武田邦彦「2011年5月から言っているとおり~」は大ウソ いよいよ自主避難者「梯子外し」開始か?(2)検証編 2/14追記あり

(前エントリーの続きにゃ)
(2/13に単位等まちがい修正、また「計算」があまりにもわかりにくいので補足しました)
2・検証:「このブログで2011年5月から言っているとおり」は本当なのか?

何しろ「クルクル変わる」「無責任人間」「自分の過去なんて忘れている、無視する」「矛盾したままで説明がない」等はよくある話だ。

これまでにも武田師が「変節」と言われたことがある。今回と似たような問題だ。
武田教授は1ミリシーベルトは危険ではないと言っていた
http://blog.goo.ne.jp/osato512/e/64787c2e17160b272bd520f518f402f1
武田邦彦先生・・・私悲しいです。
http://togetter.com/li/239729
武田邦彦教授が豹変した1/2
http://www.youtube.com/watch?v=hnc4uIdoipE&list=UUk33s5-_BprToP0BUhVCOAg&index=7

この際武田師が「避難せよ」について何を言っていたかを、本気で見るチャンスでもある。面倒くさいがやってみることにした。

まず「ブログ」について、「ざっと」だが2011年3月から「避難」と関係ありそうなモノ(と気がついた「矛盾」)を取り出してみた。

(2011 事故後)
原発 緊急情報(11) どこがまでが危ないか:計算結果 3/17 午後2時
http://takedanet.com/2011/03/11_0ba1.html
そこで、計算に入ります.
一昨日からのおおよそのデータを参考にして、「赤ちゃんがいる家庭で、福島原発の容器が破裂して、放射線が10倍ぐらいになったとき。最低でも1ヶ月ほどは一日の4分の1は外にいる状態で、今のところで生活しても良いか」ということで計算します。
そうすると、
{元のデータ(1時間あたりのシーベルトの平均値)}*10(赤ちゃん)*10(容器破裂)*0.25(外にいる時間)*1000(1時間と一ヶ月少しの時間の比率)
=1時間あたりのシーベルトの平均値×25000
となります。
つまり、以下の計算は、{今のところに1ヶ月以上は住むつもりで、赤ちゃんがいて、福島原発が今より少し悪くなる}ということが前提です.
・・・・・・・・・
(ネコ注:以下*=×のようだ)
1) 浪江町の人
文部科学省が測定した時の放射線が最大で330マイクロシーベルト、最低が160マイクロシーベルトだったので、これをそのまま平均して考えると(一日平均、もしくは今までの累計はデータが手元にありません)、
毎時245マイクロシーベルト*25000=約6シーベルト
     計算結果:死ぬ。
容器が破裂しない場合:
245マイクロシーベルト*2500=約600ミリシーベルト
     計算結果:白血病になる。
2) 高萩市 14日22時から15日22時まで1日間
平均放射線 毎時約2マイクロシーベルト
計算:2*25000=50ミリシーベルト
  計算結果  法律の許容値の50倍。白血病の4分の1
3) 福島市  文科省データ  毎時20マイクロシーベルト
     (一日の平均値不詳)
計算  20*25000=500ミリシーベルト
  計算結果  白血病
4) 東京   いろいろなデータが毎時0.1から1マイクロシーベルトぐらい
計算   0.1or1*25000=2or25ミリシーベルト
  計算結果  法律の許容値の2から25倍程度。
        やや危険。
となります。これは「危険を煽ることも、内輪に計算することもしない」場合です.このように計算しますと、
1) 原発に近い人は風上の遠いところに移動した方が良い、
2) 福島、高萩ぐらいのところの人はやや危険で、原発が沈静化すれば良いし、容器が破損すると逃げた方が良い、
3) 東京はまだ少し余裕がある、
ということになります。

(これは師の二番目の「避難勧告」だ。記事の文脈からは「ニコ動」生放送でも「避難」を言ったらしい。なお同日この一つ前の記事=一番目の「避難勧告」では、「私の計算があっていれば、政府は直ちに浪江町の人をもっと遠く(風上)に待避させる必要がある」と言っていて、この段階では師は浪江町民の二本松への避難を知らなかったようだ。:後述 この「計算」も最初のもので、ものすごく大きい値をとった一か月の予想)

原発 緊急情報(14) 3月18日午後9時、放射線速報 3/18
http://takedanet.com/2011/03/14_9fe6.html 
福島に3日以上居住している人はすでに1年間で許容される放射線に暴露されたことになります。従って、もしも自治体が福島市の市民は1年間で許容される放射線以上に浴びてはいけないと判断するならば、そろそろ避難する必要が生じています。
(中略)
わたくしのブログにも人間には放射線に対する防御力があり、強い放射線を短時間に浴びるよりも、間歇的に放射線を浴びれば、人体がその損傷を回復してくれると書きました。
しかし、一方で、わたくしは計算ではそれをあまり使っていません。
というのは、このような事故のときには、学問的にも定量的にもハッキリしていない解釈はできるだけ避けて、まず第1に今まで決めてきた数値を参考にするということではないかと思います。
放射線の基準は、あくまでも1年あたりこのくらい被曝してもいいとか、このくらいの総量なら白血病になる確率があるとか、そのように決まっています。
従って、1ヶ月の間に被曝するなら大丈夫とか、1年間ならそんな量は問題にならないというような新しい考えを持ち込むのは間違っていると思います。
(中略)
メールの中には具体的な場所を示して、そこに何日ぐらい住んでいても大丈夫かという質問が多いのですが、残念ながらお1人お1人の計算をする時間がとれません。
できましたら簡単な計算ですから、付近で測定されているデータを1日ぐらい平均してそれを計算されることをおすすめします。
例えば、1マイクロシーベルトですと、それを1000倍してください。1マイクロシーベルトなら1000倍で1ミリシーベルトになり、一般人が平均的に1年間で被爆する限度になります。
またその値が10ミリシーベル(もともとの測定値が10マイクロシーベルト)を超えるようでしたら、付近の人や自治体と相談をして退避するかどうかを検討されたらいいと思います。

(このあたりは1000倍がどうのこうのではなく、単に一年=8760時間≒10000時間 0.1μSV/hはおおよそ年間1ミリということか?これが以後の基本になっていく。なお一年1ミリ=1mSV/8760h=0.11μSV/h≒0.1μSV/h)

原子力情報 01 風評被害を無くすために 3/19 午前8時
http://takedanet.com/2011/03/post_3cdd.html 
すでに福島原発から放射能が漏れてから7日経ちます。7日ということは168時間ですから。1時間当たりの放射線の値に168を掛けなければなりません。例えば、原発の周りは1時間に100マイクロシーベルト、福島市では20マイクロシーベルとぐらいが続きましたから、すでに付近住民は16.8ミリシーベルと福島市の人は2ミリシーベルトの被爆を受けたことになります。もちろん国の基準を超えていますので、健康に影響があるとしなければなりません。
(福島市=2ミリシーベルトの計算が?3.3ミリでは?)

原発 緊急情報(20) NHKの矛盾を役立てる 3/20午後10時
http://takedanet.com/2011/03/20nhk_fe89.html 
そこで、このブログでは、
1. 放射線で個人が被爆する量をそれぞれ個人が計算することを目指した。それによって避難するかどうか自分で決められる、(中略)
4. 原発の今後は、最大で現在の10倍の危険性があると考えて、避難するかどうかを決めるときには、計算値を10倍して欲しいと勧めた、

(「10倍」は「どこがまでが危ないか:計算結果 3/17 午後2時」で言っているとおり)

原発 緊急情報(30) 被曝を少なくする方法(その2) 3/25 午後9時
http://takedanet.com/2011/03/29_512f.html 
現在のところ、このように4つの被曝の原因があります。今後、土壌とか海からのものを接種するようになれば、その分はまたプラスすることになります。
1) 簡単な計算方法(基礎)
政府の発表する「場所と放射線の量」の数値を4倍すると、自分の被曝量が判る。
2) すべて地元のものを使う人  発表値の4倍
3) マスクを掛け、食材も水も上記の注意ができる人  発表値のまま
ということになります。
もし、注意ができなければ、福島市が1時間40マイクロシーベルト、福島県東部、茨城県北部、栃木の一部、宮城の一部は10マイクロシーベルトぐらい。東京は0.5マイクロシーベルトのレベルになり、福島とその近郊はやはり危険でしょう. 東京はギリギリ大丈夫
もし、注意ができれば、福島市が10マイクロシーベルト、その近くが2から3マイクロシーベルト、東京が0.1から0.2マイクロシーベルトぐらいになり、福島市はダメ、近くは大人は大丈夫、東京は幼児でも大丈夫になります。
これでだいたいの見当はついたと思います

(このあたりから「内部被曝」が登場。空間線量+呼吸+水+食品で、空間線量の4倍=総被曝量となった これが0.1μSV/hを超えたらダメ、となっているようだ またこの時点で福島市空間線量=10μSV/hのようだ)

原発 緊急情報(34) 春休みの終わり、簡単に判断すると 3/27
http://takedanet.com/2011/03/34_8cc5.html 
次に現在の放射線がどのくらい続くかということです。
放射線は徐々に減っていきますが、これには大きな原則があり、「40日で約10分の1」になるということです。
すでに放射線が漏れてから、7日以上たっていますので、現在の時点から見ると、「5分の1」
程度になるということがわかります。それから後は半減期が30年ものが主になるのでほとんど変わりません。
さらに現在、発表されているデータは「外からの放射線」のことですから、空気中に浮いている粒子は呼吸で体内に入りますので、発表された数字を2倍にしなければなりません(チェルノブイリの実績)。

次に、水道や食品から取り入れられる放射性物質の量は、おおよそ外部からの放射線と同じと考えていいのです。
つまり、これからしばらくたって放射線が減少する量が(5分の1)、食品や水、自分の体に入った放射性物質は(3倍)ですから、結局、発表される放射線の強さに0.6(=3÷5)をかけると、この4月になると、1年間に概ね浴びる放射線の量を計算するときには、「今、発表されている量  ×0.6」が「0.1マイクロシーベルト」を越えるかで判断ができます。
・・・・・・・・・
(発表値の例)  全て1時間あたりです。
原発の周囲   90マイクロシーベルト
福島市      4マイクロシーベルト
福島県の周辺   2マイクロシーベルト
東京新宿     0.1マイクロシーベルト

(1年間、実際に被曝する放射線の予想値)
原発の周囲 54 マイクロシーベルト
福島市      2.4マイクロシーベルト
福島県の周辺   1.2マイクロシーベルト
東京新宿     0.06マイクロシーベルト

これに対して、
限度       0.1マイクロシーベルト
・・・・・・・・・
原発の周囲    直ちに待避
福島市      できるだけ早く待避
福島県の周辺   できるだけ早く待避

東京新宿     大丈夫
(中略)
後は、ご本人のご判断です. ここで示した数値は、赤ちゃん、妊婦も範囲に入っています. また1歳児から5歳児までは放射性ヨウ素が危険ですから、できるだけ「雨、水道を飲むこと、福島などの野菜」を控えてください。それは1年ではなくヨウ素の半減期が短いので、4月中旬までです。

(師の計算は大雑把で、ある時点の放射線量が一年続くと仮定したり、空間線量=被曝量のような計算をしている。単位もきちんしていなくて判りにくい。ここでの「0.1マイクロシーベルト」=一時間当たりで、これは一年間1ミリシーベルトを意味し、これを超えたら危険と言っている。 0.6倍は、前項から考えると0.8倍?つまり総被ばく量=空間線量の4倍だが、これに今後の減少1/5倍 「1年間、実際に被曝する放射線の予想値」は「一年間浴びる放射線の予想毎時平均値」なのか これが0.1μSV/hを超えるとだめ。)

原発 緊急情報(40) これからの福島原発と被曝 3/29
http://takedanet.com/2011/03/41_70dc.html 
もし、経済的に、もしくは親戚などの関係で福島とその近県にお住まいの方で、特にお子さんはなんとか遠くにいて欲しいし、もしどうしても離れられない場合は、できるだけ被曝しないように注意してもらうということです。

ご質問と回答
http://takedanet.com/2011/03/post_ac85.html 3/31
Q.今3か月の妊婦です。上の子は地元に疎開させました。住んでいるところは、計算すると1年間に2.6ミリシーベルト、3か月だと0.6ミリシーベルトになりました。
A.難しい判断ですが、放射線は1ヶ月で10分の1になりますから生活上可能であれば、5月の連休後まで疎開されるのをおすすめします。4月の13日で1ヶ月程度になりますが、今回の場合、まだ少しずつ放射線が出ているので5月の連休あけぐらいまでは気をつけなければならないと思います。今のところにおられるとからといって必ず障害が出るわけではありませんが、ここ1ヶ月だけが危険だと思います


原発 緊急情報(45) 迷っている人に(被曝は合計) 4/2
http://takedanet.com/2011/04/45_14ad.html 
新学期が始まったり、避難生活のストレスもたまる頃。多くの人が「避難先から帰ろうか」、「自分は良いけれど、子供が・・・」と迷う時期です.
そこで、判断のための一つの目安を書きたいと思います。
まず、「被曝は合計」ということです。
たとえば、最初の20日は九州に避難していたので、自分がいたところの放射線が1時間に0.02マイクロシーベルトとします。
次に福島県の自分の家に帰り、そこが4月初旬に2マイクロシーベルトとします。そして来年の3月12日まで福島の自分の家に住むと仮定します(式の2番目の”4”は、空間、内部、水、食糧の4つから被曝するから。また一ヶ月から一年までの放射線は約10分の1です).
九州での被曝  0.02×4×20日×24時間=38.4マイクロシーベルト
福島の20日   2×4×20×24=3840マイクロシーベルト
福島の後1年  0.2×4×325×24=6240マイクロシーベルト
合計      10.1ミリシーベルト
これと、次の許容値と比べると、
男性成人  限度は3ミリシーベルトだから、帰るのは少し早めだけれど、すこし遅らせばほぼ大丈夫。
幼児    限度は1ミリシーベルトだから10倍になるので厳しい。
つまり、この人の場合、最初に避難したので、「初期被曝」が少なく、福島に帰ってからの被曝だけが問題にあり、ちょっとまだ福島に帰るのは危険という感じです.
・・・・・・・・・
それに対して今まで福島にいて、これから九州へ疎開するとすると、最初の放射線が今の4倍として、
福島での被曝   4×4×20×24=7680
九州へ避難    0.02×4×345×24=662
合計       8.3ミリシーベルト
この人は、最初の被曝量が大きいので、その後、九州に避難してもあまり有効ではありません。つまり、最初の例では福島にほぼ1年生活ができるのに、この例では、ほぼ1年間、九州に疎開しなければなりません。
放射線は漏れた直後が高いので、すぐ避難すると合計が少なくなります.

(やはり4倍だ 3/27記事にあった「今後の減少」=5分の1は消えたのだろうか?「福島の後一年」には使われていないが。)

教育関係者に訴える! 今すぐ、立ち上がってください!! 4/2
http://takedanet.com/2011/04/post_2f0b.html 
現在、福島県及び近県の空間放射線量は1時間あたり約2マイクロシーベルトで、呼吸による体内被曝と水や食糧から入る放射線量もほぼ同じ量ですから、約6マイクロシーベルトになります。
一方、福島原発の処理は長期化が予想され、児童生徒の被曝量は「考慮しなければならないレベル」になります。1年間の被曝が予想され、その場合、6×365×24=53ミリシーベルトになり、児童生徒の放射線障害は100人に0.5人を越える段階にまで達しています

(ここでは3倍?とにかく「今後の減少5分の1」がない。)

生活と原子力05  放射線と人間の細胞(その2) どのぐらいまで安全か? 4/4
http://takedanet.com/2011/04/post_2cdd.html 
1) 最初に逃げる時期は終わりつつある(福島原発は、これまでのチェルノブイリなどと違い、まだ少しずつ放射性物質がでているので「できれば連休明け」ということになります)。

原発 緊急情報(52) 子供の目線で 4/8
http://takedanet.com/2011/04/52_a7e0.html
そこで、地上1.5メートルの測定値が20マイクロの学校は、子供目線では30マイクロとなります。
(中略)
外部被曝と内部被曝の比率は自然放射線では、外部被曝の2倍が内部被曝です(公的発表値).またチェルノブイリの時にはほぼ同じでした(私の調査)。
そこで、ここでは少し甘いのですが、ラドンの影響があるので、内部被曝を外部被曝と同じとします。なぜ、子供が内部被曝をするかというと、「放射性物質のホコリ」を吸い込むからです.これは牛乳に放射性物質が含まれていたことと同じです.
空間からの被曝=外部30マイクロ+内部30マイクロ=60マイクロ
(中略)
ここでは、今までのやり方に合わせて、
外部(30)+内部(30)+食材(30)+水など(30)=120、
で計算を進めます
(中略)
この小学校に通う子供は1時間に120マイクロの被曝を受けます。
すでに事故から1ヶ月になりますから、
最初の1ヶ月: 120×30日*24時間=86.4ミリ

(空間線量=20μSV/hの学校 内部被ばく含めてやっぱり4倍?学校に24時間いる?とにかく、こりゃ信者は皆逃げるわ。ちなみに当時これを見たとき、「内部」と「食材」「水」が区別されている点が怪しいと思った。全部内部だろ~、と。)

原発  母の役割 4/10
http://takedanet.com/2011/04/post_1d9d.html 
1)母は「管理区域」の放射線を越える場所から、子を連れて避難する
放射線の強さは最近1週間の平均が、1時間0.6マイクロシーベルトである。
子の受ける放射線を自らはかれる場合はその値を、測れない場合はその地域の発表値を使う.
1時間0.6マイクロを越える場合、場所によっては1年間1ミリシーベルトを越えることもあるが、それぐらいは母の配慮で減らすことができる。
移動は連休明けまでを一つの目安にして、そこでもう一度考える.
(中略)
とりあえずのおおよその生活の指針になればと思います.また時期は「今から連休明けまで」と「連休明けから」を区別してください。


なるほどここでは、「連休明け」には避難は不要になる、ということを匂わせている。しかしこれはこの先、見事に覆される。師は基本的に「一年1ミリシーベルト(自然、医療被曝を除く いわゆる追加被曝線量)」を超えると「発ガン」の観点から危険であり、避難すべきと言う。また前述4/4記事のように「被曝は合計」であり、個人個人が師の提唱する計算方法を提唱する。なお「管理区域」はこちら、http://radi-info.com/q-1488/参照。

この「計算」の「空間、内部、水、食糧の4つから被曝するから」の比率は後にまた変化する(11/18記事 後述)。とにかく師の提唱する「計算」で自分の被曝量を推測し、もしそれが「一年ミリ(=毎時0.1マイクロSV)」を超えるようならば、避難・疎開等をしてそこから先の被曝量を減らす、が基本。これにより数年で平均して「一年1ミリ」に「均す(ならす)」ことができる、「被曝は取り返せる」と考えている。

原発短信  原発の近況など 4/16
http://takedanet.com/2011/04/post_651c.html
2.爆発の可能性はまだあるけれど、それほど危険ではない。しかし、今、被ばくを避けておけば、万が一の時にも「被ばくの貯金(事故が起こって少し被ばくしても、それまでの被曝量が少ないと余裕がある。)」で安心。

師は被曝の影響は「生涯許容線量」的な仮定をしているのか。また被ばくと時間の問題を無視しているのか?そうでないとこの「貯金」説は成り立たないのでは? なお、

原発 緊急情報(13) 逃げられない人のために  その2 3/18 10時
http://takedanet.com/2011/03/13_f800.html  では、
400ミリシーベルトぐらいの放射線を浴びると多くの人が白血病になりますし、100ミリシーベルトぐらいでも免疫力の弱い人は白血病になる場合があります。しかし、この100ミリシーベルトとか、400ミリ シーベルトというのは、比較的短い時間に被曝した場合のことです。例えば1時間に100ミリシーベルトを浴びた人はかなり危ないのですが、1ヶ月間で100ミリシーベルトを浴びても、その間に自分の体が直していきますので安全サイドになります。でも、1ヶ月の場合、どのくらい安全になるかは極めて複雑です女性と男性との問題、赤ちゃんとお年寄りの差等多くのことがありますでなかなか一概に1時間で100ミリシーベルトを浴びたらそれは1ヶ月でどのぐらいかということを具体的に示すことはできません。そこで、このブログでは1時間に浴びた量で1ヶ月の打撃を示しています。つまり打撃を受ける上限を言っているということになります。

となっている。しかし被曝期間1時間と一ヶ月を同じに考えるというのは、無茶ではないか?

原発 毎日のこと  被ばくは取り返せる 4/20
http://takedanet.com/2011/04/post_0ebb-1.html 
被ばくは「足し算」ですから、最初に被ばくした人はこれから他の人より注意すれば合計で取り返すことができます(ウサギとカメの話を思い出してください)。

従って当然5月以降(現在、いや未来まで)も、この「均し」のための避難・疎開があることになる。また「数年」は「5年」と書かれた例もあるが、科学的・医学的根拠は不明である。単に「一年1ミリ」にするために「5ミリオーバーなら5年」みたいな話なのだろうと思うが、ならば5年の間に発ガンすることはないのかとか疑問点は多い。

なお「一年1ミリ」はICRPの基準の一つではあるが、ICRP2007勧告および111(2008年10月)によれば「一般の人々に対しては、年間1ミリシーベルト以下を目指すが、緊急時から普通の状態に戻る過程では年間20ミリシーベルト以下を許容範囲とする」である。「これを超えると発ガンが高まる」の医学的根拠は見つからなかった。また法的な避難基準とも書いてない。「緩慢な被曝100ミリシーベルトで0.5%のガン死上乗せ」を採るICRPが「安全を期した最小目標値」ではないか?なお「自然、医療被曝を除く いわゆる追加被曝線量」=一年1ミリを守ったところで、自然、医療被曝の量はいかようにも変わるわけだから、この「一年1ミリ」自体が明らかな発ガン上昇とは関係ないことは、論理的にも明らかでは?

しかし師の見解は下記の如し。

原発 緊急情報(61) 数値は一つ! 医療、職業、一般 4/23
http://takedanet.com/2011/04/61_161b.html 
だから、そこで定められた数値は「原子力安全委員会」や「文科省」でも変更することはできませんし、まして、何も関係も権限もない「保安院」などはその数値と離れて「健康に影響が無い」などと口を挟むことはできません。つまり、
1. 一般人 1年1ミリシーベルト以下
2. 職業人 1年20ミリシーベルト以下(特例あり)
3. 医療  放射線をあびる損失が治療の効果を下回る範囲
4. 管理  3ヶ月で1.3ミリシーベルト以下
ということです。これしか数値はありません。
この数値が「間違っている」という人(政府、安全委員会、文科省、専門家、パフォーマンスをする人など)は、何らかの理由で「ウソ」を言う必要がある人です.
この数値については、法律で決まっているぐらいですから、当然ながら十分な根拠があり、このブログでも示してきました

(「十分な根拠」とは何か?とにかく師は「示してきた」。)

原発七不思議 神になった専門家 4/25
http://takedanet.com/2011/04/post_c649.html 
「1年1ミリ」は武田説でもなんでもなく、国際勧告と国内法で定められている数値です(1年1ミリは人、3ヶ月1.3ミリは場所で実質的な内容は同じ。)
なにしろ、国際勧告や国内法で「日本人の健康」を決めるのですから、膨大な研究データやチェルノブイリなどの詳細な報告に基づいて決めていることです。だから私はその根拠を特に示すことを止めています
普通の人が膨大な資料を見て、今更「1ミリは適当か」を判断しようとしても、2,3年はかかるからです.だからこそ、「専門家」が何10回も検討を重ねて、法律で定めているのです。

(「十分な根拠」を示してきたはずなのだが?)

原発 緊急情報(59) 「外部被ばく」か「合計」か? 4/21 午前9時
http://takedanet.com/2011/04/49_5e8b.html 
今、文科省が放射線量を測ったり、学校の校庭の測定値を出したり、さらには子供の被ばくを20ミリまで良いとしていますが、それが「外部」だけなのか「合計」なのか、疑問に思っています. 
文科省が公表している測定方法を見ると、どう見ても「外部」だけのように見えるからです.由々しい問題です.
一方、原子力安全委員会が出した「臨時に20ミリまで良い。子供は10ミリまで」としていますが、この10ミリは「外部+内部」ですから、「事故時の臨時の被ばく」について、子供は外部だけを言うと「5ミリ」ということになります。文科省がいっている数値の4分の1になりますので、多くの学校は疎開が必要になります

(内部被曝が空間線量と同量であるという根拠は、「チェルノブイリの実績」(3/27)、「私の調査」(4/4)等と書かれているが・・・それが正しくてもチェルノブイリは主に「食品から」ではないか?しかもしばしば見られるように、師の「計算」は内部被曝量=「土ホコリ」+「食材」+「水」で、空間線量の3倍に膨れ上がってしまう。あるいは師は「内部被曝」という語が、「土ホコリ」の呼吸からの吸収に限定されると誤解していたのか?)

原発 緊急情報(63) いろいろな問題と考え方 4/24
http://takedanet.com/2011/04/63_6329.html
3. 福島の中通り
福島の中通り(福島市から二本松市、郡山市など)の放射線量が減らない。1時間あたり2マイクロぐらいになっていて、地表近くでは4ぐらいの数値もある。
1年は8760時間だから2マイクロというと、18ミリにもなり、子供にはかなり過酷だ
そういっても、政府や自治体が動かない限り、個人は仕事もありお金の制限もあるので、すぐに移動すると言っても無理だ.私たち大人は何をしつつあるのか?と思い悩む。
連休に少しでも日本海側に連れて行ってあげたい。

(しばしば一年後も放射線量が減らないという仮定が含まれる)

原発連休明けの生活(3) 放射線のこれまで 4/25
http://takedanet.com/2011/04/post_624e.html 
以上全体を見渡しますと最も大切なことは、
1. チェルノブイリと似たぐらいの多くの放射性物質が放出されたこと、
2. 長期間にわたって放射性ヨウ素が放出されたこと、
3. 海に大量に漏れたこと、
の三つがあり、生活として考えなければならないのは、
1. 我々が浴びる放射線は目の前に浮いている小さな粒(チリ)から出ている放射線であること、
2. 最近では、空気中が減って、地表に落ちた放射線や吹きだまりに集まった放射性物質からの放射線が主になってきたこと、などに注意する必要があることがわかります。

(「避難してください!」に直接関係ないので突っ込まないが、チェルノと「似たような」?ヨウ素長期間放出?)

(ここから問題の「5月以降」)
原発連休明けの生活(12) 1年1ミリの意味と生活 5/6
http://takedanet.com/2011/05/post_e9db.html 
次に、「1年5.2ミリ」というレベルがあります。
これは「管理区域で3ヶ月に1.3ミリ」というのを4倍にした数値です.
(中略)
4. 1年1ミリを守れない人は、1年5.2ミリに切り替えて、今年1年は1年5.2ミリで行く、
5. その代わり、「放射線を忘れる」ことは止めて、放射線を意識し、かつできるだけ5年間で減らす努力をする、

これが先に書いた師の「均す」である。また期間は先にも書いたように「5年間」となっているが、単に5.2÷1(年)≒5(年)のつもりか。そして当然この「1年5.2ミリに切り替えた人」は、今年1/13の師の「もう逃げなくても大丈夫です」に従うわけにはいかないはずなのだが・・・(そんな人が実際いるかいないかは別として)。一方「3ヶ月に1.3ミリ」は放射線管理区域の法的な条件である。またこの条件にはもう一種類「土壌一平方米あたり4万ベクレル」というのがあり、これも師が「避難基準」としてこだわるモノだが、法律には「避難基準」とは書いてない。なおこの二つの「法的な条件」には矛盾がある。前者の空間線量=0.6μSV/h 後者の空間線量(地面に 1 Bq/m で一様に分布した Cs が地表 1 m に作る放射線は3.4 × 10−6 μSv/h これ×40000)=0.14μSV/h これもまたこの「基準」が医学とはあまり関係ないという証左ではないだろうか。確かににこの数字と「一年一ミリ」≒0.1μSV/hは近いのだが。

科学者の日記110510  日々、変わっていくこと 5/10
http://takedanet.com/2011/05/110510_9f92.html  重要
その意味で放射線による被爆と人体への影響ということを考えるときに、現在の知見(正しいこと)は、1年に1ミリシーベルトを浴びるとかなりのがん患者が出るということであり
また将来はそれが「さらに厳しくなるか、または緩和されるか」は判らないということです。
もう一つは、たとえ自分の考えと違っても、常に自分の考えを否定し、反省し、自分とは反対の結果を勉強するということも科学者としてはなくてはならないことです。
その点で日常の生活と科学的な考え方というのは、少し離れています。今度の福島原発のことは科学的な内容が多かったので、多くの人が「日常と科学」という点で混乱し苦しんだ原因にもなっているのではないかとわたくしは思います.
科学は十分に咀嚼して発信する責任があるのでしょう。
(ここで師は「一年1ミリ」が医学的根拠だと、はっきり述べている。「かなりのがん患者が出る」が正しくてLNT仮説も正しければ、世界中でエライことになっているだろう。後半は何か「逃げ」のように見えるが・・・)

まだトリックを使う放射線の専門家 8/29
http://takedanet.com/2011/08/post_4ee4.html
 2) 日本人は日本の放射線で体ができてい(ママ)
黒人の肌が黒く、白人は白いように人間はその土地の自然に合わせて体を作ってきました。だから、日本人の場合、1年1.5ミリシーベルトでもっとも発がんなどが低い状態にあり(これをホルミシス効果といいます)、それに東電が1ミリを出すと、2.5ミリになります。1.5ミリから「足される分」はそのままガンの発生を増やすというのが今までの放射線防護の考え方です

(これメチャクチャじゃないだろうか?)

広域の汚染について・・・引っ越し?除染?? 10/9
http://takedanet.com/2011/10/post_0e5a.html
つまり、地図の青、黄緑、橙などの色の地域は「3月11日以前なら住むことができない場所」であることが判ります。一刻も早く移住か除染が必要ですし、そこの物品や人は自由な移動ができません。

横浜のストロンチウムと子供の守り方(緊急の2) 10/13
http://takedanet.com/2011/10/post_81fe.html 
なぜ今まで検出されなかったのでしょうか? 私はやや犯罪の臭いを感じます。というのは、セシウムは「機器」を使って「人間が操作しなくても」測定できるのですが、ストロンチウムは混合物からストロンチウムだけを取り出してから測定します。だから、その操作の時に「ストロンチウムを故意に捨てる」ということは容易なのです。かつての日本人はこんな誠意のないことはしなかったのですが、最近の大人の男は平気でします。なにしろ福島や関東の野菜を売るために汚染されていない南の野菜を捨てさせているぐらいですから、何をやるか判りません。(中略)
日本はダメになってしまったのですから、外国で生活するように自衛することです。それには、1)ストロンチウムはセシウムがあるところはある、2)カルシウムをとっておけばかなり防ぐことができる、と覚えて自衛してください。国、自治体、専門家、NHKは信用できません。

(前半の根拠不明、メチャクチャではないか?後半の意味は「外国で生活するかのように」だろうが、どの外国か不明。2)は何か?バズビー・サプリのことか?)

今後の生活設計のための計算(1) 全体のこと
http://takedanet.com/2011/11/post_abc2.html 11/18
ホールボディーカウンターは尿の検査などより、計算の方が正確にわかります。ホールボディーカウンターはすでに体の中のヨウ素が半減期(8日)を遙かに超えているので、初期の被曝が判らないこと(中略)
計算する項目は、水、土ホコリ、食材、それに外部からの被曝です。それを、{水0.1ミリ、土ホコリ0.1ミリ、食材0.4ミリ、外部0.4ミリ}と割り振り、それを元に計算するのが良いでしょう事故直後は、「死の灰」が空中に飛んでいたので、土ホコリなどから体内に入るものが多かったのですが、今はほとんどの死の灰が地面に落ち、一部はしみこんでいますので0.1ミリとしました。
 
(「計算」方法が変化。これまでは毎時空間線量の4倍が内部被曝を入れた毎時総被曝量だったわけだが。これが「1年1ミリ」を目標にして、水:土ホコリ:食材:外部線量=0.25:0.25:1:1に変化したようだ。つまり毎時外部線量の2.5倍が毎時総被曝量となった。これを「一年1ミリ」に抑えるようにしたいわけだ)

今後の生活設計のための計算(2) 自然放射線を引き算する 11/20
http://takedanet.com/2011/11/post_6d0f.html 
今後の生活設計をしっかりするために、一にも二にも、これまでの被曝を計算し、これからどのぐらい余裕があるかがわからないと、生活も転居も決意できません。ホールボディーカウンターや尿の検査より遙かに正確です。
(中略)
頭の中に、1)空間(外部)、2)食材、3)水、4)ホコリ の4つを念頭に置いておきます。おおよそ、0.4+0.4+0.1+0.1=1.0 が目標値です。
(中略)
移住先は冬なら、沖縄(0.029)、大分(0.033)がお勧めです。中国の黄砂の影響が少なく、低線量率だからです。また、来年の春からなら北海道(0.032)や秋田(0.036)がお勧めです

(後半は各地の自然放射線のこと。これが低いところを避難先に勧めている。)

読者の方へのお答え2. 埼玉から関西への移住は被曝を減らす上で有効か? 12/12
http://takedanet.com/2011/12/post_ca34.html
(音声ファイル文字起こし http://ameblo.jp/help-each-other/entry-11114492095.html
原発事故から9ヵ月くらい経ちましたし、また、新しい年も迎えるという事でですね、皆さん今の所にずっと住み続けて大丈夫かな?と、こういう風に思っておられる訳ですね。そのときに移住する先なんですけどね、(中略)
茨城位の人になりますとですね、空間はちょっとありますからね。それから海に近いんでなかなか茨城にいてですね、太平洋の方の魚を食べないとかですね、近くの豚でもなんでも、近いですからね。そういう点から言って、非常に神経を使わなければいけない。ということで、今言ったような少し疎開するなら機会を見て疎開すると。まぁ、そういう風になりますね。疎開の長さですけど、私、一時ですね、事故後最初に計算して、一週間でいいかなぁと思ってたんですけどね、ダメなんですよ。やっぱり、どんなに短くても一ヶ月。できれは、一年位ですね。この際ちょっとお子さんが被爆したな、と思われる人は一年位疎開してるとですね、ほとんど疎開先では被曝しません。


(2012年)
緊急速報  セシウム降下と4号機 2012 1/6
http://takedanet.com/2012/01/4_360f.html 
セシウムが降っているなら、それだけに注目し、逃げる準備が先である。4号機でも1号機でも、福島周辺からの2次汚染でも、同じことが起こる。でも、原因追及より、事実確認をすることが第二だ。もちろん、事実確認をしている内に被曝してはいけないから、ともかく危険なデータがでたら、即、準備をするべきだ。

なぜ、愛人宅は居心地が良いのか? 4/10
http://takedanet.com/2012/04/post_096b.html 
「武田さんは冷酷だ。福島の人をこれ以上、苦しめるのか!」と言われて、正直、なにを言っておられるのかわからなかった。
「愛人の論理」なら、福島の人の心を短期間だけ慰めることができるだろう。これが今のNHKの路線だ。最近、NHKのアナウンサーが人の良さそうな顔をして「絆!」と叫んでいると、「ああ、愛人路線だな」と思ってしまう。
奥さんの論理なら、1平方メートル4万ベクレル以上のところに住んでいれば、心配で心配でたまらないので、一言、「逃げた方が良いですよ」と言うだろう
どちらの論理もあり得るが、私はこれからも「奥さんの論理」で行きたいと思う。


緊急情報2 4号機の工事中止すぐ必要 6/29
http://takedanet.com/2012/06/4_b5c5.html 
毎時40マイクログレイ(ほぼマイクロシーベルト)の高濃度放射線が福島原発西(田村市(郡山の東隣))で観測されている。昨日(2012年6月28日の午後5時から7時頃)であり、風は東北だったと考えられる。
(中略)
田村市は避難する必要があり、郡山市は避難準備に入らなければならない。また風向きが変わる可能性があるので、福島県を中心に警戒が必要である。


子供を守ることはストレスにならない(政策と報道の大転換に期待する) 7/24
http://takedanet.com/2012/07/post_eada.html 
避難基準も、法規では1平方メートルあたり4万ベクレルですが、福島の3分の1は法規の基準を超えています
(中略)
汚染は今後30年は続くのですから、親が子供を守る参考にするためにも、
1)政府が基準を示す、
2)すでに基準を超えた人を退避させる、
3)今後、基準を超えそうな人の退避準備をする、
4)汚染地域に住み続ける人の防護方法を提示する、
などがすぐにでも必要と考えられます。

(先に書いたように、「1平方メートルあたり4万ベクレル」は「避難基準」ではない。放射線管理区域の法的な条件である。)

Help!! 緊急提言2 子どもたちに被曝から守る法令を適応せよ 10/20
http://takedanet.com/2012/10/help_9a30.html 
(音声ファイル内容)
もちろん、こんな事はあってはいけない訳ですから、事前に1年1ミリシーベルト、1平方メートルあたり4万ベクレルの地域に子供を居させないと、直ちに疎開させるという決断をしなければならない時期である、という風に思います。私は繰り返しこの緊急提言で言ってますが、甲状腺の異常が100人中40人であり、その40人のうちの約4分の1が甲状腺ガンに移る、というのは「事実」であって「推定」では無いという事であります。

(いくら大目に見ても「推定」じゃないだろうか?以下はこの回のブログ「文章」から。)

日本が国際的に約束している「予防原則」。
予防原則:  原則15:環境を防御するため各国はその能力に応じて予防的方策を広く講じなければならない。重大あるいは取り返しのつかない損害の恐れがあるところでは、十分な科学的確実性がないことを、環境悪化を防ぐ費用対効果の高い対策を引き伸ばす理由にしてはならない。」(RIO DE JANEIRO DECLARATION 1992)

(中略)
福島の子どもたちの甲状腺異常の状態。
1)通常の小児の甲状腺異常(結節など)は100人に1人程度。多くても3人。
2)福島の子どもたちの100人に約40人に異常が発見され、特に小学生の女児は100人中55人に及んだ。
3)甲状腺異常がガンになるのは大人で100人に数人だが、子どもは20人から30人(小児科専門医からの情報による)。
4)放射線の被曝による損害は5年(大人、子どものデータは不足しているが3年ぐらい)の余裕がある。
5)従って、被曝による影響は「重大あるいは取り返しのつかない損害」が発生する可能性がある。


と、まあこんなもんだ。ちなみに92年の「リオ宣言」は「予防原則」ではなく「予防的取組」と言っている。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%88%E9%98%B2%E5%8E%9F%E5%89%87によると、
国際的には、単純な「疑わしきは罰す」論と区別するため、「予防原則」とは区別して「予防的取組(precautionary approach)」と表現されることが多い。2002年のヨハネスブルクサミットでも、実施計画の中の化学物質などに関する文言について、EUは「予防原則」の語を使用すべきと提案したが、日米などの提案により、リオ宣言の「予防的取組」を使用した。なお、EUにおいても「予防原則」の語を用いているものの、できるかぎり総合的な科学的評価と「許容可能」なリスク水準を考慮して判断を行うべきとする考えも公表しており、単純な「疑わしきは罰す」ではない。

二つの語は区別されている。モチロン「予防的取組」は、我々のココロの被害についても適用されなくてはならない。また「甲状腺異常脅し」については、
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-111.html
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-123.html 参照。

もう「悪文」ばかり読んでいる内に気持ち悪くなった。以降は誰か興味ある人やってくにゃんしょ。個別記事についてはいろいろあると思う。NATROMさんの「NATROMの日記」はその代表格。
http://d.hatena.ne.jp/NATROM/20110415#p1
http://d.hatena.ne.jp/NATROM/20110712#p1
しかし武田師の矛盾etc.は膨大で、いよいよ必要なのは包括的「武田wiki」という感じがしてきたにゃ。

結論:武田師はつい最近まで何回も「このブログで逃げろ」と書いている。「このブログで2011年5月から言っているとおり~」はウソだ。

考察:なぜ「2011年5月から言っているとおり~」というウソをついているのか?だが、「5月以後の自主避難者の行動は自分とは関係ない」=「梯子はずし」という疑いが起こる。師に自主避難を煽られて、「今にしてみるとかえって損害を被った」等と思っている自主避難者は、訴訟の準備をしておいた方がいいのではないか。

何しろしばしば矛盾をはらみ、一貫性を欠く師のことだ(これって撹乱戦法?責任逃れには都合いいにゃ?)、誰かが追及しだすと突然、「2011年5月から言っているは勘違いでした」などと言い出すかもしれない。不思議なことに、前回エントリー冒頭で取り上げた、1/13記事の「音声ファイル」では、この部分は無い。得意の「矛盾」だが、以下の如し。

0'00~
質疑応答の時間でありますが、福島の第一原子力発電所は壊れてひどい状態になっているわけですが、多くの人が心配されております。確かに温度計が、温度が非常に高くなったり、各地の放射線量が上がったりしておりましてご心配の向きが多いものですから、ここで質疑応答の形で書こうと思います。
福島の壊れたものは1号機から4号機までありましてですね、それで各個別の線量を言いますと、
(以下1~4号機の現状解説 中略)
4'06~
全体を通じて大丈夫だというのが私の感じで、特に福島におられる人も含めて、逃げる必要はないというふうに思います。えーと、これはですね、実はあの、私がそのここで質疑応答しなければならないのは、政府・自治体・マスコミが全く報道しない訳ですよ。ところが、ネットの方は「すぐに逃げなさい」と、「東京も危ない」という警告もありますね。それからNHKの昨夜かな、何かの放送はなかなかいいんですけれども、1年10か月前には逃げなきゃならなかった、という、こういう放送がありましたけれども、これもちょっとですね。まあ、せめて放送してくれたという事はいい事ですが、まあその、逃げる時はその時に言ってくれないとですね。今頃になって「一生懸命計算してみたら30ミリシーベルト甲状腺にあったんじゃないか」と。もちろんこれは学者の研究は非常に立派なんですよ。そこに、放送に出てこられた学者の方の放送は立派です。それからそれを放送したNHKも評価するべきですが、やはりですねその時に言わなければいけません。今もそうですね。


こちらからわかることなどを、徒然なるままに。

①2011年5月ではなく今、「逃げる必要はない」に変わった(ように見える)。(文章と同じく)「原発の現状」が変化の「理由」である。はっきりと「福島におられる人も含め」と言っている。
②「原発は大丈夫だ」ということを、「政府・自治体・マスコミが全く報道しない」と批判している。「ネットの方は『すぐに逃げなさい』と、『東京も危ない』という警告もありますね」と、最近まで武田師自身がやっていたようなことまで批判し出した。今後は他に先駆けて、「原発は大丈夫」「逃げる必要はない」を叫びだすつもりか?突然「事故後二年足らずで安定した原発は安全が証明された。行き過ぎた反原発ヒステリーは社会の迷惑」などと言い出すんじゃないだろうな~。何しろ世の中の動きを見て、特にマスゴミとは反対のことを言って儲ける、というのは師の「得意技」では。

③NHKの「1年10か月前には逃げなきゃならなかったという、こういう放送がありました」はちょっと違う。これは「NHKスペシャル 空白の初期被ばく」のことだが、そんなことは一言も言っていない。http://www.at-douga.com/?p=6775 で確認できる。浪江町の津島地区に避難した人たちが、不幸にして3/15以後の避難中にヨウ素131に被曝してしまった、その被曝量を推定しよう、という話が中心で、つまりこの人たちは「1年10か月前には逃げて」いたのである。逃げていた人に向かって単純に「逃げなきゃならなかった」という放送などあり得ない。「もっといいタイミングで、もっと良い方向に逃げればよかったのに」ならば、番組を見た感想としてはあり得るが。

原発20キロ圏内浪江町民8000人の同町津島への退避は、2011年 3/12夕方から行われている。NHKスペシャルによると、この日原発から一回目のヨウ素131放出があった(これはメチャ大量ではないようだ)。そしていわゆる放射能プルームによるヨウ素131濃度の急上昇は、3/14 22時からである。この日3号機が爆発したのだ。不幸なことに翌3/15には、全浪江町民が二本松への避難のため、屋外移動した。放射線量が高い中で。第一原発周りのモニタリング・ポストは津波で破壊され、人力によるダスト・サンプリングも3/13から中断していたため、放射線量データは無かった。3/16の測定で、津島は58.5μSV/hが観測された。また後に公表された例のSPEEDIは、津島の高線量を予測していた(3/18追記 ただしSPEEDIは事故後ずっとプルームが南方に流れると予測、14日発表の予測図でも、15日には南方から真西に流れる予測になっている。翌15日発表の予測図でも、津島方向に流れるのは夜になってからで、結局役に立たなかったhttp://radioactivity.mext.go.jp/ja/list/201/list-201103.html参照) 。従って津島で過ごした3/14夜中&3/15、また3/15の二本松移動中のヨウ素131被曝量が悔いが残るし、大きな不安の種なのである。
http://www.minpo.jp/pub/topics/jishin2011/2011/12/post_2755.html 参照
なお「津島」は1956年に浪江町と合併した旧「津島村」である(鉄腕DASH村はここにあった。福島~浪江ドライブで通ると、いつでもここには「岩波写真文庫」のような風景が残っていて、好きな場所の一つだった)。地図でわかるように、ここだけが浪江町から西方に、しかも原発20キロ圏外に突き出ているので、本来退避場所としては最適だったのである。

一方師が「避難せよ」を言い始めたのは、3/17(日中?夜?)からである。これ以前は「東京から避難するべきか?様子を見る」といった話が中心だ。3/15爆発・プルーム到達後のデータはないから、当然こうなる。

原発 緊急情報(9) 気象庁:国民の方を向いてくれ! 3/17 朝8時 
http://takedanet.com/2011/03/post_02f1.html 
今のところ、福島原発からの放射線物質の漏洩はそれほど大きく無い.従って、半径50キロぐらいは危険があるが、それより遠い北側と西側には問題がない。東は海だから良いとして、南は引き続き原発の状態と風に注意をしておいた方が良い。
(ここでは「避難」はまだ書いていない)

原発 緊急情報(10) 政府・マスコミ、ごまかし。危ない?! 3/17
http://takedanet.com/2011/03/post_b9fc.html 
もし文部科学省が16日に発表した値が正しく、私の計算があっていれば、政府は直ちに浪江町の人をもっと遠く(風上)に待避させる必要があるからだ。

これが師の初めての「避難せよ」である。この時点では浪江町民はもう二本松に避難している。これは「事後」に書いたことになる(もっと遠く=二本松よりも遠く、は成り立たない。そうであれば二本松市民も待避せよ、となる)。もしかしたら師は事故後に「避難せよ!」を繰り返したことを、「今頃になってNHKも自分と同じ事を言っている」等として、「自分が正しかった」と匂わせているのかもしれないが、これは成り立っていない。結局「武田師の最初の避難指示は浪江町民に対してだが、3/15二本松退避後の3/17だった」というのが事実である。NHK番組の感想等として「浪江町民が武田師の言うように逃げていればよかった」は成り立たない。

なお、この2011年3月17日記事の「数字」のフシギについては、こちらのサイトが書いている。
NATROMの日記 2011-03-18 武田邦彦氏の功罪
http://d.hatena.ne.jp/NATROM/20110318
懐疑論者の祈り 中部大学武田邦彦教授の問題事例の解説
武田教授「原発 緊急情報(10) 政府・マスコミ、ごまかし。危ない?!」の考察

http://www.skept.org/takeda.htm

④師は「逃げる時はその時に言ってくれないと」と、NHK批判もしている。文章版の「このブログで2011年5月から言っているとおり、逃げなくても大丈夫です」と合わせると、「NHKと違い、自分は逃げるべき時には言い、必要ない時には逃げなくて大丈夫と言った。全て正しかった」と「合わせワザ」で正しさを匂わせているのかもしれない。しかし前述の通り武田師も「逃げる時はそのとき」に間に合っていないし、また武田師は前掲「ブログ」の2011 4/4、4/10では「避難は5月連休明けで終わり」をあいまいに書いているものの、実際はその後も避難を叫んでいた。そして自主避難者は5月以後も大量に出現した。

ではもし「このブログで2011年5月から言っている」を師が取り消したとして、残りは全て正しくなるのか?

つまり師の言いたいことは、単に「1/13の判断では原発は安定しているから、もう逃げなくても大丈夫です」(=音声ファイルの中身)となるが、これまで見てきた通り師の主張は「被曝は合計」、「一年1ミリ、1平方メートルあたり4万ベクレルを超えたら避難」、個々が師が言うところの「計算」をして、避難で「均(なら)す」ことで「被爆は(数年で)取り返せる」である。この散々繰り返した「金科玉条」との整合性がない。僅か4ヶ月前の2012年10/20の記事(音声ファイル)でさえ、「甲状腺の異常が100人中40人であり、その40人のうちの約4分の1が甲状腺ガンに移る、というのは「事実」であって「推定」では無い」から「1年1ミリシーベルト、1平方メートルあたり4万ベクレルの地域に子供を居させないと、直ちに疎開させるという決断をしなければならない時期である」と言っているのである。

なお最近は「県民健康調査」や早野先生、坪倉先生ら本当の学者たちの尽力等によって、現実の被曝データが出つつある。しかし師がこれらの現実データを持って「私は一年1ミリを超えたら避難と言ったわけで、一年1ミリを超えていない人の避難は私の責任ではない」等というのは成立しない。避難は師の提唱した「計算」による「一年1ミリを超える」で起こっている。あくまで師独自の「計算」による数値だ。ブログでは再三ホールボディカウンターより「計算」が正しいと主張しているし、例えば2011年9月11日の講演会「こどもたちのみらいのために」(江戸川区 船堀タワーホール)でも、師はホールボディカウンターを否定し、自分の「計算」の方が正しいと言っている。動画が残っている(後述)。

「自主避難者」はこれらを信じて避難したし、「計算」に基づいた「数年」計画の疎開もあっただろう・・・このままでは子どもの健康なんてどうでもよくて、「この3月末で自主避難者への家賃補助も切れるし、そろそろ収拾を図らないと自分の身が危ない、もう既にタップリ儲けたし」ってな発想と疑われても仕方がない。これではまさに「梯子外し」だ。

武田師は最低「自主避難者」に「説明」をしなくてはならない。そのポイントは「逃げなくても大丈夫です」になったのはブログ文章の「2011年5月以降」なのか、音声の「原発の現状から判断した今」なのか、の確認だ。そして答えが「今」ならば、「自主避難者」は「武田氏の提唱した計算方法による一年1ミリ、あるいは土壌1平方メートルあたり4万ベクレルを超えたら避難」「被曝は取り返せる」等との関係はどうなっているのか、を追及するべきだろう。

こんな「矛盾だらけ」でも、事実多くの人が影響されたのである。「オレオレ詐欺」だって、「ひっかかるのはマヌケ」ではすまされず、社会問題になっている。増して「大学教授」「専門家」が言ったのだ。マスゴミも後押ししている。「無料(フリー)ジャーナリスト」とやらのバカ共も後押ししまくった。検証作業を面倒でもやらないと、日本はオワリだにゃ。

注意:そういうわけで、「これまでの経緯はともかく武田師は『逃げなくても大丈夫』という正しい意見に変わった」と歓迎するのはやめましょう。これがまた「自主避難者」の新たな悲劇を生む可能性があるわけですから。


3・師の「避難せよ」コレクション動画版 2011年秋
「動画」でも「避難せよ」をいくつか見つけたので、ついでに記録しておこう。

2011年9月11日 武田邦彦教授 講演会「こどもたちのみらいのために」(江戸川区 船堀タワーホール
http://www.ustream.tv/recorded/17204168#utm_campaign=synclickback&source=deniedbyhost&medium=17204168
1h13m以降Q&Aの中でいくつか、動画からの内容。 
1h13'40"あたり「私は今年は江戸川区の子どもが2ミリシーベルト切るのは、難しいと思っています 残念ながら」

1h17'30"あたり「ヨーロッパの学者はホールボディカウンターを『被ばくを軽く見せる装置』と言っている」「WBCで被曝を測定できると思わないでください、あれは特殊な場合ですね」と否定。「それよりは」と「私の計算」を勧める 「計算した方がまだ正確です」。師の計算では江戸川区の子どもは今年は2~3ミリシーベルト被ばく。
 
1h21'27"あたり 質問:「江戸川区の空間線量は平均で0.15から0.25mSVですが、血液検査の結果甲状腺機能低下の診断を受けたお子さんの報告もあがっています。このまま江戸川区に住み続けてもいいのでしょうか?」
解答:「こういう質問はものすごく難しくてですね、なんといっても非難されるっていうんですね。だけども正しく言えばもうどんなに非難されても、親御さんの職業がなんであっても、もしこどもの健康だけ考えるんだったら移住しなきゃいけません。それは仕方がありません。その事実を見つめるのがどんなに辛くても、現実に汚れているものは汚れているんです。」
  

武田邦彦教授【茨城講演】事前質疑(13/18)「移住の目安」
http://www.youtube.com/watch?v=wFKSDNL4dX8
2011年11月17日(木)に行われた武田邦彦中部大学教授による茨城講演の質疑応­答第一部。1分23秒の動画です。例の「計算」をして「見当をつけて」「移住の決断」をしないと、と言っています。

最後は「バカも安身安身」の登場にゃ。
武田邦彦×岩上安身・柏トークナイト iwakamiyasumi2 2011/11/23 14:12 
http://www.ustream.tv/recorded/18698487
(動画内容 書き起こし)
22'56"
(岩上)(どういう基準で除染をすすめたほうがいいのか、あるいは避難したほうがいいのか 何かの基準は無いのか)個々はどういう決断を下していったらいいのか、ケース・バイ・ケースだと思いますが?
23'25"
えーとね、いやケース・バイ・ケースでもなんでもない もうはっきりしたものがある。それは一年1ミリシーベルト以上浴びた場合、10年後にガンになるかどうかは、神様しかわからない。なぜかったら、医学でわかってないですから。実績は一年1ミリシーベルトしかないんだ。だから一年1ミリシーベルト以下であれば、あきらめがつきますよ。一年1ミリシーベルト以下でも病気になるかもしれない。だけど福島原発の前でも、一年1ミリシーベルトだ。これはまあ、あきらめもつく、ね。
23'52"
それから土壌は4万ベクレル 1平米あたり4万ベクレル それ以上のところは住んではいけないことになっています。それももちろん、単に無駄に法律決めているんでなくて、今までいろんなデータが山ほどあって、そしてそこに決まっているわけですよ。
24'10"
ですから一年1ミリシーベルトと、1平方メートル当たり4万ベクレル、これを越すところは必ず移住しなければならないです。必ず移住。で必ず除染しなければならない。ね、それはもう別段、個々別々でもなんでもない。
24'20"
だって健康というものは、その人の生活費だとか、もちろんね関係あるという人いるかもしれないけど、僕は物事をはっきり意識するためにはね、子どもの健康は、経済状態にも何にもよりませんよ、と言っている。
24'40"
福島原発が爆発したら、子どもの耐放射線性があがるとか、ね、我慢したら1ミリが10ミリになるとか、絶対ないですよ。だから、それはもう動かし難い。大人がね、そのくらいの覚悟で事実を、目の前にある事実を見る勇気をもって?ですよね。
24'59"
我々は10ミリシーベルト浴びたら病気になるかどうかもわからないんですよ、実は。一年1ミリシーベルトしかわからない。土壌は1平米あたり4万ベクレルしかわからない。あとのことはわからないんです。ね、
25'10"
(岩上)わからないことはつまりは、だから大丈夫だって話じゃなくて、
25'15"
(武田)もちろん、
(岩上)わからないことに関しては、我々は予防的に行動するしかないという?
25'20"
(武田)もちろんそうですよ、だってね、・・・

(以上)

相変わらず武田師の「金科玉条」=「一年1ミリ」「1平米あたり4万ベクレル」を超えたら避難だが、ここでは「一年1ミリシーベルト以上浴びた場合、10年後にガンになるかどうかは、神様しかわからない。なぜかったら、医学でわかってないですから」として、医学的根拠がないことを認めているように見える。先にあげた「ブログ」2011 5/10「重要」にある「現在の知見(正しいこと)は、1年に1ミリシーベルトを浴びるとかなりのがん患者が出る」とは完全に矛盾しているのだ。また「1平米あたり4万ベクレル」については「単に無駄に法律決めているんでなくて、今までいろんなデータが山ほどあって」と、これまた医学的根拠を匂わせている。

というわけで、今回はakoustamさんやあふらんさんのツイート、
akoustam2013-01-31 23:55:46.
武田邦彦に対してはただ憤っていても意味がない。被害を受けた人々は書籍やWebサイトの記事を確実に証拠として収集し、民事訴訟、刑事告発双方の準備を進めておくべきだろう。.

あふらん‏@pinwheel007 1月31日 
武田氏に謝罪や説明を求めても、私は無理だと思うのです。そういうことをする人だとは思えないから。今は、今後のために、彼が書いたこと、言ったことをきちんと映像や記録として保存しておくこと、それが大事だと私は思います。都合が悪くなるとそっと書き換えたり削除したりしますから。


等に全面同意して書いたのにゃ。ここの「プロフィール」に書いてあるように、そもそもこのブログを始めた動機でもあるからね。

大雑把に言って「武田被害」には三種類ある。1:「福島に残った者」の被害。2:騙された「自主避難者」の被害。3:福島県以外の被害。そして実は一番被害が具体的で、因果関係もはっきりしていて裁判向きなのは、2じゃないだろうか。「自主避難者」の中での「気づき」が起きた時が、次のエポックだ。複数の「被害者」の「訴訟団」形成・提訴ならば世間・マスゴミの注目度は高く、増えすぎて仕事探ししていると言われる弁護士も、飛びつくのではないだろうか。

ちと古いが、
風評被害の法政策-「風評被害」補償における法的論点・対応策とその改善案-
http://www.disaster-info.jp/tohoku/huuhyou-hou.pdf
なんかも参照。対マスゴミも含め、風評被害の「訴訟」は決して不可能ではない。そして万一訴訟で勝てなくても、(恥知らずな)マスゴミから「社会的責任論」が起こり、師は「社会的抹殺」となるだろう。


(2/14追記)
本日2/14の武田師の「ブログ」
原子力と被曝 福島で甲状腺ガン10倍。国は子どもの退避を急げ!
http://takedanet.com/2013/02/10_6a83-1.html は、

国は直ちに次の事が必要です。
1)高濃度被曝地の子どもを疎開させる(除染は間に合わない)、
2)汚染された食材の出荷を止める、
3)ガンになった子どもを全力で援助する、
4)除染を進める。また親も含めて移動を促進する。
5)「福島にいても大丈夫だ」と言った官吏を罷免し、損害賠償の手続きを取る。

日本の未来を守るために、大至急、予防措置を取ることを求めます。


となっている。
takeda2141.jpg
takeda21422.jpg
takeda2143.jpg

武田師自身の「全体を通じて大丈夫だというのが私の感じで、特に福島におられる人も含めて、逃げる必要はないというふうに思います」発言から僅か一か月後の「大矛盾」「支離滅裂」発言登場だが(「このグラフを見ると1988年4月の事故から4年目~」にも注目。事故は1986年だ、嗤うしかない。)、考えてみれば我々は誰も、「師がアタマがおかしくない」という証拠を持っていないのではないか(2/15には「10倍」が「50倍」のメガ盛りに変わったようです。チェルノブイリ事故は1988年のまま)。

(2/15追記)
ICRP111について 
「ICRP111から考えたこと 福島で現存被曝状況を生きる」
http://dl.dropbox.com/u/28775595/Intro_ICRP111_ver1_2_1.pdf 参照 29ページ以降に、武田師の考えはICRPとは異なることが出ている。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

連投すみません

ネコさん

お疲れ様でした。
あの空虚な文章を読み、書き写し、批判を行う。
私も2chで一時行ったことがありますが、大変な苦行でした。
武田邦彦の悪行は伝えなければならないですね…
武田邦彦は「2015年放射能クライシス」なんて本を書いてましたが、そのころには「真実」が明らかになっていることでしょう。

ありがとうございます

いや~つかれた、長かった。

it's too late にならない内に書けたかな~なんて思って、そうだYoutubeでcarol kingを探すか・・・などとやっているうちに70年代popにハマってしまって・・・

つかれてます。

No title

>信夫山ネコ様
おお、it´s too late いいですねぇ。
たしか「つづれおり」ですね。

ほんと、ご苦労様でした。
私にはこんな根気仕事、たぶん無理ですわ。
(じっくり読まさせてもらいます)

貴重なまとめですね!

わわわわ、、、
お疲れでしょう。 首の後ろを温めて、早目にお休み下さい。

私も、ずっとあのブログ見て行動していたんです。 友人も、、 本まで買っちゃって、、
懐かしい、、 ネコさんのこと、皆さんのこと知って、本当に良かった!

ありがとうございました。(昨年もこんなこと言ったような気がしますが、、)

今も怒っています

ネコさま

すっかりごぶさたしてしまいました。
皆様も、もうお忘れだと思いますが……
パソコンの調子が悪かったせいもあって、書き込みできず、もっぱら携帯電話で拝見していました。

それにしても、このエントリーは大変な労作ですね。
本当にご苦労さまでした。読んで、感動しました。

確かに、一時期、危険論を説くのが善人で、安全論を説くのが悪人……政府・東電寄りの……という単純な発想が広く流布していました。その風潮にうまく乗って、福島弁で言うところの、おだって、何人かの自称専門家が跋扈しましたが、その中でも、武田邦彦と上杉隆は二人揃って、最も極悪人かつ大馬鹿です。
私が読んでさえ、矛盾だらけのブログなんですけど……当時は、信じちゃった人たちがたくさんいたんですよねえ。
西へ避難した人たちなんか、中国からの汚染物質が飛来する中、今、どんな気持ちでいるんでしょう。そんな中の梯子外しですから、まさに鬼畜の所行です。

あの頃、考えたことですが、もし自分が中部大学の学生だったら、絶対にあいつを思い切りぶん殴って、退学したでしょう。
もちろん、今も怒っています!!

ただ、全体としてはいい方向に向かっているのは確かなので、今度はもっと楽しい話題の時にコメントさせていただきます。

たまたま、こんなに上に出てきてしまい、常連の方たちには申し訳ありません。

懐かしいお名前がぞくぞく♪

みなさんお元気でしたか~?

実は・・・私チューブの文章を読んだことないんです。
自分と家族を守るためには
読んだらダメだと思ってました(本能的に)。

今はじめて読んで酔いました・・・。

確かに・・・読み易いというか・・・
なんかうまくだまされそうになるというか。
私、もしリアルタイムで読んでいたらだまされていたと思う。
自信あります。

だから読んじゃった人、あなたは悪くない。
そう言いたいです。

それでも

>横浜のストロンチウムと子供の守り方(緊急の2)
http://takedanet.com/2011/10/post_81fe.html 10/13

このあたり・・・
めちゃくちゃになってきていますね。

これなんか

>なぜ、愛人宅は居心地が良いのか?
http://takedanet.com/2012/04/post_096b.html 4/10

たとえがなおみ程度に堕ちてますね。
馬鹿にしてんのか?

ネコさんお疲れ様でした。
ゆっくりおやすみくださいませ。
(またあらためて読みます)

武田師の明るくない未来

ネコさん、素晴らしい労作ですね。ここまで丹念に、事実を積み上げる地道な作業、敬服します。

震災直後から、takedanetを見ていた私としては、あの頃の記憶が、鮮明に蘇りました。

もっとも震災の年の3月下旬頃から、リスク計算の間違いや混乱、インチキ臭さに気づいてました。特に5月以降の記事は、質の劣化と、煽りがひどかったですね。

武田師の今後ですが・・・これまで、彼の依って立つビジネスモデルが、「大学教授の肩書」を使って、「学会や世の中の定説とは違うこと」を言って、「興味をひいて話題になる」ことだったとすれば、

(要は「学者」というより、「一見、学者にみえる芸人」だったとするならば)

震災後の彼の活動によって、上のビジネスモデルも「終わった!」と思います。なぜなら彼は、致命的な戦術間違いを、二つ犯したから、

1)これまでのダイオキシンやリサイクルの話題と違って、「震災被災者」という、「ネタにしてはいけない」人たちを、思い切りネタにして、煽ってしまった (→必要のない避難、家族の分断など、東日本の広域で「武田被害」を引き起こした。)

2)危機を煽るだけなら、TVだけでやればいいものを、ブログというネット空間で、思い切り情報発信してしまった (→証拠隠滅したくても、魚拓や引用があるので、絶対に消せない。)

今や、武田師(&煽ったマスメディア)に対して、損害賠償訴訟を起こす可能性のある個人・団体は、数知れず・・・自主避難者、福島に残った住民、福島をはじめ、東日本の農林漁業者や商工業者、観光関係者、地方自治体等々。

訴訟の如何に関わらず、いやそれ以前に、武田師はマスメディアから「色物」、「タブー」扱いされ、お役御免になると思います。

「曲学阿世の徒」の末路・・・って、所詮こんなものなのかも。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

新エントリお疲れです。

お疲れのところ恐縮ですが、
誤字発見です。

----------------------
科学者の日記110510  日々、変わっていくこと 5/10
「かなりのがん患者が出る」が正しくてLNE仮説も正しければ、
----------------------
いまさら言うほどのことでもないですが、
放射脳はどうでもいいことで騒ぎ立てる習性があるので

しかし、
こうして読み返してみると
やはり法的な対処が必要と改めて思います。

個人もそうですが、
自治体もこいつのせいで
大変な被害を受けていますので
県や市などの法務担当者は
まじめに検討すべきではないかと思います。


個人的には
焼き土下座させながら、
「さあ、お前の罪を数えろ」
と言ってやりたいですが、
法治国家ですので・・・

陰険な復讐法

ふう、読み込むのも大変なこのエントリ、よくまとめたもんです(あらためて尊敬しますよ)。

まあ、武田のオッサンの芸風は実のところあんまり変わっていなくて、「常識をひっくり返す」事で興味を引く、って点は共通していますよね(問題はこの人がひっくり返す「常識」が、世間一般の認識だけではなく、科学的にも矛盾することをやってしまうことですが)。

原発事故前の武田の芸の一端はこの本を読めばいいかもしれません。

「環境問題のウソ」のウソ
http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/490306316X/ref=redir_mdp_mobile

と学会会長の山本弘さんが、ねちっこい程の検証をしています。
(笑える要素は少ないかもしれないけど)



>シュロー男さん
お久しぶりです。ちゃんと覚えていますよ~。
パソコン、直ったんですか?

>あの頃、考えたことですが、もし自分が中部大学の学生だったら、絶対に あいつを思い切りぶん殴って、退学したでしょう。

同感です。少なくとも、学校側に文句のひとつは言ったでしょうね。(群馬大学だとしても、同じ事したかも、です)
他の先生方や学生たちにどう思うか、聞いてみたいですね。
特に学生さん方は、こんなアレな人に自分の学費使われているの、どう思っているのかも気になります。



早川が訓告食らったときに「運営側(学校)が言論を理由に処分するのは、如何なものか」といった議論がありました。
私個人も単に言論を理由にした処分は慎重にすべきだと(今でも)思っています。
だからといって、放っとくのも腹が立ちますし(実質そうなっています)、何か出来んのか?と思ったんですが…。

中部大学と群馬大学は、大学(運営サイド)として独自の権限があるはずですから、それをフルに使って「被災地支援」をしたらいいんではないでしょうかね。
例えば学食や教職員食堂で使う食材は福島県産(中部大学は岩手一関産も可)にするとか…(食材で贖罪、なんちて)
校内の設備、施設を使ってキクマコ先生や順一さんの講演会を開催するとか(これ、学生サイドでも出来ますね。そういった活動の支援だっていい)。
いっそのこと、公開講座で地元の住民と福島県民をご招待して交流する場にしちゃうとか。
ボランティアに単位あげるのは、文科省でも認めているはずなんで、積極的に活用するとか。

教員の「言論」を尊重しながらでも、学校は学校でできること、いっぱいあるはずなんだと思いますが、どうなんでしょうね。
(教職員食堂が福島県産になったら、武田や早川はそこで食う事が出来ない、って嫌がらせにもなるし…笑)

で、そういった支援のお礼に、福島の人はお花を贈ってあげるんです。福島の種で、福島の土で育てた花を。もちろん鉢植えで。
その花を武田や早川の研究室の前にズラーっと並べれば早川なんかは出勤出来なくなります。そうすれば職場放棄で…ってのはどうですかね?
(スッゲー陰険な方法ですけどね…でも、武田の面の皮は遮蔽効果高そうだから、効き目ないかもしれないな~)

2013-02-13(12:45) : :さん

こりゃ単位まちがったと思います。もう一度確認します。ありがとうございます。

福島の医師@お昼休み さん

妙な仮説立てていました。ありがとうございます。

No title

 僕が武田邦彦が言動がいかにも芝居がかった、怪しげな男だとわかったのは、福島原発事故後から、彼のブログを読みだして割とすぐ後です。

>何しろ「クルクル変わる」「無責任人間」「自分の過去なんて忘れている、無視する」「矛盾したままで説明がない」等はよくある話だ。<

 しかし、こんな人間なのにマスゴミは何故好意的に遇するのか、わけがわかりませんでしたよ。

>もう「悪文」ばかり読んでいる内に気持ち悪くなった。<

 ブログの文章全部がそうですね。まず日本語として成立しない言い方で、突然根拠のない恣意的な、特に数字をもとにして結論だと言うんですよ。読んでる僕は最後には本当に吐き気だって出てくる気がしました。結論に至るまでが乱暴な成立不能なロジックを駆使して「結論」を言い放つ。科学者以前に、悪質なデマゴーグの言う事なんか聞きたくないと思いましたよ。
 
 僕は自分の体調管理のために師のブログはときどき、あいつは今どんな馬鹿を言っているのか見る様になりましたが、それでは駄目ですよね。

 ネコさん本当にご苦労様です。本ブログの今回は永久保存の大作ですよ。体調管理についても上手く行きますように。

 武田は詐欺師としては非常に有能です。武田ファンをストックホルム症候群に陥れてシンパサイザーを大量に作り上げましたけど彼ら彼女らは実は武田の文を実は殆ど読んでいないのではないかと思います。

 ミスター1ミリシーベルトは自分の都合で「法律原理主義者」としてふるまっていますが、その法律自体を一度も示した事はありません。
 僕も調べたんですが見つかりませんでした。批判的な人が、放射性物質の取り扱い基準として業者向けに努力目標として示した指針に過ぎない。一般人が違反して司法、行政の処分の対象になる様なものではない。
 大体こんな風に言っていますが、いささか好意的ではないかと思いましたよ。

 池田信夫氏は、そんな法律なんかないと明言しましたけど、僕も調べた限りでは、それが正しい様な気がします。どなたかどういう条文でちゃんと明記してあると知っている人、いませんかね。でもわざわざ調べて貰う事などはお願いしませんよ。

 日本国民は、1ミリシーベルト年までしか人工放射能を浴びてはいけません。と言う言い方で被ばくした人の責任を問うかの様な言い方をまずしてから、国と東電が悪い、と言うのは、福島県の人をどれだけ傷つけた事かと思わないんでしょうね。

 とにかく、これを機会に武田邦彦を国民の記憶の中から抹消(マッサツと読んでください、漢字だと引っかかるみたいですから不十分だけど代替使用しました)すべきだと思います。あのニコニコ顔は今となってはいかにも芝居がかって薄気味悪いと思う様になった人も多いかと思います。しかし、一度心情的に信頼してしまうと、こんな良い人が私を騙すはずがない、とまだ思っている人も多いと思います。

 出来ればマスゴミが大々的に武田のウソなど取り上げてもらいたいですけどまだその時期ではないんでしょうか。僕はマスゴミの中にも武田のデマ、ウソにはうんざりしている人も結構いると思っているんですよ。

 ま、いずれ生きているうちに天罰が下るとと思います。彼は近いうちに原子力発電推進論に絶対に宗旨替えをすると思います。それ自体が原子力発電推進を大いに妨げるものだとは思いますけどね。

No title

茨城南部の取手や守谷で除染が始まりました。
たったの0.23マイクロシーベルト/時で除染とかもうね。

これも武田の煽りが大きく影響しています。
そしてホットスポットと大騒ぎした放射脳学者(自称)たちの煽りも。

取手や守谷の一部の人たちは自分たちの土地が汚染されたと本気で思っています。
ある意味可哀そうです。
エートスいばらきも必要なのかもしれません。

武田は誰に向けて話しているのか

武田邦彦のメッセージって、大雑把にいうと「東北太平洋側3県と関東を除く」地域の人をメインターゲットとして発信され続けてきたように思えませんか?
彼の発言は裏を返せば、「東北太平洋側3県と関東を除く」人々に対して、
「あんたらはそのまま住んどって大丈夫でっせ~。心配いりまへんで~」
「食べ物の産地だけ気ぃつけとったらよろしいわよぉ~」
と呼びかけているようなものだと、私は感じるんです。
福島から遠いところに概して放射脳が多く、かついつまでも続いている傾向が強いのは、彼のこうした発言の影響も大きいでしょう。
自身の文章力の乏しさゆえうまく表現しづらいのですが、武田邦彦の発言は、西日本出身者(因みに現在は神奈川県民)の私からみると、なんだか「臭ってくるもの」を感じるんですよね。。。
今回のネコさんのまとめを読んで、一層その思いが強まりました。

なお、武田邦彦の問題発言については、以下に引用するブログも非常に参考になりました。

農と島のありんくりん
http://app.m-cocolog.jp/t/typecast/610475/515571/69711465

>武田氏の言動が「世論」(特に西日本の)を作っているのは間違いのない事実ですので

ここのところ、大いに同意します。

No title

ネコさん、大作お疲れ様です。

今日の武田師のブログは北朝鮮の核実験を擁護する内容のものでした (^o^;)

http://takedanet.com/2013/02/post_2ee3.html


>福島の隣の県在住さん

http://www.rist.or.jp/atomica/data/dat_detail.php?Title_Key=10-07-02-03

これを武田師は1ミリの根拠にしてるようです。
「2.日本における法令上の管理基準」に「事業所等の境界の外又は周辺監視区域外の線量当量限度(現:線量限度)は、実効線量当量(現:実効線量)で1年間につき1ミリシーベルトとすると規定した。」とあります。
これは管理基準ですから福島の隣の県在住さんの言うとおり、一般の人が自らの選択で1ミリを超える線量を受けたからと言って法令違反に当たるはずありません。
さらに、タイトルには「平常時の管理基準」とあり、事故後の福島に当てはめるのは無理があると思います。

単なるバカだったのか

電気を起こすのに石油を輸入すると貿易赤字になる??

http://takedanet.com/2013/02/post_cc49.html

もはや、ここまでくると武田邦彦とは単なるバカだったのかと思う。


こんなバカをテレビに出したメディアの責任は重い。
こんなバカを原子力委員会の委員に任命したのは誰なんだろう。

関係ない件ではありますが・・・

願いが叶うコメント欄はこちらですか?

Manachan@柏さん
なんて心強いお言葉・・・。
ホントにそうなったらいいな。


福島の医師@お昼休みさん
>個人的には
>焼き土下座させながら、
>「さあ、お前の罪を数えろ」
>と言ってやりたいですが、
>法治国家ですので・・・

いやあん。そそるう♪
ホーチコッカどうにかならないかな。
超法規的措置とかで(よく意味は知りません)。


IKAさんの提案、素晴らしいです。
どれもこれも実現できそう。
そしてそこはかとなく復讐も加味されていて。
こういうやり方、かっこいいなと思います。
なんていうんだろ・・・色々含みのありそうなのがなんともイイ。


福島の隣の県在住さん
>彼ら彼女らは実は武田の文を実は殆ど読んでいないのではないかと思います。

ううむ。鋭いかも。
だって私も読んでない(笑)。
なんとなく周りのみんなが雰囲気でやられちゃって
雰囲気で危険だって騒いでて。

その様子をみて「こいつらの方が危険だ!」と決めたわけで。


フレッシュひたちさん
・・・は素敵な車両でしたよね。
>たったの0.23マイクロシーベルト/時で除染とかもうね。

それでも心配になった人たちの安心のための・・・なんですよね。
お気持ちにはまったく同感いたします。
それでも・・・お金と労力・とめられないんですよね。


元大阪府民からの伝言さん
なるほど~。

OVAL さん
>もはや、ここまでくると武田邦彦とは単なるバカだったのかと思う。

ずっとバカだったと聞いていますが
地震でなにもかも(それまでの価値や常識も)
おかしくなっちゃったのかと・・・思いました。


話題は変わりますが
小学館に賠償命令というニュースを観ました。
天罰覿面♪(タイトルに戻る)

まったくその通りです

>IKAさん
覚えていていただいて、光栄です。
実は知り合いが脱サラでパソコン修理屋を始めまして、家中のパソコンをチューンナップしてもらいました。
何だか、良心的すぎて、こんな修理代で儲かるのかしら……などと思ったのですが、おかげさまで、快調になりました。
とにかく、機械は苦手なんで、助かりました。ここに、HPのリンクを貼ったりはしませんが、もし困ってらっしゃる方がいれば、ご推薦します。

グンマープロフェッサーにも、もちろん、怒り心頭でした。
本当に、殴られて当然の人間です。
言論弾圧なんてとんでもない。自分の利益のために弱者を傷つけているわけですから、学長が注意して、聞き入れなければ懲戒免職でかまわないでしょう。

上が毅然とした態度を示さないのならば、自浄作用として、学内の良識派が声を上げるべきです。
でなければ、教育者とはとても呼べません。
しかも、群馬なんて、福島県からすぐなのに……。
そんな話は聞いた覚えがないので、みんな、触らぬ神に、といった態度なんでしょう。

あげくに、今頃になって変節ですから、まったく呆れた話ですよね。

あの日の衝撃

「一年一ミリシーベルト」を呪いの呪文にしてしまった武田氏の発言は、本当に罪深いと思います。
これによって引き起こされた不安や政府への不満・不信等、その後の福島への風評にまで繋がる大元を作り出した彼の発言は、大いに批判されるべきだと思います。
改めて彼の当時のエントリーを見るにつけ、あのDVDを見た時の衝撃が思い起こされます。
「こ、これまでの発言は一体何だったの?」
これは絶対皆に知らせなくてはならない、あのエントリーはそんな思いで書いたものでした。

No title

ネコさま
お疲れさまでした。チューブの文章は質より量でやたら多いし、論理が破綻しているから本当に読むのが苦痛ですよね。チューブ自身が、自分のブログの整合性を整えるのは無理なのではないでしょうか。

70代POP 私の好みですが。
http://www.youtube.com/watch?v=EAC19WbhboU
http://www.youtube.com/watch?v=2rgepWg4rzw
http://www.youtube.com/watch?v=zmSL36yd-gA


IKAさま
いっそのこと、群馬大学はキクマコ先生を学長に迎え、中部大学は山本弘さんを副学長に迎えたら、グンマーもチューブもいたたまれなくなって、辞任するのではないでしょうか、なんてね。

中テレは平常営業中

昨日の『ゴジてれ』第一部で『LIVE福島in札幌』のリポートが。
そこで『TWO HEART』という新曲が演奏された。
それについて箭内道彦氏が楽屋で「今回は自主避難者の要望があって札幌で公演することに。
『(猪苗代湖ズのあの曲が)嫌いだ』と言われてショックだった。で、新たな曲を作らねばと思って作った」と。
そして登場したのが宍戸隆子氏…。
まあ、箭内氏は使命感が強いからこういう行動に走ったのだろうし、
今回の全国公演を企画したのだろう。
しかし、宍戸氏には「余計なことをしてくれたな」の思いが強い。
FCTも叙情に走り過ぎだ。
箭内氏の使命感はまともだが、FCTのそれは百害あって一利無し。
もっとも3.11以前からの『風とロック』の県内イベントについて「ワシが育てた」と言えるのは民報くらいのものw
同業他社が便乗するから妙なことになる。

No title

お疲れ様です。。

<そこで、地上1.5メートルの測定値が20マイクロの学校は、子供目線では30マイクロとなります。

ドラックストアで売ってる19800円の線量計なら
こんな感じの値がでますけどね。。

この手の人達のことを最前戦では
『MY黒』と資料に書きます。。


法律で決められている、という大ウソ

たくや様、みなさん 

 たくやさんありがとうございます。僕もどうも見た事がある気がしますが、それを指摘した人もいたと思います。武田はこの事を言っている「らしい。」どまりなんですよね。本人が理論的に言わないから推測どまりにならざるを得ない。

「2.日本における法令上の管理基準」における「法令」の存在が「時の経過とともに時代背景を反映」したもので数値自体が時代とともに変わる事を前提としているわけで「法律違反だ」として問題化する事自体がおかしい性質のものでしょう。勿論その数値は科学的に解明されていくのが自明だと思います。

具体的にそれに従わないと不利益でも生じるか否か、はっきりとした文もないから、「そんな法律などない」と池田信夫氏が言っているんじゃないのかな。それに今回の事故について適用される事も想定などされていないと思います。そして既にその数値は20ミリシーベルト/年に変わっているじゃないですか。

やっぱり武田は重大な大ウソつきなわけですね。武田自身はこの様に言っていましたね

http://takedanet.com/2011/04/post_f1fe.html

文中の
「福島原発から放射線が漏れ福島市の1時間あたりの放射線量が20マイクロシーベルトになったときに、わたくしはびっくりしました。
私が放射線と健康についてどう考えているかどうかは別にして、法律で管理区域が0.6マイクロシーベルと以上となっているときに、その30倍もの放射線量が、普通のところ=福島市全体、におよんだのです。
私は、福島市長が直ちに福島市を管理区域にして市民を守ると思っていましたが、事態はは全く逆になり、またびっくりしました。」

って、本当ですかね。

まあ、それを除いても1ミリシーベルト/年以上は法律違反だというのは、なんか大きくジャンプがある気がします。当ブログ文章も良く読むと何を言いたいのかわからない武田文学の一つ。この文中から探すと

電離放射線障害防止規則
(昭和四十七年九月三十日労働省令第四十一号)

の第3条に

4  事業者は、必要のある者以外の者を管理区域に立ち入らせてはならない。

 だから、福島市民全員を避難させなかった。と言う事でビックリしたんだそうです。そうとしか読めません。

 安全衛生法の下位法規として、労働者を対象とした規制値を、労働者は人間であるから、普通の人と同じ基準を適用すべきだと言っていながら、年一ミリシーベルト以上は法律違反だと言うのは話が違うんでしょう。

 別な文ではまた適当な事を書いているかも知れませんけど、前に言った事と違うなんてのは彼にとっては当たり前ですから調べきれない事を良い事に、適当に言っているんですよ。

http://takedanet.com/2011/06/post_a199.html

 これで東京のお母さんを脅していますね。だからこんな追随型脳ブログもわくんでしょうね。

http://mitsuru0119.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/1-75f2.html

武田が煽るからですよ。

http://takedanet.com/2011/07/115_f0c9.html

No title

すいません、池田市のこの記事、読んでいる人が多いと思いますけど、良くまとまっていると思います。

http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51808606.html

No title

本日のトゥギャッター漁りの収穫。

断末魔の叫び?

http://togetter.com/li/455510

そういや、IWJも「会員が5000人切りました、ピンチです!」とか言っていたな。

「お客さんのなかにソースをお持ちの人、いませんか?」

http://togetter.com/li/455238

もはやお約束のオチですね。

神々の遊び?それから

http://togetter.com/li/452890

勢いで相方まで…(当然の流れですけどね)

http://togetter.com/li/455261

これはちとコワイ(笑)。
専門家の知識を活用したオアソビ、内容が理解できなくても素敵です。(早川ぁ、専門家ってのはこういう余裕なきゃダメだよぅ)



>元大阪府民からの伝言さん
以前コメントされた事もそうですが、西日本の人たちのマインドについての解説は私にはない視点で、とても参考になります。
原発事故の「デマ禍」の原因って、地域性なんかを伴っている可能性はかなりありそうですね。
もちろん個人的な背景も大きく影響するでしょうし…だからめんどくさい事になるんでしょう。

武田のTVによる煽り発言って、たかじんが多いみたいですし(見てないからわかりませんが、さんまなんかはあまり話題にならないとこ見ると、元大阪府民からの伝言さんがおっしゃっている通りなのかも、って思います)。

>OVALさん
武田が「専門家ヅラ」出来た原因のひとつには、本当の専門家が「御用学者コール」を怖れてメディアに出なくなった「スキ」を突いたようにも思えます。
メディアはもちろん、この人たちにも鉄槌を望みます。
あと、原子力委員会もそうですが、「キョージュ」の地位を与えた学校も同様「任命したの、誰」ですよね。(聞いてる?チューブ大学の人)

武田って基本「スキマねらい」なんですよね。今回は「スキマ」がとんでもなくデカかっただけで。

>なおみさん
いつも「言霊」がこもったお言葉、迫力があります。
でも、「人を呪わば穴ふたつ」って言いますから、お気をつけて…。

にしても小学館、あの中国に「著作権侵害」で賠償金(←このニュースですよね)。
なんか…ダメダメ。

>シュロー男さん
真面目な話をしてしまいますが、武田や早川の処分って「両刃の剣」だと思うんですよ。
教員の生殺与奪の権限を学長に与えてしまう訳ですから。
逆に、早川や武田がその権限をもって学長に就任なんかしたら、と思うとゾッとします。(この辺の話は、天羽先生のブログ等を読まれるといいかもしれません…)

http://www.cm.kj.yamagata-u.ac.jp/lab/pseudoscience/amqts0

>OSATOさん
あのエントリは武田信者には本当に衝撃的だったみたいですね。
以前からのヲチャは大体想像がついたようですが。

ところで、OSATOさんがモデラーとは知りませんでした。
私は不器用なんで、素直にスゴいと思っちゃいましたよ。

>千貫森の宇宙人さん
おお~、いいセンスだと思います(私も10㏄は大好きでした)。

キクマコ先生や山本会長が学長ですか~。いいかも。
でも、シュロー男さんへの返信でも書いたように、理性ある人だからこそ思いきったことは難しいようにも思えます。
現実的には、セクハラやパワハラの時のように、一種の「倫理委員会」みたいなものを設置して検討→処分って流れのほうがいいかもです。

>観潮楼さん
宍戸隆子氏は福島に「i love you」でもないですし、福島から「i need you」されても迷惑、ってことなんでしょうね~。
嫌いなら嫌いで構わないから、もう関わって欲しくないです。

>GTR110さん
「my黒」…ぶはは、ナイスです。

>福島の隣の県在住さん
武田の自称ブログって、タグもないですし「同じネタで矛盾していても分かりにくい」んですよね。(ほんと、大変だったと思います。>信夫山ネコ様)
で、資料の出典も明記なし(ほーりつダー、と言いながら具体的に明記なしとか)。
私も同様、「どの法律?」って疑問があって、教えてもらったことがあります。

今日の武田師

-引用ここから-

国は直ちに次の事が必要です。

1)高濃度被曝地の子どもを疎開させる(除染は間に合わない)、
2)汚染された食材の出荷を止める、
3)ガンになった子どもを全力で援助する、
4)除染を進める。また親も含めて移動を促進する。
5)「福島にいても大丈夫だ」と言った官吏を罷免し、損害賠償の手続きを取る。

日本の未来を守るために、大至急、予防措置を取ることを求めます。

-引用ここまで-
http://takedanet.com/2013/02/10_6a83-1.html

1)と2)は終了済、3)と4)は現在進行中でしょうか?

で、5)は
「「福島にいてはダメだ」と言った武田氏を中部大学は罷免し、メディアから追放し損害賠償の手続きを取る。

が正しいと思います。

自分に矛先が向かっていることを心配した方がいいのでは?と思います。

No title

っていうか、

>5)「福島にいても大丈夫だ」と言った官吏を罷免し、
>損害賠償の手続きを取る。

1カ月ほど前に

>このブログで2011年5月から言っているとおり、
>逃げなくても大丈夫です。

といったのを速攻でお忘れのようです。
自分も大丈夫だといった人間(官吏じゃないけど)に含まれる
というブーメランw

今日の武田師のブログは

今日の武田師のブログはしっかり魚拓を取っておいた方が良いですね。
しかるべき人たちはしっかりと抗議したほうがいいと思いますよ。

さて、懲戒の話が出ていますが
武田師に関しては充分懲戒に当たるような気がしますが

以前、青山学院の准教授がブログで炎上してかなり厳しい処分を受けたと思います。
それと比較できないくらい酷いので一気にクビでもおかしくは無いと感じますがねぇ。中部大学には抗議の電話が鳴り捲っていたりしないんでしょうか?
逆に宣伝効果になっているってクビどころかボーナスもらっているかな?w

早川に関しては元々よくいるただの無能教授、古き悪しき時代の教育学部の教授。「あんなの駅弁の教育や人文には腐るほどいる」と言えばそれまでの人。でも、独立行政法人化はこういう無能を首にできるというのが売りであり納税者への責任という話だったかと思います。財務省も無能教授を飼っていることに対して常に厳しい姿勢ですね。とはいってもやはりクビにすることは無理ですし、周りもあえて波風を立てようとはしないでしょうね。

天羽の名前が出てきたみたいですが、あの人はあまり・・

No title

師のブログを読んでいて頭がウニ化した頃、脳裏に「減思力寄生委員会」という言葉が。
んでもって、これに対抗するのは「減思力規制委員会」だな。などと。
メンバー考えていたら、寄生委員会の方がキャラ濃すぎて胸焼けしそうになったw

以上、チラウラでした。

そうです

まさに、減思力災害です。

>千貫森の宇宙人さん

オールド・ファッションド・ラブソング あのイントロ聞いたら懐かしくて・・・。

「福島の味方」である

山梨学院大学教授小菅信子さんに、ばかアサヒが何かやったようです!

小菅信子 Nobuko M Kosuge‏@nobuko_kosuge非公開アカウント

匿名アカで半年以上絡んだあとに、それを伏せて、実名・肩書を名乗って、福島についての私の議論に関心があるといって取材を申し込み、時間を割かせながら、記事に反映することは愚か、とんでもない迷惑と屈辱を、私と私の家族に強いたのです。

ぷよねこ@福島県さんがリツイート
開く 返信


お気に入りに登録

2月13日小菅信子 Nobuko M Kosuge‏@nobuko_kosuge非公開アカウント

私は、朝日新聞からの取材要請もどんな依頼も、今後はいっさい応じない。あの無礼な論説委員の無礼極まりない「取材」について、私は人間として強い怒りをきんじ得ないから。

ぷよねこ@福島県さんがリツイート

お疲れ様です

ネコさん、まとめお疲れさまです。
この人のブログは表層除去しろと叫んでいる頃は読みましたが、その後検索ワードに「トンデモ」とでた時点で呆れて読んでいませんでした。
なんだか読んでもさっぱりわからない文章なんですが、みんないったい何を信用したのでしょうねぇ・・・。

ところで、法治国家→ホーチコッカから放置国家と変換してしまって、頭の中で、ぐるぐるしています。(笑)
因みにtateさんの名前をずっとteteさんだと読んでいたと気づきました。相変わらず空目。^^;
シュロー男さん、勝手に信夫山コメント欄デビューの同期生と認識させていただいております。お元気で何よりです。(PCも)

願いの叶うコメント欄、いいなぁ・・・。

『トンデモ学者の放置禁止!穴に落ちてしまえ~!』

頭が変

>安積の白猫さん
ありがとうございます。ずっと地下に潜っていたのに、温かい言葉をかけていただき、感激しております。
今度は、あまり間合いを空けず、おじゃましようかと考えております。

>IKAさん
おっしゃることはよくわかります。
表現の自由の問題もあるので、権利が濫用される弊害は充分考慮されるべきですが……でも、さすがにここまで悪質だと、大学から追放されてしかるべきではないでしょうか。
学長の独断が問題なら、やはり良識派が運動を起こすべきだと思います。でも、中部大学あたりは、案外、スター教授が出たというので喜んでいたのかも……そう考えると、暗い気持ちになります。

それにしても……こいつ、絶対に頭が変ですね。

もう夜遅いね

IKA さん
>「人を呪わば穴ふたつ」って言いますから、お気をつけて…。

はい。気をつけます(素直に・自戒)。


笹団子さん
>自分に矛先が向かっていることを心配した方がいいのでは?と思います。

小心者の細やかさで
自分の身に迫るなにか察して
逆切れしてるのかなと私は思いました。
(だってつい先日の言い分と全く違うんだもの)


ジユーホードーナントカ。
人の気持ちを考えましょうとか
悪いことをやめましょうって
かけ声だけでは無理。

やっぱりお金がないって一番の抑止力になるなあって
つい思ってしまいます・・・
(いつもお金の話でナンですが・・・人の行動を変えるには
道徳を説くよりも効果があると思うんです)。

遅ればせながら

ようやく今日ゆっくり読ませていただきました。ラブキュリを読んだせいかこの記事の武田師のデタラメぶりもかなり理解出来たようです。

読んでいてすらだんだんムカついて来ますからお書きになったネコさんは尚更でしょう。本当にお疲れ様でした。貴重な記録として永久保存ですね。

僕の方はこのところは雪が積もり、最高気温がマイナス 3〜4℃ ぐらいの日が続いています。下の写真は我が家の窓からの眺めと夜に家の門を入ったところから道路を眺めて撮ったものです。どちらも 4、5日前のものです。
http://farm9.staticflickr.com/8367/8462270692_1a77922118_b.jpg
http://farm9.staticflickr.com/8108/8461174505_20786eb913_b.jpg

あとひと月ほどで震災 2年ですね。今年こそはデマが一掃され、尊師やプロフェッサーらの責任が追及されることを祈ります。

No title

 武田氏の福島での甲状腺ガンについてのブログではチェルノブイリ原発事故は1988年4月となっていますが、実は1986年4月だと、皆さんご存知ですよね。

 武田氏の言うとおりだとしたら確かに1990年の「2年後」にウクライナ、ベラルーシは急増ですけど、1986年からの2年後は急増と言うほどでもないでしょう。

 1988年にもチェルノブイリで別な原発事故が起きたのかな。

 尊師はときどき数字のミスをやりますが、後でこっそり直すこともあります。でもネコさんのブログに侵入して直す事は出来るでしょうか?

No title

あ、前の投稿は私ですので

わはは

武田師メチャクチャですね。

何か見つけたらここに書いておいてください。ワタシもさっき最新の
「ICRP111から考えたこと 福島で現存被曝状況を生きる」
http://dl.dropbox.com/u/28775595/Intro_ICRP111_ver1_2_1.pdf
が29ページで武田師の「一年一ミリ」等のことを書いているので、本文に追記しました。

A2の嚢胞は出たり消えたりする

のだそうです。

坪倉さんは自分で甲状腺のエコーもやっていて、県の検査でA2判定の子どもについて数ヶ月後に再検査すると、消えていることもしょっちゅうだそうです。

それには当然の理由があって、、、
おっとそれはTUFルポルタージュ「公開講座・福島で日常を暮らすために」2/17深夜25:20~27:20をご覧ください。
(こんな時間の2H番組なので、録画視聴推奨)

流れぶった切りですいませんでした。

武田教授の暦

武田教授の暦はイスラム暦、それともマヤ暦?冗談はともかく、常識的な事故年も間違えて福島の甲状腺がんは10倍の発症率などとよく言えるものだと思います。おそらく、教授はチェルノブイリ事故や甲状腺がんなどの専門的な知見がないのに、その時々のニュースから適当に資料を見つけてはつじつま合わせの言説を適当につくっているだけのような気がします。どうしてもにわか仕込みだから、ボロが出てしまう。

放射脳県知事

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130215-00000119-mailo-l15

こんな非常識も甚だしいことを知事が平気で言うのはこの人が卑しいだけでなく、武田師を初めとするデマ煽りやのせいだということをもっと幅広く理解する必要がありますね。

天声人語

2月14日の天声人語は、東電の調査妨害についてだったようですが、その締めの言葉が気になったものですから・・・

『 皆が、歴史に裁かれて恥じない言動を求められている。

 無論メディアも同じである。』

だそうで。
どの口が言うか、って気がします。

いろいろ自粛中

仁さん
いつも雰囲気のある素敵なお写真ですね。
一枚目中央の建物の配色、あの色合わせは私ごのみです。
洋服とかバッグとか小物とか・・・ああいう配色大好き。
街全体のトーンがあんな感じなのでしょうね。


ガンバレ道の駅よつくらさん
このニュースを読んだ時
ずいぶん心無いことを言うものだなあ・・・と
もう2年も経つのにこの程度の人がいるんだなあと
本当に残念に思いました。


安積の白猫さん
そういう時は
「どのくちだどのくちだこのくちかああああ!」って
ほっぺをスクリューつまみしてやるといいです。
(今朝、NHKに私たちのグッチさんが出ていらっしゃいましたよ♪)

No title

>やぁどさん
「A2の嚢胞は出たり消えたりする」、またスクープですね。「チェルノブイリ法の土壌汚染区分が農作物移行を考えてのものだった」と並んで。TUFだけですよ、こんなに正しいの。


>放射脳県知事
「東日本大震災:がれき埋め立て、知事「殺人に近い」 柏崎、三条市は作業継続 /新潟」

この発言、早川と同じですよ。これが問題になるなら早川も問題だ。新潟の毎日記者は「日野」よりはまし?

No title

新潟県知事の言動はリコールものですね。それとまた武田教授がいつまにか記事訂正?をしています。2月14日ブログで福島の甲状腺がんの発症が通常の10倍から50倍にいつの間にか変更されていました。分母が18万人から3万8千人に変わったためです。煽り度5倍アップ。しかし相変わらず、チェルノブイリ事故の年月日は1988年4月のままです。ひどく間抜けな感じがします。

ぎゃはは

メガ盛りだ。

ラブキュリの中川恵一先生のパートに、韓国では甲状腺ガンが日本の14倍ってのありましたがね・・・。検診ブームか何かで。

もう鼻から牛乳

この人

Kitsch Guy

と呼びたいdeath。

こちらに書くけど、

さんまさん、お返事ないですねえ。。。

唯我独尊

経済産業省から岐阜県庁に出向していた現新潟県知事が使途不明金105万円の返還を求められたときの反応。

岐阜県裏金問題について
http://chiji.pref.niigata.jp/2006/12/post_6985.html

岐阜県の対応「居直り強盗」 新潟知事が批判
http://www.gifu-np.co.jp/tokusyu/2006/uragane/200701/0123_1.shtml

北陸新幹線の新潟県の費用負担問題についてゴネた新潟県知事
暴走する地方自治
http://www.bousou-jichi.com/cat22663694/index.html

岐阜県、石川県に喧嘩を売り、自分の意のままにならない三条市長や柏崎市長にも喧嘩を売る穏やかでないお方のようですね。

昨年の新潟県知事選では自民党はじめこの人物を公認した政党は非難されるべきでしょう。

No title

ネコさま
確か、大友克洋の初期の短編に、物語の終盤に登場人物の一人がタバコをふかしながら「まるでオールド・ファションド・ラブソングだね」と呟くシーンがあったと思いますが、70年代感覚ですね。


しかし、こちらは公正で優秀な審判が仕切るレスリングの試合に臨む選手の心境で対峙しても、チューブはルール無用のプロレス気分ですらね。こちらも、チューブを場外に投げ飛ばして、パイプ椅子でガンガン殴りつけて、チェーンや有刺鉄線でグルグル巻き縛りつけた上、ダウンした所を踏んづけて中指ポーズをきめて、放射脳どもからブーイングを浴びるヒールに徹さなければ・・・と思いますが、なんてね。

やはりこちらに書きますが

「さんまさん」の件、デマゴ市長のエントリーになんか戻りたくないから、こっちに「返事」ほしいですね~。Kitsh guyも同じネタでメガ盛りになったし、デマゴ知事も現れたし。

泉田新潟県知事

泉田新潟県知事は浮動票によって知事選に勝利して、中越地震や洪水などの災害で被害者に寄り添う姿勢を一応見せたりして支持率も全国でも高い地位にあった人。

 ですが良くテレビに出て、防災用の作業着でただしゃべったらそう見えて、新潟県なら支持率もあがりますよ。確かに今までの知事に比べたら若いし、普通の人的でえらぶる感じもないから好感度はもたれるでしょう。災害復興が彼の初仕事の様なもので発言する機会も多いから尚更でしょう。

 ホームページを見て見ると武田に煽られる前に反原発・放射脳の下地があったと思われます。京大法学部出身というのはそうなんだろうか?しかし思考自体は法的ロジック的ではなくて情緒的ではないかと思われます。僕の感想ですけどね。

 ただ刈羽原発再稼働の県民投票については圧倒的多数の自民党県議がいる県議会が否決しました。かなりショックだったのかそれを引きずっていると思います。刈羽村、柏崎市の選挙で原発容認派が勝ったし、柏崎は当選、次点とも原発容認で反原発候補はなし、勝ったのは現職で再稼働に慎重、負けたのは再稼働を今すぐと言う候補で大差もなく地元では基本的に原発容認ですよ。

もともと支持基盤は自民党ですから自分の次の選挙をさらに浮動票を確固としたいがための受け狙いもあって、このところ反原発姿勢を強めていたところの発言ですけど、新潟県自公与党県議団からすれば行き過ぎが目立つわけです。

 次回選挙で立候補するなら自公の推薦を受けられるのか理屈上は無理でしょう。新潟県は旧社会党がかなり強くて自治労、農協にも支持基盤があったけど、既に瓦解しています。
 先の選挙では民主党は全敗、社民党は候補もたてない。しかし浮動票が民主党に行かなかったと言う事と自民党県議が頑張ったためでもあります。

 市レベルの自治体がどんどんと受け入れて、がれきを焼却したごみは一般ごみに含まれるよりもセシウムの量が少ないとわかったと、当該自治体の首長が言うんだから、文句があるなら県の役人でも使って、科学的に責任を持って反論すればよい。どこが殺人行為なんだか。

黄砂と比較してどっちが危険か考えた方が良い。あの黄色い空でも平気で外出していたけど昔は相当なストロンチウム90だって入っていたんじゃないかな。春は黄砂、夏は猛暑、秋は長雨、冬は豪雪、日本トップクラスの災害県の新潟県民はしぶとく生きていますよ。こちらでは「放射脳」で目立つのは知事と、森裕子程度か良く知りませんがそれほどでもない気がします。新潟県の政界については僕は殆ど知らないので全国ニュースで時々見るだけです。

 反中央、地方の権利を主張でマスコミにも登場回数が非常に多い人だけど、自分が新潟州首長とでも思っているのか、地元の自治体の自治権について文句を言う等、矛盾して明らかに孤立化していると思いますよ。本来は維新の会が方向性が同じに見えたけど、国政選挙で維新の会が大勝利をして、実質与党化したら、彼もある意味梯子を外された様なものかも知れません。

 新潟県は海岸線も長くて単調、原発建設適地も多いから、100基位作ってしまって、50基は東北電力が新潟県の冬季の暖房のために専用に使うとしたら新潟県も結構住みよくなる。
 などと思い切って怖い発言をする根性なんかないんでしょうね。反中央姿勢だってみせかけ、それで新潟県が良くなるとかは無関係でしょう。
 灯油代金も上がるし、東北電力も値上げ申請ですよ。この現実を直視したら、直ちに世界最大クラスの刈羽原発を再稼働させて、さらに原発を東電がだめなら東北電力に誘致をして、原発100基の交付金で優雅な県になるチャンスなのに。

 2月の半ばになれば太平洋側は日差しも強くなって結構暖かいでしょうが、新潟県はマラサーブイデステ。つまり寒いんです。
 なにしろ「裏日本」でシンプルな300キロの海岸線を誇っています。西高東低冬型気圧配置と北極からの寒波を日本を代表してじっと我慢で受け入れているんですからね。

「表日本」、つまり浜通りもある福島県は豪雪地帯も含む会津から中通り浜通りと気候も多様性があるというのか今は極端に違いがある時期なんでしょう。人生にも裏表がある様に日本にも裏表があってウラの代表格こそ新潟県でもはや首都圏の裏庭として確固たる地位にあると思います。僕は「裏日本」と言う言い方嫌いじゃないです。若い時は拘ったんですがね。

 でも東北電力電気料金値上げですよ。夏も冬も家庭用電気料金を多く使うのは新潟、福島も同じでしょう。
 年間だと結構な金額になるけど電気料金値上げはあらゆる商品、サービスの値上げにつながりかねない。

 円安で喜んでいても、原油価格が値上がりして年間新たな燃料費4兆円が5兆円にもなるかもしれないと、まあそれはおいても、灯油料金、電気料金が値上がりして喜ぶ新潟県民なんかいないと思います。
 原発再稼働賛成だから、さらに東北電力の新規原発にも賛成するから値上げは勘弁してほしい、くらい言えないのかな。知事さんよですよ。



 武田氏がいくらブログを改竄しようと、動かぬ証拠は残っているのです。この「ネコブログのトーヤマザクラ、見忘れたとは言わせねえぞ!」とコメント毎彼に見せられませんかね。でもすぐに黙って削除する恐れもあるかも知れません。

10倍を50倍にしても、「1988年4月のチェルノブイリ原発」を訂正しないんだから、もはや精神科領域の治療対象な人じゃないですかね。胃潰瘍、糖尿病、逆流性食道炎でも記憶障害が起きますよ。睡眠薬の服用でもそうです。

これらも

気持ち悪いです。狂ってますよ、武田bot信者。ドロイド部隊だ。
http://togetter.com/li/275509
http://togetter.com/li/449584

新潟県知事発言
http://blogs.yahoo.co.jp/uraken98/14761625.html
原発からの距離で示しているところに感心しました。さすが「鉄」の人。

武田氏を半分擁護する

 私は名古屋に住んでおり、福島の実際の状況を知りたくて、良く拝見しています。

武田氏の変節について、全く同感ですが、もう一つ別の見方があるのではないかと思っています。
その理由は、大震災前に武田氏の「地球温暖化」の話を講演会で聞いたときの事です。
 私は、当時の武田氏の主張「地球温暖化は起こらない」を予め調べていきました。
しかし、講演会で武田氏は気象庁の温暖化シミュレーションを持ち出し、「地球温暖化は、こんなに日本にとって有益」と、終始話しました。

 私は、講演会の後、直接詰め寄って、「私が事前に調べたあなたの主張と、今日話したあなたの主張が違うのは何故か。」と問いかけました。
 武田氏は、「私は、ある事実から客観的かつ合理的に推測できる事を述べている。『地球温暖化は起こらない』はテレビ向けでちょっと言い過ぎだが、「南極の氷は減らない」事は、「0℃以下で氷が溶けない事」と、「温暖化で予想される温度変化範囲でも南極の温度はほとんどの地域で0°以下となる事」から導かれる、合理的な推論だ。」
というような事を言いました(実際にしゃべった言葉は忘れました。)
 また、「気象庁のシミュレーションが正しいとすれば、日本の暖かい南の地域では温度変化が少なく、寒い北の地域ほど温暖化することになり、全体的に暮らしやすくなる。温暖化による干ばつ被害が予想されているが、雨というものは必ずどこかには降っている。」
というような事を言っていました。

 そして、武田氏は、
「私は、自分の意見を言っているのでなく、『もしAが成り立つなら、Bという結果となる』ということを述べている。
 マスコミ等は、私の珍説の『結果』のみに注目、揶揄し、『仮定』や『客観的かつ合理的』な部分がどうであるかの批判を行わない。しかし実の所、マスコミが正当だと思う研究機関に対しても、マスコミ等は、研究機関の『結果』のみに注目し、『仮定』や『客観的かつ合理的』な部分がどうであるかの批判を行っていない。これは大きな問題である。
 だから私は珍説を唱えて(武田はなぜそんな馬鹿げたことを言うのか?という疑問を抱かせる事で)、世間に『仮定』や『客観的かつ合理的な推論』の部分の大切さを訴えたい。これに注目してこそ、科学的リテラシーが高まる。」
というようなことを言っていました。仮定とは、本当のところどうだかわからないが、とり合えず今はこれが正しいとして話を進める、という意味です。

武田氏が、「本当に客観的かつ合理的な推論」を行っているかどうかは別として、「仮定(前提)、推論、結論」を述べていると考えると、武田氏の思考回路が見えてくるのではないかと、私は思います。

 OVALさんが指摘した、石油の輸入と貿易赤字の話も、1), 2), 3)は仮定、4)は推論、「石油を輸入すると貿易赤字になるのは間違い。」が結論なのだと思います。
 結論だけを見て、武田氏を批判するだけでなく、例えば、「4)の推論が問題。今までの間、日本の電気を最も有用に使う努力をしても、ちょっとの貿易黒字が限界だった。これ以上日本の電気を有用に使うのは無理だから、現在のところ石油を輸入すると貿易赤字になるのは正しい。」と言えば、たぶん武田氏は初めて、批判されたと感じるのかもしれません。(「乞食の理論が云々」のところは意味不明です。)

「原子力と被曝〜」についても、「50倍となったのは、何か原因がある」(仮定)ととりあえず考え、
「福島でのみ起こったなら、福島に特別な事象が原因であるはずだ」(推論)、「福島県に特別な事象は、被曝線量である」(結論)と考え、甲状腺がん発症率50倍の対策を記述しています。
 私は、もし「冷たい目」で、一旦武田氏と言う人物像を忘れ、武田氏の「原子力と被曝〜50倍」を読むなら、「なるほど、そういう考えも成り立つのかな。でも本当かな?」と思えます。
 そして、「甲状腺の精密な大規模調査が行われ、結果が公表されたのは福島県だけであり、対象となる検査結果はまだ発表されていないこと」及び、「チェルノブイリの被曝量に比べて福島県の被曝量がはるかに少ないこと」から、「武田氏の結論は、矛盾する事実も多く、今のところ信じる事ができない。」と考えます。(信夫山ネコさんもずっとこのような批判方針でやってこられたと思います。)

 ですから、武田氏の言論を「変節」で批判するだけでなく、やはり武田氏が用いた「仮定」と「客観的かつ合理的な推論」のどこに問題があるのかを批判する事が、大切なのだと思います。

 また、大変残念に思う事は、武田氏の「私は、『仮定』に『客観的かつ合理的な推論』を加えて得た『結論』を言っているのであって、結論を真実かどうか判断するのは聞いた人自身だ。」という態度が、今回の災害においては、ほとんど役に立っておらず、害悪になっている部分が多いということ事です。
 また私は、武田氏自身が自分の言動で影響を受ける人がいる事を知っていながら、その人たちの事を考慮に入れず、「私は『仮定、推論、結論』を述べているのであって、信じる信じないは聞いた人の判断、私に責任は無い。」という主張を続けているように思え、このような主張はやめた方が良いと思っています。

 武田氏の「限度は1mSv毎年」の主張については、私は武田氏の考えを以下のように勝手に推測しています。
 「放射能を扱う業務では追加(天然でない)被曝量を1mSv毎年以下にする基準がある。原子力発電所の事故に関して一般人ついては、基準が無い。だから、従業者の基準を援用して、とるべき行動を考えた。
 私が問題なのではなく、事故時の一般人に対する法律が無いのが問題である。国は、今までの従業者の管理基準が間違っていた事を認め、放射線量の影響とリスクを詳細に述べて、『xμSv毎時以上の所は避難する必要がある(xは10かもしれないし、100かもしれない)』という法律を作るべきである。そうすれば、この法律を前提とした、福島県でのとるべき行動が考えられる。(結果、避難を主張する事は無くなる。)」
 
 しかし、結果として武田氏の主張は、結論の「避難すべき」のみが取り上げられ、また、武田氏自身もそれを大きく主張しているように思え、本来避難の必要性が無いところから遠方へ避難した人たちは、多大な損害を被っている事には、違いないと思います。
 ですが、「福島県民の苦労をわかっていない」と感じられるかもしれませんが、私は、武田氏の主張が、「事故時の一般人における法律が無い。だから、従業者の基準を援用して、一番被害が大きい場合を想定し、対策を考え、公開した。」という事であるなら、なかなか責任を問う事が難しいように思っています。
 むしろ、それ以外の風評被害を招きうる発言の方が、責任を問う事が出来る問題ではないかと思っています。もちろん、責任を問われる問われないに関わらず、自分の言動が他人に及ぼす影響に注意すべきだと思いますが。

非常に長い文章になりました。お許しください。
また、私は武田氏の回し者でもありません(^^;。

これからも、信夫山ネコさんのブログ、応援しています。

やっぱり

>さんまさん
来ないみたいですね。別に待ちわびてるって訳でもありませんが。

昨日は別エントリに書いたので、こっちはちょっと乗り遅れ気味ですが。

>シュロー男さん
気持ち的なところでは、「あいつならんかギッタギタのメッタメタのグッチョグチョにしてやりたい」って思ってるんですよね、実は。目の前歩いていたらどうなることか(笑)。
良識ある先生方や学生さんに期待していたんだけど…動きが見えない、とちょっと憤りたいな~と思っても見ましたけど、どんな商売でもそうですが(もちろん私も含む)、同業他社(他者)にはかえってモノが言いにくいところもありますしね~。(ただし陰ではボロカス言いますけど…笑)
いずれにしても、こういった輩はじっくり証拠を固めて、時間をかけてネチネチ真綿で首を絞めるようなやり方で苦しんでくれればいい、という本音もありますです。

>ガンバレ道の駅よつくらさん
>逆に宣伝効果になっているってクビどころかボーナスもらっているかな?

中部大学ってどんな学校かわかんないんですが、少子化のいま、学生集めになりふり構わない大学は多いようですし、「知名度」重視って意味では案外あり得るかも、なんて私も思っています。(中部大学で武田の言動を問題視した、って話は寡聞にして聞いたことがないですし…)

>安積の白猫さん
日本が放置国家…風評やデマに関しては本当に「放置国家」ですよね。
デマ対策に消極的なのは、もしかしたら何かの陰謀なんでは?と思っちゃいます(笑)。

>なおみさん
自粛、って…私のせい?
>スクリューつまみ…
はい、このペンチ使ってください(笑)。

>仁さん
一応インテリなかた、リクエストに応えて、またツイッターに復帰したみたいですね。
バトル再開?

>うるしねまきさん
他、武田のブログ見られた方

最近あんまり見なかったんですが、この頃はいろんなネタでエントリあげているんですね。
チラと見ましたが、「放射能ネタ」以外も酷いもんです。(難しい事知んなくても誰でも批判できる、って利点はあるかも…笑)
例えば、「お城」の話なんかは、たぶん城マニアの人が見たら「人柱」にしたくなると思いますし、「インドの巨人の星」なんかはもう映像メディア全否定ですよ。(オメーが出ているTVバラエティにはスタイリストはおらんのかい!ありゃ大抵どっかのアパレルメーカとタイアップしているはずなんだけどねぇ。TVの衣装が自前と衣装部のみでまかなってると思っているのかな)
つーかテメー自身がどっかの出版社とどっかの線量計くっつけてボッタクリやらかしたオトシマエつける方が先じゃろがい!
テメーの本のステマbotも放っといているくせに。

あ、なんで怒っているかはこちら

http://takedanet.com/2013/02/post_2489.html

この人、ひょっとしてただ「思いついたこと」を調べもせずにただ文字おこししてアップしているだけじゃなかろうか…。

TV局さーん、武田のオッサンは映像メディアと企業のタイアップ全否定してますよー!皆さんの番組作り批判ですよ~。
いいんですか~?

このエントリ、TV局に送りつけたろかな。
(たかじんさん、さんまさん、衣装は自前なんでっか?)

はぁはぁ、メヅラシクコーフンシテシマッタ。



新潟県って、福島からの被災者受け入れの数多いですし、同じ東電の原発立地県なんで、親近感あるんですけどね~。
なんか残念な知事さんで…。
「殺人に近い」っていうんなら、刑事告発でもなんでもすればいいと思います。
やれるもんなら、ね。

No title

名古屋のネズミ 様

 そんなに深く推察して、かばう事はないと思いますよ。

 仮定をたてて、結果を出すまで。

 1+1=3なら

 2+1億=0.00000005だから

 100+300=たいしたことではない

 武田ワールドは何から何までそもそもロジカルであっては成立しないんです。○○なら、○○だから、○○と言う事になる。と言う○○の中に平気でウソを混ぜるんですよ。彼の文章の特徴ですね。

 この大したことではないが、ときには非常に危険ですと、たてた鉛筆の転がる方向で決めて、真の目的の「お金儲け」が出来ればそれで良いんですよ。

 その結果、社会的に害悪が非常に大きい、と言う状況がずっと続いていると思います。

 一番悪質なのは、科学を否定して、金儲けをする事ではないでしょうか?彼にかけているのは人間としての良心ですよ。そのために科学的事実を述べて、ウソを言っても平気な人なんです

 人を騙して金を不当に取り上げるのが詐欺です。その証拠は十分にあると思います。

かき
れち
おが
つい

No title

>IKAさん 
まあ、気持ちは同じですね。結局、こういう場合、非常識な人間の方が有利なんでしょう。私なんか、「この前言ってたことと違うぞ」なんて言われただけで、動揺しますけど、ラブキュリの言う通り、面の皮がさぞ厚いんでしょうね。
ただ、持ち上げられた分、落とされる時もきついから、何かのきっかけで天罰食らう日が来ると思います。

美味しんぼ……福島編は読んでいません。
だって、うち、もう買うのはやめちゃったけど、100冊以上あるんですよね。全部焼きたくなるじゃないですか。
ただ、皆さん、おっしゃる通り、眉唾情報が多いし、そもそもグルメ漫画なんだから、食欲なくすような話書いちゃいけませんよね。
原作者はやりたい放題だからいいけど、漫画家さんが気の毒だとしみじみ思います。

No title

は~い!今日は日本語講座だね。

>かき…牡蠣、松島でお馴染みですよね~。焼いてよし、鍋によし、生でもOK。寒い季節の風物詩。わたしゃフライも大好きです(タルタルソースつけてねっ)。

>れち…れち?そんな日本語ねーだろ、と思ったアナタ、甘いです。ここにいらっしゃる鉄な方ならもうおわかり。「車掌」の略号ですね。旅客車両なら「カレチ」(そんなマンガがあるんですよ~)、貨物なら「ニレチ」です。

>おが…これは言わずと知れた秋田県の「男鹿半島」ですね。悪いごはいねがー!

>つい…ツイッターの略ですね~。

うはは、苦しいな~。
ネコさんにダメ出しもらったら、「3文字」から「4文字」に揃える知恵はあるんですね~。うんうん、進歩進歩。
でも単語2つが限界かな。
できれば、言いたいことは文章にしてみようね。

>シュロー男さん
どうも、アレな方の後で申し訳ないです。
私も本音言えば、もっとひどいことナンボでも書けますけど、まあ自粛です(笑)。

美味しんぼ、私は結構好きでコミックスも持っているんですけどね。福島編はまだ続くんで、評価は保留ですけど、アレな方向に進みつつある気がします(しつこいけど、田中優がなぁー)。

>名古屋のネズミさん
はじめまして。
おっしゃる通り、武田のオッサンが言うことを分析、解釈したうえでの「しっかりした批判」は大切です。特に武田の話は理系とは思えないような「解釈の幅」がありますから(単に文章が下手なのか、言質を取られないようにしているのかは判断がつきかねますが)。

でもですね、(たぶん名古屋のネズミさんもわかっていらっしゃるでしょうけど)講演会やブログなんかでの(著作はまた別です)この人は「その場の雰囲気でテキトーに話を作っている」んじゃないか、と感じ始めているんですよ。
例えば「珍説をとなえて~中略~リテラシーを高めたい」ってお話も「科学者」を名乗る人は一番やっちゃいけない事のひとつだと思いますし、本気でそう思っているなら他の方法を採るべきだと思います。(そうじゃなくても、単なる詭弁にしか思えませんけど)

それに、山本弘さんやNATROM先生は「武田が言う客観的かつ合理的な推論」をそれぞれ細かく検証し、批判していますがマトモな反論をしていません。その点は、名古屋のネズミさんにお話しした「結果ばかりを重視せずに、そこに至るプロセスを注目させるため、あえて珍説をとなえる」って言葉とは矛盾しているように思います。
私の推測にすぎませんが、「しっかりと予習をしてきた聴衆に、かつての説との矛盾を指摘され、それに合わせた説明をテキトーにした」ような気がします。

その意味では「空気を読む」のは非常に上手で、「その場に合わせた」話を作る程度に頭はいいんでしょうね。

そう考えると、先のコメントでの矛盾(インドの巨人の星、の話ですね)もよく理解できます。
(だからブログこっそり書き変えたり、どうしても整合性が取れないものは削除したりするんでしょうね)

それにしても、武田自らが自分の話を「珍説」って思っているのは面白いですね。
ってか、確信犯なんですね、やっぱり。

IKAさんのせいじゃないですよ

さんまさんってだあれ?どこどこ?
(杉影さんのコメントにもようやく気付いて
さっきおっかけ読みしたところです)

シュロー男さんへのコメントに横入りですが
>良識ある先生方や学生さんに期待していたんだけど…
あのIKAさんの提案
関係する方が実現してくださらないかなと思いました
(自分が考えたような顔して、手柄にしてもいいから)。
そのくらいよかったです。


名古屋のネズミさん
>今回の災害においては、ほとんど役に立っておらず、害悪になっている部分が多いということ事です。
>武田氏自身が自分の言動で影響を受ける人がいる事を知っていながら、その人たちの事を考慮に入れず、「私は『仮定、推論、結論』を述べているのであって、信じる信じないは聞いた人の判断、私に責任は無い。」という主張を続けているように思え、このような主張はやめた方が良いと思っています。

この部分を理解してくださった上での
>武田氏を半分擁護する
でしたので
私はなるほど・・・と了解いたしました。

>「福島県民の苦労をわかっていない」と感じられるかもしれませんが

そんなことないです。
外から・遠くからの冷静な受け止め方は
私には参考になりました。

美容と健康

さんまさん見つけた!

今回はさすがに騒ぐ人いないなあ・・・
(ちょっと構えていたんですが)
と思ってたらやっぱりいたんだ~。

さあ寝よ寝よ。
夜更かしになっちゃった。

武田邦彦を軽蔑する理由

福島の隣の県在住様

>○○なら、○○だから、○○と言う事になる。と言う○○の中に平気でウソを混ぜるんですよ。彼の文章の特徴ですね。この大したことではないが、ときには非常に危険ですと、たてた鉛筆の転がる方向で決めて、真の目的の「お金儲け」が出来ればそれで良いんですよ。

そう、それなんです!
私が、武田のような人間を、いけ好かないのは、

「科学者のふりをして、全く科学の名に値しない、床屋政談レベルの戯言を語る」からなんです。

科学者が、象牙の塔にこもらず、それぞれの立場で社会と接点を持ち、貢献しようとするのは結構なこと。

だけど、世の中に向かって、科学者を自称する限り、たとえ不完全でも、常に「真」に近づこうとする態度であるべき。何が分かっていて、何が分からないのかを明確に語るべき。それができないなら、彼は科学者の看板を下ろして、芸人になるべきと考えます。

もっとも、武田のビジネスモデルで対象となるのは、私みたいな人間ではなく、受動的なTV視聴者層なのでしょうが。


IKAさん
>、「インドの巨人の星」なんかはもう映像メディア全否定ですよ。(オメーが出ているTVバラエティには・・・)

おそらく、武田には彼なりの、「正義」らしきものがあるのでしょう。

左巻きっぽい話になりますけど、「大企業の広告は悪であり、文化侵略」になると、考えている。

自分自身が科学者のふりをして、正しいこととウソを適当に織り交ぜて語り、TV出演や著書を通じて社会的に影響(多くはマイナス)を与えていることは、彼にとっては、悪じゃないのでしょうね、たぶん。

そういう価値観を共有しない私にとっては、インド巨人の星を批判する彼には、「お前さん、どの口でそれ言ってるの?」と思いますけど・・・

No title

かき
れち
おが
つい

お題ですね。IKAさんに続け、


三陸の「牡蠣」を食してみたならば、
「レチ」ノールの 効果なの?
おか「おが」つやつやピカピカよ。
わたしも「つい」に 美魔女に?

つまんないですね、皆さんついて来ないで結構です。


>IKAさん、

田中優って岡山に移住した人ですよね。
きくちゆみの名前も(ググると)セットで出てきたりして、
私も『美味しんぼ』の今後の展開、望み薄な気がしています。



(周回遅れですが)

>笹団子さん

私は現住所に来る前は岐阜に住んでいたので(うちはダム屋です)、
裏金事件のことはよく覚えています。

報道などで、新潟県の人々が大震災後、力強く支援してくれたのを
知っているので、この知事の言動、本当に残念ですね。

この知事は中越地震のとき、
涙で訴えていたような気がします。
偏見ですが、テレビの前で泣く人嫌いなのでよく覚えています。



>千貫森の宇宙人さん

スティーリー・ダンに一票。
高速道路で、このアルバムの”PEG”がかかると、気分が(ターボが)上がります。










「まえこそ師」

名乗らなくなって「退化」ですな~。ま、「まえこそ師ゲーム」やってみますか。

ば かき 違い反原発
ス れち がい反原発 
か おが 醜い反原発  
嘘 つい たな反原発

今朝のアサヒ朝刊福島版

16日ビッグパレットで行われた専門家意見交換会の記事について雑感。
(参加したわけでないので、あくまでも文面から読み取れる範囲で)


>福島大・筒井雄二教授より
>「PTSDと臨床心理士の配置に対策が偏りすぎているのではないか」と問題提起

これには同意ですね。
仮設住宅にいらっしゃる方を主たる対象にしていたせいもあるかとは思いますが、
自分が知りうる範囲では、
医大の心のケアチームは地震や津波による被害からくるPTSDにしか対応せず、
いわゆる「放射脳」はほとんど放置も同然ですね。


PTSD的な不安や抑うつを受け止める的対応はいいんですが、
放射脳的不安も受け止めるもんだから、
結局、不安のもとになる信念を強化しているのではないかと思います。


いくら、正しい科学的な情報を発信しているといっても、
「放射脳」は聞く耳持ちませんし、
事ここに至っては「心のケアチーム」を名乗っている以上、
「科学的にはこうなんです(キリッ)。いずれわかってくれます」という態度では、
仕事してるふりでしかないのではないかと思います。

また、基本心理士は「文系」だし、
特に県外からわざわざ来ている人の中には
「心理士自体が放射脳」がいるような気がします。
(これについてはあくまで個人的印象)

「子供たちに心のケアを」とは言いますが、
親が不安定な心理状態だと子供にそれが容易に伝染します。
まず対応すべきは、子供ではなく大人の「放射脳」ではないかと思います。

>子供たちに頭痛・腹痛(略)避難・転校先でのいじめや不登校などの例がみられる
ここは十把一絡げにまとめず、原因を精査すべきではないですかね

いじめられた側の行動や性格特徴などの本人側の要因もありますし、
子供の常識は計り知れないところがあるので何ともですが、

いくら悪ガキでも地震や津波で家を失った子供をいじめるのは
子供の間で非難の対象になることが推定されますし、
それでも避難先でいじめの対象に選ばれるというのは、
「親が放射脳」で周囲になじもうとしないとか
給食を拒否しているだとかの行動などがないかまで
調べるべきではないかと思います。



>アドバイザーからは
>不安をあおる間違った情報がインターネットで流れ、
>県民のストレスになっているとの意見も出たが、
>「100ミリシーベルト以下は安全などと国際的にも認められてない説が
>県内で吹聴されている。それが不安を増大させている
>との反論も出た。
>本宮市アドバイザーの野口邦和・日大准教授(放射化学)は
>「専門家も間違ったことをいう。
>市民自ら勉強することこそ大事だ。」と強調した

前段は同意ですが、この反論をしたのが誰かというのが問題ですね。
この書き方だと、別のアドバイザーが反論したようにも読めますが、
会場に紛れていた放射脳プロ市民か何かが不規則発言をしたのかもしれません。

「安全説が逆に不安だ」などというのは放射脳がよく口にしますし、
アドバイザーがこんなことをいうなら即刻解任すべき発言と思います。

で、そのあとに「専門家も間違ったことをいう」と入れて、
いかにも専門家は当てにならないような印象操作。
野口氏の発言は武田邦彦や小出裕章に向けられたものかもしれないのに
切り張りされるとわかりませんね。

マスコミの前後の文脈を無視した発言切り張り印象操作の
典型を見たような気がします。

で、この記事を書いたのが
>(本田雅和)
というオチww





野口さんは

スタンスとしては安斎育郎さんととても共通するものを感じます。
一度社に来ていただいてお話ししましたが、過去の知見をきっちりと評価する科学者です。
筋金入り反原発、ですが。

>「100ミリシーベルト以下は安全などと国際的にも認められてない説が
>県内で吹聴されている。それが不安を増大させている
>との反論も出た。

私はこれを野口さんの発言とは考えられません。

>本宮市アドバイザーの野口邦和・日大准教授(放射化学)は
>「専門家も間違ったことをいう。
>市民自ら勉強することこそ大事だ。」と強調した

これについては、誰をターゲットにしているかと想像すると、医師さんと同じ意見です。

書き手の誘導を感じる記事です。

まあ僕も行ってないんですけどね。。。

名古屋のネズミさん

ありがとうございます。

>ですから、武田氏の言論を「変節」で批判するだけでなく、やはり武田氏が用いた「仮定」と「客観的かつ合理的な推論」のどこに問題があるのかを批判する事が、大切なのだと思います。

 また、大変残念に思う事は、武田氏の「私は、『仮定』に『客観的かつ合理的な推論』を加えて得た『結論』を言っているのであって、結論を真実かどうか判断するのは聞いた人自身だ。」という態度が、今回の災害においては、ほとんど役に立っておらず、害悪になっている部分が多いということ事です。
 また私は、武田氏自身が自分の言動で影響を受ける人がいる事を知っていながら、その人たちの事を考慮に入れず、「私は『仮定、推論、結論』を述べているのであって、信じる信じないは聞いた人の判断、私に責任は無い。」という主張を続けているように思え、このような主張はやめた方が良いと思っています。


以上全く賛成です。ちなみにワタシ自身は「変節」そのものは批判していません。誰であれ、「変節」するなら理由を明示、過去の説との矛盾解消でOK、それでも「変節」以前の過去の主張の影響が実社会で巨大であれば、責任をとる必要が生じるだろう、位ですね~。

しかし現実問題として武田師は、「変節」したかどうかさえ明らかではないのです。結局常に「健忘症」みたいな印象を受けます。

「仮定」が本当にこれでいいの?ってところは大きいですよ。考えてみればワタシ自身師の至言にひっかからなかったのは、「仮定」があまりにも巨大な誇張だと感じたからであります。2011年前半において、例えば外部被曝+内部被曝=空間線量の4倍みたいなところとか、時間経過による放射線の減少を考慮していない、とかです。小出師の「内部被曝は空間線量の10倍」とかいう講演も同じでした。あの頃は必死だったから、アタマも動物的カンも冴えていました。

きちんと調べてはいませんが、師は次第に「仮定」と断る事が減っていったような気がします(2011年3、4月は案外あるのです)。「仮定」が変わったら、それはそれで明示すればいいわけですが、例えばいつのまにか「時間経過による減衰=五分の一」が消えました。これなど本人も忘れてしまったのか、という感じです(「健忘症」?)。もしかしたら、このあたりは「注目度アップ」「儲かる仕組み発見」で、「おかあさん!!」が美味しくなりすぎたのでしょうか。

また「仮定」の変化とは別の問題で「矛盾」が多いです。例えば今年1/13の「音声ファイル」と文章の違いは、「仮定」~「結論」が論理的に正しいという話とは別です。「おかしい」としか言いようが無い。

結局こんな支離滅裂オヤジを信じるの?ってな要素はありますが、「自主避難者」家庭の悲劇を想像するに、何とかならんのか、と思うわけです。そこでまあメンドーだけど、とりあえず「避難せよ」を並べてみたわけですね。実は「計算」方法の変化なんかは、当初は放っておこうと思っていたのですが。

No title

>福島の医師@休日さん
いくら、正しい科学的な情報を発信しているといっても、
「放射脳」は聞く耳持ちませんし、
事ここに至っては「心のケアチーム」を名乗っている以上、
「科学的にはこうなんです(キリッ)。いずれわかってくれます」という態度では、 仕事してるふりでしかないのではないかと思います。

御意であります。そしてフツーの「福島に残った人の精神・心理被害」の存在から認識してもらいたい。これを具体化するのが、

「不安をあおる間違った情報がインターネットで流れ、
県民のストレスになっている」

をしっかり裏付けていくこと、極論すれば「県民精神・心理被害調査」みたいなことが必要だと思うのです。もちろんこれは、インターネットだけではなく、マスゴミが流したモノも大きいです。

>やぁどさん
野口邦和先生はかなり早い段階(2011年6月あたり) から、冷静にマトモなこと言っていたと思います。例の「池谷発言」も批判していました。
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-106.html

アサヒ、ホンダ得意の「コメントデザイン」ですよ。こいつらこんなことやり続けて、恥ずかしくないのか。誰か野口先生に裏とってくれないかな~。

No title

ご無沙汰しています。

腱鞘炎まだ地味に痛くて,でも仕事でPC使うし,逆立ちする子どもを支えるし,で,なかなか治らないので,こちらのブログ,見るだけになってます。

福島の医師さん

  東北以外から震災後の東北地方に入った心理士の中には,きっと放射脳がいっぱいいますよ。私が入っていたパレスチナ支援NGOも宮城に人を送りましたけど,そもそも放射脳だらけの団体です。他の団体も怪しいのではないでしょうか。

  今日もまた,パレスチナ支援団体(上記とはべつの団体)が「原発問題に真摯に向かう」のなんのと自由報道協会大好きな人達を持ち上げたので,メールで(気持ち的に)全員あてにガンとばししてしまいました。

  あんまり腹が立ったから,「鬼灯の冷徹」を読んで心を落ち着ける必要まであって。

  そのあと,タケダブログで,「巨人の星」「日本の城」「リストカット」等々を見てしまい,吐きそうです。

  うちの先祖の城,すごく小さいんですが地元にあります。戦国時代の城って,基本は砦だから,大きくする必要もない。要所を守ればいいわけで。城主だって,実は城じゃなくて,ちょっと離れたところに「たて」という館があって,そっちに住んでいたんですし。

  アホだ,世界史ばっかり繰り返しやってた私だって知ってることを知らないなんて。

  中学教員時代,リストカットする子達と話をしていて,どんなにあの子達が優しくて,傷つきやすくて,お年寄りとか捨てられた動物とか放っておけない子達だったか知っているから,こういう傲慢な(タケダさんは何ですかね,自分が幸福だから傲慢なんでしょうかね,彼の文章にしたがえば)人間が「体罰は愛の鞭だ」とかっていって不登校や自殺を増やすというのに,こういうのが大好きな人って,どういうのか。

  きっと,本当にはタケダブログの文章なんてまともに読んでいない,という皆さんの読みが当たっているのでは?

  70年代の音楽聞いて,心を鎮めましょう。

No title

書き忘れちゃった。

re-tsuさん

  PEGを聞くと,色々なことが頭の中でぐるぐるします。懐かしい思い出とか。

  エイジャ(赤石ではなく)の山口小夜子に憧れて,30年間,オカッパ頭しているくらい,結構スティーリー・ダン聞いていたんだなあ,とあらためて気づきました。


ネコさん

  old fashioned love song ももちろん車にCDのっけて走ってます。
  70年代~80年代オムニバスが出ると,つい買ってしまうんですよ。

  

  タケダさんよ,本当に幸せな人間は,傲慢にはならないよ。穏やかで,欲もなくて,普通に暮らすんだよ。って,言ってやりたいものですね。
  本当は,不幸せで人の幸せがねたましいんでしょうか。

  

No title

re-tsuさま boomboomさま
スティーリー・ダンは全アルバム・全曲がお勧めできるというか、どれを取ってもハズレはないですね。ドライブに、「大七」一人酒に、意中の女性を口説くときのBGMに、どこでも使えます。


このところ、チューブたちが騒いでいた「甲状腺」に関してまとまったtogtter、buveryさんが「ピンクサロン先生」とよばれている・・・。
http://togetter.com/li/457520


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

 新潟県知事は3選を果たしたばかりで、おごりもあるんじゃないかと思いますが、瓦礫焼却問題では5市長が彼の言う事を聞かずにがれき受け入れ実施を決めたんですが、量も少なくて新潟市も新発田市も回ってこなくて実施には至らなかったそうです。

 しかし、新潟市長が知事の姿勢に対し、批判を表明したのは評価できると思います。新潟県は災害で他県から多くの援助を受けている。今度はこちらが助けるのは当然ではないか、という趣旨だそうです。災害県新潟県では県民だって多くはそう思うでしょう。新潟市は新潟県民の3分の1の人口で、それに長岡市を加えたら半分に迫ります。三条市を加えたらだいたい半数。

 半数以上の人口の市長が泉田知事を批判していると思っても良いと思います。

 知事が放射脳で文系馬鹿でも、市長レベルではそうではないとでもいいましょうか。

 ところで焼却灰の中で放射性物質がある事は既知の事実で、特に石炭焼却、つまり石炭火力の廃棄物として残る焼却灰にはグラム当たり各0.1ベクレル前後のウランとトリウムが残っていると思われます。0.02から0.2ベクレルでそれが2つだから、平均したら、大雑把に言って1キロだと2つ合わせて0.2ベクレルとします。

 最近のデータはちょっとみつからないんですが、最大で日本は一千万トンの石炭焼却灰を毎年処理して、殆どセメントと混ぜている。
 混ぜた方が粒子が粘土よりも細かくて良質なセメントになるんだそうです。

 このセメントを使って、石畳風の道路のブロックなどを生産しているんですけど武田流に言えば、1キロあたり200ベクレルの石炭焼却灰は
1千万トンだと2兆ベクレル1億2千万国民は一人あたり1万6千ベクレル以上も被ばくしているではないか!

 と言う事にならないかしら?電卓だと1兆の単位まで表示出来ないから計算ちがいかも知れないですが、

 半減期はウランもトリウムも億の年を超えるからないと同じ。毎年セメントがコンクリート製品として建材やブロックとして使われるから30年経っても増えるばかりでしょう。
 けれど問題になった事はない。あまりに微量だからでしょう。でも放射脳の論理からしたら、いくら少なくても危ないのは危ない、すぐに石炭火力を廃止せよ
 とはどうしてならないのかな。
 実際にはウラン、トリウムよりもはるかに他の成分が多くて放射線として外部に出るのが少ないからでしょうね。

 実際には御影石とかいわれる花崗岩の方が含まれるウランから出すガンマー線の方がずっと多いわけで自然放射能の何分の1かはこれなんだそうです。それを気にして御影石の石材で作ったお墓が多くあるから墓参りも控えるなんて人もいませんよね。

 瓦礫のセシウムなんて焼却しちゃったら気化して飛んでっちゃうんじゃないんですかね。

 いくら猛毒でも。薄めたら毒としたら効果はない。ある程度の場合は薬になる事もある。これを放射能に限って否定するのが放射脳の人達でしょうが、新潟県知事も文系で放射脳。周りにそんな文化人めいた人でもいたのかも知れません。

 石炭灰の放射能についてはポストさんてんいちさんも触れていますよ。放射能なんて身近にあふれているんですよね。
 石炭焼却灰にはその他にカリウム40も結構なくらい含まれていますけど、そんなの気にしていたら満員電車に乗れないどころか、人類はあっというまに滅亡ですよ。子作りができないもの

2013-02-18(05:15) :さん

「お初」さんですね。ありがとうございます。

信夫山ネコも皆さんに支えられています。勇気も元気もいただいています。そしてホントに「坪倉先生。早野先生。他にもたくさん!ありがとうって思います」同意であります。「今、坪倉先生と橋本さんの番組をみて、だいぶ気持ちが安らぎました」・・・うーん昨日は早く寝てしまったのですが、必ず保存動画で見ます!!橋本さんってところがまた、いい番組ですよね。

そもそも原発立地に近いですから、いわきは反原発団体が強いわけですね。郡山は割りと組合系もベースなのかな、なんて思っています。福島は何だろ、ま、とにかく中手氏だったかな。いわき、郡山にはアノ系統の「市議」がいますが、福島にはいないようだし。

ボランティア活動、アタマが下がります。そして「プロ市民」囲まれ状態、お察しいたします。ワタシもかつては「左」っぽかったので、奴らのオルグ方法とかよくわかります。意外に泣き叫んだりする、「集団洗脳」です。そして「彼らの正義」達成のためには手段を選びません。「郡山の子供に病気になってもらわないと困る」って、本気で思っているでしょう。この「狂信者」状態を感じたので、ブログを始めたってところは大いにあります。

「反原発」であることと、福島県の健康被害を煽り、願うことがイコールになっています。でもこのおかしさに気がついた人、確実に増えています。「脱脳」した人が増えている一方、「入脳」した人はいないです。時間はかかりますが、確実にいい方向に動いています。

この「信夫山集会所」も町内会員の方、増えました。ありがたことです。関係なさそうなネタ、どローカルネタもありますが、町内会ですから。それも含めて「リアルな生活」です。「プロ市民」にできない話、笑いがなくちゃね(放射脳攻撃に対しては「武装集会所」ですが)。

ぜひまたいらしてください。今後もよろしくお願いいたします。

No title

>福島の隣の県在住さん

おっしゃるとおりです。
「石炭火力発電所」の石炭灰放射能は最大で国内191Bq/Kg
http://www.jgnn.net/ls/2012/03/191bqkg.html

っていうのがありました。「亡くなる人が出れば」火力発電所も「過失致死」「殺人に近い」、ですね。

武田師の話とある意味共通するところがあるのですが、泉田知事の「亡くなる人が出れば」という「仮定」「前提」が問われる。

この発言が可能ならば、どこか別の県知事が論拠は問わないで、「泉田知事が猟奇殺人鬼なら」とか「泉田知事が地球侵略を狙うエイリアンかゾンビなら」とかいう「仮定」をバンバンやって、「逮捕して死刑にしなければならない」とか発言できちゃうわけです、「知事定例会見」で。「泉田知事が猟奇殺人鬼ではない、という証拠がない!」なんて叫んだりして・・・「放射脳世界」です。

No title

ネコ様、ならびに皆様

 武田の「健忘症」は、病気じゃなくて、良くて「悪癖」、悪く言えば騙すための詐欺師の手口そのもので、十分に法律上の「悪意」があるのではないかと思います。

 タバコと放射能のリスク比較で、タバコは自分から自主的に選ぶものだから、その場合は安全率、あるいは安全係数は何倍だとか、とんでもないところから、とんでもない数字を持ってきて、タバコより放射能のリスクは何倍である。とかこういうたぐいの話が出てきます。

 最新の甲状腺ガンについても時系列として言っているのか、あるいは日本のデータと比較してなのか、一番大事な事を述べていないんですよね。

 実は、武田は原発事故以後、支離滅裂、摩訶不思議な文章を書いているんですが、4月24日午後1時に
 原発 緊急情報(63) いろいろな問題と考え方

「4.
比較するものが違う。
  後半では

タバコは「自分の自由意志」で吸う。リスクの評価では「自分の自由意志で危険に身をさらす場合」と「受け身で危険が来る」場合とでは少なくとも1000倍の安全性を見なければならない」というのが学問だ。
そうすると、タバコでガンになる人が3割(これも疑わしいが)としても、33%(ガン)の0.3だから9.9%、それの1000分の1だから、放射線の危険性は0.0099%、つまり約0.01%でなければならない。
実は「1ミリの被ばく」というのは危険性が0.05%のことで、「タバコを無理矢理吸わされる」という危険険性の5倍になる」
 
 この文章を読んで理解できる人はいるのでしょうか?

 1ミリシーベルトの被ばくは、タバコを無理やり吸わされる?のに比べたら危険性が5倍だそうです。
 自由意思で吸う、常習喫煙者との比較はどうなっているんでしょうね。
 100ミリ/年の被ばくだとタバコを無理やり一本でも吸わされるのに比べたら500倍の危険性でもあるんでしょうか。
 
33%×0.3=9.9%/1000≒0.01% うーん、わからなかったな、意味が。タバコの危険性かと思ったら放射線の危険性だと言ってますよ。

 ガン死の3割はタバコによるが、自由意思で自主的に吸う場合は、学問的には1000倍の安全率(???…)をかけるんだそうです。それも僕には理解不能です。

 その前半は
 日本人の死因の3割はガンで死ぬ。それが0.5%増える(100ミリシーベルトの被ばくの場合とはと言っていない様にも見える)
 とある女性記者が新聞記事にでもしたんでしょうが、武田師は、これは違う、10万人当たりの肺がん死は120人、全てタバコによるものとしても0.12%だと言うんですよね。

 10万人当たり120人が肺がん死だとは聞いた事がありません。どこを調べたのかわかりませんでしたよ。

 正しいのは日本人の死亡人数114万人のうちにガン死亡者は34万人、30%で10万人当たりでは272人。肺ガン死は6万3千人、10万人当たりだと53人です(2008年度主因別死亡者統計)。2008年度ではです。

 全死亡者のうち30%はガンで死んでいる。ほぼ正しい。
 従って人間の3分の1はガンで死ぬ。これもまあ、間違いではないんですが、全人口のうち110万くらいの人が次の年には死ぬという、前提があるからです。そういえばNATROM氏はある時期一定の死亡統計と個人の生涯にわたるリスク率の区別が武田氏はわかっていないとか言ってましたね。

 肺がんを含めてすべてのガン死亡者の40%はタバコの喫煙が関与していて、肺がんは70%(男性)近くがタバコがが関与していると言う人口危険寄与割合も武田氏は見誤っているけど、この原点だと思われます。

 10万人当たりの肺がん死亡者は53人と、随分差がありますが、いったい何と間違えたのかさっぱりわかりません。 

 結構調べたんですよね。思い起こせばです

平成23年12月5日
能動と受動・・・安全と安心
と言う奴に、
「私がかつてリスクを勉強していた頃のイギリスのデータでは、人間は能動的(自分でしたい)か受動的(受け身)との間に、最大で1000倍の違いがあり、能動的で「これは危険だ」と感じる時には、受動的な人は最大で1000倍も危険に感じるということです。」

 と言う文章がなかほどに入っているんですが、タバコに例えたら、無理やり吸わされると、自主的に喫煙する場合1000倍ガンなどの発症を恐れると言う事なんでしょうか。被ばくに受動能動の区別などなく全員受動で1ミリシーベルトの被ばくは1シーベルトの被ばく量と恐れるのが当然とでも思っているんでしょうか。しかし、タバコにせよ放射能にせよ、能動受動はタバコはタバコ、放射能は放射能で比較すべきでしょうが。

 タバコは基本的に能動
 放射能は基本的に受動
 だから1000倍タバコは安全。もしかしたらこれをいっているんでしょうか?

 結局本ブログの冒頭に出てくる宮崎哲也と中村某氏との会談における態度言い分と同じくかれの主張は??????ですが、そこに確信犯として自分は犯罪的行為をしていると自覚を持っているんじゃないのかなと僕は思います。
 明確な証拠を残さないために初めから撹乱するつもりで話したり述べたり、最初から悪質な奴としか思えません。まあ、アンチ武田ファン歴は原発事故後からでそれほど長くはないんですけどね。

健康第一

boomboomさん
御手を労わりつつもお元気そうで何よりです。

>メールで(気持ち的に)全員あてにガンとばししてしまいました。
>あんまり腹が立ったから,「鬼灯の冷徹」を読んで心を落ち着ける必要まであって。

うははははははは。
そのあとのタケダブログは体によくなさそうです。心配。
頼まれても読みたくないですね。

お茶入れましょうね。


ネコさん
どなたか素敵なお客人がおみえになったのですね。

>それも含めて「リアルな生活」です。
>「プロ市民」にできない話、笑いがなくちゃね

ずっとこのようにお許しいただいて恐縮です。

>(放射脳攻撃に対しては「武装集会所」ですが)。

そのギャップがたまりません・・・。
みなさん(男女問わず)頭よくってかっこいいんです。
信夫山無双・・・。


さんまさんみたいな人が何かのニュースのたびに
まだ同時に湧いて出る。

でも確実に減った。
そう思います。

ひまわりさんのところにもお二方
甲状腺心配ですという人がいらして

はじめの方は文章の感じもよく
「本当に心配されているんだなあ。大丈夫ですよ」と思いますが
あとの方は感じ悪いです。

なんでたったこれだけの
文字の羅列に過ぎないコメントで
人柄や思惑や思想まで伝わってくるんでしょう。

この頃思うこと

◎ なおみさん

写真を気に入っていただいて嬉しいです。中央の建物というのは黄色いマンションでしょうか。実際に見るとこれだけがやや浮いた建物っぽくて、あまり周囲の景観に合わない感じがするというのが僕が日頃感じているところなんですが、全体が雪で覆われていてそれがあまり目立たなくなっているかなと思います。

というところでまた写真ですが、12日に弦楽器の弓を製作する職人のところに行った際に、その玄関に立てかけてあったスキーが随分古風だったので撮影してみました。
http://farm9.staticflickr.com/8506/8470673143_a69acc30a3_b.jpg

この職人さんは質の高い弓を作るし、僕や同僚の多くが弓のメンテナンス (例えば毛の張り替えなど) を依頼する腕のいい人で、一昨日 15日にもう一度ここに用事があって行って来たのですが、途中いつも風力発電の風車が沢山建っているところを通るようになっていて、今回は車を止めてその風景を撮ってみました。
http://www.flickr.com/photos/hitsoshi_hof/sets/72157632783246422/

原発事故発生当時は僕も原発はもう絶対ダメ、これからは自然エネルギー、と思いましたし、その意味でも僕の住んでいる近所に沢山風車があることを誇りにすら思っていましたが、今はこういうのを見ても何か複雑な気分です。

-----

◎ IKA さん

あのインテリの人、実は知らない間にブロックされてます。どうもアカウントを何個も持っていそうな様子で、僕自身原発事故関連ツイート用に別にアカウントを作ろうと思ったことがあって、それはその話題に興味のないフォロワーの皆さんに不愉快な思いをさせているのではという気持ちがあったからなんですが、このインテリさん辺りになって来るとそういうのとはまた全然違った目的で複アカを作っている感じで、何かピンと来ません。馬鹿馬鹿しくなったので一応もう相手にしないことにしたため僕自身のバトル参加は今のところ考えていません。

それにしてもツイッターでも何人かの方々が言っておられましたが、核の軍事利用の北朝鮮の核実験に対しては反原発はさっぱり騒ぎませんね。むしろ地下実験だから放射線は出ないなんて言って容認したりしていますし、あの小出氏も北朝鮮擁護派のようですし、僕ももうこの頃では「日本は政府や電力会社の嘘と陰謀に支配され、それに対して声を上げればたちまち抑圧される自由のない国だ」と主張する人達は、この際そんなおかしな日本には見切りを付け、北朝鮮に亡命したらどうかと思うようになって来ています。この人達のお陰で瓦礫処理も進まず被災地が迷惑を被っているわけですしね。

先日某 SNS で松本市の菅谷市長の記事を紹介していた人がいます。これなんですが。:
http://iryou.chunichi.co.jp/article/detail/20120928140247419

昨年の記事らしいのでもうここでも話題になっていたかも知れませんね。「危うい即断」という見出しになってますが今回も誰も即断をしてなどいないと思うのですが、ちょっと調べてみたら松本市って共産党が与党なんですね。他にも結構あって、これは今後何かの参考になるかなと勝手に思いました。
http://www.jcp.or.jp/local/index.html

とにかくどんどん北朝鮮に行けばよろしい、本気でそう思います。

No title

>福島県の隣在住さん
>自分の自由意志で危険に身をさらす場合」と「受け身で危険が来る」場合とでは少なくとも1000倍の安全性を見なければならない」というのが学問だ。

って何の「学問」でしょうかね~?保険金か何かの話でしょうか。

>武田の「健忘症」は、病気じゃなくて、良くて「悪癖」、悪く言えば騙すための詐欺師の手口そのもので、十分に法律上の「悪意」があるのではないかと思います。

まったくです。最後は「病気のフリ」とか「キチガイのマネ」とかで逃げるのかも。

>なおみさん
>なんでたったこれだけの
文字の羅列に過ぎないコメントで
人柄や思惑や思想まで伝わってくるんでしょう。

とにかく「工作員」に随分慣れましたよね。

ひまわり先生はさすが、直球で答えてますね~。ワタシだったらこの「関東で心配だ」とかホザク人に、「早く職も家も放り出して沖縄か海外に避難しなさい!!!夫が反対するなら離婚しなさい、子どもを殺す気ですかっ!!!」とか言っちゃいそうです。

「工作員マーカー」としては、福島以外の人が、「福島以外での放射線被害話」を持ち出して「心配だ」と持ちかけてくるのはほとんどバツ、ですかね~。実際は「ホラ話で福島を不安がらせる」って狙いです。だって例えば、もし自分が東京に住んでいて「極少被曝」で不安になっていたとします。そのことで福島の人に何か相談したり、訊いたりしますか?絶対しませんね。ではその目的は何か?・・・論理的にこうなります。これの典型例が、「終電男」氏でした。この人は葬式に出たことも無さそうでしたが。

そしてこんな個人のちっぽけなブログでまで、「反原発」がウソ、汚い手口を使って福島人を脅そうとしている事実自体、非常に興味深いのです。

「反原発」が信用ならない犯罪者予備軍である事を露呈しています。そんな連中が言うことのうちで、「健康被害」だけ正しいなんてことあるわけないだろ~、笑止千万ってのが結論ですね、科学以前に。

山本太郎「瓦礫で母の体調が」、大阪からの“脱出”も検討か。

先ほどのコメントを投稿後ツイッターのタイムラインを追っていたらこの記事が。
http://news.livedoor.com/article/detail/7419963/

ストーカーではありません

仁さん
ご無沙汰しています(と言いつつそっと見守っています)。

>実際に見るとこれだけがやや浮いた建物っぽくて、あまり周囲の景観に合わない感じがする

あらまあ。そうなんですか。
周りが雪で覆われているので
この写真ではいいアクセントになっているのかもしれませんね。


ネコさん
>って何の「学問」でしょうかね~?保険金か何かの話でしょうか。

うはははは。

>最後は「病気のフリ」とか「キチガイのマネ」とかで逃げるのかも。

ずるいですよね。でもソンシだからなあ。やりかねない。

>とにかく「工作員」に随分慣れましたよね。

あははは。黙って座ればピタリと当たる!
特殊能力が身についてしまった・・・。

ネコさんのお答えも模範解答のひとつだと思います。
私もそう言いたいです。


またまた仁さん
たろーさん、お母様のことが本当に大切なら
きちんとした病院に連れて行って差し上げたらいいのにね・・・。
殺す気ですか!っていろんな人から言われちゃうよ・・・。

No title

心臓がひっくり返りそうになるって・・・。

いいから病院に連れていきなさい。

でも山本氏みたいな人が来たらお医者さんも内心すごく迷惑だろうなぁ。

user6878 さんってば!!

うふふふふ。
確かにすっごい迷惑!

だってどんな診断しても
ヤブって言われちゃうんだもの・・・。

タロー除けのお札とか売り出したら
お医者様に高く売れるかも・・・(ニヤリ・なお蔵)。

あ、もうお風呂に入りますね。
最高の離婚の踊り(エンディング)を覚えようと
繰り返しパソコンで見ていたらこんな時間に・・・。

No title

>user6878さん

はい、治療が必要とは思いますが、
内心ウゼエェとか思ってます。

おもてには出しませんけどね。

No title

>仁さん
そうですね。例の「一応インテリ」な人も、本垢ばれしてから勢いが無くなってしまった感もありますし、完全にあの辺のクラスタからももてあそばれています。
相手をする価値ないですね。

ところで、菅谷市長の記事、ありがとうございます。
みのもんたの番組で同じコメントしていて、詳しい内容確認したかったんですよ。助かりました。
私は統計には詳しくないんですけど、2人が翌年5人に増えたからといって、「増えている」なんて言えるのかな~。(まあ、さすがに慎重ないいまわししていましたけど…印象操作はしていますね)
検査の経緯もよくわかんないし、(自覚症状でもあったんなら別ですが…ってか、自覚症状出るってよっぽど進行が早いタイプってことかな)これで「増えているから気をつけたほうがいい」ってのは、脅しすぎだと思います(私だけ?)



ええと、タローのおかんの件、まとめできたようです。

http://togetter.com/li/458247

たぶんコメントガンガンくるんじゃないかな~。
私も「とりあえず病院行け」ですね。

(ちなみに、昼休みにコメント書いていたらブラウザふっとんで心が折れました。で、今頃です)

No title

>タローのおかん
って、緑豆だったような気が。

>菅谷
デタラメですよ。一応医者ってなっているから、医学の話のように見えますが、政治的意図をもって話しています。それを持ち上げるマスゴミの悪辣さも、これから追及しなくてはならないです。

福島人の精神的被害、もちろん福島医大の先生も、ちゃんと認識しておられます。
http://tahtmatuheli.blogspot.jp/2013/01/blog-post_12.html
http://tahtmatuheli.blogspot.jp/2012/11/blog-post_14.html
http://tahtmatuheli.blogspot.jp/2012/07/ptsd_26.html
このまま済ませてはイカンです。これからこれから。

No title

福島の隣の県在住 さんへ
>武田ワールドは何から何までそもそもロジカルであっては成立しないんです。

武田氏のブログの文面からは、そのような解釈になると私も思っています。

IKA さんへ
>それにしても、武田自らが自分の話を「珍説」って思っているのは面白いですね。
ってか、確信犯なんですね、やっぱり。

講演会で、武田氏に直接話を聞いたとき、武田氏自身が「珍説」と言ったかはっきりした記憶はありませんが、「一見世の中の常識から外れたおかしな説」というような事を言っていた事ははっきり覚えています。
少なくとも私は、武田氏が「確信犯」であるだろうと思っています。

なおみ さんへ
>この部分を理解してくださった上での
>>武田氏を半分擁護する
>でしたので
>私はなるほど・・・と了解いたしました。

はい。念のためですが、タイトル欄の「武田氏を半分擁護する」は、多少不正確で、「武田氏の意見が一定しないのは、武田氏の中に2通りの判断基準があるからで、武田氏の発言の問題のうち、『意見が一定しない事』については、発言を擁護する事も可能だ」という事のつもりで書きました。タイトル欄が不適当だと思った方には、ごめんなさい。

信夫山ネコ さんへ
>ちなみにワタシ自身は「変節」そのものは批判していません。

よくよく読んでみれば、そうでした。ごめんなさい。

>「仮定」が本当にこれでいいの?ってところは大きいですよ。

そのように思います。「仮定」が間違っているのなら、「仮定」が成り立たない事を示して批判するのが一番です。

>もしかしたら、このあたりは「注目度アップ」「儲かる仕組み発見」で、「おかあさん!!」が美味しくなりすぎたのでしょうか。

武田氏が講演会の前半で、
「僕が環境に関する本を書いたとき、最初はほとんど売れなかったが、初めてのテレビ出演後に、出版社から『数日間にこれだけ売れました。』という連絡を受けて、『テレビの影響って大きいんだな。』と思った。その後、売れた数と印税から、何秒で100円になるかを計算した。その日の夜は頭の中で「チャリン、チャリン」と100円玉が落ちてくる音が聞こえて、なかなか寝付けなかった。」(武田氏が直接話した言葉は忘れましたが、ほぼこのような内容)
と言っていたのを思い出します。

>結局こんな支離滅裂オヤジを信じるの?ってな要素はありますが、「自主避難者」家庭の悲劇を想像するに、何とかならんのか、と思うわけです。

信じてしまった自主避難者の方のために、武田氏の言っている事が正しくない事を詳しく説明していらっしゃる事について、大切な活動だと思っております。

No title

IKAさま
菅谷市長にメロリンは最近見かけないんで、実に気持ちのいい日々だったのですが、暖かくなった頃にその年初めてゴキブリを見たときの気分ですよ。

1980年のソ連と、現在日本の医療のレベルを考えても、単純に数値の比較をしても意味はあまりないと思いますが。
佐藤優の「交渉術」文春文庫、これに80年代終わりごろのソ連の医療の実態について書いてあるのですが、採血は薬指の先をカミソリで切ってスポイトで吸いとるとか、歯科は麻酔無しで治療するからそれは恐ろしいものだったとか。


なにげに歴史についての本を読んでいて、ふと思ったですが。40年後、チューブは無間地獄に転居していると思いますが、その頃にはチューブは軽蔑と嘲笑の対象でしか無いと思います。チューブは(グンマーetcも)日々、後世に嘲笑されるために愚行を繰り返していると・・・。


訂正します

1980年のソ連→1980年代のソ連

ナタの武田

菅谷市長の記事、もうちょっと読んでみたんですけど、2人が翌年4人(先のコメントで5人と書きましたが訂正)に増えたって、もとの母数(何人あたり)がわからないと比較できないですね。
単に病院の治療数が増えただけ。
何らかの理由で診察数が増えれば治療数も上がりますよねぇ。
ましてや、この人の悪意を感じるのは、1986年以前の数値を提示していないこと。「1986年がたまたま少ないだけなんじゃないの?」って気もします。

要するに、菅谷市長が提示した資料は「まったくと言っていいほど意味がない」と思います。
この人、本当に医者なんですかね~。(わざとかもしんないですが)
でも、以前のデマ見ても、もしかしたら「疫学」理解してないんじゃないの?とも感じます。外科の臨床だから疫学関係ないのかもしんないですが。

私は、松本市長によるステマ(福島dis→福島の観光客減る→松本の観光客増える)疑ってますが(笑)。(教育旅行なんか、会津から長野に変更した学校が結構ある、って聞きました…ただの伝聞ですが)

>名古屋のネズミさん
あらためて武田のブログ見て、名古屋のネズミさんがされた分析は結構重要なのかな…なんてあらためて思いました。
かのサイトのトップにはバナー貼ってあるんですが、そのタイトルが結構アレなんですよね。

例えば小学館の書籍販促サイトの武田コーナーは「ガリレオ放談」。
リードもすごいです
>「それでも地球は回っている」~かつて天動説が常識だった時代、近代科学の父で物理学者のガリレオ・ガリレイは異端として弾圧されながらも地動説を唱え続けました。私たちが今見ていること、信じていること、常識と思っていることは果たして「真実」なのか「ウソ」なのか。「ナタの武田」の異名をもつ武田教授が放射能汚染、原発、環境、教育など日本の様々な問題を鋭く斬る!

だそうで…なんだ?「ナタの武田」って(センセ~、ナタでは鋭く斬れないと思いまーす)

で、ネットTVのタイトルが「現代のコペルニクス」。
天文学者でもないのにコペルニクス名乗るのって、たぶんカントの「コペルニクス的転回」を意識してんでしょうね。
要するに、この人は「常識と逆」の事を言って「コペルニクス的転回」をはかり、多くの批判があれば「私はガリレオのごとく真実を述べるからこそ弾圧される」ポジションだ、ってことなんでしょう。

武田の場合、自分のポジションを印象付けているだけかもしれませんが、こういう思考回路、結構いるんじゃないかなぁ、って思いました。
小出氏とか早川とか、その他アレな主張をする科学系の方って、自分をガリレオになぞらえて「快感を得ている」ような気がします。一種のひねくれたヒーロー願望みたいなものかな…。
ガリレオ症候群、とでも言っておきますか。(テキトーに命名)

それにしても、「現代のコペルニクス」って、普通おこがましくって使いませんよ。音楽家が「現代のモーツァルト」名乗るようなもんでしょうし。(あ、キダタロー先生は「浪速のモーツァルト」ですが、スケール感が微妙なんでオケーです…笑。そーだなー、キダタロー先生に準じると、武田はせいぜい「尾張のコペルニクス」ですか)

>なおみさん
武田の使いみちは、「誰でも簡単に批判ができる」ってことがあげられるかと。
だって、科学に限らず、ありとあらゆる問題に噛みついていますから、自分の得意分野のエントリならツッコミ入れられると思いますよ。しかも中身がスッゲー「うすっぺらい」ですから(飲み屋でクダまくオヤジよりもうすっぺらいです)。
なおみさんも、試してみたらどうでしょうか?
(さあ、今日から気分は「冷静で知的な批判者だ!」…笑)

相手によって違うんです

名古屋のネズミ さん
ご丁寧にありがとうございました。

私はこのたび、ネコさんが記事にしてくださったものに目を通したのが
タケダコトハジメ・初めてのタケダのようなものでして

事故以前であれば、氏の専門はなにか・どんな研究をしていたか・
どのような評価をされている「学者」なのか
これらについては少し聞いて知っていました。

また、事故以降の
「だってタケダセンセが言ってたんだもん!」という主張に対して
多くの冷静な方が説明を重ねてくださったこと

そのやりとり・内容をじっとみて・学び・計算し・・・
私なりの判断・評価をしてきました。

なのであらためて原典?にあたってみると
「あれ?そんなにおかしいこと言ってないのかな???」
とつい飲み込んでしまいそうになり
(私はその程度なんです)

>武田氏の発言の問題のうち、『意見が一定しない事』については、発言を擁護する事も可能だ

名古屋のネズミ さんがおっしゃっているこの部分は
なるほど・・・と思ったのです。

福島から離れた方(悪い意味ではなく、冷静であるということです)が
そのように解釈されるのはもっともかもしれない。
けれども一番わかってほしい部分は理解してくださってるみたい・・・。

そう思って安心してお返事したのです。

タケダ憎しが先走ってしまうと
(私はそうなんですが)
理解者になってくれそうな人まで遠ざけてしまうかもしれない。

冷静に「デマ」だけを拾い集めて
潰していかなければいけないのだと思います。

他人に厳しい分、自分にも刃が返ってくる厳しいことを
ネコさんは続けているんだと思います。


IKAさ~ん
>なおみさんも、試してみたらどうでしょうか?

難しいですよう~・・・。

>冷静で知的な批判者だ!

これ、私担当じゃないもん(苦笑)。

冷静で知的な批判者がどうしたらいいかわからない
めちゃくちゃな感じが私の得意技なので
相手もめちゃくちゃだとただの泥沼になるんです。

泥んこプロレスって言うか・・・あんまり素敵じゃないの・・・。

No title

有名すぎるんで、たいていの人は知ってると思いますが。。。
師の評価基準は以下で充分ではないかと。
http://homepage2.nifty.com/koshi-net/other/kaihou/74.htm
http://www.petbottle-rec.gr.jp/syoseki/


最近読んだ本で納得した箇所。
 筑摩選書/一ノ瀬正樹著/放射能問題に立ち向かう哲学
 第七章 「年間一ミリシーベルト」
 5.「アプリオリな正しさ」の二重のすり替え(P148~P152)

始めの方で1mSv云々のロジックを分析し、「論理のすり替え」を指摘。
以下結論部分要約
・論理のすり替えの結果出てきた主張なら議論としてアンフェア。
・1mSv云々の係争点は「人体にとって有害かどうか」。
・これは定義の問題ではなく経験科学的に確証すべき問題。
・にもかかわらずア・プリオリに正しいとして暗黙的に押し出してくる。
・これは論理の枠組みを超えた反則で悪質なすり替え。
・このすり替えは必要でないかもしれない避難や恐怖を起こしうる点で有害。
・問題の本質は法令遵守ではなく年1mSvまたは20mSvあるいは100mSv以下が
 本当に危険なのかそうではないのかという事。
・求められるのは、法令基準遵守のア・プリオリな正しさといったトリックを使わず
事実の次元に関する問いと不安感の両問題に誠実に向き合った上で、
 可能な限り法令遵守状態に近づけるよう努める、その方策。

さすが餅屋、なんとなく「ヘン」と感じていたところを、見事に明確化。
あ、私、筑摩のコーサクインでは無いので。。。念のためw




ソ連・ロシアの医療水準

千貫森の宇宙人 さま

>1980年代のソ連と、現在日本の医療のレベルを考えても、単純に数値の比較をしても意味はあまりないと思いますが。

私、ソ連崩壊から2年後のロシア(シベリア)を訪れて、こんな体験をしたことがあります。

バイカル湖畔のサナトリウム(保養所)に滞在した時、ウォッカ飲みすぎて酔っ払い、近くにあった分厚いガラス戸が見えず、膝から突っ込んで大破、破片が飛び散り、膝から血が出ました。

保養所勤務の看護師が、膝からガラスの破片を取り除き、ウォッカで消毒し、包帯を巻いてくれましたが、数日後、日本に帰り、医師に診てもらったら、膝の傷口からかなり大きなガラス破片が出てきました・・・思い出しただけでも痛い!

医療のレベルもさることながら、物資不足は目を覆うほどひどく、多くの都市住民は、配給だけでは食えず、自分で畑を耕して、自給自足に近い暮らしでした。

農村部にいれば、それこそ、土地で獲れたものしか食べない生活になるので、

チェルノブイリ事故の後、ウクライナやベラルーシの政府が、住民避難の根拠を「土壌汚染」にしたのも、「土地のものしか食べない」→「土壌が汚れれば、食物を通じて内部被曝する」社会状況から来た発想なのでしょう。

いまの日本は、旧ソ連と違って商品流通が非常に発達し、福島県の農家でさえ、日本中、世界中の食べ物をスーパーで買って食べるので、「土壌汚染」で避難基準を決める意味が、そもそもない。土地のものだけ食べるわけではないので、内部被曝の値も、チェルノブイリと比べて非常に低いわけですね。

最後に、話変わりますが、私の著書が、いよいよ出版の運びとなりました。

内容は海外不動産投資ですが、文章のかなりの部分は、福島県に滞在した時に書きました

「福島県生まれの海外投資本」
http://ameblo.jp/manachan2150/entry-11473539874.html

師の本

私が手に取った師の本は「偽善エコロジー」でした。刺激的なタイトルに惹かれて購入してしまったところは師の思うツボだったわけです。
なんだか雑な展開だなあ、と思いながら読み進んでいくうちに、自分なりに詳しく調べた分野について書かれた章があり、ここで師のボロが出ました。
つまり、持論に都合のよいことだけつまみ取るように集めて、それを元に強引に持論を展開していることが見て取れました。しかし知識が無ければ、強引さは感じても文章の勢いと勘違いしてしまうのかもしれません。
私はこれ以降師はインチキだと定め、知り合いに「この本のどこがおかしいかを読み取ってみてください。」とすすめています。

さて

実は、夫の元上司が放射線の影響で白血病で亡くなったそうなのですが、どう思いますか?

あー!北の国からは、工作員だったか。

あ、あたしもなーんか、あやしいなーと思ってたんだよ!

いやいやいやいや…

夫が言うには、その元上司は実験に伴って相当量の放射線を浴びており、自分の白血病の原因はそれしか考えられないと言っていたそうです。

だから放射線は怖いんだ!という夫に私は「白血病の原因は放射線だけなの?」と聞きましたが、夫は無言でした。根拠があいまいで言い返せなかったのか、「こいつには言ってもむだだ」と思ったのかは分かりませんが。

なにしろ、その実験は学生時代のことで、元上司は定年後亡くなったのですから。ざっと、40年後ですか。

夫は理系で、若い頃はそれはもう理屈が好きで、私があやふやなことを言ったら最後、徹底的に理詰めで責められました。今、私が夫仕込みの理詰めで迫ると「責めないでくれ…」と気弱に逃げます。「おれ、疲れてるんだから…」(笑)

かように人間は論理的に考えることがしんどいのですね。

論理的に考えるのがしんどくなっている夫は、定年後はぬれ落ち葉になるでしょう。(泣)

そういうわけで、ネコ様、大変な手間をかけた検証、本当にお疲れ様です。(なんで一市民がこんな大変なことやらねばならないんでしょうね)

No title

ナタの武田、自分で発見しておいてなんですが、ミョーにお気に入りです(笑)。

普通「鋭く斬る」ものは「カミソリ」だと思うんですよね。
で、ナタっていうものは木の下枝落としたり、薪割ったりするときに使うもので分厚い刃ですから、どちらかと言えば「割り裂く、叩き斬る」ものでしょうに。
このリード、おそらく小学館の方で書いたんだと思いますが、確信犯とするなら、担当はかなりわかっているように思います。

だって、「既にきれいにまとまっているものを、無理矢理力ずくで割り裂く」のって、武田の理屈を見事に表現しているじゃないですか(笑)。

>千貫森の宇宙人さん
レス遅れてすいません。
菅谷市長の「1年目から増えている」って、昨日の国会でも取り上げられた(みどりの風だったかな)みたいで…(ラジオで聞いていたので、グラフは見られず確証は無いですけど)。
いや、逆に、拡散してちゃんとした方に検証してもらった方がいいかもしれませんね。
そうすれば菅谷市長の「トンデモぶり」があばかれるかもしれませんし。
(たぶん、福島の人はそんなんじゃ驚かないようにも思えますし)

メロリンタローは、お身内からも批判されている様ですね。
彼等の炎上マーケッティングも限界かもしれません。

>なおみさん
私も計算や数式はまったくダメですから(笑)。
武田のブログは腹が立ちますからねぇ。カラダにはよろしくない(あ、ココロにもですけど)。
私はかつて、武田って一介の文系サラリーマンでも「大学教授って、以外とアレなんだ~」と教えてくれる稀有な存在として価値を認めていたんですが、震災以降、同じようにアレな大学教授(名誉教授含む)って結構いることがわかったんで、希少価値は無くなりましたね。
今じゃただのスットコドッコイなオッサンだと思っています。
多くの人が、早く武田を「ただのスットコドッコイなオッサン」だって気付いて欲しいです。

>tateさん
おお、これはわかりやすい。
武田のような詐欺師は数式やデータ(それも正しいとは限らないものだし)で誤魔化していますが、余計なものを削ぎ落とすとこういう事になるんですね。
モヤモヤがストンと落ちました。
(こういう論理転回が、「鋭く斬る」って言うんじゃないかな、と思います)

>Manachan@柏さん
著書の出版、おめでとうございます。
ソビエト崩壊直後って、今の日本どころの騒ぎじゃなかったんでしょうね。(震災から1ヶ月位の状態が何年間か続いたんだろうな…と想像したらゾッとします)

それにしても、本当にいろんなところに行かれてるんですね。
(書かれた本のタイトル見たら、まあ納得ですけど…笑)

>北の国からさん
>強引に持論を展開~

まあ、「ナタの武田」ですから(笑)。
細かい論理展開なんか出来っこないです。

元上司さんはお気の毒でした。
でも、40年ですか…。
高度経済成長とともに歩んだ私の子供時代ですけど、公害と食品添加物全盛期でしたからね~。
あ、米、ソ、中の核実験もあったっけ。
…なんか長生きしすぎている気がしてきました(笑)。

>「おれ、疲れているんだよ…」
ダンナさんの気持ち、よーくわかりますっ。
でもねぇ、言えないんですよ…。
「ネットやるヒマと体力あるじゃん」って言われたら、返す言葉がない…。

旧ソ連の禁酒法?と医療事情

昨年、各地のどさ回り講演会で、ある会場でお会いした方から、
終了後にこんなことを教えていただきました。

その方がおっしゃるには、
チェルノブイリの原発事故以前の旧ソ連では、禁酒法があったのだそうです。
ウォッカなど度数の高いアルコール飲酒による健康障害が多かったためとか。
効果はそこそこにあったらしいです。
ところが、原発事故が起きてソ連も崩壊し、この禁酒法もうやむやになってしまった。
結果として再び国民の飲酒量は増えたということです。
つまり、チェルノブイリ事故によるセシウムの内部ひばくで心疾患が増えたなどと言われているのは、
実はこの禁酒法がチャラになったせいで飲酒が増えたためではないか、と。

避難や移住生活の結果、ストレス等からアルコール依存が増えたという話はよく知られていますが、
ここに禁酒法がからんでいたかもしれないというのは、わたしは初耳でした。

その方は県立図書館でこの文献?を探し、コピーして読んだのだそうです。

この時その書物を教えていただきメモしたのですが、そのメモがどこかに行ってしまいまして・・・。

  ・・・・・・・・・・・・・

旧ソ連の医療事情が(申し訳ないけど)日本と比較しても低かったのはそのとおりで、
つまるところ、あの観光都市の首長さんがあちらでやってこられたのは何か、ってえと、
当時、あちらでは頸部に大きなキズアトが残るるような術式だったのを、
その頃すでに西側諸国では当たり前になっていた埋没縫合(術創が目立たない)を教えてきた、
ってことだけだと思います。
   ↑
 言い過ぎかもしれないけどさ!

何でまた雪が降るの!?

せっかく融けてきたのに・・・。


北の国からさん
ご主人様の元上司の方のご冥福をお祈りいたします。
これは・・・きちんとした気持ちで読もう!
そう思って姿勢を正したら・・・

>今、私が夫仕込みの理詰めで迫ると「責めないでくれ…」と気弱に逃げます。「おれ、疲れてるんだから…」(笑)

スミマセン。ちょっとつられて笑ってしまいました。
北の国からさんは出藍の誉れなんですよね。

ダレがアタシをこんな風にしたの?
アンタでしょうがア!
(うちの場合です)


IKAさん
>ナタの

ナタってだんだか・ざっくり
切ると言うより割っていくイメージですよね。
・・・あ、同じようなことをもっとわかりやすく書いてある(笑)。
私、読みながら打っているから(言い訳)よくこういうことがあります。
そのたびに皆さんと気が合うなあ・・・と笑ってしまいます。

>たぶん、福島の人はそんなんじゃ驚かないようにも思えますし

あ~も~ナニもってきたって驚かないね!
ご近所の茶飲み話の方が衝撃的だったりするね!

スットコドッコイが多すぎると
お茶目でもなんでもなくなりますよね・・・。
「アレ」としか言いようがない。

「アレ」の多用
その表現に依存するしかないくらいアレな感じ!
どうよ?


Manachan@柏さん
すごいですね~出版ですか~。
私は痛い話にすごく弱くて
Manachan@柏さんのひざの話がすごく怖かったです。


ひまわり@午後は久しぶりに暇ですさん
>その頃すでに西側諸国では当たり前になっていた埋没縫合(術創が目立たない)を教えてきた

じゃあちょっとは人の役に立ったんですね。
閻魔様扱いに困るだろうなあ・・・。

あら・・・

私は信夫山集会所では茶飲み話担当だなぁ、と考えていたら、なおみさんが書いててくれた。^^;
ええと、月曜日に思い出して、ココラジを聞きに車に行ったんですが、手間取って最後のほうしか聴けませんでした。←上杉隆の番組
内容は新たに判明した甲状腺がんのこととゴルフの話で、前半を聞き逃したのが悔やまれます。また来週、忘れなかったら聴いてみます。
午後は6チャンネルの録画を2時間たっぷり見ました。今までで一番判りやすかったのではないでしょうか。
私は別に不安に思ってもいないし、こちらで仕入れている情報もあるので話を再確認している感覚でいましたが、まぁだ福島で子育てして大丈夫か、と不安がっている人いるんですね・・・。赤ちゃんいっぱい生まれているんだけどな・・・。去年生まれた子ども達、みんな元気ですよ。

北の国からさん、甘い物もお酒もあんまり、というのでしたら、うどんなんかどうですか?「やない製麺」の手縒り麺(うどん)、美味しいと思います。漬け物も「ふくしまのりょうぜん漬け」というのが結構高級品?(笑)←郡山人から見るとね。郡山はぱりっこ漬け。これはもう普段使いですが。いわきの漬け物なら、「長久保のシソ巻き大根」かな~、と。
もし、物産展に出ていましたら、オススメです。(すごい亀レスでごめんなさい。^^;)

あ、なおみさん、グッチさん見ました。(^^)v まさか2cellos生出演とは!でした。

可愛いの♪

安積の白猫
>「やない製麺」の手縒り麺(うどん)

あれ~?と思ってごそごそ探してみたら
「八重の郷 さくら麺」というのがうちにありました。
きれいな箱に入ってる・・・頂きものです。おいしそう。

>まさか2cellos生出演とは!

私は初めて拝見したのですが、かっこいい演奏ですね。
そしてグッチさんは誰の前でも分け隔てなくグッチさんですね。

ごはん食べに行っても
可愛い赤ちゃんがあちこちにいますよ。

私は機関車トーマスに似ているので
赤ちゃんにガン見されることが多いです。
目が釘付けってヤツです。うふふ。

武田尊師、相変わらずですね

ネコさん
>って何の「学問」でしょうかね~?保険金か何かの話でしょうか。

って思うでしょう。一年以上も前に真面目に調べましたよ。ネットでね。危険職業者の保険金、力士、ボクサー、プロレスラーとか、常習喫煙者や飲酒の習慣のある人とか、でも途中で1千万円の1千倍は100億円じゃないか、と気がつきました。あり得ねえですよ。

やはり
「私がかつてリスクを勉強していた頃のイギリスのデータでは、人間は能動的(自分でしたい)か受動的(受け身)との間に、最大で1000倍の違いがあり、能動的で「これは危険だ」と感じる時には、受動的な人は最大で1000倍も危険に感じるということです。」

 これじゃないんですかね~?どなたかも言ったように、こいつおかしいですよ。と思うときは僕もあるんですが、実際「強い思い込み」がデタラメを言わせるのだろうか?とも思います。


名古屋のネズミ様

>少なくとも私は、武田氏が「確信犯」であるだろうと思っています。

 激しく同意です。僕は原発推進論ですが、武田氏はガリガリの反原発の方からも厳しく指弾されていますね。僕はこの人物は原発推進論の足を引っ張る、と思っていますが、実はそんなレベルじゃなくて科学を否定する詐欺師であると思っています。



 武田尊師は地球温暖化懐疑論者ですが、そのデタラメぶりは既に独走状態で、妄想に妄想を重ね合わせて掛け合わせたものです。純粋培養のハチャメチャ支離滅裂ぶりがどこまで行くのかと思いますね。
最新のブログと音声には、地球温暖化論のウソに武田が好んで使う、地球大気の組成に関するグラフが出ています。

 しかし時間軸が50億年ですよ。

 地球温暖化論については、ここ200年余りの、CO2の異常な増え方と温暖化を問題としていているわけで、武田の持ち出すグラフでそれが視覚的にわかる人はいないでしょう。この1万年間とか2千年間の気温についてごく最近にわかったとされている事であり、温暖化論者でもさらに観測地点を増やして正しいデータを求めています。さらに世界の人為的なCO2排出量は年ごとに増えていて、地球全体で気温が上がっている観測地点が増えているとされています。それ自体を真っ向から否定する事自体がおかしいのです。

 武田の示すグラフは人類が誕生して100万年どころか、恐竜時代の2億年前だってわずかなスペースで右はじにちょっぴりとしか表現されません。非常に不適切です。

 「今は氷河期だ。その間氷期だからいずれ寒くなる」

 これも良く言いますが、間氷期から寒くなるという真の氷河期まで数千年、数万年、数十万年かかるかどうかわかりません。が、

 数十年の内に氷河期が来るだなんて、誰だって言わないでしょう。もしそうだとしたら人類は滅亡の危機を迎えますよ。世界の気候学者はこの数十年間の異常な温暖化が進めば、多くの生物の種が絶滅し、人類は水資源の枯渇により危機に陥ると言っています。今後100年足らずに起きる危機について問題にしているのに過去50億年の話なんか何の意味があるんでしょう。

 問題が全然ちがいます。さらに

 寒冷期と温暖期の間の地球の全球凍結期を表示していますがデタラメで嘘八百です。地球を表示している図は現在と同じ形のアメリカ大陸が出ていますが、全球凍結期は原生代に数億年以上前に起きているのが最後です。プレートテクトニクス論を持ち出すまでもなく全球凍結期が起きた時期はゴンドワナ大陸以前の話でその度に多くの生物種の絶滅と爆発的な進化が起きたとごく近年言われだした事ですが、陸上動物は現れていません。

 6千万年前から起きた新生代の氷河期とは全然違います。図を良く見るとちゃんと原生代と書いてありますよ。

 全球凍結期を持ちだす時点で地球温暖化説に対するまともな反論にもならないのですが、これだけでも武田の言う「地球温暖化はウソ」は大ウソで武田を信奉して地球温暖化を疑う多くの日本国民の科学的な態度が世界から疑われると思われます。

 武田は時には正しい事を言って、ウソを混ぜ、結論は大ウソと言う態度がますます酷くなって来たと思います。
 正直に言えば、武田のブログを我慢してまで読みたくはない気持ちですけど、地球温暖化懐疑論者の代表格にまでなっている武田について「ときどきは見る」というのが義務だと思っています。

No title

Manachan@柏さま
新著、25日になったらamazonで購入します、楽しみです。

ひまわり先生
1980年代・1990年代のソ連・ロシアの窮状については佐藤優さんの「交渉術」文春文庫、「蘇るロシア帝国」文春文庫、に詳しく書いてあります。
「交渉術」は笑える話が多く、我々の日々の生活にも役立つ話が満載です、それにロシア人の飲酒の荒ましさも分かります。
「蘇るロシア帝国」は深刻な話が多く、古典や哲学の引用もあり難解なのですが、読む価値があります。特に印象的だったのが、第三章の「閉鎖核都市出身の女子学生」です。閉鎖核都市とは先日、彗星落下で話題になったチェリャービンスクのことで、この都市出身の優秀な女学生が最終的にトルコ人の愛人になる選択をするまで話です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%96%89%E9%8E%96%E9%83%BD%E5%B8%82
ロシアのアルコール問題はこれも
http://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/450/136560.html

なおみさま
痛い話、たくさん知ってますよ。

IKAさま
チューブと彼の周囲の人物は「牛刀割鶏」という熟語をご存知ないようですね。
http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/idiom/%E7%89%9B%E5%88%80%E5%89%B2%E9%B6%8F/m0u/

平常値

そもそもなんで白血病の話になったかというと、夫が山形や茨城の空間線量が高いとか汚染されているとか言っているからなんです。それくらい全然何も起こらない程度だよー、と私や息子が言っても、いやいや、放射線は怖いんだぞー、なにしろ自分の元上司が…と続くわけです。

夫は福島市の空間線量が札幌より一桁多いと言います。でも、札幌の平常値を見ると最大でさらに一桁多いです。つまり平常の範囲内。でも、数字を挙げて迫ると「そうやって責めるな…」となるんです。(情けない笑い…とほほ)

まあ、夫は勝手に妄想しているだけなのでそちらにご迷惑はかけないと思っています。

科学的に考えるということは、地図を持っているようなものだと思っています。その地図にはいろいろな地名が載っており、地形も判りますし距離も測れます。
科学的に考えられないということは、方向音痴で地名も知らず、地形図も読めず、距離感も無い、ということです。

方向音痴の人に道を尋ねちゃいけませんよね。

>安積の白猫さん
うどんの情報ありがとうございます♪
ううううどんは大好きです!
はやくこいこい、物産展♪

>なおみさん
え、あこがれのなおみさんは機関車トーマス似!ですか…?じゃあ、福島に行ったときに道でばったり出会ってもすぐに判りますね!

No title

>ひまわり先生
ロシアのアルコール事情って深刻なんですね。
ゴルビーの頃か、ソ連崩壊の混乱期だったか忘れましたが、「お酒が手に入らないので、かわりに水歯磨きだかヘアトニックだかが売れている」ってニュース、見たことがあります。(日本でも戦後の混乱期に燃料用のメチルアルコール飲んでいた、なんて話がありましたっけ)

>ひまわり先生
>なおみさん
菅谷市長が現地で功績があったことは否定しません。
こっちではフツーの術式を教えただけだとしても、遠く離れた異国の地に行くことは決心がいったと思います。
その決心が、たとえ教授選に落ちて、教室に残れなかったのがきっかけだったとしても。(と、さりげなくdis)

>ひまわり先生ふたたび
別に言い過ぎじゃないと思いますよ~。
まあ、日本でも「チェルノブイリ・ネックレス」心配している人多いですが。
甲状腺も今は内視鏡でできる、って聞きました。(先端医療らしいですが)
市長やめて現役復帰、ってなったら、時代に合わせるの、苦労するんでしょうね。

>なおみさん
やっぱり「アレ」ですよね~。つきなみな言葉では表現しようがないし、あまり悪口雑言は使わないようにしていますし。
自主規制でもダメだ!って人もいましたし。
「でもワケわかんないよ~」という人は、お好きな言葉で補完してください。

>安積の白猫さん
なるほど~、その手があったか。
長久保のしそまき、あれは(このあれはアレではありませんので、念のため)うまいですね。確か江川卓もおすすめしていたかな。
確かに霊山漬けはおつかいものです。(うちでは、ですが)
霊山漬けは、近くにお店があるんだけど入ったことが…(どうでもいいですが、そのお店の貼り紙に漬物パン…だったかな…ってのが出ていまして。ちょっとコワくて食べてませんが気になります)。
他にも阿武隈の紅葉漬けとかありますね。(←思い出した)

>福島の隣の県在住さん
武田はいまのところフーコーの振り子のごとくいったり来たりですが、どっちに居着こうと思っても拒否されればいいのにな~、って思います。イソップ童話のコウモリみたいに。
(ちなみに私はラグランジュ・ポイントでプカプカ浮いています…笑)

>千貫森の宇宙人さん
「牛刀割鶏」…私も知りませんでした。(勉強になります)

>北の国からさん
>方向音痴の人に道を尋ねちゃいけませんよね。

ぶぷっ、とてもわかりやすいお話ですね。いや、まったく同感です。(ちなみに私は、道はわかっていても教えるのが苦手です…フィーリングで走っているんで)

>じゃあ、福島に行ったとき~
なおみさん、大変!頭に煙突付けておかないと、わかってもらえないかも(なんちて)。

譲ってくださいコーナー

求む・煙突のかぶりもの。
市内であれば引き取りに伺います。


千貫森の宇宙人さん
>痛い話、たくさん知ってますよ。

きゃあ!許してください許してください(涙)。

「痛いって・・・どんな風にだろう?」と想像しただけで
口の中がすっぱくなり唾液があふれ(違った)
なんかもう・・・ストレスで心臓がひっくり返りそうになり
お腹が痛くなって鼻血が止まりません。


北の国からさん
>機関車トーマス似!

ええ。でも顔色はあんなに悪くはないので・・・。
あと、蒸気というより鼻息が・・・。


IKAさん
>その決心が、たとえ教授選に落ちて、教室に残れなかったのがきっかけだったとしても。(と、さりげなくdis)

うははははは。市長さんめ~。そんなことがあったんだ~。
センチメンタルジャーニーかあ・・・。
あるよね・・・人生には「まさかの坂」が。

もうちょっとその「功績」を認めてもらえていたら
余計なアピールとかしなかったかも。

自分はこんなに頑張ったのに認めてもらえていないと思うと
隙あらばオレがオレがのうるさい感じの人になるよね。
人は誰もが寂しいんだよね・・・。


みんな・あんまり真面目に読まないでね。


>ラグランジュ・ポイント

かたかたかた(調べている)・・・なるほど~。


あ・昨日チューブが(いつもザッピングしてる時に観ちゃうの)

「大人物は分刻みの予定を立てない。
人間の器の小さい人が   
            物理的に 
                 そういう予定の立て方をする傾向にある」

とか何とか言っちゃっててさあ
物理的ってナンだよとか

もうここまでいくと本当に

私はすごくアレなのでそのつもりでおつきあいください。
過去の発言もこんなにアレな私の言ったことですからね。

この路線か?????

いいから稼いだ金・全部出せ。
ちょっとそこでジャンプしてみろ(ちゃりんちゃりん)。

とか思っちゃうわけなんです(にっこり)。

IKAさんごめんなさい・・・。つい・・・。

うどんに反応してはいけませんが…

松本市長は、何か個人的な信念があるのかもしれませんが、行政の責任者が、たとえ講演だろうと何だろうと、事実無根のデマをぺらぺら喋ってはいけません。
反原発の活動家になりたいなら、市長を辞任して、どこかの放射脳医師みたいになればいい。迷惑だけど、被害は少なくなります。『松本市長』という肩書きで信じている人もいるでしょうから。

私、来月、友達に会いに松本に行くんですよ。
市役所に殴り込み……は穏やかじゃないよなあ。
でも、市民に悪口は言ってきます。

>安積の白猫さん
やない製麺の麺は好きですよ。
いや、福島のうどんは美味しいと思います。 
清鶴麺だって、結構レベル高いし……ついでに、白石温麺も、まあ、福島みたいなもんですから(笑)

ただ、そばはともかく、うどんの美味しい店はあまりないですねえ。
丸亀製麺なんて、個人的には、全然だめです。
実は保原町に、本場の香川県で修業してきたというこの世のものとは思えない美味しいうどん屋があったのですが、震災の少し前に閉店してしまいました。残念無念。

単純なものほど、難しいと言いますが、まったくですね。
こんな話題で、申し訳ありません<(_ _)>

福島には隠れた名店が山のようにある

シュロー男さん

>保原町に、本場の香川県で修業してきたというこの世のものとは思えない美味しいうどん屋

一度でいいから食べてみたかったです(涙)。

保原といえば・・・
ラーメンやさんなのに親子丼が絶品のお店がありませんか?
たまに心が疲れると食べたくなるんです。
いけないと思いつつラーメンもいけちゃいます。

恐れ入ります

茶飲み話でちょっと和んでいただきたく。
私はどちらかというとゴードン。ええ、目がそっくりなんですよ、あのカーブが。でも皮肉やじゃないですよ。
煙突のかぶり物、作りましょうかね?(メーテルの帽子作らされたし)

IKAさん、りょうぜん漬けは福島でも高級品ですか?紅葉漬けは食べたことがなくてオススメできませんでした。^^;
因みに私、食パンにしその実漬けを挟んで食べていたことがありまして、漬け物パン、興味あります。福島に行かねば・・・。

シュロー男さん、うどんの味はよくわかりませんが、一時期うどん打ちにはまって毎週土曜日に打っていたことがありました。粉、塩、水・・・難しいです。
美味しいお店に行ってみたかったです。
新鶴麺も普段使いで・・・^^;でも私は池田食品のうどんの方を選びます。

ちなみに白河に「かめや」といううどん屋があり、夫のソウルフードっぽいです。(笑)
そのうどんの油揚げは真似できないおいしさがあります。
麺はともかく(?)つゆの濃さと温度、油揚げの味のバランスが絶妙と思います。

今日は避難してきて郡山に開店した「ニューチャイナ」に行ってきました。盛りが良くてオナカいっぱいになりました。

今日はなんの日?

はい、今日は猫の日ですね。

>信夫山ネコ様
おめでとうございます~。(パチパチパチ)

猫の日記念

http://togetter.com/li/460316



アルコールに関しては、実は被災地では結構深刻なのかなぁ、って思います。専門外来では患者が増えている、って話もありますし。
落語の「禁酒番屋」みたいに、笑える話ではないんでしょうね。



>なおみさん
「跳んでみろ」…はい、私は小銭ばっかり持っているんで、派手な音がしますね。ごまかしようがありません。
ってか、お札は鳴らないですから、カツアゲとしては実は謙虚な気もします。この震災や原発事故で「煽りもうけ」したヤツは身ぐるみ剥いで置いていけ!ですね。(デマばかりの本の印税とか、テキトーな団体使って募った寄付とか、アヤシゲなサプリメントの売り上げとか、その他モロモロ含む)

>シュロー男さん
松本もきっといいところなんでしょうねぇ。あんなステマ紛いの話を市長がしなくても、きっと行きたくなるようなところなんだと思います。
信州は蕎麦も美味しいところですよね~。
いいな~。楽しんできてください。

うどん話、盛り上がりを見せているからいいんじゃないでしょか(笑)。うどんってウチで食べるもので、確かにあまり外食で食べるイメージはないですね。(その意味ではなまるや丸亀は画期的かも)
ウチでは最近まで冷凍うどんにハマってましたが、近所に激安スーパーが出来てから、一玉十ウン円の茹で麺ばっかしになってしまいました。

>安積の白猫さん
ええっ、ゴードンまで出てきましたか…ええと、じゃ、私はきかんしゃやえもんで。
りょうぜん漬けはフツーにスーパーでも扱っていますが、ちょっと高級感ありますね。私は「ウチじゃフツーに買ってますよ」とは言えません(笑)。言える人は上流階級です(俺認定)。

白河のかめやさんですか…ラーメンか蕎麦ばっかりだったんで、うどんは盲点だったなぁ。
今度行ってみようっと。

No title

 そう言えば、と思い出したけど、信夫山の中には羽黒山もあるんですよね。熊野山と合わせて信夫三山というんですか。

 新潟県出身の相撲の羽黒山は大横綱と言っても良い人で僕の幼少期は名前は知っていましたが、とっくに引退してました。

 羽黒山と言う名前が出るたびに、年取った人は、横綱羽黒山は、そこの出身だったのかと勘違いする事もあります。横綱在位が非常に長く12年も務めたと言うから魁皇だってとても及びません。

 亡くなった大沢親分が山形県の羽黒山が一番有名だから、山形県か?とテレビで言ったら、新潟県ですとすぐに返答がきました。

 新潟県にも羽黒山があるんです。でも日本地図にも載るのかと思われる小さな山ですよ。その地方の出身だから四股名を羽黒山としたんです。

 羽黒という二文字を四股名に入れた力士は結構いるんですが、期待を裏切る人が多く、若羽黒、羽黒花、さらには横綱双羽黒で決定版ですよ。

 福島県にはもう一つ羽黒山があるんですね。原発近くの相馬町には信夫山三山の羽黒山よりも高い羽黒山があるんです。

 横綱羽黒山を福島出身と思っているお年寄りもいるかも知れませんよ。

卑しい

今日の民報から。
http://www.minpo.jp/globalnews/detail/2013022101001950

「民放のラジオ番組」がこれ。
http://www.tbs.co.jp/radio/dc/
http://www.tbs.co.jp/radio/topics/201302/002213021348.html

「スペシャルウィーク」の目的がこれ。
http://www.videor.co.jp/service/radio/gaiyou.htm

数字のためなら第一原発事故まで餌にする東京のラジオ局は下衆だ。
いくらテレビと差別化したいからといって、こんな真似が許されるわけがない。

武田師と赤道証明書

 フーコーの振り子はコリオリの力によるものだとしたら赤道上ではどう動くんですかね。北極では地球の自転の影響はないと、ウィキで載っていました。

 僕はツアーでケニヤに行ったら、多くの人がおなじみの赤道証明書なるものを売っている場所でトイレタイムなんですよね。

 そこで証明書を売るために、若いあんちゃんがボールの下に穴をあけて水を入れると、下にもれるんですが、北半球に20メートル行けば、渦が出来る。
 南半球に20メートル行けば渦は逆向きになります。いやそうします。

 真ん中では渦が起きません。従って、この場所が赤道です。
 その証明書をお安くしますから買ってください、と言うんですが。

 インチキだとはわかるけど、どうして渦が出来たり出来なかったり、意のままの向きに出来るのか?それが不思議な気がしましたよ。技術があるんでしょうね。みんなそう言っていました。殆どの人は買いませんけど、説明は熱心に聞いていましたね。英語ですけど今から何年前にコリオリと言う科学者が発見したものであります。とだいたいこんな様な事を言っていました。

 ヨーロッパかアメリカから来た旅行者も結構真剣に聞いていました。

 コリオリの力は台風と南半球のサイクロンの渦の向きが逆になる事からわかりますが、直径が数百キロもある空気の渦ですから緯度の差で地球の自転の速度が違う影響から来る。これは本当ですが、

 いくらなんでもわずか20メートルでコリオリの力の作用がわかるわけはない。と思いますよね。インチキを承知で売って、買うと言う商売はフーテンの寅さんの世界、まあ取り締まるほどの害が起きるわけでもないから良い物の、中には本当だと思う人もいるんでしょうか。お風呂の水を流す時、日本では北半球だから台風と同じ方向に渦が出来るだなんていきなり言われてもそうかしら?で終わるでしょう。

 まさに武田ワールドならしょっちゅう起きていそうです。ネコさんが武田文学で、いきなり、3倍、4倍の数字が出てきたら、その根拠はなんだろう?と思っても結局はわからない。

 武田の言う事は赤道証明書売りの兄ちゃん並み。インチキだとはわかるけど、インチキを証明するのは武田本人よりも何倍も消耗します。しかし実際に多大な被害が起きるんですから、赤道証明書とは違いますよ。なお、赤道証明書も、元祖と本家争いがあるらしいですね

荒らすつもりはないのですが

すみません。
うどんの掲示板ではないのでしょうが……というか、私、ずっと以前、讃岐うどんな現在のようなブームになる前に、とある作家の掲示板を、一ヶ月以上うどん一色にしてしまったことがありまして(^_^;)

結果的にはほとんど荒らしなのですが、ただ、そんな意図はなくて、ちょっと話題を振ったつもりだったのですが、恐るべきうどんパワー。
今回はそうならないよう注意します。

>IKAさん
冷凍うどんは美味しいですよね。私も愛用しています。
ただ、個人的好みを言うと、あの硬さはやや人工的な気がします。知り合いに言わせると、タピオカの粉が入っているのだそうですが…まあ、贅沢を言うときりがありません。

>なおみさん
名前も覚えていないうどん屋さんだったのですけどね。
天ざると釜揚げが絶品でした。
そして、安かったんです。
本当に、黄金郷をなくしてしまいました…(涙)

麺次郎の親子丼のことだと思いますが、ラーメンとカレーセットしか食べたことありません。今度、チャレンジします。

>安積の白猫さん
うどんを打つ……?
いい趣味ですねえ、それは。
私もやってみたいなあ。でも、貧乏暇なしでして。
白河には以前住んでいたのですが、その店は知りません。
今度、行く用事がある時に寄ってみます。

私が最初にここにコメントしたのは、たしか、福島駅東口のエスパルが開店した時だったと思います。
「あんなに東京から企業が出店するくらいなんだから、福島は大丈夫だ!!」なんて、力んでいた記憶がありますが、今や、そんなのは当たり前ですよね。
週刊誌は、そろそろ放射能ネタを諦め、中国からの汚染物質にシフトし始めています。
新たな風評被害が起きかねませんが、そういう時に、東北の、特に福島の県民は、冷静で温かい対応をしてあげたいものですよね。


威力業務妨害?

>観潮楼さん

その東京のAMラジオの番組はおかしなことばかり(特に宮台がコメンテーターの日は)流しています。
車を運転中に聞くと怒りで運転に支障をきたすので聞かないようにします。
東京でAMラジオを聞いているのは綾小路きみまろが言うところの「中高年」くらいではないでしょうか?


これは杉影さんが扱う問題かもしれませんが、デマイエローやオノデキタに洗脳された人たちが福岡県の鉄道会社・西日本鉄道に1月8日付の朝日新聞西部版が「九州の経営トップ語る 『政権の政策 すべて期待』『経済の再生 原発が必要』」に反応して押しかけたと産経が報道しています。

【九州から原発が消えてよいのか第5部(8) 憲法踏みにじる言論封殺 西鉄社長に「余計なこと言うな!」
http://www.sankei.jp.msn.com/affairs/news/130220/crm13022020230014-n1.htm

この記事で取り上げられているのが

ダムを標的に環境運動をしていた任意団体「九州住民ネットワーク」
埼玉県から福岡市に病気を理由に引っ越した女性が係わっている「がれき問題を考える北九州」(どのような団体か不明)
去年の6月に福井県おおい町に乗り込んだ「風ふくおかの会」

の3団体です。
転載ですが団体側の投稿です。
http://chibigonta.wordpress.com/2013/01/11/%E5%8E%9F%E7%99%BA%E3%81%A8%E3%82%81%E3%82%88%E3%81%86%EF%BC%81%E4%B9%9D%E9%9B%BB%E6%9C%AC%E5%BA%97%E5%89%8D%E3%81%B2%E3%82%8D%E3%81%B0%E7%AC%AC632%E6%97%A5%E7%9B%AE%E5%A0%B1%E5%91%8A%E3%80%90/

「追撃しましょう。 参加者が多い方が効き目が有ります。」とヤクザの脅しみたいで穏やかではありません。

「九州住民ネットワーク」は災害廃棄物広域処理について福岡市議会に陳情書を提出しています。
http://www.city.fukuoka.lg.jp/data/open/cnt/3/32173/1/240326chinjo24-5.pdf

他の団体も広域処理に反対をしています。
「風ふくおかの会」はオノデキタ講演会を開催しています。
http://www.ab.auone-net.jp/~wakeup/sub2.htm

こういう連中の独裁的志向が良く表れています。
もうすでに始まっているのかもしれませんが、団体の中にこうやって企業に乗り込んで街宣右翼みたいに反原発の「会報」を押し売りして活動資金にしているかもしれないですね。

ラジオも終了?

>笹団子さん
いまだに宮台を有難がるなんてTBSは老害を助長しているだけですね。
これに限らず印象レベルとはいえ、放射脳の多い全共闘世代におもねっているのではないかと。
にしても、裏番組はかつてぬるーいのばっかりだったはずですが、
いつのまにか、TBSと同じ土俵に乗っているような。
しかも、コメンテーターが『デイキャッチ』にましてゴミクズ度合が強いという。

>産経記事
ポジショントークの臭いがあるとはいえ、
亡国新聞群の増長が過ぎる現状では、ここまでやってやっとバランスがとれるのではないかと。
にしても連中のやることは在特会の合わせ鏡としか言い様がありませんね。
左右関係無く何でもかんでも行動することが善というわけではない例ですね。
しかし、青息吐息の産経が言ってもなあw
インパクトを考えれば読売のやるべき仕事ではないかと。

手打ちうどん

うどんと聞いて出て来ました。ドイツに来てから必要に迫られて自分で打つようになり、我が家ではうどんと言えば僕の仕事で、気が向いたり娘に食べたいと言われればほぼいつでも作ります。2006年のですが写真があります。
http://flic.kr/s/aHsiWKQPrG

No title

おはようございます。
今日も寒いですね~。
早速ですが、今日のお腹立ち(朝から申し訳ない)。

ふくしま集団疎開裁判のブログにこんな言葉が使われています。

(以下抜粋)
>3.11福島核被災記念日を目前にした今回・2月23日新宿デモは
(以下略…オリジナルはこちら http://fukusima-sokai.blogspot.jp/2013/02/223.html?m=1 )

なんなんでしょう?「福島核被災記念日」って…。
これはこのトゥギャッターで知ったんですが

http://togetter.com/li/460731

やっぱり怒っている人、多いですね。
まあ、コメントで指摘されている人もいますが、「記念日」自体はおめでたいという意味ではないので、置いておきます。
でも、建屋が爆発したのは3月11日じゃないし…。
本当に「福島県民」なのか?「福島県民のための活動」なのか?疑問に思いますよ。

なんか、こういうの「被災したのは福島県だけだ」って言っているみたいで嫌だな…。津波も地震もとてつもない被害出しているの、忘れているのかな…。宮城も岩手も、みんな将来に向けて歩き始めているんだろうけど、こんなの見ちゃうと、福島県だけいつまでも過去の呪縛にとらわれているように見えちゃいます。(本当は、こんな人たちはごく一部にすぎないんだけど)

一部の心ない人たちから「福島は何でもかんでも東電、政府に要求して、補償しか言わない守銭奴」って指摘されるけど、こういうの見たら、そう思う人が増えちゃいそうな気がする…。

裁判でも何でも公序良俗に反しない限りその権利は認めてあげるけど、「ふくしま」とか「こどもたちのため」とか言ってほしくない。
これが福島県民の総意だ、って思われたらたまんないよ…。

話はズレますが、このエントリにはマンガ家のちばてつやさんの絵に(イラスト、って言ってるけど、こういった走り書きはイラストと呼びたくない)吹き出しつけてメッセージいれてるけど、いいのかな?
ちばてつやさんは確かに賛同者で、絵の提供もしてはいるけど、自分の絵にメッセージ乗っけるのは了承しているんですかね。
ふつうは「ちばてつやさん本人のメッセージ」って思うでしょ(いや、そうかもしんないけど)。
どんだけ肩入れしているかわかりませんが、許可なくやっているんだとしたら、やめてほしいです。

気を取り直して。

>観潮楼さん
それって、福島では聞けない番組ですよね。
武田が出ているたかじんの番組といい、東京新聞といい、福島県民の目に触れないメディアほど平気で酷いことしてる気がします(被害妄想?)

>福島の隣の県在住さん
フーコーの振り子、よく児童館の階段吹き抜けを利用して設置されていました。3~4階の建物を利用してますから、長さは15メートルくらいはあったのかなぁ。コリオリの力はそんだけ微妙、ってことですね。

>お風呂の水を流す時、日本では北半球だから台風と同じ方向に渦が出来る~

ええと、確か某オーツキキョージュが学会だかで南半球行ったときに、おふろの栓抜いて観察した、って話があります(笑)。著書で書いていたそうですが(私は未読)。
きちんとした結果は出なかったようです。
(ここはその好奇心と行動力に敬意を表するべきかな?)

>シュロー男さん
荒らしだなんて、とんでもない。
そんなこと言ったら美味しいお店情報や、クリームボックスや、アニメ・特撮・マンガといったヲタネタなんかの話が出来なくなるじゃぁないですか。(それが楽しみだったりする私って…)

>麺次郎の親子丼のこと
私も行きたい!行ってみよう、今度(ここに来ると、行きたいお店がいっぱい増えてそりゃもう大変なんっすから…笑)

>東北の、特に福島の県民は、冷静で温かい対応をしてあげたいものですよね。
激しく同意!です。

>笹団子さん
もう反原発運動は我々に寄り添うどころか、気持ちも、物理的な距離も遥かイスカンダルよりも遠いところに行ってしまったようです。
「そんなら福島の名前出すんじゃねえよ(あと、こどももね)」って思います。

>仁さん
>ドイツに来てから必要に迫られて自分で打つようになり
なんか切実感ハンパないのがよく伝わりました(写真見たらうどん食べたいな~と思っちゃったです)。

こんな話題ばかりですが…

>仁さん
腕前拝見しました。本格的で、びっくりしました。
あの鰹節削りのある家って、日本でもどれくらいあるんでしょうか。
私、子供の頃、削るの得意でした(^o^)
懐かしくなりました。

ドイツの方は麺類って、食べるんでしょうか?
まあ、今はスパゲティとかは、全世界共通の食べ物なんでしょうね。

>IKAさん
お心遣いいただき、ありがとうございます。
調子に乗りまして、一つだけ。
今日、昔の同僚の奥様から郡山のお菓子が届いたのですが、食べたら、あまりの美味しさの仰天しました。
こちらでは、たぶん既出でしょうが……

http://www.minpo.jp/pub/topics/sweets/2012/11/post_69.html

このチーズケーキ、値段を知って、さらに驚きました。
今まで食べたチーズケーキの中でダントツに美味しい。
包装を変え、銀座で売ったら、300円でも飛ぶように売れそう。
うーん、恐るべし、郡山市……

No title

うどんの話題で出て来ました。

ばあちゃんに教えられて自分でうどん・そば打ちなど昔のことはできるんですが,仕事初めてからは,味噌を仕込むのがせいいっぱいで,うどんや蕎麦を打ってなくて,仁さんのブログを見て,いいなあ,とよだれが出そうです。

鰹節は,昔はあれで削ったもんです。実家にあったのに,母が捨てちゃったかも(いらない新しいものを買い込むのに古い良いものを何でも捨てる人で困ってます)。

つゆには,削り節をだしに使ってますけど,これがないと,パレスチナ人の亭主が,「天ぷらをたべられない(天つゆも鰹だしをとるので)」「ジャパニーズヌードル(うどん,て言ってよ)を食べられない」と,騒ぐので,常備してます。レバノンに帰ると,鰹節がないからギャオギャオ騒ぎます。

最近は,冷凍うどんを買ってるんですが,なんか,あれ,こしが強すぎて,かみきれなくて,不自然な気がしていたんですが,タピオカ入ってるんですか。知らなかった。
やっぱり,自分で作って冷凍しておこうか。

やない製麺のHPにありましたね。桜麺。
「やない」って聞くと(箭内道彦さんでも)なんか,嬉しくなります。漢字は違うんだけど。
作るのがやっぱり無理だったら,買おうかなあ。

さて,昨日はネコの日でしたね。

うちもにゃんこ4匹(あと柴1匹)は元気ですが,私が,腱鞘炎に加えて気管支炎になってます。溶連菌ぽい全身症状から始まっているので,外に出るな,と。今日はまあまあ。

喉から来て,体に拡がって,鼻水は出るし,かみすぎて鼻血がど~っと出て,熱がでてふらふらしている自分を見て,「あれは放射線のせいだ~」と騒ぐ人が出るだろうか? いっそmixiに書き込んでみるか,と,意地悪なことを考えたのでした。

でも,一部の放射脳な方々をのぞいて,あきっぽい人達は中国からのPM2.5に移ってしまったんですね。結局,何も考えてないんじゃないかあ,と,また熱があがりそうなのでした。

松本は,蕎麦もおいしいけど,おやきもおいしいですよ。

福島のお菓子(スイーツっていうのが苦手ですみません,たぶん古い人間だから)は,たいてい材料がいいからおいしいですよ。あのチーズケーキはおみやげで食べたことあるかな。ふわっとしてとろっというのじゃありませんか?

うん。あ,でも,茨城北部出身者としては,茨城県大子町のチーズケーキもおすすめします。 
国道118号を南下して来られた際には,どうぞご賞味ください。
(せんだって,NHK水戸放送局が,久慈川を大子町から福島県までさかのぼった風景を放送していましたよ)

仁さんは何でも作っちゃうんですよ

すごいです。ほんとうに何でも作るんです。
何者なんでしょうか?


IKAさん
>3.11福島核被災記念日を目前にした

いろいろ間違ってますね。
3・11については「記念日」として学校をお休みにしようか
という提案が福島でもあったそうなんですが

宮城は確かそうなったはず・・・

でも福島は「収束していない」
そして苦しみが続いているのは3・11そのもの
その「時」に起こったことだけではなくとか・・・

とにかくいろんな事情で
記念日にはしなかったんです。少なくとも今年はそうしなかった。
(今後どうなるかはわかりません)

それを他所もんが勝手に決めてんじゃねえ!
何の権利があってそんなこと抜かしとんじゃ。

>お風呂の水を流す時、日本では北半球だから台風と同じ方向に渦が出来る~

ええ!?ちがうの!?そう信じていました。
教科書だけのお勉強の限界だわね・・・。

シュロー男さん・IKAさん
麺次郎で親子丼がきたらふたを開けて、七味をふって下さい。
そしてふたを閉めるのです。
水なんか飲んで自分をじらし・・・
それからおもむろに召し上がってみてください。

味の好みは人それぞれですが
日本橋の有名親子丼とか・・・
それよりも美味しい・負けてないと思います。

私はずっとうどん派だったのですが
(藪そばとか行ってもそんなにうまいかなあ・・・と思ってた)
福島に来てから蕎麦食いになりました。
あ・でもうどんも好き♪どうしよう~選べな~い♪

そのチーズケーキは存じませんでした。
どなたか郡山から遊びにいらっしゃいませんか?
お待ちしています。


boomboomさん
お大事になさってね。
早く元気になりますように。

グルメ情報有難うございます

先日、川崎駅の地下街で、福島県の物産展が開催されていました。
たまたま通りがけでしかも仕事先への移動中だったので、あまりかさばらないものをと思って、いか人参(ボンカレーの袋くらいのパッケージに入っているもの)一つと、5個入りのままどおるを買いました。

その日の夜、いか人参を酒の肴に食べてみました。
ほどよい甘さがあって箸が進みまくりです(もう一袋買えばよかったなあ)。
見た目には人参がフニャッとしている感じがしたのですが、食べてみるとさにあらず、さくさくしていました(色々調べてみると、この食感がひとつのポイントになっているようですね)。
人参特有の青臭さがないので、野菜が苦手な人にもオススメのように思います。

ままどおる、中が白餡なのが自分としてはとても気に入っています。
袋を開けるといい匂いがするし、数があればきっと三個四個と一気に激食いしていたことでしょう。
商品名は聞き覚えがあったのですが、これが郡山のお菓子であることを知ったのはつい最近のことです。

物産展はJRの駅出口を下に降りた所からすぐの特設会場で行われ、なんとかフェアとかいう名前で規模はさほど大きくなかったのですが、ざっと見た感じ、立ち寄る人々の多くがなにがしかの商品を買っており、購買率が高そうでした。
タイムスケジュールをみると夕方までには終わってしまいそうだったので、もう少し長くやってくれれば仕事帰りにもう一度立ち寄ってゆっくり見られたのに、もっと色々と買えたのになあと思いました。

ここのグルメ情報、実は私も楽しみにしています。
今回も参考になりましたし。
福島に出張予定のある人が、ここを読んでるといいなあと思います。
おすすめの食べ物屋さん情報もお土産情報もゲットできますから、まさに一挙両得です。

ぬかった!!

元大阪府民からの伝言さん

イカにんじん・・・先を越されました。
実は私まだ、食べたことありません。

なんでイカとにんじんをまぜるのか?
そうする必要があるのか?
納得がいかないからです。
そして私が買わなければ食卓には上らない。

でも元大阪府民からの伝言さんのリポートを読んだら
なんだか美味しそう・・・。
食べてみよっかな・・・。

福島のものおいしいって食べてくれて
ありがとうございました。

ウソ一流

今日東京新宿で福島集団疎開をアピールするデモが行われたようですね。
ネットで面白い写真を見つけました。新宿駅近くの沿道で若い女性がプラカードを掲げています。
それには「反原発 風評被害とウソ一流」と書いてありました。
さらに下の方に小さく「福島を利用するな〜」ともありました。茶髪のギャル風ですが、みあげた根性!?してます。
https://twitter.com/kage_kode/status/305276737036636160/photo/1

ラジオの話

>IKAさん
ところがTBSラジオは県北だとノイズが多いながら聞こえるんです。
その伸晃大臣の回は聞いてませんでしたが、やっていた午後5時はクリアに聞こえる時間です。
県北でこれだから、郡山より南ならもっとクリアに聞こえるはずです。
まさに「壁に耳あり、障子に目あり」状態で、
TBSラジオには「バカだね~」としか言えません。

>疎開裁判
彼らの物言いは褒められません。
しかし「賠償を求めるのはタカリだ」という奴らも同じく敵視されねばなりません。
国策の遂行に協力したのだから当然のことと言えばいいだけ。
それを被害感情を強調して訴えることはないだろう、という話。


散々ラジオの悪口を言いましたが、今日はニッポン放送が『オールナイトニッポン45年記念特番』をやっていたので、
夕方5時からのユーミンと7時からの松山千春のところを聞いてました。
しかも千春のところは2時間のうち1時間だけRFCがネット。
千春曰く「ラジオは自由なところがあるのでTPPや第一原発の事故について論点を示せる」と。
でも現状を見ると無理な考えだと思う・・・。

イカニンジン

イカニンジンと聞いて出て来ました (^_^;)。

よく実家で母が作ってくれて、新聞を敷いてその上でスルメをハサミでパッチンパッチン切っていましたが、僕も子どもの頃に手伝った記憶があります。

昨年亡くなった父が生前よくスルメを送ってくれたのでそれで僕も何度か作りました。酒と醤油を半々に混ぜた汁で浸けるみたいですがちょっと僕には濃過ぎるので水も入れてうどんの出汁とあまり変わらないぐらいの加減の汁で浸けています。

うちは昆布も混ぜます。例によって写真に撮ったことがあります。
http://farm3.staticflickr.com/2778/4271195577_cfc60a0052_b.jpg

松前漬けには数の子も入ってますよね。なお僕の実家では「イカニンジン」ではなく「ニンジンイカ」と言っています。

大子町のチーズケーキ

boomboom様

>茨城北部出身者としては,茨城県大子町のチーズケーキもおすすめします。

私も、食べたことあります。友人と八溝山に登ったついでに、常陸大子駅近くの「お菓子の麻呂宇土」というお店で買って・・・超うまかったです。

http://r.gnavi.co.jp/6545748

大子といえば、高校時代のサイクリングの思い出が忘れられません。

夏休みを利用して、柏の実家から、福島県中通りにある大玉村の友人宅まで、約230kmを、自転車で移動しました。

柏から水戸までは、快調に飛ばしましたが、にわかに雲行きが怪しくなり、すごい大雨に。瓜連(うりづら)で走行をあきらめ、水郡線に乗って常陸大子まで移動し、予約していた宿に泊まりました。

翌日は、大雨も止み、大子でゆっくりした後、水郡線で瓜連まで南下し、自転車で国道118を北上して、再び大子泊。

翌日は天気も良く、さらに118号を北上して福島県に入り、里白石の友人宅経由で、無事、大玉村入りしました。

それから数日は、大玉村を拠点に、西の吾妻・安達太良連峰の峠越えをしたり、東の阿武隈山地を攻めたりしました。最後は郡山に出ましたが、夏の暑さにびっくりしました。東京や柏より暑い!


千貫森の宇宙人 様

>新著、25日になったらamazonで購入します、楽しみです。

すでに、Amazonキャンペーンで買えるようになりました。ご購入、お待ちしています。
http://www.e-workshop.net/amazon/

皆様にお願いですが、この本を福島県や茨城県の書店で見かけたら、お知らせください。

仲を取り持つ昆布かな

仁さん
松前漬けならわかります。
子どもの頃好きでした(数の子だけ拾って食べていた)。

ああ・・・そっか~。
松前漬けをシンプルにしたのがイカにんじんなんですね?
(違うかな???)

昆布が入ってもいいならいいかも。

申し訳ありませんが

うどんや海外不動産投資がなぜデマ除染と関係あるのか分かりません。

20世紀の古典的な掲示板荒らしの手段として、関係ない話でスレを伸ばすというのがありました。

どうもここに反原発正義軍が工作しているのではと疑ってしまうので
そうでないのならもう少し控えられたら良いと思います。

反原発正義軍が

福島の食べ物についてどんな風に書いていたか知っていますか?一般の個人ブロガーの段階でも酷かったですよ。
それがどんなに悲しく、悔しかったかわかりますか?
福島の美味しいものについて書くのは「お国自慢」です。
福島愛の発露です。

2011年の桃は最高に美味しかったですが、さすがによそに送ることは出来ませんでした。やっとこの前九州の友達にかめまんの「さくさくショコラ」を送りました。
その友達は「ネットでもう福島は大丈夫、って言われるようになったら行ってみる」と言っていました。
それを聴いた私は無表情を装いつつ・・・orzでした。

デマは除染されなくてはいけません。

No title

http://numberthe.com/blog/index.php?UID=1303786712

さてさて、私はほぼ週一ペースで白河に帰っていますけど、その都度、
自分なりの『予定~福島に帰ったら』があります。

>安積の白猫さん、
「かめや」マジで入ったことなかった。
今後の予定に入れときます。
※かめやの隣は「玄豆屋」だねい。コーヒー好きだったら、ここの豆は
美味しいです。以前那須の”SHOZO”にも卸していたそうです。

なぜ

コメント欄にデマ除染以外のことを書いてはいけないのか意味が分からん。
管理人のネコさんが書くなというのなら分かるが。

まあまあ…みなさん

>がんばれ道の駅よつくら港さん
いや、おっしゃることはわかります。
確かに本題と離れた話題での暴走は避けるべきですね。常連になると、暴走しても気付かない事がありますから、気を付けなくてはいけないです、はい。



ブログ主でもない私が言うのもなんですが、このブログのユル~い雰囲気が馴染める人、馴染めない人いろいろいると思います。
例えば、「食いもんや常連の会話が多すぎで、重要な情報を探そうと思っても、どこにあるかわかんなくなる(←これ、私もよくあります)」とか「重要な情報提供がスルーされ、食べ物関連の話ばかりが盛り上がる」といった危惧をお持ちのかたもいるでしょうね。
まあ、私個人としてはここのコメ欄はいい意味で自由度が高いですから、あまり暴走しない程度に活用できればいいかな、って思っています。(このユル~い感じが好きだ、って人もいますしね)


ふたたび
>がんばれ道の駅よつくら港さん
ええと、個人的な感覚では「反原発正義軍の工作」ってのはちょっとないかなぁ、と思います。いろんなサイトやブログ見ていても、こんな呑気な会話見たことがないですから。

まあ、ぶっちゃけ言いますと、私個人は「反原発正義軍」であっても、ここで楽しいお話ができればそれでいいかなぁ、って思っています。福島や近隣地域のことを知ってもらえば、少しは偏見が直せるかもしれないですし…。

いろんな人が、ここのユル~い雰囲気で「福島の人達って、意外と普通に生活してんだなぁ」って感じてもらえるだけでもいいかなぁ、なんて思います。なんせ、「子どもを危険にさらす殺人者」から「インターネット使用率3割に満たない情報弱者」「すぐ騙される人がよすぎる県民」「国や東電にねだってばかりの守銭奴」みたいなイメージ持つ人(たぶん少数だけど)いますからね。
福島の人だって「放射能」よりも「美味しいお店」や「趣味のはなし」で盛り上がれる、って姿も見てほしいんですよ。
だってそれが本当の姿なんだし。

>たくやさん
がんばれ道の駅よつくら港さんは「少し控えられたら良い」っておっしゃっていますから「デマ除染以外書くな」とはちょっと違いますね。
私は先に書いたように、「楽しい話もいいけど、あまり暴走しないでね」って意味で解釈しましたし、その点は不快に思うかたが減るようにしなくちゃいけないな、と思いました。

>安積の白猫さん
昨年、一昨年は「福島産」っていうだけでいろいろ色眼鏡かけられましたからね~。いわゆる「活動家」じゃない、ごくフツーの方々からそう言われるのは辛かったです。
「先鋭的な活動家」よりも「フツーの方々」にある「薄く広がった不安感」を少しでも減らしていく事が肝心なんだと思います。

>re-tsuさん
「玄豆屋」さんって、お向かいの倉庫を「レコード博物館」にしちゃったとこですよね。
興味があるんですが、いったことない…(まだ博物館やってんのかなぁ)。

釈明

がんばれ道の駅よつくら港さん

>20世紀の古典的な掲示板荒らしの手段として、関係ない話でスレを伸ばすというのがありました。

そうでしたか・・・。
そういう「考え方」があるのですね。

私はよそのネットの世界や
こういった場所のお約束・常識・礼儀を
理解しないまま今までこちらに来ているので

>関係ない話でスレを伸ばす

ということにどういった価値があるのかわからないのです。
前に拍手の数にこだわった人がいましたが
あんな感じでしょうか?

つい楽しくて他の事を話してしまうだけで
他意はないのです。ごめんね。

あとはコメントで新しい情報が寄せられても
(なるほどと思って読んでいますが)
自分にはうまくコメントできないなと思うことは
控えめにしています。

記事や本題を無視しているわけではないのです。

>うどんや海外不動産投資

今回、この二つの話題が挙げられましたが
なおみの知る限り(ってトコがなんの保証にもなりませんが)
この話題を出された方はどなたも決して
怪しい方ではないです。

シュロー男さんには残念ながら
お目にかかったことはありませんが
これまでの熱い思いから察するに
うどんと福島を愛する気のいいおじさまです。

サロン信夫山が大好きです

♪ずんちゃずんちゃずんちゃ・・・

何だろう、この思わず歌いたくなってしまうような素晴らしいピアノの音色は・・・何と!なおみさんが奏でていたのですか!!

皆様ご無沙汰しております。多分今年お初です。でもずっとROMはしておりました。こちらはいつ訪れても私には最高に居心地の良い場所です。ですから私は何のお役に立てなくとも卒業する気は毛頭ございません。ずっとこんな感じでいいなあ。こんな感じがいいです。

いつかサロン信夫山コンサートができるといいなあ。ささやかな私の夢です。きっと金曜福島駅前の反原発正義軍のズンジャカズンジャカ喧しいだけのタイコやフォークギターなんかよりずっとゴージャスで素晴らしいアンサンブルが聴けるはず。何せこちらは“多士済々”ですから。



本日のお得情報!

http://amass.jp/17721
『3月11日(月)東京・日本武道館の模様が全国18か所のワーナー・マイカル・シネマズの劇場で同時生中継されることに。本イベントは、被災地支援として被災地である東北3県(岩手県、宮城県、福島県)の4会場については料金を無料とし、その他14会場のWOWOWならびにワーナー・マイカル・シネマズの収益金は公益社団法人 経済同友会が運営する復興支援プロジェクトに全額寄付します。』

とのことです。ご存じのとおりジャーニーは多数のヒット曲を持つ'70~'80年代を代表するアメリカン・ロック・バンド(初期はプログレっぽかった)です。ニール・ショーンは世界最高のギタリストの一人(そして私が最も敬愛するロック・ギタリストです)、現在のドラムのディーン・カストロノヴォのパワーとテクニックも凄まじいです。そして本来は2000円のチケットが無料!こりゃ行くしかないでしょう。私は今日、仕事帰りにワーナー・マイカルに寄ってチケットを4枚(一人最大4枚まで)貰って来ました。まだ残っているようです。興味のある方はお急ぎ下さいね。

調子に乗ってしまいました・・すみません

海外不動産投資のことを書いた者です。

私は2011年8月から、この掲示板にちょくちょくお邪魔している常連でもあるので、

確かに、調子に乗って書いてしまった面もあるかと・・

ま、それでも、暖かく見守ってくれる、ネコさんや、皆様には感謝しています。この、ゆるーい雰囲気が好きなんですね。


私は、福島出身ではなく、首都圏の人間ですが、

震災以降、反原発勢力と商業マスコミによって、散々、デマや風評被害を巻き散らかされた街の出身者ですので、

彼らに対する憤りや、フラストレーションを、この掲示板に集う多くの方と共有しています。


デマ除染、という意味で、ネコさんのスタンスには、全面的に共鳴しますし、

また、震災の年からずっと、福島県産を食べて応援してきました。別に義務感に駆られているわけでなく、「福島食材の良さ、豊かさ」を素直に楽しんでいます。ですので、グルメ情報大歓迎です!

倉本vs千春

>IKAさん
かつてTUFでやっていた『グーテン』の「杉浦ひとり」コーナーで行ってました。「玄豆屋」。
「レコード資料館」でマスターが「若い人は松山千春に髪があったなんて知らないでしょう」と
言ったのが忘れられませんw

で、RFCでやっている『松山千春オンザレディオ』で数年前に、
「倉本聰とは昔は友達だったけど、ある時に大喧嘩して絶縁した」と話してました。
その時は理由がわかりませんでしたが、近年倉本が反原発の闘士面しているのを見て納得しました。
泊原発が稼動する時、千春は賛成するような言動をとっていたからでは、と。
上の番組では泊原発運転差し止め弁護団のメンバーだったらしい上田・札幌市長を名指しで「嫌いだ」と言ったこともありました。
そこでも理由は言いませんでしたが、そんな背景があったからではないかと。

No title

>Manachan@柏さま
本を注文 しました、届くのが楽しみです。


で、私もずいぶん脱線のきっかけを作ってきたので、少し反省。しかし向こうの人たちを観ると、全く余裕が無いと言うのか、間が無いというのか、そんな強度な緊張状態が長時間続くと壊れますよ、実例は挙げるまでも無いですよね。


それで下火になりつつある話題ですが、小児甲状腺がんについて総括的なまとめが上がってきています。
http://togetter.com/li/462084
http://togetter.com/li/462089
ここで、指摘されている、チェルノブイル帰りとか、某大学教授であるとかでその人物を実力以上に高く評価するのは、心理学でいうハロー効果というやつだと思います。
http://www.weblio.jp/content/%E3%83%8F%E3%83%AD%E3%83%BC%E5%8A%B9%E6%9E%9C
このtogetterで、ダメ報道の例として取上げられている人物には特に意識してほしいところです。

周回遅れと脱線失礼します。

>観潮楼さん

>にしても連中のやることは在特会の合わせ鏡としか言い様がありませんね。
そういうことです。 どうとらえるかは自由ですが、表現する「やり方」が違うと思います。

>インパクトを考えれば読売のやるべき仕事ではないかと。
ナベツネ氏の趣味じゃないかもしれないですね。
読売ってtwitterの連携が不十分なんであまり見ません。 産経は記事によっては放射脳の釣り堀状態になるので彼らが何に反応するかよくわかりますよ。(今読売を見るとtwitterの連携はとれていますね。)

TBラジオの例の番組はネットでも聞けますよ。
http://www.tbs.co.jp/radio/dc/
ストレスがたまること請け合いですが。


>IKAさん

>もう反原発運動は我々に寄り添うどころか、気持ちも、物理的な距離も遥かイスカンダルよりも遠いところに行って
>しまったようです。
その通りですね。
「3.11福島核被災記念日」というイベントが理解できません。


>いかにんじん

佐藤B作さんの実家で弟さんが経営されている佐久商店のいかにんじんを東京・八重洲にある福島県のアンテナショップ・福島県八重洲観光交流館で購入していただきました。 お取り寄せもできるようです。
http://www.sakyu-iizaka.com/

にんじんの甘さとポリポリした食感とスルメの食感、意外に薄味でちょっと飲めてしまう漬けダレがおいしいと思いましたが福島県民のみなさんはいかがでしょうか? 「買うもの」というより「手造り」が普通なのかもしれませんが?


>がんばれ道の駅よつくら港さん
私もIKAさんの意見にほぼ近いです。
一見ムダに見える脱線した世間話ですが、「原子力と被曝 福島で甲状腺ガン10倍。国は子どもの退避を急げ!」などと言っている武田教授の話と正反対の生活をしている人たちが福島県にいるという現実に教授に洗脳されている人たちが解放されればいいなと思っています。

よろしければいわき、四倉のゆるいお話でもコメントしていただければ幸いです。
個人的な観光情報に使いたいので。

No title

IKAさん、観湖楼さん、

「玄豆屋」の店主は個性的で話好き。
それがこうじてか、カルチャースクールで、珈琲の淹れ方の講師なんかやってますよ。

がんばれ道の駅よつくら港さんの危惧に関しては、IKAさんのコメントに100%同意見です。

自分も皆さんのコメントは楽しみにさせて頂いてますし、IKAさんも仰る通り、福島で暮らす人々の日常を見て貰うと言う側面もあると思います。

余談ですが。
ここに来る前に頻繁に書き込んでいた某ローカル掲示板で

「放射能の話題になると安全厨が寄ってくるが、彼らは日常の話題には参加しない。地元以外から書き込んでいる工作員である証拠だ」

などと言われた事があります。

まぁ確かに自分は東京に住んでる訳ですが、工作員ではありません(笑)

あっち側の人たちから見たら「東京電力の関係者が運営している、工作員の巣窟」に違いないブログのコメント欄が、地元グルメ情報や与太話に溢れていると言うのも面白いよなあと思いますよ♪


しかしまあ、コメントが毎回100件超えるような現状で、雑談コメントが多すぎと言う意見もたしかに一理ありますね。
そう言う意見も今回が初めてと言う訳ではないですし。



で、提案なのですが。

雑談掲示板を立ち上げてみてはどうですかね~?
レンタル掲示板サービスを利用して、例えば「信夫山ネコさん応援掲示板」みたいな?

どうでしょう?

もはやこれまで

観潮楼さん
>倉本vs千春

人間関係って・・・ホントに外からだけ見ていると
わからないですよね。


こうたさん
>あっち側の人たちから見たら「東京電力の関係者が運営している、工作員の巣窟」に違いないブログのコメント欄が、地元グルメ情報や与太話に溢れていると言うのも面白いよなあと思いますよ♪

あはははは。
私はたまに来るへんなひとたちが
何故・そんなに青筋立てて死に物狂いで絡んでくるのか
よくわからなくて・・・(笑)

え?え?え?なになに?
なんか気にさわったの?ダメだった?

だって・・・私はどこからもなにからも自由な普通のおばさん。
工作員とか御用とかネトウヨってなあに?

きっと
>地元グルメ情報や与太話に溢れている

これはなんかの作戦・暗号に違いない!とか思って
余裕のない人たちは混乱してるのかも・・・と思ったら
おっかし~い(笑)。


それでも
がんばれ道の駅よつくら港さんのご指摘は
一理あると思うこともあり。


以前お話しましたが
私が楽しそうにパソコンに向いながら、娘に
「ここでおしゃべりしてるの。楽しいんだよ」と言ったら
「それはアラシって言うんだよ。だめだよ」
と注意されたことがあるのです。

ネコさんが黙認されているのをいいことに
長居をし過ぎてしまいました。

>そう言う意見も今回が初めてと言う訳ではないですし。

そうなんです。
でも今まではブログの力をそぐために言ってきてるのかなあ・・・
なんて感じてしまって逆らっていたのですが

今回はがんばれ道の駅よつくら港さん(同志だと思っています)の
おっしゃることでもあるし。

そろそろおしゃべり担当はおいとまする時期かな・・・と
反省しました。


んが!今日のおしゃべり・ちょっとだけお許しください
(反省はしているんです・今日は反映されませんでした)。

「遺体 明日への十日間」を観てきました。
実際の取材を元にした映画ということなので
私には全部が本当にあったことなのか
演出も少しはあるのかわからないのですが

西田敏行さんがわざわざ素足になって(土足ではなく)
遺体安置所に入るシーンがあるのですが
津波の泥やガラス・釘なんかが散らばってるかもしれない場所で
ずっと素足で歩き回るというのは大変危険で

そういうお気持ちの方がいらしたのかもしれないんだけど
そういうことを描きたかったのかもしれないんだけど

でも
重い映画だっただけに
たくさんの人が観に来ててびっくりするほどだっただけに
少しだけ・・・
あの時に被害の少なかった場所
遠くにいた人が作った「映画」なのかなという
現実に引き戻されてしまって。

でもあのエピソードが本当だったら
私の感想はいい気なもので
私だって津波にあわれた方からは
すごく遠いよそ者だと思いました。

もうしばらくすると「おだやかな日常」という映画が封切られます。
こちらは原発事故関連。
どんな風に私の知っている日常が描かれるのか
描かれていないのか
期待して待っているんです。

ちょっとまった

う~ん、なんか私も含めて「常連」の皆さんが反省されるのはいいんですが、それが過ぎてここがもり下がってしまいそうな気がしてきました。

がんばれ道の駅よつくら港さんは、あくまでも「暴走を危惧」しているだけだと思いますよ。
それは「するな」でも「来るな」でもないと思うんですよ。
確かに「一見無意味と思われるコメント」が邪魔になることもあるし、それを「ちょっとやり過ぎ」に感じる人もいるとは思うんですが、過度に反応しすぎて「もり下がって」しまっては本末転倒だと思うんですよね。

前にやぁどさんが言っていたように思いますが、ここは休憩所みたいな側面もあると思うんです。ここに来る人の中には、ツイッターやご自分のブログなどで「戦って」いる人もいますし、この間のたくやさんみたいに他のブログのコメ欄でやりあったりします。ネット上じゃなくても、リアルでやりあっている人もいるでしょう。
そんな人達が情報(武器)を補給し、また英気を養うこともできるところなんてそうそうないと思うんですよ。
戦場でも、兵士を慰問する楽隊や演芸があったり、食事の炊き出しがあったりします。
ましてや信夫山ネコ様は「長期戦」とおっしゃっていますから、「常在戦場」とばかりに、気を張り過ぎていたら、息切れしそうですね。

と言いますか、このままコメを控える人が出てきてこのブログがもり下がってしまったら、アチラ側が喜んでしまいそうです。
それだけは避けたい。
重要な話題を避けるために脱線コメント入れる人は(私の見る限りですが)居ないですし、「荒し」とは明確に違うと思います。
(私の印象では、脱線ネタは次のエントリが上がるまでの繋ぎになっている感さえあります)

ブログ主である信夫山ネコ様を差し置いてこんなこと言って失礼だとは思いますが…。

なにかご意見があれば真摯に受け止め、「脱線ひどいよ~」と言って頂ければ、随時対応すればいいんじゃないでしょうか。
ここは余程の事がない限り「自由に意見が述べられる」ところですから。
できれば、「常連」以外の方でもお話が聞ければ幸いだと思います(って、それも信夫山ネコ様を差し置く行為ですね…すいません)。

映画の話ですみません・・

私もこちらにお邪魔するときは脱線話ですみません・・
なので最近はまたまた読んでばかりでしたがひとつだけ・・・

なおみさん・・

西田敏行さんがわざわざ素足になって(土足ではなく)
遺体安置所に入るシーンがあるのですが
津波の泥やガラス・釘なんかが散らばってるかもしれない場所で
ずっと素足で歩き回るというのは大変危険で

私、こちらの映画すごく見たくていたのですがまだ見ていないのですけれど
確かNHKあさいちでしたっけ?いのっち司会の金曜のプレミアムゲストが西田さんだったのを見たのですが
西田さんが演じたご本人さんが実際は感染も含めて危険なので裸足にはなれなかった・・でもあの映画で西田さんが裸足で演じてくれて、ご本人さんも本当は裸足で対応したかったけれど出来なかった気持ちを演じてくれたと言われたみたいなことをお話してました。

また別なところでは西田さんはこの映画にでることにとまどいがあったのだけど、事実とは違うけれど真実をかんじてもらえるかもしれないというようなことを言ってました。

映画を見ていないのに泣けてしまった私です。

それでは脱線、大変失礼しました。

おまけ・・おかあさんは心配症さん、お元気でしょうか?^^

No title

毎週金曜日に官邸前抗議が行われています。
個人的な理由でその動画をウォッチしているのですが、
2/22の抗議で、ちょっといいことがありました。

bit.ly/W9B3Dn

福島の方のスピーチの後、6分ぐらいから
埼玉の人のスピーチが入っています。

「放射能にも風評にも負けてたまるか」というはがきをつくって配っていました。
福島の農家の方に支援をという内容です。
この方のように、実際に福島に来て、福島の人の話を聞くことで、
見えてくるものがあるんだなと思います。

この後、司会の女性の方が「風評ではなく実害ですね」と
わざわざ言いかえていたのが、ちょっと残念でしたが。

抗議活動をする人たちの中からこういうことがどんどん出てくれば、
集団疎開させろとか、
福島の人は真実を知らされていないとか
山下一派に牛耳られているとか、

こんなピントはずれのことを言う人もだんだんいなくなるのではないかと
思いました。

偶然なのですが

なんとなくいつもなおみさんのあとにコメントしているような気がしますが、狙っているのではなくて、たまたま同じような時間にPCを開いているというだけです。すみません。

私はその映画はまだ見ていませんが、前振りのTVでそのモデルになった方と、西田さんのお話を見ました。
ちょうど「はだし」のことを話していました。
実際には靴は履いていらしたそうです。
西田さんは「映画だから、靴を脱ぎました。」と言っていました。
正確な言葉ではありませんが、そうすることでいろんな気持ちを表現した、というようなコメントでした。

ところで、TUFで「池上彰の福島の叫び」という番組が放送されるようですが・・・・どんなの?
それは県内でだけ放送されるのですか?見てがっかりするのだけはイヤなんですけど・・・。

あ、皆さんとすれ違いました。
IKAさん、>>>脱線ネタは次のエントリが上がるまでの繋ぎ

その通りだと思います。私だって茶飲み話持ち出すのはコメント欄が大分落ち着いてからにしていますから。
一応空気読んでるつもりです。

ああ・・・mekko さん

そうだったの。
そうだったんですか・・・。
教えてくださってありがとうございました。

あの場面は実際とは違った
けれどもお気持ちはあのとおりだった
映画だったからこそ気持ちのとおりにできた

ということだったんですね。
私はそのあさいち、見逃しておりました。

すごく・・・ずっと息を止めて観ていました。苦しい映画でした。
周りの皆さんもずいぶん泣いていました。
フォーラムがあんなに混んでるの、初めて見ました。

こちらに感想を投げかけてみて
(もしかしたら津波被害を受けた方から
何もわかっていないと非難されるかもと思ったのですが)
本当によかったです。

フジテレビ・・・ってところで
少し用心してしまったの。これも色眼鏡ですね。

貴重な映画でしたと
今素直に思えました。

ありがとうございました。


東京おばさんさん
それはすごいことですね。
先日こちらで見かけた
若い女性が掲げた「反原発は嘘ばかり」みたいな
可愛らしい・・・なんていうの?ポスターとも違うし。
あれもすごいことだと、勇気ある行動をされているなと
感動したものでした。


IKAさん・みなさん
ありがとうございました。
私も気をつけたいと思います。
書きたいんだけどちょっと・・・と思う人の邪魔にならないように。

いろんな人がもっと集まるといいですよね。

池上さんの番組は

ウチの制作で、福島のみの放送です。
総合プロデューサーは私ではなく別部署の局長ですが。。。
ちょっと私とはアプローチの違いはあると思いますが、基本としては福島県人として「そろそろ前を向こうよ」との意識は共通しているので、危険を煽るような番組にはならないと思います。

ただ、今回独自の意識調査をしているのですが、それ見ると「うーん、まだまだかな」と思うところもあります。

何とかしなくちゃ。。。

今年の

3月11日って月曜日なんですよね。

実は今別エントリ
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-91.html#comment8541

コメント欄において「初めてさん」という方からご指摘で、九州では前日10日に各地で反原発集会が開催される事がわかりました。
で、(全てではないんですが)イベントに「黙祷」「祈り」等が設けられているんです。これっておかしくありません?
人数動員のために日曜日に集会が開催されるうえに(被災地を軽んじている感じがしますね)、取って付けたように黙祷して、何の意味があるのか私には理解できません。
端的に言えば「24時間フライングだよ!」ですよ。
そんな心の込められない祈り(たぶん、「原発やめて~」って祈りは込められているんでしょうが)、迷惑なだけでちっともありがたくないです。(私だけかもしれませんが)

悪意をもった解釈かもしれませんが、彼らの「原発やめるためには犠牲者をも利用する」感覚が透けて見える気がします。

他の地域ではどうしてんだろうな。

【追記】
えと、ググってみたら、3月10日に反原発集会やるところって結構ありますね。

http://www47.atwiki.jp/demomatome/m/

まあ、「フライング黙祷(いや、エア黙祷か)」をプログラムに盛り込んでいるところは(ざっと見た感じ)あまり無いですが。
「これは追悼ではなく、あくまでも反原発運動の集会です!」って事なんでしょうかね。
それはそれで分かりやすいですけど。
出来れば「福島」の名前を使ってほしくはないですが。



>Manachan@柏さん
東葛地区もかなりdisられましたからね。
気持ちは福島県人と変わらないでしょうね。
これからも福島の応援、お願いします。

>観潮楼さん
昔の千春はロン毛だったなんて、信じられないかもしれませんね。
私は「ザ・ベストテン」に「TVは嫌いだけど、今回だけ」と言って生中継で出演した回を、「動く千春はこれっきりかな~」と思いつつ食い入るように見ていたのを覚えています。
(でも、今では結構出てきますし…ニュース系だったりしますけど…)

>千貫森の宇宙人さん
斗ヶ沢さんの甲状腺のお話、非常に分かりやすかったですね。
今後、その手のニュースが出てきたときには、このまとめリンクすればいいかなぁ、って気がします。
3月に出てくる、他地域での甲状腺検査の結果が待ち遠しいです。
あ、ダメ(元)ジャーナリストはもはやオチ以外では使いみちがなくなりましたね(笑)。

>笹団子さん
福島では季節になると「刻みスルメ(って言うのかな?)」がスーパーに並びます。さほど難しくないので、自宅で作っている人は多いかと思います。
ウチじゃ買ってきて済ませていますが(笑)。

>re-tsuさん
また行かなきゃならないお店が増えたかも(って、コーヒーはもっぱらインスタントですけどね)。

>こうたさん
「信夫山ネコブログが無駄話で一杯なのは、反原発の戦意を喪失させる為に仕組んだ工作員の陰謀なんだよ!」
って言い出す人は…さすがにいないか。

>なおみさん
>mekkoさん
福島に住む人の、正直な気持ちを知ってもらうって大切なことですよ。何に感動して、何が嬉しいか、なんて、わかっているようで、実はまったくわかっていない、って事がありますから。
「私たちの本音」って、データや科学と同じくらい知ってほしいことです。(だって、情弱とか守銭奴とか言われていますからね…笑)

>東京おばさん さん
よくも悪くも「私の考える福島(県人)像」ってのが独り歩きしちゃってるのかもしれませんね。
私の場合、震災以降生活がほんのちょっと大変になりましたが、バカなこと考えたり、無駄なことやっていたり、皆さんとさほど変わらないフツーの生活している…と思っています。
逆に、大変な決心をして福島に来たのに、拍子抜けしてガッカリしちゃう、なんて話も時々聞きますが(笑)。

>安積の白猫さん
あ~、私はそこまで気を使っていなかったです。
「ネタ」と思ったらすぐフッてしまってました。
これは反省点かな。

>やぁどさん
おお、福島オンリーで池上さん使うなんて、何と贅沢な事を(笑)。さすが30周年。
楽しみにしていま~す。

なんか嫌な感じね!!

IKAさんに同感!

黙祷でも祈祷でもなんでも好きにすればいいけど
つじつまの合わない
震災・事故を利用する便乗活動は

ほんんんっとに!!!やめてほしい。


>>こうたさん
>「信夫山ネコブログが無駄話で一杯なのは、反原発の戦意を喪失させる為に仕組んだ工作員の陰謀なんだよ!」
って言い出す人は…さすがにいないか。


うふふふふ。
上はIKAさんのコメント引用ですが
思い出したことがあります。

その昔、男子がレポートを書くという名目で
下宿に集合したそうな。
そこにはビデオデッキと
「ドラえもん」と書かれた何本かのテープがあったそうじゃ。

ビデオの登場というものは
それまで雑誌に頼るしかなかった若者達にとって
文明の灯火を手にしたような・・・
そのような興奮を伴う機械だったのじゃ。

「このテープが全部ドラえもんのはずがない!!!」
おしとどめる持ち主を退け
みんなで一晩中ドラえもんの早送りを眺めていたそうじゃ。

ばかじゃないだろうか・・・。

こちらの膨大なコメント欄を
「無駄話のはずがない!!どこかに関係者である証拠が!!」
とか言って血眼で読んでる人がいたらおもしろい。


やぁどさん
>TUFで「池上彰の福島の叫び」

これからなの?
池上さんなら観てみようかな。

No title

日本臨牀 2012-11「特集/甲状腺疾患/概論/甲状腺疾患の疫学」から抜粋し要約
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
甲状腺の潜在癌
フィンランド人剖検例:35.6%から発見
日本:11.3~28.4%の発見率

人間ドックにおける結節性甲状腺疾患頻度
嚢胞性病変(≧3mm):男性 23.2%  女性 33.5%
充実性結節(≧3mm):男性 18.1%  女性 29.1%
びまん性病変:男性 7.6%  女性 16.1%
(全体の46.3%にいずれかの所見が見られた)

発見された充実性結節の個数:単発性/62.5% 2個/21.2% 3個以上/16.2%
同じく、大きさ:10mm以下/71.0%  11~20mm 23.3%  21mm以上/5.7%

検査の結果、医療機関の受診をすすめた人の割合は4.5%
うち、実際に受診した人はそのうちの67.2%(3%)
人間ドックにおける甲状腺癌罹患率は0.38%と推定。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

罹患率0.38%なら、1万人中38人は甲状腺癌を持っている事になります。
これは成人の場合ですので、未成年の場合はこれより少ないとしても
ゼロはあり得ないでしょうね。一桁少ないくらいか?
日本人の甲状腺癌の有病率は1000人に1.3人と書いてあった本もありましたので、
定期健康診断並みに調べれば、けっこう見つかりそう。

また、以下のような記述もありました。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
甲状腺結節はスクリーニングにより非常に高頻度に発見されるため、
不必要な検査や治療がむやみに行われないように、その取り扱いは
注意深い配慮が必要であろう。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
よほど酷くない限り、経過観察がベストな選択のようです。


別の本、「放射線および環境化学物質による発がん」によると
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
1mGyの放射線がヒットしたとき、およそ細胞あたり2個のDNA損傷が起きると推定されている。
ここから計算すれば、1mGy/年の被ばくで生じるDNA損傷は5×10^-3個/細胞/日
一方、活性酸素によるDNA損傷数は10^6個/細胞/日で、年1mGy被爆時の2億倍
(二本鎖断裂では1mGy被ばく時の1000倍発生)
損傷したDNAの99.9%は修復されるされると考えられるが、それでも年1mGy被ばく時の
20万倍のDNA損傷が残る事になる。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

年5mGy被ばく時、DNA損傷数が仮に5倍増えたとしても、活性酸素によって自然発生する
DNA損傷数と比べれば、ほとんど誤差範囲かそれ以下のようです。

雪、ありますね。

今日は福島に行ってきました。ほんとに雪がまだあるんですね。歩道に。

やぁどさん、番組情報ありがとうございます。3月4日月曜日午後6時15分、見てみます。不安はぬぐいきれませんが・・・。

IKAさん、なおみさん、お二人はデマ除染でお忙しいネコさんに替わって皆さんを迎えてくれる信夫山集会所の世話人のような気がしています。
ネコさんの新しいエントリーがでないのは反原発正義軍の動きも落ち着いているってことでしょうか?

とあるブログのコメント欄でも今は中国のPM2.5の方に興味が移っているようで、そこから更に中国の核実験によって溜まった放射性物質が黄砂に乗ってやってきている。(←今頃気がついたのかよ)
福島第一の事故の時、私達騒ぎすぎたのかも・・・・(←そこ大事。やっと気がついたのかよ。)
という、書き込みがあり、ようやく一般人でも気がつき始めたのかもしれない、そうならいいな、と思うこの頃です。

retoさんのFBから

「いわき市の情報より」 とても良い情報と思いましたので転記します。
URLで載せたかったのですが良く分からなくて、、長くてすみません。

匿名で申し訳ありませんが、いわき市内の医師のコメントを紹介します。
--------------
甲状腺癌について

 福島県の未成年者を対象に行われている世界初の甲状腺の詳細な検診で甲状腺癌が3人、疑いが7人という衝撃的なニュースが流れています。

 チェルノブイリの再来であるという論調でこれまで福島県の子供は全員避難すべきだと主張していた方々のより強い口調の非難と警告がネット上に氾濫しています。

 そして一時は報じたマスコミがあまり論調を強めて来ないことに対して何かそれを隠そうとする電力会社や政府の力が働いているのではないかと勘ぐるような声も聞こえます。

 福島県の甲状腺の検診を担当している医師からのコメントも少なく、マスコミを通じて流れてくるコメントは”チェルノブイリでは4−5年経ってからはじめて癌が見つかっているから今がんが見つかるということは直接被爆とは関係のないものだ”といった内容のもので、当然ながらそのコメントに納得する人は少なく、その不安を口にする福島県に住むお母さん方の困惑した表情がテレビに映し出されています。

 では本当はどうなのでしょうか?中立的な立場で情報を載せたいと思います。

 私見も多少は述べますが、ここでは主に原発事故以前に日本での甲状腺癌のデータ集積により得られた私情の入らない知見を書きたいと思います。

 これを読んだ方がこの内容を踏まえて正しく判断することの手助けになれば嬉しいです。

 そして念を押しますが、私は福島県内で誰よりも守らなければならない大切な娘と自分の判断で一緒に住んでいるあくまで中立的な医師ですので感情的な批判は控えていただければと思います。

 まず、物事を論じるにはその論じる対象について知らなければなりません。その対象である甲状腺癌は他の癌と違う性質を持つ特殊な癌と言えます。

 この特殊性を知らずに論じてしまうと大きな間違いが生じてしまいますのでよく読んでいただければと思います。

まず甲状腺癌は4つのタイプがあります。
その中で放射線被爆により生ずる癌は全て乳頭癌と呼ばれる癌です。
ここではこの甲状腺乳頭癌に絞って話をしたいと思います。
この甲状腺乳頭癌の特徴を以下に列挙します。
 ・好発年齢は30-50歳
 ・全ての癌の中で最も生命予後が良く、10年生存率が95%
 ・最も成長の遅い癌であり、年間の増大率は1.3ミリ。 特に5ミリ以下の微小癌はほとんど増大しない。 ただし20ミリ以上の癌になると年間4ミリ増大する。
 ・年齢が若いほど予後が良い
 ・5センチ未満で転移や浸潤(周囲に染み出すこと)がなければ予後が良い
 ・小児で発見されることは少なく通常は100万人に1人

 この乳頭癌は非常に変わっています。それが癌でありながらこの生存率の高さです。甲状腺癌は通常しこりを触れて初めて気付くような癌なので微小癌で見つかることは稀です。

 発見時にリンパ節転移があることも珍しくなく、それでいながらこの生存率は他の癌では考えられないことです。

 そしてこの成長の遅さも特筆すべきものです。好発年齢が30−50歳ということは未成年時代に発生した癌が年間1.3ミリ程度のゆっくりとした増大の結果、30歳以降にしこりとして認識され診断されるということがあってもなんら不思議ではないのです。しかしこれまで未成年の健常人に甲状腺エコーをするという事はほとんどされていなかったためどの時点で癌が発生したという事が全くわかっていないのです。ですから今回の福島県の甲状腺の検診と同様の詳細なエコー検診を遠く離れた他県でも行うという方針となっているのです。まだ本格的にスタートしていないため比較する他県のデータはありません。ですから福島県で見つかった微小癌、あるいはそれを疑う結節を直ちに放射線被爆によるものと断定するのは科学的にはあまりにも根拠がなく早計なのです。

 そしてもう一つこの癌の変わった点が若いほど予後が良いという点です。通常、癌は若いほど進行が速いというイメージがあると思いますが、この癌に関してだけはそれが当てはまりません。

 そしてさらにリンパ節転移などがあっても予後には関係がないという変わった性質があります。手術で取り残したリンパ節転移を放置していても生涯無害で経過することが稀ならず起こりうる癌です。ちなみにチェルノブイリの甲状腺乳頭癌患者の生存率は99.8%で、亡くなった方も初期の未熟な甲状腺全摘術により呼吸に大切な神経の損傷(両側反回神経損傷)などによる二次的な原因が多いとのことです。次の世代の親として通常の生活を営んでいる患者も多く、少なくとも福島の子供の未来は奪われたというような不安を煽る情報は流すべきではありません。

次に福島とチェルノブイリの状況の違いを書きたいと思います。

・チェルノブイリでの甲状腺癌患者の被爆時の年齢は0-5歳 福島で発生した甲状腺癌(含疑い)発症平均年齢は15歳
・チェルノブイリは火災なので持続的に放射性ヨードが放出されたが福島は爆発なので持続的放出ではない
・チェルノブイリはヨード不足の地域のため甲状腺にヨードが取り込まれないが日本はヨードが満ち足りている地域である
・チェルノブイリは持続的に汚染牧草を食べた牛の汚染ミルクなど持続的な放射性ヨードの経口摂取があったが日本はない。
・環境中の放出放射線量はチェルノブイリは福島の7倍

ここで特に述べたいのは発症年齢の違いです。

発症年齢から考えてチェルノブイリの場合、放射線感受性の高い幼児期に被爆したことが関わっていると素直に理解できますが、福島の場合はそれとは明らかに違います。

被爆によるものであれば幼稚園生〜小学校低学年の子供に生じるはずです。

その他のことに関してはこれまでもよく言われている事ですが、個人的にも全く状況は異なると思っています。

最後に甲状腺癌が増えるリスクについてこれまでの知見を紹介します。

 被爆による甲状腺癌発症のリスク 
・19歳以下の大量被曝(100mSV以上)
広島のデータでは
1000mSV(1SV)の被曝で 10歳未満の子供が10倍のリスク 
10代の子供で4.5倍のリスク
20歳以上でリスク無し

最後に
 医師や科学者という肩書きを持つ人で全く客観的な考察のないまま不安を煽る発言をしている事をしばしば目にします。

 そして往々にしてそのような発言がより正義感を持った正しい考え方の様に伝えられ、ネットを通じてあっという間に拡がっていきます。

 私の書いたことは非常に客観的なものと思っていますが、このような内容のものは往々にして東電や原発を動かしたい政府側の敵と見なされるような人物によるものとして猛烈な非難を浴びる可能性があります。医師の発言がめっきり少なくなっているのもそういった恐怖があるからだと推測していますし自分も実際にそういった恐怖心があります。当たらず障らずにいるのが楽です。

 しかしあまりにも過去の医学知見が無視された煽りの発言が多く発言することにしました。

どうかこの書き込みで客観的な判断の一助にして頂くことを望みます。
................................................................

◎安積の白猫さん
>IKAさん、なおみさん、お二人はデマ除染でお忙しいネコさんに替わって皆さんを迎えてくれる信夫山集会所の世話人のような気がしています。
 私もそう思います。

No title

甲状腺癌についてのコメント、自分の考えを纏めるうえでもとても参考になります。

今回の検査結果発表直後、3人に甲状腺癌が!さらに7人にも疑いが!確実にやばいなこの国、といったコメントを某動画で複数のコメント欄に書いて煽っている人がいてうんざり・・・。

以前からPKA先生の有病率とスクリーニング検査の発見率の違いについてのまとめなどを見ていたので、今回の結果が発表されても冷静に受け止めることができますが、何も予備知識のない人は今回の情報で不安になる人もいるでしょうね。

もっと多くの医師の方々が過去の医学的知見に基づいた正しい情報をネットで継続して発信してくれたらなと思います。

No title

甲状腺がんガー、って人達…もしかしたら、「甲状腺がんは放射線被曝でしか発生しない、って考えてるなかなぁ、なんて思っちゃいました。
だって彼らの比較はチェルノブイリと福島しか出てこないし…。3月に出てくる他地域での検査結果が待たれますが、「あそこでも放射能の被害者ガー」とか言い出しそうですね。

まあ、福島の人の多くはある程度学びましたし、まだの人はPKA先生のツイートまとめや、この間の斗ヶ沢さんのまとめ、tateさん、kakkouさんのコメントを熟読すればまあ慌てることはない、ってわかると思うんですけどね~。

>なおみさん
去年に比べると、あんまり批判めいた話が出てこないのは、「反原発集会」の開催が1日早いからかもしれませんね。個人的には一週間後の方がいいような気もします(たぶん、3.11に近付けたいんでしょうね…だからゲスい、って思うんですが)。
ましてや、おためごかしの黙祷なんて…もっと批判されてもいいと思う。
でも、こういった団体のブログって、コメ欄閉じてるか、賛同メッセージしか受け付けないところが多かったりするんですよね。あってもメールフォーム(こっちのアドレス入力必須)だったりしますし。
ああいった人達って、つくづく「自由」が嫌いなんだなぁ。

ドラえもん…がはは、確かにこりはあやすぅぃ~。
ビデオ以前は8㎜ブルーフィルムみたいな好事家のアイテムしかなかったでしょうし。
VHS対βの戦いでは、ソフト(特にオトナ向けね)がどっちに付くかが明暗を分けた、って言われていますし…日本におけるインターネット普及も「オヤジのエロパワー」が大きな力になったのでは?と思っております。

>tateさん
分かりやすいお話とデータですね。
きっといろんな人のお役に立つと思います。

>安積の白猫さん
昨日、ちょうど郡山から九州に避難した方が、PM2.5に悩まされている、って話を聞きました。
気の毒とは思いますが…ご自分の決断ですからね。
PM2.5についてはよくわかりませんが、キチンとリスク評価されて、ご判断いただくしかないなぁ、って思います。
私たちにもできるんですから、きっと出来ます。
(ってか、人間必要に迫られないとめんどくさい事はしませんからね。西日本の人が、PM2.5をきっかけに「リスク評価を相対的にする」事が出来れば、私たちの事も理解しやすくなるんでしょうね)

>kakkouさん
これも分かりやすいお話ですね。
少しでもこういったお話で不安がやわらぐ人が増えたらいいな、って思います。

>user6878さん
今回の甲状腺がんの話は、実のところ以前ほど拡がらなかったような気がします。気にするタイプの人には、いい意味で情報が行ったのかなぁ、って期待しているんですが。
後は「前はそんなに気にしなかった(ので、情報を入れていない)けど、じわじわ来た人」と、「情報は御用と工作員によって操作されていると思い込んでいる人」が居るのかなぁ、と。
あ、あと、「わかっちゃいるけどやっぱり不安な人」もいるかもですが。
まあ、陰謀論はどうしようもないですが、話せばわかる人達には、情報を発信し続けるしかないんでしょうね。

よっこらしょっと

今日も来ましたよ~。

春めいたあたたかさ。コートを脱ぐ人々。
そんな絵が欲しそうなテレビカメラさんが駅前にいましたよ~。


tateさん・kakkouさん・user6878 さん・皆さん
こちらのどなたが持ち寄る情報も
私にはとても勉強になります。

きっとひとりひとりが違う興味のアンテナを持っていて
「むむむ!これは!!」と
ご自身の得意分野で「目利き」された情報なので

自分が意味もわからず借りてきた
コピーしてきただけのものではないから。

甲状腺については
自分(素人)が理解していればいい分までは勉強したので
あとは何かあれば
きちんとしたお医者様にかかればいいと思っています。

だからもう素性の知れない人たちが何を煽っても
「どうかしましたか?ク○して寝ろ」という感じです。


IKAさん
>おためごかしの黙祷なんて…もっと批判されてもいいと思う。

ほんとうにほんとうにこういうのは腹立つううう!!!

>去年に比べると

もしそういう変化があるとするなら
ふざけんなよ!って声をあげた福島の人や応援してくれてる人が
少なからずいたんだと思います。

決して絶望せず・あきらめなかったから。

>ああいった人達って、つくづく「自由」が嫌いなんだなぁ。

こっちは自由だ~!!!(犬井ヒロシ)


今日は中合の「大九州の物産展」でした。
大九州かア・・・大きく出たね・こりゃまた。
福島にも大をつけてみよう!
・・・こっちは美味しそう?


どこで暮らすのもいろんな心配事があって大変だよね。
でもできる限りのことをして同じ時代を生きて行こうね。
なんて思いながら

こちらでお近づきになった九州の方々を思いながら
とりあえず買い物してきました。

くまもんの太平燕(インスタント)?買ってみました。
あとは・・・大島紬トレンチコート・35万円を


見てきました。

No title

いや~、しばらくネット環境の悪いところにいたら、コメントの伸びについていけなくなりました。皆さんありがとうございます。少しずつ読みま~す。

No title

ダニエル・カールさん、ありがとう!

http://togetter.com/li/463654

もう、ダニエルさんは日本人以上に日本人、東北人です!この際、ダニエルさんに絡むアレな人達とトレードしません?こんな人達要りませんから。

もうひとつ、こちらは以前やぁどさんが紹介していたまとめなんですが…

http://togetter.com/li/455790

やぁどさんもおっしゃっていましたが、まとめ人は本来「アチラ側」の人なんですが、まとめの評価自体はマトモのようです。
で、問題なのはそのコメント欄。
「アチラ側」のお医者さんがマトモな事を言い出したためか、論客(?)クラスタが総動員で議論しています。
あまりにも長いんで、かなりざっくりとしか読んでませんが、いや、何かがおこっているんではないか?と思わせるほど熱いですね(科学系の方が、非科学系の切り捨てに入っている様にも見えるんですよね~)。
単なる内ゲバかもしれませんが…。

惚れるって・・・相手を心底尊敬することなんですけどね

IKAさん

二つ目はきっとすごいボリュームなんでしょうね。
昨夜から試みているのですが
どうにもこうにもフリーズしてしまって読めません。
仕方ないので想像しておきます。

ダニエルさん・・・素敵ですね。
事故以降、いろんな意味で他人を濃く知ることができました。

なんだか感じのいい人ね♪程度の好きではなく
(事故前はそんなもんで充分だった人付き合い)

俺はコイツにほれたぜ
オマエ・・・いいやつだな

レベルで相手が心に響くというか。

細かいことはどうでもよくて

何かことが起きた時のその人の考え方・行動の仕方に
その人のほんとうの姿が現れてしまって

だから普段その人が
ちょっと自分とは好みが違うとか
口うるさいなあとか
見た目がどうだとか

そういうのはなんかホントにどうでもよくなって

人に惚れるって言うのはこういうことかなあと
思うことが増えました。
プロフィール

shinobuyamaneko

Author:shinobuyamaneko
 福島県福島市の信夫山に住むネコです。
 原発事故以後ネット上には「もう福島市は放射能高くてダメ!逃げてください!」「福島はチェルノブイリ以上!」「子供を見殺しにしないで!」等の「反原発の叫び」が溢れてます。ネコはどこにも逃げられないから、もうノイローゼ気味。こういう「叫び」「脅し」の効果もあって福島に来る人は激減。街は沈み、市民は「すぐに逃げてください!」に怯えながら、静かに暮らしています。(←最近は嘘・デマがバレてきて、みんな元気になってきた感じだにゃ。)
 しかしね~、この種の「叫び」の根底に、「反原発」の「福島壊滅ならば原発全廃にできる!大大大チャンスだ!」っていう心理はないですか?原発全廃の為にはまず「福島壊滅」が必要とばかりに、科学的、医学的、論理的に怪しい説、大げさな数字等が「連呼」「拡散」されていないですか?それが「正義」になっていませんか?
 信夫山ネコは「故郷福島壊滅」を「原発全廃」の手段にされてはたまらんです。もし根拠がない数字や説の拡散によって、旅館の経営者が自殺するとかの悲惨な「風評被害」が出たら、大人しい福島人も終には訴えたりするのかにゃ~?!今はとにかくデマ、風評、誇張、脅し等を除染しながら記録するにゃ。(「リンクフリー」です 対「反原発」、対「放射脳」等での引用ご自由に)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR