fc2ブログ

小出裕章氏の「外部被曝の10倍内部被曝します!」はホントか?

今や「反原発」のエースとなったのは、京都大学原子炉実験所の小出裕章助教だにゃ。
この人の4月29日の講演「終焉に向かう原子力」をyoutube http://www.youtube.com/watch?v=ONmro1GNW7A で見た。58分位から「内部被曝」の話にゃ。3月15日の11時54分から12時54分、東京で一時間当たり2マイクロ・シーベルトの空間放射線量の時、小出氏は自分で測ったら17.1マイクロ・シーベルト内部被曝していた。これでも荒い測定だから「内部被曝は外部被曝の10倍多い」と言ってる。そして「日本の政府の発表する(空間)放射線量よりも10倍内部被ばくさせられる」「これからもマスコミに発表される放射線量より多く内部被ばくすると考えてください」と言ってるにゃ。

これじゃ大変、今でも福島市は一時間当たり1.4マイクロ位から下がらない。学校の校庭などでもっと高い所もある。いったいどの位内部被ばくするのか・・・。

だがちょっと待った。3月15日は空間に原発から放出された放射性物質が、大量に飛んでいた。しかし今は放射性物質は大方地表に降下した。もう今、放射性物質を呼吸で取り込む危険は、ほとんどないのでは?「日本の政府の発表する放射線量よりも10倍内部被ばくさせられる」「これからもマスコミに発表される放射線量より多く内部被ばくすると考えてください」は今は成り立たないし、4月29日の時点でも成り立たなかったのでは?これはデマ、誤報の原因になるし、こんなことで怯えたり悩んだり、避難したらそれこそ体に悪いにゃ。

少なくとも今福島市で、「内部被ばくが危険です!早く逃げてください!」と言われても、根拠レスにゃん。

ちなみに小出氏はこの後は「発ガン」の話になって、福島基準の年間20ミリ・シーベルトの被ばくで「子供の25人に一人がガンで死ぬ」と言ってる。それは彼が信じる米国のゴフマンという学者の説に従えば、ということにゃ。そして彼はより甘い数値を出すICRP(国際放射線防護委員会)やBEIR(米国科学アカデミーの委員会?)は「原発推進派」だと言っている。つまりこれらはいずれにせよ、科学的な対立項でなく、政治的対立項に置かれている。鵜呑みにはできないにゃ。

http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/kouen/KoreanN.pdf
を見ると、小出氏は米国嫌いで、北朝鮮の味方にゃ。
でも福島には今必要なのは政治的数字でなく、科学的数字だにゃ。
スポンサーサイト



プロフィール

shinobuyamaneko

Author:shinobuyamaneko
 福島県福島市の信夫山に住むネコです。
 2011年3月の原発事故以後、ネット上には「もう福島市は放射能高くてダメ!逃げてください!」「福島はチェルノブイリ以上!」「子供を見殺しにしないで!」等の「反原発の叫び」が溢れました。こういう「叫び」「脅し」の効果もあって福島に来る人は激減。街は沈み、市民もネコも「すぐに逃げてください!」に怯えながら、静かに暮らしていました。(←しばらくすると連中の嘘・デマがバレてきて、みんな元気になってきましたが。)
 この種の「叫び」の根底に、「反原発」の「福島壊滅ならば原発全廃にできる!大大大チャンスだ!」っていう「喜びの」心理はないですか?原発全廃の為にはまず「福島壊滅」が必要とばかりに、科学的、医学的、論理的に怪しい説、大げさな数字等が「連呼」「拡散」されていないですか?それが「正義」になっていませんか?
 信夫山ネコは「故郷福島壊滅」を「原発全廃」の手段に利用することに断固反対です。もし根拠がない数字や説の拡散による自殺とかの悲惨な「風評被害」が出たら、大人しい福島人も終には訴えたりするのかにゃ。そんな日の為にも、今はとにかくデマ、風評、誇張、脅し等を除染しながら記録するにゃ。(「リンクフリー」です 対「反原発」、対「放射脳」等での引用ご自由に)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
タグ

朝日 山下俊一 菅谷昭 子ども福島 中核派 プロメテウスの罠 有馬理恵 中手聖一 内部被曝 鼻血 アクロ 自由報道協会 週刊現代 阿部宣幸 丸森あや 真宗大谷派 和田酷子 岩田渉 雁屋哲 フレコン三浦 日野 津田敏秀 下地真樹 子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク 毎日新聞 朝日新聞 たんぽぽ舎 グリーンピース フクロウの会 小出裕章 田中龍作 武田邦彦 自主避難 女性自身 歴史改ざん みどりの未来 ZDF 坂本龍一 福島大学 佐々木るり IWJ 市民放射能測定所 市民科学者国際会議 上杉隆 NHK 武藤類子 佐藤幸子 明石昇二郎 双葉病院 山本太郎 東京新聞 広瀬隆 

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR