スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピロセ菌、「ふくしま30年プロジェクト」の呪い・・・一月リサイクルデマのまとめだにゃ

(固定された呼びかけ)
Ⅰ:朝日新聞2011年12月2日朝刊「プロメテウスの罠 第9回 我が子の鼻血 なぜ」(前田基行)の主人公「町田市の主婦 有馬理恵」は、主婦ではなく「従軍慰安婦ミュージカル」主演の「俳優座の社会派女優&日本共産党系活動家」です。TVにも出ています。完全に「フェイクニュース」です(リンク先エントリーの②を読んでください)。
有馬理恵主演CM「ハインツ・パスタ 牛肉とイベリコ豚の粗挽きボロネーゼ fitness class編」
https://www.youtube.com/watch?v=ARRA7cxE8jw 朝日新聞よ、どうしてこの人が「主婦」なのか?

Ⅱ:岡山大学の津田敏秀氏のいわゆる「津田論文」は、原発事故後の子どもの甲状腺がんの発見について、実は(著者の意に反して)福島県内で地域差が無い(=被ばく量と関係ない)ことを証明しています(リンク先エントリーの⑤を読んでください)

Ⅲ:カタカナの「フクシマ」が「福島はヒロシマと同じ核による惨禍の土地」という誤ったイメージを植え付け、差別につながるレッテルであると、脚本家の倉本聰さん、ジャーナリストの田原総一朗さんらも指摘しています。山梨学院大学の小菅信子教授は、著書「放射能とナショナリズム」で、「フクシマ」は「福島をエネルギー植民地から反原発の聖地として再植民地化して支配するための名づけ直しだった」と指摘しています。「フクシマ」使用に反対します。


ドカ雪に疲れてすっかりさぼっちゃたにゃ。うかうかしているともう震災後7年になっちゃうね。今回は、まだこんなことやっているのか、という呆れた事件の記録。

「ピロセ菌」と「福島出身講談師兼活動家」の「人殺し」デマ講演会

https://twitter.com/yuusuke171/status/949428949120987136
ユウスケルトン‏ @yuusuke171
「原発事故後、福島では甲状腺がんの多発だけでなく、突然死、心臓疾患、脳血管障害などが急増しています」
急増してるの?
聞いたことがないけど
1月5日 432件のリツイート 221件のいいね


これは1月20日に土浦で開かれた「活動家」二名によるデマ講演会のチラシだったが、波紋は結構大きかった。ちなみに反原発でメシを喰うピロセ菌の悪行はよく知られていると思うが、神田香織氏もその経歴を見ると社民から立候補して落選とか、あのノーベルフクシマいじめ賞のアレクシェビッチ氏の「チェルノブイリの祈り」を10年以上も前から講談化していたとか、まさに「活動家」そのもので、この二人が揃ったらどうなるかは、火を見るより明らか。そして決まりきったデマまき散らし講演の中身もさることながら、より大きな問題は、このトンデモ・イベントが、つくば市と教育委員会の「後援」になっていることだった。これで更に炎上。つくば市の人で、当局に抗議電話したという人たちもいた。本当にありがとう。

https://twitter.com/tsukuba_tsasaki/status/950940307708821504
佐々木徹‏ @tsukuba_tsasaki · 1月9日
つくば市と土浦市に、自治体として後援するのに極めて不適切なイベントであるとの意見をメールで、つくば市には電話でも伝えました。電話を受けた方は担当者に伝えるとのことで、どうなるかわかりませんが、対応結果を返してくれるかもしれません。見守ります。
mercury55‏ @mercury5506 · 1月10日
私もつくば及び土浦に電話しました。つくば市は担当対応で、複数の批判意見を受領している。申請時に政治的発言 批判は行わない事を条件として出しているが、公序良俗にかかるデマについては把握してなく、今取下げ含め検討中とのこと。土浦は担当不在で折り返し依頼中。きちんとした対応を祈ります


https://twitter.com/tsukuba_tsasaki/status/954199546388611074
林 智裕‏ @NonbeeKumasan · 1月18日
「東京壊滅デマ」に全く責任取らない広瀬隆氏の追加デマ講演会を自治体が後援なんてしちゃダメですよ。私も電話で両自治体にお伝えしました。

佐々木徹‏ @tsukuba_tsasaki
返信先: @NonbeeKumasanさん、@tsukubaisさん、@tsuchiura_cityさん
つくば、土浦両市に意見メールを送ったところ、土浦市から16日に後援は降りないという返事あり。
https://twitter.com/tsukuba_tsasaki/status/953618922758008834 …
ただ主催者に講演内容を再度照会するなど真摯に対応してくれたよう。まあ騙されてますね。(続く)


そして産経に記事が出た
「日本列島の全原発が危ない!」講演会 後援の茨城・つくば、土浦両市に政治的中立性、科学的根拠を問う声も
http://www.sankei.com/life/news/180118/lif1801180054-n1.html … @Sankei_news

https://twitter.com/tsukuba_tsasaki/status/953618922758008834
mercury55‏ @mercury5506 · 1月10日
承前 土浦市の担当者は広瀬隆がデマを広めているという事について調べは行ってくださっていたようです。それらの情報は確認していますとの言葉がありました。できれば、申請時に把握してもらいたかったけれども、今の時点でも良いことです

佐々木徹‏ @tsukuba_tsasaki
返信先: @mercury5506さん
意見を送っていた土浦市から市長名で返事がメールできました。結論としては後援を降りることはしないとのことです。
ただ、当方からの問題の指摘に対して、主催者に内容を確認するなど、真摯に対応してくれたようです。
5:24 - 2018年1月17日


そして・・・講演の内容は後援した自治体も騙されたと言えるような、最悪のものだった。
https://twitter.com/Sankei_news/status/954667147027873792
産経ニュース‏認証済みアカウント @Sankei_news
作家の広瀬隆氏、原子力規制委の更田豊志委員長を「人殺し」と罵倒
 →「日本列島の全原発が危ない!」と題した講演会で
 →原子力規制委の更田(ふけた)豊志委員長を「妙な名前の男」と呼び、「更田は人殺し」「首根っこつかんでぶん殴ってやりたい」などと罵倒

記事はコチラ
http://www.sankei.com/life/news/180120/lif1801200028-n1.html

ピロセ菌のこの「手法」は、11年7月に山下先生を「福島県内児童の被爆安全説を触れ回ってきたことに対して、それを重大な人道的犯罪と断定、東京地検に対し業務上過失致傷罪に当たるとして刑事告発した」ってやつと同じ、無責任な嫌がらせだ。どこに「過失致傷」があったのか?デタラメはヤメロ。
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-28.html 参照

https://twitter.com/mercury5506/status/955244205143552000
佐々木徹‏ @tsukuba_tsasaki · 1月20日
佐々木徹さんが産経ニュースをリツイートしました

これはひどい。こんな講演会を地方自治体が後援したことは許せない。
事前に伝えた大勢の意見を振り切って後援を降りなかった結果がこれです。両市はこのことをしっかりと見て、見解を示すべきです。

mercury55‏ @mercury5506
返信先: @tsukuba_tsasakiさん
土浦つくばに連絡。つくば市 講演会に担当を派遣し内容確認。内容について問題があると認識部内での報告行い、対応検討する
土浦市 電話対応者が講演へ行った。内容については福島への差別原子力関係従事者への差別がある内容と認識。市長部局と朝打ち合わせをし、今後同団体への対応を検討 続

mercury55‏ @mercury5506 · 1月22日
返信先: @mercury5506さん、@tsukuba_tsasakiさん
こちらからは再三指摘した通りの自体になっている。真摯に反省し、二度とこの関係団体への後援は取りやめるようにお願い。あわせて、川越にてまたやらかそうとしていることを伝え、土浦市の方は川越市から連絡があるときには対応したいとの回答。


https://twitter.com/slowslowfood/status/956039651076247552
hiroko‏ @slowslowfood
返信先: @TatsutaKazutoさん、@NonbeeKumasanさん
1/9につくば市教育委員会と秘書課に電話確認、1/11に風評被害や差別を煽らないでほしいと思い、環境省の試みや​​Fact Check 福島、「アップデイトふくしま」についても紹介とリンクをつけて秘書課にメール、1/15回答に対し1/18再度確認メール。
会場で浜通りから避難された方たちと少し話しました...
21:43 - 2018年1月23日

hiroko‏ @slowslowfood · 1月24日
弱っている人たちをデマで洗脳する政治的イベント、としか思えません。
「つくば市教育委員会としては提出された書類を中立的な立場で内規に従って判断した」 http://www.city.tsukuba.ibaraki.jp/14212/14263/001382.html … …
1/11時点で早野先生@hayanoの視点・論点「放射線教育の充実を」も、三菱総研のレポートもメールしています。

hiroko‏ @slowslowfood · 1月24日
つくば市の態度が土浦市よりも曖昧だったのは、恐れていた通り会場で会ったあるイベント関係者のせいじゃないかと思っています。
その人は私たち学生にとても優しかった。いろんな思い出のある人なので、めちゃくちゃ悲しい


https://twitter.com/NonbeeKumasan/status/954950357389422593
林 智裕‏ @NonbeeKumasan
当日様子を見に行った方の話によると
『チェルノブイリでDNA損傷された両親からどんな子供が生まれるか想像がつくでしょう
福島は今同じレベル。これからそれが起こると言う話でした。』とのことでした。
明確なデマです。
後援したつくば市、土浦市はどう責任取りますか?
21:34 - 2018年1月20日


ファクトチェック・サイトもこの事件を取り上げた。
http://fukushima.factcheck.site/life/1323
自治体がデマを拡散する講演会を後援 2018年1月23日
2018年1月20日、茨城県土浦市にて、土浦市・土浦市教育委員会、つくば市・つくば市教育委員会後援のもと、作家の広瀬隆氏の講演会が行われました。講演会のチラシには、「原発事故後、福島では甲状腺がんの多発だけでなく、突然死、心臓疾患、脳血管障害などが急増」「子どもの甲状腺がんは200人以上発症」「危険な汚染地に住民を戻す政策が強行」などの文章があり、また福島で放射線の影響によってヤマトシジミチョウに奇形が起こっているかのような画像も掲載されていました。


茨城は原発事故後「ホットスポット騒ぎ」で、一定の反原発・放射脳カルト基盤ができているのだろう。今の時点でダークサイドに堕ちた人はもう放っておくしかないだろうが、自治体がカルトを後援してはダメだ。そして福島県がガツンと抗議するべき。支持者が増えることは間違いない。もうそういうフェイズだ。時代の流れをよく読んでほしい。

「葬列デモ」がファクト・チェック・サイトに
ファクト・チェック・サイトと言えば、あの狂気の「葬列デモ」も取り上げられたにゃ。

脱原発デモでヘイトスピーチ――「被災地の子供の葬列デモ」「原発ガッカリ音頭」
http://fukushima.factcheck.site/life/1317
福島第一原発事故以降、脱原発を求めるデモが日本各地で活発に行われました。その脱原発デモのなかで、被災地へのヘイトスピーチともとれる事例が見られました。代表的な例が「葬列デモ」と「原発ガッカリ音頭」です。

葬列デモとは?

2011年9月1日および10月18日、大阪市にて「「命を守るデモ」実行委員会」および「原子力行政を問い直す宗教者の会」により「葬列デモ(葬列予報)」が行われました。このデモでは、原発の危険性や被災地からの避難(移住)、震災遺物の焼却拒否を訴えるほか、僧侶が先導するなか喪服に身を包んだ参加者が子ども用の棺を運びました。


この「葬列デモ(葬列予報)」について、後世の裁きの時に備えて、なるべく詳細を記録しておこうと思ってまとめたのが、当ブログのこれです。

信夫山ネコの憂鬱 カテゴリー「卑劣な葬式デモ」
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-category-15.html

この呆れたデモを思いついたのは、沖縄の基地反対活動に関わっていた、パヨク放射脳活動家の「アカイハナ 山下恵」で、震災前には茅ヶ崎で花屋に勤めていたが、11年3月15日に「放射能コワイ」で大阪に「自主避難」した。パヨク仲間の集会で、東京杉並だか中野の出身で大阪でカレー屋を営む活動家FATEsosei fusae、および阪南大准教授の下地真樹と知り合い、この3人が「実行委員会」となって、「葬列予報」を遂行した。なお、FATEは第一回葬式予報の実行直前に、東京で「しばき隊」の野間易道と会ってデモについてしゃべっていたようだ。アカイハナはその後橋本徹知事を嫌がって四国にまで逃げたが、2013年を最後にツイートは消えた。もしかしたら「これから死ぬフクシマの子どもの葬式」が、自分の葬式になってしまったのかもしれない。とにかくこの卑劣な葬式デモは、「自主避難者」のアイデアなのである。

https://twitter.com/sho_tada/status/954158199065796616
多田 将‏ @sho_tada
http://fukushima.factcheck.site/life/1317
あまりに酷くて全てに突っ込みたいところやが、最も許せないのは、記事にある通り「首都圏のためのインフラとして造られた原発の受益者であった立場の人たちがその事実を一切無視し、自分たちのエネルギー需要を支えてきた地域の人たちに対して一方的に侮辱していること」
17:06 - 2018年1月18日 199件のリツイート 152件のいいね


まさに(物理学者多田将さん何かブットンデてカッコイイにゃ)・・・今にしてこのキチガイデモを振り返ってみると、結局は原発宗主国である都会が、原発植民地である田舎を支配し、上からバカにしていることを表現した、陳腐な演劇的行為だったことに気づく。デモ参加者は、福島人を「政府・東電に騙されて被ばくする、原発植民地の無知で哀れな劣等人種が、自分らの子どもたちをその無知によって死なせてしまう」という、「悲しい物語」のアクターに作り上げていた。本当にまもなく福島の子どもが死ぬなら、「私の家で引き取るから、すぐに来なさい」という者が一人ぐらいはいそうなものだが、今に至るまでそんなのは一人もいない。と言うことは、彼らが「本気」で「まもなく福島の子どもが死ぬ」と思っていたとしたら、原発廃止の機運を盛り上げるために「フクシマの子ども」に死んでほしかったということである。あるいは、本当はそんなことはないと知っていながら、「福島の子どもの葬式ごっこ」をしたことになる。どちらにしても人間のクズ以下、サイテーの低レベル廃棄物である。

また、「実行委員」は、必死になって「デモには福島の人が参加している」、「参加者には福島に家族がいる人がいる」と見せかけていた。当時はそれは「葬式ごっこ」という非人間的犯罪行為を正当化する、「免罪符」なのだと思った。しかしこれはそれだけでなく、原発宗主国での所詮は上っ面だけの「運動」の価値観・文化に従う「フクシマの人」がいると見せかけることで、その価値観・文化の普遍性、正当性を主張していたのである。大阪は福島の原発の電力こそ享受していないが、やはり自分で原発は持たず、原発を田舎に押し付けて電力を享受している「都会=原発宗主国」であるし、「実行委員」のアカイハナは首都圏からの「自主避難者」、FATEは東京出身で、どちらも福島の原発の恩恵を受けていた。彼らはこのデモで、徹頭徹尾自分たちが望む、都合の良い「フクシマ人」像を好き勝手に描いていた。これは宗主国が植民地に自分らの価値観を押し付けて搾取しまくる支配的行為であり、サイードの「オリエンタリズム」と同じ「フクシマイズム」である。なお「推測」では、福島には下地氏の兄が住んでいて、この人は福島医大出身の医者で、放射線について下地氏とは意見を異にしている。つまり、「参加者には福島に家族がいる人がいる」は、ほんの少しだけ下地氏についての事実を含んで、あとはウソという悪質な「ダマシ」であった可能性が高い。

そして、こんな犯罪的な「福島いじめ」を「正義」だとして、「左翼」で沖縄出身の、配偶者は東アジアの出自を持つ、「搾取される人民に寄り添う」下地氏が行ったというスサマジイ倒錯ぶりには呆れるしかないが、ここには人間の理性を越えた深刻かつ根本的な問題があるように見える。反原発運動は「福島の為」と称しながら、根底で福島をバカにしている「支配的行為」だから、いつまで経っても共感を得られないのだろうと思うが、原因は他にもいろいろあるのかもしれない。ハンナ・アーレントによれば、大勢のユダヤ人をガス室に送ったアイヒマンは、「フツーのヒト」だった。ネコと違って人間は複雑で矛盾した、正義の集団いじめが止められない怪物だ。

毎日新聞の呆れた「他人事」報道
福島県のコメ全袋調査縮小が話題になったが・・・

https://twitter.com/mainichi/status/954169074119983105
毎日新聞‏認証済みアカウント@mainichi
「安全」だけど「安心」を感じてもらえるだろうか--。これまで以上に丁寧な情報発信を望む声が高まっています。 #福島県産米
17:50 - 2018年1月18日 159件のリツイート 66件のいいね

豊川 茂寿‏ @shigetosix · 1月21日
返信先: @mainichiさん
よくこんなクソみたいな事書けるな…
安心を疑わせたのはお前らマスコミだろ!
築地市場移転の時と同じこと言ってどうすんだ?同じ間違えを繰り返すなんて馬鹿だろ


https://twitter.com/JPN_LISA/status/954195899785273346
井上リサ☆只見川紀行・冬‏ @JPN_LISA
井上リサ☆只見川紀行・冬さんが毎日新聞をリツイートしました
毎日新聞がまた他人事の様な事を言っているが、今まで「安全」の構築に努力してきたのは現場の生産者と科学者だ。それを「安心」という市民的合意形成に導いていくのは、君たち報道機関の役割でもあろう。
367件のリツイート 254件のいいね


https://twitter.com/tonkyo_Vc/status/954372612284547073
はぐれチェロ弾きリベラル派‏ @tonkyo_Vc
はぐれチェロ弾きリベラル派さんが毎日新聞をリツイートしました
うーん、この新聞社の記事は一貫して「安心でなければ安全ではない」的なトーンで「安全」という概念を破壊してきたという記憶しかないのだが、この記事はその集大成ということだろうか。
196件のリツイート 125件のいいね

はぐれチェロ弾きリベラル派‏ @tonkyo_Vc · 1月19日
岩波の「科学」なんかも典型なのだけど安全と安心の縫い目を無理矢理にほどいてその結果「科学的に安全であることは安心を担保しない。故に安全でない」という様なポストモダン風の(従ってポモデモなんでもない)ギャグの劣化コピーみたいな戯れを延々と続けているという評価しか下せないのだが。
94件のリツイート 68 いいね


https://twitter.com/megurin3sei/status/954263594928975872
やどかり通せんぼ‏ @megurin3sei
やどかり通せんぼさんが毎日新聞をリツイートしました
毎年、福島の新米を食べてますよ?メッチャ美味しいし、不安なんて皆無。いい加減、中身の無い美麗字句だけを飾って、福島を侮辱するのはやめてほしい。こんなことを新聞社が書くから、風評が悪化するんです。
0:05 - 2018年1月19日
162件のリツイート 144件のいいね


毎日新聞のデマによる危険誇張報道例は、日野行介の煽り記事等多数あったが、

ついに福島県立医大が毎日新聞(日野行介記者)に抗議!!!注目にゃ  (4/28重要追記あり)
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-138.html
出た!毎日新聞日野記者のデマ記事に 早野龍五先生もプンプン丸だにゃ
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-152.html

記憶に新しいモノとしては、コレですにゃ。

毎日新聞の「底に溜まった」無知と悪意のデマ記事 バレた上に「表層水」的訂正で「決壊」 10/9追記:ついに「謝罪」
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-date-201610.html

アンタラがこういうことをしなけりゃいい、ってだけですがね。

「ふくしま30年プロジェクト」が久々に本性を現した
https://twitter.com/info_fukushima/status/955979165320138752
おしどり マコ・ケン勉強会「東電会見を追った立場から見た福島第一原発の今」
講演:おしどり マコ・ケン
日時:2018年2月11日(日)13:00~
参加費:無料
場所:チェンバおおまち3階 多目的ホール
《主催・問い合わせ》
NPO法人ふくしま30年プロジェクト
申し込みフォーム
https://fukushima-30year-project.org/?page_id=7862
3件のリツイート 2件のいいね

ひまわり‏ @powerpc970 · 1月24日
返信先: @info_fukushimaさん
福島30年プロジェクトって、おしどり何とかとか言うデマ屋を使って、30年福島を呪い続けるというプロジェクトみたいです
20件のリツイート 13 いいね


今頃「おしどりデマコ」とは驚いた。まだデマを拡散して脅すつもりか?なお「デマコ」はヘラヘラ笑いながら殺人予告した、反社会的「反原発お笑い自称ジャーナリスト」だ。

終焉に向かう「反原発」(7) 「反原発」団体「オペレーション・コドモタチ」の「殺人予告」
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-79.html 参照

「ふくしま30年プロジェクト」の本質はやはり「放射脳」だ。この組織は元々は「子ども福島」と密接につながっていた「市民放射能測定所」で、14年には幹部(NPO 市民放射能測定所 福.島 広報担当理事 「子ども福島」世話人)) だった阿部宜幸(被曝なう)が「相談者に対して過剰に放射能の危険を煽って、自主避難に追い込んだ」と自ら告白している、トンデモ犯罪的組織である。「ふくしま30年呪いプロジェクト」とか「反福島30年プロジェクト」と本名を名乗るべきだろう。

「子ども福島」が自ら「闇」を解明 「集まった募金は全て中核派診療所に使われた」
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-178.html 参照

何の反省も謝罪もなく、シレっと名称変更してNPO法人となったが、人間そう簡単に変われるモノではない。

https://twitter.com/NonbeeKumasan/status/956008457559298048
林 智裕‏ @NonbeeKumasan
林 智裕さんがふくしま30年プロジェクトをリツイートしました
はぁ。おしどりマコケン?未だに??
こんなデマゴーグに加担するなんて、ふくしま30年プロジェクトは全然ダメだね。
あなた達のプロジェクトとは別のプロジェクトで福島は未来に向かうべきだよ。
19:39 - 2018年1月23日
250件のリツイート 108件のいいね


https://twitter.com/kanna07409/status/956033667104694272
mizuki_kanna07409 ♥‏ @kanna07409
返信先: @a_wall_of_mindさん
中核派のフロント組織NAZENの呼びかけ人・山田真医師を呼んで講演会もやってるし。
21:19 - 2018年1月23日
mizuki_kanna07409 ♥‏ @kanna07409 · 1月24日
返信先: @a_wall_of_mindさん
最近、福島県認定NPO法人になったから余計やりたい放題みたいね。福島県もこんな団体を認定しなきゃいいのに。県がデマ屋を飼ってるように見えて気分が悪い。


https://twitter.com/kikumaco/status/957154693561573376
きくT(2/10 ビッグアップル)‏ @kikumaco
原発事故後生まれの子どもにも甲状腺検診をするべきではないかと質問した馬鹿ジャーナリストがいたけれども、彼女に「人権」とか「倫理」という概念はないのだろうか。そもそも甲状腺検診には倫理的問題があるのではないかという議論のあとにそのような質問をできる神経を疑う。おしどりマコだけどな
23:33 - 2018年1月26日
80件のリツイート 74件のいいね


バカな大人をしり目に、仙台駅に小さな強力部隊登場。みんなガンバロ~。
https://twitter.com/yuusuke171/status/961037728820346880
ユウスケルトン‏ @yuusuke171
仙台駅を歩いていたら小学生の集団からこんなものをもらったよ。
「オレも福島大好きだからな、応援してるよ!」と返して二人でニコニコしてしまったよʕ•ٹ•ʔ
16:43 - 2018年2月6日
490件のリツイート 687件のいいね


https://twitter.com/sawamama0371/status/961043747931791361
サワマンマ‏ @sawamama0371
仙台駅コンコースで、福島のかわいい小学生達が手作りの福島県紹介パンフを配付中。みんな貰ってあげて!
17:07 - 2018年2月6日
90件のリツイート 100件のいいね
 

https://twitter.com/rojyoko/status/961058772356513792
斉藤ロジョコ‏ @rojyoko
仙台駅で福島大学附属小学校の子供達が自分達で作った冊子を配っていた。読むと福島の柿桃米がどう作られ、そして安全だということをアピールしている。自由研究的なものは私もやったけど、広く人に伝えた事はなかったなあ。
18:07 - 2018年2月6日
222件のリツイート 256件のいいね


これが本当の「福島30年プロジェクト」だにゃ。もはや放射脳の出番は無い。
スポンサーサイト

福島ファクトチェック・サイト完成 11/26NHK警戒警報 「べぐれでねが」による鬼畜的バラバラ粉砕事件 他 追記:「べぐれでねが」が桃を買った場所発見

いよいよ寒いね~、今日は初雪だったけど、最初に元気が出る朗報だにゃ。

「福島関連デマ撲滅」のファクトチェック・サイト、ついに登場
Fact Check 福島 福島の未来へ、デマ・差別をストップ
http://fukushima.factcheck.site/
基本は「ファクトチェック」だが、次の記事が「所信表明」のようでインパクトがあった。
http://fukushima.factcheck.site/article/853
次世代への影響は「絶対にない」

早野 福島に事故後6年半経ってなお残る問題を2つあげるとしたら、まずは甲状腺の問題です。これはしかし、福島で今見つかっている甲状腺がんは被曝由来ではないということで専門家はおおむね合意している。

もう一つは、広島で仕事をされている丹羽先生にあえてお尋ねしたいのですが、遺伝に関する不安の問題です。福島県立医大が行っているこころの健康調査アンケートによれば、次世代になんらかの影響があるんじゃないかと不安に思うとお答えになる方が、いまだ全体の38%もいらっしゃる。しかし、広島と長崎のデータから言って、福島における次世代への影響はありえないわけです。

丹羽 そんなのがありえたら、花崗岩の多い西日本で遺伝的に問題が増えていることになってしまいます。絶対にない

早野 絶対にない


今後「ファクトチェック」が進むと思われるが、信夫山で「ファクトチェック」した最大の「フェイクニュース」はコレですにゃ。
朝日新聞「プロメテウスの罠 第9回 我が子の鼻血 なぜ」の「主婦 有馬理恵」は「俳優座の社会派女優&市民活動家」だ 証拠はここにある 「従軍慰安婦」「吉田調書」と同じく検証が必要だ(リンク先読んでください)

「フェイクニュース」と言えば、先週は「イバンカ基金」という、ありもしないマスゴミのデッチアゲがバレたにゃ。
https://www.buzzfeed.com/jp/kotahatachi/ivanka-japan2?utm_term=.chApopq45W#.eg0k6kZJP8
http://netgeek.biz/archives/105803

これで思い出したのが、福島の「県民健康管理調査」は東電が「出資」しているという、「市民」団体とツルんで福島をイジメまくった、毎日新聞日野行介記者の「フェイクニュース」だ。

「秘密会」は言語道断 しかし「子ども福島」で県民を代表する毎日新聞はフシギちゃん
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-112.html

日野記者の12年10/3の記事は「福島県の県民健康管理調査は全県民を対象に原発事故後の健康状態を調べる。30年にわたり継続する方針で、費用は国と東電が出資した基金で賄う。」と書いていたが、事実は「東京電力福島第1原発事故を受け、東電が福島県に対し、250億円の賠償金を近く支払うことが19日、分かった。県は県民の健康調査の財源とするため、健康管理基金に積み立てる方針。(12年12/19日経)」である。「東電が出資した県民健康管理調査なんて、隠蔽に決まっている」という印象を植え付けようというのが日野記者の意図だろうが、もしこの表現が正しければ、「交通事故被害者は加害者の出資金によって生活している」てなことになる。国の「出資」が可能なのは、「政府の株保有」と「独立行政法人への出資」だ。国が福島県の基金に出資してたら、完全な違法行為、犯罪だよ。「イバンカ基金」と全く同じ「フェイクニュース」だった。なお、日野記者は「市民団体」で有料講演を行う身の上だったのだから、自分の言い方では、これこそ「市民団体から出資を受けて講演を行った」ってことになる。

(それにしても福島県民代表として散々持ち上げた「子ども福島」が、この後中核派診療所に募金を使われて崩壊しても、日野記者は何のフォロー取材も行わないってのは、人間としていかがなものか?疑問は尽きない。)

最近では全く目立たない日野記者だが、過去の反福島「活動」がある程度まとまって見られるのはココ、
ついに福島県立医大が毎日新聞(日野行介記者)に抗議!!!注目にゃ  (4/28重要追記あり)
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-138.html
この後も、テロ朝「呆捨て」出演とか、いろいろありました。
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-date-201403.html
これらの「フェイクニュース」も、「ファクトチェック」サイトにぜひ載せてくださいね~(無断転載大歓迎です。信夫山はワタシが除染したデマ、「フェイクニュース」等の「中間貯蔵施設」です)。

前エントリーの日本学術会議に続いて、国連科学委員会(UNSCEAR)からも良い報告があった。ところが・・・
https://twitter.com/misaki_hattori/status/924350441906778113
服部 美咲 HATTORI Misaki‏ @misaki_hattori
「被曝影響 観察されず」国連科学委員会
(2017/10/29読売新聞福島県版)
「被曝による影響は観察されず、今後も出現しないと予測される」
「『甲状腺がんと被曝との関連性は見られなかった』と結論づけた」


https://twitter.com/pinwheel007/status/924484508556058624
あふらん/afran‏ @pinwheel007
「被曝影響 観察されず」国連科学委員会
2013年の報告書の内容に変更がないこと。現在2017年、4年経過しているわけで、この内容が広く周知されることを強く願います。昨年の記事も合わせてアップします。


UNSCEARの原版はココ
東日本大震災後の原子力事故による放射線被ばくのレベルと影響に関するUNSCEAR 2013年報告書刊行後の進展
http://www.unscear.org/unscear/en/publications/Fukushima_WP2017.html
讀賣福島版が報じたが、この他の全国マスゴミは報じない。

https://twitter.com/misaki_hattori/status/927287450669477889
服部 美咲 HATTORI Misaki‏ @misaki_hattori
(2017/11/6時点)
UNSCEAR2017レポートを報じたのは読売新聞福島県版と民友新聞のみ。
UNSCEARとWHOの講演会を報じたのは福島民報と読売新聞福島県版。
他紙とテレビメディアが国連科学委の不定期レポートが出たことをまだ報じていない。
1週間経過した。


まただよ。「もの言えぬ世の中」は「反アベ」の決まり文句だが、福島はマスゴミの「もの言わぬ自由」に苦しんでいる。

やっぱりキター、NHKがフクシマ礼賛デマ番組放送か?(多分)
11月26日(日) 午後10時00分
BS1スペシャル「原発事故7年目 甲状腺検査はいま」

http://www4.nhk.or.jp/bs1sp/x/2017-11-26/11/11211/3115256/

前回エントリーに書いたように、動物的カンが当たってしまい、やはり特集番組が画策されている。全くの憶測だが、現状では「周回遅れ」のNHKが、またまた福島disりをやらかしそうだ。要警戒。予測がはずれてほしい。

(11/21追記)NHKへの警戒モード高まる
https://twitter.com/kikumaco/status/932562413588582401
きくT(11/28ベアーズ12/3高松‏ @kikumaco
来週、NHKで福島の甲状腺検診についての特集番組をやるそうなのですが、誰が作るかで内容が180度違うから不安ですよ。
福島の甲状腺検診は人権問題だと考えています。検診を続けることは子供の人権を侵害しているので、即刻中止にするべき。
誰かそういう内容の番組作ってくれないかなあ
2:53 - 2017年11月20日


https://twitter.com/PKAnzug/status/932787431874609153
PKA‏ @PKAnzug
「NHKが今わざわざ取り上げる」という時点で嫌な予感しかしないけど、サイトの説明を見ると過剰診断にも触れてるし微妙ですな。個人的にとても気になるのが「最新研究を交え」の部分。疫学の津田あたりのトンデモを引っ張り出す言い訳かもしれん。
17:47 - 2017年11月20日


あり得る「デマ」としては、
1:福島で子どもの甲状腺がんが「多発」している、とする(「多発」=誤り 正しくは「多発見」である)。
2:「津田論文」を意味あるものとして「両論平気」で取り上げる。
津田論文は掲載誌Epidemiologyで既に多数のツッコミがあり、国連科学委員会、日本学術会議等でも否定されている。理由は従来の「100万人に1人程度」と、今回のスクリーニングは比較できないとか、「循環論法」になっている等だが、地元民の実感では、論文で「内部比較」としている、11年3月30日の空間線量を唯一の根拠として、東白川郡(会津を除き空間線量がこの日一番低かった。会津若松市街地で「ホットスポット」があるとかで会津を除外しているのだが、このイイワケもオカシイ。二本松の「ホットスポット」はどうするんだ?ご都合主義の極みだ)と二本松(この日は一番高かった)を比較していることに、「恣意的な操作」を感じる。11年3月の空間線量は、二本松より福島市がの方が高iい日が多かった(毎日テレビで数字を見て、「福島市が一番高いにゃ」とガッカリしていたから、よく覚えているのだにゃ)。増して、被ばく量は毎日の蓄積なのだから、これは最初からオカシイ。会津(案外がん発見数が多い)と福島(二本松より発見数が少ない)の比較では、「両者に差が無い」になってしまうので、必死にヘリクツをつけて避けたのだろうが、何と、こうして散々操作したこの東白川郡と二本松の比較でも、「差が無い」という結果なのである。つまり「内部比較」は完全に失敗していて、この結果は発見数に「地域差はない」、「空間線量(=被ばく量、とこの論文は扱っている)に関係ない」を証明しているのだ。ところがこれは、結論から省かれている。もう一つ「外部比較」もやっていて、それが例の「従来の「100万人に1人程度」と、今回のスクリーニングの比較」だ。これで30倍とか言っているが、そんなの論文なんか無くたって散々シロウトにまで言われたことだ。それなのになぜか、この論文が「甲状腺がんは空間線量の高低に応じた発見数だったこと」を証明した、という印象になって世の中に出回っている。フザケタ話だ。 
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-201.html の⑤参照
津田論文翻訳はhttp://besobernow-yuima.blogspot.jp/2015/10/2011201418.html
これからは、「津田論文は実は、福島の甲状腺がん発見率は、地域差が無いこと、被ばく量と関係無いこと、を証明している」という事実を広めなくてはならない。
3:世界の専門家の多勢は「放射線による発症ではなく、従来なら発見しなかったがんを高精度スクリーニングで発見している」なのに、「わからない」、「被ばくが原因の可能性は否定できない」に落とし込む。「多勢」と書いたが、これに異議を唱えた学術研究は「津田論文」一本しかなく、これは否定されている。現代で「天動説」を唱えるようなことだ。
4:「崎山基金」を出す。(前回エントリーに書いたように、NHKだけが「崎山基金」の電話番号付き宣伝を何度もやっている。)
5:「中核派診療所」を出す。
(ここの開所時のNHKのヨイショ報道は酷かった http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-178.html の⑤参照)
6:「自主避難者の不安」ばかり取り上げる。理屈抜きで、「安全だが安心ではない」のような、情緒的「弱者への寄り添い物語」の番組に仕上げる。

こんなところが予想される「デマ」だ。「ファクトチェック」をしっかりやらなくては。ネット上での予測は「どうせ両論平気だろ」だが、今頃作っているんだろうから、今から「警戒モード」で騒げば、(テロ朝の「ビキニ・フクシマ」みたいに)少しは気にするかも。

「国民的女優」がまたデマった。
吉永小百合、トランプ氏に物申す「広島や長崎も忘れないで」 11/6(月) 8:05配信  スポニチアネックス

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171106-00000069-spnannex-ent
女優の吉永小百合(72)が5日、来日したトランプ米大統領に物申した。「(ハワイ滞在中の3日にツイッターで)“パールハーバーを忘れるな”とおっしゃったようですが、広島や長崎、福島、そして第五福竜丸のことも忘れないでほしい」と語った。
(中略)
戦後を力強く生きた女性を演じた新作「北の桜守」は来年3月10日公開。


この人、福島の放射線問題が米軍の核兵器によって起こったことにしている・・・これはアホか、狂っているかのどちらかだ。で、「トランプ氏に物申す」って、誰か本当に伝えたの?伝えてないでしょ。何もしていないよね、最後の「自分の映画の宣伝」が目的だからにゃ。トランプも福島も必要ないじゃないか。この偽善性、偽社会正義が気持ち悪い。JR東日本のキャンペーンで、この人の顔が福島駅にドカンと貼ってあるが、見たくない。はがしてくれ。この「国民的女優」のフクシマ病については、

「風化させてはいけない」「福島の人には、もっと“怒り”を発信してほしい」・・・あっそう、じゃ、仰せのとおりに(吉永小百合への「違和感」)
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-191.html 参照

福島の農家が手塩にかけて育てた桃が、「アレな人」にバラバラにされ粉砕されるという凄惨な事件・・・
秋田の放射能測定室「べくれてねが」による、猟奇的事件があった。
https://twitter.com/kikumaco/status/930741526929465345
きくT(11/28ベアーズ12/3高松‏ @kikumaco
かの「べぐれでねが」の極めて不愉快なブログ。これに協力している東大の小豆川さんのコメントがほしいですな。いいのか、こんなのに協力して。いずれにしても、ばりばりの福島差別ブログですよ、これは 11/15


問題のブログはコレ
べぐれでねが 2017年 福島県福島市産桃(あかつき) 11/14
https://beguredenega.com/archives/15036 
アクセス増やすのがイヤな人は、「魚拓」で見ましょう。
http://archive.is/3zt5Q

秋田の放射能測定室「べぐれてねが」(「めたぼ」=斉藤拓也氏?)と東京大学助教の小豆川勝見氏による「共同研究プロジェクト」は、わざわざ福島に来て、農家が手塩にかけて育てた「あかつき」を「美味しかったのでとりあえず一箱買いますね」とダマして(「おばちゃん嘘言ってごめんよ」と本人が書いている)箱買いし、全てをバラバラに解体して粉砕したあげく、放射能測定器にかけるという、鬼畜的行為を行った。その結果は、セシウム134が約0.0329Bq/kg、137が約0.351Bq/kgだったそうだ。これで「セシウム134が検出されました」、「セシウム137が検出されました」と誇示し、「我が家の基準では子供はもちろん大人も食べることはありません。」と宣言した。以上がこの事件のあらましである。

https://twitter.com/yard_1957/status/930772264877924353
大森真‏ @yard_1957
(このモモを1日3個ずつ4ヶ月食べ続けた場合、内部被ばくは0.37μSvくらい.内部被ばくを特に危険視するECRRの換算係数でも1.7μSvくらい.食べないことに文句つける気はないが、哀れだなあと思う.あんな旨いものを)


ミリじゃなくて、マイクロですからね。こんなの誤差の範囲じゃないの?

https://twitter.com/Mihoko_Nojiri/status/930785815021494277
みほちゃん(55)‏ @Mihoko_Nojiri
前から東大はどういう立ち位置でやってるのか興味は持ってる。RT @kikumaco: かの「べぐれでねが」の極めて不愉快なブログ。これに協力している東大の小豆川さんのコメントがほしいですな。いいのか、こんなのに協力して。
 

「バーカ、二度と福島に来るんじゃねぇ!鬼畜はフクシマの呪いで氏ね」とでも言いたいところですが、ここはグっと押さえて、とりあえず、「べぐれでねが」は、「グレでねべが」と改名することを推奨しておきます。東大の人は自分の「研究目的」でこんなことやっていると、地獄に堕ちますよ。ナルホド、様々な差別が無くならないわけです。

もっとも、小豆川氏のツイッター https://twitter.com/sunbaiman/ を見ると、「立ち位置」も何も、小豆川氏=「べぐれてねが」と見えますが・・・

(11/20追記)
本日、「めたぼ」氏が人の良い農家のおばちゃんをダマして「あかつき」を買った桃の販売所の写真が一枚、ブログから削除された。もちろん「魚拓」には残っている。場所がバレるのを恐れてのことか?少しは人間の心が残っているのなら、こんな姑息な事ではなく、桃をバラバラにして粉砕した挙句食べずに捨てた事を、ちゃんと謝罪した方がいいと思います。なお、この桃販売所の場所が判明したので、載せておきます。
peach2.jpg←ブログにあった写真(現在削除、魚拓にあり)
peach8.jpg←グーグル・ストリート・ビューで発見しました。グーグルが撮影した2014年7月には、販売所は無かったのですね。青シートの中が資材かも。

どうせフルーツラインのあたりで買って、飯坂インターから帰ったんだろう、と思いました。地元民の土地勘をなめたらあかんよ。
県道312号線沿い、松川の橋よりちょい北です。
peach6.jpg
赤い矢印のところ(南向き)

ちょいと旧聞になってしまいましたが、「ミドリ生協」の事件
そうそう、前回エントリーの膨大さで、飛ばしていたが、9月にはあの「グリーンコープ」が、去年に続きまたしても福島差別をやっていた。

【生協】何がダメなの?復興応援で今年も福島県外し グリーンコープ連合
http://matomame.jp/user/arieru555/709a8130532005062f54
九州や中国地方など西日本の14生活協同組合でつくるグリーンコープ連合(本部・福岡市)がホームページに掲載している東日本大震災の復興応援企画に、被災3県のうち福島県の商品のみが掲載されていないことが23日までに、分かった。
 同連合は昨年、震災復興企画のギフトカタログに福島県を除外する形で「東北5県」と記載し、東京電力福島第1原発事故の風評被害の助長につながるとの抗議が相次ぎ、謝罪した経緯がある。
被災地でがんばっている生産者・メーカーを応援しましょう」と銘打ち、同連合が取り扱う宮城、岩手両県の事業者の商品を紹介しているが福島県の商品は一切掲載されておらず、インターネット上などでは福島県の除外について「批判を聞く気がないのではないか」などの声が上がっている。
 同連合は福島民友新聞社の取材に「経緯について今はコメントできない。今後、しっかりと説明したい」としている。


以上は9/24の福島民友新聞記事。こちらはnaoさんの「まとめ」。
復興応援企画チラシでは福島県産を外しても、2016年冬と2017年夏のギフトカタログでは東日本大震災復興応援企画ページに福島県産品を載せているグリーンコープ
https://togetter.com/li/1154753
去年の事件からの経緯が詳しく載っている。

このグリーンコープだが、ココ
http://www.greencoop.or.jp/heiwa/index.html
を見ると、所詮はアノ手の「政治団体」じゃね?・・・ということで毎度おなじみの「左側からの福島デマ、差別」かよ、って納得しちゃったのである。ま、いつものやつだが、福島を傷つける団体が韓国との「未来に向かって、連帯を確認する。」って、どういう冗談なのか?これがパヨクのロマンチシズムの真髄なのですね、実に気高く美しい、と一応書いておこう。

東京ではびこるデマ
https://twitter.com/hayano/status/930924129733054465 
ryugo hayano‏認証済みアカウント@hayano 11/15
(三菱総合研究所)東京都の男女1000人に聞いた.「放射線被ばくで,福島の次世代以降の人への健康影響がどのくらい起こると思いますか?」実に約半数が可能性は高いと回答.(憂慮すべき事態.起こらないことをきちんと伝えねば)
http://www.mri.co.jp/opinion/column/trend/trend_20171114.html


https://twitter.com/arthurclaris/status/931263160702480385
あさくら めひかりエスカベッシュ‏ @arthurclaris
あさくら めひかりエスカベッシュさんがryugo hayanoをリツイートしました
公立大学で、学外講師が「福島では原発事故の影響で子供達に甲状腺がんが多発しています」なんて崎山の関わってるウェブサイトを紹介したりもしてるんですから、こういう結果にもなります。

(以上は茨城だそうです。)

(11/21追記)福島民報が一面トップで取り上げた 大ニュースだ
放射線理解進まず 国主導の対策急務 三菱総研の都民調査 福島民報 11/21
http://www.minpo.jp/news/detail/2017112146948
 民間シンクタンクの三菱総合研究所が東京都民1000人を対象に実施したアンケートで、東京電力福島第一原発事故に伴う放射線被ばくで県民に健康障害が「起きる可能性がある」と考える人が半数に上った。同様の県民調査の約1・5倍で、国連機関が原発事故による健康影響を否定しているにもかかわらず、県外で理解が進んでいない実態が浮き彫りとなった。専門家は偏見や差別につながりかねないとして国主導で放射線教育や風評対策を強化するよう求めている。

早野先生のコメントもついていた。
福島の印象は原発事故直後の衝撃的な映像のまま固定化されてしまっている。今回の調査結果は、県内の子どもが結婚する年頃を迎えた時にいわれのない偏見や差別を受けかねない素地があることを示している。状況を変えるのは容易ではないが、国主導で放射線の正しい知識や科学的知見を粘り強く示し続けていくしかない。

今や重大問題は、「いわれのない偏見や差別」だ。ノラネコも粘るから、「国主導」もしっかりやってくれ。早野先生ありがとうございます。

河北新報の「確定的」デマ書評
今日仙台で「河北新報」11/19を見て仰天した「書評:はじめての原発ガイドブック 楠美順理著」
kahokusyohyo.jpg
一段目最後~二段目のアタマ:「発がんリスクは一般に被ばく線量が一定値を超すと高まる『確定的影響』とされるが、少ない線量でも常に若干の発がんの恐れがある『確率的影響』とする見方も存在するという。

おいおい、この世では発がんは「確率的影響」で、「確定的影響」は発がん以外だ(おっと忘れちゃいけない、遺伝影響は「確率的」だ)。その他間違いが多すぎて全ての指摘が困難。こんな短文が、線量反応や閾値のカオスになっている。いくらなんでも、著者でなく記者がバーカなのだろう(確定的)。誰もチェックできなかったのかね・・・マスゴミの低レベル廃棄物問題。最後の「正確な知識に基づいてしっかり意見を整理することは、世論を形成する市民の役割でもある」に爆笑、涙が出た。
(当たり前過ぎてバカバカしいが、一応 http://www.rist.or.jp/atomica/data/dat_detail.php?Title_No=09-02-03-05 参照)

こりゃ一生かけてデマ叩きしなきゃダメだべした。人(ネコ)生デマ叩きだにゃ、がんばるぞい。

信夫山ネコの予言が当たって「フクシマの呪い」で民進党崩壊中 その他小デマいろいろ 9/9追記 讀賣が「ホヨー」掲載って一体?

もうずっと前から秋だったのか、梅雨が開けなかったのか、よくわからないけど9月だにゃ。

前回エントリーのテロ朝大敗北以後、大きなデマテロは無かった。もう「反原発ファースト」共には、小者しか残っていないのかにゃ。とにかく記録を続けなくちゃね。

予言的中「フクシマの呪い」が、民進党に襲い掛かっている
今ミンシントーが音をたてて崩れているがねー(メンシントーに改名しなさい)、これは実は「フクシマの呪い」なのだにゃ。

「フクシマの呪い」とは
1:「反原発ファースト」共が「福島でホウシャノーによる健康被害ガー、人間が住むところではない!」等と叫ぶ
2:「政府が悪い、政府の責任だ」等と叫ぶ
3:「ってことは、当然事故当時の首相菅直人と民主党が一番悪い」(事実ですが)となり、神様が鉄槌を下す。


ま、これをやらかすのはリベラル、左翼、反自民に多いですから、「ブーメラン」の一種ですが、連中にとっちゃ「民主党政府」は「無かったこと」になっちゃっているらしいです。呪いのせいで、ずーっとアベ、自民だったと思っていて、それでやらかしちゃう。恐るべき「フクシマの呪い」だにゃ

この「フクシマの呪い」に気付いたのは、去年12月のエントリー220番
仙台からの自主避難者が選ぶ「流行語大賞」 柳美里さんの快挙 ノーベル賞の「呪い」 菅直人「被爆者が甲状腺がん」
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-220.html
ここでこんなことを書いていたよ。

「保育園落ちた日本死ね」が「流行語大賞」になったそうで・・・これそんなに流行ったのかね~?「流行語大賞」なんて、全く興味なし、こんなのど~せ政治運動の一環、「反体制」とか「野党」とか、「左巻き」の類がマスゴミに乗っかって印象操作してるだけでしょ、フクシマ・デマ経験からよくわかるにゃ。だけど、こんなことやればやるほど、「反体制」、「野党」や「左巻き」は落ちぶれるばかりだ。何故かって?それはね、「フクシマの呪い」なのです・・・

仙台から(!)「放射能怖い」で沖縄に自主避難したホウシャノー俵万智が、他人の作った言葉で「山尾志桜里議員」を大賞に選ぶという、政治がらみ暴挙をヤラカシたのが、「フクシマの呪い」の始まり。「山尾志桜里議員」はマスゴミ待望の「反政府ジャンヌ・ダルク」に仕立て上げられ、ヨイショしまくられて、遂にたったの当選二回で幹事長に・・・それが急転直下、今や業火で丸焼け。民進党自体まで焼き壊しそう、という「フクシマの呪い」を完全に予言していたのだ。ショギョームジョー国破れて山海の珍味だにゃ。

そうそう、このエントリーでは菅直人が自らブログで「フクシマの被者に甲状腺がんガー」という呪いをかけている、浅ましいザマも記録していた。もし放射能で甲状腺がんが発症していたら、一番の責任者は自分じゃないか。これじゃあねぇ・・・

その菅氏は8/29にドイツの反原発集会でエラソーに「福島に健康被害ガー、政府が悪い!(オマエだろー、政府って)」をやるはずだったのが(それもまた、呪いを深めただろうがね~)・・・
https://twitter.com/hayano/status/902478600288559104
ryugo hayano‏認証済みアカウント @hayano
Aug 29, ドイツで国際会議.明日は菅直人元首相の講演…あらら,キャンセルされているじゃん 之圖 → https://buff.ly/2iEXBgD

ryugo hayano‏@hayano
返信先: @JPN_LISAさん、@Tomieponさん
民主党代表選と日程が重なったためのようです


この代表選が今回の「呪い災害」の始まりだったにゃ。やっぱり「フクシマの呪い」ですよ。この他にも民進党は自分で呪いかけまくりでしたね。

民進党が呆れた「フクシマデマ」連発 「公党」でここまで酷いデマは初めてだ
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-215.html
6月同時多発デマテロ(1) 民進党アベ議員のデマの元ネタはデマ田實さんかにゃ
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-228.html
6月同時多発デマテロ(2) 隣国の大統領&共産党議員いずれも「訂正」 とりあえずまあまあだにゃ
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-229.html
(⑤オマケ、7/7民進党元議員の「オリエンタリズム」。
民進党・安井美沙子が暴言「被災地訪問意味ない」「飯館村村長は総理のお守り」)

ご愁傷さまです(前原氏はSLファンだから好きなのですがね。そしてワタシは震災前はミンシュ支持だったのですが~)。

「ほいどジャーナリスト」ピロキ菌が虫の息か?
いやー、ホントに小者、小ネタで恥ずかしいにゃ。ま、仕方ないから記録してやろう。ピロキ菌(民の肥新聞の鈴木ピロキね)なんて、これまであんまり記録していないのだが、とりあえずここに過去の悪行があった。
2015年 いよいよ信夫山書庫が役立つ時だにゃ REMEMBER 「反原発正義軍」の福島差別!
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-187.html
(④ピロキは福島の成人式に潜り込んで、「無断撮影」する危ないオヤヂだった。)

そして今回「ヒンシだにゃ」。
https://twitter.com/ayumu_kun2005/status/900005723106549761
https://twitter.com/NonbeeKumasan/status/900117672322416640
https://twitter.com/sasadango_tyo/status/899996688831533056
https://twitter.com/kei_chandler/status/900554533041917954
https://twitter.com/hi_kudo/status/901677360176435200
https://twitter.com/hashtag/%E3%83%94%E3%83%AD%E3%82%AD?src=hash
https://twitter.com/hashtag/%E3%83%94%E3%83%AD%E3%82%AD%E3%81%A7%E3%81%99?src=hash
https://twitter.com/GKasamx/status/903943211537784832

フクシマデマで散々儲けた悪質な「ほいどジャーナリスト(フリージャーナリスト=無料ジャーナリストとも言います。福島の林智裕さんはちゃんと「フリーランス・ライター」と言っていて、流石です。)ピロキ菌が、絶滅までもう少しだ。

しかし「バカも安身安身」もそうだが、コイツラはそもそも「ほいどジャーナリスト」だから、カネの無心なんて恥ずかしくも何ともない。あと一歩のところでゴキブリみたいに生き延びるのが常だ。また復活して、「フクシマデマ」をやりだすだろう。ビタ一文たりとも与えないことだにゃ。
https://twitter.com/GKasamx/status/903943211537784832
https://m.facebook.com/taminokoe/posts/427558537638892
https://twitter.com/NonbeeKumasan/status/904965875026890752
これは明らかに福島県民をバカにした「オリエンタリズム」だが、ほいどに言われてもバカにされた感じがしないってのは、新鮮な発見だった。ま、おんつぁだな。おだづな、福島に住んで除染しろっつの。したっけ知事も選べるべした。

ポポって何だっけ?何でマスゴミに登場しないの?それはね・・・
更に小者だが(こんなネタしかないってことは、嬉しいことです)、これまたツイートでフクシマデマをまき散らしてきたポポ(富山大学の林衛准教授、元岩波の「バ科学」編集)が、(またしても)大○カをさらした。
https://twitter.com/kanna07409/status/905260689240948736
mizuki_kanna07409‏ @kanna07409
あれほど、みんなに「違う」って言われたのに、「無視できる線量は年間10~20μSv」なんてスライド出してるよ。

https://twitter.com/kikumaco/status/905262086334201860
菊池誠(9/13ベアーズ、16伊賀上野)‏ @kikumaco
菊池誠(9/13ベアーズ、16伊賀上野)さんがmizuki_kanna07409をリツイートしました
年間20μSvなんて疫学で議論できる範疇を遥かに下回るトンデモ数値。東日本から西日本に移住するだけでもその10倍くらい増える。話にならない


ポポはこれまでここではあまり記録していません。その理由は中身がない、オリジナリティがない(だから影響力もない)からだと思います。何にでも首を突っ込むが、単なるトロール。ココが詳しいです。
PseuDoctorの科学とニセ科学、それと趣味  富山大学の林衛准教授に対する批判(発動編)
http://pseudoctor-science-and-hobby.blogspot.jp/2013/05/blog-post.html

何にでも絡んでいるが、オリジナリティがない。ポポは今や貴重になってしまった「福島風評加害大学教員」なので、朝日なんかが飛びつきそうなものだが、何故か全く出てこない。岩波出身のバックグラウンドも朝日・毎日向きですがね~、何かあるんでしょうね~、つーか、理由はこの「大○カ」だにゃ。流石のマスゴミでもこりゃ危なくて二の足踏みますな~。

「日本学術会議」発表を全国紙で讀賣だけが報じた。朝日は「日本学術会議会長」を載せていたのにフシギだにゃ?
朗報があったにゃ。

福島民友新聞【9月7日付社説】放射線と復興/不安にこたえる情報発信を 2017年09月07日 08時32分
http://www.minyu-net.com/shasetsu/shasetsu/FM20170907-202074.php
 放射線に関する科学的な知見を積み上げて、情報を丁寧に発信することが理解を深め、本県の復興を進めることにつながる。
 南相馬市が、交流都市となっている富山県南砺市、広島県福山市、岐阜県多治見市の協力を得て、南相馬市職員と、第1原発から遠く離れている3市の職員の外部被ばく線量を調査した。
 調査は、5月から6月にかけての2週間、各市それぞれ25人の職員が小型線量計を身に着けて測定した。生活時間が長い自宅の構造は木造で統一し、市内での居住地域も偏らないように配慮した。
 南相馬市放射線健康対策委員を務める坪倉正治医師がデータを分析した結果、1年間に換算した外部被ばく線量の平均値は、南相馬市が0・82ミリシーベルト、南砺市0・81ミリシーベルト、福山市0・79ミリシーベルト、多治見市0・72ミリシーベルトだった。
 結果について坪倉医師は「数値には自然界の放射線による被ばくが含まれている。南相馬は、原発事故の影響を受けていないとされる3市と、全体として大差がなかった。南相馬も含めてどの地区でも健康影響を考えるレベルにはない」との見解を示した。
 南相馬市の空間放射線量は原発事故後上昇したが、その後の除染や放射性物質の自然減衰によって市内の環境再生が進んでいることが調査で確認されたことになる。
 放射線に対する受け止め方は、人によって異なるが、正確で分かりやすい情報を発信し続けることが、放射線と本県の状況について正しい理解を促すことになる。こうした施策を次々に打ち出すことが復興の大きな糧になる。
 一方、国内の科学者を代表する機関「日本学術会議」は、第1原発事故による放射線の子どもへの健康影響をめぐる知見を整理、分析した報告書をまとめた。
 報告書では、第1原発事故は、チェルノブイリ原発事故に比べて被ばく線量がはるかに低いことや、胎児には影響がないことなどを指摘している。
 原発事故の発生から間もなく6年半がたつが、県内では、放射線に対する漠然とした不安が残り、避難指示が解除された後もふるさとへの帰還をためらっている人たちが少なくない。
 報告書では、放射線に対する不安をなくすために、地域に密着した対応ときめ細かなコミュニケーションの必要性を強調している。県や国には、科学的知見の積み上げと情報発信、そしてコミュニケーションに関わる施策の充実を求めたい。それは風評払拭(ふっしょく)という果実も生むはずだ。


しかし全国紙では、讀賣が頑張っただけ。
https://twitter.com/hayano/status/905748682896687104
ryugo hayano‏認証済みアカウント@hayano
日本学術会議 9/1の報告「子どもの放射線被ばくの影響と今後の課題」http://www.scj.go.jp/ja/info/kohyo/pdf/kohyo-23-h170901.pdf … 最初に報じた読売新聞が良記事.残念ながら福島版のみ.ネット掲載なし.全国紙 朝日毎日日経 そしてTVはどうした?


早野先生、いつもありがとうございます。讀賣は「紀伊民報事件」でも頑張ってくれた。頼りになるにゃ。佐々木俊尚さんも書いてくれた。
https://twitter.com/sasakitoshinao/status/905930681523605504
佐々木俊尚‏ @sasakitoshinao
日本学術会議がついに報告書。なのになぜかマスメディア報道が少ない。チェルノブイリと比べ「被曝線量がはるかに低いことを示し、不安解消に向けたきめ細かいコミュニケーションの必要を指摘」/被ばく線量「はるかに低い」原発事故(福島民友


コレがその報告書だにゃ。
子どもの放射線被ばくの影響と今後の課題-現在の科学的知見を福島で生かすためにー 日本学術会議報告書
http://www.scj.go.jp/ja/info/kohyo/pdf/kohyo-23-h170901.pdf

ところで2014年、朝日にはこんな記事があった・・・書いたのはあの「大岩ゆり」だ。
【朝日福島◆県民の生の声聞く機会必要 春日文子・日本学術会議会長 2014.11.7】関連ツイートまとめ
https://togetter.com/li/743036
「日本学術会議は昨年6月、県民に対する「被災者手帳」の交付を提言した。手帳には、長期的な健康管理のための健康手帳としての機能も持たせるというものだ。そうすれば県民が将来、国内のどこに住んでも、健診などを受ける権利が保障できる
「県内の一部の自治体と同じくらい空間放射線量が高かった地域が県外にもある。そういった地域の住民が、県民と同じような検査を受けられる態勢を整えるべき」「検査の意味や…不利益も十分に説明した上で、検査を受けたい住民は甲状腺などの検査が受けられるようにすべきだ」


おいおい、「被爆者手帳」かよ?宮城や栃木で「甲状腺がんガ―」ですか?「空間線量が高かった」じゃなく(高いってどれだけ?)、どれだけ(甲状腺ならヨウ素内部)被ばくしたかが問題じゃないのか?これは差別と不安の拡大拡散にしかならない。無責任BBAの言いっぱなしだ。

つまり、朝日新聞は、「日本学術会議会長」の無責任ヨタ話は載せて、「日本学術会議」の正式発表は載せないのだ。掲載基準は「福島を不安にする情報は載せる。安心させる情報は載せない。反原発の妨げになるから」なのだ。こうなったらコレだにゃ。

朝日新聞「プロメテウスの罠 第9回 我が子の鼻血 なぜ」の「主婦 有馬理恵」は「俳優座の社会派女優&市民活動家」だ 証拠はここにある 「従軍慰安婦」「吉田調書」と同じく検証が必要だ(リンク先読んでください)

「フクシマの呪い」を食らえ。

(9/9 追記)
讀賣が「ホヨー」を取り上げるって一体!?
 ④でせっかく「頼りになる」と書いた讀賣が、あの「フクシマでは今でもこどもたちが外で遊べない」というデマで福島を貶める「ホヨー」を福島版と全国版で取り上げて、福島人のツイッターは騒然となった。どうなってんの?

https://twitter.com/banshomachi601/status/906380735027625984
進撃のぴょ神‏ @banshomachi601 · 3 時間3 時間前
ずいぶんひさしぶりにツイッター再開しました。再開したのは、あまりにも腹が立つ新聞記事を見つけたからです。
読売新聞福島版に載った記事です。福島では多くの人々は普通に外で遊んだりしています。まずはそうした現実を踏まえ、記述した上で、保養という現象に触れるべきではないでしょうか。
さらにひどいことに、全国版にも保養の記事が載っています。ピンチではなくて、役目を終えようとしている、というのが実情ではないでしょうか。


https://twitter.com/arthurclaris/status/906288730641637377
あさくら めひかり(フリット)‏ @arthurclaris
読売新聞さん、この記事はあんまりやで。
「福島の子 招待活動ピンチ」「「保養」支援 資金・人材難で」
「神奈川県鎌倉市では先月、福島の親子約90人が寺に宿泊し、海水浴やスイカ割りを楽しんだ。9歳、6歳の息子2人と参加した福島市の女性(43)は、「外遊び以外にも、食生活のことなど不安は消えない。考え込まずにいられる時間があると、精神的に助かる。」と話した。」

福島県内には、鎌倉市よりも水のキレイな海水浴場が幾つもあるというのに。
食生活について言えば、普通に食事をしている分には影響など皆無だというのに。
そういう事実も伝えるべきじゃないか。


https://twitter.com/koduck_psyduck/status/906291291188748288
コダック・ヤキソバーニ@ローガンの貴婦人‏ @koduck_psyduck
|3・)あれねぇ~無料とか低価格がゆえに参加してる人達も多いので、もはや放射能云々じゃなくなってるんですよ。団体側もオルグという目的がある以上やめるにやめられず。行政をあてにしてまで続ける意義なんざもはやゼロなんですけどね>RT

mizuki_kanna07409‏ @kanna07409 · 9 時間9 時間前
返信先: @koduck_psyduckさん
保養から帰ってきたら、また次の保養に送り出す人もいるみたいですね。
夏休みって子どもには嬉しいものでも、親にとっては面倒なものであったりしますから分からなくはないですが、いつまでもいつまでも他人のカネをあてにするのも如何なものかと思います。

コダック・ヤキソバーニ@ローガンの貴婦人‏ @koduck_psyduck · 9 時間9 時間前
|3・)ほとんど無料保育園と化してるわけで・・・結局あの記事って行政からの支援をアテにしたいという思惑で記者に書かせたものなので、参加者も主催側もとことん甘ったれた連中ばかりとしか言いようがないです。

赤間道岳‏ @m_akama · 9 時間9 時間前
子供が行った先で延々と「ほうしゃのうのきょうふ」「あくぎゃくひれつなアベのいんぼう」とか吹き込まれそう。(偏見)



今や福島でこども達は普通に外で遊んでいる。ところが代表的な「ホヨー施設」である、沖縄久米島の「球美の里」のHP
https://www.kuminosato.com/mokuteki 
の「私たちの目的と運営」にはこんなウソが書いてある

場所によっては、チェルノブイリでは人々の居住が禁止されている区域と同じレベルの放射線量がある地域に子どもたちが住んでいます。(←一体どこのことなのか?デタラメではないか。)

「沖縄・球美の里」は(中略)汚染されていない食物を食べることで、体内被曝の進行から解放され、抵抗力、免疫力をつけることを目的としています。(←福島で「体内被曝(って何?)の進行」があるという趣旨だが、福島でだって食物は汚染されていない。一体何の事を指しているのか?デタラメではないか。)

「ホヨー」は、福島への「風評加害装置」という側面があることは否定できない。また、実際に2014年に、「ホヨー」で「支援金・義援金ゴロ」が絡んだ不正行為が起った。

「子ども福島」が自ら「闇」を解明 「集まった募金は全て中核派診療所に使われた」
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-178.html
ここに、東日本大震災後から「キッズウィークエンド~福島こども保養ツアー~」と呼ばれるプログラムが加わった。福島の子供たちに2泊3日のスケジュールで、郊外の自然のなかなどで過ごしてもらう取り組みだ。今年も150人が参加した。420万円ほどかかる費用の多くは協賛企業などからの寄付で賄われている。

だが、この一部が保養担当者によって私的流用されたことが発覚した。関係者が説明する。
「協賛企業が、自社商品の売り上げの一部を助成金として保養ツアーに寄付しています。ツアーの運営は福島市にある『子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク』(以下、子ども福島)という団体。ところが、ここの保養担当者Y氏が経費を不正に精算し、二重、三重請求していたのです」


「ホヨー」が反社会的行為、犯罪の温床となることも否定できないのである。
なお、「子ども福島」の「保養班Y氏」については、当の「子ども福島」HPの「Q&A」にも詳細が出ている。

https://twitter.com/misaki_hattori/status/906228229224136704
服部 美咲 HATTORI Misaki‏ @misaki_hattori
①2017/9/9読売新聞福島県版。「保養」のニーズが依然高いという記事。しかし「ニーズがどのくらい高いのか」という数字が一切出てこない。「保養」をうたう複数の団体の語りを列挙するのみ。

「ホヨー」のニーズが高いって?例えばこの団体の今年春の「ホヨー」には、4人しか参加していない。
福島子ども保養基金
https://www.fukukko-hoyou.org/

https://twitter.com/NonbeeKumasan/status/906403307723165696
林 智裕‏ @NonbeeKumasan
返信先: @Df1970Mizueさん
ここに問い合わせ先があるので

https://info.yomiuri.co.jp/contact/index.html
ちょっと、本社に事情を確認したいですね。
法人ですから担当者によって記事の質に違いはありますが、この内容は酷いです。


丁寧に誠実に聞くのであれば問題ないと思うので、皆で問い合わせしてみませんか?

https://twitter.com/NonbeeKumasan/status/906402397202685953
林 智裕‏ @NonbeeKumasan
林 智裕さんがAkoをリツイートしました
「圧力」をかけたり「糾弾」をするつもりはありません。
https://twitter.com/heart8255/status/905776032094887937 …
今まで福島に関して誠実な取材や記事を続け、先日もこうした記事を出したばかりの読売新聞福島版が、突然こういう記事を出すのは整合性が取れないのです。
別の担当者の暴走?でしょうか。


まったくです。これじゃ讀賣にも「フクシマの呪い」がかかっちゃうよ。
(この先に追記9/10がありましたが、あまりに長くなったので、次エントリーに独立させました。)

奇祭「311反原発ファースト祭」は結局ショボかった 左翼の「われわれは風評被害を増殖させなければならない」発言 ほか

奇祭「311反原発ファースト祭」、その後の3月末「自主避難者援助終わり」反対のための、「数年前の自主避難者イジメ掘り起し」は盛り上がったのかにゃ?

結論から言うと、「祭」は大したことは無かった。みんな厭きたのだろう。むしろ、これまでとは逆の、「福島について事実を語る」方が目立ったかもしれない。「数年前の自主避難者イジメ掘り起し」は、「森友学園」で「アベ政治を許さない!」のリソースが消費されてしまい、吹っ飛んだようだ。とにかく記録しなくちゃ。

3/8山陰中央新報の、すんばらしい「論説」。
山陰地方の新聞の論説が、快挙だった。ネット上でかなり話題になったが、編集部へのメールでお礼した人も多かったのではないだろうか。あまりに正しいことを言っていて、うれしかったにゃ。
論説 : 東日本大震災6年・被災地差別/放射線の正しい知識を
http://www.sanin-chuo.co.jp/column/modules/news/article.php?storyid=564053033
東日本大震災と東京電力福島第1原発事故から6年を迎える。被災地の復興は多くの課題に直面しているのに加えて、避難者らに対するいじめや差別が相次いでいる。憂慮に堪えない。こうした問題の原因は放射線に関する根拠のない不安であり、正しい情報の発信と知識の普及が不可欠だ。行政はもとより、報道の責任も重大である。

福島県は、避難区域以外なら放射線量は十分に低く、通常の生活を営むのに健康のリスクはない。福島県産の農林水産物については放射性物質の厳しい検査が行われており、とりわけコメは「全袋検査」が実施されている。これまでに不合格とされたコメは一袋もない。福島産の食品は日本一安全だと言ってよいだろう。

 差別意識が広がる原因は明らかだ。放射線に関する正しい知識が一般常識になっておらず、人々はインターネット上などの怪しい情報に振り回されがちになる。一部の学者やジャーナリストが根拠の乏しい危険をあおる情報発信をしてきたことによる影響も大きい。メディアも、安全に関する確かな事実よりも健康不安を強調して報道する傾向はなかっただろうか。


「まとめ」もあります。
『東日本大震災6年・被災地差別/放射線の正しい知識を』(山陰中央新報:2017/03/08論説記事)に対する評価
https://togetter.com/li/1088564

3/9読売新聞の快挙「福島県産「安全」に万全」
28 面全部を使った、デッカイ記事だった。
https://twitter.com/fukusima88/status/839602190406733829
リゲル @fukusima88
2017.3.09 読売新聞特別面
福島県産「安全」に万全
風評払拭へ徹底検査
コメ 流通前に全袋検査
福島県の農水産物は厳重な放射性物質の検査を受けている
検査は2011年から行われていたが、全国版で詳細に報道されたのは初めてでは?


https://twitter.com/itoi_shigesato/status/839900288039333888
糸井 重里‏認証済みアカウント @itoi_shigesato
糸井 重里さんがリゲルをリツイートしました
「知ってくれ!」とさんざん言ってたことが、とうとう読売新聞に。遅いぞということでもあるけれど、これが出ることで伝わる人たちも増えるのはありがたい。


3/16ところが・・・台湾で風評加害する春日文子氏って、何なんだよ?
日本人専門家、台湾に慎重な対応呼び掛け…福島などの食品輸入めぐり 2017/03/16 (台北 16日 中央社)
http://japan.cna.com.tw/news/aeco/201703160011.aspx
国際研究プログラム「フューチャー・アース」の春日文子氏は16日、福島第1原子力発電所事故以降、台湾で禁輸措置が続く福島など5県で生産・製造された食品の輸入再開について、台湾の政府は慎重に対応する必要があると持論を述べた。
春日氏はこの日、唐奨基金会と成功大学が主催する持続的な発展に関するイベントで講演。科学的観点から食品の安全性に問題はないとする一方で、人々は断片的な情報だけで恐怖に陥りがちだと指摘し、意思疎通の難しさを語った。
輸入解禁については「政治的問題」とし、台湾の政府は有害か無害かを示す科学的根拠のほかに、社会への影響なども考慮し、国民との意思疎通を重ねてから最終的な決定を下す必要があるとした。

(陳至中/編集:齊藤啓介)

「政治的問題」って、要するに.「科学的に安全でも、反原発ファースト的に安心ではない」ってことですかね。この人は、国家という「公」が、こんな不合理な偏見(要するに風評加害じゃないか)を政策とすることに賛成なのか(政治的決定って、不合理で感情的になりがちですが)。アンタは科学者じゃないのか?「安全でも安心じゃない」の裏には、必ずデマを吹き込んで不安を煽る「扇動者」がいる。そこには政治・経済的な利益目的がある。それを見ないで、ただ「民衆の感情がー」、と言うのは無理だし、そこにも政治・経済的目的が隠れている。台湾でコソコソと・・・しかし、こんな「呪い」は日本では言えなくなってきた、ということの証左でもある。むしろ日本では最近、福島ではなく、「築地市場移転」についてこの「呪い」が言われているらしい。「豊洲は科学的に安全でも、都知事選的に安心ではない」そうです。なお、春日氏はこの前まで「日本学術会議副会長」で、福島の「県民健康調査」検討委員だ。福島への風評加害が無くならないわけだ。

「311反原発ファースト祭」名物「呆ステ」はどうだったのか?
何だか今年は「足りない」感があったが、これは古館の「呆ステ」が無くなったためと気づいた。しかし今年も何かやらかしたらしい。もちろん見ていませんが。「見ていた人も少ない」感あり。
https://twitter.com/ando_ryoko/status/843252870380044288
安東量子‏ @ando_ryoko 3月19日
わたしも番組は見ていませんが、ネット上にあがている情報を見ると、ジャック・ロシャール氏が「(日本政府が)なぜ20mSvにこだわるのか」「理解できない」と言っているように番組では放映されていたようです。実際は、インタビューに訪れたテレ朝のスタッフが、
しつこく、20mSv、20mSvと聞くので、「福島では、実測値で20mSv/yを被ばくしている人はどこにもいない。なぜ現実に存在しない20mSv/yにあなたたち(取材者たち)がこだわるのか、理解できない」と答えたようです


3/10 福島のフリーランス・ライター林智裕さんの記事が、「ダイヤモンド・オンライン」に掲載の快挙。
「人殺し」と言われたことがありますか?福島とデマ、6年目の訴え
http://diamond.jp/articles/-/120730?display=b
ところが、たとえば武田邦彦氏は今もテレビのバラエティ番組などに引っ張りだこですが、震災当初から放射線の危険性を極端な言説で煽り、2012年には「あと3年…日本に住めなくなる日 2015年3月31日」とまで予言していました。

 広瀬隆氏は、著書『東京が壊滅する日─フクシマと日本の運命』(ダイヤモンド社)で、「タイムリミットは1年しかない」と煽りましたが、2016年7月17日で刊行から1年が経ち、同氏が自ら設定したタイムリミットはとうに過ぎています。

 これはほんの一例に過ぎませんが、たくさんの人生の選択に影響を与えた彼らは、何事もなかったかのように今も変わらず活動を続けています。荒唐無稽な言説で多額の利益や地位を得たはずですが、今も彼らは何の責任も取ってはいないのです。こうした事態に対して、社会は「言論の自由」として寛容なままですが、梯子を外された被災者たちの立場はどうなるのでしょうか。言論の自由とは、言論の責任を弱者に押しつけて力づくで搾取する自由なのでしょうか。


ダイヤモンド社も、ピロセ菌のトンデモ本を出しておきながら、ここまで林さんに書かせたというのは、二股、と言うかアリバイ作りをしなければならない社会情勢なのだろう。あるいは、会社の中でマトモな人が発言権を増やしていけるような社会情勢になってきた、と言えるのかもしれない。

なお、林さんが始めた「まとめ」には、この3月あたりのデマがかなり出ている。
原発事故後のデマ、具体的事例募集のお願い
https://togetter.com/li/1087850
(追記4/5)
当ブログのデマ記録も、無断転載で全く構いませんので、どんどん集めちゃってください。自主避難者が、本当の加害者はデマ屋、マスゴミだと気付いて訴訟を起こすまで、復讐の日までぐゎんばろう。

福島民友の特集「復興の道標・不条理との闘い」は良かったね
【復興の道標・不条理との闘い】「笑顔は困る」と中傷 被災者へゆがんだ視線 3/15 福島民友新聞
http://www.minyu-net.com/news/sinsai/michishirube/FM20170315-156483.php?utm_content=buffer2cf48&utm_medium=social&utm_source=twitter.com&utm_campaign=buffer
 「泣き悲しんでいないと困る」との中傷もその一つだ。国の原子力政策への不信感などを背景に、東京電力福島第1原発周辺地域を「原発事故被害の悲劇の象徴の地」として固定しようとする外部からのゆがんだ思いが、県民を苦しめる。西本は「原発に賛成、反対とは関係なく、私たちがここで生活しているということを分かってほしい」と願う。

「復興の道標・不条理との闘い」はココにあります。福島のキモチだにゃ。
http://www.minyu-net.com/news/sinsai/michishirube/

「女性自身」がまたまたデマ 規制庁が即カウンター
#女性自身 「放射能汚染が急増中」の記事でまた炎上
https://togetter.com/li/1094090
ryugo hayano@hayano 2017-03-25 16:10:19
平成29年3月21日女性自身の記事について | 原子力規制委員会 「平成28年9月から平成29年1月までの敷地内及び敷地境界のダストモニタのデータ及び敷地境界のモニタリングポストのデータに…異常な数値は確認されていません。」 nsr.go.jp/news_only/2017…


原発事故、放射能汚染を喜ぶ「放射脳」の記録はコチラにあった。
https://twitter.com/kanna07409/status/845561175337160704

原子力規制委員会が、迅速なデマ叩きをやったことは大きい。従って、

https://twitter.com/kikumaco/status/845498308025987072
菊池誠(4/8SilverWings)‏ @kikumaco
福島県は放射能デマに対してもっと毅然とした態度で臨んだほうがいいと思う。テレビ番組などについてもそう


https://twitter.com/NonbeeKumasan/status/845495576007340032
林 智裕‏ @NonbeeKumasan
もう、県はデマゴーグを毅然として訴えてほしい。
科学的な根拠や結果はすでに出ている。
この6年彼らを好きにさせていた結果、彼らが儲けた代償として最近でも済州航空の福島空港ドタキャンや中国の日本産食品撤去問題が出てきたし、避難者イジメだってもっと減らせた。
いつまで繰り返すのか。


今やこういう段階ですよ。

元TUF報道局長大森真(やぁど)さんの、月刊「ジャーナリズム3月号」記事
放射線問題は「定量的な考え」で判断を 福島県民として中央の報道に思うこと
大森 真(飯舘村任期付職員、元テレビユー福島報道局長)

http://www.fujisan.co.jp/product/1281682999/

https://twitter.com/pinwheel007/status/843363224883888128
大森さんが一番怒りを感じた記事は、13年9月毎日新聞の日野行介記者が、「数値が低く出やすい個人線量計」とデマった記事。そしてその日野記者は、「県民健康調査検討会」で、大森さんの部下に、「オレたちは煽ってナンボだろうが」とホザいていたそうだ。早くこの世から去ることをお願いします。こういう輩に煽られて、「安全でも安心ではない」などと言う「ポエム的」状況が生まれる。

(参考)
出た!毎日新聞日野記者のデマ記事に 早野龍五先生もプンプン丸だにゃ
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-152.html

(追記4/3)
日野記者についての証言(於 県民健康調査検討委)
https://twitter.com/kanna07409/status/755748473874427906
mizuki_kanna07409‏ @kanna07409 返信先: @heart8255さん 2016年7月20日
毎日新聞の日野にもお願いしたよ。「もっと多くの県民の声を聞いて欲しい」って。でも、日野の答えは「僕の記事を支持してくれる人もいますから」だった。だから、その時、この人たちは自分たちに都合のいい声だけ取り上げて世論誘導をする気なんだと思ったんだよ。

「支持者」の為に記事を書いている。「政治党派性」が疑われるところだが、マスゴミの中の「党派」問題については、⑩参照。単に記者個人の志向がどうこう、ではなく、もっと大きなスケールで存在しているようです。

月刊「ジャーナリズム」は、あのデマだらけな朝日新聞社発行で、その上この3月号には崎山比早子氏が「深刻化する甲状腺がんの多発 許されぬ政府の帰還政策 」を書いているという、「両論平気」が先の「ダイヤモンド社」どころでないのだが、爆笑なのは、問題の日野行介記者が「「隠す」「やったふりをする」「押しつける」民主主義を破壊する政府の「棄民政策」 」なる妄想を書いている事だ。民主主義の破壊にアンタの「デマ」「煽り」も加えてくなんしょ。そうそう、久々の「朝日新聞登場」だからね、この「特大デマ」は「風化させない」。

朝日新聞「プロメテウスの罠 第9回 我が子の鼻血 なぜ」の「主婦 有馬理恵」は「俳優座の社会派女優&市民活動家」だ 証拠はここにある 「従軍慰安婦」「吉田調書」と同じく検証が必要だ(リンク先読んでください)

そして大森さんの記事もう一丁、
https://twitter.com/kuri_kurita/status/840390436560683008
TUFが東京のキー局=TBSから、ニュースで「マスクして運動会に出る子ども」の映像が無いと無意味だ、「NHKはマスクの絵でいっぱいだった」とまで言われたが、実はNHKのは震災前からマスクして運動させていた小学校の映像を、「原発事故後、子どもはマスクをして運動しなければならなくなった」と偽って放送していた、という話。先の民友の「泣き悲しんでいないと困る」と同じですね~。NHKも捏造とはね、サイテーだにゃ。NHKの最悪・最凶のデマ番組は、11年12月28日放送の「追跡!真相スクープ 低線量被ばく 揺れる国際基準」だ。

NHKのデマ番組を「追跡!」していたら、「自主避難者」出演の番組まで見てしまった。危険なNHKの「没論理」路線。(1)
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-56.html
NHKのデマ番組を「追跡!」していたら、「自主避難者」出演の番組まで見てしまった。危険なNHKの「没論理」路線。(2)
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-58.html
NHKのデマ番組「低線量被曝 揺らぐ国際基準」のネタ元は、「市民科学研究室 低線量被曝研究会」?と思ったが、両者に「共謀」はなかった。いや?
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-59.html
(ここでは、一応「共謀」はなかったと訂正しているが、後日、やっぱり怪しいかもという情報が、寄せられた。やっぱり超怪しいのである。)
NHK「低線量被曝 揺らぐ国際基準」について 「あいんしゅたいん」坂東昌子理事長の疑問点
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-60.html

そのNHK福島に「崎山比早子」信者?がいるらしい
「311甲状腺がん子ども基金」なる崎山比早子氏の危険煽り反福島「市民」団体を、やたらと報道しまくるNHK福島。
https://archive.is/1yUyI
この団体、アワプラ、春日文子氏にも繋がっているようだ。
https://twitter.com/kazooooya/status/847695643149598724
ま、NHKの中にもいるんでしょ、「反原発ファースト」がウヨウヨ(あっ、サヨサヨと書くべきかにゃ)。何しろ中核派診療所をヨイショしまくっていたし。

(参考)
「子ども福島」が自ら「闇」を解明 「集まった募金は全て中核派診療所に使われた」
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-178.html

やっぱりパヨクが福島いじめの元凶で、マスゴミはパヨクだらけ。
前回の「反原発ファースト」で、マスゴミは(自分が最大の権力のくせに)「反権力」を気取っているので、「反原発ファースト」が多く、それが「福島いじめ、差別、風評加害等」につながる、てなことを書いた。しかしこれをもっとストレートに、「要するに左翼が福島いじめの元凶。マスゴミには左翼が多い」事を書いた人がいた。書いた本人が、朝日新聞記者で左翼というのが、「遂にここまで来たか」と思わせるものが(一応)あった。

「〝放射脳〟左翼」のみなさん、どうかお構いねぐ 3月7日 · 公開
https://m.facebook.com/notes/%E6%A8%8B%E5%8F%A3-%E5%A4%A7%E4%BA%8C/%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%84%B3%E5%B7%A6%E7%BF%BC%E3%81%AE%E3%81%BF%E3%81%AA%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%A9%E3%81%86%E3%81%8B%E3%81%8A%E6%A7%8B%E3%81%84%E3%81%AD%E3%81%90/1303497516400872/
背景を知らないので、ちょっとややこしいが、何となくわかったこととしては、

○樋口記者は宮城出身、学生時代は左翼運動をしていたらしい。「黒いヘルメットをかぶってデモもした」とも。
○朝日に入ってからも、その人脈、付き合いを続けている。
○「マスコミに行った人たちは」「東京新聞の中日新聞の元記者の人、元活動家のね」「左派の人」「マスコミにいった元左翼」「昔の同志」というあたりからは、マスゴミに相当数の「元活動家」がいることがわかる。道理で先のNHKの「311甲状腺がん基金」ニュースのような、おかしな発信が無くならないわけだ。

以下は酒井隆史という「現代思想家」の発言らしい。HGは樋口記者らしい。
「>マスコミのやつはね、ほんとに「放射脳」批判すごいよ。元活動家のマスコミ。これはもう共通してるんだよ。もう、ほんとにひどい。HGをはじめとして、大体話が合わなくなるのは、マスコミに行った人たちは、「放射脳」にたいして一斉におなじ言葉をしゃべりはじえる。例えばHG君が、典型的にそうだよね。「東北差別だ」と。「危険ではないのに危険だとあおっている。東北差別だ」と。」

本当のパヨクvs.マスゴミ(の元活動家)パヨク と言う構図があって、今ではマスゴミパヨクは、「放射脳批判」がすごいらしい。

矢部史郎という「現代思想家」は、こんなことをどこかに書いているらしい。
>われわれは「風評被害」を増殖させなければならない。より強く、より速く、「風評被害」の力を亢進させなければならない。
「もう書き写すのもバカバカしいから、気になる人はググってみればどこかに全文あるかもしれません。ようするに実証はもうあきらめたんですよ。測っても測っても納得させられるようなデータは得られない。2015年には続出するはずの死者もいっこうに明らかにならない。だから「風評」をひろげることによって「復興」政策に打撃を与えよう、それが革命運動だ、とかそういうことを書いてる。」


ま、やっぱり、そんなことだろうと思います。「福島差別」の元凶は左翼・パヨクで、この6年間の、現実の事例の多さから言っても、これを否定するのは不可能です(あの「葬列予報」実行委員の下地正樹氏もこんな感じで、「これは福島差別ではない」と言う詭弁もソックリでした)。ここに触れると、「お前は自民支持者だ」だの「アベ擁護だ」だのとキレる人が出ますが、これでは福島で生きる人を全て、「原発推進派」と呼ぶ事と同じになっちゃいます。特に政治に話を持っていきたいわけではないのですが(これやると、感情的な争いになりますからね、現代において政治って感情表現、でしょ・・・でも原発事故後の福島の科学の問題を、わざわざ政治問題化する人がいるわけです。さっきも台北方面にいましたね、そういう人。火の粉がかかってくるのであって、ワタシのせいではないのです。)、事実がこうなのです。そして左翼の人も認めちゃったわけです。

(追記4/3)
>ググってみればどこかに全文あるかも
見つけた人。
https://twitter.com/kanna07409/status/848558276140711936
(追記4/4)
なお矢部史郎氏は、11年3月12日に東京から名古屋に「自主避難」したらしい。
https://twitter.com/zhtsss/status/177693465273049088
この人の「放射脳」が革命の中心階級っていうユニークな主張だが、なーんだ、実は自分が「放射脳」なんだ。これで「風評加害=革命」ってのも解せる。そりゃそうするしかない。「葬列予報」発案者「アカイハナ山下恵」も、震災後すぐに横浜から大阪に自主避難したし、「子ども福島」代表中手聖一も、震災後すぐ岡山に自主避難した(その後自分だけ福島に戻った)。「反核」「反原発」(つまり大雑把に左翼)界隈で、3月の「自主避難」は、かなり多かったのではないか(連中自身のデマ・メーリング・リストなんぞで、煽られまくったに違いないし)。それも福島より、関東から西日本とかが。もちろん、あの界隈と関係ないフツーの人でも、一時的避難は結構あった。あの3月の不安定な状況では、とりあえず福島から離れるのは十分合理的だし、その後の変化に現実的に対応した人は多い。しかしあの界隈の人々では、それが今になっても福島の変化を受け入れられず、「あくまで自己正当化し続けるしかない」になっていて、福島差別につながっているのではないか?「認識があの時のまま」というのは、あの界隈によくある話だ。朝日新聞も3/12にいわき支局を閉鎖して自主避難したから、いつまで経っても自主避難者の味方ばかりやらざるを得ないのだろうし、日テレの原発取材から逃げた木下黄太も、似たようなもんだ。一種の「トラウマ」だ。「謝ったら死ぬ病」で、どうしても「あの時はともかく、その後福島は何とかなりました」と言えないのかもしれない。しかし彼らの「自己正当化」の為に、福島が差別、イジメにあっているとしたら、超迷惑な話だ。
「左翼=福島風評加害の元凶」というのも、「反核・反体制志向」等の「意識の高い」理由ばかりでなく、実は彼ら自身が(自分ら発の)デマに煽られて「自主避難」していて、その結果「自己正当化」せざるを得なくなっている、というカッコワルイ現実があるのかもしれない。昔の左翼は、「自己否定」でカッコヨカッタんですがね。ま、いくら難しそうなコトバを並べて「思想」を語ったところで、本質は「自分がカワイイ」だけってのは、よくある話。仕組みに納得はできます。人間ってそんなもんでしょう。

樋口記者は、「定量化」つまり科学で見て、福島が危ないだの言うのは無理だし、差別につながる、とマトモな事を言っているわけで、ここまでストレートな左翼批判は初めてかとは思うのですが(読んでいないのですが、もしかしたら千葉麗子著「さよならパヨク」が初めてかも)・・・

しかし、彼らマスゴミパヨクの「放射脳批判」が、さっぱり記事や番組に現れないところが、所詮マスゴミパヨクも「安全圏」でメシ食っているだけ、あるいは「反原発ファーストの暗黒面からの脱出」ができていないように見える。それとも、これから何か変わるのか?「東北の人間」のsoulは本物なのか?

春は春野さんで・・・
https://twitter.com/HarunoMatsumoto/status/842273539398893568
松本春野‏ @HarunoMatsumoto 2017年3月16日
「ふくしまからきた子」、昨年末、久々の増刷となったので、あとがきを書き換え、デマを記載していた参考図書を「知ろうとすること。」と、「はじめての福島学」にかえて、印刷所に入れました。間違った情報の入った書籍を世に出したこと、大変申し訳ございませんでした。文責は共著者の松本猛です


こんなことやった人、この6年で初めてです。偉いです。ありがたいです。本当に「暗黒面を脱した」貴重な人材ですにゃ。マスゴミパヨクも見習ってもらいたい。

(追記4/5)
シノドスが、開沼さん、林さんらと立ち上げたクラウド・ファンディングです。
「福島関連デマ」を撲滅する!――エビデンスベースの冷静な議論をするために
https://camp-fire.jp/projects/view/26293
「デマ・差別」事例をデータベース化し、科学的知見をリスト化することで、「福島関連デマ」の撲滅をめざします!

デマ撲滅!オレラの活動は、むしろこれからですね。ネット上の「エビデンス」を、奴らが削除して逃亡する前に、魚拓、スクショ等で保存しましょう(一見消えていても、キャッシュにある場合もありますよ)。ここにも掲載していきます。

「多発」誤用の元凶「県民健康検査」部会長辞任 「女性自身」は「除染地震」と改名したら? あの反原発による「葬式デモ」と根が同じ「自主避難者いじめ」

10月初めには、まだ昼間はかなりあったかいと思っていたけど、一か月経ったら晩秋を飛ばして冬だにゃ。寒いけど記録しなくちゃね~。まあ、いろいろあったにゃ。

「多発」を明らかに誤用(これは立派なデマですよ)した元凶の清水一雄氏、「県民健康調査」から去る部会長辞任

福島の甲状腺検査 評価部会長が辞表 「放射線の影響考えにくい」に疑問 北海道新聞 10/21 16:35
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/science/science/1-0329162.html
東京電力福島第1原発事故後に福島県が設置した県民健康調査検討委員会の委員で、子供の甲状腺検査を評価する部会の清水一雄部会長(日本甲状腺外科学会前理事長)が、検討委に辞表を提出していたことが分かった。清水氏は検討委が3月にまとめた「放射線の影響とは考えにくい」との中間報告に疑問を感じ、「部会長の立場では自分の意見が言えない」と辞任を決めたという。

(11/16追記・訂正)
最初に「去る」と書いたが、早とちりでした。「次回、開かれる部会で清水氏の辞任が決まる見通し。今後は部会員、委員として議論に関わる考えという。」ということだそうで、「部会長を辞任」が正しいです。すみません。

この人が「福島で甲状腺がん多発」発言の元凶だったらしい。2015年7月の「デマズ・ジャパン」がそもそもの始まりか?

https://twitter.com/kanna07409/status/638224064906063873
mizuki_kanna07409
‏清水一雄先生はDAYS JAPANの記事について、ちゃんと県民に説明して欲しい。
結局、あれで「多発を認めた」などと騒いでいるのだから。2015年8月30日

https://twitter.com/shun148/status/789606534384787456
shun‏@shun148
インタビューで清水氏が「多発であることは間違いない」といった時の「多発」は多数発見の意味であることは明らかだと思う。それをDAYSは「多発を認めた」と被ばくによる過剰発生を認めたかのような表現で伝えたのもひどいけど、それを放置している彼もどうかと思う。2016年10月21日


その「デマズ・ジャパン」の記事は、デマ薗師の発言をまとめた「まとめ」があるが、ここには清水氏の直接の「多発」発言は出ていなかった。

おしどりマコさん「甲状腺評価部会、多発を認める」 2015年6月22日
http://togetter.com/li/838041


しかし、同年12月の「道新」の記事

福島の子供、甲状腺がん新たに15人 昨年4月以降の検査で 北海道新聞2015/12/01
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/society/society/1-0207895.html これは会員限定なのだが、http://hokinet.jp/28.html で読めた。

2011 年3月の東京電力福島第1原発事故当時、18歳以下だった福島の子供たち約38万人を対象とする甲状腺がんの検査で、福島県は30日、昨年4月以降で計 39人に、がんやその疑いが見つかったことを明らかにした。原発事故と甲状腺がんの因果関係をめぐり、あらためて議論を呼びそうだ。福島市で同日開いた検 討委員会で、昨年4月~今年9月の2巡目の検査結果を報告した。これによると、がんと確定したのは15人、がんの疑いは24人。11~13年度の1巡目検 査でがんと確定したのはこれまでに100人、疑いは15人に上っていた。一般的に子供が甲状腺がんになる割合は「100万人に数人」とされ、福島ではこれ を大きく上回っている。1 巡目検査の結果について、福島県は1986年の旧ソ連チェルノブイリ原発事故で甲状腺がんが多発したのは事故の4、5年後からだとして福島事故との因果関 係を否定してきた。症状がなくても検査することでがんの発見確率が高まる「スクリーニング効果」によるものだとも説明してきた。2巡目でも新たな発見が相次いでいることについて、検討委後の記者会見で清水一雄・甲状腺検査評価部会長(日本甲状腺外科学会前理事長)は「放射線の影響かは結論を出せない」としつつも「多発していることは事実だ」と認めた。検討委の星北斗(ほしほくと)座長(福島県医師会副会長)は「チェルノブイリと比べて福島の被ばく線量は極めて少なく、放射能への感受性の強い5歳以下では見つかっていない」と説明し「放射線の影響とは考えにくい」と従来の見解を繰り返した。
これに対し、委員などからは「内部被ばくを考慮できていない」「チェルノブイリより線量が低いと明確に示せるのか」などと疑問視する声が出た。
専門家の間でも、福島事故と甲状腺がんの「多発」の因果関係をめぐる評価が割れていることが浮き彫りになった。(報道センター 関口裕士)


だそうで。ま、とにかく「道新」が清水氏のチャンネルであることで、アーララという感じだが・・・「道新」が結びで「多発」を既成事実のように扱っているのも呆れる。前にもどこかで書いたが、「多発」とは日本語では、「多く発生している」という意味である。現在福島で起こっていることは、甲状腺がんが、従来のがん統計よりも「多く発見されている」であって、「多発」は完全な誤用である。

http://dictionary.goo.ne.jp/jn/138188/meaning/m0u/
た‐はつ【多発】 [名](スル)
1 多く発生すること。「交通事故が―する」
2 多くの発動機を備えていること。

 
他の辞書も見たが、当たり前だが、「多発」には「多く発見されている」という意味は載っていない、皆無だった。清水氏が実際どういう意味で言ったのか、は関係ない。完全な「誤用」、小学校の国語のテストなら完全なバツ、一点も得られない。常識として、「同時多発テロ」が「同時にテロが発見された」わけはないし、第一、医学には「多発性何とか」って病気が沢山あるのだから、「多発」の意味も十分知っていたはずだ。「デマズ~」の取材に答えていること自体、「向こう寄り」なわけだが、「専門家」が「多発」と言う→「専門家が多く発症と言った」に化ける、迷惑千万なデマ発言だった。これが「『放射線の影響とは考えにくい』との中間報告に疑問を感じ」るココロからの「ねらい」だったとしたら、その罪は大きい。

酷犬こと和田酷子氏の「除染地震」じゃなかった、「女性自身」トンデモ記事
まず事件の「発生」はコレで。

「子供たちを被曝させるのか」「おまえは殺人者」 福島・国道6号清掃のボランティア活動、主催団体に今年も誹謗中傷80件
産経新聞2016.10.25 18:12更新
http://www.sankei.com/premium/news/161025/prm1610250006-n1.html
「子供たちを被曝(ひばく)させるのか」「おまえは殺人者だ」-。福島県沿岸部を通る国道6号で今月15日に行われた一斉清掃活動をめぐり、主催団体の関係者を誹謗(ひぼう)中傷するような電話やファクスなどが約80件寄せられた。当日は地元の高校生も参加したが、過度に放射線被曝の危険性を指摘する団体などから、通学する高校にも苦情や抗議があった。「故郷をきれいにしたい」との思いで汗を流した生徒たちも胸を痛めている。


去年もあったね~。
山下先生を弾圧したピロセが弾圧に反対 6国清掃が殺人 偉大な札学大生 「子ども福島」の歴史は回る ツダマンダー焼死等
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-201.html

とにかく、今年はフクシマ願望1000人が80人に減ったにゃ。そして(今年も)誹謗中傷記事を載せたのが、「女性自身」だった。

原発間近で“強行”された被ばく清掃…主催者女性は放言連発・前編 女性自身 10/29(土) 6:01配信
http://jisin.jp/serial/%E7%A4%BE%E4%BC%9A%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%84/disaster/26186
後編
http://jisin.jp/serial/%E7%A4%BE%E4%BC%9A%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%84/disaster/26192
全国で土壌測定を続けているNPO法人市民環境研究所の研究員で、第一種放射線取扱主任者の河野益近氏は、ホコリの吸い込みリスクについて、次のように指摘する。
「風で舞い上がった細かな土や砂は、雨に吸着するなどして地上に降りてきます。車のタイヤなどに付着して移動もします。だから、除染した場所でも、時間が経つと放射性物質がたまる場所がでてきます。人が呼吸によって放射性物質を体内に取り込むことも考慮しなければいけません」


くっだらね~、もう何が何でも福島が復興することが許せないんでしょ。「車のタイヤなどに付着して移動」なんて、似たような事を11年にあの「バズビー・サプリ詐欺」で大コケした国際デマ屋、ECRRクリス・バズビー師がほざいていたにゃ。化石だ。

「今、福島市内で」① 「子ども福島情報センター/市民放射能測定所」とCRIIRADという「反原発外人部隊」
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-31.html


ああ、懐かしい。そして、このデマ記事を書いた「和田秀子」は、11年から福島に対して似たようなデマ、誹謗中傷で「喰っている」のだにゃ。

「郡山で除染に参加しないと村八分」という「お話」の起源と伝播
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-49.html


相変わらず酷子だにゃ。土ぼこりの「吸引被ばく」なんて、そんなことが起こったというデータは、11年からどこにも報告されていない。そして「河野益近」氏とは、こんな人らしい。

https://twitter.com/fukusima840/status/793293672544481280
教務職員って何?と思ったら。「教務職員とは、戦前の副手(大学教員の最下級身分)の流れをくむ職種である。なお、国立大学法人化の行政改革と法改正にともない、教務職員制度は法的に廃止。」

つまり助手以下。これを「専門家」としているのは、とうとう女性自身の該当のような記事を書く人はここまで小粒な人にしか相手にしてもらえなくなったと思っていいのかな


「全共闘」、「教務職員」の「専門家」なのだろう。「和田秀子」@hideinu は「あの放射性セシウムの測り方では被曝を見積るのは無理ですよ.」とツイートした、卍泉㌠智紀卍 @jsdfq43wtr(この人は 東京電機大学理工学部准教授, 専門は計測・制御, ですよ)に対して、「きちんと専門家による検証を受けておりますし、そのデータも記載しております。もしよろしければ、お会いしてお話しませんか。」だとさ。文章で反論できなくなり、「会いませんか」ってのは、「白石臭」と同じで笑える。「団体」がバックにいる者が詰んだ時の、「もうやめて」という哀しい悲鳴だ。
https://twitter.com/hideinu/status/793259086238195712?lang=ja&lang=ja

その上あろうことか、「女性自身は「♯原爆」というハッシュタグを付けて、この記事をツイートしまくっていたのだにゃ。もちろんネット上では怒りの声が多数上がった。今や「こっち」が多数派。

女性自身【公式】 福島での国道6号清掃活動のツイートに無関係な #原爆 タグをつけてしまい炎上、、タグは誤表記とコメントするも記事の内容についてはスルー。 #女性自身
http://togetter.com/li/1042881#c3191539


「酷犬」@hideinu に噛みつかれた、主催の「NPO法人ハッピーロードネット」理事長の西本由美子さん、頑張って!今やヤツらを応援する連中より、奴らに呆れ、反感を持つ人の方がはるかに多いですよ。

「女性自身」は「除染地震」と改名したらどうか?その方が売れる。

③(追記)横浜の「自主避難者」いじめは、あの「葬式デモ」と同根の事件だ
いや~、酷い話があったね~。

原発避難の生徒がいじめで不登校 「菌」「賠償金もらってるだろう」 横浜市 産経新聞11月9日
http://www.sankei.com/life/news/161109/lif1611090036-n1.html
報告書によると、生徒は小学2年だった平成23年8月、横浜市立小学校に転校。直後から「菌」を名前につけられるなどのいじめを受けた。小5のときには、同級生に「(東電から原発事故の)賠償金をもらっているだろう」と言われ、遊ぶ金として5万~10万円を計10回ほど払わされたと証言したとしている。生徒はカウンセリングを受けているという。

さて、「いじめ」、「菌」で思い出すのは、この横浜のいじめと全く同時期の11年9月11日と10月8日に大阪で行われた、「反原発」による「葬列予報」という名の「葬式デモ」だ。何しろ「福島の子どもたちは、もうすぐ被ばくで死ぬから、早めに葬式やっておく」というトンデモナイ「福島忌避」、「究極のいじめ」が行われたのだ。1986年の「中野富士見中学いじめ自殺事件」の裁判では、「葬式ごっこ」は「被害者に苦痛を与えた行為」と認められ、多額の損害賠償が命じられたし、丁度今、多摩美大学園祭での、佐野健二郎氏の「葬式」が問題になって大学当局が調査を始め、多くのメディアが報じている。だが、この「葬列予報」は、あの当時「反原発」が蔓延させた「反原発正義・無罪」の空気、それこそ「もの言えぬ雰囲気」によって、何のおとがめもなく、どこも報じなかった。野放しだったのだ。

その恐るべき全貌は、当ブログに記録してある。これこそ「風化させてはいけない」、反原発による最悪の「福島虐殺事件」だ。ココに再び揚げておこう。

信夫山ネコの憂うつ 卑劣な「葬式デモ」カテゴリー
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-category-15.html

12月に計画中だった「第3回」は、心ある人々のネットでの批判と抗議によって阻止された。その後首謀者(発案者)のアカイハナ山下恵@peacemakerhanaのツイッターは13年末に「冷温停止」した。また、首謀者(実行委員)の一人、阪南大学准教授の下地真樹mojimojiXは別の事件で逮捕された。

阪南大学准教授逮捕!ナゼかあの卑劣な「葬式デモ」の関係者が続々タイホだにゃ
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-120.html

もう一人の首謀者(実行委員)FATEsousei fusaeは恐らく東京杉並辺りの出身で、今も大阪でカレー屋をやっているようだ。この「葬式予報」の参加者に、「福島からの自主避難者」がいたように見せかけていたが、これは連中の「免罪符」であって、本当の参加者に「福島からの自主避難者」がいたのかはわからない。後日判明したところでは、mojimojiXの兄が郡山にいて、この事を「家族が福島にいる人が参加していた」と称していたようだ。この兄は、弟に賛同してはいないようだ。賛同者には「子ども福島」メンバーがいた。首謀者山下恵は、茅ヶ崎からの「自主避難者」だった。

そしてこのキチガイじみた「葬式デモ」と同時期に、逆に「自主避難者」の子どもがいじめられていたのが、横浜の事件だ。なお、「遊ぶ金として5万~10万円を計10回ほど払わされた」(小5ですんごい額!)は「いじめ」ではなく、「犯罪」だ。

大人が「福島の子どもは放射能ですぐ死んでいくから、先に葬式やっておく」だから、子どもが影響されて「放射能ですぐ死ぬ福島の子をイジメておく」になるのは当たり前、根は一つである。あの当時「反原発」が蔓延させ、今も続く「福島忌避」が、このいじめと犯罪の原因だ。ありもしない「被ばく健康被害」で不安を煽り、必要のない「自主避難」に追い込み、挙句の果てにいじめ&恐喝被害へと導き、未だに福島への帰還を妨害し、自分らの政治的&金銭的目的に利用する、これがこの約6年間の「反原発」とそれを支えたマスゴミが成し遂げたことだった・・・

https://twitter.com/JPN_LISA/status/796850234487803905
井上リサ☆若狭原電紀行‏@JPN_LISA
新聞に、他県で避難生活を送る福島の子供への「いじめ」の記事が載っていた。反原発活動家たちが福島の子供達を「死人」に喩え、その棺を担いで行進する「葬式ごっこデモ」をやるぐらいだから、学校でもこういう事が起こるのは容易に想像できる。大人たちがやってきた事は子供も真似するだろう。2016年11月10日


https://twitter.com/nyoloro/status/796247871787966468
にょろ‏@nyoloro
https://twitter.com/nyoloro/status/796244559038541824 …このいじめとそれを見過ごしてきた教育関係者の行動が、未だに福島県産品や住民には何を言っても構わない、むしろ言う権利がある、その我々への批判は言論抑圧だ、とでもいうような一部の自主避難者含む大人達の行動パターンとよく似てるのは皮肉 2016年11月8日
プロフィール

shinobuyamaneko

Author:shinobuyamaneko
 福島県福島市の信夫山に住むネコです。
 原発事故以後ネット上には「もう福島市は放射能高くてダメ!逃げてください!」「福島はチェルノブイリ以上!」「子供を見殺しにしないで!」等の「反原発の叫び」が溢れてます。ネコはどこにも逃げられないから、もうノイローゼ気味。こういう「叫び」「脅し」の効果もあって福島に来る人は激減。街は沈み、市民は「すぐに逃げてください!」に怯えながら、静かに暮らしています。(←最近は嘘・デマがバレてきて、みんな元気になってきた感じだにゃ。)
 しかしね~、この種の「叫び」の根底に、「反原発」の「福島壊滅ならば原発全廃にできる!大大大チャンスだ!」っていう心理はないですか?原発全廃の為にはまず「福島壊滅」が必要とばかりに、科学的、医学的、論理的に怪しい説、大げさな数字等が「連呼」「拡散」されていないですか?それが「正義」になっていませんか?
 信夫山ネコは「故郷福島壊滅」を「原発全廃」の手段にされてはたまらんです。もし根拠がない数字や説の拡散によって、旅館の経営者が自殺するとかの悲惨な「風評被害」が出たら、大人しい福島人も終には訴えたりするのかにゃ~?!今はとにかくデマ、風評、誇張、脅し等を除染しながら記録するにゃ。(「リンクフリー」です 対「反原発」、対「放射脳」等での引用ご自由に)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。