「郡山市に住む事は法令に反している!」と煽る武田邦彦を郡山市が「後援」 こりゃキチガイ沙汰だ

何とか「猪苗代の戦い」には負けなかったようだけど、え~、毎度まったくバカバカしい「風評被害ネタ」が尽きないね~。今回のタイトルはおなじみ郡山の順一さんのツイート、「『郡山市に住む事は法令に反している!』と風評秘儀を煽ってる張本人を郡山市が後援するとか、本気で意味が分からない。」をモジったものだけど、要するにそういうことだにゃ。

その武田師講演は、https://twitter.com/jyunichidesita/status/349564917495521280/photo/1

郡山市建築行政協力会設立40周年記念 「市民のための環境セミナー 武田邦彦先生の講演会」
と き:平成25年7月19日(金)14時00分~16時00分
ところ:ホテルハマツ3階(郡山市虎丸町3番18号)

主催は「郡山市建築行政協力会」だそうで、何を今更こんなのにわざわざ金払って「郡山市は放射線管理区域に相当するから、人間が住むのは法律違反だ」とか言ってもらうのか、わけわからん団体だと当惑する。まさかサヨク的「市民団体」じゃないですよね~?「行政協力会」ですよね~?「行政妨害会」なら納得しますガ~。会員が「放射脳」なんですか?そして、おいおい「市民のための環境セミナー」って、安井至先生の「市民のための環境学入門」パクリかよ、とか(「建築セミナー」の間違いか?)、「郡山市除染アドバイザー」なんてやってね~だろ~、とか突っ込みたくなるが、最大問題はこの写真の「主催」の下にある、

「後援 郡山市」だ。

まさに目を疑うとはこのことだ。さすがに費用を出してはいないようで、「名義後援」、要するに書類を出せば係員が中身なんかよく見なくてハンコ押す、てなやつらしい。しかしね、こりゃ「迂闊でした」「通例中身は吟味しない名義後援ですから」じゃ済まないよ・・・。

齊藤 宏之 ‏@saitoh0619 6月28日
福島をdisるトンデモ学者を市が呼んでどうする,ということなんですけどね。なんでこうなるのか?

kame ‏@kamesan1959 6月28日
7月の武田講演会。後援の郡山市に抗議するのは市民の権利だからどんどんやろう。超党派の議員の養成なんて理由は関係ない。ただ会場のハマツにはね〜。ご商売だし…

菊池誠 ‏@kikumaco 6月25日
これは郡山市民が抗議していいレベルの暴挙だと思う “@jyunichidesita: 「郡山市に住む事は法令に反している!」とか風評被害を煽ってる張本人を郡山市が後援するとか、本気で意味が分からない。

msk_h ‏@msk_h 6月26日
今頃になって武田を担ぐとは。アホを極めたやつらがまだまだおるってことか RT @jyunichidesita 「郡山市に住む事は法令に反している!」とか風評被害を煽ってる張本人を郡山市が後援するとか、本気で意味が分からない。

夢騎士 (いっつも仕事中) ‏@dream_knight777 6月26日
郡山市はバカか? RT @jyunichidesita: 「郡山市に住む事は法令に反している!」とか風評被害を煽ってる張本人を郡山市が後援するとか、本気で意味が分からない。 pic.twitter.com/gSV1SmzUnE

フル・フロンタル ‏@full_frontal 6月27日
主催者もアホとしか思えませんな。RT @jyunichidesita 「郡山市に住む事は法令に反している!」とか風評被害を煽ってる張本人を郡山市が後援するとか、本気で意味が分からない。 pic.twitter.com/u4hz4aieaa


ま、もう順一さん発でツイッターは炎上寸前ですにゃ~。大体オレラ「義勇軍」が日々「風評加害」と戦っているのに、行政という「正規軍」が、宇宙人鳩山みたいな「足ひっぱり」「売国行為」するんじゃハナシにならない。しっかり性根据えてくれ。この「後援」という行為自体が「風評加害」となる。

順一 ‏@jyunichidesita 6月28日
下の@fukuoka_donaxさんの意見の様に、福島県内の状況をよく分からない人から見れば、『武田氏の講演を郡山市が後援する。』という事は『自治体が危険と言ってる』という風に取られる訳ですよ。これは郡山市としても問題ですよね。

順一 ‏@jyunichidesita 6月28日
いえ、名義後援なので市長関係無いです。 RT @fukuoka_donax 郡山は松本市などと並んで、被曝に理解の有る首長さんを選んだ稀有な自治体で羨ましい限りです。一方で武田氏の細かい言動の是非はともかく、同氏が危険と主張するだけの理由は十分にあるなぁというのが正直なところ


まさしくこの通りだにゃ。現実にもう自ら「風評加害」を後押しするという、「自殺行為」「自虐テロ」になっているのだ。これでデマリンあたりが「郡山市が武田邦彦氏を後援!市が自ら郡山に住めないことを認めた!何という偉い市長!拡散して!」とかキャーキャー叫んで、放射脳どもに「拡散」されるのは時間の問題だ。

何とか郡山市にこの「バカ丸出し」にしかならない「後援」を取り消させる方法はないものか。郡山市民でこれを知ったら激怒する人はたくさんいるはず。先のkameさんのツイート、「後援の郡山市に抗議するのは市民の権利だからどんどんやろう」だ。とにかく福島市在住の「福島県民」としても「経済県都」にバカなまねをしてもらっては大変だ。順一さんたちを応援する声を上げるのだにゃ。


(追記)
なお武田邦彦のデタラメな主張については以下参照

武田邦彦「2011年5月から言っているとおり~」は大ウソ いよいよ自主避難者「梯子外し」開始か?(1)
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-127.html

武田邦彦「2011年5月から言っているとおり~」は大ウソ いよいよ自主避難者「梯子外し」開始か?(2)検証編 2/14追記あり
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-128.html

なお武田邦彦は郡山市が訴えられた「ふくしま集団疎開訴訟」の裁判で、郡山市勝訴(=疎開は必要ない)の判決を批判、反対している。
裁判は死んだ。だから正義も死んだ・・・郡山被曝疎開裁判
http://takedanet.com/2013/05/post_e2f1.html
(音声で「ひどい判決」とハッキリ言っています。)
これだけでも、郡山市の「後援」は矛盾だ。郡山市は「郡山から子どもを学校ごと疎開させろ」という「ふくしま集団疎開」の主張を支持する武田邦彦を「後援」しているのである。

郡山市への意見を送るには、
http://www.city.koriyama.fukushima.jp/pcp_portal/PortalServlet?DISPLAY_ID=DIRECT&NEXT_DISPLAY_ID=U000004&CONTENTS_ID=11967
「メールフォーム」の他、一番下左側には「総合政策部 広聴広報課 市政情報センター」のメアド、電話番号も出ている。 

もちろん市役所職員個人を凹る、困らせるのではなく(彼らも被災者だし、武田被害者かもしれない)、節度を守った「抗議」「意見」を送るべきだと思う。前回エントリーに書いた「ふくしま子ども大使」事件は、福島と関係ない「静岡から熊本に自称避難した市民活動家」「イエロー信者」やらが、熊本学院大学にたったの70件「抗議」して、しかもその内容は「猪苗代の放射能値は全国水準と変わらないのに、子どもを被曝させるな!と叫ぶ」という非科学的、根拠なしの感情的抗議なのに、それがアサヒだの毎日だの「全国紙」の記事になったのである。これに比べたら、我々フツーの福島人、日本人の郡山市への声は数段上のニュース・バリューを持つはずだ。まだ時間はある。


(さらに追記)
なお、郡山市のイベント情報をまとめた「こおりやまポータル」(運営 NPO法人ウェッブストーリー)
http://ki-zu-na.org/modules/bulletin/index.php
には、先週にはこの武田講演会のお知らせが掲載されていた。しかし現在は削除されている。これが何を意味するのかは不明だが(満員で募集締め切りもあり得る)。
武田郡山イベント


また「家族で福島県郡山市から自主避難しています。情報発信していきます。」という人のブログ

福島県から自主避難している親父のブログ

ホンマでっか学者 2013-02-03 13:12:21
http://ameblo.jp/q-ni/entry-11457363779.html
彼(注:=武田邦彦)は「1ミリシーベルト毎時を厳守させるべき」と自身のブログで説いていたっけ。
彼のブログに影響されて「このまま郡山にいて子供らを危険にさらすのはヤバい」と思い、自主避難の判断材料の一つにした覚えがある。
このDVD(注:=武田氏と中村仁信先生が討論してるDVD)では、武田氏、ブログで書いてないホンネを言う。
武田氏いわく「私は、"放射線被ばくは線量によってはいい影響が出る"と思っています」
さらに、「放射線ホルミシス仮説は仮説なんかじゃないよ。あたりまえのこと」
武田氏、自分のブログでは「危ない」節オンパレードとお見受けしてたけども、ホンネは全く違っている。
武田氏、完全に二枚舌~。



間違いなく郡山市民が、武田邦彦の主張に振り回され、被害、実害を受けている。
この人の最新(最後の)エントリーは以下の如し。

放射能、洗脳オバケ 2013-02-07 11:32:36
http://ameblo.jp/q-ni/entry-11457418581.html
オイラ、自主避難なんざする必要なかった・・・トホホ。
"低線量の被ばくは少しでも危ない"と、ずっと思ってたオイラだったが、完全に思い過ごしだったことが今回の学習でよく理解できた。今は、放射能オバケから解放されて、晴れ晴れした気分だ。
しかし、まだまだ、多くの人が真実を知らずに放射能オバケにビビッていることだろう。(特に、自主避難民は)そういう人たちが放射能オバケ信仰から解放される日を願ってやまない。



この人は幸い、「危険煽り」「放射脳」から解放され、今は郡山市に戻ってきたのかもしれない。しかしこの人のように武田邦彦に煽られて、「自主避難」した人が多数いるのだ。その責任は重い。

今になって「郡山に住んでいる人は、心配していると思う。法令では、年間積算放射線量は、内部被曝と外部被曝を合計して、1年間で1ミリシーベルトと決まっている。これを守ることが大切である」「身体に、具体的な障害が出る恐れがある基準は、今のところ1年に5ミリシーベルト以上ということになっている。その根拠は、1年に5ミリシーベルト以上を浴びて白血病になった場合に、労災が適用された判例があるということである。5ミリシーベルトの内訳は、自然放射線が1.5、医療放射線が2.2、核実験による放射線が0.3、原子力発電所による放射線が1.0である。これを守るためには、医療放射線を浴びないことである。被曝しなければ、健康被害の確率が下がる。一応の限度は5ミリシーベルト、そして、その中で被曝量を減らす努力をすることが結論となる」(3/28郡山 武田邦彦講演から)などと言って、「郡山から逃げる必要はない」等と言ったところで、過去の罪は消えるものではない。

いくら何でも郡山市は武田邦彦を「後援」するべきではないと思ふ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

新エントリ乙です。

とりあえずこの件に関しては
むかっ腹がたったので、
抗議メールを郡山市に送り、
ついでに市民提案のとこにも同文をいれておきました。
(今となっては元市民ですが)

まあ、この件に関して、
以前のエントリにも書き込みましたが、
知人よりのタレコミによると、

『「郡山市建築行政協力会」の意思決定に
どの程度かかわっているのかは不明だが、
連絡先になっている建築士は一家でガチガチの放射脳、
娘は放射脳こじらせて、子連れで関西に自主避難中』
だそうで、
この辺が関係しているのかもしれませんね。

それにしたって、福島に住んでいながら
今『武田邦彦』ってどんだけ情弱なんですかね 

orz

お~

福島の医師@ほろ酔いさん、それいいですね、ガンガンやります。
http://www.city.koriyama.fukushima.jp/pcp_portal/PortalServlet?DISPLAY_ID=DIRECT&NEXT_DISPLAY_ID=U000004&CONTENTS_ID=11967

ですね。

No title

そうそう、そこですね。

まあ、あまり派手にやってしまうと
業務妨害と受け止められる可能性もあるので、
節度を守ってやりましょう。

とはいえ個人が1日1通程度送る分には
業務妨害には当たらないと思料しますので、
これからレスがあるまで毎日送ってやろうかなw

郡山の武田教授

自分で書いたショートストリーを取り上げるのも気が引けるのですが、良かったりお読みください。「武田教授郡山講演の日」福島差別の張本人を皮肉りました。http://pub.ne.jp/admisaki/?entry_id=4937929

No title

朝日や毎日などの記者もよんで 怪しい数値が出てきたら
ボッコボコにたたくってのは どうでしょうか?

今さら 後援の文字ははがせないでしょうから 逆手にとるというか・・・

あっ だけど 質疑応答なんてやらないか! 言い逃げ?

うるしねまきさん

ショートストーリー 読ませていただきました
にやり ですね  福島の日常をお楽しみあれ!
(本当はボコボコにしたいけど)

No title

「武田講演を市が後援したことに、地元から大量の抗議が起こる。そのことをメディアがニュースとして取り上げる」

というのが「福島の声、意志」を全国に知らしめる方法じゃないかと思います、この場合。

No title

>みずほさん
>あっ だけど 質疑応答なんてやらないか! 言い逃げ?

参考までに
2013/03/28 に郡山に来た時の動画

http://www.youtube.com/watch?v=8gEpyVzPvkM

それなりに質疑応答はやったようです。

No title

↑の動画を流し見してみましたが、

なんか市議会議員の滝田はるな氏、へびいし郁子氏が
参加していたようですな。

まー緑の党と偽装緑の党ですからなー、
でもこういうのがいると
「地方議会のあまりのアレ具合」とか言われても仕方ない気がする。

また、知人情報によれば
「会場に例の連絡先になっている建築士と思しき人物がいるように見えるが、
 遠目だったりぶれたりで確証は今一つ」とのことでした。

>ネコさん
>(満員で募集締め切りもあり得る)

前回の講演会の状況を見る限りかなり空席が目立つので、
今の時点で満員てことはないのではないかと思います。

何か動きがあったのかもしれませんね。
そう願いたい。

ホラー仕立てでもイケルかも?

うるしねまきさん

ショートストーリーを拝見してにやり・・・。
善良な県民がみんな「刺客」という・・・。
にっこり・純真無垢な感じでじ~わじわ取り囲む。

いいね~!!!
私も脇役として登場したいです。


ネコさん・医師さん・みなさん
>何か動きがあったのかもしれませんね。
>そう願いたい。

そうだったらいいな。

そもそもアイツの面の皮が厚いのは知ってたけど

今さら福島からお声がかかっても
恥ずかしくて申し訳なくてどの面下げて・・・?
自ら断るもんでしょうが。

放射脳の砦 阿修羅原子スレをぶっつぶしませんか?

 ただいま、下記のクソスレにて、脱原発派諸君を論破中です。

元国立癌センター放射線診断部医長「細かな嚢胞が”・・・ハチの巣”みたい」福島共同診療所報告会にて-いわき市民のブログ
http://www.asyura2.com/13/genpatu32/msg/296.html
投稿者 天下万民 日時 2013 年 6 月 26 日 12:48:43: icvBmcVGYoU6M


 しかし、恒例の投稿拒否が始まりました。

 放射脳の砦=阿修羅原発板に、また投稿できない!卑怯過ぎだぞ!管理人!我が訴えを聞け!(お願い)
  http://hanasyura.seesaa.net/article/367943958.html?1372589309


 皆様も、放射脳のデマ拡散を阻止すべく、援護射撃をしていただけませんか?よろしくお願いします。

No title

どうも自分のストーリーは、今回のエントリーの趣旨にはそぐわなかったかも、と反省しています。
みずほさん
>本当はボコボコにしたいけど
確かに福島県民の気持ちは、この無責任男に怒り心頭でしょう!
なおみさん
八重の桜ではないけれど、このエセ大学教授に女性、子どもに至るまで「刺客」となって送りたい心境だと思います。
今度はもっと自分自身想像力を高めて、この大学ルーピーを尖閣の果てへ流刑にでもしたいものです。
それにしても郡山市の対応は解せません。公共機関という所はどこも過激な市民団体の圧力に弱い傾向がありますね。それを普通の市民ととらえて穏便に済ませようとする事なかれ主義というか。

No title

原子力は安全です。。

http://takedanet.com/2007/04/post_5741.html

No title

新エントリご苦労様です。

武田のオッサンについては郡山講演会が今年3月に続いて2回目なのかな…。どのツラ下げてと思う反面、福島市やいわき市や会津若松市にこんなに来てたっけ?と思います。
私は福島市だけど、少なくとも半年もおかずに講演会って頻度はないと思います。郡山だけ(?)この頻度ってのは、やっぱ「呼ぶやつ」がいるんでしょうね。
ちなみに武田の講演料は50万円以上するようですから、呼ぶ方もそれなりの覚悟は必要かと。
今回は特にホテルハマツ使いますし、経費100万円はかかるかなぁ…(宣伝費はかけていないみたいなんで、そんなに行かないかも。代理店の影も感じないし。本当の経費分だけで済んでいるかなぁ)。

郡山市の「後援」についても、主催団体が建築「行政」協力会ということで、普段から行政との接点があって、その流れから後援要請→承諾、って事になったのかなぁ、と想像しました。
(この団体、常設の事務局がないみたいですし…通常この手の団体は建築土木であれば地区の建設会館辺りに依託していそうなんですが…そんなに大きな団体ではなさそうです)

一応、郡山市には私なりの方法でメッセージ送るようにしようと思っています。

どうでもいいことですが

>GTRさん
リンクされたブログより一部引用

>軽水炉から原子爆弾を作る方法が二つある。一つは 原子炉に入れる燃料のウランを使って爆弾を作るこ と、もう一つは原子炉から出てくる使用済みの核燃料 を使ってリサイクルし、プルトニウム爆弾を作る方法 である。

う~ん、この人資源材料工学が専門で、ウラン濃縮で政府の委員になったんですよね?
この人、「わかっていて」煽り入れているんだと思っていましたが…。

http://togetter.com/li/473668

を見ると、「軽水炉で兵器級のプルトニウムはまずできない」って皆さん言っていますが…。
まとめ人本人ですら「現実的な事を考えずに、技術面を思考実験的に」シミュレートしているようですし…。

一応、こんな論文も見つけたんですけど…。

http://www.cnfc.or.jp/j/proposal/reports/

う~ん、難しくてよくわかりませんが、アメリカは原子炉級のプルトニウムを兵器化することは不可能ではない、ってレポート出しているようですが…でもこれも「技術的」な面での論みたいですし(政治的な側面もあるようですが)。
論文のシメが

>つまり「作れるかどうか」ではなくて「作る 意味があるかどうか」の問題であり、答えは「ノー」である。

ですからね~。
武田のオッサン、本職でもダメダメって事でいいでしょうか?

No title

スゴクいいです。

No title

このエントリーには関係の無い話なのですが、聞き捨てならぬことなのでお知らせします。チダイが福島の女子高生にコンタクトを図っているようです。
http://togetter.com/li/524143

福島に限らず、若い女性のみにコンタクトしようという放射脳にろくなやつはいません。
http://togetter.com/li/524143

皆様、周囲にご注意を呼びかけてください-。

No title

チダイのとこ貼り付けるの間違いました、正しくはこれです。
https://twitter.com/any_k/status/351229242316578816/photo/1
失礼しました。

No title

郡山市建築行政協力会は郡山市と色々関係があるようです。

「建設リサイクル法に関する全国一斉パトロール」に協力したり。
http://www.city.koriyama.fukushima.jp/upload/1/2371_kennseturisaikuru.pdf

郡山市長が総会後懇談会に出費したり
http://www.city.koriyama.fukushima.jp/upload/1/2003_H2411kousaihi.pdf

郡山市から補助が出るセミナーを開催したり
http://kabu-tsuboi.cocolog-nifty.com/blog/2010/07/post-ce34.html

前のセミナーはタダだったみたいですね。
http://www.medianetplan.com/040125/005.html

これだけを見ると悪いことをしているわけではなさそうですが。

お中元に桃・待っていてもいいだろうか?

雨が・・・降らないのです。
直売所見てもまあだまだ・・・小ぶりなのが少し出てきたかな?


うるしねまきさん
>どうも自分のストーリーは、今回のエントリーの趣旨にはそぐわなかったかも、と反省しています。

いえいえ。さすけねえことでございます(アヤシイ福島弁)。
私はおもしろかったです。

ショートストーリー以外のところも拝見しましたが
私も涙そうそう好きですよ♪
カラオケで歌ってて、ゆったりとしたいい気持ちになります。

それから立川談志師匠がマスコミから
「江戸っ子ってなんだと思います?」と尋ねられたら
「江戸っ子たあ佐幕のことよ」とおこたえになったとか。

その定義をそのまま
ネコさんのブログでのあれこれに当てはめると

インボー論とかオマエラ関係者だろとかいうアタマノワルイ人たちを
勘違いさせてしまうのですが

形勢がよかろうが悪かろうが
己の信じたことを曲げずに貫き通すという心意気は
私は大好きです。

変わり者だとかワガママだとか
空気読めないとかバカ正直だとか言われたとしても

ここに集まってくる人は
談志師匠の言うところの「江戸っ子」だと思います。

それにしても昨日の八重の桜は辛かったです(涙)。


IKAさん
なるほど・・・。

そんな無駄金を(と私は思うけど)自腹切って払って
自分達はいまだに武田なんかを信じています~って宣伝して
参加費取らないなら
金持ちの趣味の世界なのかなあ・・・と思ってほっとくところですが

郡山市利用されちゃって・・・ぬかったなあ(笑)。

私も私なりのやり方でメッセージを送りたいです。


千貫森の宇宙人さん
むむむ!これは聞き捨てなりませんな!
学校一斉安心メールで流してもいいくらい危険情報かも。

携帯・スマホをお子さん方に持たせて
こんなにいいことありました!
って話より

あちゃー・・・・と言葉を無くすような
トラブルに巻き込まれる話のほうが多いように思います。

優しげに近寄ってくる人には、最初は注意してね。


渡利の本、読んでます。
奥様が書かれた部分まで読みました。

>「これも福島だ」と思ってほしい

と謙虚に書かれていました。

震災直後の一日一日を思い出しながら
また
その後の具体的・積極的な行動を読むと
「私とこのひとも違う」と(当たり前ですが)思ってしまって

でも「思い」は同じでした。

マスコミ不信
「助けてって言いなさい」的な運動は嫌
どんな支援をと問われたら「それぞれの持ち場で奮闘すべし」

ひとりひとりが
自分の生活を大事にしながら
丁寧に生きましょう。

お節介やみっともないことはやめましょう。

No title

>千貫森の宇宙人さん

http://twitter.com/any_k/status/351229242316578816/photo/1
「痴大」って誰かにコテンパンにやられて消えたと思ったら、本来の方向に向かってる、ってことですかね~。兄ぃさんしっかり監視しておられますな~。(ツイの場合、sを消すと行けることがわかりました)

福島は奴らによる医学デマ蔓延で、変質者による「お医者さんごっこ」なんかを誘発しやすい状況ですから(ニシオとかNAZEN診療所が「ごっこ」だとは言ってませんガー)、気を付けましょう。福島はある程度リテラシーが育ちつつあるからね~、「自主避難先」の人たち、これは気を付けた方がいいかも。

No title

激オコりやま

取り急ぎ

ちだい氏のツイッター、最近「なかのひと」が変わって「マネージャー」が担当する、って話がありましたね。

http://s.ameblo.jp/naitomea93gc/entry-11562107706.html

まあ、真相は藪の中ではありますが…。

横道にそれててごめんね

「勝海舟なんか江戸っ子じゃないやい!」(以前は好きだったのに・・・)
と憤ってたら

福沢諭吉が「痩我慢(やせがまん)の説」で
「そうだそうだ!」って言ってました。

勝海舟みたいなずるいおじさんは嫌い。
でもこういう人が偉かったり顔が広かったりするから嫌。

大人ってずるいよ。
引き込もってやる。

どうでもいいことですが。その2

ええと、GTRさんがリンクしてくれた武田のオッサンのブログへのツッコミその2です。

>1)軽水炉を持って発電する。 2)濃縮ウラン工場を持って原料を確保する。 3)再処理工場を持って廃棄物処理をする。 4)爆弾を作る。 という順番である。

>日本は1)、2)、3)を行った。北朝鮮は、1)、3)、4) を行った。それぞれの国家の目的に合わせて原子力というものを使 用している。

え?いつから北朝鮮は軽水炉を持ったんですかね?
確か日米韓で軽水炉を供与するKEDOは、北朝鮮の約束違反で反古になった筈ですが。

http://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%9D%E9%AE%AE%E5%8D%8A%E5%B3%B6%E3%82%A8%E3%83%8D%E3%83%AB%E3%82%AE%E3%83%BC%E9%96%8B%E7%99%BA%E6%A9%9F%E6%A7%8B

そもそもKEDOが出来たのは、「発電の為には原子炉が必要」とする北朝鮮に対して、「兵器級プルトニウムを生産しやすい旧ソ連の黒鉛減速炉」(←北朝鮮はこの技術をある程度持っている)を放棄させ「兵器級プルトニウムが出来ない軽水炉」を供与する事で解決を図るものだった筈ですが。
これって、当時結構ニュースになってたんで、多くの人が知っていたと思うんですが。
(私の場合、なんで軽水炉だとプルトニウム爆弾が出来ないのか…当時は全く理解出来ませんでしたが。少なくとも核開発を止めさせるための軽水炉供与、ってのは覚えています)

他にも素人ながら「?」な部分が満載ですね~、このブログ。
本当にホントの専門である「ウラン濃縮」の部分でもこれなんですからね~。

まあ、武田のオッサンですから「シロートには適当な事言ってもわかんねーからいいんだよ」って事なのかもしれないですけどね。

続編が出来ました

前回のショートストーリーが若干迫力不足だったので、続編で少しヒートアップさせました。
いかがでしょうか。
http://pub.ne.jp/admisaki/?entry_id=4952004

知れば知るほど

IKAさん・みなさん

だ~か~ら~!郡山市よ!主催の人たちよ!!
何故!今になっても!武田なのか!?
こんな武田なのに!!こんなですよ・こんな!!!

こんなのに50万・100万払うくらいなら
私に預けなさい。
倍にして返してあげます(嘘です)。

・・・はあはあはあ・・・。

だいっ嫌いなのに
どんどんインチキな部分を詳しく知ってしまって

もう臭い靴下を嗅がされちゃうプレイ状態!!!
や~め~て~(発狂寸前)!!!


あ・・・でもどんどん暴いてってください。


うるしねまきさん

たとえ妄想であっても・・・
武田に福島の美味しい食べ物はあげません。
うちの三角バケツの物だってあげません。
なああああああんにもあげません!!!!!

きいいいいいいいいっ!

No title

なおみさん
>うちの三角バケツの物だってあげません。
レストランの固形の食品サンプルで十分?
東京の合羽橋の問屋街で売っているかもしれない。

む、これはいかん!

誰か!この中に「美味しいもの」をお持ちの方はいませんか?
今のなおみさんには「美味しいもの」が必要です!

とりあえず私は、最近近所に「丹坊」ができたので「どら焼」をお持ちしました!
どうぞお召し上がりください!

(なおみさんごめん、ネタにしてしまった…笑)


スポンサー

>IKAさん

「呼ぶやつ」=「武田の旧知のスポンサー」
かも。
最近暇そうにしてる武田にお仕事発注してあげたのではないでしょうか?
ギャラリーにはある程度サクラを動員するんじゃないかと。
スポンサーは主催団体に何らかのコネがあるんだけど、表立って名前を出したくないとか。。。
土地自体には人脈を持っていても、郡山在住の人ではないのかもしれませんし。
勝手に色々考えてしまうのですが。
それにしても郡山市、なんで事前チェックできなかったのでしょうか。
いくら何でもこれはないでしょう。

No title

>ネコさま
sを取るのですね、了解しました。
確かに、県内の皆さんはこの様な、カルトまがいの勧誘にはかなり警戒していると思います。県外避難者や東京・神奈川等の関東地区の若い女性は要注意だと思います。
木下イエロー太もこれ、
http://kokucheese.com/event/index/90304/
20代30代の独身女性や、子どものいない既婚女性って、下心スケスケでしょうが。
朝男の件は、定期的に蒸し返しましょう。

>なおみさま
放射脳男が、かような手でツイッター等で福島の女の子に接近してくるかも知れんので、できるだけ多くの人に周知徹底ですよ、サンプルに朝男の件をつければ説得力増すでしょう。
しかし、ヒーローが児童ポルノはダメすぎでしょう。

>IKAさま
痴大は、いったいどうしたのでしょうか。
ほかにも向こうじゃ、内ゲバが大流行のようだし。まだ確認中なのですがデマリンとウソトンが決裂したらしいです。

No title

訂正

朝男→朝夫

失礼しました。

No title

>千貫森の宇宙人さん
あ、ソトンとマリリンの戦い?見っけました。

http://mobile.twitter.com/mariscontact/status/351675897759277056

(s抜いてみました)

マリリン、こんなことも言っていますが…。

http://mobile.twitter.com/mariscontact/status/351680597984428032

疑似工作員、ってとこですかね。

No title

ネットで拾った武田邦彦の暴言・・・・関西の番組の文字起こし
Q:東北の野菜とか牛肉を食べたら僕らはどうなるの?
A:もちろん健康を害しますから出来るだけ捨ててもらいたい。
http://omoixtukiritekitou.blog79.fc2.com/blog-entry-1120.html

No title

>IKAさま
おお、IKAさんナイス。
デマリンはあと20年早く産まれても、連合赤軍で大活躍したかもね。



名士?迷士?

このお方は郡山市では建築関係で市に貢献している「名士」のように見えるが、武田センセーを呼んだ講演会を開いたところから実は「迷士」だったようだとネット住民が気付き始めたのが現状のようです。

この御仁はネットや出版物に大した言動を残していないようなので(動画は削除しているようです)シッポを掴むのは大変でしょう。

No title

なおみさん


先日、長崎へ行ったとき

グッジョブな九州のチーズケーキを発見しました

フォンダンフロマージュ

取り寄せも出来るので

一度お試しあれ。。

https://www.akaifusen.jp/shopping/

「名士」

>笹団子さん

つまり今回武田邦彦を呼んだ人、ですかね~。

NPJ 福島へ-3 郡山市 和田賢一建築士の「郡山の市民として」
http://movie1.search.biglobe.ne.jp/video/watch/d58fd48a98a055f3

はもう見られませんが、この「NPJ」のリスト見ると、スンゴイ面子です。要するに「丸森」なんかと似たようなことを言っていたんですかね~。

NPJ動画ニュース 2011年分
http://www.news-pj.net/npj/mv/2011.html

住んでみて初めてわかる

まず、なおみさんに六華亭の「十勝日誌」をおそなえ(笑)して。
これ、六華亭のお菓子が何種類も入っていて楽しめますよ。
あ、「チョコまん」は賞味期限が3日ほどで短いですから早めに食べてくださいね。

さて、かもがわ出版に注文していた「あの日からもずっと…」が届きました。外の人が憶測で福島県とひとくくりにするんじゃないってことですよね。いろいろな人たちがいろいろな事情を抱えていろいろに暮らしている。それはどこの人でも同じこと。

一度も行ったことの無い土地のこと、いくらそこの情報を集めても「わかる」とはいえない。
旅行で行ってみると、知らなかった・分からなかったことに出会う。
そして、そこに住んでみると、やっぱりたくさんの発見がある。

転勤して歩いていると実感できます。

そうそう、早野先生のほぼ日刊イトイ新聞での対談は昨日が最終回でした。
http://www.1101.com/hayano/2013-07-01.html

早野先生は科学者としてのやり方で行動した、ということなんですよね。そこで大きかったのが「研究室の虫」ではなく、歌舞伎を見たり甘いものを食べに行ったり、普通に楽しく暮らす人だということだと思います。

科学の知識を正しく伝えることはもちろんですが、それでどうするの?ということをちゃんと考えている。
「陰膳調査」はそういうことだと思います。

ロックとSFを愛するキクマコ先生も、そういう感じがします。

生活感って、大事ですよ。

主催者関連情報

前のエントリにもコメしましたが
改訂して再掲


主催者プロフ
https://www.jshi.org/search/detail.php?id=250

NPJ関連記事
http://www.azusawa.jp/comit/20110529.html
>耐震診断については独特の方法をお持ちとのことであり、
>随分依頼が殺到している

震災後はウハウハのようですなw

NPJ代表梓沢和幸氏ホームページ
http://www.azusawa.jp/

原発ではアワプラネットと並んで
日共系報道機関を請け負ってる可能性
http://www.azusawa.jp/comit/20110525.html

最近は在特デモ批判に首突っ込んでるようで。
共産党の先兵か?
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik12/2013-03-31/2013033114_02_1.html




・その梓澤和幸なる弁護士は
「福島の子どもたちを守る法律家ネットワーク」の共同代表
http://saflan.jugem.jp/?pid=1

だいぶ何かがつながってきましたね。
邪推かもしれませんが。

邪推ついでに、
この連絡先になっている主催者と思われる建築士のホームページには
「気密断熱・エコ・リフォーム」などの文字が並んでおり、
この講演会を放射性物質の不安を煽ることで
リフォームを勧めるなどの個人の営利目的に
利用しようとしている疑いがあります。

震災後はウハウハだったけど、
最近はだいぶ下火になってしまったので、
不安を煽って夢よもう一度といったところでしょうか。



さらに郡山市がこれを後援するということは、
市民の不安を煽って土建屋が儲ける図式を
行政が後押ししていることになりますな。

この話はかなりネットに流れてしまっていますから、
郡山市の対応として
こっそり後援取り消しだけでは済まないのではないでしょうか。



さらに邪推すれば、
今でこそ東北のウィーンとか言ってますが、
つい最近まで東北のシカゴと言われた郡山。
職業に貴賤はありませんが、どうも土建屋関係は、
いろんな利権が絡んでいて、アヤシイ人脈もうわさされる。

除染利権とかまでつながってたりするのかしら。
(あくまで邪推ですw)

郡山の名士?

えと、とりあえずは今日のおみや。
(須賀川に来ているので)須賀川の「かみしめ」です。

http://www.sukagawa-town.net/search/detail/detail.php?jig_no=135&PHPSESSID=c4f482b4bf93fb3f0711f7d3e2887ea8

くまたぱんは以前に紹介したし、今回は「ちょっと不思議な食感」のお菓子ですね。



今日、郡山の名士?とお知り合いの方と話をしたんですが。
「郡山建築行政協力会」という団体は、文字通り「建築業者と行政の両者を円滑に結ぶ団体」という事でした。
例えば「行政サイドで法律の変更、新たな通達等がおこなわれた時に、会員に対して説明や講習会等を行う」ような団体だそうです。
普通の「業界団体」って事ですね。

で、この「名士?」サンはながらく協力会の会長サンをつとめているようで、ご本人は「ちょっと変わったところもあるけど、普通の人…最近は会ってないけど」だそうです。
「原発事故以降」アレな感じになったみたいですね(思想的背景は無さげです)。福島の医師さんがおっしゃるような「ちょい金儲け」に走った可能性も否定出来ませんが。

一応、「郡山市建築行政協力会」には武田のオッサンの講演会を開く程の金銭的余裕があるわけでもなさそうですが(う~ん、マトモな会員さんによる監査とかしたらどうなるのかわかりませんけど)。講演料は協力会の予算で出したわけでは無さげかなぁ。
少ない金額ではないですから、独断で予算取ったとしたら大問題になりますよ。武田の講演会なんて、協力会本来の活動じゃない事は確かですから。

それに会員に対して「協力会で武田センセの講演会主催します」って説明なんかは無かったみたいです。同時に会員に出席の動員もないみたいですけど。(少なくとも話を聞いた人は初耳だったそうです)

長年自分が会長をつとめている組織だけに、ちょっと暴走したのかもしれません。

たった一人からしかお話聞いていないんで、なんとも言えないンですけどね。



>元大阪府民からの伝言さん
という事で、経費は「個人負担」か、協力会とは別のスポンサーがいる可能性はあります。
協力会は「それっぽい名前の団体」という事で名義使われた可能性が高いと思いました。

また、郡山市の後援も、順一さんのツイッターを見ていると「名義のみの後援」で、それなりの手続きと従来の信用があれば通っちゃうものみたいですね。

http://mobile.twitter.com/jyunichidesita/status/350586031541727233

まあ、いくら手続きしたって「反社会的なイベント」に対する後援はしない筈ですし、武田の講演会は十分に「反社会的なイベント」だとは思いますが。

>千貫森の宇宙人さん
ちだいのマネージャーって、今どこにいるんでしょうね~。
(今は本人がツイートしてるみたいですし)

ちだいはやっとの事で本を出版したんで、ちょっとオダってるみたいです。

http://togetter.com/li/503825

しっかし、「女子高生」にこだわるって妙にオッサン臭い。
こういうのは遠くからチラッと見ているのに限るんですが(いや、ちょっと違うか…笑)。

>北の国からさん
私個人としては、「福島の人は皆○○」ってレッテル貼られるのはイヤなんですね。
キチンとリスク判断してる人もいれば、未だにひたすら怖がってる人も(少なくなっただろうけど)いるでしょうし、地道に少しづつ復興を目指す人もいれば、ちょい煽り入れて一儲け、って人もいるでしょうね。

住んでいても分かんないことはありますが、それでも一度直接見に来てもらえれば「良いことも悪いことも、いい人も悪い人もいる、普通のところ」って事はわかってもらえると思います。

>福島の医師さん
う~ん、名士?の人については分かんないこと多いですけど、以前から「環境重視の家づくり」やっていて、その時の人脈使っているのかもしれませんね。

>東北のシカゴ
ぷフッ。今はちょっと禁句気味になっていますね。
除染利権…郡山に限らずいろんなところにありそうです。

お聞き苦しい場面があったこと・お詫び申し上げます

うるしねまきさん

>レストランの固形の食品サンプルで十分?

それももったいないけど・・・(もうあの人にはホントに厳しいですよ!!)
弱った歯にはいい攻撃になるかもしれません。
かじるかどうか置いておいてみましょう。

観察して論文書いて自由研究に提出してやるう!


IKAさん

はあはあはあはあ・・・。
おかげさまで・・・どうにか落ち着きました(もぐもぐもぐ)。

的確なお見立て、ありがとうございました。
持病のしゃくが出たようで・・・(もぐもぐもぐもぐもぐ)。
よかったら・・・飲み頃の温度のお茶もいただけたら・・・。

(遠慮なくネタにしてください・うっふん。
おなじみの皆さんにならアタシ・何されてもいい・・・)


元大阪府民からの伝言さん
>いくら何でもこれはないでしょう。

そうですよね。そう思いますよね。

「公序良俗に反する」ことではないので
(いや・でもあのツラはむにゃむにゃ・・・)
趣味でお金出してる人にやめなさいよとは言えないのでしょう。

だからこそ!うっかり!何の手違いだかで一度でも
郡山市が「後援」なんてお知らせが出回っちゃった
脇の甘さをオネエサンは怒っているんです。

各自の持ち場で奮闘せよ
でしょう?

役所の方の武器ははんこと書類でしょう?
窓口と会議室が戦場なんでしょう?


千貫森の宇宙人さん
>20代30代の独身女性や、子どものいない既婚女性って、下心スケスケでしょうが。

読めば読むほどオカアサンは心配でたまりません。

こういうことに関心があり、参加しようと考えるお嬢さん方は
真面目な方ばっかりでしょう。
そういう場所に参加しつつ、自分の考えを保つって
とても難しいことなのよ。

ダメ・絶対。


GTRさんにまでお気遣い頂き・・・
かたじけないことでございます。

美味しそうですね♪
長崎ですか~。いいですね~(すっかりご機嫌)。


北の国からさん
おそなえ~(笑)。
はい・ありがたくいただきます(もぐもぐもぐ)。

糸井さん・早野先生・・・他にもたくさんの素敵な人を
あの混乱の中で知ることができ・・・
それはこちらのコメント欄の方々もそうなんですが
気がついたら私がいいなと思ってた人たちはみんなつながっていて

それがすっごく嬉しいです。

自分の宝物箱にランダムに集めた何かが
同じ質のすごくいいものだったみたいな。

私は本当はすごく恥ずかしがりやで控えめで(そうなんです)
そういう人たちに本当に会える機会があっても
講義室の一番後ろの窓際あたりに座って
もしも偶然目が合ったらにこってお辞儀して
「ありがとうございました」って念を送って
何もお話できなくて帰っちゃうと思うんですが

何も話さなくてもわかってくださってる方には
言葉なんていらないんだな~。
安心した猫のように・いい気持ちでそばにいて
集会が終わったら・・・うにゃあんって帰ってくると思います。

あ・くるねこ買って読んでます。

>生活感って、大事ですよ。

私もそう思いました。

あと譲れない好きなもの・守りたい大事なものがある人。
自分軸のある人。肩の力が抜けてる人(達人風)。


福島の医師@お昼休みさん
>こっそり後援取り消しだけでは済まないのではないでしょうか。

何か言ってくれたら「そうか~」って聞くのにね。
聞くだけわね(にやり)。


IKAさん
噛み締めて食べるからかみしめ???

>協力会は「それっぽい名前の団体」という事で名義使われた可能性が高いと思いました。

それがホントなら
あっちからもこっちからも
信頼されそうな「名前」を断り無く勝手にもってきて使って・・・

それってどうなんですか(キリッ)。
私が参加者なら「騙された」と思いますが。

>今はちょっと禁句気味になっていますね。

それでちょっと思ったのですが・・・
今度選挙でツイッターが使えるとかってなるでしょう?
いい(人気の出る)つぶやき方とかの講習もあるみたいで。

ああいうのは「その人」の内面が出てしまうから
良くも悪くも面白いし怖いと思うのだけど。

練習したら・マニュアルができたら
どんな嫌な奴でも素敵につぶやけるのかしらね~(疑問)?

同時に中傷やデマを監視するとか言ってて
なんだかちょっと嫌だなあって思うのは
(デマは嫌いなんだけど)

例えばある人が「本当にやったこと」をこういうところに書いて
「そういうのは私は嫌いです」って書いたら中傷になるの?
自分の感想なのに?

しらばっくれられて言いがかりつけられたらどうなるの?
出るとこに出ればいいの???

これまでの選挙違反と同じで
「結果が出てから」負けた人たちがお仕置きされるの???

私、これまでこちらに書き込まれたいろいろなお話は
けっこう参考にしていたので
デマはともかく・どっからが中傷になるのか
例を挙げて教えていただけたらありがたいです。

どなたか気が向いたら・・・でいいです。

No title

和田建築コンサルは

郡山市住宅除染の監理業務を請け負っている組合のボスです。


ちなみに福島市は測量設計の組合が監理業務を請け負っています。


監理者業務とは

三者協議などで

『こんにちわー

福島市でーす!!』

と最初に挨拶をする人で

自治体職員の代行をする業務委託。


簡単に言えば

住民と除染業者の間に立って

司会進行をする人。。


だから放射能の知識も除染の技術も

何もありません。。

No title

>IKAさん
>「郡山市建築行政協力会」には武田のオッサンの講演会を開く程の
>金銭的余裕があるわけでもなさそうですが(う~ん、マトモな会員さんによる
>監査とかしたらどうなるのかわかりませんけど)。
>講演料は協力会の予算で出したわけでは無さげかなぁ。

となると、この会長さんのポケットマネーですかねぇ
ずいぶん羽振りのいいことで(また邪推)
まぁ、普通に考えればスポンサーの存在を疑うのが自然ですかね。


>それに会員に対して「協力会で武田センセの講演会主催します」って説明なんかは
>無かったみたいです。同時に会員に出席の動員もないみたいですけど。
>(少なくとも話を聞いた人は初耳だったそうです)

ってことは少なくとも協会の総意ではないということになりますな。

「郡山市建築行政協力会」は放射脳を除いて、
武田を郡山市に呼んでデマを拡散しようとしている団体として認識されつつあります。

協会の名義を使って武田を呼ぶというのは、
まともな思考回路をしていれば、
協会の名前に泥を塗ったに等しい。

この会を私物化しているおそれすらあるこの会長を
他のまともな会員はどうにかしたほうがいいのではないかと・・・

>GTRさん
>和田建築コンサルは
>郡山市住宅除染の監理業務を請け負っている組合のボスです。
>簡単に言えば
>住民と除染業者の間に立って
>司会進行をする人。

こういう立場にある人が、武田邦彦を呼ぶという時点で
郡山市、何か終わってる感が漂ってますな。

No title

安積咲@福島県産 ‏@asakasaku 1分
今回の件に関しては、すでに提言書を作って動いて下さってる方もいます。(ほかにも独自に抗議されてる方々もいるようです)私は、市の方に、せめて後援を取り下げて欲しいという旨を手紙で送ろうと思います。

http://twitter.com/asakasaku

もちろん「今回の件」=「市が武田を後援」問題

No title

『終わっている・・』というコメントがありますが

終わるもなにも

原子力災害対策直轄室設立時から

郡山市の除染に対する考えや中身を知っているので

正直言ってこの件に関しては

どーでもいいです。。



福島と郡山では

放射能・除染に対する考え方が

根本的に違いますから。。


どちらがイイかは

住民が判断すればいいと思います。。









No title

安積咲@福島県産 安積咲@福島県産 ‏@asakasaku 9分
同じような事は、これからも起こると思います。だからこそ、長く粘り強く、話を聞いてもらえる方向に動いて行かなければ。今回何も結果が出なくとも、これから少しずつでも残念な事態が減って行く事になればと願って。

安積咲@福島県産 ‏@asakasaku 6分
「郡山市における武田氏講演会について思う事」 http://bit.ly/15doXLj 連投をこちらにまとめました。もし良かったらご覧になって頂けたらと思います。

http://blog.goo.ne.jp/asakasaku/e/2cc9b03a9914a2ec211d6790aa4bf626 ですね~。

No title

いつもKYな書き込みなのでKYさばとらにしようかしら?

なおみ様
あまいおやつが届いた様なので、新茶をどーぞ。

KYといえば郡山市は何をやっとるんでしょう。

私の住んでいる町でも2011年、2012年にかけて放射能と共に暮らすうえでの注意という趣旨の講演会を何度も開催してくれました。平日の午前中とか昼間なので、聴講者は年配のかたが多かったです。その時アンケートがありまして、如何言う人に講演してもらいたいか、という質問がありました。

群馬大の先生と中部大の先生と福島市長にデマをとばして謝りに来た
神戸大の先生は止めてと書いておきました。書く欄が小さいのでこのお三方しか書けなかったのですが、もっとあるぞー。
神戸大の先生は震災瓦礫について嫌だなと思っている人々の理論的支柱になっている人です。

ブログ「風の谷」
朝日新聞3月16日 山内知也 神戸大教授 放射能測定学 「西日本に運ぶのはまちがい」2012年

http://blog.goo.ne.jp/flyhigh_2012/e/a635c383ac1734391445f4d61f2a1d0a

ブログ主さんはあちら側の方なので、ブックマークが見事にオールスターぞろいです。(読まないですけどね、名前だけで分る私って・・・)

コメント欄でのお話で色々な事情は想像できますが、私としてはネットなんか見ないうっかりさんの職員の方がこれまたうっかりハンコを捺したんだろうなと思おうとしています。


No title

>皆様

福島から離れた土地から和田賢一建築士についてゴチャゴチャ書いて失礼しました。


>信夫山ネコさん

動画を削除したタイミング、理由がよくわからないですね。
武田センセーについて騒ぎになったからとか?

梓澤弁護士先生とは原子力事故後にお会いされているようです。
http://www.azusawa.jp/comit/20110529.html

香ばしい人間関係かと思いますが、ご本人の原子力事故についてのコメントが見つからないのでなんとも言えません。
結局「推測」にならざるを得ないと思います。


安積咲さんのブログ「郡山市における武田氏講演会について思う事」を拝見すると・・・。

「このセミナーの震災以前の活動は分かりませんが、すでに何度も行われているという事は、それだけの実績があり、市との信頼関係もあるという事でしょう。」

というコメントがあります。
これも推測になってしまいますが、建設現場で建築士が「先生」と呼ばれることがあり、セミナーで講師をするくらいですから和田賢一建築士も郡山市の職員や受講者から「先生」と呼ばれていると思います。
だから件の建築士先生は郡山では「名士」ということになっているようだとおもいました。

この件に関しては福島県から離れた土地にいる私は郡山市や建築士先生の集まりに直接抗議することはしません。
沖縄の基地闘争や成田闘争のようなよそ者の介入になるからです。 抗議は郡山市民がすべきと思います。

ただ、問題提起や外部から郡山市に介入する工作にはブロックすべく抗議しますが。(ただし効果は不明)

No title

>IKAさま
チダイの本、アマゾン見たら2013/9/10発売と書いてありました。まだまだ先じゃん。
勤務さきでアルバイトの女の子(女子高生)がたまに学校の制服まま出勤してくると、職場が活気ずきます。

>なおみさま
たぶんイエロー太があのキモチ悪い顔で、放射脳じゃくて放射能は怖いぞ怖いぞと精神的に揺さぶって、精神的に不安定な状態にして己の教義を植えつける、カルトがよく使う手です。
カルトじゃないけど、こんな感じで。
http://www.youtube.com/watch?v=dxLUtipeke4

ご無沙汰しております

千貫森の宇宙人さん、IKAさん、みなさん

ちだいの本は、発売延期になったようですね。発売中止になっちゃえばいいのに。いや、トンデモ本の一冊や二冊発売されたからってどうってことはないのですが(連中ときたらすぐに陰謀だ何だ言いますからね、そんなこたない)、あのおだちっぷりが見苦しいったらなかったので。“おだつ”って言葉はこちらで知りましたが、実に便利で素晴らしい表現ですね。ちだいを見ると、と言ってもそんなにいつもいつも観察しているわけじゃないですが、ものすごく幼稚というか、人間的未熟さを感じます、偉そうなことを言うようですが。これは自分の中にもある恥ずかしくて幼なすぎて情けない部分を見せつけられるような。すぐに拗ねたりおだったり。

ところでリンク先の動画、『フルメタル・ジャケット』ですね。キューブリックは大好きなんですが、この映画は1回きりしか観てなくて、その1回が結構トラウマになってます。LDも持ってはいるんですが。

キューブリックだと『時計じかけのオレンジ』と『シャイニング』が多分同じくらい何回も観ていて。あと『2001年宇宙の旅』も安眠用のBGVに何度も使ってたり(勿論大好きな映画でちゃんと観てますし原作も読みました。A.C.クラークにはロマンを感じます)。

『シャイニング』は初めて観た時には全然怖く感じなかったんですが、多分その数ヶ月後くらいに夢の中であの迷路に迷い込んでゾッとした経験があります。

何かどうでもいい話になってきましたが、ずっと乗り遅れて書き込めなかったので許して下さいね。

無性にバウムクーヘンが食べたくなってしまって、食べながら書いています。と言っても私の場合、そんな有名店の高級なものは買えないし、いただく機会も滅多にないので、普通にスーパーやコンビニで売ってるものですが。で、勿論普通に、ちょっとずつ剥がしながら食べます。最近はさすがに一層ずつということはないですが。

クリームコロンだって外からパカッパカッと少しずつ剥がしながら最後の一周残したところでクシャッとやります。

茹でたとうもろこしは最初一粒づつつまんでって、一列開いたら隣の列から親指で倒すようにして取って(なるべく粒が縦につながったままで)食べます。自分で言うのも何ですが、私の食べ終えたとうもろこしの芯はキレイです。でも最近のとうもろこしは粒の皮が薄いような気がして、そのような食べ方が難しくなったような気がします。茹で方の問題かもしれませんが。

運動しているものが静止する瞬間を見るのが多分好きです。と言うか、例えば回転するコマがフラフラし始めて、倒れてちゃんと静止する前に持ち上げたり止めてしまう人にちょっとした怒りを覚えます。あと回転するタイヤであったり、おもちゃのルーレットでもそんな経験が。あと、映画のエンドロールの途中では席を立ちません(最近の映画はエンドロールがちょっと長すぎる)。

きっと多くの人には「何を言ってんだ、こいつは」って話だと思います。どうでもいい話です、本当に。

七夕にライヴをやります。元爆風スランプの江川ほーじんのバンドの前座です。場所は福島市C-MOONです。

ずっと書き込めなくて溜まっていたので、どうか勘弁して下さい。

KYクイーンの座は

そう簡単には渡せなくてよ!
かかってらっしゃい!さんご@さばとらさん!
おーほほほほほほ!


ネコさん

安積咲さんは相変わらず聡明でクールで素敵ですね~♪


>この件に関しては福島県から離れた土地にいる私は郡山市や建築士先生の集まりに直接抗議することはしません。
沖縄の基地闘争や成田闘争のようなよそ者の介入になるからです。 抗議は郡山市民がすべきと思います。

笹団子さんのこのようなスタンス・お考えに
私も賛成です。


千貫森の宇宙人さん

不安で弱ってる時には
冷静な時に会ったらどうってことないような相手が
とってもよく見えちゃって

ましてや他に自分と似た様な状態の同性がいっぱいいたりして
へんな競争意識も働いて
上司みたいな教祖みたいな立場の人と特別な関係を取り結ぶことで
「自分はスペシャル」と思いたいようなそんな危うい人は・・・

行っちゃいけませ~ん!!!
鴨葱どころか上げ膳据え膳(?)ですよ!!!

・・・私、今なら若い女の子を
いっぱいだませるかも(女だけど)。


逢隈さん

お久しぶりです。
書きこんでくださったとうもろこしの食べ方は
私の憧れです。

>一列開いたら隣の列から親指で倒すようにして取って(なるべく粒が縦につながったままで)食べます。

一粒ずつむしるところまではできるのですが
↑このような列を作ることができません。
皮が薄いのかなあ・・・。


さて、渡利の本。
ちょっとずつ読んでます。

ご主人の章になって行政が関わってくる内容になり
むずかちい・・・(笑)。

ずっと私は
こちらで言葉を交わしてる(自分と意見が似ている)方々との場合でも
総論賛成・各論反対なのかもしれない・・・と思っています。

でね。この本を読んでやっぱりそうだと思いました
(今4章まで読みました)。

同じ市内でも住んでいる町の違い

子どもの歳や好む遊びの違い

保護者が「清掃(除染)」をすることについての考え方

将来的に何らかの影響が出るかもしれない不安
毎日の生活(食べ物や遊び場所)への配慮とストレス

↑最後の二つについては
私は全く感じていないので・・・
やっぱり少しにぶいのかも?と思いました。

それでも佐藤さんご夫婦と私の
「思いと着地点」は同じなんです。

面白いものだし
やっぱり難しいと思いました。

本を書いてくださったから
こんな風に自分の考えと比べることができるけど
普段はこんな部分まで腹を割って話す機会も相手もいない。

自分のこれまでは誰とも違う。
完璧には分かり合えない。

・・・まあ自分も細かいところを言い出したらそうなんだけど(笑)

せめて「思いと着地点」が一緒の人を見つけて
さまざまな「分断」とやらのほころびを
ちくちく縫っていけばいいのだと思いました。

震災前だって
みんな仲良かったり喧嘩したりしてたんだから
何かあったから一糸乱れぬ一致団結なんて
なるわけないんだから。

No title

>なおみさん
ああ、戻られてよかったです。
須賀川の「かみしめ」って、そんなに有名でもないですし(ググると、くまたぱんか、大どら焼の方が先に出てくる)、知ってる人は少ないかもしれませんけど。
「かみしめ」おっしゃる通り「噛み締める」って意味だと思います。不思議な食感で、何て言うか…固からず、柔らからず、うまから…いえ、うまいです。
そうだな~、五家宝の中身みたいな感じ?

>福島の医師さん
安積咲さんのブログによると、郡山市建築行政協力会の定期セミナーの一環みたいですから、協力会から予算取ってる可能性が高くなりましたね(従って前言は撤回します)。
だとすると、おっしゃる通りマトモな会員さんがどう思うか問題なんですけど…GTRさんのお話では除染仕切ってるみたいですし、「仕事が絡んでくる」事で文句が言えなくなる、ってなっちゃうようにも思います。

>信夫山ネコ様
ええと、もうご存じかと思いますが(誰かリンクしてたかな?)、こんなコメント見っけたので。

http://uni.2ch.net/test/read.cgi/rikei/1371856852/489

ここからのリンクに「郡山市建築行政協力会」の設立主旨がありました。

http://www.medianetplan.com/040125/005.html

(一部引用)
>郡山市建築行政協力会は、昭和48年、建築基準法 の趣旨の徹底と建築行政に対する一般の理解と協力 を得る目的て設立され、違反建築物や建設リサイク ル法違反撲滅のための協力や会の内外に対する建築 に関するセミナーの開催等を活動の主たるものとし て今日にいたっています.本会ては、建築に関する啓 蒙事業の一環として、市民の皆様を対象に、建築に 関して、ぜひ知っておいて載きたい事柄をテーマと して「市民のための建築セミナー」を継続開催して います。今回は、本会会長である⑰和田建築 コンサルタント・和田賢一氏が自ら講師として(以下略)

この回のセミナーは平成16年ですから、10年は会長が変わっていない事になりますね。

>さんご@さばとらさん
平日昼間、高齢者が多いって「詐欺商法」と手口が変わんないですよね。
今回郡山でこの話していても、「武田を知らない」とか「武武田って、TVに出ているオモロイオッサン」程度の認識しか持ってない人もいました(結構年齢高め)。
福島であっても騙し甲斐がまだあるんでしょうね。

>笹団子さん
あ、もしかしたら私が「郡山の名士?」って言ったから気にしちゃいましたか?
だとしたら申し訳なかったです。
実は、この言い方結構気に入って使っていたんです。
このクエスチョンマークは「え~、そうじゃないでしょ~」って意味じゃなくて「本人は良いことしてるつもりでも、ちょっとズレている人」みたいな感じの意味合いで付けていただけです。

この人はネットで発信している訳でもないですし、言論人でもないので、必要以上に「名前を出す」事に躊躇があって、そこに笹団子さんの「名士」がピッタリはまったんですよ。
だから気にしないでください。

応援、今後ともよろしくお願いいたします。

>千貫森の宇宙人さん
ありゃ、ちだいの本発売まだでしたか。
女子高生の制服って、イヤらしい意味じゃなく「胸キュン」な要素があるんですよね~、オヤジ的には。(脳内BGMに爆風スランプが流れる、みたいな)

>逢隈さん
お久しぶりです。
ちだいの本は発売延期でしたか~。
今までも何回か延期されていたような気もしますが…またかい。

私は回っているところを見るのが結構好きで、洗濯機で洗濯しているところなんか見入ってしまいます。(と言っても変なやつと思われないように1分位で止めますが)
扇風機のように早いものより、洗濯機位がいいですね。(33と3分の1回転くらいまでかな…笑)

「最近の映画のエンドロールはやたら長い」には同感!
そんだけ沢山の人がかかわるって事なんでしょうけど。
本当はエンドロールの最後まで見るべきなんですよね(たまにオチつけてたりしますし)。
でも10分近いものなんかはさすがに我慢がきかなくなって早回し(DVDなんかの場合)しちゃいますが。

最初はIKAさん

>ああ、戻られてよかったです。

ご心配おかけしました。

私はこちらに書きながら本気で怒ってることは(ほとんど)無いので
ああやっていじっていただけると助かります。

「かみしめ」の食感を想像していたのですが
やっぱり五家宝や雷おこし系なのですね。

武田は「テレビに出てる人」ってので
やっぱり得してるなあ。
その程度でありがたがっちゃダメです。
それこそ田舎者とバカにされます。

何度も繰り返して言いますが
アタシも女子高生の制服着てみたかった~!!

回転しているものって
調和のとれた美しさがありますよね。

回りすぎてちょっとひしゃげてるらしい地球なんかも
いとおしい・・・。

みんな回れ回れ~♪

>33と3分の1回転くらいまでかな

レコード?それってレコード?
別の回転数もありましたよね。レコードによって切り替えたような・・・。
あれってなあに?

私もエンドロール観る派!!
DVDは宣伝(予告編)結構好き派。


政治家らの暴言、傷つく被災者…「選挙でしか代えられない」
http://rdsig.yahoo.co.jp/media/news/accr/article/headlines/RV=1/RU=aHR0cDovL2hlYWRsaW5lcy55YWhvby5jby5qcC9obD9hPTIwMTMwNzAzLTAwMDAwNTA0LXNhbi1zb2Np;_ylt=A8vY.EGW0dNR2O8AAbLyluZ7

産経新聞7/3の記事なんですが↑で読めますか?

>福島県から山形市へ避難した家族の子供を預かる「あいびぃ保育園」。保育士の女性(35)は「好きで避難したわけじゃないのに、政府から放置されるなんて…」と話し、ため息をついた。自身も福島で働く夫と離れ、3歳と5歳の男児と避難生活を送る。
>子供たちの歓声が響く保育園で保育士の女性は「いっそ福島全域を避難区域にしてほしい。そうすれば家族みんなで避難できる」とつぶやいた。その言葉に、子供を迎えに来ていた母親たちが一斉にうなずいた。


この人たちと私は
思いも着地点も違うの。

こういう考え方は怖いなあ。

自分達だって無理矢理帰れって決められたら嫌なんでしょう?
なんで他人を従わせようとするんだろう。

こういった母親たち(が本当にいたとして)は
福島全域が避難区域になった時に
多くの人に生じるさまざまなことに
どんな責任が取れるんだろう?

私ひとりの気持ちだって救えないでしょう。

みんな一緒
道連れにしてやる

・・・こわいな~。


>子ども・被災者支援法
>自主避難者も対象に含め、特に子供に配慮して健康上の不安や生活上の負担を軽くするための支援を定めたが、政府は運用に必要な基本方針を策定していない

ツイッターの職員さん・・・
私と思いは一緒だったかもしれないのに
なんでつぶやいちゃったかな・・・。

No title

産経新聞7/3の記事

>福島県から山形市へ避難した家族の子供を預かる「あいびぃ保育園」。保育士の女性(35)は「好きで避難したわけじゃないのに、政府から放置されるなんて…」と話し、ため息をついた。自身も福島で働く夫と離れ、3歳と5歳の男児と避難生活を送る。
>子供たちの歓声が響く保育園で保育士の女性は「いっそ福島全域を避難区域にしてほしい。そうすれば家族みんなで避難できる」とつぶやいた。その言葉に、子供を迎えに来ていた母親たちが一斉にうなずいた。

私はこの記事を読んで、結局この人たち(自主避難者)をどうにかしないと、やはり福島の「風評」や「残った者と避難した者との分断」解消にはなかなかつながらないなと改めて思いましたね。

なぜかと言えば、福島に対する「風評」の原因はそういう人から発せられているのは否定できないし、それ以上に危惧するのは「武田某」尊師のような人がそういう自主避難者の存在自体を「福島は危険」の証拠に利用し続けていると思うから。

じゃどうすればいいの?となりますが、
私が以前に冗談交じりに書いたような「自主避難者への激励訪問」みたいな、いわゆる「残った者と避難した者との交流」もいいのではないかな、と思っています。

実現性は難しいかもしれませんが、そういうことがなかった事が「自主避難者同士で凝り固まってしまっている」=「帰るに帰れない」原因なんだろうと思う。

福太郎さん

>私はこの記事を読んで、結局この人たち(自主避難者)をどうにかしないと、やはり福島の「風評」や「残った者と避難した者との分断」解消にはなかなかつながらないなと改めて思いましたね。

そうですね。
ホントにこんなこと言ったんかいな?と
マスゴミ不信者としては疑うところですが・・・

それでも
無から有は・・・(とも思いたい)。

そしてこうやって
目立つ形でとりあげられちゃうからね。

>私が以前に冗談交じりに書いたような「自主避難者への激励訪問」みたいな、いわゆる「残った者と避難した者との交流」もいいのではないかな、と思っています。

正直言って私・・・こういう人たちと話すのはもう
めんどくさいです。

あちらが何か本当に困ってて
私のできることを望まれるなら
全力で親身になって提案や手助けをしますが

ぐずぐず言いながらも
自分は変わりたいと思ってない気がして。

そういう人には何も言ってあげられることはないし
冗談言って笑えるような余裕も無いでしょうし
そういう人とは話してもつまんないから

この人たちは何か私に聞きたいことあるのかな?
ないだろうな~って思ってしまった。
一緒にごはんも食べたくないでしょう。

この記事のせいでまた「分断」させられたかな。

私はここが好きでずっと住んでいたい(現時点では)。
ここが嫌な人はどこへでも行けばいい。
帰ってこなくても誰も困らない。

自分の行動を
「好きでやってるわけじゃない」という人は
嘘つきだな~。

戻ってきても誰もいじめないよ。

地域にとってそんなに特別な人でもないでしょうし
そもそもみんな関心が無いと思う。

自主避難してるうちは「特別」で新聞にも載るけどね。

No title

>笹団子さん
その動画、以前ネット徘徊してて偶然見つけたことがあるんですが、
相当前から見れない状態になってましたね。
少なくとも動画が見れないことと今回の件は関係なさそうです。

>IKAさん
>「仕事が絡んでくる」事で文句が言えなくなる、ってなっちゃうようにも思います。
そうですね。それでも何とか良識を発揮してほしいものですが。

本人がどう思っているのか直接聞かずに邪推しても仕方ないことかもしれませんが
漏れ伝わってくる噂からすると、陰謀論めいた話ではなくて
単に自主避難してる放射脳娘の行動を肯定したいのかな、とも思ったりしますが・・・

>福太郎さん
>私はこの記事を読んで、結局この人たち(自主避難者)をどうにかしないと、
>やはり福島の「風評」や「残った者と避難した者との分断」
>解消にはなかなかつながらないなと改めて思いましたね。

御意です。
ただ、身内の説得にすら耳を貸さない人たちと交流したところで、
どれほどの効果があるか。

それよりも武田なり小出なりを県あるいは医大あたりが
公開の場で徹底的に論破し、それを全国放送に乗せることで
デマ屋のいかがわしさを周知し、
被害者の立場にしがみついている自主避難者に
新たに「デマに騙された被害者の立場」を与えてメンツが立つようにすれば
あるいは・・・と思う次第。


>なおみさん
>ぐずぐず言いながらも
>自分は変わりたいと思ってない気がして。

ある意味、疾病利得みたいなものでしょうね

自主避難者になることで得をしている。

一つは、自分の内的な葛藤を意識の外に置くことで、
しばらくの期間ストレスから逃げられる特。

もう一つは、他人からの同情や援助、愛情を受けられる。

いろんなところで指摘されていますがね。





7/6~7はICRPダイアログセミナーです

両日とも福島市保健福祉センター5Fホールにて。
スタートは両日とも午前9時半、終了は6日が18時、7日が17時半予定(びっちりだ。。。)。

テーマは「飯舘村」。
村民の皆さんの発表もありますし、飯舘で様々な活動をされている研究者の皆さんのお話もあります。

発表者以外にも、傍聴席には驚きの方もいらっしゃる予定。
傍聴はどなたでもできますし、毎回凄く勉強になります。
福太郎さんはもちろん、ぜひみなさん来てください(出入りは自由ですし)!

No title

なおみさん


福島の医師さんがおっしゃる通りかと思います。



私は酷い人間なので

自主避難者のことまで考える余裕もないし

だったら美味しい食べ物を考えます。。



郡山同様

どーでもいいです。。



生まれや育ちがどこであれ

ここに住んでいる人の為に働いています。。

No title

No title

>この件に関しては福島県から離れた土地にいる私は郡山市や建築士先生の集まりに直接抗議することはしません。
沖縄の基地闘争や成田闘争のようなよそ者の介入になるからです。 抗議は郡山市民がすべきと思います。

これはまさに正論で、安積咲さんもこんな感じかと思います。正しいです。しかし実は信夫山ネコは「不正義軍」でありまして、多勢に無勢の戦争に勝つためなら、どんな手も使うつもりで、匿名のノラネコになったわけです。「フェアプレイ賞」だけど試合には負けた、はノラネコのサバイバル用にはちょっと向かないです。ですから誰であれ、郡山市が武田を後援するのはオカシイと思う人は、抗議してほしいな~、と思います。

現実に後援取消の可能性はほとんど無いです。見込まれる「成果」は、「とてつもない数の抗議があって地元メディアがニュースにする」、じゃないかな~。何しろ前回エントリーの「子ども大使」なんて、福島と、下手すると熊本にすら関係ない脳連中がたったの70足らず「抗議」して、大手新聞に取り上げさせたわけです。これが「市民~」が得意な「マスゴミを利用したプロパガンダ」です。

>少なくとも動画が見れないことと今回の件は関係なさそうです。

どうやらこのNPJ動画ニュース 視聴可能時期が短いようです。2011年はもう全て見ることができません。

>被害者の立場にしがみついている自主避難者に
新たに「デマに騙された被害者の立場」を与えてメンツが立つようにすれば

ワタシもそれは一つの「落とし所」だし、実際この人々がデマッターどもに怒り出せばな~、タケダも青いよな~、などと思っています。ただし「怒り」というのは「吹っ切れる」底力がないと起こらないもので、あんまり被害者意識だの鼻血的病人意識だのばかり出して卑下していると、気が付いたら怒る力さえない・・・あんまり期待できないかも。

No title

>私が以前に冗談交じりに書いたような「自主避難者への激励訪問」みたいな、いわゆる「残った者と避難した者との交流」もいいのではないかな、と思っています。

私の上記の案はあくまでも一つの案であり、これに拘っているわけではないのですが、とにかく「自主避難者」がいることによって、結局はわが故郷・飯舘村の復興はままならないどころか、消滅の危機がますます現実味を帯びてくるからなんです。

それは自主避難している人たちは福島市や郡山市、あるいはもっと線量の低い会津やいわき、はたまた仙台や東京といった、飯舘村と比べて「はるかに低い」ところから避難しているということは、つまり裏を返せば飯舘村なんてそれこそ到底「住める場所じゃない」と思わせるに十分すぎるでしょう。

私が「自主避難者」の存在を何とかしなければ、としつこく言っているのはそういう事なんです。

だからこそ、自主避難者を税金を使ったりして「援助」していることに異議を唱えてきました。

「援助」が自主避難を続けられる「補給路」だと思うし。

前にも書きましたが、自主避難とは文字通り「自主的に」つまり「自分の判断・責任」で避難することを指すはずですよね。

自主避難者に税金投入しているという事は、国や自治体がその行為に正当性があると認めたからに他ならなく、それが福島の風評につながっていることなのに・・・。

その根底にあるものが「放射線は少しでも危険」という科学的・医学的根拠がハッキリしていない学説でしょう。

今、参院選に向けて話題は「原発再稼働」に対しての、賛成派、反対派の攻防になっていますが、私はその攻防のそもそもの基本的な論点は「放射線は危険かどうか」であり、危険ならば「少しでも危険」なのか「ある程度までなら危険じゃない」のかのはずです。

それを抜きにして原発反対とか賛成の議論は、足が地についていない単なる「空中戦」でしかないと思う。

もし、「100m㏜以下では健康被害はない」の学説がしっかりと確立してたら、今回の原発事故でさえ、こんなにも大ごとな事態にはならなかったし、わが飯舘村でさえ1週間程度などの「一時的避難」で済んだはずだったのだから・・・。

No title

>なおみさん

>笹団子さんのこのようなスタンス・お考えに
私も賛成です。
ありがとうございます。

ちなみに産経のニュースですが、産経のサイト上では7月1日の記事です。
タイムラグに意味があるのか?わかりませんが。
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130701/dst13070108180002-n1.htm


>IKAさん

>あ、もしかしたら私が「郡山の名士?」って言ったから気にしちゃいましたか?
いやいや、これまた余計なお気遣いさせて失礼します。(汗)
また、私の皮肉にご理解いただけて幸いです。(笑)
こちらこそよろしくお願いします。


>福島の医師@残務整理中さん

>少なくとも動画が見れないことと今回の件は関係なさそうです。
了解しました。 ありがとうございました。
建築士先生のお話聞きたかったのですが・・・。
これまた推測なのですが、武田センセーとその取り巻きに利用された「迷士」だったのかもしれないですね。


>信夫山ネコさん

個人的見解で失礼します。
熊本学園大の場合はイエロー太など外部の干渉によるものと思っています。
今回の郡山市の件は背後にいると思われる「外部」のシッポが見つかれば参戦しますが・・・。(その点、日共は巧妙です)


明日は参院選公示なので以後、選挙に係わるネタの投稿は選挙後まで自粛します。

No title

私の印象では反戦・反核(兵器)運動の延長で反原発運動をやっている人が
特にひどいような印象がありますね。
理由は危険煽りのような観念的な話ばかりで脱原発のための具体的な話は
ほとんどしていないと思ったからです。
本業?の反戦運動ですら同じように観念的な話ばかりだったから
彼らが非難する戦前から続く官僚的体質を温存させてしまったのだと思います。

No title

>逢隈さま
そう、フルメタル・ジャッケトです。この映画は、普通の青年がどの様にに殺戮マシーンになっていくのか、その過程を描いた映画ですからね。私のまわりでも、これはダメって人多いです。
フルメタル・ジャケットはかなり極端なものですが、自己開発セミナーやカルトなんかでやっていることは基本的にはこれと、同じようなものです。
まず自我を破壊する、そこへなんらかの教義を刷り込む。
この手口を知っているだけでも、かなり警戒できるかなと思います。

>なおみさま IKAさま
アルバイトの女の子(女子高生)が女子高の制服で出勤してくると、喜んでいるのは、むしろ同僚のオバちゃんたちのほうです。 

思いのたけを・・・。

私の書き込みは、どうにもKYだったり、「重苦しい」内容になってしまって申し訳ないのですが、その原因は私自身の「故郷に対する思い」が人並み以上に深いからなんだろうか・・・。

という事で、今日は休みだけれど天気もパッとしないので出かけないで、そんなKYで重苦しい中身になることも気にせずに、私の思いのたけを書かせていただきます。(笑)

先ずは軽くジャブから行きますかね。

先日、高齢の両親を連れて川内村に行った時の事です。
(私はよく川内村に行くのですが、それは同じように全村避難した川内村が帰村宣言後にどのように元の村に戻っていくのかをこの目で見たいからであり、それを早く村(我が家)に帰りたいと願う両親へ見せることによって、生きる希望にもつなげたいからでもあるんです)

お昼時に寄った食堂での、たまたま隣にいた人との会話なんですが、今の「除染」の実態をよく物語っていると思う話があったので紹介します。

その人は川内村での道路工事などの交通整理係(誘導員)をしているのですが、除染をしている作業員は、半年間で約400万円の稼ぎがあるようなので、自分もその内、低賃金の誘導員をやめて除染の仕事の方に回るつもり、と言うことです。

今、福島県内は「除染」が大きな雇用の場になっているんだろうな、と言うのはウスウス感じていましたが、まさしくそれを裏付ける話でした。

だからこそ「低線量なら健康に影響はない」=「除染はしなくても良い」となっては業者も、そこに働き口を求めている人たちにとっても困るんだろうなあ、と複雑な気持ちです。

思いのたけはまだまだ続きます。(笑)

No title

「放射線ひばくは『少なければ少ないほど良い』」

これは原発事故後、しばらくして言われ出したフレーズですね。
LNT仮設から導き出した言い方でしょうけれど、これが結局は現在の「年間1m㏜まで除染が通常の生活ができる基準」へとつながっていったんでしょう。

この数値自体にどんな根拠があるのか知りませんが。

さらにひどいのは
「無用な被ばくは避けるべき」
と言う言い方。

先ほどのもそうですが何とざっくりとした言い方でしょうか。
これも日本社会に「放射線は少しでも危険」と言う極端な考え・風潮を作るもとになったと言えますね。

人は「見えないモノ」に対する恐怖心や畏れがあるものであり、代表的なものが「幽霊」「神」などでしょう。

この手法で放射線への恐怖心を煽られたのだから、専門知識のない一般人からしたら「そんなの大丈夫だよ」と思うのはかなりの勇気がいるし、無神経・バカとさえ思われかねないですよね。

しかし、同じ「見えないモノ」であっても放射線が他の幽霊や神と違うのは、「その存在を計器によって測ることができる」ことであり、さらに言えばその数値で危険なレベルかそうでないかも分かることです。

まあ「放射線は少しでも危険」と思い込んでいる人にとっては、それが逆に0.1でも数値に出れば「ほら放射線があるじゃないか」と大騒ぎするのでしょうけれど・・・。

いずれにしても、「放射線は少しでも危険」と思い込んでいる人、またはそれを主張している「専門家」は、その証拠を示してほしいものです。

7/6~7はICRPダイアログセミナーです

やぁどさん

>7/6~7はICRPダイアログセミナーです
テーマは「飯舘村」。
村民の皆さんの発表もありますし、飯舘で様々な活動をされている研究者の皆さんのお話もあります。

非常に残念ながら、両日とも仕事なんですよ。
なので、家内にちょっとだけ(土曜日の午後)行ってもらう事にしましたが・・・。

後で詳しいこと教えてくださいませ。

No title

>なおみさん
アナログレコードの回転数で正解です。
回転数の違いは簡単に言えばレコード会社の規格の違いですね。

http://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%89

レコードのような媒体の場合、音質や録音時間、用途によってサイズや回転数を決めていたみたいです。
規格の普及には「供給するソフト」が重要で、コンパクトディスクなどは「ベートーベンの第9」が収められることを基準に収録時間が決められたそうです。

http://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%91%E3%82%AF%E3%83%88%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%B9%E3%82%AF

>開発の過程でカセットテープの 対角線と同じでDINに適合する11.5cm(約60分)を主張するフィリップ スに対し、当時ソニー副社長で声楽家出身の大賀典雄が「オペラ一幕 分、あるいはベートーベンの第九が収まる収録時間」(12cm、74分)を 主張して調査した結果クラシック音楽の95%が75分あれば1枚に収められ ることからそれを押し通した [1] 。

>福太郎さん
私も自主避難者(まだ間に合う人はいると思います)に対する何らかのアプローチはあってもいいかな、とは思いますが…自分から始めるのは難しいかな(どうしていいかわかりませんし、そもそもナマケモノなので)。
第一自主避難者の実態がよくわかりませんし…避難先でうまくやってるなら、それでいいと思っています。
この間の山形大学の調査より、大規模に、偏りないものがあるといいかなぁ、なんて(結局人任せですね)。

>福島の医師さん
ああ、なるほど。避難した娘さんを肯定したいがため…。
やっぱり「避難した事で批判される」みたいな思いがあるのかなぁ。
別にイジワルする気は無いんだけどなぁ。
(と言いつつ、郡山市の後援取り付けたのは「親方日の丸の御墨付きがあれば、会員の批判も押さえられるから」みたいな邪推をしてしまう私は、やっぱり性格が悪い)

>GTRさん
まあ、私も偉そうなこと言っても自分の生活守るのに精一杯だったりするんですけどね。
おんなじです。

時々、自分の不安感を全て「放射能ガー」って言える人が羨ましくなります。
責任は全て「国、東電、原子力村」のせいにできるんですから。
本当の生活って「自己責任」が原則ですからね。
経済的理由以外にも、「責任の無い生活」続けたことで「自己責任が伴う生活」に怖くて戻れなくなる、って人も多そうです。

>笹団子さん
こっちこそ、気を使わせてすいません。
今の福島は県民そっちのけで騒がれていますからねぇ。
まだまだ多くの方々の応援が必要だと思っています。

>2013-7-4(00:21)さん
御意です。今度は遠慮なくお名前お願いいたします。

>千貫森の宇宙人さん
「フルメタル・ジャケット」実は怖くて未見です。
ただ、演技指導に来ていた本物の鬼軍曹をキューブリックが気に入って、そのまま俳優として訓練シーンに出演している、ってエピソードを聞いたことがあります(ガクブル)。

イヤじゃあーりませんか軍隊は。

あと・・・オルニチン?グルコサミン?亜鉛?鉄分?イチョウ葉エキス?

福島の医師@残務整理中さん・IKAさん
>「仕事が絡んでくる」事で文句が言えなくなる、ってなっちゃうようにも思います。

あ~ああ~(大きなため息)。

仕方ないんだけどね・・・大人だから。
お仕事だから。

>単に自主避難してる放射脳娘の行動を肯定したいのかな、とも思ったりしますが・・・

それはそれですごい愛ですね・・・(どんびき)。

周りが自分に関わることを否定するとか肯定するとか
そういう自意識過剰はもういいかげんにしてほしい。

自分がそういった本音を隠して
かっこつけてしてしまういろいろな活動の
「弊害」の方が大きくないか

大人なら考えてほしい。

>新たに「デマに騙された被害者の立場」を与えてメンツが立つようにすれば
あるいは・・・と思う次第。

はい。

自意識過剰(とも違うような気がしますが、今日の行きがかり上あえて)
の方が「メンツ」(ああ!もうそんなの他人からしたらどうだっていい!)を保持したまま着地できるお布団を用意し
誘導したらしがみついてくるかもしれませんね。

それは思いがけない副作用みたいな
オマケみたいなもので

>武田なり小出なりを県あるいは医大あたりが
公開の場で徹底的に論破し、それを全国放送に乗せることで
デマ屋のいかがわしさを周知し

これが本丸。
これが実現できたら影響は大きいと思います。


やぁどさん
>傍聴席には驚きの方

えええ!そうなの?
あとで教えてくださいね。


GTRさん
御意でございます。
私も冷酷な人間なのです。

5章を読みました。
政治・行政・東電に対する憤りと不信感は全くそのとおり!

それでも謝る係の人を憎んでいないってのも同感。

佐藤・夫さんはいろいろな話し合いの席で
意見の違いを強調するような発言をしないように
努めていらっしゃるとのこと。

さすが~!と思いました。

渡利で説明会があった時に
住んでる人が発言できなくて
よそから来た人がさんざん荒らしていった・・・との噂を
当時聞いていました。

あの噂は本当だったんですね。

その時はなんだか怖いな・・・と思ってました。
もう渡利は怪しげな人たちにのっとられちゃうのかな?って。

でも信夫山にも・・・ワタリフォルニア?の人とかが
自分らも頑張ってるんだって書きこんでいたりして
(あれ?あの人GTRさんと文体が似てる・・・渡利調って言うのかな?)

各自の持ち場で住んでる場所を守るしかないんだ!!
って思ったことを思い出しました。

横浜市立城郷中学校のみなさん
ありがと~♪


ネコさん
>鼻血的病人意識

うぷぷ。

>多勢に無勢の戦争に勝つためなら、どんな手も使うつもりで

これにも賛成です。

各自の「怒り」具合で行動は違ってくるから。
オカシイと思って行動したい人がすればいいと思います。

今は福島から離れて暮らしてるけど(就職・進学で)
つまり今は郡山市民じゃないけど
心はふるさとにあるんだぜ!って人は
抗議したっておかしくないと思います。


笹団子さん
>産経のサイト上では7月1日の記事です。

ありがとうございました。
私が見間違えたのかも?


千貫森の宇宙人さん
>喜んでいるのは、むしろ同僚のオバちゃんたちのほうです。 

制服には中年がわくわくするような
セサミンとか黒にんにくとかコンドロイチンが
沁みこませてあるのかなあ・・・・・・・・・・・・・。


福太郎さん
>専門知識のない一般人からしたら「そんなの大丈夫だよ」と思うのはかなりの勇気がいるし、無神経・バカとさえ思われかねないですよね。

あはははっははっは!
私、一部のお母さんがたからバカ扱い・・・
いやそこまで露骨ではありませんが
ひかれてました(笑)。

目配せして黙るって・・・嫌な感じよね。

すれ違いました

IKAさん

今日私はベニマルで
そのかさばり方はなにごと?と思うような大きさの
ビグ・ザムとうふというものを買いました。
よるごはんが楽しみです。

レコード・・・なつかしいですね。
私が初めて買ったのは
キャンディーズの微笑がえし・・・だったかなあ。

小学何年生とかの付録に
赤いべこべこのレコード?がついてくると
興奮しました。

武田教授が山下氏を攻撃

武田教授がブログで、山下俊一氏を突然攻撃攻撃しています。福島医大は山下氏を罷免しろ、と。山下氏は年間100ミリシーベルト以下の被曝は安全だと当初いっていたのに、一方で県民健康調査をしているのはおかしい、人体実験的だともいっています。
福島県民の不安を解消するための県民慰撫政策の意味合いを武田教授は全く魅ししています。
不思議なことに、この記事の日付が6月29日になっています。自分には昨日7月3日あたりに書かれた印象が強いのに不可解です。以前も同じような意図的操作がありました。トップ記事にすると目立ち過ぎて刺激的だという意図があるのか?驚いたことに、ここへきて「郡山講演案内」の告知がまたでています。
http://takedanet.com/2013/07/post_c40f.html

訂正します

(誤)魅し(正)無視、です。急いでかいたものですみません。

無用な被ばく・・・・。

先ほどの私の投稿で今の風潮に「放射線被ばくは少なければ少ないほど良い」「無用な被ばくは避ける」と書きました。

全く以て観念的であり科学的裏付けもなく、何より具体的な数値もなくあまりにも大雑把すぎて、却ってそれが国民、特に福島県民に放射線に対しての「無用の心配」を引き起こしてしまったと思いますね。

放射線は少しでも危険=放射線被ばくはゼロでなくちゃいけないんだ、とね。

冷静に考えればそんなこと「絶対」有り得ないことなのに、事故の性質の全く違うチェルノブイリ原発事故でのグロテスクな写真などとシンクロさせられたために、多くの人が信じ込まされてしまったのだろう。

そもそも「無用な被ばく」って何?
と言いたいです。

今まで病気らしい病気もしなかった人にとっては、健康診断や人間ドックでのレントゲンやCTを取ることは「無用」ではないのか?

国内旅行、それも車や鉄道での旅行しかしていなかった人が飛行機を使った旅行、特に高度の高いところを長時間飛行する海外旅行に行くことは「無用」とは言わないのか?

御影石で作った墓石は放射線が高めに出るらしいが、そこに墓参りするのは「無用」とはならないのか?

岩盤浴に行くのは?宇宙飛行士の仕事は?・・・・。

ああ、何と馬鹿げたこの2年余りだったんだろうかと情けなくなるし、その為にわが故郷が消滅の危機に遭うとは、悔やんでも悔やみきれない。

それは・・・

>>>赤いべこべこのレコード?

それはソノシートです。これが朝日ソノラマの登録商標だとは今知りました。(^^:)
家にあったレコードプレイヤーには78回転の目盛りもありましたが、使ったことはなかったように思います。多分ソフトが無かったんでしょう。SPレコードなんかねぇ。
でも、友達の家で見たことがあります。いわゆる手回し蓄音機だったんだと思います。昭和40年代の話です。

郡山出身の私ですが、まあ、いろいろ残念なところがいっぱいあって、本当に残念なんですが・・・・・。
今回のことは(も?)出来の悪い子どものしでかしたことにひたすらごめんなさいと頭を下げる母親みたいな気分です。

No title

>笹団子さん
>IKAさん
>「ちょっと変わったところもあるけど、普通の人…最近は会ってないけど」

件の名士?(笑)さんについて、
いろいろな伝手で人物評を聞いてみましたが、
かなりの割合で「ちょっと変わった」という評価が入るようですね、何故か。


曰く、
『とある件で話を聞きに行ったら聞きたいことはさておかれて、
 自分の理念とかやり方等々、違う話題を滔々と話された』とか、

『名刺に必要以上に肩書をごちゃごちゃ書き込んでいる』とか、

『ここ何年か、年賀状に「あなたが法律を守るほど法律はあなたを守ってくれない」
 といった妙な文言が書き込んであった』とか。


 社会的に破綻をきたしているわけではないので
 大きな問題があるわけではなさそうですが、

 仕事上の付き合いという距離感では見えてこないレベルの
 何かがあるのではないかと推察されます。

 郡山に住んでいながら、武田邦彦を呼ぶという選択をする事から、
 人付き合いも範囲がかなり限定されていて、社会的な文脈を読むのに
 やや難ありの方なのかしらと思いました(また邪推)


>なおみさん

『ビグザムが量産の暁には、
 連邦なぞあっという間にたたいてみせるわ』

 ですな。

 組み立て式豆腐とか、
 オデッサ周辺の大豆をごく微量使用とかネタがいっぱいですが、

 確かオデッサは『ウクライナ』だったと思います。
 これに反応する放射脳がいるに5ペリカw

http://sagamiya-kk.co.jp/big-zam/b_recipe.html


>うるしまねきさん

まぁ、いずれの側にせよ旬を過ぎた話題で、何をいまさら感が否めませんね。
講演会も近づいたし、県内の信者向けのアピールかしら。

武田は批判されるとブログで反撃という習性があるので、
ひょっとしたら郡山市の後援の件が抗議されているというのが耳に入ったのかも。


No title

福島の医師@医局でまったり中さん
>ひょっとしたら郡山市の後援の件が抗議されているというのが耳に入ったのかも。
可能性は高いかも。だとしたら、今回のエントリーの「成果」かもしれない。
いまだ講演会の募集をしているのは、人集めに苦労しているのかもしれません。無料にも関わらず。

いろいろ思うこと

安積の白猫さん
>ひたすらごめんなさいと頭を下げる母親みたいな気分です。

ちっとも住んでた(住んでる)人のせいじゃないんだから。
別にいいのよ!


福島の医師@医局でまったり中 さん
おとうふにさっそくの反応、ありがとうございます。

けれども私には
医師さんがおっしゃってることがさっぱりわかりません(涙)。

うちのひと・・・なんだか興奮して写真とってます。
限定版でごはんケース?もついてたみたい。

>武田は批判されるとブログで反撃という習性があるので、

あははははははっは~だ。
小学生のデスノートか!

>ひょっとしたら郡山市の後援の件が抗議されているというのが耳に入ったのかも。

そうだったらいいな。
いっちょまえに傷ついてんのかな~生意気な。

デタラメな話をちやほやありがたがってくれる
愚か者ばかりだと思うなよ。


あ・6章読みました。
福島市子ども体験支援事業への疑問
これも共感しました。

実はこれには一度だけ申し込みをしたのですが
当日子どもがまさかの発熱でキャンセル。

でも午後には熱が下がったから
よっぽど行きたくなかったのかな・・・。

私は当時けっこうしょんぼりしました。
何にも・・・得なこと無かったな~とか思って。
あさましくてお恥ずかしいです。

旅行会社を通して助成金が出るツアーみたいなのは
一度だけ知人家族と利用することができましたが

いろいろ制約があり
行ける人はどこまでも行けるけど
利用できない人はさっぱり・・・。

>学校単位での体験事業への補助など
>すべての子どもを対象にした事業

これも学校の規模や事情・先生方のお考えの違いもあるようで

いいな~!そんな行事を新しく企画したの?
って学校と

だんまりいつもどおりで何も無かった学校と
(あ・でも移動教室なんかには補助がついたかな)。


あと、私が個人的に思っているのは
全国的に少子化なのに
今、小さい子どもの遊び場ばっかり作ってるけど

子ども達が大きくなって
そういう施設を使わなくなったらどうするんだろう。

あ・反対ってワケではないのよ。

支援もね・・・お気持ちはありがたいんだけど
こちらが忙しくお膳立てしなくてはいけないのは
やっぱり大変だったかも・・・。

No title

>うるしねまきさん
武田のブログ、アレな人達の「安全だって言うなら原発で復旧作業しろ」とか「プルトニウム飲んでみろ」みたいな言いぐさそのまんまですね。
「全員避難」みたいな物凄い安全マージン以外は認めない人達って、なんで「住むための工夫」みたいなものは一切認めないんでしょう。
福島に住み続ける→放射能は安全だと判断しているはず→だったら防護とか健康不安なんか感じるな。って言っているみたいで…。
福島で生活する人は不安を持ってはいけない、って事なのかな。

彼らがしばしば「家族のために不安のなかで福島で生活続けている」人達の事を心配しますが、そういった人達を追い詰めているのは彼等のような気がします。

(参考)
福島県立医科大学
地域の皆様へー県民健康管理調査
http://www.fmu.ac.jp/univ/chiiki/health_survey/

「県民の皆様におかれましては、今回の大震災に伴う原子 力災害により、大変なご苦労やご心労、そして不安を抱 えていらっしゃることと思います。 福島県では、放射線の影響による不安の解消や将来にわ たる県民の皆様の健康管理を目的とした 「県民健康管理 調査」 を実施することとし、福島県立医科大学が業務を 受託しました。」

>福太郎さん
事故以降結構早い段階で「リスクとベネフィット」とか「より少ないリスクの選択」とかいった話題がここのブログでも出ていました。
「被曝はできる限り避ける」って原則は「合理的、かつ無理のない程度で」という事を含めないと無制限に解釈されますからね。
ICRPのLNT仮説にしてもALARAの原則を含んで解釈しないと責任無制限になりますし、本来LNT仮説って「より大きく安全マージン取った仮説」だってことが理解されていないのが現状ですし。
(ECRRとの比較のなかで、より合理的、一般的な仮説として紹介されましたが、中途半端なところもあったのかもしれませんね。反省点かな)

>安積の白猫さん
「ソノシート」って、朝日ソノラマの「聞く雑誌」だかなんかでとった商標ですね。一般名詞は「フォノシート」だったかと思います。
ちなみに一般的に言う「ブロマイド」は元祖のマルベル堂では「プロマイド」と呼んでいます。

>なおみさん
>福島の医師さん
おおお、ビクザムとうふ(笑)。
私は武田の前に立ちはだかって「やらせはせん、やらせはせんぞー!」と叫ぶドズルを想像しちゃいました(あ、それじゃやられてしまうか)。

モビルスーツよりはモビルアーマーの方がとうふになりやすい気がしますね。
次は何を「とうふ化」すんのかな~。

そうだな~。
「エルメ…じゃなくて、ララァ・スン専用モビルアーマーとうふ(付属のビットは醤油さしになってます)」とか、「チンしてできる、温どうふ用ブラウ・ブロとうふ(全レンジ対応…オールレンジ攻撃…なんちて)」なんて…どうでしょ?

No title

あ、今日のネタ貼っとくの忘れていた。

http://togetter.com/li/528361

マリリンとオノデキータが対決してます。
オノデキータの「なかなか辛い人生」がかいま見えますね~。
マリリン最強。

http://togetter.com/li/528242

上杉隆が「郡山では水で洗って放射線計る」の記事を加筆訂正して発表はいいですが、エートス持ち出して抗議される、の図。

なんか今日は豊作でしたね~。

許してください

つい・・・つい出来心で
おとうふを買っただけなんです(くすん)。

No title

いつもKYな書き込みのKY小間使いさばとらです。

郡山市はなんてうっかりさんなんだ!と思っていましたが、自分が宮仕えだったらと考えたら、地元の名士で、聞こえてくるのが困ったチャンという人物の申請は嫌だ嫌だと思いながらも判子捺しちゃうな。
こう考えただけで、自己嫌悪。あーやだやだ。

動員かけられる人もいるでしょうが、ドタキャンしてー。

GTR 様
おばちゃん、もうこういうのに弱くてすぐ涙が出てきます。

2011年、牡丹園の復興支援コンサートでトランペットの「この素晴らしい
世界」を聞いたとたん涙が止まりませんでした。

乗り遅れたバームクーヘンの話題ですが、子供のころは剥いで食べてたという人が多かったです。色々話が出た中で、衝撃的だったのが玉羊羹を吸い出して食べた。という事です。玉羊羹は爪楊枝に強く一回でつるんと取り出せるとラッキーととっても嬉しいですよね。

No title

流れをせきとめます。すみません。

なおみさん,ビグザム豆腐あったんですね。うちの近所は売り切れのようで,「あそこにあった」というクチコミ情報があてにならなくなっています。
クチコミをくれた同僚は,今年も福島のモモを買う,と宣言しています。私は,宣言しないで買うと思います。


逢隈さん,千貫森の宇宙人さん

フルメタル・ジャケットは,キューブリックものに乗り切れない自分が,何故か気になって,気になって,鬼指導官を射〇する若者役のビンセント・ドノフリオがすっかりお気に入りになってしまった,という映画です。

キューブリックは,晩年は,トム・クルーズなんか使って,「ちょっと,どうよ?」という気がしたんですが。

フルメタル・ジャケットのテーマが,あのオープニングでしごかれる若者の怖い怖い笑顔(下からちょっとだけ顔をあげて,笑うけど,ものすごく怖い)に象徴されているようです。

A.Cクラーク,懐かしいですね。「2001年宇宙の旅」は,原作の方が,理解しやすかったのです。

時計じかけのオレンジ,は,原作の結末が実は違っていた,というもののようで,なんにせよ,頭の中でマルコム・マクダウェル=くせ者,という方程式ができあがってしまいました。


あと,クリームコロンのクリームは,当然吸い出しです。(でも,ときどき舌で押し出すこともある)

トランペットのマウスピースなら音が出るのに,クラリネットでは出せないのは,あの吸い出し押し出し感に近い感覚がトランペットにはあるからなのか。クラリネットのマウスピースはかたっぱしからかみ砕いてしまい,ブラスバンドは,あきらめました,余った楽器がほかになかったので。



安積の白猫さん

  うちにもいっぱいソノシートありました。商標登録も何もかも無視で,「ソノシート」って書いてありましたが。

   前にも書いたのですが,一番すごかったのは,小学3年の学研の「学習」付録,岸田今日子の語りによる「ゆきおんな」

   あんなに雪女が似合う女優さんは,他にはいませんね。

   実家にあったんですが,プレーヤーがステレオに代わったときに,どこかにいってしまいました。

   単独プレーヤー(スピーカーがなかったのでテレビに接続していたので,音楽を聴くためにはテレビは見られない)には,78回転もあったのに,ステレオセット用のプレーヤーには,33・45しかありませんでした。33というのが,33と3分の1回転。

   
   おばの家では,てんとうむしのプレーヤー。

   あれ,やっぱり,この話題は前にもあったような。


   子供の頃に聞いていたのは,モーツァルトとバッハとヘンデル(親がそういうのを聞いていたので)だったので,それが,そのままプログレッシヴ・ロックになってしまったのでしょう。


さんご@さばとらさん

   玉羊羹て,あんこ玉ですか?

   あれ,食べ方を知らなかった頃は,かっこわるく吸ってました。あるいは,皮みたいなぶぶんを,ほうちょうでむこうとして失敗,とか。
   爪楊枝で刺すという,おしゃれな方法をしらなかったので。    

   

今日の朝日新聞(昨日?)に,福島県の放射線について「さがったさがったと言わないで欲しい。『さがったなら帰れるでしょう?』と言われる」という人の話が出ていました。

どちらかというと,「帰れる状態じゃないのに,つめたい人達に追い出される可哀想な私」という表現でしたが。

でも,『さがったなら帰れるでしょう?」 なんて,言われたら困る人が(自分の感情的に困る人が)いるのでしょうね。
意地でも帰りたくない,意地があるから帰りたくない,という。   

No title

>IKAさん
これはサンダ対ガイラかw

ヲッチャ的にずいぶん豪華な目くそ鼻くそ合戦ですなw

なぜかオノデキタがちょっとまともに見えるのがすごい・・・


>モビルスーツよりはモビルアーマーの方がとうふになりやすい気がしますね。
>次は何を「とうふ化」すんのかな~。

形的に作りやすいのはアッザムですかね(もちろんアッザムリーダー付)。
もしくは鍋用第2弾グラブロとか。

ファースト縛りでなければサイコガンダム(MA)とか

でもあんまりマイナーな機体はちょっと無理かな・・・



>なおみさん
だんなさんがうれしそうでなにより。


>boomboomさん
>今日の朝日新聞(昨日?)に,福島県の放射線について
>「さがったさがったと言わないで欲しい。
>『さがったなら帰れるでしょう?』と言われる」
>という人の話が出ていました。

語るに落ちるですな。
放射線にかこつけて目をそらしているだけで、
問題は別にあるということですね。

No title

IKAさん
福島医科大学では県民健康管理調査について確かに「放射線の影響による不安の解消や将来にわたる県民の皆様の健康管理を目的とした」とちゃんと明記しています。
山下氏も安全と安心は別物だと言っている。安心を県民に提供するための調査は、山下氏の主張と合致しています。
逆に不安を煽って福島県民を苦しめたのは誰なのか、武田教授自身ではないか。

No title

おばちゃん

泣きたいときは泣きましょう・・・


2011年LIVE福島郡山会場最前列に居ました・・


泣いているサンボマスターの山口君につられ

私も泣きながら拳をかざしていました。。


それが今でも私の原動力となっています。

No title

>boomboomさん
てんとう虫プレイヤーの話題は確かに前にしてましたね。
レコードの回転数は「一分間に何回転するか」って事らしいです。
33と三分の一って中途半端な数字は「3分間に100回転」って事だ、って誰かが言ってました。

「玉ようかん」はあんこ玉とは違い、「ちっちゃい風船の中に羊羮を詰めたもの」ですね。
そう言えば、アイスクリームにも同じように「風船に詰めたもの」がありました。(通称オッ○イアイス)
アイスの方は風船割らないように先っぽだけハサミで切って、チュウチュウするのが好きでした。

>福島の医師さん
どちらかと言えばオノデキータがフルボッコなんで、「多々良島でのレッドキングvsチャンドラー」辺りが適当かと(また微妙な…)

ああ~、忘れてました、アッザム。
でもあれって「脚」と「砲塔」がないと、普通のざるどうふになっちゃいそう(笑)。
付属に「マ・クベがキシリアに贈るつもりだった、なんだかよくわからないけどいい壺」に入った醤油を希望します(笑)。

う~ん、ガンダムスタイル。

>うるしねまきさん
彼等にとって選択肢は「避難するか福島で死ぬ」事しかないんでしょうね。
「福島で(人によっては物凄く気を付けながら)生活する」って現実は受け入れられないんでしょう。
福島にだって「全く気にしない」人から「勉強して、一定の範囲で気を付けてる」人、「未だに不安を持っている(不安の大きさは違うでしょうが)」人まで、いろいろあるんですが。



ところで、今日の激おこプンプン丸

http://togetter.com/li/529042

ちだい…この間の烏賀陽もそうだけど、脳ミソも両生類並みなのか?

ついでに…

http://togetter.com/li/529129

何を今頃…(と言うか、母親の従兄弟の嫁、ってまた微妙な親戚関係ですな)。

おまけ

http://togetter.com/li/528832

選挙がらみなのでコメントは控えます。

遅まきながら

大変遅くなりましたが、
ネコさん、3年目突入、おめでとうございます。

ネコさんのブログに辿り着いた2年前、、、
私の住む千葉県北西部ホットスポットは、
武田氏絶好調!な状況でした。

そして今は、
小学校での畑や田んぼでの実習も再開され、
もちろん、遠足や修学旅行で筑波山や日光にも行き、
福島の子供達とのスポーツ交流も復活(こちらはすでに福島訪問再開してます)

常磐道の千葉の玄関口の町ですから、
いつでもつながってますよ~

自治体の後援の問題も、実は、千葉でもデジャブ~な問題でした。

長年の活動実績がある団体が、新たに入ったメンバーに乗っ取られたり、

表向きは非営利団体の子育て支援といって、実態は政治活動であったり、

自治体によって対応は違いますが、
地元に手強い政治や宗教団体がある自治体でもない限り、
認定事項を細かく規定している所は少ないと思います。

断れば、言論の自由を奪われた、、という口実を与えてしまうし、
(そういう団体に限って、抗議をするんだと思うんです)

多分、特定の政治や宗教団体の活動だと認定されるとか、
あるいは、団体の名義貸しで実態は別団体だったことが発覚とかでない限りは、取り消しは難しいのではないかと思います。

こういう場合は、逆に、自分たちで講演会を市に後援してもらったり、
いっそのこと共催でやっちゃったり、と、逆攻めもできるので、
(そっちがやるなら、こっちもできるよ)、ダメージ受けたようで、
お得なアイテムゲットした面もあるかも、、、です。





今日の大ニュース

福島・信夫山に「ねこ稲荷」 新たな観光スポットに期待
http://www.minyu-net.com/news/topic/130705/topic4.html

本当に「信夫山ネコ」さんいたんですね~。

今日もすんごく楽しかった♪

さんご@さばとら さん
>動員かけられる人もいるでしょうが、ドタキャンしてー。

あははははは!
私も長いものには巻かれる派!!
はんこ押しちゃうと思うな~。

そして無責任に祈る派
「ドタキャンしてー!」

>玉羊羹を吸い出して食べた

ええ?吸い出す・・・だと?
だってちゅるんてあっという間にむけちゃわない?


boomboomさん
大それた野望など持たずにスーパーに行ったら・・・あったんです。
私なんかが価値もわからずに買ってしまって
申し訳ない思いでいっぱいです。

>岸田今日子の語りによる「ゆきおんな」

ああ・・・なんかすぐに脳内でイメージできました。
声が聞こえる・・・(気がする)。


福島の医師@玉羊羹は吸い出す派でしたさん
>だんなさんがうれしそうでなにより。

はい(にっこり)。
腐る前に食べて欲しいです。

「ビグザムがいっぱいあったら
歴史が変わってたはずだあ!」

とか言ってます(やっぱり何言ってるかわからないです)。


うるしねまきさん
>不安を煽って福島県民を苦しめたのは誰なのか、武田教授自身ではないか

ギョイギョイ~!


GTRさん
>泣いているサンボマスターの山口君につられ

ううう。イメージしただけで今ぐっときてます。


IKAさん
>アイスクリームにも同じように「風船に詰めたもの」がありました

あれね。なんだか恥ずかしくて食べられなかったです。
だって・・・もうおねえちゃんだから!

>選挙がらみなのでコメントは控えます。

私、自分でもネット選挙のこと勉強していますが
具体的にはわからないことが多いので

こちらで書き込みのマナーを学んだように
みなさんの身の処し方を拝見し学びたいと思います。
よろしくお願いします。


まなおさんだ!
おおお・・・。

>逆攻めもできるので

なんかすごいカッコイイこと教えてもらったかも(興奮)!
ピンチはいつだってチャンスなんですね!


一盃森カラスさんに先越されちゃった(笑)!!
>今日の大ニュース

そうなんです。
もともとあったものなんだそうで
ネコさんはとっくにご存知だったのかなあ・・・?

とにかくおもしろくて嬉しくて
ワクワクニヤニヤしています。

私羽黒神社にまだ行ったことないかも?
今地図をみましたがよくわかりません。
今度登ってみようかな♪

猫のコスプレした写真・奉納してもいいだろうか・・・。

ダダモレ炎上作戦

郡山の講演会についてはダダモレ炎上作戦でよろしいのではと。
閑散とした会場内でひたすらスマホで発信するゲリラ。(笑)

さて本日の本題です。(汗)
実は、ここに来て先日まで一度も話題になっていなかった「すいーつ」。
おかしいな。
あれは福島銘菓だったはず。
だって、福島から北海道の大学に来ていた学友が「お世話になってますから」と里帰りのお土産にくれたのが

☆玉ようかん☆  (玉島屋でした)

北海道にもおみやげでちょっと有名な「マリモようかん」があって、作りは同じ、小さなゴム風船に充填されたようかんです。ただ、マリモようかんなので「緑色」なんです。(汗)

子どものころマリモようかんをお土産にいただくと、爪楊枝で「ぷす!」とやるのが、それだけが楽しみだったんです。(子どものころからようかんが苦手)
食べもしないで「ぷす!」だけやったら怒られました。(涙)

それで学友に「爪楊枝で刺して食べるんでしょ?」と聞くと
「吸い出して食べるんですよ~。」と。
「ええ!どうやって?」
「風船の結んである口を一生懸命にほどいて、そこからもにょもにょーっと。これがうまいんですう。」と幸せそうに言うんですよ。

で、真似しましたが。。。

やっぱり「ぷす!」がいいですう。(疲れるし)(笑)

玉ようかんはあっさりした甘味がなかなかよくて、緑茶でもほうじ茶でもいいですねえ。最近食べていませんので、ネット注文しちゃおうかしら。

あ、信夫山のねこ稲荷、びっくりしました!
後ろに回ったら、LANケーブルが出ているのでは。
ねこ様降臨!

>ダダモレ炎上作戦

主に北の国からさん

あははははははははは!
みんなおもしろいこと考えつくなあ(笑)。
なんかいいなあ(にこにこ)。

はて・・・。
ここまで読んで思ったんですが

玉羊羹吸出し派と爪楊枝派がいるのか?
それとも日本のどこかに境界線があって
食べ方が分かれているのか?

笹団子さんが詳しそう(あんこだから・・・思い込み)。

>後ろに回ったら、LANケーブルが出ているのでは。
>ねこ様降臨!

私もそう思った(笑)。
おまつりされてる猫たちがそこはかとなく人間くさくって
誰かに似てたりとか???

関係者の方がこちらを読んでて
宣伝してみようって思いついてくださったのなら
嬉しいです。

観光でも何でも
福島の笑いのために使えるものは何だって!!!

おみくじ引いたら・・・

やぁどさんが出てきて
何か吹いてくれるとかさ♪

各マニア向けにぴったりの話し相手が出てくるとかさ。

福島銘菓の説明をしてもらえるとかさ。
100円足すとお茶と試食とかさ。

あ~楽しかった♪
おやすみなさい!

No title

すいません、郡山市に続き福島県もトンチキやっちまった様です。

速報【「福島県民の日」サマーキャンペーン 記念事業】にEMを 採択!
http://togetter.com/li/529103
「EM団子とEM活性液が福島県の河川や海に撒かれるのは7月15日。期日が迫っ ています。看過出来ない事態です。全国の皆様。どうか福島県をニセ科学のEM 菌から助けてください。m(_ _)m」

だそうです。

福島県民の日って正直知らなかったんですけど…
これでEM団体が「福島でも効果を実証!」とかやらかすとしたら問題ですね。
(お願いですから地元メディアは記事にしないで欲しいです。)

まったく、武田といいEMといい、めんどくさいったらありゃしない。
上記まとめには県に対する意見ページもリンクされています。
ご利用したい方はどうぞ。
(私もやっておくかな)

No title

KYおばちゃん@さばとらです。

玉羊羹を御存知無い方の為に。
玉嶋屋 玉羊羹
http://tamasimaya.com/index.php?id=7

吸い出して食べるなんて思いもよらなかったのに、ここにもいらしゃるのですねぇ。口のぶぶんを解くのって面倒じゃないですか?

ビグ・ザムとうふ食べたくなってきた。いちいには無かったから、やっぱりベニマルに行こうっと。

IKA様にならって激おこプンプン丸(きくまこ先生の所から)

「福島県民の日」サマーキャンペーン 記念事業【県中・記念事業】5事業
http://wwwcms.pref.fukushima.jp/download/1/h25kenntyuu-kinenn.pdf

第4回全国一斉EM団子・EM活性液投入
NPO法人EM・エコ郡山
EM団子100万個、EM活性液1,000トン

EMは手ごわいな。

「ねこ稲荷」にパンパンして心を落ち着けて来ました。

No title

>boomboom さま
あの太めの青年ですよね、あの人格が壊れていく経過は、何度みてもゾットします。
2001年宇宙の旅は映像のみで理解するのは絶対無理、原作を読まんと理解出来ないと思います。


自己崩壊への道を行くちだい、ならその背中を押してやりましょう。
善意の市民を装い、ここへメールを。
http://www.soumu.go.jp/common/opinions.html
地方行政の所をクリックし、かのトゲッターを貼り付けて。
「該当の新生児に救いの手を伸べたいのですが、ちだいはこの件を山本太郎の選挙応援に利用しようとしています、云々」
ある程度、同様のメールが集まれば少し面白いことになるかも。

No title

>「ねこ稲荷」
カラスさん情報ど~もです。ち~とも知らなかったんで驚いてます。ご先祖様か~。

>福太郎さん そして福島の医師さんにも関係ありってことで、

http://webronza.asahi.com/synodos/2013030100001.html
を見ると、山形への自主避難者のココロ(「山形避難者母の会」代表の中村氏)も、やや見えますね、マスゴミや「市民~」の「自主避難の人々を永続させて、権力攻撃の尖兵としたい」っていう「邪悪な意志」による「印象操作」からは、やや離れたヤツ(これもアサヒのサイトですが)で。

~「戻りたい」と思ってはいるんですね。わたしの周りにいるお母さん方も「いつ帰るか?」と毎日悩んでゆれています。
やはり、帰るための大義名分が欲しいんです~

と出ていますね~。「メンツ」です。

こういうシンポジウムに、福島残留者も出ていれば、少しは化学融合反応などもあるかと・・・でも、ネコ不正義軍の役割じゃないです(これはもしかしたらGTRさんと似てるかも)、バランスのとれた穏健な人類に・・・

>私の印象では反戦・反核(兵器)運動の延長で反原発運動をやっている人が 特にひどいような印象がありますね。

御意です。マスゴミにもこの方向の人、伝統的に多いのでは。「ベ平連」とか好きそう。

>EM
ついに「県」が終わってます。斗ヶ沢さ~ん、片瀬さ~ん、キクマコさ~ん!!!

>逢隈さん
「シャイニング」が怖かった。今でも夜中にホテルの廊下に出るのはコワイです。「スティーブン・キング」モノってことで言えば、歴史が短いことになっている米国の、「先史時代=ネイティブ・アメリカンの世界=白人が滅ぼしちゃった世界」からの恐怖がテーマっての、あるな~とか思いました。舞台のホテルがインディアンの墓地の上に建っていた、ってことですが。

No title

ダイアログセミナー、行ってきました。
驚いたのが、ベラルーシのWBC検査結果推移。
2004年時点で200Bq/Kg。高い人は2000Bq/Kg。

ググったら、実況中継されてました。
http://togetter.com/li/529602

No title

http://webronza.asahi.com/synodos/2013030100001.html

とても参考になりました。
自主避難者たちがどんな考え・思いでいるのかを知る一つのデータと言うか、情報ですね。

その中で気になるのは(以前から思っていることですが)
>「戻れるのに、戻りたくない」これは、自主避難者と呼ばれる方です。避難区域に指定されていなくても、さまざまな理由で避難しています。

「さまざまな理由」って、「自主避難」したのは放射線の健康被害が気になって、だけじゃないのですか?とツッコミたいですね。

まさかと思うのですが、「プライベートな理由」があってその土地から、あるいは家庭から「逃れたいなあ」と思っていたところに、この原発故が起こったために、「自主避難」という大義名分ができたわけじゃ・・・・。

でなかったら、自主避難した理由は「さまざまな理由」ではなくて「放射線が心配で」のみでいいはずだが??

とにかく、自主避難が本当に「避難」すべき理由があったのかを冷静に検証する時期に来ていると思っています。
(遅すぎるくらいだが)

そして万が一、科学的・医学的にも「自主避難する正当な理由」があった、つまり、避難しないと重大な健康被害があるから避難したとなったなら、それは違う意味で大きな問題が表面化することでもある。

なぜなら「自主避難せずに残った者」は「重大な健康被害が出る、あるいは出ている」ことになるからだ。

現実の世界に生きてる

IKAさん
>郡山市に続き福島県もトンチキやっちまった様です。

あららららら・・・。
海や川にはもうこれ以上何もまかないで~(涙)。


さんご@さばとら さん
私も口の部分を解くのにキーっとなってしまうと思います。
難しいですよね。

お豆腐は美味しかったです。
アボカド風味らしかったのできゅうり・トマトと
ホンモノのアボカド・海老・ホタテなどのマリネと一緒に。

盛り付けが下手なので
せっかくのビグ・ザムが埋もれてしまって
何がなんだかわからない普通のおかずになりました。


千貫森の宇宙人さん
>ならその背中を押してやりましょう

なるほど・・・。そんな「押し方」が。


ネコさん
>でも、ネコ不正義軍の役割じゃないです

私もそう思います。


tateさん
ありがとうございました。
あとでじっくり読んでみます。


福太郎さん
核心に迫ってきましたね。

>「さまざまな理由」って、「自主避難」したのは放射線の健康被害が気になって、だけじゃないのですか?とツッコミたいですね。

こういうところに誰も突っ込まないんですよね。
寄り添ってお気持ちを理解してあげなきゃいけないから。

暴いてもいいのなら・泣かせちゃっていいのなら
ひとりひとり個別にお話を伺って
「あなたの本心・ほんとうの理由はこれですね」って
突きつけたいです。

それをしても
相手を傷つけるだけで
「自主避難」はやめないだろうし
こちらにも何の利益も無いのでやらないのでしょうが。

多くの方が「隠しているつもりの本音」にうすうす気付いているから
いろんな思いを抱かせてしまうのでしょう。


あの・・・戻ったときに孤立する孤立するって
重大ごとのように言いますけど

残ってる私たちは
夢の楽園に住んでいて
みんな仲良し・なんの心配も諍いもないんでしょうか?

みんなそれぞれ歴史も今抱えている事情も悩みもあって
誰にグチっても仕方ないから
そういうものを抱えながら
それでも生活しているんじゃないですかね。

みんなひとりなんじゃないですか。

だからせめて・できるだけ
誰かと仲良くしたいと思って
楽しく生活したいと思って
人と関わろうとするんじゃないですか。

もう放射能が・・・って言い訳の自主何とかは
やめましょうよ。

ダイアログセミナー

私は仕事で行けなかったが、家内が午後2時過ぎ?あたりから参加してきてくれたので、ちょっと様子を聞きました。

つうか、tateさんが
http://togetter.com/li/529602
を紹介してくれたのでこちらの方がよくわかりますね。

ただし、家内が感じた特徴的な点として、

飯舘村民に今日のセミナー参加を呼び掛けたが、結果として数人しか来てくれなかったのは残念。
(一番の当事者でありながらも、「戻りたい」と言う希望はもうどうでもよい、賠償とかどれくらい、いつまでもらえるのか、の方が気になる、なのかな??)

アンケートやインタビューでの調査には、東電への不満や避難先での苦労などを言う人が多いという事だが、それ違うんじゃない、と思ったこと。

マスコミからの取材でもそうだが、どうしても「被害者」と言う立場を表明した方が「無難」と言うか、同情を得られるというか、それは日本人の特徴なのかも知れないし、でも「本音」は違うんだよね、と言ってました。

私も親などから村民の「本音」と言うか実態を聞いてるんですが、そういう「本音」は絶対にマスコミなどの表には出てこないですね。

以前にも書いたと思うのですが、避難したことによって「思いがけない高収入(賠償金など)」が入ったことを「原発事故のおかげだ」などと言う人がいて、それを「そんなこと言うもんじゃない」と注意した、なんて話もありました。

わが故郷のことを悪口するようで気が引けるのですが、そういう本音を言う人が全体ではないのは確かですが、しかしこれが実態なのです。

明日は午後から仕事なので、午前中だけでも参加してみようかな。

「名士」と玉羊羹

平日はあまちゃんで力尽きてしまっている笹団子です。(涙)

>2013-07-04(17:48) :福島の医師@医局でまったり中さん

>『とある件で話を聞きに行ったら聞きたいことはさておかれて、
> 自分の理念とかやり方等々、違う話題を滔々と話された』

>『名刺に必要以上に肩書をごちゃごちゃ書き込んでいる』

>「あなたが法律を守るほど法律はあなたを守ってくれない」

勝手な推測です。
建築士の先生でこういう人はなんとなくお客(お客と思っていないかも)の話を聞かないで
勝手に自分の思想で決めてしまいそうですね。 「市の名士」だけに苦情を言いにくいし、
市役所も抗議しにくいし、消費者団体とも仲がよさそうなお方なのでこちらもアテにならない。
お客さんが同じ思想ならいいのですが、そうじゃない人には向かないのかもしれないですね。
それかお弟子さんがしっかりしているからトラブルが表面化しないとか?

この手の先生に設計をお願いするときは覚悟が必要かと思います。

これは手配したお客も悪いのですが、昔の景気がよかったときに建てられたコンピューター制御の
オフィスビルなんかは「インテリジェントビル」とかっこいい名前で売り出されていましたが、
過剰なオートロック、照明や空調の自動制御(オフィス無人時に停止させる)でコンピューターが
動いているときはいいのですが、ぽっくり逝ってしまうと全て動かなくなってお祭騒ぎになります。
大きな吹き抜けなど無駄な空間があって、空調に負担がかかったりとかしています。

さらに凝った装飾なんかがあると傷んだりするとこれまた大変かと思います。
東京・浅草の隅田川対岸にあるア○ヒビールのような奇妙奇天烈なビルなんかも維持が大変と思います。

「先生」が暴走するとそういうシロモノが出来てしまいます。


二本松の玉嶋屋さんの玉羊羹ですが、爪楊枝で刺す以外の方法があるとは知りませんでした。
お菓子はこちらをご覧になって下さい。
http://gogodango.seesaa.net/article/237986567.html
http://gogodango.seesaa.net/article/237988636.html

数年前から桃味、メープル味が加わったようですね。

「日本災害復興学会分科会3」の雑感

>避難区域に指定されていなくても、さまざまな理由で避難しています。

これもまあ語るに落ちるですな。

自主避難の理由が放射線以外であってはいけないでしょ。

『帰るための大義名分が欲しいんです。』の人たちも含め、
自分の行動がそもそも間違いであるという発想には至らないんでしょうかね。

>給食の放射性物質は自分の納得いくレベルになっているだろうか。

こいつらが納得するかどうか物事は決まるわけではないんですけどね。
自分が世界の中心と思い込んでいる幼児的万能感が漂ってきます。

>女性にとって、「共感してもらう環境」というのが一番大事なんです。
>放射能汚染によって共感してもらえる環境が散々分断されてきました。
>このことにお母さんたちは傷ついています。

申し訳ないが、妄想に共感するのはその妄想を強化するだけですから禁忌に等しい。
ここからも理屈なんてどうでもいから
自分たちの言うことを受け入れろという未熟な主張が見て取れます。

分断を作り出してきたのは、
放射能でも東電でも国でもなく自分自身であり、

傷ついたなどと言うのも
構ってほしい、注目を浴びたい、
あるいは現実から目を背けるための自傷行為に等しく、

その落とし前はほかの誰でもない
自分自身でつけなければいつまでも救われることはないでしょう。


>五つ目は、「放射能学習会」です。
>「帰りたい」という人が帰れる基準が分からないという現状なので、
>材料提供を行っています。

山本太郎を読んで講演会をしているような団体に、
まともな学習会なぞできようはずもなくw



まあ阪神大震災を持ち出したり、三宅島を持ち出したりしていますが

少なくとも彼らの言う「戻れる人」と「戻れない人」を同列に扱うのはおかしい。


あくまでも「自主避難する正当な理由」の有無が問われている状況で
この連中はその前提を疑おうとしない


ずいぶん古いネタかつ既出かもで恐縮ですが
たかじんのそこまで言って委員会 2011年4月17日
http://youtubeowaraitv.blog32.fc2.com/blog-entry-8086.html
29分付近~57分付近まで

せめてこの程度の内容でいいから学習していただけるといいんですがw
まあ今となっては何を言っても無駄なんですかね?

No title

>笹団子さん


件の『名士?』さんのホムペ
http://business4.plala.or.jp/k-wada/

プロフによれば
群馬県桐生市生まれ、浦和高校出身のようですね。


余談ですが梓沢氏も桐生市の生まれで浦和高校出身のようです。
この辺が彼らの接点でしょうか。
http://spysee.jp/%E6%A2%93%E6%BE%A4%E5%92%8C%E5%B9%B8/1096892
http://www.azusawa.jp/bookdiary/2008-2009.html#anchor20080221


(閑話休題)

まあ、いろいろと委嘱を受けているようですが、
本業と関係ありそうなもの以外に
保護司とかボランティアとか書いてありますが、
本業には差し支えないんでしょうかねぇ。


他の記事も「一般消費者向けの分かりやすい連載にまとめて欲しい旨の依頼」で
書いたにしては・・・・


自分も笹団子さんとだいたい同じ印象を抱いておりまする。

アサヒの記事でアレですが

http://www.asahi.com/area/fukushima/articles/MTW20130509070130002.html

現郡山市長陣営は、選挙戦終盤で対立候補の前市長を、「放射能コワイで郡山から逃げた」とデマ攻撃しまくったらしいですね~。これで現体制が武田後援ってのは、ナンダカな~。

No title

自主避難者、難しい問題だと思っています。

シノドスの記事は偏りがあるわけでもなく、参考になりますね。善くも悪くも「本音」も見てとれますし。

たとえ「自主避難者」であっても「自分の人生が変わってしまった」って思いはあるでしょうし、悔しかったり、情けなかったり、どうしていいかわかんなくなる事もあるでしょう。
その気持ちは理解できます。

「放射能に対する不安」は理性の問題と感情の問題がゴッチャになって語られている事も、問題を複雑にしているように思いますね。
理性の問題であれば、知識を身に付けデータを取り入れることで解決は容易なんですが、感情の問題はどうすればいいのか…。

ここでもよく例えますが、感情の問題は「高所恐怖症」に似ているのかな、って思うんです。
高所恐怖症の人にとっては「ただ高いところが怖い」事が重要で、理屈…「建築物の強度とか耐震性」を説明してもその恐怖は取り除ける訳ではありませんし。

自主避難者から見れば、「平屋だった自宅がいきなり高層マンションに建て替えられた」ようなものなのかもしれないな、って思うんです。
「そこに住め」「住むのに問題ない」って言われても、「高いところは嫌い、住めるはずない」ってなるでしょうね。

その意味では「戻らない」人にも大義名分は必要なのかなぁ…と。
戻りたくない、戻らない、って選択肢だって堂々と主張できるような雰囲気があってもいいと思うんです。福島に住み続ける人達をdisらないで、デマに頼らなくても済むような雰囲気が。

どんな理屈があったとしても、「放射能が嫌い」ってのは(私的には)アリ。そりゃしょうがないと思いますよ。
人間だもの。

(一応付記として)
もし高層マンションに例えるとしても、福島の状況はせいぜい「1階から2階」程度だと思っています。
その意味で、ちゃんと理解できる人はまだいると思っています。

No title

信夫山ネコ様こんにちは。

四月の郡山の選挙はネコ様がおっしゃるようにデマが流れた選挙でした。
「目的を達成するために手段は選ばない」という事がおこり、
私はとても驚きました。(それが当落に影響したかはわかりませんが...)
同時に、震災当時あちらこちらできかれた、首長さんたちが逃げた
というデマが、2年も経って『選挙』というきっかけひとつで、
デマが復活したことに、未来を思い、とても怖く感じました。

だから、ネコ様のようにデマを検証したり、デマを否定したり、
それを記録に残すということがどれ程重要なことかということを
改めて思いました。

No title

>はなかつみさん

お久しぶりです、ありがとうございます。

スンゴイ選挙だったのですね~。ちーとも知らなかったです。
こんなのも見つけました。

http://senkyo.mainichi.jp/news/20130416ddlk07010373000c.html
市民に広がった流言「逃げない」に刺激受け、争点が際立たない中

東日本大震災と福島第1原発事故後、初めて実施された郡山市長選は、除染や復興事業などが大きな争点となった一方で、出所不明の未確認情報を巡る真偽が、隠れた争点として有権者の高い関心を集めた。

No title

ネコ様お返事ありがとうございます。
毎日おじゃまさせていただいます。
自主避難の話がでると、コメントをいつも考えるのですが、
この書き方だと誤解を招くかなとか、
傷つく人、嫌な思いをする人がいるんじゃないかなとか、
いろいろ書き直しているうちにいつも話題に乗り遅れて
しまいます。自分の文章力のなさにガッカリです。

IKAさんのコメントにありましたが、私にだけ限定していえば、
「高所恐怖症」のような感じはあったと思います。
いろいろなデーターがでてきて、頭では理解しようとしても
感情面がついてこなくて、ただただ怖い怖いという感情を
なかなか消し去ることができませんでした。
そして、決めることを延ばし延ばしにしていました。

帰ってきて一年程になりますが、
子どもたちは毎日お友達と楽しく過ごしています。


No title

http://lituum.exblog.jp/18709390/
にあるアサヒの母子避難アンケート見ると、222人が複数回答で、避難した理由は、

放射能による子どもの健康被害への不安 219
子どもを外で遊ばせられない 183

以上は根は同じですが、この他に「自分の精神的ストレスと答えた人が、子どもの精神的ストレスの二倍近い。」

と書いてあります。だから何、でもありませんし、数字が無いので何とも、ですが(ま、アサヒですし)。とにかくマスゴミ、「市民~」等がこの「自主避難
状況」を固定化、「死守」して(それはこうしてマスゴミが取り上げることによる、「メジャー感維持」が大きい役割を果たすと思います)、「非科学的、感情的、政治的、反福島的・・・反原発運動」の道具にすることは、「悲劇の誕生」です。これは今後の連中のターゲットの一つだと思います。

No title

ダイアログセミナー、2日目のプレゼンで「最初に行った講演会でリスクを過大に言っていて、以後不安や恐怖が増大した人がいた。」という生々しい話があり、休息時間の立ち話でこの話に怒っている人がいました。「講演者はダレだ」と。
アオリ、デマの実害は明確。

やぁどさんの問題提起。
「年配で、しかも帰りたがっている人は除染と並行して帰り始めてもいいのでは?」
この提案、実現させるためのハードルは高いでしょうが有りだと思いました。
年老いた人の日々が望郷の念と失意だけでは、やりきれない。

本日の中継まとめ。
http://togetter.com/li/530032


No title

ええと、先のコメントで私一人が「自主避難者にも~」みたいな言い方をしているようにとられる方もいらっしゃるかもしれませんが、このブログでも何度か同様の主旨の話がありまして、基本的に「自主避難者のすべてがデマ拡散に加担している」という認識を持っている人はいません。
ここで問題視されているのは「自主避難者のなかでもデマ発信」をする人、「デマの拡散に加担」をする人ですね。
そこを勘違いされないよう、お願い申し上げます。

(そもそもこのブログは「デマ除染」が目的で「自主避難者問題」を考えるところではありませんし。ただ「自主避難者」が福島県民として注目されやすいところと、その一部の方が注目される立場を利用して「現実とは違う福島像」の発信をしてしまう事からしばしば取り上げられるのだと思います)

ここに集う多くの方が、私同様「自主避難者であれ、福島に住み続ける者であれ、それぞれ幸せになればいいな」と考えている事は間違いないです。

あらためて、誤解なきようお願い申し上げます。

>信夫山ネコ様
>自主避難の固定化~悲劇の誕生

その通りだと思います。だからこそ、「戻ることを考えない」自主避難者達が、変な支援組織を頼ることなく、堂々と「自分の人生」を送ることができるようになる事も必要なんだと思います。
(自主避難者のためでもありますが、変な支援組織に大義名分を与えない、という意味でも必要なことではないでしょうか)

ずっとドラマ観てました

笹団子さん
メープル味・はあと形で可愛い!


福島の医師@夜更かし中さん

ほんとだ!夜更かしだ!!

>分断を作り出してきたのは、
>放射能でも東電でも国でもなく自分自身であり

しみじみ読み入ってます・・・。

>>材料提供を行っています。

>山本太郎を読んで講演会をしているような団体に、
>まともな学習会なぞできようはずもなくw

ああ・・・。
もしかしたらその材料自体がかなり・・・。


はなかつみさん・ネコさん
>同時に、震災当時あちらこちらできかれた、首長さんたちが逃げた
>というデマが、2年も経って『選挙』というきっかけひとつで、
>デマが復活したことに、未来を思い、とても怖く感じました。

私もそう思いました。

自主避難のことを書く時には
私の言葉で傷ついたという人がここに来て
私が納得できるようなお話をしてくださったらいいなと
思っています。

それがその人の本音であれば(非科学的であっても)
私はそうか・ごめんねって言います。
味方にもなります。

嘘臭いと思ったら謝りません。

No title

〉IKAさんこんばんは

先程の私のコメントすみませんでした。IKAさんのお考えをわかったうえで
IKAさんのコメントにいつも共感して読ませていただいていたことを
書きたかったのですが、
皆様に誤解を与えてしまうような書き方をしてしまったと
今とても反省しています。

〉なおみさんこんばんは

こちらにお集まりの方たち皆さん
上手に自分の気持ちを書かれていて
すごいな、自分もそうありたいなと思っていつも読んでいました。
だから自分のコメントもいつも迷うってことを言いたかったのですが、
誤解を招く書き方をしてしまったこと、反省しています。




難しい話はなかなか話題に入れなかったりして、
でも自主避難についての話題がでたときは自分の知ってる
範囲でコメントしてみたいなと思ったりしていました。


No title

>はなかつみさん
ああ~、気を使わせてしまいました。申し訳ありません。
はなかつみさんは、以前ご自分の経験、お気持ちをここでお話しされていましたから、本意は皆さんわかっていると思いますよ。

私が補足的にコメント付け足したのは
・時おり「自主避難者を敵視している」とか
・自主避難者に対して厳しい見方をしていて驚いた
みたいな事をいってくる人がいたからで、私としては、いちいち断らないだけで皆さんちゃんとわかっていますよ、って(僭越ながらも)エクスキューズしたつもりでした。

また、私自身今まであまり触れなかった「帰らないと決めた人をどう考えるのか」について、あらためて考えてみただけなんですけどね。

そういう事なので、あんま気にしないでください。
これからもコメント、よろしくお願いいたします。

はなかつみさん

ご丁寧にありがとうございました。

はなかつみさんのお話ぶりは
いつも優しく柔らかく
共感しながら拝見しています。

私も迷います。

でもあれこれ配慮しすぎて
目の前に立ち上がってこない誰かに気を遣って
思ってもいないエクスキューズを書くことはやめようと
それだけを思っています。

だからいい人ぶっちゃうと(たまにやっちまう)
後でもんもんとして
言い訳を書き足したりしています。

最近は少なくなってきましたが
「代弁者」っていたでしょう?まだいるか。

あなたはそんなことを書いて
こういう立場の人のことを考えていない!
酷い人だ!!

って責める人。

ああいう人のことをすごく嫌いで
「主語をわたくしにしなさい」と
言い返したりしましたが
(今走馬灯のように思い出しても腹が立つ)

当事者が
私はあなたの言葉で傷ついたんです
と言ってきてくれたのなら
話す機会になると思うんです。

はなかつみさんは
いつも自分の言葉で語りかけてくださるので
「人と話した」気持ちがしっかり残ります。

これからもよろしくお願いいたします。


蛇足ですが・・・
広島の美味しいクリームパンを
東京土産として頂き
今とても嬉しく、もぐもぐしています。

No title

昼ごろに帰宅して、
http://togetter.com/li/530032
をおさらいしてました。

実は昨日、勤務前の午前中だけでも参加しようと思っていたのですが、諸事情により参加できませんでしたので、tateさん紹介の「まとめ」があって感謝です。

初日よりは2日目の方が濃い、と言うか飯舘村の今後にとって現実的で前向きな中身だったように感じました。

ただし、こういう会議でのやり取りが多くの飯舘村民や県民に 知れ渡っていない、と言うか、知れ渡らせないというか、そういう事にもどかしさを感じています。

こういう情報はあえてマスコミが大きく取り上げないのだろうか?

今回、こういうセミナーがあることを初めて知りましたが、しかも今回のテーマが「飯舘村」でありながら休日申し込みの締め切りの都合上、両日とも参加できなかったのはとても残念でした。

次回もあるのでしょうか?
今度こそ参加してみたいと思いました。

自主避難者・・・・。

自主避難者についてのコメントと言うか、考えを述べる時、みなさんはとても気を遣った言い回しと言うか、まあ「奥歯に物が挟まった」ような言い方になってしまっているようですね。

恐らくその中に知り合いがいる人もいるだろうし、加えて自主避難者も原発事故による「被害者」でもあるんだという「暗黙の了解」と言うより、完全に「被害者なのは常識」になってますからね、世の「風潮」からしたら。

でもそれも実はいわゆる「放射脳」やマスコミによって作られた「風潮」なんでしょうけど。

じゃ、なぜ私はそういう自主避難者に対して人間味のないような、温情のかけらもないような冷たい言葉(事実なんですがね)を言っているのかですが、すべてはおカネやモノで代えることのできない我が「ふるさと」守るためだからです。

もちろん、何の根拠(科学的・医学的な)もなく感情的・情緒的に「ふるさとのため」などと言っているのではない。

自主避難が、文字通り「自主的に」誰にも迷惑をかけずに避難したなら何の問題もなかった。

しかし、現実には「放射脳」たちが自主避難者を利用して、「避難元は人が住める場所じゃないのに」とか、残っている人は「命知らず」「子供ことを考えない」とか、残っているものを「非難」する格好の材料に使われている(使われてきた)のが事実だし、それが大問題なのです。

自主避難者が放射能を恐れて避難したのは「高所恐怖症」のようなもの、とたとえがありました。

確かにどちらも「精神的なもの」ですから、それはいいたとえかも知れませんが、決定的に違う点は、高所恐怖症の人はそうでない人に迷惑をかけたり批判・中傷はしないという事です。

たとえば、スカイツリーに行って高所恐怖症のAさんが「私は高いところ無理だから」と展望デッキに行かなかったとしても他のメンバーには何の迷惑はないし、ましてやそのAさんが展望デッキに行った人に対して「あの人たちは私の気持ちも知らずにあんな危険なところに行って命知らずな・・・」などと第3者に自分の行動の正当性(?)を言うはずもない。

それどころか、逆に「高所恐怖症じゃない人たちが羨ましい」と思うのじゃないだろうか?

違う見方をすれば、高所恐怖症の人だって、スカイツリーのような「完全に周りを壁・ガラスに囲まれて、足元も頑丈な場所だから全然大丈夫だよ」と説明してやれば、恐らく渋々ながらも行ったとしましょう。

そして展望デッキに来たAさんは「ああ、何て素晴らしい場所なんだろう。しかも300mと言う恐ろしい高さなのに全然怖くない。私が今まで『高い所は怖い』という思い込んでいて、絶対そういう高い所には行かないと決めつけていた事が恥ずかしい」なんて言うに違いありません。(笑)

さて、これはどういう事でしょうか?
人は、と言うより動物もそうかも知れませんが、過去に何らかの切っ掛けで『高い所や足元が透けて下が見える所が怖い』と思う体験をしてしまうと、なかなかその恐怖心から抜け出せないんですよね。

我が家の老犬は、小さいころに散歩で側溝のコンクリートのふたを歩いている時に、初めて鉄格子のフタに差し掛かったら急に驚いて、それ以来下が透けて見えるそういう鉄格子のような上は絶対避けて歩くようになってしまいました。(笑)

何度か「大丈夫だよ」と言い聞かせても、絶対無理でした。
(犬の耳に念仏・・・違うか!)

人は犬とは違い、言語があるのですから、言葉や行動で「ほら、大丈夫だろ」と実証してやれば大概の人は理解してくれるはずですからね。

放射線への意識も同じだと思います。
低線量であれば、特に現在の福島や郡山程度の線量であれば何ら問題ない、という事を、もっと行政や専門家が自信を持って説明してくことが重要なんだと思います。

もちろん、単に「大丈夫、大丈夫」と言葉で言うだけじゃなくて、しっかりとした過去・現在のデータなどを示すのは当然ですが。
(世界の高自然放射線地域の実態はダメなのでしょうかね?私はこれを「低放射線なら問題ない」と言う考えの拠り所にしてきたのですけど・・・)

加えて私たち避難せず残っている者も自信を持って「普通に生活していく」のも欠かせませんね。

No title

>その意味では「戻らない」人にも大義名分は必要なのかなぁ…と。
>福島に住み続ける人達をdisらないで、デマに頼らなくても済むような雰囲気が。
>「戻ることを考えない」自主避難者達が、変な支援組織を頼ることなく、
>堂々と「自分の人生」を送ることができるようになる事も必要なんだと思います。

申し訳ないんですけど自分にはそういったものが思いつかないんですよね。

(一応、これから話す「自主避難者」子連れの母子避難者を念頭に置いています)
 仕事がないので職を求めて一家で県外移住とか、働き手のみが出稼ぎというのは
 「避難」ではないと考えていますので)

感情的に容認できないもの存在を否定するつもりはありませんが、

福島を忌避する感情の根底には
どこまで行っても「放射線は危険」というのがあるでしょう。
危険だ、危ないという感情があるからこそ
家も旦那も仕事や友人関係も捨てて避難したわけですから。

仮に、
「避難指示が出ている地域以外は放射線による健康被害の可能性は極めて小さいことを理解しているが、
 それでも自分は福島に住むことが不安で忌避している。」
という主張をするのであれば、

好みの問題程度の話であれば、そんなことに付き合わされる子供はいい面の皮だし、
恐怖症レベルのものであれば個人的な治療を受けるべきであって、
何故に家庭を壊してこんなところにいるのかという話になる。

少なくとも危険だという認識がなければ、
「子を思う親心」という綺麗事も成立しないわけで。

まあ自分はそんな綺麗事なんかではなく、
半分以上は
「意識の高い親とみられたいという承認欲求」
「自分の子供を思い通りにしたいというコントロール願望」
と思ってますけどね。

一部の自主避難者は
「逃げない親の子供は気の毒だが自業自得」なんて言ってましたし・・・

(今となってはブーメランもいいとこでしょう。)


戻ることに躊躇するというのはわからないでもありません。

戻るということは
「子供を守るために全てをかけた決断力と勇気のある賢い母 」から
「デマ屋のガセネタに踊らされて金も時間も人間関係も失った愚かな母」 への

転落を意味しますからね。そう簡単には認められないでしょうね。

旦那と揉めて飛び出てきたなんてケースだと
内心思い直していても、意地張るしかなくなっているかもしれません。
さすがに旦那側だってキレて、離婚やら親権剥奪やら 裁判沙汰になっているでしょう。

妥協点があるとすれば、「詐欺に騙された被害者」ですが
これですら自分が騙されたことを認める必要がある。



自業自得と言ってしまえばそれまでですが、
子供はかわいそうですね。
いろんなものを発症するかもしれません。

爪噛みや指しゃぶり等の軽度の習癖異常に始まり、
心身症、抜毛症や遺尿症、チック
緘黙症、摂食障害、反抗挑戦性障害から行為障害に発展等々

これらは子どもの気質の問題もあるでしょうが、
母親の状態は経過に大きな影響を及ぼすでしょう。
放射能の何倍もの大きな影響を・・・・

まあともかく
「過ちては改むるに憚ること勿れ」
「過ちて改めざる、是を過ちという」
です。

子供が大事だと啖呵を切ったのだから、
あとはどうすりゃいいかはわかるでしょう。



戻りたいけど不安で戻れないという方にはこんな方法もあります。

暴露反応妨害法
(参考)
http://www.npsybt.jp/OCD9.html
http://www.npsybt.jp/OCD10.html
http://www.npsybt.jp/OCD11.html

上記は強迫神経症の治療解説のページですが、
強迫観念を「放射線への不安」、
強迫行為を「放射線回避行動(福島産の食物を避ける、外で遊ばせない等)」
と読み替えると大体通じるかと思います。

No title

福太郎さん
>世界の高自然放射線地域の実態はダメなのでしょうかね?
馴染みのない地名を言っても、ピンとこないものです。
食いつきは良かったのは、ヨーロッパの状況でした。

ドイツとフィンランドの状況
http://odlinfo.bfs.de/index.php?lang=EN
http://www.stuk.fi/sateily-ymparistossa/sateilytilanne/en_GB/sateilytilanne/
これにラドンが加わった様子。
http://en.wikipedia.org/wiki/File:Natural_Radiation_Atlas_of_Europe.jpg

そしてこれ。
http://www.finland.or.jp/public/default.aspx?nodeid=46039&contentlan=23&culture=ja-JP
特にバタバタ死んでるわけではなさそうだ。と、一言。
報道自由指数No.1。というのもポイント。

否定でも説得でもなく、疑問を持たせる事が目的。
疑問を持ったら、とりあえず自分の頭で考えるのが普通ですから。

高所恐怖症・補足

「放射能は少しでも怖い」、と思う人は「高所恐怖症」に似ているのでは、と言うたとえについて私が「スカイツリー」の例を挙げて、いくらとんでもない高い所でも「安全」だよという根拠(=事実)を示せば理解してもらえる(=怖くないという事を分かってもらえる)んだから、放射線恐怖症についても同じではと言う事を書きましたが、もう少し補足しますね。

学校とかにある平均台の上の高さはせいぜい数10センチから1メートル程度の高さですが、その上に上がると慣れない人は恐怖を感じますよね。

それは「足場が狭く不安定」だから、バランスを崩したら「落ちる」と言う恐怖心があるからですよね。

でも、その平均台の何100倍もの高さのスカイツリー展望所が全く怖くないのは展望所の足場(床)が地上と同じように「ものすごく広く安定している」うえに、周りを壁・ガラスで囲われているために、「落ちる」と言う心配がないからでしょう。

だから、平均台もその両側に「手すり」を付ければほとんどの人は恐怖を感じずに渡ることができるでしょう。

あるいは、平均台の幅を1メートルにすれば、同じ高さなのになぜか怖さは無くなるはずです。

高い所が「怖い」のは、「落ちた後の事」を考えるからでしょう。
落ちたら怪我する、あるいは死ぬかも、と。

だから「落ちないような対策が施されたところ」は「落ちる」と言う「不安」が少ない(ない)ために安心するのでしょう。

放射線が「怖い」と思わせられているのは、広島や長崎の原爆被爆やチェルノブイリ原発事故での被ばくでの悲惨な写真を見ているからでしょう。

でもそれらはすべて「大量被ばく」しての結果のはずです。
「低線量被ばく」での健康被害はデータとして証明できていないのに、どうしてこうなってしまったのかが不思議でならない。

広島・長崎原爆での長崎大学等が行った膨大な研究データをいったい何だったのだろう・・・・。

世界の高自然放射線地域は、今の飯舘村より高い線量にも拘らず、当事国政府もIAEAもその地域に「避難指示」「避難勧告」もしなければ「除染」もしないのはなぜだろうか?

そういうところに住み続けても何の健康被害もないからに他ならないだろう。

そういう「実態」と今の日本のこの「騒動」をどう考えればいいのだろうか?

蒸し暑かったですね。みんな元気ですか?

福太郎さん
>tateさん紹介の「まとめ」があって感謝です。

私もです。ありがとうございました。

まとめを拝見して思ったのですが
そうそうたるメンバーで気後れしてしまうというか
敷居が高いというか・・・。
そういうことを気にしないずうずうしい私でも
ちょっと・・・

一般の人は対象じゃないのかなとか。

やっぱり私は行かなくてよかったかな~なんて思いました
(会場が近くだったので少し迷ったんですが)。

飯舘の方はどんな会だったら興味をもってくださるかな
(参加が多くなるかな)と思いながら読みました。


>自主避難が、文字通り「自主的に」誰にも迷惑をかけずに避難したなら何の問題もなかった。

同感です。
自分の気持ちがアシュラ男爵みたいになっちゃって(違うか?)
そのことについて話すのがめんどくせー!!
・・・などと思ってしまうのでございます。

>世界の高自然放射線地域の実態はダメなのでしょうかね?

初期の頃のアナウンスは
決して間違ったものではなかったのに
デマとそれに耳を貸した人たちのパニックで消えてしまった。

もう一度そこからやり直すとしても
最初に入ってしまった感情(恐怖)コミの
間違った情報の上書きは・・・大変なものですね。

>加えて私たち避難せず残っている者も自信を持って「普通に生活していく」のも欠かせませんね。

私のできることはそれしかないと
ずっと思って生活しています。


福島の医師@当直中さん
>半分以上は
>「意識の高い親とみられたいという承認欲求」
>「自分の子供を思い通りにしたいというコントロール願望」
>と思ってますけどね。

もう・・・ここまできたら
自主避難者の気持ちに寄り添った解釈はできないし
したくないしする気もないので
このお考えに賛成です。


>「子供を守るために全てをかけた決断力と勇気のある賢い母 」から
>「デマ屋のガセネタに踊らされて金も時間も人間関係も失った愚かな母」 への
>転落を意味しますからね。そう簡単には認められないでしょうね。

こういうのを・・・ブーメランっていうのでしょうか?

出て行く時に気持ちが高揚して
ご自分が周りの人に何を言ったか

それが自分のくびを絞めているだけだと思うので
同情はできません。

配慮と思いやりとおとなげと
そういうものをもって迷いながら避難した方は
残っている人との関係が切れる筈は無いんですから。


こういう資料の提示にかけては
tateさんはいつもスマートですね~。
かっこいい~♪

お詫び

我が戦友が

唯一取り扱っていただいた書店の依頼で

講演会を開くとは聞いていましたが

いつの間にか『ただのオッサン』が

『講演会&サイン会

という大それたこととなり

大変申し訳ありません。。




ただし

デマが出る前に言っておきますが

書店からの要望であり

『ただのオッサン』の売名行為ではないことを

ご理解いただければ幸いです。。

No title

本日(7/8)、仕事帰りに町田駅前を歩いていたら、山本太郎が演説していた思いっきり気分悪い。
http://twitter.com/komi1114/status/354211866827968512/photo/1
気分直しにヨドバシカメラ町田店に行って見つけた、面白そうなガチャガチャを3回まわした。
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1306/18/news063.html
キジトラ、シロ、ハチワレget。

チダイの件ですが、やっぱり伝聞情報のようです。
山内知也土下座事件(土下座はしていないけどね)の再来になるかか。
http://ameblo.jp/c-dai/entry-11547101158.html
チダイはフェイドアウトを謀るつもりらしいが、そうはさせるもんか。

高所恐怖症と放射能について

察しの言い方はもうお気づきでしょうが、私は高いところが好きではありません(笑)。
だからこそ「根拠の無い恐怖症」に置き換えるとよくわかるんですね。

>福太郎さん
おっしゃる通り、自主避難者のなかにも「学ぶこと、現実を見ること」で放射能を怖がらなくなる人も多いでしょうね。
そういう人達は「デマから距離をおき、きちんと学ぶこと」で問題が解決します。
また、福島の医師さんがおっしゃるように「治療」できることで問題解決もできると思います。
(実のところ、お二方の意見には賛成です)

ただその中で、「何とかして合理的に(見える理屈)自分の行動を肯定しよう」ともがけばもがくほどに「デマ屋に傾倒してしまう」のだとすれば、「いっそのこと、感情としてアリ」にした方が安心できるのではないか、と思うんです。
(下手な理屈にすがらなくても、自分が否定されることがない、と分かれば学んでみよう、って気にもなりやすいようにも思います)

福太郎さんもおっしゃるように「高所恐怖症の人も、高いところに上れる人も、お互い上手くやっている」現状のようになれば最終的にはいいのかなぁ、なんて。
(この両者はせいぜい「ビビりだなぁ←→バ○と煙は高いところに上がるって言うだろ」位のもんでしょう)

世の中にはいろいろ恐怖症みたいなものがあって、それぞれみんな上手くやっているはずなんですよ。
高所恐怖症は高いところに上がらなければいい。
飛行機が怖い人は新幹線で移動すればいい。(国内限定ですけど)
多少の不便があるとしても、相手を見下したり、変な理屈付けなくてもやっていける事って、他にも沢山あります。

まあ、その為には「放射能は特別なリスクではない」ってことを理解してもらわなければならないんですけど。
(この時点でアウトな気もしますが…)

>福太郎さん
>福島の医師さん
お二人とも「感情的に受け入れられないのはしょうがない」って意味のことをおっしゃっていますので、基本的には私とそんなに意見は変わらないと思います。

また、「自主避難したという行為」自体が問題視されている訳ではない、って事も確認した方がいいかもしれませんね。
こういった話題を話すと「自主避難者すべてを批判している」「自主避難という行為を批判している」と受けとる人もいますから。

(その例)
ちだい(chidaisan)がまた、福島県では「『非県 民』」と言う言葉があると問題発言

http://togetter.com/li/530790

これ、昔の話ではありません。今日の事です。
アッチの人達のなかでは「ネタのループ」始まってますから、「もう随分前に話したから、みんなわかってんでしょ」ってのは通じないみたいです。

私も未だに阿修羅で「3(4?)号機は核爆発」って話をしていますし。



すいません、ネタ投下します。

マリリンのブログなんですけど
http://koukaishitsumon.blogspot.jp/2013/07/blog-post.html?spref=tw&m=1

のなかに

>このことについては、元WTOのミッシェル・フェルネックス医 学博士が大々的に反対運動をしており、来日時、私は博士の通 訳もさせてもらったこともあり、先日は欧州に博士を訪問させ てもらいました。

…なんだよ、「WTOの~医学博士」って。
何時から「世界貿易機関」が医療部門持つようになったんだ?
普通、リスペクトする人間の経歴間違える?
この人に通訳まかせるフェルネックスって人も大丈夫かな~。

(ご丁寧に英訳でも間違えているんですよね~)
>Regarding ETHOS, Dr. Michele Fernex, the former WTO doctor, has been carrrying out movement against this, and I myself worked for him as an interpreter when he came to Japan in 2012 and visited him in May 2013.

これって、中学校の社会科ですよね。

(ちなみに、このエントリのコメントにネコさんを取り上げているヤツがおりますな)

GTRさん

>『講演会&サイン会』

うぷぷぷぷ。おもしろい!
いいじゃないですか。景気良く行きましょうよ!

私はちょっと照れちゃうから
サイン会には行かないと思いますが
共感しながら読んでます。

感謝と・・・いろいろな気持ち
よろしくお伝えください(にこ)。

KYクイーンは諦めない

今日は暑かったですね、おばちゃんファッション、首にタオルの毎日が始まってしまいました。
素材には何が良いかという話になり私の周囲では日本手ぬぐいが一番と言う事になっています。最近ではおしゃれな物があり色々取り揃えるのも楽しいですよ。って首に巻くタオルにお洒落も何も無いもんだわ。

あまりにも暑いので頂き物の白河は「まつばや」のアイスキャンディーを食べました。昔懐かしいアイスキャンディーで、割り箸を斜めに差してあります。

>私たち避難せず残っている者も自信を持って「普通に生活していく」のも欠かせませんね。

2011年の前半はちょっと気負ってそういう意識で過ごしていました。
いつもお野菜をくださる方達が下さらないので。「キューリ下さい。」
と言うと「えっ?いいの?」と言う顔がはじける笑顔になって、山の様に持たせて下さいました。
そんな気負った気持ちはすぐに何処へ行ってしまい極普通に過ごしています。冬には干し柿も作りましたしね、びっくりされたのにびっくりしました。(セシウムがーは知ってましたよ)

GTR 様
うふふふふ。

No title

2035年には原発をゼロにしてもそれは日本だけ。その頃には全世界で800基が稼働しているでしょうし、さらに新規建設も進む事でしょう。それでも地球温暖化を阻止する事は難しい。しかしやらなければもっとひどい状況も有り得ます。 

 教えてほしい物ですが、原発をゼロにしたら、なにから電気を得るんですかね。火力発電は2酸化炭素排出につながえります。

 再生エネルギーは風力、太陽光などなんでしょうけど天候に左右されます。バックアップ用に火力発電所を使うのはそれだけで無意味。

 2035年にやっぱり原発は必要だったと日本でわかっても、既に原発技術後進国。中国からでも最新原発を導入するんだろうか?

 傑作なのはいますぐ原発を廃炉にすればその技術は世界一になるから、廃炉技術を売ることで日本は儲ける。

 自分の国の原発技術も評価せずに廃炉の技術を自慢しても理屈がとおらない。新規原発後の廃炉は80年間先というのが台湾で建設中です。

 既に地球温暖化はまっただ中に突入中。

 ①火力発電による温暖化ガスと言う廃棄物込みの地球
 ②原子力発電の核廃棄物こみの地球。

 どちらを選択するかは放射脳であっては困るわけです。大した勉強もせずに放射能の害を課題に評価して間違った方向に国民が行くようにすると言う事はあってはならない。

 高所恐怖症は30分で直る場合もあります。しかし放射能恐怖症は理性で克服する以外はないでしょう。科学的データを見て合理的な判断をして貰うしかないと思います。

No title

IKAさん
>察しの言い方はもうお気づきでしょうが、私は高いところが好きではありません(笑)。

おお、そうでしたか、実は私も本来はあまり得意ではないのですが、なぜか「怖いもの見たさ」なのか、高い所に行く癖があります。(笑)

>ただその中で、「何とかして合理的に(見える理屈)自分の行動を肯定しよう」ともがけばもがくほどに「デマ屋に傾倒してしまう」のだとすれば、「いっそのこと、感情としてアリ」にした方が安心できるのではないか、と思うんです。

そういう「理屈は信じない人」(笑)は「放置プレイ」しかない。
ただ、どの人が「理屈は信じない人」かは、結局話してみるしか区別はつかないわけで・・・。

>高所恐怖症は高いところに上がらなければいい。
>飛行機が怖い人は新幹線で移動すればいい。

その通り!
そして、そういう行為のための「不利益」(スカイツリーに登れないからいい景色が見られない、飛行機が乗れないから有効な時間が減る)が出ることに対しての「補償」は求めない、という事も重要。

なぜなら、誰から強制された手段でもなく、自分で選んだ手段なのだから。

もし、「自分の意思・判断」じゃなくて誰から「強制・脅迫」されてその手段を選んで(選ばされて)、それによって発生した「不利益」があったとしても、それに対する補償を求める相手は、その手段をするように「強制・脅迫」あるいは「誘導」した人・組織であるのは常識である。

>また、「自主避難したという行為」自体が問題視されている訳ではない、って事も確認した方がいいかもしれませんね。

はい、その通りです。
私が問題視しているのは、自主避難しているにもかかわらず、それに対する「代償」「補償」「援助」を求めていることです。
実際には税金を含めたかなりの「補助」を受けているようですが。

それがあるために、自主避難が長期間継続できてしまっている、そう私は思います。

ついでに言うと、自主避難した行為は、本来は「自慢」しても良い行為なんですよね。

なぜなら「私たちはあなた方(自主避難しない方)が考えない小さなリスクをも先取りしてやっている」からです。

もしその後に「補償」やら住まいの「便宜供与」やらを求めたり、まして自主避難しない人への「非難」をしなければ、と言う前提がつきますが。

さんご@さばとらさん
>>私たち避難せず残っている者も自信を持って「普通に生活していく」のも欠かせませんね。

>2011年の前半はちょっと気負ってそういう意識で過ごしていました。
いつもお野菜をくださる方達が下さらないので。「キューリ下さい。」
と言うと「えっ?いいの?」と言う顔がはじける笑顔になって、山の様に持たせて下さいました。
そんな気負った気持ちはすぐに何処へ行ってしまい極普通に過ごしています。冬には干し柿も作りましたしね、びっくりされたのにびっくりしました。

おお!なんか私の原発事故直後も変わらずに実家の飯舘や、最高に濃度が高かった場所の一つである「津島地区」に何度も、しかもバイクで行っていたのと近いものがありますね。(笑)

さて、今日なぜこんな早い時間に投稿しているのかと言うと、今日休みで天気も良いという事で、しばらくぶりにバイクでツーリングする予定だったからです。

では行ってきます。

福島県民の日記念事業

ご存知かと思いますが、福島県民の日記念事業から
EM菌投入がはずされました♪

http://wwwcms.pref.fukushima.jp/pcp_portal/PortalServlet;jsessionid=193C7F9C43FDF3C0BD6C15EF2FDEBED9?DISPLAY_ID=DIRECT&NEXT_DISPLAY_ID=U000004&CONTENTS_ID=21288

みなさまはじめ、たくさんのまともな人たちからの声の成果ですね♪



続いては

http://fure.net.fukushima-u.ac.jp/event/--.php

ちょとまて

第1部に怪しげな名前が

福島大学に抗議、ですかね。

No title

>福太郎さん

>そういう「理屈は信じない人」(笑)は「放置プレイ」しかない。
>ただ、どの人が「理屈は信じない人」かは、結局話してみるしか区別はつかないわけで・・・。

確かに最終的には放置プレイですなw

まあぶっちゃけ大人の放射脳は
大人は失った時間を後で悔いるか、妄想の中で踊り続けるか、
その辺で野垂れ死のうと知ったこっちゃないのですが、
可哀相なのは付き合わされる子供なんです。

子供はその中で成長していかねばならない。

既出ネタだったと思いますが、
↓の記事の方のように
アレな身内を生温かく見るくらいに達観できればいいですけど。

《プロ市民を祖母に持つ者ですが質問ある?》
http://bipblog.com/archives/4227830.html


>ついでに言うと、自主避難した行為は、本来は「自慢」しても良い行為なんですよね。
>なぜなら「私たちはあなた方(自主避難しない方)が考えない小さなリスクをも先取り
>してやっている」からです。

ちょっとこれにはツッコミを入れたい

自主避難の何がだめかって、
あるのかないのかわからないくらいのリスクを回避するつもりで

慣れ親しんだ土地から離れるストレス、
すなわち気候風土や食事や水や細菌に至るまでの環境変化、
人間関係の崩壊、
経済面の悪化、
母子避難であれば(たとえ離婚という状況に至らなくても)
家族が崩壊することによる子供に対する精神面の害等々を度外視して、

「私たちは意識が高い(キリッ)」とやっているところが問題です。

健康のためには死んでもいいってのと似たようなもんです。


世の中には愚行権(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%84%9A%E8%A1%8C%E6%A8%A9
なんて言葉もあるのでまあ勝手にやればいいんですが
ならばなおのこと、補償だ金だと言い出すのはお門違いってことなんです。


>北の国からさん

>記念事業としては位置づけないこととしました。

とありますが、位置づけないだけでやることはやるということではないでしょうね?
(ひねくれすぎかしら)


あとは郡山市ですが、自分のメールには今のところレスはないですね。
1日1通コツコツとやってますがw


No title

>福島の隣在住さん
そうですね。福太郎さんもおっしゃっていますが「単なる思い込み」で怖がっている人も少なからずいると思いますし、そういった方々をどうにかしてケア出来ないものか、と思っています。

>福太郎さん
あはは、私も「高いところが好きではありません」と言いつつ「展望台」とか「タワー」とか見つけると必ず登ってしまいます(笑)。
「危険がない」事は十分理解していますので、絶叫マシンやオバケ屋敷のような「安全が保証された恐怖を味わう」感じなのかなぁ、なんて思っています。
ちなみに今まで一番の絶叫マシンは「大観覧車」(ちょっと風が強い日の)だったりします(笑)。

以下、蛇足になりますが、「感情的に受け入れられない」人達を考える場合は、先にも書いた通り「見込みのある人」のケアをした上で 、ってのは必要条件だと思います。
少なくとも今のように「ただ単に経済支援するだけ」ではリソースの無駄使いじゃないかな、と思っていますよ。
以前、経済支援を申し出る人には「正しい放射線の知識の講習を義務付ける」とか「正しい情報の収集、判断の方法を教える」事も必要だ、とか言ったこともありますし。

自主避難者のなかから「避難しただけで責められる」とか「自分の言ってることが理解されない」とか思われて、話が通じる仲間内で完結されるよりは「ヤなもんはヤだ」っていってくれた方がいっそ清々しいですよね。

当然、「ヤなもんはヤだ」ってのは個人の感情ですから、自己判断、自己責任となりますし(逆にこれができない人は、補償金目当ての可能性が高くなる)。

福島の医師さんが想定している「自主避難者の家族モデル」はもう個々で解決してもらうしかないです。部外者がとやかく言えるトコロは少なすぎて何ともしようが無いですし。

>北の国からさん
おお、知りませんでした。
やるじゃないか、福島県。
見直したぞ、福島県。
まあ、「最初っからそうしていれば、騒がずに済んだのに」っても思いますが(笑)。

一応、メール送った甲斐があったというものです。
…なんて、本当は片瀬さんの功績が大きいかと思いますが。

http://togetter.com/li/530639

No title

>福島の医師さん
ありゃ、すれ違い。
確かに県発表だけでは「EM投入阻止」まで行ったかどうか判断できませんね。
でも、「公式に認められなかった」こと(これによって今後「福島県公式認定」といった宣伝は出来ないかと思います)と、「エキセントリックな反対の声じゃなくても行政の判断を覆せる」という前例になったのは大きいかなぁ、って思いました。

郡山市にも「県はちゃんとやったぞ、おい」ってメール送れば、ちょっとは効果高いかもしれませんし。

小さな勝利かもしれませんが、「冷静な人達の声」が届いたのはやっぱり嬉しいです。

No title

昔から宇宙人はいるんです。。

http://www.city.date.fukushima.jp/iken/pdf/h21/kankyou21.pdf

>KYクイーンは諦めない

好敵手あらわる!ですわね(ふふふ)。

よくってよ!かかってらっしゃい・ひろみ?!


千貫森の宇宙人さん
>面白そうなガチャガチャを3回まわした。

ガチャガチャ3回まわしなんて大人じゃ~ん!
うちのチビたちがきっとうらやましがる。

>「ここは俺がくいとめる!お前は先に行くニャ―!」
> 死亡フラグなネコ

うはははは~!これいいですね~!

これまでを思い出して(いろんな人に助けてもらったから)
ぐっと来た。
私も小銭を用意してこのガチャガチャを探したいと思います。

さてガチャガチャといえば・・・川内村のモリアオガエルです。
みなさんご存知でしょうか。
私はひとつだけ持ってます。カエルが好きなんです。

他にも最近
川内村カエルグッズ関係の記事を見たんだけどな~。
東京と川内村でしか買えないストラップみたいなのってことだったから
ガチャガチャではなかったような・・・。

今年は雨が降らなくてね
今トロ箱に水を張って
オタマ(モリアオガエル)ちゃんをキャッチしてるんだとか。

村に戻った人たちの内部被曝に
差が無かった(帰村者・往復者・非帰村者間)という記事も見ました。

ほんとうによかった(にこ)!!!
川内村のことも応援してます。

さっき、七夕の笹飾り・義母の短冊を見たら
飯舘の人たちのことを祈ってたようです。
嬉しかったです。


さんご@さばとら さん
首にタオル!!いいですね!

若い頃は
何故みなさんタオルなんか巻くのか(かえって暑そう)
理解できなかったんですが

首タオルは理屈じゃねえ!ってことがわかってきました。

私はすごい寝違えをして以来
首を冷やしたらいけないのかも!とひらめいて
寝る時も巻いてます。色気ゼロです。いいんです。

>2011年の前半はちょっと気負ってそういう意識で過ごしていました。

そうなんです・そうなんです(にこ)!
私もそうでした。ちょっとヒロイン入ってました。

今年もたくさんお野菜を頂けました。
岡部の農家のおじいちゃんおばあちゃんがいっぱいくれるの。
ほんとうにありがたく・感謝していただいてます。


福島の隣在住さん
暑いですね~!お元気でしたか?

最近あのニュースをみるたびに
福島の隣在住さんを思い出しています。

ゲリラ豪雨・熱中症・突風・・・
いろんな心配事があって
もう規模が大きすぎて・暑さのせいもあって
ぼんやりしてしまいます。


福太郎さん
>そういう「理屈は信じない人」(笑)は「放置プレイ」しかない。

プレイに反応してしまいました(笑)。
なので引用・・・っと。
大事なことだから2回言います・みたいな。

今日も暑いですよ~!安全運転でね♪


北の国からさん
>ご存知かと思いますが、福島県民の日記念事業から
>EM菌投入がはずされました♪

マジッすか!?
いよおおおおっしゃあああ!!!(ガッツポーズ)

よかった~・・・・・・。


福島の医師@お昼休みさん
>1日1通コツコツとやってますがw

真面目で誠実な努力家さんだなあと
感心しました(ほんとうに)。


IKAさん
全体的にそうだそうだ!

>「冷静な人達の声」が届いたのはやっぱり嬉しいです。

そうですね(にっこり)!!

きっとみなさんすごく冷静に
しんねりむっつりした論理的なメールを
こつこつ送ってくださったのだと思います。


GTR さん
ですよね(にやり)!

何でもかんでも
事故のどさくさにまぎれようとしないでほしいものだわ。

福島の医師さん

>自主避難の何がだめかって、
あるのかないのかわからないくらいのリスクを回避するつもりで

>慣れ親しんだ土地から離れるストレス、
すなわち気候風土や食事や水や細菌に至るまでの環境変化、
人間関係の崩壊、
経済面の悪化、
母子避難であれば(たとえ離婚という状況に至らなくても)
家族が崩壊することによる子供に対する精神面の害等々を度外視して、

>「私たちは意識が高い(キリッ)」とやっているところが問題です

いやあ、これは私としたことが・・・・。
ご指摘の通りでした。

今朝、早起きしてツーリングに出かける前にチョコットだけ書き込みしておこうと欲張ったせいか、私にも自主避難者に対して少しくらいは人間味あるところを出そうと「いい子ぶった」のがいけなかったみたい・・・(笑)。

先ほどツーリングから帰ってきて、なんでこんなことを書いたのか振り返ってみると、言いたかったことは「自主的な活動・行動」と言われるものは「悪いこと」ではなくて「良いこと」の場合に使われるのが一般的であり、それで短絡的にそこにつなげてしまったのかな。

われながら反省。

ツッコミと言うか、正しい指摘、ありがとうございました。

福太郎さん

>私にも自主避難者に対して少しくらいは人間味あるところを出そうと「いい子ぶった」のがいけなかったみたい・・・(笑)。

違うと思います。いい子ぶってなんかいない。

ほんとうにそういう優しい・理解したい気持ちもあって
だから揺れ動くんだと思います。

いろんな気持ちが日替わりで出てくる。
その時に誰と関わったかでくるくる変わる。

私は福太郎さんは「泣いた赤鬼」の青鬼みたいと
思うことがあります。

無事に帰っていらしたんですね。
いつか川内村にツーリングにいらっしゃるようなことがあったら
「カエル」買ってきてもらおうかな・・・(ちゃんと払いますから)。

>メルリンさん

これは早野龍五先生が多分講演(2012年7月 GCMふくしま かな?)で言っていた話だと思います。ネット上にデータはあるのかな~、残念ながら多分無いのでは。

http://list.jca.apc.org/public/cml/2013-February/022333.html
は千葉の反原発市民団体のサイトのようですが、早野先生の講演について、
「講演本体の話の中で何点か気になるところがありました。サッカー活動をしている中学生だったか高校生だったか、放射性塵による内部被ばくはホールボディーカウンター(WBC)検査の結果から、ないことが分かったとしています。」
と書いています。

また池田香代子氏が12年6月に、、「福島の部活の高校生79人をホールボディカウンターで計ったら、心配なほど内部被曝している人は一人もいなかった。」と新聞記事に書いていましたが、これも同じ早野先生の調査のことだと思います。

No title

いけね、書くところ間違った。

No title

 訂正します

 課題な評価
   ↓
 過大な評価

お、お蝶夫人・・・

ひろみもっと練習してうまくなる・・・

はなかつみ様
KYおばちゃんの私でも皆さん受け入れて下さっているのですもの、想いを書き込んで下さいね、やっぱり当事者からお聞きするのが理解を深めます。

福太郎様
嬉しいニュースです。

宮内庁は9日、天皇、皇后両陛下が22、23日の日程で福島県を私的に訪問されると発表した。東京電力福島第1原発事故の風評被害に苦しむ同県名産の桃農家を視察するほか、原発事故で全村避難を強いられた飯舘村を訪ねる。

http://www.jiji.com/jc/zc?k=201307/2013070900709

北の国から様
やったー。(ガッツポーズ) 
コメント被りますが、激おこプンプン丸

御大層な肩書で、島薗先生が福島にやって来るだとー、ほんとに次から次と。
主催:日本学術会議第一部、
   第一部福島原発災害後の科学と社会のあり方を問う分科会
共催:福島大学うつくしまふくしま未来支援センター
後援:福島銀行、(財)日本学術協力財団

 報  告 島薗 進(日本学術会議第一部会員、上智大学)
http://www.scj.go.jp/ja/event/pdf2/174-s-1-1.pdf

福島の医師様、IKA様
>福島の医師さんが想定している「自主避難者の家族モデル」はもう個々で解決してもらうしかないです。部外者がとやかく言えるトコロは少なすぎて何ともしようが無いですし。

私の身近にもいらっしゃるのですよ、諸々をホウシャノーの所為にして、自主避難されている方が。今まではホウシャノーで簡単に納得していたのでしょうがこれからは諸々が炙り出されて厳しいだろうなと思っています。(自身の心を直視しなければいけないですもの)

私は冷たい様ですが2年以上経って原子力建屋で作業して下さっている方々の努力や多くの人達のおかげで、これだけ情報が出ているのに、それに耳をふさいでいる人達の事よりも、高橋亨平先生の
「この地域に生まれてくる子供達は、賢く生きるならば絶対に安全であり、危険だと大騒ぎしている馬鹿者どもから守ってやらなければならない」
この事に力を注いでいきます。




次回のダイアログは

飯舘村でやることになるかも知れません、ロシャールさんは飯舘をとても気にかけているので.
ダイアログになるか違う形になるか分かりませんが、秋には来るつもりでいます.
もちろん私もご一緒します.
つーか、あす溝口先生と飯舘行くつもりだったんだけど、別口(EM菌関係のクギ刺し)で動かねばいけなくなったので、涙を飲んだ。

たぶん「山歩き」になるでしょう.
なおみさんも行きましょうね、お尻押すのと手を引くのとどちらがいいですか?

出遅れましたが

ちょっと反応したいのでごめんくださいませ。
GTRさん、岩瀬の冨久山店にはまだ和合さんのサイン入り本が売られておりました。きっとそれと同じ事。ただのおじさんでも著者ですから、著者サイン入りで売られると思います。恥ずかしがり屋のなおみさんでも買えますよ。(多分)

千貫森の宇宙人さん、うちにもきじとらX2と白があります。因みに地元ではなく千葉で買いました。県内にあるかはわかりませんが、アニメイトならあるかも?
ガチャはつい大人買いしてしまいます。大人っていいなぁ・・・。

さんご@さばとら様、もしかしてキュウリの名産地か、そのご近所におすまいなのかな~などと考えながら拝見しております。小学生時代をそこで過ごした我が子はキュウリの味にうるさくて困ります。あ、そういえばキュウリ天王は今月ですね。(あの、おばちゃんが増えてちょっとうれしいです。)

EM菌、あれはね~ほんとすごい匂いで・・・・・。

No title

>なおみさま 安積の白猫さま
うちのキジトラ・シロ・ハチワレは冷蔵庫の扉に張り付いて、私が扉を開けるのを阻止しています。10月には増援もあるそうです。
http://www.fumuo.com/capsule/kckokosinysdeg.html

山本太郎の演説の続きですが、太郎はツヤツヤテラテラという感じだったのですが、彼のスタッフは炎天下に放置された野菜のようにシナシナヘロヘロといった感じでした。チラシを差し出すのも、なんかオドオドしていて、痛々しい感じでした。あれは太郎に生気とか魂とかを吸い取られているんじゃないかな・・・。
http://matome.naver.jp/odai/2137329386914464801

No title

〉IKAさん なおみさん

コメントありがとうございました。
いろいろ何だか自分にガッカリしちゃって、
子どもにって戴いた「白い恋人」ひとりでいっぱい
食べちゃいました。たくさんモグモグして復活
こちらこそどうぞよろしくお願いいたします。

〉さんご@さばとらさま こんばんは

優しいコメントありがとうございます。
私は「天然だよね」とよく言われてしまいます。
こんな私ですが、どうぞよろしくお願いいたします。

今日の新聞に県内に帰って来てる人が増えているとでていました。
時間とともに全てが良い方向にいくといいなー。
(もちろん早ければ早いほうがいいです)

>福島県民の日記念事業

>福島県民の日記念事業
「河川等の水質保全に関する県の方針と整合を図るため、記念事業としては位置づけないこととしました。」
常識的な結末で良かったです~。ぱちぱちぱち。皆さんの行動の成果なんですね。(いちど決まったものを撤回はしないだろーなーと思ってました。諦めちゃあいかんのですね)
お役所として修正が出るのが速やかだったのでは。
ちなみに、ワタシの子供の頃(ン十年前)は七夕の短冊つき笹を、近所の大きい川に流していました。もちろん今やると、ゴミの不法投棄になってしまいます。
1000トンのダンゴ投棄ってくらくらしました。

>千貫森の宇宙人さん
わたしも見ちゃいました。宣伝カー。
たまたまスピーカーの調子が悪く、意味をなさない音が切れ切れで聞こえてましたが、うるささが減っていいんじゃない、と通り過ぎましたです(誰も教えてあげないのがなんとも)。興味津々で中を除いたら本人はいなかったデス。

お暑うございます。

みなさんいかがお過ごしでしょうか?

いきなりネタ投下

今日の十番勝負

http://togetter.com/li/531157

(ミットモナイヤーの試合放棄でマリリンの勝ち)

なんの関連もないけど、カワイイから許してくだちい!

http://togetter.com/li/531659

(あ、ネコ系ブログでハムスターはヤバイかなぁ、各ネコさん、襲わないでね)



>さんご@さばとらさん
はい。おっしゃる通りですね。私も、自分の生活を第一に、その次に自分の住む地域のことを考えています。くどいようですが、他人の私生活に土足で踏み込むような真似をしてでも「アッチがわ」から救いだす、なんて思っていません。
それは家族や縁者だけが出来ること。(そうしろ、って言う気もないです)
それぞれの事情と判断のなかで考えてもらえばいいことだと思います。
ただ、「今迷ってる人」や「もっといろんな事が知りたくなった人」が、なんかの拍子で此処にたどり着いたときに「自分は福島に住んでいる人から見離された」とか「選択肢がないから、このまま突っ走るしかない」とか言った感じで「思い詰めて欲しくない」だけです。

言うなれば「受け皿」は準備しておく、というか…「ドアに鍵はかけないから、いつでも開けて入ってきていいよ」って感じにしておきたいなぁ、って思っています。
(信夫山ネコ様、他人様のブログでこんなこと言ってすいません…っていつもの事か。感謝しています)

基本、自分の足下しっかりと固める事はとても大切だと思います。(メンドクサイところに手を付ける余裕なんて、誰にもそんなにありませんし)
足下が脆弱だと「受け皿」もなにもできませんし…ね。

ちょっと「いい人ぶり」が過ぎているかな(笑)。

>やぁどさん
例のEM関係では御尽力があったみたいですね。
本当にいつもご苦労様です。
そしてありがとうございます。

>安積の白猫さん
うちにあるEMはボカシの状態なんで(実は生ゴミ処理用にずっと以前に買ったことがある)、あんまり臭いません。
液状のヤツですかね?

>千貫森の宇宙人さん
山本タロー、一部では「ギリギリ当選圏内」みたいなこと言ってましたが…ほんまかいな?
なんかちょっと…ヤダな。

>はなかつみさん
お元気になられて何よりです。
「食う」事は大切ですよね(身体的と言うより精神的に)。

福島に戻る人達が増えて、本当に嬉しいですよね。
この際、「戻る人」ばっかじゃなくて「新しく来る人」や「遊びに来る人」も増えたらいいな~。(あ、会津若松は夏までキャパ一杯かな?でも、他にも見るところいっぱいありますよ~)

>よしさん
山本タローに会ったら「福島のコメはサンプル検査じゃないよ、全袋検査してるよ」って教えてあげてください。知らなかったらしいんで。(←あ、本当に教えなくてもいいです。ネタですので…笑)

認定を取り消した県に対して

EM側から反撃も考えられるので、きょう県の幹部に会って「今後とも注意を」ということと「取り消した担当職員を守れ」ということを言ってきました。

同級生が幹部になってる年回りなので、便利と言えば便利です。。。

流水麺って便利なんですね

さんご@さばとら さん
>嬉しいニュースです

そうなんです♪

「忘れない」って100回言葉で言うよりも
実際に足を運んでくださること・行動で寄り添ってくださること
どなたであっても感謝します。

>それに耳をふさいでいる人達の事よりも

御意でございます。私もそうします。

未来に力を注ぎたいっていうか・・・

耳ふさいでる人のご機嫌伺いなんか
もう時間と労力の無駄無駄無駄無駄あ!


やぁどさん
>あす溝口先生と飯舘行くつもりだったんだけど、別口(EM菌関係のクギ刺し)で動かねばいけなくなったので、涙を飲んだ。

クギ刺しも大事なお仕事です。
ぶすぶすいっちゃってください。

>たぶん「山歩き」になるでしょう

(やぁどさんが華奢な方だと知った上で・・・)
おんぶにしてください(キリッ)。
おにぎりも用意してください。


安積の白猫さん
アニメイトなら任せて!アタシの縄張りだわ!


千貫森の宇宙人さん
私が買ったらどこを阻止させようかな~。

>山本太郎の演説の続きですが

「本人はちっとも困ってなくて、周りがほとほと困ってる様子」
の見本みたいな感じでしょうか。

千貫森の宇宙人さんの書きぶりがおかしくて
にやにやしてました。


はなかつみさん
「白い恋人」をおひとりで・・・?
ほほう。そうでしたか・・・・・。

いつか一緒に食べましょう♪


よしさん
>1000トンのダンゴ投棄ってくらくらしました。

みんな!冷静になって!!やめて!!!と叫ぶ
ビビ(ワンピース)のような気持ちになりました(心の中で)。


いい人のIKAさん
このハムスター暑さでとけてますね・・・。


やぁどさん
>同級生が幹部になってる年回りなので、便利と言えば便利です。。。

顔が利く・すぐに知り合いとつながるのは
福島のいいところでもあると思います。

よそ者にはちょっとサミシイ時もあるんだけどね・・・
なんだよ!偉い人たち同士・みんな知り合いかよ!
みたいな(冗談よ)。

でもね・・・コネも人脈も使えるものはみんな
「有効活用」したらいいと思います。
それができる人は遠慮なく。

今「福島をなんとかしたい・よくしたい」って思いの下に!!!


井戸のこと、心配しています。
やぁどさんのところのニュース、チェックするようにしています。

猛暑日が続く…

>IKAさん
ハムさんかわいす。
分析するに、ひんやりの接地面積を増すために
びろんとひろがってると思われます。
お腹の下で手足どうしてるんだろ。

No title

>ダイアログ・セミナー
今回は市内だったのでチャンスだったのですが、忙殺されていてダメでした。参加の方、おつかれさまです。次回は何とかしたいです。今ここにしかない、歴史的イベントを目撃しなくてはと思っていますので。

>EM
やぁどさん、皆さんお疲れさまです。少なくとも「公」はトンデモを認めないことになったわけで、「EM=野呂何とか」とすぐ出てくるワタシには、これは福島県史上の大きな一歩だと思いました。

No title

>IKAさん
>福島県民の日記念事業
>「河川等の水質保全に関する県の方針と整合を図るため、記念事業としては
>位置づけないこととしました。」


元々「水質保全に関する県の方針」があったというのも修正も早かった理由ですかね。


ここでちょっと妙な話を。

知人が武田の件でホテルハマツに探りに行ったらしいのですが、
ホテルのフロントで武田の講演の予定を聞いたらそのフロントにいた人が
よくわからない様子であったとのこと。

催し物予定を書いた資料を見ても分からないらしく、
パソコンで調べましょうか、という話になったようです。

「文句を言おうかと思ったらそんな対応で肩透かしを食らった」とのこと。

来週のイベントをフロントが把握していないってどうなのよってお話。


他にも郡山在住の60~70歳代の
おば・・・いやお姐さま方への調査(n=5←しょぼいw)によれば、
「そもそもそんなことがあるのを知らんかった」
「武田が何言ってるかは知らないけど、福島の悪口で数千万儲けた話は聞いた」
「武田邦彦がどの面下げて郡山に来るのか」
「飛び入り参加OKなら冷やかしに見に行こうかと思ったが、往復はがきで
住所把握されるから絶対行かない。後からへんなDMとか業者とか来そうだし」


まあ、ぼちぼち死人が出るレベルの暑さになり、
そろそろ放射線よりも紫外線のほうがヤバいのではないかと思う今日この頃、
皆様常識的な反応をされておりましたw


>ハムスター
 カワユス。
  なごみますね。

>はなかつみさん

IKAさんの

お元気になられて何よりです。
「食う」事は大切ですよね(身体的と言うより精神的に)。

に全く同意です。何しろ暑いから食べる気がしないのですが、食べないとヤバいです。

今日暑い仙台にいたのですが、福島に戻ったらやっぱりメチャ暑い。

No title

2009年5月の有り難いお言葉。
http://takedanet.com/2009/05/post_dbf8.html
~~~~略~~~~~
放射線の害を一言で言えば,「放射線で障害を受けることは,少ない.なかなか障害を受けることはできない」と言える。
~~~~略~~~~~
原始的な生物の一つ,大腸菌ですら放射線に対して5段階の防御を持っていて,容易にはやられない.まして高等動物中の高等動物である人間は,ものすごく精密な防御システムを持っている.
だから,容易なことでは放射線で障害を受けない.むしろ,あまりに複雑なので,長く使わないとリストラされる。むしろ,免疫と同じだから,少しは放射線を浴びておいた方が「異物を取り除く体の中の自衛隊」を育てておくことができる.
~~~~略~~~~~

ちょっと頭痛が痛くなってきた。

今日も顔がしょっぱい

tate様
まとめを有り難うございます。教育の問題にははっとさせられました。

はなかつみ様
なんて感が良くて思慮深い方なんでしょう、本当はね「わーい、わーい、はなかつみさーん」って手を取ってぶんぶんはなかつみ様を振り回したいという気持ちを見栄を張ってカッコ良く書こうとしたのだけれど、挫折してあんな素気ない文章になってしまったの、分って下さって嬉しい。

千貫森の宇宙人様
そのネコ欲しいな、Amazonでは売り切れだったので、ガチャガチャ見てきます。

安積の白猫様
ピンポンで御座います。今のきゅうりは柔らかくて美味しいですよね。これから毎日のようにきゅうりを頂けるのですが、消費しきれなくて嬉しい悲鳴です。

IKA様
ハムスターかわゆす。うちのニャン共は冷え冷えグッズはまるっと無視です。陽ががんがん差し込んでいる部屋のカーテンに包まって寝ている子もいます。
ありましたね、山本太郎氏が当選するかもっていう記事。心の底からいやーーー。

山本太郎 またまた選挙違反か

ツイッターより拾い物


桜木康太郎(初夏) ‏@koutarousaku

山本太郎陣営による街頭での選挙ハガキの配布について
東京都選管に電話確認したところ、
「一般論として違反になる」と返事がありました。

また、警視庁参議院議員通常選挙違反取締本部に
電話をしたところ「こちらでも確認してみます」との返事あり。

https://pbs.twimg.com/media/BOS-004CMAIjuCg.jpg:large

No title

>なおみさま さんご@さばとら さま
あのネコは9月に再発売、10月に第二弾が発売予定だそうなので、気長に探せば入手可能と思います。

>IKAさま
タローについては
http://www.shinchosha.co.jp/shukanshincho/newest/
http://www.j-cast.com/2013/07/09179003.html
中核派幹部とツーショット写真撮っときながら、よく言うよ、て感じです。間違って、当選したところであまり長くはないでしょう、それどころか、かえって彼らにとって困った事態になることでしょう。

No title

プチ保養とでもいうのでしょうか?移動保育プロジェクトという福島県内の子ども達の放射線被曝量を軽減し、子ども達が心から楽しめる環境を提供する取り組みのNPO法人があります。
郡山市街から少しでも放射線量が低い地域に日帰りで移動して未就学児に屋外で好きなように遊べるのがウリのようです。
http://kidsbrain.jp/fihp/index.html

その団体は郡山市長が顧問をされています。
http://kidsbrain.jp/fihp/summary.html

その団体に募金・支援している企業・団体にこの団体が一番上に(金額順でしょうか?)紹介されています。
http://sayonara-nukes.org/

3月11日に反原発デモを福島県で行い、批判された団体です。
そういう団体から資金援助されている団体に郡山市長が顧問をされているのはどうか?と思います。

顧問というのは名義貸しということは良くあるでしょうが、市長の講演会にこういう文言があります。
「7、廃校活用条例を制定し、放射線量の低い湖南町等の廃校の体育館・グランドをスポーツ少年団などに積極的に活用してもらうために援助を行ないます。」
http://品川まさと.com/Policy/kodomo.html

ちなみに団体の理事長は今年から湖南町に「毎日移動保育」という保育園を開園しています。
宣伝文句は
「郡山市中心部より約40分程度(片道約27km)のアクセスで、放射線量も0.08μSVと低く、子どもたちや保護者とっての健康上の安心が高い場所にあります。湖南町という自然豊富な環境で、幼少期の子育て環境としてとても魅力的です。」

市長は単なる「名義貸し」ではなくて積極的に関与しているように感じます。

ちなみに理事長先生兼園長先生はかつて住宅関連会社に勤務されていたようです。
http://hiroriro.sunnyday.jp/rism/%E3%83%9D%E3%83%83%E3%82%B1%E3%82%A2%E3%81%AE%E4%B8%8A%E5%9C%8B%E6%96%99%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%AB%E3%81%8A%E8%A9%B1%E3%82%92%E4%BC%BA%E3%81%84%E3%81%BE%E3%81%97%E3%81%9F%E3%80%82/

そこで「名士」と縁があったかもしれません。

中核派と関係がある反核団体から資金援助されていることについては「そんな団体とは知らなかった」とでも言うかもしれませんが、3月11日の反核デモについては「知らなかった」とは言えないでしょう。

個人的な印象ですが、市長のわかりやすい宣伝文句「逃げない」と医療や子どもについて「無料」の公約はなんとなく小沢一郎大先生の芸風に似ているように感じます。

そういう御仁だと武田先生の講演会に積極的なのも理解できます。
将来、色々問題になる言動をしなければいいと思います。

郡山市長のように官僚時代は郵政やIT関係の事務方を勤めて幼児教育のキャリアが無い人が「幼児教育の専門家」になることがあるのでしょうか?

訂正です

顧問というのは名義貸しということは良くあるでしょうが、市長の講演会にこういう文言があります。
「7、廃校活用条例を制定し、放射線量の低い湖南町等の廃校の体育館・グランドをスポーツ少年団などに積極的に活用してもらうために援助を行ないます。」

上記を以下に訂正します。

顧問というのは名義貸しということは良くあるでしょうが、市長の後援会の公約「女性と子供」にこういう文言があります。
「7、廃校活用条例を制定し、放射線量の低い湖南町等の廃校の体育館・グランドをスポーツ少年団などに積極的に活用してもらうために援助を行ないます。」

名義後援

とは言うものの、何だか根が深いようですね~。現市長はそもそもは「避難」等の側に肩入れしていたように見えるのですが、しかし5月の選挙では、前市長を「逃げた」とデマ攻撃・・・

毎日にもありました。アサヒ、毎日は「避難肩入れ側」ですから、現市長をこのネタで攻撃するのは一貫性ありですが。

http://mainichi.jp/area/fukushima/news/20130621ddlk07010090000c.html
20日の郡山市議会6月定例会で、最大会派「創風会」の七海喜久雄議員が、品川万里市長の選挙スローガン「逃げない!」について真意をただしたが、品川市長は「市政に当たる心構えを示したもの」と繰り返すにとどめた。

品川市長が、原正夫・前市長を破り初当選した4月の市長選で市民が最も話題にしたのが、品川陣営のスローガン「逃げない!」だった。「原市長(当時)は震災直後、逃げようとした」とのうわさ話は一時出回り、選挙中の「逃げない!」キャンペーンで再び浮上。今も信じている有権者は少なくない。品川市長は一貫して「行政運営、企業経営で一番重要な姿勢を訴えただけ」と説明してきた。

これで武田後援ってのは、矛盾だと思うのですが。

負けなくってよ

さんご@さばとら さん
>本当はね「わーい、わーい、はなかつみさーん」って手を取ってぶんぶんはなかつみ様を振り回したいという気持ち

手がすっぽ抜けてはなかつみさんが放り出されたら
(さかさまジャイアントスイング?)
私がこの厚い胸で受け止めてみせます。


千貫森の宇宙人
>気長に探せば入手可能

探しま~す♪


笹団子さん

へええ~。興味深いですね。

>その団体に募金・支援している企業・団体にこの団体が一番上に(金額順でしょうか?)紹介されています。

お金繋がりって「ほんとうの思い」とか「知らなかった」とか
そういうファジーなことでなくて

いっそ清清しくわかりやすくて・・・
私はひとつの判断基準にしています。

そうでしたか。


閑話休題

「郡山がくとくん・ご当地キャラ総選挙」って何よ!
「がくとくんには市の全面支援が心強い」だと~?
昼休みの庁内放送で投票を呼びかけただと~?

キビタン・がんばれ!
そしてももりん!そんなことでいいのか!?
やつらは県庁を狙っているぞ!


7/10朝日新聞
「首相質問ボード『取り上げ』表現の自由『侵害』
女性、県警・自民党に抗議」

安倍さんの街頭演説直前に
県内の主婦(40)が

「総理、質問です。原発廃炉に賛成?反対?」って書いた
A3の大きさのボードを「質問する場ではないので」と預かられたらしい。
名前や連絡先も尋ねられたらしい。

その主婦は泣きながら立ち去った。

が・・・
「東京都内で記者会見した主婦の弁護団」
って何よ~!?!?!?

私がどこかでトラブルに巻き込まれたとしても
そんな首尾よく「弁護団」が助けてくんないよ~?

>主婦の弁護団(梓澤和幸代表)

すげえな主婦に弁護団。
アタシもほしい。

選挙カーとかで敵の候補者とすれ違っても
「エールを送ります(にっこり)!」とか言ってるのを
みたことがあります。

あれはマナーなのかルールなのか厭味なのか
私にはわからないんですが

主婦があんまりヘンなことに
首突っ込まない方がいいよ。

これ持っててって頼まれても
断った方がいいかも。ほら・・・ヤバイ物だってあるわけだし。

あ・でも「普通のか弱い主婦」に「権力ガー」の方が
騒ぎやすいのかなあ。当たり屋みたいな?

・・・持たされちゃったのかな。

まあ・・・今日も暑いです。

さっき書き忘れたこと

山形が・・・って少し前にもめたでしょう。
廃棄物のことで。

福島県外の山形じゃないところが
こっそり受け入れを申し出てくださったんですって。

でもそれがどこなのかは
内緒なの。

悪いことをしてるんじゃないのに
法律にのっとってお仕事してるだけなのに
内緒にしないといけないのは

ギャーギャー騒いで迷惑をかける人がいるからです。

どこが助け舟を出してくださったか存じませんが
これで当初の予定通り事業が進むようです。
(その後に被災者の住まいか何か・・・作るんじゃなかったっけ?
間違ってたらごめん)

ありがとうございました。

どこに書けばいいかわからなくなっちゃったし
あの記事(コメント)の場所は嫌だったから
ここに書きました。

きのう冷やしおでんを作ったら
なかなか冷めなくてそのまま食べて
我慢大会みたいなよるごはんになりましたが

今日のひるごはんには目指したものになっていました。

時間が必要なことがある。

No title

>なおみさん
あの~、どうでもいいことなんですけど。

「がくとくん」は福島県内での予備予選で「福島県代表」になったんですね。で、今回「福島県代表」として東北予選に出場して全国大会まで行ける、と…。

だからキビタンもももりんも(あ、なんか早口言葉みたいだ)頑張りようがないのです。
確かキビタンは後援会長かなんかに就任したんじゃなかったかな(←いかにもアテ職っぽいぞ…笑)。

本日の非県民
「無口な大阪人」
「ラーメンマニアの香川県人」
「上毛カルタが言えない群馬県民」

…ってなのはどうでしょう?

コレですね

首相質問ボード「取り上げ」に抗議
http://www.asahi.com/area/fukushima/articles/MTW1307090700001.html

東京で弁護団なんて、どうせいつもの「プロ市民」じゃないスか~、「プロ市民の主婦」。最初から計画通りの行動。こういうのを「福島の主婦が原発反対~政府が弾圧~涙」として、「フクシマ」イメージを広げるのが、アサヒの役割。「フクシマの女座り込み」とかいうのと同じでしょ。そのうちどこかに「主婦」の名前は出てくるかも。

ただ一つ言えるのは、「市民」はマスゴミ&(勝ち負け度外視の)裁判利用が上手い、って言うか得意だということです。これによるプロパガンダは、判っている人にはバカバカしいけれど、愚直なまでの繰り返しによって、一般人へのイメージ定着には効果ありです。

結局イメージ戦略ですから、「フェアプレイ」ではなかなか効果が出ない。やはり武田攻略についてはマスゴミ利用と、IKAさんがどこかに書かれていたように、「訴訟」でしょうね~。「勝ち負け度外視の裁判利用」でいいんですがね~。

No title

>福島県外の山形じゃないところが
こっそり受け入れを申し出てくださったんですって。

ありがたいですね~。「こっそり」 って残念ではありますが、この際すべて「こっそり」ホンネでやる、ってのもいいかも。気が付いたら「脳」が数人騒いでいるだけになっていた、みたいなやつ。マスゴミに出なければ、何もないっての、沢山ありますから。その逆が、連中の「プロパガンダ」なわけです。

あ、蒸し返すつもりはありませんが、あの知事は今回参院選で「みどりの風」候補支持。「みどり~」からは井戸川氏が出ています。結局あれは「こっそり?」ホンネだったか。

>キビタン
そうでしたか~。うちの子どもは国体の時、キビタンやったんですが・・・イヤイヤでしたが。

実力の世界

IKAさん
>「がくとくん」は福島県内での予備予選で「福島県代表」になったんですね。

そうだったのかあああああ!!
・・・えへへ♪
(ごまかしました。もうその件には触れないでください)


ネコさん
>コレですね

それです・それです。

(>うちの子どもは国体の時、キビタンやったんですが・・・

  ッテ、子ドモタチガキビタンニナッテ踊ッタリシタノカナ?
 ア・間違ッチャッテハズカシイカラソットシトイテネ)


ku-さん
>ご存知だろうとは思いますが、武田先生(おそらく)が日本保健物理学会の相談コーナーにかなり前ですが質問しました。

全然知りませんでした(ビックリ)!

質問したんだから回答をきちんと読んで理解・・・
できないか・・・。

>専門家が答える暮らしの放射線Q&Aが本になって出版されました。

本屋さんに行くと専門家と専門家のフリをした人の本が
ごっちゃになっているので
こんな風に教えていただけるとありがたいです。

それがタイトルでしょうか?探してみます。

ぶーーーっひゅひゅ

>ku-さん
暮らしの放射線Q&A、知りませんでした。爆笑しちゃいましたよ~。
(吹いたお茶返さなくてもいいです)

いや~、本人かどうかわかりませんが、これいいです。
回答部分、「1mSv/yは法律で決まってるんダー」って言われたら、もうテンプレにして返してあげようと思います。

わーい、わーい

さんご@さばとらさん、なおみさん、
おててぶんぶん&ハグハグとってもうれしいです♪


自分達は抜け道をつくっておいて、繰り返しデマを流し、
一般の人達にデマのイメージを定着させる...
一番卑怯な手だと思います。
そういう巧妙な戦略には「フェアプレイ」では、
なかなか効果がでないというのが、すごく悔しいです。
デマ、許さないぞー。

タケダタケダタケダ~~~

ku-さん、ありがとうございます。知らなかったです。スゴイ。
タケダのオッサン、もう「可笑し~みが止まらな~い♪」(古いな~)。

「貴ホームページに1年1ミリはICRPが根拠と書いておられますが、私の認識では、日本人を被ばくから守る法律や規則はNPOであるICRPやECRRではなく、日本のものがあり、それで1年1ミリとしているので~」
に対して、

「アンタどこを指しているの?ここにはそんなん書いて無いで。相変わらず根拠無しヲヤヂだな、幻覚見てんのかよ、脱法ハーブか?」
「とにかく日本の法律では1ミリは明文化されてないで。それでもな、わが国はICRPの理念を尊重し、大半はそれに準拠しながらわが国の国情に合うように一部を修正して、これらの法令に取り入れているんや、あんたの言うICRPと関係ない『日本のもの』なんか無い。わかったか?こんだけ間違ったら、コソコソ修正じゃなく謝罪&訂正しろや。」

まったくデタラメなヲヤヂだ。本当の「母さん助けて詐欺」ってこのヲヤヂのことじゃないか?

田村市おつかれさまです。ありがとうございます。

ザクとうふ買いました

枝豆味で美味しかったです。が、器にだしたら、薄緑色の半球がフリフリのスカート穿いているみたいで笑えてきました。

ku- 様
うっぷっぷ、面白い物をありがとうございます。
これ、人の話を聞く気も間違いを認める気の無い武田のおぢさんだとしたら

>書籍やテレビでの発言
ここを自慢したかったのじゃないでしょうか。

それにしても回答されている先生方には頭が下がります。ありがとうございます。腹の経つニュースを連日聞いていてどんどん性格が悪くなっていく気がして、これ以上悪くなると困るので(周囲が)「ありがとうノート」を作りました。この活動も書き込ます。
どうぞ、よろしくお伝え下さい。

{いつやるの?」「今でしょう」 と言う事で
なおみ様
>この厚い胸で
それ、腹ですから。  見た事ないですけどね。

>福島県外の山形じゃないところが
こっそり受け入れを申し出てくださったんですって。

絶対なおみ様がコメント書かれると思っていました。想いは同じです。

はなかつみ様
なかーま、なかーま。

No title

>なおみさま
>こっそり受け入れを申し出てくださったんですって。
いつか、恩返ししたいですね。


タローについてですが
http://twitter.com/EF65PF_SAKURA/status/355276882264088576/photo/1
ほんと、お前らバカじゃねえの、て感じですよ。もしかするとあいつら、中核VS革マルetcの陰惨な歴史を知らないのか(バカだから本当に知らないのかもしれんが)。
http://yabusaka.moo.jp/tyu-maru.htm
これでは、タローが当選したところで、すぐに火ダルマになるのは目に見えるようです。

No title

kuさん

  情報ありがとうございます。
  回答された方は,本当に人間ができているんですね。こんなのに真面目に答えるなんて。

  でも,1年も前にこれで,何も変わらないTさんですね。

  

千貫森の宇宙人さん

  この年代の人は,たぶん中核とか革マルとか,全然知らないと思います。

  年代は関係ないのかもしれませんが。

  仮に60代だとしても,連合赤軍とか日本赤軍に勘違い幻想妄想を抱いている人達がいて,重信房子(自分探しのテロリスト)の娘の重信メイさん(彼女は悪人ではないんです,周りの人間が愚かなだけで)を脱原発に誘ったりしていますから。

  
  やっちゃったら,後にひけない,という点で,避難の必要のない地域から,(人生リセットのためかもしれませんが) 自主避難している「よき母」である人達と,あの60~70年代の人達が重なります。


  
  どこに記事があったのか(次のエントリだったかもしれませんが),九州から立候補したという「福島から自主避難した」人(木村という人)のツイート(?),もはや笑うしかありませんでした。

  下の方にあった笹団子さんの,鋭い一言に,ほっとしました。
  


  関係なさそうなんですが,数日前から,「非嫡出子差別は違憲の判断」と,新聞がこぞって書いているのですが,よくよく読むと,別にまだ違憲判決が出たわけでもなんでもない。

  さらに,何が違憲なのか「子供の権利」とはいうものの,論理的な説明が,今一つ。
  
  「外国もやってるから,差別撤廃」と言っても,外国とは,基本となる法制がまるで違う(戸籍じゃなくて,出生証明書を使ってる,とか,夫婦別姓の国が多いとか) どれも,非論理的。

  主に毎日新聞が声をあげ(ずっと前に朝日新聞が声をあげ)今では,まるでそれが当然のようにどの新聞も出しているのですが,

  「じゃあ,正妻と,嫡出子の権利って,どうなるの?」
  「問題はそこじゃなくて,戸籍に『非嫡出』とか記入する項目があることとか,もっと別のことでしょう?」
  
  という,問題のすりかえが気になります。

  あと,「自分のいのちは二分の一しか価値がないと言われた気分」という原告は,「嫡出子と同じに相続させろ」と主張して,もし借金を相続することになっていたら,どうしていたのか,とか,全く言及されていません。

   一連の流れが,なんだか,「プロ市民」「市民派弁護士」に乗せられていっているようで,いや~な雰囲気です。


   震災の後に,

   「放射線放射線て,論拠は何なの?」
  と言ってたたかれ,
   「ちょっと待って,じゃあ,福島で現に生活している人の人権はどうなるの?」
  と言ってたたかれ,
   「あなたの問題はそこじゃないでしょう。放射線じゃなくて,理由のいかんによらず,福島(茨城もでしたが)に住むか否か,そこからでしょう? 」
  と言ってたたかれ,

  とやっていたことを,ついつい思い出してしまいました。


  自分の知人で,東北で「放射線から子供をまもるネットワーク」の中心的なことやってる人が,「夫婦別姓」を主張して,戸籍制度に反対してきたのですが,お子さん,認知はされていると思うのですが,つい,聞きたくなってしまうのです。
  「あなたの考える子供の権利,こどもを守ることって,いったい何?」

   あの人も,万年助教なんですが,論文ではくて,本ならたくさん出していて,確か,その中には,共同翻訳といいながら,共同ではなくて,もう一人の人の翻訳を全部ぱくって問題になったこともあって,

   助教って,なんだか,皆さんわかってますか? と,再び問いかけたくなるのでした。



なおみさん

  冷やしおでん,いいですね。
  でも,夏の冷やしものは,なかなか冷えてくれないんですよね。

  先日,夫にとっての生まれて初めての冷やし中華を作ったら,冷えてなくて,どう説明したものか,悩むこととなりました。

  豆腐もいいなあ。枝豆の。売り切れでしたけど。

立場の違い・思いの違い

さんご@さばとら さん
>>書籍やテレビでの発言
>ここを自慢したかったのじゃないでしょうか

私もそう思いました。
アイツはやっぱり小物だな~
(おっとデスノートに書かれちまうぜ)!

くるねこさんのイラスト集みたいなの
さっき本屋さんでみました。可愛いですね。

>それ、腹ですから。

ぼよよよよ~ん♪(絶対安全です)


boomboomさん
私は戸籍なんてもの・そのものがいらねーと思ってます。
血のつながりとか家とか国とか・・・どうだっていい。

私は好きな人と一緒に過ごすの。
気持ちが変わったらそこまで。
その集まりに他所からの名付けなんていらないし。
決まりもいらないよ~と思います。

お金には欲をかかないこと。
もらえたらありがとうね・もらえなかったら無かったものとあきらめる。

ひとそれぞれの悔しい思いもあるんでしょうね。

No title

>安倍さんの街頭演説直前に
>県内の主婦(40)が

まぁどう見ても当たり屋にしか見えないw



>主婦の弁護団(梓澤和幸代表)

あらまぁ例の名士(笑)さんの高校の先輩さんじゃありませんか。
どうあっても福島をネタに食いつなぐつもりのようですな。



>結局イメージ戦略ですから、「フェアプレイ」ではなかなか効果が出ない。
>やはり武田攻略についてはマスゴミ利用と、IKAさんがどこかに書かれていたように、
>「訴訟」でしょうね~。「勝ち負け度外視の裁判利用」でいいんですがね~。

御意。
ネット界隈では早川だの上杉だのデマリンだのは有名ですが、
一般人には「誰?」って反応がかなり多く、なんだかんだで武田・小出がよく知られてるようです。
まあ直接訴訟もいいですが、いろいろと面倒事も出てくるので
こいつらの主張を取り上げてどこがおかしいのかを逐一解説するというのを
池上彰氏あたりが全国放送でやるのも効果的ではないかと愚考する次第。

福島の医師@休日さん

こちらでは
「どこそこの高校を出た」というつながりが
とても強いようでびっくりしました。

東大を出たっていうのよりも
○○高校の同窓だって言う方が
価値が高いようですね。

ブログご紹介ありがとうございます

私のブログを紹介していただき、ありがとうございました。
ページ内でご紹介いただいた「福島県から自主避難している親父のブログ」を書いたものです。

信夫山ネコさんのブログ、たまに拝見しています。
記事内で取り上げていただき、とても光栄です。

私たち家族は、避難先から郡山へこの夏休み中に引っ越し完了します。
子供たちは新学期から郡山の学校へ通い、私は仕事の拠点を郡山に移して再スタートしています。
これから、いろいろと楽しみです。

私が自主避難してしまったのは、2011年当時に、多くの誤情報に振り回されたから。
当時は情報も少なく情報精査も出来ませんでしたし、つうか、私自身が情報リテラシーに欠けていたんですね。反省しています。

その後、しっかりと学習することで、現在では晴れて"完全なる安全厨"となっています。


いまだに誤った情報を信じている自主避難者の人たちには早く目を覚ましてほしいと思うのですが、なかなか難しいでしょうね。
自主避難者どうしの何人かとお話ししましたが、あの人たちは完全に洗脳状態です。病気です。まさしく放射線恐怖症。
その中には、デマ吹聴したり福島のことを酷く言ったりすることを悪いことだと気づけない人もいます。
しかも、反原発デモに駆り出されちゃってる人もいてお気の毒に。

彼らに、"放射線被曝は怖くない趣旨の本"を紹介して気付いてもらおうと試みたこともありましたが、全く効果なしでした。
あの人たちの洗脳をとくのは容易ではないだろうなあ。


私は酷く洗脳させていませんでしたし、しっかりと勉強できて、ラッキーでした。

これから郡山で、いろいろがんばります。
では。

また、ブログにお邪魔します。


わあ!まるさんだ♪

はじめまして・こんにちは!
お帰りなさい!
こちらで出会えてすごく嬉しいです。

ご自愛専一に・お仕事頑張ってください。
いつか本当にお会いできますように。
プロフィール

shinobuyamaneko

Author:shinobuyamaneko
 福島県福島市の信夫山に住むネコです。
 原発事故以後ネット上には「もう福島市は放射能高くてダメ!逃げてください!」「福島はチェルノブイリ以上!」「子供を見殺しにしないで!」等の「反原発の叫び」が溢れてます。ネコはどこにも逃げられないから、もうノイローゼ気味。こういう「叫び」「脅し」の効果もあって福島に来る人は激減。街は沈み、市民は「すぐに逃げてください!」に怯えながら、静かに暮らしています。(←最近は嘘・デマがバレてきて、みんな元気になってきた感じだにゃ。)
 しかしね~、この種の「叫び」の根底に、「反原発」の「福島壊滅ならば原発全廃にできる!大大大チャンスだ!」っていう心理はないですか?原発全廃の為にはまず「福島壊滅」が必要とばかりに、科学的、医学的、論理的に怪しい説、大げさな数字等が「連呼」「拡散」されていないですか?それが「正義」になっていませんか?
 信夫山ネコは「故郷福島壊滅」を「原発全廃」の手段にされてはたまらんです。もし根拠がない数字や説の拡散によって、旅館の経営者が自殺するとかの悲惨な「風評被害」が出たら、大人しい福島人も終には訴えたりするのかにゃ~?!今はとにかくデマ、風評、誇張、脅し等を除染しながら記録するにゃ。(「リンクフリー」です 対「反原発」、対「放射脳」等での引用ご自由に)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR