結局1月は「朗報」が多い月だったにゃ

2013年1月、遂に補給が尽きかけた「反原発正義軍」の福島侵攻に勢いはなくなった。

前回エントリー、連中の「山下俊一先生攻撃」は2011年初夏の時点から全く進歩がなかった。また「デマ1号」=「警察官急性白血病で死亡」然り、「デマ2号」=「福島県知事家族メキシコ避難」然り。こういうのを

バカの一つ覚え

と言う。新兵器がなく、戦局の終盤まで三八式歩兵銃と戦艦とゼロ戦を頼みとし続けた、帝国陸海軍と同じ運命だにゃ。今や「ありもしない被曝による病死」をデッチアゲ、根拠なしのデマで避難を煽る「反復運動」しかない。奴らのいつも同じ「デマ、ウソ、脅し」は「賞味期限切れ」となり、また「正義軍」の中での分裂を招きかねない「末期症状」が表面化した。さらに「正義軍」の「福島潰し」に加担してばかりいた「マスゴミ」にさえ、綻び、矛盾、裏切りが表面化した。今月の動きをまとめておくにゃ。


千葉霊ハダカ事件
中身なしだが、反原発正義軍の「末期症状」として記録にゃ。見たくないけど「朗報」だろうという、奇妙なモノ。タイホされた芸能人がやる「お詫びヌード」とかと同じか?バズビー・サプリ、セイヴ・チャイルド、ホタル・・・と来た「反原発珍商売」の極北だにゃ。次は「脱原発AV」とかになりませんように。

千葉麗子「決意の反原発ヌード」
http://togetter.com/li/444420
チバレイ 「決意の反原発ヌード」に対する反応をまとめました
http://togetter.com/li/444858


放射線と発がん、日本が知るべき国連の結論(2013年1月11日 Forbes.com 日経翻訳)
昨年12月 原子放射線の影響に関する国連科学委員会(UNSCEAR)が提出した国連報告にゃ。
http://www.nikkei.com/article/DGXZZO50651160W3A110C1000000/?dg=1

昨年12月、極めて重要な報告書が粛々と発表された。そこに結論として書かれているのは、原子力科学の専門家が長年にわたり主張してきたことだ。――つまり、約0.1シーベルト(Sv)または10 rem以下の放射線の被曝(ひばく)は大した問題ではない。

■福島事故で「健康への影響無し」
 報告書により、世界はようやく正気に戻り、人体に害を与えないことに無駄な時間を費やすのをやめ、実際に悪影響を及ぼす問題、そして本当に注意を必要とする人々に目を向けるようになるかもしれない。例えば津波によって引き起こされたインフラや経済への打撃、あるいは福島周辺の真のホットスポットの除染。さらには、人体に影響を与えない程度の放射線量しか浴びていないのに、被曝の恐怖に怯えて暮らし、まさにそうした不安に心身をさいなまれている何万人という日本人をケアするといったことだ。また、日本政府においては真剣に原発再稼働の準備を始めたり、国際原子力機関(IAEA)や米国政府からの改善案に耳を傾けることだ。
 この報告書によって、低線量の被曝が個人と大規模な集団の健康に及ぼす影響について言えること、言えないことがはっきりするだろう。
 自然放射線量が2.5ミリSv(250 ミリrem)から3.5ミリSv(350 ミリrem)に上昇しても、発がん率は上昇せず、認識できるような公衆衛生上の影響は何も起きない。同じように、自然放射線量が2.5ミリSv(250 ミリrem)から1ミリSv( 100 ミリrem)に低下しても発がん率は低下せず、公衆衛生上の問題に一切影響を与えない。
 重要なのは、通常の議論は短期間(一度)に強烈な放射線に被曝することを想定しており、同じ量を1年といった長い期間をかけて被曝した場合、影響はさらに小さくなることだ。つまり毎月0.1Sv(10 rem)を被曝すれば影響はあるかもしれないが、年間で同じ0.1Svを受けた場合は、慢性にせよ、急性にせよ認識できるような影響は一切ない。
 さらにUNSCEARは、一昨年の福島の原発事故による識別可能な人体への影響はなかったとしている。「影
響無し」としているのだ。
(以下略)

原文は4ページあり、ここにはほんの一部を引用したが、これは本当の「朗報」。もうよくわかっていることの確認だが、国連の結論であることは大きい。どうせ「放射脳」バカ・キチガイ共は、国連も「原子力ムラ」だとか言って死ぬまで陰謀論を振り回して信じないのだろうが、そんな「ユナボマー」みたいなワケわからん人生を選択しない方が幸せなのは間違いない。そうそう、国連人権理事会のアナンド・グローバー氏は、これでもまだ「市民団体」から「福島から避難させないのは世界最大の人権問題」なんて吹き込まれているワケ?


玄侑宗久氏 遂に「反放射脳」発言
南相馬市の原町中央産婦人科医院院長、故高橋亨平先生の発言引用だが、上記「国連報告」を受けて福島在住の芥川賞作家、玄侑宗久氏が、はっきりと「福島防衛側」にまわった。芥川賞作家初?の快挙。「ノーベル文学賞」氏も見習ってもらいたい。やはり「当事者」であることが、「気づき」の条件なのか?再三繰り返すが、「福島攻撃」と「原発反対」は全く別の問題だ。「文化人」どもよ、そろそろ気づけ!!!アタマを使え!!!http://www.minpo.jp/news/detail/201301276263

高橋亨平先生の思い(1月27日)

 1月22日、南相馬市の原町中央産婦人科医院院長、高橋亨平先生が亡くなられた。
 震災後にも病院を離れず、産科に限らずあらゆる人々の医療に心を砕いてこられた。ご自身が震災後に発がんされ、厳しい治療を続けながらの必死な診察、医療活動であった。さらには除染研究会を立ち上げ、不安な妊産婦の自宅除染にも率先して関わった。地元の人々にどれほどの安心を与えたことだろう。
 私が先生をお訪ねしたのは昨年の5月だった。多くの意義深いお話を伺ったが、基本的な認識として一致したのは、放射線の被曝[ばく]影響について、「累積」する意味はない、ということ(人間のもつ修復力は凄[すご]い)。年間1ミリシーベルトという基準は、間違った計算式から導かれた誤解であること(発がんリスクが0・5%高まるとされる100ミリシーベルトを寿命の100年で割った)。そして、子どもへの被曝影響が大人よりも大きいという推測は、単に受精卵に高線量を照射した結果と受精卵の成熟度からの類推にすぎない、という3点であったと思う。
 先生の気概を端的に伝える文章をブログからご紹介しよう。
「自分でも、何のためにこんな苦しみに耐える必要があるのかと、ふと思う時がある。しかし、この地域に生まれてくる子ども達は、賢く生きるならば絶対に安全であり、危険だと大騒ぎしている馬鹿者どもから守ってやらなければならない
 また先生は、「意味不明の数値で規制している文部科学省、厚生省(原文ママ)」についても容赦なく発言された。
 折しも昨年12月には、国連の科学委員会(UNSCEAR)から非常に重要な報告書が発表された。
 できれば全文を読んでいただきたいが、何より重要なことは、科学委員会が今回の福島第一原発の事故による放射能汚染で「識別可能な人体への影響はなかった」としていることだろう。過敏な人々は、100ミリシーベルト以上に適用すべきLNT仮説(放射線は少なければ少ないほどいいと考える説)を、それ以下の低線量にも当てはめており、その結果日本では、水はアメリカの120分の1(欧州連合の100分の1)、一般食品でもアメリカの12分の1という異常に厳しい制限を設けているが、いったい何の根拠があるのかと、その報告は日本人に問い詰めている。
 先生が除染すべきと考えていたのは年間換算3・5ミリシーベルト以上の家屋である。自然放射線量が2・5ミリシーベルトから3・5ミリシーベルトに上昇しても発がん率は上昇せず、同じように2・5ミリシーベルトから3ミリシーベルトに低下しても発がん率は低下しないことが分かっているからだ。
 不安や恐怖だけで、ただ3ミリシーベルトを目指す除染はもうやめにしてはどうだろう。正気に返ればお金を使うべき場所はもっと他にあるはずだし、3ミリシーベルト以上の地域は全国各地にある。先生はそう願っておいでのような気がして仕方ない。
 ご冥福をお祈りしたい。
(玄侑 宗久、僧侶・作家、三春町在住)( 2013/01/27 09:07カテゴリー:日曜論壇 )

玄侑さん、待ってました!!!


山形県へ避難、1万人割る 福島県回帰が進む (河北新報 2013年01月29日火曜日)
http://www.kahoku.co.jp/news/2013/01/20130129t55017.htm
 福島第1原発事故による福島県から山形県への避難者が1万人を切り、17日現在で9611人となったことが分かった。福島県は避難者の県内回帰が進んだことが理由とみている。
 福島県によると、集計が始まった2011年6月の山形県への避難者は約5300人だったが、その後増え続け、同年8月11日には1万人を突破し、12年1月26日に最多の1万3033人に上った。それ以降、減少傾向をたどり、前回集計時の昨年12月6日には1万105人に減った。
 県避難者支援課は「再就職などの関係で他県に再避難した例もあるが、減少分の大半は県内に戻っている」と話している。
 福島県からは46都道府県に17日現在、計5万7377人が避難している。最多は山形県で、次いで東京都7458人、新潟県5763人と続く。



日和ってきた「アサヒ」新聞
あの自主避難者ばかりに味方し、何が何でも福島県民を避難させたがっていた「反原発・反福島マスゴミ」アサヒ新聞も、遂に日和見を始めた。「放射脳」から敵視される、郡山の順一さんのインタビューを掲載したのである。
http://mytown.asahi.com/fukushima/news.php?k_id=07000901301100001
番外編1 福島ゆかりの人に聞く 2013年01月11日
●二枚舌ならぬ二枚腰でいこう
玄侑宗久さん(三春町) 復興のたたき台を提言した芥川賞作家

福島とフクシマ。言葉は繊細な方がいいと思っているので、原稿では書き分けています。
例えば、県全体が汚染地域だ、という大ざっぱな語られ方があります。そういう考え方についてはフクシマと書く。漢字では書きたくありません。
ひらがなだと湿りすぎで、カタカナだと突き放したイメージになる。こうした書き分けは日本語独特のものでしょう。フクシマという表現は今後も残っていくのではないでしょうか。
今、執筆中の仮設住宅を舞台にした短編小説では、カセツという表現を使ってます。仮設住宅に住む人がよく「ちょっとカセツに戻るね」とか言いますね。そのせいか、自然とカセツと書いていました。
カセツって、別の星の名前かと思うくらい、隔絶された場所です。「収容所じゃないの?」という人もいるほど。住み続けるには厳しい場所です。
特に、死に場所を突然奪われた高齢者の哀れさは筆舌に尽くしがたい。その場所を、お役所が使う仮設住宅という言葉では表現しきれない。やはり、カセツなんです。
最近、県内で講演する時に話すのが「二枚腰でいこう」ということです。放射能を怖がる自分と、それでも生きていく自分。矛盾してるけど、不安なままじゃやってられないから、二枚舌ならぬ二枚腰でいきましょう、と。
県内の人は色々な矛盾に直面して生きている。未曽有の経験をして、様々な感情を抱えて。だからこそ、学問や文学などでとてつもない才能が出てくるんじゃないかと思います。
でも、その一方で失意のうちに亡くなる人々がいます。今こそそこに目を向けなければいけない。内実を知らせていくことで、フクシマの中にもっともっと無数の「個」が具体的に浮かび上がってくればいいですね。
(聞き手・野瀬輝彦、藤原慎一)

●不安ばかりあおっていいわけではない
佐藤順一さん(郡山市) ツイッターや講演会で郡山の実態を伝え続ける塾講師

福島第一原発の事故後、福島への様々な偏見や誤解があふれた。それに対し、放射線を過剰に怖がらないよう、講演会や簡易投稿サイト「ツイッター」で呼びかけてきたのが郡山市で学習塾の講師を務める佐藤順一さん(31)だ。

立教大学大学院でX線望遠鏡の研究をし、以前から放射線の専門知識を持っていた佐藤さん。事故直後の4月、「郡山に住んでて大丈夫なの?」といった不安の声が塾の生徒や父母から寄せられたことをきっかけに、塾の教室などで講演をするようになった。
地銀や地元商工会などの依頼にも応じて放射能を基礎から説明し、「郡山は一部で言われているような危険な状況じゃない。避難する必要はないと僕は思いますよ」と解説。外部から声高に叫ばれる主張と違って、郡山で生まれ育った佐藤さんの言葉は多くの人を落ち着かせた。
@jyunichidesitaというアカウントで利用していたツイッターも、そうした活動を支える道具となった。例えば「多くの子どもが放射線の影響で鼻血を出している」といった情報に対しては、自分の周囲にそのような子どもはおらず、たとえ鼻血が出ても被曝(ひばく)が原因ではないことを説明。県内外に郡山の実態を伝え続けた。
カタカナの、特に「ノーモアフクシマ」については、「福島が終わったことにされているようだ。おためごかしに聞こえる」と佐藤さん。「脱原発の大義のために、不安ばかりをあおっていいわけではない。福島の人々が落ち着いて生活できることが一番だと思います」
(聞き手・高橋尚之)

図らずも玄侑宗久さんと一緒の記事になったが、アサヒとしては近い将来の「反原発正義軍大敗北」に備え、アリバイ、免罪符作りに乗り出したのだろう。残念ながら信夫山ネコはこれまでの「誤報」「偏向」「誇張」「福島イジメ」等は絶対忘れない、アサヒだけではなく。いつもの危険煽り、福島県民=自主避難者で代表する「反原発記者」ではないところがミソだが、ま、大アサヒは人材豊富だにゃ。

しかし前回コメント欄によれば、「放射脳記者」ホンダの無反省フリーキック記事もあったらしい。福島版でネットには上がっていないが、その片鱗はこちら。
都路・山本一典の田舎雑記 瀬戸市長の発言 1/24
http://blogs.yahoo.co.jp/miyakozi81/67473050.html
瀬戸市長の発言で「揚げ足取っちゃいかん」はいいとしても、「自主避難者や災害弱者への手厚い支援に全力をあげることこそ、<共に苦しみ、放射能対策に取り組んでいること>を理解してもらえるいちばんの近道」ってのは、相変わらずだにゃ。何が何でも「福島で生きるのは苦しい」「自主避難」?残ってイジメられてるオレラは手厚い支援されないの?存在しないの?ま、元記事がないのでこれ以上は何ともだが、ブログ主に賛成だにゃ。

アサヒさん、他にも日和見が出てきたね~。
みつばちの目 いがみ合い 1/16(福島版)
http://www.asahi.com/area/fukushima/articles/MTW20130116070130001.html
年明けには、福島市のある農家と脱原発運動について話をした。県外であった集会で、放射能検査の結果が「不検出」だった果物を並べようとすると、「毒を売るな」と抗議された。
その農家はずっと原発の反対運動に関わってきた。居間に並ぶ本を見ればそれは明らかだ。だが、この一件で反原発の活動家への信頼は揺らいだと言う。
だったら、ここに住んで農業をしている私たちの人権はどうなるの、と。


おいおい、こんな事書いて大丈夫かい?アンタ福島県の総合計画委員が同じようなこと言ったって、非難してたじゃないか~。
朝日新聞10/10「自主避難への理解」は事実が隠された「印象操作」記事
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-114.html

でもね~、今頃シレッと転向しても遅い。転向するならケジメをつけろ。アサヒだけではないが、マスゴミによる我々の精神的被害は莫大だ。これまでの「誤報」「偏向」「誇張」「福島イジメ」等記事等に「謝罪・訂正」がなければ、「福島戦犯法廷」が待っている。マスゴミは福島で戦前の愚を繰り返したのだにゃ。ところで毎日新聞はどうする?まさか頭狂新聞は変わらないだろね~。


NHKスペシャル「空白の初期被曝」は穴だらけ?
birdtakaさんが斗ヶ沢さんのツイートを「まとめ」た、
NHKスペシャル・空白の初期被ばく(2013/1/12放映)の推計に使われたデータに関する疑義
http://togetter.com/li/439663

この番組、どうせまたロクなもんじゃないだろうということで見てない。要するに事故直後のヨウ素被曝を推定したが、結局それが穴だらけという話。NHKは今回は弘前大学の床次教授の研究に寄りかかったようだにゃ。この「まとめ」からわかることだが、研究の基本は、

原発爆発後のヨウ素による被曝量を推定するというテーマだが、数少ない実測データ(調査日=4/11~16 場所=浪江町津島=含南相馬からの避難民 対象=62人:15歳以下も成人も含む)の「セシウム:ヨウ素」比=0.23:1を、後日の二つの調査に適用して推測したもの。

Ⅰ:2011年7月11日~8月31日調査の2393人のWBCデータ中、セシウムが検出された399人について適用
結果推定値=0・2~4・6mSv(等価線量)

Ⅱ:2012年4月26日~10月31日調査の5489人のWBCデータ中、セシウムが検出された125人について適用
結果推定値=1~33mSv(等価線量)

という二つの「推定値」がある。床次教授自身、Ⅱは既に食物からの内部被曝フェイズに移行しているので(どうやら野生キノコを食べた4人が高い数値)、ⅠがⅡより初期被曝実態に近いとして推奨しているが、なぜかNHKはⅡを番組の基軸にしてしまった。意図的か何かはわからんが、明らかな「誤報」だ。なおhttp://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-123.htmlの「3」にあるように、大方の新聞はⅠを採ったようだ(アサヒはわざと?誤報?して0.9~最大18msvと書いてたとか)。

ここで思い出すのは33mSVという数字が、実際床次教授らが実測した「4/11~16 62人」のデータでも、最高値だったことだ。つまり「33」は二種類あり、これは偶然の一致なのである。しかしまさかNHKの制作者がこれをごちゃ混ぜにして使ったのではあるまいな?同じ33でも中身は全く違うが・・・。何しろマスゴミは文系バカ、何もわかっていないからにゃ。

ただし「2011のデータは,更衣が徹底されておらず,必ずしも全員が内部被ばくではなかった可能性もあります」と、早野先生によって指摘されているので、Ⅰを採ればいいとも言えないようだ。

またこちらパセリさんの「まとめ」
空白の初期被ばく NHKスペシャル
http://togetter.com/li/438250
では、この「セシウム:ヨウ素」比は、場所、時間によってかなり異なるらしい、ということも指摘されている。「さらに床次教授の研究のみに寄りかかっていいのか、という疑問も出ている。先に「数少ない」と書いたが、爆発後一ヶ月以内の調査は二つある。これまでに http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-99.html で書いたがもう一度。

1:広島大田代聡教授らの調査 
調査日=3/26~3/30 場所=いわき市 川俣町 飯館村 対象=1080人(0~15歳) 
最大等価線量=42mSV
注:「3月12日から23日までの12日間に連続的に吸入した後、24日に甲状腺線量を測定する」という仮定に基づいて計算。田崎晴明さん(学習院大)のサイトより。なお田崎さんのサイトでは、この調査の最大値は35mSV.になっている。一方7/12の放医研発表、報道各社によれば42mSV.新しいこちらを採った。いずれにせよこの最大値は突出した1人(4歳)で、他は半分以下。田崎さんのサイトは必読です。

2:弘前大床次真司教授らの調査
調査日=4/11~16 場所=浪江町津島(含南相馬からの避難民) 対象=62人(15歳以下も成人も含む) 
最大等価線量=33mSV 
注:3月15日にヨウ素を吸い込み、被曝したという条件で計算。いつまでの積算かは不明だが、長くとも4/16(4/10?)までということになる(そこまで長くないだろう)。

後にも先にもこの二つしかない。しかし二つはあり、どちらも非常に貴重なものだ。これが番組では「1」が「使えない」としていたらしいが、木村真三先生は1/13講演で、「そんなことはない、十分使える」と反論している。その動画はこの「まとめ」にkazooooyaさんがあげている。 

結局穴だらけで、「危険煽り」なのか何が言いたいのか、さっぱりわからない番組になってしまった。何も新しい要素はない。こんなのこのブログでも、いや田崎さんのブログ・本でも読んでいればとっくの昔にわかることだにゃ。邪推するに、この番組は床次教授の研究=「新しい要素」としたかった。タイミングはぴったり。しかし上記Ⅰでは「センセーショナリズム」「インパクト」に欠ける。何より「安全説」になってしまう。そこはそれ、例の危険煽りトンデモ番組「追跡 真相スクープ」の制作陣だから、ゼッタイできない。そこでプロデューサーか誰かが、「Ⅱを使えないのか」「どうせ33mSVは最大値として同じなわけだし」などとバカなことを言い出し・・・?しかし「危険煽り」も自信無さげになってきたもんだね~。

togetter住人の科学力はすばらしい。一方天下の「NHKスペシャル」がこんな「誤報」、穴だらけ、勉強不足、科学力なし。大したことないのにゃ。パセリさんのこの番組への感想「被曝値そのものはチェルノブイリよりはるかに低く収まっていることがわかっているのに、それについての言及が余りにもないのが残念。」に同意にゃ。


甲状腺被ばく30ミリシーベルト以下 原発事故時周辺の1歳児、放医研推計
上記の続き、というわけでもないだろうが・・・福島民報から。
http://www.minpo.jp/news/detail/201301286284
 東京電力福島第一原発事故直後に飛散した放射性ヨウ素による1歳児の甲状腺被ばく量(等価線量)は30ミリシーベルト以下がほとんどだったとする推計結果を放射線医学総合研究所(千葉市)の研究チームがまとめ、東京で27日に開かれた国際シンポジウムで発表した。国際原子力機関(IAEA)が甲状腺被ばくを防ぐため安定ヨウ素剤を飲む目安としている50ミリシーベルトを下回った。
 最も高かったのはいわき、双葉、飯舘の3市町村で30ミリシーベルトで、次いで南相馬、広野、大熊、浪江、葛尾の5市町村が20ミリシーベルト。楢葉、富岡、川俣の3町は10ミリシーベルト、県内の他の地域は10ミリシーベルト未満だった。
 放医研の栗原治・内部被ばく評価室長らのチームは、事故直後に県内で実施した子ども約1000人の甲状腺検査の実測値や9市町村分のホールボディーカウンターによる全身の内部被ばく線量、放射性物質の拡散予測を組み合わせ、各地の1歳児の甲状腺被ばく線量を算出。全体の傾向を把握するための研究で、1歳児の人口の90%の被ばく線量を推計した。
 栗原室長は「住民には安心できる材料だが、各個人の当時の行動までは反映していない。今後さらに精度を上げる必要がある」としている。
( 2013/01/28 08:59カテゴリー:主要 )


これは恐らく上記1:広島大田代聡教授らの調査を使った推計だ。つまり今は、爆発後の被ばく値推定が、盛んに行われているということだにゃ。もしかしてこれって、初めて新聞記事で「等価線量」が明記された?

なおこれら甲状腺被ばくの実測、推計値についてのこれまでの「まとめ」はこちら、
『甲状腺に最大○○mSv』報道時系列まとめ
http://togetter.com/li/337181
ここにこの放医研推計も加わるだろう。


“傍若無人”上杉隆の横暴で、自由報道協会がいよいよ崩壊中!
ワハハ ついに出た!!!
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130130-00000301-cyzoz-soci
このところテレビ出演や雑誌の連載などで注目を集める半面、「週刊文春」での、安倍晋三首相の選挙事務所に関する捏造記事(09年2月26日号)や日刊ゲンダイの連載などで、被災地や原発に関する明らかな事実誤認をするなど、記事の捏造や盗用が多い人物としてインターネットでは批判を集めている上杉隆氏だが、今年も目が離せなさそうだ。
さまざまな批判がされる中で、2012年末話題になったのが「読売新聞記事剽窃問題」だ。11年3月23日付「ダイヤモンド・オンライン」と上杉氏の著作『国家の恥』(ビジネス社)で使用された「3月23日現在、原発事故への各国政府の対応」という表が、「著者調べ」として掲載されたが、これが11年3月19日付の読売新聞朝刊に掲載された「自国民に対比を求めている主な国・地域」という表に酷似しており、上杉氏が盗用したのではないか、という疑惑が持たれている一件だ。

(以下略)

遂に「メディア」に出てきたこの事件、じわじわと、表面化してきましたな~。自称報道教会(自由報道協会)がセシウムより早く「半減期」だにゃ、早く除染された方がいいだろう。

(2/1追記)
池田信夫さんに対する上杉氏の「名誉毀損」裁判も始まったね~。
上杉隆の主張する「天文学的な奇蹟」
http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51839801.html
上杉側には全く勝ち目はない。ただの時間稼ぎだ。ずっと「訴え続けている=事実は決着していない」とか言い続けるつもりだろうが(まるで「放射脳」の「低線量被ばくの影響はわからない」と同じじゃないか 世の中には「確からしさ」「信用」というものがあることを知らないのだろう)、その間に泥舟はズブズブと沈んでいく。面白いにゃ。


(2/1追記)
【対談】小林泰彦 vs 小出裕章 「東葛から問う」放射線対策と原発の明日(2013/01/19)
http://togetter.com/li/443323
小林泰彦さん(:独)日本原子力研究開発機構〔JAEA〕高崎量子応用研究所 量子ビーム応用研究部門)が、小出尊師と「対決」したにゃ。
(主催 http://twipla.jp/events/35010 宣伝協力にも「脳」いるね~)

kazooooyaさんの「まとめ」、労作ですにゃ。
司会「小林さんは遺伝子の損傷による発がんリスクに注目していて、低線量でも出来るだけ余分なリスクは避けるべきだが、「1ミリシーベルトの基準については倫理的な値である」と。「放射能汚染は数ある中の一つの害であって、食品やたばこの害の方が上の場合もある」とおっしゃってます。」
司会「一方、小出さんは、法律に違反する、これは異常な事態であって、「放射線被ばくによる健康被害、それから避難による生活崩壊のどちらを選ぶのか」という深刻な問題に至っている、とおっしゃっていらっしゃいます。」.

【対談】小林泰彦 vs 小出裕章 今の柏の状態は? 小林「私だったら、もう全然気になりません。小さい子もそれでいいと思う。もし自分の家族がいてもそれは気にならない。それは学問上の確信がある。どこが何ベクレル汚れているかよりも、どれ位の放射線を受けているのか一人一人考えるのがいい」.

小林泰彦「公共施設などは非常に低くなっているから、全く問題ない。通学路などでマイクロスポットがあったとしても、時間にすれば非常に短いから受ける線量というのは微々たるもの。それよりも長い時間を過ごす子どもの寝室の窓のサン、屋根のトイとかの掃除を徹底出来れば、多分そっちの方が有効」.

小出裕章「この柏を含めて広い地域が1平方mあたり4万ベクレルを超えて汚れている。私は、そういう所に普通の人々が住むという事自体に反対。出来る事ならばみなさん逃げて欲しいと思う。」 会場の皆さんはなぜ逃げない?日本国政府が疎開場所を用意しないと逃げないの?経済より命だったのでは?.


「遺伝子の修復」や「避難による現実リスク比較」等、科学的・論理的見地から主張する小林氏に対し、「法律違反」「危険ゼロではないから避難せよ」等武田師と変わらない論を展開する小出師。小出師の話には「科学的根拠」が希薄だ。「科学者vs.伝道師」の様相だにゃ。

小林泰彦「それは全てのリスクについてそうですよね。絶対に安全という事は誰にも証明できない訳です。ただしそのリスクの大きさをどうやって定量的に調べようか、把握しようかという所が努力すべきところだと思う。」.
小林泰彦「普段の生活の中ではリスクはあまり感じないわけですね。例えは「今日の帰りに交通事故に遭わないだろうか」とか普通考えない。しかしそれはゼロではない、リスクは必ずある。そういうリスクを何となく感じて保険に入ろうか、どれぐらいの保険に入っておこうかとか判断している訳です。」.
小林泰彦「そういう日常的な感覚の中に、同じように信用しないと、(放射能だけを)特別なリスクで考えてしまうと、比較はし難くなるんじゃないかなと思います。」 (会場ザワザワ…いいと所なのに、司会が小出氏の日常のリスクについての考えを発言させず、次の質問へと話題を替える…orz).


主催が「放射脳」市民団体系、司会も小林氏が小出師を追い詰めると話題を変え、しかも場内の「放射脳」からは罵声が飛ぶ状態。しかし最早明らかに昔日の勢いはないし、逆効果だ。この状況に飛び込んで、戦いを理性的に進めた小林先生の圧勝。拍手だにゃ。「対決」って、初の快挙では?

大体今の柏から避難せよなんて、バカ言ってんじゃない。もう誰も相手にしていないのではないか?前回コメント欄に「福島の隣県在住」氏からいただいたが、「脳」系ブログでさえ小林氏を称える始末だ。しかしこの無責任な発言、言いっぱにしておいてはならない。こういう発言を信じて実際千葉県から逃げて、損害を被る人もいる。近未来において武田師共々「福島戦犯裁判」に引き出し、落とし前つけなきゃならないだろう。持ち上げたマスゴミ共々。

(動画はこちら)
http://www.youtube.com/watch?v=MLpfzMQVVsw


(番外オマケ) 「たんぽぽ舎」という「お花畑」 
アニキさんの「まとめ」ですにゃ。
#原発 【これはひどい。】たんぽぽ舎メルマガ内『線量計に細工 分解してみてわかった!』への反応
http://togetter.com/li/447007
石岡市から借りた線量計を勝手に分解、おそらく校正用のネジを勝手に調整し、マーキングを拭き取り「値が自分たちのと同様に高くなった!これは線量を低く見せるための細工だ!陰謀だ!!!」とやっちゃったそうです。もうつける薬がありません。「線量が高くないと不安、陰謀を疑う」という倒錯者の群れです。

あ~、「たんぽぽ舎」って何か聞いた事あるにゃ、と思ったら
福島の20mSV/年はチェルノブイリの避難基準5mSV/年の4倍=デマにゃ
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-11.html
たんぽぽみたいに「デマの種」撒き散らしているんだね~(「デマゴの実」になる前に、またラブキュリにお願いだにゃ)。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

下地氏ら3人の逮捕と瓦礫受入問題の是非について / たんぽぽ舎メルマガ内『線量計に細工・分解してみてわかった!』への反応 / 大塚範一キャスター「めざまし」で461日ぶり復帰へ

  以前の私はピュアな反原発派だったのですが、 ( 例えば 09年11月の拙ブログエントリとか ) 3.11以降は、反原発運動のアレな沸騰ぶりにすっかり倦んじゃって、 今では、『脱原発

コメントの投稿

非公開コメント

No title

新エントリお疲れ様です。

アサヒもひよってきているとはいえ、
今朝の朝刊、しかも福島版に
わざわざビタペクトの広告載せているあたり、
アサヒも相変わらずだなと思いました。

No title

>信夫山ネコ様
朝日新聞、ラブキュリの大和田先生も登場してます。

http://www.asahi.com/shimen/articles/TKY201301290644.html

もっとも、ラブキュリではなくガンダムさんですけど(笑…あんま関係ないか)。

たんぽぽ舎は、その後ブログエントリ削除→否定的見解を公表→削除記事を再公表(で、否定的見解の記事を小さくリンク)。
といった流れになったようです。珍しく「アチラ側」が動いたんですが、それだけ反響が大きかった、ってことなんでしょうね(まあ、それだけダメダメな事やらかした、とも言えますが)。
まともな意見を無視できない風潮になってきた、って思いたいです。

上杉隆まわりで。
最近「国境のない記者団」による日本のランキング急降下について…

http://togetter.com/li/447923

ここのコメ欄によると、上杉も聞き取り調査に関わったようです(あの人、「元」じゃなかったのかなぁ)。
まあ、それがどんだけ評価に影響したかはわかりませんが。
個人的には、取材環境はともかく、記事内容と言うか、クオリティに関しては「53位」ってのに納得したりして…(このニュース、最初は記事の信憑性が急落した話かと思っていました…笑)。

アサヒも武田も

その他も、フェイドアウトや「無責任転向」させては絶対イカンです。福島版「ナチ・ハンター」になって、責任追及しなくてはならんです。そのためのブログでもあります。

意外と早く、そういうフェイズが来るという気がしてきました。

とてもいい記事・・・

お茶がすすむわ~♪

中合に行って来ましたけど・・・マダムとクリームパンのあの行列!!
あきらめました(あきらめは早い)。
誰か代わりに並んでくれないかな~。
買いに行ってくれたらお茶入れます。一緒に食べましょう。

会場もすごく混んでて・・・
みんな目がギラギラ!うまいもんはないか~?うまいもん買うぞ~!
福島は今勢いありますね!

ネコさん
>バカの一つ覚え
>反復運動

うふふ。
ようやく・・・ようやく
「まだそういうこと言ってる人って・・・頭悪い人だけですよ~」(にっこり)
って言える!!おもきし意地の悪い私を全開できる!!

ユナボマーって初めて知りました。
小学校の時河川敷で
犬のウンチに爆竹しかけて飛び散らす遊びがありましたが
(なおみはどきどきしながら見守るタイプ)
あの男子達を思い出しました。

>この地域に生まれてくる子ども達は、賢く生きるならば絶対に安全であり、危険だと大騒ぎしている馬鹿者どもから守ってやらなければならない

ATフィールドも解除。
今までは気持ちの尊重もしてあげたけど
もう必要ないですね。
バカに馬鹿と言って何が悪い。
そうやって生きてきたのに・・・この2年は腹がたったな~。

>日和ってきた「アサヒ」新聞

ふふふん。
ガンダムさんの人の記事もみましたよ。
ラブキュリを知らないでこの人を載っけたとは言わせねえぜ。

>“傍若無人”上杉隆の横暴で、自由報道協会がいよいよ崩壊中!

落ち着くまで2年はかかる
でも2年待てばバカが馬鹿とわかるはず・・・
と思っていましたが
ここまで先方がぐずぐずになってくれるとは思いませんでした。

>小林泰彦 vs 小出裕章
>主催が「放射脳」市民団体系
>司会も小林氏が小出師を追い詰めると話題を変え
>しかも場内の「放射脳」からは罵声が飛ぶ状態。
>しかし最早明らかに昔日の勢いはないし、逆効果だ。

よかった。

>「たんぽぽ舎」

まだいろんなチラシを配ってますよ。
線量計わざと壊しちゃって・・・ラブキュリの前に警察を。

マリリンもオススメ

ラブキュリ、マリリンも「ぜひご一読ください」って言ってくれてます(笑)。
もし第二巻が出たら、オビの推薦文お願いしたいですね(笑)。

https://mobile.twitter.com/mariscontact/status/297241797921497088

わはは デマリン

やっぱりマンガそのものですな~、この人。

福島県庁の「県知事家族メキシコ避難」のケースと同じで、こんな人の質問なんて相手にされない。売名行為に手を貸すだけですからね~。でもってまた「中川氏はワタシの質問に答えられない=痛い所を突いたからだ」とかほざいて、ズルズルやるという展開。

「一つ覚え」

毎日新聞は通常営業

朝日が微妙に軌道修正していたんですか。同じ朝日でもテレ朝(報ステやテレメンタリー)は今後どうするのか、気を抜かずに見守っていきたいと思います。
毎日新聞はあいかわらず変な方向に目をやってます。先月28日の社会面に大きく載った記事です。

http://mainichi.jp/feature/20110311/news/20130128ddm041040144000c.html
「子どもたちには汚染されていない空気を吸って、思いっきり外で遊べる環境が必要なんです」
 市民団体「子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク」の保養班世話人、吉野裕之さん

子ども福島は自前のWBCでいくらでも内部被曝の測定ができるのに、まだ空気が汚染されているなんて主張を続けているんですね。
市民放射能測定所で活動している人も、自身のブログでおかしな持論を展開していますし。
http://atom.fk-m.com/?eid=175

空気がきれい

>こんな人の質問なんて相手にされない

ひとりで大騒ぎして・・・ぐはあ!とかウッ!とか。
見ないフリをしてあげるのが一番の思いやりでしょうか?


七さん
お正月になると新春というだけあって
ぐっと空の色と日差しが春めくなあ・・・と思うんです。
雪は降るし、寒いんですけどね。

もうすぐ立春といえば・・・
豆まき・豆まきや恵方巻きはやります?
うちは豆(パックになったもの)に「当たり」をつけて撒いて
最後にみんなできゃあきゃあ言いながら拾うんです。
これはうちの中ですけど。

毎日春めいてくるのどかな空気を吸って
子ども達は充分楽しんで生活していますが・・・。

>必要なんです

誰のために何が必要なんだか。
大人のために子どもがいるんじゃないのに。

あなたのためを思って・・・っていう「無意識の虐待」
表向き正義だから介入できない虐待も
あると思うんだけどな。時間をかけて子どもを蝕んでいく。
深刻「ぶった」大人は子どもを不安にさせます。

事実はどうなの?
ひとが普通に住んでいる福島の空気は汚れているの?

すーはーすーはー。
ああ。空気がうんまい(ところで北京は大丈夫なの?)。

責任追及

確かに不確なことを自分の都合の良いように主張た人の責任追及は大事だと思います。

ダイオキシンや環境ホルモンでも研究者が煽るだけ煽って注目されてキモチイーになりさらに莫大な研究費をせしめたけどいずれも空騒ぎに近い現状。 しかし煽った研究者は知らん振り。

ダイオキシンの時は
1.急性毒性が高く青酸カリよりも猛毒とあおり
急性毒性が実はそれほどでもないことが分かると
2.むしろ慢性毒性が危険と煽り
それも影響が少ないことが分かると
3.発がん性・催奇形性が問題だと煽る
でも発がん性・催奇形性ならダイオキシンよりももっと危険な物質たくさんありますよ
というチャンチャンという話でした。
しかもデータの意図的な?誤読や誤解に伴うデマ的な誇張もたくさんありました。

「外部被曝の急性死→外部よりも内部被曝→低線量がむしろ危険→発ガンが、遺伝子が~」
って言う放射脳の人の論理と極めて似ていることが分かると思います。こういう類の常套手段です。

環境問題がらみは無責任な研究者だらけなので、市民レベルでももっと叩くことが必要だろうと思います。
あまり過激になってはいけませんが。

環境問題とトンデモ

>ガンバレ道の駅よつくらさん
同意です。
今回の件も、ダイオキシン・環境ホルモン同様のコースを辿っていると思います。
特に環境ホルモンについては、若年男性差別につながった部分もあったと記憶しています。
性機能の減退をとなえる説がまきちらされて。

No title

ザ・CUBEセンセイの変節は、かなり大波紋のもようです、(CUBEセンセイの波紋なんぞ、貧弱貧弱ゥ∞でぜんぜん効かないが)。

恩師の危機に、グンマープロフェッサーが安東量子さんに絡んで、対談を申しいれたが、「だが断る」・・・じゃなくて、「お断りします。あなたと語ることは、私にとって、なんの価値も意味もありませんから」と拒絶されてしまった件。
http://togetter.com/li/448510#c951877

ついでに「だが断る」の正しい使い方。
http://matome.naver.jp/odai/2134478285691223601

Just one of many risks

ネコさん

>小林泰彦 vs 小出裕章
>主催が「放射脳」市民団体系

柏で行われた例のイベント、紹介していただき、ありがとうございます。ロジック的には、どうみても、小林先生の圧勝ですね。

☆地域がどれだけ汚染されているかよりも、普段の生活でどれだけ被曝するか・・・が大事。

☆交通事故、喫煙、食中毒など、様々なリスクと、放射能汚染による内部被ばくを、科学的に比較する視座が大事。

この二つの視点から、「柏で暮らしても問題ない」と、理詰めで攻める小林先生に対し、小出氏は全く太刀打ちできませんでした。


私としては、自分が震災直後から、漠然と考えていたことを、科学のプロの視点から、理路整然と語ってくれたことが、何よりも嬉しかった。

いま、柏周辺の空間線量なんて、0.1μSrv/h台まで下がってますが、2011年半ばには、0.3とか0.4とかが当たり前で、避難を考える人もいた位ですが、

私は、その必要性を全く感じませんでしたし、子供たちを平気で、近くの公園で遊ばせてました。「この程度の汚染なら、数あるリスクのうちの一つ」だと、割り切っていたからです。

「原子力村 vs 反原発村~東葛より怒りをこめて」(2011/8/16)から引用します。
http://plaza.rakuten.co.jp/manachan2150/diary/201108160001/


~放射能ですが、少なくとも今の首都圏の線量レベルなら、私たちの暮らしを取り巻く、無数にある、小さなリスクの一つに過ぎないと考えます。たぶん、食中毒や交通事故で死ぬリスクの方が、ずっと高いでしょうし。

私は、世界は無菌だと思わないし、子供たちを、無菌状態で育てたいとは思わない。

自分や自分の子供の命を守ろうとするのは良い。でも、ごく僅かなリスクをゼロにするために、どれだけの人、物、土地が切り捨てられるか?どれだけ、福島の人たちを傷つけるか?・・・それは誰もが知るべきだと思う。

リスクをゼロにするよりも、リスクの存在を受け入れ、それを意志でコントロールすることを、子供たちに教えたい。

私たちは皆、不老不死じゃなく、いずれは死ぬのです。放射能があってもなくても・・・

死ぬことが分かっているなら、より良く生きたい。高いコストをかけて、金切り声を上げて、放射能リスクをゼロにするのが、良い生き方だとは、私には思えない~

No title

>千貫森の宇宙人さん
武田のオッサンがおこした波紋、安積咲さんもまとめていましたね。

http://togetter.com/li/448816

安積咲さんにも同意です。
武田の主戦場はTVと出版物だから、やっぱりそこでやり合わないと…絶対ネットには来ないし。(ボコられるのはわかっているんだろうな)
兵糧攻め、ってこのタイプには一番有効にも思います。
(でも、今まで散々儲けた金もって「もういいよ」ってなるのも嫌だけど)

このオッサンのおかげで、明石家さんまが苦手になった。このオッサンが私におこしたささやかな波紋。
やしきたかじんも苦手になろうと思ったけど、福島では番組が無かった。
(もちろんさんまやたかじんはTVのタレントであって、キャスティングなどの責任も権限もないんだけど。でも、タレントならイメージってもんがこういうもんだ、って事もよくわかっていると思う)


話は変わりますが、日本保健物理学会の暮らしの放射線Q&Aが1月いっぱいで質問の受け付けを終了したそうです。

http://togetter.com/li/448281

これも、ある程度世の中落ち着いたから、って事なんでしょうね。
長い間ご苦労様でした。

この1年でだいぶ変わりました

 manachan@柏さんのコメントを読んで、去年の今頃の東葛地区の状況を思い出しました。

 なんだか、原発事故のあと、生協と宅配の飲料水は、
 ずいぶんと顧客を増やしただろうなぁ。。。と思います。
 配達の車を見かけることが多くなりました。

 海外に住んでいた時に、宅配の水使ってましたけど
 安全な水と言われるものは、雑菌も繁殖しやすくて、、、
 製氷機も油断するとすぐカビてしまうし、
 なんだか、科学物質には厳しいけど
 自然の細菌には関心が行かないのかな、、と思ったりします。

 発展途上国に住んでたんで
 天然ものの細菌の方も、かなり恐ろしいと思うのですが
 これも、衛生管理が隅々まで行き届いた
 日本の幸せな暮らしの賜物なんでしょうね。

 人間って、たくましく生きていける生き物だと思ってます。

 今年も、東北の海の幸、山の幸を楽しみにしています
 早く、春が来てほしい、、、寒いです。。。千葉も。
 

二人のヒーロー

玄侑宗久さんは三春町の誇りです。その玄侑さんと郡山の英雄順一さんが揃って取り上げられたことは本当に嬉しいことです。

何故怒っているのか

ガンバレ道の駅よつくらさん・元大阪府民からの伝言さん
>ダイオキシン・環境ホルモン同様のコース

これ以外もいろんな科学的っぽい事柄については
「テレビで危ないって言ってたな~」どまりの記憶しか
私にはないんです。

こちらの皆さんのいろんなお話を読んでいて
あれ、違ってたんだ・・・と。
自分にとって切実に感じられないことなんか
私はその程度です。

なんとなく・・・あれは危なかったはず。
そして一度その印象が残ると、感覚的に修正がきかないんです。
きちんと勉強しなおそうとも思わずに。
なんとなくこわい・なんとなく避ける。

だからザ・CUBEセンセイ(千貫森の宇宙人さん・お借りしてます)の
したことは罪だと思うのです。

氏に従い、氏を超えてしまった人たち
その人たちが悪の手先のように(本人達は正義と思っている)
活動・発言・お節介をし・・・
たくさんの人から恨みを買っている。

(なぜか氏の信奉者で黙ってる人は少なかった。
すごく得意気に怪しげなことを断言する人が多かった。
ザ・CUBEセンセイが言ってたのよ!と。
偏差値はともかく・・・発言の仕方に品がないとういか・・・
知性が感じられないような。

彼女らの主な情報源が
氏の出ているテレビだったことと関係あるんでしょうか。)

恨みの根っこをほぐせば
悲しかったってことだと思うのです。

多くの人が傷ついたし
それこそしなくていい仲違いをしました。
黙って離れていくということも含めて。
福島の分断なんてかっこいい言いかたしてくれるけど・・・。

ザ・CUBEセンセイの発言によって
具体的にこんないいことがありました・感謝です!という事例が
あるのでしょうか。それが知りたい。

あれはなんだったの?という人が多いと思う。
信じた私は・あの決断は・・・なんだったのと。

あの人の撒き散らしたものは
福島に住んでいるor住んでいた人にしかわからないかもしれません。

私にとっての放射能以外の事柄と同じ程度にしか
あの人を消費した人たちの印象には残っていないでしょうから。


千貫森の宇宙人さん
>貧弱貧弱ゥ∞
>「だが断る」

笑いながら読んでます。
安東量子さんは毅然としてて素敵だな。
安積咲さんも。


IKAさん
>明石家さんまが苦手になった

たまにあの番組をチラ見してますが
氏は壁の花(しみ)状態です。
あごをあげてあたりを見回しかしこぶっていますが
気の利いたことなんか言えやしない。

良く言われる事ではあるけど、タケダ氏って定説と違う事をブチ上げて注目浴びる「手法」に「味をしめた」のでしょうねえ。

にしても、良心とか責任とかを少しでも感じる人ならば出来る事では無いんですよねえ。

やはり何か特殊な個人的資質をお持ちの方なのだろうとしか(←控えめな表現です)


こっち側の人たちからも当然、彼の発言への怒りや恨みの声は上がってますけど、呆れたり馬鹿にしたりの心情もあり、むしろあっち側からの非難のほうがより痛烈で切実であるように感じますが・・・・そう言う感情なんか知った事じゃない、どんだけの人たちが影響受けたり、そのせいで迷惑被ったり。
そんな事、興味も無いし想像すら出来ないんじゃないですかね~。

自分への評判の大きさにしか興味が無い。
そんな方なのだろうなあと思いますよ。

No title

ザ・TUBE です、原作では。

それはともかく近い将来、このチューブを本当に「福島戦犯法廷」にかけることを、計画しましょう。

チューブの言うことを真に受けて「自主避難」して、物心両面で損失を被り、「しまった 騙された」と気が付いた被害者の方々、結束して「原告団」を作り民事訴訟すればいいのです。これ絶対に引き受ける弁護士いますよ。今や弁護士は増えたから、皆仕事欲しがっています。これは注目度は間違いなく高いですからね~。

「福島戦犯法廷」にかけたいヤツは沢山いますが、まずはチューブの「一点突破」からかと。ニュルンベルク裁判にヒトラーを引っ張り出すような、絶大な効果がありますよ。

東京新聞は

東京新聞という梱包材は、相変わらず、原子力ムラやら熱心な記事が多いです。
放射線については「なぁに、かえって免疫力がつく」とかにはならないようです。

No title

まぎらわしいから、チューブで統一しましょう。

福島民報社内には、東京新聞福島特別支局があるはず。
http://www.janjanblog.com/archives/88446
井上能行編集委員には、玄侑さんの記事の感想を聞いてみたいな、あとあの記事は東京新聞に転載するべきだよね。民報読者の皆さん、お願いします。

馬鹿者どもを煽った責任はとっていただかないとな。
http://togetter.com/li/377278
http://togetter.com/li/448831

みなさまのお知恵拝借お願いします。

みなさん、こんにちは!

http://blogos.com/article/54612/?axis=b:315

現在、リンク先のページ(チューブ「武田氏」が書いた記事)のコメント欄で、ある放射脳と言い争ってます。
私はyahoo user 83719という名前で、相手はladrolteという名前です。
読んでもらったら分かると思いますが(ちょっと長いですが。。。)、相手の論理は破綻してます。
ところが、難癖とも言えることばかり言い返してキリがないのです。
このような輩をだまらす為のいい言葉なり言い方があればアドバイスお願いします <(_ _)>

リンク先のページでは私の言葉遣いは汚いですが、相手が差別的な思想の持ち主なので、ご了承お願いします (^_^;)

たくやさん

リンク先見てみました。めんどくさい人ですね。
こういった手合いは、マトモに議論をする気がなく、詭弁をもって勝利宣言辺りで幕引きを狙っているように思います。
実際この人も「論点ずらし」で議論を泥沼化させていますね。

この手の人なら、話を広げられないように、論点を絞るのもテかと思います。
答えられないであろう部分をしつこく質問攻めにするとか(NATROM先生がやっていますね)。
無理に答えようとすると、必ずボロ出ますから、その矛盾をほじくりまくるのも有効に思います。

って、これ、相当性格悪くないと出来ないんですが(だから私は得意だったりします…笑)。

もし私がほじくるなら、変に科学的な論に持ち込むより道義的なところを突くかなぁ。
相手は「朝鮮人に教えているようだ。」なんて差別意識モロに出していますから。
「あなたは差別主義者ですか?」って粘着してしまいそうです(笑)。

IKAさん

アドバイスありがとうございます。


>詭弁をもって勝利宣言辺りで幕引きを狙っているように思います。

正に私もそういう感じがしてます。
無視するのが良いのかもしれませんが、勝手に勝利宣言されては気分が悪いし、どうしようかなと思ってます。


>(NATROM先生がやっていますね)

ただ見てのとおりNATROM先生の質問には完全にスルーしてますw


やはりこういう輩を相手にするには、こちらもかなりの粘着質になる必要があるんですね。(私個人としては結構粘着して頑張ったのですが、もっと必要みたいです。。。)
一様、もう終了するようにコメントしたのですが、まだ続けてきそうなニオイがしてます (>д<)

おつかれさまです

やはり基本的には矛盾点一つに執着、ということでしょうか。

あとこの場合あまり効果はないかもしれませんが、ワタシはよく他のサイトで何やっているかは調べます。

社民、アカ、中韓朝嫌いetc.で武田師支持っていう人、いるんですね~、珍しい。

No title

>このような輩をだまらす為のいい言葉
たぶん、無いです。一時的に黙っても、他の場所では黙ってないでしょう。
多くの関係者の努力で明らかになった数字付きの事実に、目もくれないのですから。
相手にすべきは本人ではなく、読んでいる第三者。くらいの気持ちが良いのかも。

以前立ち読みした本に書いてあり「なるほど」と思ったこと。
内容はうろ覚えなのですが、骨子はだいたいこんなところ。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
LNTを使ってガン死を計算。
・自然放射線による被ばく量年2.5mSvの場所に住んでいる人は、20年で50mSv。
・この時、LNTを当てはめると0.25%の人がガン死に至る。
・これを元に1千万人の人が住んでいるとして計算すれば、2万5千人がガン死。
 人口5千万なら12万5千人で、年間6,250人が自然放射線でガン死。
・よって、自然放射線で多くの人が命を落としていると強弁する事も可能。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

目から鱗がバラバラと落ちた。ような気がしました。

自爆した人

たくやさん

ブロゴスの方に直接書き込もうとも思いましたが取り敢えずこちらにしておきます。相手しておられる ladrolte という人物、先日 Togetter で自爆した「一応インテリ」という人にそっくりです。あちこちのまとめに出て来ては意味のないコメントを連発する引っ掻き回し屋だったんですが、本人の一度のミスでたちまち撃沈しました。

【観察日記】一応インテリの冴羽獠(@saeba_ryo_)ちゃんが鍵垢で籠もって消えるまで
http://togetter.com/li/448360

saeba_ryo_ 氏は英語が出来ることも自慢にしていただけでなく、そうでない人達をバカにしていたぐらいなので英語文を出して来る ladrolte 氏と妙に重なるんですよね。いずれにせよ Togetter に出て来て同じようなことを書き込んでいる連中というのはどうも同じ人物の複数サブアカウントらしいことがわかってきました。

ladrolte 氏はインテリ氏と同一人物か少なくとも同じ穴の狢ですね。勝ち負けにこだわらずもう相手にしない方がいいと思います。

仁さん

あちこちで戦闘してましたね~。お疲れ様です。@saeba_ryo氏は、PKAさんには以前に消えた何とかというアカウントに似ている、と指摘されていたような。

もしかしたら、連中はもう数人しかいないのかもしれません。ツイッターやっている誰かが、そのあたりをまとめるかもしれませんね。

No title

なおみさん

>すーはーすーはー。
 ああ。空気がうんまい(ところで北京は大丈夫なの?)。

中国のスモッグは酷いらしいですね。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130202-00000590-san-int
日本にも少なからず影響しています。

坂本龍一氏については、ここで非科学的な反原発論者として嫌いになったのですが
「八重の桜」の音楽はいいな~。非科学的、非現実的だから書けるのかな、、と思った、、

No title

>仁さん
あ~、一応インテリのシティハンターな人とは結構やりあってましたね。本当にご苦労様でした。
あの辺の人達は、同じ論法、思考回路なんですよね。信夫山ネコ様がおっしゃる通り「少人数のサブ垢使いまくり」か、じゃなければ何らかの「症候群」に見えてしまいます。
社会科学の出番だと思うんですがね~。

>英語が出来ることも自慢にしていただけでなく、そうでない人達をバカ にしていたぐらいなので

そう言えば、マリリンも翻訳家でしたね。少しぐらい英語出きるからってなんだってんだい!(←自分が出来ないひがみ大半です)
まずちゃんと日本語話せや!

と、ネタふりしたところでマリリンネタです

http://togetter.com/li/448501

チョッとこれ、笑えます。ぜひコメ欄までお読みください。


>たくやさん
BLOGOSに意見出来ない(ツイッターもFacebookもやってないんで)ので、こっちに書きますが、人の質問に答えずに「答えろ!」ってナニサマなんでしょうね、この人。
どうでもいい(本題とは違う)事にこだわって(あそこではダイオキシンの危険性)、攻撃できるところだけを攻撃する、典型的な「アチラ側」の論法ですね。
(大変だとは思いますが…NATROM先生にフォローしてもらえるなんて、羨ましい)

>tateさん
>・よって、自然放射線で多くの人が命を落としていると強弁する事も可能。

なるほどです。人は放射線暗室で生活しなくてはいけませんね。
その意味では放射線技師さんのガン発症率は下がるとか…(もちろん単にノッてみただけです)。

>kakkouさん
>「八重の桜」の音楽はいいな~。非科学的、非現実的だから書けるのかな、、と思っ た、、

坂本龍一の音楽の才能は否定出来ないんですよね。
でも、社会問題と音楽の才能とは別の問題なんでしょうね。
音楽以外では、普通の人以下の部分もいっぱいもっているんですよ。本人もそれを認めるのは(芸術家らしく肥大化した自我では)難しいんでしょうけど。

みなさん、アドバイスありがとうございます!

信夫山ネコさん

>やはり基本的には矛盾点一つに執着、ということでしょうか。

それを実践してくれてるのがNATROM先生なのですが、相手は完全にNATROM先生には無視を決め込んでますからねw
相手は私が反論するのがとても腹立たしいみたいなので、NATROM先生の代わりに私が言っていくしかないかもしれませんね。


>社民、アカ、中韓朝嫌いetc.で武田師支持っていう人、いるんですね~、珍しい。

ですね。
ladrolteのプロフィールページにある支持一覧を見ると、武田氏の記事はもちろんたくさんあるんですけれど、池田信夫氏の記事もたくさんあるんですよねw


tateさん

>相手にすべきは本人ではなく、読んでいる第三者。くらいの気持ちが良いのかも。

第三者の目を意識して私なりに論理的に議論してきたつもりですが、相手は第三者の目なんかお構いなしの詭弁・珍論で来るから困ったものです。
tateさんの言われるように、相手にしないのが一番なんですかね。


仁さん

ladrolteがsaeba_ryo_ 氏でそれがばらされたのなら、かなりの致命傷になりますね!
ただ私はladrolteが英語が出来るかは怪しいと思ってます。
ladrolteは威嚇のために英文の資料をコピペしたと思いますが、その資料の日本語訳はネット上にあるんですよね。
saeba_ryo_ 氏と決めてかかってもしそれが違った場合、ladrolteの性格からするとそのことについての非難を永遠と続けるでしょうから、確信がないまま言うのかなり危険な感じがしますw
仁さんの意見も無視した方が良いってことですね。
うーん、ちょっと腹立たしいけどそれが一番なのかなあ。


今覗いてみたら、またしょうもないコメントをしてきています。
こちらのサイトを通じて見に行ってくれてる人もいるだろうから、見てる人が増えてるのに恥の上塗りはもう止めろと書いてきたのですが(こちらのサイトのことは教えていません)、効果ないだろうなぁ~(´Д`;)

IKAさん

すれ違いになっちゃいました (^^ゞ

>BLOGOSに意見出来ない(ツイッターもFacebookもやってないんで)ので、こっちに書きますが、

そのお心遣いだけで嬉しいです (T_T)
下手に関わると大変なので、関わらないのが賢明ですw

>NATROM先生にフォローしてもらえるなんて、羨ましい

そう、そうなんです。
この無益な言い合いの中で、唯一の救いでしょうか。

たかが電気、されど電気

久々にコメントいたします。

年明け早々に私の父が死去しました。
昨年、磐梯吾妻スカイラインにドライブに行ったころから食欲不振を訴え入院しましたが、ダメでした。
フルーツラインの果樹園で買ったリンゴを「ウマイウマイ」と食べたのが人生最後の果物だったようです。
http://togetter.com/li/393626
(そう書くと福島産リンゴが原因と言いがかりが出そうですが、父は末期のすい臓がんでした。 すい臓が

んは発見が難しいらしく、自覚症状が出て見つかった時は進行していて末期ということが多いようです。 

おそらく原発事故のかなり前からのようです)

父のアルバムを見ると若いころに勤務していた富山県の黒部川第四発電所(くろよん)当時の写真がありま

した。
http://www.kuroyon50.jp/
黒部川の電源開発は大正時代に始まり、当時は断崖に細い丸太を2~3本組んだだけの水平歩道もしくは日電

歩道と言われた道だけでした。(日電・日本電力は関西電力の前身)
父の時代にはすでに関西電力黒部専用鉄道が途中まで開通していたものの、黒部ダムまではまだ開通してい

なかったために利用されたようです。 そのため、転落事故が頻発していたようです。
父のアルバムにその歩道の写真がありました。

他に日本有数の豪雪地帯のために雪崩の破壊力が強く、昭和13年には作業員が宿泊していた4階建てで1,2階

鉄筋コンクリート造、3,4階が木造の宿舎の3階および4階部分が川の対岸600mまで吹き飛び84人の死者(う

ち47人は遺体の確認ができなかったとか)を出しました。
昭和31年には谷の対岸の雪崩が谷を越えて押し寄せてきたことがあったことを母親から聞いたことがありま

す。 こちらも犠牲者が多数出たそうです。

火力にしても原料の一つ、石炭も採掘に多くの犠牲が出ました。
近代戦においては開戦の理由に資源がらみが多く、中国共産党の海洋進出も資源がらみです。
「たかが電気」のために多くの血が流れたのですが、近年は発電のエネルギーは輸入がほとんどなので実感

しにくいのでしょうね。


父の葬儀には新潟県で小学校の教職員をしている親戚も参列しました。
昨年の磐梯吾妻スカイラインの話題になると修学旅行の話になりました。
新潟県の小学校は修学旅行がもともと会津若松か佐渡が多いようでしたが原発事故の影響で佐渡に変更した

学校が多かったようです。 佐渡も新潟県随一の観光地でいいところなのですが、天候に左右されやすく荒

天時にはフェリーでの船酔いが多発することから「会津に戻そうか」という話が出ているようです。

調べてみると、新潟市にある真砂(まさご)小学校は原発事故のあった平成23年に当時の石原校長先生が保

護者を説得したらしく例年通りに会津若松への修学旅行を行ったようです。
先々で大変歓迎され観光協会から記念品をいただいたり、日新館の方から「皆さんの旅行は、会津に元気を

くれました。このような旅行は二度とないと思います。そのことを忘れないでください。本当に一生の思い

出としてください」とのお言葉をいただいたそうです。
http://blog.city-niigata.ed.jp/masago/blog/2011/07/post-114.html
どんなにお金を積んでもできない体験を児童はしたと思います。

石原先生の努力も空しく昨年は佐渡に変更されたようです。
http://www.daietsu.co/archives/2012/03/1188.html
今年はもとどおり会津に修学旅行に行く学校が増えればいいと思います。

新潟県知事の人格

新潟県の修学旅行については大概、保護者の懸念によるものですが新潟県知事の人格も懸念されます。

新潟県では災害廃棄物の広域処理に県内の新潟市、長岡市、三条市、柏崎市、新発田(しばた)市が受け入れを表明、新潟市と新発田市は断念しましたが長岡市、三条市、柏崎市は受け入れるそうです。 5市の受け入れに横槍を入れたのは新潟県知事で新潟市の反対派を勢いつかせたようです。

長岡市は平成16年の新潟県中越地震で、柏崎市は平成19年の新潟県中越沖地震で被災しており、三条市も平成16年に水害のため被災しております。 新潟市も昭和39年に地震で被災しましたが、人の出入りが多い土地ということや当時を知る世代の減少で理解が少ないこともあるのでしょう。

特に新潟県中越沖地震では柏崎市のごみ処理施設が被災して使用できなくなり、広域処理しました。(ここでも放射脳のウソがバレました)
県外では川崎市、福島県、富山市、福井市、宇都宮市が受け入れました。
http://shakai-gijutsu.org/vol7/7_31.pdf

そうした経緯がありながら、新潟県知事は東日本大震災で発生した災害廃棄物の受け入れに横槍を入れ、北陸新幹線においても平成21年に新潟県負担分建設費追加を原因にゴネだして平成26年度の開業が遅れそうになったことがありました。
北陸新幹線については確かに新潟県としてはメリットが少ないのですが石川県知事が怒り、富山県で生まれ育った母親も怒り心頭でした。

北陸新幹線については国が妥協し、災害廃棄物については5市の連係プレーでなんとか乗り切りそうです。

新潟県知事は自主避難者には交通費を出すと熱心なのですが被災地には関心があるのでしょうか?

たかが電気、されど電気 訂正

テキストで一旦保存していたのですが、余計な改行が入っていたので申し訳ありませんが訂正します。

-ここから本文-

久々にコメントいたします。

年明け早々に私の父が死去しました。
昨年、磐梯吾妻スカイラインにドライブに行ったころから食欲不振を訴え入院しましたが、ダメでした。
フルーツラインの果樹園で買ったリンゴを「ウマイウマイ」と食べたのが人生最後の果物だったようです。
http://togetter.com/li/393626
(そう書くと福島産リンゴが原因と言いがかりが出そうですが、父は末期のすい臓がんでした。 すい臓がんは発見が難しいらしく、自覚症状が出て見つかった時は進行していて末期ということが多いようです。 おそらく原発事故のかなり前からのようです)

父のアルバムを見ると若いころに勤務していた富山県の黒部川第四発電所(くろよん)建設当時の写真がありました。
http://www.kuroyon50.jp/
黒部川の電源開発は大正時代に始まり、当時は断崖に細い丸太を2~3本組んだだけの水平歩道もしくは日電歩道と言われた道だけでした。(日電・日本電力は関西電力の前身)
父の時代にはすでに関西電力黒部専用鉄道が途中まで開通していたものの、黒部ダムまではまだ開通していなかったために利用されたようです。 そのため、転落事故が頻発していたようです。
父のアルバムにその歩道の写真がありました。

日本有数の豪雪地帯のために雪崩の破壊力が強く、昭和13年には作業員が宿泊していた4階建てで1,2階鉄筋コンクリート造、3,4階が木造の宿舎が雪崩で破壊され3階および4階部分が川の対岸600mまで吹き飛び84人の死者(うち47人は遺体の確認ができなかったとか)を出しました。
昭和31年には谷の対岸の雪崩が谷を越えて押し寄せてきたことがあってこれは母親から聞いたことがあります。 こちらも犠牲者が多数出たそうです。

火力にしても原料の一つ、石炭も採掘に多くの犠牲が出ました。
近代戦においては開戦の理由に資源がらみが多く、中国共産党の海洋進出も資源がらみです。
「たかが電気」のために多くの血が流れたのですが、近年は発電のエネルギーは輸入がほとんどなので実感しにくいのでしょうね。


父の葬儀には新潟県で小学校の教職員をしている親戚も参列しました。
昨年の磐梯吾妻スカイラインの話題になると修学旅行の話になりました。
新潟県の小学校は修学旅行がもともと会津若松か佐渡が多いようでしたが原発事故の影響で佐渡に変更した学校が多かったようです。 佐渡も新潟県随一の観光地でいいところなのですが、天候に左右されやすく荒天時にはフェリーで児童の船酔いが多発することから「会津に戻そうか」という話が出ているようです。

調べてみると、新潟市にある真砂(まさご)小学校は原発事故のあった平成23年に当時の石原校長先生が保護者を説得したらしく例年通りに会津若松への修学旅行を行ったようです。
先々で大変歓迎され観光協会から記念品をいただいたり、日新館の方から「皆さんの旅行は、会津に元気をくれました。このような旅行は二度とないと思います。そのことを忘れないでください。本当に一生の思い出としてください」とのお言葉をいただいたそうです。
http://blog.city-niigata.ed.jp/masago/blog/2011/07/post-114.html
どんなにお金を積んでもできない体験を児童はしたと思います。

石原先生の努力も空しく昨年は佐渡に変更されたようです。
http://www.daietsu.co/archives/2012/03/1188.html
今年はもとどおり会津に修学旅行に行く学校が増えればいいと思います。

No title

>IKAさま

名前を右から読むと・・・笑。

>たくやさま

ladrolte氏はベトナムの件については言及しないね、知らないのかな。ベトナムでは継続中の課題なんだけどね。
http://sankei.jp.msn.com/world/news/120809/amr12080919520005-n1.htm

千貫森の宇宙人さん

ナイスな情報ありがとうございます。
ダイオキシンに関してはNATROM先生が完全に論破しているのですが、相手はNATROM先生には敵わないことは分かっているらしく、NATROM先生には徹底的無視を貫き通してます。
ただ、今見てきたらNATROM先生が「回答がない場合、ladrolteは間違いを認めたとみなす」というベリーグッド( ´∀`)bグッ! なコメントをされており、どうなるか楽しみです。
こちらのアドバイスでも無視するのが良いと言う意見が多かったので、この際、少し様子を見てみようかと思います。

No title

>たくやさん
論点をまとめたのは、議論を後から読む人の役に立ちますから、とてもよかったと思います。

それにNATROM先生がきれいにシメてくれましたね。
どうせ答えられないであろうと思いますし、コメントはさむと大喜びでNATROM先生を無視して反論してくるでしょうから、当面静観されるのは正しいと思います。
(もしかしたら、このまま何も言ってこないかもしれません)

それにしても、この手の人は「量の概念がない」事と、「ブーメラン的自己矛盾」に気付かないのは不思議でしょうがないです。(NATROM先生の「量の問題」ってのは全くその通り)
「過ぎたるは及ばざるが如し」って言葉、教えてあげたいですね。

>笹団子さん
ちょっとお久しぶりでしたか。
お父さんは残念でしたね。ご冥福をお祈りいたします。

エネルギーって、今じゃ「あって当たり前」ですけど、多くの先人の苦労があって、今でも維持管理にあたる人達の苦労があるからこそ「当たり前」なんて思えるんですね。
「たかが電気」って「今現在、電気がなくては生きていけない人」を無視しているばかりでなく、今まで苦労してきた人たちをも蔑ろにしているんだと思います。
「たかが電気」って言葉には、想像力も知力も感じられません。

あ、小学校の修学旅行のお話、ありがとうございます。私は当事者じゃないですが、涙が出てきちゃいました。

IKAさん

>コメントはさむと大喜びでNATROM先生を無視して反論してくるでしょうから、当面静観されるのは正しいと思います。

そうなんですよね。
奴はとりあえず、私よりも最後に発言して締めくくりたいだけなんですよね。
そう思い静観する予定でしたが、今見てくると、Hagiwaraさんという方がコメントされて、そこにladrolteがチャンスとばかりに書き込んでいます(相変わらずアホ丸出しの書き込みですが)。
Hagiwaraさんの書いてること自体はすごくマトモなのですが、ladrolteにとってはNATROM先生の質問をスルーさせる機会を与えてしまったようです。
このまま援護射撃しないのもHagiwaraさんに悪い気もしますし、静観か書き込むか大変迷ってます (´Д`;)

>ブーメラン的自己矛盾

そうなんですw
ブーメランって表現、実は私も次に書き込むことがあったら使おうかなと思ってましたw

なんか遅くなっちゃった

kakkou さん
そうなんですよね。飛んでくるもんですね。

>「八重の桜」の音楽はいいな~。

あはは。音楽に罪はなし?


IKAさん
自称インテリって言うのは、笑っていいところなんですか?
それとも本人・真面目にそう思ってるの???

さっきの音楽の話もそうだけど
人より1つ得意なことがある=人として欠けることが無い
ではないんですよね。

英語ができる・だから神なんだって威張るのは
日本ならではなのかも。


たくやさん
喧嘩はえげつない方が勝ちます。
えげつなくないと勝てないかも。

でも・・・
>tateさんの言われるように、相手にしないのが一番なんですかね。

金持ち喧嘩せずとも言います。
左団扇戦法で行きましょう
(でもやっておやりなさいという気持ちもあります)。


笹団子さん
大変でしたね。
お父様のご冥福をお祈りいたします。

石原先生のお話もありがとうございました。

多くの先輩方に感謝です。

追記

yd87さんという方に新たに援護射撃してもらいました ( ´∀`)
プロフィールを見ると新しいので、コメントする為にわざわざ登録してくれたようです。
もしかして、ネコさんのサイトを見てくれてる人かもしれません。
私は現在あちらは静観中なので、とりあえずこちらでお礼をします。
ありがとうございます ( ´∀`)

なおみさん

いれ違いになっちゃいました。
なんか、なおみさんが追記したみたいになって申し訳ないです (^^ゞ


>喧嘩はえげつない方が勝ちます。

今回はかなりえげつなくやったつもりですが、えげつなさ(というか無神経さ?)では相手が上手のようですw


>でもやっておやりなさいという気持ちもあります

なおみさんって実はこっちの気持ちが強かったりして ^^

笹団子さん

自分のことばかりで、笹団子さんのお父様が亡くなられたという文章を見逃していました。
お父様のご冥福をお祈りいたします。
笹団子さんの書き込み後も、自分のことばかり書き込んで、とても恥ずかしいです。
反省してます。

たくやさん

いえいえ。お気遣い無く(にこ)。

>ネコさんのサイトを見てくれてる人かもしれません。

控えめにとか、黙って見守っている方たちも
きっとたくさんいるのだと思います。
これまでだってずっとそうだったはず。

同じ人が違う人みたいなふりして
人数多くみせようとしても(そうでなくても)
都合が悪くなると質問に答えないやり方は
同じなんですよね・・・。
だからみんなまとめちゃっていいような気がします。

自分を個人として承認してほしければ
きちんとした会話ができなくちゃ。
違う意見でも。

>今回はかなりえげつなくやったつもりですが
>えげつなさ(というか無神経さ?)では相手が上手のようですw

えげつなさは時と場合によるのだと思います。
私はすごくひいきします。
それまでのその人の発言とか・・・その蓄積を振り返って
あの人がここまで言うんだから事情があるはずって考えます。
(今回はもちろんたくやさんびいき)

手段を選ばずってのも必要な時は。
卑怯も何もお互い様だと・・・。

>なおみさんって実はこっちの気持ちが強かったりして ^^

えへへ。だから気をつけています(笑)。


笹団子さんの背中をなでてあげたいなとか
なんて言ってあげたらいいのかなとか。
この場所でつながっている限界ですが
元気だしてねと思っています。

No title

>たくやさん
静観したのは正解だったと思います。
実際Hagiwaraさんに反論?して以来音沙汰無しですから。
たくやさんに対しては、罵詈雑言を浴びせる可能性が高そうですし、本人的には(かろうじて)ある論理性をなげうってくる気がします。
(まあ、あの手の人によくある「最後にコメントした人が勝ち」ルールの持ち主なんでしょうね)



ええと、今日は夜になっていっぱいネタ出てきました。
では、今日のトゥギャッター漁りの結果。

最近あまり登場しなくなった庭山由紀のそれから(これぞ「ほいど」ってやつですね、なおみさん)。

http://togetter.com/li/450210

その庭山由紀のかつての盟友のそれから

http://togetter.com/li/450263

あまり紹介したくないけど、早川の別垢まとめ

http://togetter.com/li/450187

最後の早川まとめは、武田のオッサンに関する順一さん、片瀬さん、キクマコ先生達によるツイートをまとめたものです。
早川の本心とは別に、武田の波紋を科学クラスタがどう受け取ったかがわかります。(ついでに早川のゲスッぷりもわかります、ってもうわかっていますが)

星に願いを

IKAさん

いろいろなモノが足りない人たちがいますね・・・。
私も毎日いろいろカネかかるなあ・・・と遠い目をして
信夫山を眺めたりしています。
体重は今充分ですが、貧血はわかりません。

ほいどの具体例。よくわかりました。

きちんと、きちんと何一つ恥じることなく
必要なものを請求していい人たちと
こういった人たちが別れますように。

外からいっしょくたにみられませんように。

No title

>笹団子さま

おそくなりましたが、お父様のご冥福をお祈りいたします。

>なおみさま

八天堂のクリームパンて、たしか一個200円、よく小田急線町田駅でイベント販売しているんですよ。一個200円だから迷うのですが、結局買ってしまうのですよ。

>IKAさま

最近、デマリンや庭山由紀はもうそろそろ誰か、引導渡してやれよと思います、(あとあと祟られそうだから、私は絶対嫌だけど)。
チューブやグンマーの波紋なんぞ、ニャンコの背中の静電気より効かななあ。


今週の「美味しんぼ」の放射脳指数は61%ぐらい。
東京から福島に向かう車中での、測定器の放射線量に富井課長(課長だったけ?)のオーバーなリアクションといったありがちな展開の後、福島市で斉藤博之という人物と合流して、相馬方面に向かう展開でした。今後は相双地区中心の展開になるらしいです。一行が相馬へ行く途中に渡利を通るときにグタグタ言っていました。
私の感想としては、剣が峰を危なっかしいバランスで渡っている感じでした。

斉藤博之とはこんな人物らしいです。
http://hsaitoh.jugem.jp/

No title

笹団子さん

小学生の修学旅行の話、良かったです。
私もIKAさん同様、ウルンときちゃいました。


なおみさん

>手段を選ばずってのも必要な時は。
>卑怯も何もお互い様だと・・・。

頼もしいなぁ~。
なおみさんについていこうかなw


IKAさん

>静観したのは正解だったと思います。

そうですね。
IKAさんの言われるとおり、私が出てきたら罵詈雑言を浴びせるでしょうから、荒れるのは必至ですからね。


>まあ、あの手の人によくある「最後にコメントした人が勝ち」ルールの持ち主なんでしょうね

今回もコメントの最後に『人として失格です。 人間として、もっと、成長してください。』なんて書いてますからね。
見ている全員から「お前が言うな!」というツッコミが聞こえてきそうです。


IKAさんが紹介してくれた、3つのトゥギャッター全部面白いですねw
笑いました。

美味しんぼはもうダメぽ

私も美味しんぼの「げげっ、年間 2.978 ミリシーベルト! ICRP の安全基準の約3倍やないか!」「ひええ!」「今は低線量の放射線の影響についてはまだ何もわかっていないのよ」などの放射脳全開の台詞の連発に「2年経ってもこの知識レベル?」とびっくりしました。

放射脳な誰かが雁谷さんの耳元でささやいているんじゃないかな・・ささやき女将みたいに・・

現実の世界でも被爆デマに浮かれる新聞記者がいるので、ある意味リアルですけど。

ヨソの掲示板のもめ事ですが、基本的にこのサイトを紹介して放置するのが良いのではないかと思います。
私の記事も紹介してもらっても良いです。
以前から安全厨と罵られていますが、最近は「社会不適応者」などとしつこい書き込みもあり、IKA さんにフォローして戴いたりしています。
でも「で、科学的な根拠は?」と言うと大体黙ってしまうので、それほど怖くはありません。

ただ、時々「ただで済むとは思うなよ」みたいなコメントが内緒で入っていたり、変なメールが来る時があるので、警戒心は忘れないようにしています。

小林先生、格好良かったみたいですね。
そのうちお会いしましょう・・という約束になっているので、その時はオフ会でも企画させて戴きます。

お気遣いありがとうございます。

父の話はあくまでも一家庭の問題なのですが、発電所建設に係わっていたので自分への戒めとこちらに落書きする人へ「電力の重み」を知っていただきたくて取り上げました。

新潟県の小学校の修学旅行の話はたまたま父の葬儀に親戚の教職員が参列していて聞いた話をもとに調べたことです。
真砂小学校の校長だった石原先生も教職員の親戚も福島県の復興支援に熱心なようで、まだまだラブキュリにお仕置きされるべき人がいるのですが、声なき福島県(東北や茨城県、千葉県の東日本大震災被災地)応援団が少なからずいることをお伝えしたいと思いましてコメントしました。


>IKAさん
父の世代は国土建設が多かったのですが、今は父の世代が建設したものの維持管理が問題になっていますね。
新潟県中越地震の時は新潟県小千谷市にあるJR東日本の発電所も何等かの被災をしていたかもしれませんし、少なくとも送電がストップしていたと思います。 全国の電力会社の協力でパニックにならずに済んだのかもしれないと思います。


>たくやさん
余計な気を遣わせたようでこちらこそ恐縮しています。

>なおみさん、千貫森の宇宙人さん
お気遣いありがとうございます。
父は入院直前からほとんど食事ができない状態だったので覚悟はできていました。
黒部では苦労があったとは思いますが、祖父母を現場に案内したり、妹の叔母と一緒に高山植物の花が咲く夏の高原をハイキングしたり、母と知り合って結婚したりと本人にとって忘れられないところだったようで入院していた病院の看護師さんに当時の話をしたらしいです。
葬儀の時はそんなことを家族や親せきと話ができてよかったと思います。

真砂小学校の修学旅行で涙で迎えた会津の人たちはさぞや辛かったと思います。
NHKは昨年の大河ドラマ「平清盛」の失敗を挽回したいのか?「八重の桜」の宣伝をかなりしています。
今年は原発事故以来の分を挽回できるくらいたくさんの人に会津いや福島県を訪れてもらいたいですね。

No title

bloomさん

>基本的にこのサイトを紹介して放置するのが良いのではないかと思います。
>私の記事も紹介してもらっても良いです。

相手は放射能を避けるためなら、避難リスクは考えなくていいとか言ってるやつですからね。
そんな論理的な会話ができないやつに、ここのサイトやbloomさんの記事を紹介するのはもったいないですw
ただ、ここのサイトやbloomさんの記事を紹介することで、多数の人に科学的・論理的な知識をつけてもらうことはとても良いことですけどね。


>最近は「社会不適応者」などとしつこい書き込みもあり

私と言い争ったやつも「朝鮮人に教えてるようだ」なんて差別意識丸出しの書き込みしてました。


>ただ、時々「ただで済むとは思うなよ」みたいなコメントが内緒で入っていたり、変なメールが来る時があるので、警戒心は忘れないようにしています。

うわぁ・・・酷いですね。
それって脅迫罪にならないですかね?


笹団子さん

こちらこそです。

NATROM先生、最高すぎます!

揉めていたあちらのサイトでNATROM先生が最高の締め方をしてくれてます。
再びリンク先貼っておきますので、興味のある方見ていってください。

http://blogos.com/article/54612/?axis=b:315

No title

>たくやさん
おお~、NATROM先生が改めてシメ直してくれました。
たぶんこれで「詰み」でしょう。
「最後にコメントしたのが勝ち」レースでも難しいかな?

>なおみさん
そうですね。「とにかく自分は被害者」って人が「補償を~」なんていい始めると、本当にひどい目にあった人たちも同一視されかねませんね。
線引きが難しい問題なんですけれど。
もし私が「線の上」にいるとしたら、「必要な所にきちんとまわっているか、必要な人達の分を取り上げていないか」を考えたいと思います。

>千貫森の宇宙人さん
まだ美味しんぼ、見てないんですよね~。なんか段々怪しくなってきたようで…。
後で缶コーヒでも買うついでに見てみようッと。

ところで、福島を案内する斉藤氏というライター、福島の人ではないみたいですね(ブログちらっと見てみました)。
なんで地元民に話を聞かない?(だからといって、中手氏やガンダムの人周辺に聞かれても困りますが)

山岡ぁ、俺んところへ来い!

>bloomさん
bloomさんのところでは、書き込みすぎでちょっとご迷惑をおかけしたかも、です。(なんか自分の方が荒しになった気がしちゃいました)
ところでブログに来ていたあの人、来なくなっちゃったみたいですね。(ほとぼりさめた頃にまた来るのかな…)
まあ、来たところで是非お答えを、って言うだけですけれど(火に油注ぐと困るんで、こっちに書いちゃいます)。
bloomさんは冷静かつ論理的な対処をされていましたから、私がでしゃばって炎上するのが心配でしたが。

>笹団子さん
黒部はお父さんにとって、お仕事以外でも大切な場所だったんですね。
原発事故後、インフラ屋さんは、福島同様いわれのない偏見にさらされています。私も事故の処理とは別に、エネルギーとインフラの問題は冷静に考えたいと思っています。
大切なのは、安っぽい、短絡的な正義感じゃなくて、今までの事、これからの事を冷静に見極めることなんでしょう。


中合最終日

行って来ました!安積の白猫さんのアドバイスに従って。

クリームパンはまだ並んでましたが
いっときの半分以下の列だったので、素直に並びました。

「なに並んでんの~?並ぶほどなの~?」と
知らない奥様に聞かれたので
「パンです。私も一時はあきらめましたが
友人に並ぶべきだと言われたので並んでいるのです(キリッ)」
とお答えしておきました。あとでゆっくり頂きます。


千貫森の宇宙人さん
>あとあと祟られそうだから、私は絶対嫌だけど

うははははは。またまた~。みんなそうやって逃げるぅ~。
ちょっと誰か~・・・。


たくやさん
>今回もコメントの最後に『人として失格です。 人間として、もっと、成長してください。』なんて書いてますからね。
>見ている全員から「お前が言うな!」というツッコミが聞こえてきそうです。

うははははは。私も言いた~い!


IKAさん
>もし私が「線の上」にいるとしたら、「必要な所にきちんとまわっているか、必要な人達の分を取り上げていないか」を考えたいと思います。

そうなんです。
自分で考えることなんです。
はしたないことをしてるかどうかは自分が一番よく知ってる。

>なんで地元民に話を聞かない?

そうよね~(ぶうぶう)!美味しいもので、もてなすわよね~!
なんでアタシに聞きに来ないのよ~!!


読売新聞に学校給食の記事がありました。
福島県産のお米に切り替わってから
給食を食べないとか、牛乳を飲まない子は1パーセントでした。
アレルギー対応とか
もともと食べない子は抜かしてあるのかな(不明)。

測定所の丸森さんとかいう人のコメントが載ってました。
思ってたより少ないと認めたうえで
でも、心配でも口に出せない人がもっといると。
少ないと思ってはいけないと。

私は具体的な結果だけをみますし
超能力者ではないので人の本心なんかわかりません。

ですから1パーセントか・・・と思っただけでした。

給食の強制なんかできませんし、親御さんの判断で選べます。
「他の人から非難されてる気がする」ってのは
あくまでご自分の思い・妄想であることが多く
面と向かって行動を否定されるようなことがあれば
学校が指導・対応してくれるでしょう。
すくなくとも「はあはあ」と話は聞いてくれるはずです。

社会生活を営む上で
「うちは学校給食を信じられないんだ」と話しかけられたら
「そうだよね。心配だよね」と
相槌を打つ人がほとんどではないでしょうか。

それをもってして
だれそれ(友人・知人)の本音はこうだと
みんな言ってると
あちこちで吹聴するようなことは

「ナニナニ買って~みんな持ってるんだもん~!」
「みんなって誰と誰?言って御覧なさい」
「みんなだもん~」
「うちはうち!よそはよそ!」

お母さんの勝ちぃ!と同じですよ(・・・違うか?)。

自分の心配に同調してくれても
その人の行動はどうなのかをきちんと見極めること。
命にかかわることは、ひとさまがどうだとか言ってないで
「みんな」自分で・人から言われなくとも・動きますよ。

その上で自分が決めたことを(たとえ少数派であっても)
やればいいんです。
1パーセントだからって弱気になって
ホントはもっといるはずだとか・・・言わなくていいんです。

続いちゃって恥ずかしい

たくやさん
なおみについてきてはだめ(うっふん)。
迷子になりますよ・・・。


>今年は原発事故以来の分を挽回できるくらいたくさんの人に会津いや福島県を訪れてもらいたいですね。

笹団子さんもまた福島に来てね。
会津は今年きっと混んでるから中通りにでも・・・。


さっきクリームパンを食べました。
>なんでアタシに聞きに来ないのよ~!!

「お味はいかがでしたか?」
「柔らかくって甘くって美味しかったです!」

ダメだ・・・難しいことが言えない・・・。


夕方のニュースで
放射線の自然のと人工のとうんぬん・・・とやっていて
だんなさんが「こんなのやってるよ」と声をかけてきたんですが
よく観たら6チャンネルじゃないですか。

「それやぁどさんがやるって言ってたよ」と教えたら
「なら間違いないな。この局はひいきにしよう」
といまさら(くくく)言っていました。

やぁどさん、観ましたよ!(ホンチャンは夜ですね)

食べ物の話しかできなくてごめんなさい。

うう、くりーむパン、こっちまで出張しちゃったのですね。
最初、クリームパンなんか、もたれるし・・・と思ったんですよ。でも、友達に1個貰ったら、普通のクリームパンと全く違ってびっくりしたのです。
特にカスタードがふわっとして重くなく、バニラ臭くも卵臭くもなく、「ナニコレ?」
次の日うすいの行列に並んでしまいました・・・。^^;
1個食べてもまったくもたれません。
もたれないと言えば米粉のバウムクーヘンももたれなくて身体に良さそうです。
私が食べたのは太郎庵のでしたが、福島にも確か米粉のバウムクーヘンのお店があるんですよね?
って、6チャンネル情報なんですけど・・・^^;

>笹団子さん、お父様のご冥福をお祈りします。
私の母も膵臓癌。以外と多いのですよね。

ええっと、でてきたついでに今月の青春リアルは2月7日(木)放送です。内容は福島市で公開録画した模様です。
さすがにこれには応募しませんでした。^^;

No title

>笹団子さん

ご愁傷様であります。お父さんのご冥福お祈りいたします。

黒四ダム、幼少の頃「トロリーバス」に乗って行きました。下を見たらあまりの高さにびっくり。「黒部の太陽」も見たことがあります。「たかが電気」ではありません。人々の血と汗と命を引き換えた電気です。

>測定所の丸森さんとかいう人
初めから終わってますよ、この人は。何しろ(自然農法移住?が盛んな)丸森町が福島県だと思って、この名前にして福島に来たそうですから。工作員ぶりはこちら。
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-35.html
読売はどうしたのでしょう。

No title

なおみさま 安積の白猫さま

昨日(2月5日)昼頃、小田急町田駅にいったら、やってたんですよ八天堂が、「てんや」か「富士そば」にいって昼食をとるつもりでしたが、昼ぬきにして買ってしまいましたクリームパンを5個。

IKAさま

あれでも、雁屋哲は泥棒グリーン・ピースが嫌いで、グリーン・ピースを揶揄する話も書いているから、グリーン・ピースとズブズブの中手聖一の方にはいかないと思いますが油断は禁物ですね。


今日面白かったtogetter

敗北は、約束されていた。
http://togetter.com/li/450401

レック・タウン・イラメド氏の告白。
http://togetter.com/li/450583

No title

皆さんご存知かもしれませんが、
昨日(2月5日)の朝日新聞、

”(記者有論)市長発言 放射能「離れてホッ」も大切 西村隆次”

という記事がありました。
最後はこんな感じで締めくくられます~
 
「県民総我慢大会」であってはならない。瀬戸市長に限らず、責任ある立場の人たちも放射線が降り注ぐ福島をたまには離れ、その時の率直な気持ちを吐露して欲しい。

 体験した解放感を県外保養の充実など県民のための施策に生かすことで、共感も得られるに違いない。県内にとどまる人と避難している人が保養先で交流すれば、避難者が県内に戻るきっかけにもなるではないか。
(おわり)

この記事を読むと、
閉塞感、とか、
避難できない人が市長発言を批判したという印象が残ります。

※保養について私はどうこう言う気は全くありません。
例えば私が今週末会う予定のいわきの友人は、子供の保養に積極的ですし、友人たちも本当に様々です。
そんなの当たり前だと思います。

この記事(記者)は意地が悪いです。
そもそも瀬戸市長の発言に飛びついたのって誰だろう、と不思議に思います。











No title

>IKAさん

今日見たら、なんか別の人が私のコメントの下にコメントしてました。
とりあえずは荒れてる感じでもないので、コメントしちゃいまいた (^^ゞ
今は荒れてる感じではないですが、NATROM先生への反論(?)に使用している資料がアレなんで、いつかは噴火しそうな気が・・・
NATROM先生への反論(?)コメントの締めくくりも、私は何がいいたのかちょっと分かりませんでした ^^;


>千貫森の宇宙人さん

>toggeter「敗北は、約束されていた。」

するどい分析ですね。
興味深く、読ませてもらいました。


>re-tsuさん

腹立つ記事ですね。
「県民総我慢大会」←本当に県民のことを思っているのならこんな表現できるはずがない。

No title

>千貫森の宇宙人さん
スピリッツ、まだ読めていません…立ち寄るコンビニに置いていなくて…。
なんとなく悔しいから、ヤンマガの「壇蜜グラビア」でも見ようか、と思ったら袋とじだったし…。(そうだよなぁ、チバレイよりは袋とじの意味が見いだせる)
美味しんぼ、昔の捕鯨の話なんかは思いっきり環境保護団体を非難していましたね~。あと、菜食主義者の話で「植物だって命なんだ、動物を食べないからって罪がない訳じゃない」とかいった話がありまして、そういうのは素直に感心しちゃうんですが…。
雄山の出方が気になるところです。

昨日のトゥギャッターふたつ、面白かったです。
今日のお言葉は「ワッチER」(笑)。

>なおみさん
給食食べない子が1%ですか。意外と少ないなぁ、ってのが私の感想。皆さん自分で考えて、判断されたことですよね。
逆に「検査体制のしっかりした福島産の方が安心できる」って意見も聞きます。情報開示と勉強の結果ですよ。
(でも、やっぱり「人の目を気にして言い出せない人がいる」って人がいるんですね。「んなヤツいねーよ」なんて言う気はないですが、「福島県民は情報弱者で騙されています」って言われているみたいでイヤですね。
それを言うなら「お弁当づくりが楽しい」って人も居るかもしれないでしょ。(万が一と思う人もいるでしょうが、その人もわかってやっているんでしょうから、やっぱり僭越な話だと思います)
「とりあえずカウンター当てます」ってのは、マスコミの悪い癖かな。(私もそういうところはあるんだけど)

>安積の白猫さん
「米粉のバームクーヘン」ってキラリ(←どんな字だったか忘れた)ですね。
国道4号上り線道の駅安達の手前(福島側)にあります。
あと、旧サティ近くにも2号店が出来ました。
すっごいフワフワでしたよ。

>re-tsuさん
う~ん、朝日新聞はまだその話引っ張りますか。
朝日新聞以外ではタクティクスだけになっているみたいですけどね~。
そういう解釈は市長としても不本意だと思います。
言えるのは「市外出てもいいから、たまにはゆっくり休めや」くらいでしょうね。
首長が他地域に行って、いちいち愚痴ってもしゃーないでしょう~。

>たくやさん
他の方とやり取りするのは構わないんじゃないかと思います。
また絡んできたら「まずNATROM先生のご質問にお答えください」って返せばいいだけです。
(これを最近では「きっこに鼻カルボ」と呼ばれて…ないか)



今日のお腹立ちを一題

オメーに助けてなんか欲しくねーよ

http://togetter.com/li/451201

初めは千貫森の宇宙人さん

パンは6種類売ってたんですが・・・一口ずつ全部味見しました。
あれはもうパンじゃないですね・スイーツです♪
おいしかったです。
小田急線って縁が薄かったの。いいな~近くって。

>敗北は、約束されていた。

面白かったです。

そうなのよ。反・反原発は団結などしていなかった。
あちらが勝手に
「ムラだ・利権だ・御用だ!いろんな縛りがあるはずだ!!」
とか広めようとしてたけど・・・はあ?みたいな感じで。
おならぷーですよ。

団結はしてなかったけど
電話もかけなかったけど
デモもしなかったけど
ああいった人たちへの嫌悪感だけは共有してたように思います。
その絆は強かった(笑)。

目的(反原発)が同じなら
どんな団体とでも自分達は手を結ぶんだと言われたことがあり

それって・・・。
目隠しして・・・そんな大事なことを?
やばすぎですよ~相手をよく見なさいよ~・・・と
後ずさりながら思ったことがありました。

私はそんなこといやあよ。
言葉だけ立派で(そうでもないか)ヘンなことしてる人を愛せないわ。
手なんかつなげない。

そんな集まりが
仲良くし続けられるなんて思ってもいなかったけどね
(思いっきりゲスな感じで笑ってください。げへへ・ぐへへ)。


re-tsuさん
朝日はあのことをまだ弄繰り回してるのね?
嫌な感じでしょ。
誰が我慢してんのよ。言って御覧なさいよ。

>「県民総我慢大会」

ああ。なんて人を馬鹿にした響き。
傷つけられた~ああ痛い~償え~ってからんでやりたいです。
自分は頭いいと思ってる○○の発言です。


IKAさん
お弁当作りって大変ですよね。
それでも!って方が1パーセント。
もうそれでいいと思うんです。

多かろうが少なかろうが
よそさまのすることなんだから。
お互い口出さない。新聞もへんなコメントとってこなくてよし。

あ!キラリなら福島駅の近くにもできましたよ!

>オメーに助けてなんか欲しくねーよ
>(╬ಠ益ಠ)

この顔がすごかったです。
そろそろ発砲許可がおりませんでしょうかね。
ワケわかんないこと言い始めたら撃っていいの。
でもひとり三人までね。

あ、さんまのテレビ。
チューブと似ててそれよりヒドイ大学教授も出てました(好敵手?)。
あれは・・・もうわかってて人選してますね。

こういうノリなんだからさ
バラエティーなんだからさ
チューブをテレビに出すことに目くじら立てたら
キミ・イケてないぜ?野暮ってもんでしょ?みたいな
空気読めみたいな嫌な黙らせ方。

ごまかされないぞ。

No title

>IKAさん
>「人の目を気にして言い出せない人がいる」って人がいるんですね。

もうなんだかお約束になりつつありますね。
マスゴミの思ったような結果が出てない時の
サイレント魔女リティ、もといサイレントマジョリティ理論。


>オメーに助けてなんか欲しくねーよ
>↓
http://togetter.com/li/451201

っていうか、こんな制服の高校、福島県にありましたっけw
(↑つっこみがずれてる)

誰か

脱放射脳ポスターでも作ってくれないですかね・・・。チバレイさんの写真にでっかくバッテンでも貼って差し上げたい・・・。

うう、なんか久しぶりに、これは酷い。

脱原発ポスター展事務局ぅ~?

昨年、横浜の新聞博物館に行ったら漫画家の反原発脱原発の漫画展を有料でやっていて、誰も入っていなかったみたいだけど、こっちは一気に氷点下な気分でしたわ。しら~~~。

>福島の医師さん@かなりずれこんだ昼休み中さん あの~、私服の学校の女子は「どこの制服?」と思うようななんちゃって制服着ていますよ。ですから、多分、私服可の高校生なんじゃないでしょうか。(そういうとこ見るのは好きです。)

>IKAさん、なおみさん あ、そうか樹楽里・・・でしたかね。安達の道の駅付近じゃ遠いなぁ、と思っていたのですが、福島駅にもあるんですね。じゃあ、今度行ってみよう。

昨年の3月に関西に行ったとき、向こうは全くグラリともしなくて、別の国のようでした。東京のように特に省エネしている感じでもなかったですし。
瀬戸市長の発言は正直な気持ちだと思いますけど・・・、そんなに批判されなきゃいけないですかねぇ・・・。

って、いまさらですけど。

No title

>IKAさん

あちらのサイトでは、また性懲りもなくladrolteが書き込んでました。
相変わらずブーメラン臭が漂ってる書き込みですが、とりあえずつっこまずに静観しときます。

>きっこに鼻カルボ

よく知らなかったので、調べたら爆笑しましたw
「きっこに鼻カルボ」で検索するだけでズラッと出てきますねw
日常生活で使えるレベルかもw

>オメーに助けてなんか欲しくねーよ
>↓
http://togetter.com/li/451201

完全にイッチャッテますね・・・・・

>フクシマ{党首が率いる社民党}を助けてください。


このツッコミ笑いましたw

No title

>安積の白猫さん
>私服の学校の女子は「どこの制服?」と思うようななんちゃって制服

あー、そうとも取れますね。
でも、それだと中通りなら、
かなりどこの学校か絞り込めるなー(←どうでもいい)


どうせだったら、須賀川桐陽女子とか郡高女子なら
リアリティ&見栄えもするのに(←さらにどうでもいい)

おお!

福島の医師さんの制服に対する愛が垣間見えて(こういうの好きです)萌え~。

山下先生
長崎にお帰りになるんですってね。
もちろん福島に関わることは継続で。

王子様・・・と例えるには雲の上の人過ぎますが
私にとってはピンチに駆けつけてくださったヒーローです。
一生感謝します。必死の冗談も死ぬまで忘れません。
送り出してくださった長崎の方々・ご家族にも感謝です。
なんだかごめんなさいと言う気持ちもすごくあります。


安積の白猫さん
駅近くの樹楽里はまだ私も行ったことないの。
一緒に行きましょう。


朝日新聞のコラム、読んでみました。
>福島で暮らすことにはある種の閉塞感と息苦しさが伴う。
>特に子育て中の親はそうだ。
>甲状腺検査はいつ受けられるか、「安心」という結果を信じていいか、洗濯物を外に出していいか、外で遊ばせていいか、子どもの体力が落ちてないか、鼻血や蕁麻疹も放射線の影響ではないかと不安になる。

①この人はやぁどさんに喧嘩売ってんのか(タイトルね)。
②すごく古い時期で時計が止まっていないか。
③付き合ってる人に偏りはないか。

不安になる人がまだいるのは事実なのかもしれませんが
もうそれは啓蒙・啓発・教育・お知らせ・・・
そういうのが無駄な世界にいる人だと思う(言っちゃった)。
息苦しいなんて言ってるのは何パーセントかしら。

福島の親をまとめて語らないでください。
で全国紙で当たり前みたいに
主観ばっかしの感想文のっけないでください。
有論ではなく愚論です。

どこの記事か忘れましたが
福島の線量が一年前と比べて半減だそうです
(詳しい割合ものってたよ・何故下がったかとか)。
2年経つもんね。

補足

全体として保養の充実を訴えていたようですが
私は反対。全員避難させろ・子どもだけでも!につながるし。

したい人はすればいいけど自分のお金でどうぞ。
保養に限りある予算を遣うのは反対。
もっと必要なこと優先で。

私が知っている保養の呼びかけ団体は
怪しいところばかりなのでかなり偏見があります。
いまだにチラシが入ってきますが・・・。
行ったら帰ってこられないような気がします。

行きたい人はどうぞ。

No title

>なおみさん

>したい人はすればいいけど自分のお金でどうぞ。
>保養に限りある予算を遣うのは反対。
>もっと必要なこと優先で。

全く御意にござります。

まあどうしても保養に行きたいなら、
教育もかねて、有馬温泉や三朝温泉をお勧めしますがねw。

No title

なおみさま

八天堂のクリームパンを購入したきっかけは、広島名産ということだったので。
広島や長崎の方たちには、お世話になっているし、今後もお世話になるからなあ、せめてこんなことでもお礼させていただこうか、と思ったからでした。でもそんなこと抜きに凄く美味でした。

IKAさま

>オメーに助けてなんか欲しくねーよ
↑この連中には
①田崎本をよく読んで理解しなさい。難しくてわからないと言うなら義務教育から復習して、田崎本を理解する学力を身につけなさい。
②まともな職に就いて、キチンと納税しなさい。
③あとは、余計なしないように。
と言ってやればよいでしょう。

田崎本です。
http://www.asahipress.com/bookdetail_norm/9784255006765/


今日の注目togrtter
こんな放射脳ママに、各地の耳鼻科のお医者さんや放射線専門医の皆さん、苦労させらているんだろうな。
http://togetter.com/li/451024

No title

>千貫森の宇宙人さん

>今日の注目togrtter
>こんな放射脳ママに、各地の耳鼻科のお医者さんや放射線専門医>の皆さん、苦労させらているんだろうな。
http://togetter.com/li/451024

苦労というかもう嫌がらせレベルですね(笑)

おいしんぼ

>千貫森の宇宙人さん
アレ?結構お近く?店仕舞いまじかに通りかかりました。最後のメロンくりーむパンをゲット。(あ〇い書店町田店2/17で閉店。結構充実してた書店だったのに)

「美味しんぼ」はどういう展開になるか、ハラハラ(ヒヤヒヤ)です。
雄山が正論を語りしろうが反論して、それもアリかなー、ちゃんちゃん。がパターン?持ち上げてひっくり返すのもよくある手だし。上司のオジさんが空騒ぎして諭されるのもよくあるし。一年前という設定だから、雄山が先見の明をもって「こうこうだ~!!」。そして今…、という展開を予想。
そもそも一年前の大手新聞って、もっと煽りまくってましたよねえ。お美味しんぼでマスコミ(まんがの中では東西新聞?)の自己批判はないだろうけど。

鼻血

鼻血が不安と言う人には、鼻血が出る理屈を詳しく伝えるよりは

放射線障害で鼻血が出るのは、一時に大量に放射線をあびたとき。そのときに出る鼻血は大量でなかなか止まらず、鼻の穴に「つっぺかって」止まるようなものではないし、激しい全身症状も起きる。

と言ったほうが判りやすいのではと思います。

また、鼻血についての書き込みを読んでいると、白血病の鼻血とイメージが混ざっている、あるいは放射線で白血病になって鼻血が出る、と思っているようにも感じました。

こういう人には、白血病では鼻血だけでなく、歯茎からも出血するし、皮下出血も起こって青あざだらけになると伝えればいいと思います。

専門家の方は、なかなか正しく伝わらないとなると、どんどん詳しすぎる説明をしてしまう傾向があります。逆に「こころでっかち」の方はだんだん声が大きく、内容が激しくなります。

ただ、困るのは「低線量被曝」による影響は「よくわかっていない」ということを挙げて、もしかしたら低線量被曝で鼻血が出ているかもしれないと思っている人。

この「よくわかっていない」は、みなさんご承知の通り「あるかないかわからないていど」のことなんですが、一般には「わからない」→「こわい」に結びついてしまうことがあるんですね。専門家が危険度を伝えるときにはこのことに留意して、週刊誌がどうやってもあおり記事にできないようにしてもらいたいものです。

週刊誌は本来、あくまでも娯楽として読者の怖いもの見たさに訴えたいですし、「きゃー、ひどいわね、こわいわねー♪」で読み捨てられるものでしょう。

それで本気にしちゃう人は・・・しょうがないと思っています。

はるか遠くの原発の方向から吹く風にあたると、皮膚がぴりぴりするとか、身体がだるくなるとか言う人もいるので、そういう人と普通の人とは多分、付き合えない。でも、そういう人が誰かに自分の考えを押し付けたり悪口を言ったり書いたりしたら、公共の福祉に反するということですね。

それが根拠の無い・間違った知識による行動かどうかを「おおやけ」が正しく「キリッ」と判断できるかどうかがこれからの課題ではないかなあ。

一般の、素人に科学知識を理解させれば解決することではなく、本当に科学知識を理解しなくてはならないのは、世の中の仕組みを作る側だと思っています。

もちろん、誰もが科学知識を持つべきだし科学的に考え、判断できれば一番いいです。でも、これがなかなかしんどいことで、ここに集う皆さんのように「じぶんこと」でなければ誰も本気でしんどいことはやらないんですね。



北海道は、腐るほど雪が降っています。雪まつりや冬まつりが北海道各地で開かれています。
寒いから、雪が積もるからこそ、できることがあるし、春がありがたい。

いつも、もたもたした文章ですみません。
これでも個人で文章について教えたりしているのですが、文章はまず、自分が何を書きたいかを客観的に理解していないと書けないんですよ。自分自身の考えをここで書いてあらためて考えたり、皆さんの文章を読んだりしながら、ひとつひとつ腑に落としていく感じです。


えーと

おいしそうなクリームパンだのメロンパンだの、甘いものはあまり得意じゃないんですが、ホントにみなさんの幸せ感が伝わってきて、読むだけでおなかいっぱいです。お茶を飲みつつ読んでいます。

もし、北海道に「福島うまいもの展」なんかがきたらみなさんにお聞きしますので、何がおすすめか教えてくださいね。

No title

今日のトゥギャッター漁り、お昼の部。

昨日のポスターの件で、腕に覚えがある人達がクオリティへのツッコミ、改善を行っている様です(笑)。

http://togetter.com/li/451236

デジタルってスゴい。(絵心がない私です)

あの斗ヶ沢さんが上杉隆に激怒

http://togetter.com/li/451229

斗ヶ沢さん、本当に怒っていたんだろうな~。タイポ多いし。
上杉は無責任一代男です。

お馴染みドリフさんの「デマリンはどーせブロックするだけなんでtogetterで反論すること にする。」シリーズ。

http://togetter.com/li/451342

武田のオッサンに続き、早川も変節か?

神々の遊び、ってヤツですか。

http://togetter.com/li/451480

最後のは本ブログテーマとは何の関係もありません。単に面白かっただけです。

>なおみさん
樹楽里(←漢字ありがとうございます、安積の白猫さん)駅前にも出来たとですかぁ。
「うちの近くにあるもんね、うぅしっし」という自慢が出来なくなりました(カックン)。

武田のオッサンに限らず、バラエティって「うちはお笑い番組ですから」ってエクスキューズを暗喩的に使っていますよね。「信じるも信じないも、あなた次第」みたいな。
爆笑問題なんかも同じ演出で典型的に使われていて、やっぱり最近苦手になってしまいました。(爆問は決して反福島ではないですが)
昔はわかっていて楽しめたんですけど…。

>福島の医師さん
制服ですか~。詰襟とセーラー服しかない世代から見ると、今の制服ってとってもおしゃれですね~。
私は制服どころか、共学化以降の学校名すらもうわかんなくなっちゃいました(昔の○女、とか言ってゴマかしてます…笑)。

>安積の白猫さん
震災の時は「世界が終わるんじゃなかろか?」とか思ったんですが、影響無い地域もまた多いんですよね。
福島市長、昔からジョークが下手だと思っていたんで(シャレにならないことを言っていました)、そんなに拘らんでも、と思います。
朝日新聞はたぶん意味を曲解して、自説の補強に使っているんでしょうね。

>たくやさん
あちらに再度、NATROM先生がコメント入れてたたみかけています(さすがNATROM先生。慇懃かつ徹底的。池乃めだかメソッド…ボコボコにされて「今日はこのくらいで勘弁したるわ」と言って立ち去る…は許しません)。

最後の「英語論文のコピペ」はその上の新たにコメントした方が「英語論文は読めません」と言っていたのを受けて書いたんだと思います(そーとーいい性格の人みたいですから)。
ただ、その内容が…(NATROM先生のコメントは必見!)。

>千貫森の宇宙人さん
ご紹介されたトゥギャッターまとめのママさん、なんか誤解に誤解を重ねた上、思い込みの激しさと言い返さずにはいられない性格が災いして、なんか泥沼ですね。
なんか暗黒面からは半分以上脱出している様なんですが。

>よしさん
私もやっと美味しんぼ見ました。
斉藤氏の渡利についてのコメントなど、怪しい要素もありますが、まだまだ続くみたいですし…(作中で1年は取材を続ける、って言っていますし。コミックス一巻分はやるかなぁ)。
おっしゃる通り、富井副部長はコメディリリーフなんで、後でたしなめられたり、「騙されていた!」って言い出すキャラですからねぇ…。
ゆう子の「低線量被曝の影響はわからないから」ってセリフも「まぁ、わからないって小さすぎてわからない、って意味だったのね」と言わせてひっくり返す事も出来ますし。
でもねぇ、このマンガ、実名で出てきた人は絶対disらないんですよねぇ。
やっぱり鍵は雄山と田中優だと思います。

鼻血のまとめをみて思ったこと

失礼いたします。

あの時期の子供の鼻血は何故だったのかというちょっと偏ってるお母さんの発言をtogetter で見て思ったのですが。

2年前のあの頃、地震・津波・原発事故と続けざまの災害と次々届く被災地の辛いニュースは、どれほど重苦しい暗雲となって日本中の人々の心にのしかかっていたか。
関西に居てさえ食欲が落ちるような人もいたのですから、関東ではなおさらではなかったのでしょうか。

あの頃にはそんな常ならぬストレスがかかっていたことも、時間が経つと忘れてしまったのだろうか・・・と不思議でした。
それが鼻血と関係していたかどうかはもちろんわかりませんけれど、あのストレスを軽く考えているようで残念でした。

全味制覇したと思ったのに

福島の医師@残務整理中さん
>教育もかねて、有馬温泉や三朝温泉をお勧めしますがねw。

どちらも素晴らしい効能の温泉だそうですね。
疲れきった私たち大人も保養に連れて行って欲しいものです。
ポスター作ったり鼻からカルボナーラ食べてる暇があるのなら。

いつか私たちもみんなで行けたらいいですね。きっと自腹でしょうけど。
チューブが出してくんないかなあ・・・。
みんなのおとーさんだって言ってたからなあ。
甘えてみようかなあ・・・。


千貫森の宇宙人さん
>八天堂のクリームパンを購入したきっかけは、広島名産ということだったので。

ああ。そうでしたそうでした(にこ)!
もぎゅもぎゅ食べながら包み紙を裏返して読んでみたら
広島のほうの地図がありました。
・・・遠くから来たんだねえ。


よしさん
>最後のメロンくりーむパン

なんですって?メロン味は売ってなかったよ~(涙)。


北の国からさん
>「こころでっかち」の方はだんだん声が大きく、内容が激しくなります。

ああ。すごくいい表現ですね。こころでっかち。

>それが根拠の無い・間違った知識による行動かどうかを「おおやけ」が正しく「キリッ」と判断できるかどうかがこれからの課題ではないかなあ。
>一般の、素人に科学知識を理解させれば解決することではなく、本当に科学知識を理解しなくてはならないのは、世の中の仕組みを作る側だと思っています。

ううむ・・・。

あのね。朝日の「ひと」という欄に
チェルノブイリを描いたフランス人の漫画家さんが
紹介されているのです。

漫画そのものを見ていないので
この記事の「作文」による印象だけなんですが

(福島の事故を受けての彼の創作活動で)
「架空の物語はそぐわない。かつて知人と訪ねた悲劇の村をルポする形に変えた。まず、黒いクレヨンで原子炉や手足がない赤ちゃんを描いた。」

という文章があって・・・。

時が来ればデマについてはあらかた決着がつき
(あいつらを裁判にかける云々は・・・まだ形にはならないにしても)
ネコさんも記事にすることが無くなっちゃうんじゃないんだろうか。
みんなとも自然に疎遠になるかも。少し寂しいけど。
それはそれでいいことなんだろうと思っていたのですが・・・。

ここにきて一番性質が悪いのは
>「おおやけ」
だなあと思っています。

ネコさん・・・どうする。

>北海道に「福島うまいもの展」なんかがきたらみなさんにお聞きしますので、何がおすすめか教えてくださいね。

はい!銀行からお金をたくさんおろして待っていてください♪
足は洗っても洗わなくても大丈夫です。


IKAさん
>さすがNATROM先生。慇懃かつ徹底的。池乃めだかメソッド…ボコボコにされて「今日はこのくらいで勘弁したるわ」と言って立ち去る…は許しません。

気になって観に行っちゃいました(笑)。

>そーとーいい性格の人みたいですから

あはははははは!!!
すげー・・・!大人気ないって言うか・・・
自分も英語わかんないんじゃないの?

私は英語読めないし~馬鹿だから難しいことわかんないんだよう!
わかりやすく教えてよう~!
・・・と甘えてみる「いたいけぶりっこ作戦」はどう?

>思い込みの激しさと言い返さずにはいられない性格が災いして、なんか泥沼ですね。

この人タフだなあ・・・と感心しました。
お元気ですよね・・・私には無理。めんどくさい・・・。
別にあんなふうにねっちり言い返さなくても・・・。

「こころでっかち」

>なおみさん

「こころでっかち」は、ここのコメントで見て「うまい!ぴったり!」と感心した言葉です。どなたでしたっけ~。

あたまとこころのバランスが大切ですよね。(にっこり)←これはなおみさんですよね?

No title

>IKAさん

BLOGOS見てきました。
そして、腹抱えて笑いましたw
見事な自爆っぷりでしたねw
これはもう、ブーメランladrolteと命名させていただきます。
仁さんがladrolteは英語が出来るsaeba_ryo_ 氏に似ていると仰ってましたが、これで違うことが判明しました。
相手を威嚇するために英語を使ってた本人が実は英語が出来ないなんて、こんな笑える話あるでしょうかw


>神々の遊び、ってヤツですか。
>↓
http://togetter.com/li/451480

なんかスゴイですw

No title

たくやさま

この手の放射脳ママは、もし肥田舜太郎のような医師に自分の希望どおりの診断をしてもらったら、そのあとどうするのでしょうね。

よしさま

意外と小田急町田駅の前あたりで、すれ違っているかもしれませんね。あ○い書店閉店なんですか残念。町田はリブ○書店とあ○い書店があるから、新宿まで出なくても結構用が足りていたのですが。


北の国からさま

福島の甘いものだったら、「ままどおる」、「エキソンパイ」、「薄皮まんじゅう」、「かんのや家伝ゆべし」、という四天王(笑)がいるのですが、甘いものが苦手でしたら、甘さ控えめの「太陽堂むぎせんべい」なんかどうでしょうか。
http://tabelog.com/fukushima/A0701/A070101/7006526/


YTTさま

震災後、鼻血ではなく下痢で悩んでいた人物が身近にいました、それも毎日同じぐらいの時間帯に下痢になっていました。メンタルクリニックで抗不安剤を処方してもらったら、その日の内に直ってしまいました。あの震災によるストレスは、甘くはないなと思いました。


IKAさま

私も雄山が、ポイントだと思います。あとは雁屋哲氏のリテラシーしだいかな。


なおみさま

われわれは、広島・長崎のみなさんに食べて恩返しです。




千貫森の宇宙人さん

>われわれは、広島・長崎のみなさんに食べて恩返しです

はい!
早速今日は長崎さらうどんを食べました。カステラも頂きました。

福島のおいしいもの・・・。
めひかりチョコが好き。紅葉漬けも好き。粟饅頭も好き。
喜多方ラーメンも好き。馬刺しもこづゆも。くわのみスムージーとか。
もうもうのおやつも。

こちらで食べてみておいしかったものはたくさんあるのですが
物産展に出そうな「ならでは」は・・・あと何かなあ?

道の駅東和の中華が本格的でおいしいんですよ!って言っても
福島ならではじゃないからなあ・・・。

ああ・・・・・

「なおみ(さん)、味は6種類だけじゃなくってよ。」(byお蝶夫人)って突っ込みたかったのに・・・・タイミング外しちゃった・・・(でも、書いた)
東京駅では限定で「金のくりーむパン」品川駅では「檸檬ぱん」を売っています。
千貫森の宇宙人さんもよしさんも、もし両駅に降りることがございましたらぜひ。

福島の医師@・・・さん、ホントはアレ、葵高(IKAさん、元の会女)っぽいな、と思ったんですよ。(まだ言う^^;)
郡高女子の制服はどこへ行っても注目の的らしいです。公立だっていうと必ず「嘘~!」と言われるそうです。コシノヒロコも他にこんな色の制服をデザインしていないので、貴重っちゃ、貴重ですよね。

昨夜の青春リアルは福島での公開収録。こむこむのわいわいホールは七、八分の入り。参加者の年齢層は様々。子ども連れの若い家族も、五、六十代の男性も。
既成の曲に歌詞をつける形で、誰かに向けての歌を作りました。その曲は全部で106曲出来ました。

避難者の声というのはたびたび取材、発信されますが、福島に残った人達の気持ちが表現される事があまりない中、こういう番組があったというのは貴重じゃないかな、と思うんです。
どうしても、みんな涙無しではいられないんです。
どの年代の人も、福島県民傷ついています。

普段、明るく美味しい物の話なんかしていますが、まだまだ傷もストレスも癒えていなくて、時々ぱっくり傷が開いて血が噴き出すような感じでしょうか。
ネットでは議論が好きな人達ばかりが好き勝手に言い散らかして、そこには私達の存在などありません。


YTTさん、地震のストレスは(私は)今の方があります。揺れが来る度に心臓がドキドキするんです。これは震災以前にはありませんでした。子どもなら泣き叫んだりするのでしょうが、大人はできませんし。これが治ることがあるのかどうか、わかりません。

No title

>安積の白猫さん
>葵高っぽいな
あー確かに言われてみればそう見えますね。
会津のほうは守備範囲外だったかも(←何の?)

>郡高女子
確か、岡山の明誠学院高校が
同デザインの色違いだったかと思いますが、
郡高女子みたいな色遣いはよそでは見ませんね。

オシャレでかわいいのはいいんですが、
ああいうのはお葬式とかは大丈夫なのかなと
いらん心配をしているおっさんがここに一人w

>揺れが来る度に心臓がドキドキするんです。

プチPTSDとでもいいましょうか。
自分も似たようなのがありますし、
そういった方は結構いらっしゃるのではないかと。

時間とともに記憶の再構成がおこり、
体の慣れも生じるので徐々に薄れるとは思いますが、
気になるようでしたら軽い抗不安薬などを使ってもいいかもしれません。

安積の白猫 さん

>味は6種類だけじゃなくってよ

私・・・私ついていきます!!
(ひろみ・お蝶婦人のやりとりは、職場で先輩とよくやったんです。
すごく懐かしい・・・)

>ネットでは議論が好きな人達ばかりが好き勝手に言い散らかして、そこには私達の存在などありません。
>揺れが来る度に心臓がドキドキするんです

ほんとにそうですよね。

福島の医師@ぼちぼち帰宅 さん
>体の慣れも生じるので徐々に薄れるとは思いますが

私はゆれの感じで震源とか当てられるようになりました。
でもやっぱりどきどきします。怖いんだもん。

気をつけてお帰りくださいね。

一体どんななの???

制服が見たい見たいみたい~!
探せない・・・(ぐすん)。

福島の医師@一番のお気には旧福女さん
オススメしていいのかどうかわかりませんが
その制服を着たリカちゃん人形があるです。
写真屋さんに飾ってあるのみました。

ガンジーさんがやるなら
わたしもやっていいかしら・・・。
必殺技はないけれど。

法事の場合は

福島の医師@一番のお気には旧福女さん、並装のチェックのスカートにしているみたいですよ。上下ピンクよりは若干暗くなりますから。若干ですがね・・・。

それから、アドバイスありがとうございます。そんなに気にはしていないです。予兆無くいきなり来る揺れの時にドキンとするだけです。
予兆を感じると心構えができますからマシなんですけど。

なおみさん、音楽堂に合唱を聴きに行くといいですよ。そこで一番目立つ制服が郡高ですから。(笑)葵もブレザーが黄土色(他に表現がみつからない)だからすぐ判ります。

遅くなりました。

>なおみさん

>笹団子さんもまた福島に来てね。
家が落ち着いたらぜひとも行きたいですね。


>安積の白猫さん、信夫山ネコさん

お気遣いありがとうございます。

父の件まですい臓がんのことは全然知りませんでした。
医療技術が進んで発見しやすくなり父のように苦しむ人が減ることを祈ります。

時間はかかるでしょうが、ある程度復興が進んだら黒部にまた行ってみて下さい。
富山県は金沢に能登に加賀温泉郷と観光資源が多い石川県より地味ですが、それなりに見どころ、おいしいものがありますので。

中合福島店の宣伝です

中合福島店では2月28日(木)から 3月6日(水)まで大九州物産展が開催されます。
http://www.nakago.com/event/

長崎県からは・・・

角煮まんじゅうの岩崎本舗
http://0806.jp/exhibition.html

中国渡来の中が空洞の不思議なお菓子・一口香(いっこっこう)とびわゼリーの一まる香本家
http://www.mogi105.com/

他、カステラが出品されると思います。
松翁軒が出店するかわかりませんが、長崎のお雛祭りのお菓子・桃カステラが販売されるかもしれません。
http://www.shooken-shop.com/fs/shooken/season/ma_02

No title

ええと、話の流れ上、こっちの方へコメントします。

>たくやさん
かの「ブーメラン」な人、NATROM先生の攻撃力に耐えかねて「私が間違えていました」って認めましたね。
スゴいな~、NATROM先生は。知識も経験値も違いますね~。
まあ、ブーメランの人も「知らんぷり」や「逃亡」をせずに認めた、ってとこだけは評価してあげましょう。

>福島の医師さん
なんかアヤしさ全開ですが…(笑)。
私の頃は男はみーんな詰襟で、唯一ブレザーは聖光学院だけだったんですよね。福島駅前を体操着に学ランはおった中坊がウロウロしていた頃です(遠い目)。
あ、なんか男の制服の話になってしまった。

福女の制服って、なんか神々しくって素敵でした(これも遠い目)。

>安積の白猫さん
ああ~、会津葵って会女でしたね~。そうでしたそうでした。
男の方はほとんど校名変わんないから迷わないんですけど…。

ところで、私は地震で心臓ドキドキは無いんですが、去年にあった緊急地震速報の「ピロンピローン」って音楽と、それに続く津波警報の時には軽いフラッシュバックがありました。
普段は感じなくても、大抵の人は同じような思いがあると思います。


>なおみさん
制服が「見たい」んであって、「着たい」のではないですよね(←一応確認)。
旧福女の制服はいいですよ~。福島の医師さんがお気に入りだけの事はあります。
(なおみさんが着ると、きっと後光がさすと思います)

>笹団子さん
おお、中合情報ありがとうございます。
でも、なんで福島県民より情報速いんでしょう?

No title

>なおみさん

とりあえず、話題に出たものの参考画像はこちら
http://www.koriyama-h.fks.ed.jp/Gaiyou/Gaiyou.html
http://www.aoi-h.fks.ed.jp/s-info.html
http://www.w-uniform.net/blog/2012-2/6036.html
http://www.meiseigakuin.ac.jp/school_uniform.html

福女のリカちゃんは、たまにヤフオクとかに出ているのを見かけますが、
そこは超えてはいけない一線(←ヲイ)な気がするので、
見るだけにしてますが。


>IKAさん
アヤしくてすまんですw

確かに高校3年間男子校だった自分も、
福女生は神々しかったですね。

地味な感じではあるけどセーラー服とブレザーの中間みたいな
他とは一線を画すデザインだったし(遠い目)

それにしても、
安女は黎明になっても変わってないし、
聖母は中学の制服として残ってますけど、

福女はなぜにあんな跡形もなくなるようなことをしてしまったのか
残念でなりません。

いっそのこと福高の女子制服にしちゃえばよかったのに。

制服顔です(ゆるふわはNG)

安積の白猫さん
>音楽堂に合唱を聴きに行くといいですよ

ああ!そっか!一石二鳥ですね♪


笹団子さん
>富山県は金沢に能登に加賀温泉郷と観光資源が多い石川県より地味ですが、それなりに見どころ、おいしいものがありますので。

あちこち旅行したと(自分では)思っているのですが
日本海側は未知の世界なんです。
いつか行きたいです。

>角煮まんじゅうの岩崎本舗

あ!先日も出店していました!
おいしかったです!

>びわゼリーの一まる香本家

あ!これ好き!

>大九州物産展

ようし!行きますからね!


IKAさん
>ブーメランの人も「知らんぷり」や「逃亡」をせずに認めた

そうだね!えらかったね!!よし!

>制服が「見たい」んであって、「着たい」のではないですよね

うはははははは!いくらなんでもそれは・・・。
こっそり着られたとしても悲しみが増すだけだと思います。
なにかの嫌がらせとしてお役に立てるなら着ます。
あとは・・・原告団として記者会見に出て世間を注目させるとか
(七色アフロよりゃマシでしょ)。


福島の医師@アヤシイけど不審者ではありませんさん

おお!こんなに観やすくしてくださって!
感謝です。どれも可愛いですね。
制服をモデルチェンジしただけで偏差値が上がった
なんて話を聞きますが・・・さもありなんですね。

>福女生は神々しかったですね。

おじいちゃまの年代の方も
あまずっぺー感じでお話されるんですよね。
神々しいなんて・・・そんなJKが今いるかと考えると
福女おそるべしですね。

私はもと男子校が共学に変わった高校で
さらに完全私服だったので・・・

IKAさん・・・やっぱり冥土の土産に着てみたいです。
迷惑かけませんから。

No title

>IKAさん

仰るとおり、あちらは完全に詰みみたいですね。
IKAさんには、ずっと甘えてしまい、最後まで関わらせてしまいました (^^ゞ
本当にありがとうございました。

あとアドバイスをしてくれた&援護してくれた皆様、本当にありがとうございました (´▽`)

桃カステラ!

知っています!親戚がいて、送ってくれました。カステラの上に砂糖がけしてあるので、ゲキ甘なんですけど、美味しいんですよね。
他には枇杷とか葉っぱつきの蜜柑なんか送ってくれます。じいちゃんちに。(そしておこぼれを頂きます)
中合かぁ・・・うすいにも来るかな・・・この前九州物産展来たかも・・・。

たくやさん、何もできませんが、じっと最後まで見届けさせていただきました。
黙って消えてもいいのに、間違っていました、って返信した人を初めて見ました。
この方はその後どうなさるのでしょうか・・・正しい方へ向かって欲しいです。

うまいもん

みなさま。

いろいろな福島のうまいもん情報をありがとうございます。

>千貫森の宇宙人さま

なるほど。太陽堂の麦せんべいですね。メモメモっと。
これはコチラでは南部せんべいピーナツ味といっているものですね。もともとは岩手の南部の名産品だったのでしょうが、今では八戸で作っていても近所のおせんべい屋さんで焼いていても「南部せんべい」です。

福島のうまいもの展というよりは、東北のうまいもの展で開催されるような気もします。とにかく広告に気をつけます。





プチPTSD・・・。
確かにありますね。

遠く離れたところにいても

緊急地震速報の警戒音を聞くと鳥肌が立つんです。

地震の速報の文字がテレビ画面を流れると身体が固まるんです。

地震の恐怖と傷ましさが身体に刻み込まれてしまったのだと思います。とんでもない被害を身体で感じてしまったからこそ、微量の放射線をネタに自己満足の騒ぎを続ける人間が残念で残念で仕様がないのだと思います。

No title

>北の国からさん
余計な事だとは思いますが(私の読み違いだとしたら、すいません)
青森県八戸市は「南部地方」です。
あの辺で言う「南部地方」というのは「南部藩の領地」であったところを指すもので、それは岩手、青森、秋田にまたがります。
青森は大まかに青森市等がある「津軽」と八戸市がある「南部」に分けられる様ですね。
○戸、といった地名(八戸が代表的ですが)などは、岩手にもあるんですが、かつて同じ地域だった名残ではないかと思います。
(ちなみに、岩手で言う南部は、県で言えば北の方に位置しているんで、ややこしい事この上ないです)

B級グルメでブレイクした「八戸せんべい汁」なんかは、古くからある郷土食ですし。
ですので、近所のお煎餅やさんはともかく、八戸で作る「南部せんべい」は立派に「南部せんべい」なんだと思います。
(なんて、ちょっと知ったかさせてもらいました…失礼しました)

ええと、北の国からさんは甘いのがちょっと…ってタイプみたいですが、ひょっとしていけるクチなんですか?
だとしたら、福島は地酒が多くあるからそっちで楽しむのも良いかと思います。
また、肴でも福島のイカニンジン、会津のニシンの山椒漬け、いわきでは練り物や海産物等がありますよ~。

>なおみさん
そうですね~、私は大丈夫ですよ。
頭の中は中学生並みですから。
なんなら私は学ランで…って、完全に学生コントですがな(笑)。

>たくやさん
いえいえ、お礼を言われる程の事でも…。
と言いますか、結構楽しんで読ませていただきました。

南部

>IKAさん

なんたることか!
南部は岩手県の南部にあると思い込んでいました。

何でちゃんと調べなかったかなー!

ぐはあっ!!状態ですけど、教えてくださってありがとうございます。


実は、私、甘いものが苦手ですが、辛いものは…やっぱり苦手で。辛いカレーもお酒もダメです。粕漬けをつけている最中に天井が回ってきます。(笑)何が楽しくて生きているの?と聞かれたことも。(爆)

No title

>安積の白猫さん

見届けてくれてるだけで感謝です。
ネコさんのサイトの常連さんが見てくれてるだけで、本当に心強いんです。


>この方はその後どうなさるのでしょうか・・・正しい方へ向かって欲しいです。

正直・・・難しいかなと思いますね。
間違いを認めたと言っても最後の一番恥ずかしい間違いの所だけですし、あいつはそれまで数多くのデタラメと罵詈雑言を言ってきましたが、それには全く触れてません。
この先も変わらず、やつはやつの道を行くでしょうね。


>IKAさん

了解ですw

コンビ名は何にする?

>完全に学生コントですがな(笑)。

IKAさんの知性あふれるお話の
どこにボケたらいいんだかさえわからない私で・・・
こんな私が相方でいいんでしょうか。


たくやさん・安積の白猫さん
>この方はその後どうなさるのでしょうか・・・

私、軽いノリで
>そうだね!えらかったね!!よし!
なんて言っちゃいましたが
(ご本人がもしこちらを読んでいたら悪かったなあ・・・と反省してたの)

でも、それでも
これまでの逃げちゃうような人たちよりは
勇気の要ったことだったと
本心で「偉かったね」と思いました。
決してバカにしてないですよ。

>この先も変わらず、やつはやつの道を行くでしょうね。

人はそんなに大きくは変わらないからね・・・。

No title

>なおみさん
コンビ名ですか。
そうですねぇ…学生服コントは昔「ゆーとぴあ」がよくやってましたから「でぃすとぴあ」とか?
いや、昔のセーシュンドラマにあやかって「吉川くんと小林くん」とか。
う~ん、なおみさんを前面に出したら「セーラー服ときかん坊」(←よくあるケド)

まあ、私のツッコミは「知性」と言うより「痴性」なんで、グダグダのWボケになりそうな気もしますが。

あと、相手がどんな事を言っているにしても、認めてあげられるところは認めてあげる、って、悪いことではないですよ。
私もそうありたいな、っていつも思っています。

ビックコミックスピリッツの

ビックコミックスピリッツの美味しんぼが酷い内容です。

再び福島に対する風評被害を煽る内容です。

ブログ主様、要チェックです。
福島県の皆様、抗議モノの内容です。

「美味しんぼ」は教材に使用予定

パルマーさん、「美味しんぼ」の「ICRP の○倍だよ!」の勘違いは来年度の大学の授業の資料に使う予定です。
でも早めに非科学的な点を突っ込む方が良いとは思うので、ブログ記事にすることも考えています。

No title

>バルマーさん
いやしんぼ、じゃなかった「おい辛抱」、実は読んでいません。あの新聞社ってアサヒっぽいし、「ぐうたら記者」ってのも団塊世代っぽいオワコン、と考えると結論も・・・

>bloomさん
だから期待しちゃっていいですか?

ICRP 基準の記事

丹羽先生や小林先生などの人脈にアドバイスを戴いて記事を書いてみようと考えていますが、双子の進学や自分の新年度の準備があるので、時期は未定です。

でも今年の10月から始める生物学入門の授業に必要な資料だと思っているので、いずれ書きますね。

それと、よく見たらパルマーさんではなくバルマーさんでした。老眼が進んでいますね・・

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

どうも

はじめましてです。

「ぬまゆ」氏については、近所の方でアッタマ来てる人たちが「観察」ブログ続けてますね。

教えていただいた 私が『ぬまゆのブログ』を信じない理由
http://s.ameblo.jp/naitomea93gc/entry-11404680800.html
の元になっている、

「ニジママ」さんの
http://blogs.yahoo.co.jp/nijimikan7th
「さくらい」さん
http://blogs.yahoo.co.jp/sakurai100nin
「やや近所」さん
http://blogs.yahoo.co.jp/yayakinjyo

みんなすごい、もう「ぬまゆ包囲網」ですね~。しかしこんな「ぬまゆ」氏を「反原発英雄」にしようとした「無料(フリー)ジャーナリスト」の岩上ってやつは、ホントに馬鹿です。あの類って、結局マスゴミの入社試験で落ちたのが、諦めきれなくてネット使って「ごっこ」やってるだけかな~、なんて思ってます。アタマが足りないとしか思えないんですよ、「ぬまゆ」氏のこんな馬鹿馬鹿しい言動を本気にしたなんて。
プロフィール

shinobuyamaneko

Author:shinobuyamaneko
 福島県福島市の信夫山に住むネコです。
 原発事故以後ネット上には「もう福島市は放射能高くてダメ!逃げてください!」「福島はチェルノブイリ以上!」「子供を見殺しにしないで!」等の「反原発の叫び」が溢れてます。ネコはどこにも逃げられないから、もうノイローゼ気味。こういう「叫び」「脅し」の効果もあって福島に来る人は激減。街は沈み、市民は「すぐに逃げてください!」に怯えながら、静かに暮らしています。(←最近は嘘・デマがバレてきて、みんな元気になってきた感じだにゃ。)
 しかしね~、この種の「叫び」の根底に、「反原発」の「福島壊滅ならば原発全廃にできる!大大大チャンスだ!」っていう心理はないですか?原発全廃の為にはまず「福島壊滅」が必要とばかりに、科学的、医学的、論理的に怪しい説、大げさな数字等が「連呼」「拡散」されていないですか?それが「正義」になっていませんか?
 信夫山ネコは「故郷福島壊滅」を「原発全廃」の手段にされてはたまらんです。もし根拠がない数字や説の拡散によって、旅館の経営者が自殺するとかの悲惨な「風評被害」が出たら、大人しい福島人も終には訴えたりするのかにゃ~?!今はとにかくデマ、風評、誇張、脅し等を除染しながら記録するにゃ。(「リンクフリー」です 対「反原発」、対「放射脳」等での引用ご自由に)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR