瀬戸福島市長の歴史的惨敗・・・また朝日の自主避難コジツケ記事があったよ もうヤメてくなんしょ 

福島市長選挙結果

当 72441 小林香 <1>無新

  32851 瀬戸孝則(3)無現(自 公 社民推薦)


いやいや瀬戸市長のスンゴイ負けだったにゃ、福島市長選挙。

信夫山ネコのまわりでは、「瀬戸さんには入れない」って人、ネコが多かったけど、政権与党(=自・公)(と社民)と市議の大半が推薦・支持した現職市長が、ダブルスコア+一万票の四万票差、こんな大敗するなんてこと、日本の地方選挙史にこれまであったかにゃ?政治家として「死刑宣告」されたようなもんだ。

この敗因は何か?そりゃ社民の推薦が効いたからに決まってるにゃ(爆毒)。それはともかく例によってアサヒのトンデモ・自主避難コジツケ記事があったので、記録しておこう。

「とにかく変わって」 進まぬ除染不満反映 福島市長選 朝日2013年11月17日18時39分
http://www.asahi.com/articles/TKY201311170087.html
福島市長選で現職の瀬戸孝則氏(66)が新顔の元環境省職員小林香氏(54)に敗れた。原発事故から2年8カ月たったが、進まない除染や復興に対する有権者の不満が反映された。
 福島市長選、新顔の小林氏が初当選

 福島市の主婦、中川恵理子さん(44)は、小林氏に一票を投じた。震災時、市からの支援が不足していたと感じ、その後の市内の除染の遅れも目につく。「市長が何をしているのか全然見えなかった」
 4年前は瀬戸氏に投票したという。「小林氏を積極的に選んだわけではないが、とにかく変わって欲しい」。そんな思いを込めた。
 「現職にだけは入れないと決めていた」。福島市から山形市に避難する女性(41)は13日、山形市役所で不在者投票をし、顔も政策も知らない小林氏に投票した。
 2011年7月、三女(5)と次女(15)を連れて避難した。自宅がある福島市渡利地区の空間放射線量は、毎時3マイクロシーベルトになったこともある。「瀬戸氏は安全ばかり強調して、市民の不安を無視している」


おいおい、福島市からの自主避難者は約6000人で、有権者はその半分もいないだろう。福島市の有権者数は約230,000人だから、福島市に残ったオレラが主役だからね~。それなのに「名無し」の自主避難者のインタビューをたっぷり(「中川恵理子さん」より自主避難の「名無しさん」の方が字数が多いよ)載せて、「主役扱い」だにゃ。こうしてアサヒがフツーの有権者と自主避難有権者のインタビューを一人ずつ載せると、「福島市では市民の半分が自主避難してるんだね~、その投票が影響したんだ~」となる。全国のみなさん、くれぐれもフツー市民:自主避難=1:1だなんて思わないでください、こういうマスゴミの「印象操作」が「風評被害」のもとです。

「自宅がある福島市渡利地区の空間放射線量は、毎時3マイクロシーベルトになったこともある」という(記者の伝聞にした)コメントだが、一体いつの話なのか?(ちなみに今日の福島市役所渡利支所の数値=0.2マイクロ)そんなこと言ったらオレん家の地区なんて11年3月15、16日には毎時20マイクロシーベルトを超えてただろう(18日の昼間にペットショップ「アミーゴ」にエサ買いに自転車で行っちまったぜぃ、気が付いたらマスクしてなかったよ)。こういうマスゴミによる過去と現在をごちゃまぜにしたコメントが、「福島市は今も3マイクロ超えているっ!人間が住むところじゃない!」ってな「風評被害」のもとだにゃ。

そして噴飯ものなのが最後の「締め」セリフ、「瀬戸氏は安全ばかり強調して、市民の不安を無視している」だ。「瀬戸氏の安全強調が選挙大敗の理由=福島市民は不安で、本当は避難したいと思っている」と思わせるように、記事をこれで結論づけて「印象操作」しているね~。しかし事実は以下のごとし。

●おいおい 瀬戸氏は「安全ばかり強調して、市民の不安を無視している」の逆だったゾ・・・
2011年10月20日「第15回原子力損害賠償紛争審査会議事録」(文科省)
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/kaihatu/016/gijiroku/1313194.htm
この時瀬戸市長は、「子ども福島」で自主避難を後押しした中手聖一氏、既に札幌に避難した宍戸隆子氏という、福島市及びこのブログではおなじみの面々と共に(もう一人はいわき市の、妻子が自主避難した渡辺弁護士)、「地元の自治体の方、あるいは実際に避難された方々のご意見を伺いたいということで、本日は自主的避難の状況についてお話を伺う」というテーマで、ここに出席、発言している。中ほど、瀬戸市長発言の初めの方だが、
「そこで、この自主避難をめぐってでありますけれども、この審査会の意見は、制度の大事な指針の中身に反映されるものと私は理解しております。結論から申し上げますと、自主避難した人にも補償してください、自主避難した人だけではなく、残った方にも、例えば、福島市の公立学校の子どもたちは約800人避難しておりますが、2万4,000人の子どもたちは残っているんです。避難したくてもできないという家庭や子どもたちがたくさんいるという事実。こうなりますと、私は区別はできない。」

市長はこんなことを言っていたのだにゃ。この市長発言は当時「反原発」連中が大歓迎し、オレは「市長が『危険煽り』、『過激派(?)』と一緒の会議に出て同調発言か、まったくトンデモだにゃ」と思ったので、よく覚えているよ。ま、こんなことだから、「瀬戸市長は米沢に逃げた」だの、「瀬戸市長の家族がメキシコに逃げた」だの言われることにつながったのかもしれない。全て「ワラ」だが、前者は一時市内で「市長を載せたタクシー運転手の話だ」とか、まことしやかに囁かれていたのだにゃ(後者はデマリン発妄想で、何の影響もなし)。

少なくとも瀬戸市長が「安全ばかり強調して、市民の不安を無視している」は大嘘、アサヒの「印象操作」記事ということが、この公式な議事録でわかる。別に瀬戸氏に味方するつもりは微塵もないが(投票してないよ~)。

瀬戸氏大敗の理由は、「中川恵理子さん」の「その後の市内の除染の遅れも目につく」「市長が何をしているのか全然見えなかった」にうなずけるものがある。何しろ福島市の公式ポイントの空間線量は、市長の動画発信や国会で泣いた「児玉龍彦氏」で有名になった南相馬より高いのに、中心部の除染はようやく最近始まったと言う有様(家は先月だったよ)。一方同じような状況だった郡山市や伊達市は、11年の早い時期から市長主導の下で学校対策等を開始した、という「イメージ」がある。福島市に住むものとして、「一体福島市はどうなっているんだ?市長は文科省で自主避難者の補償なんて言ってるが、肝心な足元の除染はしないのか?残った人のことは考えないのか?」ってな気持ちは大いにあった(これで「社民推薦」じゃ自殺行為だにゃ、しつこいか)。いつも「県庁所在地」の地位に安住していて、いざとなると自分からは活動ができない、ってな福島市の長年の「県庁依存」欠陥が暴露されたかもしれない。

さて、山形に自主避難した「名無しさん」が「顔も政策も知らない」のに投票した小林新市長だが、興味深いことを言っている。福島民報11/18の第3面「インタビュー」だ。
shicho0.jpg
shicho.jpg

(一番下の段)
(記者)―現在、約六千人の市民が市外に自主避難しています。
(市長)「まずは、市内の放射線量などの状況を丁寧に伝えていきます。安心して戻ってくることができる環境整備に全力を尽くす覚悟です

福島市長選挙では、「避難」を煽るのではなく、「数字を丁寧に伝え」「安心して戻る」を目標にする人物が大勝したのが事実だ。

そもそも「顔も政策も知らない」で投票することは民主主義の危機を招く行為だと思うので、アサヒ新聞がこんな行為を持ち上げるのは全く「?」なのだが、(本人の意図とは違って)結果的には「名無しさん」の投票行為は、今や戻りたいと思っている自主避難者、さらには福島市に残った人にとっても、良いことにつながったかもしれない。

なお「原発即時廃止」の共産党候補が泡沫的得票だったことは、社民推薦の瀬戸氏が大敗したことと共に「反原発大敗北」であり、福島にとって「反原発」が喫緊の課題ではなく、別次元の話であることを(またしても)示しただけだった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

新エントリご苦労様です。
朝日は読みませんでしたが、相変わらずの「自主避難者(特にアレなタイプ)」使った自己主張やってんですね。

自主避難者と言えば、このまとめ、イイです。

http://togetter.com/li/592266

なんというか、自主避難者コミュニティの状況とか…想像通りなとこもありますけど。
ここで何度も言いましたけど…。
つらいなら帰ってきてもいいんですよね。
大人の2年半なんて、「ちょっと久しぶりかな?」位ですから。
(子どもはまた別に考えてほしいけど)

こういう人も取り上げて欲しいな~、朝日さんよぅ。
(本人イヤがるか…)

福島市長選で「反原発・賠償」を公約??

毎度ながら、新エントリーご苦労様です。

さて
>なお「原発即時廃止」の共産党候補が泡沫的得票だったことは、社民推薦の瀬戸氏が大敗したことと共に「反原発大敗北」であり、福島にとって「反原発」が喫緊の課題ではなく、別次元の話であることを(またしても)示しただけだ。

全く不思議な選挙でした。
瀬戸氏と小林氏は、その公約・主張に大きな差はないにも拘らず、あの大差が出たことと、もっと理解できなかったのが山田氏が前面に出していた主張の「反・脱原発」と「全面賠償」。

小林氏が現職の瀬戸氏に大差をつけたのは、今の福島市の「閉塞感」を変えてくれる、変えて欲しいという希望感からだという事で理解できるし、実際に小林氏の主張は「如何に福島市の風評被害を払しょくし復興につなげていくか」と言う具体的な中身だったから、現実的な主張でした。

一方の共産候補の山田氏は相変わらずの「スローガン選挙」。
なぜ福島市の行政の長の選挙で直接関係のない「原発」問題や、そしてもっと不可思議なのは原発事故による被害の「全面賠償」の主張。

全面賠償って、何を指していたのだろうか?
農産物や観光業での風評被害なら当然のことだが、恐らくあの党のことだから自主避難者に対しての「ありとあらゆるすべての費用」や「希望せず」福島に残っている全福島市民への精神的賠償などを言っているのだろう。

それを言う事が逆に福島市の風評被害を助長するという事が分かっていないのだろう。

それがあの選挙結果になったのだろうが、それを「出馬表明時期が遅れたため」と敗因を語っているようだが、全く頓珍漢だ。

No title

何しろこの秋は忙しくて、またまたコメントについていけてません。みなさんすみませぬ。

「まとめ」の「肉ちゃん」いいですね~。

福島市長選挙結果と、共産党山田候補得票

17年11月13日 山田ゆたか 6591票
21年11月8日 山田ゆたか 16456票
25年11月17日(今回) 山田裕 7620票

(解説)
今回選挙は福島第一原発事故を受けて、「反原発」にとっての最大の追い風だったが、前回の「躍進」を帳消し、ハーフスコア以下に票数激減の「スーパー惨敗」。しかし「科学的社会主義前衛党の無謬性」によって、敗因は「出遅れ」となった?(三回連続出馬なのに~~~)。これはマズイと思いますが・・・

山田氏個人には何の恨みもありませぬ。

自転車猫さん

まったく関係ないですけど、

自転車に乗って買い物に行くネコさんを想像して、和みました v-278

ペットショップ

3月18日はいい天気だったので、思わずフラフラと自転車で出かけてしまいました。ま、自分の年齢も考慮すると、短時間のヨウ素の影響なんて関係ない、ってな気分で。鳥谷野の「アミーゴ」頑張って店開けてました。中では破損した熱帯魚の水槽片づけなんかやっていましたけど。

(p.s I131が忌避されてか、直したら今度は二重投稿になってました)

No title

いや~、某オカルト系掲示板なんかには「自民党推薦の現職負けたぜ(ヒャッハー)」なんて人がゾロゾロ居ますね。
「国政選挙で自民党圧勝させた福島県で流れが変わった」とか。

イヤ、国政選挙関係ないっすから。(何処の自治体でも大抵そうだよね。福島市は国政に直結するほど大都市ではありまへん)
社民も共産も負けてますから。

う~ん、そう言えば瀬戸市長(今現在)に限らず「郡山」「いわき」市長ともに「逃げた」って噂はまことしやかに流れてましたね。
前いわき市長なんか「福島空港で逃げる寸前、市職員に(無理矢理)連れ戻された」なんて話もありました。
(念の為言っておきますが、震災当時空港で働いていた方から「そんなことなかったよ」って話を、わたくし直接聞いておりますです)

まあ、そんな噂が全ての原因ではないと思いますが。(一因になってるかもしれませんけど)



ええと、地味ながらちょっと知っておきたいまとめ

http://togetter.com/li/592349

この新聞投書には激しく同意。
福島県民の少なからずはそうだと思います。
朝日もこういう人を取材しろ、っての。
(民報の投書欄担当さん、グッジョッ!)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

投書欄ってガス抜き機関だけど

まず前の記事で紹介したURLに誤りがあったので訂正を。
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/131118/lcl13111800470000-n1.htm

>IKAさん
それにひきかえ、全共闘世代やそれより上の爺婆の投書は情けないことw
さんざん原子力の恩恵を受けたくせに、反原発で粋がっている場合じゃねえだろうと。
これは民報・民友の投書欄に限った話じゃありませんが。
しかも、こういう世代に限って「投書で世の中が変わる(キリッ)」と勘違いしがちだから始末に負えないという。

>2013-11-20(21:40) : さん

>ニュースのDJが、「福島市は除染を進めていたのですが、避難民の方方の云々カンヌン(よく聞きとれず)・・・を進めてほしいという声もあったので」だから福島市民は現職を選ばなかったのでしょう、みたいなことを言っており、私はカチンと。・・・つまり福島市における避難民というのは、避難指示区域外(自主)避難ということを何も知らないのでは?と思いました。そしてまるで除染がよくないことのような言い草です。

いやはや、誤った福島市民イメージ=「福島市民の中心は自主避難民で、除染じゃなく避難の権利(とやら)を認めて欲しがっている、だから現職が大敗した」をメディアが拡散する、「反原発正義軍のプロパガンダ又は妄想・願望」作戦が、福島県外ではしばらく続くのでしょう。コレって、もし現職が勝っていても同じ=「瀬戸市長は自主避難民の立場に立って文科省で補償を要求したので勝利した」になっていたでしょうね~。

確か選挙前の地元紙の調査では、「除染を進めてほしい」が、有権者の一番の関心事でした。データがウソを見抜きます。

本当に日本の(全国)マスゴミはオワリです。相変わらず「戦争に国民総動員」なんて、マスゴミ主導でやればカンタンってことで、コワイコワイ。

No title

秘密法案に反対して、松田美由紀とかいう女優がツイッターで、「戦前の政府は国民にアメリカと戦争することを秘密にしていて、国民は何も知らされていなかった」といっていてあきれましたね。

松岡洋右の国連脱退に対し、アサヒなどの大新聞は松岡を絶賛、戦意を煽り、国民にも開戦の気運が拡がったのだ。
こんな単純な政府、軍部陰謀論を信じているバカが多いとは思いたくない。

AKB48支配人の脱法ハーブ事件を取り上げないマスコミなど劣化しすぎで、秘密法案以前の問題でしょう。

No title

鎌田慧も特定秘密法案に反対する言論人の会(でしたっけ)に名前を連ねてましたね。
前にこのコメントにも書いたけれど、彼は中国の言論弾圧に声援を送るようなルポを書いてるんですよね。
言論の自由を踏みにじるような記事を書く人間が、秘密法案に反対なんてちゃんちゃらおかしいです。
中国人を見下しているから、こんな辻褄の合わない言動ができるのでしょうね。

No title

あ、すいません、名前入れませんでした、さや猫です。

No title

>戦前の政府は国民にアメリカと戦争することを秘密にしていて、国民は何も知らされていなかった

何言ってるんですかね~

http://blog.livedoor.jp/kobatetu01-memo/archives/4804196.html
NHKドキュメンタリー「日本は何故戦争へと向かったのか?」

「1940年1月の文芸春秋紙面では、対米外交についてのアンケート結果について、対米強硬派が60%を超えていることを載せていました。」

1941年10月に東条首相が就任したころ、新聞は反米報道に溢れ、日米開戦へと世論は動いていました。
証言「柴勝男海軍省軍務局中佐」
武藤章陸軍省軍務局長の発言「海軍が戦争は出来ないと言っているのだから、海軍が御前会議でそういって欲しい。対米戦争だけは避けねばならないから。」・・・


政府、軍部には対米開戦を避けなければならない、という人たちがいたのに、新聞が煽って「対米戦争やむなし」という国民の「世論」を作り(こうすると新聞は売れたわけです)、「国民向け人気取りの開戦」になっちゃった、という面は無視できないです。

結局「言論の自由」の有無にかかわらず、マスゴミ(でも何でも)は「売って生きる」ことが一番の目的です。表現・言論の自由なんて無くても、国民をデタラメや誇張で煽って儲かれば、マスゴミ人は結構幸せな人生を送れるでしょう。日米開戦の経緯は、「フクシマ」ネタとそっくりですよ。えっ?一般人と違ってマスゴミ人には良心、倫理観、正義感等があるって?そんなこと入社試験等で調べようが無いでしょう。確からしい「証拠」が見つからない上、「フクシマ」ネタについてはその逆に見えます。例え「正義」があっても、その「正義」が間違っていたり、勝手な思い込みだったらどうするのか。権力と同じ権威を持ち、影響が大きいだけに、責任があるはずだけど、チェックする仕組みはない。

松田さんのは、もしかして「真珠湾攻撃の正確な日程を国民は知らされてなかった」って意味ですかね~?そりゃ国民にはバラさないでしょ。「いつ奇襲するか」なんて事は、どんな国でも国民には秘密ですけどね~、アホらし。(しかも12月8日開戦、実は陸軍幹部が東京日日新聞に12月を「示唆」するリークまではしてますけどね~)

こういう人には、北朝鮮みたいに指導者が日常的に「もう対米戦争だ!やるぞやるぞ!」と、国民にも世界にも公言しまくる国が、理想的な「秘密の無い国」ってことになりそうですね。

No title

>ovalさん
ご存じかとは思いますが松田美「由紀」(カギカッコに深い意味はあるようで無い)って、原発事故後に福島の農産物でデマ流してましたね~。

http://togetter.com/li/148642

とか

http://togetter.com/li/147385
>福島の人達、野菜作らないで下さい。今の野菜は放射性廃棄物なんで野菜じゃな いんで。その代わりちゃんと暮らして行けるように保証していきます。とにかく 一時期、、福島から疎開して下さい!ごめんなさい。でしょ?
MATSUDA_MIYUKI 2011-06-10 17:48:35

>さや猫さん
がご指摘の鎌田慧も同様「反原発」な方だし。

で、昨日(でしたか?)の一万人集会(だっけか?)の映像見てなんかのデモを思い出したのは私だけじゃないはず!(確信)
なんなんですかね~、このデジャヴ。
これも確信持って言えますけど、この人たち絶対「特定秘密保護法案」の内容なんか知らないでしょうね~。(実は私もよく知らんけど)
私は彼らの「前科」はよく知ってますけどね。

まあ、脱線ついでに…。
個人的には「国家機密の保護」って「情報公開」と表裏一体ではないかな~、なんて(よく知らんながら)思っております。
「特定秘密」に当たらないものを、どうキチンと公開していくのか、そして「特定秘密」は何年後に公開するのか、みたいな。

そこんところ「マスコミ」はキチンと糾弾するべきなんじゃないかな~、なんて思うんですよ(60年は長すぎ!)。
マスコミの取材に害が出る、って懸念は理解しますが「キッチリした情報公開」も大切だと思うんですけどね。
「とにかくダメ」→力技で法案通過→情報公開不完全なママ
ってシナリオは個人的に最悪だと思うんですけどね~。

書き込み出来なかったコメント

ナイス突っこみ


蓮花 @侍‏@kufu_love8jp
言動も、みっともない が、

文字も もっと、みっともない。

更に、文面までもが、みっともない。

存在が、みっともない。

http://twitter.com/kufu_love8jp/status/398802827738238976/photo/1



「宸襟」という言葉を誰が教えたのか、先週の週刊新潮によれば新右翼団体「一水会」の
木村三浩氏。

参院の処分に知恵を出したのが参院のドンと呼ばれた村上正邦氏。

国家権力に守られて右に大きな借りが出来ちゃったねぇ。



そして今日の嬉しいニュース

民報
66.3%が1ミリシーベルト未満 伊達市の外部被ばく検査分析 実測値は予測の半分
http://www.minpo.jp/news/detail/2013112212303

検査は市がバッジ式積算線量計を全市民に配布。約8割に当たる5万2783人が1年間、測定した。


No title

 福島市長選があったんですね。

 「瀬戸氏は安全ばかり強調して、市民の不安を無視している」
 と本当に言っていたなら、僕は瀬戸氏を支持しますけどね。だって、福島市なんて安全なんでしょう?治安も問題があるとも思えません。

 社民の推薦を何故敢然と拒否しなかったのか、そこが日本の地方選挙の摩訶不思議なところで、推薦する社民も社民。

 ひょっとしたら福島から社民党は放射能を脱却するのです。反原発なんてとりやめ。5号基6号基再稼働を即座にやり1号基から4号基までは修理するか新型炉にするかを考えます。7号基から10号基まで新型炉の建設を計画通りに進め。東北電力にも建設用地を提供して東北と新潟県の電気代を安くして、製造業、医療、IТ産業など、工業用電気代はキロワット1円。家庭用は2円にします。

 福島の社民党は原発推進を断固とした決意で進めます。
 再生可能エネルギーなどの無駄遣いは許しません。必要なのは持続可能エネルギーであって、CО2を出していずれは枯渇する化石エネルギーからは撤退します。

 というつもりだったんじゃないんですかね。ところが社民と言えば「放射脳」の「反原発」のイメージが強すぎて、少しくらい言っても誰も気がつかれなかったんじゃないんでしょうか。

 当選した小林氏が「再生可能エネルギーを生かした環境最先端都市づくりを目指す」などとかいうのに比べたら「除染はやらなくても福島市は安全です」と言う意味で瀬戸氏が言ったのなら僕はこちらを支持しますけど、アサヒ新聞が言うのは原発関係は100%デマゴギーだから小林氏の言う事あまりにウソっぽくて本当は原発推進と言っているんじゃないでしょうか?

 「再生可能エネルギーを生かした環境最先端都市づくりを目指す」だなんて共産党の言う事と同じじゃないんだろうか?でも一番言いやすく一番不経済、一番実現可能性が低いから、良く言われるんじゃないかとも思います。
 新潟県は柏崎も刈羽村も共産党は泡沫候補レベルの得票でしたよ。何が科学的社会主義の日本の前衛党か。
 と、もうネコさんが言っていましたね

外野担当

こんにちは。私の書いたことが書いてある?と思ってちょっとびっくりです(^^)/ 久々に更新した話なので・・・
ブログにも書いたのですが、FM愛知には文句を投書済みです。「福島に取材に来て、ほんとうの福島を伝えて」とも書き添えました。
福島のことみんな知らないと思って、「なんだそれ!?」ということがいろいろあります。私はこっちで頑張ります

市長選の詳しい解説ありがとうございます

新市長、がんばってほしいですね。

No title

松田美由紀という人は,人としてどうよ? というところが昔からある人なので,もう治らないと思います。

気の毒な人ではあります。
女優といっても,お姉さん(熊谷真実)が「まあねえちゃん」でヒットしたので,そのオマケでデビューして,姉の名前で即,主役,角川映画や角川文庫原作のドラマに出演,そこで松田優作と知り合い,不倫して,結婚して,引退して(特にだれも困らなかった引退),8~9年で松田優作が死んで,しかたがないから「松田優作の未亡人」を売りにしてまた仕事をして子育てした,という方です。

どうしてこんなによく覚えているかというと,高1の時,「蘇る金狼」と「金田一耕助の冒険」という二本立て映画を友達に誘われて見に行って,時間がないから,一番前で見るはめになったからです。

「蘇る金狼」に松田優作,「金田一耕助の冒険」に熊谷美由紀が出ていました。

で,この松田優作が色々過激なシーンをするんですが,女性とのからみのシーンで,映画館内にいた小さな子が(お父さんと一緒に来ていたらしい)「おとうさ~ん,あの人,なにやってるの~」と,館内に響き渡る大きな声を出して,見ている人達が,気まずく顔を見合わせた,という事件があり,その時バクバクかじっていたマクドナルドのエッグマフィンと一緒に,今でも思い出すのです。

熊谷美由紀の印象は,「演技,下手だなあ」でした。滑舌がすごく悪いです。せりふ回しができず棒読み。

でも,若いですからエネルギッシュだったんですね。

松田優作の前の奥さんの本が出た時,抜粋を読んだんですが(病院の待合室?) ,松田優作は,売れない時に前妻と会って,すごく甘えていて,役者になるための勉強(ナントカ座の研修費?)も奥さんに出してもらって,在日韓国人だということがばれてバッシングを受けることを怖がっていて結婚もしないで,奥さんは夫が自分にも在日外国人だということを隠していることを知っていて全部許していて,ある日,「ずっと隠していてすまない」と言われて「知っていたわよ」と答えた,とか。
奥さんのお父さんが自民党議員にコネがあったので,結婚してから奥さんを通して日本の国籍を取って,芸名をそのまま本名にした(元は韓国名)とか。

当時のスキャンダルでは(嘘か事実かは不明),熊谷美由紀が自宅で奥さんに離婚を迫った(狂言自殺をはかったという説もあり)とかありました。

奥さんは松田優作をスキャンダルから守るために離婚して,でも,離婚にあたって,松田優作は「(前妻との)娘は自分の戸籍に残す」「(前妻も)自分と同じ名字のままにする」という条件を出したとか,離婚してからも前の奥さんに会いに行っていたとか(奥さんの本では「今度は私の方が不倫になった」とありました)。

なので,松田美由紀とその子ども達が名乗っているマツダという名字は,実は,前の奥さんのおかげであるものなのですね。

松田優作が美由紀夫人と出会った「探偵物語」は,どちらかというとコメディっぽいもので,松田優作が路線を変えよう,従来のイメージを崩そうととにかく夢中になっていた頃のことだそうです。それもあったのでしょうか。
でも,離婚してからも前の奥さんに会っていて,甘えていて,奥さんが他の人とつきあおうとすると邪魔をして,イメージを変える大変さを相談して,「でも,いつかはまたアクションをしてね。」と前の奥さんに励まされて,それが「ブラック・レイン」(ハリウッド映画)につながったそうです。

松田優作を作ったのも,前の奥さん,マツダという名字を法律上成立させたのも前の奥さん,松田優作が信頼していたのも前の奥さん,これでは,確かに,美由紀夫人は情けないでしょう。
女優としても,とても半端。(演技があれなんで)
結婚も,なんかおかしい。

躍起になってメディアに出ては,松田優作ネタを披露していますが,言えば言うほど,あらが出る。

以前は,松田優作未亡人しか売りがなく,今では,松田優作の息子(2人俳優になっている)の母親であることしか売りがない。

自分を認めてもらいたくて,より過激になるのではないでしょうか。

その意味では,山本太郎もそうなのかもしれないですが。

自分を認められない,認めて欲しい,でも自分は・・・・という堂々巡りでしょうか。すごく幼い。(松田美由紀は高校もまともに行けていない筈です。卒業はできたのかな。普通に学校生活を送りたい気持ちだってあったのかもしれません)

No title

流れも何も全く関係ない話ですが・・・・

逢隈さん

  ずいぶん前にシャイアン・アンセムの件で返信コメントしようとしたのですが,書けないうちにエントリを見失いました。
  
  いつだったのか,すみません。泊まりがけの引率とかあったので。

  あのURLからさかのぼって,結局Masqueまで(フルで)聞いてしまいました。

  「永遠の序曲」以前のKansasもいいんですけど,日本で売れたのがあのあたり(もっといえば,その次のアルバム)だけだったのが,まことに残念です。

  Play the game tonight を聞いた時には,「うそでしょ~」とのけぞってしまったんですよ,「うそだ,うそと言って」と。日本では,売れたみたいです。NHKの普通のリクエストでもかかってました。

  ケリーさんの書く詩は,私も好きです。(以前,プログレでも詩で笑っちゃう,といったのは,違うバンドです,安心してください)

  ただ,その詩のゆえなのか,彼が「自分はクリスチャン」と表明していたからなのか,一時期,「有名なバンドのこの人もクリスチャン」というコマーシャルっぽい扱いで,福音派キリスト教会(というか,この中にかなり原理主義っぽいのがいるんです,あと過激派)に利用されてしまったんです。残念でした。今は大丈夫でしょうか。(私がキリスト教系の大学に行ってた頃?)

  Earth, Wind & Fire のフィリップ・ベイリーも,EWFが活動停止してからしばらくゴスペル歌手として使われていたんですが,アメリカでは「有名な歌手がひまにしていたら布教につかえ」という風潮でもあるみたいです。

  以前逢隈さんが書いていらした Miracles out of nowhere の歌詞も良いですね。今でも歌えるかも。

  ということで,いったい,いつの話だ? という話ですみませんでした。

No title

いや~、福島市に続き昨日の二本松市長選挙も驚きでしたね~。
正直自分の選挙予想に自信が無くなったです(競馬だったらスッテンテンのオケラ街道まっしぐら状態か…笑)。

あ、別に軒並現職応援してた、って訳じゃないですよ。
ただ、従来の選挙手法がまったく通じないって雰囲気には戸惑いが…。

今回の二本松市長選挙は現職は「市民党」を標榜していたんで、既成政党の推薦は一切ナシ。(野党系ではありますが)
一方の新人は自民党推薦だったかな~。
福島市長選挙で「自民党推薦の現職負けたぜ、ヒャッハー」って人達はどう言うのかな?(笑)

まあ、福島県には何だがわかんないけど、「不満」とか「閉塞感」があるんですかね~。
個人的には「福島へのヘイトスピーチや、カスかだってんなぁってデマと、それに対してほぼ無策な行政」って不満はありますが。(もちろん除染の遅れとか不充分な対策、って人も多いかとは思います)
あるいは漠とした不安感とか…(だとしたら、憂慮すべき状況はまだまだ続く、って思っちゃいますね)。

う~ん、マスコミはこの首長選挙ドミノを「放射能の不安」とか「除染の遅れ」とかで済ませないで、しっかりとした分析してほしいと思いますね。(一番やって欲しくないのは、安易に原発の是非に結びつけることだとです)

くどいけど「ひたすら危険と言われ続ける」ストレスが出ているって気がしますんで。(まあ、確証バイアスたっぷりですけど)




二本松

>IKAさん
二本松は復興の遅れなんて単純な話じゃないんですが、
余所者集団の全国紙にはわからないでしょうね。
・三保市長は元々県議会議長だった…その時の副議長が瀬戸市長…くらいの自民党だったものの、
初当選したときは自民党県議だった人を倒した。
・三保市長が議長だった時に県議会の自民党会派はポスト争いで分裂した。
・当時の三保議長と瀬戸副議長はその時に二人で独自会派を結成。
分裂したうちの反乱軍寄りとの見方があった。

…と、まあ財界ふくしまレベルの話なんですがw
ある意味、自民党の主流派が積年の大怨を晴らした結果ともいえます。
新野派の人には「二本松を取り戻す!」と言った人もいるんじゃないかと。
新野新市長については選挙中の読売の福島面に「根本復興大臣は20年来の友人」とありました。

広野町長選にしろ、山田氏は当時の現職に勝って町長になったので、
前町長派のリベンジの側面もあるんじゃないかと。
二言目に除染ガー復興ガーというメディアは逃げている。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

>観潮楼さん
むむ…鋭い。
って言いますか、その背景は大いに関係ありですね。
10年近く前は県内10市(当時)の市長はほとんどが「自民反主流派県議」で占められていましたしね~。
「元県議」は思いっきり「共通項」であることは確かです。
あの頃は県議会であがりポストについちゃうと、「国政への転身」もできず、院政しく実力もなく、首長に転進、って人が多かったような気がします。

また、おっしゃる通りいわき市、福島市、二本松市の選挙は「地元の政治対立」が根本にあって、いわきは一種の「漁夫の利」的勝利でしたし、福島市、二本松市の新人陣営は「反現職」で固まってました。

ただ、福島市の地滑り的勝利や、候補者選考に難航し1ヶ月前になってやっと候補者が決まった(←立候補を打診された人が、負ける選挙を嫌がって断られ続けた、って話がありました)二本松市等で新人が勝利した状況から見ると「やっぱり何かあんじゃないの?」って気がすんですよね。(だから自民党県連はオダってちゃダメよ)

もしかしたら、放射線には(政治家の)賞味期限を早める効果があるのかもしれませんね(笑)。

No title

 新潟県にも「財界新潟」という雑誌がありますよ。結構面白いんだけど分厚くてすぐに古紙として溜まりそうなんでもっぱら立ち読みですけど、やはり主役は自民党内部の抗争に関係するのが多い気がします。
 県内企業の広告がずらりと載って居てそれで分厚いんでしょう。


 猪瀬都知事の借用書公開に関して印鑑がないとか、借用証だろうとか、正副2枚ないとか、拇印ぐらい押せとかツイッターでは笑われていますが、念書の形で差し入れたら普通は1枚。でも差し出す相手方からコピーにサインと印鑑押印をいただくようにしましょう。案外みんなどうでもいい事にケチをつけていますが、池田信夫氏の「債務者のみの名前しかない借用書は初めて見たよ」と笑っているのが一番まとも。

 どっちにしても金銭消費貸借契約書で債権者債務者の関係をはっきりさせないとだめ、という感覚がない人が東京都知事です。横山ノック症候群はノック死すとも都民には結構あるのかな。

 でも馬鹿じゃないの、その借用書を割り引いて他に回して、その上で5千万円かやせ!と言われて返したら、また4千万円かやせ!と今度は借用書にちゃんと債権者の譲渡が裏書で記載されて脅されたらどうするんでしょう。

 爆笑ネタであるのは間違いない。また選挙なんでしょうかね

甲状腺ガン

マスコミは、福島の危険性を遠回しに書いているので信用できません。それより、偶然にも甲状腺ガンの子供たちが多数見つかりました。 自分も医者が放射能の影響ではないとは言っていますのでそうだと思います。 問題は日本全体で検査をしたら5000人以上の子供たちがガンの可能性があると言うことです。全国の小中高学校の健康診断のときに検査をすべきです。放射能がとか言っている場合では無いです。日本のマスコミは何をしているのですか?厚労省は何をしているのですか?日本人の遺伝的なものかわかりませんが原発問題より大事だと思います。

福島米生活

こんばんは。
愛知在住トーナスです。

スーパーやお米屋さんを何軒回っても福島のお米がなかったのですが、生協の店で要望を書いて出したところ、
「数量限定で福島米を販売します」
との返事でした。

それで、ようやく福島県産こしひかりをゲットできまして、今日から福島米生活です。
福島といえば、ミルキークイーンのイメージだったのですが、こしひかりもおいしいですね。

福島の農家さんに感謝です。

秘密法案採決

これで東スポも週間実話もアゴラもつまらなくなりますね。

No title

じぇ じぇ じぇ さん

 そもそも、甲状腺癌についてもっと知ったら良いと思います。10歳以下で甲状腺癌で死ぬ子はいない年の方が多いんです。

 症状が出てからでも手術をすれば予後が非常に良く長生きをするでしょう。全国でそういう子のデータはまとめてあるのかどうかわかりませんが、超音波で調べる意味も殆どないし、探そうとしたら見つかるガンを手術するかしないかの判断も、本当は放っておくのが良い、が正解なのにあえて手術をしなければ安心できない親の気持ちが手術に向かわせているのだと僕は思っています。

 放っておいても死なないと言うのは全国のガン死亡者数のデータからもわかっています。何年に一度、10歳以下で亡くなる子は遺伝が原因ではないかと言われてます。

 今まで超音波診断も行わず、そして全国で死者がいないのに、何故する必要があるんですか?時間と金の浪費でしかないでしょう。

 いま必要なのはセシウム137の微々たる内部被ばくが甲状腺ガンの原因になるかもしれない。
 などと考えるのは非科学的だからよしましょう。と言う事だと思います。

まあいろいろと

>福島の隣の県在住さん
「ズラリと並ぶ県内企業の広告」はローカル雑誌の宿命かと…。
都知事の借用書はすっかりネット民のオモチャになっています(笑)。

http://togetter.com/li/595115

個人的には「あなたとは違うんです!」って入れてみたい(笑)。

>じぇじぇじぇさん
>偶然にも甲状腺ガンの子供たちが多数見つかりました。

う~ん、細かい事ですが、福島の甲状腺検査は「事故当時18歳未満だった人全員」ですので、「偶然」ではなく「必然」じゃないかと思います。
で、全国で子どもの甲状腺検査を行うべきか?という点については…私には難しいのですが、ひとつ考えられるのは、「そんな大規模な検診ができる体制は現状無い」んじゃないかと。
甲状腺エコーと読影って、それなりの訓練や専門知識が必要なんじゃないかな~、って思います。
また、原発事故の影響抜きに、どの程度甲状腺ガンで死亡する子どもがいるのかわかりませんが、全員検診をするメリットがあるのかはちょっと疑問ですね。
それから
>これで東スポも週間実話もアゴラもつまらなくなりますね。

ええと、ギャグに乗っかって言わせてもらえれば、東京新聞はたぶん大丈夫だと思います。インチキ記事って秘密でも何でもないですからねぇ(にしても、さりげなくアゴラdis…笑)。

あ、
>トーナスさん
お米お買いあげありがとうございます。
私も福島産のコシヒカリを食べております。
いっつも買っている直売所(←米が安い!)ではミルキークイーンは置いてなくて、ブランド米では「天のつぶ」ってのがイチオシみたいです。
http://wwwcms.pref.fukushima.jp/pcp_portal/PortalServlet;jsessionid=E72CFDC277D138CFEA0C954CEF0E04DF?DISPLAY_ID=DIRECT&NEXT_DISPLAY_ID=U000004&CONTENTS_ID=28741

実は私もまだ食べたこと無い(笑。だってちょっとお値段はるし…)。

そうなんですね。福島県の子供で偶然甲状腺に悪性腫瘍が見つかっても、手術しなくてもいいんですよね。ただ正しい知識を持っていればよね自分の子供がガンかどうか知りたいですよね。無駄と言われようともそれが親というものです。
死ぬ死なないではなく気持ちの問題で知りたいのです。 死ぬ死なないの問題ではありません。どんな病気だって知っておきたいのです。毎年全国で何千人も甲状腺に腫瘍があること自体驚きです。

話は変わりますが私は正真正銘、久慈市侍浜の出身です。福島の水を良品計画で発売されているのを最近知り、早速買いにいきました。知っていると思いますが、新橋のカタログハウスも福島の野菜をいつも販売していますよ。

No title

じぇじぇじぇさん

子供に「がん」が沢山見つかるのは変だ、と思われるでしょう。

“甲状腺がんは潜在がんの多い臓器”というのは、1970年代から報告されていました。
別な原因で亡くなった方のご遺体を解剖すると、1~3割の人に甲状腺がんが見つかります(存命中には症状が無く、見つからなかった)。
韓国でも乳がん検診の際に沢山見つかる甲状腺がんが問題になりましたね。

この自然発生の甲状腺の潜在がんは何歳くらいから出来始めるのか、大規模に調査が行われたことはありませんでした。
現在福島で行われている調査は、健康な子供さんを高精度エコーにより検査するという方法をとっていますから、無症状で本来なら見つかるはずのない「がん」をみつけている「スクリーニング効果」で、がんが増えているように見えています。

県民健康調査の累計結果をみると、10歳以下にはほとんど見られず、以降年齢と共に人数が増えています。
一般的に「がん」は特定の遺伝子の異常が、同じ細胞に複数種類おきることによって発症しますから、年齢と共に増加します。
成人の甲状腺がんも同様に年齢により増加していくことが分かっていましたので、県民健康調査の今までの結果は自然発症のがんの始まりをみていることが推定できます。

甲状腺に「がん」が多いのはこの組織の宿命なのだと思いますが、大部分の甲状腺がんは予後が良く大きくならないので、こういうタイプだったらじっくり見守りましょう、っていうような指標が見つかれば安心して付き合って行けるのでしょう。

No title

>正しい知識を持っていればよね自分の子供がガンかどうか知りたいですよね。無駄と言われようともそれが親というものです。

ご自分のお子さんが医師から健康と言われても病気であるという前提でしょうか?
それはお子さんの精神によくない影響を及ぼすことになると思います。

「正しい知識」というのに答えてくれるのはデマを流す人たちじゃないですか?

じぇじぇじぇさん

私の親戚(70代後半)に、たまたま病院で精密検査したら「甲状腺がん」が見つかったとのこと。

医師からは、あなたの歳なら体をくまなく調べれば何らなのガンはあるものですよ、まして甲状腺がんは進行の遅いがんであり、今どうのこうのの話ではありませんが、どうしても心配なら切除しますが・・・・。と言われたそうです。

同じように、子供でも大人の「人間ドッグ」のような精密検査すれば、あるいは特定の部位のがん検査すれば、ほとんどの人に「初期」のがんが見つかったりするそうです。

しかし、それが表沙汰にならないのは、今の福島のような全員検査をしない上に、子供のころは自覚症状がないから分からないだけで、それがある程度の大人になってから自覚症状が出て発見される、と言うパターンが多いからだそうだ。

福島で子供の甲状腺がん(ごく初期)が複数見つかっているのは、まさしく「くまなく検査」しているからに他ならない。

そのことを知れば、全員検査しているからだけであり、「すわ!原発事故のせいだ」とはならないのは明らかなのだが・・・。

「神学論争」じゃなくて「事実」を基にした論争を!

私は以前から思っているのですが、皆さん、「放射線は少しでも危険」と言う科学的な根拠のない感情論に「踊らされ過ぎ」ってことです。

しかもそれは「事実」を基にした話ではなくて、「仮説」を基にした議論になっているようにしか見えない。

仮説の議論はもうよしましょうよ。

「世界の高自然放射線地域」のように現実に被ばくによるリスクがある地域ながら、実際には健康被害は確認されていない、と言う事実を基に議論をしないのはなぜなのか、私には不思議でならない。

そういった事実は世界各地に複数存在するにも拘らず、この掲示板ではそういう事実を語られることは全くと言ってない。

そういう「事実」を世に知らしめる事が求められていると私は思う。

それをしないで、神学論争よろしくやっているのは、単に「自分の論」を勝ちたいだけなのか?と疑問を持たざるを得ない。

相手(「放射線は少しでも危険」信者)は、その信仰を証明するような事実は全くと言って持ち合わせていない。

しかし、我々には「少しの放射線は問題ない」と言う事実・実例が数多く存在する。
(『世界の高自然放射線地域』や『世田谷区での民家及びスーパーでの高放射線騒動』、『宇宙飛行士の長期宇宙滞在』そしてそもそも地球に生きる以上、年間約2m㏜前後の『自然放射線』を被ばくしている事実などです。)

そういう「現実・事実」をもっと前面に出した議論をすべきだと思います。

「事実」を基にした話をすれば、際限のない「神学論争」にすぐにでも終止符が打たれると思うのだが・・・・。

F1ABSさんへ

3割の人が甲状腺の悪性腫瘍になっているとは、知りませんでした。体全体ではほぼ全員何らかの悪性腫瘍になっており、転移しているとは。悪性腫瘍は別に重大な病気ではないですね。がんの検査は不必要ですね。時間とお金が無駄ですね。どの企業もおこなっている人間ドックも無駄ですね。マスコミもきちんとこの事を報道してもらいたいですね。

ヨコかもですが

>じぇじぇじぇさん
>福島県の子供で偶然甲状腺に悪性腫瘍が見つかっても、手術し なくてもいいんですよね

「手術しなくてもいい」は極論だと思います。
甲状腺ガンと診断された本人、保護者、何よりお医者さんとしっかり話し合った上でどう処置するかを決めればいいんじゃないでしょうか。

また、F1ABSさん宛の返信ですが
>体全体ではほ ぼ全員何らかの悪性腫瘍になっており、転移しているとは。

ええと、F1ABSさんは「転移」とか「体全体」って一言も言ってないと思いますけど…。
私には「甲状腺ガン」の話をしているとしか読み取れません。

>悪性腫瘍は別に重大 な病気ではないですね。がんの検査は不必要ですね。時間とお金が無駄ですね。 どの企業もおこなっている人間ドックも無駄ですね。

「甲状腺ガン」の話を「悪性腫瘍」全てに置き換えるのは間違っています。
言ってもいない事をねじ曲げて皮肉めいた事を言っても意味はありませんよ。
そういうのは下手すると藁人形論法って言われますからね。気をつけた方がいいと思います。

福島の水や野菜を買ってくれているようですね。応援ありがとうございます。

それから「親として、子どもの潜在的な甲状腺ガンの可能性に不安を感じる」事があれば、せっかくネットをお使いなんですから、最寄りの専門病院なり大学病院でしっかりとした体制を持っている所を探して、検査を受けられたらいいんじゃないでしょうか。
別に甲状腺エコー検査を受けることは禁止されている訳ではありませんし。(健康保険がきくかどうかはわかりませんが)
また、「自費で負担するならやらなくていい」のであれば、それはそれで「ご自分の負担(コスト)と検査のベネフィット」を比較されて判断された事ですから支持しますよ。

ちなみに私は、この考え方は個人(家庭)レベルだけではなく、社会レベルでも同様の事がいえる、と思っています。

No title

ええと、連投すいません。

違う話題です。

東京新聞がまたまたやってくれました。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2013112402000152.html

この記事のタイトルが「自責の念に駆られる親たち 福島の子どもの甲状腺がん」
このリードではわかりませんが、「子どもを放射能から守ってやれなかった、と自責の念に駆られる親」って中手聖一氏だったりします。(ここは笑ったら失礼なので笑わない)
ちなみに「親たち」となっていますが、出てくる親は中手氏のみ(勝手に普遍化すんじゃねーよ、と)。

で、中手氏の話の後には岡山大の津田テンテーと松本市長スゲノヤ(←オレ基準で呼び捨て認定しました)が出てきて鈴木先生をdisる展開です。

一部何いってるかわかんないところもあって…
>とはいえ、調査結果によれば、先の13市町村での小児甲状腺がんの有病割合は「100万人に241人」。これを 「100万人に1~2人」の発生率に当てはめようとすると計算上、有病期間を人間の寿命以上に設定しなくては ならなくなる。

なんだ?「有病期間を人間の寿命以上に設定しなくては ならなくなる」って…。(東京新聞特報部ってバ…以下自粛)

ついでに、横のコラムでは、おしどりマコの「福島では山本太郎支持は半々」ってコメント肯定的に紹介してたり…そりゃおしどりマコのまわりの人間は支持する人もいるだろうけど(って言うか、おしどりマコの周辺でも支持が別れる程ヒドイ、って気もしますが…笑…これはネットに上がってないけど)。

ええと、中手氏の近況気になるかた、阿修羅に全文上がってますから「阿修羅 自責の念にかられる親たち」で検索してみてください(有料なんで一応直リン自粛)。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

じぇじぇじぇさん

 甲状腺ガンに限らず、10歳以下の子供にガン検診をしない場合は良くありますよね
 大腸がんなどはそうだと思いますが実際に死亡する子が殆どいないからであって、でも例えば卵巣がんで死ぬ女の子はずっと多いんです。ずっと多いと言っても比較される他のガンではガンで死ぬ子が少ないと言う事です。一般的にですが。
 卵巣がんの検診はどうするのか僕はわかりませんが死ぬ子はいるのに検診はやられているんですかね。

 甲状腺癌は10歳以下では20年くらい死者は出ていません。しかし意外に甲状腺ガンを見つけようと超音波診断から細胞検査まで丁寧にやったら100万人に1人と言う数字をはるかに上回る数字が出た。
 と言う事がわかったと言う事じゃないでしょうか。

 甲状腺ガンの特徴は死亡者の年齢が20代30代と他のガンでは死亡者が増えるのに比べたら、あんまり増えていない事で急激に増えるのは70代80代です。

 僕は一般的にガン検診と生活習慣病の低減によって福島県では他の県以上にガン死亡率は低くなって、寿命だって日本一になる可能性が大きいと思っています。原発事故の影響で県民の健康影響がどうなるのかと言う事は今後も継続して調べると政府が約束したからです。

 しかし、ガン検診で早期発見すると言っても何から何までやると言うわけにはいかないということぐらいはおわかりかと思います。女子の子宮ガン、乳がん検診も何歳から対象にすべきかは、結局「リスクの選択」の問題としてとらえるしかないんです。加えるに検診のしやすさもあると思います。

 子宮がんは10代から、乳がんは20代からやる価値は僕はあると思いますが何才からというのはやはり議論が必要だと思います。
 それと「喫煙習慣」について全国的にもっと提言する必要があると僕は思っています。ガン検診による早期発見も重要ですが、その前にあらゆるガンの原因の一つの喫煙をゼロに近づける必要があるんじゃないんでしょうか。


IKAさん
 猪瀬都知事の借用書、面白いですね。あれは原本なんですかね。収入印紙が貼ってないとか言うけど、そんな金、税務署に払いたくねえ!と言う人もいますからね。相続税で税務署と大喧嘩して、向こうが来なくなった、払わなくていいのかな?と言う人がそうでしたよ。税務署員は25才くらいだったらしいけど、結構いい加減みたいですよ。

 原本なら相手にそれを差し出して、自分はそのコピーに徳田氏のサインと印鑑を貰って保管する、くらいの知恵がないのかな。これ常識ですよ。

 契約書としては無効で猪瀬都知事は返却義務が契約書上からはないのに払っちゃったんですか。都知事給与は都民の血税から出ているのになんちゅうことを。今すぐ徳洲会から返してもらいたい、と都民は言うべきではなかろうか?
 

No title

じぇじぇじぇさん

 甲状腺ガンに限らず、10歳以下の子供にガン検診をしない場合は良くありますよね
 大腸がんなどはそうだと思いますが実際に死亡する子が殆どいないからであって、でも数年に1人は死ぬ子はいるのに検診はやられていないでしょうね。

 甲状腺癌は10歳以下では20年くらい死者は出ていません。しかし意外に甲状腺ガンを見つけようと超音波診断から細胞検査まで丁寧にやったら100万人に1人と言う数字をはるかに上回る数字が出た。
 と言う事がわかったと言う事じゃないでしょうか。

 甲状腺ガンの特徴は死亡者の年齢が20代30代と他のガンでは死亡者が増えるのに比べたら、あんまり増えていない事で急激に増えるのは70代80代です。胃がんでさえも10歳以下では死亡者はいないし、検診の必要性は僕はないのではと思いますが20才過ぎたら急激に増えますよ

 僕は一般的にガン検診と生活習慣病の低減によって福島県では他の県以上にガン死亡率は低くなって、寿命だって日本一になる可能性が大きいと思っています。原発事故の影響で県民の健康影響がどうなるのかと言う事は今後も継続して調べると政府が約束したからです。

 しかし、ガン検診で早期発見すると言っても何から何までやると言うわけにはいかないということぐらいはおわかりかと思います。女子の子宮ガン、乳がん検診も何歳から対象にすべきかは、結局「リスクの選択」の問題としてとらえるしかないんです。加えるに検診のしやすさもあると思います。

 子宮がんは10代から、乳がんは20代からやる価値は僕はあると思いますが何才からというのはやはり議論が必要だと思います。
 それと「喫煙習慣」について全国的にもっと提言する必要があると僕は思っています。ガン検診による早期発見も重要ですが、その前にあらゆるガンの原因の一つの喫煙をゼロに近づける必要があるんじゃないんでしょうか。


IKAさん
 猪瀬都知事の借用書、面白いですね。あれは原本なんですかね。収入印紙が貼ってないとか言うけど、そんな金、税務署に払いたくねえ!と言う人もいますからね。相続税で税務署と大喧嘩して、向こうが来なくなった、払わなくていいのかな?と言う人がそうでしたよ。税務署員は25才くらいだったらしいけど、結構いい加減みたいですよ。

 原本なら相手にそれを差し出して、自分はそのコピーに徳田氏のサインと印鑑押印をして貰って保管する、くらいの知恵がないのかな。これ常識ですよ。

 契約書としては無効で猪瀬都知事は返却義務が契約書上からはないのに払っちゃったんですか。都知事給与は都民の血税から出ているのになんちゅうことを。今すぐ徳洲会から返してもらいたい、と都民は言うべきではなかろうか?
 

No title


は不正投稿とはねつけられたので、どこがそうなのか分からずちょっと変えたら受けつけられたんですが、ほぼ2重投稿。

 僕のパソコンが狂っているんだろうか?

素直に嬉しい

陛下、福島・広野町産の新米「いただこうか」
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20131127-OYT1T00417.htm?from=ylist

宮内庁は27日、天皇、皇后両陛下の希望により福島県広野町で作られた新米をお住まいの皇居・御所に届けたと発表した。
原発事故の影響を受けた同町では今秋、3年ぶりに収穫した新米を各府省庁の職員食堂向けに無償で提供した。宮内庁の食堂で27日から使用されることを知った天皇陛下が「苦労されて作ったお米であろうから、自分たちも少しいただこうか」と話されたため、同庁職員が26日、両陛下に広野町産の新米を届けたという。

(2013年11月27日11時36分 読売新聞)


トーナス さん
福島県産のお米のお買いあげありがとうございます。
私はお友達の所が作っている「牡丹姫」を食べています。
牡丹姫も美味しいですよとさり気なくアピールしときます。



今日の和みネタ

<毎年恒例今からでも間に合うクリスマス料理>
「なるとのブッシュドノエル」
材料:なると 
作り方: 
1)なるとを切る 
2)なるとを乗せる

http://twitter.com/puyopuyo1110

No title

>IKAさん
頭狂新聞の「こちら涜呆部」は平壌運転ですね。
それにしても中手さん、自分の子供とはいえ、彼らの健康に関する個人情報をこのように利用するのは、どうかと思うがね。


話は変わりますが、私用のため先週の終末、福島に行きました。
南バイパス沿いに、ニトリが工事中でした、彼らの思惑とは無関係に現実は進行中ということですね。

No title

昼間の東京新聞こちら特報部について

一部ですが「何いっとんねん」って部分抜粋します。

(次男にB判定がでた中手氏は)
>中手さんはA1判定の小6の長男(11)を含め、子どもたちに「堂々としていればいい」 と言い聞かせた。

「堂々としてればいい」って、当たり前じゃん。悪いことしたわけじゃないんだから。裏返すと「コソコソしてなきゃいけない、って気持ちがある」から?
甲状腺でB判定出ると差別されるって思いがあるのかな。(これも裏返すと「差別する」って気持ちがあるからか?)

>2次検査の案内には「結節は事故前からあった可能性が高く、良性と予想される」とあった。「検査前からな ぜこう言える。ちゃんと調べようという姿勢が見えない」

ちゃんと鈴木先生の話を聞きなさい!
甲状腺検査の意味を調べなさい!
(ちなみにご次男は、自費で2次検査相当の検査をして「ガンでの存在を疑わせるデータは出ていない」と結果をいただいたそうです)

津田敏秀氏
>岡山大の津田敏 秀教授(疫学)は「原発に近い市町村ほど、がんの子どもが目立ってい るのは明らか」と訴える。

ほい↓
http://togetter.com/li/578528

http://togetter.com/li/515339

松本市長スゲノヤ
>菅谷市長は「あの当時、現在の機器を使っていれば、4年以内 にがんが多く見つかった可能性がある。機器の性能向上の話を持ち出す と、チェルノブイリの調査結果に基づく論拠が揺らいでしまうことにな る」と矛盾を指摘する。

う~ん、確か当初「ガンの増加はない」って見解だったのが、現実に子どもの甲状腺ガンが増えてきているのを見て「ヨウ素の影響」が認められたんじゃなかったっけ?(記憶アイマイ)
で、甲状腺のスクリーニングが始まったと思ってたけど。
だからどんな優秀な検査機器があっても4年間は調べなかったんじゃないかなぁ。

ってか、この記事読み手を混乱させる書き方が多くて(アタマがアレなのか、わざとなのか)分かりにくいぞ。単に無理矢理批判しようとして、無茶苦茶になってるだけかもしれまへんが。
まあ、そもそもこの3人で記事作るって事自体がもう限りなく悪意のカタマりだと思うですよ、私は。

No title

>千貫森の宇宙人さん
すれ違いました。
もうね、東京新聞無茶苦茶です。
中手、津田、スゲノヤなんて出来の悪いコントですよ。
さっき読み直したら余計に腹が立ってきた(笑)。

ああ、福島に来たんですね~。
そうそう、やっとニトリ出来んですよ。
郡山はともかく、会津若松、米沢にあってナゼか福島にはなかったのです。
でも、お気付きかもしれませんが、福島市のニトリ、東京インテリアの隣に作ってんですよね~。
う~む、チャレンジャー。
コンビニみたいです。

>福島の隣の県在住さん
そうそう、東京都知事の借用書、物凄くツッコミ入れられてました。で、他にも遊ばれてます。

http://togetter.com/li/595154

真面目なツッコミはこちら

http://togetter.com/li/595112

引っ掛かる

>IKAさん
瀬戸市長も三保市長も「俺が俺が」の人だったんでしょうね。
そうでなければ、しかるべき後継者にバトンタッチするという選択もあったでしょうし。


にしても、交代したところで状況が改善するとは100%保証されていないわけで、
仮に現状維持ないし悪化しても、有権者は甘受する覚悟があって選択したのかと。
リスクも取らないで権利ばかり訴える反原発カルトの姿勢と重なって引っ掛かる。

No title

東京新聞11月27日付
秘密保護法案 私の不安「パトリオット・ミサイルはいらない!習志野基地行動実行委員会代表」吉沢弘志さん(60)

「憲法で軍隊を持たないのに、どうして軍事機密があるのかが根本的疑問だ」

むちゃくちゃ受けた。笑いが止まらない。もう仕事ができんぜ。
吉沢さんよ、肩書がちと長すぎるぜ。
それにしても東京新聞は原発記事を含めなぜこうなったのか。親会社の中日は新聞労連にも加盟していない保守的な会社なんですけどね。あまりの安月給に耐えかねて、産経や毎日から移ってくる記者が多く、混合部隊で、特に革新ぽい社ではないんですが。

No title

いわきに動きがあったようです。

東日本大震災:福島第1原発事故 地産地消の給食中止を いわき市長に「ママの会」申し入れ /福島
毎日新聞 2013年11月28日 地方版

 「いわきの初期被曝(ひばく)を追及するママの会」(共同代表、鈴木さおり市立小PTA会長ら)は27日、学校給食への地元農産物の使用とりやめなどを求め、清水敏男市長に申し入れを行った。

 約80人の保護者らが、地産地消の食材使用のとりやめと、給食に使用する全食材の放射線測定を求めた要望書を提出。清水市長は「中学2、3年の2人の子どもを持つ親として皆さんと思いは同じ」と述べ、年度内は北海道産のコメを使用することや、放射線測定現場を視察することを約束した。

 同市の学校給食は、市内7共同調理場などで小中学校119校の約3万食を調理。1キロ当たり20ベクレル以下を原則に放射線測定器で検査し、地元食材は一部を除いて使用されていないという。清水市長は「いわき市産米は時間の経過とともに放射線が激減している。さまざまな状況を見極め、実施(再開)時期を判断したい」と話した。

 保護者からは「子育て支援策の前提は健康と命を守ることで、あくまで『ゼロベクレル』を目指すべきだ」などの意見が出された。埼玉県川越市に母子避難している女性(30代)は「子どもが小学校に入学する来春を機に、古里に戻るか戻らないかを判断する。その基準は、市が子どもの健康を守るという『安全情報』」と話した。【中尾卓英】
http://mainichi.jp/area/fukushima/news/20131128ddlk07040313000c.html
(毎日jpより)

約3万人の児童生徒のいわき市の保護者のうち80人だけの「ゼロベクレル」というあり得ない意思を強要するのはいかがなものでしょうか?

児童生徒数についてはいわき市教育ガイドブックより
http://www.city.iwaki.fukushima.jp/dbps_data/_material_/localhost/17_kyoiku/6010/gakyo.pdf

No title

>笹団子さん
「いわきの初期被曝を追及するママの会」
ブログ
http://iwakinomama.jugem.jp/

記事には出て来なかったみたいですが、世話人のちばゆみ氏のTwitter

http://mobile.twitter.com/lapislazuli_y

う~ん、典型的なアレな人達みたい。
(この記事をして「エートスはダメになった」とか言っている人いましたけど…何か関係全然見えない。なにがあんのかなぁ)

東京新聞 朝日新聞

東京新聞や朝日新聞の記事はどうかと自分も思いますが、そんなに世の中に影響があるとは思いません。新聞や雑誌を読む人って本当に少なくなっていますよ。自分も下らないので新聞をとるのを震災以降止めましたが、社会的に情報が少ないとは思っていません。むしろ新聞を読んでる人に聞かれることの方が多いとおもいます。影響がほとんどない媒体より、ネットの記事の方が問題ではないでしょうか。

No title

IKAさん、さんご@さばとらさん

「天のつぶ」も「牡丹姫」も初耳でした。
どちらも美味しそうですね。

これから、全国的にもメジャーになっていくブランドだと思います。


東京新聞特報部の記事は、年齢面での考察はなされていないようですね。

「がんや疑いありとされた計58人の事故当時の年齢は6~18歳で平均は16.8歳」(朝日新聞 11月13日)だそうで、放射線感受性が高いはずの若年齢層ではほとんど発症していないのに・・

No title

復興支援者をツイッターで「ゴキブリ」 清掃センター事務職員を懲戒処分
http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20131129-OHT1T00058.htm

この清掃センターの男性事務職員に対して一言だけ書かせてください。

ざまあみろ。

No title

>user6878さん
あいつのことか、と分かった方もここには多いかと。
懲戒解雇にならなかっただけでも、寛大な処分(甘すぎるなあ)と思います。

しゅごいメンバー

内部被ばくを考える市民研究会
ttp://radiationexposure.blog.fc2.com/

賛同者 
野呂美加(チェルノブイリへのかけはし)川根眞也(内部被ばくを考える市民研究会)井戸川克隆(元双葉町町長)小野俊一(内科医 熊本県)松井英介(医師 岐阜県)津田敏秀(岡山大学教授)広瀬隆(ジャーナリスト)鈴木正彦(鎌倉女子大学児童学部講師)矢ヶ﨑克馬(琉球大学名誉教授)以下、五十音順

こんな方も
鎌仲ひとみ(映像作家) 森住 卓(フォトジャーナリスト)

津田敏秀氏 ってタミフル騒動の時、きくまこ先生の浜先生への批判の仕方が気に入らないとして疫学的にこうだというお話はされてなかったような記憶が。
(さばとらの個人的な感想です)
トンデモの種をお持ちでこの原発事故で目出度く花が咲いたのかな?


 user6878 さん、千貫森の宇宙人さん
http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20131129-OHT1T00058.htm


  ☆ 引用 ☆

奈良県大和郡山市は29日、福島県内で生徒とともに復興ボランティアをした大和郡山市の高校教諭について「ゴキブリ」「人間失格」などと繰り返しツイッターに書き込んだとして、清掃センターの男性事務職員(48)を停職6か月の懲戒処分にした。

匿名で書き込んでいたが、10月末にメールや電話で市に情報提供があった。2011年にもツイッターに不適切な書き込みをしたとして、2回懲戒処分を受けていた

  ☆ 引用終わり ☆

この人は懲りない人だから反省した振りはしてもどうでしょうね。







考える会

さんご@さばとらさん

ほんと、賛同者がしゅごいメンバーですね。
「以下50音順」の一般人の中に、福島県民は少ないようで・・

あちらの人々は、WBC検査に対して「人体実験やめろー!」と批判するのですが、その一方で、「因果関係が認められないことにして切り捨てようとしている」ともおっしゃるので、何がなんだか・・

微々たる数値しか出ないのが嫌なんでしょうね。

岡山大学

 岡山大地球物質科学研究センターの中村栄三センター長は2009年ごろフェリチンという物質が大気中でラジウムなどの放射性物質をあつめα線による内部被ばくを起こして肺がんになると言う、事実を解明したと発表したようですが、僕も学者じゃないんでにわかに信じられないし、簡単には信じられないと思っているんですが

 全てのガンは放射線からという思想をお持ちの方はこの説に納得はする傾向があるみたいです。

 僕は直感と独断と偏見と言われようが真っ赤なトンデモ説ではないかと強い疑念を持っています。放射線以外にもタバコの煙にはあらゆる発がん物質があるので単独でα線の単独被ばくが肺がんの原因とは、なんかおかしい。
 と思っています。アスベストによる中皮腫もフェリチンによるα線が原因だと言う事で、この説についてはどうも文系の人に心とらえるものがあるみたいですね。

 α線の線量もはっきりせず、フェリチンと言うたんぱく質が出来るのは煙やアスベストの粉塵に多く含まれる鉄分を吸いこむと出来るとか、

 そして大気中のラジウムをフェリチンが補足して高濃度のラジウムをため込むんだそうです。まあ、反証するのは相当困難でしょう

 でもなんか単純すぎやしませんか?その後この説が確かめられたと言う話は今のところいくら調べてもない様な気がします

 この説は放射線がガンの原因として特別に大きい物だと考える文系の人には支持されるのではないかと思いますけど、津田某氏もひょっとしたら?あの人は文系かな

数多い発癌メカニズムのひとつ、かも知れない

岡山大学には中皮腫研究最前線の先生方がおられいろいろ研究されてますので、件の話題も検討されているかもしれませんが・・・

件の話のPDF資料はこちら:

http://www.okayama-u.ac.jp/up_load_files/soumu-pdf/press-090727-1.pdf

論文はこちら:

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19644223

発表者の先生は理学系で、この1報以外続報等は出しておられないのかなと思います。他の研究を主にされてるようですね。

重金属の集積が6名の患者で確認されたという報告で、発癌メカニズムについては対照は検討されてませんからあくまで推論というか可能性の話と思います。
関係ないとは思いませんが、それですべてを説明しようとするとちょっと強引すぎるんじゃないでしょうかね。

No title

>じぇじぇじぇさん
確かに福島第一原発事故以降マスコミの信頼性は低下しっぱなしですが、それでも多くの人、特に「デジタル情報に疎い」タイプの人にとっては重要な「ソース」だと思います。
ネット系、従来型問わず「いい加減な情報」「偏った情報」には気を付けたいですね。

>トーナスさん
「天のつぶ」は今回の大相撲優勝で「福島県知事賞」の賞品にもなってます。
「横綱だって食べてるよ!」

>user6878さん
>千貫森の宇宙人さん

ああ、大○清こと「M」ですね~。既に皆さんご存知でしょうが、この人ずぅっと同じような事やり続けて以前も「謝罪文」出してますし。(おはぎやさんのツイートにあった)
「自由すぐるおかん」界隈では陰謀論が展開されているようです(笑)。

>さんご@さばとらさん
うはは、これはしゅごい。
ほとんどの人が何らかの形でチェックしたことある!

>福島の隣の県在住さん
>YTTさん

う~ん、なにかっていうと「放射能ガー」って言い出す人たちって何でも燃料にしますからねぇ。
本当に真っ当な研究者や科学者にとっては「アレな人」が取り上げることで「トンデモ」って評価受けちゃったら、メーワクこの上ない事なんじゃないかと思ったりなんだり。



ここのところちょっと話題になった「良い話」。

http://bran7.net/archives/43229

いいぞ!宮城の中学生。あなたの言う通りだとおじさんも思うよ。
この作文に「総理大臣賞」をあげた人もちょっとほめてあげたいな。(やっぱソーリ大臣その人が選んだのかな…んな事ぁないか)

で、この作文に対する一部の反応。

http://togetter.com/li/596758

う~ん、中学生に比べなんと言う見苦しい言い訳を…(しかもたぶんいい大人が)。
この人達は人間やり直ししてほしいな。

(学校にはこういった人から電凸あるかもしれないけど、毅然と対応してほしいです。彼を守る意味でも)

No title

>メーワクこの上ない事なんじゃないか

IKAさんの書かれている通りだと思います。
possible mechanismなのであって、新規性があるから発表したということなのでしょう。
それに医学研究者のあまりとらない手法と思いますし。
この人たちがこういう視点を持たなかったら分からなかったことだと思いますが、せっかく元素を定量してるんだから線量計算までやればいいのにと。

肺がんといえばタバコのポロニウムや地下室のラドンなんかもありますね。
YTTさんも書かれているように、何れもそれですべてを説明するということには到底ならないと、まともな研究者なら暗黙の了解がありますし、これらの研究やってる人たちも思ってるはず。

肺がんも多症例のゲノムDNA解読がどんどん進んでいます。
配列の変化をみると、隣の県の方が書かれているように、喫煙などが原因と考えられる突然変異がものすごく沢山起こっていることが報告されていますよ。
(タバコって怖い・・・)

No title

 NHKでの汚染水番組、確かプロジェクトなんとかで取り扱っていましたが、冷静な目でみないと危険、恐怖を煽られる人もいるでしょう。

 原子炉の廃炉自体が50年程度かかるものだと知っておかないと、事故だから、廃炉が50年もかかると勘違いする人もいるでしょう。

 トリチウムは海へ通常運転でも放出するものであると言う事を知って居ないとやはり恐怖感を煽られるでしょうね。

 僕もたまには動画を紹介します。見ている人もいるかも知れませんが。
 https://www.youtube.com/watch?v=8zY7uh5Juks

 先にこの動画を見てから昨日のNHK放送を見たら、どうも東電は技術と新たな知見を得たいがため汚染水問題について少し大げさに取り組んでいる気がしますが、はっきりと「汚染水問題」に対し原発事故が及ぼす影響を出来るだけ、なんでもかんでもこの機会に得たいと思っていると言えば良いんじゃないんですかね。

 470億円使えば凍土壁でシャットアウト出来る技術も持っているんだよ。と自慢したいのかな。

 多分同じ様な原理で中国は海抜5千メートルを通過するチベット鉄道を作ったので、ロシアに対する高速鉄道売り込みに使ってみたいと思っていたけど、大事故を起こして今は振り出しなのかも

 日本の青函トンネルを作る技術があれば、回りをぐるりと地下50メートルまで掘ってコンクリートを流せば原始的だけど安上がりに出来るんじゃないんだろうか。厚みがあれば亀裂が地震で出来たとしても汚染水の元になる地下水を大量には流失させないでしょう。

 その地下水の流れだって福島原発に入り込めない様にするのは難しくない気がします。青函トンネルは20数キロ以上の土木工事としても超大規模なもので、その技術はトルコのイスタンブールでアジアとヨーロッパを結ぶ海底トンネルにも貢献したと聞きます。オリンピックは落ちましたけどね。

 それはともかく、アルプスを通った汚染水をさっさと希釈して海に放出する必要があるんじゃないのかな。


YTTさん
 どうも有難うございます。
 でも、一部の喫煙者は放射能が怖いから禁煙しよう、と結果オーライだから、肺ガンと喫煙の関係を信じるかも知れませんね。そこから全てのガンは放射線からと言う事になると言う人も少数ながらいる事でしょう。フェリチンで集めたラジウムで被ばくした肺の中のガン細胞が体中を駆け巡って転移するんだと言ったら仮説であっても、そうかなあ、になるでしょう。多くの学者は否定はしたいけど、あほらしい、そして忙しい。
 だからこういう人も出る

http://blogs.yahoo.co.jp/ahi3776/8678989.html

 他にもいましたよ。


IKAさん
 なんか餌に群がる養殖ウナギの様に見事に集まるんですねえ。差別を居直る輩もあぶりだされて、本来は情けない。こんな酷いつぶやきは受賞した中学生には見せたくないんでしょうが、現実でもありますから、要するに特効薬は科学教育。
 であると、いい大人には実践して貰いたい。政府にも自ら勉強しなさいと、もう言いたいですよ。 

 ついでに脈絡もなく、4分間のナンデカフラメンコを
http://www.youtube.com/watch?v=os1o_TtPM_k

 ネタはもう何回やっても笑う、実にシンプルなもの。でも100キロの猛スピードで飛ばすトラックの前にうずくまっていたおばあさんは無事だった。ナーンデカ、それはおばあさんが101キロで逃げたから
 と言うのが外国の人には良く受けるんだそうです。本人が言ってましたよ。こういうのがグローバルなんでしょうかね。

 僕はフラメンコの曲をCDで数多く持っているんですが、聞いていると、つい、ナーンデカと入れたくなって、ときどき歌います。初期から聞いていたけど、もう「日本の至芸」とまで言われているとは。観客に向かってナーンデカ?と問いかけるとき、歯も目も剥きだす顔芸も一級品

 あの曲はフラメンコのマラゲーニャと言う舞曲の一部だけ使って、ナーンデカとは実に着想が良かったと思います。何回もネタを繰り返すのにずっと同じコードで踊りたくなるようにギターをかきならすと観客も笑いやすくなるんでしょうね。

No title

>user6878さん さんご@さばとらさん IKAさん
M氏の件について「自由すぐるおかん」やミットモナイヤーが、見苦しい言動を繰り返していますね、こいつらのジ・エンドも近いものと思われます。その前に自壊するかな。

あと、宮城の中学生の作文の件ですね。
あの連中は、子供を一方的にイノセントな存在として妄想する傾向があります。
だから、そのイノセントな存在に否定されて逆上してますね、こちらも大変に見苦しいです。

No title

F1ABSさん
 件の研究は2009年に新聞発表されて、読売新聞も「解明された」とか言って新薬のきっかけにでも、とかなり大げさに報道したらしいですね。

 それを今頃ほじくり返して放射能怖いと言う人もいるんですけど、その後の経過について疑問を持たないんでしょうか。結構インテリさんでもそうみたいですよ。


 ポロニウム騒ぎもどうなったのか、共産党の紙智子参院議員が国会で質問をしたのは平成二十四年九月五日。
 なんかポロニウムをタバコから除去すれば安全みたいな感じを受けた人もいそうな感じ、実際にはタバコのポロニウム被ばくで死ぬためには、5回くらいタバコで肺がん死しないとだめなんじゃないだろうか?と質問主意書自体にそんな数字が載っていましたよ。

 除去するのは化学肥料をやめれば、それほど難しくはないと言う様な事も聞きましたけど、アメリカでも日本でも対策を打った形跡はないみたいです。

 その肥料は他の野菜にも使われていてそれを子供だって食べ続けているから、結局あほらしくなったんじゃないんですかね。超猛毒であっても超微量なら対策なんか不要だと言う事でしょうが、質問を受けた時はいかにも大変な事みたいに政府側も答弁したみたいだけど、調べたら結構まとも。

 共産党も良く考えもせず、厚労省から仕入れたネタらしいけど、既に古くなったカビ付きネタを国会質問するとは、自然放射線と人工放射線は違うと国会、衆議院で言った二の舞だと言う自覚もないんでしょうね。

 厚労省もタバコが原因で死亡するのを40%減らすと言ったと、朝日新聞でちゃんと報道しています。かなり大きい見出しだったと思うけどその紙面で放射脳記事をさらに大きく載せていましたから読者は気がつかなかったかも。

 しかし、いつの間にか阿修羅掲示板にたどりついたら
「きっこ、デマリン、山本太郎が吹き飛ぶ問題画像を赤旗がスクープ!!ただの一回も放射脳にRTされたことがない画像」と言う記事が目に入り、苦笑せざるを得ませんね。

 共産党は放射脳です
 山本太郎は批判したけど、天皇に手紙を渡したから
 スクープでもなんでもないカビネタを載せたのは1年前
 数字も出所は厚労省と言っているが、その元は不明で根拠なし

 それに肺がん死の原因で多くを占める発がん物質に比べたら、ポロニウム微量被ばくがなくても十分肺ガンで死ぬでしょうね。

 放射脳を批判するのに放射脳が書いた記事を使うとこういう事になる

No title

石破はデモがテロだと書いたんじゃなくて、
ばか騒ぎする逸脱したデモがテロとおんなじだって書いたんでしょ。
朝日を見ると、前者の意味で書いてありますね。
これって捏造じゃ。
某お役人が「左翼のクソども」と言ったとき、
アワプラが被災者を侮辱したって言ってたけど、
このお役人はアワプラのことを言ったんであって、被災者のことを言ったんではありません。
左翼のクソども(笑)の捏造体質って何とかなりませんかねえ。
だから日本の大衆は左翼を信用しなくなったわけですが。

>さや猫さん

>石破はデモがテロだと書いたんじゃなくて、 ばか騒ぎする逸脱したデモがテロとおんなじ だって書いたんでしょ。 朝日を見ると、前者の意味で書いてあります ね。

おっしゃる通りです
石破氏に悪い印象を与えようと意図的に曲解してますよね
法案反対のメディアは

要は
デモは正当な意見表明の手段だけどデモだけが民意の全てではない
大音量の鳴り物等の過剰な表現や
一方的で独りよがりの主張は厳に慎むべきだ
その点は右も左も無い暗黙の了解でしょ?というだけの話ですよ

時期が時期だけに誤解を与えかねない文章を書いた石破氏も脇が甘いとは思いますが

No title

しかし、「素人の乱」が始めたらしい新左翼の「サウンドデモ」という騒々しいチンドン屋は何とかならないものかと思います。 この前の日曜日に吉祥寺(例の中央線沿線)で遭遇しましたが、不愉快なだけです。

選挙活動があるので議員先生方は騒音規制しないでしょうが、せめて「デモには楽器を使わないこと」という一文を入れないと無くならないでしょうね。
社民党と菅直人先生関係はゴチャゴチャ言うでしょうが。

No title

石破さんの件、俺もなんだかなーって思ってました。
その前の麻生さんの「ナチスに見習う」の件でもそうですけど、発言の一部だけ取り上げて曲解して叩く方法に味しめてんじゃないですかねー。
元発言や本来の意図と関係なく「問題だ!」って騒いだ事実が拡散されるって、なんか放射脳デマと同質だよなあと思いますね。

あ、念のために言っておくと、俺は自民党支持者じゃないし、アソー氏は大嫌いですよ。

震災以降、個人的に「市民団体」への信用度が墜落してしまってるせいも有りますが「勝手に市民代表みたいな事言うな~!」って思っちゃいます。


No title

福島の隣の県在住さん

今日日、どの研究者も一般の方にわかりやすくアピールできる成果発表をもとめられています(研究報告書にも書かねばなりません)。
公金を使って研究してるのですから当然のことですが。
テレビや新聞に出るとポイントが高いです。
報道側も「夢をかたる」ことを要求しますから、もとの意味が大きく膨らんでしまいます。
(日曜日の夕方やってる夢の扉”I have a dream!”ってのと同じ乗りです)
だから書いてあることは9割引くらいで読んでください(笑)
そういう背景を知らずに、放射脳なひとたちは釣られているのでしょう。

この岡大の話も、研究として興味深い切り口ですが病気との因果関係が直接照明されたわけではありませんから、事故後であったならばぐっと抑えた記述になっていたことと思います。

No title

福島で無料乳幼児内部被曝検査始まる 34人全員が不検出

2013.12.3 02:02
http://sankei.jp.msn.com/region/news/131203/fks13120302020000-n1.htm

   ☆ 引用

平田村のひらた中央病院で2日、乳幼児の内部被曝(ひばく)を測定する検査装置「BABY SCAN」(ベイビースキャン)による検査が始まった。乳幼児向けの内部被曝検査装置の開発に成功したのは世界で初めて。同病院は測定を希望する乳幼児に対して、無料で検査を実施する。

早野教授は2日、同病院で会見し、「大人の検出率も2%を切っており、内部被曝のリスクは非常に低いが、子供を測ってほしいという声は根強い。自分の子供については、目で見て確認して納得してもらうのがいい。計測するうちにこの食生活で大丈夫なんだなと納得できると思う」と話した。

開発費用は8500万円。月に1千人を検査した場合、維持費用は1千万円近くかかるという。検査は全て無料で行うため、同病院と同研究所の運営費や寄付でまかなっている。

 同病院の佐川文彦理事長は「(費用の)支援を県と国に働きかけてはいるが、県からは回答がない。県内の0~1歳児2万人の検査を目指している。原発事故は福島県民には一切過失がないから無料にしている。ただ、われわれも限界があるので、協力をお願いしたい」と話した。問い合わせは、同研究所(電)0247・57・5012。


    ☆引用終わり


やっぱりな反応
ttp://onodekita.sblo.jp/article/81696470.html

クラクラしちゃいました

もうじき3年になろうとしているのに、ますます磨きがかかってました(^^;)。↓
http://onigumo.cocolog-nifty.com/blog/2013/12/post-0683.html
もう、放っておきましょう。疲れました。

お米 追加購入

数量限定入荷の福島産こしひかり、売り切れる前にと思って、5キロ
追加購入してきました。

10キロ袋は売り切れていて、5キロ袋も残り少なそう、順調に売れているようでした。

5キロ1980円でしたから、やや安めの値段かと思います。


それにしても、OSATOさんの紹介された放射脳ブログ、すごいですね。

「だるい」、「鼻血」、「喉 痛い」ってキーワードでの検索が増えたから、健康被害が増え続けていることを示している・・・って、これのどこが論理的なのでしょう・・

No title

>OSATOさん
Googleトレンド、Twitterでも拡散してましたね~。

http://togetter.com/li/596904

私的には、最後のカンナさんのツイートに激しく同意です(笑)。

こんなん「ヒャッハー」してる人の気がしれないですよ。
(そもそも鼻血ガー、口内炎ガー、足の痛みガー、って放射線関係ないですやん)

No title

 広島長崎の被爆者があらゆる病気を普通の人以上に「異常に」持っているって、
 結局、長寿命世界一という結果なんですよね。被ばく手帳を持って、気軽に病院に行けるシステムが
 一病息災の数倍もの病気持ちながら長寿になる様にさせたんだ
 
 と、中川恵一先生も言っているじゃないですか。病気の数を増やして、かつ長寿命で健康的、と言うのは現実にあり得ますよ

 そう言えば僕の足のむくみも福島原発事故以来増えた気がします。

 ホットパーティクル論争などと言うものがあったそうですね。何しろ実在を証明できないからいつでもトンデモ学者が根拠にするのに都合が良い存在なんでしょう。

 石炭焼却灰中の高濃度の放射性物質がホットパーティクルを形成しないんですかね。セメント工場近くの人達、セメントに石炭焼却灰を混ぜるなと言わないと
 コンクリートを作っている人もホットパーティクルにさらされている恐れもある事にならないだろうか?

 そもそもホットパーティクルを形成する物理的力は一体何なんでしょう?ヒッグス粒子なんだろうか?一体どのくらいの大きさなのか、空中に漂うんですよね。

 その岡田さんと言う人も凄いですね。エックス線フィルムに福島から来た放射線が感光して出来たキズ状のものがあるだなんて、本当にどこから仕入れてくるんでしょう。他に感光源の存在が近くに一切なかった事にならないだろうか?

 僕は風邪をひくと鼻粘膜を化膿させて鼻出血も相当出したものです。若い時の方が酷かったんですけど、福島原発事故はひょっとしたら50年以上前からあったんじゃないんですか?
 その時は福島原発は出来ていなかった…、いやただ気がつかなかっただけかも知れないでしょう。

膝が痛い(泣)

OSATO さん
どこからそんな気持ち悪いブログを?
以前にも紹介されましたよね。ああ、蕁麻疹が。

私だって紹介しちゃうんだから
「ママレボ編集長通信No6」
~三田医院の三田茂院長に聞く~ 子どもの血液検査結果から見えてきたこと 関東全域の子どもたちに血液検査を!
http://momsrevo.blogspot.jp/2013/09/no6.html

商売の種は色々あるものだなぁ(詠嘆調でお願いします)
「好中球」ですか、そうですか。

トーナスさん
嬉しいです。お米が順調に売れている報告ありがとうございます。
毎日「う、う、新米はおいしいな」って泣くことじゃないですが飽きずに言ってます。

ku- さん
リンゴ美味しいですよね。
去年は何故か、廻りあわせが悪かったのか、いまいちだったんです。
コンポートにすると主人に受けが良かったです。
今年は大当たりで本当に美味しい。

IKAさん
私ね最近よくこけるのですよ。今も膝が痛い。
これは断じて歳の所為では無く放射線の所為ですからね!


本日のお笑い

鳩山由紀夫元首相、ゲーム会社イメキャラに就任「私もオモシロくなりたい」
http://news.livedoor.com/article/detail/8312050/

ゲーム会社正気か?大丈夫か?

No title

>OSATOさん IKAさん
googleトレンドについての、別なまとめです。
http://togetter.com/li/596678
コメント欄にありますが、まとめた人は、向こうの人にもかかわらず、かの理論編とデーター編は、あきらかにリスペクトではなくバカにされています。

しかし、感心するのはダメダメ学説をこれでもかと集めて、見ただけで脱力するようなトンデモ兵器を作り上げたその熱意です。
いや、我々を脱力させただけでも、ある意味凄いのかもね。


No title

テレビや新聞で特定秘密保護法案の「国民の反対運動が盛り上がった」って言ってますけど、本当ですかあ。
私の周りは反対はおろか議論する人すらいないんですけど。
国会周辺に集まったのは主催者発表で6000人(主催者発表だから実数は600人と思われ)でしょ。60年安保の時は確か17万人だったんですけど。
原発事故でこれだけテキトーなことを書きまくった新聞なんか国民はもう信じていないと思いますけどね。
コメンテーターも見えないものが見えて(軍国主義とか)、聞こえないものが聞こえる(軍靴の音とか)なら、病院へ行ったほうがいいかも。
私の友達がなって驚いたんですが、統合失調症って40過ぎても発症することがあるみたいですよ。

秘密保護法案なぜ煽る

中国のネット事情をみればわかりますよね。
戦前と違い、新聞や書物を発禁にしたところで情報の伝達は止められません。
汚職など都合の悪いニュースはネットを規制しても、それをすり抜けて伝わるし、情報の秘匿なんぞはマスコミを脅してもできません。
戦前になど戻しようもないでしょうに。

やっぱり、特定秘密を扱う情報源のガードは必要なわけで、その運用を議論すればよいだけの話し。
秘密保護法が必要なのは自民、公明だけでなく、民主、維新、みんなも認めているわけですから。

売らんかなのアサヒと、正義の味方ごっこをしたがるお花畑でしょうかね。

No title

ご存じ元福島県民
http://blog.goo.ne.jp/fukushine777

を応援する

現福島県民
http://blog.goo.ne.jp/watari935

No title

皆様ご無沙汰しております。

本業が忙しく、コメント欄を全部読む暇もないので
既出かもしれませんが、

郡山市に引き続き、
今度は猪苗代町がやらかすようです。

しかも今回は後援ではなく「主催」のようで。



http://ahaha.365blog.jp/e433461.html

小出裕章×小林泰彦 「ケンカ白熱教室! 放射能はどこまで安全か?」

・・というタイトルの本を図書館で借りて読みました。
今年1月に柏市で行われた対談の内容を本にしたものです。以下には、小出尊師の主張と対談そのものの部分しか文字起こしされていませんが・・
http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-2732.html

このように1冊の書籍になって、両者の主張を読み比べると、どう見ても明らかに、学者として、雲泥の差です。小林さん、理路整然としていて、しかも、科学の部分だけではなく、人品が整っているのでしょうね。非常にバランスのとれた真摯な態度で、柏市において放射能とどう向き合うべきかを述べておられます。
小出尊師のほうは、相変わらず、危険を煽るばかりで、低線量のほうが影響が大きいのだそうです。

来場者は1600人ほどだったようですが、ほとんどがアチラさま(市外在住者も多い様子)のようで、この内容にもかかわらず、「小出氏&親衛隊 VS 御用学者小林」という四面楚歌の構図になっています。

でも、書籍という形で残るのはいいことです。小出尊師のトンデモ度が引き立っていて、これで恥ずかしくないところが立派です。

小林氏の言葉を太字で引用します。

「被災地の復興を支援し、被災者の今後の健康を守るために何ができるか、それを考えることに対し、原子力発電推進派であるか、反対派であるかは、無関係であるはずです。しかし、科学的データに基づいた話をすると、『推進派だ』『御用学者だ』と言って耳をかさない人もいます。そんなふうに決めつけて、事実から目を背け、デマに踊らされている限り、被災者は見捨てられたままではないかと怒りが込み上げることもあります。」
 

No title

GTR さん
きっと元さんのブログは腹立つのだろうと現福島県民 さんのブログしか読みませんでした。
現福島県民 さんを応援します。


福島の医師@お昼休みさん
かけはしイベントスケジュール
http://npokakehashi.blogspot.jp/

これを見ると12年の4月から暇していて、これは良い事だ、と思っていたら何という事でしょう!猪苗代町しっかりしろー。


今日のほのぼの

福島・川内村のイベントに川内優輝選手が参加、村民を激励
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00259376.html

福島第1原発事故の影響で、今も村民の半分が避難している福島・川内村で開かれたイベントに、市民ランナーとして人気の川内優輝選手(26)が参加し、村民を激励した。

No title

ええと、まずはネタ投下。
あのバズビーの名前久々に聞きました。

http://togetter.com/li/600379

バズビーに依頼した「大阪の公害問題を考える会」って、代表の人が工藤先生に粘着しています。

http://m.blogs.yahoo.co.jp/satomama14
(かなり不快指数の高いブログです。ご注意を)
まあ、西日本にとっては福島なんて遠すぎて現実感無いんでしょうから、「言ったもん勝ち」になりやすいんでしょう。
その意味でも工藤先生は貴重な存在だと思います。

>トーナスさん
小林先生ってbloomさんと交流があるようですね。
ブログでも何度か触れられています。
小林先生の「覚悟」と「思い」が見られますよ。

>さんご@さばとらさん
川内村の心暖まるエピソードに冷水ぶっかける様ですいませんが…
http://blog.livedoor.jp/home_make-toaru/archives/7446056.html

みたいなヤツ、まだいるんですね。
福島でイベントやるたびに言われんだろうなぁ。
(あ、膝大丈夫ですか?私も最近よく腰と背中が固まります。これも歳のせいではなく、きっと…以下略)

>福島の医師さん
お久しぶりです。
う~みゅ、猪苗代町にも困ったもんだ。
スキー場とか多いから風評には敏感なんですけどね~、あそこは。「かけはし」は風評加害者だ、って機会があったら言っておかなきゃ。

>GTRさん
ふふふ、「応援」ですか。一種の誉め殺しって言っていいのかな。
私は「応援する方」を、本来の意味で応援したいです。

納豆?

「チェルノブイリへのかけはし」からの連想で思い出したのですが、とあるデマ医師ブログのコメント欄に、「福島の納豆消費量が日本一なのは、発酵食品が放射能に効くことを認識しているからだ」という書き込みがありました。
原発事故以前から、たびたび日本一になっているようですけど。
 http://todo-ran.com/t/kiji/11483
食文化にまでケチをつけるんですね。

「ケンカ白熱教室! 放射能はどこまで安全か?」の本を、放射脳側でなく、比較的ニュートラルな30代女性に見せて、10分ほどパラパラと読んでもらったうえで、感想をお聞きしたところ、
・小出氏の文章は、「私は」という言葉が頻出していて、主義主張を述べているように感じるのに対し、小林氏の文章は科学を客観的に述べている。
・小出氏の「低線量ほど危険」は、意味不明。だったら、原発近くに住んだほうが安全じゃん!

・・ということでした。

>IKAさん
この勇気ある対談のことは、bloom さんのブログで知っていました。本で詳細が読めてよかったです。
本物の科学者はすごいと思いました。

>ku- さん
そうですね。何度も繰り返し発信が大事ですよね。拡散力は、反原発ムラのほうが圧倒的に強いですし・・。

小林先生とオフ会予定

お久しぶりです。
色々と疲れてブログをお休みして3ヶ月くらいになるのですが、アクセス数が炎上前を変わらず、皆さんが気に掛けて下さっているのかな・・と思っています(アラを探そうと粘着している人や、個人情報を暴こうと記事を掘り返している人がいるのではないかと心配する気持ちも少しあるのですが)。

小林先生は私が科学リテラシーへの関わり方に悩んでいるのを気に掛けて下さっていて、新しい雑誌の記事を書いたり、講演をした時など、その資料を添付で送って下さります。
「次回のオフ会には呼んで下さいね」とおっしゃって下さっているので、新年に入ったら企画を進めるつもりです。

年内は色々な人に励ましコメントを戴いて、オフ会に呼んで戴いたりお世話になりっぱなしでしたが、年が明ければ私もかなり回復していると思います。
ご興味のある方は私の yahoo のアドレスにご連絡を下さい。

No title

野呂美加さんとチェルノブイリのかけはしについて菊池誠さんがきびしい批判を早くから述べています。その第2次の批判を述べたのがこれです。

http://www.cp.cmc.osaka-u.ac.jp/~kikuchi/weblog/index.php?UID=1326363188

さらに
>日本保健物理学会のサイトの「暮らしの放射線Q&A」に「チェルノブイリへのかけはし」に対する見解が掲載されました。<と言って結果的に「にせ科学」=かけはしが良く分かる様になっています。

http://radi-info.com/q-1243/

 菊池さんの言う事とこれを読んだら、野呂美加は社会的にはなんの評価もなく、単なる妄想によって人心を惑わすペテン師といっても僕は過言ではないと思っています。

 このコメント欄が結構面白い。本来はちょっとした情報交換が主のものであったのが、初心者ですと言うなりすましが長文の疑問点を投稿すると、それに答える人も長文に懇切丁寧に答えるけど、最後に、私は(筋金入りの)反原発ですのよ(オホホホホ)と言いっぱなしで逃げちゃいましたが、実は僕も投稿していまして、まあその時点での健康リスクは大したことはないと言う考え方をのべたんですよ。

 LNТ仮説によっても、将来健康リスクが高まる事は考えられない

 だけに留まらず、LNТ仮説には科学的に根拠がない、閾値はあるはずだ、と言ってから急に僕一人が主役になってしまいましたよ。

 ①仮説であるから科学的でない
 ②専門家の合意だから、素人が口出しするべきじゃない

 なんて言う奴が出てきたから、きっぱりと、それは違います。と断定口調で否定したもんだから頭に来たんでしょう。でもそいつもコメント欄の常連でしたよ。
 ついでに僕の立場は原発推進で、来るべき深刻な気候変動についてはCО2を排出しない原発を推進するべきだと言ったら四面楚歌みたいになって
 CО2と原発の廃棄物を比べるのがおかしい、等とリスクを選択して大きなものを避けると言う事も知らないのかと言う奴まで出てきたけど、全体としてはキクログに参戦した新人はいじめられるという図式の中で進められて言ったけどそもそもそれ自体がおかしいんです。

 僕もキクログコメント欄は発言なんかする事はなかったけど、なにしろ「にせ科学」がテーマのブログコメント欄ですから「LNТ仮説」だって「にせ科学」と大同小異、そのために日本は経済的損失を被って近い将来禍根を残すだろうと言う立場からは発言せざるを得ませんでしたからね。

 常連さんでちゃんとした人は発言を控えていたけどなんでもかんでも発言すると言う、馬鹿に発言量の多い人物から敵視されましたよ、彼の言う事は論理に整合性がなくて知識の拾い読みから量的な知識量で他人を圧倒する人物でもあって、僕もこいつは人を傷つけてさえも自分の偉さを誇示する奴で前から嫌いでしたから、反論をしたんですが、まともに反論された事も経験が少ない人物と見えて結構ボロを出していましたよ。

 今はキクログコメント欄が、血液型妄想信者や悪意としか思えない靴の宣伝などで機能していませんがコメント欄も閉じられても菊池さんのブログ自体は読めますのでご一読されたら良いと思います。

No title

>ku-さん
昨年のりんごは残念だったんですね。
なんか申し訳ない…。
私も年を越したりんごで、たぶん保存状態が良くないヤツなんかでスカスカのものに当たるときがあります。
でも、こないだ頂いたりんごは美味かったです。
「蜜入り」りんごはおすすめですよ~。

>トーナスさん
あ、bloomさんのところでお知りになったんですか。
おっしゃる通り、科学者ってスゴいです。
ガリレオ気取りの「原子力ムラが~」って「似非学者」達に「ホンモンの科学者の矜持」を見てほしいですよ。

ところで某ブログでのトーナスさんの「事故前から日本一でしたよ」ってコメント、見ました。(何処だったかわかんなくなりましたが)
ドヤ顔のコメントにポーンと投げかけられたツッコミに、ちょっと笑っちゃいましたよ。
そうなんです!実は福島は納豆大国。茨城の皆さんゴメソなさいですが、いい客でもあるので許して卓袱台。
ちなみに餃子やラーメンでも虎視眈々と日本一狙っています(餃子は宇都宮と浜松に争わせて、漁夫の利狙っています…笑)。

>bloomさん
お忙しいところコメントありがとうございます。
(なんか私が呼び出したみたいなんで…)
お仕事、頑張ってください。
でも、無理もしないでくださいね。

>福島の隣の県在住さん
キクログ、なんか懐かしい。
コメ欄含めて随分勉強させて貰いました。
う~ん、ちょっと前のエントリにコメしたり、なんか遠い目モードが続くなぁ。

納豆はもうずっと

IKAさん、許すも何も、何年も前から、もちろん原発事故の前から、納豆消費量は福島県1位、茨城県2位ですよ。

茨城県が
出した茨城検定という本にも出ています。

十大ニュース

同じ県なのにこうも世界観が違うのかと思わされる時期になりました。

【民報】
ttp://www.minpo.jp/pub/topics/top10/
【民友】
ttp://www.minyu-net.com/news/news/1211/news10.html

設定したニュースからして、両者の思想の違いが見えます。
私としては民報の考えは妥当と思います。
広く薄く県民の関心をフォローしているので。

民友はかつてプルサーマル導入で「議論から逃げるな」と
社説で再三県議会や知事を焚きつけていた過去があるだけに、
「裏切られた!」の思いがあるんでしょう。
しかし、こうも偏ってはみっともない、の一言。

みなさ~~~ん 

ありがとうございます。

忙殺されておりまして、エントリー更新ができていませ~~~ん。

しばらくお待ちくださ~~~い。

(ちなみに信夫山ネコは元気そのものです)

No title

ku- さん
そのNORM(ノルム)と言う言葉の意味を僕は知らないのですが、石炭焼却灰の有効利用としてセメントに混合すると良質なセメントが出来ると言う事で、この話はこのブログ中にも再三出ていて

石炭火力発電所の石炭に関する放射線規制免除について
http://www.nsr.go.jp/archive/mext/component/b_menu/shingi/toushin/__icsFiles/afieldfile/2009/05/19/20031020_01c.pdf

 これはみなさん見ている人が多いと思います。

1トンのセメントの7パーセントが石炭焼却灰だと、70キロなんですかね

 1グラム中にはウラン、トリウム合わせたら0.01ベクレルに仮になるとしたら、70キロだったら700ベクレル。これでも規制値より遥かに下回って何ら問題はない。その上さらに7%まで希釈するから1トンのセメントから700ベクレルの放射線しかでないのであって、さらに砂も砂利も使ってコンクリートを作るのだから、コンクリートの建物から放射線が検出されるのかどうかだってわからない。

 でもセメント段階では石炭焼却灰は微粉末として、いわゆるホットパーティクルを作る恐れがないとは言えない、なんて話は出てこないのか?
 と僕なんか思うけど、実際はそんな馬鹿な話が仮にあったとしても無視出来る線量。だと思うんですよ。

 しかしながらがれきの焼却に反対するなら、日本全国の建築をストップさせて、石炭焼却灰を使うな!
 と言う事になりませんか?既に建設済みのマンションも取り壊せ、あらゆる建築物も取り壊せ、と言った後どうしたらよいのか?

 埋め立て処分場は毎年減って行くわけですからどうすりゃよいんでしょうか。

 震災がれきの焼却は殺人に近い、とわが県のバカ知事は言ったんで、それならセメントを使った工事は大量虐殺になるんじゃないかと思うけど、何故それについて言わない!

 とだいたい震災がれき焼却反対の頃に良く出た話ですが、じゃあセメントに含まれている放射性物質がホットパーティクルを形成して有害だと言う事にならないのかしら?
 今のところは外部被ばくにおいては全然問題なしと電気事業連は言っているけど、何しろ、ごく微量であっても吸入したらホットパーティクルを肺の中で形成して、ごく微量の放射線によってガンになりますよ、と脅されたら怖いと思う人は必ずいるんでしょう。

 低線量で有ればある程危険、と言うのは因果律の法則とは別な話でそういうのは僕には理解困難。デタラメ、トンデモだと思うんですよ。そう思わないと住む場所自体がないでしょう。
 

 ラドンについては、ウェード・アリソン氏の「放射能と理性」が提供するデータを読む限り、僕は喫煙する人だけ心配すれば良い事であって、非喫煙者にとって特別な対策など不要なんじゃないかと思います。アリソン教授がそこまで言っているわけではないんですが、こういう構造は喫煙者が放射能をなんで気にする必要があるのかといつも思う事でもあるんです。

 しかし、玉川温泉の堂々と高濃度ラドンによるホルミシス効果をうたう姿勢は、どうなんでしょうね。万病に効くみたいな事言っているから、今度行ってこようかな。

NORM

Naturally-Occurring Radioactive Material

放医研のサイトをごらんになってください
線量計算もできます

http://www.nirs.go.jp/db/anzendb/NORMDB/index.php

No title

F1ABS さん
NORM(ノルム)とは自然起源による放射性物質だったんですか。天然ウラン、天然トリウムはNORMである。と言う事ですね。

 従って石炭の焼却灰中のウラン、トリウムも天然の放射性物質。
 天然だからホットパーティクルは出来ないと言う話も聞いた事もあっったけな。

 僕も放医研のサイトは良く見ていたんんですよ。

 こちらのとある年間100ミリ被ばくした場合のガン死亡率グラフは縦軸がちゃんと「死亡率」と書いてあってわかりやすいですが、どこかで、縦軸を「致死的ガンの発症率」としてあったのを、僕にY軸はガンの発症率ですよ。と教えてくれた人がいましたよ。

 僕は即答で「違います、ガンによる死亡率です」と、少し断定口調だったかな。

 どっちにしても急性被ばくでも100ミリ未満の被爆者は放射線が原因でガンで死ぬのか証明は不可能。全く増加しないと言っても間違いではない。
 増して年間100ミリ未満じゃ放射線が原因でガンになるというのはあり得ない。と放医研もきっぱりと言うべきであるのに、急性被ばくの仮説を慢性被ばくにも適用などするから悪いんですよ。

 放医研だって、別な円グラフではガンになる原因の2位にわざわざタバコ一品目をあげて、一位が食物で大差は殆どない位のデータを載せているんですから、
 福島の原発事故被災地は全て安全だから、住民は帰還するべきである。くらいの事を放医研ニュースでも言うべきだと思います。

 人間、食べる事によってガンになるけど、食べないとすぐに餓死、タバコはなくても困る事はないはず。

 僕は以前から除染は無駄、反原発派とは別な全く反対の立場から述べているんですが、日本では僕一人なのかな。

No title

朝日にはこういった記事は書けないでしょうね。

放射線を正しく怖がりましょう
被ばく者救護に携わる米国人医師、ロバート・ピーター・ゲイル氏に聞く

http://business.nikkeibp.co.jp/article/interview/20131211/256952/?P=1

No title

>user6878さん

良い記事ですね。とても参考になりました。
(*^ー゚)b グッジョブ!!

No title

今朝の朝日の社説は北朝鮮批判。
あれ、北朝鮮のことを「地上の楽園」って書いてませんでしたかあ。
拉致問題なんか無視してましたものね。
いや、無視どころか積極的に否定してましたよね。
80年代、90年代と朝日を読んできた者は覚えてますよ。
しかし、ほんとにコロコロよく変わる新聞ですね。
原発事故問題でもそうだけど、初めに結論ありき、イデオロギーありきで書くからこうなるんでしょうね。

朝日は今日も平常運転

朝日が今隠しているのは北朝鮮への帰還事業もですね。
あれのせいで在日朝鮮人が多数今だに苦しめられています。

朝日の宣伝になるようですが、週刊朝日12月20日号が病院にあって、室井佑月と泉田新潟県知事との対談のタイトルが見えたのでどうせタダだからと見ましたが案の定の内容でしたね。「国民は情報を隠されてかわいそう」なんて書いてありましたが、他県に依頼せざるを得ない東日本大震災の災害廃棄物の処理受け入れにケチを付けられた自治体の方々なんて眼中に無いのでしょうね。

あと、原子力規制委員会の田中委員長が会ってくれないと泉田知事がコメントしていましたが、私が田中委員長だったら会っても時間の無駄と判断して拒否しますね。毎度ながらあの人は何か勘違いしているように感じます。

No title

 「放射線と冷静に向き合いたいみなさんへ」というロバート・ピーター・ゲイル氏&エリック・ラックス氏の著作には冒頭の部分で、ブラジル・ゴイアニアのセシウム盗難後の被ばく事件について詳しく書かれています。非常に恐ろしい事件ですが、運よく被害を最小限にとどめたのは、ある女性がセシウム137が入った容器を市に届けたからとも言えます。

 その前にも盗難された、廃止後の病院建物から、装置を持ちだそうとした医師を所有権に基づいて、阻んだ病院建物のオーナーがいたそうで、この事件についてはまさに放射線を正しく恐れない無知のため多くの人が犠牲になったわけです。

 しかし、これほどの高線量のセシウム137被ばくにあってしまった人が大勢いたのに死者が4名に留まったというのも留意すべきでしょうね。市に届けた女性と、セシウムを体に塗って、その手で食事をして強烈な内部被ばくをした女の子も死亡者に含まれたそうです。あとの二人は盗んで中身を取り出した人なんでしょうか。

 吐き気やめまいを覚えながら取り出し作業を続けて、その間に具合が悪いからと病院に行ったという無知無謀ぶり。

 しかし、この事件で放射線の恐怖はある意味過剰に世の中に伝わって居ると言わざるを得ない事もわかったのは悲しい事ですが事実だと思います。
 この部分を書いたのはエリック・ラッセル氏でロバート・ピーター・ゲイル氏は実際に現地に飛んで治療にあたったそうです。

 「放射能と理性」、「放射線と冷静に向き合いたいみなさんへ」の2冊を必ず読んでから、福島原発事故について考えろ。と僕は思っています。除染は本当に必要なんでしょうかね

No title

No title

北朝鮮を『地上の礼賛』と礼賛したマスコミはもちろん、言論人、進歩的文化人も何もなかったかのごとく口を閉ざしましたね。

北朝鮮の非人道的行為を目の当たりにして、大江健三郎はかつて自分の「自分には帰るべき朝鮮がない」と嘆いた言葉をどう考えているのでしょうね。

No title

池田信夫さんが朝日についてブログに投稿しました。
http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51881353.html

記者クラブについて「利権」と批判されていますが、自由なんちゃらを見ていると質の低さに必要悪と感じます。

あと、これは海外のyahoo!の知恵袋を訳したものでしょうか?ソースが無いのでなんとも言えませんが今年日本を訪れた外国人観光客数が過去最高になったニュースの海外の反応をまとめたものです。
http://blog.livedoor.jp/kaigainoomaera/archives/34290113.html

海外放射脳の流すデマにアチラでも辟易の模様です。(笑)

連投失礼します。

12月18日(水曜日)の夜7時30分からNHKで震災で被災した石巻を舞台にした「特集ドラマ かつお」が放送されます。
http://www.nhk.or.jp/sendai/drama/

震災被災県を舞台にしたNHKのドラマは主人公が高校生でBGMの選曲で高校生を中心にウケた「特集ドラマ ラジオ」、説明不要の朝の連続テレビ小説「あまちゃん」、明治維新前後の会津藩を描いた大河ドラマ「八重の桜」が放送され今年は最後に「かつお」が放送されるようです。
主人公が宮城県出身の大友康平さんですが、梅沢富男さんや芦名星さんと福島県出身の方も出演します。

こちらには原発事故の話は出ないかもしれませんが、マスコミ報道で原発事故に隠れてしまいがちの津波で被災した町が再び注目されるのはいいと思います。

No title

なんかちょっと間が空きました。
リアル師走はちと忙しさんであるのと、某オカルト系掲示板で「争いは嫌い」って人に絡まれてましたので(相当気に障ったのかな?)。

ええと、不愉快なネタが多いですが…お許しを。

ま~だこんな人いるんですね。(コメント欄は別の意味で盛り上がって?います)

http://togetter.com/li/602606

群馬の某元市議は相変わらずのようで…

http://togetter.com/li/603526

その某元市議の別まとめ

http://togetter.com/li/601592

某元市議の後者のまとめには、onodekitaとタッグ組んで何やら酷い誹謗中傷がありますが…onodekitaの粘着質はかなり気持ち悪い。
(この粘着にはなんかonodekita自身のコンプレックスを感じてしまうんですけど)


No title

>IKAさん
この話題、たぶんIKAさんがUPするかなと思い、待っておりました。

この手の輩には、そろそろ公的機関による対応が望ましいのですが、それをあてにもできません。

なら、なにが出来るかというと、福島物産市等に行くときは、カメラ等をもって行き、連中の愚行に遭遇した時はしっかり記録します。それからメガデスさんのようにスマートに、連中を追い払います。
あとは自宅に戻り、ニシンの山椒漬けを肴に大七で一杯やりながら、連中の愚行をネットにUPするかどうか熟考し判断します。

あと、こんなまとめも。
http://togetter.com/li/603493
もはや、呪術ですね。

それから、こんなのも。
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20131119/dms1311190734004-n1.htm
私は、「市民」とか「こども」と付く集団には、なんか身構えるようになりましたね。

No title

東京新聞12月16日に載った平田オリザの秘密保護法案反対の意見読んで笑ったわ。
私は彼のこと知ってるんだけど、ここまで馬鹿とは思わなかった。
彼は鳩山の施政方針演説を書いいますが、
東アジア共同体だなんて、大東亜共栄圏レベルの発想が出てきて驚いたことがあります。
彼は若いころ韓国に語学留学しているのに、なんでこんな発想が出てくるのかなあ。
彼の韓国理解もしょせんその程度だったのでしょう。

No title

某オカルト系掲示板でのお話が一段落したようで、ちょっとだけ余裕ができますた。

>千貫森の宇宙人さん
以前から千貫森の宇宙人さんとはネタかぶり多かったですよね~。
ネタ拾うとこが同じなのかしらん?
気が付いた時は遠慮しないでupしてくださいな。

まあ、物産展に行った人の話聞くと、期間中こういった輩はひとりふたりは必ず出るそうで…。
私は福島からあんまり出ないんで、こういった人に出くわす事は無いんですけど、場面に遭遇したらどうなっちゃうのか…冷静に対処できる自信はありませんね。

どうでもいいですが、クレーム場面を携帯で撮影したら「肖像権ガー」とか言われそう…この手の人達は「他人の権利には鈍感だけど自分の権利には敏感」ですからね~。
「人様の権利を踏み台にして自分の権利を守る」って人達がこんな風になりやすい気がします。

>さや猫さん
東京新聞、こちら特報部も酷いもんです。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2013121602000137.html
>検証前に原発影響否定 骨抜きにされた福島県の県民健康調査改革 2013年12月16日

秘密会の開催などで、県民の不信が募りに募った福島県の県民健康管理調査。専門 家がつくる検討委員会の委員を入れ替え、体制刷新を図ったが、雲行きが怪しくなっ ている。福島原発事故の健康への影響を客観的に議論するはずだった甲状腺検査評価 部会が骨抜きにされているようなのだ。事故の影響はないという「結論ありき」が透 ける。不信を拭い去るにはほど遠い現実が横たわっている。 (榊原崇仁)


(一部抜粋。矢印、カッコは私のツッコミ)
>◆結論ありきの制度設計
>改革は失敗したという空気が漂っている。実はこの制度をもう一回精査 してみると、制度自体に結論が刻まれている。

(「結論ありき」の記事を書いておいて何を言う)

>実際、部会の初会合で副部会長の加藤氏は「県民は今やっている検査の 意味が分かってない。理解してもらう場がないといけない」と述べた。
この発言に対し、「福島の子どもたちを守る法律家ネットワーク」副代 表の福田健治弁護士は「『県民は無知』という前提に立った発言。県民 はそこまでバカじゃない。県側の意図が理解されないのは、結論ありき の姿勢が見え見えだからだ」と強く反発している。

(出たよ…「子どもを守る」ナンチャラが。別に「県民は無知」って言ってないと思いますが)

>県弁護士会の小池達哉会長は「非常に残念な思いをしている。『抜本改 革に向けて、強い圧力をかける存在』と受け取られて嫌われてしまった のか」と憤然と語る。

(法的なアドバイスならともかく、科学論議に「圧力」ってセンス自体をちょっと疑う。法律家が社会背景を理由に科学に圧力なんて、ガリレオか魔女裁判?中世に逆コースですか。近代にはルイセンコ主義なんてもんもありましたが)

>国会事故調の委員を務めた放射線医学総合研究所の元主任研究官、崎山 比早子氏は、その理由について「人口流出を嫌う県にとって、原発事故 による健康被害が深刻というレッテルをはられるのが一番困る。そうな らないよう放射線の影響を真正面から捉えようとしないのだろう」と指 摘。さらにこう続けた。

(悪いけどこの人の言うことは信用しない。ってか、こういったメディアは「自分に都合のいい専門家(自称)」を使うので要注意)

>[デスクメモ] 福島原発事故は事実上、国土を損ねた。数十年人が住めない土地がある 。尖閣問題で血眼になる右派がこの件では沈黙を続ける。彼らなりの「 ありき」の判断が直視を妨げるのだろう。でも、事実をゆがめる判断は 必ず破綻する。先の敗戦が好例だ。残念ながら福島の健康調査も同じて つを踏んでいる。(牧)

(「事実をゆがめる判断」ってまんまブーメランなのに気づかないのかな~。新聞のデスクってこんなもんですか…そういや木下いえろうはテレビの報道デスクだったからなぁ)

もう全文ツッコミ所だらけで、本当は全文引用したいくらい(一応自粛。でもググれば著作権気にしない人がupしてます)。



ところで、一段落した某オカルト系掲示板でいろいろ称号を貰いました(笑)。
前は「工作員」「悪魔」って言われましたが…
今回「某発達障害(よくわからないので具体名は自粛)」とか、傑作なのは「メガスタディ関係者」(笑)。
メガスタディって悪の組織かいな。
(私もようわかりませんが、多分「大規模な研究、調査」のことみたいです)

http://plusi.info/wp-content/uploads/2011/08/Vol.28.pdf

これで児玉氏が「アメリカ型メガスタディでは甲状腺ガンを把握出来なかった」って書いている→「福島の健康管理調査はアメリカ型メガスタディ」→私「メガスタディってなに?福島では全数調査だよ」→「メガスタディ関係者!」

みたいな流れでした(笑)。

No title

>IKAさん

いや、このデスクメモはすごい!
自分で自分の書いたことが理解できてるんですかね。
新聞記者でも1回は読み返すんですけど。
精神錯乱状態。

No title

一部訂正します。
前コメントで県弁護士会長が圧力をかける、みたいな事書きましたが、文章上「圧力をかけると思われたんだろうか」って言ってますので、弁護士会で圧力をかける意図はないと思われます。
ここで前コメントの当該部分で誤解するような事を書いたのでお詫びして訂正します。
ごめんなさい。

>さや猫さん
このデスクメモ、前半部分も

>福島原発事故は事実上、国土を損ねた。 数十年人が住めない土地がある。尖閣問 題で血眼になる右派がこの件では沈黙を 続ける。

とありますが、別に国が「住めない地域」の領有権を放棄した訳でもないですし、どこかの国が「住めない地域」だからといって領有権を主張したとしたら、「右派」の人達も黙ってはいないと思うんですけどね。
尖閣諸島と比較する事自体がミスリードです。(確信犯?…じゃなければ能力的にどうかと思う)

ってか、尖閣諸島だって無人島なんですけど…ね。(住むには相当根性いると思います。福島の「住めない地域」より住みづらいかも?)

No title

IKAさん

称号をもらうなんて・・・ネコ勲章モノですね。

挙げていただいた児玉先生の論文、読みました。

国会の時とちがって歯切れが悪く、何が仰りたいのか今一つ分からないのは、東大医学部の大先輩である長瀧(滝じゃない)先生に配慮されているのでしょうかねぇ。

それにしても、放射線発がんはご専門ではないのだなということが、よくわかります。

主旨ではないので些末なことではありますが、
被曝(チェルノブイリ)、被爆(広島・長崎)は使い分けて欲しいし、
「どうして 5 年も経ってから」じゃなくて、「5年しか経ってないのに」、
RET 遺伝子変異は放射線発がん特異的?
(引用文献の当時はそう言われてたかもしれないが)
と思いますねぇ。

色々な研究分野の方が議論されるのは好ましいことだとは思いますけれども、影響力のある方なので精確を期していただきたいです。

No title

 ウェード・アリソン教授が来日して「アゴラシンポジウム「持続可能なエネルギー戦略を考える」映像の公開」

 で見る事が出来ます。アリソン氏の言う事は完璧で反論など誰も出来ないでしょう。
 ただ、科学教育については今すぐに国民に普及は難しい事は確かです。

 しかし、当たり前の事を言っているだけなんですけどね。

 化石燃料の廃棄物は気体で、管理は出来ない
 原子力は個体でしかも極めて少量、管理が非常に容易

 どっちを選びますか?と言われても、いずれ化石燃料は枯渇します。

 日本ではやたらと内部被ばくが恐れられているけど、ブラジルゴイアニアでは、けた外れの内部被ばくも外部被ばくをしても、急性症状で死亡した4人を除くと、その後ガンになった人がいないんだそうです。

 強烈な放射線で火傷を起こして手足を切断した人もいるし、当時妊娠中の女性とその後妊娠出産した女性もいずれも健康な赤ちゃんを産んでいるんだそうです。

 日本人はそろそろ目を覚まして欲しい物だと思います。

No title

>F1ABSさん
うはは、あそこで貰える称号はただのラベリングですからね~。
細かく反論するのが面倒くさいだけなんだと思います。

児玉氏って、颯爽と登場した時からつかみどころのない人だな~、って印象でした。素人目にも「?」なところ(原爆何発とか、チェルノブイリ膀胱炎だとか)がある割には「反原発系(自称)専門家」とは一線を画していたように見えましたし。
もしかしたら「エリートな放射能デマの流し方」を「某助教」とか「某教授」に見せつけたかったのかな~、なんて思ってました。
今ではとんと話を聞きませんが。

ただ、細かいところはわかりませんが、このレポートを読んで、長瀧先生(←調べたら某オカルト系掲示板ではキチンと表記してました…笑)や山下先生がどうやってチェルノブイリで甲状腺の検査に取り組んだのか、そしてちゃんと福島の県民健康管理調査に生かされている、というのはわかりました。
(全数、継続的、長期間といった部分とか)

なので、このレポートを根拠に「福島の県民健康管理調査では作為的に甲状腺ガンの発生数が抑えられている」って言えるのか理解できません。
(このレポートを誤読している~、って言われましたけど、具体的な指摘は無かったです。きっと秘密結社メガスタディの陰謀なんでしょう…笑)

昨日紹介した東京新聞といい、「どっちが結論ありきやねん」ですね。

No title

IKAさん、さすがですね。
よくわかっていらっしゃる(拍手)
専門家レベルです(実は本業だったりして)。

児玉先生の論文では、逆システム学とかメガスタディとか、格好のいい耳慣れない言葉を使っていますが、これに惑わされて問題の本質が見えないのは悲しいことです。

つまるところ、疫学調査「後ろ向きコホート研究」の集団の設定に問題があれば、対象群と被曝群の間の差異が統計的に検出しにくくなる、という当たり前のことがこの論文の主旨のひとつですね(共通のことばで書いてくれって思います、ネタにしたいのでしょうが)。

IKAさんが書かれているように、福島ではこういった経験をもとに注意深くすすめられているのは、周知のとおりです。
アチラは陰謀論のお好きな方たち(集団バイアス有)のようですが、県民健康調査では作為の入る余地は全くありません。

ところで、第1回甲状腺検査評価部会の資料が福島県のウェブサイトに乗っています。
これまでに公開されたものより詳しく解説されています。
特に、甲状腺の基礎知識と日赤広島の西先生の資料は必読です。
http://www.pref.fukushima.jp/imu/kenkoukanri/251127siryou2.pdf
http://www.pref.fukushima.jp/imu/kenkoukanri/251127siryou3.pdf

ちょっと前に「悪性腫瘍が・・・」って驚いてた方がいらっしゃいましたが、他地域の学生の検診でも放射線に関係なく沢山見つかっています。
ぜひご一読ください。

No title

>IKAさん
これも、かぶるかな。
http://togetter.com/li/604431
開米さんに、絡んでくる連中は悔しいのでしょうね。しかしまともに反論できないのが笑えます。

しかし、あの東京新聞の記事、酷いですね。あの程度の筆力でも東京新聞では、記者として通用できるようですね。いや、だからこそ恐ろしい。
あの最後の部分、強引に尖閣や太平洋戦争にまで結びつける展開はなんなんでしょうか。憶測なのですが、広瀬隆が大昔に出した陰謀論本が、彼らの思想的な背景かと考えられます。

No title

> F1ABSさん
このスライド、すっごくわかりやすいですね。
参考になります!

某オカルト系掲示板でやり取りしていて思ったんですが、健康管理調査に対する理解って福島県民でも少ないのかもしれません。
(東京新聞では加藤副部会長の「「県民は今やっている検査の 意味が分かってない。理解してもらう場がないといけない」って発言が「馬鹿にしてる」なんて言われてましたが…批判した方が理解していないんだと思います)

まあ、県民健康管理調査に参加(?)するのは個人ですし、個人にとっては「自分、または家族の健康診断」って感覚が先行してしまうのはしょうがないとは思いますが。
(普通の学校検診、成人病検診のデータも統計として使われている筈ですが「自分(たち)のデータが入ってる」って感覚は薄いと思います)

その辺は「社会的な調査」とか「疫学」「統計学」の感覚が分からないと難しいのかもしれませんね。(実は私もそうだったりしますが)

また、甲状腺の検査についても「あれは甲状腺ガンを見つけ出す為だけにやっているんでしょ」って思っている人が意外に多いかもしれません。
(だからガンが見つかると大騒ぎする)
私が見る限りでは「甲状腺の変化を調べている」検査であって(←先行調査では実感が出来ないせいもあると思いますが)、ガンの検出はひとつの結果に過ぎないんだと思います。

そこが分からないと「作為的な調査」なんて言ってしまうんでしょうね。
「細かく、注意深く、定期的に、長期に渡って」って意味をよく考えなきゃ…。

(東京新聞で「県医大の鈴木氏によれば、「チェルノブイリ 事故では、事故の影響で甲状腺がんが出たのは事故発生の4年後」とい う知見を元に、先行検査で事故前からあるがんを洗い出し、本格検査で 事故による被ばくの影響でがんができたかを調べるという制度設計にし ている」って言ってるのなんか典型的な誤解だと思うんですけど。ってか、鈴木先生がこんな説明したのかなぁ?)

そう思うと、あの東京新聞の記事が最初から終いまで「間違いだらけ」に見えます。
(そもそも記事タイトルの「検証前に原発影響否定」って、検証前なんだから肯定は出来ね~よな~、と意地悪にツッコミ入れたくなりますし)



話は変わって…
松本市長スゲノヤがまたまたカス語ってますが。

http://www.city.matsumoto.nagano.jp/shisei/sityo/kaiken/2013/20131217.html

その非公式の書き起こし
http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-3471.html

別のブログで「菅谷市長はナルシスト」って方がいらっしゃいまして、この書き起こし読んで実に納得しました。
もう「自分大好き」が爆発してます。

それにしても、この動画って市の公式サイトで配信してんですよね~。前の広報もそうですが、公金使ってデマ流すのってどうよ?って常々思います。
(県知事あたり、正式に抗議してくんないかな。そろそろ)



今日のケンミンshow的びっくし

http://togetter.com/li/601520

これ読んで…「焼きそばBAGOOONって東北、信越限定なんだよ」→「ええーーッ!全国じゃないんですか~!」ってなりました。

…道民の「焼きそば弁当」笑えんです。(ってか、限定を知ってるだけ道民はエライです、ハイ)

No title

松本市長スゲノヤの話の続き。

(書き起こしから)
>私はチェルノブイリで医療支援をしていたという事で、 実際に現地でこういう活動をしていた人間というのは、日本でも世界で も誰もいない訳ですから

>それからまた私は、「除染というものを過大評価してはいけませんよ」 ということで、 ずーっと言っています。

>私はもう当初から「無理ですよ」とずっと言っていて、その通りに動い たじゃないですか。

>これはみんな私が言っている事を後追いしている訳ですよね。

>私自身経験した事をやっぱり言わせてもらっている事がみんな当たって いる訳ですよね。

とかなんとか、「自分大好き」「オレサマ最高」なコメントなんか可愛いもんで…。
とにかく許せないのは

>(福島の子どもは)まさに大人のロコモティブシンドローム(locomotive syndrome )症候群ですよね、運動器症候群ですね。
>だからこれが結局、彼等はお家にずっといて、 子どもたちは運動も、筋力も落ちちゃっているんですね。 こんな事っていうのはもう、異常ですよね。
>それからまた、お家にいる事によって彼等は、 お家の中でゲームをしたりだとか、やっているから、 外のいろんな事に全然興味とか関心が低下しちゃっている。 だから無感動とか無気力になってきている。
>これは被ばくじゃないですけれども、 しかし間接的に被ばくを恐れて、そして家庭の中にいる。

…そりゃアンタみたいな人が適当な事言ってたからじゃないのか?
中絶が増えてるとか、甲状腺ガンが増えてもおかしくないとか。どの口でそんな事が言えるんだ、おい。
散々人に「危険だ~」って煽っておいてこれ。

>それではいよいよ、子どもの、ま、「留学」という表現になっておりま すけれども、 スタートをする形で、いま、福島の方々もNPOを立ち上げますので、 来年の4月からを目指していきたいという事になっております。

子どもの留学受け入れプロジェクト立ち上げるそうな。
これって日本語でマッチポンプって言うんじゃないかな。
受け入れる松本市四賀地区ってこんなとこ。

http://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%9B%E8%B3%80%E6%9D%91

う~ん、山村留学だよね。小学校が統廃合される位だから過疎が問題になってそうなところに見える。
福島の子どもを満蒙開拓団か屯田兵にしたいのかな(ちょっと意地悪な解釈だけど)。

>昔で言えば、戦争中のいわゆる集団疎開という形になるわけですけれど

集団疎開の悲惨なエピソードって結構聞いたことあるんだけどな。
(福島は年寄りだけ住めばいい、ってか)

>これが全国に広がって欲しいなという事を思っております。

こんな人間が「善人面」して市長してることが信じられない。

本当に腹が立つ。

昨日はびっくりした

あまりTVは見ないのですが、昨日は歌番組だし編み物しながら聞いていたら、ものすごーく音痴な歌が聞こえてきたので、びっくりして画面を見たら、派手な化粧をしたおばあさんが歌っていたの「知床旅情」を。

高音は出てないし、音は外れてるしびっくりした。生放送でもないのにあれで良しとして放送をOKした加藤登紀子さんはプロとして如何なの?と
思った夜でした。


IKA さん
>「メガスタディ関係者」 って称号、分らなさ加減がカッコ良いな。(羨ましくないけど)




「かけはし」講演の文字起こし

お昼休み中に覗いてたらこんなの見つけてしまって、非常に不愉快になっております。

「1<チェルノブイリの今~福島>「謎の甲状腺がんが増えているんですよ、福島で」12/9野呂美加さん(動画・文字起こし)福島県猪苗代町」 ↓
http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-3457.html
「2<チェルノブイリの今~福島>「私たちを被ばくさせて守った“国”ってなんですか?」12/9野呂美加さん(文字起こし)福島県猪苗代町」 ↓
http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-3472.html

これからまだ続きがアップされるみたいですが、チェルノブイリと福島を同列視してるのは相変わらずですね。
それよりも、こんな講演を猪苗代町が主催したというのが頭痛いです。

仲間はずれを嫌う心理

面白いホームページを見つけました。

【北村俊郎】 「原発推進者の無念」の著者が原発事故後の心境を語る
http://enercon.jp/%E6%9C%AA%E5%88%86%E9%A1%9E/4866/?list=contribution
の中の
http://enercon.jp/%E6%9C%AA%E5%88%86%E9%A1%9E/6094/

ですが、ここで書かれていることは、まさしく福島の現実です。
「仲間はずれを嫌う心理」にこう書かれています。

>放射線問題と東電の問題に関しては、誰かが抜けがけをしないか、互に監視しているような状況だ。「今のレベルの放射線は問題ない」と異論を唱えれば、即刻仲間はずれが待っている だから、保守的な意見しか言えない。同意を求められ、黙っていると異論を持っていると見られ、その人は元の住民仲間でなく、一風変わった人という評価になる。

>「よく、あんなに放射線量の高いところにもどって子育てをしているものだ」「子供のことも考えずに地元野菜を買って食べている」などと陰口を聞きながら暮して行くのは若い母親にとって耐え難い。親しい相手や家族内でも、この手の話題に関しては、絶えず相手の顔色を伺いながら発言するようになる。
自分の考えより、皆がどう考えていて自分はその範囲内にいるのかどうかを様子をみながら生活するのは、戦時中の言論統制の中で暮らすようなものだ。もともと田舎というところは都会と違って、人の噂をなによりも気にするが、開放的な都市部に避難している人も、この呪縛から解き放たれてはいない。おかしいのは、地元の政治家もこの雰囲気を察知して避難住民から反発を受けないように、あたりさわりのない発言に終始していることだ。また、支援に来たボランティア、あるいは取材に来た人々もそれを感じているのか、言いたいことを言わずにいるように思える。

また興味深いことは、
>避難してからは経済的、時間的な余裕もあり、

と、避難者自身が避難者の現実を書いている事だ。

取り残された牛のことなど

お久しぶりでした。(北海道弁)
いつも読んでいるFOOCOM.NETに取り残された牛のコトなどが載っていましたので。

http://www.foocom.net/column/shirai/10480/

もうすぐクリスマスだそうですが、自分的には冬至の方が好きですね。
ケーキよりカボチャとユズ…ってことじゃないか。(汗)

正月休みのために年末が忙しくなるんですよね。
(正月も忙しいんですけどね)

ネコ様もお忙しいとみえて、スポンサーサイトが出てますね。
みなさま、どうぞあせらないで行きましょう。

私もあわてず急いでオシゴトを片付けようと思います。

No title

ネコさん忙しいみたいですね。

ええと、誰かもうコメント済みかもしれないけど、一応。
猪苗代の野呂美加お話会の様子がUPされてますね。

まとめはこちら

http://togetter.com/li/604949

お話会書き起こしはこちら

http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-3457.html
http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-3472.html

ちっとは遠慮してるのかな…いや、バリバリデマかましてますね~。
こんなん呼ぶなんて、猪苗代町ダイジョブか?
これからスキーシーズンなのに、自分で風評撒き散らしてどうするよ。

さらに、松本市長ゲスノヤ、じゃなかったスゲノヤの記者会見、公式テキスト版がUPされました。

http://www.city.matsumoto.nagano.jp/shisei/sityo/kaiken/2013/20131217.html

う~ん、デマを根拠にした政策ってマズくないのかなぁ。
これ見ると行政執行部かなりの部分で関与しちゃってるし。
福島でも行政レベルでの対処必要じゃないのかなぁ。
「松本市に子どもを留学させたい」って人に協力するのは悪いことじゃ無いけど、その根拠に「チェルノブイリでは事故以降生まれた子どもにも未だに健康被害がある」とか、「福島でも健康被害が出かねない」とか、「子どもネットの人から話を聞きました」とか言って福島の現状とかけ離れた話を根拠にしてるのは、全くもってどうかと思う。
(単に「来たい人には協力を惜しみません」って言ってりゃ罪はないけど、「オレサマ最高」って言いたいばかりに過剰な放射線リスクを持ち出すからゲスなんですよね)

ここにも書いておきます
「松本市の皆さん、無意味に私たちから子どもを取り上げないでください。」

No title

IKAさん

>東京新聞で「県医大の鈴木氏によれば、「チェルノブイリ 事故では、事故の影響で甲状腺がんが出たのは事故発生の4年後」とい う知見を元に、先行検査で事故前からあるがんを洗い出し、本格検査で 事故による被ばくの影響でがんができたかを調べるという制度設計にし ている」って言ってるのなんか・・・

これはその通りだと思います。
比較調査をする場合には常に対照群が必要です。
今回の場合、被ばくにより甲状腺がんが増えたかどうかが問題ですので、もともと甲状腺がんがどのくらい発生する疾患であるかという数字が必要です。
対照群は他地域の同年齢の集団をとる方法もありますし、疾患が出て来る前段階で同じ集団を調べる方法があります。

この病気の特徴として、微小な潜在がん(症状はないが組織中に小さながんがある)がたくさんあるのだ、ということが従来から分かっていました。
他の原因で亡くなった方の死後剖検では1割から3割の人に見つかるそうです。
だから元気な人でも相当数が持っていると思われます。
ただし進行が遅い、あるいはほとんど大きくならないために、一般的ながんの概念「体を滅ぼすまでどんどん増える」というものではありません。

この甲状腺がんが何歳くらいからできるのか?ということが、これまでわかっていませんでした。
だから高精度エコーを用いた検診では、微小がんの段階でみつかるものが沢山あるかもしれない?というのは、もともとの予測だったのです。
今回の調査で「10歳くらいから出来始め、だんだん増えて来る」という甲状腺乳頭がんの性質が、世界で初めてわかったのです。

放射線発がんを考える上ではこの先行調査の数字がベースラインとなり、これから増えるのかどうか、特に低年齢層に出て来るのかどうか、ということが問題になります。

岡山大の津田教授の議論が荒唐無稽であるのは、このような甲状腺がんの性質を全く無視していることが原因です。
彼は医学部出身ですので、こういったことを知らないはずはないのですが・

けなし合い

何で皆さんは人をけなし合うのですか?意見を言い合うのは、民主主義の国としては何の問題もありませんが、けなし合いすぎですね。例えデマの記事だとしても何か気分が悪くなるコメントが多すぎます。いじめのきっかけみたいな感じです。第3者的発言で申し訳ございません。

じぇじぇじぇ さん

互いの価値観を尊重しあうのは大事なことですが、事実に反すること、科学的にありえないことを、公言する姿勢に対して批判をするのは当然のことです。
正しい使い方かどうかわかりませんが、NHKのドラマの使い方に習えば「じぇじぇじぇ」という表現にならざるを得ません。

あなたがどのような立場の方か存じませんが、福島問題で不安をあおるような発言を行っている方の一部は明らかに政治的な意図の発露、福島の放射能問題を政治目的のために利用するために発言をされています。
彼らは決して福島の子供の健康を真剣に心配しているわけではありません。
そのような活動家と最前線で対峙すればわかることです。
良心のかけらも感じられない彼らとの価値観の違いには、驚きを超えて悲しくさえなります。
福島に住み福島の将来を自ら作ろうとしている人たちが、自らの行く手を遮る人たちに対して戦うのは当然のことと理解してください。
本当に残念なことだと思っています。
プロフィール

shinobuyamaneko

Author:shinobuyamaneko
 福島県福島市の信夫山に住むネコです。
 原発事故以後ネット上には「もう福島市は放射能高くてダメ!逃げてください!」「福島はチェルノブイリ以上!」「子供を見殺しにしないで!」等の「反原発の叫び」が溢れてます。ネコはどこにも逃げられないから、もうノイローゼ気味。こういう「叫び」「脅し」の効果もあって福島に来る人は激減。街は沈み、市民は「すぐに逃げてください!」に怯えながら、静かに暮らしています。(←最近は嘘・デマがバレてきて、みんな元気になってきた感じだにゃ。)
 しかしね~、この種の「叫び」の根底に、「反原発」の「福島壊滅ならば原発全廃にできる!大大大チャンスだ!」っていう心理はないですか?原発全廃の為にはまず「福島壊滅」が必要とばかりに、科学的、医学的、論理的に怪しい説、大げさな数字等が「連呼」「拡散」されていないですか?それが「正義」になっていませんか?
 信夫山ネコは「故郷福島壊滅」を「原発全廃」の手段にされてはたまらんです。もし根拠がない数字や説の拡散によって、旅館の経営者が自殺するとかの悲惨な「風評被害」が出たら、大人しい福島人も終には訴えたりするのかにゃ~?!今はとにかくデマ、風評、誇張、脅し等を除染しながら記録するにゃ。(「リンクフリー」です 対「反原発」、対「放射脳」等での引用ご自由に)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR