fc2ブログ

あさって7月15日(金)「山下俊一氏解任署名」の締切日に、山下氏「刑事告発」の記者会見。 これが「反原発」の次なる「陰謀」。

東京に「自由報道協会」というフリー・ジャーナリストの組合みたいなものがあり、そこで7月15日(金)に(以下引用=太字)

東京電力福島第一原子力発電所事故に関連し、東京電力会長、社長、福島県放射線健康リスク管理アドバイザー・山下俊一氏などを被告発人として「刑事告発」を行なったジャーナリスト・広瀬隆氏とルポライター・明石昇二郎氏の記者会見を行ないます。 http://fpaj.jp/?p=1344

とのことにゃ。ちなみに広瀬隆氏は、もう何十年も「反原発」で食っている「反原発ムラ」の村長さん。

文面からは、もう既に刑事告発はしたと取れるが、なぜわざわざ7月15日(金)に「記者会見」をやるのかって?
もちろんこの日が「山下俊一氏解任署名」の(第二)締切日だからにゃ。これがネコが前に予言した、http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-19.htmlの、 ネコA:。署名の「第二次締切日」=7月15日、「第三次締め切り日」=7月31日にも何か「陰謀」があるだろね~、の正体だにゃ。

大体「告発」なんて書類揃えて警察署長(捜査機関)に提出するだけ。被害者がやらなければならない「告訴」と違って、第三者が誰でも、無料でできる。こんなの毎日たくさん提出されていて、何の「ニュース価値」もない。本来「告発」は警察が取り上げて、捜査開始しなければ何の価値も無いのにゃ。それが「反原発」が得意とする「記者会見」によって、単なる「告発しました」が、いかにも大変なことが行われたように見える仕組みにゃ。そしてまた、「山下が警察に告訴されたっ!」とかいうメチャクチャなデマが拡散される仕組みにゃ(既に実際「警察が告訴」とか書いているブログあります)。

「告発」は「被告訴人の以下の所為は、刑法○条(××罪)に該当すると考えるので、被告人を厳罰に処することを求め告発する」とか何とかなるものだが、一体山下氏が刑法何条の何罪に該当するのかにゃ?まさか「数十年後のガン死で殺人罪に該当する」のか?

警察が取り上げる可能性は最初からゼロだ。目的は「反原発」得意のプロパガンダ(イヤガラセ)であり、「山下氏解任署名」の「最後のお願い」にゃ。

あまりにも見え見えでセコい「反原発」の「陰謀」だけど、連中はかなりの範囲の連携プレイで、作戦計画通りに動いていることが判るにゃ。しかし福島県民が被害者として「告訴」するわけじゃない。福島県民ではない「第三者」がデタラメな理由で山下氏に因縁つけて、東京で記者会見している。ここに「反原発」が決して福島のことを思ってやっているのではないことが見える。「原発全廃」のための一里塚=「福島市ゴーストタウン化作戦」を遂行しているだけにゃ。それにこの「山下氏人格攻撃」自体も、ここまで来ると「カルト集団」の「キチガイ沙汰」に見える。福島人は温和な人が多い。そもそもこんな、山下氏を「人殺しっ!」と叫んで決め付ける失礼なやり方自体、東北のやり方ではない。

もう一度書いておくにゃ。

信夫山ネコはもちろん「山下俊一氏解任署名」しません。これまでこのブログで証明してきたように、「反原発」は「デマ」、「誇張」、「脅し」、「政治的数字」、「嘘」、「やらせ記事」、「陰謀」、「プロパガンダ(イヤガラセ)」だらけですから信用しないのです。
スポンサーサイト



酷暑の福島 「反原発」にダマされて「熱中症」等で死なないように気をつけよう

梅雨が明けて、いよいよ暑い福島の夏が始まった。
今一度強調しておきたいのは、今、福島市の空気中に放射性物質は飛んでいないということにゃ。
既に http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-6.html に書いたが、
嘘だと思うなら http://www.mext.go.jp/a_menu/saigaijohou/syousai/1304006.htm の「ダストサンプリングの測定結果」で確認しよう。いつも「不検出」にゃ。

だから建物の中が暑かったら窓を開けよう、換気しよう、エアコンを使おう、ということだにゃ。校舎が被災して、体育館で授業をしている学校もある。この炎天下、体育館で窓も開けなかったら大変な温度になる。窓を開けなきゃ。

それからもちろん、外に出ても大丈夫だ。放射性物質を吸い込んで内部被曝することはない。

もし「反原発」のデマ「いまだに空中には放射性物質が飛んでいますっ!」「呼吸で吸い込んで内部被曝しますっ!」にダマされて、長袖を着て家の中に篭りっきりになり、エアコンも使わすにいて「熱中症」なんかで死んだらどうなるか?「反原発」は責任を取らない。ただの「死に損」だにゃ。それどころか連中は、「熱中症も放射能のせいですっ!」と叫ぶかもにゃ。

例えばhttp://tanakaryusaku.jp/2011/05/0002426は「反原発」の「フリージャーナリスト」田中龍作氏のブログの、5月30日のエントリーだが、例によって山下俊一氏を攻撃している。(以下太字=引用)

 この男は何の意図があって科学の常識とかけ離れた言説を撒き散らすのだろうか? 福島県放射能リスクアドバイザーを務める山下俊一・長崎大学大学院教授のことである。
 気象庁によれば台風2号から変化した熱帯性低気圧の影響で福島県は30日、強風と大雨に見舞われるものと予想されている。

 強い風で福島原発一号機から排出される高濃度の放射性物質が飛散し、雨が大気中の放射性物質を吸い込んで地上に降り注ぐ。大方の科学者はじめ世の良識ある人々は、過去のデータをもとに、福島県内の放射能汚染が進むことを心配しているのだ。

 ところが山下センセイは逆である。今朝のNHKニュースを見ていて筆者は「まだ悪夢の途中なのだろうか?」と何度も目をこすった。センセイは「放射性物質は福島第一原発から20キロ以上飛ばない」「大雨に特別な対策を講じる必要はない」と言い放ったのである。

 上段の写真をご覧頂きたい。去る25日、飯舘村長泥地区の雨樋下で計測した線量だ。ガイガーカウンターは「462・1μSv/h」という眩暈がするような数値を記録した。大気中の放射性物質を雨が吸い土壌で濃縮される。極あたり前の法則通りの結果だ。

というわけで田中氏は線量計が「462.1」という数字を出している写真を載せている。この数字については、雨どいの直下の地上に、機器を直に置いて測っている上、ベータ線遮断せずに測ったから異常に高い数字なのだろうかとも思うが、真偽の程は置いておくにゃ。(参照=http://twitpic.com/5dr8hy なおこの機器はECOTEST MKS-05 http://www.ecotest.ua/terra/index.php?page=03&lang=en

問題は田中氏は、5月25日頃「大気中の放射性物質を雨が吸い土壌で濃縮され」、5月30日にも「福島原発一号機から排出される高濃度の放射性物質が飛散」し、「雨が大気中の放射性物質を吸い込んで地上に降り注ぐ」と書いている点にゃ。つまり田中氏は5月末にも、大気中に放射性物質があったと思い込んでいるにゃ。だから「大雨に特別な対策を講じる必要はない」と言った山下氏を、非難している。「その雨は黒い雨だっ!」と言いたいわけにゃ。

しかし5月25日も30日も、福島市でも飯館村でも、既に大気中に放射性物質はない。http://www.mext.go.jp/a_menu/saigaijohou/syousai/1304006.htm の「過去の測定結果」で確認すればわかる。

結局雨どいの下の放射性物質は、3月15日以後の数日間に降ったものだ。後になって屋根の上にあったものが、雨が降って洗い流され、雨どいから流れて溜まったのだ。これは非常に簡単な「科学」にゃ。

山下氏を「科学の常識とかけ離れた」と書く田中氏は 「被曝した福島の子供たちが東京で健康診断 田中龍作ジャーナル」では、東京で小児科医の問診を受けた福島の母子が、(以下太字=引用) 

小児科医の問診を受けること、20分あまり。母親は目を赤く腫らしていた。「医師からは『(福島に)戻るな』と言われた。『住み続けると19才までに発ガンする可能性がある。早ければ1年後に発症する』と言うことだった」。

と書いている。しかし問診で「1年後にガン発症」とわかる医師がいるのか(いたらネコも見てもらいたいにゃ)?放射能の影響で1年後にガン発症したら、これは「急性」なのか、「晩発性」なのか?そんな例はこれまでに世界で一つもないから、新種の放射線症なのか?

どう考えても「科学の常識とかけ離れた」この話を広める「ジャーナリスト」は、結局無知なのか、「反原発」お得意の「福島つぶし」を目的とする「デマ流し」「脅し」なのか(両方か)。

田中龍作氏の言う「この男は何の意図があって科学の常識とかけ離れた言説を撒き散らすのだろうか?」は山下俊一氏にではなく、まるごと田中龍作氏自身にこそあてはまるにゃ。

もう一度書いておくにゃ。

福島は酷暑の季節。建物の中が暑かったら窓を開けよう、換気しよう、エアコンを使おう、外出も大丈夫。放射性物質は飛んでいない。

「反原発」のデマ「いまだに空中には放射性物質が飛んでいますっ!」「呼吸で吸い込んで内部被曝しますっ!」にダマされて、長袖を着て家の中に篭りっきりになり、エアコンも使わすにいて「熱中症」なんかで死んだらどうなるか?「反原発」は責任を取らない。ただの「死に損」だにゃ。

とにかく今「反原発」は、「逃げてください!」の連呼と「熱中症」で、「福島市ゴーストタウン化」を狙っているのだ。

福島の心を知る うれしいサイト~You 'll Never Walk Alone

見つけたにゃ

「正しい放射能関連情報を見つけるためのサイト~福島や近郊在住の方の不安を取り除き、風評被害を減らそう。」
http://www47.atwiki.jp/info_fukushima/pages/1.html
本当にありがとう。

このサイトから行った、「ひまわりの種:福島で暮らすということ~小児科医として思うこと」
http://blog.goo.ne.jp/yi78042/e/0753e643211a4a1cf841e6a482333847
福島に住むお医者さんが、放射線「年間20mSV」や山下俊一氏、「内部被曝」、さらには「逃げてください!子供を見殺しにする気ですか!」について思うこと・・・等々。福島に住んでいて不安な方は必読にゃ。(以下太字一部引用)

今、ここで生活しているわたしたちが一番困っているのは、
「用心のために即刻避難すべきだ」という論調なのだ。
将来高い確率でがんになるリスクを軽減すべきだ、という理由からだ。
でも、本当に「将来高い確率でがんになる」のだろうか?
原子力の科学者さんたちの理論は、たしかに理路整然としていて、
一見、反論の余地もないように感じるのだけれど、どうしても、違和感があるのだ。

人のからだは、軽いダメージであれば回復する力があるのだ。

それを考慮せず放射線の積算量を計算し、それが全てからだに影響を及ぼすという理論。
ここに、わたしは強い違和感を感じてしまう。

福島人(ネコ)としてまったく同感です。

何でそんなことをするのか?
あの人たちは福島の人を心配しているのではない。「原発全廃」のために、「福島市ゴーストタウン化作戦」を遂行しているだけにゃ。それは正に「崇高な目的のための犠牲」を厭わない、カルト集団そのものにゃ。

反原発よ、グリーンピースよ、その他わけわからん団体よ、
福島に住む者(ネコも)の心を知れにゃ。君たちには「ふるさと」は無いのか?

真の福島人(ネコ)は一人ではない~You 'll Never Walk Alone

「山下氏解任署名」の不思議な「第一回締め切り」が終わったが・・・(福島では)何もない

「山下氏解任署名」の第一回締め切りは6月30日だったにゃ。しかし何の発表もない。とりあえず「第一回」は終わったのだから、大々的に「結果発表っ!」「記者会見っ!」でもあるのかと思いきや、何もない。署名活動の中心だと県民が思っている「子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク」のブログにも、本日9時になっても報告も集計も何も書かれていない。

この「第一回締め切り」とは、一体何なのかにゃ?ちなみに締め切りはこの先、7月15日、7月31日にもある。7月31日が最終なのかどうかもわからない。7月31日に目標(希望)数が集まらなかったら、いくらでも期間延長をはかるのか?

無責任極まる「署名」だが、山下氏解任署名を呼び掛ける6団体では、「美浜・大飯・高浜原発に反対する大阪の会(美浜の会)」のサイトだけに小さく書かれていた(本日9時現在)。
http://www.jca.apc.org/mihama/

「福島の子どもたちを守るための緊急署名」18,341筆、団体賛同209を提出

だとさ。ということは実際はこの「美浜の会」が署名活動の中心で、個人情報の集計をやっているということにゃ。これは福島県民は知っておいたほうがいい。

地方公務員法だか何だかでは、首長や議員のリコールには有権者の三分の一が必要にゃ。そしてこれで「再選挙」だ。あとは教育委員のリコールだが、これにも有権者の三分の一が必要。もちろん「締め切り」が3回もあるような、いいかげんなやり方ではない。ましてズルズルと締め切りを延長するようなことはあり得ない。「一発勝負」だにゃ。また今回の「解任要求」は「全福島県民」が対象だから、これらの法律に準じるとしたら、解任には200万県民の三分の一が必要にゃ。それでも県が解任するわけはない。そもそも「アドバイザー」のリコール規定はないし、恐らく山下氏との「契約違反」になるからにゃ。以上は「常識に従えば」だがにゃ。

要するにこの署名は、本気で解任を目指してやっているわけはないのにゃ。本当の目的は、ああいう人たちの得意な「プロパガンダ」でしょ。言葉を変えれば単なる「イヤガラセ」。最後は「○万の署名を集めました!」で「勝利宣言」。「それなのに県は私たちの正当な要求を聞き入れませんっ!」・・・はいはい。 

署名を主催する6団体のサイトを覗いてみたにゃ。

「子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク」= http://kofdomofukushima.at.webry.info/
代表=中手聖一 
所在地=福島市町庭坂字原ノ内14
組織・構成員等=不明
活動=既に県民には知られているにゃ。

「福島老朽原発を考える会(フクロウの会)」= http://homepage3.nifty.com/fukurou-no-kai/
代表=阪上武(これはよく探さないと見つからない) 
所在地=記述なし(7月5日現在)「首都圏で活動を続けてます」と書いてある。
組織・構成員等=不明
活動=フランスのACR0にオシッコなんかを送っているらしい。

「FoE JAPAN」= http://www.foejapan.org/
代表理事=ランダル・ヘルデン 
所在地=東京都豊島区池袋3-30-8 みらい館大明1F 本部はオランダらしい「アムステルダムを国際的な拠点として、77ヵ国に200万人のサポーター(*)を持つネットワークに育っています」。 
組織・構成員等=名前が出ている「役員構成」「スタッフ構成」あり。「決算報告」あり。
活動=集会参加?

「グリーンアクション」= http://www.greenaction-japan.org/modules/jptop1/
代表=アイリ-ン・美緒子・スミス 所在地=京都市左京区田中関田町22-75-103. 
組織・構成員等=不明
活動=「国内の外国特派員、海外のマスコミと専門家に向けて、福島原発情報を報告。」だそうにゃ。
確かに英語ページ http://fukushima.greenaction-japan.org/ を見ると、海外発信が中心か。当然自分らに都合のいいニュースを流す。外国で「福島から逃げてください!」「子供を殺すのですか!」と叫ぶにゃ。

「美浜・大飯・高浜原発に反対する大阪の会(美浜の会)」= http://www.jca.apc.org/mihama/
代表=小山英之 
所在地=大阪市北区西天満4-3-3星光ビル3階 
組織・構成員等=不明
活動=この署名活動の中心。集計の情報が一番早い(7月5日現在ここにしかない)。ということは、署名の個人情報はここに送られて、集計されている。

「グリーンピース」(日本事務所)= http://www.greenpeace.org/japan/ja/
理事長=アイリ-ン・美緒子・スミス
所在地=東京都新宿区西新宿 8-13-11 NFビル2F:オランダが本部。
組織・構成員=等 事務局長:佐藤潤一(去年12月就任) 意思決定機構:理事会
会員制度:国内合計 約 5000 人(個人の資格のみ)(グリーンピース全体では、世界で約 280 万人)
事務局:国内有給専従職員15名(以上は事務局長以外名前なし 会計報告あり)
活動=既に見たように、週刊現代と組んでのデマ流し等。

グリーンピースのデマ、テロ体質については
http://www.sopia.or.jp/kotoku/No10chlo.htm 
http://www.icrwhale.org/gpandsea-geiken435.htm 
など。

以上。結局「FoE JAPAN」を除き詳細不明組織にゃ。


最高におかしいのは、「フクロウの会」の所在地が不明なこと。署名する人には「名前・住所」を求めているのだから、これは全く無責任。あり得ない。危ない連中と言わざるを得ない。

「グリーンアクション」と「グリーンピース」の長が同じ。何だこりゃ?結局同じ「デマ流し」組織でしょ。

福島の団体は一つしかないのに、外国の団体、外国人の関与は多数。福島に「開国」を迫るのかにゃ?

この連中が福島県民の心を知るわけはない。

尿から微量の放射性物質 福島市の子供10人から 仏研究所「これで小出氏の嘘がバレた」  あれっ?(2) 

続きにゃ。
このニュースにはもっと面白い(邪悪な)話が隠れている。
どうして「5月下旬に採取した尿」の検査結果が今ごろ「発表」されたのか。


フランスの悪路じゃなかったACROは公的機関ではない。民間機関で、どうせ「みどりの何とか」臭いから「いや~な」感じだけど、とりあえずそれは置いておくにゃ。

5月20~22日に採取した尿は、すぐフランスのACROに送られた。送ったのは「フクロウの会」か?
http://fukurou.txt-nifty.com/fukurou/files/press_conference2011_0630.pdf
とにかく「フクロウの会」は「ACRO係」らしい。
http://fukurou.txt-nifty.com/fukurou/2011/06/acro-e257.html
ACROはサンプル悪化を避けるために直ぐに検査したはず。と言うことは、かなり前に調査結果は出ていただろう。
http://fukurou.txt-nifty.com/fukurou/files/rap110617ocj01v1.pdf

それなのにどうして、『「子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク」など』は6月30日に発表したのか?

ネコQ:「内部被曝」が判ったんですよ、大変なことですよ、「すぐに福島市から逃げてくださいっ!」って叫ばなかったら、「子供たちを殺す気ですかっ!」になりますよ。発表は一刻を争う重大問題じゃないですかっ!

理由1=本当はこの「内部被曝」は心配しなくていい。だからすぐには発表しなかった。

ネコA:いつも「すぐに福島市から避難してくださいっ!」と叫んでいる、「子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク」自身が、調査結果をすぐは発表しなかった。これは、この「内部被曝」は大したことがないこと、を証明している。
因みに http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110630/t10013893131000.html では今回の「調査結果」について、

放射線影響研究所の長瀧重信元理事長は「この量で健康被害があったという報告は、これまでにない。過度に心配せず、ふだんどおりの生活をしてほしい」と話しています。財団法人高度情報科学技術研究機構によりますと、大気中の核実験の影響を調べるために昭和30年代後半に行われた、日本人の中学生の尿の分析で、セシウム137は、昭和39年におよそ4.5ベクレルと、今回の3倍以上の濃度だったということです。

と書いている。

ネコQ:でも何で「6月30日」なんですか?「内部被曝」は大したことないから、いつでもいいわけでしょ?

理由2=6月30日は、「福島県放射線アドバイザー山下俊一氏(長崎大学教授)の解任署名」の締め切り日だ。

ネコQ:えっ?

ネコA:「子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク」やグリーン・ピースや、「みどりの何とか」総出の「解任署名」にゃ。今日子供の「内部被曝」が判明しました!やっぱり山下は嘘つきだっ!という印象を与えて、福島県民に解任署名させたいのにゃ。選挙で言うと「最後のお願い」。だから今日、一ヶ月以上遅れた最早ニュース性がない「調査結果」を、わざわざフランス人まで連れてきて、東京で大げさな「記者会見」やったってわけにゃ。

ネコQ:やっぱり「科学」じゃなくて「政治」ですね。それに「グリーンピース」だの「悪路」だの、「反原発」は外国人好きですね~。

ネコA:日本人は「黒船」「鹿鳴館時代」以来、外国人に弱いから効果的かもにゃ。特に田舎では通用するとか思っていそうにゃ。だいたい本当に「内部被曝」測るには、「ホール・ボディ・カウンター」。最新式なら検査は1分だそうだ。わざわざフランスにオシッコ送っても、「放射性物質はオシッコで排出される」しかわからん。だからACROも会見で、「内部被曝の疑い」としか言えないにゃ。

ネコQ:すでに福島市、飯館、浪江等で「ホール・ボディ・カウンター」での検査始まってますよね。検査結果もオシッコの放射能じゃなく、実際「内部被曝」が見つかっている。そもそもこんなのどこに「ニュース価値」があったのか。フランス人がオシッコ検査するとすごいのか?痰、ウンチ、ゲロなんかも送ってみたら?

ネコA:。署名の「第二次締切日」=7月15日、「第三次締め切り日」=7月31日にも何か「陰謀」があるだろね~。福島市は今や、「反原発」の「正義の戦争」の戦場と化したにゃ。でもネコは元々どろぼうネコ、「不正義」にゃ。「正義」って怖いからにゃ。



「正義の戦争」は「原発全廃」という崇高な目的を持つ。

「正義の戦争」だから、どのような嘘も、誇張も、犠牲も許される。

「正義の戦争」の目下のターゲットは「山下俊一氏解任」。 

もし山下氏が解任されれば、その後は福島には「アドバイザー」はいなくなる。

「すぐ逃げてください!」と叫ばなければ、また集団リンチにあうのだから、怯えて誰も来やしない。

そして署名した者が期待する、責任ある立場で「逃げてください!」と叫ぶことができる者などいないのだ。

(実際この「解任署名」には、後任アドバイザーを誰にするか?という話は皆無だ。
「内部被曝10倍、北朝鮮好き」の小出裕章氏か?「内部被曝4倍、言うことがコロコロ変わる」武田邦彦氏か?
彼らが来て「すぐ逃げてください!」を連呼したら、福島市民は救われるのか?しかし彼らも、福島市民を目の前にして責任ある立場で「逃げてください!」とは絶対に言わない。実際小出氏の福島大学の質問への回答、また武田氏の二本松市での講演内容を見れば判る。「逃げてください!」とは言ってない。彼らとて、本当ははっきりわからないから責任は取りたくないのだ。)

「正義の戦争」の次のターゲットは、アドバイザーがいなくなって孤立無援となった「福島市のゴーストタウン化」。

なぜなら、福島市が無くなれば、「原発全廃」は目と鼻の先だから。

信夫山ネコはもちろん「山下俊一氏解任署名」しません。これまでこのブログで証明してきたように、「反原発」は「デマ」、「誇張」、「脅し」、「政治的数字」、「嘘」、「やらせ記事」、「陰謀」だらけですから信用しないのです。

プロフィール

shinobuyamaneko

Author:shinobuyamaneko
 福島県福島市の信夫山に住むネコです。
 2011年3月の原発事故以後、ネット上には「もう福島市は放射能高くてダメ!逃げてください!」「福島はチェルノブイリ以上!」「子供を見殺しにしないで!」等の「反原発の叫び」が溢れました。こういう「叫び」「脅し」の効果もあって福島に来る人は激減。街は沈み、市民もネコも「すぐに逃げてください!」に怯えながら、静かに暮らしていました。(←しばらくすると連中の嘘・デマがバレてきて、みんな元気になってきましたが。)
 この種の「叫び」の根底に、「反原発」の「福島壊滅ならば原発全廃にできる!大大大チャンスだ!」っていう「喜びの」心理はないですか?原発全廃の為にはまず「福島壊滅」が必要とばかりに、科学的、医学的、論理的に怪しい説、大げさな数字等が「連呼」「拡散」されていないですか?それが「正義」になっていませんか?
 信夫山ネコは「故郷福島壊滅」を「原発全廃」の手段に利用することに断固反対です。もし根拠がない数字や説の拡散による自殺とかの悲惨な「風評被害」が出たら、大人しい福島人も終には訴えたりするのかにゃ。そんな日の為にも、今はとにかくデマ、風評、誇張、脅し等を除染しながら記録するにゃ。(「リンクフリー」です 対「反原発」、対「放射脳」等での引用ご自由に)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
タグ

朝日 山下俊一 菅谷昭 子ども福島 中核派 プロメテウスの罠 有馬理恵 中手聖一 内部被曝 鼻血 アクロ 自由報道協会 週刊現代 阿部宣幸 丸森あや 真宗大谷派 和田酷子 岩田渉 雁屋哲 フレコン三浦 日野 津田敏秀 下地真樹 子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク 毎日新聞 朝日新聞 たんぽぽ舎 グリーンピース フクロウの会 小出裕章 田中龍作 武田邦彦 自主避難 女性自身 歴史改ざん みどりの未来 ZDF 坂本龍一 福島大学 佐々木るり IWJ 市民放射能測定所 市民科学者国際会議 上杉隆 NHK 武藤類子 佐藤幸子 明石昇二郎 双葉病院 山本太郎 東京新聞 広瀬隆 

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR