「市民放射能測定所」の闇 遂に丸森あや理事長追放?クーデターか?

前回エントリーコメ欄に書いてくださった方々がいたが、今福島ではもう一つ連中得意の「内ゲバ」(内部闘争、分裂)があり、しかもこの「内ゲバ」には、前回エントリーの事件と意外な接点があるようなので、ここに記しておくのだにゃ。「闇」シリーズ第二弾。


①もう一つの「内ゲバ」
ごく最近、福島市の「市民放射能測定所」が「内ゲバ」から分裂した。

http://www.crms-jpn.org/doc/CRMSからのお知らせ.pdf
によれば、

「また 、福島市内に設置された NPO 法人 CRMS 市民放射能測定所 福島に対し、混同を避けるため名称変更を要請いたしましたが、2013年 9月 20 日に行われた NPO 法人 CRMS 市民放射能測定所 福島の総会において名称変更を行わないとの決が取られました。これを受け、市民放射能測定所はこれまでご支援いただいた国内外の者・ 支援団体、またメディア関係者のみなさま に対して、別団体であることと、経緯をご説明することいたしました。詳細につきましては、下記にありますメールアドレスまでご質問いただければ、説明させていただきます。 更に市民放射能測定所は、 NPO 法人 CRMS 市民放射能測定所 福島に対して名称変更と別団体の明確な区別と混同を避ける努力を行うよう、今後も要請を続けて参ります。

市民放射能測定所は、伊達(おぐに市民放射能測定所)南相馬市(CRMS 市民放射能測定所) 、二本松市(CRMS 東和市民放射能測定所)、須賀川市(銀河市民放射能測定所)、田村市(あぶくま市民放射能測定所)郡山市(郡山市民放射能測定所)、東京都世田谷区( 東京都世田谷区( CRMS せたがや ・市民放射能測定所 )の全7箇所となります。

2013 年 9月 24 日
市民放射能測定所
理事長 丸森あや


何だか「加瀬大周」と「新加瀬大周」みたいなややこしいハナシ(古いか!)だが、要するに「市民放射能測定所(略称CRMS)」(「本家」)に対し、新たにそっくりな名前の「NPO法人 CRMS 市民放射能測定所」(「新」)が福島市に設置された。この文面からは、「本家」は「新」に敵対して名称変更を迫るという、キナ臭い雰囲気が感じられる。また注目すべきは第二段落の7か所の「市民放射能測定所」に、これまで「本家」の中心だった「福島市」が含まれていないということだ。と言うことはこれは、福島市の「市民放射能測定所」が「新」として「本家」から独立したと推定できる。高価なWBC(ベラルーシATOMTEX製AT1316型 850万円)は福島市の「市民放射能測定所」にしかないので、「本家」にとっては相当イタい。こりゃムカつくわな。
marumori1 (2)

早野先生や野尻先生がボランティアで「調整」してやったやつだにゃ~。ちなみにこの「椅子型」は結構「ダメダメ」だったようで。
http://togetter.com/li/260219

そもそも「市民放射能測定所(略称CRMS)」は、2011年6月5日に福島市新町8-8 明邦ビル3階にできたやつが最初で、これは正にその後日本中に出来た「市民放射線測定所」の元祖、「本家」に相応しかった。これが2011年9月に福島市置賜町8-8 パセナカMisse 1Fに移り、福島県内の6支店と世田谷の店舗を統括している。これ以外の所謂「市民放射能測定所」は、この「本家」の統括ではないようで、http://shimin-sokutei.net/list/all.html を見るとなるほど、「測定室」とか「市民測定所」とか、微妙に名前が違っている。「本家」はそっくりな(つーか同じ)名前の「新」に対しては当然ムカつくわけだにゃ。なお「市民放射能測定所(略称CRMS)」(本家)の支店は会津若松、いわきにもあったが、今は無くなったようだ。

とにかく「本家」のHPはコレ。
市民放射能測定所
http://www.crms-jpn.org/index.html
丸森を福島県だと思い込んでつけた名前を引っ提げて、東京から乗り込んで来た丸森あや理事長の下、これまでフランスの反核団体やドイツZDFなんかとツルんで「鼻血」「福島市は一番の危険地域」「福島から避難しなければならない」などと叫び、また「自主避難相談会」などを行って、我々に散々脅しをかけてきた組織、言わば「反原発正義軍」の「橋頭堡」だった。以下参照。

「今、福島市内で」① 「子ども福島情報センター/市民放射能測定所」とCRIIRADという「反原発外人部隊」
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-31.html
「今、福島市内で」② 「市民」が増えている?
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-35.html
ドイツ第二公共放送(ZDF)の番組捏造を、地元でがんばる「二本松農園」が追及。拍手にゃ!(ここには後述の長谷川浩氏と、ドイツのデマ番組の関係アリ)
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-39.html
8月10日=ZDFのクズ番組「フロンタール21」ドイツ国内放送日の翌日、中手聖一氏がドイツ・フライブルグ市で語ったこと 中手氏の「プロフィール」
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-41.html

こうしてみると「市民放射能測定所」と「子ども福島」も結構関係が深かったのだな~、と思える。何しろ最初の名称は「子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク情報センター/市民放射能測定所」だったらしい(http://komekosk.blog55.fc2.com/blog-entry-739.html 参照)。この「本家」の当初の支援者は次のようだった(今は記載がない)。

協力・支援・賛同団体 および 個人

子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク
CRIIRAD
ドイツ放射線防護協会
DAYS JAPAN
未来の福島こども基金
こどものとなり
測定器47台プロジェクト
株式会社レイテック
ベルトールドジャパン株式会社
合同出版
小出裕章(京都大学原子炉実験所)
崎山比早子(高木学校・医学博士)
高野雅夫(名古屋大学准教授)
イルコモンズ
山田真(子どもたちを放射能から守る全国小児科医ネットワーク代表・小児科医)
中村隆市 (ウィンドファーム)
河内聰雄 (アースデイ東京タワーボランティアセンター総括責任者)
Yae ( シンガーソングライター・種まき大作戦実行委員長)
いとうえみこ(絵本作家・こどもたちを放射能から守る全国ネットワーク)
内田敦子 (自然育児友の会理事長)
はっとりいくよ(イラストレーター・常緑デザイン)
吉成英温(ものがたりマーケット代表)
ハッタケンタロー(環境エンタメ・デザイナー)
佐藤健太(負げねど飯舘!常任理事)
石田葉月(福島大学共生システム理工学類准教授) ほか


最近ではアサヒ新聞のホンダ記者が、こことツルんで福島を脅す記事を書いていた。

朝日新聞本田記者の「ホットスポット攻撃」が 「今や福島の放射線は2011年の関東並みに下がった」を証明? 5/18重要追記あり 朝日・毎日記事はウソ・悪意の固まり
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-139.html
一体ホンダ記者は、どうやって福島北高校のプールの底から「泥」を取ってきて、「市民放射能測定所」に持ち込んだのか?まさか「泥ぼう」じゃないだろうね。これは重大な問題だと思うよ、ホント。


②「本家」VS.「新」
この「本家」に対して「新」である「NPO法人 CRMS市民放射能測定所 福島」のHPは、これ。

CRMS福島リポート
http://crms-fukushima.blogspot.jp/

組織概要
http://crms-fukushima.blogspot.jp/p/blog-page_8912.html
これを見て、「あれっ」と思ったのは、

所在地=〒960-8034 福島県福島市置賜町8-8 パセナカMisse 1F
組織設立=2012年8月21日


つまりこの組織の所在地は「本家」と同じで、もう一年前からこの「新」組織は「本家」の場所に出来ていたということだにゃ。またこのHPも開始が2012年10月だ。
http://crms-fukushima.blogspot.jp/2012/10/crms.html
何だコレ?

この不思議なハナシに合理的な説明があるとすれば、「新」=NPO法人は去年8月に設立されたが、当初は「新」と「本家」は一心同体で、問題はなかった。しかし最近になって、内部の対立から「新」はクーデターを起こして独立。「本家」の丸森あや理事長一派が、「新」となった福島市の「市民放射能測定所」から追放され、パセナカMisse 1Fの店舗は独立した「新」が実効支配することになった。「本家」は福島市の「市民放射能測定所」を失い、現在福島市以外の7つの「市民放射能測定所」による組織となった、ということだろう。「本家」発足時の理事は、以下のごとし(今はHPには記載がない)

市民放射能測定所理事(順不同)

岩田渉 (測定・設計) 八巻隆一 (測定・設計) 佐藤幸子 (渉外) 河原田昌浩(渉外) 阿部宣幸 (広報) 中手聖一 長谷川浩 (事務局長) 吉野裕之 (副事務局長) 丸森あや (理事長) 特別協力スタッフ 上野・早川


一方「新」の役員は、

理事長 丹治 宏大
役員 副理事長 長谷川 浩
理 事 阿部 浩美 八巻 隆一 清水 義広 八巻 美幸 佐原 真紀
監 事  新井 かつ子


赤字が「本家」の役員でもあった人物だ。「本家」で丸森氏と並んでよく名前が出る岩田渉氏は、「新」にはいない。岩田氏の「市民放射能測定所立ち上げ」経緯は http://kumonodaira.net/bokin.html に詳しい。氏は山梨県北杜市明野町から福島に来た(http://www.47news.jp/blog/OUT/%E6%94%BE%E5%B0%84%E6%80%A7%E7%89%A9%E8%B3%AA-%E6%B0%91%E9%96%93%E6%B8%AC%E5%AE%9A%E6%89%80.html参照)。なお長谷川浩氏は、ドイツ第二公共放送(ZDF)のデマ番組「フロンタール21」に関わっていたようだ(前出「ドイツ第二公共放送(ZDF)の番組捏造を、地元でがんばる「二本松農園」が追及。拍手にゃ!」参照)。

また「新」の丹治宏大理事長は、「本家」がパセナカMisse 1Fに移った直後の2011年10月から、ここの「店長」になったようだ。つまり「本家」の「中心スタッフ」だったわけだ。
http://actio.gr.jp/2011/12/21115120.html
丹治氏は、福島市渡利のカフェ「風(ふう)と木(ぼく)」の経営者でもある。
http://iryou.chunichi.co.jp/article/detail/20111209144411896
http://d.hatena.ne.jp/neco-yo/20110928/1317163901
発足時のスタッフではなく、この時点で参加したというニュアンスだ。


③「クーデター」の時期・背景
では「クーデター」はいつ起こったのか?「新」にはツイッターがあるが、8月20日に丸森あや理事長のツイートがRTされている。これは「県民健康管理調査」の会見時のものだが、この現場に丸森氏が入り込んでいた。6月の会見の動画を見たが、そこでは確か丸森氏は岩上安見の「IWJ」の記者と名乗っていたと思う。
marumori1 (1)

従って8月20日には、まだ「クーデター」が起こっていない可能性が高い。また丸森氏のツイッターを見ると、氏は12年6月「第7回「福島県県民健康管理調査」検討委員会」の頃から、専ら「IWJ」の中継用員と化した感があり、ツイートのほとんどが「IWJ」への会見、シンポ、講演等実況送信となっている。また岩田渉氏も「IWJの」という肩書きで、丸森氏と同席していたことが判る。

「IWJ」と言えば、http://iwj.co.jp/wj/open/archives/84346 には、丸森氏が6月12日に、第1回「日隅一雄・情報流通促進賞」の奨励賞なるものを受賞していることが出ていた。ま、これは今やゾンビと化した「自称報道教会(自由報道協会)」系統の何からしいが、ここで丸森氏は「CRMS代表」となっていて、「知る権利は自分たちにある。お役所に頭を下げて教えてもらうのは、もうやめよう、と住民たちが立ち上がった。今では9カ所の測定所を設け、ホールボディカウンターなど20台の測定機材も揃え、測定情報を公開するまでになった。だが、まだまだ知らない人も多いし、足りないことも多い。日隅氏に恥じないように、活動を広げていきたい」と挨拶している。まさに栄光の絶頂で(9カ所の測定所!)、「クーデター」の影は微塵もないが、この「奨励賞」はメディアに関わった活動で受けるものだろうから、実は「IWJ」実況担当要員としてのものかもしれない。

丸森氏たちは福島の住民ではなかったはずだが、「住民たちが立ち上がった」とは、よく言ったものだ。しかし今や福島の住民(=丹治宏大氏)たちが立ち上がって「クーデター」、丸森氏ら「外から来た者」を追放したのかもしれない。ま、ドイツだのフランスだのへ行き、また英語、仏語サイトを作って得意の「国際的」活動しているうちに、肝心な足元の福島市で発火。イナカをバカにしてたね。あるいは、丸森、岩田氏らがIWJに就職したからクビ(そんなバニャニャ)?  

なお丸森あや氏の最新ツイートは、10/12 13に東京代々木で開催された「第三回市民科学者国際会議」の情報発信だ。8月20日の「県民健康管理調査」会見と同じパターンで、「IWJ」絡みと思われる。今回「本家」はこの会議の共催団体になっていて、丸森氏も一部司会を務めたようだ。なお、「クーデター」に関係あるかどうか不明だが、丸森氏のブログ「こどものとなり」は消滅。しかし共催団体に「こどものとなり」がある。

第三回市民科学者国際会議
http://csrp.blog.fc2.com/

去年6月猪苗代の「第二回市民科学者国際会議」は、「本家」が主催、岩田渉氏が実行委員長、丸森氏もオープニングから司会を務め、長谷川浩氏も関わっていた。
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/20814
改めてここを見たら、(研究者代表としてセバスチャン・プフルークバイル氏が)「幼児の先天異常、ダウン症、死産などが激増している。福島周辺でも起こり始めているのに、多くの専門機関は、相手にしない」などと語った、って書いてある。「市民科学」は「科学」と異なるモノなのだろう。「プロレス」と「レスリング」が違うようなものか。「市民科学」って恐ろしいものだにゃ。

この時は「新」のツイッターも丸森氏のツイートをRTしまくっていたのだが、今回は今のところ「無視」である。まさに「縁切り」の実態が見てとれる。


④「カネ」?「過激派」?
「新」のHPの下の方「支援・寄付のお願い」に、以下の文章がある。なおこれは「新」のfacebook、http://www.facebook.com/pages/NPO%E6%B3%95%E4%BA%BA-Crms%E5%B8%82%E6%B0%91%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E6%B8%AC%E5%AE%9A%E6%89%80-%E7%A6%8F%E5%B3%B6/492073607520322 からすると、最近書かれたものかもしれない。

支援・寄付のお願い
NPO法人 CRMS市民放射能即手所 福島は以下の点を大切にしています。

1. 独立性)NPO法人 CRMS市民放射能測定所 福島は、団体として、政治・宗教やあらゆる団体・企業からの独立を原則としております。
2. 自律性)判断を他に任せることなく、自発的な判断することを原則としています 。
3. 公開性)情報は公開することを原則としています。
4. 公平性)特定の団体・企業などに対して偏った便宜をはからないことを原則としています。


どこかで見たことがあるような気がしたが、前回エントリーで取り上げた「子ども福島」のHPにある

2013年6月9日総会決議
「子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク」は、政治・宗教・企業などあらゆる団体からの独立を原則としています。


と似ている。ただし次に続く「*当会はふくしま共同診療所、福島診療所建設委員会、NAZEN、中核派などの団体と関係がありません」がない。

「寄付金」で思い出したが、この「新」(=NPO法人 「本家」と一心同体だった時期も含む)が、2012年10月1日から1年間に720万円、2013年10月1日から1年間には400万円の「助成金」を、「タケダいのちとくらし再生プログラム」から受け取っている。
http://www.inochi-kurashi.jp/josei/joseidantai/975.html
「スゴイ額だな~」である(このブログに「東電からいくらもらっているんですか?」などと書いてきた輩がいたが、ここは残念ながらどこからも、1円ももらってない、うらやましいにゃ~、関係ないか。ちなみにこのタケダ≠武田邦彦デス)。ウガった見方をすれば、NPO法人でないとこの「助成金」はもらえないから、当初のNPO法人設立目的は、こういったカネの受け皿だったのかもしれない。

興味深いのは2012年の「第2回新規助成」では、「主な活動地域=今後は、県外避難者の医療面での支援体制を構築するため各地の支援グループとともに全国に活動範囲を広げる予定」だったが、2013年の「第2回継続助成」では、「主な活動地域=福島市、県内および、避難者を受け入れている各地」となったこと。カネは継続しているが、組織の性格は明らかに変化している。何だか「世界永続革命(トロツキー)」vs.「一国社会主義建設(スターリン)」みたいな感じだにゃ。

そして前回エントリーのコメ欄に「笹団子」さんが書いてくれたが(笹団子さん、ありがとうございます)、「新」の理事長=丹治宏大氏が経営するカフェ「風と木」は、前回エントリー冒頭に取り上げた「福島バッジ・プロジェクト」の住所と同じで、「バッジ~」の主催者=丹治博志氏は、宏大氏の父親らしい。
http://dl.dropboxusercontent.com/u/4124588/ufufu/No37_2.png(ちなみにこれは「風と木」の広報誌No.37のウラ面である。http://www008.upp.so-net.ne.jp/fuutoboku/ufufu.html 参照)
ここも参照。
http://ninigi-cafe.com/%e3%80%8e%e7%a6%8f%e5%b3%b6%e3%83%90%e3%83%83%e3%82%b8%e3%83%97%e3%83%ad%e3%82%b8%e3%82%a7%e3%82%af%e3%83%88%e3%80%8f%e3%81%ae%e3%81%8a%e8%a9%b1%ef%bc%88%e3%81%9d%e3%81%ae%ef%bc%91%ef%bc%89%e3%80%82/

また丹治博志氏は、毎週金曜日に福島駅前で行われる「反原発集会」=「3.11反原発福島行動」の「呼びかけ人である。前回エントリーの「ピエロ」が駅前で「バッジ~」のビラを配っていて、何ら不思議はないわけだ。
3.11反原発福島行動
http://fukushimaaction.blog.fc2.com/blog-entry-17.html
なお「呼びかけ人」には佐藤幸子氏が含まれ、「賛同人」にはNAZEN、ふくしま共同診療所、山本太郎といった中核派関係の面々が並ぶ。ということは、「3.11反原発福島行動」は中核派から縁切りした現行の「子ども福島ネット」とは、一線を画すということになる。

「子ども福島」の「内ゲバ=佐藤幸子氏追放」の狙いは明確に中核派からの縁切りだが、「市民放射能測定所」の「内ゲバ=丸森あや氏追放」の方は、丹治親子が分裂・対立でもしていない限りは、「中核派との縁切り」とは言えず、動機はイマイチよくわからない。何しろ高価なWBCや助成金の両方とも得たわけだから、カネ絡みなのかもしれない。また現行「子ども福島ネット」との関連も不明。

「クーデター」によって追放されたと思しき丸森あや氏と「本家」は、上記「CRMSからのお知らせ」によれば、「福島県内にCRMSラボ」設置を進めているそうなので、これが「捲土重来」になるのかもしれない。

なお、以上は「憶測」「推定」を多々含む。この「分裂」について、「本家」側は「CRMSからのお知らせ」にあるメアドに問い合わせれば、(支援者、マスゴミ等ならば)説明してくれるらしい。「新」側の説明は、今のところは見当たらない。

ま、例え「新」になろうと何になろうと、「市民放射能測定所」がこれまで散々「福島は危険です!」「避難してください!」等の脅しをやってきた「黒歴史」は、簡単に消えるものではない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

この手の最前戦の話になると

コメントがグッと減るのは

最近は地元の方や

最前戦で戦っている人が減ったのでしょうか。。


どーしてもライブ感を知らない方は

いまだに『思い込み』という概念をお持ちのようです。


福島汚染=渡利

というイメージがNやTなどから付いてしまいましたが

地元で洗脳された人は多くはありません。


平成23年12月の時点

支所毎の自主避難者数

一位 本庁 971人

二位 清水 767人

三位 北信 759人

四位 吾妻 447人

五位 渡利 432人





ネコさん

今後も頑張って下さいネ。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

>GTRさん

ありがとうございます。GTRさんこそ「最前線」ですね~。そうそう、ウチの除染終わって、おかげさまで0.8μ超えていた箇所も、0.1台に下がりました。効果ありました。よかったです。

福島市にいると、「あの空家、元住んでいた人はどこかに行ったのか、向こうで元気かな」とか、思わされるんですよね~。信夫山近くのシフォンケーキ屋さんも、もう大分前に、秋田に移住。先月はあるパスタ屋さんが北海道に・・・え”っ今から、と絶句。哀しくもあり、また「チックショ~、デマ屋共め!」という怒りでもあります。でも逆に新しい店ができると、スンゴクうれしくなります。こんな「ライブ感」は、外の人にはわからないでしょうね~。確かに「最前線」のやや後方にはいます。間違いなく。

>2013-10-16(12:59) : さん

情報ありがとうございます。11年のドイツZDRの番組「フロンタール21」で、長谷川氏はZDRや「市民」連中に利用されたのでは、と思っています。
この番組の1分38秒あたりに映っている、赤いチェックのシャツの人物が、長谷川氏のようですね。そしてそこに「我々は本来ならば避難しなければならない場所に住んでいます」とナレーションがかぶります。マスゴミの恣意的な編集や、「市民」を名乗る政治的勢力のやり方にも気づいたのでは。

最近では「福島で農業をやっていける」と確信したようですし。
http://www.crms-jpn.org/doc/130623_CRMS2nd_%E9%95%B7%E8%B0%B7%E5%B7%9D%E6%B5%A9.pdf

今回の「クーデター」が、「福島はヒトが住めない、避難するべき!」をやってきた「市民放射能測定所」との決別であるならば、はっきりとそれを打ち出して欲しいと思いますよ、ホント。

どっちもどっち

また成田闘争やら、あさま山荘のヘマを繰り返してるだけでしょ。


にしても、丸森あやに真っ先に反応したのは『ゴジてれ』というのは、
しつこく訴え続けていくしかありません。
結局FCTの報道は「一事が万事」だということだから。

青プリン叩きを再開しました

 超ご無沙汰しております。

 反阿修羅原発板のiyao1です。

 居心地のよいこちらをご無沙汰しながら、放射脳の砦である阿修羅原発板を叩き続けておりました。 http://p.tl/5L_L

 しかし、管理人の妨害工作が激しくなり、なかなか思うように投稿できません。

 そこで、久々にtogetterにて、反放射脳の活動を再開しました。

 勿論(笑)、我がターゲットは青プリンです。

 togetter事務局から嫌われ、投稿したりまとめたりすることを妨害されている私ですので、陰ながら応援していただければ幸いです。

 青プリン叩きのポータルサイト

 卑怯な青プリン http://p.tl/Hx05

No title

ここでも内ゲバが。
http://togetter.com/li/577225
この手の運動は、順調な時は組織内に対立や矛盾があっても、それはあまり表面化しないし、かえってそれが運動を推進する要素になったりすることもありなのですが。
いったん、その運動が低調になってきたりすると、組織内の対立や矛盾が表面化して内部抗争化すると。


話は変わりますが、これはやってみる価値があると思います。
http://togetter.com/li/577786
後半、放射脳が絡んできますが、結果によっては彼らの思想と行動が全否定される訳ですから、必死ですね。
この提案をした方は、工藤先生が奈良学園の生徒さんと福島の高校生のガラスバッジテストの比較を行った話から、ヒントを得たものと思われます。

その工藤先生のツイッターですが、相変わらずです。
http://twitter.com/hi_kudo
工藤先生はどんな人物にも、誠実に対応する方ですからね、どこへいっても、まともに相手してもらえない放射脳が絡んでくるのでしょうね。
私自身、アカウントを持っていないので心苦しいのですが、ツイッターをやっている皆様、工藤先生へ支援お願いします。

No title

>千貫森の宇宙人さん
元反原連の帽子の人は大分マシになった気もしますが、これまでの言動について何も語らないのはちょっとズルいと言うか、反省はしていないんだろうなぁ、って思っちゃいますね。

その次の「ガラスバッジ」の件ですが、これを拒否する人達が原因で調査してほしい、ってのはわかってないみたいですね。
その拒否する姿勢から、「ガラスバッジ」=被曝の象徴、ってことが見えるような気がします。
ざっくり言えば「モルモットにはなりたくない」って気持ちかな、と。(ちなみに私は自分達がモルモットだとは思っていないです)

もう少し宗教的な言い方をすれば、「被曝」=「反原発という宗教に必要な犠牲」であって、その「犠牲」を負うのは自分以外の誰かじゃないといけない、って感じかもしれません。
「磔られるのは別の人。私はただの信者にすぎない」みたいな。
福島に「自分達の罪を負うってもらう宗教的な犠牲」を求めている…なんて考えすぎかもしれませんけど。

内部抗争・分裂

こうした「測定所」を含め、反原発団体さんたちが、お金で揉めて分裂ということであれば、事あるごとに「お金よりも命」と叫んでいたのは何だったのか? と思います。

お金以外にも「権力争い・主導権争い」のようなものがあるのでしょうか。
原発への嫌悪感や反体制主義など、原発事故以前からの価値観が噴出していたりとか。
もともと猜疑心が強く、自己主張が激しい代わりに相手の話を聞かないタイプの人が集まっていそうですから、よほど求心力のあるリーダーがいないと難しいのでしょうね。

「子供たちの命を守る」という一つの目的のもとに集まったのであれば、あとは方法論だけですから、些末なところで意見が食い違っても、協調できるはずです。別の団体であっても、ひとつの目的のもとでなら協力し合える筈で、内部抗争などは論外です。
話し合い、譲歩、我慢ということが、苦手な人が多いということもあるのでしょうが、それ以前に、「子供たちの命を守る」というのが本当の目的ではない人が多いのだと思います。福島のためでも、子どもたちのためでもないんです。

「生身の弱い人間の側に立つ」というポーズをしているだけで、「俺が」「私が」という我の強い人たちによる功名争い。
自他のないのが、本当の仕事です。

「 感情 > 科学 」の人たちであるにも関わらず、他人の気持ちに配慮できない。
科学を知るよりも、まず人間を知るべきです。

子どもたちの命、未来を本当に考えているのは、その子達の親です。不安を抱え、悩み苦しみながら、いちばんいい道を現実的に判断しているのです。そういうことが想像できないから、「今すぐ逃げてください」と叫ぶ。

だから、人間が薄い。
彼らの正義は、愛のない正義です。悪より悪い正義です。

六甲の黒猫

前エントリーから引き続き興味深く読ませていただいたます。

党派の綱引きが熾烈をきわめてきた事はわかりますが、
避難の権利プロジェクトを名乗って中手氏が再び福島の表に出てきたことには注目しています。

誰が変節したのか?

あるいは中央で変化がおきているのか?

ネコさん、これからもパトロールよろしくお願いしますね。

No title

>IKAさま
ずっと、放射脳を続けられるよりは、立場をニュートラルにシフトするだけでも、ましかなと・・・。

放射脳の思う自分たちの罪ってなんでしょうね?、ここは島薗センセイの出番ですね(w)。
なんか、ドストエフスキーが「悪霊」の冒頭で引用した「ルカによる福音書」の一節、悪霊に取り付かれた豚の群れが湖になだれ込む節を連想するのですが。

あれ?

昨夜のコメント、名前とタイトルを入れ違いました。
失礼しました。

No title

ご無沙汰しています。
9月に入ってからは趣味のツーリングと秋祭りやらで何かとコイソガシク、なかなか参加できてませんが、今日ようやく時間が取れたので書き込みしてます。

さて、私の住む地区も除染真っ盛りでして、ごみや雑草が取り除かれ、土や砂利が入れ替えされ、高圧洗浄によってコンクリート面や屋根・壁が元の色を取り戻したりと「街がきれいになっていくさま」は、見ていて気持ちはいいものですが、果たしてこれだけの事業をやる意味、と言うか効果と言うかあったのだろうかと言う疑問は残っています。

確かにこれらの除染によって私の地区だと、除染前の0.4μ㏜/h前後が0.2μ㏜/h前後(場所によっては0.1以下まで)に低下はしましたが、0.4や0.5から0.2や0.1になることの健康への影響の効果はどうなのか?という疑問です。

というか、そもそもこの程度であれば健康への影響はなかったのに、と言う思いがあるのでなお更矛盾やら疑問があるのですが。

でも今さら始まってしまったものは仕方ないのですから、これは「大がかりな町の一斉清掃」とか、無料でやってもらえる「家屋や庭のリニューアル」と思うしかないのかなと・・・。

まあ、除染によって線量が下がったことによる「安心感」はあるのだろうから、避難せずに残った者にとっても悪いことではないのだろうが、このお金、いったいどこから出ていて、最終的に誰が負担するのでしょうね?

全ては「放射線は少しでも危険」と大騒ぎした人たちの責任ではあるのですが、これが将来、どんな責任を取るのか、あるいはどんな弁明をするのか、見守る必要はありますね。

恐らく何事もなかったかのように「フェードアウト」するのでしょうね、たぶん・・・。

美味しんぼ

立ち読みなので、詳しい説明はできませんが、コミック雑誌スピリッツの漫画『美味しんぼ』で福島の真実というタイトルで福島市移動論が紹介されていました。
別の場所で新福島市を作れというのですが、今の時点でこういう話を出すことにはあきれました。
まあ、さすがにまともに相手にするのはこの漫画の作者くらいでしょうが。

No title

>ovalさん
美味しんぼ、すっかり話題にのぼらなくなったんで忘れていましたが、私も読みました(もちろん立ち読み)。

で、その「新福島市」を言い出した福大の人、藤本典嗣氏(福島大学 共生シ ステム理工学類 准教授)ですね。

http://kojingyoseki.adb.fukushima-u.ac.jp/top/details/219

この人でもあるようです。

20130524青森駅前金曜日行動に偶然通りかかった福島大学の方の お話
http://togetter.com/li/507845

なんかマンガと同じような事言ってたみたい(立ち読みなんでうろ覚え)。

藤本准教授、もちろんFGFですね。

http://fukugenken.e-contents.biz/proposal03

賛同者に名前を連ねています。

速報!

マリリンがWikipediaになりました(爆笑)。

http://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E7%AB%B9%E9%87%8E%E5%86%85%E7%9C%9F%E7%90%86

このまとめで知ったんですけど。
http://togetter.com/li/578543

連投すいませんでした。

IKAさん

おばんです。
アチラは卒業されましたか?

最近、投稿がないようですが・・・。

まあ、それが賢明でしょうね。

「反原発カルト」信者とのやり取りは非常に疲れます。

私は半月ほど前から明らかに「反原発カルト」信者と分かる人には「無視リスト」としてますから、気分が楽ですね。

ただ、いまだに福島の現実を見ようとしない、と言うか、自分らに都合の悪い現実は見たくないのだろうが、しかし福島は危険でなければいけない、と言うような決めつけが未だに見受けられるのは残念です。

それが福島の風評がなかなか収まらない原因ですね。

No title

IKA さん
 しみじみと哀れな人ですね、と僕は思いましたよ。捨てられた女の恨み節を、僕なんかある種の共感を覚えるんですからね。でも十分楽しめちゃいます、悪いけど

 原子力資料室に勤務した事があるんだそうですね。それにしてはちょっとです

 肥田老子より、共産党に矛先を向けたら、僕なんか感心しそうですよ。権力と金の奪い合い。権謀術数渦巻く背信と裏切りに満ちたあのカルト教団に対する、誹謗中傷、罵詈雑言、なんでも良いけど、根拠なくても思いつくまま声高に言ってくれないかな。

 でも悪たれのボキャブラリーも少なそうです。壊れたLPレコードみたいに繰り返しが短いし
 工作員呼ばわり一本やりというのもネタが少ない。もう少しひねって言わないと、座布団を貰えないよ。と思うんですけどね。でも人気があるんだな。

 そう言えば、今、笑点では、山田隆夫が惨めな境遇に陥っていますが、これは司会者が先代円楽の時に面白くもないのに挨拶時に自分を長い時間売り込んだり、当時の木久蔵に対する暴力、年下のたい平から、司会者を無視して座布団をこれまた暴力的にとるなどテングの上に生意気だったからでしょうね。

 彼を見る歌丸の冷たい視線は僕には気持良いです。挨拶も短くなったし、調子外れの歌も一節で止めさせられるなど、歌丸改革はなかなかですよ。そもそも座布団運びはせいぜい「信号を良く見てわたりましょう」の一言で済ますもの。と関係ないか

ウィキペディアの紹介では
 ルゴールを飲む事を推奨するなど、以外にセンスが古典的なんですね。あれはグリセリンがとろみをつけるからむしろ、イソジンの方が良いのではと僕は思います。ヨーチンと言ってアルコール入りの奴は酒に弱い人は不向きなんでしょう。

 メチルアルコールとヨーチン、そして正露丸の一粒でも混ぜて薄めて飲むと高級ウイスキーの代わりになるとかで、往年の理科系学生は楽しんだそうですよ。戦争直後の事だからみんな死んでいるでしょう
 新潟県出身の大関豊山は農大時代はエチルアルコールを楽しんだと言ってましたが肝臓がタフなのかまだ存命です。
 関係ないか

 でも、まだまだ頑張って欲しいですよ。デキータ親父とツートップでね。

 マスゴミも応援してやらんかい! ネットでしか見れないじゃないか

No title

>福太郎さん
どうも~
私はここのところ別の掲示板でちょっと集中的に書きこんでいたもんで、某掲示板の方はちょっとお休みしていました。
あそこは疲れますしね~。
福太郎さんはよくあんなところで続いていますね~。

読解力がないのか、わざとなのか、ヌルヌルと話を反らしまくったあげく、私が言ったことを自分が言ったようにして、立場入れ替えたりとか、話が矛盾しようが気にしないし…。
あの掲示板のシステムは議論しているもの以外は流れを追いにくいので、「言ったもん勝ち」にしやすいですから。

ちょっと間おいて冷静に見てみると、実に無意味な話し合いだな…。(ちょっとむなしくなってきた)
もう相手すんのやめて、他にツッコミでも入れようかとも思います。あの人の相手だけで、ツッコミ入れたいところ出来なかったし。

>福島の隣の県在住さん
マリリンは基本かまってちゃんなんでしょうね。
世間に無視されるより、嫌われながらも注目を浴びていた方が嬉しいのかなぁ、なんて思います。
「散歩にそぐわない自宅近くで、白い犬を散歩させている怪しい人」とか「子どもを抱き上げたおじさん」の話なんか聞くと、「監視妄想」と言うか、自己顕示欲丸出しと言うか、自意識過剰そのもの、って気がしちゃいますね。
その意味では、ヲチャーの皆さんは優しいんでしょうね。

Wikipediaに出してもらって一番喜ぶのは当人かも(笑)。

あ、最近は東海アマがお気に入りのようですね。(この二人のコラボって、ビジュアル的にも気持ちがわる…以下自粛)

不見識

やらかし事例報告です。
ttp://www.town.kunimi.fukushima.jp/kangetsudai/info/20131010-1.html
一応は町の主催となっているものの、自治労なんかが入れ知恵したんだろうなあ。

No title

IKA さんどうもありがとうございます
 福島大学は大丈夫なんですかね。こんな事言う連中が准教授や教授だとは。一応公務員なんでしょう?税金泥棒を許して良いわけないので解雇されるべきですよ。大学の中でもノイジーマイノリティーなんでしょうがむかつくなあ↓

>低線量の被ばくと健康影響の因果関係については専門家のあいだでも意見が分かれており、今なお十分に解明されていない生物学的メカニズムを含む不確実な問題なのですから、はじめから被ばくの影響を軽んじて調査を行う姿勢は正当なものではありません。被ばく量を把握すること自体が県民の不安を解消するというのであれば、少なくとも、その根拠を示してください。

 だなんてよく言うよ
>専門家のあいだでも意見が分かれており
 彼らの言う専門家にはデタラメを言う専門家でもない学者もどきが含まれている以上、この見解は成立しませんよね
 具体的に名前をあげて、どういう説があるのか、意見がわかれている状況を説明すべきだと思います。

>今なお十分に解明されていない生物学的メカニズムを含む不確実な問題なのですから、

 これが常套句なんでしょうが、広島長崎から疫学的に瞬間被ばくにおけるリスクは100ミリシーベルトまでは一応解明されたとされています。
 しかし一定期間長期にわたっての慢性被ばくは「後年ガンを発する」か否かの確率的影響はわかっていないが広島長崎の数字を採用したと言えるでしょう。

 1年間の積算被ばく量で100ミリシーベルトで0.5%の後年のガン死については証明はされていない。広島長崎での瞬間被ばく100ミリシーベルトよりもはるかに少ない事は明らかで、健康影響をあるものとしての調査対策は本来は不要。そんな事に膨大な金をかける事はかえって実際に起きている風評被害や過剰なまでの避難とそれによるストレスなどの健康被害を増大させると言う事実を無視している。


>余計な被ばくを少しでも減らす、

 そんな事よりも喫煙を減らし、酒を控える方がずっと効果がある。誰も言わないけど、ガンになるのが嫌なら個人で努力をすべきである。
 それをやった上でもレントゲンCTスキャンなど、必要な被ばくを避けるべきではない。

 上記の常套句は直線閾値なし仮説に基づいて成立するのでしょうが、それ自体が損傷と原因の相関を表すものとして適切なものかどうか、良く考えるべきである。

 直線閾値なし仮説による集団線量で被害を算出し、少しでも被ばくしない方が良いと言うのは人体における放射線防御の仕組みの存在について全く無知だとしか言えない、情けない奴らで結果として大学教官には向いていないので、首にするべきだと僕は思います。

 ①解明されていない生物学的メカニズム
 ②解明されている生物学的メカニズム
 テメーらで勉強しているのか!ど素人でもわかる時代なんだぞ!

これでは

福島大学<奈良学園高校

です。不幸なことです。もちろん問題はほんの一部だと思いますが、大声を出す回路を持っているので、結局は地元の大学が、丸ごと地元住民と乖離、これこそ「分断」となりかねない。

住民ごと公権力、国によって福島市を丸ごと移動させたいってのは、本当は自分が逃げたい、でも「免罪符」が欲しい、ってだけでは。この人たちが、「反原発」のプロパガンダに一番合致した、「避難したくてもできないフクシマの人」なのかもしれません。

どうせ「福大は腰掛」って連中だろう、ってのは、「准教授」が圧倒的に多いことからの推測です。福島に愛着も何もないのでしょうが、我々福島人はそうではない。連中はどんどん「乖離」していくだけです。住民から「こんな大学いらない」と言われる前に、何とかした方がいいのでは。大学の経営上も、問題だと思います。福島の他の大学は、学生集めに相当苦労していると思われ。そんな状況で、こんな発言が続いていいのか。

さっさと自分だけで出て行った、中里見准教授(夫婦)の方が、あれでもマダなんぼかマシな気がしてきた。

No title

藤本典嗣, 福島県の中・小規模生活圏における再生可能エネルギー導入と電力事業制度改革, 日本計画行政学会第35回全国大会, 東日本大震災・原発事故後のFUKUSHIMAの現状と課題, 2012.9, (岡山大学津島キャンパス)

 こんな事やっていりゃ放射脳にもなるんだろうな。共産党の言うのと同じところが「小規模生活圏における再生可能エネルギー導入」の様な気がします。



 肥田老子の教えは、予想以上に「放射脳の母」たちに浸透しているようで、結構深刻ではないかと思います。
 ①内部被ばくの恐ろしさ
 ②原爆の惨禍
 ③原発と原爆は同じ

 こんな認識のオンパレードなのが「3.11以降のフェミニズム」と言う本です。
 中には被ばく体験をお持ちの方もいて、二度と原爆はごめんだという事イコール脱原発なんですよね。

 数字なんか殆どない。福島県壊滅だという現状認識の様で、日本から福島は消えているとでも言いたい様な書き方です。

 しかし、太陽光、風力発電がそんなによければ電力会社だって今頃大量導入している事でしょう。採算がとれる見込みがないからやらないのであって、国民が前から10倍くらい電気代がかかっても良いとまで言ったら今頃は設備の廃棄物で埋め立て場が満杯。

 なんだか良く分からないけど原発は絶対反対、こういう連中は小出裕章と武田邦彦がまともな学者で政府や東電の陰謀隠蔽を暴いたから自分たちの味方だとでも思っているらしい。

 と、まあ、こんな本ですよ。見る価値はないからお勧めしません。

No title

飯坂の果樹園でバイトをしてました。。
https://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=THPjLrz079k

No title

普通に郡山歩いてるよね・・
https://www.youtube.com/watch?v=ogJJ1Ye54IQ

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

北海道版の記事ですが、まだ朝日新聞デジタルにはアップされてませんね。

 札幌市の写真家、野口隆史さん(53)が、「放射能を見る」手法に挑戦した。昨年12月から半年間かけて福島県で撮影し、芸術性も意識した13点が札幌市中央区南10条西9丁目の「れんがギャラリー・カフェ旧鎌田志ちや」で開かれている「STIGMA-烙印-」で展示されている。
 野口さんは東日本大震災後、たびたび被災地を訪れ撮影を続けてきた。ある日、仮設住宅で暮らす福島県の人々が安全面の懸念から「放射能が見えたらなあ」と話したのをきっかけに、「なんとか映像化したい」と思うようになった。
 ガンマ線などの放射線が、エックス線と同様にフィルムを感光させる力があることに着目。除染作業が続く福島県内で採取した土や苔、松ぼっくりなどを撮影済みの写真フィルムとともに暗箱に入れた。県内で約1カ月かけてフィルムに感光させる手法で映像作りを試みた。土壌中の放射性物質の濃度は短時間で感光するほど高くなく、長時間かけたという。
 現像した写真には白い斑点が浮かび、黄、青みがかった部分もあった。比較のために札幌市内で同じ手法で現像した写真には、変色や放射性物質らしいものの発光は見られなかったという。科学的な分析はしておらず、芸術性に重きを置いた仕上がりになっている。
 撮影地は浪江町の小学校や牧場、二本松市など。「福島で起きたことについて、考えてもらうきっかけになれば」と野口さんは話す。
 写真展は27日までの正午~午後7時で入場無料(21日のみ休館)。問い合わせは野口さん(090・6215・1545)へ。

これ27面のトップですよ。まあ、オゲージュツは自由ですから、私は何も言いませんが。
4面の前田直人編集委員の「政治断簡」もすごいですよ。年金記録問題と汚染水問題のこじつけ。本人が「比較するのはナンセンスかもしれない」と書いておいて比較するんですから、卑劣な文章です。「不安」の「大本を断」つには朝日が廃刊になればいいんじゃね。

カメラン脳

さや猫 さん
>札幌市内で同じ手法で現像した写真には、変色や放射性物質らしいものの発光は見られなかったという。科学的な分析はしておらず、芸術性に重きを置いた仕上がりになっている

こうなるともう「水伝」の世界ですね。福島県と念じるだけで発光するのですよ、キット。

フィルムを使っての放射性物質を可視化といえば、先日甲府でデマを言いふらしてきた、森住卓氏。

お笑い
「被曝スリッパ」
森住卓のフォトブログ
http://mphoto.sblo.jp/article/76670689.html
(hを取ろうかとも思ったのですが、あえて皆様に笑って頂きたく。)

No title

>さんご@さばとらさま

ワロタ。野口某と同じ発想ですね。カメラマンって、こんな程度なの?
そういやマオイズムを礼賛する本を出してたカメラマンがいたなあ。賞を取ったんでびっくりしたが。
今日の朝日の投書。社会福祉法人職員。神奈川県。38歳。「消費増税、戦争に続く道では」

 消費増税が法人税減税とセットで議論されており、紙上でも賛否両論が交わされている。だがあえて極論すれば、セットなのは実は憲法改正ではないかと私は考えている。
 「経済的徴兵制」と言う言葉がある。形の上では志願制だが、経済的困窮からやむを得ずに志願する社会でのことだ。今後もし憲法が改正され、他国の戦争で「国防軍」に戦死者が出れば、志願者は減るだろう。しかしその時に、若者の多くが経済的に苦しければ、志願せざるを得ない状況が作られる。消費増税などの負担の増大は国民をさらに貧しくすることも目的ではないかとさえ思う。
 戦争のできる国を目指す場合、憲法や法律をつくるより先に雰囲気など土壌づくりが必要だ。国民の貧困はその前段であり、時間をかけなければ醸成できない。この土壌ができた時、私たちは貧困にあえぐ中で幻の「敵」を憎み、憲法改正にも、もろ手を挙げて賛成してしまうのかもしれない。

??? 
記事を書くのもがいきちなら、編集するのもがいきちで、読むのもがいきちってか。私も気がおかしくなりそう。もっとも実家で取ってるので、私が金を出してるわけではないが。そろそろ限界が来そう。

No title

>さや猫さん
>さんご@さばとらさん

「被曝スリッパ」についてはちょっと前に「アレ」な人達がテキトーなツイートまわしてましたねぇ。

「白黒反転で放射線は見えます!(キリッ)」 → 「そ んなわけない」 → 「本当は黒く見えます(キリッ)」
http://togetter.com/li/514362

一応、このスリッパ写真の撮影技法についてはそれなりにまっとうであるようですが。

(naoさんのツイートより)
>nao @ parasite2006 @ kazooooya 警戒区域に落ちていたスリッパと保育園の園庭に落ちていた上履 きをイメージングプレートに載せて感光させた後(放射性物質の存在を検出す るオートラジオグラフィーという実験法です)白黒反転させた写真を公表した りhttp://bit.ly/1c3hmE9 (続く)

>(続き)震災の年に飯舘村に落ちていた野鳥の死骸をイメージング プレートに載せてみたりhttp://bit.ly/17tgC92 (この鳥の写真をとるのは結構大変 だったようですhttp://bit.ly/1c3i8Rs

ただ、本来放射線は黒い点で表されるもので、反転映像では意味がないようですが。
たぶん、放射線→光→黒ではイメージ違う→反転しちゃえ、ってな感じかと。「定量化」ではなく「イメージ勝負」ってのはアレな人らしい発想かなぁ。
ちなみにこの森住卓氏はこんな人。

http://togetter.com/li/571684
(こちらのまとめにある毎日新聞山梨県版の記事)

この記事にたいする斗ヶ沢さんのツイート

>前ツイの毎日新聞山梨県版の記事ですが、小児甲状腺がんの大規模スクリーニ ングの前例はなく、「通常の80〜100倍で異常」との森住卓氏の主張は誤 りです。「妊婦や子どもたちだけでも避難が必要」は暴論です。現在の被曝レ ベルでは、健康影響の観点からは避難の必要はないと考えます。

とのこと。

う~ん、この人はカメラマンだし(沖縄で写真展やったみたいです)、札幌市の人もそうだけど、カメラマンという職業はあんま関係ないかなぁ。ジャーナリスト(元、自称含む)なんかもっと酷いし、科学者(自称含む)だって、フツーのオッサンだって「アレ」な人は「アレ」な人ですし。(どちらかと言えば、写真展の場所の方が気になりますね。ニーズとか支援者が多いのかなぁ、って思います)
(私がよく参考にするまとめに出てくる「ぶたさん」も、確かカメラマンだったような…)

原発と日本人

小出裕章・佐高信「原発と日本人 ――自分を売らない思想」という本が図書館にあったので、借りてきて読みました。
 対談形式になっていますが、互いに褒め合って、体制(特に原子力ムラ)を好きなだけ批判する内容の本です。

 事故を想定していたから、東京ではなく福島に原発を作った、という話になったところでの小出教祖の発言がすごいです。
「私は福島の人たちを犠牲にするよりは、むしろ、東京を放棄して日本がつぶれたほうがよかったのではないかと思います。」

福島って日本に含まれてると思うのですが・・
福島の味方を装っても、このような発言から思想が汲み取れます。

こういう言葉が飛び出しても、遅滞なく対談が進んでいくところがすごいです。

No title

またまた南九州に「ジョイン党」なる怪しい団体を発見しました。

チェルノブイリへのかけはし/爬虫類のたまご等各団体と繋がっている模様です。

何者でしょうか。



http://caravanmoai.jimdo.com/npo-チェルノブイリへのかけはし/

No title

>みいさん
「ジョイン党」ですか…変な名前ですね。
と言いますか、これ、「ジョイント」(joint)ってことですかねぇ。
ジョイント…

http://kkyg.jp/details/69/23/details_2369.html

No title

連投失礼

そういえば、昔ジョルト党ってのがあったのを思い出しちゃいました(笑)。

http://www.nicozon.net/watch/sm19576061

スリッパ

スリッパのオートラジオグラフ、むかーしやってたRI実験の失敗パターンにそっくりで泣けてきます(笑)
それにコダックのトライXをまだ売ってるんですね、これも懐かしい。
(白黒フィルムですので、レントゲン写真と同じで、電離放射線が当たると黒くなる)

放射線は目に見えないので、可視化する、というのは試みとしては悪くないと思います。
もちろん、露出時間や線量が併記していないので、科学的には意味ありませんが。

折角ですから、環境中の自然放射能イメージングの例を。
六ヶ所村の環境科学技術研究所のウェブサイトには、イメージングプレートで撮った色々なモノの内在性の放射性物質による画像が出ています。
「これまでの測定結果」の名前の部分をクリックすると画像が出てきます。
http://www.ies.or.jp/publicity_j/publicity305.html

これを参考にスリッパの画像を見てみますと、点状に濃い部分が沢山あることがわかります。
放射性セシウムは水溶性なので、本来水に溶けて布の部分に均一に分布するはずです。
(上記のホウレンソウの画像をご覧ください)
点状になっているということは、セシウムが土や泥の粒に強く結合し、その粒がスリッパの表面にくっついているわけで、黒い大きな点(反転画像では白い点)は放射性セシウムが粒に沢山結合しているか、粒が大きいか、でしょう。
大きくぼやけている点は、フィルム面から離れてるためで、スリッパの底からの放射線でしょう。
長期間野ざらしになっていたのならば、点状の部分以外は雨に流されてしまったのでしょうね。

でも勝手に拾ってきてもイイのかな?
占有離脱物横領罪になるのでは・・・

No title

「さま」だと慇懃無礼なので、これからは「さん」に統一します(ネコさまは別格)。

>IKAさん

同じカメラマンでも渋谷敦志さんはいい仕事してますしね。職種より人そのものでしょうね。世代論は好きじゃないんですけど、団塊の世代とその前後+沖縄が入ってくると、トンデモ具合がアップする気がします。

No title

>F1ABSさん
おお、これはおもしろい。
ううむ、こういったしっかりした解説を頂くとよくわかりますね~。

>さや猫さん
うはは、私のバヤイ「様」付すると怪しさ爆発ですし。



ええと、ここ数日話題(?)だったまとめ。

http://togetter.com/li/578236

ある福島からの自主避難者の話をまとめたものですが、何個ツッコミ入れられるかで「福島県民度テスト」ができます。

で、それに対するツッコミまとめ。

http://togetter.com/li/580023

まあ「身元特定を困難にするためにちょっと変な事書いた」にしても、これじゃあんま隠していないような気が…(もし大玉じゃないとすると、大玉村には大迷惑な話ですし)。

どうでもいいですが、この自主避難者さんの話で

>屈折異常弱視だと診断されま した。そのときから、子供はビール瓶の底のような厚い眼鏡をかけるようになり ました。

(ビール瓶?普通は牛乳瓶の底って言わないかな。それともサングラス?)

>9月に福一牛乳を飲んだ子供が全員嘔吐 したとか言う話を聞きました。

(なんだよ、福一牛乳って…聞いたことねーぞ)

誰かツッコミ入れてくれませんかね?

No title

IKA さん、みいさん
 ジョイントと言えば勿論、紙巻き大○ですよ。アメリカ映画でのハートフルコメディーで楽しくパーティーをやろうと言う場面では良く出てきます。
 セリフに葉っぱやろうよ。と言うのは○麻パーティーの事でこれもアメリカの一風○の表現として良く出てきます。
 画面の中で平べったい、折れ曲がった様なタバコ風のものをくゆらしているのは、すなわち○○吸引の風景です。もちろん男女の仲も良くする効果もある様で、さらに年寄り向きな様で

 件のブログの中では、彼らの言いたい事はとにかくみんなで緩く仲良くやりましょう、と言う主旨でしょう。空っぽなんですよ。最後にちょっとだけ大麻と言う字がありますが、目的は反原発じゃなくて大麻解禁でしょう。警察が暇になって逮捕者がでたら見事に雲散霧消でしょう

 

No title

 何がNGワードか調べていて、ちょん切れ投稿になってしまって、要するに連投失礼します

 大麻解禁運動というのがあるんですけど、実際に法を守って大麻に絶対に手を出さずに、運動を進めると言う人は結局孤立して行くと言うか大麻愛好家からは裏切られる結果になる。

 と僕は分析します。実際には医療用大麻としての利用がまたれている面もありますけど、まず科学的にその必要性について訴えたらよいのに、一部の人を除けば、だらけていますよ。
 難病で苦しんでいる人も一時的に参加したりするけど結局離れて行きます。

 大麻については、言われるほどの害はなく、酒、タバコに比べたらはるかに安全である。
 と僕は思っています。

 放射線についても、異常に恐れる程の害はなく福島原発で初期に漏れた放射能漏れを恐れて水道の水を東京で飲まないのはおかしい。

 と言う事なら異常な放射能恐怖からのゼロベクレル規制を認めながら
 大麻についてそれほど害はなく、危険性は酒タバコ以下

 と言うのは明らかにダブルスタンダードですよ。どちらも疫学的検討からある程度の解明された知見は既に存在して妥当な判断はできるはずです。

 大麻が原因で精神疾患になった例は日本ではありません。覚せい剤、シンナー、睡眠薬、風邪薬の乱用で精神疾患を患って病院に入院している人の何割かは大麻経験者です。

 この状況を日本の学界では大麻汚染が深刻化している表れだと言うんです。馬鹿言っちゃいけませんよ。大麻単独で精神疾患があると言う明確な証拠もないのに何が深刻化ですか。薬物乱用の深刻化を言うのにお上になびくための文言でしょう。1年おきに文科省からだと思うけど補助金を使って貴重なレポートを出す研究者グループがこういう事を言うんですよ。

 それに対し一精神病院院長は覚せい剤による入院患者が多く上るのに大麻単独では一例もないというのは非常に対照的であると述べているのに、大麻騒ぎの時取材されたら、両論併記のつもりが覚せい剤には全然触れずに大麻について述べた事だけ大きく取り上げられたんだそうです。マスゴミのやる事は何につけ酷い物がありますよ。

 多発性硬化症と言う難病に大麻が特効薬だと言う話があるけど、お金がある患者さんならアメリカの大麻が合法な州で治療する方法があるんだそうですよ。チャンラーン!で一斉風靡したこん平師匠は多発性硬化症だったんですよ。ハワイに行って治す事を知らなかったんでしょう。同郷の有名人でジャイアント馬場、三波春夫、こん平師匠は三大有名人の一人で、千谷沢村(チャーザ-村)出身者ですよ。現実にはもう消滅してバス停の名前しか残って居ないと言う話もあります。

 新潟県にも大麻が自生している地域があるそうだから、福島県にも必ずあると思います。日本全国にあるから以外に利用者がいるらしいですよ。数年前に北海道で中学生が採取をして、タンスに隠していたら母親が発見して警察に通報して逮捕させたと言う事件があったんですが、馬鹿なお母さんですよね。まさか息子が逮捕されると思っていなかったんでしょう。

 北海道では大麻伐採に結構な金をつぎ込んでいるんだそうです。馬鹿らしい。刈りきれないから北海道に行って大麻を刈ろうと言う人が後を絶たないんですよ。他の雑草同様の扱いにすれば無駄な金を使わずに済むのに。鹿児島県あたりにも自生しているのかな。結構効くらしいですよ

 大麻解禁運動は反原発です。広瀬隆、武田邦彦、岩上安見をあがめたてまつる限り、日本で大麻解禁はないでしょう、迷信を信じ、大麻の精神効果をスピリチュアルなものとする宗教から脱却も出来ないんですから。

 いたずらに放射能を恐れて逃げたりせず、低線量長期間被ばくについても知識をもち、大麻も酒もタバコも課税してある程度の解禁をした方が文明国だと思います。来るべき危機に備えて新原発導入と研究にでも使った方が良いでしょう

 不正投稿とはなんだろう?広瀬隆、武田邦彦、岩上安見だろうか?実はフウゾクだったみたい、納得いかねーなあ

大麻、マリファナ、精神病院と調べて結局、長くなってしまって、スイマセン
 以前にもジョイントについてboomboomさんに答えた気がします。





No title

 ちょっとつらつら見るにジョイント党は思ったより悪質な気がします。大麻解放は反原発と何故か親和性があるんですが、これは金儲けの一つでしょう。大麻好きがチェルノブイリのかけはしを利用するのか、関係性は良く分からないけど彼が好きなのは大麻を買う資金源のお金だと断言したら何と答えるか。
 
 大麻を吸って(自分で思う)クリアな気分で一人で作ったホームページだと思うけどイベントと称して10人くらいからまきあげて逃げたんじゃないんでしょうか。こういう所で大麻所持で捕まる人もいるんですけど、警察の気分次第の面もあるらしいです。

 大麻解放と言って金を取る奴と取られる奴がいて、とられた方は被害意識も持たずに大麻を楽しむので犯罪として成立するのは大麻不法所持だけでしょう

 店を開いている様ですが、店主がどの程度関わって居るかもわかりませんよね。HEMP解放!!!のHEMPはマリファナ、大麻の他に麻製品、大麻の実の料理、石鹸、その他大麻を利用して作ったものなどいろいろでしょう。直接的に大麻解放運動と結びついているかどうか、この場合はわかりませんね。すでに先駆者がいるのでそれの物真似かもしれません

 大麻の実は中国から安く変えるし、繊維にする部分は栃木県当たり、(群馬県かな)で栽培していて栽培農家は「無毒」と言うけど立派に酩酊作用を楽しめるのが事実だそうです。意外に流通もしているみたいです。

 あ!思い出したけど、山本太郎の姉が反原発運動で疲れてしまって、大麻不法所持で逮捕されましたよね。不法薬物の中で極めて日常的に存在して、健康の害が実はそれほどでもないのが大麻で結構気軽に手を出して逮捕されるんです。これも税金の無駄遣いでしょう

 大麻の少量個人使用目的(10グラム~30グラム程度)については逮捕しないと言うのがヨーロッパ、アメリカの1部の国で採用されている制度で、この精神をさらに徹底すれば覚せい剤使用についても逮捕して刑務所に放り込んで「人間をやめさせる」と言う極めて残酷な法運用の改善がされると僕は思っています。

 覚せい剤常用者について本当に必要なのは刑務所でなく病院だと言うのが正論ではないでしょうか?薬物依存では市販の感冒薬や鎮咳剤の割合が増えてきているんですよ。

 大麻解禁運動にはこういう問題意識が乏しく、反原発もピースピースと飛びつきやすい、その程度でしょう。反原発正義軍!と字数を増やすのも苦手な人が中核派のアレなアレを支持するだろうか

 しかし、見れば見る程思い切り馬鹿な事言っていますよ。時間の無駄でした。

 そう言えばワオワオでワンピースを放映して僕も丸二日間録画したのを見ましたよ、これも昔はナンセンスアニメとか言った範疇に入るんですかね。このアホな散文を思い切り書きなぐった奴も見たらしい、彼とセンスが似通っているのかと思うとぞっとする思いです。

 でも運動に科学的根拠もなく気分が大事なだけなのは駄目と言うより悪質ですよ。金儲けの匂いだけがぷんぷんと匂います。

No title

麻薬、薬物を欧米に拡散したのはヒッピームーブメントだと思いますが、ヒッピームーブメントの本質は多分にカルトだったのではないかと思います。
オランダは薬物の被害を抑えるためにソフトドラッグを公認しており、反社会勢力の収入源にならぬよう売る場所も特定しコントロールしているようです。
その是非を云々する知見は私にはありませんが、そういう考えもあるのだなと思います。

話は飛躍しますが、橋本市長の慰安婦発言は世界の女性人権保護団体等から大きな批判を受けましたが、世界中で売春制度はどんどん禁止されているのかと思いきや、なんとヨーロッパ・アジアでは制限付きながら公認する国が増えているとか。

まったく、とりとめのない話になってしまいましたが、二項対立論では解決できない問題とはいろんな分野にあり、結局それのサジ加減こそが政治の役割なのだと思いました。

No title

>福島の隣の県在住さん
FC2って、エッチな単語には厳しいですね。実は私も「親和性かんじますね」の「感じ」が漢字で(あ、しゃれた)「性」と「感」並べただけで不正投稿になりました。(別にマッサージじゃないんだけど)

ところで、その親和性をかんじたのはマリファナと反原発運動なんですが、ジョイン党のブログやツイート見ると「マリファナ無害論」に懐疑的になっちゃいますね。
感性鋭くなりすぎていろんな電波受信しているみたいですし。
(UFOとかバシャールとか出てきました←懐かしい)
ハッパキメてただけかもしれませんけど。

「かけはし」は、こんなんとツルんで大丈夫なんでしょうか?
(チェルノブイリの子どもたちに変なもん与えてないだろうな…EMだけでもアレなのに)

>ovalさん
オランダでのドラッグの扱いなんかと真逆やったのがアメリカの禁酒法だったみたいですね。
ピューリタニズムでもって法的に酒を禁じたおかげで、マフィアが「闇酒場、闇酒」つくってぼろもうけした、って話を聞いたことがあります。

まあ、禁酒法に限らず酒造業は過酷な徴税と密造の戦いの歴史があったりするんですけど(スコッチの熟成は徴税逃れの末に出来た、って話もありますね)。

閑話休題

「これは酷い」って話

http://togetter.com/li/580383

福島の米のことは勿論だけど、それを置いといても「親としてそういうしつけはまずいだろう」って思います。
(マリリンとか、子どもが大きくなったら言いそうだな)
私なんざ毎日福島産の米食っとりますです。
今週から新米になって、これが美味いことうまいこと。

あ、美味いで思い出した。今週の「美味しんぼ」もダメダメでしたね~。もう救いようが無いレベルかなぁ。
親子間の確執解消に福島を利用するんじゃない!

No title

>IKAさん
あの、太陽の放屁とか言う人、黒鉛炉とマークⅠの違いも知らんのかと、唖然とするというのか、人材難ですね向こうは。
http://togetter.com/li/580511
いくつ、あてはまるかな。

あと、あの放射脳ママ、以前から工藤先生に粘着していた一部では有名人でしたが、そうか、ついに全国デビューか。
工藤先生のツイッターに支援参入する方が増えてきたので、工藤先生に粘着していた脳どもは、あの放射脳ママに続いて晒されることになるでしょう。

No title

>千貫森の宇宙人さん
工藤先生のTL覗いて見たんですが、かの「自由おかあさん(自由すぐるだろ)」まだ粘着してますね~。
私はツイッターやんないんで支援はできませんけど、応援します。(工藤先生自身は支援参入よりも福島のうまいもん情報の方が嬉しいみたいですけど…笑)。

ワシントンポストよお前もか

これは、ワシントンポストが悪いと思う。松本市長に取材するなんて、何故、福島県への取材費をケチるのか?

ワシントン  ポスト
wapo.st/19pZgsc

Chernobyl-doctor-turned-mayor offers his Japanese town to get children out of Fukushima


お口直し

猫の手、貸します。キャンペーン
やすらぎ気分のコーン茶
http://www.pokkasapporo-fb.jp/nekonote/

すごいネコの手を貸してくれるよ~。

No title

>さんご@さばとらさん
ワシントンポストにも困ったもんですね。
もっとも日本の「大新聞」もアレだからしょうがないのかも。

にしても菅谷市長、ま~だそんなこと言ってんのかい。
税金から報酬取ってるわけだし。
自分の存在感誇示するために、他県民disるって、市長がやることなのかなぁ。
学習旅行を会津からひっぺがす為のステマ続けて満足ですかね。
松本市って、昔風評で苦しんだの忘れたんですか?

本当に腹が立つ…。

まあ、「国内が鎮静化したんで外圧目当てで情報発信」ってマリリンを始め、こういった人達のデフォルトなのかなぁ。

(その別の例)

http://togetter.com/li/580465

モジモジの人もアメリカ行ってヨタかましてます。

日本人の恥だわな。

No title

>IKAさん
菅谷市長って、まだいたの、て感じです。
菅谷昭でggると、二番目にネコさまのこのエントリーが検索されます。
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-134.html
一番目がwikだから、菅谷市長に関してはwik以外では、ネコさまの記事が一番よく読まれていると、もはや菅谷市長は旧式兵器化していると思います。

あとあの、自由すぐるオカン、別の人のまとめです。
http://togetter.com/li/580844
酷いなあ、具合の悪い息子を病院に連れていかないなんて、児童虐待だろこれ。もうほとんど、デマリン並ですよ、彼女の息子のためにも、身内の方は早くなにか手を打ったほうがいいと思うが。
彼女の息子も、あと数年で反抗期になると思うし。

No title

>さんご@さばとらさん
>IKAさん

ワシントンポストもニューヨークタイムズもそんなたいした新聞じゃないですしね。特に後者は、東京特派員時代のニコラス・クリストフの記事を見れば分かります。日本に関するトンデモ記事のオンパレード。私はこの記事を見て、彼が書いた『新中国人』の内容が信用できなくなりました。
今朝の朝日新聞ですけど、汚染水に関する安倍ちゃんの発言って、そんなにころころ変わってますかあ? 批判のための批判としか思えません。やくざだって、もうすこし論理的な因縁をつけますが。そういや参院選で自民が勝ったとき、朝日の政治部長が「保守を監視するのが朝日新聞の使命だ」と書いて顰蹙を買いましたが、民主が政権獲得したときに産経の政治部の記者が「これからが産経新聞の本領発揮だ」と書いてあきれられたのと同じレベルですね。まあ、新聞なんてしょせん同じ穴の狢ですけど。

No title

>千貫森の宇宙人さん
菅谷市長は「他人を貶める事で(相対的に)自分を善人に見せる」って感じがしてなんか生理的にダメなんですよね。
ましてや「市長」って公式の立場で。
それに「人権派」名乗っていればひとの家に土足で上がるような真似しても許されるのかよ、とも思います。
市民はどう思ってるんでしょうね…(まさか「うちの市長はいい人だ~」とか思ってない…事を祈ります)。

「美味しんぼ」もそうだけど、こんなデマやらヨタとばす連中は行政レベルでギッチリ抗議してもいいんじゃないかな、って思います。(新潟県は女性セブンのデマ記事にギッチリ抗議したみたいですね。自分の事には本気出すんだ~)
もしそうしてくれるなら、今度の選挙で入れてあげます!
たぶんそんな人いないけど。

>さや猫さん
んふふふ、まあ言ってしまえばワシントンポストもニューヨークタイムスもウォールストリートジャーナルも「ローカル新聞」ですからねぇ。

No title

 福島原発事故の放射能漏れによる、放射能が直接の原因で健康被害が出た人は一人もいない。将来も出ない。

 この見解をもつ専門家は殆どだし、現に原発事故直後からも発言していると思います。

 これにまともな反論を出す科学者などもいないと言えます。

 武田邦彦は原発事故以前に、科学者ではない。

 小出裕章はどんなに放射能が少なくても影響があります、と原発事故以前から放射線でどんどん人が死んでいる、と根拠なしに断定

 矢ケ崎克馬も物理学者失格と断定されている

 肥田舜太郎も原爆ぶらぶら病などありもしない病気をでっち上げ

 日本の反原発の根拠はこういう似非科学者の言う事を盲目的に信じているのが特徴だと言えますが、外国でも反原発の言う根拠ははっきりせず、ただ好き嫌いの問題の様に見えます。

 イギリスで世界最大クラスの原発建設が決定したそうです。フィンランドでも福島原発事故前に大規模原発は既に建設開始。

 日本でも原発推進議連だとか、自民党内に130名もいるんだそうですがテレビ朝日では朝日新聞論説委員が「汚染水問題」がどうこうとかで原発再稼働を急ぐべきじゃないとかいってましたよ。
 
 反原発運動は人道問題にすり替えて情緒的に言うんだけど、根拠を言いませんからね。その実根拠らしきものは例えデタラメ、デマであっても否定はしない。そういう論争は避けるのです。

 自民党の130名の主張の一つに再生可能エネルギーで日本の電力需要を賄うのは不可能だと言っているみたいですが、僕はさらに容認する事は出来ないと言うべきだと思います。
 日本国民が貧乏になるだけですから、絶対に許せない。良く風力発電なんか牧歌的風景の様にして画像がテレビで出るけど、僕は寒気がしますよ。風力発電のある風景は僕には「死の世界」です。

汚染水問題

福太郎です。

今日は休みで、しかも天気が雨なのでネット三昧してました。(笑)

さて、私が参加している某掲示板でも書いているのですが、今、反原発側の「福島は危険である」砦と言うか根拠は、放射線の健康被害やそれを不安視した自主避難者の存在よりも「汚染水」でしょうね。

それを収束させない限り、原発事故は収束しない=福島は危険、と言う構図でしょう。

さて、その「汚染水」問題ですが、果たして生物に対してどれほどの実質的な悪影響があるというのでしょうか?

「反原発」側にとって「風評被害」を作るには十分でしょうが、問題は汚染水流失による実質的な悪影響はどうなのかです。

つまり、魚に影響が出ているのか、という事。
もちろん、放射性物質を帯びた海水を飲むわけだから「内部被ばく」もするだろうし、体内滞留もするでしょう。

しかし、それによって魚が元気に泳いでいるなら、わが故郷・飯舘村を含めた原発周辺地域に生息している野生動物が大量の放射性物質を内部留保(?)しながらも、元気に生きて、しかもすでに2世3世と世代を繋いでいる事実と同じように、「ある程度の放射性物質の内部留保は「問題ない」のではないか、と思っています。
(人間のカリウム40の例もあるしね)

彼らにとって「少しでも放射線は危険」と言う、いわば宗教の『教義』は絶対曲げるわけにはいかないのでしょうから、これが崩されそうになったら次の材料をと、次々に「根拠となりえない根拠」を探してくるのでしょうね。

そういう意味では、たちが悪いですね。

No title

>千貫森の宇宙人さん
例の「自由すぐるおかん」の人、昔のまとめにもありました。

http://togetter.com/li/161375

2年間なんの進歩もない…。
ほんと、この人のお子さんが心配です。

>福島の隣の県在住さん
アレな人達の持ち上げる「専門家」も弾切れになりがちなのか、リサイクルされていますね。と言っても「内ゲバ」によって信者数は減っていると思いますが。
最近ではなんかヤブロコフの名前がよく出てきます。(国内はイメージ劣化が激しくて、リサイクルも限界に来ているのかな)

あ、ヘレン・カルディコットはマリリンが工作員認定していました(笑)。
もう海外組も内ゲバ対照みたいですね。

>福太郎さん
ご苦労様です。
某掲示板、私も最近復帰しました(休んだあと、コメントしようと思ったら何故か投稿制限されて、しばらくコメントできなかったもんで)。
汚染水は目下の大問題ですけど、福島では意外と冷静に受け止められているように感じますね。
ただ、同時期にいわき漁協が試験操業を始めましたから、そっちの方をもとに風評広がるんじゃないかな、って懸念もあります。

むこうで何度か話題になった事もあって、「セシウムの生物濃縮」をちょっと復習しておきました。
(もしかしたら、キーワードになるかも?)



ええと、マリリンのWikipedia削除されちゃいましたね。
マリリン自身も(最初は別でしたが)存続を望んでいたんですが。
(だからなのか、あんまり残念な感じはしなかったりして…笑)

愚痴ですいません

 togetterでの青プリン叩きが功を奏したのかもしれませんが、青プリンは放射能関連のヘイトスピーチを明らかに控えています。

 青プリンを糾弾しよう ポータル http://togetter.com/li/578001

 一方で、放射脳の砦である阿修羅原発板叩きは、困難を極めております。

 IPではじかれるのか、ほとんど投稿不可です。

デマ一色の
 阿修羅原発板アクセスランキング http://www.asyura2.com/13/genpatu34/index.html

 さらに、togetterのまとめも非公開にされました。

 私を阿修羅原発板でもtogetterでもパージ工作をして「スペ氏=米のとぎ汁乳酸菌の飯山一郎= @maeken551 = @futokuteitasuu 」の仕業です。

 こ奴自体は雑魚なので、論破することなど簡単なのですが、togetter事務局を味方につけ、私のまとめを非公開にさせたり、投稿させないようにさせたり、さんざん嫌がらせを受けています。

 私がtogetterで自由に投稿できるようになりさえすれば、放射脳の砦阿修羅原発板へのミサイル攻撃を行い、放射脳のデマ拡散を阻止できると自負しております。

 下記のような不当なパージが行われていることを知ってください。

私のtogetterでの放射脳叩きを、卑怯なスパム報告で封じている放射脳。 http://togetter.com/li/579480  togetter事務局へ:放射脳による不当なスパム報告でまとめが非公開にされ、不当なパージを受けてます http://p.tl/DOTZ

 ご無礼しました。また放射脳を叩いてきます。

No title

>iyaoさん
お久しぶりです。お元気そうで何より。
阿修羅は暫くお休みしてましたんで、あちらでも行き交う事がなかったですね~。(時々覗くと、iyaoさんの形跡…コメント番号の抜け…は確認できましたが…笑)
ちょっとだけ一部スレにコメントしましたが、相変わらずと言うかなんと言うか。
いや、前より電波強度が高い人も目立つかなぁ。その分適宜反論する人も増えたような気もしますけど。
あ、この間コメントしたら、やたら英語論文貼り付ける人が出てきましたね。(この人はあまり電波感じませんが)
私が英語わかんない、ってことで対抗策なのかもしれませんが(笑)。

いずれにしてもコメント数やアクセス数は大分落ち着いた感じですね。スレ立ち上げる人も特定(と言うかほとんどひとり?)みたいですし。(ネタのリサイクルも多いです)

あちらは折を見て参加します。
iyaoさん、ネットはともかく競馬の方も頑張ってください(笑)。



話題変わって、「自由すぐるおかん」の人の新たなまとめ
http://togetter.com/li/581630

なんかネタ豊富みたいですね~、この人。
今年の「放射○ベル賞」の最有力候補かも?(笑)

あと、東海アマがマリリンと完全に決別した模様。
バジル汁のおばさんもブロックしたようで。
フォロワー減をツイッター社の陰謀みたいに言ってますが、間違いなく「信者がマリリン以外を選択」したんでしょ、これ。
ワンマンアーミーと化したマリリン、今後の展開はいかに?
(って前からそうですけどね)

No title

 朝まで生テレビをちらっと、2回ほど見ましたけど、どうする汚染水とか原発だとかいう議論でしたけど
 驚いた事に原子力や放射線の専門家が一人も出ないのです。

 自民党の塩崎と言う人物も事前に何にも勉強をしてないらしくて、私も将来は原発ゼロが良いと思う、と自民党を代表してこんな発言をしたら問題じゃないのかと思うけど安部ちゃん自身も曖昧ですからね。

 全員、池田信夫氏以外、原子力放射線の知識を全然持たずに良く出てこられるよ。テレ朝もくだらん番組作るけど、劣化していると言うほどでもなく、昔から変わりはないんでしょう。オーム真理教時代と同じですよ。いや、やっぱりそうかな。劣化の一途なのかもしれないと思いました。

 飯田哲也なんて人物を出す事自体が問題ですが、福島県は自然エネルギーで独立できるなどと言うけどこいつは揚水発電がどういうものかも良く知らない奴ですよ。福島県の水力発電で福島県の電力需要は賄えるとかいうけど、

 現有能力か包蔵水力かも明らかにしないからわかるわけない。
 そりゃ銀山湖と田子倉ダム、その他只見川水系全部福島県で頂けば福島県の電力需要だって賄えるかも知れないけど東京はどうするのか?それも全然ふれません。

 こういう論議に思想家とか言う肩書を持つ人間が参加なんかする必要がない。まともな事を言ったのは池田信夫氏ただ一人だったでしょう。

 しかし、小泉発言なんか取り上げる必要なんかないんじゃないのかと思いますけどね。

No title

>IKAさん
>福島の隣の県在住さん


レス遅くなりました。すみません。

ジョイン党、大麻解禁なんて絡んでいたとはビックリです。
何か怪しい感じだな~と思いアップしてみましたが、よくよく見てみたらその通り…反原発とはいろんな怪しい所と繋がっているようですね。

ところで、関東辺りから移住して来ている方は、反原発系エコな方が多いのですが、何故か新興宗教に入っている方と同じ目をしています。

共産党との関連だと思いますが選挙前になると騒ぐとのことで、普通の地元の人からは嫌われているようです。

例のたまごの代表も、金回りが良く悠々自適の生活をしていますが、地元テレビ、新聞では生活保護で暮らしていると偽っています。(マスゴミの要請かと思われますが)これがまた地元の人達に大反発を買っているようです。

東北からなら仕方ないと思うが関東からの移住者は働けなどとネットで書かれてましたが、あの人達は関東の金持ちの奥様で、生活保護なんて貰ってないですよと言いたかったです。ホントに。




No title

ウェード・アリソン氏が、また、わかりやすく論理的に記述しています。

http://www.gepr.org/ja/contents/20131021-03/

 述べている事はちっとも専門的な印象もない、平易な社会科学的なもので、誰でも反論ができるなどとは思えません。

 ただアリソン氏の提言は地球温暖化の進行が前提であるので、その事実を認めない人では論議にならないでしょう。
 また地球温暖化の原因は人為的な二酸化炭素排出によるものだと言う認識も認めないなら話にもならないのです。

 日本の原発が全部停止してから2年半、この間の二酸化炭素の排出量増のシェアにおいては日本が大きく貢献しているのだと何故日本の政治において論議にもならないのかと僕は理解に苦しみます。まるで忘れてしまったかのようです。

No title

みいさん

 大麻解禁運動、即反社会的だとは限らないんです。大麻の害はそれほど人体にとって悪い物ではなく、使い方によっては有益であるという医学的なエビデンスがあるとされているんです。

 確かに大麻は固有の酩酊作用がありますが、依存性はそれほど強くはないと、実際に経験した人も言っていますし、統計的にも調べられているのです。

 ①大麻の体に対する害は言われているほど強くはなく、酒、タバコよりもずっと害は少ない。
 ②大麻の医療利用では末期がんの患者の抗がん剤使用による吐き気どめに有効で、食欲を増進させて生活の質を高める事が出来て、延命効果もあるだろうとされています。
 ③多発性硬化症の特効薬であるとされています。

 今は薬も日進月歩で大麻を使わなくても抗がん剤による吐き気止めや多発性硬化症にも有効な薬の開発が有望視されています。

 しかし、大麻の害がそんなに悪くないなら、高価な、そして現段階では有効な使用が見通しが立たない人が何故大麻を使用出来ないのかという問題があります。
 現にモルヒネが終末期医療に使用されて生活の質(QOL)を高めるものだと中川恵一先生も述べていて、実際に許されているのです。ただ非常に使いにくい医療環境だと嘆いてもいます。
 またモルヒネが痛み止めとして良く効かない人が大麻が効く場合もあるんだそうですが、モルヒネ使用量を少なくできる事もあるんだそうです。

 日本のプロレスラーで大麻所持で逮捕された人がいますが、使用理由が痛み止めとして使ったんだそうです
  
 今までの裁判では一番最新の裁判所の見解では
 「大麻の害はまだ解明されていないのだから、法律で禁止されている大麻を使用してはいけない」
 と言うところまで来ているんです。厚労省の禁止薬物の説明とは大きく違っているのです。実際のところいわゆるダメセン(駄目!絶対に!ホームセンター)の言い分を否定したとも言えます。

 こういうところまで来ているのに冷静に大麻解禁運動をやれているのかと言えば、運動自体は底辺も結構広くて多くの人の支持もあるのに、薬物乱用問題で明らかにされている大麻の害の少なさを証拠で主張することなく、
 「ハッパをやって、みんな仲良く幸せになろうよ。」
 とだけしか言わない連中が多くて、大麻解禁運動の将来は日本では険しいでしょう。

 実は僕は大麻解禁運動においてはサポーターとして発言もしてきていたんですよ。
 しかし、彼らが広瀬隆、武田邦彦を支持して反原発を唱えるから僕は厳しく彼らとは手を切れと主張したら事実上発言は禁止されました。彼らが「反原発」を主張し、広瀬隆、武田邦彦を支持し、岩上安見の動画を宣伝するなら、僕も彼らを支持する事はできません。

 しかしながら、世の中には今の医療ではどうにもできない痛みに苦しんでいる人で大麻を試したいと言う人も多いんですよ。そういう人の願望を全然理解もしないで、その瞬間だけが幸せならそれで結構と言うのが多いのが大麻解禁運動です。運動にくっついてくる大麻経験者か現在大麻を使用中の軽薄な連中は足を引っ張っているんですよ。

 また大麻の効果をスピリチュアルなものとしてだけしか認識せず、それだから大麻は良いんだ、と言う様な人も多いんですよ。
 大麻解禁運動のリーダー的存在の人はこういう風潮をむしろ抑えていて科学的事実によって運動を進めようとしていたんですが、広瀬隆や武田邦彦の似非科学者であり、デマゴギストであると言う本質が見抜けずに支持してしまったんです。

 僕は彼を指導力も実行力もある人物だとして尊敬していたんですが、今でも基本的にはその考えは変わりませんが、もう交わる事はないでしょう。

 最近彼は逮捕されたそうです。イベント会場に大麻が持ち込まれたとかで、自宅を捜査されて乾燥大麻数グラムが押収されたそうです。
 警察に嵌められたかもしれませんね。昔はやって居たけど運動のリーダーになってからはやっていないと僕には言いましたから。
 しかし、異常に押収量が少ないな。

 ネット社会じゃ大騒ぎでしょうね

馬と鹿の舞い踊り

もう皆様御存知でしょうけど
管 直人のブログ
みのもんた氏に対する陰謀説
http://ameblo.jp/n-kan-blog/

  ☆ 引用 ☆
みのもんた氏は汚染水問題など原発問題で東電と安倍総理を厳しく批判していた。この発言に対して原子力ムラがみのもんた氏失脚の陰謀を仕掛けたという説が流れている。


   
   私はみのもんた氏の息子の事件に関しては、マスコミ報道以上のことは知らない。しかし、原子力ムラがスポンサーとして膨大なコマーシャル料を支出することにより、マスコミに対する影響力を行使して、自分に批判的な報道に圧力をかけてきたことは知っている。事実、公開された東電のテレビ会議の記録を読めば東電幹部間でのそうしたやり取りが出ている。


  一部マスコミを使ってスキャンダルをでっち上げる陰謀がたくらまれているという、うわさが流れている。
   ☆ 引用終わり ☆


自分で陰謀説を流して、何が言いたいかといえば自己弁護。
良い大人がこういう与太話を書いて恥ずかしくないところがすごい。

IKAさんへ

 お久しぶりです。

 阿修羅原発板での放射脳叩きご苦労様です。カルトな鬼が島にわざわざ投稿してくださったことも感謝しております。

 #阿修羅原発板が放射脳のデマ拡散の元凶 であり、そこを「アラシた」(ショッカーから見た仮面ライダー)私は、阿修羅でもtogetterでもtwitterでも、卑怯なスパム扇動を浴びて、苦戦しております。それでもしたたかに放射脳叩きは続けます。

 放射脳叩きが生き甲斐になって、競馬の研究を怠り、大幅な赤字です。一文の得にもならない活動などやめてよと、嫁さんに叱られているところです。

 阿修羅原発板に、反放射脳諸君が一斉攻撃をして陥落させてくれたら、私がわざわざ活動する必要もないのですが、あそこがあまりにサティアンすぎて、参戦している反放射脳は少ないようです。放射脳のデマ拡散の元凶なんですけどね。

No title

>みいさん
マスコミが「声の大きい、取材しやすい人」ばかりを取り上げるのには辟易としちゃいますね。
言わば全県民が取材対象であるはずの福島県においてもそんな時期がありました(現在はその声の大きい人たちが避難したり、興味が変わったりしてあまり出ないように思いますが)。
ましてや「アレ」の可能性が高い自主避難者を取材しなくちゃいけない「遠い他県」では、トンデモに引っ掛かる可能性はとてつもなく高いでしょうね(逆に声を出さない自主避難者がどんな状況に置かれているのか、気になります)。
それにしても関東からの自主避難者(福島以上にアレな確率は高い)なんかは取り上げる事は無いだろうに、っては思いますが。
(よくても珍獣扱いが相当だと思っていたりして)

>さんご@さばとらさん
ああ~、やっぱダメですね~、この人は。
自分があの時どうだった、なんてこれっぽっちも考えないのかなぁ。
まさか「自分の判断は原子力ムラの作為的な情報で狂わされた」なんて思っていないだろうな…。



今日のネタ

本当?って思う反面、そういう事もあるかもな~、って思えてしまう事自体が悲しい…。

http://togetter.com/li/582455

「自由すぐるおかん」からのスピンオフ

http://togetter.com/li/581796

相変わらずの風評加害参議院議員

http://www.j-cast.com/s/2013/10/25187245.html

なんか腹立つネタが多くてごめんなさい。

No title

>iyaoさん
あ、すれ違いました。
ここのところ別の掲示板にコメントしてるんで、あそこの頻度は下がっちゃって…。(今いる掲示板はある意味阿修羅よりも酷い…)
う~ん、ご心配だとは思いますが、一時期に比べてあそこもコメント数、アクセス数ともに減ってきているように感じます。(コメント数100を越えるスレなんかほとんどないかと…)
きっとiyaoさんやいろんな人の努力もあったんじゃないかなぁ、なんて思うんですよね。

福島の応援はありがたいですけど、奥様、ご家族を大切にしてください。って人様にとやかく言えないんですけどね。(笑)

11/2(土) 柏オフ会のご案内

皆様こんにちは。

ここの掲示板で、知り合った仲間を集めて、11/2(土)の夜18:00より、柏でオフ会をやることになりました。JR柏駅の近くで、美味しい宮崎地鶏を出す居酒屋を予約してます。参加費用は飲食実費のみ。

私が呼びかけ人となり、東葛地区を中心に数名参加予定です。千葉だけでなく、近県(茨城、東京、埼玉)からも来やすい場所ですよ~。希望者はメールして下さいね。

suzuki_manabu◎hotmail.com
(◎を@にかえて、ご送信ください)

No title

>IKAさん
デマリンの凋落に対して、「自由すぐるおかん」と「デマロン」の台頭ですね。以前にも話題になりましたが、かつての上級(笑)放射脳の退潮で中級以下の放射脳が浮上したかと。

もともと、ロジックが破綻している上に、頭のいい奈良学園の生徒さんに勝てる訳ないのに、「自由すぐるおかん」と「デマロン」は高校生に論破されたのが、よほど悔しいのか、いまだに工藤先生に粘着しているようです。

デマロンのtogetterのコメントに、バカな飼い主のアイコンに使われている犬がかわいそうとありました。ゴールデン・リトルバーは賢い犬なのにねえ。

No title

>Manachan@柏さん
いいな~、オフ会。美味しそうだな~、宮崎地鶏。
気軽に参加できる距離じゃない事がちとうらめしい。
参加される方々、どうか私の分まで楽しんでくだされ。

>千貫森の宇宙人さん
いや~、自由すぐるおかん界隈は酷いもんですな~。
「酷い大人」は反面教師くらいしかなりませんからね~。
こんな人に飼われるワンちゃんもそうですが、子どもなんかシャレにならない位心配になります。

で、この間新発田市での「O村ではこうだった」って講演(?)を紹介した「太陽の寝言(だったっけ?違うか)」な人の新たなまとめ。

難しそうな計算出したって、根本的に間違っています!
(算数苦手でも、ツッコミ処満載な話)

http://togetter.com/li/582449

いるんだよね~、計算出したり英語出せば相手がビビると思ってる人って(←正直ちょっとだけめんどくさいな~、っては思うけど…笑)。

官僚的対応

 さんご@さばとらさん
 IKAさん

菅元首相の陰謀論流布。どうなっちゃってるんでしょうね。見識が・・・低すぎます。

10月21日の朝日新聞、事故のさなか、2011年3月17日の日米首脳電話会談記録に関する記事。

(オバマ大統領が)「外国の援助に対する官僚的障害を撤廃し、支援が実現されることを願う」と、日本政府の対応に不満をにじませた。
 
 ・・となってます。これについての「菅氏の話」
「大統領が感じていたことと、私が感じていたことは同じだったと思う。正確な情報が伝わってこない。情報のパイプが詰まっていた。米国からすれば、官僚的障害があるように見えたことだろう。」
 
まるで他人事・・・というか、自分は官僚主義の被害者だという認識のようですから、事故対応は無理だったということです。とても最高責任者の発言とは思えません。官僚による陰謀のせい、ということかもしれません。

No title

>IKAさん
あの「太陽の歯軋り」の人、病んでますね。この手合いは、放置しておいてもいずれ完全に壊れると思いますが、巻き込まれる人が出てくるのが悩ましいところです。

それから、工藤先生に絡んでいたHN「大畑清」を名乗る人物の、実名・勤務先がどうやら暴露されたようです。それに恐れをなしたのか昨日(10/28)は、「自由すぐるおかん」や「デマロン」が工藤先生に絡んでいないようでした。ある意味ネットの恐さは我々も自覚しないと、ですね。

No title

>福島の隣りの県在住さん


大麻について詳しい説明をありがとうございます。
そのような経緯があったのですね。大麻は煙草よりも害が無いとのお話を聞いたことがあります。

それにしても、最初は善意とか有志で始められた団体に、いつの間にか共産党が入り込むというのはよくある話だそうで、うんざりしますね…



>IKAさん


声を出さない自主避難者は、ハモです(笑)

普通にひっそりと暮らす自主避難者の実情は、きっと永遠に語られる事はないのではと感じます。

少なくとも高級料理店をハシゴしたり、仕事もせずに遊んで暮らしている人はいません。「疲れ果ててボロボロ…」が実情で、大声で行政に物申せる人など皆無と思われます。


爬虫類のたまご代表は九州統合避難者ネットワークを作ったり勢力拡大中ですので、近い内に共産党から議員に立候補もありうるでしょう。

それにしても、万札をばら撒いて暮らしている人間がお涙頂戴な生活保護者としてマスコミに出ているというのは笑い物ですね。

本当の被災者をさて置いて、災害で金儲けですから酷い話です。






ちょっとIKA蔵

なので口調が変わります(笑)。

某元ソーリが「陰謀論」めいた話してる、って話題があったよね。
まあ、「原発事故当時の最高責任者」って重圧から陰謀論に走る、って気持ちはわからなくはないケド。
妄想は楽しいし、責任回避はできるし。

妄想って言えば過激な反原発な方々もそうですね。
事故前まではただのドン・キホーテに過ぎなかったんだけど、長年風車に「トッカ~ン!進め~!(カメじゃないけど…笑)」ってやり続けていたら、たまたま「本物の怪物」に突撃してた、って感じかなぁ。
で、普通の人たちは「長年風車に突撃かましてた」事なんか知らないから、ドン・キホーテが「怪物と戦うホンモンの英雄」に見えちゃったんだろうね。
まあ、今じゃだいぶメッキも剥げてきた頃だけどね。

でも、これは言っておきたいんだけど、「ドン・キホーテが怪物に立ち向かう英雄」に見えたとしても、やっぱり「妄想にかられた単なるオヤジ」に過ぎないんだよね。
(妄想じゃ怪物に勝てまへんよ)

>IKA さん
いやー、山本センセーは期待どおり
飛ばしてますね(笑)
先月?だかにも福島駅前でマスク着けてアピールしてたみたいですし
一周してアッパレですよ、逆に(笑)

でも
真面目な話
彼も実は苦しいのだ、とも言えます。

考えてみてください。
中核派に近しい怪しげな方々に支え
られ、東京の反原発票を集めて
彼は当選した訳で
これからも世論の非難を浴びるのを
承知のうえで
不毛な東北廃棄論や即時廃炉を
説き続けなければならないのですよ。まさに茨の道です。

考えを変えて段階的脱原発なんて口にしようものなら、今度は彼に投票した60万余の反原発市民が黙っていない。
取り巻きの中核も山本に牙を向けるでしょう。何をされるか分からない。

言ってみれば
進むも地獄、戻るも地獄です
今さら振り上げた拳は下ろせない。
オオカミ少年を演じ続けなければならないのです。

弁当がベクレてる発言は
投票してくれた60万の反原発と
取り巻きの怪しげな連中へ向けた
彼なりのアリバイ作りだと考えれば
アイツも大変だな、と
憐れむこともできます。


まったく同情はできませんが(笑)

No title

 あれほどおびえて煽って居たマスゴミの恐!原発騒動が予想通り、いや予想以上に静かになって、今年も日本シリーズが始まり、その間に楽天の田中将大マー君の沢村賞受賞が決まるなど例年に増していつもの年以上にいつもの年が健在であって、粛々と時が流れて行くんですよ。

 この流れに逆らう事は出来ません。輝いていた人もいつかその光を失うし、この僕だって今から18才の若さに戻れない。

 小娘がオバタリアンからばあちゃんになるのも止められませんよね

 デマリン嬢の咆哮もいつかは止みますよ。ホント

 秋の日のヴィオロンのため息の、うらぶるに、ひたかなし、いえ

 ひたぶるに、うらかなしだったかな、どっちでもいいや

 池田信夫氏ぐらいがプルトニウムより水銀の方が経口毒性がずっと強いと言ったのが朝まで生テレだったけど、それ以外にもマグロの水銀の方がずっと危険だと言っていたそうなんですよ。

 ブラジル、ゴイアニアのセシウム事故のセシウムも凄い量のはずなんですが放射性セシウムはどんどん拡散する上に半減期があり、さらに生物学的半減期があるのでアマゾンの魚でゴイアニアでの放射性セシウムを心配して食べる必要はないと思いますが

 アマゾン上流ではまだ砂金を掘っている人がいるはずです。金を抽出するために砂金に水銀を振りかけてチューインガム状態(アマルガムとか言うらしい)の水銀と金の混合物を取り出して、ガスバーナーで水銀を蒸発させて純金を得るやり方、恐らく今でもやられているのではと思います。一人がマニュアル操作で片手のひらの上であっというまに純金を取り出していたんです。この人たちも長生きは出来ないでしょう。

 蒸発した水銀も漏れた水銀も、もう誰も知っている小魚から大型魚へと食物連鎖の中で生体濃縮されたメチル水銀によって、水俣病が発症するのですが、アマゾン川流域に住んでいる人たちに有機水銀中毒症状の人がいると確実視されているともう10数年以上前に放映されていましたよ。でも数千万人が食べ続けているとやはり何人か中毒者が出ても一つの地域に集中しないからわからないままだと思われます。

 水銀は毎年2千トン近く大気中に拡散されているそうですが中国の石炭火力発電が随分と水銀を出しているそうです。水銀は気化しても雨と一緒に地上に落ちてきて一度生物の食物連鎖に入りこむと生体濃縮あるいは体内濃縮されるんだとは昔は多くの母親を怖がらせたはずですが、回転寿司の登場と繁栄がその恐怖を取り払ったみたいですね

 どこの何と言うネタをシャリの上に乗せたのか、それを気にしたら食えないですよ。僕は気にしながらもみんなで食えば一人一人は少量だろうと思って家族で年に3度以上食べていた時期もありました。

 池田信夫氏は放射性廃棄物は永遠に放射線を出すわけではない。それに対し水銀の経口毒性はプルトニウムより遥かに強いし、永遠に毒性が弱くならないとただ一人力説していましたけど、これに関しては世界中の科学者が同意見だと言っても良いと思います。

 しかし、反応が鈍いんですよね。みんな何か気が効いた事を言いたいがため、ほぼ無関係な高尚なお説を長々と言うけど科学とは無縁ですよ。しかし、放射線の害なんて池田氏以外誰も言いませんよ。汚染水が深刻だ深刻だと眉をひそめる事がアリバイ証明になると思っているみたいですよ。

 こちらの世界とは別世界みたいな気がしましたね

原発とは関係ない話ですいません

原発関係の話ではないのですが、
この人は本当に、人の感情を逆撫でする人だなぁ、と腹立たしく思います。

「人を殺したくて自衛隊になってる人もいるんですかね」 山本太郎スタッフが災害派遣の隊員見た後にポツリ、非難轟々
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131029-00000003-jct-soci

No title

>千貫森の宇宙人さん
私も匿名アカユーザーですけど、最悪実名ばれしても「胸を張って」いられるようなコメントをしたいな~、って思っています。
にしても、あれだけ粘着してたTwitter自粛するなんて、「自分が悪いことやってる」って自覚があるのかな~。

>みいさん
自主避難者が「普通」に暮らしているんならそれは悪いことじゃないですよね。
変に担ぎ出されたりするとただでさえ狂った人生の歯車が、回復不能に陥る可能性がありますから。

今回の震災と原発事故で「思わぬ金儲け」した人たちっていっぱいいるように思います。
テケトーな本売り付けた「自称専門家」(武田のオッサンを筆頭に小出氏や肥田のジイサン、そうそう、市長でありながら本やら講演会で稼いだらしい人もいました。こいつらが「寄付しました」って話を聞いたことがないぞ!)や怪しい放射能対策で売り出したEMなんちゃらとか、多額の寄付集めた団体(税務署さ~ん、出番ですよ~)なんかも。

あ、肥田のジイサンで思い出しましたが、全方位攻撃中のマリリンが「ゴーストライターが書いた肥田氏の本を書き直した」とか言ってました。やっぱゴーストライター使ってたのね(笑)。

>通りすがりさん
えと、お久しぶり?なのかな。
風評加害参議院議員の人は自業自得としか言いようがないですね。
ドン・キホーテは自分の妄想のままに生きていますけど(ある意味幸せ)、自分が風車に突撃しなくちゃいけない、って気付いてもやり続けなくちゃいけないのだとしたら、それはそれで大変かも、です。

まあ、タローはその場のウケ狙い続けているだけのような気もしますが。

No title

>永井川さん
おお、JCASTNEWSはいい仕事しますね~。
つか、山本タローは自分を支持している組織がなにやって来たか知ってんですかね?(私も詳しくは知りまへんが)
自衛隊員はもちろん、米軍にも失礼でしょ、これって。
(人を殺したくて…自衛隊じゃまず無理でしょ、現状。銃撃ちたくて、って人はいるかなぁ←これも偏見ですが)



ええと、これは紹介してなかったかな。

出ました!0ベクレル宣言

http://togetter.com/li/582834

デマンガ「美味しんぼ」は、山本タロー同様着実に劣化が進んでいます。
コメントやツイートにもありますが、福島の生産者はもう裁判始めたっていいと思う。
「権力ガー」「圧力ガー」って人は何したって言うこと変わらないし、そうじゃない普通の人に対してアクションしなくちゃいけない頃だとじゃないでしょか(遅すぎる位かな)。

福島市長選

ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131030-00000004-fminpo-l07

バックに某つるりんがついていたのかよ!
しかしこの記事、旧日本軍の「敗走」→「転進」とダブって見えるのは
気のせいかw

タケダ・いのちとくらし再生プログラム

タケダ・いのちとくらし再生プログラム第2回新規助成で特定非営利活動法人 CRMS 市民放射能測定所 福島が2012年9月30日に選考された理由ですが、以下のようです。

個別推薦理由

いのちの再生:人道支援
特定非営利活動法人 CRMS 市民放射能測定所 福島

応募団体は、福島の原発事故による放射能汚染に対し、被ばく量を低減するための総合的な支援活動を行うために発災後に設立された。これまで、行政に先立って食品の放射線測定を開始したほか、子どもたちの健康相談会や人体のホールボディ測定など、多様な活動を展開している。特にホールボディ測定については、これまでに子どもや母親を中心に約4000名に対して実施するなど、県内において、民間の立場での測定について一定の位置を築いている。応募事業では、児童生徒や学生に対する測定を無料にすることで測定件数の拡大を図るほか、県外避難者のケアについてもそれぞれの地元団体との連携の下で実施されることで、より効果が上がると判断される。放射能の問題は、さまざまな見解があるが故にデリケートでもあるが、「独立性」「自立性」「公開性」「公平性」を理念に民間レベルで実施される本事業には期待が持てる。
http://www.inochi-kurashi.jp/josei/josei2/

-引用以上-

タケダ・いのちとくらし再生プログラム全体の第2回新規助成選考の選後評の一部抜粋をコピペします。

選考における論点

選考委員会では様々な議論がなされたが、その中でも特徴的なものをいくつか以下にあげておこう。

一つは被災地の現地NPOか被災地外からの応援NPOかということである。この助成プログラムは、助成対象を現地のNPOに限ってはいない。第1回の助成対象にも多くの全国各地からの応援NPOが含まれていた。組織の実力から言えば、応援NPOの方に頼もしいものが多い。しかし着実に育ちつつある現地NPOも増えてきた。その育ちにも期待したい。こうして応援型よりも現地型を優先する声が強く、結果的に助成対象は、いずれも現地NPOになった。現地NPOの力が次第に強まり、その重要性が高まってきているとも言えよう。

もう一つは、福島原発被災者の県外避難者の支援活動をどうするかということである。今回の応募には、そのような企画も含まれていた。応募要項では「被災3県において活動する」と明記しているから、文字通りに読めば、それらは対象にならない。しかし役所を県外に移設しているところもある。そこは県内と同等とみなしていいのでは、との議論もあった。しかしそこまで拡大解釈するのは問題として、次回以降の応募要項で検討することにした。

もう一つは、建築などのハードの建設費用の応募をどうするかという議論である。応募要項の記述からも、また第1回の助成でも対象にしていることからも、助成することは可能である。しかしそれが「いのち」や「くらし」の再建にどのような意味をもつのか、その利用主体や利用内容などの面からももっと検討すべきとの意見が出た。そのような案件もいくつか議論にのぼったが、最終的には今回の対象にはならなかった。
http://www.inochi-kurashi.jp/josei/josei2/#fragment-3

-引用以上-

選考基準に「現地NPO」というのがあったようです。一応、選考には任意団体も参加したようです。
この文を書いたのがタケダ・いのちとくらし再生プログラム選考委員会委員長で認定特定非営利活動法人日本NPOセンター顧問の山岡義典氏です。経歴から阪神大震災後のNPO組織設立に係わった大御所のようです。
山岡氏は極左暴力集団との関係は無さそうですが、戦後に満州から引き揚げた経験があります。


これは推測ですが、山岡氏の過去の経験から原発事故により居住できなくなった方々、避難者について思い入れがあるのでは?と思います。 ところが日が経つにつれて避難者の中に原発事故により福島県内に避難した避難者とそれ県外に避難した県外避難者(政府から避難を勧告されていない自主避難者を含む)との違いが表面化したため・・・

「福島原発被災者の県外避難者の支援活動をどうするかということである。今回の応募には、そのような企画も含まれていた。応募要項では「被災3県において活動する」と明記しているから、文字通りに読めば、それらは対象にならない。しかし役所を県外に移設しているところもある。そこは県内と同等とみなしていいのでは、との議論もあった。しかしそこまで拡大解釈するのは問題として、次回以降の応募要項で検討することにした。」

という話が出たと思われます。
結局、今年5月の第3報の「新たな特徴的な傾向」には・・・

 被災者や被災地の状況は刻々と変化しつつある。その傾向は、半年毎の応募の変化にもよく読み取れる。特に今回の応募の特徴としては、新規についても継続についても、直接的に被災者のみを支援するプロジェクトから、その周りの人々も含めた地域社会全体の課題に取り組むプロジェクトに移ってきたことがあげられる。どこまでが被災者支援なのか、分かりにくくなってきたということでもある。発災後2年を経た現在、その取り組みが地域社会全体へと広がる傾向は、当然とも言えよう。被災者が仮設住宅から復興住宅や自前の住宅へと移りはじめる中で、被災者特有の課題が被災者を含む地域社会全体の課題へと推移するのは、むしろ望ましいことでもある。このような動向を見届けた包括的な政策や取り組みこそが、重視されるべき時期になったとも言える。NPOにとっては、特別の時期の特別の活動から、通常の時期の通常の活動への移行でもある。
 
今回助成対象となったプロジェクトの多くも、その受益者・受援者を直接的な被災者に限られない。むしろその周辺の人々も含むことによって、よりよい成果が得られるのではないだろうか。プロジェクトの成功の鍵は、被災者を超えた視点をどうもつかにかかっているのかもしれない。
 
 しかしその場合、被災者の支援のために寄付された財源で、そのどこまでを助成すべきかには議論がある。今回の助成額の決定にあたっては、その点で悩むことが多かった。助成金は被災者に関わる部分に重点配分し、それ以外の部分についてはできるだけ自主的に取り組んでいただくよう、無理をお願いしたものも多い。今後の助成では、その点をどう考えるのか、課題として検討しておかなければいけない。

-3ページより引用以上-
http://www.inochi-kurashi.jp/content/3rdreport_2013-05.pdf

と、県外避難者への助成を行わないことを決めました。
「避難者」の線引きが難しい上、自主避難者が含まれると思われる県外避難者の一部の非常識な行動が影響したのでは?と思います。

また、岩手県山田町で発生したNPOによる使途不明金事件の影響で山岡氏を中心としたNPOセンター関係者から震災の支援を被災地外のNPOの活動については制限すべきとなったとも感じます。

福島市の「市民放射能測定所」の内部闘争はこうしたことが影響しているのでは?と思います。


NPOの認定については書類がそろっていると通ってしまうというお役所ならではの現象が起こっていて所轄官庁の内閣府でもホームページでこう注意を喚起しています。


疑問を感じる団体がある場合
 特定非営利活動促進法では、設立要件の審査において所轄庁の裁量の余地は極めて限定されており、 設立要件に適合すると認めるときには、認証しなければならないとされています。 また、その確認手段も実態審査ではなく「書面審査」によって行うことが原則とされています。 このため、認証されたからといって、所轄庁がその団体の活動についていわゆる「お墨付き」を与えたわけではありません。

 したがって、NPOという看板を掲げる団体が行う活動が、本当に社会に貢献するものなのかどうか疑問に感じる場合、 公開されている情報などをもとにして、団体がどの程度信用できるかを市民一人一人が判断することが必要となります。

過去の監視・監督に係る情報の詳細は「監視・監督情報(旧内閣府所轄法人情報)」へ

-引用以上-
https://www.npo-homepage.go.jp/about/npo_sanka.html

「監視・監督情報 (旧内閣府所轄法人情報)」
https://www.npo-homepage.go.jp/portalsite/surveillance.html

によると認定を取り消されたNPOのリストがありますが、ほとんど特定非営利活動促進法第43条第1項「3年以上にわたって事業報告書等を一切提出していない」ことが理由です。休眠団体の整理ということのようです。 それ以外は問題があっても取り消しが難しいようです。

それにしてもNPO認定はオウム真理教を宗教法人と認定してしまったことと同じで問題が多いと思います。

No title

>IKAさん
工藤先生のツィートには、10/30午前中に「自由すぐるおかん」がチョロチョロ絡んで来ていましたが、その後、向こうの人たちは来ていないようです。

向こうの人たちは、身内でウジウジやっているようです。

工藤先生と生徒さんの、楽しいやりとりを読んで少し安心しました。


美味しんぼで連発する、「真実」と言う言葉が、なんか使うのが恥ずかしい言葉に成りつつある感じです。

No title

>観潮楼さん
う~ん、政治的背景はよくわかりませんね~。ってか人物自体がよくわからない。
そもそも「政治的背景」も何もない、ただのドシロウト集団って気もしますが。(←盛り上がりの無さから見て、その可能性は高いかも…変に政治通が絡んでくるのもよくないですけどね)

>笹団子さん
「法人格を与える」って事は、権利と義務が発生するってことだと思うのですが、その「義務」部分がなんだかなぁ、って感じですかねぇ。

Wikiによると、NPO法人は公益法人のような許可主義ではなく、宗教法人のような認証主義だそうで、なるほど宗教法人に似てくるのも頷けます。(認証主義の場合、監督官庁による統治ではなく、市民への情報公開をもって統治する方向性が強いようです。政治的と言うより社会的な責任、って感じになるのかな)

>千貫森の宇宙人さん
「自由すぐるおかん」の人、工藤先生の「周辺調査」にいそしんでいるようで…。

http://togetter.com/li/583553
または
http://togetter.com/li/582165

なんか「現実での実力行使」狙っているみたい(なんかあったら学校や教育委員会に電凸するぞー、みたいな)。
まあ、生徒さんの信頼感見るとあまり心配はしてませんが(ヲチャもいっぱいいるでしょうし)。

どこまで馬鹿なのか

 山本タローが天皇に直訴したけど、現天皇も戦後の昭和天皇も政治上の権力はなくて、政治上の発言も禁止されている。

 しかし、山本タローを招待しないわけにはいかなかったんだろうか?中核派は天皇制支持だったのかな。

 どちらにしても、自民党から共産党まで山本太郎の議員資格のはく奪を要求するべきではないのか。

 足尾銅山鉱毒事件で田中正造が直訴したのは明治天皇で、明治大日本帝国憲法最高の決議権そのものであり現人命であらせられた。

 そういう存在に命懸けで直訴した田中正造と自分をなぞらえるなど、本当にチャンチャラおかしくてへそが茶を沸かすって、こんな言い方する僕は本当は笑う事自体が少なくなってきたな。

 自分で今上天皇の政治利用を図ったと認める様な事も言ったそうな、重大な憲法違反なんだから、右左、脱原発、反原発問わず、こんな保育園児並みの頭脳の奴は国会議員としては存在していけません
 とでも言うべきだ

No title

ああ、上の投稿は園遊会での出来事です

No title

IKAさん
 美味しんぼは出だしそのものが荒唐無稽な漫画ならではの設定やあり得ない人物を主人公にしたフィクションですよ

 人工のグルタミン酸と自然由来のグルタミン酸の区別も出来そうな人物であり、若いのに全国の名産を知っているだなんて、所詮スーパーマンやスパイダーマン漫画ですよ。

 だから、作者はこの話はフィクションであり。実際の事実とは無関係です、と断りを入れておくべきなんですよ。

 誤解を招く様な事実を取り上げたのは「緑健農法」が一番最初くらいでしょうか。20年以上前ですよ

 ステーキの美味しい焼き方なんて嘘も良いところでとろ火で焼いて肉汁が出切ったステーキが出来そうです
 そのほかにもいろいろとつまみ食い的に一部本当、全部については書いていない無責任は漫画だから許されていると思ったけど、まだ続いていて、放射能について書くなど劣化なんですか。

 2、3年で終わらせるべきだったのに、所詮漫画ですと言えなくなってしまったんじゃないんですかね

>福島の隣の県在住 さん

確か足尾銅山の件は、様々な実害が出ていたのに動かない政府に業を煮やした田中翁が、議員の職を辞して命懸けで直訴に及んだハズで
福島では実害は出ていないし
今後出る可能性も限りなくゼロなのに
件の議員は何がしたいのか
斜め上過ぎてワカリマセン
しかも
あの人議員は続ける気ですよ

直訴するのは勝手だし
多分処分喰らうでしょうが
福島の代弁者ヅラするのは
金輪際止めて欲しいです
本当に腹立たしい

No title

>IKAさん
まだしつこく「自由すぐるおかん」と稲村某が、工藤先生のツィッターに粘着しているようです。ただ、ryofcさんとHiteda福島さんから工藤先生へ技術的なアドバイスがあったから、なんとかなると思います。


10/31の話題は山本太朗のあれですね。
もうこれは、踏んではならないリヴァイアサンのシッポを踏んでしまった、と言う感じです。
http://togetter.com/li/583944



No title

トーナスさんが書かれたことに、今さらですが反論させて下さい。

>些末なところで意見が食い違っても、協調
>できるはずです。別の団体であっても、ひ
>とつの目的のもとでなら協力し合える筈で、

譲れるものと譲れないものがあるのが常です。そこをどれだけ我慢するかということになると、我慢してはいけないこともあるのが子どもの命がかかっているときです。

例えば、人の命の重さをどう捉えているかということに一致点が見いだせないなら協調(妥協)などどうしてできるでしょうか。

原発への嫌悪の程度も人それぞれです。原発NOの人たちからすれば、「子どもの命を守る」という点では一致していても、少しでも原発NOへの妥協はしないでしょう。当然のことです。

一方からは些末なことに見えても、もう一方からすればそれこそが根幹というのが、この2年半の間に明らかになってきたのではないでしょうか。
目的がいっしょなら協調(妥協)できるでしょうという考えをする人の集まりこそが危険な集まりだと私は考えます。
 

No title

さくらママさん


除染の目的意識は

発注者も請負業者も同じはずなのに

些細な事を両者で擦り合わせてしまった自治体では

かなり雑な結果となっています。


さくらママさんがおっしゃる

『子どもの命』ではなく

『放射線に対する子どもの防護策』

という点ではママさんのご意見に賛同いたします。



『子どもの命』と声高らかにしているお母さん達が

子どもの送り迎えで学校の敷地内を車で出入りしたり

路駐している姿を見る度に

『言ってる事とやってる事が違う』と思うのは私だけでしょうか・・


学校に駐車する場合は

事務所で許可を得なければ

不審者でも誰でも侵入出来ることになります。


またPTAなどが毎日交代で

送迎時に駐車場の警備をするならともかく

多くの子ども達が行き来する場所に自動車を持ち込むなど言語道断。


昨年のこと・・

郡山ではお母さんが正門でしゃがんでいた他人の小学二年生の男の子をひき殺しましたよね。

原子炉も自動車も

機械である以上『絶対に安全』と言うことはなく

人間が動かす以上『間違いはない』と言うこともない。


『自分の子どもの命』と言うと世間体がよくないので

『子どもの命』と言い換えている人が多いようにも思えます。



こんな話をお母さんたちにすると

『警備員を置かない行政が悪い』

『みんなやってること』

と自ら汗を掻く気が全くない。。




















さくらママさんへ

失礼ですが、どのあたりが反論なのか、いまひとつ判然と読み取れません。

原発への嫌悪の程度も人それぞれです。原発NOの人たちからすれば、「子どもの命を守る」という点では一致していても、少しでも原発NOへの妥協はしないでしょう。当然のことです。

・・と書かれましたが、私も「当然のこと」だと思いますよ。 
あなたの例では、
 ①「子どもたちの命を守る」 が主で ② 「原発NO」 が従であるA団体と、②が主で、①が従であるB団体とでは、重きを置くところが違うので、妥協点を見いだせない、協調できないのは当然だ、ということですよね。

私が書いたのは、下記の太字の部分です。

「子供たちの命を守る」という一つの目的のもとに集まったのであれば、あとは方法論だけですから、些末なところで意見が食い違っても、協調できるはずです。別の団体であっても、ひとつの目的のもとでなら協力し合える筈で、内部抗争などは論外です。

「子供たちの命を守る」というひとつの目的がいちばん上にある場合について言っています。その目的を達成するためであれば、別の団体であっても、方法論での意見(しかも、些末なところでの)の食い違いなどは乗り越えられるはず。いわんや、ひとつの団体であれば、協調できるはずで、内部抗争が生じるということは、本来の目的が純粋にそこには無かったのではないか、と言いたいわけです。

少なくとも表面上は、「子どもたちの命が第一」としている団体において、一致協力できない内ゲバ状態になっているように見受けます。
そのため、「原発への嫌悪感が第一」であったり、また他の目的が至上であるのに、(言い方は悪いですが)信者獲得のために、「子どもたちの命が第一」を掲げているのではないか、という疑念が湧きます。

 そして、あなたの結論部分について、

目的がいっしょなら協調(妥協)できるでしょうという考えをする人の集まりこそが危険な集まりだと私は考えます。

 あなたの考えはご自由ですが、私が言っているのは、「些末なところでの意見の食い違いがあっても協調できるはず」という意見ですから、曲解されませんよう。

 譲れるものと譲れないものがあるのは当然です。子どもの命に係わるところで譲れないのは、私も同じです。それは「些末」ではないから譲れないのです。

 言い方を換えれば、子どもの命に比べて些末でない問題は何ですか? という問いかけを自分にできる人であれば、子どもの命のために協調できる、ということです。

No title

千貫森の宇宙人さん

 僕はツイッターには詳しくないというのかあんまりあわない感じがして詳しくないんですが、ここに投稿すると、すぐにまとめを紹介してくれるので非常にありがたいと思っています。どうもありがとうございます。

 この問題同一人物が呟いている間に事の重大さ(太郎の馬鹿さ加減に留まらない)に気が付いていく経過もあって、非常に面白い。

 主権在民の憲法否定を言う国会議員なんか除名処分が相当ですよ。すぐにピンと来てくれないと困りますよ。
 行儀が悪いとかマナーがなんとかと言う前に、民主不義否定の暴力革命でもやると言いながら国政選挙に出馬するのと同じ
 それに票を入れる人がいるというのも、まあ、何と言うんですか、現実なんでしょう。

 キクマコさんが一番妥当な意見だと思いました

 明治憲法と今の憲法の違いもわからず天皇の憲法上の地位の差も知らない国会議員はタロー一人じゃないかも知れません。
 

「山本太郎」って銀行の記入例に出てくる名前みたい

左翼のクソども(笑)は、天皇の政治利用はいかんと言うくせに、山本太郎の行動には賞賛かだんまりを決め込んでいますね。
まあ、日本の左翼は天皇制左翼ですから、もともと天皇制とは親和性があるのかも。
しかし「田中正造のことを出す人は学がある」なんて言ってる人たちは何なんですかね。田中正造の直訴文を書いたのは幸徳秋水であることも知らない人たちでしょうね。もっとも石井孝明氏も知らないみたいでしたが。

目指すところが見えない

>IKAさん
大内議員はブログ・ツイッターを持っていて、
twでは三宅洋平に「選挙中に選挙フェスしてくれませんか?」と
つぶやいてました。
一方、ブログでは市議選出馬前に「政治に関心を持ったのは、
尖閣諸島に中国の不審船が出没したことで」と。
確かに実態は「?」ですね。

No title

 タローの手紙なんか天皇が読むわけない。侍従長がすぐにとりあげて、そのまま焼却処分じゃないのかな。内容によっては憲法違反で議員除名決議を全会派一致でするべきだ。

 中身も見ないなら国会議員で居ても良いと言う事になるけど僕は除名するべきだと思う。今後の事もあるからね

 早く時点の候補の繰り上げ当選をしたらよい。

No title

<福島の隣の県在住さん
山本太朗の今回の件は、右の人たちにとって許されない暴挙ですが、左の人たちの立場でも、議会制民主主義の否定という許すべからざる愚挙です。
http://news.goo.ne.jp/article/jiji/politics/jiji-131101X592.html
山本太朗と彼の取り巻きは、国家に内在する、本来の恐ろしさを学習することになるでしょう。


話は変わりますが、あの「いちえふ」がモーニングに今週から連載開始です。
今後、東電元社員が売りの紐医者や桐山某がやりにくくなるのは確実です。

No title

ここ2~3日、山本タローの「お手紙」問題がネットを賑わせてますね~。

様々なご意見をお見受けしますが、皇室には思想とか思いとかが絡むから難しいところがあります。

で、個人的意見として…。
何より「ひとさまに迷惑かけんなよ」って事は間違いないでしょう。立場や属性とか別にして、あの行為はひとりの人間として迷惑この上ない事は間違いないし、渡された本人以外にもその周辺に迷惑かけていますし(思いやりのある人であれば、自分の存在がもとで周辺に迷惑かけた、って事自体が心理的にプレッシャーですよ)。
決して誉められた行為ではない、って事は言っておきます。

>福島の隣在住さん
美味しんぼ、結構最近まで信じていたんですよね…もはや黒歴史ですが。
おっしゃる通り「これはフィクションですっ」ってことわり書きしないといけない位の「ダメダメ感」満載なんですから、いっその事、海原雄山がウマイもん食ったら「ウマイぞぅ~~~!」と叫びながら口から光線吐く(あるいは巨大化する)演出なんかをしてほしいです(笑)。

>千貫森の宇宙人さん
「自由すぐるおかん」なんかツッコミ入れる人達にも「身辺調査」の手を伸ばしている様です。

http://togetter.com/li/584524

まあ、皆さんも「わかっていらっしゃる」のですっかり「オモチャ」になっていますけど(笑)。

>さや猫さん
「田中正造を出すと学がある」って、なんと言うか…。
私の世代は「足尾銅山、田中正造」って学校で勉強したはずなんですが(道徳だったかな)。
「正造は人生を足尾銅山問題の救済にかけ、死んだ時には懐にちり紙3枚しか残っていませんでした」みたいなお話だった…ような気がします。

>観潮楼さん
うええぇ、三宅ヨウヘーに選挙フェス呼びかけですか…。
う~ん、票集めが目的か真性の「アレ」なのかわかりませんが。
まあ、どっちにしてもロクなもんじゃねぇですが。

ふたたび
>千貫森の宇宙人さん
そうそう、いちえふ連載化ですね~。
ここでも「講談社vs小学館」(いちえふvs美味しんぼ)が繰り広げられ…るのか?
にしても講談社は週刊誌がダメダメ、小学館は漫画誌がダメダメって、密かに「住みわけ」謀って出版社としての「2点買い」しとんのかいな?って気がします(←楽しい陰謀論♪)。

No title

IKAさん
 美味しんぼの海原雄山は、陶芸家で美食家の北大路魯山人がモデルである事は間違いないと思いますが、魯山人のエピソードにフランス料理のソースが自分には合わないと言ってわさび醤油を使ってフランス料理を食べたと言うのがあるんですが、海原雄山にも同じことを漫画でやらせています。

 魯山人はフランスまで行ってそんな事をしたけど、海原雄山は例によって日本での食事会のときに、鴨の料理を鴨の血を使ったソースを使って食べるのを、それよりわさび醤油で食べた方がずっと美味いと持参したわさび醤油で食べて、こっちの方が美味いと他の外国の人も交えた食客たちにも同意を求めるシーンがありましたよ。

 ところが息子の山岡士朗とかいう奴はこれに反発して、今度はカツオの刺身に対し、マヨネーズと醤油を合わせたものの方が美味いとか言って所詮日和見の外国人に同意を強制したら得られたわけです。

 結局言いたい事は他国の文化伝統を馬鹿にするな。鴨の料理は血の入ったソースで食べるのだと言うフランスのシェフを尊敬するべきである、とか言って親子喧嘩にその時は勝ったけど、

 マヨネーズ醤油もショウガ醤油やわさび醤油に比べてそんなに美味いんだろうか?人好き好きに加えて、その時の気分によるんじゃないのか
 と思いますけどね。マヨネーズでショウガやわさびの代わりになるとも思えないけど、所詮漫画の世界だから目くじら立てる程でもない。
 でもこの話、どこかおかしい

 初期の頃はたわいもないテーマ多かったですよね。フォアグラよりアンキモの方が美味い。その理由はガチョウを食物を詰め込んで肝臓肥大の脂肪肝にさせた不健康なものより、海の荒波で生きてきたアンコウの方が健康だからである。

 不健康な肝臓は健康な肝臓に比べたら美味しくはない

 と言う摩訶不思議な論理が果てしなく続くんですよ。こういうのは
有精卵の方が無精卵より美味いと言うのと同じ、瞬間高温殺菌の牛乳より30秒間63度くらいの低温殺菌の牛乳の方が美味いというのと同じかも。

 牛乳の場合は確かに味が違う様ですが、でも売り場に並べて20円ほどの価格差だと低温殺菌牛乳は売れないですね。冷やして飲むと味の違いはわからないし、ましてシチュー、グラタンなどの料理に使えば違いがわかる人はいませんよ。

 所詮、そもそも「美食倶楽部」をテーマにしたフィクションで科学とは無縁だと作者はどうもそうは思っていないんですかね。こういうテーマはいずれゲテモノ食いになりやすい。ドリアン、クサヤ、ある種のチーズは場所を選ばないと狂人扱いですよね、そういうものもネタ切れしたと思います。

 フォアグラもアンキモもそんな滅茶苦茶美味いと思った事はないけど、アンコロモチをすきっぱらで食べた時、こんな美味の存在が許されて良いのかと食べる度に思いますよ

togetterから放射脳の砦を攻撃中

 放射脳の砦である阿修羅原発板をアラシた私は、放射脳界にてちょっと名前が売れた存在で、常に激しいスパム扇動を浴びてきました。

 関連まとめ(すでに非公開=放射脳のスパム報告)

【#阿修羅原発板が風評拡散の元凶 いつ叩くのですか?今でしょ!】http://p.tl/DOTZ

 それでも、久しぶりにtogetterで自由に放射脳を叩くまとめを作成しております。

 http://togetter.com/id/katukeibar

 それは、信夫山ネコさんやIKAさん他反放射脳の皆様の奮闘により、放射脳軍が瓦解しているからでしょうね。放射脳のデマ拡散にとどめをさす日も近そうです。

 メロリンは、ひょっとすると反放射脳のスパイなんでしょうか?ここまで馬鹿だと、可愛いく思えます。

 我が関連まとめです。

天皇お手紙騒動で針のむしろの山本太郎議員を必死に擁護する阿修羅原発板 http://togetter.com/li/584635

 この流れを味方に、放射脳の砦である阿修羅原発板叩きに、togetterの論客に除染活動を依頼しているのですが、誰も賛同してくれません。ネトウヨ叩きをした私は、反放射脳の5割を占めるネトウヨに恨まれております。


<関連まとめ>
 反放射脳のサティアンであるtogetterだけで放射脳を叩いて満足ですか?デマ拡散の元凶は叩かないの?反原発自体を否定できてませんよ ttp://togetter.com/li/583698

 なぜ気付かない? #阿修羅原発板が風評拡散の元凶 だと?
  ttp://togetter.com/li/584021



 私がいくら扇動しても、放射脳の砦阿修羅原発板を叩く勇者が少ないので、信夫山ネコさんから、阿修羅原発板を叩くべきと、号令を発していただけませんでしょうか?

 そろそろ、この放射脳のよる情報汚染に終止符を打つべきだと思います。

 放射能より悪い物。それは情報汚染 ttp://sirarezaru.seesaa.net/article/243932115.html

(2012年1月の我がブログ記事。いつまえ情報汚染が続くのやら。もうこの茶番劇は、終わりにすべきです。)

 ちなみに、私が今叩いているスレは、こちらです。

http://www.asyura2.com/13/genpatu34/msg/480.html

 久しぶりに、投稿数が300を越えており、阿修羅原発板の全放射脳が必死に抵抗しております。一気に殲滅してやりましょう。

 ログを保存 ttp://p.tl/WQxj

No title

 タローのアホバカぶりについては左右を問わず指摘するけど、理由についてはそれぞれ思惑というのか根底の思想の違いがあるみたいですね。やっぱりね。

 その後の言い訳を聞くと、国会議員としての資格はないし、彼も国会議員として国会で発言する事の重要な責務については全うする気はないのだと言えると思います。国会議員でいる必要はないなら何故選挙に立候補などしたのかが当然問われると思うけど、、もう除名をするべき。

 3分の2の賛同で除名出来るんですからやるべきだと思います。右は、不敬だとかマナーがどうとかいうけど、共産党でも護憲の立場からでも主権在民の現憲法を無視する議員の存在は許せないはず。

 昔、と言ってもそれほど前でもないけど三島由紀夫が自衛隊に乗り込んで、クーデターを今こそやるべきだと演説をぶったら自衛隊員から何を言っているんだ!時代錯誤だぞ!とヤジが飛んで、三島は意外な気がしたらしい。その後腹を切って介錯も一刀のもとに首をはねられました。

 時の総理大臣は中曽根康弘で三島由紀夫の独善主義は民主憲法の否定で許す事は出来ない、と多分こんな様な発言をしたと思います。

 同じ右翼の中曽根康弘でもそう言ったんですよ。請願法に抵触だとか言う前に明白な違憲行為で民主主義を否定するテロリストの行動なんだから、除名を内閣が発議するべきですよ。

 タローを擁護する連中は、朝日新聞をはじめ、いないわけでない。しかし明らかに国政上の大問題について、どう言い訳しようが天皇にその判断を仰ぐなどタローの行動は三島由紀夫にも匹敵する民主主義の否定である。

 福島原発事故で放射能による直接の健康被害を受けたものが一人もいないし今後も出ないと言う事について語らなければ、擁護する論も成立しないはず。

 原発推進派の僕には、朝日新聞の放射脳に取材した中では「勢いづかせるのではないか」と心配する人がいたそうですが、勢いづく以前にこんな馬鹿が国会議員になる事の方が怖い。反原発の連中は、「福島の人の命が脅かされている」と明らかに妄想であるのに、そんな声を取材するなど、朝日新聞も主権在民の現憲法を否定するものだと言う認識がないみたい。

 朝日新聞は明らかに共産党の志位委員長以下の放射脳とでもいうしかない
 


 脳のしわが放射状に直線なのかどうしようもない人、田中龍作程度しか僕はしりませんが結論から言えば、わが県の泉田君だけじゃなかったbbだ

No title

みなさん、コメントありがとうございます。

半月ほど、ネット離れしてさぼっておりました。

これから追いつきます。

No title

>IKAさん
工藤先生は11月2日のツィートで、デマロンを向こうに「私は○だ!・・・・・・・・・ただの○○のおっさんです。←事実無根ではない事実」と呟いています。やるなあ、工藤先生、ナイスオチョクリ。

福島の隣在住さん

どうでもいいことなんですが、三島由紀夫が自殺した時の総理大臣は佐藤栄作だったと思うのですが。どっちにしろ嫌な奴ですが。
中学生になったばかりの時は三島由紀夫もよく読んでいたのですが、今では、あんな中二病を好んでいたのか、と、人生の黒歴史です。

No title

boomboomさん
 失礼しました、その通りですね「独善主義は許せない」と言ったのも佐藤栄作の様な気がします。中曽根康弘は防衛庁長官なので、まさか三島に同情する様な事も言えるはずもなく「常軌を逸した行動というほかなく」と言ったそうですが、僕の記憶ではもっと反感を表した非難の言葉を言った様なきがします。

 二人とも事件までは三島と仲が良かったみたいだったけど、さすがに手のひらを返す様に三島を非難したんで「あれれ?」と思った事があります。

 僕は三島由紀夫のいかにも「鋭敏さわやか豊かな感受性」のイメージが嫌いだったのであえて読まなかったんです。憂国の志士なんて関係なく、不健全な肉体に不健全な精神が宿った自分を嫌っていましたから早熟で若くして輝く様な存在とはお友達になりたくなかったんです。

 でも三島事件については、なんというアホでドジな奴だろう、という感想だけでした。川端康成なんかショックで寝込んじゃったのにそんなのを取材するテレビなんかいい加減にせい、と思ったんですよ。

 そのときの自衛隊員がヤジを飛ばして、何を言っているんだ、やめろやめろ!と言ったのが一番共感できましたよ

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

shinobuyamaneko

Author:shinobuyamaneko
 福島県福島市の信夫山に住むネコです。
 原発事故以後ネット上には「もう福島市は放射能高くてダメ!逃げてください!」「福島はチェルノブイリ以上!」「子供を見殺しにしないで!」等の「反原発の叫び」が溢れてます。ネコはどこにも逃げられないから、もうノイローゼ気味。こういう「叫び」「脅し」の効果もあって福島に来る人は激減。街は沈み、市民は「すぐに逃げてください!」に怯えながら、静かに暮らしています。(←最近は嘘・デマがバレてきて、みんな元気になってきた感じだにゃ。)
 しかしね~、この種の「叫び」の根底に、「反原発」の「福島壊滅ならば原発全廃にできる!大大大チャンスだ!」っていう心理はないですか?原発全廃の為にはまず「福島壊滅」が必要とばかりに、科学的、医学的、論理的に怪しい説、大げさな数字等が「連呼」「拡散」されていないですか?それが「正義」になっていませんか?
 信夫山ネコは「故郷福島壊滅」を「原発全廃」の手段にされてはたまらんです。もし根拠がない数字や説の拡散によって、旅館の経営者が自殺するとかの悲惨な「風評被害」が出たら、大人しい福島人も終には訴えたりするのかにゃ~?!今はとにかくデマ、風評、誇張、脅し等を除染しながら記録するにゃ。(「リンクフリー」です 対「反原発」、対「放射脳」等での引用ご自由に)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR