スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

えっ 松本市の菅谷昭市長は福島をdisって講演料800万円稼いだ?フザケルにゃ

さあいよいよ2012年度も終わりだにゃ。「2/26事件」でちと古いが、今年度内に書くべき案件を。

http://mainichi.jp/area/nagano/news/20130226ddlk20040048000c.html
住民監査請求:松本の市民団体、市長講演料巡り /長野 毎日新聞 2013年02月26日 地方版

 松本市の松本平(まつもとだいら)市民オンブズマン(宮川速雄・代表幹事)は25日、菅谷昭・松本市長が公務で講演会に出席したにもかかわらず、講演料を個人の収入にしているのは不法だとして市監査委員に住民監査請求した。
 請求によると、市長は11年度以降、2月21日までに市内外で計130回講演した。オンブズマンは「11年度の雑所得額から計800万円の講演料を受け取ったと推定される。公務なら市の収入とすべきだ」と訴え、監査委が市長に損害賠償請求を勧告するよう求めた。
 市秘書課は「市長は特別職で地方公務員法の適用を受けず、適正に処理しているので問題はないと認識している。講演料の総額は個人収入なので把握していない」と述べた。【大島英吾】


おいおい、「計800万円の講演料を受け取った」って?公務だろうと、そうじゃなかろうと、こりゃちょっとヒドイんじゃないかにゃ?菅谷氏は「福島では被曝のために水面下の妊娠中絶が増えている」と散々、あちこちでデマ講演しまくり、福島市の産婦人科医(ひまわり先生の夫)に反論され、結局「私的に」謝罪した。2012年5月のことである。ただし公式には謝っていない。その後は直接「福島で~」とは言わなくなったようだが、この800万円の収入は、「11年度の雑所得額」である。つまりここには「福島では被曝のために水面下の妊娠中絶が増えている」とデタラメをしゃべりまくって、儲けた分がたっぷり入っているのだ。
(3/31追記)(今思ったんだけど、「市長が公務で講演会に出席した」ってことだから、菅谷氏は「公務」でデマを飛ばし、「公務」について私的に謝罪したことになる。そんなの許されるの?メチャクチャじゃないか。)
この経緯は以下を参照。

朗報!福島の流産や中絶は増えていない 菅谷昭・松本市長は「水面下で中絶増」発言を謝罪していた
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-93.html

菅谷昭・松本市長は1/29国立市他 あちこちで「福島で中絶増加」と発言 もう公式謝罪が「公人」としての最低の務めだ(追記多数あり)
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-94.html

さらに気になるのは、福島のほかにベラルーシのことも

「えー、三人目の、この間女医さんが、帰るときにやっぱり話をした時に、今ベラルーシでは非常にあの、出生前診断が厳しいと。かなり強制的にやらなきゃわなきゃいけない。で、ご承知かどうかわかりません、非常に今超音波等含めて、出生前の診断がつけやすくなって、いろんな病的データが判るわけです。万が一、おなかの中の赤ちゃんに異常が見つかった場合は、あの国は、まあ半強制的ですけれども、人工妊娠中絶をさせちゃうんですってね。そんなことは日本では考えられないことですけれども、そういうことで。まあ彼女には私、『いや、もし産みたいって言ったらどうするの』って言ったら、『まあ産みたい場合はいいんですけども』・・・」
(2011/10/14 福島講演 http://www.ustream.tv/recorded/17868965 54分48秒から)

などと言いまくっていることだ。これは「半強制的」って何?と言いたくなる曖昧な表現だし、また「産みたいって言ったら、産みたい場合はいいんです」ってのの、どこが「半強制的人工妊娠中絶」なのか?せいぜい出生前の検査が、「半ば強制的」なだけではないのか?という疑問がある。仮にも市長たる責任ある「公人」がたった一人の「女医」からの伝聞を基にして、ベラルーシについてデタラメを飛ばしているなら、「外交問題」の可能性もある。菅谷氏はベラルーシ政府か大使館にちゃんと問い合わせて、裏づけ取ってから発言しているのか?
(ベラルーシ大使館HP http://japan.mfa.gov.by/jp メアド japan@belembassy.org) 

(3/31追記)コメント欄に「御山の柚子」さんから重要な情報をいただいたので、載せておきます。
ベラルーシ在住の日本人、ミーシャさんのブログ
ベラルーシな時間 はぐれミーシャ純情派 ベラルーシはそんなにかわいそうな国ですか?2012 12/25
http://blog.livedoor.jp/akiravich/archives/51373050.html
ここのコメント欄で柚子さんの質問に対しミーシャさんは、

9. Posted by Akiravich 2013年01月02日 06:52
柚子さま、コメントありがとうございます。
私は専門家ではないので、何ともいえないのですが、私が小児がんセンターなどで聞いている話では、現在のベラルーシでは先天異常は他の国と同じぐらいの率でしか見られないと聞いています。強制中絶というのは聞いたことがありません・・・


と答えている。またコメント欄に福島大学(経済経営学類)の清水修二教授から
「ベラルーシの『はぐれミーシャさん』には何度もお世話になり親しくなりました。長いことベラルーシに住んでおられるので、あちらの実情に関してはこの方の情報が信頼できます。」
といただいた。清水教授は2011年「ベラルーシ・ウクライナ福島調査団」の団長である。

なおベラルーシの「強制中絶」は菅谷氏の「講演」だけではなく、松本市の広報「まつもと」2011年12月号4ページにも堂々と掲載されている。「公式コメント」なのである。
http://www.city.matsumoto.nagano.jp/shisei/koho/koho/2011/20111201.files/P1-P11.pdf

またこちらには「こすもす」さんの菅谷氏追及に対する返答メ-ルが載っている。
秋桜の日記~福島県民200万分の1の声~
「松本市菅谷市長こっそり謝罪 中絶増えている発言」に沢山のアクセスありがとうございます

http://ameblo.jp/kosumosu-rinrin/entry-11281563183.html
菅谷氏は堂々「講演会等でも、チェルノブイリ事故後のベラルーシで現在起こっている事実のみをお伝えしております」と言い切っているが・・・結局自分の著書を売りつけている。「この続きはメルマガで」の上杉隆と同じ商法と見た。



以下は今年1/18菅谷氏の講演から「文字起こし」。ベラルーシについては相変わらずだし、福島については「福島」と名指しにしなくなっただけだにゃ。

http://www.youtube.com/watch?v=Ci8QC1frEZI
第27回保団連医療研究集会 市民公開シンポジウム
放射線被曝から子どもたちの健康を守るために─チェルノブイリ、水俣

(29分42秒~)
現在ベラルーシでは、妊娠しますと、非常にあの、妊娠期間中の出産前の検査を厳しく言われております。やらなくてはいけないですね。もし万が一ですね、異常が見つかりますと、大変残念ですけどあの国では、半強制的に人工妊娠中絶をしなきゃならないという状況があります。ですからそういう意味でここに書いてありますように、未熟児とか早産、死産、先天性の異常ってことが、増えているんだっていうことを、報告を受けております。向こうのドクターから。確かにそういうことがあるようでございますから。ですからこういうことが、場合によってはそういう低濃度汚染地域に暮らしてることが、何らかの影響を及ぼしている可能性を否定できないわけでございます。それからその他の健康異常といたしましては、非常に疲れやすいとか集中力の欠如とか、体力低下っていう問題、先ほど見せたああいう汚染地に住んでいる子どもたちが、本当に親から、親の話ではそういうふうになっている、問題はやっぱりこの子たちが将来成長していってどうなるのか、ってことが心配になるわけで、これは本当に日本の場合だって、そういう子どもたちが、今みたいな小さいときにこういう状況ですと、それがずっと継続した場合にいったいどうういような大人になっていくのか、大変な問題になる可能性ってのが否定できないわけですから、やはり早いうちからきちんとチェックしながら、見ていく必要がある、手を打つ必要があればやっていかなければならないだろうと思います。(以上)

「日本の場合だって、そういう子どもたちが、今みたいな小さいときにこういう状況ですと」って、福島が「こういう=ベラルーシみたいな状況」って言いたいワケ?事実に基づかず妄想によって「仮定」しまくりではないのか。こんなヨタ話で800万円か。ひまわり先生の夫への謝罪は忘れたのかね~?

ちなみに福島とベラルーシも含めたチェルノブイリの比較は、あまりにも数字の桁が違っていて驚かされる。
kazooyaさんの「まとめ」(これは素晴らしい。ネット上の「正しい知見」が網羅されている。)
チェルノブイリ原発事故と比較して福島での健康影響はどのくらい?
http://togetter.com/li/478347
まさに「福島原発事故のセシウム137放出量は約1/6、汚染地域面積は数%」「日本の土壌調査では、セシウムとストロンチウムとの比率は1/1000以下、プルトニウムは1/1000000以下。」「【チェルノブイリと福島の子ども甲状腺被曝線量の比較】 一目瞭然! 十数シーベルト台のも子どもいたはずだけど。福島とは千倍異なるんだよね。」である。どうしても福島の成り行きをチェルノブイリと同じだと言いたいならば、その根拠を示せ。「可能性は否定できない」も同じ。さもないと、「貴方が人間でなく悪魔である可能性も否定できない」。

福島を脅し、ベラルーシをdisって儲ける者には鉄槌を下せ~っ!!!(あ~怒りのあまり「全学連」みたいになっちゃったにゃ~ 新年度は脳内冷却システム修復に務めます)

改めて、市長という責任ある立場である貴方の発言も、「将来大変な問題になる可能性ってのが否定できないわけです」。

(3/31追記)
「将来を悲観」させる「風評加害者」は、既にチェルノブイリ事故でとんでもない結果を招いている。どうしても福島の未来をチェルノブイリに重ね合わせたいならば、これらも考慮しなくてはならない。

http://www.sts.or.jp/E_Version/lowlevelRad.pdf p.11
4-3) 心因症
“1986月に起こったチェルノプイリ事故の影響を受けたペラルーシ,ウクライナ、ロシアの1500万人の人々に見いだされている心身症的な障害は事故が一般市民の健康に及ぼした影響のうちでも、おそらくもっとも重大なものだろう。これらの障害は放射線が原因になっているとは考えられず、ほんのわずかな放射線でも害を及ぼすという世間一般の信念と関連があるのではないかと考えられた。


http://allabout.co.jp/gm/gc/381491/4/
チェルノブイリ原発事故では、ギリシャで出生数が激減
塚原医師:
そうですね。ただ私たちは、診察室で不安をうったえられる妊婦さんについては、メンタルヘルスの面も心配なのです。過去の事例を見ても、チェルノブイリの原発事故があった10ヶ月後に、汚染はほとんどなかったギリシャで出生数が23パーセントも下がり、非常に多くの人工妊娠中絶があったと考えられています。ですから妊婦さんたちには、そしてこれから赤ちゃんを望む女性に、ご夫婦に落ち着いて行動していただきたいと考えています。


また今、福島で「将来を悲観」しての自殺がある。
震災、原発盛り込む 県の自殺対策推進行動計画 福島民報 3/21
http://www.minpo.jp/pub/topics/jishin2011/2013/03/post_6688.html
県などによると、県内では震災と原発事故に伴う避難などで体調や心のバランスを崩し、死亡する「震災関連死」が他県よりも増加傾向にある。将来を悲観して自殺するケースもあるという。

福島の「将来を悲観」させながら(またベラルーシについて怪しい話を拡散しながら)800万円稼いだ菅谷昭・松本市長の言動には、疑問を抱かざるを得ない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

大使館に聞いてもいいなら

ネコさん、新しいエントリーお疲れさまです。

日本語の講演でありながら、日本語の言い回しも不確かな方ですが、どうなんでしょう、これを続けるつもりでしょうか。

こういう人がいますよ、と大使にお知らせしたら、信じてもらえないかも、そんな人間がいることを。

知らせた方がいいのか、悩むのがそこだというのが残念です。

あり得ない妄想をしゃべって800万円、市民も怒るでしょうに。
ふだんはナントカオンブズマンなんて苦手なのですが。

No title

>boomboomさん
HP見たらベラルーシ大使って、何と「セルゲイ・ラフマニノフ」さんなのです。だから何でもありませんが。

追記 よく見たら Sergei K. Rakhmanov ラフマノフさんですね~失礼いたしました。

いまだに・・・

こんなことを公の立場にいる人が言うんだ・・・
 
松本市民はどう思っているんだろう

福大のSHIMIZU先生が出てきてくださったおかげで
記事はこうやって作られると勉強になりましたが
記者と違って 聞き手の理解度(僕はこんな風に理解しました!)は
通用しませんからね!!!

まがりなりにも医者ですし その主張はどのデータや研究を基に言っているのか 今までに受けた反論に答えていただいてから 言っていただきたいです

普通に暮らしてきた日々を まるで震災直後の時が止まっているような報道ぶりに怒り  最近のデマ掃討の動きに やっと・・・とホッとしたのもつかの間   武田教授と言い 松本市長と言い やっぱり元からたたなきゃダメなんでしょうか

いまだにこういった方々を呼ぶっていうのも 潜在意識に放射脳があるのかな? 何を期待しているんでしょうか?

まるで呪いの言葉

菅谷市長の顔は見たくないのですが、少し前に見つけた動画をもう一度見てみました。4分程度の短いものです。

2013年3月9日に長野県で子ども信州ネットのキックオフイベントが開催されます。
その立上げに際して、長野県松本市長の菅谷昭氏より、ビデオメッセージを頂きました。
http://www.youtube.com/watch?v=KDlUhq523YA
「福島の軽度から中程度の汚染地帯に住んでいる子どもさん達にこれから身体的な健康被害、合わせて精神的な異常状態が今後も出現することを心配している」

この後は疎開しろ保養しろと続きます。
一回の講演料はそれほどでもないのかもしれませんが、これでは菅谷市長も上杉隆と同じく、不安をあおって商売している人ですね。

*今日も講演があったみたいです。
「原発事故と健康への影響~フクシマ・チェルノブイリ、そして松本市の施策」 
3月30日(土)13:30~千曲市更埴文化会館あんずホール(大ホール)固定席 1階/630席  2階/130席
500円・高校生以下無料 

No title

http://www.windfarm.co.jp/ecokaze/001/00108.html
上記リンク先記事 チェルノブイリ報告 菅谷昭医師の話(1998年)から。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「甲状腺のガンの不安を抱えた子どもたち」
原発事故前後11年間の小児性甲状腺ガン患者の数を比較すると、7名だったものが508名に急増している。この背景には、ベラルーシの風土そのものが深く関っていた。
~略~
内陸に位置するベラルーシの大地では、食糧や飲料水に含まれるヨウ素が少ない。ヨウ素が欠乏する状況にあって、「甲状腺腫」(甲状腺が腫れる状態)を患う人は多く、それは事故前からベラルーシの風土病になっていた。
 --------------------------------------------
「深刻なベラルーシの医療事情」
子どもたちの甲状腺を取り巻く現状は苛酷だ。まず甲状腺ガンの早期発見に欠かせない検診の数が、ベラルーシの国内の経済悪化に伴い激減。
~略~
検診の数だけでなく、その質についても問題がある。
~略~
甲状腺に異常が認められた場合は、「穿刺吸引による細胞診」という検査を行う。
~略~
ベラルーシでは、この検査が行われないケースが多い。
~略~
この「穿刺吸引による細胞診」を行える設備も医師もいない。そのためこの検査が必要な患者は、首都ミンスクの基幹病院で診察を受けるように勧められる。しかしストーリンからミンスクまでは、気軽に通える距離ではない。旅費が支給されるわけでもなく、診断書と不安だけが残る。
 --------------------------------------------
「菅谷昭医師のミンスクでの活動」
ベラルーシでは、病院のランク付けを、手術の数で決める。だからできるだけ短時間で多くの手術をしなければならない。それが、「ガンの取り残し」を生み、「なかには1年に3回も手術をしている子どもがいる」というほどの高い再発率の原因になっている。
~略~
菅谷医師自身、実際に手術に立ちあい、「この症例は手術の必要はないのでは」と感じるときがあると言う。だが、「手術するときは、甲状腺がんセンターで定められた方針に従わなければならいのです」。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

この記事中、重要と思われる点。
・甲状腺腫はベラルーシの風土病であった。
・早期発見に欠かせない検診の数が、ベラルーシ国内の経済悪化に伴い激減。
・検診の質にも問題有り。
・経済的理由で高度な検査、治療を受けるのが困難だった。
・手術に時間がかけられず取り残し発生。これも高発生率の原因。
・不必要な手術も行われていた。

つまり、報告されている甲状腺癌発生率は人為的、社会的要因の寄与も大きかった事になり、この記事が書かれた時期、氏はこれを認識していたことになります。

これは酷いですね

秘書課の「講演料の総額は個人収入なので把握していない」というコメントは酷いですね。
通常、市長は資産公開条例によりその収入を年1回報告することになっていることが多いのですが、松本市の例規集見ると見当たりませんね。
当然その収入には、市長としても報酬のほかに収入を得たもの全てが含まれます。
これは、市長が不正な蓄財をしていないか住民がチェックできるものなのです。
条例がなければ、情報公開でということになりますが、こういうワンマン市は市民限定とか開示しても黒塗りだらけになってしまうので、裁判でもしない限りどういう状況なのかわかりません。
住民監査と言っても、監査員は、市長の息のかかった人が選任されるので、結果は良くて棄却です。
松本市の市民の判断を期待したいですね。

中絶とチェルノブイリ、と半強制的

 僕も気になったのがベラルーシでの先天異常が見つかった場合、妊娠中絶が半強制的と言う事なんですけど他の人達も疑問に思っていたようです。中絶率が物凄かったのかどうかも疑問でしたが今は確実にそれほどでもないみたいですね。みなさん御存じでしたかも
http://togetter.com/li/287151
http://www.johnstonsarchive.net/policy/abortion/wrjp334pd.html
 この表結構面白いと言うか考えさせられます。ロシア、ウクライナの方がずっと高い。何故かしら?キエンセラ?
←「この国(ベラルーシ)では、子どもに先天性異常が見つかった場合、中絶するのが普通なのです」だったらチェルノブイリ関係なくね?と言った人
 僕もそう思います
 中絶するにはやはり、国情、と個人の理由が大きいのでは?と思いますが、中絶率が高いのは日本も結構な数字で、先天異常が妊娠中にみつかるとやはり中絶を選択する人が多いんではないのかと思います。日本もそれほど豊かじゃない証拠かもしれません。

 僕が新聞赤旗を読まなくなったので、姉が日曜版に変更したのですが、それも時たま僕が読む程度。昔からのつきあいで取っているだけみたいです。
 その赤旗日曜版に汚染水が溜まっていて放射性セシウムが取り除かれてもトリチウムだけは取り除かれずに、東電はその水を海洋投棄をするらしいのが非常にけしからん。と言っていますが、トリチウムとは三重水素と言うんだそうです。

 ウィキによると最初に「三重水素から発する低いエネルギーのβ線は、人間の皮膚を貫通しない。また、この低いエネルギーであるがゆえに、三重水素の標識化合物は、液体シンチレーション計測法でないと検知できない。三重水素の原子核がベータ崩壊して、ヘリウムの原子核になるときに 18.6 keV 相当量のエネルギーが発生する。電子は、5.7 keV の平均運動エネルギーを持ち、残りのエネルギーは反電子ニュートリノによって奪われる。」と説明されています。

 人間の皮膚を貫通しないなら、別に海でなくても原発近くの下水で放出してもたいして害はないと思うけど福島漁協は当然猛反対をしているらしい。
「理屈で納得できても風評被害で痛めつけられた被害がさらに増える」と言う事なんでしょうが、それをさらに煽るかのようにトリチウムは毒性が非常に強いなどと言ってます。
 毒と言うと放射線とは違う生体反応を起こす物みたいに見えます。僕はそもそも素人ですから具体的に何ミリシーベルトの放射線を出すとか言ってくれないと害の程度が良く分かりません。従ってベクレル表示でも必ずシーベルト換算をしてから害の程度を述べて欲しいと思います。

 しかし、共産党は科学的社会主義とか言う癖に、反原発カルトとしてのみの前衛党にでも堕落したかのようです。僕自身は日本共産党に非常に近い所で育ったのですが、振り返って見ると科学とは無縁の党だったと今にして思うほかないですね。堕落じゃなくてもともとカルトだったのか。

 なつかしいなあ。有人人工衛星の打ち上げにソ連が成功したら「社会主義の優越、明らか!」と赤旗にでかく乗っていたんですよ。僕は10歳前から、赤旗を読めていたんです。もう親も死んでしまってそれより若い人もほぼいなくなり昔の事など知らない人も殆どでしょうね。打倒米帝!親ソ親中から反ソに変わりアメリカの核実験は許さないが中国のは良い。から自主独立路線、親ルーマニア、親北朝鮮と言ったとたんソ連崩壊、チャウシェスクが殺されて、北朝鮮帰国につきあった日本人妻や家族の脱北。今じゃPM2.5の方が怖い。

 一貫して路線は間違い続けている、という認識をとれないのか?

 長野県は共産党与党の自治体が結構多いんですね。松本市民はどう思っているんでしょう。

祈・蟻の一穴化

オンブズマンって各地のアカい皆さんがやっている印象が強いので
この記事には「おや」と思いました。
反原発カルトを喜ばす講演を繰り返した、かつ初当選時は社民党・共産党の推薦を受けた人物がチクられる…まさに内ゲバ。
これで市長寄りのカルトが屁理屈をこねてかばい立てすることで延焼→総スカンとなれば、
事態の正常化としては最高の結末になる(毒)。

結婚前の血液検査

ネコさん

  ラフマニノフって,普通にある名前なんですね。
  ラスプーチンさんもいるくらいだから。


ベラルーシのことはよく知らないですが,旧共産圏では,生めよ増やせよ=労働力として,中絶が禁止されていた地域があります。有名な所はルーマニア。

ルーマニアでは,そのため貧困層の生活がますます苦しくなって捨て子が増えてしまい,その子らを孤児院に収容して,科学的根拠があったかどうか知りませんが,「食べ物がないから手っ取り早くエネルギーを」ということで,赤ん坊に輸血をしたのだそうです。
輸血用血液は,主に貧困層が売血していたのですが,検査もしないで輸血した結果,ルーマニアではエイズや肝炎の子どもがとんでもなく増えてしまい,それもまたチャウシェスクへの怒りの原因の一つだったそうです。

中東圏では,どういう事情か知りませんが,結婚前に血液検査をします。
婚姻届を出す時に,血液検査の結果も添付します。

自分の場合は,夫の兄が医者だったので,比較的簡単にできましたが,他の人は大変だと思います。
それだけではなく宗教の事情もあるでしょうが,現地では婚姻届を出さず,自分の国でだけ婚姻届を出す,あるいは相手の居住国でだけ届ける,という外国人妻もいるようです。

それはおいておいて,検査の理由は,おそらくは,日本も含めたいわゆるアメリカや西ヨーロッパの影響が強い国よりも旧共産圏との往来があったことや,西欧圏との関係の中でも,さまざまな感染症についての教育が行き届いたので,自衛の意味を含んでいたのだと思います。

そんなこんなで,別にベラルーシだけではないんです。

ですから,
「もとからそういう習慣があった=チェルノブイリの爆発はあまり関係ないのでは?」
というので,見方は正しいと思います。

それと,これは学生時代に関わっていたNGOが各国の状況について調べたものなので,古いかもしれませんが,日本の中絶率はとんでもなく高い,という結果がありました(他に中絶率が高いのは,意外なことにイスラエル)。

もとからの生活の苦しさとか,教育や社会状況の未発達からくる,先天的障害に対する根拠のない恐怖感というものが根底にあるのではないでしょうか。

あまり関係ないかもしれませんが,近親結婚で障害のある子が生まれる,というのは,統計調査に基づいていない,というのがありますが,それでも,根強く日本の社会にはあるようで,田舎の方で,遠縁や親戚の人と縁組みするというのは割と普通なのですが,都会の人には,眉をひそめられ,陰でこそこそ言われるのがいまだにあるようで,残念です。というか,都会ではないのに,そういう偏見のある人は,多いようです。

なんでもそうですが,社会の状況が,もともとどんな風だったか,ということも念頭に置かずに,思い込みだけで,調査結果も無視して,好き勝手に発言する人の方が,いやに大きな声を出すので,冷静に説明する声が届かない場合があります。

それにしても,この市長は,「医師」なんですね。
こういう非論理的な人には,かかりたくありません。

No title

前にも何度か言いましたが、長野県って教育旅行の誘致に力を入れていて、松本市も例外じゃないんですよね。
でもって、ターゲットは関東・首都圏。これって会津と競合するんです。スキーなんかも典型的かと思うんですが、手近で行けるのは「福島か長野」だと思います。

菅谷市長自身の「講演料」「印税」は百歩譲って「公務とは別に、個人の時間を使った結果です」って言い訳出来るかもですが、「福島の風評を広げる」→「福島への観光、教育旅行が減る」→「長野県、または松本市の旅行者増える」って構図もあるんですよね。
会津の観光関係者と話をしたときに、「会津キャンセルした人達って、結局何処に行くんでしょうねぇ」って聞いたら「長野県辺りが多いみたい」って言ってましたし。(統計とか見たわけではないので、単なる印象にすぎませんが)

菅谷市長にそのつもりがあるのかどうかわかりませんが、結果として「長野のステマやってる」ように見えちゃうんですよね。
ベラルーシは国として抗議してもいいし、福島県は風評被害として、会津は観光への実害(と言っても、どの程度影響したのかわからないんですけど)として抗議してもいいんじゃないかな、って思います。

まあ、今年の会津は大河ブームでそれどころじゃないかもしれませんけどね。

ぶんぶんの憂鬱

自分の周りには,放射能への理解が(放射線への理解というべきですが),全く進んでいない,社会全体への視野が賭けている,そういう人が多いのか,と,憂鬱になっています。

ここのブログはこんなに論理的なのに。

いまだに非論理的で,非科学的で,感情と思い込みだけが先行している,そんな世界がまだあって,知人が巻き込まれていて,

新興宗教に引き込まれた同級生を,ただ見るしかないような,

どうしていいのかわからない気持ちです。

http://mixi.jp/home.pl?from=global#!/voice/13833790/20130330210521

mixiって,会員でないと見られないんでしたっけ? よくわからない。
ベレッタさんがあんなに頑張っているのに。

水戸市の千波公園,桜が満開です。きっと,いつもより1~2週間早いですが,福島はどうでしょうか。

あったかいひもあって,寒い日もある,温暖化することがあって,寒冷化することがある,地球の動き。

「桜が早い? それは放射能のせい」とか言われそう。

普通に,単純に,「きれいだなあ。」と言って欲しい。

あんなところで「桜がさいたよ」と,つぶやく自分がアホなんですが。

ベラルーシ在住の方が「強制中絶というのは聞いたことがありません・・・」と

これは昨年暮れのことですが
はぐれミーシャさんのブログのコメント欄で伺いました。

「ベラルーシな時間 はぐれミーシャ純情派」
ベラルーシはそんなにかわいそうな国ですか?
http://blog.livedoor.jp/akiravich/archives/51373050.html

私は専門家ではないので、何ともいえないのですが、
私が小児がんセンターなどで聞いている話では、
現在のベラルーシでは先天異常は
他の国と同じぐらいの率でしか見られないと聞いています。
強制中絶というのは聞いたことがありません・・・


ベラルーシ在住で
ベラルーシ人の奥様と2歳のお子さんがいる方が
聞いたことがない「強制中絶」・・・
(ミーシャさんとその学生さんには福島市の視察団もお世話になっていて
やぁどさんもたぶん面識がおありのはず)

さて
菅谷市長はどこのベラルーシのことを言っているのでしょう。
福島の時とまったく同じ・・・どんなに失礼でどんなにひどいことを言っているか
まったく自覚しておられない。

菅谷さんの最近の話は
「現地の○○さんからこんな話を聞いた」って形になって来てますね。
ベラルーシまで確かめに行く人はいないだろうし、
ツッコミが入ったら「だって確かにそうきいたんだもん」と逃げられる?
ベラルーシ情報そのものは2年間まったくupdateされていない
1ミリも進んでいない・・・ある意味すごい

菅谷市長の翻心

菅谷市長の事故後、2011年5月の福島市の保育園で行われた講演で菅谷市長は次のようなことを述べている。

①自分は外科医であり、放射線の影響や産婦人科的なことは専門外なので良くわからない。

②チェルノブイリと福島では事故の起き方も規模も違うので、チェルノブイリの事例を福島にあてはめてはいけない。

http://www9.nhk.or.jp/kabun-blog/100/82400.html

後は持論の内部被爆には注意しなければいけないとか、子供には大人よりも注意しなければいけないとか述べているわけですが、このときの講演はまともです。
ゴメス出身の研修医がいる前で、いい加減なべラルーシの風聞を吹聴もできなかったのでしょうが、このときはまだいつもの煽り、脅しのレトリックを使っていません。

この後、①、②の自分の言葉に反し、講演会の内容が大きく変わるわけですが、それが講演会のギャラやチェルノブイリへの寄付金集めという経済的な理由なのか、思想的なプロパガンダのためなのかはわかりませんが、非常に悪意を感じます。

柚子さん

ありがとうございます。本編に追記しました。

御山の柚子さん

情報ありがとうございます。

私の情報は20年まえの社会主義崩壊時に西側から旧共産圏に流れ込んだ宣教師やキリスト教NGOのものなので,古い上に偏りがあったと思います。

新しい情報は助かります。

どこの国でも,中絶とかの陰にあるのは貧困が大きな理由ではないか,と思われます。

強制中絶というのは,私も聞いたことがありません(むしろ,カソリックなどの話では,中絶させてもらえない,という話が多いです)。

いったい,どこのベラルーシ? ですね。

とはいえ,20年ほど前に,女優の岸惠子が,「ベラルーシの林檎」という本を書いていて,これにもそうとう偏った情報があったので,そういうのを読んだ人には,この2年間のデタラメな情報がすんなり入ってしまうかもしれません。

それにしても,この2年間,感じたことは,
「自分より下の者を作っていじめ倒すということをしなければ自分が存在できない人間がいる」
ということで,なんとも,後味が悪いものです。

「放射能でミュータントが生まれる」というのは,SFの話であって,現実ではない,という,虚構と現実の区別がつかない人が多いのかもしれませんが。

新聞には,「出生前診断」について大きく出ていました。
障害のある子は生まれてはいけない,というなら,自分も遺伝性の病気があるから,生まれてはいけない子どもだったのか,と,考えずにはいられません。

A日新聞のO岩さんは,先日の甲状腺検査の結果に何も言えなかったようですが,今日のA日新聞の書評欄には,Wセ田大学の教授が,小出裕章・佐高信の本を「だまされないために」と推薦していました。

今になって,何を言っているのか? 早稲田(めんどくさいので実名)って,そんなに科学系の教授陣の知識量が低いのだろうか,と,謎です。

東電は,「天災だけが原因ではなかった」ことは認めているのですが,相変わらずの「自分達はだまされていた。東電も政府もうそばかり」の推薦文でありました。

この人,新聞読んでいないのだなあ,と,かえって感心してしまいました。

みかけの客観性と報道の質

 清水です。
 ベラルーシの「はぐれミーシャさん」には何度もお世話になり親しくなりました。長いことベラルーシに住んでおられるので、あちらの実情に関してはこの方の情報が信頼できます。
 チェルノブイリ事故の被災地に関し、断片的な情報を増幅させてことさら悲惨な話を流布させる人がいますね。視察なんかの場合、短い滞在期間中どんな人に会って話を聞くかで、まったく異なる印象や判断が引き出されます。また最初から「ひどいことになってるんだ、かわいそうな人たちなんだ」との思い込みが強いと、普通の生活を営んでいる人たちがみんなそんな風に見えてしまいます。
 だいぶ前に「ナージャの村」というドキュメンタリー映画がありました。ベラルーシの汚染地帯に住んでいる家族の生活を淡々と撮った作品です。あれを見た日本の私たちは、そこに出てくる住民たちの普通の生活や彼らの表情の背後に、常に「チェルノブイリ」の影を見ていたと言えると思います。そうでなければ何の意味もない映画ですから。子どもが出てくれば「あれは可哀相な子どもなんだ」と、涙ぐんでしまう。映像そのものは別にそういう情報を露骨に押し出してはいないんですが、見るほうがそのように見てしまうわけです。
 「ナージャの村」は、いい映画だと私は思っています。ここで言いたいのは、同じ現実を見ても、見る側の受容の条件次第でずいぶん違った解釈が成り立つということで、思えば当たり前のことです。
 で、今現在、「福島の子ども」がドキュメンタリー映像に登場したりした場合、どんなふうに人々がそれを見るかですね。福島は住めない、と一途に思い込んでいる人の目からみれば、たとえば公園で遊んでいる子どもたちの姿は悲惨で、可哀相で、思わず涙ぐんでしまうような光景に見えるのではないでしょうか。
 同情という感情は、人として大事なものだと思います。ただ、その「同情」が、実は「残酷」な意味を持つことがあるのだという現実を、福島の私たちは身にしみて感じているわけです。ベラルーシの人にとってみれば遠い極東の日本人がどう思おうと実際の影響はないでしょうが、こっちは同じ国内の話です。
 日本のマスコミが今、福島の子どもたちが外で遊ぶ様子を淡々と撮った映像を流すとします。何の意味もなくそんなことをするはずはありません。流す側は、視聴者の感情移入を喚起しようとしていると考えるほかありません。それも「ご自由に解釈してください」というのではなく、特定の方向に解釈を誘導する企図が仕掛けられているとみるべきでしょう。情報を流す側と受け取る側の間にツーカーの関係が前提されて初めて成り立つコミュニケーションです。ある意味で怖い情報環境です。外見上は主観を交えない客観的で公平な情報提供に見えても、実際は決してそうでない。これはまんざら仮定の話ではなく、実際にいろんな報道や映像作品にそういう傾向がうかがわれることがあります。
 「同情」と「差別」は微妙な関係にあります。他人の不幸に同情することは誰にでもできますが、本当に相手の身になってものを見るのは想像以上にむずかしいものです。マスコミ人にはそのことを深く考えてもらいたいと思いますね。新聞でも全国紙と地元紙とで記者の気持ちに違いがあると聞きます。地元の記者は、いつも「この記事を読んだら福島の人はどう感じるだろうか」と考えながら書いている、そう考えながらでないと書けない、といいます。全国紙の記者、まして県外で記事を書いている記者となると、そういう感情が希薄なのではないかと思います。

 

No title

清水先生

  おっしゃること,その通りだと思います。

>視察なんかの場合、短い滞在期間中どんな人に会って話を聞くかで、まったく異なる印象や判断が引き出されます。また最初から「ひどいことになってるんだ、かわいそうな人たちなんだ」との思い込みが強いと、普通の生活を営んでいる人たちがみんなそんな風に見えてしまいます。


 それは,まさに私がレバノンのパレスチナ難民キャンプで感じたことです。
 また,「パレスチナの人たちは心がきれいで親切で」と,よく言われます。
 そのたび,うちは亭主が難民キャンプ出身の亭主ですから,
 「いいえ,どこの国でも同じです。普通の人間です,イヤな奴もいるし,良い人もいます,(人間的に)愚かな人もいればそうでない人もいます。」
 と応えます。
 そして,「パレスチナ難民の敵」にされます。

 一般校から特別支援学校に転職した際,「障害のある人は,心がきれいで,いじめもないからいいですね。」と言われたものです。
 そのたび,「いやいや,仕事がめんどくさくてサボる人間だっているし,自分より弱そうな子をいじめる子もいるし,それが普通でしょ?」と応えたものです。

 変な思い込みが,変な方向に誘導されているから,目の前にある単純なことが見えないのかもしれません。

 それが,遠くのことではなくて,自分の生活する場所だと,ちょっと,鬱陶しいのですが。

 

アサヒが小菅信子さんに犯罪?

アサヒ関係者が小菅信子さん(山梨学院大教授 第二次大戦後の「和解」が専門
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-100.html 参照 福島の味方だよ)に何か悪さしたらしいです!!!

https://twitter.com/nobuko_kosuge

N. M. Kosuge‏@nobuko_kosuge9時間
私や夫が誤解されるのは不本意なので、はっきりツイートします。先週末、何度も電話をまわされた後、ようやく、朝日新聞東京本社広報部のI氏という担当者に、 @webronzaの問題と、同紙の元記者から受けた迷惑行為について通報できました。今後、すみやかな状況改善を強く要望します。


N. M. Kosuge‏@nobuko_kosuge8時間
続 もう一つの問題、元記者のハラスメントついては、あとは朝日新聞東京本社広報部で考えて、検証するならして下さい。私のほうは、こちらの問題で、私自身に関する限り、社内の評価や評判が「落ちたことはない」と明言してもらいましたので、本件については、これでよしとします。

誰か「まとめ」を!!!

森住卓のフォトブログにも物申す

相馬郡で放射能が原因で馬がバタバタ死んでいる、というブログには、訴訟を起こしてもいいような気がします。

話題の牧場主、細川徳栄という人は、一昨年の朝日新聞でも取り上げられた人です。

これが2年前なら驚きませんが、3日前の更新です。

森住という人は、パレスチナ関係のイベントにしょっちゅう出てくる人です。

広瀬隆は反ユダヤ教徒がウリで、広河隆一はパレスチナ支援がウリで、と、パレスチナ支援者がみんな放射脳みたいに誤解されるから、私が訴えたいくらいです。

ネコさんのブログをスマホで見ると、何故か、ページの下の方に、森住卓のが勝手に出てくるんです。最近ページが下の方にのびたせいで。

ネコさんのブログを見たいだけなんですが。

ステマ説は有りですね

こんばんは。
久しぶりにコメントします。

>IKAさん

菅谷市長の行為が、結果として長野のステマになっているというご意見、私も大いに同意します。
彼の行為によって実際にいくばくかの利益がもたらされている、あるいは利益がもたらされるという期待感ゆえに、反原発とは関係なく菅谷市長を支持している層が一定数存在してるんじゃないでしょうかね。
だからこそ、市長は今まで好き勝手ができていたのかも。
単なる放射脳集団からの支持だけでここまで引っ張れたか、正直疑問に感じています。
「ステマするんじゃねーよ」
という、従来あまり見られなかったクレームをあげることにより、市長の支持層・後援者の実像が見えてくるような気がします。
彼らの正体はどういう人々で、どういう反応をするでしょうかね。


反原発界隈には、放射線による人体への影響を過剰に騒ぎ立てる人だけではなく、他に色々な思惑を持った人が集まってきていますよね。
例えば、過激かつ性急な態度で電力自由化を謳う人々や、東京一極集中を何としても打破したい人々などなど。
代表例としては前者には古賀茂明、後者には内田樹がそれぞれ該当します。
仮に彼ら自身はいわゆる「放射脳」ではないとしても、彼らの言動が結果として反原発正義軍の後押しをしている点があることは否めません(直接関係あるかどうかはわかりませんが、木下黄太あたりは、いつの間にか反原発と脱東京がセットになってきてるようですし)。
健康被害をでっち上げて大きな声を出す者たちは、次々と明らかになる事実の前に次第になすすべもなくなってきています。
今後は、それ以外の思惑絡みの面々が、面倒な存在として浮かび上がってくるかもしれません。


みなさん!明日から4月ですよ!

明日はどんな嘘をつこうかにゃ~♪
(毎年誰かにだまされていて悔しい)


ネコさん
3/31追記もよかったです。

ラフマニノフって・・・あの手が大きくないと弾けないという?
仁さんが「すのこ」を薄く切ったような道具を使って弾くという?
あ・・・デマでした(ぺこり)。


boomboomさん
今年、ふきのとうがごろんごろん咲いてます。
椿の花つきもなんかいい感じです。
桜も楽しみ♪

>「桜がさいたよ」

きれいだね~♪
一緒にお弁当食べましょう。


御山の柚子さん
>「ベラルーシな時間 はぐれミーシャ純情派」

これ、すっごくよかったです!

No title

>元大阪府民からの伝言さん
ご賛同いただきありがとうございます。
菅谷市長のステマ説は私の考えすぎかもしれないんですが、調べればある程度の相関関係は見いだせるんじゃないかな、と思っています。
ビジネスとしては「弱った相手は徹底的に叩く」事もアリなのかもしれませんが、行政の長としての道義上の問題はあると思いますし。こんなことやっていて「人格者」ヅラするのも許せないんですよ。

>boomboomさん
>相馬郡で放射能が原因で馬がバタバタ死んでいる、というブログ

えと、これですね。

http://mphoto.sblo.jp/article/64060043.html

このポニー、飯舘の農産物直売所で見かけたことあります。
ここの牧場からレンタルされていたみたいですね。
客寄せのつもりだったのかな。
なんかそのポニー、蛍光塗料で下手なボディペイントされていた事もありました。
虐待してたとは言いませんけど、私の個人的な印象としては、あまり愛情持って接していたようには感じませんでした。(ってか、愛情あったら塗料でペイントしないと思うんですよね)

匂うな

>IKAさん
>元大阪府民からの伝言さん

飛躍しているとは思いますが「菅谷氏を推す放射脳以外のシンパ」と
「『県庁を郡山に』と吠える郡山民(とその周辺・背後民)」に
同じ匂いを感じとってしまいますね。

上杉隆氏に協会仲間が三行半

上杉隆氏以外の理事が集まって自由報道協会の解散を決議した模様です。
原因はやはり読売記事の盗用疑惑に対する上杉氏の不誠実な態度に、他の理事たちが愛想が尽きたということのようです。
その件で、理事たちが上杉氏の敵方にあたる池田信夫氏にメールを送り謝罪していることが判明。池田信夫氏のブログより。
最後の仲間にまで見放されてしまった!
http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51850362.html

No title

えと、とりあえず、今日の日付で発信された情報に関しては「眉にいつも以上に唾つけて」おこうかなぁ、と思っております。

えんがちょ

 清水です。
 4月1日ですのでリラックスして駄文をご覧に入れます。事故からまだ間もないころに書いたもので、福島差別への怒りだけが書かせた代物です。私は東京生まれで、福島vs.東京、農村vs.都市という対抗関係で原子力問題を捉えるのは正しくないとアタマでは考えているんですが、人間いつもクールではいられないものです。

 えんがちょの逆襲 

 福島県民は放射能がたかっているからバッチイんだそうだ。ガソリンスタンドも福島ナンバーの車はお断りの札を出しているところがあるそうだ。東京の電車に乗るときは「福島県民」と書いたゼッケンをつけてほしいなんて言う若いのがいるそうだ。大いに結構。上等である。
 むかし子どもの頃、公園に犬のうんこがよくあった。悪ガキが棒の先にそいつをくっつけて女の子を追い回していた。うっかりうんこに触ってしまったりした子は「え~んがちょ、えんがちょ」と囃し立てられたものだ。あれと同じである。このたびの一件は「放射能えんがちょ騒動」と名付けて学校の教科書に載せるよう文部科学省に提案したい。
 福島県民が浴びているのは「低レベル放射線」だが、あっちで蔓延しているのは「低レベル頭脳」だろう。「えんがちょ」の語源ははっきりしないようだが「縁がちょっと切れた」の意味だという説がある。バッチイやつは縁切りだよ、というわけだ。しかし東京が福島と縁を切ったら電気が来なくなって困るのは東京のほうである。
 福島県内で作っている電気の量は年間2333億キロワット時。県民が使っている電気の量は158億くらいで、7パーセントにもならない。これだけ首都圏にサービスしていながら「えんがちょ」扱いされて黙っている手はない。だいたい東京電力管内に東京電力の原発は1基もない。福島に10基、新潟に7基。東電は青森にも造る予定だ。なんでわざわざそんな遠くに原発を造るのかといえば「万が一のとき」に放射能を浴びる人間の数を少なくするためだ。「万が一のとき」とは、もちろん「今度のようなとき」である。
 3月15日に南風が吹いて北風が吹かなかったのはただの偶然だ。北東の風が吹いて、しかも雨が降っていたら関東地方が浪江町や飯舘村になっていた。あの日の南東の風は関東のみなさんには神風だったのだ。
 ところで原発は運転すると「放射能のうんこ」が溜まる。1年間運転を続けると広島原爆1千発分になるという話だ。で、このうんこは、いい加減溜まったところで青森県へ持っていくことになっている。そこには再処理工場というのがあって、うんこに残っている栄養分をしつこく絞り出す。そうすると最後に放射能たっぷりの「濃縮うんこ」が残る。
 この濃縮うんこは、触ると危ないが、原発のうんこと違って決して爆発しないから安心だ。ガラスと一緒に固めてある。そして何百メートルも穴を掘って埋めてしまう計画になっている。火山の麓でもない限りどこに埋めたって構わない。東京だって全然大丈夫である。うんこも他人のものだから汚いのだ。自分の体から出たものだと思えばそんなにバッチイこともなかろう。福島や青森の放射能は東京のうんこなのだ。
 放射能は空から降ってあらかた地面に落ちている。土が汚れているから福島の米も野菜も椎茸もえんがちょだと、あっちの大人たちは子どもに教えるのであろう。ついでにもっと教えてあげたらいい。そのバッチイ土を食っているミミズは突然変異して大蛇のようになるであろう。土にもぐって暮らしているモグラも巨大化して怪獣モゲラになるであろう。そして大挙して地下を通って東京に襲いかかるに違いない。えんがちょの大逆襲だ。
 「カネもらってるんだから文句を言うな」としたり顔で言う「有識者」がいるかもしれない。確かに発電所ができると補助金が降ってくる仕掛けがこの国にはあって、日本政府は過去36年間で2700億円の補助金を福島県に落としてきた。しかし今度の原発災害で福島県民が被った損害はそんな程度ではとても済むまい。しかもこの被害がこの先36年かそこらで終わる保証はどこにもないのだ。

No title

>うるしねまきさん
遂に・・・でも

>IKAさん
クスクス 池田さんにの上杉の件も「冗談」カテゴリーになっていますね~。でも「自称報道教会」からのメールは3/31だそうで。今日は一日楽しめそうです。

No title

>観潮楼さん

もしかして「県庁を長野市から松本市へという人たちがいるとか?(ちなみにワタシは県庁を郡山へ、についてはある部分合理性はあるものの、今からでは現実には移転費用がかさむだけで意味無しと思っています。郡山集中&福島市縮小は、結果的に福島県全体の活力をそぐのではないかとも思います。)

こりゃすごい

NHK番組 原発容認で出演中止 「意見変えて」要請
http://news.goo.ne.jp/article/sankei/nation/snk20130401059.html

このNHKのバカな説明じゃ、そもそもこの番組自体が選挙において、特定政治勢力を加勢するものだったってことになる。出演者に対する露骨な「意見を変えろ」は言語道断。もしかして大NHKがそんなに「放射脳」のクレームを恐れたのか?信夫山で修行しなさい。

しかしこれじゃ、何で堀潤という放射脳アナウンサーがNHK辞めたのか、よくワカランね~(上杉に騙されたの?)。マスゴミのメッキもはがれてきて、とにかく原発事故は強力な「○カ発見器」だ。

朝からだまされまくっております(クヤシー)!!

げじげじがお家の中にいるよ~!とか
私の分のおにぎり、間違えて食べちゃったよ~!とか。

もう信夫山に篭りたい・・・。


どこに書けばいいのかな(うろうろ)。
瓦礫と太郎さんのコメントの続きがいいのかな(2012年6月あたり)?
こんなのありました。

>NHK番組 原発容認で出演中止 「意見変えて」要請

おっと!ネコさんに先こされました~(てへ)。

私はさすがNHKと思ったよ。
念のいったこって。
丁寧な仕事っぷりですこと(フンだ)。


>テレビ朝日、開局以来初めて年度視聴率1位

なんだよ~。
どいつもこいつもくだらない仕事して儲けやがってよう。
(今日はビートたけしのおっさん風にコスプレです)


boomboomさん
>A日新聞のO岩さんは,先日の甲状腺検査の結果に何も言えなかったようですが

あのね・・・うふふ・・・ご存知かもしれませんが
3/30(土曜日)の「be on saturday」っていう2枚っぺらの
おまけみたいなのに

「今さら聞けない+ 等価線量と実効線量」ってコラム?書いてました。
「単位が違えばいいのに~」って悔しがってました。

>今日のA日新聞の書評欄には,Wセ田大学の教授が,小出裕章・佐高信の本を「だまされないために」と推薦していました。

見た見た!うははははは。
いいお顔で勧めてましたね。
だまされんなよ~(笑)。

私・・・自分の本棚を見られるのは、裸を見られるより恥ずかしいと思う。
人に何かを勧めるって・・・難しいですね。


観潮楼さん
>同じ匂いを感じとってしまいますね。

え・まじ?くんくん・・・。


「もしも借金がなくて、何十億円もお金があったら
福島みたいな不安な土地にはみなさん住まないでしょう?」
ってシツレーな書き込みを昨日見つけ

なんだかお金や職業にからめて
避難しろとか・したいはずだとか・友人はそう言ってたとか
こだわる○カが絶えないなあ・・・(同じ人か・台本があるか・流行か)
と思って悲しくなりました(ニヤニヤ)。

そこで私、考えたんです。
私自身が被験者になろうと。

そうすることであの方達のお役に立てるなら・・・。

あの方たちのおっしゃるとおり
お金さえあればなおみは避難するかもしれません。
試してみませんか?

私に避難したいと思わせるだけの
お金をくださ~い(にっこり)!

実験ですから
その方たちの仮説どおりになおみが行動するかは
やってみなくちゃわからないんですケド・・・。

やいやい嫌なことを言ってくるだけより
自信があるなら試してみたらいいじゃないですか。

億単位でくださるのか~(わくわく)。
寄付金からかな~。

信夫山のみんな
なおみがとっとと避難しちゃったらゴメンネ!



(セイコウノアカツキニハ・シノブヤマノミンナデ
トマリガケ・オンセンツキノ・オフカイシマショウ♪
ナオミガ・ゼンブ・オゴリマス

ケンナイノカンコウギョウカイノミナサンガ
ヨロコンデクダサルヨウナ・ハデナヤツ
キカクシヨウ

モチロンオコサンヅレ・カゾクヅレ・ダイカンゲイ!
ケンガイノカタモキテネ♪)


ああ・・・一体いくら下さるんだろう(恍惚と不安)。

No title

>SHIMIZUさん
「はぐれミーシャ」さんについてのコメント、ありがとうございます。本編に載せました。

そう言えば本当にこんな事件がありました。
http://jabnz.blog69.fc2.com/blog-entry-524.html

福島ナンバーのクルマなので、2011年に他県に行った時には「警戒モード」でした。

No title

>観潮楼さん
ん~、私の見た限りでは直接的な繋がりはあんまり感じませんでした。推進している人達の「中心」は人脈広すぎて両方側と関わっているみたいですし…。
なんとも。
ただ、実現可能性は(ネコさんご指摘のように)かなり難しいですね。そんなことやったの「栃木市→宇都宮市」以外であるのかな?(それもかなり古い話だし)
郡山の県庁出先機関を拡充して実質的機能を持ってくる、ってのはあり得る話だとは思いますが。

>SHIMIZUさん
ぶひゅひゅ、4月1日らしいです。
この「福島忌避」騒動をして「壮大なエンガチョ遊び」ってのはその通りですね。
個人的には「遅れてきた世紀末ノストラダムスごっこ」とかもあるのかなぁ、なんて感じます。

>信夫山ネコ様
う~ん、4月バカではないんですよね。
NHKのポジションがいまいちわからないです。
まあ、NHKって「アドリブやハプニングにもリハーサルがありそう」ですから、演出意図と話が違ってくるのはとても嫌がるとは思いますが。

>なおみさん
いや~、なおみさんばっかりに負担させるのは悪いな~。
ってことで、「避難させるためにいくらかかるか実験」、私も絶賛受付中です!



えと、菅谷市長の講演会その他、こっちのまとめも更新されていました。ご参考に。

http://togetter.com/li/324817

ぶはは

http://togetter.com/li/324817

見て吹いた。松本市では今もサーベイメーター(GMかシンチか?とにかく空間線量測定用だろ~~~)あてて給食測っているとは・・・。そんなもんで食品測れるなら、みんなサーベイメーター持って買い物するわな。これマジで「市民」から批判の声は出ないのか~?松本にこそ奴等の「市民放射能測定所」が必要だ。早く福島から引っ越せ。

マサカ北朝鮮みたいに外部からの情報が遮断され、「市民」は菅谷将軍様のありがたいお話「わが国は最強だ!汚染国福島は滅びる!」を拝聴・・・?今日は4/1です。

No title

>ネコさん

リンク先みてみました。
自分がツボなのはこれ↓

>「住民の免疫機能の低下もあり、アレルギーが増えている。」と。
>免疫機能低下してアレルギー?

これに疑問をもたずに話しているのは、もはや学生以下ではないかと。
現場を離れているからという言い訳は通らないなこりゃ。

セシウムで免疫下がるなら
花粉症緩和されるかとおもいきや、
今年は鼻水が滝のようですorz


まあ医者を揶揄して、

「内科医はなんでも知ってるけどナンにもしない。
 外科医はナンにも知らないけど何でもする。
 病理医は何でも知り,なんでもやってのける.だが,いつも手遅れ」

なんてことを言われることがありますが、
菅谷昭市長って外科でしたよねー(棒読み)w



ちなみに精神科医は「ナンにもわかってないしナンにもしない。」
といわれますが、

「何でもできる」とか「何でも知っている」とか言い出す人は
躁状態の疑いがあることを知っておりますw

No title

福島の医師@当直中さん

  免疫低下してアレルギー?
 
  実は,自分は大変なアレルギー体質なのですが(花粉症なんていうのではなくて,植物のあっちこっち,食べ物のあっちこっちで問題が),かかりつけの医師に,

 「あなたは,免疫が強いんですよ,よかったね。」
  と,なぐさめられたことがあります。
 
  他の先生からも,「ガンにならない体質かもね。」と。

  アレルギー専門の先生がそう言うんです。実際,アレルギーの症状が出る理由は,異物を排除しようという働きだったと思うのです。

  放射能騒ぎが起こってから,いつも思うこと,
  「放射線で免疫が低下してアレルギーってことは,ないよね。」
  です。

  加えて,最近は,ユ○クロのウルトラ・ライト・ダウン・ジャケットでアレルギーを起こしました。原因はフェザーの種類が,そういう反応を起こすものだった,ということです。
  さらに,ダウン・コートを作る際には,羽毛を袋に小分けしたものを中に入れて刺し子するという通常の方法をとらないことで服を格段に軽くした,というユ○クロ独自の製法も,しょっちゅう羽毛がでてくるので,余計に症状を重くしました。

  おしゃれだったのに,残念です。

  そこで私が考えたのは,季節柄,このタイプのジャケットを着た人の中には,普段以上にひどいアレルギーを起こした人がいるはずで,そういう人の中には,「これは放射線のせいだ。」と言い出す人もいるだろう,ということです。



ネコさん

  福島ナンバーが拒否される,というのは,聞きました。

  茨城県でJCOの臨界事故があった際には,水戸ナンバーや土浦ナンバーが他府県で排斥されたので,同じことが起こるのではないか,と危惧したのですが,やはり同じことになってしまいました。

  とても,情けないことです。

  同じ茨城県の中でも差別があって,県南地域では,「県北は放射線で被曝する。」と言われました(今も言う人がいます)。つくばエクスプレスなどがあって東京まで近いと思っている人たち(よそから移り住んだ人が多い)には,県庁所在地の水戸(県央地区)でさえ「県北」です。

  そして,福島県の避難地域から避難してきた人たちに対して,2011年の震災直後頃には,「放射線量をはかった証明書を見せないと,住民登録させない。」という,とんでもないことを,つくば市役所がしていました。

  つくば市からは,他府県から来ていた人や外国人がどんどん出て行って,市役所がそんなふうでした。無知というのは差別を生み出すものですね。

  そんな つくば市で,今は,「避難者(自主避難者含む)の子どもの医療費を無料に。」と,「市民団体」の支援のもとで要求がなされているそうです。(いつの新聞に出ていたのか忘れたのですが,去年あたりから茨城新聞に出ています)

  この人達は,いったい何をしたいのか。


なおみさん

  ふきのとう,茨城県県南部ではあまり見かけないのです。場所的に,難しいのでしょうか。

  ふきのとうの淡い緑と,てんぷらにした時の,そのほろ苦い味に春を感じるんです。

  朝日新聞のBe に出ていた放射線の記事は,あれO岩さんでしたか。「何を今更。」と思ったので,斜め読みしてしまいました。
  いけないいけない,うっかりしていました。ありがとうございます。
  

  
IKAさん

  相馬の馬の件,ありがとうございます。
  最近,パレスチナがらみでネットを見ると,「どうしてこうなんだ?」というものにぶつかってしまうことが多いのです。
  
  私は以前乗馬をしていたのですが,馬がこういう写真のような状態になるのは,餓死ではないのだろうか? と思ったのです。
  ボティペインティングなんて,ひどいですね。
  この牧場主は,2年前,朝日新聞を通して全国に「被災した地区の馬や牛を保護している」と訴えて,寄付を募っていました。
  寄付金だけでエサが足りなかったのなら,そういえばいいのに。
  ちょっと考えたくなかったのですが,寄附金が予想以上に集まったため,欲が出てしまったのではないか,という気がします。エサをやらなければ,寄附金は残るし,放射線のせいだと言えば,補償金がもらえるのか,と。

  そういう想像は,したくないのですが。

No title

>boombommさん

水戸でさえ「北」とは・・・。何か昔茨城県議会(?)が、県庁を土浦に移転する決議をしたとか、聞いたことがあります。

しかし水戸と土浦に行った経験からすると、水戸は徳川御三家の城下町で、偕楽園もあり、立派なクラシック音楽のホールもあり・・・・一方土浦は東京に近いってだけで・・・てな感じでしたね~(土浦の方スミマセヌ)。あくまで県外者の出張アフターアワーズの印象ですが。

あ、ワタシは茨城の本当の北の方は好きです。福島県境に近いあたり。水戸出張は水郡線だったのですが、あの沿線はのんびりしていてよかったです。福島の南の端、矢祭町も含めて。特に3月、本当に春が一足早く来ているのが実感できて。あのあたり八溝山系ですか、温和ないいところっていうイメージがあります(初めて花粉症になったのが矢祭に行った時だったのですが)。

私さえ我慢すればいいんです

IKAさん
>いや~、なおみさんばっかりに負担させるのは悪いな~。

いえいえいえいえいえいえいえいえ。
お気になさらずどうぞ。
私だけが犠牲になればいいんです。
IkAさんはお仕事頑張ってください(げへへ)。


福島の医師@当直中さん
>「何でもできる」とか「何でも知っている」とか言い出す

私・やばいかも~・・・。


boomboomさん
>朝日新聞のBe に出ていた放射線の記事

あの記事はどなたか別の方が書き
「記者の目」みたいな「かんそうぶん」だけ自分で書いたのかな?
あれ全部書けたんなら偉かったですよね。


最近、自主避難の方がたくさんお世話になっている県で
小さな事故がありました。
福島ナンバーの方が当て逃げをされたのです。

その時の相手の捨て台詞が
「どうせ避難してきたくせに!」だったそうです。
(無事に捕まりました。ちょっと他にも・・・性質が悪かったので)

その方は公のお仕事の都合で
そちらに引っ越されていただけです。
震災ではみなさんすごくお世話になったはずです。

なんかね・・・。

No title

>boomboomさん

専門ではありませんが
ざっくり言うと、
本来、寄生虫とかに対抗するための免疫機構とかが
世の中がきれいになりすぎて暇を持て余してしまい、
排除しなくてもいいような対象に
過剰反応しているようなものですかね。
個人の体質とかもあるでしょうけど。

放射脳な方々は癌のことで言い負かされそうになると、
「ガンだけじゃない。免疫が低下していろんな病気になるんだ(キリッ」
とか言い出しますけど、
それなら免疫の過剰反応であるアレルギーの症状が緩和されたり、
膠原病が寛解したりとかが起こってもよさそうなんですが
そんな話は聞こえてきませんねぇ。


>ネコさん
>水戸出張は水郡線だったのですが、
>あの沿線はのんびりしていてよかったです。

のんびりしてていいんですが、
花粉症もちにはきつい地域ですね。
山から黄色い煙が立ち上ってるようにも見えますし。


沿線で思い出しましたが、
途中下車する余裕があれば、
塙の駅前にある四川料理の清華がおすすめです。



No title

SHIMIZU さん
 ある意味では重要な問題提起なんでしょう。今の福島における状況については放射線量よりもそれに対する評価が分かれて争う事を憂いを持たれている。今まで出された投稿の傾向からそう思いますが
 そのベラルーシの汚染地帯ですが、場所を問わず、いったいどのくらいの放射線量だったんでしょうか。具体的には1日何マイクロシーベルトで年に何ミリシーベルトだったとか、要するに数字が出てこないと、同情しようとしても出来ないのではないのかと僕は基本的に思います。

 >同じ現実を見ても、見る側の受容の条件次第でずいぶん違った解釈が成り立つということで、思えば当たり前のことです。<

 そう、ここなんです。良くリスクを回避するためにさらに大きなリスクを選んでしまう事が良く言われますけど、今回の福島原発事故に関しては避難によるリスクの方が明らかに高く犠牲者も出ているのですが、そこを解決するのが、数字でリスクを選択する方法で今回の事故ではあまりに明らか過ぎると思っています。

 SHIMIZUさん自身は既に低線量慢性被ばくに関して直接的被害よりもむしろ二次被害の方が大きいのだと言う主張ですよね、身体に殆ど害がない放射線量について過度に恐れる方がリスクが大きいと、常にはっきり言うべきなのではないでしょうか?十分言われて僕が認識不足かもしれませんが。

 
ところで
 昨日衛星放送の朝日放送で世界は今を特集していたのですが、第二次イラク戦争で、結局大量破壊兵器は見つからなかった、とブッシュのバカ息子のブッシュが述べていた場面がありましたが、アメリカはそのために4500名もの兵士を犠牲にしたそうですが、あまりのばかげた話で、僕は暗澹としましたね。2万人の若者を死なせた上に、200万人のベトナム人を○○したベトナム戦争から進歩がなかったとしかいえません。

 わが日本も積極的にイラク戦争に参加をして、アメリカの大量破壊兵器捜索のためのばかげた戦争に参加をしていながら、「大量破壊兵器があるのかないのか、私にわかるわけがない」と時の小泉首相が平然として述べたのは記憶に新しい事です。

 親父ブッシュの時はイラク兵を10万人○○して、イギリスのチャールズ皇太子は戦勝を祝う気になれないといいました。

 しかし、バカ息子ブッシュは無辜の民を含めて13万人を○○したのですよ。この大ぎゃくさつに参加した全てのアメリカ兵からアメリカ国民まで一人一人が断罪されるべきである。と僕は思いますし、日本国民としてもイラクの民にはすまない事をしたと思います。

 しかし、ブッシュも小泉もイラク国民に謝罪とお悔やみの一つでも言ったんでしょうか?

 僕はこういう問題については一体何人の命が失われたかで人間はその正か悪かの重要な判断をするべきだと思っています。正義のために自分一人で1000人を○○すと言うのははっきり言えばテロと変わりはないと思います。

 その意味でアメリカと言う国はイラクでテロをやったと思います。それも二度も。そしてアメリカの企業が起こしたインドのボパール化学工場事故は、企業がやった最大級のテロで国家が行ったテロにさえ劣らない事であるんだと思っています。

 僕自身は、今福島で年に1ミリシーベルトまで除染をすると言う事は非常に馬鹿げたことであり、一部の除染業者は膨大な利益を得るかもしれませんが数兆円をかけたとしてもそれほど効果もない
(①金をいくらかけても1ミリシーベルトまで下がらない。②10ミリ、5ミリを1ミリシーベルトにしてももともと微小なリスクをさらに微小にするというのは本質的に無意味と言う2重の意味で)

 気持ちの問題とか住民感情とか言う事なら、その金を分けた方が良くない?人によっては2千万円だとか。1ミリシーベルトまで除染する事の無意味かつ非生産的な行動には正直にいやになる思いです。

 僕はそもそも除染には反対なんですが、高濃度に汚染されていると言う警戒区域でも2、30ミリシーベルト/年であれば、LNТ仮説によれば0.1%の晩発制の致死的ガンの発症がある。と言う事を何故恐れるんでしょうか。0.5%でも統計誤差の範囲内で、もしも有意にガン発症率を下げたいなら、酒タバコに課税して医療を充実させるべきだと思います。

 それでも1ミリシーベルトと言わずに20ミリシーベルトとでも言えば除染地域はせまくなって、実際に除染をして20ミリシーベルトまで下げるのなら比較的簡単にできるでしょう。
 僕は100ミリシーベルト/年でも本来は受け入れるべきだと思いますが、そんな地域はないらしいので20ミリシーベルトまでなら受け入れる様にした方が良いと思っています。
 
 そんな金つかうなら、避難地域の近くに高級マンションを建てられるんじゃないかな。超大型30階建てマンションで5LDK150平米を1ヘクタールに1棟500戸。100ヘクタールもあれば十分でしょう。それから福島に限らないけど災害国日本ではもっとゴージャスな仮設住宅を常に用意するべきではないのかな。仮説であっても5LDKの3階建ならゆっくりと復興を待つ事も出来るし、東北だから土地はあるでしょう。

 つまり放射能に対する過剰な恐怖が莫大なコストを産むと言う事です。放射能で死んだ人は福島原発事故では一人も出ていないのです。今後も恐れる事など何もないのです。これを考えたら今の日本の異常な狂気とも言える規制や除染が莫大なコストを生み、他の安全に関わるコストを圧迫して、結果として大災害を招いてしまう事だって考えられるはずです。
 今すぐ原発を再稼働させて、東北復興と東南海大地震に備えるため、高い化石燃料費を内需に回したら景気だって良くなりますよ。

No title

なおみさん

  土曜日のBeは,ついついナツメロの記事とか,らいふいずびうちふる(4コマまんが)などに目が行ってしまうので,読み飛ばしてしまったんですが,そこそこまともには書いていて,しかし,「だから,なんで今?」という気持ちになったのです。

  小学生向けの「みんなが知りたい放射線の話」(少年写真新聞社)とかの方が,わかりやすくて,ためになるような。

  本当にO岩さんが書いているなら,「今まで何やっていたの?」では,という気もしますよね。



ネコさん

  茨城県を優しくみてくださって,ありがとうございます。

  矢祭はいいですねえ。4~5月には,つつじを見るために,出かけたものです。

  姉が仙台に住んでいた時には,常磐線利用,水郡線利用,半々ぐらいで,会いにいきました。
  どちらも景色がきれいで,海沿いも田んぼの風景も,どちらも好きです。  

  同級生にも,矢祭から越境通学している子がいましたし,あのあたりは,県境をまたぐこともできる(と,いえなくもない)。すごく身近な感じです。
  県境をこえると,茨城弁の「だっぺ」が,「だっぱい」になるんですよね。でも,同級生の男の子は,大子の子よりなまりがなかったような。
  で,子どものうちは,一緒にいると,だんだん,「だっぱい」と「だっぺ」がお互いになじんで,ごちゃごちゃになっていることも。

  八溝山系の花粉は,まあ,確かにすごいんですが。
  不思議なことに,大子に住んでいた頃には,花粉のアレルギーはそんなにひどくなかったのですが,県南に赴任して,コンクリートの街の中で生活するようになったら,ひどくなりました。

  こっちの方が,よほど空気に問題があるのでは?


福島の医師さん

  アレルギーの説明ありがとうございます。
  先日,118号国道を北上して実家に向かったら,近づくほどに,空気が黄色くなって,山が黄色くかすんでいるのが見えました。
  あれを見ただけで,うわ~,まいった,と,なります。

  放射能が怖い,という人達は,「免疫が低下する」とおっしゃることが多いようですね。

  私も,
  「だったら,彼らが放射線が多いから避難しろ,という茨城に住んでいる私のアレルギーは,いつになったら(免疫が低下して)治るんでしょう?」
  と,言ってみたいと思っていたのです。
  自分のは花粉アレルギーといっても,スギだけではなくて,1年中何かしらあるので,「季節がちがう,放射線のせいだ」と騒ぐ方々には,「いや,アレルギーですよ」と。

  花粉はまだとんでいるみたいですが,塙駅前の清華ですね。後で,母と行ってみようと思います。   
  

鈴木先生なんか観てました

福島の隣の県在住 さん
いつも拝見していて
頷ける部分と(すごく頷いているんですよ)

反対ではないんだけど
気持ちの上で
ちょっとそこまではどうなのかな・・・
と思う部分があるんです。

>仮説であっても5LDKの3階建ならゆっくりと復興を待つ事も出来るし

ここはそう思います。
ゆっくり快適に復興を待つことが
できるだけできたらいいなと思うんです。

でもどんなに広くても豪華でも
マンションって・・・もしかしたらお年寄りは悲しいのかも。

贅沢言うつもりはなくて
でも
ただひたすらに前の暮らしに戻りたい
無理ってわかってても

を踏まえたうえでの
「これからどうしよっか?」
かなと思うんです。

スピードは大事なんだけど
気持ちを置いてきぼりにしたらよくない。
言っても仕方ないことでも
気が済むまで言わせないとダメなこともあるかなと。


boomboomさん
>そこそこまともには書いていて,しかし,「だから,なんで今?」という気持ちになったのです。
>本当にO岩さんが書いているなら,「今まで何やっていたの?」では,という気もしますよね。

でしょ。
私も何で今さら???と思いましたよ。


IKAさんがどこかに何か書いていたように思うんですが
見失ってしまいました・・・。

健康寿命延伸都市

松本市はこれの実現を目指しているそうです。
様々な取り組みもなされているようですし。
市長の行動を後押しする人々も、これに深く関わっているのでしょうかね。

>boomboomさん
住民登録に放射線測定済みの証明書を要求したのって、つくば市だったんですね。
あまりにトンデモだったので、この話自体は覚えてたんですが、どこだったか思いだせなかったんで。。。


No title

>boomboomさん
はじめまして。
恥ずかしながら、坪倉先生の記事に出会って実測データを見るまでは、私、(もしかしたらSFの世界になるのかも....)とか、思っていました。シュワルツネッガー主演のような。でも、そんな風にはならない、というのが判って。実測データが無い状態って、想像力が余計にモコモコふくらんでしまうことってあります。





 佐藤先生のゼロリスクの罠とか中西先生の著作あたりを読んで、シロウトの自分の基準について考えるようになったのですけれど、ゼロベクレル目指してしまうのってなんとなくダイエットとかの心理状態に似てるかも....(すいません。)
個人的に、食品の基準が下がって検査が厳しくなれば売り上げが伸びるんじゃないかと思っていたので 基準が下がるのは歓迎していたのですけれど....その考えかたは間違ってたのかも、と、最近では思うように.....



 清水先生と福島の隣県在住さんのやりとり、興味深いです。
福島の隣県在住さんのおっしゃってる部分で、すごく共感できる部分もあります。除染よりお金をもらったほうが良くない?っていうところとか。
 たしかに、化石燃料に頼っている状態だと電気料金が値上がりしてしまって、廃業する会社とかが、もっと増えそうな気がしてしまいます。
 再稼動となってくると、バンバンやるのはちょっと....と、賛成しづらくなってしまいます。
 うちの息子が工業系の学生で、息子は機械系なのですけど、同級生に電気の子もいて、学年のうち何人かは電力の会社にも就職してるみたいなので、若い世代の子たちに使用済みの処理をやってもらうのは、できるだけ量というか負担を減らしたい、というふうに、つい考えてしまうんです。

>IKAさん なおみさん

お返事いただいてありがとうございます。ネットでのやりとりじたいに躊躇してしまう性格なので.....なおみさんの切り返しのうまさに、「コメント返しがいつも上手いなぁ~」とか思いながら画面を眺めています(笑)
 

No title

>京さん

>ゼロベクレル目指してしまうのって
>なんとなくダイエットとかの心理状態に似てるかも....(すいません。)

というかむしろ、摂食障害の心理状態に似てるかも。

もともと「痩せてきれいになりたい」といった目的で始めた
ダイエットが体重の数字自体にこだわり始め、
明らかに健康を害したり、
見た目が即身成仏寸前になってるのに
「体重の数字を減らしたい」と
強くこだわっちゃうあたりが。

失礼しました

自由報道協会解散の件、やはりエイプリルフールでしたね。池田信夫氏には一杯食わせられました。ネコさんのページに汚点を残してしまい申し訳ありません。

No title

>京さん
(もしかしたらSFの世界になるのかも....)とか、思っていました。シュワルツネッガー主演のような。

その感じ、事故当初ワタシもありました。その後「反原発」のデマが判ってきて、奴らこそがこのSF的陰謀物語の作者なのだとわかりました。どこかに書きましたが、「プリズナーNo.6」や「フラッシュ・フォワード」のような、「背後に権力的組織による巨大な陰謀が!」ってなヤツ。「LOST」や「エヴァ」、「バイオハザード」にもそんなところがありますね。シュワちゃんだと「トータル・リコール」かな~。何年か先には、この福島人の体験をベースにした「物語」が生まれるのではないでしょうか(実は「ラブキュリ」がその第一号かな)。ま、オエ健三郎みたいな「文科系」の作家には求めません。無理。

>うるしねまきさん
リアリティありましたし、今や多数の日本国民の期待を具現化していたような。ワタシも喜びました。「毎日が四月バカ」の上杉サイト「注意報」でも、さすがに手も足も出ませんでしたね~。

NHK番組 「意見変えて」要請

NHK広報局のいう「番組は再稼働の見通しが立たないなか、日本のLNG調達の現実を伝える」という趣旨に対して、

十市氏の意見である、
(1)LNGの輸入源と調達方法の多様化

(2)交渉力強化のため、共同購入やLNG火力の代替手段の確保が重要。そのためには安全が確認された原発は地元の同意を得たうえで再稼働させたり、石炭火力の活用が有効

(3)電力制度改革で発電市場の競争の促進

ということの何が問題なのかわかりません。

再稼動ということが制作サイドのシナリオから外れる考えだから、意見を考えてくれととられても仕方がないと思いますね、これ。

No title

>福島の医師さん
>boomboomさん
東白川は林業盛んですからね~。この間空が黄色くなった時も現地の人は「花粉かなぁ」なんて言っていました。
あれだけの量が花粉って、花粉症の人にはかなりキツい話でしょうね。

今、塙町では豊かな森林資源を活かして「木質バイオマス発電」の計画があるんですけど、「すわ、汚染物の焼却か?」って人達が反対運動をはじめているみたいです。(実は民報の報道で「除染」って言われてしまった事も大きな理由のようです)
う~ん、持ち込まれる燃料用木材は「キチンと検査して、基準値以下のものを使う」ってなっているんですけどね。
まだまだ福島でも「冷静な判断」は難しいのかなぁ。

>なおみさん
えと、A日新聞のO岩記者のやつって、これかな?

http://togetter.com/li/479455

>京さん
「SF的世界」…震災、原発事故直後は私も同じような感覚に陥りました。
実のところ、余震が来るたびに「日本沈没すんのかなぁ」とか思いましたし、放射線の数値見るたびに「このまま福島は封鎖されるんじゃないか」とか「棄民されるか、よくても流浪の民かなぁ」なんて思いましたよ。2年後にここまでフツーの生活できるなんて思いませんでした。
ほんの数日間ですが、会津に避難した時は、家を出るときに「絶対に帰ってきてやる」なんて口に出して一大決心までしたんですが、すぐに帰ってきちゃって…あの時の決心、返せ!(今思えばお恥ずかしい…笑)
まあ、大なり小なり被災地は同じような決心があったと思いますし、(福島に限らず)皆それなりに重い決断があったんだと思います。
だからこそ、たいした被災もしてない、放射線量も低い地域の人から「福島は危険です~」って言われると腹が立つんですよ。
「こちとらあんたらが想像できないような状況で、重い決心してんだぞ、そんな軽い言葉で乗せられるほど甘かねぇやい。ナメんじゃねぇ」って(口汚くてすいません)言いたくなるんですよ。

>うるしねまきさん
見事に一本とられましたね。でもしょうがないです。タイムスタンプ見ても「4月1日0:00」ですからね~。日付が変わったとしても、見ている人の意識はまだ3月31日のままですから。こりゃ気付きにくいですよ。
時間見ると、送信ボタンに指おいてカウントダウンしていたんでしょうね、イケノブせんせは。(なんかその姿をアイコンの顔から想像するとちょっと笑えるかも…なんかお茶目ですね)

>信夫山ネコ様
イケノブせんせ、「事務局解散」からヒントを得たんですかね。
もし、その前から計画していたんなら「自由報道協会解散」のニュース見たときはスッゲー悔しがったんだろうなぁ、などと想像してまたクスリ。

SF的世界

そうそう、事故後しばらくは、余震による更なる爆発とか冷却不能が一番怖かったです。「パニック映画」的な感じでした。そして空いている道を、自衛隊の軍用車両が行き来するあり様を見て思い出したのは、タルコフスキーの「ストーカー」という、SFだか何だかワケわからん映画でした。この中に出てくる「ゾーン」という立ち入り禁止地帯が、将来の福島かなんて思ったものです。孤立感、どんよりした重苦しい感覚・・・たっぷりありました。あの感じは体験しないと、絶対わからないって気がしますね。

No title

なおみさん
 どうもありがとうございます。僕自身が原子力発電を進めるべきだと言う理由は既に何回も述べていると思いますが。

 二酸化炭素問題。確実に深刻化している事です。地球全体が温暖化をするという事は大きな気象変動が起きるだろうと推測される事で、冬は寒波、夏は熱波。さらに熱帯性低気圧の大型化。で被災者が桁違いに増えていく可能性が強いと言う事です。山火事も多くなり排出される温暖化ガスはますます増えて行くのですが、過去に経験した事のない増え方であり、気象変動にどの位影響があるのかも予測できないくらいだそうです。今年観測史上初めて400ppmに達したようです

 二酸化炭素には行くべきトイレなどありません。国境も無関係。二酸化炭素の前でこそ、地球はトイレのないマンションじゃないですか。原発の放射性廃棄物で今まで事故で亡くなった人などいないでしょう。

 僕らの時代には自然災害が多発する程度かもしれないけど、大干ばつと豪雨による洪水が切れ目なく続く時代が来たら、100億人の人類はどうなるんでしょうか。無関心で良いなら、少しの放射能で騒ぐのは全く変ではないか?反原発で二酸化炭素問題を忘れたかのようにいうのはいかがなものか。
 と言う事です。

つくば市の件は

つくば市の件は誰かの勘違いから報道されたけど、そんな事実は無かったはずです。
酷いどころか、つくば市は、横柄で批判されている双葉難民を文句言わず受け入れていて偉いです。

上のほうで県北が汚染云々出ていましたが、当初県南の人たちは北部は汚染されたと大騒ぎしていましたが、実際には守谷のプチホットスポットをはじめ実は県南の方が汚染度が高かったので黙りましたw
そして一部の守谷民が放射脳化しましたw

元々茨城は県央よりも県南・県西の方が民度がアレで有名です。

細川徳栄氏

細川徳栄氏は、自称「事実無根」でトラック窃盗団として逮捕された人なのに・・・

どうして、事実無根の放射脳ネタで騒ぐのかね?
トラック泥棒だと疑われたときのことを考えて冷静になればいいのにと思うきょうこのごろ。

No title

元大阪府民の伝言さん
ガンバレ道の駅よつくらさん

  いや,あれ,実際につくば市でありました。

  確かに避難した人達をいまでこそ受け入れていますが,そのかわり,「市民団体」が,その人達をみこしのように担ぎ出して,「15歳以下の子どもの医療費を無条件で無料にせよ。」と訴えています。

  そして,今でも,あっちこっちで,私自身が「県北は(水戸も含む)は放射能が怖い。」と言われています。
  実家が福島に隣接していますので,行きますからね,県北。

  県南にしても,一番のホットスポットは,いつも茨城新聞を賑わしている,私の職場です。
  
  守谷とか,つくば市というのは,もともと他府県から越してきた人,首都圏に住みたいけれど東京に家を買うのは高すぎる,という理由の人が多い地域です。

  もっとも,私の知人らは,守谷に住んでいても,全然,ホットスポットなんか気にしていませんが。

  確かに,一部の人は,訴訟など起こしています。
 
  避難してきた人達が横柄なのかどうか知りませんが,つくば市の「市民団体」には,それなりの利用価値があったからやっていることでしょう。
  
  もちろん,まともな人もいますよ。

  一番,問題があったのは,「学園都市」の自意識過剰な人々でした。

  各国から集まった国のエリート的立場の留学生,研修生や筑波大学在学時に知り合った人と結婚してつくば市に住み着いた日本人などですが,もとから住んでいた人もいます。

  私はつくば市住民ではありませんが,,夫が外国人ということで,住民の1割は外国人というつくば市のコミュニティのメーリングリストに入っていました。
  メンバーは,各国のエリートとか,そういう人と結婚した日本人なので,うちにはあまり関係ないのですが,とりあえず英語で普通にコミュニケーションがとれる,ということでメールがきていました。

  そのメールでは,
  「放射能が危ないから,日本から脱出しなさい。もしあなたが仕事の関係で日本に戻らなければならないとしても,家族は,ずっと母国か,茨城県から遠くのエリアに避難させなさい。茨城県に戻ってはいけません。」
  という回覧が来ましたよ。

  そこに住んで普通に暮らしている人間には,あまり響かない言葉ですが,こういう言葉に即座に反応する人もいるのです。

  ガセネタではないのです。



京さん

  シュワルツェネガーというか,頭の中「猿の惑星」でした。
  「地球の長い午後」も,SFとしては,面白いのですが,それを現実を一緒にする人がいるので,びっくりしているのです。
  
  

ネコさん

  LOST,最後まで見たんです。ナヴィーン・アンドリュース(サイード役)が見たくて。
  見なきゃ良かったなあ,というのは,私の感想です。あれは,いったい何なのかなあ。

ネットでまた山下教授たたきが

  ここ数日,うるさくメールがくる,
  「この人はどうしてこんなにヒマなんだろう?(1日中,365日,ずっとツイートしているみたいな)」
  という人がいます。

  メールといっても,「つぶやき」をその人が書き込むたびに,要らぬお世話でmixiがメールしてくるんです,携帯に。

  今日は,また,山下教授たたき,でした。

  この2年間,ずっと同じことをしています。

  この人のような人達がネットにはまだまだいて,実際に被災地に住んでいない人,特に外国にいる人などが,いまだにだまされているのが,なんだかなあ,なのです。

  このブログにある英語のリンクは,リンクできません。(私は勝手に検索して調べました)
    ↓
  http://blog.goo.ne.jp/jpnx05/e/a68f67fc483266a304827ff56e643968


  上のブログを引用して,拡散しているのがしたのブログです。 ↓

  http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&t=6&k=2&m=274220


  山下教授を嘘つきよばわり,というのはいつものことですが,実際の英語のスライドを見せないで,「こういうことを言っている」とだけ書くのも,どうかと。

  山下教授の報告のスライドは検索するとありました。 ↓

 http://www.ncrponline.org/Annual_Mtgs/2013_Ann_Mtg/Yamashita.pdf


  ケチをつけているのは,「チェルノブイリで5000人に一人のガンといったのに,グラフが違うじゃないか」
  グラフについては,前後の説明から,そこでケチをつけるのもどうよ? というところです。

  その他色々つっこみどころは満載ですが,なんだか疲れてしまいました。
  この人達は,何を求めているのでしょうね。

  

連投すみません

ガンバレ道の駅よつくらさん

  細川さんて,そういうこともあったのですか。
  
  朝日新聞は,震災のすぐ後からその人のことを報道して,寄附金を募っていますよね。
  (被災地のニセ医者を正義の味方のように報道したのも朝日)

  確かに,茨城県は,県南の民度は,アレな感じ,かなあ,と思います。
  みんな,よそから来て,仮の住まいだからなのか,妙に都会っぽさを演出していて,自意識高くて,自己主張だけしているのか。

  いや,もちろん,全部ではないです。他府県出身でも,ここが大好き,と普通に暮らせる人もいます。

  そして,
 「県議会議員選挙と県知事選挙には全然行かないけど,市長選と国会議員選挙には行く。」
  と言われるくらい(というか新聞に統計を出されてしまうくらい),茨城県には興味がないようです。

  なんなんでしょうね。

No title

取り急ぎ

チダイズム、また復帰したようです。
撤退って、単に「有料メルマガ」の準備をしていただけじゃねーのか?って気もしますね。

http://togetter.com/li/481779

いくも○○退くも○○?

京さん
>若い世代の子たちに使用済みの処理をやってもらうのは、できるだけ量というか負担を減らしたい、というふうに、つい考えてしまうんです。

そうですよね・・・。未来を考えると悩ましいです。

(ほめてくれてありがとう♪照れてます)


福島の医師@当直中さん

いいかげん
って難しいですね。

私も「やるならきちんとしたいな」って
タイプなので(意外でしょ(笑))。


うるしねまきさん
くっそー!
残念でしたね(本気と書いてマジと読んでください)!

わたしなんか昨日
降りかかってきた全ての嘘にだまされましたよ。


IKAさん
>A日新聞のO岩記者のやつって、これかな?

???ちがうかも~???
ただの説明文なんです。
まったくニュースに関係ないの。
すっとぼけ?すかしっぺ?

「今さら聞けない」というタイトルどおり
それってよく聞くけどどういうこと?みたいなコラムなの。
池上さんっぽい・・・?

>「こちとらあんたらが想像できないような状況で、重い決心してんだぞ、そんな軽い言葉で乗せられるほど甘かねぇやい。ナメんじゃねぇ」

これも一緒に言わせて!
なめんなよ~(エコー希望)!


ネコさん
>あの感じは体験しないと、絶対わからないって気がしますね。

もうアタシに怖いもんはなくなりました。
(・・・億単位の寄付金は怖いかな~げらげら)


福島の隣の県在住さん
温暖化については、すでにリミットを過ぎてしまっているような。
具体的な事象が起きているように思うんです。

未来を考えた時に(京さんへも書きましたが・どの道を選ぶか)
どうすべか~と立ちすくむような気持ちでいます。

ですから
福島の隣の県在住さんの意見も
そうなんだよな~
といつも拝見しています
(でもどうしたらいいか・私はわからないままです)。


ちょっと思ったことなんですが

僕はどちらの立場も理解できるよ
人権に配慮した発言ができるよ

ってドヤ顔してる人は

そういったことに気付けている
バランスのよさげな自分が好きで
うっとりしてるだけなんじゃないかな。

いいひとだよね。

私にとっては「どうでも」いいひと。

レス

>IKAさん、管理人さん
松本にしろ郡山にしろ、「火事場泥棒はいかんよ」ということです。
郡山だって本気で県庁を持ってこようなんて人は極少数でしょう。
メインは商売を有利に進めることで、県庁うんぬんはその道具に過ぎないのではと。
そうでなければ道端に薄汚れた『福島県庁を郡山に』の看板を放置しないと思う。
本気なら今風のデザインで屁理屈めいたコピーを載せて新調するはず。

>塙町バイオマス発電
また財界誌めいたことを言いますがw
これもまた「放射脳に便乗」の類ではないかと。
というのは、同町の菊池町長は福島県南の賠償で揉めた時に
会議で東電の担当者に何かの焼却灰をドクロマークを貼った容器に入れて
「お土産だから持って帰れ!」と言って新聞に載るなど目立った人なんです。
そんな人でもバイオマス発電に活路を見出だそうとしたのに反発が出るのは、
そもそも当時の現職町長を倒して町長になったからじゃないかと。
放射脳も反発と思いますが、それに前町長派が便乗しているのではと。
放射脳はあからさまだからアレだけど、便乗するのは小賢しいからなあ。

観潮楼さん

ありがとうございます。なるほど、よくわかりました。やはり松本市は結局「火事場ドロボウ」=「ステマ」ですかね~。サーベイメーターで給食検査ってのを考えると、ここに共産党の「科学」も絡んでいるのかな~(郡山の病院の、インチキ内部被曝検査機を思い出してしまったのです)。

それから実は恥ずかしながら、その郡山の看板って見たことないのです。どこにあるんでしょうか?

あの看板は

>管理人さん
私が知っているのは国道4号上り線の郡山に入ってすぐの磐越道がまたがるところから
本道とバイパスが分岐するところの間にあるものだけです。
モノは下り線にありますが、上り線だと進行方向右手にあるのがわかるようになってます。
他にも郡山に通じる国道沿いに複数あると聞いたことがありますが、
その在処はわかりません。

3月30日 菅谷市長の講演@千曲市(市長の出身地)

最近の講演は、
質問は受け付けないか、事前に提出させて
どの質問に答えるかは演者が決めるということになっているようです。

30日の千曲市での講演を聞いた方が
いちばん腹立たしかった話としてツイートされていたのが

「『もう国は私達を捨てちゃった』と言う福島の子がいる。
先日落合恵子さんと対談したら『だから何をしてもいいんだよね』と話す子もいると聞いた。
日本は、もうここまで来ているんです。」


また、「こんなこと聞いた」という伝聞をもとにして・・・

どこまで呪いをかければ気が済むのか・・・
しかし、これもいわば伝聞だし・・・
ほかにソースはないかと探していたら↓

金融ファクシミリ新聞 インタビュー 松本市長 菅谷 昭 氏
(前にも何か載せてたよね、除染より一世帯4000万円払って強制避難、だっけ?)

福島、水俣病化の恐れ 03/11
http://www.fng-net.co.jp/itv/2013/130311.html
念のため魚拓
http://megalodon.jp/2013-0402-2351-12/www.fng-net.co.jp/itv/2013/130311.html
そういう中で中学生や高校生は友達同士で
「もう、私たちは国から棄てられちゃったんだよね」というような会話をしているという。

いやー、この話に限らず、全体に、本当にひどい。。。

「こういうことを言う子がいるはずない」ってことじゃないんです。
そのこと自体は実際にあったことかもしれない。
でも、こんなふうに言われたら、福島じゅうのの子どもたちが
ヤサグレているみたいじゃないか。
メンタル面でのケアなんて、アンタに言われたくないわ。

菅谷市長、しまぞのセンセ、かみセンセ
この方たち、誰かなんとかしてくれないもんか・・・

No title

菅谷市長の800万円の件、本人たちに全く危機感が無いようなので、直ちにTKOといかないようですが、ボディブローとしてジワジワ効いてくると思います、当人たちが無自覚なだけにね。

金がらみの問題といえば、もう忘れられているかも知れないけど、こんなのもありましたね。
http://www.asahi.com/politics/update/0202/TKY201302010506.html?ref=reca
http://www.asahi.com/politics/update/0207/TKY201302070068.html


<IKAさま
チダイ、みっともなく帰ってきましたか。


そういえば、ryoFCさんも、一時的に復活だそうです。
https://twitter.com/ryoFC



電力会社の経営者

東京電力が新潟県中越沖地震で柏崎刈羽原発の付帯設備が被災してその対策の総括をなぜしていないのかと思っていましたが、清水先生とやぁどさんのコメントでわかりました。
東京電力はその気が無かったからでしょう。

東京電力の幹部の経歴を見ると大概有名な大学の法学部や経済学部を出た資産運用のプロのようで電力システムについてはどうだろうか?という顔ぶれです。 電力会社は社債を募って電力システムの運営をしていたのでしょうが資金の管理ばかりに目がいっていたのでは?と思います。

で、学者先生は原子炉の耐久性だけに関心があって、付帯設備には関心が無かったもしくな無いに近かったのかもしれないあるいは「専門外」でしょうかね。
「専門家」とされる学者先生ですが、原子力規制委員会の先生方の「穴掘り」や以前IKAさんが見つけたネズミ侵入による停電事故のまとめの電気主任技術者と思われる方の事故調批判から設備についてくわしいとは限らないと感じました。
http://togetter.com/li/475639

私は不動産屋の雑用をしていますが、不動産の所有者は付帯設備の障害を発見して改修を申し出ても聞く耳を持たない人がいます。(特に投資目的の人) そういう人は障害が見つかった付帯設備が壊れるまで動かし続けて壊れたら「すぐ直せ」か「金をかけるな」と言います。
極端な人は古い話ですが、火災で多数の死者を出したホテルニュージャパンの所有者でしょうね。

現場が軽視されているということが原発事故の原因の一つと思います。

原発の改修は必要で全停止せずに少しずつするべきかと思います。

過激な反原発は電力会社を社員ごと否定しますが、それでは電力はだれが運営するのでしょうか? 結局彼らがいないと生活できないという簡単なことが理解できないのでしょうね。

脱線失礼しました。

褒めて育てる

観潮楼さん
私が見たことあるのは比較的小さめの看板でした。
けっこう古ぼけてた。
震災前から言っていたのですね。

福島は広いから
どこが中心かでもめるというか
こういうこともあるんかなあ~と
思ったものでした。


御山の柚子さん
>こんなふうに言われたら、福島じゅうのの子どもたちが
ヤサグレているみたいじゃないか。
>メンタル面でのケアなんて、アンタに言われたくないわ。

そうよそうよ!福島の子達にシツレーよ!

フツーにヤサグレてる子はいるかもしんないけど
そんなセンチメンタルにヤサグレてる子はいないわよ!

謝んなさいよ!


ところでサザエさん・盛り上がってますね!
明成高校の生徒さんが、花見山に花でサザエさんを作ったとか
昨日ニュースで観ました。

こちらの生徒さんがたは
駅前なんかもいつも花で綺麗にしてくれてるんだよね。

福島の中高生はヤサグレてるってまとめて言ったヤツ!
謝んなさいよ(こういうのはしつこく怒りますよ)!


これから朝日新聞を褒めます。

3/26に偏頭痛についての記事が載ってたんです。
頭痛を繰り返すと脳内出血につながるって記述があって
たまに頭痛に悩まされる私は、「こえ~」と思ったものでした。

そしたら4/2付けで
「血管の内側を傷つける可能性はありますが
出血の報告はありません」と
訂正がなされていました。

小さいことかもしれないけど
すごく偉かった。
やればできるじゃん。

私も思い込みで文章を読み間違えて
そのままよそで話してしまうことが
少なくありません。
サービスで盛っちゃうこともある。

まさにデマ。

ちがうよって言われると
すごく恥ずかしいけど
よかったと思う。

新聞だもん・記者さんだもん。
こんな風に丁寧にお仕事してね。

あなたたちはやればできる子です。

免疫低下について

今気付いたんですが
それまで私は
風邪なんか引いたことなかったのに

こちらに引っ越してきてから毎年
発熱して寝込むような風邪を引き

歳と・数年来のたまった疲れだな・・・と
悲しく思っていたのですが

この冬は私はモチロン
家族の誰も風邪引いてません!
鼻水さえも垂らしてない!

ただそれだけなんですけど・・・
ちょっと嬉しかった。

ブラック菅谷市長?

講演料&印税狙いの福島攻撃だとしたら、今までの「チェルノブイリの子供達のために尽力した医師」のイメージが崩れますね・・

私は児玉先生は「除染(科学的には必要の無い地域も多いのですが)を進めて県民を安心させるためにリスクを大きめに言っているのだろう」と思っていたし、菅谷市長も「健康調査(科学的にはあまり必要が無いのですが)に取り組んで県民を安心させるためにリスクを大きめに言っているのだろう」と考えるようにしていたのですが、どちらもそうではないようですね。

児玉先生も国会半泣きくらいで止めておいて、「正義の科学者の魂の講演」などというイタいタイトルで講演会をしたり、チェルノブイリ膀胱炎に対する科学的な質問を涙ぐんでごまかしたりしなければ正義の科学者のままでいられたし、菅谷市長も科学音痴を披露しなければ正義の医師のままでいられたのに・・

私も他人の嫌な面など見ずに済んだのに・・

でもこれが現実なら、自分達の生活や科学への信頼を守るために、取るべき対策はあると思います。
菅谷市長に送った質問メール(科学的に根拠の無い部分に対する指摘)に返事は無かったですが、再度メールをしてみようかな。

つくばの件

なんかスレ違い気味ですみません。

つくばの受け入れに検査云々は誤報です。
役場の方が受け入れるかどうかとは別次元の話として他意なく「検査していますか?」という質問をしたところ、それが間違って伝わりバカッター、デマッターなどで拡散されたというのが真相です。

学園の方々は一部の研究所を除けば本当は大学に残りたかったけど競争に負けた人たちが多くいらっしゃるのでルサンチマンの塊なところがあります。

それはともかく、そのメーリングリストもそうですが、当初は国内外ともに「科学者」ですらしっかりした対応を取れなかったわけで、その結果が今の放射脳被害だと思います。

これまでいかに放射線について正しい知識が知らせれていなかったかという点に何度も何度も思い知らされます。
自戒も含め、

No title

>観潮楼さん
>信夫山ネコ様

ああ、「火事場ドロボー的な」って意味でしたか。なるほど。
「県庁を郡山に~」って看板自体は結構前に立てていたんですけどね。(運動、ってくくりならそれこそ100年前からあったようですし)
でも、確かに「震災以降活動が活発化している」感じはあります。

参考

http://milky.geocities.jp/kenntyoiten/

これもショボいサイトなんですけど…ここの「沿革」って項目に例の「看板」出ています。日和田以外にも磐梯熱海の49号線とかあるみたいですね。
さすがに県北地区に看板立てるようなことはしてませんが、県南、特に東白川ではそれなりに活発みたいです。

>観潮楼さん
おお~、なるほど。確かに反町長派の存在を忘れておりました。
さすがスルドイ。
震災の被害もほとんどなく、放射線量も高くない地域ですからね。「放射能を政争の具」にできるくらい余裕はありそうです。
あまり誉められたものではありませんが。
ただ…鮫川の焼却施設の件では「市民運動」が入り込んだみたいですし、塙町でも鮫川の反対運動があったもので「その手の方々」に狙われているのかな~、ってちょっとばっかし危惧しているんですよね。
あの辺は今まで被災地意識があまりなくて(←それは悪いことではないんですが)危機感が薄かったぶん、食い込み易いのかもしれませんし。

>御山の柚子さん
菅谷市長…ほんとなんなんでしょうね、この人。
チェルノブイリの知識も怪しければ、行政の長としての意識も薄いですし、恐らく医師としても終わっている(この人が目指していたような意味では、です)。なんの価値も無い…は言い過ぎかな、中途半端なんですよね。少なくとも持ち上げる価値はないでしょう。
まあそもそも、伝聞情報を立場もわきまえずまことしやかに撒き散らして平然としている、なんて所は「人としてどうよ」ですけど。

そういや落合恵子も最近来ていましたね~。
やっぱり「福島の子どもはヤサグレている」って言ったのでしょうか?

>千貫森の宇宙人さん
チダイ、帰ってきました(笑)。案の定とは言え、もう少しガマンすると思ったんだけどな~。
本も出せず、金にはならず、有料メルマガでコツコツ信者囲いこみですかね。そういやパトロンの社長はどうなったんでしょうか?
チダイズムって「タダでいろいろ調べる」から盛り上がったような気がします。人間、例えわずかでも金が絡むと冷たいよ~、特に定期的なやつは頭冷えたら終わりだからね~。

>笹団子さん
原発は科学、技術、経済、環境、いろんな分野に関わりますからね。まあ、原発に限った事じゃないですが。
個人的に原発って(科学、技術面に疎いせいもあって)ヒューマンエラーが一番コワイところだったんですよね。
ましてや笹団子さんがご指摘のように「技術の集大成」を「いかにも日本的な組織」が運営しているんですから。
工学的な技術と医学的な管理と大組織の運営と経済性の追及、そして危機管理。それぞれ重要な事なんですけど、どれが突出してもバランスが崩れると思います。
今後の事も含めて、全体のマネジメントも検証したほうがいいのかもしれませんね。

>なおみさん
その朝日新聞、今日の記事で福島の高校生が高知の高校に行った時の話が出てました。
う~ん、いろいろあったんですけど、ひとつだけ。

高知の高校生とのディスカッションで「放射能で死んだ人はいないんでしょ」「経済考えたらやっぱり原発って必要かも」って意見が出て、福島の高校生が「私たちの話、聞いていたの?」ってなったそうで…。
それ、ディスカッションじゃないし。自分の意見押し付けちゃ駄目だよ。疑問があったら、相手の意見も聞いてもっとよく話し合おうね、ってオジサン的にはアドバイスしたくなっちゃいましたよ。
「ヤサグレ」って訳じゃないけど、これも福島の子どものステレオタイプなイメージ作ってるような気がしました。

ちなみにこの記事を書いたのはシビック本田ですけどね。
ああ、また「本田等だ。ほんだらだ、ホンダラホダラダホーイホイ」って…お呼びでない?

【追記】
一応、記事リンク
http://www.asahi.com/shimen/articles/TKY201304020503.html

大人の都合に子どもを利用するのはいいかげんヤメレ。

学園の方はエリートですよ

>学園の方々は一部の研究所を除けば本当は大学に残りたかったけど競争に負けた人たちが多くいらっしゃる

いえ、研究所の常勤の方々は大学のような教育的負担も無く、私たちの憧れです。

boomboom さんの見た学園発のデマは、物理音痴(私のように原発が核爆発でもするかもと思った人)や生物音痴(私の物理系の知人のように変異生物が大量発生するかもと思った人)の妄想でしょうね。

私も友人も不安はありましたが、それを拡散する前にその道の人に聞いてみればバカなことを言わずに済む訳です。それが出来ない点でもうダメ科学者ですけどね。

研究者でルサンチマン的なのは、年契約のポスドクや非常勤講師、研究から管理業務に回された常勤職員などで、新型豚インフルエンザ騒動では、これらの方々の煽りによって混乱が加速した面はあります。

小出先生のような万年助教はルサンチマンというより、偽善を続けるためには助教の方が良いという判断でしょうね。

田舎だからじゃないの

IKAさん
「今日の」新聞は私
明日以降でないと読めないのですが(ふにゃ~)
なんとなく・・・想像は。

うんとね。
学校の先生が
県外に生徒さんを連れて行って語らせたり
議論させたりするの

個人的には危ういな・・・と心配しています。

積極的に県外に行って何かを語りたい
って場合の「何か」がちょっと・・・すごく心配。

私はどこかに行って何かを語りたいとは思わないんだけど
そのあたりからして・・・違うんだ。

>「本田等だ。ほんだらだ、ホンダラホダラダホーイホイ」

♪ホンダラダ~ホンダラダ~♪


bloomさん
>偽善を続けるためには助教の方が良いという判断

なるほど。
それでもそれをお仕事としてお金をもらっているのなら
潔くないな。

No title

>IKAさん

福島県高校生『平和ゼミナール』
という時点で何やら香ばしさがありますが、
その世話人さんをググっていくと
こんなもの↓が見つかりました。
http://ckk.gn.to/11kyoken.htm

ああその筋の人なのねという印象。

>それ、ディスカッションじゃないし。

全く御意です。
ディスカッションではなくて「共感」を求めているんでしょう。

終りのほうで、高知の高校生が謝ってきて
福島の高校生の言い分が正しいみたいな流れにしてますけど、

高知の高校生が腹の底で
「放射脳乙w」とか思ってる可能性には
思いが至らないんでしょうね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

>なおみさん

>3/26に偏頭痛についての記事が載ってたんです。
>頭痛を繰り返すと脳内出血につながるって記述があって

自分はその記事はちょっと見逃してしまって
どういう記述なのかよくわからないのですが、
世の中には片頭痛性脳梗塞というものがありまして、

http://blog.goo.ne.jp/pkcdelta/e/94ec0bacf48905a461d0be175aa5051b

まあ怖がらすつもりはないのですが、
話のネタにでも。

琉球大の大瀧先生、反省無し

なおみさん

>それでもそれをお仕事としてお金をもらっているのなら
潔くないな。

リスク煽り系の研究者は全体の1割くらいいると思います。
新型インフルエンザの時にも有象無象が湧いて出ましたが、多くが「国民の皆様のために!」とか言います。

ところで大滝先生はあれだけ突っ込まれたヤマトシジミネタで3月も講演中でした。
猿や稲のネタもどうかなぁ・・大瀧先生と一緒の講演だと思うと・(私なら彼と一緒なら自分まで疑われるのでお断りするので)・・
まぁ、授業の準備も兼ねて調べてみますけど。

ところで「飯舘村放射能エコロジー研究会」はどのような団体でしょうか?

>3月30日に東京大学内で開催された「原発災害と生物・人・地域社会」(主催:飯舘村放射能エコロジー研究会)で、東大や琉球大学などの研究者が、ほ乳類や鳥類、昆虫、植物から見つかった異常について報告した。

http://toyokeizai.net/articles/-/13516

イボニシ

bloomさんのコメントに付随して。

福島第一原子力発電所周辺のイボニシという貝がいなくなったという記事が東京新聞に載っています。(3月27日朝刊)

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2013032702000118.html

三月二十七日に日本水産学会で発表する予定、となっていますが、3月31日の日本経済新聞のコラムで触れていたので発表されたのだと思います。

イボニシって、環境ホルモンでも出てきたような。

学会発表ですから、報告書はこれからなんだと思いますが、この情報が独り歩きしないように注意かな、と。

No title

ガンバレ道の駅よつくらさん


   つくば市の中央よりちょっとはずれた,でも,決して中心部の外ではない学校に勤務していたかつての同僚が,「とても複雑な地域」と話していました。

   よそから来てプライドが高いエリート,でもそんなにお金持ちじゃない。
   よそから来てプライドが高いエリート相手にビジネスをして,小金をもうけた人。
   東京とかで仕事して,家だけこっち(茨城県南)にある人。
   もとからそこ(茨城県南)に住んでいる人。

   そういう人達が,うまくコミュニティーとして絡んでいるところはいいけれど,からめず,互いに相手を探り合っているようなところ,そういうところは,ぎすぎすしている,など,いくつかのパターンがあります。

   うまくコミュニティが機能していればいいですが,「自分さえよければ」という人のために,コミュニティというよりは,単体の集まりみたいになっている所があります。

   そういう所だと,滅茶苦茶生徒指導が大変で,夜中まで見回りをしたこともあった(その辺で暴れていたり,万引きしてつかまっても,親の名前は絶対に言わず,担任の名前と電話番号を警察に伝える子どもが多い),という話でした。

   「公務員官舎」に一番近い学校は,生徒指導が楽なんだそうですが。
   でも,自分が教えていた「公務員官舎」では,仕事上の序列がわかってしまうため,親御さんによってはむきになって「よその子に負けるな」となるので,子どもが荒れることがありました。

   みんなで,互いを見張ってでもいるのか? と,かえって,心配になりますが。

   落ちこぼれたエリートや,その家族は,辛いだろうなあ,と思ったのは,荒川沖駅通り魔殺人の犯人(最近死刑になりました)のようなパターンです。親は外務省勤務で,もとはそこそこ勉強ができたものの,進学校に進んだら,みんな勉強ができてしまって,落ちこぼれてしまったことから,家族からも疎外されていた,という,ものすごくわかりやすい理由がありました(でもマスコミは「心の闇」とか呼んでいました)。

   つくば市に限らずなのですが,どこでも,コミュニティが「生きている人間が関わり合って生きる場所」ではないような所は,デマが飛んだり,自分さえ傷つかなければ,他人を傷つけても平気,という状態になるのではないでしょうか。

   それにしても,震災直後からの数ヶ月は,みぐるしい有様でした。

   「茨城は原発や放射能が危険だから避難する」
   と,次々実家のある地域に「避難」していった,つくば市の知人達。
   
   茨城に住んでいるなんて,頭がおかしいんじゃないか,という態度で出て行った人達。

   出て行ってもいいから,黙って行って,と思ったものです。

   つくば市役所の件が,もしデマだとしたら,何か,誤解を受けるような言い回しをした市役所職員がいて,それに対して,「自分の権利が世界で一番大切」と信じている人が,逆ギレしたということでしょうか。

   でも,個人的には,つくば市の住民も,市役所職員も,まともな人もいますけど,とんでもない人がいるから,事実については何ともいえない,と思っています。
   市役所だって,親切な人もいれば,不親切な人もいますし,つくば市役所は,支所があちこちにあるのです(合併したせいで)。また,そこを訪れる人も受け取り方がさまざまなので。



bloomさん

   つくば市の知人で,震災のあと,仕事をやめてドクターコースに戻った人がいます。他の研究者がばたばた「避難」したり,家族を「避難」させたりしていたのに,筑波で研究することを選んだ人です。

   茨城県の人ではないですが,放射線についてもとても理性的に考えていました。
   その上で,自分の出身地である東北のためにできることを考えていらっしゃいました。

   普通の人が,普通に年をとって,普通に生活できるように,普通にできる体力作りをベースにしたらどうだろう? とか,誰でも,何も特別な道具をつかわないでもできることを,どう伝えようか,とか。
   普通にできることで,普通に生活しよう,という研究だそうです。

   なんか,難しい理論があったのですが,私にはわかりません。
   
   研究者でも住民でも,まともな人は,まともだと思います。
 
   知人は,あとちょっと,というところまできたそうです。目標は大学教授で,助教や准教授ではなくて,広く,学生や民間に知ってもらいたいことがあって,それを伝えたいからだそうです。真面目にこつこつ研究しています。
   なので,ヒマはないのが,見てわかりました。

   自分は,姉が大学教授なので,まじめに研究しながら教授をするのが,どれだけ大変か見てきましたが,自分が関わるパレスチナ支援のNGO主催の講演に来る,数年ごとに大学を変わって,本を出しているけれど論文を出した話を聞かない「准教授」を見ていると,「この人,本業は何? 大学も研究も関係ないのでは? 肩書きだけのためなのでは?」と感じてしまいます。     

   とにかく,未だに騒ぐ人は騒ぐのですが,それだけ知識がないのだ,というのは,そうなのでしょうね。 
   図書館には,子供向けでも,専門家が書いたわかりやすい放射線の本があるのですが,さわぐ人達が見るのは,「別冊宝島」とかテレビに出てくる人の本なのでしょうか。

   もっとも,そのような人達は,私のようなものを「無知の恥知らず」と呼びます。いやはや,です。
   

貝ねぇ・・

疫学調査と野外調査は追試が難しいので、研究者も先入観でミスを犯しやすいしねつ造しやすい分野なんですよね。

私は今回の騒動で新型豚インフルエンザの時の

致死率は 0.5%
強毒性を伺わせるアミノ酸配列
感染させたフェレットが肺から出血
肺炎が多発、インフルエンザ脳症も
感染力が今までの株とは違う
・・みたいな論文の乱発を思い出してしまうんですよね。
結局致死率は 1/100 以下で従来株より低く、今は普通のインフルエンザとして普通に皆さん感染しています。

あの時に煽った研究者達は誰一人として総括していないと思います。
致死率を100倍間違えたら、科学者としてのセンスゼロというより知能のレベルを疑った方が良いのですが。
「念のためにリスクを大きく言うのは国民のためだった」みたいな言い訳なら何度か聞きましたけど。

当時の新聞は「今日もまた死者が○人」でしたね。
今も老人施設では死者が出続けていますが、報道が忘れたので平気で持ち込む人もいる訳です。

ウイルスも放射能も研究者の思惑に関係なく、科学的な範囲でのリスクしか無いのですが、この先も浮き足立つ研究者は多いだろうと思っています。
特に応用系や環境系の人々はリスクを大きめに言わないと研究費が回ってこないので、割り引いて見守ってあげる必要があります。
私は基礎系なので「疾患研究に役に立ちます」を大きめに言っている部分があるかも知れません。

No title

ガンバレ道の駅よつくらさん

  上のコメントに書くのを忘れたのですが,新聞に出ていたつくば市の件が実際にはなかったことだというのは,どこでお知りになったのでしょうか。茨城新聞や朝日新聞の茨城版には出ていなかったと思うのですが。

  つくば市の自治体としての行為でなかったことは,私も知っています。個人レベルではあったのではないか,というのが私の考えです。中間管理職あたりが不安に陥った場合には,起こっても不思議のないことだと思うからです。

  また,実際,今も,しょっちゅう,私自身が言われることなので。

いつかわかる時がくるかもよ

福島の医師@やっと昼飯 さん

>終りのほうで、高知の高校生が謝ってきて
>福島の高校生の言い分が正しいみたいな流れにしてますけど

ああ・・・そうなんだ~(しょんぼり)。
正しいかどうかではなくて
大人気のある方が黙る・・・ということはあるのかも。
心配だな。

話し合ったつもり
わかってもらえたつもりになっちゃいけないよ。

「話し合い」と言う名の「説得」が殆んどなんだから。

だから私は話し合いなんかしないの。

>怖がらすつもりはないのですが

きゃあ!
突然って言うのは怖いな・・・。
見られたくないものもあるからね。

でも・ひとはいつかはみんなさよならだから。


boomboomさん
>「とても複雑な地域」

ようし・みんな!飲もう(笑)!!!

別に茶化すつもりはなくて
本当にどうだっていいことだからさ。

プライドとかお金とかどこに住んでるとか。
そんな分け方しなくていいよ。

いいな~この人・と思う人とだけ付き合ってても
明日は来るよ。
(職業上そういうわけには行かず・難儀されてる方には申し訳ないが)

もう私、お便所にウンチ流すみたいに
みんなどんどん流しちゃう。

あの時はいろんなことがあったし
悔いてる人もいるかもしれないから。

本当のことは確かめきれないし。
どうだっていいよ。

No title

>boomboomさん
>ガンバレ道の駅よつくらさん

つくば市の件、当時の報道をまとめたブログがありました。

http://fut573.com/wp/%E6%9C%AA%E5%88%86%E9%A1%9E/%E3%81%A4%E3%81%8F%E3%81%B0%E5%B8%82%E3%81%AE%E8%A2%AB%E7%81%BD%E8%80%85%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6%E3%81%AE%E5%A0%B1%E9%81%93/

これを見る限りでは

①つくば市では転入者にスクリーニングを義務付ける規定はなかった。

②本来「避難者、市民ともに安心できる」ためのスクリーニングをおすすめしていた。

③窓口レベルで「勘違いによる」提示求めた。

④市長が「市の対応によって誤解を生じさせた」として謝罪している。

と言えるような感じですかね。
これに抗議したのは避難者ではなく研究者として赴任し、転入手続きをしようとした福島市(失礼、仙台でした。訂正します)の方だったはずです。
市の説明でもあるように、「転入者、避難者の安心」だけではなく「市民の安心」の意味もあった、とするなら「(恐らく一部の)市民より、転入者、避難者から自らも被曝するのではと不安視する声があった」事は十分に考えられると思います。

これ以後どんな動きがあったのか、私には覚えがありませんが。

補足

>なおみさん、IKAさん
あの後、関連するところを調べたら看板の場所が特定されたHPが公式HP以外にもありました。
http://6413.teacup.com/kenntyo/bbs/658
最近はこのように後付けされていますが、実際は東分庁舎を壊して新築のようで。

http://oyamamati.yu-yake.com/r49_aizukawahigashi.html
ここの存在も後で思い出しました。
http://ameblo.jp/tasan-1969/entry-10598406150.html
昨日私が言った所といい、郡山の入口に立っているよう。

にしても、ググっていると移転賛成派の物言いが酷いので、頭が痛くなりましたw

No title

>観潮楼さん
例の看板、今日も会津で見っけました。立てはじめの頃は「あんだべか?」と思って気になりましたが、今じゃ風景の一部で見逃しがちですね(笑)。



ところで、こんなまとめがありました。

Akira Tsuboiさんが語る福島共同診療所報告会レポート
http://togetter.com/li/481953

福島共同診療所、って民報ビル近くの佐周ビル(前の佐周書店)にあるやつだと思うんですけど、そこの松江医師ってのもまあアレですね。
基本的に山下先生バッシングに県立医大バッシング。

>-「一つは非常に検査時間が短い。診療所に来る親でも、あんまり子供が小さくて 県の検査の時に付き添って検査手順を実際に見た方が多くいるんですが、ある親 御さんは”五秒で終わった”言うんですね。僕からしてもそれはちょっとないと思 うんですが、だけど、そんな印象を残した、ということなんです―

1876to1945 2013-03-31 12:41:24

>-多くの親御さんの発言からすると、だいたい1、2分。手順として(かたわらにあ った紙を丸めて喉にあてる)こうして機械を当てて、1、2分で終わる。私なんか にはそんなことはありえない。1、2分じゃ写真を撮る時間なんてないですよ。写 真なしでばーっと観て異常なしとしているのかもしれない。-

1876to1945 2013-03-31 12:46:56

ホンマかいな。この人は超音波検査は15分かかるそうですが。


>-心臓病、心臓発作に関して、これは直接患者さんは来ていないんですが、うちの 近所で高校生がつい最近心筋梗塞で死にました、という話を二回ほど聞きました 。高校生が心筋梗塞で死ぬ、こんなことは普通は考えられない。放射能の影響と 考えるのが医者として常識なんです。-

1876to1945 2013-04-01 12:54:06

はい、出ました。福島の高校生。
医者としての常識ねぇ。わたしゃ医者じゃあありませんが、オニギリ医者といい勝負に見えます。あなた、オニギリ食中毒って知ってます?

なんでも福島では医療不信が広がっていて、検査の予約がいっぱいだそうですが、「行った」って人、誰か知っています?

観潮楼さん

この道通ったことある!
観音様みたことある!

そうそうこんな風にさびれた看板でした。


IKAさん
>福島では医療不信が広がっていて、検査の予約がいっぱいだそうですが

???じゃあそこは医療施設じゃないの???
わたしゃ病院にはかからんぞ~(臆病者ゆえ)!

No title

>ネコ様

現実が、映画の世界のほうにくい込んだような。視覚的には、タテとヨコが 平衡感覚がぐにゃっとしてたのが、戻るのに時間がかかりました。あと映画とのいちばんの違いは、嗅覚でした。今でもごく内輪では話が出ます。たまにです。



>福島の医師@当直中 さん

>というかむしろ、摂食障害の心理状態に似てるかも。

そうそうそう、そうです!
整形を繰り返す、というか。


>IKAさん

スクリーニングの証明書提出のニュース、これ仙台のかたでしたよね。
当時、「なんで、これクレームつけたんだろう?うちら、検査受けたいのに」って、うちの家庭内では言ってました。(揚げ足を取っているわけではないんです。本当に、当時はそういう話をしていました。)

No title

>IKAさん

>今後の事も含めて、全体のマネジメントも検証したほうがいいのかもしれませんね。
本田宗一郎のような創業者は全体に目が届きやすいのかもしれませんが、今はなかなかそういう人材がいませんからね。


朝日新聞の福島県の高校生と高知県の高校生の対談ですが、高知県の学校の先生が「みんな仲良く」とか言って生徒に謝らせたような気がします。 そういう中途半端な対応は逆に高知の高校生の不満が募って「もう福島県の人とは係わりたくない」ということになるかもしれないですね。

ちょっと前に南の島の平和にこだわる県に修学旅行に来ていた新潟県の女子高生のスカートの丈の長さで新潟県に文句を言ってきた土地の人がいたようですが、「人権」とか「環境」とか「平和」にこだわる人は上から目線になりがちですね。(私は「おおきなお世話」と思います。)
http://www.youtube.com/watch?v=VUblldqwJVU

本日のアサヒ

耕論 原発と私と私たちより

ざっくり見て、5名
大学教授、活動家(上級)、活動家(下級)、主婦、
トンデモ医師といった構成か。

医師の肩書で世迷言を言っているので
とりあえず突っ込んでみようかと。

ただし、書き手の編集の疑いも一応は残しつつ。

>斧澤克乃氏

ざっとググってみましたが、
放射線に関する論文はひとつもありませんね。
人様に放射線に関して講釈垂れる資格はなさそうです。

まあ、放射線科でもたまに怪しげなことをいう人はいますけどね。

また、記事中にどのような根拠で危険と考えるかは明示されていませんので、
「独自の主張であり根拠がない」ものとして受け止める必要ありです。

>NPOの呼びかけで全国から集まった医師グループ

普通に仕事している医師であれば目の前の業務で精いっぱいで
悪いけどそんな呼びかけなんぞに応じてる暇はありません。
公的機関の派遣とか院長命令とかあれば出向くかもしれませんけどね。
都内のクリニック勤務だそーですので、まあ暇はありそうですね。
西川史子さんみたいなもんかしら。
いずれにせよ、こういう人には来ないでいただきたいですね。


>経済的な理由などから県外への避難が出来ず、高い放射線量の中で済み続けなければ
>ならないからこそ心配なのに、
 (中略)
>不安を隠しながら地域や家庭の中で孤立。
>「自分のほうがおかしいのではないか」と自らを責めて抑うつ状態に・・・
 (中略)
>相談会に来ること自体を非難される雰囲気でした。

もうなんか放射脳の定型文ですね。
必ずしも多数派だから正しいとは限りませんが。
ここから読み取れるのは、こういった相談を利用している方は
少数であるようですね。
多数派であれば孤立などしませんし。

また、こういった怪しげな主張をする医師や心理士に話を聞いてもらったところで
不安が増強するばかりで、正直何のために来ているのか疑問ですね。
特定の主義主張を広めるためでなければ、
自分の救済者願望を満たすためでしょうか?

>心無い行政の対応への憤りのあまり、夜も眠れなくなりました。

お前が患者になってどうするw
っていうか、この程度で不眠になってるようだったら
うちの業界は仕事にならんですわ。
ますますちゃんと仕事しているのか疑われるんですけど。

>しかし子供たちは実際にのどの痛み、鼻血、下痢、倦怠感、頭痛、発疹など
>様々な症状を呈しているのです。

そりゃ子供はいくらでもそういう症状出しますし、珍しくもない。
そんなのは小児科でなくても夜の一般救急外来当直をちょっとでもやってりゃわかることです。
精神科ストレート研修で総合病院の勤務経験がないのかしら?
そうでなくても子どもがいるらしいのでそのくらいわかりそうなもんですが。

>「外に出られないことによるストレスが原因」
>「母親の心配が病気を作る」
>と、病気の原因を心理社会的な要因にすり替えられてしまうことが最も危険です。

心療内科医の肩書でそれを言う?w

精神的ストレスは自律神経系や間脳・下垂体・副腎系を介してありとあらゆる病気に
影響する可能性があるのでから、ぶっちゃけどんなものでも精神的な影響はないと
否定することはほぼ不可能。

それに対して、放射線は被曝量が測定・推定できますけどね。
基準がECRRとかいうならもはや話になりませんが。


病気の原因を何でも放射線のせいにすり替えるほうがよほど危険ですね。
仮に100万歩譲って将来何か影響が出るとして、
やむを得ずそこで生活する者にとっては、
こいつに不安を煽られて健康被害をさらに増やされているだけではないのか?

また親の精神状態が子供に強い影響を及ぼすことは、
産後うつや女性のメンタルヘルスを研究していた斧澤氏には
常識のはずですが、それを放射線のせいと決めつける根拠は
何なんでしょうねw

>最近相談に来る母親たちと話していると
>どんなに訴えても変わらない無力感からか、疲れ果ててしまって、
>「仕方ない」「これも運命だ」
>「放射脳のことは忘れて暮らしたほうが心が楽」
>と無理やり思うことで心のバランスを保とうとしている人が
>増えていると感じます。


人は受け入れがたいことを受け入れていく過程で
否認→怒り→取引→抑うつ→受容

となりますので自然な流れだと思いますがね。

斧澤氏は怒りから抑うつの流れを延々繰り返せと言いたいのでしょうか?


まあ受容というよりも、放射脳のゆがんだ万能感を去勢されたといったほうが
近いかもしれませんが。

それにしても相談件数はどのくらいなんでしょうか。


>私の子供が通う小学校では今でも、保護者の要望を受けて
>給食の食材の産地にも気を付けてもらっているし
>放射線の専門家を招いて、
>こどもっちに放射線から体を守る方法について
>講義をしてもらったりしていますが
>そのような学校は少数派になっています。

保護者の要望というよりこの人の要望だったりして。
ってかこの人モンペの疑いもありますな
専門家って小出とかですか?
またここでも、「少数派」であることをお認めのようです。


>リスクがあるのに「安全です」といって不安のみを取り去ったら
>子どもたちを無防備に被曝させる危険が残るだけです。
>行政やメディアの情報をうのみにせず、
>自ら考えて行動することをあきらめないでほしいと思います。

微小なリスクを過大にあおる健康被害は
もうすでに見える形で出ていますけどね。

またこういった発言も「メディア」ですから、
投げる前からブーメランが刺さってるようですけどw


結論
今日もアサヒは正常運転 ┐(´ー`)┌


No title

>なおみさん
かのお話は福島県外でされたものみたいですから(埼玉県?)かなり盛っても確認できる人はそういないでしょうし。
福島の病院がそんなにヒマなはずがないってのは、ひまわり先生や福島の医師さん(特に@以下のところ)見ればわかりますよね。
ましてや、医師不足とか看護師不足と矛盾すんじゃね?ってツッコんどきます。

件の診療所は寄付金で運営されているみたいですから、「より多くのお金集め」のためのセールストークなのかなぁ、って思います。だから余計に腹が立つんですが。

>京さん
…はい、仙台の方でしたね~。前のコメには訂正一応入れておきました。(ってか、自分のリンクした記事にもしっかり書いてあった…)
う~ん、真相は藪のなか、って気もしますが、当時言われていたのは「福島と仙台見分けつかないのか?」とか「つくば市転入→研究者→放射線の事は知っていたから」とか「そもそも転入って避難じゃないから、風呂も着替えもしてるでしょ」ってツッコミはいっぱいありましたね。
まあ、自分が被曝していたかを知るのはいいことなんでしょうが、「スクリーニング証書がないと転入手続きをすすめない」と思われたのが、差別的と言われたんでしょうね。

この件が大騒ぎになったのは、「日本の理系頭脳が集まっているつくば市がダメダメな対応をしてしまった」ためかなぁ、って気がしますね。
当時は「福島ナンバー拒否」とか「福島からの避難者お断り」とか「被曝するぞ、逃げろ~」なんて話がまことしやかに流されていて、福島市内の避難所でも「入場はスクリーニング証書提示が義務」になったりしましたから。
「行政が非科学的な判断のもとに、差別的な対応をした」って話が「あり得る」状態だったと思います。

>笹団子さん
そうですね、ある意味「経済性」「コスト」と「安全性」「リスク管理」という矛盾をバランスよく運営する、なんて神業な気もします。

そう言えば、笹団子さんがご紹介した「おながわ災害FM」に突然訪ねてきた北九州の男子高校生。高知を訪問した福島の女子高生と好対象ですね。
私は北九州の男子高校生の方に共感を覚えちゃいます。元バカ男子だからでしょうが(ちなみに今はただのバカおやじです…笑)。

質問

みなさんご苦労様です。

いつも質問ばかりで申し訳ありません(T_T)


住宅除染においても

地域性がありまして

特に都市部の『仮々保管』に関しては

福島市は埋設をする方が多く

郡山市は地上保管が多い。。


すでに除染が終了した方でも

これからの方でも構わないので

『埋設』か?『地上』か?

またその理由もお聞かせ願えればと思います。


宜しくお願いいたします。

がつんとね!

福島の医師@お昼休みさん

コメント読み応えありました。
(本文は明日以降読めるかも)


IKAさん
>かなり盛っても確認できる人はそういないでしょうし。

確認できないだろうって思って
適当なこと言わないでよね!って感じですね。

>笹団子さんがご紹介した「おながわ災害FM」に突然訪ねてきた北九州の男子高校生

あははは。
私もね「あらららら・まったくもう!」って思って
少しのお説教とやまもりごはんを食らわせてあげたくなりましたよ。

若いっていいなあ。


みなさん
今日私はリンガーハットに行ってきました(ぱんぱかぱーん)♪

名取のイオンモールに行ってきたのです。
ホントはもう少し足を伸ばして
牛タンとか・サンマルクとか迷ったんですけど。

美味しかったです。
でも
みなさんとここで盛り上がって恋焦がれていた時の
妄想上の味にはかなわなかったかなあ(笑)。

みんなでぎゃあぎゃあ言いながら食べられたらよかったね。
いつかね。

No title

IKAさん

   つくば市について,私が新聞等で知った情報も,IKAさんが書かれたようなもので,つくば市が自治体全体のルールとして行ったことではないことは,知っています。

   ただ,つくば市の知人達の間に,いきなり県外避難だ,小学生の子どもの転校だ,と騒ぎだした人達がいて,それまでおつきあいがあっただけに,ニュースには,アンテナをはっていたのです。
   もう,上辺の親切にはだまされないぞ,みたいな。

   
なおみさん

   もう,あの方達とは,おつきあいしていません。
   いやもう,無理ですねえ。
   何人かは茨城県に戻ってきたようですが(2年もたちますし,だんなさんがこちらに残った人が多いし),別に,「帰りにくい」様子はありません。以前と同じようにしてらっしゃいます。時々お声がかかりましたが,遠慮させていただきました。

   何年かたって,「やっぱり何もなかった」という時,「避難」した人達は,全然気にせず,「何もなくてよかったね。」と,笑っていられるでしょうけれど,踏んづけられた方は,忘れないぞ~,という気分なんです。

   仕事も,私は業種を変えてしまったので,あちらに赴任することは,まずないと思うのです。
   以前の業種だったら,「つくば市に転勤させられたくない。」というのが,茨城県の同業者の正直な気持ちだったんですが。
   モンスター・ペアレントのはしり的な人達がわんさかいた時代があったんですよ,15~30年前に。仲間内では,「あの人,つくば市に転勤だって,気の毒に。病気にならなければいいけど。」というのが,普通だった時代です。
   今は,だいぶん変わったと,みんな思っていただけに,
   「なんだ,中身何も変わってないじゃん。」
   となってしまったわけです。

   厄介な方々とは,かかわらないのが良いですね。精神衛生上。
   
   mixiで,安藤量子さんや山下教授を「ま○さつしたい」などと書いているのは,ただの釣りだと思えば,なんとも気の毒な人です。

   楽しいことや,嬉しいことを考えましょう。

   春が来て,花が咲いて,暖かくなって,こんなに気持ちがいい季節なんですから。

   三春の桜は,まだだと思うんですけど。
   きっと,きれいに咲くでしょうね。   

boomboomさん

>もう,あの方達とは,おつきあいしていません。

さみしいような悲しいような
いろんなお気持ちがよぎることもあるかもしれませんが
(私はそうなの)

それでいいと思います。

>もう無理

そう感じてしまう人と
うわべだけのお付き合いを重ねても
つい相手を批判したくなってしまう・悪口を言いたくなってしまう

そういう弱さが私にはあります。

だからこそ暴走機関車のように
自分の弱さを引き出すような関係はざっぱざっぱ切り
優しく強い気持ちを引き出してくれそうな関係を新しく結びながら
前に進むですよ。

>踏んづけられた方は,忘れないぞ~,という気分なんです。

わかります。
だから私はその人ごと、記憶から削除します。

「あんた誰?」みたいな気持ちで向き合うしか
私が相手を嫌だなと思う気持ちや
イジワルしたくなる行動を封印する手立てはない気がして
(私はすぐに誰かの悪口を言いたくなります)。


「めんどくさい地域」も
「複雑な人間関係の土地」も
日本中・世界中同じようにあると思うんです。

人間そんなに変わらない筈だから。

私はつい福島を美化し過ぎてしまって
「福島の人はいい人ばっかりだ」とか
「福島の人のくせに、あんなことを」とか言ってしまって

どこも人の気持ちは一緒だよ

とたしなめられること、たびたびです(恥ずかしい)。

福島を愛してるんだよ~!


今週末からここらあたり(信夫山や春競馬や花見山)の
春が動き出しますよ♪

R110さん

私は、埋設派です。

理由
裏庭に除染で出た土を小山にすれば家の中に与える影響は減るかもしれませんが、その小山の数メートル先に隣家の居間や寝室があったら、これはこれでマズイ。
そして、仮置き場や最終置き場が決まったとしてもそこに置ける量には限りがありますし、どのみち捨てる順番が回ってくるまでにはそれなりの期間は必要になるでしょう。
と言うことで、庭の下に汚染土の塊があるのは感情的に納得はしにくいでしょうが、諸々の影響を考えると、丈夫な袋に詰めて埋めてしまい放射線を遮断してしまうのが、現状で実現可能な方法としてはマシな部類の選択肢だと思います。

お久しぶりです

お久しぶりです。なかなか書き込みできないのですが。。。

>GTR110さん
 はじめまして。千葉県在住のまなおです。
  関東地方で線量の高いエリアで、
 市で除染を進めた流山市に住んでいます。
 基本、除染した土は、学校や公園、住宅の敷地内に
 穴を掘って、大きな袋に詰めて埋めて処理をしています。

 処理後も、定期的に空間線量は測っていますが、
 すでに、0.07μとか、、各公園の掲示板に線量が公開されてますので、子供たちも埋め立てた公園で遊んでいます。

 一昨年の落ち葉の放射線量が高くて、仮置き場に野積みになった
状態になっていましたが、そこは周辺住民から不安の声があったりで、定期的に計測して、周囲の線量が高くなってなくても、
警戒感はなかなか薄れませんでした。

松本の市長さんは、
ホットスポットと騒がれていたころには、
松戸にも講演に来てましたし、
「低線量被曝から子供たちを守るために」とかいう
DVDにも出演していて、その上映会があったり、
あの当時の東葛地区での騒ぎは、思い出すと
胸がおも~くなります。

流山は、震災前は福島に林間学校に行ってましたが、
震災後は長野になりました。3月の震災で5月の林間でしたから、
行き先の変更はやむを得なかったかも。。。
この先、しばらくは長野だと思います。
市の全中学校の収容先の確保は、なかなか大変なんだと
思います。小学校は、日光に(ここも、ホットスポットで話題になりましたが)、修学旅行に行ってます。

八重の桜で、会津の観光客も増えてきていると聞き、
嬉しい限りです。。。
今年こそ、福島に家族で遊びに行きま~す!




No title

 福島原発での放射能もれによる放射能での死者は一人も出ていない。健康被害も二次ストレスが原因。

 と言いきってしまうと、福島に住んでいる私たちの気持ちはわかっているのか?

 とうやり取りがあったとします。

 私たちって、福島の人を全体に代表しているのか?

 実際に死者や、健康被害がでると言われるのは放射線線量でしかわからない。それが年に何ミリシーベルトであるのかを言わなければ議論は収束しません。そもそも始まりません。ベクレルで評価されても放射能の具体的な危険性は僕には理解できません。

 原発の近くに住んでいるという気持ちがわかるか

 と言われたらわが県の原発の近くには多分10万人くらい住んでいて、原発存続については選挙の結果は廃止を支持する人はごく少数。
 30キロ圏内だったら数10万人は住んでいる。
 多分いろいろな人がいるでしょう。

 でも、ここ数年は原発よりも自然災害の被害の方が圧倒的に多いんですよね。恐らく福島県の人でも、家屋を失って茫然としている人だって多いはずです。わが県も福島と比べたら少数でも、4000万円のローンの支払い真っ最中で地震でやられてしまった。と言う悲劇は良く報道されましたよ。

 死者だって2000人ですよ!この人達になぜ目を向けない!

 恐らく今夏も猛暑日は多い事でしょう。外出もせずに新聞も読まなかったら、今年の冬は豪雪だったそうで、67人とか。
 全然減っていないじゃないですか。しかし豪雪地域が青森北海道に北上している気がします。それがいやな予感はします。
 新潟県も暖冬を期待していましたが、そうならなかったみたいです。この地域は山間部に比べたら雪も少なく、温度も若干高めですが、風が強く体感温度はむしろ低い。

 長い間表日本で生きてきた僕には寒さが堪えます。雪は生活上の困難を生じさせて、いわゆる「白魔」におびえる人生を避けて、雪の少ないこの地に来る人が多いんです。でもこの地から表日本に脱出する人も多くて人口は増えていきませんよ。

 先進国日本も未だに自然災害さえ克服していないのに、科学の発展の成果を迷信と妄想によって受け入れようとしないのは人類全体に対する敵対行動ではないか
 と思います。

 豊富な電力量で日本北部を暮らしやすく住みよい地域にする事は可能だと思っています。
 しかし火力発電では不可能です。原子力発電では可能です。こんな事は物理学の基礎のまた基礎なんでしょう。

 放射性廃棄物の管理は難しくはない。
 火力発電の廃棄物の管理は不可能
 石炭火力の廃棄物の中の重金属の毒性は永久的、それが拡散の恐れがある。

 そう言えば、朝日新聞にイラク戦争後の先天的障害児の出生が異常に増加という記事がありましたが、重金属の被ばく以外に考えられないと思います。
 劣化ウランによる放射性障害ならそういう弾頭の破片からでも今でも簡単に放射線を感知できるはずです。
 劣化ウランの金属毒性は強い物があったとしても、それは鉛や水銀、ヒ素とは同レベルのもので、毒性の強い金属の爆破による拡散の方が問題だと僕は思います。

 人は重金属の毒性が強く、永久的なものであっても、その拡散を、薄めたら大した事はない、と言って埋め立てたり、コンクリート材料につかいます。

 しかし放射能に関しては線量や核種のいかんにかかわらず、異常な規制行動をとります。それがより豊かで安全で暮らしやすい社会の実現を阻んでいるのだと僕は思います。

SHIMIZUさん
>しかし今度の原発災害で福島県民が被った損害はそんな程度ではとても済むまい。

 この考えはいかがなものでしょうか。
 原発事故で放射能によって死者は一人も出ていません
 津波地震で2000人が亡くなっています(福島県のみ)

 この事実は曲げられません。東日本大震災によって、福島原発は爆発事故を起こしましたが、そのとき、放射能による過剰恐怖に陥る事がなかったら、二次災害もはるかに少なかったでしょう。

 山下先生が言った100ミリシーベルト以下なら安全
 放射線はニコニコしている人には害はないけどむやみに恐れると害が出ますという主旨の発言、結果的に正しかったじゃないですか。

 SHIMIZUさんご自身がどの程度の線量なら自分は安全だとか危険だとか思うとか言われないから、発言の真意がわかりにくいですね。僕は月間100ミリシーベルト、生涯に5グレイならリスクはないと考えます。

 僕はこういう発言をしても社会的不利益など無関係ですけど、今、たとえば電気会社の社員の多くは僕の考えに賛同する人も多いと確信します。しかし彼らがそういう事を言えないという空気が日本の多くの地域に根強く淀んでいるのだと思います。

 僕は正面切って原発推進を言論で述べる機会は殆どないんですが、たまにあったとしても、相手はそこまで勉強していないから議論はしませんと言うんです。
 別にそんなに勉強しなくても、間違っているのは間違っているとわかると思います。原子力発電を否定する反原発イデオローグの学者さんたちは次々と展開していたトンデモ論を否定されているのが現状ではないでしょうか。

 それと、反原発を強く言う人は、その理由を明らかにしないと言う事実があると思います。何故なんでしょうかね。

No title

清水先生のコメント読みたい~(ワクワク)

>福島の隣県在住さん
えと、個人的な感想なのですけど

原発を再稼動させて得た利益を 二重ローンの返済に廻す、ということですか?

あと、印象論になってしまうんですけれども、以前、二酸化炭素のことをおっしゃってたと思うんですけれども
 昔、二酸化炭素がすごい悪者にされてて、今、それが放射線に変わっただけのようなイメージは、私、持ってます。(あ、頭の中にタレントの小雪さんが出てきた....)

 最終処分場は、8000bq以上ってなってますけど、たとえば家の近所に出来たとして、遮蔽とか管理の状態とか、そういう情報は欲しいなぁ~と思ってます。

(ここからはひとりごとです)
 それで、がれきの受け入れを拒否した、九州の電力会社の使用済みのって、九州に埋めるってことではないんですよね.....これを、以前、矢板市のかたに質問したら、「電電公社時代の名残りじゃないかな~」っておっしゃってたんだけど、電力会社の関係って、私は不勉強でまったくもって知識が足りないです。関西と関東も周波数が違ってるし。あと、私は、「シロウトのくせにああだこうだ言うな。尾ひれがついて変な方向に話が行ったら困るよ」って忠告されました。



No title

>福島の隣県在住さん
あ、感想と言いながら質問のかたちになってました~(すいません)
私を叱ったのは母です。
えと、二酸化炭素と天災のことなのですけれど、
伊達政宗の時代にあった地震の記録のを、中村雅俊さんが紹介していらして、そのころの時代って、二酸化炭素ってそんなに多くなかったような気がしますけれど、今からハリケーンとかそういうのがもっと増える、っていうことなんでしょうか(あ、これも質問のかたちになってました)
これって気象のジャンルですよね、気象とかお天気の話題は好きなんですよ~

またこのひとか

今日の日経ビジネスオンラインに載った「世界の果ての27年」。世界の果て、とはチェルノブイリのことのようだ。3月26日の記事「「原爆」が「原発」に語ること、を書いた鵜飼秀徳記者が書いていました。
日経は全体に冷静で論理的な記事なのだが、これはずいぶん情緒に流れている感じ。
 
確かな因果関係があるわけではない、と断り書きつきではありますが、巨大化した植物や奇形動物も出現しているんだそうです。

これじゃ、週刊誌並みでしょー。

http://business.nikkeibp.co.jp/article/report/20130403/246104/?P=1

日経ビジネスオンラインは無料で会員になって記事を読めます。いい記事がたくさんあるのでこの何年か愛読しています。

よろしかったら、会員になってお読みください。

あ、私は別に日経の回し者ではないです。(笑)

No title

GTR110さん

私も埋設してもらおうと思ってます。
説明会でも話されてますが、
毎日、小山を見て暮らすのは厭です。

それから、河川改修などされていて
可能性は低くなりましたが、
阿武隈川が溢れたことがあるので・・・

日経記事

チェルノブイリ探訪記はこれまでにもさんざん書かれつくしているので、相当きわどい表現をしなければ読んでもらえない。

政治家が仮に、福島に「腐界」が出来たという表現を使えば、政治生命を失いかねない。

「世界の果て」であるチェルノブイリ原子力発電所4号炉が事故を起こした後も、3号炉、4号炉は運転が続けられていて、老朽化のため停止したのは2000年になってからのこと。
「世界の果て」に通勤する人たちがいたし、廃炉のため今でも通い続けている人たちがいる。

こんな記事を許可したデスクも記者もトンチキとしか言いようがない。

No title

>GTR110さん
う~ん、基本的には私は「山積み」派かなぁ。
理由は簡単。あまりにも庭が小さすぎて(4~5坪くらいかな)「埋設」のような大規模な(笑)工事が難しそう、ってのがあります(ユンボ入んないし、人力では大変でしょうね)。
でも、ご近所の事は考慮しなくちゃいけないですね。
まあ、本音では「別に気にしないから、ほっといてもいいかな」派って感じですが。

>boomboomさん
つくば市が騒ぎになったとき、「市民から不安の声が出ていた」っていうのは言われていましたね。(確認はできないですけど)
つくば市の対応はそれに沿ったものではないか?といった疑問が批判に繋がったようにも思います。
boomboomさんのお話から察するに、「市民からの不安」って結構大きな影響があったように思います。

つくば博(わたし~ほしまる~、あなた~ともだち~って、まだ歌えますよん)前後のつくば研究学園都市って、(記憶にすぎませんが)できたての頃は不便で遊ぶところがなくて、「研究しかやることがない」なんて揶揄されていました。
知らない人ばっかのコミュニティで、ご家族(特に奥様方)の精神的な負担が大きく、ノイローゼや自殺が多い、なんて話もありましたっけ。
そんな一種の「風土」はあったようです(って言いますか、いまだにあるんですね)。

私のまわりにはそこまで酷い人は居なかったですけど、boomboomさんと同じような思いをされた人は多いかもしれませんね。(私の周辺は「経済的に福島を離れられない」って人が多かったのかなぁ…類友、ってヤツで…笑)
あ、でも踏みつけられた人の気持ち…震災は関係なく、同じように思ったことは(まあ私もそれなりにオッサンなんで)私もあります。
こういうタイプの人って、元々人の気持ちに土足であがりこむ様なところありますからね。昔の事なんかシレっと忘れてまたズカズカ入ってきそうで…関わらないに越した事はないんでしょう。
別にそんなメンドい人にこだわらなくても、新しいお友だちいっぱいつくればいいんでしょうね。たとえブログのコメ欄のうえであっても。

毒物同様、嫌な人間関係もいい人間関係で「希釈する」って感じかなぁ(笑)。

>まなおさん
お久しぶりです。
ああ~、某市長はそんなとこまで行っていましたか。そりゃ800万稼ぐわ(笑)。
しかもステマの実例も。
やっぱりね~、です。

あ、今年の会津若松は観光客でごった返しそうな話をよく聞きます。
いらっしゃる時はお気をつけください。

>京さん
地球温暖化論、私も詳しい訳じゃないですけど、影響については諸説あってわからないことが多いようですね。

私の身近に「世界で平均気温3℃上がるくらいたいしたことねーじゃん」と言った人がいましたが、いくらなんでも「たいしたことねー」ってことはないでしょうに、っては思いました。
ちなみにこの人はバリバリ文系なんですけどね(文系の悪い例です)。

まあ、低線量被曝の影響がわからない(小さすぎて見えない)と違って、何がおきるかわからない(何がおきてもおかしくない)、って感じかなぁ、とは思っています。

>北の国からさん
日経、販売拡大のために「アレな方々」の取り込みに参入ですかね(笑)。日経って科学面弱そうな気もしますし(なんとなく、ですが)。
朝日、毎日よりは影響が少なくていいんですが(東京と比べるとどうかな?)。

のんびりもいいとこ!

ご~め~ん~!
春だから許して!


①「福島の高校生、高知で交流」読みました。

気になったのは

>「高知では深呼吸できる」

・・・・・・福島でもできるよ(きょとん)?

>「高知の若者を被災地に招き、
現地の暮らしぶりを見てもらってはどうだろう」

だ~か~ら~わたしんちに来いってば(事前連絡は必須)!
現地の生活ぶりをみせつけてやるぜ!

他にもあったけど
生徒さん個人の発言を取り上げるのはやめときます。

記事を書いた人の「思い」が入ってないとも限らないから。

こういった活動が「善きもの」として
高校などで定着しつつあるように感じるのですが
なんかね・・・心配なんだよ。

県外の人は
「土着なおみの生活」については知る機会はないでしょう・・・?


②「耕論 原発と私と私たち」読みました。

福島の医師さんのコメントを読んでからだったから
すごく面白かったです。

事前の情報がなければ読み飛ばしてたかも。
そのくらい何の思いもわきませんでした。
「ああ・・・こういう人たちか」という感じ。

気になったのはやはり
お医者さまを名乗る方のおっしゃること。

これそのまんま
どこかで聞いたような
匿名の方が福島に住んでる人を脅かしに来る時に使われるような
そんな内容で。

大丈夫かなあ。


「福島第一の停電 東電社長が謝罪」
なんて記事もついでに読んでみたら

「佐藤知事は、トラブルのたびに、冷却できない事態を恐れてガソリンスタンドに駆け込み、
避難に備える人々の現状を紹介」

ってあって
ううむ・・・そうなのかあ・・・と思いました。

どこかで・・・この話
(何かあるたびに福島ではガソリンスタンドに行列が・・・みたいな)
聞いたことがあって。

小さなことでも県に連絡はしっかりしようね
それが信頼回復への道だよ・東電さん
と思うことはあっても

(マスコミが連絡後回しにされて怒ったとか・・・
どうでもいいような話もあったけど)

今回の件については
「停電によって冷却設備が止まった」と聞いても
すぐにどうこうなるとは思わなかったので
(イチ主婦の私が・・・ですが)

心配ではあったけどそれほどは・・・。

除染のこともそうなんだけど
私とお隣の人とで(緯度・経度は全く同じだと思う)
ホントに感じ方・考え方が違うから

心配な人に思いっきり寄りそう形がいいものと
その心配を無理強いしないでちょうだいというものとあって

非常に難しい。

この件に関しては
東電に厳しく言いたくて(何回言ってもわかってくれないから)
知事がこんなことまで言ったのかなと思いました。

そしてガソリンスタンドに行っちゃった人の気持ちに寄り添う形の
具体的な対応が必要だと思いました。

No title

我が家は先月除染が終わりました。
庭に埋めてもらいました。毎日過ごす家でなるべく目につかない方が良いなと私は思ったからです。
近くの家では埋設派が多いような気がしますが、お庭がないお家などでは、地上保管しているところもみられます。
tateさんのおっしゃるように感情的に嫌だなあと思ったりすることもありますが、受け入れるところは受け入れて、いろいろな事が少しづつでも前に進んで行けばと思っています。

桜の季節もうすぐですね。
花見山も大好きです。

No title

>boomboomさん

私は「やや危険より」から入ったので、
「あとで何も無ければ、それでいいんじゃない?」って、言ったことあります。なので、加害者的な側面もあります。
息子を山形の専門学校に入れようかと思ったこともありました。
けっきょく、春休みは実家にいましたけど、そのあとは宮城にいました。
私は、京都が実家で、震災の直前に、宮城に主人の会社が移転になったときは、「どうすんの?あそこに引っ越すの?」って、家族会議になって、親戚からは宮城に引っ越すのは止められました。

今も、ピン芸人というか、ぼっち気味です。価値観も共有できないし、(これは私の人間性に問題アリなので、放射能とはたぶん別の問題)でも、そっちのほうがじつはラクなので、東北に住んでるところもあります。これは内緒ですが(て ここで書いてみる 笑)

うちは、燃料棒の引き抜き作業があったときまでは、かなり対策やってました。簡易空間線量計が上がらなかったので、対策をとめました。

あと、2年って、半減期がきっかけになってるってことはないですかね~(あくまでも妄想ですが)
半減期記念日、みたいな。

No title

京さん
>原発を再稼動させて得た利益を 二重ローンの返済に廻す、ということですか? <

 原発を再稼働させたら、3、4兆円の化石燃料費が浮きます。これは外国から購入しているわけで、円安傾向が続けばもっと高くなるわけです。

 貿易収支がそのために赤字になっていますが、それだけでは日本経済が破たんになるわけではないのです。内需の拡大で日本国内の要するに積立金が減らなかったり増えたりすれば平気でしょう。ただし日本国民の犠牲の上で

 でも日本国民がもっと働かなければならない状況にもなる。のは僕は厭です。長時間労働、低賃金で良く働く者以外不要。従って20代前半の青年で残業もいとわない労働者以外、パートやアルバイトで賄う、もちろん社会保険も不加入。
 こういう企業や労働者が増えたら年金財政はもっと赤字ですよ。内需拡大というのは国内での需要を喚起させるために、国民を金持ちにさせて、魅力ある商品を創造出来る様な企業家にチャンスをやるわけで、いろいろな手段があります。

 交通機関で言えば新幹線の値段を半額にして乗り換えなしで北海道から九州まで行けるようにして、在来線も乗り換えを少なくすれば、住宅需要まで増えると考えられます。

 二重ローンというのは災害で家を失った人についてですかね?勿論国や自治体が補助枠を高額にすれば良いと思いますが、同時に災害に強い国土を作る必要があると思います。
 阪神淡路大震災以降、マンションや高速道路などあらゆるコンクリート造りの建物が補強されて、そういうものは地震には強いと思いますが、大津波が来た映像を見たらわかる様に、軽量鉄骨の2階建ての工場も流されてしまいます。

 だから僕は日本国民は全員マンション住まいを提言しているんです。15階建てで5LDKの公団マンションを作れば良い。マンションが嫌いで一軒家に住みたいと言うなら、100坪だったら、最低200万円の固定資産税を払って貰わないと
 特に地方都市ではそう思います。
 人にもネコにも優しいマンションづくりができるはずですよ。イヌの水浴びくらいベランダが広ければ良いんですよ。
 これによって内需だって拡大出来ますよ。

 そもそも土地なんて個人が私有など日本の様な超人口密集国では許されるのがおかしい。平野部での人口密度はバングラディシュを上回ってダントツに世界最高ですよ。

 大豪雨による洪水被害を防ぐため、僕の地元に近い中流の河川ではその大豪雨に備えるために大規模な改修計画をたてて、もう実行されているのかと思いますが
 川幅を広げて、直線にして、増水しても速やかに大河川信濃川に流れ出る様にするんだそうですが

 僕は大反対です。土手を高くすれば良いだけだと思います。もちろん一部はコンクリートにして土手の幅も増やします。
 立ち退く住民の数はずっと少なくなるはずです。川は必ず曲って流れさせるそういう原則を作れば良いと思います。思想が逆なんですよね。集中豪雨でも耐える様な河川づくりをやるのに何年もかかっての大土木工事を思いつくのが役人と癒着した土木業者ですよ。何年もかかっても犠牲も少なく無駄な金が出ない様な土木工事をすれば良いんじゃないかと僕なんか思います。

 僕は内需拡大は、多額な除染費用についてそうしたら良いと言ったんですが、原発再稼働による燃料費の分も内需に向けられると思います。アメリカのシェールガスもアメリカがOPEC諸国から石油を買わずに済むため日本に買ってくれと押し付けられる事もなく、安く手に入る事もなさそうです。

 除染費用について28兆円も使うなら真の東北復興に回したら良いとおもうんですけどね
http://www.gepr.org/ja/contents/20130325-01/

 その金額を二重ローンに苦しむ人への補助にも使えるでしょう。建築業者も仕事は増えます。


>最終処分場は、8000bq以上
 この数字は良く分からないんですが、1グラムでも1センチ平方でも異常に少ないんじゃないでしょうか。紙に何重にも包んで燃やすごみにして出せば終わりの気がします。
 1平米あたりが8000bq以上なら1ヘクタールだったら8千万ベクレルで1万ヘクタールで8千億ベクレル
 それほど多くないんじゃないでしょうか

 想像するに、大気中かと思いますが、それなら少し離れたらいいだけで濃縮される事などありえないでしょう。

 ベクレルは1秒間と言う時間が決まっているんですが、面積や体積などを示さないと放射能の強さがわかりません。さらに人間への被害だと、最終的にはシーベルト、さらにグレイでこっちは時間を明示しないと被害の強さは、少なくとも僕にはわかりませんが

 二酸化炭素問題は近年になってから特に問題になっているわけで、2011年度では人間がだした排出量は340億トンです。
 世界で消費される化石燃料は100億トンから150億トンと言う推定が出来ます。
 つまりガソリン1キロだったら全部燃やしたら多分1500グラム以上の二酸化炭素になるんだと言う事です。原油だったらもっと多いでしょう。
 
 片方は液体で片方は気体ですが、燃やして一緒になった酸素の重量分二酸化炭素の重さは増えているんです。石炭だったら約2倍です。石炭はその他に焼却灰を出してその中には重金属も含まれ、放射性のウランもトリウムも含まれていますが近年ではセメント原料に殆ど使われています。
 このセメントで作った建材でも、自然石の花崗岩よりもずっと放射能は少ないから普通に使用しても僕はかまわないと思いますが石畳の様なものに利用されているようです。西へ西へと逃げてたどり着いたところに公園でこういう石畳が使われているのを知ったらどう思うだろう?と僕は思うけどそれはともかく

 つまり、物を酸化して燃焼のエネルギーをだせば二酸化炭素排出量はそれよりもずっと重量が大きい事を多くの人が忘れているんです。
http://www.enecho.meti.go.jp/topics/energy-in-japan/energy2010html/world/
 掘った石炭についての最高の省エネは燃やさずに掘った穴に埋め戻す。ジョークですが一面真実をついているでしょう。

 伊達正宗の頃は勿論大気中の二酸化炭素は今よりも少なかったでしょう。ずっと280ppm以下で推移して、それが1780年ごろから急に増え始め特に1980年台からさらに急激に増えたわけです。
 それは化石燃料の消費量増大と密接に結びついているわけですが、そこで

 二酸化炭素を廃棄物とみなすか
 二酸化炭素と言う廃棄物付きのエネルギーを選択するか
 放射性廃棄物付きの原子力エネルギーを選択するか

 人類全体で見たら既に二者択一の時期は過ぎている、と僕は思っているんですが
 地球温暖化による大規模な気象変動については大型熱帯性気圧だけではなくて予測しなかった熱波や寒波、長期にわたる大干ばつや大豪雨などが考えられて、少なくとも人類が文明を栄え始めさせた頃には農業が季節の移り変わりによって大規模に出来た頃から現在に至るまではあり得なかった気象変動だと思います。

 http://www.gepr.org/ja/contents/20130107-03/

 世界でははっきりと上記の事について述べている学者もいるのです。恐らく日本にもそう思っている学者もいると思います。 

関係ないとこに反応してごめん!

京さん
>ピン芸人

うははははっははは。アタシもアタシも~!

>そっちのほうがじつはラク

「これから長いお付き合いになるんですから・・・」なんて
ねっとりじっとり言い寄られると夜逃げしたくなります(シャイなの)。

>半減期記念日

俵万智!詠め!

・・・好きだったんだけどな。
今はもうどうでもいいです。

No title

>福島の隣県在住さん

8000bq以上(以上なので、もっと高いのかも知れません)
固形の状態のものかと思っていたので、(稲わらとか土?)説明会のようなものがあったら、参加してみて、遮蔽する素材とかも、じっさいに見てみたいですね~
ゆっくり読ませていただきますね

もうすぐ新学期ですね~

御礼

みなさんの貴重なご意見に感謝いたします。


私の質問がネコさんの更新を阻むと申し訳ないので

とりあえづ締めさせていただきます。



ここで少し最前戦のお話しをしたいと思います。

仮置場の無い自治体では

除染前の説明会時に『埋設か地上かは協議の上』

というお話しがあると思います。

基本、表土剥ぎは1cm~3cmが標準仕様です。

本来であればGMでメッシュ測定をし

掘削深度を決定しなくてはいけないのですが

三次下請け、四次下請けの現場作業員にはGMなど与えられません。

それを今さら騒いでもスタートしてしまっている事なので

私はとやかく言いませんが

家主側から気になるポイントを指定すれば

更に掘削震度を掘り下げてくれます。


それは仕様の中に

『手掘りは1cm~3cm』と表記されており

『機械掘削は5cm』となっているので

作業員は大変でも

缶コーヒーでも出してあげれば断ることはないでしょう。


末端の現場作業員は

『言われなければやらない』なのですが

『言われればやる』方が殆どです。


怖がらずに声を掛けてみて下さい。



また仮々置場ですが

埋設を希望される方へアドバイスを送ります。


殆どの方が『建物から遠い場所』を選びます。

表土剥ぎと言うのは先ほどお伝えした掘削深度。

例えば表土剥ぎ前1cmが0.5μSv/h(コリメーター)程度だと
※コリメーター→観測部位を鉛で遮蔽し周辺の影響を受けなくする道具

3cm剥いで0.2μSv/h~0.15μSv/h前後になると思います。

ただこのシーベルト数値になっても

多いところでは3000~5000Bq/kgはまだ残ったまま。

Bqだと多い感じがしますが

特にセシウム134が弱くなっているので

震災当時のBqと現在のBqが同じでも

現在は低い数値を機器が拾います。

放射性物質の数(放射性濃度)が減らなくても

発せられる放射線は弱くなっているということです・・・

って科学的根拠は何もありませんが

現在、最前戦での見解です。


それでも放射性物質の数は減らしたいのが誰もの心情であり

それには表土を撤去するほかありません。


そこで更に深く表土を剥がすと言えば

埋設保管の為の掘削です。

ガイドラインでは

『埋設物の上部からGL(地表0cm)まで30cm』とあり

1tフレコンパックであれば最低でも150cmは掘削します。

ご自宅に埋設される前の容器を必ず見て下さい。

容器上部1cmでのSv表記がされています。

我が町WALでも山間部でなければ1~2μSv/h前後。

この程度であれば30cmも下に埋設すると

地表では埋設物から発せられる放射線は拾いません。

それでいて30cmも表土を剥いだと同じ事になり

除染後の地表サーベイをすると

埋設ヵ所の上部が一番線量が低い。


埋設をお考えの方はこれらを考慮して

埋設場所の選定をして下さい。


ちなみに郡山市で使用されているドラム缶型の遮蔽容器は

1ケ20万円では買えません・・・・


最後に・・

自治体で一生懸命探している仮置場ですが

私の考えでは

特に福島や郡山のような都市部では

仮置場が出来たとして

真っ先にそこへ運ばれるのは

一般住宅のモノではなく

手が付けられないでいる側溝などの除染廃棄物が最初に運ばれ

終了次第に一般家庭のモノが運ばれるのではないかと。。



長々と・・・申し訳ありませんでした。。。





最終処分場8000の根拠

福島の隣の県住民さん

国が決めた8000Bq/kgの根拠は単純です。


最終処分場で最も被ばくが予想されるブルドーザーの運転手がベースとなっており

一日4時間運転をして250日で1100時間が労働基準と計算し

年間の積算被ばく量が1mSvを超えると思われる数値が

8800Bq/kgで計算されていて

少し余裕をもって8000にしただけのことです。

ちなみに8000だと

年間0.78mSvなんだそーです。


再登場申し訳ありませんでした。。

阿修羅が福島県を愚弄しています

 超お久しぶりです。

 ネトウヨにパージされて、反ネトウヨの藤原監督とともにtogetterからも投稿拒否されたので、あまりに馬鹿馬鹿しくなって、放射脳叩き、ネトウヨ叩きを休憩して、競馬研究にいそしんでおりました。

 たまには、放射脳を叩くかと、阿修羅への反論を再開しましたが、あまりにひどい記事が原子スレのアクセストップなので、ご報告します。

 放射脳のカルトさと馬鹿さにあきれるしかありませんが、さすがにこの記事は叩き潰した方がよいのではないでしょうか?

(引用開始)
福島で凄まじい事態が発生!「福島では妊婦の15人の内12人が奇形児を出産しています!」(原発問題) 
http://www.asyura2.com/13/genpatu31/msg/158.html
投稿者 赤かぶ 日時 2013 年 4 月 04 日 02:35:02: igsppGRN/E9PQ

2013-04-04 00:55:46 原発問題


福島で凄まじい事態が発生!

  「福島では妊婦の15人の内12人が奇形児を出産しています!」

政府内部で予測

 10-20年後に日本国家の人口が5000万人に半減する!

新サバイバル掲示板
http://9307.teacup.com/tokaiama/bbs/4229 より

投稿者:通りがかり 投稿日:2013年 4月 1日(月)21時20分56秒
東日本から人間が消滅し、日本の人口が5000万人になる!

福島で凄まじい事態が発生している。生まれてくる子供の大半が奇形児なのだ。
もはや妊婦と子供たちは明日にでも福島から脱出するしかない。福島はもう人体実験場なのだ。
いや福島だけではない関東地方もすでに人間が居住できる場所ではなくなってしまった。

 <我が反論>
59. 2013年4月05日 22:11:56 : nfhpw5OSm6
読むのも馬鹿らしいので、ここまで一気にスルーした。
阿修羅が放射脳の砦であることは周知の事実だが、さすがにこれほどのデマを堂々と書き込み、それがアクセストップなのは、どうにも許せん。

 福島県民の皆さん

 この馬鹿どもを総力を挙げて叩きつぶしましょう。

 遠慮をし過ぎです。

 我慢強い福島県民には敬意を表しますが、ここまで馬鹿にされて黙っていてはなりません。福島の妊婦の中には、不安に思う人もいるかもしれません。このデマを叩き潰しましょう。

No title

>なおみさん
(^o^)


>GTR110さん
ありがとうございます!

さっぱりしっとりタイプ

GTR110 さん
とても参考になりました。
ありがとうございました(ぺこりん)。


元@iyao1さん
お久しぶりでした。お元気ですか。

>競馬研究にいそしんでおりました。

ぱからぱからぱから・・・
ひづめの音・いななきが聞こえてくるような気がします。

遠慮なんかはしてません(笑)。
あまりに荒唐無稽なので・・・。

きっと私の人生にはかかわりのない人たちだと思います。


京さん♪
(^o^)

面白いのが
じゃあそういう二人が近くにいたら
べったり仲良くなるかというと
意外にそうはならなくて

なんとなく気は合うんだけど
お互いやっぱり・・・我が道を行くんですよね。

お久しぶりです なおみさん

>あまりに荒唐無稽なので・・・。

>きっと私の人生にはかかわりのない人たちだと思います。


 なるほど。
 福島県民は、もう達観していますね。
 阿修羅で一年半位、放射脳のデマを叩き潰して、完全に論破し続けているのですが、彼らは一切考えを変えません。賢明な福島県民なら、彼らのカルトさを悟って、かかわり合いたくもないのでしょうね。

 大震災と放射脳デマのダブルパンチで苦しめ続けられている福島ですから、馬鹿とかかわるのは、疲れるだけなのでしょうね。

 了解しました。愛知県民の私が、かわりに叩いておきます。

 まあ、どうせ彼らの説得は無理だと思っているので、競馬研究の合間にします。

 では、競馬研究と放射脳叩きに戻ります。

つくばの件(最後)

くどくなって恐縮ですけどもう一度つくばの件を書きます。
上のほうで真相と書いたもののソースは市役所の勤めている卒業生から聞いたものです。隣の部署らしいです。

ピリピリしていた時期で表現にも気をつけなくてはならない時期に相手の気分を害する発言をしたのは間違いないと思います。
ただ、「受け入れ拒否はしていない」という事実は間違いないのでそこは正しく理解してください。

あの時期確かに虚実入り乱れて様々な情報がありました。
高エネ研で研究者が避難しただの産総研では研究室丸ごと逃亡しただの、いろいろありました。
しかし、それらは全く嘘ではないにせよ、観賞用金魚のようなでっかい尾ひれ背ひれが付いた話でした。

私もつくば、さらには守谷・伊奈谷和原の人たちはどっちかというと好きにはなれません(汗、が、それとこれとは別です。

ここでは、放射脳のデマや誤った前提に基づく放言などに対して語っているわけですから、その我々が怪しい話を語っては元も子もないと思います。

>元@iyao1さん

阿修羅の元ソースの書き込みの日付は4/1
書いた人はそういうつもりだったのでは?
と思ったらさらにそのソースは3/23でした・・・
で、良く観たら700人死んだのデマツイートで有名な高山清洲が大元じゃないですかwww
自称皇族の子孫の在日朝鮮人の高さんですねw
相手にするのも馬鹿馬鹿しい人たちですよ。

抗議するだけ無駄ですね。

No title

>iyao1さん
お久しぶりです。お元気なようで何より。
私、時々阿修羅は覗いているんでこの話、知っていました。
時々(本当に時たまですけど)コメも入れています。
この件に関しては、なおみさん、ガンバレ道の駅よつくらさんがご指摘のように「あまりにもアレ」なんでスルーしてましたです。

と言いますか、この高山清洲のブログ見て、ちょっと前にひまわり先生のところに来た人がいて、「15人中~」って話も知っていたんですね。その時に説明したんで、「ま、いいか」ってなっちゃった面もあります。
ひまわり先生のところに入れたコメ、一部転載しておきます。

(高山清洲氏について)
いくつかありますが、こちらにまとめがあります。 ↓ http://togetter.com/t/%E9%AB%98%E5%B1%B1%E6%B8%85%E6%B4%B2

とりあえず、こちらで紹介されたツイッターのプロフィールをご覧ください。 ↓ http://togetter.com/li/291602

>第59代宇多天皇家35世代にして高山右近太夫長房16世。大正天皇家扶桑会・ 総裁。投資家 ・世界金融業界の調査・監察を業務とし、世界史の考察及び、歓楽 街の観察を趣味とする 。

非常に高貴な御身分のようですね。

また、別のまとめに残っているつぶやきでは http://togetter.com/li/290608 より

>@turbo0421 @toshio_tamogami この情報は、国家のトップシークレッ トであ り、世界の権力者の関係施設でもあります。警備は 厳重ですし、間違いますと心 臓麻痺を起す侵入者撃退設備 もあります。そうあなた方が知りえない社会の暗闇 です。ご希望があればご 案内します。 susanou666 2012-04-19 20:58:48

という、非常に闇の世界に通じた人物のようですね。

>@kakka_butsuyoku私は、警察と麻薬、覚せい剤、銃器の取り締 まりもしてい る組織の責任者だよ!日本国内への密輸入を防 止、撃退したり、テロ組織の監視 もしている!勿論、被災地の復 興に資金も出している!○○(IKA注…日本人には比 較的多い苗字ですが、一応伏せておきます)先生は、陽子線施設建設費120億を 借りに来たので本 件を知ったのだよ! susanou666 2012-04-19 21:47:09

という権力者でもあるようですね。

他にも「イルミナティ」とか「ロスチャイルド」とか「HAARP」とか「メーソン 」とか、その筋の方にはお馴染みの「特殊用語」を駆使されているようです。

…ただ、残念ながらこの人が今まで発信した情報は何一つ確認されていません( ここに出てくる○○先生、という人も実在していませんし、「ここに電話してみろ !」と指定された電話番号はまったく関係ない団体のものでした)。 私はトップシークレットに触れる事が出来ない庶民ですし、高貴な身分でもあり ませんし(先祖代々、由緒正しき貧乏人ではありますが)、この方のお話はなん とも言えません。この方の検証不可能かつ独自すぎる情報源がどこにあるのか… 推測ですけど、特殊な受信能力がおありのような気がします。あるいは普通の人 には聴こえない「天の声」を聴くことができるとか。

いずれにしても、このような電波ゆんゆん…いえ、特殊能力をお持ちの方のお話 は理解出来ませんし、しようとするだけ無駄なような気がします。

転載終了……

他にも「宇野正美」とか、古典的なユダヤ陰謀論者ですからね~。もうデムパゆんゆん。
ま、阿修羅らしいと言えばらしいですけど(笑)。

そういやもうすぐ春の福島競馬です。iyaoさんも「福島の春」を楽しんでくださいね。

1キロでしたか!

 1グラムでも異常に少ないと思った僕がおかしいのかな。何しろ500000ベクレルのアイナメの刺身でも目の前に食べて良いと出されたら喜んで食べそうな気がしますからね。
 どうせ200グラム程度で腹いっぱいになるし一緒に御飯も食べちゃえば半分以上は未消化で出すからその程度の被ばくなら気にしません。

 その土は興味がありますね、
 放射線の殺菌能力を調べて有害な微生物の数少ないと、それこそ小さい子の泥んこ遊びに最適ではないかと僕は思いますけど、どうなんでしょうかね。
 
 小さい子は滅多にガンなんかにならないけどけがによる炎症は雑菌が危険です。オキシフルでさえも使った方が良い。酸化による細胞の死滅よりもまず殺菌消毒が常識。

 そのうち清潔な土として幼稚園にでも高く売れる時代が来るかもしれません。
 なちゃって。

福島のお医者さん、睡眠中ですか。
 耕論、読みましたが、よくもまあ一面全部使って、放射脳の愚痴論を並べたてたものだと、メンツを見て呆れちゃいました。

 言う事も呆れちゃいました。鎌仲ひとみって映画プロデューサーだったんですね。もっと若い研究生かなんかかと思ったら放射線の専門家でもなんでもないんだ。愚かなおばさんでがっかり。
 肥田舜太郎と共著みたいな形で本を出していたけど、数字を出せないならそんな本を良くもかけたと度胸と根性は認めますが、50代のお父さんの理論を喝破できない程度。

 全員、精神論の反原発論、結局否福島県民で反原発戦線の後退を愚痴っている程度。

 なんでこんな紙面を作るんでしょうね。
 確かにアサヒの正常運転だから仕方がないのか。

Re:つくば市の件(最後)

ガンバレ道の駅よつくらさん


>ここでは、放射脳のデマや誤った前提に基づく放言などに対して語っているわけですから、その我々が怪しい話を語っては元も子もないと思います。


  しつこいようですが,読み違いをなさらないでください。

  私は,つくば市が自治体として受け入れを拒否したとは書いていません。はじめの書き方が大雑把すぎてそうなっているかもしれませんが,「新聞で報道されるようなこと(誤解されるようなこと)があった」ことは事実です。

  あの当時は多くの人が無神経なことをしていましたから。

  実際に自分がであったことについて,そしてその人達が,実際に市役所やマスコミに電話やメールをしていることを書いています。

  うちにも何度も何度もメールがきました。

  つくば市にあった行きつけの地産食品を扱っていたレストランは,たたかれてつぶれました。

  公的機関に抗議しましょうというメールが,来ました。

  逃げろ逃げろと,しつこく言われて,何度も何度も「そんな必要はありません」とメールして,黙殺されました。

  産総研や研究施設の職員がそろって逃げ出したりしなかったことは,知っています。知人達がいますから。

  何もつくば市に限ったことではなくて,茨城県県南部では,普通に,ある様子です。
  
  つくば市の名誉のために書いておけば,筑波大学の学生さんのなかには,茨城県が被災地であるのにマスコミに無視されているから,日本の人達に茨城県がどんな状況であるか知らせよう,とサイトをたちあげてくださった方がいます。

  日本中,どこにいっても,わけがわからない人がいて,わかっている人がいます。

  たまたま,つくば市の場合は,よそから来ている人達が多く,不安がさきだって,なまじ,自分の意見を出すのになれている人達が多かったこともあっただけだと思います。

  ちなみに,つくば市は,市民オンブズマンにつきあげられて,以前おこなった風力発電については訴訟沙汰になり,そこからさらに早稲田大学と訴訟になり,結局まけました。

  そういう地域の特性はあります。  
  一部市役所の人が誤解されるようなことを発言した背景が,ちゃんとあります。
  根拠もあって書いています。実際に自分の目で見たことを書いています。

  私をデマ扱いしてくださってもかまいません。実際にメール攻撃にあったことを「嘘つき」と言ってくださってもかまいません。

  どうせたいした問題ではありませんから。 





京さん

  大丈夫ですよ。
  京さんのような方と,あちらの方々の違いは,わかってますから。

  だって,あの時は,不安になってもしかたがない時だったから。

  どこが違うって,わかりますよ。

  不安を煽る人と,そうでない人。

  自分と違う意見の相手を見下す人と,そうでない人。

  そういうのって,本能レベルでわかることだから。

  宮城も,好きです。姉が以前住んでいた頃,よく行ったんです。

横入りすみません

boomboomさんの知っているつくばとちょっと様子が違っている、とだけは言わせてください。

>  私をデマ扱いしてくださってもかまいません。実際にメール攻撃にあったことを「嘘つき」と言ってくださってもかまいません。

色んな人がいて、いろんなコミュニティがあります。
20万ちょっとの人たちが住み、山手線が入っても余るくらい広い場所に、です。いろんな人がいて、さらに他の地域よりも本の少し特殊性も際立つ部分も多いでしょう。多様性の幅が少し、違う。
これは、研究学園都市として、政府が決めて、街づくりした実験都市ですし、それを決定したのが昭和39年、そしてその後来た人たちのことを「新住民」と言って、今でも扱われます。TX後の人たちは「新・新住民」だそうです。昭和39年もしくはつくば万博の頃から何年経ったでしょう?

確かに県外から来た人は多い、でも、それは神奈川も埼玉も、何より東京もそうでしょう。江戸っ子が3代と言いますが、その江戸っ子と言っても長く近隣から流れ込んだ人たちの集まりで、江戸時代の100万人だってほとんどが地方からの流入者です。

それで、boomboomさんの仰っていることが嘘であるとかデマであるとは言いませんが、私自身がくらして知っていることともまたコミュニティが違うのか違うんです。
色んな人がいるから、あなた様が知っている「つくば市」だけを「つくば市の真実だ」とばかりに言われることが住んでいる私も悲しいし、誤解を生むのでは、と思います。

確かに私も茨城県外出身ですが、つくばに住んで20年を越えました。
まだ地元の人とはみなしてくれないのでしょうかね?
うまれ故郷は好きです。でも、私の子供たちはここで生まれて、ここで育っています。子供にとっては生まれ故郷です。
研究所の友人諸氏は、週に一度以上、研究やら調査で福島に出向いたり、毎日頑張ってます。
竜巻で片付けに苦労している地域に住んでいる人もいます。地震の後は、停電と断水で(断水は場所によっては1週間以上だったようです)、計画停電こそ免れましたが、TXはその影響で休止時間が長く、東京に出勤している友人たちは行ってしまってもいつ帰れるか、でしたし、遠くからつくばに通ってきている人たちも職場に来るだけでひと仕事ということが長く続きました。

極端な人たちも見えるかもしれませんが、極端な人たちは少数です。
声は大きく見えるかもしれませんが、それこそデマを流布する人たちというのも多くないものですよね? 煽られる人たちは多いとしても。

それですべて「つくば市」ではありませんし、停電と断水と、被災者の受け入れとそして結構インフラが壊れていて大変な状態の役所で、精一杯皆が頑張っていたと思います。

「そんな雰囲気もあった」としてもそれがすべてではないとboomboomさんも一歩だけ、引いて書くときに気を付けて欲しいと切にお願いいたします。
「つくば市」を語る時のboomboomさんの何か心の中の頑なな何かにぶつかってしまうようで、とても読んでいてつらいです。きっとそのメール攻撃がとてもつらかったんですね。でも、それはつくば市民全員があなたをkげしたのでもないんです。

せめて「県南」でも「県西」でも表現して、特定地域を一部の側面で代表して語らないでほしいのです。お願いいたします。
返事はいりません。一方的なお願いですから。

ふきのとう、近所にはたくさんありますよ。
桜もこの週末の嵐で散ってしまうかもしれませんが、町の歩道の隅に小さなスミレがいろんな種類、紫色や白色や形も違うのがたくさんあります。
色んな春がありますね。

福島をずっと見ているTV

NHKEテレの「福島をずっと見ているTV」ですが、今夜の0:00より始まります。
今回は自主避難者の話だそうです。

http://www4.nhk.or.jp/fukushimazutto/

お久しぶりです

ご無沙汰致しております。引っ越ししたのですが、またネットが繋がらす、ガラケーにて拝見しております。

〉〉笹団子さん、お知らせありがとうございます。私の他にもチェックして下さる方がいて嬉しいです。
〉〉つくば市在住さん お気持ちわかります。ひとつの書き込みだけ鵜呑みにして判断したりは、私はしません。

私も郡山の色々な面の話では、居心地が悪くてちょっと困りました。
そんなわけでIKAさん、観潮楼さん、例の看板…東側を見つけました。49線の田村町金屋、若大将のちょっと先(いわき方面)これで東西南北揃いましたか?こんなにあったんですね。orz
ところで仙台屋、中華そばオンリーのメニューになっていました。(ToT)
此方もかなりショックでした。orz

桜にはまだ程遠い地より(あ、ふきのとうめっけ)

ぶっちゃけていいなら

>福島の隣県在住さん

稲わらならハイジごっこは出来るけど、牛糞とか側溝のドロだったら、放射線云々じゃなくて、泥遊びは無理ですw


(ひとりごっつ)
活字で見える情報って取り込みやすいそうです。
時々見た、「坂本龍一さんが嫌い」っていうのあるんですけど、芸大って、入試のときに学科が無いので、(というか学科は受けるんですけど実技が重視)勉強がそんなに出来なくても入れるし、(私は落ちました。)
視覚とかに訴える力がすごいあるから、影響力は大きいと思います。

私は文章が苦手です。英語はおろか、日本語もあぶないです。
それで、視覚に影響されてる部分ってけっこうあるだろうな とは思ってて、それで危険を訴えることって、けっこうできるんちゃうかなとか思って見てた時があった。

芸大の人って、すごい力があるので、そういうのすごいし。

ネコ様のブログって めっちゃおもろいです。

表現きつくてすみません

メールとかコメントとかは難しいですね。

何か書けば書くほど、自分が言いたいことが伝わらなくなって、混乱します。

私は、筑波は嫌いではないですよ。

そこに住む人達やその自治体の全てがまずい、なんて思いませんし、書いてもいないつもりです。

そういう雰囲気や流れがあったのは確かで、一部にそういう人がいて、それが新聞に出た、そこまでは事実だった、と、客観的に書けばいいのかもしれませんが、余計に変になってしまうようなんです。

おそらく、そういう事実もあった、ということを書いたら、デマを流布しているような受けとめられ方をしたので、そういうことは書いていませんからよく読んで欲しい、と、やや感情的になったのです。

お詫びします。

どこでも色々な人がいて、色々な面があります、それはどこでも同じでしょう。

学校に関しては、やはり指導や調整が県内の他の地区より難しい所だと思います。一部かもしれませんが。

それに、自分もつくば市にある大きな医療機関に世話にはなっています。

繰返しになりますが、つくば市を否定している気持ちは全くありません。
ただ、あの新聞記事は、全くのデマと言い切れないもので、そう受け取られてもしかたない経過があったのだ、とお伝えしたかったのです。
そして、公務員というのは、気をつけても気をつけても、し過ぎるということはなく、仕事中は、個人の一瞬の言動も一方に引きずられないように注意する必要がある、と、自分もふくめて考えよう、ということです。

たぶん、私は誤解されて責められるのが、恐いのです。
失礼しました。

前のコメントは私のです つくば市在住さんすみません

2013-04-06(13:07) : つくば市在住さん
という,123番目のコメントは私のものです。

スマホから送ったところ,PCとちがって自分の名前がなかったので,タイトルのつもりで入力したら,こうなってしまいました。編集用パスワードも入れないうちに送信してしまったため,ご迷惑をおかけしました。

つくば市在住さんには,重ね重ねの失礼をしてしまい,申し訳ありません。深くお詫び申し上げます。



失敗のあとなのですが

つくば市在住さん

  本当に申し訳ありませんでした。

  それから,つくば市在住さんのおっしゃるように,普通の人の方が多いことは,了解していますので,どうかお許しくださいますように。

  とはいえ,つくば市は,人口が多いこともあって,いささか「?」という人も他の市町村より多いのでは?(たとえば大都会のように)

  (そして,当然ですが,つくば市の人全員がそういう人ではないことは,よくよく理解していてその上で書いているのですが),こちらのブログの方々は,私が書いたことで,つくば市の人々全てに偏見を持つような,そんな方ではないことと考えているのです。それは,一人の人間の考え方として,許していただけますでしょうか。

  また,つくば市在住さんが私の言動で傷つかれた,と読みまして,2年前の自分を思い,彼らと同じことをしている自分を恥じます。
  私が,デマを流したわけではないのに傷ついた,という以上に傷つかれたことでしょうから。

  一方で,つくば市の人々全てが全くの善人だ,と言われても,おそらく,私は,肯定できません。それもまた,そう感じるようなことがあったからだ,とお見逃しいただきたいと思います。

  県南では,桜が散ってしまいましたが,まだまだこれから山桜が咲くと思います。

  筑波山のふもとの土手や田んぼでも,ヒメオドリコソウや,ハコベが,小さな可憐な花をつけている様子が見られると思います(オオイヌノフグリはもう時期が終わりかと思います)。
  こんなにきれいな自然がある所です。
  ここの土地や空気を堪能していただけたら,嬉しいです。

No title

>IKAさん

>日経って科学面弱そうな気もしますし
それ以上に経済がだめな感じするのは気のせいでしょうか
(日「経」なのに)w


>電波ゆんゆん…


ネット用語として定着した感のある言葉ですが、
これって実は福島の某高校由来でしたよね



>なおみさん

>どこかで・・・この話
>(何かあるたびに福島ではガソリンスタンドに行列が・・・みたいな)
>聞いたことがあって。

まあ、震災以来、ガソリンが半分になったらスタンドに行くようにしている
という人は自分の周りには結構いるように思いますが、
何かある度に行列というのは見かけませんね。


>福島の隣の県在住さん

昨晩は寝ててもいい日だったんですが、月に一度のお祭りの日だったので
為替相場の昇り龍を眺めながらちびちびやってました。

アサヒの記事はいちいち反応するのもどうかと思われるレベルですが
放置すれば声の大きい意見がまかり通ってしまうでしょうね。

自分は現時点で放射脳な人は
埋めがたい溝があると思っているので、
自ら脱脳するまで放置すべきだと思っていますが、
福島に害が及ぶ行動に出る場合は徹底してたたきつぶすべきだと思っています。


>boomboomさん
>つくば市在住さん

横から茶々いれるようで申し訳ないですが
「藪の中」ってやつではないかと。
現実はただ一つだが真実は人の数だけということで。
人は現実で起こっていることをすべて把握しているわけではありませんし。

日経-鵜飼秀徳記者

昔の日経は良くも悪くも経済情報専門紙でしたから、必要以上に部数を伸ばそうなどという意欲もなく、尖った記事などは見られませんでした。

それが経済情報が広く受け入れられるちょうになると、日経が変質してある意味で一般紙化して、スクープ記事を狙うようになりました。
これには批判も少なからずありました。

「池上彰氏が日経報道姿勢に「苦言」 「日立・三菱重工統合」続報なぜ出ない」
http://www.j-cast.com/2011/08/29105636.html?p=all

「岡田克也、レーダー照射報道―防衛相も否定、日経は誠意ある回答と訂正を」
http://www.katsuya.net/message/2013/02/20.html

もっとも、問題の鵜飼記者は日経本紙ではなく日経BPの記者で、ネット会員を増加さっせるための煽り記事担当というところでしょう。
過去にも取材対象者からクレームが出ています。

「社会福祉法人 生活クラブ-日経ビジネス「老人ホーム革命」記載記事に対して厳重に抗議しました」
http://kazenomura.jp/news/2012/07/20/post_31/

鵜飼記者の言葉使いは新聞記者のそれではなく、〇〇スポーツのUFO記事レベルです。

No title

>福島の医師@休日 さん

羅生門

青黴プリン

地図屋さんの自己弁護
https://twitter.com/HayakawaYukio/status/320273431398580224
いくらヒョーヘンしようが、こいつのヘイトスピーチは消えない。
しかし、梯子外された人はたいへんですね(棒

ここで一句
この地図の 真意は別だと君は言う だから今日は 半減期記念日w

ついでに見つけたヘイトマンのキコマコ先生批判。というより言いがかり。
http://kipuka.blog70.fc2.com/blog-entry-508.html
(コメント欄のHN、「ですっよ」の人?)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

>京さん

それは映画ってことであれば、そうなんですけど、
原作小説が「藪の中」。

「羅生門」は
同じ作者の別内容のものがあるようなので。

加えて言えば「羅生門(映画)」では
各人は保身のためにうそをついていることになっているので、
たとえのニュアンスとして若干のずれが生じますゆえ。

編集できました

123件目のコメント編集出来ました。パスワード入れていたようです。


福島の医師さん

私もそう思うのです。
芥川龍之介ですね。映画では何故か羅生門になっていましたが。

なんでもそうなんですが、見る方向が違うと見えるものが違ってきてしまいます。
う~~んと上から見ているわけでもないので。



朝日新聞読んだのです、数日分ためていたので遅れてます。

高知と福島の高校生同士のやりとり、というよりも、記者が書いていること、というような部分もありますね。

>「うちらの話聞いてた?」と心の中で反発した。

どうして心の中が見えるのかぁ、と、ツッコミを入れながら読みました。
相馬高校放送局の演劇へのインタビューと同じ流れのような。

No title

朝日新聞は平常運転ですね、
福島の地元紙はこんな感じなのに↓
(ご存知の方も多いと思いますが)

福島民報 日曜論壇(3月31日)
玄侑宗久「春が来た!」
http://www.minpo.jp/news/detail/201303317522

※前半は春にまつわる話です、後半部分コピベします。



 「ところでこの3月の福島県では、おそらく例年以上の人の移動があったのではないだろうか。

 昨年の1月に6万1000人まで増えた県外避難者が、暮れには5万7000人まで減少した。聞くところによると、その多くは去年の3月に戻ってきていたらしい。
 子供の健康のためを思って避難した人々の多くが、子供の入進学に合わせて戻ったということだろう。
 
震災から2年が経[た]ち、放射線防護学などの専門家たちの「本当の見解」が、福島民報で連載中の「ベクレルの嘆き」などでようやく明らかになりつつある。事故直後に涙の記者会見をした内閣参与の小佐古敏荘氏なども、本当は校庭での線量制限を年間5ミリシーベルト程度にすべきと考えていたらしい。
 
なにゆえ1ミリシーベルトに固執したあの会見になったのか、それはICRP(国際放射線防護委員会)の委員の間でも謎らしいが、彼の行動がこれまでの放射線防護学の蓄積を無にしたことは、同僚からも批判されているようだ。
 
ともかく新たな気分で春を迎えたい。多くの入学進学と一緒に、この季節には転校生も多いはずである。懐かしい顔が、久しぶりに母校にたくさん戻ってくることを念じたい。
 
「人の噂[うわさ]も75日」というけれど、この国では75日経てば季節が変わるから、同じ気持ちを引きずるのは阿[あ]呆[ほう]だと言っているのである。もうすっかり氷も融[と]けたのだし、迎え入れる側も温かく迎えたい。」
(玄侑宗久 僧侶・作家、三春町在住)


玄侑和尚も書かれていますが、民報の「ベクレルの嘆き」も本当にいい特集です。


ところで、
障害児の命の選択にかかわる話、実に苦手なのですが(わたしゃ障害児の親です)、
松本市長の言ってること、これまでの態度、本当にげんなりしますね。



No title

>福島の医師@休日 さん

羅生門の映画を見たのは授業でした。
当時は「あの女優さん綺麗な~」という印象でした。(そこしか覚えてない)
嘘をつくかどうか、という内容だったかどうか、そこは忘れていました。
(そこを忘れているのがいちばんまずい、これがもっともダメダメな例)



証明するために、住民票と戸籍謄本と、自宅の写真と、履歴書と,,,,あと、えっと、免許証のコピーと、スーパーのレシートを今度送ります。
(笑 しません~)

ビビッててもしかたがないので、今度、南相馬とかに遊びに行ってみます~~

コメントで地道な戦い(笑)

OVALさん

鵜飼記者についての情報提供をありがとうございます。
今、適切ではない記事を書いた記者は記事の題名と日付とともにメモするようにしています。

今後も地道に記事へのコメントという「戦い」(笑)を続行するであります!

No title

>2013-04-06(17:01) : : さん
ありがとうございます。確か前にも情報いただいたような。4月に入って忙しくて、コメント欄についていけません。みなさんありがとうございます。

GTRさん、埋めるのがいいで~す、見かけ上で~す。

No title

>re-tsuさん

玄侑宗久さん、いいこと書いてくれますね~。福島復興の精神的支柱になっていくような気がします。

本当に小佐古氏はインチキです。これからいろいろ明らかにされていくと思いますが、ワタシの「反原発のリンチを恐れた涙のパフォーマンス」説も、マンザラではないと思いますよ。

「山下氏解任署名」の結果は本当は4000-5000の間か?そして古い話ですが、小佐古敏荘氏の「涙の辞任」の(裏の)「心理」。
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-42.html

年度末 デマいろいろ
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-75.html
「ウォールストリートジャーナル日本版には、活発に発言」

ウォールストリートジャーナルでは話好き?不思議な「小佐古氏」のその後(前エントリーから独立しました)
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-101.html

とにかく「涙の記者会見」の後、日本ではダンマリになったのに、「ウォールストリートジャーナル」にはドンドン発言して、「話好き」とまで書かれているのです。偽善者の匂いがプンプンです。

No title

boomboom さん。京さん

 映画羅生門はテーマは人間の業というのか宿命的な醜さを描き出してはいますが、その中に未来に明るさを信じる。と言う事で黒澤明のオリジナルだと思います。

 「藪の中」と「羅生門」は芥川の小説ですがそれを二つとも素材として使ったのが映画「羅生門」で筋書きの大半が「藪の中」にも関わらず題名は「羅生門」で、羅生門からとったと思われるのは捨てられた赤ん坊の衣服をはぎ取ると言う場面で、俺が生きるためにはこうするのだと言う言い分が出てきます。

 二つを使ったのでより難解で複雑にも見える筋書きは国際的な大評価を得たのですが、永田ラッパと言われる当時の大映の社長は、こんな映画はわけがわからんと言う酷評をしたにも関わらず、国際映画祭で賞を取ったら手のひらを返したように良い映画だと、まさに黒澤作品の「羅生門」の世界の様、と黒澤明が言ったそうです。

 実は僕は昔に小説を読んでいて、「羅生門」の原作はほぼ「藪の中」だとはしっていましたが、最近「羅生門」を見て、なるほど羅生門をちゃんと素材にしているし結構重要に位置付けているんだと思いましたよ。

 それからウィキペディアなどで過去の事も含めて映画俳優についても調べたりするなど、良い時代にはなったと思います。こういう楽しみ方もあるんだとか

 京マチ子さんは今でも舞台に立つそうですけど長命な方ですね。あのときはまだ20代初めじゃなかろうか。映画は「男はつらいよ」以外には詳しくないんですが、マドンナ役でも出ていて、薄倖の生涯を送る人妻役で、彼女が死んでから娘役の壇ふみさんが、寅さんは母を愛してくれたんですよね。生涯、愛された事のない母を唯一最後に幸せにしてくれた人なんですよね。

 とかいう言葉で迫られて寅さんも、事態の重大さに気付いて打ちのめされる場面、オヨヨと涙が出ましたよ。
 僕はこの場面がその後の寅さんの女性に対する姿勢に大きな影響を与えた気がします。いや勝手にそう思います。
 素直に愛を打ち明ける場面になっても何故か腰を引いてしまう寅さんは日本を放浪して家族を心配させます。もういい加減にして切り上げて故郷の団子屋のご主人に収まれば、嫁の来てなどいくらでもあったし、柴又でもいい顔の旦那様に収まって、愛人の二人や三人いても許される様な存在になれるのを、恐らく日本最後のタンカバイによるテキヤ稼業で終わってしまったらしい寅さん。

 だれが彼をしてそうさせたのか?恋をしている最中に死んじゃったマドンナは京マチ子さんただ一人ですよ。僕はその影響があるに違いないと思いますが、真相は「藪の中」といえばそうかもしれないけど良いじゃないですか。48作品もれなくみてDVDだって購入したりダビングしたり三つ以上もあるのもあります。

 羅生門の最初と最後に出てくる場面は羅生門の階上だったと思うけど映画では下だったな。
 羅生門のミュージックもまた特筆できるものでラヴェルの「ボレロ」そっくり、これは「真砂の証言のボレロ」と言う題名かあるいは僕が勝手に名前をつけたのかも知れないんですがCD「羅生門」を買ってこれをコピーをしてブルーレイディスクプレーヤーに保管したのを分割してDVDデスクにダビングしては楽しむんです。

 しかし中頃になると物凄い大音量になるから一軒家に一人でいるときにもっぱら聞いています。ラヴェルのボレロは踊りで有名になったけど、この「真砂の証言のボレロ」も振付して踊りを発表しないだろうかと思います。

 黒澤映画は僕は何と言っても「7人の侍」で古今の映画史上の最高傑作の一つにも数えられると思います(あまり詳しくもないのに言ってしまった)。僕は「荒野の7人」と比べ合わせてみるんですが、撮影条件の悪い黒澤明の「7人の侍」のド迫力にはなかなか西部劇も及ばないもんだと思いましたよ。

 黒澤作品のスターたちが寅さん映画に良く出てきます。志村喬、三船敏郎、宮口精治などは有名ですが、左卜全さんはしょぼい番頭役ですが存在感がすごくて「そうよ、馬鹿はお前よ」の一言で座布団10枚くらいやりたくなる人でしたね。

 「真相は藪の中」は芥川の小説から来ているけど、そういう意味の事は昔から言われていますね。
 科学では永遠にわからない、と言う事も言われるけど既に明らかにされている事実についてはそれを判断の根拠にするのが歩み寄り。だと思うんですけどね

 そう言えば志村喬さんが寅さんにこの話は面白いんだ。と言って聞かせるのが今昔物語。こんにゃく物語と聞きちがえても寅さんは正しく大意を聞きとって、庭先にリンドウが咲いて、電気がついているんだよ、と家族に、人の世の幸せについて説くんですが、おばちゃんの突っ込みが傑作で、こういう場面については、監督は本当は渥美清さんだったのかと思います。マドンナ役の女優さんが物凄い熱演をするのも渥美清さん相手だったから
 しかし、山田洋二監督は一貫して黒澤明に強く影響されていたのか寅さんにこんにゃく物語を語らせます。それを教えたのが「7人の侍」の貫録たっぷりの首領役だった志村喬さんでしたからね。

No title

>福島の隣県在住 さん

ありがとうございました。今の時間になって、この記事に気がつきました。

 それで、次の記事に、脊髄反射系の文を入れてしまいました。削除いたしました。こちらに書いてみます。

 つくばのことが知りたかったのはあります。
それと、よつくらさんと、つくば市在住さんが悪いということでもなくて、(犯人探しをしたくない、というのは、私の側の、都合の良い自己保身ですが)
boomboomさんが受けたという、メール攻撃も、ものすごい、連続的なものだったのが伝わってきましたです。ほんで、ネットやメールが、ストレス発散の手段になっていて、その怖さも伝わってきました。

(がれきを受け入れるかどうかのときに、女子高校生が受けた)という書き込みが、内容がものすごかったのを、再現ドラマで知りましたが、いそがしい人は、もう仕事とかされてるし、ネットを一日中やってる時間はそんなに無いでしょうし。

ほんで、私は、関西が実家なんで、家に帰って、あちこち簡易線量計ではかって、関西のほうが、実際に高かったです。燃料棒の引抜が~で、重たくなっていた時期でした。(うろおぼえ)
(答えは敵の中にある)、とか、(苦手な相手の中に答えがある、)とかいうので、こちらに来てみました。
こちらのブログが、私には、自主避難者さんを、<敵>とみなして、延々と叩いているように見えてしまったんです。
よくよく考えたら、戻るかどうかは、(ネット情報の扱い)(ネット中毒)とはまた別の側面もあるので、これも分けたほうがいいということかな....

福島の隣県在住さんの文章は、ぶっちゃけ長いので、もうちょっとだけ短めだと読みやすいです。(感想です)あと、京マチコと京唄子が、あたまのなかに、ぼわっと出てきました。

「議論」と「傾聴」が混ざっていたので、そこを分けて読み取るのも、ちょっとだけ意識してみます。
ネコ様にも、この場をおかり出来ましたこと、お礼申し上げます。
ありがとうございました。<(_ _)> (^_^)









No title

私も、ここ最近、ネット中毒ぎみだったので止めます。(というか、上のコメントも、boomboomさんがでなくて、私がネット中毒ぎみ、という意味でです)
ありがとうございました。

No title

>京さん 
もはやどうでもいいことかもしれませんが

>こちらのブログが、私には、自主避難者さんを、<敵>とみなして、延々と叩いているように見えてしまったんです。

実際叩いたのもありますよ、「子ども福島」(中手氏)、宍戸氏関連や、「デマリン」等ですね。過去エントリーを見ればわかります。

まあこれは「週刊文春インチキ甲状腺ガン発見記事」、「福島の子どもの死亡率上昇インチキ統計」、「福島の子ども葬式デモ」、「福島をバカにする替え歌」、「医学的データ無視の子どもを全員避難させろ主張」「バンダジェフスキー信仰」etcによる「福島に残った者に対する不安煽り、攻撃」から、自分を「正当防衛」する、という「こっちの理屈」によります。こういった「攻撃」からは基本的に「自主避難」だろうがそうでなかろうが、「防衛反応」しますから、特に「自主避難」だから叩いたわけではありません。「自主避難者」でない人がこれらのデマ元だったとしても、同じように叩きます。モチロンこの「正当防衛」理屈が、全ての戦争の原因であることは承知しています。

このブログを作ったときに思ったのは、例え「自主避難者」であっても、福島をデマ攻撃する人に対しては「タブー」「アンタッチャブル」にせず、キチンと反論、反撃しよう、ということでした。何となく当時は、「自主避難者」であれば、「気の毒」「被害者」なので、メチャクチャなこと言っていてもマスゴミ等が「保護・正当化」し、また「福島の人代表」にしている、という感じがしたので、あえて嫌われてもやろう、という気持ちもありました。そうしないと、多くの「福島残留者」の気持ちが世の中に伝わらない、と思ったわけです。顰蹙を買おうが、非難されようが、そのためにネコを被ったわけです。

それから「福島の子どもの葬式デモ」を調べた時にハッキリわかったのですが、「自主避難者」で福島を脅したり、デマ攻撃する人は、そもそも福島からではなく、別な場所からの「自主避難」の場合が多かった、ということでした。あれに賛成した「子ども福島」の中でさえも、疑問の声があったとか。これは実は、かなりホッとしました。

あとは福島からの自主避難でも「プロ市民」、「活動家」である場合も多い。これはこの前の前エントリー
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-133.html
本文の、3/10北九州集会動画の「宇野朗子(さえこ)」氏のデマ演説を見れば一目瞭然です。

「自主避難者」とマスゴミ的に「ひとくくり」にはできない、これは重要だと思います。東京からオーストラリアに自主避難した人までいるわけですから、「セグメント化」みたいなことが必要で、少なくとも「福島から」と「それ以外から」には分けられるでしょう。また恐らく福島からの多くの、フツーの「自主避難者」は、デマ攻撃の類には賛成していないだろうと想像、期待もしています。従って折に触れ、「自主避難者の全てが福島を脅しているとは思わない。一部の声が大きな連中だろう」等と書いています。これもその一環と見てもらっていいです。

「自主避難」そのものについては、「あらら~、騙され、利用されちゃって~」みたいには思いますが、その「是非」については、個人個人で事情が違うわけですし、ワタシが何かを示す立場ではない。日本には移動の自由はありますから、行きたけりゃ行く、戻りたけりゃ戻る、でしかないでしょう。

よく言われる「分断」問題も、結局「離婚」で両方幸せが望ましいのかな~と思っています。人数が減っても、リテラシーの上がった福島ならば、いい世の中のような気もしますし。もし「福島から避難すべき」みたいに煽る「自主避難者」がいれば、自主決断して「放射能の低い場所」に避難したのだから、もう「放射能の高い福島」のことなど気にせず、「福島に残って余計な被曝する連中」なんか放っておいて、避難先で安心して暮らしてほしい、と思います。もしどうしても他人を避難させたいならば、説得力のある「論拠」を示せば自ずと避難しますが、結局それが見当たりません。米国が銃犯罪が多いので、危険を感じて日本に移住した米国人に会ったことがありますが、別に「米国に残った人たち」に対して、「危ないから早く逃げろ」なんて言ってませんでした。個人個人の判断、ってことでしょう。あと自主避難に対して、ワタシが払った税金から何か払うのはちょっとカンベンしてほしい。

というわけで、もし「自主避難者」が福島に戻ってきても、「あ、そう。所詮は他人の引越しですよ」ですが、でも心の底では「よかったね~」と思うでしょう。

No title

福島県の隣在住さん

   「羅生門」の,死人の衣をはぎとるシーンが,「藪の中」と一体化して,映画「羅生門」に昇華されていたとは,知りませんでした。

   単純に,「これ,藪の中だよねえ? どうして羅生門?」という感想でした。

   京マチ子は,他に,長谷川一夫や山形勲と共演した平安朝あたりの美人役がとても美しかったと記憶しています。長谷川一夫演じる主人公がストーカーになるのも,理解できなくはないな(しかし迷惑千万),という。

   
   
京さん

   不快な気持ちにされていたらすみません。

   自主避難した人全てを否定するつもりはないんです(ひっくりかえすと,一部を批判しているということ?)。
   たまたま,津波で知人が亡くなったり,親類や教え子が二次被災で亡くなったりした時に,自分の身近から「被災地の全てがだめ。」というネガティヴ・キャンペーンがあった(日本中にありますが)からなんです。
   被災地なのに,この扱いはないだろう,と。

   親切な人もいるし,不親切な人もいる。自分以外の存在を思いやることのできる人もいるけれど,エゴイスト(でもそれに気づいていない)もいる,それが,普通の世の中なのでしょう。
   正直な気持ちでは,土着の人が多いところより,都会的なところに多いような気がしますけれど。(土着の人は,それをやると,もう住む場所がなくなってしまうからやらないというだけかもしれませんが)

   新しい時代に都市計画ができて,古い場所を切り開いて都市ができたところでは,特にそんな気がします。

   新住民が来てくれるのは,いいことです。
   ただ,そこに昔から生活してきた人間の気持ちや,習慣があることに,少しは配慮してもらいたい,そこに住んできた人達と,どんどんかかわってほしい,せっかく,のんびりした地域に来たのですから。
  
   震災後,かつて一緒にパレスチナ難民支援にかかわった人達が,そっくりそのまま(とはいいませんが,ある団体は,そっくりそのまま) 「反原発のためなら,被災地の人を踏みつけにしてもいい」とでもいうような活動を始めたことが,とてもショックだったのです。

   こういう人達に乗せられて,自分は動いていたのか,と。

   この人達は,「気の毒な人達が,何かの害を受けないように守っている,助けている,自分はなんて素晴らしい。」という麻薬のような気持ちに支えられているような気がします。

   とにかく,自分が何らかの形で「正義」になり,持ち上げられることを渇望しているようです。

   自主避難した人達の中にも,避難の必要がないけれど,誰かに乗せられて,そのまま自分が誰かを傷つける側にまわってしまった人もいると思うのです。

   いつか,そういう人には気づいてもらいたい,と思います。

   今も,SNSでは毎日のように色々書かれて,それがそのまま携帯にメールで来てしまうので(設定を変更できないらしいので),とりあえず,携帯を不携帯にして(どうせ仕事中は不携帯です)います。
   そういう人(メールから逃げるために携帯を不携帯にする人)は,多いのではないでしょうか。

   それにしても,京マチ子と京唄子ときて,ついつい嬉しくて笑ってしまいました。

   また,いつか。

No title

>ネコ様

ありがとうございます。
「まえこそ師」のように、(?)のぞかせていただいて、
うまくお伝え出来るかどうか、私は読み書きがかなりアレですので。

なんというか、芸術とかに、絶望してしまったのかも知れません。
災害や放射線の知識には役に立たないことを思い知って、勝手にそう思ったんです。

>もはや、どうでもいいのかも知れませんが
えと、ここに住んでいる以上、しばらくは向き合わないといけない問題なのかな、とは思っています。問題というか、大きく煽りたいわけではないんです。

 ネコ様には、お嬢さんがいらっしゃるとのことだったので、(コメントを読み間違えてたらすみません)そのことを本気で心配なさってるのかな、と、読んでて思いました。そんでもって、福島に愛情を持っていらっしゃるんだと思いました。気持ちに対して、嘘かどうか?の検証は、ちょっと御勘弁願いたいのですけれども、現実に問題が出てくるのを心配なさってるのかなと。私も、息子がいますし、「東北に住んでた男の種はいらない」と、SF世界が現実に侵食したまんまの状態がずっと続くのは嫌ですから。あと、この問題をずっとやりだすと、日常生活のほうに支障をきたしては何にもなりません。山下先生がおっしゃってるのは、そういうことなのかなと、私は解釈しております。
また、「まえこそ師」のように、こちらをのぞかせていただいて、気力があれば、トンチンカンなコメントを入れてしまうかもしれません。

明日から新学期がはじまります、良い春になることを望んでいます。

No title

>京さん

確かに今や成人した娘がいるのですが、「発ガン」等の「健康被害」については、全く心配していません。何しろ2011年3月からの推定被曝量が低すぎます。既にチェルノブイリの内部被曝、甲状腺ガンの主要7研究の概略等を読んだりして、医学的、科学的確信に到達しています(むしろニンジン嫌いコーラ好きの方が心配かも)。

心配なのは、福島出身ということによる差別があった場合とか、あるいは福島産品が忌避されたりして、嫌な思いをすること等。つまり「風評加害者」共による、「精神的被害」に尽きます。

No title

>boomboomさん

ありがとうございます。

boomboomさんにとくに接触したいと私が思ったのは、boomboomさんが、コメントの読み間違いでなければ、学校の先生をされていて、保護者のかたとのやりとりをされているので、体験の共有ということからお伝えするなら、私は以前、子供相手の仕事をしていたのですが、保護者のクレーム対応に、しんどくなってしまって、辞めた体験があったからです。

あと、陸前高田の知り合い(知り合いとはいっても友人関係ではありませんので今は交流はありません)とのことが、今になって、吹き出しているんだと思います。みなさん無事でしたので、この差は大きいのですが。


今日も、お世話になった主人の先輩のかたが入院されて退職されて、主人の後輩がうつになったり、これも、煽りたいわけではないんですけれども、表面上は明るくしているんですが、水面下でそういうことがあったので、それにかなり私も影響されてるんだと思います。

 あと、土着のかたとの交流に際しては、私の場合は、おそらくあと10年ぐらいで地元に帰ることになると思うので、家のほうのことを優先させたいと思っているので、否定しているわけではないのですけれども、「骨をうずめる覚悟で」とはなかなかいかず、両立させていきたいと思っています。そういった意味では、希薄になってしまう部分はありますが、都市部に生活する人間ではありますが、なにか機会があれば、行ってみたいとは思っています。
たぶん、ここにコメントしてる時点で、それはイケルと思います。その意思がなければ、ここにコメントじたいを入れていません。

あと、京マチコさんと京唄子さんが入れ替わってたらかなりマニア向けのヤバイ映画になったとw

では、失礼いたしました <(__)>



No title

京さん

   最初に,読んでくださって,ありがとうございます。
   
   陸前高田のお知り合い,ご無事でよかったと思います。
   
   被災地では,多くの方が,傷ついた心を抱えて,日々の生活と折り合いをつけている,ということがあると思います。

   また,日々の生活というのは,災害がなくても,どこかで傷ついたり,重いものを背負ったりしていくものなのかもしれません。

   その中で,ささやかな幸せがあるから,守りたいのかな,と。

   仕事に関しては,いつも子ども達に支えられ教えられることばかりです。

   子どもを亡くしてからは,教え子の中に,子どもが生きていたら,こんなふうかな,と,想像することもあります。

   親御さんにも教えられることが多くあります。

   教員になった友人達,いとこ,大学で教えている姉には,「あなたは,ラッキーだ」と言われます。
   友人は職場の人間関係の色々,いとこは保護者とのかかわり,姉は学生との関係で,悩んできたようで,何人かの友人といとこは,教育の現場を去りました。

   京さんも,おつらいことがあったのですね。

   今は,どうか,日々の大切な存在を守って,ご自分のこともまた大切になさってください。

   
   それにしても,(芸名とはいえ)名字が同じでも,下の名前が違っただけで,なんて違うんでしょうね。

 

No title

boomboomさん

ありがとうございます。

私には兄弟がいますが、子供が出来ません。これは、震災よりも前からです。

また来ます。

のんびりしてるとおいてかれちゃうね

元@iyao1 さん
おかげさまで・・・ほんとうにおかげさまで
日常を取り戻しています。

元@iyao1 さんのような方のお働きにも
感謝していました。

競馬研究に疲れたら叩くといいと思います
(気晴らしに)。


ガンバレ道の駅よつくら さん
私はつくば方面には疎いのですが
長くそちらの官舎にいた(詳しくは聞きたくもない)という方がいて
なんだかすごく・・・苦手なんです。

私とは育ちが違うというか・・・(あちらが高貴な方ね)?
そうアピールしたいのか?

何が言いたいのかわからない上品な?会話が
すっごく苦痛。

私のことを嫌ってるのかな?とも思うんですが
訪ねてきてはあれこれ物をくださるので・・・。

今回のお二人の会話・情報は
ちょっと別の意味で興味深いものでした。

・・・というような感想を
よく知らないなおみなんかにもたれてしまうことが
つくば市在住さんが悲しいと思うことなのかも 。


2013-04-07(16:48) : 信夫山ネコさんのコメント
やっぱりすっごくよかった。

にんじん嫌いのコーラ好き。
可愛いです。

京さん

京さん、こんにちは。

えっと・・・。
えへへ。
実はね、昨夜遅くまで仕事してて、寝る前にコメント読んでしまいました。
(この次の記事です)
削除なさったので、もちろん、むしかえすつもりじゃないです。

ただ、やっぱりお伝えしとこうかな、と思いまして。
で、こっちの記事にコメントしますね。

わたし、京さんのことは疑ってないですよ。(にっこり)

といいますか、ここにコメントするのは久しぶりですし。
流れがはやくて、たぶん全部のコメント読めてないので、
もしかしたら以前のわたしのコメントへ返信下さった方にも、失礼しちゃってるかもしれません。
(ごめんなさいです)

わたしのブログや、ここでネコさんやほとんどの方々は、
「自主避難の方々」について責めてるわけじゃないんです。

以下の時間に投稿されたネコさんのコメントのとおりです。
 2013-04-07(16:48)
 2013-04-07(21:21)

京さんは、あと10年ぐらいはこちらにいらっしゃるのですね。
「骨をうずめる覚悟」になんてならなくても全然問題ないですし、
無理をしてまで地元の人たちと関わろうとなさらなくても、いいんじゃないのかな。
どこにいたって、いろんな人たちはいますからね。
ありのままで、ここでも暮らしをそれなりに楽しんで下さればいいと思うんです。
そして、地元に戻られたら、
あぁ、あの頃、福島で暮らしてて、震災が原発事故もあったけど、何とかやってきたんだなぁ、
って、いつか懐かしく思い出してもらえたら、それで嬉しいです。

悠久の時の流れ

どんだけさかのぼるんだ!?

福島の医師@休日さん
>(何かあるたびに福島ではガソリンスタンドに行列が・・・みたいな)

これ、私全くのデマだと思っていたんです。
そんなはずあるわけないじゃんね~って。
だから知事がそう確認して?言ってたのか・・・ということに
軽くショックだったの。

>為替相場の昇り龍を眺めながらちびちびやってました。

知人既婚男性が合コン好きで
「若者のぎらぎらを眺めながら飲むのがいい」
とか言ってるのを聞いて

なんでも酒のアテになるものだなあ・・・としみじみ。

そうそう
この世は全て「藪の中」です。


tateさん
>ここで一句

おおお・・・。御仁・詠まれますか。


re-tsuさん
梅桃桜が一度に咲きました。
梅はさすがにこの風で散りだしました。
一瞬・庭が三春でした。


北の国からさん
>コメントで地道な戦い(笑)

武運長久を祈るであります!
けろけろ!


boomboomさん
SNSってわたしゃよくわからないんだけど
自分が傷つくことからは足洗っちゃえばいいんだよ。

怖いもの見たさとか
くさい靴下をつい嗅いじゃうとかしちゃうけど
そういうのやらなくても生活できるよ(見本はここに)。

パソコンと携帯・捨てちゃえ!

そんなの使わなくても会いたい人とは会えるよ。


ひまわりさん
私も京さんの削除気になってたんだ~(野次馬)。
読んでないけど。
おかげさまで何となくわかりました。

立場はどうだっていいんです。
その人の文章からきちんとした香りがしたら
やみくもに疑うとかはしません。

私は覚悟とかじゃなくて
今ここにいたいからいるんです。

ダンナが嫌になったとか
福島やってらんねえよとか思ったらすぐにきっと
タンポポみたいに飛んでいきます。

今ここで出会えたのは面白いですよね。
しばらく仲良くおつきあいください・京さん♪

No title

テストさせてください

>テストさせてください

たじろいでます・・・
え?私を試す???
まさかあ(笑)!

コメントがうまく送れないのかな?

自主避難については
福島の医師さんがどこかでおっしゃっていたこと

ただ不安であるということで
そうなさっていることが
一部の悪意ある人に「福島が危険である証拠」として
使われてしまう

そういうのが私は・・・。

けれども悪いのは「悪意ある・人を道具に使う人」であって
怖くって避難した人自体は悪くないの。

でも・だから・・・もうちょっと勉強して欲しいと思ってる。

ここから離れたい理由が
自分も気付かない理由が他にあるのなら
勇気を出して

放射能を隠れ蓑に使わないで欲しいと思ってる。

No title

なおみさん

今度、会いましょうよ。

今、新学期なのでちょっとばたばたですが

遊びに行って来たら?って、OKもらってるんです。

もう、二年以上も篭ってますし

女川に行くのは怖い。

爆発とかはもう心配してないです。

あ、でも 交通の便が....行きやすいところでおねがいします
私も

さっきのは間違えて送ってないか

主人から、もうネットやめろって言われてます。

私は、個人のかたのブログとかには、人殺しとかはいっさい書き込んだことはありません。じつは、2ちゃんの書き込みかた知らないんです。
 

ネコさんには今の位置って特定出来てるんですよね

なんかもう....
こんなんばっかり もうかなん
なんでこうなるんやろ

ここに来るのは勇気がいりました

けっこう前から来てましたので
京都の自主避難者さんのことは後で知りました
馬さんが知ってると思います

そうまのまおい 好きなんですよ私
あれ 伊達政宗と戦ってましたっけ(まちがってたかな.....)





No title

あ、たぶんあと私

boomboomさんとよつくらさんとつくばさん
あんまり見分けついてないです。

だって つくばつくばつくば どのつくばか判らんかった


私の知ってるつくばの子すごかったですよ
いつも笑ってた
頭いいって知ったの ものすごい後でしたよ

ぶっくらこきましたよ


京さん

>今度、会いましょうよ。

いいですよ。
私も今月はばたばたなので
5月以降いかがですか?

それまでにお気持ちが変わらなければ
連絡の取り方・考えましょう。

>じつは、2ちゃんの書き込みかた知らないんです。

私は
阿修羅とそこと特定の方のまとめをみようとすると
パソコンがもだえだすんです・・・。
だからみたことないんです(平和)。

>主人から、もうネットやめろって言われてます。

生活に弊害が?

一度書き込みだすと・・・
ネコさんから頼まれてもいないのに
見回っちゃったりしてきりがないですよね。

おやすみされても私
話したことのある人は忘れませんよ。
お好きなペースで(話したいことがあれば)話しましょう。

No title

私、ここに来たとき
先生がたに影響されて
下の子を、偏差値の高い学校に入れないといけないのかな?
て、悩んだんです。

下の子は、どっちかといえば、?べんきょうが出来るけど、くいしんぼうさんなんです。
でも、宮農は場所がどうなるかわからないから 通わせられるかわからなくて...べんきょうも、けっこう好きなんだ.....だから、おいしくて安全でいっぱい食べてもらえるようなたべものをつくりたい

ここでやりたいことがわかりました

No title

<あと、小出先生の説を保留にしたのは、池面...行け面>>>イケテルメンズすぎたからです。これはどなたでしたっけ.....>

No title

LOSTは多重構造レイヤーで構成されていて、「見えるのに見えない」
の現代版である。相手の立場にたちたい、でも立てない。そのジレンマ。傾聴を軸とするならば時間は延長され、議論に立てば時間が短縮されるというジレンマを表現したものである。これはどこだっけな......

阿修羅のデマスレのその後

IKAさん

 阿修羅原子スレへの出張ありがとうございます。

 福島で凄まじい事態が発生!「福島では妊婦の15人の内12人が奇形児を出産しています!」(原発問題) 
http://www.asyura2.com/13/genpatu31/msg/158.html
投稿者 赤かぶ 日時 2013 年 4 月 04 日

 のデマがあまりにもひどいので叩き潰しませんかと、こちらに投稿したところ、IKAさんが討論してくれています。

 放射脳の砦である阿修羅原子スレに、コテハンで投稿するとは勇気がありますね(笑)

 例によって、カルトの放射脳がくだらない攻撃を返しています。
 
 IKAさんは、左団扇で論破していますが、もし、放射脳が多勢に無勢で攻撃をしてきたら、こちらの常連の皆様も応戦をしてくださいませ。

 阿修羅こそ、放射脳たちの情報交換の本部なのです。ここを叩き潰さない限り、デマ拡散は止まりません。逆に言えば、ここを叩き潰すことで、デマ拡散は収束します。

なおみさんへ

>元@iyao1 さん
>おかげさまで・・・ほんとうにおかげさまで
>日常を取り戻しています。

>元@iyao1 さんのような方のお働きにも
>感謝していました。

>競馬研究に疲れたら叩くといいと思います
>(気晴らしに)。

ご名答!
 競馬研究を一生懸命やっていても、クリーンヒットできないので、気晴らしに阿修羅の放射脳たちを構っているところです。鋭いですね(笑)

 それにしても、放射脳叩きの価値を認めていただきありがたいです。

 福島県民がデマを叩くよりも、愛知県民の私のような第三者が、放射脳のデマに対峙すべきだと思います。これ以上、福島県民の手をわずらわせてはなりません。

 全国の反放射脳の皆さんは、それぞれのできる範囲で、放射脳のデマ拡散阻止に立ち上がるべきです。もっとも有効なのは、阿修羅原子スレを叩き潰すことです。

またまた、阿修羅でパージが発動しました

 恒例の阿修羅名物、iyao1パージが始まりました。

 こうやって、反放射脳の論客(自分で言うなよですが)は、阿修羅での投稿を妨害されているのです。

 私が打てなくなったら、代わりに放射脳叩きをしてくださいませ。

 パージ扇動(チクリ)の投稿

http://www.asyura2.com/13/kanri21/msg/122.html#c5
http://www.asyura2.com/13/kanri21/msg/122.html#c6
http://www.asyura2.com/13/kanri21/msg/122.html#c8

 一番効果的なのは、原子スレで反論するよりも、上記の削除依頼スレにて、阿修羅の姑息なパージについて糾弾することです。

 私をパージする記事自体も存在するので、そこで擁護していただけると助かります。

 阿修羅で「iyao」で検索していただくと、どの記事なのかわかると思います。

そうですか・・・

IKAさん行きましたか・・・(遠い目)。

心配はしてないけど
毒を浴びてるとIKA蔵(悪い人バージョン)になっちゃうからね。
言葉遣いなど影響されませんように(まあ大丈夫でしょう)。

周り中敵のように思える時でも
黙って観てる人たちの多くが味方ってこと
そういうことのほうが多いから

本当に働きかけるべき相手は
読んでる人だって思います。

やりとりを観てもらって(読んでもらって)
どちらがオカシイか
判断してもらえば充分かと。

(変なことを言ってくる人は
相手しても仕方ない状態の人が多いから
そこをどうこうしようとは・・・かなり前から思ってません)


>放射脳叩きの価値を認めていただきありがたいです。

そんな・とんでもないことです。

いろんな思いから(自分の歴史とか価値観とか・・・)
「デマ許せん!」
と義憤にかられた各界の猛者さんたちが
いろんな得意技でデマ除染に取り組んでくださった

きっとその中に元@iyao1 さんもいらっしゃいます。

たまにネットでお見かけする
元@iyao1 さんとよその方とのやりとりで
口は悪いけど(ごめんね)
根は真面目ないい人ではないかなと思ってます。
(なんたってシャツ・インだからね!)


さっき信夫山に登ってきました。
夜桜きれいでしたよ。

すれ違う人が皆ネコさんのように思えて
じっと見つめてしまいました。

焼きそばとりんご飴を買ってきました
フリフリポテトは店じまいでした(残念)。

No title

削除しました。

No title

LOSTの私の解釈です。

つい、最近まで、こっちでやってた話をします。

LOSTをはじめてみた時、シーズン2か3くらいで、(あれ?これは彼岸の話やろ?)
と思い
面白いから、切れ間切れ間にみて、
まだしなへん....まだしなへん....なんべんも戻ってくる....これ、大きなってるけど、なんか変じゃない?子役やったら変えるのに、なんで変えへんの?同じ子どもが何回ももどってくるやん、あれ、あのこくじんのこってさ、最初に出てきたやん?つぎはあれ、あれ、でもさ、女の子が大きくなって戻ってきた、うわーあの黒人の子はすごいでっかなってるやん。

これでも、現世のほう?
まだやる?まだやるの?

わーながかったなー

このあと、ふたりで言ってたこと
もうさー、どうせこんなに引きのばすんやったらさー、ついでに無限ループにしたらええのにな。うちら、またぜんぶつきあうよ。
あー、できるかもしれんな。つなげる?それもいいかも。
つきあえる

と、さいきんはなしていた。

No title

削除しました

No title

>iyao1さん
あちらではどうもです。
iyao1さんの正体バラさないように、と思って気を付けていたんですけどね。
コテハンでのコメントは勇気というより単に初心者なだけかも(笑)。
まあ、私は小心者なんで、コテハンだからこそ「いつでも逃げられる」様にしています。

ありゃ、またパージされそうですか。
まあ、あそこのスレの場合阿修羅の住人ですら「酷いデマ」みたいなこと言ってますからね~。
管理人が「ランキングに挙げたくない」気持ちもわかります。
もしかしたらiyaoさんが以外と見逃されているのも、「あれを肯定するようなヤツは叩かれりゃいい」なんて思っての事かも?
なんとなく、あのスレは「阿修羅住人がどの程度のデマを許容できるかを試す踏み絵」になっている気がします。

>なおみさん
>(遠い目)

って、こらこら、人を勝手にお星さまにしないでよ(笑)。
なおみさんはあそこが見れないからわからないでしょうが、実は…あそこでは…ここより丁寧な言葉使いしています。
ついでに謝ってばっかりだったりして(笑)。
まあ、なおみさんが言う通り「話している相手」より「ROMしている人」を意識しています。正直あそこまでイッちゃった人をどうこうしようなんて無理ですし(正直、お医者さんのお仕事のような気がします)。

あ、そうそう、あそこで初めて「工作員認定」いただきました!(わーい)
今までも絡んだりしていましたが、無視される事が多くて(泣)。
でもなぁ、ネコさんみたいに「有名人」が「いつのまにか」認定した訳じゃないしなぁ。阿修羅の匿名コメント人ではランク低そうだしなぁ。
お給料、安そうだな(シクシク)。
でもいいや、振り込み待ってまーす!

>京さん
LOSTって見たことないんですよね~。
面白そうなんだけど、外国ドラマって体力使うし。(と言いつつ24やヒーローズなんかは見てたけど)
ものによっては「尻切れトンボ」も多いんですよね。

あ、マチコ先生みっけ。

No title

 あと、「がれきの焼却が原因で線量が上がった」とは私は考えていませんでした。なので、大阪の騒動の現場には加わっていません。京都で線量を計って、ふらふらっと帰ってきただけです。大飯のほうはテレビで見てました。
(そうか、ここまで書かないかんのか)
高かったのは、大きな岩盤というか黒い大理石の......それで、仙台のほうが若干低かったので、対策を減らしました。

京うたこ

No title

これは自己弁護の文になります。反対運動やってほしいと言いました。

差別されるのが怖かったからです

家を突き止められるのが怖かったからです

もしもその家が間違えてたらどうします

大阪には大阪の事情があるでしょうから
そちらは私にはわかりません

大阪にも友人がいますが どこまでかはわかりません

以上で 自己弁護の駄文をお出しいたします

京うたこ(ふぅ~)

No title

最後に

高政さま

ご迷惑をおかけいたしまして申し訳ございませんでした。

高政さまが、直後から、いろいろ配られてるのは知っていました
計測機械の数値がどのようなものか、今では理解しているつもりですが
機械が入ってるところなら、うちでは買っています
ただし、応援ではありません。
買えるかどうかも判りません

高政さまのところのかまぼこは 贈答用で 庶民にはなんとなく高い
そんなイメージが....(すいません,....うち、今、カツカツなんです....。)

IKAさんは大人ですね(笑)

 IKAさん

 阿修羅でのデマ叩きにご協力いただきましてありがとうございます。

 無礼な放射脳に対して、一切罵倒をせず、大人の対応をしているIKAさんに敬意を表します。私も同じように大人だったら、管理人のパージの口実を与えることもなく、じわじわと放射脳達を追い詰めることができたでしょう。

 しかし、私にはストレスがたまりそうなので、地を出して、伸び伸び放射脳叩きを続けます。

 パージされてしまったので、ほとぼりが冷めるまで放置して、警戒が薄くなったことに叩きます。また、阿修羅でお会いしましょう。

PS

>iyao1さんの正体バラさないように、と思って気を付けていたんですけどね。

お気遣いありがとうございます。それでも阿修羅では最重要危険人物の私には、ぴったりストーカーがはりついているので、見事にチクられ、パージされました。

 これが阿修羅のやり方です。

 なおみさん

 私は遠い遠い目で見られているのかな?(笑)

 こういうタイプの反放射脳もいてもいいのではないでしょうか?

 目には目を、毒舌には毒舌をです。(だいたい二倍返しを心がけております。)

 

No title

>@iyaoiさま

パッチンパッチン、反応しなくていいですよ~。(ここも どなたかの....)
競馬はアドレナリンが上がってテンションは上がりますが、それで生活できるとは、私には、ちょっと思えなくて.....

福島競馬場がお好きなのではと(勝手に妄想しておりますが.....)
こんど、栗東のはなしでも(以下自粛)

京うたこ( ’ω’)

始めまして

このブログを初めて見つけてから、欠かさず見ています。

私の考えとほとんど一緒だったからです。
私の実家は飯舘村であり、全村避難が決まってから私の「ふるさと」が消滅に危機に瀕してしまった事に危機感を持ちました。

本当に今の放射線量は避難しなければいけないほど危険なのか?と言う疑問が発端で放射線の事を調べ始めました。

すると、専門家によってかなりの意見の食い違いがあることを知りました。
しかし、冷静に両者を読み比べると「放射線は少しでも危険」と主張する側はほとんどが「憶測」や「予想」を述べているようでした。

そこから私は、今回の原発事故による避難基準はおかしいのではないかと思うようになり、様々な方面に自分の考えを電話や投書などを利用して出しました。

今はネットの掲示板でもやり取りしてますが、非常にもどかしい思いをしています。

それは、私は様々な事実やデータを基に説明しても、「放射線は少しでも危険」とする側はあまりにも「科学的・医学的根拠」が乏しいにも関わらず、主張を変えないどころか、私に対しての誹謗中傷、罵詈雑言がひどいからです。

しかし、私はこれに怯むわけにはいかないのです。
わが故郷・飯舘村が消滅の危機に瀕しているのを絶対阻止したいからです。
そのためには、「放射線は少しでも危険」と言う間違った考え、もはやカルト的宗教とも言えるこの考えを打破することが最も有効で手っ取り早い手段だと思うからです。

因みに私がやり取りしている掲示板がここです。
http://textream.yahoo.co.jp/message/200001775/bf73ccnbbva4aca4la4adbba6bfma4k6aa4a4

No title

私はツイッターやめましたが
すいません.....自分の言葉で、となると、

怖いのです

違ってたら、ほんとうに困るので

ここは、その おべんきょうをさせていただく いい場所だと思っています。

福太郎様
ありがとうございました。息子はここでいっぱい勉強させたいと思っています。(....)





あ・帰ってきた(笑)。

IKAさん・おかえりなさい。
お疲れ様でした。

>あそこで初めて「工作員認定」いただきました!(わーい)

工作員って御用何とかと同じ意味なの?(すごい無知でごめん)
だったら名誉なことですね♪
おめでとう!
きのう食べ切れなかったドラ焼きあげます。


元@iyao1 さん
>私にはストレスがたまりそうなので、地を出して、伸び伸び放射脳叩きを続けます。

人によっていろんなやりかたがあるからね(にこ)!
だからおもしろいんじゃん。

あちらは・・・形重視というか定型文というかなんとか流というか
言ってることがコピーみたいに同じだから

「つまらん!全くつまらん!」(大滝秀治)

なんです。

>私は遠い遠い目で見られているのかな?(笑)

えっと・・・たまにこちらに戻ってきますから
彗星みたいなイメージです(赤いかどうかは不明)。

星は好きです。


福太郎さん
よく・・・いらっしゃいましたね。

>私に対しての誹謗中傷、罵詈雑言がひどいからです。

これまでおひとりで大変だったでしょう。
悔しかったですね。

飯舘は私にとって
縁浅からぬところなんです。
何かお手伝いできないかなと大切に思ってる場所。

大事にみなさんで育んできたものを
どうぞ大切になさってください。

>もはやカルト的宗教とも言えるこの考えを打破することが最も有効で手っ取り早い手段だと思うからです。

それは現実的に可能なことでしょうか。

そちらの掲示板で福太郎さんが孤軍奮闘されているのであれば
(多分他の場所でもわいてるような人たちでしょうから)
その場所をつぶそうとして
福太郎さんもつぶれてしまわないか。

それがとても心配です。

もはやあちらが(毒性が強く性質は悪いけど)少数派です。
福太郎さんはひとりではないです。

私は出張しないけど
もしかしたらいく人かの方は
そちらに応援にいらっしゃるかもしれません。

それでも
それは消耗戦というか
言い合うことで得るものはあるのかというか
相手をすることで同じレベルに落ちてしまわないか

その弊害の方が私は気になっています。

思い詰めないで。


京さん
>私はツイッターやめましたが

ツイッターをやめても
同じ内容をこちらに書き流すだけであれば
やめたことにはなりませんよ。

一度身についた習慣から抜けることは
難しく・苦しいことかもしれませんが
思いついたことをすぐに書かないで
独りごとは心にとどめて

どうしても聞いて欲しいことだけ
こちらを使わせていただくという気持ちで
パソコンに向かうことがマナーだと私は思います。 

No title

なおみさん

ありがとうございます。

削除します。

なおみさん

>自主避難については
福島の医師さんがどこかでおっしゃっていたこと

>ただ不安であるということで
そうなさっていることが
一部の悪意ある人に「福島が危険である証拠」として
使われてしまう

私もこのことを心配しているというか、問題だと思っています。
先月、太田国交大臣が自主避難者に対する高速料金無料化を決めましたが、このことは裏を返せば、自主避難する行為は正しいからこそ、税金を投入するのであり、つまり、避難元である福島市や郡山市は住むことは危険だと国が証明してしまったも同然なのです。

自主避難者よりもはるかに多くの市民が残っているのが実態だし、しかも県も市も、そして国も福島の「復興」に力を注いでいる一方でのこのような自主避難している人たちの理由である「福島や郡山は人が住めない」という事を認めるという矛盾するやり方は二重基準だし、どう見てもおかしい。

自主避難を後押しするのじゃなくて、それを解消するように促すことこそ、真の復興につながると思うのに・・・。

なおみさん

>飯舘は私にとって
縁浅からぬところなんです。
何かお手伝いできないかなと大切に思ってる場所。

お気遣いありがとうございます。

>>もはやカルト的宗教とも言えるこの考えを打破することが最も有効で手っ取り早い手段だと思うからです。

>それは現実的に可能なことでしょうか。
そちらの掲示板で福太郎さんが孤軍奮闘されているのであれば(多分他の場所でもわいてるような人たちでしょうから)その場所をつぶそうとして福太郎さんもつぶれてしまわないか。

>それがとても心配です。

そうですね、頑張りすぎないように気を付けますね。

>それでも
それは消耗戦というか
言い合うことで得るものはあるのかというか
相手をすることで同じレベルに落ちてしまわないか
その弊害の方が私は気になっています。

またまたお気遣いありがとうございます。
ゆるゆるとやるようにします。

No title

>iyao1さん
お褒めに預かり光栄です。
もしかしたらiyao1さんから見たら「まどろっこしい事やってる」って見えるかもしれませんけど。

実のところ、大人の対応と言うよりその方がやり易いだけのような気がします。
向こうで指摘を受けましたが、「だろう」「思われる」みたいにまとめるのは、「調べきれていない」って気持ちがあるからですし、ツッコミ入ればすぐに逃げられるように、って理由もあるんですよ。
その意味ではきちんとソース貼って、調べた上でお話されてるiyao1さんの方がしっかり対応していますよ。

私は無双はできませんし、自分でできる範囲でしかあそこにはコメントできませんが、またあちらでもよろしくお願いします。

>福太郎さん
はじめまして。
福太郎さんがコメントされている掲示板、ちょっと見てみましたが、あそこもかなりアレな雰囲気がありますね。
いまいちシステムがわからないので、もうちょっとしっかり読ませてもらいます。

「放射能は僅かでも危険」って言うかたは、しばしば「安全だって言うなら、原子炉の中に入ってこい」みたいに言いますが、「量の問題」を無視しているんですよね。
こっちは「この程度なら危険はほとんどない」って言っているだけだったりするんですが。
100mSvとか20mSvとかって数値も、「科学的には影響は小さすぎてよくわからないから、住民とか地域の事情で判断してね」って事で、決して科学的な根拠ではないんですが、それ以上に「オカルトまがい」の理屈を言ってくる人が多いですし。
経済的に余裕がある国であれば「極力浴びない方がいい」放射線を莫大なコストをかけて回避するのもアリかもしれませんけど、食べる事が精一杯の国で「100Bq以上は食べるな」なんてやったら、国民が「ありえない程に低い確率で予想される放射線障害」で死ぬ前に、飢え死にしちゃいますから。
いわば「政治の問題」だと思います。
「100Bqなんて食べらんない!」なんて言える日本はとても幸せなんですよね。
(この人達は、脱水症状で生命の危機にある人に対して、「福島の水だから飲むな」って言って水を取り上げるんですかね)

自主避難者の対応は難しいところです。
個人的には「移住も残留も個人の自由」だと思っていますが、きちんとした情報…デマや作為的なものに惑わされず、合理的かつ科学的な情報…をもって判断して欲しいと思います。(だからデマは止めるべき)。
ただ、高所恐怖症のように、「理屈ではわかるけど、どうしても受け入れられない」って人もいるでしょうから、そういった人には何らかの補償があってもいいかな、とは思います。

>京さん
なるほど、ツイッター感覚でしたか。
私もしばしば「自分の思考の整理」にコメ欄使ってますから、あんまり人のこと言えないんですよね(笑)。
ご自分の気持ちをお話するのは悪いことじゃないです。
できれば、「読んでもらう」事を意識すれば、もうちょっと文章が書きやすくなると思いますよ。

No title

>IKAさん

ツイッターを、ここでやったらどうなるかな?って、やってみたくなってしまったんです。その誘惑に負けてしまいました。なおみさんにはおしかりをうけました....(笑)

ネコ様のページが、怖かった。
仕返しをしたくなったんです。このページを、ツイッターのような単語で、いっぱいにして、ずっと埋めてやろうかとも思っていました。ここ数ヶ月の間、ここを見てて、これをやったら、いちばん嫌がられるだろうな~と思いながら、あえて、わざとやっていたところもありましたw

ありがとうございました。


No title

>福太郎さん

ご実家が飯館村とのこと、以前の飯館村のお肉は、庶民の私どものような、一般の家庭では、手に入りにくいお肉だったと.....(あ、よだれがでそう....じゅるる.....)

SFやアトラクションで収入を得ようとするならば、恐怖をあおったほうが収入は増えますが、食品でそれをやってしまったら逆効果ですものね。

うちの息子も、飯館と聞くだけで、すっかり怖がってしまったのです。
今も、地名を聞いただけで、まだ怖がっているところがあります。
これを、どうやって「あれ?(@@)」っていう方向に向けられるか。

「恐怖!チェルノブイリツアー!」に参加して、
いちばん最後におみやげコーナーがあったとして、
「ここで取れた食品です、どうぞ~」というふうに売られていたら、
矛盾しているから、どうしていいかがわからなくなってしまいそうです。

福太郎さん

>自主避難する行為は正しいからこそ、税金を投入するのであり、つまり、避難元である福島市や郡山市は住むことは危険だと国が証明してしまったも同然なのです。

同感です。
他のコメント欄で「お金」について話していたところなので
今日のテーマはそれなのかしら(笑)。

行政が予算をつけるということは
そのことが必要であると認める
喫緊の課題であると認めるということ。

最近、読売に菅野村長さんの連載があるの
ご存知ですか?
「戻りたい人も戻れない人も大事な村民だ」って。

私がずっと疑問に思っている自主避難と
飯舘村では事情が違う。

それでも菅野村長さんのこの言葉は今
私を揺らしています。

>自主避難を後押しするのじゃなくて、それを解消するように促すことこそ、真の復興につながると思うのに・・・。

そうなんですよね。
気持ちに寄り添いすぎて、言いなりになって・・・
それは本当に「不安な人のため」になるのだろうか?

私も福太郎さんとずっと同じ気持ちでいます。

boomboomさんへ

すみません。個人的に忙しく、日を置いたらすっかり自分のコメントを見失っておりました。

boomboomさんにそんなに何度も謝っていただくことではないです。こちらこそ傷つけてしまい申し訳ありません。お気持ちもよく理解しているつもりですし、おそらくは文章を読み違えて申し上げたものでもありません。
時々「つくば」に対して、何だかとても頑なに見えるということを申し上げたかっただけです。たぶんなおみさんのお知り合いのように、自分自身も「高尚」(?)で、つくばというコミュニティの特徴がでているのかもしれません。長く住んでいても、在住だ、地元だと扱ってくれない僻みもしみついているので、そういう意識も入っているかもしれません。
すべてが善人であることはないですし、すべてが悪人に見えることもあり、それでも、多くがその場所場所で幸せに生きていけたら、と思います。
それこそ「藪の中」ではありますが、つくば市はこう、と決めつけに取れるという文章はお気を付け下されば、嬉しいというだけのものです。読む側の「藪の中」でどうにでもとれることもあります。

みなさま、エントリーとは全く関係のないこところへの横入りでお騒がせし、申し訳ありませんでした。

つくば市在住さん

横入りお許しください。

私が以前書いたことは
余計なことだったかもしれません(反省)。

「つくば」には大切な友人もたくさんいます。
私の人生の一大事(?)の時は
ずっと・折を見ては・途切れることなく
連絡をし続けてくれました。

竜巻の時はこちらから真っ先に連絡を取りました。
自分がいた研究棟のすぐ前を通ったけど
(木が根こそぎ倒れている写メを送ってくれました)
私は大丈夫です・今・福島はどうですかと
いつも気遣ってくれました。

自分の住んでいる場所を悪く言われたら
気を悪くするのは当然で

人に優しくいつも配慮を欠かさない方ほど
「自分はそんなことないのに」
と悲しくなると思います。

自分の知っている嫌な人の所属は
サイテーな所に思えますし
(嫌いな先生がいたら、最近の学校はなっとらん!と思うし)

同じ場所でも好きな人がいたら
(尊敬できる先生がいたら、最近の学校も捨てたもんじゃない!と思い)
ステキな場所になります。

私は単純なのすぐに投影してしまいます。

だから大雑把な悪口を言いたくなった時は
自分は誰のことが嫌いで、こんな気持ちになってるんだろう?と
考えるようにしています。

つくば市在住さん

 コメント返してくださって,ありがとうございます。

 そのとき頭にあることだけ全面に押し出してしまって,他が念頭から離れてしまうと,とんでもない失敗をするもので・・・
 
 亭主には,「何か口に出す前に,10数えなさい。」と言われます。

 ネコさんのブログはコメントが多すぎて,どこに自分が書き込んだかもわからなくなるので,反応が遅くてすみません。

 4月15日のコメント欄で,「うまいものオススメ会」みたいなことになっているので,いかがですか。

 つくば市だったら,私は,コートダジュールの半熟チーズケーキ(当たり前すぎなんですが)が,いくつでもいけてしまうのですが。
 
 スイーツじゃないですが,アミーチのピザとか(以前好きだったイタリアン「葡萄の実」が震災後になくなってしまって,とても残念)も好きです。

 つくば市には,色々なお店があって,オススメどころ満載だと思うのです。

 こういう,ちょっと息抜き的な話題が出るので,こちらのブログにお邪魔してます。

風評被害

先日、あるご婦人からこんな話を聞いた。

それは、茨城県に住む知人から聞いた話だとのこと。

その茨城県の知人は「福島原発の放射能被害で本来の大きさの何倍にもなっている魚や野菜を原発に反対している人が見せてくれたんだよ。怖いねぇ~」と話していたという。
さらに、その茨城県のご婦人は、「もう、福島のものは食べられないね。私は茨城県で良かったよ。地元のものを食べられるから安心。」とも言っていたとか。

よくよく、話を聞くとその茨城県のご婦人は福島との県境に住んでいるらしいが、真相はともかくとして県が違えば安心だと思う単純な発想。

この話を聞いて、日本人の心の奥に潜むいやらしいものを垣間見たような気がする。

山ネコ闘争さん

>放射能被害で本来の大きさの何倍にもなっている魚や野菜を原発に反対している人が見せてくれたんだよ

そのご婦人は遠近法とかCGとか小さなタバコとかと比べた
「写真」を見せられたのでは・・・(笑)。

>日本人の心の奥に潜むいやらしいものを垣間見たような気がする。

ほんとですね・・・。
日本人に限らず「人間の」かもしれませんね。

都市伝説のような・頭の悪そうな
福島に関わるヨタ話はきっと残るでしょう。

でもそんなの嘘でしょう(笑)?
という冷静な人たちのほうが何倍もいるから。

あと大切なのは教育ですね。

えっと・・・確か室内遊び場・砂遊びの記事で
福島の人たちは理解が深まっているから
話が早いみたいな・・・そんな話を読みました。

まだそんなこと言ってんの(笑)!?
みたいな波がもっと広がりますように。

私はこの二年間を観てきて
頭の悪い人をゼロにはできなくても(ぜろはむずかしいね~)
どうにかなると思っています。

山ネコ闘争さん

外国の方に日光江戸村の写真みせたら

「ヤーパン人、マダチョンマゲツケテルヨー」って言われるかも

誤解と偏見に基づく先入観が、ちょっとしたキッカケで悪意を帯びて膨れ上がり、周囲に断絶を生み出す事を、
その断絶が容易に埋まらない事も
我々は過去2年で痛感しました

この先も色々言われるかも知れませんが、その都度潰していく他無いんですよね

権威ある教授や政治家逹が、己の損得で断絶を生み出すケースがままあるから
非常にタチがわるい

ちなみに冒頭の例えは私自身の外国に対する誤解と偏見に基づく先入観です

お気を悪くされたのでしたらスミマセン

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

これは裁判の結果、合法と認められていますので菅谷さんが800万円懐に入れても違法ではないそうです。事実として書かれていることですのでご参考にしてください。皆さまはどうお考えでしょうか。もし、この記事を「中傷」ととらえるならば、菅谷さんは後ろめたいことをしていたと認めたことになります。私は、違法ではないけれど、この記事を書いている方に同情します。http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-134.html

facebookで紹介させていただきました。

No title

>ひろかずさん
レスを最新エントリー
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-204.html
にしました。

そうそう、facebookありがとうございます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016-03-14(09:12) : さん

ご苦労様でした。前回が「無投票」ということを考えると、54:41ということは対立候補は健闘ですよ。批判は多いということです。長くなれば何か起こるでしょうし、福島に関する問題は、終わりませんので、これからもよろしくお願いいたします。

No title

おまえらこのdrの経歴も知らないで書き込んでるだろw
無知蒙昧とはmさに福島県民
未だに垂れ流してるトリチウム、そそて急造タンクの後処理
まだまだ事態は収束どころか問題山積なんだよ
政府のプロパガンダに騙されて避難解除で帰郷なんて相当な無知じゃなきゃしないわw

No title

これじゃ痛々しいですね。お大事に。
プロフィール

shinobuyamaneko

Author:shinobuyamaneko
 福島県福島市の信夫山に住むネコです。
 原発事故以後ネット上には「もう福島市は放射能高くてダメ!逃げてください!」「福島はチェルノブイリ以上!」「子供を見殺しにしないで!」等の「反原発の叫び」が溢れてます。ネコはどこにも逃げられないから、もうノイローゼ気味。こういう「叫び」「脅し」の効果もあって福島に来る人は激減。街は沈み、市民は「すぐに逃げてください!」に怯えながら、静かに暮らしています。(←最近は嘘・デマがバレてきて、みんな元気になってきた感じだにゃ。)
 しかしね~、この種の「叫び」の根底に、「反原発」の「福島壊滅ならば原発全廃にできる!大大大チャンスだ!」っていう心理はないですか?原発全廃の為にはまず「福島壊滅」が必要とばかりに、科学的、医学的、論理的に怪しい説、大げさな数字等が「連呼」「拡散」されていないですか?それが「正義」になっていませんか?
 信夫山ネコは「故郷福島壊滅」を「原発全廃」の手段にされてはたまらんです。もし根拠がない数字や説の拡散によって、旅館の経営者が自殺するとかの悲惨な「風評被害」が出たら、大人しい福島人も終には訴えたりするのかにゃ~?!今はとにかくデマ、風評、誇張、脅し等を除染しながら記録するにゃ。(「リンクフリー」です 対「反原発」、対「放射脳」等での引用ご自由に)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。