自己紹介にゃ:「反原発派」に潜む願望は「福島壊滅」か?

福島県福島市の信夫山に住むネコです。

3月11日の大震災~原発事故以来、「福島市は放射能に汚染されてもう危険です!早く逃げてください!」と言われる事おびただしいにゃ。特に「反原発」「反核」の人たちや、「みどりの何とか」みたいな「環境派」の人たちからにゃ。「もう福島はチェルノブイリの数倍の放射能汚染!」「数年後には子供がガンになります!」・・・こんなのがネットにあふれている。いやはや。この人たちは「今が原発全廃のチャンス」と思って盛り上がっているのかにゃ。根拠の怪しい「早く逃げてください!」は、無責任にゃ。「反原発」の人たちが、「福島が壊滅すれば、原発が全廃できる!」と思って嬉しくなって、科学的根拠が薄い大げさな数字をあげたりしてないことを祈るにゃ。

友だちはネットで「早く逃げてください!」「子供を殺す気ですか!」「チェルノブイリ以上です!」なんてのばかり見て、ヒッキー、うつ病気味になったにゃ。また勿論このせいで今や福島に来る人は激減、客商売は壊滅的。もしこれで例えば、旅館経営者か誰かが自殺なんてしたら・・・。でも「早く逃げてください!」をネットなんかで連呼した人たちは、誰も責任とってくれないにゃ。かわいそうな「福島」。これじゃ「発ガン」するよりずっと前に終わりだにゃ。

ネコには逃げる場所なんてない。「福島市はもう住めなくなったけど、原発は全廃できました」は、「反原発」の人たちにとっては「いい結果」「願望成就」なのかもしれないけど、ネコは困るにゃ。

どうせここに住み続けるしかないから、不安の原因=デマ、誇張、誤報なんかを自分で「除染」するにゃ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shinobuyamaneko

Author:shinobuyamaneko
 福島県福島市の信夫山に住むネコです。
 原発事故以後ネット上には「もう福島市は放射能高くてダメ!逃げてください!」「福島はチェルノブイリ以上!」「子供を見殺しにしないで!」等の「反原発の叫び」が溢れてます。ネコはどこにも逃げられないから、もうノイローゼ気味。こういう「叫び」「脅し」の効果もあって福島に来る人は激減。街は沈み、市民は「すぐに逃げてください!」に怯えながら、静かに暮らしています。(←最近は嘘・デマがバレてきて、みんな元気になってきた感じだにゃ。)
 しかしね~、この種の「叫び」の根底に、「反原発」の「福島壊滅ならば原発全廃にできる!大大大チャンスだ!」っていう心理はないですか?原発全廃の為にはまず「福島壊滅」が必要とばかりに、科学的、医学的、論理的に怪しい説、大げさな数字等が「連呼」「拡散」されていないですか?それが「正義」になっていませんか?
 信夫山ネコは「故郷福島壊滅」を「原発全廃」の手段にされてはたまらんです。もし根拠がない数字や説の拡散によって、旅館の経営者が自殺するとかの悲惨な「風評被害」が出たら、大人しい福島人も終には訴えたりするのかにゃ~?!今はとにかくデマ、風評、誇張、脅し等を除染しながら記録するにゃ。(「リンクフリー」です 対「反原発」、対「放射脳」等での引用ご自由に)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR