新春 本田雅和記者「フクシマ」を語る 「市民放射能測定所」健康相談会中止の闇 松本に留学って?菅谷昭氏の所業は忘れない

いや~新年早くも10日過ぎちゃったにゃ。2014年最初は、コネタと去年の「落穂ひろい」続きなのです。

朝日新聞の本田雅和南相馬市局長「フクシマ」を語る

いやいや新年早々デマ発信だ、「第一号」かにゃ。

2014,1/5 本田雅和さん(朝日新聞南相馬支局長)講演『フクシマから、あなたへ、世界へ』
http://peacecafe.greenwebs.net/?p=1300

2014年1月5日(日)15時~17時半
札幌エルプラザ 男女共同参画センター4F大研修室
講演『フクシマから、あなたへ、世界へ』
講師:本田雅和さん(朝日新聞南相馬支局長)

主催は北海道歴史教育者協議会全道研究集会の公開講演です。
参加費は、1000円


ってことで、ホンダ記者何言ったのか~?と気になっていたら、ココにあった。

@hi_iijima さんによる本田雅和氏の講演レポート
http://togetter.com/li/613143
新年の活動初めは5日。本田雅和さん(朝日・南相馬支局長)の講演へ。夕張から札幌を経て、イチエフから60キロの福島市、そして同じく30キロの南相馬に異動。異動に際し「あんな近くに」と同情されたり揶揄されたりしたが、福島市内でも南相馬よりもっと線量が高い地域も
hi_iijima 2014-01-07 15:24:24

福島市内のモニタリングポスト。数字を表示する部分が隠されたり、時には壊されたり。「見たくない」「高いのは分かっている。見たってどうにもならない」…。避難できるリソースのある人は避難している。残っているのはいろいろな事情を抱え、動きづらい人。財政破綻で切り捨てられた夕張と同じ構図
hi_iijima 2014-01-07 15:24:58


やっぱりね~。福島じやなくて「フクシマ」だにゃ。ま、これが正確かどうかは、「伝聞」なのでわからんが。しかしね~、「福島市内のモニタリングポスト。数字を表示する部分が隠されたり」「壊されたり」なんてことがあったら「事件」だよ、アサヒの記事に書くべきじゃないの?(追記 1/31 これ、去年の春だったか、「福島版」にありました。失礼いたしました。しかし「見たくない」「見たってどうにもならない」なんて高級な理由なのか?そんな証拠はどこにもない。普通考えられるのは、ただの「イタズラ」だ)「避難できるリソースのある人は避難している。残っているのはいろいろな事情を抱え、動きづらい人」なんて、何を証拠に言うのか。

朝日新聞「今でも避難したい 福島市民の34% 市調査」は己の罪を隠す不思議な記事
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-110.html

を見てもらえばればよくわかるけど、ホンダ記者自身が記事のネタにした、2012年5月の福島市意識調査でさえ、「避難しようと思ったことはない」+「以前は思ったがいまは思ってない」(つまりいま避難しようと思わないの合計)=66.3% 「今でも避難したい」=33.7%だ。

というわけでこれは今年の「デマ一号」かにゃ。

そうそう、ホンダ記者の「夕張」のことはここに出ていたにゃ。

愛・蔵太の気になるメモ(homines id quod volunt credunt)
[ネタ]記者会見では質問ではなく演説するので有名な朝日新聞の本田雅和記者が2012年4月から福島総局になったそうです
http://d.hatena.ne.jp/lovelovedog/20120524/honda

本田記者はこの後2013年8月から南相馬支局長なった、ってわけだにゃ。

でも福島からの「自主避難者」の拠点=札幌での「市民」相手の講演だから、大した影響力・拡散力はないだろう。結局当ブログが広めてあげるハメになったりして。こんな「講演」やってるってことは、南相馬に行っちゃって、今や記事による「思想」の「全国発信」はオアズケになったってこと?アサヒもそろそろ正義軍の「福島脅し戦線」からの「撤退」考えて、ホンダ記者はあまりにもキナ臭いから「栄転」になったのか・・・なんて考えちゃったよ。わずか一年ちょっとの福島勤務で、真夏の転勤だし。ま、「希望的観測」にしか過ぎないが。

そうそう、元々は「市民」団体御用達だった、岡山大の津田教授を「アサヒ文化人」にしたのもホンダ記者みたいだし。

相変わらず福島をデタラメで脅す「朝日」本田記者&「デマ学者」 もうやめてくなんしょ 追記あり
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-143.html
これが多分津田氏の「アサヒ・デビュー」=2013年6月5日 ホンダ記者の朝日福島版。しかし津田氏は既に3月7日に、マイ・ニュース・ジャパンという「市民メディア」に「多発説」でデビューしていました。

「福島の小児甲状腺がん多発は統計的有意」津田敏秀・岡山大学教授 植田武智 12:49 03/07 2013
http://www.mynewsjapan.com/reports/1790

要するに「国・東電」べったりじゃなくて、「市民団体」べったりなだけ。どっちも同じだにゃ。福島住民にとっちゃ、単なる「政治的色分け」。科学も医学も関係なくて、どっちも危ない。


「市民放射能測定所」健康相談会中止の闇

さてホンダ記者と言えば、「市民放射能測定所」と組んでの「福島脅し」は有名だったにゃ。
朝日新聞本田記者の「ホットスポット攻撃」が 「今や福島の放射線は2011年の関東並みに下がった」を証明? 5/18重要追記あり 朝日・毎日記事はウソ・悪意の固まり
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-139.html

この「市民放射能測定所」が、何と「主要業務」の「健康相談会」を中止していた!!!
市民放射能測定所HPhttp://www.crms-jpn.org/index.html に【市民放射能測定所からのお知らせ】がある。
http://www.crms-jpn.org/doc/市民放射能測定所おしらせ_健康相談会.pdf
おしらせ
2011年 6月から開催してきた健康相談会ですが、再編をいたすことになりました。
多くのかたのご賛同に支えられて展開することができましたことを 改めて感謝申し上げます。
CRMSは政治・宗教やあらゆる団体企業からの独立を原則としておりますが、
そのを原則しっかりと守られる体制を今一度つくりなおしたいと考えております。
もし問題やトラブルなどに見舞われた方々がいらしゃいましたら、
trouble@crms-jpn.orgまでご連絡ください。当方の顧問弁護士と解決にあたりたいと存じます。

市民放射能測定所 理事長 丸森あや

ってわけで要するに、

「政治・宗教やあらゆる団体企業からの独立」という「原則」が、「しっかりと守られ」なかったために、「問題やトラブルなどに見舞われた方々」がいる。しかもそれは、「顧問弁護士と解決」しなければならないようなこと

なのだ。

これと全く同じ文章が、「健康相談会」というブログにも出ている。

おしらせ
http://kenkousoudankai.blog.fc2.com/blog-entry-27.html

なおこのブログのプロフィールは、「Author:健康相談会 各地での健康相談会の開催案内です。それぞれの詳細・申込みについては主催団体にご確認下さい。」とのこと。ここには「理事長 丸森あや」はない。2013年11月13日のエントリーで、これが最後になったまま。

この「政治・宗教やあらゆる団体企業からの独立」って文章、どこかで見たことあるような・・・あ~、まるで「子ども福島」と同じだにゃ。

「子ども福島」の闇?「おかあさん」たちが中核派に利用された?~マスゴミのヨイショが効いたからだにゃ 責任とってね
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-154.html

結局また「過激派」問題ですかね~?それともカネ?どうせ反原発の「福島脅し」で不安にさせられた福島住民が、「健康相談」に行くとますます「放射能で汚染した福島に人間が住むこと自体が危険!」とか煽られて(何しろ丸森理事長は「私からみると、福島市は一番の危険地域です」と言ってたよ。http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-35.html 参照)「自主避難」になるか、「保養」とやらに勧誘され、福島を利用して儲けようって連中に利用され・・・ってなこともあるんじゃないか、と思っていたが。

なおこの「市民放射能測定所」は、本家「市民放射能測定所」と新「NPO法人市民放射能測定所」に、「クーデター」で分裂した。そのいきさつは、

「市民放射能測定所」の闇 遂に丸森あや理事長追放?クーデターか?
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-155.html

今回の「健康相談会中止」は、「本家」によるもの。ところが「新」のHP http://crms-fukushima.blogspot.jp/
には「健康相談会」というリンクがあり、ここ=http://fukushima-kenkousoudankai.blogspot.jp/ に行くと

3月9日(土) 子ども健康相談会 福島

日   時:3月9日(日)10:00~16:00(予約制)
対   象:福島県および近県にお住まいのご家族
内   容:医師による健康相談(無料)
場   所:パセナカMisse1F 地域交流スペース 福島市置賜町8-8
      
申し込み・問い合わせ先:NPO法人CRMS市民放射能測定所福島 【電話】 024-573-5697
【申し込み専用メールフォーム】
http://fukushima-kenkousoudankai.blogspot.jp/p/blog-page_31.html

主催:NPO法人CRMS市民放射能測定所福島 
協力:こどもたちを放射能から守る全国小児科医ネットワーク


とあり、他に「1月25日(土) 子ども健康相談会 郡山」、「2月16日(日) 子ども健康相談会 福島」の案内も出ているし、「12月1日(土) 子ども健康相談会 福島」「11月23日(土) 子ども健康相談会in ふくしまオーガニックフェスタ2013」という過去の案内も出ている。

つまり「本家」の全国「健康相談会」は11月でトラブっったらしく、以来中止。しかし「新」の「健康相談会」は続いている。

なお「本家」の最後の「健康相談会」とおぼしきモノは、

10月20日「健康相談会」in福島
http://kenkousoudankai.blog.fc2.com/blog-entry-26.html 

「新」の事業所がある、パセナカMisse1F地域交流スペース で行われ、同じく 協力:子どもたちを放射能から守る全国小児科医ネットワーク だ。


ここで気になるのは、「新」は福島市にしか事業所がない、一方「本家」の事業所は福島市にはないが、圏内6箇所にあり、郡山市にもあるってことだ。http://www.crms-jpn.org/art/155.html 参照
それなのに「新」が郡山市で「健康相談会」をやっている。もしかして「ナワバリ」でもめたのか?「内ゲバ」?

というわけで「市民放射能測定所の闇」はまだまだ続く


松本市に留学って?菅谷昭氏の所業は忘れない

さて、「保養」で思い出したが、「保養」どころか、放射能を避けるために、あの長野県「松本市」に福島の子どもたちを拉致、じゃなかった「留学」させよう、っていうトンデモ計画が発表されたのは、先月のことだったにゃ。

http://sankei.jp.msn.com/life/news/131217/trd13121709120001-n1.htm
福島の子供たちに長期「留学」を 長野・松本のNPOが受け入れ計画 産経2013.12.17 09:10

 長野県松本市のNPO法人「まつもと子ども留学基金」が、福島県の小中学生が安心して生活し勉強できる場所をつくろうと、子どもたちが親元を離れ松本市で寮生活をしながら地元の公立学校に通う計画を進めている。受け入れ先の小中学校を紹介するなど松本市も協力。同市によると、東京電力福島第1原発事故の後、放射線への不安から親子で避難するケースは多いが、子どもだけが移住するのを支援するのは珍しい。
 同市の菅谷昭市長は、チェルノブイリ原発事故で医師として現地で支援に携わった経験があり、低線量地域の健康への影響は未解明な面が多いとしている。
 計画では松本市にスタッフが常駐する寮を設け子どもたちを共同生活させる。対象は小学3年から中学3年までで、寮費は月約3万円。家賃や光熱費はNPOが負担し、NPOの運営は助成金や募金で賄う。来年4月から実施予定で、数人の希望者がいるという。


河北新報 http://www.kahoku.co.jp/news/2013/12/20131223t65001.htm も全く同じ記事で、ただし最後に、

NPOの理事長を務める植木宏さん(43)も、妻と息子2人と一緒に郡山市から松本市に自主避難した。「子どもたちがのびのび生活できるよう、受け入れの態勢を整えていきたい」と話した。

がついている。結局産経も河北も、共同通信の配信らしい(だから他にも掲載したところはあったかも)。あとはアサヒ、毎日が「長野版」等に記事を出したようだ。

http://mainichi.jp/area/nagano/news/m20131219ddlk20040026000c.html
東日本大震災:福島第1原発事故 「原発疎開」受け入れへ 松本のNPO、小3〜中3の10人程度 四賀地区で集団生活 /長野
 福島県などの小中学生が親元を離れ、放射能の影響を心配せず長期にわたる生活ができるようにと、NPO「まつもと子ども留学基金」が松本市に発足した。同市北部の山村・四賀地区の民家を借り、来春から子供たちに近くの学校に通ってもらう。松本市も受け入れ態勢づくりに協力する。【古川修司】
同NPOは、東京電力福島第1原発事故の後に松本市に移住してきた人たちや福島県の医師... 続きを読む


(朝日新聞の検索ページ=現在ページ消滅から)
福島の子、移住者が受け入れ 空き家寮に、小中学生「長期留学」 松本 /長野県
 福島第一原発事故後に松本市内に移住した人々で作るNPO法人「まつもと子ども留学基金」は2014年度から、市と共同で、福島県内の新小学3年生~新中学3年生を「長…
2013年12月18日 東京 朝刊 長野東北信・1地方


これだけ新聞が書いたのは、後述する松本市長菅谷昭氏の、12月17日定例記者会見が原因だろう。

さてと、「まつもと子ども留学基金」だが、http://www.kodomoryugaku-matsumoto.net/?page_id=27 に
役員が出ている。いくつか当ブログで見覚えがある名前があるので、見ておこう。

③A 植木宏氏
前々回エントリーのコメ欄で笹団子さんからご指摘があったが、理事長(代表)の植木宏氏=「あはは星人」で、ツイッター=http://twitter.com/ahaha38i

「福島県郡山市出身。原発事故により長野県へ避難・移住! みんなで協力し合って子どもたちを守っていきましょう〜!この国を変えていきましょう!動けば変わる!長野県松本市へ避難・移住」だそうだ。

ブログ=「あはは星人が行く」http://ahaha.365blog.jp/

この「あはは星人」=植木氏が過去にしたことには、こんなのがある。

子どもたちを放射能から守る福島ネットワークが撒いたチラシ
http://togetter.com/li/338673#c614341

これはこのブログでは
この夏 「反原発」による「福島いじめ」デマが暑苦しいにゃ 追記:ホタルは0.5μSV/hを超えると光らない?ホタルはケララ州の名物だぞ
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-102.html 
の②「子ども福島」の「チラシ」 (7/15)で取り上げていた。

上記「チラシ」には「約100万円不足しております。なにとぞ、全国のみなさまから、ご支援を賜りたくお願い」というオネダリ、要するに「このデマチラシを発行したら赤字になったから寄付してくれ~」ってことで、であきれた。

なお植木氏のプロフィールはここにもある。
http://www.chikyumura.org/fund-raise/international/afghan/schedule/stuff.html
1970年 福島県郡山市に生まれる
1997年 ネットワーク『地球村』 代表 高木善之氏の講演会に参加し、はじめて地球環境の現状を知り、”自分もできることからやろう!”と活動をはじめる
1998年 こおりやま『地球村』を立ち上げ、福島県郡山市を中心に活動を始める。
2001年 東京オフィスに場所を移し、本格的に活動を始める。
2002年~2004年の3年間、アフガニスタン難民支援活動の現地責任者として奔走。
難民キャンプへの緊急支援物資配給、帰還難民への緊急支援、地雷除去活動、地雷回避教育ノート配給、干ばつ地域への井戸掘り、学校建設、帰還難民の自立支援プロジェクトなど数々のプロジェクトに携わる。現在、アフガニスタン支援を通して体験を基に『僕が見てきた戦争とは?』『本当の支援とは?』『生きるとは!』などを中心に講演活動をおこなっている。

さらに詳しく知りたい人はこちら、IWJのインタビュー「文字起こし」。
http://bochibochi-ikoka.doorblog.jp/archives/3198287.html
「その後に帰ってきて、そのまま地球村っていう団体の東京の事務局長をやることになって・・・。
Q.NPOですか?
 はい。NPO法人のネットワーク地球村っていう。そこでずっと6年くらいでしょうかね、活動してきて」


とある。このネットワーク「地球村」については、先のtogetterで指摘されていたが、

http://blog.goo.ne.jp/jun-propela/e/8f171d83a2e4ab2db080d356d999dcb2 によると、
 「地球村」は環境・平和問題への取り組みを目的に掲げたNPO法人で、本部は大阪府。高木善之代表は「TEAM GOGO」の『豪快な号外』の呼びかけ人の一人でもあり、小豆島で「天国を作る」と豪語する「GOGO」の代表・てんつくマン氏に対して、ブログで「天国はてんつくマンと『地球村』とで作るんだ!」「『地球村』とてんつくマンとの協力関係を考えていきたいと」と熱烈なラブコールを送っている。

「GOGO」を支える「黄金三角形」とは?

 高木氏は、環境問題に関する著書も多く、コーチングという心理療法ビジネスにも関わっている。一方で、疑似科学やオカルト的な事業やイベントを手がけることで有名な経営コンサルタント・船井幸雄氏と親交があるほか、農業集団「幸福会ヤマギシ会」の出身者でもある。

 ヤマギシ会は、財産などの個人所有を否定する思想を掲げ、内部での児童虐待、会員からの労働力や財産の収奪などを理由に「カルト的集団」との批判もある団体だ。団体内での通過儀礼とされる「特講」については「洗脳である」との批判もある。


ということだ。なおここにある「豪快な号外」事件は、

「豪快な号外」ウィキペディア
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B1%AA%E5%BF%AB%E3%81%AA%E5%8F%B7%E5%A4%96 参照

植木氏、何が生業か知らないが、やたらに似たような「NPO法人」等「団体」に多数参加している。例えば
http://www.codomo-rescue.net/%E7%99%BA%E8%B5%B7%E4%BA%BA/
は去年7月に出来た『Codomo-Rescue』なる(山本太郎関係?署名目的?)団体のページだが、「発起人」の植木氏については、

植木宏 <福島県→長野県> 原発事故により家族は長野県松本市へ避難。

「はっぴーあいらんどネットワーク」世話人。 「はっぴーあいらんど新聞」発刊。
「め組JAPAN」ふくしま、IWJ福島、IWJ長野、 心援隊、子ども福島ネット、ふくしま集団疎開裁判、 子ども信州ネットなどで活動中。


となっている。「はっぴーあいらんどネットワーク」「め組JAPAN」ふくしま、「心援隊」、「子ども信州ネット」、「子ども福島ネット(=「子ども福島」=「放射能から子どもを守る福島ネットワーク」))は、福島の子どもの「福島県外保養」を進めている。中でも「め組JAPAN」は、先の「豪快な号外」の主催者、「てんつくマン」氏の組織だ。

そしてCodomo-Rescueにもあるが、こうした「団体」に付き物は「寄付のお願い」だ(IWJも)。

これも笹団子さんのご指摘だが、「まつもと子ども留学基金」の予算書
http://www.kodomoryugaku-matsumoto.net/wp-content/uploads/2013/10/%E3%81%BE%E3%81%A4%E3%82%82%E3%81%A8%E6%B4%BB%E5%8B%95%E4%BA%88%E7%AE%97%E6%9B%B8%EF%BC%88%EF%BC%92%EF%BC%90%EF%BC%91%EF%BC%94%E5%B9%B4%E5%BA%A6%EF%BC%89.pdf
には、635万円の寄付受取が記載されている。

なおチラシ「福島が好き」に関係したらしい「ドネーションわかちあい」が、50万円を寄付したそうだ。
6団体に各50万円、合計300万円を寄付(わかちあい)しました
http://blog.goo.ne.jp/donationship/e/6f90bd56a85f4555aed2216923f110d9

③B 柳原敏夫氏
他の役員で、当ブログにも登場したことがあるのは、柳原敏夫氏=「ふくしま集団疎開裁判」の弁護士だ。

年頭② 「ふくしま集団疎開裁判」と「デマリン」には「ラブキュリ」のおしおきが必要 1/20追記あり
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-124.html
【デマ】福島県警の警察官3名が急性白血病で死亡 → デマでした。 の発信源だった。

③C 菅谷昭氏
記事に登場する、松本市長菅谷昭氏が定例記者会見では、この「留学」を全面バックアップすると表明した。
市長記者会見2013年12月17日[動画版・テキスト版]
http://www.city.matsumoto.nagano.jp/shisei/sityo/kaiken/2013/20131217.html
「公人」たる市長が、この人々を支援するとは驚いた。しかし親から離しての「留学」の過程や結果起きることについて、責任を負う覚悟はある、ということだろう。

菅谷氏は、これまでに福島について「福島では(放射能影響で)水面下で中絶が増えている」と「事実無根」の講演をして、それを指摘した福島の産婦人科医に「私的に謝罪」、しかし他に同じ内容の講演をあちこちでしまくっていた。さらにはそれらで800万円も収入があったらしい、公式謝罪はしていない、といったことの記録はここにある。

朗報!福島の流産や中絶は増えていない 菅谷昭・松本市長は「水面下で中絶増」発言を謝罪していた
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-93.html

菅谷昭・松本市長は1/29国立市他 あちこちで「福島で中絶増加」と発言 もう公式謝罪が「公人」としての最低の務めだ(追記多数あり)
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-94.html

えっ 松本市の菅谷昭市長は福島をdisって講演料800万円稼いだ?フザケルにゃ
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-134.html

要するに「同類」なのだろう。こういうデマを飛ばす人たち(しかも菅谷氏なんて、「公人」なのに「公式謝罪」してないよ。)、故郷福島をネタにして稼ぐ人たちに、人格形成上大事な時期にある子どもを、親から離して何年も預けるというのは如何なものか?

「留学」は、目下の福島の「セシウム137外部被ばく(といっても年間1ミリとちょっとだ。欧州、米国でもそういう都市はある。「内部被ばく」は防げることがわかってきた)」より恐ろしい結果が待っているかもしれない、可能性は否定できない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

興味ない人にも知って欲しい

新エントリ御苦労様です。

いきなりエントリとは関係ない話で申し訳ありませんけど、探偵ファイルで某「ヘタヘタギターの青い鳥君」の暴挙を取り上ました。

http://www.tanteifile.com/geinou/scoop_2014/01/12_01/

で、もういっちょ。
バカも安身やすみ言え、が久しぶりにダメっぷりさらしたみたいですね。

http://togetter.com/li/614983

まあ、バカも安身やすみ以外でも民報、民友のお悔やみ欄撮ってblogにアップするヤツ(特に若年でお亡くなりになった人が出たりすると)が「ヒャッハー」とばかりに出ますけど、普通に高齢者ばっかりだと何も言わないんですよね~、コイツら。
何より、無関係の人の個人情報晒しはヤメロ!
新聞社に通報して削除要請出してもらった方がいいかも、ですよ。(以前に民友が抗議してた事がありましたので)

どうでもいいですけど、
>じぇ じぇ じぇさん
タイトルと本文の中身、一致してませんよ。
それにデマはよくないですが、批判は言論の範囲内であれば問題ないと思います。
反論なり批判が妥当かどうか、そこを問わないと、ですね。

No title

しばらく見なかったら、このコメ欄にいきなり「デマ」を書いていた人がいました。以下の如しでした。

タイトル=デマ

コメント=本当にそのとおりですね。人を非難ばかりしている人はだめですよね。

2014-01-11(23:01) : じぇ じぇ じぇ

何だか中身は意味不明な「デマ」でしたが、とにかくここからデマ発信されては迷惑なので、削除しました。これを書いた「じぇ じぇ じぇ」という人は、立川の人でした。

新年早々

「フクシマ」というのはイラッときます。「福島」でしょと


新年早々、アクリフーズの農薬事件でも放射能、淡路恵子さん死去についも放射能、四日市の三菱マテリアルの爆発事故も放射能、とネット上で騒いでいる人達がいるようですが、進歩が無いですね。

こういう人達をカモにしているのが、「フクシマ」と掲げて講演会を開いている輩なのでしょうけど。

No title

この本田記者の講演会をツィートしている人物、飯島秀明氏、北海道新聞の関係者らしいです。
http://twitter.com/hi_iijima
要注意人物かな。

植木宏氏、叩くとヤマギシ会まででてきましたか。
多分、以前に紹介したと思いますが、ヤマギシの会子供向け合宿の貴重な体験談。
http://togetter.com/li/440156
関わらない方が、よさそうだと思うのですが。

No title

地方紙のお悔やみ欄見て、これだけ死んでるって、岩上はアホウか。
夕張の嫌われ者・本田記者、札幌に来てたんですね。
地元の出版社・寿郎社が道新の記者に書かせて、『原発はやめられる』って本を去年出してたけど、ひどい内容でした。
ドイツの事例を紹介してるのですが、ドイツの都合の悪い事実は全く触れられていません。あんまり売れていないみたいでけど、こんなのに騙されるほど道民は馬鹿じゃないということか。書いた小坂はもともと取材力がないんだよね。

「自主避難」「風評被害」の根本にある問題は・・・・。

私は原発事故後における「自主避難」や「風評被害」が拡大してしまった問題の根っこは、「放射線は少しでも危険」と言った科学的根拠のない、いわば「カルト的信仰」を専門家や時の政権を担う政治家がうまく説明できていない(=払しょくできていない)点にあると思っています。

この問題を放置している以上、次から次と風評をまき散らす輩が現れると思います。
いたちごっこでしょう。

例えば「塩」。
これは大量に摂取すると健康を害し、最悪死に至るものでありますが、「適量」を摂っていれば健康に悪いことになることはないことをほとんどの人は知っていますよね。
(塩の場合は逆に摂らないでいる方が健康に悪いですが)

これを今の放射線問題と関連させてみると、如何に放射線への偏見が見えてくると思います。

彼ら「放射脳」な人たちの常套文句である「大量に摂取すると危険なものは少量でも危険」という事だから、塩は少しでも危険な「ハズ」だ、となって、「塩は少しでも摂ってはいけない」となってしまいます。

さらには、「長年の経験上や科学的・医学的データでも少しならまったく大丈夫だ」という事に対しても、「100%絶対大丈夫だという保証はあるのか」とイチャモンを付けている状態ですね。

こんな例はいくらでもあります。
酒もそうですし、毎日普通に食べて最も安全だと思われる「米」「パン」だって「大量に食べれば」健康を害するし、死にもつながります。

逆に少しでも危険と誰もが思っている劇薬だって、超希釈させれば「何でもない」事だってあるでしょう(すみません、そこは自信ないです)。

つまり、いくら危険なものでも最終的に人間にとって危険か安全かは人体に受ける「量」で決定されるモノなのに、彼らは一事が万事、「大量が危険なら少量も危険」と言う短絡的に考えてしまっている傾向があります。

なぜこんな単純な問題が半世紀以上も議論をしながらも解消できないのかは、本来ならば科学的な問題なのに政治的な問題にしてしまったからですね。

この問題は時間が経てば解決するでしょうが、私にとってはそれでは遅いのです。

「放射線は少しでも危険」と言う信仰と言うかデマが払しょくされない限り、私が生まれ育った故郷がなくなる危機はますます現実味を帯びてしまうのからです。

>福太郎さん

>なぜこんな単純な問題が半世紀以上も議論をしながらも解消できないのかは、本来ならば科学的な問題なのに政治的な問題にしてしまったからですね。

まったく。醤油だって一気飲みすれば死にますがね~、醤油が政治と関係ないから、サイコムなんかも「醤油は一滴も飲むな」なんて言わないわけでしょうね~。

>この問題は時間が経てば解決するでしょうが、私にとってはそれでは遅いのです。

まったく同感です。去年の正月に、「原発に賛成か反対か」という「政治問題」から離れた、マトモな知識人、科学者等の「宣言」を期待しましたが、実現していません。10年後に反省しても、意味なし。それまでに福島人のココロには取り返しのつかない、大きな傷がつきますし、現実に帰還が遅れて地域社会が崩壊します。日本社会に与える悪影響も大きい。銃に脅されているわけじゃなし、「反原発」の非難程度のことで遠慮し、政治に振り回されているようでは、知識人が信奉する「言論の自由」「表現の自由」なんて、本気の「軍国主義」なんかが来たら、ひとたまりもないでしょう。

ネコさん

>まったく。醤油だって一気飲みすれば死にますがね~、

健康に害があるのかないのかは、その「量」によって分けられることは明らかです。

日本ではここ最近、「除菌」グッズが流行ってますが、それでも「100%除菌」の商品はありません。
99%とか99.9%とかですよね。
しかもそれも本当かなあと言う胡散臭い感じがするのは私だけではないでしょう。(笑)

単なる「流行」に乗って「売らんかな」根性でこんなうたい文句を使っていると思いますね。

いずれにしても、そういう胡散臭い除菌グッズを使っても100%除菌はあり得なく、少なくとも残り1%前後は体に入っているのですよね。

そんなものを使わない人の方が大多数だとは思いますが、それで多少の風邪をひいたり腹を下したりしたとして、それは当たり前の「生理現象」の一つと捉えるべきだったはずなんですよね。

過度に「清潔」とか「安全」とかを求めすぎた現代の「一過性の流行」だと私は思っています。

そこに「放射線」も巻き込まれてしまった、と言う感じでしょうか。

>去年の正月に、「原発に賛成か反対か」という「政治問題」から離れた、マトモな知識人、科学者等の「宣言」を期待しましたが、実現していません。10年後に反省しても、意味なし。

全くその通り。

>それまでに福島人のココロには取り返しのつかない、大きな傷がつきますし、現実に帰還が遅れて地域社会が崩壊します。

現実にわが故郷・飯舘村は例え除染が済んでも戻るのは3分の1もいればよいだろうと言われています。

地区によっては完全に「廃村」状況になる可能性が高いです。

それと「反原発」の人たちは主張がよく分からないです。
今までは「国の決めることは間違っている」と何でも反対を貫くのに、福島の復興やふるさと存続のために避難基準や除染基準を緩和すべきだという主張には、国が決めた年1ミリシーベルトを守るべきだと言うのですから。

No title

>( 知識人や専門家が)「反原発」の非難程度のことで遠慮し、政治に振り回されているようでは、知識人が信奉する「言論の自由」「表現の自由」なんて、本気の「軍国主義」なんかが来たら、ひとたまりもないでしょう。

まさしくその通りですね。
専門家はしっかりとした科学的根拠に基づいての発言なら自信持って言うべきですね。
大衆の漠然とした不安に迎合するんじゃなくて、説明してその不安を解消するのが仕事のはず。
もちろん、私達も専門家任せにするんじゃなくて、日常的な会話の中で何気にそういう専門家をバックアップする努力はすべきですが。

「バカも休み休み言え」と警告しても

 国語能力がゼロどころかマイナスな連中にこんな事を言っても「何とかの耳に念仏」なのでしょう。
 カリーこと雁屋哲がまた懲りずに福島の風評被害を広げる暴言を吐いています。
 マジで隔離処分しないと増々被害を広げるでしょう。「放射能で鼻血」て本気で信じている所がもうまともじゃないです。

No title

正月、キリンのカンチューハイ「氷結」の『福島産和梨味』はとてもおいしかったです。
食品会社にとっては風評被害は経営をも左右するリスクですが、カゴメのトマトジュース同様、福島産を前面に出して商品化したキリンの勇気は評価したいです。

都知事選挙で細川元首相が立候補するとか。
脱原発を公約にすること自体を云々するつもりはありませんが、『脱原発』を選挙戦のシングルイッシューとして戦うであろう小泉元首相の挑発を受けて、アサヒ、マイニチ、トーキョー新聞が選挙戦をどう報道するのか見ものです。
山本太郎を衆議院議員にしてしまった愚は少なからぬ東京都民が感じていると思うので、冷静な選挙戦になることを期待したいです。

究極の選択w

国家の大権たるエネルギー政策に言及するなど僣越というもの。
早速、読売新聞が社説で「脱原発を訴えるのにふさわしい選挙なのか」とチクリ。
細川・小泉と迎合主義を拡散して国柄を貶めた二人に、
反・迎合を貫く読売が拳骨をとばした格好に。
ナベツネの顔がちらつくのはアレだけどw期待するしかない。
こうなると、ベターな線は舛添氏当選か。

そして何よりも、これから東京で繰り広げられるであろうアレやこれやが、
今年の秋に我が県の知事選で繰り返されないようにしなければ。

No title

>KYさん
カリーの暴言、これですね~。

http://nichigopress.jp/interview/%e3%80%90%e3%83%ab%e3%83%9d%e3%80%91%e5%8e%9f%e7%99%ba%e5%95%8f%e9%a1%8c%e3%82%92%e8%80%83%e3%81%88%e3%82%8b/51415/

(一部抜粋。括弧内は私のツッコミ)
>これは私自身の体験ですが、取材から帰って夕食を食べている時に、 突然鼻血が出て止まらなくなったんです。なんだこれは、と。今までの人生で 鼻血なんて出すことはほとんどなかったので驚きました。その後も夜になると 鼻血が出るということが何日か続きました。
(鼻血ネタですか?今頃。雄山もそのうち鼻血ブーか?)

>取材に同行したスタッフも双葉町の村長も、鼻血と倦怠感に 悩まされていましたよ。
(なんだよ、双葉「町」の「村長」って)

>子どもたちは学校でも塾でも、ぼーっとして何もできない、スポーツもし たくない、動きたくないと言っていました。残酷な言い方になるけど、あの周 辺は人は住んではいけない所になってしまった。
(福島の子どもはボーッとしてるんですかそうですか。ってバカにすんじゃねぇ!俺なんか原発事故無くても子どもの頃からボーッとしてたわい)

>『福島の食べ物を食べて応援しよう』というキャンペー ンもありますが、これもどうかと思います。
(はいはい、お前に喰わせる福島産品なんか無ェ!)

等々、いや~あらゆる罵詈雑言が頭の中をよぎりましたよ。
(実のところ、この間の美味しんぼはコメントしづらいんですけどね…いろいろあって。たぶん次回も)
まあ、この記事に対するコメントに「マトモ」な方々が多いのは救いですけど。

で、この記事に対するTwitterでの反応をまとめたものがコチラ

http://togetter.com/li/616013

…onodekitaが高く評価している時点でもうダメってフラグ立ってますがね。(そりゃ鼻血ブーですからねぇ。onodekitaも喜んだでしょうとも)

No title

>IKAさん

顔のことは言っちゃあいけないのですが、雁屋哲って本当に卑しい顔をしていますね。反体制を商売にするとこういう顔になるんですよね。私が会った様々な市民運動のリーダーもおんなじ顔をしてました。もちろん例外もいますけど。

都知事に細川が立ったけど、ばかみたい。ノビ―(池田信夫氏)も言っていますが、東京には原発がないし、都知事にはどこかの原発をとめたり、国のエネルギー政策に口を出す権限もないし。東京都の使用電力を半分にするとでもいうなら話は別だが。これで反原発票が割れて、舛添に有利になるんじゃないですかね。意外とタモ閣下に票が流れたりして。

No title

 貿易赤字は益々増えて、円安で高い燃料費の影響大。近視眼的に見たって、原発再稼働は喫緊なんだよ。いずれ衣食住光熱費もこのままでは上がるし、アベノミクスで、僕は首都圏のマンションを買うのをあきらめましたよ。

 しかし、地方では全く影響ないそうで、300万円台のマンションは新潟市の中央でもごろごろ転がっています。
 いったい、どれほど貧乏になりたいんですかね。日本人は。

 kuさん、福太郎さん
 醤油を2リットルのんでも平気な人物は、いしいひさいちの「鏡の中の戦争」に登場してきますよ。
 徴兵逃れのために醤油を飲んで心臓異常をきたすため、まず一本飲んで、「なんともない」、仕方がないからもう一本飲んでもやはり「なんともないぞ」と言うから、「(お前は)兵隊に行けよ」と醤油を飲む事を勧めた人物からいわれているけど、醤油を飲む事を勧めた人物は何故か怒っています。多分お前の様な丈夫な奴は嫌いだ!と言う事ですかね。

 でも、実話として徴兵逃れと醤油を飲む事は出来ないんだそうですが、良く言われたポピュラーな話なんでしょう。僕も小学校の時聞きました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%B5%E5%BD%B9%E9%80%83%E3%82%8C

 それはともかく、気体のラドンは放射線を出して個体のポロニウムになると言う話、面白いけど文化系と言わず多くの大人の人はピンとこないでしょう。
 マリー・キュリーの偉業がどれほどのものか、僕の幼少時は伝記小説でラジウムが光ると感激したキュリー夫人の描写は今でも覚えています。学校じゃ習わなかったけど、高校物理でもニュートン力学までだったものな。

 いずれ、アベバブルもはじけますよ。株価も下がり、産業空洞化は加速、でも原子力をまがりなりにも認めている政党が、圧倒的多数の自民党だけ、と言うのは少し変だな。自民党も「放射脳」を克服すべきだと思います。

kuさん

>福太郎さん
飯館村の方なのですね。

正確には飯舘村出身です。
生まれてから高卒で就職するまで、ず~っと飯舘で暮らしていましたし、就職先も福島市や郡山市だったので、一応は寮は借りてましたが通って通えない距離でもなかったので実家から通う事も多かったですね。

結婚後はそう頻繁には行きませんでしたが、年に数回程度は帰ってました。

>震災3ヶ月後、警戒区域一時帰宅支援で馬事公苑に行く途中、飯館村を通りました。日本の原風景の代表のような、美しいのどかな里山の印象があります。
おそらくほとんどの住民は避難されていて、人気は見えず、田畑は草ぼうぼう、ゴーストタウンの様で胸が締め付けられました。お気持ちお察しします。

まさしく「ゴーストタウン」です。
沿岸部のように津波にやられて壊滅状況になっているわけでもなく、見た目は全く震災前と「何も変わらない」のに、人の営みが全くないのですから・・・。
(一部事業が許可されているところはあるが)

「全村避難」後、私の年老いた両親(ともに80代)を連れて「我が家」に戻って、子供のころの思い出深い近所やかつて何度も通ったことのある見慣れた地区を車で走ってみると、しかしそこには家はあるのに誰もいなく、精気の全くない風景を目の当たりにすると、なぜか自然と涙が滲みます。

何でこんな事になってしまったのか・・・・。

人がいない一方で、野生のイノシシやキツネ、サルなどは当然ながら避難せずに、しかも放射能たっぷりの「露地ものキノコ・山野草・木の実」をたべ、あるいはそれらを食べているネズミなどの「小動物」をエサにして食べているわけですが、全く元気に野山を駆け回っています。

しかも、それらの野生動物は原発事故後に繁殖を繰り返しており、今や2世3世となっているものも少なくないはずです。

それで何かそれらの野生動物に「奇形ガー」とか、健康被害で絶滅の危機とかの話は聞かないのに、なぜ人間だけがこんな大げさな避難をしているのだろうかと不思議に思います。

いただけません

ttp://www.minyu-net.com/newspack/2014011401002203.html
これのソースは共同通信のはず。今日の民報にも載ってました。
にしても、印象操作で争点を我田引水するのはいただけません。
面白かったのは、民報は1面の左上に載せたのに、
民友は堂々と1面トップに載せたこと。
民友の考えがモロに出ていたと言っていいでしょう。

こいつは酷いよ…

郡山の高校生が自分の急性白血病をツイートしてから、アチラ界隈が「ヒャッハー」していますねぇ。
当該の高校まで赴いて動画配信する輩まで出てきてもりあがっています。

ところが、同じ高校に通う生徒さんがTwitterにて反撃。

>youtu.be/ViCY8Ux8x50 この動画見た人も見てない人もどう かわかって欲しいです。私は郡山高 校の生徒で、この動画の事は全部嘘 です。 汚染清掃ではなく、水泳部の普通の プール清掃ですし、白血病になった 先輩も治るように頑張ってます。 拡散希望 よろしくお願いします。

2014年1月14日 - 11:20pm

この生徒さんによると、動画に出てくる「父兄による貼り紙」は撮影者の自作自演なんだとか…。

このツイートに多くの人が賛同リツイートや励ましの言葉を贈っています。
白血病を患われた生徒さん、よくなるといいですね。
そして同じ高校に通う生徒さん方、ゲスなデマに負けないで、たのしい高校生活を送ってくださいね。
ちなみに私の高校時代はヤローばっかで華やかさの欠片もないもんでしたが(笑…でもスゲー馬鹿だったから楽しかったです)。

勉強になります

こんにちは。偶然こちらのブログを見て、見入ってしまいました
数値で証明し、きちんとその数値の意味・根拠も説明され、納得感があります
また、別に避難した人をどうこういうわけでもなく、自分たちと同じ考えをもて、と強制するわけでもなく、それぞれが自分の状況をみて判断すればよい。
ただ、恣意的に数値を操作し、自分の欲の為に福島を利用するの集団には反対だという姿勢だと思います。私もその考えに賛成です。

私は、震災の時は仙台に単身赴任でした。震災の最中でも、ライフライン系の業務(東電ではありません)を担当していたため、部下と一緒に会社で寝泊まりをして、仕事を続けていました。
今は沖縄です。別に避難したわけではなく、元々家族は沖縄に住んでいたので、(妻は沖縄が実家なので)一昨年、転勤で沖縄に戻っただけです。
ずっと、ず~っと東北の事は気になっています。福島は、震災の翌年、花見山や、三春の滝桜を見に行きました。人が少なくてじっくり見れました(苦笑)
沖縄に戻っても、年に1回は東北へ出かけています。
昨年は、浄土平の一切経山を登ってきました。山の頂上から見る五色沼(通称 魔女の瞳)は、それはそれはきれいでした。
私は日本酒が好きですが、一番好きなのは、郡山の田村にある酒造のお酒です。沖縄に来ても毎年 年1回ですが通販で取り寄せています。
ここ沖縄でも「震災瓦礫は焼却すると放射能が30倍になります!子供たちの為に反対の署名をお願いします」という運動があったようです。
妻から「署名求めらたけど、署名したほうがいいかな」と相談されたので言下に「世の中には不安をあおって商売にする人達がいる。焼却して放射能が30倍になるわけがない。沖縄では載ってないが、仙台の新聞は毎日東北と関東の放射能の数値を載せている。焼却して放射能が30倍になるのなら、新聞に乗る数字が上昇するはずだ。そんなのは見たことない。」といって拒否させました
信夫山ネコさん、長い戦いですが、デマの除染頑張ってください、確実に効果は上がっています。
私も、できる範囲で除染します
また美しい福島とおいしい福島を今年も味わいに参ります
今後も時々こちらのブログを拝見させて頂きますね。

No title

>IKAさん

白血病になる人は普通にいるわけで、原発事故によって白血病患者が増えたことが立証できないと、彼の白血病が放射能原因かどうかはわからないですよね。私の知人にも急性白血病になった人が2人いますが、彼らも放射能が原因だったのかなあ。彼らが発病したのは2011年3月以前でしたが。
泉田新潟県知事が「福島第一原発事故の検証、総括が先だ」と昨日のNHKニュースや今日付けの朝日新聞で言ってましたが、国会・政府・民間と3度も事故調をやって、事故の原因は「想定外の津波による全電源喪失」と結論をとっくに出してるのに、この人何を言ってるのでしょう???
むかし「週刊現代」で、経産省をやめた古賀なんとかという人が泉田知事をかばってましたっけ。いずれアヤメかカキツバタ、というやつですね。

隔離政策?

私がゲスノヤ市長(←面白すぎるのでこちらのブログでも使います)の留学政策を聞いた時に思い出したのは、「盗まれた世代」と呼ばれるアボリジニ隔離政策です。

やはり「汚れた子供達を文明度の高い我々がクリーンに生まれ変わらせる」という思想が根底にあったようです。
異端の宗教にも結構ある話ですよね。

鼻血ネタは2011年の授業からずっとあり得ないことを解説しているのですが、巷の反応が冷めていて安心しました。

ところで渡り鳥さん

>一番好きなのは、郡山の田村にある酒造のお酒です

・・を是非教えて下さい。
私は奥の松や大七が好きです。
子供時代、ひばりやはつかりに乗る度に「酒は大七」を見ていたのですが、大人になってからは「大々的に宣伝する酒なんてそんな旨いもんじゃないだろう」と思い込んでしばらく手を出しませんでした。
でも大七の燗酒は冬のお楽しみになっています。

bloomさんへ

奥の松ですか、いいですね~。日本酒飲みたくなっちゃいましたよ。
沖縄はいい日本酒置いてあるところは少ないので。圧倒的に泡盛ですからこちらは。勿論泡盛もおいしいですが、たまには美味しい日本酒が飲みたい~

郡山市の田村の酒造は 「仁井田本家」という酒造屋さんです
主な銘柄は「金寶(きんぽう)」「穏(おだやか)」です。
ただし、甘口のお酒なので、人によって好みが別れるお酒だと思います。(糖類や、醸造アルコールは使ってません。純米です)

郡山駅前に直営の居酒屋「金寶」というお店があるようですので、お近くでしたら、そこで飲んでみるという手もあると思います。私は行ったことがないですが、今年行くときに寄りたいな~と思っています

はぁ、おいしい魚といっしょに日本酒のみてぇ

No title

>さや猫さん
いやまったく、高校生食い物にしてしれっと「正義の味方」面できるなんて、倫理観どうなってるんでしょう。
郡山高校まで出向いて行ったのは通称「猫飯」ってヤツなんですが、以前に高校のプール清掃隠し撮りして「福島では高校生が除染作業を…」って言って動画配信したみたいです。
今回は父兄名乗って自作自演らしいですし。
(他にもスーパーや市場で野菜や魚にガイガーあてて「こんなに反応が!」って動画も盛んに配信していました)

何がゲスいって、このヒャッハーしてる連中で、誰一人として白血病を発症した生徒を心配してるのがいない、ってのがもうダメです。
人間性を装う事すら出来なくなってるんですね…。

>bloomさん
松本市長ゲスノヤ、じゃないスゲノヤ(ギョーカイ風に言えばゲースーってか)の「留学」って、小学校が統廃合される地区が対象になってますから、私は満蒙開拓団か屯田兵をイメージしました。
まあ、他にも山村留学受け入れする自治体はありますし、受け入れ側としても「地域おこし」とか「学校存続のため」ってメリットを見越しているもんですけどね。(ただ、松本市長ゲスの…じゃないスゲノヤは「留学」と言いつつ「大人になるまでかも」なんて言ってますから。これは「人生経験」とか「留学」の域を越えている気もします)

カリーの「鼻血ブー(これもちょっと古いかなぁ)」も、冷静な反応が多くて良かったです。騒ぐのはonodekitaみたいな典型的な「アレな方々」だけみたいですし。

>渡り鳥さん
はじめまして。
仁井田本家でしたか~。郡山で大きい酒蔵は笹の川とか三春駒(佐藤酒造)とかありますけど、どっちかというと金寳は地酒のイメージあります。
私はここのところ白河の酒を愛飲していますが、どっちかというと甘口ですね~。私は甘口の方が好きです。

でも、一番メジャーな酒どころはやっぱり会津かなぁ。
準ナショナルブランドクラスの銘柄があって、東京でも手に入りやすいですし(ほまれ、とか末廣かな)。

豆知識…フリーアナウンサーの唐橋ユミは喜多方の酒蔵「会津ほまれ」の娘です(なので同社のキャラクターもやってます)。

No title

 泉田知事の傲岸不遜で不勉強ぶりについては呆れちゃいましたね。津波地震による2万人近くの犠牲者を出した事にキチンと総括が出来ないなら防潮堤だって絵に描いた餅

 と言っているのと同じで、こんな人物は早晩政治の世界からおっぽりだすのが最善でしょう。

 実は僕は引っ越しをするんですが、知事公邸のすぐ近くで泉田裕彦と言う名前が明細地図にのっていました。不動産屋に教えて貰って、思わず「あの馬鹿か」と言ったら結構笑っていましたよ。

 原発は再稼働を前提としてコストをかけて計画書や対策書を10センチくらいの厚さでまとめて知事に提出していましたけど、まるで俺の許可がないと再稼働なんかさせないと言う様な態度。福島の総括がない限り刈羽原発再稼働は絵に描いた餅、だとか理屈が通らない事を平気で言うんですよ。

 なんかおごり高ぶったその態度はかつての石原知事以上ですよ。それだけでも大嫌いになる人も多いでしょう。
 女性にもてないのは確実

仁井田本家

>IKAさん

久しぶりに例の掲示板に参加してるようですね。
やり取りしているのは例の人でしょうか(笑)。

相変らず尤もらしいことを書きながらも、福島の現状を誤解していて、そして福島の苦悩は全く考えない考えの人でしょ。

私には今は彼の投稿内容(名前も)は見えなくしたので、何を書いているのか知る由もありませんが、まあ、恐らく以前と同じような能書きばかり垂れているのでしょうね。

さて、ネコさんのブログを見てて「え?そこの事」とびっくりしたことがあったので、その件を。

表題に書いたとおり、「仁井田本家」のことです。

何か見たことある名前だなあ、とは思っていたのですが、実は今日休みだったので、寒かったけれど趣味のバイクに乗って福島空港まで今年の初ツーリングをしてきたのですが、その帰りに通った広域農道にその「仁井田本家」の看板を見つけたのです。

実はその道路は今までいわき方面や福島空港方面に行く時にしょっちゅう通っていたし、その看板もあるのは分かってましたが、まさか造り酒屋の名称だとは知りませんでした。

今日は寒くて早く帰りたかったので通過しただけでしたが、今度そこへ寄ってみようかな。

No title

>福太郎さん
はい、お察しの通りw氏です(笑)。
ただ、今回は私から絡んだ訳ではなく、あっちから絡まれました。
久しぶりにやり取りしましたが、かなり劣化してますね~。
私の コメントを読んでいない事がまるわかりですし、時系列もメチャクチャで…。
もうマトモにコミュニケーション取るつもりはないんで、テキトーにあしらっておきました(笑)。
もしかしたら某オカルト系掲示板の方をチェックされていたかも知れませんけど(患者調査を持ち出してきましたが、最近まで某オカルト系掲示板でその話をしてましたから)。

あの人は、マトモにソース出さず、自分の見解は言わず(取り合えず揚げ足とられない為かな)ですからね~。
まだオカルト信者の方がマシですよ。

仁井田本家の看板、あそこの事かなぁ。 酒米の栽培田のところにある看板って、あの辺だったような気がします(酒米は山田錦だったかな)。私も空港からの広域農道はよく利用しますんでなんとなくわかります。

イワノフ教授からのメッセージ

首相官邸災害対策ホームページに、1月14日付けでビクトル・イワノフ教授からのメッセージが掲載されていますね。↓
http://www.kantei.go.jp/saigai/senmonka.html
仮訳は山下教授、あちらの人がまた何やかや言いそうですが、ぜひじっくりと読んでいただきたいものです。↓
http://www.kantei.go.jp/saigai/senmonka_g59.html
(本文中より引用 ↓)
  科学的事実に基づく私のコメントが、皆様の健康影響への不安を軽減し、ストレスによる疾病の予防に役立てばと期待しています。恐れではなく、自信をもって前向きに将来を目指して頂きたいと念願します。

19年

阪神淡路大震災から19年。色々な想いを込めて手を合わせました。

福太郎 さん
今日空港道路を通って平田村まで出掛けたので、ひょっとしてすれ違ったかもしれませんね。

島薗進センセイってやっぱり変だわ。
常石センセイって、オウムの時TVで、解説してたせんせいですよね、変だわ。

島薗進‏@Shimazono
htp://twitter.com/Shimazono
常石敬一「3・11が破壊した…神話」②「山下には…自分が知っていると思い込んでいる「現実」があるだけのようだ。その結果、彼は…国や県の方針を住民に押し付ける役割を担った。もし彼がチェルノブイリの現実を見ていればその発言は違ったはずだ」

↑この発言で変な人だと分りますね。

島薗センセイのTwitterを眺めて
センセイ界隈の方々にとって福島県って原子力建屋のある地域だけなんだろうか?
こういった言説を目にするたび不思議な感覚になります。
私は本当に現実の世界に生きているのだろうかって。


可愛い爆弾投下その2

コタツからでれないにゃー
http://twitter.com/mocomoco0917/status/416169061844647936/photo/1




No title

 イワノフ教授のコメントは朝日新聞の放射脳記者に利用され、不安を煽った可能性があると思います。

 もう2年以上になるかもしれませんが、「福島第一原発によるがんリスク予想」と言う一覧表で被曝によって発生する固形ガンの件数は合計で298人と予想していました。

 もととなった数字も仮定だと思います。その後WBCなどで住民の被ばく量を測定したと思うので、この結果もあくまで仮定だと思います。

 考え方はLNТ仮説に基づいた集団線量によって積算した数字と思われ、固形ガンの発生すなわち致死的ガンの発生なのかどうかもわかりません。しかしながら放射能におびえて自主避難をする人には十分な数字だと、僕は思います。

 イワノフ教授自身は「気にする事はない、タバコの方がずっと危険」と述べていましたが読者にはその意は伝わったのかどうか甚だ疑問だと思います。その後福島県民を襲った風評被害、二次被害などを考えたら、まず朝日新聞が載せた事により、事故によるリスクが高まった、早く避難をすべきだと言う風潮に、このイワノフ教授の予想数字は貢献してしまったと僕は思わざるを得ません。

 LNТ仮説を使用して集団線量を出したらどんなに被ばく量が少なくても、被ばく者数が多ければ必ず後年放射線によるガンリスクが起きる事になります。
 CТスキャンを受けた人のうち何千人に1人かはCTスキャン由来のガンで死ぬ。レントゲンもそう、放射線によるガン治療はその線量からしたら、殆どガンで死んでしまう。等となりかねないのがLNТ仮説による集団線量による後年のガン死の予測であり、LNТ仮説自体の矛盾を不合理なものだと捨てる事が、僕は今求められていると思います。

 福島県の事故による、被ばく者数は合計36万1400人とイワノフ教授は述べていますが、事故による放射線被曝に由来しなくても後年ガンを発生する人は18万人、亡くなる人は10万8千人、と言う数字を事故で被ばくした人たちの多くは忘れていて、また被ばくもせずに福島県だけでなく近県から西日本に逃げた人は、自分が将来ガンで死ぬリスクは30%ではなくて、ゼロ%だとでも思っているんでしょう。

 この朝日新聞の報道姿勢は、見出しで煽って、学者のコメントで「気にするものではない」と、記事の最後に乗せるという姿勢で一貫しており、まさに福島県民を恫喝し続けて学者専門家の意見などをないがしろにするものだと僕は思います。このミスリーディング姿勢で結局日本はGDPをどのくらい失ったのか、10兆円程度じゃ済まないでしょう。イワノフ教授もある意味犠牲者でしょう。


 某県、日本一のバカ知事(僕の個人的見方です)は池田信夫氏はついにチンピラ呼ばわりですよ。こんな知事を選んじゃった県民の不幸に同情します。そして、同情するなら金をくれと僕が僕に金を要求するなんて…、と思ってしまいます。

OSATOさん、情報ありがとうございます、イワノフ教授の心中を知る事が出来て非常によかったです。世界の学者はチェルノブイリを忘れることなく、原発事故による二次被害の大きさに心を痛めているのだと良く分かりました。

No title

 >IKAさん

 「onodekitaが高く評価している時点で」
 彼のプロの医者としての自覚の無さは「黄昏の森のブログ」で知りましたが、この人、医者の癖に食中毒の概念も知らないのには呆れて物も言えませんでした。体調が悪くなれは何でも放射能の所為にするって完全に脱走患者レベルじゃありませんか。
 同じような精神構造の「放射脳」たちがまたツイッターでバカをやらかしたようです。「福島で放射能防護服を収穫したコメが流通しています」と便所の落書きを無責任に撒き散らしていますが、元になった画像は2012年10月11日の朝日新聞に掲載されたものとの事。
 ここまで来たらもう犯罪レベルですよ。脱走患者バカッターは初めからネタの裏取りをする気も能力もない事を何度思い知らされた事か。
 何度やっても懲りない躾の悪い犬を本気で蹴飛ばして思い知らせる時はとっくに来ていますが・・・

 http://fesoku.net/archives/7049573.html

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

またデマ拡散…

みなさん、こんばんわ。

>KYさん

2012年大熊町での稲の試験栽培に関するデマはすでに「探偵ファイル」に取り上げられています。

http://www.tanteifile.com/geinou/scoop_2014/01/18_01/

私は、このツイを例のfreelancemother氏がRTで拡散しているのを見て、メンション送ったのですがブロックされていて届かなかったようです。

非御用学者は Fibrodysplasia(とても学者に思えませんが)、犬アイコンは keikikikiという大阪の放射脳です。

また、ykabasawaが以前同じ手口を指摘されているにも関わらず、今回も拡散しています。

前回の手口はこちら
http://togetter.com/li/578390

 freelancemother氏も含めて、この人たち、デマと知ってて拡散してますね。
 法的に取り締まれないのでしょうか…


No title

>IKAさん

>はい、お察しの通りw氏です(笑)。

やはりね。

>もうマトモにコミュニケーション取るつもりはないんで、

そういう相手じゃないですよ、あの方は。
恐らく、やり取りを楽しんでいるだけなのかも知れません。
もっと言えば、議論に勝ちたいだけなんでしょう。

まあ、掲示板なんて本来はそういうものだってんでしょうけれど、こちとら勝ち負けとかじゃなくて、ふるさと存続や人生がかかっているわけであり、ヒマつぶしでやっているんじゃないっての。

>仁井田本家の看板、あそこの事かなぁ。私も空港からの広域農道はよく利用しますんでなんとなくわかります。

地理的にはR49の谷田川セブンイレブンのある交差点から北への広域農道へ入って2kmほど行ったあたりだったかな。

>さんご@さばとらさん

>今日空港道路を通って平田村まで出掛けたので、ひょっとしてすれ違ったかもしれませんね。

空港道路って、「あぶくま高原道路」でしょうか?
だとするとそこは通ってませんでした。

また、私はバイク(一応大型バイクです)だったので、すれ違っていたら分かると思います。このクソ寒い時期に乗っているのは変態なので、そうそう乗っている人はいませんしね。

冬場に大型バイクに乗っている人を見かけたら大方の場合、私でしょう(笑)。

No title

 昨日、テレビ朝日系の衛星放送を見たら、脱原発は都知事選の争点になるかと言うテーマでやっていましたが、ヌケヌケだらけの空疎な論議でした。

①フィンランドのオンカロと言う高レベル放射性廃棄物を紹介していますが10万年後までの保管→10万年後の人類にまで責任をとる→日本でこれは難しい。

 と相変わらずのミスリーディング。10万年後にフィンランドと言う国も国民も存在しているのかどうかも全くわからないのに、このような施設が必要かどうかの論議が全然されてません。

②ドイツの再生エネルギーに対する姿勢を評価していますけど、もう古い話です。ドイツ国民はわざわざ高いコストの電気など選択するとは思えませんね。フランスの電力を一番買う国がドイツで原発に相変わらず依存しているのは変わりませんよ。自国でも10%以上は原発ですから。

③コメンテーターの無知蒙昧ぶりには呆れるばかり、放射線防護、リスクの比較など考えた事すらないみたいです。


 結局、福島原発事故での「大惨事」は必定だとの思い込みがあるんでしょう。誰一人として、事故で漏れた放射能による直接の健康被害はない、と言う事実に対して、津波による死者行方不明者2万人に迫る事や流された家屋などの資産の被害総額など、もうその時は忘れているんです。

 ドイツの廃炉作業、ドイツ国民が電気の種類を選択できる自由について一部NHKが放映した映像を使ってないだろうか?どうも見た事ある様な顔が出てきました。

④地球温暖化対策に全く触れていません。10万年後より100年足らずで最悪30億人の餓死、10%以上の全世界のGDP喪失。100年後についてもピンとこないのでしょう。それなのに10万年後について考えるなど非常に滑稽です。

 10万年後と言わず、数百年後にもシェールガスを含めた化石燃料があるのかどうかも分からず、太陽光や風力の製作に使う化石燃料がなくなるとどうするつもりなんでしょう。どちらも20年、40年で寿命が来るようなものですよ。

 ワンスルーでの使用済み核燃料など地下100メートルに埋めても安全で取り出したい時に取り出せる程度にしたほうがずっとコストが安い。フィンランドのオンカロも恐らくアメリカネヴァダのユッカマウンテンの洞窟の二の舞でそのうち使われなくというか洞窟内に積み上げられる程度じゃないでしょうか。

 台湾の原発は耐用年数が80年仕様だとか聞きましたが今の日本の軽水炉原発も50年60年と使用できるものだそうです。仕様書に書かれている耐用年数を過ぎたら、日時進歩しているメンテナンス技術で耐用年数を過ぎても稼働出来たら電気代が安くなるのは当たり前。

 自動車だって3、4年で買い替えるより今は10年間使用しても結構乗り心地は落ちませんよ。5年前の車でも僕にとっては新車同然。
 技術は進歩しているのです。イギリスもフランスも新しい原発を建設しています。日本でさえも大間原発は建設中止にはなっていないはずですよ。

 都知事選の前にこの放送は不適切じゃないですか。争点にするのは候補の勝手だけど、都知事に原発再稼働の拒否が出来る権限などありませんよ。

No title

>KYさん
onodekitaのダメさ加減は解説不要な程に有名ですが(笑)。
本を出したり講演会で稼ごう、ってやってますけど、もう先細りもいいとこで木下いえろうと信者獲得合戦やったりしています。

アレな人たちもネタ不足のようで、古くさいデマリサイクルが増えて来てます。(今某オカルト掲示板での議題は鼻血とセシウム…)

一生治んないんでしょうね~、こういう人たちって。

>jun9satoさん
お久しぶりです。
私はこの話、まーちゃんママと周辺のヲチしてて知りました。
あの界隈も大分行き詰まった感じがしますね。

にしても、探偵ファイルっていい仕事しますね~。(ジェフの記事も書いてますし)

>福太郎さん
そうそう、そこです!
私はそこの広域農道から白沢方面にはいって、二本松まで行きます。途中「森の熊さん」ってパン屋さんがあって、昔は行列が出来るほどの人気店でした。

某掲示板の方はまた暫くはお休みになりそうです。
(別のオカルト系掲示板がまた始まったので)
ただ、w氏の今回の絡み方とかもうマトモじゃないし、以前より狂信的反原発な人たちに反論する人も増えてきたみたいで、以前と状況違うな~、って感じました。

南相馬

他の二人で自民党票が割れたせいで桜井市長が浮上、といったところか。
1区…中選挙区の旧1区もか…の対立のミシン目が新聞を通しても個人演説会や総決起集会の顔触れで透けてました。
ましてやどっちも爺。保守系はせめて50代の人材を発掘できなかったのかと。
民報やら民友やらの分析は「市民に近いところで訴えていた」としてましたが、そうなんでしょう。
にしても、ニュース映像を見たら、桜井市長の背後に
泉田某と嘉田婆さんの為書…応援の貼り紙です…が貼ってあったのを見つけてイラッときましたw

No title

>IKAさん
帰宅途中にコンビニで、立ち読みしていたら、カリー原作のあれは3月まで休載だそうです。
鼻血が出るぐらい被曝したということは、高線量被曝だから、よほど具合が悪いのでしょね。
http://togetter.com/li/617293

野呂ウィル・・・・、じゃなくてノロウィルスの件で出てくるかと思ったら、やはり出てきました。
http://togetter.com/li/617336
これも、デマリサイクルですね。

都知事選,福島に飛び火!?

お久しぶりにコメントさせて頂きます。
都知事選に絡んで恐ろしく斜め上の論評が出ていますね。

http://bylines.news.yahoo.co.jp/amakinaoto/20140120-00031790/

『何よりも被ばくの危険から母子を移住させるという喫緊の問題』
とかいう辺り,読んでいて怒りより呆れと笑いの方が勝ってしまいました。

No title

>観潮楼さん
私のTVニュース見ていてあの2枚の為書き、気になりました。
反原発の方々は南相馬の結果をもって「原発ゼロを福島から!」って盛り上がっていますが、桜井市長は余計な事にかまけないで「市民のための復興」を心がけて欲しいと思います。

>千貫森の宇宙人さん
ああ、文鳥さんはonodekitaの取り巻きみたいですね。その教祖(?)が瞬殺されています(笑)。

http://togetter.com/li/618621

またonodekitaのニセ医者疑惑が…。
実は、私も「法定伝染病」って今は言わないの知らなかったんですけど(笑)。

ここのところ盛り上がっているまとめ

http://togetter.com/li/617150

自由すぐるおかんの新たな援軍がフルボッコされてます。
今日の格言
「頼りないやつは何人束になっても頼りないんだよ」

>夏井水石さん
お久しぶりです。
東京都知事選、完全に東京都民は置いていかれてる感がありますね~。
宇都宮氏の政策って都政とかんけーねーじゃん、って思っていたら細川氏の政策もあんま変わんないみたいですし。

宇都宮氏を福島県知事にって…いらねーよ(←個人の意見です)。

No title

ええと、連投になりますけど、東京都知事選でなんかアレな動きがあったようですので。

http://togetter.com/li/619045

上杉隆、久々の登場です。

伊達もなあ

>IKAさん
桜井市長は原町にある東北電力の火力発電所…津波からよみがえった最新鋭の…も念頭に脱原発と訴えたんでしょう。
エネルギーのアテもなく吠えているカルトとは違うと思います。


で、前後してやっている伊達市長選です。
引っ掛かったのは1月17日付けの『朝日』に載った同上の公開討論会の記事。
ある新人が除染について「セシウムに加えてプルトニウムの線量を調べろ」と。
何カルトに迎合してんだバカタレが!
違う新人は「風評の払拭を」と訴えるも、いかんせん地元で有名な『インディーズ候補』…
ここも出た人間の平均年齢の高いこと。
こうなると50代以下の政治忌避はガチなのかと。本来よくないことだけど。

No title

>観潮楼さん
そうですね~。
桜井市長、その程度でいてくれればいいと思います。
ただ、まわり(南相馬市民じゃない、反原発運動にいそしむ方々あたり)が「反原発市長」なんてかつぎ上げそうなんで、その神輿にホイホイ乗んなきゃいいな~、なんて感じたものですから。
井戸川氏(カリー風に言えば「双葉町の村長」…笑)みたいな例もあるので。

南相馬市は震災、津波はもとより「放射能怖い」「原発反対」の渦に一番巻き込まれた自治体だと思うんですよ。
犠牲者を出し、津波の被災者を抱え、市内の一部は警戒区域になって、復興どころか復旧もままならない状態に陥りましたし。

その意味でも「原発をどうこう」って言う前に「やんなきゃいけない事がいっぱいあるんじゃないかな」って思うんですよね。

桜井市長、市民運動から出てきた人だけに、ちょっと心配…。

No title

向こう側の有名人、御堂岡啓昭氏が早逝したそうです。
私としては、なんとも言えないところですが。

http://togetter.com/li/619911

しかし、仲間の死をも利用する木下黄色は最低のクズだと、改めて認識しました。

フクシマ語りの福島知らず

まあ、他自治体の首長選挙の話なんで私には関係ない、っちゃあ関係ないんですけども…。

東京都知事選の候補者で「即時廃炉」を掲げている人のなかで(告示されたんで具体名は控えますが、自称元ジャーナリストをネット担当に採用したあの人とか、革新系政党から推薦貰っている弁護士のあの人とか…)、「柏崎刈羽、福島第一、福島第二原発の即時廃炉!」って演説してる人がいるんですけどね。
う~ん、柏崎刈羽と福島第二はいいとして、福島第一って廃炉確定してんじゃなかったのかなぁ~、って思うんですけど…。

(参考)
http://www.asahi.com/articles/ASF0TKY201312180400.html
(一部引用)
>これで福島第一は6基すべてが 廃炉 になり、名実ともに発電所としての役割を終え る。

う~ん、私の知らないところで福島第一は運用が画策されていたのかなぁ。増設の計画も撤回されてるし、「国が廃炉を求め、東電も既に廃炉が決定している原発」に「廃炉を申し入れます」っておかしくないですかねぇ。

こんな認識で「東京から脱原発を」なんて頭が痛い。(都民はもっと痛いと思いますが…痛くない人は痛めて欲しいですけど)
「フクシマを見てください!」みたいな事言うヤツほど「福島を見ていない」って典型のような気がします。
福島の事を除いたって、「都政で国政をリードする」ってんならもっと国政勉強しろよ、と。(国は第一原発の全機廃炉を申し入れてますから)

こんな連中が国政批判したって百害あって一利無しだと思うんですよね。キチンと批判したい人までバカに見えちゃいますし。

マスコミもなんでツッコミ入れないんでしょうか?
記者会見だってしてるでしょうに。(ひょっとして気付いていないのか?第一原発の再稼働があると思ってんの?)

ほんと、福島の事を語るなら、もっと福島の事を勉強してくださいよ。ド素人のネット談義でも困りものなのに、「東京都知事選の有力候補者の公約」として全国ニュースで垂れ流しなんスから。

福島の事をよく知りもしないで、ダシにだけ使ってんじゃねぇ!
(そういった行為は、私たちをオモチャにしてる連中と何等変わりないぞ)

>千貫森の宇宙人さん
ピンクのカッパの人は、確か北九州関連のエントリで少しだけ話題になったかと思います。
たぶん、村上さと子氏の選挙応援に来た「ニセくまもん(パチもん、ってか…笑)」の中の人だったんじゃないかなぁ。

にしても、onodekitaも酷い事言ってましたし、あの界隈は人を何だと思ってんでしょうかねぇ…。



ええと、気分を変えて今日のとれとれピチピチのまとめ

http://togetter.com/li/620239

南相馬市長も「脱原発」言う前に、こういったデマを何とかするべきなんじゃないかなぁ、と思うですよ。

ちなみに我が家の浴槽も「青色の線」付いてますけど…(光ってはいないです。大体放射性セシウムって光るの?)

http://www.jcda.or.jp/qa/qa6.html
「青水」
>お風呂が青くなる現象は「銅石鹸」に起因するものです。「銅石 鹸」とは、銅管などから溶け出した微量の銅イオンと、浴槽などに付着し て残っていた湯垢(人の身体や石鹸からでた脂肪酸)とが反応し生成さ れた不溶性の青い物質です。この「銅石鹸」の生成反応は、銅イオン溶出 量0.2ppm程度の濃度でもおこります。特に固形の浴用石けんや洗顔石け んの脂肪分は、銅イオンとの反応力が強く要注意です。この「銅石鹸」が さらに空気中の酸素や炭酸ガスに触れると青くなるのです。

これ、一回付くと落ちないんだよね~。

No title

>IKAさん

「正しいか正しくないか受けて次第」に噴きました。
そういや上杉隆が斗ケ沢氏との相互取材で「世の中ってのは何でも主観だと思いますね」って言ってませんでしたっけ。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

IKAさん
>こんな認識で「東京から脱原発を」なんて頭が痛い。(都民はもっと痛いと思いますが…痛くない人は痛めて欲しいですけど)

いち都民です。
実は再び国外に追いやられており,ネットしか見られないせいもあるのでしょうが,本当に頭痛かったです,この1週間くらい。
脱原発を無理やり強調するような報道ばかりに見え(M新聞とか),疑心暗鬼になっていました。
あのようなのは報道と言わず誘導,扇動というのではないですかね。
昨日ですか,ようやく電話での世論調査結果など信頼性の高い報道も出始め,ようやく安心材料が得られました。
投票日前には帰国できますゆえ,しっかり一票を行使します。
きちんと都民の方を見られる人,およびフクシマでない福島が見えている人でないと困りますから。

しかし「東京から脱原発を」というのは具体的には何ができるのでしょう。官邸前デモに公式参加でもするのでしょうかね。

脱成長

ちゃんと分って発言されてるのかな?見出し的煽り名人の真似しても
突っ込まれて困るのは御自分なのにね。

年寄りの繰ごとにしか聞こえなかった公示日初日でした。

福太郎さん
空港道路は須賀川方面から空港へ向かう道路です。先日は「あぶくま高原道路」は使わず、空港から平田村に行きました。

>冬場に大型バイクに乗っている人を見かけたら

手を振りますね。


これはびっくり!こきまろ (←子供が良く言っていたフレーズ)
http://twitter.com/kwat_01/status/426969491877011456/photo/1

菅さんの応援って有難迷惑だよね。

NHK新会長

NHKの会長にだって政治的意見があるんですから、それを出しても放送法違反ではありませんよ。彼の政治的立場が彼の名でもって番組に反映されたら駄目ですが。--こういう意見もNHK内にはあると思うんですが、例によって朝日新聞は記事に反映させてませんね。これでよく他社に公正・中立を求めますね。原発関連、特定秘密法、沖縄基地問題で、この新聞が公正・中立だったことがありましたっけ。朝日の編集綱領にも反してますよね(笑)。

「放射線は少しでも危険」は最後の砦・・・?

さんごさん

空港道路は須賀川から空港までの道路でしたね。
では、そこを通りましたよ。

>>冬場に大型バイクに乗っている人を見かけたら

>手を振りますね。

間違って勘違いされた人には「え?誰?」ってなるでしょうけれど、でも、私の経験上、知らない人から手を振られても、ほとんどのライダーは手を振りかえしますよ。

そうそう、先日のその空港へ行く途中に通った須賀川市内で前を行くワンボックスに乗っていた子供さんが後ろを走っている私に手を振っていたので、迷わずに手を振りかえしました。

でも、いつまでも手を振っていて、そこまではさすがに降り続けることはできませんでしたけど(笑)。

IKAさん

例の掲示板、いい加減疲れましたね。

原発問題と放射線問題は別問題にしないから、現実には福島県内の多くは自然減衰や除染で環境放射線量が「問題ないレベル」に下がったにも関わらず、汚染水問題など「原発事故が収束していない」と言う原発と絡めた理由で、「福島は危険」「福島産は食べるな」「奇形ガ~」などの「デマ」による福島の風評被害がなかなか収まらないんだし、自主避難者の戻るスピードが遅いし、そして、強制避難者がいつまでも戻れないと、原発と放射線をリンクさせることの弊害を説明しても、そこを全く理解しようとしませんね。

そして結局原発とセットにした議論に戻してしまうんですよね。

でも、それは結局、彼らは原発問題には「避難者」の存在や「福島は危険」というのが絶対条件だと証明しているようなものだし、だからこそその条件がなくなることを一番恐れているんだろうね。

そのために「放射線は少しでも危険」は譲れない、という事でしょう。

私が「放射線は少しでも危険」の矛盾をしつこく言ってきているのはそのためなんですがね。

No title

>さや猫さん
「受け手による」って、フェアに見えそうなんで言ったんでしょうが(ネット上の議論の結果、「後はこれ見た人がどう思うかだよね」って落ち着く事はありますから)。
ただ、これって「私は責任持ちません、ただ来た情報流すだけです」って宣言してるのにすぎないですから…何と言うか、例え素人でも自分の言葉(例え媒介したにすぎなくても)には責任持てよ、って思うんですよね。
権利の意識がなんかちょっと違う人が多いな~、って思います。
(マスコミの無責任体質の影響かな~。権利は権力者から賦与されている、って感覚の人が多いように思うんですよね。これってとても危ういと思います)

>夏井水石さん
部外者の私が都政についてとやかくいう権利はない、って事は重々承知なんですが、都知事候補者にその感覚が無いのがまた困りもので…。
マスコミも(原発に関しては)クオリティ低いってのは、福島に居るとよくわかるんですが。
正直「都知事候補者」であの情報レベルですからねぇ。
こんなレベルで「原発の是非」を語っていて大丈夫かいな?って感じちゃいます。

でも一番残念なのは、かの有名な「東京都知事選候補者の政見放送」が見られない事だったりするんですが(笑)。

とは言いつつ、今年は福島県知事選挙もあるんですよねぇ…(他人事じゃないかも)。

>さんごさん
須賀川からのアクセス道路、スゴいキレイで走りやすいですよね。クルマの数も少ないし。

電力会社間の融通って、西日本と東日本の周波数の違いとかアレだけ騒がれたんですけどね~。
昔は電化製品なんかも「引っ越して使えなくなる」って話があったんですが(←歳ばれるかな)。
こういうの見るとほんと疲れます。立ち上げるのに掛け声が必要なくらい…「よっこいしょ…ういち」とか(笑)。

>福太郎さん
そうですね~。某掲示板の方はたまたま知ってる話題であればチョコっと情報提供しようかな、位ですね。
「反原発」って言ってる人も本気だとは思えないですし(とにかく気に入らない人は全て推進派、嘘つきのレッテル貼りで罵倒するだけ。ってかそれがしたいんだろうな~、って思います)、それに反論する人も「反論のためのポジショントーク」してる感じがして…そういう人達がジャレあってる感じがしちゃいます。
まともな話は双方から嫌われるだけなんですよね~。
最近ちょっと見てますが、引用のソースが
http://togetter.com/li/615119
この辺のブログだったりして…もう阿修羅と変わんないです。



管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

決着つく

伊達市、喜多方市ともども市長選は現職が当選という結果に。
また東京マスコミとかよそ者は「震災対応ガー!第一事故対応ガー!」とドヤ顔で言うだろうが、
そんなのは一面でしかありません。
今日投票分と先週の南相馬は『平成の大合併』を経た自治体ということ。
前回の選挙後に民報も民友も「市役所から離れた周辺の旧市町村民の不満が」という分析があった。
だからこそ喜多方は旧熱塩加納村長だった人が旧喜多方市長だった人に勝ったし、
伊達市は現職が勝ったものの、旧伊達町長だった人に票差を詰められたと。
4年たってその辺がクリアされたかというと怪しい。
不満はまだくすぶっているだろうし、一部は東京マスコミの言うような論理に乗っかって批判したでしょう。
確かに言えるのは、3.11を経て人口流動は悪い方向で加速がついたこと。
だから過去と同じ考えでやっていては、また不満がくすぶってしまうので、
よほどネジを巻いてやらないと郷土の防衛はきつくなるでしょう。
自治体職員だけでなく住民も意識を変えて取り組むとか。

怒 怒 怒

よそ様の知事選だけれど、私は忘れない。

今度は小泉氏の口から思わぬ言葉が。「東日本大震災は、天が与えてくれた大事なチャンスだ」と明言した。

http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20140125-OHT1T00201.htm

被災関連死の意味なんて考えたこともないのでしょうね。


宇都宮けんじ
http://utsunomiyakenji.com/policy/

4) 脱被ばく政策を進めます

○放射性物質の拡散が心配されている瓦礫の焼却処理については、いったん凍結し、専門家を集めて公開で調査と検討を行います。
○都民を放射能汚染から守るために、都独自の「食品の安全規制」と都民と連携した食品や土壌等の放射能測定ネットワークをつくります。

お勉強して下さいね。としか言いようがないですがどこまで福島県を苦しめれば気がすむのでしょう。

観潮楼さん
>『平成の大合併』
長沼の方が役所分室が無くなり、文房具屋さんやラーメン屋さんが閉店になり生活が不便になったと仰っていました。

先日の さんご は さんご@さばとらでした。

最近ちょっと慢性の無痛甲状腺炎がいたずらしているのか、疲れがきて頻脈とかなんだかんだあり、定期検査に行こうか暇になったらと考えます。甲状腺炎の検査はたいてい血液検査ですが、放射性物質を注射することもあります。機械にあわせて寝てると首が痛くなるんですが。
放射性物質使わないと検査はできない甲状腺炎、ベクレルゼロという人は、できないですね。ベクレルゼロなんて食品でも自分の体でも、知っていたら出ないせりふですが。昭和50年代半ばまでは、中学理科2分野で学習した内容ですが。

先日耳鼻科検診があり、先生に言わせると、すぐに鼻血が出る子は鼻のな中を見てすぐわかるとのこと。これから花粉の季節で大変だねえ、と。
まだ鼻血かぁ、と、リンク先を読んで、昔の少女マンガの読みすぎですか、と。

昨年の風疹流行で、風疹症候群の新生児が大変多いとのこと。自分の周りでは、放射線はちょっとでもダメという人は予防接種をしないだけでなく、他人にもしないように呼び掛けていました。
今年はインフルエンザの予防接種に難癖をつけているようです。

仕事柄、予防接種はかかせないんですが、注射は大好きなので、恐怖も抵抗もないです。
予防接種する人まで非難するあの人たちは、何をしたいのか、本当に深層心理にあるものが気になるところです。

細川氏は「福島の影響で、北極でクマやあざらしが大量死している」なんて言っているのですね。
小泉氏の発言といい、この人達は・・・。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

どうも違う

>さんご@さばとらさん
そういった周辺部の不満はまだあるのに、
3.11後のことだけで語ろうとする所は肝心なところから逃げているとしか言えません。


その点でいうと、伊達市長選挙に関して民友はひどかった。
4年前の票差『278票』と挙げておきながら、
今回は3千票差に広がってもなお「逆風が吹いた」ってなんだ?
しかも社会面は市民の声が明らかに仁志田氏以外に入れたであろう人のしか拾ってないし、
敗れた元市議の写真が民報の同じ面よりやや大きかった。
遠回しに選挙結果に噛み付いているようだった。

No title

>さんご@さばとらさん
東京都知事選の一部候補者の不勉強さにはあきれちゃいますよね。また、「ピンチをチャンスに」みたいな言い方は「ピンチに陥ってる人」が言う台詞で、あんたらの何処がピンチだよと。
(いや、落選のピンチかな~笑)

>boomboomさん
原発反対とワクチン反対はナゼか親和性高いみたいですね。
なんででしょう?
まあ、代替医療とかの人達が一枚噛んでいる、って点は共通項かと思いますが。
「わしらの商売邪魔すんな」って感じですかねぇ…。

>user6878さん
いやはや、街頭演説やらネット動画で恥ばら蒔いていますね。
まあ、ここのスタッフは検証能力低そうですから。
もし都知事になったら間の抜けた陳情でも通りそうです。
これに関する早野先生のツイート

http://twitter.com/hayano/status/427689905901170689

>観潮楼さん
伊達市長選挙は、元町長の出馬(のち撤回)を見ても「震災、原発事故とは別の地元の問題」が大きかったと思います。(まさに観潮楼さんのおっしゃる通り、合併後の地域格差の不満は大きかったかと)
ただ、現職はマスコミに敵を作りやすいタイプみたいです…。一部メディアの対応はそのせいかなぁ、ってちょっと思いました。

すいません、場所お借りします

工藤先生が文部科学大臣優秀教職員表彰を授賞されたそうです。

私はTwitterやらないんで、この場を勝手にお借りしておめでとうを言わせてもらいます(ネコさん、すいません)。

工藤先生、おめでとうございます~(パチパチパチ)。
d(⌒ー⌒)!

また、こちらに遊びに来てください!

とりあえず

ええと、安東さんがマリリンを侮辱罪で告発し、警察が動いたようです。

http://twitter.com/mariscontact/status/428363026706612225

>ショック!安藤氏が以下のツイで竹野内を侮辱罪で告訴 世紀の罪人2人に共通項→日本に原発導入した中曽根康弘 「2011年の日本がこんなにくたびれているとは思わなかった。 」 エートスを主催する(御用)市民活動家、安東量子「戦後67年 かけて辿り着いたのが、こんな世界とかや。」長崎の日にて

http://twitter.com/mariscontact/status/428381127519133696

>本日警察より連絡、安藤氏以下で竹野内を侮辱罪で告訴

http://twitter.com/ando_ryoko/status/428376817582370816

>引き続き捜査の進展を見守ります。


当然ながら、安東さんを支持します。
安東さんもいろいと悩むところがあったとは思いますが、こういった決然とした対処は必要だとかんがえます

【追記】
マリリン自身のブログに警察からの連絡があった状況が出ています。

http://takenouchimari.blogspot.jp/2014/01/blog-post_29.html?spref=tw&m=1

>ショック!安藤氏が以下のツイで竹野内真理を侮辱罪で告訴し たと福島県いわき南署から連絡が入りました。来月、警察の方 が、沖縄に事情聴取にいらっしゃるそうです。

>(警察の方はお電話でお話ししたら、感じがよかったので、1 時間半も子供たちが福島にいることの危険性、およびエートス の背景説明などしてしまいました)

…う~ん、マリリンの「一時間半の事情説明」で侮辱罪の証拠が増えたと思いますが。
ただ、心神喪失とか心神耗弱とかの根拠にもなってしまいそうな…。

既出かも知れませんが
昨日の外国特派員協会での
細川候補の発言(※抜粋)

>今度の選挙では「原発は争点ではな い」という人がおりますけれども、先の 震災では東京の一部で水も止まり、電気も止まり、あるいは外国の方々も沢山母国に帰られ た方がありました。 東京の水を供給する拠点の一つである 金町の浄水場あたりも、セシウムがい まだに残っていてその汚泥を取り除く必要が早急に迫られている。さまざまなそうした問題が あります。

>福島の事故のあと、私は東日本の海岸 にがれきを積んで、5m、10mのがれきを積んでそこに、その土地その土地の、シイと かタブとかカシとか、そうした広葉樹 を植えていく。緑の苗木を植えていく。300kmの 沿岸に、これから10年かけて900 0万本の苗木を植えていくというそういうプロジェクトに取り組んでまいりました。あのあたりを歩けば歩くほど、福島が完全に破壊されたという実感を禁じ得ません


「福島が完全に破壊されたという実感を禁じ得ません」

ふふ、ふふふふふふ……(呆れ

「あのあたり」がどこか知りませんが
彼はどこを歩いて福島が
「完全」に破壊されたと実感できた
のでしょうか……

しかも彼は外国特派員協会という
れっきとした公の場で発言しちゃってるんですよね……

しかし…、

 ホッキョクグマの絶滅が心配されているのは、北極海を中心とした極北の氷の減少によるもの

 だとくらい知らないんですかね

 氷が減ると、氷の下で魚を取っているアザラシが休息場所がなくて、子育てができなくなるから、とまずアザラシが減少するのではないか、と心配されているんです。

 ホッキョクグマはアザラシを食料として進化してきたのでアザラシの減少は当然ホッキョクグマの減少にもつながるわけです。福島原発以前から地球温暖化による種の絶滅の一つとしてリストアップされていたわけです。

 しかしながら、ホッキョクグマはヒグマと混血して子孫を残す事も出来て、動物園でも、そして野生でもヒグマとの混血が確認されています。
 また、ホッキョクグマもやむを得ず植物質を摂取することもあり、極北に近いところにいる巨大なヒグマは、草を食べる草食動物であるという一面も持っています。しかし草食性、必ずしも温厚ではなく機会があれば大型哺乳類もとらえて捕食する、恐ろしい猛獣である事には変わりはない。北海道にいるヒグマだけが獰猛なわけではないんですよ。

 ホッキョクグマの絶滅はアラスカヒグマなどとの混血で絶滅する事も心配の一つです。地球温暖化でヒグマの北上による、種の違いを超えた愛が両者に芽生えたら生まれた子供はホッキョクグマとしての生態を維持できるのか、と言う事になり、それは母グマがどっちかによる事なんですが、ヒグマが母グマだった方が適応性がある様に思えます。

 クマ類は子供の教育には父親は関わりません。ヒグマとの混血児を育てるホッキョクグマの母親が上手くアザラシとりを教えられるでしょうか?僕は疑問ですね。

 そこで、妙案としてホッキョクグマをナンキョクグマにしちゃおう、とか言う話もあるんだそうです。
 南極にもアザラシはいて、特にカニクイアザラシは5千万頭もいるんだそうです。これだけでも食料はたっぷり。しかも北極のアザラシ類より大型で300キロもあるんです。氷上でまさか猛獣に襲われる体験なんかないんですから、ほぼ無抵抗で、さらに北極のアザラシと違ってすぐに氷上から海水中に逃げる習性もないと思われます。

 そこにホッキョクグマを移住させたら、どうなるか?ホッキョクグマには問題なく生息できるとされてます。が、実は、ホッキョクグマにカニクイアザラシだけを食料にして欲しいと頼んでもそうはいきません。
 一番簡単に得られる食べ物は、例えばペンギンちゃん。繁殖期のコロニーに行けば食いきれないほどの食糧がホッキョクグマにとっては労せずして得られるわけで、あっという間に絶滅だって考えられます。

 また競合種としてはヒョウアザラシがいますが、もっぱらハンティングは水中でやるもので、ペンギンやカニクイアザラシの幼獣をとらえて生きているんですけど、お先に氷の上でホッキョクグマ、いやナンキョクグマがとらえてしまってヒョウアザラシに回らないかも知れない。

 その上、氷上に休んでいるとホッキョクグマ、いやナンキョクグマに襲われたら太刀打ちできませんよ。水中だったら良い勝負かもしれないけど氷上では戦えませんから。氷上でも自分が一番強いと思っているでしょうけどそうはいかない

 沖縄にマングースを導入してハブを少なくしようとしたらマングースが希少種だろうが、とにかく食うためにはもっと簡単に手に入るものがいくらでもあるので、ハブは大して減らなかった。
 という教訓は世界中に結構あるんですね。日本人だけがバカではないと言う事です。

 しかし、どうなんですかね。細川も小泉も元総理大臣ですよ。世界のお笑いネタレベルでしょう

 福島原発以後ホッキョクグマとアザラシが放射能で大量死しているなら、チェルノブイリ事故で、トナカイの大量死がなければおかしい。
 ただし、市場に出回ったトナカイ肉を大量に廃棄したそうで、スエーデン放射線防護局の幹部は反省したそうで(「放射能と理性」146,147ページ)

No title

私は現在、神奈川県民ですが、勤務地は東京都です。で私の知る限りですが、細川サンを支持する人たちの期待する、あの郵政選挙のような熱狂はありませんね。
各報道機関の実施した世論調査の結果からも、分かります。
それで、細川サンの選対をクビになった、上杉隆がブチブチ言ってます。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140128-00010000-noborder-pol


>IKAさん
ついに、デマリン劇場も閉幕が近いようですね。
気になるのは、あのお子さんの今後のことです。
この件の結果によっては、「自由すぐるオカン」たちも、身の振り方をい考えたほうがいいかも。今のうちから、弁護士を探しておくとか(たしか連中の中に司法書士はいたか)。
あと、この件について、東京新聞の榊原崇仁記者の見解も聞きたい所です。

No title

連投失礼します。
先の上杉隆の件、まとめが出来ていました。

気骨あるジャーナリスト、て。
http://togetter.com/li/622441

No title

 少しくらいの放射線なら、少なくとも、哺乳類には大した影響は出ていない。
 原発事故以来の福島における野生動物の人間が去った後の避難区域や警戒区域での跳梁跋扈ぶりを見ればそう思うでしょう。

 福太郎さんが度々指摘する事ですが、放射能を浴びて体内にキロ当たり数千から数10万のベクレル数がある野生動物でも外見ではなんともない様に見える。人間が少量の放射線を浴びてもそれほど警戒するべきなのか、という疑問は極めて正当だと思います。

 チェルノブイリ付近の野生動物なんか今でも六十万ベクレルのイノシシがいるくらいだから事故直後には数千万ベクレルだったかもしれない。キロ当たりですよ。イノシシを襲って食料とするオオカミも増えてきて極めて高いベクレル数だけど外見は健康そうに見えるんだそうです。

 放射線のリスクに正面から向き合わず、なんとなくいやだと言う人まで含めたら、日本人の大半は聞かれたら、反原発になるでしょうが、実際にそうなったら日本はおしまい。今は円安で、原発燃料費が高騰して3.8超億円だそうです。

 円安と言う事は物価高につながり、内需が冷え込めば金も足りない、買う気にもならない。産業空洞化による、雇用の減少、いずれは再度のスタグフレーションに陥り、国民GDPは衰退するでしょう。円安がさらに続いて日本の車が売れたとしても貿易面では化石燃料費が4兆円をこしますよ。

 原発に依存しない社会と言うのはそう言う事だと思います。
 4兆円が海外に流失せずに、例えば子供手当、14歳までの日本国民は1600万人くらいしかいないんですよ。一人当たり25万円、月に2万円行き渡りますよ。あるいは新生児を200万人にしたいとしたら、200万円の出産手当を出しても良い。

 これを地方の自治体から出す様にしたら、女性の都会への集中というか日本全体の一極集中が防げる様にして、東京都は除外しちゃうんです。

 池田信夫氏は、原発再稼働を強く勧めていますが、新規原発については軽水炉には理論上メルトダウンの危険性がある上に、日本では立地上新規原発は出来ないと言って、以前はガスコンバインドの火力発電を増やす事を提案していましたが、軽水炉の実際の運営上、いったい何が問題なんでしょう?福島原発以外メルトダウンを起こした原発もない。その上ベトナムやトルコに輸出までしていますよ。

 福島原発の事故原因は津波によるもので、1千年に一回のものだとされています。しかし本当に1千年に一回かは証明されてはいません。
 今、建設済みの原発でも稼働率をあげてメンテナンス技術向上によって廃炉に至るまで償却期間40年をさらに20年、40年とすれば電気料金も大幅にさがり、50基の原発で発電量のシェアが30%であったら、40%にする事も可能になります。

 電気が安ければ、海外に行ってしまった製造業を再び日本に呼び戻す事も可能でしょう。原発の発電コストは無駄な審査や多すぎる定期点検などによって高くなります。しかし、地元の雇用にはコストが高くても貢献はしているんでしょう。それでも火力発電に比べても電気料金は安く運営は出来るんです。

 都知事選で反原発を言う候補は、放射線についてのリスク評価が全く分からない頭の悪い人間でそれだけでも選挙に出るなんておこがましいにも程がある。殿様細川、シロギツネ小泉を持ち上げるメディアも放射脳であるんでしょう。

 原発に依存しない国を目指すのが世界のすう勢でもあるかのような錯覚をしている政治状況は非常に将来が暗いとしか思えません。
 
 事故直後100ミリ以下は安全とコメンテーターとしてテレビに登場した、いわゆる「御用学者」さんたちの指摘について、まともに答える事も出来ずに危険デマを振りまいた、武田尊師、小出尊師はテレビからは抹殺されるべき。

 それくらい、犯罪的なデマを振りまいたわけですから、福島県民が集団訴訟を起こせば、裁判のなかで、放射線のリスクについて検察側だってちゃんとした知見によって検証されたらどうなる事やら。

 今まで、地球温暖化による、大規模な気象変動について、反原発はもとより、そこまでいかなくても全く議論の対象にされていません。数年以内に、夏の電力需要が増加するのに、逆に熱波で死亡する日本人が増えたらどうするんですかね。

 都知事選では原発は争点にする事は本来はおかしいでしょうが、この際にまともにリスクとコストについて討論するのは良い事でしょう。反原発、自然エネルギーを言うなら、家庭用電気料金キロワット50円に東京都民だけは払う事にして、都内の公園、緑地は全てソーラーパネルにしてしまえば良いじゃないですか。東京都は金持ちだし、都民の収入だって多いんだから、キロワット100円、月に5万円くらいは払える事でしょう。

 あるいは猪瀬氏が言った、東京都に1200万キロワット時の火力発電を建設して、東京都は夏はエアコンも効かない様な猛暑になるというのも覚悟したら良い。でも温暖化ガスは東京上空だけに留まるわけはない。

またまた民友の特集「復興の『影』」

今日からまた民友で原発災害特集:「復興の『影』」が始まりましたね。
今回はテーマが「取り除く」という事で、「除染」を取り上げて行くみたいです。

第一回目の今日は福島市内の除染の遅れを嘆く市民の声が載ってました。
市内大森などの西部は比較的線量が低かったことから、線量の高かった東部から始まったために除染はほとんど進んでいないのが実態だが、それについて市民の声として「子供を外で遊ばせてあげられない」と嘆いている事を載せている。

この声は確かに事実ではあるが、先の「自主避難」特集の時にも指摘したことだが、どうして自主避難したり、子供を外で遊ばせてあげられないのかの「根拠」(科学的根拠)も併記しなければ、公共のマスメディアとしてどうなのかが問われると思う。

一方、民友には帰村宣言して2年になる川内村の実態も大きく載っていたが、ここでは一応公正な新聞ではもしかしたら初めてかも知れない「避難者の真実の声」も載っていた。

それは、川内村は原発から比較的近かったにも関わらず、風向きの関係で線量は大部分の地区で低かった。
そのために事故後1年足らずで「帰村宣言」を出したのだが、当初から戻る人は極端に少なかった。
その理由が、私も時々指摘してきたことですが「避難先の方が生活するのに便利」だったから、という事を今回の民友記事で載せたことです。

郡山の仮設に避難している86歳になるOさんの声として
「通院に便利だから、仮設に居られるうちは居たい」と。

病院や学校、仕事など避難先の利便性の良さから村に戻らない村民は多いと補足説明もしている。

福島市など強制避難じゃない地区では「放射線は少しでも危険」だからと自主避難者が続出したり徹底した除染を望む一方で、強制避難を余儀なくさせられている人たちの中には、放射線の不安より利便性や賠償の方を優先しているという矛盾は、私は以前から感じていたが、民友のこの記事はそれを証明した格好だ。

割烹着持っているから着て家事をしようっと

弱酸性、初期化、変なのが出てこなければ良いですね。心配だわ。

boomboom さん
>予防接種する人まで非難するあの人たちは、何をしたいのか

天然、自然信仰ですね。広範囲にわたって根強いですよ。健康食品のマルチでも言われています。
無農薬で作られているから(根拠なし)私が勧める安全な食品を食べてればワクチンなんてしなくても
病気にならないという事らしいです。

ウイルス = 天然
ワクチン = 人口物

放射性物質も天然と人工物とでは違うそうですよ。

IKAさん
>工藤先生が文部科学大臣優秀教職員表彰を授賞されたそうです。
パチパチパチ。

>安東さんがマリリンを侮辱罪で告発
こういった事は自治体がやらなくてはいけないと思います、ただただ「風評被害を払拭」って言っててもね、県民に苦労を背負わせているだけじゃないですか。

千貫森の宇宙人さん
私は、こちらに注目しました。
>旧側近グループと朝日新聞の吉田慎一上席執行役員が示し合わせて引き起こしたクーデター

朝日新聞ですかそうですか。
と思っていたら、こんな人物までも。
【独占インタビュー】飯田哲也氏「したたかな10年戦争」を目指す~山口県知事選不出馬のワケ
http://www.data-max.co.jp/2014/01/28/10_59248_o1311.html


――「脱原発」が争点の1つとなっている東京都知事選に期待することは。

 飯田 私は実際に細川さんの公約を、元経産省官僚の古賀茂明さんと一緒に裏からサポートしています。もし細川さんが当選することになれば、何か大きなことができると思っていますので、その点を期待しております。

九重の桜さん
ねー、殿って可笑しいですね。

>福島の事故
福島の事故って何のことやら、言葉はちゃんと言わないと。

>あのあたりを歩けば歩くほど、福島が完全に破壊されたという実感を禁じ得ません

えっ?私は所は完全に破壊されている所で生活しているのかぁ、知らなかった。


県外に避難した方、いつまで怖がっていたいのだろう?
朝日新聞デジタル
http://www.asahi.com/articles/ASG1X52C7G1XUOHB00N.html

    ☆引用☆
福島県から新潟県内に避難してきた人たちが31日、チェルノブイリ原発事故があったウクライナを取材したジャーナリストを招き、新潟市内で講演会を開く。

ウクライナを取材した木下黄太さん(46)を招き、チェルノブイリの原発事故による放射能汚染などについて話を聞く。
    ☆引用終わり☆

新潟市江南区

「木下黄太 ウクライナ報告会in新潟」
http://ur2014.wordpress.com/

↑の会場の新潟市江南区には子ども福島を追い出された佐藤幸子氏が代表の団体があります。

「つながろう復興の輪・花まるの会」(新潟市江南区)は
東京電力福島第1原発事故の影響で福島県から新潟市内に避難している人や、福島県内の仮設住宅に住む人を支援するグループです。
http://hanga-cobo.moo.jp/hanamaru/


東日本大震災:新潟で被災地支援バザー 福島県の仮設住宅の入居者ら手作り品も−−29日まで /新潟

 東日本大震災の被災地を支援するため、市民団体「つながろう復興の輪 花まるの会」(佐藤幸子代表)が、新潟市西区青山のギャラリー「潟道」でチャリティーバザーを開いている。福島県の仮設住宅に入居している被災者らが作った手作り小物などが販売されてている。29日まで。

 同会は、看護師で、避難者の健康相談などのボランティアに取り組んでいる佐藤代表を中心に結成。
http://mainichi.jp/area/niigata/news/m20131026ddlk15040011000c.html

確か新潟市江南区には岩手県大槌町の災害廃棄物広域処理を妨害した団体もありますね。
http://kodomokameda.blog.fc2.com/blog-entry-37.html#comment7

偶然ですかね?

新潟市江南区というとわかりにくいですが、亀田製菓(もちろん、放射脳と関係ないと思います)がある旧亀田町を含んだ土地です。

訂正です

>↑の会場の新潟市江南区には子ども福島を追い出された佐藤幸子氏が代表の団体があります。

思想は近いようですが、別人です。
上記については撤回します。
大変失礼しました。

おひさしぶりです

 先週末、東葛エリアで、松本市長の講演会があったようです。
 子どもが学校からちらしをもらってきました。
 どの学校にも配布してたので、ずいぶん、宣伝してましたね。
 実際に講演会に足を運ぶのは、おなじみの顔ぶれさんばかりかも。

 東葛エリアの人口減少も増加に転じて、
 子育て世代の転入が増えてきてます。復活してますよん。

  少し前の記事なんですが、1月14日の日経新聞の3面で
 日経新聞とNTTの関連会社が共同で、昨年9月から12月の3か月の
 全ツイートのビックデータ解析結果の記事が出ていたんですが、

 原発関連の全ツイートのうち3か月間で300回以上ツイートした人が
全体の1.8%。その1.8%の人達のツイートが全体の約60%を占めていたそうで、騒いでるのはほんのごく一部って、ばれちゃった。。。

 ビックデータ解析、他のデマ情報でも、やってほしいです

 

 
 

あれれ?

 某県のチンピラバカ知事は津波対策について、100%安全と言うのは不可能で、やれるだけの事をやっても、それで100%とは言えないが仕方がない様な事をいったみたいですね。

 結構、まともじゃん、でも放射線に関してはゼロベクレルでないと嫌だったはずでしょう

 つまり自分が責任者の時、自然災害に際限なく防御システムを完璧に作り上げるのは難しい

 運転中のラジオのニュースだったので詳細はわかりませんが、立場がかわれば言う事も変わる、と言う事でしょう。

No title

デマリンのツイッターに「何を呟こうが自由」ってRTがあってびっくりしました。
このヒト歳いくつなんだろう。
これじゃあ訴えられますよ。

No title

マリリン告訴!のまとめ

http://togetter.com/li/622724

それに対するマリリンの反論?

http://togetter.com/li/623039

まあ、この件の推移は警察の邪魔にならないようにして見守りましょう。

>九重の桜さん
東京都知事選の一部(?)候補者のダメっぷりは時間を追う毎に拍車がかかっているような…。
ってか、あの人は来たことあんのかな~。

>福島の隣の県在住さん
いやまったく。
北極圏に影響って、ソコに至るまでにどんだけ海や陸地があると思ってんでしょうねぇ。当然ながらソコには人も動物もいっぱい住んでいるですけど。
彼らの特徴として「距離の概念がない」っていうのが、かなりの確率であります。きっと彼らの頭のなかには「放射性物質を選択的に集めるマックスウェルの悪魔」が居るんでしょうね。
そうそう、トナカイの話であれば「サーミ人」ってのがありました。

>千貫森の宇宙人さん
「自由すぐるおかん」本人は、ここのところアカウント名とかクルクル変えているみたいです。
マリリンもそうですが、「やヴぁい」って思ってもやめらんないのがこの手の人たちの特徴ですね~。
(ぬま○のブログも復活したみたいですし…紳士服売ってる店の「閉店セール」かいな)

>福太郎さん
確かに高齢者も若い世代も避難先での「便利な生活」に慣れちゃった、って話は聞きます。
でも、自分自身が(地方)都市生活者なんで、それを批判はできないんですけどね。
過疎とか高齢化って、日本中どこの地方でも問題になっていますが、福島では原発事故を契機に、一気に進んでしまった感じがあります。
その意味では、原発事故云々とは別に「日本の地方の未来像として、対策を考えるためのモデル地区」として方策考えるのもいいのかな~、なんて個人的思っています。

>さんご@さばとらさん
うんうん、ワクチン反対と原発反対ってカブってますよね。
「天然万歳」的な感覚もそうです。
こういった人たちって「昔はよかった」的な幻想を基本持ってる気がします。「みんな協力しあい、争いは無かった」みたいな変な共同思想といいますか…。
人だって生き物ですから「腹が減ったら何するかわかんない」と思うんですよね、私は。
腹減らすってことがよくわからない人が多いって、そんだけ日本は豊かだって事なんでしょうけど(この人たちは気付かないだろうな)。

今は豊かでも、近代になるまで結構大変だったって歴史、ちゃんと教えるべきかもしれませんね。

>笹団子さん
亀田のあられ、おせんべいは好きです。ハッピーターンも。

>まなおさん
人口増加、よかったですね。福島も人口流出に歯止めがかかった、ってニュースありました。
お互いに頑張りましょう!

もはや発想の転換が必要なのだろうか?

「放射線は少しでも危険」を信じて疑わない人には、もうどんな科学的根拠や事実を言っても無駄なのかも知れない。

その意識を変える可能性があるとしたら、誰もが知っている有名な芸能人が多数テレビに出て「福島、全然大丈夫だよ~」と言う事くらいか・・・・。

でも、そんな芸能活動(=人生)を台無しにするかも知れない「賭け」みたいなことをする芸能人はいないだろうし、そういう事に期待するのも何となく情けないし・・・。

そう考えると、もうふるさとを去る人や去ろうとしている人を戻そうという事はやめて、「福島に来てもいいよ」と言う人をあっせん・募集する事に舵を切る方が現実的なのではないだろうか??

もちろん、それには福島に来る「メリット」がなければだめだろうから、様々な優遇策を用意する必要があるでしょうけれど。

選挙等

>IKAさん
確かに仁志田氏は『東大卒』『元国営企業幹部』『世襲』と、周囲とはズレが大きいゆえ、
妬まれる要素は満載でしょう。
しかし、僻み根性一辺倒で叩いているようじゃ、どこぞの財界誌と同じですよw
地方紙がそのレベルで物を言うのは情けない。

>福太郎さん
民友の連載。もはや「危ないったら危ない」で凝り固まっているとしか言えません。
『そういう紙』と見なすしかありません。

>さんご@さばとらさん
風評云々でいえば、雄平知事がデマゴーグに噛み付いた様子があまり見られませんね。
もし次も選挙に出るならそこまでやらないと。
「政府ガー東電ガー」じゃ大和田新と同じだっての。


伊達市長選挙の話に戻ると、
今週火曜日の民報地方面に投票率の詳細が。
候補が出たにも関わらず、
伊達地区は42.77%(ただし候補の地元・伏黒地区は50%台。上は同地区以外の数字)。
一応候補の出た梁川地区も38.75%。
そして市役所から遠い月舘地区は35.23%とワースト。
これもまた周辺部の諦めなのか不満なのかの証明でしょう。

>IKAさん まなおさん

>「南相馬の青い水」(「カリフォルニアの青い空」なら大好きですがね~)

ようやく前のコメ欄を読んでいる状態で、まことにスミマセヌ、なのですが、

この 「南相馬で水が青く光るんだって」→南相馬市民「ねえよ」→「聞かない?」→「ねえよ」→「正しいかは受け手次第だから記録しとかなきゃ!」 http://togetter.com/li/620239

の元凶=@YUKARING1222 にどうも見覚えがあると思ったら、

お盆中「原発20km圏内で動物保護をしていた女性が白血病で死亡」という「反原発」からのデマ もうやめてくなんしょ
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-37.html

の犯人でした。これに限らず最近、このブログの過去に取り上げた事件や、人物等の「繰り返し」が増えていて、自分で自分のエントリーを「参照」に挙げることが増えています。遂に「一巡」したか、ここもネライ通り「リファレンス」になりつつあるな~、なんて思っていたのですが、

これでアッと思ったのが、まなおさんの

「1月14日の日経新聞の3面で
 日経新聞とNTTの関連会社が共同で、昨年9月から12月の3か月の
 全ツイートのビックデータ解析結果の記事が出ていたんですが、

 原発関連の全ツイートのうち3か月間で300回以上ツイートした人が
全体の1.8%。その1.8%の人達のツイートが全体の約60%を占めていたそうで、騒いでるのはほんのごく一部って、ばれちゃった。。。」

です。やっぱり・・・。

マスゴミがまたまた「反原発正義軍バンザイ」で煽った「都知事選」も、ここへ来て突如静かになった感がありますね~(ま、公示期間中というのもありますが)。何でも不在者投票の出口調査とやらで、「意中」の「元首相反原発候補」は「ダブルスコア惨敗」というウワサも、どこかに出ていました。実はコイズミは「反原発」票分裂を狙った、「原子力ムラ」の工作員だった、なんて。そうそう、@YUKARING1222 の最初のデマを拡散した中に、湯川れい子、加藤登紀子がいて、これが今回「細川支持」やってますね~。まったくデジャブ感満載です。

こういう連中は、もう死ぬまで変わりませんから、何を言ってもムダでしょう。

ま、何があってもこっちはしぶとく、「続ける」だけですね~。いつも皆さん、ありがとうございます。

No title

>信夫山ネコ様
「南相馬の青い水」の件、某オカルト系掲示板で話が続いていたんで、ちょっと調べてみたんですけど。

http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2012/03/ngo-glowing-blu.html

このブログによると、大本はHCR JAPANって団体のツイート

>[飲料注意]青く発光する水道水。南相馬市民の緊急通報により聞き取り調査したとこ ろ、浴槽に貯めた水道水の下層部が青く変色し発光しているという情報を入手。市民が 心配し水道部に問い合わせしたが検査しないという。#内部被曝 #化学反応 #核種分析
— Bansho (@HCR_OPCOM) March 1, 2012
(ツイートはリンク切れ。削除)

で、それを英訳してここ

http://fukushima-diary.com/2012/03/tap-water-glows-blue/
(投稿人及び日付Posted by Mochizuki on March 1st, 2012)
が発信。

それをenenews記事化(リンク切れ)

更に今年になってからブログで取り上げられ拡散↓

http://blog.goo.ne.jp/jpnx05/e/9d11bf759c3770b0bdfb1d2b8d618bdd

って事の様ですね。

要するに、時間だけではなく、地球を一周した話でもあるわけです。(笑)

選挙公報…

いち都民なので。都知事選まじか。
都知事選の選挙公報…。候補者の個性がにじみ出て見る分には面白いですが。主張するのはなんでもできるんだ。ツイッターのつぶやきどころじゃないです。
良識を試される、とどこかで見ましたが、どんな結果が出ようとも都民の多数による総意になるんだろうなあ。都政でやれる範囲の実現性のある主張をして欲しいです。行政こそ理想でなくリアルで動くものじゃないですか。でも理想は必要か…う~ん。
主張が原発ゼロ、というのはよく分かりません。地方選は踏み台で国政に出る時のステップアップ?としか…。己の自治体内には原発を建設させない(誘致はしない)、という公約は自分の出身地でもあったけど、99%東京都内での原発建設は無いでしょう。さんざん他の地域を利用していて今更ナニ? 計画停電のバタバタ時期も、都心や流通の要所地などは停電免れてたし(これは当然だとは思いますが)。不自由さを肌で感じてない人もいるんですよねえ。地震直後の混乱もなんか過去の話になってるし。
自分は、皇居の大深度地下に原発造れば、と思うのですが、友人知人はだれも賛同してくれないです。

No title

原発疎開
それ程筋の悪い考えではないと思うのですが………

No title

>NO NAMEさん
う~ん、おっしゃっている「原発疎開」って松本市の留学事業を指していると思いますが…。
何より「福島県で特に規制されていない地域に住むことに、ほとんど問題はない」のですから、基本的に意味がありません。
あるとすれば「気分転換」程度の効果だと思います。

特に松本市長の話では「成人になる」事まで想定している様ですから、数ヵ月や1年程度の話ではなくかなりの長期にわたる「疎開」になると考えられます。
そうなりますと「親と子が離れて暮らす」デメリットを考えれば、意味のない長期の疎開は「かえって害になる」可能性が大きいように思います。

また、こういった制度が「福島県は未だに危険な状態にある」という誤った風評を助長させる事も指摘しておかなくてはいけません。

もちろん「子どもを疎開させたい」という希望を持つ人を批判はしませんし、ご自由にされればいいとも思いますが、それはあくまでも「個人の判断と、その責任の範囲内で考えるべき」であると考えます。また、自治体が支援する際にも変な風評を助長させないように、十分な配慮をするべきでしょう。

従いまして、松本市による「留学(疎開)事業」は配慮を欠いた、「百害あって一理有るか無いか」の「実に筋の悪い」話だと思います。
プロフィール

shinobuyamaneko

Author:shinobuyamaneko
 福島県福島市の信夫山に住むネコです。
 原発事故以後ネット上には「もう福島市は放射能高くてダメ!逃げてください!」「福島はチェルノブイリ以上!」「子供を見殺しにしないで!」等の「反原発の叫び」が溢れてます。ネコはどこにも逃げられないから、もうノイローゼ気味。こういう「叫び」「脅し」の効果もあって福島に来る人は激減。街は沈み、市民は「すぐに逃げてください!」に怯えながら、静かに暮らしています。(←最近は嘘・デマがバレてきて、みんな元気になってきた感じだにゃ。)
 しかしね~、この種の「叫び」の根底に、「反原発」の「福島壊滅ならば原発全廃にできる!大大大チャンスだ!」っていう心理はないですか?原発全廃の為にはまず「福島壊滅」が必要とばかりに、科学的、医学的、論理的に怪しい説、大げさな数字等が「連呼」「拡散」されていないですか?それが「正義」になっていませんか?
 信夫山ネコは「故郷福島壊滅」を「原発全廃」の手段にされてはたまらんです。もし根拠がない数字や説の拡散によって、旅館の経営者が自殺するとかの悲惨な「風評被害」が出たら、大人しい福島人も終には訴えたりするのかにゃ~?!今はとにかくデマ、風評、誇張、脅し等を除染しながら記録するにゃ。(「リンクフリー」です 対「反原発」、対「放射脳」等での引用ご自由に)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR