「葬列予報」と「子ども福島」 そして「自主避難者」への「補償」について

(前エントリーからの続きにゃ)

「葬列予報」の実行委員と思われる、阪南大学経済学部の下地真樹准教授がツイッターで書いた「福島からの避難者の賛同」についてだが、これが「子ども福島」だろうということは、容易に想像がつく。なぜならFATE_SOUSEI氏のブログの「葬列予報」報告には、元々「子ども~」の銀行口座が載っていて、寄付を促していた。これについてFATE_SOUSEI氏は、「子ども福島」から予め許可を得たと書いているし、同組織の委員長=中手聖一氏や、幹部=札幌に自主避難した元福島西高教諭宍戸俊則氏は、「葬列予報」に賛同している。
(以上はまたhttp://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-46.htmlを参照)

なおこのFATE_SOUSEI氏のブログの「第二回葬列予報」報告ページのコメント欄では、「子ども福島」のメンバー=sisido氏が「子ども福島はこんなデモはしません」「口座を削除してください」と叫んでいる。この人は恐らく元福島西高教諭宍戸俊則氏の妻、宍戸隆子氏である。
FATE25.jpg

宍戸隆子氏は、12月5日の参議院「復興特別委員会」で、「自主避難者が福島に残った人たちになじられている」てなことを発言していたが、何をか言わんやだにゃ。確かに「子ども福島」は葬列予報に参加していなかったかもしれないが、「賛同」はしているのである。福島に残った者こそ「反原発」にいじめられている。国会はなぜ、「福島に残った者」の話は聞かないのか?

大体何だこれは?
http://twitter.com/#!/karuteka/status/143967225563451392
宍戸隆子氏は補償を目的に、計算ずくで大声を上げているだけではないか?

この手の「いじめ話」の根拠が怪しいことは、「郡山で除染に参加しない人に対し、非国民扱い、村八分がある」と叫んだ立命館大学の桜井准教授のブログ「郡山からのSOS」のコメント欄を見ればわかる。桜井氏はたった一人の話を基に「非国民扱い、村八分」の内容も確かめずに、これを書いて広めた。結局は突っ込まれて、自ら「郡山の日常です」「非国民扱い、村八分」等を消す羽目になっているにゃ。
(追記 なお、この時の「除染をさせない」署名は、署名開始後にようやく出来たという奇妙な主催者のHP~署名用紙すらない~によると、たったの4116だったようだ。これは全国署名だから、全国で「福島いじめのデマ」に乗っている「反原発」がこの位いる、という参考数字になる。もちろん「主催者側発表」だがにゃ。大した数じゃない感じがするにゃ。そして「市役所が強制参加させている」と「拡散」した和田秀子氏のブログ、コメント欄では、「実はたまたま市役所に勤めている人が、個人的に近所をまわった」という爆笑ものの言い訳がなされている。)

大体「反原発」の連中は最近は申し合わせたように一斉に、「自主避難者が残った者にいじめられている、非国民扱い、村八分」などと騒ぎ出した。一斉に叫びだした事自体、怪しい話以外の何物でもない。この話、また最近連中の間で流行している「除染はムダ、参加しないでください!」も、まさに「残酷な反原発のテーゼ」の一つだにゃ。残った者たちやボランティアに「除染」をさせない?「反原発」はどうしても「福島から自主避難」させないと気が済まないのか?いいかげんにしろ。「自主避難」も「残留」も個人の意思だ。どうして「残留者」を脅し、避難させようとするのか?「自主避難」がこのままだと「元が取れない」という恐怖心からなのか?信夫山ネコは他人に「避難するな」と言った覚えは無い。もちろん「帰ってこい」とも言わない。放っておいてくれにゃ。

この時宍戸隆子氏は「自主避難者に補償を」と訴え、それが実現しそうになっている。この補償そのものについては「18歳で区分した40万円と8万円の差額の根拠は何なのか?19歳はどうなるのか?」とか、いろいろ言いたいことがある。第一「自主避難」への補償は、「健康被害がある」からではないことを明示しなくては、「反原発」放射脳どもの付け入る所となる。

しかしネコにとって一番気になることは、「自主避難者」の県外での家賃は、既に福島県が負担している(最終的に国が肩代わりするにしても、まず請求書は福島県に来る。そのために働く県庁職員だって大変だ)ことだ。国の支払いはどういう扱いか知らないが、県の借金として残るのなら将来は県財政の破綻だって考えられる。「反原発」は盛んに他県での家賃は「無料」だから避難しなさい、と喧伝するが、「無料」ではない。現在福島県(国も)は「自主避難者」に何もしていないどころか、我々の税金から多大な金額を支払っているのだ。。

その上「自主避難者」に補償するのならば、少なくとも近未来において、福島で健康被害が起こらなかったら補償は返還するべきというのが正論ではないか?その分はデマ・ウソで騙して「自主避難」させた「反原発」や武田師、イエロー太ら(「残酷な反原発のテーゼ」のやり方を借りれば、彼らが皆さんの本来の敵ですよ!)に請求するのがスジではないか?

また(「声の大きな」一部だろうが)「自主避難者」は引越し代も要求しているとも聞いた。さらに細かいところでは、米沢へ避難した「自主避難者」が、冬は雪道で福島に来るのが大変だから、バスを走らせろと要求しているという話も聞いた。福島の家を「週末別荘」代わりにしている者もいると聞いた(これはその後、逆に県外に借りた「避難先」を「週末別荘」にしていたという例を聞いた)。

これらの真偽は不明ではあるが、ずっと「反原発」に「お前は既に死んでいる」と言われ続け、「おまえらの子どもの葬式やっておくよ」とやられたこっち側から見ると、「おだづな」だにゃ。その上根拠なく「残った人たちにいじめられている」などと言い出したら、この先はどうなるのか?「反原発」の煽りに載せられてバカなまねを続けるのは、もうやめるべきだ。こんなことでは、誰にとっても不幸しかやってこない。福島に残った者の「精神的被害」は甚大だ。

宍戸俊則氏のツイッター、ブログは12月7日あたりに消えたが、これはあまりに酷い「福島攻撃」を続けて来た氏のツイッター、ブログが続くと、「自主避難者の補償」が困難になると恐れてのことだろう。しかしツイートはネット上に残る。http://favotter.net/user/shunsoku2002にあるが、ここにいくつかあげておく。

福島から何が何でも避難させる、から始まり
s112821.jpgs112819.jpg

ちゃんと「子ども福島」の人です
s112820.jpg

広島、長崎まで罵倒
s112818.jpgs112817.jpg

いつまでも「放射能物質が空間にある」「福島は危険」と繰り返し
s112816.jpgs112815.jpgs112814.jpg

「福島は負けない」という人をバカにし
s112812.jpgs112803.jpg

最後にはこんな福島をバカにした替え歌を作るようになってしまった。何がおもしろいのか?この人のどこが被害者なのか?
s112801.jpg
宍戸隆子氏も、「脅しでは、人の心は動きません」と書いていたではないかにゃ。

(追記)
なお、先に福島に残った者の「精神的被害」と書いたが、それだけではなく現実に「経済的被害」も出ている。例えば今年の福島産のリンゴは、「基準値以下」であるのに、去年の価格の10分の1で買い叩かれたと聞いた(しかも小売価格はそんなに下がってない!?)。これは上記宍戸俊則氏のような、いつまでも「福島は危険」と騒ぐ者の責任である。彼らはもはや被害者ではなく、「加害者」ではないか?

例え「反原発」のデマ・ウソがフェイド・アウトしたとしても、これらの事は忘れてはならない。
スポンサーサイト

卑劣な葬式デモ=「葬列予報」の第三回は無かった そしてもう一人の実行委員は阪南大学准教授!?

クリスマスが過ぎ、遂に「御用納め」になってしまったにゃ。あの卑劣な「反原発」の葬式デモ=「葬列予報」の第三回は、クリスマス・イブに予定されていた。しかし今のところ行われた形跡はないにゃ。(以下http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-46.htmlを参照)

これは良識、常識、人間性の勝利なのか?いや、連中は何も反省などしていない。単に「炎上」を恐れ、ひたすら自己正当化、言い訳を続けているだけだ。それが証拠に12月に入るとすぐに、「葬列予報」実行委員会HP「参加した仏教僧侶の発言」という破戒坊主の言い訳が載ったにゃ。

もっともこのHPにある「参加者Nさん、Fさん、Yさんの感想」は、実行委員の一人、ツイッター名FATE_SOUSEI氏が愚かにも漏らしていたように、「ゴーストライティング」したものであった。従ってもはやここに書かれる言い訳すら本当は誰が書いているかワカランという、幽霊船のようなHPが漂っているだけだにゃ。

「葬列予報」の発案者=ツイッター名peacemakerhana アカイハナ氏で、実行委員の一人はFATE_SOUSEI氏であることが、これまでに判明している。しかし実行委員会HPを読むと、もう一人「サイト管理者のS」なる人物がいることがわかる。

「福島に家族がいます」という「参加者」の「葬送デモへの批判に対する応答」の内容は、単なる言い訳、ヘリクツ、「残酷な反原発のテーゼ」=「福島を散々いじめ・差別しておいて、それを批判されると、本当の敵は国・東電だと言って逃げる」等をだらだら続けているだけだにゃ(このテーゼって、まるで強盗に入っておきながら、「そもそもあんたの家の鍵が開け易いのが悪いんだ!」と説教する、「説教強盗」そのものだにゃ)。

(追記)
上記「いのちを守るデモ実行委員会」のHPは卑怯にも消去逃亡がはかられた。スクショと魚拓にゃ。
s1_20161126115419a89.jpgs2.jpg
n感想
f感想
y感想
(以上のスクショは「第二回」の前のモノ。以下の魚拓は第二回後のもの。「言い訳」等が少し増えている)
http://archive.is/dnBOf

エラそうに「葬送デモへの批判への返答」だと、逃げるな。
実行委員S=下地氏が書いた「返答」の一部が残っていた。
http://d.hatena.ne.jp/hokusyu/mobile?date=20111116
「どういうことかというと、自分の家族を助けることはもうできないと、心のどこかで諦めているということです。毎週末のようにあちこちに出かけて反原発の活動をやっていたとしても、そのこと自体が、本当の本当に恐ろしいことから目を背けるための言い訳のようなものになっていて、絶望していない見せかけのままに、心の奥深くのところで絶望してしまっている。これが心底から嫌だったので、自分が一番見たくないと思っていることをきちんと形にして見ておく必要があると考えました。それが葬送デモに参加することにした第一の理由です。」
この「自分の家族」というのは、後日判明したところでは、「郡山に住む兄」のことらしい。この兄は震災のはるか前から郡山にいたようだ。もちろん独立した社会人である。「自分の家族」は、Sがいかにも福島に「家族」を置いてきた避難者のように見せかける表現なのだろう。
なお、結局S=下地氏=書いた人、というのは、http://togetter.com/li/413833 参照
(これは第二回後に登場した、参加したキチガイ坊主の言い訳だ)
http://archive.is/ez040
(追記おわり)

そしてその内容以上に奇妙なのは、この「私」にリアリティがさっぱり感じられないことだにゃ。大体「家族」と言うが、どういう家族なのか、子か、親か?祖母・祖父か?「三月からこっち、大阪でできることを~」と書いてあるが、この人は3月に福島から大阪へ避難したのか?それとも東京からなのか?いや、元々事故前から大阪にいたのか?何一つわからない。いくら「個人的事情を語ることはあまり好まな」くても、「役所等々に電話してみたり、送金してみたり、街頭に出てみたり、学習会をやってみたり、国会議員の事務所に行った」、「毎週末のようにあちこちに出かけて反原発の活動をやっていた」などと「活動」についてはよく書いているのだから、非常に奇妙である。しかも、「自分の家族を助けることはもうできないと、心のどこかで諦めているということです。(中略)~自分が一番見たくないと思っていることをきちんと形にして見ておく必要があると考えました。それが葬送デモに参加することにした第一の理由です。」「私の家族が少しずつ殺されているんです」とまで書いていながら、肝心な「家族」について何一つ書いていない状態には、大変な違和感がある。

むしろこの文章の後半、点線以降にある、葬列デモを後押しした「実際に子どもをなくした経験をされた方」の方がまだ、リアリティがある。「Oさん」という名前まで出ている。「ご年配の女性で、2人の子どもを亡くし、16年もの間は 時が止まったかのような生活でご自身も亡くなられたお子様方の後を追うことしか考えていなかった」とわかるにゃ。もっともこの部分は、「葬列予報」を「ぜひやりなさい」と言ったOさんを「免罪符」にして、責任をおっかぶせている感じもするがにゃ。

そしてこの文章はよく読まないと、単純に「福島に家族がいる」Sが書いたもの、と思う可能性もある。しかしこれは「他の主催者や参加者の方々のご意見も聞きながら、サイト管理をするSの責任において作成し、表明するもの」だ。つまり福島に家族がいる参加者=Sとはどこにも書かれていないし、【ここから】以下も、「福島に家族がいる参加者」が直接書いたものではなく、「Sの責任において作成し、表明するもの」なのである。結局これはせいぜい、Sが「福島に家族がいる参加者」のご意見を聞きながら、作成し、表明したものらしい、ということしかわからない。

なぜこんなに、ややこしいことになっているのかにゃ?仮に「福島に家族がいる参加者」=Xさんだとして、単に「Xさんの応答」と明示すればよいではないか?あるいは「Sが聞いた、Xさんの応答」でもヨロシイ。現に破戒坊主の言い訳は、そのように明示されている。何の前置きもなく一人称で、「親しい人以外の方に個人的な事情を語ることはあまりしないのですが、今回はある程度は説明する責任もあるかもしれないと思いますので、書ける範囲で書いておきます。私は福島に家族がいます・・・」と書き始める必要はない。読む人を惑わせる必要はないにゃ。実際にhttp://d.hatena.ne.jp/hokusyu/20111116/p1
というサイトは「葬列予報」に批判的なのだが、「S氏自身は福島に家族がいるという」と思い込まされている。

これに対する「言い訳」は、「個人的な事情を語ると、誰だかわかるから」だろうか?しかし「どこから大阪に避難(?)したのか」、「家族とは誰か」程度で誰だかわかるわけはない。現に「最近は、街宣などでも福島にいる家族のことをチラホラと話したりもします。そのこと自体を聴いてほしいという気持ちもあります」と書いているではないか。街中で堂々と「反原発」の街宣(これって「用語」だにゃ)をやって、家族のことを話している人間が、自分らのHP上で何を恐れるのか?

この「応答」が、こんなに歯切れ悪くなったことについて考えられる、最も合理的理由は、「本当は『福島に家族がいる参加者』はいない」であろう。(またまた「反原発」の思考回路を借りれば、これでは「福島に家族がいる参加者」がいる証拠になっていないから、本当は「いない」に決まっている、だにゃ。)

ところでSとは誰か。「葬送デモへの批判に対する応答」の下には、kyo-juが「リブログ」して、コメントを追加しました、とある。つまりkyo-ju=Sということになるが、(追記 これは当時「たんぶら」の仕組みをしらず、このように書いたが、マチガイでkyo-ju=Sとは言えない。いずれにせよ、以下に続くS=阪南大学の下地准教授、というのは本人が後日認めてしまったhttp://togetter.com/li/413833 参照)kyo-juにはリンクがあり、リンク先の「匡樹(まさき)のたんぶら」には、こんなページがある(頭からたどってこれを見つけるのは、ロリ画像だらけで中々キモい作業だがにゃ)。
http://kyo-ju.tumblr.com/post/12875008617

11122702.jpg11122703.jpg

ここにもposted、reblogged云々と書いてあるが、元々「実行委員会HP」に投稿された文をここにアップして、コメントを追加したということか(だがもちろん先に書いた理由から、「投稿」自体Sの自作自演という可能性は高い)。また、こんな写真もある。

11122701.jpg

ここに書いてあるURLhttp://www2.hannan-u.ac.jp/eco/slider03/index.htmlをたどると、この写真の人物は、阪南大学経済学部准教授の、下地真樹(しもじ まさき)氏だということがわかった。下地氏のプロフィールは下記にある。
http://www.hannan-u.ac.jp/teachers/economics/shimoji/st9plj0000000v3y.html

一方「葬列予報」が炎上していた頃、mojimoji_xという人物の、こんなツイートがあった。
mojimoji_x福島避難者からの賛同

ここから判ることは、
①このmojimoji_x氏は「葬列予報」の決定過程に参加していた、つまり実行委員であろう。
②「参加者」には「家族が福島にいる人」がいるが、「福島から避難した人」がいるとは書いてない。
③「福島から避難してきた人たちからの賛同が結構多かった」。しかし次のツイートでは、「福島っつーか、宮城とかも含む~」とややトーンダウンしている。福島から避難してきた人たちからの賛同はあったものの、「結構多く」はなかったのだろう。

「葬列予報」は福島からの避難者が賛成していた。だからこのデモは正しく批判は的外れだ、という「免罪符」の主張だが、mojimoji_x氏とは誰なのか?ツイッターには氏のブログへのリンクがあった(現在は別のブログに変わったが)。
mojimojiHP.jpgmojiHP2.jpg(=http://twitter.com/#!/mojimoji_x/status/60348496162729984である。)
http://www.mojimoji.org/blog/から「自己紹介」→「批判的合理主義の正義論」と辿ると、mojimoji_x氏=下地真樹氏であることがわかる。

S=「葬列予報」3人目の「実行委員」にして、実行委員会HP管理者は、mojimoji_X=阪南大学経済学部准教授の、下地真樹氏ではないだろうか?

(追記)
後日判明したが、S=下地真樹であった。http://togetter.com/li/413833 参照。

なお下地氏はこのブログの「自己紹介」にあるように沖縄の出身であり、「福島に家族がいる」可能性は低い。

(追記)
後日判明したところでは、下地氏の兄が郡山にいるそうだ。もちろん独立して生計を立てる社会人である。
「家族」はこの人なのだろう。

FATE SOUSEI氏は「デモ参加者には福島から避難してきた人はおらず、福島に家族がいる人がいる」と自己のブログに書いている。
FATE17.jpg
また10月26日夜に東京でFATE_SOUSEI氏と会った人物が、
noma.jpgこんなツイートをしている。noma5.jpg
しかし結局はこの話の出所は「実行委員」である、という以上の情報はない。次に上げるryotak氏のツイートも、「デモを呼びかけた中心に、少なからず福島の人がいる~」と書いているが、元は下地氏からの情報であることがわかる。
2011y11m04d_192153969中心に福島の人

「葬列予報」に「福島に家族がいる」人が参加した可能性は低い。いたとしてもせいぜい「祖父と祖母が福島県にいる」くらいで、しかも事故前から大阪にいる人間か?(それでどうやって「子どもの葬式」が自分の問題になるのか?これじゃ「家族」の内容は書けないだろう)

それにしてもツイッターで「福島の人が参加している」などと語っているこれらの面々の、いかにも「だから我々は正しいのだ、ザマーミロ」と言わんがばかりの態度は何だ!?

彼らは「福島の人の参加、賛同」を「免罪符」としている。「葬列予報」に「福島の人」がいようといまいと、「葬列予報」そのものがモラルに反することは、まともな人間社会の常識だが、「福島の人」を利用して正当化しようとするなんて、連中は「震災瓦礫」以下のクズ、ゴミ並みに見えるにゃ。

「大学の先生」も終わっているにゃ。阪南大学のこの先生だけじゃない。有名どころではチューブ大学の武田師、群馬大学の早川師、小出万年助手を雇い続ける京都大学・・・。さらには無責任に「郡山で除染に参加しない人を非国民、村八分扱い!」と叫んだ立命館大学の桜井政成准教授。いやそれどころか、福島大学は「反原発活動で突然大学に来なくなり、前期講義をやらなくなった」と言われる中里見博准教授をどうする?「除染すればする程住めない」と週刊朝日に書いた荒木田岳准教授は何なのか?

原発事故は「バカ発見器」どころか、「大学破壊機」かもしれない。

呆れた「葬列予報」の首謀者はpeacemakerhana アカイハナという人物

あの福島人を苦しめる、人倫にはずれた「葬列予報」は、誰が考えだしたのか。つまり「首謀者」は誰なのか?これについて「反・反原発ネコ不正義軍」諜報部が集めたの資料の一部を公開するにゃ。今回も「反原発」の思考回路(「福島で10万人が放射能によってガン死する!」とか「山下=殺人者だ」みたいなやつにゃ。)を借りて、可能性最大で推測するが、連中の推測よりは確度は高いかもしれないにゃ。

「葬列予報」をブログに載せた「FATE_SOUSEI fusae」氏は中心の一人ではあるが、首謀者(発案者)ではない。

「葬列予報」の首謀者はtwitter HN=「peacemakerhana 山下恵=アカイハナ」という人物である。
mofu.jpg01b
http://ja.favstar.fm/users/peacemakerhana
http://twitter.com/#!/peacemakerhana

アカイハナ氏は茅ヶ崎に住んでいた。花屋をやっていたが、沖縄辺野古基地反対運動(?)にも参加していたようだ。震災後、3月15日に京都、その後大阪へ避難した。
避難hana15.jpg

fusae氏とは5月21日の「関西電力の原発を止めよう! 5・21学習&討論会」で会ったようだ。
http://news.fatalbackground.org/?eid=1252160

「葬列予報」はアカイハナ氏がやりたがり、周りは最初反対したようだが・・・。
11159.jpg11157.jpgキャプチャ24hana20.jpg

hana19.jpg11155.jpghana36.jpgキャプチャ132

2回目
akai5.jpg

おいおい3回目だって。
akai4.jpgakai3.jpg

「葬列予報」実行に当たり、fusae氏もお寺をまわった。
fat.jpg

アカイハナ氏は、9月末には橋本知事に嫌気がさしてか、高松に避難した。現在もそこにいる。
akai6.jpg

なお今日(11月17日)は、アカイハナ氏を新聞記者が取材するそうだ。恐らく週末にある「反原発イベント」についてだろう(追記 週末じゃなくてこれか?:http://twitter.com/?photo_id=1#!/fuuasumma/status/135955836282470401/photo/1)。あの北海道に逃げた元福島西高校教諭と同じく、また福島の人に向かって「お前はもう死んでいる」と叫ぶ者が、「反原発」の英雄になるのだろう。(よく見ると「福島駅伝をメチャクチャにしたい」とかあるにゃ)
hana42.jpg

また以下のyさん=「山下恵」=アカイハナ氏と思われる。
http://nonuke-savelife.tumblr.com/post/11392466606/y
(追記)
上記「いのちを守るデモ実行委員会」のHPは卑怯にも消去逃亡がはかられた。スクショと魚拓にゃ。
s1_20161126115419a89.jpgs2.jpg
n感想
f感想
y感想
(以上のスクショは「第二回」の前のモノ。以下の魚拓は第二回後のもの。「言い訳」等が少し増えている)
http://archive.is/dnBOf

ただしこれら(N、F、Y)は、fusae氏が10月13日に「ゴーストライティング」したものらしい。
FATE49.jpg

「ゴーストライティング」は捏造ではないので、ある程度は実際の人物を想定したものだろう。これによると一見アカイハナ氏は親・家族が「福島の人」にも見えるが、実はその可能性は極めて低い(証拠はあるが、長くなるので省略)。またfusae氏の親はいわき市にセカンドハウスを持っていて、時々滞在しているが、もちろん「福島の人」ではない。

またこのデモの中心に「福島の人」がいるというツイートがあり、11月16日に、「実行委員会ホームページ」にも「福島に家族がいる人」で「参加した人」のコメントが書き込まれた。

何しろ「ゴーストライティング」する連中だから、これらの真偽は不明だが、「中心に福島の人がいる」を「葬列予報」の「免罪符」にしようとするとは悪質だ。どこまで福島を利用すれば気が済むのか。仮に本当に「福島の人」がいたとしても、「言い訳」「言い逃れ」の類でしかないが、もしこれが「捏造」だとしたら言語道断の悪事である。なおこのご立派な長文の主旨は、これまでのツイートに見られた「言い訳」=「福島の人が参加している」と「これは福島の人に向けたのではなく、大阪の人に向けたものだ」と変わらない。スンゴイ「屁理屈」が並んでいる。

なお「子ども福島」の中手聖一氏は「葬列予報」に賛成している。
FATE21.jpgFATE19.jpg

そもそも「葬列予報」報告ブログには、「子ども福島」の寄付金口座が出ていた。
子どもたち

これについては「葬列予報」をやる前に、「子ども福島」の許可を得ていたそうだ。
FATE17.jpg

同組織のメンバーで、あの元福島西高校教員氏も「葬列予報」賛成だ。
s1.jpgtopsy1107.jpg
(元のプロパティによれば、左は11年11月5日 右は7日作成となっている)

ということは、もし「福島の人」が中心、あるいは参加していたとすれば、「子ども福島」関係の可能性が高いのである。

結局「葬列予報」の首謀者は「自主避難者」だったわけだが、参加者にも(賛成者にも)「自主避難者」が多い(もちろんこれも証拠は多々あります)。

そして近頃話題の「瓦礫持込反対」の中心も、実はこの「自主避難者」らしい。fusae氏のブログに書いてある(上記「子ども福島」の寄付金口座の下)が、担当窓口に何度も電話するなんて、「威力妨害」、まるで「破壊活動」だにゃ(何度も繰り返すと「騒音おばさん」みたいに逮捕されるのでは?)。これも証拠は多数あるが、とりあえず一つだけ挙げておく。
2011y11m04d_193607375避難ママ反対署名

「自主避難者に補償を!」などという動きがあるが、こんな「威力妨害」「破壊活動」をする連中(自主避難者全員とは言いませんが)に、税金から補償するなどということがあっていいのだろうか?


P.S.今週末は福島県議会選挙だが、「福島から避難すべき!」「東日本女子駅伝中止!」を叫んだ山本太郎氏らが応援する「反原発」候補がいる。この候補は「子ども福島」の佐藤幸子氏と行動を共にし、「国の責任で子どもたちの避難・疎開を」と主張している。また福島について、「自分の家に住めないんですよ。家族と一緒に住めないんですよ。採れたものが食べられないんですよ。家畜見殺しですよ。窓も開けられない。布団も干せない。洗濯物も干せない。何よりも、子どもが表で遊べないんですよ。」と言っている。また京都で、「福島の子どもたちを避難させて危険な放射能から守ろう」という講演も予定している。
http://www.mdsweb.jp/doc/1206/1206_45f.html
http://www.labornetjp.org/news/2011/1103text
http://d.hatena.ne.jp/byebyegenpatsukyoto/20111109/1320841026

11・1宣言 「葬列予報やめますか? 人間やめますか?」

前回エントリーへのコメントに啓発されました。漠然たる「福島の子ども」が葬られた以上、福島の大人はほとんど全員、その親・喪主か親族ということになります。 )

「葬列予報」で葬られた「福島の子ども」の親(喪主)として、親族として、「葬列予報」の主催者と参加者に福島から言わせてもらう。

「葬列予報」をやめろ。恥を知れ。

賛成の方は「拍手」お願いいたします。

終焉に向かう「反原発」(1) 大阪で「反原発」が「福島の子ども」の「エア葬式」を開催

今ツイッターを騒がせている「事件」にゃ。遂に末期症状を呈してきた「反原発」について「速報」にゃ。

大阪で「反原発カルト」が、子ども用の棺おけを持ち出して「葬列デモ」を行っている。
「福島の子ども」の葬儀を模した「葬列予報」と称する反原発デモである。
もちろんこの「福島の子ども」は、近い将来放射能に起因する「ガン」で死ぬ想定なのである。
まさに「お前はもう死んでいる!」だにゃ。

第一回(9月1日)
http://news.fatalbackground.org/?eid=1252199
http://archive.is/ZSyTF
第二回(10月18日)
http://news.fatalbackground.org/?eid=1252218
http://archive.is/http://news.fatalbackground.org/?eid=1252218
(追記:以上は「FATE」という主催者の一人らしき人物のブログ。別に主催団体=「いのちを守るデモ実行委員会」のHPもある)
(更なる追記)
「いのちを守るデモ実行委員会」のHPは卑怯にも消去逃亡がはかられた。スクショと魚拓にゃ。
s1_20161126115419a89.jpgs2.jpg
n感想
f感想
y感想
(以上のスクショは「第二回」の前のモノ。以下の魚拓は第二回後のもの。「感想=いいわけ」等が少し増えている)
http://archive.is/dnBOf
エラそうに「葬送デモの批判に対する応答」だと、逃げるな!

いや~まさに「カルト」そのもの、気持悪いにゃ~。これまで何度か書いてきたように、こういう行為は「反原発」の「福島の子どもは放射能で死んで欲しいな~、そうなれば原発全廃できるからな~」という「願望」、「潜在意識」を表現しているものに他ならない。確か学校の「いじめによる自殺」でよく「葬式ごっこ」があったにゃ。福島県民はこんな下らない「いじめ」で、あわてて自殺しないように(あまりにバカバカしくてそんなのないか)しよう。また「憤死」にも気をつけよう。サバイバル、サバイバル。今やちゃんと味方はいるにゃ。

例によってtogetterでは、良識ある人々による「まとめ」が行われた。

http://togetter.com/li/205615

追記:「まとめのまとめ」もあった。http://togetter.com/li/205993 キチガイ=キチガイという真理は変わらず。

この「反原発」=「福島いじめのキチガイ」を露呈した「エア葬式」は、実は「反原発」そのものの「葬送」の始まりではないだろうか?

苦しんでいる人に向かって「大丈夫ですよ」と言った山下俊一氏と、「先に葬式やっておきます」という「反原発」、どちらが人間として「まとも」か。ちなみに「葬式ごっこ」で有名な、1986年の「中野富士見中学いじめ自殺事件」の裁判では、最終的に「葬式ごっこ」は「被害者に苦痛を与えた行為」と認められ、多額の損害賠償が命じられたはずである。これが人間世界の判断だ。「反原発キチガイ世界」ではどうだか知らんが。
プロフィール

shinobuyamaneko

Author:shinobuyamaneko
 福島県福島市の信夫山に住むネコです。
 原発事故以後ネット上には「もう福島市は放射能高くてダメ!逃げてください!」「福島はチェルノブイリ以上!」「子供を見殺しにしないで!」等の「反原発の叫び」が溢れてます。ネコはどこにも逃げられないから、もうノイローゼ気味。こういう「叫び」「脅し」の効果もあって福島に来る人は激減。街は沈み、市民は「すぐに逃げてください!」に怯えながら、静かに暮らしています。(←最近は嘘・デマがバレてきて、みんな元気になってきた感じだにゃ。)
 しかしね~、この種の「叫び」の根底に、「反原発」の「福島壊滅ならば原発全廃にできる!大大大チャンスだ!」っていう心理はないですか?原発全廃の為にはまず「福島壊滅」が必要とばかりに、科学的、医学的、論理的に怪しい説、大げさな数字等が「連呼」「拡散」されていないですか?それが「正義」になっていませんか?
 信夫山ネコは「故郷福島壊滅」を「原発全廃」の手段にされてはたまらんです。もし根拠がない数字や説の拡散によって、旅館の経営者が自殺するとかの悲惨な「風評被害」が出たら、大人しい福島人も終には訴えたりするのかにゃ~?!今はとにかくデマ、風評、誇張、脅し等を除染しながら記録するにゃ。(「リンクフリー」です 対「反原発」、対「放射脳」等での引用ご自由に)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR