fc2ブログ

福島の「処理水戦争」 リベパヨ・マスゴミ等風評加害軍の「Z攻撃」に気を付けよう

(固定された呼びかけ)
Ⅰ:朝日新聞2011年12月2日朝刊「プロメテウスの罠 第9回 我が子の鼻血 なぜ」(前田基行)の主人公「原発事故後4か月で10回、30分以上の大量の鼻血が出た小学生の息子を持つ町田市の主婦 有馬理恵」は、主婦ではありません。「従軍慰安婦ミュージカル」主演の「俳優座の幹部女優&日本共産党系『日本平和委員会』代表理事」です。この「身分隠し」は完全な「フェイクニュース」で動かぬ証拠があります(このリンク先エントリーの②を読んでください)。
市民団体のメール魚拓「有馬さんは、“従軍慰安婦”をテーマにした憲法ミュージカルを演していらした方で、「プロメテウスの罠」の取材も受けていらっしゃいます。」
「主婦」有馬理恵
有馬理恵主演CM 「ハインツ・パスタ 牛肉とイベリコ豚の粗挽きボロネーゼ fitness class編 
有馬は2018年には「俳優座代表取締役社長」になりました。被ばくで大量の鼻血が出たはずの息子は、今では震災後の浪江と本宮の写真で賞を取って「社会派フォトグラファー」のタマゴだそうです・・・どこまで福島を食い物にすれば気が済むのでしょうか?有馬と「プロメテウスの罠」について判明した全ては、以下に書いてあります。
「信夫山ネコ カテゴリー プロメテウスの罠有馬理恵」
この「事件」は、2018年5月に、「月刊HANADAプラス」が取り上げてくれました。渡辺康平福島県会議員のレポートです。


なお、朝日新聞いわき支局と南相馬支局は被ばくを恐れ、震災二日目の3月12日に住民を見捨てて郡山と福島に「自主避難」しました。
朝日支局自主避難
災害で住民を置いて逃げだした言語道断の報道機関は、日本現代史上この2011年3月12日の朝日新聞だけです。この新聞が「吉田調書」をめぐり、「所員が命令違反で撤退した」記事を捏造していたのは驚きです。
  
 
Ⅱ:岡山大学の津田敏秀氏のいわゆる「津田論文」は、原発事故後の子どもの甲状腺がんの発見について、実は(著者の意に反して)福島県内で地域差が無い(=被ばく量と関係ない)ことを証明しています(リンク先エントリーの⑤を読んでください)。 
なお、福島県の「県民健康調査」によって見つかり手術した子どもの甲状腺がんの割合は、203人/300472人で「普通は100万人に1~3人」の675倍~221倍となり、これでリベパヨや反原発団体等が「福島は高い」と騒ぎますが、「関東子ども健康調査支援基金」による、関東一都五県でのこの数値も(検査を受けた人に福島からの「避難者」を含まないとしてだが)「普通は100万人に1~3人」の546倍~182倍で、大きな違いはありません。福島県知事よ、甲状腺検査はもうやめましょう。これ以上過剰診断の犠牲を増やしてはならない。
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-290.html 参照
なおこの「基金」のデータは2021年4月に、「 慶應義塾大学の濱岡教授に相談したところ、 貴重なデータなので分析してはどうかと 研究計画のご提案を頂きました・・・」となった。「濱岡教授」は岩波「科学」系なので、この「研究」結果は要注意だ。
https://kantokodomo.info/info3.html
https://kantokodomo.info/pdf/gaiyo.pdf 参照
 

Ⅲ:カタカナの「フクシマ」が「福島はヒロシマと同じ核による惨禍の土地」という誤ったイメージを植え付け、差別につながるレッテルであると、脚本家の倉本聰さん、ジャーナリストの田原総一朗さんらも指摘しています。山梨学院大学の小菅信子教授は、著書「放射能とナショナリズム」で、「フクシマ」は「福島をエネルギー植民地から反原発の聖地として再植民地化して支配するための名づけ直しだった」と指摘しています。「フクシマ」使用に反対します。福島が「フクシマ」と書かれて喜んでいる当地の人を、私は見た事も聞いたこともありません。これは「負の刻印=スティグマタイズ」です。人が嫌がる名前で呼ぶのは、最も明確な「差別」、「イジメ」、「人権侵害」です。

Ⅳ:立憲民主党は、これまで散々デマで福島を苦しめてきた「おしどりマコ」を参議院選候補に擁立しました。この事件の経緯は「ポストさんてん日記 立憲民主党公認、おしどりマコ問題のまとめ」をご覧ください。
こちらは「おしどりマコ」のデマを集めたアーカイヴスです、「氷山の一角」ですが。
おしどりデマ庫
osidori1.jpg ←「おしどりマコ」のコレは福島人を貶める史上最悪「繁殖奇形大量デマ」ツイです 福島人は「繁殖」しない 「奇形児が大量」なんて言わないしそんな事実もありません ヒド過ぎます

震災後に南相馬に移住した芥川賞作家 柳美里さんはこうおっしゃっています。 
https://twitter.com/yu_miri_0622/status/1143631788222193664
柳美里‏ @yu_miri_0622
言葉は人の顔に向かいます。
福島は奇形児が多い。
福島の娘は嫁にもらうな。
福島の子は知能が低い。
これらのデマは、明らかな差別です。
差別は、人の顔を見ずに人をカテゴライズし、レッテルを貼ります。
福島で生まれ、育ち、巣立っていく一人一人の子どもの顔を見て、言ってください。
14:27 - 2019年6月25日

柳美里‏ @yu_miri_0622 · 6月25日
原発反対運動のために、原発事故の被害者たちを利用し、差別するのは、もうやめませんか?


oshidori5.jpg「おしどり」の発言「放射能オリンピック」@ドイツ これを名称にしたドイツの反核「戦闘」団体が、日本の中核派と組んで福島の五輪競技を妨害する計画です(6/15エントリー参照)

幸い「おしどり」は落選しましたが、これらを基にした韓国の福島攻撃が続いています。これでハッキリわかるように、「放射能デマ」の正体は科学的根拠を無視した、憎しみ感情に訴えるだけの「政治運動、プロパガンダ」です。賢明な方は、なぜこれらの「放射能デマ」が起こり、続くのか?=すべては根底にある「原発は(それを推進した国は)憎むべきもの そのためには福島の放射能による被害が酷い方が都合が良い」という感情によって起こっている、という事を理解できると思います。

韓国・文在寅政権「日本は放射能汚染されている」プロパガンダのウソ
それでも、冷静かつ毅然とした対応を  林 智裕 現代ビジネス8/29

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/66798 


これも忘れないように・・・
武田邦彦デマ庫
山本太郎デマ庫

「新年度」が始まって、サボっているうちに一か月経っちゃったにゃ。この間ロシアによるウクライナ侵略戦争まであって、いろいろ考えさせられた。人間はいつまで経っても学ばないのか?福島の原発事故は「バカ発見器」だったが、「コロナ禍」、「ワクチン」も「バカ発見器」。そして「ウクライナ戦争」も、またしても「バカ発見器」だ・・・最初のは「被ばくで鼻血、放射能で福島に住めない、甲状腺がん『多発』・・・」。次のは「PCR検査しまくれ、ワクチン接種後死亡(そりゃそうだろ、死人にワクチンは打たない)、ワクチン忌避の権利を認めろ・・・」。今度は遂に「ロシアの立場も考えるべき」、「戦争を終わらせるためにウクライナは降伏すべき・・・」。相対的に侵略・虐殺者の味方をしてしまう「非武装中立派」、「どっちもどっち派」なんて、福島の放射能についての「両論併記」にソックリだにゃ。そう言えば、国会でのロシア非難決議に反対したのは山本テロウの「れいわ」、ベレンスキー大統領の演説に、「国会演説の前に『首脳会談・共同声明』が絶対条件だ。演説内容もあくまで両国合意の範囲にすべき。それが当然だ」と言って反対したのは立憲だった。彼らは福島に対する「風評加害者」でもある。

戦争はロシアに対する経済制裁が本格的に効き出すまで、長期化するのかもしれないが、一つだけ確かな事がある。この戦争ではロシアは、例え戦術的に勝っても負けだ。この先どうなろうと、「ロシア軍=侵略者・虐殺者・戦争犯罪者」という烙印は消えない。このオンライン時代に、T72戦車や巡洋艦モスクワみたいな70年代から進歩しない技術の兵器と「TVのヤラセ的」アイデアによる「フェイクニュース」で、世界を、それどころか親ロシア国さえもダマし続けることは不可能だ。これが「全ロシア人=野蛮人・犯罪者」という烙印にならないためには、ロシア人自らの手で、チンプーファシズムを打倒するしかない。こんな地球の片隅のノラネコが何を思うとも、残念ながら実現しないだろうが・・・
https://twitter.com/buvery/status/1520506307408670720 参照

ウクライナ政府の「感謝動画」に日本が入っていない、という騒ぎは???だった。要するに、援助の分量がまだまだ足りない、影が薄いってことだ。「量=数値」を考えず、「お気持ち大事」の日本的思考?なんて通じない。むしろ日本こそウクライナに感謝すべきじゃないか。自由と民主主義を守るために、ウクライナが超多大な犠牲を出しながら戦っているという現状だが、それは77年前に「帝国主義」と決別した日本も守るべき、大切な価値観なのだから。

さて、福島の「処理水戦争」はどうなったのか?最新ニュースはコレだ。

IAEAの1st報告書
福島第一原発の処理水 “問題はない” IAEAが調査結果を公表 2022年4月29日 23時52分 NHK
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220429/k10013606241000.html
福島第一原子力発電所にたまり続ける処理水を海に流す東京電力の計画についてIAEA=国際原子力機関は、ことし2月に実施した現地調査の結果を公表し、国際的な安全確保の基準に照らし問題はないとする見解を示しました・・・


NHKにしてはタイトルはまあマトモな方に見えたが、ツッコミどころはある。
https://twitter.com/TatsutaKazuto/status/1520351641027121152
竜田一人@TatsutaKazuto
“ただ、処理水の海洋放出は地元を中心に風評被害を懸念する声が根強く、政府と東京電力が漁業者や全国の消費者など関係者の理解をどう得ていくかが引き続き課題です”
どんなに安全証明が出ても、毎度おなじみメディアのヒキですが、もうそれメディア自身の仕事じゃね?

竜田一人@TatsutaKazuto
“ただ、処理水の海洋放出は地元を中心に風評被害を懸念する声が根強く”
本当の地元ド真ん中の自治体が放出に賛成していることは言わないメディア。


ですね。NHKは次には高須記者あたりが「地元の声」なるものを取り上げて、「風評加害」を続ける気満々に見える。これまでと同じだろう。以下参照。

NHKが朝日の「主婦有馬理恵」と同じ「共産党隠し」でデマ報道 更にNHKの政治家への「便宜供与」の証拠発見 これは民主主義の破壊ではないか?
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-277.html 


この「地元を中心に」という曖昧な表現は「風評加害」の元だ。本当の地元である双葉町、大熊町が放出してくれ、と声をあげている事実がある。福島でも太平洋沿岸にない自治体の声はNINBYなのだ。これは以下のエントリー参照です。

処理水戦争に「○○を守る福島ネットワーク」登場 これは「××民主党」みたいな「悪夢」だにゃ
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-294.html


さらには、このニュースについての報道全体の「風評加害」問題が指摘された。

https://twitter.com/Uematsu1987/status/1520211534890565632?cxt=HHwWgIDUicWV8JgqAAAA
上松 正和🎍参院選 全国比例 公認候補予定
@Uematsu1987
誤解を招くタイトル。時事通信はわざとやっているのか。
日経は「東電の処理水、放射線影響「非常に低い」 IAEAが報告書」
NHKは「福島第一原発の処理水 “問題はない” IAEAが調査結果を公表」
処理水の影響「小さい」 福島原発、調査継続 IAEA(時事通信)


時事通信の記事はコレだ。yahoo newsなどにも載って広がっている。
処理水の影響「小さい」 福島原発、調査継続 IAEA(時事通信)(2022/04/29-21:30)
https://news.yahoo.co.jp/articles/604c486b40848a6709298c96b85b796dfca81741
【ベルリン時事】国際原子力機関(IAEA)は29日、東京電力福島第1原発から出る放射性物質トリチウムを含む処理水の海洋放出について、安全性を検証する調査団による最初の報告書をまとめた。報告書は処理水が放出された場合に放射線が人体に与える影響について、東電の分析結果を踏まえ、「日本の規制当局が定める水準より大幅に小さいことが確認された」と指摘した。ただ、安全性に関する最終的な判断は、放出前に発表するとも説明。当面結論を出さず、調査を続ける方針を示した・・・


朝日もタイトルはほぼ同じ。

福島第一の処理水放出 IAEA「放射線の影響、小さい」調査は継続(朝日新聞)4/29
https://www.asahi.com/articles/ASQ4Y7FJHQ4YULBH00B.html
東京電力福島第一原発の処理水の海洋放出計画について、国際原子力機関(IAEA)が29日、放出方法の安全性などの調査結果をまとめた最初の報告書を公表した。処理水について「放射線の影響は、日本の規制当局が定める水準より大幅に小さいことが確認された」と評価した。IAEAは今後も調査を続け、海洋放出開始前に安全性についての結論を含む報告書をまとめるという。
調査団は、放出に反発する中国、韓国を含む11カ国の専門家とIAEA職員らで構成し、2月に現地調査をした・・・


「影響は小さい」は、「反原発」によって例の「小さくても影響はあります!IAEAが言っています!」になっていくこと間違いなし、だ。原発事故後ず~っと続いている例の「ゼロリスク志向」の大騒ぎが始まって、福島が貶められる。

一体どういう「小さな影響」があると言うのか?どうしてこんなタイトルになるのか?いずれも記事本文では「大幅に小さい」だが。しかも時事通信では、「安全性に関する最終的な判断は、放出前に発表するとも説明。当面結論を出さず」、となっていて支離滅裂だ。

ちなみに元のIAEAの「報告書」は、
https://www.iaea.org/sites/default/files/report_1_review_mission_to_tepco_and_meti.pdf
で、25ページからが「II.4. Radiological Environmental Impact Assessment」で、37ページに「Summary and Follow Up」がある。
ここの後半が一番大事なところで、「機械翻訳」したらつぎのようになった。

タスクフォース(IAEA)は、東京電力が作成したREIA(放射線影響評価)が、保守的な仮定(高めの見積り)を用いても、想定される代表的な人物(住民の代表的サンプルとなる者)の線量が非常に低く、タスクフォースが設定した線量限度を大幅に下回ると予想していることを指摘した。
これは、規制機関(NRA)によって設定された線量制約を大幅に下回ることを示した。
タスクフォースは、REIAの実施に際して行われた包括的で詳細な評価を認めた。
タスクフォースは、REIAは十分に文書化される必要があり、使用された方法論とデータに関する明確な説明を含み、プロセス全体を通じて、そして最終的に、以下のように翻訳されるべきであることを強調した。
より多くの人々が理解できるように、プロセス全体を通じて、また最終版では翻訳されるべきである。
環境中の放射性核種の挙動と、「住民の代表的サンプルとなる者」による潜在的被ばくを含む一般公衆の線量の将来推計の計算に関するREIAのいくつかの主要な仮定が議論され、タスクフォースと東京電力は、その仮定が適切であり、東京電力が提示するほど保守的であるという証拠を示すためにさらなる評価が必要であることに合意した。


どこにも「処理水の影響」、「低い」なんて書いてない。原文中の「線量が非常に低く」とか「線量限度を大幅に下回る」を活かしたと思われる、日経の「非常に低い」は、まだマシなのか?と思ったが、素晴らしかったのは産経だ。

処理水放出準備に「進展」 IAEAが報告書公表 2022/4/29 19:56
https://www.sankei.com/article/20220429-JLCS6WMG25MLXMDVIGEJFKFMNQ/
東京電力福島第1原発の処理水の海洋放出をめぐり、国際原子力機関(IAEA)は29日、2月に行った安全性検証の報告書を公表し、グロッシ事務局長は「(放出に向けた)日本の準備には重要な進展があった」とした上で「検証作業を続け、放出開始前に調査団としての結論を出す」との見解を示した。
調査団はIAEAの幹部や、中国や韓国などの専門家で構成。2月に来日し、第1原発で放出設備の建設予定地を視察、経済産業省や東電から計画の詳細を聞き取った。
報告書では、処理水の性状や放出設備の安全性、東電が実施した放射線影響評価について検証。安全性に関する最終的な判断は示さず、経産省や東電に対する2度目の検証活動を今年後半に行うとした。その後、放出開始前に結論を含む包括的な報告書を公表する。

NHKにはこんな注文も出ている。

https://twitter.com/mo0210/status/1520268551596167171?cxt=HHwWhsCy0ayMipkqAAAA
💙💛大石雅寿(手洗い&うがいで風邪知らず)@mo0210
海洋放出を、ある活動や記事販売のために利用し、風評加害しようとする勢力がいることをガンガン報道してはどうだろうか? -- 福島第一原発の処理水 “問題はない” IAEAが調査結果を公表 | NHK

https://twitter.com/hosono_54/status/1520250422057136129?cxt=HHwWgsDThYntgZkqAAAA
細野豪志@hosono_54
「処理水の海洋放出は地元を中心に風評被害を懸念する声が根強く、政府と東京電力が漁業者や全国の消費者など関係者の理解をどう得ていくかが引き続き課題です」。問題ないと報じるなら、政府と東電を突き放すのではなくNHKも風評払拭に努めてもらいたい。


NHKのこれまでの「所業」を見ていると、これは全く期待できない。例の受信料を左右から万遍なく取るための「両論平気体質」だから、次は立憲、共産やれいわ、リベパヨ等に忖度しまくったフェイク・ニュースが出るだろう。そしてとにかく、マスゴミの「風評加害」はもう始まっていて、これに対する「対策」は何も取られていないのが現状だ。

4/27福島民友新聞の「復興庁調査」記事
IAEA報告書の2日前に、福島民友新聞に興味深い調査結果が出た。

「処理水放出」方針、国内6割知らず 復興庁・国内外認識調査 2022年04月27日 08時55分 福島民友新聞
https://www.minyu-net.com/news/news/FM20220427-700342.php
 東京電力福島第1原発で発生する処理水の海洋放出方針を巡り、復興庁が国内外を対象に実施した調査で、処理水に含まれる放射性物質トリチウムの濃度が国の基準を大幅に下回るよう海水で薄めて放出する政府方針について「知っている」と回答したのは国内で43.3%にとどまることが分かった。約6割が認知しておらず、政府と東電が来春を目標とする放出開始が迫る中、放出計画そのものが浸透していない現状が浮き彫りとなった。
 復興庁が「処理水に関する認識状況調査」を行ったのは初めてで、26日に結果を公表した。調査はことし1~2月に日本と韓国、香港、台湾、シンガポール、米国、英国、フランス、オーストラリア、ニュージーランドの10カ国・地域の20代以上の男女を対象にインターネットで実施。オーストラリアとニュージーランドが合わせて300人、他の8カ国は各300人の計2700人が処理水や放射線などに関する40前後の項目に回答した。
 香港が56.3%と最も高く、台湾52.7%、韓国49.7%、シンガポール45.3%と続き、日本はアジア諸国で最低だった。欧米各国は3割を下回った。国内での認知度が低い結果について、復興庁の担当者は「(計画に関する)情報が十分に届いていない」と説明、発信に一層努めるとしている。
 また国の基準を下回ったトリチウムを含む処理水に危険性がないことを知っているかについては、国内で「理解している」が25.7%だった。台湾(43.3%)やシンガポール(35.3%)、香港(33.0%)と比べて低く、英国(27.7%)も下回る結果となり、政府や東電が情報発信の強化に取り組むとした科学的な根拠に基づく安全性が浸透していないことが明らかとなった。
 調査結果について、西銘(にしめ)恒三郎復興相は「処理水の処分に関する知識の一層の浸透が求められている」と危機感を表明。26日に開いた省庁横断の幹部会合で国際原子力機関(IAEA)による処理水の安全性に関する評価を含め客観性のある情報の発信強化などを指示した。


この結果を表にしてみた。
処理水調査
本来なら復興庁の「報告書」そのものに当たりたかったが、見つからなかった。ここは今後発見した場合改訂する予定です。

実際にかなり距離がある米 英 仏 豪NZ は、恐らく「どうでもいい」つーか、どんな数値であっても、あまり影響はないだろう。その意味では、シンガポールもかなり遠い。まあ、同じアジアつーことで(心理的にはちょっと)気になる、ってとこだ。
韓国は「危険性はない」についての数字は出てないが、恐らくゼロに近いような、トンデモ数値なのだろう。

しかし、最大の問題、異常・異様と言いたくなる問題は、「危険性はない」を知っているが日本で25.7%で、調査対象のアジア各国中で韓国に次いで最低、ということだ。「放出を知っている」が日本の43.3%と近い45.3%のシンガポールでも、「危険性はない」は35.3%と、10ポイントも高いのである。仮に「知らない&危険性はある or ない」という人はいない(答えられない)という前提、回答の仕組みだとすると、日本では43.3-25.7=17.6%が、「知っている&危険性はある」と思っているのだろう。そして、56.7%の「知らない」人々は「危険性はない」とは思っていないのである。この56.7%は「未開地」であり、これからどう転ぶかは全く未知数だ。

この数字は何を意味するのか?これは単に「正しい情報が届いていない」だの、「科学リテラシーが足りない」といった理由でこの結果になるとは思えない。今回比較しているアジア諸国の社会が、日本社会より「正しい情報が届いている」とか、「高い科学リテラシーを持っている」とは、ちょっと思えないからである。

これは、日本の戦後の「自虐史観の定着」に似たもので、戦後77年間にわたり、マスゴミや左派野党、反権力市民団体、パヨ系教育などによって培われてきた、「愛国心のタブー化」、「政府・行政不信」、更には「意識が高い人は反体制である」、「権力は常に隠蔽する」、「陰謀論」みたいな、信奉する価値観や思想の表れではないだろうか。

そうだとすると、「危険性はない」を増やすこと、つまり「風評被害対策」は、相当な困難を伴うと覚悟しなければならない。そして、「知らない」を減らそうとする過程で、当然「反原発」によって「危険性がある」キャンペーンが行われ、「知っている&危険性がある」の割合が増えていくことは、十分有り得る。だから「影響は小さい」というタイトルの新聞記事は「風評加害」の始まりだ。

復興庁「風評被害対策の主な取り組み状況」
http://www.aec.go.jp/jicst/NC/iinkai/teirei/siryo2022/siryo11/4-3_haifu.pdf

復興庁「ALPS処理水に係る理解醸成に向けた情報発信について」
https://www.reconstruction.go.jp/topics/main-cat1/sub-cat1-4/20220426_05_01_hukkouchou.pdf

これらの対策等は、チンプーロシアが今やっているような「端から理解する気なんか無い、正義を自称する悪意の攻撃」にどれほど役立つのだろうか?「日本に憲法9条があるから他国は日本を攻めない、話せばわかる」とか、「非武装中立」みたいな、過剰な性善説的妄想に似てないだろうか?

福島の「処理水」は、「反原発」にとって「甲状腺がん」と並ぶ「最後の砦」だろう。今後「反原発」はもちろん、マスゴミ、左派野党、市民団体等は最後の総力戦、すなわちロシア軍の「Z」のような総攻撃をかけてくる。福島県内にも、まるでウクライナ東部の「親露派武装組織」みたいな、NHK福島局がよく報じる「若者グループ(実は共産党系高齢者グループ)」、「海といのちを守るネットワーク」、マスゴミが常に「地元」として取り上げる某漁協おじさん、なんかがいる。この「Z攻撃」に対し、更に十分な対策を練ることは重要だが、「反対派が全員納得するまで説明する必要はない、それは不可能なのだ」ということも認識するべきだろう。

何しろ相手は「価値感」や「思想」なのである・・・「正義」なのだ。「事実を丁寧に説明する」で「価値観」や「思想」は変わらない。「価値観」や「思想」・・・ロシアが「ネオナチを潰してウクライナ人を救う」という「正義」で侵略戦争を始め、残虐行為をしていることを、我々は今嫌と言う程見せられているのだ。

オマケ イエロー太がウクライナ人利用で「新団体」
もう大した影響力はないだろうが、あの放射能デマによる脅し、福島貶め、風評加害で「信者」を増やして食っている「イエロー太」が、今度はウクライナ難民に目を付けた。
(イエロー太については以下参照)
 出た!「反原発カルト」を暴く「木下黄太のネットカルトを考えます」 マスゴミの責任も忘れないのにゃ
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-117.html


新団体「ウクライナ・ジャパン」設立、新キャラのウクライヨン登場!2022-04-10 11:30:10
https://blog.goo.ne.jp/nagaikenji20070927
新団体「ウクライナ・ジャパン」立ち上げました。私、木下黄太が代表です。
URLは日本に避難されたいウクライナ人支援を現段階の目的とする団体「ウクライナ・ジャパン」のFBページとなります。ウクライナと日本が社会的かつ文化的な協力関係の構築を願う非営利団体です。
ロシアに侵略されたウクライナ人を支えたい参加希望者はメッセージ下さい!!


「現段階の目的」って?しかしこの人、原発事故後のウクライナについて酷いデマ流していたがね・・・

2014.05.19
「避難者は、避難先での人的なネットワークがとても大切です」 ~5/18 木下黄太氏ウクライナ報告会でした!~
http://teamokjapan.com/7894
木下氏は放射能防御、関東東北全域からの避難を3.11当初から強く訴え続けてくれたジャーナリストです。
現在のウクライナの様子を中心に、様々な角度からの報告がありました。
●東京の汚染は、ウクライナの首都キエフ並と考えられる。
●キエフのある高校。体育を受けられる生徒は半分ほどしかいない。(チェルノブイリ事故当時は生まれていない子どもたち)
●汚染地の実情は、大病も増えるが、小さな異常が体のあちこちで起きて、寿命も短い。
などなど。。。
「では・・・いまだに多くの人を避難させず、放射性物質も漏れ続けているこの日本の、今後はどうなるのか・・・?」と、考えさせられるお話でした。


2014年にウクライナについてこんな酷いデマを流して(確かデマ杉隆も同じデマ流してたが)貶めていたイエロー太が、今度はウクライナ人を支えるだって?「ウクライナ人をネタにして自分が支えられる」のマチガイだろう。

ウクライナ大使館のツイによれば、

https://twitter.com/UKRinJPN/status/1514780110129631234
ウクライナへの人道支援のためのご寄付は、以下の銀行口座までお願いします。
三菱UFJ 銀行
広尾支店 047
普通
口座番号0972597
エンバシーオブウクライナ
寄付


である。これが一番確実だ。他に赤十字やユニセフなんかもやっている。
イエロー太の「団体に参加」する必要はない。
スポンサーサイト



処理水戦争に「○○を守る福島ネットワーク」登場 これは「××民主党」みたいな「悪夢」だにゃ

(固定された呼びかけ)
Ⅰ:朝日新聞2011年12月2日朝刊「プロメテウスの罠 第9回 我が子の鼻血 なぜ」(前田基行)の主人公「町田市の主婦 有馬理恵」は、主婦ではなく「従軍慰安婦ミュージカル」主演の「俳優座の社会派女優&日本共産党系『日本平和委員会』代表理事」です。TVにも出ています。完全に「フェイクニュース」です。動かぬ証拠があります(リンク先エントリーの②を読んでください)。
市民団体のメール魚拓「有馬さんは、“従軍慰安婦”をテーマにした憲法ミュージカルを演していらした方で、「プロメテウスの罠」の取材も受けていらっしゃいます。」
「主婦」有馬理恵
有馬理恵主演CM 「ハインツ・パスタ 牛肉とイベリコ豚の粗挽きボロネーゼ fitness class編 
有馬理恵は2018年には「俳優座代表取締役」に昇格、その後2021年4月16日には「俳優座代表取締役社長」になりました。有馬は「日本を代表する劇団の幹部」だったのです
 朝日新聞よ、どうしてこの人が「主婦」なのか?まさしく「芝居」です。
この「事件」は、2018年5月に、「月刊HANADAプラス」が取り上げてくれました。渡辺康平福島県会議員のレポートです。


なお、朝日新聞いわき支局と南相馬支局は被ばくを恐れ、震災二日目の3月12日に住民を見捨てて郡山と福島に「自主避難」しました。
朝日支局自主避難
災害で住民を置いて逃げだした言語道断の報道機関は、日本現代史上この2011年3月12日の朝日新聞だけです。この新聞が「吉田調書」をめぐり、「所員が命令違反で撤退した」記事を捏造していたのは驚きです。
  
 
Ⅱ:岡山大学の津田敏秀氏のいわゆる「津田論文」は、原発事故後の子どもの甲状腺がんの発見について、実は(著者の意に反して)福島県内で地域差が無い(=被ばく量と関係ない)ことを証明しています(リンク先エントリーの⑤を読んでください)。 
なお、福島県の「県民健康調査」によって見つかり手術した子どもの甲状腺がんの割合は、203人/300472人で「普通は100万人に1~3人」の675倍~221倍となり、これでリベパヨや反原発団体等が「福島は高い」と騒ぎますが、「関東子ども健康調査支援基金」による、関東一都五県でのこの数値も「普通は100万人に1~3人」の546倍~182倍で、大して違いはありません。
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-290.html 参照
 

Ⅲ:カタカナの「フクシマ」が「福島はヒロシマと同じ核による惨禍の土地」という誤ったイメージを植え付け、差別につながるレッテルであると、脚本家の倉本聰さん、ジャーナリストの田原総一朗さんらも指摘しています。山梨学院大学の小菅信子教授は、著書「放射能とナショナリズム」で、「フクシマ」は「福島をエネルギー植民地から反原発の聖地として再植民地化して支配するための名づけ直しだった」と指摘しています。「フクシマ」使用に反対します。福島が「フクシマ」と書かれて喜んでいる当地の人を、私は見た事も聞いたこともありません。これは「負の刻印=スティグマタイズ」です。人が嫌がる名前で呼ぶのは、最も明確な「差別」、「イジメ」、「人権侵害」です。

Ⅳ:立憲民主党は、これまで散々デマで福島を苦しめてきた「おしどりマコ」を参議院選候補に擁立しました。この事件の経緯は「ポストさんてん日記 立憲民主党公認、おしどりマコ問題のまとめ」をご覧ください。
こちらは「おしどりマコ」のデマを集めたアーカイヴスです、「氷山の一角」ですが。
おしどりデマ庫
osidori1.jpg ←「おしどりマコ」のコレは福島人を貶める史上最悪「繁殖奇形大量デマ」ツイです 福島人は「繁殖」しない 「奇形児が大量」なんて言わないしそんな事実もありません ヒド過ぎます

震災後に南相馬に移住した芥川賞作家 柳美里さんはこうおっしゃっています。 
https://twitter.com/yu_miri_0622/status/1143631788222193664
柳美里‏ @yu_miri_0622
言葉は人の顔に向かいます。
福島は奇形児が多い。
福島の娘は嫁にもらうな。
福島の子は知能が低い。
これらのデマは、明らかな差別です。
差別は、人の顔を見ずに人をカテゴライズし、レッテルを貼ります。
福島で生まれ、育ち、巣立っていく一人一人の子どもの顔を見て、言ってください。
14:27 - 2019年6月25日

柳美里‏ @yu_miri_0622 · 6月25日
原発反対運動のために、原発事故の被害者たちを利用し、差別するのは、もうやめませんか?


oshidori5.jpg「おしどり」の発言「放射能オリンピック」@ドイツ これを名称にしたドイツの反核「戦闘」団体が、日本の中核派と組んで福島の五輪競技を妨害する計画です(6/15エントリー参照)

幸い「おしどり」は落選しましたが、これらを基にした韓国の福島攻撃が続いています。これでハッキリわかるように、「放射能デマ」の正体は科学的根拠を無視した、憎しみ感情に訴えるだけの「政治運動、プロパガンダ」です。賢明な方は、なぜこれらの「放射能デマ」が起こり、続くのか?=すべては根底にある「原発は(それを推進した国は)憎むべきもの そのためには福島の放射能による被害が酷い方が都合が良い」という感情によって起こっている、という事を理解できると思います。

韓国・文在寅政権「日本は放射能汚染されている」プロパガンダのウソ
それでも、冷静かつ毅然とした対応を  林 智裕 現代ビジネス8/29

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/66798 


震災10年なので、これも忘れないように・・・
武田邦彦デマ庫
山本太郎デマ庫

もう山は雪。冬眠したいとこだけどネコはできないにゃ。
総選挙でのリベパヨ大敗北は痛快だったね~。スガ首相は地味だったからか、よく理解されてなかったような感じがあるけど、コロナと言い、オリンピックと言い、本当によくやってくれました、ありがとうにゃー。そして次はいよいよ、スガさんが決めてくれた「処理水」の攻防だ。

「信夫山町内会、界隈」大活躍
久々に「信夫山」がtwに登場、これはよかったね~。IKAさんが頑張ってたのだにゃ。
https://twitter.com/t_saru_saru_t/status/1464852974262714368
𝙨𝙖𝙧𝙪𝙨𝙖𝙧𝙪💉💉@t_saru_saru_t
意訳:福島県を利用して金儲けするぜー、復興?しなくていいよ。

信夫山界隈

https://twitter.com/mostsouthguitar/status/1464597938206699533
ハラオカヒサ@mostsouthguitar
この暴言を吐いているのは例の鈴木邦弘? ひどすぎる。
引用ツイート
mizuki_kanna07409♥@kanna07409 11月27日
私、浪江町で生まれ育ったんだけど。
今年の春、帰還困難区域の復興拠点整備で生まれ育った家を解体する書類に捺印したのですが、ここまで言われるんですね。

信夫山町内会

元はコレ
https://twitter.com/SZKN29/status/1464491292683997185
鈴木邦弘 絵本『いぬとふるさと』(全国学校図書館協議会選定図書)発売中@SZKN29
「信夫山町内会会員」だか何だか知らないが、勝手に双葉町や大熊町を代表して汚染水放出賛成とか書く界隈は何なのだろうな。国のいうことを聞かざるを得ない伊澤町長の本音や双葉や浪江の町民の声なんか聞いたこともないだろ。中通りから呑気なものだね。


この絵本屋氏は、「信夫山」が「中通り」にある、ってことだけは調べたらしい。町内会があると思ってたりして。
この点は「白石蔵王」が福島県だと思っていた、おしどりデマコや、丸森が福島県だと思っていて名付けた、丸森あやよりはマシだ。他にも「中通り」を「中地区」と言っていたアホがいたな。誰だか忘れたが、10年と言う歳月の重みかね~。
みんな他所から来た「反原発活動家」だった。全部「悪夢」だった。

IKAさんのスレッド
https://twitter.com/ika_river_c/status/1464541610234974211
IKA@ika_river_c
別に双葉町を代表するわけじゃないけど、こういう意見を無視するなって場言いたいのね。
処理水処分法の早期決定を 双葉町議会が意見書可決 - 産経ニュース
https://www.sankei.com/article/20200916-AOENP7V7HZPNHMYLCWVBMZN6T4/
意見書は「復興のため第1原発の廃炉を一歩一歩進めるのが重要で、早期に処理水を処分するよう求める」と明記。同時に、どのような処分法を選択しても説明責任を果たし、放出に伴う風評被害が出ないように対策を取ることを求めた。
福島県内の市町村議会などで、海洋放出に慎重な対応を求めたり、反対したりする意見書が相次いで可決されている。

IKA@ika_river_c 11月27日
> 意見書は「復興のため第1原発の廃炉を一歩一歩進めるのが重要で、早期に処理水を処分するよう求める」と明記。
双葉町は保管を求めてはいないよね。

IKA@ika_river_c 11月27日
大熊町は
nhk.or.jp
福島 大熊町長 処理水の海洋放出「国が責任持って対応を」 | NHKニュース
【NHK】トリチウムなど放射性物質を含む処理水の海への放出を政府が決定したことについて、福島第一原発が立地する大熊町の吉田淳町長

IKA@ika_river_c 11月27日
>吉田町長は「避難指示が徐々に解除されるなかでタンクが増え続けること自体が住民の帰還の意欲をそぐものになる。海洋放出によって予想される風評被害に対して、国は直ちにに対応してもらいたい」

やっぱり保管は求めていない。

IKA@ika_river_c 11月27日
これらの意見を「本音かどうか分からない」と言ってたらなんとでも言い変えられる。率直に言って「自分たちの都合のいいように利用してるだけ」と言われてもしょうがないんじゃないかな。
IKA@ika_river_c 11月27日
議会の議決や町長のはコメント無視して「勝手に代表してる」のはどっちだろうね。


Kannaさんのtw
https://twitter.com/kanna07409/status/1464552617674084355
mizuki_kanna07409♥@kanna07409 11月27日
双葉町議会 ALPS処理水に関する意見書
https://town.fukushima-futaba.lg.jp/secure/5274/202012gikailetter.pdf
mizuki_kanna07409♥@kanna07409
大熊町 復興に関する要望書
https://town.okuma.fukushima.jp/uploaded/attachment/6063.pdf
https://twitter.com/kanna07409/status/1464588614281490442
mizuki_kanna07409♥@kanna07409
原発事故絡みで「本」を売って名前を売りたいヤツらばっかり。
イヤになる。
午後10:35 · 2021年11月27日·Twitter for iPhone


これに尽きますね。そしてついに、「癌ダム」宍戸師まで登場、ワロタ~。これでまた「あの記録」が出せるキッカケが到来。
https://twitter.com/kanna07409/status/1464499798770216961
癌ダム

一時はマスゴミに取り上げられ、反原発のエーユーになった「癌ダム」の福島(と広島・長崎)disり記録はコレね。

「葬列予報」と「子ども福島」 そして「自主避難者」への「補償」について
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-55.html
2011年10月、「癌ダム」は広島、長崎まで罵倒
http://blog-imgs-46.fc2.com/s/h/i/shinobuyamaneko/s112818.jpg
いつまでも「放射能物質が空間にある」「福島は危険」と繰り返し
http://blog-imgs-46.fc2.com/s/h/i/shinobuyamaneko/s112816.jpg
http://blog-imgs-46.fc2.com/s/h/i/shinobuyamaneko/s112815.jpg
http://blog-imgs-46.fc2.com/s/h/i/shinobuyamaneko/s112812.jpg
「福島は負けない」という人をバカにし
http://blog-imgs-46.fc2.com/s/h/i/shinobuyamaneko/s112812.jpg
最後にはこんな福島をバカにした替え歌「福島ぐらし」を作っていた。この人のどこが被害者なのか?
http://blog-imgs-46.fc2.com/s/h/i/shinobuyamaneko/s112801.jpg
こういうことがあったから、「自主避難者」には絶対に一円も、ビタ一文も出さない、絶対反対と言う人が福島では多い。他所じゃ知らんが。

福島の放射能デマ問題には、今では10年以上かかって絡まって出来た、メチャクチャ深い「根」がある。
そして今起こっていることは、大方がこの10年間に起こった「悪夢」の再来だ。
絵本屋氏(そう言えば「のぶみ」は生きてんのか?)は、そのうちに儲からないと気づき、フレコンみたいに消える。時々は思い出して、「福島ガー」が始まる。正義病の発作だが、これもそのうちに別なターゲットが見つかって解消。そう言えば@の前に、「全国学校図書館協議会選定図書」が付いているのが、フレコンの「賞」そっくり。同じような、田舎をバカにした上から目線の金儲け目的ではないかなぁ?
「根」を、「悪夢」を知らない根無し人生・・・これはこれで幸せですから、早く福島から消えてにゃ。

NHKが大好きな「ネットワーク」って?
11月26日、絵本屋氏が言う「大熊・双葉の地元」ではない者の「ネットワーク」が、今や最も危険なマスゴミである、NHKによって暴動、じゃなかった「呆導」されていた。
https://twitter.com/hseino1/status/1464503480144388101
運㍍㍍小次郎@不織布マスク・手洗い推奨厨@hseino1
NHK福島はまた「えらいもん」に入れ込んでますにゃあ。「3・11 甲状腺がん子ども基金」の時と同じ構図。悪いことは言わん。こういう団体に入れ込むのはやめたほうがいい。解決を遅らせるだけだから。

https://www3.nhk.or.jp/lnews/fukushima/20211126/6050016467.html
原発の処理水 海への放出に反対する団体 設立|NHK 福島県のニュース 11月26日 18時44分

東京電力福島第一原子力発電所の処理水を海に放出することに反対する団体が設立され、26日、記者会見を開き、今後の活動方針などを説明しました。
処理水の放出に反対する「海といのちを守るネットワーク」は、国と東京電力を訴えた集団訴訟の原告団長や、自然エネルギー事業者の代表など12人が呼びかけ人となって設立されました。
26日、呼びかけ人などが福島市で記者会見し、設立の経緯や、今後の活動方針などについて説明しました。
この中で、呼びかけ人のひとりの中島孝さんは「福島県民は風評被害に苦しむ被害者だが、海洋放出を許してしまえば私たち自身が加害者になってしまうのではないかと考え、団体を設立することにした」と話しました。
また、事務局の服部崇さんは「福島の復興を進めるために、処理水を海に流すしかないと考える人が多いが、今後、県内の59市町村すべてで住民との会合を行うなどして、海洋放出撤回への共感を集めたい」と話しました。
団体によりますと、1回目の会合は来月4日に福島市で行われるということです。


>~海洋放出を許してしまえば私たち自身が加害者になってしまうのではないか
なんだかメチャクチャだが、「処理水は科学的には安全で、問題は風評だ」とは認めているようだ。
しかし、この団体には既に以前から「風評加害」していたメンバーがいる。
つまり、海洋放出する、しない、なんて「風評加害」と関係ないのだ。
海洋放出反対の「キャンセルカルチャー」によって「分断」を作り、「運動」するのが目的。
「運動」は原理主義化、先鋭化、内部分断、「内ゲバ」・・・
お先真っ暗、ってことを書いておく。

1:「地元」である大熊、双葉との関係は?
この団体のメンバーが載っていた。
https://skazuyoshi.exblog.jp/29760792/
海といのちを守る福島ネットワーク 呼びかけ人(50音順)

1、織田 千代 これ以上海を汚すな!市民会議共同代表 ファーバーアーティスト
2、小野 覚久 いわき市出身 足利短期大学准教授
3、小渕 真理 認定NPO法人 アウシュヴィッツ平和博物館館長
4、佐藤 和良 福島原発刑事訴訟支援団団長 これ以上海を汚すな!市民会議共同代表
5、佐藤 彌右衛門 会津電力株式会社顧問 会津エナジー株式会社代表取締役
6、里見 喜生 いわき湯本温泉古滝屋社長 原子力災害考証館当主
7、柴崎 直明 福島大学共生システム理工学類教授
8、中島 孝  生業訴訟原告団長 スーパーマーケット経営
9、野中 俊吉 コープふくしま ふくしま県本部本部長
10、原田 雄一 二本松市在住 元浪江町商工会会長
11、福井 公伸 ライブハウス KORIYAMA CLUB #9(シャープナイン)経営
12、武藤 類子 原発事故被害者団体連絡会共同代表

現居住地(出身地)を見てみると、
1いわき(仙台) 2足利(いわき) 3 白河(東京) 4いわき(いわき?) 5喜多方(喜多方) 6いわき(いわき?)
7福島(熊本) 8相馬(相馬?) 9福島(福島?) 10二本松(浪江) 11郡山(郡山?) 12三春(三春)

また、NHKニュースに出てくる「事務局の服部崇」=生業訴訟原告団事務局次長・福島県北農民連事務局長 福島(福島)
農民連は「日本共産党との歩調が一致する。自民党に対しては一貫して批判的である。農民連は、「政党支持は自由」を謳っているが、事実上の共同関係にあり、全国商工団体連合会、民主商工会などと同様に「日本共産党系の団体」と見られることがある。具体的な関係では、加盟農業従事者が共産党から議員に立候補する、あるいは共同で候補(明るい○○をつくる会)を推すなどである。」(wikipedia 農民運動全国連合会)
共産党が処理水ではなく「汚染水」と呼んで風評加害していることは、前回エントリー参照。

というわけで、いわゆる「強制避難区域」は浪江出身=1だが、全員肝心な、犠牲を強いられている大熊町、双葉町とは無関係だ。誰かによれば「中通りから呑気なもんだ」となりかねないが・・・「運動」が目的だから、これでいいのだ!!!ってことだろう。

2:「○○を守る福島ネットワーク」の悪夢
「○○を守る福島ネットワーク」と言えば思い出すのが、「子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク」、後の「子ども福島」・・・まるで悪夢の復活、「××民主党」と同じだ。これは原発事故直後福島市に出来た、「自主避難煽り組織」で、我々「福島残留者」にとっては「風評加害」マシーンだった。福島の外からではなく、まるで「内部被ばく」のように、風評加害が内から始まった。「子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク」世話人「被曝なう」こと阿部宣幸氏は自身のブログで、「市民団体は極度に危険を呼び掛けて、放射能の危険を煽りました。私も例外なく煽りまくりました。」、「自分たちの主張を通すために、大げさに騒いだものでした。」、「子供の健康よりも金、仕事を優先させるのかと、たくさんの人々を罵って福島から県外へ追い出した。」等と告白している。これについては以下参照だが、この「ネットワーク」の「大げさな煽り」に騙されて福島から逃げるハメになった「自主避難者」は、確かに「被害者」である。加害者連中を訴訟する時に役立つように、これらの記録を行った。

これが「子ども福島」が自主避難を煽った証拠だ 県税による「自主避難者」援助は公平性を欠く また朝日が捏造?他
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-222.html

武藤類子(原発事故被害者団体連絡会共同代表)氏は、「子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク」の中心メンバーだった。今回の「海といのちを守る福島ネットワーク」命名者かもしれない。
http://blog-imgs-50.fc2.com/s/h/i/shinobuyamaneko/clown2.jpg には、
代表の佐藤幸子氏と並んで出ている。

「癌ダム」もこの組織の幹部だった。そして最後(2013年秋頃)は、過激派と繋っていたらしい佐藤代表が、集めた寄付金を「中核派診療所(ふくしま共同診療所)」建設資金に献上してしまったと言われた。これは「福島での中核派診療所の建設は、これまで煽ってきた自主避難に反する福島残留の肯定になる」ということで、連中の得意な「内ゲバ」にも発展したらしい。「子ども福島」関連一連の事件等は、以下の「記録」参照。

子ども福島【カテゴリー28】ー信夫山ネコの憂鬱
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-category-28.html

佐藤代表は「過激派と繋がっていたらしい」と書いたが、これは当時の状況で、その後は堂々と「福島診療所建設委員会代表」と名乗り、過激派の集会で演説したり、立派な活動家となっている。以下参照。

2017.3.25福島診療所建設委員会・佐藤幸子さんアピール
https://www.youtube.com/watch?v=plFQ9gl_wXQ

3・11反原発行動へ福島からの訴え③ 子どもの未来奪わないために 福島診療所建設委員会代表 佐藤幸子さん                               
発行日:2021年3月 1日 第3184号 反原発/反核 週刊前進 

http://www.zenshin.org/zh/f-kiji/2021/03/f31840302.html
東日本大震災から10年の節目の年、私は3・11以前の生活へと戻すため、昨年11月から少しずつ荷物を運んでいました。引っ越し先は、震災前、研修施設として使っていた飯野町の築50年の平屋です。

だそうだ。さすがに佐藤氏は、今回の「海といのちを守る福島ネットワーク」には入っていないようだが・・・

武藤氏に戻るが、
「福島原発事故から10年 福島のいま」 - 武藤類子さん講演録
2021年06月03日活動報告, 憲法・人権, 原発とエネルギー 長野県平和・人権・環境労働組合会議

http://r-nagano.com/2021/06/03/%E3%80%8C%E7%A6%8F%E5%B3%B6%E5%8E%9F%E7%99%BA%E4%BA%8B%E6%95%85%E3%81%8B%E3%82%89%EF%BC%91%EF%BC%90%E5%B9%B4%E3%80%80%E7%A6%8F%E5%B3%B6%E3%81%AE%E3%81%84%E3%81%BE%E3%80%8D%E3%80%80%EF%BC%8D%E3%80%80/
むとう・ るいこ 福島県三春町生まれ 。版下職人 、養護学校教員を経て 、2003年より 、喫茶店 「 燦(きらら)」を営んでいたが 、2011年の福島第一原子力発電所の事故によって休業を余儀なくされた後 、正式に廃業 。1980年代末より 、反原発運動にかかわり 、六ヶ所村に通ったほか 、福島県内の二つの原発を巡る様々な問題にコミットしてきた 。福島脱原発ネットワーク メンバー 、福島原発告訴団団長 、原発事故被害者団体連絡会共同代表 、3・11甲状腺がん子ども基金副代表理事などを務める 。

となっている。この組合は「総評」、社民党系である。佐藤幸子(中核派)vs.武藤類子(旧社会党・社青同→社民党)という、「内ゲバ」の構図だったのかも。ゲバゲバ、ピー。「運動」が目的だからこれでいいのだ!!!

3:「反原発・メガソーラー」の巨像「サンチャイルド」の挫折
このパヨパヨ組織で一番奇妙な「新メンバー」は、佐藤彌右衛門(会津電力株式会社顧問 大和川酒造会長)氏だろう。バリバリのシホン家でっせ。この人のトピックは、何といってもあの「黄色いアレ」、「サンチャイルド事件」の、最も重要な首謀者だったってことだ。

サンチャイルド事件 【カテゴリー22】ー信夫山ネコの憂鬱
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-category-22.html

この中のコレは特に・・・
ヤノベケンジ氏と佐藤彌右衛門氏の大ウソ 赤坂憲雄氏は大ウソ隠蔽 16年11月17日にヤノベ氏が佐藤氏「基金」にサンチャイルドを寄贈したのが事実だ
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-248.html

まあとにかく、2018年夏、福島市を「反原発・メガソーラー聖地」にするために、巨大な(高さ6.2m)黄色いビニール人形「サンチャイルド」を公的に「建立」しようという陰謀があった。実際サンチャイルドは、「メガソーラー」と「ゼロベクレル」が象徴的に織り込まれた姿(右手上の太陽オブジェと胸の000を表示した放射線カウンター)をしており、福島市民からは放射能の風評被害を助長するという批判が起こった(この巨像設置は「処理水」放出どころじゃない風評加害だ。「福島市は防護服が要る程汚染していたんだ」、という負のイメージの拡散、固定化になる)。赤坂憲雄氏(学習院大教授 福島県立博物館長)が創作した、「はじまりの地・福島」物語に沿った「聖地化」に対し、オレら「有志連合」がネット上で強固な抵抗運動を展開した。なお赤坂氏は、福島は「原発事故を教訓として、脱原発して、豊かでなくても再エネで独立した共同体になるべき」、という一種の「反経済成長ユートピア思想」を唱えていた(この「反成長」、「自然志向」等は現実社会の社会主義国家崩壊により、今や存在基盤を失いかけているパヨの、新たな精神的支柱、「信仰」みたいなもんだろう)・・・自分は豊かなのに、よく言うよ。そんな「脱原発感動ポルノ」は、自分の故郷「東京西部」でやれば?福島は貴方の玩具ではない、としか言えない。結局一度は建立された「サンチャイルド」は解体撤去の憂き目となり、「聖地化」は完全に挫折した。オレらは脱原発運動家、小シホン、小インテリらが押し付けた「権力の巨像」を、日本史上初めて打倒した。その過程で大きな問題となって露呈、批判されたのが、「サンチャイルド贈呈過程の不透明さ」だった。恐らくこれが、サンチャイルド建立派の最大の弱点、明確な「ウソ」、「欺瞞」だった。

すごくシンプルに表現すると、高さ6.2メートルと巨大なサンチャイルドは、2016年秋に作者のヤノベケンジ氏が佐藤彌右衛門氏と赤坂憲雄氏が率いる「ふくしま自然エネルギー基金」に寄贈した。置き場に困った「基金」は2018年夏、福島市の子ども用公共施設「こむこむ」にサンチャイルドを押し付けようとした。これがそもそもの「事件」の原因と考えられる。

このゲージツそのものの価値?「これはとにかく非常に美しい」とか、「衝撃的で何か伝わるものがある」とかは、誰も主張していなかった。それは結局リベパヨ好みの「物語」を取ってしまえば、「無価値」ということを表していた。

2018年7月6日に、「サンチャイルド」作者のゲージツ家、ヤノベケンジ氏が「福島未来研究所」を通じて福島市に寄贈を申し出た、という「市の公式発表・記者会見」だったが、これは赤坂氏と佐藤氏の「筋書き、やらせ」だったと思われる。なぜなら事実は、「2016年11月17日(木)19時頃、福島市荒町4-7『ギャラリー・オフグリッド』での公開リレートーク中に、ヤノベケンジ氏は突然、『ふくしま自然エネルギー基金』の佐藤彌右衛門氏に、(あの巨大な)サンチャイルドを寄贈した」からである。この事実の明確な証拠はそもそもヤノベ氏のHPに書いてある。

新しいモニュメント構想に続き、ヤノベは続けて、かつて2012年に福島ビエンナーレに出品した《サン・チャイルド No.1》の寄贈を佐藤氏に申し出た。 会場にいた誰もがまさか!と唖然の表情を浮かべるも、佐藤氏は快く受け入れ、急遽《サン・チャイルド No.1》の寄贈式も執り行われることとなった。

そして、この「トーク」の司会は「基金」の評議員でもある赤坂憲雄氏だった。ちなみに、この「ギャラリー」は元々は「基金」の所有で、今は佐藤氏が代表取締役副社長である飯舘電力の所有、赤坂氏は運営委員長を続けていると思われる。両者のディレッタントぶりが良く出ている。

「福島未来研究所」は、実質的には長年にわたり福島市の公共事業を独占してきたとも言われる、「ゼネコン」佐藤工業である。一方佐藤弥右衛門氏と赤坂氏の「ふくしま自然エネルギー基金」は、反原発でメガソーラー推進の基金である。単純にこの二つは「地方財界人組織」としては近いのだろう。福島市への寄贈で露骨に「~基金」が出ると、「反原発・メガソーラー」が表立ってしまい、「聖地化」がバレるので、「ゼネコン」を通したのか?単純にサンチャイルド保管・運搬は「ゼネコン」が請け負ったからか・・・?ポイントは、「~基金」は突然巨大なサンチャイルドを贈られて、どうやら持て余していたらしい、ってことだ。

以下長くなるが、http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-248.html から引用します。

赤坂氏は(事件の渦中2018年)8/26の福島民報「日曜論壇」で、「不安に怯えるカナリアよ」を平然と書いた。
http://www.minpo.jp/news/detail/2018082654732
魚拓 https://megalodon.jp/2018-0826-2010-09/www.minpo.jp/news/detail/2018082654732
「ギャラリー・オフグリッドが寄贈を受けた十分の一の模型にも、胸元に「000」という数字はない。その数字が「科学的」ではないと、学者まで登場して批判しているのを見て、あれあれ、と思った。」(中略)
「ゆるやかに、アートと公共と復興をめぐって、開かれた議論の場を作っていきたいと願う。」
だそうだが、その「模型」と共に、本物の「サンチャイルド」が、2016年に自分が司会を務めた「リレートーク」中に、目の前で、自分が役員(評議員)を務める「基金」に贈られたことは、全く「隠蔽」しているのである。科学、学者批判どころではない。この平然さは、人として問題があるのではないか?オレも「あれあれ」と思ったよ。アンタが隠蔽しながら「開かれた議論」は無理だ。

もちろんヤノベ氏から直接「寄贈」された佐藤彌右衛門氏も、ずっとウソをついている。
ふくしま自然エネルギー基金の「声明」(代表理事 佐藤彌右衛門)
http://www.fukushimafund.or.jp/770
このたび福島市にヤノベケンジさんのサンチャイルドが寄贈されました。
私たち、一般財団法人ふくしま自然エネルギー基金の活動理念に賛同し、再生可能エネルギーによる福島の再生に共感してくださったヤノベケンジさんから、10分の1サンチャイルド模型を当基金にご寄贈いただいたことがきっかけとなりました。

事実は「きっかけとなって本物も当基金に寄贈された。そこから何かがあって当基金から福島市に寄贈された、市公式発表および報道されている『ふくしま未来研究所』ではなく、」だ。

つまり、朝日新聞7/14の記事「てんでんこ 自然エネルギー100%  (27) アート」(石井徹)
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/img/asahisunchild.jpg/
「サンチャイルドは2年前、佐藤が代表理事を務めるふくしま自然エネルギー基金に贈られた。巨大さゆえに置き場所に困ったが、福島市が名乗りをあげ、寄贈が決まった。」
が正しかったのです。ヤノベ氏は記者会見で巧みに印象付けようとしている「福島市へ寄贈」ではなく、「基金」にサンチャイルドを寄贈したのです。

こうなるとこの「巨大さゆえに置き場所に困ったが、福島市が名乗りをあげ、寄贈が決まった。」に信憑性が出てくる。ウソにまみれたサンチャイルドを、置き場に困って子どもの教育施設「こむこむ」に「捨てる」とは、何事ですか?
(この記事は「基金」のHPに「ニュース」として載っているのだから、そもそも信憑性は高いのであるが・・・)

市長を含めウソをついているヤノベさん、佐藤さん、赤坂さん、まず真相を明らかにして、福島の子どもたちに謝罪するべきではないでしょうか?このままではあなたたち自身が社会的に終わってしまいます。


この「ウソ」問題は何も解決しておらず、赤坂氏は昨年県立博物館長を辞めて東京に消えた。
もう福島には関わらないのでは?
(追記12/13)
と思っていたら、赤坂氏はこの「サンチャイルドの挫折」が余程ショックだったのか、今年一月の月並み書店、じゃなかった岩波書店の「図書」にこんなことを載せていたらしい。
https://nindo.junyo-snow.com/2020/12/29/tett/
福島とそこに暮らす人びとがこの10年ふりまわされてきた分断と統治の図式は深刻の度を増しているのに、わたしたち(日本人)の知や学問が痩せこけている現実を突きつけている。その象徴はあいちトリエンナーレ2019の前年に福島で起きた「サンチャイルド撤去問題」だと筆者は指摘している。翌年の予行演習とも。

ははは、まだこんなこと言っていること自体が、赤坂氏が「サンチャイルド建立」の首謀者であったことの「自白」みたいなものでしょう。ちなみに当時の福島市民のアンケートはココに。
http://www.fullchin.jp/sunchild/anketo/10dai/10dai.html
なぜか「建立派」だったと思われる私人が公開しているので、中身は保証しない。しかし、ここに出ている福島市の一般人の声が、赤坂氏や佐藤氏を遥かに凌駕する知性と健全な感性を示して、事実を見通していた事は興味深い。田舎を見下したままの旧来的なリベパヨが退潮していくのは、当たり前だ。

佐藤氏は今回の「~ネットワーク」で再び登場したが、
大熊・双葉の「処理水タンク」は貴方のサンチャイルドと同じく、「置き場に困っている」。
この際海洋放出は認めて良いじゃないですか。サンチャイルドの福島市「こむこむ」への「不法投棄」より、遥かに良心的ですよ。ウソも実害もないですからね。
ついでにサンチャイルドも海洋放出したらよいのでは(今もバラバラで「保管」していることになっているのでしょう?ホントは違うと思うけど。まさか燃やしちゃたとか)?

こんな感じで、海へ。
大阪でラバーダックが橋に激突!大量の水を飲んで溺死しぺちゃんこに…
http://matome.eternalcollegest.com/post-2138217522676197101
プロフィール

shinobuyamaneko

Author:shinobuyamaneko
 福島県福島市の信夫山に住むネコです。
 2011年3月の原発事故以後、ネット上には「もう福島市は放射能高くてダメ!逃げてください!」「福島はチェルノブイリ以上!」「子供を見殺しにしないで!」等の「反原発の叫び」が溢れました。こういう「叫び」「脅し」の効果もあって福島に来る人は激減。街は沈み、市民もネコも「すぐに逃げてください!」に怯えながら、静かに暮らしていました。(←しばらくすると連中の嘘・デマがバレてきて、みんな元気になってきましたが。)
 この種の「叫び」の根底に、「反原発」の「福島壊滅ならば原発全廃にできる!大大大チャンスだ!」っていう「喜びの」心理はないですか?原発全廃の為にはまず「福島壊滅」が必要とばかりに、科学的、医学的、論理的に怪しい説、大げさな数字等が「連呼」「拡散」されていないですか?それが「正義」になっていませんか?
 信夫山ネコは「故郷福島壊滅」を「原発全廃」の手段に利用することに断固反対です。もし根拠がない数字や説の拡散による自殺とかの悲惨な「風評被害」が出たら、大人しい福島人も終には訴えたりするのかにゃ。そんな日の為にも、今はとにかくデマ、風評、誇張、脅し等を除染しながら記録するにゃ。(「リンクフリー」です 対「反原発」、対「放射脳」等での引用ご自由に)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
タグ

朝日 山下俊一 菅谷昭 子ども福島 中核派 プロメテウスの罠 有馬理恵 中手聖一 内部被曝 鼻血 アクロ 自由報道協会 週刊現代 阿部宣幸 丸森あや 真宗大谷派 和田酷子 岩田渉 雁屋哲 フレコン三浦 日野 津田敏秀 下地真樹 子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク 毎日新聞 朝日新聞 たんぽぽ舎 グリーンピース フクロウの会 小出裕章 田中龍作 武田邦彦 自主避難 女性自身 歴史改ざん みどりの未来 ZDF 坂本龍一 福島大学 佐々木るり IWJ 市民放射能測定所 市民科学者国際会議 上杉隆 NHK 武藤類子 佐藤幸子 明石昇二郎 双葉病院 山本太郎 東京新聞 広瀬隆 

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR