相変わらず福島を脅す朝日本田記者&「学者」 もうやめてくなんしょ 追記あり

いや~、昨日の「県民健康管理調査委員会」の記者会見、ひどかったにゃ。何が何でも「原発事故で福島の子どもに甲状腺がんになってほしい」で必死の○○ガイ記者、ジャーナリスト、「市民~」どもが委員会の先生たちを吊し上げ。その様子はココね。
http://www.ustream.tv/channel/ourplanettv-ch1
なぜか「市民放射能測定所」の「丸森何とか」なんかが紛れ込んでいたらしいね~。

そしてお決まりの「福島で甲状腺がん増加!!!」のオンパレード。中でもひどかったのが、相変わらずオレラを脅し続ける「アサヒ」のホンダ記者だにゃ。原発廃止のために、どうしても「福島壊滅」にしなければ気が済まないようだが、デタラメ、ウソはやめてくれ。

http://www.asahi.com/area/fukushima/articles/MTW1306050700007.html
子どもの甲状腺がん12人
●検討委「長期観察を」
 12人ががんと診断され、15人にその疑いがあることが公表された県民健康管理調査の甲状腺検査。5日の記者会見では、原発事故との因果関係に質問が集中した。調査のあり方を検討する委員会の専門家らは「現時点では原発事故の影響は考えにくく、長期観察が必要」とした。
 甲状腺検査の結果はこの日までに、原発事故発生時に18歳未満だった県民約17万4千人分が判明。検査の責任者である鈴木真一・県立医大教授らが「百万人に1~2人」としてきた小児甲状腺がんの発生頻度より、がんと診断された人が多かった。
 検討委後の記者会見では、検査結果と放射線被曝(ひ・ばく)との相関関係について質問が集中。鈴木教授は「今回のような大規模な調査はこれまでないので、(事故による)放射線の影響かということはにわかに判断できない」とする一方で、「現時点で(事故の)明らかな影響とは考えていない」との見解を強調。がんと診断された12人は手術を受けた後、経過は順調で、「日常生活に戻っている」とも説明した。
 また「多発とはいえないのか」との問いにも、鈴木教授は「高い受診率で大規模に実施し、最新の超音波機器を使って専門医がやった結果の発見率。(過去の調査に)比較できるものはないが、想定範囲内の数なのかな」とも答えた。

●疫学専門家「明らかに多発」
 一方で、検討委が公表した健康管理調査の結果を津田敏秀・岡山大教授(環境疫学)は「明らかに多発だし、(発症が)原発からの距離に比例する傾向がある。その前提で健康管理対策を立てるべきだと思う」と話している。(本田雅和 野瀬輝彦)
(以上)

ネット上はなぜか書いてないが、新聞紙見たら例によってアサヒの「ホンダ・シビック」独創的作品だった。

まず「百万人に1~2人」ってのは、正確には「年間 百万人に1~2人」だ。鈴木真一先生の説明は
http://www.fmu.ac.jp/univ/shinsai_ver/pdf/koujyousen_screening.pdf
「(小児甲状腺がんは)本邦、欧米とも年間発生率は人口10万人あたり約0.2名とされています。」とある。また、小児=15歳以下のこと。今回の調査は「事故当時18歳未満(←:これ本当は18歳以下だと思うのだが)」だから、ここですでに違いがあり、単純に比較はできないことにも注意。

なお今回調査の結果=ガンおよびその疑いのある27人中、「小児=15歳以下」は15人である。元資料を見ると記事中の約174000人という中に、約23000人の16~18歳が含まれているから、今回調査のデータは実は

151000人中、15人の「ガンおよびその疑い」の「小児」が見つかった。

ということだ。これを無視している朝日記事の「印象操作」に引っかからないようにしよう。

病気の「発生」「発症」の「割合」=「罹患率」で、これには、必ず「時間」「期間」の概念が入る。こうならない限り、「発生頻度」とは言えない。このくらいはちゃんと書けよ。ま、これがわかってないから、この後に続くいい加減な、デタラメ比較が平気になるわけだが。

一方現在福島の「県民健康管理調査」で判ったのは「原発事故発生時に18歳未満だった県民約17万4千人」中に「12人ががんと診断され、15人にその疑いがある」という事だ。これは記事が書いているような「発生頻度」とか「発生」「発症」を表す数字ではない。「ある時点や期間における患者数」のことであり、「(12+15)÷17万4千」という割合は「有病率」である。「誤報」だ。

「罹患率」と「有病率」は全く違う概念で、単純比較は絶対にできない。なぜならば、例えば人口100人の村で、2011年一年間に発症3人、2012、2013年にも人口は変わらず、やはり発症3人ずつだった、また2010年以前にこの病気は存在しなかったとして、もし患者全員(計9人)が2013年末にも治癒しておらず、また生きていたとすれば、2013年(年間)の「罹患率」=3%だが(←コレ多分3÷(100-6)≒3.2%が正確な数値)、2013年末の「有病率」=9%である。どうしても同じ土俵で比較したければ、平均何年で治癒するとか、死ぬとかを「仮定」して計算、同じ枠組み揃えて比較するしかない。とにかくメディア、ネットに「発生率」等の言葉が氾濫しているが、本当にそれが「罹患率」なのか「有病率」なのかは、注意してかからなければならない。高名な「大学教授」(特に「文系」ね 島菌とか、ん、シマキンじゃなかったか・・・)とやらでも、まったく区別がついていないケースがある。未だに「等価線量」と「実効線量」の区別がつかないマスゴミのアタマでは、理解不可能だろう。

従ってこの記事の、「「百万人に1~2人」としてきた小児甲状腺がんの発生頻度より、がんと診断された人が多かった。」はメチャクチャ。こんなイイカゲンな比較は、「デマ発症」を招くだけの「印象操作」だ。

鈴木教授の「今回のような大規模な調査はこれまでない」等の発言は、過去において症状等がない18歳以下を十数万人も超音波エコーで精密検査し、「有病数」を出したことはない、という意味だ。これまでにある「有病数」データは、結局①「自覚症状等があって、自分で進んで検査した」、②「ほかの検査、治療等でたまたま見つけた」等の集積でしかない。甲状腺ガンは進行が遅く、持ったまま気が付かずに、ほかの死因で死ぬこともあるらしい。韓国で2007年に甲状腺超音波検査が保険適用になったら、日本の14倍もの甲状腺ガンが見つかったことも、これらのことの「傍証」で、「探せば見つかる」ってことだろう。従って日本の過去の「有病率」や「罹患率」を公的データー等から出したところで、今回のような「全員検査」と単純比較はできない。

むしろ、福島人は「原発廃止のために、ウソをついてでも何が何でもフクシマは異常だ、致命的大被害だ!」にしたい連中がいる、しかもそこには政治家、過激派、活動家、「市民~」ばかりでなく、「文化人」「学者」「マスゴミ」「ジャーナリズト」等が含まれる、という事実に目を向けよう。ウソ・デマ等の証拠は、このブログの過去エントリーにも腐るほど記録してある。もはや「科学」「医学」「論理」は押しやられ、「思想」「政治」「感情」のバカゲタ争いになってしまったのだにゃ。こんなことで脅されまくるオレラの精神的被害のことなんて、何とも思わないんだろう。絶対忘れないよ。

「オカシクてやがて哀しき」なのは「津田敏秀・岡山大教授(環境疫学)」の、「明らかに多発だし、(発症が)原発からの距離に比例する傾向がある。」だ。

まず「明らかに多発」と断言するのは何故か?「罹患率」と「有病率」でどういう比較したのかが書いていない。ここは「学者」ならば、その根拠なり 「計算式」を示すべきだろう(記者が理解できずに省略したかもしれないが)。どのような「計算式」であっても、「仮定」が入らざるを得ないことは間違いなく、従って「明らかに」と断言できないはずだ。増して郡山や会津といった、被曝量に大差がある地域が未検査の時点で、何が「明らか」なのか。こういうのを「反原発」が喜んで拡散しまくり、「デマ」と化して福島人を傷つけるってわけだ。

そしてもっとメチャクチャ、それこそ「明らか」なデタラメなのは「(発症が)原発からの距離に比例する傾向がある」だ。何を根拠にこんな「デマ」を?(そもそも「距離に比例」ならば、「遠い方が多い」だにゃ)

http://www.pref.fukushima.jp/imu/kenkoukanri/250605siryou2.pdf の11ページには、市町村別の判定結果が出ている。これのどこを見ても「(発症が)原発からの距離に比例する傾向」など皆無だ(地名だけで判らない人は地図見ながら確認してにゃ アトもちろん「反比例」もないよ)。

(追記)片瀬久美子さんが作った、今回のデータと原発からの距離の票
http://twitpic.com/cvnbay
これでどこが「比例」なのか?

何より今回の事故の「放射性物質による汚染」あるいは「空間線量」は、原発からの距離に(反)比例などしていなかった。距離があったはずの飯館村、福島市や郡山市なんかが、風向きと積雪によって苦しんだのは、福島人の常識だ。いや日本人の常識だ。資料見てないのだろうか?福島のことなんて興味もない、何も知らないのだろうか。もう首つっこんで欲しくない。平気でこんな「デマ」載せるアサヒ新聞も早く無くなってほしい(ま、記者の個人差によるとも思う)。

結局正義の「学者(「公害問題」とか、「岩波書店」方向の人だそうで・・・)」&新聞が、「何が何でも原発廃止のため」に、福島潰す目的で不安煽りし続けるのかね?可能性の小さな説でも、この「正義目的」に利用できるなら使って、「予防原則」だと言い張る?そして「福島の人、子どもたちのためにやってあげているのです」なんて、押しつけがましく言う?・・・あ~あ、もうやめてくなんしょ。福島住民のココロの問題、気持ちはどうでもいいのか?

「口直し」に「やぁど」さんのTUF(テレビユー福島)「スイッチ」
http://www.youtube.com/watch?v=D1LItorYmCQ

コーナー最後のグラフが秀逸。アナさんのコメントも。

「こちらは性別、年齢別で見たグラフ。チェルノブイリでは一歳から三歳が多かったところ、今回症状が見られたのは、八歳、当時九歳以上の子供で、通常の甲状腺ガンと同様に15歳以上に多く見られたということです」
「委員会では、今後被曝のない地域で、同年代の大規模な検査を行い、比較、検討することも必要だとしています」
「調査のデータは勿論なんですけれども、同時に甲状腺ガンとはそもそもどんな病気なのか、というところも、県民に対して丁寧に説明することが、求められます。」

大森真 ‏@yard_1957 9時間
(今回の中間報告のポイントは、甲状腺がんや疑い例は「年代の高い層に寄っている」「地域差はない」「男が多いのが不思議」の3点、と昨夜のニュース後の反省会で部員にレクチャーした.まああくまで「出そろってない中間報告」だし)


まったくだにゃ。

(追記 6/13)
「スイッチ」動画は昨日で期限切れしたので、その後コメにtateさんが書いてくれて、やぁどさんがツイで拡散してくれた貴重な研究をあげておきます。

女子高校生における甲状腺検診の意義
http://www.hcc.keio.ac.jp/japanese/healthcenter/research/bulletin/boh2004/22-19-22.pdf
1988~2003にかけて都内私立高校の女子生徒2869名の検診結果。
甲状腺種は57%に認められ84名が専門医療機関で受診し、1名が甲状腺がん。

この場合、「有病率」=2869人あたり1人となり、今回の福島より高いことになる。ガンは一例だが、甲状腺種は57%というのが、最近よく見る数値に似通っている。「探せば見つかる」っぽいのである。

(追記)「福島民友」記事もTUFと同じところに注目しています。

http://www.minyu-net.com/news/news/0606/news9.html
「甲状腺がん」8歳以下ゼロ 18歳以下対象・県民調査

 東京電力福島第1原発事故を受けた県民健康管理調査のうち、事故当時18歳以下の人を対象にした甲状腺検査で、甲状腺がんと診断された12人と、がんの疑いがある16人の計28人の年齢層は9~18歳で、放射線の影響を受けやすい8歳以下の子どもには事故後約2年3カ月の現時点で現れていないことが5日、分かった。県民健康管理調査検討委員会は「現時点で放射線の影響が明らかにあるものではない」と原発事故との関連を否定する見解を示した。
 福島市で同日開いた本年度第1回の県民健康管理調査検討委員会で、福島医大が5月27日現在の調査結果を示した。年齢、性別の内訳の公表は初めて。
 同医大によると、28人の内訳は、17歳の6人が最も多く、13、16歳が各5人、15歳が4人、9歳が1人だった。性別は男女各14人。がんと診断された12人は全員が手術を受け、日常生活に復帰しているという。ほかに1人が手術の結果、良性だったと判明した。

(2013年6月6日 福島民友ニュース)

(追記 6/7) もう一つのアサヒ 「ゆりっぺ記事」

コメント欄で「なおみ」さんが書いてくれたが、上記「ホンダ記事」のほかに、同じネタの「ゆりっぺ記事」があった。ホンダ=福島地域版、ゆりっぺ=全国版らしい。

http://www.asahi.com/shimen/articles/TKY201306050590.html
福島の子、甲状腺がん12人 被曝影響、難しい判断
2013年6月6日 朝日新聞デジタル

 東京電力福島第一原発事故の発生当時に18歳以下だった福島県の子どもの甲状腺検査で、約17万4千人のうち12人が甲状腺がん、16人が疑わしいと診断された。これまでの統計と比べて割合が高いが、県や多くの専門家は被曝(ひばく)の影響ではないとみる。一方、「現状のデータでは影響は判断できない」との懸念も出ている。
 これまでの検査結果から、福島県では甲状腺がんは約1万5千人に1人、疑いも含めると6千人に1人の割合で発生している計算になる。宮城県など4県の2007年の統計では15~19歳の甲状腺がん発生率は10万人当たり1・7人で、それに比べて割合が高い。県は「精度の高い検査を大勢の子どもに網羅的に行っているため」という。
 検査担当の鈴木真一・福島県立医大教授は「被曝の影響ではないと考えられる」と説明した。チェルノブイリの事故では4~5年後から、被曝時に乳幼児だった子を中心に甲状腺がんが発生したが、福島では、事故後まだ2年で、がんの見つかった子は9歳以上だったためだ。
 チェルノブイリの甲状腺がんに詳しく、新たに県の検討会メンバーになった清水一雄・日本医科大教授は「現状では、被曝による影響の有無はわからない。被曝していない同年代の子どもを対象に、大規模な甲状腺検査が必要だ」と話した。チェルノブイリと福島では事故の規模や、食事由来のヨウ素摂取量が違って比較が難しいなどの理由からだ。
 甲状腺被曝線量がはっきりしないままでは、影響は判断しにくいとの指摘も多い。検討会委員の春日文子・日本学術会議副会長は「被曝線量との対比が重要。(県は)この点の充実を」と強調した。
(大岩ゆり、野瀬輝彦)


ここまでこのエントリーを読んだ人はよくわかると思うが、やはりゆりっぺは「発生率=罹患率」と「有病率」の区別がついていない。発生を語るなら、「時間」「期間」が必要である。「福島県では甲状腺がんは約1万5千人に1人、疑いも含めると6千人に1人の割合で発生している」と書いてあるが、ここはウソ、デマ、インチキ、誤報の類だ。正しくは「疑いも含めると6千人に1人の割合で有病者が発見された」である。この有病者がどの期間に「発生」したのかはわからない。

また「宮城県など4県の2007年の統計では15~19歳の甲状腺がん発生率は10万人当たり1・7人で、それに比べて割合が高い」は」、何を比較しているんだかワケワカラン状態だが、このデータはどうせ「国立がん研究センター」統計しかないはずだ。
全国がん罹患モニタリング集計
http://ganjoho.jp/professional/statistics/monita.html
全国がん罹患モニタリング集計 2007年罹患数・率報告(平成24年3月)
http://ganjoho.jp/data/professional/statistics/odjrh3000000hwsa-att/mcij2007_report.pdf
この67ページに宮城県の2007年データがあるが、この年の10万人当たり甲状腺ガン罹患率は、0~14歳までは男女ともにゼロ、15~19歳は男=ゼロ、女=3.3だ。

ゆりっぺはさすがに「2007年の宮城県0~14歳の発生率はゼロ、それに比べて割合が高い」と書くわけにもいかず、かろうじて数字が見える15~19歳の男女合計して、3.3÷2≒1.7 って計算したのか?これはサンプル数が少なすぎで、「何とか率」を出して比較するのは無理じゃないのかね~?そもそもこのファイルの55ページにはこう書いてある。

地域別集計表を閲覧する上の注意事項
原則として、本章に掲載された集計表は、MCIJに提出された各県のデータをまとめ、県のがん登録の状況を把握することが目的であり、データをそのまま他県と比較するために構成されていない。この理由としては、表21にあるように、各地域のがん罹患データの精度がまちまちで、現時点でデータを比較することは、日本のがん罹患において誤った解釈を招く可能性があることが挙げられる。

先の「全国がん罹患モニタリング集計」ページには

「全国がん罹患モニタリング集計(MCIJ)は、全国の地域がん登録事業実施道府県に協力を呼びかけ、ご提供いただいた罹患データが基になっています。」「ここで得られた全国がん罹患数・率推計値、生存率集計値は、研究班の研究成果ではありますが、わが国では、これに代わる成績はなく、この結果をわが国のがんの罹患統計、生存率統計として用いてきました。」とある。

また「Q&A]ページには、「地域がん登録とは、ある地域(日本の場合は、都道府県や市といった地域)や国のがん対策のために、その地域に居住している住民で、がんに罹患した患者さん(がんと診断された患者さん)の情報を集めて整理することです。院内がん登録で集める情報は、それぞれの病院に来院した患者さんに関することですが、地域がん登録で集める情報源は、その地域の病院・医院だけでなく、検診機関や死亡情報など多方面にわたります。」と書いてある。

「甲状腺ガン検診」は存在しないので、この甲状腺ガンの「罹患率」は現実には、「自覚症状があったり、他の病気や検査等で偶然見つかった、一年間の医療機関での症例」÷「対象年齢県民」てなものだろう。福島式の「症状なしも含め全数検査」したわけではない。そう考えると「小児甲状腺ガン発生は年間100万人に1~2人」だって、本当に正しいかどうかはわからない。「全数検査」はこれまで世界中どこでもやったことは無いのだから。とにかく今回の福島のデータは「2011年事故当時18歳以下」の平成24年度「有病率」であり、他のいかなるデータとの比較も成り立たない。インチキな比較に脅されて、精神的加害を加えられないように気を付けよう。

(重要追記 6/8 6/9改訂したよ)
上記「ゆりっぺ記事」のやり方に従って、「国立ガン研究センター」の罹患率データ
http://ganjoho.jp/professional/statistics/monita.html から、「都合の良い数字」だけを見つけてきた。「小児甲状腺ガン発生は年間100万人に1~2人」と比較しようというネライだ。

「最新版」は2008年
http://ganjoho.jp/data/professional/statistics/odjrh3000000hwsa-att/mcij2008_report.pdf

青森県(2008年) 67ページ
0~4歳「男女=0.0」 5~9歳で「男女=0.0」 10~14歳で「男=0.0 女=3.4」
=「年間60万人当たり3.4人、100万人当たり6.25人」

以下同様に 
広島県(2008年) 159ページ
0~4歳「男女=0.0」 5~9歳で「男女=0.0」 10~14歳で「男=1.4 女=1.5」
=「年間60万人当たり2.9人 100万人当たり4.93人」

熊本県(2008年) 191ページ
0~4歳「男女=0.0」 5~9歳で「男=0.0 女=2.4」 10~14歳で「男=0.0 女=2.3」
=「年間60万人当たり4.7人 100万人当たり7.99人」

先に挙げた、なぜか「ゆりっぺ」がわざわざ引っ張り出してきた2007年版なんて、

島根県(2007年) 147ページ
0~4歳「男女=0.0」 5~9歳で「男女=0.0」 10~14歳で「男=5.5 女=0.0」
=「年間60万人当たり5.5人 100万人当たり9.35人

高知県(2007年) 175ページ 
0~4歳「男女=0.0」 5~9歳で「男=0.0 女=6.1」 10~14歳で「男女=0.0」
=「年間60万人当たり6.1人 100万人当たり10.37人」

連中が「金科玉条」にして騒ぐ「小児甲状腺ガンの年間発生率は人口100万人あたり1~2人」なんて、県単位程度にしたら成り立たないのである。もちろんあくまで「ゆりっぺ」のやり方をマネしてみただけ、2007年の高知の小児甲状腺ガン発生が10倍高かった!!!伊方原発のせいだ、などと言い張るつもりはない。

これでも福島の「151000人中、15人の「ガンおよびその疑い」の「小児」が見つかった」より少ないって?いやいや繰り返しますが、こっちは精密な「自覚症状無しの全数検査」による「有病率」デス、この数が一年間に発生したわけではありません。これまでに比較できるデータも無いのです。ちなみに甲状腺ガンは15歳以上になると増える傾向にも見える。やはり「小児」とその上をごちゃまぜにしないようにしよう。

数か月前には、放射脳連中の「福島の子どもの半数に嚢胞、結節ガ~」騒ぎがあった。しかし弘前、甲府、長崎で同じ検査をやったら、福島と同じ数字だった。あの時も山下先生をはじめ専門家は、「探せば見つかる」と言っていた。
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-131.html
今「脳」連中はこの事に触れなくなった。これを忘れてはいけない。しばらく「反原発正義軍」挙げての反撃に耐えればいいだけのハナシ。

「まとめ」だが、
①そもそも「罹患率」と「有病率」は比較できない。今福島の検査で出るのは「有病率」だ。

②これまでの甲状腺ガン罹患率は、「甲状腺ガン検診」がない以上、主に「自覚症状等があり~医療機関で検査・治療」という場合だ。連中が何かと持ち出す「小児甲状腺ガンの年間発生は100万人に1~2人」も、同じだろうと想像できる。目下の福島の「自覚症状の有無に関係ない全数検査」というやり方で「年間発生」を調べたら、より高い数字が出る可能性がある。もちろん「有病率」もだ。(そうなったとして、なぜこれまで「潜在した甲状腺ガン」を放っておいても「平気」だったのかは、また別問題だ。その時こそ、TUF「やぁど」さんの「スイッチ」:「甲状腺ガンとはそもそもどんな病気なのか、というところも、県民に対して丁寧に説明することが、求められます」なのだと思う。)

③小児=15歳以下。「ガン研」データを見ていると、どうも甲状腺ガンは15歳以上で増える傾向があるような。「小児」が気になるようであれば、福島の検査の0~18歳検査は、データをキチンと15歳で分けて見るべきだろう。


「反原発正義軍」「脳」、マスゴミ共の福島総攻撃に耐えるべく、リコウになろう。 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

一番乗り!?

おはようございます

報道される数字の意味と その理解 
どれだけ重要か わかります

頭の中の情報は 随時更新しましょう
いまだに 震災当時のままの情報の あなた!!


なおみさん 
あめごちそうさまです 
私の好きな たんきりあめと交換しましょう

リンクありがとうございます

来週の水曜日の夜に削除されますので、みなさま早めにご覧くださいませ。

こういうことは全国ニュースで

TUF「スイッチ」見ました。
ありがとうございました。
ローカルニュースだけなんて、もったいないですよね。
こういうことは、全国ニュースで「くり返し」伝えて欲しいですね。
ここにいる方々にはすでに当たり前のことですが、分かりやすく、くり返し言い続けることが必要だと思います。

水虫と同じ、菌が表面にいなくなってからが勝負です。(笑)
角質内に潜む水虫菌を壊滅させるには、さらに1ヶ月薬を塗り続けましょう!

どんな計算?

>(発症が)原発からの距離に比例する傾向がある。

やっと2桁の患者数でどうやって距離と発症率の関係を計算するのか謎です。

それと、被爆2年で検査にひっかかるほどの甲状腺ガンを作るのは科学的に無理です。

全県調査で早めに癌が見つかった方は良かったとは思いますが、放射能のせいだと脅すのは精神的に良く無いですね。

津田敏秀・岡山大教授(環境疫学)・のプロフィール(業績一覧やお付き合いのある団体、お金を戴いている先)に興味ありです。

アサヒシンブン

もともと、靖国神社参拝問題は日本の内政問題であり、国内のイデオロギー問題でした。
世界的に社会主義の退潮が顕著になり日本社会党も低迷するとき、朝日新聞は靖国神社のキャンペーンを張り、中国に日本の右傾化としてアッピールしました。

かつて、北朝鮮は地上の楽園として、戦後の北朝鮮帰還を推進した朝日新聞ですが、大韓航空爆破事件の犯人キムキョンヒの供述により、北朝鮮による日本人拉致の実態が明らかになります。
1991年、日朝交渉により日本政府が北朝鮮に日本人拉致問題を議題に出しますが、同年朝日新聞が従軍慰安婦問題を誤報し、キャンペーンを張ります。

靖国神社問題も従軍慰安婦問題もイデオロギーによる日本国内の意見対立を朝日新聞が針小棒大にしたため、中国、韓国に外交カードとして使われしまっています。

かつて、原発を未来のエネルギーとして礼賛した朝日新聞。大震災で事故が起こると、落込んだ販売部数を伸ばすため反原発キャンペーンを張ります。さすがに今度は日本軍を悪者にするわけにもいかず、東電を悪者扱いします。

事故後2年が経過し、福島の低放射線による健康被害よりも、PM2.5などの中国の環境汚染、鳥インフルエンザなど問題は深刻です。(これらも過剰反応してはまずい問題ですが)

昨今の朝日新聞の報道には、依然としてイデオロギーと商業主義が混然としたキャンペーンを終わらせることができず、朝日新聞社内のガバナンスが根本的に欠落しているように見えます。

No title

えと、岡山大の津田氏は片瀬さんと論争(?)がありまして、そこで「津田理論」が紹介されています。

http://d.hatena.ne.jp/warbler/touch/20130323/1364060938

このあとに片瀬さん批判が一部おこりまして、それに(心ならずも)一枚噛んでしまったNATROM先生の解説がこちら。

http://d.hatena.ne.jp/NATROM/touch/20130605/p1#p1

かなり分かりやすく解説しているみたいですけど、私はもちょっとじっくり読まなきゃならないんで、内容に関してのコメントは保留しておきます。

ついでにどうでもいい話ですけど。

デマ屋界隈ではハッキリ言って小物(あんまり有名じゃない)の小林朝夫がタイーホされましたね。デマ屋と言うより、「小林亜星の息子、サンバルカンのバルパンサー」って方が有名かもしれませんが。
タイーホ理由は青森県○行条例違反…ダメダヨー、女子高生は。

http://togetter.com/li/514795

この人、やってることが東海アマと同じだし、好みも同じみたいだからなぁ。
今日の東海アマは何を言ってるんだろうか?

取り急ぎ

ネコさん!

これこれ!朝日のこの記事!
今日まさに言いつけに来ようと思ってました。

>そしてもっとメチャクチャ、それこそ「明らか」なウソ・デタラメなのは「(発症が)原発からの距離に比例する傾向がある」だ。このセンセイ、何を根拠にこんなデマ飛ばしてるわけ?(大体「距離に比例」ならば、「遠い方が多い」だにゃ、ヴァッカか~~~。)

そうそう!この部分!
いくら考えてもわかりませんでした。
このセンセイが本当にこう言ったのか
それとも記者が間違えて書いてるのか?

それにしてもひっどーい。

やぁどさんいいぞ!

ただいま!

ちょっとそこまで行ってきた

みずほさん
たんきりあめありがとう♪


北の国からさん
よりによって水虫菌(笑)。
そうですね。目立たなくなっても油断大敵!


oval さん
>かつて、原発を未来のエネルギーとして礼賛した朝日新聞。

へええ。そうだったんですか。

いつものやりかたというのがあるんですね。


っていうかさ~
よその新聞は「わざわざ」

>岡山大の津田氏

こんな人探してきてコメント載せたりしてないよ(笑)。
いつまで「リョーロンヘーキ」やってんのさ。

この記事は本田さんのほかに
野瀬輝彦さんってお名前がへーキされていて

同じ日の(6/6)
「福島の子 甲状腺がん12人 被曝影響 難しい判断」
って大岩ゆりさんが書いた記事にも関わっていらっしゃいます。

てこ入れ???任せられなくなってきたかな。

この記事には相変わらず

「甲状腺被曝線量がはっきりしないままでは、
影響は判断しにくいとの指摘も多い」

と最後っ屁が付け足してありますが
誰の指摘だ(お得意の主語無し文)?

はっきりしてないのは
一部の人の脳内なんじゃないの。


以下は坊主憎けりゃです。

東京都写真美術館の記事が
6/6朝日でも読売でも取り上げられていました。
同じ美術館でもいろいろな企画があるんですね。

朝日はね「世界報道写真展2013」を扱っていて
「甲状腺腫をわずらうマコネ・スーマロオ」
(甲状腺が腫れてしまっている女性の写真)を紹介していました。

読売はね「日本写真の1968」展。


ジャンクとして週刊文春の広告から。
「反原発アイドル千葉麗子「防衛省ヨガ講師」に捜査当局が重大関心」

・・・なんだろう?

言い忘れ

北の国からさん

やっぱり北海道のアスパラは
北海道で採れたてを食べないと
ほんとの味なんかわからないさ。

きっとそうさ・・・
(食べてみたらちょっと硬い部分があったの)。

No title

今日の午後、職場全員出払って私一人だったから、
思わず「吊し上げ」会見の動画、ほぼ最後まで見ちゃいました。

みんな県=悪いことしてるって先入観で見ているから、
揃いも揃って上から目線x責め口調(時々嘲笑)で、
聞いていて委員の先生方も県庁の人もホントに気の毒だった。

中でも腹が立ったのが毎日の記者! いまだに「秘密会」に
こだわっていて、「秘密会の開催を命令したのは誰か?」とか
何人かの委員は入れ替わったけど、「事務局がそのまま
居座っているのはどういうことなのか?」とか、ホントしつこかった。

そんなこと気にしてる県民いますか? 
どーでもいい質問で県職員の貴重な時間(=県民の税金)を
無駄にして許せなーい!

でも先生方は、堂々としていて論がぶれてなかった。
清水先生のお話も自分の都合のいいように解釈しようとした
記者がいたけど、ちゃんと「撃退」なさってたし・・・。
(でも、ちゃんと先生の意図通り書いてくれるとは思えないけど)

県庁の事務局の人も、認めるべき不備は認め、
答えらえないことは答えられないときっぱり言って
しっかり対抗してた。偉い!!

それにしても「先入観」「刷り込み」の怖さをつくづく感じます。
私は最初に触れた放射能情報がわたり病院の斎藤紀先生の話
だったから、あっち側に行かずにすんだんだと思いますが、
紙一重だなぁ、気を付けなければいけないなぁ、と思います。






2周年

ネコさんのブログ、2周年ですよね。遅ればせながら 100万アクセスも含めおめでとうございました。初めてのエントリーはこれでした。:
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-1.html

この 2年間、心の支えになって下さったことを心から感謝します。本当にありがとうございました。

このエントリーに直接関係ないコメントですみません。どうぞお許し願います (_ _)。

返す返すも残念なのは・・・

何とも残念で悔やんでも悔やみきれないのは、原発事故当初は多くの専門家が「チェルノブイリ事故とはそもそも性質が違う事故」「健康被害が出るのは100m㏜以上であり、今回の事故では大丈夫」とか言っていたのが、いつの間にかそういった声は陰に追いやられてしまったというか、自ら声を潜めてしまったというか、事故後数か月後にはほとんどマスコミには出なくなってしまった事だ。

それが結果的には「原子力ムラの人々の言っていることは間違いだった」事を多くの国民に印象付けてしまったのは間違いない。

政府の態度・方針の変化も大きかったのだろうけれど、やはり専門家の皆さんには専門家としての意見・態度は通して欲しかったし、それをマスコミを通して言い続けて欲しかった。

「信夫山ネコ」さん初め、私もそうだったのですが、個人がブログやネット掲示板で低放射線の健康への影響を「科学的・医学的」知見でしっかり調査・議論するべき、と言う意見を継続的にしたことが、現在の正しい状況へと導いてきたのだと自負しています。

しかし、一旦人々の「感情」に刷り込まれてしまった「放射線は少しでも危険」と言う意識はそう簡単に修復はしないだろう。

加えて、「放射線は少しでも危険」となっていた方が「儲かる」ような制度・施策があるために、なおさら「原発事故以前の元の状態にも出さない限り帰らない」とか、「地下水バイパスも、微量な放射性物質の混入があれば風評被害の原因になるから断固反対」など、とにかく「反対」を言っていた方が「儲かる」となってしまっている。

だから原発収束作業もなかなか前に進まないし、元の生活にも戻れない。

しかし、かえってその状態の方が「儲かる」からこそ、いつまでも「反対」を言い続ける・・・。

何でこんなにも日本は「もめごとや不満はカネで解決する」世の中になってしまったのだろうか?

私はここのブログに来る前まで、あるネット掲示板でのやり取りでこんなことを書きました。

「人はパンのみに生きるに非ず」

いま、原発避難者や風評被害等で仕事がやれない人でも、様々な「保証・倍賞」によって「物質的・金銭的」に生活に困ることはないのが実情。

しかし、一方では毎日、やることがなくてぶらぶらしている人も多いのもまた現実です。

でも毎日訪れる時間をつぶすためにパチンコや競馬、またはジムに通い詰めている人も少なくない。
そういう趣味に入れない人は酒におぼれてしまう人も・・・・。

人は何かしらの生きる目的があってこそ、毎日が充実するし、あるいは生きている実感があるというもの。

原発事故によって避難させたのは、とにかく「命を守るため」だと「彼ら」は言う。

しかし、では人は命さえ長らえればそれでいいのか?
避難したことで命は守られた。
しかし毎日やることもなく生きているだけ、息をしているだけが幸せなのか?
(そもそも今回の原発事故が「生きるか死ぬか」のような切羽詰まった事象ではなかったのは明らかなのに)

「人はパンのみに生きるに非ず」

以前にも書いたように、あまり使いたくはない言葉だが「放射脳」な人たちはいったい避難者に何を求めていたのだろうか?

ふるさとを奪い、その土地の歴史を破壊し、地域コミュニケーションも怖し、そして何より、農業などの生きがいまでも奪ってしまった。

「彼ら」の責任はとてつもなく重大だ。

しかし、途中から「戦線離脱」してしまった専門家に何の責任もない、とは私には思えない。

厳しいことを言ってしまったが、それが私の本音です。

No title

>仁さん、ありがとうございます。「二周年」インデックスは次回やりますよ~、あほな記事で遅れてしまったです~。

>福太郎さん
時間かかりますが、しぶとく「責任」追及していきますよ。酷すぎますよ。

今度はにゃんさんに続け~!

にゃんさん
>どーでもいい質問で県職員の貴重な時間(=県民の税金)を
>無駄にして許せなーい!

そうだそうだ~!!!

>私は最初に触れた放射能情報がわたり病院の斎藤紀先生の話
>だったから、あっち側に行かずにすんだんだと思いますが

それでも・・・それでも
こういった人たちのせいで動揺はしませんでしたか(私はしたの)?

「あっち側」のゾンビのような増え方に
戸惑いと恐怖を感じました。

お互い・・・よく踏ん張ったよね(涙)。


仁さん
会えて良かったです(握手・握手)♪


福太郎さん
>「信夫山ネコ」さん初め、私もそうだったのですが、個人がブログやネット掲示板で低放射線の健康への影響を「科学的・医学的」知見でしっかり調査・議論するべき、と言う意見を継続的にしたことが、現在の正しい状況へと導いてきたのだと自負しています。

ほんとうに・・・
こういった数多くの発信者さま(最初は孤独だったと思う)に
大きな拍手を!!

いつのまにかそれぞれが遠くで掲げている灯りが見えて
いろんな人とつながっていったと思います。

>「人はパンのみに生きるに非ず」
>しかし、では人は命さえ長らえればそれでいいのか?

私もずっとそう思っています。

初期の頃の議論に
私が思っていたようなことは何の役にも立たなかったけど

それでも
例えば「私はネコさんの発信についていこう」と思った
その根っこは

福太郎さんがおっしゃった
まさにそのことでした。


今日のいいニュース!

「いちい」という地域のスーパーがあるんですが
六魂祭で気をよくしたのか
チラシに変化がありました。

「福島は旨い!!」

今までは安全を控えめに訴えていたような
なんていうか・・・可もなく不可もない
チラシだったんですけど(当社比)

今回は
「福島産は安全はモチロン・旨いんだよ!!当たり前だろ?」
みたいなドヤ感があふれ出ていて
こうでなくちゃね!と思いました。

農家の方の写真もいっぱい載ってた。

そうだよ!みんな元気だして行こう!

フリーのニシタカ

記者会見のビデオを見ましたが、一番腹が立ったのは「フリーのニシタカ」という人物ですね。記者の質問でも最後の方(1時間46分あたり)
質問というより県民健康管理調査への暴言そのものです。「はっきりいって県民で健康検査を信用している人は非常に少ない」「税金の無駄使い」「こんな検査誰も信用していない」「不信が渦巻いている」「こんなのことやっても意味がない」などなど。まるで福島県民の代表者のごとく傍若無人に福島を攻撃している。
その暴言を遮るかのように朝日の本田記者が話し始めたので担当者もその暴言に答えることもなかった。でも首を傾げて呆れた表情をしていました。本田記者は「(ニシタカ某と)必ずしも同じ考えではない」と前置きしていたが、まだ本田記者がマシに見えたくらいです。
このフリーのニシタカなる人物はどんな人間なんでしょうか。こんな人間が福島を我が物顔に語る資格があるとはとても思えません。

No title

https://twitter.com/KamiMasahiro/status/342913825479196673

http://ow.ly/d/1iBR



拾い物ですが

放射線恐怖で野外にでないため発症したと考えられる くる病の例

放射脳どもに責任とってもらいましょ

No title

この件について、本田記者がコメカミに青筋浮かばせて記事を書いたんだろうなと思うのだが(本田さんそのうち痔になるぞ)、少なくとも私の周囲(東京・神奈川)ではあまり反響がないぞ。

そうそう、毎日新聞にこんな記事が掲載されたそうな。
http://togetter.com/li/514907
日野記者の感想が聞きたいな。

自分たちの目的達成のためには・・・

>「放射脳」な人たちはいったい避難者に何を求めていたのだろうか?

明らかに原発事故を目的達成のための「エサ」「好材料」としか見ていないと思う。

それを補完するためには、被ばくした人には「健康被害」を出してもらわなければいけないのだろう。

一方では「命を守るために避難を!移住を!」と叫び、しかし一方では自分たちの主張の正しさを証明するためには被ばく者には「健康被害が続出」してもらわなければいけない、と言う大いなる矛盾。

だから必死になって健康被害、特に甲状腺がんが多発しているという情報に「歓喜」するのだろう。

彼らの考えは異常ですね。

自分たちの目的(原発反対=放射線は少しでも危険)達成のためには、避難者・被災者がどうなろうと知ったこっちゃない、そうとしか私には見えません。

No title

甲状腺がんは100万人に1人と言うのがそもそも大間違い

 日本では年間1500人近く亡くなっています。亡くなる人ですよ。発症者はその10倍くらいあっても不思議でもない。この数字が子供の場合多分手術などの治療をした子供の統計くらいしかないのではと思われます。

 2001年から2011年まで19歳以下は4人亡くなっています。10歳以下はゼロ。11年間で4人とは。進行が遅いんでしょうね。

 思うに甲状腺ガンについては本来は子供の健康診断に加えるべきかどうかは被ばくの影響について今回のみに網羅的に調べる事で十分ではないかと思います。見つかった人は運が良いと言えます。
 被ばくの影響のない時には小学高学年時に一回にとどめてあとは成人になってからで良いんじゃないでしょうか。いや、高校生の時の方が良いか。やる必要があるのかどうかそれも疑問なんですがね。

甲状腺がんは成人を含めたら10万人に7人ほど、実は10代から病気だったのを20代になって治療したのかなと思われるケースもあるんではと思います。
http://ganjoho.jp/data/public/qa_links/brochure/odjrh3000000ul06-att/117.pdf
 もう見ているかも知れないけど

 しかし、1万5千人に1人と10万人に1.7人との差が被ばくの影響によるものだと、どうして言えるのか?
 恐らく被ばく線量との関連については永久にわからないというのか、ゼロです。と言っても間違いないと今、朝日新聞を手にとって見ていますけど、こんな事多くの福島県民は望んでいるんでしょうか。
 僕が見ているのは全国版第2社会面。最後で少し違うけどほぼ同じ文章。

 福島県以外の人は、被ばくの影響なんかないじゃん。そこまでやる必要あるのか?と思う人も多いんではと思います。

 その隣に原発事故で自殺した遺族に一千万円以上の賠償で和解するけどご遺族は東電に謝罪を求めているけど、それを東電が拒んでいるとこっちの方が見出しも大きく写真入りです。僕はこれを東電が漸く、原発事故での直接の被害者がいないのだから謝罪はしないと言う決意をしたのかと思います。遺族側弁護士が「心から責任を感じていない」というのはその通りで、その方が正しいと思っているのかとも思います。

 津波で亡くなった人達のご遺族が自治体に、何故20メートルの高さの防潮堤を作らなかったと訴えてそれが通ればまだしも、自殺されたんですよね。その人に賠償金を支払う事も東電は株主にどう説明するんでしょう?

 しかし、池田信夫の従軍慰安婦イコール詐欺師というヘイトスピーチはムナクソが悪くなります。元慰安婦は金なんか要求していませんよ。日本の国会での謝罪決議です。今回詐欺師と言われた方は韓国の方です。韓国政府は日本から金なんか要らない!生涯韓国政府が面倒をみる。とまで言われて世界の笑い物程度なら良いけど日本人がレイ○犯同様に見られてもいたしかたないでしょう。こういうのをセカンド○イプと言うんでしょうね。

 朝日がねつ造したと言うなら、世界にむかってその証拠をまとめて発行でもすれば良い。20世紀最大の人身売買と世界に記憶されられたんですからひっくり返して見ろと言いたいです。

 僕は人道的立場から原子力発電を推進し、従軍慰安婦には心から日本国民は謝罪するべきで、靖国参拝なんか他国が嫌がるんだからやる必要はなし、と言う心からの愛国者だと思っています。

No title

なおみさん

いつも私の書き込みに必ずコメントをくださってありがとうございます! ほかの皆さんみたいにポンポンとコメントのキャッチボールができたらいいなと思いつつ、流れが速くていつもタイミングを逃してしまっていましたが、今日こそは!と思って書き込んでます。

>それでも・・・それでも
>こういった人たちのせいで動揺はしませんでしたか(私はしたの)?

しました、しました。
でも、最初の基準(斎藤先生の真摯な態度や話し方や表情などから、とてもこの人が嘘を言っているとは思えなかった)があったから、おかしな話を聞いて心は揺れても、「ん?」と踏みとどまって確認する癖をつけたのがよかったと思います。

>「あっち側」のゾンビのような増え方に
>戸惑いと恐怖を感じました。

増え方もそうですし、いかにも自分のほうが正しいことを知っている、みたいな上から目線と、ヒステリックで聞く耳を持たない頑なさに辟易しました。

>お互い・・・よく踏ん張ったよね(涙)。

うんうん、ホント馬鹿だの、情弱だの、洗脳されてるだの、親として失格だの、どんだけストレス受けたことか! 福島の人たちはみんな、頑張った! 偉かった!

>「いちい」という地域のスーパーがあるんですが
>六魂祭で気をよくしたのか
>チラシに変化がありました。

>「福島は旨い!!」

福島県産の野菜も買うけど、せっかくいろんなところの野菜が売っているので、新しい産地のものがあったら「あらー、遠いところからようこそ~」と思って試しに買ってみることにしています。が、新鮮さもあるんだろうけど、しみじみ福島産は旨いなぁ・・・と思います。他県産がおいしくない、というのではないんですけどね。

お米もね。今、「天のつぶ」食べてるけど、これがまたおいしいんですよ。

No title

福島県の除染作業に係わっている県外の大学の先生方を紹介したいと思います。

最初は北九州市立大国際環境工学部の伊藤洋先生。
北九州の子育てフリーペーパー ドンナ・マンマに掲載されていたと思われる災害廃棄物広域処理についてのインタビューです。
http://www.donna-mamma.gr.jp/gareki/

「実は私は福島第二の原発の設計が、社会人の出発点だったんです。その後、電力関連の仕事や、放射性廃棄物をやってきたという経歴もあって、自分のできることをやろうと決めました。そういったことから福島県のアドバイザーにもなっています。福島県で発生する問題に対応して、自治体に対して技術的なアドバイスをしたり、県や市の職員に対して、放射性物質の取り扱いなどについて勉強会の講師を務めています。また、我々が開発している技術も震災の復興に役に立てればということで活動しています。」

福島市大波地区除染モデル実証実験に係るアドバイザーをされていたようです。
http://www.env.kitakyu-u.ac.jp/ja/kenkyuka/yito/ito_01.html

同じ記事の産業医科大学・岡﨑龍史先生の最後オチが面白いです。
「今回放射線に対しての知識というのがあまりにもありませんでした。今回これを機に放射線の勉強をした方がいいと思います。確かに放射線は見えませんから、不安になりますが、マスコミでも今回様々な表現がありましたので、それに惑わされず、何が真実なのかということを、いろんな情報を見て得ることが必要です。」

デマの対処をそれとなくお話されています。


こちらは愛媛大農学部教授 逸見彰男先生が開発された農地の除染技術。
TBS系6月9日(日曜日)午後6時30分より放送の「夢の扉+」で紹介されるようです。
http://www.tbs.co.jp/yumetobi-plus/

No title

なぜだか 報道される前に
「甲状腺がんになっている人は もっといる!」と 親切にもおしえてくれた人がいます 

「県は うそを言っている   信じてはダメだ!」と 熱く語ってました

どうも いったん不信感を持つと払うのは難しいみたいですね。
だからこそ 県には毅然とした態度で臨んでほしかったし 理解の足らないような記事には 補足説明をお願いしたいです 
相手にすると面倒なのは 重々わかってますが・・・

ネコさんのブログ 教えてあげればよかったかな
だけど ネットやらなそうな感じだし 

TV 新聞 雑誌のみが情報源の方が 数字の意味を理解するのって
かなり大変だと思います   私も説明してと言われても 相手にわかるように言えるかどうか

おばあちゃんが 畑の野菜は家にもってくるなと言われたとか
福島で 露地できゅうり作って大丈夫なんですか?と聞かれたりとか
(九州の方でした)

不安なのはわかるけど いったいいつの情報を基に言っているんだ?
と思う二年目の春でした   雨がほしい・・・

悲しみより 怒りが出ると 書き込みたくなる情けない自分です

反省・・・

慰安婦問題と靖国問題

従軍慰安婦を外交問題にしているのは挺隊協という団体で、日本軍は20万人を拉致したというプロパガンダや海外でロビー活動をしています。日本で裁判を起こして賠償を求めたわけですからお金を要求しました。
もともとは朝日新聞がキャンペーンを張るまでは、慰安婦は韓国で問題にはなっていませんでした。(池田氏が言っているのはこのへんの事情でしょう)ましてや、外交問題ではありませんでした。

靖国問題は参拝しようが参拝しまいが日本人個々人の問題であり、参拝するかどうかは愛国心とはまったく関係ありません。
仮に政府が参拝を強制するようなことがあれば問題になるでしょうが、外国からの圧力で参拝に規制が加わるようなことがあれば、それこそ大問題です。

日本と韓国、日本と中国には外交問題がありますが、根本は歴史認識の違いと現在の各国の内政問題に行き着くことが多いようです。
日本には戦争責任を巡り深刻なイデオロギー対立がありました。文部省と日教組の歴史認識が違うので学校では日本の近代史の授業はされません。
中国は国民党対共産党の内戦、韓国は朝鮮戦争を経ているわけですから、両国とも近代史の歴史認識は統一されるわけがありませんが、政府としては政府の歴史認識の正当性を出張しなければなりません。
中国、韓国とも自国政府の歴史認識の正当性を出張するために、日本の歴史認識を批判するという構造があります。

意図したわけではありませんが、このサイトの趣旨とは違う方向に話題を振ってしまったようで申し訳ありません。
ナーバスな問題をこのサイトで取り上げるべきではありませんでした。
不快な思いをされた方にはお詫びします。

No title

今年はカラ梅雨でしょうか。


ありもしない問題を大げさに騒ぎたて,周りを巻き込み,あげくに特定のターゲットを決めて袋だたきにする,そういうやり方をする人は,何か自分の中に解決できない問題をかかえているのだろうか,まず,そちらを解決して欲しいものだ,と思います。


なおみさん,にゃんさんとおなじことを考えました。


>>「あっち側」のゾンビのような増え方に
>>戸惑いと恐怖を感じました。

>増え方もそうですし、いかにも自分のほうが正しいことを知っている、
>みたいな上から目線と、ヒステリックで聞く耳を持たない頑なさに辟易
>しました。


かつて,反原発を公言していた自分が,あの人達ととてもではないが一緒にされたくない,と,「今の反原発と一緒にしないで」と言うようになったのは,ゾンビの群れに対する恐怖だったのかあ,と,納得しました。


それから,確かに,「自分の方が上よ」という物言いとヒステリックになり自分と異なる意見の人を汚いことばで罵り,自分の仲間うちのネット情報しか受け入れない,という姿勢にも,恐怖を覚えました。

彼らは,私のような人間を「情報弱者」というのですが,とりあえず,英語のニュースとか報告ぐらいは読めるので,日本だけでなく外国からのものも読みましたし,ネットだけでは情報が偏るので,新聞も読みましたし,各種比較対象も行いました。

仲間内のブログやツイートだけを絶対の情報とする,どうしてそうなってしまうのか。

先日も,栃木県那須塩原市は人間の住むところではない,というようなコメントを出されて,(線量計の写真付き) 「このデマ,どこで拾ってきたのですか?」と,つい,思いやりの心も忘れた冷たい言葉を返してしまいました。

ある人は,雨樋のしたの,泥の部分をはかって,「線量が高い」と騒いでいる。あいかわらず。どうにかならないのか,と感じます。

そして,ふるさとを離れた土地で難民となっている人間と普段関わっているために,福太郎さんの心配されていることが,自分にもわかります。

自分も,攻撃されることが恐ろしく,人ご〇し,と言われるのが辛く,あの狂った人達のするがままにさせていましたから,偉そうなことは言えませんが。

でも,あの人達は,もう,無視するか,軽く流すだけにしています。訴えても,彼らは,「それが事実とわかっていたって絶対に聞くものか」と決めている人達だから。

心を開く人はまだまだいて,その人達は,少しずつ,変わっているとは思うので,発信はしないといけない,とは思います。

ネコさん,いつもお疲れさまです。

あと,このいわゆる「放射脳」(あまり使いたくないんですが)な人達は,自分達が,つねに障害者差別を繰り返していることには,気づいていないようです。

それを指摘したら,きっと逆ギレするのでしょうね。

雨が降っています。

やっと雨が降っています。田圃のカエルもにぎやかです。
ちょっと高いところへ引っ越したので、今のところ暑さとは無縁なのですが、冬は寒いんだろうなぁ・・・。
ここは飛行機も飛んでこないし、人も来ないし(桜並木も独り占めだったし)震災、放射線の問題は少なくても過疎の問題は大きいのかな、と。

福島市は賑やかで良かったですね。
とある業種の方々には今、「六魂かぜ」なるものが流行っているそうです。(笑)
なかなかきつい勤務だったようです。
どなた様もお疲れ様でした。

今日の午前中にNHK総合で、「福島をずっと見ているTV」の4,5,6月分、一挙放送がありました。
その中で箭内さんが「広島(長崎も)は悲惨な体験から“平和”という言葉を前に出して立ち上がってきた。では福島はどうなのか。この体験のあと、なんと言って立ち上がるのだろうか。」と思ったそうで、箭内さん自身もまだなにも考えられない、そういう段階ではないと言っていました。

未だにデマ記事が拡散されているのですから、福島の戦いはまだまだなんですね・・・。
ホントにガラスバッジ持って福島に住んでそれから記事を書いて欲しい。その数字を見てなおこんな記事を書けるのだろうか。
怪しい記事ばかりを鵜呑みにして拡散している主婦ブロガーさん、とうとう医療放射線にも危険煽りの記事を書き出し、わたしゃ呆れました。
お付き合いしないのが一番です。

bloomさん、どうして専門家が何も言ってくれないのか、と思っていた私ですが、少なくともbloomさんが声を上げていてくれるのをここで知って、私は嬉しかったです。

boomboomさん、茨城県北部と東白川郡はやっぱり同じ文化圏なんですかね~(きんつばの件)初めて知りました。

No title

  前のコメントで,福太郎さんの気持ちがわかる,なんていう間違った表現をしてしまったので,訂正します。

  私がわかる(ような気がする)のは,福太郎さんが危惧されている,避難している人達の未来像です。

  パレスチナ難民と,あまりにも似ているから。

  うちの亭主の実家あたりで,いつも目にする光景だから。

  だから,数うちゃあたる,で,やってます,

  でも,
  「この人は,絶対に聞くものか,と決意しているから,今は少し放っておこう。」
  という人もいます。

  そういう人は,今日も,
  「福島の子供達が,外で遊べるように,避難を支援する」
  といっています。

  「福島の子供は,外であそんでます。茨城のホットスポットの子も,外で遊んでいます。」
   そういうと,
  「その子達が,将来,癌や白血病にならないことをお祈りします。」
  と返信されます。

  そういう人達は,別の原因があって,そういうことを言っているしやっているので,理を説いても無駄です。

  理を説いて,理解してくれる人から,説いていく,そして環をひろげる,今はそういう状態です。



安積の白猫さん

  いったい,いつから「きんつば」が「今川焼き」になったんでしょうね。

  茨城県最北端大子町からは,塙町の病院や,棚倉のスポーツクラブ,矢祭のプール,その近くのおいしいお店(ラーメンが多いらしい)等々に行く人も多いですし,東白川郡から大子町の学校に通う人もいますし,交流は多いですよね。

  死んだ父は,饅頭ほしさに福島まで買いに行きました。

  でも,いつかIKAさんが書かれていらしたと思うのですが,言語的には,浜通りの方が似ているみたいですね。

  茨城県では,「~です」が「~だっぺ」ですが,東白川郡の親類は,「~だっぱい」というのです。 

  「よかっぺ」という言葉も県境あたりで聞くのですが,うちのあたりはなまっているから,「いがっぺ~」ですし。うちのあたり,言葉が荒いのか・・・。 

今日もいい日でした

うるしねまきさん
>まだ本田記者がマシに見えたくらいです。

あらまあ。それは酷いですね。
IKAさんの「酔っ払い介抱理論」ですね(違うか?)。


福島の医師@ほろ酔いさん
>放射脳どもに責任とってもらいましょ

ご本人はどう考えていらっしゃるのでしょうね・・・。
それでも外に出なかったのは
健康を守るために正しかったと?


千貫森の宇宙人さん
>本田さんそのうち痔になるぞ

あはははははは~!あ~あ・・・と(笑)。

あちらのみなさんは
健康に悪いことばっかりなさってますね。
いけませんね~。


福太郎さん
>彼らの考えは異常ですね。

少なくとも健康な心をおもちとは思えませんね。


boomboomさん
>「その子達が,将来,癌や白血病にならないことをお祈りします。」

そういうくだらない呪いの言葉を吐く人の
顔が見てみたいですね。
面と向かって言えるんでしょうか。


今年の夏は
栃木・茨城に遊びに行く計画を立てています。
あとは福島の海側。

いつも通過するばっかりできちんと観光したことがないのです。
さっきガイドブック買ってきました。

けっこう見所ありますね~♪
楽しみです。

なおみさん

   栃木も茨城も結構見所ありますよ。浜通りは言うまでもなく。

   教え子や同僚の出産を喜ぶつぶやきに,呪い(自分の願い通りにならないから)をかけてくれた人は,それに対して,「いやあ,おかげさまで元気にしています。」と返信したからなのか,私の意見を変えることが無理だと思ったのか,その後コメントを削除したようです。たった今,気づきました。
   
   また,震災以前にずいぶんお世話になった方,とても頑張り屋の普通の子煩悩なお母さん,先日の国連報告を私がつぶやいてから,私を「マイミク」というものから削除していました。これも,たった今気づきました。

   まあ,別に構わないのですが。

   自分としては,どんな意見の人であっても,自分から情報も意見も出します。それで反論されたり罵られたりしたら,あまりムキになって説得しようとは思いません。彼らを変えるのは無理だから。

   でも,情報や意見を出したら,責任があるから,自分からは,相手を排除するようなことはしたくないのです。

   あちらが離れるのは,しかたがないです。

   こちらのブログで,よくコメントされることですが,どうして,情報を交換しようとせず,一方的にまくしたてて,怒って,削除やブロックをするのか,それは,きっと,自分を守るため,自分のことがいっぱいいっぱいだからではないだろうか,と思います。

   捨て台詞は,「ネトウヨ」ですが。

boomboomさん

>「いやあ,おかげさまで元気にしています。」
>その後コメントを削除したようです。

グッジョブ♪

>先日の国連報告を私がつぶやいてから,私を「マイミク」というものから削除していました。

私はこういったツールやシステムに疎くって・・・
典型的な「情弱」(この言葉嫌いなんですけど)というものなのでしょうが

人との関係を簡単に「削除」したり
お話を受け付けないようにしたり
そういったことを簡単にできてしまう感覚が
とてもいやです。

慣れてしまうんでしょうね。

>自分としては

ここから先のboomboomさんのお考えに
私も賛成です。

私も「ネトウヨ」って言われた(らしい)ことがあって
私はそれがなんだかわからなくって
差別とか排除とかそういったことが
とても嫌いな平和主義者なんですが(自分ではそう思ってる)。

いきなり私のことを何も知らない人から
「オマエはカピバラだな!」と決め付けられたような
不思議な気持ちがしました(私は人間ですから)。


いやあ・・・こちらでたびたび出る北関東のこと

私は何も知らないから知りたいなってのと
つくばの宇宙センターに行きたいのと
宇都宮の餃子ってどんなのと

でもガイドブック見たらそれだけじゃないですね。
とっても楽しそう。

水族館も多いですね。
美味しそうな食べ物もたくさんあって・・・
一日3食じゃ足りないね!

キビタンのようにまるまるになって
福島に戻って来たいと思います。

きっと・・・栃木・茨城のことも愛しちゃうわ。
住みたくなったらどうしよう!

まぜて~

茨城へは6号線を南下してかみね公園、ひたち海浜公園、大洗水族館(今、大洗は旬だよ~戦車部)、子ども達を連れて行きました。
宇都宮はこども科学館に行ったことがありますが(あ、真岡鉄道にも行った)白河周辺以外の栃木はよく知らないかも・・・。裏道ばかり歩いているような気がします。
なおみさん、つくばの宇宙センターには私も行ってみたいな~。ジョイ本にも行ってみたい・・・。

boomboomさん、お菓子屋さんなどで売られていた「きんつば」(回転焼き)が、スーパーや余所から出店してきた時に「今川焼」やら「大判焼」と全国共通の名前(?)になってきたんじゃないのかなぁ、と思いますけど・・・。
子供心に幟をみて回転焼=今川焼と思った覚えがあります。

無駄話、ごめんください。

No title

>従軍慰安婦を外交問題にしているのは挺隊協という団体で、日本軍は20万人を拉致したというプロパガンダや海外でロビー活動をしています。日本で裁判を起こして賠償を求めたわけですからお金を要求しました

 お金が目的だったらアジア女性基金から貰えば済んだ話です。既に基金は活動をやめて、一定の目的は果たしたと言う事です。お金とともに心から謝罪いたします、という首相の手紙も渡しています。

 それだけでは駄目だと言う女性が何回も裁判を起こしていますが、全て敗訴に終わっていますが、最高裁では日本政府の対応について言及しています。

 池田信夫はこの問題を国対国の問題としかとらえていないところにこの問題に関する無知があるのです。今また橋下大阪市長が、あれは必要なものだったなどと言って蒸し返しましたが、どうしてそのような侮蔑に満ちた言葉が出てくるのかと、世界のみならず日本国内でさえ呆れられています。

 その橋下氏を擁護するために慰安婦イコール詐欺師などと言うのですから僕は慰安婦の方たちはお金を求めているのではないと言っているのです。これは世界の常識です。ひっくり返したかったら証拠に基づいて「従軍慰安婦制度」の正当性を述べたら良い。

 僕は朝鮮半島出身の慰安婦に対する酷い侮蔑の言葉を子供の頃から知っています。松本清張の短編にも出てきます。それが慰安婦の事だとは小説を見るまでに知っていました。しかし慰安婦は半島出身者より前線での現地調達された人の数の方が多いのではと言われていますが殆どの人は今は死んでいるでしょう。

 欧米では慰安婦の方たちがそれなりの報酬を得て、自ら望んで契約をしたなどと言う言い分は通りません。強制連行=従軍慰安婦なのです。
 奴隷になると言う契約は奴隷となる側がいくら望んでも出来ない上に罰せられるべきは奴隷とする側の方である。と言う事です。

 朝日新聞のキャンペーンについては僕が覚えている限り今日の慰安婦問題について述べたものとは言えないと思っています。それより20年前に千田夏光のノンフィクションが出版されていてすぐに映画にもなっています。それでも戦後30年近くですが、見てはいません。

 とにかく女性を侮蔑する事はやめるべきです。従って割礼も纏足も許される事ではないのです。
 ここでのテーマとするのにふさわしくないと思いますが、しかし、奇妙な共通点がありますね。

 放射能に対して異常に恐れるあまり、被ばくした人を差別する心です。醜い物、汚い物を忌避すると言う事です。それを克服するためには正確な知識を出来るだけ多く集めたうえで考えるべきなんでしょうね。
 この問題についてはこれで終わりにします。

No title

福島県の隣在住さん

  のコメントに反応してしまいました。

  女子割礼,というのは,全く宗教とは関係ない,土着の習慣です。でも,日本では宗教と関連する言葉と一緒くたにされてしまって,いつのまにか「野蛮な宗教」という偏見を植え付ける原因にもなりました。

  宗教だと日本人が思っていることの,かなりの部分が宗教ではなくて,宗教ではないつもりでいるものが,セクトだったりします。

  それを,誘導するものがあるのです。  

  朝日新聞の,「既に決まったゴールに向かって誘導する記事の書き方」というのが,なんともかんにさわるので,書いています。

  放射線について,大岩ゆりさんは,相変わらずです。なんか,おまけのような別の記者の名前もありましたが。

  とにかく,福島の放射線量は健康被害につながらない,という調査結果がなんとしても受け入れられないから,なんだかんだと,余計な文をつけて,「なんとなく,やっぱり,放射線はすべて危険,どんなに低い線量でも危険。だから避難。」に持って行こうとしているようです。

  それと同じような「誘導型」記事が,てんこ盛りですが(毎週,高橋源一郎につまらないことを書かせるのも),現在のトルコ(Manachan@柏さん,どうしてますか)でのデモも,やはり,「記者の偏見なのか社の方針なのかわからないが,とにかく,結論が先にあってそちらに誘導する」ものです。

  村山祐介という朝日の記者は,「イスラム教徒は野蛮人」という偏見のかたまりなので,現在トルコで起こっているデモについても,「首相がイスラムに偏っていることに対して国民が反対」という方向に持って行こうとしています。

  よく事実部分だけ抜き出して読むと,
  「首相,というか,イスタンブール市当局が,市民の憩いの場所だった公園をつぶして都市開発(オリンピック誘致狙い,EUのご機嫌伺い)をすることや,これまでのEUべったり(EUに加入するために,かなり自国の文化や国民感情を無視)であった態度,富裕層への優遇とか,そういうものへの反発だということがわかります。
  
   事実だけ抜き出さないで,だらだらと村山記者の書いたことを読むと,「イスラムって野蛮」になります。

  これは,彼が今まで書いてきた中東関連の記事全てに共通する姿勢です。

  他にも中東専門の記者がいて,今では朝日の幹部になってしまった川上泰徳は,今は幹部なのでなんだかさっぱりわからない中道路線になりましたが,昔の普通の記者だった頃は,危険な紛争地帯にもまめに足を運ぶ人でした(今は下っ端が行きます)。
 
  石合力という人も,昔はかなり厳しく事実を伝えていましたが,最近はベテランになってしまったので,やっぱり「中庸」。さっぱりわからない。

  村山祐介は,完全に中東もイスラムも嫌い(で,どうしてこの仕事やってるの?)

  山尾有紀恵という人は,感情論が先に立ってしまう人。

  以上を考えると,なんとも,不安定な陣ぞろえです。

  
  これと同じようなことが,他の部署でもあるのだろうなあ,と,思いつつ読んでいます。

  購読するのやめちゃえばいいのに,とも思いますが,記事と記事の行間を読む,後で繰り返し読んでも,削除とか書き換えがなされていない,最後には犬やネコのケージに敷ける,ということから,やっぱり新聞をとっています。

  


安積の白猫さん,なおみさん

  大洗は,アニメ「パンツァー・アンド・ガールズ」ですね。うちの夫は,大洗のアクアワールドが大好きで,入り口にあるイルカの銅像(イルカとイルカの間に鐘がある)の前で写真を撮りたいばかりに,たくさんいた子供がどくのを待っていたことがあります。
  外国人なので,はずかしいけど見逃してもらいました。

  彼のおすすめは,イワシの回遊とウミガメが見られる大水槽です。

  そして,水族館なのに,何故かカピバラがいます。

  日立市のかみね公園にも,カピバラがいるのですが,最近どちらかのカピバラの赤ちゃんが生まれたはずです。

  うちの夫は,かみね動物園も好きです。
  レバノンでは動物園や水族館どころか,遊園地もないので。(遊園地みたいなものはありますが,すごく小さいです) 人間も生きるのがやっとみたいな時がありますから。でも,大丈夫な時は大丈夫だし,戦争がない時は,日本よりよほど治安がいいです。

  パレスチナ難民だって,「いつも気の毒でけなげな避難民で,支援を必要としている,だから助けてあげなくちゃ」と,上から目線で見ると,足をすくわれます。

  アホで,子供っぽい。

  アホでもいいじゃないか,と。

  つくばの宇宙センター,いとこの子供達は好きですね。残念ながら,私は1度しか行ったことがないのです。

  

はじめまして!検討会を傍聴していました。

信夫山ネコさん、はじめまして。

検討会を傍聴していたkannaです。
傍聴は今回で2回目でした。
その傍聴席の雰囲気は異様でした。多分、ほとんどそっち系の方で、県民より東京などから来た方が多かったように思います。
記者会見の中継が終わったあとも、記者や一部の傍聴人が佐々さんを取り囲み詰め寄っていました。
そして、ヒゲの記者さんと仲良く会場から出ていきました。

検討会開始前、アワプラの白石さんに前日報じた「福島医大が巨額の保険に入った」について尋ねました。
私からすれば保険に加入するなど当然のことで批判することでもないと思っていたからです。
「いや、ですから、福島医大はセカンド・オピニオンも禁止したし、、」
と訳の分からない答えが返ってきました。
そういう悪意のある報道で福島医大への不信を煽れば、最終的に私たち県民に不利益になる気がするのです。
最後に
「私のような無所属の県民が大多数なので、一部の偏った人の話ばかり聞いて報道しないで欲しい」
と言いました。

検討会も説明会も、団体系の県外の人はご遠慮いただくことはできないものかと思いました。

反原発の人たちは甲状腺がんしか関心がないようです。
子ども達の健康被害を証拠にして、脱原発を求めるつもりなのでしょう。
だから、健康被害が出てもらわないと困るのでしょうけど、、、

とにかく、嫌な雰囲気です。

最初は山下先生を受け入れることが出来ませんでした。
でも、落ち着いてきて冷静に考えられるようになってからは、少しずつ変わっていったような気がします。
本当はこれからが山下先生を必要とするときだったのかな、と思うこともありますし、また、山下先生にもっと県民に語って欲しかったな、と思うこともあります。
もう今となっては遅いのですが、、

また、8月の検討会は傍聴に行きたいと思います。

まとまりのない文章で失礼致しました。

専門家が沈黙した理由

>原発事故当初は多くの専門家が「チェルノブイリ事故とはそもそも性質が違う事故」「健康被害が出るのは100m㏜以上であり、今回の事故では大丈夫」とか言っていたのが、いつの間にかそういった声は陰に追いやられてしまったというか、自ら声を潜めてしまったというか、事故後数か月後にはほとんどマスコミには出なくなってしまった事だ。

この原因は
(1)ネットによるバッシング
(2)職場への嫌がらせ
(3)職場からマスコミ露出を止めて欲しいという要請
(4)歪んだ正義感に冒されたリアル知人からの罵詈雑言
(5)研究業界のリアル知人との人間関係
(6)「危険」と言う方が思い遣りのある人と取られやすい雰囲気
・・が理由です。

(1)実名で twitter やブログで発言していた同業者が個人攻撃により鬱になりネット落ちし、休職した
(2)実名で twitter やブログで発言していた同業者が個人攻撃に耐えたものの職場に苦情の電話が来たり、研究室に嫌がらせ電話や嫌がらせメールが来て発言を控えた
(3)苦情電話に辟易とした職場やその上部組織からマスコミ露出を止めるように命令された
(4)家族や友人、高校や大学の同窓生から「御用学者」と罵られた
(5)放射線生物学に無知な割に変な正義感のある研究業界の大御所に「オマエのような者の顔も見たくない」と言われた
(6)放射線対策に関わっている同業者が「微量の放射性物質では何も起きないので、ある線量以下は対策が不要ではないか」と意見をして「国民の不安に寄り添っていない」と注意を受けた
・・という例を私は知っています。

私は当初は匿名ブログでしか発言していないのですが、原発事故から1年くらいは「人殺し」「オマエの素性を暴いてやる」といった内緒コメントや匿名メールがあって、実際に「放射脳の○○が bloom さんを狙っている」という忠告もあって、家族の身辺にも注意していたし、私自身も警備の手薄になる時間帯やキャンパスに人が少なくなる夏休みはなるべく大学にいないようにしていました。

さらにブログ記事に書いたように父や叔父(物理学者)に罵られ、長年お付き合いのあった知人からも「科学者としての適性に問題がある」といったしつこいコメントを入れられ(その後、シレっと「安全という判断が出た」と書き込まれた)、そちらの方が結構堪えました。

学会で学生時代からお世話になっていた女性教授から「健康被害が起きない訳ないじゃない」と言われ、ひるまず議論をして相手もやや納得しました。
でも業界全体にかなりの影響力の柳田先生が「微量の放射能放射能弱者がいたらどうするんだ!」という記事を書いていた時は本人に直接言わずに(直接メールをやりとりするほど親しくないし)、匿名ブログで「あり得ないよ」という記事を書いただけです。彼の性格から推定するに、面と向かって意見をしたら、仕事上、かなり不利になると思われます。

私が実名で放射能による被害は小さいと発言したのは2011年10月の授業から、学会や講演など公の集まりだと2012年5月からですが、それより前に実名で出る覚悟はありませんでした。
そもそも、私は放射線生物学は専門ではないし、私が専門家だとしても一般人への解説をしたところで国の依頼を受けていない限りは何の業績にもなりません(授業で扱うことも特に要請された訳ではないです)。
その割にかなりの時間と精神を消耗するので、多くの専門家にとっては放射能問題に関わるのはデメリットの方が大きいのです。

ですから山下先生や中川先生はかなりの攻撃に耐えてきたことが想像出来ますし、実際、小出尊師と対決をした小林先生はかなり精神的にタフな方です。
ただ、あの先生方の場合は国から放射線アドバイザーの依頼を受けていたり、放射線医学の専門家として発言することや、一般人に放射線について説明することが仕事として認められているので頑張れるという面はあると思います。

2年以上経った今は「最初から安全と言ってくれれば良いのに」という話は出ますが、最初の1年の異常な雰囲気を思い出すと、次に似たような問題が起きてもまた沈黙する専門家は多くなると思います。
特に小さい子供のいる人は家族への攻撃を考えると、かなり慎重になります(上記3名の先生は年齢的に子供は高校生以上と思われる)。
この問題に関しては何らかの対策が必要と思われますが、有効な対策は現時点では思いつきません。

No title

(重要追記)をさらに極端な例に変えてみました~、「ゆりっぺ式」に。

>うるしねまきさん

>まだ本田記者がマシに見えたくらいです。
このフリーのニシタカなる人物はどんな人間なんでしょうか。

何者でしょうか。酷いもんですね~。これが「奴ら」の実態ですよ。福島県民、日本国民に見てほしい。

>kannaさん
よろしくで~す。ツイート見てました。これもまたしばらくして、「嚢胞 結節」と同じ道をたどるような気がします。

新委員会は広範な人々から成るので、○カ・○○ガイ記者・「市民~」なんかの酷い実態があちこちにドンドン伝わっていくといいな~、なんて思ってます。

やぁどさんが「会見」に行ってくれるといいですよね~。

イスタンブールと風評被害

Boomboomさん

>現在のトルコでのデモも,やはり,「記者の偏見なのか社の方針なのかわからないが,とにかく,結論が先にあってそちらに誘導する」ものです。

>村山祐介という朝日の記者は,「イスラム教徒は野蛮人」という偏見のかたまりなので,デモについても,「首相がイスラムに偏っていることに対して国民が反対」という方向に持って行こうとしています。


ども。イスタンブール滞在、4日目の朝を迎えています。

すごくいい所です。海あり山あり森あり、日本と同じように四季がある。街並みは美しいし、ご飯は美味しくて安いし、人は親切で治安も悪くない。

特に肉は信じがたいほど美味(トルコの肉食べたら、ほかの肉食べられなくなるかも・・・)、野菜は不格好でも味がしっかりしており、魚もいろいろあって、白身魚を塩焼きにして普通に旨い。エビのガーリック煮みたいなやつも豊富。

イスラム圏の一般的なイメージに反し、ここはビールもワインも普通に飲めます。トルコの地ワインが安くて美味しい。

正直、イスタンブールに移住したくなる・・・


デモ・・・といったって、市内の圧倒的大部分は何ともないですよ。私がいるところは、夜12時過ぎまで、大勢の人々が飲み歩いてます。

とはいえ、洋の東西を問わず、マスコミの性質として、「何ともない、普通」はニュースにならず、「大騒ぎしている部分」だけを、大々的にとりあげる。

私は、投資家の立場なのでいいけど、イスタンブールで観光業に携わる友人は、「ここまで、むちゃくちゃに報道されてしまうと、だれも来てくれなくなるのではないか?」と、危惧していました。


マスコミが、「異常な事象」を採りあげるのは仕方ないとしても、その対象となる地域の人々や産業に、敬意を持って報道すべきだと思う。

ましてや、例の朝日の記者みたいなのは、論外ですね。

No title

ええと、以前にどなたかがリンクしていたような気もしますが、気になったので。

今「原子力」を考える:新聞労連・新研集会 なぜ「脱原発」敗れ 去った 排除の論理を疑問視 /福井
http://mainichi.jp/area/fukui/news/20130605ddlk18040624000c.html

毎日新聞福井県地方版の記事みたいですが、リードで「脱原発運動が敗れ去った」っていうのはちょっとインパクトありますね。
まあ全体的には「なーにを今更」ってことだったりするんですが。

記事のなかで「福島にス ティグマ(負の烙印(らくいん))を与えて問題を大きく見せ、自らの活動を維持しよ うとするその手法」って言ってますけど、同じようなことは私も清水先生も言ってましたし(←ちょと自慢。でもどこで言ったかはもう探せない)。
ついでに言うと、この「スティグマ」は単なる「緋文字」ではなく、もっと宗教性…カルトとしての反原発運動を考えるとストンとくるんですが。
「原発事故→被曝」は謂わば「反原発運動の教義に謳われた預言」であって、それが図らずも成就しちゃった訳ですし、なんと言うか一種の「宗教的奇跡」にも似ているかな、って思います。
だから、「被曝した」がスティグマたりえるんじゃないかな、と。
ついでに言えば、マリリンなんかが「私も被曝してます。ゲホゲホ」なんてやるのは「自分も宗教的奇跡を体験してます。聖痕もってまっせ」以外のなにものでもないように思います。
(宗教学の島薗氏が夢中になるのも、その辺が理由かも)

まあ、新聞記事にそこまでの「深読み」なんて期待してないですし。ってか、私の「深読み」が正しいとも限んないか。



しかし、一部女子クラスタで順調に「今川焼ネタ」が成長しているようで(笑)。
そう言えば時々お祭りの屋台で「きんつば」ってのがありますた。
結構広い範囲で言われているかも、です。

>なおみさん
>IKAさんの「酔っ払い介抱理論」ですね(違うか?)。

う~ん、ちょと違うかな。それはどちらかと言うと「合コンでは自分よりイケてないやつの隣に座ってしまう」効果かと思います。(理由は…わかりますよね)

>boomboomさん
>捨て台詞は,「ネトウヨ」ですが。

私はそういった思想上の分類(立ち位置?)って得意じゃないんですけど(テキトーな人間なんで)、そういった思考(相手を「○○」ってレッテル貼りするようなこと)はかなり2元論的で、相対的に「自分は××」って立ち位置作っているような気がしますね。
別に思想的じゃなくても「正義」なんてのが分かりやすいかな、ってちょっと思いました。

私はJAXA一回だけ行ったことあります。あそこは男の子の夢のエッセンスですよん。茨城って科学館、博物館がものすごく充実していますし、個人的にはおすすめしたいな。

宇都宮は…宇都宮動物園かな(笑…かなりマニア向けです)。
日立の動物園(かみね)にも行きたい。今度いきます。

あ、ガルパンは話題になったのは知っていたけど、見てない。つーか、皆さん好きですな~(こりゃ確かに年齢が読みにくい…笑)。

>kanna07409さん
はじめまして。
現場の雰囲気、察しがつきます。
あんな事、福島…現地の人の目の前でよく言えるもんだと思います。ってか、「反原発運動の敗北」はまさにあの記者会見に反映されているんでしょうね。

私も次回見に行こうかな(怖いもの見たさ、ってやつで)。

>bloomさん
結局、「ニセ科学」問題や「カルト」問題も絡めて息長く対策を続けるしかないんだと思います。
そのついでに「科学知識と科学的思考」の啓蒙やって、「子どもの理科離れ」なんか過去の事にしちゃえばいいかもしれませんね。

No title

>IKAさん

>ついでに言うと、この「スティグマ」は単なる「緋文字」ではなく、もっと宗教性…カルトとしての反原発運動を考えるとストンとくるんですが。

少し方向は違いますが、広島、長崎への差別も宗教を通して語られてきたと思います。
原始宗教の「ケガレ」の思想というやつで、ケガレたものは村八分という共同体ルールや、子供の遊びのエンガチョになどに表れるものです。

カタカナ表記のヒロシマ、ナガサキというのはスティグマのシンボルになったわけで、確かに反核運動に説得力をもたせたのですが、広島、長崎県民は差別に苦しむことになりました。

反原発運動をするなら、原発事故の後処理には廃炉など多大なる問題を抱えているわけですから、それらを問題化すればよいわけです。
国連、WHO(多少は問題あっても)から低線量の健康被害に対する調査結果が出ているにも関らず、この問題に反原発派が固執するのはヒロシマ、ナガサキの反核運動の成功体験に基づくものなのだろうと推測します。

反原発派には広島、長崎はもとより、公害発生地域などへの差別、風評被害など多くの問題を引き起こされてきたことを想いおこしてほしいです。ましてや、大手メディアには大きな責任があります。

甲状腺癌について学習が必要!

成人の甲状腺癌については色々な資料があります。
甲状腺癌は今回問題になっているような大きさのものを含めると、驚くほど頻度の高い癌です。
予後やQOLを考えると手術不要が大半のようですね。
http://www.epu.ac.jp/uploaded/attachment/1014.pdf
http://www.gsic.jp/cancer/cc_04/ysc01/

子供の福島の甲状腺癌は1次検査のB/C判定の中から2次検査により確定診断がついたものでしょう。
3月に発表された長崎、山梨、青森のB/C判定の頻度はどうだったか?
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=16520
福島と変わらない、あるいはそれ以上に高いではありませんか。
他県も2次検査をされているのであれば、結果はどうなっているのか。

高精度のスクリーニング検査を行ったせいで、本来なら見つかるはずのない、放射線誘発ではない自然発生の微小癌を見つけてしまっているのではないのか?
一生大きくならない微小癌を無理やり治療しているのではないか?

科学リテラシーの欠如した大新聞の記者の皆さん、正常な理解力があってこの欄を読んでいるのなら、一番の被害者である子供の立場になって記事を書けよ、と言いたい。
「福島で子供の甲状腺癌が増えた」んじゃなくて、「治療不要な自然発生の微小癌を見つけ過剰医療を行っている」可能性を指摘・批判するべきでしょう。

ただしチェルノブイリのケースは明らかに通常の乳頭癌と異なる病型と言われています。
この方の記事が大変わかりやすいです。
http://rokushin.blog.so-net.ne.jp/2011-06-15
この様な癌が増えてくるかどうか。
日本ではヨウ素過剰が以前から指摘されていましたね。
放射性ヨウ素の取り込みは少なかったかもしれませんが、ヨウ素過剰の影響との相乗効果がないのか等々、結論が出るまで今後もスクリーニング検査は続けねばなりません。

可能性は低いけれども、放射線誘発癌がでないことを祈っております。

NO NUKES TWINS

記者会見の朝日新聞本田記者を見て誰かに似ているなと思ったら、木下慶太でした。福島どころか関東からの「自主避難」を煽る過激な反原発活動家です。
輪郭といい、髭のはやし方といい、眼鏡といい、瓜二つ。共に、目がギラギラして、性格的にも粘着質で執念深い肉食系のように見えます。
本田記者は住む場所を間違えたのでないか。彼の居場所は官邸前デモの演説台か、西日本に避難した母子が集まる集会の演壇が似合いそうだ。
いっそのこと、坂本龍一プロデュースで二人を「NO NUKES TWINS(反原発双子)」として歌手デビューさせた方がいい?失礼しました。
本田記者画像
http://pds.exblog.jp/pds/1/201012/18/21/d0007721_024912.jpg
木下黄太画像
http://blog-imgs-15.fc2.com/t/o/r/toriton/a4fec0d9.jpg

No title

>ネコさま
フリーのニシカタとはこやつのことでは?
https://twitter.com/nyanyako0975

>なおみさま
いつもありがとうございます。考えてみたら、私も埼玉には住んでたことあるし、茨城も行ったことあるけど、栃木はいつも通過するだけです、今度は途中下車してみようかな。

>IKAさま
それを貼ったのはたぶん、私です。
http://togetter.com/li/514907
地方版とはいえ、一般紙にこのような記事が掲載されるのはいい傾向だと思います。



No title

 現在2才未満の原発事故発生直後に生まれた乳幼児たちは、3年もしたら5歳ですけど

 バッタリと甲状腺がん発症がなくなるはずですが。8歳以下では今でも発生数がゼロなんだから、被ばく5年後の結果が13歳以下で目に見えて増えると被ばくの影響があったのではと言える。特に5歳児で顕著、4歳児ではゼロでないと困る事になる…のかな。

 こんな事、起きる気がしませんけどね。

 甲状腺がんはそれほど珍しい病気じゃないみたいです。同窓生で1人いましたが、抗がん剤も飲んで副作用もあったでしょうけど、まだ元気ですよ。

 この調査は被ばくとの関連なんかより、甲状腺がんとはどういうものかが明らかになるのが成果になるとは言えるかもしれない
 がんを少なくしたかったら全県あげての禁煙運動を進めた方が良い。酒とタバコをやりながら被ばくの影響によるがんの心配をするのはおかしい。と思うんだけどな。

 除染が終わって、やっと葉タバコの生産が出来て将来は明るくなった。

 と言うのは喜ぶべきニュースなんでしょうかね。かなり複雑ではないでしょうか?

No title

>フリーのニシタカ

一時間46分あたりから始まる、何か脂ギッシュなオヤヂですな~、右端にいる白ワイシャツのヤツ。千貫森の宇宙人さんご指摘の者とは違います。何つーか、うるしねまきさんご指摘の「ホンダ・イエロー人種」みたいです。

ちなみにその前に、意味無し質問をクドクドやって軽くあしらわれる窓際のオバハンは「市民放射能測定所理事長」の「丸森あや」。41分55秒あたりで「IWJの丸森です」ってホザイてますが、インチキだよな~。「丸森」が福島県だったと思ってたヤツなんぞに、福島のこと語られたくないね。

>bloomさん
ホント、大変でした。ありがとうございます。この酷い状況は、記録して後世に伝えるしかない、なんて思います。もっと形勢がはっきりしてくると、コソコソ消えようとしたり、忘れたフリするでしょうから。

暑い・・・

安積の白猫さん

>まぜて~

いいよ~♪

>ジョイ本

ってどこ?何?

昨日ガイドブックざっと目を通しましたが
あちこち行ってみたくて絞りきれません。


boomboomさん
>おまけのような別の記者の名前もありましたが

「みつばちの目」にもお出ましですね。
どんなお考えの方なのか・・・しばらく拝見。

>たくさんいた子供がどくのを待っていたことがあります。

いいじゃないですか(笑)。私もそういうタイプです。

水族館が大好きなので・・・
ここに寄るかいわきにのぼって行くかすっごく迷ってます。

もしも水族館に行ったら同じ場所で写真とってきますね。
そしてカピバラは伊豆で出会ってから大好きです。


kanna07409さん
>「私のような無所属の県民が大多数なので、一部の偏った人の話ばかり聞いて報道しないで欲しい」

ありがとうございます。

kanna07409さんのような発言が
「普通の県民代表」を名乗ってくださったら
どんなにありがたいか。


bloomさん
>面と向かって意見をしたら、仕事上、かなり不利になると思われます。

そういった不利益を避けるためにやりあわないということ
ご自分を守る為にはそれで良かったのだと思います。

闘うにしても時期があるし・やり方もあるし
風向きを読むことは卑怯でもなんでもないと思います。


Manachan@イスタンブールさん
>イスタンブールで観光業に携わる友人は、「ここまで、むちゃくちゃに報道されてしまうと、だれも来てくれなくなるのではないか?」と、危惧していました。

このことはチラッとニュースにされていました。

昔・書道の授業で留学生のイケメンと一緒になり
「僕の国をあててごらん?」とヒントを出されたんですが
最後までわからなくて・・・しょんぼりさせちゃったことがありました。

ごはんがおいしそうですね(ごくり)・・・。


IKAさん
>「合コンでは自分よりイケてないやつの隣に座ってしまう」

大人はずるいや!


oval さん
>反核運動の成功体験に基づくものなのだろうと推測します。

JAXAの話題も出てきたので無理矢理・・・。

読売で「時代の証言者」という連載があります。
今は「日の丸ロケット」なんですが。

朝日が批判報道・キャンペーンのようなものを始めて
糸川先生を辞職に追い込んだと。
他の新聞は同調しなかったということなんですが。

私は朝日新聞に・また記者会見の様子に
暴力的なものを感じてとても恐ろしく思っています。

過去の「成功体験」が正しいものであったのかどうか
その部分の振り返りなどなく
自分達の思い通りに動かしてやった・勝てば官軍・自分が正義
その思いあがりというか・・・傲慢さがいやです。


NNNさん
>高精度のスクリーニング検査を行ったせいで

私も同感です。
海外のこと(韓国のこと)など私のような
素人でも情報が得られるのに

都合の悪いことは
知らないフリをしているのでしょうかね。


うるしねまきさん
>坂本龍一プロデュースで二人を「NO NUKES TWINS(反原発双子)」として歌手デビューさせた方がいい?

うふふふふ。
「たかが電気のメモリー」でも歌って振り付けも可愛らしくするといい。
応援して・・・やんない。


千貫森の宇宙人さん
>フリーのニシカタとはこやつのことでは?

へえ。なんでこんな人がキーキー騒いでるの・・・?

>今度は途中下車してみようかな。

私なんか目的地にしちゃいました(桃鉄みたい・・・)。


あ。ままカフェとやらが動き出すらしいです。
自主避難からの帰還者向け事業。

ううううん。もともと地元に残ってる人たちも
自由に出入りできるのかな?
それとも無菌室みたいなカフェなのかな。

そこで職員さん(?)や善意あふれる人に励まされて
でも普通の生活に戻ったときに「何か」あったとして
そこでくじけちゃったら・・・。

やっぱり自分達はいじめられてるとか憎まれてるとか
思わないようにするには

自分「も」間違ってなかったと気持ちを強くして
帰ってきてね。


個人的な思いなんだけど・・・
どんなに励ましてあげてもいつまでも
「だって・でも・どうせ」って言われちゃうと
めんどくさくなっちゃうの。

特別なことじゃなくて・・・
人付き合いの普通の感覚じゃないかな。

だからシレッと戻っておいで。言い訳なんか必要ないから。
それでいいと思う。

No title

>manachan@イスタンブールさん
あのニュース、最初からヤケに「東京オリンピック」とのコジツケで伝えられているような気がしました。

>NNNさん
おっしゃる通りだと思います。貴重な情報ありがとうございます。熟読しました。今後はこういう解説が福島に必要だと思います。

>福島の隣の県在住さん
「この調査は被ばくとの関連なんかより、甲状腺がんとはどういうものかが明らかになるのが成果になるとは言えるかもしれない 」同感です。

ネコさん

>最初からヤケに「東京オリンピック」とのコジツケで伝えられているような気がしました。

そういう大人の事情が・・・。

>フリーのニシカタ

おじさんだったのですね。

>甲状腺がんとはどういうものか

ネットで甲状腺がんについて
通常の治療に加えて免疫療法ができますとか
そんなクリニックの広告を最近みました。

それがいかがわしいものでないのかどうか
私には判断できないのですが
なにか医学的なきちんとした「成果」が得られたらいいですね。

No title

bloomさん

  賢明なご判断だったと思います。それに,今はばんばん発信していらっしゃる。

  文系教授やってる姉は,どこからどうやって調べたのか,全く出席せずテストも受けずレポートも提出しなかった学生が,「単位をよこせ」と,自宅まで押しかけて,時には研究室前で待ち伏せしていて,と,ストーカーのようだったので,一時期苦労しました。

  大学の教員が逆恨みされて被害にあう事件は,以外と多いですし。

  住所なんて,探せばどこかにあるし,研究室なんて,すぐわかるし,自分や家族を守ることを考えたら,(それも命をねらうやからが最近いくらでもいますから),しばらく目立たない,というのも必要な対処だと思います。

  ところで,昨年あたりまで放射線怖いという周囲の声に配慮して,家族にも意見を控えてきた知人がいるのですが,彼女にbloomさんのブログを教えてもいいですか。彼女は,最近,健康被害はないことを周囲の人にも,少しずつ伝えはじめました。

  あ,あとbloomさんのブログにあった,福祉関連のサイト,自分も参考にさせていただいています。ありがとうございます。



なおみさん

  大洗アクアワールドも頑張っていますが,アクアマリンも頑張っていますよね。

  私もカピバラはけっこう好きです。だんなも私も,何でも好きです。イスラム教徒の中には,宗教を拡大解釈して動物に近づかない変な人もいますが,彼は,そのへん良い意味で,とってもニュートラルです。
  
  ただ,グラサンひげ面のデカイおっさんが,カワイイ子供達の中で順番待ちをするというのが,それはまた別の意味で写真におさめたかった(でも,よそのお子さんを勝手に撮影するなんてとんでもないのでやめました)。

  私も,来年の桜の頃に,浜通りに行きたいです。
  あ,三春町も。



Manachan@イスタンブールさん

  でしょう? トルコのご飯,おいしいでしょう?
  若干の違いはありますが,基本的にダンナの生まれたレバノンと同じ中東料理なので,私も大好きです。

  以前,シリアに行った人が,同じ事を言いました。反政府がまるで正義で,政府が悪い,と欧米や日本で報道されるし,毎日毎日戦争しているような騒ぎなのに,実際に見てみると,みんな普通に生活しているし,騒ぎのねっこは別のところにあって,政府にもんくのある人にはあまり会わない,と。

  まあ,大変な中で生活するのになれてる人もいるんですが。うちの夫とか。
  先日用事があって電話した在レバノン日本大使館の日本人職員さんも,「ああ,そういえば,この数日はシリアから流れたきたグループのせいで銃撃戦が続いてますねえ。」(普通におだやかな声)でした。

  まるで,トルコにわざと悪いイメージを持たせるために流しているような情報です。

  それをやる記者は,中東担当者の中で一人なんですが。

  他のコーナーの担当者も,やっぱり,変な人と,真面目な人がいますね。




  
  ネット上では,新聞を読んでいる,というだけで,上から目線の小馬鹿にしたものいいをされますがが。
  あ,今日も,「カラ梅雨だ」とつぶやいただけで,「西は大雨が降っている。関東は原発を放置しているから,地球温暖化が進んで,異常気象が増えるだけで,いまはカラ梅雨ではなくて,異常気象だ,バカが原発を安全だとぬかすからだ。」と,かつて親しかった方(女性)に書かれました。

  バカ発見器,ってこれだなあ,と。  

  その方は,原発を廃止させるためなら,何を犠牲にしてもいい,という論調ですが,本当の問題は,原発ではないんです。他の問題をかかえていて,それをごまかすために何かターゲットを見つけてたたくのです。それを知っているので,あまりきつく反論はしません。気の毒な方だから。

  ネットの東京新聞や産経新聞の都合のいい所は拾っているようです。以前は毎日新聞を左といってバカにしていたのに,今ではそうでもないようです。

  私がたまたま「紙媒体は2紙しかとれない,お金がかかるから」と書いたところ,「たった2つしか読まないんですか。正直あきれました。もっと読んでいるのかと思いました。そんなに何も知らない人だったんですね。」と。

  紙は(犬ネコのケージに敷くから)2紙ですが,ネットは,一応,日本語や英語のものならあちこち,フランス,ドイツ,イタリア,アラビア,などに目を通して,それを比較対象検討します,と答えたら,その後は無視でした。

  反論は削除,ブロック,都合が悪いと無視,この人達の共通点でしょうか。
  
  この人は,突前変わってしまったんですよね。お子さんが有名私立に入学してから,急に学歴で人を判断するようになって。以前は普通だったのに。今はバリバリの小出信者で,小沢一郎信者(本人も認める民主党が政権に就くまで政治に興味が全くなかった人)です。

  小出さんが助教授ではなくて,助教(かつての助手)だと書いた時も,文句をいいたげでした。

  何か,解決できない問題を,すりかえているのでしょう。

  福島に入る記者もそうなのでしょうが,それでは困ります。 




kannna07409さん

  お疲れ様でした。
  本物の福島県の方が,kannnaさんのように発言していること,事実を正しく報道することをしてもらいたいですね。
  

  ネコさんも書いていらっしゃいますが,丸森あや,という変な人もいたのですね,一緒にいるだけで,血圧があがりそうな人達。

  丸森,なんで福島だと思ったんでしょうね? というか,その後も気づいていないのでしょうか。


 
IKAさん

   合コンで,いけてない人の隣に座るのは,常識らしいですね。
   ちなみに,初任校では最年少だった私は,その次の学校では,お局さま(年齢が)で,きっと,イケテナイ人だったのでしょうね。若い同僚が,隣に座って,かいがいしく男性にお酒ついだりお料理とったりしていたから。彼女は,結婚して退職したけど,私は,もう何十年もこの仕事をしている。うん,全然イケテナイ。

   あと,下戸で大食らいの自分は,のんべさんの隣に座ります。飲む人は食べないですから,おこぼれに預かれますよ。

  
   ああ,また,食べ物が目の前に・・・・・・


   きんつばもいいけど,

   トルコのドルマ(葡萄の葉っぱとか野菜にご飯をつめてスープで似たもの)とか,ケバブサンドイッチ,

   福島のラーメン(前のコメント書いていて思い出してしまい)。

   茨城だったら,なんだろう,スタミナラーメンかな(一部に熱狂的なファンがいて,一部に根強いアンチがいる)。

今日も彼らは「ベクレルフリー」

  SNSで,何年もかかわってきた方が,私を「工作員」と認定してくれて(遠回しに,ネトウヨのノータリン,原発推進主義者とも),彼女のリストから削除したことがわかったのは,昨日のこと。

  今日は,外国在住の知人(私は個人的に面識もあり,色々私生活でもかかわっている)が里帰りするというので,「西日本,台風ですってね,こっちはカラ梅雨ですよ」と書いたら,忘れていたけれど,私を「削除」した人も,私を通して彼女と(ネット上)知り合い,やりとりがあったので,私に対する悪口を,彼女の日記に書かれてしまいました。

  こういうのは,いささか非常識だと思うのですが,そういう非常識を,やってしまうのが,彼らが,今正常ではないということなんでしょうか。

  反論してもしかたないので,その人は無視して,友達に,「日本に着くときには,天気がいいといいですね」と書きました。

  その人は,福島県がルーツである知人に,「くれぐれも関東以北に行ってはいかないように,放射線で健康を損なうし,お子さんの命が危険です。」と,書いたこともあったので,どうにかしてほしい,と思うのですが,10倍ぐらいで跳ね返ってくるので,沈黙。
 
  その人をサポートするように,「将来,(私の教え子や同僚の子が)癌や白血病にならないようにお祈りします」と書いた人が,「今日はベクレルフリーのレストランにいきました。すべて有機栽培,放射線のない,おいしい食事。原発のあるあたりのものなんか食べるのは愚か者」とも書いてきたので,

  おもわず,「ゆとりが悪いのか? ゆとりのせいなのか?」 とつぶやきました。

  でも,いわゆる「ゆとり世代」だって,グラフの見方はできるもの。文句を言っている人は。私と同世代。
  
  ということは,「理科の勉強さぼってたんですか。あの頃放射線の勉強したでしょう。」

  人工放射線と自然放射線,人間だって出している放射線,何を考えてベクレルフリー? 不可能ではないですか。

  あなた,バナナは食べないんだね,と,突っ込んでも,どうせブロックされるので,やめました。
 
  一つ指摘すると,何倍にもなって,嫌がらせの言葉がとんでくる。

  それが恐ろしくて,ずっと黙っていて,最近,やっとさまざまな調査がでそろったから,口を開くようになりました。

  私も,勇気がなかったのです。虎の威をかるキツネ,なんでしょうか。


  前のコメントのおいしいものリストに,TUFに出ていた,「喜多方産コシヒカリの餃子」を加えたいです。

はい~

あの喜多方の「コメの餃子」はマジ美味いとS浦が言ってました>boomboomさん。

>NNNさん
エールを送ります。

bloom さん

私はここのブログに参加してまだ2~3か月なので、参加者の「プライベート」な部分が良くわかっておりません。

なので、原発事故以降、この間の流れの「疑問」「不満」を感じるままに書きました。

bloom さんはもしかして「専門家」なのでしょうか?
だとしたら、自分の立場をわきまえずに偉そうなことを書いたことをお許し下さい。

さて、「放射線は少しなら健康への影響なし」と言う専門家が、ある時点からマスコミ等に出なくなった原因を書いていただきましたが、それは痛いほどわかります。

私が掲示板で様々な罵詈雑言、恫喝にも「懲りずに」書き続けていたのは、「匿名」という事もあったのは確かですから。

しかし、それでも「不快感」を通り越し、「恐怖」さえも感じることがありました。

なぜなら、いくら「匿名」と言っても私が書いていることは相手の心に響く意味からすべて「事実」だったからであり、「福島在住」「実家が飯舘村」「避難している両親が高齢で時々帰宅している」など、調べれば私個人を特定されるかもしれない、と言う心配がなかったわけではないからです。

でも、事実は事実だし、私は純粋に「ふるさと」を守りたいだけだし、感情的に「放射線なんて気にするな、大丈夫」と言っているわけじゃないし、様々なデータや事実を基にして「問題にするような線量じゃない」と「確信」したからです。

にも拘らず、状況は好転どころかますます悪い方向(村が消滅の危機)に向かっているのが悔しくて仕方ない。

でも、悔やんだところで何も変わらないのも分かっているから、今から何をすべきなのかこそ重要なのだと思います。

それは、ようやく出てきた「福島原発事故による健康被害は考えられない」と言う国連などの報告書を、日常の中で話すことだと思っています。

いわば『草の根運動』とも言えるものです。

だから、専門家の皆さんもいろいろと大変でしょうけれど、「マスゴミ」と言われようとやはりその影響力は大きいのですから、そこへ出て欲しいと思っています。

できれば、同じような考えを持つ著名人たちと歩調を合わせ、共同記者会見なり、討論会なりやれればいいのかなと思っています。

1年前の世間の状況とは違うと思いますので・・・。

大洗のこと(戦車部)知りませんでした

boomboomさん
>グラサンひげ面のデカイおっさんが,カワイイ子供達の中で順番待ちをするというのが,それはまた別の意味で写真におさめたかった

大変ほほえましい(笑)。
幾度かエピソードを伺って
素敵な方なんだろうなと想像しています。

福島にもいらしてね。案内します。

>ネット上では,新聞を読んでいる,というだけで,上から目線の小馬鹿にしたものいいをされますがが。

そうなのか~・・・。

>そんなに何も知らない人だったんですね。

そんなこと言われたらへこむな~。

>突前変わってしまったんですよね

私はちょっとでも嫌なことがあるといらいらするし
八つ当たりします(自覚あり)。

だからまず
自分が機嫌よくいるためにどうしたらいいか?に
全力を尽くします。

>ケバブサンドイッチ

六魂祭ではなぜかそれと
トルコアイスが大ブレイクしてました。
おいしかったし、遊んでもらえるので(笑)。

> 原発のあるあたりのものなんか食べるのは愚か者

あ~・・・はいはい。愚か者でえす(苦笑)。
コメ餃子私も食べたいな~♪


福太郎さん
>『草の根運動』

bloomさんやbloomさんにつながる先生方は
ずっとできる限りのことをしてくださっています。
目立たないかもしれませんが
ご自身のお仕事を通して堅実に。範囲を広げすぎずに。

>専門家の皆さんもいろいろと大変でしょうけれど、「マスゴミ」と言われようとやはりその影響力は大きいのですから、そこへ出て欲しいと思っています。

私もずっと
なんで専門家が誰も何も言ってくれないの?と悔しく思っていましたが
ここに来てそれほどそのことを願わなくなりました。

何故なのか自分でもよくわからないのですが

「マスゴミ」をつかってやろうなどと考えると
かえって都合のいいように利用されたり
思いと違うように編集されたりするかも?という不信感・・・

ニュースにしてもテレビにしても
興味のない人たちには流されて消費されるだけで
あまり記憶に残らないのかなとか。

ボリュームゾーンに訴えるにはどんなやり方がいいのか。

私自身
普通の人・福島から離れた人からみたら
あっち側の正反対の似たような人に見えるだろうな
と自覚しているので。

今、代替案が浮かばなくて申し訳ないのですが
思ったことだけ書きました。

うまいもの大集合

なおみさん

  うちの夫,「気の毒なパレスチナ難民を助けたい善意の人」が見たら,「こんなのパレスチナ人じゃない」といいそうな人です。

  ぬけてるし,緊迫感ないし,ミーハーだし(はやりものに弱い)。

  でも,それが,普通の人間だと思うんですよ。

  六魂祭りはすごかったんですね。

  ケバブサンドイッチとトルコアイス,というのが,
 「行きたかった~,残念(でもネコが病気で点滴中だったので)」
  です。

  トルコアイスも,あのビヨ~ンと伸びるのがたまりません。シリアのダマスカスにも,トルコ風アイスの老舗があって(昔トルコに支配されていたので),夫と行った時,彼は山盛り食べてました。

  あ~,山盛りのアイスクリーム。

  つくば市でもケバブサンドイッチを売る所があるんです。厳密には,土浦市から車で売りに行くんですが。5月ぐらいに,よくつくば市の中心街で,世界うまいもの市場,みたいなお祭りをします。

  ロケット以外にも,良いところあります。

  いつか,すごくへこんだ時に,つくば市のことをケチョンケチョンに書いてしまって,すみません。

  良いところの方が,こんなにいっぱいなのに,一部の人の行動だけで断定してしまいました。
  
  (つくば市在住さん,その節は失礼しました)


  
  私の母はもう80歳を過ぎているのですが,ガンガン元気で,数年前は,突然思い立って,喜多方に出かけて(水郡線で北上し,電車バスを乗り継いで),ラーメンを食べて帰ってきました。(おみやげはラーメン)

  その喜多方で餃子。

  とてもおいしそうで,やぁどさん情報に感謝です。

  車で行こう。ときどき止まりながら。  

  今,ちょっと車が不調で,行きつけの修理屋さんに買い換えをすすめられているのですが,やっぱり 四駆がいいな,それもできたらマニュアル,と思ってさがしています。

  若い頃,知人に会うため,冬のさなかにスパイクタイヤだけで(チェーンは持っていましたが)会津に向かって,土手につっこんだことがあり,それで,今は四駆派です。土手につっこんでも,雪の山だったので,怪我もしなかったのですが。

  福島だけでなく,茨城県北部でも,四駆は重宝。
  県内で大雪が降ると,海沿いから山側に出勤する人は,一度福島県に行ってから,国道349号線とか,118号線をつかって,茨城県に戻ってきます。
  いつもつながっているところだから,福島は,大事なところなんです。

ケバブ

boomboomさん、誘われておいしい話に乗ります!

Aliさんの、ですよね?
つくば市が最近やっているマルシェで、土日ごとに駅周辺に屋台がでるのですが、ほぼ必ずセンター付近に来ています。よく食べます。
トルコアイスは大学祭の出店で食べましたが、売っている方があれこれと遊んでくれました。

もともとのお祭りの少ないところに町ができたので、「まつり」がよく借り物だと言われますが(ねぶたがでるとか、その前はよさこいソーランなどともかく同好の志が集まったような地元のグループの踊りとか)、市の中心でやるグループの集まりが出す屋台が国際色豊かで、留学生やらがこぞっていろんな料理を売ってます。1日食べ歩きだけで、世界一周した気分になります。お腹が満ちると、もう天国。

先日、福島に行ったとき、円盤餃子(ええと、テルサの近くのお店。店名は・・・ええと??)と場所は良くわからないんですが(車で連れていかれたので)「もちもちの木」のラーメンを頂きました。
とってもおいしかったです。

No title

どうも私の書き込みは堅苦しいと言うか、熱くなりすぎているというか、場を乱してしまっているようでダメですね。

明日、明後日と休みでしかも天気も良いようなので、ツーリングしてリフレッシュしてきます。

とりあえず明日の行先は矢祭・大子町方面かな。
R118、好きな道路ですから。

もっと好きなのがR289やR349と「広域農道」。

共通するのが「信号が少ない・交通量が少ない」「適度なコーナー(カーブ)がある」という事かな。

No title

あれ、違ってた。
フリーのニシカタをいろいろ調べたけど、出てこない。もしかするとフリーというのは、フリーターとか自由業とか意味なのかも。

>boomboomさま
ベクレルフリーのレストランに食材を卸しているのは、ヤマギシ会らしいです。
http://togetter.com/li/440156
彼女らが、カルトに嵌って周囲の人たちを不幸にしないように忠告してみては(もう手遅れかも)。

トルコの美味しいもの

boomboomさん
>ケバブサンドイッチとトルコアイス

どちらもとても美味しくて、2回も並んで食べました
(子どもの分を入れると3回)。

アイスを受け取ろうとすると
長い棒でひょいとかわされたりして・・・
気のいいトルコ人さんたちでした(そうなんですよね?)。

つくばは・・・うちの子どもにとっては憧れの街みたい。
今から行くのが楽しみです。


つくば市在住さん
>売っている方があれこれと遊んでくれました

ああ!やっぱりそうなんですね!標準装備(笑)。

>1日食べ歩きだけで、世界一周した気分になります

こういうのいいな~!福島もやらないかな~!
屋台が出ている間ずっと食べに行きますから・・・
だれか企画して!

もちもちの木と円盤餃子(満腹かなあ?)を召し上がったのなら
もう福島名誉市民に認定です。


福太郎さん
お気をつけてね。


千貫森の宇宙人さん
>ベクレルフリーのレストランに食材を卸しているのは

はあ・・・なんだかいろんなものがつながっていますね。

boomboomさんのお知り合いが
何を知って欲しくてそういうレストランで食事したことを
報告するのか?私には理解できません。

素敵な生活だな~うらやましいな~憧れちゃうな~

と思うより先に

この人・・・性格の悪い自慢屋(何が偉いのか理解できないけど)だな
あんまり近づきたくないな・・・と思われてしまって
知人みんなに自分の腹黒さを公開してるようなものですよね。

私なら自分のそういう邪悪な部分は
できるだけ隠す~(笑)。

そういう書き込みに
「だよね~!笑える~!」とか調子を合わせるような人たちは
今にごらんなさい

みっともない喧嘩始めますから。

No title

福太郎さん

  いえいえ,決して流れが変わるなんてことないです。むしろ,福太郎さんから学ぶことが多くて,それで,今もソーシャルネットワークというもので,「この人って・・・」という相手にも,とりあえず一度は返信します。

  それで,「自分に張り付いてる,こういうのを工作員という」と,今日は書き込まれました。

  別に張り付いているわけじゃないですし,どちらかというと,あっちがつっかかってくるのですが,相手をしてもらえて嬉しいらしいです。


「とりあえず明日の行先は矢祭・大子町方面かな。
R118、好きな道路ですから。
もっと好きなのがR289やR349と「広域農道」。
共通するのが「信号が少ない・交通量が少ない」「適度なコーナー(カーブ)がある」という事かな。」


私も,349は好きです。
118号は,実家のすぐ横(久慈川の向こう側)を走っているので,実家に帰る時には,当然,ぶんぶんと行きます。

私も,信号が少なくて適度なカーブがある,というのは,運転が楽しいポイントです。信号を避けるために,どこを通るか,と,以前は,わざと遠回りして349を走って,山を越えたりしました。

245とか,6号も好きなんですよ。海が見えるから。
山そだちなので,海にはあこがれがあるのです。だから,常磐線が大好きで,常磐道もいいんですが,245とか6号を走りました。

福太郎さんのふるさとへの思い,自分の夫(パレスチナ難民)が時々語ることに似ているのです。

帰ることができるなら,すぐにだって帰りたい。家だってある,家の鍵だってある,なのに,政治のために帰れない。鉄条網の向こうに,ふるさとを見るだけで,銃を向けられる。
ふるさとに帰ることができないまま,支援づけになって,生きる意欲を失う人々もいる,そういう場所で生きてきた人です(あそこでは,それが普通なんですが)。



つくば市在住さん

  そうそう,Aliさんのところです。中東の代表的な料理は,だいたい似ているので(トルコとか,レバノンとか,イランとか,言葉は微妙に違うけど,食は似ているんです),夫と行きます。

  結婚して県南地方に住み始めた時,たまたま用事があって,つくば市に行ったのですが(あの日は雨だった),国際色豊かな屋台がペデストリアンデッキに並んでいて,あっちこっち目移りしました。

  お祭りが借り物? いやいや,ああいう「国際食祭り」ができるのは,つくば市ならでは,だと思います。

  借り物というか特色ないといったら,牛久市の方がすごい。

  トルコアイスは,やっぱり,あのビヨーンビヨーンをふったりのばしたりというパフォーマンスをするんですね。シリアでも杵(アイスクリームなのに臼と杵つき)に巻き付けてビヨヨ~ンでした。

  
なおみさん

  私の知り会いというか,知り合いの知り合いだった人が彼女を通して私を知ってリストに入れてくれ,と言ってきたのです。断る理由もなかったので。
  そのときには,既に震災後で,私は,「脱原発のために福島たたきをする人達おかしいよ」と書き込んでいたので,おそらく,私を彼らの側に巻き込むためだったのではないでしょうか。

  残念でしたね,としか言えません。

  私の知り会いの彼女は,まともな方です。ただ,私が趣味で知り合った人を,私経由で知って,その人ともメンバーになって,で,その私の趣味の知り合いが,友人の知り合いの脱原発のためなら何をしてもいい,という人と意気投合してしまったのです。

  ああ,ややこしい。

  いったい,彼らが何をしたいのか,というと,一人でも多くの人間を,自分と同じ所に置きたい,というところでしょうか。

  私の個人的に知っている知人の方は,最近,ああいった他人を顧みない過激さに,引き加減なので,その人を何が何でもはなすまい,というつもりで,その知人や私のところに書き込むのかもしれません。

  なんだかんだで,今日も私は「工作員」再認定。

  

千貫森の宇宙人さん

  ベクレルフリーが売りのレストランって,ヤマギシ会だったんですか。あの,家族を崩壊させるというヤマギシ会。

  大学時代の友達が,あれの系列にひっかかってしまって,離婚するはめになってしまったので,何があっても近づくまい,と思っていたのに,看板を変えて忍び寄っていたんですね。

  中学生の理科の知識があれば,わかるはずなのに,何故? これは文部科学省のせいなのか? と,悩んでしまいました。

  いったい,何をしたいんでしょうね。

  別に,オーガニックだって何だって,好きにしてくれていいんです。ただ,根拠のない風評を垂れ流ししないでいただきたい,ということなのに。

  

  ただ,変な方向に走ってしまった人達には,どこか共通点があるような気がするのです。

  自己不全感というか,誰かを自分よりおとしめて,何とか自分のプライドを保っている,というか。

  でも,やっていいことと悪いことは,区別させていただきたいものです。

  そのヤマギシ会が食材をおろしている,というところを絶賛している人達は,以前から,「宗教反対」「宗教なんか信じない」と叫んでいた方達なので,「いや,今やってる,それ,もろに新興宗教だから。」と,口元まで出かかってますが,おさえています。 





ニシカタorニシタカ

>千貫森の宇宙人さん
フリーター?の例の人物はニシカタなのでしょうか。私にはニシタカと聞こえましたが。
この人物、考えてみればやり方が卑怯だと思います。記者質問で専門医師が甲状腺がんの医学的な返答をしている間はおとなしくしていた。
専門医師が退場して事務方の担当者が一人残り、孤軍奮闘している時を狙い後々になって、「この検査は誰も信用していない」などと暴言をぶちかます。
医学的な面では太刀打ちできないので、検査そのものを根拠もなしに否定して事務方を恫喝する。まともなフリージャーナリストには到底思えません。こういう人物がこんな大事な記者会見に参加できること自体が問題でしょう。
なお、私の2番目のコメントにミスがありました。訂正します。(誤)木下慶太(正)木下黄太
この人物、今のご時世、おめでたい慶事には最もふさわしくないですね。

科学者・教育者としての悩み

福太郎さん、私は放射線生物学の専門家ではなく細胞生物学と生化学が得意分野の基礎系の研究者です。
ただ、若い頃は企業や理研や国のプロジェクトなどを転々としていたので、疫学調査などの経験もあり、生物学的な解析手法は大体理解出来ます。
女性研究者のためのサイト(移転作業中)の運営もしているので、物理系や人文系の友人もいて、業界人の中では人脈はかなり広いです。
年契約の不安定な身分だったため、初対面の人とも意見を交わせるような社交性を心がけています。

人脈が広い分、インフルエンザや放射能などの情報を集めやすい反面、騒動が起きる度に友達を無くす痛みも経験しています。

福太郎さんの怒りや不満は当然なので、全く失礼だとは思っていません。
ただ、科学者の都合もお伝えする方がこれからの対策が考えやすいと思ってコメントしました。


boomboom さん、私のブログは公開なのでどなたに知らせて下さっても構いません。


なおみさん、私は教育者でもあるので、仕事上で不利になるだけではなく、学生を守るために面倒を避けた部分もあります。
実際、ここ2年は騒動に巻きこまれた自分の精神が消耗し、時間が取られて研究活動や学生指導がおそろかになった面があり、それでさらに鬱っぽくなった面があります。
でも科学者としては、同業者が「福島は危険に決まっている」と酒の席で言っているのに、相手の身分やキャラが怖くて軽くたしなめる程度で済ませた時など、科学を裏切ってしまったように感じて辛くなります。また、安全だという記事を書く時には、万一自分の分析に間違いがあって被害が起きたらどうしよう・・とかなり勉強しても不安です。

結局、立ち向かっても逃げても辛いんですよね。
でも多くの同業者は最初から無関心なので孤独感を持つことも多いです。


IKA さん、長期的には科学リテラシーで解決出来る問題はあるかも知れません。定年後に頑張ろうかな。


信夫山ネコさん、世の中の流れをこうやって記録することには次の騒動で役に立つと思います。私も新型(豚)インフルエンザはかなり記録を残しているのですが、放射能騒動はここが一番情報が多いと思います。

私こそごめんね

福太郎さん
>どうも私の書き込みは堅苦しいと言うか、熱くなりすぎているというか、場を乱してしまっているようでダメですね

そんなことないなり~。
私が福太郎さんに反応しすぎてるのかも・・・。
これでは口うるさいオカンではないか。

というわけでしばらく私のほうが
お返事控えます(できるかどうか・・・)。

お二人とも(boomboomさんも)
運転がお上手なのね。

私は信号(規律)があるとほっと安心するので
できるだけ信号を曲がれる道を探しています(初心者)。


boomboomさん
>知り合いの知り合いだった人が彼女を通して私を知ってリストに入れてくれ,と言ってきたのです。

そうだったの。そういうのって難しいですね。

もっと引いてみると
「小学生女子の情報戦」・・・?

放射能に関係なくても
誰々さんの友達みたいだからいい人だとか悪い人だとか
付き合うとか口も利かないとかフンって言ってやるとか(笑)
そういうのってあるみたいですね。

>変な方向に走ってしまった人達には,どこか共通点があるような気がするのです

ううううん。そうかも。

そういう人たちが嫌がる匂い(?)を発していたら
あんまり寄ってこないのかも。

「ここだけの話」には興味を示さないとか

だいたい誰か悪者を仕立て上げるから
「でもあの人はあなたのこと好きみたいよ」(よく知らんが)と返すと
何か抑止力が働いてそれ以上言えなくなるとか・・・。

でもこれは顔を見て話すからできるやりとりで
こういう手段って難しいのね。


bloomさん
守るもののある人が
一番真剣・誠実なのだと思います。

>相手の身分やキャラが怖くて軽くたしなめる程度で済ませた時など、科学を裏切ってしまったように感じて辛くなります。

科学の神様はわかってくれています(俗世の辛さ込みで)。

>万一自分の分析に間違いがあって被害が起きたらどうしよう・・とかなり勉強しても不安です。

山下先生の騒ぎの時も
ひまわりさん・ネコさんのブログを応援しようと
決めた時も思ったんですが

これで何かあっても(被害・・・のようなもの)
私は自分が判断したんだから誰のせいにもしません。

bloomさん!安全って言ったじゃんよ~!責任とってよ!
なんていう(思考回路の)人は
もうあらかたあっち側に行っちゃったんじゃないの?

そういう人はどこにいても何をしてても
自分に関係なくてもやかましいから
ほっときましょう(笑)。

うっせ~ば~か!!!

No title

津田敏秀・岡山大教授「明らかに多発だし、(発症が)原発からの距離に比例する傾向がある」 エッ?
http://togetter.com/li/515339#c1112745

数日前から「非公開」ながら話題になっていた、kazooyaさんのniceまとめ、やっぱり「やぁど」さんだ~。

「原発からの距離と患者データ」をいろいろいじって「もっともらしく」見せた論文ってのは、バズビー=ECRRが利用しまくった研究手法ですよ、津田師のオリジナルじゃなさそう。共通しているのは、「被曝量データ」がないこと。

buveryさんのサイトにいくつか出ています。

http://d.hatena.ne.jp/buvery/20110511
http://d.hatena.ne.jp/buvery/20110608
どちらもドイツのクルーメル原発のやつ。あれこれ計算しながら結論らきものを仕立ててますが、一つの突出した数値があれば、コロっと変わってしまうようなモノ、ワタシには、サンプル数少なすぎと見えました。buveryさんはこう書いています。

「この論文では「原発からの距離」しか問題にしていない。
また、この論文で注意しないといけないことは、この論文は、小児白血病と、『原発の煙突からの距離』の相関を調べていることです。(原発からでるかもしれない放射線による)被曝線量など測っていません。低すぎて測れないんです。だから、放射線や、放射能とは何の関連も調べていないし、示してもいません。」

というわけで、本文に書いたように、福島の場合は「放射能プルーム」のせいで、放射線量は原発の距離と関係なかったですから、こんなに少ないサンプルで「距離との比例」なんて、コジツケで求めようが何だろうが、ますますどうでもいいことのように思えます。

福島はアサヒのホンダ・シビック&ゆりっぺの恫喝に負けないなり~~~!!!

>なおみさん
それ「コロスケなりね~」(たぶん)

たぶんそうなり~(つい・・・)♪

>アイスクリームなのに臼と杵つき

トルコアイスの件(引っ張りますが)

ひとくち食べたどっかの子どもが
「モチが入ってる(驚)!」といったら
「オモチジャナイヨ~!」と教えてくれました。

ううん♪福島の子ってば可愛い!もうきゅんきゅん♪

それで・・・なんであんなにのびるんですか?


うるしねまきさん
>こういう人物がこんな大事な記者会見に参加できること自体が問題でしょう。

事務方の担当者、お気の毒でしたね。

こういうやり方ひとつとっても
堅気のすることじゃないと思います。

>ニシカタorニシタカ

フリーだかフリーターだかわかりませんが
どういった方が記者会見に参加できるのですか?
やっぱり「記者」という肩書きはあるの?自称なの?

私ははじめ「おじさん」かと思ってたら
女の方のアイコン(?っていうの?人違いだったけど)を見て
なんか・・・すごいものを想像してしまいました(笑)。

もはや人外のモノ・・・。

kanna07409さん

のツイートおもしろすぎ

http://twitter.com/kanna07409

kanna07409さん、5日の「県民健康管理調査」記者会見に行って、「おしどり」のウソを証言しています。丸森だのニシタカだののアホな質問を一人で受けていたのが、県の佐々さんかな~。

あの福島を潰そうとする「マスゴミ」、「ニセ市民」、バ○、キチ○○共じゃなく、本当の福島の人と委員会が話する場とかって、できないもんですかね~。8月の会見には行ってみたいです。本当の福島の人がいっぱい行ってみるっての、いいかもしれませんね~。

ネコさん

>本当の福島の人と委員会が話する場とかって、できないもんですかね~。

もし実現したらお礼というか励ましというか・・・
そんな気持ちを伝えたいです。

言葉の暴力にさらされてばかりなのは良くないです。
職員のみなさんの士気に関わります。
それは回りまわって私たち(福島人)の不利益になっちゃう。

アンチ福島の思い通りになんかさせない。

いいお仕事を続けていただくためには
心のバランスとらなきゃ。

自主避難の皆さんの激励遠征より先に
こっちかしら・・・。

イスタンブールデモの報道

ども。私はいま、イスタンブールの空港で、アフリカ•ガーナへの飛行機を待っているところです。

イスタンブール滞在中、当地のTV、新聞は、明けても暮れても、デモのことばかり。比較的、報道の自由がある国のようで、各TV局が、それぞれの視点でニュースや特番をやっていました。トルコ語分かりませんけど、何となく日本の震災報道に似た状況なのだと思います。

トルコ、メシがすごく美味しかったです。私はシドニーに住んでいた頃、レバノン人の多いエリアにいたので、あの方面の食べ物、大好きです。東京でも、もっと手軽に食べられたらいいんだけどな。




No title

>うるしまねきさま
また、まちがいました、ニシタカ、フリーター?のニシタカです。
もしかして、次の「県民健康管理調査委員会」に性懲りも無く来るかもしれないから、可能であるのなら、終了後に待ち伏せしてニシタカ氏の素性について詰問してみたいですね。

No title

>うるしねまきさま
ごめんなさい、また間違いました、うるしねまきさん、でしたね失礼しました。

No title

なおみさん

>アンチ福島の思い通りになんかさせない。

まったくですね。
今日のSNSは,予想通り,あの報告に難癖,というか,「癌がこんなにいるのに隠蔽だ」と騒いでいました。
本当の福島の方の声を,どうして聞こうとしないのでしょう。


トルコのアイス,説明がくどくなりそうなのでウィキから

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%89%E3%83%B3%E3%83%89%E3%82%A5%E3%83%AB%E3%83%9E

トルコ語で「ドンドゥルマ」というのがカワイイです。


Manachan@ガーナさん

ガーナですか,ちょうど,今日,英語の授業でガーナの話が出てきたのです。

「ガーナって,ほら,ロッテのチョコレート」とか「3年前,サッカーのワールドカップで,アフリカのチームで最後まで残ったところ」とか,説明しました(あまり説明になってない)

私も,今のトルコについての報道は,日本の震災後の放射線騒ぎに似ているような気がします。誘導したい結論に持って行くために,事実よりも記者の作文が多いというか。

英語の教科書(東京書籍)に出ているガーナの話は,フェアトレードのことなんですが,それを生徒に読ませながら,
「そんな甘いものではない。フェアトレードはいいと思うけど,それをやってる自分に酔ったらあかん。」
と心でぶつぶつ,と。

東京では,なかなかおいしいレバノン料理は難しいかもしれません。新宿のシンドバットは,夫の実家のご近所出身の方がやっているのですが,(日本に来て初めて会ったのですが),日本人の好みに合わせてあるので,普通の日本の洋食みたいで。

それなら,やっぱりトルコ料理の方がいいのでしょうか。
池袋あたりに,シリア料理のお店があったような。

おいしいレバノン料理は,横浜の関内駅から徒歩10分の所にあるんです。



今日の朝日新聞の夕刊,箭内道彦さんが出てましたね。
なんとなく,言いたいことは伝わるんですが,まだ,あまり意見をはっきり出せていないような気がするのですが。攻撃,まだありそうですし。



次期記者会見の傾向と対策

8月にまた県民健康管理調査の会見があるようですね。8月は反原発派連中の会場占領を許してはいけないですね。
ここで一つの対策を提案します。反原発反福島のどんな連中が出席するかを事前に想定する。本田記者、大岩記者、日野記者、フリーのヨシタカ某、市民放射能測定所の丸森女史…。
彼らが座る席には必ず、こちら側の人物の隣に座る。サッカーでのデフェッンスのイメージです。なるべく彼らと風貌が似た人物が座る。
本田記者には、口髭で眼鏡の人物。それも声の大きい人がいい。丸森女史や大岩記者には当然女性、それも美人がいい。
「質問のある人」という主催者の呼び掛けにできるだけ大声で答えて指名を勝ち取る。美人の女性の方が、主催者の目を引きやすく指名を得やすいのではないか。
万一、あちらの人物が指名されて質問をしても脇でオーバーに首を傾げるポーズを取る。彼らの気を削ぐ作戦です。
そしてこちらの質問は、そのころまでにさらに明らかになるであろう権威ある機関の客観的検査報告に言及して科学的医学的な見地から質問する。時に福島弁を交えてユーモアたっぷりに質問する。爆笑が起こる中ではおそらく反原発派の連中の陰湿な質問は場違いになるのではないでしょうか。どうでしょうか。
>千貫森の宇宙人さん
まぎらわしい名前ですみません。

No title

先に送ったコメントにミスがありました。
(誤)こちら側の人物の隣に座る(正)こちら側の人物が隣に座る

No title

bloomさん
 いわゆる科学者であり、教育者である人達の間でも保身と裏切りなどは渦を巻いている世界であると言う事は僕も嫌というほど聞いています。授業を受ける立場であってうかがい知る事だってありましたよ。その中で科学的考えを放棄して流れに乗って自分の立場を守ろうとする人も多いんでしょう。

 シレっとして自説を引っ込めた人でも自分は間違っていたとは言ってないんでしょう?誤りに気付いて考えを根本からやり直し、その事を例えば授業で学生に伝えるには多くの場合時間がかかると思います。いや期待できないのかも知れない。

 しかし、理科系科学には今明らかにされている公理に一見反する様な新事実の発見や実験データが出てきたら、公理まで行き着かずとも、同じ方法で他の人が試験実験を何回もやってそれ以外の実験結果が出ない限り最初の実験データは否定される。どこかに間違いがあったと何人もの人がその問題について取り組むからこそ科学が成立するのだと思います。

 理科系科学は基本的に大きな論理的な仮説によって考えるのがルールだと言う「強い味方」があるわけでそれに反する様な理論とでもいうのか論文などは精密な検証を経て否定されて行く。これが一面科学の進歩なのではないでしょうか。
 そんな程度ですが、現在進行中の日本人のパニックとそれに乗って自分をのし上がらせたい人達については許せない心があります。

 原発事故については東電がこれほど叩かれるほど悪いとは思っていません。さらに「原発安全神話」などもともとあるわけはない。原発に不安を抱く人たちが反原子力利権が作った虚構に乗って踊らされたものでしょう。福島原発以降の造語と言っても良い。「原子力ムラ」もそうです。実態がないレッテル貼りでしょう。

「原発安全神話」
「原子力ムラ」
 言葉として前からあったとしても、その実態が明らかにされずに何かを叩きたいがためにターゲットを「東電」に絞って日本人の大好きなイジメの道具に使われています。

 僕はこういうのは好きじゃないんですよね。僕は組織に入った途端にそう言う仕打ちにあいましたけど、組織のためを思って反抗もした事があります。ただその後30年間はいかにして足をすくわれないかと緊張の毎日で、ついに体が持たなくなってしまいました。別に僕だけではないんですが30年もその組織に所属したのも家庭をもって禄を食む立場が重かったがためで、本当に有能な人は処遇が不満なだけで去って行ってます。何しろ70数人同時期に入社して残ったのは4人。最初の1年で半数に成る様な「非人間的な」労働条件でしたからね。

 bloomさんの投稿は最初からいわゆる「同業者」の方の職務に対する不誠実についての嘆きの心、怒りなどが伝わってきます。
 論理的な思考で科学を学び教えるものは時には孤立されるんではないでしょうか。それに少数派である時の方が多いのかもしれません。

 さらに言えば科学者は社会的少数派なのかも知れません。恐らく信仰心を持たない科学者は結構いるでしょうが、世界の大半は信仰心を持つ事が善であるとされて挙句の果てには戦争をまだ続けている元にもなっています。僕自身はこれを解決するには教育で宗教など教えず、科学を教えるべきだと思っています。しかし科学的な心を育てる事はまだ普及などしているとは到底言えないと思っています。

 と言うわけでですね。科学そのものは正義のためにも保身や金儲けのためにも存在しているわけでもない。ただ科学を政治的に取り上げてウソをいうのは良心的な科学者は批判するべきであると思います。

 それは長い闘いになるのかもしれませんが家族や自分の身体を守り、生きて行かなければならないのは誰も同じです。あのとき言うべきであったと思う事もあるかも知れませんが、そうしなかったために現在の家族や自分もあるという考えも成立します。僕は親友家族の裏切りのため体を壊してしまいましたが、その代わり肉親の最後を看取って病気の名もわかり診断方法にも目処がたちました。これからどうすれば良いのかとやっと考え始めている所なのですよ。

 僕なんかいい加減ネットなんかやめて、適切な運動と休養で病気を悪化させない方が良いのかもしれませんが、出来ないんですね。

トルコのデモ

アメリカ同時多発テロの時にトルコにいましたけどテレビはそのニュースばかりでしたよ。
確か現地版CNNがあったかと思います。

イスタンブールのデモ会場の広さを日本の都市と同じ縮尺で比較してみます。

去年オリンピックの凱旋パレードで百万人が集まった東京・銀座付近です。
http://maps.google.co.jp/maps?q=%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E9%83%BD%E4%B8%AD%E5%A4%AE%E5%8C%BA%E9%8A%80%E5%BA%A7%EF%BC%94%E4%B8%81%E7%9B%AE%EF%BC%95&hl=ja&ie=UTF8&ll=35.671086,139.764708&spn=0.004992,0.005499&sll=35.669653,139.768892&sspn=0.01412,0.021994&brcurrent=3,0x60188be6424d9b3b:0x2e276cc322f314bd,1&brv=25.1-549461b1_212dafdc_d6d3fe92_88a7ae9f_a1fc3f75&hnear=%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E9%83%BD%E4%B8%AD%E5%A4%AE%E5%8C%BA%E9%8A%80%E5%BA%A7%EF%BC%94%E4%B8%81%E7%9B%AE%EF%BC%95&t=h&z=18

東北六魂祭の会場になった国道4号線、福島市役所付近です。
http://maps.google.co.jp/maps?q=%E7%A6%8F%E5%B3%B6%E7%9C%8C%E7%A6%8F%E5%B3%B6%E5%B8%82&hl=ja&ie=UTF8&ll=37.759952,140.475655&spn=0.003435,0.005499&sll=37.750299,140.467551&sspn=3.51797,5.630493&brcurrent=3,0x5f8a85d724af8d71:0xbe0d7106b3291434,1&brv=25.1-549461b1_212dafdc_d6d3fe92_88a7ae9f_a1fc3f75&t=h&hnear=%E7%A6%8F%E5%B3%B6%E7%9C%8C%E7%A6%8F%E5%B3%B6%E5%B8%82&z=18

イスタンブールのデモ会場になったタクシム広場です。9日に数万人集まったらしいです。
http://maps.google.co.jp/maps?q=%E3%83%88%E3%83%AB%E3%82%B3%E5%85%B1%E5%92%8C%E5%9B%BD%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%96%E3%83%BC%E3%83%AB%E5%B8%82%E3%82%BF%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%A0&hl=ja&ie=UTF8&ll=41.037542,28.985817&spn=0.003277,0.005499&sll=41.007154,29.194283&sspn=0.419709,0.703812&t=h&brcurrent=3,0x0:0x0,0&hq=%E3%83%88%E3%83%AB%E3%82%B3%E5%85%B1%E5%92%8C%E5%9B%BD%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%96%E3%83%BC%E3%83%AB%E5%B8%82%E3%82%BF%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%A0&z=18

タクシム広場も付近が東京でいう銀座のような高級なお店があるので観光地みたいなものですが、大きなモスクなどがある主な観光地は南に2~3kmほど離れたところです。 デモ会場は広いイスタンブール市のほんの点にすぎず、イスタンブール観光にはほとんど影響は無いと思います。

蛇足ですが、タクシム広場南のガラタ橋付近にサバのサンドイッチを売る屋台が並んでいます。

トルコのデモは広場の北東にある公園の数本の木の伐採から始まったようです。
木にこだわる進歩的市民というと日本の反核デモと似た匂いがします。
あと、田舎ではロバ車を携帯で通話しながらベンツを運転するオヤジが追い抜く光景が見られる格差の大きな国でかつては一千万リラ札があったインフレに悩まされた国だったのに近年経済的に上向きになっています。 その果実は全ての国民に届くか?というと難しいと思います。


池袋のシリア料理店とはこちらでしょうか?
http://palmyra-ib.com/
仕事で近くを通ったことがあって行きたいと思いましたが行けずじまいです。

No title

ええと、ここのところ阿修羅にコメしたり、昨日はちょっとリアルで大変だったのでコメ出来ませんでした(といってもたいして間あいたわけじゃないけど)。

まずは、上杉隆の有料メルマガがジョン・レモンさんを誹謗した事で配信停止になった模様です。

http://lomonlomon.blogspot.jp/2013/06/blog-post_11.html?m=1

関連まとめ

http://togetter.com/li/516554

上杉とその周辺はなんでこう「自爆テロ」が好きなんでしょうね。まあ、「炎上マーケッティング」が過ぎたらこうなっちゃうもんなのかもしれませんけど。

>bloomさん
>福島の隣の県在住さん

科学者といえども専門外では「素人同然」でもおかしくないですし、「合理的思考」の訓練を積んでいるがために「情報不足」→「はっきりと結果は言えない」となっちゃいますからね。
私たちみたいな「無責任な一般人」とは違い(確率3割程度でも気軽に「絶対ダイジョブ」何て言っちゃいますし、咎められもしないですし)、言葉に対して「責任」を感じる人が多いでしょうから、なおさら「なにも言わない」って選択をしたことも大きいと思います。
そもそも「ハナからデマである情報」に対しての免疫も少なかった事もあったと思いますし。

その点、「ニセ科学」を通して以前から「トンデモ」に接してきたキクマコ先生なんかは「デマ」に対する耐性はかなりあったと思います。

今現在、そして今後の放射能問題、風評問題は「トンデモ」「ニセ科学」「オカルト」「カルト」「怪しい商売」へのますますのシフトが考えられます。新しい「何か」を考えるより、そういったものに対する「既にあるカウンター」を有効活用する方がてっとり早いように思います。
(私がアッチ側に流れなかったのは、以前からこういった「トンデモ」を知っていた事が大きかったからだろうな~って思ってます)

>千貫森の宇宙人さん
毎日新聞の件、そうでしたか。
いや、ちょっとコメのタイミング逃すとアッという間に流れちゃって…。ここはいろんな情報が大量にありますからね~。まあ、バカ話沢山している張本人が言うのもなんですけど。
う~ん、コメントにもタグ付けられればいいのに…。

>boomboomさん
震災、原発事故以降でわかったのは「人間って結局自分本位なんだな~」ってことです(もちろん自分も含む)。
たぶんそれは人間の本質なんで否定も批判もしないです。

ただ、「自分本位は醜い」と思っている方々のなかに、それを認めることが出来ないゆえに「~のため」って言っている人がいること。
「理屈も科学も関係ない!あたしがヤなもんはヤだ!」って言ってくれた方がいっそ清々しいんですけどね。

結局、人間は本質的に醜いもので、その醜さを認めた上で「何が出来るか」を考えるべきで、「私は醜くない、美しい」って言っていては何の進歩もないんだな、って思います。
(関係ないですけど、私は心のどこかに傷というか、劣等感というか、コンプレックスがある方が人間的だし、魅力的だと思っています)

>boomboomさん
>つくば市在住さん
あ、茨城県って「やたらとデカくてハデ目(赤とか黒)の看板が目立つ中華料理屋」(名前忘れました)がアチコチありません?
なんか気になって一回入ってみたんですけど、結構旨かった覚えがあります。(そん時はチャーハン食いました。また今度行きたいと思ってます)

じわじわと・つづける・ずっと

こんなものが

http://www.pref.fukushima.jp/imu/kenkoukanri/250605siryou4.pdf#page=33

まだまだ、放射線に対する誤解・間違った思い込みは根強いということですね。

くりかえし、くりかえし、正しい知識を流し続ける必要がありますね。


いやーん

まだわからないのかしらー orz



だってねえ

学校で教えてもらったって…なかなか…

覚えられなかったでしょ?でしょでしょ?

すぐに覚えられたら苦労はないですよねー。(汗)


>なおみさん
アスパラは、根元の方は5センチぐらい皮をむいて3ミリくらいのハス切りにしてから料理してみてください。ブロッコリーの茎みたいな感じで、甘くてしゃきしゃきして、美味しいですよ♪
炒め物でもマリネでも♪

ここのみなさんに、ホントに、山ほどのアスパラをお届けしたいです。

kanna07409さん

「おしどりマコ」とサシでやりあって、取り巻きに絡まれたようですね~。

http://twitter.com/kanna07409

エライ!!! ネコ十字戦功勲章もんです。

どうせウソつきのヒキョーな「印象操作」を論破するのは困難ですから、とにかくフツーの福島人が連中に「反感持っている」ってことを、ガンガン発信するのが大事かと。「印象勝負」になると、中身より発信量だったりしますし。

>北の国からさん
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201306/2013061100048&g=soc
の元ネタですね~。奴らのインチキ情報爆弾が、まだまだ効いていますね~。何とかしなくては。

ベラルーシ政府公式レポートの邦訳

ベラルーシ政府報告書
http://sangakusha.jp/assets/Chernobyl.pdf
35ページ

ヨウ素被ばくの指標となる細胞組織を発見

この分野で、2011年に非常にユニークな成果が得られました。細胞核病理学という細胞に関する分野の研究です。甲状腺の病気を患っている人たちの甲状腺細胞を研究したところ、細胞のなかにある核間染色質橋が肥大していることがわかりました。これは正常な細胞ではありません(図13)。

この肥大した核間染色質橋の存在が放射線の影響を受けたことのメルクマール、指標になると、私たちは考えています。
 この細胞が見られる人の被ばく線量を測り、線量と異常な細胞の発生の相互関係を調べました。その結果、異常な細胞は明らかに放射線の影響を受けて発生したことがわかったのです。


ホントならば使えるが・・・

斗ヶ沢さんガンガレ

斗ヶ沢秀俊 ‏@hidetoga 4時間
【上杉隆×斗ヶ沢秀俊の相互取材14日に実施】上杉隆氏@uesugitakashiと私との相互取材が6月14日午後4~6時に実施されることになりました。ニコ生で放映予定ですが、詳細は13日までにお伝えします。ようやく実現することになり、とても楽しみです。

http://twitter.com/hidetoga

みんながんばっているんだよ

Manachan@ガーナ さん
今日、CJ福島で読んだんですが
六魂祭でも売ってった「国見バーガー」って
さば味噌が挟んであるんですって(私は食べなかったから未確認)!

トルコのさばサンドがヒントかしら?
食べ物の共通点が見つかると親しみがわきますね。


千貫森の宇宙人さん
>終了後に待ち伏せしてニシタカ氏の素性について詰問してみたいですね。

興味あります(ごくり)。


boomboomさん・ありがとう。
>気温の高い地方でドンドゥルマが溶けて垂れるのを防ぐために粘度を上げる必要があり

なあるほど~!確かに食べやすかったです。

あのね、土湯には「こんにゃくアイス」ってのがあるの。
初めて食べた時に食感に驚きました。美味しいです。
溶けにくいのは似てるかも・・・いつか試してね。

>フェアトレード
>そんな甘いものではない

そうなんだろうな・・・。


うるしねまき さん
>次期記者会見の傾向と対策

すごい!サイコーです!!笑いました。

>万一、あちらの人物が指名されて質問をしても脇でオーバーに首を傾げるポーズを取る。

私、これならできるかも!!


福島の隣の県在住 さん
>ただその後30年間はいかにして足をすくわれないかと緊張の毎日で、ついに体が持たなくなってしまいました。

本当に・・・働くということは厳しくしんどいことですよね。

>それは長い闘いになるのかもしれませんが家族や自分の身体を守り、生きて行かなければならないのは誰も同じです。
>あのとき言うべきであったと思う事もあるかも知れませんが、そうしなかったために現在の家族や自分もあるという考えも成立します。

いろんなきっかけで予定していた道が変わってしまっても
その時の自分の判断を正解にするのは
今から先どう生きるかですよね。

>これからどうすれば良いのかとやっと考え始めている所なのですよ。

応援しています(小娘ですが・・・)。
私もおんなじです。


笹団子さん
>池袋のシリア料理店

シリア料理って・・・考えたこともなかったです。
信夫山に集まってるだけで世界が広がるなあ~(笑)。


IKAさん
bloomさんはじめ
こちらで知り合ったさまざまな分野の
「ホンモノの専門家」の方の塗炭の苦しみ・悔しさを思うに
なんか・・・

>「無責任な一般人」

なおみでごめんってずっと思ってます。

>「理屈も科学も関係ない!あたしがヤなもんはヤだ!」

あ~アタシこのタイプだな~(笑)。すがすがしいほどに。

>結局

ううううん。
今日のみなさんのコメントは「深いい話」なのかしら
と思うほどいろんな気持ちが浮かんできます。
そうなんだよね。


北の国からさん
>間違った思い込みは根強い

あらま~ホントだ。
もう調査なんかやめて
(もしくは問いの後にすぐに正しい知識を書き添えて)
啓発活動にシフトだ!

アスパラ情報ありがとう!

>根元の方は5センチぐらい皮をむいて3ミリくらいのハス切りにしてから

そっか~そうだったのか~!
なんだかもったいなくて
少し根元を切っただけでわしわし食べてました。


ネコさん
>とにかくフツーの福島人が連中に「反感持っている」ってことを、ガンガン発信するのが大事かと。

そうですよね!

今となっては記憶が曖昧なんですが
どなたかの講演会を「ラジオ」で聴いたのか
テルサでライブで聴いたのか・・・

本当に事故直後の時に住民が集められて
話をされた時に質疑応答の時間があったんです。

その時はまだ酷いデマは広まっていなかった。
みんなの中に不安はあった。

その会場には壇上の先生を責めるような
感情的な人がいて、長々と時間をとって
「あんた達は嘘を言ってる」みたいなことを言い始めたの。

そうしたら会場から
「質問だけにしろ!」って声が上がって
拍手が起きたんです。

あの空気を現実に作ればいいんだと思います。

ツイッターとかでのやりとりだと
ヘンな人たちが有利な土俵なのかな?って感じることがあって。
大変なわりに、普通の人たちに届かないのももったいなくて・・・。

だからうるしねまきさんのご提案は
すごいと思いました。

No title

http://www.gepr.org/ja/contents/20130610-01/

http://www.gepr.org/ja/contents/20130610-02/

本当に28兆円つかうんですかね。

 そんな除染なんか適当に20ミリシーベルトで切り上げて、リゾート付き高級マンションにみんな住んで、飯館村の高級和牛(値段なんか100グラム5万円にする)を名物に出して世界中からセレブを招くとか。

 僕の年金の何倍かな

 今避難している人たち16万人に全部分けたら1億7500万円。夫婦だと3億5千万円。こっち選ぶんじゃないんでしょうか

なおみさん

いつもフォローありがとうございます。なおみさんが大岩記者の隣に座れば、挙手をしなくても進行係が手を挙げている大岩記者を差し置いて、思わず指名してしまうかも知れませんね。
コメントついでに、次期記者会見について書き忘れた事を追加させていただきます。あのフリーター?ニシタカ某の脇を固める人には、是非彼が質問する前に牽制の質問をしてもらいましょう。
「福島で県民健康管理調査は、県民のほとんどの方が信じていますが、残念ながらほんの一部信用しない人がいます。」と皮肉たっぷりに前置きしていただきます。フリーでは、ニシタカ某も自分が「ほんの一部の側」を自覚して押し黙るかも知れません。
会場に自然な拍手があっても構いませんが、なくてもいいです。疑い深い本田記者や日野記者が「やらせ」だとなどとほざくかも知れませんから。
核心を突いた皆さんのコメントが多い中で、こんな脇の甘い軽口変化球をお許し下さい。

うるしねまきさん

もしアチラ側のどなたかがここを読んでいたら
「ヤラセを画策している!インボーだ!」と騒ぐかもしれませんね。

でも私たちは一面識もない
なんの組織的なつながりもない
普通の人の集まりだから
やらせをどう証明できるのか・・・実に面白いですね。

私が参加できたとしても
理路整然とした質問はできないと思うけど
(そもそも記者ではないから)

>「福島で県民健康管理調査は、県民のほとんどの方が信じていますが、残念ながらほんの一部信用しない人がいます。」

そのお話に続いて
間に「ニシタカ某」の質問が入ったとしても

信じている県民の、そのうちのひとりは私です。
大変なお仕事をありがとうございます(てへ)。
ヘンなデマが流れる中
ホントーに安心することができました~♪

とお礼の援護射撃ぐらいはやりたいものです。

シロートのおばさんキャラを生かすのはいつ?
今でしょ!?
いたいけな福島の母親をいじめたらダメでしょ(げへへ)!?

池袋の「パルミラ」など

お久しぶりです。ここの所、学会に出席するために飯坂温泉に行ったり、訳あって甲状腺関係の情報を集めたりしていました。このエントリーはネコさんがいろいろよく調べておられて、ポータルとしても使えてありがたいです。岡山大の津田先生は相変わらずですね。

久しぶりに書き込んだ理由は、笹団子さんのコメントで池袋のシリア料理店「パルミラ」の話題が出たからでして、実は私のお気に入りの店です。駅からはちょっと離れていて、「やまや」の近くにあります。最近経営が変わって、シェフがレバノンの人になり、そのためかレバノンのワインをしきりに勧められましたが、安いチュニジアのワインを飲んでました(すんません)。もっとも私にはレバノン料理とシリア料理の違いは分からないのですが……あと、吉村作治さんがレシピから復活させたホップを使わない「エジプトビール」というのが置いてあって、結構いけました。まだ置いてあるかな。

レバノン料理は世界的に美味しいことで有名なようですね。boomboomさんの仰るとおり、「シンドバッド」は日本人向けの感じがしました。以前は、カルロス・ゴーンのレバノン人の奥さんがいくつかお店を開いていましたが、私が行く前に閉まってしまいました。

池袋つながりで言うと、「月の砂漠」と言うヨルダンの人がやっているアラビアレストランがあります。2年前の3月に送別会をやった想い出深い所です。http://tsukinosabaku.com/index.html

何しに来たんだっけ、私。

No title

kannaさんが,大変そうで,もしかして自分のせいか,と申し訳ないです。

おしどりまこの,ありえない嘘についてkannaさんが指摘されている点について,自分のmixiの日記部分に書いていたのですが,もし,あの新興宗教的にハヤカワユキオ(咄嗟に漢字がでない),武田,小出,等々をもちあげている人々が,そこから,たどっていって,嫌がらせをしたのではないか,と。

木下こうたという人など,自分のトンデモとデタラメについて,理路整然と突っ込まれたのが気にいらず,逆ギレして,ベレッタさんの本名をネット上にさらす,という,犯罪行為に出たほどです。

理性がないのか,狂気なのか。


私のせいだったら,すみません。



QPさん

パルミラは,テレビで見たことがあって,その時のオーナーはシリアの人だったのです。自分が参加していたNGOで,そこで懇親会をしないか,という話が出たことがあったので。

震災後,シリアの人達,日本を離れてしまった人も多いから,そのせいなのか,はたまた,国が大変だから,親族が心配で帰国してしまったのか(うちの亭主が,レバノンで戦争状態になると,すぐお母さんが心配で実家に行ってしまうので)。

震災直後,各国の大使館経由で,「日本は危険だから,国に戻れ」と在日外国人に連絡がまわって,日本人と結婚している人達まで,配偶者を置いて,子供だけつれて(子供までおいていった人もいました)帰国してしまった例がたくさんありました。

そのときヨーロッパで職探しをしていた亭主は,「ごめんなさい,留守にしてました。」と,日本に帰ってきましたが。

あの,帰国してしまった人達と結婚していた日本の方々,辛かったのではないでしょうか。特に,津波や避難勧告で,ふるさとにいられなくなったり,仕事ができなくなってしまった人達は。


それにしても,こちらの皆さん,本当に話のネタがつきない方々で,すばらしいです。

No title

>甲状腺ガンとはそもそもどんな病気なのか

まず検査をして陽性陰性というのはどういうことなのかを
考えないとですね。

既出かもしれませんが、

http://d.hatena.ne.jp/isseing333/20100719/1279522535
http://homepage3.nifty.com/mickeym/No.401_500/457eibindo.html
http://www.drnasu.com/rt_column_contents/sens.htm

少なくともマスコミ関係者はこのあたりのことも
頭に入れたうえで話をしてもらいたいものです。


癌に限らず、甲状腺の検査の異常は時々見かけたりします。

自分は基本的に初診の方は拒否されない限り
(震災前から)全例甲状腺の血液検査やることにしてますが、

時々、甲状腺ホルモン正常だけど自己抗体陽性の
無症状の橋本病(?)ってな人を見つけてしまうことがあります。

食べ物の話題楽しいですね

みなさんどうも。西アフリカ・ガーナ2日目の朝を迎えています。

この掲示板は、本当に、多士済々というか、どんな話題でもこなしますね。福島・信夫山のブログで、シリア・レバノン料理の話までできるとは・・・

ここに比べて、反原発の掲示板、話題のなんと貧弱なことか。美味しいものの話をする心の余裕もないみたいですし・・・

閑話休題、ガーナで食べたローカルフード

「山羊肉、山羊皮、ワタリガニの入ったオクラカレー」+「フフ」(キャッサバの餅)

→野趣あふれる料理ですが、オクラ煮込みすぎてヌルヌルだし、「フフ」も柔らかすぎて歯ごたえがない(腹だけ一杯になる)。一方で、山羊皮は硬すぎて食べられない。全体として、バランスに欠けた一品でした。


「ティラピア(魚)」+「ベンク」(キャッサバとコーンの餅)

→ティラピアは、白身魚で普通にうまかった。「ベンク」も、まあまあ食べられますが、キャッサバは粒子が細かい穀物で、それを圧密した餅を一口食べると、腹にズドーンと溜まって、私などはすぐ腹一杯になる。米なら、粒と粒の間に空気が入ってちょうど良いのですが・・


これまで食べてみた、結論

「早く、イスタンブールに帰って、美味しいもの食べたい!」

私も何しにいったんだろう・・・

QPさん

お仕事おつかれさまです(キリッ)!

>何しに来たんだっけ、私。

あはははは。
お忙しい中息抜きにいらしてくださったのでしょう。
よくきなさった・よくきなさった。

アラビアレストランで送別会って・・・素敵なチョイスですね♪

「エキゾチック」って言葉を私の人生の
いつ?どこで?遣ったらいいのかわからず
ストックしていたのですが
今こそ言いたいです。

エキゾチーック(ヒロミ・ゴーの声で)!


boomboomさん
kannaさんは負けないと思います。


福島の医師@出張中さん
おつかれさまです!
(声をかけたかっただけ♪)


Manachan@ガーナ さん
>山羊肉、山羊皮、ワタリガニの入ったオクラカレー

ほんとうに臆することなく、なんでも召し上がるんですね。
好奇心のある方ってそうなのかもしれないなあと感心しています。

海のものと山のもの・両方入ってさらにカレーなんですね。
カレーって・・・世界中にあるの?

>「早く、イスタンブールに帰って、美味しいもの食べたい!」

はい。お気をつけて。

「飛んでイスタンブール」を歌いたくなって
久しぶりにカラオケに行きましたが
歌い忘れて帰ってきたことに
今気付きました・・・。

No title

ティラピアといえば、
今上陛下がタイに養殖用に送った魚でしたっけ。

なじみのない魚ですが
なぜかそれだけ覚えてた。

(閑話休題)

しかし、死後の病理解剖で初めて見つかったりもする甲状腺癌ですが、

そもそも癌の何が悪いかって
無秩序に増殖したり転移したりすることで
正常組織を圧迫して機能を損ねたり、
出さなくていいものをまき散らしたり、
栄養を奪い取ったりするからわるいのであって

細胞の顔つきは悪いけど、ただそこにいるだけの癌は
果たして病気と言えるのか。

これだったら近藤誠の言う「がんもどき」ではないのか、
と思う次第。

それを見つかったから全部手術というのは
過剰医療になってやしないかと思いますが、
やっぱり今の雰囲気じゃ経過観察とはいかないのかな。

ブログには引用されていない別の記事

さてブログには引用されていない別の記事を下に引用する。

>http://tk.ismedia-deliver.jp/mwimgs/d/f/-/img_df957428f0d8ebeb55c318002854b7cf98303.jpg
>福島県によれば、甲状腺検査の対象となる子どもは全部で、約37万人だ。
>
>11年度からの2年間では、約17万5000人の子どもが超音波検査(一次検査、11年度4万0764人、12年度
>13万4735人)を受けており、そのうち5.1ミリメートル以上のしこり(結節)が見つかったことなどで
>精密検査(二次検査)の対象となった子どもは、1140人(11年度分205人、12年度分935人、2つの表
>参照)にのぼる。
>
>そのうち、すでに二次検査を受けた421人から27人が「甲状腺がんまた>はその疑い」とされた(11年度
>11人、12年度16人、2つの表参照)。
>
>もっとも、前ページの下表でもわかるとおり、12年度検査分では、二次検査対象者が935人なのに、
>実際に二次検査を実施したこどもは255人であり、検査の実施率はまだ3割にも満たない。今後、
>二次検査の進捗とともに、甲状腺がんと診断される子どもがさらに増加する可能性が高い。


ブログ主は朝日新聞の記事から

「151000人中、15人の「ガンおよびその疑い」の「小児」が見つかった。」

と書いて15万人を検査した結果15人という話をしたいらしいが
(尤もそういう話にしたいいのは、そう書いている朝日が
そのように誘導したいと勘繰ることできるが)
実際は一部の検査の結果に過ぎないということがわかる。

残りの検査結果が判明すれば人数が増えるのはほぼ確実だろう。

ブログには引用されていない別の記事

上記投稿「ブログには引用されていない別の記事」の
引用記事のリンクが欠落したので追記いたします。
http://toyokeizai.net/articles/-/14243
http://toyokeizai.net/articles/-/14243?page=2
http://toyokeizai.net/articles/-/14243?page=3

失礼いたしました。

No title

>残りの検査結果が判明すれば人数が増えるのはほぼ確実だろう。

それが甲状腺がんというものの実態にすぎないだけかもね。

記事をちゃんと読みましたか?

ご苦労さん

イマイチ趣旨がよくワカランのですが、トニカクお疲れさまデス。

>残りの検査結果が判明すれば人数が増えるのはほぼ確実だろう。

そりゃそうでしょ。あえて言えば「ほぼ確実だろう」なんていう自信無さげな、二重曖昧表現する必要はなく、「確実ですよ」。

このエントリーの目的は「アサヒ新聞叩き」です。かつて「左派インテリが読む、知的な新聞」と言われたアサヒって、近頃ど~よ?ただの福島イジメじゃね?ってのを楽しんでる(?)感じなのデス。「財界ふくしま」「政経東北」と同様、「東洋経済」は今回取扱いしておりません(「会社四季報」はいい本だと思いますが)。

No title

女子高校生における甲状腺検診の意義
http://www.hcc.keio.ac.jp/japanese/healthcenter/research/bulletin/boh2004/22-19-22.pdf
1988~2003にかけて都内私立高校の女子生徒2869名の検診結果。
甲状腺種は57%に認められ84名が専門医療機関で受診し、1名が甲状腺がん。

日本における甲状腺腫瘍の頻度と経過
http://www.japanthyroid.jp/commmon/20100102_07.pdf
仮に精検受診率100%として計算すると甲状腺癌の罹患率は0.38%。


定説、どのくらいでしたっけ。

tateさんの資料は初めて見ました

ありがとうございます。
2869人で1名ですか。

福島の場合、23年度分は3705.8人あたり1名、24年度分の福島市(あえて津田教授に合わせましょう)は5152人あたり1名ですから、むしろ有病率は低い傾向にありますね。

都内だからもともとのヨウ素摂取量が少ないのかな。。。

…てか、このくらいは「誤差」と見るのが妥当だし、要はもともとの「有病率」はこんなもんだ、という一つの証左でしょう。

脱線失礼します。

>QPさん

池袋・パルミラ紹介ありがとうございました。
お店がなくなる前に行ってみたいです。

私はバックパッカー(寅さんのトランクがリュックになっただけの旅行者)だったのでレバノンでもシリアでもシャワルマというトルコのドゥルムというドネルケバブに近い巻く生地が薄いものをよく食べていました。

ドゥルム(日本ではドネルケバブというとピタパンですが、生地で巻いたり皿に盛ったりもしているようです。)
http://plaza.rakuten.co.jp/didyma/diary/200409070000/

シャワルマ
http://ameblo.jp/odeur-libre/entry-10465273138.html

で、レバノンのシャワルマなんですが、シリアのシャワルマに入っていないお酢のドレッシングを使っているのが違いでした。 肉料理が主な地なのでこういうあっさりしたものは珍しいです。
ベイルートだけでなく、バールベック(ギリシャ神殿がほぼ完全な形で残っている遺跡の町)でもそうだったのでレバノンでは普通かもしれません。 日本のハンバーガーに当たる軽食で味付けに凝っているので食のレベルが高いのでは?と感じました。
あと、ブドウ畑が結構ありましたね。 かつてベイルートは「中東のパリ」と呼ばれていたそうなのでワインにも凝っているのでは?と思います。

ベイルートって都会でスタバもあって、それでもイスラム教徒の多い地域だけに店員さんも気さくで「東京にもスタバがあるんですってね?」なんて話しかけられました。
政治的に安定していればシンガポールみたいになれたんでしょうね。


トルコの話に戻りますが、観光にあまり影響はなさそうですが今の調子ではエルドアン首相の退陣は避けられないような気がします。 政権が代わって公園の木にこだわる人がトップになると日本の反原発運動家が「フクシマ」をネタにあちらで活動をしそうですね。 その手の人って過去に日本のODAを妨害するためにあることないこと現地の人に吹き込んでいますからね。

No title

なんか…国際的な人が多いですね。
私の「国際」って、駅前国際とか国際パールとか国際プロレスとか…。
エスニック料理…イマイチイメージが湧きにくいけど、なんか美味しそうです。私の親は「食いもん」に関しては冒険的でしたから、好奇心だけは旺盛なんですよね。
よく、食べ方わかんないまま食材買ってきては悩んでましたっけ。
(アボガドなんか「食べ頃がある」事がわかるまで、固くて青臭いまんまボリボリ食わされていました。「どこが森のバターなんだ?」とか言いながら。もう35年も前の話なんですが)



ええと、なんか久しぶりにアレな方の訪問があったみたいですが…
今は甲状腺がトレンドなんですね。
阿修羅で「ペトカウ効果」とか「ドイツ放射線防護協会」とかの話をしているもんですから…ここに来ると浦島太郎な気分ですね。(ってか、「今頃?」なんですけどね。もう時間が止まっているみたいで…いい復習にはなりますけど)

脱線に乗ります

笹団子さん

もっちりとか抹茶とかわけありとか期間限定といわれると
ついお財布を開けてしまう私なのですが

もっちりした美味しそうなものって
世界のあちこちにあるんですね♪

>日本ではドネルケバブというとピタパンですが

学生時代に高田馬場のカレー屋さんにたまに行ったのですが
あそこはナンではなくて・・・チャパティ?
ピタパンに似た丸くて平べったいものがたくさん出てきました。

あそこは何カレーだったんだろう・・・。

福島にはエスニック料理屋さんが少ないです
(ほとんどみたことないかも)。
それはちょっと残念なの。

最近になってフォーを食べられるお店をみつけて
ちょっと嬉しいです。


話を日本に引き戻しますが
水戸と宇都宮に泊まることになりました。

美味しいお店をご存知の方いらっしゃいましたら
教えてくださいませ。

tateさんの資料をTWしたら、

私のTWにtateさんの資料のリンク貼ったら、1時間で100超えるRTがありました。
私としては画期的。
その人たちのフォロワーも目にするわけだし、すごくありがたい。
これで「100万人に1~2人」て「発症率(罹患率)」と「有病率」にどれだけ差があるかと言うことの理解が広まれば、と思います。

tateさんありがとー!!

そして、「早野砲(早野さんがRTしてくれると凄まじい拡散力が加わる)」の威力をまざまざと実感いたしました。。。

水戸の美味しい店

なおみさん

>水戸と宇都宮に泊まることになりました。
美味しいお店をご存知の方いらっしゃいましたら
教えてくださいませ。


水戸市内から少し離れますが、大洗(おおあらい)海岸まで足を延ばせれば、

「浜乃納屋」(はまのなや)
http://tabelog.com/ibaraki/A0801/A080102/8000063/

ここが美味しいです。名物の「ジャンボかき揚げ」は、胃袋の限界に挑戦、みたいな世界になりますが、

私は「味噌汁」や「釜飯」を頼みますね。味噌汁だけで、ものすごい種類ありますから・・・


宇都宮は、ミーハーですが、餃子になっちゃうかな、やっぱり。

宇都宮駅東口の「みんみん」は、餃子の種類が多くて楽しかったです。

No title

>tateさん

二つ目のリンクを見て、「福島の子どもの甲状腺半数以上に嚢胞、結節ガー」騒ぎの時、火消しやってくれたのが長崎市(原爆以来?)、弘前市(床次先生?)と、甲府市だったワケがわかったような気がしました。貴重なデータありがとうございます。

>福島市のエスニック料理

最近スペイン料理がポチポチあるような~。欧州はエスニックじゃないか?でも地中海世界って、古代以来中東も北アフリカも含んで一緒って気がするのですよ。もしハンニバルがローマに勝っていたら、なんちて。

観光客接待週間

IKAさん
>私の「国際」って

私はね~浅草の国際劇場(ラインダンスってわかる?)。
ビューホテルになっちゃったけどね。


やぁどさん・tateさん
>私のTWにtateさんの資料のリンク貼ったら、1時間で100超えるRTがありました。

すごいですね!!
情報とTWの良質なコラボですね!
お二人ともさすが~!


Manachan@ガーナ三日目さん
ありがとうございました。
大洗には行くと思います。
参考にさせていただきます。

県庁巡りの旅・・・?
知らない町をうろうろしてみます。


ネコさん
>最近スペイン料理がポチポチあるような~

あ!あるある!!

No title

「ゆべし」の話題のころからスタンバッていたのですが、
忙しさもひと段落つき、ようやく書き込みできます。

>なおみさん、

「石の倉」(創作和食、建物は大谷石)
「存じやす」(ステーキ、ハンバーグなど)
「下野農園」
このあたりご参考までに。

パンなら
「パネッテリア・ヴィーボ」とか。

餃子なら、
Manachanさんも仰られていましたが、
駅東(餃子像あり)にいろいろありますし、
駅ビルにも、「みんみん」等あります。
※みんみんと仲が悪い「正嗣(まさし)」って餃子やさんも有名です。

ちなみに、
宇都宮では、
「宇都宮は刺身がだめ」と自嘲的に言う人がいますが、
私にはよくわかりませんです。郊外の「てん」なんか美味しいです。
が、魚介関係はやはり、水戸方面がいいのではないかと思います(笑)


(フリーメール作って貼ろうと思ったのですが、うまくいきません、ごめんね)













retsuさん・ありがとう~♪

全部チェックしてみますね。

宿はぎりぎり安くして
いろいろ食べ歩いてみたいと思ってます。

今日も毎日は平常運転

>管理人さん
遅くなりましたが100万アクセスおめでとうございます。

で、タイトルの件ですが、これが今日の一面記事…URL多いのでhを外します。コピペして見て下さい。
ttp://mainichi.jp/select/news/20130613k0000m040059000c.html
ttp://mainichi.jp/graph/2013/06/13/20130613ddm041040076000c/001.html
ふーん。トップ記事にしたということは自らが「左翼のクソ共」とわかっているからだね(毒)。
紙面で見たら文章が赤ペンで書かれていたので目がチカチカして困りましたw


今日は他にも毎日は反則技を使ってました。
【筒井雄二氏の研究】
ttp://www.minpo.jp/news/detail/201306138989
これが毎日の手にかかると…
ttp://mainichi.jp/area/fukushima/news/20130613ddlk07040112000c.html
【楢葉町議会】
ttp://www.minpo.jp/news/detail/201306139000
これまた毎日の手にかかると…
ttp://mainichi.jp/area/fukushima/news/20130613ddlk07040121000c.html
針小棒大乙。

観潮楼さん

それ私も読みました!

>トップ記事にしたということは自らが「左翼のクソ共」とわかっているからだね(毒)。

私もそう思いました。

このやろうと思っても立場上
行動に移してはいけないことがあるとは思いますが
(だからこの方は脇が甘かった)

それでも記事に共感はできなかったです。

>楢葉町議会

朝日はね~
「ADR申し立て『35万円が独り歩き』 川内村長が苦言」
という記事でした。

「『福島の人たちはおカネなんだ』と避難者支援に嫌気がさしたという人の話を紹介」
なんていちいちいちいち・・・・

これまでにも書いたように
この件については私も思うことはあるけれど
朝日には記事にされたくないね。

その部分(福島の人たちはおカネ)に自分が共感したから
広めたくなったんでしょう。

あの人がこんなこと言ってたよって耳打ちは
本当は自分が言いたい悪口でしょう。

いい人ぶってそのくせ
あちこちで陰口を広めているような
くだらない噂話程度の記事しか書けないの。

朝日と毎日は記事の視点が本当に似ていますね。

しかし

何度か書き込みしようとしては、すっかり楽しく暮らしておりました。
色々色々あるものですねぇ。
 
Instagramから発見した?な人を今日はご紹介。
IGのIDは kuminchukitchen
プロフィールに書いてあったTwitterアカウントは @kuminchuu
というまぁ???なお方を発見…。

IGに不審な写真を載せていたので、その写真の会話を見てみると…
野呂○○とFacebookで繋がっていてシェアして頂いた写真をインスタにアップしているそうな。
たまたま発見したのですが、氷山の一角で沢山いるんでしょうね。
脱と反がごっちゃのお勉強できない主婦の味方〜!みたいな。色んな有名人がいるんだなぁ。

SNSもうっかり楽しめないです。知らぬが仏。SNSやめよう。

不思議なことに熊本の有名な農園からIGのフォロー申請が来たのでプロフィールに書いてあったTwitterを見てみたら、あんかじゅさんやレースクイーンちかちゃんなんぞを応援しているよう。なんだそれ?

変な応援なら要らないですし、福島県外の方のほうがかなりズレているし遅れている感じがします。
政権交代しても復興に対する対応もあまり進んでいませんしね。
それは福太郎さん達の場合でも津波被害でも同じですが…
それでも県内外のキ○ガイは震災当時のままの情報どころか日が経つにつれ、やり口が酷くなっているような気がします。

小物でも小林朝夫のタイホはちょっとうれしいニュース。

>「反原発正義軍」「脳」、マスゴミ共の○カ・○○ガイ光線攻撃に耐えるべく、リコウになろう。

これに限ります。相手にしないで普通にニコニコ生きていこう。(でも見張っていなくちゃいけない人物がたくさんいますね。)

茨城食情報 (かたよりあり)

つくば市の赤い看板のラーメンやさん,というと,「山岡家」でしょうか。

http://www.yamaokaya.com/shop/122002.html

それとも「珍来」?

http://www.chinrai.co.jp/tenpo/tsukuba.html


珍来には,かつて小学校勤務だった頃,土曜日の授業の後にお昼を食べに行きました。県南だけでなく,鹿行(鹿島,行方地域のこと,「ろっこう」と読みます)にも多く展開していました。「山岡家」は,本店が,一番小さくて,古くて,でも根強いファンがいる所です。


あとは,大洗の魚市場にある「大洗かあちゃんの店」かなあ。

http://www.jf-ooaraimachi.com/mise.html

煮魚定食とか,焼き魚定食とか,魚フライ定食とか,ありますが,おすすめは,生シラスの味噌汁。と,もし完売でなければ,生シラス丼。まあ,季節にもよるのですが。

いちど津波で流されたのですが,新鮮なお魚を食べられるいなかの食堂を望む人々のために,プレハブではじめて,今は建て直して営業しています。

魚市場なんですが,何故か茨城産の野菜もたくさん売ってます。



笹団子さん

  ベイルートのハムラ通りにあるスターバックスには,夫と行きました。スタバが入っているところは,元はきれいなモールだったんですが(できた当初は),今は古びて,それはそれで,まあ,いいかな。外のテーブルに座って,建物を色々な角度からカメラにおさめてきました。ガラスの壁のところがいいんです(隣のビル)。

  レバノンのシャワルマは,たぶん,赤カブとか,野菜の酢漬けが入っていて,それが味を引き締めていると思います。

  同じシャワルマでも,シリアやトルコのとは,また違います。

  あと,ハムラ通りには,バルバルというトルコの方(だったと思う)が経営しているアラビア料理のファーストフード屋さんがあって,そこの別店のファラフェル屋さん(ファラフェルというのは,ひよこ豆のコロッケをはさんだコロッケパン,いもコロッケパンに似ています)や,アイスクリーム屋さんも,いつも賑わってます。

  みんな,食べるのが大好きだから,ああいう体型になるんですよ(ああいう,というのは,平均70~90キロの人達)。最近話題の「地中海式ダイエット」というのは,絶対に嘘だ,と,思いますね。
  
  シリアやレバノンに住んでいた友達の言うのには,シリアとレバノンとトルコは,みんなあのケバブをはさんでくるくるっとまいた中東式のサンドイッチに思い入れがあって,みんな,「うちが本家だ」というのだとか。

  でも,よく聞くと,トルコは「羊のケバブサンドイッチの本家」で,シリアは,「チキンケバブサンドイッチの本家」,レバノンは,「牛」あと,ファラフェル。

  食べ比べると,楽しいです。

  
つくば市在住さん

  というわけで,アリーさんのところにいくと,ついついファラフェルを頼んでしまいます。レバノン料理ですが,なぜかイラン人のアリーさんのお店にもあるんです。昔いらした(今はいない)年輩のシェフが,イラン人とアラブ人のハーフだとかで,その方が作ってました。


福島の医師さん

  血液検査って,してみると,以外に色々ひっかかるものですね。

  自分は,体がどうにもこうにも動かなくなって,つくば市の検診機関で知られたとある総合病院に行きましたら,即血液検査をされて,甲状腺の異常が見つかりました。

  特にものすごい治療というのはなくて,安静にして栄養とっていたら,1年ぐらいで治りました。

  知人は,いきなり甲状腺あたりが腫れてきて,あわてて病院に行ったら,「嚢胞できてるけど,甲状腺のこれは大丈夫ですよ。」と言われた,と,何もされずに帰ってきました。


 
re-tsuさん

  栃木の話が出たときに,「餃子」って,ぱっと浮かんで,いつかこちらのブログで出た,「ボッティチェリのビーナスの誕生風,餃子の像」が,すぐにぶわぶわっとイメージ化されました。

  私も,あれは見てみたいんですよ。宇都宮には,行くこともあったのに,車で行くからか,見ていないんです。  

No title

>なおみさん

インドではナンよりも薄くて丸型のチャパティが主流でした。 なんでもナンは窯(タンドール)が必要だから設備投資が少なくて済むからだとかですが、ナンはパキスタンに接したパンジャブ州が主でよそでナンをいただくとパンジャブ料理食堂/レストランになるようです。
粉ものは北が主流で南の州ではお米をいただいています。

食べログを見ると福島県では郡山に多めにその手のレストランがあるようです。
あと会津若松もですね。

その手の食べ物屋は農学部のある大学があって、留学生がそのまま居ついたパターンと工場労働者などその国の人が多い地域にあるようです。


>信夫山ネコさん
私は地中海の東の外れしか行ったことがありませんが、トルコにはピザの原形のようなピデという質素なピザがあります。
http://www.recipe-blog.jp/profile/10519/blog/2569114

日本人には物足りないかもしれませんが、トルコ人が日本のピザを見るとくどいと思うかもしれません。
オリーブオイルを使ったりしているのも共通ですね。

地中海の西は知りませんが、その地域は古代ギリシャやローマの円柱、モザイク画、ギリシャ文字、古代ローマの円形劇場の遺跡があちこちにありました。
シリアの円形劇場で北島三郎が与作を歌ったことがあるそうです。
http://es335.dtiblog.com/blog-entry-577.html


>boomboomさん

>ベイルートのハムラ通りにあるスターバックスには,夫と行きました。スタバが入っているところは,元はきれいな
>モールだったんですが(できた当初は),今は古びて
Googleで見ましたがアメリカン大学の近くなので同じ場所のようですね。
そうですか。今はさびれた感じですか。
あの地区は中東でも有数のアップタウンのようですね。

>みんな,食べるのが大好きだから,ああいう体型になるんですよ
もちろん遊牧民ならではの肉食もあるのでしょうが、「肥満は美徳」という価値観からではないでしょうか?
肥満の友人はインド旅行の時に観光地では「マスター」やら「サー」とか言われて面倒だったそうですが、トラブルがあって、警察に行ったら丁重に話を聞いてもらったようです。

>みんな,「うちが本家だ」というのだとか。
これ、わかります。(笑)

>シリアは,「チキンケバブサンドイッチの本家」
確かにシリアはこういうローストチキンのお店が多かったでしたね。
http://mihopoppo.exblog.jp/16431475/



話は変わりますが「左翼のクソども」というのはこれのことでしょうか?
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1598

気にしない人が多数派

松永和紀さんのFOOCOM.NET「科学的根拠に基づく食情報提供する消費者団体」の有料会員になっています。

http://www.foocom.net/

こちらは無料で読めるページです。

今週の有料会員向けのメルマガの中で、放射線を気にする「少数の」人たちの方ばかり向いていないで、すでに放射線を気にしない(気にする必要が無いとわかっている)「多数の」人たちに向かうべきではないか、ということが書かれていました。

声の大きい人たちは目立ちますけど、少数なんですよね。(すでに)

マスコミも大勢としては安全と言う方向に舵を切っています。
(マスコミでも気にする人は少数派)
(だから名前が出てくる)
(あいつとかこいつとか)

安全なのは当然で、美味しいとか、ウマイ!とか、やっぱりこれだね♪という、当たり前の「売り込み」をもっとすべきじゃないかと。

私もそう思います。

だからこれから福島の桃が出回ってきたら、息子のヨメ(果物大好き)にたくさん買ってやろうと待ち受けています。
(私は桃を食べると口やのどがかゆくなるんですー orz)

No title

福島市ってエスニック料理のお店確かに少ないかな~。
(スペイン料理のお店?どこだろう)
まあ、ここ数年「インドの方がやってる本格カレー店」は随分出来たと思います。
(どうでもいいですが、鎌田のあるディスカウント店兼ゲーセン兼岩盤浴兼中華料理店兼パチンコ店ガソリンスタンド併設のお店…本社山形県…のイートインでは、本格カレーやめちゃって、料理人?のインド系の方がそのまま味噌ラーメン作ってたりしますが)

会津若松にはベトナム料理店がありますね。あと、南会津の山間部にひょっこり北欧料理のレストランがあったりします。

>boomboomさん
ああ、そうそう、珍来です。アチコチあったんでチェーン店みたいですけど、チャーハンと言うよりヤキメシ、って感じが気に入りまして…チェーン店大好きなんですね~、私って。
って、Wikipedia見たらやっぱり分裂してましたか…あ、本店が千葉とかだった。茨城限定じゃなかったのか…。



で、今朝からテレビが「環境省参事官のツイッター」で盛り上がってますけど…確かに「暴言」だね、ってところもあるし「もうちょっと言い様があるでしょ」って事もあります。報道されている部分のみで言えば、福島人としては不快になる部分もあるんです。

でもね、だからといって全面的にマスコミを支持出来ないんですよ。
だってこのネタの拡散元のOPTってアレな団体だし。
ここを「被災者を支援している団体を誹謗した」ってマスコミで糾弾していても、「こんな人たち、ちっとも被災者の為にならないよ」って思っちゃって報道に共感できませんし。

この参事官の事はよくわかんないんだけど、それ以上にツイッターで福島に対する誹謗中傷を繰り広げる人はもっといるわけで。
「公務員」って括りに限定したって、早川某とか英雄橋某とかはのうのうとしている訳で(内部の処分はあったみたいだけど、あそこまでマスコミに糾弾されていない)。

参事官の味方するつもりは無いけど(ツイッターって発言に至る流れがわからないと判断できないし、ほんの数個のツイートだけで判断したくない)、福島はあの参事官の数百倍酷い事を言われているんで、あまりピンと来なかったですね。(ましてや数百倍酷い事言っている団体の告発?みたいだし)

マスコミはその辺考えた方がいいと思いますよ。
(たぶん調子こいて、第2、第3のドジョウ探しそうだし)

少なくとも「被災者(を支援する団体)をバカにしている」って言い方はやめて欲しいなぁ。参事官に腹が立つ以前に、アレな人達と一緒にされる方がイヤなんで。

No title

>スペイン料理
え~と、一つは日銀のウラの並木通り、アロスという名前。もう一つはサティの通りで、ビッグボーイの側で、ガストよりもっと奥。昔は「おひさまカフェ」「アボカーレ」だったことがあるような温室風建物。

>環境省参事官のツイッター
そもそも「あっち寄り」の「日野・レンジャー」の記事ですからね~。政治的目的があって、必ずウソが混ざっています。ここに書いた「日野記事」見ればわかります。
大体山下先生を被告にしようって連中ですから、せいぜいお互い様。暴言参事官は公務員としての処分があっても、青プリンの訓告程度が妥当、英雄橋なんて未だに何も公的処分ナシでは?。
それに「左翼のクソ」ってホントですよ。フクシマ瑞穂が山本太郎を支援するそうですから。

暑いです・・・

福島の浜辺から さん
>何度か書き込みしようとしては、すっかり楽しく暮らしておりました。

それが何よりかと思いました(少し笑いました)。

>相手にしないで普通にニコニコ生きていこう。

はい。そうします!


boomboomさんも食情報ありがとうございます。

みなさんから寄せられた情報を今
メモにとって(アナログ)いるところです。
どこも美味しそうですね♪

トルコの位置、さっきあらためて地図で確認しました。
いろんな文化のお隣さんなんですね。

ファラフェルはきっと私好みだと思います。
ひよこまめ好きです。

>血液検査って,してみると,以外に色々ひっかかるものですね。

そうなんですね~。血液は情報屋さんなのね。

私は・・・いつだったかの健診でなにかの数値がひっかかって
それって甲状腺の病気のこともあるそうなんですが
別の何かに異常がなかったので「大丈夫でしょ」で
終わりになりました。

女の人と話をすると
実は甲状腺が・・・ってよく聞くような気がします。

>「ボッティチェリのビーナスの誕生風,餃子の像」

ああ!そうでした(笑)。
私、写真とってきますね。


笹団子さん
>その手の食べ物屋は農学部のある大学があって、留学生がそのまま居ついたパターンと工場労働者などその国の人が多い地域にあるようです。

はあ~!なるほど~!!
すごく理にかなってますね。腑に落ちました。

>日本人には物足りないかもしれませんが

ピザもパスタも日本人は凝りますよね。
なんでも取り入れて日本風にアレンジしちゃう。
すごいな~。

>シリアの円形劇場で北島三郎が与作を歌ったことがあるそうです。

サブちゃん・やるな~。

>肥満の友人は

それもいいな~(笑)。
チキン美味しそう~(悶絶)。


北の国からさんは優しい「おかあさま」だったんですね(にこ)。
これまでタメ口失礼しました!


IKAさん
>「インドの方がやってる本格カレー店」

はいはい。食べに行ってますよ~。
スペイン料理、私が思い浮かべたのはパセナカミッセの2階です。

>料理人?のインド系の方がそのまま味噌ラーメン作ってたりしますが

ここでも文化の融合ですね。

>環境省参事官のツイッター

IKAさんのお気持ちに共感しています。
味方するつもりはないけど・・・全くそのとおり。


ネコさんの知ってるスペイン料理と
私の知ってるスペイン料理は
お店が全く違ってました(びっくり)!

こんど探してみます♪

>せいぜいお互い様

私もそう思います。

嫌な言葉を浴びせられ続けていると
気持ちが荒んで
感覚が麻痺してしまうんだと思う。

染まらないでいることの難しさ。

参事官

参事官は左右にこだわったのがまずかった。
「亡国者」「国賊」…他にも言い様があったろうに。
でも「どこかで見た感」が強いと思い出したのが松本龍元復興大臣。
この人は直に岩手と宮城の知事に暴言だったからなあ。
ただ心理状態は似たところがあったのかも。
憂うのはこのように事象が違うとはいえ、復興絡みで議員からや諸々のプレッシャーで
同じような不満を宮城や岩手に向かって吐きかねない役人がいるんじゃないかと。
今回だって「某大臣の虚言癖」のツイートの方がシャレになってない。


にしても一日遅れで報じた『スイッチ』には「武士の情け」を感じた。
それにひきかえ『ゴジてれ』は昨日から報じているが、
過去にアナウンサーが他人のブログをパクって騒動になったFCTが、と思ったw
今回もネット絡みの不祥事である以上「深追いするとヤブヘビだよ」と僣越ながら言っておきたい。

太るトルコめし

今日はイスタンブール最終日。大雨で外出できなかったので、友人宅で大人しく、トルコの料理番組を見てました。トルコ語分からなくても料理なら結構楽しめますし…

で、映像をみて驚きました。バター、砂糖の大きな塊を豪快に入れるんです。オリーブ油もドバドバ入れまくり、野菜が油に浮かんでいました。

極めて高カロリー。あれ、毎日食べてると、さすがに太るよなあ、と思いました。地中海ダイエットって、現実にはあり得ないと思います。

あと、珍来はマックスコーヒー同様、千葉&茨城に展開する「ちばらきラーメン」です。

中間管理職

>なおみさん
これまでタメ口失礼しました!

そんなこと、おっしゃいますな!
なおみさんのこと、姐御のように思ってますから。(まじで)

じいちゃんばあちゃんと暮らし、息子にはヨメがいて、いわば私は中間管理職です。(笑)

福島の桃が美味しいのは重々わかっていますが、かゆくなるのはいやなので、ヨメに食べさせます。
「あら、あなた、かゆくならないの?あらそう…ふうん」
なんちて。ははは。

ブロッコリーやトマトは普通に売っているので、時々買っています。
あくまでも普通に買っています。

ここでみなさんがのんきに食べものの話をしているのを見ると、ホントにうれしくなります。はじめのころ、オカシな人たちが荒らしにきたり、話にならないいちゃもんつけにきたり…読んでいて自分まで胸がどきどきして眠れない夜になったり。

みなさんの楽しい会話のおかげで、福島の人たちが普通に暮らしていることがわかりますね。(もちろん、適切に注意しながら)

なんだかスペイン料理のことが話題になっているので、おまけを一つ。

知り合いが言うに、スペインでは4人家族で1週間でオリーブオイルを1ℓ「食べる」そうです。すごいですね。
だから、女の人は40歳になると「くじらになります」だそうです。
男の人はどうなるのか、興味があります。

・・・・
現地に行ってみないとわかりませんね。何事も。

トロッタ(飲み物)って美味しかったです

観潮楼 さん
>同じような不満を宮城や岩手に向かって吐きかねない役人がいるんじゃないかと。

そうですね。それは心配です。

>「某大臣の虚言癖」のツイートの方がシャレになってない。

私は今回「左翼」云々の呟きについて思いをめぐらせ
少しこの方に同情的に寄ったのですが
他に何言ってるかはわからないから・・・。

ヘンな団体相手の対応として
例えば「ゼロベクレルを目指せ!予算つけろ!」と詰め寄られたら
「科学的に無理なんだけどな・・・
言っても黙らないんだろうな・・・」と判断したら

「持ち帰って前向きに検討したいです」と言っておいて
ないもしない(無駄な金は遣わない)のは有能な仕事ぶり・・・
といえるような気がするんです。

ただそれだけですね。

それにしても毎日
理屈の通らないことを言われ続けたら
イヤだろうなあ・・・。

でもね、それは身近な人に愚痴んなさい。
ツイッターで垂れ流す必要はないでしょう。


>今回もネット絡みの不祥事である以上「深追いするとヤブヘビだよ」と僣越ながら言っておきたい。

自分にも返ってくるかもしれないという覚悟と
自分は叩かれても埃は出ないよという自信のある方だけ
しつこく追求なさればいいと
私も思います。


Manachan@イスタンブール最終日さん

なんか・・・おかげさまで
食べ物のおしゃべり楽しかったです♪

何事も適量が大切

北の国からさん

深夜に切ないすれ違い(なんちて)。

>読んでいて自分まで胸がどきどきして眠れない夜になったり。

ホントにね・・・。
私もどきどきしてました。怖かった。

それでも冷静に
けれども一歩もひかない紳士淑女のみなさん方にも
ときめいていましたが(かっけ~!!と鳥肌立つほど)。

いろんな人みんなで信夫山を守り続けて
がんばったんですよね。

信夫山・・・っていうか福島っていうか
みなさんそれぞれの
譲れないものを守ったんでしょうね。


オリーブオイルって
美容と健康にいいとか
少し飲むとお通じにいいとか聞いたことがありますが
やっぱり油・・・ですもんね。

No title

陰謀論は好きではありませんが、全柔連の上村会長の会長職継続が問題になる時期に、何故か丁度良くプロ野球の統一球問題が起きて加藤コミッショナーがつるし上げられる。

復興丁お役人のツイッター舌禍事件についての石井 孝明氏の記事がありました。

http://blogos.com/article/64192/

No title

スペインと言えば以前、三重県の志摩スペイン村に行ったことがあるのでそちらでいただいた料理とお土産のお菓子をご覧になって下さい。

http://gogodango.blog69.fc2.com/blog-date-20101219.html
http://gogodango.seesaa.net/article/174316972.html


トルコなんですが、スーパーでバケツで売られているほどヨーグルトが消費されるようです。
http://topics.jp.msn.com/onna_blog/food/article.aspx?articleid=1685183

地中海ダイエットというのはその部分だけ切り取ったのではないかと思います。

福島県二本松市で子供200人が民間で甲状腺検査をした結果、かなりの割合で福島県とは違う結果が出た

現実は厳しいよ…

No title

↑ 心配しないでもお前が好きな韓国の方が放射線強いし。
  あと西日本の方が放射線が強い。

多分、下関あたりで甲状腺検査すると放射脳大歓喜の結果が出ると思うよ。

No title

>boomboomさん

>レバノンのシャワルマは,たぶん,赤カブとか,野菜の酢漬けが入っていて,それが味を引き締めていると思います。
書き忘れていましたが、ありがとうございました。
個人的にはレバノンのシャワルマが一番と思います。


>2013-06-15(01:05) :名無し殿

OurPlanetTVって福島○ね○ね団ですか?
http://www.youtube.com/watch?v=suLYNVtzvOQ

○ね○ね団

アハハ、ピッタンコですね~。

ま、連中はどうしても「福島の子どもが被曝影響で甲状腺ガンになってほしいッ!!!」て人たちですからね~。そうならないと、自分らの「存亡の危機」になるってわけです。必死です。

「原発反対」で食っている「反原発ムラ」、実は「原発共依存」ジャマイカ。本当に原発が無くなったら、食い扶持も生きがいも無くなったりして。だから連中にとっては、「福島壊滅」程度が、最高に「都合がいい」のでしょう。酷い話です。デマ戦争は、縮小しながらも先鋭化して続くのでしょう。

ま、とにかくこういう人たちが福島を脅しまくっていることを、ひたすら記録しますよ。後世のために。

No title

14日金曜日の朝日新聞朝刊は社会面で
「中傷ツィート 嘆く被災地」を展開、

3a代表の野口時子さん(郡山在住)の憤りと
「子どもたちを放射能から守る全国ネットワーク」の伊藤恵美子さんの
訴えを載せていました。

これまであった「葬列予報」などの圧倒的な酷さを思えば、
この参事官、被災地(福島)に対してはそれほど酷いこと言っていないと思うのですが。
「これから福島に行きます」
「福島で食事した」
「南相馬に行きます。大変な被害にあったところです」
など(正確ではない)、基本、こんなツィートです。

少なくとも報道されている内容とは、印象がずいぶん違いました。


>boomboomさん

餃子像か・・・ふっ(脱力)
ところで、
村上春樹は餃子の形状・味すべてが”大嫌い”なんだそうです。
餃子のこと、深く考えたことがないので、笑いました。
嫌だろうな、餃子で町おこしの町。
駅なんて餃子グッズで溢れていますから。
(昔、表参道を歩く村上氏を何度か見たことがあります)

>なおみさん

宇都宮は、繁華街はちょっと駅から歩きます(バスあり)
「宮カフェ」というアンテナショップはそんなところにあります。
「とりきち」(焼き鳥)もおすすめ。
「パイプのけむり」という店では、U字工事が呑んでることがあるそうです(笑)
















No title

>福島の浜辺からさん

>小物でも小林朝夫のタイホはちょっとうれしいニュース。

バルパンサーの次はプテラレンジャーですかねぇ(遠い目)


>boomboomさん
>「山岡家」でしょうか。

山岡家といえば数年前に郡山インター近くに店舗ができましたな。


>血液検査って,してみると,以外に色々ひっかかるものですね。
手元にある「甲状腺疾患の診かた、考えかた  中外医学社」
によれば、


(同書序文より)

「第一に、首が腫れてきたといって来られる方は別にして、
甲状腺機能亢進症や低下症の症状は不定愁訴に近いものが多く、
甲状腺疾患を疑わないと見逃してしまう可能性が低くないこと。
原因がわからず長年放置されていたり、
他の疾患に間違われて治療されていたりします。
第二に、一般血液検査の項目には甲状腺ホルモンは含まれていませんが、
甲状腺機能異常を疑うヒントが隠れていることが少なくないこと。
第三に、甲状腺ホルモンを測定さえすれば一目瞭然になること。
第四に、甲状腺疾患の頻度は意外に高いこと。
一般外来での甲状腺中毒症の頻度は、
女性で150人に1人、男性で600人に1人程度、
甲状腺機能低下症の頻度は女性で50人に1人、男性で100人に1人程度です。
これに甲状腺腫の頻度を加えますと
15人に1人と相当の症例数になり、
一般外来で遭遇するのは必至ということなります。」

ということで甲状腺の病気はまれなものではありません。

しかも、上記の頻度は外来にいらした方の話なので、
無症状で甲状腺ホルモンは正常、
甲状腺腫大もないけど甲状腺自己抗体陽性の
橋本病疑い例みたいなのまで含めると、
相当数いるのではないかと思います。

「甲状腺疾患の診かた、考えかた  中外医学社」は
一般の医師向けの書籍で薄めの本の割に3360円と少々高めですが、
頑張れば一般の方でも読めないことはない感じで書いてありますので
興味がありましたらご一読をお勧めします。
http://www.amazon.co.jp/%E7%94%B2%E7%8A%B6%E8%85%BA%E7%96%BE%E6%82%A3%E3%81%AE%E8%A8%BA%E3%81%8B%E3%81%9F-%E8%80%83%E3%81%88%E3%81%8B%E3%81%9F-%E7%94%B0%E4%B8%8A%E5%93%B2%E4%B9%9F/dp/4498123468/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1371261144&sr=8-1&keywords=%E7%94%B2%E7%8A%B6%E8%85%BA%E3%81%AE%E8%A8%BA%E3%81%8B%E3%81%9F


まぁ、逆に言うとこの本を理解できないようであれば、
甲状腺がんがどうのこうのと講釈はできないと思いますが・・・

(聞いてますか?マスコミの方(やぁどさん除く))

No title

まずは訂正です。

昨日のコメントで「環境省参事官」と言いましたが、「復興庁」の間違いです。環境省にお詫びを申し上げます。
この方は本当の所属先は総務省で、船橋市副市長への出向していたところから復興庁(福島)への出向と変わったようです。

あ、ついでに「数百倍酷い」は「当社比」ということで(笑)。

>信夫山ネコ様
サティ通りはしょっちゅう行ってるんですけど…じぇんじぇん気付きませんでした(笑)。
あそこのお店って、結構入れ替わり激しくて、もうちょっと変わってもただの風景の一部になってしまって…。

で、件の「復興庁の人」ですけど、昨日のコメントはちょっと模範解答。IKA蔵(←久しぶり)的には「やらかしたこととは別に、OurplanetTVへの嫌がらせの為に減刑(?)嘆願運動してあげてもいいかな」位に思っています。
まあ真面目な話、マスコミであそこまで非難されるほどの事ではないです。やったことは軽率ではありますが。

ま、やたら「被弾」していたみたいですけど、きっと「左舷の弾幕薄いぞ!」状態だったんでしょう(←ガンダムスタイル…笑)。

No title

>OurplanetTVへの嫌がらせの為に減刑(?)嘆願運動してあげてもいいかな」位に思っています。
>まあ真面目な話、マスコミであそこまで非難されるほどの事ではないです。
>やったことは軽率ではありますが。

同意です。
これで処分が下るなら、群馬の某中学校教師や某大学教授はどうなんだと。

>きっと「左舷の弾幕薄いぞ!」状態だったんでしょう

で、こっそり「何やってんの」と言ったら問題にされたというw

相互インタビュー

みなさま

過日ここで案内があった斗ヶ沢さんと上杉氏との相互取材、ごらんになれましたか?

私はその時間、用事で出歩いていたので見逃したんですが、USTアーカイブが視聴可能になっていました。

http://www.ustream.tv/recorded/34317689

時間は2時間超えということで、斗ヶ沢さんのツイートにもあるとおり、見る側にも忍耐が必要なようです。
(私はこれから時間を作って視ます)

https://twitter.com/hidetoga

それでも、ギャラリーに対してどちらが「まとも」かがはっきり表され、しかも記録として残された、ということに意義があると思っています。

No title

>IKAさん 医師さん

参事官について、まったく同意。彼はサヨクに暴言しましたが、被災者や被災地をDISってはいない。それなのにアサヒは「被災地に暴言とすり替え、つまり我々を利用してデマを飛ばしています。例によって「市民~」を福島の代表に仕立て上げ、といういつものヤツですね~。福島ではサヨクや「市民~」は支持されていません。あの「県民健康管理調査評価委員会」の記者会見に対する、ツイッターでの様々な福島人の反応を見ればわかります。

間もなく出版される、渡利の普通の人が書いた本にも、「外からの活動家、運動が支持されていない」等の「福島の違和感」が出ていると聞きました(出版されたら確認しなくてはなりませんが)。もしかしたら「多数の普通の福島人」の気持ちが書かれた、最初の本かもしれません。

この「悪魔の循環」を何とかしなくてはなりませんね~。なぜ「市民~」を福島の多数に見せかけるメディアがあるのに、逆は無いのか?これこそ世の中が危ない状態、「反原発ファシズム」ですよ。恐ろしや~。

相互取材ツイッターまとめ

相互取材のツイッターまとめが出ていました。

http://togetter.com/li/518452?page=1

文字起こしも。はや!

http://mekurayanagi.hatenablog.com/archive/2013/6

頼もしい人がいっぱいいる

ovalさん!

すごいすごい!

>石井 孝明氏の記事

教えてくださったこの記事
石井さんは私がもやもや思っていることを
きちんと文章にしてくださってる。

>陰謀論は好きではありませんが

私も同感ですが
なぜか同時期に似た様なことが起きますよね。不思議。

なので私は「今週は星占いがそうなのかな~?」って
納得つけるようにしてます。

水星のせいで流れが速いなとか
土星来てるからキビシーなあとか。
いいかげんですが(笑)。


笹団子さん
たこもトマトも大好きです。
今度調理してみようと思います。


ネコさん
昨日教えてくださったスペインバル
・・・の隣の古本屋さんに行ってきました。

もうちょっと運転うまくなって
あそこに駐車できるようになったら
ランチに行ってみます。


retsuさん
>村上春樹は餃子の形状・味すべてが”大嫌い”なんだそうです。

形状まで嫌わなくても・・・(笑)。

私が包む餃子は餃子の形を成してないから
だまされて召し上がるかもしれませんね(そこまでしなくてもいいけど)。


福島の医師@当直中(開店休業中)さん
>甲状腺疾患

へえええええ。
目立たないけど身近な「不調のもと」だったりするんですねえ。

そういえば先日「あさいち」でも特集組んでました。

みのもんたの食べ物情報と同じく
こういうテレビの後って
これみて心配した人が外来に増えるかも~?なんて思ってました。

>これで処分が下るなら、群馬の某中学校教師や某大学教授はどうなんだと。

そうですよね(ぷんぷん)!


IKAさん
IKA蔵さんの意見にも賛成です(なお蔵)。


北の国からさん
>ギャラリーに対してどちらが「まとも」かがはっきり表され、しかも記録として残された、ということに意義があると思っています。

それは貴重な資料ですね。

私は斗ヶ沢さんという方については詳しくは存じ上げないのですが
(なんかいい人みたい・・・くらいの認識)
でもこの人が所属している組織なら
まだ希望はあるのかな・・・と思いました。


ネコさん・IKAさん
>福島ではサヨクや「市民~」は支持されていません。

そうですよね。
私・頼んでないのに
アサヒに「参事官にdisられたかわいそうな子」にさせられちゃって。

心外だわ。気分悪いったら!
やめてよ!私が思ってもないことを代わりに騒ぐの。


今日は子どもに誘われて
東日本大震災復興支援チャリティコンサートに行ってきました。
熊谷・東京公演の後の今日で
私たち(福島の人たち)はご招待いただいたんです。
埼玉と東京のみなさん・ありがとうございました。

飯舘の村長さんもいらしてました(ご挨拶しちゃった)♪

No title

>なおみさん

>みのもんたの食べ物情報と同じく
>こういうテレビの後って
>これみて心配した人が外来に増えるかも~?なんて思ってました。

内科の知り合いによれば、
「水曜日に同じようなことを訴えてくる人何人かいるので気になっていたが、
それは前日にやった『本当は怖い家庭の医学』の話だった」

というのを聞いたことがあります。



他にも、小児科の知人の話では
「(無印)プリキュアが始まってから女の子が妙に乱暴になった(あくまで個人的感想)」
というのがありましたかね。

そのせいもあってか、
格闘アクションが抑えられて光線技とか超能力みたいな、
マネしにくい技が増えていったとか。
(ソースは不明、スプラッシュスター以降はあまり見てないのでよくわかりません)


なんだかんだでテレビの影響は大きいようです。

沖縄ぜんざいに生クリームはうまい

福島の医師@当直明けさん
>なんだかんだでテレビの影響は大きいようです。

あはははは。やっぱり~。
私もそうですが
症状が全部自分に当てはまるような気がするんですよね。

プリキュアとかまねしにくい技とかも・・・(笑)。

いくら「よいこはまねしないでね」って言っても
したくなっちゃうもんね。

ガリレオの後にも「よいおとなもまねしないでね」みたいなのが
流されますものね。


参事官のこと。
処分が検討されているようですが・・・

公務員は形だけの奉仕者であってはならないから
ツイッターでやらかしちゃったことはよくないと思う。

それでも・・・だったら・・・
福島に本当に酷いことを言った人たちが
殆んどお咎め無しなんだから
その程度にしてあげてほしい。

この人がもうへんなひとの相手に疲れきっちゃってて
知らず知らずに「ばれちゃってもいいから任を解かれたい」なんて
プチ破滅願望があったとしても

身近な人がだれか一人でも
かばってあげてたらいいな。

本人にそっとひとことでいいから。

肩に手を置くとか
机におかし置いてあげるとか
大変だったねって。


「左翼」とか「団体」との交渉で
言いなりになるような人ばっかり公務員に残したいのかなあ。

内容・相手次第で
したたかにかわせる人こそ
大事だと思うんだけど。

だれか偉い人がここ読んでたらいいな。

No title

http://blogos.com/article/64192/

石井孝明さん、このブログのこと書いてくれたんですね~。
ホントにありがとうございます。

ワタシは口が悪いノラネコですが、福島のフツーの、ここで生きる良識あるみなさん、率直な思いをもっと発信していきましょう。

No title

何やら面白いものが出回ってますね。

pic.twitter.com/fQZU5joAjC

http://togetter.com/li/519330

あれだけ避難させろやら何やら騒いでおいてまぁ・・・

旦那が帰ってきて解離・転換性障害がなおったんでせうか。

はあああああ?

ネコさん
>福島のフツーの、ここで生きる良識あるみなさん、率直な思いをもっと発信していきましょう。

はーい(にこ)!

ネコの威を借るなおみではございますが
思ったことをこの場を借りて言わせていただいてます。

言うだけで・・・気持ちが成仏するんだもん♪


福島の医師@当直明けさん

開いた口がふさがらなくてあごが外れました・・・。

でもご近所には「ぬまゆ包囲網」がひかれているはず。
こんな塾に無駄金つかえっか!ザケンナ!!

No title

>北の国からさん
上杉隆と斗ヶ沢さんの相互取材、ツイッターまとめので実況中継(?)を見ていましたが、相当に酷かったみたいですね。
おしどりマコの乱入劇とか…昔12チャンネルでやってた「アメリカンプロレス」(だったかな?)を思い出しちゃいました。
リングサイドの女子マネージャーが凶器渡したり、乱入したりよくやってたんですよ。

結局、上杉隆はプロレス的展開を目論んでいたんでは?なんて感じたんですよね。
ただ、プロレスの本質は決して理解していないままで。

>信夫山ネコ様
私自身は「福島県代表」とは言えませんけど、いち福島県人としてコメント続けさせてもらいます。
これからもよろしくお願いいたします。

>福島の医師さん
コメント欄にありましたけど、「放射能に順応」してきたみたいです。会いにいった人によると「進化」したみたいですが(ぶはは)。
または「ああいった症状によって放射能がデトックスされた」とか…いわゆる好転反応ってやつですかね?
まあ、いろんな解釈ができるものですな。
(さすがその筋の方は違うもんです)

>なおみさん
ここでは、いろんな人たちに福島の人のいろんな本音を聞いて欲しいですね。
福島に住みもしない、よく知りもしないで、「福島の人は~」とか「福島の事を~」とか知ったような事言うやつは特に。(マスコミ関係者には声を大にして言いたい!)

勇気ある全国マスコミはここの人たちを取材してみたら?
わたしゃ決して「期待される福島県民像」なんか演じてやんないけどね。

板橋のホタル先生

昨年7月、いわき湯本のイベントの騒動で問題視された板橋区ホタル生態環境館が板橋区から廃止の宣告がされたようです。
http://togetter.com/li/519082

No title

>笹団子さん
まとめ見る限りでは施設の存続を願う人が多いみたいですね。「都会のど真ん中でホタルが見られる」施設ってのは地域住民にとってはありがたいものなんでしょうけど。
板橋区民には恨みも何もないです。
生物多様性とかDNAとか難しい事はわかりませんが、年に一回位ホタルを見たいよね、って気持ちはわかりますし、否定もしません。

ただ、ここの館長は「板橋区」の名前を利用して「トンデモ」の信用度を高めたりしているように見えますし、福島(いわき市)も体よく利用されちゃったかなぁ、って思います。
たぶん、福島県民ですらあまり知られていないんでしょうけど、特に板橋区民には、ここの館長はそういう人ですよ、っては知って欲しいな。


ホタル

0.5μSv/hで蛍が光らなくなったり、ナノ銀で除染が出来たりしちゃう人ですからね。。。

早野先生と糸井さん

みなさま

先日は相互取材の煮ても焼いても食えないモノが蠢いている動画をご紹介してしまったので(笑)本日はよい記事を。

http://www.1101.com/hayano/2013-06-17.html

ほぼ日刊イトイ新聞で糸井さんと早野先生との対談が始まりました!


今日はちょっとどきどきしちゃう♪

IKAさん
プロレスですか・・・(笑)。なんか・・・よくわかる気がします。

>プロレスの本質は決して理解していないままで。

そうでしょうね~。
プロレスファンに失礼ですよね!!

>わたしゃ決して「期待される福島県民像」なんか演じてやんないけどね。

そうですよね!

私の生活なんか
マスゴミが期待してるような記事にならなくて
取材されたって没になる自信まんまんだよ!!


笹団子さん!
あのひとは今・・・っていうか
「その後」を教えてくださってありがとうございます。

ありましたね~こんなこと(なつかしい・・・ナノ銀とか)。

>ここの館長はそういう人ですよ、っては知って欲しいな。

そうですよね・IKAさん。
あとの判断はみなさんご自由に・・・で。


北の国からさん
>煮ても焼いても食えないモノが蠢いている

あははははは~。
どーりで胃もたれがすると思った(笑)。

>糸井さんと早野先生

きゃあ!素敵!
おふたりとも食いしん坊だし!!

今日のなおみ星占いは
ミーハーの星がキテル気がする・・・(次の記事も参照)。

時期を・・・読んでらしたのね。

いつ・誰とつながるかで
「あの人たちはそういうグループ」ってまとめられたら
一度色づけされちゃったら・・・って配慮

さすがだな~。

すぐに仲間分けをしたがる単細胞がいっぱいいたから
すっごくわかる気がしました。

あせらなくても出会う人とは
一番いい時期に出会えるんだと思います。

糸井さんはスコップ団の応援の次に
「つくること」を考え始めてくださったんだと知り
やっぱり感謝です。

No title

>IKAさん

板橋区ホタル生態環境館は以下のエコポリス板橋がベースになっているようです。


「エコポリス板橋」環境都市宣言


 豊かな自然 澄んだ空気 静かでやすらぎのある暮らしは私たちすべての区民の願いです

 板橋区には みどりと水の豊かな自然やいきいきとしたまちなみなど 誇れる環境が残されています

 しかし 近年の盛んな都市活動は かつての良好な環境を徐々に失わせ さらに地球環境をも悪化させています

 環境にやさしい暮らし方や事業活動を進めながら かけがえのない地球環境を子孫に引き継いでいくことが 私たちに課せられた責務です

 私たち板橋区民は 真に快適な環境を創造するために 人と環境が共生する都市「エコポリス板橋」の実現を目指していくことをここに宣言します

1. 私たちは 毎日の生活が地球環境に影響を及ぼしていることを認識し 地球市民として行動します

2. 私たちは リサイクルの推進やエネルギーの節約に努め 地球の資源を大切にします

3. 私たちは みどりや水 空気を大切に守り様々な生物が共に生きていける環境づくりに努めます



平成 5年 4月 1日   板橋区


その環境都市を実現するために「板橋区にホタルを呼び戻し、自然と共生する「エコポリス板橋」の実現のために、研究・実践を続けています。」だそうです。


ただ、平成24年9月に公表された板橋区行政評価で区長が委嘱した学識経験者6人と公募区民3人の計9 人で構成された板橋区行政評価委員会による外部評価で以下の評価がされ、最終的に休廃止の判定に至ったようです。


【今後のあり方の視点】施設の室内通路等が乱雑な状態で、予告もなく休館となる場合も散見され、公開を前提とした施設の体を成しているとは言い難い。ホタルの夕べでは、多数のボランティアや地域住民の協力もあり、かつ施設を評価している区民も多く存在することから、公共施設としての自覚を持ち、早急に改善を進めること。また、ホタルの生態に関する研究成果に対しては一定の評価ができるが、そもそも、区として研究のための施設が必要であるか疑問である。中長期的な視点に立てば、施設の老朽化や属人的な能力に依存した施設運営がなされていることから、建て替えを契機に廃止を検討されたい。

放漫な運営とホタルを飼育するのに給排水や浄化設備が20年経過して劣化したのですが、改修に多額の予算を計上しなければならず、板橋区として研究をする必要性が無いことから廃止されることになったようです。
http://www.city.itabashi.tokyo.jp/c_kurashi/047/attached/attach_47762_1.pdf

勧善懲悪の時代劇にありがちな手打ちになった悪代官が公式には「病死」と発表されたのと似たような気もしますが。

子どもの夢を壊したくないのですが、保護者にはいわき湯本の件は伝えなければならないでしょうね。

No title

>笹団子さん
ありがとうございます。
ホタルは清流に棲む事から「環境保護、環境復興の象徴」として扱われますからね~。浄化した水と(たぶん)水槽で繁殖させる事に意味はあるのか?とも思いますが、環境意識の啓蒙には役立ちそうです。

>予告もなく休館となる場合も散見され…

って、確かに公共施設の体をなしていませんね。館長、講演とかで忙しいからかな。(老朽化してるみたいですから、施設の修理とかのせいかもしれませんけど)

まあ、そもそも論として(先に挙げたように)ホタルは「環境復興のシンボル」であって、ホタル研究が優先されて環境浄化が後手にまわってしまっては本末転倒なんですが…この館長は気にしないように思っちゃいます。

やっぱり名前を利用していただけなんだろうなぁ。

同じ土俵で示すと

良かったら考えてみて欲しいのですが、
東京都の女子高生性の
甲状腺異常の57%の内99.6%はびまん性ですよね?
記載あり(びまん性とは単に腫れているだけ)

福島A2判定以上は39.9% 内容は下記の通り

A2判定は5mm以下の結線や20mm以下嚢胞があるです。

女子高生の例を福島基準でやりなおすと
A1判定(結節や嚢胞を認めなかったもの)が全体の99.6%で

残り0.4%がA2判定以上になりますが

同じ土俵で語れる話でしょうか?

No title

>判定基準を揃えないと!さん
う~ん、同じ土俵もなにも…都内女子高生は「触診」で、福島はエコー検査ですよね。
触診の精度がどの程度のものなのかわかりませんけど…エコー検査でもA2判定って結構難しいような話も聞いたんですが…。
ってか、触診によるびまん性って診断をA1判定に入れるって無茶な気が…同じ土俵にあげること自体が無理があるのでは?と思います。あくまでも素人の推測ですけどね。

重要なのは、「2869名のうち1名に甲状腺がん」って事だと思います。

No title

>女子高生の例を福島基準でやりなおすと
>A1判定(結節や嚢胞を認めなかったもの)が全体の99.6%で
>残り0.4%がA2判定以上になりますが
>同じ土俵で語れる話でしょうか?

0.4%は結節で嚢胞は含まれず、その大きさも不明。
にもかかわらず、何故「残り0.4%がA2判定以上」という結論に至ったのか、謎。

http://www.hcc.keio.ac.jp/japanese/healthcenter/research/bulletin/boh2004/22-19-22.pdf
触診で引っかかった人が1,635名で、全体の57%。
甲状腺抗体陽性社は94名で陽性率3.3%。
甲状腺抗体検査陽性者で、かつ触診で異常があった人は88名。
甲状腺抗体検査陰性者(2,775名)の甲状腺種頻度は55.7%。

比べるべき数字は、福島県で受診した人の甲状腺抗体を検査し陰性者を触診して出た数字と、都内女子高生の甲状腺抗体陰性者の中で甲状腺種が認められた人の割合「55.7%」。
福島県のスクリーニング結果は抗体検査陽性陰性どちらも含まれ、かつ触診より発見率の高いエコー検査の結果なので、都内女子高生の結果と比べるとあまりに分が悪い数字になるのは、専門知識はなくとも容易に理解できる。

http://www.japanthyroid.jp/commmon/20100102_07.pdf
甲状腺腫瘤および癌の頻度
「触診による甲状腺腫瘤の発見率は,0.78〜5.3%(男性0.2〜8.3%,女性0.96〜4.1%)と報告されている(表1)。一方,超音波検査を用いたスクリーニングでは,甲状腺腫瘤の発見率は6.9〜31.6%(男性4.4〜18.5%,女性9.2〜31.6%)」

http://www.epu.ac.jp/uploaded/attachment/1014.pdf
甲状腺微小癌
「最大径10㎜以下の甲状腺癌を微小癌といい,その殆どが組織学的に乳頭癌であり,臨床的には問題にならず潜在癌としてずっと留まっているのではないかと推測されてきた。因みに最大径10㎜の甲状腺腫瘤は,甲状腺における存在部位にもよるが,痩せた人では触知可能,太った人では触知困難な大きさである。」

小児によく見られる甲状腺超音波検査所見とその経年変化
http://static.ow.ly/docs/%EF%BC%88%E3%81%BE%E3%81%A8%E3%82%81%EF%BC%892012%2011%2030%E3%80%80O-07-03%20%E5%B2%A9%E4%B9%85%20%E5%BB%BA%E5%BF%97.pdf_W4M.pdf
プロフィール

shinobuyamaneko

Author:shinobuyamaneko
 福島県福島市の信夫山に住むネコです。
 原発事故以後ネット上には「もう福島市は放射能高くてダメ!逃げてください!」「福島はチェルノブイリ以上!」「子供を見殺しにしないで!」等の「反原発の叫び」が溢れてます。ネコはどこにも逃げられないから、もうノイローゼ気味。こういう「叫び」「脅し」の効果もあって福島に来る人は激減。街は沈み、市民は「すぐに逃げてください!」に怯えながら、静かに暮らしています。(←最近は嘘・デマがバレてきて、みんな元気になってきた感じだにゃ。)
 しかしね~、この種の「叫び」の根底に、「反原発」の「福島壊滅ならば原発全廃にできる!大大大チャンスだ!」っていう心理はないですか?原発全廃の為にはまず「福島壊滅」が必要とばかりに、科学的、医学的、論理的に怪しい説、大げさな数字等が「連呼」「拡散」されていないですか?それが「正義」になっていませんか?
 信夫山ネコは「故郷福島壊滅」を「原発全廃」の手段にされてはたまらんです。もし根拠がない数字や説の拡散によって、旅館の経営者が自殺するとかの悲惨な「風評被害」が出たら、大人しい福島人も終には訴えたりするのかにゃ~?!今はとにかくデマ、風評、誇張、脅し等を除染しながら記録するにゃ。(「リンクフリー」です 対「反原発」、対「放射脳」等での引用ご自由に)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR