美味しんぼ事件:山下俊一氏への「言論封殺」は容認した朝日・毎日が エラそうに「言論の自由」を説くフシギ

いや~、流れが早いにゃ、この「鼻血マンガ事件」。

明日の「発売日」を前に、もう最新号の中身は出ているし、事件の経緯はもうあちこちに出ているが、「不破雷蔵」さんの
http://bylines.news.yahoo.co.jp/fuwaraizo/20140514-00035307/ が便利だね。

さて、「反原発=正義」バイアス、ドグマから逃れられない「愚者」、朝日新聞と毎日新聞が、己を顧みない「言論の自由」を楯にした、「これを議論の機会にしよう」的、バカ記事を掲げているにゃ~。ま、予想通りだが、どうして「被ばくで鼻血」「福島に人間は住めない」を、今頃議論しなければならないのか?

これにかこつけて、「被災した福島の事が、最近は取り上げられなくて忘れられている、今回のマンガはいい機会だ」などということが、まことしやかに言われるが、こんなバカみたいなハナシは、取り上げられなくて結構。忘れてもらった方がヨロシ。一見「中立」に見えるこういう言説の裏には、「フクシマが潰れかけていた3年前に時計の針を戻したい」といった、「反原発」の回帰志向があるに違いない。何しろ連中の「わが世の春」は2011年。あの時「反原発正義軍」には、その悪魔の願望=「福島人が被曝でがん死すれば、原発全廃が実現できる!」が、もう少しで成就するかに見えていたのだ。あの時連中はさぞかし「ワクワク」して、幸せだったに違いない。今回の「鼻血マンガ」事件は、その「回帰志向」が表面化したってことだ。

「反原発」とそれに味方するマスゴミは、この3年間「福島人には被ばくによる重大な健康被害がある」「福島は放射能で住めない、避難せよ」等と、ヒステリックに叫び続けている。原発事故当初は「鼻血」、「秋には原爆ぶらぶら病があふれる」、それが実現しないと「来年は発がん、白血病多発、奇形誕生」「福島の水面下で中絶増加」「3年後」「10年後に40万人ガン死」「子孫に遺伝」・・・挙句の果てに「低線量被ばくの影響はわからない」「わからないから予防原則で福島から避難せよ」「不安の解消をしてはならない、不安には寄り添うべきだ」(そしてまた「美味しんぼ」で「鼻血」から繰り返し)・・・・なぜこんな狂気じみた行為を続けるのか?それは連中の「福島を亡きものにすることによって、原発全廃が実現できる!」という「願望」のせいだ。「原発は悪だから、無くすにはどんな手段を使っても許される」という「正義」。連中は福島人が被ばく原因で死なないと原発廃止が実現しないので、困るのだ。この「願望」に異を唱える者には「国・東電の手先」「原発推進派」「御用学者」等とレッテル貼りし、「反原発」による風評被害を非難すると、「本当の敵=国・東電を攻撃しないのは工作員だ」などと言いだす。また「福島の人は抑圧されていて本当の事が言えない」と言いだす。プロ市民と自主避難者ばかりを「福島の人」にして広める。科学も論理も事実もへったくれもない、こんな「反原発ファシズム」が、「民主主義国」の「市民社会」で堂々と行われている。知性と教養あるはずの言論機関や「知識人」が、これを後押ししている。現代日本史上、最悪、最凶の事件であることは間違いない。

http://mainichi.jp/opinion/news/20140515k0000m070146000c.html
社説:美味しんぼ 「鼻血」に疑問はあるが 毎日新聞 2014年05月15日 02時32分
 「週刊ビッグコミックスピリッツ」(小学館)に連載中の漫画「美味(おい)しんぼ」が物議を醸している。その中身には疑問があり、福島の人たちから怒りの声が上がっていることは理解できる。風評被害も心配だ。
 しかし、これに便乗して、原子力発電や放射線被害についての言論まで封じようとする動きが起きかねないことを危惧する。今後、どのように福島の人々の健康不安を払拭(ふっしょく)し、被災地の復興を進めていけばいいか、議論を冷静に深めたい。
 前号掲載では「美味しんぼ」の主人公が福島第1原発を訪れた後、鼻血を出す場面が描かれて議論を呼んだ。12日発売の今号では、実名で登場する福島県の前双葉町長が「福島に鼻血が出たり、ひどい疲労感で苦しむ人が大勢いるのは、被ばくしたからですよ」と発言。やはり実名で登場する福島大准教授は除染の経験を踏まえて「福島はもう住めない、安全には暮らせない」と話す。また、岩手県のがれきを受け入れて処理した大阪市内で、住民が健康被害を訴えたとする話も紹介されている。
 これに対して、福島県や環境省、岩手県、大阪府・市などは強く抗議した。風評被害を広げることや除染の効果は上がっていること、がれきの放射線量は基準値を大幅に下回るものであることを主張している。
 国連科学委員会の調査は、福島でがんや遺伝性疾患の増加は予想されないとしている。福島第1原発を取材で見学しただけで、放射線のために鼻血が出ることは考えがたい。しかし、長期間にわたる低線量被ばくが健康にどんな影響を及ぼすかについては十分には解明されていない。専門家の中には、心理的ストレスが免疫機能に影響を与えて、鼻血や倦怠(けんたい)感につながる可能性があると指摘する人もいる。
 この問題をきっかけにして、原発の安全性や放射線による健康被害を自由に議論すること自体をためらう風潮が起きることを懸念する。
 もともと、根拠のない「安全神話」のもと、原発政策が進められた結果が今回の事故につながった。「美味しんぼ」の中でも指摘されているが、事故後の放射性物質放出についての政府の情報公開のあり方は、厳しく批判されるべきだろう。また、汚染水はコントロール下にあるといった政府の姿勢が人々の不信感を招き、不安感につながっているのも確かだ。そして、低線量被ばくによる健康への影響については、これから長期にわたる追跡調査が必要だ。
 求められている論点は多くある。いずれも、感情的になったり、理性を失ったりしては議論が深まらない。絶えず冷静さを失わず、福島の人々とともに考えていきたい。

(だれがオマエなんかと共に考えるかよ 震災後福島で40%減の毎日新聞さんよ)

「これに便乗して、原子力発電や放射線被害についての言論まで封じようとする動きが起きかねないことを危惧する。」「原発の安全性や放射線による健康被害を自由に議論すること自体をためらう風潮が起きることを懸念する。」だって、へ?これで思い出したことがある。


山下俊一氏の「表現の自由」をマスゴミは護らず、リンチ黙認だった。

2011年には山下俊一氏が「健康被害を隠した」「これから被ばくで人が死ぬから殺人者」等として、広瀬隆から「告発」、原発告訴団から「告訴」を喰らっている。まだ誰も放射線障害で死んでいないのに、業務上過失致死で訴えられるという、明らかな「言いがかり」「言論封じ」で訴えられたのだ。

氏は学者であり、学問の自由、表現の自由、言論の自由がある。自分の専門家としての見方を述べたわけだが、これが「反原発」によって袋叩きにされたのだ。しかし氏の「笑っている人には放射線の害は来ない」は、免疫学から考えると正しい「可能性が十分ある」。「被ばくで鼻血」よりも遥かに可能性は高い。そして氏は「福島に住める」と言ったのであり、福島大学准教授荒木田氏の「福島に人間は住めない」とは、せいぜい「五分五分」だ。そして今、事実福島に人が住んでいる。山下氏は正しかった。

この「袋叩き」について、毎日新聞は「言論封殺」と指摘したのか?全くしていない。山下氏がリンチされている時、マスゴミは誰も味方せず、黙殺した。

この「社説」は、「感情的になったり、理性を失ったりしては議論が深まらない」と言うが、福島人の感情はどうでもいいらしい。雁屋は福島人が「発狂する」ということを想定して煽っているわけだが、なぜ我々だけが感情的になってはいけないのか?

もちろん朝日新聞も同じご都合主義、二枚舌ぶりを露呈した。

http://www.asahi.com/articles/ASG5D4W9FG5DUGTB00C.html?iref=comtop_6_06
「美味しんぼ」の描写に波紋 被曝で鼻血…抗議相次ぐ  2014年5月12日23時25分 朝日新聞
 週刊ビッグコミックスピリッツの人気漫画「美味(おい)しんぼ」の東京電力福島第一原発事故をめぐる描写に対し、福島県や地元政界などが12日、発行元の小学館に相次いで抗議した。問題視するのは登場人物が放射線被曝(ひばく)と鼻血の因果関係を指摘したり、「福島に住んではいけない」と述べたりする場面。県内には風評被害への懸念が根強い一方、強まる抗議に「被曝への不安が口にしにくくなる」と心配する声もある。
 「福島県民の心情を全く顧みず深く傷つけ、農林水産業や観光業へ深刻な損失を与えかねない」「断固容認できず、極めて遺憾だ」
 福島県は12日、ホームページに載せた見解で、鼻血の描写などについて、小学館に対し強く抗議。「原発事故で放出された放射性物質に起因する直接的な健康被害が確認された例はない」とも指摘した。
 同日には政府のスポークスマンである菅義偉官房長官も会見で「住民の放射線被曝と鼻血に因果関係はないと、専門家の評価で明らかになっている」と断じた。自民党県連や民主党県議らでつくる会派も相次いで抗議声明を出した。
 騒ぎは大学にも飛び火。福島大准教授が12日発売号で除染の効果を否定したことに対し、中井勝己学長は「多方面に
迷惑と心配をおかけして大変遺憾。教職員には立場をよく理解して行動と発言をするよう注意喚起する」と談話を出した。
 一方、鼻血をめぐる発言をした福島県双葉町の井戸川克隆・前町長は9日の会見で「本当のことをしゃべっただけだ。県が慌てるのはおかしい」と語った。
 最新号の描写について、スピリッツ編集部は12日付のホームページで「行政や報道のあり方について議論を深める一助としたい」とコメント。また、19日発売の次号の特集ページで複数の識者の意見や抗議に対する見解を示すとしている。漫画の内容や表現を変える予定はないという。
 原作者の雁屋哲氏は、自らのブログで福島に関する作品が続くことを明らかにし、「取材などはそれから後にお考えになった方がよいと思います。書いた内容の責任はすべて私にあります」とコメントしている。(高橋尚之、根岸拓朗)
■「事実と思えない」「実情知る契機に」
 福島県民の受け止めは様々だ。
 福島市の学童保育指導員佐藤秀樹さん(47)は「放射線への不安は当然ある。それでも多くの人が県内で懸命に子育てをしている事実をどうみているのか」と首をかしげる。内部被曝検査や食品の放射線量をチェックすることで、被曝への不安は少しずつ和らいだ。「事実を積み重ねた表現とは思えない」という。
 これに対し、原発事故の刑事責任を問う原発告訴団長の武藤類子さんは「私も事故後、鼻血が出るとの訴えを耳にする。放射性物質の存在も事実だし、因果関係がないとは断定できないはず。鼻血の表現にこぞって大抗議をすることに違和感を覚える」と話した。
 ツイッターで批判の口火を切り、つぶやきが1万回以上リツイートされた郡山市の塾講師「順一」さん(32)は「主張を封じるのではなく、問題点を検証し、より多くの人に福島の実情を知ってもらうきっかけになれば」と話す。


「強まる抗議に「被曝への不安が口にしにくくなる」と心配する声もある。」
「原発告訴団長の武藤類子:鼻血の表現にこぞって大抗議をすることに違和感を覚える」だって?

へ?原発告訴団こそ、山下俊一氏を告訴して、「言論封殺」を図った張本人だ。朝日新聞も山下氏が「言論封殺」を喰らった時には何も言わず、よりによって封殺を図った「告訴団」に、「言論封殺」への危惧を言わせているという、メチャクチャぶりだ。

「福島原発告訴団」
http://kokuso-fukusimagenpatu.blogspot.jp/2013/08/blog-post_10.html 参照。
ここに告訴された人々の名前が載っているが
山下 俊一 福島県放射線健康リスク管理アドバイザー(福島県立医科大学副学長、日本甲状腺学会理事長)
神谷 研二 福島県放射線健康リスク管理アドバイザー(福島県立医科大学副学長、広島大学原爆放射線医科学研究所長)
高村 昇 福島県放射線健康リスク管理アドバイザー(長崎大学大学院医歯薬学総合研究科教授)


となっていて、リンチされた学者は山下氏だけではない。朝日はどうして荒木田准教授についての学長の談話は、「言論への圧力」と印象操作し、こんな根も葉もない脅迫的「訴訟」については、何も言わないのか?

どうなっているのか?朝日新聞にも「学問の自由」「表現の自由」「言論の自由」を説く資格はない。皆無だ。

「反原発」には「言論の自由」「表現の自由」があり、「反原発」の意に沿わない人間には「言論の自由」「表現の自由」がない。これが「反原発正義」で思考停止した、惨めで危険な日本のマスゴミと「市民社会」だ。

そして朝日の「社説」。
http://www.asahi.com/articles/DA3S11133529.html
(社説)美味しんぼ 「是非」争うより学ぼう 2014年5月14日05時00分
 週刊ビッグコミックスピリッツ(小学館)で30年以上連載されている「美味(おい)しんぼ」が、波紋を広げている。
 福島第一原発事故をテーマにした最近の2回分で、主人公が鼻血を出し放射線被曝(ひばく)と結びつけられたり、「福島を広域に除染して人が住めるようにするなんて、できないと思う」との見解が述べられたりしている。
 実在の人物を絡めて表現されており、福島県や双葉町などが事実と異なるとして抗議や意見を表明した。
 私たちは社説で、低線量被曝の影響を軽視しないよう指摘する一方、できるだけ科学的な根拠や実測値、具体的な対策とともに議論すべきだとの立場をとってきた。漫画での描き方には疑問が残る。
 ただ、低線量被曝には未解明の部分が多い。今回のような健康被害に関する主張は事故後あちこちで見られてきた。それが広く関心を集める背景には、巨大な被害を招いた原発政策への怒りも反映していよう。
 ひとつの作品を取り上げて過剰に反応したり、大学の学長が教職員の言動を制限するような発言をしたりすることには、賛成できない。
 忘れてならないのは、福島の人こそ事故被害に苦しみ、無理解に怒り、不安と闘いながら日々暮らしていることだ。
 私たち一人ひとりが、「うそだ」「本当だ」と振り回されるのではなく、巷(ちまた)にあふれる情報から自分自身で納得できるものを選びとる力を養っていくことが大切だろう。
 福島県内ではこの3年で、十分とは言えないまでも外部被曝や内部被曝を検査する体制が整いつつあるが、受診率は高いとはいえない。現地で活動を続ける医者たちは「心配なら検査しよう」と呼びかけている。
 数値をどう見たらいいか、どうしたら無駄な被曝を避けられるか、勉強会や相談会、研修も開かれている。食べ物や水の検査も継続的に実施されてきており、健康への影響と関連づけられるほどに実際のデータも積み上がってきた。
 こうした経験知は人々が不安の根源に向き合い、どう対処すればいいかを考える手がかりになる。これらを福島から全国へと共有していきたい。
 小学館は19日発売の次号とホームページで、これまでの反響や複数の専門家の意見を特集するという。
 影響力の大きい人気漫画だけに、全国の読者に考える素材を提供し、議論を深める場になることを期待する。


「ひとつの作品を取り上げて過剰に反応したり、大学の学長が教職員の言動を制限するような発言をしたりすることには、賛成できない」だってさ。

ここでも「言論の自由」「表現の自由」の擁護者になりきっているが、こんなことをホザく朝日新聞は、山下氏の「言論封殺」は黙殺した。お見事な「ダブルスタンダード」だ。

「(私たちは)できるだけ科学的な根拠や実測値、具体的な対策とともに議論すべきだとの立場をとってきた。

まったく笑わせるフレーズだ。エラそうなことを言っているが、そもそも2012年にプロメテウスの罠で「放射能鼻血」騒ぎを煽ったのは朝日だ。これは前々回のエントリーに「週刊ポスト」の記事として取り上げたが、今回は池田信夫氏(のぶお、だよ。しのぶじゃないよ)のブログから引用しておく。

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/34244
メディアの大騒ぎが作り出す原発の「危険神話」
過剰報道が風評被害と2次災害を拡大する 2012.01.04(水) 池田 信夫
 たぶん誰かが勘違いしているのだろう。放射能による死者は1人も出ていないのに、その報道は2万人近い死者・行方不明を出した東日本大震災に劣らず大きい。
 特に過激な報道を続けているのは、朝日新聞である。10月から続いている「プロメテウスの罠」という連載は、毎日こんな記事が続く。

 東京都町田市の主婦、有馬理恵(39)のケース。6歳になる男の子が原発事故後、様子がおかしい。4カ月の間に鼻血が10回以上出た。30分近くも止まらず、シーツが真っ赤になった。近くの医師は「ただの鼻血です」と薬をくれた。 [中略]
 しかし、子どもにこんなことが起きるのは初めてのことだ。気持ちはすっきりしなかった。心配になって7月、知人から聞いてさいたま市の医師の肥田舜太郎(94)に電話した。肥田とは、JR北浦和駅近くの喫茶店で会った。
 「お母さん、落ち着いて」
 席に着くと、まずそういわれた。肥田は、広島原爆でも同じような症状が起きていたことを話した。放射能の影響あったのなら、これからは放射能の対策をとればいい。有馬はそう考え、やっと落ち着いた。

 原発から約250キロ離れた町田市で子供が鼻血を出した原因が放射能であることは、現代の科学では考えられない。事実この記事も、後の方で申し訳のように「こうした症状が原発事故と関係があるかどうかは不明だ」と書いているが、全体としては「本当は関係があるのだが証明できない」と匂わせる印象操作だ。


毎日の社説については、元毎日新聞福島支局長の斗ヶ沢さんが鋭い指摘をしていた。

斗ヶ沢秀俊 ‏@hidetoga · 5月16日
「低線量被ばくの影響が十分には解明されていない」の後に、「低線量被ばくで鼻血が起こりうると主張する人もいる」とでも書くならともかく、「心理的ストレスが免疫機能に影響を与えて」なら、低線量被ばくの影響ではないということです。論理になっていません。


これは「ゲラゲラ」だにゃ。社説が○カ丸出し。

斗ヶ沢秀俊 ‏@hidetoga · 5月16日
「絶えず冷静さを失わず、福島の人々とともに考えていきたい」とまとめていますが、社説は「美味しんぼへの批判はあまりしないほうがよい」と主張していると受け止められても仕方がないでしょう。科学的根拠の欠如、福島県の方々の被った迷惑、不快感こそを重視しなければならないと私は考えます。

斗ヶ沢秀俊 ‏@hidetoga · 5月16日
官庁・公共機関:事実上の圧力 意に沿わぬ報道に「見解」や「反論」http://mainichi.jp/shimen/news/20140512ddm004040077000c.html … この毎日新聞記事にも、同様の問題があると私は考えます。テレ朝「報道ステーション」番組について、福島県立医大や環境省が反論したことを「事実上の圧力」と問題視しています。

これは「日野記事」の事だね~。しかし「言論の自由」を楯に、何の規制も無しでやりたい放題のマスゴミこそ圧力だ。大体「行政の圧力」と言うが、川内村なんて人口僅か2577。それがこうして切実な声をあげている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140515-00000010-fminpo-l07
川内村が小学館に抗議文 美味しんぼ問題 福島民報 5月15日(木)9時42分配信
 小学館の「週刊ビッグコミックスピリッツ」に掲載された漫画「美味(おい)しんぼ」に、除染の効果などを疑問視し「福島に住んではいけない」などとする描写があったことを受け、福島県川内村は14日、小学館に抗議文を送った。
 東京電力福島第一原発事故により、同村の村民の多くが避難したが、村は平成24年1月に帰村宣言をしている。抗議文では「(村全体の)約半数の村民が戻って生活を再開している中、根拠もなく福島には住めないとは不適切な表現」と訴えた。
 その上で「(福島には住めないとした)健康被害については科学的・医学的検証に基づき表現すべき」と指摘した。今回、問題となった描写全体について「風評被害を広げ、被災者同士の分断を招く極めて不適切かつ不愉快な表現」とした。


一方毎日新聞社は2900人超、グループ連結では6600人超だ。どっちが「権力」だよ?
毎日新聞は震災後の福島で40%減、福島で総スカンだよ(しつこいか~)。

そして
中西準子 ‏@junkonakanishi1 · 5月16日
@hidetoga 私もそう思います。役所も企業も、どんどん反論していいと思います。どうして、それを圧力と言うのか、よく分からない。役所に対して、言いたい放題言っているではありませんか。


「福島民報」論説
http://www.minpo.jp/news/detail/2014051415643
【風評との闘い】応援団はずっといる(5月14日)
 東日本大震災と東京電力福島第一原発事故の被害からの復興を目指す本県への支援が続く。キャロライン・ケネディ駐日米大使は14、15の両日、復興状況視察のため来県する。埼玉県は福島応援キャンペーンを展開する。漫画「美味[おい]しんぼ」による風評被害助長が懸念される中、福島を支える動きは力強さを増している。県民と思いをともにする全国の支援者との一体感を強め、前進していきたい。
 ケネディ大使の来県は就任後初となる。福島第一原発を訪れ、楢葉町の沖合に設置されている浮体式洋上風力発電所を見学する。廃炉、再生可能エネルギー産業育成に向けて米国の協力を得る上で、大使の両施設視察は極めて意義がある。国内外で知名度のある大使の本県訪問自体が、福島の安全性発信に大きな力となってくれるはずだ。
 埼玉県の応援キャンペーンは、これまでの福島支援の取り組みをさらに拡大する。上田清司知事が音頭を取って福島への旅行を呼び掛け、埼玉県庁職員食堂での福島県産食材メニューの提供、福島産品販売などを行う。「福島県を助けることが埼玉県民の心意気」との上田知事の言葉は、福島県に注がれる温かな視線を実感させてくれる。
 一方で、小学館の「週刊ビッグコミックスピリッツ」に掲載された漫画「美味しんぼ」の問題は残念であり、腹立たしい。4月28日発売号で主人公らが第一原発を訪れた後に鼻血を出す場面が描かれ、元双葉町長が「福島では同じ症状の人が大勢いますよ」と発言している。原発事故と鼻血にあたかも関係があるかのような印象を与える。双葉町は「大勢いる事実はない」と元町長の言葉を否定、小学館に抗議文を送った。
 5月12日発売号では元町長が鼻血の原因を「被ばくしたからですよ」とし、福島大准教授は「除染をしても汚染は取れない」と話している。
 個人的見解を取り上げたことで、本県の実情が誤って伝わる恐れが生じている。復興への努力を台無しにしかねない。風評という暗黒の海に投げ出され、光の見える海面近くまで懸命に浮き上がってきたところを金づちでたたかれたようなものだ。12日に県が科学的な根拠を示して反証し、偏らない客観的な事実を基にした表現とするよう強く申し入れたのは当然だ。
 そもそも作品の意図が分からない。編集部は議論を深めるためと説明する。県民と支援者の心を傷つけ、復興に使うべき貴重な時間と労力を抗議や反論のために浪費させて何が議論か。(佐藤 研一)
( 2014/05/14 08:35 カテゴリー:論説 )


そう、応援団はいる。

ダニエル・カール ‏@DanielKahl · 5月3日
オラ、東北(特に岩手や福島の被災地)を回ってみて来た結論か。放射線の騒ぎは「急須の中の台風」だと本気で思っている。今までこれほどのマスコミの作り話見た事ない。54才になってもだよ。やっぱデマで儲かろうとしているというのか、騒ぐのが楽しいなのか、どっちも多過ぎ。

Shoko Egawa ‏@amneris84 · 5月13日
福島の人たちは、東電と国によって十分ひどい目に遭っているのに、さらにデマ情報と「あなたの言葉」によって苦しみの追い打ちをするのか、ということを、少し考えた方がいいと思うよ。

吉村作治 @SakujiYoshimura · 5月15日
『美味しんぼ』の表現が問題になっています。私も読んでみて「ひどいなあ」「福島の人はどう思うだろう」と心を痛めました。しかも、それらが全く科学的根拠もなく事実でもないと知った時、悲しさが怒りに変わりました。表現の自由を超えたものです。人が人を思いやれず思ったままを描いてはダメです。

糸井 重里 ‏@itoi_shigesato · 5月13日
また言わなくてはならなくなった。ぼくは、じぶんが参考にする意見としては、「よりスキャンダラスでないほう」を選びます。「より脅かしてないほう」を選びます。「より正義を語らないほう」を選びます。「より失礼でないほう」を選びます。そして「よりユーモアのあるほう」を選びます。

糸井 重里 ‏@itoi_shigesato · 5月13日
三年間も、安全を証明するためにデータを集めたのではない。事実を事実として確かめて、どうするのがいいのかを指し示そうとデータを集めてきた人がいるのだ。その積み重ねを無いことにして騒ぎ立てる人たちがいる。ぼくには、そう見える。


http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2014/05/18/0006969909.shtml
テリー伊藤「美味しんぼ」を痛烈批判 2014年5月18日
「決定的に、福島に住んではならないという言葉。この言葉は、今現在福島で、汚染には関係ない方もいるわけで、そこに関しての配慮がないなと」と、批判の言葉を続けた。


さてと、酪王カフェオレ飲んで少しずつ前進だにゃ。野犬に全速で体当たりした、ベイカーズフィールドのネコさんのようにはいかないけどね。必ず歴史が裁くよ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

どんなデマ漫画でも、問題提起のきっかけとするならOK、てな論理を言うなら、在日朝鮮人や被差別部落民をどんどん抑圧すべしという表現活動も、差別の問題を考える契機になるのだからOKということになりますよね。全くばかばかしい論理だと思います。、

いろんな思い

>野犬に全速で体当たりしたネコさんのようにはいかないけどね。必ず歴史が裁くよ。

これ観ました!
なんだか縁起もののような気がして(笑)。
励まされました。

ネコ強え~(笑)!


浪江に住んでいた方が

「なみえやきそばを名乗っていいのは
 あの食堂の焼きそばだけだ!」


神奈川在住の福島の人が

「東京近辺では福島のことも東北のことも忘れてる」
「避難してきた人たちのことを・勝手ばかり言うと思ってる」
「同じ福島県民なのに・外から見ると喧嘩ばっかりしてる」

「自分は福島の人間だから・それが全部悲しい」


いろんな話を聞くたびに
みんなが幸せになれたらいいなと
子どもみたいに願っています。

邪魔しないでほしい。

鼻血派の言い分

鼻血デマを支持する人々の間で、法政大学大原社会問題研究所に投稿された「水俣学の視点からみた福島原発事故と津波による環境汚染」を根拠として「双葉町で鼻血が多いという報告があった」という情報が拡散しています。
この報告は社会思想の論文なので、もちろん科学者の査読は受けていません(疫学調査の記述が雑過ぎて、まともな科学雑誌には通りません)。
http://oohara.mt.tama.hosei.ac.jp/oz/661/661-01.pdf

そもそも、著者の中地重晴(熊本学園大学社会福祉学部教授)先生は環境汚染の専門家のようですが、英文論文が無さそうなのと、放射線生物学に関する論文が無いのが気になります。
http://gyoseki.kumagaku.ac.jp/kksapp2.aspx?shozoku=0400&name=&senmon=&keyword=&id=197
http://kaken.nii.ac.jp/d/r/50586849.ja.html

「井戸川町長(当時)から,健康管理に関する助言者を依頼され,主に双葉町が実施する町民向けの内部被ばくの測定と健康調査について,アドバイザーとして協力してきた。」
「岡山大学大学院環境生命科学研究科の津田敏秀氏,頼藤貴志氏,広島大学医学部の鹿嶋小緒里氏と共同で,双葉町の町民の健康状態を把握するための疫学調査を実施した。」・・という記述に読む気が失せましたが、真面目に読んでもツッコミどころ満載です。
福島の市民測定所や小出尊師も登場するので、美味しんぼ鼻血デマの黒幕はこのグループではないかと思い始めました。

私が考えるスピリッツの裏はこんな感じです。
「雁屋先生は人気が落ちてきたくせに原稿料が高いんだよ」
「こっちの意見も聞かないし」
「福島の真実なんてマジヤバだけど、出さなきゃ”もう小学館とは仕事をしない!”とか怒るんだろうな」
「いっそ掲載して炎上しちゃえば連載を切れるんじゃないの?炎上の間は部数が伸びるし」
「イっちゃっているヤツらは正義の漫画雑誌とか言ってくれるし、どっちに転んでも美味しいわ〜」
「これぞ”美味しんぼ”か!」
自分が編集者ならそんな気分になるかな・・と。

発売前にどのような議論があったのかを、編集部の皆さんに実名で語って戴く必要があると思います。

おはようございます

さわやかな天気です。

ポールやアスカにかき消されることなく
朝のニュースで鼻血漫画が取り上げられていたので
軽く驚き。

カタカナの効能について感じたのは
スポーツ紙では「鼻血漫画(とは書いてませんが)を掲載したワケ」と
「ワケ」扱いになっていて

そこからもうすでに
世の中からはどんな扱いか伝わってきました。

リョーロンヘーキのあちらサイドメンバーを知った時点で
「言葉遊び・読むのは無駄」と思いました。

私は「ワケなど聞かん」「間違えたと言って謝れ派」なんですが
「間違えた」の内容に・「うっかり・そんなつもりはない・知らなかった」
を含ませるつもりはありません。

どこから突っ込んでいいのかわからないほど
壮大なスケールで間違ってる書き込みが
たまにこちらにもありますが(壮大な割に3行ぐらい)

「全面的に・人として・その他いろいろ」間違ってましたと
謝罪してほしいけど・してもらっても許さない。

土下座されても腕を汲んで見下ろし
冷たく見降ろす・・・。

そうしたい感じなんだけどなあ。


頼まれてもいないのに
編集部が環境省にゲラ送って
アリバイ作りを画策したでしょう?

送られた方は困惑して
「頼んでもいないし・なんの指導もしてない」って
即座に扉を閉めましたが。

受け取っちゃったら
「リョーロンへ―キの内容は国のお墨付きだ!」
って利用されちゃうもん。

お役所は受け取らないでしょう
もちろん何の指導もしない(にやにや)。


何を言ってあげても・もう発売しちゃったのね・・・。
いろいろと残念でしたね。

ああ・・・

二回も見降ろしちゃったなあ・・・。

No title

>bloomさん

社会思想・社会科学は疑似科学なので、科学を装った怪しげな論文に引っかかっちゃうんですよね。
スピリッツの裏には笑いました。本当にこんなものかもしれません。

野犬じゃなくて

隣家の犬とも聞きました。

ニュース番組でも「福島県出身です。(カリー氏に対して)よく言ってくれた、という気持ち。」とかいうツィートが採用されちゃうと、ちょっとそういう(隣の犬にかまれる)感じ。

民友に井戸川さん(隣の犬?)のインタビュー記事が出ていましたね・・・。
吠えるのは勝手ですが(うるさいけど)噛みつかれると厄介ですねぇ。

No title

糸井重里さんの意見がとても冷静で良いですね。

原発擁護でもなく反原発でもない
冷静な判断ができる完全に独立した第三者機関があれば
多くの人が安心できるようになるのになぁって思いました。

そんなモノができるとはあまり思えないですけどね。



>なおみさん、福島の医師さん
前の記事のコメントにおくればせながらレスしました。

NHKニュースで

「鼻血美味しんぼ最終話」が発売された事をお昼のNHKニュースでやりましたが、今晩9時からのNHKニュースウォッチ9でも詳しく取り上げられるようです。
キャスターの方がどういう意見を述べるのか、それに注目したいと思います。

No title

>bloomさん
熊本学園大学中地氏の「論文」、数日前から話題になってましたね~。

ええと、こちらのまとめの「コメント欄」も参考になるかと思います。

http://togetter.com/li/667009

「双葉町でやっぱり鼻血増えてんじゃねーかヒャッハー」って人達が踊ってますけど、コメント欄読む限りでは「データが出ていないから役に立つかい!」って事みたいですね~。(こんな論文…まがい…をよく読まれました。ご苦労様です)

今後「踊る鼻血屋」さんたちがドヤ顔で持ち出しそうですから、要チェックかもしれません(ご指摘ありがとうございます)。



今週の「鼻血マンガ」まだ読んでませんけど、大体福島の医師さんの予想通りだったみたいですね~。座布団三枚です。(あるいは鐘3つ)
鼻血マンガは「どうにか福島での生活ができている」放射能コワイの人たちには間違いなく悪い影響がありますね(わりと身近にこの問題で吹き上がった人がいる)。
特に「3年間あまり勉強しないで、新聞やテレビでしか情報収集しない」人たちには。
(勉強不足の人に「経済上の理由で避難したくてもできない人たちがいっぱいいるだろ!」…とか言われても。う~ん、そういう人もいるでしょうけど、ごく少数じゃないかな、って思います)

この人は鼻血マンガ実は読んでいないんですけど(報道で知っただけ)、いみじくも今日の「最終話」と同じ結論に至ったのはちょっと興味深いです。…たぶん彼らの思考で到達する一種の妥協点なのかもしれません。

>tariさん
別エントリでおっしゃってましたが、ネコさんのブログは勉強になるでしょ(笑顔)。
私はどれだけお役にたてるかわかんないですけど、(くだらない話題も交えながら)一緒に勉強していきましょうね。

本当は放射能の知識から科学的、合理的判断をするのが一番いいんですが、玉石混淆の情報のなかからキチンと知識を身に付けるのはなかなか難しいですよね。
その意味では糸井さんのメソッドは「デマ情報のフィルタリング」に有効だと思います。

(参考)
http://togetter.com/li/219545

私が付け加えるなら、「より差別的じゃない方を選びます」を入れたいところでですね。(風評被害は実は偏見、差別といった問題を内包していると私は思いますので…)

例えば(随分以前に議論がされていたんですが)、福島をカタカナ表記しているような人の情報は、とりあえずスルーしておいても構わないかと思います。

No title

とりあえずここから特集記事のみ読めるようです。

http://spi-net.jp/spi20140519/index.html


コメントとレスはまた後程

No title

>福島の医師さん

青木理のコメント読みました、こんなバカだったんですね。数年前から危惧してましたが。そもそも編集部は何で彼からコメントを取ったのでしょう。某右翼雑誌で安倍ちゃんのことを「つくづく人を見る目がない首相」と書いてますけど、徳田の提灯ルポ書いてた自分のことはどうなるんでしょう。

No title

>また言わなくてはならなくなった。ぼくは、じぶんが参考にする意見としては、「よりスキャンダラスでないほう」を選びます。「より脅かしてないほう」を選びます。「より正義を語らないほう」を選びます。「より失礼でないほう」を選びます。そして「よりユーモアのあるほう」を選びます。

糸井重里氏のこの発言は意味深いものが有ると思います。
日本を代表するコピーライターである彼は、「どんな言葉はインパクトがあり、より人をひきつけやすいか」を知り尽くしているはずです。
その彼が選ぶ意見は「耳障りのいい言葉、インパクトのある言葉」による扇動から自分を守る適切な手段だなぁと、その言葉を読んで感心した次第です。

ナチスのゲッペルスの演説などによる人心掌握術の研究でもその点は指摘されているわけで、まさに、「インパクトは金になる」「危険は金になる」の典型なのでしょうね。

今でも山下先生の事を考えると涙が出てくる

本当によくぞ来て下さったと思います。
鼻血マンガ騒動で悔し涙やら、感謝の涙やらよー出る。

安積の白猫さん
あざがのじろでこさーん(涙と鼻水でぐちょぐちょ)前のスレから走って来た。ありがと、ありがと(もぐもぐ)
はたけんぼで探してしまいそう。

民友GJ
    ☆引用☆
神戸市で1997(平成9)年に起きた連続児童殺傷事件で、次男=当時(11)=を当時14歳の少年に殺害された同市の医師土師(はせ)守さん(58)は18日、震災と原発事故で被災した南相馬市などを訪ね、復興が遅々として進んでいない被災地の現状に直接触れた。

原発事故被災者の思いを、事件で最愛の息子を亡くした被害者遺族として生きてきた自身の経験と重ねて「張り詰めた気持ちを少し緩めることも大切。気持ちの余裕は支え合いにつながっていく」と語った。

    ☆引用終わり☆ 
土師(はせ)守さんは放射線医ですね。

No title

はじめまして。

ざっと読んだのですが、気分が悪いです。

「福島人が被曝でがん死すれば、原発全廃が実現できる!」という発想が気持ち悪いのです。そんなことを表明している人に会ったことはありません。ブログ主さんはどうなのでしょう。あなたの頭の中からそのような発想がでてきたのでしょうか。不特定多数の人の死を願うなんて、ほんとうに気持ち悪いです。

それと、
言論封殺についてのダブルスタンダードについて書いていますが、2度誤るより1度だけ誤る方がましと考えるのが当然ではないでしょうか。
毎日新聞や朝日新聞への偏見とか恨みとか馬鹿にする気持ちから、「お前ら一度間違えたんだから、次も間違えろよ」という主張をしたいように見えます。

引っ越し代をスピリッツに

腹が立つ結論だなあ
・・・両論併記といいつつ、なんだこの左翼バイアスは! 
引用文献が、大阪おかんの会じゃ、STAP細胞より信用できないでしょ。雄山もSTAPなみの信頼度

みんなで小学館に引っ越し費用の請求書でも送りますか
引っ越す自由をって言ってるんだから
良心派のふりをして左翼の運動をしようとする偽善者が一番腹が立つ

ああ、もう

夕方のFCTのニュース全国版の方で井戸川さんの鼻血ティッシュが。
NHKでは本人が見せようとしたけど使わない理性がありましたけど、また持ち歩いてんのか!いい加減にしてほしいです。

さて、NHK正午のニュースで流れた福島駅前での街頭インタビュー、全国版と福島版では人は同じでも使われたところが違いました。
はまなかあいづとニュースウォッチ9はほぼ同じもの。(郡山市の母親グループは9だけ)
部分的に使われた女性はどう思っているだろうか。

風化が気になって新たに問題提起したのであれば、福島県内でなく、全国の人の意見を聞きたいですが?
なぜ、新橋とか渋谷でインタビュー録ってこないの?

少数意見の声が届きにくいって、ほんとなの?
鼻血でたり、血を吐いたりしていませんから、と真実を言う(反論する)と言論弾圧と言われるのはなぜ?

ところで、美味しんぼっていつからノンフィクションになったんでしょう?
「この物語はフィクションであり、実在する人物や団体とは一切関係ありません。」ってお断りは勿論入らないんですね?

フーーーーッ

背中としっぽの毛が逆立って直らん!(--#)

懸念が現実に

前の記事で地方紙の鼻血マンガ絡みの社説に注意、と書きましたが、
早速やっちまったなーな紙がありました。

ttp://www.iwate-np.co.jp/ronsetu/y2014/m05/r0517.htm
はて、大阪のガレキの件の部分でけなされたのはどこの県だったか?
それについて岩手県庁も反論していたが、それは無かったことにしたいとでも?
かつて岩手県に住んでいたので、この紙は知っていますが、
その時は毒にも薬にもならない論説ばっから書いてました。
それが3.11を経て、急激に左傾化した結果がこれです。

ttp://www.kanaloco.jp/article/71507/cms_id/81346
ttp://www.kobe-np.co.jp/column/shasetsu/201405/0006960489.shtml
上二つは典型的な電力消費地のエゴ丸出し。

明日以降この手のが増えてきそうですが、
SNSがある以上、一つ一つ紹介して、ピンボケなものには
「貴様は裸の王様だ!」とやっていくしかありません。

NEWS23にいちえふ

今やってましたTBS「NEWS23」で、「美味しんぼ」と併せて竜田一人さんのインタビューも放送されました。
今回のニュース報道では、原発事故後の「情報提供のあり方」について、踏み込んだ内容となってました。
録画しましたので、今回の騒動のニュース報道について、いずれまとめようと思います。

鼻血は両論併記?

政治的な意見や科学的な定説がない意見を、マスコミが報道する場合では両論併記が原則とされるようです。
なので、NHKのニュース9をみても両論を取り上げますが、やはり論点はズレています。
問題は鼻血と低放射線被ばくの因果関係があるかどうかということであり、意見の多様性を守るというのは別の問題です。
マスコミのサイエンスリテラシーは原爆症認知が問題になった昭和20年代から進歩していない、あるいは変えられないのだと思います。

広島、長崎の原爆、チェルノブイリの原発事故以降何十年にも及ぶ調査で、鼻血と被ばくの因果関係は解明されています。国連やWHOの調査報告と単なる仮説をいつまでマスコミは両論併記するつもりなのでしょう。

環境省は問題の本質を理解したようで、最初に福島で被ばくと鼻血に関する因果関係はないとコメントしました。環境省のコメントを根拠に福島県などの地方自治体は小学館に抗議することができたわけです。

被ばくに関する不安が言えなくなるのではないかという論点もあります。以前は放射線量に基づき科学的な知見が言いえなかった状況から、国の内外からの調査結果などにより、一般人の放射線に関する科学的な知識も向上したわけで、非理論的に不安を訴える人が少数派になったということでしょう。そういう人たちにはリスクコミュニケーションが必要なわけで、国も情報発信の在り方について見直すといっているので、なにか対策は打つと思います。(今後要チェックですが)

リスクコミュニケーションは最後には政策に結びつくので、国に対する信頼感=政府支持率が高くないと効果が上がりません。いつ沈むかわからない菅内閣では、内閣官房参与が逃げ出したわけですから。

報道と言論

産経新聞は言論として、しっかり記事にしてくれました。

―「美味しんぼ」“鼻血は被曝”を検証 漫画のような事実はあるのか― 産経新聞 5月20日

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140520-00000504-san-life

No title

>2014-05-19(21:56) :さん

はじめまして。

>福島人が被曝でがん死すれば、原発全廃が実現できる!という発想・・・あなたの頭の中からそのような発想がでてきたのでしょうか?

ワタシの頭の中からでてきた発想は、ちょっと違います。

「福島には人間が住めない、等と言う『反原発』は、福島人が被曝でがん死すれば、原発全廃が実現できる!と思っている」が、ワタシの頭の中から出てきた発想です。「不特定多数の人の死を願うなんて、ほんとうに気持ち悪いです」にハゲシク同意です。福島の住人として、原発廃止のために福島の被害を大きく見せたいという人たちに、もう何年も怒りを感じています。

>「毎日新聞や朝日新聞への偏見とか恨みとか馬鹿にする気持ち」
勿論大いにあります。大嫌いです。「マスゴミ」は気が付いたらこのブログで一番多いカテゴリーになりました。ただし毎日新聞の論説委員である斗ヶ沢秀俊さん等、「例外」はいます。斗ヶ沢さんは福島支局長として、福島に数年住んでいらっしゃった「元福島人」ですから、福島人の気持ちと立場がよくわかるのだと思います。

>「お前ら一度間違えたんだから、次も間違えろよ」という主張をしたいように見えます。

ワタシは、以下のような見方です。

山下氏の場合、あなたの解釈の通り「間違った」わけです。従って「美味しんぼ」について「言論の自由」という普遍的な価値を持ち出して擁護するならば、その前、あるいは同時に、「山下氏の告発、告訴等の場合、我々○○新聞(今回はNHK、TV等も怪しいですね、長くなるので書かなかったのですが)は、言論の自由への圧力だとしなかった。これは間違いだった、山下氏に対して申し訳なかった。その上で「美味しんぼ」は言論の自由の観点から見れば・・・」等と書くべき、と思っています。(とりあえず専門家の多くが否定する「低線量被ばくで鼻血が出る」説を広めることが、言論機関が「言論の自由」で擁護するべきことなのかは、別の問題だとして)

不安です

原発事故後、こちらを拝見させていただいている福島の隣県在中の者です。

福島県での甲状腺がんを発症した方が50人となったそうですが、この数字は異常な数ではないのでしょうか。
検査精度があがった、調査規模が過去とは違い多い…等の理由から原発由来ではない。との見解を見て、私も無理やりそれで納得していましたが、あまりにも多いのではないかと…

精度があがったからと言いましても、それは早期発見に繋がるだけで、がんが自然に治る事は考えられない為、発症率からいえばかなり高くないでしょうか。

鼻血うんぬんはおかしいとは思いますが、甲状腺がんに関しましては子供をもつ親としては本当に不安です。

ブログ主様、他の方から今後安心させていただける情報をお聞かせいただければ幸いです。

私も調べましたが、調べれば調べるほど不安になるような事ばかりで…

よろしくお願いいたします。
レス違いで大変申し訳ありません。

No title

あさみさん、こんにちは。

親御さんとしての不安、わかります。

でも、ちょっと待ってくださいね。

>甲状腺がんを発症した方が50人

正確に述べると、「甲状腺がんが発見された方が50人」ですね。


甲状腺癌は20代後半から増えてくるといわれていますが、
自分で気付いたり周囲に指摘されたりして受診されるときのものは、かなり大きくなっています。2cm、3cm、4cmなんてのもざらです。
小さな時に偶々発見されて経過観察していても、大部分のものは増殖がゆっくりであることもわかっています。
もちろん個人個人で同一ではなくすべて同じように成長するとはいえませんが、大部分のものは何年もかけて大きくなるだろうと推察されます。
そういう知見の積み重ねから、今福島でスクリーニングにより見つかっているものは、この先20代もしかすると30代になって発症するはずだったものも前倒しで小さいうちに見つかっている可能性が高いです。

福島での一次検診と二次検診にはタイムラグもありますから、その間に大きさの変化がどうだったか等のデータは当然検討されていると思いますし、まだ事故後3年で、しかも線量の高かった地域と低かった地域で発見率に差がないとなれば、事故による影響と考える方が無理があるように思います。


私は関西在住で子供が居ますが、この子達の甲状腺を検査したとして所見が無いとは限らないよなあ、とつくづく思いました。見えていないことは無いと思いがちですが、もしかするとあるのかも知れないですよね。

でも、ほかのすべてのリスクと同様に、注意しつつも気にしすぎない、それが一番ではないでしょうか。

あまり参考にならないかもしれませんけれど。。。

No title

信夫山ネコさま

丁寧に返信いただきありがとうございます。
序文にショックをうけて、ついコメントを書いてしまいました。
被害を大きくみせたい、みせることでメリットのある連中がいるということは理解出来ました。

謝罪してから、主張せよとのこともよく分かりました。
間違えたことを認めるということがすごく重要であると考えているので、確かに同意できました。特に行政とか大企業とか大きな組織って、誤りを認めたがらないものですよね。

あさみさん

No title

>あさみさん
甲状腺がんのお話、不安に思う人はいるでしょうね。
きっと、「原発事故による放射線由来ではない」ということはわかっていらっしゃるでしょうけど、それでも甲状腺検査の結果が発表される度に不安を感じてしまうんでしょうね。

既にYTTさんがご説明していますが、甲状腺がんは一般的に非常に穏やかながんで、お亡くなりになるまで気付かずに過ごす人も多いと聞きます。

同じ情報を見ても、不安に思う人はネガティブな部分だけをピックアップしてとらえがちです。
例えばチェルノブイリでは甲状腺がんの増加は認められましたが、全部の子どもが罹患した訳ではありませんよね。そのチェルノブイリに比べれば福島での甲状腺への被曝量は数百分の1程度にすぎません。
(参考)
http://www47.atwiki.jp/info_fukushima/m/pages/255.html?guid=on
>チェルノブイリの未就学児半数が1Sv(1000mSv)以上。中には10Sv(10,000mSv) それに対して 飯館などの地域の99%は30mSv以下。 ※線量はいずれも等価線量

こういった側面から見ても、福島での甲状腺への影響というものはかなり大きく見積もっても「極めて小さい」。あえて分かりやすく言えば「今出ている甲状腺がんとは関係ない(たぶん今後も)」と言ってもいいでしょう。

一度落ち着いて、ちょっと俯瞰して情報に接してみたらいかがでしょう?
現状福島では「放射線」より「ストレス」の方がよっぽど体に悪いですから。

>2014-05-19(21:56)さん

ご理解いただき、ありがとうございます。もう蛇足なのですが、

>そんなことを表明している人に会ったことはありません。
についてですが、こちら現地では結構あります。

中手聖一氏のゼロ歳児を抜かして「原発事故後福島で子どもの死亡増加」と主張した、恣意的「統計」については、
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-88.html
しかもこの「統計」は、今は削除で逃げているという有り様なので、
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-164.html
にスクリーンショットを貼っておきました。

また郡山高校の生徒の白血病を、何が何でも「被ばく原因」にして拡散する連中の醜態、それに対する後輩女子高生の見事な反撃はコチラです。
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-162.html

これらは私たちが日常的に受けている「攻撃」の、氷山の一角でしかなく、例えばこのブログに来た匿名コメントの一つ、

「震災当初は津波ボランティアに明け暮れていたからそれはそれでとてもキツいものがありました。気づけば反原発グループにがんじがらめ。そして中通りバッシングが日々の暮らしの中で聞かない日は無く…大事な家族が中通りの一番線量の高い場所におり、私がノイローゼになりました。いわきの「○○○○」という反原発おばちゃんから「郡山の子供に病気になってもらわないと困る」と耳打ちされてから???と思い始めました。東京新聞の「郡山の子供一斉鼻血」新聞も見せられ。ムキになって毎週、除染に明け暮れて一年以上。除染もしちゃだめ!とよく言われました。 」

この方はいわきにお住まいで、息子さんか娘さん夫婦とお孫さんが、郡山に住んでいるのです。去年の2月でした。気持ちが痛いほど伝わって来ました。文中の「反原発おばちゃん」は、朝日、毎日新聞にもしばしば「いわきのママ」として掲載される、「反原発市民団体」の人です。自分はジャーナリストでも知識人でもありませんが、これは「福島の真実」と確信しています。

No title

皆さんのリクエストにお応えしたのか、ラブキュリつかの間の復活!(笑)

http://twitter.com/hideki6809/status/468376904366432257

お母さん、僕のラブキュリ、何処へ行ったんでしょうね?
(会社で回し読みしたら行方不明になっちった)

IKA さん

>僕のラブキュリ

もう一冊買いましょうという
ありがたいお告げだと思います。

>ラブキュリ

こちらもありがたいなあ(笑)。

スピリッツのシナリオ

識者および編集部の「見解」を読みましたが、たいへん不愉快な気持ちになりました。「美味しんぼ」本編以上に、風評被害、福島差別を煽る内容であると感じます。

有耶無耶のもやもやゾーンに「不時着」、カタチだけ「反省」して保身を図り、幕を引くつもりと見ていましたが、蓋を開けてみれば、「反省」どころか、新たな攻撃を仕掛けています。しかも、当初からのシナリオ通りに事を運んで、ほくそえんでいるのではないだろうか、という印象です。

気になった点は、枚挙に暇もないほどですが・・

識者のうち、まともな・・(糸井さんのメソッドで見分けた場合)・・人は、安斎氏、玄侑氏、野口氏、蜂須賀氏の4人だけ。反原発軍からは、小出氏、崎山氏、津田氏、野呂氏、肥田氏、矢ケ崎氏、山田氏、青木氏の8人。実に倍! 衆寡敵せずの図。
(ただし、山田氏は、福岡の鼻血調査結果を書かれていて、有難いですが・・)
 
普通の「両論併記」は、同数程度とするでしょうが、二倍で、しかも、トンデモさん総動員。これを読むと、「福島には住めない」が、識者の大勢を占める意見だと思ってしまう。

川内村村長、大阪府市、福島県、双葉町の抗議文を載せたことで、「美味しんぼ擁護派と批判派を同数掲載しましたよ」という姑息な帳尻合わせ。
順序も、はじめのうちに穏健派を並べておいて、後からセンセーショナルなものを並べ、だんだんと不安を増幅させる仕組み。
そして、最後の青木氏で、「問題の本質は福島原発事故にあり!」、「表現だけを批判するのは、ただの言葉狩り」と編集部の本音を代弁。論点をずらし、批判をかわす。

「美味しんぼ」は、撒き餌のようなもの。鼻血漫画で耳目を集めておいたうえで、謝ると見せかけて、さらなる一撃。小戦闘を起こしておいて、謝罪するので城門を開けてほしいと要請し、本部隊がどやどやとやってきて、狼藉三昧。しかも「言論封殺反対!」の空気を作り出しておいたうえで、今回はHP公開。

小出氏や崎山氏などは、このところ潜伏気味だったわけで、それがにわかに活気づき、ここぞとばかりに鼻血と疲労感以外の「健康被害」の可能性を指摘している。しかし、考えてみると、漫画本編には「福島には人は住めない」というセリフがある。更なる炎上必至であるため、このセリフが出たときには奇異に感じたが、「見解」への布石だったようだ。
「検証」として、ペカトウやら何やら危険煽り系の「論文」や自らの信条を堂々と持ち出せるのだから・・。

対して、穏健派の人たちの見解は、穏当すぎて、「単なる通説の繰り返し」という印象を受けやすい。まして、後から後から「解明されていない」、「十分な知見がない」などと、覆す内容が語られる。

以上のように考えた挙句の結論。
「美味しんぼ」は前座に過ぎず、周到な準備のうえで、真打の「見解」まで、シナリオ通りに運んでいったのではないか。 
今回の人選も含めて、黒幕が蠢いているように思いました。

No title

「福島人が被曝でがん死すれば」ってお話、確かに公言する人は居ないでしょうが、福島の人たちは(一部の人の妄想のなかで)既に被曝によって沢山殺されて(?)いますね。

ネコさんのエントリにもある葬式デモ

http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-category-15.html

なんてのは福島の子どものお葬式勝手にあげられましたし。

他にも福島の地元紙のお悔やみ欄から亡くなった人を数えてる輩もいますし。

http://togetter.com/li/614983

亡くなった訳ではないですが、先天的な障がいを持つ子どもが生まれた、なんて話を「お待たせしました!スクープです!」なんてジャーナリストに言われちゃうし

http://togetter.com/li/222973

有名人が亡くなると「福島で○○してた」「福島のもの食べてた」なんて言われ続けて。
こんな例はこの3年間枚挙に暇がないほどあって。
ここまで言われたら「公言はしなくても、福島人が死んだり不幸な目にあって欲しいんじゃないか、願望の現れなんじゃないか」って思うのは普通じゃないかな、って思うんですよね。

ピンボケは続くよ

ttp://www.hokkaido-np.co.jp/news/editorial/540267.html
『北のアカ新聞』本日も平常運転(棒)。
むしろ、ここで鼻血マンガ叩きされた方がかえって気持ち悪いw

ttp://www.shinmai.co.jp/news/20140520/KT140519ET090002000.php
はて、この紙のオーナー一族から自民党国会議員を出しているはずだが?
まあ、県紙とやらがこんな調子で甘やかしているから、
菅谷某みたいなポンコツ首長が出るのだ、としておきます。

ちょっとちょっとちょっと

安積の白猫さん
もー、もー、さばとらも、背中としっぽの毛が逆立って直らん!状態です!

知ってました?日本消費者連盟ってleftだって。
日本消費者連盟
「美味しんぼ」言論抑圧への抗議アクションにご協力を
ふくしま集団疎開裁判の会が福島県知事に抗議文を発しました。
http://nishoren.net/safety/6778

    ☆引用☆
「美味しんぼ」で表現された、「福島の真実」に関する控え目と言ってよいような見解を、頭ごなしに根拠のない噂=風評と決め付け、葬り去ろうとする排除の姿勢は、多様な見解の共存を前提とする民主主義の根幹を否定するものとして、ふくしま集団疎開裁判の会が抗議アクションを始めています。
    ☆引用終わり☆

知らんかった知らんかった。「福島集団疎開裁判の会」ではっきりしましたね。


総選挙で騒動を起こした滋賀県の知事 嘉田氏。
こんな事を言っています。


嘉田知事が「美味しんぼ」作者を擁護 「本質的な問題提起をしている」

2014.5.20 12:59
http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/140520/wlf14052012590014-n1.htm
滋賀県の嘉田由紀子知事は20日の記者会見で東京電力福島第1原発事故による健康影響の描写などで漫画「美味しんぼ」が議論を呼んだことに関し、作者を擁護した。「個別の一部の表現だけをあげつらうのは、いかがなものか」と述べた。

 嘉田氏は「鼻血の問題や低線量被ばくは、まだ科学的にも医学的にも証明されていない。人類として、特に低線量被ばくのデータを持てていない」と強調。「自然が元気でなかったら食は成り立たない。(作者は)本質的な問題提起をしている」と話した。


嘉田氏の事は総選挙で「日本未来の党」党首として遊説していたのですが第一声として選んだのが飯舘村。

原発ゼロ社会目指す 未来・嘉田氏〈党首第一声〉
http://www.asahi.com/senkyo/sousenkyo46/news/TKY201212040380.html

第一声をあげる日本未来の党の嘉田由紀子代表=4日午前、福島県飯舘村

全村避難で誰もいない村で第一声を挙げたのですもの、自分の思想の為福島県を利用したんです、大嫌いになりました。

No title

陰謀論とレッテル張りは好きではないですが、今回の件では周到なシナリオが練られた感じがします。

雁屋氏サイドとしては、理由のない鼻血や倦怠感がマスコミによって両論併記されればある程度の目標が達成されたともいえるのかもしれません。
マスコミが報道で両論を取り上げざるを得ないことを見透かしての上のこととも思えます。
なんせ『プルメテウスの罠』の如く、マスコミ自身が両論併記を口実に、正義の味方のように不安を煽る記事やテレビ番組を作ってきたわけですから。

ご丁寧に印刷前のゲラまで環境省に送っており、特集記事が発行停止になった場合は、国の検閲だとして騒ぐためのトラップだったとも思えます。
休載も国からの弾圧があったことを示唆したかったのでしょうが、さすがにほとんどのマスコミも休載が当初の予定通りであったことを報道しましたが。

スピリッツ一誌の話であれば、編集長の自爆とも思えますが、小学館を巻き込んだのですから相当大きな力が蠢いているように思います。

「大きな力」とか「黒幕」なんていない

ただただいやしい人たちがいるだけです。

抽象から具体におろしましょう。

もしかしたら
ああかもしれない・こうかもしれないなんて
考えさせられちゃったら相手の思うつぼですよ。

黒幕や大きな力が本当にあったとしたら
私のごはんの献立にも邪魔が入ると思います。

国のトップが
「いわれなき風評被害」って言ったんだから
その一言に尽きる。


ここ数日考えていることを
まとまりなく書きます。

長いお付き合いの方は
なおみがまた同じこと言ってんなと思って許してね。


医者だろうが大学教授だろうが
裸にしてじゅらくの花桃の湯につけてごらんなさい。
「あの人が黒幕かもしれないわよ」なんて言っても滑稽なだけです。

どんな肩書の人が言ったから重みがある
ってのは違います。

何を言ってるかだけに絞って聞いたら
何をやっているかだけをよく見たら
どんだけ数を集めようと影響なしです。

「差別」については私も書きましたが
その問題を抽象から具体におろしたら
人の心は事故前と何一つ変わっていませんよ。

差別されるかも?なんて考える前に
誰の人生にも
ねばならないことなんてありません。

何かにとらわれてる人が
「普通」からみ出た人を裁くし
裁かれるかもしれない自分を恐れるんです。

結婚はしてもしなくてもいい。
子どもだって産んでも産まなくてもいい。
何だって自由です。

「~のせいで~ができなくなるかもしれない」
なんて考えるな。


人とおつきあいをする時に
その人の出身や仕事や学歴やお金や家族や・・・そういったことを
確認してから仲良くなりますか。

「なんだそんなこと」と思うようなことを
本人が言い出せずに悩んでいることがほとんどだと思います。

好きになった人が悩んでいることは
一緒に・真剣に考えて・勉強して
それが根拠のないことであればクリアでしょ。

私はそうだな。
私が好きになるのはその人の生き方や考え方だもん。

そんなことで判断する人と
仲良くなりたいと思ってしがみついてしまう
「自分」を考えてみれば

具体的な・自分が被るかもしれない差別なんて
自分がコントロールできます。

鼻血のことはくだらなさ過ぎて
そんなことを信じる人が
私の周りにいるとも思えませんが

万が一・そういうことがあった時に
きちんと説明できるだけの能力が
多くの福島の人たちにはあるはずです。

「嫌なこと言わないで~」なんて弱いままでいたら
他人の善意やお気持ちにすがるような態度でいたら

いつまでもやられっぞ。


私が東京から福島に来たばっかりの時に
あまりのあけすけな・むき出しの発言に
驚いたことが少なからずありました。

それは障害者に対する差別的な発言でした。

それは地域性なのか
私が仕事をやめたから聞かせてもらえたのか
判断がつきかねますが

(たとえば公安関係者とわかってて
 反社会的活動ってサイコーっすよね!とは話しかけないでしょ)。


今まで私に見えていた社会は
建前の部分だったのか。

世の中ってこんなもんなのか。

でもそれはそれで面白いなと思っていました。

人の心は大きく変わりません。
鼻血漫画くらいでいつまでも揺さぶられたら駄目ですよ。

興味本位の人たちは
あっという間に忘れて消えます。

他にあれこれ

>井戸川さん(隣の犬?)

県に公開質問状を出したとか聞きました。
どんな取り扱いをされるのか興味あります。


>両論併記

トンデモは何人集めてもトンデモ。


それにしても大和田秀樹先生は偉大だ!

ラブキュリは正しい漫画(変な言い方!)
表現の自由を体現した作品だと思います。

言い訳もグダグダなリョーロンへ―キも一切必要としない。
すっごく面白くてげらげら笑ったよ。

鼻血漫画セオリーを無視して
「本物」は先に出てしまっていたのだな。ふふふ。


生協が全国の外部被ばく調査したでしょ?
100人くらいだったかな。

調査としてはちょっと数が少ないかもしれないけど
ありがたいことですね。
協力してくださった方・ありがとうございます。

福島は他の地域と全然変わらなかったですよ。

当たり前のことでもこうやって
念押しのデータを出していかなきゃいけないなんてね~。

今までやってきたことを
これからも続けていくだけですね。

たまにみんなで楽しいことをしながらね♪
雨だけど買い物に行ってくるよ。

No title

>トンデモは何人集めてもトンデモ。

いやあ、男前ですね、なおみさん。
小学館の特集記事のあっち側の面子をみれば、バイアスがかかった反原発のプロパガンダであることは多くの人たちが感じることでしょう。

さて、朝日新聞の記事から。
=美味しんぼ騒動、県内記者はこう見た=
http://www.asahi.com/articles/CMTW1405190700003.html

「ただし、鼻血が出るのは高線量の被曝の場合だけ。福島県では被曝の直接的な影響では鼻血は出ないと考える」

さすがに鼻血は否定しましたね。

「 政府や専門家は、まず県民の信頼回復に取り組むべきだ。信頼なしには、どんな言葉も届かない。」
おまえが言うか、大岩ゆり記者。

「問われているのは長期低線量被曝の健康影響の解明だ。高線量の急性障害ばかりをことさら説明して議論を混乱させている「専門家」にも気をつけたい。」
これもお前がいうか、本田雅和記者。長期低線量被曝がかりをことさら説明して議論を混乱させている「専門家」を動員した加害性は朝日新聞にこそある。

ovalさん・ありがとうございました

コメント欄の流れから
ovaさんの最後の文を否定したような形になりましたが

違いますから。

たまたま矢面に立たされたというか
なおみの暴言にさらされたというか・・・
受けた形にさせちゃってごめんね。l


そうそう。これです。
>=美味しんぼ騒動、県内記者はこう見た=

一日遅れの朝日新聞を
今さっき読みました。

署名記事(っていうのかな?これ)だから
記者の皆さんってば
勇気ある発言だなと思いました。

・・・私が言うことはだいたい嫌味が入ってます。

>「県、専門家を派遣し調査を」
>双葉前町長、美味しんぼ問題で

これはさっき書いた公開質問状の件でした。
記事になってたんですね。

雑誌はよく売れたみたいですね。

清水先生のコメントも載ってますから
詳しくはみなさんお読みになられたらいいですね。


>「美味しんぼ」議論のワケは
>福島 放射能めぐる描写が問題化
>風評被害 根底にあるのは不安
>科学性 否定だけでは不十分

って記事も興味深かったですよ。

その記事の中で
私がひどいなと思ったのは

>安全だとされながら被害の出る例も繰り返し起きてきた。それが「風評被害」です。

というコメント。


>売り切れ店舗続出

これは

>=美味しんぼ騒動、県内記者はこう見た=

の隣に再度大きく載せられていた記事。
広告の「女性自身」も酷そうだな~。


三面記事からさかのぼってきましたが

これらの記事が載っていた日の
朝日の一面は

>「政府事故調の『吉田調書』入手」
>全資料公開すべきだ
>葬られた命令違反

・・・新聞ってnewsって
「新」で「new」ではないの?

いろんなものを
うまあああああく組み合わせるもんだなあ。


なんだか軍靴の音が聞こえてきましたよ。
耳鼻科行ってくっかな~。
それとも別の科がいいかな~。

おいらいろいろ嫌になってきたよ。

山に籠って
森の愉快な仲間たちと暮らしたくなってきたよ。


さっき買い物に行ったら
オクラの値段だけ書かれていなくてね

これは隠ぺい工作だなと思って

お店の人に
「このオクラはおイクラですか?」
って聞いた後に自分で恥ずかしくなって

「あらやだ~そんなつもりではなかったんです」って
言い訳したんですけどスルーされましてね・・・。

もう死んでしまいたい。


あ!どっかの准教授の話。

「僕が言ったこと・言わないでね」って頼んだのに
書かれた~!ってもめてますね(笑)。

「言わないでって言ったことも言わないでね」って
念を押さなきゃだめでしょ(くくくくく)。

賢い人たちは
あやしいマスコミ(新聞社含む)の取材は
お断りしてますよ。

言論弾圧ではなくて自主防衛です。

君子危うきに近寄らずです。

No title

「低線量被曝での影響はわかってない!(だから鼻血を否定するな!)」って人たちって、意外と多かったんですね。
その意味で鼻血マンガはいい踏み絵にはなりますか。

擁護する人で、マンガ内で説明された鼻血の機序まで言及する人は少ないみたいですね~。きっと理解出来ないんだろうな~、なんて勝手に思ってますが。まともな人はその辺の検証までやってんですが
(ぷろどおむさんによる検証…ここまでやるか?ってくらいやってます)

http://preudhomme.blog108.fc2.com/blog-entry-249.html?sp

http://preudhomme.blog108.fc2.com/blog-entry-252.html?sp

http://preudhomme.blog108.fc2.com/blog-entry-255.html?sp

思ったよりこっち方面は盛り上がりませんでしたが。

まあ、詳しい検証はできる人に任せるとして(←なげやり)、選挙で連敗重ねて自身の引退決めた某知事のように「低線量被曝の影響はわかってない」って酷い言い方で。
別の言い方をすれば「(福島程度の)低線量被曝の影響は、100年以上の研究を経ても影響が見つかっていない→そのくらい小さい」って事だと思うんですけどね。
これ、自然科学者じゃない一般人なら「影響なんかね~よ」でも構わないんじゃなかろうか、って思うです。

なんか「放射線」って聞くと「ごく最近まで研究なんかしてなかった」って思う人、多いのかな。
100年以上の歴史があって、まともな研究者(スピリッツで言う有識者では安斎先生や野口先生)が「鼻血は出ません」って言うのはその歴史踏まえて言っている訳で。
だからいくらカリーが「2年間に及ぶ(←たかが2年だろ。こっちは100年以上だぞ)」「綿密な取材(←ほんの数回だろ。こっちは3年間住んでんだよ)」なんて偉そうな事言っても、その中身なんかありゃしない、って事なんですよね。

悔しかったら「100年以上の知見をひっくり返してからもの言えや!」です。

IKAさん

>悔しかったら「100年以上の知見をひっくり返してからもの言えや!」です。

ぐははっははは!

あのね~今・思い出したんだけど

福島に住んでらしてる方で
ご先祖様を辿れば千年という方がいるのですが

「福島をフクシマと呼びたかったらなあ~千年住んでからにしろ!
 オレに断ってからだ!」

と怒ってらしたと聞いたことがあるんです。

私はその方の折々の発言が大好きでね。
頼もしいなあと思ってます。

No title

>なおみさん
あやや、すれ違いでしたか。

NEWSって、東西南北の英語の頭文字の組合せ、って話があります。(NEW…新しい、の複数形って意味もあると思いますが。要は古今東西、かな)

私なら「このオクラはおイクラ?」と聞かれたら「イクラではなくオクラです!」って答えます(笑)。
ちなみにオクラもイクラも外来語(オクラは英語で、イクラはロシア語かな)。

そんなんで恥ずかしがっていては中年オヤジはやってられません!(なんたって、空気読まずにダジャレ連発→オヤジギャグ、ですからね~)

どっかの准教授の「ナイショ」って話、やっぱ朝日ですね~。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140521-00000011-asahi-soci

まあ、取材からタイムラグあるせいもあるんだろうけど、本人じゃなくて周辺からのリークらしいんですが「鼻血よりこっちが問題」って声もありますからね。ビビったんでしょうかね。
(ちなみに本人コメントはこちらに)

http://www.yomiuri.co.jp/national/20140521-OYT1T50002.html

この准教授、動画のコメント発信はあったみたいだけど(動画はテレビのニュースでした。訂正します)、コメントは(←追加しました)テキストではあるのかな?(スピリッツ編集部コメントみたいな検索避けなのかな~)(そもそもマスコミ関係にコメント送付だけみたいです。訂正します)

マスコミ利用したろ、みたいな考えは素人は止めた方がいいんですよね。マスコミってそんな善意で動きませんから。

IKAさん

> マスコミ利用したろ、みたいな考えは素人は止めた方がいいんですよね。
>マスコミってそんな善意で動きませんから。

すんげ~いいこと言った!

こちらのブログを振り返って御覧なさいな。
素人考えで死屍累々。

太川陽介は「ルイルイ♪」ね!

・・・死んでしまいたい。

>やっぱ朝日ですね~。

あっちにもこっちにも仲間割れをしてほしいのかな。
分断は悲しいことなんじゃないのお?

No title

あ、「アラきだ」のコメント、テキストじゃないけど、文章は出してたみたいです。

http://twitter.com/teammaruyu2gou/status/468762744557031425

「生活や活動のなかから得た知見」って…「私は勉強してきませんでした」って意味なんでしょうね~。(にしても「活動」っていかにもそれっぽいんですが…)
まあ、何にも説明していないのと同じですけどね、このコメント。

No title

>IKAさん
そうそう、「葬式予報」は酷かったですね~、他にもいい「まとめ」ありがとうございます。連中の「福島人に死んでほしい~」は結構露骨にあちこちに出回ってますね。

>福大アラーキー
コメントの中身ゼロ。雁屋がこんな「載せないでくれ」と言う、腰砕けなヤツの発言を載せるしかなかった、ってのが嗤えます。こんなバカなこと言うヤツは、他にいなかったって証拠、正に「真実」ですな~(しかし「関係者」って何?)。
アラーキーは結局、「ウスミットモナイヤー」になりつつありますね。裁きの歴史は毎日進んでます。

甲状腺がん

私もあさみさん同様、3月に見たニュースから凄く気になっておったですよ。

レスのおかげで私もすっかり理解できました。
ブログ記事から「甲状腺がん」で検索してHITした記事と
コメントも凄く納得できました。
ホントに凄い記録です。
勉強になるねぇぇ。。。

>IKAさん
IKAさんのコメントも勉強になってます。
ありがとうございます。

管理ねこさんの冷静なレスにも
かなり感動しています。
ここにたどり着けてホントに良かった。

【余談】
体当たりしたネコと同じ柄のネコを飼っていたので
あのニュースはすごく嬉しかったです。

ネコさん

>「載せないでくれ」と言う、腰砕けなヤツの発言

人に聞かれたら困ることは言わない。
誰に聞かれても恥ずかしくないことだけ話す。

私は笑えない話を話す時に
いつも考えます。

「これが本人の耳に入ったらどうする?」
「私が言ってたよって言われたらどうする?」

「上等じゃい!」と思えることだけ話します。

覚悟しておけば
誰のことも恨まなくて済むしね。

みっともない自分は嫌だもの。

検査精度の過剰な上昇

あさみさん、tariさん、

もう解決はついたようなので、余計な追加ですが
現在、福島で行われている甲状腺検査は、世界でこれまで一度も行われていない精度の高いものです。

ですから、これまで見つからなかった、とんでもなく微小な病変まで見つかって、反原発運動の運動家に大喜びさせているのが実態です(彼らは福島の病気が増えると喜ぶ)

つまり、これまで歴史上、一度も行われていないほど精度が高いので、「増えている」という現象を、言い立てる人は、端的に嘘つきです。
だって、増える前の元データがないのですから

これは甲状腺だけでなく、医学の全ての分野で困っている現象でもあります。
例えば、CTが普及するまで、小さな脳梗塞は、死んで解剖するまで、誰も見たことがありませんでした。
誰も気がつかないほど、症状もなかったのです。
がん検診も、検査精度の向上で、早期ガンが見つかることが、多くなりましたが、それが本当に大きな癌になるのか、本当は誰も知りません

極端なのは、超音波で、私が医者になった直後にドップラ装置が開発され、心臓内の逆流が見えるようになりました。弁に逆流があれば、心臓弁膜症と言われて手術が考えられていた時代です。
ところが、ドップラ血流画像が開発されるようになると、精密に見ると、元気な人の八割以上に、三尖弁に逆流があると言うことがわかりました
現場は大変混乱しました
だって、八割ですよ、八割!
元気な何の症状もない人を、「あんた弁膜症で逆流がある」って、全員手術するわけにはいかないじゃないですか。

現在、三尖弁の逆流は、全く治療の必要がないとガイドラインが出ています。メルクマニュアルを添付します

むちゃくちゃ精度が高い検査をすると言うのは、こういうことです
私が言いたいのは、現在の、全員精密検査したら甲状腺に小さな癌があった・・・と、いうのは、昔の弁膜症で手術。と、言われたことと同じで、長い間には、全く心配がないことがわかると言うことが多いと言うことでした

蛇足済みません

http://merckmanuals.jp/home/%E5%BF%83%E8%87%93%E3%81%A8%E8%A1%80%E7%AE%A1%E3%81%AE%E7%97%85%E6%B0%97/%E5%BF%83%E8%87%93%E5%BC%81%E9%9A%9C%E5%AE%B3/%E4%B8%89%E5%B0%96%E5%BC%81%E9%80%86%E6%B5%81%EF%BC%88%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%9B%E3%82%93%E3%81%B9%E3%82%93%E3%81%8E%E3%82%83%E3%81%8F%E3%82%8A%E3%82%85%E3%81%86%EF%BC%89.html



恥じ入るしかありません

>皆様

あの騒ぎの渦中にいきなり顔を出して、「とにかく、大出版社がゴーサインを出したのだから、最後にそれなりの着地点が用意されているかもしれない」などと言い出したのは私ですが……いや、申し訳ありませんでした。恥じ入るしかありません。

それにしても、編集部・編集長までが極めつけの放射脳とは……さすがに、そこまでアホが揃っているとは思いませんでした。
炎上商法には違いありませんが、ひとかけらでもまともな知性があれば、あんなまねはできないはずです。
編集長のコメントも、ほとんど世間が見放した放射脳を引っ張り出してきた識者の見解とやらも、ただただ呆れるばかりです。

ただ、小学館の炎上商法大成功と思ったら、大間違いで、必ず天罰があるはずです。大出版社が表面だけ中立を装って、あんな露骨な被災者叩きをして、無事に済むわけがありません。

あとは、許せないのは例の福大の准教授とやら。騒ぎが大きくなり、怖くなって、言い訳を始めましたが、ネコさんがおっしゃる通り、言い訳になっていません。雁谷哲に利用されたのはその通りですが、早い話が自業自得。教育者としての資格なんかありません。まずは職を辞して、それから口を利くべきです。

お詫びに出てきたつもりだったのですが、気持ちはなおみさんはじめ、皆様と同じですから、つい長くなってしまいました。


最後に……一つだけ、とてもうれしかったこと。

http://plaza.rakuten.co.jp/LastEsperanzars/

変なリンクを貼りましたが、最初の画像でわかる通り、ガンダムおたくのサイトです、これ。
過去ログを探すと、その手の話題やら、テレビのレビューやらで、社会的なことはほとんどありません。

ですが、そんなオタクが猛烈に「美味しんぼ」に怒り狂い、口を極めてののしっています。「福島県民として」と言って……。

手前味噌で申し訳ないですが……こいつ、私のせがれなんです。
ああ、頼りないようでも、ちゃんとわかっていたんだなあと思いました。
やっぱり、ちょっと泣けましたね。

お時間があれば、読んでやってください。

やはり恥ずかしいので、そのうちリンクは削除するつもりです。


失礼しました。

口は堅いですから

みちのく人さん

私もすごく勉強になりました。
ありがとうございました。


シュロー男さん
>恥じ入るしかありません。

???なんで恥じ入ってるの(にこ)???

その時点で思ったことだから
何思ったっていいじゃないですか。

私なんか「あいつ許さん!」とか言ってても
お菓子もらうと「案外いい人なのかもしれないね~」って
すぐに気持ちは変わりますよ。
・・・周りがあっけにとられてますよ。

>気持ちはなおみさんはじめ、皆様と同じですから

うんうん(にこにこ)。

>ですが、そんなオタクが猛烈に「美味しんぼ」に怒り狂い、口を極めてののしっています。
>「福島県民として」と言って……。

ここまで読んですぐに
本文?を読んでみました。

「あれを読んでみて・こんな風に感じたんだなあ」

「今回・出版社は儲かったのかもしれないけど
 私は読んだ人が判断すればいいと思っているから
 こんな風に怒ってくれる人がいるなんて・嬉しいな~」

と思ったら

>こいつ、私のせがれなんです。

なんだよう~(笑)!
はじめに言えばいいのに~。

東北の若者は立派に育ってますよ。
強くて優しくてユーモアもあって。

なにより東北に限らず・オタク最強ですよ。
今回の対トンデモに関して言えば。

ずっとこちらをご覧になっていて・ご存じだと思いますが
オタクは世界を救います。

ね・オタクの自覚があるみなさん(笑)♪
きっとにやにやしながら・黙ってご覧になってますよ。


私は思ったことをなんでも話しちゃいますが
「話さないでください」と言われたことは話しません。
安心してね。

それが誠意ってもんじゃろう?

福島大学准教授

福島で仕事をし、暮らす中で、
自分なりに考え、その問題解決のための活動に取り組み、
こうした生活や活動のなかから得た知見。

あの副読本と鼻血漫画。

曲学阿世の徒ですな。
その厚顔無恥こそ
後世に永く名を残すでしょう。

No title

>信夫山ネコ様
いまや相応の知識を持った一般福島人に反発されるんで、「妄想殺人(?)」は全国が対象になった感がありますが。(汚染が広がってる、って意味もあるのかな)
まあ、それでも彼らの持っているベクトルは差別のエネルギーを不幸(極端には死)の方向に向かっていると思います。

「アラーキーだ」の関係者、あれ朝日の全国版(事件面)に出ている記事なんですが、福島版にはそれとは別に他紙同様の「コメントリリース」に基づいた記事が出てるんですよね。
個人的な推測ですが、アラーキーだ自身が相談したんですが、福島版との内容齟齬や、アラーキーだ本人からの要望で匿名扱いになって「関係者」になったのではないかと…(広い意味では本人も関係者のひとり、って感じですかね)。

>tariさん
甲状腺がんについては随分やってますからね。
知識が増えれば、それだけ不安も減っていくような気がします。
「幽霊の正体見たり枯れ尾花」ってヤツですか。
まあ、私の場合、人一倍臆病なんで「正体を知ろう」としているのかもしれませんが。(それでもいまだに「勉強にしなくてはいけない」事は多いです)

私のコメント読んでいただいて嬉しいです。
放射能の知識だけじゃなくて、福島の事象をいろんな角度から見てみると、難しい事抜きでも安心に繋がることもあるんじゃないかと思っています。(私自身が難しい事は苦手なもので…笑)

>なおみさん
アラーキーだ、きっと取材時は舞い上がっていてボロが出るような言い方をしたのかな~、なんて。(上手な記者は、そういう雰囲気作るのが上手そうな…気がしますので、取材には気をつけた方がいいかも、です)
一回出た記事に「そんなつもりじゃ…」なんて言っても大抵遅いですからね。

>みちのく人さん
医療機器の日進月歩は凄いみたいですからね~。
それに対応するお医者さんも大変だと思います。
(設備投資を迫られる病院側も、ですかね)
患者は宣伝抜きでも、「あそこの病院は新しい○○があっがら、いってくっぺ」みたいな事を口コミで知りますから。

そういや、昔ばぁちゃんが「あそこの病院はイモアライ入れたみたいだっぺ」って言ってた事がありました。
(正解はもちろんMRIですね。今じゃ珍しくないですけど…笑)

>シュロー男さん
いやいや、慎重なのは悪い事じゃないです。
私はシュロー男さんのコメントで少し冷静さを取り戻しました。戦隊ものにはクールなブルーも必要です(キリッ)。

いいblogじゃないですか~、って美味しんぼのエントリしか見れなかったですが。
私も単行本100巻近くまで持ってる人なんで、お気持ちよ~くわかりました。カリーも捕鯨とか反肉食とか、共感できる話も描いていたんですけどね。(たぶん、単に自分の食いたいもん否定されると、マトモになるんじゃないかと)

美味しんぼのかつてのファンであれば、きっとこのまとめの内容はよく理解できるはず…

http://togetter.com/li/667535
(ちょっと長いですけど)

美味しんぼって、最初は「滑稽だねぇ、フォアグラを有り難がる日本の食通は」なんていってたんですけど、結局「フォアグラ」ってブランドを「無農薬、有機栽培」ってブランドに入れ換えただけのような気がします。(私の美味しんぼ論ですが)

No title

あさみさん、お返事遅くなりました。

ベレッタさんの記事、丁寧に書いてありますが、納得されたでしょうか?
検査が進むにつれ、がんが見つかる子供さんが増えて来る、また昨年来放射線を専門としない一部の研究者が「アウトブレイク」と過激な表現をする、といったことから、子供をもつお母さん方の間で不安が広がっていると聞いております。

ネコさんが何度も取り上げておられるので、そちらもお読みください。
たとえば、
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-158.html

大事なことは、放射線による「がん」の性質、甲状腺がんの性質、をよく理解し納得する、その上で現在見つかっている「がん」を考えることだと思います。
みなさんが書かれていることに補足的な内容ですが、説明を加えます。

放射線発がんは、放射線が体の細胞の遺伝子DNAに傷をつけることによって起こります。
放射線線量が増えれば傷の数も増えてきますから、線量に比例してがんの症例も増えます。
従って現在見つかっている甲状腺がんが、高い被ばく線量の子供さんに多ければ放射線のせいということになりますが、これまでの結果では被ばく線量とは全く関係なく見つかっています。

また放射線発がんは、被ばくした年齢が低いほど起こりやすくなります。チェルノブイリでも広島・長崎でもそうでした。環境省の解説のページ
http://www.env.go.jp/chemi/rhm/kisoshiryo-01.html
の(以下PDFです)
http://goo.gl/gG0y7o
103頁と
ベラルーシ政府報告書
http://goo.gl/8FlTni
の31ページの図10をご覧ください。

ところが、現在までの福島の甲状腺がんの年齢分布は、ベレッタさんの解説の中ほどにあるように低年齢の子供さんは皆無で、10歳くらいから年齢と共に増えていくことがグラフからわかります。チェルノブイリや広島・長崎の被ばく者研究から明らかになっている、放射線による甲状腺がんの発症とは逆のパターンが出ていることが明確です。

だから現在見つかっている甲状腺がんは、放射線のせいで起きているのではなく加齢による自然発生の「がん」です。すでに説明があったように、甲状腺は潜在がんの多い組織ですが、何歳ぐらいから「がん」ができ始めるかは全く分かっていませんでした。今回、世界で初めて高精度な方法を使って大規模な集団検査をした結果、10代前半から数千人に一人の割合で「がん」ができ始めることが分かったのです。これまで誰も知らなかった、自然発生の甲状腺がんの性質が明らかにされた、ことになります。

現在見つかっている甲状腺乳頭がんは、IKAさんが書かれているように大人しい「がん」で、数ミリ程度の小さなものを入れると10~30%の大人は「がん」をもっていると思われますが、大部分の人は「がん」と診断されることなく天寿を全うしています。手術例は、将来万が一大きくなった場合の影響を考えて部分的に切っているようで、ほとんどの方は甲状腺ホルモンを飲む必要もないとのことです。

若い人に「がん」というと不思議に思われるかもしれませんが、人の体の細胞は生まれた直後から次第に突然変異が蓄積していきます。だから突然変異が複数蓄積することによりおきる「がん」は年齢とともに増えていきます。「がん」は発症しないけれども種になるような細胞が増えて来ることも分かっています。私たちの体は知らず知らずのうちに「がん」と共存している、といっても過言ではありません。だから発症しないように上手くコントロールする、というのが健康を保つ秘訣なのでしょう。(笑っている人には・・・ってのもそうです、宇野加津子さんの「低線量放射線を超えて」をお読みください)

繰り返しますが、現在みつかっている甲状腺がんは放射線に起因するものではありません(鼻血と同じく明確で、科学的事実です)。ご心配なさらないでくださいね。

「鼻血が出た」と騒ぐセンセイたちは

 どうして病院へ行って精密検査を受けないのか不思議でなりません。
 騒ぐ当人はそういう事をせずにただ「ホウシャノウガー」と火病って汚らしい鼻血塗れのティッシュの写真を不特定多数が閲覧するネットにアップする無神経な事をするだけ。
 まさか「政府の息の掛かっている病院で検査してもらっても真相が隠されるだけ」なんて被害妄想に浸ってるんじゃ(冷笑)?

大学教員の責任

荒木田先生がみっともなさ過ぎ・・
退官まで「あの、美味しんぼの荒木田先生」と呼ばれ、学内ですれ違う人々に「脳内が汚染されているのね」生温かく見守られる事でしょう。
うっかり話したことを勝手に漫画に書かれた訳じゃなく、FGFなどでしつこくやったんだから、同情の余地が無いです。

うちの大学(関東)でも事故直後になぜか教職員組合が「キャンパスにおける被爆に対する大学当局の責任」みたな話を言い出して、「後で恥をかくことになるから止めておきなさいよ」とメールした事があります。感謝して欲しいわ。

私はなおみさんと違って、大体のデマは黒幕がいると考えています。
特にデマ3Kなどの理系の大学関係者は、屁理屈に長けているので怪しいです。
大学教員は肩書きだけで相手を威圧する力があり「○○先生が私と同じことを考えている!」みたいなファン心理も働くので世論を扇動する力もあるし、エセ文化人の屁理屈の拠り所ともなるので、プライベートのブログ記事も、公の場で発言することも、かなりの責任が伴うと私は考えています。

私のブログも「大学で生物学を教えています」「娘が3人います」という前提があって読まれている部分があるので、科学的な情報やその解釈や単位などに間違いが無いか、かなり時間をかけてて書いていましたし、授業や講演でも慎重に内容を検討しています。

ちなみに最近は「児玉龍彦×利権」で検索すると色々出てくるので、この先は「あの、ゼネコンと懇意の児玉先生」と呼ばれ(「正義の科学者」なんて誰も呼ばないよ!)、「アイソトープセンター長なのに放射線生物学も勉強しないで本を書くとは・・」「チェルノブイリ膀胱炎・・ププッ」という研究業界内の評価も定着するでしょうね。これまでも生物系で児玉先生を支持している人なんて、滅多に見たこと無いし。

インフルエンザ騒動の時も「致死率 0.5%」「肺から出血」などウキウキとデマを流していた研究者がたくさんいますが、ブログ記事に記録しているし、本人に会ったら「あの、0.5% の○○先生、おひさしぶりです」くらい言ってやるつもりです。

一般人の感想です。

昨日とある集まりに出かけましたところ、いきなり憤慨して話し出す人がいて何かと思ったら、鼻血漫画のことでした。

普段そんな話題は出ないので驚きました。
もっと驚いたのは、8人中4人が(私も)結構詳しいこと。
ここで話されていることは勿論、昭和の核実験時代の空間線量のデータを把握している人もいました。
恐るべし、県人主婦。

全く余計なお世話。←美味しんぼのことだな。
地元産タケノコもタラの芽もがんがん食べてる。
自己顕示欲。さっさと埼玉に逃げたくせに。←イドガーさん
甲状腺がんの話では、他の県でも全員検査すればいいのにv-359
最後にはがんのメカニズムの話にまでなりました。
結局大事なのは免疫力、で終わりました。

「県や国が信用できない」といった人がいたので、理由を聞くと、
ホールボディーカウンターの測定が簡単すぎる、ということでした。
う~ん、私などは初めから出るわけないと思っているので何とも思いませんでしたが、「ちゃちゃちゃ、とやって(外部内部両方)紙切れ一枚ではかえって不安」なんだとか。

いや、だって、無いものは出ないでしょう。
じゃあ、どうしたらいいのか。
私も返答に困り、ちょっと県に同情してしまいました。

いろいろありますよねえ・・・

にんげんだもの。

IKAさん

>きっと取材時は舞い上がっていて

うん。

あとね・このひとをかばうつもりはないんだけど
人ってサービスしちゃうでしょう。
相手の喜ぶ話をしちゃう。

街頭インタビューでは
局が伝えたいコメントだけを切り取って
自分の意見と正反対の意見を流されちゃうでしょ
(商店街と大型スーパーのニュースでそうされたことがあります)。

>「そんなつもりじゃ…」

一度流されちゃうとね・・・。

あとはその記者さんと信頼関係があれば
お話ししてもいいのかな。

最初っから「この方向で。ぐへへ」なんていう場合は
どこまでも仲良く行けるから・それはそれで問題ないけど

おかんの会からもこの人からも
「いろいろと(約束が)違います」って言われちゃってるって
なんか情けない・・・。

お子さんのことを(親の発言で嫌な思いをしていると)聞いたので
それもな~と思ってるの。

大所高所から
福島のことを思ってくださるのはいいんだけど

今回の騒ぎで幸せになった人はいるんだろうか・・・。

>イモアライ

うちのお芋も洗ってもらいたいです。
どこですか?(勘違いデマ)

>戦隊ものにはクールなブルーも必要です(キリッ)。

うはははは!

仲間が増えてきたから
プルシアンブルーとかコバルトブルーとか
どんどん増やしましょう♪

bloomさん
>うっかり話したことを勝手に漫画に書かれた訳じゃなく、FGFなどでしつこくやったんだから、同情の余地が無いです。

まあ・ねえ・・・。

>私はなおみさんと違って、大体のデマは黒幕がいると考えています。

なるほど~。

>「児玉龍彦×利権」

私がこちらで早くからつぶやいていた
「出す金(声に出して読んでね・ダ○キンですよ)児玉」は
流行りませんでしたねえ・・・(しょぼん)。

すれ違っちゃいましたね~

安積の白猫さん

>私などは初めから出るわけないと思っているので

私も必要ない検査だと思っているんですが
除染と一緒でね・・・難しいねえ。

今回の鼻血漫画報道を観て

「除染は無駄じゃねえ!いらねえんだ!いいかよく聞け!」と

なぜかとばっちりで
怒られたお孫さんの話をツイッターで読んだんですが
私はこのじいちゃんの気持ちがよくわかりました
(ちょっと笑った)。

除染が必要なところはあるので
そちらに予算や労力を注いでほしいんだな。

いろんな検査もそう。

簡単に念のため検査しろ・よその地域の子もさせろっていうけど。
子どもをモルモット扱いしてんのはどっちだよと思うの。

「病気の子が出ればいい」「葬式を代わりに出してやる」
そこまではっきりとは言わないけどね

酷いです・やめてほしい・傷ついたってこちらが言えば
いっつも言葉遊びで正当化を図るけど

いやな渡世だねえ。

No title

>F1ABSさん
補足ありがとうございます。
ってか、私も勉強になったです。

>KYさん
井戸川は確か「いろんな医者に見てもらったが、誰も放射能のせいだとは言わなかった」みたいなこと言ってたような気がします(だいぶ曖昧ですが)。
ドクターショッピング繰り返して意に沿わない診断は認めない!って人は結構居そうです。

onodekitaとかポンチとかが暇してるの見ると、アレな人たちも医者は選ぶみたいですね~。あるいはネットで煽る系の医者もリアルでは「放射能による症状」って診断は躊躇するとか。診断書偽造って罪が重そうですし、ネット上の発言をしらない患者さんまで失いかねませんし。
(福島から熊本まで行って「先生、診断書ください!」って言ったらなんて書くのか、興味あります…)

>bloomさん
そう言えば児玉氏、スピリッツ編集部選抜「有識者、専門家」に選ばれなかったですね~。
なんかイソップ童話(だったけか?)の「コウモリ」の話を思い出しました。自分を都合よく「動物」とか「鳥」とか言って、最後は誰にも相手にされなくなる、ってお話(ありましたよね?)。
オヤジの涙は後始末が大変だな~。(もうひとりの「オヤジの涙」も含む)

>安積の白猫さん
鼻血マンガのお陰で「世の中にはまだまだ酷いデマが出回っている」って認識された方も多いかと思います。
その意味ではいい問題提起かもしれませんね(カリーはどう思うかわかりませんが)。
本当にこの件で怒っている県民は多いな~、って(個人的には)実感してます。

>なおみさん
鼻血マンガのセリフは「アラーキーだ」の本音だとは思いますけど、多少のリップサービスはありそうですよね。
まさか自分が「シメ」に使われるとは思っていなかったんでしょう。

他にもマンガで実名出された人たちの感想、聞いてみたいです。
(取材に協力した古殿町長は「遺憾」を表明してました。埼玉への避難者は鼻血は否定しつつ、「取り上げてくれた事に感謝」って言ってましたね。その他の人はどうかな~?)

今日の象印賞

>オヤジの涙は後始末が大変だな~。

これすっごくおかしい(くくくくく)。

そうよ!そうよ!
泣けばいいってもんじゃないのよ!
オヤジが泣いたってうざいだけよ!

>まさか自分が「シメ」に使われるとは思っていなかったんでしょう。

私も本音を話したと思うよ。
日常的にあんなことを話してるんでしょ。

でもあんな風に公にされたら困るんでしょ。
そういう人・ずるいよね。

コウモリのたとえ・感じ入りました。

みんなに好かれたがる人は
どっちからもあんまり好かれないんだよね。

「あのひと・いいひとなんだけどね~」

訳:いいひと≒どうでもいいひと

美味しいものが食べたいな・・・。

と、思いましたがマクドもミスドも幸楽苑すらないので、仕方なく家でレトルト食品食べました。しくしく。
美味しいものでファストフード店って・・・^^;
だって、ないんだもん。

>さんご@さばとらさん

少し興奮は収まりましたか?実は私の父は国鉄職員だったため新聞は毎日、政党は社会党でした。40年も前の話です。時代が変わってleftの人はどこへいきたいのでしょうね・・・。

>シュロー男さん

せがれさんの、読みました。気持ちわかります。(にこ)

>F1ABSさん

いつもありがとうございます。心強いです。

>IKAさん

県外の私の友達たち、SNSで私が呟いても無反応です。
反応しようがないというか、アンタッチャブルな私です。
まあ、そんなもんだよな、です。

>なおみさん

今晩のメニューはなんですかぁ?

毎日新聞ですが

安積の白猫 さん

>福島をどう描くか

読みました!

>「大所高所からの物言いはしないようにしよう」と編集者との打ち合わせでも常に話しています
>あっ、行って私が知った福島の真実は食い物がうまいってことですかね。

この二つが私の気に入った場所(笑)。

やっぱりありがたいなと思う。
べテランの方がいて若い人もいて
冗談も言いながら働いてらっしゃる

普通の建設現場と変わらない感じが伝わってきて
この漫画を読んだ時(買いましたよ)安心しました。

朝日が秘密資料を入手して
「あの時原発で働いてる人がたくさん逃げた!」って
言いふらしてるでしょ。

あれは混乱の中・連絡が錯綜していたとも聞きましたし
一度外に出てしまってから・ぎりぎりの葛藤の中
戻ってくださった方もたくさんいるんだよ。

これは市街地に住む一個人の思いですが

除染に関しては
無駄遣い(必要のない場所までやってる)と思ってるし
よそからいろんな人が入ってきたことで
治安が悪くなってる気がしています。

もちろん・すごく気を遣って
きちんと挨拶もして働きに来てる人もいる。

大所高所に登ってしまうと
「いろんなひとがいてみんな違う」という細部が
見えなくなっちゃうんだろうな・・・。

むりにまとめなくてもいいのにね。
自分がわからないことは
わからないと言えばいいのに。

今晩のメニューは・・・鱈と鶏がメインかな~(笑)。
野菜もたっぷりつけますよ!

今のところ当局の規制もなく
自由に献立を決められています。

>反応しようがないというか、アンタッチャブルな私です。

私もここでしゃべりまくってます(笑)。

いい記事ですね~

>安積の白猫さん
いい記事ですね~。作者の方のまっすぐさが伝わってきます。良識人ですよねー。
このまんがを読んで、いちばん惹かれたのは「これはいついつ時点の話で、」とかなり注意深く(さり気なく)書かれていたことです。特殊な部署ももちろんあるだろうけど、普通の人が働くガテンの職場なんですね。
けっこう売れてるようで、作者の方が報われるといいな。…儲かり過ぎて左団扇、にはならない…よね。

ところで、美味しんぼの特集号の巻頭まんが、デザインや設定の一部を公募で作ってるそうですが、これってまんが家的に描いてて楽しいんだろうか??(本人がいいならいいんですが)
設定やキャラを丸ごと創作できるのが、まんが家の特権&醍醐味で、有機的にストーリーと絡んでくるんだと思うんだけど。ファンタジーって、あの雑誌で読者層合ってるのかな。夢オチじゃないよね?
某ア〇ス〇ーン戦記に似すぎてる感も。まだ一回目だからどう動くか分からんけれど。
(ぼーず憎けりゃ袈裟まで憎いワケではないんですが)方向決めてるのは、あの編集部なので一抹の不安が。
えー、買うのをためらったのは、巻末のあの細かい字。小さすぎるでしょ。立ち読み防止のためか?それにしても、あの恣意的な掲載順序はなに!?

思い出しました

温かいコメント、ありがとうございます。

>IKAさん まとめ、読みました!!
思い出しましたよ。海原雄山がテレビで、レストランに難癖をつけて、そのせいで店が潰れてしまい、店主が雄山を刺そうとする……というストーリーが確かにありました。
ところが、その理由が………生牡蠣をそのまま出した、だったはずです。
考えてみると、トンデモですよね。
そして、風評被害漫画を自分で書いていたというのが、何とも呆れ返る話です。せがれにも読ませます。

>なおみさん
すみません。やっぱり、最後にならないと言い出せないんです。ですが、ちゃんと奴にも郷土愛があったということを知り、それはうれしかったですね。
いつか、うどんオフか、蕎麦オフがあれば、私もぜひ参加させてください。

>安積の白猫さん
私も、記事を拝読しました。この作者はなかなかの人物ですね。
最近、しみじみ思うのですが、人間の価値を決める基準の一つは、謙虚さだと思います。
しばらく前に、ここで名前を言ったら、「ええっ!?」と言われるような有名な漫画家とたまたまお酒を飲む機会があったのですが、雁谷哲などとは大違いで、とても謙虚で、優しい方でした。
つまりは、品格の差ですね。

シュロー男さん

昭和生まれは男も女もシャイなんですよね(笑)。

息子さんに
同じ思いの人がいっぱいいるよってお伝えくださいね。
みんな一緒に怒ってたよ~!って。

>うどんオフか、蕎麦オフ

了解しました(キリッ)!

>つまりは、品格の差

私もそう思います。
そういう人に会うと「人間っていいな」って思います。
自分も頑張ろう!って思います。

・・・などと美しい心を思い出した後に
なんなんですが。


>店主が雄山を

だ~か~ら~!!!

ハシビロコウか
タスマニアデビルか
カモメに襲わせたらいいのよ(←自説を曲げぬ頑固者)。

怒りの畦道

雁屋の哲ちゃんのブログ2014-05-22

1)以前、このページで、取材は、「福島の真実篇 その24」が終わってからお受けすると書きましたが、現在のところ、まだ冷静な議論をする状況にないと判断して、取材をお受けするのを先に延ばすことにしました。

私は、様々な事情があって、早くても7月の末まで、日本に戻れません。

取材はそれから、ご相談させて頂きます。


2)「美味しんぼ」の休載は、去年から決まっていたことです。

今回色々な方が編集部にご意見を述べられていますが、そのようなことに編集部が考慮して、「美味しんぼ」の休載を決めた訳ではありません。


ほとぼりが冷めるのを待っているな。
大阪おかんの会に取材を受けてないって言われちゃったしね、
准教授がここまでへたれとは思わなかったでしょうね。

コミックが出ても売れませんように、パンパン。


音痴のおばちゃんがこんな事を、腹立つなーもう。何でデマを拡散するかな。

加藤登紀子‏@TokikoKato·5月21日
どうして今出て来たのだろう。衝撃の事実。RT @aoikaze7: @hanayuu アメリカ政府発表。
「福島原発事故の放射能放出量は、旧ソ連のチェルノブイリ事故を大幅に超ていた」チェルノブイリの1.8倍(18.1京ベクレル)の放射能 
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-2612.html

 これをリツイート
emi kiyomizu‏@kiyomizu5·5月21日
@hanayuu 続。福島第一原発の20キロ圏内で米作りを再開する事と言い何でもありの滅茶苦茶な状態です放射能の影響も福島原発事故の全容も未だに分かっていないのにドンドン食品の生産だけは事故前に戻されていくことに強い違和感を感じる


安積の白猫さん
まだ尻尾は逆立ってふっさふっさです。

怒りの畦道v-359   (使ってみたかっただけです。)

ねー、今は左の人達は息を吹き返したかに見えても、歴史に学んでないのだから、人々が理解したり無関心になるとウザがられると思います。

シュロー男 さん
真っ直ぐな気持ちが読んでいて素直に嬉しいです。

はじめまして!

みなさ~ん、自称ジャーナリストの太郎ちゃんヨイショ記事上がってますよ。
http://blogos.com/article/86894/
ツッコミどころが多すぎてもう失笑するしか...。
そして、極めつけの最後の一文、「科学的根拠をいくら挙げても低線量被ばくによる健康被害は認めない。それがこの国の行政だ。たとえ言論を弾圧しても。」
あほか!

タイミング

世界の情勢が目まぐるしく動いており、アサヒがティザー広告までした吉田所長の発言録のスクープがほとんどニュースで取り上げられていません。

=「美味しんぼ」雁屋氏、取材対応先延ばしの意向=
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140522-00050208-yom-ent

彼の発言はニュースにならなければ意味がないでしょうから、取材を先延ばししたようですね。

アジア周辺各国の国内矛盾が露出して緊張が高まっているときに、鼻血マンガを取り上げるバカなマスコミはないでしょうから。

甲状腺がん

みちのく人さん、F1ABSさん

補足、ありがとうございます。
とても勉強になりました。
私が最初に見た福島の甲状腺がんの子どもの記事は
福島県内のデータ(何人ががんだと診断され手術したか)しか
掲載されていなかったので
福島では大変な事になっている、と思ったものです。


今、かなりいろんな情報を発信しているブログを読んでいますが
「福島は危険」って言ってるブログの情報は
あまりにも思い込みが激しい視点からの情報を紹介しているので
冷静な視点で見ると「頭大丈夫?」って感じます。

間違った解釈をする大概のパターンは思い込み。

だから、黒幕とかは私もそんなにないと思います。
恐怖にかられていると頭がおかしくなりますからね。
頭がおかしいのに自覚がないから平気で偏見的な情報を拡散するとゆうか。


IKAさんがおっしゃる
「幽霊の正体見たり枯れ尾花」
まさにこれだなと。

私は政府や東電の事なんてまったくと言っていいほど信用出来ない人間ですが
それでも福島が汚染されててどうしようもないと言う人を
信じる気になれない
とゆうか根拠なさ過ぎなのを自覚してほしいと思いました。

私は医療不審もけっこう凄いので
なんちゃってガンをガンだと診察して診察する医療体制のことも知っていたので
今回のこの発見はとてもすんなり飲み込めました。
ちっちゃいがんなんて年がら年中できてるっつーのっ(`ヘ´) プンプン
信頼出来る医師を探すのがとても大変です。。。


信夫山ネコさんをはじめ
このブログにコメントしているかたや
「ふくいち」作者さんのような冷静な視点で
デマを流している人たちが
情報をしっかり汲みとって行ければいいのに。


「真実を晒します!」なんつって
有料メルマガ発行しているような人は
ホント、クズだと思う。


なんだかだんだん毒づいてきている事を
ご勘弁ください。
私も地味に怒っているのです。

ホントは楽しい話題のほうが好きなんですけどね~。
震災復興支援関係でサンドイッチマンがすっかり好きになりました。
(また余談w)


>安積の白猫さん
モスバーガーはどうですか?(フフフ)
なおみさんちでご馳走になりたい私ですw

「ふくいち」作者さんの「メシが美味い」に激しく同感。

訂正

「ふくいち」じゃなくて「いちえふ」でした(ーー;)失礼しました

村民騎士さん・こんにちは!

私は一日遅れで朝日新聞を読める時「が」ある
という環境で暮らしています。

にもかかわらず・鼻血を出したことはありません。
鉄の鼻孔を持つ女です。

お示しの記事は
私が今日・茶飲み話のネタに持ってくかな~
と思ってたのと同じかな?と思いました。

ありがとうございました
(こうやって張り付けたりするの・うまくできなくて)。
みなさんが読めてよかった。

私は新聞で読んだのですが
これとは趣が違って
母親の話ばかり詳しく載せられていました。

井戸川さんが
この集団と一緒に記者会見をしていたということは
公権力の陰謀によって(ぷぷぷぷぷ)
伏せられていたので驚きました。


>「母親ら『鼻血・貧血が頻発』」
>「国会内で会見 事実を口封じと訴え」
>「県は漫画に抗議するヒマがあったら、全住民を対象に鼻血も含めたきちんとした健康調査をしてほしい」
>「弁護士は『体験や放射能への不安を訴えることを公権力が黙らせようとしている』と述べた」
 
どうせ調査しないってわかってて言ってるな~(笑)。

ホントに調査されたら
この人たちが恥ずかしい思いをするんじゃないかな。

なんでみんな国会まで行くの~?
おまんじゅう買いたいの~?
福島で言えばいいのに~。

国会まで行かないで
福島駅前とかこむこむでやってくれ~。
あたしゃお茶持って見に行くぞ~。

タロウが鼻血を出してふざけていた写真は
おとがめなしなんだ~。

やっぱ黒幕がいるのかな・・・。


ovalさん
>世界の情勢が目まぐるしく動いており
>アジア周辺各国の国内矛盾が露出して緊張が高まっているときに、鼻血マンガを取り上げるバカなマスコミはないでしょうから。

私もそう思います。

いたいけな子ども・・・「あの人何やってんの~?」
子どもを守るおかあさん・・・「しっ!見ちゃいけませんよ!」


tariさん
>震災復興支援関係でサンドイッチマンがすっかり好きになりました。

私も大好きです。素敵ですよね♪

No title

ええと、まずは…
皆さん既にご存知だとは思いますが、竹野内真理氏への告訴は「起訴猶予(による不起訴)」となりました。

http://togetter.com/li/670762

安東さん、ご苦労さまでした。
ただ、竹野内氏自身は「起訴猶予(による不起訴)」と聞かされていなかったとして、現在問い合わせ中です。(それまで「自分は無罪」→「今後も誹謗中傷続けますっ」的なツイート続けていたんで、早くもレッドカード貰いそうですが)

今後の推移を見守りたいですね。



>安積の白猫さん
う~ん、確かに福島県民以外では事情もわかんないでしょうし、反応しにくいでしょうね。
福島県民であっても、ネットあまりやらない人の中にはそんなに深刻に考えていない場合もありますし。(私も社内で浮いてんだろうな)。
まあ、何気なく下手な事(チラ見したデマなんか)振られたら物凄い勢いで教えてあげますから(ちょっとだけ感情交えて…笑)。
私もアンタッチャブルなのかもしれません。

>よしさん
なんかスピリッツ、何処にも置いてなくて実は読んでいません。
(なんか探す努力も馬鹿馬鹿しいですし)
ただ、アイアムアヒーローの続きが気になりますぅ。
(小学館は炎上商法成功!って思ってるかもですが、美味しんぼに関係なく毎週買ってくれたファン…あまり数は多くない…に失礼だな、ってちょっと思います。私的には蜘蛛の糸を自ら切ったような気もしますね)

>シュロー男さん
私はあの黒猫亭さんのコメントを見て、我が意を得たりって意味でスッキリしました。
今まで美味しんぼを読んでいて、今回のエピソードでもやもやしてる人は読んでみるとスッキリすると思います。

>なおみさん
ハシビロコウとか鳥さんの話は別blogなので…。(まあ、わかる人も多いかと思いますが)
タスマニアデビル…鳥じゃないけど、有りだな(笑)。

>さんご@さばとらさん
1.8京Bqのデマ、まことしやかに流れてますね~。
まあ、福島県民からすれば、何Bqだろうが目の前のモニタリングポストやリアルタイム線量計、食品検査の結果が問題なければそれでいいんですが…(前、別blogで同じ事言ったけど、もう一回)。

>村民騎士さん
はじめまして。
タローの参戦、果たして吉と出るんでしょうかね~。
(個人的には怪しさが増しただけですが)

>ovalさん
カリーは逃亡準備に入ったみたいですね。
「俺が責任とる!」って啖呵切ったのはどうしたんでしょう?

長くなったので、一旦切ります。

tariさん

どうもです。
たぶんbloomさんが言う「黒幕」って肩書きや知識を使って「不安にかられる人達をコントロールしようとする」人たち、って事だと思います。

私も東電とか国とかをアタマから信じてる訳じゃないです。
ただ、多くの科学者、専門家が注目しているなかで、データ改竄や捏造は難しいだろうし、なにか齟齬があれば、そういった専門家から速攻ツッコミが入りますからね(事実、ツッコミ入ってデータ訂正がされていますし)。

また、国の判断も「国際的な基準において決められている」限りにおいては問題ないと思います。(まあ、お国事情を多少勘案する必要はありますが)
それこそ「国際的な基準に反する形で判断された」場合には、こっちも速攻ツッコミ入るでしょうし。
日本の科学界は「鎖国」も「ガラパゴス化」もしていないですからね。

ええと、ちょっと気になったんですが、「なんちゃってガン」って某「がんもどき」の事でしょうか?
一応、「がんもどき」に関してはこういったツッコミもありますのでご参考に(違ってたらごめんなさい)。

http://togetter.com/li/365421

http://pseudoctor-science-and-hobby.blogspot.jp/2013/10/blog-post.html?m=1

医療に対して不信感がある人は多いですね。
ただ、その不信感を利用してお金もうけをしようとする人もまた居ます。
多くの医療現場では患者に相対するのは主治医ひとりですが、患者に見えないところでチーム的に症例検討等もされているはずです(まあ、症例とか病院の体制にもよるでしょうけど)。
つまり複数の目でクロスチェックしているんですね。

また、「過剰診療」については、医師が少ない現状を考えると現場サイドではあまり行いたくないのでは?と素人ながら推察します(経営面でもメリットは少ないのではないかと思います…小さな診療所なんかは事情は違うと思いますが)。
ただ、お医者さんって慎重にならざるを得ないところがありますから、「念のために」って事は多いかもしれませんね。

治療の際にはしっかりと主治医と話し合う(インフォームドコンセント)とか、別のお医者さんにも相談する(セカンドオピニオン)事がいいのでは、と思います(たぶん、とっくにご存知でしょうけど…念のため)。

昼寝から目覚めて

すっきりした頭で思ったこと。

大人(政治家・警察・その他お仕事の人)は
「知らないふり」であれこれしてる。
だから大丈夫。

国会「内」での記者会見のことを怒ってたら
(ホントに目くらましが好きですよね・国会前とか)

「変なことをむきになって言えば言うほど
 たくさんのまともな人が『それっておかしいよね』って
 思ってくれるから大丈夫」

世界を信じつつ
これからもぐちぐち言おうっと。

興味本位で騒いでた人たちが・ぐんぐん減ってきましたね。

第2回を一応

貼ります。福島をどう描くかhttp://mainichi.jp/feature/news/20140523mog00m040011000c.html

>tariさん

モスもココスもないんです。そんな田舎に住んでいるので、自分で作ったものでないものがたべたいな(作りたくないともいう)、たまたまそんな気分になったんです。それだけのことでした。

>なおみさん

私も、雄山のセリフに「偉そうに何様じゃ。」と思っていたので、同じところでうんうん、うなずきました。

>よしさん
最近漫画を読んでいないのでわからないのですが、どうなんでしょ・・・人のアイデアを形にする方が得意な人も中にはいる、のかしら?

>IKAさん
ほんとにこのネコさんのブログがあってよかったです。ここなら言葉が通じるもの。
この前福太郎さんが「あやまった」って言ってましたが、私は「されがまねでくんちぇ」が浮かんできました。しばらく使ったことなかったですが。(笑)

No title

なおみさん、IKAさん、レスいただきありがとうございます。
 集団疎開がどうこう言ってる方々は、「3年以上経つのにまだ自力で逃げないの。」としか世間に思われないでしょうね。表現の自由以前に、居住、移転および職業選択の自由についても弾圧なんかされてませんから。
 山本太郎君は、今更「美味しんぼ」騒動に乗っかったところで何のインパクトも残せないでしょう、あんな信頼性の薄い報告書ネタを持ち出してるくらいですから。せいぜい議員の仕事してますアピール止まりですね。まぁ、それを田中龍作がマンセー記事にするというお決まりのパターンは腹立だしい限りですが。

自分は、名前のとおり、逸早く帰村宣言をした村の村民です。加えて、震災前からの原発作業員でもあります。
そんな立位置にいるので、様々な意見・主張に対してなるべくニュートラルに思考し、理解してきたつもりです。
ただ、デマや事実に反した愚弄に関しては脊髄反射的に怒りが湧いちゃうんですよねぇ(汗
昨日、はじめて書き込ませていただきましたが、以前より信夫山ネコさんのブログを拝読して、それらの溜飲を下げさせていただいていた次第です。

からくり

安積の白猫さん・おはようございます。
>ここなら言葉が通じるもの。

うんうん。
いろんな意味で「通じ」ますよね~。

>「されがまねでくんちぇ」

・・・ううう。やっぱり難しい(笑)。
誰か教えて~!


村民騎士さん・ありがとうございました!

>集団疎開がどうこう言ってる方々
>山本太郎君

全く同感です。

>自分は、名前のとおり、逸早く帰村宣言をした村の村民です。
>加えて、震災前からの原発作業員でもあります。

そうでしたか。お話できてとても嬉しいです。

いろんな思いをされていらしたのではと思います。
なんて言ったらいいか・・・ありがとうございます。


村民騎士さんが教えてくださった記事には
新聞に書かれていないことも書いてあって
今回の一連のことが全部・腑に落ちた気がしました。

鼻血はただの打ち上げ花火。
人目を引くための。

これは当たりましたね。
葬列デモと同じ効果です。

だからこれにとらわれて議論するのは
無駄かな。もう出ないってわかってるから。


大概のひとの行動の理由は
突き詰めていったら「お金」だと私は考えています。

震災以降・いろんな活動があって・募金があって。

お金の流れを見れば
誰と誰・どことどこがつながってるというのは一目瞭然です。

言葉では否定しても。
だから絶対知られたくない。

人の心をコントロールして
自分が正義のためにやってるんだと
相手に思い込ませて

自分の思う通りに行動させる人は
すごく優しくていい人のような顔で近付いてきます。

「こんな可哀想な人がいるんだよ」
「私はこんなことを心配しているの」
「でも大きな力がそれを隠していてね・・・」

失礼な言い方になりますが

単純で・頭が悪い(学歴ではなく)・思慮の浅い
少し耄碌し始めた人・少し心のバランスの悪い人・病みやすい人・・・

それに加えて
正義感の強い真面目ないい人たちは(ここがポイント!)

「そんなの酷い!」
「自分が何かできることはないだろうか」
と真剣に思いつめてしまって

それまでのつながりや家族の生活も省みずに
戦闘員に仕立て上げられてしまいます。

もしくは「あの人が言った」と矢面に立たされてしまう。
利用されてしまう。

そうしたら
その真面目ないい人は
ますます周囲から孤立するでしょ。

そうなるのを待っていた腹黒い人たちから
もっともっと共感されて優しくされて
抜けられなくなりますよ。

自主避難した人たちは
情報遮断・洗脳されやすい環境を
選んでしまったのだと思います。


鼻血漫画の作者に
これ以上話をさせるメリットは
今は無いでしょう。

余計なことを言い出すかもしれない。
それは得策ではない。

「先生・今回は大変でしたね」
「でも素晴らしいことをなさいましたよ」
「どうせあいつらは今・まともな話し合いなんかできないでしょう」
「しばらくはゆっくりお休みくださいね(にこ)」

↑私の妄想です。

どっかの大学の先生も・この作者も
悪気はないと思います(かばってないからね)。

ただお付き合いする人を
選べなかっただけ。

そのことがどれだけ周りに迷惑をかけるかも
考えられなかった。


葬列デモとからくりは一緒だと思いました。

福島から避難させたい(そこにはお金が絡んでいます)
福島を可哀想な土地にしたい(そこにもお金が絡んでいます)
社会を不安に巻き込みたい
(このあたりは
 震災以降活動が活発になってる人たちが絡んでるのかな)


ネコさん

コメント欄に書かれたいろんなことを
うまく掬い集めて・精選して
いい記事を書いてください(ぺこり)。

つけたし

>どっかの大学の先生も・この作者も

ここに鼻血露出親父も入れといてね(かばってないよ)。


阪神淡路大震災を経験された方が
以前よく書き込みをされていて

大災害の後はいろんな人たちが
どさくさまぎれに入り込んできて
ねぶられるよ(なんだろ?しゃぶりつくされるみたいな意味かな?)と
たびたび警告してくださいました。

チェルノブイリの一番の被害は
心を病む人が増えたこと。


誰かを救おうとして
自分が病んじゃったらだめですよ。
救命胴衣はまず自分が装着。

一番大事なのは自分です。

そんなふうに生きていたら
自分につながる大事な人は(家族でも恋人でも友達でも)

ちゃんと健やかに・幸せになりますよ。

今日はいい天気ですから
各自勝手に・楽しく過ごしましょうね♪

STAP細胞

鼻血マンガに対する反原発派のフォーロー的な行動は散見されますが、マスコミも大きくとりあげることはなく、鼻血マンガのニュースバリューは尽きたようです。

=美味しんぼ「鼻血、医学的根拠ある」 専門家ら反論会見=
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-171.html#cm

同じ顔ぶれでいつもの論調、新しい科学的なデータを出すでもなく、科学的な知見を出すでもない。
小保方博士の『STAP細胞は存在します(キリッ)』を思い出してしまいました。
この件も取り上げたのはアサヒくらいしかありません。

何とかにつける薬はありません

 >IKAさん

 レス有難うございます。
 どれだけ受診の梯子をしても結果が同じシロならばそこで納得するのが常識人の筈ですが、放射脳な人たちは自分たちの脳内妄想願望を現実と混同する傾向があるので死ぬまで諦めないのかも。結果それがエスカレートして公共物である線量計を勝手にいじって「操作されている!」と発狂すると言う非常識な行為に及ぶのでしょうン。他者を巻き込む騒ぎを起こしても彼らは「自分達は間違っていない」と狂信者の如く思い込んでいるので聞く耳を持たないのでしょう。でなければとっくの昔に否定されたデマが周回遅れで「再利用」される現象が起こるはずはありません。
 リンク先のは「シバレイ」と言われて一部で有名な(爆笑)ライターですが、左巻き放射脳の例によらず論点逸らしに終始してますね。パターン通り鼻血にばかり固執してますが、この人も「目やにが多く出た」と言うのならなぜ医者に行かなかったのでしょうね。そしてカリーがどれだけ根拠のないデマを撒き散らしたかはスルーして「バッシングガー」の一点張り。彼が逃げるようにオーストラリアへ帰った事に対しても無関心なようです。
 結局「バッシングガー」と火病ってカリーを擁護する連中も具体的な反証は挙げられないまま、ただ感情でごり押せば思い通りになると思ってるのでしょうね。悪意が(多分)無い分余計に厄介です。そういう輩が裁判官になったらどうなるか、と言うのが福井地裁の判決なのかも。

KY さん

>悪意が(多分)無い分余計に厄介です。

おっしゃる通りだと思います。
否定されればされるほどヒステリックになるでしょう。

私は治安の悪化を心配しています。
思いつめた人たちがテロを起こしかねないかもなんて。
杞憂であればいいのですが。

こちらのコメント欄でも
興味のない方が減っていくのは
悪いことではないと思っているのですが

書かれたくないこと
一般人に気付かれたくないことが話題になると

一生懸命・話題逸らしを試みるような
書き込みが入ります。

そういう視点でご覧になると
わかりやすいかと思います。

不都合な人たち(冷笑)

 >書かれたくないこと
一般人に気付かれたくないことが話題になると

一生懸命・話題逸らしを試みるような
書き込みが入ります。

 なおみ様、仰る通り又「通りすがり」を名乗る茶々松君が意味不明の駄文を書き連ねてきました。しかもどれだけ日本語の使い方が不自然なのでしょうか。正体丸判りですが・・・
 「この国はおかしい」と言う前に自分の投稿文の可笑しさをチェックするべきでしょうね(爆笑)。

私が言うのもアレですが・・・

今回・言葉遣いが悪かったし・・・。


あちこちで
議論とも言えないような
言い争いが再燃していますが

みんな喧嘩しちゃだめですよ~。

自分のやるべきことを粛々と行いましょう。
ここも読んでいる人が判断すればいいんです。

鼻血が出て止まらないという人があれば
「それは病院に行くといいですよ(にこ)」と言う。

そんな人に私はなりたい
(もう「コンパス」に戻してもいいかな・・・)。

通りすがりさん

「アメリカ政府の発表」ってこれでしょ

http://saigaijyouhou.com/blog-entry-2612.html

これ、さんご@さばとらさんがとっくに「デマ」って一報済みなんですよね。
コメント見てませんでしたか?

この「アメリカ政府の発表…18京Bq」って話のタネになったenenewsは情報ソースとしては信憑性低いです。

http://togetter.com/li/570170

http://togetter.com/li/640309

今回の18京Bqって話もこんな話があります(知恵袋ですけどね)。

http://chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/q13129513533
より、回答のひとつを引用

>それ、拡散元がほぼデマですよ。

>カリフォルニア州が見積もった、海の汚染で州の住民が被る健康リ スクに関する調査結果が大元です。 福島第一の放射性物質の放出量についての見積もりはほとんどが海 に飛んで行ったせいで正確に見積もれず、計算する人によって意見 が分かれてます。国連とかが発表してたように見積もりの多数派は チェルノブイリの3割とか半分とかそういうあたりなのですが、極 端なものとしてチェルノブイリの1.8倍なんて説も発表されてます。

>そこでリスク評価として最悪の場合を見積もるために1.8倍漏れたシ ナリオでアメリカ西海岸の住民のリスクを計算して、最悪のケース でも十分問題ない数値であることが計算されたという報告書です。

>とりあえず慌てる前に落ち着いて情報を原文にまで遡ってちゃんと 吟味しましょう。

こんなんで批判しちゃったら、アメリカ政府は迷惑この上ないですし、日本の恥じゃないでしょうか。

山形で東北六根祭、

もう一年が過ぎたのね。あれで吹っ切れましたよね。

まさか3年もたって、雄山に「逃げる勇気を持って」なんてどや顔をされるとは、冗談は顔だけにして欲しい。

なおみ さん
安積の白猫 さん
このブログがあって良かったですよね、ネコさんが管理して下さっているので気を遣わずにお喋りが出来ますものね。有難いです。

何だか、通りすがられちゃいましたね。
でもそういう時にも皆さん節度をもって対処されているのが流石です。

IKAさん
>1.8京Bqのデマ、まことしやかに流れてますね~。

ね~流す方だって本気じゃない事が見え見えですよね。あのおばちゃんだって本気だったら、暢気につぶやいてなぞいられないですもん。
腹立たしい。

美味しんぼ「鼻血、医学的根拠ある」 専門家ら反論会見
http://www.asahi.com/articles/ASG5R517DG5RUGTB00R.html

北海道がんセンター名誉院長の西尾正道氏と崎山氏

何も好き好んで恥を晒さなくても・・・

>市民団体代表は「鼻血の表現ばかりに焦点を当てて攻撃し、健康障害を訴える声を抑えつけている」と非難した。

いやいやあなた方が騒ぐから西尾先生がお出ましになっているのに何を罰当たりな、アレ?騒いでいるのが私達だと非難してるのか。そりは筋違いというもので雁屋の哲ちゃんと鼻血親父に言ってちょうだい。


陰謀論(笑)

そういえば、20日、参院内閣委員会にて太郎君が、14日に発表されたばかりの北海道がんセンターの西尾正道・名誉院長の論文を持ち出してましたね。そして、23日にはその西尾氏らによる反論会見が行われました。う~ん、タイミングが良すぎて色々勘繰りたくなりますな。
ところで、地球外生命体が存在する可能性を完全に否定する人は極少数でしょう。しかし、そういう生命体が宇宙のどこかに発生し、人類以上の科学力を有するまで進化し、UFOに乗って地球に現れる可能性はまさに天文学的確率だと思われます。まぁ、自分が言いたいことは、低線量被曝での鼻血なんて、UFOを目撃したレベルの話だってことです。
「UFOは存在します、誰も言わないだけです。」と目撃談を語るイドガー、その証言を真に受け、地球侵略の危機を叫ぶカリー、「政府は墜落したUFOと宇宙人の死体を隠蔽しているんだ!」と鼻息を荒げる放射脳の面々、さしずめ、小学館は「た○出版」ってとこか...。

IKAさんへ

がんもどきの近藤先生の名前は存じておりますが
本も読んでいないので
よく分かりません。
私の言う「なんちゃってガン」は
人間の体の中にはつねにがん細胞が生まれていて
それを免疫で抑える事ができるのに
わざわざ小さいガンを見つけて病院で治そうとする事に
とても疑問を感じていることからつけた名前です。

甲状腺がんが見つかっても経過観察しているレベルの人もいるのに
健康診断で、例えばがんが見つかった時に
経過観察ではなくいきなり治療に入る事に
とても矛盾を感じています。

セカンドオピニオンについては検討した事もありますが
両者の言い分が違った時に
どっちを信じるんだって事になりかねないので
病院には行かずにすむ生活を意識しているのが現状です。
病院って慢性疾患を根本的に治せないってゆう認識なのです。
急性の感染症とか、専門科(眼科とか)くらいなら
どこの病院でもいいかな~って感じですね~


スパムなコメントにも
まともにレスするIKAさんに敬服です。



>安積の白猫さん
そうゆう時、ありますねw
私の実家も田舎だから
母が作りたくない時は肉屋さんのお総菜でしたw

No title

ええと、「18京ベクレル」のお話、昨夜とは別にまとめがありましたのでリンク

http://togetter.com/li/671283

このまとめられた人、どちらかと言えば「原発反対」な人ですよね。そんな人からも「怪しい」って検証されちゃうenenewsって…(笑)。

>KYさん
鼻血で騒ぐ人たち(あるいは「被曝で身体症状ガー」って人たち)って、「病院へ行け(行った)」って話は絶対にしませんね。なにか都合が悪いからなのかも(笑)。
以前ここのコメント欄に来た「福島で怪しいチラシ配布した人(かな?)」が自分達のブログで「私は避難者から鼻血が出たと相談されました」とか言い出してたんで「早く病院に連れていって」って言ったことあります。
「当然すぐ連れていきました」って返事もらいましたが、そんなら先に言えと(笑)。彼等は「鼻血が出た」事が重要で、「その人がどうなったか」は全く興味がないってわかるエピソードですよね。
(ちなみに診断結果は教えてもらっていません)

>さんご@さばとらさん
いち早く「18京ベクレル」のお話していただいたので、準備が出来てました。(笑)
にしても、アッチとコッチでは「リテラシー」に随分差がついたな~ってよくわかるエピソードとなりましたね。
思想優先は思考停止って事なのかな…。

ザキヤマ氏とニシオ氏、それに(電話口でしたか)福島の母親ってスゴいラインナップ。ってか名だたる専門家(アレの、ね…笑)に並ぶ「福島の母親」ってもしかしたら最強の肩書きなのかな~。
そんならコッチにもいっぱい居ますけどね。
(ちなみにオッサンは「福島の」がついても全く役立たずなのかな…さびしい)

>村民騎士さん
確かにアレな人たちと「オカルト」な人たちって共通項多いように思いますね。

確かに宇宙人に会った、って人たちを批判したからといって「宇宙人の存在」や「未確認飛行物体」の存在を否定している訳じゃないですもんね。(その差がわからない人がいかに多いかと思います)

ちなみにこのブログのコメント欄には「宇宙人」さんがいらっしゃいますけど(笑)。

>tariさん
ああ、勘違いでしたか。申し訳有りませんでした。
がんと免疫のお話は同意です。
前にF1ABSさんがおすすめしていた宇野先生の本は、その辺の勉強にスゴく役立ちました(私からもおすすめ。小学館新書ですけど)。

甲状腺がんが見つかった子ども達ですけど、症状にもよると思いますが、最終的に摘出したとしても「本人」「保護者」「お医者さん」がリスクとベネフィットをしっかりと話し合って、キチンと理解したうえで治療をされているはずです。
だから「いきなり」って事は無いんじゃないかと。
また、以前のコメントにありましたが、できる人は全摘せず、部分切除の手術法をとることでその後の負担も少なくて済む様です。推測ですが、個々の事例それぞれで医師サイド、患者サイド双方が最適な方法で対処をされていると思っています。

あ、前に言ったことあるんですが、私の病院に対する認識は「正露丸、パブロン、オロナイン(最近歳のせいでトクホンも追加かな)で間に合わないときに行くところ」です。大抵の病気はこの辺で間に合わせてます、ってか実際間に合うんですよね。
あとは生活のなかで対処できるのであれば、それはとてもいいことだと思います。いくら名医でも「患者が治る気がない」病気は治しにくいように、本人のヤル気が何よりでしょうからね。

肉屋さんのお総菜は何故か旨いですよね~。
まあ、ほとんど揚げ物ですが。
あれ、やっぱり油が違うからなのかな~。

>なおみさん
>喧嘩をしちゃだめですよ~。
「ケンカをやめて~」はやっぱりなおみさんに似合いますね~。(笑)

No title

西尾テンテーの主張なのですが。
http://blog.goo.ne.jp/flyhigh_2012/e/67776ee1db023aa5dd6d1b431aab86da
なんか、眩暈してきますね。で、西尾テンテーが論拠としているのが、セシウムホットパーティクル説らしいのですが。この珍説はこれ。
http://togetter.com/li/320472
言いだしっぺは、サイコム林らしい。いまさら、こんな珍説持ち出してくるとはね。
こんごは、「珍説セシウムホットパーティクル説」と必ず、珍説をつけることを提案したいと思います。


話はかわりますが、小田嶋隆さんによる、マスメディアは、いい加減に放射線の影響について両論併記という逃げを止めよとの意見。
http://www.youtube.com/watch?v=6pyZpnFge5o
3:40ぐらいで、小田嶋隆さんはこのように言っております。
「鼻血については、レンガを積むように、今、確実に言えるのはこれですという情報を、少しずつ積み上げていく事を、メディアではやっていく時期にきている」


だから、マスメディアの皆さん、西尾テンテーが言わんとしている事を精査してから、記事にして下さい。

No title

>IKAさん 村民騎士さん

そう、私が宇宙人です(笑)。

おやすみのひ

さんご@さばとら さん
>このブログがあって良かったですよね

はい!(にっこにこ~♪)

>鼻血親父

あの人嫌だな~と思うと
名前を呼べなくなりますよね。

こうしてひとはまことの名を失うのじゃ。


村民騎士さん
>う~ん、タイミングが良すぎて色々勘繰りたくなりますな。

そうですね。

「すべてはつながっているんだ!まるっとお見通しだ!」
とか言い出すと
自分がアレな感じになってしまうので

あまりいろいろと気付かせないでほしいですね(笑)。


IKAさん
>「福島の母親」

を支えているのは
個性豊かな「福島のオッサン」たちですよ!

>「ケンカをやめて~」はやっぱりなおみさんに似合いますね~。(笑)

てへへへ~(照)。


千貫森の宇宙人さん

宇宙からの書き込み・・・。
やっぱなんか怪しいと思ってたんです。

>セシウムホットパーティクル説

私の中(でさえ)綺麗に終わっている過去が
なんで今頃生き返ってるんでしょう・・・。

新しい出会い・・・ないですよね。
宇宙人って言うよりゾンビです。

村民騎士さん

初めまして、福太郎と申します。
因みに、本名じゃないです(笑)。

さて、村民騎士さんのその名前を見て、ん、もしや同じ故郷か?と色めき立ちましたが、一早く帰村宣言した川内村の方でしたね。

川内村で思い出すのは、もう2年以上前になるんですが、事故後1年経たずに「帰村宣言」した時、私は「いいなあ」と思ったのを思い出します。

ご存知のように、私は生まれが飯舘村で、高校まではず~っと飯舘で過ごし、就職後も就職先が中通りだったので頻繁に家には帰ってました。

結婚後は年に数回程度しか帰らないことも多かったですし、だんだんとふるさととの関係も薄らぎ始めたころに起きた原発事故。

それをきっかけに、なぜか故郷への思いが強くなりました。
実際に、全村避難するまでは年に数回しか帰らなかった実家に月に2~3度も行くこともありました。
(飯舘は当時最大で毎時100マイクロシーベルトあるところもありましたし、村平均でも20~30だったのが、全村避難するころには3~10ほどに低下)

そういう、「反原発」側からしたら卒倒するような線量のところに多くの飯舘村民は居ましたが、そこに私も行きました。

ふるさとがなくなるかも知れない・・・・。

その思いがあったんだと思います。

その飯舘村も村長は当初「3年以内に戻る」と意気込んでいましたが、現実はかなり先になりそうです。

帰村が長引けば長引くほど、帰ろうという気持ちが萎えてしまいますし、現実に飯舘村のアンケートにもあるように帰ろうとする意思のある人は3割程度に低下していますし、しかも内訳は若年者の割合がかなり低いという事であり、長い目で見ると村の存続が危うくなってしまっているのが現実です。

一方、川内も帰村は早期に宣言したものの、実際の帰村者が思うように増えないようですね。

これは、1年近くも違うところで生活してしまえば、そこ(避難先)の生活が基盤になってしまうからですね。
こういう言い方をすると誤解を受けると思うのですが、避難先の環境(交通、医療、教育、買い物の便など)が良かったりすると、不便な所には戻りたくないと思うのが人の常だと思います。

私の生まれ故郷である飯舘もその例にもれず、今まではあまり気付かなかった「不便さ」を避難先で「気付いてしまった」のですよね。

だから、私は長期避難になる場合は、本当に避難しなければいけないという「科学的・医学的根拠」が示せないのであれば、「一律避難」じゃなくて、自宅で生活しながら時々(たとえば週に2~3日程度)放射線の低い所への静養(もちろん国や東電の負担でです)と言う手段でも良かったんじゃないかと、当時から思っていましたし、専門家の中にも当初はそういう事を言う人はいたんですよね。

今となっては遅すぎる話なんですが、3カ月前後も最も線量の高い時期に避難しないでいた飯舘村民が今、健康的に問題となることがないことを思うと、非常に悔やまれるというか、複雑な心境です。

なお、原発事故当初の、どの程度の量の放射性物質飛散なのかがはっきりしない時点では、とりあえず避難させるのは当然だと思いますが、線量測定などで状況が分かって来た時点でそのまま長期避難なのか、一旦帰還させるのかを決めるべきだと思います。

とにかく、この長期避難が及ぼした影響は余りにも大き過ぎます。

放射能は身体にいい!

この定説を日本から発振し続ければ
よい。
勇気のいることだが。学術的にも、まま証明されてる。あとはヤル気次第、原発も同時進行だな。

通りすがりさん

「言う通り」って、私のコメント読んでないでしょ(笑)。

アメリカ政府の発表って「18京ベクレル」の話ですよね?(違いますか?)
で、その話は「アメリカ政府の発表」なんかではありません。(リンク先読んでくださいね)
「18京ベクレル」って数値自体も当初されていた「仮定」のなかでの最大値だって事で、それを「アメリカ政府の公式発表だ」ってデマを流しただけです。

だから、「18京ベクレル」の話をもって「アメリカ政府に抗議」なんてナンセンスもいいとこです。
抗議すべきはこのデマを拡散させたenenewsとブログでしょうね。

こんな話、鵜呑みにする方がおかしいですし、ましてや罪のないアメリカ政府への抗議なんか呼び掛けるのは止めましょう。

スーハーさん

いわゆる「放射線ホルミシス効果」のことをおっしゃているんだと思いますが、現在まで科学的な証明がされたと聞いておりませんね。

私個人は懐疑的です。

また、むやみやたらな危険論同様に「根拠のない安全論」もまた安易に肯定するべきではない、と考えます。

Linear No-Threshold Model VS. Radiation Hormesis.

三十年以上前に、放射線の先生に「微量な放射線だと免疫の賦活作用がある」と、習って、冗談でも言ってるんだろうと笑っていましたが、ちゃんと論文はあるようです。

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24298226

ですから、全然根拠のない話ではないとは思いますが、まだエビデンスが弱いと思います。

でもまあ、
「スーハー」さんは、この板を、おとしめて、信頼性を、毀損しようとする「荒らし」でしょうね…、素直に考えれば、
もしかすると「通りすがり」さんと、同じ人かな?

adaptive resoponse

ホルミシス(適応応答)、論文は沢山出ています。
PubMedで、radiation hormesis かadaptive responseで検索をかけてみられるとよいでしょう。
試験管内でも実験動物でも報告が出ています。
タダで読めるものもありますから、ご覧になってください。

お読みになるとわかりますが、ホルミシスの起きる条件は限定的で、再現性や突然変異蓄積の問題などなどを考え合わせると、「健康にいいから放射線を浴びなさい」という考え方は一般的ではありません。これは「低線量も極めて危険」という考え方と同様に、放射線防護にそぐわない考え方です

この書き込みについて、私もみちのく人さんと同じ意見です。「放射線は健康にいい」議論を誘導して、「原発推進派」のレッテルを貼りたい、ということが見え見えです。下品な文章といい、あさましいことです。

IKAさん

いつも除染ご苦労様です。

鼻血のベータ線熱傷原因説(ホットパーティクル云々含む)について、情報提供です。

https://www.remnet.jp/lecture/b05_01/2_3_5.html
をご覧ください。
症例写真もあります。

「生き残った幹細胞にもDNA障害が生じるために長期にわたって局所の炎症,壊死が起こり」、とありますね。
出血を伴うような重症のケースでは急性の炎症だけでは治まらない、ということです。
もちろんDNA突然変異も生じますから、長期的には「がん」リスクも上がるはずです。

もちろん鼻血が出た子供さんたちに潰瘍ができていたとか鼻腔のがんが増えたというような報告はこれまでありませんから、彼ら自称「専門家」の言っているようなことは、根拠がないことがよくわかります。

No title

>みちのく人さん
>F1ABSさん

フォローありがとうございます。
適応応答(言わば狭義のホルミシスかな)については一応聞いたことはあったんですが、スーハーさんのコメントを見る限りでは「健康法としての広義のホルミシス」を指していると思いましたのでああいったコメントにしました。(ちょっとざっくりし過ぎだったですね)

広義のホルミシスについては随分研究も(某ニシオ医師や某マツイ医師なんかよりもずっと真面目に)されているようですし、「低線量放射線で鼻血」よりも可能性は高いかもしれません。が、結局以前bloomさんがコメントしてくださったように「効果があったとしても、疫学調査で検出出来ない程度の僅かなもの」なのかな、って思っています。(個人で信じる分には文句はありませんし、被曝の不安でストレス抱えるよりはいいかな~、って思いますが…まことしやかに肯定はできませんね)

ああいったコメントを差し込んで「原発推進派は非科学的」ってレッテル貼りしたいんだろうな~、って思いますが、たぶん思惑はハズレれだったでしょうね~(笑)。

残念でした。(どうでもいいですけど、放射線が体にいいって「定説」で「学術的に証明されてる」んなら勇気をもって「発振」しなくてもいいんじゃねーの、って文系的にツッコミ入れときます…笑)

>F1ABSさん
せっかく「ラジカル」とか「過酸化水素」とか予習したのに、すっかり別の説が広がってしまいましたね~。(マツイ氏の立場は…笑)
ホットパーティクルも「放射能を帯びた微粒子」みたいな意味ではれっきとした論文に出てくるみたいですね(ここでホルミシスと微妙に被せる、と)。
ただ、彼等が言う「ホットパーティクル」は原形はコクラン(だったかな?)のプルトニウムホットパーティクルだったり、それを勝手にセシウムまで広げちゃって…もう収集つかなくなってきてます。アッチ側でも混乱してんじゃなかろうか、と思うんですが(まあ、元からカオスなんで関係ないか)。

教えていただいたお話と資料、有効に使わせていただきます。

闘う人のことを

闘わない人が笑う
って唄がありますでしょ。

私・今回の流れを見ていて

ちょっとだけ
「もう相手にするのやめたらいいのにな~」って
思った時があったんです。

話題がそれて・エキサイトしてる人のツイッターなんか
うっかり見ちゃうと・・・。嫌だなあって。
どっちも同じに見える。

私・偉そうに高みに登ってしまって
必死な人を批判したくなってしまって。

でも
ただの反論(もうわかりきっていることやコピペ)ではなくて
熱い思いが込められている言葉を読むと

ああ・やっぱり
いろんなやり方があっていいんだなと思いました。

守りたいものがあるんですから。

というわけで
みなさん・いつも除染お疲れ様でございます(ぺこり)。


どうせ通りすがり
会うこともないだろうと思って
好き勝手書きます。

でもHNを変えて・いろんな人を装うことはしません。
私は私ですから。


私は仲間由紀恵にそっくりな福島の母親です。
真木よう子にも似ているのが自慢です。

福島に住み始めてから
美しさにますます磨きがかかりました。

いいなあ!言論の自由!
いいなあ!正体がばれないと思ってデマを飛ばす自由!

No title

>なおみさん
ゾンビ、言いえて妙ですね。
未熟な呪術師カリーとアラーキーの下手糞な呪文で鼻血の大好きなゾンビが大量発生し、カリーとアラーキーはビビッて逃亡した、て感じですか。


さて、西尾テンテーの続きですが。
西尾テンテーの暴走の酷さにPKA先生が、学会に処分を進言した件です。
http://twitter.com/PKAnzug/status/464325786980204544

そのPKA先生ですが、かつてのプリリンとか、工藤先生にしつこく絡んでいた「自由すぐるオカン」みたいなのにつきまとわれています。
これのコメント欄を参照。ipatorioticmom通称「節子」です。
http://togetter.com/li/670885#c1487832
病んでますね、PKA先生もヘキヘキしてます。
http://twitter.com/PKAnzug

産経GJ

GJ産経がものすごく真っ当な事を書いている。

「美味しんぼ」“鼻血は被曝”を検証 構内見学した記者に異常なく…放射線の影響「量で判断が必要」

2014.5.20 07:43 (1/3ページ)[放射能漏れ]
http://sankei.jp.msn.com/life/news/140520/trd14052007430001-n1.htm

   ☆引用☆
記者も今年2月、同様の見学をしたが、同行者で鼻血を出した人はいなかった。記者自身、疲れやすくなったということもない。見学では構内に入る前に個人線量計をつけ、構内でどれだけの線量を浴びたかを調べる。記者の場合は0・01ミリシーベルトで、航空機旅行「東京-ニューヨーク」(片道)の10分の1の線量だ。
   
100ミリシーベルト以下の低線量被曝の健康への影響については100年近くも研究されており、極めて小さいことが分かっている。現在、福島県で暮らす人々が原発事故によって余分に受ける放射線量は年間1ミリシーベルト程度で、健康への影響が心配される数値ではない。

   ☆引用終わり☆


千貫森の宇宙人さん

鼻血って微妙な感じですね。

私とIKAさんがたまに
嫌な人にプチ呪いをかけるでしょ。

今日進む道の信号が全部赤になれとか
おひるの割りばしがうまく割れないといいとか

うまく言えないんですけど
ちょっと嫌な気分にさせられる。
そんな不調。

お医者さんにかかっても
大丈夫だから大丈夫としか言われない。

鼻血にこだわって心配してるおかあさん(が・もしいらしたら)
お医者さんを信じましょう。

お医者さんが怖い・苦手・できたら関わりたくない私でさえ
そう思うのですから(不調時の対処法はIKAさんと気が合います)

ホントに怖い病気は
鼻血だけで止まってませんよ。

一か月も二か月も三年も
同じ状態なんてありえないと思います。

あ!
うっかり鼻血のこと説明しようとしちゃった(笑)!

ブログ更新しました

今回の鼻血騒動、自分なりにまとめてみました。↓

http://blog.goo.ne.jp/osato512/e/89708eb81c8232b78c179864e9bc7357

いや、せっかく最終話買ってしまったので、このまま何もしないと勿体無い気がしたもので…(^^ゞ。

雁屋氏の反論が聞けないのが残念です。

No title

>IKAさん
オカルトにトンデモ、疑似科学...単なるビリーバーなら、真実を気付かせさえできればいいんでしょうが、それを大勢に信じ込ませて都合良く利用してるやつらがいるのが厄介なんですよね。

>千貫森の宇宙人さん
ネコさんのブログすげぇ!宇宙人さんとも知り合っちゃったよ・笑
ということで、千貫森の宇宙人さん、よろしくです。
千貫森といえば、福島のピラミッドと呼ばれるあそこですね。若かりし頃、飯野のUFO館に行ったことあります。
実は、UFOやらUMAやらオカルトは嫌いじゃないもんで。

>福太郎さん
はじめまして。福太郎さんの思い、よく分かります。
自分も、一応、住民票上は村民ではありますが、所謂、原発ジプシーというやつで、村外に出ていることの方が多いです。(因みに3.11は青森のむつ市にいました、現在は新潟をベースに第二での仕事があるときだけ、川内に戻ってます。)
震災・原発事故後に漸く村に入ったのは4月の終わり頃でした。誰もいない、ゴーストタウンと化した村を見て悲しみとも寂しさとも違う感情を抱きました。おそらく、福太郎さんも感じた故郷がなくなってしまうことへの焦燥というか不安感だったんだと思います。
現在、帰村者は6割程度で頭打ちです、しかも完全に帰村しているのは、3割も満たなかったと思います。後は休みのときは郡山の仮設や借り上げ住宅で過ごす2重生活者ですね。福太郎さんの指摘通り、町場の便利な暮らしというか、村の不便さからの解放が帰村しない真の理由と言っても過言じゃないです。元々、過疎は絶賛進行中でしたし、職場や買い物は富岡や大熊に依存してたのもあり、事故後、益々、川内村で生きていくという選択肢は選ばれにくい状況です。このままでは、自分が見たゴーストタウンの村が一時的なものではなく、永久的なものになってしまうでしょう。だからこそ、村長もスピリッツ誌上で言ってましたが、今回の美味しんぼ騒動のようなことで、村の死を食い止めようとする足を引っ張られたくないのですよ。
飯館は、線量も状況も川内より厳しいかと思います。しかし、「故郷の死」を見ることが無いよう社会が進んでいって欲しいですね。

鼻血まんがの総括における「リョウロンヘイキ」。

マスコミ的にはこの「鼻血まんが」騒動も終わった感じでしょうかね。
毎日毎日次々と新しい話題が出てきますからね。

さて、騒動をまき起こしての「美味しんぼ」の「総括」は(と言うか、私は実際には読んでませんが)、「リョウロンヘイキ」して終了みたいですね。

科学的にはっきりしてないものはこの手法は当然なのですが、果たして放射線は本当に「はっきりしてないものばかり」なのかははなはだ疑問。

最大の問題は、分かっている事までも「分かっていない」分類にされてしまっていること。

まあ、「現時点で分かっている事」さえも世に堂々と出されると自分たちの主張にとって都合が悪いから、そういう風に持って行くんでしょうけれど。

で、その「リョウロンヘイキ」ですが、こうやってカタカナで書いてみると、正しくは「両論併記」ですが、なぜか「両論兵器」「両論平気」にも見えてくる。

放射線の場合、原爆被爆国として今まで長い間抱いてきた放射線に対する国民のイメージがあるために、両論を出されるとどうしても「悪いイメージ」の方が印象に残ってしまいますね。

だから、放射線のようなイメージが固まってしまっている事象に関してこの両論併記は、私のような「少しの放射線は大丈夫」と思う側にとっては「両論兵器」に見えますね。

あるいは、両論を出すことによって、実際に風評被害で苦しんでいる人たちに「風評被害など本当はないのでは?」とか「風評被害は自業自得」などと言う人もいるのは確かであり(ある掲示板での言やり取りでそう言う人がいる)、つまり両論を書く事によってを福島の風評被害や避難などの苦痛を何とも思わない「平気」な目で見てしまいかねない気もします。
だから「両論平気」。

>村民騎士さん

>誰もいない、ゴーストタウンと化した村を見て悲しみとも寂しさとも違う感情を抱きました。おそらく、福太郎さんも感じた故郷がなくなってしまうことへの焦燥というか不安感だったんだと思います。

まさしくその通りですね。

>現在、帰村者は6割程度で頭打ちです、しかも完全に帰村しているのは、3割も満たなかったと思います。

そのようですね。
以前から何かの切っ掛けがあれば村を離れ便利なところで・・・、と思っている人がいるのは当然ですから、その切っ掛けに原発事故がなってしまっただけでもありますね。

しかも、移住するためのそれなりの賠償もあるわけですから、それでも残りたいというのは正真正銘、村が、ふるさとが心底好きな人なんでしょう。

そういう人にこそ、手厚い補償をすべきだと私は思いますね。

そうでなければ、もともとが不便なところは本当に消滅してしまうでしょう。

思ったよりも涼しい日

OSATOさん・拝見しました。

そうだそうだ!と思いました。
なんておこがましい人たちなんだろう。


福太郎さん
>「両論兵器」「両論平気」

パソコンで変換しながら(兵器が出たことあります)

心の問題を理屈だけで扱おうとすると
うまくいかないんだなと思いました。

科学的な説明だけでは
埋めきれない不安に・心の隙間に
するすると入り込むのが上手な人たちは・怖いです。

かつて選んだ生活や考え方を
今の自分が楽しいと感じられなかったら

その気持ちを「そんな風に思っちゃダメ!」みたいに
周りから否定される事が増えたら
おつき合いをやめる勇気が必要だと思います。

常識ある誠実な人は
他人の人生に口出ししません。


福島のおかあさんがたが
「きつい顔してデモか抗議活動ばかりしている」
もしくは
「暗い顔をして健康の心配ばかりしている」

みたいなイメージが先行したらいやだな。

No title

>村民騎士さん
はじめまして、こんにちは。
オカルトは楽しむものです、私の自室の本棚にもその手の書籍が結構ありますよ。

そういえば、「いちえふ」中で竜田さんのチームの青年が、確か川内村の住人だったと思います。

村民騎士さんも、大変なお仕事に従事なさっていると思います、くれぐれもご自愛ください。

では、今後もよろしくお願いします。


>なおみさん
鼻血、鼻血と大騒ぎの、おじさんおばさんへ、言うべきことは。
「医者に行け」ですよ。

千貫森の宇宙人さん

>言うべきことは。

了解です(にこ)。

まずはかかりつけのお医者様に相談ね。
それから必要があったら紹介状を書いていただいてね。

信頼できるお医者様の見分け方は
こちらをご覧になってるみなさんは
もうご存知ですものね。

お大事にね。

・・・という万感の思いを込めて

心配なことがある人は
お医者に行くといいですよ~(にこ)!

大人は知らん顔してきっちり働く

前進社に家宅捜索が入りましたね。

定期点検かもしれませんが
あ♪と思いました。

核となる部分から
もわわわわんと広がっていって
どのあたりからか

大学関係者とか有識者(と呼ばれる人)とか
芸術家とか文化人とかオサレでエコでロハスな人とか
意識の高いママとか
(まだまだ女としてもイケてるわよ!とアピールしたい
 学生時代・偏差値はそこそこ高かったと思われる
 でも今はなんだか不全感・・・旦那さんは腰が引けてる)

等につながっていくんだろう・・・。

書き出してみて思うんだけど
汗をかいて働いてない人たちだね。

生活に伴う泥臭さからかけ離れている人たちだ。
かっこいいことだけしゃべってればいい。

おとなしい人たちは
なんだか都会風のありがたいもののような気がして
黙っちゃうけど

裸の王様みたいな感じ。

はたから見てると
イイ年したオッサンの癖に・万年青年風とか
もう少し旦那さん(というか身近な人かな)と仲良くした方がいいですよ
と感じる女の方が多いです。

あ・あくまで個人の感想ですから(と逃げを打つ)。

>イイ年したオッサンの癖に

の内容にはオタクかどうかは含まれていません。

40になってもガンダムガンダム言ってる人は
死ぬまで言ってる気がします。
もうそれはしかたないんです(諦め)。

たとえ言ってたとしても(握りこぶし!)
きちんと大人になってる人達は
どこか静かですよ。


自分が何を言ってるかわかってて
「それってインボーかもな(笑)」って余裕と
眦を結して「インボーに違いない!」と
(ああ・・・恥ずかしい)周りを説得しようとする様と

比べてみよう!


ツイッター見てると
世の中には正気のふりをしてる人が多いのかも?
と嫌になりますが

毎日生活していて
自分の周りが素敵な人たちばっかりだったら
それが私にとっての現実。
それでいいのかな・・・。

うん・それでいいのだ(自問自答)。

No title

ツイッターでの拾い物ですが
日本マス・コミュニケーション学会の春季・秋季の研究発表大会の
「研究発表論文集(予稿集)」です。

福島第一原子力発電所事故後の週刊誌報道の分析と情報の扱われ方 (2014)(佐野 和美)
http://mass-ronbun.up.seesaa.net/image/2014spring_D4_Sano.pdf
http://mass-ronbun.seesaa.net/category/12395767-1.html

ネコさん、次のネタにいかがっすかw


上記報告について小並感ですが、

「過剰な言説でも議論のきっかけになる」ということにはなりそうもない
「初期にデマ屋を放置したことが結構致命的かも」
「今回の美味しんぼ騒動は今まで関心の低かった層にデマ情報に
 触れるきっかけを与えた
 あるいは初期情報から更新できてない層をさらに強化してしまっている」
ってところでしょうか。


鼻血漫画も
識者の選び方で少しはどうにかできたかもしれませんが、
ノロミカなんぞ持ち出して編集長のコメントでわざわざ言及するあたり、
(編集長の風評も加味すると)
雁屋に押し切られたというだけでなく
編集部がかなり放射脳汚染されていたという線が
強いように感じます。

ヤレヤレ。

No title

>千貫森の宇宙人さん
>村民騎士さん

私もオカルトは嫌いじゃないです。ってか、「木スペ 矢追純一UFOスペシャル」とか「中岡俊哉 恐怖の心霊写真集」とか「ノストラダムスの大予言」とかで育ちました(←歳がバレる)。
正直、アレな人たちの話はオカルトと構造がおんなじなんですよね~。
お陰で免疫ついてます。

私の印象にすぎないですけど、この放射能デマに惑わされない人たちって、「オカルト好き(ヲチャとして)」「SF好き」「マンガ好き」みたいな人が多いように思います。
(結局ヲタク最強、ってか)

美味しんぼがこれだけ批判されたのも、カリーがマンガ界の重鎮でありながら、全くマンガを愛していない事に「マンガを愛する」人たちが気付いたからなのかな~、って思います。

>さんご@さばとらさん
サンケイに限らず、多くのメディアが取材に入ってるんですけどね。
「言論の自由」を大切に思うんなら、メディア内でもっと批判してもいいんですが…じゃないと権力の介入を許すんじゃないかと思うんですが。

>OSATOさん
私、結局読めませんでした。何処も売り切れで…。

>福太郎さん
マスコミの両論併記は「99対1」をさも「50対50」であるかのようにしちゃう問題もありますね。
別に「1%は黙れ!」なんて言う気はないですけど。
(私はどんなダメな言論でもそれを言う自由は必要なんだと思ってます。ってか、それが言論の自由の本質じゃないかな~。某掲示板ではそれを理解できない人が多いですけどね…笑)

「多数決は反論する機会も与えない」って、どんな民主主義なんだか。

>なおみさん
>正気のふりをしている人が多い…

う~ん、個人的な見解ですけど、ツイッタのように「定型、文字数少ない」ツールって心に重い病気を持っている人でも、デジタルの補正能力で読める程度になってるのかなぁ、って思うときがあります。

どこかで猫が鳴いていた

福島の医師@お昼休みさん
>福島第一原子力発電所事故後の週刊誌報道の分析と情報の扱われ方 (2014)(佐野 和美)

面白かったです。

>編集長の風評も加味

「編集長風味」って読めてしまい
どんな味なんだろう・・・と一瞬(老眼進行中)。


IKAさん
>結局ヲタク最強

イエ~!ギョイギョイ~!

>全くマンガを愛していない事に「マンガを愛する」人たちが気付いたからなのかな~、って思います。

やっぱり愛ですよね。最後は。
愛がすべてですよ。

>デジタルの補正能力で読める程度になってるのかなぁ、って思うときがあります。

なるほど・・・。

実際に会ってお話ししてみたら・まともに会話が成立しなかったりして
「え~・・・なんかショック」ということはあるかもしれませんね。

誰からも相手にされないようなこんな人のつぶやきで
自分は心揺らしていたんだ・・・とか。
馬鹿らしくなるかも。

嫌な感じの人とは
現実世界での接点は無いのかもしれません。
おひさまに当たってないんじゃないかな。

知ってる限りの単語を使い回すしかないから
「定型、文字数少ない」のかな。

携帯電話の普及あたりから
これは人間を病みつかせるための
悪魔の発明・陰謀ではないかと思っていました。

アヘンみたい・・・。

No title

 このところ、ずっと画面を出しっぱなしにして、いろいろとうるさい事があったり、大相撲を見ていたり、大相撲の記録を調べたりで、ネコさんのブログもいつものペースでじっくり読んでいたら、いわゆる「美味しんぼ事件」の展開が速くて更新されているのに気がつきませんでしたよ。

 ニュースでアメリカのタラちゃんを知った時は、もう始球式に招待をされていたんです。
 日本でも福島でもネコちゃんが大活躍していたんですね。

 こと放射線のことになるとサンケイ新聞の方が朝日毎日より冷静だからイヤになっちゃう、と左の方の人が言って、若田さんの帰還について述べていましたけど僕にはその気持ちは良く分かります。

 若田さんは毎日1ミリシーベルトの宇宙からの放射線被ばくをして188日間宇宙船に滞在していたんですが、船内では鼻血をそれこそドバーっと出し続けていたとは聞きませんね。無重力状態なんだから真っ赤な血球が宇宙船内に漂うと思われ、十分にニュースバリューがある話だけど聞いていないなあ。

 このブログもじっくりと読んだけど、毎日の社説は朝日新聞の大岩ゆり氏が書いたのだろうか?何故なら

 ①低線量放射線で鼻血が出るとは直接はあるかどうかわからない
 ②心理的影響で鼻血が出る可能性があると言う学者がいる

 この手順では結論として、被ばくで鼻血がでる可能性は殆どないと言う事、と言う風にいうのではなく、本当に僅かながらもあると言う風に言う。
 と大岩ゆり氏得意のロジックによる言い方になるのでは

 ②が可能性があるなら避難先で鼻血ブーの人がいる可能性の方が大きいのでは?と思わないのかな、特に自主避難の人は心理的ストレスが大きいから避難をしたんでしょう?自分基準でね。

 ところで「美味しんぼ」擁護派で以下の人達がいるんだそうですが、木野某先生と言うのはどう言う人なんだろう?
http://togetter.com/li/667009

 意気揚々としゃべったら、終わりごろはボロクソみたい

 でも展開が速い「美味しんぼ事件」、もうネコさんが更新しているのでは?

朝日新聞は何がしたいのか

http://blogos.com/article/87076/

国が政府がと言う前に
私はマスコミに不信感を抱くようになりました。

何を聞いても
全部嘘なんだもん。

自分が見聞きしたことだけが真実だなんて
とても狭い了見だけど
嘘が混じらないだけましかな。

誰それが言ってたよではなくて
私が見ましたって言える分だけ。

ゲスニックだなあ。

ドラマの告知

今夜10時からNHKで放送の東京の社会福祉協議会のコミュニティ・ソーシャルワーカーを描いた「ドラマ10 サイレントプア」で福島県の自主避難者を扱うようです。
http://www.nhk.or.jp/drama10/silentpoor/html_silentpoor_story.html

No title

【思ふことあり】
風評被害に負けず走りたい スポーツジャーナリスト・増田明美
http://sankei.jp.msn.com/sports/news/140527/oth14052711210002-n1.htm

産経の記事は良いですね。それに比べて朝日ときたら・・・。

鼻血親父の後継者?

南相馬の議員さんと言うのがため息、はぁ~。

先ずこちらから読んで、心の準備をしてからね

鼻血騒動で息をふきかえすホットパーティクル説:南相馬市議大山こういち氏のブログ記事をめぐって
http://togetter.com/li/671592

ご本人のブログ
南相馬市議 大山こういちのブログ
http://mak55.exblog.jp/

なんかもうため息しか出ないです。

spherical cesium-bearing particles

さんご@さばとらさん

ホットパーティクルって何の事だかわからなかったのですが、
http://www.nature.com/srep/2013/130830/srep02554/full/srep02554.html
だったんですね。
気象庁気象研究所からの論文です。
これが鼻腔に溜まって、ですか。
引用された論文の筆者の人たちには迷惑な話です(笑)

この議員さん、化学の知識が全く欠けてますね。
そんなこと知らなくても業務には関係ないのでしょうが・・・
聞きかじりの知識で妄想を育む暇があるのなら、本業をまじめにやってほしいものです。

東京新聞も相変わらず

ちょっと古い(5/17)の東京新聞の怪しい記事(1面)です。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2014051702000127.html

記事の言いたいことは多分こんな感じです。
1.福島沖30キロのセシウム137の濃度が元のペースに下がらない
2.チェルノブイリ事故の時は2年で下がった
3.原発からセシウムが漏れているから下がらないのではないか?
4.ついでに大嫌いな安倍ちゃんも攻撃しておこう
5.専門家の方の「大きな環境影響が出るレベルでないという」のご意見をおまけでつけておこう

原発、放射線、医学やらについては素人ですが、一応理系の端くれ(経営工学科卒)として、東京新聞のグラフの解釈が「?」だったので、指摘をしてみたいと思います。


記事中にあるグラフ(福島沖30キロ付近 海水のセシウム137の濃度推移)の2013年を見ると、チェルノブイリの事故があった1986年よりも最大値、最小値とも低いわけですので、2011年の事故後から濃度が下がっていると読めると思います。


また、事故前の減少ペースに戻らないとしていますが、事故時にセシウムの放出があったことを考えれば自然だと思います。増えたところから、また減少傾向が続いていくものと思います。
逆に急に減ったら、それこそ東京新聞の望む「国、東電、原子力ムラの陰謀」になるのですが

徒花

>千貫森の宇宙人さん
お気遣いありがとうございます。とはいえ幸か不幸か、震災後、1Fには入ってないんですけどね。まぁ、極稀に自分もフルアーマー状態で作業することもあるんですが、作業性は悪いし、体力削られるし、ハンパないキツさです。1Fで作業されてる方達には本当に頭が下がります。

>IKAさん
―放射能デマに惑わされない人たちって、「オカルト好き(ヲチャとして)」「SF好き」「マンガ好き」みたいな人が多いように思います。 ―
同意です。そういうのを楽しむ為には、虚構と現実の区別というか、現実社会や現代科学との齟齬の部分が分かっている必要があると思います。流行で言えば、リテラシーってやつですかね・笑

>福太郎さん
帰村宣言直後はマスコミもこぞって、帰村について報道してました(昨年の3月には川内から報道ステーションやるくらい)。
しかし、その後を検証する報道は全くと言っていいほどないですね。結局、帰れる・帰れない、突き詰めて言えばマスコミも放射能の問題にしかニュースバリューが無いと考えてるんでしょうね。表層的な部分だけ騒いでるうちは、美味しんぼもマスコミも「福島の真実」に辿り着けるわけないんですが。

>さんご@さばとらさん
はじめまして。
大山氏は井戸川氏の後継どころか、放射脳としては小物過ぎて相手にされてないみたいです・笑
道路わきの黒っぽい埃を「プルトニウムだぁ!」と前から騒ぎ立ててますが、放射線についてよく分かってないようですし、あちらの人お得意の、地面ダイレクト測定で高線量出たと小躍りしてるような人です。
井戸川氏と共に、要職にある(あった)人間でもトンデモさんは存在するといういい実例ですけどね。

笹団子さん

>「ドラマ10 サイレントプア」

私これ・ずっと観てるんです。
昨夜も観ました。

福島弁がすごく変でした・・・。方言指導がついていたのに。
山の方と海の方とごっちゃになってて(私でもわかる)
きちんとお礼を言う場面でも「ありがとない」?

国(県)籍不明の田舎っぺみたいな話させ方に
すごく不満でした。
ドラマ自体が雑に作られてるみたいで。

ホームレス・フィリピン女性の不法就労・ゴミ屋敷・ひきこもり・介護・・・
そういった事柄と並べられる貧困として
自主避難者が定着しちゃったんだということにも軽く驚きました。

ドラマになるって
よその人から観てわかりやすい設定
(このドラマのようにちぐはぐな・つぎはぎであっても)が
出来上がっちゃったということなのかな。

これとこれを盛り込んでおけば
ステレオタイプの自主避難者でしょ・みたいな。

私はドラマの深キョンみたいに
どんな状況を生きてる人に対しても
「この人なりの事情があったんだな」と思って
さげすんだりしません。

でも・・・その成り立ちから知ってしまっていて
一部の自主避難者たちから
精神的リンチを受けていた福島県民からすると

いまだに
(ここ大事・あの時に本当に怖くてちょっと離れた人は仕方ないと思う)
金よこせとか言ってる人達は好きになれません。
私の限界を知りました。

本当はちょっとだけ離れた人たちの中にも

地震・津波・原発事故で
本当に住む家がなくなった人を差し置いて
「お金が出るから」って別荘みたいに住まいを借りていたり

残る人に失礼なことを言ったり
厚かましかったりした人を知ってるから

印象は良くありません。
ヒモ付きの弱者って気がします。


村民騎士さん
>そういうのを楽しむ為には、虚構と現実の区別というか、現実社会や現代科学との齟齬の部分が分かっている必要があると思います。

優しい人は
相手の触られたくない部分に敏感だから
そうできるのだと思います。

そういう人たちが本気で怒ったら
的確に相手の痛いところを突ける気がします。

ちょっとそんなことを連想しました。

同じ気持ちで過ごした

人のブログって勝手に紹介したらいけないのかしら?
(だめだったらネコさん消してね)

「3年ぶりで思い出した2011年夏のリンチの血の味」
って言う記事を
ツイッターでもFBでも目にしたのですが。
あちこちで広まっているのかな?

読んでみたらとても共感できました。
みなさん・ご存じだったらごめんなさい。

No title

「ドラマ10 サイレント・プア」第8回は6月3日(火) 午前1時25分から(月曜深夜)に再放送予定です。
http://www.nhk.or.jp/drama10/silentpoor/html_silentpoor_story08.html

ネタバレになるのでご覧になっていない方は以下のコメントを見ないほうがいいかもしれません。

>なおみさん

ドラマで方言はよくつっこまれますね。
去年の朝の連続ドラマ小説「あまちゃん」でも「じぇじぇじぇ」が岩手県の人から「知らない」といわれていたようです。
あちらは宮藤官九郎が考えて使ったので違うのかもしれないですが。

この番組は全部見ていませんが、深田恭子演ずる社会福祉協議会に属するソーシャルワーカーが法律から漏れた貧しい暮らしをせざるを得ない人たちを支援する「こういう人が世の中にいる」という問題提起型の番組のようですね。

今回は福島県からの自主避難者ということで福島県に住んでいた奥さんが妊娠していた夫婦と子供一人の家族が原発事故の後に妊娠に不安を感じて東京に移住したものの、夫が津波被害のPTSDの影響で仕事もしないでブラブラしているのを本人の経験を生かして就職をさせるという内容だったのですが、夫だけなら福島県じゃなくても岩手県や宮城県の津波被災者でもありうる話と思いました。
自主避難者ということならむしろ放射能に不安を感じる奥さんを主にすべきと思ったので中途半端に感じました。 それに岩手県や宮城県の似たような境遇の人がいるならどうなっているのか?疑問に感じました。
「自主避難者」にも色々あるのでしょうが、こうした単発ドラマでは限界があるでしょうね。

もし、奥さんを主にすると放射能の話になって場合によっては「美味しんぼ」のように炎上しかねないので逃げたのかもしれないですね。(というより解が無いのかもしれないですし)

デマを流す一部の自主避難者と違って夫婦が賠償や生活保護を求めずに奥さんのパートで慎ましい生活をしていたことや夫が再起する様子が描かれていたことがせめてもの救いと感じました。

こうした自立した移住した人たちは「自主避難者」の看板を降ろした方がいいのでは?とも思いました。

スマホからがむばってマス

ちょっとF1ABSさん、そこにお座りになって。
おばちゃんをね舐めてはいけません。英語なんて英語なんて、ワーン(号泣)
泣きながら読みましたよ、
まあ、あちら界隈ではホットスポットが使えないし流行遅れなのでそれらしいものを持って来たんでしょうけどね.色々と見つけてくれます。
そのおかげで、賢くなれたとしておこう。

村民騎士さん
始めまして、来てくださって嬉しいです。
村民騎士さんの書き込みは、中々聞けないお話なので
読みながら膝を打っています。膝が真っ赤になったりして^ ^

そうですか、市議さんは相手にされてないですか、良かったです。
あそこまで行くと流石にあちら界隈も付いて行けないんですね。
でもアレを続ける事によって変に力を持たないか心配ではあります。

No title

長いので・お時間ある時にどうぞ

笹団子さん・こんにちは

そちらのお天気はいかがですか?
私は今お布団を干しながら・天気とチキンレースをしています。

>問題提起型の番組

はい(頷く)。

>自主避難者ということならむしろ放射能に不安を感じる奥さんを主にすべきと思ったので中途半端に感じました。

はい(頷く)。

>せめてもの救い

はい(頷く)。

先日・福島がご実家で今は首都圏にお住まいの
若い女の方のお気持ちを聞くことがありました。

「避難してきた福島の人が勝手ばかり言う」

その人たちは周りからもてあまされていて
それでも自分は福島出身だから
福島の人が悪く思われるのが悲しい。

>こうした自立した移住した人たちは「自主避難者」の看板を降ろした方がいいのでは?とも思いました。

はい(頷く)。
私もそう思います。


さんご@さばとら さん
>ちょっとF1ABSさん、そこにお座りになって。

あたくしも座らせていただきますね(さんごさんサイドに)!

>泣きながら読みましたよ

あたくしはね・すぐにあきらめましたわよ。
もう根気が続かなくって・・・。


村民騎士さん
>井戸川氏と共に、要職にある(あった)人間でもトンデモさんは存在するといういい実例ですけどね。

昨日の朝日の記事に

「(原子力)規制委員に原発推進派
 『厳格審査』の一人退任 政府人事案」

こちらのブログのデマとは直接関係がないですし
私にはどう判断していいのかわからない・天空の話です。

引っかかったのは
人を評する時に簡単に「原発推進派」って
そこだけで言いきっちゃうこと。

ここでお話してるだけで
そんな風に自分もまとめられちゃったことが
たくさんあったから。そういう言い方が・・・嫌い。

それを言うなら
福島県・復興・教育に関わる人事の中にも
「反原発派」(朝日の文脈に寄り添えば・それは正義なんでしょ?)は
怪しく蔓延していますよ。

なんか虚しくなるくらい。

世の中のバランスは「与野党伯仲」が望ましいと思います。
いろんな意見があったほうがいい。

それでも
相手がとてつもなく暴力的だったら
殴られながら「そういう考え方もあるよね」なんて言ってられないです。

このブログに信頼を寄せていたのに
この場所も
「ハゲ出っ腹」(肩書きのある男性優位なマッチョ志向)だったかと
嫌になってしまって
いっときコメント欄に来るのをおやすみしました。

(・・・卒業するする詐欺みたいになってしまって・ 本当にごめん。
 でもあの時はそう思ったの。
 男の人たちの考え方や身の処し方が嫌だなって)


三菱重工爆破事件の時
私は日本橋の呉服屋さんにいました。
すごい数のパトカーが走りまわっていました。

サリン事件の時は
職場の人たちが始業時刻になっても来なくて
何があったんだろう?とテレビをつけたらあの騒ぎでした。

日常生活に何か暗いものが滑り込んできている。
もちろん・戦争も含めて心配なことばかりの世界ですが

もういいや・自分の生活だけで。

なにかあって巻き込まれたって
テロや戦争が起きたって
無責任・無関心・不勉強だった自分の責任として甘受しよう。

半分くらい・そう思って生活しています。


・・・それでもまだ・諦めきれずにいます。

誰が何を言ってるか

>要職にある(あった)人間でもトンデモさんは存在する

肩書ではなく・情や付き合いではなく
その人の言動を観て考えられる人が
もっともっと増えるといいな。

私はよそ者だから・最後の最後のところで
「おらが国の○○さん」って感覚が理解できないのかもしれません。

女だから「偉い先生」のありがたさが
わからないのかもしれません。

No title

>さんご@さばとらさん
>なおみさん

かの論文、和訳あります。
http://besobernow-yuima.blogspot.jp/2014/05/nature.html?m=1

日本語で読んでもようけわかりまへんが(笑)。
(実はこの和訳、さんご@さばとらさんがご紹介したまとめ
http://togetter.com/li/671592
で出てました)

なんでこれがホットパーティクル?って思いますけど。

ホットパーティクル
http://togetter.com/li/261741
(コロラド氏による「タンプリン/コプランによるホットパーティクル説」の説明)

>タンプリンの熱い粒子説は30年前に否定されており、提唱者も取り下げています。日本の み、80~9 0年代に世を騒がせましたが、CNICも言及しなく なった完全に死んだ学説ですよ。反原発運動を駄目に した元凶とすら言われています。

>私は、タンプリン・コクランの熱い粒子説を既に本人らによって取り下げられ、欧米では否定されて いた90年前後に、その事 実を知りながらプロパガンダに用いた連中はそのことを撤回と謝罪しない限 り、例え現在考えが一致しても同調しない。保安院と同じく全く信用できない。

>学問は全て第三者の検証に耐えうる証拠、論文のみに依ります。私は、学者の中でもかなりリスク を高めに評価しており安全説の方々からは不評ですが、十和田汚染説やタンプリン・コクラン説を支持 しうる学説や証拠を見たことがありません。

>学者の支援をえたければ、熱い粒子説=ホット・パーティクル 説だけは採用してはいけない。これほ どまでに完膚無きまでに否定され、撤回された説は無い。僕なんかは、これを指標にして、運動体の 正当性を第一次スクリーニングしている。勿論、学問なんて無意味とするならその限りではない。

コロラド氏は「ポンコツ」と揶揄される事もありますけど(まあ自称もしてるし)、これに関しては鋭いかな~、って思います。

困った時のIKA兄さん

もはや私にとって
ドラえもん化しているのでは・・・。

>かの論文、和訳あります。

おお。かたじけない。

>日本語で読んでもようけわかりまへんが(笑)。

御意でござる。

>欧米では否定されていた90年前後に、その事実を知りながらプロパガンダに用いた連中はそのことを撤回と謝罪しない限り、例え現在考えが一致しても同調しない。

ううむ。気骨ある御方じゃ。

>コロラド氏

・・・っていうの?コロラドさん???
この人いい人じゃん(笑)。

・・・・・

「美味しんぼ」に登場 荒木田准教授が講演

読売新聞の記事です。

>「多様な考え方を抑圧する復興論が現地にはある」と強調した。

>荒木田准教授は「不安を表に出せないし、大丈夫かという懐疑的な発言は、表に出ない」とも語った。

>世間で除染が必要だと言われる前から除染を始めていたとし、「危ないのを知っているから除染はやりたくないが、みんなが安全だと言い、除染する人がいないのでやった」と語り、除染を試みると、周囲からは風評被害が起きるのでやめるよう言われたと振り返った。

>年間被曝ひばく線量については「震災前の基準で安全を判断すべき。被曝し続ける環境を変えていきたい」と述べた。


自由に語ってんじゃん。

ドラエモン確定

IKAさん
その纏め読んでたんです。だから泣きながらでも読めたんです。

なおみさん
鼻血マンガの准教授好きに語ってますねー。こんなに好きに語れるのに何処に言論封殺があるのじゃ。
あるのなら使ってみたいわ。ねぇ。
この方も名前を無くしましたね。

No title

さんご@さばとらさん
なおみ姐さん

ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい
>舐めては・・・
家庭内紛争で十分身に染みておりますので、決してそのようなことは(笑)

アチラの人の日本語も直訳で分かりにくいので、要点だけザックリと。

原子炉から放出された放射性セシウムがどのような性状であったか、というのを、つくばでPM2.5フィルター上にトラップした塵から解析した。
放出された時期により、セシウム含有粒子の性状が異なっていた。

3月15日のフィルター上の塵(最初の塵の雲由来)
全面に点状の黒いシグナル多数、シグナルと一致する場所に数マイクロメートルの球状のセシウムを含む粒子が見つかった。一つあたりの放射能は数ベクレル程度。セシウムのほかにも鉄や亜鉛などが含まれていた。(合金、alloyと言ってる、水で洗っても形が変わらず水溶性ではないから、金属の水溶液の霧が蒸発する際に固まってできた?一般的にそのようにしてできるそうです)

3月21日のフィルター上の塵(2番目の塵の雲由来)
こちらは全体的に黒く、フィルターの中まで放射性物質が沁みこんでいた。ケイ酸アルミニウムや硫酸(いずれも天然物)エアロゾル(霧の粒)にセシウム(たぶん1価の陽イオン)がくっついて(溶けたというべきか)運ばれてきたことを示している。

(粒子の話じゃないので以下割愛、日本語訳をお読み下され)

ホットパーティクルってアチラが言ってるのは最初の塵の雲の粒子の事かな?
粒子一つあたりの放射能は低いですね。
ディスカッションの3番目、健康影響は粒子の大きさと水溶性に基づいて評価すべき、なんかは取ってつけたような話で、とりあえず書いとく、って感じ(著者らがそう思ってるかどうか知りませんが)。

ネタ
日本語訳ページ、第2期プルーム、のところ、2行目、「放射脳」って翻訳者の告白?(笑)


IKAさん
ホットパーティクルの話、評価法の改良とか今でも査読付きのジャーナルにパラパラのってます。
実験用ブタの皮膚にくっつけて、瘡蓋の大きさを測るみたいな実験でみてたんじゃなかったかなと思いますが、アチラの人たちと違って極めて真面目にやってます(笑)

No title

>IKAさん
私は、あのへんのオカルトの楽しみかたは、と学会に学びました。


と学会といえば、山本弘さんが「と学会」を脱会したそうです。
http://hirorin.otaden.jp/e312496.html
山本弘さんは、3年前の事故直後から、ご自身のブログ上で積極的に福島支援の意見をエントリーしていました。
あのころは、buveryさんやNATOROM先生、きくまこ先生とともに頼りにしていました(もちろん今も)。
で、山本弘さんは、ASIOSの活動は今後も続けるとのことです。
http://www.asios.org/index.html

ASIOSの本で「検証 大震災の予言・陰謀論(文芸社)」のおかげで、スターングラスやらカルデゴットなんぞを向こうが持ち出してきても、こちらは「へー」ホジホジで対応できました。
できれば、この本の続編も出してほしいものです。

山本弘さんの今後の活躍に期待しましょう。

山本弘さんのブログ、最近は鼻血論争についての記事がエントリーされています。
http://hirorin.otaden.jp/



クロ現

お気づきの方も多いかと思いますが一応。

6月2日月曜日のNHKクローズアップ現代「いま福島を描くこと~漫画家たちの模索~」http://www.nhk.or.jp/gendai/yotei/#3506
さて・・・。

明日も元気に頑張ろう

さんご@さばとらさん
>この方も名前を無くしましたね。

お子さんのことが気の毒で
ちょっと情けをかけそうになりましたが

名前を呼ぶのも忌わしく
えい!って目を閉じてコピー&ペーストですわよ。

目を閉じたらできるわけないだろうって?
オマエ言論弾圧しにきたな~(妄想の国へようこそ)!!


F1ABSさん
>なおみ姐さん

そんなにおびえるんじゃないよ。
とって喰おうってわけじゃないんだから。

>家庭内紛争で十分身に染みておりますので、決してそのようなことは(笑)

やはり世界平和の黒幕は・すべての女性でしょう(笑)。
いい仕事をなさってる。

>2行目、「放射脳」って翻訳者の告白?(笑)

インボーです!(←これいいね!
プリントが見つからないのも
たまごっちが家出しちゃうのも・・・きっと全部インボーだわ)。


千貫森の宇宙人さん
>スターングラスやらカルデゴットなんぞを向こうが持ち出してきても、こちらは「へー」ホジホジで対応できました。

ううむ。さすがですねえ。すごいです。

私はこういう人たちの後ろに隠れて
「そうだそうだ!もっと言っちゃれ!ばーかばーか!!」
と野次を飛ばすという・卑怯な人生を3年間歩んできました。

楽しかったなあ。

不謹慎だけど
傷つけられたまま泣いてるよりはずっと良かった。

みんなかっこよかったよ・・・。

酔っぱらってるので寝ます。

慨嘆

早川に人権侵害や差別を糾弾する資格なんてないけどな。
http://togetter.com/li/673371
(尤も、批判の内容が見当違い過ぎて呆れるしかないけど)
お前が川内の住民を始め、福島県全体を差別したことは、一生、忘れないからな!

お見苦しいところを晒してすいません・笑
まぁ、彼がどんな暴言を吐いてきたか、ここの人達には言わずもがなでしょうが。

>さんご@さばとらさん
ありがとうございます。原発ムラににらまれない程度に中の話もできればと思っています。

>なおみさん
荒木田氏には福大・准教授の肩書きが失くなるくらい頑張って欲しいですね(ニヤリ)

No title

>なおみさん
役に立ってよかったです。
ってか、これからは「じゃじゃじゃじゃっちゃちゃ~、翻訳こんにゃく~」とか言わなきゃダメかな(笑)。

コロラド氏はタンプリン/コクランの「熱い粒子仮説」に関してはとても鋭いんですが、話の内容によっては「ポンコツ」と批判もされているので、マユツバなところもあるようです。

>さんご@さばとらさん
確定ですか~(笑)。
まあ、ドラえもんは全巻持っているんで(てんとう虫コミックス版)、かなり詳しいですよ~。

>F1ABSさん
はい、「ホットパーティクル」自体は「放射能を帯びた微粒子」といった意味合いで専門家は使っている様ですね。

ただ、アレな人たちの言う「ホットパーティクル」は全然違う意味みたいです(だからコロラド氏はタンプリン/コクランの「ホットパーティクル仮説」の事を「熱い粒子説」と言い変えています)。



タンプリン/コクランの「ホットパーティクル仮説」とは
(先のまとめより、コロラド氏の解説)
>タンプリン氏とコクラン氏が1975年にニューサイエ ンティスト誌に発表したホット・パーティクル説(熱い粒子 説)で、簡単に言えば、プルトニウムは、肺の深部、放射線感 受性の強い場所に滞留してガンを引き起し、その危険性は従前 の評価の10万倍とする説です。

>はい。ただ、タンプリンらは、肺に入ったプルが、 肺から排出されずほぼ一生滞留すること、そして、プルから出 たアルファ粒子が肺全体を照射するなど、様々なあり得ない過 大評価を乗算して、変な値を出しています。局部照射が過ぎれ ばむしろ癌化しにくくなります。

要するに「肺に入ったプルトニウムは無茶苦茶危険」って説で、結果否定されたものの放射能の危険を訴えたい人(←ガンダーセンとか)たちによって細々と唱え続けられてきたみたいですね。
それが原発事故で注目され、最初は「プルトニウムガー」って人たちに支持され、プルトニウムは大して出ていない事がわかると「セシウムの呼吸被曝でもー」って変化して、それが「呼吸なら鼻粘膜こそー」って解釈されて、「そんなら鼻血の原因にピッタリ」(←イマココ)って感じかな~、って思います。

そもそも「肺に入ったプルトニウムガー」って
「プルトニウムは半減期メチャ長い」+「肺に入った微粒子は排出されない」=「肺に入ったプルトニウムはチョー危険」

みたいな感じだったのが(←あくまでも素人の「熱い粒子説」の解釈です)、プルトニウムはセシウムに、肺は鼻粘膜に変化して原型を留めていない状態ですね(肺からの排出より、鼻腔内からの排出はよっぽど容易だと思うんですけど…内部被曝は兎に角危険、って人には関係ないみたい)。

ってか、「ホットパーティクル」は「放射能を帯びた微粒子」どころか、タンプリン/コクランの「熱い粒子説」からも離れて「内部被曝は兎に角危険」の「それっぽい根拠」って意味合いになっちゃってますね。

クロ現で被災地漫画特集

6月2日、NHK「クローズアップ現代」で、『いま福島を描くこと ~漫画家たちの模索~』と題して特集が放送されます。↓
http://www.nhk.or.jp/gendai/yotei/#3506
しっかり予約!

すれ違っちゃいましたね

安積の白猫さん・こんばんは!

>「いま福島を描くこと~漫画家たちの模索~」

忘れないようにします。
・・・近くになったらまた・教えてください(記憶力に自信なし)。


村民騎士さんもこんばんは!
>早川に人権侵害や差別を糾弾する資格なんてないけどな。

全く・激しく同感です。

>荒木田氏には福大・准教授の肩書きが失くなるくらい頑張って欲しいですね(ニヤリ)

言論の自由はありますから
何をお話しされてもいいんです。

けれど肩書を手放さず
給料もらいながら福島を貶めるのは
仁義に反しちゃいないかナ~?

こういういやしい人は嫌だなア。

ぜひぜひ・肩書を返上なさってから存分に。
ねえ~(ニヤリ)。

先生の男気・みてみたいわあ~。
ピンドン開けて頂戴!(※抗凝固薬ではありません)

今夜は眠れない

IKAさん・なんだか確定が出てしまいましたね。

>「そんなら鼻血の原因にピッタリ」(←イマココ)

そうですか。イマソコでしたか。

私どうしても
キューティクルとかトリートメントを連想してしまって
コワイゾコワイゾ~!って言われても
あんまり怖くないです。

ダイジョブ。


OSATOさん
>しっかり予約!

そうでしたね!その手がありましたね!
頼んでみます(自分でやれない派)。

先生の男気・みてみたいわあ~

に補足です。

ゲスニック記者に
「い~い仕事だなあ!オイ~!!」
って言われればいい。

よし。
今日も言いたいことを言った。
いい日だった。

No title

なおみさん

恐れ入りました・・・

>肩書を返上なさってから
そうそう、肩書が無ければ只の活動家ですから、だれが奉ってくれるものか、ですよ。
毎日にも記事が載っていますが、「専門家」っていったい何の?でしょうね。
心の不安を訴える専門、専門のラジオフォビア、ですね。
まずは治療を済ませてから人前に出るべきでしょう。
税金で給料もらってるのに、無責任極まりない。


IKAさん

いろいろと教えていただき、ありがとうございます。
Inputして、戦いに備えます。
もっとも「リョーロンヘーキ」って言われたらお手上げですが(笑)

大竹まこと

「美味しんぼ」の件はバカ発見器になると思われます。
大竹まことがどうも自分自信が何も知らずに発言してきたということに気が付いたようです。ラジオ放送で反省の弁を述べています。

http://youtu.be/02D4KnTxv5A

科学的知見のない大竹まことに低放射線の健康被害について語らせる文化放送に問題があるわけで、チャント知見のある人呼ばないと駄目だろとラジオ局にクレームを付けた大竹まことは評価します。
まあ、事故後3年たって放射線量は国内外の調査結果も出ているわけで、それを知らなかったのは本人の情報リテラシーのなさですが。
最後は政府の責任にするところはマスコミのお約束通りで終わってしまいます。

ちょっと心配ごと

F1ABSさん

あの人・典型的な「男の弱虫」だなと思います。

おしり丸出しだってことをみんなに気付かれているのに

精一杯かっこつけて
難しそうな言葉を鎧にして
必死に言い訳しながら

でもなんかちっちゃい・・・。

私がたくさん払ってる税金(すまん・ちょっと見栄を張った)を
あの人に遣われたくないな。

いろいろちっちゃいから
「じゃあ・仕事を辞めます。
 いち市民・いち活動家として発言していきます」って
言わないだろうな~。

こういう人少なくないです。意地汚いと思います。
迷惑だな~。


ovalさん・聴きました。

すっごく言葉を選んで話してましたね。
でも「自分の頭で考え始めたんだな」って好感がもてました。

このあとヒステリックな活動家に「言論弾圧」されないといい。
これはいつも心配に思うことです。

>それを知らなかったのは本人の情報リテラシーのなさですが。

遠いから興味がないんでしょうね。
仕方のないことです。

本当のことを言ったり・疑問を挟めば
「子どもや命をないがしろにする・冷血漢」と
責められますから。

そうやって福島をアンタッチャブルにしたい。
人を遠ざけたい。

ええ・ええ。あたくしは人非人ですよ。
そんなこと言われたって・痛くも痒くもない。


あの・・・
わかる人だけにご相談です。

ベアちゃんのブログが無くなってしまいました。
昨日はあったように思います。
変な人が来なきゃいいなって毎日パトロールしてたので。

久しぶりの更新だったけど
(さっそく私ともうひと方がコメントを入れました)

とても元気だったし
相変わらずのびのび書いていたのですが

鼻血のことを描いていたので
「言論弾圧」されて閉じてしまったのかと
怖い思いや嫌な思いをしていないだろうかと心配しています。


更新されたことを
私一人で喜んでいたのですが

ここに書くことで
ヘンに目立ってしまわないかなと思い
黙っていたのですが

お家の人かご本人が
ここを読んでるといいな。

嫌なこと・怖いことがあったら逃げてね。
毎日楽しく元気に過ごしていてね。


福島で楽しく暮らしたいと言えば
正義の御旗のもと・活動家や
どっかの母親たちにリンチされる可能性がある。

こっちの方が私にとっての
「福島の真実」です。

ちょっとごはん食べてきました

ごはんをたべると冷静になります。

私がベアちゃんのお家の方だったら
あのブログはもっと早くに閉じさせたかも・・・
と考えました。心配で。

福島の子どもたちを見ていると
なんていうか・・・とても頼もしいです。

国の内外で・福島の今を伝えられる能力がある。
鼻血漫画のことも馬鹿にして笑ってた。

それでもこういった場所では
悪意にさらされることが多いから。

また私のように
「黒幕に革命家がいるんです」とか言い出す人もいて
とにかく「フクシマ」には関わらせたくないかな。

母親の中には
子どもに何かを訴えさせるのがお得意な人もいるけど
私はそれはしないかな。

ベアちゃんのブログはそういったものではなかったし
お家のみなさんが見守っていらしたので。

そんなに心配しなくてもいいかな。


今日もいい天気です。
みんな・おいしいおひるごはんを召し上がってね!
あとひとふんばり・もう週末ですよ~。

(週末休みなしの人・ごめん)

No title

>千貫森の宇宙人さん
はい、私も以前からと学会は好きでよく読んでいました。
私の「懐疑主義」はそこから学んだものです。

山本会長の辞任(?)、ちょっとショックですけど、と学会も初期のサークル活動的なものから、大分変化したようですから、区切りの時期だったのかもしれません。
初期からの中心メンバーも志水さんが亡くなり、岡田さんもフェードアウトし、藤倉さんも副会長じゃないですし、植木さんも辞められ、永瀬さんも活動してませんね。
後は唐沢さん位かな~。(皆神さんはどうしてるんだろう…)

ただ、今回の「放射能デマ騒動」では、と学会としては殆ど何もしなかったのはちょっと残念でしたね(中心メンバーでは会長がASIOSととブログで、唐沢さんが著作でちょっとやっただけかな)。

私もキクマコ先生、buvery先生、NATROM先生にはお世話になっています。

>安積の白猫さん
漫画家さんって冷静に対処してるひと多いような気がします。
メジャーなマンガでアレなのは美味しんぼ位かな~。
あ、ちばてつやは作品じゃないけど、ちょっとヤバイ感じですかね。
変に「文化人」ぶらないところがいいのかな~。
(映画監督とは違いますね)

>村民騎手さん
早川は「自分はブレていない」って思っているからこそ、かつての言動を反省しないんでしょうね。
彼の場合、「科学者の矜持」よりも「自分の感覚」優先なんだと思います。科学者というより「社会病質者」かな~。(個人の感想です…笑)

>OSATOさん
毎日新聞も漫画家さん取り上げてますし、このクラスタは頼りになりそうです(一部老害除く)。

>F1ABSさん
そう言えばまともな論文に出てくる「ホットパーティクル」を見て、「やっぱり放射能は危険だと科学的に証明された」とかドヤ顔で言ってた人がいましたね(笑)。
あの界隈は「棄てられた学説」や「まともな論文の勝手な解釈」を使って「それっぽい」説明してきますから、厄介です。
(ペトカウ効果なんかもそうでした)

リョーロンヘーキにしても「ホットパーティクル」みたいなトンデモはねーだろ!って思いますが、一般紙(それも高級紙を自称しているところ)で見れちゃうなんて…。(まあ、ある意味平和ってことかもしれませんね)

>ovalさん
大竹まこと、反省しましたか。
「反省だけなら猿でもできる」なんて言いません。素直に誉めたいですね(なんて、ちょっと上から目線)。
この「反省」が出来ずに暴走している文化人が如何に多いことか。

>なおみさん
ああ、ベアちゃんのところ、更新してなかったみたいで、あんまり最近は覗いてませんでしたけど。
…そうですか。
私は充実した学校生活忙しくて、なかなかブログまでに手が回んないんだろうな、って思ってましたが。
ダメマスコミやゲス文化人、デマ屋なんかは私たち大人に任せて、存分にセーシュンして欲しいな~、って思ってます。

あんなダメ人間蔓延させたのは、間違いなく大人の責任ですし、ゼロには出来なくても、後に残す負担は出来るだけ軽くしてあげるのは、やっぱり大人の仕事なんだと思います。

IKAさん

>「科学者の矜持」よりも「自分の感覚」優先なんだと思います。

だったら私と一緒じゃん~。
アタシの方がナンボかマシじゃん。
社会の役に立ってるよ。

>デマ屋なんかは私たち大人に任せて、存分にセーシュンして欲しいな~、って思ってます。

うんうん。

>あんなダメ人間蔓延させたのは、間違いなく大人の責任ですし、ゼロには出来なくても、後に残す負担は出来るだけ軽くしてあげるのは、やっぱり大人の仕事なんだと思います。

うんうん。

嫌な思いをしたり
怒られたりしてなきゃいいなって思ってます。
ただ・それだけなの。

馬鹿な大人たちを
くすくす笑ってみててほしいな。

No title

鼻血問題、結論が出たようですな。
http://mainichi.jp/select/news/20140530k0000e040228000c.html

毎日がこれを出して来たって所が興味深い。
旗色が悪いと悟って掌返しの手首ストレッチかな?

いずれにしても、雁屋ちゃんはこの結果を論理的に覆せるだけの科学的証拠を頑張って集めてもらいたいもんです。

No title

>なおみさん
早川の問題は、「感覚優先の自分の意見を科学的だと思っている」事が問題なんだと思います。
一般市民の「感覚優先」とは決定的に違うんじゃないかな~。
で、更にそれを「大学教授の肩書を使って(絶対的に)正しい」として発信していること。
科学って「絶対性」はありませんから、善き研究者は謙虚なんだと思っています。その謙虚さよりも自分を優先しているんだからあれは「科学者」ではなく「ソシオパス」じゃないかな~、ってのが私の見解ですね。

ベアちゃん、本当にセーシュンしてたらいいなぁ。福島の子どもたちにより良い世の中を残してやりたい、って気持ちは誰も変わんないと思うんですけどね~。
なんであんなになっちゃうんだか…。

>Gypsy Windさん
毎日新聞、漫画家さんのインタビュー企画とか、最近いいところ出てきましたね~。
もしかしたら社内で、斗ヶ沢さんのような良識派が 盛り返してるんじゃないかな~、って期待してます。

ごぶさたですが

おひさしぶりすぎて、、、ほとんど初めまして状態ですが。。。

なおみさん

お久しぶりです
ベアちゃんのブログ復活してますよ!


鼻血の話で思い出したんですけど、

この間、私の中での被曝と鼻血の原点ってなんだろう~かと
ふと思って、もしかしたら夢千代日記かもと思い、
いろいろ見てみたところ、
高齢層の鼻血イメージの原点って、やっぱりこれなんじゃないか。。。
と思いました。
実は、ものすごいトンデモ設定のようですね 夢千代さん。





IKAさん・みなさん・飲んでる~?

ソシオパスって言うんだ・・・。
また勉強になりました。

私は自分のこと
これっぽちも科学的でないと思ってるから
感覚優先でいいんだね!!

ね!!

>本当にセーシュンしてたらいいなぁ

うんうん。

お!また元気に描き始めるのかな?
という雰囲気直後の削除だったので
何かあったのか気になってます。


私は新聞の記事で
一喜一憂するのはやめようかなって思ってます。

いいニュースを読めば嬉しいんだけど
また必ずと言っていいほど
同じ新聞にがっかりさせられるから。

繰り返されるその心理的揺さぶりって
なんか怖くない?

じゃあ後半戦・飲んできます。

まなおさん!!!

まじっすか?
ありがとうございます!!!

夢千代日記

まなおさん

初めまして。

「夢千代日記」からサユリストになった私が説明を。
(いまBSで再放送してますね)

夢千代は「広島で胎内被爆し白血病に罹患している被爆者」という設定でしたから、造血障害で貧血・鼻血という症状も不思議ではありません。
ドラマ中ではよく貧血を起こしていました。

白血病、という設定を飛ばすと、被ばく―鼻血とショートカットしてしまうのでしょうか。
残念ですねぇ。

No title

>なおみさん まなおさん IKAさん

ハニーベアちゃん、ブログ復活したようですね。
多分、高校生活が楽しく充実していたからこそ、ブログのことは忘れていたのかなと思います。
しかし、チビベアちゃんが来年は中学生とは、我らが老ける訳だ。


で、話題がかわりますが、放射脳がブチブチ言ってる論文。
http://www.daiwa-grp.jp/dsh/results/38a/pdf/04.pdf
あいつらのデマの影響を、はっきり言っちゃてますよ。
発表したのは、大和証券ヘルス財団。
http://www.daiwa-grp.jp/dsh/about.html
どこかの、インチキ研究所と違って、貸借対照表を公開しています。
で、ブチブチ言っています。
http://togetter.com/li/673717

今度は、精神医学からの分析を望みたいところです。


No title

>まなおさん
おお、ありがとうございます。
さっき見たときはダメだったんですが、今見たら復活(?)してました(喜)。
なんかちょっとしたエラーだったみたいですね。
最近久々に更新もあったようで。
セーシュンもしっかりしていたようで。
オジサン安心しました(ホッ)。

>なおみさん
早川は「感覚優先」の自覚が全くないのが問題。自分が十分科学的なんて思ってるから、他人の意見は聞かないし、暴走していても軌道修正が出来ないんですね(個人の感想です)。
なおみさんは自分が「感覚優先」って自覚がある分、ずっと先行ってますよ。
言わば「無知の知」を持ってる、って言うのかな。
(早川は「知の無知」ですかね~笑)

>F1ABSさん
そう言えば、2011年の患者調査が福島で実施されなかった時に「白血病の増加を隠蔽するため」って話がありました。
その時から「鼻血増加」は騒がれていたんですが、アチラ側は「鼻血の原因」いっぱい出しすぎて、白血病説、忘れちゃったのかもしれませんね~。(なんで今騒がない?確率的影響で最も早く出るのは白血病だった筈ですが)

>千貫森の宇宙人さん
ほう!その論文知りませんでした。
読んでみますね~。

みなさまへ

安積の白猫さん・OSATOさん
>「いま福島を描くこと~漫画家たちの模索~」

予約録画「させ」ました。


まなおさん・さっきはありがとうございました。

さっそく見に行ったら・復活してました♪
理由はわからないみたいだけど・安心しました。
良かったな~♪

冷静な私(笑うところです)の判断を乱せるのは
ベアちゃんだけなのです。

つい・母のような気持ちになって
うろたえてしまう(笑)。

みなさん・お騒がせしてごめんなさい。


千貫森の宇宙人さん
>あいつらのデマの影響を、はっきり言っちゃてますよ。

これ・素晴らしいですね。
「反原発運動家」の悪行の連呼。

わかりやすくて気持ちよかったです。
私が知ってる真実はこれ。

良識ある人たちは・ずっと黙ってたけど

もうあの人たちの正体を
はっきり言ってもいいんじゃないかなと
みんな思い始めたのでしょう。

巧言令色鮮し仁

人心の分断とか・自分はそれが悲しいとか
そういうもうどうでもいいこと言ってるナルシスト評論家は
何の役にも立たない。

っていうか害!!!

No title

IKAさん

>確率的影響で最も早く出るのは白血病

さすがですね。
まあ、チェルノブイリでは甲状腺がんのみが明瞭に上がっていましたから、スクリーニング検査もしてることだし、そちらにフォーカスしたのでしょう。

白血病といえば染色体異常ってことで、ちょっと前にこんな記事もありました。
http://www.minyu-net.com/news/news/0526/news6.html

浪江町の子供さんの染色体検査による線量評価の途中経過です。
「陰性」であることを確かめておくのも大事なことです。
被ばく線量が極めて低いことが明確にわかりますね。

IKAさん

いろいろとありがとうございました。
心配し過ぎだったみたい。お騒がせしました。

昨日・キューティクル(?)の話をしてて思ったんだけど

あっち側も・あんまり難しいこと話しても
(ネタ枯れで
 しちめんどくさいものを発掘してくるしかないのでしょうが)

私みたいな感覚優先の人(難しいお話はイヤ~みたいな人)には
届かないんじゃないかな。

労力の割に・・・ねえ(笑)。
やめた方がいいよ~(思いやりの発露)。

だって実生活の感覚とかけ離れてるんだもん(笑)。

鼻血を出してる人も観たことないけど
キューティクルの話より
遠くに住んでる人にもイメージしやすいから
鼻血は使い勝手のいいデマ№1だし
騒ぎになりやすいのかも?なんて思いました。

はげになるぞ!ってデマも
子どもの時・散々聞かされましたものね。
あれもイメージしやすいんでしょう。
使い易い。

みんな一日に何本かは抜けるしね。
なぜ抜けるのか???
そこを不安に思わせて
悩ませちゃったらいっちょあがりなんでしょうね。


感覚に訴えてゆさぶりをかけるか~。

もうそろそろ
あちらは限界のはず(にやり)。

今日も鼻血は増えてないって調査結果が出ましたね。
お医者様方にご面倒をかけて・・・。

最近たたみかけるように
こういったニュースが流れています。

だれも鼻血漫画にはふれてないけどね。
言外に「あれは間違ってます」と
はっきり・きっぱり否定されてます。


しまっていこう~!!

厚顔

>千貫森の宇宙人さん、IKAさん
自分もトンデモ本の世界シリーズは初期から読んでますよ。
稗田おんまゆら先生のような、相手を持ち上げるふりしてこき下ろす文章が好きです。逆に山本氏はツッコミが感情的過ぎて笑えなかったりしますが。しかし、山本会長を始め「と学会」がトンデモがトンデモである所以を笑いとして世に知らしめた意義は大きいと思います。トンデモさんの思考様式って、まんま放射脳のそれですから。トンデモ本の~を読んだ人なら、放射脳な人達の欺瞞に対する耐性がついてると思います。

放射脳がぶちぶち言ってるまとめ見ました。
とりあえず彼らには鏡を見ろと言ってやりたいですね。本当のこと指摘されて顔真っ赤にして食って掛かってますよ・笑
自分達が外野でワーワー言ってることが、福島を混乱させてるなんて微塵も感じてないようで...福島のため?いや、自らのエゴのためでしょ、もうみんな知ってますよ。

亀レス

新エントリ出ましたが亀レス御免下さい。

>さんご@さばとらさん

お流石でございます。
わかった振りもわからずに済ますことも許さぬコメント、お陰様で私もまじめに理解しようとする姿勢になりました。
今、PC環境が良くないので、いよいよガラケーを卒業してファブレットにしようか思案中です。

>F1ABSさん

噛み砕いた説明をありがとうございます。
夢千代日記、サユリスト、マジですか!
あの頃自分何歳だったかな、と振り返ってしまいました。
結局あのドラマは最後まで見なかったんだよなぁ・・・。

>IKAさん

いろいろとギョイギョイでございます。
オタクのリテラシーとか、イマココ、とか。
お陰様で噛み砕いてそれがどこに利いているのか(または利かないのか)すっごくよくわかりました。
一般の人のインタビューを見て、漫画=子どもが読むもの とまだ思われているんだなぁ、と。
もしかしたら、いくらメディアが取り上げようと、話がかみあわないかもなぁ・・・とちょっと思っています。

>なおみさん

ご紹介のブログ、読みました。知りませんでした、ありがとうございます。
ここの人たちと同じように、ちゃんと真っ当に怒っている人がいるんですね。
ベアちゃんブログのパトロールいいですね。
なおみさんに見守ってもらえたら百人力ですね。(なおみさんを見守っている人もたくさんいますから)
いや、しかしベアちゃん、チビベアちゃん、センス最高っす。

>村民騎士さん

私もご登場うれしく思っています。
中通りの人間が何を言えるのか、考えながら書いておりますので。

連日お天気が続き、家事が忙しくかぁちゃんはフル稼働中です。
のぼせて鼻血だすかもです。www

お洗濯頑張る!

安積の白猫さん
>サユリスト、マジですか!

確かにあの人は品があって綺麗ですよね。
そうか~あの人が好みだったか~(笑)。

>なおみさんに見守ってもらえたら百人力ですね。

いえいえ・私の使命はおしゃべりカラス。

「てえへんだ!てえへんだ!」

何かあったら
ここの皆に言いつけに来ようと思って(笑)。
信夫山町会には武闘派から婦人部まであるし。

>なおみさんを見守っている人もたくさんいますから

はい。
そのことは本当に嬉しくて・みなさんに感謝しています。
生まれてきてよかったな~。ありがとうございます(ぺこり)。

>いや、しかしベアちゃん、チビベアちゃん、センス最高っす。

でっしょう!?
なかなかあそこまでは書けないですよね。
パソコン前で噴きましたもの。


今日もいいお天気ですね♪
みなさんも良い日でありますように!

今週の産経新聞で

 「『福島の真実編』の前半はむしろ被災地産の農産物の風評被害の払拭に努めているように感じられたので、後半は県外避難している人と立場から描写しようとしたのではないか。それがあまりにも不確かな根拠ばかり示したので非難が殺到したと思われる」といった趣旨の分析が載っていたのですが、「前半の・・・」くだりについては単行本を読む必要がありそうです(もちろん立ち・・・以下自主規制w)。
 とは言え、カリーにそんな殊勝な心がけがあるのなら今批判に晒されている話数の、凡そ便所の落書きを根拠にした、殆ど名誉棄損と言っていい乱暴な描写に結びつく過程の辻褄が合いません。単に「持ち上げて落す」と言う底意地の悪さから生じた結果なのかもしれませんが。
 少なくともカリーと小学館には「終わりよければ全てよし」という諺を知らないようです。
 ところで除染過程で生じた廃棄物の処分場の説明会で「住民からは反発や不安が生じた」と昼のニュースで報じられていましたが、不安を感じるのは当然として「地元住民」の中に部外者が混じっていたのではとつい色眼鏡で見てしまいます。
 こちらでも被災地からの瓦礫処分で、明らかに「県外」からのプロ市民が妨害に加わってたのが明白でしたから。

No title

 福島原発以降、鼻血が出る人が多発しているのかどうかに関わらず、その医学的科学的根拠らしきものとして、またまた出た「ホットパーティクル説」がある様で北海道の西尾某なる人も「それが鼻腔粘膜に付着した場合」鼻血の原因になるなどと言っているそうです。

 原子力百科事典ATOMICAによれば

ホットパーティクル ほっとぱーてぃくる

 hot particle。高い放射能を含んだ粒子をホットパーティクルという。チェルノブイル原発事故では燃料粒子や揮発性核種が放出された結果、原子炉構造材と消火用投下物を含んだ飛散燃料粒子および凝縮した非放射性の材料を核として、表面に放射性物質の付着した凝縮粒子が地上に落下した。これらの粒子は経年的に粒子から放射性核種の溶出が増大する傾向があるため、環境汚染への影響を考慮する必要がある。

 と要するに地上に落下した放射性物質の微細な塊についていっているのであり、空中に漂う放射性物質の微細粒子だとはちょっと違うようです。

 チェルノブイリは水蒸気爆発であり、黒鉛炉自体が空中に吹き飛ばされ爆発によって出た煙の高さ写真を見たら分かる様に福島原発事故とは比べ物にならないくらい。
 福島原発事故では4基とも水素爆発で建屋が壊れたけど放射能まみれの塵芥が上空何百メートルも高くは上がっていたわけではない。

 そもそも空中にホットパーティクルが漂っていたら放射線量として測定できるはず。
 チェルノブイリでは地上に落ちたとされている放射性物質が固まってまとまっていたから線量の高いホットスポットがあったと言う事なんだと思います。

 今でも水蒸気爆発と水素爆発の違いが分からない人もいる様ですが、反原発放射脳の人はそれは大した問題ではないんだと思っていると思います。
 しかし、小出尊師は本当に恐ろしいのは「水蒸気爆発」でこれから起きると大変だと言っていたのに師の教えも理解することなく、水蒸気爆発が起きなくて良かったとも思わず、ひたすらに放射能怖い怖いともう念仏レベルでしょうね。

 鼻血の科学的根拠なんてこんなものくらいで、後はみんな否定するものばかり

 西尾某は心理的ストレスでは鼻血なんか出ないなんて言っています。確かに自主避難者の中で鼻血が出たと言う人がいなければその限りでは間違ってはいないのかも
 しかし、可能性まで否定できるのかな

KYさん

全体的に同感です。

>分析が載っていたのですが

鼻血漫画に関して言えば
どのような分析も
私にとっては意味がありませんね。

何でそこまで加害者の気持ちを考えてやらなきゃいけないのか。
私は弁護士には向いてないな。

>「地元住民」の中に部外者が混じっていたのではとつい

私もそうなのですが
あれこれ想像してしまうのは・決して根拠のないことではなくて
震災以降・実際にやられてきたからですよね。

私が参加した事故直後の住民説明会も
そうでしたから。

なるほど

なおみさん、IKAさん

おひさしぶりです。
ベアちゃんのブログ、ときどき覗きにいってたけど、
高校生になってから更新がなくって、
どうしてるかな~っと思っていたところ、
元気な様子に、嬉しく思っていました!

F1ABSさん

はじめまして。
娘にその名を付けてしまったサユリストと
大学でその姿を拝んでいたサユリストという
熱い熱いサユリストを複数親族に持つまなおです。

なので、欠かさず見ていたのに付き合わされて
リアルタイムで夢千代も見たことがありましたが
(当時はビデオなかった。。。)

当時中学生の私のなかには、
具合のわるそ~な夢千代さんと被爆の繋がりが強い印象として残っただけで、ストーリーはほとんど記憶に残ってませんでした。

最近になって、自分の持っていた映像の印象を再確認してみたら、、
胎児被曝だったんだと、ちょっとびっくり。ようやくBSも見られるようになったので、今度はストーリーも味わってみます。

胎児被ばくについては、
妊娠初期の被ばくで、小頭症や知的な発達の遅れなどは有意差があったと認識していました。

夢千代が放送された頃は、
ファンの方に体調を心配されることが多かったというエピソードがあるようですね。


まなおさんも

見守り隊だったんですね。
なんだか嬉しいです。

サユリストさんって
タモリさんしか知りませんでした・・・。

隠れサユリストが
まだ潜んでいる気がします(キラリン)。

No title

安積の白猫さん、なおみさん

「夢千代日記」の吉永小百合さんをみて、謙虚で芯の強い日本女性の究極の姿、と、若さゆえの勝手なイメージをもつてしまいました。
こんな女性を妻に、と思ったものですが・・・

No title

まなおさん

私も娘の名前にしようとして、家族から総スカンをくらったクチです(笑)

「夢千代日記」、映画化されるまで主人公は亡くなることができなかったのですね、視聴者からの抗議で。
ほかの登場人物は失踪したり死んだり、別ればかりの何とも暗い物語でした。

物語のナレーションに出てくる「餘部(あまるべ)の鉄橋」が先ごろ架け替えになると聞いて、家族とわざわざ見に行ってまいりました。
まぁ、ビョーキです。

胎内被曝者については、放影研のウェブサイトにデータと解説があります。
http://www.rerf.or.jp/radefx/uteroexp/physment.html
大脳形成期の被ばくが、知的障害を引き起こします。
これも確定的影響といってよいでしょう。
がんについても、小児期の被ばく同様のリスクが認められています。

F1ABS さん

>こんな女性を妻に、と思ったものですが・・・

その通りになりました(人生の勝利宣言)♪


あ・勝手に作文してしまいました。
逃げろ~!!!

なおみさん

まあ・・・そういうことにしております。

知天命、ってことです。

(敗北宣言、涙)

>安積の白ねこさん

ありがとうございます。親の避難先が郡山(今は川内・郡山の2重生活)でした。
自分は、避難者と避難先の地元の人とのトラブルがあったと聞くといたたまれなく感じてきました。
もちろん、デマなんかでそういう分断が増えることを望みません。
いろいろな地域の話を聞けることは、相互理解のために大切なことだと思います。
これから、よろしくお願いします。

F1ABS さん

さすが格調高いですね(笑)。

人生は
試合に負けて勝負に勝つってやつですよ!

私なんか負けっぱなしの人生ですよ・・・。
プロフィール

shinobuyamaneko

Author:shinobuyamaneko
 福島県福島市の信夫山に住むネコです。
 原発事故以後ネット上には「もう福島市は放射能高くてダメ!逃げてください!」「福島はチェルノブイリ以上!」「子供を見殺しにしないで!」等の「反原発の叫び」が溢れてます。ネコはどこにも逃げられないから、もうノイローゼ気味。こういう「叫び」「脅し」の効果もあって福島に来る人は激減。街は沈み、市民は「すぐに逃げてください!」に怯えながら、静かに暮らしています。(←最近は嘘・デマがバレてきて、みんな元気になってきた感じだにゃ。)
 しかしね~、この種の「叫び」の根底に、「反原発」の「福島壊滅ならば原発全廃にできる!大大大チャンスだ!」っていう心理はないですか?原発全廃の為にはまず「福島壊滅」が必要とばかりに、科学的、医学的、論理的に怪しい説、大げさな数字等が「連呼」「拡散」されていないですか?それが「正義」になっていませんか?
 信夫山ネコは「故郷福島壊滅」を「原発全廃」の手段にされてはたまらんです。もし根拠がない数字や説の拡散によって、旅館の経営者が自殺するとかの悲惨な「風評被害」が出たら、大人しい福島人も終には訴えたりするのかにゃ~?!今はとにかくデマ、風評、誇張、脅し等を除染しながら記録するにゃ。(「リンクフリー」です 対「反原発」、対「放射脳」等での引用ご自由に)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR