fc2ブログ

熊本で畳デマが消火される 相変わらずの「意識高い文化人」 「オッサンの涙」 「ほいど保養で被ばく増大?」ほか

5月もおわりだにゃ。いや~、相変わらずフクシマデマは無くならないね。どこかで聞いたことがある「リサイクル」ばかりだけど。

熊本で「フクシマデマ」消火
連休中に、熊本で典型的な「福島忌避デマ」が発信されたが、すぐに消し止められた。これは記録しなくちゃ。
デマツイートはここに。

福島から送られた畳を熊本の避難所の人が使いたがらないという話はデマ
http://www.magadha.net/horyu/archive/eid267.html
発信者は埼玉からの「自主避難者」だったらしい。見事な「消火」の記録はコチラ

@cosmo04_2tagの備忘録 福島県から熊本県への畳
http://togetter.com/li/975147
@cosmo04_2tagさんが、地元嘉島町の@sukenomiraiさんにツイッターで尋ねたことで、本当は畳は使われていたことが判明、デマは完全に息の根を止められた。本当にありがとうございます。

この「畳デマ」は、典型的な「福島産品忌避」で11年後半にはよくあった。。「福島産花火の打ち上げ中止 「放射能の恐れ」愛知・日進 」、「大阪で「放射能の橋はあかん!」とクレームで工事中断 福島県の業者が作った橋だから」なんてやつの同類。こんなのも。

【福島応援ショップ出店反対の理由】関東から九州まで逃げてきたのに、追いかけられるような気がする
http://matome.naver.jp/odai/2131569962308070401
これは今回の「畳デマ」にかなり似ている。つまり福島ではない所からの自主避難者が福島を貶める、という点だけど、これまた随分繰り返された。「産品忌避」ではないが、ちょうど熊本ということでは、「ふくしま子ども大使」事件が似ていた。

朝日新聞&イエロー太の「ヤラセ記事」? 「福島風評加害」に「ふくしま子ども大使」は負けない! 6/26重要追記あり
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-145.html
この時は熊本の福地さんの発信が、ありがたかったです。

この他宮城、岩手、青森まで巻き込まれて、「宮城、岩手のがれき忌避」、「沖縄で青森の雪忌避」なんてのもあった。
しかし今回の「畳デマ」はこれまでになく消火が早かったし、デマッターはアカウントを消し、事件の詳細の「まとめ」に鍵をかけて逃亡した。哀れなことに、マスゴミの「可能性は否定できない」とか「言論の自由」とかっていう「援護射撃」は皆無だった。もう売れないのだろう。

この他、熊本と言えばやっぱりアイツが出たか、等を「まとめ」てくれたものです。
なぜ時代が変わってもこのような差別が繰り返されるのか?
http://togetter.com/li/973982
「畳デマ」ばかりでなく、「水デマ」もあったらしい。でもデマの寿命が短い。熊本の人たちがしっかりしているのが、伝わってきたです。クマモンがんばって。

なお、台湾ではデマは「瞬殺」されたらしい。

台湾人により瞬殺された被曝デマ
http://togetter.com/li/974539
今頃「ぬまゆ」みたいなことをやろうとした?

北米大陸から朝日新聞田井中記者による、「デマセレブ」のデマ発信続々
もう日本ではデマは寿命が短いことを悟ったからか、朝日の「新放射脳エース」田井中記者が、北米大陸から、という「付加価値」を付けて、「デマセレブ」によるデマ発信を拡散し続けている。これはカナダ発。

「広島と福島、つなぐ思い」吉永小百合×坂本龍一:後編
http://www.asahi.com/articles/ASJ5D25R9J5DPTIL002.html
つながなくてイ~カラ。余計なお世話、つーかこういうのを「おためごかし」と言うのだにゃ。
はいはい、あんたらは「核という悪に反対して平和を願う正義の意識の高い文化人」だ、偉いにゃ。だがこんなパフォーマンスによって、福島は核兵器が使われた土地と同じように、ひどいことになっている、というデマが外国に流れる。
(最近朝日は「フクシマ」使わないのかにゃ、気のせいか。)

坂本龍一のデマ発信は何と言ってもコレ。「フクシマデマ」の元祖の一つで、坂本は未だに開き直ったままだ。
連休中「静岡に避難した福島の小学生が死亡」というデマ
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-2.html

吉永小百合については、
「風化させてはいけない」「福島の人には、もっと“怒り”を発信してほしい」・・・あっそう、じゃ、仰せのとおりに(吉永小百合への「違和感」)
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-191.html

坂本は、がんで放射線治療は受けなかったのだろうか?

そして・・・「オッサンが泣く」というデマ拡大の「必殺技」が、久々に登場。

小泉純一郎、トモダチ作戦の健康被害に涙「見過ごせない」
http://www.huffingtonpost.jp/2016/05/18/tomodachi-usnavy_n_10034834.html
コイズミが元米兵に会った、は各社報道したが、泣いたと報道したのは、朝日田井中記者だけだ。

「病に苦しむ人たちに支援を」 小泉氏、会見の主な発言
http://www.asahi.com/articles/ASJ5L5FQFJ5LPTIL02F.html
素人の私でも、病に苦しんでいる10人の話をきいて、病気になっている原因は放射能だという感じがする。

そういう感じがする「玄人」はいないようですが・・・言ってることがメチャクチャ。ひょっとしたら、○ケの始まりではなかろうか?

ちなみに「フクシマ」で泣いたオッサン第一号は、菅直人の「内閣参与」小佐古敏荘氏。

「山下氏解任署名」の結果は本当は4000-5000の間か?そして古い話ですが、小佐古敏荘氏の「涙の辞任」の(裏の)「心理」。
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-42.html
ウォールストリートジャーナルでは話好き?不思議な「小佐古氏」のその後(前エントリーから独立しました)
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-101.html
「話好き」の小佐古氏、何の根拠も、時間の区切りも示さず「がんを含む甲状腺疾患が300~500人増える」とか発言していた。

涙のオッサン第二号は児玉龍彦氏だったけど、これは11年7月27日の国会でのこと。キモチワルイ上に、中身が怪しかった。児玉氏はその後南相馬あたりに入り込んで、盛んに除染を主導したらしいが、この国会での主張からどうつながるのか、?だらけだった。「涙」で主張した「チェルノブイリ膀胱炎」が全く怪しいことは、
「今、福島市内で」② のはずが、「反原発 傾向と対策」になったにゃ。
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-category-9.html

というわけで、オッサンの涙でマトモなことが言われた試しがない。「正義の涙」は「デマ印」の主力製品だ。

(追記 5/30)
そうそう、朝日の「オッサンの涙」記事について、斗ヶ沢さんがとてもいいこと呟いていたのです。
https://twitter.com/hidetoga/status/733140470184828928

斗ヶ沢秀俊 @hidetoga 2016年5月18日
朝日新聞ニュースサイト記事→トモダチ作戦、称賛の陰で 元空母乗組員ら健康被害訴え http://www.asahi.com/articles/ASH9W4TZ7H9WPTIL008.html … (たくさんの乗組員の中には、帰国後、病気になったり、体調を崩す人がいるというだけの話。田井中記者は、どうしても放射線被ばくと結びつけたいようです)

斗ヶ沢秀俊 ‏@hidetoga
朝日新聞「プロメテウスの罠」で、「子どもが鼻血を出すようになった」と話す東京都町田市の女性を取り上げたことがありました。被害者(自称)探しの伝統は変わっていないですね。RT @yoskoike また被害者(自称)探ししてんじゃないっての!


まいど~。
朝日新聞「プロメテウスの罠 第9回 我が子の鼻血 なぜ」の「主婦 有馬理恵」は「俳優座の社会派女優&市民活動家」だ 証拠はここにある 「従軍慰安婦」「吉田調書」と同じく検証が必要だ(リンク先読んでください)

「無人機?」によるデマを湯川れい子が拡散
https://twitter.com/savethechild311/status/732129524771475456
「bot」の発信という説もあった。このBBAの拡散は、

遂に朝日が福島で部数大幅減 読売に抜かれて4位転落
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-date-201510.html
湯川れい子「福島と関わっていると心配な数字が」⇒都合悪いデータ提示されブロックして逃亡
この繰り返しだ。何とまあ、ここに坂本龍一も出ていた。治らない。

「ほいど保養」で被ばく増大?
無料ジャーナリストだけでなく、「保養」も「ほいど」化が進んでいる。
「福島の子にキャンプを」 県内の団体、寄付金を募る 滋賀 中日新聞
http://www.chunichi.co.jp/article/shiga/20160517/CK2016051702000006.html
東京電力福島第一原発事故による放射能の影響を心配する福島県の子どもたちに、自然にふれあい遊ぶ保養キャンプを開こうと、県内のボランティア団体「びわこ☆1・2・3キャンプ実行委員会」が寄付金を募っている。事故から五年が過ぎ、補助金や寄付金も減少傾向。実行委の担当者は「一回でも多く続けたい」と協力を求めている。
今夏は、初めの十日間を岐阜県恵那市の施設で過ごし・・・


前回コメ欄で、笹団子さんが指摘していたが、岐阜県恵那市は、花崗岩によって自然放射線量が高いことで知られる。
福島高校の研究でも比較に使われているが、被ばく量は福島市と変わらないし、コンクリートの室内では福島市より高い。
https://www.jrias.or.jp/books/pdf/201512_RIJYUKU_HARA.pdf

「保養」なんて、結局主催者の事業継続だけが目的なのだろう。

いいニュース
最後に朗報ですにゃ。
平均値は毎時0.25マイクロシーベルト 福島市・線量マップ発表 2016年05月09日 福島民友 
http://www.minyu-net.com/news/news/FM20160509-072079.php
福島市は2~3月に測定した環境放射線量をまとめ、「全市放射線量測定マップ」として発表した。全地区平均値が毎時0.25マイクロシーベルトで、2011(平成23)年6月測定値と比較すると81.2%低減した。

がん死亡率「震災後増えず」 震災・原発事故後の健康影響調査 2016年05月08日 福島民友
http://www.minyu-net.com/news/news/FM20160508-071845.php
震災と原発事故後の南相馬、相馬両市民への健康影響について、相馬中央病院などの研究チームが震災後5年間のがんによる死亡率を調査し、震災前と比べて増加傾向はみられなかったとする結果をまとめた。

何よりドブの中等を測って「福島には人間が住めないっ!」とか言う輩が、いなくなったことは朗報だ。連中も「81.2%低減した」のかもしれない。
スポンサーサイト



プロフィール

shinobuyamaneko

Author:shinobuyamaneko
 福島県福島市の信夫山に住むネコです。
 2011年3月の原発事故以後、ネット上には「もう福島市は放射能高くてダメ!逃げてください!」「福島はチェルノブイリ以上!」「子供を見殺しにしないで!」等の「反原発の叫び」が溢れました。こういう「叫び」「脅し」の効果もあって福島に来る人は激減。街は沈み、市民もネコも「すぐに逃げてください!」に怯えながら、静かに暮らしていました。(←しばらくすると連中の嘘・デマがバレてきて、みんな元気になってきましたが。)
 この種の「叫び」の根底に、「反原発」の「福島壊滅ならば原発全廃にできる!大大大チャンスだ!」っていう「喜びの」心理はないですか?原発全廃の為にはまず「福島壊滅」が必要とばかりに、科学的、医学的、論理的に怪しい説、大げさな数字等が「連呼」「拡散」されていないですか?それが「正義」になっていませんか?
 信夫山ネコは「故郷福島壊滅」を「原発全廃」の手段に利用することに断固反対です。もし根拠がない数字や説の拡散による自殺とかの悲惨な「風評被害」が出たら、大人しい福島人も終には訴えたりするのかにゃ。そんな日の為にも、今はとにかくデマ、風評、誇張、脅し等を除染しながら記録するにゃ。(「リンクフリー」です 対「反原発」、対「放射脳」等での引用ご自由に)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
タグ

朝日 山下俊一 菅谷昭 子ども福島 中核派 プロメテウスの罠 有馬理恵 中手聖一 内部被曝 鼻血 アクロ 自由報道協会 週刊現代 阿部宣幸 丸森あや 真宗大谷派 和田酷子 岩田渉 雁屋哲 フレコン三浦 日野 津田敏秀 下地真樹 子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク 毎日新聞 朝日新聞 たんぽぽ舎 グリーンピース フクロウの会 小出裕章 田中龍作 武田邦彦 自主避難 女性自身 歴史改ざん みどりの未来 ZDF 坂本龍一 福島大学 佐々木るり IWJ 市民放射能測定所 市民科学者国際会議 上杉隆 NHK 武藤類子 佐藤幸子 明石昇二郎 双葉病院 山本太郎 東京新聞 広瀬隆 

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR