WHO報告書「観察可能なガン率の増加は予想されない」 しかしアサヒ新聞は「甲状腺がんリスク増加」と捏造

今月初めにあちこちで話題になった、原発事故の「健康被害」のWHO報告書(プレス・リリース 2/28)
Global report on Fukushima nuclear accident details health risks
http://www.who.int/mediacentre/news/releases/2013/fukushima_report_20130228/en/index.html

このWHO報告書の「結論」は冒頭の段落にあるのだにゃ。
28 February 2013 | GENEVA -A comprehensive assessment by international experts on the health risks associated with the Fukushima Daiichi nuclear power plant (NPP) disaster in Japan has concluded that, for the general population inside and outside of Japan, the predicted risks are low and no observable increases in cancer rates above baseline rates are anticipated.

予測リスクは低く、通常状態に比べて観察可能なガン発症率の増加は予想されない

concluded thatなのだからこれが「conclusion=結論」、報道の「見出し」もこうなるのが「常識」だ。しかしWHOがとんでもなく現実離れした「仮定」=「避難が必要になった地域でも4カ月間住み続けた▽事故当初の福島の食材のみを食べ続けた」でガン発症率を計算したので、話がややこしくなった。

なおこの「仮定」はプレス・リリースには出てこない(報告書本体 http://www.who.int/ionizing_radiation/pub_meet/fukushima_report/en/index.html の38ページ 4.1.2 WHO preliminary dose estimation for the first year following the accident に書いてある)。こっちは何でこんな重要なことが出てないのか、と思うが、何となく国内と国際社会の「注目点の違い」が見えるようで興味深い。

恐らくこの「仮定」でも大した発症率にならなかった、最大限の仮定でもガンは観察不可能、ってのがWHOの言いたいことなわけで、最大限の仮定による最大数字=「生涯甲状腺発症率が上昇して1.29%」というのは、恐らく世界中の危険因子に詳しいWHOにとっては、「仮定」がどうであろうと、これは全く「取るに足らない数字」なのだろう。だからプレス・リリースには「仮定」の説明は出ていないのではないか。ここは騒ぎに紛れて案外見過ごされ勝ちかもしれない。

WHOは「想定は過大評価になるかもしれないが、過小評価よりも良い」としているが、「福島では今後10年間で40万人がガン死」(バズビー)だの「福島の子どもの半数近くが放射能の影響で甲状腺異常」(武田他)だの、「過大評価」で散々「精神的加害」にあってきた福島人は、これは危ないって思うのだにゃ。多分WHOには今の日本の異常な状況、=「反原発」・マスゴミ等の「放射能被害の誇張・デマ・ウソ等による福島脅し、イジメ」が蔓延する実態が、まったく伝わっていないのだろう。WHOはむしろ「あり得ない想定でも」安心させようとしたのか?全くあり得ない仮定って、考えてみりゃフシギだにゃ。こうでもしなければ、意味がある数字さえ出なかったのだろうね~。

これを機に政府、WHO日本人委員等が、「これはあり得ない想定」というだけでなく、この「今の日本の状況では、過大評価は反原発やマスゴミ、ネットによって、すぐ精神的加害になってしまう」点をしっかり伝えてほしい。WHOはチェルノブイリの先例で考えているだろうが、その後のネットの発達で、「誇張・デマ・ウソ」の拡散力、加害力は1986年とは比べ物にならない、未曾有の事態になっている。ここが重要だ。実例はこのブログに腐るほどありますよ。そして次回のWHO報告書には、現在行われている福島県立医大の調査や、広島大学、弘前大学チーム等の実測・推定値、早野先生、坪倉先生をはじめとして福島に来て骨折ってくれている方たちの「現実データ」を、ぜひ反映させてほしい。

現にWHOの「結論」を「見出し」にせず、例によってセンセーショナルな脅迫「見出し」を付けて、早速「危険煽り」「福島イジメ」をやらかす鬼畜マスゴミがあった。もちろん「アサヒ」だ。

http://www.asahi.com/national/update/0228/TKY201302280465.html
福島原発、甲状腺がんリスク増加も WHOが報告書発表 2013年02月28日22時43分 朝日新聞

【前川浩之=ジュネーブ、大岩ゆり】世界保健機関(WHO)は28日、東京電力福島第一原発事故の被曝(ひばく)による健康影響に関する報告書を発表した。大半の福島県民では、がんが明らかに増える可能性は低いと結論付けた。一方で、一部の地区の乳児は甲状腺がんのリスクが生涯で約70%、白血病なども数%増加すると予測した。日本政府は、「想定が、実際とかけ離れている」と不安を抱かないよう呼びかけた。
 WHOはまず、環境の線量などから被曝線量を推計した。計画的避難区域の住民は事故後4カ月避難せず、県内産のものしか食べなかったという前提で推計した。この線量をもとに、当時1、10、20歳の男女の甲状腺がんと乳がん、大腸がんなどの固形がん、白血病になるリスクを生涯と事故後15年で予測した。
 この結果、被曝線量が最も高いとされた浪江町の1歳女児は生涯で甲状腺がんの発生率が0・77%から1・29%へと68%、乳がんが5・53%から5・89%へと約6%、大腸がんなどの固形がんは29・04%から30・15%へと約4%増加、同町1歳男児は白血病が0・6%から0・64%へと約7%増加すると予測した。
 事故後15年では、1歳女児の甲状腺がんが浪江町で0・004%から0・037%へと約9倍、飯舘村で6倍になると予測した。
100ミリシーベルト以下の低線量被曝をした人たちの健康調査について、WHOは「線量だけでなく精神面や社会、経済的な側面への配慮も必要だ。がんの増加について科学的根拠が不十分でも、調査を長期間継続すべきだ」とした。
 また、チェルノブイリの経験から「福島では、精神的な影響が他の健康影響を上回る可能性がある」と指摘。精神的な被害を深刻化させないために、線量とは関係なく、住民の精神ケアに早期に広範囲で取り組むべきだとした。
原発作業員のリスクは実測値に近い線量で評価。甲状腺がんなどが最大30倍以上増えると予測した。

■日本政府は反論
環境省と厚生労働省は、WHOの会見に合わせ、メディア向けの説明会を開いた。住民の健康影響の評価について、環境省の前田彰久参事官補佐は「線量推計の仮定が実際とかけ離れている。この報告書は未来予想図ではない。この確率で絶対にがんになる、とは思わないで欲しい」と強調した。
一方、「過大評価」との批判に対し、WHOのマリア・ネイラ氏(公衆衛生環境担当)は「(4カ月避難しなかったなどの)想定は過大評価になるかもしれないが、過小評価よりも良い。過小評価してしまう危険を最小化したかった」と反論した。


というわけだにゃ。このアサヒ記事、「見出し」は完全に「捏造」だ。本来の「結論」=「予測リスクは低く、通常状態に比べて観察可能なガン発症率の増加は予想されない」が、まったく欠落していて、「甲状腺がんリスク増加」にすり替わっている。

第一段落「一方で、一部の地区の乳児は甲状腺がんのリスクが生涯で約70%、白血病なども数%増加すると予測した。」もひどい。これは「一方で」をそのまま読むと、「一部の地区」が「結論」の「例外」であるように見える。しかし実際はこの部分は「計画的避難区域の住民は事故後4カ月避難せず、県内産のものしか食べなかったという前提」で(こんな乳児は1人もいない)、これでも「通常状態に比べて観察可能なガン発症率の増加は予想されない」という「結論」なのである。しかも70%増加って聞いて「大変だ」と思わされるが、「生涯(89年?)」ので発生率が0.77%から1.29%になるってことだ。そりゃ歳とったらガンになる確率は増すけどね~。それにしたって1.29%で、これは後の「読売」記事でわかるが、「観察不可能」なのである。

この「県内産のもの」ってのも「風評煽り」だ。2011年3/17から「暫定規制値」で「県内産」も何もコントロールしたはずで、正しくは「最初期の規制なしで汚染された食品を食べ続けた」じゃないのか?これを「県内産」と書くのは捏造、「(今も)福島県産品は危険だ!」を煽っている。

また「仮定」が説明されるより前、この第一段落で「日本政府は~呼びかけた」と出てくるのも奇妙だ。「仮定」の中身よりも、「日本政府が反論」が強調されている。これではこの先でWHOの仮定に反論するのは、「政府の手先」にされてしまうではないか。

こういう文脈は、意図せず著者の「願望」を表してしまうものだ。つまり、アサヒはそんなに「福島の子ども」に甲状腺ガンになってほしいってわけだ。

「福島では、精神的な影響が他の健康影響を上回る可能性がある」ってのは重要だ。どうせアサヒはこれを「自主避難者の不安」ってなつもりで書いたのだろうが、「最大被害」は我々「福島に残った者」が「反原発」のバカ・キチガイ共に脅されていることで起こる、「精神的被害」だ。「精神的な被害を深刻化させないために、線量とは関係なく、住民の精神ケアに早期に広範囲で取り組むべき」ということだが、対策第一弾として「アサヒ」の廃刊に取り組んでほしい。

後半ではわざわざ「日本政府は反論」と章立てして書いているが、第一段落にも「日本政府~」とあり、この小さな記事の中で二回も出てくるというのは驚きだ。アサヒは自らはWHOの「仮定」についての「意見・評価」はしていない(「あり得ない」「現実離れ」等とは書いていない)。「反原発」に、「政府が反論している、でも政府なんか正しいわけはない!」と言う余地を作ったのだろう。

我々を救ってくれた原発作業員の発ガン率については、もしこの記事が正しければ本当に心が痛む。しかし随分大雑把、ゾンザイな書き方だ。「最大30倍以上増える」って、その「最大」がどのくらいいるのかさえわからない。これも不安を煽っている。

とにかく福島人は、「アサヒ」読んで、まんまと奴らの作戦にはまって自主避難したり、自殺したりしないように気をつけよう。この記事見てたらハキケがして来たので、他社も見ておきます。まず読売。

http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20130228-OYT1T01268.htm?from=ylist
福島原発事故、がん患者増の可能性低い…WHO
 
 世界保健機関(WHO)は28日、東京電力福島第一原子力発電所事故で放出された放射性物質による健康影響の評価を発表した。
 一部地域で子供の甲状腺がんの発症確率が高まる可能性を指摘した。ただ、放射線量の高い「計画的避難区域」に4か月間避難せずにとどまり、汚染された物を食べ続けるなど、ありえない最悪条件を想定して計算している。実際にがん患者の増加が住民の間で見られる可能性は低いと結論づけた。
 WHOは、日本政府が発表した大気中の放射線量などから住民の被曝ひばく線量を計算。事故当時1歳、10歳、20歳だった人が、様々な種類のがんを発症するリスクを分析した。事故直後に避難した原発20キロ・メートル圏内の住民は評価対象外とした。
 甲状腺がんの確率が最も高まったのは福島県浪江町の1歳児で、16歳までの発症確率が、男児は平常時の0・0014%から事故によって0・0104%に、女児は0・0040%から0・0365%に、それぞれ上がった。同じく16歳までに白血病になる確率は、男児が0・03%から0・055%に、女児が0・03%から0・047%に上がった。
 報告書は、子供の健康管理に注意が必要だと指摘している。ただ、どちらのがんも、対象年齢の乳幼児が数百人だとすると、事故後でも患者数は1人に満たず、実際に患者の増加が確認される可能性は低い。
(2013年3月1日08時25分 読売新聞)


「見出し」は正しく「結論」を伝えている。ガン発症率の数字がアサヒと違うが、アサヒは「生涯」、読売は「16歳まで」。また「政府は反論」にしたアサヒと違って、読売は「ありえない最悪条件を想定」と、ハッキリ自分の評価を書いている。それから「汚染された食品」と正しく書いている。

そして最後の段落は、例え「「計画的避難区域」に4か月間避難せずにとどまり、汚染された物を食べ続けるなど、ありえない最悪条件を想定して計算」しても、「対象年齢の乳幼児が数百人だとすると、事故後でも患者数は1人に満たず、実際に患者の増加が確認される可能性は低い」ってことだ。WHOが言いたかったことをきちんと伝えている。この「1人に満たず」が、WHOの「通常状態に比べて観察可能なガン発症率の増加は予想されない」の具体的な意味だ。次は毎日だにゃ。

http://mainichi.jp/select/news/20130301k0000m040119000c.html
WHO:福島の住民、発がん増の可能性小さく…リスク推計 毎日新聞 2013年02月28日 23時14分

 世界保健機関(WHO)は28日、東京電力福島第1原発事故に伴う、福島県内の住民らと原発作業員の被ばくによる発がんリスクの推計を発表した。住民については「がん疾患の発症増加が確認される可能性は小さい」とした。作業員については、一部でリスクが増加したものの、大部分が「リスクは低い」との見解となった。
 WHOは空間放射線量や土壌、食品の放射性物質濃度のデータから被ばく線量を推計。過小評価を避けるため、低線量でも健康に影響がある▽避難が必要になった地域でも4カ月間住み続けた▽事故当初の福島の食材のみを食べ続けた−−などと仮定した。そのうえで、男女別に1歳、10歳、20歳の年齢に分け、白血病▽乳がん▽甲状腺がん▽その他のがん(肺がんや胃がんなど)−−が89歳までに発症する確率を推計した。
 確率が最も上がったのは、男女とも浪江町の1歳児の「その他のがん」で、0.73ポイント、1.11ポイントずつ上がった。ただ、元々の発症確率が約29〜40%あり、影響は小さい。浪江町の1歳男女児の甲状腺がんでは、0.11ポイント、0.52ポイントそれぞれ増加。発症確率は0.32%と1.29%で、日本の平均に比べて約1.5〜1.7倍となった。福島市や郡山市ではリスクの増加はほとんど見られなかった。
 原発作業員については、東電提供の522人分のデータを分析。外部、内部被ばくの合計線量が30ミリシーベルトでは「若年者の甲状腺がんの追加リスクが通常より約20%増加」。200ミリシーベルトの作業員(全体の1%未満)は「若年者の甲状腺がんと白血病の追加リスクが約28%増」。700ミリシーベルト被ばくした10人程度は「特に若年者の甲状腺がんのリスク増加が予想される」となった。【鳥井真平、斎藤有香】


正しい「見出し」。第一段落で余計な「一方で~」と「日本政府は~」を入れたアサヒとは大違いだ。そのまますぐに「仮定」についても説明しており、「事故当初の福島の食材のみを食べ続けた」と正しく書いている。甲状腺ガンより「その他のガン」の方が発症率が上がったが、結局元々の発症率が高くて「埋もれて」しまう、も書いてあって詳しい。「ポイント」というのはいわゆる「%の上乗せ」だろう。原発作業員のことも第一段落から「一部でリスクが増加したものの、大部分が「リスクは低い」」と書いていて、後半では人数も出ていて詳しい。

毎日は「福島支局?」は酷いけど、これはマトモ。結局アサヒの「福島脅し」「精神的加害」の異常さが際立っているにゃ。もう「三大紙」じゃないね~。

ちなみに悪名高い反福島「東京新聞」の見出しは「原発事故で発がんリスクやや上昇」だった。アサヒとおんなじ。中身は知らないが、どうせ得意の「反福島」「脅迫」、その結果の「精神的加害」だろう。

ついでにNHKも。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130228/t10015867521000.html
WHOが原発事故の健康リスクを公表 2月28日 21時43分
 WHO=世界保健機関は、28日、東京電力福島第一原子力発電所の事故によってどのような健康影響が予測されるかをまとめた報告書を公表し、最大限に見積もっても被ばくによって住民のがんが増えるおそれは小さいと指摘しました。
 この報告書は、原発事故の半年後までに日本政府が公表した土壌や食品中の放射性物質の濃度などの調査結果を基に、WHOの専門家グループがまとめたものです。
それによりますと、原発事故の被ばくによる影響について、最大限に見積もっても住民のがんが増えるおそれは小さいと指摘しています。
 具体的には、事故当時、1歳だった女の子が被ばくの影響で生涯にわたって甲状腺がんを発症するリスクは、通常が0.77パーセントであるのに対して、放射線量が最も高かった地点で分析すると、▽福島県浪江町で0.52ポイント、▽飯舘村では0.32ポイント、それぞれ上昇するとしています。福島県内のこれ以外の市町村では、統計的に意味のあるリスクの上昇は見られないとしています。
 WHOでは、リスクを過小評価することによって行政などの対応が不十分とならないよう、住民が事故の後4か月間にわたって同じ場所に住み続けたと仮定しているほか、被ばくを避けるための食品規制を考慮していないなど、実際よりもリスクが高くなるような極めて安全側にたった分析を行っています。
 WHOでは、「リスクのある地域では長い期間にわたって継続的に健康調査を続ける必要がある」と呼びかけています。

専門家「過大な見積もり」
 今回の報告書の作成に加わった独立行政法人・放射線医学総合研究所の明石真言理事は「WHOでは、過小評価は放射線の影響を見落とすことにつながるため、避けたいという考え方が強く、最大の被ばくをしたという想定に立って健康への影響を評価している。実際には、住民の避難が行われたり、放射性物質が基準を超えた食べ物は出荷が制限されたりしたので、評価結果のような被ばくをしている人はいないと考えられる」と指摘しています。そのうえで、「こうした過大な見積もりでも放射性物質の影響は小さいといえるが、今後も長期にわたって健康への影響について調査を続ける必要がある」と話しています。

飯舘村長「まったく仮定の話」
 WHOが発表した報告書について、すべての住民が村の外への避難を続けている福島県飯舘村の菅野典雄村長は「全く仮定の話であり、特定の地域の名前を挙げて言うのはいかがなものかと思う。仮定の話を出すのはWHO自らの保身のためではないか。われわれは少しでも住民の安全を守るためあらゆる手立てをしている。過小な評価を望むわけではないが、現実の話であれば甘んじて受ける。しかし、過剰に評価してどんどんと住民を不安に落として入れていくようなことに非常に怒りをおぼえる」と話していました。そのうえで、「WHOが出した数字について国がどういう答えを出すのか、正しいのか違うのか見解をはっきり聞きたい」と話していました。

環境省は…
 WHOの報告書について、環境省は「リスクを洗い出すという意味では重要な報告書だと思うが、原発事故のあと、避難地域でも4か月間住み続け、出荷制限の対象となっている食品も食べ続けたと仮定していることなどが実態にあっておらず問題だ。リスクが大きく見積もられており、報告書が示している確率でがんになるという認識は誤りなので、誤解しないようにして欲しい」と話しています。そのうえで、環境省としては特に新たな対応を取るわけではなく、これまで通り住民の健康管理調査などを続けていくとしています。

厚労省は…
 今回の報告書について、厚生労働省は「さまざまな国際的な文献などを基に推計されたもので、参考にしたい」と話しています。そのうえで、厚生労働省としては、これまで通り、原発事故発生から収束宣言が出されたその年の12月16日までの間に収束作業に携わった作業員の健康管理を、長期間、続けていくとしています。
具体的には、被ばく線量が100ミリシーベルトを超えた作業員については、生涯にわたって年1回、甲状腺の検査やがん検診を行うほか、すべての作業員を対象に、作業員を続けている間、半年に1回、健康診断などを行うとしています。

最大限の見積もり必要
 WHOの食品安全局のトリッチャー局長代理はスイスのジュネーブで記者会見し、報告書が実際よりもリスクが高くなるよう分析を行っていることについて、「リスクを過小評価してしてしまうよりは多めになるように評価することが重要だった」と述べ、今後の健康調査の継続など適切な対応を行政に促すためにも、最大限に見積もって分析を行うことが必要だったという考えを示しました。

(以上)

「見出し」は味も素っ気もないけど・・・アサヒのような捏造ではない。「被ばくを避けるための食品規制を考慮していない」と、正しく書いている。「反論」もアサヒのような「政府」ばかりじゃない。

「過剰に評価してどんどんと住民を不安に落として入れていくようなことに非常に怒りをおぼえる」・・・菅野村長、まさに福島のココロです、同感です。この事がWHOに伝わってほしいです。こんな現実離れした「仮定」で名指し・・・今の日本では奴等に利用されて、「精神的被害」が増大するだけなんですよ~。

改めて思うが、アサヒ記事には福島の人のココロに寄り添った部分が皆無、一つもないのである。

さて「精神的被害」については、おもしろい記事があった。

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130228/dst13022821360009-n1.htm
子供の心理的影響観察を WHO局長 産経新聞2013.2.28 21:34
 ジュネーブで28日に記者会見した世界保健機関(WHO)のマリア・ネイラ公衆衛生環境局長は「日本政府には(物理的なリスクだけでなく)子供たちへの心理的な影響について観察を続けてほしい」と述べた。
 また原発事故発生直後の対策として、放射線被ばくを防ぐために、原発から半径20キロ圏内の住民を即時避難させることが「一番重要だ」と強調した。(共同)


これは「共同通信」発である。「心理的な影響」とは具体的に何を指すのかだが、とにかく「精神的被害」の存在が理解され始めたし、むしろこれから確定していくわけだ。そして前回コメント欄で「福島の医師」さんから教えてもらったが、さらにハッキリ書いたのがCNN、

http://www.cnn.co.jp/world/35028954.html
福島原発事故の心的外傷、がんリスクより大きく WHO 2013.03.01 Fri posted at 15:56 JST
 (CNN) 世界保健機関(WHO)は28日、東京電力福島第一原子力発電所の事故が健康に及ぼす影響についてまとめた報告書を発表した。少数の住民などについて、放射線を浴びたことにより特定の種類のがんにかかるリスクがわずかに高まったと指摘したほか、被災者の心的外傷にも言及している。
 放射線の影響については、特に事故現場で対応に当たった若い作業員について、高濃度の放射性ヨウ素を吸入し、甲状腺がんの発症リスクが高まる恐れもあると予想した。ただし甲状腺は比較的がんにかかりにくく、こうした作業員にとっての全般的なリスクは低いと指摘している。
 福島第一原発周辺の地域で放射線を浴びた子どもについては、一生のうちに白血病、乳がん、甲状腺がんを発症する確率が、一般に比べてわずかに高まるとした。
 それ以外のケースについては、原発事故による疾患の増加は「検出可能な水準以下にとどまる可能性が高い」との見通しを示した。
 報告書ではさらに、被災者の恐怖、不安、うつといった心理的影響にも焦点を当て、心身症や精神疾患に至る可能性も指摘した。放射線は目に見えず、どの程度影響があるのかも分かりにくいことから、こうした症状は深刻化する恐れもあると解説。被災者が偏見の目で見られ、一層厳しい状況に追い込まれる可能性にも言及した。
 報告書をまとめるにあたり、調査員は被災者への面接調査も実施した。福島第一原発から40キロの距離にある福島県飯舘村は、約6000人いた住民が避難して、ゴーストタウンと化している。第2次世界大戦の直後から60年以上も同村に住んでいたというナカノ・ユキオさんは、同報告書の調査員に、仮設住宅での生活は厳しく、強い精神的ストレスを感じていると語った。
妻のマサヨさんも孤独感や高齢であることの不安を訴え、この状況であとどれくらい生きていられるか、毎日考えていると話した。
 地震、津波、原発事故を一度に体験したことに加え、景気低迷も重なって、被災者の健康に複雑な問題が生じる恐れもあるとWHOは警告する。
 事故発生から1年間の福島県の住民の被曝線量は、最も高かった地域で12~25ミリシーベルトと推計した。
 米放射線医学会によると、これはCTスキャン(コンピューター断層撮影)検査を1回受けるのと同程度の線量だといい、たとえ25ミリシーベルトの線量を浴びたとしても、がんで死亡する確率が高まることはほとんどないとしている。
 福島県内のそれ以外の地域では1年間で3~5ミリシーベルトと、X線検査を1回受けるのと同程度の線量だった。
 WHOは、報告書は徹底調査を行ってまとめたとしながらも、原発事故の最終的な影響は、ずっと後になってからでなれば分からないとしている。


というわけだにゃ。発ガンについては「プレス・リリース」しか見ていないようだが(「仮定」が無い)、それはともかくこの赤字部分は「プレス・リリース」では
As well as the direct health impact on the population, the report notes that the psychosocial impact may have a consequence on health and well-being. These should not be ignored as part of the overall response, say the experts.
「住民の直接の健康への打撃と共に、心理的打撃は健康と健全な生活に影響するかもしれない、と報告書は記している。専門家たちは、これらは全ての結果の一部として無視されてはならない、と言っている。」

また報告書本体
http://www.who.int/ionizing_radiation/pub_meet/fukushima_report/en/index.html
の91ページでは、
The size of the population exhibiting chronic stress may be quite large and social stigma attached to residents of affected areas may exacerbate the problems.
「慢性的なストレスをあらわす住民は非常に多数にのぼり、汚染された地域の住民に貼られた社会的偏見は、問題を悪化させるだろう」

「予防線」として言っとくけど「汚染された地域の住民」ってことは、「福島に残った者」のことだ。福島県外に自主避難した人のことではないよ、「自主避難者の不安」とか「自主避難者が残った者に偏見を持たれ、分断されている」とかにすり替えないでね、アサヒさん。「被災者が偏見の目で見られ、一層厳しい状況に追い込まれる」(CNN)は、まさしく早川師らの発言「福島の農家はオウム信者と同じ」、「福島の女性は奇形を産む。結婚しないほうがいい」等を指しているのだ。

「心的外傷」はアサヒ、武田、早川、小出、広瀬、バズビー等外人尊師、上杉・・・枚挙にいとまがないが、彼らが「加害者」で、「拡散」した連中も同罪だ。「加害者」に責任を取らせる日は必ず来る。その日までしぶとく、しつこく生きていくのだにゃ。

なおツイッターで冷静な発言をするtakuramixさんのNAVERまとめは、アサヒ、時事の他海外の報道も比較していて興味深い。
「WHO、福島原発事故の最大の被災地でがん発症リスク高いと分析」と報じる浅薄な取材力
http://matome.naver.jp/odai/2136211483064937001?&page=1
WHOの福島原発事故の詳細と健康に関する報告書についての報道があまりにも酷く、報告書の結論とは真逆の印象の記事が出回っているので、まとめました。


またJ-CASTニュースの記事は、著者がWHOの報告書原文を読んでいて参考になる。
WHO報告書「原発事故の発がんリスク増加」 前提条件が非現実的でおかしくないか
http://www.j-cast.com/2013/03/01167841.html?p=all
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント



↑わはは また「まえこそ師」

来たよ。アンタよっぽどココが好きだな。自分の事書いたの?

No title

ウハハ、まえこそさん、1ゲトですね~。
ちょっと前にネコさんが「古いエントリにピンポンダッシュ」って言ってたから、頑張ったのかな~。
でも、焦ったのか、内容が退化しちゃいましたね~、残念。

そろそろ別の形のお題もお願いしますよ。

では

ク…くやしいのうくやしいのう
ズ…ずーっと笑い者だから。

お粗末さまでした。(あ、エントリ本文はこれから読みます…)

「退化」

これが「反原発」の「成れの果て」です。この人去年の夏には、結構な文章書いていたみたいですがね~、(それがこの冬には一文に減って)今や退化して単語しか出てこなくなっちゃた。これも「放射脳被曝」の影響ですかね~。

そう言えばこのブログにケチつける「反原発」のパターンで、言うに事欠いて、「文章が長い」って文句たれるヤツも結構いました。アレやってると、やっぱり「脳」がどうかなっちゃって、読解力が退化するんでしょうね~。最後は「にゃ~にゃ~言うな!」とか言いだしたりして、中身が理解できないからって「八つ当たり」するなよ~~~って感じ。爆笑しました。

それでもこの程度

ネコ様、またまた大変な更新をありがとうございます。

「WHOの報告書の前提がありえない」という話ですが、これは、ここまでありえないような悪条件でもガン発生リスクは「この程度」と読んでいいのでは。


原発事故後、ほうれん草が汚染されていたというニュースが流れ、じいちゃんは「ほうれん草食べたらはげるぞ!」と騒いでいました。ガンよりハゲが怖かったんでしょう。(笑)

ヨメとしては

ほうれん草が汚染されたといっても、放射性物質を含んだ「ホコリ」が葉にかかった状況。

ほうれん草は大体、水洗いしてゆでて食べる。

一度に1キロなんて食べない。

普段いろいろな産地のものを食べていて、汚染された地域のほうれん草だけ選んで食べることはしない。

大体、ひどく汚染されたものは市場に出てこない。

だから、これくらいぜーんぜん大丈夫です。と言いました。

ばあちゃんは「じいさんは命根性が汚い!」と一刀両断していました。
いや、そこまで言わなくても。(気を使うヨメ)

そもそもじいちゃんは野菜が嫌いでちょっとしか食べないくせに。
あ、野菜嫌いを放射性物質のせいにしたな~!

最近またカラオケに通っています♪

こんなに平和に日常を送れているのも
みなさんのおかげです(ぺこり)。

最近omizoさんがいらっしゃらないこと
気になっています。
でももう自分達だけで大丈夫でしょってことかなあ
・・・と思っています。

たいした人・来ないし。

もうすぐ3月11日だから
地震の後にお世話になった
いろんな人のことを思い出しています。


>じいちゃんは「ほうれん草食べたらはげるぞ!」と騒いでいました。ガンよりハゲが怖かったんでしょう。(笑)

うははは。だめだ~。
つい笑ってしまった。

どなたかと思ったら
北の国からさんでしたか~(笑)。

>あ、野菜嫌いを放射性物質のせいにしたな~!

あははははは。
私、北の国からさんの「じいちゃん」すごく好きです。


えっと、3月6日のアサヒ12版 でぇす。

中学生以下の子どもいる家庭
放射性物質の不安続く
「移り住みたい」37パーセント

という見出しぃ~。
衝撃的ぃ~。

自分のところの名前だけではもはや説得力がないと自覚しているのか

>朝日新聞が福島放送と実施した共同世論調査(電話)

でも・・・テレビ朝日系でしょ?

どこを読んでも何人に聞いたかが書いてないのです。
で数字の単位はみんなパーセントなの。

10人に聞いても
10000人に聞いても調査だけどさあ・・・。
なんで私には聞いてくれないのかなあ・・・。

なんでこんなにわからんちんなのかなあ?
自分の何がダメって言われているか理解できないんだろうなあ。
かわいそうだなあ・・・。

もう福島の記事は書かないほうがいいんじゃないかなあ。
難しくてきちんと書けないでしょ。


ネコさん
>今や退化して単語しか出てこなくなっちゃた。

深刻な影響ですね。


それからこんなニュースもありました。

>警視庁は、東京・新宿区にある革マル派の本部「解放社」など3カ所を公安部の捜査員など150人態勢で捜索した。

東北にはないけど北海道(札幌)や沖縄(裏添)にはあるんだなあとか
山本太郎さんは中核派だっけとか
3年ぶりの捜索ってのはたまたまなのかなあとか
(1年1回位のお約束かと思っていたので)

私は誓って特定の政党支持者ではありませんが
なんか・・・いろいろ考えてしまいました。

No title

>北の国からさん

恐らくおっしゃるとおりだと思います。何しろ「プレス・リリース」には「仮定」の説明は一切出てこないのです。WHOは「仮定」がどうであろうと、結局「取るに足らない数字」であると評価しているのでしょう。しかし今の日本の反原発バカ・キチガイ、マスゴミ等が煽る状況では、これは中々危険な表現だったわけです。

そのあたりをもう少し詳しく書き足しました。

東京新聞

東京新聞3月1日がなぜか目の前にあるので…
ごく一部ですが。

第2面
WHO発がん推計報告
原発周辺「やや増加」

(前略)
住民で甲状腺がんのリスクがもっとも高まるのは福島県浪江町の一歳女児で、生涯に甲状腺がんにかかる確率が0.52ポイント上がって1.29%となり、日本の一歳女児の約1.7倍となった。
ただ、推計の基になった被ばく線量は安全側に立って最大限に見積もった数値で、WHOは「福島の放射線量では、一般住民の健康に影響が出るとは考えにくい」としている。
WHOは、2011年9月時点で得られた放射線量のデータを基に住民の被ばく線量を推計、がんの発症率を算出した。被ばくによる影響の過小評価を避けるため、住民が事故後4か月間地元にとどまり、福島産の食べ物だけを摂取したと仮定するなど現実的ではない前提で推計。事故発生直後に住民が避難した原発20キロ圏内の地域は対象から除外した。
1歳、10歳、20歳の男女別に、甲状腺がんや白血病、固形がんについて分析。すべての固形がんでも浪江町の一歳女児での発症リスクが最も高まり1.1ポイント上がった。
福島市や郡山市では発症リスクの増加はほとんどみられず、福島県内でも胎児の成長に影響が出るレベルではなかった。

(後略…以下原発作業員の健康影響の話になります)

これに浪江町の甲状腺がんの生涯発症リスクの棒グラフ(これ、一見するとべらぼうにリスクが上がって見えるかも、です。一応平均的なリスクに高まったリスクが分けられていますが、同系色でわかりにくい。あと、男女が並べられています。これ、女性が圧倒的に高いのが見てとれますが、もとの平均的なリスク自体が高いからなんですよね。それを説明してもいいんじゃないかな…よく見ればわかるんですが)

それに「甲状腺被ばくと等価線量」って解説がついています。
甲状腺被ばくでチェルノブイリ持ち出すのはちょっと煽り?
でも、等価線量解説は朝日よりいいですね。

全体的な印象は「朝日よりはマシ」です。
(グラフ無きゃもっとよかったかも)
でも、なんでとっとと削除すんだべか?
朝日よりマシなのに。

No title

>IKAさん
>ク…くやしいのうくやしいのう
>ズ…ずーっと笑い者だから。

特にクの段が秀逸ですね。
あちらの心情をよく突いてると思います。

今回の報告書は福島にとって良い内容のはず。
それなのに一番最初に来てあのコメントとはね、はぁ~。
まえこそ師だかなんだか知らないが、もう福島に被害が出ることを願ってるとしか思えない。
最低の人間だね。

No title

>もう福島に被害が出ることを願ってるとしか思えない。


被害が出なかったら放射脳とか自主避難者とかは
ただの間抜けになってしまいますからね。

そりゃー、全力で被害者が出ることを願うでしょう。
自分らのプライドを守るために。

こういう人々がいるから、
振り込め詐欺がなくならないのもむべなるかな。

お題で妄想

ク ・・・ クリスバズビー
ズ ・・・ ズビズバー


スクープ!恐るべき低線量ガンダー線被ばく。

最近愛好者が増えているスポーツで、ガンダー線飛び交う中ズビズバーと呟きつつパンダでスキーを楽しむというのがあるらしい。
だがこれには意外なリスクが隠されていて、強い依存性を指摘する専門家もいるらしい。
ある程度症状が進むと進行性減思力症を引き起こすとの報告もあるらしい。
罹患者に自覚症状が出ないため慢性化しやすく、治癒困難になることもまれではないらしい。
ある研究チームは、確率的影響として痴呆の時代の到来が早まる事を明らかにしたらしい。
なお、ガンダー線前頭葉等価線量の閾値は1my黒Svと推測されているらしい。

そしてその真相は国際減思力マフィアの陰謀で、、、、あ、お客さんだ。

ちょっとtateさん!

途中まで真面目に読んじゃったじゃないの~(笑)!

特にタイトルはなく。

ちょっと前にH野先生よりメールいただき。
「大岩記者が取材に来ると言ってるんだけどどうしよう?」と。
「記事にせずレクチャーと言うことでお受けしたらいかがか」と返信。
その通りレクチャーなさったようですが。

今回の記事にもがっかりしてたなあ、先生。。。

明日?の朝日

http://digital.asahi.com/articles/TKY201303030388.html

(略)

環境省は新年度も検証を続け、推計の精度を高める予定だ。(大岩ゆり)
 近く掲載する特集面「東日本大震災2年(8)放射線」で詳報します

↑今日の特集記事が(7)だったので、明日掲載かもしれません。大岩ゆりの単独記事なら読むのに覚悟が…。

No title

>東京新聞
するって~と、つまりいつの間にか「足洗って」、気がついたら今やアサヒだけの「単独犯」?すごい情勢だ~。記事を削除したのは、「脳」に裏切りを隠すためでしょう。

>(デマ・嘘・脅しetc.が)多いわ記者
科学者のレクチャーでも、何も変わらんでしょうな~。

ここまでデマ、嘘、脅し等をやり続けちゃったら、もはや「福島の子どもがガンにならないとワタシ困る!!!」って状態かも。恐怖心もアサヒのプライドもありますから、もう後に退けません。だから「ナニが何でもガンにしてやる!!!」となるだけ。泥沼から抜けられない。

「今の科学ではわからない」心の問題です。ホンダと運命共同体になるしかない。

そういえば

>なおみさん
アジト捜索で思い出したのですが、
その関連で「東京江東区の高級マンションの一室が革マルのアジトだった」なんてニュースもありました。
「へえ、放射脳バブルってあるんだ」と思いましたが(呆)。



放射脳ついでで。
いきなり呪詛を飛ばさないにしろ、恐れるような物言いをするのもいます。
「放射線対策は地球温暖化での二酸化炭素対策と同じく対処すべき」といった具合に。
地球温暖化を例えにして言うから、一見それらしく聞こえるものの、
放射線にビビるのは放射脳と同じわけで、
ただ小利口なだけという。
この論法『デイキャッチ』で小西克哉が使っていたんだった…。

No title

1コメからいきなり荒らしが・・・と思ったらまた「まえこそ師」ですかw
福島がなかなか自分達の望む「人が住めない地」にならないのでIKAさんの指摘にもあるように本当にくやしいのでしょうね。だからこんなことしか書けない。

電車にNONUKEという落書きがされたなんてニュースがありましたが、反原発派(風評加害者)の人達はかなり精神的に追い詰められているようですね。アサヒも含めて。

>なおみさん
便りがないのが良い便りといいますからね。omizoさんだけでなく、かつての常連の皆さんもコメントを書いてないだけで、たまに見にきてるかと思いますよ。私もどちらかというと自分が書くよりも皆さんのコメントを見てるほうが楽しいです。

どうでもいいけど、北の国からさんのコメントにある「ガンよりハゲが怖い」っていうのに少し共感してしまう自分がいる(笑)。私はまだ禿げていませんし、その予兆もいまのところありませんが(本当ですよ)。将来、もし禿げるのなら前からかな?それとも頭頂部からかな?どっちだろう?なんて少し、ほんの少しだけ気にしたりしなかったり。

最初は観潮楼さん

はい。偽名で宿泊したとか、大阪でどうとかの関連のようです。
江東区の高級マンションですか・・・。
ビミョーなところですねえ。
どんなマンションだと「高級」をつけてもらえるんだろ・・・。

>放射脳バブル

もうかりまっか~?
①ぼちぼちでんな~。
②うはうはでっせ~。

なんてことがあるんでしょうか・・・。


user6878さん
>便りがないのが良い便りといいますからね。

はい(にこ)!そう思います。
omizoさんだけでなく関わった人全部(へんなひと除く)
みんな元気にしてるといいなあと思っています。

髪の毛なんかそっちゃったらみんなはげですよ~!
おんなじおんなじ!

中日新聞

にゃ〜、なんちゃって、というのはともかく僕もやってみました。あまり面白くないかもしれませんが。

ク・・・クサ杉反原発
ズ・・・ズル杉反原発

ところでその東京新聞に載っていた浪江町のグラフというのは中日新聞のと同じでしょうか。
http://iryou.chunichi.co.jp/article/detail/20130301061642986

M字に後退してきてますが、これ以上進行したらツルツルに剃ります!

若い頃にやってた事ありますし(笑)

「ねこさん」


ぶはは

矢け崎克馬先生もいまっせ

あっという間に更新ですね。

 WHОも非現実的な事を結構言います。

 でも受動喫煙の害については禁煙学会が、女性の肺がん死で非喫煙者1万人について調べたら、夫が喫煙者であった人が4千人で喫煙と肺がんの関連性についてコホート研究調査で証明されていると言ってます。残った人も職場で受動喫煙経験が長いとかなりの人がいるはずだと言う事だそうです。

 女性の場合非喫煙者の肺がん死が喫煙者の肺がん死より数が圧倒的に多い事からタバコを吸わなくても肺がんになる。とNHKで放送された事に禁煙学会が抗議したんですね。
 もともと女性の非喫煙者は圧倒的に多いのですから、タバコを吸わなくても肺がん死亡者は年齢を重ねたら、他の要因もまぎれて非喫煙者の肺がん死だって増えますよ。
 しかし、受動喫煙で1万人死亡もそれほど根拠もないわけではなさそうな気がします。もっと多い様な気もします。禁煙学会は女性だけで8千人とか言っていた気がします。

 ところで、キクログで珍しく菊池誠さんがブログを更新していますが、矢け崎克馬氏のトンデモ説を解明していますよ。じっくり読むとなるほどなと素人向けにもわかる様にしています。
http://www.cp.cmc.osaka-u.ac.jp/~kikuchi/weblog/
 放射線は粒だと考えるとわかりやすいと言う事で
 物理学者としてはちょっとあり得ない誤解だと、断定されていますが1ベクレルは1ベクレルと言う事でじっくり読めば菊池さんの指摘がわかりますが、矢け崎氏のトンデモぶりも良く分かると言うものです。みなさん読んでいますかね。

>福島大学の教員有志が作ったパンフレット「放射線と被ばくの問題を考えるための副読本」の初版

 についても酷い誤りがあると言ってますが、中身は放射脳そのものですよ。武田尊師の影響も受けたのではないのかなと思います。こんな先生に教わる学生もたまったもんじゃない。

 それと更新前ブログでネコさんが紹介された先生は

がまん基準としての暫定規制値(これは聞いた事があるセリフですね)
http://www.foocom.net/column/editor/4729/
の中ほどで
 >このあたりは、もう最近ではおなじみの議論だ。低線量のリスクは、ほかのハザード(喫煙や受動喫煙、飲酒、高塩分の食生活、運動不足や野菜不足の生活など)によるリスクに隠れて区別できないが、そうではあってもリスクがないとは言いきれない。
不要な放射線被ばくによるリスクはなるべく避けたい。食品中の放射性物質もできれば可能な限り少なくしたい。
 
とも言っています。

 この考えは僕はおかしいと思います。(現段階じゃ多数意見かも)
 LNТ仮説を根拠に集団線量からリスクを割り出すのはICRPが自分が示唆したにもかかわらず、ほぼ否定していますし、放射線とDNA修復力の関係の解明が進んでいる現在では人体に及ぼす放射線の影響については閾値があるはずだと、僕は思います。とりあえず複数回で通算年100ミリシーベルトの被ばくの害はゼロ。で良いと思います。

 100ミリ/年の被ばくは他の要因にまぎれてリスクがわからない=リスクなんかありゃせん。と政府が責任を持って言うべきだと思います。

 気にして除染をして上手くいかないなら
 最初から被害なんかないんだから、100ミリシーベルト以下など除染する必要はないと、割り切ってしまえば、そのお金で福島さんの農産物について、値段を下げるなどの援助に回した方が良いんじゃないんですかね。

 福島県でもガンになる人はいます。
 でも禁煙や野菜不足、運動不足、過度の飲酒を運動を援護して、まずガンになる人を減らし、早期の検診の実行など、やれる事で効果がはっきり期待できる方に金を回した方がずっと良いと思います。

 年に100ミリシーベルトの被ばくなんか全然気にしないと言う人が福島だけでなく日本の大多数になれば、福島県民の生活だって一変するとおもいますけどね。

 金はあるんです。原発再稼働によって、稼働率を高めて、円安で高い燃料を年間5兆円もなる燃料を買わない様にしたら、その金を使って復興支援に使った方がよっぽど良いんじゃないでしょうか。
 10年間で50兆円ですよ。

まえこそ師

さらに退化。ついに「ゲーム」も出来なくなっちゃったようですね~。

No title

>福島の隣の県在住さん

kiklog読みました。わかりやすく、おもしろかったです。確かに未だにこんなバカげたことを「拡散」している連中がいますね~。どうやったって「線源」以上に線量が増えるわけはない。それとも「魔法のコトバ」でも見つけたのでしょうか。

ま、ワタシも文系なので正確かどうかわかりませんが、この連中はベクレル=出す側の数値、シーベルト=受け取る側の数値、ってわかっていなくて、全部後者的に考えたのか、って感じしますね~。矢ヶ崎も福大FGFも本当に○○。何もわかっていない恥ずかしい連中ですが、特に「理系」のはずの矢ヶ崎はオソマツ。もっとも福大FGFにも「システム何とか」とか言う「理系」らしきものがいましたが。

こんな○○な連中に脅されて、避難~失職~子どもが不登校~離婚なんてなったら最悪ですよ。

それから「100mSV」以下問題ですが、MITの研究なんかからすると、ワタシも近い将来、「緩慢な被曝による低線量」では、修復メカニズム、アポトーシス等細胞の防御システムの方が勝り、影響はない、ってな解明がなされるような気がします。

今は、マスゴミは「緩慢な被曝」と「原爆のような短時間被曝」の区別さえついていない状態ですし、また「反核」「反原発」が激しく邪魔するでしょう。少し時間はかかるかもしれませんが、研究が進んでほしいですね~。

それですそれです

>仁さん
そうそう、そのグラフです。ありがとうございます。
私が「チラ見」で感じた印象が「女子がものすごく高く」見えて煽り入っているかな、だったんですが(被害妄想?)グラフ読めなさ過ぎかもしれません。

ということで

>信夫山ネコ様
東京新聞の「撤退」はまだ判断付きかねますね~。
今回は「親方中日新聞」からもらった記事か、逆に中日新聞に記事回す必要があってマイルドにせざるを得なかったのかも。
(それ以外にも、そっち系の記者でリリースの英語読める人間がいなかった→リライトめんどくて、見出しとグラフで少し煽り入れた、って感じもしますが)
さもなければ共同通信辺りの配信記事かも。

いずれにしても、東京新聞、朝日新聞、毎日新聞は経営レベル、現場レベルともに「アッチ系」の人が上層部を牛耳っている感がありますので、記者個人が頑張っても限界があるでしょうね。(それでも頑張れ、斗ヶ沢さん、そしてまともな記者さんがた)

>tateさん
>ズビズバー

パパパヤー、やめてけれ、やめてけれ、やめてけ~れゲバゲバ!
ぶははは、失礼しました。

>北の国からさん
>user6878さん
>こうたさん
当方、前頭部及び頭頂部よりの挟撃作戦により苦戦中。
現在、戦線は膠着状態にあるも油断はできず。
より高性能の兵器が必要なれど、戦費の増大は由々しき事態である。

私は後ろからカメラを構えられると、ゴルゴ13のような反応をします。お気をつけて。

>たぶんまえこそさん
???なんだ、これ。
あっ、そーか。私が「お題そろそろ変更を」って言ったからかな。じゃあこれは三題噺?それにしてはちょっとお粗末君な気もしますが。(自分から言っておいてなんですけど、三題噺なら、お題はもっと関係ないもの選ばなきゃ、ね)

一応
「ご隠居~」
「なんだい、熊さん。やかんの由来でも聞きたいのかい。やかんってヤツぁ…」
「いや、やかんはこないだ聞きやした。最近“ねこさん”のブログ見てンですがね、わかんねぇ言葉が多くって、教えて欲しいんですよ」
「ああ~、ねこさんのブログかい。ありゃ、知識と“笑”いでデマを除染する、いいブログだからねェ」
「いや、笑いはコメント欄で老人と子供のポルカ歌ってるヤツなんすが、まあいいや。乙、ってのはなんすかね」
「乙、ってのはお疲れ様ですの省略だよ。いちいちタイプがめんどくさいんで、ああいうところはなんでもかンでも省略しちまうんだ」
「ああ、省略ですか。じゃあ、ステマってのは何の省略で?」
「決まっているだろう、ステルスマーケッテイングだよ」
「そんなら“ぶはは”ってのは?」
「そんなことも知らないのかい。そりゃお前さん、ぶはは、ってのは…“ぶ”ざまな“は”ん福島主義は“は”ん原発からも見離されている、って意味だよ」
「へぇ、随分苦しそうですねぇ。あたしゃただの笑い声かと思っていたんですが」
「うるさいよ、お前さんは」

すいません、長くって。

いいじゃないか!

こうた さん
>M字に後退してきてますが、これ以上進行したらツルツルに剃ります!

そうやってみんなではげるほど長生きしましょうよ。
そして縁側でオフ会しましょう。

絶対長生きしてやっかんな!
こうなったら意地でも死なねえ!!
じゅらくで宴会してやる!

というのはおととしの夏あたり?
bloomさんやなんかと誓い合ったことでした
(あの頃は?ずいぶん荒ぶってました・・・)。


福島の隣の県在住さん
>がまん基準としての暫定規制値
http://www.foocom.net/column/editor/4729/

これよかったですね~。

私は以下の部分にも共感しました。
>「中央公論」9月号の座談会「放射線リスクの真実」
>地震と津波のせいで、東北地方には今すぐにでも助けがほしいという人たちがいっぱいいる。
>その人たちを放置したまま、放射線の小さなリスクにばかり対処しているということが、とてもいらだたしい。
>明日にでも死にそうな人が被災地、避難所にいるのにそれを無視して、安心がほしいと言っているところが、すごく嫌です。


ネコさん
>まえこそ師
>さらに退化。

???ぶははのひと???
信夫山女子会で「あのひと休みだとくるよね~(笑)」と
ちらっと話題になってました。

注目されてるう~♪(すぐに別の話題にうつりましたが)

>アンタよっぽどココが好きだな。

ネコさんがおっしゃるとおりお友達になりたいのかなあ・・・。
ヒールじゃなくて「ごめんね。仲間に入れて」って
きちんと言えたらいいですね。

最初はちょっといじられるかもしれないけど
(まあ・・・いままでやっちゃった分は仕方ないでしょう)
みんないい人ですよ。


IKAさ~ん!!!
>現在、戦線は膠着状態にあるも油断はできず。

ぶはははははは!
もういいってば!
一緒に年をとりましょうってば!!

No title

>IKAさん、仁さん

なるほど、東京新聞記事=中日新聞記事ですね~。

東京新聞はもちろん普段は読めないので、何かが変化したのかしてないのかは、わかりませんね~。東京新聞福島支局も出来たばかりだし。あそこって、何しているんでしょう?連載枠でも持っていなければ、仕事無さそうな気がしますがね~。無理やり避難煽り記事でも書いているのか?

1960年代

大気圏で核実験をしていたその昔、中国が実験をして後、日本でも雨に濡れると頭がはげるというデマが広がりました。

ちばてつやのまんが『ハリスの旋風』で、主人公の国松が幼なじみの女の子オチャラにそういわれる場面があったことを思い出しました。(年齢がばれますが。)当時の子供たちは外で遊んでいて雨が降ってくるとハゲになる~、といって走って建物の中に逃げ込んだものなんですね。

今のPM2.5とどちらが影響が大きいか知りませんが、タバコの受動喫煙とかそういったものと相対的に考えられるようになるきっかけになれば、PM2.5も悪いことばかりではないといったら叱られでしょうか。

「ひまわりの種」で

こんな話を耳にしました。

>ボランティア仲間と食事をしていたとき
>食品の放射能汚染に話が及び同年齢の一人が
>「売れない福島産のものが刑務所で消費されているんです。
>最近刑務所で具合の悪い人がたくさん出ているんですって。」

きっと上品な奥様なんだろうなあ。
頭も悪くなくて生活にも余裕がある。
通販生活が愛読書。
杉並区か吉祥寺・国立あたりに住んでそう(全くの偏見です)。

自分はボランティアだってやってるんだから
いいひとだと思いこんでいる
かわいそうな人の話を聞くと涙が出てきちゃうんですのよ・・・
とか言いそう。

このような人が一番嫌い。軽蔑します。


閑話休題

今日の読売(3月8日13版)に
中西準子先生のお話が載っていました。

国の除染目標について
痒いところに手が届いているって言うか・・・
それならば多くの人が納得できるかも・・・
と思うような提言でした。

No title

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130308-00000034-asahi-soci

子どもの甲状腺「福島、他県と同様」 環境省が検査結果
朝日新聞デジタル 3月8日(金)16時0分配信


(抜粋)

子どもの甲状腺をこれほど高性能の超音波機器で網羅的に
調べた前例がなく、4割という割合が大きいのか、
被曝(ひばく)の影響があるのか判断が難しい。
このため、環境省は福島県外の長崎市と甲府市、
青森県弘前市の3~18歳の子ども4365人を対象に、
同じ性能の超音波機械を使い、同じ判定基準で検査をした。

 この結果、2センチ以下の嚢胞や
5ミリ以下の結節のあった子どもが56・6%、
それ以上の大きさの嚢胞などがあった子は1%(福島は0・6%)いた。

環境省の桐生康生放射線健康管理担当参事官は
「福島も他県もほぼ同様の結果と考えている」と話す。
---------------------------------


まあ放射脳には何を言っても
政府の陰謀なんだろうけどねw

あるいは、
「もう全国が汚染されているー」とか言い出すんだなきっと。

No title

「がまん基準」の記事を読みましたが、最後の石巻市の方の心情は共感できるものの、それ以外あまり同意できません。そもそも、食品を選ぶのに「がまん」という視点が必要でしょうか。まずこれを調理すればおいしく食べられることが何よりです。「がまん」で食べたくありません。
それと福島の隣の県在住さんも書かれている通り、「通算年100ミリシーベルトの被曝の害はゼロ」で良いと思います。そして今の食品基準では(以前の基準でも)福島での食生活を含めて全く内部被曝を無視できる水準です。農薬や添加剤の影響について日頃「がまん」を基準において食品を選ぶでしょうか。放射性物質の被曝だけに「がまん」の基準を強制するのは不公平だと思います。
それと、これはきれいごとになるかもしれませんが、「いただきます」という生産者への感謝という視点も必要だと思います。「がまん」が「感謝」より優先されるなんてあまり健全とは思えません。

県外の甲状腺しこり関連

◎ 福島の医師@これから飲み会さん

おはようございます。こっちはまだ朝ですが、今朝起きて Twitter を見たらやぁどさんが次のツイートをしておられました。
https://twitter.com/yard_1957/status/309894490238357505

NHK でも次のように報道していますね。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130308/k10013054841000.html

イチャモンが早速出ていています。バカか、ですね、全く。
https://twitter.com/SciCom_hayashi/status/309904392600039424
https://twitter.com/etrapozzo/status/309925127133483008

おっと!

やぁどさん~仁さん経由でさっき知ったので
みんなにもお伝えくださいと
仁さんにお願いしたところでしたが

福島の医師@これから飲み会さんが早かったですね。
ありがとうございました。

>「もう全国が汚染されているー」とか言い出すんだなきっと。

おっしゃるとおり、すでにいるらしいですよ。
「食べて応援」なんかしたからだと・・・。
結果が出た方の食事調査までしないと黙らないですかね。

うちのも飲みに行きました・・・。
やっほう!今夜はてぬきごはんだ~!


うるしねまきさん
>「がまん」が「感謝」より優先されるなんてあまり健全とは思えません。

確かにおっしゃるとおりですね。
私は「我慢してそれを選ぶ・食べる」なんて考えは
思いもよらなかったので

普通に売ってるものを何でも買うので
(値段やその日に食べたいものを考慮しますが)

福島産・東北産のものを忌避するような方が
どんな言い方で話したら基準を理解してくださるのかな・・・
「がまんできる範囲」という考え方がわかりやすいのであれば
それもありなのかな・・・程度に考えていました。

なんでも感謝して
ありがたくいただいています。

>生産者への感謝

とても大事だと思っています。

No title

やはり今回見つかった甲状腺がんと原発事故との因果関係はないと考えていいですね。
多くの子供を詳しく調べればこれだけ見つかるということが証明されました。
あくまでもベースラインということです。

そもそも今回の調査で見つかったしこりや嚢胞は平時であれば異常なしと判断されるものです。
福島県以外の3県の皆さんも56.6%などの数字にどうか不安にならないでほしいです。

とりあえず・・・騒いでいた連中、反省しろ!

ドンドンドンガラガッタ♪

はりっっすのかっぜ~♪私も雨に当たらないようにいわれましたよ~?
昨夜PCが使えなかったので書き込みできなかったので、すっかり出遅れました。ピンポンダッシュさん、平日の昼間にキタ~、ってなんかわくわくしちゃったんですがなんか尻つぼみだったですかね。
あとね~、うちの男子はじいちゃんの遺伝で必然的にハゲます。夫はともかく20代の長男が不憫です。20代から闘っている人もいるのですから、そんなことに気にしちゃいけません。
それだけ先に。記事はこれから読みます。(携帯で先にコメント欄だけチェックしていたので。)

くにまっつさま~のおとおりだ~い♪誰か止めて~、止まんないよ~(T.T)

子どものこと・注意できないわ・・・

user6878 さん
>とりあえず・・・騒いでいた連中、反省しろ!

そうだそうだ~!!

安積の白猫さん
>誰か止めて~、止まんないよ~(T.T)

え~っとどうしたら止まるのかなあ?
バウムクーヘンでも口に詰めてみようかなあ・・・。

ふふふ。パソコン使いたい放題!!


サイエンスZERO

>なおみさん
極左方面は当局のマークが厳しくなった上に時代の変化でシンパ減、
その上資金も行き詰まって、よく警察が言う「あなたの隣に○○が」も古いアパートをマークする文言が。
伝える側もその先入観で伝えていたのが「6000万かよ!」で沸き立ったのではないかと。
まあ、あっちは「まさかこことは気付かないだろう」と思ったんでしょうが、猿知恵だったわけでw


先週日曜日の再放送ですが、明日の昼に
http://www.nhk.or.jp/zero
よくメディアが「収束作業には技術開発が急がれます(キリッ)」と、したり顔でほざきますが、
「そんなのはサルでもわかるわい!じゃあどう大変なんだよ?」がこっちの正直な思い。
それに応えているのがこの番組です。

いいとこ住んでやがんなあ・・・

観潮楼さん
>「6000万かよ!」

このびっくりかげん・・・想像するとおかしいです。
マジで?とか言ってたりして・・・。
俺よりいいとこ住んでるじゃんとか言ってじっと手を見てたりして。

国会前のデモも2・300人くらいに減ったんですって?

飽きたとか、関心がなくなったとかじゃなくて
福島の悪口とか、希望のない話とか、
関係ないのに被害者ぶるとか、誰かを責めるとか・・・
そんな人たちと一緒にいても楽しくないからだよ。

原発はちょっとな~って思ってる人が
減ってるとは思わないんだけど。

>それに応えているのがこの番組です。

現場で作業をしてくださってる方
なんかいい方法ないかな~って技術開発にいそしんでくださってる方
いろんな方に感謝です。

吉田前所長さんのおっしゃった
「福島の人がみてるんだよ。きれいにして返さなくちゃいけないんだよ」
思い出すたびにぐっと胸が詰まります。

ちょっと前に東電の社員さんが
仮設住宅かな・・・お掃除をしてくださっているニュースをみて
お気持ちはわかるのですが
でも住んでる方も気まずそうで

なんか・・・本来の仕事に専念してくださる方がいいな。

本店の人もそんな風に考えて
本当に困ってる人の話を聞いて欲しいな・・・と思いました。

一番して欲しいことをして差し上げるのが
誠意だと思うんです。掃除は・・・何番目かな。

話を聞いてあげてね。
気持ちをわかってあげてね。

甲状腺のニュース・・・よかったなあ。
他と変わらなかったね。

見ました

観潮楼さん、日曜日に見ました。水野解説員がでていましたね。気球カメラ、作業ロボット開発、廃炉への途はなかなかきびしいですね。私が生きている内には無理じゃないかしらん・・・。
こういう事知りたかったので、サイエンスZEROなかなか侮れません。
他の番組じゃ原発敷地内から中継したってそれだけですもんね。

あ、なおみさん、すれ違いました。甲状腺のニュース、良かったですよね。ウチの娘は今月ようやく検査です。えっと、一応県外在住者なので避難者扱いでしょうか?県外後回しにしては早いほう?(笑)
だっても、2年経って20才過ぎちゃったのに・・・。

あ、今NHKの持論公論で水野さんが廃炉への道のり、って解説しています。

No title

青森、甲府、長崎の子どもの甲状腺検査の結果、速報が出ましたね。予想通りの結果と言えばその通りでした。

ツイッター上での反応の一部がまとめられています。

http://togetter.com/li/468216

「外道」な連中の反応もこれまた予想通り。曰く「陰謀」「隠蔽工作」「捏造」「既に広域が汚染された」等々。
思ったより発表が早かったですね。詳細はもう少し時間がかかるみたいですが、「速報」として早めたのかな。
科学者って本質的に、しっかりと解析して非の打ち所が無い状態で発表したがるものなんだと思うけど、デマを一刻でも早く訂正したくて、速報、って形で発表したのかなぁとも思えます。

ただ、ね…今回の調査でA2とかB判定になって、不安に思っている親や子どももいると思うんですよね。
もちろん、「早期に見つかったんだよ」ってことなんだけど、当人としたらあんま関係なくて不安は不安でしょうね。
「福島の不安を皆で共有しましょう」なんて気はなくて、いらん不安を押し付けたのかなぁ、って気もちょっとします。
素直に「福島の結果も他と変わんないんだ、よかったね~」なんて喜べません。
できるだけ多くの人が、多くの福島県民同様、甲状腺に対する知識を身につけて、「いらない不安」を感じる必要はないんだよ、って理解して欲しいです。



福島の医師さんがリンクされた朝日の記事は例の大岩記者が書いているんですよね。
細かいことかもですが、ほんの少し「らしさ」を入れているようです。

このまとめの最後の方です。

http://togetter.com/li/468254

長瀧先生の発言、ねじ曲げた?



さらにさらに
このニュースとタイミングを合わせたように、フライデーがクズ記事とばしているみたいです。

http://www.zasshi.com/zasshiheadline/friday.html

No title

>なおみさん
すれ違っちゃいましたね。

今回A2、B判定になった人たちには、きちんとした説明と対処がされるといいですね。

おっと

 僕も見ちゃいました。もう古いかも

http://mainichi.jp/select/news/20130309k0000m040024000c.html

 県外ってどこなんでしょう

 もしかしたら西日本日本海側?そこに自主避難されている方は戻った方が良いんではないかと思いますけどね。黄砂にPM2.5より、線量も下がった故郷の方が良いんじゃないのかな。

 昨日テレビで、イノブタの跳梁跋扈している様子が放送されましたけど、全部駆除して肉は販売するべきだと思います。1キロ50万ベクレルだとしても僕は平気です。

 イノブタ本イノブタが見るからに健康そうなんだからその肉500グラムくらいなんともないですよ。チェルノブイリのオオカミなんてもっと多いみたいですよ。毎日の様にセシウムたっぷりの獲物を食べているからだそうで。

 残念なのは規制値をはるかにオーバーした食品(もう少ないでしょうけど)を食べる機会が全然ない事。

 あ!それと、福島県以外で甲状腺の検査で甲状腺ガンが見つかった県も子供たちの検査の強化をしなければ、なんとなくおかしい気がするんですよね。

No title

県外甲状腺検査の結果について、無料報道協会の人たちがなんか静かだなあ、と思っていたら、本家が大変なことになっていたみたいです。

http://matome.naver.jp/odai/2136262240864836201

え?!

KOCOラジでそんなことおくびにも出さず・・・え?今週の月曜でしたよね?と自問自答。
わかりました、月曜日にまた聴きます。ついでにICレコーダーで録音もしてみます。
でも、きっとスルー?

No title

>安積の白猫さん

>気球カメラ、作業ロボット開発、廃炉への途はなかなかきびしいですね。
>私が生きている内には無理じゃないかしらん・・・。

確かに厳しそうですよね。
人が入れないところはアシモ量産してGガンみたいなモビルトレースシステムで
動くようにすれば作業もはかどりそうですが。
しかし今思えば、コスモクリーナーって
どういう仕組みで作動する設定だったんだろうw

>IKAさん

昨日のネット配信のタイトルが、
>『子どもの甲状腺「福島、他県と同様」 環境省が検査結果』
だったのに、

今朝の朝刊の見出しでは
>『福島の子の甲状腺 「異常とは言えない」環境省が他県3市と比較』
と変更されており、

あえて「異常」という言葉をもぐりこませるあたりが
大岩ゆりっぺの最後の抵抗に見えて、ほほえましいですねw

しかしまあ、面白いほど予想通りの反応だらけですねぇ。

穏やかないい日ですこと・・・

IKAさん
>今回A2、B判定になった人たちには、きちんとした説明と対処がされるといいですね。

はい。おっしゃるとおりです。

今回初めてこのような大規模かつ詳細な検査をしてみて
「福島が特別ではなく普通はそんなもんだった」ってことが
わかったことが「よかったこと」。

そうは言われても
自分の体に何かあるらしいというのは不安で当たり前。

それは心配するようなものじゃないんだよってことが
きちんと説明されるのが「これから大切なこと」。

それから何故この3箇所の方が検査に協力してくださったのか
私にはわからないのですが(心配だったのかな?)

私だったらめんどくさいって検査させなかったかも。

ですから長崎・山梨・青森のお母様・お子さん方に感謝しています。

結果が出たことで
嫌な思い・不安な思いををなさいませんように。
きちんと説明をされれば、安心できると思います。


千貫森の宇宙人さん
>無料報道協会の人たちがなんか静かだなあ

ああら・・・大変ねえ(くすくす)。
あら・・・笑いが止まらないわ・・・どうしましょう。


福島の医師@二日酔いからようやく復活さん
二日酔いには干しだらのスープか(韓国料理だそうです)
しじみじるだっぺ。

>大岩ゆりっぺの最後の抵抗

私「大岩ゆりの最後っペ」と空目をしてしまいました。
最後っ屁というからにはもう退散間近でしょう(くすくすくす)。

人の心はむずかしい…

震災の年の夏、福島の桃を食べて応援しよう、というイベントが開かれました。そこでJAの方からどのように除染しているかを聞き、またそのときの配布資料によれば50件中(だったと思う)ほとんどがNDで、検出されたものでもキロ当たり25ベクレル程度。

手にとって見たとき

「ああ、なんだこの程度か。ぜんぜんなんでもない。本当に除染大変だったこと。みんな普通に買えばいいのに。」

と思っていたんですが、主催した方が

「私はもういい年ですからガンになってもなんでも福島の桃を食べて応援したい。」と話したわけです。

私は「うんうん」と聞いてしまいました。

そのとき、一緒に話を聞いていた知人が声を挙げました。

「ほとんどがNDで、検出値もこんなもので、だから食べても大丈夫だって言ってるじゃないですか!ガンになってもなんて、失礼じゃないですか!」

その方はあわててしどろもどろに言い訳していました。



わたしも「うんうん」と聞いてしまっていた自分にショックでした。

ちゃんと計測値を見て大丈夫だと判断したのに。
なんで普通に買わないかな、と思ったのに。

その方の「善意」に流されてしまっていたことを大いに反省しました。

まだ震災から半年経っておらず、自分としても判断材料が整理できていなかったんだと思います。

でも、今は大丈夫です!(多分)

また別の話。

先日、文化財保護活動の団体から来ているお便りの中に、北海道に避難してきている人から「今は一人残らず避難させて、福島を廃墟にしたい。廃墟を作る活動を手伝って欲しい」と言われて衝撃を受けた、という話が載っていました。

汚染されたことがどうしても許せないんでしょう。
でも、その許せない気持ちを人に押し付けてはいけないですよ。


もうすぐあれから2年です。

2年間、いろいろな事を考えて、悩んで、学んで、行動している人と、あのときの衝撃で前に進めなくなってしまった人がいるんですね。(いや、廃墟にしたい方向に進んでいこうとしているんですね)

謝罪・反省文

北の国からさん
>人の心はむずかしい…
>わたしも「うんうん」と聞いてしまっていた自分にショックでした。

そうなんですよね・・・。

先日うるしねまきさんに
「がまん基準」について「言い訳」をしてしまった後に
ずっと考えていました。

私はとても向こう意気が強いので
誰かに「がまんしてやる」なんて言われたら
「ふざけんな!こっちからお断りだ!べらぼうめ!」くらい
気を悪くするんです。

なのに「がまん基準」は「うんうんと聞いてしまった」・・・。

うるしねまきさん・ごめんなさい。
生産に携わってる方にとっては失礼な話ですよね。
思いが至りませんでした。
物分りのいいふりをしてしまった。

>北海道に避難してきている人から「今は一人残らず避難させて、福島を廃墟にしたい。廃墟を作る活動を手伝って欲しい」と言われて衝撃を受けた

殺意を覚えました。

No title

>なおみさん
>二日酔いには干しだらのスープか(韓国料理だそうです)
>しじみじるだっぺ。

そうですねぇ
飲む前にウコンをのんで、
飲み会の締めにシジミの味噌汁を飲み
寝る前に黄連解毒湯と五苓散を飲みましたが・・・

何事もほどほどですねww



>北の国からさん
>北海道に避難してきている人から
>「今は一人残らず避難させて、福島を廃墟にしたい。
>廃墟を作る活動を手伝って欲しい」

私は現時点で自主避難している者は
もはや被害者ではなく風評被害を振りまく加害者と考えておりますが、

こんなこと言うやつは、
もはやテロリストと呼んでも言い過ぎではないでしょう。

分断といわれようと
こういうことをいう人はもう福島に関わり合いになってほしくないですね。

No title

フライデー、数年ぶりに買ってしまいました。
件の記事、嗤えました。

モニタリングポスト、中身はレイシステムズと書いてありましたので、
校正はひょっとするとHp(10)かもしれません。
ならば、サーベイメータと差が出ても不思議は無いと、納得。

以前この会社のモニタリングポストと自前の測定器の数値を比べ
数値に差がないと書いてたブログを見た事がありましたが、
比較に使ってたその測定器もサーベイメータではなく個人線量計でした。
写っていた数値がエネルギー補償無しの個人線量計とほぼ同じ値だったので、
この時「ちょっとヘン」と思った記憶があります。
(サーベイメータと個人線量計は校正規格が違います)

ガイガーヲタから見れば「それ、無理」と言いたくなるような事も書いてありました。

No title

>千貫森の宇宙人さん
>安積の白猫さん
まとめを見ましても、自由ホードーキョーカイのサイト及び上杉本人からの報告はまだなんですかね。
「寄付募ってる」って話も出ていますし。
もしかしたら、上杉だけになっても「自由ホードーキョーカイ」名乗り続けるなかな。
「キョーカイひとり」、なんちて。

>福島の医師さん
ああ~、本紙の見出し変わりましたか。
う~ん、私の記憶では、見出し付けるのは記者ではなく、別のセクションだったかと思います。確か整理部の担当だったかな。
朝日の汚染はやっぱり深刻な状況ですね~。

>なおみさん
>「福島が特別ではなく普通はそんなもんだった」ってことが わかったことが「よかったこと」。

その通りですね。昨日は送信したあと、内容確かめようと思ったらなおみさんとネタがかぶっていることに気付きました…(なんか狙い撃ちしたみたいになっちゃいました、すいません)。
福島は普通なんだよ、ってわかって欲しいだけで誤解してほしくないな、って思っただけなんです。

>それから何故この3箇所の方が検査に協力してくださったのか 私にはわからないのですが(心配だったのかな?)

どっかの報道にありましたが、弘前、甲府、長崎の三ヶ所は甲状腺検査の体制が出来ていた(設備、人材等が揃っていたため)から調査対象になった、って言ってました。

>北の国からさん
廃墟ですか~。過激だな~。
「放射能で汚染された土地なんか、棄ててしまえ」って、なんとなく「穢れ」の思想を感じてしまいます。
きっと彼らの行動の原点なんでしょうね。

>tateさん
フライデー、広告見て読むべきか悩んだんですけど(買う気はない)、ちょっと目を通してみようかな~。
(私はわらえるかどうか、自信はないですけど…)

No title

なおみさん
>生産に携わってる方にとっては失礼な話ですよね。
実は、自分が生産者のことに思い至ったのは一昨年の秋のことでした。テレビで福島の桃農家のおばあさんが放射線検査をパスした桃といっしょに「検査済み」のカードを1枚1枚入れて袋詰めをする様子を見てじ〜んときてしまいました。
子供の健康を気遣って食品を選ぶ気持ちも分かりますが、メディアが何かと母性に訴えるのには抵抗があります。「風評被害ではない、東電の実害だ。」と、いつまでも繰り返す反原発派の言い訳も、もういい加減にしてほしいと思います。

No title

IKAさん
>私はわらえるかどうか、自信はないですけど
事前に雑学的知識を持っていたので「必死だなぁ」などと思ったわけです。

たとえば、こんな記事。
ドイツ/アルフレッド・コープレイン博士
原発事故直後早期新生児死亡率が急増、フクシマの危機はこれからが本番。

既に知っていたこと。
何故か本棚にある「周産期医療/東日本大震災と周産期」には
ヤバイ事になるかも。なんて事は書いてありませんでした。

そして「H-23福島県人口動態統計」(調査期間2011/01/01~2011/12/31)
http://wwwcms.pref.fukushima.jp/download/1/hofuku_H23kakuteisuu.pdf
乳児死亡率:前年を下回る
新生児死亡数(出産千対):前年を下回る
周産期死亡数(出産千対):前年を下回る
死産数(出産千対):前年を下回る

ついでに、、、
通算年100ミリシーベルトの被曝の害は、ほぼゼロのようです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「日本で子供の甲状腺がんは増えないと考えられる分子生物学的根拠」
広島大学原爆放射線医科学研究所副所長 稲葉教授
http://ganshien.umin.jp/public/research/main/inaba/05.html

以下抜粋し引用
・・・略・・・
放射線でできた転座が発がんに結びつく可能性は、何万分の1以下とか、
ものすごく低い確率でしかないのです
・・・略・・・
1個の細胞で同時に2か所以上でDNAが切れるというのは、かなりの高線量でないと
現実問題としておこりません。
たまたまというか、100ミリシーベルト程度は必要ということが実験からわかっています。
ただし、ここでいう100ミリシーベルトとは瞬間値です。
‘年間で’という累積値のことではありません。
一瞬、パッと浴びた量が100ミリシーベルト以上だということです

今帰ったぞう~!

福島の医師@二日酔いからようやく復活さん

今日は私が飲み放題に行って参りましたあ(キリッ)!
ち~っとも酔っていませんから!


tateさんは>ガイガーヲタさんなんですね!
すごいなあ・・・。
やっぱりどの道でもヲタを名乗れるくらいでないと
何も語れませんよね!!

ヲタばんざ~い!!!


IKAさん
>弘前、甲府、長崎の三ヶ所は甲状腺検査の体制が出来ていた(設備、人材等が揃っていたため)から調査対象になった、って言ってました。

そうなんですか・・・。そうですよね。
検査体制ができていなければ無理なことですよね。

それにしたって、検査を受けてくださる方がいなければ
検査はできないじゃないですか
(やっぱりちょっと酔ってるかも・・・うまく書けません)。

関係者の方・ありがとうございました。


うるしねまき さん
お返事くださってありがとうございました。

>「風評被害ではない、東電の実害だ。」と、いつまでも繰り返す反原発派の言い訳も、もういい加減にしてほしいと思います。

はい。
北の国からさんのお友達の

>一緒に話を聞いていた知人が声を挙げました。

反射神経と勇気を見習わねばと思いました。

私だめなんです。
すぐにうまいことが言えなくて、いったん飲み込んでしまう。
悪くないかも・・・と肯定してしまう。

あとで自分のもやもやがなんだったか理解できた時には
ああ言えばよかったのに・・・言えなかったなという後悔ばかりです。

Nスペ

さっきやってましたが、思ったこと「これ、FCTが作ったんでないのけ?」w
線量計を直置きしたり、ネガティブ一辺倒な作りにはそう思ってしまった。
・坪倉正治氏「これは心の災害」が唯一の救い。でも他がひどかったのでアリバイ工作でしかなかった。
・仮置き場の重要性を訴えるのはいいとして、
その例で出てきたのが阿部『つるりん』光裕氏・・・。
・志田名地区(いわき)のマップ作りは先に『ゴジてれ』がやっていたなあ。


特にNHKの番組はエンドロールのディレクター、プロデューサー名をチェックして、
過去にどんな仕事をしたかググる癖を個人としてつけているのですが、
福島放送局製作はわかったものの、華麗に省略・・・。
作っていて後ろめたさがあったのかもしれない。
再放送はするでしょうが「福島放送局のレベルはこの程度か」は見ればわかると思います(毒)。

寝る前に

昨日のアサヒ読んだら
山下先生の顔写真入りでコメントが載せられていました。
アサヒめ~白々しく何もなかったかのように載せやがって~!

「詫びろ!ってか脱げ!」
↑るろうに剣心の映画で一番好きなせりふでした。

甲状腺のニュース・・・
ずいぶん悔しがってますねえ・・・。
ヘンなのがあちこちからわいてきてます。
不愉快だわ。

No title

フライデー記事の件、ドイツ/アルフレッド・コープレイン博士のプロフィールについて記事内に書かれていないし、物理学者が疫学について語っていることもかなり怪しい。

アルフレッド・コープレイン博士のプロフィールと、博士の主張の論拠とデータが明らかにされるまで、buveryさんが上杉隆にたいして用いている、予防原則をとるのが最適ではないかと。
http://d.hatena.ne.jp/buvery/20120418/1334775239
件の記事が捏造ではないと証明されるまでは、捏造あると判断。


>北海道に避難してきている人から「今は一人残らず避難させて、福島を廃墟にしたい。廃墟を作る活動を手伝って欲しい」と言われて衝撃を受けた

これって、お役人の得意な強引な解釈では、騒乱罪を適応できるのでは、北海道の公安関係者のみなさん、出世のチャンスかも。

No title

>tateさん
例のフライデー、「文科省に捏造を強要された」社長ってアルファ通信の社長なんですね。

http://togetter.com/li/469015

この話しは結構古い話なんですけど

http://togetter.com/li/225360

もとネタは日刊ゲンダイみたいです。

こっちのまとめも詳しいですね。

http://togetter.com/li/468662

正直言って、まとめ内の会話はほとんど理解できませんが、アルファ通信のリアルタイム線量計は文科省の要求する性能を満たしていなかった→契約キャンセル→陰謀ダー、って流れは(ざっくりと)わかりました。
この社長も会社の信頼考えて必死なのかもしれないけど、かなり「無茶苦茶言っている」みたいだし、かえってダメになっていく気がするなぁ。
「震災を金儲けのチャンス」としか見ていないとこうなる、ってひとつの例かもしれませんね。

(これなら自信をもって「わらえ」そうです。)

>観潮楼さん
私は当該番組見ていませんが、NHKも転勤が多い組織ですし、製作サイドに「福島人」がどれだけ関わっているかは疑問ですね。(ここで生まれた、あるいはここを終の棲家とする人は少なそう。その意味で「外から見た福島県のあるべき姿」が反映されやすいのかも、って思いました。

>なおみさん
甲状腺検査の結果を悔しがる人、あまりに多くてちょっとガッカリでした。
そんなに福島の人が不幸になって欲しいんだろうか…。

>「詫びろ!ってか脱げ!」
ええと、はい、すいませんでした(カチャカチャ←ベルト外す音)。

>千貫森の宇宙人さん
ドイツの物理学者ですか~。
この人は知らなかったなぁ。新人ですかね、それとも隠し玉?
やはりフライデー、立ち読みしようかな。

学び

洗濯して買い物行って…の間にコメント欄が急伸。追いつけない…。

>なおみさん

すぐにうまいことが言えなくて、いったん飲み込んでしまう。
悪くないかも・・・と肯定してしまう。

あとで自分のもやもやがなんだったか理解できた時には
ああ言えばよかったのに・・・言えなかったなという後悔ばかりです。


これ、誰でもそうなのでは。
そういうことがあるたびに、一生懸命に学んで、次は大丈夫だ!と力をつけていくものなのではと思っています。(つまづくから一段高く上がれるそうです)

なおみさんも2年前までの自分と今の自分とを比べてみれば、アーラ不思議♪さらに賢く気高く美しくなってませんか~?

自分が一生懸命に学ぶことで、新に何かの知識や考え方に触れて「ああ、あれはこういうことだったか!」と実感できるし、知見が広がるんだと思うんです。

問題は、自分が間違った学びをやっつまっている場合です。

(((これは本当に正しい知識・考え方なのか)))

そもそも誰もが高度な知識を身につけられるわけじゃない。善意の勘違いじゃないと誰が言えるのか。ホントは「おおやけ」が正しい規範を示すものなのに、あの当時は大混乱。

素人たちが無い知恵をしぼって苦悩することになってしまった。

そして自分はなぜ、早野先生や山下先生の発信することを正しいと判断したのか。しばらく考え続けました。

正しい科学知識だから?

いやいや、自分に判断するだけの力は足りません。ではなぜ?

そのとき、ほぼ日刊イトイ新聞で糸井重里氏が書いていた



やはり「戦う」にはテクニックも必要で、
闇雲に体当たりすればいいというわけじゃない。
ときには、逃げることだって必要です。

ぼくは、自分が参考にする意見としては
「よりスキャンダラスでないほう」を選びます。
「より脅かしてないほう」を選びます。
「より正義を語らないほう」を選びます。
「より失礼でないほう」を選びます。
そして
「よりユーモアのあるほう」を選びます。

つまり、人の選択肢を狭めようとしていたり、
考えることをやめさせようという
意図のある言葉には、
「あ、気をつけよう」と思うようにしていて。



ああ、これだこれだ、と思わず手を打ったわけです。

特に「失礼じゃない」ことが自分の判断基準になっていたんだと思います。

なぜなら、オカシナ人たちはほとんどが「失礼」です。なにが「失礼」かというと、「人に自分の考えを押し付けているから」「違う考えの人を罵倒しているから」です。

また、論理的に説明するということは「押し付け」ではなく、判断材料を示して相手に判断させるということです。

そうすると、違う考えの人同士でも「あなたとわたしの考えは違うけど、あなたの考えはわかります」となるはずです。



そういうわけで、けつまづきつつ地雷踏みつつすっころんで鼻血出しつつ(放射線のせいじゃなく!)、力をつけていけばいいし、そうやっていくしかない。

一つつまづいてそのままそこで動かなかったら…そりゃ鼻血も出ないし(放射線の話じゃなくて!←しつこい)責められることも無いだろうけど、流されるままになっているだけ。

でも、ワタシ、そんなのヤです!

ワタシは失敗しながらハジ多き人生を生きていきます。

だから、なおみさんも一緒に…え?やだ?失礼しました。(汗);;;


それにつけても

コメント書くたびに「まえこそ師」の「ク ズ」が目に入って「痛い」ですう。




記事紹介

面白い記事があったので紹介します。
WHOの報告書についてや、今回の甲状腺調査で福島は他県と同様という結果について、なぜ反原発の人々は喜ばないのか、心理学的なアプローチで解説してます。

放射能被害の発生を声高に訴えてきたオオカミ少年は、悲劇を望むようになる - 開米 瑞浩
http://blogos.com/article/57796/?axis=g:0

No title

>IKAさま
アルフレッド・コープレイン博士について、かの記事以上の情報なし、で予防原則は継続ということで。


兄ぃさん大快挙です、あの「ちだい」を完全粉砕です。
http://ameblo.jp/c-dai/entry-11486961845.html
http://togetter.com/li/468819#c998781
また、しばらくすると復活してくるかもしれないので油断は禁物です。

玄侑宗久さん

先日、NHKの視点・論点で玄侑宗久氏が「除染について」というテーマで語っていました。
宗教・哲学といった精神論的な話かと思いきや、データをもとにした科学的な話でした。

ノーベル賞作家、芥川賞作家と良い印象はないのですが、玄侑氏の話は某武田教授よりずっと知的で感心しました。

除染目標1ミリシーベルトの是非についてが趣旨なのですが、福島県知事もこれぬついて発言をし始めているようですから、今後大きな問題点になるのかなと思いました。

あっちもこっちもどうしたの???

千貫森の宇宙人さん
>お役人の得意な強引な解釈では、騒乱罪を適応できるのでは、北海道の公安関係者のみなさん、出世のチャンスかも。

善良な市民としてできることは・・・記録・記録っと♪


IKAさん
>>「詫びろ!ってか脱げ!」
>ええと、はい、すいませんでした(カチャカチャ←ベルト外す音)。

きゃああああああ~!!
(ありがとう。元気でました!眼福・眼福・・・)


北の国からさん
>糸井重里氏

震災以降とても尊敬しています。
(そして全文を読み続けていく・・・ふむふむ)

鼻血の扱いには神経質になりますよね・・・(そこかい!)。


たくやさん
きたきたきた~!って感じです。

自分に自信がなく
そのくせにじみ出る「まだ自分は本気出してないだけだ」
「周りが悪い」「理解されにくいタイプなんだ」感

そして何か・・・憑依できる対象を探していた人たちでした。

健やかな人のことは怖いんでしょう。
決して寄って来ません。


千貫森の宇宙人さん・再び
ちだい・・・なんだか・・・潔すぎて驚きました。

星占いで言うとね~今・大きな切り替えの時期なんですよ!
(こちらのブログを一気に怪しい感じにしてしまいました・・・)

初めてコメントします

長~いコメント欄を追いかける大変さをわかっていながら すみません まぜてください

震災2年を前に各局でやっている番組を見て ひと言

 なんで下を向きたくなるような番組ばっかりやってるの?
 除染だ 風評被害だ そんな中がんばっていますみたいな作りしかできないの?
 そんなんだったら 「ちまたのうわさ デマを検証します!」みたいな番組を作ってくれたほうが
 よっぽどスッキリする

 おまえの母ちゃん 出べそ~を 確認しないで言いふらしてるようなもんでしょ 刑務所の件だって     ネコさんのブログを番組にしてもらいたいくらい・・・ 
 
 モヤモヤガハレマセン

  

No title

>「ちまたのうわさ デマを検証します!」みたいな番組を作ってくれたほうが
何故作れないか、正解はどれでしょう。
1.中の人も流してるから。
2.弱者の味方っぽくならないから。
3.抗議殺到がイヤだから。
4.視聴率がとれないから。
5.TUFではないから。

ちょっとずつ、流れは変わってきてる?
http://www.news-postseven.com/archives/20130310_175691.html
てか、去年のネタじゃん。遅すぎ。

No title

 甲状腺検査で他県でも福島と同様の傾向が出たと言う事なら、

 1、福島県のみ検査する意味があるのか?
 2、日本全国で検査する意味があるのか?

 と言う事になり、結局金の問題になり、子供の健康診断で学校での集団検診の項目に加える必要すらそもそも無い様なものではないかと僕は思います。

 既に放射性ヨウ素はとっくに消滅して、また一番高かった時期にでも内部被ばくの可能性が極めて低かったわけで、原発事故による放射性ヨウ素が原因で子供の甲状腺ガンの発症はゼロ、と断定しても良い。いやするべきだと思います。

 このところ、反原発イデオローグ?(ほめすぎかも)たちが次々と馬脚を表していますが、

 矢け崎克馬 物理学者としてありえない誤解と菊池誠さんに断定された。つまりニセ科学者あつかいですよ。

 小出尊師はLNТ仮説の信奉者で集団線量で放射線による死者がどんなに少なくても必ず出る、と証明不可能な妄言を言い続けるばかり

 小出尊師は矢け崎克馬との対談で内部被ばくの恐怖について、全く反論せず。(全く賛成かどうか不明)

 武田邦彦 反原発放射脳派からも嫌われるデタラメに加え、明らかなウソツキ。それでも自分は平気。

 政府がこれを知らないわけはないと思いますが、実は「放射脳」は日本だけじゃなくて、先進国に多いんですよね。原発大国フランスにさえ、将来は再生可能エネルギーで電力を賄うと言う世論があるみたいです。

 しかし、それを実行しようとしているドイツでは早くも電気料金の値上げに不満の声が大きくなっているとか。

 今日NHKの番組で福島県知事が日本国民全員放射能について勉強してほしいと訴えた様ですが、真意についてどうなんでしょう?終わってから聞いた話ですから。

 原発事故による汚染水が溜まっている写真が最近良く見られると感じますが、セシウムを除去してから海に放出するらしいですね。しかしトリチウムが除去されずに残るらしいけど、とにかくどういう数字なのかが不明です。
 ウィキで調べたら半減期は12年の重水素で自然界に存在するんだそうで、核融合発電の燃料になる三重水素の事。それほど危険じゃない気がしますけどね。

 この写真をみただけで拒否反応を起こす人もいるでしょう。

No title

 すいません、馬脚について補足します

 小出尊師は小林先生との対談

 武田はネコさんのブログで

 はっきりと露骨に見えた。


>>「ちまたのうわさ デマを検証します!」みたいな番組を作ってくれたほうが
何故作れないか、正解はどれでしょう。<

 全部正解なんですかね?

 TUFって何か、知らなかったから調べましたよ。田中角栄の裁定によって開局したって、新潟県と全く同じです。新潟県もテレビ東京系列はなくてフジ系列で番組を選んで流している様です。

 確かに流れは少しずつ変わりつつあると思いますけど、煽りネタ、デマのネタが尽きても、今までの経過がありますから放送局やテレビ局内で、トカゲのしっぽ切り人事がひとまず終了してからじゃないでしょうか?

 バラエティー番組の形で軽めに少しずつ、避難している人たちを傷つけないようにとか
 
 その前に政府の避難指示勧告が不適切だったとかが国会で討論される状況が来る事が望ましいけど、どうなんでしょう。

No title

昨夜のNスペ、
南相馬市小高区から、新潟に避難している母娘のやりとりに私はやるせなくなりました。

ナレーション:「母は6歳の娘の言葉に驚きました」

母「この前なんて言ったんだっけ?」
娘「将来ちゃんとした子どもを産みたい」
母「この子にそんなこと教えたこともないのに・・」(と涙ぐむ)

(※注:いずれもうろ覚え)

 
なんていうか、大人の会話(夫婦げんかだったかもしれないし、ママ友同士の会話だったかもしれないし)聞いてたんでしょうね、この子。
しかしなあ・・・まだ言うか、「ちゃんとした子」
私は6歳の女の子の口から発せられる、その言葉に驚きました。

今日は午前中、様々な障害を持つ子どもたち&その両親30名あまりでダンスを楽しんできたのですが、
ずっと昨日のこの番組のこと、ぼんやり考えていました。
身体障害手帳や療育手帳などで最重度の子も、軽い子も参加していたのですが、どの子も”いろいろ”なんですよね、ほんと。まあ、忌むべき存在との認識なら、どの子も同じか。


ところで、今朝の朝日新聞「ひと」欄、
宮城から宮崎に自主避難した女性歌人、大口玲子さんが紹介されていました。
この人の詠んだ歌は、例えば
「なぜ避難したかと問はれ「子が大事」と答へてまた誰かを傷つけて」

この方は朝日歌壇の常連らしいので、もちろんこの句をご存知かと思いますが↓

「2012年朝日歌壇賞 永田和宏選

あれしきの被曝で何を騒ぐかと言ってはならぬ我は被爆者
(アメリカ 大竹幾久子 )

作者コメント:我ながら随分はっきりと歌ったものだと思いますが、
在米四十余年の被爆者だからでしょうか」

大口さん、返歌してくれないかしら。















当事者意識

>安積の白猫さん
遅レスですが『サイエンスZERO』の筒井宏治プロデューサーは
ググったら科学文化部所属で、去年2月の『ICRPダイアログセミナー』に出席したようです。

>IKAさん
昨日の毎日新聞に珍しく良記事が。
壁新聞で有名になった『石巻日日新聞』の常務氏が
「若手記者が『被災地を回っていると、取材した人が身内のように感じる。
身内の人に失礼なことはできない』と話しているのを聞いてうれしくなった」とコメント。
あのNスペを作ったNHK福島放送局のスタッフは、この若手記者の域にも達していないのでは。

>アルファ通信
福島市役所や飯舘村役場にデジタル線量計を寄贈した記事を民友で見たずっと後に
MPの件でなんだかな、と思っていましたが。
http://www.election.ne.jp/10846/86899.html
http://jishin-syuki.blogspot.com/2011/05/blog-post_18.html
まあ、有難迷惑としかいいようがないですが、
こういうところをきっちり処理しないと、安倍政権は過ちを繰り返すことになるでしょう。

武田(ら)被害

ですよ。

「離婚」突き付けられる妻たち 震災県外避難2年、夫婦の「絆」は限界に
http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/130310/waf13031018000011-n1.htm

No title

いつも、しっかりした内容の情報提供に感謝です。

反原発をダシにした よからぬ連中が
消えていくのは良いのですが

復興支援も、うっかりすると忘れてしまいそうで。

オイラも、主食のコメこそ、福島の会津の玄米を
美味しくいただいていますが、以前とと比べて

お野菜と・果物とかの支援がええかげんに
なっているのよね、お財布の問題もあるけど
美味しかったけど、つい忘れてしまう。
たまねぎ、アスパラ、柿、エゴマ豚

アカンねえ、思いは無理ない範囲で行動で表そう!
これからもよろsくおねがいします!!!!





竹本さん

お久しぶりです。こちらこそ感謝、感謝ですよ。

みずほさん

ありがとうございます。

>そんなんだったら 「ちまたのうわさ デマを検証します!」みたいな番組を作ってくれたほうが よっぽどスッキリする

本当にネタは腐るほどあるんですがね~、結局デマに加担してないTV局が皆無ってことじゃないですかね~?

もう一つは、結局TVって「論理」を伝えるのではなく、「感情」を伝えようとするってことですかね~。これは作っている人たちの「価値観」というか嗜好というか、何なんだろ~か、何かそういう「伝統」みたいなものがあるのだろうと思います。だからこんな状態になっちゃうのでは。

気をつけますから!

みずほさん・・・ですか。

いいお名前ですね~(にこ)!
今度融資の相談にのって下さい。

お気持ちにまったく同感です。
来てくれて嬉しいです♪
また来てね!


tate さん
「よそと同じことしてちゃあ数字とれねえだろう!」
みたいな動機でいいから
デマ検証を扱え~!!と思います。


福島の隣の県在住さん
>死者がどんなに少なくても必ず出る

いつから人類は不老不死になったのか・・・ですね。


re-tsuさん
「被爆者2号です」という方からの
なんとも言えない書き込みを読んだのですが
違和感があります・・・。

2号・・・?


池袋ファミリー整体院 竹本淳一さん
たまにツイッターのまとめみたいなところでお顔を拝見し
「あ!竹本さんだ~♪」と応援しています。
ずっとずっとありがとうございます。


ネコさん
>結局TVって「論理」を伝えるのではなく、「感情」を伝えようとするってことですかね~。

感情なら私たちにもほとばしるほどあるのに。
かわいそうでなければテレビに出ちゃダメなの?

そりゃ~確かに「詫びろ!ってか脱げ!」なんてやってますが
テレビに映るんなら神妙にするくらいの分別はありますよね!!

No title

>IKAさん
>見出し付けるのは記者ではなく、
>別のセクションだったかと思います。
>確か整理部の担当だったかな。

ああ、そういうもんなんですか。
でも、ゆりっぺ自身の仕業でなくとも
アサヒの悪意は臭ってきますね。


>たくやさん

なかなか興味深い記事でした。
原子力論考シリーズをざっくりと通読してみましたが、

これを読んだ自分の個人的感想は、

『いろいろ対応の難しい問題はあるし
時間のかかる問題もあるが、
とりあえず時間的に早く出来て有効そうなのは
武田、小出、野呂などを公開の場でつるし上げ、
メディアから退場していただくこと』だなと思いました。


>OVALさん

>除染目標1ミリシーベルトの是非についてが趣旨なのですが、
>福島県知事もこれぬついて発言をし始めているようですから、
>今後大きな問題点になるのかなと思いました。

ここをはっきりさせないと復興は遅々として進まないでしょうね。
もう少し早く言い始めてもいいようにも思えますが、
予算の執行が進まないとか、
作業が進んでいないという「実績」がないと
言えなかったんでしょうかねぇ。

読売の記事にもありましたが、
「基準がおかしい」という話が
出始まったのはいい傾向ではないかと。


>ネコさん
>「離婚」突き付けられる妻たち


悲しいことですが、こういうことになるのは想定内ですね。
自分の亭主より詐欺師を信じるというなら、
旦那からすりゃ離婚もやむなしでしょう。

布団を外に干した解放感がとか言ってますが、
「子供の事を考えている献身的な母親とみられたい」
という承認欲求が根底にあり、
それが夫婦の関係よりも上位になってしまうなら、
所詮その程度の関係ですな。


結局のところ公的機関がデマの発生源を
批判を恐れて放置しているせいではないかと。



今後起こりうることとしては
①生活に疲れた母親がうつ状態になる。
 (今後というより既になってますね、多分)

②うつをこじらせて自殺企図あるいは既遂
 (生活が行き詰れば起こりえますね)

③子供を巻き込んで心中
 (最悪、ここに行くかも)

④イラついた母親が子供を虐待
 (これも水面下では起こっていそう。
  関西の児相は何か対策してるんでしょうか。)

⑤子供がいじめられ不登校
 (今となっては放射能が移るみたいないじめより、
  親が放射脳のほうがいじめのネタになりそう)

⑥子供がぐれて家庭内暴力
 (子供も放射脳とは限らないし。)

ちょっと考えただけでもこれだけ思いつきましたが、
家族のことを真剣に考えている亭主よりも
詐欺師の言動を信じる母親は、
こういったリスクを受け止める器があるんでしょうか。

・・・・ないんでしょうね、きっと。

No title

>なおみさん

>自分に自信がなく
>そのくせにじみ出る「まだ自分は本気出してないだけだ」
>「周りが悪い」「理解されにくいタイプなんだ」感
>そして何か・・・憑依できる対象を探していた人たちでした。

なおみさんの表現力ってすごいです。
こんな人たちとは距離を置いときたいw


>福島の医師さん

私が紹介した記事は、福島の医師さんが上で「放射脳は自分のプライドを守るために全力で被害が出ることを願うだろう」と書いてたとおりの内容でしたね。


>みずほさん

よろしくです^^

4月に福島へ家族旅行

ども、たまには、ほのぼのした話題で・・・

4月14日(日)に、家族4人揃って、福島への小旅行を企画しています。日帰りで、ドライバーの私には強行軍になりますが、

早朝に、東京の自宅を出発して、午前中に福島市入り。花見山を観光して、須賀川に向かって、ウルトラマンショーを見て、その足で東京に帰ろうと思っています。
http://m-78.jp/special/36/event.html

できれば、三春の滝桜も寄りたいのですが、時期的に早いかなと・・・花見山なら、ちょうど見頃かもしれない。

あの時期の日曜日、花見山へ行く道は、かなり混みますか?


>革マル アジト 江東区 6000万
>江東区の高級マンションですか・・・。
>ビミョーなところですねえ。

私、今は江東区住みでして、

アジトがあるのは、清澄白河という、高層マンションがバンバン建ってるエリアですね。ここから3駅で、東京駅(大手町)なので、新築で建坪広ければ、6000万とか平気で行きますね。

お台場、豊洲も江東区ですが、あの辺のマンションは平気で「億」以上します。

永田先生は生物学者

>2012年朝日歌壇賞 永田和宏選
>あれしきの被曝で何を騒ぐかと言ってはならぬ我は被爆者

re-tsu さん、永田先生は細胞生物学会会長だったこともある生物学者なのでこの句を選んだのかも知れません。

「放射能弱者」を主張した柳田先生もトーンダウンしてきましたが、相変わらず「放射線取扱者の健康調査をあまり聞いたことがない」などの思い込みで記事を書いていたり、モウロクしたな〜と思います。
http://mitsuhiro.exblog.jp/19638360/

ちなみに放射線に対する感受性の高い遺伝子疾患(DNA 修復系の変異)は希にありますが、その場合は自然放射線でも損傷が残るし、それ以前に様々な不調が出ます。
今まで普通に暮らしてきた人の中に、福島で増えた微量な放射線が閾値になるような人はいません。
いたらラジウム温泉や飛行機で具合が悪くなるでしょうね。

今日で東日本大震災から2年となりましたが、ブログや授業などを通して風評被害対策を細々と続けて行こうと考えています。

避難者の声

今朝のNHKニュースで福島からの自主避難者宍戸隆子さんが出ていました。

自分達は不安だ。
自分達に必要なのは診療だ。
甲状腺の検査だけで大丈夫なのかなあ。

そして番組では甲状腺検査の実施がまだこれからで、2年後になるということも言っていました。

でもね

福島県内の子供たちを検査しましたよね。
で、のう胞は見つかったけど、これは心配ないと。

WHOの報告書も出ましたよね。

福島県でも長崎県でも青森県でも山梨県でも、甲状腺の検査の結果に大きな違いは無い、って出ましたよね。

それでなんで今でも同じように不安を「訴え続ける」のか。
知識を武器にしないのか。

何より、番組で「不安だ」という声を伝えるだけで、同時に「朗報」であるいろいろな検査・調査結果を伝えることをしないことに大きな疑問。

ここはテレビの前の皆さんに伝えるべきでしょう。

「このようにまだまだ不安を抱えている方々はいらっしゃいますが、これまでの調査から、ただちにもこれからも健康に影響は考えられませんので安心してください。」

NHKがまずやらなくちゃいけないんじゃないかなあ。

Manachan@柏様へ 花見山情報

こんにちは、
ご家族みなさまでご来福・・・ありがとうございます。

花見山周辺は交通規制でマイカーは近くまで行けません。
あぶくま親水公園に駐車して、シャトルバスを利用されるのが便利です。
福島市民もほとんどそうしています。
往復300円で、どんどん出ています。
以下、ご参考に。

一般社団法人 福島市観光コンベンション協会公式ページ
http://www.f-kankou.jp/hanamiyama.htm

交通規制&あぶくま親水公園案内
http://www.f-kankou.jp/pdf/hkotsukisei2013.pdf


また、現在の花見山の様子は↓↓↓でライブカメラで見られます。
http://www.nttfukushima.com/
今朝の福島市は雪でしたが、もうほとんど消えていますね。
ほかに信夫山からの眺めや競馬場の様子なども。

福島の春を十分楽しんでいただけますように!

日経ビジネスオンライン

今朝の日経ビジネスオンラインを読んでいたらこんな記事が

http://business.nikkeibp.co.jp/article/money/20130307/244661/?mlt&rt=nocnt

特にひっかかったのがここのところ。

1986年に起きたチェルノブイリ原発事故。事故後、27年が経ちましたが、後始末はいまだに終わっていません。汚染された「チェルノブイリテリトリー」はウクライナ・ロシア・ベラルーシの3国で14万5000k㎡。このうち原発周辺の168の市町村が廃墟になりました。数字には諸説あるようですが、約40万人が避難し、700万人が被災しました。将来的な死者は4000人とも、数十万人とも言われています。

おい!
ちょっと!
今頃何言ってるの!

というわけで、コメント欄に「こういうことさらっと書かないで」「根拠は何ですか?」等々批判を書いてきました。

いや~

日経は割りとまともなんですけど。こんな記者がいるんだとちょとビックリしました。

あ、ようやく除染活動らしいこと、したってことになりますか。

No title

>北の国からさん

>自分達は不安だ。
(だから金よこせ)

>自分達に必要なのは診療だ。
(だから医療費ただにしろ)

>甲状腺の検査だけで大丈夫なのかなあ。
(甲状腺は否定されてもまだまだネタはあるぞ)

という無意識の声を聴いた気がしましたw

これにマジレスすると

>自分達は不安だ。
ちゃんとした知識を勉強したうえで、
それでも消えない不安は治療が必要でしょうけど
対面のカウンセリングは不毛な論争になりそうなので、
とりあえずベンゾジアゼピン系かSSRIを併用しながら
暴露反応妨害法でもやってみてはと

>自分達に必要なのは診療だ。
精神科か心療内科ですよね、もちろん。


>甲状腺の検査だけで大丈夫なのかなあ。
大丈夫であることが推定できるデータはありますが
それをどうとらえるかは自分次第

っといったところでしょうか。


>なんで今でも同じように不安を「訴え続ける」のか。

はっきり言ってしまえば、
注目を浴びることそれ自体で承認欲求を満たそうとしているのか
金銭的援助を引き出そうとしているんでしょうね

欲望がなければ人間は行動しないし、
以前も書きましたが、
欲望の種類はたいていはイロ・カネ・メンツのどれかでしょうから。

>同時に「朗報」であるいろいろな検査・調査結果を
>伝えることをしないことに大きな疑問。

NHKは以前に某番組でやらかしてますからね。
NHKの中の人も自主避難者と同様、
いまさら引っ込みがつかないのではないかと思われ。

朝・祈ってからこちらに来ました

福島の医師@休日さん
>とりあえず時間的に早く出来て有効そうなのは
武田、小出、野呂などを公開の場でつるし上げ、
メディアから退場していただくこと

うはははは。
冷静に・どう考えてもそうですよね。

>所詮その程度の関係ですな。

離婚なんてね、どっちか片方が悪いなんてことないのよ。
原発なんか関係なく、お互いの心のありようで
そういうことはフツーにあるの。

偉いことでも可哀想なことでもないの。
単身家庭のしんどさを覚悟して選ぶんだろうね?
布団干したいだとか、いい母親と思われたいとか
そんなことで壊していい家庭なのかい?
今のダンナの大切さ・してもらったこと・思い出せないの?
なんでもアタシに聞きな(フッ)。

①~⑤はすでに起きています。


たくやさん
・・・ううん。そんなことない。
たくやさんもす・て・き。


Manachan@柏さん
>あの時期の日曜日、花見山へ行く道は、かなり混みますか?

運転気をつけていらしてくださいね。
きっと混むんじゃないかな~?去年はお休みだったし。
お詳しい方いらっしゃいませんか?

>アジトがあるのは、清澄白河

えっ!?あんないいとこにアジト~?
そりゃあ見落とします。

豊洲はガステナーニで遊んだ後、ららぽーと(でしたっけ?)で
うろうろするのが好きでした。
いいところですよねえ。


北の国からさん
どのような文脈でコメントをつかうか。
テレビはそれが大きく間違っています。


あ・御山の柚子さんだ~。花見山情報・よかった~。


今日のお題?

福島「ゲノム調査」撤回
環境省 専門家の批判受け
「原発事故以外でも遺伝子変化」

だからなおみも言ったじゃないの~。


原発 母子避難に経済援助

条件として反社会的行動やデマ飛ばしをしていないことって
入れて欲しい~すっごくそうして欲しい~(とりあえず願ってみる)。


ネコさんの予言的中!

週間ポスト
あの放射能「あおり報道」どうなった

欲望に素直な週刊誌・・・。

記事紹介

武田邦彦について新たな記事がありました。
ネコさんのサイトを紹介していました。

3・11から2年、ところであの武田邦彦先生は何処に 大西宏
http://blogos.com/article/57873/?axis=g:0

No title

>観潮楼さん
メディアは「声のでかい、めんどくさい人達」を大衆って考えているフシがありますけど(いわゆる放送禁止の世界を見ていると、つくづくそう思えます)、本当は声もあげられないくらい弱い人達の声を「努力して」聴くべきなんだと思います。
安易に「福島県代表として市民団体の人達から聞く」のではなく。
その意味で、石巻日日新聞は「努力して被災者の本当の声」を聞いているんでしょうね。

>みずほさん
はじめまして。
デマ検証、やっと少しづつですが始まった感があります。
この動きが加速すれば、TVも動き始めますよ。きっと。
メディアって、よく言えば検証能力ありますし(特に他社の誤報には)、悪く言うと節操ないですし。それがうけると思うとシレっとやりそうです)。

>福島の医師さん
新聞の見出しの件から考えるに、朝日は記者だけではなく編集権を持つ人達もタチが悪い、って気がします。

>Manachan@柏さん
福島市と須賀川市、結構距離ありますから(50キロ位かな)、お時間は余裕見た方がいいですよ。
花見山から高速のインターまで、ちょっとありますし(須賀川市民会館はインターの目の前にありますが)。

>北の国からさん
TVを始め、メディアって「弱者の味方」気取ってますから。
その実取り上げる「弱者」って、実は「でかい声出せる元気がある」人達なんですからね。
ほんと、安易に「話してくれる人」に頼らずに、自分の足で「話してくれる人」を探すべきです。

>たくやさん
おお、すごい。
でもコメント欄に「武田信者」来てますね(これまた香ばしい事を言って…)。

花見山ナビ、ありがとうございます!!

皆様
花見山への行き方指南、ありがとうございます。特に


>あぶくま親水公園に駐車して、シャトルバスを利用されるのが便利です。

この情報がなければ、渡利地区の狭い道を、いつまでも徘徊しても、花見山にたどりつけない・・・みたいなことに、なっていたかも。感謝です!

花見山も楽しみですが、須賀川のウルトラマンイベントは、首都圏でも滅多に見られない充実のショーだそうで、家族一同、楽しみにしています。


>自分の亭主より詐欺師を信じるというなら、旦那からすりゃ離婚もやむなしでしょう。

都内住みの我が家では、2011年から、福島の農産物が、食卓にありましたし。
今回、福島に家族旅行する話になっても、放射能の話題など、全く出ませんでした。

でも、妻がママ友に、福島旅行の話をすれば、放射能のことを気にする人は、まだいますし、
また、娘の通う区立の小学校では、給食食材の原産地を「学級便り」に明示していて、そこに福島県産はありません。

で、オーストラリアとかアメリカ、メキシコなど、海外の原産地は当たり前に出てきます。
今どき、福島産食材の残留放射能を測ったところで、ほとんどNDなのに・・・
それよりも、海外の方が安全だと思う感覚が、私には、よう分からんですが。

ま、いろんな考えの親がいますよね。温度差は、東京でも、まだまだ大きいです。

震災3年目に入りましたが、「漠然とした、なんとな~く危ないイメージ」が解消されて、
「福島は、いい所だから、行く」、そんな当たり前が、関東でも根付けばいいなと思っています。

その実現に向けて、マスメディア関係者にも、いい仕事をしてもらいたいんだけど・・・

週刊ポスト、記事読みました

週刊ポスト、記事読みました!
もっとやれー、て感じですが。キワモノ的な扱いでなく、他の大手も冷静になって検証なりやって欲しいものです。煽った反省はなくていいから検証だけでも…

ひとこと。梅と一緒に写っているのはメジロ!
ちょっと~、間違ってるよ、と思ったら文章の最後の最後に書いてあった。
イヤ誰も不利益はこうむらないんですが、メジロの名誉が!!肖像権が!!
と強く主張しておきます。

よしさん

>週刊ポスト、記事読みました

私まだ読んでない(笑)!
メジロの方が今・気になっています。

最近小鳥が多くなってきました。
林檎なんかさしておくとてきめんです。
黙って食べていけばいいのに朝からうるさいです。

観光案内

Manachan@柏さん
>あぶくま親水公園に駐車して、シャトルバスを利用されるのが便利です。

もし万が一、そちらの駐車場やバスがゲロ混みでしたら
お節介かもしれませんが
拙宅にお車を止めて、うちの車にご家族で乗り換えて頂き
程よいところまで送迎することもできます(とのことです)。

遠慮なくお申し付けくださいね。
運転するのは私じゃないんで(笑)。


週間ポストは今立ち読んできました。
うむ・という感じでした。

お言葉に甘えるかも

なおみさん

>拙宅にお車を止めて、うちの車にご家族で乗り換えて頂き、程よいところまで送迎することもできます(とのことです)。遠慮なくお申し付けくださいね。

ありがとうございます。
素直に、お言葉に甘えるかも・・・

ただ、うちは子供が小さくて、全然、親の思い通りにならないので、直前でいろんなトラブルあるかもしれません。

ご自宅の場所は、あぶくま親水公園の近くですか?

観光客で混むと思います・・・

Manachan@柏さん
IKAさんもおっしゃっていましたが
ウルトラマンもご覧になるなら(小さいお子さん連れ・日帰りは)
けっこう強行軍かなあ・・・と心配しています。
無理なさらないでね。

親水公園から自宅は少し離れています。

ですから駐車場に入るまでも大渋滞で
バスもぎゅうぎゅうで・・・時間がない!!
みたいな時にはご連絡ください。

ところで・・・よしさん
メジロが・・・わからないんです。
ポストに載ってたのですか?
(わざわざ立ち読みし直して来ました)

No title

>なおみさん
メジロ、最後の見開きにある松岡正剛さんの「百辞百物百景」に出てきます。タイトルは「梅に鶯」。
でも写真はメジロ。さんざん梅に鶯のお話続けて、最後にチョロッと「写真の鳥はメジロ」って、確かにメジロの立場がない(笑)。

そう言えば、近所の紅梅がほころんでいました。春ですねぇ。
(ちなみに今日の白河は空が黄色い!花粉?黄砂?PM2.5?関東はもっと大変なんだろうな~)

ところで、なおみさん。パソコン直ったんですか?

聞かないでください・・・

IKAさんから教えてもらっちゃった(笑)。
ようし!もう一回立ち読みしてくるね!
(いいかげんに買えよ)

>パソコン

はい・・・(すごく恥ずかしいです)。
あちこちずいぶんいじって
どうにもならなくって・もうダメだ~と思って

娘のノーパソからみなさんに遺言(?)を
たどたど送って戻ってみたら・・・

直ってましたあ!!
スミマセン・・・。

どーでもいいですが

ノーパソの空目はとっても危険ですっね!
(ナイツの「アソパソマソ」ってネタ思い出しました)

…下品でどうもスミマセソ(笑)。

やっぱり気付いた~?

自分で打ってて
イケナイ親になってしまったような気がしてました・・・。

ノートパソコン・お年玉で買った宝物です。

たしかに強行軍

なおみさん
>ウルトラマンもご覧になるなら(小さいお子さん連れ・日帰りは)、けっこう強行軍かなあ・・・と心配しています。

東京~福島間は、片道280km。往復だと560km。

以前オーストラリアに住んでたので、一日800kmや1000kmのドライブは、別に苦じゃないんですが、

それでも、小さい子供が二人いて、ハプニングも多いし、トイレ休憩、お菓子休憩、プラス花見山渋滞・・・やっぱり日帰りはきついかも。

前日、東京での講演を早めに切り上げて、福島県で一泊できればラクですね。

渋滞にはまったら、遠慮なく、電話させていただきますね。

余談ですが、ノートパソコン・・・先日、秋葉原で、Windows8とオフィスが入って、WiFiもついてるSharpの中古ノーパソを、18,800円で買いました。

連翹とか桃とか桜とか・・・

Manachan@柏さん
きのう運転する人が花見山マップをもらってきてました。
いつも暇ですがその日はなんとなく空けておきます
(連絡なくても気にしません)。

うちから花見山はどのくらい?と聞いたら
2・3キロ?4キロ?そのくらいです。
だから車ならすぐなんです。

お天気に恵まれるといいですね。

小さい山なので登ってしまえば何てことないんですが
少し離れた場所からてくてくのんびり歩いていくのが
とてもオススメです。

>秋葉原で、Windows8とオフィスが入って、WiFiもついてるSharpの中古ノーパソを、18,800円で買いました。

負けた!!!
ずいぶん調べて安いのを探したようですが
それよりはちょっとしたみたいです(ハハはよくわかりません)。

お花見

>なおみさん
書きっぱなしでどうもです。
自分のよく知る分野だと、ぱっと見ただけで判断できるんですよねー。

お花見いいですね。梅・桃・桜の季節。季節が巡ってきたんだなと実感できます。
震災の時は、時期的に卒業式を中止にする所があったり、イベントも中止、お花見も自粛したりで(関東です)。いつもならこの公園は花見客でいっぱいなのに、ただ桜が咲いてるな…と思った記憶が。
春先は明るい色の花が多くて、気持ちも明るくなりますよね!!

よしさん

私は春生まれなので
桜がことのほか好きなんです。

お花見してる人たちは幸せそうで好き。
みんなニコニコしてるから。

鳥はどの鳥も孤独そうで気高くて
だから何?って感じが好きです。

東京「反福島」新聞

しばらくです。

この掲示板に集まる人たちにとっては、「東京新聞」が福島についてどんな書き方をしているか、すでに百も承知だと思いますが、

これが、東京ではあまり知られていないように思うので、主に東京在住の読者向けに、こんなエッセイを書きました。

東京「反福島」新聞
http://ameblo.jp/manachan2150/entry-11495587831.html

いくつか、抜粋します。

東京新聞というのは、あくまで東京人(首都圏人)のためのメディアであることがわかる。

福島県地元の復興や幸せを第一に考える立場ではなく、関東圏の読者のために、福島という地域を反原発・放射能ネタに使っているだけであり、

ネタに使うことが、結果として、福島に対する風評被害製造マシーンになってしまう。しかも、やってる本人にその自覚がないから、いつまでも是正されない・・・そんな、悲しい構図になってしまう気がします。

私思うのです・・・反原発が、無自覚のうちに「反福島」になってしまうのは、つまらない。意味がない。価値がない。

Manachan@柏さん

ここ数日上京しておりました。

ある新聞社勤めのご主人をもつ奥様と
久しぶりにお話したのですが・・・

すっごい失礼で驚きました。
当時は親しくおつきあいしていたつもりだったんですが。

まあ・・・原発のことに関係なく
都会での暮らしにお疲れなのかな・・・と
金持ち喧嘩せずのスタンスで
切り抜けてまいりましたが。


それとは別にうちの子どもが
「おまえんち・津波で流されたんだろ!」と
友達(だった)子にからかわれるということもあり。

私・福島や東北の子達は立派だと思いました。
いろいろな理由での転出入はたくさんあったけど
そんなこころないことを言う子はいなかったと思う。

小さいながらも相手の何かを慮って
そっとしておくだけの人間らしい配慮が
みんな自然にできていたと思うんです。

福島の・東北の未来が楽しみだと思いました。

はじめまして

信夫山ネコ様、皆様はじめまして。
郡山に住むはなかつみと申します。
子どもを連れて母子避難していた時期もあり、皆さんの会話に入ってみたいな〜と思いながら、今までなかなか勇気がでませんでした。
先日、上のこどもに「帰ってきて何かお友達に言われたことばに傷ついたことある?」と初めてきいてみました。
返ってきた返事は「何言ってんの、ママ。みんなそんな心狭くねぇーから」というものでした。
お友達に感謝すると同時に、何か事を大きくしているのは、大人ばかりなのかなと、またひとつ反省しました。
本当にこどもたちはみんな強く優しいと思いました。


はなかつみさん

それ、本当によかった、よかったです。ありがとうございます。

No title

>はなかつみさん
はじめまして。郡山ですか、仕事で毎日のように行ってますよ。
(安積の白猫さん、郡山友達が増えましたね)
福島に比べても美味しいお店が多いですし、全国展開するチェーン店は福島より先に進出しますよね~。うらやますぃ~。
(福島市に先に進出したのは半田屋くらいじゃなかろか、と思います)

お子さんとお友達、とてもいいお話ですね。泣けてきます。
子どもって「大人たちの勝手な都合」とは関係ないんですよね。
私もお話を聞いて、改めてそう思いました。
そして、「そんなに心狭くねぇーから」…いいです。すごくいいてす。疑心暗鬼とか遠慮とか、大人の深謀遠慮なんかとは関係なく、子ども同士の信頼関係なんでしょうね

迷ってる人がいたら、私もそう言ってあげたいですね。「心配しなくてもいいよ~、そんなに心狭くねぇーからさ~」って。

>なおみさん
うんうん、嫌な思いしちゃいましたね。
でも、なおみさんはちゃんと大人の対応(良い意味ですよ)しました。
しかし、私はほぼ福島人なので、都会の人の対応にウエメセ感じても「被害妄想かもね~」って思っていましたが、なおみさんが何か感じるって、やっぱり「見下し感」ってあるのかな~。
ま、大抵こういう状況の時って、心に余裕があるほうが「大人の対応(良い意味ですよ)」出来ますからね。
(関係ないですが、「心の余裕」と「心の隙間」ってどう違うのかな、ってふと思った…きっと「意味のある空間」が余裕で、「意味の無い空間」が隙間なのかなぁ。余裕を作るつもりで、隙間ばっかり作っている人、以外と多そうですね)

震災で、原発事故で、心にポッカリ空間が出来たと思いますが、その空間を何で埋めるのかで変わって来たのかな。
空間を「意味のあるもの」で埋められた人はいいけど、心の隙間って「つけこまれる」もの、って気がしました。

おかえりなさい(にこにこにっこり)

お茶どうぞ♪お菓子もあります。

はなかつみさんもお子さんも
きっと周りの人に優しいからですよ。

人に優しい人は
人からも優しくされるのです。


IKAさん
ありがとうございます。

大人の対応かあ・・・。
どうするのが一番よかったのかは、やっぱりわからないです。
不愉快だったりしたのが本音ですから。
福島でのびのび過ごしてためることができた
心の余裕に救われたかな・・・。

自分の子どものことはかばいたいし
(目の当たりにしちゃったしね)
一緒にいる相手の親にだって物申したかった(同窓会だったの)。

でもこれから先ずっと傍にいて
かばってやるわけにもいかないし

私がしゃしゃり出ていって
嫌な奴をやっつけるわけにもいかない(できることならやりたい)。

息子よ
嫌な経験もして
自分なりに対応していくことを学べ。
がんばれ。

そう思って相手のガキをにらみつけておきました(大人気ない)。

麻布・開成・桜陰に受かったなんておともだちと
無邪気に話す息子よ・・・
(この子達は大人でした・赤ちゃんの時から穏やかなの)。
東大で会おうぜって・・・駅前の話かい・・・(涙)。

でもね他にもいろんな人といろんなお話してきて
私はやっぱり福島に来てよかったなって思いました。

ここはすごくいいところだよ。

夜行観覧車みたいに
過去と今を行き来してきて
今・幸せだと思いました。

ありがとうございます

信夫山ネコ様、お返事ありがとうございます。
とても嬉しく、とても心があったかくなりました。

IKAさん、なおみさん、お話しができてとても嬉しいです。
こちらに集まるみなさんのコメントに楽しませてもらい、
ずっと元気をもらってきました。
IKAさん、お仕事で郡山にいらしているんですね。
私は、中学生の時、部活の大会で初めて福島市に行きました。
まちなかにある信夫山の大きさと、夏の暑さにビックリしたのを覚えています。
なおみさん、お茶とお菓子いただきます。
おいしいです。
私も、今、幸せだなあと感じています。
なおみさん、ごちそうさまです。

はなかつみさん

はなかつみさんの宝物

>「何言ってんの、ママ。みんなそんな心狭くねぇーから」

この頼もしい発言をしたお子さんと

うちのデレスケたちは

きっといつかどこかで逢って
いい仲間になると思います。

その時はよろしくお願いします。
(私たちはのんびりお茶でもしてましょう♪)

No title

>はなかつみさん
中学生くらいの時って、郡山と福島の距離って遠いんですよね~。35年ぐらい前の福島では(小学生くらいの頃だったかな?)、日曜日に汽車(電車ではない…笑)で郡山行って、マクドナルドでハンバーガー食ってきた、って子は月曜日のヒーロー(ヒロイン)でしたよ。当時の福島って、ファストフード不毛の地でしたから(ミスド位しかなかったんですよぅ)。
大人の今じゃ、そんなに距離感じませんが。(クルマ運転できますし、ねっ)

今でも郡山にはロイホとかポムの木とか、ろぶのおるさらえぼ(漢字はめんどいのでパス)とかありますしね~。
そういやロッテリアも福島じゃ無くなってしまいました(海老バーガー好きだったのに…)。
ままどおるだって、薄皮まんじゅうだって、クリームボックスだって、みーんな郡山だしなぁ。
うらやましす…。

地域格差について(毛筆書き)

今日はなおみだって
難しいことを話してみようと思います。

タイトルからしてこう・・・格調高いでしょう。
こほん・・・。

先日上野駅の改札を出たら
少し前にこちらで話題になった広島のクリームパンが売っていました。
当たり前のように。
並ばずに買える・・・。

「こ・・・これが地域格差というものくぁああ!」

私、署名やデモをして多くの方に呼びかけようと思うんです。
できたら集会も開いてみようかな。
みんなだって・・・子ども達だって食べたいはずなんです。
みんな言えないだけなの。だから私が代弁します。

天下何とかも福島にあったらいいなという人たちもいたので
呼びかけて一緒に運動しようかと思うんです。
目的は少し違うけど・・・
声は大きい方がいいから。

そのうち寄付もお願いするかもしれません(てへぺろ)。


でもね・・・私はずっと福島でがんばっている
地域のお店も大好きなんだ~。
福島はそういうお店がすごくたくさんあると思うの。

遠くのものはたまに食べるから嬉しいのかな~。

でも郡山・・・いいな~チクショー(笑)。

安積の白猫さん(今回のクリームパンを教えてくださった)
落ち着いたらまた美味しいもの教えてね。

No title

なおみさん、IKAさんコメントありがとうございます。
郡山のおすすめの食べものや情報を私もみなさんとお話しできたらなあと思っています。こちらにお集まりのみなさんのように気持ちを上手に言葉することがなかなかうまくできませんが、みなさんどうぞよろしくお願いします。

No title

>はなかつみさん
まあ、真面目な議論が盛り上がっているコメ欄ならともかく、そうじゃなければ気張らずに「思ったこと」「好きなもの」「ボケ」「ツッコミ」などを書き込めばいいんじゃないか、と思いますよ~。
なんなら、「きょうこれ食べた、美味しかった」ってのもアリですから(ねっ、なおみさん)。

ただ、つまんないオヤヂギャグとかはスルーされるのでご注意かも、ですが(泣…あ、でもはなかつみさんはオヤヂじゃないから、心配ないか…笑)。

はなかつみ さん

そうです♪
思ったことを好きなように
つぶやいたらいいんじゃないかしら(にこ)。

そうきたか・・・と思うお返事がいただけると
クセになります。
プロフィール

shinobuyamaneko

Author:shinobuyamaneko
 福島県福島市の信夫山に住むネコです。
 原発事故以後ネット上には「もう福島市は放射能高くてダメ!逃げてください!」「福島はチェルノブイリ以上!」「子供を見殺しにしないで!」等の「反原発の叫び」が溢れてます。ネコはどこにも逃げられないから、もうノイローゼ気味。こういう「叫び」「脅し」の効果もあって福島に来る人は激減。街は沈み、市民は「すぐに逃げてください!」に怯えながら、静かに暮らしています。(←最近は嘘・デマがバレてきて、みんな元気になってきた感じだにゃ。)
 しかしね~、この種の「叫び」の根底に、「反原発」の「福島壊滅ならば原発全廃にできる!大大大チャンスだ!」っていう心理はないですか?原発全廃の為にはまず「福島壊滅」が必要とばかりに、科学的、医学的、論理的に怪しい説、大げさな数字等が「連呼」「拡散」されていないですか?それが「正義」になっていませんか?
 信夫山ネコは「故郷福島壊滅」を「原発全廃」の手段にされてはたまらんです。もし根拠がない数字や説の拡散によって、旅館の経営者が自殺するとかの悲惨な「風評被害」が出たら、大人しい福島人も終には訴えたりするのかにゃ~?!今はとにかくデマ、風評、誇張、脅し等を除染しながら記録するにゃ。(「リンクフリー」です 対「反原発」、対「放射脳」等での引用ご自由に)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR