体の約5%。それなのに福島の子供たちは間違いなく年間1ミリ以上、被曝している。このままいけば10年後には免疫不全などの健康被害が増える危険性がある。帰還を進めるなら、最低でも年1度の全身健康管理が絶対に必要です」
住民が将来の健康に不安を抱くようなことがあってはならない。
(ジャーナリスト・桐島 瞬)


不安を抱く原因は誰だ?もうクドクド書く必要もないと思われる。この連中は周辺線量等量が被ばく線量だと、インチキを言い張っているだけだ。

西尾氏とやらの、「福島の子どもたちは間違いなく年間1ミリ以上被曝」とは、まるで人間ガイガー・カウンターのような噴飯ものコメントだが(いつも地べたに寝っころがっているのだろう)、「福島の子供たち」の何%が、何を根拠に、「10年後」、「免疫不全など」が増えるというのか?無根拠な脅しにしか見えない。

そして一体年間1ミリ以上被ばくしたとして、何が起こるというのか?何もインドのリゾート地、ケララ州と言わずとも、米国コロラド州デンバー市だって年間外部被ばく線量は、自然放射線だけで4mSVに達する(http://www.gakushuin.ac.jp/~881791/housha/Sv.html参照。なおhttp://www.colorado.edu/EHandS/hpl/RADHandbook/Introduction.html によれば、living in Boulder, Denver, or Colorado Springs increases the average background dose to approximately 500-600 mrem per year、つまり平均5~6mSVとなっている)が、何も起こっていない。

「住民が将来の健康に不安を抱くようなことがあってはならない。」
全くその通りだ。従って桐島氏、「朝日」が消え失せることが、一番の方策だ。

そしてついにこの個人線量計のメーカー「千代田テクノル」が、週刊朝日に対して抗議のコメントをHPに掲載した。

個人線量当量と周辺線量当量について2015/1/28
http://www.c-technol.co.jp/archives/1038
週刊誌などで個人線量当量と周辺線量当量について誤解が見受けられますので、弊社見解について説明致します。
(中略)
個人線量計はこの「個人線量当量」が測定できるように設計され、人体に着用した個人線量計の計測値はγ線がどの方向から入射しても実効線量より低い値を示すことはありません。γ線が全周囲から照射された場合、その値は実効線量とほぼ一致します。つまり、個人線量計の値は個人の被ばくした実効線量により近い値を示していると言えます。
定義上、常に「周辺線量当量」は「個人線量当量」よりも高くなるという関係があり、測定対象とする場所にγ線が全周囲から入射した場合には「周辺線量当量」は「個人線量当量」に比べて30~40%値が高くなります。


早野先生、三重大学の奥村先生も「呆れのツイート」だにゃ。
http://twitter.com/hayano/status/561018294853849088
http://twitter.com/h_okumura/status/560997313762430976

なお、桐島氏については、倒産したアルファ通信問題で、何やらカネ絡みなのか、黒くキナ臭い話があるようだ。アルファ通信はリアルタイム線量測定システムを製造し、福島県内に数百台設置したが、所定の性能を満たせずに契約解除となり、倒産に至った。しかし桐島氏はそれを、「国から測定器の改造を~実際よりも低い値を出せと~強要され、それを拒否して契約を解除されたアルファ通信が破産した」と報じたらしい(週刊朝日、昨年2月?)。「市民団体」も、例によって「国の陰謀だ、線量を低く見せかけようっとしている!」と大騒ぎしたし、矢ヶ崎、西尾の諸氏がその度毎にコメントする、ってなパターンで、朝日新聞(毎日もあったかも?=ヒノのコレhttp://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-152.html)界隈で「決して帰還させてはいけない!」的ニュアンスで、何度か燻っていたような記憶がある。

しかしアルファの機器は実際よりも低い値を出してしまうところに問題があった。桐島氏は逆の事を書いていた。その上この機器の中核部分は、改造した「個人線量計」だったのだ!桐島氏は昨年2月(2/14号)には「個人線量計」が中に入っていたアルファ通信の機器を、「正しい数値を出したが、国がもっと低い値を出すように強要したため、会社は倒産」と主張し、今度は「個人線量計は低い値を出すからインチキだ」と言っていることになる。矛盾だらけだ。

これについては「野々村 sotto voce @ye2cun」さんの、裁判記録の解明等、すごい努力によって明らかにされている。全て裏が取られた、実証付きだ。nao@parasite2006 さんのまとめに詳しく出ています。知りたい方はぜひお読みください(ワタシも更に読み込みます)。

アルファ通信が破産し、リアルタイム線量測定システムの撤去が始まったら個人線量計を叩きはじめたジャーナリスト
http://togetter.com/li/775668

先日野々村さんが桐島氏を一蹴した様子はコチラ 水牛・sui @suigyu703さんのまとめ
ジャーナリスト桐島瞬氏のとばし記事とリプにいつものように冷静に丁寧にっこむye2cun氏
http://togetter.com/li/775897

(追記2/1)
コレもイイです。
アルファ通信がらみのデマに対するye2cun氏久々の連ツイ
http://togetter.com/li/747697

コチラは一年前から、やはりnao@parasite2006 さんがまとめたもの。事件の全貌を知るのに、非常にお勧めです。
文部科学省はアルファ通信にリアルタイム線量測定システムの数値をどうしろと言ったのか?:裁判記録から浮かび上がる予想外の実態
http://togetter.com/li/626472
文部科学省が発注した福島県下のリアルタイム線量測定システムを一般競争入札で落札しながら、仕様に適合する製品を納期までに納入できなかったことを理由に契約不履行で文科省から契約を解除されたアルファ通信。「文科省が線量計の数値が低く出るよう仕様変更を迫った」と主張し続け、契約解除を不服として2012年7月には文科省を相手取って訴訟を起こしています。
今回野々村先生(@ye2cun )が東京地裁で裁判記録を調べて下さ った結果、これまでの報道を覆す事実が明らかになりましたので、背景を含めてまとめました。

1) 2011年12月9日付け日刊ゲンダイ記事「放射能測定器 「文科省は数値改ざんを要求してきた」 設置業者が怒りの告発」(次のまとめ冒頭に書き起こしあり)
http://bit.ly/LMQxHh
2) 2011年11月18日付け朝日新聞記事「線量計600台契約解除 文科省「精度低い」、業者反論」
http://bit.ly/Xcwu9r
3) J-CASTテレビウォッチの元木昌彦氏の記事「文科省「放射線量低く見せろ」要求応じず解約になったオンライン線量計」
http://bit.ly/tYKg9E
4) 週刊フライデー2013年3月20日号 桐島瞬氏の記事「文科省から放射能測定値改ざんを強要された」(1ページずつ写真でご覧いただけます)
http://twitpic.com/c9yazr
http://twitpic.com/c9ybii
5) 週刊朝日2014年2月14日号 桐島瞬氏の記事「国の放射線測定のデタラメを暴く 福島55地点 実測値と徹底比較」(テキスト全文が@niftyニュースに転載)→(2014年6月20日、@niftyニュースの全文転載記事が削除されていたのでオリジナルの電子版記事のリンクを復活します)
http://bit.ly/1e9LXLx
http://t.co/8kOAG8LPGh
(現在この記事を全文オンラインで読もうとすると、週刊朝日の発行元の朝日新聞出版の有料電子版を利用するしかありません)
http://astand.asahi.com/webshinsho/asahipub/weeklyasahi/product/2014021000003.html

これらは「反原発」にまつわる、根が深く巨大な「闇」である。こんなことで「原子力規制委員会は先月28日、避難者の帰還を促すための検討チームを設置した。空間線量の推計値に比べ、数値が低く出やすい個人線量計のデータを集めて避難者を安心させると共に、線量に基づかない支援対象地域指定の「科学的根拠」を後付けで示す狙いがある。だが、意図的に低くなるよう集められたデータは信用されるだろうか。そもそも、初めに帰還ありきでは検討の順序が明らかに逆だ。」(毎日新聞 2013年09月05日 日野)と書いていたマスゴミは、「悪党」でしかない。

(追記2/4)
nao@parasite2006 さんの、こちらも必見。この「闇」を一望できます。
アルファ通信関連まとめのまとめ
http://togetter.com/li/747914
アルファ製「エリザベス」の撤去は何だか哀れだにゃ(そんな事言っている場合じゃないけど)。
人里離れた森の中にポツリと立った、ウォーリー+R2D2のようだったけどね・・・naoさん、そして野々村先生、ありがとうございます。


さて、お口直しには朗報が必要。

「県産食品は安全」 県内消費者を調査、8割が食料品購入
http://www.minyu-net.com/news/news/0130/news8.html 
 東京電力福島第1原発事故による風評の実態を調べるため、県内の消費者を対象に県消費者団体連絡協議会が昨年7~8月を中心に行った調査で、県内産の食料品を最も多く購入すると回答した人の割合が78.1%に上ったことが29日、分かった。県外産と外国産を買うと答えた人は合わせて21.1%。前回調査(2013年6月などに実施)では県内産が67.2%で、同協議会は「県民の地場産志向がさらに顕著に表れた」と分析している。
 県内産のうち、居住地近くで生産された地場産で購入する人は63.6%、地元以外の県内産は14.5%だった。前回は地場産が49.2%で、14.4ポイント増加した。消費者庁が昨年8月に全国で行った調査と同じ内容の低線量リスクへの受け止めを尋ねた質問では「基準値(1キロ当たり100ベクレル)以内の食品でも少しでも発がんリスクが高まる可能性があり、受け入れられない」と回答した割合は18.1%(前回比12.9ポイント減)となり、全国の21.0%を下回った。
(2015年1月30日 福島民友ニュース)


みんなガンバロ~、だにゃ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

http://www.nikkei.com/article/DGXMZO82580080Q5A130C1000000/
低線量被曝の健康影響に新説 物理学者から挑戦状 関西の物理学者グループに聞く
編集委員 滝順一 2015/2/2 7:00
低線量の放射線が人体に与える影響について、関西の物理学者グループが新仮説を提唱している。福島県からの避難者支援などに取り組むNPO法人・知的人材ネットワーク・あいんしゅたいん(京都市)の坂東昌子理事長と和田隆宏・関西大学教授、真鍋勇一郎・大阪大学大学院助教らだ。低線量の放射線を浴び続けても、影響は累積せず一定の範囲内にとどまるとみる。福島第1原子力発電所事故がもたらす健康影響をめぐる議論に一石を…

拙作まとめのご紹介ありがとうございました

アルファ通信の一件の一部始終を俯瞰できるまとめのまとめもこちらにございますので、お暇なときにご覧いただければ幸いです。
アルファ通信関連まとめのまとめ
http://togetter.com/li/747914

>naoさん

ありがとうございます。本文に「追記」させていただきました。

テレ朝 外務省に𠮟られる

外務省

2月2日放送 テレビ朝日「報道ステーション」の報道(総理中東訪問関連)に関する申し入れ 平成27年2月3日
http://www.mofa.go.jp/mofaj/p_pd/prs/page4_000955.html

2月3日午後5時頃,テレビ朝日に対し,同社が2日に報道ステーションにおいて,総理の中東訪問やエジプトにおいて行われた政策スピーチが外務省の意に反して行われたかのごとく報じられたことにつき,外務報道官及び中東局長の連名で,以下の内容につき,文書及び口頭で申し入れを行いました。

      ☆引用☆

【文書による申し入れ】

 貴社は,平成27年2月2日放送の「報道ステーション」において,シリアにおける邦人人質殺害事件につき報じる中で,総理の中東訪問に関し,「そもそも外務省関係者によれば,パリのテロ事件もあり,外務省は総理官邸に対し中東訪問自体を見直すよう進言していた」旨報じ,また,エジプトで行われた総理の政策スピーチに関し,「外務省幹部によると,この内容についても総理官邸が主導して作成されたという」と報じるなど,あたかも外務省の意に反して,中東訪問が行われ,スピーチの当該部分が作成されたかのような報道がありました。

 この報道内容は事実と全く異なるものです。

 総理の中東訪問については,同2日の参議院予算委員会で総理も述べられているとおり,様々な観点を総合的に判断して決めたものであり,貴社のように社会的に影響力の大きい報道機関が,このように事実に反する報道を行うことは,国民に無用の誤解を与えるのみならず,テロリストを利することにもつながりかねないものであり,極めて遺憾と言わざるを得ません。

 当該報道に関し強く抗議するとともに,本日の番組の中で速やかに訂正されるよう強く求めます。

 なお,同番組のその他の部分については,申し入れの対象としておりませんが,外務省としてそれらの内容について確認したものではありませんので,念のため申し添えます。
   
      ☆引用終わり☆

福島県についての環境省の抗議は無視した状態で何らスタンスが変らないですが、外務省には如何するのでしょうね。


今日は厄日だな朝日

朝日ニュース(ANNnewsCH)のYouTubeアカが『暴力に関するポリシー』に抵触したため、凍結される - Togetterまとめ http://togetter.com/li/778407


少女タレントの子が番組でヘリウムガスを吸って一時意識不明。
http://breaking-news.jp/2015/02/04/016902

>発表によるとテレビ朝日本社スタジオ内で1月28日、BS朝日で放送している「3B juniorの星くず商事」の収録中に事故が起きたということです。

No title

ヘリウムガスの件はなぜこんなに公表が遅れたのかと疑問に思いました。
あと謝罪会見の時、テレ朝の幹部、着席したまま頭を下げたよね。常識ある人なら立って頭を下げると思うが。

Nスペ『知られざる大量放出』

週刊新潮の見出しです。

=専門家138人がBPOに提訴! NHKスペシャル『知られざる大量放出』の捏造箇所

記事はまだ読んでいないのですが、BPOに提訴されたようですね。
今回は受理して審査されるでしょうか。

所詮左巻きの反原発派はケダモノ未満

 福島大のキャンパス内で許可も得ずに反原発ビラを配っていたならず者が学生に受け取りを拒否されたら胸倉掴んで恫喝行為。9条ナイフマンと同じ狂気を感じる。
 そう言えば反原発派の中には刺青見せびらかして中指立てるDQNもいたね。学生の胸倉掴んだ奴も無許可で他人の敷地に入って勝手な事をする事自体、最初から順法精神ゼロなのが明白。
 反原発運動は「悪貨が良貨を駆逐する」を地で行ってるな。

 http://www.honmotakeshi.com/archives/43226242.html

Hideta Fukushimaさんは

雁屋哲の鼻血バカ本をわざわざ買って、中身を発信してくれています!ツイッター
http://twitter.com/HidetaFukushimaに注目しましょう。

http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-187.html のコメ欄も。そして「密林戦線」の「カスタマー・レビュー」にも注目です。

http://www.amazon.co.jp/%E7%BE%8E%E5%91%B3%E3%81%97%E3%82%93%E3%81%BC%E3%80%8C%E9%BC%BB%E8%A1%80%E5%95%8F%E9%A1%8C%E3%80%8D%E3%81%AB%E7%AD%94%E3%81%88%E3%82%8B-%E9%9B%81%E5%B1%8B-%E5%93%B2/dp/4990301986/ref=cm_rdp_product

今こそ「泥臭い戦い」が必要だと思います、福島は負けない。

No title

原子力専門家183人がNHK会長宛に抗議文http://bit.ly/1AzSJva (回答期限2/15)とBPOへの審理願いhttp://bit.ly/1AzT4hu
日本報道検証機構(GoHoo)もこちらのページで取り上げています。
http://gohoo.org/15020701/

No title

>naoさん
情報ありがとうございます。これはタイトルが明らかに「誇大宣伝」で、
またこのブログで書いたように、自社のニュースで「番宣」するハメになっていましたから、NHKとしても「中身が乏しい」という弱点を自覚していたのではないかと思います。
その点で「会長あて」というのは、なかなか練った戦略と見ました。
2/15注目します。

BPO GJ

テレ朝「報ステ」の川内原発めぐる報道は「放送倫理違反」 BPOが意見書
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150209-00000523-san-ent

>また、田中氏が複数の質問への回答を拒絶したような編集について、川端委員長は「どこをVTRに使うかによって視聴者の印象は変わってくる。今回の編集は事実を正確に伝えたことにならない」と述べ、放送倫理違反と判断した。

後はスポンサー様が何時まで我慢されるかですね。


やっぱり広野町の火力発電所の送電線切らないと分からないようだな。

指定廃棄物「1カ所で処分を」 栃木・塩谷町長講演
http://www.47news.jp/CN/201502/CN2015020801001453.html

>被災者への補償をした上で「指定廃棄物は放射線汚染度が高い場所で処理するのが合理的だ。安全に運べるものを福島第1原発周辺に集めた方がよい」と主張


No title

朗報です。

ピロキの「俺の声新聞」は休刊になるそうです。
http://togetter.com/li/781457
側溝除染も始まったし、ネタ切れになったのが真相だろうな。



No title

テロ事件を機に政権批判を自粛する空気があるそうで、三流「言論人」たちが声明を発表したみたいですね。政権批判なんて普通にやってるじゃないですか。
自分たちの批判が説得力をなくして、相手にされなくなっているだけなのに、社会のせいにするとは呆れた連中です。これについてはノビーがブログでいいこと書いてます。

http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51928993.html#more

ノビーは本職の経済批評はダメダメなのに、原発関係では的を射た発言をしてますよね。三流「言論人」を在庫一掃するチャンスなのかもしれません。

No title

>千貫森の宇宙人さん

ピロキだけじゃなくって、岩上じゃあなりすと安身も名誉毀損チラつかせてますね~。
http://togetter.com/li/781470
ご立派な事ですな~、じゃあなりすと様としては。

一方の雄(笑)である上杉隆じゃあなりすと(元?)も、弁護士にブログ削除させたり(レモンさんとちくわぶさん)、NO BORDERがYahooNEWSから弾かれたりと末期的な感じが(笑)。

節分に豆まいた効果かな。

>さんご@さばとらさん

塩谷町って、栃木県の指定廃棄物引き受けさせられる「いじめられっ子」なんでしょうけど、あの言い分は「もっと弱いやついじめたれ」以外のなにもんでもないような。

そもそも塩谷町で受け入れしたくない理由のひとつに「風評被害に晒される」ってあったと思うんだけど、それって「風評被害も福島に背負って貰いましょう」って言ってるのとおんなじじゃねーの?って思っちゃいます。

それに町長は「引き受けてもらう被災地には十分な補償を求めているのが理解されていない」とかぬかしていますが、それって「国なり東電なりに補償の下駄預ける」事には変わりないでしょ~。

「まとめて管理」には一定の合理性あるとは思うけど、それ以外は無茶苦茶言ってるの、わかんないのかな~。

せめてさ~、「塩谷町のみならず、栃木県全体に働きかけて風評払拭に協力します」とか「栃木県全体でこんだけお金払わせます」とか言えんのかね。
「努力は国なり東電に御願い。協力もごめん。お金も払わない。電気だけよこせ」ってしか聞こえませんね。

No title

>岩上
「ひまわり先生」の講演を「トウサツ」して、勝手に自分のサイトにupしていました。証拠持っていますよ。

自分らが不利になってきて、遂に「言論弾圧」に出るという末期的状況ですが、こういう「訴える」流れがエスカレートして、逆に「向こう側」に延焼すると、面白いです。

>とちぎ
事故後しばらくは、関東の「反原発」で、「私たちも東電福島原発の電気を享受していた加害者だ、自覚しなくては」なんていう、キレイゴト言っていた輩がいました。こういう連中は塩谷町に対して、「せめて加害者の自覚の証としてヤリマショウ!」って言わないんスカネ?~(棒)。

No title

あんだは何書いても「あまさっちぇんない」。他行っでぐなんしょ。

(この前に、いつもの歯切れの悪い「携帯からの定期便」が来ていました。削除したので、何だかわからなくなってしまいましたが、遊んでやらねーよ。)

朗報2つ

県内の新生児異常発生率 全国と変わらず 県民健康調査
http://www.minpo.jp/news/detail/2015021320940

>東京電力福島第一原発事故を受けた県の「県民健康調査」で、平成23~25年度の3年間で県内の新生児に先天奇形・異常が発生した割合は一般的な発生率と差がなかった。一般的発生率は3~5%とされるが、県内は2%台だった。

私等はこうやって情報をアップデートするのにねぇ。


英王子が福島訪問へ、安倍首相も同行で調整
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20150213-00000040-jnn-pol

>今月末、初めて日本を訪れる予定のイギリスのウィリアム王子が、安倍総理とともに福島の被災地を訪れる方向で調整に入っていることが、関係者への取材でわかりました。

> ウィリアム王子は福島県の被災地に関心を寄せているということで、子ども向けの施設などを訪問したあと、安倍総理とともに夕食をとる方向で調整が進められています。

ありのままの~(^^♪私達をどうぞ見て行って下さい。


週刊朝日がアレなお話

某室井佑月氏は言わずもがなですが今に始まった事ではないけれど真にお馬鹿なのは朝日である事よなぁ

>室井佑月「テロの恐怖を言えない世の中」に疑問
http://dot.asahi.com/wa/2015021000086.html

>最悪の結果を迎えたイスラム国による邦人人質事件。イスラム国に対し恐怖を覚える事件だが、そう口にできない風潮、そしてそれを生み出した安倍首相とメディアに作家の室井佑月氏は疑問を呈する。

これ以上読む必要は無いですよ。


IKA さん
講演の度にこれを言うんでしょうね、このおっさんに需要があることが腹立たしい。
罰があたりますように。



No title

室井祐月のバカさ加減もさることながら、さすがに記者が書いたらバカといわれることを、室井祐月に書かせる週刊朝日は本当にあくどいですね。
前にBPOに受理されなかった、NHKの低放射線量に関しての番組で、事実誤認の発言を室井にさせたNHKも同列ですが。


まあ、テレビを見ていてぶっ飛んだのは、民主党の辻本清美議員で、
ISILに日本人二人が拉致されたことを知りながら、昨年末に総選挙をした安倍政権を批判していました。
そんなこといったら、日本人を拉致したら日本政府は総選挙もできず政治の流れが止まるあるいは変えられるとテロ犯に思われてしまうではないですか。

民主党はこんなアホな議員にテレビで発言させないようにしないと、ますます信頼回復が遠のきそうですが。

No title

室井の田吾作に言いたいことは、社会的な発言をしたいなら、最低限の事実をきちんとお調べなさい、ということですね。
周りのお友達の意見を聞きかじって書くから、あほなことばかり書くんです。サル回しのサルとして飼っている週刊朝日が一番悪質なのは言うまでもありません。

No title

しかし朝日は最近、誤報ばかりですな。

http://gohoo.org/15021401/

ものも言えない世の中?

室井佑月が週刊朝日のコラムで
>そう正直に口にすることも躊躇(ためら)われる世の中ってどうなのよ
なんて、偉そうなこといっているけど、4年近く前のことを忘れたのか聞きたいですね。
当時、反原発派の連中が山下俊一氏や中川恵一氏らに対して浴びせた脅しにも近い罵声の大合唱は、被曝の被害を冷静に伝えようとする学者たちにとって、それこそ「ものも言えない空気」そのものだったですよね。
山下氏や中川氏ら学者たちがは御用学者の烙印を捺されて、室井佑月ら今日被害者ずらしている反原発派の連中と比較にならないくらい厳しい状況にありました。
かつての加害者たちがいまさら何をいうのかと敢えて言いたいですね。

あの、室井佑月の講演が?

 あの室井佑月の講演がよりによって2月14日(福島)15日(いわき)であるそうですが、主催者は福島広域雇用促進支援協議会です。しかし、なんと同協議会の事業は厚生労働省福島労働局からの委託事業をしている所です。
 彼女は昨年7月「なぜわざわざ子供を福島へ連れて行かなきゃいけないの?」等色々と福島に対して差別発言をした人です。
 そんな問題発言の人間を、なぜ国の税金を使い、しかもよりによって福島での講演を依頼しなくてはいけないのか!
 主催者は一体何を考えているのか全く持って理解不能です。公金を使う以上はもっと地域の事情に配慮し、分別を以って対応して欲しいものです。

No title

私もこの意見に大賛成です。
国際環境経済研究所のブログ。

http://ieel.or.jp/2015/02/sawa-akihiro-blog150216/2/

No title

失礼しました、間違えました。正しくは、

http://ieei.or.jp/2015/02/sawa-akihiro-blog150216/

です。

何だってぇー!!

エネルギーの将来は 小泉元首相、3・11に福島で講演
http://www.asahi.com/articles/ASH2J5HLXH2JUGTB00L.html 2015年2月16日

>福島県で再生可能エネルギー事業を進める会津電力(同県喜多方市)がエネルギーの将来を考える講演会を3月11日に同市で開く。小泉純一郎元首相が「日本の歩むべき道」と題し、講演する。
細川護熙元首相もあいさつする予定。

何処の馬鹿が計画した?


さや猫さん

>このような印象操作と思える記述は、朝日新聞の長期連載「プロメテウスの罠」でも頻繁に見られる。例えば、低線量被ばくで健康被害が起こると「断言」はしていないが、そう思わせるような印象を読者に与えることを意図した記述だ。

この部分に大きく相槌。

この本のアマゾンのレビューを見てきましたが概ね著者本人も批判している朝日病である、としています。

週刊新潮の記事

週刊新潮 2015年2月12日号に掲載された、「専門家138人がBPOに提訴! NHKスペシャル『知られざる大量放出』の捏造箇所」の記事内容がこちらで公開されてます。↓
http://www.gruri.jp/article/2015/02160900/
番組内容から製作裏話まで、細かく突っ込んでくれてます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>2015-02-16(22:37) :さん

了解です。作業しておきました。

懲りない左巻き何とかパー

 福島を貶めるデマを撒き散らしまくった「狂師」が今度はツイッターでISIL擁護の書き込みって・・・
 奴らの学習能力の無さは遺伝的なものなのでしょうか?

 http://www.enpitu.ne.jp/usr4/45126/diary.html

女性自身だかあなあ

プロフィール

shinobuyamaneko

Author:shinobuyamaneko
 福島県福島市の信夫山に住むネコです。
 原発事故以後ネット上には「もう福島市は放射能高くてダメ!逃げてください!」「福島はチェルノブイリ以上!」「子供を見殺しにしないで!」等の「反原発の叫び」が溢れてます。ネコはどこにも逃げられないから、もうノイローゼ気味。こういう「叫び」「脅し」の効果もあって福島に来る人は激減。街は沈み、市民は「すぐに逃げてください!」に怯えながら、静かに暮らしています。(←最近は嘘・デマがバレてきて、みんな元気になってきた感じだにゃ。)
 しかしね~、この種の「叫び」の根底に、「反原発」の「福島壊滅ならば原発全廃にできる!大大大チャンスだ!」っていう心理はないですか?原発全廃の為にはまず「福島壊滅」が必要とばかりに、科学的、医学的、論理的に怪しい説、大げさな数字等が「連呼」「拡散」されていないですか?それが「正義」になっていませんか?
 信夫山ネコは「故郷福島壊滅」を「原発全廃」の手段にされてはたまらんです。もし根拠がない数字や説の拡散によって、旅館の経営者が自殺するとかの悲惨な「風評被害」が出たら、大人しい福島人も終には訴えたりするのかにゃ~?!今はとにかくデマ、風評、誇張、脅し等を除染しながら記録するにゃ。(「リンクフリー」です 対「反原発」、対「放射脳」等での引用ご自由に)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR