福島暑いです とにかく

いやはや、キビシイ夏です。暑苦しい話はやめ。涼やかな朗報を記録して、何とかしたい。

まずは先月のコレ。
もう中身は福島人ならみんな知っているけど、改めて。

TOKIO、CM無償出演で発信する福島への恩返し 2015年7月31日6時0分 スポーツ報知
http://www.hochi.co.jp/entertainment/20150730-OHT1T50200.html
人気グループ・TOKIOがCMキャラクターを務める「新生!ふくしまの恵み発信事業」の新CM発表会が30日、都内で行われ、リーダーの城島茂(44)と松岡昌宏(38)が出席した。
 福島県産農林水産物の風評払拭のために2012年度から始まった事業で、TOKIOのメンバーや福島の生産者が出演するCM「ふくしまプライド」がこの日からオンエア。新鮮な農産物の魅力と生産者の誇りを伝える内容だ。
 「南郷トマト」編で昨年度に日本農業賞大賞を受賞した南郷トマトをほおばった松岡は「本当にみずみずしくて子供のころに食べたトマトの味がする。トマトのおいしさって甘やかさないことなんですよね」とアピール。「あかつき」編で取り上げられた桃は福島を代表する品種で、城島は「香りがすごくて、そのままかぶりつきたくなった。香りでやられました」と思い出してうっとり。
 東日本大震災前からテレビ番組を通じて福島県とのつながりが強く“福島愛”にあふれるTOKIO。城島は「僕らが責任を持って福島の皆さんを代表して、生産物の良さと込められた愛情を伝えていければ」。松岡も「これからも、ともに頑張っていきたいと思います」と力を込めた。
 今年度から福島県クリエイティブディレクターを務め、全CMの演出を担当する箭内道彦氏(51)は「TOKIOの皆さんの出演料の欄は0円なんです。福島への恩返しだと言ってずっと気持ちで応援してくださっています」と4年目を迎えるTOKIOが無償で協力していることを明かし、自らも0円で担当したという。


「TOKIO」、福島県のCM出演はタダだった 「さすが」「カッコ良すぎる!」と称賛の声 JCASTnews 2015/7/31 18:59
http://www.j-cast.com/2015/07/31241701.html

TOKIO、11年から福島県CMノーギャラだった 日刊スポーツ[2015年7月31日7時5分 紙面から]
http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1515486.html

昨日は遂に(?)朝日新聞までが報じたようで、こりゃ朗報です。

TOKIOの「福島愛」と男気(ジャニ担!:19)放送作家・山田美保子 2015年8月5日11時00分
http://www.asahi.com/articles/ASH833RK7H83UCVL00D.html

TOKIOにはいつか恩返ししなくてはならないです、本当にありがとうございます。


こちらは「お酒」の話題。
日本酒:福島の酒が最高賞を受賞…海外最大規模の品評会 毎日新聞 2015年07月17日 
http://mainichi.jp/select/news/20150718k0000m040012000c.html
【ロンドン坂井隆之】世界最大の国際ワイン品評会であるインターナショナル・ワイン・チャレンジ(IWC)の日本酒部門の選考会が16日、ロンドンで開かれ、福島県喜多方市のほまれ酒造(唐橋裕幸社長)が出品した「会津ほまれ 播州産山田錦仕込 純米大吟醸酒」が、応募876銘柄の頂点である「チャンピオン酒」に選ばれた。2007年に創設されたIWC日本酒部門で、福島県産の銘柄が最高賞を獲得したのは初めて。関係者からは、「福島第1原発事故後の風評被害の払拭(ふっしょく)につながる」と喜びの声が上がった。

【Sakeから観光立国】会津ほまれの受賞は「未来への希望」 (1/2ページ) 2015.7.24 05:00 産経ビジネス
http://www.sankeibiz.jp/business/news/150724/bsc1507240500004-n1.htm

唐橋ユミ 福島風評被害乗り越え実家の日本酒が世界一を獲得 2015.08.05 07:00 週刊ポストセブン
http://www.news-postseven.com/archives/20150805_339851.html 

何かこっちと混同しがちだったのだけど、これはまた別の話でした。
本県24銘柄「金」3年連続日本一 全国新酒鑑評会
http://www.minpo.jp/news/detail/2015052122911


本日のコレ
県内児童生徒数 全学年3年連続増 県外からの帰還定着 福島民報 8/7
http://www.minpo.jp/news/detail/2015080724533
 県は6日、平成27年度の学校基本調査速報を発表した。県内の小学2年から中学3年生までの各学年とも3年連続で、児童生徒数が1年前の学年時を上回った。東日本大震災と東京電力福島第一原発事故に伴い、県外に避難していた子どもたちの帰還の流れが定着したためとみられる。県教委は「県内で生活する上での安心感が、さらに広まっている結果ではないか」と分析している。

ま、帰ってくる人は帰ってくるし、そのままの人はそのまま。今の実感だと、線量より気温が~。


「不発弾」が増えている?
例えば、前々回コメ欄に、さばとらさん、IKAさん、F1ABSさんが書いてくれた、毎日(共同通信)の
疫学調査:低線量でも白血病リスク 国際がん研究機関  毎日新聞 2015年07月02日 
http://mainichi.jp/select/news/20150702k0000e040209000c.html  これ、もう記事は消えてますが、「まとめ」

毎日新聞「疫学調査:低線量でも白血病リスク 国際がん研究機関」について
http://togetter.com/li/843477
buveryさんがつぶやいていますが、F1ABSさんご指摘の通りです。なお、この記事は東京・中日新聞では、「ワシントン共同」発になっていましたが(http://blogs.yahoo.co.jp/overthewind999/65045359.html参照)、何で「国際がん研究機関(本部フランス・リヨン)などのチームが1日までに英医学誌ランセット・ヘマトロジーに発表」なのに、「ワシントン共同」なのかね~?(これもコメ欄に書きましたが)

朝日新聞「プロメテウスの罠 チョウを追う」も、不発だったようです。
朝日新聞連載「プロメテウスの罠・チョウを追う」をめぐる反応を追う
http://togetter.com/li/848173
連載17回を10回までしか追わなくて、全て見えてしまったところに「不発」ぶりが見えます。連載が終わった7/26 12時59分のツイッター民反応を。
http://megalodon.jp/2015-0726-1259-14/whotalking.com/%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%A1%E3%83%86%E3%82%A6%E3%82%B9%E3%81%AE%E7%BD%A0

結局一番受けたのが、この連載中から始まった、明烏さんの「ヒロメテウソの罠」だったのでは。
http://twitter.com/akegarasu11/status/620183895368019970


オマケ 「果物王国」福島は「パッションフルーツ生産全国4位」
いよいよ桃たけなわの季節ですが、福島県では熱帯の果物まで作っています。

果物ナビ パッションフルーツ
http://www.kudamononavi.com/graph/category/ca=30#nenji
生産量は一位鹿児島 二位沖縄 三位東京 四位福島(ま、少ないですが)です。どうなってんの?

やっぱり暑いのだにゃ。
スポンサーサイト
プロフィール

shinobuyamaneko

Author:shinobuyamaneko
 福島県福島市の信夫山に住むネコです。
 原発事故以後ネット上には「もう福島市は放射能高くてダメ!逃げてください!」「福島はチェルノブイリ以上!」「子供を見殺しにしないで!」等の「反原発の叫び」が溢れてます。ネコはどこにも逃げられないから、もうノイローゼ気味。こういう「叫び」「脅し」の効果もあって福島に来る人は激減。街は沈み、市民は「すぐに逃げてください!」に怯えながら、静かに暮らしています。(←最近は嘘・デマがバレてきて、みんな元気になってきた感じだにゃ。)
 しかしね~、この種の「叫び」の根底に、「反原発」の「福島壊滅ならば原発全廃にできる!大大大チャンスだ!」っていう心理はないですか?原発全廃の為にはまず「福島壊滅」が必要とばかりに、科学的、医学的、論理的に怪しい説、大げさな数字等が「連呼」「拡散」されていないですか?それが「正義」になっていませんか?
 信夫山ネコは「故郷福島壊滅」を「原発全廃」の手段にされてはたまらんです。もし根拠がない数字や説の拡散によって、旅館の経営者が自殺するとかの悲惨な「風評被害」が出たら、大人しい福島人も終には訴えたりするのかにゃ~?!今はとにかくデマ、風評、誇張、脅し等を除染しながら記録するにゃ。(「リンクフリー」です 対「反原発」、対「放射脳」等での引用ご自由に)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR