祝!予言的中 福島県人口増 そして信夫山ネコ100万アクセス超だにゃ

うれしいニュースがあったね~。5/25 福島民報記事だよ。

http://www.minpo.jp/news/detail/201305258629
県人口3年ぶり増 5月現在195万341人

 県の5月1日現在の推計人口は195万341人で、4月1日現在より746人増えた。社会動態で県外からの転入が転出を上回ったためで、対前月比で増加に転じたのは平成22年5月以来3年ぶり。県は「転勤や就職による転入増加に加え、住民票を移していた県外避難者が4月を節目に県内に戻ったのではないか」と分析している。
 県が24日、発表した。4月の1カ月間の社会動態は、転入が5千216人、転出が3千680人で、転入が転出を1536人上回った。自然動態で死亡者が出生者より790人多かったため、推計人口全体では746人増となった。
 県によると、例年、5月1日現在の社会動態は春の就職や転勤による転入者が反映され、前月比で増える傾向にある。しかし、東日本大震災と東京電力福島第一原発事故後は転出が転入を上回り、23年が前月比7千436人減、24年が729人減となっていた。
 今年の5月1日現在の社会動態は震災前と同じく増加に転じた上、22年、21年に比べて転入超過数が多かった。年齢別内訳で5歳から14歳の子どもの転入も増えており、県は「県外避難の親子が帰ってきたのではないか」とみている。
 世帯数は71万9千745世帯で3千384世帯増えた。
( 2013/05/25 09:41カテゴリー:主要 )


こちらは「福島民友」
http://www.minyu-net.com/news/news/0526/news9.html
県人口が3年ぶり増加 県外避難者、戻る動き

 県が25日までにまとめた1日現在の県推計人口によると、県人口は前月から746人増え、195万341人になった。県人口が増加したのは2010(平成22)年5月以来3年ぶり。東日本大震災、東京電力福島第1原発事故による県外への流出などで人口減少に拍車が掛かっていたが、4月割り込んだ195万人台に回復した。
 県は増加した要因について「就職や転勤などによる転入者の増加が反映され、人口動態が震災前の状況に戻りつつある」と分析。さらに原発事故で県外に避難した住民が新年度に合わせ、県内に戻り出していることも要因とみている。
 自然動態は出生1228人、死亡2018人で、790人の自然減だった。しかし社会動態は5216人の転入に対し、転出が3680人で1536人の転入超過となり、県人口が増加に転じた。
(2013年5月26日 福島民友ニュース)


遂にこの日が来た。前々回エントリーで予言したように、アサヒ新聞、毎日新聞、「市民~」らの「ホットスポット攻撃」は、「復活の日」の前触れだったのだにゃ~。まさに福島は千葉県柏市のあとを、遅れながらも追いかけているのだ。

帰ってくる人、大歓迎。よかったね。もちろん「安心」して戻ってきたわけでもなく、現実リスクのトレードをしたということで、ケラケラ笑っているわけにもいかない。今後はこの面での精神的ケアも必要なのだにゃ。

確かに放射能の「危険ゼロ」ではないが、かなり低いということが「確からしい」。ま、自分のためにもスグ思いつくヤツを書いておくか。

空間線量=外部被曝
空間線量は下がってきた。前々回エントリーに書いたように、今や欧州の大都市、ミュンヘン、ロッテルダムより福島、郡山の線量の方が低い。やがてニューヨーク、ロンドン、ローマの水準となるだろう。確かに線量の高い「ホットスポット」はあるが、これがマスゴミ、「市民~」(=「政治的反原発」)連中の「危険煽り」材料として、あたかも福島全体のように恣意的に使われていることにも注目しよう。なぜ連中はこんなに、人が住まないドブの放射線量等で「脅す」のか?理由が医学や科学ではない、と考えるべきではないか?悪意がある、信用できない連中ではないか?連中の「原発廃止のために福島を壊滅させる」作戦の、行き詰まりを表わしているのではないか?

また実際の個々の被曝量は空間線量の単純な積算よりかなり低いことが、各自治体「ガラスバッジ」データで証明されている。大方は1年で2ミリに到達しない。

内部被曝
現在空気中に放射性物質が漂っていることはほとんどない。セシウム等は現在土壌の粘土質に付着していて、稀に強風で舞い上がったとしても、呼吸で体内に入った場合、粒が大きい為に排出される。東大の早野先生は、福島市の校庭における「土ぼこり」の「内部被曝」が無いこともデータを取っている。仮にバンダ何とかという、病理所見が怪しい「学者」の「セシウムは骨に貯まる」理論を信じても、今の福島で貯める事は不可能だ。

また早野先生らの調査による、現実の食品、飲料からの「内部被曝」量の少なさが立証されている。食品や飲料水の規制は確実に効果を上げている。

なおチェルノブイリ事故5年後のベラルーシの法律による、「土壌汚染55万ベクレル/1平方メートル以上」=「強制避難区域」というのは、連中の「危険煽り」だ。これは「二次移住区域」であり、しかもこの土壌汚染による区分は自給自足が多い現地での、放射性物質の「作物への土壌からの移行」を基にしたものだ。福島とは事情が全く異なるし、空間線量のことではない。
http://genpatsu.sblo.jp/article/47289931.html 参照
また前回エントリーコメ欄で話題になった、山形大学の「山根論文」には「チェルノブイリ法は,年間被曝量5ミリシーベルト以上の地域を「避難の義務ゾーン」,1〜5ミリシーベルトの地域を「移住権利ゾーン」と設定しており,後者は避難することも避難しないことも認められた「選択的避難区域」と設定された。この基準に照らせば,福島の多くの地域,また福島県外で汚染が広まった地域も「移住権利ゾーン」に属することになる」と書いてあるが、この「年間被曝量」は単純な空間線量積算ではなく、食品・飲料からの内部被曝量が含まれる。ガラスバッジの測定量、早野先生らのデータを見ても、チェルノブイリ法は福島への適用は「?」だ。増してこの「事故5年後の法律」を、まだ事故後2年の福島に当てはめて危険を煽るのは、論外だ。
http://icchou20.blog94.fc2.com/blog-entry-300.html 参照 
特に「この5 mSv/年を日本での遮蔽率とCs-134との合計で計算すると、14.8 mSv/年の外部被ばくに相当するのである」にご注意。

初期被曝=ヨウ素131
事故のすぐ後の「初期被曝」については、3月発表WHOの報告書で、あり得ない極端な「危険寄り」仮定(浪江町で事故後4ヶ月留まり、地元産品を食べ続けた)をしても、健康被害の危険性は極少だ。また広島大、弘前大、長崎大の初期被曝についての貴重なデータも、どうやら最大で甲状腺等価線量=33mSV程度で、しかもそのケースは少なかったことを示している。チェルノブイリ事故とは桁違いの少ない被曝量だ。

マスゴミ、「市民~」連中の攻撃目標は今や「県民健康管理調査」で、これを「甲状腺ガン隠し」としたいわけだ。しかし現在38000人中3人のガン患者(疑いは7人)は「有病率」であって、事故後の被曝による発症などとは、全く言うことはできない。連中はこれを「高い罹患率」などと何としても決め付けたがっているが、論理的、学術的にに不可能だ。韓国の甲状腺ガン超音波検診ブームでは、被曝と関係なく日本の14倍の発症が見つかっている。これは大人のことらしいが、少なくともこれまで広範囲に行っていない「超音波検診」の高性能ぶりには留意しなければならない。また「のう胞、結節」については、長崎市、甲府市、弘前市での子どもの検診結果、保有率は福島と変わらない。ミクロな次元では福島より高いほどだ。三回前のエントリーに書いたように、むしろ連中がたった1人の「不安を持つおかあさん」を各社で使いまわし、「県の検査は2分間程度で信用できない」「ウクライナの医者に検査してもらいたい」等の発言を引用、挙句の果てに「小児科医に10分かけて検査してもらった結果(=7cmののう胞)は、正しいと鵜呑みにはできなかったが、専門医じゃないから」みたいな、支離滅裂記事を書くこと自体が、異常ではないだろうか?最早「放射線起因か?」なんてレベルにすら到達していない。このおかあさんの「不安」は誰が起こしたのか?連中が起因ではないのか?ニュースの自作自演で、消耗するのはこの「おかあさん」だ。医学・科学問題から離れ、感情的に「県民健康管理調査」は「信用できない」のならば、マスゴミ、「市民~」等は信用できるのか?連中の「信用できない」証拠は膨大だ。このブログで散々腐るほど書いてきた。そして何より原点に戻ると、「被曝量はチェルノブイリと比較して桁違いに少ない」である。


丁度アサヒの「ゆりっぺ」記者が、今日面白い記事を書いていたにゃ。
http://www.asahi.com/national/update/0527/TKY201305260335.html

福島事故の甲状腺集団線量「チェルノブイリの1/30」
【医療・被曝(ひばく)担当=大岩ゆり】

 東京電力福島第一原発事故について、国連科学委員会が報告書案をまとめた。集団でみた日本国民の総被曝(ひばく)線量(集団線量)は、甲状腺がチェルノブイリ原発事故の約30分の1、全身は約10分の1と推計した。個人の被曝線量も推計し、多くが防護剤をのむ基準以下で、健康影響は「(6千人の甲状腺がんが出た)チェルノブイリとは異なる」「(がんの発生は少なく)見つけるのが難しいレベル」と結論づけた。
 報告書案は、国連科学委員会の専門家ら約85人が2年かけてまとめた。27日からウィーンで始まる科学委員会総会で議論され、9月の国連総会に提出される。
 朝日新聞が入手した報告書案によると、事故は、米スリーマイル島などの事故より「はるかに深刻」とした。ただし、チェルノブイリに比べて、放射性ヨウ素131の総放出量は3分の1未満、セシウム137は4分の1未満で、ストロンチウムやプルトニウムは「非常に微量」と評価した。
(以下有料)


先に書いた「チェルノブイリとは桁違い」ってことだ。同じ国連でも、アナンド何某の「人権何とか」とは大違いの科学的な話だ。国連でもアサヒでもそうだが、福島について同じ組織でも言うことが違う。どれが「確からしい」か、自分で決めるしかない、それが今の福島で生きることだ。まったく鍛えられるね~。ま、「ゆりっぺ」記事も9月「本発表」の記事がどうなるのか、楽しみだけどね~(多分早野先生も楽しみじゃないかにゃ)。

被曝に限らず「危険」は生きている限り、常に日常に存在する。一方これ以上「センセーショナリズム」で煽るマスゴミや、「政治的反原発」というカルト的勢力に「子どもを人質」に脅され騙され、「ストレス溜め込み」「家族崩壊」等のさらなる悲惨な結果になったら、これこそ取り返しが付かないかもしれない。

これまで散々足をすくわれ、苦しい中をサバイバルしてきたから、急速な期待なんてしないけど、でもこれで福島もどん底を脱し、宮城、岩手と同じような「復興ベクトル」に向かうことができるのではないかにゃ。これからは「反原発」の「呪い」は効かない。あれだけ「政治的反原発」が原発廃止のために「福島壊滅」を願って、必死に「脅し」「デマ」等を飛ばしまくったが、もはや客観データが動かした方向を逆転することは困難だ。福島で黙々と医療に従事し、またデータを集めた諸先生方、全ての福島を支えた名のある方、無名の方、ネット上の知恵と勇気と愛ある方、全ての方に感謝いたします。この先は、福島を潰そうとしたキタネー奴らの酷い「脅し」「デマ」「差別」etc.に対し、断罪が待っていることだろう。これもまた長い闘いになるだろうが、「モメンタム」の力は大きい。

そして「信夫山ネコ」は6月の開始二年を前に、本日(2013 5/27 未明)100万アクセスを超えました。皆さんのおかげです。

ありがとうございます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

いいえ

ネコさんのおかげでもあります・・

ここで覚悟を決めた方も多いのではないでしょうか?


おめでとうございました(^0^)

いやっほう!!

ひゃっふう~!!

>帰ってくる人、大歓迎。よかったね。

同感です♪

何か寂しいこと・困ったことがあったら
こちらにお話に来てくださいね。

この次は「分断なんかないよ」・・・を実証できたらいいな。

>この先は、福島を潰そうとしたキタネー奴らの酷い「脅し」「デマ」「差別」etc.に対し、断罪が待っていることだろう。
>これもまた長い闘いになるだろうが、「モメンタム」の力は大きい。

これまでの二年間を考えたら・・・へのかっぱ♪
結果なんか後からついてくるものさ!

>そして「信夫山ネコ」は6月の開始二年を前に、本日(2013 5/27 未明)100万アクセスを超えました。皆さんのおかげです。

ネコさん・おめでとうございます(ぱふぱふ)!!

お祝いにハーゲンダッツとロールケーキ出しちゃいます!!
(自分で食べるんだけど・・・ごめんね)

最近のひとこま

通勤電車の車内広告で、頭の体操的に、有名中学だか小学校の入試問題が載ってるのがあります。最近見たのに、都道府県別の人口の推移の表があって、2011~12の福島県の人口減の理由を述べよ。という問題がありました。(→それが現在は上向き。念の為)
入試にも取り上げられる社会事象、尚且つ、それを広告でも使えるという、ニュートラルな評価の目?あるいは、はれ物を触るような感覚が少なくなってきたのかな、とひとりしみじみしてました。

まーでも、震災後は電気を使いすぎていたと、生活の見直しとか・企業もこぞって節電をウリにしてたのに、今はTVでも電気製品の新商品をばしばし宣伝し、購買意欲をあおっているし、あの節電ムードは完璧に一過性のものでありました。

アクセス100万超え、おめでとうございます。大声で叫ぶでなく地道な記事ですが、共感できるところが大きく、こちらにたどり着けて良かったです。

O岩さん

お疲れさまでした。(現在完了継続)

朝日新聞を読んで,「そら見ろ」と思うと同時に,「この人はもうねえ~」と,ため息。

O岩さん,国連の結果報告が出ている記事を出したものの,そのすぐ下に大きな見出しで,不確定要素があるから,この調査報告は絶対あてになるというものではない,というようなことを書き足していて,未だに,己の偏見で始まった記事を訂正しよう,とか,訂正しないまでも,せめて結果報告だけしよう,とか,そういうのは,見られませんでした。

なんでしょうね。

とにかく,これでもまだああだこうだとやっている人もいますが,最近では,もう,あの人達は,別の理由があって騒いでいることがわかってきたので,あまり気になりません。

それも,ねこさんのブログでほっと一息つけたからでしょうか。

祝100万アクセス!ついでに放射脳の砦叩きに、皆様も参戦しませんか?

 お久しぶりです。

 また、阿修羅原子スレでの放射脳叩きと、競馬研究に忙しく、このブログを、ご無沙汰しております。



 さすがはネコさんのブログですね。
 100万アクセスですか!!!

 すごいですね!!!

 ネコさんのおかげで脱脳できた方も多いと思います。
 これからも放射脳のデマ払拭にご尽力ください。

 ついでにPRですが、

 放射脳のデマを撲滅するためには、デマの元凶を断たねばなりません。

 それは阿修羅原子スレであり、放射脳の最後の砦なのです。

 私に粘着している放射脳は、竹野内真理級のカルトな放射脳であり、本人である可能性さえあります。

 さらに、阿修羅管理人による、卑怯で姑息で恥知らずな投稿削除により、私がせっかく放射脳のデマを論破しても、肝心の我が投稿が削除されているのです。

 その一例

阿修羅掲示板の放射脳を叩いて削除された我が投稿を赤字にします。
「東京でデモをしている場合ではない、なぜなら東京はすでにチェルノブイリだから。」ロシア人女性の警告。(木下黄太のブログ) http://p.tl/nid1

 ということで、皆様も放射脳の砦:阿修羅原子スレでのデマ叩きにご協力いただけませんか?

 阿修羅原子スレ(実際の呼称は原発スレ)
http://www.asyura2.com/13/genpatu31/index.html

 デマオンリーの放射脳スレが31にも伸びています。こここそが、放射脳デマの元凶なのです。最重要除染対象サイトです。放射脳叩きと、反放射脳の投稿削除への抗議にご協力ください。

No title

>信夫山ネコ様
100万アクセスおめでとうございます(ぱちぱち)。
ノストラダムスやマヤ歴の予言は困り者ですが、この予言が当たるのは嬉しいです。

チェルノブイリで言われる避難基準についてですけど、まだ2年の福島と5年以後のチェルノブイリを同一視するのはもちろん、チェルノブイリではその5年の間に100mSv以上の被曝があって、より厳しい基準になった、って事もありましたよね。

それにしても、チェルノブイリってそんだけ被曝したのにそれでも「避難したリスクの方が大きい」って言われてるんですよね。
福島で避難を主張するのは、それを見ても無理があるって思います。

思えば、私もこのblogがあったお陰で相当助けられました。
ここがなければ、どんなにかストレスが溜まった事だろう…。
私も助けられたひとりとして、お礼を言わせていただきます。

本当にありがとうございます!

No title

 さらに言わせてもらえば大岩ゆりが報告したやつは

 集団線量という考え方であり、原発事故で被ばくした対象人数は1億3千万人の日本国民全部です。

 空間線量が0.001ミリシーベルトでも1億人以上かけたら何人か被ばくの影響で晩発性の致死的ガンを発症すると言う非科学的なものでゼロでない限りLNТ仮説によって沖縄県でガンで死んだ人は福島原発で被ばくした、所為なのかもしれない。と言う事だって、反証はできないですよ。

 福島原発事故がおきたのは事実です。
 従って、2011年3月15日以後ガンで亡くなった人の何人かは原発事故の放射能漏れによるもの、かもしれない

 って否定できますか?国連科学委員会85人だろうが反証不可能なLNТ仮説によって集団線量は3万2000人・シーベルトだと言ったんですからね。WHOに比べても50歩100歩。

 まあ、しかしながら、さすがに脅す事も難しいから、悔しさがにじみ出た統合失調的な記事は相変わらずですよ。でも未だに世界の放射線防御の主流ですから原発推進派としてはこんな考え方でリスク評価をされてはたまりませんからね。

 でも普通の感覚でも数字的におかしいでしょう。
 言い変えたら
 3万2000人・シーベルト
 というのは100ミリシーベルト被ばくだったら32万人
 10ミリシーベルトだったら320万人
 1ミリシーベルトだったら3200万人が被ばくですからね

 1シーベルトだったら100人に5人が晩発性の致死的ガンを発症すると言う事だから日本全国ではとにかく1600人が福島原発事故の影響で数十年後にガンで死ぬと言う事ですよ。
 現在はガン死亡者は32万人くらいだから、数10年後に医学の進歩で死亡原因がガンは20万人になったとしてもそれより余計に福島原発事故で1600人は死ぬ、というバカげた話が世界の中で通用しているんですよ。
 しかも20万人とか30万人とかガンで死ぬ人の数は毎年の話ですよ。1600人と言う数字が以下にあほらしいかわかると思います。
 だから心配するだけ損ではないかと僕は言って来たんですよ。

 まあ、しかし、次は朝日新聞をいかに謝らせるかだけど、新聞代は姉が払っているから見なくても文句を言えない気も、
 この2年間僕が読まなくなったら、そのまま古紙に直行でしたよ。

 白鵬全勝優勝の記事見たさに朝日の1面が目に入ったけど、ますます歯切れが悪くなる一方の大岩ゆりでしたね

No title

100万アクセスおめでとうございます!\(^o^)/

No title

ネコさんお疲れさまです。
ここに集うみなさまもお疲れさまです。

拍手だけされている方もいらっしゃると思います。
私は未明に見ていたから100万アクセス目だったかもしれない(w)

未明になっちゃった理由は。たまたまオシャレHPのオシャレTwitterさんのツイートをみていたらう〜ん・・と悩んでしまって。

全く福島に関係のないお方のツイートなのですが、おしゃれツイートのあいまあいまに「もんじゅくん」のツイートをRTしていた。そこから色々見ていたら

http://www.asahi.com/national/update/0525/TKY201305250024.html?tr=pc
とか。
http://mainichi.jp/select/news/20130524k0000e040260000c.html
とか。

未だにこういうたぐいのものの拡散の数が圧倒的なんだなぁ。って。すごい数… 

ここに集う方々のような解釈が出来ない人々の方が簡単に拡散しているのかなぁ。(まぁ、拡散する時点でここを知らないか。迷惑だってことすら知らないか。拡散して何の為になるのか?)

過激派ではないにしろファッション感覚でいるような方も多いと思うので、長い戦いにはなりそうですよね。

福島にゆかりのある方・ない方が「変」な方向に持っていく。
福島のため〜!って。。。為になっていないから!!!

坂本○一のタンブラーに顔を連ねた人たちを見ると・・・あらら?な方々の顔ぶれ。
http://skmtsocial.tumblr.com/tagged/政治家のみなさんへ

長い戦いになりそう。

多種多様な有名人は今ではただの「たかりや」さんにしか見えません・・・。

いいTogetterをまとめて下さっている方はたくさんいても、勿体無いんですよね。そこで終わってしまうと言うか…

ねつ造Youtubeでおなじみの 148production も削除するどころか、また増やしてたのね…。

落ちぶれてしまったマスゴミでも福島から嫌われている政治家でも、市議会議員でも、本物の脱原発さんでもいいから、ネット上からあの手のYoutubeを削除してくれるようなもしも「本物」がいたのなら、本当に評価してあげるのに♡ 

No title

ビンの底にコップ半分ぐらい残っていた、大七で乾杯。

思えば、2年前の5月は、NATOROMさんやbuveryさんのブログを読みながら反撃の機会を覗う日々でした。もっともバズビーサプリ事件をきっかけに、連中が勝手にコケたのですがね。

こちらの、kameさんのツイッターを読むと、連合赤軍事件みたいなことがおきかねないぞと思います。
twitter.com/kamesan1959

No title

100万アクセスおめでとうございます。言い忘れていたけど2年間の数字だから、この手のブログではすごい数だと思いますよ。1日千数百人、延べ人数だと多いんでしょうね。

山形大学か、いわゆる駅弁大学ですよね。僕らの時は国立二期校で地元の新潟大学からすると、都落ち的な雰囲気もあるけど年に数人は入学していたと思うけど一番近くて入りやすい大学だったんじゃないかな。富山大学にも数人言ったと思いますよ。あれも二期校だと思ったけど二期校の存在が良かった面もあったと思います。

 駅弁大学とはそもそも蔑称なんかじゃなくて、地元にあってもなくても駅弁を売っている駅に国立大学はあるよ。昔に比べて随分増えたもんだと言う思い入れがあるとでも言うかな。なんかそんな様な事を教師が教えてくれた記憶があります。

 僕はとにかく家から出たくて、それも東京に出たいから貧乏なくせに私大を選んだんですよ。そのとたん家の商売が傾いちゃって、いわゆるバイト君の生活になったんです。

 運よく卒業出来たのは大学紛争で、卒業試験が行われず、全部レポート提出になって、3,4年の試験全部まとめて提出出来たからです。
 卒論は必修科目じゃなかったから他の科目で単位をとればよろしいんです。僕なんか人の卒論をあずかっておきながら自分が卒論書く暇がなくて一緒に出さなかったという酷い男だったんですよ。

 東京だったからバイト先に恵まれたけど講義には半分くらいもでなかったな。

 今のセンター試験の仕組みなんて全然わかりません。娘たちも私大でしたからね。

 ところで「エノケンのワタナベのジュースのモト」、知っている人もいないとはね。現在の技術で粉末にしたら売れると思うんだけどね。人口甘味料でヘルシーな飲み物がすぐに出来たら便利だと思いますよ。

 「お餅も入ってべたべたと」というのは今でもあるんじゃないかな

 昭和は遠くになかりけりか

おめでとうございます♪

信夫山のおぱば!はじめましてよろしく!このまえCTを?丸でした。1,2マイクロ2、すんでいるから、体の変化が怖いのです…おばばでも。

おめでとうございます

ネコさん2年で100万ヒットすごすぎです。

(私の楽天ブログは100万まで4~5年かかりました。)


福島にも、子供、若者がどんどん戻って、人口が増える。人々の自発的な、「足による投票」で、それが実現しています。

いまだに「福島の米は食べない」みたいなこと言ってる武田某とか、まるで石器時代の頭ですね。


私は来月、福島の生んだ偉人、野口英世氏が黄熱病で亡くなったアフリカ・ガーナを訪れるため、今から予防接種を受けてきます。

http://ameblo.jp/manachan2150/entry-11539648060.html


今回、ガーナには、不動産ビジネス関係で訪れるわけですが、震災後、私なりに応援してきた「福島」とも、縁がある土地なわけですね。面白い偶然です。

オートジャイロを奪う気だわ!!

いやあ・・・夜の甘いものは体脂肪にガツンと来ますね。
反省して草刈りしてました。

草刈り機を持つと
タイトルみたいな台詞・言いたくなりませんか(きゅいいいいいん)?


5/28の読売
「福島県民の甲状腺被曝線量 チェルノブイリの1/60以下
国連科学委評価案」
「被曝線量が低く、福島はチェルノブイリではない」


Manachan@アフリカさん
「ちょっとコンビにまで」
くらいの気軽さであちこち行くね~(笑)。

おめでとうございます。

信夫山ネコ様、皆々様、こんにちは。

この度は100万アクセス、おめでとうございます。
約二年で、福島県民の半数といってもいいアクセス数はすごいですね。
何といっても朝敵、朝日新聞の煽りを切り裂くのが痛快です。^^
このまま200万アクセスを目指しましょう。
県民の皆様がホッとするニュースを、今後も楽しみにしています。

No title

>たかさん

ありがとうございます。確かに信夫山はまだ高くて、ウチも0.8あります。しかし何故か屋内は0.15で、結局「信夫山たって広うござんす」って話ですね~(ウチは麓ですが)。

http://fukushima-jwaf.jimdo.com/放射線量調査-1/ 
に信夫山の各地点が細かく出ていましたよ。本当にバラバラです。

結局ガラスバッジ付けて本当の被曝量を測ったほうが、ストレスが少ないと思います。

あ、ちなみにワタシ個人(ネコ)は「MITの新研究」等にある、細胞の「DNA損傷修復力」なんかを信じているので、0.8は全く気にしていません。事故前だって外で寝たりしませんから(変なネコですが)。

今や「全員避難せよ!」なんて言うデマリンみたいなのは論外で、いよいよ「自分は自分」という個別事情の時期に来たか、って感じしますが、
http://fukushima-radioactivity.jp/environ-mapdetail.php?category_cd=1&genre_cd1=-1&point_no=1844 
なんか見ると、「ああ、あそこだな」程度にしか知らない幼稚園の線量ががっくり下がっていて、気が付くと結構ニヤニヤしてたりします。

No title

 今回の国連科学委員会の報告について,mixiでは,わかりにくい(要点がわからない)文章の読売新聞のニュースしか出しませんでした。朝日どころか,どこの記事も出ていない,という,笑ってしまう結果です。

 さすが,というか何というか。

 読売記事については,かろうじて日記を書いた人が2人,つぶやきにいたってはゼロ。

 いつも 「捏造だ」「マスコミや政府は隠している」と騒ぐ人達も,全然,何も語らず。

 都合が悪いとこうなるのだなあ,という,こちらのブログの対極にある世界でした。

100万アクセス

遅ればせながら、本当におめでとうございます。ネコさんにはとても言葉では感謝しきれません。

思えば二年前、私も丁度この時期に、自身のブログ内で関西の方と福島原発の事故や放射線の健康影響について議論する機会があったのですが、相手の頑なさや、いちいち根拠(科学考証)を探す手間に疲れ果て、向こうから話を打ち切られた形ではありましたが、以来そうした話題は敢えて避けるようになった経緯がありました。

そうした中で、当然予想される強い風当たりを覚悟で、しかも常に論理的かつ冷静(時に熱さが滲み出ることもありましたが、それもまた人間?的で)に幾多のデマを駆逐し続けたネコさんの勇気と根気には本当に頭が下がります。心から感謝しています。

私には凡そ何のお力添えもできませんが、これからも応援しています。

感謝する想いばかりが強すぎて、うまく言葉がまとまりません。

No title

>たかさん
はじめまして。信夫山のご近所なんですね。私のうちからは信夫山がよく見えますので、たかさんのところも見えるかも?(ヤッホー!)
確かに「他よりちょっと高い」と心配になるかも、ですね。心配しすぎはよくないですが、自分の健康に気を使うようになるのはいいことかもしれません。
私はめんどくさがりなんで、その点ダメな方かもしれませんが(放射能も健康もあんまり気にしない、とか)。
私の場合、1だろうが0.5だろうが「微量なことには変わりない」って考えるようにしています。

>Manachanさん
今度はアフリカ…なんかバブル期のジャパニーズビジネスマンを彷彿とさせるご活躍。でも無理しないように、お身体にお気をつけくださいませ。
(ガーナって、チョコレートぐらいのイメージしかない…)

>なおみさん
それって、カリオストロの城…かな。

うちの草刈り機は、エンジンがかからなくなっちゃいまして…。
今度修理持っていかないと(どっか農機具修理やってるとこないかな)。

>信夫山ネコ様
最近は家ネコが多いですからね~。
外で寝るネコって意外と少なくなっているように思います。

>boomboomさん
都合のいいことだけ聞く、って性格は時々羨ましく思いますね~。考えたり、悩んだりする労力がいらないんですから。
でもな~、人に迷惑かけるのはもっと嫌なんで、結局いっつも立ち止まって考えちゃうんですよね。
私は成功者にはなれないタイプだな、きっと。

>福島の隣の県在住さん
前のエントリで「ワタナベのジュースの素」の件、コメしておきました。

100万おめでとうございます&お世話になりました

事故直後からの「このままでは年間○mSv の被爆は避けられない」という報道や、小佐古先生の涙、児玉先生の涙に
「放射線の害が出るのは○Sv(1000倍多い)くらいだと記憶していたけれど、単位を間違えて覚えていた?」
「(単位が間違っていないと分かってから)セシウムはものすごく体内に蓄積する?」
「(蓄積しないと分かってから)私の知らない”微量の放射能で不健康になるメカニズム”がある?」
・・と悶々とし、

「どう考えても不健康になれないじゃん!」と思ってからも
「東大教授という立派な肩書きの児玉先生は国民のために行動しているはずだから、あの変な主張にも温かい配慮が隠されているのかも」
・・と悶々とした私が、

考えていることを正直に書く方が良いと判断するようになったのは、このブログで普通の生活したいと願う人が少なからずいることが分かったからです。

これからは私が解説すべきことも減っていくと思いますが、お役に立てそうな時は声をかけて下さい。
さっき、小林先生から「小出先生との対決が本になるよ」とメールを戴きました。
今回のデマの流れも誰か本にして欲しいのですが、インフルエンザ騒動もなぜか全く記録に残っていないので、マスコミ関係者やジャーナリストって根性無しだよね・・と思ったりしています。

でもやぁどさんみたいにサラリーマンと信念を両立させている人もいるので、私も頑張りたいですね。

No title

100万ヒットおめでとうございます。

駅弁云々については福島の隣の県在住がおっしゃっているとおりです。蔑称ではなく、元は各県に1つあって「便利」「都合が良い」的なニュアンスです。

さて、これはおいといて、2年経った現状を考えると、
もはや福島や郡山あたりを論じるのはアレですが、一方で避難指示解除準備区域・居住制限区域・帰還困難区域に元々住んでいた人たちはどうするべきか?を考える必要があると思います。
これまで何度も福島に足を運んでみたところ

・屋内待機区域になっても頑張っていた原町(南相馬)はもう完全に普通どおりになっています。それでも放射脳の人たちは非難して避難したままですが・・・

・屋内待機になり、町ごといったん避難してしまった広野町は1月後、緊急時避難準備区域になりさらにその5ヵ月後にはそれも解除になりました。しかし、役場が帰ってくるまではほとんど人は戻らず、1年以上経って人が徐々に戻り、今ではパチンコ屋が復活するくらいにまでなりました。

・避難指示解除準備区域は、日中は好きなだけ入れるわけですが、わざわざ日中だけ戻る方もいないようでゴーストタウン状態です。去年4月に避難指示解除準備区域になった小高(南相馬)でもほぼ無人の街のままです。もう必要な荷物は運び出したし、今更家に帰っても意味がないのだと思われます。

避難先で暫定的と思いつつも仕事をし、そして子供は学校に通いもう2年、さらにあと1年2年と過ごしたら果たして戻る気になる人がどれだけいるでしょうか?
非常にデリケートでナーバスな問題ですが、そろそろ国は決断を下すべきだと思いますよ。
ましてや帰宅困難地域はあと最低7年は帰還できないとしているのですから、もういわきなり福島なり郡山なりに腰を据えざるを得ないわけです。家を建てたり買う人が増えているという記事がありましたが、今後もっと増えてくるでしょう。避難されている人は分かっているのかもしれませんが、行間を読めといわんばかりの今の国の方針はそろそろ改めるべき、言うべきことは伝え、そしてしっかり保障等するべきでしょう。
国が言うべきことを言っちゃうと放射脳が大喜びしちゃうんでしょうけど・・・

No title

 福島はチェルノブイリではない、としぶしぶ認めた様な感じがどうも気にさわる僕ですが、

 それ以前にブラジル、ゴイアニアのセシウム盗難事件の方が比較されるべきだと僕は思います。
この大岩ゆりっぺの記事によれば福島原発事故で放出された放射性ヨウ素131は100~500千兆ベクレル。セシウム137に至っては6~20千兆ベクレルだそうです。

 良く話題になる、ブラジル、ゴイアニア市での放射性セシウムの放射線治療研究所からのセシウム137盗難による放射線被ばく事故において盗まれたという放射性セシウムの量というのは重量93g、体積31立方センチメートル、 事故当時全放射能は50.9TBq

 というけど重量なんか卵の小2個にも及ばない量、これに対し福島原発事故で放出された放射性セシウムは最大20千兆ベクレルってのは2TBqってことじゃないんだろうか?だとすると25分の1でしかないというのはどう言う事なんだろう?

 僕は頭が良くないから、1000万円以上って0がいくつなのかいつも苦労するんだけど、これって本当なんだろうか?信じられないな。
この線源を持ちだした若者二人とも下痢だとか目まいがありながら「1週間後には線源容器に穴を開けることに成功し、この時点から放射能汚染が始まった。」

 と言うけど根性あるんですね。知らないと言う事は恐ろしいものです。
 こんなものを廃品業者に売り付けて、また買う廃品業者がいたと言うのも凄い。なんにも知らなかったんですね。具合が良くない人が続出したから、廃品業者の奥さんがプラスチックバッグに入れて届けたというけど、丈夫な人なんだろうか。
 福島原発事故で漏れた放射能を全部集めて交番に届けた様なものでおまわりさんも迷惑するでしょう。
 その間に拡散してしまったセシウムで回収されたのは「44TBq(1200Ci)であった。」というけど良く集まったと言うのか、また6TBqが行方不明だとも言えますね。
 地図を見るとゴイアニア市はブラジリアに近いところの高地で川があって多分パラナ川に合流していると思います。あるいはアマゾン方向にも流れたかも。

 あのイグアスの滝には数TBqのセシウム137が大量の水とともに落下していた事になると観光客大丈夫なのかな。と今の日本の一部の放射脳ぶりを鑑みたら思ってしまいます。現地では事故後に降雨があったにもかかわらずいわゆるホットスポットが人家の屋根そのものが高濃度に汚染されて7軒が解体、ようするに家ごとがれき処分されたんでしょう。

http://www.rist.or.jp/atomica/data/dat_detail.php?Title_No=09-03-02-04

 しかし福島原発事故より死亡者4人がでたんだからはるかに明確な過酷事故で経済は落ち込み、失業率は増える。何よりも死者が4人、急性放射能障害と言えると思いますが亡くなっていますが、これだけの高濃度の汚染にさらされても4人と言う少なさであるとも言える。

 放射性ヨードのリスクもベクレル数でゴイアニアのセシウムと比べたら最大でも同じ程度。純粋に半減期が極度に短い分質量的には随分少ない。理屈で言えば半減期8日であるから僕の計算だと80日400ミリシーベルトが最大の被ばく量になる気がするけど算出方法が間違いかも知れないからから教えない。要するに80日たったら消えてしまったと言う事である。全国の放射能濃度の食品から検出された放射性ヨード濃度は一月もしないうちに検出できなくなっているのが多い。

 ただ福島原発事故直後に福島県は安定ヨウ素剤を配布しなかったのは必要ないからであるとしたからであり、事故直後のテレビで発言した医者も同じ事を言っていた。従って大岩ゆりの言う甲状腺ガン発症リスクが(問題になるほどじゃないが)高まるというのも信用できない。

 そもそも甲状腺癌は致死的なガンとは言えず、発症リスクも子供は殆どゼロ。今じゃ80代以降に死亡者が集中する様な時代です。若いうちに発症したとしてもそれで死亡する事は非常に少ない。女性が人間ドックにかかる率がこれから増えたらもっと有病者数、罹患者数だって増えるんでしょう。 

 そういえば全国の放射能濃度を2年まえから良く見ていたんですけど福島県は0.1マイクロシーベルト/時以下がかなり増えています。
 山口県より少ない地点が随分増えて、最早フクシマなんてのは死語とするべきでしょう。
 山口県は3か所しか載っていないけど観測地点で結構差があるみたいですね。と言う事はもっと観測地点を増やしたら福島を上回る地点も増える可能性もあります

 とにかくこれからですよ。東日本大震災復興でも福島県のがれき処理は福島県で処理というのもやめるべきだと思います。

おめでとうございます

何よりも、県内へ人が戻って来ておられる様子が、嬉しく、お祝いいたします。
ネコさんをはじめとする方たちのご努力も、安心への後押しになっていて、この結果に結びついていることでしょう。

甲状腺被ばくの調査結果、
ごく単純にも、納得しております。
そもそもが、放出総量で、チェルノブイリでの1/6程度なのだから、被ばく者人数×被ばく線量の積算が、チェルノブイリの1/10オーダーというのは、説得性のある結論と思います。
騒いでいる人たちも、改めて計算して見て欲しいですねまるで、今回の報告書が、被害0と見なしてるといいはってはるわけで。(誰も被害者数を0とみなすといってないのに)

ここまで県内でとってこられた、いろいろな試みが、大筋間違いなかった、との証拠と思います。

今後、避難区域の再編などで、むつかしい局面がでてくることと思います。
その時にも、これまでの指針に準じての対応で、確実なところでないでしようか。

がれきへの対応は、現実として大変で、時間のかかることになると思います。
焼却可否、再利用可否の分別だけでも、他の津波被災地では、相当な労力を使っておられました(半年程度というペースです)。まして、福島の隣の県在住さんが言われる「県外での焼却処分依頼」ということになりますと、政府決定から覆すことになりますので、相応のデータやエビデンスを積まないと、納得が得られないと思います。
その手間を考えると、埋め立てのほうがいいのでは、というのが、私の思うところです。

No title

>これに対し福島原発事故で放出された放射性セシウムは最大20千兆ベクレルってのは2TBqってことじゃないんだろうか?だとすると25分の1でしかないというのはどう言う事なんだろう?

 すいませんでした。この部分は大間違いです

 テラ=兆
 20千兆=2京=2ペタです
 福島原発事故=20000テラ(兆ベクレル)のセシウムもれ
 ゴイアニア=50.9テラベクレル

 ゴイアニアでは福島原発事故の400分の1の放射性セシウムが盗まれた事になります。重量はゴイアニア93グラムに対し3万7千グラムだから37キロ。ゴイアニアでは純粋のセシウムじゃないのでもっと軽い事になると言う事かな。

 放射性ヨウ素に至ってはゴイアニアのセシウムと比べたら最大1万分の1ですが、半減期が違うので比較はできないでしょう。

 急性障害で4人が死んだんですから、やはり過酷事故だと思います。
 ゴイアニア市は人口が100万人もあり、事故が起きたのが1987年9月。面積が福島市とほぼ同じくらい。避難した人が200人。自主避難者などいないんでしょう。

 やっぱり福島原発事故は騒ぎすぎで政治問題化して全原発稼働停止など、大津波による東北太平洋側の被災地復興に反原発が足を引っ張ったと思います。

 でも数字を間違えちゃってゴメンナサイ。ブラジルの人たちもどうもすいません
 
 

祝・福島

人が戻り始めているとのことで、うれしいニュースですね。
とはいえ、原発の事故処理も、まだまだですし、
帰宅困難地域のこともあったりと、問題はたくさんあるみたいですが・・・

それでも、ひとまずのところ、おめでとう! と言わせてください!
そして、これからも、ますますのご活躍を、お祈りしております。

ちょいと!

昨夜アサヒ古新聞もらってから
激おこぷんぷん丸なんですけど!

5/27朝日新聞一面で
>医療・被曝担当=大岩ゆり
ってセンモンカが書いてる記事なんですけど

「チェルノブイリの1/30」
これが大きい見出しなの。トップニュース。

私が読売新聞をかたかたこちらに写した時は
「1/60」って書いてあって
さっきNHKの携帯ニュースでも「1/60」って
流れてたのに。

この数字の違いは何故なの?
どう科学的な解釈が入るとこうなるの?
私の目がおかしいの?
理解できてないの!?

どなたか教えてください。


・・・大好きなみなさんの楽しげなコメントは
朝のおやつがすんだらゆっくり読むんだ~♪
お口直しよ!

私は2年間で100万人が読んだということが
こういう世界においてどれだけすごいことなのかって
イマイチぴんと来てないんですが

数じゃなくて
いろんな人がネコさんの記事を読んでくれてるんだ
ということがすごく嬉しいです。

そのことを寿ぎたいと思います。
喜び合いたいと思います。

1/30ってなんだよ!?ああん!?

No title

>なおみさん
読売新聞

http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20130528-OYT1T00034.htm

1/60というのは、福島とチェルノブイリそれぞれの甲状腺最大被曝量の比較かなぁ。

5000÷82≒60って事だと思います。

朝日は福島の隣の県在住さんがご指摘のように「日本国民の集団被曝線量」の比較ですねぇ。
集団線量の問題については、福島の隣の県在住さんのコメントを参照してください。

あらためまして・・・

今日はいい感じのおしめりですね。
先週はいろんなものを洗って干してばっかりいたので
ちょっとのんびり。

福島の浜辺からさん
>私は未明に見ていたから100万アクセス目だったかもしれない(w)

あ・いいな~!
何か音楽とか流れるといいですね♪
ぱんぱかぱーんとか。

>拡散して何の為になるのか?

ほんとにそうですよね。
拡散・・・ってよくわからないです。

自分で喋る手間さえ省く?
クセで反射的にいじってる???
よくよく考えない人になっちゃいますよね。


千貫森の宇宙人さん
>ビンの底にコップ半分ぐらい残っていた、大七で乾杯。

大人じゃ~ん(笑)。うりうり♪


たかさん
信夫山の近くにお住まいですか?
散歩ですれ違ってるかもしれませんね(にこ)。

信夫山は最近
みどりでもっさもさになってきましたね。


onotoshiakiさん
>約二年で、福島県民の半数といってもいいアクセス数

そう考えるとすごいかも・・・!


フレッシュひたちさん
>避難指示解除準備区域・居住制限区域・帰還困難区域に元々住んでいた人たちはどうするべきか?を考える必要があると思います。

今回教えていただいて少しだけ
今の様子を知ることができました。
ありがとうございました。

私は市内に住んでいて
自転車で走れる範囲のことしかわからなくて

何かを書く時(たいがいふざけたこと)にいつも
「区域」に指定されている方々はどう感じるだろうか?
とふっと・・・よぎるんです。

>国が言うべきことを言っちゃうと放射脳が大喜びしちゃうんでしょうけど・・・

放射能とか私とかの気持ちなんかどうだっていいから
これから先どうなるのか?とやきもきし
迷いながら生活をなさってる方の利益最優先で
きちんとお話すべきですね。

「ほらやっぱり!」とか言って喜ぶ人たちが出たとしても
「はあ?」って言える人が増えたから。大丈夫!


福島の隣の県在住さん
>福島県は0.1マイクロシーベルト/時以下がかなり増えています。

そうなんです。かえって「不自然」なくらい(苦笑)。


蒼いうなぎ さん
うちには緋どじょうがいます。可愛いです。


IKAさん
さっそくありがとうございました。
えっとえっと・・・

>集団線量という考え方であり、原発事故で被ばくした対象人数は1億3千万人の日本国民全部です。

>福島の隣の県在住さんのコメント
のこの部分ですね。

読売は確かに「福島県民」って書いてありました。

なんで「日本国民全部(1/30))」より「福島県民(1/60)」の方が少なくなっちゃうの(馬鹿でごめん・・・)???

あ!足し算か!!
そんなに足したのか!

>沖縄県でガンで死んだ人は福島原発で被ばくした、所為なのかもしれない。と言う事だって、反証はできないですよ。

こういうこと?

>2011年3月15日以後ガンで亡くなった人の何人かは原発事故の放射能漏れによるもの、かもしれない

こういうこと?

見出しだけみたら
「まあたこの子は嘘ばっかり言ってえ!」と思ったの。
ひとりだけヘンな計算してるし。

これから先
日本でガンによって亡くなる人たちのことは全部
朝日は原発事故のせいにするつもりなのね・・・。

足し算(モリモリ)がすきなのね・・・。


読売新聞5/29
「原発と福島 手探りの教育2」
で飯舘村の放射線教育についての記事がありました。

NGワードは
「安心・安全・危険・大丈夫・
危ない・原発に反対・除染は無駄・除染は大切」
なんですって。

「客観的な材料を提供し、最終的な判断ができる子どもを育てるのが私たちの仕事です」

ううむ・・・さすがですね。
言葉に対する感覚に感心しました。
それを徹底する厳しさにも。

2年前のあの頃
答えばっかり欲しがって
考えようとしない人たちが嫌でした。

どうなの?って質問して
専門家に応えさせておいて

でも・だって・どうせみたいなことを言い出して
最後には「タケダセンセが言ってたんだもん」みたいな
くだらない結論で時間を無駄にして。

だったら聞くな・と思った。

飯舘の先生方・がんばってください。
すごい子ども達が育つと思います。

No title

美輪明宏って、長崎で被爆してたんだってね。
「それでもピンピンしてますわよ」って
なんかのテレビで言ってた。

100万アクセス、おめ。

No title

>なおみさん
えと、朝日が1/30って言っていた根拠は

http://www.asahi.com/shimen/gallery_e/view_photo_shimen.html?shimen-pg/TKY201305260378.jpg

の表にある「影響を受けた地域全体の住民の甲状腺被曝の集団線量」って項目を単純に割り算しただけ、って事ですね。
この数字は国連科学委員会の報告書に出ていたものでしょう。

なぜ読売が「最大の甲状腺の被曝線量」で比較し、朝日が集団線量で比較したのかはわかりません。おそらくなおみさんが言っていたように、それぞれ都合のいい数字を取り上げただけのような気がします。

なんで集団になると数値がでかくなるのかは、私にはよくわかんないです。(単に福島の方が被曝した人数が多いだけ、って事なのかな)

ちなみに集団線量(集団積算線量、集団実効線量)は

http://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%86%E5%9B%A3%E7%A9%8D%E7%AE%97%E7%B7%9A%E9%87%8F

によると
「原子炉に起因する社会的リスクを把握するための指標で 、疫学研 究の手段として意図された指標ではない。」
そうで、ICRPも
「国際放射線防護委員会 (ICRP) の2007年勧告では、集団積算線量(人・ Sv)は、放射線防護手段を比較するための道具であって、疫学的調査に 用いるのは不適切であると明示された。特に、ごく微量な線量に被ばく した大集団についてガン発生数を求めるために用いてはならない」
と勧告しています。

朝日が有料部分でなんと言っているかわかんないですけど、もし「ガン発生」云々言っていたらアウト、ですね。

これからだぜい!

週末に大忙しだったので、明けて「うぱー」としていたら、ここがこんなことに♪
福島の人口増と100万コメント突破おめでとうございます!!

いまだにおかしなことを広めようとしている人は、「そういう人たち」で固まって隅っこでぶちぶち言ってる状態だと思っています。
どんなに拡散したって、雲散霧消です。(読める?よめるう?)

さあ、生活をかけたホントの戦いはこれからだぜい!

まずはいわきのトマトを食べてお祝いします。(もむもむ)

評価対象とする集団における1人当たりの個人被曝線量を全て加算したもの

IKAさん
いつもどうもありがとう。
もう・・・もう私の頭ではいっぱいいっぱいです(涙目)。

ガンについてははっきりとは書いてません。
よくよく読めば内容は読売と同じです。

朝日らしさといえば
先のほうでboomboomさんが書いていらしたよな
「不確定要素も多い」みたいな。いつもの調子。

でもね
私程度の人が新聞をさっと眺めて把握するのは
1/30とか1/60とか
そういう大きな見出しでしょう。

国連委報告案にはどっちものってるってこと?
それとも出てきた数値を元に、新聞社が勝手に計算してるの?
記事ではそこ(主語)がよくわからないの。

あれこれ勝手に計算したり
>それぞれ都合のいい数字を取り上げただけのような気がします。

こういうことをしてるなら
どっちもやめて欲しいな~。

どっちにしろ、少なかったんだからよかったじゃん

そういう問題ではない!!!
新聞やニュースの数字がまちまちなのはおかしい!


北の国からさん
トマト・美味しいでしょう!

私が今はまってるのは
サザエさんの花壇を作った高校のトマトです。
これも美味しいです(もむもむ)。

No title

記事を読み比べると各社のスタンスが垣間見えるような。
個人的には日経の記事がマトモな感じで、一部の社は「しょうがなく載せた」という印象。

【日経】福島原発事故「健康に悪影響、予測されず」国連委
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS27036_X20C13A5EE8000/
記載されている被ばく量は、年間実効線量と甲状腺等価線量の最小値から最大値。
(できれば平均値と中央値も知りたかった)

【読売】被曝と無関係…福島の甲状腺がん患者数
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20130528-OYT1T00034.htm?from=ylist
記載されている被ばく量は、甲状腺等価線量の最小値~最大値。
(記事タイトルに個性有り)

【毎日】国連科学委員会:福島第1原発事故「明確な健康影響ない」
http://mainichi.jp/select/news/20130528k0000m040100000c.html

【東京】福島事故、明確な健康影響ない 国連科学委が甲状腺被ばく調査
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2013052701002345.html

毎日と東京は共同の記事。
記載されている値は甲状腺等価線量の最大値。
言外に苦々しさを感じるのは気のせい?


ちょっと前の署名記事。温度差ありすぎ。
http://mainichi.jp/select/news/20130524k0000e040260000c.html

No title

TUF/スイッチ 特集:WBC検診(13分20秒頃から)
http://www.youtube.com/watch?v=6oVbnyd7dxo&list=UUsci9tL9g8QPOvUwjJeDAgA
見逃した方、どうぞ。

IKAさんへ 阿修羅原発スレでの除染活動に感謝です

IKAさんへ

 阿修羅原発スレに参戦いただきありがとうございます。
 私が一切放射脳へのヘイトスピーチをしない人格者ならば、阿修羅からパージされ、投稿をことごとく削除される口実を与えずに、放射脳を論破できたのですが、放射脳を痛烈に批判したので、投稿削除の隠蔽工作を受けております。

 そんな中、IKAさんが投稿してくれたので、我が投稿を一時的に削除しにくくなっているようです。感謝です。


http://www.asyura2.com/13/genpatu31/msg/682.html

遅ればせながらおめでとうございます

>ネコさん

100万アクセス&福島県の人口増加、おめでとうございます。
今後も益々のご活躍を期待しております。

人口の件、新学年の始まりを区切りとして、戻って来られた親子が多かったのでしょうね。
夏休みが明ける頃には更に増えることでしょう。

福島民報のサイト内にある、ふくしまこだわりら~めんの写真をしげしげと見つめておりました。
みな美味しそうですね~。

お天気!?

風に色はありません?緑風がありましたね。今大暴れー麓にお住まいの方が心配するからオトナシクネ。信夫山のおばば足が痛い。車で通勤です。放射線管理室から内部被爆検査のお誘いが来ましたよ。今でしよ!?でもこの環境に居て何か又…見つかると困る、検診ストレスですから…

私の気持ちなんか

tateさん
>TUF/スイッチ 特集:WBC検診

おかげさまで観ることができました。
ありがとうございました。
やぁどさん・声もお若くて青年のようですね。

>記事を読み比べると

こんなにそろえてくださって・・・
これまたありがとうございました。

空気は県境でさえぎれないから(ここは私でもわかる)
①日本全国で比較してくれた朝日の方がいい記事だ。

②そのくらいの数字の違いでは
もう誰もなんとも思わない
(心配する人はするし、しない人はしない)。

③やっぱり福島県だけで
全国の半分もいっちゃうのかあ・・・(多いなあ)。

などと
私の憤りとは別の冷静なご意見を頂き
少しむっときてるところでした。

書いた人(および新聞)のこれまでの所業に
私が偏見持ちすぎなのかしら・・・。


元@iyao1さん・IKAさん

嫌な物はイヤだよね~。

世界はいくつに分かれてるのかなあ・・・。

「疎開」の起源は関西から?

ちょっと話題はズレますが、疎開について気になっていたことを一つ。

震災発生から数日後のことですが、対極に位置すると思われる二人の著名人から別々に同じような発言がネット上でありました。

内田樹
http://blog.tatsuru.com/2011/03/16_1119.php

橋下徹
http://blogs.yahoo.co.jp/bmb2mbf413/36628386.html

大雑把にいうと、いずれも、
「避難所暮らしを余儀なくされている人々を、インフラが無傷な関西で受け入れる」
という提案です。
案自体の是非について、あるいはいわゆる「放射脳」の問題については一旦横に置いておきます。

まずは内田教授にしても橋下知事(当時)にしても、揃いも揃って「疎開」っていう表現はないだろうと思いましたけどね。
あらぬ誤解のもとになりやすいうえ、真剣さを疑われると思います。
(「戦争ごっこかよ。。。」みたいな感じで)
文化人や政治家にしては、表現が稚拙云々ではなく不適切だと感じました。
普通に「一時避難」といえばそれでよかったはずです。
因みに震災関連でこの言葉を公に発した著名人は彼らがおそらく最初ではないでしょうか。
武田邦彦あたりはもう少し後発かと思います。

もう一点。
「疎開」という言葉はどこの誰に向けて発せられたのでしょうか。
二人とも被害の大きい地域のほうではなく、関西のほうを向いて言っているように思えたのですけどね。
被災者の受け入れ自体は同一県内や近隣県ですでに始まっており、別に画期的なことでもなかったのですし。
共同体単位での受け入れもすでに行われていたと記憶しています。

直後にはついにマスコミまでが、「丸ごと疎開」と来たわけで。

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110318-OYT1T00938.htm


関西広域連合の支援活動が、被災地でどのくらい役に立ったのか、正直なところよくわからないです。
むしろこの支援活動や前掲の二人の発言は、その後の関西における世論形成に与えた影響のほうが大きかったんじゃないかなあと思えるのですが。
「疎開」という言葉の一人歩きが始まったということも含めて。

>なおみさん
やっとこさ、ヒントの八割くらい書けたかなあという感じです。
思うことを文章化するのになかなか頭がついていかなくて。。。

福島県に子供が戻ってきた

おはようございます。

県人口増加報道をうけ、少し分析を加えて、次のブログ記事を書きました。


福島県に子供が戻ってきた
http://ameblo.jp/manachan2150/entry-11540692704.html


今回は、主に不動産投資の切り口で書きましたが、例の山根論文をエビデンスとして論旨展開しているところも、特徴のひとつです。


山根論文によれば、福島県に残るより、自主避難した人の方が、心身ともに不調を感じている割合が多い。

そして・・・最近は他県から、福島県に転入する人が増えている。


そこから考えると、

他県で自主避難者に向けたサポートするよりも、福島への帰還サポートをした方が、明らかに費用対効果が高いのではないか?
私が政策立案者であったなら、間違いなくその方向性で進めると思います。

遅くなりましたが

ネコさん 100万アクセスおめでとうございます
 
なんかいろいろ書きたいことがあったのですが 
まずは お祝いを  (拍手)

今までも そして これからも応援しています!

No title

なおみさん、IKAさん
 大岩ゆり氏は表に結果だけを載せていて、日本国民全体が被ばくをした様な言い方をしています。

 あの表の各段は他の段とは無関係で、それぞれが関連なんかしていないんですよ。

 集団線量とは被ばく量をわけて分類し、それぞれの集団線量をたしてから1シーベルトあたり5人の晩発性の致死的ガンの発症があるとしているんで合計が1600人なんです。

 30万人が10ミリ(10年間累積)だったら(300000/100)=3000人・シーベルト*0.05=3千人・シーベルトで死亡者は150人です。

 表からは3万2千人シーベルトだから、それを20で割ると1600人になると言う結論しかわかりません。
 全員が10年間累積100ミリシーベルトだったら32万人が被ばくしたけど3万2千人・シーベルトで死亡者1600人も変わりません。
 根拠は広島長崎の瞬間被ばくで1シーベルト5人が後で被ばくの影響で余計にガンになっている事からLNТ仮説を使って集団線量と言う方法を考えた。
 と言う事だけです。

 どうも30万人が10年間累積100ミリだと1500人になるから近いですね。内訳がどうなっているのかわかりませんが、なんかさりげなく脅していませんか。

 チェルノブイリでも4000人と言う数字を出したIAEAをICRPが既に批判しています。この場合被ばくの影響がなくても10万人はガンで死亡するけど、その他に4000人ですよ。
 もともとICRPが出した考えで、今はどんどんと後退しています。年に20ミリでも影響がないと言ったら、集団線量を使って死亡者数を算出するなんて出来ませんよ。

 放射線はどんなに少なくても被ばく者が多ければ必ず人命に被害が出ます。と力強く言ったのが小出裕章氏で集団線量を使って出した人数が、被ばくによるものです。と述べているんですよ。

 大岩ゆり氏はどう考えているのかわかりませんが福島原発事故で1600人が日本のどこかでガンで死ぬというのはわかっているのかな?

 しかし0.1~0.3ミリと言うと最大3億人になるの?いや、もともと対象人数が明らかなはずだから多分1億3千万人としたんではと考えられます。謎の集団線量ですよ。

丁寧なやりとり・・・通りすがらない

元大阪府民からの伝言さん
>やっとこさ、ヒントの八割くらい書けたかなあという感じです。

私が一方的に尋ねたことを
「約束」のようにきちんと受け止めてくださって
ありがとうございます。

頂いたヒントで理解できるように
一生懸命考えたいと思います。

いくら名指しで質問されても
答えづらいことは捨て置いてください。

それまでのその方とのやりとりで
「この沈黙・スルーには意味があるな」と理解したら
気にしませんし・何年でも待ちます。


地震直後は悪夢のようで
ここではないどこかに行ったら
昨日までの日常があるんだろうか・・・という気持ちでいました。

揺れのない地域にひとまず避難した人は
それだけで冷静になって
よし、がんばらなきゃと気持ちを立て直せたと聞きました。

今「疎開」という言葉について考えてみると・・・
あの時は「非常事態」「戦時中」みたいな気持ちもあったけど

一瞬・この場所から離れないといけないのかなと
私も思ったけど

それは避難(すきあらばすぐに戻ること前提)であって・・・
「疎開しましょう」って言われても(善意であっても)
「え・・・」って戸惑ったかも。

ごはんも水もなくて・毎日どうにか調達するより
自分達が安全な場所に動けばよかったんだろうけど。
それは正しいんだけど・・・。


それから震災直後の「疎開よびかけ」は
私は気付きませんでした(笑)。

知り合いが心配して「逃げておいで」って言ってくれたけど。

「疎開」という言葉に私が気付いたのは
もう少し落ち着いてから・・・
デマがらみの「疎開のススメ」でした。


Manachan@柏さん
ブログ拝見しました。
柏市の人口も過去最高更新まであとちょっとなんて・・・!
よかったですね。

不動産投資のプロ視点からの
福島県についての前向きな予想・嬉しくなりました。

「もうだめだ・・・お先真っ暗だ・・・」なんて話よりも
景気のいい人が盛り上げてくれたら嬉しい。


あ・みずほさんだ~(にこ)!
醤油飴あげます。

福島の隣の県在住さん

すれちがってしまいました。
ありがとうございました。

昨日あまりにも私が
計算できないもので・・・夫婦喧嘩になりました。
大岩ゆりのせいだ!!

>それぞれが関連なんかしていないんですよ

そうなんですね・・・。

そこで引っかかってしまい(意味ありげなトナカイ)
もう・・・私にはセンター試験は無理だと思いました。


私みたいな感情的な人間の判断は
坊主憎けりゃ袈裟まで憎いなんだ
ということもあらためて実感いたしました。

これまでそのもの(企業・個人)が
間違えたことがあるからといって
今回の記事が悪い記事だとはいえない

なんてガリレオみたいな冷静なこと言われても

あの時もそうだった!この時もそうだった!
今回も意図的に違いない(きいいいい)!!
だってずっと福島にいじわるなんだもの~(号泣)。

とますます不愉快になってきたので
さっき気分転換に行ってきました。

え~六魂祭の会場作り
あっちもこっちも大騒ぎでした。

海老天重食べてきました(機嫌直った)♪

それでも、楽観視できないワケ・・・。

100万アクセスに喜んでいるところに水をさす様で申し訳ないのですが、「私たち」にとっては確実に有利なデータ(「放射線は少しでも危険」と言う考えが間違っているという事)が出ているのは確かなんですが、私にはせっかくのそれらの楽観的な状況にもかかわらず、一部ではまるっきり逆方向に向かっているのが非常に気がかりです。

それは昨日テレビ等で全国ニュースにもなりましたが、浪江町で1万人超の住民が慰謝料の増額の申し立てをしたことです。

今後は旧警戒区域や計画的避難区域などの自治体や住民が相次いで申し立てする動きのようです。

なぜこれが「逆行」なのかと言えば、今回の事故では当初、100m㏜/年以内であれば「直ちに健康への影響はない」(この表現が物議をかもしましたが)ということで、本来ならば長期の避難になるようなことはなかったはずなのに、「この機会に脱・反原発の思いを叶えよう」と言う人・組織からの猛「口撃」に当時の民主党政権が怯み続けての妥協の産物的に作られた避難基準でもあったわけですが、それを根拠にしての「増額要求」だからです。

本来であれば、今回の原発事故による被ばく量では「健康に影響は出ない」と言う科学的・医学的なデータが出たならば、今の避難基準そのものを見直す方向への要求をすべきだと私は思ったからです。

本当に自分の生まれ故郷に戻りたいなら、おカネの問題じゃないはずです。
とにかく早く我が家に、ふるさとに戻してほしい、そう思うはずなんです。

ましてや、すでに2年以上経過して、当然自分たちもそれには気付いているはずなんです、「何でもないよね・・・。」と。

なのに、もういい加減に我が家に戻して、じゃなくて慰謝料増額の要求とは・・・・。

そもそも、避難を強制されたのは、「少しの放射線でも危険」と言う科学的・医学的根拠からではなくて、一部の人々・組織からの「口撃」によってなんだから、訴えるべき相手は東電や国ではなくて、そういうデマや扇動をした人・組織に対してすべきだと思う。

まあ、訴えたからそれが認められるとは限りませんが、「ふるさと」をお金で代えようとする動きは、わが故郷の飯舘村の将来にも関わってくることだし、関心は強いのですが非常に複雑な心境です。

No title

>tateさん
読み比べてみると各紙のスタンスがわかりますね。
扱いの大きさも指標のひとつになります。

>@iyao1さん
まあ、あそこは議論がほぼ出尽くしたタイミングになっちゃいましたから…ちょっと遅かったですか。
私はiyaoさんのようにしっかり資料を提示した反論が出来ませんから、「話の整合性」に絞って話をしないと進まないんですよ。

それにしても、かの掲示板もだいぶん勢いが無くなってきた感じを受けますね。スレ上げると反論から始まることも多いようですし。
iyaoさんの活動が少しずつ実を結んでいる感じも受けますね。

>たかさん
強風が過ぎたと思ったら、なんか梅雨っぽい天気になりましたね。
曇天を見ると北欧的憂鬱に襲われます。
ある程度歳がいくと毎年の健康診断ですら鬼門ですね~。
私も、あちらを改善するとこちらが出てくる、って毎年のモグラ叩きになっています。

>元大阪府民からの伝言さん
疎開については、原発事故直後に戦時中の学童疎開を引き合いに出して「子どもたちだけでも」って言う人は私のまわりにもいました。
その人は団塊の世代で(子育ては終わっている)、当然自分も疎開の経験もなく、ある意味現実感は持っていなかったんでしょうね。(私のまわりの子育て世代は、幼児期の子どもを引き離す弊害などを考えて否定的でした)
同様に、関西で疎開論が出てきたのも「自分に降りかかった出来事ではない」という事もあるのかも…なんて思いました。

>福島の隣の県在住さん
詳しい解説、ありがとうございます。
私も計算は苦手なもんで(掛け算九九もアヤシイ)、このテの話はモヤモヤなんですよ。
確かに集団線量で「日本国民全体」を持ち出すのはスッキリしませんでした。(その伝でいけば、チェルノブイリは当時のソ連国民全員にならないか?いや、ヨーロッパも含んでいるのかな)
まあ、そもそも比較するのに「集団線量」を持ってくるのもイマイチわかんないんですよね。

ある意味なおみさん以上に頭の中がホホイのホイになりました。

>Manachan@柏さん
>他県で自主避難者に向けたサポートするよりも、福島への帰還サポートをした方が、明らかに 費用対効果が高いのではないか?

同意です。(私個人として、自主避難者のサポートは本当の意味での自己判断…デマを排除して、客観的、科学的な思考に基づく判断…でされるべきだと思っています。もちろん、そこには帰還サポートが多く含まれています)

>なおみさん
なんか私のホホイのホイなお話のせいで家庭不和をもたらしてしまったようで…。

お詫びに南相馬ではお馴染みの「まつながのアイスまんじゅう」を…。(この間久々に食べたらうまかったです)

補足

浪江町民1万人超の「慰謝料増額」申し立てで驚いたのは、今でさえ「一人毎月10万円」(5人家族なら毎月50万円)と、私からしたら随分と多額だなと思うし、それが結果的に「ふるさと帰還」の意思を萎えさせると思っているのに、一人35万円に増額要求とは!!

これについては、国民から何の「疑問」も出ていないように感じるが、なぜなんだろうか?

自主避難者への「公的補助」が自主避難を継続させる原因なっていると以前に書きましたが、実は警戒区域等からの避難者にも似たような原因で「帰還」の意思を躊躇しているとしか思えません。

誰か、このおかしな現実を指摘する人はいないのだろうか?

やはり、「放射線は少しでも危険」と言う誤った考えを打破しない限り、この「矛盾」を真正面から指摘する人は出てこないのだろうね。

だって、確かに避難区域だった場所は原発事故以前よりは線量が高くなったのだから、「少しでも放射線は危険」が正しい前提からすれば、避難者は「被害者」なのだし、被害者が要求していることは「仕方ない」あるいは「当然」となってしまうだろう。

だからこそ、「放射線は少しでも危険」は間違い、と、再度専門家が強く主張し、それを基に総理大臣が政治的に方向性を決めなけれいけないのだ。

それをしない限り、いつまでも「無意味なな除染」や「貴重な税金支出(賠償金や補償金)」が終わりを迎えない。

わかったようなこと言ってごめんなさい

福太郎さん
>浪江町で1万人超の住民が慰謝料の増額の申し立てをしたことです。

はい。
ニュースを聞いた人が金額だけに反応して
町にいろいろな電話がかかってきたと聞きました。

>すでに2年以上経過して

だからこその「精神的慰謝料」なのかな・・・と
私は思っていました。
ずっと・・・続いてる苦しさだから。

「東電が積極的にコミュニティー再生に協力するなら」
その増額(金額)には拘らないと聞きました。
「国や東電に反省してもらうきっかけにしたい」って。

みなさんすごく悔しいんだと思う。
福太郎さんと同じくらい。

今の金額が相場ですよ(自賠責保険の慰謝料参考・怪我なし)
と言われても。

それが
今使える決まりの範囲内で
「適当」とされるものであっても。

気持ちを形あるものに表す手段として
悔しいけど訴えられるのはお金・・・なんだと思う。

>もういい加減に我が家に戻して

誰に・どこに・何を・どうやって訴えたら
一度決まった基準・決まりを変えることができるの?

その方法がわかったら
福太郎さんと同じ気持ちの人は
いっぱいいると思います。

いろんなデマだって
そもそもはそこから始まったんだから

私も
>「少しの放射線でも危険」

こういう考え方・基準をやめたらいいのに
と思っています。除染のことも気になっています。

※今回の資料は5/30の読売新聞からでした。


IKAさん
>「まつながのアイスまんじゅう」

ありがとう!これ好き♪
脂っこいもののあとはアイスですよね!
アイス(バニラ)とあんこは合うよね~。

>なんか私のホホイのホイなお話のせいで家庭不和をもたらしてしまったようで…。

ちがう・ちがう!さすけねえ(笑)!

さっき・・・お刺身の切り落とし盛り合わせ(安くて旨い)
買ってきたから今夜は大丈夫よん。

・・・臥薪嘗胆(次回は言い負かしてやる・・・ぎろり)。


気持ちをわかってほしい時に
理屈だけで受け応えられると
悲しいんだよ。

でも考え方が自分と違ってたら
こういう考え方もあるかも?って言い合わないと
スポイルされるだけになっちゃうからね・・・。

No title

>福太郎さん

もはや痛いニュースにのる話になってしまいましたね。

痛いニュース(ノ∀`):
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1763154.html

反応は様々ですが、ひところに比べ放射脳的反応は
だいぶ少なくなってきているようです。




>ネコさん

遅ればせながら、
100万アクセス&福島県の人口増加、おめでとうございます。

No title

ここは

飛んで来るミサイルを撃ち落とすとこで

ここから浪江にミサイルを放つのはどーかと・・・


私達と見ている世界も違うし

見て来た世界も違う方達ですからね。。


明日はテスト飛行で

二時に六魂祭会場上空を

ブルーインパルスが飛びます。


けっして北が攻めてきたわけではないので。。

甲状腺ガンはリスクは最初からゼロでは

 チェルノブイリでは対象者の甲状腺が受けた被ばく量は数十ミリシーベルトから4000ミリシーベルトまでと幅広い(放射能と理性)

 とされています。幅が100倍もあるんですよ

 さらにヨウ素131入りのミルクを飲み続けた子供の数もはっきりわかりませんけど、どう見ても100万人以上はいるんじゃないのかと思います。その中で6千人が甲状腺ガンと診断されて死亡者は15人とされています。

 死亡者については死因が甲状腺ガンとは明記されたものは見た事がありません。この子たちは既に成人している人もいてもなかなか死亡しないと思いますが、死因が他の病気である可能性だってあるかもしれません。

 従ってですね、いったいどのくらいの放射性ヨウ素の濃度の食品をとりいれたら甲状腺ガンになるのかと言う基礎的なデータなどないんですよ。いや見つけていないのかも知れませんけど、ただチェルノブイリ付近など内陸の国はヨウ素そのものが不足して子供の甲状腺機能の成長が不調な場合があり、その場合ヨウ素の多く入った食品をとると活発な取り込みがあるんだそうです。

 この段階で福島とは大きく違います。日本の子供はヨウ素不足ではないとされています。
 さらに甲状腺ガンのリスクを大岩ゆりっぺは9.9万人・シーベルトと書きっぱなしですけど、1シーベルト当たりの甲状腺ガンによる死亡率などがわかっていないから、多分発症数ではないだろうか?

 としか思えませんが1シーベルトで何人か?と言う知られた数字が僕はわかりません
 が、いろいろ調べたら、こんなのがありました。
 
 リスクの大きさは過剰絶対リスクで1Gyあたり 2.2 症例 (95% CI: 1.4–3.2) / 10,000 person-yearsと推定されています。

 これはX線の頭部頸部なんだそうです。あてはまりませんよね。

 「人・シーベルト」に大きく着目したのはどうやらゆりっぺだけみたいですね。

 こうなったら勝手に想像しようと思って、ヨウ素131が2シーベルトで1人甲状腺癌が発症したとします。

 つまり1シーベルトで0.5人ですよ。200人に1人だったら9.9万人・シーベルトを200で割ると495人が甲状腺ガンに余計になると言うけどあり得ませんね。脅しにもならない。
 2万ミリシーベルトも被ばくしたら、49.5人だけどこれはありそうにも見えます。でも事実はそんな子は一人もいないんですよね。

 20ミリシーベルトを5万人が被ばくしているとするとわずか1000人・シーベルトだから、今度は10ミリシーベルト被ばくした子供を99万人にすると9.9万人シーベルトになりますね。
 しかし子供の数が多すぎない?大人にもリスクがあるとしたんだろうか?それとも近隣都府県から日本全国1億3千万人だろうか

 思えば放射性ヨウ素じゃなくて、放射性セシウムがミルク缶に500グラムかキロか忘れたけど数ベクレル含まれていたと大騒ぎになったけどお湯で薄めて飲ませたら検出限界以下になった事ないですかね。

 それでも母親としては心配でしょうね。そこを何とかしないとな

なおみさん

お祝い事をしている時に、それに水を差したり、またまた堅苦しいことを書いてしまったようで、申し訳ないっす。

とは言え、なぜ私がそこまで放射線の影響がどうなのかに拘っているのかと言えば、それは直接私のふるさと・飯舘村の存亡にも関わっているからなんです。

福島県全体の人口は戻りつつあるけれど、わが故郷・飯舘村は、いまだに「住んじゃいけない」となっているのですから(しかも科学的・医学的根拠もアヤフヤなままに)、いい方向に行っているなんて思えない、というのが正直な気持ちです。

飯舘村の今の放射線量は除染が終わったところで0.7μ㏜/h程度から高いところで5μ㏜/h程度ですが、本当にこの数値は「人が住める場所じゃない」のかが、やっぱり早く解決してほしいのです。

過去に私が何度も紹介した「世界の高自然放射線地域」ではこの程度の線量のところに「普通に住んでいる」し、それに対して「避難勧告」が出たり、ましてや「移住」を勧めてなんかいない。

そういう事実を知ってしまったので、何で今回の福島原発事故で厳しくされているの?
そういう疑問がどうしてもぬぐえません。

>「国や東電に反省してもらうきっかけにしたい」って。

>みなさんすごく悔しいんだと思う。
福太郎さんと同じくらい。

私はその「怒り」の矛先が違うとしか思えないんですよ。
「少しの放射線でも危険」を叫んだ人々によって「避難基準」が変えられたのだから、その基準自体が正しいのかどうかを再度議論してほしいのです、専門家や政治家には。

そこを抜きにしているから、しなくても良い「除染」をしたり、払わなくても良い賠償金や補償金を出している。
しかも終わりが見えないままに。

低放射線による健康への影響がどうなのかという過去のデータ・実例がないから、と言われる。

本当なのだろうか?

広島・長崎原爆によるデータ。
それに「世界の高自然放射線地域」の実態。

なぜそれらが無視されてしまったのか?

わが故郷・飯舘村は今回の原発事故当初の高い放射線量の期間に、「普通に暮らしていた」人々が多数います。

それらの人々が、事故後2年以上たってどうなったのでしょうか?
私はとても興味深いことを発見しました。

それは、新聞に毎日載っている「お悔み」の欄です。
ここ半年の間、ほぼ毎日その「お悔み」欄を見ていますが、なぜか「飯舘村」の人の名前が非常に少ないのです。

飯舘村の人口は現在約5900人ほどですが、ほぼ同程度の人口の他の町村と比較したり、人口の多い他の市町村とは人口割りして比較してみると「異常なくらい」少ないことに気付きました。

これはたまたまなのか?
あるいは、放射線の高い時期に普通に住んでいたことが関係しているのか?

まあ、たまたま私が新聞を見ていた時期が時期的年齢的に元気な人が多いからかな、と思ってはいるが・・・。

どちらにしても、飯舘村程度の放射線量が本当に「人が住めない」は正しいことなのか?

これがハッキリしない限り、私にとってはこの問題の先行きに安ど感は見えないです。

分量のミルクを飲んだらどのくらい大きくなるのか?

福島の隣の県在住 さん
>放射性セシウムがミルク缶に500グラムかキロか忘れたけど数ベクレル含まれていたと大騒ぎになったけどお湯で薄めて飲ませたら検出限界以下になった事ないですかね。

あ・・・福島の医師さんとやぁどさんの掛け合いで
千と千尋の坊みたいになっちゃったやつだ!
すごく笑ったの。


福太郎さん
>お祝い事をしている時に、それに水を差したり、またまた堅苦しいことを書いてしまったようで、申し訳ないっす。

とんでもない・とんでもない(ふるふる)!
こちらはネコさんのブログですから。
私も自分が気になってること書いちゃってるし。

>私はその「怒り」の矛先が違うとしか思えないんですよ。

うんうん。

飯舘村は傍から見ているかぎり
早い段階から独自路線をとったと思う。
私は・・・さすがだなあと好ましく思っていました。
あの・・・お年寄りの施設は避難しませんでしたよね
(記憶違いだったらごめんなさい)。

運命・・・みたいな言葉を遣っていいのか
迷いますが

どこの自治体に所属していたかで
あの時どんな避難をせざるを得なかったか?
その後どんな方向にみなさんの思いが膨らんでいったか?
も大きく違うのではないかと想像しています。

飯舘の中でも
いろんな意見があると聞いています。

福太郎さんのような意見は
少数派なの(答えなくてもいいですよ)?

心配なのは
「お金をもらうこと」を責めてしまったら
福太郎さんのふるさとを大切に思う
その思いにも反発されてしまわないか
ということなんです。

No title

>福太郎さん
私は家を失うことも、仕事を失うこともなかったので偉そうな事を言えた立場じゃないですが。

もしかしたら「この補償で得をしよう」って考えている人もいるかもしれないけど…。

今回賠償の増額を求めた方々も…きっと、お金が貰えるからといって「失ったもの」…時間や、かつてと同じ生活…が取り戻せるとは思っていないでしょう。
失ったもの…心や、生活や、ふとした時に気付く大きな穴…は、いくらお金を積んでも埋まるものではないですよね、きっと。
お金では換えられないものを失った、ということは賠償を求めた方々自身が一番よくわかっているんだと思います。

その辛さは、私には「気持ちはわかるよ」とはとても言えないです。

誰だって「楽をしたい」って気持ちがある分、福島の医師さんがリンクしたような「コノヤロ」的な反応もあるんでしょうが、当事者じゃないとわからないこともいっぱいあるし…。

私にはわからないことが多すぎて、その件については何も言えないです。
まあ、だからといって無制限にお金で解決すればいいとは思いませんが。
それぞれがある程度の選択ができて、金銭を含めたサポート体制がはやくできるといいな、って思います。

>なおみさん
アイスまんじゅう、「南相馬」と「まつなが」ってのがカギになってます(「九州名物」と「まるなが」じゃないですよ~、念のため)。

阿修羅原発スレこそ、放射脳の最後の砦なのです

 IKA さんが投稿を開始してくれただけで、阿修羅原発スレでも、反放射脳が圧倒しています。

 先週アクセストップだった下記の記事も、ジェットコースターのようにランクダウンしました。

東京でデモをしている場合ではない、なぜなら東京はすでにチェルノブイリだから。」ロシア人女性の警告。(木下黄太のブログ)
http://www.asyura2.com/13/genpatu31/msg/589.html

福島県飯舘村 「大変なことが起こっているよ」 旦開野
 http://www.asyura2.com/13/genpatu31/msg/649.html

今年の福島のお米は食べられない  武田邦彦  赤かぶ
 http://www.asyura2.com/13/genpatu31/msg/682.html

 放射脳の劣勢は明らかです。

 しかし、あそこは放射脳の砦なので、こやって叩かれた記事も、人知れず反放射脳の投稿が削除され、放射脳の情報のみが残るシステムです。

 私が以前叩き潰した下記の記事で、我が反論はことごとく削除されました。(一部復元)
ttp://p.tl/cyKN

 その後は放射脳のデマ情報で埋め尽くされており、原発板の全期間アクセストップです。とほほ。

福島の妊婦、7人中5人がダウン症や奇形児、流産の恐怖(福島県は「死灰の街」になった)
ttp://www.asyura2.com/12/genpatu25/msg/552.html

 ここで連投している奴はキチガイなのですが、私はひそかにデマリンではないかと思っています。

 あのキチガイが、放射脳の砦:阿修羅原発板に投稿していないなんてありえません。もっとも最多の記事アップをしている「赤かぶ」が、デマリンである可能性もあります。

 以前最多の投稿をしていた脱原発論者が「とある母」です。それが、「赤かぶ」が投稿しだしてから、消えました。「とある母」はどうせ、F1事故でびっくりして自主避難をしたのでしょう。
 「とある母」が「赤かぶ」に返信したのではと、勝手に予想しています。

 まだ、分析はしていませんが、初めてここに予想を投稿しました。

 まあ、放射脳界なんて、ディズニーのイッツアスモールワールドよりも狭い世界なのですよ。

 ゴキブリを退治するには、その巣や卵を何とかせねばなりません。
 放射脳を対峙するには、阿修羅原発板の除染が必要です。
 皆様も、参戦してください。

しまった!

九州名物食べてたよ~(もぐもぐ)。
シェアはどうなってるの?
南相馬に行かないと買えないの?

IKAさんのコメントに賛成です。

理解しあいたい相手・・・?
もう付き合わなくてもいいと思う相手・・・?

福太郎さんは
誰と闘っているの?


元@iyao1 さん
>放射脳界なんて、ディズニーのイッツアスモールワールドよりも狭い世界なのですよ。

ふふふ。

タイトルだけみても
「何でこれが・・・?」というようなものばかりですね。
飽きないのかなあ。

おやすみなさい♪

う~ん 何と言ったらいいのか・・・。

なおみさん
>飯舘村は傍から見ているかぎり
早い段階から独自路線をとったと思う。
私は・・・さすがだなあと好ましく思っていました。

村長さんは当初、全村避難はさせたくなかった。
なぜなら、全村避難は今のような村の状況、つまり、村の存続にかかわる状況になることが見えていたからかも知れません。

市町村合併が世の流れだった時に、飯舘村はそれに「ノー」を示し、独自路線を歩み、村の道筋も軌道に乗りかけていた時期だった、という事もあったでしょう。

>あの・・・お年寄りの施設は避難しませんでしたよね

その通りです。
屋内で過ごすことが大部分の老人施設だからこそ、環境が変わる方が却って健康に悪い、という事を強く主張し、それが認めれれて今も村で存続しています。

>心配なのは
「お金をもらうこと」を責めてしまったら
福太郎さんのふるさとを大切に思う
その思いにも反発されてしまわないか
ということなんです。

確かに、以前、私が参加していた掲示板でのやり取りでもそのことを書いたら、自分が貰ってないから妬んでいるんじゃないか、とも言われたことがありました。

しかし、私が言いたかったことは、そもそも避難しなければいけなかったのか?と言う疑問が根底にあるのです。

そのアヤフヤな根拠のために、「ふるさと」が消滅の危機にされていることが私のもやもやの最大の原因。

賠償金や補償金は東電が支払っている、と思っている人が多いようですが、もはや一民間企業では支払えないために、結局は国が肩代わり、つまり国民の税金から支払われているのが現実。

もし、避難自体が科学的・医学的根拠のもとに行われていたなら、私のこんな疑問、もやもやは当然起きなかった。

避難基準自体、もう一度冷静に検討してほしいと言うのは、そういう事からです。
本当に今の基準、つまり年・20m㏜以上は「住んじゃいけないのか?」

IKAさん
>失ったもの…心や、生活や、ふとした時に気付く大きな穴…は、いくらお金を積んでも埋まるものではないですよね、きっと。

なおみさんにも書きましたが、この失った2年間は、誰のせいで失ったのか、という事なんです。

きっかけは原発事故なのは確かです。
しかし、結果的に避難に至ったのは基準の「変化」によってですよね。

誰が変化させたのか?
そこを言いたいのですよね。

それと、厳しい言い方になりますが、原発避難者(自主避難者も)に自立を促す時期に来ていると思います。

それは「おカネ」ではないと思うんです。
ましてや健康被害はないんだから。

いつまでも避難継続していることが、「風評被害」を作っている原因のひとつ、そう私は思います。

しばらく・・・・

ちょっと場を壊してしまっている(流れを乱している?)ようなので、しばらく投稿をお休みしますね。

超遅ればせながら

100万アクセスおめでとうございます。

僕個人として。
あのバリケード(ウチではこの言葉は使わせない、「管理ゲート」て言ってるけど)は許せない。
今の状況をキッチリと理解してもらえるくらい説明すれば、あれは必要ない。
理解した上で住みたい人は住めばいい、というより住むべき、と思う。

飯舘なんかは、帰った方が健康的で充実した人生を送って、結果的に長生きできる人はいっぱいいると思う。
浜の方では家がメチャクチャだったりライフラインがまだ復旧してない場合も多いけど、そうした問題がないのなら帰った方が長生きできる場所はたくさんある。

こうしたことをちゃんと説明することを逃げてる政府は卑怯だと思う。

福太郎さん、

僕はあなたのお話をもっと聞きたいです。
気が向いたらお話してください。

リフレッシュのため、ですよ!

やぁどさん、妙なご心配おかけしてしまったようですね、でも心配無用ですよ。

趣味のツーリングして頭冷やして、体も冷やして(笑)ちょっとリフレッシュしてくるだけですから(=^・^=)

帰ってきたら報告します(^_^)v

出遅れましたが

まずは100万アクセスおめでとうございます。

デマとの戦いはまだまだ終わりそうもありませんが、アクセスの多さは関心と支持の高さの一つの指標ではあると思うので、割と初期からお邪魔させて頂いている(見てるだけですけどね)自分としても嬉しいですねー♪

ちょっと当時を振り返って昔話を・・・。

自分は東京在住、福島出身とは言っても会津なので放射能汚染も震災や津波の被害も直接の影響はほとんどありませんでした。

原発事故直後は、実家の心配をまずしました。
そして、正直言うと放射能汚染はとりあえず心配するレベルではないと安心した時に、「浜通り、中通りほどじゃない」と比較してしまっていました。

自分の安心を裏付ける比較対照として、原発により近い浜通り、中通りを材料に使ってしまっていたんです。

それって結局、「フクシマは」「東北は」と言って差別する気持ちと同じ根っこなんですよね。
どっかに線を引いて、それよりは安心だからって事にして、それ以上の関心を持たないで済ませたいって心理が働くのでしょう。

これはヤバい、と自分で思い直して、相対的ではなく心配しなきゃいけないのはどのレベルなんだろう、と調べはじめるうちに、危険を煽る側の奇妙な程の手際の良さに疑問を持ち、ここにたどり着いた訳です・・・・・。
(健康被害の心配につては、現実には極々微少ではあっても「絶対安全」は無い訳なんですけどね。)

多くの「放射能エンガチョ」的な考えの人は、この「絶対」では無い事に囚われ、微塵たりとも容認できないし、すべきでは無いと主張するし、更には、生活のためには容認せざるを得ないと言う現実的な意見に対しても拒絶反応を見せるのでしょう。

実際にそこで生活したり、関わったりしてる人にとっては微少なリスク要因が一つ増えただけでしかありません。

事故後二年も経ち、冷静に考え直すには充分な時間が有ったし、判断材料も揃ってきたって事ですね。

でも、真正のデマゴーグは意図があってやってる事なんで別にして考えなきゃいけません。
責任追及もすべき人も居ると思いますよー。

おめでとうございます&ありがとうございます!

超遅ればせながら、100万アクセス突破おめでとうございます!
そして、このブログを立ち上げてくださって、本当にありがとうございます。

「子どもを避難させないのは人でなし」「命よりお金が大事だと思っている」といった「口撃」に福島に残った母親は本当に傷つけられてきました。

自主避難したい人・できる人はどんどんすればいい、とは思っていても、自主避難した人に「やっぱり福島は子どもを育てるには適さない」とか「子どもの健康を考えたら避難しかない」とか言われると、これまた心にひっかき傷が・・・。

そんな中、このブログと出会って、いろいろな方が提供してくださる、より科学的な、より福島に寄り添った情報を知ることで、どれだけ救われたことか!

マスコミは自主避難した人や不安を抱えて福島に残っている人にはたくさんインタビューするくせに、多角的に検討した結果、我が家に避難は必要ないと判断し、平常心で生活している県民の話は聞いてくれない、そんな県民がいることすら念頭にないわけで、そういう記事を読むたびに心にもやもやがたまっていく、その繰り返しの2年間でした。

いまだに「避難するも地獄、残るも地獄」などとおっしゃる県外支援者の方もいらっしゃって、福島と何の関係もない外野が変なこと言っている分には「またか」と思うだけですが、それなりに福島や避難者のことを考えていらっしゃる方のそういう認識をどう変えていけばいいのか・・・。

今月、県が「情報発信戦略アドバイザー」を委嘱したそうですが、本当に早く正しい福島の姿が世界に伝わってほしいと願わずにはいられません。

今週末は六魂祭ですね。来福される皆さんには美しい信夫山もぜひ見ていただきたいです。



No title

 福太郎様

 飯館村の放射線量を仮に平均5ミリシーベルトとします。5ミリシーベルトの汚染地帯には10万人が住んでいるとします。

 1シーベルト当たり5人が晩発性の致死的ガンが発症するというのがデータで広島長崎の瞬間被ばくにより、後年1シーベルト当たりの地帯では100人に5人がガンで死んでいると言うデータがLNТ仮説の仮説のモトになって居る事にご注目。

 100ミリシーベルトでは0.005人、5ミリシーベルトでは0.00025人が100人当たりの死亡者です。それを10万倍すると25人が後年被ばくが原因でガンで死ぬ事になります。
 飯館村の人口が例え2000人でも10人が死ぬ事だってあり得ます。
 飯館村の集団線量は10万*5/1000=500人・シーベルト
 その他の地域をあわせて人口が10万人だったら25人は絶対に被ばくリスクによって80年後には本来は3万人がガンで死ぬところを3万25人がガンでなくなる。

 と言う様なこんな馬鹿げた話って、話そのものはありますよ。小出裕章氏はどんなに被ばく線量が少なくても必ず放射線による被害はあるのです。と言って集団線量についてとりあげています。これ一つでも素人目にでもトンデモ本ですよ。

 LNТ仮説と人体の放射線に対する防御の仕組みがあると言う事は矛盾します。放射線医療は人体の放射線に対する防御の仕組みによって成立し、3万ミリを分割被ばくさせてもガン治療が成り立つわけでこれは非常にデータも多く治療技術も進んで有望な医療法と言われています。「少しの放射線でも危険」だったらこんな事あり得ません。

 さらに、1シーベルトでは瞬間被ばくでは広島長崎の100人に5人の晩発性のガンの発症があると言うデータありますが、1年かかって100ミリで0.005人が死ぬとか言うデータもないんです。

 例えLNТ仮説を認めても福太郎さんが言う様に、少しの放射線は安全だと言っても間違いないと思っています。

 それにこれは生涯にわたる主因別死亡率であって、ストレスを少なく健康的に長生きをして100歳になって甲状腺癌で死亡したら、こんなのは被ばく時の放射性ヨウ素によるものだと言う医者の人もいないんじゃないかな。

 僕はLNТ仮説など放射線防御に関しては否定します。

No title

う~ん、もしかしたら誤解をされる方もいるかなぁ、って思ったんで、ゆうべのコメの補足を。

私は(たぶんなおみさんも)、全面的に福太郎さんのご意見に反対、ってわけじゃないです。どちらかと言うと、現実的で建設的なお話だと思っています。

私も、無計画にダラダラと補償金だけを続けるようなやり方は見直すべき時期だと思っています。
そのためにはまず「国レベルでの基本方針」を決めて、そこから具体的な施策に入るんでしょうけど、その基本方針が決まらないから具体的なところが何も進んでいないんでしょうね。
ここはやぁどさんの「政府は卑怯」に同感です。

その意味では、福太郎さんの「避難者も自立を促す時期」って意見にも賛成です。「帰還を前提にした避難者の支援体制」にを基本に「補償に使うリソースをもっと建設的な方向で使う」べきだと思います。
やっぱり、2年が過ぎたいま、区切りというか踏ん切りみたいなものは必要なことは間違いないです。

おそらく避難者自身もこんな生殺し的な状況から脱却したい人は多いと思います。
その今回の浪江町の人たちの「補償金増額」の話も、そんな思いが込められているんじゃないかな、って思うんですよ。

私としては時計が戻らない以上、この2年の経験と知識、それと、より正しい知識とこれからの具体的な復興方針をもとに「それぞれが選択、判断」して、(適切な範囲内で)金銭的なものを含めて「それぞれの判断に沿った、適切な支援」をするべきだ、って考えています。

あと、「過剰な避難基準を定めた」事については最終的な判断をした国(国民全員も含む)が責任を取らなくてはいけない、と思っていますが、判断を狂わせたデマを流した人たちにも何かの形で責任を取って欲しいと思っています。

>福太郎さん
リフレッシュしたら、またご意見、お話を聞かせてください。

>なおみさん
「まつながのアイスまんじゅう」は、ほぼ相馬、南相馬限定かと思います。
「まるなが」に比べると、皮(?…ミルクの部分ね)がアイスクリームではなくアイスキャンデーで固いです。アンコはこし餡、まるながより甘さ控え目な気がします。

それにしても、「まつなが」だって50年以上の歴史があって、まるながと同じくらい親しまれているのに「九州名物」勝手に名乗られても、って気がするんですが(まあ、九州は「ひよこ」を東京名物に取られたからなぁ…笑)。



No title

100万アクセス、あめでとうございます!!
(今、初めて見た訳ではないのです。なかなかコメントできなくて、、)

コメントを全部読み込んだ訳ではないのでトンチンカンかもしれません。そして、こういうことを言える立場にないのかもしれませんが、、

飯館に関係する福太郎さんのような方から、このようなお話を聞けたことを心強く思いました。そして、こういう考えの方がもっとおられるのかも知れないとも思いました。

浪江の集団提訴は、その目的がお金だけではないとしても、中には充分な考えなしに(乗ってしまおう)という方もおられると思うのです。そういう方は、将来働かないで生きがいをなくした時、「あの時の賠償金が多すぎたせいだ」と言わないとも限りません。そういうワーワーとしたものが、とても嫌です。ここまできたら、お互い、しっかりと意を汲まないと、、

無責任なコメンテーターは別として、もっと責任ある人がしっかり説明責任を果たして欲しいですね。先日も美容院にあった某女性週刊誌には子供の甲状腺癌の発生について普通の30倍とか、訳のわからないことが書いてありました。無党派層のような、訳のわかっていない人々を「怖がる派」に追いやってはいけません。

皆様の御意見、特に↓に強く共感です。

「判断を狂わせたデマを流した人たちにも何かの形で責任を取って欲しいと思っています。 」

「こうしたことをちゃんと説明することを逃げてる政府は卑怯だと思う。」

No title

飯舘や山木屋では

生活動線でサーベイすると

現在では全体の七割の地域で

2μSv/h(高50cm アロカ シンチ)以下まで下がっています。

もちろん1以下も多くなってきています。



飯舘村を解決する為には

あまりにも村民の中に

福太郎さんのような方が少なすぎます。


ここへ集う除染重点地域の方々が何を言おうとも

特別除染地域の方々には届きません。


それは

福太郎さん自身が一番お判りかと思います。。



また

都市部の便利な生活に慣れてしまった子ども達から

帰村の承諾を取るのも・・・なかなか・・どーして。。


村長はというと

現在は浄化槽の村内を

集落排水に移行させたいと・・

とりあえづ『順番が違う』と保留されたようですが

いちを上に陳情しているくらいなので

帰村の決意はある・・・

と私は思っております。



正直、福島市民には

村内のもめごとに介入するキッカケがありません。


福太郎さんの想いを実現する為に

私達に何をして欲しいのか?

ただ話を聞いてるだけでいいのか?


お教え願えれば

話は早いと思います。


信夫山には

登り口が無数にありますから。。


みなさんのコメントを読み始める前に福太郎さんへ

いつも全部読んでから(読みながら)打ってるんだけど。
昨日からなんだか自分の言ってる事にしっくりこなくて。

私は福太郎さんに何か言える立場ではない。
でもだからって気を遣って黙っちゃうのって冷たいと思う。
何か・・・気休めになるようなことでもいいから伝えたいなと思う。
福太郎さんはどんなことでも思っていい権利・立場があると思う。
当事者なんだから。

以上!

さて・行きます。

>環境が変わる方が却って健康に悪い、という事を強く主張し、それが認めれれて今も村で存続しています。

はい。いつだって飯舘は先見の明があるというか・・・
面白い(英語では興味深いという意味でネ)と思ってみています。

>ほぼ毎日その「お悔み」欄を見ていますが、なぜか「飯舘村」の人の名前が非常に少ないのです。

それが事実ならば
私はそのこと(避難しなかったこと)が
影響しているのかな?と思いました。

>放射線の高い時期に普通に住んでいたことが関係しているのか?

このことよりもね(にこ)。

>きっかけは原発事故なのは確かです。
>しかし、結果的に避難に至ったのは基準の「変化」によってですよね。
>誰が変化させたのか?
>そこを言いたいのですよね。

よくわかります。

デマ除染(ネコさんのテーマ)とは少しだけ違って
具体的に「基準」を納得いくものに変えたいですよね。

私もそう思う。

さて・・・どうしたらいいんだろ???

もう科学以外のこと
(政治的な思惑とか・経済のこととか・
家庭の事情とか・大人の事情とか・・・壮大な世界の秘密的な)
が絡んで動き出してしまっているからすごく難しいのかも。


お!やぁどさん(好青年風)が来た♪

>こうしたことをちゃんと説明することを逃げてる政府は卑怯だと思う。

私もそう思います。
福太郎さんだけの想いじゃないですよね。


おお!こうたさん(肉体派好青年)も来なさった!

>真正のデマゴーグは意図があってやってる事なんで別にして考えなきゃいけません。
>責任追及もすべき人も居ると思いますよー。

そうなんです。そう思います。


にゃんさん!
全く同感です。あの時悔しかったことが思い出されました。
相手は・・・きっと悪気はなかったんだけどね。

さっきブルーインパルスの練習見ました。
信夫山の上に何度も大きな○!!!

あちこちから人が出てきてみんな観てましたよ。
なんだか涙が出てきちゃった。


IKAさん
>私は(たぶんなおみさんも)、全面的に福太郎さんのご意見に反対、ってわけじゃないです。

えええ!衝撃の事実!!そんな風に読まれてたの!?
どっちかつうと福太郎さんに賛成派なんだけどなあ・・・。
やっぱり難しいなあ・・・。

気持ちは賛成。
福太郎さんが心配・・・ってとこかなあ(私はね)?


kakkouさんにも賛成!


GTR110さん
>正直、福島市民には
>村内のもめごとに介入するキッカケがありません。
>福太郎さんの想いを実現する為に
>私達に何をして欲しいのか?
>ただ話を聞いてるだけでいいのか?
>お教え願えれば
>話は早いと思います。
>信夫山には
>登り口が無数にありますから。。

かっけええ!
そう!私もそれが言いたかったの。
何かできることはありますか?

みんなで信夫山に登ろう!

福太郎さん
ひとりでばっかりツーリングしてちゃダメ!

今日の

ブルーインパルス見逃した!
見た人に聞いたら「すっごくカッコよかった!」そうで…。
見たかったなぁ。みんなは見れました?
見れた人、ウラヤマシス…。
明日もピーカンだったらいいなぁ…。

ところで
>なおみさん
勝手に引き合いに出してすいません。
私が「誤解した人がいるかなぁ」って思った5月30日のコメント後に、なおみさんに「賛成です」って言っていただいたんで、もしかしたら巻き込んだかな、って感じたもので…。

IKAさん

オッケーです。気にしないで。

言葉のやり取りだけで
脳内に形を作っていくことの難しさよ(詠嘆)。

このパーツを全部使ってうまく組み立てたら
かっこいいガンダムができるよ!

と手渡された言葉で

「コレジャナイロボ」が完成してしまった。

何故だ?何故なのだ?
私の限界???

みたいなことってあるから。
私はあるの。

だから誰よりも福太郎さんに
「自分の気持ちを否定された」と思われたらまずかったから
(実際自分でもうまく書けなくてもやもやしてたし)。

いいんです。

ブルーインパルスはかっこよかったよ~。
何回も福島市にマルをくれたよ!
やった~!!

肩で風切って街を歩く六魂祭関係者のオジサマ方。
顔つきがきりっとしてて
普段の6割り増しくらいかっこいいです。

すれ違う時に鷹揚に微笑み(にっこり)
ウインクして応援するのが精一杯ですが(皆目をそむけるのは何故?)

いいお祭になるといいな♪

ツーリング日和!!

今日は朝から抜けるような青空で、昨日の梅雨空が何だったのか、と言うほどの変わりよう。

という事で、休みだったので当然のごとくツーリングしてきましたよ。
今日の目的は、いま、原発被災地はどうなっているのか?

先ず訪れたのは川内村。
この村は人口約3,000人なので、わが故郷・飯舘村の半分ほどです。

川内村は原発から近かったものの、風向きの関係で放射線量自体はかなり低かったために、事故後1年経たない去年の1月(だったかな、もしかして2月?)に村長が「帰村宣言」したのはご承知かと思います。

しかし、線量は低いものの、一旦人々の心に蔓延してしまった「放射線は少しでも危険」と、それ以外にも様々な理由で村に戻っているのは、今現在3分の1程度だと聞いた。

しかし、今日久しぶり(今年の1月以来)に川内村を訪れてみて、ああ、川内村は生きているなあ、と実感しました。

それは、元の人口の3分の1と言えども人の動きが見えるし、一番は田んぼが「田植え」されていたからです。

わが飯舘村は、今年も相変わらず雑草だらけであり、それ以上に人の存在がまるでないのとは全然違います。

これがふるさとだよなあ、そう思った瞬間でした。

1月に訪れた時にも村で唯一(?)の営業かも知れない食堂の「川添」さんでお昼をいただいたのですが、今日もその店でいただいてきました。

川内村民は少ないにも拘らず、除染関係なのか、作業員らしき人々はそこらじゅうにいましたね。

そのあと、県道を通って富岡町に向かいました。
桜並木で有名な「夜の森公園」を通る道路は「帰宅困難区域」になっているためにバリケードがされて通行できません。
迂回して国道6号に出ましたが、富岡町は川内村と打って変わって住民の影が全くなく、まさに「ゴーストタウン」でした。

その後、楢葉、広野町と通り、常磐線の折り返し駅である「広野駅」に立ち寄ってみました。

広野町も住むことはできるのですが、やはり元のような賑わいには程遠いようでした。
しかし、除染やら、復興関連の業者の車や作業員は相変わらずたくさんいましたね。

あ、そうそう、特に富岡から広野間を走っている時、それらの除染や復興関連の作業員たちが「マスク」をしているのに、ワタクシはマスクもしないでバイクで「普通に」走っていることに、妙な優越感を覚えてしまったのは変でしょうか(笑)。

という事で、天気も最高の中、大好きなバイクに乗って有意義な一日を過ごしましたよ。

No title

 ああ、そうか、ホホイノホイノのもう一杯!

 だったんだ、こんなオモロイギャグが忘れ去られようとしているんだ。

 即席汁粉はチクロの味か、

 当時はチューイングガムには必ず入っていたと思います。

 粉末ジュースも即席汁粉もワタナベ製菓でしたか

 憎いくらいに美味いんだ
 不思議なくらいに安いんだ

 がいつの間にか

 憎いくらいに美味いんだ
 不思議なくらいに甘いんだに

 置き換わったのはやっぱり甘さ願望だったのかな。
 僕は今、アスパルテームとL-フェニルアラニン入りのジュースと言うのかとにかくかなり甘い奴1.5リットルを二日に一度購入して飲んでいます。砂糖だったらこれほどの量は多分飲む気にならないでしょう。

 ニッキニキニキニキノカシ、勿論覚えていますよ。食べた事はないけど

 森永キャラメルは今でもありますが、一度女房とアフリカ旅行に行った時、お土産屋さんのおばさん達二人に1個づつあげたら、しばらくして口を手で押さえて、笑いながらもう一つ欲しいと言ってきたんで多分残り全部あげた事があります。あのしぐさ、笑って恥ずかしさをごまかす日本の中年女性固有のものじゃなかったんです。
 でもヨーロッパ、アメリカのおばちゃんもそうなんだろうか?

 マミムメ、モリーナガと言うコマソンも意図意味不明でしたけど、歌手は松島トモ子さんと言う同年代の人だったけど
 ライオンとヒョウに各一度ずつ襲われた事があるのが有名くらいじゃないかな。

 IKAさんどうもありがとうございました。そう言えば粉末ジュースは缶入りもあって、夏なんか大人が豪快にスプーンですくってかき回して飲んでいたけど、多分家業の印刷会社の従業員だったんじゃないかな。
 
 チクロちゃん、どこかで聞いた気が
 

福太郎さん

リフレッシュしたら,またご様子お知らせください。(やぁどさんに先を越されましたっていうか,皆さんに遅れを取りすぎの私)

私もあの訴訟の記事を見て,「????」と,際限なく疑問がわきました。

お金で解決できるものではない,と知っている人もいる,でもお金をもらえたらラッキー新天地で家建てて暮らそう,という人もいる,色々いるのでしょうけれど,一番の問題は,当事者以外が,勝手に問題を大きくして,もめ事をつくり,訴訟を起こし,お金お金,○ね○ね,とさわぐこと。


SNSを見ていたら,目が,また点になってしまいました。

「チェルノブイリ原子力発電所は天然ウランが燃料の炉一基破壊。福島第一原子力発電所は精錬ウラン二基とMOX一基の破壊、燃料の危険性だけでも比較に成らない 被害10分の1と言う人は言い続けると諦めるけどチェルノは四年目まで健康被害隠蔽してたけど二年目から出ていた。福島は一年目から出ている。」

これ,2年前ではなくて,今日のコメントです。

私が,国連科学委員会の調査について書いたら,挑戦してきた,とでもいうように。

この人は,私が教え子が福島県で幸せな新婚家庭を持ったことや,茨城県北太平洋岸に住む教え子が,元気な赤ちゃんを産んだことを書き込んだ時,
「奇形児や障害児が生まれています。健康被害が出ています。何もないように祈っています。」
と,書き込んでくれた人なんですが。

それは,もはや人間としての根本が間違っているのではないだろうか? と,
「はい,元気にやっています。ありがとうございます。」
と返信しましたが,
人間として,問題ありなのはあなただよ,うん,と,かえって納得してほっとさせてもらいました。

こういう人達が,デモだとか,ツイートだとか,なんだかんだで,煽っているのですが,最近,「さすがに変だ」と考える人が増えて相手にされなくなって焦っているのでしょうか。

いとこが福島第1で冷却作業をして,落ち着いたから去年からは元の仕事(とある大きな企業の下請け)に戻ったのですが,独身なので,こういう心ない風評を飛ばし続ける人間がいることで,これからの婚活がどうなるか,と,思います。

煽る人間は,煽りたいから煽っているので。

煽られる人間にはいろいろな人がいるでしょうけれど。

残念なことに,世の中には,自分だけが正義,他人を裁いていい,他人の人生なんか壊してもいい,と,たいてい,他人の自分への評価が低すぎる,と思っている人がいて,震災後の日本の混乱が,嬉しいネタを与えてしまったのだ,と,それは,政府の弱腰のせいもありましたが,政府だって,混乱していたことでしょう。

民主党を選んだ人達が,今度は政府を責め,東電を責め,関東以北を責めた,という,なんとも不思議な現象でした。

ネットでしか,生きられない人もいる,と,しみじみ感じました。

ああ,でも,私もただのオタクでしたっけ。

関係ない話なんですが,職場で使っている「中学校の音楽3」という教科書には,ディープ・パープルの「スモーク・オン・ザ・ウォーター」が出ているんですが,職員で,あれを知っていたのが,私だけでした。音楽の先生(同い年)も知らない。ロック・ファン(Radio HeadやOasisが好き)の後輩も知らない,同い年がいっぱいいるのに,誰も知らない。

あんなにメジャーなのに。あんなに普通なのに。プログレでもないのに。

ショックを受けました。既に古典コテンでした。

昔,ロックを聴く子は不良になる,と言われたものですが,どれだけの人が不良になったでしょうか。

福太郎さんその2

すれ違ってしまいました。

ツーリング,良いですね。

6号国道の様子,読みました。自分も,あの国道にはずいぶんお世話になってきたし,姉が仙台にいたので,常磐道や「ろっこく(茨城県人はそう呼びます)」には,思いがあるので,あと通学につかった常磐線にも。

あの海沿いが,大好きなんです。

福太郎さんにとっては,ふるさと,特別な所でしょう。わかります,なんて,私も言えないです。


ワタナベのジウスのもと,やっと思い出しました。

若いふりしてしまいました。

そういえば,「シャンペンシャワー」というサッカーマンガ(ただし少女マンガ)にも出ていましたっけ。

こちらのブログの「なつかし情報」も大好きなんです。

リアルにすれ違っていたかも>福太郎さん

私も本日は広野・楢葉通って富岡駅前降りて、その後1Fに入って来ました。

4号機の燃料取出しカバーが完成していてびっくり。
2ヶ月前は基礎だけだったのに。

少しずつだけど、確実に進んでいます。

おかえりなさい!福太郎さん

>川内村は原発から近かったものの、風向きの関係で放射線量自体はかなり低かったために、事故後1年経たない去年の1月(だったかな、もしかして2月?)に村長が「帰村宣言」したのはご承知かと思います。

覚えています。
帰れる人から帰ろうって呼びかけていましたね。

できる人からやればいいんだと思いました。
無理しないで。

ここで私がふざけているのは不謹慎かも・・・と
何回も何回も地震の後に思ったのだけど
少しでも笑える人から笑えばいいと思ってた。


福島の隣の県在住さん
>アスパルテームとL-フェニルアラニン

私・・・これが入ってるものを美味しい!と思ってしまうんです。
あれ?と思って確認すると入ってるんだよね~。
あとソルビット・・・だったかな~。
苦手なのは酸化防止剤。頭痛が・・・。

>ライオンとヒョウに各一度ずつ襲われた事があるのが有名くらいじゃないかな。

江口寿史(漫画家)が
「動物もあの目が怖かったんだろう」と言ってるのを読んで
納得した思い出が(笑)。


boomboomさん
>一番の問題は,当事者以外が,勝手に問題を大きくして,もめ事をつくり,訴訟を起こし,お金お金,○ね○ね,とさわぐこと。

私もそういう人はイヤ。
そういう人のあおりには踊らされないでって思う。
求めていい損害賠償は恥じることなく請求してと思う。

生きるために
利用できるものは利用したらいいと思う私もいるんだけど・・・。

うううん。誰の立場に立つかで・・・気持ちがくるくる変わる。

No title

  やぁどさん,さわやかなニュースをありがとうございます。
  福太郎さんとやぁどさんの今日のお話が,5月最後の晴れた日を象徴するようです。

  ああ,すっきりした。
 
  ベレッタさんの日記(とある人が,「ビタミンKを新生児には絶対に与えるな」という「医療情報」を公開していたことに反論されていました。)にコメントしたら,mixiでは,チェックをはずさないと勝手に「マイミク」とかいう人に公開されてしまいまして,そのコメントに,また,なんだかんだ書かれたわけですが,もう,なんだかうんざりしています。この人達の間で,ネコさんや,やぁどさんが有名人だったことを最近知ってびっくりしていますが,ここのブログに書き込んでいる人を「工作員」と,本当に書いていたので,

  「ここへきて,私も工作員認定してもらえたのかなあ?」

  とりあえず,

  今日も元気です。周囲の知人の子も元気に生まれました。奇形児も生まれず,癌も増えず,申し訳ありません,と,書いてしまいました。

  まだまだ,こういう人はいるし,こういう人は,一生こういう人なんではないだろうか,という気がします。


  震災後,困っている人を助けたいわけでもなんでもなく,ただお祭り騒ぎしたいだけの人,正義の味方の自分が大好きな人,しかたがないかなあ,と思います。


  だから,やっぱりネコさんのブログは,私の精神衛生上,必要なんですよね。  

やぁどさんて・・・

>私も本日は広野・楢葉通って富岡駅前降りて、その後1Fに入って来ました。

1Fに入って来たって、誰かの家の1Fじゃないですよね(笑)。
ん?ってえことは、やぁどさんは原発従事者?

どういう事?

すみません、私、ここのブログに来たのがまだ2カ月ほどの若造なんで、皆さんの「プライベート」が分からなくて・・・。

それはともかく、マジで出会ってたかも、ですね。
夜ノ森駅で写真を撮ったのが、12時半ごろでした。

その後、6号を横切って「富岡町スポーツ交流館」を通って海に出ました。
(12時45分ごろ)

澄み渡る青空と真っ青な海。
しかし、海岸線は津波に破壊されたままで、近くの民家やお店等には人影がないのがなんとも妙な感じでした。

その後6号を南下して広野駅に着いたのが13時20分ごろ。

でも、そもそもあの辺りをバイクで走っている人はほとんどいないでしょうから、もし、今書いた時間でバイクにすれ違っていたら、それが私だったかもね。

基本は一人ですが

なおみさん

>福太郎さん
ひとりでばっかりツーリングしてちゃダメ!

ツーリングは一人が気楽でいいんですよ。
だから私のツーリングは基本「おひとり様」なんです。(笑)

でも、時々仲間ともやってますからご安心を。

そういう事じゃなくて、ここのブログ仲間とも一緒に、ってこと?

そう言えば、自主避難者への激励と言うか、ちょっかい出しと言うか、そういう話は立ち消えになったかな?

木の洞なのか・・・?吐き出してすっきり!

boomboomさん
>ああ,すっきりした。

この気持ち・・・わかります(ふふふ)。

今日の福島市も爽やかでしたよ!
たくさんの人が空を見上げて感動していました。

やぁどさんはテレビの人です。ニュースをつくる側の人
(本業はミュージシャン・・・?)。

No title

公務員でも警備員でもないのに

明日・明後日と仕事・・・(T_T)


臨時駐車場には今日から

『今日から駐車出来ないの?』

という県外ナンバーも。。



東北六`nROLL祭

みなさん楽しんできてくださいね(^0^)

福太郎さん

すれ違いました(コメント欄で)。

>時々仲間ともやってますからご安心を。

ならよかった(にこ)。
考え事をする時に
寂しい気持ちで走ってるのかなあと思ったの。

>ここのブログ仲間とも一緒に、ってこと?

そう。妄想で・・・。お茶会のように。
あとは比喩。

>そう言えば、自主避難者への激励と言うか、ちょっかい出しと言うか、そういう話は立ち消えになったかな?

自主避難の方からこちらに
お申し出があれば・・・と思うんだけど(笑)。
読んでないかな~。
頼まれてないのに押しかけたら怖がらせちゃうから。

なおみさん

>そう。妄想で・・・。お茶会のように。
あとは比喩。

そういう事だったのねえ、いかにもリアルお茶会しているようなやり取り、変だなあ、とは思っていたけど。

>自主避難の方からこちらに
お申し出があれば・・・と思うんだけど(笑)。

そう、申し出もないのに押しかけちゃ犯罪になっちゃうかも・・・・ね。

>頼まれてないのに押しかけたら怖がらせちゃうから。

うん、100%怖がると思う(笑)

さて、明日は六魂際見たら、久しぶりに信夫山にでも登ってみるかな。

No title

パナソニックの臨時駐車場はすでに満車となり
荒川河川敷へ誘導しています。

卸売市場も時間の問題・・

岡部の工業団地が現在は一番余裕があるようですが
午前中には満車でしょうね。

No title

今日のブルーインパルスは絶対見るぞ!そっと心に誓う6月1日。

本日の朗報

2013年5月31日 UNSCEARによるプレスリリース
http://togetter.com/li/511707

新聞でもニュースになってました。

本日のお腹立ち

EM菌開発者・比嘉照夫先生のお人柄
http://togetter.com/li/511735

比嘉氏によると、
>『いや~福島県の県民を見て るとね 江戸時代の人民を見ているみたいでね・・ ・上がね 嘘を言ってもね 正しいと思って へへぇ~ と言って言う事を聞く と・・・だから すぐ原子力 発電所が出来たのかも知れない』

福島県民意識は江戸時代並みですか。
それはご迷惑をおかけしましたね~。
(この一言で比嘉氏は「敬称オレ的ランキング」で呼び捨て決定しました)

>なおみさん
「まつながのアイスまんじゅう」南相馬近辺においでの際には召し上がってみてください。
スーパーではだいたい取り扱っています(コンビニにもあると思う)。
私は九州名物よりこっちの方が好き。

>福太郎さん
リフレッシュできましたか~。
川内村は帰還者5割近くまでは回復したって聞きました。おっしゃるように、作業員さんもいるので昼間人口はもっと多いみたいです。
本格的な回復にはまだまだ時間はかかるようですけど、少しづつ前に向かっている事は間違いないです。
出来ることは限られているけど、応援はしていきたいですね。

>福島の隣の県在住さん
あ、気付いていただけましたか(笑)。
それにしても「エノケンの時代のCM」が見れるなんて、YouTubeってすごいな~。
二木の菓子のTVCMって、お菓子の山に埋もれた先代三平師匠が出てきたと思うんですけど、その姿が羨ましくて仕方なかったですよ。
「ズバリ当てまショー」だったか(それとも特ダネ登場だったかな?)の「ズバリ賞」景品に出てくる「ナショナル家電製品一式」とか、アップダウンクイズの「10問正解で夢のハワイ」に並んで憧れでありました。

松島トモ子は森永より「ミネラ~ルむ・ぎ・ちゃ」の世代です(←ちょっとサバ読み気味ですが)。

>boomboomさん
というわけで↑今回のレトロネタ。(新しすぎかな?)

武田のオッサンも今ごろ「福島の米は食えない」とかやっていますし、アッチの人たちは無限ループに入っていますね~。
トンデモの世界って10年1日ですから、想定の範囲内ではありますが。
(そういや、テレ朝モーニングバードや女性誌で「ヤマトシジミ」今頃やってますし)

それにしても、今の中学校ではディープパープル教えるんですか!
やっぱり昭和は遠くになりにけり…
(中学生にハイウェイスターはやっぱマズかろうな、とは思いますが)

>GTR110さん
お仕事ご苦労様です…。
邪魔にならないようにしますね。

GTR110さん

オツトメごくろー様です(キリッ)。
うちもいつもよりなぜか早くに
みんな出かけていきました(ひとりはいわきに)。

眠いです。


福太郎さん
>明日は六魂際見たら、久しぶりに信夫山にでも登ってみるかな

うっすらと雲が出てきましたね。
今、私はインパルスをどこから眺めようか検討中。

六魂祭は朝一で食べ物ブースのとこだけ回ってきました。
お腹いっぱいになりましたが
まだ自分的に納得いかないので
おやつの時間にも行こうと思ってます。

やっぱり新浜公園が良かったかな~。地元のお店が多くて。
市内から離れたところの福島の食べ物(普段は食べられない)が
並んでるのが私は嬉しい。

まちなかのほうには行ってないけど
お店屋さんが店先であけてる屋台があれば
オススメ・・・だと思います。
(秋祭りなんかでは・やってるので。
そのお店の料理がカジュアルに食べられるのが好き)


IKAさん
>EM菌開発者・比嘉照夫先生のお人柄

なにこれ?
なんていうか・・・こういう人が広めようとするものって
(はじめは使用目的は限られていて
そんなにおかしくないものかなと思っていたのですが)
やっぱり・・・。

きちんと勉強して知識を身につけた
福島人たちを愚弄しおって(怒)。

>「まつながのアイスまんじゅう」南相馬近辺においでの際には召し上がってみてください。

はい!「まつなが」のですね。
いつか試してみます。

>松島トモ子は森永より「ミネラ~ルむ・ぎ・ちゃ」の世代です

私も私も(笑)。


今日の・・・心に残ったニュース。

「低線量被ばく人体に無害」発言 維新・西田議員に抗議(福島民友新聞)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130601-00010012-minyu-l07

これでみられますか?

>衆院予算委で西田氏は原発事故について「建屋の爆発から微量のセシウムが飛散した事故」として「住民避難の施策は医学、科学的根拠がなく、野蛮なセシウムの強制避難である。区域設定を直ちに廃止して福島の避難県民を直ちに帰還させるべきだ」と発言。

こういう内容に

>東京電力福島第1原発事故被災市町村議会連絡協議会(会長・佐藤長平飯舘村議会議長)

が抗議したってことらしいのですが。
飯舘の方が・・・。

福太郎さんのお気持ちが
少しだけわかった気がしました。

意外に家の周りは静か。
たまにバイクの音が聞こえると(規制されているはずなんですが)
福太郎さんか?と思ってしまいます。

さあて午後の部行ってきます!

直江兼続の逸話

コメント欄を当直明けのぼんやりした頭で読んでいて
浪江、賠償、江戸、でなんとなくこの話を思い出したので
書いてみる次第(どんな連想だよw)


■死人を生き返らせろと言われても…

慶長二年(1597)のことである。
「なに、死人を生き返らせてほしいとな?」
兼続のところに下人から訴えがきた。

理不尽に成敗されたものを生き返らせてほしいという。

子細はこうである。
上杉家中の三宝寺庄蔵という男が、
成敗されるほどのことをしていないのに、下人を一人斬ったらしい。

そのため、その下人の親類の者たち3人が、
「理不尽に成敗されたのだから、死んだ者を生き返らせて欲しい」
と言って訴えてきたのである。

兼続は少し考えて、
「ふむ…、その下人には気の毒なことをしたが…
 死人を生き返らせる業をわしは知らぬ。
 されば、そなたたちに銀子を20枚ほど与える。それで弔いを致せ。」
と言った。

下人たちは顔を見合わせていたが、銀子を受け取ってその日は帰った。

■納得しない下人ども

翌日、兼続が一筆書状をしたためていると、家臣がきて、

「ご家老様、昨日の下人どもが今日も訴え出て参りましたが、
 いかがとりはからいましょうか。」
と言ってきた。

兼続は、
「また来おったのか?
 あの者どもは昨日銀子を受け取ったではないか。まだ納得しておらぬのか?」
「はっ、何やら理不尽に斬られたのであるから、
 やはり生き返らせてもらわねば、納得できませぬと申しおります。
 なかなか強情なやつらどもにて…」

「やれやれ…そなた、死人を生き返らせる業を存知おるか?」

家臣は下げていた頭を少し上げてつと兼続の顔を見た。
特に冗談を言っている風ではない。

「は?はあ…いえ…。存じませぬが…。そのような業があるのでござりますか?」

博識の直江ご家老ならば、何かご存知なのか、と思い、そのように答えたが、

「たわけ、死人が生き返るなどと、そんな不自然な業があってたまるか。
 かようなものがあらば、古の将も生き返っておるわ。」

と、兼続は家臣に対してもやれやれ、
といった表情で吐き捨てるように言った。

家臣は恐縮したが、この下人の始末をどうつけるかを聞かなくてはならなかったので、
されば如何に、と聞いた。

兼続は、少し思案顔であったが、何か思いついたらしく、
家臣に「しばし待て」と言って、
文机に向かって何やら一通の書状をしたためた。

■閻魔大王宛の手紙!

兼続は自ら下人の前に出た。
「そなたらがどうしても死んだ者を生き返らせてくれ、と言うので、
 一つ思案したぞ。おぬしら、これから黄泉路の閻魔庁に行って、
 閻魔大王に直接交渉して参れ。
 ほれ、こうしてわしの判入りの書状もしたためてやった。
 これを持ってちょっと行って来い。」

兼続が書いていたのはこれであった。
閻魔大王宛ての書状である。
これを聞いて、下人たちは驚いたが、兼続は近くにいた番兵に、
「この者らが黄泉路を行きやすいように、城下の橋にでも連れて行って斬って参れ。」
と命じた。
下人たちはさらに驚き慌てたが、番兵に引きづられて、
城下の橋の袂で斬り殺されてしまった。

この報告を受けた兼続は、
「あとはあの者どもの交渉術次第よなあ。」
と言って、橋の袂には閻魔大王宛の書状と同じ内容の高札を掲げさせた。

「未だ貴意を得ず候へども一筆啓上せしめ候、
 三宝寺家来何某不慮の仕合にて相果て候、
 親類歎き候て呼び返し呉れ候へと様々申し候に付、
 則ち三人迎ひに遣し候、彼死人御返し下さるべく候、恐惶謹言。
  慶長二年二月七日 直江山城守兼続判 
  閻魔大王  冥官獄卒御披露」
---------------------------
関ヶ原ブログ様より引用
http://blog.livedoor.jp/mansaku21/
---------------------------


まあ、今は戦国時代ではありませんし
東電や国は直江兼続ではありませんから、
「閻魔の使い」になることはないでしょうが、

物事は引き際が肝心だと思いますね。

疎開裁判の判決文を読む限り、
出るところに出ても
デマ屋の流す基準で判断されることjはないでしょうし、
たとえ勝訴になるにしても要求した損害賠償は出ず
裁判費用をまかなうくらいの「ぶぶ漬け判決」になるのが精々、

膨大な時間を浪費して、儲かるのは弁護士だけ
というオチが待っている気がします。


たとえ希望通りになったとしても、
県内から「ほいど根性丸出し」とか言われることでしょうね。

国連科学委員会

国連からこの情報が出るのは初めてではないかもしれませんが、こういうニュースが繰り返し出されることで、信頼感も増していくので良いことだと思います。

「住民に健康影響出ない…福島原発事故で国連科学委」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130531-00001364-yom-sci

このサイトも100万ヒットということで、上杉隆のメールマガジンなんかよりも情報発信力は上回るかもしれません。

ちなみに、ディープパープルは今だ現役で5月に新CDをリリースしましたよ。
http://ro69.jp/news/detail/79702

福島の医師@当直明け さん

おつかれさまです!

今日は確か・・・郡山でもお祭があるんですよね?
一緒に県を盛り上げるため?
それとも県庁狙いのアピール(なにもぶつけなくても・・・)?
などと考えていました(笑)。

>直江兼続の逸話

これはおもしろい。
一休さんと将軍様の屏風のトラを思い出しました。

>膨大な時間を浪費して、儲かるのは弁護士だけ
というオチが待っている気がします。

それは・・・なんというか理不尽だわ(むっ)。


ovalさん
>「住民に健康影響出ない…福島原発事故で国連科学委」

これテレビで観ました!
繰り返し繰り返しさらっと流してほしいです。


さっき私があげたニュースの
>福島の避難県民を直ちに帰還させるべきだ

ずっと前にも書いたけど
みんなが自分で帰る・帰らないを選べたらいいな。
どっちも無理矢理決められたら嫌。

帰るためのサポートは手厚くしてもらって。
「勝手に帰れば?」みたいなのじゃなくて。

お年よりは何年も待てないし
絶対危険・直ちに危険と明らかでない数値なら
自分で判断して戻りたいよって言う人の邪魔をしないであげてほしい。


やぁどさんがさっき稲荷神社にいたらしい?
私はもう一回おやつを食べに会場に行ってきました。

ブルーインパルスが飛ぶ間は
雲が切れて綺麗な青空でした。

お祭はみんなが楽しそうで好き。

松島トモ子さんは

 あの人は僕と同じ様に、眼球そのものがでかいんですよ。顔と相対的に大きいだけじゃなくて絶対数値がサイズ的に大きいと思います。つまり哺乳類だったらネコ科動物が顔の割合に眼球が大きいから近縁種だと思われたんじゃないんですかね。眼球がでかくて喜ばれるのは網膜検査の時くらい。

 ミーネラールムギチャってのも一時爆発的に毎日何回も聞かされましたよね。思わず、だからなんだって言うんだよ。と返したくなるような感じだったな。
 マミムメモリナガの後に流れるモーと続くからついに意味不明のままだけど聞き間違えているのかな。

 相撲放送をラジオで聞いていた幼少時、時間いっぱい、慌てる行司はシキモリイノスケなんて我ながらうまく勘違いしていたもんだと思います。いつ聞き間違いと気がついたのか今でもわかりませんよ。
 「慌てる行司」か、なんか緊迫感が強まる気がしますねえ。

 松島トモ子さん、一度で良いから寅さんのマドンナ役をやらせてみたかった。りりーさんよりもでかい目に対し小さい目の寅さんがどんな酷い事をいうのか想像したら楽しみです。寅さんのマドンナ役なんて日本の女優さんの一大ステータスですからね。みんな張り切ってやるわけですよ。ちょっと無理かな。女優として旬になった事もないようだし。
 
 しかし寅さんの口の悪さと言ったら良くも考えると感心するくらい。

 夏の暑さでそっくりかえったどぶ板じゃねえか、裏を見たらミミズがうじゃうじゃ。あー、嫌だねえ。
 とか言われたのが米倉マサカネ。酷い事言うなあ。

 あ!初期の頃の弟分だったノボル氏は後に結婚して八戸で今川焼の店を開いていたけど、青森?は今川焼だったんですかね。
 立派に更生して子供ももうけて小さいながらも店舗の主に対しえらそうに説教を垂れる寅さんは自己矛盾ですよ。

 俺みたいなやくざな渡世人とはお前は違うんだからな。と言うのは良いけど偉そうな態度と口の利き方は妥当なんだろうか?
 と思わざるを得ませんね。

 寅さんはそもそも団子があんまり好きでなかったんですね。そこに根本的な悲劇性があるんじゃないかと思います。門前町の立派な老舗の跡継ぎにも関わらず、全国を放浪するんですが大して良い物は食べていません。ラーメンとかうどんとか、デザートなんかみかんくらい。

 一度なんかおいちゃんに対し、寅屋の団子は鼻くそ団子だと近所のガキなんかみんな言っているぞ、と口走っておいちゃんを激怒させたんですよ。コノヤロー!俺が気にしている事を良くも言いやがってと例によって取っ組み合い。まあ、初期の頃ですけどね。小さく手のひらで丸めて作るからなんか似ているとでも思ったんでしょうね。おいちゃんのプライドなんかズタズタですよ。

 寅さんが亡くなったらいずれあの店のオーナーは満男になって、店は多分最終回に近くなって店員さんになった三平ちゃんが他の職人も使ってやるんでしょう。資産は総額2億円以上と週刊誌に出ていましたよ。少し見積もりが安いんじゃないだろうかと思います。

 満男は泉ちゃんと結婚して多分近くのマンション住まいでしょう。実は寅さんには実母のお菊さんが残したラブホテルが相続されているはずです。借金と相殺して売却処分をしたけど手続きなど全部妹の桜が亭主や朝日印刷社長と相談してやっているものと思われます。数千万円は残っているんじゃないかと思われます。

 ジャリン子チエに出てくる回転焼きというのはほぼ今川焼だったのか。横浜では大判焼きが何故か買いやすかったから良く食べましたよ。カスタード、アンコ各1個ずつ、幸福だったな。

 今の子供って、一度で良いからあれを食べてみたいと言う願望はないんでしょうかね

 僕の場合は縁日のノシイカで貧乏な所為もあったけどお袋の衛生観念からも許されなかったんですよ。バナナと言うものを初めて食べたのが確か5歳の時、落ちていた奴で、僕が拾って近所のお兄さんに渡して、こんなものが落ちていたと渡したら、これはバナナだと言って剥いて食べさせてくれましたよ。傷も汚れもなくまだ新鮮だったけど房の端の小さい奴だから幼児の僕に食べさせたんですよ。

 ビックリするくらい美味かった記憶があります。今でも衝撃的に美味かった記憶がありますけど、お兄さんは僕を見て愉快そうに笑っていましたよ。子猿に美味い物を初めて食べさせた時の様な素直な反応が面白かったんでしょう。
 
 おふくろなんて後々まで、子供にバナナなんか食べさせるなんてと言う言い方でしたからね。

 よし、今度は葛飾柴又の草団子を食べに行くぞ。

No title

>また、事故直後に同原発から20キロ・メートル以内の住民を避難させるなどした政府の対策について、「被曝量をかなり減らせた」と評価した。

 僕はそうは絶対に思いませんけどね。避難をし始めたときに既に放射性ヨウ素の値は下がっていたはずです。高線量=高被曝とは限りません。家の中に居れば木造だってγ線が殆どでしょう。

 たしか2011年7月前後の時点でウェード・アリソン氏は避難者は帰還するべきだと言っていました。日本ではそれからも自主避難する人が出てきて、それだけならまだしも他の人達に福島は危険だと煽り続けて甚大な人的損害だって出したはずだと思います。

 損害賠償を要求するなら無用な避難を強制したと言って政府に要求するべきで、それも一時金ですよ。
 自殺された方のご遺族もそういう意味での一時金を政府に要求出来ると思います。

 そもそも東電にそれほどの責任はないと思いますよ。「原発絶対安全神話」なんていうのは原発事故以後に反核反原子力一派がでっち上げた虚構にしかすぎません。

 一度だってそんな証拠を出した事もないでしょう。
 
 国連も2次被害について調査をしないのはおかしいと思います。しかし千年に一度の大津波ですよ。福島原発のみがバックアップ電源を喪失してメルトダウン、水素爆発による放射能漏れ事故を起こしたにもかかわらず、一人も放射能による犠牲者も出さなかったんですからね。

 かえって原発って意外に安全だなと僕は思いました。

http://www.gepr.org/ja/contents/20120101-01/

 アリソン氏はこの前に日本に来て避難者は帰還するべきだと言っていたんですよ。保管していないのかな。

あららららら(水谷豊?)!

福島の隣の県在住さん
>今の子供って、一度で良いからあれを食べてみたいと言う願望はないんでしょうかね

私なんかそんな気持ちでいっぱいだった(笑)。
だから大人になってから幸せなのかも・・・。

>子猿に美味い物を初めて食べさせた時の様な素直な反応が面白かったんでしょう。

可愛らしい楽しい思い出ですね。

>ALARAに基づく放射線の防護基準は見直されるべきである。

アララは初期においては良かったのよ・・・というか
今読み返してみて
「合理的に達成可能な」の解釈がミソかなと思いました。

「合理的」でなくて
「できる限り低い」だけが・・・大事にされちゃって。


今日は・・・3回も屋台に出かけてしまいました。
六魂祭はあんまり乗り気じゃないの・・・
なんて言ってたのに(恥ずかしい)!

こちらでは秋祭りの時に
神社に屋台がずらっと並ぶんです。

そういうのは今回無いと聞いていたんですが
さっき号外をもらってびっくり!
山車もあったりして屋台も出てたみたい・・・
(だからやぁどさんが神社にいた?)。

なんか・・・宣伝が行き届いてない!
うちにだけ情報が来ないのか?
民報・民友をとってないからか?

つまり今日は駅の東側
どこを歩いても何かしら屋台が出ていたようです。
私もたくさん食べました・・・。

でもまだ心残りがある!
行列であきらめた屋台は・・・明日また行きます。

今日来て楽しんでくださった皆さん
参加してくださった皆さん
ありがとうございました。

福島って楽しいでしょ♪

六魂際、だったが。。。

バイクで行こうかと思ったが、今日は公共交通のJRで行きましたよ。

で、福島駅に着いたのが11時前だったので六魂際のメインが始まる14時までは時間があるので、信夫山へのトレッキングを最初にしようと予定変更しました。

駅から歩いて新幹線の信夫山トンネルそばから登りました。

ここから登るコースは、信夫山と言う街中の山にも拘らず、時間は短いものの、ゴツゴツした岩がむき出した登山道だったりして、本格的な登山道を味わえたりするので好きなコースですね。

そんなわけで「烏が崎」で福島市内の街並みの絶景を見ながらコンビニで買ってきたささやかな昼食。

最初は私一人でしたが、そのうち何人かがやってきて、昼食をするでもなく帰らないので話しかけてみると、そこでブルーインパルスを見るために来たんだと。

なるほどねえ。
いい場所かもしれないねえ。

と言うわけで、私は14時からの祭りを見に山を下りたのでした。

が、結果的にその行動が間違いの元でした。

パレードの道路に行った時には両側の歩道は「満員御礼」で近寄れず。

溢れんばかりの人には驚いたが、わたしゃ人を見に来たんじゃないので、仕方なく市役所の隣でやっているスクリーン映像で見ていた。

けど、これじゃ家でテレビ見てるのと同じじゃないか、などと思ったりして、何か不満たらたらで帰ってきました。

駅に向かう途中にもそばにいた人が、「通行規制って言われて結局何にも見れなかったよ、せっかく水戸から来たのによ」と愚痴を言っていたが、その気持ち、よ~く分かりました。

今年で3回目の「東北六魂際」だったが、相変わらずうまくやれてないのは、ちょっとと言うか、かなり残念。

唯一盛況だったのは、ブルーインパルス飛行だったようです。

お疲れ様でした

大変でしたね。

福太郎さん
>駅から歩いて新幹線の信夫山トンネルそばから登りました。

へえ!そんなルートがあるんですね。
知りませんでした。

>そこでブルーインパルスを見るために来たんだと。

なるほど~。
私も信夫山に登ったら
もっとよく見えるかな?と思っていました。

>駅に向かう途中にもそばにいた人が、「通行規制って言われて結局何にも見れなかったよ、せっかく水戸から来たのによ」と愚痴を言っていたが、その気持ち、よ~く分かりました。

ああ・・・。それはものすごく申し訳ないことでしたね。

パレードの脇には3・4万人くらいしか寄せられなくて
あとは近寄れないだろうと噂で聞いていたので
私は初めから諦めて、ずっと新浜公園で何か食べていました。

前回仙台(でしたか?)の六魂祭に行った人も
すごく大変だった・全然みられなかったと言っていたので
きっと福島ではもっと・・・なんて思ってて。

その水戸の人にもお帰りになるまでに
何かいいことあったらいいな。
本当にお気の毒なことでしたね。

花見山と違うのは・・・(なんか心配だったのは)
時間で区切るとか場所で区切るとかきちんとするとか
そういうのが福島にはそぐわないのかも。

ブルーインパルスならどこからでも見えるから(笑)。
よそんちのビルに(多分)断りも無く登ってる人たちが
みんなでわきあいあいと楽しんでいました。

なんとなく集まってのんびりわいわい楽しいねってのが
福島のいいところなんだと思うの(ダメかしら)。

私もパレードはテレビでみてたの。
良かった・福島がんばれ・茨城も負けてらんないとか
そういう風に思ってくれた人もいて
お疲れだったでしょうに・・・

ありがとうって思いました。

No title

福島の医師さん

   閻魔大王への手紙,大変面白く読ませていただきました。

   こういう訴訟さわぎがよく起こるようになって,いつも納得いかない感じは,これだったのだなあ,と,頭が整理できました。


IKAさん

   昭和生まれだ,と言ったら,生徒に
  「え? そんなに年なんですか?」
   と言われました。まいりましたね。

ovalさん

   ディープ・パープルというバンド自体は再結成して健在なんですが(その際,リッチーがレインボウをさっさと捨てたことがなんとも消化不良なんですが),肝心要の,キーボードのジョン・ロードが亡くなってしまったので,もはや,自分的には,あれはディープ・パープルではないなあ,と感じます。

   いえね,パープルの曲なら,楽譜さえあれば自分だってオルガンのパート弾けますけど,だから,別に普通にクラシック・ピアノの心得がある人なら弾けるのでしょうけど,やっぱり,ジョンさんでないと・・・

   




   ブルーインパルスが飛んだのですね。

   自分は,航空自衛隊に少なからず思い出やかかわりがあったのです。

   青空に飛ぶ飛行機のパイロットが,前向きに応援してくれているのだろうなあ,と思いました。

   暗いような話ですが,

   昔,知人のパイロットの方が自衛隊機墜落事故で亡くなったのですが,その方が,まだこの職に就いて間もない,勘違いや失敗の多かった私をご家族ともども激励してくださって,背の低い私のために,黒板の上まで届く指示棒を作ってくださったことがありました。

   仕事に不慣れで泣くこともありましたが,いつもそのご家族の励ましを思って,同期の女性が次々退職するなか,定年近くまで続けることができました。今も,いつもそのご家族を思いながら,仕事していますし,お手製の指示棒は,引っ越ししても転勤しても,いつもそばにあって,仕事で使わなくなった今も,車の中に,常にあります(きっと護身棒になるし)。

   自衛隊をああだこうだ言う人もいるのですが,そこで働く人達を,自分は知っているので,見方が違うのです。

   励ましていただいたことは,忘れませんし,自分の宝です。

  

見れたどー!

ブルーインパルス!
もうサイコーですた。
ちょっと風が強かったみたいで、スモーク流され気味でしたけど、そんなこと気にならないほど。
知らない人でもおんなじ空を見上げているだけで、妙な連帯感が湧いてきたりして。
ほんとよかったッス。

六魂祭はパレード最後の方だけ見ました。
要するに引き上げるときだけなんですけど…。
でも、参加者もテンション少しだけ残っていて、それなりに楽しめましたよ。
(でも、ねぶた…ちっちぇ~。オリジナルはもっとデカイんだろうな…いや、せっかく福島に来ていただいて失礼ですね、ごめんなさい)

>福島の隣の県在住さん
まみむめ森永は「流れ雲」って続くみたいです。

http://fujiskya.web.fc2.com/ks30.htm

もちろん放送で聞いたわけではないんですけど、このCD↓友達に借りた事があって、知っていました。

http://migrecords.co.jp/mighotel/entrance/2f/room201/20091031/mig_prdtrad0103.html

>なおみさん
「熱中時代」の頃の水谷豊ですね。今時の若い子は知らないかも(笑)。
今の水谷豊は「はい~?」の右京さんですから。

>福太郎さん
私も今日は、六魂祭見に行くのに信夫山トンネル近辺うろつきました。
すれ違ったかもしれませんね。

>boomboomさん
いや、たぶん「昭和生まれには見えないくらいにお若いです」ってことなんじゃないですか?(最大見積20代前半です!)

平成生まれから見れば昭和の50~60年代なんかでもレトロのレベルみたいですからね~。でも、人口比は圧倒的に昭和生まれが占めている多数派だぞっと。

No title

 福島の医師さん、僕はもうヤクを飲んだので突然眠っちゃうのかもしれませんが、

 やはりへ理屈に対しへ理屈で対抗するのは現代の裁判では認められないかと思われます。

 要するにベニスの法廷をシェークスピアは侮辱したと言うイェーリングさんに言わせたらこの話も同様だと言われるでしょう。金貸しシャイロックの要求は金が期限まで返済されなければ胸の肉一ポンドを切り取らせてもらうと言う証書の有効性について、賢明なるダニエル(実はポーシャちゃん)はそれを認め、胸の肉一ポンドを切り取るのを許す。

 と言ったのに、しかし、証書には血の一滴も持ち去るとは書いてない。さらに一ポンドの重量についてわずかでもオーバー、あるいはマイナスであったら、お前の首をはねるという名裁決を出してめでたしめでたしで終わったけど、そりゃとんでもないと言う事ですよ。

 血を流さずに胸の肉を切り取るのは不可能、重量についてもいきなり一ポンド正確に切り取るのは不可能。
 最初に証書の有効性を認めておきながら事実上不可能な執行方法を命じるのは変である。

 と言う事で最初から、そんな命を引き換えにかわされた契約は無効だよと最初から言わなくてはならない。
 と言うわかりやすい話なんですが、要するに公序良俗にてらしてこの契約は無効。裁判費用はお前が払う事。後は二人で話し合って債権債務の履行について穏便に話し合って決めなさい。
 と言うのが契約自由を前提とした私法の中で認められる事。だからベニスの法廷もそうすべきであった、と言う話なんですがね。

 それに直江カネツグの時代は江戸時代、行政も司法も立法も権力は同じで、もとより下人の申し立てなどどうにでもその場の気分でへ理屈で好き勝手に出来ますでしょう。死んだものは生き返らない。君たちの要求は金の割増だろう。それは受け入れない。でよいんじゃないかな。
 今の世界から見る事の方が大事であると思います。

 当時は合法だった
 当時は必要だった

 とうのは世界じゃ認められませんよ

 その心は世が世なら君たちの要求なんてかえって命にかかわるよ、と言うところなんですかね。

 しかし現実には裁判を受ける権利はあるんですからそれだけは認めなけりゃ。訴状の主旨がわからないのでまだ判断はできかねますが、西田議員も「低線量の被ばくの影響のリスクなどない、こちらにはすでに証拠はある」とでも応じればよいんですよ。

 ただし、中川八洋と言う人が同様の事をいっていますからね。この人は反原発の立場の人を全て日本共産党員と根拠もなく言うんです。管直人、小宮山元厚労省などばっさりと切っています。
 この人の書いた書もある意味福島県人を侮辱しているのではなかろうかというきがしますね。

 「原発ゼロで日本は滅びる」共著者が高田純先生で高田純氏の言う事にはうなづけるものがありますが中川八洋氏は過激が過ぎるんじゃないのかと思います。ところで一人称をはっきりさせていないのでどちらが書いたのかわからない部分が結構ありますが、現場について報告しているのは高田純氏であると思われます。

 一日も早く牛農家が帰宅したら和牛農家の再開は容易とも書いています。
 さてねよ

国連だあ〜!文句あっかぁ〜!?

住民に健康影響出ない…福島原発事故で国連科学委
読売新聞 5月31日 22時35分配信
 【ウィーン=石黒穣】27日から開かれていた「原子放射線の影響に関する国連科学委員会」(UNSCEAR)総会が31日閉幕し、「福島第一原子力発電所事故による放射線被曝(ひばく)で、健康影響は出ていない。住民の被曝量は少なく、今後も健康影響が出るとは考えにくい」との結論をまとめた。

 また、事故直後に同原発から20キロ・メートル以内の住民を避難させるなどした政府の対策について、「被曝量をかなり減らせた」と評価した。

 放射線医学の専門家ら約80人のチームが2年かけてまとめた結論で、総会で確認された。チームの議長を務めたウォルフガング・ワイス博士は、記者会見で「避難などをしていなければ、被曝量は最大10倍に上り、(健康影響の恐れがある)100ミリ・シーベルトを超える人が出ていた」と語った。同委員会は、同原発の作業員についても、被曝量が多い一部の人を除き「健康影響は出ないだろう」と結論した。

最終更新: 6月1日 9時14分

No title

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130601-00010012-minyu-l07
>「低線量被ばく人体に無害」発言 維新・西田議員に抗議

心ならずも、「ふるさと」を追い出され、生きがいを奪われ、地域コミュニティーをズタズタにされたのは原発事故のせい、放射能飛散のせい・・・。

そう思うのは「事故当時」は仕方なかったでしょう。

しかし、その後、冷静な「状況分析」から、今回の事故による放射線程度では健康への影響は「軽微」かもしくは「ない」という事が明らかにされたあとに、法的に強制避難された人たちがどういう意識の変化があるのかと思っていましたが、残念ながら私が考えていた方向とは逆でしたね。

その原因は、何度も書いてきましたが、予想外の高額の「賠償金・補償金」であるとしかどうしても思えません。

また、これも何度か書いてきましたが(書いてたかな?)、本来、賠償金や補償金が支払われるためには、それの「根拠が証明」されてから、つまり「後払い」が原則です。

元々その「証拠」が社会的に証明されている場合なら「事前支払」はあるでしょうが、その場合でも、個々人がそれに該当しているかの「調査・審査」はあるでしょう。

つまり、原発事故等で放出された「放射脳」が具体的にどのくらいの量でこれだけの健康影響が出る、という「科学的・医学的」な証明がされている場合にのみ、「事前支払い」は可能でしょう、という事。

しかし、今回の原発事故では「100m㏜以下では健康への影響はない」と言うのが一般的な「知見」だったにも拘らず、その知見がどんどん変化させられてしまったために、「放射線は少しでも危険」が蔓延してしまったために、説明しきれなくなり当時の政府も方向転換。

それに伴って、避難に伴う賠償金や補償金も「何の審査もなく」「要求されるがままに」支払われているのが現実ですね。

しかも2年以上経ってもこれと言った健康被害がないのだから、結果的に、避難していた方が「得」と言う考えになってしまうのは当然なのかも知れない。

だから、「健康被害がないことが分かったのだから基準を見直して帰還すべき」では「困る」となってしまうのもある意味当然なのかも知れない。

この避難者の「誤った考え」を修正するには、私たち国民が冷静に正しい情報を発信しなければいけないんだと思う。

そうでなければ、今は「原発避難者は故郷を追われて可哀そう」「もっと補償を増やして」などと何とか思われているかも知れないが、今後「事故による健康被害はない」が正しいことが広まってきたときに、それでも「自分たちは被害者」意識を変えずに「もっと賠償金・補償金を!」と主張していたら、今度は今でも一部で言われ始めている「避難者はゆすりたかりか?」が一般化してしまう事を一番恐れているのです。

私が自分の生まれ故郷に対して「厳しいこと」を言っているのはそういう懸念があるからなんです。

No title

昨日はついに「福島駅 カオス」がトレンド・キーワードになったとか。「いまトピ」ってやつですけど・・・

http://ima.goo.ne.jp/word/%E7%A6%8F%E5%B3%B6%E9%A7%85%20%E3%82%AB%E3%82%AA%E3%82%B9

http://matome.naver.jp/odai/2137006579706553801

実はワタクシこの週末は東京に用事があって・・・う~ん残念、見たかった。こういう画像見てデマリンや武田が何か言うのかな~。

No title

実は昨日は夕方から福島市で飲んでたんですが、
18時ころ福島駅に着いたら、
その時間でもえらい混みようで大変でしたね。
郡山行の電車が新宿駅のラッシュアワーみたいになってたし。

駅前で「子供を逃がせ」なんて看板をつけた
小汚いおっさんを見かけましたが、
あれには周りの状況がどう見えてんだろうな。

自分のやってることに疑問を抱かないんだろうか?
まぁ疑問を抱くようじゃいまどき放射脳はやれないんだろうけど

No title

>信夫山ネコ様
マリリンとか武田のオッサンではありませんが、こんな人たちは発生したようです。

http://togetter.com/li/512000

No title

>福島の隣の県在住さん

現代の事例は現代の法で裁くべきであって、
その当時のことはその当時の法で判断すべきでしょう。
法の不遡及
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B3%95%E3%81%AE%E4%B8%8D%E9%81%A1%E5%8F%8A
「国家権力によって後付けで何でもあり」になってしまう事態を防止する原則ですから。


>その心は世が世なら君たちの要求なんてかえって命にかかわるよ、と言うところなんですかね。
>しかし現実には裁判を受ける権利はあるんですからそれだけは認めなけりゃ

公平公正に証拠に基づいて裁判を行うといっても、

証拠の証明力は、裁判官の自由な判断に委ねる。(刑事訴訟法)
自由な心証により、事実についての主張を採用すべきか否かを判断する。(民事訴訟法)

となっており、
けっきょくのところ裁判官の主観を完全に排除することは不可能です。

だからこそ、
『原告の費用くらいは出しちゃるから、もうこんな裁判起こすなよ的な判決』
いわゆる「ぶぶ漬け判決」と呼ばれるようなものもでるし、
トンデモ判決なんてものもでる。

裁判官も人間ですから、
常識から外れた話は裁判官もおかしいと思うわけで、
その感覚に法と証拠に基づいて論理的に判決を組み立てる。

まあ、どんな業界にも放射脳はいるみたいですから、
そんな裁判官が担当になればどうだかわかりませんが。

裁判を起こすのは自由です。
ただ無理筋の話だと裁判官が思ったら「証拠に基づいて」
「それなりの」判決がだされるだけで、
そういうのにかかずりあう暇があったら別なことをやったほうが
建設的ではないかと思うわけで。

加えて、要求額が大きいほど弁護士の着手金も大きくなると聞きます。
よって悪徳弁護士にかかると
高額賠償の無理筋の裁判をそそのかされて
着手金はがっぽりとられて、
裁判は勝って成功報酬が出ればめっけもの、
基本的に「あとは野となれ山となれ」なんて事例もあると聞きます。

ぶぶ漬け判決でも出ればいいほうで、
それすらもでなかったらお金と時間の無駄。

当人たちの気が済めばそれでいいですけど。

某市長の霊感商法は続く

今朝の読売に幻冬舎という出版社の広告が出ていました。
その中に菅谷昭松本市長の著作の宣伝もありました。

「原発事故と甲状腺がん」という本です。
http://www.amazon.co.jp/%E5%8E%9F%E7%99%BA%E4%BA%8B%E6%95%85%E3%81%A8%E7%94%B2%E7%8A%B6%E8%85%BA%E3%81%8C%E3%82%93-%E5%B9%BB%E5%86%AC%E8%88%8E%E3%83%AB%E3%83%8D%E3%83%83%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%82%B9%E6%96%B0%E6%9B%B8-%E8%8F%85%E8%B0%B7-%E6%98%AD/dp/4779060761/ref=sr_1_4?s=books&ie=UTF8&qid=1370134837&sr=1-4&keywords=%E8%8F%85%E8%B0%B7%E6%98%AD

宣伝には
「いま福島では、チェルノブイリ原発事故後と似たような健康被害が多発している。最も目が離せないのが、子どもの甲状腺がんだ。その実相を明らかにし、被害の拡大を食い止めるための具体策を説く。」
という明らかに事実と乖離した文言が並んでいて「残念な人」たちが喜びそうな内容でした。
世界市民さんが紹介された国連科学委員会の報告は見ようとしないんでしょうね。
こちらをご覧になっている方はご存知でしょうがくれぐれも炎上マーケティングに協力しないでください。

個人的に避難の見直しをすべきかと思います。
帰りたい人は帰ればいいし、帰りたくない人はそのままで。 ただし、自立を目指す方向で。

知らなかったのですが、富岡町の松村さんみたいに避難区域に残って生活(この人は外部団体からの支援などで生活しているので自立していませんが)している人もいるのですね。

No title

 前に人・シーベルトの説明の時に5人と言う数字だけを書いていますが、100人に5人であると言わないと説明としては不完全であると思いました。広島長崎の瞬間被ばくの時のデータを使ったらその数字が出て、その後被ばくで一体何人が(余計にガンで)死ぬのかと言う時算出するのに使用されます。

 従って3万2千人・シーベルトでの晩発性の致死的ガンの発症リスクは20で除すれば簡単に1600人と出ます。

 そこまで行くのが大変な調査が必要なのであって、そもそも福島で1シーベルトの被ばくも受けた人もいるわけがない。

 10ミリシーベルトを10年間累積の被ばく量なら福島県を中心に百万人いるとしたら、10ミリシーベルトは1シーベルトの100分の1ですから
5/100をさらに100で割ると0.00005のリスクを百万人全体が負うわけです。その100万人の中から500人が後で被ばくが原因でガンで死ぬ。

 と言うわけです。5ミリシーベルト平均が調査対象を1千万人単位に広げたらあったと言う事だったら、5/100を、5ミリシーベルトは1シーベルトの200分の1ですから200で割って1千万をかけると2500人です。

 合計1100万人のみの対象で、仮定とはいえすでに500+2500=3000人ですよ。人・シーベルトは6万人・シーベルトです。
 
 これを対象を日本国民1億3千万人にして3万2千人・シーベルトだと本当に国連が調査して算出したんでしょうかね。

 さらに10年間累積の値をまだ10年もたたずに使用しているのもおかしい。みなさんは瞬間被ばくのデータを年にそのまま置き換えてリスクを算出するもおかしいと思っていると思いますが、10年間の累積量を使用するのも変だと思いませんか。

 甲状腺ガンの「人・シーベルト」についても、僕はどこにも放射線量と発症の関連のデータを見た事がありません。
 9.9万人・シーベルトと言うのはどういう意味なのか全くわかりません。

 全国紙と朝日新聞デジタルも表現が違っていますが、「人・シーベルト」の概念を報じたのは朝日だけじゃないでしょうか?

 もしかしたら大岩ゆりは歴史に残る様な虚報を報じた可能性があると思います。とくに甲状腺ガンについては発症率か死亡率かもはっきりしませんからね。

 チェルノブイリでも被ばく量と発症について関連は認められてそのメカニズムもだいたい解明されていますけど、どれくらい被ばくしたら甲状腺ガン起こすかは数字的には明らかになっていません。もともとがヨード不足地帯なので永久にわからないのではないかと僕は思います。

 こんなデタラメが許されて良いんでしょうか?

もう食べられません・許してください・・・

boomboom さん
>青空に飛ぶ飛行機のパイロットが,前向きに応援してくれているのだろうなあ,と思いました。

はい。びんびん伝わってきました!
「がんばれよ!」と「あたぼうよ!」って気持ちは
確実に響きあうんだと思います。

>励ましていただいたことは,忘れませんし,自分の宝です。

はい。私も・・・そういう気持ちわかる気がします。


IKAさん
>見れたどー!

よかったね~!!

>知らない人でもおんなじ空を見上げているだけで、妙な連帯感が湧いてきたりして。

そうそう。昨日は私・家から出て空を観たんですが
周りの人とにっこりうなずきあったりして。
楽しかったなあ♪


>国連だあ〜!

世界市民さんも・・・もしかして昭和世代!?
仲間・仲間♪(「あおしまだあ~!」を知らないとは言わせないですよ)


福太郎さん
>今でも一部で言われ始めている「避難者はゆすりたかりか?」が一般化してしまう事を一番恐れているのです。

いろんなことは時間と共に変化していくでしょう。
「安全だった」という客観的・具体的な証明が
だんだんとなされていった時にいつまでも

>「もっと賠償金・補償金を!」

このこと「しか」訴えなかったら
「その時は避難せざるを得なかった(自主避難でない)」方々にさえ
厳しい視線が向けられるのは自然な流れだと思います。

悔しいお気持ちと
現実的な折り合いと
はたからどう見えるか?自分の行動をモニタリングすることと

なんであのままの暮らしを続けられなかったか
こんなこと考えたくもなかったし
好きでこういう状況になったわけではない

そのお気持ちがわかるから・・・
このまま進んだらお金と引き換えに失うものがありますよ
言われたくないことも言われるかもしれませんよ
と思っても

私は何も言えない(批判もしません)です。

冷たいようですが
どんなことでもご本人が気付くしかないです。


ネコさん
>「福島駅 カオス」

えええ!?ネコさん福島にいなかったんですね!
私ずっと信夫山に向かって
「ネコさん・・・やりましたね」って念じていたんですが。
ナンダヨ~!空振りテレパシーかよ~!

このニュース、お気に入りに入れました。

福島を留守してた人に
話だけ聞かせても信じないと思うので。

自慢するの♪


福島の医師@オルニチンのおかげで今日はスッキリさん

オルニチン・・・?かたかたかた・・・(了解)。

昨日は福島市にいらしてたんですね。
駅前まで手が回らず(?)
でも駅前もなんだかいろいろあると聞いていて
・・・みてみたかったな~♪
(福島の医師さんのお姿もこっそり見たかった)

私が見た雰囲気壊す感じなのは
「最後の審判が下されようとしてます」という宗教の人でした。
みんなが4号線に向かってにこにこ歩いていく
その波にまぎれて。

特殊部隊を呼ぼうかと思いました。


IKAさん
今こそ!私たちの力を結集し寄付を集め
こいつら火星旅行に招待してやりましょう!
遠慮はいらねえ!


笹団子さん
>某市長の霊感商法は続く

これみました。新聞の広告って・・・
自分が載せてるニュースとは全く関係ないのね(笑った)。


六魂祭
私はパレードは観なかったんですけど
すっごく楽しかったです(それでいいのか?)♪

今日は全部の会場を回りました。

コミケの分厚いの・・・とまでは行かなくても
もう少し事前の情報がほしかったな~。
ここではこんなお店出ますよ。オススメはこれ!
ここではこんなイベントやってますよ!

なんかの企業のブースだったか?
くじで薄型テレビ当ててた人がいて
私もやりたかったな~
(個人情報と引き換えならやらないけど)。

ゲリラ的な個人のお店(私は地元の人間なので
それをその値段ではちょっと・・・笑った)。

物産展みたいなブース(県内外問わず)は
事前にもっと商品の宣伝してたら
もう少し賑わったのでは?

街中のみんなが機嫌よくて
昼間っから美味しいお酒(各種ありました)飲んで
美味しいもの食べて
気候も良くてへらへら笑ってぶらぶら歩いて
天国みたいでした。

小さいお子さん連れのお客様多かったです。
お疲れ様でした。よくきてくださった。

何よりあちこちに立ってるおまわりさんやスタッフのみなさん。
本当にありがとうございました。

ディズニーランド並みに
ゴミが落ちてたらさっと拾っているスタッフさんが
街中にいたから

すごい人手だったけど殺伐とした感じはなくて
いつもの(私が知ってる)素敵な福島でした。

この中の(道ですれ違った)いくにんかはネコ仲間かな?
だったらいいな♪ありがとう♪また来てね!
次は一緒に飲もうね!

と念を送っておきました。

No title

福島の医師様
 法の不遡及も罪刑法定主義もいわゆる実定法における基本的人権は守らねばならないと言う法源のもとに近代から確立した原則ですね。

 しかしその原則については地球上の人類全部が適用されるかと言うと大きなタイムラグがあるわけで、人命に関わる様な判決が、今現在でも中国やシンガポール、恐らく北朝鮮でも出されて国際社会からも批判されています。

 500年も前のアメリカ先住民とヨーロッパから来た開拓者との契約について先住民側から契約無効の訴訟さえも起きていますが、当時の実定法によってさばけば有効としかいえないので、多くは現在の法で裁くのが法の不遡及や罪刑法定主義の及ばないところと僕は思っています。

 後だしじゃんけんについてはどちらが先にやったのかと言う問題になると現在の実定法で裁く事がかえって現在の人権擁護の問題からおかしくなる事もあります。

 直江兼続の話は恐らく当時の規範に照らしてもおかしいと思います。閻魔さまに面会させてやると言って最後は斬サツするのですから筋が通らないと僕は思います。ベニスの商人そっくりの話ですけど、機略を用いて相手の詭計をひっくり返す類の話は良くありますが昔話の範囲内にして子供には教えた方が良いと思います。今は昔と違って法律があるからね。とくぎを刺す必要もあろうかと

 人身売買と奴隷契約は実定法上存在していたとしても無効です。自ら望んで自分を奴隷とする契約は契約自由の原則に反しても無効なのです。こういう領域を「自然法」と言いますが、結局おかしな実定法を補完する働きをしている事は確かであり、特に過去の国際軍事法廷では後だしじゃんけんと批判されようが多くの死刑判決を出して執行されています。

 この後だしじゃんけんの根拠は結局「自然法」によるものだというしかないと思います。ただし「自然法」自体が後だしじゃんけんそのものみたいなもので価値観が違う犯罪人は納得しないまま刑を執行されるでしょう。ホロコーストにおける戦犯は全て法に従って職務を遂行しただけだ。と言っています。

 「ベニスの商人」についてはだいぶ前に、シャイロックの金利についての主張の正当性を俳優座だったと思うけど演出で強調したというのがあったと聞きました。先進的な考えが保守的な既存権力者たちによって排除されると言う、悲劇性を狙ったのだそうです。

 良い本を紹介しますよ「法律的ものの考え方」と言う古書ですけど非常に分量が少なくて、それにわかりやすい。著者は市川秀雄、もちろんとっくに死んでいます。

No title

福島の医師様
 僕も浪江町の慰謝料増額については大きく疑問を持っていますよ

 今まで10万円を3.5倍の35万円は幅が大きすぎます。

 5千世帯1万1千人で約月40億円近くとは一大ビジネスチャンスととらえる人だって出てくるでしょう。多額の損害賠償訴訟ですが、仮にこれほどの金額を要求するほどの被害が出ているのか目に見える程の何かがあるんじゃないでしょうかね。

 どこに住んでいるのかは僕は良く分かりませんが移住先での通院や入院など目に見えて増えていないんだろうか?医療ビジネスでそういう動きでもと思ったりもします。

 浪江町の不動産価格評価が大幅に下落したそうですが、これも含んでいるんでは?とか
 避難期間も1年程度を見越して蓄財の意志でもあるんですかね。福島県の人はそういう様な補償について不正支給があるんでは?と薄々思っている人もいるのかもしれませんけどこちらには情報なんかないです。

 弁護士は着手金なしで成功報酬も最低クラスで引き受けてこそ裁判に強く臨めるもの。逆だとしたら、すぐに棄却判決でしょうね。

いわゆる放射脳という

そういう方がまだまだいて,togetterとかなんとかで発生しているのですね。


先日,国連の報告の話が出てから,しつこいツイートが落ち着いていたある人が,やっぱりあきらめられないらしく,本日は,

「京都大学の助教授,小出裕章先生と,小沢一郎の対談実現。これが2年前に行われていたら,原発被害が隠蔽されることもなく云々」

と,書き込まれました。

今までは,この人の暴言,デマ拡散があまりにひどかったので,読まずに無視していたのですが,ここ数日の静けさがあったので油断して読んでしまいました。

読んでから,「あれ?」 この人,ひょっとして,ず~っと,「小出裕章助教授」だと思っているのだろうか? と,はじめて気づいたのです。

無視していたので気づかなかった。あまりにしつこかったので,うんざりしていたんです,「福島で奇形児,障害児出産増加,心筋梗塞・脳腫瘍・白血病増加,人工妊娠中絶増加・・・・」と,毎日毎日やられていたので。

思わず返信。
「大変申し訳ありませんが,つまらないことなんですが,小出さんは助教で,助教授ではないですよね。助教授という職は今ないんです。」

まだ返事はありません。

そういえば,一昨日も一つだけツイートがあったんでした。(しばらく前までは1日中)  群馬大学にいた某さんの話を拡散してこれからも盛り立てよう,ということでした。
「この人の話の根拠になる論文等を教えてください」と書いたのですが,「何も自分は福島の人が〇ねばいいと思っているわけではない」と返事がきました。

香山リカが,「放射線被害」「反原発デモ」「葬儀デモ」をネットで呼びかける人達を「実社会に行き場のない,内側にひきこもったタイプ」と,プロファイリングした時,攻撃されて,謝罪しましたが,謝罪する必要があったのでしょうか。実際に脅されたのに。

香山リカは,そんなに支持しないんですが。

でも,自分も,「この人達は,社会がどうなっているか,わからないでやっているんだなあ。」というのが,わかるような気がするのです。

ブルー・インパルスは全国ニュースになりましたね。「福島駅カオス」も。

No title

持ち帰り仕事があったのと、ニュースで見た人出にビビッて祭り会場には出かけませんでしたが、ブルーインパルスだけはしっかり見ました。

さわやかな青空に描かれた6つの〇は東北6県の絆をあらわすってニュースで言ってましたが、それよりも、この2年間、避難した人もしなかった人も、福島県民はみんながんばってきたね、えらかったね、と言ってくれているような気がしました。

自主避難した人たちは、自分だけ逃げたという罪悪感だとか、帰ったら何か言われるんじゃないかという不安だとかで、帰るに帰れないという話も聞きますが、「六魂祭見たくて帰ってきたんだ~」って言って帰ってくれば、「そうなんだ~、お帰り~」ってあっさりと人間関係復活するんじゃないかって感じる、まさしく「魂の祭り」でした。

自主避難した人たちを訪問する話も出てましたが、こっちから行くより六魂祭みたいな機会に「~があるから帰っておいでよ~」というような呼びかけが必要なのかもしれないですね。あくまでも「帰ってきたいけど、帰ってきにくいな」と思っている人対象ですけどね。

なんかまとまらない話ですみません。




No title

今日の六魂祭開会式で

小学生が大観衆に向けてのスピーチ・・

『悲しい事もありました・・

辛い時もありました・・

悔しい時もありました・・



福太郎さん

下のユーチューブ見たことありますか?

http://www.youtube.com/watch?v=ez-SaSVUI60

なぜか

東京で遂にNHKのドラマ「ラジオ」を見て、「祭りが終わった後」の福島に帰るという週末です。
「某ちゃん」と違って中年ノラネコですが、被災地発ブロガーとして、リアルにいろいろ感じました。企画・脚本・制作の方々に、「ドラマ」が薄っぺらな「ジャーナリズム」「ドキュメンタリー」を凌駕することを見せられた感じです。

boomboomさん

もうそんな人と関わるのやめなってば~(笑)。
助教とか教えてあげなくていいよ~。

>香山リカが,「放射線被害」「反原発デモ」「葬儀デモ」をネットで呼びかける人達を「実社会に行き場のない,内側にひきこもったタイプ」と,プロファイリングした時

これのどこが間違ってるの(きょとん)?


にゃんさん
>さわやかな青空に描かれた6つの〇は東北6県の絆をあらわすってニュースで言ってましたが

そうだったんだ~!
「あれ?練習より一機多い・・・?サービスかな!」と喜んでいました。

>この2年間、避難した人もしなかった人も、福島県民はみんながんばってきたね、えらかったね、と言ってくれているような気がしました。

私も私も!そう思いました。

花丸とか、頭いいこいいことか・・・
大人になってもされたら嬉しいもんだなあと。

頑張ってるおじさんたちにも
いいこいいこしてあげたら
もっと世界は平和になるんじゃないだろうか。
「くすん」って泣いちゃうかもね!

うちの前のおうち、小さなお孫さんがいたのね。
このお祭ではじめて知りました・・・。

浪江から避難してきた方
(飯舘からだという人もいるのですが)のお店は
お祭の間は閉まっていました。
どんなお気持ちでいるのかなと思いました。


GTR110さん
久しぶりに聞きました
(そういえば箭内さんを今日お見かけしました)。

大阪のお友達・うちの大介によくしてくれて
ありがとうね。


ネコさん
おかえりなさい。
東京では反原発がデモをやってたようですね?
(チラッとニュースで観たような・・・)

まあ・・・六魂祭の人数には
敵わないでしょうけどね(高笑い)。


>「被ばく不安」に慰謝料案=飯舘村民に50万円、原発賠償方針
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130602-00000067-jij-soci

「不安」に対しての慰謝料案がでましたね。
「悔しさ」に対しての慰謝料は誰に請求したらいいのだ?


こっからは負けず嫌いななおみの興味本位の質問。
(郡山のお祭って、どのくらい人が集まったの?
ねずみの日だけで20万人って聞いたんだけど・・・二日間でだよねエ?
あちこち調べたんだけどはっきり書いてないの。
福島市は25万だったけどね)

・・・みんな仲良くするのが一番だよね!!

No title

>なおみさん
郡山のフェスティバルは1日だけじゃなかったかな~。たぶん。
福島は12万人でもうカオスだったけど、郡山はさすがです。

ちなみに、フェスティバル実行委員会によると「こっちの日程は六魂祭決定以前に決まっていて、ぶつけた訳じゃない」と言っていました。

ニュース的には福島の方が大きく取り上げられたけど、郡山も盛り上がってよかったですね。

なおみさん

ありがとうございます。

いえね、ただの意地っ張りなんですよ。
ブロックするのも癪だよね、という。

いやまったく、自分てバカ。

今日の返事はまともでしたよ。助教授ってないんですね、と。

香山リカさんは、ややミーハーなところが、ちょっと苦手なんです。

でも彼女のプロファイルは当たっていたと思います。

国連だぁ~!文句あっかぁ~!でした。

なおみ さま

>国連だあ〜!

>世界市民さんも・・・もしかして昭和世代!?
>仲間・仲間♪(「あおしまだあ~!」を知らないとは言わせないですよ)


・・・・。?
あのぅ・・・このブログは平成生まれの若い方が多いのですが?
あらためて昭和世代かと聞かれ、参加したのが場違いだと感じました。

平成生まれの方というと22~23才までの方になりますが、そんなに
若い方が書き込んでいるブログでしたか・・・
大変失礼しました。m( )m

>世界市民さん

あなたが何を仰りたいのか、私には全くわからんです。

「国連だぁ~!文句あっかぁ~!」

ということであれば、何も文句はないです。強いて言えば、今更感はあります。



>boomboomさん

しかし教科書にディープ・パープルですか。まるでスクール・オブ・ロックの世界ですね。ロックなんて教わるようなものでもないような気がしますが。

ところでboomboomさん、キーボード弾かれるんですか。信夫山コンサートが開催された折にはぜひセッションしましょう。私、多分『高速道路の星』、ベースを弾きながら歌えると思います。本当のところはペーパードライバーですけれども。

今朝の朝刊

朝日
六魂祭:記事の写真は白黒
反原発デモ:記事はカラー写真でかなりのスペース
        

読売
六魂祭:カラー写真多数
反原発デモ:ベタ記事


まあ、わかりやすいことで。

アサヒはいかにも反原発デモのほうが数が多そうに
印象操作してますが、やればやるほど
自分の首を絞めると思うんですがねぇ

No title

>世界市民さん
私は昭和の高度経済成長世代です。頭の中味はもっと子どもっぽいですけどね。

う~ん、なんか誤解と言うかなんと言うか、行き違いがあるのかな~。誰も世界市民さんにコメントして欲しくない、なんて思ってないと思いますよ。
世代とか地域とかとか性別とかとか職業とか、そういった属性に関係なくフラットにお付き合いできるから、ここは楽しいんだと思っています。
だから、遠慮しないでコメントされればいいんじゃないかな~。
個人的な意見ですけどね。

>逢隈さん
「高速道路の星」って、そういった日本語の歌詞のアレですか?

>福島の隣の県在住さん
えっと、確か今川焼のお話が出ていたと思うんですが。
いろんな地域で、いろんな呼び方があるようです。

http://www.maboroshi-ch.com/old/sun/pha_14.htm

福島では「大判焼」が多いかなぁ。
珍しい呼び方では「きんつば」と言ってる人がいました。
「回転焼き」は西日本で多いようですけど、福島でも本宮市にある「世界一」ってお店が回転焼きを名乗っていました。→なんか気になるんで、いつも「今度行こう」と思いつつ、まだいってません。

No title

性懲りもなく武田尊師が7月に
郡山で講演をやるようです。

申し込み先が
郡山市建築行政協力会
なる団体のようですが、

今になっても武田邦彦の話を聞こうとするというのは
どんだけ情弱なんだろうか。

祭の後

IKA さん
>郡山のフェスティバルは1日だけじゃなかったかな~。たぶん。

そうなんだ~。5月末日から二日間かな?と思っていたので。
まあ・・・県内全部足し算するのがいいよね(笑)。

あ!小田和正さんのコンサートも文化センターであったんだって?
日にちが近かったように思います。


boomboomさん
>今日の返事はまともでしたよ。助教授ってないんですね、と。

きちんとお返事くださるときもあるんですね。
そうだとするとすっぱり切れないですよね・・・。


世界市民様
なにか・・・お気を悪くされましたでしょうか
(そうであれば大変失礼いたしました)。

きちんと統計をとったことはありませんが
平成よりはもう少し上の方の参加が多いかなという印象で・私も
参加させていただいておりました。

こちらに年齢制限はないと思います。


逢隈さん・boomboomさん
>信夫山コンサートが開催された折にはぜひセッションしましょう。

また応援に行かせてください。


福島の医師@お昼休みさん
朝日と読売・両方読みました!
読売の記事「みんな笑顔」みたいなのが嬉しかったです。
まだ余韻に浸ってるというか・・・。じいいいんと。

細かい反省点は挙げたらきりがないと思うけど
準備が大変で憂鬱になることもあったかもしれないけど
関係者の皆様・ばんざーい!!

>性懲りもなく武田尊師が7月に
>郡山で講演をやるようです。

ま・・・まさかあ(笑)。

No title

朝日新聞は祭りの前日だか、前々日だかの朝刊、声欄で
福島市在住、高校教師氏(常連)の
六魂祭に疑問を呈する投稿を載せていました。

朝日らしさはこのあたりから始まっています。

昨日、実家で福島民報読みましたが、寿ぎの雰囲気が漂ってきましたね~。
こうでなくちゃ。

No title

世界市民さんに対して、確かに私の側である種の誤解というか、先入観みたいなものがあったのかも知れませんが。

私の個人的な経験なのですが、以前、自分のブログに山下教授の講演内容を載せたことがありまして、その際コメント欄に山下教授に批判的な動画のURLをただ貼り付ける方がいて、それ自体は別に問題もないのですが、そこに何等の意見表明も無いのですね。そうなるともう単なるプロパガンダで、まるで議論にならない。やはりURLや記事の転載だけではなく、そこには自分なりの意見を添えるべきではないかと思うのです。

そこのところ、世界市民さんのコメントはどうにも解りづらい。二度目のコメントの

>あのぅ・・・このブログは平成生まれの若い方が多いのですが?

というのも、その文面どおりに解釈するならば、あるいはちょっとタイプミスがあったにしても、明らかに誤解があるし。もう書き込む気は無いのかも知れませんが、ここはぜひとも再度ご説明いただきたいものです。お互い誤解したままでは後味悪いですし。



>IKAさん
勿論あの曲です。IKAさんが歌ってくれるなら喜んでヴォーカルの座を譲りますよ。コンサートのオープニングは『高速道路の星』、クロージングは『湖上の煙』という、正に王道の構成も悪くないでしょう。何せ文部省のお墨付きをもらったようなもんだし。



>なおみさん
応援なんて言わず、なおみさんには是非とも歌ってもらわないと。でなきゃ詐欺みたいなもんですよ、私が観客の立場ならって話ですが。

本当にね、ずっと考えているんですよ。結構いいメンバー(バック・バンド)を集められるはず。因みに『串部長と盛合せ』という変な名前のバンドのメンバーは皆、「なおみさんだったらOK」だって(笑)。ただ、ね、なおみさんの十八番がどの辺なのか、まだわからない。ひょっとしてキョンキョンとか聖子ちゃん?

まあそれも悪くはないんですが、私個人としてはオリヴィア・ニュートン=ジョンのあの曲とか、ブロンディのあの曲とか、バングルズのあの曲とか、リンダ・ロンシュタットのあの曲とか、ベリンダ・カーライルのあの曲とか、歌ってもらえたら最高だなーなんて勝手に妄想してるんですが。



みんなで生オケ大会やったら絶対面白いと思いますよー。



あ゛ーまた与太話すみませんでした。

No title

<朝日新聞は祭りの前日だか、前々日だかの朝刊、声欄で
<福島市在住、高校教師氏(常連)の
<六魂祭に疑問を呈する投稿を載せていました。


西高のガンタンク。。

No title

拝啓

ガンダムは元気です・・・

https://twitter.com/karitoshi2011/status/341121088450871296

解散しちゃったね~

retsu さん
>福島市在住、高校教師氏(常連)の
>六魂祭に疑問を呈する投稿を載せていました。

あ!わかります(笑)。
採用されるコツがあるんだとおっしゃっていたようです(伝聞)。
朝日のツボを心得ていらっしゃるのでは・・・?

同じ文章を他の新聞に投稿した時の
採用率に差はあるんでしょうか・・・ね。

>実家で福島民報読みましたが、寿ぎの雰囲気が漂ってきましたね~。

そうだったんですか。よかったですね!

地元ならではの
「嬉しいな!よかったね!ありがとう!」
の気持ちがびんびん伝わってくる記事はいいですね。

ホントに・・・あんなにたくさんの人たちが・・・
感謝です。
今日(月曜日)お体きつかったのでは!?


逢隈さん
もったいない・身に余る・大変光栄なお言葉
ありがとうございます(ぺこり)。

・・・英語の歌詞は口が回りません(苦笑)。

>結構いいメンバー(バック・バンド)を集められるはず。

もったいなさすぎる!!!
えっと・・・ファンモンの後ろで手を叩いてる人の役!
それアタシ引き受けますから(笑)!

いつかいろんな人たちと集まって
音楽会が開催出来たら楽しいですね♪

boomboomさん・参加ね(英語の歌担当)!


世界市民さんの件
逢隈さんにお気を遣わせてしまって申し訳ありません。

>やはりURLや記事の転載だけではなく、そこには自分なりの意見を添えるべきではないかと思うのです。

今回の件で学んだことは・・・
(あの記事を喜んでくださった方かと思って
不用意にお声をかけてしまったのですが)

ただでさえ「読み間違い・勘違い」の多い私ですので
記事だけを教えてくださった方には
お声をかけないよう慎みたいと思います
(「常連だけで楽しんでる」というご意見もあったので
私なりに気をつけているつもりなのですが・・・)。

みんながみんな
話しかけられたい訳ではないですものね。


GTR110さん
>西高のガンタンク。。

え~!?そうなの???

あ!お仕事お疲れ様でした(ぺこり)。

湖上の煙(映像だけ本物)

逢隈さん,IKAさん,

   「湖上の煙」でよろしいですね。これならできるかな? でも学生時代を最後に弾いていないという,信じがたいブランクがるので,ハノンで指の筋トレが必要でしょうか。(しかも耳でとれないから楽譜必須)


なおみさん,こういうのですよ。

  本物 ↓
  http://www.youtube.com/watch?v=7mCK05dgwgU

  画像が同じで,音が「湖上の煙」 by 王様
  http://www.youtube.com/watch?v=bixUSXuh8J4

  「王様」というのは ↓
  http://www.youtube.com/watch?v=p4Waf96pDzY
  直訳ロックを歌う,バカボン風のおじさんです。ほっぺたの渦巻きが,この10年ほどの間に,ジェイソン,フレディーに迫る勢いのホラー映画「ソウ」のようです。

  こういう,「原発」も「震災」もない話もできるのが,こちらの良いところではないでしょうか。

  普通の生活のなんと大切なことでしょう。

  それにしても,「こんなものを聞いたら不良になる」と言われながらも,隠れて聞いていたロックが,こんなに普通になって,文部科学省にまで「オススメ」されるようになってしまうとは。

  世の流れについていけないと,大変みたいですね。

  と,昨夜間違って,facebookからレバノンの知人に連絡しようとしたら,携帯にメールアドレスのある人達全て(母と同僚を含む)に,わけのわからん英語のメールが届いてしまった,という,はずかしいことをしている自分がいます。

  今日も,やっぱり,「放射線がー」の人達は,ネット上で,同じ事を言ってますね。

  彼らは,音楽の教科書に「Smoke on the Water」が出ていることを知っているでしょうか。
  「君が代反対」どまりなのでしょうか。

なおみさん

ファンモンも捨てがたいですが,昭和ついでに キャンディーズの「年下の男の子」とか,いかがですか?  数少ない日本語の持ち歌(ただし歌詞カード必須)なんです。


キーボードなんてだいそれたことはいわない,お立ち台で踊れたら・・・・(バブルの前に大学を卒業してしまったので,立てなかったので)


信夫山で旗揚げしたら,避難者激励ツアーとか。(だめだろうか)


やぁどさんには,「My favorite thing」をお願いしたいです。あれ好きな曲なんで。それともDulferでしょうか。あれも好きです。

そうだ、京都、

行こうかなー(My Favorite Thingsはこのイメージが大きい)。。。

コルトレーンのも嫌いと言うわけではないのですが、あまりゴリゴリとインストでやることは少ないですね>自分。
ウチのVo.が時々唄うので、唄伴でやることの方が多いです。

去年か一昨年の福高JAZZ研の子が「やりたい」てんで、指導の際にバリバリコルトレーン・モードで吹いて見せたら目ェ丸くされました。


…ありゃむしろ「あきれられた」のかもしれませんが。。。

boomboom さんに救われました

教えてくださってありがとうございました。
これ聞いたことあります!
「20世紀少年」とは・・・ちょっと違うのかな?
「王様」もうっすら記憶にありました(改めて観て笑いました)。

キャンディーズなら歌える(うなずく)!

そして・・・私はお立ち台どころか
ディスコに行ったことがありません・・・。

ロックもそうなのかもしれませんが
「そんなことしたら不良になります」と
大人に止められるようなことを
きちんと若いうちにやっといたほうがいい。

後悔も含めてそう思います。

>「My favorite thing」

あ♪これもわかります。JRの・・・。
好きです。

へえ。唄があるんですね~(にこ)。

No title

今川焼を一部の福島人が「きんつば」と呼んでいる事で、普通のきんつばはなんと言ってるのかふと疑問。
ついでに思い出したのは、ゆべしってお菓子が本当は「柚子が入った」ものである、ということを知ったのが随分大人になってからだなぁ、って事。普通の福島人は「ゆべし」って三春の「醤油味のお餅で餡コをくるんだ三角のアレ」ですよね~(ね、仁さん)。
一般的なゆべしは柚子入りですよ~、って言われたらケンミンshow並に「え~、普通入ってないし、形は絶対三角でしょ」って言う自信はある(キリッ)。
(柏屋なんかの四角いクルミゆべしは別の由来だと思っていました)。

>福島の医師さん
武田のオッサンが今さら講演会ですとな…。
う~ん、なんでだろう?
①主催団体に熱心な武田信者がいる。
②どんな人かわからず、TVに出ている人なんでとりあえず呼んだ。
③講演会とは名ばかりの、実は公開吊し上げ大会。

もし③なら喜んで参加します!
(でも、この人罵倒するとブログで仕返しされるんですよね~。ちょっと前にリンクしてもらった「今年も福島の米は食えない」って話も、実は福島の農業関係者に罵倒された復讐のような気がします)

>re-tsuさん
地元紙はもう見開きサイズで写真載っけていましたからね~。
朝日は足引っ張るだけになってきてるのかな(いや、前からか)。投書欄って全国版なんですよね…イヤらしい。

>逢隈さん
「高速道路の星」は以前カラオケで歌って大失敗したトラウマがあるので…(間奏が長すぎて場を悪くしてしまった…)。
以来カラオケで絶対歌ってはいけない曲のひとつになってしまった。
(あと、酔った勢いでクイーンのボヘミアン・ラプソディも…ウアァァ)

>GTR110さん
ガンダムはホワイトベース(白い大地)に籠りっきりですからねぇ。
ガンタンクって、長距離射撃での援護(全国紙の投書とか)は得意そうですね。

>なおみさん
フツーなおみさんに声かけられたら嬉しいもんですけどねぇ。
私も出来るときは多くの人にお声がけするようにしています。
(流れが早いとなかなかそうもいかないんですけどね)

>boomboomさん
>普通の生活のなんと大切な事でしょう。

ですよね~。被災者として大変な思いをしている方もいますが、基本普通なんですよ。
悲劇ばかりでも苦労ばかりでもなく、福島以外の方とそう変わらない生活だったりしますからね。
まあ、私の場合「情弱」でも「騙されている」でもない、ただの「バカ(話)」だったりしますが。

ひとひのおわりに

IKAさん
ゆべしに柚子は・・・入ってないと思ってました。
福島で売っててモチモチしてれば
みんなゆべしだと思ってた(あまりにも大雑把ですが)。

>武田のオッサンが今さら講演会ですとな…。

私も③なら行ってみたいな~(笑)
「罠」を企画した人すごいと思う。

ブログで仕返しって・・・デスノートみたい。
先日うちの子が書いてました(悔しいことがあったらしい)。

私が見た朝日系列のニュースは
「六魂祭25万人」って言ってくれないの。
「一日で12万人」みたいな小分けの書き方で・・・(苦笑)。
郡山については数字も書いてくれないんです。ヒドイヨ~!!
全部足してよ~!!

>ただの「バカ(話)」だったりしますが。

IKAさんのお話に
少なくとも私は救われてます。

おやすみなさい♪

No title

急用のため、5月31日宮城県白石市へ強行。用件をサックとすませれば六魂祭観られるかなあ、と考えていたけど、こちらの都合どおりに事は進行せずで、帰りの新幹線は混んでいたなあ。六魂祭は今年で終わりの予定でしたが、継続が検討されているとか、恒例行事になって欲しいですね。

>IKAさま
あの連中の一人がryoFCさんたちの十字砲火で、垢消去して逃亡したようです。
http://togetter.com/li/512429

ガンタンクがボコボコにされています。
http://www.youtube.com/watch?v=ytR6_Fnw4ZQ

何をいまさらの武田講演会

>IKAさん
>なおみさん


宣伝をするつもりは毛頭ないのですが
武田邦彦の講演会は尊師のブログによれば

(引用ここから)
------------------------------------------------------
主催の方からのご案内をそのまま添付しました。

受講料:無料
●定 員:先着500名(定員になりしだい締め切らせて頂きます)
●と き:平成25年7月19日(金)14時00分~16時00分
●ところ:ホテルハマツ3階(郡山市虎丸町3番18号
 ℡024-935-1122)
(※地下駐車場は台数に限りがあります。ご注意願います。)
●演 題: (仮題)『原発事故による内部被爆対策に注意した今後の生活』を中心に、他
●申 込:往復はがきをご利用願います。
往信用はがきに武田邦彦講演会受講希望とご記入頂き、
併せて〒住所・氏名(2名まで可)・電話&FAXを明記願います。
返信用はがき(入場整理券(一枚で2名まで座席あり)となります)の
宛名欄に、ご自身の〒住所と氏名をご記入頂き、
郡山市建築行政協力会宛申込願います。

〒963-8861郡山市鶴見坦三丁目4番8号
㈲和田建築コンサルタント内 
郡山市建築行政協力会

電話及びFAX 024-923-7520
--------------------------------
{引用ここまで}
ということのようです。

「郡山市建築行政協力会」なる団体が
いかなるものかはわかりませんが、

連絡先になっている建築士を知人が知っているようで
その知人情報によれば、
・最近はどうだか知らないが、一家でガチガチの放射脳
・娘が重度の放射脳でいまだに関西方面に子連れで自主避難中

・どうも梓澤和幸なる人権派弁護士と知り合いらしい
http://www.azusawa.jp/comit/20110529.html
http://www.asyura2.com/0403/war53/msg/1021.html

・その梓澤和幸なる弁護士は
「福島の子どもたちを守る法律家ネットワーク」の共同代表
http://saflan.jugem.jp/?pid=1

ということで①の可能性が高いですね。


ただ、ちょっと気になるのは、
順一さんがツイッターで
「今、訳あって武田氏のデマ発言をリストアップしてまして、」
という発言をしておるのでひょっとしたら何かあるのかもしれません。

世間は放っておかない

6月2日に糸井重里さんのイベント?でNHKの特集ドラマ「ラジオ」を解説付きで一緒に見ませんか?というのがあったようですね。
ttp://www.1101.com/news/

このイベントに脚本家の一色さんと某ちゃんが出たようで糸井さんとお話されたようです。
某ちゃんは糸井さんに気に入られたようで本をプレゼントされました。
ttp://hiwihhi.com/itoi_shigesato/status/341186877354831872

これ見ると関係者の寄せ書きの映像を録画したDVDを矢野顕子さんに贈っているんですよね。
世間は才能のある某ちゃんを放っておかないようですね。


ゆべしなんですけど、柚をくりぬいて餅粉などを詰めて加工した原型らしいものが柚の産地で作られているようです。

愛媛県西条市
ttp://www2.ocn.ne.jp/~yubeshi/yubeshi.html

長野県天龍村
ttp://www.vill-tenryu.jp/yubeshi.htm

石川県輪島市
ttp://yubeshi.jp/alacarte/history.html

東北は柚が栽培できないのでくるみやゴマを入れた模様です。
どちらも武士の保存食というのが始まりのようです。

No title

IKAさん
 
 今川焼についてのブログはもう見ていますよ。チクロの味はもう忘れてしまったけど僕の故郷ではそもそも今川焼、タイ焼き、大判焼きなどの食文化がなかったので、それらが入ってきたのは高度成長期に「喫茶店」などが林立(それほどでもないけど)して後の事で子供時代には食べた事はないです。

 ああ言う類のものはその場でかなり大量生産が出来て売れたら儲かるでしょう。さらに言えば僕はタコ焼きを30歳にして初めて食べたけど、まあ、それなりの味で感激もほどほど。大判焼きはいつの時点で中の餡がカスタードクリームの奴に遭遇したのか記憶にないけどその後の話で、これは本当に美味いぞ、とそのアイデアを思いついた人に対してアイデアと思考について激しい嫉妬の炎を燃やしつつ美味しく頂いたものです。ちぇっ、上手い事考えやがって、さぞ、儲かったんじゃないか?


 田舎ではドラ焼については20代になる前食べていたはずです。当時飼っていたネコが良く盗み食いをしていたからネコは甘い物が好きなんだろうか?と思ったんですが、奴の好きなのは皮の部分でアンコについては綺麗に残していました。皮には卵あるいは牛乳の成分でも入って居てそれに惹かれたのではと推察します。さらに焼いた小麦粉の味についてもこだわりがあったのかもしれません。

 ネコの食べ物に対する執着はかなり強くて、飯やパンについては我慢して食べますが、煮干しや削り節で出汁をとったみそ汁でもかかってないとあんまり喜んで食べませんでしたね。これがネコマンマであり往時の大和ネコ族のスタンダードな人間から貰うエサであって、動物性たんぱく質についてはネズミを始めとする小動物をふんだんに手に入れて食べていたのでネコマンマは整腸作用を重視して食べていたのかも知れません。

 僕なんか夜に布団の中に入ってくるネコがときどきボリボリと何かをむさぼり食っている音を聞きながら、その作業を終了してから布団に入り込んでくるのを別に咎めませんでした。もう睡眠に入って居る所ですからね。朝になると何故か手足の先と口の先だけが布団の上に散乱していて、明らかにネズミのものだとわかっても特に驚きませんでしたよ。小さな子ネズミを丸ごとペロリと平らげる現場も数回目撃しました。

 ネコの狩猟本能は当時では飼いネコであってもいかんなく発揮されて横行し跳梁跋扈するネズミに対してはその脅威は絶大なものがあるらしくて、ネコを飼ったとたんに天井裏を駆け巡るネズミの運動会らしき音が聞こえなくなったとお袋はビックリしていました。しかし、その能力についてはネズミだけに発揮されないところが困るところで、ニワトリ、カナリヤの様なものと区別をしなくて我が家に持って帰るところが非常に困るところです。

 家で食べない様に外に放り出すだけが子供の僕のとりうる対策でかつ有効なものだったと思います。もちろんニワトリ、カナリヤの飼い主の家に謝罪する事など致しません。ニワトリは犬にもさらわれる事もあるし、我が家のネコだと言う証拠もないだろうと確信したからです。我が家の食事のサバの煮つけについても、きっちりと木の落としぶたをしたはずなのに一匹丸ごと翌朝になると鍋から消えている謎についてお袋は犯ネコはうちの飼いネコ以外にないと思っても、どうやって蓋を外して一匹だけを取ったのだろうか?とついにわからずじまいでした。

 けど牛乳瓶の蓋を開けるネコだっています。後年僕が推理したのは木の落としぶたの上に乗って片方に体重をかけると落とし蓋のもう一方が開きます。そこを前足でさらにひっかけて開けてから、サバ一匹を取りだした行動について最小限度の作業で終了すると蓋は自然に閉まるから何事もなかった様な状態で一匹足りないサバの煮つけが翌朝には残っていたんではないかと思います。もちろん家の中で人前で食べるなんてドジはやりません。彼にとっては家の中の財物を盗んで自分一匹で楽しむ事はばれたら平和ではないと承知なんですよ。でもよそ様のものについては勝手に我が家の僕を共犯者とみなして持ってくるんです。

 ネコ族は泥棒行為も洗練されているんです。あまりの見事さに古来から多くの人の舌をまかせています。飼い犬がベッドルームから続けてさらわれてもこの場合犯ネコはヒョウですが全然気がつかなかったケースもあるそうです。

 あ、でも能力差は結構個体間であるみたいですね。だいぶ後で飼ったネコは体も小さくて力も弱くて、狩猟本能についてはゴミ箱あさりで代替していたようです。とくにトリから揚げの軟骨部分について執念深くゴミ入れに入っているのを取り出して食べるんですが、散らかしたり汚したり、全然洗練されていませんでした。その挙句自分の体調まで崩しちゃうんで、最初の頃きつくしかったけど唯一の生きがい見たいだったから最後はあきらめちゃったな。

 同時にもう一匹子ネコを飼ったんですが、こっちは成長したら普通に小動物をやたらと狩る奴ですが、こいつにゴミ箱あさりから手に入れた獲物をあげようとして呼ぶんですよ。知らん顔されてなんか気の毒だったな。


 いずれにして「喫茶店」「どら焼き」などの「東京の文化」がどっと流れ込んできたのは思い起こせば小学生時代でした。高校生になると「喫茶店」にたむろするのは不良だとか言われて質実剛健が良いとされて、男女交際などもってのほか。さらに男女不平等が正しくて女子は成績が良いと言う事は即生意気で嫌な女であると言う風な今から思えば大変な校風の高校に入学したんです。

 でもたった2年でそんな校風が存在していたのか知る由もないと言う風になった位、文化の流入による変化が激しい時代でもあったんです。

 と言うわけで僕は無銘のドラ焼きについてはかなり食べたし、今でも好きです。
 ところがドラ焼きというのはいわゆる焼き型を使わずに2枚のホットケーキを合わせた中に餡が入っているのが本来のもの。
 なんだそうですが知らなかったな。ただドラ焼きとして売っていたし購入して食べたものは焼き型使用の「ドラ焼き」ばっかりですよ。コンビニではホットケーキの合わせサンドで中身がアンコの奴をドラ焼きとして売っているけど、こっちが本物だったのか。

 テレビではイギリス人が日本のドラ焼きに魅せられて修業を積んで母国にかえって店を開いて手練の技を見せていたと言う事がありましたけど、焼き型不使用の本物なんでしょう。
 寸分の狂いもなく円形のホットケーキをあっという間に作ってアンコについては記憶にないけどちゃんと見事に二枚重ね本家ドラ焼きを作り上げていましたよ。

 と言う事で僕は長い年月、ドラえもんの好物を誤解していたんだ。彼はちゃんと中身も好きなんでしょうね。

きんつばはきんつば

私も週末は東京におりましたので、話題についていけず、ちょっと残念でありました~。
さて、白河生まれの夫は回転焼きを「きんつば」と言います。
では、本来の「きんつば」はというと、これも「きんつば」と言います。
それじゃあ話だけでは区別がつかないじゃん、ね?
そのあたりは白河人に聞いてみないとわかりませんね。^^;


なおみさん、昭和は長いので、「あおしまだぁ~」と聞いて青島幸男が浮かぶ人と、織田裕二かと思っちゃう人と分かれるのかもしれませんね・・・。

No title

なおみさん
>冷たいようですが
どんなことでもご本人が気付くしかないです。

それはそうなんですけどね、でも、誰かが「気付かせてあげる」事をしないと、いつまでも気付かない、ってこともあるんですよね。

「裸の王様」みたいに・・・。

自主避難者が、自主避難者同士で固まってしまっているために、「自分たちの行動こそが正しい」と思い込んでしまっているように・・・。

GTR110さん
>下のユーチューブ見たことありますか?
http://www.youtube.com/watch?v=ez-SaSVUI60

はい、ありました。
実は子供たちは今回の低放射線「騒動」に関して「何とも思っていない」のかも知れません。
親が言うから影響されているだけ、そう思います。

ところで私が、自主避難者や私の故郷・飯舘村をはじめとした「避難区域」から避難している人に対して厳しいことを言ったりして、ここに参加している皆さんとは若干の「思いの違い」が出てしまうのは、現実に自分の生まれ故郷である「ふるさと」が存廃の危機に瀕しているかいないかがあるのかなあ、と思っています。

私が先日、川内村に行った時に人の息吹があり「村が現実に生きている」のを見るにつけ、あまりにもわが飯舘村との対照的な姿から、「ふるさとは人の息吹があるからこそふるさとなんだよなあ」とあらためて思いました。

この思いがあるからこそ、飯舘が「生きていなければ」、いくら避難者に賠償・補償が増額しようが何の意味もないんですよね。

またまた皆さんの流れを無視した書き込みで本当に済みませんが、これを解決しない限り、私にとって「復興」はないんですよね。

いい天気ですよね~♪

千貫森の宇宙人さん
>帰りの新幹線は混んでいたなあ

そうでしたでしょう。お疲れ様でした。

東京・北区の不発弾で新幹線が(その他在来線も)
今日はとまりましたね。
さすがに・・・六魂祭の週末を処理日にあてなかったんだなあ・・・と。

世の中それぞれの立場でいろんな都合があるのに
なんか・・・ありがとうと思った。

>六魂祭は今年で終わりの予定でしたが

そうだったんですか・・・。
来年は山形でやるとか(ちらっと聞いた)?
盛り上がるといいですね!

東北のお祭って・・・熱いと思った。
いのちの躍動っていうか。
ほとばしる・あふれる・誰にも止められない・・・。

我慢の季節が長いからかなあ。

>ガンタンクがボコボコにされています。

「ええ!?マジマジ?」とスケベ根性で開いたら
文科省推薦みたいな内容でしたね・・・(ナンダヨ~)。


福島の医師@当直中さんの教えてくださった
「阿修羅マーク」は読めました!
この記事も阿修羅ブランドなんですよね?
不思議・・・(うちのパソコンが)。

>「今、訳あって武田氏のデマ発言をリストアップしてまして、」

むむむ!?
順一さんは無言(有言)実行の人だから・・・
何か考えていらっしゃるのかな。


笹団子さん
>世間は才能のある某ちゃんを放っておかないようですね。

これから素晴らしい人との繋がりがたくさんできて
某ちゃんがすっごく幸せになりますように。

そうすると某ちゃんに繋がるたくさんの人たちが
ねずみ算式に幸せになるからね。

>ゆべしなんですけど、柚をくりぬいて餅粉などを詰めて加工した原型らしいものが柚の産地で作られているようです。

「ちまき」に続いて
これまた私の知らなかった「ゆべし」でした・・・。

>東北は柚が栽培できないのでくるみやゴマを入れた模様です。

なるほど~。
言われて見れば「信夫山が柚子の北端」なんですよね
(こっちに来て教わった)。

だとすると
ふんだんに柚子を使ってのお菓子は作れないですものね。

私はくるみの感触が好きです。
いつか柚子のゆべしも食べてみたいです。


2013-06-04(02:01) さんはもしかして
福島の隣の県の方かなあ・・・。

>これは本当に美味いぞ、とそのアイデアを思いついた人に対してアイデアと思考について激しい嫉妬の炎を燃やしつつ美味しく頂いたものです。ちぇっ、上手い事考えやがって、さぞ、儲かったんじゃないか?

うふふふふ。この文を読んで、どなたかあたりをつけました。

>朝になると何故か手足の先と口の先だけが布団の上に散乱していて、明らかにネズミのものだとわかっても特に驚きませんでしたよ。

その時私は・・・冷静でいられるだろうか(と考えてみる)?

>ネコ族は泥棒行為も洗練されているんです。

へえ(笑)。素敵ですね。

>普通に小動物をやたらと狩る奴ですが、こいつにゴミ箱あさりから手に入れた獲物をあげようとして呼ぶんですよ。知らん顔されてなんか気の毒だったな。

愛や善意や思いやりをを・・・受け取ってもらえなかったのね。
確かに気の毒・・・。

そういう姿にきゅんときちゃう・・・
特別においしいかりかりあげちゃう!


安積の白猫さん
>私も週末は東京におりましたので

あはははは!なんだ~みんな福島にいなかったの(笑)!

私は四角いきんつばが好き
(それ以外はサイズによって今川焼きか大判焼き
回転焼きにいたっては形状でなく焼き方について触れているので
どう判断したらいいかわからない)。

>なおみさん、昭和は長いので

ああ・・・。そうかもしれません(しょぼん)。

↑このように
私が反応したい部分の「抜粋」が不適切だったのかもしれません
(安積の白猫さんにもやっちゃったことあったでしょう・ゴメンネ)。

もしかして福島の隣の県の方のコメントについて
できる限り正確に・細かく抜粋し反応しようと思ったら
なんかちょっと・・・違う?
今度はチャットかよ!みたいなお叱りを受けそう。


あ!そうだった!ごめんごめん朝日新聞!

月曜日の分をさっき読んだら
脱原発の記事より小さかったけど
「25万人」って書いてくれてたネ。

六魂祭二日目の夕方の携帯ニュースで
他の局と違う数字が流れてたんで
すんごく引っかかってたの。

ありがとう・本田雅和記者さん。

福太郎さんだ!

すれ違っちゃいましたね。

>それはそうなんですけどね、でも、誰かが「気付かせてあげる」事をしないと、いつまでも気付かない、ってこともあるんですよね。

はい。それもおっしゃるとおりだと思います。

何かを伝える時に大切なのは
時期と関係かな・・・。

水を飲みたいと思ってない人に
無理に飲ませることは難しいと思うんです。

だから相手のほうから私の考えを求めてくれたら
(連絡くれたり・質問してくれたり・どう思う?って聞かれたら)
その時を逃さずに話したいと思っています。

別の考えを求めてるって
それだけでもう・・・その人に変化があると思うから
その時期に差し出した水は
ごくごく飲んでくれるんじゃないかな。

だからこそ関係をこじらせたくないというか
最後の最後で思い出してもらえる
「あの人になら否定されないかも」という
部分を残しておきたいと思うのです。

そうは言っても
私も大人気ないところがあるので
「コイツとは縁を切る」と決めたら相手の全てを否定します。
二度と立ち直るなよ・・・ぐらいに。

だからこれから先も付き合って行きたい人かどうかで
ほっとくとか・距離を置いて見守るとか・・・いろいろです。

時間がかかると思う。どんなことでも。

>またまた皆さんの流れを無視した書き込みで本当に済みませんが、これを解決しない限り、私にとって「復興」はないんですよね。

初めてこちらにいらした時に
福太郎さんがとても傷ついていたように思いました。

別の場所で(道理も通らず・会話も成り立たないような)
言われなくてもいいような酷いことを
たくさん言われてきたんじゃないかと思いました。

>若干の「思いの違い」が出てしまう

それでも
福太郎さんの「思い」を書くことを
こちらではだれも否定しないと思います。
感じてることは間違ってないから。

GTR110 さんがいいことをおっしゃってました。
「ここからミサイル飛ばすのはどうよ?」みたいな。
私もそれには賛成です。

誰かを攻撃するのでなかったら
いいんじゃないかな(にこ)。

あ!待てよ~?
攻撃してもいいやつもいるな~(笑)。

ことほどさように
私の心はいつも千々に乱れております・・・
(だから話半分くらいに聞いてね)。

飯舘は。。。

複雑ですね。

地震による倒壊はほとんどなく、ライフラインもほぼ無傷。
そこに住むことは今でもできます。

空間放射線量は高いところでは50mSv/年を超えます。
しかし、実際の個人被ばく量は、そうしたところでも10mSv/年以下に抑えることはそう難しくないと思います。
村全体を見れば、ほとんどの人の実際の被ばくは5mSv/年以下でしょうし、お子さんが気になるご家庭でも、自宅周りや通学路・学校の除染を優先させれば、お子さん自身の被ばくを2mSv/年以下くらいに抑えることもできるでしょう。
このくらいの被ばくで将来的に明らかながんの増加があることは、まず考えられない。

ただ生活できるかどうかと言うと、問題はこれだけではないと思います。
コメや野菜は、作り方で移行を押さえることはできるでしょう。
それでも「飯舘」と言う名前の風評被害はしばらく残る恐れがある。
また「畜産」はさらに厳しいかも知れない。
村内の牧草は当面使えないと思います、牛に移行するから。
全面的に外国産の牧草使って、経営が成り立つのかどうか。
さらに風評については農産物と同様でしょう。
また、南相馬の企業に通っていた方もいらっしゃったと思いますが、今、南相馬自体の経済がかなり危機的状況です。

これらを乗り越えるにはどうすればいいか。
村の人も、村外の人も、県外の人も、まずは今の飯舘村の状況を正しく客観的に理解することがまず最初でしょう。
そしてそれを基に対話し、村の方が主体となって進路を決めて行くことが重要と思います。

私ができることは限られていますが、「正しく客観的に理解する」お手伝いが少しでもできればと思っています。

No title

なおみさん
>何かを伝える時に大切なのは
時期と関係かな・・・。

おっしゃる通り!

>水を飲みたいと思ってない人に
無理に飲ませることは難しいと思うんです。

それもその通り!
と言いたいのですが、今回の原発事故に関しては、人々が「何を欲しがっているのか」なんですよね。

それは「低放射線は健康に影響があるのかないのか」と言う「正しい知識・情報」だと思うんですよ。

今まさに、様々な機関が「今回の福島原発事故による放射性物質飛散での健康への影響は軽微、もしくは影響が出ることは考えられない」と言う報告書が出たり、実際に福島県民、特に事故後2~3か月と言う長期間「普通に暮らしていた」飯舘村民自身に「特別な影響は何もない」事実からしたら、まさしくそれらを諭してあげるのは「今でしょ!」と思うんですよ。

何で私がこんなにシツコク「ふるさと復興」と、そのための「住民の早期の帰還」に拘っているのかと言えば、「ふるさと」に限らず、「地域の維持(=存続)」には、住民の「経済活動」や「生活」がなくては成り立たないからなんです。

なおみさんは、飯舘村を初め、強制的に避難をさせられている地域に行ったことがあるでしょうか?

特に飯舘村は高地にある村なので津波の被害はもちろん皆無の上、地震による被害もほとんどありませんでした。

インフラも一時的に不通になったみたいですがすぐに復旧し、だからほとんど無傷と言ってもいいくらい「普通」の状態でした。

つまり、見た目は原発事故前と「何も変わらない」にも拘らず、今は人がいないために「生活感が全くない」のです。

まさしく「ゴーストタウン」です。

また家は人が住んでこそ健全さを保つものですが、住まないから荒れ果てる一方です。
それが却って「自宅に帰る気を失せる」原因にもなっています。

正しいことを伝える時期のことを言うと、もはや遅すぎるとも言えますね。
帰村したいと思っている人はどんどん減るし、特に若い人が帰る気がないようだし、その一方で「この機会に村を離れて、便利な所へ・・・」と考えているのを聞くと、悲しくなりますが、それが現実です。

だからこそ、この避難基準自体が正しかったのかどうかを、そしてそれを煽ってきた人々・団体の責任は問わなければいけないと私は強く思っています。

>関係をこじらせたくないというか
最後の最後で思い出してもらえる
「あの人になら否定されないかも」という
部分を残しておきたいと思うのです。

直接自主避難者や避難者に言うのは物凄い勇気もいるし、時にはそれが逆効果になることも多いでしょうから、その気持ちは大切ですね。

ただし、私が期待するのは「正しい情報や事実」を直接相手に言うのじゃなくて、周りから攻めていくというのかな、様々な場面の日常会話でさりげなく言う事をして欲しいのです。

テレビ等で今回のような「有利な情報」が流れても、それが日常会話にはほとんど拡散していないと思うんです。

そう言えば先日の六魂祭の前に信夫山に登った時に、ブルーインパルスを見に来た人に風評被害の事をしたんですが、相手は20年後30年後が心配ですからね、という事を言うんで、「すでに2年以上経って大丈夫なんだから大丈夫なんじゃない。そんな先まで心配してたら生きる目的と言うか、楽しくないんじゃない」みたいなことを言いましたが、誰だか知らない人だからこそ、意外と本音って言える気がしましたね。

その場限りですからね、その人との関係って。

でもそのことがもしかしたら、その人が「この前知らない人からこんなこと言われたんだよ」と広めてくれるかも知れないし・・・。

それが回りまわって、世間の声・世論になるのではないでしょうかね。

それによって自主避難者や避難者にも聞こえれば、そう思います。
(妄想ですかね)

No title

>安積の白猫さん
「きんつば」はきんつば…ですよねぇ。私が聞いた「きんつば=今川焼」の人も白河の人でした。

>笹団子さん
ゆべし情報、ありがとうございます。
「柚子入り当たり前」の方からすると、こっちのゆべしは「ゆべしじゃねーじゃん」って事なんでしょうね。

>なおみさん
おお、私とおんなじだ。
「柚子入りが標準装備」って意外でしょ。
ちなみに、「柚子の北限は信夫山」ってもう昔の話で、今は岩手あたりが北限になっているはずです(福島市の人でもまだ信夫山、って信じている人が多いですけど)。

No title

新しいエントリーが立ったのに,ここに書き込んでます,すみません。


なおみさん,

My favorite things は,「サウンド・オブ・ミュージック」の中で,ジュリー・アンドリューズが,軽やかにスキップ(というか,ステップというか)しながら歌っていました。歌詞はあれでしょう,と思います。


IKAさん,福島県の隣在住さん

柚餅子って,柚子だったのですか? あまじょっぱくて,最中の皮をバラバラにしたようなものがついていて,時々クルミが入っているのが柚餅子だと思っていました。


ちなみに,茨城県北部山間地帯,矢祭町隣接町では,「今川焼き=きんつば」だった時代があります。私が子供の頃は,みんな 「きんつば」と呼んでいたのに,ある時期(高校生ぐらい)から,「今川焼き」になりました。
どうしてかなあ?と悩んでおりました。


こちらのエントリに書き込んではいるのですが,今日もまた,47ニュースに外国の大学の「安全とは言えないにしても,健康に被害が出ることはない」と報告が出た,とニュースがありましたね。


ここまできても,やっぱり,「地震が来た。福1はどうだ? いまだに安全だという基地外がいる」と書かれて,あ~あ,まあ,この人は,しかたないな,と思っています。

以前は色々おつきあいさせていただいた方(おみやげいただいたり)が,震災後,関東以北の人間や,原発誘致自治体住民は,人ご〇しのテロリスト,と書かれていたのを見て,いやいや,それは違うと思うんですよ,と答えたら,「金のために悪魔に魂を売った」と言われたので,大変ショックを受けました。

私の程度でショックが大きく,最近まで,おそろしくて,そちらのSNSに何もコメントできない状態だったのです。

ましてや,実際に,望まない避難を強いられる福太郎さんのような方が受けられる心の傷はどうだろう,と思います。

私には,わかるとは言えないです。

強いていうなら,うちの亭主(パレスチナ難民)が,レバノンとパレスチナ(日本人がイスラエルと呼ぶ占領地)の国境の鉄条網越しにふるさとを眺める気持ち,そういう気持ちに近いのだろうか,いや,やっぱり違うだろう,と,悩みます。

望まない人には,いくら科学的な根拠のある情報を知って欲しいと思っても,届かないのではないだろうか,という,なおみさんの意見が,実は,私の正直な思いです。

望まない人は,わけがあって拒否している,絶対に聞かない,けれど,望む人やニュートラルな人はいて,そういう人なら,受け入れてくれると思うのです。

下手な鉄砲,というと失礼ですが,数うちゃ,きっと,誰かに当たる,と思います。

私の知っている方で,どんなに国連,MIT, 放射線影響研究所,産総研,等々が検証を重ねて報告しても,科学的検証を一切しない,デタラメな本を信じる人がいます。

彼女や彼の場合は,「絶対に,聞いてはいけない」という,ブロックがまわりに張り巡らされているようなものです。

彼女や彼の人生の,ほんの一端しか知りませんが,ある悲惨な経験をして,そのトラウマ故に,陰謀説や,トンデモ科学に逃げて,苦しい現実から目を背けるしかない,という,その気持ちがわからないではないのです。

原発立地自治体住民を「悪魔に魂を売った」と言った方は,とても親切な,普通のお母さんでした。ただ,非常に辛い,まず普通だったらあり得ないような苦しい経験をした方でした。


難民とふだんかかわっていて思うのですが,支援金などが入ってくる経験をしてしまうと,働くことを捨ててしまう人が出てきます。むしろ,仕事をすると支援を打ち切られてしまうので,働かない,という選択をする人もいます。そして,そんなことをしているから,どんどん人間的におかしくなっていってしまいます。

そういうのを見ていると,福太郎さんの心にある切実な思いは,こうなのかな? と,また想像してしまいます。

想像だけなんて,申し訳ないのですが。

夜は寝る派のはずが・・・(笑)

>今回の原発事故に関しては、人々が「何を欲しがっているのか」なんですよね。

はい(うなずく)。

>それは「低放射線は健康に影響があるのかないのか」と言う「正しい知識・情報」だと思うんですよ。

はい。

>まさしくそれらを諭してあげるのは「今でしょ!」と思うんですよ。

そっか~。

>私が期待するのは「正しい情報や事実」を直接相手に言うのじゃなくて、周りから攻めていくというのかな、様々な場面の日常会話でさりげなく言う事をして欲しいのです。

はい。うううん・・・

そういった話題自体があまり出てきてないかもしれませんね。
あれからずっとここにいたんだから
お互い思いは似たようなモンだろう・・・みたいな感じで。

今日私、歯医者さんに行ったんですよ。
年に一度の定期健診。芸能人は歯が命って言うじゃないですか。

震災の前も後も私はずっとそこに通ってた。子どもたちも通ってた。
しょっちゅう虫歯のお便りもらってくるから。

それでも今回初めて!先生の口から
「放射能だなんだを心配するなら○○の方に手をかけてほしいよな」と
いう本音を聞くことが出来ました。

私は口を開いていたんで
「あああああ・・・うが!(そのとおりですよ!)」
しか言えなかったけど
同じこと考えてたんだ!と嬉しくなりました。

そういった話をこれまで先生とは
ひとこともしたことなかったけど
この人は話し通じそう・・・ってお互いが思ったなら
話せるんだ!と思いました。

>それによって自主避難者や避難者にも聞こえれば、そう思います。
>(妄想ですかね)

妄想じゃないと思います。

それだったら少しずつできてるんじゃないかなあ。
仲間で固まっちゃってる人にはまだまだ届かないかもだけど。

やぁどさんの教えてくださったことも
大切な現実だと思いました。

>村の方が主体となって進路を決めて行くことが重要と思います。

GTR110 さんがおっしゃってた
「聞いてるだけでいいの?何かできることあるの?」って
私もそう思ってました。

ここを読んでる方は思慮深い方が多いので
例えば「慰謝料・賠償金」の話題については軽々にコメントできなくて
福太郎さんの思いに賛成してるかもしれないし
いや・違うと怒ってるかもしれない。

福太郎さんが自分の気持ちをわかってほしい
そうだそうだと言ってほしいだけなら
ご自分のブログを作るとかして訴えるしかないのかなあ・・・

でも、その時にはすごく気をつけないと
福島に関係のない「低級霊」みたいなのばっかり寄ってきて
たいせつな「ふるさとのひとたち」をdisるブログになっちゃうかもしれない。

どうしたいのかなあ・・・と疑問に思っていたことの
答えが今日みつかりました。

日常会話をさらに大切にしていきたいと思います。


IKAさん
>「柚子の北限は信夫山」ってもう昔の話で、今は岩手あたりが北限になっているはずです

こんなところにも温暖化の影響が!!

今度こそ寝ます。

まだ起きてる

boomboomさん
>最近まで,おそろしくて,そちらのSNSに何もコメントできない状態だったのです。

よっぽど・・・びっくりされたのね。

>下手な鉄砲,というと失礼ですが,数うちゃ,きっと,誰かに当たる,と思います。

やっぱり日常会話作戦!ですね。

エートスの・安東さんの何がいけないのか(次の記事に載ってた)
私にはさっぱり理解できないのですが

>ある悲惨な経験をして,そのトラウマ故に,陰謀説や,トンデモ科学に逃げて,苦しい現実から目を背けるしかない

世界を信じられないのも理由があるんでしょうね・・・。

私も無防備に信じてるわけではないし
順風満帆には程遠い人生(とうぬぼれたりして)
ひがみ・ねたみ・そねみ・なおみってくらいだし。

それでも・・・まあいいじゃないの
いつかはみんないなくなるんだし・・・。

私と違うのは・・・諦めてないんですね。きっと。
その人たちはまだ。

No title

信夫山ネコ様、100万アクセス超おめでとうございます。
そして、いつもおじゃまさせていただいてありがとうございます。

〉boomboomさん、こんにちは
  原発立地自治体住民を「悪魔に魂を売った」と言った方は,
  とても親切な,普通のお母さんでした。ただ,非常に辛い,
  まず普通だったらあり得ないような苦しい経験をした方でした。 

このお話にいろいろ考えました。
辛く苦しい経験をした時、より一層他の人の気持ちを考えようと
なる人と、辛く苦しく悲しい気持ちを自分の中で消化できず、
全く別の事柄にすりかえて周りにぶつけ他の人を深く傷つける人って
あるなあと思ったりしました。
自分がその立場になったとき、後者の人にならないよう努力
したいです。

〉福太郎さんこんにちは 
  自主避難者や避難者にも聞こえれば、そう思います。 
(妄想ですかね)

私は自主避難をしていました。
ネコ様の声、bloom先生の声、ひまわり先生の声、みなさんの声、
友だちの声、聞こえました。
福太郎さんのお話いつも共感させていただいたりいろいろ考えさせていただいたりしながら読んでいます。

〉なおみさん
私も歯医者さん行かなくちゃ行かなくちゃ思いながらずっと
行ってませんでした…。
「芸能人は歯が命」行く決心がつきました。

30度越えが当たり前

boomboomさん
>「サウンド・オブ・ミュージック」

聴きました~。いろんな人が歌ってるのね♪


はなかつみさん
>このお話にいろいろ考えました。

私も考えてました。
はなかつみさんのおっしゃるとおりですね。

>全く別の事柄にすりかえて

目の前の事柄ではなくて
過去の何かがぶり返して怒ってるのかも・・・。

その人が今
人生のどこの時期にとどまっているか・・・

みんな同じ道を通るけど
先に進んでる人と・道半ばの人といて
到着点が同じだったらいいですね。

じいちゃんばあちゃんになったら
みんな仏様みたいになる。まだ「そのもの」になったらいけない。
あくまで比喩。長生きしましょう。


歯医者さんは・・・ドキドキするけど
いつかは通る道なら・みなさんお早めに!

早野先生のデータ

>東大の早野先生は、福島市の校庭における「土ぼこり」の「内部被曝」が無いこともデータを取っている。

このデータを武田邦彦にたたきつけましょうよ。
私は初心者なのでこのようなデータの探し方が分かりません。
よろしくお願いします。

メルリンさん

>このデータを武田邦彦にたたきつけましょうよ。

お気持ちは一緒です。


今知ったのですが
吉田元所長さんが・・・。

私たちを救ってくださってありがとうございました。

>メルリンさん 書くとこ間違った

というわけで改めて

これは早野龍五先生が多分講演(2012年7月 GCMふくしま かな?)で言っていた話だと思います。ネット上にデータはあるのかな~、残念ながら多分無いのでは。

http://list.jca.apc.org/public/cml/2013-February/022333.html
は千葉の反原発市民団体のサイトのようですが、早野先生の講演について、
「講演本体の話の中で何点か気になるところがありました。サッカー活動をしている中学生だったか高校生だったか、放射性塵による内部被ばくはホールボディーカウンター(WBC)検査の結果から、ないことが分かったとしています。」
と書いています。

また池田香代子氏が12年6月に、、「福島の部活の高校生79人をホールボディカウンターで計ったら、心配なほど内部被曝している人は一人もいなかった。」と新聞記事に書いていましたが、これも同じ早野先生の調査のことだと思います。

飯舘村、呼吸由来の内部被ばく。

早野先生の資料ではありませんが、下記リンク先資料のP18にエアゾル測定結果が出ています。
http://www.fukushima-saisei.jp/pdf/report20120610.pdf

測定の目的は、飯舘村滞在中の呼吸由来内部被ばくを評価するため。
結果は0.17μSv/年。

福島市内の運動部の生徒たち79人のWBC検査結果 ←これかな?

2012年5月27日
http://twitter.com/hayano/status/206736020841054209
参考)昨日私が「福島市内でマスクしないで駆け回っている運動部の生徒たち
約80人が内部被曝していない」とつぶやいた理由.データを示します. →

福島市内の運動部の生徒たち79人のWBC検査結果
http://twitpic.com/9pvxqh

>tateさん、御山の柚子さん

ありがとうございます。

それにしても早野先生の測定結果について、「検出下限以下=「体内にセシウムはない」でもない。間違っても「内部被曝していない」とは断定できないはず」にワロタ。

これでは「地球上のどこでも内部被ばくしていないとは言えない=福島と同じ=避難しなければならない=いや、どこに逃げても無駄、何しろ正確な計測は不可能=一生涯内部被ばくパニック」となりますね。でもこういうこと言う人は、東京かどこかで涼しい顔して生きているのでは?他人の危険は煽るが、自分は何も痛くないからOK。

この手の「呪文」にひっかかって「自主避難」した人々、本当にお気の毒。これでは何やっても危険になりますから、究極の「健康被害ゼロ」=早いとこ健康なまま死ぬことだ!!!、てな結論に追い込まれないかと、心配です。もう考え方を変えないと。

No title

みなさんありがとうございます。

福島市の校庭の「土ぼこり」を測定したのではなく、
そこで運動している人のホールボディカウンターの値が最大10Bq/kgだったから「内部被曝はない」としていたのですね。

でもなぜ「土ぼこり」を測定しないのか不思議です。
その値があれば、間違いなく武田邦彦は参ると思うのですが。

初心者なので見当違いな発言だったらすみません。

メルリンさんがお求めなのは

↓こういうデータですかね?

「飯舘村大気中の放射能測定」
http://www.jrsm.jp/shinsai/1-2_doi.pdf

このP.23にあるように、「土壌汚染レベルの高い飯舘村で最も土埃の舞っている日が365日続いて屋外で呼吸したとして」年間の吸入被ばくは28Bq程度、内部被ばくの線量に換算して0.22μSv/年、と言うことになります。
ちなみに福島市に住む私は毎日2~3μSv/dayの外部被ばくをしながら、健康に暮らしています。

ついでに事故以来毎日測られている福島市方木田でのダストサンプリングはこちらのP.2から↓
http://radioactivity.nsr.go.jp/ja/contents/8000/7680/24/115_0710.pdf

今年度に入ってからの最大値は5/8のCs134・137合計の0.001234Bq/立方メートル。
これが1年間毎日続いて屋外で呼吸すると、年間8Bq程度を呼吸によって取り入れ、0.063μSv/年くらいの内部被ばくになります。
まあご覧のようにほとんどの日がNDなので、実際は桁違いに低いでしょうが。。。

多分

ダストサンプリング値が低すぎて、何の議論にもならないのでは?
http://radioactivity.nsr.go.jp/ja/contents/8000/7680/24/115_0710.pdf とか、

http://www.ne.jp/asahi/bird/bird/shanghai/20130208_copy.pdf これも。

いずれにせよ土埃だの空間線量がどうであろうと、人間側の被曝量がどの程度であるかが重要ではないかと思います。「反原発」側の「研究」は、空間線量を問題にしていて、個々の人間や動物の実際の被曝量はまったく計測していない、というのが多いと思います。しかし福島に暮らしていて、実際の被曝量と空間線量(積算)の差は大きい、という実感を得ています、ワタシは。

(どっちにしろ、何言っても武田は参らないです、いつの間にか言う事が正反対になりますし。さすがはこれで「食っている」人間です。)

ああ、やぁどさんが書かれてますね~。ありがとうございます。

No title

>メルリンさん
はじめまして。
そうですね~、武田のオッサンはダテに四天王のラスボス(fromラブキュリ)張ってませんから。
あの人の芸風は原発事故前の「環境問題(ペットボトルリサイクルは環境に悪い。温暖化はデマ)」とか「生物多様性」の頃からですから、筋金入りかと思います。

講演会の質問コーナーで「矛盾」突き付けても、しれっと他の話題に切り替えるとか、そんな感じかな、と。

この人に一番効く打撃は、もはや訴訟(民事でも刑事でも)しかない、って最近思っています。
まあ、市民団体系との係わりは薄そうなので、法的バックアップは弱そうな気もしますし。

こんなの

http://takedanet.com/2013/05/post_2135.html

見ると、JAとか本当に訴えた方がいいと思う。

みなさんありがとうございます

すみません、子育てが忙しく、
また、このページの探し方も分からないまま3日も過ぎてしまいました。
その間に色々なデータまで示していただき、ありがとうございます。

やあどさんが探してくれた「飯舘村大気中の放射能測定」は大変参考になりました。
「年間の吸入被ばくは28Bq程度」であれば一ヶ月当たり約2Bqということになり、全く気にする値ではないですね。

ここで一つ引っかかることがあるのですが、昨年の郡山の農業試験場の切干大根に何千Bqもセシウムの埃が検出されたというニュースがありましたよね。
飯館村で2Bq、郡山市で数千Bqって何が違うのでしょうか?

こんな初歩的なことも分からないのに「たたきつけましょうよ」なんて生意気過ぎましたね。
すみません。

No title

>メルリンさん
生意気なんて事はありませんよ。
ああいった「デマ屋」に対する憤りと言うか「なんとかしたい」って気持ちは、誰よりもここに集う人はよ~く分かりますから。

さて、郡山の切り干し大根の事ですけど、こちらのまとめが詳しい様です。

http://togetter.com/li/412777

(このまとめの前半で出てくる人は「アレ」な方々です。後半の検証部分が重要)
結論を言ってしまうと、「3421Bq/kgのセシウムが検出された切り干し大根は、どこで干すと放射性物質が付着しやすいの実験によるもの」ですね。つまり「いかにも放射性物質が多そうな所に置かれて、結果その通りになった」ものなんです。
これをもって「吸入量」を考えるならば、「郡山の人は軒下の吹きだまり…いわゆるホットスポットですかね…に地面に這いつくばって24時間生活」していなくてはならないです。

ですから、飯舘村と郡山市、双方の結果に矛盾は無いと思いますよ。

切干大根

って、コレですか?

「郡山で切り干し大根から3421ベクレル/kgの放射性セシウムが検出された」という話について
http://togetter.com/li/412777

あ、IKAさんが書いてくれましたね~。

コメ欄の「切干大根を乾燥状態で1kg食う事がまず不可能なんでね。」にゲラゲラ笑った記憶があります。似たような話が、タケダの米の話か何かでもあったような。

ちょっと話がズレますが、最近アサヒが「福島のビルの屋上のコケ1kgから、140万ベクレルのセシウムガー」とか騒いでました。しかしコケ1kgってスンゴイ量だと思います。そんなに屋上にコケが生えているビルなのでしょうか?例によって実際はコケは数gしかなかったのに何十倍にもして、「1kg当たり」にして騒いでいるのか・・・アサヒにはこのパターンの「前科」がありますからね~、それはともかく、恐らく気になるのは、「この切干大根を食べたとしたら」ではなく、「外にいたら切干大根のように放射性物質を取り込んで、内部被ばくするのでは?」だと思います。

この手の数値を、ダイレクトに人間が呼吸から受ける内部被ばく量に置き換えるのは、不可能です。息を吐かない、吸い込んだ体内の異物を吐き出せない、また代謝もしない人が、切り干し大根と並んであえて「高い放射能が検出されそうな場所」に数日~数週間ぶら下がっていれば別でしょうが(切干人間ですかね)。すなわち生き物は「生物学的半減期」を考慮しなければならないわけで、実際の内部被ばく量はこの状態でも、切干大根よりグッと下がるでしょう。

事故後しばらく、小出だのバズビーだのが「空気中にさらした濾紙」だの「自動車のエア・フィルター」だのに引っかかった放射性物質量=人間の内部被ばく量、と騒いでました。しかしこんな脅迫は、ワタシのような「文系ノラネコ」でも、「オマエラは息吐かないし、おしっこもしないんだな~、スゲ~」と思いました。

そして実は食品中の放射性物質の量も、「これを食べ続けて年間いくら」という単純な積算値で語られるのが普通ですが、もしかしたら「生物学的半減期」までは計算に入れてないのでは、と思うことが時々あります。まあ、それをやらなくても現状は十分少ないわけで、問題ないと思いますが。

100万アクセス!

おめでとうございます!凄いですね。

新参者の私ですが
改めてお礼を言わせてください。
健康被害恐怖症から脱却できたのは
明らかにこのブログと、コメントのおかげです。
信夫山ネコさん、皆さん
本当にありがとうございます。


>なおみさんへ
まったく話が変わりますが前の記事のコメントに書かれていた
「ふくしまファンクラブ」知りませんでした。
情報、ありがとうございます。
さっそく登録しました♪

tariさん

もしかして・・・・さかのぼって
全部読もうとなさってる???

無理をなさいませんように(笑)。
夜更かしは美容の大敵ですよ~。

>「ふくしまファンクラブ」

そうでしたか。
私・そんなことを書いていましたか。

書いたそばから忘れてしまうので(すっきりしちゃうの)
記憶にないんですが
何かお役に立てたのなら嬉しいです。

こちらこそありがとうございました。
プロフィール

shinobuyamaneko

Author:shinobuyamaneko
 福島県福島市の信夫山に住むネコです。
 原発事故以後ネット上には「もう福島市は放射能高くてダメ!逃げてください!」「福島はチェルノブイリ以上!」「子供を見殺しにしないで!」等の「反原発の叫び」が溢れてます。ネコはどこにも逃げられないから、もうノイローゼ気味。こういう「叫び」「脅し」の効果もあって福島に来る人は激減。街は沈み、市民は「すぐに逃げてください!」に怯えながら、静かに暮らしています。(←最近は嘘・デマがバレてきて、みんな元気になってきた感じだにゃ。)
 しかしね~、この種の「叫び」の根底に、「反原発」の「福島壊滅ならば原発全廃にできる!大大大チャンスだ!」っていう心理はないですか?原発全廃の為にはまず「福島壊滅」が必要とばかりに、科学的、医学的、論理的に怪しい説、大げさな数字等が「連呼」「拡散」されていないですか?それが「正義」になっていませんか?
 信夫山ネコは「故郷福島壊滅」を「原発全廃」の手段にされてはたまらんです。もし根拠がない数字や説の拡散によって、旅館の経営者が自殺するとかの悲惨な「風評被害」が出たら、大人しい福島人も終には訴えたりするのかにゃ~?!今はとにかくデマ、風評、誇張、脅し等を除染しながら記録するにゃ。(「リンクフリー」です 対「反原発」、対「放射脳」等での引用ご自由に)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR