尿から微量の放射性物質 福島市の子供10人から 仏研究所「これで小出氏の嘘がバレた」  あれっ? 

今日も福島市民を驚かすニュースが出たにゃ。


尿から微量の放射性物質 福島市の子供10人から 仏研究所「内部被曝の可能性」 2011.6.30 12:21

福島県内の保護者らでつくる市民団体「子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク」などは30日、福島第1原発事故の影響調査のため福島市内の6~16歳の男女10人の尿を検査した結果、全員から微量の放射性物質が検出されたと発表した。

 放射性セシウム134の最大値は8歳の女児で尿1リットル中1・13ベクレル、セシウム137の最大値は7歳男児で同1・30ベクレルだった。

 尿は5月下旬に採取し、チェルノブイリ原発事故で周辺の子供の被ばく量を調査した経験がある、フランスの放射線測定機関「アクロ研究所」に検査を依頼した。

 アクロのデービッド・ボアイエ理事長は記者会見で「福島市周辺の子供らに極めて高い確度で内部被ばくの可能性がある。事故前の数値はゼロだったと考えられる」と話した。(共同通信)

 ともあれ「内部被曝」しても、体内に入った放射性物質はオシッコによって排出されることが証明され、小出裕章氏(京都大学原子炉実験所助教)の「体内に入った放射性物質の全てで内部被曝する」説の嘘がバレた。(この部分はネコ通信)



というわけで、「空気中にある放射性物質の全てで内部被曝します!空間線量の10倍です!」と叫んだ小出氏の「大量内部被曝説」は、成り立たないこと、札幌の一色靖氏が正しいことが証明されたにゃ。
詳しくは「小出裕章氏の外部被曝の10倍内部被曝します!はホントか?(2)を見てください。

嬉しいことに、オシッコで半減期=30年のセシウム137も排出されている!正に「セシウムの生物学的半減期は数ヶ月」も証明されたにゃ。

えっ、「それでも内部被曝が証明されたんですよ、大変です!福島市からすぐに逃げてくださいっ!」だって?
いやいや、3月15日以後しばらくは、内部被曝はあっただろうにゃ。でも今は福島市の空間に放射性物質は飛んでないから、食物や飲料に注意して、泥でも舐めない限り、これ以上内部被曝しないにゃ。そしてこれまでに体内に入った放射性物質は、オシッコなんかで大方外に出たにゃ。だから今、内部被曝で逃げる理由はない。このニュースに脅かされる必要なしにゃ。

では本題、このニュースにはもっと面白い(邪悪な)話が隠れている。
どうして「5月下旬に採取した尿」の検査結果が今「発表」されたのか。


(続く)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shinobuyamaneko

Author:shinobuyamaneko
 福島県福島市の信夫山に住むネコです。
 原発事故以後ネット上には「もう福島市は放射能高くてダメ!逃げてください!」「福島はチェルノブイリ以上!」「子供を見殺しにしないで!」等の「反原発の叫び」が溢れてます。ネコはどこにも逃げられないから、もうノイローゼ気味。こういう「叫び」「脅し」の効果もあって福島に来る人は激減。街は沈み、市民は「すぐに逃げてください!」に怯えながら、静かに暮らしています。(←最近は嘘・デマがバレてきて、みんな元気になってきた感じだにゃ。)
 しかしね~、この種の「叫び」の根底に、「反原発」の「福島壊滅ならば原発全廃にできる!大大大チャンスだ!」っていう心理はないですか?原発全廃の為にはまず「福島壊滅」が必要とばかりに、科学的、医学的、論理的に怪しい説、大げさな数字等が「連呼」「拡散」されていないですか?それが「正義」になっていませんか?
 信夫山ネコは「故郷福島壊滅」を「原発全廃」の手段にされてはたまらんです。もし根拠がない数字や説の拡散によって、旅館の経営者が自殺するとかの悲惨な「風評被害」が出たら、大人しい福島人も終には訴えたりするのかにゃ~?!今はとにかくデマ、風評、誇張、脅し等を除染しながら記録するにゃ。(「リンクフリー」です 対「反原発」、対「放射脳」等での引用ご自由に)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR