FC2ブログ

サンチャイルドは「反原発」と「メガソーラー利権ムラ」の主張・政策を表現した「トロイの木馬」だ 寄贈団体は長崎を批判するな 福島共産党頑張れ

(固定された呼びかけ)
Ⅰ:朝日新聞2011年12月2日朝刊「プロメテウスの罠 第9回 我が子の鼻血 なぜ」(前田基行)の主人公「町田市の主婦 有馬理恵」は、主婦ではなく「従軍慰安婦ミュージカル」主演の「俳優座の社会派女優&日本共産党系活動家」です。TVにも出ています。完全に「フェイクニュース」です。確証があります(リンク先エントリーの②を読んでください)。
有馬理恵主演CM「ハインツ・パスタ 牛肉とイベリコ豚の粗挽きボロネーゼ fitness class編」
https://www.youtube.com/watch?v=ARRA7cxE8jw 朝日新聞よ、どうしてこの人が「主婦」なのか?

Ⅱ:岡山大学の津田敏秀氏のいわゆる「津田論文」は、原発事故後の子どもの甲状腺がんの発見について、実は(著者の意に反して)福島県内で地域差が無い(=被ばく量と関係ない)ことを証明しています(リンク先エントリーの⑤を読んでください)

Ⅲ:カタカナの「フクシマ」が「福島はヒロシマと同じ核による惨禍の土地」という誤ったイメージを植え付け、差別につながるレッテルであると、脚本家の倉本聰さん、ジャーナリストの田原総一朗さんらも指摘しています。山梨学院大学の小菅信子教授は、著書「放射能とナショナリズム」で、「フクシマ」は「福島をエネルギー植民地から反原発の聖地として再植民地化して支配するための名づけ直しだった」と指摘しています。「フクシマ」使用に反対します。

前エントリーの続きだにゃ。

「サンチャイルド」を市長に寄贈した「未来研究会」はダンマリなのに、何故か「自然エネルギー基金」が「声明」発表
この「寄贈」だが、8/3の福島民報では、
「ふくしま未来研究会が同市に寄贈した」、「ふくしま未来研究会の南一美副代表理事が除幕式に出席」
7/6の河北新報では
「ヤノベさんが一般財団法人ふくしま未来研究会を通じて市に寄贈した。」
となっている(前エントリー参照)。

では、「寄贈」した「ふくしま未来研究会」とは?
https://fukushima-mirai.com/about.html
30年後を見据え、福島を元気にする活動を支援・助成しますふくしま未来研究会は、”福島を元気にする活動”をサポートする一般財団法人です。
30年後の福島を元気にしたい。
さまざまな活動に取り組む個人や団体を支援・助成することを目的とし、2013年に設立されました。
「再生可能エネルギー」「地域活性化」「日越交流活性化」「助成事業」など、
さまざまな活動支援をとおし、未来にむけて福島の地域づくりを推進しています。


代表理事の佐藤勝三氏は、当地の「ゼネコン」として有名な「佐藤工業」の二代目社長・会長だった。公共工事のほとんどを請け負っているとか・・・かつてはこんな「事件」もあった。
福島県談合 佐藤工業元会長に実刑そして佐藤前知事は5年間の立候補禁止
https://ameblo.jp/fooling/entry-10026864982.html
福島談合事件 福島で佐藤工業と言えば!
https://blog.goo.ne.jp/a2delight/e/5ac9ff31eb747c77206cfb36016ae1ac

「福島未来研究会」の「お知らせ」
https://fukushima-mirai.com/archives/37
同基金は、福島市出身の実業家・佐藤勝三氏と、福島市内の企業や個人からの寄付を元に創設された民間基金。30年後を見据えて、福島を元気にする活動を行うNPOなどを支援することを目的としており、今回の助成で第二回目の実施となる。
運営は、個人や企業から寄付を募ってNPOや社会起業家への助成活動を行う「公益財団法人パブリックリソース財団」が、福島市を元気にする活動をサポートする「一般財団法人ふくしま未来研究会」などと連携して実施。今年度は、寄せられた46件の応募の中から、風評被害に向き合う農業支援団体や、人材育成のプラットフォーム構築に取り組む団体などが選ばれた。


これによると、「未来研究会」という「金を出す団体」は、「公益財団法人パブリックリソース財団」が運営している。ところが、「パブリックリソース財団」には、「福島の30年後を見据えたまちづくりをめざす福島初の地域基金~ふくしま未来基金~」もあるのだ。
http://www.public.or.jp/PRF/fund/fund_08/
本基金の運営にあたっては、パブリックリソース財団は、一般財団法人ふくしま未来研究会や一般社団法人ふくしま連携復興センターなど、複数の福島市内の中間支援組織や専門家と連携しながら、助成金交付による資金的支援を行うほか、必要に応じコンサルタント派遣などの経営支援を行います。

何だかわけわからんが、この「同じような基金だらけ」状況は、かなり胡散臭い。そして、現在「寄贈」した「未来研究会」は、サンチャイルドについてはダンマリのままなのだ。ところが昨日、「一般財団法人ふくしま自然エネルギー基金」の代表理事が、サンチャイルドについて「声明」を出した。非常に奇妙な話である。どうなってんの?

「ふくしま自然エネルギー基金」のサンチャイルドについての「声明」とは?
佐藤彌右衛門氏が「代表幹事」で、この人は「江戸時代から200年以上続く大和川酒造店(福島県喜多方市)の9代目、震災後立ち上げたメガソーラーの会津電力社長」だ。
この人が昨日出した「声明」はコレ
http://www.fukushimafund.or.jp/
このたび福島市にヤノベケンジさんのサンチャイルドが寄贈されました。
私たち、一般財団法人ふくしま自然エネルギー基金の活動理念に賛同し、再生可能エネルギーによる福島の再生に共感してくださったヤノベケンジさんから、10分の1サンチャイルド模型を当基金にご寄贈いただいたことがきっかけとなりました。
東京電力株式会社福島第一原子力発電所の事故の後、この地から除染、賠償、風評被害の拭布といった問題の解決や経済文化の復興に努めて来た私達が忘れてならないのは、二度と起こしては行けない原発事故です。福島と広島、長崎とは異なりますが、原爆ドームを残し戦後70年日本から世界に向けて核兵器の廃絶を訴えて来た広島、その事が広島の市民の自立と復興に繋がっています。福島も目に見えない放射線を受けた街です。大人達が止められなかった原発。その反省を忘れることはできません。廃炉、除染、半減期までの膨大な時間、費用とリスクを無視して次世代に未来を渡すことは出来ません。
傷から立ち直るモニュメントとしてサンチャイルドはとても大事です。長崎は広島と異なり被曝した 天主堂跡は残せませんでした。福島は傷みを乗り越え、語り継ぐ力、想像する力で、世界に向けた新しい文化を作る事になると思います。福島の子供達が誇れる未来と希望への橋渡しをする事が大事です。サンチャイルドは、そのための力を私たちに与えてくれると信じています。
ふくしま自然エネルギー基金
代表理事 佐藤弥右衛門


「10分の1サンチャイルド模型を当基金にご寄贈いただいたことがきっかけとなりました」で、本体をもらった、寄贈したとは言っていない。この「声明」がどういう立場で発せられ、どういう意味があるのか、「寄贈」した「未来研究会」との関係がイマイチ不明だ。そこを明らかにして、もっとしっかり責任を持って発言してほしい。市という市民の税金で成り立つ、地方公共団体に関わる事件なのだから。

この「声明発表」の状況からは、実質「未来研究会」=「自然エネルギー基金」に見える。しかし、わざわざ分けなければならない、怪しい「裏事情」があるのではないか?結局「未来研究会」は「自然エネルギー基金」隠しに使われたのではないか?これは注目していきたい。

ところでこの「声明」の中身だが、原爆ドームを残して核兵器の廃絶を訴えた広島を、福島も見習ってサンチャイルドを設置して・・・てなことのようだが、そもそも原爆を落とされたことと、福島市の原発事故の影響という、内容も規模も全く異なることを並列に出しても意味はない、かえって広島の惨禍の矮小化につながる。かつて福島市はほとんど残っていない、「福島城」や「城下」跡を「城下町」として売り出そうとしていたが、かなり苦しかった。僅かな低線量被ばくを「広島」に結びつけても、無理じゃないか?第一そんなに原爆ドームに匹敵する聖地」が欲しいなら、第一原発そのものにこそ、その資格がある。「こむこむ」ではなく。もしもこれが不幸をネタにした「福島市ダーク観光ネライ」あるいは「聖地ネライ」なら、成功の「希望」はほとんどないだろう。

その上、「長崎は広島と異なり被曝した 天主堂跡は残せませんでした。」というのは、長崎市は間違っていた、福島市は長崎の歩んだ道を行かない、等と言っているように見える。これはマズい。放射線で誰も死んでいない福島市が、どうやって長崎市を批判するのか?この思い上がりは、何としても撤回・謝罪するべきだ。サンチャイルドは震災時には無かったし、被ばくもしていない。破壊もされていない。「残すもの」ではなく、「新たに運び込まれたもの」であり、第一長崎にはこんなマネキンより遥かに立派な「平和祈念像」があるじゃないか。サンチャイルドを、どうやって天主堂と比較するのか?天主堂は残しておけば観光資源にできたのに、地元経済界としては損失だとでも言うのか?これは、長崎市に対して失礼ではないか。

「寄贈のきっかけ」を作った「ふくしま自然エネルギー基金」の中身
そしてこの「きっかけを作った」「自然エネルギー基金」の中身だが、これがもう「反原発」の反福島と、「メガソーラー利権」の臭いが充満しているように見える。

まずこの団体の「メッセージ」
http://www.fukushimafund.or.jp/
われわれは原発事故によって深く傷付いた福島の地に拠るがゆえに、原子力エネルギーという人智が制御しえぬ荒ぶる神の火を捨てようとしている。そうして、風や陽光や水の流れ、大地の熱や森の間伐材などからエネルギーを贈与していただく自然エネルギーへの転換を進めてゆくことを願う。赤坂憲雄(福島県立博物館長)

これはまるで朝日の「プロメテウスの罠(とか、全くウケなかった「パノプティコン」)みたいな、「反原発」の「神話」だ。そしてここから下段にある「福島コミュニティパワー宣言」(2014年2月2日)」というリンクを辿ると、「認定NPO法人 環境エネルギー政策研究所」のHPhttps://www.isep.or.jp/archives/library に着く。これが「親団体」、あるいは少なくとも理念・思想を同じくする団体ってことだろう。
ここのhttps://www.isep.or.jp/archives/library/page/9 には、上記の「メッセージ」の原型、https://www.isep.or.jp/archives/library/5954 がある。その内容は

福島コミュニティパワー宣言
福島ははじまりの地になる
巨大な原発事故が起こった。
いま、怖るべきモラルハザードが始まっている。
われわれは、人智が制御しえぬモノに、われわれの未来を委ねることを拒絶するか、それとも思考停止のままに受容し続けるのか、という分岐点に立たされている。

(中略)
福島はいま、再生可能エネルギーを携えて、始まりの土地になろうとしている。
そして、福島が率先して変化を起こすことで、日本各地が変わり、世界が大きく変わってゆくにちがいない。

そのために私たちは、今日この福島の地で、以下の3つの行動を約束する;
•このネットワークを活かして「21世紀の電事連」(こちら側の電事連)を立ち上げる
•福島からの変革を支援するための「福島コミュニティパワー基金」を立ち上げる
•いま、ここから歴史を変える
2014年2月2日 喜多方


ということで、またまた再生エネルギーの先駆者=「聖地」を目指すカッコイイ「神話」だが、「こちら側の電事連」って要するに、企業家も取り込んで、再生エネルギーの利権団体を作ろうってことか。チシキ人を動員して「反原発」受けする「神話」で飾っているが、実は既成の経済支配層がその構造を維持しながら、原発利権→メガソーラー利権(どちらも建設・土木業界にとっては同じようなもんだ)に転換をはかろう、っていう「メガソーラームラ」じゃないだろうか?「自然エネルギー」はいろいろあるが、この場合サンチャイルドの「サン」だから、メガソーラーだろう。世の中どうせ何らかの「利権」はあるに決まっているから、地域経済にとって必ずしも悪いことだとは思わないが、山をどんどん崩すメガソーラーは、環境破壊に繋がる。土砂災害も危惧される。自然破壊につながり、被害を被るのは結局田舎だ。決していいことづくめではない。そして最大の問題は、こういったチシキ人の「神話」による美化・隠蔽だ。上からキレイゴトばかりいわないでほしい。これは都会インテリが田舎を宗主国目線でバカにする、「オリエンタリズム」だ。くだらなすぎる。

では、この「親団体」である「環境エネルギー政策研究所」って何なのか?
https://www.isep.or.jp/about/outlineでは、
特定非営利活動法人 環境エネルギー政策研究所  所長 飯田 哲也ということだ。

飯田氏は「きっかけ」を作った「一般財団法人ふくしま自然エネルギー基金」の理事でもある。何を主張しているかと言うと、
https://www.isep.or.jp/archives/info/10837
ISEP所長メッセージ「フクシマから太陽の時代へ」2018年3月11日
•福島県内で甲状腺がんと診断された160名(事故当時18歳以下)、そのうち手術を受けた患者84人のうち約1割・8人が甲状腺がんを再発しているほか、胃がんや悪性リンパ腫など他のがんや心臓疾患などが有意に増えている現実に向き合わず、原発事故の影響ではないという真逆の結論を先行させ、検査の縮小や放射線の影響そのものを否定する言説がまかり通り、いっそう混迷を深めていること。


おいおい、「フクシマ」、「真逆の結論」、「被害の縮小」・・・「サンチャイルド」はこんな福島についてのデマ屋が、「きっかけを作った」のだ。市長何やってんだよ。

ついでに「自然エネルギー基金」の、他の「幹部」も見よう。 http://www.fukushimafund.or.jp/organization
アドバイザーに名を連ねるのは、
 
坂本龍一・・・言うまでもなく「福島デマ屋第一号」だ。
連休中「静岡に避難した福島の小学生が死亡」というデマ
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-2.html 参照

石田敦史(パルシステム生活協同組合連合会 理事長)・・・パルシステム生協は東京の生協だが、こんなことをやっている
http://www.pal-system.co.jp/item/radiation/?j_top_np
「放射能検査」
パルシステムは2011年3月11日の大震災による事故直後より、放射能対策に取り組んでいます。
独自の基準を設け、自前の「商品検査センター」で検査を実施しています。結果を毎週組合員にお知らせするとともに、放射能が検出された場合は産地と協力して低減に取り組んでいます。
一般食品(国の基準 100Bq/kg) 飲料 10Bq/kg 乳製品 10Bq/kg 米 10Bq/kg
(以下略)

まるで「放射○」だ。10ベクレル信者?サンチャイルドの「000」は、こういうのから来ていたのだ。。

「いのちを守れ! フクシマを忘れない さようなら原発全国集会」開催 4月以降も避難者に住宅支援の継続を 2017年3月28日
https://information.pal-system.co.jp/society/170328-sayonara-genpatsu/
「いのちを守れ! フクシマを忘れない さようなら原発全国集会」は3月20日(月)、東京都渋谷区の代々木公園で開催され、約1万1千人が集いました。落合恵子さん(作家)、鎌田慧さん(ルポライター)、福島県から避難しているみなさんなどが登壇し、原発再稼働反対を訴えました。

やっぱり「フクシマ」、パルシステム生協は福島を貶める団体ではないか。多くの人が直感的に、「サンチャイルドが風評を拡大する」って感じたのは正しかった。「寄贈(きっかけ)団体」の幹部に、本当に風評加害者がいるのだ。

ややこしいので、この2団体についての表を作った。
サンチャイルド寄贈団体

結局サンチャイルドは、幹部が福島デマを発信する「ふくしま自然エネルギー基金」(幹部には福島じゃない人が多いです)が、福島市に「寄贈のきっかけを作った、と称する」って事だが、なぜ彼らはサンチャイルドのミニチュアを喜び、本物を福島市長に寄贈しようとしたのか?それが何のメリットを彼らに及ぼすのか?ここまで見るとサンチャイルドの正体は明らかだ。

サンチャイルドが表現しているモノ
1:全体テーマ=「脱原発」して「自然エネルギー」、中でもメガソーラーへの転換を図ることが正しい未来である、という理念。これは特定利益集団(「反原発」と企業家、すなわち「ふくしま自然エネルギー基金」)の思想、主張、政策そのものと一致している。
2:「防護服」を来ているのは、原発事故で酷い被ばくの可能性があった(あるいはある)ことを表す(福島市の実態とは全く異なる)
3:ヘルメットを脱いでいるのは未来で「脱原発」を果たしたことを表す
4:もちろん線量計000は「脱原発」後の空間線量の「つもり」(科学的にあり得ない「ゼロベクトル信者」の妄想である これは福島の生産者を苦しめる「福島産品忌避」の原因だ)
5:右手の上にある金属製「太陽」は、人の手でコントロールする太陽エネルギー、すなわちメガソーラーを表す


「茶髪」「青い目」は?
6:茶髪と青い目は欧州の「脱原発」先進地、ドイツ等を表す(「ふくしま自然エネルギー基金」のアドバイザーにもドイツ人とデンマーク人がいる)
「股間の円筒」は?
7:「反原発」のチン○祭りである(以下参照)
大飯原発デモ、どうしてこうなった・・
https://togetter.com/li/330506 
サンチャイルドの股間の円筒は、「脱原発による豊穣」のシンボルか?大飯でのお祭り騒ぎのように。「反原発」は局部低線量被ばくによって「子どもができなくなる」等と主張するのだろう。これもまた「福島出身者は・・・」といった風評拡大につながる。

この解釈は隅々まですっかり符合している。まあ、サンチャイルドは11年に制作されたそうだから、わざわざ「寄贈(きっかけ)」団体=「ふくしま自然エネルギー基金」の意向に沿って作られたわけはなく、あくまでこの団体が「サンチャイルドは自分らの主張と一致している、キャハー!」となり、「これを福島市に寄贈しちゃおうぜ、巨大広告塔になるよ!」とエスカレートした、というあたりだろう。そして「ウチから直接寄贈すると、広告塔であることがバレるので、勝三さんの「未来研究会」通すべ。これで新聞社もゴマカせるし、市長も都合がいいべした」ってことじゃないの?(しかし今や、勝三さんが「声明」出さなきゃならない状況になり・・・)。ヤノベケンジ氏は、サンチャイルドが本当に表現しているモノを、「希望」、「未来」、「復興」などという大きくあいまいな概念でごまかさず、「メガソーラー(自然再生エネルギー)による希望、未来、復興等」であると、隠さずにキチンと明示する必要がある。議論はそれからだ。

サンチャイルドは、「反原発+メガソーラー利権狙い企業家」の主張と政策のプロパガンダをミッションとして、福島市の子ども施設「こむこむ」に送り込まれた「トロイの木馬」だ。「現代芸術」と称して、本当は特定集団の思想、主張、政策を表しているモニュメントを、市の、しかも子ども向けの公共施設に置くことはいくら何でも認められない。ここには市長の言うような「芸術的な抽象化」は無い。「象徴」と言うが、象徴は「平和の象徴=鳩」のような構造を持つ。コレのどこが「象徴」なのか?等身大ガンダムの足元にも全く及ばない、陳腐な直接表現の宣伝用人形ではないか。市長は目を覚まさなくてはならない。市民に悪夢を思い出させ、科学と事実を無視して風評を拡大し、その上特定利益集団の主張を表す「広告塔」は、撤去するしかない。あるいは市長もこの「特定利益集団」に入っているのか?

共産党福島市議団を応援します(「中央」ではなく)
この問題、地元共産党ががんばっている。
宮本しづえのかけ歩き あかるく暖かい県政へ 2018-08-10
福島市のこむこむ館前に設置されたサンチャイルドの巨大モニュメントに実態に反すると疑問噴出。市議団が撤去の申し入れ

http://mymt.hateblo.jp/entry/2018/08/10/163533
 福島市がヤノべケンジさんから寄贈を受けこむこむ館入り口に設置したサンチャイルドのモニュメントに各分野から異論が噴出しています。8月3日に設置されたこのモニュメントは、防護服を着た子どもがようやく安全になった福島でヘルメットをぬぎ空を見上げている様子と説明されているとのこと。胸には放射線量が000と表示。放射線量が0という事もありえないことで、現実とのかい離があります。避難区域には子どもの立ち入りは禁止されていたため、福島市内はもとより県内で原発事故当時防護服を着ていた子どもは一人もいません。まるで福島市が防護服が必要なほどに汚染された地域であったような誤解を生じさせるものは設置すべきではないと思います。放射能の不安を持ちながらも福島で子育てしてきた大人たちは沢山いる訳で、今になってこのようなモニュメントが現れたら、新たな不安を掻き立てることにもなりかねませんし、新たな風評被害を生む可能性もあります。 善意で寄贈されたものとはいえ、誤解を生むことは避けるべきでしょう。市議団が撤去の申し入れを行ったのは当然のことだと思います。

8/10という早い対応、福島市民の誰もが共感できる内容、素晴らしいです。

<福島・巨大モニュメント>共産市議団、撤去へ要望書/市長「まちづくりにプラス」 河北新報8/14
https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201808/20180814_63036.html
 福島市が恒久展示した巨大モニュメント「サン・チャイルド」への批判がインターネット上で相次いでいる問題で、市議会共産党市議団(4人)が撤去を求める要望書を市に提出していたことが13日、分かった。木幡浩市長は同日、「子どもたちやまちづくりにプラスになる」と理解を求めるコメントを発表した。
 要望書は10日、市長宛てに提出された。放射線量を測る線量計を模した胸部分のデジタル表示が「000」となっていることを「(東京電力福島第1)原発事故前でもゼロは到底あり得ない」と強調。子ども姿のモニュメントが防護服を着ていることも含めて「福島の現実と大きく乖離(かいり)している」と早期撤去を求めた。
 一方、市議会内では批判への異論もある。別会派の若手議員は「芸術作品と現実を混同している。モニュメントはあくまでも原子力災害を克服する福島の象徴」と指摘。別の中堅議員は原発事故の風化を危惧して「(モニュメントの設置意義を)きちんと議論する必要がある」と語った。
 共産党市議団の一人も「表現の自由との関係が非常に難しい」と話し、安易に片付けられない問題との認識を示した。
 木幡市長はコメントで、防護服姿や胸のゼロ表示について「あくまで原子力災害からの安全の象徴であり、風評等に与える影響は限定的」と説明。モニュメントに関する今後の対応は「市民の意見を参考に検討する」と記した。


「風評等に与える影響は限定的」とは驚いた。何を根拠に言っているのか?そして「限定的」でもダメだ。逆に「無限に風評に影響を与えなければよい」ということになるが、そんなの線引きできませんよ。

原発事故後、医療生協・民医連「わたり病院」の斎藤医師は、事故直後から住民に医学、科学的に正しいこと(福島市から避難する必要はない)を伝えて、極左過激派に関係する「子ども福島」中手氏らに「裏切者」と言われていた。これは最近でも続いている。党中央や参議院議員岩渕某らはともかく、共産党も地元では住民としてリアリズムを持ち、正しいことを言っているのだ。サンチャイルドは、旧来のゼネコンにつながる特定利権集団のモニュメントであるから、共産党福島市議団には更にがんばってほしい。

更なる報道が続く
「防護服のよう」福島市設置の人形に批判相次ぐ 2018年08月14日 08時59分 讀賣新聞
https://www.yomiuri.co.jp/national/20180813-OYT1T50068.html?from=ycont_latest
福島市の教育文化施設「こむこむ」前に市が設置した人形のモニュメント(高さ6・2メートル)に、住民らから批判が相次いでいる。人形が防護服姿のような格好をしていることが主な理由だ。市側は「原発事故の風化を防ぐ」と趣旨を説明するが、「新たな風評被害につながる」との声も少なくない。木幡浩市長は13日、「市民などの意見をよく聞いて取り扱いを検討する」と発表した。
 人形は現代美術家のヤノベケンジさんが制作した作品「サン・チャイルド」。黄色の防護服のような服を着た少年像で、胸元の放射線測定装置は「000」と表示している。
 木幡市長は7月6日の記者会見で、「放射線量ゼロの環境で、防護服のマスクを外した男の子がほほえむものだ。復興・再生する希望をイメージしている」と歓迎した。
 ところが今月3日の除幕式後、市には「福島市が、防護服が必要なほど汚染された地域だったと誤解される」、自然界にはもともと放射線が存在するため「線量ゼロにはならず、現実離れしている」といった批判が、インターネットや電話、メールで多数寄せられた。
 批判を受け、木幡市長は13日、取り扱い方針を発表。ヤノベケンジさんも10日、「衣装は甲冑かっちゅうであり宇宙服のようなイメージ。胸のカウンターは『原子力災害がない世界』という象徴的な意味」とコメントした。


https://twitter.com/Nonbeekaeru/status/1029240142358142977
林 智裕‏ @Nonbeekaeru
サンチャイルド騒動、英国ガーディアン誌のニュースでも報道されましたね…。


Fukushima residents complain over statue of child in radiation suit
https://www.theguardian.com/world/2018/aug/13/fukushima-residents-complain-over-statue-of-boy-in-radiation-suit?CMP=share_btn_tw
Residents of Fukushima have demanded the removal of a statue of a child in a protective suit from outside the city’s railway station, saying it gives the impression that the area is unfit for human habitation as a result of the 2011 nuclear disaster.
福島の住民が福島駅の外に設置された放射線防護服を着た子供の像の撤去を要求している。この像はこの地域が2011年の原発事故の結果、人間が済むのに適していないという印象を伝えてしまう、と言うのが言い分です。
The mayor of Fukushima, Hiroshi Kohata, defended the decision to install the statue, saying he believed the child looked hopeful about the city’s future, and the sun symbol was a reference to the need to develop clean energy sources.
福島市長こはた浩は、像の設置を弁護して、彼はこの子どもは市の未来についての希望に満ちているように見え、太陽のシンボルはクリーンなエネルギー資源の開発の必要性を表す、と言っています。

やっぱり、市長はこの「太陽シンボル」が、「クリーンエネルギー開発の必要性を表す」って言ってますね。日本語の「市長コメント」では、「右手に持つ小さな太陽は、次世代のエネルギー問題が解決される『希望』を象徴しており、これらは福島復興の姿と重なり、私たちを励ましてくれるものと思いました」です。「クリーンエネルギー開発」と書かないでゴマカシてますが・・・
http://www.city.fukushima.fukushima.jp/hisyoka-hisyo/shise/goannai/shichonoheya/mayor20180813.html 参照

この「像」って、あまりにも具体的に「反原発+メガソーラー利権」の主張・政策を表し過ぎていると思うよ。こういうのは「芸術」なのですか?巨大レーニン像なんかとあんまり変わらんように見えるが。

(追記)
その後の報道

福島で賛否両論...「子ども立像」 原子力災害からの安全の象徴 2018年08月14日 09時55分 福島民友
http://www.minyu-net.com/news/news/FM20180814-297664.php
(「あの人たち」への「忖度」なしで報じてほしい。案外大変な案件かもしれませんよ・・・)

福島市の子供像に住民らから批判 防護服着用 2018年08月15日 BBC
https://www.bbc.com/japanese/45192561
福島市がJR福島駅付近に設置した防護服姿の少年像に、住民らが怒りの反応を示している。2011年に起きた東京電力福島第一原子力発電所の事故以来、同市が未だに放射能に汚染されたままだとの印象を与えるとの声もある。 批判に対し制作者は10日、謝罪文を発表した。

福島第1原発事故 防護服姿の像に批判 市が福島駅付近に設置 /福島 毎日新聞2018年8月15日 地方版
.https://mainichi.jp/articles/20180815/ddl/k07/040/051000c
福島市がJR福島駅付近に設置した防護服のようなものを着用した子どもの立像に「(東京電力福島第1原発事故の)風評被害を増幅する」「科学的にあり得ない」などと批判が相次ぎ、制作者が謝罪文を出していたことが12日、分かった。

https://twitter.com/siouxsie7_k/status/1029711608132464648
(聯合電 8/13)
現代美術家ヤノべケンジ氏は「原子力災害がない世界、復興に立ち上がる人々に夢と希望を」としたが、
市民から「福島は防護服なしで生きられないとでも?」「放射線量が0でないとヘルメットを脱げない?科学的でない」と多くの批判が。
(新華社電 8/15)
東京発新華社電も「福島市内に現れた防護服姿の子ども像に論争や地域住民からの抗議が。作者は謝罪」と報じた。
リンク内記事では「『福島は今も防護服が必要』との主張は、福島の地や住民への偏見や差別をもたらす」という@JPN_LISA =井上リサ氏のツイートも紹介している。


福島市に設置されたヤノベケンジ氏のサン・チャイルド、海外メディアも報道 市長は「まちづくりにプラスと判断した」声明発表
キャリコネニュース2018年08月15日 19:15 (Blogos)
http://blogos.com/article/318243/
海外からは「これほどまでに悪いPRもないよね」という声も
BBCやガーディアン、ジャパンタイムズなどの海外メディアも、一連の騒動を報じている。BBCのフェイスブックには「これほどまでに悪いPRもないよね」という声が寄せられている。英語圏の掲示板redditでは、作品そのものへの「不気味だ」という声や「胸の部分が本物の線量計だったら格好良かったのにね」というコメントがあった。




現在、我々「市民」は「市長の押しつけ」という「権力」に抵抗している。世界からも注目されている。ところが、「権力に抵抗する市民」が大好きな筈の朝日新聞等、所謂「リベラル」が沈黙している(8/15現在)。

連中は自らが抱える、「原発廃止という正義のためには、原発事故の被害を実態より過大に伝えて福島をつぶさなければならない」という「反原発ファースト」のドグマを優先しているのだ。一部チシキ人も同じ、甚だしきは東浩紀氏と津田大介氏で、「福島県民はもっと怒れ」と言っていたのに、実際に我々が権力に対して怒ると、サンチャイルド擁護に回っている。福島にチョコっとだけ来て「抵抗する文化がない」と言ったアレクシェビッチ氏を特集したNHKも沈黙だ。

彼らの「民主主義」は「反原発ファースト」の前で雲散霧消する。そんな程度の薄っぺらなタテマエなのだ。(「抵抗する文化がない福島の一市民(ノラネコ)」より)
スポンサーサイト

速報:本日「サンチャイルド」炎上 木幡市長さん 風評被害助長は絶対にダメ 撤去しかないよ

(固定された呼びかけ)
Ⅰ:朝日新聞2011年12月2日朝刊「プロメテウスの罠 第9回 我が子の鼻血 なぜ」(前田基行)の主人公「町田市の主婦 有馬理恵」は、主婦ではなく「従軍慰安婦ミュージカル」主演の「俳優座の社会派女優&日本共産党系活動家」です。TVにも出ています。完全に「フェイクニュース」です。確証があります(リンク先エントリーの②を読んでください)。
有馬理恵主演CM「ハインツ・パスタ 牛肉とイベリコ豚の粗挽きボロネーゼ fitness class編」
https://www.youtube.com/watch?v=ARRA7cxE8jw 朝日新聞よ、どうしてこの人が「主婦」なのか?

Ⅱ:岡山大学の津田敏秀氏のいわゆる「津田論文」は、原発事故後の子どもの甲状腺がんの発見について、実は(著者の意に反して)福島県内で地域差が無い(=被ばく量と関係ない)ことを証明しています(リンク先エントリーの⑤を読んでください)

Ⅲ:カタカナの「フクシマ」が「福島はヒロシマと同じ核による惨禍の土地」という誤ったイメージを植え付け、差別につながるレッテルであると、脚本家の倉本聰さん、ジャーナリストの田原総一朗さんらも指摘しています。山梨学院大学の小菅信子教授は、著書「放射能とナショナリズム」で、「フクシマ」は「福島をエネルギー植民地から反原発の聖地として再植民地化して支配するための名づけ直しだった」と指摘しています。「フクシマ」使用に反対します。

前エントリーのコメ欄に書いていた、ここ数日福島市で話題沸騰中の「サンチャイルド」だが、遂に本日、河北新報朝刊にデカい記事が出て、「炎上」の道を突き進んでいる。もう撤去しかないのでは。誰も反対しないと思うが。
kahoku1808122.jpg
(河北新報8/12 社会面) 

福島市の巨大モニュメントにネットで批判「科学的にあり得ぬ」「新たな風評引き起こす」制作者謝罪、市と扱い協議 河北新報8/12
https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201808/20180812_63020.html
 福島市に恒久展示された巨大モニュメントにインターネット上で批判が噴出し、制作者が謝罪文を掲載する事態となったことが11日、分かった。問題視されたのは作品の胸にあるデジタル表示「000」。放射線量を計測する線量計を模したが、「科学的にあり得ない」などと指摘された。
 作品は、東京電力福島第1原発事故に着想を得た現代アート。寄贈を受けた福島市の木幡浩市長はツイッターで「現代アートは科学とは異なり抽象化して表現します」などとつぶやきを重ねて理解を求めている。
 モニュメントは高さ6.2メートルの「サン・チャイルド」。ヘルメットを外した防護服姿の子どもの像で、放射線不安が解消された様子を表現している。
 現代美術作家ヤノベケンジさんが2011年10月に初公開した。今月からJR福島駅近くの教育文化複合施設「こむこむ」入り口に展示されている。
 批判は今月3日の除幕式以降に相次いだ。自然界には宇宙や大地からの放射線が存在することから「科学的にあり得ない『000』表示が付いたものを設置するのは反対」といった意見がツイッターなどに投稿された。「防護服が必要なほどだったという新たな風評を引き起こす」との声も上がった。
 放射線に詳しい菊池誠大阪大教授(統計物理学)も批判した一人。取材に対して「放射線量ゼロでないとヘルメットを脱げない、安全でないように見える点が問題だ。放射線への理解を広げる努力が水の泡になる」と懸念を示した。
 ヤノベさんは10日、自身のウェブサイトに「不愉快な思いをさせてしまった。『放射能』に対する知識の正確さが求められていることに配慮すべきだった」などと記載した。
 作品の狙いについては、河北新報社の取材に「胸の数字は、原子力災害がない世界という象徴的な意味を込めた」と説明。誤解される恐れも念頭にあったが、「作品全体で希望のイメージを伝えられると思い込んでしまった」と語った。今後は作品の扱いを福島市などと話し合う考えだという。


この「像」に市民が反発した要因は、①線量計がゼロは科学的にありえない。②「防護服」を着なければならないような危険な状態は、福島市ではなかった。③結局これらの「印象」が伝わって、新たに「風評加害」となる。せっかく福島市で事実の理解に務めてきた人々の努力が水の泡になってしまう・・・等々である。

信夫山ネコ的には、股間の巨大な円筒も気になる。何だコレ?「防護服」にこんなのついてないよ。設置された場所は子ども用施設「こむこむ」前ですぜ。ま、本質とはズレるが。

だいたい「青い目」で防護服+線量計ってのは、この「コスプレ」でそこいら中測りまくって「キケンだ!」と騒いだ、11年の渡利小学校での「グリーンピース」の破壊活動や、「市民放射能測定所」を作ったフランス「反核団体」クリラッドの暗躍とか、東北六魂祭前の「反原発」による市内側溝測りまくりなんかを思い出させる。「木内みどり」のコスプレ電凸とかもね。線量計0ってのは「ゼロベクレル信者」と福島産品忌避を想起させる。嫌悪感いっぱい、酷い事をされたイメージしかない。ここでは原発事故後に「福島は人間が住めない」とか、「福島産のものを食べるな」とか騒ぎまくった「反原発」運動や、「放射脳」っぽいってのは、嫌われるのですよ。ワタシラは、この連中に散々イジメられたですから。

https://twitter.com/pinwheel007/status/1027434984527650817
あふらん/afran‏ @pinwheel007 · 8月9日
②2011年の秋ですから、まだ混乱は続いていましたが、福島市民は東日本女子駅伝の成功を願い、当日沿道にはたくさんの市民が応援に駆けつけました。フルーツラインでは果樹園経営者が豚汁をふるまい雰囲気を盛り上げ、お年寄りからお子さんまで、選手たちに声援をおくりました。
③ところが、開催日の数日前だったと思いますが、防護服を着てガイガーカウンターを持った人たちが現れ、市内の側溝の上などの線量を測り始めたのです。福島市民は防護服を着る必要などまったくない環境にありました。そこに、突然現れた防護服姿の人たち。
④そして、防護服を着て線量を測っている姿を写真に撮り「こんなに高い!」とネットにアップしたのです。側溝の真上にガイガーカウンターを置けば、ある程度の数値は出ます。でも、その数値は1時間そこにいたときの数値であり、1時間いても問題は無く、まして、通り過ぎる選手に影響はありません。
⑤しかし、その防護服姿のひとたちの中には、東日本女子駅伝を「殺人駅伝」と言って攻撃するひともいました。私は、あのときの悔しさは忘れられませんし、心の中に深い傷となって残りました。防護服とガイガーカウンターにはそういう苦しい思い出が重なるのです。
⑥まったく福島市では着る必要の無い防護服を着て現れたひとたちは、そこに普通に暮らすひとたちの尊厳を深く傷つけたと思います。その後も、間違った知識で「福島には暮らせない」と言われたりしました。そういう中で、7年かけて少しずつ心の傷を修復してきました。
⑦私の心の傷を修復してくれたのは、ずっと変わらずにある花見山であり吾妻山であり、そして、日々少しずつ、以前の福島市に戻っていくことが感じられる人々の暮らしでした。普通であることが何よりうれしかったのです。放射線を意識しない普通の暮らしが取り戻されたのです。
⑧ところが、突然、防護服を着てガイガーカウンターを身につけた巨大が物体が登場しました。そして、それは復興のシンボルだと言われました。私には2011年秋の防護服姿とガイガーカウンターの再来に思えました。見たくない!それが正直な感想でした。やっと修復されてきた傷がまた開きました。
⑨やっとやっと普通にもどれたのに、いやなことを忘れて暮らせるようになったのに「思い出せーー!」と肩を揺さぶられたような衝撃でした。福島市に暮らす人たちはいろんな形で傷ついてきたと思います。どうか、その傷をえぐるようなことはしないでください。


信夫山ネコは、あふらんさんの意見に100%賛成です。

ヤノベ氏の「謝罪文」
http://www.yanobe.com/20180810_KenjiYanobe_Statement.pdf
突然設置されて驚かれた方、不快に思われた方がいたら改めてお詫び申し上げます。
しかるべき時に直接、市民の方々にお会いしてご意見をお聞きし、お話しする機会を持つために、お伺いしたいと思っています。その中で皆様のご理解が得られたら嬉しいですが、今後の取り扱いは福島市や関係者と話合っていきたいと思います。


ここまでのこの「騒ぎ」の報道は、
ヤノベケンジ氏の「サン・チャイルド」、福島市に展示し物議 「不快な思いさせた」と謝罪、防護服を着た子どもの巨大立像
2018.8.10  キャリコネ編集部(キャリコネニュース)

https://news.careerconnection.jp/?p=57996
現代美術作家のヤノベケンジさんが作成し、8月3日に福島県福島市に設置された「サン・チャイルド」の像が物議を醸している。ヤノベさんは10日、自身のサイトで「一部の方々に不快な思いをさせてしまったことについて、大変申し訳なく思っている」と謝罪した。 ・・・

福島設置の像物議 作者謝罪nifty news
https://news.nifty.com/topics/cc/180810261400/
(上記キャリコネと同じ)

設置当時の報道は、
「サン・チャイルド」除幕 現代美術家ヤノベケンジさん作 福島 福島民報 8/3
http://www.minpo.jp/news/detail/2018080454010

復興願い巨大モニュメント作品 福島で除幕式 福島民友 8/4
http://www.minyu-net.com/news/news/FM20180805-295208.php
ヤノベさんは「生みの親は自分だが、福島の方々に育ててもらいたい」とあいさつ。
そう言われても・・・
2018年08月05日 08時39分

現代美術作家ヤノベケンジさん、福島市に作品寄贈 原発事故からの再生願う 河北新報 8/6
https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201807/20180707_63004.html
市役所で記者会見したヤノベさんは「原発事故からの再生を今こそ福島から発信すべきだ」と強調。一方で「どう受け止められるかとも思った」と語り、作品展示が被災者感情に与える影響を気に掛けた。
 これに対し同席した木幡浩市長は「原子力災害を受けた事実を風化させず、希望を持って前進するシンボルになる」と感謝した。
ヤノベ氏は気にしていたようですね。市長がダメだ。

その前 7月記者会見
「子ども像」福島市に寄贈、8月設置 現代美術家ヤノベケンジさん 2018年07月09日 08時26分 福島民友
http://www.minyu-net.com/news/news/FM20180709-287138.php
寄贈に伴い、市は愛称を募集する。市内の各学校に送付する専用はがきで応募してもらう。はがきはこむこむにも備え付ける。募集期間は14日~8月19日。 
おいおい、どうすんだよ、これ?

市長のツイート
https://mobile.twitter.com/hatabohk/status/1025526254697476096
こはた 浩(木幡 浩) @hatabohk
ようこそ #サンチャイルド 夢と希望の #モニュメント が #福島市 #こむこむ 前にお目見えしましたよ❗️ #大震災 #原発事故 を風化させることなく、希望を持って前に進もう🎵 小学生の皆さん、ステキな愛称を提案してね😃 #ヤノベケンジ さん、関係の皆さん、厚く感謝❤️ 16:38 - 2018年8月3日

こはた 浩(木幡 浩)
@hatabohk 8月6日 返信先 @hatabohk
サンチャイルド寄贈の意向を聞きつけ、福島市で受入れを決めました。 この作品には様々な受止め方があろうと思います。 原子力災害を被ったFukushimaの県都として災害に向き合い風化させずに、希望を持って克服する~そこに復興があり、この作品はその象徴的なものと思います。ご理解をお願いします。

こはた 浩(木幡 浩)
@hatabohk 返信先 @hatabohk
現代アートは科学とは異なり抽象化して表現します。 メットを脱いだ防護服の子どもは「放射能からの安全」を、 太陽を手に中空を望む姿は「未来への希望」を象徴しているものと思います。
15:07 - 2018年8月6日


この像のどこが「抽象化」なのか?

以下は市民のツイによる情報です。
https://twitter.com/pinwheel007/status/1027349776289816579
あふらん/afran‏ @pinwheel007
あふらん/afranさんがこはた 浩(木幡 浩)をリツイートしました
押し付けられて、市長も断れなかったんだろうと思っているひとがいるみたいだけど、そうでもないのですよね。3月のツイートです。

https://twitter.com/hatabohk/status/969351667354296320
こはた 浩(木幡 浩)‏ @hatabohk
現代美術家 #ヤノベケンジ さん #佐藤弥右衛門 さんと。
以前倉敷の大原美術館で、ヤノベさんの #サンチャイルド を鑑賞。再生・復興を目指す人々の心に、夢と勇気を与える希望のモニュメントに大きな感銘を受けました❤️
福島でも何か起きるかも⁉️
We❤️ふくしま❗️

https://twitter.com/kamesan1959/status/1027362873129848833
kame(鬼龍院花子乳慈愛大居士)‏ @kamesan1959 · 8月9日
返信先: @pinwheel007さん
市役所勤務の友人の話では、市庁舎前に設置との話もあったそうです。市長は「0に違和感を感じる」との職員の意見に「アートです」と一蹴したそうです。
電話での苦情はこむこむに回され、業務に支障が出るほどの件数があるそうです。
12月に就任して何もせず、目立つことをやりたかったんですかね。

あふらん/afran‏ @pinwheel007 · 8月9日
返信先: @kamesan1959さん
電話はこむこむに転送されているというお話は昨日聞きました。ひどい話だなと思います。そうですか、職員の意見も聞かないわけですね。コスプレとか目立つことは盛んにやっていますが、市関係の地道な要望にはなしのつぶてだという話を聞いたばかりでした。軌道修正は難しい人のようですね。ため息。

kame(鬼龍院花子乳慈愛大居士)‏ @kamesan1959 · 8月9日
他の一般市民N氏は共産党の小熊市議に要請したら「ゼロを目指す。良いことじゃないですか」との反応だったそうです。
無知で興味がないのでしょうね。

あふらん/afran‏ @pinwheel007 · 8月9日
ますますため息が出ますね。普通の市民がわかっていることをどうして議員や首長がわからないのか、情けない話です。尻拭いをさせられているひとたちがほんとに気の毒です。


まったくです。市長さん、一般職員や「こむこむ」に押し付けるのはダメ、あなた責任者でしょう。独断専行したんだし。ヤノベ氏だって謝罪している。最低ツイぐらいするべき。まさか今日は休みだから宴会していた、なんていう「危機管理案件」にならないように。

くれぐれも「反原発」や「放射脳」が得意な、一般職員イジメ電凸はやめましょう。あれも「反原発」運動衰退の原因でしょうね。

(追記8/13)
「まとめ」も出来ました
サン・チャイルド(福島市・こむこむ)を巡る意見・感想を時系列で
https://togetter.com/li/1255195
収集途中ですがこむこむにおけるサンチャイルド展示に関するツイートまとめ
作品の印象
表現における矛盾
作者の意図
市長に対する意見など

問題があれば可能な範囲で対応します。
今回これまでの催事で展示からパブリックアートの展示になりましたがこの作品がそれに相当するものなのか一連ツイートを参考にして判断材料にしていただければ幸いです。
(個人的には表現されているものに矛盾が大きすぎるのでもしこのまま展示し続けるのであれば、ここに集められた問題点の指摘を参考にして再制作することをお勧めしたいです。期間限定の展示であればこのままでも...)


各社報道
防護服着用「風評増幅」 福島市設置子ども像に批判 2018.8.12 18:36更新 産経フォト
https://www.sankei.com/photo/story/news/180812/sty1808120015-n1.html
福島市がJR福島駅付近に設置した防護服のようなものを着用した子どもの立像に「(東京電力福島第1原発事故の)風評被害を増幅する」「科学的にあり得ない」などと批判が相次ぎ、制作者が謝罪文を出していたことが12日、分かった。
 像は現代美術家ヤノベケンジさんが東日本大震災をきっかけに2011年に制作した高さ約6・2メートルの「サン・チャイルド」。防護服姿で脱いだヘルメットを手にし、空間放射線量の線量計を模した胸のカウンターには「000」と表示されている。
 3日にヤノベさんも出席して除幕式が行われたばかりで、木幡浩市長はツイッターで「現代アートは科学とは異なり抽象化して表現します」と理解を求めた。
 ヤノベさんは自身のウェブサイトで「不愉快な思いをさせてしまった。『放射能』に対する知識の正確さが、震災前と比較にならないくらい求められていることに配慮すべきでした」と謝罪。像の取り扱いを市と話し合いたいとしている。
.

福島市設置のヤノベケンジさん子供像に批判 防護服着用「風評被害を助長」 2018.8.12 22:17 産経
https://www.sankei.com/affairs/news/180812/afr1808120018-n1.html
福島市がJR福島駅付近に設置した、防護服を着用した子供の立像に「(東京電力福島第1原発事故の)風評被害を増幅する」「科学的にあり得ない」などと批判が相次ぎ、制作者が謝罪文を出していたことが12日、分かった。
 像は現代美術家ヤノベケンジさんが東日本大震災をきっかけに2011年に制作した高さ約6.2メートルの「サン・チャイルド」。防護服姿で脱いだヘルメットを手にし、空間放射線量の線量計を模した胸のカウンターには「000」と表示されている。説明書きによると「原子力災害がない世界」を象徴し、復興へ立ち上がる人々に夢と希望を発信する意図があったという。
 自然放射線が存在するため「空間放射線量がゼロにならないとヘルメットが脱げないと受け止められ、非科学的」「福島は防護服がなければ生活もできないという印象を与え、風評被害を助長する」と批判する投稿がツイッターなどに相次いだ。福島市にも撤去を求める電話があった。


防護服着用「風評増幅」福島市設置子ども立像に批判 [2018年8月12日19時6分]  共同
https://www.nikkansports.com/general/news/201808120000744.html.
 福島市がJR福島駅付近に設置した防護服のようなものを着用した子どもの立像に「(東京電力福島第1原発事故の)風評被害を増幅する」「科学的にあり得ない」などと批判が相次ぎ、制作者が謝罪文を出していたことが12日、分かった。
 像は現代美術家ヤノベケンジさんが東日本大震災をきっかけに2011年に制作した高さ約6・2メートルの「サン・チャイルド」。防護服姿で脱いだヘルメットを手にし、空間放射線量の線量計を模した胸のカウンターには「000」と表示されている。説明書きによると「原子力災害がない世界」を象徴し、復興へ立ち上がる人々に夢と希望を発信する意図があったという。
 自然放射線が存在するため「空間放射線量がゼロにならないとヘルメットが脱げないと受け止められ、非科学的」「福島は防護服がなければ生活もできないという印象を与え、風評被害を助長する」と批判する投稿がツイッターなどに相次いだ。福島市にも撤去を求める電話があった。
 3日にヤノベさんも出席して除幕式が行われたばかりで、木幡浩市長はツイッターで「現代アートは科学とは異なり抽象化して表現します」と理解を求めた。
 ヤノベさんは自身のウェブサイトで「不愉快な思いをさせてしまった。『放射能』に対する知識の正確さが、震災前と比較にならないくらい求められていることに配慮すべきでした」と謝罪。像の取り扱いを市と話し合いたいとしている。(共同)


せっかく「市民」が「市長、行政」という「権力批判」をしているという、「リベラル」が大好きなストーリーなのに、肝心な「リベラル」チシキ人がおかしなことを言いだしたよ。
ヤノベケンジさんの「サン・チャイルド」について 茂木健一郎 公式ブログ 2018/8/12 08:52
https://lineblog.me/mogikenichiro/archives/8391177.html
今回の「サン・チャイルド」は、忘れてはいけないことを記銘しつつ、福島の未来を明るく思う作品として、私個人は「あり」だと思う。
そう思われたから、行政の方々も、「サン・チャイルド」を設置するという判断をされたのだろう。

(個人的なこと。福島には親戚が住んでいることもあり、子どもの頃からしばしば訪れていました。相馬野馬追も見たことがあります。伯父がいわき市に住んでいます。ヤノベケンジさんの作品には以前から関心を持ってずっとフォローしています。拙著『東京藝大物語』にも、ヤノベケンジさんへの言及があります。)


別に「当事者言い訳」しなくていいです。デマリンやモジモジもそれやってましたから。それより、なぜワタシラは「防護服+線量計0」の間違ったイメージを、「忘れてはいけない」と押し付けられるのか?そもそもこういうチシキ人が田舎人に対して「○○でなくてはいけない」っていうのが、宗主国目線の「オリエンタリズム」ですよ。

こういうアホを露呈したチシキ人も・・・
https://twitter.com/tsuda/status/1028179957602643968津田大介‏認証済みアカウント @tsuda
津田大介さんがテリーをリツイートしました
その視点も大事だとは思いますがそれって結局「一切何もしない」ことが唯一の正解になりませんか? 事故から7年が経ち、丁寧にコミュニケーションとってたヤノベさんでさえこういうことが起きる。それが福島県民の総意なら仕方ないと思いますが風化させたくない人たちの思いはどうなるんでしょうね。


「風化させたくない」というのは上記と似たような、カビが生えたような「パターン化」だが(要するに自分が「させたくない」んでしょ)、「福島県民の総意」って、これは福島市の問題ですよ、オバカさん。福島県はシンガポールぢゃないよ。福島について何も知らないのだろうし、知ろうともしない。そして福島市の話を福島県全体の話にしてしまうという、アナタが典型的な風評加害ではないですか。参加資格無し。確かに、アナタが「一切何もしない」のが一番良い。

それにしても、せっかく「市民」が「行政批判」しているのに、「リベラル」チシキ人やジャーナリストが難癖付けるって、こんなの日本中で福島だけだ。「ノーベル文学賞」の何とかビッチさんなんて、「福島には抵抗の文化がない」って言ってたもんね~。「反原発ファースト」のバイアスは深いね~。これから先は「リベラル」マスゴミが何言い出すか、見ものですよ(どうせ「風化させたくない思いに寄り添え」とか、「騒いでいるのは声の大きい一部の市民」あたりだろうが)。気を付けましょう。つーか、笑って見ていましょう。ニヤニヤ。

「サンチャイルド輸送・設置費」をめぐる疑惑
https://twitter.com/kamesan1959/status/1028825207035686912
kame(鬼龍院花子乳慈愛大居士)‏ @kamesan1959
返信先: @hatabohkさん
ふくしま自然エネルギー基金が受入れを決めて
http://www.fukushimafund.or.jp/organization
ふくしま未来研究会に輸送費の助成を求め支出
https://fukushima-mirai.com/
あなたが教育委員会の予算から約200万の設置費を出した。
なぜ記者会見で「ふくしま未来研究会が同市に寄贈」と虚偽を発表したのでしょうか?


木幡市長!!!

オウムと「反原発」はソックリ 災害で必ず出る放射能デマ 背景にある「ロマン主義」

(固定された呼びかけ)
Ⅰ:朝日新聞2011年12月2日朝刊「プロメテウスの罠 第9回 我が子の鼻血 なぜ」(前田基行)の主人公「町田市の主婦 有馬理恵」は、主婦ではなく「従軍慰安婦ミュージカル」主演の「俳優座の社会派女優&日本共産党系活動家」です。TVにも出ています。完全に「フェイクニュース」です。確証があります(リンク先エントリーの②を読んでください)。
有馬理恵主演CM「ハインツ・パスタ 牛肉とイベリコ豚の粗挽きボロネーゼ fitness class編」
https://www.youtube.com/watch?v=ARRA7cxE8jw 朝日新聞よ、どうしてこの人が「主婦」なのか?

Ⅱ:岡山大学の津田敏秀氏のいわゆる「津田論文」は、原発事故後の子どもの甲状腺がんの発見について、実は(著者の意に反して)福島県内で地域差が無い(=被ばく量と関係ない)ことを証明しています(リンク先エントリーの⑤を読んでください)

Ⅲ:カタカナの「フクシマ」が「福島はヒロシマと同じ核による惨禍の土地」という誤ったイメージを植え付け、差別につながるレッテルであると、脚本家の倉本聰さん、ジャーナリストの田原総一朗さんらも指摘しています。山梨学院大学の小菅信子教授は、著書「放射能とナショナリズム」で、「フクシマ」は「福島をエネルギー植民地から反原発の聖地として再植民地化して支配するための名づけ直しだった」と指摘しています。「フクシマ」使用に反対します。

麻原らの死刑は、オウムについて思い出すきっかけになったにゃ。早川「青プリン」由紀夫国立群馬大学教授(火山学)は、2012年に「毒米つくる福島の農家はオウムと同じ」と暴言を吐いていた。これで国立大学教授とか、博士にもアホがいることがよ~くわかったので、今にしてみれば「怪我の功名」的な部分があったが、実はオウムは福島の農家ではなく、福島を散々貶める「反原発」との類似点が多い。ちょっとまとめておきます。

マスゴミが「フェイクニュース」発信や、印象操作でカルトの味方をする。
代表的なのは「松本サリン事件」の「河野義行さん犯人決めつけ」だ。これはほぼ全マスゴミがやらかした。
Wikipedia松本サリン事件
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%BE%E6%9C%AC%E3%82%B5%E3%83%AA%E3%83%B3%E4%BA%8B%E4%BB%B6

当時、TBSの「ニュースの森」で河野さんを犯人として決めつけたと言われるキャスター杉尾秀哉氏は、2016年に長野県選挙区から野党統一候補として参議院選出馬、当選。現在は立憲民主党所属。マスゴミはやりたい放題だ。
松本サリン事件で冤罪報道を行いTBSを出世した杉尾秀哉が長野から出馬するのはどうなの?2016年07月04日
https://matome.naver.jp/odai/2146578549977401901

本来「宗教団体」はマスゴミでは「タブー」の一つとされ、「触れない」のではないか。ドキュメンタリー「日本の新興宗教」、連載企画「宗教団体の今」なんて面白そうなのに、全く見たことが無い。だからオウムの場合、ほぼ報道オンリーの新聞は、「オウムの味方」は露骨にはやらなかったのだろう。しかし娯楽コンテンツを持つテレビが酷かった。バラエティ番組に麻原がレギュラーで出ていた。
【オウム真理教】麻原彰晃がゴールデンタイムのバラエティ番組に出演したり様々な疑惑をスマートなスポークスマンの青年が次々と論破しアイドル的人気があったり“ポップ”なブームがあった 7月6日
https://togetter.com/li/1244232

オウム真理教の麻原彰晃がビートたけし、とんねるずに語ったこと
「私、秋吉久美子が好きだったんです」 buzzfeed 2018/07/7 18:21

https://www.buzzfeed.com/jp/ryosukekamba/shoko-tv?utm_term=.te1pBpOD4Y#.fvL929OXlg

https://twitter.com/amneris84/status/1016168723109986304
Shoko Egawa‏認証済みアカウント @amneris84
これだけではない。坂本弁護士一家殺害事件の後も、メディアがこんな風にオウムや麻原を取り上げていた過去は、忘れずにいて、教訓として欲しい →オウム真理教の麻原彰晃がビートたけし、とんねるずに語ったこと


これで世の中の一部では、オウムは「変だけど楽しい人たち」という印象、空気になっていった。似たようなことは「反原発」でも起こっている。
https://twitter.com/fishing_pippo/status/1015901231926034432
ぴぽさん@コミュ障ドモリッチ‏ @fishing_pippo
オウムがサリン事件を起こす前、メディアが麻原彰晃氏を『面白いおじさん枠』としてテレビで面白おかしく紹介してたというツイートを見て、最近似たような事案あったよなぁと思いだした。
『武田邦彦を面白いおじさん枠』としてメディアがバラエティに登場させていた件。しかも実害が既にあるのにだ。2018年7月8日


讀賣テレビ「たかじんのそこまで言って委員会」、ですね。
http://omosirodougadehappy.seesaa.net/article/224581127.html

タケダタケダタケダ~~今も続いてマス、テレビのペテン師加担
https://twitter.com/mo0210/status/1024676740503764994
https://twitter.com/Fuwarin/status/1024750133445967872

タケダは何しろ自主避難者の「尊師」だからにゃ。
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-222.html
(1/31追記)
11年秋に中手氏から原陪審に提出された「子ども福島」のアンケート資料を見つけた。
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/kaihatu/016/shiryo/__icsFiles/afieldfile/2011/11/02/1312358_7_1.pdf
これによれば、自主避難者の「避難にあたり参考にした情報」で、名前が明記されているケースでは武田邦彦氏が7つあり、「専門家」ではダントツの最多だ。また「子ども福島」は16ケースで一番多い。武田氏や「子ども福島」関係者には、当然援助を要求するべきだ、我々「自主残留者」の税金ではなく。
(2/4追記)
武田邦彦尊師についてはこんな「まとめ」も出来た。
【訂正します】日本に住めなくなる発言の真意 #武田邦彦 に対するご意見など
https://togetter.com/li/1077551
じゃりねこ @jyaricat 34分前
あの時。とても理性的なツイートが魅力だったフォロワーさんたちが、この人の無責任かつ軽率に放射「能」の恐怖と「子供の健康を守るために」日本からの自主避難を煽る発言でどんどん壊れていった。とめようとしたけど、一介のフォロワーの私では、テレビ出演もいっぱいして本もいっぱい出してる大学教授の肩書には勝てなかった。離婚した人が二人。東京から海外に移住したひとが一人。沖縄にいっちゃったひとが一人。この人のせいだけにはできないけれど、今更…… ほんっっとにいまさら!!
https://twitter.com/fakebossa/status/827626367177023488
ひでき@fakebossa
私の知っている人は命をおとしている。
ひできさんが林 智裕をリツイートしました
林 智裕 @NonbeeKumasan
一応言っておくと、私の友人は武田邦彦氏のせいで震災離婚しています。「【訂正します】日本に住めなくなる発言の真意 #武田邦彦 に対するご意見など」https://togetter.com/li/1077551#c3445429


更にTBSがオウムに坂本弁護士のインタビューを放送前に見せたという、殺人事件を招いたひどい事件もあった。
Wikipedia 「TBSビデオ問題」
https://ja.wikipedia.org/wiki/TBS%E3%83%93%E3%83%87%E3%82%AA%E5%95%8F%E9%A1%8C
Wikipedia 坂本堤弁護士一家殺害事件
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9D%82%E6%9C%AC%E5%A0%A4%E5%BC%81%E8%AD%B7%E5%A3%AB%E4%B8%80%E5%AE%B6%E6%AE%BA%E5%AE%B3%E4%BA%8B%E4%BB%B6 
1989年(平成元年)10月26日に東京放送(TBS)のテレビワイドショー番組『3時にあいましょう』が、当時社会問題化し始めていたオウム真理教問題について坂本堤へインタビューを行ったが、その情報を察知したオウム真理教幹部らが、TBSの千代田分室を訪れて抗議したことにより、坂本弁護士のインタビューの放送が中止された。さらに、この時にTBS側がオウム真理教幹部に収録したインタビューのビデオを見せ、この後、同年11月4日に坂本弁護士一家殺害事件が発生した。こうした経緯から、TBSは取材源の秘匿というジャーナリズムの原則に反しただけでなく、一家失踪後もビデオをオウム真理教に見せたことを警察や弁護士会に伝えずにオウム真理教をかばい続けたと批判された。

どうしてまだTBSが存続しているのか、不思議だにゃ。ま、とにかく当時のテレビにとってオウムは視聴率が稼げる大事な「出演者」だから、「ドップリ」「ズブズブ」の関係になっていた。これが「TBSビデオ問題」を招いたと考えられる。この「ズブズブ」は今のNHKと「311甲状腺がんこども基金」との間にもある。
「周回遅れ放送局」NHKへの警戒警報は29日まで続く
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-235.html
4:NHKが「崎山基金」と共同でアンケートを実施したことは大問題だ。これは「不偏不党」をうたう受信料運営の「公共放送」に許されるのか、という疑問が起こる。これが「なぜNHKはこれほどまでに基金の肩を持ってきたのか?・・・ニュース性が無いのに度々ニュースで取り上げ、電話番号まで放送しているのはなぜ?」の答えである。

福島関連では、「フェイクニュース」や「反原発カルトの味方」は新聞、テレビの区別なく、マスゴミに無数にあった。数えきれない。朝日新聞:プロメテウスの罠、本田雅和、大岩ゆり、青木美希、毎日新聞:日野公介、東京新聞:「こちら特報部」、TBS:「情熱大陸 武田邦彦」、NHK:「追跡真相スクープ」、上記の「311甲状腺がん基金」と組んだ報道、番組、「Days Japan」の広河隆一と組んだ「母たちの祈り~フクシマとチェルノブイリ~」、「被曝の森」、テロ朝「ニュースステーション」、「特別番組ビキニ事件63年目の真実~フクシマの未来予想図」・・・更に「無料ジャーナリスト」の「バカも安見安見」だの、「デマ杉隆」、「おしどりデマコ」等、左派、過激派、市民運動、組合等も加わって「福島には人間が住めない」の大合唱を繰り返した。「原発廃止という正義の実現のためには、福島をつぶさなければならない」というドグマと、「今は反原発がウケる、儲かる」という、自分勝手な人々による、「福島殺し」だった。
信夫山ネコの憂鬱 「マスゴミ」カテゴリー
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-category-3.html

話はまったくズレるが、大岩ゆりの名前を最近聞かないと思ったら、転勤して相変わらずデマ記事に忙しいらしい。ネタは「フクシマ」ではなくなったようだが。
朝日新聞捏造記者大岩ゆりの宇野昌磨上げ悪質捏造記事 2018.01.19
http://pikorepo.com/asahi5kaiten-10074
またまた比較できないモノを、数字でもっともらしくでっち上げているようで。この手法はフクシマで培ったものだ。

「ポップ」な政治活動
オウムの選挙は「ポップ」な、歌って踊ってだったにゃ、ゾウさんの被り物して踊った、オウム・シスターズとか。「わ~た~しはやってない~♪」とか、「しょしょしょしょしょしょしょしょ~こ~♪」、とか。一方「反原発」のポップ化と言えば、「反原連」のレッド・ウルフなんとかや、三宅洋平だののデモや、「選挙フェス」かね。
三宅洋平を支持していた著名人達の記録 2016.07.10
https://togetter.com/li/998290
三宅洋平がどのような陰謀論者であるかも周知しないまま、「反権力」「反改憲」という考えだけで担ぎだしたかのような著名人達にはその責任があると思います。
「この方々達は三宅洋平を支持していた」、という記録は選挙後も残されるべきだと思いますし、何かあった時に思い出されるべきだとも思います。「陰謀論者を持ち上げて国政に送ろうとした人達」として。


2013年の参議院選挙で三宅洋平は落選したが、この流れの中から、「山本太郎」というタレントが「反原発」候補になって、福島デマを拡散して当選した。「中核派」のバックアップも得ていた。
デマッターとしても著名な山本太郎さんが、ついに選挙演説でもデマをまきちらし始めた2013年07月17日
https://matome.naver.jp/odai/2137395623585939401

山本太郎は、立候補前にはNHK「あさイチ」の準レギュラーだった。NHKのヨイショもひどかった。
福島県議選:山本太郎氏応援の反原発候補惨敗 & 山本氏の11月17日(公示後)NHK出演は放送法違反ではないか?
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-47.html
11/17山本太郎氏NHK出演は違反:NHKからの回答=とくに選挙期間中は配慮しなければならない
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-52.html

話はズレるが、山本太郎が最近急に経済の話題を発信しだして、一部に受けたらしい。これは来年7月の改選まで、任期が一年を切ったからであって、単なる選挙狙いのプロパガンダだ。福島をdisりまくっていたこと、過激派とつるんでいることを忘れてはならない。しかし山本テロ-が経済問題とはね・・・もう放射能が受けないってことの証左ではある。
山本太郎テロの最大問題点=天皇陛下に伝えようとした「福島についてのウソ」 ここを見逃さないでにゃ
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-156.html
https://twitter.com/genkuroki/status/1023439098797674497
黒木玄 Gen Kuroki‏ @genkuroki
山本太郎氏を最近の経済政策に関する伝統的な(デマ化されていない)リフレ派寄りの好ましい発言を理由に褒め称えることは、幸福実現党を好ましいリフレ政策提案を理由に褒め称えることに近いです。
山本太郎氏による福島に関するデマ拡散は極めてカルト的。


そもそも「科学的社会主義」で、「宗教反対」の左翼がオウムに近いとか、味方することは矛盾と思うのだが、こんな話もある。
https://twitter.com/ikedanob/status/1015940578419200001
池田信夫‏認証済みアカウント @ikedanob
今回もそうだが、かつてオウムの捜査に反対していたのは左翼だった。おかげで警察は強制捜査まで5年もかかり、出す必要のない犠牲者が出た。
5:48 - 2018年7月8日

オウム自体が国政選挙に乗り出して、「政治団体」化したことも影響しただろう。ま、「カルト集団」同志の利害の一致か。

ブンカ人、ガク者が味方する
オウム事件におけるガク者の「オウムの味方」ぶりは、学問・思想の根源に関わる重大な問題だった。ある意味「反原発」の左翼系文化人の翼賛よりも、ハンパなかったかもしれない。これは宗教学者である大田俊寛氏が中心になった、以下の3つの記事に詳しい。

オウム事件から「何も学ばなかった」日本の学者たち―宗教学者・大田俊寛氏インタビュー 2012年07月11日
http://blogos.com/outline/42874/
―そうした大田さんの主張がある一方で、今までの宗教学者は、オウム真理教事件をどのように捉えてきたのでしょうか?  
大田氏:詳しくは『オウム真理教の精神史』の序章を参照してほしいのですが、私がそこで学問的な先行研究として批判的に論評したのは、中沢新一氏、島田裕巳氏、島薗進氏という三人の宗教学者と、宮台真司氏、大澤真幸氏という二人の社会学者のオウム論です。
読者によってそれぞれ受け止め方が異なると思うのですが、私個人の印象としては、これらのオウム論はまったく腑に落ちないものでした。今から考えれば、どれも「オウムは自分には関係ない」という、どこかよそよそしい態度でオウムについて論じています。あえて精神分析の用語を使えば、核心的な部分に触れないようにして巧みに自己防衛するという意味で、そこには何らかの「防衛機制」が働いていたのではないでしょうか。


自らグルになろうとした中沢新一ら研究者の罪と罰 2011.08.31
http://www.cyzo.com/2011/08/post_8361_entry.html
大田 宮台さんはオウム的な終末論に対して、自分が生きる意味を考えたり、歴史に目的を求めたりするような主体はもう古いと訴えました。そして、自分の体を売りたいときに売ってお金を稼ぎ、欲望を叶えていくような、意味に囚われない主体というものをブルセラ少女に仮託し、こうした新しい世代によって「まったり革命」が起こると唱えた。本書の中でも指摘しましたが、こうした発想のベースにあるのは、ポストモダン的なニーチェ主義です。目的なき永劫回帰の流れに身を任せ、意味に縛られていた畜群的主体性を脱却して、超人という新しい主体として生まれ変わるという、ニーチェ主義の焼き直しであると思います。中沢さんや宮台さんの言説の背景にあるポストモダン的なニーチェ主義は、思想史的に見ればまさにオウムと同根であるということを誰かが指摘するべきでしたが、そのような人物は当時どこにもいませんでした。

宗教学者"世代超え"対談・島田裕巳×大田俊寛(後編)
凡庸なるロマン主義者(!?)中沢新一氏・内田樹氏への果てしなき疑問 2012.01.22

http://www.cyzo.com/2012/01/post_9634_entry.html
私は中沢さんというのは、とてもわかりやすい人だと思います。一言でいうなら、彼は「凡庸なロマン主義者」です。ロマン主義を歴史的に説明すると複雑になるので、ここでは簡単に話しますが、ロマン主義者は世界を「見えるもの」と「見えないもの」に二分し、見えないもののほうが重要なのだ、リアルなのだと主張する人たちです。彼らがいう見えないもの、リアルなものとは何かと言えば、ロマン主義者たちはそれを表現するために、さまざまな「エキゾチックなもの」を探求していく。具体的には、ヨーガやチベット密教などのオリエンタルな宗教、古今東西のオカルティズム、先住民の知恵などですね。そして、こうしたロマン主義者たちは、そのような遍歴を重ねた末に最終的にどういうことを言い出すかというとパターンは決まっていて、「自民族の精神的古層」こそが最も崇高である、という結論に達する。

なお、中沢新一著「虹の階梯 - チベット密教の瞑想修行」(1981年、平河出版社)が、オウムの経典の一つとなっていた。
中沢新一とオウム真理教、あるいは社会的責任から(解)脱した教授
https://togetter.com/li/1250557

ここまで信夫山ネコは、「反原発」は福島をバカにした宗主国目線の「オリエンタリズム」、福島の反原発聖地化を図る「神話化」(とそれが挫折したことによる「憎悪」)が根底にある、と考えていた。大田氏の「ロマン主義」は、「神話化」の仕組み=「世界を「見えるもの」と「見えないもの」に二分し、見えないもののほうが重要なのだ、リアルなのだと主張する」をよく説明している。「オリエンタリズム」、「神話化」、「ロマン主義」が問題なのだにゃ。

オウムに「寄り添って」いたのが、中沢新一氏、島田裕巳氏、島薗進氏という三人の宗教学者と、宮台真司氏、大澤真幸氏という社会学者ってことだが、311以後の、彼らの放射能に対する言動はどうなったか?
 
中沢新一氏「緑の党のようなもの」グリーンアクティブ立ち上げ 2012-02-13
http://www.webdice.jp/dice/detail/3416/
人類学者の中沢新一氏がかねてから「緑の党のようなもの」として構想を伝えてきたグリーンアクティブの立ち上げ記者会見が本日2月13日、東京・千代田区永田町の衆議院第一議員会館で行われた。代表の中沢氏のほか、発起人に名を連ねている社会学者の宮台真司氏、クリエイターのいとうせいこう氏、サステナのマエキタミヤコ氏、そして賛同人として歌手の加藤登紀子氏、一水会代表の鈴木邦男氏・・・

脱原発の解はNatural Highにある!?中沢新一が語る「野外フェスの可能性」 2012-05-18
http://www.earth-garden.jp/goodlife/20537/
グリーンアクティブがやろうとしているのはその延長上にあって、音楽でもいいし、農業でもいいし、いろんな形で人間の体と心の作用、体と自然のつながりを開いていく、循環系をつくっていくように文化全体を変えていきたいんです。 だから福島の原発事故は本当に象徴的で、オウムが精神面で暴発したのと同じコトを、科学技術が再現しちゃったわけで。

全く無責任なコメントだが、この「ポップ化」した「反原発」は、やっぱりオウムと親和性が高い。しかしグリーンアクティブって、今はどうなっているのか?
(公式サイト) http://green-active.jp/index.html
我々福島人(ネコ)は、一生日常的に福島に関わる定めだよ。ブンカ人って、一生お気楽な思い付き・食い散らかし人生ですな~。だから何も生み出せないんじゃないの?

大澤真幸 夢よりも深い覚醒へ――3・11後の哲学 (岩波新書)
https://www.amazon.co.jp/%E5%A4%A2%E3%82%88%E3%82%8A%E3%82%82%E6%B7%B1%E3%81%84%E8%A6%9A%E9%86%92%E3%81%B8%E2%80%95%E2%80%953%E3%83%BB11%E5%BE%8C%E3%81%AE%E5%93%B2%E5%AD%A6-%E5%B2%A9%E6%B3%A2%E6%96%B0%E6%9B%B8-%E5%A4%A7%E6%BE%A4-%E7%9C%9F%E5%B9%B8/dp/4004313562
この人は2009年に「セクハラ」で京大教授を辞めたらしいが、311で脱原発宣言。

島薗進師=デマゾノは言うまでも無く、「福島の子どもに甲状腺がんガー」教徒となり、フクシマ・デマをツイートでまき散らした。
山下俊一先生ありがとう でも長崎大学「福島復興担当副学長」で まだまだお世話になっちゃいます
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-135.html
この人の「山下先生は失敗」と決めつけている発言は、必死なコジツケ過ぎてオワライだ。しかしこれが、「東京大学教授(当時)」だからね。

島薗進氏がいう、山下氏発言「放射線の影響は…クヨクヨしてる人に来ます。これは明確な動物実験でわかっています」は本当か?2014年3月30日
https://togetter.com/li/649031
・福島原発事故から4年目に入っているにも関わらず、都合よく切り取られた山下俊一氏の発言を未だに、「放射線の影響は…クヨクヨしてる人に来ます。これは明確な動物実験でわかっています」と解釈するのはいい加減にして頂きたいキリッ!
・山下俊一氏の講演での発言は、「放射線影響に対する漠然とした不安・ストレスから起こる健康影響」の話しです
mizuki_kanna07409♥ @kanna07409 2014-03-30 19:12:58
島薗さん、まだ、こんな解釈で山下批判しようとしてるのかぁ?⇒「山下氏は「精神の持ちようで放射線由来の病気にならない」と述べていますね。放射線を気づかうような「精神の持ちよう」を避けよとの助言ですね。」


「御用学者山下」叩きに勤しむ島薗師、正義のタメならデマでも「藁人形論法」でも何でもOKだ!しかし、最近はフクシマから撤退?

宮台真司氏は「グリーン・アクティブ」に参加だが、2011年の「クリス・バズビー来日」の際、バズビーをインタビューして「ちょうちん持ち」と化していた藍原ピロ子(デマ屋です https://twitter.com/setuko1234/status/1000411324852011010 の「自作自演」はスゴかった 自分は「希望者として申し込んだ」のに、「29万市民に全員強制」とウソをついた)を、自分が司会するネット番組に出して、「内部被ばくキケン煽り」に加担していた。
ECRR議長・バズビー博士が内部被曝について重大な警告 Tue.2011.07.26 カレイドスコープ
http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-723.html
【宮台】
さっきの50万円の核種が分るガンマ・スペクトロ・メーターを行政が買って波形の読み方を教わって、エアフィルターを計ればいいんじゃないでしょうか。
【神保】
だいたい可能性のある核種は決まっているわけだから、特に内部被曝にとって危ないという核種の波形をあらかじめ教えてもらっておけばいい。
【藍原】
実際、移動式のバス型のWBCも1台1億円で5台で5億円。
【神保】
それもったいないことです。
1台50万円のガンマ・スペクトロ・メーターなら2000台買うことができる。
内部被曝という意味では、そちらのほうが有効。
しかも、WBCといっても分ったところで、ほとんど意味がないわけでしょ。
安静にしてましょ、という話になるだけ。
【宮台】
セシウムしか分らないんじゃ、仕方がないですね。


あ~あ、空中に漂う放射性物質の量=内部被ばく量って、誰が決めたのか?クルマのエアフィルターに溜まるチリ・ゴミを人間がそのまま体内に留めていら、とっくの昔に放射性物質じゃなくても酷いことになっているんじゃないか?バッカじゃなかろか。著名な社会学者が、バズビーのインチキに加担した罪は重い。「薄汚いブタ共はバズビーサプリでも喰ってろ」、なんちて。

なお最近、麻原の死刑に反対する「オウム事件真相究明の会」なるものが、物議をかもしている。宮台氏はこの会の「呼びかけ人」である。「三女」との関係がグレイなこの会は、江川紹子氏や滝本弁護士から痛烈に批判されているが、この会の主張「まだ真相は不明、わからない云々」は、「ロマン主義」的だ。「フクシマ」が大好きなソーダ監督や、「反原発の英雄」としてNHKを辞め、福島デマを拡散、今や三女とグルが疑われる堀潤氏も賛同人というのが笑える。
秋桜の日記~福島県民200万分の1の声~ 堀潤 と ラジオ福島 2015-03-04
https://ameblo.jp/kosumosu-rinrin/entry-11997299073.html
彼には、いけしゃあしゃあと「福島の今」を語る前に
福島の復興の妨げになっている デマや風評被害 それによって傷ついたり 誤った判断をしてしまった人たちがいることを
そのデマに加担したことを しっかりと認識・反省していただきたいと、私も思います

『報道は人を傷つけ、殺してしまうことさえ時にある』堀潤氏の運営する8bitNewsに疑問の声

https://matome.naver.jp/odai/2136776857564628701
8bitNews@8bit_NEWS
福島出身の方:福島に来ないで下さい、福島のものを食べないで下さい goo.gl/fb/N43Nl - 8bitNews
https://www.youtube.com/watch?v=YKKQw-Hed38

この「反原発の英雄」(稲村重信)って詐欺でタイホされましたよ。
https://ameblo.jp/gou0701/entry-12103438772.html
容疑は代金の発注書を偽造して親会社から約160万円を騙し取った詐欺容疑。余罪を含めると千万円近いお金を騙し取った可能性がある。稲村は「生活費に使った」と、容疑を認めているがこのお金が反原発の活動や脱被爆を訴えている団体の活動資金に流れていた可能性も十分に考えられる
https://twitter.com/hi_kudo/status/714167980465070080
工藤博幸‏ @hi_kudo
うちの生徒達との福島旅行をさんざん批判してた男が本人の職務上の事で逮捕されていたという驚愕の事実。
学校も僕の名前も固有名詞を出して文科省前や経産省前のデモで誹謗中傷しよった男。
しっかり罪を償って欲しい。
そんな男に何を言われようが淡々と福島旅行は続く。
行きたいから行くだけ。
12:11 - 2016年3月27日


堀潤氏は反省・謝罪ができない「謝ったら死ぬ病」かね?ま、同じ「反原発の英雄」ですからね。「英雄物語」を傷つけたくないんだろう。とにかく、彼らの「オウムについて、まだ何もわかっていない」と、「反原発」の「低線量被ばくの影響については何もわかっていない」がソックリ。

オウム化している日本、自覚ないままの死刑 宮台真司:朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/articles/ASL76664BL76UCVL01S.html
オウム真理教元代表の松本智津夫(麻原彰晃)死刑囚らの死刑が執行された。事件はなぜ起きたのか。その後の日本社会を変えたのか。社会学者の宮台真司さん(59)に聞いた。
オウムとは極めて陳腐な存在
オウム真理教の事件は、今の首相官邸や国会、そして霞が関に見られる「エリート」の迷走の、出発点だったと言えるでしょう。


https://twitter.com/JPN_LISA/status/1016292268255268864
井上リサ☆8.31島根産業遺産紀行‏ @JPN_LISA · 7月8日
オウム化したのは、当時オウムの虜になった社会学者たちだよ。自分たちの失敗を相対化して社会に押し付けるなと言いたい。


オウムを「首相官邸」批判に結び付けるこのガク者も、反省・謝罪なし。「霞が関に見られるエリートの迷走」って、またサリン・テロでもやるつもりなの?「バズビー・サプリ」(と「ハルマゲ丼」)が足りないんじゃないか?

彼らは福島の原発事故に、「カタストロフ、すなわちそれは革命の時だ」という夢・願望を重ねたんだろう。「反原発」集会やデモに参加すれば「イニシエーション」になるんだろうし。エラそうなシソー、ご高説だが、福島にとってはメイワクでしかない。結局、島田裕巳氏だけが、反原発カルトと無関係に見える。

反原発カルトの終焉 池田信夫blog 2012年10月26日
http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51818973.html
先日ある講演会で話をしたところ、主催者が「先週は宮台真司先生だったんですけど、『話が片寄っている』と聴衆から批判が続出して困りました。私も宮台先生にご指導いただいてるんですが、さすがに最近の『原発ゼロ』の話は無理がありすぎて・・・」と困惑していた。
宮台氏のように原発事故までは何も知らなかった人は、そこに現代社会の「絶対悪」を発見したと思って「脱原発」にとびついた。内田樹氏は「いったん事故が起きた場合には、被曝での死傷者が大量発生」すると予言し、大澤真幸氏は「原発を取ることは共同体の命を犠牲にする」ことだと宣言した。福島がチェルノブイリのような大惨事になることは確実だと思ったからだ。
そして彼らは「原子力村」を攻撃し、「子供の未来」を守る闘いを始めた。原発が悪であることは自明の理であり、それを擁護する「御用学者」は悪党に決まっているので、これは容易な闘いにみえた。こういう悪党の東大話法を糾弾すれば、一市民が政府を倒す「正義の味方」になれる――そういう思い込みで多くの人が官邸デモに集まった。
開沼博氏も指摘するように、これは日本人の再「宗教」化ともいえよう。日本には狭い意味の宗教は少ないが、それは日本人がものを信じないからではなく、逆にまわりの人のいうことは何でも信じやすいからだ。社会的にも経済的にも行き詰まった状況で、変化を求める人々の不満が、反原発という宗教に結集したのだろう。
人々の感情的バイアスに迎合する手法は、マーケティングとしては正しい。人々を動かすのは事実ではなく感情だから、必要なのは科学的データではなく共通の敵である。「神をもたないカルトはあるが、悪魔をもたないカルトはない」といわれるように、集団の外側に敵を作り出すことがオウムのようなカルトの最強のマーケティングなのだ。


彼ら「文系」は「グル」になり損ない、フクシマからフェイドアウトしつつある。ところが、最近でもまだ、こんなガク者がいる。「理系」の、被ばく鼻血について可能性 https://togetter.com/li/666992 をつぶやいた「天文学者」だ。
https://twitter.com/hseino1/status/1010858586841337856
(福島原発事故と子どもの甲状腺がん 被ばく影響否定できず 神戸大教授牧野淳一郎さん 北海道新聞06/13 09:17 )
https://twitter.com/hseino1/status/1011175856234827777
せいの@えりんぎの塩焼きに一票‏ @hseino1
どこぞの大学の計算天文学のせんせが、北海道新聞で悉皆甲状腺検査の2巡目以降で所見が見つかるのがおかしい、男女比が1:1に近いのがおかしい、別の地域分けでは有意差がある、フンダララ~とポジショントークしているみたいだけど、何周遅れなんだろう?あまりにひどいと思考能力が疑われるよ。


結局「津田論文」の系統かね。目的のためにガク説を無理やり成り立たせようとする。この人は「もぐメモさん」潰しに関係していた。
「反原発正義軍」のブーヘンヴァルト=「御用学者リストwiki」閉鎖の背景を見る
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-122.html
いかにも「科学者」然としているが、いろいろな「目的」があるのだろう。そう言えば、「理系エリート」が多数参加ってのも、オウムの特徴だった。みんな崇高な目的の実現のため、善意、正義のためだったよ。

科学的根拠無しの「エセ科学」
オウム:「空中浮揚」、「ヘッドギア」・・・
「反原発」:「バズビー・サプリ」、「被ばく鼻血」、「EM菌風呂(野呂美加)」 ・・・こんなの「水中クンバカ」みたいなもんだ。

「信者」囲い込み
オウム:「出家」→サティアンでの共同生活、洗脳。「今の世の中が悪い」と叩き込んでサリン・テロ。
「反原発」:「自主避難者」を「支援団体」が囲い込む。ホヨーで洗脳して、「福島はキケン」と叩き込む。

まだホヨーやってまっせ。
https://twitter.com/heart8255/status/1023058765099151360
Ako‏ @heart8255
NHKさんは全国にネットワークをお持ちのはずだし、局員さんの異動も頻繁なはず。なのに、他地方でこのような放送をされるからいつまでも誤解が溶けないのですよ? 私の従姉が福島に遊びに来る事を彼女の親に分かってもらうまで6年かかりました。
NHK 滋賀県のニュース
福島県の子どもたちが湖水浴 07月27日 16時11分
「放射能の影響があるかもしれない」などという心配をせず、自然を満喫してもらおうと、原発事故の被災地、福島県の子どもたちを招いた湖水浴が高島市で行われました。


「放射能の影響があるかもしれないなどという心配をせず」とか、「外遊びが出来ない」という、7年半近く(太平洋戦争2回分だよ、バッカじゃなかろか?)経っても変わらない、お決まりのマクラコトバを疑問を持たずに使ってるってのは、もう「洗脳」されているってことだ。「出家」も近いぞ、NHKさんよ。

結局オウムと「反原発」はソックリ。これから先「死刑」が出ないように気を付けてください。


(番外)また災害(豪雨)で福島を貶めるデマ
https://twitter.com/SamezuHanako/status/1015879868398034944
花子‏ @SamezuHanako
ぶっ叩かれるのを覚悟で書きます。
東北&関東の人達が西へ救援物資を送ろうとお考えの場合、お願いですから現金にして差し上げて下さい。特に飲食物はNGです。東日本は福島第一原発事故で放出した放射性物質に汚染されている可能性が高いのです。それを弱った被災者に送らないであげて下さい。→続く1:46 - 2018年7月8日
 

https://twitter.com/SamezuHanako/status/1016498772233211904
花子‏ @SamezuHanako
前者は名前出しNGで後者はバンダジェフスキー博士です。実際に被曝者の診察・ご遺体の臓器の測定などを行っていらっしゃる方です。チェルノブイリ事故後、現地の医師達は積極的に被曝の影響を懸念しての診察治療を行っていますが、政府に目をつけられるのを恐れて名前を出せない事も多々あるそうです。
18:46 - 2018年7月9日


https://twitter.com/domoboku/status/1016468989105430528
どーも僕です。(どもぼく)‏ @domoboku
◆東日本大震災以降に学んだこと
①大災害時には必ずデマが流れる
②善意の無知でデマは広がる
③無知だと自説を修正出来ず
④8年後の災害でも無知を晒す(←new!

そんな無邪気な実例と、僕が毎年ツイートしてる"事実"を並べたよ。
こーゆーのはちゃんとぶっ叩かないといけない。無知は人を殺すんだ。

サイドフィールド‏ @sidefield1 · 7月11日
返信先: @domobokuさん
福島民「支援物資送るよ〜(安全なの知ってる)」
岡山民「遠いのにありがとう〜(安全なの知ってる)」
どっちも関係ない民「東日本のものは放射線汚染がどうたらこうたら…。」
うぜぇぇぇぇぇぇ〜


ほんに。こういうデマは本人も気づいてないのでしょうが、必ず「自分は大丈夫、実は関係ない」な人が、「正義による自己実現」のために吐いていますね。脳内には「離れた場所」のことばかり・・・つまり歪んだ「ロマン主義」です。

6月新潟県知事選記録 「新潟沖海戦 反原発帝国デマチック艦隊 旗艦ごと全滅」 追記:立憲民主党がまだ選挙用「放射能デマ拡散」を続けている

(固定された呼びかけ)
Ⅰ:朝日新聞2011年12月2日朝刊「プロメテウスの罠 第9回 我が子の鼻血 なぜ」(前田基行)の主人公「町田市の主婦 有馬理恵」は、主婦ではなく「従軍慰安婦ミュージカル」主演の「俳優座の社会派女優&日本共産党系活動家」です。TVにも出ています。完全に「フェイクニュース」です。確証があります(リンク先エントリーの②を読んでください)。
有馬理恵主演CM「ハインツ・パスタ 牛肉とイベリコ豚の粗挽きボロネーゼ fitness class編」
https://www.youtube.com/watch?v=ARRA7cxE8jw 朝日新聞よ、どうしてこの人が「主婦」なのか?

Ⅱ:岡山大学の津田敏秀氏のいわゆる「津田論文」は、原発事故後の子どもの甲状腺がんの発見について、実は(著者の意に反して)福島県内で地域差が無い(=被ばく量と関係ない)ことを証明しています(リンク先エントリーの⑤を読んでください)

Ⅲ:カタカナの「フクシマ」が「福島はヒロシマと同じ核による惨禍の土地」という誤ったイメージを植え付け、差別につながるレッテルであると、脚本家の倉本聰さん、ジャーナリストの田原総一朗さんらも指摘しています。山梨学院大学の小菅信子教授は、著書「放射能とナショナリズム」で、「フクシマ」は「福島をエネルギー植民地から反原発の聖地として再植民地化して支配するための名づけ直しだった」と指摘しています。「フクシマ」使用に反対します。

まず、この度の大阪北部地震、亡くなった方のご冥福を祈り、負傷された方の回復をはじめ、全ての被害からの復興を心より祈願いたします。また、余震等による更なる被害、二次災害に十分気を付けてください。くれぐれも、デマにも十分気を付けてください。デマの被害は酷いもので、長く続き、福島では震災後7年でも中々回復できないでいます。
https://twitter.com/K_Onishi/status/1008514998253977600
熊本市長 大西一史‏認証済みアカウント @K_Onishi
【デマにご注意】熊本地震時の経験から、情報の発信元にはみなさん十分注意して信頼できる情報なのかどうか?今一度十分に確認をして下さい。未確認の情報をむやみにリツイートせず、情報の真偽を確かめてから責任をもってツイートして下さい。


さて、6月はいろいろあるね~、まだ終わってないし。何と言っても今回の新潟県知事選挙、これは福島デマ史的には記録に値する一大バトル事件だったにゃ。

前半戦は前回エントリーに書いたが、6/10に実施された新潟県知事選挙は、敗れた野党統一候補「池田ちかこ」氏を応援する者の、放射能デマ発信がすさまじかった。福島を貶めるデマ発信、デマ容認の「反原発ファースト」たちが、池田候補応援のために「戦場」に集結したのである。「新潟のことは新潟で決める」はずが、「新潟の事は他から来た反原発で決める」勢いになりかけた。ところが結果は・・・ここに時系列でまとめて書いておきます(一部前回と重複します)。なぜか今回、女性「反原発ファースト」のデマ発信が中心で(英語のShipは女性名詞ですね)、第一次世界大戦の「ユトランド沖海戦」から102年の日だったので、「艦これ」風にいきますにゃ(「艦娘」ってのは今回ちょっとムリですが)。


「2018年6月 新潟沖海戦 反原発帝国デマチック艦隊 旗艦ごと全滅」

6/2水雷艇「磯貝」 時代遅れの「鼻血デマ弾」がカビていて着火せず 集中砲火を浴びて炎上
6月2日、奇しくも102年前、北海で英国艦隊とドイツ艦隊による、史上最大の艦隊決戦「ユトランド沖海戦」が行われたこの日(現地時間5/31~6/1でコジツケですがね)、新潟沖海戦も始まった。いきさつは前回エントリーに書いたが、福島から「自主避難」した磯貝潤子氏が火ぶたを切った。この水雷艇「磯貝」は池田ちかこ候補応援演説で、「フクシマで子どもに被ばく鼻血が出たので自主避難した」という、「被ばく鼻血デマ弾」を放つが、これはもう根拠なし&有効期限切れで、火縄銃並みの旧式兵器となっていた。ちなみに「被ばく→鼻血」って連想は、どうやら日本で顕著な現象らしい。昭和のドラマ「赤い疑惑」の影響かも。11年5月末にイエロー太がツイートしたのが、最初の大拡散だったようです。その後東京新聞が続き、夏ごろが全盛だったか?秋には朝日の「プロメテウスの偽主婦有馬理恵」登場で、このあたりの詳細は以下参照。もう4年前になる2014年5月の「美味しんぼ鼻血事件」の時でさえ、何で今になってという感じがあった。あと、「被ばく鼻血」は、福島より関東の方が騒いでいました。

ロンブー淳の「被ばく鼻血デマ」を「もりちゃね」さんが止めた 「被ばく鼻血」は正に「赤い疑惑」だ
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-203.html
ここに2011年の「被ばく鼻血デマの発生」を時系列でまとめておきます。


関東で「被ばく鼻血」が多い件は、以下のエントリー後半参照
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-184.html

この演説、https://www.trendsmap.com/twitter/tweet/1003538735974109184 の動画を改めて見たが、全体に息切らしながら、泣きそうになって訴えるっていう過剰演出もね、今ではみんな「退く」のではないだろうか。そもそも、「被ばくで起きる鼻血」がもし正しかったとしたら、その責任は「子どもたちに鼻血が出た」と言われる11年当時の民主党菅直人内閣にある。その菅が最高顧問、元内閣官房長官の枝野が党首の立憲民主を何で応援するのか?全くワカラン。結局鼻血も子どもも、どうでもいいのではないか?ただただ「反政府・野党ファースト」なのではないか?今時地方選挙でこんなことをやりすぎると、有権者はむしろバカにされていると思うかもしれない。

その後の展開だが、陣営(池田ちかこサポーターズ)、そして何と立憲民主党公式アカウント(これは信夫山ネコは当時は気が付かなかったです!福島のフリーランスライター林智裕さんが画像を上げています。)のツイッターがこの演説の「鼻血デマ」部分を広めて「援護射撃」した挙句、「親福島派」の集中砲火で炎上、あわててツイ消しとなった。(6/2)。もちろん、何の説明も釈明もない。どうせ無責任な「サポーターズ」はともかく、「立憲民主党」がこれでいいのか?まず、民主主義に責任を負う「野党第一党」が、「黙ってツイ消し」とは呆れ果てる。自分らの間違いの釈明もせずに「逃亡」しながら、「モリカケ」の文書改ざんで「官僚いじめ」は全くムリだ。誰も信用、支持しなくなる。。そして先に書いたように、もし「磯貝」の主張が正しいとすれば、現在の立憲民主党の幹部は、自主避難の原因を作ったのである。それをヘラヘラとツイ・・・この人たちは本当にアタマがおかしいのではないか?そしてYoutube立憲民主党チャンネルには、未だにこのデマ演説が残っている。https://www.youtube.com/watch?v=OiFLjJmmicM&feature=youtu.be の28分あたりである。この無責任な「野党第一党」は、まだデマ拡散を続けている。

(6/23 追記)
林智裕さんが、立憲民主党のデマ拡散の責任追及をしています。立憲民主は辻本議員についてのデマを、「虚偽の拡散」と呼んで批判していますが、それなら上記の立憲民主自身がヤラカシた福島についての「虚偽の拡散」を、謝罪・訂正、youtubeの動画を削除しなきゃね。ブーメランだらけの「一見民主党」じゃなかった、デマクラシー党さん。
https://twitter.com/Nonbeekaeru/status/1010068751448825856
林 智裕‏ @Nonbeekaeru · 19 時間19 時間前
林 智裕さんが立憲民主党をリツイートしました
@CDP2017
虚偽の拡散…ですか。
先の新潟県知事選挙では、原発事故自主避難者である磯貝氏の池田候補応援演説の文字おこしツイートとYouTube動画を、立憲民主党さまがアップしていました。
この演説では福島で被曝により鼻血が出ているかのような虚偽が含まれていましたが、訂正はいつですか?

立憲民主党‏認証済みアカウント @CDP2017
なぜこのような捏造、虚偽が8000RT以上拡散されるのでしょうか。一体どういう目的で...。
東日本大震災を利用したデマ「大臣だった辻元清美が救援物資を持ってきた自衛隊は憲法違反だと....」 - NAVER まとめ

林 智裕‏ @Nonbeekaeru
@CDP2017
あなた方は、福島に今も暮らす人達の日常を護る立場なのか。それとも、破壊しようとする立場なのか。
自分たちが選挙でしでかした虚偽拡散に、真摯に対応するのか、それともまた逃げるのか。
これは、この場で沢山の方から見える形で、ハッキリさせておきたいと思います。



この演説の後半部、「自民党の人が福島の人たちを助けてくれたでしょうか?避難したいという子どもたちを逃してくれたでしょうか?」も「デマ弾」だ。「11年4月に避難区域を決めて、そこ以外からの『避難したいという子どもたちを逃がさなかった』のは民主党ですよ、『無かったこと』にしないでください」と言うしかない。ここは取ってつけたヘリクツに見え、やっぱり「結局鼻血も子どもも、どうでもいいのではないか?」と言わざるを得ないが、さすがに陣営の拡散ツイートはここは「アブナイ」と見たか、カットしていた。もしここを入れていたら、対立候補側や自民に攻め込まれて、更に大炎上した可能性がある。最初からこの時代遅れの水雷艇は戦犯候補だったのだ。

6/3特殊潜航艇「山本」が「磯貝」の援護射撃
https://twitter.com/yamayu_lab/status/1003523997122715648
山本裕子 🍓‏ @yamayu_lab
これなんですが、事実として私、福島原発の事故があった少し後に関東の実家に帰った時、いきなり鼻血が出て驚いたんですよ。普段は全く鼻血など出ないのに。。 デマではなく、事実を述べているだけな可能性はないでしょうか。メカニズムがどうのとか、そういうのはまたちょっと別の話ですが 23:29 - 2018年6月3日


正直なところ申し訳ないがこの人、変なKY人間にしか見えなかった。福島デマ史を振り返ると、「デマリン」、「パリのアイドル」みたいなメチャクチャな人が登場したことがあったし。オカルト・トンデモ科学の信奉者なのかも。しかし、プロフィルに「Assoc. Prof. Dr. YS Yamamoto (准教授 山本博士)」と書いてあって大炎上(その後あわてて消したらしい)。勤務先は金沢の「国立北陸先端科学技術大学院大学」だそうで。「デマではなく、事実を述べているだけな可能性はないでしょうか」って・・・鼻血の発生自体がデマだとは、全く誰も言っていない。問題は「文脈」から「被ばくが原因で鼻血」という「印象」、「意味」を伝えていることなのであって、そうでなきゃ、この演説は「反原発候補」の応援にならないのですが・・・何か有名な映画で、そういう「文脈」、「意味」等がわからない人の物語があったような気がするが、「准教授、博士」プロフィルも、「関東の実家」も、単なる字面以上の「意味」を生成、発信しているのではないでしょうか・・・?この「文脈理解力の欠如」、出来の悪いAI以下では・・・。

そしてそして、「山本」の「被ばく鼻血」も、やっぱり「関東」の実家、で起こったのである。

このブキミな特殊潜航艇「山本」のその後については、後程。

6/6仮装巡洋艦「池田」戦場到着 後方でデマ補強工作に従事
https://twitter.com/sasadango_tyo/status/1004215066231635968
次にはるばる東京から遠征して戦場に到着したのは、池田香代子氏だった。このドイツ製仮装巡洋艦は「デマ砲」を備えていないようだが、「親福島派」の病院船のフリをして「寄り添い」ながら後方攪乱を図る、厄介なスパイ船だ。前回の新潟知事選では、「福島の子どもに被ばくによる甲状腺がんが多発」というデマを吐いた米山候補を、公然と応援していた。これに対し抗議が起こると「選挙後にデマのことは米山を詰める」と宣言したが、何もしなかった。つまり、この発言自体が「嘘・フェイク」、「デマ」の自作自演だったのである。「デマ砲」は備えていないが、自分で自分についてのデマを流すという、恐るべき仮装巡洋艦だ。この国際条約、信義に反する行為は、現在でも戦時法違反に問われている。なお、仮装の下には「世界が100人の反原発ムラだったら」という、「反原発ファースト」の機密戦略計画が隠されている。そして今回は池田ちかこ陣営の選対本部で電話作戦に従事、勿論「磯貝」を「詰める」ことはなく、福島を貶めるデマを間接的に補強するという工作に出た。このあたりは前回エントリーも参照。前新潟県知事の米山だって、もし「池田」が前回選挙後に約束通り「詰めて」いたら、少しは自分の倫理感の欠如に気づき、あんな恥ずかしい「買春事件」で沈没することは無かっただろう。今回の新潟知事選に至る混乱の一因を作ったと考えると、「池田」の罪は深い。「池田」は自分では「デマ攻撃」をしないので、「親福島派」の攻撃を受けずに浮いているが、一方「反原発帝国軍」に対しては、戦場に現れて専ら従軍記者向けのパフォーマンスに耽り、「現場で汗を流す良心的かつ進歩的な反原発ブンカジン」に見せかけている。まさに「仮装」だが、こういう原発宗主国東京の「ブンカジン」が原発植民地に出向いて行う「尊い」行為は、植民地に農園を持つ宗主国の農園主が、たまに自分の農園に出向いて現地人奴隷労働者に混ざって肉体労働を手伝い、「慈悲深い人道的な旦那様」と崇められるようなものだろう。

6/9前弩級旧式戦艦「湯川」、東京湾から長距離艦砲射撃「今日も福島では作業員が死んでいます」
次に登場したのは、ロカビリー全盛期に建造された前ドレッドノート型旧式戦艦「湯川」だった。ただし「湯川」は戦場となった新潟には、その威厳を備えた巨大艦影を現すことはなく、東京湾から「この日本列島に完全な原発などありません。今日も福島では作業員が死んでいます。 日本の未来のためにぜひ池田さんを」という「デマ砲」の長距離射撃を敢行。これが6/9の午前0時32分20秒。

https://twilab.org/item/1005110285630205952
湯川れい子 @yukawareiko 2018-06-09 00:32:20
拡散希望💕
今夜最後のツイートです。
私は新潟県知事選挙、池田ちかこさんを応援します。知事選の後すぐに出て来るのが、柏崎刈羽原発の再稼働です。安全基準に合格?この地震列島に完全な原発など有りません。今日も福島では作業員が死んでいます。
日本の未来のためにぜひ池田さんを。#池田ちかこ


フザケルにゃ。作業員は「今日も」死んではいないし、被ばくで死んだ人はいない、福島は関係ない。
湯川れい子氏の「拡散希望(中略) 今日も福島では作業員が死んでいます。」というツイートに対する反応
https://togetter.com/li/1235468

https://twitter.com/arthurclaris/status/1005365876583948288

この人は、「作詞家」すなわち「印象」をコトバで伝えるプロである。このツイートは、「福島第一原発では毎日or複数日に作業員が被ばくで死んでいる」という「印象」を広めたことが問題であって、「地の文」で「毎日とは書いていない」、「被ばくで死んだとは書いていない」と(特殊潜航艇「山本」式に)庇うのは、「作詞家」失格認定になる。「印象」は前後の文、コンテクスト、バックグラウンド等で作られる。逆にこのツイートが、「この日本列島に完全な原発などありません。毎日ではなくある日、福島では被ばくが原因ではなく作業員が死にました」だったとしたら支離滅裂、そもそもこれでなぜ「反原発候補池田ちかこ」の応援になるのか、意味不明になる。そしてハートマークの意味は何だったのか?原発作業員が被ばくで死んだら「うれぴー」という、「反原発」によくある心理がポロリしていたってことか。 

というわけで旧式戦艦「湯川」は「親福島派」の集中砲火によって爆発炎上という、「ユトランド沖海戦」における英国巡洋戦艦「クイーン・メアリー」のような事態になってしまった。そしてこの後元ツイ消し、更には、急に「撤回・謝罪」ツイートを発信した。
https://twitter.com/yukawareiko/status/1005428528110686208
湯川れい子‏認証済みアカウント @yukawareiko
お詫び‼️
昨夜のツイートで、不適切な表現があったことをお詫びします。「今日も作業員が死んでいる」と、連日まるで放射能被害で作業員が亡くなったような私の表現は、風評被害につながり、福島の方達に多大なご迷惑をお掛けしたことを、心からお詫び申し上げます。また、不謹慎なハートマークも。
5:36 - 2018年6月9日


さすがに「作詞家」は、自分の伝えた「印象」、「意味」については理解していたようだった。この撤回・謝罪までは、真夜中のわずか5時間半だったというのが興味深い。この間の「親福島派」の集中砲火の激しさを物語ることは確かだが、もしかしたら池田ちかこ選対から「泣き」が入ったのではないだろうか、つまりこの時点で池田ちかこ候補の不利な情勢が明らかになってきて、「こんなツイートを放置しておいたら、明日の投票日直前で重大なダメージになる」という、誰か有力な選挙参謀あたりの判断で、「湯川」に削除&謝罪願いが出た、とか。と言うのは、「湯川」は過去散々重ねたデマ発信を、「悔い改めた」ことは一度も無いのだ。いつも批判をブロック、無視して終わりだった。それが、今回だけはやけに迅速かつ素直な「白旗」だった。

(「湯川」過去のデマ例)
湯川れい子「福島と関わっていると心配な数字が」⇒都合悪いデータ提示されブロックして逃亡  2014年3月8日
https://togetter.com/li/639341
「湯川れい子氏に噛み付いてる原発推進派は馬鹿ども」「都合の悪いことは見ない屑の仲間か」 2014年3月10日
https://togetter.com/li/640303
湯川れい子氏、原爆と原爆(原発)の区別が付かない 2015年8月8日
https://togetter.com/li/858115


そして、この「政治ファースト」を動機とした「見せかけの撤回・謝罪」がすぐにバレてしまったのが、翌日のコレ

https://twitter.com/yukawareiko/status/1005736531867258880
湯川れい子‏認証済みアカウント @yukawareiko
噛み付いてくる一人一人の人に、間違いは間違いとしてお詫びしますが、福島や東北大震災に対しての風評被害を垂れ流すと怒る人は、ネットで「湯川れい子、東北大震災、福島支援」と引いて頂ければ、この7年間の支援活動が出て来ます。時間とお金では計れない活動をして来ています。日本人ですから。
2:00 - 2018年6月10日


ここには、デマを批判する福島人を「田舎、原発植民地の劣等人種」として、「意識が高い原発宗主国の東京人」が上から目線でバカにする、「オリエンタリズム」が無意識のうちに露呈している。そのポイントだが、

1:とにかく謝罪・撤回したのに、結局上目で「エラソー」。
2:批判者は「噛み付く」、つまり植民地の未開人、ケダモノ扱い。
3:「この7年間の支援活動」をしているから、「風評被害を垂れ流す」はトレードオフだ、許されると主張している(謝罪ツイでは自分のツイは「風評被害につながり」と認めている)。植民地に対して宗主国が、「植民地住民に対する強権支配、虐待、虐殺等はあったが、インフラ整備や教育で近代文明の恩恵も与えた」というのとソックリ。仮装巡洋艦「池田」の「植民地農園の慈悲深い旦那様」とも同じである。
4:自分で「時間とお金では計れない」と、自分の「ほどこし」に無限の高評価を下している。これは絶対支配者が下々に「恩恵を与える」態度、「神」の態度ではないか。
5:実際にネットで「湯川れい子、東北大震災、福島支援」とググったら、上位はコレだった。

湯川れい子「福島と関わっていると心配な数字が」→都合悪いデータ提示されブロックして逃亡
https://togetter.com/li/639341


https://twitter.com/ppix2/status/1006018387854520320
ぴっぴ‏ @ppix2 ぴっぴさんが湯川れい子をリツイートしました
試しにググってみたら甲状腺がん基金や保養支援などのデマ詐欺物件もたくさん出てきて、湯川れい子が時間とお金では計れない迷惑行為をしてきたという告白にしかなっていないというね(´・ω・`)


最後の「日本人ですから」って何?まさか、「風評被害を広めているのは日本人ではない」って意味じゃないですよね。日大危機管理学部もビックリの「二次炎上」だ。

今回の新潟県知事選に、原発宗主国東京から原発植民地新潟に「反原発ファースト」が押し寄せて、デマで福島を貶めながら、新潟の選挙で「反原発候補」をプッシュするということは、一見新潟を「原発植民地」から解放することに見えるが、実は全く違う。これは、東京の「反原発帝国」による侵略、すなわち新潟を新たに「反原発植民地」にしようという、植民地獲得戦争なのである。「反原発植民地」については、本エントリー冒頭小菅信子さんの「放射能とナショナリズム」を参照してください。宗主国の主体が東電と消費者から「反原発運動」に代わるだけなのだ。福島も新潟も植民地状態は変わらない。

反原発による「植民地化」の策動は2012年2月に表面化していた。以下も参照。

「原発稼働の是非を問う都民投票」は福島県民の奴隷化だにゃ 「条例案」に大バカな間違いあるし
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-69.html
この「条例」は、元々「植民地」だった福島を、「奴隷」に下げようということなのだよ(新潟もね)。


6/10 「デマチック艦隊」 旗艦「池田ちかこ」ごと新潟沖に没す
さて、6月10日開票の結果はご存知の通り。「デマチック艦隊」のデマ発信がなければ、池田ちかこ氏も当選があったと思える、3万数千の票差だった。新潟人は、「反原発」が「東京から来て自分勝手な事をワメいて、結局は地元をバカにしている」ことに気づいたのではないだろうか。候補者ごと壊滅という悲惨な結果に終わった。そしてこの一連の出来事は、福島についての放射能デマは「左」からの発信、デマは政治である、という事実を、またしても証明したのである。

「親福島派」は「デマチック艦隊」のような大型艦=マスゴミ有名人がいないという(ヒドイ話だよね)、せいぜい「水雷戦隊」状態で、「反原発」のような「左」組織、政党、マスゴミのバックアップも全く無く、しかも、今回ほとんどの「対デマ弾」は対立候補の「花角氏に投票してください」、とは主張していない。池田候補応援の「デマ弾」とは対照的だった。「親福島派」は、政治から離れた、各自の自発的かつ強力な「反デマ」意志に基づく奮戦の結果、大勝利したのだ。これは丁度7年前、2011年6月の「福島デマ戦争」が始まった頃と比べると。完全に情勢が変化したことを表している。この7年間に我々は一般社会の中で進歩・前進し、連中は政治運動の中に退化・後退した。なお、2011年6月を「福島デマ戦争」の開始時期とする理由は、この月に民主党菅直人の首相退陣が決まって、「国・政府・東電批判=菅批判」にならずに済む状況となり、またこの頃までに東京は安全であることが判明したことで、「福島に人間が住めない=東京にも住めない」と言わずに済む状況にもなって、無責任な「反原発」と一部マスゴミが、安全地帯東京から「『リベラル・市民運動の象徴菅直人』を除く国・政府」と、「福島だけ」を危険を煽って貶める放射能「デマ弾」を、好き勝手に撃ちまくるようになったからである。当ブログの開始はまさしくその時、2011年6月6日である。菅直人の「退陣表明」後に、福島を貶める放射能デマが激化がしたことの意味は、もっと注目されるべきと考えています。

「デマチック艦隊」は旗艦「池田ちかこ」を除いて全員、「新潟以外の人」だった。それは「デマチック艦隊」が、「反原発帝国」の植民地支配拡大のための先兵であることをよく表していた。「新潟のことは新潟で決める」は、池田ちかこ陣営のスローガンなのに、である。

信夫山ネコみたいに「艦これ」でフザケてないで、この選挙から見える様々な問題についてキチンとまとめてある、(先に「立憲民主党公式アカウント」のデマ拡散の件でリンクした)林さんの論評も、ぜひ読んでください。

重要選挙でまたしても出てきた「福島に住んではいけない」というウソ
脱原発を訴える人こそ、正しい情報を  フリーランス・ライター林智裕 6/20
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/56153


そして新潟の「反原発植民地化」に失敗した「反原発帝国軍」は、次には新潟を憎悪するのである。これは連中がなぜ福島に対して、放射能不安を煽り貶めるデマ攻撃を止めず、「フクシマ」という蔑称で呼び続けるのか、憎悪するのか、という理由と同じである。つまり連中の、「福島も新潟も、ここから真の反原発運動が起る聖地とならなくてはいけない」という、自分勝手な「神話」が挫折したので、地元の人々を逆恨みするのである。「我々が教導すべき」田舎の意識の低い人々が、「我々の神話」に合わないから憎悪する、これが「反原発」や「リベ左」による差別の本質である。「恨み」が原動力の「憎悪運動」なのである。

新潟憎悪の動きは、もう始まっている。

新潟県知事選の結果をめぐって新潟県民を中傷・罵倒しはじめる人達の様子の記録。
https://togetter.com/li/1238263

すでに「第二のフクシマ」という差別語まで連中は発している。これが「反原発」の正体です。新潟の皆さん、気を付けてください。

6/9「バカウヨ」事件
候補者が女性だったためか、「デマチック艦隊」は女性ばっかりだったが、この新潟県知事選では、「左」、「鼻血」とアイテムが揃った、「男性国立大学教員」による、こんなツイ禍もあった。
https://twitter.com/wadamasamune/status/1005447660394778624
Hideyuki Hirakawa@hirakawah
新潟県知事選挙、花角英世候補の応援演説、杉田水脈だの和田正宗だのバカウヨ議員が来てるのか・・・


平川秀行氏は「科学技術と社会の関係を専門に研究している、大阪大学コミュニケーションデザイン・センター教授」なのだが、「美味しんぼ鼻血事件」では朝日とNHKにコメントが載っていた。

(あすを探る 科学)美味しんぼ騒動、見えたもの 平川秀幸朝日新聞 2014年5月29日(木) 配信
http://kousenchiryouin.blog.shinobi.jp/%E6%96%B0%E8%81%9E%E3%83%BB%E9%9B%91%E8%AA%8C%E6%83%85%E5%A0%B1/%E7%BE%8E%E5%91%B3%E3%81%97%E3%82%93%E3%81%BC%E9%A8%92%E5%8B%95%E3%80%81%E8%A6%8B%E3%81%88%E3%81%9F%E3%82%82%E3%81%AE%E3%80%80%E5%B9%B3%E5%B7%9D%E7%A7%80%E5%B9%B8
「デュープロセス(適正手続き)が蔑(ないがし)ろにされている」。そう思わされる出来事が続いている。(中略)
最たる例は、憲法改正という手続きを経ず、解釈変更のみで集団的自衛権の行使を可能にしようとする安倍政権の動きだが、(中略)
同様の問題は、先日の『美味しんぼ』騒動にも見ることができる。ここで問題にしたいのは作品自体の是非ではなく、それに対する政治家たちの「不安や風評を払拭(ふっしょく)するために正しい情報を発信する」という発言だ。(中略)
『美味しんぼ』騒動で批判を浴びた「鼻血」について国や自治体は「低線量被曝(ひばく)では科学的にありえない」としているが、市民の間では鼻血の多発を否定する声もあれば、自分や家族の経験として他の身体症状とともに肯定する声もある。(中略)
原子放射線の影響に関する国連科学委員会(UNSCEAR)の2008年の報告は、チェルノブイリ事故で被曝した住民に医学的に説明できない身体症状も含めた心理的・身体的影響が見られ、かなりの部分は、被曝の直接的影響ではないにしても、事故の影響であるのは明らかだとしている。これについて真摯(しんし)に調査することは原発事故対応のデュープロセスの一つだといえる。


美味しんぼ「不安 口にできなくなると問題」 NHKニュース 2014年5月13日 12時33分
http://yunishio.blogspot.com/2014/05/Prof-Hideyuki-Hirakawas-comment-corrected-in-NHK-News.html
事故後に鼻血などの症状を訴える人がいたことについて、低線量の被ばくでは起こりえないという説明はされているが、なぜそういうことが起きたか、どれくらい起きていたかなど十分な調査はされていない。そうしたなかで今回のように『不安』を取り上げたことと、それを否定する反応が起きたことで、表に出せない不安を抱えた人たちが、それを口にすることすら抑圧されることになると大きな問題だ。(中略)
今回の問題は、被ばくと鼻血の因果関係といった問題としてだけ捉えると、見方を誤るおそれがある。事故後に生じた国などへの不信感が3年たった今も拭えず、正しい情報であっても受け入れられない状況があることの表れとも考えられ・・・


「バカウヨ」なんて発言する人物に、雁屋哲という「のりこえネット共同代表」が書いた鼻血デマ漫画を論評させるというのは、バイアスかかりまくり。憲法9条改正案を「ネトウヨ」に論評させるに等しい。朝日はこれが「平常運転」だとしても、「みなさまの受信料が支える公共放送」NHKは?実はアブナイのはNHKですね。

とにかく、鼻血デマの「美味しんぼ」を何とかして「政府批判」にコジツケようとするヘリクツがスゴイ。しかし、「市民」が「鼻血が出た」と騒いだのは、震災直後から一年程の、菅直人・民主党政権の時期だ。平川氏の言う、鼻血騒ぎを「真摯(しんし)に調査する」だの、「事故後に生じた国などへの不信感」だのは、全て菅直人・民主党政権に責任があり、批判されるべきものだ。平川氏のヘリクツで行くと、鼻血不安の原因は菅直人にある。そして今では、せっかく苦労して本音を隠しながら考えたヘリクツより、自民党の国会議員に対して「バカウヨ」と叫んだ方が、「デュープロセス」としては正しい、ってことになっちゃったんだろう。納得(でも、ツイ消しは「デュープロセス」としてはどうなの?)。

NHKニュース 美味しんぼ「不安 口にできなくなると問題」をめぐる反応
https://togetter.com/li/666690


平川氏はいわゆる「阪大STS」で、あの「御用学者wiki」の人とも近かったらしいという話は、以下をご参照ください。
「反原発正義軍」のブーヘンヴァルト=「御用学者リストwiki」閉鎖の背景を見る
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-122.html


6/17「デマチック艦隊」生き残りの特殊潜航艇「山本」が大阪地震で「浮上」
そして大阪北部地震発生。なぜか特殊潜航艇「山本」が浮上してきた。

https://twitter.com/yamayu_lab/status/1008507989496479744
🍓 山本裕子 🍓‏ @yamayu_lab
うはっ大阪で大地震来た。実はこの地震をこっそり予知して私に教えてくれてた方がおりまして、しかし驚きは隠せません。私の発想では、科学と皆が(主に科学者の方々が)考えているものはまだまだ、狭い領域かなと思っているのですよ。科学的でないとされていることが科学になることも、よくあるしねぇ 17:33 - 2018年6月17日

🍓 山本裕子 🍓‏ @yamayu_lab · 6月18日
歴史を見ても、たいていの大発見は最初、まず科学者から大きく叩かれる。そんなことはあり得ない、信じたくない、などと言って。(つまりこのように感情的に否定されたら、逆にチャンスだということ)


「うはっ」、「チャンス」・・・か・・・。これは「意味」が問われるね。

https://twitter.com/EARL_Med_Tw/status/1008528552545824768
EARLの医学ツイート‏ @EARL_Med_Tw
EARLの医学ツイートさんが 🍓 山本裕子 🍓をリツイートしました
心肺停止も複数でている地震で「うはっ」なんて言ってる時点であなたは科学以前の問題です。18:55 - 2018年6月17日

https://twitter.com/hari952624/status/1008603530649726976
玻璃‏ @hari952624
玻璃さんが 🍓 山本裕子 🍓をリツイートしました
なんの「チャンス」だ。災害はあなたが名を挙げるための踏み台じゃない。たとえ被害の詳細がわからないうちに呟いたものだとしても、言って良いことと悪いことがあることくらい、博士号を持たない私にだってわかる。それとも先日の鼻血騒ぎで炎上商法でも覚えたんですかね。23:53 - 2018年6月17日


恐らくもう一回ぐらい大きい危険な余震があると思うのだけど、その時にもまた「予知」したとかツブヤクのかね~?このヒト(AI?)。

一部国立大教員の劣化が甚だしい。選挙や地震でコーフンしてしまって地が出るのだろうか。「バカデミズム」とか言われないうちに、何とかした方がいいんじゃね?

恒例「信夫山ネコの憂鬱 この一年」 そして新潟県知事選で自主避難者が鼻血デマ 追記:デマ容認の「反原発ファースト」池田香代子登場

(固定された呼びかけ)
Ⅰ:朝日新聞2011年12月2日朝刊「プロメテウスの罠 第9回 我が子の鼻血 なぜ」(前田基行)の主人公「町田市の主婦 有馬理恵」は、主婦ではなく「従軍慰安婦ミュージカル」主演の「俳優座の社会派女優&日本共産党系活動家」です。TVにも出ています。完全に「フェイクニュース」です。確証があります(リンク先エントリーの②を読んでください)。
有馬理恵主演CM「ハインツ・パスタ 牛肉とイベリコ豚の粗挽きボロネーゼ fitness class編」
https://www.youtube.com/watch?v=ARRA7cxE8jw 朝日新聞よ、どうしてこの人が「主婦」なのか?

Ⅱ:岡山大学の津田敏秀氏のいわゆる「津田論文」は、原発事故後の子どもの甲状腺がんの発見について、実は(著者の意に反して)福島県内で地域差が無い(=被ばく量と関係ない)ことを証明しています(リンク先エントリーの⑤を読んでください)

Ⅲ:カタカナの「フクシマ」が「福島はヒロシマと同じ核による惨禍の土地」という誤ったイメージを植え付け、差別につながるレッテルであると、脚本家の倉本聰さん、ジャーナリストの田原総一朗さんらも指摘しています。山梨学院大学の小菅信子教授は、著書「放射能とナショナリズム」で、「フクシマ」は「福島をエネルギー植民地から反原発の聖地として再植民地化して支配するための名づけ直しだった」と指摘しています。「フクシマ」使用に反対します。

明後日6月6日、このブログがこの世に出て7年になります。皆々様、まことにありがとうございます。
まだまだ福島関連デマ、差別は無くなりませんが、7年で間違いなく言える事実は、

①福島を貶める反原発の「予言」で当たったものは一つも無い。全部ハズレ(これはスゴイにゃ)。
②デマの類は毎年必ず「去年より減って」いる。
③今やデマは使い古された「リサイクル・デマ」しか無い。過去の中古品ゾンビだけ。
④デマには「流行」がある。例えば去年の3月までは、「数年前の避難者いじめ」デマが流行したが、4月以後は全く消えた。この「流行」現象は、マスゴミがデマを煽っている証拠だ。
⑤デマ発信源のほとんどは「リベラル、パヨク、(保守政権下の)野党、市民」、それらの側のマスゴミ、それらにダマされた自主避難者からである。
⑥(6/5追記参照)


というわけで、恒例のINDEX「この一年」ですにゃ。

2017年
6月
2017-06-07
「信夫山ネコの憂うつ」は6歳になりました みなさんのおかげで7年目に突入だにゃ
2017-06-29
6月同時多発デマテロ(1) 民進党アベ議員のデマの元ネタはデマ田實さんかにゃ

7月
2017-07-28
6月同時多発デマテロ(2) 隣国の大統領&共産党議員いずれも「訂正」 とりあえずまあまあだにゃ

8月
2017-08-06
テレビ朝日のデマ番組は再編集していた 広島の鎮魂の日に福島が「フクシマ」に勝った

9月
2017-09-8
信夫山ネコの予言が当たって「フクシマの呪い」で民進党崩壊中 その他小デマいろいろ 9/9追記 讀賣が「ホヨー」掲載って一体? 

2017-09-11
「避難の権利」の次は「保養の権利」?でもそれって「保養団体の権利」じゃね?(前エントリーの続き)

10月
2017-10-16
日本学術会議「9/1報告書」報道の顛末 これからはNHKにご用心

11月
2017-11-19
福島ファクトチェック・サイト完成 11/26NHK警戒警報 「べぐれでねが」による鬼畜的バラバラ粉砕事件 他 追記:「べぐれでねが」が桃を買った場所発見

12月
「周回遅れ放送局」NHKへの警戒警報は29日まで続く

2018年
1月
2017-01-02
差別語「フクシマ」事件:題名で総スカンのNHK「フクシマとチェルノブイリ」&小菅信子さんの愛猫たまちゃん殺害に抗議

2月
2018-02-13
ピロセ菌、「ふくしま30年プロジェクト」の呪い・・・一月リサイクルデマのまとめだにゃ

3月
2018-03-31
デマで自主避難を煽った週刊現代と朝日が自殺者のツイートを無断引用して責任逃れ? プロメテウスの罠の鼻血フェイク主婦有馬理恵は「俳優座代表取締役」

5月
2018-05-3
メディア史上初!月刊「Hanadaプラス」が「有馬理恵=プロメテウスのフェイク主婦」を掲載 TOKIOは苦しい時の本当の友達

前回エントリーに書いたように、フクシマ放射能デマの多くはリベラル・左翼等の発信です。これは動かない事実です。そうそう、去年の3月に、左翼自らが「風評被害を増殖しなくてはならない」ってキチンと宣言していたのもありましたね~。それが「階級闘争」なんだそうです。アホか。「人権擁護」、「差別反対」だの言う「意識の高い」連中が、実は福島、田舎をバカにしているってのは、もうよくわかっているよ。

そして今、またまた予想に違わず、「新潟知事選挙」で野党(リベ・左)の候補の応援が、使い古された鼻血デマ発信だ。
https://twitter.com/i/web/status/1002740483947286528
笹団子@東北・九州の物産がある日常‏ @sasadango_tyo
新潟県知事選 #池田ちかこ 候補の支援者の福島県で生活していると鼻血が出るデマtw画像で保存しました。結局、この人も米山前新潟県知事同様「原発コワイ」デマを流して新潟県民の恐怖心を煽り当選するつもりのようです。


池田ちかこ候補(野党統一=立憲、共産、その他デブリ)の応援組織「池田ちかこサポーターズ」のツイッターが、応援弁士「市民の思いをつなぐ会共同代表 磯貝潤子」の「私は福島からの自主避難者です。新潟の事は新潟で決める、本当に尊いことだと思います。福島から見ればそれは希望です。私は二人の娘の母親です。娘たちが鼻血を出してそれでも生きて行こうという姿を見て、福島にいてはいけないと思って新潟に来ました」というデマを広めた挙句、批判されてあわててツイ消し(6/2)。

ま、リベラル+パヨ+市民+自主避難者=フクシマ放射能デマ という、明快な結果だ。しかしこの既に否定され切ったリサイクルデマ「被曝鼻血」(本エントリーの冒頭も見てください。こんなの朝日新聞と有馬理恵のダマシです。動かぬ証拠がある)が、もし正しかったとしたら、その責任は当時の民主党菅直人内閣にある。年間20ミリSv被曝を認め、アンタラの「避難の権利」とやらを認めず郡山(磯貝氏の故郷)を避難区域にしなかったのは、民主党政府だ。これが事実だ。磯貝氏が被曝に恐怖し、自主避難者になったのは、菅直人や当時官房長官だった枝野のせいではないか。それがどうして彼らが率いる立憲民主党の応援に立つのか?磯貝氏は演説の後半で「自民党の人が福島の人たちを助けてくれたでしょうか?避難したいという子どもたちを逃してくれたでしょうか?」と言っているが、11年4月に避難区域を決めて、そこ以外からの「避難したいという子どもたちを逃がさなかった」のは民主党だ。デマだらけの支離滅裂である。

バカか、「政治(反原発)ファースト」なのか、とにかく事実はどこにもない。
ダマされているのだとしても、迷惑するのは福島人である。
もういい加減やめてくれ。他人に迷惑かけて生きるのはサイテーではないか。

(6/5追記)
磯貝潤子の鼻血デマ応援演説の動画はこちら

新潟県知事選・池田ちかこ応援派「娘が鼻血を出して福島から新…" - @netgeek_0915,
https://www.trendsmap.com/twitter/tweet/1003538735974109184

https://twitter.com/aetos382/status/1003426331298705408
空論力@aetos382
「新潟の県民になって2年になります」に突っ込んでる人があまりいない。
つまり2016年までは福島にいたのかい? 事故から5年も福島にいて、やっと鼻血を出したので泣く泣く引っ越したのかい?


確かに何か変だにゃ。要するに移住して新潟県民になったってことかね。ならば「どうぞふぐすまにはおがまいねぐ」。「新潟の事は新潟で決める」だろ~。

政治はデマ デマは政治
この7年間の「デマ史」を振り返り、残っている、あるいはリサイクルされるデマを見ると、結局「フクシマ放射能デマ」の本質は政治である、という結論に至る。最近の政治を見ると、「モリカケ」、「豊洲」、「戦争法案で徴兵制」、「レンホー日本国籍」、「前回新潟知事選米山の甲状腺デマ」、「今回新潟知事選」・・・、等々デマだらけだ。つまり、政治はデマであり、デマは政治である。フクシマ放射能デマも同じ、本質は政治であるから、いくら科学や事実、論理で科学・リスクコミュニケーションなんぞをやったって、根絶には至らない。世の中常に一定の「野党支持、左派」がいて、絶滅はしない。事実としては世界中で崩壊した社会主義だが、その信奉者がまだいるのだ。そして何も「左」ばかりでなく、例えば東京の「政見放送」を見れば、カルト宗教から「UFO党」まで、反科学、疑似科学等の「信念」、論拠のない「感情」のオン・パレードだ。逆に「科学」なんて一つも無い。これが「政治」なのだ。「政治」の実態は「カルト的信念」、ファンタジー、「感情」、デマ・・・。これらの発信者へのショボイ支持率が、世の中の「フクシマ放射能デマ発生率」と一致するのだろう。誰かが「実証研究」することキボンヌ。

(6/6追記)
やっぱり「反原発ファースト」池田香代子が鼻血デマで応援された候補を応援 予想通りでワラだにゃ
https://twitter.com/sasadango_tyo/status/1004215066231635968
笹団子@東北・九州の物産がある日常‏ @sasadango_tyo
池田香代子さん @ikeda_kayoko 新潟県知事選の応援ですか?米山前知事の件その後どうなりましたか?
#池田ちかこ 候補の支援者に福島県のデマ演説された方がいるんですけどしめないんですか?


池田氏は、前回新潟知事選で「フクシマでは原発事故で子どもたちに甲状腺がんが多発している」というデマを飛ばした「反原発買春知事」米山隆一を応援し、キクマコさんたちにそれを咎められると、「選挙後に詰める」言って、何もしなかった。ウソツキだ。

どうなっています? 池田香代子さん:(新潟県知事)選挙終わったら、詰める
https://togetter.com/li/1050331

https://twitter.com/takuramix/status/1000414820611452929
タクラミックス‏ @takuramix
米山隆一前新潟県知事が、知事になる時の選挙の時に、福島に関するデタラメを流布した件について、支援者であったある著名人が、その点について「それでも支持するのか?忠告はしないのか?」と批判され
「選挙後に詰める」と宣言しておいて、その後、その件について答えてないと思うが、詰めたの?
9:34 - 2018年5月26日
タクラミックス‏ @takuramix · 6月3日
…あの時に、本来なら即座に詰めるべきだったんですよ。選挙に勝つためなら後回しにするなんて、そういう態度が、結局は立場に対する自覚の無い知事を当選に導き、無様な辞任劇につながった。そして、この知事選においても、また醜悪な「選挙のためなら何をどう利用しても構わない」が繰り返される。


せめて「詰める」を本当にやっておけば、その後の反原発の傍若無人なデマ発信も少しは変わったかもしれないし、今回の磯貝潤子のデマ発信にも歯止めがかかったかもしれない。本当にインチキな人だが、所詮は「反原発ファースト」なのだ。「反原発」さえ勝てば、ウソもデマもOK、福島が困ろうと滅ぼうとOK、がホンネ。「ぶりっこ」だからみんなよくダマされるだけ。

この人、なぜか福島の味方のようなふりをしますね、2014年3月9日には福島市音楽堂に来て、「あの日からずっと福島渡利で子育てしています」の佐藤秀樹夫妻と「対談」やってたりして・・・ま、これは佐藤さん主催、「かもがわ出版」後援イベントで、キクマコさんも来ていましたが。(https://twitter.com/39fmch参照 この路線が定着すれば、「左」もまだ救いがあったと思いますがね、もうダメ。愛想が尽きた。)

要するに「ぶりっこ」(もう流行らないにゃ)、「インテリ・ブンカジンだけどいい人、良識的」に見せたいだけですかね、ホンネ隠すためにも。原発宗主国東京で、原発植民地が作った原発の電気を享受しまくっていた分の「贖罪イシキ」もあるかもだが、そんなのは「ぶりっこの自己実現」でしかない。「影響力があるブンカジン」(そんなに大してあるとは思えないが、タダの人よりはある)が、今度は新潟という「原発植民地」の選挙に、東京という「上」から出向いて「反原発」運動を進めると言うのは、結局地元を見下して新たな「反原発植民地」化をはかる、「オリエンタリズム」、「神話化」だ。
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-228.html 参照

だから、今年3月発刊の「しあわせになるための福島差別論」も、読む気が起こらなかったんですよね~。著者に池田氏がいて、フクシマ・デマ容認の「反原発ファースト」じゃあね・・・
プロフィール

shinobuyamaneko

Author:shinobuyamaneko
 福島県福島市の信夫山に住むネコです。
 原発事故以後ネット上には「もう福島市は放射能高くてダメ!逃げてください!」「福島はチェルノブイリ以上!」「子供を見殺しにしないで!」等の「反原発の叫び」が溢れてます。ネコはどこにも逃げられないから、もうノイローゼ気味。こういう「叫び」「脅し」の効果もあって福島に来る人は激減。街は沈み、市民は「すぐに逃げてください!」に怯えながら、静かに暮らしています。(←最近は嘘・デマがバレてきて、みんな元気になってきた感じだにゃ。)
 しかしね~、この種の「叫び」の根底に、「反原発」の「福島壊滅ならば原発全廃にできる!大大大チャンスだ!」っていう心理はないですか?原発全廃の為にはまず「福島壊滅」が必要とばかりに、科学的、医学的、論理的に怪しい説、大げさな数字等が「連呼」「拡散」されていないですか?それが「正義」になっていませんか?
 信夫山ネコは「故郷福島壊滅」を「原発全廃」の手段にされてはたまらんです。もし根拠がない数字や説の拡散によって、旅館の経営者が自殺するとかの悲惨な「風評被害」が出たら、大人しい福島人も終には訴えたりするのかにゃ~?!今はとにかくデマ、風評、誇張、脅し等を除染しながら記録するにゃ。(「リンクフリー」です 対「反原発」、対「放射脳」等での引用ご自由に)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR