雁屋哲=ストーカー?&福島医大がNHKスペシャル「38万人の甲状腺検査~被ばくの不安とどう向き合うのか」に抗議 !

まんず「呪いテンプレート」やっどぐが。
朝日新聞「プロメテウスの罠 第9回 我が子の鼻血 なぜ」の「主婦 有馬理恵」は「俳優座の社会派女優&市民活動家」である これは「芝居」だ こんな臭い芝居に「日本新聞協会賞」を与えていいのか?これこそ「民主主義」とやらの危機ではないのか?

雁屋哲が「福島を愛している」だそうだ。

菊池誠
‏@kikumaco 雁屋哲が「福島を愛している」などと寝ぼけたことを言ってるみたいだけど、彼がやったのは福島の人たちへの差別でしょう。愛ではなく 4:46 - 2014年12月27日

石井孝明
‏@ishiitakaaki ↓なんで、美味しんぼの雁屋に共同は発言の機会を与えるのだ。批判的視点もなく。「誤解を受けるから修正した」と詭弁を許して。記者なら「うそつくんじゃない」と質問で突っ込め 4:12 - 2014年12月27日

http://www.47news.jp/CN/201412/CN2014122501001237.html
この「修正」、何でマスゴミは「言論弾圧のせいだっ!」とか騒がないのかね~。

(追記だよ~)
http://twitter.com/rokugatsuyu/status/549526641047638016
roku1.jpg
さすが鋭い!雁屋は12年6月の新聞折り込み怪文書「福島が好き」と全く同じだ!この連中の同類だ。
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-95.html 参照
http://web2.nazca.co.jp/hukusima1/hukusima3.pdf 「福島が好き、あなたが好きだから知ってほしい、だから伝えたいこと」 オエッ

失せろにゃ。
IMG_12772.jpg


前回エントリーで予感したように、26日放送のNHKスペシャル「38万人の甲状腺検査~被ばくの不安とどう向き合うのか」は呪い番組だった。これについて福島医大が抗議したので、とにかく「拡散」をはかっておくのだにゃ。 

http://fukushima-mimamori.jp/news/2014/12/000152.html
NHKスペシャル「38万人の甲状腺検査~被ばくの不安とどう向き合うのか」について 2014年12月27日

2014年12月26日に放送されましたNHKスペシャル「38万人の甲状腺検査~被ばくの不安とどう向き合うのか」において、福島県立医科大学の甲状腺検査体制、取組みについて報道がありました。報道内容に県民の皆様の誤解を招きかねない点がございましたので、以下にご説明いたします。

甲状腺検査一次検査において、保護者の方が検査に立ち会うことが出来ない、との点について
 現在、甲状腺検査は小・中・高等学校に通われている皆様につきましては、学校を会場に実施しております。また、未就学児の方、高校を卒業された方については公共施設等の会場や本学と協定を結んだ医療機関にお越しいただいて実施しております。
 このうち、公共施設等や本学と協定を結んだ医療機関で行う検査では、未就学児の方が多いこともあり、保護者の方も一緒に検査ブースに入って検査を受けていただいております。学校で実施する検査については、担任の先生や養護教員の方が学年単位、クラス単位で引率、受診いただくことが多く、原則として保護者の方の立ち合いはございません。

結果通知の書式について
 番組の中でも触れられましたが、結果通知の書式については県民の皆さまのご意見、ご要望を伺い、これまで大きく3度変更しております。現在の書式では、のう胞や結節が一つか複数かと、それぞれの大まかなサイズをお知らせしています。また結果通知と併せて、のう胞や結節の特性やこれまでの検査結果等を判定別に解説したパンフレットを同封しております(A判定用、B及びC判定用)
なお超音波検査画像の取得については、手続きを簡素化しております。(超音波画像等の取得について) 

福島県外での受診について
 番組で、福島県外にお住まいの浪江町の方に福島県外の医療機関で検査が受けられることをご案内している場面がありますが、甲状腺検査対象者の方はどなたでも福島県外の医療機関(2014年12月26日現在92機関)で検査を受診いただけます。県外検査説明ページ

検査時間が3分ということについて
 検査時間を3分間にするという表現がありましたが、これは、「1回目の検査を2年半で終わらせるために割り出した時間」ではありません。あくまで検査に最低限必要な時間を検討した上で目安として挙げられたものです。検査時間に制限はありません。
 実際の検査時間は一人ひとり異なり、のう胞・結節(しこり)などの所見があるかないかによっても違ってきます。

地元医師会との連携について
 福島県医師会との連携および医師会に所属する開業医の方々を対象とした技術講習会は、福島県の協力要請を医師会がお受けいただいたことにより実現しているものです。講習を受講いただき、認定試験を経て、合格された医師の方を、福島県が認定しております。

福島県立医科大学放射線医学県民健康管理センターでは、今後も皆さまのお声に耳を傾け、至らぬ点は改善しながら県民の皆さまと共にこの事業を推進し、長期にわたる健康の見守りを継続してまいります。


http://twitter.com/junkonakanishi1/status/548999446113951744
nakanishi.jpg
中西準子
‏@junkonakanishi1 26日のNスペ「甲状腺不安」は、多くの人が不安を抱いている現状は理解できるが、その原因が福島県立医科大学の対応のまずさにあり、国がやるべきみたいな筋書きでできていることに驚き。医大から意見。http://fukushima-mimamori.jp/news/2014/12/000152.html …

https://twitter.com/hayano/status/548777768645705728
hayano2.jpg
ryugo hayano
‏@hayano 【福島県立医大:NHKスペシャル「38万人の甲状腺検査~被ばくの不安とどう向き合うのか」について】 http://bit.ly/1465f7Y 「報道内容に県民の皆様の誤解を招きかねない点がございましたので、ご説明いたします。」保護者の立会い,結果通知の書式,検査時間3分,等
hayano1.jpg
ryugo hayanoさんがリツイート
Jem(ジェム) @Jem0211
· 12月27日
@hayano NHKスペシャル「38万人の甲状腺検査~ 被 ば く の 不 安 と ど う 向 き 合 う の か 」って、タイトルからしてミスリード誘ってると思う。良く理解してればA2判定なんて「な~んだ。普通か。」で受け流せます。(@PKAnzug 先生感謝です。)

NHKは不安の原因が福島医大の対応のまずさとしている?・・・一体次の事実をどう見るのか?

清水修二教授の「寄稿」~「県民健康管理調査」目的から「県民の不安の解消」を削除させたマスゴミ・「市民」等の罪
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-151.html

「県民健康調査」の目的には、最初は「県民の不安の解消」が含まれていた。しかしこれが「市民」「マスゴミ」デマゾノ、ヒノらの攻撃目標になり、結局13年4月に取り消すことになってしまった。「県民健康調査」は、不安の解消を目的に掲げれば「被ばくの影響なしという結論ありき」ではないかと攻撃され、今度は「不安の原因はオマエの対応のまずさだ」と言われる・・・バカも安見安見言え。全部マスゴミのマッチポンプじゃないか。

「県民健康調査」は、県民の不安を解消したらイケナイんだよ、あんたらマスゴミと「市民」が決めたことじゃないか。忘れたか、おんつぁ。

口汚くなっちゃったので、前回エントリーコメ欄より、清水修二先生のコメ引用(これは24日放送の「報捨て」についてですが)で終わります。

まるで県民健康調査を「権力の悪業」のようにとらえているかのようです。私が(今度出した本のなかで)「政治主義的な偏向」と呼んだ現象がここでも顕著に表れています。
 あるいはもしかしたらこれは単純な商業主義的動機から出た行動なのかもしれません。もしそうだとしたら、「福島を食い物にするのはもういい加減にしてくれ」と言いたいですね。
2014-12-26(15:45) : shimizu


参考図書
原発事故と放射線のリスク学 単行本 – 2014/3/14  中西準子 (著) 「福島で今、住民の健康に直接関係ある放射線リスクで残っている問題は、除染と甲状腺問題です。このリスクが高いのではありません。混乱して、皆が高いと思うようになっているのです。」

知ろうとすること。 (新潮文庫) 文庫 – 2014/9/27  早野 龍五 (著), 糸井 重里 (著) (「原子力・放射線」輝く一位!)

放射線被曝の理科・社会 単行本(ソフトカバー) – 2014/12/20
児玉 一八 (著), 清水 修二 (著), 野口 邦和 (著)  (8位上昇中!→一時間で6位に上がった!)


いちから聞きたい放射線のほんとう: いま知っておきたい22の話 (単行本) 単行本 – 2014/3/15
菊池 誠 (著), 小峰 公子 (著), おかざき 真里 (イラスト) (9位、「防災」で5位!)
スポンサーサイト

ニュースと偽って「番宣」するNHK こんなネタ切れクズ番組よりトンデル氏の説を訂正せよ

いや~、師走は猫走だにゃ(これは何と読むのか不明だけど、「犬走り」ってのは本当にあるらしい。それからCat walkも)
しかし記録は続けなくてはならぬ、おっとその前に、遂に出たよ~

「放射線被曝の理科・社会」 
児玉 一八 (著), 清水 修二 (著), 野口 邦和 (著)  かもがわ出版


現在amazonで原子力・放射線部門15位上昇中です。白眉は「美味しんぼ批判」ということで、これを読んで来たるべき「第二次鼻血大戦」に備えよう。そして戦闘にはこれも忘れないでにゃ。

朝日新聞「プロメテウスの罠 第9回 我が子の鼻血 なぜ」の「主婦 有馬理恵」は「俳優座の社会派女優&市民活動家」である これは「芝居」だ こんな臭い芝居に「日本新聞協会賞」を与えていいのか?これこそ「民主主義」とやらの危機ではないのか?

さて、今回はなぜか年末になるとインチキ番組でデマ煽りを始め、福島イジメをするNHKについてだにゃ。
日曜日の夕方に奇妙なニュースがあった。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141221/k10014165631000.html
危機後の大量放出で汚染深刻化 12月21日 18時36分
東京電力福島第一原子力発電所の事故で放出された放射性物質は、核燃料のメルトダウンや水素爆発が相次いだ事故発生当初の4日間ではなく、その後に全体の75%が放出され汚染を深刻化させていたことが、日本原子力研究開発機構の分析で分かりました。
政府などの事故調査はこの時期に何が起きていたかを解明しておらず、専門家は「放射性物質の大量放出がなぜ長期化したのか、原因の解明が求められる」と話しています。
(中略)
大熊町で畜産業を営んでいた池田美喜子さん(57)は、今も自宅や牧場周辺で年間50ミリシーベルトを超える被ばくが想定されていて、およそ50頭の牛を残したまま避難生活を続けています。
池田さんは、20キロ離れた避難先から牧場に通って餌を与えていますが、出荷することはできず、悩んだ末、生き物への放射性物質の影響を調べている大学の研究チームに、牛を提供することを決めました。
池田さんは、「牛がかわいいので、本当につらいですが、寿命が来るまで十分に栄養を与えられないまま育てているよりも、せめて人の役に立つならばと研究に協力しています。帰りたいのに帰れない。原発事故が悔しいです」と話しています。
(中略)
被災者に寄り添った調査を続けていく必要性を強調しています。

へ、また「呪いの言葉」=「寄り添う」がポポポ~ンかよ。しかし、これのどこがニュースなのか?オレラは15日夜から急に空間線量が上がったことなんて知ってたぞ。過去の「NHKスペシャル」でさえ、こんなことは散々放送していたではないか?

空白の初期被ばく NHKスペシャル
http://togetter.com/li/438250

だいたいニュースならば、「日本原子力研究開発機構の分析」がいつ行われて、発表されたのか、ってなことがあるのが普通だ。これは完全な欠陥ニュースだが、知人はこの「ニュース」をチラ見して、「本当はもっと放射能が出ていたことが判ったんだ~」なんぞとあわてていた。要するに「NHK=正しい」「ニュース」=「新事実」ってな「回路」になって、デマ発生器となる。しかしこれがそんな「新事実」なわけはない。

この「ニュース」はこの日の夜9時から放送した、「NHK スペシャル メルトダウン File.5 知られざる大量放出」 の番組宣伝ではないかという疑いが濃厚だ。証拠は「いつ」がない「欠陥」だけではない。突然「ニュース」後半に登場して、違和感満杯の「池田美喜子」さんは、この「NHKスペシャル」の登場人物だ。

http://gooddo.jp/gd/group/liffn/post/facebook/250200178428553_526517070796861/
今週末、『 12月21日(日) 21:15~NHKスペシャル・メルトダウン File.5 』の番組内で、研究会プロジェクトメンバー畜産農家の"池田 美喜子さん" が紹介されます。

この「NHKスペシャル」だが、「知られざる大量放出」というタイトルは、「デマ」そのものだ。こうやって中身がないものをセンセーショナルに煽り、遂には「ニュース」と偽って自分らの番組宣伝までやるというのは、犯罪的だ。福島人は原発事故後いろいろ学び、マスゴミは嘘つきの粗大ごみと判ってきたから、もうそんなに驚かないかもしれないが。

もちろんこんなダマシな番組宣伝による番組は見なかった。前代未聞のニュースと偽って「番宣」するNHKスペシャルってことは、中身がしょぼいという自白だ。チーとも話題にもなっていないので、予想通りチープな番組だったのだろう。その内に批判的「まとめ」が出るかもしれないが、それすら無いかもしれない。あくまでも福島を煽って、それにより自分らの「実績」とやらを作ろうという「さもしい」在り方は、福島で真剣に生きている者から見れば、鬼畜にしか見えない。NHKスペシャル「メルトダウン」は文化庁芸術祭大賞、放送文化基金本賞を受賞したシリーズだそうだが、福島を利用して業界内で褒め合うという構造は、「日本新聞協会賞」に輝く「プロメテウスの罠」と同じだ。「公共放送」とやらも、地に落ちたものだが、これでいいのか?なお前回コメ欄に観潮楼さんが書いてくれたので、載せておきます。

常習犯
昨夜、NHKスペシャル『メルトダウン』の続編が放送されました。 ウスラトンカチな内容になるのが予想できたので、 例によってエンドロールを確認しました。
(製作統括・再現ドラマ)大野秀樹  (ディレクター)鈴木章雄・藤川正浩  (製作統括)中村直史・浅井健博
…はい、毎度毎度の常習犯によるものでした。
この一味について詳しくは
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-164.html#cm
の3月19日付けで私のコメントがありますので、ご覧下さい。


そして「さんご@さばとら」さんが書いてくれたが、どうやら明日も「NHKスペシャル シリーズ東日本大震災 38万人の甲状腺検査 ~被ばくの不安とどう向き合うか~ 」があるらしい。どうせ結論はあの気持ち悪い「呪いの言葉」=「寄り添う」がポポポポ~ンだろう(もう既に「番宣」に「住民の“不安”に寄り添う姿勢が見られないというのだ」って書いてあるね~、「寄り添い教団」登場だ 「寄り添う」「影響はわからない」「フクシマ」が、連中の三大呪い用語だ しかし「寄り添う」の中身って何だよ?)。でもって、明日の「ニュース」でまた「番宣」をやるのではないだろうか。

NHK、年末、で思い出すのが2011年年末にあった「呪い番組」=「追跡 真相スクープ 揺れる低線量被曝」だにゃ。

NHKのデマ番組を「追跡!」していたら、「自主避難者」出演の番組まで見てしまった。危険なNHKの「没論理」路線。(1)
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-56.html


このNHKのデマ番組が、サーミ人の「セシウム低線量被曝による発がん上昇」の拠り所にしていたのは、マーティン・トンデル氏の2006年の論文で、これはかの「サプリ詐欺師」クリス・バズビーのECRRの論拠でもあった。しかしトンデル氏は、2011年論文では「線量とガンの発生率に相関はない」となっていた。NHKはこれを無視していた。
そして今年、トンデル氏は新しい説を発表した。玄妙さんの「まとめ」はコレ

トンデルらの2014年最新論
http://togetter.com/li/730072
トンデルらの2014年最新論文。セシウム137(土壌沈着量)による発がんの影響は捉えることができなかった。
(原論文の抄)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24811728
it was not possible to distinguish an effect of (137)Cs on cancer incidence after the Chernobyl nuclear power plant accident in Sweden.
「チェルノブイリ原発事故後の、がん発症におけるセシウム137の影響を見出すことは、不可能だった」

こういうことが2014年8月に発表されたのだにゃ。

片瀬久美子 @kumikokatase 2014-10-10 12:22:15   
トンデル氏が、以前ECRRのバズビー氏に不本意な形で論文が利用されて怒っていたというのは、こちらに twilog.org/kumikokatase/s…

片瀬久美子 @kumikokatase 2014-10-10 14:01:36
さっきのTwilogの検索で漏れていたツイート
トンデル氏は「低線量でも影響がある!という結論を得るのが目的ではなく『影響がない』という結果になってもそれでよい」と言ってました。
twitter.com/yoshisatose/st…
最新論文では、影響は識別できないと結論を出されました

大森真 @yard_1957 2014-10-10 09:32:34
@drsteppenwolf 少し詳しく言えば「トンデルの論文を根拠に福島(東日本)で大量のがん死が出ると言うECRRの説を報道したメディアはそれを検証する責任がある」というところでしょうか


トンデル氏は初めから「原発事故の低線量被ばくでがん増加ありき」の「脳」じゃなかった。ちゃんと研究を続けてわかったことは修正していく、真面目な人だった。これまで「飛んでる師」などと書いて、ごめんなさい。きっとECRRだけじゃなく、彼の説を利用して福島を脅した、NHKを初めとする連中にも怒っているだろうね~。

「やぁど」さんの言うとおりだ。
NHKはネタ切れの下らん「NHKスペシャル」なんぞを、国民の貴重な受信料の無駄遣いでやっている場合ではない。デマ番組を訂正しろ。

しかし連中は「謝ったら切腹しなきゃ」病なのだろう。これがマスゴミの一番困った「病気」ではないだろうか?
これこそ「上から目線」の思い上がりだ。高い給料でこうなっちゃったのかね。
堂々とペコリ、「ワタシらも「上」でなくてフツーの人です、間違いました」で訂正、これでいいじゃないか。

そうそう、これが出来なくて炎上が、かの「青プリン」?
え、ゲスノヤが「報捨て」に出た?
県民健康調査の情報が漏れた?

いろいろあるね~
What the world needs now is love 福島にも。
プロフィール

shinobuyamaneko

Author:shinobuyamaneko
 福島県福島市の信夫山に住むネコです。
 原発事故以後ネット上には「もう福島市は放射能高くてダメ!逃げてください!」「福島はチェルノブイリ以上!」「子供を見殺しにしないで!」等の「反原発の叫び」が溢れてます。ネコはどこにも逃げられないから、もうノイローゼ気味。こういう「叫び」「脅し」の効果もあって福島に来る人は激減。街は沈み、市民は「すぐに逃げてください!」に怯えながら、静かに暮らしています。(←最近は嘘・デマがバレてきて、みんな元気になってきた感じだにゃ。)
 しかしね~、この種の「叫び」の根底に、「反原発」の「福島壊滅ならば原発全廃にできる!大大大チャンスだ!」っていう心理はないですか?原発全廃の為にはまず「福島壊滅」が必要とばかりに、科学的、医学的、論理的に怪しい説、大げさな数字等が「連呼」「拡散」されていないですか?それが「正義」になっていませんか?
 信夫山ネコは「故郷福島壊滅」を「原発全廃」の手段にされてはたまらんです。もし根拠がない数字や説の拡散によって、旅館の経営者が自殺するとかの悲惨な「風評被害」が出たら、大人しい福島人も終には訴えたりするのかにゃ~?!今はとにかくデマ、風評、誇張、脅し等を除染しながら記録するにゃ。(「リンクフリー」です 対「反原発」、対「放射脳」等での引用ご自由に)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR