ついに福島県立医大が毎日新聞(日野行介記者)に抗議!!!注目にゃ  (4/28重要追記あり)

4/24、「反原発」の標的になって攻撃され、マスゴミ等にデタラメばかり書かれていた福島医大(県民健康管理センター)が、ついに毎日新聞に抗議した。注目~だにゃ。

http://fukushima-mimamori.jp/urgent-info/2013/04/000092.html
平成25年4月22日の毎日新聞報道について 2013年4月24日
4月22日付毎日新聞報道において、県と県民健康管理センターの実施する甲状腺検査について、スピードアップのために本来必要な検査項目を故意に外しているかのような報道がなされました。これは事実に反しております。
このような報道は、県民健康管理調査事業における甲状腺検査の精度管理について県民の皆様の信頼を不当に損なうものであり、毎日新聞には強く抗議するとともに、訂正を求めております。

「検査責任者の鈴木眞一(真一は記事の誤り)・県立医大教授は開示後の2月13日の記者会見でも『地域が特定されて本人に迷惑がかかる』と述べ、市町村別の判定結果を明らかにしなかった」
との報道について。

2月13日の検討委員会後の記者会見において鈴木教授は正確には「B、C判定については非常に数が少なく、地域が同定されて本人に迷惑がかかる可能性があるというのは十分に配慮しなければならない。」とコメントしました。一覧表そのものから直接個人を特定することはできないにしても、地域が特定されれば、該当人数が少ない分、個人特定にたどりつく可能性を危惧したものです。
チェルノブイリにおいても、放射線による健康影響についての情報が子どもの心に及ぼす影響は非常に大きいとの指摘があります。その教訓からも、個人特定につながる可能性のある情報の公表はできるだけ慎重であるべき、という考えが背景にあります。
なお、同時に鈴木教授は「当然、統計学的には市町村単位や線量単位での検討というのは、今後必ずしなければならない」ともコメントしております。

6歳のお子様に見つかったとされる7ミリの結節について

記事にある6歳のお子様の検査結果の食い違いについて、県と医大が実施した検査結果が間違っているということはどのように確認されたのか毎日新聞に問い合わせをしております。

検査のスピードアップのために検査項目を省略した
という記事について

検査のスピードアップのために検査項目を省略しているというようなことは一切ございません。甲状腺検査には手順、段階があります。結節が認められない方に、結節の良・悪性を確認する検査項目をおこなうことはない、というように、個人個人の甲状腺の状態に応じて必要とされる検査項目を手順にしたがっておこなっております。
例えば記事にある「血流の状態」という観察項目についても、検査を行う医師・技師への説明資料内「観察項目」の頁に記載はありませんが、腫瘍、びまん性甲状腺腫を疑う場合には必然的に血流状態の観察、確認をおこなっております。このように、資料中に項目記載がないから検査を「実施していない」、「観察項目を省略したことを公表していない」とすることは事実に反します。検査のスピードアップのために検査項目を省略するようなことは一切ございません。
この点についても、毎日新聞には訂正を求めております。


さて問題の記事は、コレらしい。
http://mainichi.jp/opinion/news/20130422ddm003040127000c.html
クローズアップ2013:福島、子供の甲状腺検査 高まる県民の不信
毎日新聞 2013年04月22日 東京朝刊
 東京電力福島第1原発事故で放出された放射性物質から子供の健康を守るとして、福島県が実施している甲状腺検査が揺れている。これまでに3人のがん患者が確認され、7人にがんの疑いがあるとされたが、県側は「被ばくとの因果関係は考えにくい」と強調する。「県民の不安解消」を検査の目的に掲げる県だが、情報公開に消極的な姿勢も相まって、保護者の不安と不信はやむ気配がない。【日野行介】

 ◇4観察項目省略、公表せず

 福島県二本松市の主婦、鈴木麻記子さん(39)は昨秋、長男(6)の検査に付き添った。検査技師はモニターを見つめて何かを測っている様子だったが、結果について何も話さず、2分ほどで終了した。

 不安になった鈴木さんは、一般の病院で改めて検査を受けさせた。10分ほどかかった検査で、7ミリの結節(しこり)が見つかった。県の判定基準では2次検査が必要な「B」に当たる。だが、約1カ月後に県から届いた通知は、経過観察にとどまる「A2」だった。

 鈴木さんは検査画像とリポートの情報公開を請求した。約3週間後に開示されたリポートには1・6ミリののう胞(液体がたまった袋のようなもの)があると記されていたが、結節は「なし」だった。「県の検査は一人一人の子供を真剣に見ていない。本当に親の気持ちを大事にしているとは思えない」と鈴木さんは憤る。

 実は県の検査では、甲状腺検査で一般的に実施される12の観察項目のうち4項目を省いている。だが、県はこのことは公表していなかった。識者からは「精度に疑問がある」との指摘も出ている。

 日本乳腺甲状腺超音波診断会議などが編集する「甲状腺超音波診断ガイドブック」は、観察項目として「甲状腺の形状」「大きさ」など12項目を挙げる。検査を委託される県立医科大は住民説明会でこのガイドブックを引用し「高い精度の検査だ」と強調してきた。しかし、実際には「甲状腺の内部変化」「血流の状態」など4項目を実施していない。検査責任者の鈴木真一教授は「短時間の1次検査では見る必要はないと考えた。(内部変化や血流の状態は)一律には見ていないが、必要な場合は見ている」と説明する。検査対象となる事故当時18歳以下の子供は約36万人に上り、検査のスピードアップのために省略したという。

 県の検査方法に関し北海道がんセンターの西尾正道名誉院長は「血流の状態の確認をしないと、小さなのう胞と血管の区別はできにくく、精度が高いとはいえない。大きな病気がないかどうか簡単に見るだけの内容だ」と指摘している。

 ◇独自検査の動きも

 保護者の根強い不信と不安の背景には、情報公開に消極的な県側の姿勢がある。
 県立医大が開いている住民説明会では、確認されたがん患者の居住地や、被ばく線量の推計値の説明を求める声が上がった。だが、鈴木教授は「個人情報だ」として明かさず、「被ばく線量は低い」「見つかったがん患者と被ばくの因果関係は考えにくい」と繰り返した。

 こうした姿勢に、参加者からは「『被ばくの影響なし』という結論ありきだ」との批判も出ている。会津若松市で3月に開かれた説明会では、ある母親が立ち上がり、「『親の不安を解消する』と言うが、私たちは不安を解消してほしいのではなく事実を知りたい。私たち自身が判断する」と訴えた。

 今回開示された「自治体別データ」は、今年1月の開示に合わせて市町村に伝達されたが、それも自らの自治体分だけで「比較できない」と不満も出ていた。そんな中、自治体や市民団体が独自に検査に乗り出す動きも広がる。既に本宮市、浪江町などが開始。NPO法人「いわき放射能市民測定室たらちね」は3月17日、最新機器の寄付を受けて検査を始め、印刷した画像もその場で手渡している。


お~出た出た。日野行介記者はアサヒ新聞の本田雅和記者と並んで、「反原発正義軍従軍記者」強力ツートップなのだにゃ(両者共に「福島支局」所属と思われ 本田記者は福島、日野記者は社会部)。

記事は「(県の)情報公開に消極的な姿勢も相まって、保護者の不安と不信はやむ気配がない」と言うが、県は公開したし、しかもそれは東京のNPOからの請求だった。

また「北海道がんセンターの西尾正道名誉院長」だが、かのbuveryさんによれば
https://twitter.com/buvery/status/234363529275273216
西尾正道は、私の意見ではヨタ医者の一人。ここで言ってるのは、素人よりひどい内容。ま、偉そうなこうとを言う前に自分とこのWBCでトンデモ値を出すのをなんとかせよ、というのが正直なところ。RT @nonatomicus: http://bit.ly/Saf8Ek

このリンク先
http://www.zaikaisapporo.co.jp/kigyou/intervew/99.shtml (「財界さっぽろ」)には、
「ですから、内部被ばくの1ミリシーベルトと外部被ばくの1ミリシーベルトが同等の健康被害かどうかということすらわかっていない。内部被ばくは近くにある細胞にしか影響を与えません。局所的にアルファ線やベータ線の影響は強いわけですが、それを体全体の線量に合わせてしまうと60兆個の細胞のうちの局所的な個数ですから、見かけ上ものすごく少ない線量しか出てこない。そういうトリックがあります。」という西尾氏の発言があった。もしかして「等価線量」「実効線量」「組織荷重係数」等を知らないのか?


さて、福島医大の抗議点を順にチェックだにゃ
① 福島医大:スピードアップのために本来必要な検査項目を故意に外しているかのような報道がなされました

これは日野記事の「実は県の検査では、甲状腺検査で一般的に実施される12の観察項目のうち4項目を省いている。」に相当する。医大はこれを完全に否定しているにゃ(詳しくは医大「抗議」の最後の方参照)。本当なら酷いデッチアゲだ。成り行き注目。


② 福島医大:「検査責任者の鈴木眞一(真一は記事の誤り)・県立医大教授は開示後の2月13日の記者会見でも『地域が特定されて本人に迷惑がかかる』と述べ、市町村別の判定結果を明らかにしなかった」との報道について~

これは実は別な記事についての抗議だ。
http://mainichi.jp/feature/20110311/news/20130422ddm001040054000c.html
東日本大震災:福島第1原発事故 市町村別、甲状腺検査結果を開示 福島県、請求拒めず
東京電力福島第1原発事故を受けて福島県が実施している子供の甲状腺検査で、市町村別の判定結果一覧表が、情報公開請求していたNPO法人に開示された。県側は「プライバシー保護」を理由に公表を拒み続けていたが、県の情報公開条例上は非開示にする理由がなく、開示を余儀なくされた。識者からは「一覧表で個人が特定される恐れはなく、情報を出そうとしない県の姿勢は疑問だ」と批判が出ている。

 県の甲状腺検査(1次検査)では、しこりの有無などを超音波で調べ、4段階で判定している。開示されたのは、2011年度に検査した子供3万8114人の判定結果を市町村ごとにまとめた一覧表。検査を委託されている県立医大が昨年4月に作成した。NPO法人「情報公開クリアリングハウス」(東京都)の三木由希子理事長が同12月に請求し、今年1月下旬に開示された。

 2次検査が必要な「B」と判定された人の割合は0〜1・7%、5ミリ以下のしこりなどがある「A2」は25・2〜41・6%と、自治体間でややばらつきがあった。公害調査に詳しい津田敏秀・岡山大学教授(疫学)は「1回の数値だけで明確なことは言えないが、放射性物質(ヨウ素131)の拡散状況と甲状腺がんの因果関係を調べるのに重要な情報。変化の動向を見るためにも定期的な公表が不可欠だ」と指摘する。

 開示決定について、県の県民健康管理課は「条例の規定を踏まえて判断した」と説明した。条例は個人情報や県民に誤解や混乱を与える情報などが記載された公文書は開示しないと定めているが、一覧表はこれらに該当しない。しかし、検査責任者の鈴木真一・県立医大教授は開示後の2月13日の記者会見でも「地域が特定されて本人に迷惑がかかる」と述べ、市町村別の判定結果を明らかにしなかった。【日野行介】

(以下「開示内容」が続くが省略)

しっかしコレ、奇妙な記事だね~。NPOに対して「地域別」が開示されたのは「1月下旬」。鈴木教授の記者会見は2/13。「検査責任者の鈴木真一・県立医大教授は開示後の2月13日の記者会見でも「地域が特定されて本人に迷惑がかかる」と述べ、市町村別の判定結果を明らかにしなかった」もクソもないだろ~。何で今頃記事にしたの?そもそも医大は県から委託されて県民健康管理調査をしているという立場、別組織だ。だからこそ、(もしかして)鈴木教授は1月の県の「開示」を、2/13でも知らなかったのではないか?それで、鈴木教授の考えと県の「開示決定」の判断が違っていて、何か問題があるのか?開示後でも「あれは私は反対です」でいいじゃないか。毎日新聞だって「福島の敵」日野記者と「福島の味方」斗ヶ沢秀俊編集委員は正反対の意見だ。鈴木教授は「地域別」を開示したら、アンタらみたいなマスゴミや無料ジャーナリストの○カ・○チガイ共が押し寄せて、「本人に迷惑がかかる可能性があるというのは十分に配慮しなければならない」と思っただけじゃないのか?そう思ったら悪いのか?それとも鈴木教授を個人攻撃したいのか?あるいは「可能性がある」を否定するわけ?それじゃ「放射脳」失格だろ~。

ちなみに記事に出ている津田敏秀・岡山大学教授(疫学)は、「県民健康管理調査」で三人の甲状腺ガンが出たことを、「今回のケースは、わずか38,000人の調査で、1年の間に3例もの甲状腺がんが発生しており、「多発」と言わざるを得ないと断言」だそうだが(http://ourplanet-tv.org/?q=node/1549)、まだまだ検査は終わっていないのに、何を断言しているのか?この3例が「1年の間に発生」したってどうして言えるのか?
 
斗ヶ沢秀俊編集委員は、
https://twitter.com/hidetoga/status/309565484553105408
「PKAさんのご指摘に同意します。岡山大学・津田敏秀教授の見解http://ourplanet-tv.org/?q=node/1549 は疑問です。 RT @pkanzug 「有病率」や「罹患率」はあくまでも「病院で診断されて病名がついた率」であって、「実際にその病気を持っている/発症した率」ではないわけです。」
とツイートした。

大体津田氏は「週刊金曜日」(デマリンが書いていた「左翼系」雑誌ね)にも何か書いていたらしい。
http://www.kinyobi.co.jp/blog/?p=3551
つまりは「あっち側」、「原発廃止のためには福島で健康被害が出ないと困る」の人じゃないのか?福島を政治のネタにして煽らないでくれ。鈴木教授が言った「チェルノブイリにおいても、放射線による健康影響についての情報が子どもの心に及ぼす影響は非常に大きいとの指摘があります。」は正しいよ。

もう一丁片瀬久美子さんの
Warblerの日記 福島県での甲状腺がん検診のこれまでの結果で、甲状腺がんの発生が多発と言えるのか
http://d.hatena.ne.jp/warbler/20130323/1364060938
片瀬さんの計算では、「福島の検診では、従来の成人でのケースと比べて78.7/69.0=1.1倍となり、現段階ではほぼ同じ」となる。

またこちらNATROMさんのサイトも参照
NATROMの日記
小児においては「有病割合≒罹患率×平均有病期間(D)」という式を適用するには注意が必要である

http://d.hatena.ne.jp/NATROM/20130422#p1
NATROMさんは「現時点で観察されている福島県での甲状腺がんの「多発」が、被曝によって甲状腺がんが有意に多くなったためか、それともスクリーニングによって掘り起こしただけなのか、現時点では判別できない。他の地域と比較するか、福島県のスクリーニングの2順目、3順目の結果を待つしかない*3。ただ、少なくとも、既知の小児の甲状腺がん罹患率から「スクリーニングで発見される甲状腺がんの有病割合」を推定するのは不適切であるとは言える。」と書いている


③ 福島医大: 記事にある6歳のお子様の検査結果の食い違いについて、県と医大が実施した検査結果が間違っているということはどのように確認されたのか毎日新聞に問い合わせをしております。

福島県二本松市の主婦、鈴木麻記子さん(39)~の話だにゃ。これについては面白いモノを見つけた。

http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/earthquake/40907.html
子どものがん、福島の親の不安続く 県や医療へ不信感強く 福井新聞(2013年3月10日午前9時21分)

東日本大震災、福島第1原発事故からまもなく2年、被災地の現状に迫る連載企画「止まった時間」(5)

 福島第1原発事故では、今も古里を汚染する放射性セシウムとともに、放射性ヨウ素も天文学的な量が放出された。半減期が約8日と短いこの放射性物質は、事故の混乱で観測態勢が整わない間に次々と姿を消し、2カ月後にはほぼ、人体への影響はなくなったとされる。だが、その実態のはっきりしない短い間の被ばくが今、福島の親たちを強く揺さぶっている。
 「事故後、部活の遠征で福島県を離れることが多かった次女は『A1』、ほかの3人の子どもは『A2』。この差は何なのか」。先月中旬に二本松市で開かれた、福島県と県立医大の甲状腺検査説明会。父親の声に怒気がこもる。
 記号はともに検査の結果で「A1判定」は所見なし、「A2判定」は小さなしこりや嚢胞(のうほう)(体液のたまった袋)が見つかったとの意味だ。
   ■ □ ■
 県と同大は事故から7カ月後、放射性ヨウ素が蓄積する甲状腺の超音波検査をスタートさせた。当時18歳以下だった全員が対象だ。「チェルノブイリ原発事故では小児の甲状腺がん以外に、被ばくとの因果関係が証明された疾患の増加はない」(同医大)ことから、県民健康管理調査の柱となっている。
 対象約36万人のうち、今年1月までに結果がまとまったのは約13万3千人。「A1」58%、「A2」41%だった、この41%の親が、結果をわが子の異常ととらえた。
 「A2は通常の検査なら『所見なし』とされる程度。2年後の一斉検査までの経過観察で問題ない」。時間を延長して終わった説明会後の講師控室。検査の責任者を務める同医大県民健康管理センター・鈴木眞一教授は、壇上で繰り返した内容を、再度強調した。
 「重要なのはしこりが大きいなどのB、C判定(0・6%)。A2が異常ととらえられてしまったことは、専門医として驚きだった」と言う。
 説明会では参加者の厳しい質問にもさらされた。「われわれは原発とは何の関係もない」と鈴木教授。原発政策や事故処理に向けられているのと同じ不信の目が、医療にも注がれることに戸惑いがにじむ。会津若松市出身で同医大卒業。長年、県内医療に関わってきた。「俺たちが一番の味方なんだよと、ぜひ分かってほしい」と訴える。
   ■ □ ■
 「福島の母親は、もうだまされません」。説明会会場からそう遠くないマンションで、鈴木麻記子さん(39)はやんちゃな長男(6)をあやしながら、きっぱり話す。
 二本松市は県庁のある福島市から高速道路で30分程度。都市部からの距離や人口は、本県の鯖江市のイメージだ。原発からは約60キロ離れており、国の避難区域にはならなかった。
 昨秋、県の検査を受けた長男の結果はA2。「甲状腺の左側に1・6ミリの嚢胞がある」というものだった。ところが、別の小児科医院でみてもらったところ「右側に縦横4×7ミリのしこりがある」と診断された。
 「体質上、できやすい子もいるというけど7ミリって…。今からでも避難しなくちゃと思った」と鈴木さん。長男が生まれたばかりのころから、母乳への影響を考え、食べるものに気を張った。哺乳瓶(ほにゅうびん)も丁寧に消毒して、大事に育ててきた。「それなのにしこりなんて」。事故後、仕事に追われ、自主避難しなかった自分を責めている。
 結果の食い違いは「小児科医は甲状腺の専門ではない」と落ち着いて受け止めている。でも県の検査も全く信用していない。市民センターで受けた検査は2分程度で、おざなりに感じた。
 そもそも県の結果通知書では、嚢胞とされるものの場所や大きさは何も分からなかった。詳しい内容と画像は、自分で県に情報開示請求して手に入れた。「県は県民の方を向いていない。国や東電との関係で政治的に難しいのかな」と考えている。
 「子どもが年をとってがんになっても、そのとき私はもういない。騒いであげられない。だから今、頑張る」と鈴木さん。原発事故の被ばく症例に詳しいベラルーシやウクライナの医師に、診察を受けられないか、と考えている。


ふーん、鈴木麻記子さん(39)か~。この記事は「共同」「時事」ではなく、福井新聞独自だが、日野記者はこの記事見てマネたのか?それとも「売り込み」があったのか・・・「裏」がありそうだね~。

とにかく日野記事の「一般の病院」は「小児科医」ってことだ。「結果の食い違いは「小児科医は甲状腺の専門ではない」と落ち着いて受け止めている」ってことは、小児科医の検査結果「7ミリ」こそ誤診ってことじゃないの?これはどうして「落ち着いて受け止め」、福島医大は「まったく信用していない」のか?

こうなると「余談」のようなものだが、「県民健康管理調査」の「2分」が槍玉にあがっている。本当に2分だったとしてそれではダメなのか?http://fukushima-mimamori.jp/thyroid-examination/ には、「長くとも5分」とある。本当に2分だったか計ってないわけだし、「10分かけた」小児科医は誤診らしいし。そして「ベラルーシやウクライナの医師」は、問題を解決するのだろうか?ワケがわからん、ま、いいか。

これまでもあった日野記者のデッチアゲ(「反原発正義軍従軍活動」)については、今までのエントリーを参照してください。

「秘密会」は言語道断 しかし「子ども福島」で県民を代表する毎日新聞はフシギちゃん
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-112.html
日野記者は2012年10/3記事では、「福島県の県民健康管理調査は全県民を対象に原発事故後の健康状態を調べる。30年にわたり継続する方針で、費用は国と東電が出資した基金で賄う。」とウソを書いた。これは事実は、東電は出資したのではなく、福島県に対する東電の賠償金を、福島県が基金の一部に当てたのである。「出資」で「東電のひも付き」と思わせようという、悪質な「印象操作」だ。

10/5記事では、たった一人の「子ども福島」幹部の言い分を多数の「福島の人」の意見に見せかけている上(マスゴミによくあるやつだね)、1年以上前、2011年7月の「議事進行表」の日付を「公開せず」、最近のもののように見せかけている(他人のことを「公開に消極的」とか言える立場かよ?)。また最後に「内部被ばくに詳しい矢ケ崎克馬・琉球大名誉教授(物性物理学)」が「影響を過小評価したい思惑を感じる」などと語っているが、「内部被曝危険煽り」の矢ヶ崎説の信憑性のなさについては、今更挙げるまでもないだろう。メンドークサイが、まだ気になる人は、
原発問題の科学検証シリーズ(1) 矢ヶ崎克馬氏
http://looperblog.blog52.fc2.com/blog-entry-63.html
あたりから掘り下げていってください。

「(大)新聞」がまだこんな怪しい「学者」の言うことを取り上げているんじゃね~。だいたい今や、早野先生ら世界屈指の物理学者によって、福島の内部被曝の少なさは証明されているではないか。

まだ続く 毎日・アサヒ新聞の卑劣な「福島攻撃」を記録しておくのにゃ 3/2追記あり
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-129.html
日野記者、こちらの「甲状腺検査:「県外避難者、後回し」 秘密会で方針」という記事では、「後回し」というウソを書いている。事実は「県内」から「先行調査」がスタートしただけ。この記事のタイトルをより正確に記するならば、「県外避難者 全県本格検査に先行」程度でしかない。日野記者は福島医大&県民健康管理調査に何か恨みでもあるのだろうか?

こうして「不安煽り」を続ける日野記者が福島にいては、「県民の不安解消」なんて何やったってできるわけがない。

毎日新聞本社は、斗ヶ沢秀俊さん(元毎日新聞福島支局長)を福島に戻してくれないかな~。

(追記4/28~)
コメント欄で「七さん」が知らせてくれた情報だが、
http://clearinghouse.main.jp/wp/?p=721 に、今回県民健康管理調査の「情報開示請求」をした東京のNPO「情報公開クリアリングハウス」の、有料イベントが出ている。

 情報公開制度を使って見えてきた福島県県民健康管理調査
第1回目は、福島県民健康管理調査について、取材による独自情報と情報公開制度により公開された情報を組み合わせ、知られざる県民健康管理調査の実際、問題点・課題などを報じてきた、毎日新聞の日野行介記者にお話をお聞きします。
 日 時
2013年5月10日(金) 19:30~21:00
 場 所
東新宿ASKビル 5階会議室
※都営大江戸線、東京メトロ副都心線「東新宿」駅から徒歩3分
  講 師
日野行介さん(毎日新聞社会部)

 テーマ
情報公開制度を使って見えてきた福島県県民健康管理調査
 参加費
一般 2,000円
 (1,000円は福島第一原発事故情報公開プロジェクトの請求費用の支援金です)
会員 1,000円

 定 員
40名(事前申し込み優先。会場に余裕があれば当日参加も可能です)


日野記者自身の書き方を借りれば、「日野はこのNPOから『出資』されています」ってことになる(あわてて「謝金なし」になったりしたら笑えるけどにゃ)?それから記事は結局この「有料イベント」との「タイアップ」(つまり「連動企画」つーか、宣伝だにゃ)が疑われるね~。だってさ、それ以外に一月に「情報開示」されたネタを今頃書く理由が見当たらないよ(せいぜいあとは「鈴木麻記子さん」「いわき放射能市民測定室たらちね」らの売り込みとか?)。
(ところで日野=社会部ってことは、福島支局は去ったのかい?)

もうひとつ「通りすがりさん」からの情報
3/8のロイター通信のニュースにも「鈴木麻記子さん」が登場。この人ばかりこんなに各社に登場ってことは、医大の検診を疑う人は1人しかいないってことジャマイカ?(爆)
http://jp.reuters.com/video/2013/03/08/%E7%A6%8F%E5%B3%B6%E5%8E%9F%E7%99%BA%E4%BA%8B%E6%95%85%E3%81%8B%E3%82%892%E5%B9%B4-%E8%A6%8B%E3%81%88%E3%81%96%E3%82%8B%E7%99%8C%E3%81%AE%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%81%AB%E3%81%8A%E3%81%B3%E3%81%88%E3%82%8B%E6%AF%8D%E8%A6%AA%E3%81%9F%E3%81%A1%E5%AD%97%E5%B9%95%E3%83%BB8%E6%97%A5?videoId=241529391&videoChannel=2605

鈴木麻記子さん発言(00分23秒~)
「県の検査は20ミリ以下ののう胞ですよ。で民間のお医者さんの検査が、7ミリのしこりがありますよ、っていうことで、全く違う結果だったので、検査結果を県に取り寄せたら、右と左で場所も全く違う。もう一回は受けなくちゃいけないと思っているんですけれど、ただその甲状腺の専門のお医者さん、詳しくわかるってお医者さんが何か、他県で遠い所にしかいないって」

あ~、あと日野記事にあった「NPO法人いわき放射能市民測定室たらちね」の甲状腺検診は、同じく記事にあった「北海道がんセンターの西尾正道名誉院長」がやっています。はるばるご苦労様なこってす。
http://iwakinomama.jugem.jp/?eid=21

やはり「一月下旬情報開示」と「2/13記者会見」の関係がフシギである。鈴木教授は県の「情報開示」を知らなかったのだろう、と思えるのだが「2/13記者会見」のIWJ録画 http://iwj.co.jp/wj/open/archives/5731があった。

動画(2/3)の大体2時間12分以降で、日野記者が登場し、「甲状腺検査結果の市町村別結果は出ていない。出すつもりはないのか。出さないならばだれがどう判断して出さないのか?」てな質問を開始する。以下鈴木教授が答え、「B・C判定は少数なので、プライバシー保護の観点からすると・・」云々の話になっていく。そして面白いことに、この後アサヒのホンダ記者も「地域別資料ならば、身元がバレることはないはず・・・」云々で「追い討ち」をかけている。見事な「2トップ」の連携だ、つーか、この連中も「1月下旬情報開示」については知らなかったのだ、と思える。

実は既に「開示」されていた資料をめぐって、記者共は時に語気を荒らげる。まるで狂犬に囲まれて「尋問」されているかのような先生たちがお気の毒だ。フツーの人が見たら呆れ果てること必至のトンデモ映像だが、なぜコイツラが狂犬のように「ハアハア」しているのかと言えば、「福島医大は線量が高い地域でガンやのう胞、結節が多いということを知られたくないから、市町村別データを隠しているに違いない!これを追及すればスクープだっ!」という「脳内ストーリー」にご執心だからだろう。これが「取材」「報道」の実態だからね~。自分の思想や宗教から生まれたストーリーに当てはまるモノ以外は、何が起こっても目に入らないのだから、まったく○チガイだ。

では経緯はともかく、その開示された「市町村別データ」で、連中の「脳内ストーリー」はめでたく成就したのか?

ここは「福島の農家はオウム信者と同じ」発言で知られる「福島の敵」、早川・青プリン・由紀夫師(群馬大学教育学部教授)にご登場願おう。

早川由紀夫の火山ブログ 福島23年度甲状腺検査の市町村別データ
http://kipuka.blog70.fc2.com/blog-entry-584.html

福島県がすでに述べていたように、B判定割合と放射能汚染に相関を認めることはむずかしい。検査で発見された10人の甲状腺がん(疑いも含む)が、2011年3月の原発事故で生じたとは考えにくい。


ご丁寧に「地図」まであるよ。残念でした、アサハカな狂犬さんたち。

日野記者は「イレッサ」問題でも「医者叩き」をやり、煽った自分らの責任は隠蔽していた(「公開に消極的」だった)ようだ。

こちら医師(医者)叩き110番-医師不信の深層-医療報道被害78 イレッサの重篤副作用判明「後」の記事データ その4 毎日編
http://blog.livedoor.jp/tttt1967/archives/3117759.html
2011年2/23毎日新聞大阪朝刊26面「問われた新薬:肺がん治療薬「イレッサ」訴訟/下 専門医が効果宣伝」日野行介
 その3段落目「(前略、筆者注、原告側が批判する専門医の一人、福岡正博・近畿大学名誉教授(70)は、)「マスコミが「夢の薬」と持ち上げたのが悪い」と述べ、自らの責任を否定。ア社から受け取った報酬についても、「利益相反なんて当時は社会的に問題にならなかった。後ろめたいことはない」と言い切った。」
 発言の一部を切り取る、悪者にするような印象を演出する編集を匂わす。マスコミも悪いというこの人のもっともな疑念にも答えるべきだろう(タイプ2)。



コメント欄に「福島の隣の県在住」さんが書いてくれた、「矢ヶ崎氏の内部被曝煽り」についての菊池誠大阪大学教授の批判的解説。「北海道がんセンターの西尾正道名誉院長」が「財界さっぽろ」に載せた説とも共通するものがあると思う。

kikulog 放射線は粒々が飛んでくることさえイメージできれば、線源に近づけばいくらでも放射線が強くなるという誤解はしないと思う
http://www.cp.cmc.osaka-u.ac.jp/~kikuchi/weblog/index.php?UID=1361189379

また岡山大学津田教授の「原発事故で甲状腺ガン過剰発生断定」については、コメント欄にIKAさんが書いてくれた「まとめ」も面白い。

いくら既存の罹患率データなどをこねくり回しても、それだけではスクリーニング検査の有病率を出すことはできましぇん
http://togetter.com/li/493895
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

日野行介講演会2000円

そのNPO情報公開クリアリングハウスで日野記者が講演するというのですからこれまた変な話です。
http://clearinghouse.main.jp/wp/?p=721

↑ここの理事長、医大の抗議に対してブログで(笑)と書いてます。
http://johokokai.exblog.jp/19892014/

No title

No title

ええと、「県の甲状腺検査は雑、時間が短い」って話は東京新聞(お馴染みこちらに特報部)でもやってましたね。

不信募る「小児甲状腺検査」 別機関の診断結 果と違い(東京新聞:こちら特報部)
http://www.asyura2.com/13/genpatu30/msg/599.html

こちらは二本松のおかあさんは出てこないですけど、似たような話になってます。
ゲスの勘繰りでしょうが、テンプレ臭いな~。

参考
【福島県での甲状腺がん検診の結果に関する考察 v er.3.02 岡山大学大学院・津田敏秀氏】 に関しての 考察2

http://togetter.com/li/493469

正直いって、よくわからんかったですが。
(確かこの資料、集団疎開裁判で使ったやつでした…かね?)

みなさん

情報ありがとうございます。興味深いです。

「反原発正義軍」が各部隊連携して、「県民健康管理調査」を標的に「総攻撃」のようですね~。

ナチス・ドイツの最後の総攻撃「バルジ大作戦」ですかね~。「不正義軍」はここがふんばり所かな~。

頑張れ!放射線医学県民健康管理センター

こんにちわ~。

やっぱり 煽り・デマは「面倒でも一つ一つ 潰していかなければ」だと思います。

この記事を手に はるばる韓国へ行って記者会見した市民団体がいました。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2013/04/25/2013042501274.html

「放射線被害を隠す日本政府、座視できない」
福島の主婦、ソウルで原発事故の実情を説明

だそうです。。。

こんな風に 煽りやデマが広がっていくのを目の当たりにして、
私たちは もう呆れているけれど
県外の人達は やっぱり信じちゃうのかなー。(*´Д`)=з

No title

実効線量係数は0.000013mSv/Bq
とネットで覚えたけど肉を1キロも一度に日本人は普通は食べませんよ。でもアルゼンチン、パラグァイだったか年に70キロ食べるんだそうですが、
 1キロ500ベクレルだとすると年に0.00455ミリシーベルト?

 少なすぎておかしい、そんなわけはない。どこで計算間違いをしたのだろう?

 でも北海道の医者の言う
 
>肉だったらキロ当たり500ベクレルにしようとなっていて、そういうものを食べていれば年間5ミリシーベルトくらいになるということなんだけど<

 これもおかしいのではないだろうか?

 それとも福島県民は北海道に移住をすべきです、とでも言いたいんだろうか?

IAEAは10万人の死者に対し4000人余計にガンで死ぬといったんですが、100万人くらいだと、結構あおるんですね。母集団は500万人位と思われますからそんなに死んだら平均寿命だって人口だって明らかに減りますよ。
 すごい医者もいるんだな。

IKAさん
 相手をバカなどと言うと、その言っている本人がバカだと良く聞きますがそれを自認した上でもつい、言ってしまう。バカですねえ、僕って。
 でも、こういうの見た事ありますか、見たらむかつくでしょうけど

 https://www.youtube.com/watch?v=gIlCCU8aZmE

 1時間以上も役人に対し上から目線であんたみたいなバカ、とか言っていますしがれき焼却で鼻血が北九州あたりで出たからすぐにやめなさいと言ったかと思うと自分の本の売り込みを公務員に対しやっています。誰だろうこの人?

 後半に福島弁で役人に迫力ある泣き落としをやっている方は自主避難者なんですかね、福井県高浜原発の近くの住民になったらしいけど、がれき処理に何故反対なんどろう?

 昨年の衆院選前までこういう人は大活躍していたんでしょうけど、嫌な女ですね。

それはともかくbloomさんの言う事を聞いたら多分物凄い事になるでしょう。僕が言う事を聞いたらその場で絞殺されそう

No title

>福島県の隣在住さん

「それとも福島県民は北海道に移住をすべきです、とでも言いたいんだろうか?」

そうだと思います。人生80年として、そこまでどう食いつないでいくかと考えた時に、「移住者を相手にして食っていこう」ってことは案外リアルだと思います。

No title

>こすもすさん

性懲りも無く、韓国で「鼻血」「甲状腺」とかワーワーやってますな~。しかし「ラブキュリ」にもありましたが、かの国は甲状腺ガン発症=日本の14倍ですからね~。
http://japanese.joins.com/article/430/162430.html

まさか「福島」とは関係ないですよ。2007年からです。
http://d.hatena.ne.jp/NATROM/00121008

No title

>七さん

この「開示請求」した東京のNPOの理事長、抗議の内容が全然読み取れないらしいですね。読解力が?な人々に「開示」するのは危険だと思いますが、しかしもちろん開示要件には抵触しないわけで。

>通りすがりさん

鈴木麻記子さん(39)は一気にメディア「露出マニア」になったのでしょうか?なぜ?
「正義軍」は「WHO報告書」や「早野・宮崎・坪倉論文」、さらには3月期移動に危機感をつのらせ、
挽回作戦を展開中なのでしょうか?(連中の好きな「陰謀論」ですが。)

阿修羅掲示板で、iyao1がパージされないよう、ご協力をお願いできませんか?

 いよいよ、風評被害に苦しんできた福島県民の反撃が始まっていますね。

 よい流れだと思います。

 圧倒的に空間線量が下がって、放射脳の拡散したデマがいかに的外れであったか、一般市民は気付いています。

 未だにじたばたとデマを拡散し続ける放射脳を、叩きのめすチャンスです。

 そのためには、「放射脳の最後の砦:阿修羅掲示板の原発板」を叩かねばならないのです。何度も何度も反放射脳の皆さんに訴えてきたのですが、皆さん、この掲示板の悪影響の大きさに気付いていないようで、放置され気味です。

 度々放射脳を論破している私の投稿も、姑息なチクリと投稿削除で、無き物にされ、徒労に終わっています。

 とくに、反放射脳のカルトなストーカーに徹底マークされている私は、姑息なパージに苦戦しているのです。

 私の阿修羅掲示板での投稿が削除されないように、お手伝いいただけませんか?

 下記の記事で、姑息な投稿削除はやめて、言論で勝負すべきであると主張していただけると助かります。

 そして、私だけではなく、反放射脳の論客副島隆彦氏とそのお弟子さんたちがパージされなくなれば、放射脳の風評拡散をくいとめることが可能なのです。

*************************

(公開:これが阿修羅掲示板の卑怯な言論弾圧)副島隆彦氏パージスレにて、削除された我が投稿一覧

https://www.evernote.com/shard/s105/sh/461b3dd5-d8da-4fe9-b323-5675feb62fbf/dc6c72d7cd6b5b4d879c1a54e75d218b

 同ブログ 阿修羅掲示板の不正を糾弾する 
  http://p.tl/fEKV

 下記のスレで消された私の投稿を復元した。完全に私が論破している。だから削除されている。
阿修羅掲示板から、副島隆彦氏がパージされたのも、パージされた副島氏の主張を紹介したことを口実に私がパージされたのも、明らかな不正行為であり、言論弾圧である。
 それは、副島隆彦氏の強力な反論から、放射脳の砦・阿修羅原子スレを守るための、姑息な行為である。
 しかも、パージを主導しているのは、ごく一部の成り済まし投稿者である。

副島隆彦さん関連のすべての投稿・コメントはカルト板か昼休み板限定で投稿可能です。
http://www.asyura2.com/10/kanri19/msg/695.html
投稿者 管理人さん 日時 2011 年 4 月 04 日 00:39:31: Master

**************************


 ネコさんも、一度、副島隆彦氏の主張を記事にされてはどうでしょうか?

 彼は当初からICRP派の正しい情報を発信し、無闇に福島の汚染度を煽ることに対して、反論していたのです。ジャーナリストよりも早く、3月19日に現地入りして「安全宣言」を発した賢者です。

 どうぞ、彼の主張を知ってください。

 後だしじゃんけんではなく、緊急事態の中で、的確な判断を下した副島隆彦氏
 ttp://p.tl/hzX8


No title

また「不正投稿」が出ました。
細切れ投稿ご容赦願います。


>福島の隣の県在住さん
リンク、ものすごい飛び飛びの「ちら見」しました。だって一時間以上…(笑)。

この人達を小学生にもわかる言葉で何がなんでも一言にまとめなさいって言われたら、まあ「○ ○(一応自 粛…笑)」なんでしょうけど、詳細に重箱の隅までつつきまくって、なおかつできる限りの表現を駆使した方が、文系のリベンジとしては真っ当かな~、なんて意地 悪なこと考えている訳です。
○ ○、なんて普段気軽に使いますからねぇ。自分の能力使えるだけ使って言ってやりたい、って感じですかね。

>福井県高浜原発の近くの住民になったらしいけど

今、(元含む)福島県民を一番高く買ってくれるのは「反原発」界隈じゃないかと思います。
場合によっては「反原発生活ウん 十年」なんて人より「あの原発事故の経験者」の方が説得力あったりしますから。(マリリンを代表に「私も被曝してます」って言う人は経験者としての説得力…私はそれはスティ グマ(聖 痕)だと思っています…が欲しいんだと思います)

つまり、「今後反原発生活で飯食っていこう」とすると最前線の原発立地地域に行かざるを得ないのでは、って思うわけです。

福島の隣の県在住さん、ネコさんがおっしゃる「移住者で飯食っていこう」ってのと理屈は同じで、この場合は「移住者(っていうブランド)で飯食っていこう」って感じですかね。

No title

>こすもすさん
金曜の官邸前デモの連中が「レイシストしばき隊」始めたのを思い出しました。
関連はないでしょうけど…なんか親和性を感じちゃいますね。

【参考】
津田氏の理屈に対する新たな疑問のまとめ

http://togetter.com/li/493895

何が迷惑ってアンタ・・・

ネコさん
>「本人に迷惑がかかる可能性があるというのは十分に配慮しなければならない」

何か話そうとして
最初に頭に浮かぶ心配事は
「へんなひとがたかってきたら嫌だな~」
ですよね。

>哺乳瓶(ほにゅうびん)も丁寧に消毒して、大事に育ててきた。
>「それなのにしこりなんて」。

いや・・・それきっと関係ないし。
消毒はみんなやってます。

>結果の食い違いは「小児科医は甲状腺の専門ではない」と落ち着いて受け止めている。

この部分で「落ち着いて受け止めてる」って・・・なんで?
なんかこの人の思考が分裂していてよくわからない・・・。
きっと記事を書いた人がいけないんでしょう。

2分って・・・2分って・・・
具体的な数字を出すとそれらしく感じさせられちゃうけど
2分って・・・流行ってるの?

1分だと「またまた大げさな~」
3分だと「さも短いって言いたいんでしょ?」

間をとって2分だと「短いけどホントっぽい」
って人は思うんだろうか。


こすもすさん
>福島の主婦、ソウルで原発事故の実情を説明

なぜみんなわざわざ遠くに行って
いろいろと訴えたくなるのでしょうか。

私は毎日いろいろと忙しく(ホントよ!ホント!!)
わざわざ遠くまで行って
福島の真実なんてお話してる暇はありません・・・。

>私たちは もう呆れているけれど

そうなんですよね。
近所で喋っててくれたらまだいいんですが・・・
(あまり害がないという点で)。

遠くの人たちが
「よくわかったから地元に帰ってしゃべれ」と
追い返してくださるといいのかも。


福島の隣の県在住さん
>僕が言う事を聞いたらその場で絞殺されそう

うはははははははは。


ネコさん
>「移住者を相手にして食っていこう」ってことは案外リアルだと思います。

とても薄気味の悪い関係が生じそうですね。
まともな他人が介入することを全力で拒むでしょう。
生活がかかってきますからね。


IKAさん
>詳細に重箱の隅までつつきまくって、なおかつできる限りの表現を駆使した方が、文系のリベンジとしては真っ当かな~、なんて意地悪なこと考えている訳です。
>自分の能力使えるだけ使って言ってやりたい、って感じですかね。

ぞくぞくしちゃう♪

>今、(元含む)福島県民を一番高く買ってくれるのは「反原発」界隈じゃないかと思います。

弱者・被害者であるということが一番の武器だと思ってる人が
そういう人たち(道具)を「作りたくて」福島を叩いてるとしたら

「自分は○○なんです。大変なんです」

という理屈で相手を黙らせようとする人に

「うっせー!それがなんぼのもんじゃい!」

と言い返せる非常識(と思われたってかまわねえ!)な人たちが
今・求められています(キリッ)!

私・そういうの大好き(にやにや)。

津田氏関連

IKAさんの上げたtogetterにリンクされている、片瀬久美子さんの解説、さらにNNATROMさんの解説を、本文中に加えました。

やっぱり

赤い皆さんのオモチャにされるような「情報公開(笑)」は我が国には百年早かったのかもしれません。


それとこのネタ以外の記事を書いてないので、
日野氏はちょっかい出しの時だけ東京本社社会部から通っているのでは?
当然入れ知恵はするだろうし、最近は支局記者単独の煽りもちょこちょこ出ています。
その意味でいうと、前に郡山市長選絡みのコメントで懸念していた藤原章生記者はこっちに転勤したとみていいのかも。
まあ、ウィキを見るといわき出身とのことで志願したと見れば順当かなあ。
ちなみに支局長は四月から松山支局長だった関谷正氏に交代しています。

毎日新聞・・・トホホ

毎日新聞には、小島正美さんのような良識ある人もいるんですが・・・、残念なことです。

マスコミは、マジでゴミですね。
福島県がマスコミ左翼の煽りの巣窟と化していることを危惧しています。

No title

福島県立医大が毎日新聞デマへの抗議をできるようになったのはいいことですね。
まだ「原発ムラ」とか言う面々がいますが、声の大きい少数の人ということでしょうね。

こすもすさんがリンクした朝鮮日報の記事の・・・
「片岡氏は「韓国も原発を増設しているが、原発は安全だと自信を持って言うことはできない。子どもたちが健康を害した後に後悔しても遅い。母親たちが立ち上がるべきだ」と主張した。」

というのがポイントで韓国の反原発活動の支援に行ったというのが目的かと思われます。

片岡輝美氏は日本基督教団のようです。日本YWCAとも係わりがあるようです。
http://p.twpl.jp/show/orig/EUi8a

日本YWCAですが宗教とは別の思想を持った団体のようです。
http://www.ywca.or.jp/home.html

このチラシや
http://blog.goo.ne.jp/sanzenri2010/e/d8cadcf706fe2595648f7d3a522b398a

この極左団体の日本YWCA事務局長インタビュー
http://www.jlp.net/interview/990315b.html

を見ると北朝鮮寄りの団体のようです。 韓国のそういう団体と連携しているようです。

通じないヒト

今年もGWに東京からおばがたずねてくるそうです。
書道が得意で、日本舞踊もやっている着物の似合う、美人で明るい84歳です。高齢者の大学に通って毎日はつらつと活動して、「親衛隊」(笑)もいるのだとか。
「みーんな親切にしてくれるのよお~♪」

ただ、困ることが一つだけ…。

超マイペース。

よくモノをくれます。
キンキラしたものが好きなおばさんなので、例えば派手な紫の、それもスパンコールつきの服をくれたりします。

「ねっ、これ、あなたにあげるわ♪」

「いや、私はちょっとこういうものはあまり好みではなく―」

「きっと似合うわよ♪」

「いや、あの、こういうのはちょっと―」

「なんで!?さ、勇気を出して!」(爆)

いいやいやいや、そうじゃなくて…。
と言っても…全然聞いてないし。

万事がこういう調子なので、帰るまでばあちゃんとヨメは大変なのです。
(じいちゃんは逃げます)

ただ、それでも時々いいものをくれたりすることもあり、そういうときには
「これ、ぴったりで、とても気に入りました。」とはっきりお礼を言います。
また、翌年来た時に「去年いただいた上着をよく着て歩いていますよ。」と報告もします。

是々非々です。

本人の性格は変わらない(治らない)ものだし、いやなものは一応断り、いいものについては喜んで受け取ります。

ただ、まだやらかしてはいませんが、もし多大な迷惑行為に及びそうになったら、断固として阻止する「覚悟」であります!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

確実に迷惑な人たちに対しては

「騒ぐのは線の向こう側で。」

「この線からこっちに来たらぶっとばす。」

☆=☆=☆

「私の大好きな仏教の守護神」の名前をつけたサイトに集まる人たちは、明らかに線のあっち側で、まともな人ならとても受けつけない世界です。カウントが多いのは、正義の味方みたいなつもりで攻撃欲を満たしたい頭マッチョな人たちが群がって、一人で何度もアクセスしているんじゃないかなあ…
だって、

>パージを主導しているのは、ごく一部の成り済まし投稿者である。

ということをやるんでしょう?
(あ、また憶測でモノをいってしまいました。反省)

で、ああいう人たちが一番恐れることは、実は「無視」されることなんじゃないかなあ。

うだつの上がらない会社のお荷物社員が居酒屋で上司や社会の悪口で盛り上がっているような?なんちて。


さて、今年のGWも是々非々で耐え抜くのであります!
(あ、夫も逃げますw)



(「危険」から離れるのも身を守る手段です)


雑感

個人的にはやっとその気になったのかという感じですね
 →医大が毎日新聞に抗議

一時期、
(医療者側から見れば)不当な医療裁判が目立ったせいもあるのか
どうも医者は(左巻き系を除いて)マスコミに抗議とかするのは
及び腰になりがちなのかもしれません。

その調子で武田・小出・野呂あたりにもやってほしいもんですが。


>「『被ばくの影響なし』という結論ありきだ」
被曝の影響ありという結論ありきですよね、放射脳はw


>ある母親が立ち上がり、
>「『親の不安を解消する』と言うが、
>私たちは不安を解消してほしいのではなく
>事実を知りたい。私たち自身が判断する」

さて、この母親とやらは
医師免許かつ甲状腺専門医でも持っているのでしょうかw

まあ、この手の人の事実ってのは
「自分の信念を補強する自分にとっての真実」ですからね。
「事実」や「現実」といったものとはまた別のところにある物でしょう。

情報開示も受け止める側にその能力がなければなんとも・・・
(でもそれを言い出すと究極的には
『ならば今すぐ◯民ども全てに英知を授けて見せろ byシャア』
みたいな話になるか・・・)


>「福島の母親は、もうだまされません」。
>説明会会場からそう遠くないマンションで、鈴木麻記子さん(39)は
>やんちゃな長男(6)をあやしながら、きっぱり話す。

騙されているのは・・・
いやもう何を言っても無駄なんでしょうね。この手の人には。


>結果の食い違いは「小児科医は甲状腺の専門ではない」と
>落ち着いて受け止めている。

でも、医者ですらない武田や野呂の言うことは真に受けるんでしょ。w

結局、穿刺細胞診をしようがしこりの試験切除をしようが、
納得しないでしょうね。
「結論ありき」だから。


>IKAさん

集団疎開裁判も
結局弁護士だけがおいしい思いして終わりでしょうかね。

目立つ裁判を起こせば成功報酬が
どうでもよくなる手付金で儲かりますし、
無償でやったとしても売名にはなるでしょう。

勝つか負けるかは
多分弁護士的にはどうでもいいのかなとか思ってますけどね。w

ついでに言うと、
裁判で出た資料だからといって
必ずしも科学的医学的に正しいとは保証できません。

世の中にはカネ次第で
弁護士の筋書き通りの医学鑑定書を書く医者とやらも
存在するようですし。(某弁護士の講演会での伝聞情報です)


>こすもすさん
>はるばる韓国へ行って記者会見した市民団体がいました。

とりあえずその辺の放射線を測ってみたのかしらww



>なおみさん

>哺乳瓶(ほにゅうびん)も丁寧に消毒して、大事に育ててきた。
>「それなのにしこりなんて」。

邪推が過ぎるとは思いますが、
ここから読み取れるのはパーフェクトベビー願望に近いものでしょうか
子供の健康を害されたというより、
自分の努力を無にされたという怒りのほうが強いように見えます。
(邪推ですよ邪推w)

日野行介記者は 九州大学法学部を平成11年卒業

あっちいけあっち!

北の国からさん
>「この線からこっちに来たらぶっとばす。」

あはははは。これいいですね~!
そうなのです。
あちら側は境界線がわからない人が多いんです。

穏やかな私に(にっこり)
ぶっとばすなんて言わせんなよ?ああ?って感じですよね。

>(「危険」から離れるのも身を守る手段です)

これも鉄則ですよね!

もしかしてそのおばさまって・・・

心を鬼にして
何かを学ばせようとして

泣く泣く「マイペース」を演じてくださっているのでわ!?
ほら・・・泣いた赤鬼の青鬼さんみたいな・・・。


福島の医師@3連休の中日当直中orzさん
>@3連休の中日当直中orz

なんか・・・連休なのにお仕事中のような・・・そんな気がしてました。
心中お察しいたします。

哺乳瓶のことは
つなげて書いたら(もとの文がおかしいから)
私まで頭悪い人みたいになっちゃったけど

>パーフェクトベビー願望

御意です。とぼけて書きました。

自分の子どもが完璧に幸せであったらいいと
みんなが願いますが
どんなにがんばっても何一つ思い通りに行かないのが
人生ってヤツではないですかい?・・・と言いたい。

でもつきあうとめんどくさそうだから
教えてあげない。

No title

>通行人さん

「質問なるほドリ:甲状腺ってどんな臓器なの?=回答・日野行介」
毎日新聞 2013年04月22日 東京朝刊
http://mainichi.jp/opinion/news/20130422ddm003070143000c.htm

毎日新聞は、「甲状腺ってどんな臓器なの?」という問いに対して、「法学部出身」が答えてるってことですね~、大したもんだ。


ところで、どうでもいいけどコレらは凄かった。

「放射能汚染を恐れて避難費用300万円超、安住の地が見つからない」(週刊SPA)
http://nikkan-spa.jp/421150
放射能汚染を逃れ、母子でフィリピン移住 3組の親子の初めてのマニラ体験!(ダイヤモンド)
http://diamond.jp/articles/-/35070

マスゴミが取り上げるのは相変わらず「自主避難」ですが、視線が変わってきたような。やつらは要するに「面白けりゃ」何でもいいわけです。

通行人さん・ネコさん

さっそく読めなくなっていました(笑)。

どんな記事のどんなコメントでも
何の専門家なんだかきちんと明記して欲しいですよね。

>マスゴミが取り上げるのは相変わらず「自主避難」ですが、視線が変わってきたような。やつらは要するに「面白けりゃ」何でもいいわけです。

一般ピープルだった自分に取材が来る。
大丈夫?と行政やボランティアの方に心配してもらえる。

チヤホヤされる味を覚えてしまって
後戻りできない
その手を離せない・その味が忘れられない人も
いるような気がします。

普通の生活に戻る
事故前の暮らしに戻るって

自分が誰からも見向きもされない
普通の人に戻るって事なんだと思うのですが・・・。

それが怖くて
いろいろと注目を集めるような言動をやめられない
(福島の医師さんがいい例えを教えてくださったのですが)。

戻ってきたら「普通の人」になるってことだから。

でもマスゴミはいつか飽きるよ。
その時まで踊り続けるの?

No title

>信夫山ネコ様
ダイヤモンドのフィリピン避難者、これ↓にまとめられている「non@kaignong」って人みたいですね。

http://togetter.com/li/493485

まあ、なんと申しましょうか、典型的にアレな人ですね。

山本節子さんってこんな方

>福島の隣の県在住さん

山本節子さんってこんな「都市伝説で質問」する陰謀おばさんです。
http://www.youtube.com/watch?gl=JP&v=xUcFuDjCA3k

No title

>通りすがりさん
ああ~、あの記者会見で質問した動画は一時話題になりましたね~。

山本節子氏ってジャーナリストって言ってますけど、運動家みたいですね。瓦礫持ち込み反対運動が華やかなりし頃、各地の運動に首突っ込んでいたみたいです。

http://togetter.com/li/466656

ネコさんのブログでも、北九州瓦礫問題のエントリコメ欄で話題になっています。(3月6日の初めてさんのコメ辺りから)

と言いますか、橋下市長に質問した「フリージャーナリスト(自称)」が、瓦礫持ち込み反対運動で暗躍した方と同一人物なんだ、って今気がつきました。
通りすがりさん、ありがとうございます。

いい天気ですねえ・・・

連休だけど家族は通常業務みたいな感じなので
のんびり家にいます。

せめてもの・・・と思って
東北味めぐり弁当をお昼に食べましたよ。
どら焼きベースの和風スイーツもつけて。
ツタヤで漫画とDVDもいっぱい借りてきたからね♪

通りすがりさん・IKAさん
>山本節子さんってこんな方

ああ・・・思い出しました(もぐもぐ)。

今日の夜NHKでラジオ放送しますね。
よるごはんも簡単にして
正座してみようと思ってます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

風評加害者指名手配一覧かと思ったら違った。
http://greens.gr.jp/pub/poste/attachment/poster2012_11/

この無神経さ、「貧すれば鈍す」の典型。
http://matome.naver.jp/odai/2136677610324208101

tate さん

>この無神経さ

配慮のなさ・福島は道具という点では
これまでの言動と一貫していますね。

それにしてもセンスないなあ。

2013-04-29(17:12) :さん

興味深い情報、ありがとうございます。余裕が出来たら調べます。

はじめまして

はじめまして。
普段は三重県に住んでおり、長く(関わり方は薄く)反原発運動にも加わってきたものです。
私自身が知る、放射線障害の現れ方の諸情報と、こう言ってしまっては語弊がありますが、311以降戦列に加わった人たちの常識というものとのかい離に、一時、精神的に追い詰められたことさえありました。
ここに集う方々も、間接的にレッテル貼りされた経験をお持ちと思いますが…。

リンクから、安斎先生のインタビューを拝見しました。
彼の独特の感性からの発言もありますが、
私も、彼の福島(飯舘辺り)への現状把握に、概ね納得しております。

健康の問題というより、現状での生活の質の問題なのだ…。
私も、そうとらえ、明日から3日間、生協とJAが企画されている、福島市内の農地土壌スクリーニング作業に加わります。作付する場所や除染する順を選別するための資料作りです。

招かざる客かも知れませんが、
今後も細々と、福島と関わりを持たせていただきます。
正しい恐れるための資料が広められますように!

どうぞ、今後ともよろしくお願いします。

矢ケ崎氏

ウィキペディアにも紹介されています。チェルノブイリ並みだとか、途中から途中まで引用します

 2011年3月25-31日、福島市、いわき市、会津若松市、喜多方市、南相馬市、郡山市、飯舘村、北塩原村の8自治体を回り、福島第一原発事故後の、空気中や農地、水などの放射能測定を実施、「現時点でチェルノブイリと同程度の状況にある。さらに深刻化する可能性がある」と述べた。さらに、「今は放射能を安定させる技術がなく、封じ込めるしかない。そういう未熟な状態で原子力を使い始めたのがそもそも間違いだ」「沖縄に米軍基地が押し付けられた歴史と、内部被ばくが隠され、福島に原発が押し付けられた歴史は同根」と語った[3]。同年5月20日、衆議院科学技術特別委員会「科学技術、イノベーション推進の総合的な対策に関する件(放射線の健康影響について)」の審議で参考人に招致され、福島第一原発事故による内部被曝の危険性について所見を述べた。

って、公の場で煽ったらウィキペディアに掲載されてしまいましたよ。

 科学者もいろいろだけど、この人は物理学者だそうですが
キクマコさんにただ一人同業者批判された人でキクマコさんは素人向けにこの人はおかしいと言っているんだから、余程の事ですよ。
http://www.cp.cmc.osaka-u.ac.jp/~kikuchi/weblog/index.php?UID=1361189379

小出尊師と共著では小出尊師は殆ど内部被ばくについて発言なし。ただし矢ケ崎氏に同調はしても反論はなし
あの本もないんだな。買ったのに。多分あれ以来。パソコンの前でヨーグルト500ミリリットルをガシャンと床に落とした、あの悪夢の様な日か、それとも上の棚から分厚い本を一度にキーボードに落として破壊してしまった。それとも
 別れた女房の死んだ母親は自分の持ち物を何故か女房の妹の母親が盗んだと良く言ってましたが、そのもの自体はそこにあるんですよ。

 そこにあるものが、どこを探しても見つからない、きっとあの女が盗んだに違いない。証拠はそこにそのものがあるからだ。と指をさしてあれが証拠だ!そこにあるはずがないものがそこにあるからだ!
 と60キロ以上離れて住んでいるお祖母さんを犯人と決めつけて延々と話すんですよ。

 盗まれていないんだから、そこにあるんでしょう?と聞くと、どうも瞬間的に理解できるらしいけどまた延々と話しだすんです。
 こういうのって理解できます?僕は理解はできます。彼女が言う背景について知っているからです。
 と僕も彼女に近くなったんだろうか?
 いや僕は紛失物は僕が犯人であるくらいは知っています。

 でも押し付けられたという同根の歴史だ!と断言するのは歴史学者としてどうなんですかね。それとも未知の学問領域の歴史物理学者なのかも。

矢ケ崎克馬氏でした

 矢ケ崎氏は結構いたんですね

 まあ、お茶目な老教授に釣られちゃった、現役バリバリの大学教授たちめ!と激怒している人もいました。一生懸命電卓をたたいているキクマコさんは絵になるんだろうか

 http://togetter.com/li/452430

 tateさん、みずほちゃん、どうなったんでしょうかね。社民党はオムライスと自分で言ったのに、反核=反原子力トライアングルの頂点に君臨するとは

 可愛かったのに

取り急ぎ

デルタさん
>正しい恐れるための資料が広められますように!

はい。お体大切にお仕事なさってくださいね。
お気をつけて。


どこに書いたらいいかわからなくなったからここに。

今「ラジオ」観ましたよ。
教えてくださった皆さん、ありがとうございました。

きっと前回きちんと観た人たちが
私みたいに見逃してしまった人のために
NHKに再放送して!って働きかけてくれたような気がしました。

私、いつからか泣けないんです。
どんなに悲しくても涙が出ないの。
最大で「胸が詰まる」程度。

苦しかったけど観てよかったです。

現在市内停電中

なおみさん、ラジオ、見られて良かった。

自分は、東京のデモのシーンで、苦しくて、胸がしめつけられるようでしたけど、見て良かったと思います。


今日は授業参観で休日出勤、書類書きで残業して、帰宅した途端、何故か市内が大停電。
1100軒が停電中で、たぶん、暗闇で転んだり、停電で、体に使う機械とかが止まってしまった人がいるのか、ひっきりなしに救急車が行き来しています。

でも、TEPCOホームページに情報公開されていたので、自分は落ち着いてます。近所の人達もだいぶん落ち着いてきたようです。

復旧のために頑張ってくれている東電関係の仕事をする皆さん、ありがとう。
東電で頑張る人がいて、生活を支えてくれているのに、そこは見ない人達がいるんですね。

復旧予定は1時間後。スマホ持って寝転んでます。

マジか!?

boomboomさん
>現在市内停電中

さっき少しゆれましたが・・・(投稿時刻を確認)
それは関係ないのかな?

>東京のデモのシーン

はい。私も辛かったです。
私はあんなふうに言えないだろうな・・・。

>復旧のために頑張ってくれている東電関係の仕事をする皆さん、ありがとう。

うん。ありがたいよねえ。

No title

>デルタさん
はじめまして。
「招かれざる」って、そんなことないですよ。
ここは「放射能デマを除染」するブログであって、「原発のあり方」を問うところではありませんから。
放射能デマを否定→原発推進、って単純にレッテル貼りをする人もいますが、「原発事故と原発のあり方は、一緒に考えなくてはいけない」ってものでもないと私は思います。

ここに来る人でも、明確に「原発は無い方がいい」って人もいますよ。そして原発推進、って人もいます。人によっては「不思議」に見えるかもしれませんね。
ブログをさらっと拝見させて貰いましたが、冷静に分析されていると思います。イデオロギーや感性に流されない、って実は結構難しいものですから(←自戒を込めて言ってます)…。

こちらこそ、今後ともよろしくお願いいたします。

>tateさん
イデオロギーと感情に流された悪い例ですね。
正義っていう遮眼帯かけて突っ走っているみたいです。
お互い、一時停止違反、信号無視みたいなもんですから、交差点でぶつかればいいのに。(内ゲバってそんなもんかも)

>福島の隣の県在住さん
フクシマみずぽ、きっと昔からこんなんだったんでは?って感じがします。
昔は55年体制の名残もあり、古い人もいたのでムチャできなかったのが、人材も失い(←ある意味純化)、拠点も失った今、やりたいことやるのはいつ?→今でしょう!って感じかと。(ってか、フクシマみずぽ体制で何年になったかなぁ。交代がないのは独裁体制って言われかねないんだけどなぁ)

>なおみさん
人間、悲しい時が一番複雑な表情をしていると思います。それだけ感情が複雑に揺れ動くってことなのかも。
悲しすぎて笑っちゃったりもしますし。
よく「怒」とか好んで使う人いますけど、逆に怒りって一番単純な感情ですよね。それだけ根源的というか、本能的と言うか、その分エネルギーがあって流され易いですけど。
(最近、激おこぷんぷん丸って単語を覚えた。今度使おうっと)

>boomboomさん
ありゃりゃ、停電ダイジョブですか?
震災以降は経験ないですが、この辺で停電になんかなったら、トラウマスイッチが入ってしまいそう…。

さすがIKAさん!

>「招かれざる」って、そんなことないですよ。
>ここは「放射能デマを除染」するブログであって、「原発のあり方」を問うところではありませんから。

デルタさんにこういう風に言いたかったんだけど
挨拶しかできんかった(笑)。

>人間、悲しい時が一番複雑な表情をしていると思います。

うん。ありがと。
優しくされた時に急に泣きたくなったりとかして
自分でも自分の扱いに困る(笑)。

小さい子が泣いてるのを見て
いいな~!いっぱい泣いとけ!と思う。

>激おこぷんぷん丸

ようし!かわいいから私もつかうぞ!

>この辺で停電になんかなったら、トラウマスイッチが入ってしまいそう…。

そうですよね。
停電は怖いなあ・・・不安なんだよね。
スマホで観てる~?boomboomさん。

激おこぷんぷん丸

〉激おこぷんぷん丸
私も使わせてください♪
でも、どういう風に使うんだろう…⁇

安積の白猫さん、べつエントリーでコメントありがとうございました。
こちらこそどうぞよろしくお願いします。

デルタさん

デルタさん、はじめまして。
飯舘村が実家の福太郎です。

>長く(関わり方は薄く)反原発運動にも加わってきたものです。
私自身が知る、放射線障害の現れ方の諸情報と、こう言ってしまっては語弊がありますが、311以降戦列に加わった人たちの常識というものとのかい離に、一時、精神的に追い詰められたことさえありました。

分かります、そのお気持ち。
実は私もいろいろなつながりで「反原発」の側にいた(いや今もその立場の側?)ものですから。

しかし、以前より、その主張や運動の在り方に対しては、ちょっと現実的じゃないなと言う違和感は感じていました。

ただ、全体的な大雑把な「方向性」としては理解できるものだったので、一応「応援」しては来たのですが・・・・。

しかし、今回の原発事故以降の「彼ら」の「行動」に、ついにその「違和感」が本物だったと思うようになりました。

そのきっかけとなったのが、「放射線は少しでも危険」を執拗なまでに主張している事でした。

その主張によって出た影響は「ふるさと」と言うものを根こそぎ奪うというものでした。

「子供を守るため」「命を守るため」

何と反対のしづらいフレーズなんでしょうね。

しかし、今回の原発事故以降の主張が科学的・医学的根拠の裏付けのもとに「ふるさとより子供・いのちの方が大事」と言うなら納得できますが、全くそうじゃなく相変わらず「妄想」や「仮定」だけからの主張だったのですよね。

物凄く失望しました。

だから私は「ふるさと」を守るためにいろんな所・人へ「少しの放射線なら大丈夫」だという事を「投書」したり話したりしています。

そのことの真実味を与える意味でも、放射線が高いと言われる実家の飯舘村にも頻繁に行きますし、地元産の食材も普通に食べるし、そして趣味の山登りも控えることもなくやってきました。

ただし、私自身は「ふるさとを守る」ために「放射線は少しでも危険」を打ち崩したいだけであり、それによって原発は安全だとはつなげる気はありません。

だって、あの頑丈な原子炉建屋が吹き飛んだんですからね、水素爆発かなんかで。
直接放射線の影響で亡くなった人はいませんが、もしあの建屋の中に、またはそばに作業員が避難せずにいたらその爆風や吹き飛ばされたがれきによって確実に「死」に至ったでしょう。

ある情報では実際にはその「物理的な衝撃」で複数人の死者が出たという話もありますが、もしそこに作業員がいたら常識的にそうなるでしょう。

だから私は「原発と低放射線の問題は別問題だ」というスタンスなんです。

これからもよろしくお願いします。

No title

>デルタさん

もちろん「招かざる客」なんてことはありません。IKAさん、福太郎さんたちのおっしゃるとおりです。それに三重県も「3(?)年後には三重県に人間が住めなくなる」とか言う、「武田被害」被ってますし。

「原発反対」「賛成」「保留」「その他」を問わず、「政治的反原発派」による「風評被害」「デマ」「脅し」「煽り」「誇張」「没論理」「インチキ科学」「インチキ医学」「精神的被害」「反原発ビジネス」「カルト化」等・・・は世界人類・ネコ類共通の問題だと思っています。よろしくお願いいたします。

No title

 僕の姪夫婦が弁護士ですが旦那が優秀で、姪は大検を経て私大卒業後法科大学院に行きそこで年下の優秀な司法試験合格確実の今の旦那をゲットして2年遅れで司法試験に合格したんですけど、結構したたかですよね。向こうは知識など合格に協力してこちらの方は別な面で協力したけど、別な女でもつとまる事じゃなかったのかと邪推など働きます。
 まあ、それはさておき、弁護士の数を減らしてくれないと仕事がないんだそうです。すぐに減らすらしいです。姪夫婦は忙しいらしいですが、

 原発関係で仕事を奪い合っている様じゃあんまりレベルが高いとは言えないんじゃないだろうか?敗訴した人たちも出始めてくると思いますよ。東電が気前よく大盤振る舞いしていますから。

 昨日朝から「チェルノブイリの森」というメアリー・マイシオの本を読んでいたんですが、まあ、福島とは全然違いますね。
 汚染範囲は宮城茨城栃木くらいだろうか、石棺に近づくと高放射能症がになるほどの高放射線量だそうですよ

 僕は気前よくセメントを100メートルの暑さで覆って良いんじゃないのかな思うんですが、それでもだめなら1000メートルとか。
 中の燃料棒なんか300年くらいかかっても掘り出せないくらいのね。

 チェルノブイリもそうだけど、福島でも汚染水の処分については大工事をやりながら、世界最高水準の技術ノウハウを獲得するのにあえて困難な道を探っていないだろうか?福島などは5号機から8号機まで計画自体があったんだそうです。後50年ももしも津波が来なかったら原発大国になっていたでしょうね。

 山本節子さんは橋下市長には手も足も出なかったし、質問の根拠も薄弱。ところが相手が小役人だと随分と居丈高になり明らかにバカにしています。こういう人に話しかけられても慇懃に対応されても収穫なんかゼロでしょうね。

 自分は鎌倉に住んでいるとかで、エリートの上から目線で見下したように話すのは逆効果じゃないのかな。
 彼女はがれき焼却自体反対しているんです。じゃあ、どうすればよいのかと対案らしきことは言わない。こんな人を良くも担ぎ出すもんですね

デルタさんへ・・

原発事件から二年も経過している為に

土壌の状態により

放射性物質が固着した粒子が

1cm~10cm地下に浸透しております。

通常表面汚染度はGM管で計測しますが

浸透しているとβ線は遮蔽効果により数値的に弱く出ます。

シンチレーションならγ線を拾うので

多少浸透していても本当の数値を捉えます。

No title

 甲状腺ガンの原因のヨウ素131の漏れは事故の時だけで、半減期8日だからあっと言う間に消え去ったというのに、今頃乳児を甲状腺ガン検診に連れて行くと言うのがおかしい、と誰か母親に言ってくれないんですかね。2年前の当時に乳児だったり一歳児などはもう3歳だよ。今頃ゼロ歳1歳2歳になったばかりの子を甲状腺検診に連れていくのを止める亭主はいないのか。

 メアリー・マイシオは乳児には安定ヨウ素剤より粉ミルクを配布した方がよほど良かったと言ってます。それより上の子は牛乳を飲ませないように出来たと言う事なんでしょう。チーズ、バターとか、日本のワカメはこれはちょっと無理かな。要するに事故後積極的にヨウ素131を取り込まないようにするだけで良いんだと。と言う事でしょう、それを始めとして何と言っても一番大きな問題は情報を住民に提示しなかった事。日本と逆ですね。ニセ情報に踊らされた日本の状況も後世のため良い教訓として残れば良い。


 あの問題どうなったんだろうか?どうせ行く先はジークライトくらいだろうから、結果が同じなんだから、知事の裁量で法律が定まってないときの裁量権の100分の1、あるいは1000分の1程度でも思考を停止解除すればやる事は同じだよ。だから地方自治というんでしょう?誰もが困らないし行政も停滞しない。地方自治→痴呆知事 ←なんとなく浮かんだだけです

 ゴミ焼却反対の山本節子、地元鎌倉に埋め立て地建設運動でもやる根性見せて欲しいもんだ。今、鎌倉に住んでいますと言うと嫌味なステータス自慢だけじゃなくて、アライグマとタイワンリスで大変ですねと返される事知っているのか?


 僕は数年前にフィリピンに行ったことがありますけど、フィリピンは日本の廃棄物を引き受けているんですよ。物凄い環境で分別から、中古テレビなどを修理して安く売ったりしているんです。
 空気だって綺麗だとは決して言えないけどスコールがありますから、それで空気中のほこりなどはかなり綺麗になると思います。

 フィリピンはかなり貧しいので日本円で10万円もあればメイドも運転手も雇えますよ。しかしフィリピン国民をバカにすると手痛い目にあいます。財布から金を抜かれても犯人を突き止めるのは不可能。リスクは非常に高いと言ってよいでしょう。200万円程度フィリピンで半年預金したら、移住は出来ます。僕が行った時は500万円だったからちょっと考えたけど、相撲放送がないし、インターネット環境もまだまだだなとおもいました。

 中学生くらいの少年が大きなトカゲを片手に持って自転車に乗って行ったけど、後で思うとあれは食用なんでしょう。日本で言えば小川で大きなコイを捕獲した様な感じ、いやずっと美味しいらしいし、決してゲテモノの類じゃない様です。現地の人も見る事は殆どないし、しょっちゅう見る大きなヤモリを食べる事はないそうです。

 移住者用のコロニーでも行くんでしょうかね。あれは高くて1700万円だとか。金さえあれば悪くはないみたいです。とくに医療関係は充実して、子供の教育もバッチリ。一般フィリピン人とは隔絶した環境ですけど貴族的な生活ができるとか聞きましたよ。フィリピン経済は内戦が終息しない限り向上は難しいでしょう。

 移住できる人はした方が良いと思いますよ。フィリピン経済の役に立つから。


 福島県側は茨城県知事に相談する手だってあるんじゃないんでしょうか?

矢ケ崎教授の決定的ミス

4月29日に福島の隣の県在住さんがコメントで指摘された矢ケ崎克馬琉球大学教授の問題点。
坪倉正治医師を批判したつもりが、逆に菊池誠阪大教授や田崎晴明学習院大学教授の反論によって、矢ケ崎教授の主張が完全に論破されてしまいました。
矢ケ崎教授は、文科系の自分でもわかるような基本的な物理学のミスを犯しています。本当にこれは矢ケ崎教授自身の坪倉批判なのでしょうか。
http://togetter.com/li/452430

品川新市長

http://mainichi.jp/area/fukushima/news/20130501ddlk07010036000c.html

社民党や共産党と和んだ雰囲気…先行きを危惧せざるを得ない。

マイクロホットスポット発見

ほぉ~

そーなんすか・・


面白い推測してくれちゃってますね。。



みなさん

宜しくお願いいたします。。


http://mekenekotama.blog38.fc2.com/

私にしては難しい話

観潮楼さん
もともと選挙なんかには疎く
さらによその市なので
「この人はどんな人なのかな~?」と思ってみてました。

前の人は「生粋の福島人」を強調しすぎて
転出入の多い郡山の人から引かれてしまった・・・なんて推測を
どっかの新聞で読みました。

今の人は前の人が「避難した・逃げた」ってデマを選挙で利用した
なんて話もどこかで読みました
(福島市長さんもこんなうわさ流されましたね)。

>社民党や共産党と和んだ雰囲気…先行きを危惧せざるを得ない。

そうなの?

あくまで私の印象なんだけど
福島市より「活動的」なお母さん方・・・女性が多いような
気がしていましたが

選挙ではそういう結果が出たってこと???


あ・ GTR110 さんが何か怒ってる・・・。

No title

http://crms-fukushima.blogspot.jp/2013/04/blog-post_1879.html

このプール汚泥問題は

記事にした朝日や

朝日に渡した測定所はドーでもいいことであり

公務員にも係らず

学校の許可無しに情報漏えいの原因を作った

ガンキャノン教師に憤りを感じます。



同じ公務員でも

違法船籍と戦っている海上保安庁職員の漏洩は

法律としては間違っていても

身体を張って国益を守っている人達に

漏洩行為を『アウト』とは言えない。。



プール汚泥は仮保管と同じ状態にあり

ガンキャノンの行動は

子ども達を守る為の行動とは思えない。



多くの情報を扱う教師が

いとも簡単に情報を売るというのでは

安心して子どもを預けられない。



面的除染の現場でも

わけの解らない自論を語り

現場を止めてしまうのは『・・先生』と付く方が多い。。


本当に頑張っている先生達が迷惑だ。。

同じ数値でも扱いが違う

超マイペースのおばがデパートにお買い物に行きました。
今だ!

えー、本日の日経ビジネスオンラインの記事は

規制緩和で「観光客が増えたチェルノブイリ」

http://business.nikkeibp.co.jp/article/person/20130321/245378/

書いたのは宮腰由希子さん。あ、この方は記者じゃなくて ロシア語通訳/NGO「ダール・アズィーザ」事務局長 となっています。


さて、いい記事が続きます。

強制移住となった村の中でも最大級のザリッシア村(チェルノブイリ原発から16キロ)では、雪の遮蔽効果もあって

「ここが立ち入り禁止ゾーンとは思えないほど極めて低い値であることに変わりはなかった。キエフの公式発表では、常に毎時0.11~0.13マイクロシーベルト程度となっている。」

また、プリピャチ市でも放射線測定器の値は毎時0.05~0.1マイクロシーベルト程度で

 「冬は確かに住んでも問題ないよ。でも、雪が溶けてほこりが舞い上がるようになったら、線量は上がる。ホットスポットもあるし、チェルノブイリ市のようなインフラもない。人が暮らせるような環境じゃない」

要するに、政府が除染等行ってもとの住民を住まわせることはしない方針だということでしょう。
それにもともとプリピャチは原発労働者のために新しく作られた街だったということだし。

でも
「チェルノブイリでは、日本の政府が安全だという線量でも住んではいけないことになっている!ということは、低線量でも危険だからだ!」

という解釈をする人がいますねえ。

そして、この記事の「人が暮らせるような環境じゃない」だけ「見える」人もいるような…。


なお、以前ご紹介した記事の中にあった「チェルノブイリ博物館」で「福島展」を開催するそうです。

http://fukushimaten.livejournal.com/2013/04/29/

夏のチェルノブイリツアーもあるそうなので、みなさんいかがですか?

…って、遠いし。(--;)







No title

なおみさん,IKAさん

  ご心配おかけしました。

  あの日の停電は2時間で復旧したので,たいしたことにはなりませんでした。
  
  次の日に授業参観(なので本日は代休)があったので,このまま復旧しないと風呂に入らずに出勤か,まあしかたないか,とか考えていたのです。
 
  自分は,子どもの頃に陸の孤島にいたのと亭主の実家(難民キャンプ)での経験とかで,停電なれしているところがあるのですが,やっぱり,震災のことでパニックを起こした人がいたのか,暗闇で転んで怪我をした人がいたのか,ずっと救急車が行ったり来たり,という,尋常でない夜でした。

  ところが,同じ市内でも,別の町内では停電はなかったそうです。停電したのは自宅周辺の,およそ1100軒。

  東電は,ちゃんと停電情報を公開してくれていましたし,今も停電履歴があるので,その後の調査で何が原因だったかはっきりすれば,ホームページにアップされます。そういうのを,初めて知りました(うかつです)。

  その情報を見ると,毎日のように,東電管内のどこかしらで,100軒規模とかの停電が起こっているのですね。
  原因は,だいたいは,鳥や小動物の施設への接触,ビニールの袋などの接触。

  先日は,「停電で福1がああだこうだ,管理がなってない,どうのこうの・・・」でしたが,こんなに,普通に起こっているのに。

  そして,電気の恩恵を受けながら,大切なところを見ない,たった2時間で復旧させるこの仕事を誰がしているのか,考えているのか,と,あらためで,「たかが電気」にムカムカ。

  

GTR110さん

  私も,この教員のことを考えると,どうかと思うのです。

  教員として,これはどんなんだ? と。


福島の医師さん,ネコさん

  新聞に出てくる方,たとえば,この30歳代の主婦の方などに,甲状腺専門の医師免許がある人ほど,信用しないぞ,というような強い意志を感じるのは,考え過ぎなのでしょうか。

  甲状腺を患ったことがあるから(検査も知っているから),余計に,「この人って,どうなんだろう?」と,哀しくなります。

No title

南相馬市長と竹中工務店のバブルな宴
https://facta.co.jp/article/201305028.html

登場するのは、南相馬市長&児玉教授&竹中工務店。
お二人、一部で拍手喝采だったなぁ(遠い目

出鱈目なマスゴミは少なくない事を痛感した今、とりあえず話半分で経過観察が賢い?


一歩一歩・・・

お久しぶりです。昨年の今頃、書込みした通り先月、実家、仙台へ墓参りついでに浪江町にて遺体捜索(地元消防団の活動に参加)、及び福島市内の除染ボランテフィアに参加してきました。
 浪江町の請戸漁港ですが長いこと立入り禁止で2年前の状態でした。2日間で私が発見した身元確認に繋がりそうなものは長さ20cm程度、骨と思しきもの1本だけでした。勿論、人間か熊か猪か犬か見ただけで識別できる訳ないからDNA判定するしかないでしょうが・・・長い道のり、淡々と根気よく継続するしかないでしょうね。
 それと気付いたこと。何故か知らんけど新宿区にも消防団があるんですね、田舎だけと思ってましたが。その人達が持参した線量計。エステーとかウクライナ製とか安物ではなく、メーターで瞬時に計測できる、15万円くらいしたとか言ってましたが、精度の高そうなやつで計測して毎時0.1~0.12μSv程度!あの漁港から原発の排気筒が肉眼で見える近さでこんだけ低いのに皆、驚いていました。スピーディーのデータと辻褄が合っている。現場に行かないと真実が判らないこともありますね。
 福島市内の除染ボラのほうは、昨年、参加したときは山口地区の農村部。完璧ではないが粗方、ホットスポットを片付けたようで先月、参加したら阿武隈川の西側、都市部&住宅地へ進出しているようです。私は福島市内の荒町、五月町辺りで計測&除染を行ってきました。農村部は汚染土をスコップで撤去とか腕力がメイン。都市部、住宅地はコンクリートやアスファルトのところが多いのでワイヤブラシで表面を削り取り、コンクリとアスファルトの隙間とかをマイナスドライバーで掻きとり。腕力より根気がいりますね。この五月は、第二陣、第三陣で福島駅の東側、阿武隈川より西側、日銀支店、東邦銀行本店辺りより南側で囲まれた都市部&住宅地を集中的に片付けるようです。一歩一歩ですがホットスポットを見つけたら、地道に「撤去⇒隔離」を繰り返すしかないですね。
 今年、一年で片付かないでしょうから、また、来年、頑張ります。ではでは。

今だ!って・・・(笑)

GTR110さん
>公務員にも係らず

>学校の許可無しに情報漏えいの原因を作った

>ガンキャノン教師に憤りを感じます。

こんな人がやっぱり内部にいたの?
(あ!ここには詳しく書かなくていいです)

>本当に頑張っている先生達が迷惑だ。。

そうなんですよね・・・。


北の国からさん
デパートはいいですよね!一日楽しめる(はず)!

>インフラもない

これ戻れない大きな理由ですよね。


boomboomさん
>たった2時間で復旧させるこの仕事を誰がしているのか,考えているのか

ホントだよね。
すごいことだと思います。
私にはできないことだもの。


tateさん
これは・・・おもしろいですね(にやり)。

椿山荘だと~!?ホタルでもぐへへへ言いながら観やがったか!?
・・・季節がまだですね(笑)。


Werderさん
いつもありがとうございます。
それから時間が経っても忘れないで足を運んでくださること。
感謝です(ぺこり)。

今日・南相馬にボランティアに来てくださった方たちの
ニュースを観ました。
通学路(だったところ)をきれいにしてくださって・・・。
ほんとうに言葉がありません。
豚汁でも持ってってあげたかったな~。


あ・いいニュースも読みました。
会津の修学旅行、震災前の5割程度に回復だそうです。
新潟と歴史上も縁が深いんですってね(特に長岡市だったかな)。

それでも新潟市の方は
福島から避難された方が多く住んでいて
その保護者から

「安全を求めて避難して来たのに
どうして福島に行かなきゃいけないんだ」

という意見があがってくるそうです。

他所から来た人は黙ってろと言われると
私も黙らなきゃいけない立場ですし
そういう言い方はよくないと思うのですが

引っ越し(?したのか?)てきて間もない方が
その地域・学校の「歴史・伝統・思い」をよく理解しようとしないまま
「そんな行事はやめろ・内容を変えろ」と言い募ったら

嫌われ者決定!だと思います。

逆の立場なら
「じゃあ、別の場所に転校しなよ」
と思います。
私・人でなしですから。

厚かましい人はみっともないですね。

居場所を自分でなくしちゃうのはつまんないよ。

ふくしまラーメンショー2013@郡山に関するある方たちのつぶやき

みなさん、こんばんわ&お久しぶりです&はじめまして。

開成山公園での「ふくしまラーメンショー2013」が今年もにぎわっているようです。
私はちょっと行けないのですが、Twitterなどでにぎわいを実感しております。
興味深い会話があったので、四苦八苦してtogetterにまとめてみました。初まとめです。興味がある方はご覧ください。

「ふくしまラーメンショー2013@郡山に関するある方たちのつぶやき」
http://togetter.com/li/496698


No title

>GTR110さん
>ガンキャノン教師

なるほど、「ガンダムの人」の後方支援って事ですね…うまい!って喜んじゃいけないか。
学校現場って、以前から「水からの伝言」とか「EM菌」とかってトンデモ汚染が進んでいましたからね。
「アチラ」の方との親和性が高いんでしょう。

私は、仕事で持つべき矜持より「思想やイデオロギー」を優先する人は、どのような肩書きを持っていても「運動家」だと思っています。それが教師、科学者、医師、ジャーナリストであったとしても。
世間に通じる肩書きを持ちながら、その実「運動家」だった人って意外と多いですし、どの業界にも潜んでいるような気がします。

>北の国からさん
日本とソ連では状況が違う、って事を理解しない人が多すぎですね。
チェルノブイリの避難基準は空間線量ではなく土壌の汚染度で決まっていますが、その理由は「土壌の違いで作物がセシウムを吸収しやすい」上に「自給自足が多く、土壌汚染が内部被曝に直結するため」などの理由があったから、って聞きました。
その辺も理解して欲しいところです。

>boomboomさん
停電、大したことなくてよかったです。
実際、電気って生活インフラの中でも災害に際しての復旧はかなり早い様です。
原発事故が無ければ、電力会社はドヤ顔でオール電化を売り込んでいたはずですね。

GTR110さんにも言いましたが、教育者としての矜持より、イデオロギーとか思想を優先させる人は教師として認めたくないですね。と言っても学校と関わらないようになって四半世紀の自分ではまったく意味のない「愚痴」なんですけど。

>Werderさん
お久しぶりです。そしてご苦労様、ありがとうございます、です。
福島をはじめ被災地では「日常生活を取り戻しつつある」なんて言っても、やっぱり手助けはありがたいです。
無理のない程度で、今後ともよろしくお願いいたします。

>なおみさん
デパートって、屋上遊園地が無くなってから楽しみ半減です。(←当社比による)

新潟の修学旅行でそんな話が出ていますか…。
例えば、「福島から来た子どもが、これから修学旅行でいく友だちに自分がしていた生活や、住んでいた所の歴史を教えてあげる」位の余裕が欲しいですよね。
自分がかつて住んでいて、友だちが今住んでいる所をけなすって、アイデンティティ踏みにじるようなもんだと思うんだけどなぁ。
もう帰ってこないのは自由だけど、思い出を汚すような事はしてほしくないですね。

>jun9satoさん
お久しぶりです。
ウハハ、ナイスまとめです。
ここにも内ゲバの芽が(笑)。
それにしてもピロキはまだ福島を出入りしてんですか。
もしその辺で見っけたら…どうしてくれようか。

>jun9satoさん
チバレイって、例のアレなチバレイ?
メロリン太郎一座の看板役者ですよね?しかも実家が福島?

…もしかして、総括!?

行き詰まりの責任を内部に求めて不満を解消する活動家が陥り易いパターン

ましてやチバレイは地元を貶めた訳で
責任転嫁したくもなりますわな

若松孝二監督の
「連合赤軍 あさま山荘への道」
に描かれてますが、
山岳ベースで凄惨なリンチを繰り返し、同志を死に追いやる狂気は、
後退を余儀なくされながら福島をdisり続ける反原発正義軍に相通じるところがありますね。論理や理屈を聞き入れ
ない所も瓜二つ。

ま、総括やってもいいですが、
東北の山は使わないでね、忙しいから

ピロキ旅

>IKAさん
>九重の桜さん

残念ながら総括ではありません(笑)
ええ、福島南高出身の彼女が出てます。
奴らのいいかげんさ、身内への甘さが良く分かるので、苦笑しながら初まとめしました。奴らが内部被曝は問題視していなくて(早野先生他の論文の成果ですね)、外部被曝を気にしているのが分かっただけでも収穫ですね。

s_hiroki24 (鈴木博喜=ピロキ)さんというのが、2012年のラーメンショーで #被曝ラーメン というTwitterのタグをつけて喧伝して妨害した男です。2012年の顛末は以下のtaka_x_takaさんのまとめを見てください。

http://togetter.com/li/296972

昨年は、多数の方から批判、説明要求されても無視していたのに、懇意な千葉麗子さんが絡むと「今でも線量の高い開成山公園でラーメンショーを行うことを問題視しているのです」とはじめて(?)真意を説明。

herobridgeさん(高橋裕行)さん
「その事実すら、否定されようとしていますからね。まるで郡山にはもう高い線量の地などないかのように。」

その事実とは「線量が高い」ということ?
開成山公園の線量知って言っているのか?
バラ園は比較的高いけど、それ以外は君の好きな地上1cmでも最大0.51μSvだぞ。君達がダイスキな「放射線管理区域」以下の線量ですねw
「悪質な風評被害」って、s_hiroki24に向けた言葉?
(wacamecciさんは昨年、s_hiroki24を批判していました。よって彼への嫌味と思われます)
老婆心ながら、もう、郡山にかかわらないほうが良いと思いますよ。
負けもとい、和解おしみは見苦しい。
(ご存知と思いますが、順一さんとの裁判は和解が成立し、「嘘つき」発言のツイートはようやく削除されました。)

郡山<本庁管内>都市公園の放射線量測定結果【平成25年3月12日~3月27日実施分】
http://www.city.koriyama.fukushima.jp/pcp_portal/PortalServlet?DISPLAY_ID=DIRECT&NEXT_DISPLAY_ID=U000004&CONTENTS_ID=28486

2013年 3/20日 FCT(福島中央テレビ)ゴジてれChu!で放送されたシリーズ「ふくしまの未来」。震災から2年経過した今もなおインターネット内にはびこる福島への誹謗中傷と戦う、郡山市在住の佐藤順一さんの特集
http://togetter.com/id/Row0916

No title

 除染ボランティアの方の活動については、僕は複雑な気持ちです。除染行為については真面目にやったら28兆円だとか。

 その半分でももっと有効な用途に使った方が、と言う気がします。災害復興住宅に使ったら結構良い物が建てられるんじゃないだろうか?

 事故の規模がチェルノブイリとは圧倒的に違いますからね。チェルノブイリでは除染よりも避難、それもすぐではなくて5年もたってから強制避難をするなど、当時のソ連崩壊に合わせたちぐはぐな対応で大規模な除染活動は意味をなさないくらいの高線量に汚染されてしまったから、広すぎて、村や町を放棄する事ぐらいで放射能を回避するしかなかった。

 さて、20年後にチェルノブイリに来たメアリー・マイシオは「チェルノブイリの森」という本を出しましたが、それを読んで感じたんですが、独特の視点は彼女が法学者であり、生物学者でもあるキャリアからも来ている気がします。生物学でも動植物の生態に非常に興味があるらしくて、特にチェルノブイリの大型哺乳動物の生態に関してよく観察しているんですがそう言う所は実は僕も好きなんです。さらにおびただしい鳥類の数と豊富な種類。

 ここには他のヨーロッパ地域では見られない絶滅危惧種にまでなっている鳥類も非常に多くみられる。
 彼らが生存できるのは多くの餌があるからであり、多くの放射性物質を高濃度に汚染された食べ物を食べているため卵殻にはストロンチウム90が多く含まれて繁殖をしているんだそうです。

 プシヴァルスキー馬と言う野生馬がいるんですけど、この馬は唯一他の馬が家畜化する前に分化したもので、染色体数にも違いがあるんだそうです。家畜化された馬と非常に近縁で繁殖力のある子供を作る事が出来ます。

 他にヨーロッパバイソンについても事故後に導入されたと言うのですが、これはアメリカバイソンと同一種であると最近言われていますが習性が違う。生息地が森林で大平原ではない。

 他にヘラジカ、アカシカ、ノロなどのシカ類と合わせてチェルノブイリは大型哺乳類が非常に多く生息しているヨーロッパ唯一の大自然公園化してしまったの様相を彼女は報告していて概して健康に見えるそうです。捕食動物では姿を見たのはオオカミだけでオオヤマネコはいると言われるけど見た事はないそうです。どちらも人間の手で再導入された物でも無くて豊富な草食獣がいるから集まって来たんだそうです。

 彼女の書き方は決して放射能を平気なわけではなくてむしろ恐がっている普通の欧米人の感覚で現地の消防士が放射能汚染された野生動物の肉を食べたと言う冗談に素直には笑えない感覚らしいようです。

 しかし、間違いなくチェルノブイリには豊かな生物相があり、ヨーロッパでは見られない多様性があると結論付けています。個々の哺乳類の大型動物について放射能の汚染による被害についてはわからない、としか言えないのです。

 1990年代ではキロ当たり66万ベクレルや40万ベクレルのイノシシがいて、体重が50キロもあったら2、300万ベクレルでも生存して
いた事になる。このイノシシを食べたオオカミも似た様な状況でしょう。
 個々の大型動物が不健康じゃなくて健康そうにみえるのは野生下では病気になった動物は肉食動物の餌にすぐになるからです。
 放射能障害になった動物を見つける事は不可能なわけです。

 ただ20年後のチェルノブイリのイノシシには300ベクレルから数万ベクレルとばらつきはあったもののかなり減って来てはいるらしい。今でも数10万ベクレルのキノコ類があるとかでイノシシはキノコが好きだから食べた途端に内部被ばくをするんでしょうけどセシウム131だったら排出されるし体全体の筋肉中に回れば拡散するんでしょう。

 湖や湿地帯についても、保護をしないと7000キュリー(260兆ベクレル)が乾燥化して舞い上がるという危険性があるからそうすると、湖の生物は高い放射能に汚染され魚も当然そうだと思われるけど、ばらつきもあると言う事。それを食べた鳥は移動能力があって世界中にセシウム137やストロンチウムを撒き散らしている事になります。

 福島県全土の汚染されたと言う土を合わせてもチェルノブイリにある、湿地帯や湖、池、沼一つに及ばないでしょうけど向こうはヘドロの中に封じ込めておく。漁業なんてやらないから自然が保てるんでしょう。

 チェルノブイリ行きツァーのお誘いが旅行会社から来るんですけど、内容が豊かな自然めぐりじゃなそうだから当分は僕には行く気にならないでしょうが、ウクライナ、ベラルーシ両国ともそんな事を考えているんじゃないのかと思います。

房総半島にキョンが大繁殖中

 ガキデカと言う漫画に出てくる「八丈島のキョン」が千葉県房総半島に大繁殖しているそうです。知っている人いるだろうか?「八丈島のキョン」ですよ

 あそこも日本シカ、サル、イノシシが増えて食害に悩まされているけど新たに加わった外来動物で天敵がいないから大増殖しているんだそうです。

 天敵を導入するならヒョウなんか良いんじゃないだろうか。イヌだと野犬にならないと役にたたず、野犬の群れは結構害が怖い。オオカミも群れで行動して目に付きやすい。ヒョウだといるかいないか目につかず、人間を襲う事は殆どない。クマより安心ではないかと。ただし、どういうわけかイヌの肉が大好きだから室内犬は用心する必要があると思います。

 八丈島にはいないんだそうです。

No title

>boomboomさん


この手の人は多分、
自分が信用できると思った人の話しか信用しないし、
信用できると思っていたとしても、
自分の意見と異なることを言った時点で「御用だ」になってしまうので
結局のところある種の自閉的思考なんですかね、ハァ(ため息)

見たいものしか見えないし、聞きたいことしか聞こえないのではないかと。

自分としては、
やはり災害によるトラウマとかストレスだとかいう以前に
ベースの人格に問題があるように感じますね。

まあ、のう胞やしこりが癌だと騒ぐなら
あなたの顔のホクロや肝斑も悪性黒色腫だと騒ぐんですか
と突っ込んでみたいところですが。

>GTR110さん
>ガンキャノン教師

そこはやってることのしょぼさも込めて
ガンタンクと・・・ってどうでもいいですね。


>九重の桜さん
>チバレイって、例のアレなチバレイ?
>メロリン太郎一座の看板役者ですよね?しかも実家が福島?

高校時代によくゲーセンでお見かけしましたが、
プテラレンジャーになってテレビに出た時はビックリしましたねー(遠い目)
それにしても、時の流れとは残酷ですなw


>ま、総括やってもいいですが、
>東北の山は使わないでね、忙しいから

ひょっとしてK(ゲフンゲフン)、
お疲れ様です。

↑でた~(笑)

いやあ、お休みだからそろそろ来はる頃だと思てましたわ。(昨夜ケンミンショー見てました。)
今回はピンポン♪ピンポン♪ピンポン♪くらいですかね。


ネコさん、すみません、反応してしまいました。以後気を付けます。


亀レスになりますが観潮楼さん。郡山市ってもともと革新系だったり、公共工事受注の業者間の綱引きが影響しているようで・・・誰がなっても同じかなぁ、という感じです。
投票率も低かったですし、どうしても勝たせたい、と思う側が多く投票しに行ったのかな、と。
ただ、この品川さん・・・あまり気負わないで欲しいです。“いけにえ”とか“世界”とか・・・^^;
昨日は豊田浄水場の再利用のニュースが流れましたが、水害がでているのはもっと低い土地なので、ちょっとどうなのかな、と危惧しております。

あ~↑↑にあった書き込みを一丁削除

しました。白猫さんの書き込みが医師さんのことを指しているようになっちゃいましたが、元々はこれは例の「縦書き師」を指していましたのでご注意。

あのバカの書き込みは必ず、100%抹殺しますので、皆さん絶対に反応しないでくださいね~。まあ忙しくて「瞬殺」はできないことは多いですが、タダの「かまってちゃん」ですから、相手にされなくて「寂死」するまでやりますよ。

(http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-135.html#cm コメント欄「新年度方針」を参照)

お買い物に行こうかな~♪

jun9sato さん
読んでいて
「え?誰がこれ言ってるの?まさかこの人?」
と混乱する「つぶやき」でした(笑)。


IKAさん
>デパートって、屋上遊園地が無くなってから楽しみ半減です。(←当社比による)

もしかして・・・中合にもあったのかな?

>自分がかつて住んでいて

そうなのよね。

親御さんは別の思いがあるかもしれないけど
そして子どもは親の気持ちに寄り添おうとするから
黙っていると思うのだけど・・・

ホントは得意満面で
「修学旅行先は自分が住んでた所だよ!
ここは前にも行ったことがあるんだよ!」

って
お友達に話したいんじゃないかな。

>もしその辺で見っけたら…どうしてくれようか。

アタシにも連絡ちょうだい。


九重の桜さん
>ま、総括やってもいいですが、
>東北の山は使わないでね、忙しいから

御意でございます。・・・ん?忙しい?


福島の隣の県在住さん
>八丈島のキョン

知ってる~(笑)。


安積の白猫さん
・・・なにか来てたんですね?

ガンキャノン・・・って調べちゃいましたよ。
ガンキャノンはガンキャノンでした。

後方支援・・・なのね。わかりました。
いろんな知識がないと読みこなせないなあ(笑)。

やっぱり注視

>なおみさん、安積の白猫さん

もちろん過半数の人が棄権したり、件の赤い党は市議会で極少数なので、それが全てとは言い切れません。
しかし品川氏が訴えた「子本主義」が引っ掛かったんですね。
何かと言えば子供をダシにする反原発カルトが喜ぶような物言いで。
そんな状況で前にリンクした記事を見たので、無視はできませんでした。
おまけに除染の見直しを匂わせる発言も、そっち方面に沿った方向に行くのではと恐れます。
まあ、軌道修正の余地はあるし、本当に暴走しそうになったら市議会最大会派が「不信任攻撃」をするので
最悪の方向はない…と思いたい。

観潮楼さん

一部の市議さんが
握手はしないとか
忘れちゃったけどすっごい厭味を言ったとかいうのを聞いて

「ほほう・・・激しいねえ」

と思っていたのです。

>除染の見直し

どっちの方向に向かって見直すのかな~?

>「不信任攻撃」

与野党伯仲(昔はわかりやすく・・・あったかも)・ねじれ何とか?
実のある戦いをして欲しいですよね。
反対のための反対ではなく。

どっちもどっちとか
あきれられちゃうとか
誰でも一緒でしょとか

そういうのが一番怖いかも。

No title

>福島の医師さん
いや、ショボさでいったらやはり「ボール」ではないかと。
…って、どうでもいいことに反応しすぎ(パート2)。

>信夫山ネコ様
了解です。

>なおみさん
かつて中合は今の辰巳屋ビルではなく、大町にありまして、ロケットタワーとか観覧車とかもう子どもの憧れだった時代があった…ようです(←すいません、私が福島に来た頃にはもう立ち入り禁止になっていて、外から眺めるだけでした)。

>観潮楼さん
郡山はかつて高橋→青木となった時も同じような状況でした。
その意味では「そんなに意外とは思わない」人も多いかと思います。
一応、私が聞き及ぶ範囲では、現職は「議会、県会、経済界」から総スカンだったのですが、その実「某県会議員の後援会」が支持母体になっていますし、「連立政権の支持母体」である宗教団体票も土壇場自主投票になったそうなので、まるっと「市民運動系」の支持で当選したわけでもなさそうです。

当面の議会運営は「オール野党」状態が予想されるので、革新系の支持を取りつけたのでしょうが、ある程度の時間経過で一定数の切り崩しが可能なのでは?と予想しています。
ただ、数的に拮抗した場合、革新系がキャスティングボードを握ってしまう事もあり得るのですが。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ゴールデンウィーク

今は世間一般的には「ゴールデンウィーク」ですね。

私は仕事柄、そういうモノとは縁がないのですが、個人的に休みを申し込んだりして何とか世間の流れには乗っていこう!ってな具合です、はい。

でも実は世間の流れに乗っていないことがしばしばで、今年の「私のゴールデンウィーク」は連休の谷間の30日から2日まででした(笑)。

という事で、それでもあちこち行ってきましたよ。
実家の飯舘を通って相馬方面へツーリング。
仮設に避難している両親を連れての「越代の桜」見物。
茨城方面への、またまたツーリング
と、休みを満喫してました。

しかし、3日とも寒かったですね。
何なのでしょうかねえ、この寒さ。

2013-05-04(00:10) :さん

情報ありがとうございます。

名古屋のショルダー・キーボードの人のツッコミ、いいですね~。

ロシアと中国と北方領土も・・・

ホントのところはどうなんだかわからないと思う。


IKAさん
>ロケットタワーとか観覧車とか

思うんですけど
ビルの上のそのまた観覧車って
すっごく高いですよね・・・(高所恐怖症)。

>まるっと「市民運動系」の支持で当選したわけでもなさそうです

ホントに世界はむずかちいな~。

No title



消すんじゃなくてIPを晒して差し上げたほうが良いと思います。
多分それをお望みでしょうから。

中合の屋上にあったのは・・・

IKAさん、こだわってすみません。(^^:)
えっと・・・、
ロケットタワーじゃなくて、ミサイルタワーだったかと・・・。

まぁ、似たようなもんですが・・・(苦笑)

子どもの頃は、中合に「お出かけ」して、食堂でお子さまランチ食べて、
屋上で10円(だったかな?)で乗れる動物とかの乗り物で遊んで、
ミサイルタワーに登るのが、楽しみでした。
 (年代がわかるけど)


No title

>福太郎さん
今年の大型連休、私は結構近場でお茶濁しています(笑)。
どこへ行っても混みますからね~。
2輪車ですか~。随分乗っていないな~。
この季節はちょっとうらやましす。

>なおみさん
実は私もジェットコースターよりも観覧車の方にスリル感じるタイプだったりして(ナカーマ)。
郡山のJUSCO(当時)にある観覧車に乗った時なんか、ちょっと風があったお陰でもう…。
デカイ観覧車って、高いとこまで行くし時間は長いし…風で揺れた日にはもうどんな絶叫マシンよりもスリル満点この上ない!
風景もなにもあったもんじゃないですね。
(でも、わかっていてもつい乗っちゃう…登りたくなるのは、やっぱり「ナントカと煙は…」って事でしょうか)

世の中わからんちんだらけですが、結局「どうすれば自分が得するか」って事が多いのかもしれませんね。

>ひまわり先生
あ、ロケットじゃなくてミサイルでしたか~。こりゃ失礼しました。(ん?前にも間違えたような気が…)
私の時はもう「大町パルク」だったんで、羨ましげに眺めるだけでした。
実体験はうらやますぃ~。
私は学生の頃、渋谷の東急百貨店の屋上に行くのが好きでした。
あそこも「正しいデパートの屋上」だったんですけどね~。

>憂国戦士さん
打ち消しの文漁業は未だ試験操業ですけど、別に「皆さんも」なんて言われなくても、私は昨年の試験操業で出荷されたタコは早速食べましたよ。

また、特に農産物には触れられていませんが、ついでに言えばコメも福島産、野菜は直売所なんかをよく利用しております。

別に官僚じゃなくても、キチンとした知識と、キチンとした検査と、キチンとした情報開示があれば、どなたが福島に住み、どなたが福島産を食べても問題ないと思っています。(いや、そんなん無くても住めるやん、って人もいるでしょうし、その通りなんですが、余計な不安やストレスを感じない為には、って事です。また、あえて言いますが知識と検査と情報開示があれば放射線が避けて通る、って訳じゃないですよ)

あ、「皆さんも、そうしましょう」って言っていただいてますから、憂国戦士さんも召し上がっていただいているんでしょうね。
ですよね、憂国戦士さん。あなたも「そうしましょう」。


No title

なるほど

KD106169085129.au-net.ne.jp でしたよ

これも○○○○師ですから、削除しておきます。

大型連休も終わり

お休みだった方もお仕事の方も、ご苦労様(?)でした。
今日から通常営業の方が多いとは思いますが、休み慣れた体に社会復帰はちと時間がかかりそう。

私はほとんど近場(福島市近郊)ばっかでしたが、以前に比べると人出は多かったかなぁ、って印象でした。天気が良かったせいもあるんでしょうが。
もっとも、去年までは県外に遊びに行ってたんで、単純に比較は出来ないんですけど。

各種イベントなんかは子どもたちも多く集まっていて、そのはしゃぐ声なんか聞いていると、なんと言いますか、平和だよね~、って思いました。
ネット界隈でも暇にまかせて「あることないこと」書き散らす人をあまり見掛ける事もなく、皆さんもネコさんところに書き込む事も少ないようで…(暫しの休戦状態か?)。
まあ、アッチの方々は、いっそこのままフェードアウトしてくれればいいんですけどね。

みなさんお元気でしたか~♪

IKAさん・ひまわりさん
>中合の屋上にあったのは・・・

私は浅草の松屋にあった
なんとかライダーが大好きでした。
隅田川にぶっ飛んでいくような恐怖。

観覧車はじりじりじわじわ
何よりも怖いと思う・・・。

・・・なんだかわからないけど
福島のタコはおいしかったですよ!私も食べた!
(いいお値段だからちょっとだけネ)

そして直売所ラブです!


GWはのんびりしました~!
遠出は米沢だけ!お肉美味しかった!
直売所・山菜コーナーにかたくり(花つき)が売ってて
どうやって食べるんだろうな~?と考えながら帰ってきました。

一番のニュースはタイヤ交換を自分でしてみました!

汗だくになったので極楽湯に行って
(その前にゲーセンでジャックポットとか言うの当てた!)
そのまま湯上りに居酒屋へ!飲み放題~!

別の日には小さなコミケに若者たちを送った帰りに
グリムでパン買って珈琲もらったり
ツタヤで映画と漫画に浸ったり・・・

普通の生活の拡大版。
それが一番楽しかったです。

あ・日記にしちゃった。ごめんなさい。

No title

連休中のネタ投下

元NHKの堀潤氏が運営する8bitNewsが一部で物議を醸したようです。

http://togetter.com/li/498415

http://togetter.com/li/499106

確かに、ここで問題視されている「福島に来ないでください」って動画、阿修羅で転載されて盛り上がっていましたね。
他にも松田光世(元菅直人代議士の政策秘書)の核爆発デマなんかも配信しています。

松田光世についてはココ↓参照で

http://togetter.com/li/324230

ここ2年で思ったことは「悪貨は良貨を駆逐する」って、経済だけではなく情報にも言えることなんだなぁ、ってことなんですけど。(圧倒的量のデマは、キチンと精査された情報を駆逐する、って感じかな)
堀潤氏はそこを胆に命じてもらいたいですね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

>2013-04-29(17:15) : tateさんのセンスに吹き出してしまいました!

>2013-05-07(17:11) : IKAさん。堀潤さんはコメントをよく見ると結構短気ですね。丸投げしてみたり。歩み寄ろうとは感じ取れませんねぇ…。嫌気がさしてきました。(福島に歩み寄ってるふりして食い物にするなよー)

>2013-05-02(13:06) : GTR110さんのお怒り。分かります。先生方のご苦労はあの日から毎週毎週、一緒に作業していました。ですから鈴木博喜やその他の似た類いの輩は、何故に凍結されないのでしょうかぁねぇ。(しつこい!)相手にしない事が一番!
消えたはずの某ジャーナリストもいつのまにか復活していたり…

>2013-04-27(21:38) : なおみさん わたしもにやにや。うふ。

でもでも花見山も開成山の大盛況ぶりも。ラーメンショーも大盛況でしたね♡
GWは終わってしまいましたが、今週の「みんなで大空を見上げようinふくしま」は福島県の空を飛び回りますから♡ みんなで同じ空を見上げましょう♡
こちらは浜辺から見上げますよっ。


そして未だに、コメント迷子になる事と、皆さんのように皆さんにお返事が書けなくてゴメンナサイ。

No title

http://www.asahi.com/shimen/articles/TKY201305070553.html

プールと同じ・・・またASHだ・・

やっぱり勝手に許可なく土壌を持ち去り

しかも『駐車場』ではなく

駐車場に隣接する植え込み地帯にある

樹木の根元

から採取したという・・・


除染がまだ実施されてない地域で

しかも樹木の根元って・・・あーた。。

言われなくとも市民は高いって解るだろ。


今どき木の根元に寄りかかって

本を読むステキな人なんかいないし。。


報じるなとは言いません。


正確に報じないと再び誤解が生まれる。




No title

元NHKアナウンサー堀潤氏について、新たなまとめができました。

http://togetter.com/li/499172

池田信夫氏(←この人もNHKOBだったよな)、町山さんとのやり取りがまとめられています。
私としては、町山さんのお話がごもっとも、なんですけどね。

堀潤氏の8bitNewsの何がダメかって、本質的にこの人は虚心で臨んでいるんでしょうけど(←これ自体は悪くはないんですが)、クズ情報も信頼できる情報も同じレベルに置いているような気がします。
報道に限らず、どんな商売でもそういった「クズか信頼できるか判断していない」ものを流通にはのせませんよ。
「信頼できる商品」の価値が下がっちゃいますから。
少なくとも「ある程度の選別作業」を経てから流通させるのが普通じゃないですか。
この2年間、真面目に学んでいたなら「選別眼」はできているはずなんですけどね。

おそらく、この8bitNewsは「玉石混淆」を目指しているんだろうけど、失敗するか、デマ屋に迎合して「阿修羅原子力版」みたいになるんじゃないかな。
商品と同じで「価値ある情報の発信者は、クズ情報と一山百文で扱われたくない」はずですからね。
既製メディア…例えば新聞、雑誌の類い…だって、「高級紙(誌)」と「大衆紙(誌)」って住み分けがありますし(←まあ、最近はかなりアヤシイですけどね…笑)。
粗製乱造のクズ情報と苦労を重ねた情報(←信頼できるものほど苦労も多いはず)は、量的にも差が出ちゃいますし。
まさに「悪貨は良貨を駆逐する」って事になると思います。

ついでに、キクマコ先生、戸ヶ沢さんと堀潤氏のやり取り

https://mobile.twitter.com/8bit_HORIJUN/status/327705095796035585

へぇ、武田のオッサンと番組で対談したんですね。
見てないですけど、ナイーブな堀潤氏ですから、いいようにあしらわれたかな~、と勝手に想像。

>福島の浜辺からさん
コメント迷子は私もしょっちゅうです(笑)。
古いエントリになると自分で言ったこと忘れていて、「いいこと言うな~、コイツ」と思ってよく見たら自分だった、なんて事があります。

堀潤氏は真面目なんだけど「ナイーブ」すぎる(ナイーブには本来の意味を含みます)んだろうな、と思います。
たぶん、中継地に前乗りして、スタッフと一緒に街頭インタビュー相手を探したり、ちょっとした資料自分で準備して企画出したりしていたのを「取材」って思ってんだろうな(←あくまでも私の想像ですが)。
武田のオッサンとの対談に際して、吉田豪並に事前取材重ねていたら信用してもいいと思いますが。

>GTR110さん
朝日、またやりましたね~。
しかも進歩が全くない。
記事全文読んでいないんで何とも言えないのですが、マイクロホットスポットをさして「その周辺の線量が以上に高い」ってロジック、いい加減無理があるって気付けよ、って思いますね。
単にアッチの人達への燃料投下なのかもしれませんね。

ニュースってなんだろう?(菅原文太あたりに言わせてね)

福島の浜辺から さん
>今週の「みんなで大空を見上げようinふくしま」は福島県の空を飛び回りますから♡ みんなで同じ空を見上げましょう♡

こんなのがあるんですね!
ようし!おいら空を見上げるのは大好きだ!


GTR110さん
>報じるなとは言いません。
>正確に報じないと再び誤解が生まれる。

そのとおり!
なんでわざわざ高い数値が出るところを狙うのだ?

いつまでもおかしなことしてるな~。
わかっててやってるの?
いいかげん怒るよ?

>今どき木の根元に寄りかかって
>本を読むステキな人なんかいないし。。

今度・私がおとりになってみますね
(みるからに怪しくて・誰も寄ってこないかも・・・)。


IKAさん
>この8bitNewsは「玉石混淆」を目指しているんだろうけど

それはやる価値のあることなのかな~(反語)。

>古いエントリになると自分で言ったこと忘れていて、「いいこと言うな~、コイツ」と思ってよく見たら自分だった、なんて事があります。

あはははははは!

100万人に1人

良く言われる表題の数字ですが、確かに見た覚えがあるんです。これは鈴木先生が最初かもしれないけどそもそもあんまり意味がないんじゃないのかと思ったりもしますね。

 しかしですよ。2011年では日本全国で甲状腺がんで1637人が死亡しているんです。患者数は200人に一人(片瀬さんのブログによれば0.49%)だと一億人が成人だとすれば50万人もいる。ところが「ここで検診対象者の年齢層での甲状腺がんの発生率は年間100万人に1人ぐらいだそうです。」と言う年齢層だけど福島県の対象年齢47,766人じゃ普通だったら絶対に1人もいないよ。と言う事が前提になりかねない。
日本全体の対象人口だと10代は2500万人。100万人に一人だと25人は甲状腺がんであっても不思議じゃない。仮にそうだとしても2000年以降の12年間は死亡者が5人です。1年に一人も死んでいないんです。恐らく有病率、罹患率の10代のデータはなかったけど今回初めてデータを取れるわけだから以前と比較しようがない。

 そこでまず「多発」なんて言えるんだろうか?と思います。そして100万人に1人とは?
そう言う言う書き出しで始まるのを見た記憶があるから改めて調べてみると意外に少なくて、ああ!既に2カ月以上前に疑問に思った方が、斗ヶ沢氏が、この数字、誰か知っていますかと投げかけていて、結局なかった様です。でも2月中に言っているけど、件の記者は知っていたのだろうか。多分ないんじゃないかな。
 http://togetter.com/li/462084
斗ヶ沢氏も対象年齢18才以下でも10万人に1人位で無いだろうかと言っているけど100万人に1人であっても10代では殆ど死なない病気に変りはないんでしょう。
 
 死亡者数1637人の93%が60代以上ですよ。その割合は50年間で急激に増えています。40才過ぎると少しずつ増えるけど100人台を超すのは60代以降ですね。
ですから、
 自分の子供が60歳過ぎてから甲状腺がんで死ぬ心配というのがちょっとおかしいんじゃないの?
 それに3分の1は死んだら(フィンランドの剖検、片瀬さんブログ)甲状腺がんがあったと言う話だから甲状腺がんではあんまり死なないんだなと思うしヨード131による内部被ばくは期間も量もチェルノブイリよりも桁違いに少ない被ばく量で終わっているし、この段階で総合的に見たら福島で多発などとは言えない。

 でも本当に100万人に一人はともかく、10万人に1人位だとしてもなんで医師がデータ公開を拒否するのを不当というのか?当事者にはちゃんと届くんだから、鈴木麻紀子さんも不満なら自分でかかった医師の指導に従って行動すれば良い。セカンドオピニオンで不安なら3回、4回と検査を受けさせても、と思うけど子供はどうなんだろう?自分の精神安定剤の処方を頼むのも必要かも知れない。いや、マジで思いますよ。

 確かに子供だと殆ど死亡する事がない様だけど、つまり全体的にみると高齢者の死亡が非常に多い。そして絶対数は、まあ非常に少ないですよ。甲状腺ガンになっても他の原因で死んじゃうケースも高齢になるほど多いのかもしれません。

 紹介された片瀬さんのブログをみると、(成人)平均でみると10万人に7人が罹患率だとか、
 しかし調べると、成人では200人に1人が有病率、つまり50万人とは意外に今度は多すぎる気がします。福島県の成人は何人だろう?仮に200万人だとしたら1万人がもともと甲状腺ガンを持っているの?年齢層でかなり違う事も考えられるんだろうな。

 もうこの段階で100万人に1人だなんて調べるのもアホクサになっていたけど

 しかし、この問題は他県の調査で福島と同じ傾向だったと言う事で決着そのものはついていたんじゃなかったのか?

 死亡者の93%が60代以上で、福島のお母さんがわが子が60歳過ぎて甲状腺ガンにかかって死ぬのを恐れるより、そんな事はないだろうと、喫煙習慣、飲酒習慣の排除、バランスのとれた食事習慣等を出来るだけ身に着けさせた方がずっと良いと思うけど、どうなんだろう

 1637人というのはガン情報サービスとか言うところに出ていた数字で誰でも全情報をダウンロードできます。人口統計データの主因死亡者データと言う別なデータとも符合します。片瀬さんのブログ中にありますよ。

 100万人に1人と言うのも、それを揚げ足取りに使えば3万人だけでも3人が見つかったら「多発」だと思わせるでしょう。これは異常だとすぐに思う人は非常に多いはず。100倍もリスクが上がったと思うかもしれません。

 でも成人1万人に1人が只今病気中だと言う数字
日本全体で7万人に1人が甲状腺がんで死ぬと言うのは?(1/1637人/1億3千万人)
 恐らく70代80代で検診などなしでストレートに直行される人の割合が多いと思われます。日本全国でも85歳以上が470人で増えています。喉の調子がおかしいと言いながらもう他のガンのために死んじゃう人も多いとかあるんじゃないだろうかですよ。

 しかしながら、若い年代では劇的に下がっているんですよ。(全体死亡者数は上昇)
  これは全てのガンに見られる傾向で理由は医学の進歩だと僕は思います。
 つまり長寿になってガンで死ぬ人が増えたと言う事です。肺がんについてはそこらへんも修正して喫煙によるリスクを算出するんでしょう、さらにコホート研究もやれる期間も数の多さもありますけど、甲状腺ガンは絶対数が千数百人。これから増えるにはより長寿社会になる必要があるのではと思います。

 僕は甲状腺を調べた経験はないんです。触診ではあるのかもしれないですけど、やはり肺や胃や大腸の検診を徹底的に全国民が30代になったらやれるような医療体制を作るべきかも知れない。福島県ではそれと子供の甲状腺検診を数年続けるのは別な意味があると思います。でも乳児や1歳児では意味があるんでしょうか。

亡国新聞糞朝日

まあ「重箱の隅」ですね。
本田某も日野某も、もはや『堀潤化』している。
堀のしゃべり方がNHKのくせに民放臭くてイラッときていたので、
現状を見るに「うん、順当だね」としか。

右方面で『○○を永遠に黙らせる本』という本がでているのですが、
『反原発カルトを永遠に黙らせる本』も必要だなあ。
銭金の問題じゃなく国家の危機だから。

No title

堀潤と山本太郎、それに鈴木ピロキは、キモチの悪いナイーブなところが共通してるよね。このキモチ悪さは、北朝鮮のマスゲームの映像を見た時に感じるキモチ悪さに共通してると思いますが。

他のB層系放射脳にも、キモチの悪いナイーブさは底通してると思います。




ホリジュン画像

http://t.co/ATKtJRrzSA
去年の画像なんですが、なんとなく予想できた現象と思います。

No title

2013-05-08(02:14) : : さん

御意です。

福島県海岸方面、千葉由○ さとう葉○ですか。「発症してもらいたい」「発症してもらわないと困る」ってやつ、他にも似たような事を聞いたことあるって人がいましたよ。

お花畑

山本太郎や堀潤って、大江健三郎、落合恵子、坂本龍一らとどこかしらかぶるものがあるように思えます。

元になるものは純粋なところから出ているのかもしれませんが、世間の実態がみえておらず、自らの理想のための言動が他者を傷つけていることに気が付かない、あるいは他者を傷つけても理想のためには許されると思っているふしがあるように私には見えます。

まあ、大江健三郎と堀潤じゃあ、イデオロギー浸透度の程度も違うし、情報の発信力にも大きな差があるので同列に論じるつもりはありません。
ある種「お花畑」的なイメージが被るというだけなんですが。

No title

>観潮楼さん
>「うん、順当だね」

確かに、おっしゃる通りですね。
この際、本田シビックも日野レンジャーも、独立して影響力の欠片もなくなりゃいいんですけど。でも、あそこは会社ぐるみですからねぇ。(ん?ということは、NHK報道部は比較的まともな方って事になりますか…少なくとも堀潤氏がいらんなかった程度には)

>千貫森の宇宙人さん
きっと堀潤氏も澄んだ目をしてるんでしょう(目が細くてようけわからんですが)。

>笹団子さん
ああ~、なるほど。そういやこんなことありましたね~。
池田信夫センセが「第二の上杉」(みたいなこと)って言ってたのもあながち考えすぎでもないんでしょう(ってか、そのまんまですが)。
8bitNews、オワコンですね。(←いや、今さら言わんでもわかってましたけど)

>GTR110さん
やっぱり「側溝」計ってましたね~。
まあ、福島の人は、こういったデータ出せばキチンと判断できるので、朝日の記事は単なるデマ屋向け燃料投下にしかなってないでしょう。
にしても…あんな煽り記事を「地方版」に載せて意味あるのか疑問ですね。福島の人はあんなショボい話じゃもう騙されないでしょうに。(福島人のリテラシー舐めとんのか、って思います)
まあ、ネットである程度広まりはしますが。

個人的には、ああいった「ホットスポット探し」自体は否定しないです。特に「面的除染」以後はウエザリング効果で出来たホットスポットを探して、そこを定期的に除染すれば、相対的に周辺の線量が下がるんじゃないかな、って考えています。

ただ、たとえ地方版でも「報道する価値は無いよな~」って思いますけど。(あ、今日の民報では一応後追い記事出してましたけど…ま、ベタ記事だからいいか)

>ovalさん
「お花畑」的な共通点、わかります。
目の澄んだ人達、ってくくりでもいいかもしれませんね。

側溝(苦笑)

お久しぶりです。
JA新ふくしまサン、福島生協連サン、福島大の共同プロジェクトの土壌調査に参加し、
福島市内、駅から西へ2kmくらいの水田地帯で3日調査に加わって、帰って参りました。
飯坂温泉で骨休めもでき、市内の某焼鳥屋さんで、たらふく焼鳥を食べ、
心残りは、「空を見上げよう」のプロジェクトを目撃できなかったことくらい。
いやぁ、お世話になりましたm(__)m。

さて、図書館の駐車場でのスポット的な値の跳ね上がりのニュース、遠く三重でも拝見しました。
写真を見て、あれ?ここ見たことあるぞ(^^;;、となりまして。というのは、夜の交流会、この駐車場の真ん前のビル前が集合場所でしたもので(県生協連の事務所が向かいのビルに入居しているため)。
知らないとはいえ、ちかづいてたんだな…、と。

こうして、局所的な吹き溜まりを拭っていくことが、生活の上での安心感につながっていく、とのお考えに賛成です。
時間当たり数値x滞在時間の値は、本当にたかが知れている、とはわかっていても、私のような「数値が全て!」の合理主義者でも、心がざわつくのは偽らざるところですので。

しかし、
この種の「チャンピオンデータ」が独り歩きしてしまって、全体の印象に影響してしまうこと
また、局所に注目が集まるあまり、本来きを付けないといけないはずの、滞在時間が長い場所がおざなりになること、
を恐れるところです。

奇しくも、JAの方が言っておられたことですが、
一般的な人がどのような買い方をするかまで考察して、放射性物質残留量を管理しないといけない、という話に似ている気がします。
(曰く、野菜は一定の産地のものを買い続けることはほとんどないが、白米はほぼ一定の産地のものを買い続ける傾向がある。この観点でも、稲を優先しないといけないのです、と)

とりとめないお話になりまして、申し訳ありません。


No title

割と比較しやすい論文見つけました。

Assessment of Internal Exposure Doses in Fukushima by a Whole Body Counter Within One Month after the Nuclear Power Plant Accident
http://www.rrjournal.org/doi/abs/10.1667/RR3232.1
In Nagasaki, approximately 1,200 km away from Fukushima, the internal radioactivity in evacuees and short-term visitors to Fukushima has been measured by a whole body counter (WBC) since March 15, 2011. A horizontal bed-type scanning WBC equipped with two NaI(Tl) scintillation detectors was used for 173 people who stayed in the Fukushima prefecture between March 11 and April 10, 2011.
The average length of stay was 4.8 days.
~~~~~~~~~~~~~~~~~~
The maximum committed effective dose and thyroid equivalent dose were 1 mSv and 20 mSv, respectively.
最大預託実効線量と甲状腺等価線量、1mSvと20mSv。

Thyroid Dose Estimates for a Cohort of Belarusian Children Exposed to Radiation from the Chernobyl Accident
http://www.rrjournal.org/doi/abs/10.1667/RR3153.1
The thyroid doses from 131I intakes varied from 0.5 mGy to almost 33 Gy ;
the mean was estimated to be 0.58 Gy , while the median was 0.23 Gy .
甲状腺等価線量は0.5~33Gy。中央値0.23Gyで平均は0.58Gy。

またしてもGoogle先生のお世話になってしまいました。

No title

何度も申し上げますが

福島人が欲しいのは

事実よりも約束と結果だと思っています。


「事実がすべて正しいとは言えない」

なんてヤボなことは言いません。

未曾有の事実を理解するには

広い勉強と多くの実戦・・

・・・そして現場に居る事が必要。


約束と結果は

現場にさえいれば誰にでもわかる。



マイクロホットスポットを探すというのなら

「低い」と思っている地域の目を覚まさせる事の方が

二年目となった現在では大きな意義となる。


「高い」と言わせるサーベイが彼らの仕事なら

「低くする為の手がかり」を探し

約束と結果を出すサーベイが私の仕事です。

後追い記事

大半がベタ記事。中でもここが秀逸。
http://www.minyu-net.com/news/news/0509/news6.html
「こんなんで騒ぐなよ、バーカw」の度合いが一番強かった。

>IKAさん
後追い記事の中でも一番面積が大きかったのは案の定
http://mainichi.jp/area/fukushima/news/20130509ddlk07040078000c.html
援護射撃ですね、わかります(棒)。

特集ドラマ「ラジオ」全国で再放送!

宮城県女川町に実在する「女川さいがいFM」から生まれたドラマ「ラジオ」がついに全国でも再放送されることになりました。 日時は以下のとおりです。

総合 6月2日(日) 午後4時15分~5時30分
http://www.nhk.or.jp/program/onagawa-drama/

風評加害メディアの教訓

堀潤氏の8Bitニュースの一件について、私もいろいろ思うことがあり、次の文章を書きました。

「風評加害メディアの教訓」
http://ameblo.jp/manachan2150/entry-11527395427.html


いかに設立趣旨が立派で、運営者が理想に燃えていたとしても、結局、「情報の質・信頼性」が、メディアの成否を決めるのだと思います。

堀潤氏が、自由投稿型の市民メディアという、極めてリスクの高いビジネスモデルの枠内で、情報の質・信頼性を担保できる仕組みを構築できればいいんだけど、

彼に、それができるとは思えないので、8Bitニュースはたぶん、みっともないかたちで、自滅するのだと思います。

No title

えと、昨日から奥菜秀次著「アメリカ陰謀論の真相」(文芸社刊)をチビチビと読んでいるんですけど、面白いです、これ。

まあ、タイトル通り「アメリカでまことしやかに流されたいる陰謀論…真珠湾攻撃をアメリカは知っていたけど世論を参戦に誘導したくて放っておいた説、911陰謀論、タイタニックすり替え説」なんかを批判的かつ詳しく解説してくれています。(特にJFK暗殺はオリバー・ストーンの映画を観たばかりだったんで、特によかった…あのジム・ギャリソンが実は○○だったなんて…)

この本、震災直後に出たもので、またテーマが「アメリカ陰謀論」なんで直接福島デマには関係ない(と言っても、「戦争の背後には巨大資本家の陰謀があるんだよ」説の項目で、広瀬隆の批判をしています。この人のやりくちがよくわかる)ですが、古今東西、陰謀論を展開する人のヤリクチは変わらないようで、参考になります。(これも同じだ、ここも当てはまる、って事がイッパイありますよ)

例えば、事件後「雨後の筍(by六甲の黒猫さん)」のごとく出てくる「目撃者、証人」って「病的なウソツキ」「小銭目当てのウソツキ」が多くて、また、「過ちが証明されても、陰謀論者はあとには引けず、訂正せず、スルーする」なんて、まんま「反福島」デマ屋そのものです。

参考になりますよ。

>デルタさん
ご苦労様です。
実際「住んでいる人の視線」で見ると、「マイクロホットスポット」って「そんくらいあるでしょ」位の感覚を持っている人が多いように思います。(不安を感じる人もいるでしょうけど…割合としては少ないかなぁ)

ただ、「自分の周辺の状況を把握する」とか「行政とは別に自分でできることをする」って意味では、市民サイドで計測→ホットスポットの把握→通報→処理、って事もそう悪くはないと思うんですよね。
(ただ、あれだけ普及したガイガーカウンタ、もう使ってない人が多いんじゃないかなぁ。それを無駄にしない、って意味もあるかも)

それと、せっかく「自然が集めてくれた放射線物質なんだから、上手に処理に生かしましょう」って事も考えました。

さらに、そういった活動を通して「町がきれいになる」って効果も期待できますし(笑)。

>GTR110さん
>約束と結果
>「低い」と思っている地域の目を覚まさせる事の方が…重要

とても重い言葉で、とても大切な事だと私も思います。
「自分達は放射線量が低いから」って人達に科学的知識を持ってもらえば一番いいんですけど…。
せめて、「自分達が望む数字を探す」人達(もうこういう人達をどうしていいかわかりません)と、「自分達が置かれた状況を数字として把握する」人達の違いは理解してほしいですね。

>観潮楼さん
民友はいい仕事しましたね~。
まあ、毎日は今回ガンキャノンした、って事で(笑)。

>Manachan@柏さん
ブログエントリの立ち上げ、ご苦労様です。
もう上杉隆は「陰謀論者」と言ってもいい位ですね。
最初に述べた「陰謀論者業界」の方々と同じ行動様式(都合の悪い情報は無視するところなんかそのまんま)ですよ。堀潤氏もかなりヤバイ。
陰謀論って「他愛のない真相」が広がるとおまんまの食い上げになるから、必死こいて論を展開するんですけど、堀潤氏、ツイッターでのキレ方見ると、その片鱗が見えちゃってるような気が…。

キーワードは3つ

ナイーブで・お花畑で・目が澄んでる・かあ・・・(遠い目)。


デルタさん
お世話になりました(ぺこり)。

>「チャンピオンデータ」

へえ。またひとつ言葉を覚えました(かっこいいのでいつか遣おう)。

>白米はほぼ一定の産地のものを買い続ける傾向がある。

ああ。言われてみるとそうかも・・・。
たまたまさっき、予約登録米の記入をしていて
いろいろ食べてみるかなあ・・・なんて考えていたところ。

私はどこそこのお米ってこだわりがないのですが
こちらのみなさんの「この米はうまい!」なんて話を
脳みそが少し記憶してたみたい。

そんなことでもなければ確かに
なんとなく・・・同じお米を食べ続けていますね。


GTR110 さん
>「低い」と思っている地域の目を覚まさせる事の方が
>二年目となった現在では大きな意義となる。


それは・・・
「低い」から除染はお断りします
という方が多いということ???

お仕事が進んでないの?


IKAさん
>「病的なウソツキ」「小銭目当てのウソツキ」

ムキーッ!腹立つう!!

あの・・・
借り上げ住宅を「待機所」にしちゃった事件があったでしょう。

避難だ!避難だ!保養だ~!って流行った時に
いち早く物件をおさえて
(本当に避難の必要があった人たちが困ったのに)
別荘代りに使ってるのよ~なんて自慢げに話してたお母さん方は
もうそんなことしてませんよね(ぎろり)。

この関係者たちは「詐欺容疑」として逮捕されたんです。

そういうことしてたおかあさんたち
最近はむっつり黙っちゃって・・・。
スルーするの?あれはなかったこと?

ずるいなあ。


今日腹立ってること!
多分一日遅れの立腹です(5/9の朝日)。

>県立図書館・美術館の駐車場では8日朝から、
>館員ら10人ほどが強風の中、
>たけぼうきなどで汚染土を掃き集めていたが、

大変でしたね。

危ない危ないと騒がれたので
「心配させてはいけない」と
職員さん方ができる範囲のことを
すぐにやろうと動いてくださったのだと思います。

「それは自分の仕事じゃないから」なんて言わずに。
それなのに・・・

>現場にいた朝日新聞記者が被曝の危険性を指摘したため一時中断した。

はあ!?
鼻くそほじりながらか???
「危険性を指摘」だと?
近くで「監督・監視」だけなさってたんか?

自分は竹箒ももたずに???
なんの手伝いもせずに?

>図書館に寄ると除染用手袋をし、
>水をまいて午後から再会したという。

「という」ってアンタ・・・。
騒ぐだけ騒いでいちゃもんつけて帰ったんか~い!!!
伝聞か!


「官民協力して町をきれいにしていきましょう」

賛成です。素晴らしいことです。異論はありません。

でも自分は落ち葉掃きのひとつもしないで
うで組して数値だけ書き込んで

「ほら!ここが汚い!あそこも汚い!」
「いつまでたっても福島君はダメな子だ!」

って腕組みしてアラ捜しばっかりされるみたいに感じる。

それは
誰に注意されたか・教えてもらったか
で受け止め方が違うんだと思う。

これまでいいかげんなことばっかりしてて
アヤシイ団体とお金でつながってたような市民団体とか
いいかげんな「物語」ばっかり報道してくれた新聞とか

そういった人たちが
何か言っても

「また嫌がらせで騒いでる」

くらいにしか思えないな。


偉そうにしてないで
おまえら箒もってこいよ。

人の心は

10日間滞在していた東京のおばさん(84歳・オシャレ・超マイペース)が先ほど機嫌よくお帰りになりました。。。

        はああああ~~~~~

ちょっと、珈琲を飲んで…。 つ旦

この10日間、ほんっとに、「人の心の難しさ」について考えましたとも!!

人間、理屈より、感情なんですよねー。

自分の判断基準は自分の中にあるから、自分自身が基準なんですよねー。

ともすればキレそうになるばあちゃんをなだめ、疲れ果てているじいちゃんをかばい、何かあったらそのときはちゃんとしてやろうと思いつつ。

それでもなお、説得しなくちゃならないところは、言い方を考え考え…。

歳を取るにつれ、今まで苦労して身につけたことが剥がれ落ちていって、「素」の自分になっていってしまうんだなあ、と改めて実感。

ばあちゃんによく言うのですが、歳を取っていって考えることは変わっても・覚えていたことは忘れても、性格は変わらないと思うんです。

ホント
84歳より若くても「性格」がアレな人はアレですし
84歳より若くても自分の頭で考えない人はいるものですし
84歳より若くても自分が今何をやってしまっているのか

☆☆☆ ワケワカラン人がいるけれど ☆☆☆

でも、もっとずっとたくさんの常識的な人がいます。(はぁと♪)

さっき、久々にゆったりと「ほぼ日」をながめたら、糸井重里さんの言葉が。

http://www.1101.com/home.html

ははあ…この言葉に怒る方も…って、いやはや…。

人の心は難しいですなあ… (吐息)

だから、ずっと、ずっと、地味に、地道に。



でも、今日だけ、ちょと、やすも。。。



北の国からさん

>10日間滞在していた東京のおばさん(84歳・オシャレ・超マイペース)が先ほど機嫌よくお帰りになりました。。。

いいことをなさいましたね。
またひとつ徳を積みなさった。
花咲き山に花が咲きましたよ。

いいお話みたいなんで
私もお茶もってきましたよ。

>人間、理屈より、感情なんですよねー。

うんうん。私なんかそればっかりです。

糸井さんの言葉に怒る方もいるんだ~・・・。

(震災後・糸井さんはスコップ団をずいぶん助けてくださって
それで私は彼が思うことを知ったのです。
それ以来いい男だなあと・・・奥様も素敵だし)

人間いろいろだね・・・。

「理屈」を説くエネルギーもないので
めんどくさい人とは付き合わない。
そうやって自分の「感情」をできるだけ守って行こうと思います。

嫌でも付き合わなきゃいけない場合は・・・
自分の中にしっかり境界線を引く。

感情的に巻き込まれてしまって
その人のことを考えるだけで時間を遣ってしまわないように。

そうは言っても・・・なかなか難しいです。

国民栄誉賞モノ

よしっ、休んだぞ!

というわけで

ここで早野先生の業績が紹介されています。

http://d.hatena.ne.jp/wlj-Friday/20130510/1368157792#c

>福島で次々とプロジェクトを立ち上げた早野は「ずっとだれかもっと専門性のある人が出てきて引き継いでくれると思っていたんですがね」と言う。


…すんません、なんか、すんません…と思っている専門家の方はいかほどいらっしゃるのか…?

まさに国民栄誉賞モノだと思っております。

なおみさんへ・・

<それは・・・
「低い」から除染はお断りします
という方が多いということ???

お仕事が進んでないの?




違うのですよ・・なおみさん。。。


私の場合

特殊な除染や処理ばかりなので

外部からの弊害で仕事が進まないことは殆どありません。


二年前の線量マップと

現在の線量マップとでは違う・・

・・ということです。。



それは

航空モニタリングや

自動車走行モニタリングでは

全体の変動しか解りません。。



『低い』と思われている地区で

ASHみたいな事をヤラれると

『高い』と言われている地区はもっと高いと思われます。


奴らの思うつぼですね。。

No title

あ!なおみさんとすれ違っちゃった!

すれ違っただけでも嬉しいのに、花咲き山に花も咲かせていただいて…♪

花咲き山に~どくだみの花が咲いたよおお~♪

あ、ドライフラワーだった!

ども失礼しましたー!

北の国からさん再び

え!?
もう休んだの(動揺)!?

早野先生ありがとうございます。
協力・支援してくださった方々にも。

他に何も言えません。

あわわわわわ!君の名は?

・・・ばりのすれ違いっぷりだあ!


GTR110さん
>『低い』と思われている地区で
>ASHみたいな事をヤラれると
>『高い』と言われている地区はもっと高いと思われます。

んんなっるほどおお!
ありがとうございました(ぺこり)。

私・専門家に失望したこともあったけど
やっぱりどんなことでも
「本当の専門家」には敵わないと思っているんです。

餅は餅屋。

GTR110さんのような「その道のプロ」を差し置いて
「ナニさらしとんじゃボケえ!」
みたいな怒りが湧いてくるですよ。
ああいう勘違いのドヤ顔をみせられると。

やめて欲しい。
正義ぶって余計なお節介。

ずうううっとやってることは変わらないですよね。
ああいう人たちってば。


北の国からさん
>花咲き山に~どくだみの花が咲いたよおお~♪
>あ、ドライフラワーだった!

ぶははははは!

今日ね庭に可憐なお花が咲いてたの。
どうしても名前が知りたくて
詳しそうな方に尋ねたの。

そうしたらね・・・なんと毒草でした(笑)!

なんでも口に入れてみる癖があるので(最近は自重してます)
事実が判明してよかったです(キリッ)。

ちなみにムラサキケマンという花でした。

No title

 17.5兆円というのが日本の電気事業の売上合計なんだそうですが、火力燃料の輸出による料金、3.8兆円が2013年度増加分だそうです。

 本当なのかと思ってしまうけど、これは原価に相当するものです。これでは電力会社で原発に依存度が高い関西電力や九州電力が経営が苦しくなるのは当たり前ですよ。大赤字になるのも当たり前です。

 どう考えても原子力の方が特別に原価に付加してもかなり安いのは当たり前です。
 最近、大島堅一と言う人の原発のコストに関する本をよみましたけど最初の1ページで放り出したくなりましたよ。
 要するに放射能は少しであっても害があって国民はいくら微量の放射能でも大被害を受ける。

 それに使うコストを加算したら今でも火力の方が安いと言う事らしいけど、じゃあフランスの電気料金が安いのは何故かを全く説明できないし、再生可能エネルギーについては無限の可能性があって、ドイツは既にそちらに舵を切った、我々日本国民もそうするべきだ。

 と、言うけど、衆議院選挙で国民はそういうのはイヤだと判断したんですよ。国から援助を受けても高い設備費を払えないという庶民の方が圧倒的に多かったわけです。

 フランスよりドイツの方が電気代は高い。しかしドイツは質が悪くても石炭は豊富です。全原発を停止しても安い石炭がありますから輸入で悲鳴を上げる日本とは違います。そのドイツにしてまだ10%の原子力発電を残しているんですよ。

 結局殆ど読まなかったけど後世に残すものとして武田本と同じ扱いにします。
 直線閾値なし仮説について、まず条件付なしに前提としたら1ミリの被ばくでも2000人に1人は余計にガンで死ぬだなんて日常的に観察したら証明不可能だからデタラメであると言われても文句は言えない。いくらICRPが言おうが証明もされていない仮説を前提にデタラメなコスト計算をやるのは悪質だと思いますよ。

 今中哲二さんは読みかけだけど平易な文章で、LNТ仮説を支持した方が良いと幾分推定を前提にしているようです。少し違う様です。

No title

 17.5兆円というのが日本の電気事業の売上合計なんだそうですが、火力燃料の輸出による料金、3.8兆円が2013年度増加分だそうです。

 本当なのかと思ってしまうけど、これは原価に相当するものです。これでは電力会社で原発に依存度が高い関西電力や九州電力が経営が苦しくなるのは当たり前ですよ。大赤字になるのも当たり前です。

 どう考えても原子力の方が特別に原価に付加してもかなり安いと思います。
 最近、大島堅一と言う人の原発のコストに関する本をよみましたけど最初の1ページで放り出したくなりましたよ。
 要するに放射能は少しであっても害があって国民はいくら微量の放射能でも大被害を受ける。

 それに使うコストを加算したら今でも火力の方が安いと言う事らしいけど、じゃあフランスの電気料金が安いのは何故かを全く説明できないし、再生可能エネルギーについては無限の可能性があって、ドイツは既にそちらに舵を切った、我々日本国民もそうするべきだ。

 と、言うけど、衆議院選挙で国民はそういうのはイヤだと判断したんですよ。国から援助を受けても高い設備費を払えないという庶民の方が圧倒的に多かったわけです。

 フランスよりドイツの方が電気代は高い。しかしドイツは質が悪くても石炭は豊富です。全原発を停止しても安い石炭がありますから輸入で悲鳴を上げる日本とは違います。そのドイツにしてまだ10%の原子力発電を残しているんですよ。

 結局殆ど読まなかったけど後世に残すものとして武田本と同じ扱いにします。
 直線閾値なし仮説について、まず条件付なしに前提としたら1ミリの被ばくでも2000人に1人は余計にガンで死ぬだなんて日常的に観察したら証明不可能だからデタラメであると言われても文句は言えない。いくらICRPが言おうが証明もされていない仮説を前提にデタラメなコスト計算をやるのは悪質だと思いますよ。

 今中哲二さんは読みかけだけど平易な文章で、LNТ仮説を支持した方が良いと幾分推定を前提にしているようです。少し違う様です。

No title

>北の国からさん
お疲れになったでしょう、ご苦労様…って、はやっ、回復はやっ。

早野先生の記事和訳、こんな経緯があったようです。

http://togetter.com/li/500596

早野先生、本当は自分の研究したいでしょうに…。
本当にありがとうございます。
なにか恩返しがしたいですよ。
おっちゃん、お金持ちやったらリニアコライダーのひとつやふたつ、買うてやるのになぁ。
早野先生、なにか出来ることがあったら言ってください。心ある福島県民はいつでも協力を惜しまないはずです!



えと、話題変わって。

順一さん周辺がまーた騒がしいようですが…。

しょの1
vs日本翼
http://togetter.com/li/500346

英雄橋と裁判やって、どうなったのか知らないのか?日本翼は。

と思ったら、英雄橋本人も裁判やってどうなったのかわかっていなかったの巻

しょの2
vs英雄橋(round2?)
http://togetter.com/li/500770

もう、救いようがないですね~。
前コメントで紹介した「アメリカ陰謀論の真相」に出てくる「ウソツキ目撃者」達って「裁判などで宣誓供述させる」と、とたんに「今までの話はウソでした」って認める傾向が強いみたいだけど(偽証罪に問われるため)、英雄橋はそれ以下だな~。
自分で墓穴掘りまくり。

でもねぇ、順一さんも好きで裁判やった訳じゃないから。
いい加減放ってあげてほしいなぁ。
大好きなゲームをこころおきなくやらせてあげようよ。



>なおみさん
「知らない野草、見たことのない野草を口にするのは止めましょう」(by岡本信人)

No title

石井孝明さんによる、英雄橋センセイ周辺の取材記事。
http://agora-web.jp/archives/1534283.html

群馬の、地元の人たちも苦労しているようですね。

昨夜の

私のライブ@表参道に、早野先生がお越しくださいました。
日頃の感謝をこめて、精一杯演奏させていただきました。
(これくらいしかできることないもんねー)

考えてみると、震災後お世話になってる人に音楽やる人多いなあ。
早野さんは「スズキメソード」伝説の「テン・チルドレン」の一角を占めるバイオリニストです。
この騒ぎにケリがついたら、みんなで大音楽会やりたいなあ。
早野さんのバイオリンにkikumacoさんのギター&テルミン、例の論文の著者の一人・宮崎さんはフルーティスト。
ZABADAKのKoKoさんにボーカルやってもらって。
もちろんひまわりさんはピアノ、仁さんにもドイツから駆け付けていただきましょう(飛行機代は…応相談)。

ああ、叩きモノがいないなあ。
タイコ・タンバリン・カスタネット・トライアングル・手拍子等々、参加ご希望の方は早めにエントリーください。

No title

子供の頃の早野先生発見。
http://fine.ap.teacup.com/otayori/145.html

あーやっちゃった

ついさっきRFC『大和田新のラジオ長屋』に堀潤が電話生出演…。
しかも「ロサンゼルスにいた時にデマ除染しました」的発言を。
媒体に応じて発言変えてる?
ちゃっかり8ビットニュースも宣伝。
大和田アナの問題意識は元々ズレがあったけど、
堀なんかに引っ掛かるのは、やっぱりダメオヤジなんだなーと呆れるしかない。

リニアコライダーってなんだろう?

小さな縦笛かな~?
それなら私に買えるかも?かたかたかた・・・。
リとコとダとーしかあってなかった(しょぼん)。

気を取り直して・・・
何か私でお役に立てることがあれば・・・といつも思っています!

>順一さん周辺がまーた騒がしいようですが…。

お相手の方々は
自分のお仕事を無くすほど追い詰められないと
やっちゃいけないことがわからないのかも。


やぁどさん
>早野さんは「スズキメソード」伝説の「テン・チルドレン」の一角を占めるバイオリニストです。

へえ!そうなんですか!だったら・・・。

>ZABADAKのKoKoさん

へええ!そうなんですか!?

コメント欄のみなさんも控えめにしていらっしゃるだけで
もっともっとメンバーが集まりそうですね!

私はね~観客~♪
のみもの・食べ物もあるといいな~♪
あ!ちゃんと聴いてますからお構いなく!!


さっき
福島の女子高生の演劇
テレビでやってました。途中からみたんですが。

彼女達が最初にはじめたときは
あの気持ち・テンションだったと思う。
いろんなこと(これを演じることでさらに風評が広がらないかとか)を
考えていることもちょっとわかった。

でも他者からあれを「求め続けられたら」つらいと思う。

福島って言えばこれでしょみたいな
あの重い作品が定番になったらつらくない?

今、あの生徒さんたちが演じたいのなら
嘘はないのかなと思った。

それでもひとの気持ちは変わると思うんだけど・・・。
いつまでも激しい感情を維持してたら
その方が不自然。

いつか卒業できたらいいねと思った。

個人的な好みの問題なんだけど
芸術でも文学でも
希望が織り込まれているものが好きだなあ。

その劇を
全部通してみたものではないので(テレビで編集・放送した範囲です)
きちんと理解できてなかったらごめんね。

No title

なおみさん

>でも他者からあれを「求め続けられたら」つらいと思う。
>福島って言えばこれでしょみたいな
>あの重い作品が定番になったらつらくない?

  私もそう思います。今となっては,なんだか外からそうあって欲しいと求められているからやっている,になりつつあるの? とか,心配な面も。


  今週の茨城新聞に,中通り(だったと思う)から,だんなさんを残して子どもを連れて「自主避難」した人のインタビュー記事がありました。
  旦那さんは仕事があるからなかなか子どもに会えない,奥さんは,「こどもが普通に外で遊べるように」 福島に戻りたくない,あちらとこちらに家庭があるのは経済的に大変だ,(原発事故の責任があるところが)経済的サポートをしてくれないと困る,という内容だったのです。

  福島県,普通に,子ども達外で遊べているのに。 

  今日の朝日新聞の土曜版には,こういう人達が大騒ぎして毎日計測している(らしい)放射線測定器の精度の低さ,計測値の不確かさ,等々が出ていました。
  
  一方で,こういう固定観念にはまってしまった人達を煽りながら,一方でその人達が不正確なことをして不必要に騒いでいる,と書いている朝日新聞。

  福島の公立図書館や美術館の営業妨害だけでなく,除染のじゃまをする朝日新聞。

  考えると,とめどがないので,やめておきます。

  
  放射線を怖がる友人が,今度は,溝口徹という人のトンデモ本にはまってしまいました。
  この人の「正しい食事とサプリメントで,鬱,統合失調症,自閉症が治る」という,トンデモ以外の何ものでもない話で,月に何万円も払っている人もいるらしいのです。
  それより何より,こういう教祖様が大きな顔をし始めると,トンデモな「正義」を振りかざす人達が,発達障害や精神障害,アレルギーなどがある人の家族や親を責め立てるから,危険きわまりないのです。

  いまだに,アレルギーは偏食のせいだ,神経質なせいだ,と言われたり,「これは私が正しい道に矯正しなければ」と余計なことをされて命にかかわる状況におかれたりする人もいるのに,トンデモの種はつきないです。

 

No title

boomboomさんだ~

>福島県,普通に,子ども達外で遊べているのに。

はい・・・。

「他所から誰か来て何か言われないか?」と
びくびくしてる大人が増えてしまって
(子どもに関わるお仕事の方たちも含みます)
そのためにいろいろときゅうくつな配慮が残ってしまった。

そんな風に私は感じています。

>考えると,とめどがないので,やめておきます。

ホントにとめどないですよね~。

>こういう教祖様が大きな顔をし始めると,トンデモな「正義」を振りかざす人達が,発達障害や精神障害,アレルギーなどがある人の家族や親を責め立てるから,危険きわまりないのです。

ホントに・・・。



DSM-5で
肉親との死別・2週間で立ち直らなかったら「うつ」認定
「アスペルガー」という分類名がなくなる
(自閉症スペクトラムに含まれちゃうの?)
と聞いたのですが

2週間ぐらいで悲しみから立ち直ることは難しいし(きっと人種関係なく)
つい最近(?)出てきた分類が結構簡単に消されてしまうんだなあと
ちょっと驚いています。


今日の午前中に空ですごい音がして
私がのぞいた窓からは何もみえなかったのですが
子どもがのぞいたら窓から
低く飛ぶ5機の飛行機が見えたらしい・・・。

もしかしてブルーインパルスが来たのかなあ?
見たかったなあ。
サラメシみてからのファンなんです。

世界的に有名な曲芸飛行チームが被災地支援のため福島上空を飛行

なおみさん

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00245794.html
これですね。私は車を運転している時だったので、路肩に止めて見入ってしまいました。
ブルーインパルスも楽しみです。

七さん!そうですそうです!これですきっと!

七機だったのね~!
ありがとうございます(きゃあきゃあ)!!

おかげさまで
映像を繰り返し楽しむことができました。

私が「何事?」と思って窓から顔を出したら
となりの駐車場でぽかんと口を開けて
空の「何か」を観ているオジサマをみることができました。

のぞく方角をしくったな~!悔しい!
偶然みられた子どもはとても興奮していました。

六魂祭にはブルーインパルスなんですね。
それは楽しみかも!

ジェットチーム、ロングバージョンもありました

http://www.fnn-news.com/localtime/fukushima/detail.html?id=FNNL00001876

六魂祭のブルーインパルスは四号上空を飛ぶので、↑このニュースの中にあるように、花見山での観覧なんていいかもしれませんね。

No title

>なおみさん
>七さん

うわ~、私も見れんかったです。
なんか轟音が聞こえてきて、「なんぞ?」と思って空を見ましたが間に合わんかったとです。
知ってたら楽しみに待ってたのにな~。
なおみさんのお子さんはラッキーでしたね。

>やぁどさん
私はいたって不器用もんですけん、皆様の邪魔ばしてはいかんもんで…そうですね~、「エア手拍子」!キボンヌって事で(笑)。

>boomboomさん
トンデモにハマったお友だち…本を読む程度で済めばいいですね。
こと「健康法」「代替医療」といった分野のトンデモは笑い話では済まないですから、罪深いと思います。
また、こういった分野は関心も高いですからね。
深刻な人ほど騙しやすい、って側面もありますし…。
私としては、この「福島デマ」をきっかけに、少しでも多くの人が「騙されないための判断力」を持ってほしいと思っています。
そういった事に役立てば、ネコさんをはじめ私たちの苦労も報われる、って思うんですよね。

tateさん

↑ そのリンク先、私だよ。 (笑)

余談ですが

>なおみさん
>あ
>DSM-5で
>肉親との死別・2週間で立ち直らなかったら「うつ」認定

DSMは基本的にアメリカ精神医学会が
みんなが好き勝手なことを言わずに診療・研究や統計をやるための基準ですけど
いくら能天気なアメちゃん(←偏見)だって、
2週間で肉親との死別から立ち直らないとうつ認定はさすがどうかとおもいますねぇ。

肉親が親か子供か配偶者か祖父母等々によっても悲嘆のレベルは違いますし、
生前の人間関係によっても違ってきますし。
(場合によっては亡くなった後に気分が晴れやかになってる人とかいますけど(毒w)

まぁ、こういうので病気の範囲が広がったように見えるから
「製薬会社の陰謀ガー」とかいう人が出てくるんでしょうね。


>「アスペルガー」という分類名がなくなる
>(自閉症スペクトラムに含まれちゃうの?)
>と聞いたのですが

>2週間ぐらいで悲しみから立ち直ることは難しいし(きっと人種関係なく)
>つい最近(?)出てきた分類が結構簡単に消されてしまうんだなあと
>ちょっと驚いています。

明確な生物学的基準がない以上、大体この辺にしておくか的な取り決めですから。
そして、その基準でしばらくやってみて新たな知見や不具合等を検討し、
新たな基準に反映させることで発展していくものだと思います。

以前から「高機能自閉症とアスペルガーはどう違うんじゃい」とか、
「わける意味あんのかいな」といった意見は多々あったし、
最近は年金や手帳の診断書にも発達障害関連の症状を書く欄が
明確に設けられていますし、自閉症スペクトラムで統一したほうが
個人的にはわかりやすくなっていいとは思います。

診断からあぶれてしまう人がでるみたいなことも言われていますが、
経過として発達障害と思われるなら、
『特定不能の自閉症スペクトラム障害(アスペルガー症候群)』とかにすればいいだけで、
実務上はそんなに困らないかと思うんですけどね。

まぁそれでもあぶれてまう「自称」系の人や、
発達よりも性格系よりの方々がどうなるかってとこですね。
年金などお金が絡む話にもなってくるのでそこらへんでもめそうではあります。



>boomboomさん
>福島県,普通に,子ども達外で遊べているのに。

御意です。
このところの開成山周辺のにぎわいや
芝生にシートを敷いて普通に座っている家族連れを見るにつけ、
だいぶ以前に戻ってきているなという印象を受けます。

ぶっちゃけ、
子供が外で遊べないというのは放射能のせいではなく、
放射脳が騒いでうざいからだと思いますけどね。

実際はもう普通に遊んでいるように見えますけど。

飛行機ぶんぶん♪

七さん!
最高時速800キロというだけあって
ほんとうにあっという間に見えなくなってしまったようです。

空に見慣れないものが飛んでるって
こんなにワクワクするものなのですね。

飛行船も好きなんです
(一度夜に見てしまい、お腹部分が電飾でピカピカしてて
マジUFOが私をさらいにきた!と総毛だったことがありました)!


IKAさんがくまモン化してる・・・???
飛行機みたかったですよね~!


六魂祭はエリア内に自宅みたいな騒ぎで
当日は車も(自転車も?)出せないようで
ちょっとブルー(人ごみ嫌い・でもみんな来てね♪)。

でも
空だけは必ず見上げるぞ~!!!


kakkouさん
>↑ そのリンク先、私だよ。

あはははは。やっぱし。


福島の医師@休日さん 

あわわわわ!プロにご説明いただいてしまった!
ありがとうございました。

>こういうので病気の範囲が広がったように見えるから
>「製薬会社の陰謀ガー」とかいう人が出てくるんでしょうね。

ああ・・・なるほど。

>大体この辺にしておくか的な取り決めですから。

ううむ。なるほど。
そのために「改訂版」が出るわけですからね。

>高機能自閉症とアスペルガーはどう違うんじゃい

私、この言葉が出てきたときに
どうにも違いがわからなくって
(周りはみんなわかってる感じで頷いてた・マジかよ~)
この道の権威という大学教授に質問してみたんです。

そうしたら
「おほほほほ。勉強熱心な方ね(にこ)」と
はぐらかされてしまって。

「こいつもわかってねーんじゃねえの?」と
疑り深い猫のような目で見つめたことがありました。

>自閉症スペクトラムで統一したほうが
>個人的にはわかりやすくなっていいとは思います。

私もそう思います。

>最近は年金や手帳の診断書にも発達障害関連の症状を書く欄が
>明確に設けられていますし

そうなんですね。
教育関係の書類等も
(きちんとお医者様から診断されていないケースでも)
何でもいいから近そうなものをどれか書け!
みたいなことがあるように聞いています。

診断名はお医者様しか書けない(決められない)はずなのに。

>実際はもう普通に遊んでいるように見えますけど。

高校生が笑っていたんですけど

他所の人が「福島は大変・花見もできない・子どもがかわいそう」
福島の人が「大人はビール・子どもはジュース持ったか!
みんな花見行くぞ~!」

この差はなんだろう?って。

順次・脳内改訂版を希望。
時間が・・・止まっちゃってるのね。

No title

ちょっと古い話になるけど、朝日の「福島市の公共施設の敷地内で43万ベクレルがー」って話、県と市の違いはありますが、「図書館」ってのが共通点ですよね~。
あまたある公共施設でなんで「図書館」限定?
もしかして、本田シビック記者が「自分の行動範囲で気になったところを、取材名目で検査させた」ってことなのかな。

新聞記者って「資料」や「情報収集」、「ネタ拾い」に図書館を利用していそうだし。
まあ、ゲスの勘繰りでしょうけど…。

>なおみさん
くまもん、というより左門豊作のイメージかもです。

>時間が止まっちゃってる…

ひとつの具体例として。
昨日盛り上がったトゥギャッターにこんなものがありました。

http://togetter.com/li/501458

内容は、早川信者の「食品生産のプロ」が「福島の農家の方が、孫に食べさせたくない、と言っていた。だから福島の作物は生産されるべきではない」みたいなこと言ってコメ欄で議論になったのですが。

誰が「孫に食べさせたくない」って言ったのか、いつ言ったのか、どの程度の生産者がそう言ったのかがまるっと抜けてんですね。
確かにそんな話は「一年以上前、知識も検査体制も十分じゃなかったころ」に、「たぶん一部(…ネット上でいくつか見ましたが、本当に生産者かわかりませんし、コピペ拡散も多かったですし。そもそも成りすましの可能性だってある)」があっただけにすぎないんですけどね。

こーゆー人達って「少数意見」をさも「地域全体の総意」みたいに言いますし。(昔、たった一人の話を無検証のままで「郡山で村八分がー」って言っていた人もいましたっけ)

その上「脳内更新」無しで、どこが「食品生産のプロ」なんだか。こんな人が管理している「食品生産の現場」ってどうなってんですかねぇ。

No title

えと、なんか今日は静かだな~。
昼に続いて、昨日のツイッター関連でちょっとだけ話題になったのが「北海道がんセンター、西尾名誉院長の郡山講演会」でしたか。

http://togetter.com/li/501684

なんと言いますか、キチンと検証する皆さんって本当に偉いです。私なんかもうめんどくさくって。IWJの中継だのアーカイブだのってもう見る気がしないです。

ってか、このまとめでもコメントありますが、IWJもだいぶん視聴者減っているみたいですし、勢いが急速に失われている感が強いですねぇ。
まあ、お昼のコメントでも言いましたが、この人達って「情報更新しないまま」ですので、ネタがループするしかなく、もう飽きて来たのかな?(話すほうも聞くほうも)って気がします。

飽きてきて戦線離脱する輩も出てくるでしょうね~。ま、それはそれでいいですが、キチンとケツは拭ってから行けよな、って思いますけど。
私たちはデマ屋どもが残した「なんとな~く、福島って避けちゃうよね」って雰囲気とこれからも対峙せにゃいかんのですから。


No title

>IKAさま
北海道に知人がいたら、あの病院だけはやめておけ、と忠告しますね。

目立たないけど、面白いのがこれ。
http://togetter.com/li/502257
ここに来る皆さんのコメントを読んでいると、そのとおりだと思います。

そういえば、向こうの人たちのツイッターやブログは、ぜんぜん余裕が無いですね、読むだけで凄く疲れますもの。

No title

>IKAさん

>まあ、お昼のコメントでも言いましたが、
>この人達って「情報更新しないまま」ですので、
>ネタがループするしかなく、もう飽きて来たのかな?
>(話すほうも聞くほうも)って気がします。

5/13のアサヒの朝刊福島版の記事も相も変わらずの煽り記事。
本人たちは新聞に取材されて喜んでそうですが、
土ぼこりが気になるからって
土が食い物の基準の何倍も高いとか騒いでるのを見ると
もはやただのウマシカにしか見えませんね。

お前ンとこのガキは土を食うのか
土粥食うような大飢饉なのか
と、誰か突っ込んでやってほしいw


まあその隣の記事も
「ガキが利いた風な口をきくな」って感じの感想しかわきません。

福島の医者不足は放射能のせいじゃないって
何度言えばわかるんだろうな(ハァ)

No title

>千貫森の宇宙人さん
おお、ありがとうございます。ryoFCさん復活以来ドトウのまとめっぷりですね。(まあ、以前からまとめはやっ、なところがありましたが)
確かに、アッチの人達って「笑い」の要素少ないですねぇ。
たまに見かける「w」とかも哄笑や嘲笑だったりしますし。
かわりに「!」がやたら多かったりはしますが(マリリンとか…笑)。

ユーモアはどんな時にも大切です(TPOはあるけど)。

>福島の医師さん
朝日の記事、読んでないですけど、大体察しはつきます。
前も言ったかもしれませんが、アッチの人達って「土壌汚染」を持ち出してくるのが非常に多いですね。
もちろん、チェルノブイリの避難基準、ってことなんでしょうけど。

聞いた話にすぎませんが、「チェルノブイリの避難基準が土壌のベクレル数で決まった」のは、当地では農作物の地産地消、または自家消費がほとんどだったためらしいですね。
セシウムに対する対応も暗中模索だったでしょうし、土壌のベクレル数が「内部被曝」と比例関係にあるなら、その判断は合理的だとは思います。(ただし、被曝リスクと避難リスクの問題とは、別に考えなくてはいけないと思います)
要は今の福島とは状況が全く違うはずなんですが、その辺まるっと無視して「チェルノブイリではこうだった」って言われてもピンと来ませんね。

「内部被曝はほとんど無し、外部被曝は世界の自然放射線が高めの地域よりもずっと低い」んであれば、どこに避難する理由があるって言うのかな?
もちろん、「なんとな~く不安」とか「真実は隠蔽されている!」とか言う人はいるんでしょうけど。
そういうひとは「他人(いや、ごく近い身内も含めて)に迷惑かけなかれば、自由にするがよろし」とは思います。

No title

>IKAさん

本当は別エントリーの「カリキュラマシーン」ネタにガッツリ食い付きたかったんだけどタイミングを逸してしまった(笑)
「孫に食べさせたくない」の件ですが、「放射能エンガチョ主義者」な彼らの関心は最初から「健康被害がどの位あるか」と言う程度問題ではなくて、「放射能汚染されたかどうか」だけです。

彼らにとって「汚染された所」で食料生産する行為は「本当は言えないだけで後ろめたい気持ちが無いはずはない、いや有って当然、むしろ無きゃ人でなし」位に思ってるんでしょう。
だから誰がいつ言ったか、ほんと~かどうかも怪しい言葉でさえ疑いを持たないどころか確固たる真実と脳内変換されちゃってるし、生産や流通に関わる人たちの努力や時間経過や様々な事実と等価以上の価値を与えてしまうのでしょうね。
あっち側の人にしてみれば、公の測定も発表も(と言うか信じたく無い情報は全て)信じられない訳ですから時間が止まってしまうのもムリ無いかもです。


職業的煽り屋(あっち側の工作員ですな)は相変わらずでどうしようも無いです。
乗せられてた人も多くは冷静になって来てるんでしょうが、面白がって無責任に煽ってただけの人は、しれっと放射脳叩き側に鞍替えしたりもしてそうですね。
「ケツ拭き」は期待出来そうにありませんなあ。

「なんとな~く福島を避ける」これが風評被害の一番厄介な所ですね。
デマを撒き散らす人、払拭する人、関心が高いどちらでもなく、基本的に関係も薄く無関心な人たちの印象に残ったイメージが大きな影響を及ぼしてしまう事。
デマに対して丁寧に説明して否定していくだけでは後手に回ってしまうのかなあとも思いますが、かと言って攻撃的になるのは逆効果ですしねえ。




No title

>IKAさん
>朝日の記事、読んでないですけど、大体察しはつきます。

お察しのとおり、既存のネタの焼き直しで
わざわざ読むほどでもない記事です。

確かにあちらさんは笑いの要素が乏しくて、
そんなに大変だ大変だやってて疲れないのかねぇ
って思いますな。

そういえば、この頃の武田尊師に至っては

>野蛮な国家だが、その先兵が裁判官というのが辛い。
>庶民は「力」で自由と権利を獲得すべき時だ!

なんて言い出してますし。
法律守れとか言っといて暴力革命の肯定ですかねw。

以前に「ピケ」なんて言ってたし、
お若いころはやはりそっち系だったのかしら。

安田成美が歌ってた

IKA・豊作どん

図書館・・・

子どもと親が利用してそう。
おとなしいイメージ。
勝手に出入りできる。
一度除染が済んで「安全ですよ」と公表した場所に更なる攻撃を加え「やっぱり何も信じられないでしょう!みなさん!」と思わせる。

集めに集めた「汚れ」はこんなもん(お見せできなくて残念)
だったらしいですよ。
うちの庭も無理やり掃き集めたら充分集まる量です。

オマエらはたちの悪い姑か!!


千貫森の宇宙人さん
あれ・面白かった!

そう・面白い人がいない!
扱いに困る人が多い!
失礼な上につまんない・・・。
つまんないから読む気にもなれない。


福島の医師@当直中(開店休業中)さん
今・急いで記事を読みましたよ!

えっとえっと~歌います!
♪風の谷の~ウマシカ~♪

先に書いた擬似姑と同じように
この人たちはまだお若いのに死ぬほど暇なんだと思う。

でも・・・口からつば飛ばして
その土の話をしても
普通のひと相手に会話がどれだけもつんだろう・・・。
そもそもおもしろいの?

ランチで使える鉄板ネタなのか?
私はその話題ではごはん喰えねえ。


IKAさん
>たまに見かける「w」とかも哄笑や嘲笑だったりしますし。

そっか~それでか~。
なんかその記号っていじわるな感じがするの。


こうたさん
>面白がって無責任に煽ってただけの人は、しれっと放射脳叩き側に鞍替えしたりもしてそうですね。

やりたかったことは
「誰でもいいから叩きたかった」んですものね。

>「なんとな~く福島を避ける」

私、もうそれでもいい!
そんな人とは無理に付き合わなくていい。
だからへんな人・悪い人も来ないで欲しい。

No title

>たくやさん
なるほど~。アッチの人達にとって「福島は住んでいて不安があって当たり前、作物つくるなら罪悪感持って当たり前。なぜなら人として当たり前だから」って事なんですね。
で、こんなブログ書いてたり(失礼)、コメントしてたりするのはアホか人でなしか工作員でしかありえない、ってことなんでしょうね。

興味ない人が持つ「なんとな~く」って不安の解消には、やっぱりマスコミの力を借りるのが一番なんですけど…どうかなぁ。

>福島の医師さん
武田のオッサン、世代的にはおかしくないんですけど、あの手のタイプは真っ先に粛清されてしまいそうな気もします。
(関わっていたとしても、ナンチャッテだろうと想像します)

>なおみさん
障子のさんを指でひとなでして…
「まあ!こんなにホコリが」って感じですか(笑)。

あ、私は一応意識して(笑)を使っています。
wって「wara」ってことなんですけど、ほんのひと手間かけました。



やっぱり笑いは大切、って事でネタ的に…

新たに発見したアレな人達の法則
「カンパは貰っても自分からは絶対に金を出さない」
「人にやらせても、自分は絶対にやらない」
「国とか権力を批判するわりに、すぐ裁判をちらつかせる」
で、
「そのわりに、自分が訴えられる」

最後のはこの↓動きがあったため書き出し。

http://togetter.com/li/502770

ヘイトや強迫は許したくないですね、個人的にも社会的にも。

続けます

今日書きたかったこと。

海水浴場。
道の駅よつくら港の人が喜んでました。
よかった。

私も海水浴にはずっと行ってなかった。
津波のことが頭から離れなくて。


地下水のこと。
どうして漁師さんだけが
勉強して理解してあげなきゃいけないんだろう?

東電の人たちは
福島の漁師さんや福島の人たちに
「ご理解いただけるように説明」するんじゃなくて

日本中・世界中の人たちに
ご理解いただけるように努力しないといけないんじゃないの?

福島の人たちがたくさん勉強して理解していいよって言っても
その先に何もほしょう(好きな字を変換)がなければ
形だけを押し付けられてるみたい。

勉強すればするほど
隔たりが大きくなっていくようで。

そこまで福島の人たちが考えなくていいんだよと

親身になって気持ちに寄り添う言葉を
ここで頂いたことがあるけれど

「福島の人たちが」
いいって言ったからって
ダメだって言ったからって

責任の主体はどこにあるんだろうと
腹が立った。

いつのまにか責任者がすり替わってる。

No title

>なおみさん
>いつのまにか責任者がすり替わってる。

確かに。地下水に関しては漁協が一時容認の姿勢を見せたときに「なんでOKすんだ!」みたいな話が出てきましたね。
もちろん、「全く説明もなしに放水していい」訳ではないですし、「地元漁協の意向を優先」ってのは当たり前なんですが、それがどうして「地元の責任」みたいな雰囲気になっちゃうのか。
(まあ、そんな事言ってるのはごく一部のアレな人達なんですが)
漁協の人達だって、「自分達の生活、人生を考えている」だけでしょうし、「国家存亡の判断」をおっかぶせるようなものの言い方は酷いと思います。
もちろん、東電であれ国であれ、そんな「重大な権限」を与えたつもりはない、ってのはわかりきった事なんですけど(汚染水じゃないんだから)。

本質的には、そんなダメダメな事を言うやつが一番いけないんだとは思います。
でも、そんな酷い誤解(?)を訂正もせず、垂れ流しのまんまにしている東電とか国とかって、「ほっとけば、俺達に責任追及が来なくて助かるからいいんじゃね?」って考えてるだろ!なんて言われてもしょうがないですよ。

実際、今まで流された酷い風評だってほぼ何の対策も無かったですし。

付け加えるなら、ろくな取材もせず、一部のアレな人達の尻馬に乗ってさんざん騒いだマスコミも同罪。

「地元の判断優先」はいいけど、「国民的な理解」を得る努力もしてほしいですよね。

No title

なおみさん、IKAさん、みなさん

 隣県に住んでると、ますます原発事故関連のニュースから遠ざかって居る様な今日この頃ですけど

 汚染地下水と言うのはあれですか?膨大な量の汚染水からセシウムを除去した後の地下水で
 残留放射性物質で「重水」と言うものが残るけどそれは海水中に放棄してしまえば拡散する上に微弱なβ線を放射するだけで実質上生き物に影響を与えるとは思えないと言う、

 その事ですかね。福島の漁師さんは「サイエンス的にはこちらはいくら理解が出来ても、風評被害はまた別問題」と言う主旨の発現をしていました。テレビでね。さすがレベルが高いなあ

 つまり、俺たちだけ十分理解して納得していても、買う人がいないと商売が成り立たない。

 と言う事と違いますかね

 僕はこういう時に政府が出てくるべきだと思います。与党議員全員が1年間食べ続ける。議員会館の食材にでも使うとかね。1度や2度の安全宣言じゃだめですよ。自分の孫にも食べさせるくらいの覚悟でやるべきでしょう。

 僕自身はセシウムが入って居ても別に平気なんですけど、東電はどうもこの際こういう事故対応のノウハウを取得するための大規模装置を作って稼働させたいと言う思惑がある様に思えてなりません。

 それは本当に必要な措置なのか?とも思いますけど今の原子力規制委員会等の姿勢がそうさせているのかなとも思います。

 今日は敦賀原発の下に活断層がある

 従って将来は廃炉へと言う事もありうると言うニュースが流れましたけど活断層があったからと言って既に建設済みの原子力発電所の廃炉とは僕はおかしいと思っています。規制委員会の下の職員はそれこそアリバイ証明のために活断層を必死に探しているのではないかと思います。

 下に活断層のある火力発電所は、じゃあ、安全なのかと言う事ですよこちらは燃料漏れがあったら近くの人は逃げられるんでしょうかね。

 そもそもどこに火力発電所があるのか明らかになっているんだろうか?これから調べなければ。

 僕は直下型地震が起きてもこれからの免震耐震技術を付けた原子力発電所はほぼ安全だと思います。 おもろい事に武田邦彦も同意見らしい。
 火力発電所は大爆発の危険性はないんだろうか?

 だけど、そもそも今現実に起きているのははたして「過酷事故」なんでしょうかね。過酷な二次災害でそれ以前に「過酷災害」で町ごと消えてしまったのが「2011.3.11」だと思うんですけどね。

 東電が今なにをしようとしているかは政府とは別に思惑があるのではと思いますが、福島の人だけでなく日本中に公開すると言う原則は守るべきだと思います。

 確かにマスゴミにかかると嫌になるでしょうけど、僕は東電の財務体質をちょっと調べたけど、倒産寸前の九電よりもしぶとそうです。多分電気料金値上げで乗り切れる気がしますけど結局は国民が余計に買う燃料費を支払えば良いんでしょうけど、いや、良くないでしょうけどもともと燃料費は2兆円だったんですね。中部電力は1兆3千億円、日本全体は6.8兆円だそうですがどこで聞いたか忘れました。新たに買う燃料費は3.8兆円で消費税1%に相当するなら

 さっさと消費税を10%くらいにしたらどうですかね。僕は食費を20%減らします。

 東電の場合、多分たったの1兆円ほど経費が増えるだけです。九電はそうはいかない。電力の絶対量が規模が少なく、これから増やすには火力発電所が必要らしい。

 まあ、アレな人達は今夏の熱中症死者数も冬の凍死者数も無関心で電気のないグリーンな世界を取り戻したいんでしょう。そこには生き物がいっぱい。乳児死亡率が高くなるから子供も産めよ増やせよ地に満ちよとある意味活発な生命活動が必要かもしれない。

 でもこんな事言う連中なんて60才過ぎが多いらしいですよ。一般のお年寄りは違うんでしょうけど 

2013-05-16(00:27)さんはもしかして

福島の隣の県に在住なさっている方?

私はね~
汚れる前の地下水
(ほっとくと原発の方に流れて行っちゃって汚れた水が増えちゃう)
を先に抜いて海に出しましょう・・・ってことだと理解してました。

>僕はこういう時に政府が出てくるべきだと思います。

私もそう思います。


きのうの雷雨。
雨が降ってるのに綺麗な三日月が見えてました。
不思議・・・。

気温差についていけず
ウーパールーパーみたいな今日この頃。

お仕事・学校の皆様・おつかれさまです!!

No title

>福島の隣の県在住さん
またパソコンの調子が悪いようですね。(パソコンさん、お大事に)

今回の「海洋投棄」される地下水って、なおみさんが言う通り「建屋に流れ込む前に地下水をトラップしたもの」を海洋投棄したい、ってことですね。
厳密には「汚染水」と言っていいかどうかよくわかりません。

一応、ALPS等で処理した「汚染水」であっても、それを投棄することはない、って東電では言っていたと思います。
でも、地下水の流入が続けば「処理後の水」をどうにかしなきゃいけなくなるのは目に見えているので、地元漁協としてもある程度理解せざるを得ないんじゃないかなぁ、って思います。

その意味でも「地元漁協」の判断は大変な事なんだろうな、と想像します(おそらく漁協の話し合いが行われる、って報道後「合意するな」電話やメールが殺到したことは想像に難くありません)。なんで彼らが矢面に立たなくちゃいけないんだろう。
政府、東電、マスコミがしっかりとした情報発信をしないからこんな事になるんだろうなぁ。

>なおみさん
ここのところの気温差、キツいですよね~。
それにしてもウーパールーパー、懐かしい。
カップ焼きそば食いたくなります。

No title

コメントするには情報が追い付いていないので。
ウーパールーパーって、とぼけたカオで「うぱー」て言ってるような気がします。

IKAさん

漁師さんたちを矢面に立たせては
絶対にいけないと思うのだけど
なんで・・・こんな形になっちゃうのかな。

福島の漁師さん「だけ」に
ご理解いただければいいの?
それ、誰が決めたの?

「お魚を買う人たち」みんなに
ご理解いただけるように。

海で繋がってる人みんなに
ご理解いただけるように。

それはものすごく難しいことだとわかってて
東電も国もすっとぼけてんのかなと思うけど

全ては私どもの不徳の致す所ですと
自分を主語にして責任者にして語る大人気のある人が
昔はいたように思うんだけどな。

海に流した後に
お魚は安全ですからって理解してもらう仕事は
福島の自己責任でね・・・って

いいかげんにしろよゴルァ!
・・・と思います。


先日、リビング福島に
「ウーパールーパー譲ります」ってあって
心が揺れました
(水槽置く場所がないのであきらめました)。

よしさん・すれちがっちゃった!

>とぼけたカオで「うぱー」て言ってるような気がします。

そうです。
今・私は連日そんな感じです。

誰に話しかけられても
「うぱー」くらいしか反応できません。
家にいてほとんど動きません。

無駄遣いしすぎて
お金がないのも原因かと思われます。

No title

なおみさん
>私はね~
汚れる前の地下水
(ほっとくと原発の方に流れて行っちゃって汚れた水が増えちゃう)
を先に抜いて海に出しましょう・・・ってことだと理解してました。 <

 でしたか、福島以外だとアルプスでセシウムを抜いて、それを海に放水すると言う放送が大きく報道されているんじゃないかと思います。
 汚染水
 汚染前地下水
 一般的に区別されていない恐れもあるのかも

 それといわゆる温度差ストレスは結構堪えますよ。僕なんか常に座右にエアコンのリモコンを置いて設定温度を1度単位で変えるんです。その他に除湿機を常に稼働させています。

 エアコンとシャワートイレの普及が日本人の寿命を延ばすのに貢献していると確信しています。このところ夏なのか冬なのかわけがわからない日が多くて五月晴れなんかないまま梅雨入り猛暑秋の長雨、再び冬。
 異常気象じゃないんですかね

IKAさん
 ああ、そういう事でしたか。

 原発の地下は地下水には開放されていたんですね。今後の原発の設計思想に組み込まれるのも良いのかと思いますしこの処理は必要でしょう。前からそう思っていたけど、実はかなり最初の頃にそういう事をすると聞きましたけどね

 汚染されていない地下水はもともとは近くの川の伏流水に類するものなんですかね。
 随分と良い立地なんだなと思っていたら

http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20130513-OYT1T01392.htm?from=ylist

 こういう事ですか、読売新聞は取って居ないけどそもそも新聞を読みませんからね。
 僕はアルプスの映像を見てある種のパフォーマンスじゃないかと思いましたよ。こういう事が出来るんだよと工業技術水準を見せつけるのも一つの狙いでもある気がしました。

 ところで、集団疎開裁判なるもの
 って、集団疎開そのものがされているんだろうか?違うみたいですね。

 反原発も一枚岩では当然ながらなくて、しかし、小野俊一(本名)氏が証人として出廷したことについて厳しく批判されています。
「ピカの毒は伝染る」とブログに書いたトンデモ医師ですが何を証言したんだろうか?

 これを弁護したのがni0615氏。放射能を浴びた人の排泄物などから放射能が伝染る、と言いたいらしいが書いている本人がでたらめだと承知していると見えます。
 いよいよ内ゲバ状態になる様です。

 パソコンはセキュリティープログラムが重たく跋扈して勝手にとめちゃうんですよ。どれかをアンイストールした方が良いんでしょうがやり方がわからないんで放置です。
 今度会社に文句を言うつもりです。

 ときどきCML保管リストと言うものをみるんですけど多分阿修羅とは違う「放射脳」のたまり場風である意味いろいろ参考になりますよ
 あの医者、もと原子力技術者で医師になったという肩書で「放射脳歴」筋金入りみたいですね。

福島の隣の県在住さん

>福島以外だとアルプスでセシウムを抜いて、それを海に放水すると言う放送が大きく報道されているんじゃないかと思います。

そうなんですよ。
ごっちゃにされてるというか・・・報道もわかりにくいと思います。

>異常気象じゃないんですかね

そうですよね。
もうまったなしなのかしら。

あとどれくらい地球には・人類には猶予があるんだろう?と
ふっと心配になります。

福島の隣の県在住さんも
ご自愛専一になさってくださいね。うぱー。
プロフィール

shinobuyamaneko

Author:shinobuyamaneko
 福島県福島市の信夫山に住むネコです。
 原発事故以後ネット上には「もう福島市は放射能高くてダメ!逃げてください!」「福島はチェルノブイリ以上!」「子供を見殺しにしないで!」等の「反原発の叫び」が溢れてます。ネコはどこにも逃げられないから、もうノイローゼ気味。こういう「叫び」「脅し」の効果もあって福島に来る人は激減。街は沈み、市民は「すぐに逃げてください!」に怯えながら、静かに暮らしています。(←最近は嘘・デマがバレてきて、みんな元気になってきた感じだにゃ。)
 しかしね~、この種の「叫び」の根底に、「反原発」の「福島壊滅ならば原発全廃にできる!大大大チャンスだ!」っていう心理はないですか?原発全廃の為にはまず「福島壊滅」が必要とばかりに、科学的、医学的、論理的に怪しい説、大げさな数字等が「連呼」「拡散」されていないですか?それが「正義」になっていませんか?
 信夫山ネコは「故郷福島壊滅」を「原発全廃」の手段にされてはたまらんです。もし根拠がない数字や説の拡散によって、旅館の経営者が自殺するとかの悲惨な「風評被害」が出たら、大人しい福島人も終には訴えたりするのかにゃ~?!今はとにかくデマ、風評、誇張、脅し等を除染しながら記録するにゃ。(「リンクフリー」です 対「反原発」、対「放射脳」等での引用ご自由に)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR